青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「胸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~背中 背中~ ~背後 背後~ ~背景 背景~ ~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸
胸~
~能 能~ ~能力 能力~ 能登~ 脇~ 脇差~ 脈~ ~脚 脚~

「胸~」 26785, 289ppm, 332位

▼ 胸~ (6712, 25.1%)

106 手を 95 抱いて 85 顔を 70 浮んで 57 描いて 40 迫って 38 浮んだ 36 秘めて 29 あてて, 組んで 27 残って 23 こたえた, 抱きしめて, 湧いて 22 つけて, 浮かんで 21 あること, こたえて, つかえて, 持って, 畳んで 20 こみあげて, 浮ぶ, 浮べた 18 たたんで, 湧いた, 響いた 17 十字を 16 こみ上げて, 来た 15 当てて, 来て, 浮べて, 満ちて, 納めて 14 かけて, 両手を, 浮かんだ, 溢れて, 響いて 13 一物ある 12 せまって, 動悸を 11 あった, かかえて, た, 帰って, 抱きしめた, 身を 10 えがいて, 浮んだの, 自分の 9 ある, して, だきしめて, わだかまって, 何か, 収めて, 来る, 浮べながら, 蘇って, 込み上げて

8 [13件] おさめて, きた, きて, さして, すがって, つかへて, 一種の, 感じて, 抱かれて, 描いた, 燃えて, 蔵し, 頭を

7 おしつけて, しみて, ひ, 包んで, 抱いた, 描きながら, 沁みて, 浮かぶ, 湧く, 釘を

6 [17件] あつた, あてたり, あふれて, こたへた, しがみついて, とびついて, ねらいを, ひそめて, ひびいて, もって, 下げて, 懸けて, 落ちた, 迫った, 迫るの, 額を, 顏を

5 [28件] あて, あてた, あふれた, こたえました, こたへて, さわって, しまって, つまって, ひめて, 入れて, 刻んで, 剣を, 埋めて, 彼女の, 徹へる, 恋でも, 泛かんだ, 波を, 浮かべた, 浮かべて, 犇と, 畳み込んで, 突つ立つ, 纏まって, 置いて, 耳を, 聞いて, 通って

4 [61件] あてが, あるの, ある事, いだいて, かかって, かき垂, かくして, かざり小さな, こたえたの, しみた, それが, たたみこんで, だいて, つきあげて, のぼって, よみがえって, わく, 一杯に, 一物あっ, 上った, 伝わって, 何の, 來た, 其に, 匕首を, 反響した, 堪えて, 宿って, 当て, 当てた, 応えた, 応えて, 思って, 感じた, 懐いて, 抱かれながら, 抱きながら, 抱き締めて, 押し当てて, 挿して, 描いたの, 残った, 浮びぬ, 浮ぶと, 浮ぶは, 浮んだから, 湧き上った, 湧き上って, 焼きつけて, 疊んで, 痛みを, 答えて, 結んで, 縋りついて, 落ちて, 覚えが, 誓って, 響きました, 響くもの, 飛びついて, 首を

3 [115件] あって, あつれ, あり, あるらしい, いつまでも, うかんだ, うずめて, きいて, きざして, こたえたと, こたえる, こたえるもの, しがみつきました, しつかりと, しながら, しみました, しみる, しみ込んで, すがりついて, すがりつきました, せまつて, せまりて, ためて, ついて, つかえる泳げば, なって, ひしひしと, ひそめる琴, ひびいた, ひろがって, ぴたりと, ふれて, まかせて, まとめて, もたれか, もちながら, わいて, エプロンを, 一物が, 一物背中に, 一縷の, 両腕, 人の, 入る, 刻まれて, 問い胸, 往来し, 徹へ, 応へる, 思い出して, 感じたの, 或る, 抱えて, 抱き上げた, 抱へ, 押しあてた, 押しあてて, 押しつけた, 押しつけて, 押しつけながら, 拡がつて, 持ちます, 掌を, 描かれた, 支えて, 斜に, 来たの, 来るの, 樫の, 殘つてゐる, 泛んだ, 活きて, 浮かんだこと, 浮かんだの, 浮びます, 浮ぶこと, 浮ぶの, 溢れた, 滿ち, 火を, 生きて, 甦って, 異様な, 痞え, 矢を, 秘して, 秘密を, 突き刺さった, 窓を, 組んだまま, 組合せて, 縋りついた, 聴診器を, 血の, 覚えて, 触れた, 觸れ, 詰って, 起って, 迫つてくる, 迫つて來た, 迫つて来る, 迫る, 迫るもの, 迫るよう, 重ねて, 銘じて, 閊えて, 隠して, 響いたの, 響く, 響くよう, 飛びつきました, 飛び込んで, 黄金の

