青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「破っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~砂 砂~ 砂糖~ ~研究 研究~ 研究所~ 砲~ ~破 破~ ~破っ
破っ~
~破れ 破れ~ ~破壊 破壊~ 硝子~ 碁~ 碑~ 碧~ ~確 確~

「破っ~」 1182, 12ppm, 9278位

▼ 破っ~ (1113, 94.2%)

18 しまった 14 いる 13 いた 10 しまったの 7 しまう 6 しまいました, みると 5 入って, 出て 4 しまうの, はいって, 中の

3 [13件] いるの, くれた, その穴, それを, 侵入した, 地上に, 声を, 外へ, 室内に, 見せる, 言った, 逃げて, 這入って

2 [57件] いいの, いたの, いった, いること, いるよう, おります, お目, くれ, ここへ, しずかに, しまったん, そのドン底, その中, はおりますが, ほしい, やる, 一挙に, 下界に, 了った, 人の, 今の, 入ること, 出た, 出たの, 出で, 出るよう, 前へ, 千両箱を, 外に, 天地の, 小判四千両を, 山を, 帰って, 彼の, 持って, 捨てたの, 捨てて, 捨てると, 操を, 月が, 来た, 歩いたらユカイ, 殺して, 王様を, 真赤な, 聞えた, 脱出し, 自分の, 表へ, 見ると, 調べて, 逃走した, 這入ったん, 響き渡った, 響き渡る, 頭を, 飛び出して

