青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「脚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

胸~ ~能 能~ ~能力 能力~ 能登~ 脇~ 脇差~ 脈~ ~脚
脚~
脚本~ 脛~ 脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕 腕~ ~腰

「脚~」 5370, 58ppm, 1982位

▼ 脚~ (1443, 26.9%)

14 して 12 のばして, 上げて, 組んで 11 伸ばして, 投げ出して 9 あげて 7 揃えて, 曲げて 6 かけて, 伸して, 投げ出したり, 折って, 止めて, 運んで 5 ちぢめて, のばした, ひろげると, 挙げて

4 [13件] ひきずって, ひろげて, 両手で, 出して, 動かして, 投げて, 折ったの, 根手を, 要求し, 見て, 見ながら, 返して, 開いて

3 [17件] あげたり, くじいて, くんで, つき出して, ぶらぶらさせ, 交互に, 切って, 動かした, 地に, 引きずって, 引摺りながら, 抑えて, 組んだ, 縮めて, 身体の, 速めて, 飛ばして

2 [92件] あげると, あとへ, かういふ風, かかえて, がりがり掻きました, すくはれ, すらりと, そろえて, そろへて, つかんで, つけて, つつみながら, とられて, なげだして, のせたまま, のせて, はやめて, ばたばたさせ, ば折られ, ひらいて, ひろげたり, ふまへ, ふまへて, ぷんとうしろ, まっすぐに, もんで, オモチャに, スクと, テーブルの, ベッドの, 一本蚊帳の, 上げたり, 上流まで, 二つに, 交叉させ, 何面白い, 俥屋さんの, 先に, 切断した, 前後に, 口に, 土間に, 地面に, 屈めて, 延して, 引いて, 引きしめ引きしめそろりそろりと, 引きずりながら, 引摺って, 張つて他の, 意識した, 投げだして, 投げ出しながら, 投出して, 折った, 折られて, 折りまげて, 折り左, 持ち上げると, 持って, 持つて, 挫い, 挫いた, 挿入れた, 掴んで, 支えて, 斜めに, 曳いて, 枕に, 止めた, 浸して, 発見した, 眺めた, 空ざまに, 空に, 突張り抜く, 立て, 立てて, 組みながら, 組み重ねて, 組んだり, 自分の, 見せて, 見ると, 踏み外して, 踏ん張って, 踏張って, 達者に, 重ねて, 集めて, 高くあげ, 高く組ん

1 [1005件 抜粋] あげた, あげてを, あのヤレスコーフ村, あらはに, あらわに, いそいで, うしろへ, うつ波, おく, おっことして, おろした, お揉ませ, かうふんばつ, かがめて, かけたところ, かけると, かけ右, かじれとは, かなり強く, からめて, かわして, かわりばんこに, がたつかせて, きちんとそろへ, くつけた, くみ合わせた, くむと, くるんで, ぐっとしめつけた, けるよう, こういう風, こすつて泥, こづいて, こむら返りさせ, ごらんに, さしこんだ, さすり出したが, さって, さらわれて, しごいて, した小男, した瑠美子, しっかりと, しつかと, しばったり, しやぶり重箱, じっと抱えた, じょうぶに, すえそれ, すっかり出し, すとんと, すべらせて, すぼめ獲物, ずんと支え, そそくさと, その上, そろえ踵, そろりそろりと, たたいたり, だらりと, ちぢ, ちやんと, ちよつと, ついてるんで, つかまえて, つかみあげた, つかむこと, つき出した, つければ, つねるやつ, つまんで, とって, とどめて, とめて, とられた一匹, とりこんだもの, ながめて, なくした時, なげ出し大きな, なつかしんだ, ぬいと, ねじまわした, のぞかせたところ, のばさせても, のばしたが, のばし半ば, のばすよう, のばせぬこと, のびのびと, はこび込み我々, はたいた, ばた, ばたばたやり, ばったの, ひきずツ, ひきながら, ひざの, ひっこめて, ひっ込めた, ひょこりと後, ひらきしからすなり, ひろげしつきり, びくびく顫, ぴく, ぴたりと, ぴんと跳ねる, ふくら脛の, ふみしめ全身, ふみは, ふみ台, ふりうごかして, ふりむきも, ふんでるかと, ふんばって, ふんばりだ, ふんばり鼻先, ぶらさげたまま, ぶらぶらふりはじめた, ぶらりと, ぶら下げて, ぷるぷる云は, ぼんやり生え, ぽんと, まげて, まるめて, むき出したま, むき出しに, むき出す, むしって, もう半分, もぐもぐと, もたげて, もち上げる, もったもの, もって, もつと, もどした, もらったの, やられた, やられて, ゆったりゆったり運ん, ゆるめた, ゆるめようと, よろめかし手, アスファルトの, カツ気に, スカートの, ステッキで, バタバタと, ピストルで, フランネルで, ボリボリ掻き, 一ツに, 一度焼, 一本お貰い申した, 一本に, 一本切り放し, 一本落し, 一生懸命に, 一直線に, 一緒くたに, 上げさせて, 上げた, 上げること, 上げると, 上げる度毎, 上げ真中, 上へ, 下げ捻り棒, 下そうと, 下ろさうとも, 不器用に, 与えること, 丸くひねっ, 丸太の, 乗せて, 二つ斬り落され, 人並は, 他の, 休ませか, 休めて, 伝って, 伸し, 伸したまま, 伸しちや厭, 伸すこと, 伸ばしたい放題, 伸ばしても, 伸ばし日, 伸ばす事, 使う事, 信用出来ねえ, 修繕し, 停めむ, 傷つけただけ, 傷つけられて, 傷つけ樹, 働かせて, 先き, 入れたり, 入れて, 八文字に, 具え人, 冷やして, 出したまま, 出すん, 分解し, 切られた蛸みたい, 切るにゃ, 切断し, 切落し, 刺した, 剃ろうて, 励ましました, 動かしたこと, 動かすばかり, 動かす時, 包み白足袋, 卓子の, 厚い毛, 去り腰, 取られたよう, 古い鎖, 叩いて, 叱るよう, 右岸と, 同じ場所, 向けたこと, 周章て引込めると, 咬まれ腹, 噛る, 噬む坂より, 固い板, 固くつっぱっ, 垂れた, 埋め沖, 壁に, 売ること, 外して, 大の字に, 大股に, 天井に, 失いて, 失うたもの, 失して, 失った人, 失った少女, 失って, 嫌と, 寄せて, 少しあげ, 少し動かす, 少し浮かせ, 屈し人, 左右から, 差入れ右足, 幹に, 度外し, 延せ, 廻し雲, 引いた刹那, 引きずるよう, 引き上げて, 引き摺って, 引き擦りながら, 引っこめた, 引っ張って, 引っ張られながら, 引つ張つて, 引摺った, 引込めて, 張つたなり, 張り腕を, 彼に, 忍ばせて, 思い切り蹴上げ, 思った, 急がせるのみ, 怪我した, 恥じるよう, 悪くし, 懸けられても, 截り去れ, 手荒くね, 打った大きな, 払って, 払ひ, 払われて, 批評する, 抑えかくして, 投げだしたま, 投げ出したまま, 投げ出し今, 投げ出すよう, 投ぜざるもの, 投出したまんま, 折ったから, 折ったはずみ, 折ったらしい, 折ったり, 折りて, 折り片方, 折敷かせ, 抜く時, 抱えこみますから, 抱へ, 押しつけて, 押っ立て, 拡げたまま, 括られて, 拭く, 持たれて, 持った手鏡, 持つ, 持つ四角く, 持上げて, 指して, 挙げしながら, 挙げれば, 挫き, 振うの, 捻挫した, 掠め一発, 接いだとき, 控縛せしめよ, 掬つ, 掻いて, 揃えたの, 揉んで, 提げて, 揚げ片, 損じて, 撃たれた, 撫でさせるため, 撲るとは, 攫むや, 放した, 整へ, 斜に, 斬られたこと, 斬り捨ててんぼう, 断たれて, 新婦の, 日向で, 早めたちまち, 早めるが, 早め出して, 曲げようと, 曲げ腕, 曳きて, 木に, 柱へ, 根と, 極端に, 櫂の, 止めたり, 死の, 毛布で, 没し胸, 注意深く丸木橋, 洗うこと, 洗う荒雄, 洗めて, 活発に, 浅い水, 浴槽の, 涙ながらに, 深く入れた, 温めて, 温めるはうが, 湖水で, 滑らして, 滑らせさうな, 滑らせる思ひに, 火炙, 炬燵の, 煽ぎまた, 片手で, 片輪, 生じ例, 田の, 留められるから, 疾くする, 白, 益満の, 目に, 直ぐに, 直接風呂釜に, 真似葡萄, 眺めながら, 眺め出した, 眼がけて, 着物の, 破れるばかりに, 確実に, 祀つたと, 空中に, 空様に, 突き出しました, 突ったて, 突っ込んで, 突出し, 突込む, 立てた, 立てた最初, 立てるのに, 立て終る, 竦ませた, 精いっぱいに, 紫陽花の, 組み合せて, 組み女同士, 組み直しては, 組んだまま, 絡ませるよう, 締めた, 縛られて, 縦横無尽に, 縮めた, 縮め互, 義足の, 脅かす長, 腫らして, 膝の, 自転車から, 舷までは, 苦しそう, 草に, 落すさ, 蒲団の, 蚊トンボみたいに, 蟇の, 覆す造馬, 見せた, 見た, 見たよう, 見た少女, 見ないでも, 見事に, 見送ると, 調べた, 諸に立て, 買い直しても, 贈られたの, 起こして, 越えて, 足枷で, 踏まずには, 踏みかえブルブル, 踏みながら, 踏みはずして, 踏み入れたこと, 踏み入れるなり, 踏み出さうとして, 踏み外すの, 踏み折られ頭上, 踏み拡げ大きな, 踏み立てて, 踏み締めながら, 踏み鳴した, 踏み鳴らした, 踏む方法, 踏んばって, 踏ん張り合って, 踏滑らせ, 蹌踉めく, 蹴った, 蹴られて, 車の, 軸として, 軽く上げ, 載せさせて, 載つけたり, 迎春館へ, 速く閃, 進むるヘクトール, 運びますが, 運んだ時, 遠く奥州路, 重ねたなり, 重量品の, 釣るよう, 長谷川は, 間違つて入れる, 隣家へ, 離そうと, 雪の, 震はせて, 霜柱に, 露わにした, 鞭打って, 顫わしよろよろ, 駕の, 驚くほど, 高くあ, 高くもち, 高く持ちあげ, 高く鉤, 黒い編, 鼠の

