青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「能~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~背後 背後~ ~背景 背景~ ~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸 胸~ ~能
能~
~能力 能力~ 能登~ 脇~ 脇差~ 脈~ ~脚 脚~ 脚本~ 脛~

「能~」 6246, 67ppm, 1676位

▼ 能~ (2305, 36.9%)

34 知って 30 考えて 28 見ると 24 人を 19 之を 18 似て 15 覚えて 14 人の 13 能く 12 見て 11 これを, 福を, 聞いて 10 此の, 気を 9 承知し, 来て, 考へて 8 見れば 7 人が, 人に, 知て, 見えた 5 存じて, 彼の, 心得て, 忍ぶ所, 来なました, 知つて居る, 知るところ, 肖て, 見える, 記憶し

4 [14件] 一切の, 人生を, 伊藤侯の, 内閣の, 出て, 出來て, 出來る, 出来て, 分って, 国民の, 我に, 気の, 注意し, 視ると

3 [40件] かくの, これに, ない場合, は分らない, は分らぬ, は知らない, やつて, 世間に, 人心を, 人情を, 似た人, 働いて, 其の目的, 出來た, 分りませんが, 分る, 判って, 剛を, 味を, 大海を, 存申候, 寝て, 心を, 是を, 時代の, 来たな, 比較し, 水を, 為す所, 物の, 生徒の, 眠って, 知つててよ, 知つてゐる, 知つて居た, 能くお, 見えるの, 視れば, 解って, 身を

2 [173件] ある奴, ある習, お礼を, こぼしてる様, そんな真似, ないなと, の因果, は分らなかった, は判らぬ, は見えない, は覚え, は記憶, わかる, クレクレ働く, 一人に, 一時の, 一致し, 上下の, 上達する, 世話を, 久遠に, 之れ, 人類の, 今日まで, 任ふと, 伯の, 似たり, 何をか, 侯の, 催眠術の, 兄の, 光輝ある, 入らしっ, 其の主義, 其の任務, 其の内閣, 其の名, 其の意味, 分った, 分つて, 分て, 分りますが, 分ると, 分るの, 制作者の, 勉め能, 勝を, 勤めて, 原書を, 及ぶ所, 呑み込んで, 喋舌る, 多少の, 大事に, 大勢を, 始めより, 威望を, 子供の, 字を, 完全なる, 実が, 家を, 寝ます, 寝付いて, 察して, 尋ねて, 己の, 幾何日月を, 幾年の, 弁えて, 彼れ, 彼を, 御休, 御存じで, 御存じです, 御存じの, 御承知, 心に, 忍び得る, 忍ぶなり, 我を, 戦争ごっこを, 政党の, 政治上の, 政治界の, 政黨の, 教えて, 教ふる, 教へ, 敵を, 断片的に, 日に, 日本の, 昔の, 有効に, 来た, 来たね, 此の世間を, 歴史的豪傑と, 水瓶を, 泰西の, 混ぜて, 清浄を, 滑る, 煎じ詰めて, 物を, 獄則を, 現わし, 生ずる, 生育する, 申しますが, 皇室の, 相談を, 知つてゐた, 知つて居ます, 知りませんがね, 知るべきに, 私に, 私の, 私情に, 穿鑿し, 笑い能く, 笑ひ, 納得出来る, 続けて, 考えると, 考えれば, 考へ, 耐ふる, 耐へん, 聞えた, 聞くと, 自分で, 自分の, 萬物を, 衆心を, 行はる, 行はれた, 見えませんが, 見た, 見ること, 見詰めて, 親切鄭寧を, 解する, 解りました, 解りましたわ, 解りません, 解る, 解る人, 言うて, 言は, 言へども, 詫ります, 話して, 話を, 読むと, 調べて, 調和する, 談じ, 識って, 議場の, 貴嬢, 辛抱し, 這般の, 進歩自由の, 遊びに, 過を, 過去の, 遵奉し, 酒を, 非藩閥同盟, 饒舌り, 首相として

1 [1410件 抜粋] あたりの, あの時, ある, あるやう, ある例, あんなこと, いふが, お出でに, お客が, お辞儀を, かの離車, こそ思ひ, このバンクノート, この果敢なき, この石, この苦痛, ごぞんじ, それが, そんなに体, ぞ浮世, て世, では行つて來, なあお, なった, ねえが, ねえ何, の芸, は存じません, は知りませぬ, は聞き取れません, は見えぬ, は見おろせなかつた, は解らな, は解らねえ, は解りません, まアお前此方, やる隠れた微, よく運, わが今日そ, わが子婦たらん, コツプ酒を, デンマーク語で, マア殺しに, 一ぱいに, 一党一派の, 一字の, 一念喜愛の, 一見直ちに, 一黨一派の, 上って, 不憂, 世界万国有史以来の, 世間の, 並べられ篤志, 中るが, 丸山川に, 主人に, 之に, 了解が, 了解したる, 了解する, 事が, 事体に, 二葉亭を, 云い聞かせましょう, 五世を, 交ぜ返す奴ぢ, 亭主の, 人一倍遊び, 人情をも, 人気を, 人生の, 人間外の, 今日の, 仕付た, 他を, 他人の, 付けた名, 仰有れますのね, 休む少し, 似たよう, 似た物, 似ること, 佐竹ッ原へ, 何事をか, 使ふ, 來て, 俗人が, 保さんを, 信じて, 個人の, 働いたが, 働きまする, 働き顧問, 働けるやう, 兄さんの, 兎の, 入らっしゃいました, 全くこれ, 八百長八百長と, 其の張る, 其の是非, 其の顔形, 其れ, 其効果を, 其本色を, 其責を, 其顔を, 内を, 冷まして, 凝視する, 出來たれ, 出家を, 出来, 出来たもの, 出来た堂, 出来てること, 出来るの, 出歩いた, 分った其の, 分っても, 分ります皆立派, 分りません, 分り相に, 分るよ, 分る訳, 切れるもの, 切れ仕上げ, 判りません, 利くでありませぬかと, 利ける, 制御する, 力を, 労働者に対する, 勉めて迷わぬ, 動かす所, 勘次へ, 勤めたから, 北条霞亭を, 卯平の, 及ぶかも, 取った女, 口に, 合ふ, 合點すれ, 同情を, 君は, 吹き出した, 吾人を, 呑み込みたいと, 呑込めない, 味つて見る, 命が, 和の, 善に, 喋って, 喋舌ってね, 喧嘩を, 噛砕い, 囘避する, 図, 国民を, 國民の, 地を, 堂々たる力, 堪えんや, 填むるところにあらざりき, 売れました毎号三千づゝ, 売れると, 変化した, 変色する, 外国思想に, 夜中に, 大に, 大根を, 天下を, 天地を, 女子の, 好む処, 娘に, 存じてを, 学ぶの, 守り中, 守れば, 実際を, 室の, 家族の, 容子を, 寝ました大層, 寝り就いて, 寝就かれなかつた, 實つた四邊一面の, 寫生に, 小室の, 少時の, 尿し, 屁放らし, 屏列する, 巨井を, 己を, 常あらん, 幻術を以て, 座敷の, 弁する, 弁ぜんよりは, 強を, 当たること, 当る, 彼我なき, 後悔し, 御存, 御存下, 御政事, 御目, 御考え下さいまし, 御見え, 御話, 復長ぜん, 心して生活, 心を以て, 忍ばざる者, 忍ぶと, 忍ぶべし胸, 忍得る, 怒り能く, 思い切って, 思って, 思切って, 怪我を, 意味が, 慈愍を, 慮るのみを, 懐んで, 成し得るもの, 成功せり, 我が國語, 我等夫婦が, 手古奈の, 打つ缺, 批判が, 抑遜せる, 拘儒, 拵へる, 持上げ得る者, 振ってね, 捉えない, 掃除仕やす, 探ると, 控縛する, 撃てりウオーヅオルス, 撃てり曲亭馬琴, 擾しおわる, 改めん, 改進黨の, 敗頽的気風に, 散じ村人之, 整理される, 料理を, 斯し, 斯般の, 明府を, 春秋に, 是非なき, 時代を, 晏然たらん, 晴天白日の, 暗黒に, 曲を, 書くの, 最高き, 有る例, 服從し, 木村父子が, 本能を, 来たあの, 来たのう, 来た一昨日, 来られたもの, 東洋諸般の, 果実の, 根本の, 楽しむとは, 欲無限, 此位お, 此戀に, 此時の, 歩かれたもの, 死と, 殺す者, 毎日寒, 気の毒な, 気心も, 水と, 汝を, 汲み尽くし得べきと, 治する, 治平を, 泣き出さないばかりに, 泥棒が, 泳ぐメキシコ, 派生語を, 済ふ, 漱石氏の, 澄んだ真夏, 濟ふ, 災難を, 為し難き, 無畏, 然ん, 照し, 燒いた, 爲す所には, 牛蒡は, 狂人が, 狸を, 猟犬が, 玄関払いを, 現われて, 理想なき, 理解ん, 甘んじ自ら能, 生徒が, 甦へり不老不死, 田圃へ, 男の, 異鳥, 當れり, 瘡痍其物の, 百年我に, 目を, 直言を, 相談し, 看ること, 真に是非曲直, 眠れます, 着て, 知ってる, 知ってるので, 知つて居るだらう, 知らせ置くべし, 知りながら, 知る, 知るしかるに, 知る処, 知る者, 知れり, 知れるを以て, 知抜いて, 研究し, 研究なさい, 礼を, 祕密を, 祟つた, 禮敬を, 私権の, 種々考へ, 穉き, 穿らんことを, 窮むるなし蓋し, 窺ひ知らしめる, 立廻っ, 笑ふ, 答ふる, 精誠の, 素人は, 続くね, 繁茂し, 續けて, 罵り能, 翁姑の, 考へれば, 耐ゆる, 聘れ, 聞えたから, 聞えない, 聞かなければ, 聞きたり, 聞き給えこれから, 聞たまえ一人で, 聞馴れた, 聴き取れない, 聽い, 育った大きな, 臨機応変し, 自ら敵を, 自ら欺き, 自家の, 自己の, 自覚し, 與へられた, 苦しんだ, 茲に, 草木に, 藏の, 虎に, 虞美人に, 衆人を, 行き草, 行くわ, 行はれ, 行届き何, 表はれ, 補導の, 西洋の, 見えないん, 見えますんで, 見える硝子窓, 見しめき, 見たいと, 見たら台屋, 見て取る事, 見ゆるの, 見ようとして, 見るに, 見るもの稀, 見る劒戟, 見定められる, 見覚えて, 視察しました, 覚えないが, 覚えません印刷所, 親の, 観察し, 解き開き得ば, 解し能, 解った, 解つたらう, 解らんのです, 解るの, 言ったもの, 言ひ, 言れる, 計だ, 訓う, 記えて決して, 記憶した, 記臆せよ, 詩人の, 認め得たりき, 語りますが, 誠実を, 説明すれ, 読めない, 読んだ, 誰方も, 調へる, 調べた上, 調査しなけれ, 諸の, 諸苦, 講義を, 議らんと, 議会を, 議會を, 讀まぬで彼是, 谷中村買收問題は, 貧に, 貴公様より, 貴様等は, 賓せん, 走るを, 身伏し, 辛抱なすった, 追隨, 逆毛, 通じないらしかった, 通暁た, 連れて, 遊んだネ, 遠くを, 遣た能, 適する, 遽に, 釈迦仏を, 釣り合を, 釣合つてゐた, 銘記せよ, 長育した, 闘い終せた, 陪審員の, 隠すも, 隣の, 雛鳥を, 電話が, 非想, 革命の, 頓智を, 頼めば, 風雨を, 飛ぶという, 飛ぶ竜これ, 食べますね, 飯事を, 馬の, 馴れては, 駛流を, 鬼に, 鳥語を, 鹿を, 黨弊刷新の

