青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「碧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

破~ ~破っ 破っ~ ~破れ 破れ~ ~破壊 破壊~ 硝子~ 碁~ 碑~
碧~
~確 確~ ~確か 確か~ ~確信 確信~ ~確実 確実~ 磯~ ~示し

「碧~」 1019, 10ppm, 10597位

▼ 碧~ (263, 25.8%)

19 眼を 9 眼の 6 水の, 眼が, 空の 5 碧い, 空が, 空を 4 波も, 海の, 眼に 3 玉を, 眼と, 眼は, 空から, 空と, 空に, 色の, 蜂の, 野原は

2 [23件] ひろい野原, 両眼, 大空が, 女, 星を, 水が, 水底に, 池の, 波, 海が, 海を, 玉が, 珊瑚礁魚よりも, 眸と, 眼で, 眼や, 瞳に, 瞳を, 石の, 空は, 空へ, 色を, 血に

1 [117件] ああおい, ああを, うちは, さえざえとした, すがるの, そして, そして髪の毛, のとの, のに, ばっかりで, ひどく娘がた, まるでお, みじんも, ウスノロの, ビイドロの, リボンの, ンです, 二つの, 優しいけれど, 光が, 光を, 初冬の, 包装紙を, 単衣, 反射は, 口を, 品川の, 單衣に, 堀割の, 士官は, 夏空の, 夏空を, 大空で, 大空の, 天井の, 女でした, 奴にも, 宝石の, 実が, 寂かな, 山か, 山も, 朝霧の, 朝靄を, 毛唐の, 水は, 水を, 氷紅藻の, 海なじみの, 海に, 海やける, 海原とを, 海原には, 海暖かい, 海水の, 淵が, 渺茫と, 湖だ, 湖と, 湖は, 湖羊の, 潭がや, 瀬に, 火の, 炎と, 玉に, 瑠璃の, 瓦を, 目と, 目にまで, 目玉を, 眉毛の, 眸, 眼だ, 眼には, 眼円い, 眼同じ, 眼玉は, 眼玉を, 眼赤らんだ, 眼鼻が, 着物を, 瞳, 瞳だけが, 瞳の, 瞳一杯に, 瞼の, 石や, 神経質な, 空, 空だ, 空で, 空との, 空日光を, 細長い海水, 緞子の, 繪に, 肌着に, 船員たちは, 色では, 色は, 色や, 花が, 薄物の, 薬瓶を, 藥瓶を, 虫みたいに, 蛍石橄攬石白い, 貝ボタンその, 輝かしい金髪, 遠くの, 鏡の, 陽炎が, 靄がか, 靄の, 鬚の, 鼻の

▼ 碧~ (89, 8.7%)

7 色を 6 空に 4 色が 2 小山の, 眩い汽車, 空が, 空には, 雲の

1 [62件] どこかに, なかを, ふすま, またなんと, 上を, 光を, 光線に, 其花が, 地に, 堀を, 大空を, 天守閣も, 富士が, 山水は, 幕を, 彩色は, 朱の, 朱肉揺れ伸ぶ, 楼千年の, 楼台大坂城の, 水, 水が, 水に, 水の, 水もて, 水を, 波の, 波は, 流れを, 海とが, 海同じ, 海淡, 深さ, 淵を, 湖には, 湖の, 湖上に, 湖水と, 照明の, 皮の, 看板やら, 瞳を, 空と, 空と共に, 空を, 空氣の, 箔を, 紗は, 絵画が, 美しさ, 美なし, 肌が, 色くっきり, 色こう, 色に, 色は, 血が, 見覚えある, 間何の, 霊壇に, 面が, 風船玉を

▼ 碧~ (58, 5.7%)

4 澄んで 2 て豊かさ, はない, 映って, 晴れた空, 皮膚が

1 [44件] いまも, その水, たたへられ, てひろい, て日光, て髪の毛, て鳶色, どうみ, なくなったという, なつて, なめらかに, なると, ひろがって, みなぎって, ギラギラ燃え, 上丈は, 両岸, 光っとる星, 冴えた虚空, 夕空に, 思出は, 日の, 晴れわたった空, 清かりし, 湛へて, 澄みきった眼, 澄みわたって, 澄み切った眼, 澄み渡つて, 澄み透つた空, 澄んだ天地, 濃やかに, 砂白き, 碧く, 篠笹山の, 紫に, 蜿ねり, 見えた, 見えるの, 解けて, 輝いた大空, 飛行機の, 高く晴れ晴れ, 髪は

