青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「脈~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

胴~ ~胸 胸~ ~能 能~ ~能力 能力~ 能登~ 脇~ 脇差~
脈~
~脚 脚~ 脚本~ 脛~ 脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕

「脈~」 1203, 13ppm, 8475位

▼ 脈~ (431, 35.8%)

22 取って 17 打って 16 引いて 12 見て 10 とって, 取つて 8 打つて 7 見たり 5 とつて, 切って, 見た, 診て 4 うって, 搏って, 見せて 3 お見せ, とりながら, とる, 取りながら, 打つ, 握って, 見るの, 診た, 診たり

2 [19件] うつ, しらべた, しらべて, とらせて, とること, みて, みると, アルコールが, 内心深く, 刺して, 取ったり, 引きました, 引きます, 打たして, 拝見し, 狙って, 聴いて, 診るん, 隔てて

1 [232件] うかが, うかがいなど, うき立たせ乍ら, うちました, うちます, うったり, うつたび, うつもの, おさえて, お見せ申す, かすかに, かぞえた, きって, こえ信濃川, さぐった, さぐりながら, さぐり方向, しらべさせられた, しらべ次々, じいっとしらべ, じっとかぞえ, じっと握っ, じっと聞い, するどい刃物, それ以上掘る, つぎ今や, つたうて, つたえその, つないで, とったこと, とったり, とってる, とつた, とつたり, とらうと, とらずには, とらせ看護婦, とられて, とりいる, とりつづけながら, とり目蓋, とり胸, とり薬, とると, とる手, とれば, とろうと, どうして見る, どの顔, はかって, はかり験, はかる, はかる先生, ひいた新, ひいた雲谷等顔, ひいた風趣, ひき法然門下, ひく性分, ひそめ匹夫, ひと刺し, ふかく斬られ, みごとに, みたまえ, みたり, みる, みるため, み心臓, めぐる共同体, やられただけ, やられて, やられては, やる, ズウと, 一つ採った, 一と, 乱して, 亂し, 任意に, 何遍と, 候ひ, 傳ひ, 全身に, 其奴が, 切ったであろう, 切ったと, 切ったの, 切つた, 切つたのが, 切つたのは, 切つて見事な, 切られたの, 切られて, 切り裂いたのに, 切断され, 切断し, 切断した, 刺した手, 刺し貫きその, 剃刀では, 動揺させ, 十二薬師の, 取った, 取ったん, 取つたから, 取つたもの, 取つて貰, 取らせたり, 取らせて, 取られたので, 取りさらに, 取りつ, 取りつつ, 取り体温計, 取り傷, 取り右手, 取り熱, 取り終った健斎老, 取り舌, 取り顔色, 取る, 取ること, 取るにも, 取るの, 取る事, 含むもの, 四つか, 執ったが, 存すること, 守りながら, 射切つて, 尋ぬる, 引いた, 引いてや, 引く, 引くこと, 引くには, 引くもの, 引くやう, 引くん, 強く緊縛, 循れり, 思浮べる, 感じて, 感じ錯覚, 成して, 截り, 所望致され, 手に, 手放して, 手繰って, 打たせて, 打ちさ, 打ち体, 打ち肉, 打ったかの, 打ったよう, 打った咽喉, 打っちゃあ, 打つた, 打つよう, 打つ氷嚢, 打つ活きた恐ろし, 押えて, 押さえろ, 押へ, 押へたり, 拜する, 拝見した, 拝見したい, 拝見しませう, 指すの, 掘当てましたな, 探りはじめて, 探り求めて, 掻き切つて, 掻き切られたもの, 数えて, 数え暫くじっと, 数へ, 數へて, 断ち切る, 断って, 早く, 有して, 有し花, 検められ, 検査し, 流れて, 浮き立たせて, 漲り流れて, 生き生きと, 破られたと, 突き通したらしく濃い, 立て, 立てて, 絶ち得るほどの, 縦走し, 衝と, 見たが, 見ただけで, 見た上, 見ても, 見ながら, 見に, 見ましたが, 見る, 見ると, 見るに, 見る事, 見る真似, 見る船木博士, 見ろっていう, 見事に, 見舌, 觸つ, 計る, 診させ胸, 診ると, 請うべくようやく, 護りぬ夜明方, 負うて, 貫いた刄物, 走る血潮, 通わせたよう, 通わせる, 連ねて, 遠く西, 遠望した, 避けて, 避け落着, 除けば, 験べ

▼ 脈~ (152, 12.6%)