2 [397件] あたった, あたま, あつたの, あてがって, ありました, あるから, あるもの, あるわな, あるん, あるホクロ一つ, ある不愉快, ある手, あわせた, あわせて, いっぱいの, うかびました, うかぶ妄想, うかんで, うけた, うづめ, えがきながら, おしあて, おしあてた, おちて, お聞きなすったら, かかった, かき抱いて, かためて, きざむ人, きざんで, きたこと, きる十字, くいこむ, くっついて, くっつけて, くりかえしながら, くり返して, ぐっと来た, こすりつけて, こたえたので, こたえたもの, こたえる筈, こたへるやう, こだわって, この時, こびりついて, これだけの, これほどの, さし迫った, しがみついた, しつかと, しまつて, しみじみと, しみ入るよう, しるしを, すが, すがりついた, すがりつくの, すがり付きます, せまった, せまり溢れ出る涙, その美しい, それは, たたまれて, たたみたるまま, たたみ込んで, たたんだ, たまって, だいた, ぢかに, つかえた, つかえるもの, つかえるよう, つかへるもの, つきつけながら, つく深, つけ, つけるの, つまり今, とめて, とりすがって, とり縋つた, どきりとした, なやみの, のこされた, のこって, のせて, のんで, ひそんで, ひびきて, ひびきました, ひびくもの, ひびく真実, ぴったりくる, ぴんと来ない, ぶつかった, ぶらさげて, ほの, まとまって, まわして, みちては, むしゃぶりついて, むせぶ感情, むら, めだる, よび起して, よみがえった, よりかかって, わいた, わが顔, わだかまつて, エプロンも, ダラリと, チクタクと, ピタリと, ピンと, レースを, 一つの, 一味焼く, 一点の, 一物を, 一輪の, 一鼓動を, 上って, 下って, 不思議な, 両刃の, 両掌, 九寸五分の, 乳房を, 互の, 今も, 伏せて, 伝わるもの, 余りて, 例の, 倚りし, 傳はつた, 傷を, 充ちて, 充ち満ちて, 充ち溢れた, 光って, 光る徽章, 円鏡を, 冷り, 冷水を, 凭りか, 凭りかかった, 凭れながら, 出来て, 刺繍が, 刻みつけて, 刻みつけられた東京, 刻みつけられて, 刻み込まれて, 刻み込んで, 勇氣を, 動いて, 動悸する, 動悸の, 去来し, 受けた, 受けとめて, 受けながら, 合せて, 合わせて, 合掌し, 吊して, 吐息ちらばふ, 向って, 吸われ肌, 吹きこむので, 吹き込んで, 呼びさ, 問いつ答えつして, 問え, 問えば, 喰い込んで, 垂れた白髯, 垂れて, 増して, 安らかさと, 宿った, 密接と, 射込んだ, 小さな熱した, 小刀を, 巣くって, 巣を, 引つか, 引掴み, 弾丸を, 当った, 当って, 当つた, 当る所, 往来する, 後生大事に, 徹して, 徽章を, 忍ばせて, 思いあたること, 思いました, 思い当ること, 思ひ出, 思ふ事, 感激の, 懐ける無, 打ち込んだの, 打つて, 打つ心臓, 抑えて, 投げつける, 抱いたの, 抱いたまま, 抱かせて, 抱きかかえて, 抱きしめながら, 抱きついて, 抱きました, 抱きよせて, 抱き上げて, 抱くよう, 抱けば, 押しあて, 押し寄せて, 押し当て, 持てなかった, 指ざせ, 捧げて, 据えかねて, 捲きつけて, 掛けて, 描かれて, 描くこと, 描くと, 揚げら, 支へて, 数へて, 數へて, 斜めに, 斧の, 新しい力, 新たに, 明らかに, 明記する, 映るとき, 最も深く, 木札の, 来たお, 来たもの, 来ない, 来るよう, 染みるよう, 槍を, 欝積し, 残した, 残して, 残る, 気を, 水を, 氷嚢を, 永久に, 沁みるよう, 沁み込んで, 泌み, 泛べて, 波が, 泣きすがったあの, 流れ込んで, 浮かんだので, 浮き立った, 浮びて, 浮びました, 浮ぶ思, 浮べました, 浮べること, 浮んだこと, 浮んだ二つ, 浮んだ時, 渦巻いて, 湧き起つた, 湧き起つて, 満たる不快, 溜って, 溜まって, 溢る, 溢れたり, 滞らず頭, 滲み入るよう, 滲み込んで, 滿つ, 潜んで, 潮の, 火が, 火の, 烏帽子を, 焼きついた, 焼きついて, 燃えつつ, 燃えるの, 燃ゆる, 爪を, 片手を, 犇, 狙いを, 生き蘇つて, 生き蘇つて來, 畫い, 疊んだ, 痛いよう, 痞への, 直接に, 相手の, 着けて, 瞋恚の, 短刀を, 短剣を, 砕け入る, 私の, 秘めつつ, 秘められて, 空気が, 突き上げて, 突き刺さって, 突き刺そうと, 突つ立てた, 突立てられる, 第二, 絃が, 縋りて, 縋りながら, 繊手を, 繰返して, 考えて, 聞えた, 胸を, 腕を, 芽を, 苦痛を, 萌して, 萠し, 落して, 落ちたらしい, 落ちたらしく, 落ちた一筋, 落ちるよう, 蓄えて, 蓄へて, 蓄わ, 薔薇の, 蘇つて來る, 蘇つて来る, 融けて, 覆うて, 解けて, 触れたこと, 触れて, 触れると, 訊いて, 試みよ惨, 誓った, 起こって, 込上げて, 迫つた, 迫つて來て, 迫つて来た, 迫りて, 迫り來, 迫り覚えずほろほろ, 迫るやう, 通い, 通じて, 通ふ, 逼って, 逼る, 醸されて, 金銀の, 針が, 銃口を, 閃く, 閃くもの, 開いて, 附着き, 集まって, 響きます, 頭突を, 飛びついた, 飛び入りて, 食い入って, 飾つて乳母車で, 鬘を, 鬱して, 鬼胎を, 鳴く, 黒漆の