▼ 能~ (1033, 16.5%)

61 ざりき 54 ざるなり 51 ざるを 48 ざるに 28 ざるが, ざるは 25 ざるべし 24 ざれば 22 ざるの 21 ざるところ 16 ざる也 15 ざりしなり 14 ざるのみ, ざるもの 11 ざれども 10 ざるか 9 ざりしが, ざるものなり 8 ざるも, ざれど 7 ざるものは, ざる所で, ざる所に, ざる所以 6 ざらし, ざらしむ, ざりしは, ざりしもの, ざる所なり, じ 5 ざるを以て 4 さるか, ざりしに, ざりしを, ざるまでに, ざる者なり, ない, ぬ, ぬこと

3 [17件] さるに, さるを, ざらしむる, ざらしめたる, ざりしも, ざるのみか, ざるまで, ざるものあり, ざる幾多, ざる所である, ざる所を, ざる時に, ざる程の, ぬの, ぬもの, ぬ永い, ぬ風情

2 [54件] ありません, さるによる, さるを以て, さる所, ざらしめ, ざらしめき, ざらん, ざりきそ, ざりき乃ち此, ざりし, ざりしかば, ざりしところ, ざりしならん, ざりしのみ, ざりしや, ざりし也, ざりし次第, ざる, ざることを, ざるとき, ざるに際し, ざるのである, ざるほど, ざるほどに, ざるまでも, ざるものが, ざるものである, ざるものを, ざるもの多し, ざるや, ざるやう, ざる事を, ざる人に, ざる処, ざる大, ざる恐れ, ざる所なら, ざる所なりと, ざる所の, ざる時期ならず, ざる理由, ざる者と, ざる者なる, ざる者なれ, ざれは, す今, す若し, ないが, ないこと, ないん, なかつたの, なかなかそうは, ぬ事, 非常に

1 [297件] ありますまい, ありませんよ, あるの, いは, かくあるべき, かくして人間最高, こうした舞台表現, ここまで, こしらえたもの, ことわりおなか, この有意味ずくめ, この群れ, さがらねども, さがるべし, さっそく口, さること, さるなり, さるによるのみ, さるのみ, さるは, さるも, さるもの, さる一理由, さる事情, さる塲合, ざらしめた, ざらしめたるに, ざらしめむとする, ざらしめる, ざらむ, ざらむと, ざらんと, ざりきこの, ざりきと, ざりき粟野, ざりけり, ざりければ, ざりしこと, ざりしなるべし, ざりしにも, ざりしよ, ざりしわ, ざりしを以て, ざりしトロイア人, ざりしヘブライ人, ざりし一大目的也, ざりし人, ざりし其の, ざりし天, ざりし如きは, ざりし当時, ざりし所, ざりし故, ざりし最大, ざること, ざることも, ざること之, ざること恰も, ざること是なり, ざるさへ, ざるため膝, ざると, ざるところ換言, ざるなら, ざるなりき, ざるなりと, ざるのが, ざるほどの, ざるまた, ざるものならずや, ざるものなる, ざるものの, ざるよし, ざるより, ざるをも, ざるアンチポヂス, ざる一證左と, ざる上人, ざる世, ざる乎, ざる事, ざる事だ, ざる事にて, ざる事をば, ざる事実である, ざる事實である, ざる事情, ざる事有らん, ざる事柄, ざる事物, ざる亜米利加の, ざる人人, ざる人性, ざる人聲を, ざる偉大に, ざる勝利を, ざる可し, ざる場合に, ざる境遇, ざる多き, ざる大正の, ざる天下太平, ざる失望に, ざる如く, ざる役を, ざる性格, ざる悲む可く, ざる悲運, ざる感情, ざる所なる, ざる所なるべし, ざる所ろは, ざる所を以て, ざる所以也, ざる所英雄の, ざる政治家, ざる旨, ざる是を, ざる時は, ざる最高有益, ざる有, ざる本願, ざる極甚, ざる極貧, ざる楽俗眼の, ざる様子, ざる樣, ざる樣子, ざる此一友人, ざる深く, ざる為, ざる状態, ざる理, ざる理智, ざる男女, ざる男子, ざる目のみを, ざる盲眼, ざる相手, ざる福祉, ざる程に, ざる立場, ざる約束なるべき, ざる純潔なる, ざる者に, ざる者の, ざる者を, ざる耻, ざる舞俗情の, ざる苦艱を, ざる蓋し, ざる蛮人, ざる見解, ざる詩, ざる詩人, ざる詩人的天才, ざる説を, ざる論拠, ざる譎詐, ざる譯, ざる貫一は, ざる道理, ざる間は, ざる非, ざる高級希望を, ざる高級權利即ち, しかく魚, じと, す何と, す假令久時, す唯人間中, す此, す死せん, す爲, す甲, そうした表現, そう聞く, そのテーマ, その中, その極致, それには, そッ気ない, つまるところ世界中, どうだ, どこまで, どんなかと, ないかの, ないと, ない事, ない位, なくなる, ぬごとく汝ら, ぬであらう, ぬでも, ぬので, ぬばかりに, ぬほど, ぬまでも, ぬ事だらけ, ぬ勝, ぬ底, ぬ快, ぬ所, ぬ根源的, ぬ激しい, ぬ程, ぬ種類, ねえから, ほんとうの, まず現実世界, またニタニタ, もろもろの, よく物, わざ即物まねの, わずかに, われ, キネマや, 一体何処, 一筋の, 一躍只圓翁, 上下両, 下司下郎だけで, 世要職に, 両日催された, 中へ, 中止, 主演者と, 今から, 今日の, 仕方が, 何よりも, 何等の, 何遍見, 作ったもの, 先へ, 凡そ人たる者の, 到る処, 前にも, 千万人を, 単独に, 受持てん, 喜多流内の, 四ツん, 夏日に, 外へ, 大概一日に, 天下を, 如何にも鼓作り, 始まりたり, 存在しない, 学問や, 学校教育の, 宋代の, 少くとも, 山人舞の, 常に以上, 序の, 張玉と共に, 彫刻の, 彼らに, 怜悧で, 慥に, 戦争の, 新らしく生きよう, 日本の, 日本民族最高の, 歌熱心で, 歌舞伎よりも, 此から, 演る, 無い, 無いくせ, 牛肉よりも, 独特な, 猶ほし, 用ひ, 相当な, 知ず, 窕子の, 統制の, 能とは, 脇方としての, 至極まじめ, 致さず無理, 舞わず, 芝居なぞに, 芝居や, 芸術的に, 西洋の, 見つからない, 言ったと, 言つた, 誰かが, 退屈だ, 遠からず, 飯を, 餘り