▼ 脚~ (1017, 18.9%)

27 下に 15 上に 13 間に 12 ように 9 椅子を 8 下から, 下の, 机を, 椅子が, 間へ 6 ような, 椅子に 5 やうに, 下には, 不自由な, 方は, 足の

4 [11件] ついた小さな, 上へ, 下は, 下を, 人は, 先を, 力が, 指を, 方を, 椅子と, 筋が

3 [22件] あたりを, ぐらぐらした, テーブルと, ベンチが, 卓子が, 卓子に, 右が, 怪我が, 方に, 方へ, 机に, 松ツァンは, 椅子, 椅子は, 爪に, 疲れを, 真似を, 粗末な, 裏を, 迅い, 達者な, 間を

2 [72件] お膳, からくりを, ついたもの, ところに, ところを, とれた写字机, ほそくかしこ, ほそりの, ままであった, やうな, シビレを, テチスは, 丈夫な, 下で, 下まで, 中の, 中へ, 人が, 傷が, 先き, 先で, 先まで, 処に, 切口も, 塗机を, 外に, 太い黒馬, 安楽椅子が, 巨大な, 形の, 形を, 影は, 影を, 悪い老人, 折れかかって, 方から, 方が, 曲がった男, 椅子らしい破れた, 爪の, 短い靴, 短かさ, 神経に, 筋肉を, 簪にまで, 練歩に, 繃帯を, 肉を, 肘かけ, 脛に, 膝を, 膝頭から, 自由が, 自由を, 船乗の, 船乗を, 裏に, 足を, 速さ, 速力を, 長い松の木, 長い男, 長い筈, 長い鳥, 長さ, 間から, 間には, 関節が, 骨を, 高いの, 高い机, 鳥の

1 [610件 抜粋] あいだに, あたりが, あたりに, あたりまで, あとに, あぶない茶卓台, ある上, ある蓋つき, いすとが, いすを, いたさ, いっぱいな, うしろが, うら毛, お酒, かがり火を, かたちに, かたちを, からくり, からだなりに, きかぬ御身, くる節, ぐあいがよかったらいっしょに, ことは, ことばかりが, こぶら, こわれかけた食卓, ごときもの, ごとくならん, さきにまで, さきへ, しっかりし, しつかりと, すくむ思ひが, すくむ感情, すじの, すじは, すっとした, すらりと, だるきを, ちぎれるの, ついたれき, ついた二つ三つ, ついた台, ついた大, ついた宝石, つかれなど, つけ方絵の具の, ところから, ところへ, ところ位迄, とれた椅子, とろとろ煮, どっかを, ないもの, ない廃兵, ない活動写真撮影機, ない胴, ない船長, にえ込むのに, ひくい小, ひとつに, ひょろ長いポプリ, びのびのばしてよく眠る, ふくらは, ふくらみが, ふとくなる, ほうが, ほうは, ほうへ, ほそさ, まがりぐあひは, まねを, まはり, ままな, みじかい和尚, むくみのみか, もがきには, もがき屋台, もげかかった籐椅子, もと蹴上げたる, もどかしさ, ものか, ものかも, もので, ももの, ゆれるの, よい駒二頭, よさ, よろめく修道女たち, れきなど, わきに, わるいの, わるい印度乞食, イーリスかしこみ, イーリス別れ去る, イーリス命を, イーリス立ち, ズック製おなじ, ズツク製おなじ, セットが, テチスが, テチスに, テーブルそれらは, ハネ方にも, ベンチ, ベンチそこに, マホガニイの, リズムで, リュウマチが, ロッキングチェアとが, 一つが, 一定数等の, 一小, 一方の, 一本づつをとらへてその, 一本一本の, 一本二本お, 一本位何でも, 一本特等賞は, 一歩について, 一部に, 一部のみが, 三里と, 三里へ, 上の, 上を, 下, 下あたりの, 下が, 下までしか, 下も, 下勇氣, 下履を, 下深い, 下金の, 不自由から, 不自由さを, 不行儀さなど, 丸いテーブル, 丸卓子が, 主が, 主体を, 久兵衛と, 二人は, 二本は, 二面大黒という, 人に, 代りに, 件に, 位置を, 低いフランス製, 低い椅子, 侏儒の, 傍まで, 傷に, 傷の, 傷口は, 傷口も, 傷痍軍人は, 傾くの, 僅かに, 先に, 先には, 先の, 先へ, 先腕も, 入って, 全貌が, 六脚韻律を, 具合が, 処で, 刀痕が, 切ったの, 切断なら, 制約の, 制限を, 前が, 前を, 力によ, 力之を, 動きが, 動きまで, 動くの, 半ばまで, 卓あり, 卓が, 卓に, 卓によ, 可い, 台に, 右へ, 和毛が, 四ツある, 型の, 塵に, 壊れかかった肘掛椅子, 変態で, 大きな木, 大写し厚い, 大型籐椅子が, 大腿部を, 太い娘, 太くない, 太さ, 失はれたる上, 女らしい体臭, 女神達と, 奴は, 好さ, 安楽椅子には, 客膳と, 寝台を, 小机, 尖が, 尖端には, 山から, 山本勘助の, 左が, 広告ベンチさえ, 床には, 底に, 底は, 弱い皮膚, 弱くなった, 張り工合が, 強くない, 強さ息, 弾く泥, 弾力を, 形には, 形は, 彫刻した, 影, 影が, 影らしい, 役を, 彼が, 後に, 御不自由, 微細な, 怪我で, 怪我を, 恰好, 患い以上, 悪いラテン, 悪い一人, 慌しい日, 所にも, 所を, 手で, 手術を, 折れた椅子, 折れた珊瑚, 折れた蟷螂, 折れ曲つたテーブル, 拍子よく, 指に, 指白い, 挫折だけ, 据わりゆゆしかる, 捻挫でした, 故障が, 数は, 新しい斎机, 方で, 方の, 早いあの, 早いこと, 早いやつ, 早い人, 早い者, 早い船, 早え, 時は, 曲, 曲ったマホガニイ, 曲った小男, 曲った横著者, 曲った髯, 曲線手頸足頸肘膝頭足の, 木の, 木材だけ, 木榻あり, 木製の, 机あり, 机が, 机と, 杖に, 松ツァンが, 松ツァンと, 松ツァンの, 林立へと, 格構を, 椅子の, 椅子へ, 椅子も, 椅子をかかへながら, 椅子一つの, 椅子排列する, 椅子芝居の, 様な, 様に, 樣に, 横木に, 横木を, 武士が, 毛が, 毛脛を, 気焔も, 水夫では, 流るる中, 淺黄の, 渋紙色な, 無い将棋盤, 無器用に, 爪です, 爪先を, 牀几と, 片方が, 片方ぐらい, 物で, 獣では, 生えた米俵, 生えて, 用たる, 用なき, 用を, 甲から, 甲まで, 男が, 男神様が, 番です, 疲れだけでも, 疵が, 疾い, 病に, 病気も, 痛に, 痛みも, 痛むの, 発育は, 白いひと, 白い栗毛, 白衣の, 皮を, 皮膚を, 盃に, 真中に, 真黒な, 着いた台, 着いた臺, 着けどころ, 短い生れつき, 短い私, 短い絨氈, 短い芋虫, 短い躯つき, 短長格を, 硬直だ, 確乎白き, 神, 立たない馬, 立場を, 端蹄の, 竹を, 筋炎は, 筋肉も, 節は, 簪, 簪か, 籐の, 籐椅子にかけて, 紅い水鳥, 細い家具, 細い黒塗り, 細さ, 組み紐の, 経机に, 緒が, 緩なる, 繁くなる, 置き方, 羊を, 美女たちが, 肉腕の, 肘掛椅子と, 肘掛椅子を, 肱掛け椅子が, 肱掛椅子と, 肱掛椅子小さい, 背後に, 脇息ある, 脛は, 腓辺を, 腰かけの, 腰掛も, 膕を, 膝が, 膝小僧の, 膝小僧を, 膝頭が, 膳が, 膳を, 自由は, 臭いは, 興奮した, 船乗は, 色も, 苦しいので, 苦熱が, 苧殻の, 菓子の, 蔭に, 蔭へ, 藁椅子こわれかかった, 蜥蜴イグアナを, 蝨を, 血を, 血止めの, 行燈が, 裸体の, 見つかった日, 豕を, 赤い肉, 赤さ, 走るに, 足が, 足は, 足場が, 跟の, 踏み所力の, 踏み込むところ, 踏むところ, 踏場も, 蹄で, 蹠が, 躍ったり, 身は, 轟きに, 辺まで, 迅いこ, 迅さは, 逞しくし, 速い和郎, 速きもの, 速くなる, 速力の, 運びで, 運び方, 運動から, 運動の, 運動を, 部分に, 部分を, 重いはず, 重い小荷駄軍, 野良犬が, 金七宝の, 釣合ひ, 釣合も, 釵を, 錐穴に, 長いの, 長いほつそりした, 長いもの, 長い人間, 長い変てこ, 長い対, 長い小さな, 長い形, 長い距, 長床几, 長椅子を, 間々を, 間が, 間隔は, 関節あたりから, 関節の, 関節以下は, 關節碎け始めた, 附け根, 附け際, 附根と, 附根を, 雑煮膳が, 雪見燈籠を, 霊活な, 音が, 骨疽に, 骨筋今は, 高い三脚椅子, 高い両国橋, 高い台, 高い黒塗り, 高さ二米, 高低を, 鶴が, 黎明, 黒塗の