1 [3552件 抜粋] あさ子の, あったところ, あった日章旗, あてがったが, あてる湿布, あの蒼白, あふれる, あまる大きな, ありますから, あるでしょう, あるみつ, ある燃えるよう, ある肉, あんな憤り, いさ, いだき巌頭, いつも潜ん, うかび出る考え, うかべ少年, うけとって, うずまいて, うった, うづみ火, えがきて, おおいかぶさって, おさえて, おしあてました, おし当て, おほひかぶさつ, おもいあたること, お納めに, かかえその, かがやいて, かくされて, かけたる繃帯, かけた男, かけもう一度, かじりついて, かつと, からみついて, きざみつけると, きらきら赤城, ぎゅっと抱きしめたい, くっきりと, くりかえして, くんで, ぐっと来る, こう聞いた, こたえたらしい面持ち, こたえるよう, こたへたの, こなかった, この裏側, こみあげる感激, こよひ, ござります, さげて, さした, さしつけたという, さす留針, しがみつき髪の毛, しっかり抱きかかえ, しなだれかかった, しみるほど, しみ入ると, しみ込むそして, しみ通るよう, しろと, すがり, すがりながら, すぐそれ, すみ太古, せまりもう, せまる富士男, そういう心契, そと, その気持, それらの, たくは, たたきこまれて, たたみ神算鬼謀, ただ微か, たよって, たれて, だきしめたり, だんだんひろがり高まっ, つかえさ, つかえるので, つきつけられたピストル, つくよりは, つけた男女, つける, つけ眠ったよう, つつまれて, つぶやき合ったであろう, つらく響い, ときめく血潮, とび出た乳房, どういう感想, どこからとも, どんな氣持, なつかしく浮んだ, なんと思っ, ねむる, のこる多く, のぼった, はぐくみおまけ, はしかゆい, はでな, はらむ恢復, ひかりさびしみしが, ひしと淋し, ひだの, ひどい炎症, ひびきます, ひびくん, ひめられて, ひらめくが, ぴたり, ぴんときました, ふかく秘め, ふとうかんだ, ふれても, ぶっつけた自分, ぶら下ったカメラ, ぼんやりと, まじり合った, まだ生々しく, みちて, みなぎらした, むすんだ紅い, もたせかけた, もった目, もり上がった女らしい, やどりわが, よくない, よびかえして, よみがへ, わきかえる, わくやと, わるいん, カタマリが, グキット感じた, シミジミと, タオルを, ハッと, ピッタリ顔, マリヤの, リボンの, 一々強く, 一りん, 一息の, 一杯で, 一物半点も, 一系の, 三カ所右の, 下げた三衣袋, 不安の, 丞相の, 主人の, 乳房が, 二挺両, 云ひ知れぬ, 京都の, 今はじめて, 代ふ, 伝えるばかり, 伝わる響, 何かしら安心と, 何匹かの, 余る嬉し, 係恋が, 健闘努力の, 充ちたこと, 兆したと, 光りを, 入りかつて, 入れば, 六ところ剃り落し, 冷めたいし, 凭り掛つた, 分別が, 刺さって, 刺繍され, 刻み込んだ兄, 副へ, 動き出して, 匂いを, 十二日浦上を, 印象し得た, 反射する, 取った, 取り縋るよう, 受けました, 叩き込めませんよ, 可哀, 合わせた手, 吊り下げずとも, 吐息を, 向けられた短銃, 吸い込む息, 吹き入る樣, 味って, 呼び起した, 命中した, 咲かせ凋まざる温雅, 問い答えて, 問わせられい, 喰い入ったの, 噛みつきましたが, 噴き上り粛然, 固め十四郎, 在ッ, 垂れさ, 垂れた頭, 垂れ下つてゐた, 埋める風, 堪える五寸釘, 塞え, 外部から, 夢みて, 大きく組ん, 大きな拳形, 大海の, 夫等を, 婦人会の, 存在し, 宿して, 宿る辞世, 寄りつく, 小さき智慧, 小石川の, 屈めて, 山蟻が, 巣食うよう, 巻いた痛々しい, 