▼ 能~ (540, 8.6%)

11 面の 6 方は 5 ない人間 4 ヨサの, 演出の, 面が, 面は 3 お稽古, お面, ない男, 催しが, 古ぼけた障子, 表現の, 面, 面に, 面を

2 [44件] あつた, ある人間, どこが, ないよう, ない私, ヨサを, 中に, 仮面の, 位で, 作者は, 催しでも, 前には, 前日の, 動作の, 姉さん, 嫉妬の, 字の, 存在価値を, 当日に, 性質が, 感じが, 方で, 時など, 曲目が, 曲目の, 曲目は, 橋がかりを, 気品は, 演出は, 演技に, 狂言の, 田楽祭りを, 看客は, 研究は, 稽古を, 美しさ, 舞の, 舞台が, 舞台の, 舞台面に, 芸術価値は, 道と, 野郎か, 面白さ

1 [387件] ありよう訳, ある人, ある前, ある状態, ある者, ある薬, あれからを, うたひ, ことを, ごとく案外, すべての, それの, ために, ないお, ないこと, ないそして, ないといった, ないもの, ないやくざ, ないやつ, ないファシズム, ない人, ない人たち, ない公達輩, ない又は, ない変名, ない女, ない恋慕流し, ない恐しい, ない東太, ない植物, ない此, ない理屈, ない生, ない老爺やつ, ない身体, ない金魚, ない顔, なかった, なかつた隆造, なさそう, ほうが, ほうは, やうな, やうに, ような落ちついた, ように, わからない奴, わかるアタマ, わき芸だつた, アトで, ウラを, ソレに, ヨサは, ヨサ有り難, リズムに対する, ロンギを, 一座の, 一座は, 一座を, 一曲の, 一要素と, 上で, 上を, 上手下手に, 不全を, 世界で, 世界である, 世界では, 世界の, 両日楽屋を, 中には, 中の, 中入に, 中心生命を, 主人が, 主義を, 主題或は, 事と, 事難有存じます, 二三月前に, 五番から, 五郎らしく, 人々にと, 人と, 仕組と, 仕舞の, 仕舞は, 仕舞も, 仕草の, 仕草を, 仮面が, 仮面は, 低い山脈, 作曲の, 作者としては, 作者の, 使命を, 例の, 侍所に, 傘である, 働きは, 元曲, 先から, 先が, 先生が, 光景を, 全価値, 全分的, 全局面, 再生, 初まり, 初期時代は, 初番, 制度は, 前に, 前へ, 前日広袖の, 功を, 動きの, 動作である, 動作と, 動作との, 厳粛典雅な, 古典的存在さえ, 台本, 各曲, 各種の, 名人が, 品評や, 囃しとを, 囃子である, 囃方や, 土地節の, 地頭を, 型である, 型などは, 型の, 型は, 堕落の, 場合には, 場合は, 場面に, 士が, 士なり, 外種目が, 大事と, 大将に, 太夫鼻金剛という, 太鼓の, 失態にたいして, 女, 女は, 好きな, 如く地に, 妻の, 姉さんと, 姉さんッて, 姿は, 威權を以て, 嫉妬は, 子の, 子方と, 字を, 守本尊である, 安宅陸奥へ, 定型, 定義を, 実演を, 家に, 家元の, 審美的価値は, 小面の, 山猿みたいな, 峯で, 常習じゃ, 常連に, 幽玄から, 幽玄も, 幽霊の, 座の, 当日の, 彫刻像に, 影響は, 影響を, 役には, 役者の, 役者は, 後ほどなく, 後一人頭二三十銭宛切り立て, 徒は, 心臓とも, 怨みは, 患み, 感覚の, 所作と, 所演が, 才を, 扮装を, 技術は, 持つて, 持つ特色, 揚げ幕とは, 教師を, 方な, 方の, 方へ, 日, 是界坊から, 時であった, 時は, 時代で, 時代に, 時期に, 智識の, 曲の, 曲目に, 最後の, 最高の, 本を, 本体は, 本来の, 本質的な, 本随, 松と, 根本生命, 根本精神に, 根本義に, 楽器は, 概念は, 構成の, 構成を, 構造には, 様式に, 樣式の, 橋がかりから, 歌と, 歴史謠曲の, 流派即觀世寶生金春金剛喜多の, 清書で, 源流は, 演出そのものでなけれ, 演出などが, 演出に, 演出には, 演出を, 演出発表に, 演劇の, 演技から, 演技が, 演技で, 演芸番組は, 為に, 無いものの, 無い理屈, 無い男, 無い造酒助, 無え議員, 父文蔵は, 物狂いの, 特殊演出を, 特色であります, 特色は, 狂言などを, 狂言に, 狂言も, 狂言師を, 猩々, 甚だ称すべき, 甚だ稱, 生命の, 番組が, 番組は, 番組も, 番組を, 発展を, 発生, 発達が, 看客の, 真似ほどは, 真実の, 真面目は, 研究と, 研究の, 研究者の, 礼讃に, 祖先では, 祖父であった, 祝宴も, 神様兼カンシャクの, 立場が, 笛だけには, 笛ひ, 笛や, 笛を, 筋書を, 精神の, 精神を, 統一機関, 美を, 翁の, 翁は, 翁を, 者で, 肉付を, 背で, 脇の, 脇方として, 脊で, 臣下多く, 興行が, 興行に, 興行を, 興隆と共に, 舞いぶり, 舞は, 舞台から, 舞台で, 舞台では, 舞台に, 舞台にかけて, 舞台みたいに, 舞台や, 舞台を, 舞台面で, 舞台面では, 舞臺で, 舞臺といふ, 舞臺には, 舞臺の, 舞謡囃子に, 芸術学的, 芸術家に, 著, 葛桶の, 藝術に, 藝術理論を, 衆に, 術語より, 衣裳まで, 衣裳面扇などにまで, 表徴的な, 表現は, 表現を, 装束しない, 装束そのものが, 見方は, 解説など, 言つた言葉を, 評価を, 話は, 話翻訳についての, 語りは, 説明が, 講演を, 謡に, 謡口調で, 起原, 足どりぢや, 足どりの, 足取りと, 跡に, 進化は, 進歩向上を, 進行中すこし, 道具の, 金を, 鑑賞を, 関係は, 関係者が, 隅々までも, 際に, 集注が, 面と, 面という, 面とは, 面とを, 面などを, 面についても, 面にでも, 面には, 面もっとも, 面白味が, 面黄龍を, 音樂, 顕現でなけれ, 骨格を

▼ 能~ (201, 3.2%)

7 見に 4 見て 3 見ると

2 [11件] 左軍に, 御覧に, 持って, 持つて, 擔いで, 演ずる者, 知って, 見ること, 見るたんび, 見る人, 見慣れて

1 [165件] あらは, あらわした, お目, すること, するならせい, する時, つくして, つくすという, つとめたの, つなぎ合せ, とつて, ならべたり, ひかえて, ぶつりと, まるどりし, もった顔, もって, もっと完璧, やりたいと, やるから, やる人間, やる者, よく観る, エネルギーと, ドン底から, 一将の, 一身に, 上書した, 上演する, 並べて, 並べながら, 中絶した, 中絶しなけれ, 主に, 今日に, 仰付, 作用と, 保存し, 信ぜられたの, 備えた, 催した, 催したり, 催し入場料, 催すこと, 催す際, 兼ねた点, 兼ねられるもの, 加え源家長, 参考すれ, 取ると, 受持って, 司って, 否定し尽し, 吹聴し, 吹聽せし, 味わう事, 唯一つ, 喋々する, 地上に, 執つた, 執つて勘次, 堕落させ, 天朝の, 失ってから, 奪われた, 好まない人, 好んで, 完成し, 完成する, 尽くすべき時, 得て, 御らん, 忌まれたから, 忘れて, 批評し, 抑へられ, 抱いて, 拝見し, 持ちながら, 挙ぐる所以の, 撒布したくなる, 普及させよう, 有して, 有する時, 有する鬼類, 有って, 有つ, 有つてゐた, 本当に見得る, 杖に, 棄てた, 極めたり, 標準と, 殺し尽して, 渇仰し, 演じる時, 演ずるに, 為すもの, 父祖伝来の, 生み出すべく生み, 用いて, 発揮し得る, 発達させ, 発達し, 發揮した, 盡くす, 知らない者, 知り信仰, 知り敵軍, 知るほどの, 移したもの, 第一, 終って, 終つて橋掛から, 組み立てて, 絵に, 継続し, 置いて, 羨ましく思う, 考察されたなら, 職分と, 肩に, 脱し切って, 自己の, 興行した, 舞い得る青年, 舞つた時大夫の, 舞わせる方針, 舞われた, 英文へ, 衒は, 衷心から, 見した, 見せて, 見せなかつたので, 見たそう, 見たとき, 見たの, 見た事, 見た場合, 見ましたが, 見ようッ, 見るには, 見るよう, 見物し, 見物した, 見首, 観ては, 観に, 観よう, 観るたび, 観るに, 觀て, 解釈し, 試させ一芸一能, 誇り純, 誇るの, 讚めたたへん, 述べて, 連結し, 除けば, 陸続と, 隠すが, 飽くまでも地上, 鼻で