9 ある 3 ついて, 打って, 非常に

2 [14件] ありそう, あるか, あること, あると, あるという, あるなと, あるの, あるよ, つらぬかれて, ない, ぴんぴん打っ, 搏つ, 竜の, 通って

1 [106件] あったから, あって, あつた, あつて, ありことに, ありさ, ありますね, ありません, あり元来, あるとは, あるな, あるに, あるもの, あるもん, あるらしい様子, あるん, あろうと, いい, うたなくなり, およそどれ, ここで, ござる, ござんす, すけて, ずきずきと, だん, とまって, とまるよ, とれねえかよ, ないと, ないといった, ない死んでる, なかつたん, なくなったも, ほとばしって, まだ続い, むやみと, よくない, わるいが, 一つ, 一つ打った, 一つ打つ, 全然触れない, 出ないもん, 切れて, 動いて, 又新しく, 取れるやう, 取れるよう, 四つの, 圧迫される, 在るよう, 多いやう, 多分に, 奔馬の, 寄せては, 寒剣を, 少し多い, 幾条も, 微に, 急に, 悪くなっ, 感ぜられなかった, 成立つて, 所謂火山脈で, 指に, 掌に, 握られた, 搏たう, 支那西部に, 早かった, 時々結滞, 有れば, 東沢乗越で, 横に, 止つた, 止まったり, 止まって, 殆ん, 段々はっきりと, 氣にな, 浮いて, 浮上って, 混入し, 燃えて, 百十近くに, 皮膚の, 眸を, 破裂し, 結んで, 結代する, 結滞し, 続いて, 縦横に, 縱横に, 聴きとれず消えなんと, 草原の, 見えて, 調子を, 貫かれて, 通い出した気持, 通う様, 長く延び, 顏一杯に, 高くな, 鼓を

▼ 脈~ (131, 10.9%)

3 中に, 歌, 響を 2 ある人, やうに, 上に, 方が, 方は, 様に, 殆ん

1 [108件] あること, ある方, ある狭長葉, ある間, いのちの, うえを, うちかたも, うちに, うちを, うねるの, かたちを, くずや, けったいが, ごときもの, その前後, ところ今一つは, とり方も, ない古池, ひびきでは, ふくれ上つた拳, ほとばしりを, ようであった, ように, 一に, 一峰に, 一端まで, 上った人間, 上の, 上より, 上を, 中では, 中の, 伴奏に, 伺いが, 儀は, 儀平に, 入ったの, 六者の, 処を, 凹凸せる, 割に, 劇的表現, 北麓に, 南に, 叙事詩なる, 古語で, 右へ, 呪言が, 大半を, 奥に, 奥の, 山々は, 差が, 弱く早いこと, 強さ, 手術も, 打って, 打つの, 打つ手に, 抒情詩で, 抒情詩である, 数が, 数も, 數も, 文章で, 文章に, 文章は, 早いわたし, 昂進し居れる, 最高点は, 東南端が, 枯れ枝の, 柔かい事, 樣である, 歌は, 消えた手首, 深くへ, 清水が, 温くみが, 漏刻くだちゆくなり, 物でなく, 物の, 状態や, 甥だ, 結滯が, 網の, 網目が, 血が, 詞章で, 誇張が, 諸山に, 谷水を, 賦, 走って, 透いて, 通うよう, 通う所, 通は, 通わなくなるほどに, 長大と, 間歇噴気による, 雪を, 雲井はるかに, 青い血管, 音が, 響くので, 頂上に, 高い高い地域

▼ 脈~ (79, 6.6%)

3 ある 2 あるん, 柔かく血圧, 絶えて

1 [70件] あって, あまり細く, ありありと, ありません, ありませんが, ありませんぜ, あるが, あるだかね, あると, あるよう, いくらかお, お千, きわめて不規則, ございましょうか, ござる, すこし早かっ, ずばりと, たしかに打つ, とつた, とらなくな, どうだい, どこに, ない, ないもの, まるっきり触れない, もう診, よくありません, 一之字山網張山鼻曲山八栗山の, 一方の, 五十六搏つて俺の, 今此辻, 何処に, 六十二だ, 六十二搏つ, 切れて, 力を, 千八百五十五米の, 四方ともに, 尽き氷, 岩塩油田である, 幽かに, 幾つ搏つか, 弱く絶え, 微かで, 心の, 扁柏ばかり, 既に止っ, 更に東, 柔かくて, 柔かで, 止まったが, 止まりのど, 殆ん, 沢に, 消えて, 熱の, 甲州側から, 甲野さんの, 略ぼ, 疾うに切れ, 百三十を, 百十だ, 細くほとんど, 結滞し, 葉の, 血の, 血管硬化の, 衰へ, 赤石の, 速くない