幸福な, 幾度か, 弁当箱を, 引合せ身, 張り詰めて, 強く觸, 当った夫人, 当てたアイスクリーム屋, 当て面部, 当るもの, 彫るランスロット, 往来する取, 微笑を, 徹へて, 忍びこみわたし, 忘れ難かっ, 応えましたが, 念を, 思いがけぬ羞恥, 思い出として, 思い泛べた, 思っただけの, 思ひけるが, 思ひ浮べずには, 恃める, 悔いて, 悲しい恋物語, 想いうかべた, 愛兒を, 感じながら, 感じるであろうか, 感じ魂, 感動が, 慟哭したい, 憐れな, 懐いてる思い, 懸け常, 扉を, 打かっ, 抉りつけられて, 投げつくべき言葉, 抱いたこと, 抱いた幼兒, 抱えた子供たち, 抱え青年, 抱かれたいため, 抱きあげました, 抱きしめたかった, 抱きしめられて, 抱きついた, 抱きドンドン町, 抱き弓之助, 抱き踊り踊り, 抱けと, 押さえて, 押しつけました, 押し付けようとしても, 押着け, 持たざるを, 持ったらしい, 持据え, 挿した一輪, 掛けさせ, 掛ける積り, 接近し, 描いたその, 描かれただけ, 描き寺, 描ける, 揺めいて, 擦りつけるの, 支えましたよう, 敵対感の, 新しい命, 於いて, 映える, 映る彼, 時処を, 暴露て, 最新鮮, 期すところ, 来ました, 来る痛, 染み残るもの, 植えつけて, 樂しく, 機関を, 正しく覚え, 歯を, 殉国の, 残ったもの, 残つてゐ, 殘し, 水晶の, 沁, 沁みました, 沁み渡ると, 沈められること, 泉の, 波打たして, 泣いても, 注射した, 流して, 流れ出て, 浮かばなかった, 浮かぶの, 浮かみ現われた根, 浮ばせるの, 浮ばぬでも, 浮びわれ, 浮び若い, 浮ぶ問題, 浮べたのみ, 浮べ乍ら, 浮んだ一策, 浮んでは, 浸み入ること, 消えて, 深い傷, 深くち, 深く刻み込まれ, 深厳, 湛へて, 湧いたらしかった, 湧きぬ, 湧き祈念, 湧き返って, 湿って, 満ちるの, 満ち溢れた, 溢るる, 溢れるほどの, 滑り込みその, 滲み出ます, 滿たしめ, 漲らしめた, 潜む恋心, 濃く密生, 炎えて, 無線電話の, 焼け残りました, 煽り紅炎, 熱の, 燃えたって, 燃え上って, 燃して, 燃火の, 物を, 甘い気持, 生きること, 生成され, 画して, 番号の, 畳みその, 當て, 疼いて, 痙攣を, 痛みあり, 発矢と, 白浪の, 盛れて, 相談する, 真白な, 眼が, 知れ, 祕めて, 秘された私, 秘めたよう, 秘めつ, 秘められたる愛, 秘策ある, 穴が, 突きつけられ今, 突き立てて, 突つ伏す, 突然パアッ, 立つ訳, 答えたお, 籠つてやがて, 紅色の, 納めた音楽, 組みあわせた手, 組み合せました, 組んだま, 絡みつき鼻, 緊りつめ, 縋りぬ, 縫込む, 繰り返して, 纏めて, 置けと, 聊かの, 育って, 胆に, 腕に, 自分を, 芥子を, 芽生えて, 苦労を, 落した, 落ちずば, 落ちたら譲って, 落ちなかった, 落ちやした, 落んか, 蓄ふる, 薄墨の, 蘇えった, 蟠つた伯父, 行きあたる, 衝動を, 見出された, 覺えなば, 触れること, 訊くの, 訴えられて, 詰まるほどにも, 調子を, 貯え驀地, 赤い火, 赤シャツを, 起こった, 起りました, 躍ったなやましい, 軽からざる, 載積, 込みあがって, 返して, 迫つて来, 迫り涙, 迫るので, 迫る鮮やかさ, 通じたもの, 通ふと, 逼つて來る, 道念が, 遺して, 醸されたもの, 重しと, 金ぐさり, 金鎖を, 銘じ聞け, 鋭利な, 鑿入し, 閊えたので, 閑日は, 降りそ, 集めようと, 霞の, 青春の, 革新の, 響かなかった代り, 響き返る事, 頬に, 願いは, 飛びか, 飛びつくまいもの, 飛ぶかと, 食い入った, 食ひ入る, 首筋の, 高く取った, 魔が, 黄色い筋

