青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「能登~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

背景~ ~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸 胸~ ~能 能~ ~能力 能力~
能登~
脇~ 脇差~ 脈~ ~脚 脚~ 脚本~ 脛~ 脱~ ~脱い 脱い~

「能登~」 1082, 12ppm, 9344位

▼ 能登~ (664, 61.4%)

18 の一行 10 はそれ 9 の屋敷 7 の邸, はこの 6 のため, の手, はその 5 でありました, の姿, の家中, はお松

4 [11件] が, というもの, の前, の居間, の手の者, の方, の面, はお, はこう, はそこ, もまた

3 からこう, が馬, という奴, という殿様, のお, のこと, のよう, の男ぶり

2 [49件] がいちばん, がお, が前, が甲府, この神尾主膳, その人, であります, でございます, という人, といっ, とお, と同じく, にいたずら, にこう, には若党, に向っ, のあと, の乗物, の作, の口, の名, の噂, の奥方, の子, の屋敷あと, の後ろ姿, の手紙, の生涯, の立場, の耳, の言葉, の許, の連台, の邸内, の部屋, の馬, はこんな, はまだ, はもう, は微笑, は有野村, は椅子, は神尾, は立っ, は莞爾, は風呂, を忌み嫌う, を甲府, を陥れた

1 [409件] からいただい, からその, からの短刀, から出た, から家格, から恵まれた, から添書, から箱, から見下げられた, から贈られた, から頼まれた, があの, がある, があんなに, がいま, がいま甲州道中, がここ, がこの, がこのごろ新た, がしばらく, がすでに, がそこ, がそこで, がその, がただ, がなおも, がひとり, がまた, がまだ, がもてあまし, が人, が今度, が低, が何, が元, が全部, が勢力, が勤番支配, が去っ, が取立てた, が好み, が尋ねました, が少し, が平, が役所, が恥, が手ずから, が手紙, が招く, が振返っ, が新刀試し, が来る, が毎日, が水, が決して, が牢破り, が物見, が甲州入り, が着座, が砲術, が神尾主膳, が窮, が窮地, が立っ, が立聞き, が笑っ, が筒袖, が米友, が自殺, が興味, が見えた, が見えない, が見慣れない, が見舞, が訪ね, が谷底, が足, が逃がし, が鉄砲, が鎔鉱, が陥れられた, が預かっ, が頭, が驚く, さあこの, そのほか組頭, たとえ相当, だという, だな, であった, であるという, でなし, では, でも, というお方, ということ, という思いがけない, という旗本, という野郎, といえ, とさえ言え, としては思いがけない, としては珍しい, とそれから, との意気相, とはあんまり, とは何者, とは江戸, ともあ, ともあろう, とも言う, とやらを討っ, とやらを討て, と並んだ, と共に泊り, と卓子, と天守台, と思う, と渡辺, と言い, と面, なんぞはどこ, にきまっ, にこの, にさえも訴え, にだまされ, にとっては極めて, にとっては非常, には奥方, には魔, にも情愛, にも神尾主膳, に主人面, に亘理, に仕え, に会っ, に取入らせよう, に叙任, に同情, に対してさえポンポン, に対してすらこの, に対して上役, に対して無茶苦茶, に導かれ, に幾分, に思われ, に持っ, に振向け, に教えられた, に教える, に楯, に物語りました, に相違, に落ち, に見せたい, に話す, に近づく, に鼻, のあの, のいま, のお伴, のこの, のそれ以上, のつれ, のところ, の一喝, の一字, の三人, の上屋敷, の上席, の世話, の両, の二男, の二階, の人品, の人数, の人柄, の人気, の今, の仕打, の信望, の像, の内事, の労う, の声, の大切, の失脚, の奥様, の奴, の姿勢, の嫡子土井鉄之助利行, の宏量, の定紋, の家, の家来, の家来たち, の家来野澤源作, の寵者, の屋敷内, の左右, の巻, の幅, の弱点, の後ろ, の急, の悪口, の情け, の挙動, の旧領, の時代, の本邸, の机, の桟敷, の椅子, の次に, の江戸家老, の渡っ, の玩び, の疑問, の着物, の砲術, の立, の立っ, の筆蹟, の筒袖羽織, の美しい, の胸, の胸騒ぎ, の膝, の膝元, の若党, の行い, の裁判, の言い分, の語る, の説, の足音, の身の上, の身分, の述懐, の運命, の門内, の頭, の風呂, の風采, の馬の足, の馬上姿, はあの, はあまり, はいま研究室, はお茶, はかえって, はこうして, はさすが, はさっぱり, はすっかり, はそういう, はその後, はたまり兼ね, はちょうど, はなにげなき, はなんとなく, はほか, はまず, はまた, はまだいろいろ, はやがて, はやむなく, はややしばらく, はよく, は一つ, は一人, は一間, は不審, は丸, は主膳, は事務, は人, は仕方, は例, は先任, は兵馬, は刀, は別に, は医術, は同じ, は命令, は和蘭, は問題, は噛ん, は女房, は客間, は小首, は少々, は彼等, は快く, は思いました, は悄々, は意外, は扇, は扉, は政治向き, は早速, は暫らく, は柄, は柱, は汗, は江川, は江戸, は無双, は無論, は用心, は甲府, は男ぶり, は直ぐに, は相, は眉, は真中, は眼, は着替えた, は砕け, は笑っ, は篤と, は美しい, は老女, は聞, は自分, は自殺, は若く, は茫然, は衣裳, は見, は言い, は言いました, は認める, は賞め, は起き上っ, は追って, は逆賊, は遠乗り, は重ね, は銃, は鎌, は静か, は静粛, は非常, は頼む, は黒野田, は黙っ, へ報っ, ほどのもの, ほどの人, ほどの男, めがけて, もいない, もいなけれ, もう一人, もおらない, もそう, も南条, も大, も少しく, も意気込まない, も無論, も知らないで, も笑い, も綺麗, も若い, やお, より貰った, らしいと, らしい雪見, をいただい, をこっそり, をし, をまた, をもてなす, を一流, を人, を呼びかけました, を困らせ, を対照, を尋ね当て, を尻目, を弾劾, を恨む, を憂えしむべき, を憎む, を打ち殺し, を打ち殺せ, を放そう, を救う, を案内, を欺い, を毒殺, を泊めた, を生, を真中, を自分, を見る, を討た, を訪ねよう, を誘惑, を迎えました, を頼ろう, を騙し, 去って, 死んだもの, 突き倒されて