▼ 脚~ (512, 9.5%)

6 生えて 5 ついて 4 すくんで, 地に 3 ふるえて, 何べ, 棒の, 痛むの, 見えた, 震えて

2 [29件] あって, ある, お悪い, はれて, ゆるやかに, わな, ヌッと, ヒョイと, 不自由だ, 二本力も, 冷えて, 出て, 女教師の, 宙に, 微かに, 曲って, 棒だ, 海に, 疲れると, 痛いから, 痛む, 眼玉が, 短い, 立たなかった, 膝の, 邪魔に, 釘抜の, 雪の, 顔に

1 [417件] あった, あったでしょう, あつて, あらあ, ありゃあ, あり眼, あるから, あるじゃ, あるばかり, ある代り, ある以上, ある鬼, あんまり重, いたずらに, いと短く, うしろむきに, うんと外方, おそらくさっき, お前を, かたかた, かなりぴりぴり痛む, かなわなくなったもの, からだの, からんで, がたがた震えた, きかないので, きかぬので, くたくたに, くたびれて, くっきり白い, くにゃくにゃ, くるりに, ぐらぐらし, けだるい, この膝節, これで, これと, さし込んで, さまざまに, さわったって, しくしくと, しびれちゃった, しびれるだよ, すくみさうに, すくみそう, すくんだ, すぐ海, すぐ眼, すぐ脳髄, すこしブルブル慄, すこし不具, すっかり折れ, ずくずくに, ずりこんで, ずんずん俵, そこを, そそいで, そつち, そのまま霞, だらりと, だるくなつ, だるく胸, だん, だんだん脹む, ちぎれとるぞ, ちぎれる, ちょん切れ, つ, ついた処, つづいて, つる, つれて, てらされて, とてもきゃしゃ, とどくよう, ないが, ない男, なくて, なくては, なくなって, なくなるでは, なるほど意外, にぶい, にゅっと出, によつきり, にわかにはやまっ, ぬけない蝿, のぞいて, のびたいだけ, のびるだけ, のろくて, はやいね, はれたり, はれ出しました, ひきさいたよう, ひどく力, ひどく弱くな, ひょいと片, ひろがって, びっこで一方, ぴくぴく動く, ふら, ふらついて, ふらつくところ, ふらふらする, ふらふらと, ふるえた, ふるえました, ふるえる胸, ふるへる, ぶくぶくに, ぶら下った, ぶるぶる顫, ほとんど股, ほらり, ぽこ, まず自ずと顫, またひどく, また少しむくん, まぶしく映つた, まるで解放, みだれて, みな白い, むくむから, むくんで, むずむずし, もうしびれ, もがれて, やっぱり悪い, ゆっくりゆっくり上っ, よく締まらない, よけいに, よわい, わるいと, わるくステッキ, アスハルトの, カツ気の, カツ氣の, ガクガクし出した, クロオズアップされ, シビレて, スイ, スクスクのび, ズキ, ニョッキリ出, ハネ釣籠の, バラ, パンタグラフの, フラつく, フラフラする, フラフラとして, ブル, レプス属の, 一つ出来た, 一ツに, 一斉に, 一本ありません, 一本きりに, 一本つい, 一本とれ, 一本ニューッと, 一本外に, 一本落付きの, 一種の, 三四回ほども, 三寸くらゐ見え, 三本つい, 三本垂直に, 不自由でも, 不自由な, 乱れたぞ, 二つなら, 二對と, 二本の, 二本ぶら, 二本吹きおろす, 二本白い, 何本も, 作る山領谷, 傾いて, 優美な, 先へ, 入って, 入る, 全然だめ, 六本ある, 写って, 冷えこんだの, 出た事, 切なかった, 利かないであろうこと, 利かなかつた思, 利かなくな, 利かぬので, 到着する, 刻一刻早く, 前へ, 動いて, 動かなかつた, 動かなくなるか, 動くので, 動く位, 勝手に, 化粧し, 厚い木, 又こむら返りそう, 取り囲んだ向う, 器用に, 四本ある, 四本列んだ, 四本現われた, 坊主で, 塀から, 塀の, 変だ, 変な, 夕顔の, 外に, 外れそう, 大股過, 太腿から, 太腿の, 太過ぎる, 妙に, 宙で, 寝衣, 小石を, 少々曲っ, 少いだけの, 少しずつ, 少しフラ, 少し不自由, 少し曲っ, 少し泥深く, 少し重く, 少なく閑散, 山々の, 岸を, 左右左右階段の, 差し寄せられ, 幅を, 引きつるもの, 引っ吊っ, 弧を, 弱々しく細かった, 弱く醜くなった, 強くなっ, 弾道を, 役に立たなくな, 後方へ, 快活に, 急に, 悉くこの, 悪いそう, 悪いの, 意趣に, 感ぜられる様, 手が, 手摺に, 折れて, 折れ頭, 抜けるよう, 押して, 指が, 掛かる, 搦んで, 新鮮な, 早い, 早いでのう, 早くて, 早くなった, 早く走り出した, 早や, 明け暮れ弓矢を, 明らかな, 時々にぶく, 曲つ, 未だ触れた, 東北に, 柔かい土, 植木屋の, 極め込みに, 止む景色, 殆ど地を, 氣品よく, 没入し, 泥だらけです, 活溌に, 浮腫むなぞ, 海へ, 深紅の, 滅法綺麗, 滑って, 火床の, 片方なくっ, 猛烈な, 瓦屋根を, 生えやしめえし, 生え脇腹, 疲れて, 疼む, 疾い, 疾く成つて, 痙攣を, 痛いと, 痛いの, 痛かった, 痛くつて, 痛くて, 痛くなっ, 痛くなり, 痛み出したので, 痛んで, 痺れて, 発見されなかった, 白い, 白く見えた, 盛に, 瞑眩, 短いので, 短いよう, 短かい, 短かい上, 短かく, 短かった, 短く黒い濃い頭髪, 私の, 私も, 空間を, 突つ, 立たなくなって, 立ちすくむ, 立ったと, 立ったり, 立って, 立つから, 竦むの, 節こぶ立っ, 紋様に, 紫色に, 細くて, 細く力, 細く細くなり, 絶壁を, 緊りまし, 義足な, 肩に, 脱したり, 腐りかけて, 腫れたらもう, 腫れましたね, 自分の, 草臥て, 草花を, 薄くなった, 蘆の, 見えて, 見えぬ鰈, 見え出すと, 見受けるところ場ちがい, 解けたら, 言うこと, 豊かに, 貧である, 赤く脚, 赤く見える, 跛だった, 距の, 軒先に, 軟弱な, 迅いか, 近づいた, 近づいても, 逆光線で, 透けて, 透通って, 速くなる, 逼つたのである, 遅い面, 過ぎると, 達者だつたら, 達者で, 達者と, 違って, 重い, 重いけだるい胸, 重いよう, 重いアルミニウム製, 重かった, 重畳し, 金で, 釣るまでに, 長い, 長いから, 長いし, 長いので, 長くそして, 長くつて, 長くて, 長くな, 長く伸び, 長く尾, 長く遠く, 開かないじゃ, 開かないぢゃないか, 震えるの, 顫え, 顫える, 颯と通る, 飛び出した, 飽くまでも忍びやか, 驚く程, 高くなつた, 高く上がり, 鰭状を, 麻痺し, 麻痺した