▼ 胸~ (5933, 22.2%)

86 張って 46 抱いて 41 はだけて 38 躍らせて 37 躍らせながら 36 叩いて 35 おさえて, 痛めて 32 そらして 31 反らして 29 わくわくさせ 28 ドキドキさせ, 打って, 押えて 25 ひろげて, 打った 24 おどらせて, はって, 衝いて 23 打たれた 22 どきどきさせ, 開いて 21 拡げて, 突いて 20 ついて, どきつかせながら, 打たれて, 躍らせた 19 いためて, たたいて, 掻き 18 撫でて 17 おどらせながら 16 さすって, つかれた, 一ぱいに, 突いた, 衝かれた 15 刺した, 張った 14 つかれたよう, ふくらませて, 悪くし, 突かれて, 轟かして, 開けて 13 なでおろした, ひらいて, 刺されて, 刺して, 痛めた 12 圧え, 抑えて, 衝いた, 衝かれたよう, 躍らして 11 いっぱいに, つかれて, ときめかせながら, 刺されるよう, 割って, 病んで, 躍らしながら 10 しめつけられるよう, とどろかせて, 出して, 往来した, 打つもの, 撫でおろした, 突出し, 跳らせ

9 [11件] うって, しめつけた, しめつけて, ときめかした, なでて, ワクワクさせ, 反らせて, 惡くし, 打たれました, 突き出して, 貫いた

8 おさえた, おどらせた, なでおろして, ふくらまして, 一杯に, 叩いた, 抑へ, 披けて, 抱いた, 踊らせながら

7 [19件] うたれて, さすつて, たたいた, わく, グッと, ドンと, 一と, 両手で, 傷めて, 圧えた, 圧して, 悪くした, 悪くする, 指さした, 焦がして, 衝かれて, 躍らした, 騒がせた, 騒がせて

6 [22件] いだいて, おさえながら, くつろげて, ついた, ときめかせて, とどろかせながら, なでおろしながら, はずませながら, 刺すよう, 前へ, 叩きながら, 張り出して, 打たれたの, 打ったの, 打つ, 抱きて, 押されて, 拳で, 指して, 貫いて, 轟かせて, 震は

5 [42件] うたれた, うった, おさへて, おどらした, おどらしながら, かかえて, さすつた, そらせた, た, つきあげて, ときめかして, とどろかして, やられて, 刺すやう, 反して, 反らした, 反らすと, 叩いたり, 告白する, 圧える, 寄せて, 引いて, 張るよう, 打ちました, 打つた, 折って, 抱くの, 押しつけて, 押し鎮めながら, 押へて, 撫でながら, 撫で下した, 撫で下ろした, 突かれた, 聞いて, 見て, 見ると, 躍らせました, 轟かした, 轟かしながら, 轟かせながら, 騷が

4 [53件] あげて, いためた, うつて, うつの, おどらして, かきむしった, かきむしって, しめつけられて, しめつける, そらした, つき出して, ときめかせた, どきつかせて, なでおろしました, なで下ろした, めがけて, 伸ばした, 冷やした, 去らなかった, 反らせた, 叩くの, 圧した, 察して, 張り, 張り眼を, 打たれるよう, 打ちます, 抑えながら, 抱えて, 抱くよう, 押へ, 押へる, 撫で, 撫でた, 撫で下ろして, 撫で下ろしました, 撫で降した, 敲いて, 正した, 正して, 流れた, 焦す, 突いたの, 突くよう, 締めつける, 衝いたの, 衝かれるよう, 衝く, 踊らせて, 躍らすの, 躍らせつつ, 領し, 顫は