▼ 能~ (146, 2.3%)

5 ない 4 あって, なさ 3 あるか, ないと, なかつた 2 ありません, あるから, あると, あるん, ないの, やつて, 催された, 無い

1 [108件] あった, あったから, あったこと, あったと, あっても, あつた, ありまして, ありますか, ありませんからな, あり詩, ある, あるかしらて, あるかっ, あるすなわち, あるそう, あるため, あるだらうと, あるひに, あるよ, いただく桶, おありなさらない, ござりまする, そうである, そこで反射交感, その霊, その霊能, ないか, ないから, ないからこそ, ないが, ないといふ, ないとか, ないなどと, ないよう, ない男, なかつたので, なくついに, なくても, なく他人, なく女房, なければ, なさそう, わからないでは, イヤに, 両日に, 中へ, 事あり, 二十四歳で, 二十数年ぶりで, 二日間博多の, 亡くなり次, 今の, 今日まで, 何かの, 催された時, 全地球表面上, 出来ないよう, 出来る迄には, 取つて, 古代を, 多いもの, 大きなもの, 好きじゃ, 好きだ, 好きだった, 如何に, 如何に深刻, 始まったの, 始まる, 始めて分ります, 存在し, 完成すれ, 恋愛の, 悉く五段, 所望な, 抽斎の, 採つて, 既に彫刻, 昔松林の, 有りますねエ, 有力な, 本道に, 東都に, 極めて多い, 此頃ぴたり, 歿した, 済んだ後, 済んで, 無いから, 無いが, 無いため, 無いの, 無い奇妙, 無かった, 無かつ, 無暗に, 生まれたの, 私を, 翁の, 能楽の, 舞えなくなりは, 行はれた, 見えて, 見抜けぬ秀吉, 説明する, 面白くなります, 飼ひし, 馬に

▼ 能はず~ (130, 2.1%)

18 と雖 65 といへ, 然れ 4 である, とせ 3 とする, なりぬ 2 といふのみ, といへり, と云々, と思惟せり, と雖ども, 強て

1 [70件] いたづら, かつまた人, この半裁, さ, されどその, してこ, すご, そのほか浮世画工, その本能, その目的, で, といへる, とか過ぎたる, として思ひし, とせし, とせり, となし, とも人道, とも少なくも, と云, と南華, と宣給, と断, と申し, と相, と称し, と稱, と見ゆる, と謂, の語, またしか, まづ地獄, もし之, やと, 不得已斬殺, 主體, 何ぞ記す, 何となれ, 併し乍ら多情, 借りて, 其の外交政略, 再び之, 即ち行親, 即ち退出, 又た, 又忠実, 又忠實, 又所期, 又聲, 否愛する, 大同派, 寄りつ寄られつ吹きつ吹かれつと, 少しく水源地, 我が紳士風, 或は器, 或は次, 打ち込みたる爪, 故に是, 故に若し, 早く寢, 然るに例, 畢竟するにその, 畢竟増税, 相顧み, 知らず識ら, 終に窟中, 退いては, 進まんと, 重ねて, 非器

▼ 能~ (77, 1.2%)

4 して, 言ふ 3 云ふも 2 なり或は, 名付けたと, 狂言とは, 見做さ, 言ふも

1 [56件] ある点, いえば, いったら人, いっては, いつたまことに, いへば, かをると, さほど性質, した, したのみ, した類いも, しない, し辞, する, するか, するところ, する剣道, する演技, せず敵, その妻, なったので, なつて, ふたり空ッ腹で, 一つに, 不能と, 不能とを, 云う物, 仕舞とに, 信じて, 兼備の, 古美術, 同じに, 名付けて, 吾, 四ツに, 大亀が, 岐れ, 心得て, 心得る色, 戦って, 所作事, 歌舞伎の, 歌舞伎劇とを, 比較し, 混同され, 狂言とに, 狂言とを, 神楽の, 称せられるもの, 考へられた因果律, 考へるの, 芝居, 芝居とを, 言う獣, 違って, 雖も

▼ 能~ (68, 1.1%)

2 ないが, ない者

1 [64件] ありて, ありませんが, お辰, かういふ道, この地, ございませぬ, ございませぬが, ございません, すきで, ついに落涙, ないし, ないという, ないの, ないのに, ないよう, ないらしい, ない不, ない代り, ない代わり, ない凡人, ない微力, ない構造, ない耳, ない自分, ない虫, ない贅物, ない述作的労力, なかった, なきに, なき正成, なくすっかり, なくただ, なくひざ小僧, なく主取り, なく余技, なく反撃, なく名, なく大, なく志, なく留守中家事, なく病気, なく立ち帰っ, なく育っ, なささうな, なしに, また平安, みな一道に, やはりこの, やり彫刻, やれば, 一緒に, 同じです, 多いもの, 才も, 持ちませぬ, 智慧も, 演る, 無かつ, 生きて, 田舞の, 皆其火, 行はれ, 言つた, 貴様の

▼ 能~ (66, 1.1%)

3 あると 2 あっては, 近づいて

1 [59件] あらわれる妖気, あるとだけは, ある悪, きもを, しろ謡, ぜひともあの, ぜひともなく, つかわれた物, つれて, でかけ僕, どんな, なりそのまま, なりますと, ゆくほか別会, よらで彼, ヒントを, 乏しいが, 二三度引っ張り出した, 仰せて, 伝わった仮面, 使用する, 促されて, 入ったの, 凝りだして, 出るよう, 出る東京, 勤める時, 就いては, 就ては, 屬する, 得法し, 御招き, 志したの, 恐れ入っては, 持参せよ, 接近した, 於ける, 於ける動き, 於ける曾我物, 於ける翁, 欠けたる劣等学生, 溺れるとは, 狂言の, 用ゐ, 由来する, 疑を, 皆適用, 盛り込まれて, 興味を, 行かれなかったこと, 警固の, 近いもの, 這入る為, 間に合うよう, 關する, 附き纏うそう, 限らずすべて昔, 限られて, 難な

▼ 能では~ (49, 0.8%)

15 ない 2 ありません, なくて

1 [30件] ありますが, あるまいから, いけない法律, さう, そんな事, どうすれ, ないと, ないといふ, ないの, ない事, ない気, ない船岡どの, ない道徳, ない達人, なかろうぞ, なくなりいくら, なく民, なし, 一種別様な, 主役を, 其役を, 初めから, 喰えなくなる時代, 役者が, 此の, 狂言方とまで, 繁り盛つて, 詞よりも, 説明し, 鼓を

▼ 能はずし~ (46, 0.7%)

2 て之, て伯, て唯, て時日, て歿, て犯せる

1 [34件] てかなた, て一時, て中止, て今, て以為, て僧, て元, て元勲, て其心, て却つて帝国, て却つて帝國, て多少, て女子專門學校, て好し, て室, て寢, て席, て徒ら, て必ず, て打, て是, て生死, て盤中, て神, て窃, て終に, て総, て總辭職, て脩辞, て苦む目付, て貫一, て進み, て運命, て非常

▼ 能なし~ (39, 0.6%)

2 だ, ロクで

1 [35件] がいくら, が復員, が無念がり, だから能, だし, だと, だ米, ぢや, では, でアチラ, で恥知らず, ということ, とは言はず, と来とる, に何で, のかれ, のバカ, の僕, の党員, の坊ッちゃんみたい, の夫婦, の役立たずで, の用, の白痴, の驢馬, は人, ばかりで, よ, らしゅうございます, を飼っ, 武士と, 気な思ひ, 猿ばかり, 畜生なら, 者には

▼ 能~ (36, 0.6%)

2 はもう

1 [34件] あれ見ねえ, か, がこの, が板囲い, が苫, だった, だの三平, といい, などもいずれ, なら知らぬこと, にいわせれ, には従兄, には武家息子, に会ったら, のさす, のほか, のよう, の前, の語った, はあわて, はいつ, はおかし, はぐっと, はここ, はまだ, は初め, は手, は櫓声, は銀子, は頬被り, は高い, もやがて, や大亀, や赤螺三平

▼ 能くそ~ (35, 0.6%)

3 の発達 2 の志

1 [30件] が右, のお, の事情, の典型, の分, の合, の名, の地位, の士気, の如何, の当, の徳義, の性質, の情実, の情景, の意, の所天, の敵, の法, の発露者, の目的, の終, の終り, の良策, の萌芽, の趣味, の趣意, の難, の顔, を