▼ 脈~ (60, 5.0%)

6 の中 2 がせつな, がそれ, に流れ

1 [48件] からながれでた, がこの, がとびいろ, が一時狭窄, が現われ, が縦横, が苦し, が蛇, が見えなくなっ, となる, にながれ, にはまだ, には世, には猿, には現実, には自然, にふれ, にまわっ, にも流れ, に一七二〇年三十五歳, に密, に此島根生, に波うっ, に流れる, に流動, に溜っ, に溢れ渡っ, に潮, のうち, のよう, の搏動, の薄い, の血液, の走っ, はかれ, は屍体, へも皮膚, へより, をしげしげと, をじいっと, を伝, を切った, を勢, を打ちまくる, を痙攣的, を総て, を走り廻つ, を通じて大洋

▼ 脈~ (41, 3.4%)

2 力が, 触れた

1 [37件] こたえて, さわりながら, し発想法, とり込んで, なって, なつて, なり, 両側とも, 乗って, 住んで, 傾いて, 入れて, 刃を, 参り候所, 吸はる, 変じたこと, 就ては, 属する謡, 岐れ, 引入れられた, 当って, 惜しむ所, 掘当てたという, 攀じ登って, 於て, 注入し, 漢字を, 熱血跳る, 燃えあがって, 登れば, 稲妻の, 綜合され, 触ること, 触れて, 針を, 阻まれて, 降つて

▼ 脈~ (38, 3.2%)

2 あり, 呼吸も

1 [34件] いくらか鎮まっ, いたって, ないよう, なく繊維, なければ, よほど細く, よほど順調, 体温も, 割に, 取ること, 執らぬさき, 変って, 失せ氷, 幾脈も, 弱いの, 心臟も, 息も, 悪くなる, 打たず身体, 拜見する, 明らかに, 普通どす, 止まり声, 淡く紫, 無い, 確です, 細り体, 絶えた, 迷走神経も, 途切れて, 通わず, 静かに, 響かず瞳孔, 體温も

▼ 脈~ (18, 1.5%)

3 脈との

1 [15件] いいます, いひます, なって, なり一, 一致し, 云えよう, 内頸動脈, 同じだ, 呼ばれて, 書て, 脈が, 葉底に, 見て, 雅文脈との, 雲の

▼ 脈うっ~ (14, 1.2%)

6 ている 2 ていた 1 てい, ています, てくる, てぽっと, て涙, て胸

▼ 脈から~ (12, 1.0%)

2 成って 1 この人, その余風, 切り出したまま, 喉を, 喉笛を, 噴出した, 左の, 洩れる天然ガス, 漢詩の, 私の

▼ 脈~ (9, 0.7%)

1 かけて, つきさして, わたって, ドキンと, 刺して, 手を, 斬りこんだという, 突っ込もうと, 這い上がりヒラリ

▼ 脈~ (8, 0.7%)

1 と巧, に影響, はたしかに, はという, は実に, も薄れ, をさえ計ります, をつた

▼ 脈うち~ (7, 0.6%)

1 で彼, とで鳴っ, の特徴, はちきれるよう, は事象, を感じた, を感じる

▼ 脈釣り~ (7, 0.6%)

2 で流した, の場合 1 でここ独特, と二種, の鈎合わせ

▼ 脈~ (5, 0.4%)

1 その肋状筋, 六十幾つと, 私は, 縷述する, 行くの

▼ 脈との~ (5, 0.4%)

2 間は 1 二種が, 二重作用を, 間には

▼ 脈うつ~ (4, 0.3%)

1 てゐられない, のだった, のである, のです

▼ 脈には~ (4, 0.3%)

1 変りは, 大して悪い, 火の, 雲が

▼ 脈まで~ (4, 0.3%)

2 見ようといふ 1 切り裂くとは, 包んで

▼ 脈~ (4, 0.3%)

1 アダム以前の, ポケットを, 其他幾多の, 通ひ

▼ 脈より~ (4, 0.3%)

1 押出さる, 汲み出せり, 流れいづるに, 迸る血汐

▼ 脈~ (4, 0.3%)

3 取ッテ 1 取ッテミタ

▼ 脈~ (4, 0.3%)

1 で頂上, には兎, に収められ, の一峰

▼ 脈~ (3, 0.2%)

21

▼ 脈でも~ (3, 0.2%)