3 [106件] えぐられて, おちつかせる様, かきむしつて, かすめた, かすめる, さすった, しめつけられた, しめつけられる思い, しめつけるよう, じっと抑え, たたいたり, つくよう, つまらせた, つまらせて, ときめかしながら, ときめかせたり, とどろかせました, どきつかせた, どきどきさせました, どつきり, なでた, なで心丈夫, のばして, はずませて, ひろげた, ふくらませた, ゆすぶった, わくわくさせた, チクリと, 伸して, 充した, 冷した, 刺す, 刺すこと, 占めて, 反らし, 反らせたが, 叩いたが, 噛んで, 圧迫される, 圧迫し, 壓へて, 展げて, 引いた, 張つ, 張つた, 張り出した, 張る, 往っ, 往来し, 往来する, 患って, 悪くさせる, 惡く, 打ったもの, 打つの, 打つよう, 抑え, 抱いたが, 抱きしめた, 抱きながら, 押えた, 押えながら, 押さえて, 押し鎭め, 掠めた, 掴んだ, 掴んで, 掻き合せながら, 揺って, 搏つ, 撫でおろしながら, 撫でおろしました, 撫で下して, 撫で下ろす, 撫下した, 擦って, 支配し, 斜めに, 焦して, 燃して, 犇と, 異様に, 病む少女, 痛くした, 痛めながら, 痛める同心, 目がけて, 突かれたよう, 突き刺した, 突き透した, 絞って, 締めつけられるやう, 衝きて, 衝って, 襲った, 見る時, 見詰めて, 貫きました, 躍らしたと, 轟かせた, 鋭くつき刺した, 開きて, 開くと, 騒がせながら, 鳴らして

2 [334件] あけて, あてて, あらはに, いためられて, いだきながら, うたれたの, うちたるに, うったの, うつやう, うつ一種, えぐった, えぐって, おさえました, おさへた, おさるる心地, おそって, おちつかせる樣, おどらせました, お張り, かかえながら, かかえるよう, かきむしりました, かきむしるよう, かき乱して, かすめたの, かすめて, くつろげます, ぐさりと, こがして, さ, さいて, じぶん, すかして, せつなそう, そらしたとき, そらせながら, たたき, たたきながら, だきしめた, つかれこれ, つかれたやう, つかれる, つきあげた, つきて, つきながら, つきぬ, つき上げて, つき放して, つく言葉, つけて, つまらせたと, ときめかすよう, とくとく打ち鳴らし, とどろかしながら, とんとんと, どき, どきどきさせた, どきんとさせ, どきッ, どんと叩いた, なでおろしたらしくほお, なで下して, なで下しました, ねらって, はだけたまま, はだけると, はるよう, ぴたりと, ふくらませるの, ふくらませ私, ふくらめて, ふさがれて, ふるわせて, ぽんと, むかむかさせた, むかむかさせる, めぐる, もたせかけて, ゆすつた, よぎった, よく知っ, よせかけて, わななかせて, わるくし, ゑぐつた, グイグイと, ジッと, トンと, ドキつかせ, ドキンと, ヒタ, 一弾は, 上げた, 上げて, 下って, 不意に, 伏せて, 休めて, 伸ばして, 催嘔せた, 傷つけられ瑠璃子夫人, 傷めたこと, 充たしたので, 冷すの, 冷やして, 出した, 出て, 切りひらい, 刳って, 刺されたこと, 刺されたやう, 刺される思い, 刺し, 刺し通されて, 刺すの, 刺す所, 刺そうと, 割つて, 動かしたはずみ, 動かしながら, 反らしたまま, 反らしながら, 反らすやう, 反らせ, 反らせました, 叩きて, 和熟させ, 唆か, 唆られる, 噛む, 噛んだ, 圧されるよう, 圧しつけられるよう, 圧すほどに, 圧するの, 圧するよう, 圧せられる苦しみ, 圧迫する, 塞いで, 壓する, 大きくした, 女の, 安めながら, 察する, 射すやう, 射た, 射ぬかれて, 射貫かれて, 小突いた, 小衝かれた, 尺度に, 差し出した, 式なれ, 引いたで, 引き締めて, 引掻いて, 張つて, 張つておれは, 張つて駅の, 張りその, 張りて, 張り両手, 張り出したり, 張り広げて, 張り想い, 張り裂くよう, 強く圧し, 強く打つ, 弾ませながら, 彼は, 怪しく震, 悪くしました, 手で, 打たせた, 打たれたこと, 打たれたに, 打たれたもの, 打たれるやう, 打ち初めて, 打ち明けるの, 打つたの, 打つて, 打つ別離, 打れた, 抉られて, 抉るよう, 抑へながら, 抑へる, 披い, 披く, 抱いたまま, 抱きしめて, 抱きたれば, 抱く様, 抱へて, 押えました, 押さへて, 押した, 押しつけるよう, 押して, 押しわけたれば, 押し鎮めて, 押す, 押潰した, 押潰す, 拡く, 持たせて, 持ちながら, 指差した, 据えて, 掠めて, 掻きむしられるよう, 掻き開いて, 搏って, 撫でおろしたの, 撫でおろして, 撫でさ, 撫でたり, 撫でつつ, 撫でるよう, 撫で下し, 撫で下しながら, 撫で下ろしたの, 撫で下ろすの, 撫で卸しました, 撫で腕, 撫下し, 斜に, 春風の, 晴し, 暗くし, 暗くした, 有すれども, 欄干に, 殴った, 殺して, 殿堂と, 汲んで, 決めて, 波打たせて, 波立たせて, 温めた, 潰すもの, 火の, 灼かれるやう, 灼かれるよう, 灼く悲しみ, 無慘, 照らして, 熱くし, 爽かに, 片手で, 狙って, 痛くする, 痛めたの, 痛めつつ, 痛めぬ, 痛めました, 痛めるの, 発矢と, 知って, 突いたが, 突かれたの, 突かれたやう, 突かれました, 突かれるよう, 突かれる思い, 突きとばした, 突き上げた, 突き上げて, 突き刺して, 突き刺すの, 突き裏口, 突き透されて, 突き通して, 突く, 突くほど, 立てた紫玉, 絞るよう, 緊めた, 緊められる, 締つけられた, 締めつけられながら, 締めつけられるよう, 縮めて, 背後へ, 膨らませて, 自分の, 血だらけに, 血で, 衝かれたの, 衝かれた思ひが, 衝かれながら, 衝かれるばかり, 衝かれ襟, 衝き上げて, 衝くよう, 衝と, 襲って, 見せて, 見たり, 訴えて, 貫かれて, 貫かれるやら, 貫きて, 走った, 起して, 跳らせた, 踊らせたり, 踊らせ乍ら, 躍らしたの, 躍らす様, 躍らせたの, 躍らせたもの, 躍らせるの, 躍らせ行状, 轟かすよう, 轟かせたり, 轟かせました, 通った, 通り過ぎた, 酒焼の, 閉されたと, 閉ざされて, 開いた, 開けた, 震わして, 静めて, 顫わしながら, 顫わせながら, 飾って, 騒がした, 騒がせました, 高く波打たせ