▼ 能~ (31, 0.5%)

2 あつて, 頭を

1 [27件] あつた, あつて能, あの太鼓, しかも惡意, でも, もって, シテと, 人を, 何か, 停止した, 其の砂, 内地品を, 前年己丑に, 叩いて, 大賀小次郎という, 天井を, 庶民に, 打ち込む外, 最も出演者, 楊貴妃に, 毆つたつ, 注意しなけれ, 申せば, 知己な, 美貌が, 見た金剛某氏, 飯を

▼ 能~ (28, 0.4%)

2 限りは

1 [26件] かぎりに, かぎりの, かぎり寄与しなけれ, かぎり従来の, かぎり日本の, だけの満足, であらう, 事なら, 可き, 家に, 所に, 最大の, 欠点を, 神が, 者に, 限は, 限りに, 限りの, 限り史實を, 限り完全に, 限り己が, 限り悠悠たる, 限り意識し, 限り柔かく細き, 限り脚で, 限り自己の

▼ 能~ (27, 0.4%)

2 歌舞伎を

1 [25件] ある, ないぜ, ないと, オペラに対すると, 仕舞は, 仕舞ほど, 円山派の, 大亀, 宇治の, 幸若の, 歌舞伎だって, 歌舞伎に, 歌舞伎劇の, 歌舞妓が, 歌舞妓の, 狂言が, 狂言の, 狂言も, 神事に, 端午の, 翁の, 舞に対しては, 諸国の, 謡曲は, 鳶口を

▼ 能舞台~ (27, 0.4%)

2 を作っ

1 [25件] が出来た, が始まっ, で此所, で田舎, といふ特殊, なぞ国宝級, などの, における暗, になります, に似た, に坐つ, の周囲, の役目, の明る, の構造, の横, の発達, の階段, はその他, へは行く, へ出かける, へ出勤, を床, を芝居, を踏みすすむ

▼ 能くお~ (26, 0.4%)

3 前無茶助 2 似合なさる, 入来だ

1 [19件] つぎの, とづれた, のが, 京さんに, 伝言を, 出だ, 前さん一人で, 寐ツてね, 島に, 書きに, 父様が, 糸さんを, 聞よ, 聞合せにな, 言ひ, 言ひだが, 辭儀を, 辭義を, 頭に

▼ 能じゃ~ (23, 0.4%)

5 ない, ねえん

1 [13件] ありませんぜ, ありませんよ, ないぞ, ないよ, ないん, なかろう何とか, ねえぞ, ねえとか, ねえや, ねえやちっと, ねえやな, ねえよ, アねえ

▼ 能静氏~ (21, 0.3%)

1 [21件] から, から小言, から指導, から見込まれ, が自分, が重態, に就い, の処, の喜び, の如き, の恩命, の教, の根岸, の芸風, の血縁, の追善能, の門下, の風格, はそんな, も表面, を訪う

▼ 能衣裳~ (19, 0.3%)

2 のよう

1 [17件] が如何, である, と仮面, と変る, などもある, に對, の今日傳, の前, の暗く, の柄, の美し, の金色, は既に, は缺, ほど映り, やら男物, を着け

▼ 能くも~ (18, 0.3%)

1 [18件] お蘭さん, かかる機密, そんな言葉, のいふ, わからなかった, 云うたもの, 似て, 睡られなかった, 知らない, 糺さずに, 続く, 考えずに, 聞えず階子下, 見えぬが, 見え分かず最近, 見交さぬに, 見得ねば, 飲みました

▼ 能でも~ (18, 0.3%)

3 ありますまいに, あるまい 2 あるまいに 1 ありませんから, あるまいと, あるまい其の, あるまじ政権, あるまじ政權, そうである, ない, ないから, ないし, なく茶の湯

▼ 能知者~ (16, 0.3%)

3 と所知者 2 から解放

1 [11件] がいっぱい, が所知者, たる人間, たる作者, たる内部, との関係, なくし, の吟味, の存在, を反映, を捕え

▼ 能ある~ (15, 0.2%)

4 鷹は 2 ものは 1 はほぼ, ものと, ものとして, を称讃, 才人に, 抔日を, 爪を, 猫は, 者を

▼ 能という~ (14, 0.2%)

4 ものは 3 のは 2 名前 1 ものに, ものを, 人が, 尼さんは, 獣の

▼ 能には~ (14, 0.2%)

2 小面孫次郎を

1 [12件] ぜひとも柳営, ぜひ持っ, まだよほど間, 厳密な, 家元と, 少くとも, 彫刻的分子が, 殘存した, 番ごとの, 真面目な, 菊五郎氏にも, 馴染みが

▼ 能八郎~ (13, 0.2%)

1 [13件] から聞い, がそっと, がひざまずい, が中庭, ですら, の手, は屋根, は後, は懶, は日吉, は覚書, も眼, を顧み

▼ 能十蔵~ (13, 0.2%)

1 [13件] から明るみ, であった, なども次々, にもいえる, にもその, のいい出しである, の吟味中, の姿, の方, の調べ, はかねてからうすうす, はその, も申し

▼ 能く分らない~ (12, 0.2%)

2 が比較的, けれど誰 1 が, が困った, が色, けれども, 位暗かっ, 所が, 男だった, 男だつた

▼ 能~ (12, 0.2%)

1 [12件] である, でさ, ではない, に於ける, に移る, に興味, の太夫, の常に, の面, はまだ, を以て西洋, を觀

▼ 能~ (11, 0.2%)

2 である, のする 1 が多数, にしばしば, にはそれ, の物品引寄せ, はあながち, は坐し, を待っ

▼ 能とは~ (10, 0.2%)

1 その独唱, まるで違った, 一つに, 何ぞや, 何びとかが, 段々少し宛隔つて行, 脇方の, 要するに人間, 言えないね, 違いますからね

▼ 能~ (10, 0.2%)

2 は主人 1 が思い出し, が猿, にも用, に連れられ, の復命, はすぐ, ははっと, へいった

▼ 能~ (10, 0.2%)

2 と所知 1 が入る, が前, と切り離された, に内在, の不思議, の意志, を反映, を離れた

▼ 能がかり~ (9, 0.1%)

1 か何, だ, で評判, な科白, にうたい出す, の笛, の総, の足どり, を皮切り

▼ 能なかっ~ (9, 0.1%)

81 たが

▼ 能~ (9, 0.1%)

1 で以つて, になる, にまくし立てる, に小, の母, は銀, や雄, を捕へ, を表

▼ 能から~ (8, 0.1%)

1 享ける, 出て, 分離する, 感受される, 早く帰っ, 来たもの, 歌劇の, 移したらしい能狂言

▼ 能~ (8, 0.1%)

1 けれど女の, つたのである, という, という思え, といふ思へ, とか浄瑠璃, とか芝居, なと思わせられる

▼ 能~ (8, 0.1%)

2 の主, まで来た 1 である, の地蔵尊, ノ主, 南無大慈大悲釈迦牟尼如来

▼ 能~ (8, 0.1%)

3 となる 1 とならず, とはなる, ともなり, ともなれ, の力

▼ 能くまア~ (7, 0.1%)

2 来て 1 さアお上, さア何, なさる感心, 尋ねて, 来たあねえ

▼ 能く知られ~ (7, 0.1%)

6 ている 1 て居つた

▼ 能しか~ (7, 0.1%)

2 ないの 1 ありません作家, ない君, ない証拠, ねえの, 無い男

▼ 能わざ~ (7, 0.1%)

1 らしむるものあり, らしむるものであるから, らしむる事, らしむる徳川征夷大将軍, らしむる所以, らしめし, らしめもって

▼ 能~ (7, 0.1%)

2 在ます 1 ざんす, 囃子等度々, 暮し被, 聞分相成, 達可

▼ 能~ (6, 0.1%)

1 こととばかり, などを問題, ほどの口実, 事ある, 時分参り申すべく, 程の

▼ 能として~ (6, 0.1%)

1 おいでに, おらなかったか, そのくせ, 早分りが, 独立したらしい, 肯定すべく

▼ 能ない~ (6, 0.1%)

1 が兎, と悟った, ので余儀なく, ので男, んだ, 性な

▼ 能にも~ (6, 0.1%)

1 さる母親, つたなからず, 人情は, 深い意味, 狂言にも, 芝居にも

▼ 能はずむ~ (6, 0.1%)

2 ば内閣, ば寧ろ 1 ば多, ば多数

▼ 能はず一日~ (6, 0.1%)

2 も沈欝, も社交, も談論

▼ 能~ (6, 0.1%)

2 ことなら 1 か何, ように, んだ, 芸で無い

▼ 能~ (6, 0.1%)

1 の各種, の猛, をし, をも併せ, を仰, 可牟

▼ 能~ (6, 0.1%)

5 の相 1 と所境相分

▼ 能くい~ (5, 0.1%)

1 うこと, うもの, う女子, ってい, はざる者

▼ 能くま~ (5, 0.1%)