▼ 碧~ (52, 5.1%)

5 の眼 2 の艶, の草花

1 [43件] がある, がさっと, だつた, でも灰色, で地, なる, にか, にかがやき出した, にて吹く, になっ, にぼかされた, に光つて, に塗られ, に深く濃く, に限られ, の, のところ, のもの, の勝った, の大空, の廣袤, の格子, の毛氈, の水, の波, の瞳, の空, の花, の蝶, の釉瓦, の重々しい, の鏡, の黒みがかった, は何もの, をし, を呈し, を帯びた, を帶び, を度, を知らぬ, を背景, を要素, を見れ

▼ 碧~ (41, 4.0%)

6 に染ん 5 に染んだ 4 の海 3 の中, を浴び 2 の斑, 全く眼

1 [16件] が新しい, が膠, で傷者, に塗られた, に塗れ, に染め, に染めた, に染められた, に染れる, に浸っ, のあと, の大, の大地, の恨, の虹, をもっ

▼ 碧~ (26, 2.6%)

2 と, に見入る

1 [22件] あの通り碧, から眼, が写真, が死, が滲みとおる, が濃い, そして皮膚, だった, と冷た, と溶けあい, と潮風, に一羽, に向っ, に心, に甘い, は原始的, は高く, を出し, を有っ, を湛, を背景, を見つめ

▼ 碧~ (25, 2.5%)

5 凪いだ空 2 して, 白布を

1 [16件] ちかく髯, 冴えた氷, 塗った建物, 委ねよう, 手を, 拭われて, 捺したやう, 映じて, 映りたり, 気清く, 消える, 澄んで, 煌めく桐, 縁取られた, 靡かし紫, 騷ぐらむ

▼ 碧~ (25, 2.5%)

4 の竹 2 に嫁, の父忠琢

1 [17件] が生れた, である, とに会した, には先妻武藤氏, の仲兄, の姉ちか, の家世, の父, の生, の長兄, の養祖父, は幼時句読, は当時行三, へ暮時, をし, を東京, 無

▼ 碧~ (21, 2.1%)

2 湛へ

1 [19件] あらは, して, のべし初春, ひらりと, 交へて, 分くる, 厭う柔らかき, 囲繞するあり, 択ぼうと, 曳いて, 湛えたる淵, 湛えた海, 湛へた目の, 漾は, 繍いつづる, 見る, 見ろ, 送る, 遠くのぞみ

▼ 碧~ (19, 1.9%)

3 ドナウ 2 さては五色

1 [14件] こと油の, ところあり, びいどろの, をか寫し, をさ, をさえ見る, サン・ラファイエルの, 七面鳥の, 光眼を, 煙を, 空に, 空際を, 素の, 露

▼ 碧~ (15, 1.5%)

2 にさしかかる, に来, に謫 1 に奔下, に影, のすがすがし, の上, の到る, の孤舟, の氣一脈, 両岸, 深く湛

▼ 碧~ (14, 1.4%)

2 群青と

1 [12件] ある, なれるを, 反映し, 對照し, 成し, 月光との, 海の, 紫の, 美麗と, 金色を, 黄とで, 黒との

▼ 碧~ (13, 1.3%)

2 の葉

1 [11件] で花, とも紫紺, に織つ, の中, の大波池, の海, の空気, の美し, の色, の艶, 優しい銀緑色

▼ 碧蹄館~ (13, 1.3%)

3 の戦い 2 の戦 1 で大勝, で大敗, に勝つ, に於, のた, の古戦場, の血戦, へくり出し

▼ 碧なる~ (9, 0.9%)

1 こと夜の, 一帶の, 地球の, 夜は, 大空に, 山脈等を, 浪の, 空の, 雲の

▼ 碧~ (9, 0.9%)

1 などを読みます, の礼, の雲門日々好日, はいつ, より一筋水晶, を見, を読む, 無門関等, 第二則

▼ 碧~ (9, 0.9%)