1 [2672件 抜粋] あおいで, あけ皮膚, あとへ, あらためて糺し, いかに惑乱, いためつつ, いためること, いちいち訊い, うかがって, うたれたあの, うたれた時, うたれる氣, うちしこと, うったと, うつと, うつを, えぐられたよう, おおうばかり, おさえたまま, おさえ壁, おしつけて, おせば, おどらすという, おどらせたくらいの, おどらせ同時に, おもえば, かかえた, かきたてる, かきむしつた, かきむしりたい思い, かきむしるの, かき乱されつつ, かき合せ床, かくさうと, かすかに, かすめるから, かみ破って, きっちりしめ, ぎくりとさせた, くい破ったの, くっつき合わせやがって, くつろげ脇差, ぐいぐいと, ぐっと突飛ばした, こがし奴, こすって, こみあげこみあげ頬, さいなみ始めた樣子, さぐらせようと, さして伸子, さすがに, さすつて唇, さすらなければ, さすりさすり水深, さするに, さす痛み, さわがした美しい, しいてつんとし, しずめて, しっかと下, しばって, しぼりし天籟, しめつけたに, しめつけられ, しめつけられる思ひが, しめて妹, しめ付けるの, じっと見, すえたと, すぎた, すっかりひろげた, すべりしまいに, ずぶずぶと, せめそう, そそった, そそるよ, そっと向う, そは, そらし両足, そらすと, そろへて, たずねて, たたきわらんばかりに, たたけああ, たち割るの, だくよう, ついたが, つかね衛生, つかるる, つかれたほろにがい, つかれました, つきあげた思い, つきぬいて, つき出したので, つき通して, つく強, つつかれた蛾次郎, つまらして, つらぬいて, つらぬく鉄道, とおりぬけるよう, ときめかしたもの, ときめかすこと, ときめかせたか, ときめかせるよう, とどろかされた, とどろかす, とどろかせ飛びかかりたいほどの, とんと拳, どきつかすよう, どきどきさし, どきりとさせた, どすんとたたいた, どんと突かれました, なぐりつづけた, なでおろしたかと, なでおろすの, なでたか, なで下しましたこれ, なんとひろや, のして, のめらせ支那, はしった, はだけたそう, はだけた手織縞, はだけギター, はだけ枕, はった姿勢, はらした, はり刀に, ばいかに, ひき裂くかと, ひたした, ひつかいたり, ひやしたため, ひらきあって, ひらくその, ひろげ歌, ふかく衝いた, ふくらました自由通商, ふくらませると, ふさがせ, ふさぐの, ふと墨, ふるわせながら, ぶつけて, ほんの少し, まともに, みたすこと, みる, むかむかさせ, むしゃくしゃさせました, もたせかけたり, もみ抜いたの, やさしく慰撫, やられたお, ゆすぶります, ゆり動かして, わかすこと, わくわくさせ出した, わななかして, われ其友を, カッと, ギュッと, サッとかすめた, スーッと, トントン叩く, ドキドキさせた, ドシンと, ヒドク打ちました, ピシャピシャ叩き, ワク, 一つずつ, 一人は, 一撃し, 三度打った, 不安に, 乗りださせて, 二三度敲いた, 伏せたですよ, 伸し且つ, 低くカット, 侵すの, 傷けしが, 傷つけんや, 傷めないで, 充たせし事, 冷うさし, 冷せしこと, 冷やす氷嚢, 出す, 切めて, 切売した, 刺さないでは, 刺された思い, 刺される思ひを, 