▼ 脚~ (305, 5.7%)

6 力を 3 なって, なりまた, 何か

2 [12件] して, つけて, 射せる淡, 打撲傷を, 気儘娘が, 疵なき, 穿いて, 脚絆を, 腰を, 行過ぎようと, 重心を, 難渋な

1 [266件] あたったのよ, あたま, あたるの, あると, あるもの, いたれり, いつの間にかつい, うけて, うつとり眺め, お怪我, お道さんの, かけたフランネル, かすかな, かなり痛, からまるやう, からみついて, からみつかうと, からむ, からむ枯草, かわる, く, くくりつけた, この御, こんな一篇, ごつん, さへも, さわって, しがみついて, した納屋, し上, すがった, すがりついて, すりつける, だぶだぶぶら下り, ちがいなかった, つけた鷹, つけるよう, つまって, つれて, とおりかかった, とりすがって, ながい竹馬, なった, なったよう, なつた, なつて, ならんで, なりました, なわを, はっしと打ち込ん, ひびいて, ひろひぬ, ふくらはぎの見られる, ふまへられる颯爽, ふれるもの, ぶつかりア, ぶつぶつ鱗, まかせて, まだ結いつけ, まっ赤, まつはりつく, まつはれ, まつわりつく靴磨き, ものを, カルサン肩に, グルグルと, ゲエトルが, ゲートルなぞ, スウスウ風が, ナヨナヨと, ハンカチを, メラ, 一本歯の, 三四人座れる, 不自由した, 乱れて, 二本肩の, 人間が, 似て, 似合ふかどう, 似合わず大きい, 何にも, 作た, 信せ, 傷を, 充つ可, 入ったの, 入って, 全速力を, 出るかね, 出るだかね, 切りつけられたの, 前後左右に, 副木を, 力が, 力なけれ, 占めるので, 印を, 及ぼす感触, 取り縋って, 口づけんと, 合せる為, 合わず上, 向ふ, 命中し, 喰いついたと, 土重く, 坐って, 坐ると, 塗らば, 塗り畜生, 塗り象馬牛羊驢, 塗る娘, 大きな刺, 大きな頭, 大鉄環, 天根なく, 安楽椅子が, 封じこめた未醒, 小さな紙片, 小便を, 履いて, 巨大な, 巻きついた, 巻きつけるよう, 巻きはじめる, 幅の, 引いて, 引きずられ決して, 引っかけ力, 引出の, 弾傷を, 当った, 当って, 当つた, 当てるので, 影響し, 後に, 従つて光り, 心中に, 応じた歩き方, 怪我を, 惑溺し, 想像し, 感じる, 感ずると, 手を, 手紙と, 手首足首を, 托して, 抱きついて, 拠って, 捧げまつらん, 捨てられも, 接近した, 支えられ純粋, 数箇所の, 敵將アカマース, 条ある, 案内され, 横づけ, 機関が, 歩く度, 毛布を, 気がついて, 気がつき, 気を, 水が, 水掻を, 水薬を, 汗が, 汗し, 汗を, 注意深さ, 流れ落ち砕けて, 深傷, 環を, 生毛, 疵ある, 瘍が, 白くつめたし, 相手が, 砂を, 穴を, 穿ちつ, 突き刺して, 立つて, 竹馬を, 籠めて, 精一杯の, 紙片が, 細い脚, 結いつけて, 結いつけられて, 結ひつけられ, 結びつけられて, 結び文が, 結核性の, 絡ふ, 絡ませるよう, 絡みつくの, 絲を, 綱が, 綱を, 縄を, 縋りつきました, 縋付き声, 繃帯を, 繩を, 纏り付いた, 纒つて歩きに, 美沢は, 美麗なる, 美麗の, 肱を, 脚絆身軽に, 腕に, 腫物が, 自分の, 花子が, 落ちたとき, 落ちたので, 落ちて, 落つらし, 虫の, 蝦蟇の, 蝶々の, 見えた, 見るよう, 触れると, 赤いきれ, 赤靴, 趁われ, 越す, 跌き, 踏まれそう, 踏み鳴し, 踏むも, 踏んづけられた夢, 躓いた弾み, 身を, 車の, 車を, 軽さ, 追ひつ, 這い上る山蟻, 通って, 速かに, 進みより, 重傷を, 重味が, 錐で, 間隙の, 障ったが, 電気療法を, 革紐を, 靴を, 鞭うつように, 鞭打つて, 音を, 顎を, 風を, 馬力を, 馳せ下, 驚いて, 黒い脚絆

▼ 脚~ (294, 5.5%)

5 茨の 3 しっかりと

2 [13件] いやに, すくんだ, すたすたと, その愚か, それを, やっぱりぬれる, ワナワナと, 性慾の, 愈, 棒の, 腐って, 非常の, 鹿の

1 [260件] いい気持ち, いうまでも, いくらか, いと速し, いよいよ押, いよいよ長く, いろいろな, うしろに, おいらが, おのづか, おののき顔色, かえってじゃま, かなりふらふらし, かなり丈夫, かねての, がさがさいった, ここに, この通り, これが, しかしその, しかも下流, しっかと床, すくすくとして, すこし歩きすぎる, すっきりし, そっくり獣, その二人, その片, その間も, それに, たしかだ, たしかに蛸, たしかに鹿, ただ鎚, だんだんと, ちんちくで, ついにもと, づして下駄を, とても軽い, とまる気配, どうか, どうだ, ないの, なんと説明, はたと止っ, はや既に堅固, ひだるく熱っぽかった, ひょろ, ひょろひょろし, ぴったりと, ふくらみ胸, ふさふさ毛, ふるふとも, ほっそりし, ますます圧迫, まだ何處, まだ十分, まだ腹の中, まちがいなく, まっすぐに, まるっきり, まるでなし, まるで宙, まるで熔鉄, まるで駿馬, みな宙に, むき出しの, もう一方, もう宙, もう猿沢, もう立っ, もつと, もと通りに, やがて鉄, やせて, やや小刻み, やや早, ゆっくりゆっくり上っ, よわくかつ, スカートの, バツタの, ホカ, 一ツ一ツ蠢き始め, 一八〇プロセントくらいに, 一本ずつ, 丈夫に, 三対蜘蛛は, 三本と, 上着や, 下なる, 両方とも, 二ツだ, 二本だ, 二歩目で, 二線長く広く, 交互の, 今自分, 仲, 傷口の, 円つ, 冷たき地, 冷めたい小さな, 分廻し, 切断しなけれ, 労れたる, 動いた, 午前の, 卓と, 友禅羽二重の, 固かった, 固かつ, 土砂と共に, 地を, 地面を, 墓石みたいに, 壁に, 夜の, 夢中の, 大地に, 大地を, 大怪我, 大腿の, 太くて, 太く折, 夫, 失礼な, 子供の, 完全に, 宙に, 寒さ, 封蝋の, 導きの, 小もどりし, 少しも, 少し下っ, 少し不自由, 少し曲っ, 少なくも四回, 尚早かっ, 屋根裏一階に, 左の, 常人の, 床に, 廊下から, 強いばね, 強いバネ, 彼が, 彼の, 後も, 復活以来いつの間にか, 急激な, 恐しく痛かっ, 恐ろしい力, 恰かも, 恰度倒立ち, 愈えず, 意の, 戸棚の, 打顫, 折られなよなよ, 折れて, 折れますよ, 斜に, 斯う, 既に上, 既に岸, 早くなっ, 時を, 曲って, 未だに不自由, 朽木にも, 某々尾は, 柱の, 梯子を, 梯子段の, 樽の, 此処で, 死んで, 水平線から, 水腫に, 河の, 浮いて, 海の, 消えて, 深く雪, 焼け落ちた, 爪先より, 獣の, 獲物へ, 玉座とも, 疲れて, 疲れる休息, 疾風の, 痛いが, 痛いほど, 痛んで, 痺れては, 皆折られ, 目ざめようとして, 真黒に, 砥の粉も, 破衣, 神速の, 空を, 窓からは, 立つこと能はず, 綺麗だ, 縮んで, 美しくて, 義足だ, 脚へ, 脚絆草鞋で, 脛の, 腕との, 腕ほどに, 腿の, 膝から, 膝の, 膝頭の, 自然と, 自由に, 苦痛に, 落葉に, 西に, 見事に, 誰左前, 誰後, 豫期しない, 赤かった, 跳ねすすみ, 踏みこんで, 蹴つたま, 軽くなり, 軽くひきしまり, 轟きて, 辛くも呂布, 近づいて, 逞ましい, 道徳の, 達者の, 重したゆた, 釘で, 鉄板の, 長く伸び, 長し食, 長年そこへ, 震へ, 靭や, 頗る速から, 頭の, 頭上に, 顫へ, 馬の脚と, 骭から, 高く籐椅子, 鬼なる, 鳥の, 鹿皮の, 黄いろで, 鼠の

▼ 脚~ (223, 4.2%)