1 あお前, あかういに, あこんな, あこんなに, あ思案

▼ 能くもの~ (5, 0.1%)

3 を容 1 を容れ, を穿つ

▼ 能くわ~ (5, 0.1%)

3 からない 1 かつた, からねえ

▼ 能く知らない~ (5, 0.1%)

1 が, がこの, が其の, が山, が附近

▼ 能する~ (5, 0.1%)

1 に及び, やうな, を以て世に, 所を, 時は

▼ 能であり~ (5, 0.1%)

1 二番目修羅物, 五番目鬼物は, 最後に, 次に狂女物, 表現も

▼ 能でない~ (5, 0.1%)

1 という事, とみな, のだ, 芸術的酒場である, 限りどう

▼ 能はずん~ (5, 0.1%)

1 ば寧ろ, ば巌, ば未だ, ば禹, ば鉱石

▼ 能働的~ (5, 0.1%)

1 であるが, となる, に把握, に物, に細君

▼ 能呂川~ (5, 0.1%)

1 があの, に当る, の対岸, の条, の縁

▼ 能~ (5, 0.1%)

1 から圧迫排斥, の一部, の巨星, の混沌状態, の第一人者

▼ 能~ (5, 0.1%)

1 としてばかりでなく, とは物まね舞, など, の方, 即神事舞踊

▼ 能~ (5, 0.1%)

1 の高い, を越え, 越えと, 越えの, 越えビヤナン

▼ 能ぎらいの人々~ (4, 0.1%)

2 について考え, の中

▼ 能く解らない~ (4, 0.1%)

1 から仕方, がなに, ね, ツてんで

▼ 能ざりし~ (4, 0.1%)

2 に非, ものを

▼ 能ざる~ (4, 0.1%)

2 に至りき 1 なり, 難事なり

▼ 能~ (4, 0.1%)

2 て妬心 1 愛敬の, 難き所

▼ 能じゃあ~ (4, 0.1%)

1 ありません, ない, ねえん, 松風の

▼ 能~ (4, 0.1%)

2 やない 1 やある, やあるまい

▼ 能である~ (4, 0.1%)

1 から緩, しその, ともいえるでしょう, 事を

▼ 能との~ (4, 0.1%)

1 たまえり, 事を, 二方面に, 関係が

▼ 能なく~ (4, 0.1%)

2 なった 1 弁なく, 留守中家事は

▼ 能なる~ (4, 0.1%)

1 いわゆる, ものに, 分派を, 絶對者として

▼ 能のね~ (4, 0.1%)

1 え御次男坊, え田舎ざむれえ, え野郎, お能

▼ 能~ (4, 0.1%)

1 いった, ゆくやう, 宛てて, 誘うと

▼ 能わざら~ (4, 0.1%)

3 しむ 1 しめるなど

▼ 能~ (4, 0.1%)

1 がふと, にかう, は其風采, は隊

▼ 能好き~ (4, 0.1%)

2 になっ, の人々

▼ 能~ (4, 0.1%)

2 なる女性 1 の運ん, は信長

▼ 能~ (4, 0.1%)

3 の情 1 の情勝ちたる

▼ 能~ (4, 0.1%)

1 ならば, ならむのみ, の, の沒理想

▼ 能~ (4, 0.1%)

2 の存在 1 に於, の組織

▼ 能見物~ (4, 0.1%)

1 に招い, の儀, の民衆, や美酒美女

▼ 能あり~ (3, 0.0%)

1 て斯, 用うべし, 能は

▼ 能きない~ (3, 0.0%)

1 ってお, のさ, 折角覚める

▼ 能くさう~ (3, 0.0%)

1 いふ毛並, いふ處, されたもの

▼ 能くも己~ (3, 0.0%)

1 に耻, を欺い, を騙し

▼ 能く救う~ (3, 0.0%)

1 というお, 所に, 所には

▼ 能く知らん~ (3, 0.0%)

1 から一, がお, が大方

▼ 能く行われ~ (3, 0.0%)

1 つつある, て塾, 且つ受精

▼ 能といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, ものが, ものを

▼ 能としての~ (3, 0.0%)

1 作曲の, 最高潮の, 本当の

▼ 能なき~ (3, 0.0%)

1 ものと, ものは, 衒學屋と

▼ 能なく情なき~ (3, 0.0%)

1 体なり, 躰なり, 體なり

▼ 能について~ (3, 0.0%)

1 ほとんど知る, 數篇の, 書かれたもの

▼ 能に対して~ (3, 0.0%)

2 理解を 1 眼ざめて来た

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 ので市郎, 一種奇怪な, 光景であった

▼ 能はじ~ (3, 0.0%)

2 我輩の 1 そは

▼ 能はず而~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 能らしい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 緊張味が, 高潮した

▼ 能わざらん~ (3, 0.0%)

1 とする, とせり, も人

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 之ヲ爭ハン, 仰ギ視ルモノ莫シ, 睡ル

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 ナイ動物と, 中世時代ナリ, 藥品ナキニ係ラズ政治學ニ參政權ヲ

▼ 能ハズシテ~ (3, 0.0%)

1 反ツテ, 常ニ個人, 現實的將來ハ

▼ 能不能~ (3, 0.0%)

1 が決定, は自分, も定まる

▼ 能主義~ (3, 0.0%)

1 にし, に依, を迎合

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 ヲ成シ學問政治等ノ, ヲ成スベシ, 流倍久

▼ 能作生珠~ (3, 0.0%)

1 だその, だろう, と号

▼ 能拝見~ (3, 0.0%)

1 にも見うけず, の時, を許される

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 について, を挙げました, ヲ弁ズルガ如キ

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 が謡屋, に対して気の毒, はふと

▼ 能~ (3, 0.0%)

1 に立つ, の様式, を打ち創

▼ 能芸術~ (3, 0.0%)

1 だけがさう, とはおよそ, のやう

▼ 能うく~ (2, 0.0%)

1 染まつてつ, 藏つて置いた

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 催しの, 囃子等を

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 何かで, 石っ

▼ 能かと~ (2, 0.0%)

1 思ふと, 才能を

▼ 能ぎらいの度~ (2, 0.0%)

2 が強けれ

▼ 能くかう~ (2, 0.0%)

1 三日月姿に, 平気で

▼ 能くね~ (2, 0.0%)

1 えまあ, え斯ん

▼ 能く云う~ (2, 0.0%)

1 事で, 機密と

▼ 能く分らなかった~ (2, 0.0%)

1 が丈, が分らぬ

▼ 能く分らぬ~ (2, 0.0%)

1 は惜しい, 男だ

▼ 能く判らなかった~ (2, 0.0%)

2 がともかく

▼ 能く叱られる~ (2, 0.0%)

2 のね

▼ 能く深き~ (2, 0.0%)

1 こと一丈, に達する

▼ 能く深けれ~ (2, 0.0%)

1 ば功, ば水

▼ 能く眠らない~ (2, 0.0%)

2 所為だ

▼ 能ぐらい~ (2, 0.0%)

2 面白くない

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 お能, 見えたれ

▼ 能つ引い~ (2, 0.0%)

2 てひ

▼ 能であれ~ (2, 0.0%)

1 催能が, 祭事能であれ

▼ 能でなく~ (2, 0.0%)

1 一種の, 天子の

▼ 能とを~ (2, 0.0%)

1 取入れて, 構成する

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 ので誰, の謡

▼ 能なども~ (2, 0.0%)

1 もとより行軍, 出家し

▼ 能などを~ (2, 0.0%)

1 始め西郷, 見物に

▼ 能によって~ (2, 0.0%)

1 働いて, 違う

▼ 能に対する~ (2, 0.0%)

2 批難の

▼ 能に関する~ (2, 0.0%)

1 智識などは, 責務を

▼ 能はずこれ~ (2, 0.0%)

1 が爲, 即ち封建制度

▼ 能はず以~ (2, 0.0%)

2 て頗る

▼ 能はず伯~ (2, 0.0%)

2 は才力

▼ 能はず只~ (2, 0.0%)

1 だ喪心, だ手

▼ 能はず意~ (2, 0.0%)

1 のまま, はずして

▼ 能はず我~ (2, 0.0%)

1 また席末, も亦

▼ 能はず是~ (2, 0.0%)

2 れ我輩

▼ 能はず板垣伯~ (2, 0.0%)

2 と同盟

▼ 能はず氣~ (2, 0.0%)

1 の屯蹇, の象

▼ 能はず況ん~ (2, 0.0%)

1 や区々, や気宇甕

▼ 能はず神~ (2, 0.0%)

1 も亦, を憎む

▼ 能はず能~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ 能はず茲~ (2, 0.0%)

2 に一先づ擱筆

▼ 能はず血性家~ (2, 0.0%)

2 を服する

▼ 能ふかぎりのさまざまの顔~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 能ふと~ (2, 0.0%)

1 いふこと, も一方

▼ 能ふべくん~ (2, 0.0%)

1 ば上述, ば私淑

▼ 能よりも~ (2, 0.0%)

1 むずかしい, 一段と深い

▼ 能ナシ~ (2, 0.0%)