▼ 能登~ (98, 9.1%)

2 国から, 海に, 石動山の, 鹿島郡で

1 [90件] うに, からだに, ことを, ほうだった, ものです, 一本木, 一本木とも, 七尾からも, 七尾に, 七尾へ, 七尾地方に, 七尾港より, 七浦村などで, 上戸の, 九ヵ国に, 人こまかい, 伯父さんお, 体を, 前田加賀尾山の, 北川村の, 半島で, 半島である, 半島では, 半島の, 半島また, 反抗に, 口から, 吉見信濃の, 和倉で, 和倉温泉での, 国と, 国には, 国の, 国ほどの, 国まで, 国を, 國府といふ, 外浦を, 奥深い処, 姿をも, 富来輪島, 小出ヶ崎で, 小木, 居城へ, 屋敷の, 岬七里北に, 影が, 役目の, 戦場では, 戸籍しらべだ, 故郷の, 方で, 方面には, 旅で, 杣木山の神能登媛を, 浅はん, 浅次郎や, 浦づたいをしないと幅が, 海浜の, 片田舎から, 片田舎に, 片田舎へ, 狼煙村の, 狼狽を, 猥らな, 珠洲水崎に, 産まれで, 田舎の, 田野の, 留守を, 磯山にも, 穴水地方では, 者だ, 肉親の, 能登比, 臣, 臣が, 臣の, 身内と, 輪島です, 輪島と, 輪島の, 輪島は, 邑知潟と, 邑知潟の, 鉈打村でも, 長尾村には, 雲津村数千軒の, 顔つきは, 鬼の

▼ 能登~ (49, 4.5%)

2 眼を

1 [47件] あなたを, いやいやうなずいた, うなだれて, かえって底, ここでも, すぐ人, その行動, それを, なお吐ざきちらした, なんども, もう丘, もとより, やっと相手, やっと縁先, わざと耳, 一応合点, 丸腰だった, 二三歩よろめき出, 何か, 何度も, 優や, 其許自身が, 十数人の, 呑みこみ顔を, 四六時中ひとり胸の, 帝の, 帰ったの, 彼から, 後ろへ, 朝に, 気が, 気を, 無遠慮に, 狂気した, 狐の, 生れてから, 翌々日と, 耳を, 耳打し, 聞くと, 衝きあげられたよう, 誰よりは, 踵で, 身を, 近づく者, 鮪の, 鼻皺を

▼ 能登守様~ (29, 2.7%)

9 のお 3 の御 2 とおっしゃる

1 [15件] か, から故障, が甲州城, でございましたか, というお, といっ, と申しまする, に, の名前, の奥方, の奥方様, の身内, は何, は格別, もわたし

▼ 能登~ (26, 2.4%)

6 介は 4 介が 3 介の 2 介清秋は

1 [11件] 介から, 介と, 介などに, 介へは, 介めが, 介清秋から, 介清秋が, 介清秋であった, 介清秋にて, 介清秋も, 介清秋を

▼ 能登守殿~ (22, 2.0%)

4 のお 2 の御

1 [16件] がおっしゃる, じゃ, であるらしいこと, ではござりませぬ, にも申しわけ, の家中, の挙動, の親戚, の話, の近習, はそう, は近い, も喜ん, も御, も御歌, より御身

▼ 能登~ (13, 1.2%)

1 [13件] おからだ, 今日に, 取次いで, 威たけだ, 島後から, 帰ったか, 帰って, 当夜二十四日も, 来るの, 生きて, 見えないこと, 見て, 邪魔を