1 が跳, に映射し, に浮い, の上, を映し, を湧かす, を見る, 深處伴蛟龍, 躍る碧瑠璃海岸

▼ 碧~ (8, 0.8%)

2 海が 1 その水, 夜の, 水に, 空では, 空の, 見知らぬ海

▼ 碧巌録~ (8, 0.8%)

1 とか無, とを小包, に泥牛海, のやう, の公案, の浩瀚, や歎異抄, を読む

▼ 碧~ (8, 0.8%)

1 が太陽, く雲, の天地, の洞窟, の海, の空, の花, を溶いた

▼ 碧いそら~ (6, 0.6%)

2 をふわふわ 1 かがやく太陽, が一, をながめ, をめがけ

▼ 碧~ (6, 0.6%)

1 と凝る, のを, の上, の空, の窓掛け, を透明

▼ 碧~ (6, 0.6%)

2 は渦巻く, を遡る 1 の水, の深潭

▼ 碧燦爛~ (6, 0.6%)

1 たる壁画, たる極彩色, たる永福寺, たる裝飾, としてい, として何とも

▼ 碧~ (5, 0.5%)

2 の枯葉 1 の舎, の葉, の蔭

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 ふさは, 蓮の, 褪え, 谷から

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 ひげ, 富士北麓の, 沼には, 波の

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 すみとおって, 彼を, 正目仰ぎ, 透き通るよう

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 丹青の, 紫や, 赤やの, 黄金の

▼ 碧~ (4, 0.4%)

2 の睛 1 をなし, を放たざる

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 がかった目, がかった色, をもった, を見る

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 が大きい, の梢, の陰, や萩

▼ 碧~ (4, 0.4%)

2 に浮ぶ 1 とて蛮骨稜々, と義三郎氏

▼ 碧~ (4, 0.4%)

1 がしっくり, のワンピース, の山影, を引き

▼ 碧虚両氏~ (4, 0.4%)

1 が唱えた, と会した, の間, や私

▼ 碧虚二氏~ (4, 0.4%)

1 が成り立った, は勿論, も再び, よりもこの

▼ 碧いの~ (3, 0.3%)

2 も黄いろい 1 もそう

▼ 碧でも~ (3, 0.3%)

1 なく曇った, 凡そ色と, 黒でも

▼ 碧~ (3, 0.3%)

1 ない茅葺門, まさに天下布武, 澄みきった秋

▼ 碧一色~ (3, 0.3%)

1 となり, に塗りつぶされた, の空間

▼ 碧~ (3, 0.3%)

1 では喰逃げ, に届け, に泊った

▼ 碧穹窿~ (3, 0.3%)

2 の直下 1 をなし

▼ 碧~ (3, 0.3%)

1 なども一部分, の短, の短冊

▼ 碧黒い~ (3, 0.3%)

1 処には, 波間に, 空が

▼ 碧あお~ (2, 0.2%)

1 とした, と晴れ

▼ 碧いき~ (2, 0.2%)

2 ものを

▼ 碧いこ~ (2, 0.2%)

1 とはお前がた, とはわからない

▼ 碧くし~ (2, 0.2%)

1 て油, て緑あざやか

▼ 碧くそ~ (2, 0.2%)

2 そり立つ

▼ 碧くまばゆく~ (2, 0.2%)

1 湛えて, 湛へて

▼ 碧さんらん~ (2, 0.2%)

1 たる壁画, たる門

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 葦づかのま, 輸炭車湯気噴く

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 の, の俳句評釈

▼ 碧山荘~ (2, 0.2%)

1 に隣, の苦力

▼ 碧巌峰~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 におくる, の墓

▼ 碧梧桐~ (2, 0.2%)

1 が評したる, の持つ

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 の水茎, 梳って

▼ 碧~ (2, 0.2%)

2 の岸

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 に直面, の中

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 から白刃, の羹

▼ 碧瀾堂~ (2, 0.2%)

1 の昔, へ遊び

▼ 碧燦然~ (2, 0.2%)

1 たる殿堂内, な椅子

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 の燦, や赭瓦

▼ 碧~ (2, 0.2%)

2 の指環

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 の男, をギョロリ

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 としてただ, の持つ

▼ 碧紅黄~ (2, 0.2%)