1 [864件 抜粋] あいつが, あたけはじめたら家老, あとで, あのざま, あの姜維, あらしの, あられも, あらわれ出でた, あるごらん, いいか, いいもの, いずれも, いたので, いない, いないの, いは, いるため, いると, いるところ, いるわけ, いる三日月, いる代物, いる切迫, いる様子, いる点, いる猫, いる矢先, いる自身, いる間, うなずいた, おいて, おどりだしたの, おりますが, おり小鳥, お堂, お妃, お母さんへ, かすかに, かりの, きこえて, きた頁, くれたさあ, くれましたもの, くれもし, くれるまで, けたたましく響き渡った, けちけちする, こうして尋ね, ここで, この一回分, この伊皿子坂, ころげ出した, ごくあっさりし, ごらん, ごらんという, しごと, しまいたいよう, しまいたかった, しまうこと, しまうだろうとか, しまうよう, しまえ, しまったそう, しまっただよ, しまったので, しまったほど, しまった木村, すぐさまヴェリチャーニノフ, すてた, そこから, そこを, そのうえに走り書, そのうち, その一部分, その氷山, その積み込み, その蟹, その間から, その領土, それらを, そんな男, だしぬけに, ときどきガチャリ, とびこむと, どこかで, どこからとも, どたん, どどーん, なお前進, なだれ込むと, のむ水, はいった, はいった高見権右衛門, はるかの, ばりッと, ひっきりなしに続い, ひっそりと, ふいに, ふき出した, ふと弦, ほんとうの, まいったの, まいるの, まずリエージュ, まだ睡, まばゆい日, みました, みよ, みろ, むなしく小路, もとお, やったぞ, やっと二, やにわに背, やらなければ, やる最良, やれ, やろう, やろうと, やろうとでも, ゆきそれ, ゆくという, ゆく独創的, よいか, よいもの, よく逃げ得られる, わが海, イカの, カサッと, クールフェーラックに, ジリジリと, ソロソロと, トウ, ドクトルが, ドッという, ハッ, バラまい, ビクビクし, ブーンという, ボートが, ヤマ族の, 一しょに, 一ぽう, 一円紙幣を, 一度には, 一散に, 一斛の, 一発の, 一路蜀に, 三平の, 三荘やっ, 上り第, 上空に, 上空へ, 下町から, 両腕, 中から, 中に, 中央の, 之を, 乗り込んだこと, 乱れ近づいた, 了いたい, 事実を, 二階から, 云った, 五百余の, 人々の, 人を, 仄に, 今日ここに, 今日の, 今自身, 仕舞うほど, 他の, 以前の, 以来絶えず, 佐久間町の, 何とも厳粛, 何も, 例の, 侵入する, 信玄に, 僕の, 光の, 兎に, 入った, 入った時, 入るぞと, 全勝, 全州, 八丁鼻が, 共にこれ, 兵糧を, 其処から, 内務大臣が, 内部へ, 内部を, 再び出場, 再任した, 冬子を, 冬木が, 出たくなった, 出た南条, 出た蛾, 出ようと, 出るかだけ, 出ると, 出るの, 出入りし, 出血する, 判決決定書の, 創造した, 動かぬ波, 勝負の, 勤王方の, 北方の, 十一娘の, 千万言の, 千代田城に, 半鐘の, 即死さ, 却て, 参覲交代に, 叫喚の, 名人位を, 吸い出したという, 吾, 呶鳴りつけた, 命を, 和泉屋の, 唯々として, 啼いて, 四角くたたむ, 国境の, 城外へ, 城郭の, 声が, 声は, 外出しよう, 夜中に, 夜半の, 大きくなっ, 大切な, 大川の, 大怪物, 大海の, 大酔の, 天皇の, 夫婦に, 女子供の, 妙月庵に, 姉上を, 孔秀を, 完全なる, 室内には, 室内へ, 宮の, 富岡に, 封筒の, 小判の, 小説を, 少しずつ, 少し外方, 居りましたらクルベルさん, 居城佐和山へ, 屋内に, 屋根伝いに, 屑籠に, 山の, 岩石が, 峰から, 左右二本の, 帰りましたが, 平地に, 幽情, 店の, 庭から, 廊下へ, 弟に, 強く生きね, 彼にまでも, 彼は, 彼女は, 往来の, 後めでたく, 後鞭の, 心臓を, 忍び込もうと, 忍び込んだらしいの, 快走を, 思わずも, 恐れ慄く, 悪の, 戦争を, 手近の, 投げ込むなんて, 抜け出る蛾, 挑むよう, 捨てた, 捨てたもの, 接近されなくなり, 搏たんと, 救い出して, 数名の, 敵の, 断続の, 新しいの, 新しい煙草, 新航路, 日光は, 景隆の, 曝らげて, 更に新しい, 最高価, 月百円という, 朝の, 本流から, 来た奴, 来なすったこと, 来ると, 東の, 東京から, 染方を, 柴の, 棄てたと, 棄てて, 棄てること, 構えの, 次郎が, 正大自由な, 死に瀕, 死んだという, 殻を, 毒薬を, 水面に, 江戸へ, 沈んだ声, 泣く声, 洋々と, 流れ出して, 流れ出て, 海へ, 深い闇, 湧き立つ奔流, 溢れて, 潜入し, 激しく働いた, 烈しく起き上り, 無数の, 片破れ, 猟に, 猫が, 王権の, 現れる様, 現れる迄, 現われること, 生まる, 生命の, 生返っ, 甲子園へ, 異様な, 白城の, 目に, 目出たく, 知らない女, 破れないこと, 確信を, 神社の, 私に, 私は, 秘法を, 穴を, 空気は, 突, 突然こんな, 突然神経質, 突然鋭い, 窒息してる, 竈の, 筋を, 紙の, 細く響いた, 経験された, 綱を, 縁側へ, 聞えたそう, 聞えるが, 聞こえたかと, 聳えた, 肉を, 胴の間に, 胸板の, 脱れい, 脱走し, 脱退する, 脳天に, 腸を, 自分が, 自分で, 自由な, 自由の, 舞上がる焔, 船は, 色里へ, 芸で, 芽が, 茫大な, 薬液を, 蜂谷が, 血だらけな, 血に, 血を, 行くこと, 行くといった, 行って, 行者の, 袖口で, 襖の, 見えて, 見せよう, 見せるため, 見た, 見たところ, 見ようというも, 見張りの, 言うこと, 話しかけた, 諸所に, 謡う声, 貴殿一人を, 走り麦, 超出する, 跳ね出した, 蹄の, 躍り出なくては, 輝いて, 轎から, 近くの, 迸しった, 追い掛けて, 追腹を, 逃げおった, 逃げたもの, 逃げだした, 逃げられたん, 逃げる事, 逃げる要心, 逃げ出したの, 逃げ去った, 逃げ竹藪, 逃出そう, 透いて, 這い出し母親, 這入るなどという, 這入るの, 通るが, 通るまで, 通る不敵者, 進む形, 進んで, 遂に出た, 遂に金博士, 道も, 遠くきこえる, 遮二無二逃げ出そう, 部屋に, 都へなど, 金貨を, 鉛筆で, 鋭い尖った, 鎌を, 長いきれ, 閃めく, 闖入する, 随意自在の, 隣家へ, 隣県に, 雀戯数刻成績よから, 霧を, 青い小麦, 響いた, 領土を, 飛び込んだ最初, 飛び込んで, 飛出して, 飛込んだ老人, 食べたこと, 食膳は, 馬に, 馭者に, 駆け廻る, 高くきこえる, 鬼王を, 鮮血が, 鳥を, 麻雀を, 黄金を, 黒人が, 黒血を

▼ 破ったり~ (26, 2.2%)

2 して

1 [24件] いたしましたが, した, したこと, する, するからと, すること, するの, すれば, ストレー・フィールドを, 人を, 何か, 只今の, 塀を, 弁慶が, 引き裂いたり, 扉を, 手を, 暫く読み返し, 湯タンポを, 看守を, 腹ぐあいが悪い, 船を, 過激な, 針の

▼ 破っても~ (17, 1.4%)

1 [17件] いいと, いいの, お救い, こういうこと, その通り, よいもの, 位の, 入るが, 出るわけ, 奥へ, 少したつ, 災害が, 破っても, 縦に, 自分の, 逃げ果せるもの, 金高は

▼ 破っては~ (11, 0.9%)

2 ならぬ 1 いけないの, いけません, きれいに, ならない法則, ならん, もったいないと, 小さいかご, 損です, 駄目だ

▼ 破ってまで~ (3, 0.3%)

1 宿を, 新子との, 自由自在の

▼ 破ったって~ (2, 0.2%)

1 さしつかえない, なにが

▼ 破ってから~ (2, 0.2%)

1 後に, 後も

▼ 破ってでも~ (2, 0.2%)

1 二人の, 逃げたくなったの

▼ 破ってまでも~ (2, 0.2%)

1 二度の, 魂を

▼1*

破ってからの自分と, 破ってからは杳として, 破ってという冒頭であった, 破っての男の