1 取れるやう, 取れるよう, 筋でも

▼ 脈にも~ (3, 0.2%)

2 血管が 1 変りは

▼ 脈をも~ (3, 0.2%)

1 はや踏みかけ, 失へり, 顫は

▼ 脈~ (3, 0.2%)

1 がうまい, が冷たい, を心得

▼ 脈~ (3, 0.2%)

1 あるいは塊状, をなし, を見

▼ 脈致し呉れ~ (3, 0.2%)

1 候様懇, 候様申し越され, 候様頼み入り候間私申し

▼ 脈~ (3, 0.2%)

1 じゃそう, でなく海, なんぞというもの

▼ 脈~ (3, 0.2%)

1 がひびい, だ, のみだれ

▼ 脈ある~ (2, 0.2%)

1 敵の, 間は

▼ 脈うたせ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 脈~ (2, 0.2%)

1 へうつ, へ混じさせ

▼ 脈です~ (2, 0.2%)

2

▼ 脈では~ (2, 0.2%)

2 ないかと

▼ 脈といふ~ (2, 0.2%)

2 脈を

▼ 脈どころ~ (2, 0.2%)

1 じゃございません, の急所

▼ 脈~ (2, 0.2%)

1 のです, 社會の

▼ 脈などを~ (2, 0.2%)

2 取りました

▼ 脈なんか~ (2, 0.2%)

1 みたでしょう掌, 見たで

▼ 脈にな~ (2, 0.2%)

1 つて地中に, つて沖へ

▼ 脈官血液~ (2, 0.2%)

2 及び皮膚

▼ 脈~ (2, 0.2%)

1 に触れる, を取っ

▼ 脈~ (2, 0.2%)

1 を以て予め, を施し

▼ 脈~ (2, 0.2%)

1 が奥, なん

▼ 脈~ (2, 0.2%)

1 と申す, は今

▼1* [99件]

ありてその, 脈うたせたいと思います, 脈うち全身に冷や, 脈うち脈うつ大地の健康, 脈うつリズムとともにはじめて, 脈うつ大地の健康, 脈うつ影法師は, 脈うつ手とり死なむと, 脈うつ歓喜の調子, 脈うつ胸のどん, 脈うつ芸術性を湛え, 脈うつ道を辿っ, 脈うつ音さえ感じられる, 脈かよふ, 脈こそ取らないが, 脈さぐるを, 脈その中央に, 脈それを背, 脈打ちたる, 脈だけ見て, 脈づいている, 脈づきはじめて地景, 脈であると推定, 脈というのです, 脈とがありその他中央, 脈ともどこかで, 脈とを示せる爲, 脈どこに火傷がち, 脈どころか自分の, 脈なして屋嶋, 脈など見ますと, 脈なども打って, 脈なり其詠ずる所尽く, 脈なんぞを旨く取る, 脈について大いに論じた, 脈のうへに一と, 脈びよめきてまた弛, 脈べや治療べや, 脈までの距離の, 脈もしつかりしてるじや, 脈たに, 脈ゆるやかに波紋, 脈らしい脈を, 脈をさえ喰い切ったの, 脈をはかつてゐる, 脈を通じて別の, 脈一つに珠數一聯, 脈一帯に叢生, 脈下され度, 脈九十呼吸十八だった, 脈伏寒戦に至る, 脈坊, 脈難き旨, 脈多く熱高けれど, 脈多し身の, 脈學醫方學を專門, 脈山骨樹姿それらのもの, 脈は金剛, 脈の襞, 脈の序, 脈後一時の間と相, 脈愛青春夢のなか, 脈打ちの音, 脈打ち出しそうだった, 脈拝見しましょうかな, 脈探しの前身, 脈数椿庭診柏軒, 脈が増す, 脈とのう, 脈日本海に臨む, 脈東北より来, 脈にこれ, 脈武蔵アルプスが西方, 脈注射とを混同, 脈が青く, 脈百十呼吸二十六であった, 脈的アルプス地帯に於ける, 脈神經等ノ連絡, 脈には違い, 脈も外部, 脈が透い, 脈管中により多く, 脈管内に湧きたつ, 脈精氣みちて, 脈系それは島山, 脈経一巻とであつ, 脈続きで山, 脈美文が示し, 脈有吻, 脈自分の脈, 脈致さざる儀も, 脈致し候へば, 脈の魚, 脈てどの, 脈破候節, 脈釣り式である, 脈関している, 脈露顯し獨, 脈鳴沢岳岩小屋沢岳をも含む