9 立って 4 歩いて 3 大股に, 床を, 水を, 立つて

2 [11件] こつそり, ぶるぶる立っ, もつと, 土を, 眼を, 砂を, 立ちあがつた, 立ち上が, 立ったり, 踏んで, 身を

1 [176件] あつた, あつたの, あの額際, あわだてながら, いかにも軽快, いくらでも人, いざりながら, いるの, えいツ, おまけに, かじ棒を, きせるの, くるくる廻っ, しきりにぼりぼり, しぼって, しゃんと立っ, じゃらすよう, すぐ玄徳, すすんで, するから, するすると, する旅行, せう地面, その上, その場所, その男, それに, それを, たがいに, つかまられて, ぬつくと, はかるや, はなはだ卒気, はねて, ぱッぱッ砂を, ひょいひょいやっ, ひょこひょこ小刻み, ひよい, ぴょんぴょん跳ね, ふきました, カタリと, ゴム長靴が, サッと水, スクッと, ドタドタ床を, バスの, パリの, ビッコ引き引き戻っ, ピヨンピヨンと, ブランコの, ペダルを, ポンと, マズルカの, 一方の, 一生懸命に, 一間も, 上方へ, 人を, 人間の, 伊東に, 何時もネビイブルウ, 僕の, 切りと, 刎ねる, 可笑しく歩い, 器用に, 四日女の, 地べたに, 地上に, 地面に, 地面を, 坐って, 坐り前, 大地を, 大津から, 天井を, 子供の, 小さな毛虫, 届きそう, 山陰へ, 廊下から, 廻ったそう, 往復一時間歩かなけれ, 戸を, 戸板を, 払った大, 抑えるの, 抱えて, 抱込むと, 押えたの, 掻いたり, 掻き捜して, 掻くと, 掻寄せ, 支弁さるべき分と, 敵の, 敵へ, 日本間を, 本格的な, 横へ, 機械的に, 止まる練習, 歩きまわりながら, 歩き廻り, 歩くです, 歩行くらしい, 水をば, 渡った, 溝を, 激しく畳, 炎症の, 物を, 狂おしく虚空, 狐狗狸さん其の, 猛烈に, 畳を, 痩さらば, 皿を, 直ぐゾラ, 直ぐ史料編纂局, 私に, 私の, 穴を, 空を, 空気を, 突っぱった驢馬, 突っ立っ, 突立っ, 窓を, 立ち一本脚, 立ち上がって, 立ち上り, 立ち上る, 立ったまま, 立つた小舎, 立つよう, 立とうとしても, 笛吹川を, 緩慢に, 耳の, 自分の, 蜘蛛の, 行けようとも, 豚を, 起ち上がると, 越え渡るに, 跳ねあがつて, 跳ねて, 跳ねとばすすると, 跳ねるの, 跳び上ったり, 踏まれた山, 踏み附けて, 蹴あげて, 蹴りながら, 蹴り蹴り, 蹴るよう, 蹴飛ばすさ, 蹶る, 身体を, 追いかけたり, 追いつくこと, 追つて, 逃げるん, 逃げ出さうと, 這いながら, 酒盛りを, 闘つた, 頭を, 飛ばなければ, 飛ぶごとく嬉し, 飛ぶよう, 飛んで, 馬の, 駈け出した, 髷の

▼ 脚~ (106, 2.0%)

7 手も 2 もう三秒, 胸も, 腕も, 見えて, 見えないで, 頭も, 高くなけれ

1 [85件] あたりの, あらわに, ある等身, いくつか, がたがた, ぎくと, くたびれて, ことごとく香, この前あたり, すっかり人目, とも, ない, なく徒ら, なよなよとして, なんのその水も, ばったり途絶え, ふらふらします, ふるわして, またたくひま, まばゆいくらい, もって, やがてじめじめと, わなわな顫, ブル, 一度に, 丈夫だ, 三脚も, 並んだ重役会議室, 二本は, 二本少く, 五体すべてうつつに, 何う, 出ないという, 出ない苦境, 出なかった, 出なかつたらしく書, 切って, 動かさずに, 動かしは, 動かないし, 嘴も, 埋めるかと, 大きく耳, 太短い娘, 嬉しさ, 存在意義が, 寸づまりの, 届かなかった, 山では, 山羊, 心も, 断つ, 早いおり, 本能的に, 棄てなけあなるまいに, 段々消え, 氷柱で, 無いん, 無きといふ, 男の子の, 疎らに, 痛かった, 痛んだ, 発達し, 知覚が, 短いらしく思われる, 空に, 立ち人間, 締まるし, 美しいが, 腸の, 自由に, 足も, 軽々と二人, 酷く痺れたらしく, 長く両手, 震えて, 露出した, 青空と, 非常に, 顫へて, 飛びすすむ, 飽く迄太く, 黄金で, 黒いだぶだぶ

▼ 脚~ (79, 1.5%)

4 口との 2 なって, 脚との, 脚の, 腕の, 自分と

1 [65件] あたためて, い, いい多毛質, いつたらまるで, おなじく方形, お腹, くっきり映り合っ, した, したる大理石, する科学, その上, そばに, それに, なつて, わが生命, 一個の, 一所に, 一緒に, 三本の, 両手で, 両手の, 並んだ尻, 俺の, 内冑を, 同じよう, 同歩調, 呼ばるる女傑エウクネモス, 噛んだが, 妙見の, 左脚とを, 手で, 手とに, 手との, 手水台一台とを, 村子の, 来ては, 棒が, 椅子を, 畳との, 畳に, 目と, 相接する, 眞俯向けに, 眺めて, 眼衰え, 穢い体, 細く切れ上がった, 美しく張った, 胃に, 脊を, 脚を, 脛の, 腕とに, 腕との, 腕には, 腰が, 腰を, 膝と, 膝とを, 足との, 足とを, 足首とを, 透きとおったガラス玉, 靴の, 鼻長く

▼ 脚もと~ (57, 1.1%)

1 [57件] から, からひらい, から崩壊, から横っ跳び, から正宗, から胸先, から舞い騰る, が危う, が怪しい, が見えない, で二三度, と疲れきっ, にごろりと, にとり落し, にははたして, には野ばら, にひびかせた, にひろがった, にエセックス, にルビー, に倒れ, に壺, に大地高ら, に小さな, に投げ出した, に新しく, に滑り落ちた, に緋羅紗, に繩, に膝, に落しました, に褶伏, に蹴ちらし, に転げ, に遊ん, のあたり, のスクリーン, の小石, の川, の幕, の泥, の流れ, の流水, の田舟, の雪, の雪渓, へ投げつけた, へ飛び込ん, まで伸び, をねらつ, を四ツ五ツむら, を射, を抜き打ち, を指, を洗, を見る, を覗き

▼ 脚神速~ (49, 0.9%)

24 のアキリュウス 4 のアキリュウス其時答 3 のアキリュウス目, のアキリュウス答 2 の馬

1 [13件] に平原, に進み行く, のアキリュウス之, のアキリュウス其時二人, のアキリュウス勇士, のアキリュウス吐息, のアキリュウス大息, のアキリュウス飛揚, のアレース, のイーリス, のノトス, の勇將, の獵

▼ 脚~ (43, 0.8%)

2 に甲掛草鞋, 草鞋に

1 [39件] こそ遺物, といういで, とまでは届かなかった, にてせり上げ, に丁寧, に切緒, に手足, に甲掛, に甲掛草鞋笈摺, に白足袋, に草履, のいで, の他, の小紋, の穿き, の紐, はき, までお, も入れましょう, も拵え, も汚れ, も穿かない, や笈摺, や草鞋, よと身, をあて, をかける, をつけ, を取っ, を掛け, を穿い, を輕, 掛け尻端打という, 油断なく, 甲がけ草鞋穿で, 甲掛で, 甲掛も, 甲掛草鞋でございます, 腹掛け姿軽快至極の

▼ 脚~ (42, 0.8%)

2 から起った, に埋もれ, に小さい, を見

1 [34件] からぐらつい, からドッ, から千仭, から拾, から起っ, が急, で手風琴, で火口, にいた, にからまつ, にくさった, には傷ついた, に坐りこん, に戯れついた, に気, に蹲, のほ, のみに気, の椅子, の池, の辺, の鵞鳥, は反っ, へお, へ落ち, を固める, を払われ, を照らし, を眺めず, を薙ぎられ, を覗い, 近くの, 近く迫る, 間近まで

▼ 脚~ (42, 0.8%)

2 が走込む, であった, のやう, は, をし

1 [32件] かな, から聞いた, が一人, が投, が走る, が配達, が門, が雑誌, が電報, で大樹, で神聖, という者, と行合っ, と行合つて, などは遠く, にも燕, に行きあう, の, のうしろ, の年賀状一束, の白い, の見習, はつか, はつかつか, は官吏, は毎日雨, は灸, は資本, もある, をやっ, を見, 疲れくる見ゆ

▼ 脚から~ (41, 0.8%)

2 先に, 半里, 手を, 根を, 腹へ

1 [31件] おなかにかけて, がさがさ青い, ずん, のぼせ上がって, また白煙, 二尺ほど, 先き, 動かなかった, 啖い, 宙で, 押して見, 掻巻の, 月丸の, 来た風邪, 煙りが, 白い水, 肉を, 胸へ, 脚の, 脚へ, 腰と, 腰の, 腰へ, 腰への, 腰腹から, 腹まで, 腹一杯泥だらけ, 象の, 足の, 靴なめまわす, 顔を