1 が好き, でもう

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 主宰シ恪勤衆ニ過, 見ニ来タラ断ワルガイイ

▼ 能丘福~ (2, 0.0%)

1 ありて, を都指揮僉事

▼ 能仮面~ (2, 0.0%)

1 とちがっ, の

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 と所信, は信念

▼ 能働的習慣~ (2, 0.0%)

1 との区別, と受働的習慣

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 から粗雑, の殿堂

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 の邸, を殺したる

▼ 能囃子等~ (2, 0.0%)

1 を受持っ, 度々相

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 の暮景, の福慈

▼ 能始め~ (2, 0.0%)

1 ませい, ませいの

▼ 能嫌い~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 能広瀬~ (2, 0.0%)

1 もおし, をわたら

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 に認められた, に龍州

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 を養う, 懸くべし

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 之公羽衣, 養不敬何以別乎

▼ 能母遲久奴須奴~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 な考へ方, の気魄

▼ 能的分子~ (2, 0.0%)

2 を含ん

▼ 能的境界~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ 能的表現~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 わかり申候, わかり申候間

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 柱, 柱大人

▼ 能立我~ (2, 0.0%)

1 に過ぎざる, の似

▼ 能~ (2, 0.0%)

2 の所従

▼ 能篠畑~ (2, 0.0%)

1 とも篠野, の地表

▼ 能~ (2, 0.0%)

2

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 たる能わず, だが

▼ 能臣乱世~ (2, 0.0%)

1 の奸雄, の姦雄

▼ 能舞臺~ (2, 0.0%)

1 に見た, の上

▼ 能芝居~ (2, 0.0%)

1 もしくは詩中, や人寄せ

▼ 能芸人~ (2, 0.0%)

1 の背, らしい生活

▼ 能茶山~ (2, 0.0%)

1 の焼物, ほど知られ

▼ 能~ (2, 0.0%)

1 の木石, の鳥

▼ 能評家~ (2, 0.0%)

1 の第一人者坂元雪鳥氏, の話

▼ 能~ (2, 0.0%)

2 蔵す塀

▼ 能高郡下~ (2, 0.0%)

1 の主, の辺り

▼1* [531件]