▼ 能登~ (9, 0.8%)

1 いそがせたもの, かけ尋ねあぐんで, 来て, 立った, 行った, 行つたかて, 行つた折も, 言うて, 遍歴の

▼ 能登守自身~ (8, 0.7%)

1 が工夫, が葬られ, でやって来た, のほか, の発意, はどう, もまた, も必ずや

▼ 能登~ (8, 0.7%)

1 から故障, といずれ, とは合いませぬ, の御, は御, へは一通り, へも一応, もなかなか

▼ 能登~ (7, 0.6%)

2 産する 1 あったの, いても, 向ひ, 於ける日禪, 生涯を

▼ 能登~ (6, 0.6%)

2 いえば 1 加賀では, 加賀越後に, 土佐と, 岩石の

▼ 能登~ (6, 0.6%)

1 ここで, また帰るやい, また肩, もうどうしよう, 呼ばれて, 甲

▼ 能登~ (6, 0.6%)

1 かこんだまま後, 圧倒する, 怒らせず上手, 恐れて, 抑え続いて, 拉して

▼ 能登では~ (5, 0.5%)

1 あるまいか, カイノゴは, 獣や, 産婦の, 間に合わない

▼ 能登から~ (4, 0.4%)

1 加賀へ, 吹くアイ, 越中にかけて, 辿りついた坊さん

▼ 能登には~ (4, 0.4%)

1 いよいよ相手, そう見えた, 地勢上これで, 解らぬもの

▼ 能登~ (4, 0.4%)

1 から出, に御, の人, の西海岸

▼ 能登守教経~ (4, 0.4%)

1 がある, などの平家軍, も敦盛, 然たる

▼ 能登~ (4, 0.4%)

2 の記 1 のこの, の可

▼ 能登~ (3, 0.3%)

1 ミヅチ南部で, 別れて, 金を

▼ 能登やと~ (3, 0.3%)

3 いふに

▼ 能登~ (3, 0.3%)

1 でこの, とか臙脂屋, のおじ

▼ 能登殿~ (3, 0.3%)

1 か, こそいしかりつれ, は宵

▼ 能登~ (2, 0.2%)

1 佐渡だ, 知らんなあ

▼ 能登でも~ (2, 0.2%)

1 ない, 島後から

▼ 能登~ (2, 0.2%)

1 が為す, に見立て

▼ 能登七尾~ (2, 0.2%)

1 に一城, の十九万石

▼ 能登半島~ (2, 0.2%)

1 から山陰方面, と加賀

▼ 能登~ (2, 0.2%)

1 を妻, を援

▼ 能登守一人~ (2, 0.2%)

1 だけです, の催し

▼ 能登守中川佐渡守~ (2, 0.2%)

2 の領地

▼ 能登~ (2, 0.2%)

1 をこの, をさらし

▼1* [76件]

能登おり縮上は紋つき薄色一重, 能登これが石川県, 能登でしたかなん, 能登との交通が, 能登どのか, 能登などいう名, 能登などが供奉の, 能登などでミテルを, 能登などのきにが, 能登にだけ隠して, 能登にて自殺す, 能登にとってはただ仰天, 能登はみかどへ降伏, 能登ぶりの砂摺り, 能登越中の, 能登アイと宮崎アイ, 能登一国にあたる沃野, 能登三瀬越には大塚權兵衞, 能登に多い, 能登佐渡同年九月には岩代, 能登加賀にわたる要所, 能登加賀越前を風靡, 能登十六氏の投稿, 能登呂山道同郡網走市中及四, 能登国珠洲ヶ岬へ吹, 能登の二倍, 能登守お前の腕, 能登守さまのお, 能登守それをこうして, 能登守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト大談事, 能登守一行の川渡り, 能登守乗保の子, 能登守乗薀の医官, 能登守今は駒井甚三郎, 能登守信吉が北条氏, 能登守信景の勇力, 能登守内へ, 能登守利忠中小屋の二加番, 能登守口の利けない, 能登守家中ということ, 能登守対神尾主膳の取組み, 能登守後にバッテーラ, 能登守忠義に献ぜられた, 能登守松平越前様の門, 能登守様井上大膳亮殿これらがみんな壺, 能登守横へ転がせ, 能登守殿その後は一向, 能登守直々におい, 能登守邸にかくまわれた, 能登屋仁平というの, 能登屋臙脂屋が其首, 能登という明治初年, 能登川口にもあまた, 能登方面にうごい, 能登服部左門御買物役西池主鈴, 能登に出, 能登浦第一歩の草鞋, 能登といっ, 能登相撲という言葉, 能登につく, 能登に布教, 能登紀行で川裳明神, 能登羽二重という処, 能登若狭などとさかん, 能登街道の加賀, 能登越中の賊兵, 能登越中佐渡は鎌倉時代, 能登越中加賀よりし, 能登越中等に於ける, 能登越中越後を経, 能登越前肥後の熊本, 能登越前若狭の津々浦々, 能登越後などから修業, 能登日像自身が, 能登遠征のとき, 能登の女