▼ 脚には~ (38, 0.7%)

2 きっとこの, 多分は

1 [34件] あるいはゴフン, いって, いて, うぶ毛が, お話に, すねあて, ほとんど感覚, もう生え際, もう蟻, 一人の, 一種の, 七宝を, 何が, 何の, 大よそ, 小さい泥, 少し自信, 忽ち重い, 数冊の, 本物の, 毛布を, 海老かづらに, 獣皮の, 痲痺が, 皮膚の, 紋平とて, 綺麗な, 聖なる土, 蜘の, 車が, 鋭い蹴爪, 長い雪ぐつをはき, 黄花石楠花チングルマアオノツガサクラ浦島ツツジ四葉シオガマ白山一華偃松などが, 黒の

▼ 脚~ (38, 0.7%)

2 に負傷

1 [36件] から背中, が力, が半, が太く, が次第に, が見えた, が非常, だけが見える, だけである, だけの運動, と上, にある, になんら, には湯婆, にも足部, に故障, に朽木, に触るる, に跳躍, のほう, の傷, の切断手術, の創, の筋肉, の肉色, の膝, の間, は抜ける, は皆, へ斑, をすつかり, をそこで, を守る, を水, を負傷, を酒

▼ 脚~ (37, 0.7%)

2 の原因

1 [35件] がほとんど, が出た, が癒, が非常, だ, で, でもあつ, で動けない, で死んだ, とは異なる, と肋膜, などが判る, になつ, になる, にも左, に似た, に效, に糠, に罹, に良い, の主, の原因確定, の問題, の樣, の氣味, の病原, の研究, の藥, は他, は年増, は持病, ばかりだ, も必ず, を煩つて, を起さしめ

▼ 脚~ (28, 0.5%)

2 かけての

1 [26件] おれんじ色, かけ縄, からげながら, ぐっと一本, しがみついて, たたきつけた, ちらりと一瞥, とんぼと, よくすりこんだ, 力を, 大きい痙攣, 当てられでも, 怪我を, 揉みおろす, 揉合って, 擦りつけたり, 斜めに, 流るる線, 眉を, 着けるか, 綱を, 縺れる, 行くほど, 重みが, 駆け回る, 齧りついたって

▼ 脚~ (26, 0.5%)

3 手を 2 腕の, 腕や, 蚤に

1 [17件] そのほか, 内臓を, 台坐, 小さな貝殻等, 手で, 揺れる腰, 照すら, 翼を, 肩や, 背中が, 胴や, 腕には, 腰が, 腰を, 足の, 足を, 趾から

▼ 脚どり~ (22, 0.4%)

2 の中

1 [20件] がとても, がひよ, と云, につれてぶらん, に伴, に歩調, に豪胆, のやう, は切り, は次第に, は稍, も怪しい, も軽く, をわらつ, を徐, を追って, を速めた, 厳めしい, 嚴めしい, 豊かに

▼ 脚~ (18, 0.3%)

1 [18件] が二本, でぴつちりと, で結構, という身軽, と巡査, には塵埃, のよう, の儘疊, の甲斐甲斐しい, まではき替える, までズクズク, もまた, をきりつ, をつけた, を出し, を着けた, を穿いた, を除

▼ 脚どりで~ (17, 0.3%)

2 あつた, 一段一段と

1 [13件] お進み, こそこそと, ぽか, ヘレンを, 扉を, 昇り降りし, 水溜を, 眠くなりかけたらしい, 石段を, 砂を, 脇道へ, 蔵の, 階投を

▼ 脚とを~ (16, 0.3%)

1 [16件] しっかとちぢめ, つかまえました, つかんで, もって, もつて, アルコールで, ハンケチで, 備へ, 利用し, 唯一の, 塗り籠め, 持ち合って, 持つ小さな, 早めつ, 組み合わせたり, 見れば

▼ 脚~ (12, 0.2%)

2 きアキリュウス, になり 1 あるを, が早く, きアバンテス, である, ではなく, の治療, の猶, を除く

▼ 脚~ (11, 0.2%)

1 [11件] がし, がした, が何時も, だ, で私, と衣ずれ, は此方, も立てず, をそれぞれ, をはつきり, を聞い

▼ 脚ある~ (10, 0.2%)

1 ぎり思い, だけだった, にあらず, ばかりだ, ひは, ものを, 大怪物, 椅子の, 牝豕を, 駿馬

▼ 脚では~ (10, 0.2%)

1 あり物騒, ないか, なく左右二枚, コレ無え, シヤツセエを, 一日の, 一鞭の, 身体が, 追いきれなかったろうが, 間道の

▼ 脚でも~ (10, 0.2%)

1 お揉みいたしましょう, お揉み致しましょう, かまいません, よく気, 二本脚でも, 傷めたら, 切り刻むやう, 引つ張つて, 悪いか, 曲って

▼ 脚並み~ (10, 0.2%)

1 がだんだん, が急, が駈けはじめる, に合せ, の呼吸, は余程, を和やか, を速めた, 軽く走っ, 面白く息

▼ 脚~ (10, 0.2%)

2 の熊檻 1 づくゑとりかくみ, の三腕台, の台, の板棧道, の盥, の細長い, の花卓, の見台

▼ 脚早き~ (9, 0.2%)

2 イーリス答へて 1 アキリュウス・ペーレーデース恥か, アキルリュウスは, イーリス示し, 犬に, 犬の, 軍馬は, 駿馬空しく

▼ 脚~ (9, 0.2%)

1 が立たない, が立たなく, が立たなくなり, にからみつい, の立たない, の立たぬ, もすんなり, もたたなかつた, をひきずる

▼ 脚速き~ (9, 0.2%)

2 アキルリュウスの 1 アイアースまた, アキリュウスに, アキルリュウスは, アキルリュウスを, オートメドーンは, 彼等の, 汝の

▼ 脚だけ~ (8, 0.1%)

1 ある椅子, だという, 布団に, 延ばしたり, 持って, 放り出されて, 鎖の, 離れて

▼ 脚つき~ (8, 0.1%)

1 ででも, で表, の膳, は, はよかっ, はよかつ, を, を一わたり

▼ 脚との~ (8, 0.1%)

1 上に, 内側の, 接合部は, 最小の, 間から, 間に, 間には, 間の

▼ 脚あげ~ (7, 0.1%)

1 ては小便, てストッキング, て与吉, て塹濠, て思案, て恋愛, て抜き倒す

▼ 脚ほど~ (7, 0.1%)

1 あり鉤, ならべて, 並べて, 並べられて, 出て, 細き奥箱根, 馬蹄形に

▼ 脚二本~ (7, 0.1%)

1 で土, で拍子, で溺れ死ん, で種子, はだけて, は人間, を高く

▼ 脚~ (7, 0.1%)

2 を点け 1 が反, に沿う, の前, の火, の縁

▼ 脚置い~ (7, 0.1%)

4 てある 2 てあった 1 てあり

▼ 脚~ (7, 0.1%)

1 にて乗還るべし, より上陸, を乗取るべし, を卸し, を奪い, を奪うべし, を押寄せ支うるなら

▼ 脚にも~ (6, 0.1%)

1 つらせて, 擦過傷は, 月見草が, 気が, 泥だらけの, 獲得の

▼ 脚~ (6, 0.1%)

1 がない, が三つ重, のやう, の邪魔, は階段, もなく

▼ 脚~ (6, 0.1%)

1 に又, に横, に畫, に落ち, に見下さしめ, の波打際

▼ 脚本部員~ (6, 0.1%)

3 となつ 1 だつた三宅君, となった, となり

▼ 脚~ (5, 0.1%)

1 それに, 一躍疾走, 手が, 知れないもの, 緋縮緬を

▼ 脚だの~ (5, 0.1%)

2 腕だ 1 あんたが, 指の, 首だの

▼ 脚なみ~ (5, 0.1%)

1 は速まらなかつた, を停め, を合せ, を揃え, を軽く

▼ 脚にて~ (5, 0.1%)

1 三脚なり, 崩すごと, 思出す, 立ちて, 逐ひ

▼ 脚ばかり~ (5, 0.1%)

1 では, ヒョロ長かっ, 並んで, 太い駄馬, 長いテーブル

▼ 脚まで~ (5, 0.1%)

1 ちゃんと描かない, ぶらぶらする, 屆く, 来た, 行って

▼ 脚取り~ (5, 0.1%)

21 て屍, であ, を以て進む

▼ 脚早く~ (5, 0.1%)

1 て, ア, ヂュウスと, 救ひ, 遠方へ

▼ 脚~ (5, 0.1%)

1 というもの, とが鈍重, の一つ, の下, の暗い

▼ 脚踏み~ (5, 0.1%)

2 をし 1 の音, も適, をする

▼ 脚速く~ (5, 0.1%)

1 して, 彼を, 昇つて行く, 素通りしよう, 遡つて

▼ 脚がかり~ (4, 0.1%)

1 だけを拾つて, ではない, などといふもの, もない

▼ 脚さばき~ (4, 0.1%)