あらば又, 能あるべき理なし, 能うる限りの, 能および巫来半島宗教俚俗および, 能かつて二僧が, 能からの帰り自動車, 能からも火の, 能きないだらうか, 能きなくなっていた, 能きものなり, 能くあつた, 能くいったもんだ, 能くいひ觸らされてる, 能くうつる, 能くおいでなさいました, 能くお出なすったお待, 能くお稼ぎなさるね朝, 能くお考えください私は, 能くお考えなさい貴方が, 能くお考えなせえまし併しま旧が, 能くお聞き下さいまし今より, 能くお詣りをし, 能くお話して御, 能くさる情を, 能くそこら見廻せば, 能くつらねたりといふ事, 能くまア何んでございますよ, 能くまア奥様御都合, 能くまア後悔して, 能くまア心に掛け, 能くまア念仏ども唱えて, 能くまア悪党の粥河, 能くまア斯うして, 能くまア斯んな処, 能くまア法衣を着る, 能くまア腰が屈つて仕舞, 能くまア軍人などで芸妓, 能くもアレで一日, 能くも今日の教育, 能くも彼の谷, 能くも愛相を尽かさず, 能くも歌ひて, 能くも此の職業, 能くも汚名を着せた, 能くも汝はいひ得る, 能くも淑女に化け替っ, 能くも秀子は其の, 能くも答へずし, 能くも足がつ, 能くやっている, 能くやんな以前, 能く云わしたいが是, 能く伺うところの, 能く使うとか云う, 能く使わるるとお, 能く償う所では, 能く光らないと云う, 能く凄いとか何とか, 能く分からないが自殺, 能く分からぬ位は, 能く判らないがひどく, 能く判らぬが脊, 能く参て何時の間にか, 能く叶うたこと, 能く幽に能, 能く得難き主を, 能く思うと未だ, 能く思わせてえ, 能く戦うを産す, 能く探させて見よう, 能く整うて居る, 能く欲して能, 能く洗うだからねえ本当に, 能く激し成す所, 能く無い色だ, 能く知らなかつたが一日, 能く篤りと, 能く習う因って捕え, 能く聞かされた彼女の, 能く解らなかったが側, 能く解らなかつたがまあ楼梯, 能く遅くもお, 能く違うこと莫し, 能く難きを忍ん, 能く馴らされている, 能く鳴らぬ手を, 能に喜色眉宇, 能ことを誇, 能この間てめえが背負いこん, 能これを起たしむ, 能さえもあまり見た, 能さかりのき, 能さては歌舞伎日本風の, 能さんもう品切れ, 能しく御座候, 能し得ぬところである, 能やない, 能他に, 能すべからざること, 能すみし面の, 能然るに北斎, 能ずして百千, 能そのほかも, 能そのものに対し専門家, 能それ自体よりも実は, 能たちはあそこ, 能たることを, 能だけは覚えて, 能でしかないといふ, 能でもねえじゃ, 能とか三善康信とかいう, 能としても一時上演禁止と, 能とともに新しい遍歴, 能とも行つた, 能と共に田楽の, 能どこにおる, 能ども舞いよると, 能なぞの舞臺面をも, 能など言ふ, 能などからとり込んだらしいの, 能などでは袖なし, 能などと称して, 能などの武士階級の, 能などは見られぬ事, 能なりとは斷じ得ぬ, 能なんかはいい例, 能においては衣裳の, 能にて候, 能にまで至った仮面, 能により一半は, 能によりて信ずるのみ, 能ねえもんだ, 能のな能の, 能はずといは, 能はずなほ高崎連隊より出兵, 能はずひとり片田舎に隠れ, 能はずみな階上に臥し, 能はずゆゑに名づくと, 能はずダンテかの魂, 能はずドイツの作家, 能はずンば彼等, 能はず一時凌ぎの計, 能はず且ふたたび天, 能はず乃ち爲に短編一首, 能はず云々と一々, 能はず人生は彼, 能はず今は家人, 能はず仍つて還御彼船は徒に, 能はず仲尼の智, 能はず伊良胡崎の蔭, 能はず何物も其, 能はず内部の自覚, 能はず写実家と称, 能はず凋れか, 能はず剃髪して, 能はず加ふるに, 能はず劫風も之, 能はず区々一身上の誹, 能はず却つて其讎に事へた事實, 能はず却つて讎に事, 能はず只管に氣運, 能はず各種の疫病, 能はず吾は彼, 能はず哲学者の名誉, 能はず唯今一とかけ, 能はず唯手を合せ, 能はず唯目を挙げ, 能はず因つてここに一言, 能はず因つて今朝つくらんと, 能はず坤は乾, 能はず場所により, 能はず大なる意味, 能はず天下を擧げ, 能はず女性の天真, 能はず妹芳子が時々, 能はず宋襄の仁尾生の信, 能はず富貴も淫する, 能はず将に堂, 能はず左ればとて, 能はず市川驛待合室に至り, 能はず幾何ならずして, 能はず幾度も船中, 能はず彼は貞之進, 能はず彼等の固有, 能はず折角の御, 能はず故を以て党中, 能はず斉しく立つて, 能はず曾て舞, 能はず未来に於, 能はず枕を引入れ, 能はず果實の始め, 能はず模型的連歌に写実, 能はず機に臨ン, 能はず歳暮に, 能はず涙先づ下る, 能はず滑稽の趣, 能はず為に材料一切, 能はず熟視すれば, 能はず爲す無からん, 能はず父も亦, 能はず狗馬たちまちに, 能はず目は空しく, 能はず眞面目に申開き, 能はず知己は互に, 能はず結局和談の儀, 能はず脚は立つ, 能はず自ら把握すること能, 能はず自然の理法, 能はず苦悩なき者, 能はず英國に赴き, 能はず茫然と覆面, 能はず虔しんでその, 能はず裸男代りて, 能はず詩はまた, 能はず詮方無きま, 能はず説教者にパウルノックス, 能はず諷刺家と写実家, 能はず谷の底, 能はず身を左右, 能はず車走る能はず, 能はず造船の沙汰, 能はず酒は伊丹, 能はず静かにし, 能はず靜かにし, 能はず首尾断絶して, 能はず體動くこと能はず, 能はず鬪はんか速射砲, 能はず魂を彼, 能はず魚は鳥, 能はば生路も, 能ふかを弁解, 能ふすべてのもの, 能ふなりと, 能ふべきにあらず, 能ふべくは翻訳, 能ふもの, 能ふより更ら, 能ふる事不能, 能へと引き緊った, 能へは多分参られる, 能まいという兄たち, 能ますまいか, 能まだ上手に, 能までには兄の, 能までも一緒に, 能もが翁の, 能よりほかに, 能よりは確かにより, 能よりもかへつて罪深き, 能らしくない事を, 能らんぞ, 能らんような奴, 能らん畳さえ敷け, 能わかり申候, 能わざらしめたりき, 能をすら忘れたよう, 能をばすまじきなり, 能く彼, 能ガ厳父ノ本, 能キチガイの従妹, 能クスベクシテ子孫万世ニハ及ボスベカラズ彼等ニシテ久シク留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 能クスル者ハ喉ノ作用ニ其作用備ハルガ如シ, 能クセザルナリ自ラ, 能ク八石ヲ載, 能ク其微妙精好, 能ク其舍ヲ作ル者ナルニ, 能ク其責ヲ竭サシメ, 能ク尋ネ訊カセラレテ, 能ク幾時ゾ今ニシテ好機, 能ク甜味ヲ生, 能ク相適ヘリ唯無, 能ク知ルトコロニ非ズ, 能ク薪車ノ火, 能ク衆目ヲ牽ク天地, 能ク鼠ヲ捕, 能ダンスを見なけれ, 能ざる所以, 能ハざらしむ, 能ハざるの時ニ当り, 能ハザリシガ其後再ビ箱根ニ赴タル時前述, 能ハザリシヨリモ百歩ヲ進メタルモノナリキ, 能ハザリシ完キ者ニ非ズト云フ信仰根本, 能ハザルコトハ戀愛ナルガ故ニ自由ナリト認ムル能ハザルト, 能ハザルト同ジキ意味ト程度ニ於テ, 能ハザルトキハ前借金ニ利子, 能ハザルナラバ日本領土内ニ一律ナル公語ヲ決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等, 能ハザルニ在リ, 能ハザルノ一例ニ他ナラズ, 能ハザルモノアリ是レ其理隠テ顕レザルモノアレバ其理タル不可思議ナルモノトシ皆, 能ハザルモノニ比スレバ難易ノ懸絶スルヤ一目其大ナルコトヲ知ルナリ, 能ハザルヲ憂ヒ其公命ニ, 能ハザル分科的勞働ヲ十二分ニ負荷シテ生レタル者, 能ハザル時高遠ナル亞細亞文明ノ希臘ハ率先其レ, 能ハザル者ハ毎ニ他人ヲ倩テ, 能ハス豈ニ痛嘆ニ, 能ハズシテ彼ノ從屬的現状, 能ハズトノ理由一モ存スル事無シ, 能ハズト云フ源因ニ在ルヲ知ルガ如キ, 能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, 能ハズ且加フルニ不文ヲ以テスレバ如何シテ其蘊ヲ発スルコトヲ得ルヤ決シテ能クセザルナリ, 能ハズ其ノ無用ナル, 能ハズ只二寸ヲ可, 能ハズ實ニ其資本ヲシテ有史未曾有, 能ハズ此ニ於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精好, 能ハズ要点ヲ発見スル, 能ハ同一ノ観, 能ハ実歴親験ノ重, 能無ク, 能ワザルノミナラズ当該被害者モ亦直, 能ワズ唯仏ノミ窮了ス, 能一つに見, 能一番に限つて共演, 能一番乗であったが, 能一番初まってから, 能三番の中心, 能憂, 能丘福等の勇烈, 能中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, 能乃布能八十伴雄乎麻都呂倍乃牟気乃麻爾麻爾老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 能之の娘を, 能之は沼田七人衆と, 能の粉, 能のひい, 能人形も少し, 能人待機室みたいな所, 能人間に對, 能は亡, 能以外の事, 能以無畏, 能任等の人々, 能伊都加斯賀母登を参考, 能伊都加斯賀母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 能伎芸を以て奉承する, 能佐吉乎聞者多布刀美, 能と肩, 能催しのある, 能全体が見れ, 能八十伴雄乎麻都呂倍乃牟気乃麻爾麻爾老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 能八戒もまた, 能八様よくお気, 能八裏の木戸, 能出岫の如き, 能の昂奮期, 能劇といつてもよい, 能加減に述べ, 能医病年来活得幾多人, 能十こと阿能十蔵, 能十ひとりだけである, 能十三平大亀と三つ, 能十蔵赤螺三平などの予審ぶり, 能し葉希, 能超焉, 能又は芝居能と, 能及び狂言を, 能を締め, 能呂勝之進がそれ, 能周長等王の急, 能和紀郎子とある, 能員合戰之時參御方抽其忠是併重御父子禮之, 能員滅亡事給不堪其鬱陶可誅遠州由, 能をやっ, 能囃子に出席, 能の脅威, 能報道頼生已白頭, 能然徒処也, 能であつ, 能を選ん, 能売神といふの, 能多き事鼠に, 能夜麻古要, 能大亀三平などは夜, 能大師の石臼, 能天覧がいぶかしい, 能太夫狂言方連歌俳諧師狂言作者などの上り, 能恐悦候, 能き, 能如是見得便乃去住自由, 能字皆な淵明, 能存候罪状有之者を誅戮, 能宇斯王の子, 能ヲ結ベドモ, 能小鼓の名人, 能尽人情之隠微, 能岡西氏徳を相, 能に行脚, 能州二郡の領主, 能州末森城は敵, 能となつ, 能幸若の舞, 能の進化, 能当日の私, 能当時は日本全国, 能後翁は藩公, 能御代可佐禰, 能心得よ一本, 能を帶びたものが宇宙, 能悦可愛などという魔女たち, 能惑衆年已長大無夫壻, 能惑衆年已長大無夫壻, 能意富美と申します, 能意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 能矢竹梯子細引龕灯提灯鉦という, 能或は黄龍に, 能だの機法, 能所共によろこびでなけれ, 能拝見仰せ付られ難, 能拝見差許すと, 能である, 能掛りの入, 能教国富又兵強, 能教文種長無絶, 能整合者たるに存する, 能でございました, 能方五家の家元, 能方川を渡り, 能於久都奇波之流久之米多底, 能既に廢し, 能時分参可申候間左様ニ可, 能更に中世文学の, 能書画等の風流, 能最低處を保ち, 能望請令其供奉并置一法堂とある, 能の挙否, 能東京公演に先だつ, 能樂以前から一つ, 能樂堂に足, 能樂師は翁, 能樂師松本金太郎叔父てき, 能樂歌舞伎藝者の手踊り, 能樂等に關係, 能模様丸紋手の単物, 能を持ち得る, 能歌舞伎の類, 能止健大正也, 能毒等を調査, 能毛呂比登乎伊射奈比多麻比, 能気分はむろん, 能非一二三人, 能流派の称, 能海寛師もそこ, 能海寛氏がチベット, 能海氏同行の寺本氏, 能澁谷御屋敷, 能煩野に行かれました, 能牛乳に異ならず, 能になる, 能狂言歌舞伎の特質, 能独立以後も久しく, 能畠山大蔵少輔直宗, 能畠山直宗大休寺の僧妙吉, 能登っそちには, 能百万石の威勢, 能的単純化から来た, 能是, 能知其為人且学之広博, 能知自身の活動, 能にはあらざる, 能碁呂島は生み, 能祐龍空禅師に勧め, 能等いずれも塞北, 能等保追可牟於夜能於久都奇波, 能精進からいつて, 能の豪華盛大さ, 能者筆を択ばず, 能と大隅, 能職三十九歳の男, 能能衣しょう漆器, 能の貝, 能禰自爾, 能自身の特色, 能興行に呼ん, 能舞台全体の造型的, 能舞台姿から着想, 能舞者なり然, 能舞者たるは其の, 能芝居漢詩俗謡帝劇の女優, 能芸化せられた翁, 能葉希賢程済となり, 能葉希賢等十三人同じく至る, 能術數の道, 能衝いて入っ, 能しょう漆器, 能衣装まである, 能衣裳みたいな人達, 能の両面, 能装束の切れ端, 能装束等の保管方, 能観所観正観邪観のごとき, 能記念事業を計画, 能記憶して, 能を同じく, 能評界に於ける, 能詳紀犇走燕豫留滯梁荊函丈斯隔七年於茲茲譜尚書細繹所聞而識之曰尚書者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 能ヲ記スレドモ, 能諧偶婦忽乘夜來挽衣求共被晁大喜, 能を標準, 能譚淵馬雲等の為, 能谷邸に, 能豊後節の立て看板, 能貞昌父子無事の対面, 能の神, 能船不, 能辯家ダンテ善くその, 能辯能文の士, 能を列べ, 能通じ居り候ものにて, 能の子, 能進んで曰く, 能進大阪に死す, 能のよし, 能都神祖乃其名乎婆大来, 能邇邇芸命とつけました, 能采薬去従仙, 能里久流等伎登伊毛我麻都良牟月者倍爾都追, 能を知りなおした, 能間百合熊福原三蔵外要路の人山田宇右衛門, 能關係の客, 能比爾, 能雄神に就, 能霊神を以て遂に, 能静かにしろ, 能静山は朱子学派, 能静師の事, 能養至犬馬皆能, 能馳セ其彈能中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, 能高ビヤナンの三方面, 能高合歓次高北トウガン等の山々, 能高方面に退却, 能高郡守小笠原敬太郎がわざわざ, 能高郡役所の所在地, 能麻我都比登云神乃言武惡事爾相麻自許理云々