2 の珠玉

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 などに独特, の海

▼ 碧蘂村~ (2, 0.2%)

2 にある

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 の人々, を排し

▼ 碧~ (2, 0.2%)

1 や浅黄, 藍相彩る

▼ 碧黒く~ (2, 0.2%)

1 おどんだ水, 黛を

▼1* [139件]

ざらかな, 碧いうちとやった, 碧いという, 碧いふくらみあがる水, 碧いろの眸, 碧いんでおしまい, 碧い光りの中, 碧い噴き出す蒸気の, 碧い笑っている, 碧い透きとおった飴球の, 碧うして海, 碧白中心に, 碧から深山の, 碧きがあれば, 碧きが中にたゆ, 碧きわまって何, 碧くなぎさは, 碧くも見えまたある, 碧く白き東雲の, 碧さこれに対してほんの, 碧すなわち紺青で, 碧んで見える, 碧ずんで居ります, 碧だの侍女たちの, 碧っぽい落付いた, 碧っぽく澄んだ眼, 碧であること色彩の, 碧とでも名づけたいやう, 碧とも淺黄とも, 碧なす鏡のうち, 碧まじらひ匂ふ, 碧を加え, 碧みがかる岸辺の, 碧みのあるうっとり, 碧み渡っていた, 碧りなる野原及び, 碧り積む水が, 碧丹藍紅を彩れる, 碧二色で彩られ, 碧光り耀く常世の, 碧の顔, 碧凡てありとあらゆるもの, 碧剥落したりとは, 碧にも逢, 碧吾が身も, 碧に接し, 碧孔雀になっ, 碧に饗宴, 碧山文女喜代女及三沢老母, 碧山方へ結納, 碧山英琢の家, 碧山荘冬の日向, 碧山行住在人間足道情, 碧山長門の人矢島屯, 碧山青に至る, 碧巌録提唱と貼りつけた, 碧巌集というむずかしい, 碧より一筋水晶, 碧巖抔を讀みます, 碧巖録を讀み, 碧巖集といふ六, 碧形鶏に似る, 碧暗い海の, 碧朱燦爛と彩色, 碧朱白の沈雅, 碧之梢, 碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, 碧梧棲老鳳凰枝, 碧楼菊屋に往, 碧を渡っ, 碧を探りし, 碧の趣, 碧波ニ入ルニ逢ヒ, 碧波一点の雲影, 碧流巌を噛む, 碧流水ではおかしい, 碧の夜空, 碧深き美人の, 碧深紅の大胆, 碧湾これをめぐり, 碧漫々たる海, 碧澄明の天, 碧の水, 碧を發, 碧牡丹の扉, 碧玲瓏君とが, 碧玳瑁紅珊瑚粧門の下, 碧玻璃のよう, 碧瓦丹檐も亦, 碧白い空間を, 碧を眩まし, 碧眞珠に露草, 碧瞳紅毛金蜘蛛のよう, 碧が入った, 碧硝子のとっ, 碧と海, 碧が現われ, 碧に包まれたら, 碧の電燈, 碧紫紅入り乱れて, 碧紫群青玉虫色に光る, 碧紫色の美花, 碧緑さが滲みこん, 碧緑色をし, 碧緑赤黄の色, 碧胆五臓は見る見る解き発かれ, 碧胸毛の垂尾鳥, 碧色海岸のニース, 碧を飾つて樓上, 碧自ラ春色, 碧を繍, 碧は俳句, 碧葉余を見, 碧蒼然とし, 碧蕪疎林その間を点綴, 碧虚両子に示す, 碧虚諸氏などの如く, 碧虚飄亭はじめそれぞれ貴兄よりきびしく, 碧血紅漿かれの, 碧血草を染むる, 碧赭青の甍とりどり, 碧の敗後, 碧蹄八州の草, 碧蹄戦後に晉州城攻略, 碧蹄館血戦之事, 碧なし, 碧ことごとく火, 碧霞み白雲団, 碧霞漿を一杯, 碧の金字, 碧香新たに酒内情, 碧鮮やかに富士, 碧鴛鴦池の珠, 碧の神, 碧鶏二山あり, 碧黄白の配色, 碧を最, 碧黒色だったので, 碧鼠二君らと共に悠遊