1 で駈けぬけ, は跛, も爽やか, 賑々しく次第に

▼ 脚~ (4, 0.1%)

1 て, てこちら, てよちよち, て軽く

▼ 脚だけの~ (4, 0.1%)

1 が内地, 人影は, 生きものが, 生きものでしか

▼ 脚である~ (4, 0.1%)

1 からオカ, かを知らせる, ことを, に過ぎない

▼ 脚より~ (4, 0.1%)

1 其矢拔き去れ, 太いしっかり, 始むと, 食うが

▼ 脚~ (4, 0.1%)

1 から引きずり下ろされ, になっ, にグッ, に両足

▼ 脚本部~ (4, 0.1%)

2 の人たち 1 から頼まれた, が絶縁

▼ 脚~ (4, 0.1%)

2 が全部 1 がくっつい, が既に

▼ 脚あり~ (3, 0.1%)

1 とは全く, 後足は, 鶏冠を

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 へおろし得ぬ, へつない, へ細りゆき

▼ 脚しか~ (3, 0.1%)

1 ないの, なかつたの, なくて

▼ 脚ずつ~ (3, 0.1%)

1 かけて, 持ち上げて, 椅子から

▼ 脚それ~ (3, 0.1%)

1 から大きい黒い, が実に, にテーブル

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 か尻尾, のが, わね

▼ 脚だけが~ (3, 0.1%)

1 どうした, 先に, 残りの

▼ 脚だけで~ (3, 0.1%)

1 一週出来さうだ, 寂然と, 立って

▼ 脚だった~ (3, 0.1%)

1 にちがい, のです, んです

▼ 脚とが~ (3, 0.1%)

1 外に, 殆ど直角, 長く有合せ

▼ 脚とは~ (3, 0.1%)

1 實際に, 思えないほど, 着いて

▼ 脚なら~ (3, 0.1%)

1 ば五日路, ば我慢, ば逃げられよう

▼ 脚のみで~ (3, 0.1%)

1 歩むと, 走りまた, 跳ね歩き跂

▼ 脚ほどの~ (3, 0.1%)

1 床几を, 椅子が, 細長いテエブル

▼ 脚もて~ (3, 0.1%)

1 搜りつ, 水を, 行く人

▼ 脚よりも~ (3, 0.1%)

1 しげく参入, 先づ神經の, 繊弱な

▼ 脚をも~ (3, 0.1%)

1 ぢも, 引からめ, 食むであろ

▼ 脚を以て~ (3, 0.1%)

1 把握し, 水を, 福を

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 からは, をねらつ, をもと

▼ 脚二つ~ (3, 0.1%)

1 で咽喉, に分れ, の鼻孔

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 が弁, の恰好, を揺っ

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 といひ, ばかりで暮らし, を出し

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 でいまなほ私, に三つ, に仕立てた

▼ 脚氣問題~ (3, 0.1%)

1 で冷笑, は幾多, を別

▼ 脚氣患者~ (3, 0.1%)

2 に試驗 1 のやう

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 のしっかと, のしつ, の鋭さ

▼ 脚短く~ (3, 0.1%)

1 しかも南人特有, 逞ましい, 頭骨小さく

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 にふれた, をも食するならん, を食

▼ 脚袢草鞋~ (3, 0.1%)

1 の出立ち, をつけ, を穿い

▼ 脚~ (3, 0.1%)

2 の病 1 なり

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 で長途, で鮮やか, をそろえ

▼ 脚~ (3, 0.1%)

1 のよう, の陰, 見ゆ

▼ 脚あっ~ (2, 0.0%)

1 てその, てテーブル

▼ 脚あと~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, を見つけ出し

▼ 脚あるいは~ (2, 0.0%)

1 四本脚の, 腕を

▼ 脚かの~ (2, 0.0%)

1 ベンチも, 椅子を

▼ 脚がらみ~ (2, 0.0%)

1 によろめき, に掛つて

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 びを, びをつかまれるとただ

▼ 脚すえ~ (2, 0.0%)

2 てあった

▼ 脚すら~ (2, 0.0%)

1 がくがくとして, 売飛ばせるもの

▼ 脚そこ~ (2, 0.0%)

1 にある, に中村捜査係長

▼ 脚だけに~ (2, 0.0%)

1 たよって, 全身を

▼ 脚だって~ (2, 0.0%)

1 少し曲っ, 長いけれど

▼ 脚であり~ (2, 0.0%)

1 こちらも, そのまた

▼ 脚という~ (2, 0.0%)

1 のである, ものを

▼ 脚といふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 言葉も

▼ 脚として~ (2, 0.0%)

1 居る, 立ち並んだ

▼ 脚とで~ (2, 0.0%)

1 やわらかい土, 池上の

▼ 脚とも~ (2, 0.0%)

1 大為, 見なすべきものゆえ

▼ 脚と共に~ (2, 0.0%)

1 十分に, 天地に

▼ 脚どりされ~ (2, 0.0%)

1 てぐるぐる, て駈ける

▼ 脚なく~ (2, 0.0%)

1 して, て後

▼ 脚など~ (2, 0.0%)

1 名づけ決して, 自家の

▼ 脚などが~ (2, 0.0%)

1 ぶら下って, 大きい罅われ

▼ 脚などを~ (2, 0.0%)

1 時折首を, 眺めながら

▼ 脚にあたり~ (2, 0.0%)

1 また背, 湖の

▼ 脚にまで~ (2, 0.0%)

1 からみついて, とどくまで

▼ 脚ばかりが~ (2, 0.0%)

1 ひよろ, 歩行い

▼ 脚へと~ (2, 0.0%)

1 流れるの, 流れ下る肉

▼ 脚ぽつんと~ (2, 0.0%)

2 置かれて

▼ 脚わずか~ (2, 0.0%)

1 に両, に二

▼ 脚をが~ (2, 0.0%)

2 ぶと噛んだ

▼ 脚をつつ~ (2, 0.0%)

1 ぱつてゐた, 張つてゐた

▼ 脚をの~ (2, 0.0%)

1 そりの, べつに

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 思イ出サセル脚, 長ウシ

▼ 脚一つ~ (2, 0.0%)

1 動かさず非常, 動かす気色

▼ 脚一本~ (2, 0.0%)

1 ぐらいっていうわけ, 傷ついて

▼ 脚一組~ (2, 0.0%)

1 とを購い, になっ

▼ 脚一面~ (2, 0.0%)

2 に糜爛

▼ 脚並べ~ (2, 0.0%)

1 てある, 日覆より

▼ 脚乗らん~ (2, 0.0%)

1 かと呶, か三番片脚

▼ 脚全体~ (2, 0.0%)

1 が資材範囲内, を喰切

▼ 脚~ (2, 0.0%)

2 だけ腰

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 の思想, は赤水

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 に垂, に立ち

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 にあげた, には唐画

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 な筑前, の野分

▼ 脚曳き~ (2, 0.0%)

1 て帰る, 陣を

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 に垂, を唇

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 もたゆみ, を屋外

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 のある, をもっ

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 によつて, の目的

▼ 脚白く~ (2, 0.0%)

1 女房が, 濡らし

▼ 脚立ち~ (2, 0.0%)

1 に止まっ, に身

▼ 脚~ (2, 0.0%)

2 みを

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 の形態, の贈遺

▼ 脚~ (2, 0.0%)

2 紐解け

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 のすばらしさ, を組みあわせた

▼ 脚置いた~ (2, 0.0%)

2 室が

▼ 脚置かれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 はしきダナエー, はしき女子

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 にのせた, に向う

▼ 脚船一隻~ (2, 0.0%)

2 を発し

▼ 脚蜥蜴~ (2, 0.0%)

1 の瞼, は蛇

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 へ五つ六つ, へ斜交い

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 きオイリュウス, く確か

▼ 脚迅速~ (2, 0.0%)

1 のアキリュウス, のアキリュウス彼ら

▼ 脚長く~ (2, 0.0%)

1 玉を, 腹は

▼ 脚~ (2, 0.0%)

1 なとに, などに

▼ 脚飛ばし~ (2, 0.0%)

1 逐ひかけ走る, 逐ひつく

▼1* [364件]

あったか健三, 脚あまりひろくない, 脚あれど頭, 脚いれられたりし, 脚いろに見え出し, 脚うつしんなる, 脚おいてある, 脚かけて岸, 脚かたかたになっ, 脚かぶと虫の兜, 脚かも知れません, 脚かを伊織に, 脚ががくりと, 脚ががたりと大きい音, 脚がけだもの, 脚きはめて短き, 脚きよき娘らを, 脚きれいに帰っ, 脚きわめて短きを, 脚ぐらいずつ動かないよう, 脚ぐらいはなくても, 脚この手は, 脚しらえ, 脚ごとに鞍, 脚したこどもらよ, 脚じゃねえぞ, 脚じゃあ今日当り前なら, 脚すげてさ, 脚すっ飛んでしまい, 脚すばらしくふさふさした, 脚すゑて, 脚ずりをし, 脚せねばならぬ, 脚そして小さな瓦斯煖炉, 脚その上には, 脚そばだてて何, 脚それに私は, 脚そろへ立つ, 脚たかい本膳の, 脚たつがいる, 脚だけでもあげさせること, 脚だけは隠さなければ, 脚だけを見せて, 脚だらうが平気, 脚ちぢめて雀, 脚ちょんぎられた体では, 脚やなかつた, 脚つみ重ねて, 脚づきのまま背, 脚でっぷりした胸, 脚でのしのし, 脚とか知識美とか, 脚とかの接合なら, 脚とかはかの巨巌, 脚とき使イーリスは, 脚とき馬をあたえよ, 脚とだけで猛烈に, 脚とても画に, 脚とりに過ぎなかった, 脚どうにか無理やりに, 脚どりで這入つて来た, 脚どりで降りたつて行つた, 脚ンてない, 脚ない男が, 脚なし膳を, 脚などをも輝かせて, 脚ならべてあった, 脚なれば頗る, 脚なんかこんなに掌, 脚なんかに触られたら妾ゾツ, 脚なんかを齧って, 脚なんて痛いもん, 脚にあたる五六本の, 脚において並んで, 脚にこそ辿りしか, 脚にては殆遊歴に, 脚にでも着物にでも, 脚にばっかり矢が, 脚によつて踏み, 脚によって運ばれ忽ち, 脚により膝により, 脚に関する場合に, 脚ぬき脚して, 脚のうづき, 脚のにはかに, 脚のみ存し, 脚はさほどで, 脚はずすことが, 脚はなはだしく短くちんばを, 脚はねてまた, 脚はやく絶え間絶え間には, 脚ばかしの机を, 脚ばかりじゃありませんか, 脚ばかりに気を, 脚ばかりを熱いもの, 脚ひっかけ平行棒を, 脚ひびきがし出す頃, 脚ひょろひょろと縺れ, 脚ぴょいと進んで, 脚ふみあげて, 脚ふらふらの頭, 脚ふるはして啼く, 脚ほどもあり奥, 脚ほらずいぶん長い, 脚その, 脚また生じ金, 脚また上の兩腕, 脚まるで忘れられたやう, 脚みたいにへん, 脚むき出しの円卓子, 脚むこうのペダル, 脚めいたやつを, 脚もとはるか低くには, 脚もと近く落ちて, 脚ゃ本郷へ行く, 脚やら大根の, 脚よりは何等の, 脚わが勇を, 脚われを救, 脚をかへて見る, 脚をすら忘れて, 脚をにょきりと出し, 脚をば組みたまへ, 脚をもって激しく地面, 脚アクセントの上, 脚ガ非常ニ重ク且浮腫ンデイル, 脚クリロフの一家, 脚デスクの上, 脚ナドヲ手デ探, 脚ニカヽツタラタマラナイト思ツタダケドマタムカフニナルト可愛イオモチヤニナルノデ, 脚ニ影響シテイルノダトモ云イ又レントゲン, 脚ニ白粉ヲ塗ッテ貰イタイ, 脚運動ガ不自由サヲ, 脚は盤底, 脚一円以上出さねば, 脚一半を踏み, 脚一揃なら七十万円, 脚三本でのそり, 脚上った拳山内の, 脚上体なく脚下雪, 脚趨官路険微量難敵酒軍長, 脚不自由な身, 脚両翼を具, 脚並びに其の統合律, 脚並みそろへて繰出, 脚並んである, 脚並豊かに歩い, 脚二脚クリロフの一家, 脚二面独眼の怪物, 脚五円ずつ出し合っ, 脚五千疋を献上, 脚五法の貸し椅子, 脚交互前後して, 脚は直立, 脚人間に似たる, 脚より短, 脚付きの鉢, 脚仙えたいの知れぬ, 脚仙人か鉄枴仙人, 脚低く尾を, 脚の下, 脚何だかこちと, 脚倒れている, 脚なるもの, 脚の化物, 脚ふ, 脚傷つけたてふ, 脚入れて媚びる, 脚其物も身體其物, 脚を防ぎける, 脚出してあり, 脚刃物ヶ崎の岩峡, 脚切られもう党, 脚切るは, 脚切断の大, 脚へ, 脚動かざるにあらざる, 脚半紺足袋白羽二重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 脚半網代の深い, 脚半腰蓑を附けた, 脚半霰小紋の初, 脚から左, 脚同志が集つて, 脚名山を歴, 脚脛の, 脚四つをそろへ, 脚固め立ち停り勇氣, 脚在家未嘗面謁, 脚垂れて蜂, 脚にくつ下, 脚変化のこと, 脚多く戸, 脚多少の器具, 脚の色濃, 脚夫みたいに歩きた, 脚夫背戸の方, 脚失うほどの負傷, 脚という語, 脚も啓書記, 脚宛出し総て湯島天神境内の体, 脚宛黒塗の轆轤細工, 脚の両側, 脚家充満となり, 脚寂然としてある, 脚寶永山へか, 脚テーブルが, 脚小さい尻尾を, 脚布掛けの松, 脚で跳ね, 脚幾度も下, 脚広縁だから, 脚底千仞の斷崖, 脚廊下に踏み出した, 脚は長く, 脚弩張せず顏貌, 脚と伴, 脚弱きものは, 脚を運び, 脚彼女を運ぶ, 脚律押韻尾脚律行數比聯律重聯對比律等, 脚律行數比聯律重聯對比律等, 脚に下り, 脚意識と華やか, 脚きでピリリ, 脚或は口を以て, 脚のあらゆる, 脚投げだして旅, 脚折っぺしょってやった奴だ, 脚折り立てた膝も, 脚折る馬は, 脚折れて白木, 脚抱くと視る, 脚拵えも厳重, 脚持つて行き, 脚き, 脚捨て床几の, 脚据えたその上, 脚据え付けてあッ, 脚据ゑた其上には大, 脚摩乳我妻号は手摩乳云々, 脚摩乳手摩乳という, 脚摩乳手摩乳夫妻の女, 脚擦れとでも僕使玉, 脚数年不復得, 脚断れて天, 脚曲げて蹄, 脚を頼り, 脚本体なりける, 脚本棚が一つ, 脚本部動揺の基, 脚本部員事務員と島村氏, 脚東向きに据え, 脚あるみち, 脚に乗つ, 脚棺桶に掛ってる, 脚椅子を持っ, 脚椅子数脚をはこび込み, 脚構えを見, 脚たはつ, 脚歪む牛を, 脚氣樣の重患, 脚氣樣疾患を治癒, 脚氣病調査會にこれ, 脚氣衝心を起し, 脚氣調査會が設立, 脚泳ぎ出したのは, 脚洗い屋敷にあり, 脚洗ってるだッ, 脚海草の如く, 脚を發, 脚をひとつ, 脚炉足を, 脚無く眼無く, 脚無造作に置い, 脚の羽根, 脚爆失以来である路上, 脚て力, 脚に似, 脚瓦斯ストーブがおい, 脚甚だ痩せ短い, 脚用箪笥卓子寝台上敷枕蚊帳その他ブラッセル産の敷物, 脚で手桶, 脚は既に, 脚疾く馳する, 脚の多き, 脚痕臥跡あり, 脚白い手だ, 脚百何十円とかする, 脚に分, 脚用いず腹, 脚の椅子, 脚相応に歩い, 脚ノ母ダトカ伯母ダトカイウ人, 脚重ねあり前側葭簀立廻し, 脚積み上げて足場, 脚突ッこんだ病人, 脚を早め, 脚紅きは花, 脚で十分, 脚細く紺蛇目傘を, 脚にしたらしく, 脚繁き賑かさ, 脚肉落ちたる腕, 脚肌色の長靴下, 脚から靴, 脚膝関接部の挫折, 脚膳二十人前吸物椀二十人前などと記した古ぼけた, 脚盤旋, 脚自家用を味, 脚至って長く外貌習慣共, 脚落したのも, 脚蠢き頭動く, 脚り寄ると, 脚袢胡桃の実, 脚袢草鞋荷物といっ, 脚袢蒲はばきはゲートル, 脚袢道中合羽に一本, 脚には, 脚触りがどうも, 脚訪江干, 脚の大道, 脚買ってあった, 脚赤城の如く, 脚羽飛する, 脚がまるで, 脚足元がその, 脚を尋ね, 脚跳ねかし牡馬の, 脚踏みしようとはしなかつた, 脚踏みでこと, 脚踏み出そうとしてよろめいた, 脚踏み込んで側, 脚踏み鳴すかの, 脚踏む下にも, 脚にでもされるだらう, 脚軽く蕎麦屋を, 脚くして, 脚に著, 脚近くには丁度建て, 脚追いついて一, 脚逆さまに載せ, 脚速し速きが故に, 脚連旬堪自, 脚からむこと, 脚を担, 脚達者な車夫, 脚遠く長く走りて, 脚部大腿部にかけておびただしく, 脚都門一様字渾肥といふもの, 脚重くとどける疊, 脚金歯など呼び, 脚銀光を, 脚銀色のテチス, 脚長き禽の, 脚韻律を踏ん, 脚に触るれ, 脚香炉と燭台一対, 脚高台に大形, 脚高椅子のわき, 脚は黄金, 脚もや裏ぎりて, 脚麻痺が起り, 脚黄金の蹄, 脚黒髪と水際立っ