刺したこと, 刺した吸うよう, 刺し貫いて, 刺し通される, 刺すならん, 刺す媚香, 刺す驚き, 刺ました, 削るよう, 割つては, 力まかせに, 動かしつまらぬこと, 包むやう, 占められた, 去らうと, 反らしたから, 反らし両, 反らし踏張つて, 反らせた態度, 反らせ息, 反りたくなる晴れやか, 叩いたは, 叩き, 叩きヤマビコ, 叩くと, 叱って, 吐きました, 吹かれ思わず, 和やかに, 問うて, 喜んだ, 噛まれる思い, 噛む人間性, 圧えよう, 圧したと, 圧しつぶして, 圧せられるなども, 垣の, 塞いだから, 塞さが, 壓せり, 大切さうに両, 姑くも寛うせん, 安めた, 寛げて, 射せしめず, 射ました, 射抜いたの, 射透すよう, 少しそらし, 少女の, 左右から, 差し出しおのれ, 幾たびも, 延ばして, 引き裂かれたこと, 張ったちゃんと, 張った薬師岳, 張つてまあ, 張つて上官らしい, 張つて元気好く, 張つて後に, 張つて答へ, 張りきゅっと, 張りステッキ, 張り出し歩調, 張り大きく, 張り拳を, 張り肘を, 張り軍隊流, 張る姿勢, 強いて, 強く圧さえ, 強く突かれ, 往来し始めた, 心で, 思うただけでも, 患つて大, 悩めた, 悲しくさせた, 惡くして, 慘酷に, 戦かされた, 手風琴の, 打たれずに, 打たれたので, 打たれたエセックス, 打たれないわけ, 打たれる, 打たれる氣, 打ちたたいた, 打ちエンリケ, 打ち明けてからも, 打ち身内, 打ったのに, 打つたから, 打つほど, 打つ何物, 打つ真似, 打診し, 抉ぐられて, 抉られたにも, 抉られるよう, 抑えた直立不動, 抑えられて, 抑へられ, 折つてゆるやかに, 抱いたこと, 抱えるよう, 抱きしめながら, 抱き寄せて, 抱き頸, 抱込んだろう, 押えつける生, 押えられガタガタ醜悪, 押え悲痛, 押さえてるもの, 押されても, 押しつけても, 押しつけ重吉, 押しひしぐよう, 押し退ける勇気, 押へながら, 拊き, 拡げた私, 拡充しよう, 拭く三尺, 持つ男, 指さすと, 挫が, 据ゑ, 掘り出した, 掠られて, 推すもの, 掩つてゐる, 掴むわ, 掻きたてた, 掻きむしられる思ひで, 掻きむしります, 掻き合せますと, 掻き裂こうと, 揃え漆, 揺られる, 搾られるよう, 撃ちて, 撃ち貫かれて, 撫すって, 撫でおろします, 撫でおろす, 撫でさすろう, 撫でられた, 撫で下したが, 撫で下ろしたけれども, 撫で下ろすと共に, 撫で卸して, 撫で脇腹, 撫で降しながら, 撫探し, 擦った, 支えて, 断えず刺して, 時めかせながら, 晴らして, 暗くする, 最も搏, 柄も, 柔に, 槍の, 樹幹に, 正すと, 毟る, 汗の, 沾ほされる, 波動させ, 波打つよう, 注意深, 洗ひ晒した, 流れ去るの, 浮せた, 深い鋭い疼, 温めたが, 湿ほさうと, 満す寂寥, 源三郎に対して, 潤ほす, 濡おす, 焚くよう, 焦がし悲しみ, 焦すよう, 焼き焦がれたしかに, 煽つた, 熱み, 燃やし得る指導者, 狙いながら, 畏怖と, 病み都, 痛く打つた, 痛ませたもの, 痛めたきり, 痛めたり, 痛めての, 痛めも, 痛め思ひに, 癒着て, 眞つ, 短刀で, 破らるるばかり, 秒ごとに, 突いたか, 突かれたくらい, 突かれる前, 突かれ脚, 突きあげて, 突きつけて, 突き上げる気持ち, 突き刺し王子, 突き突き, 突き透します, 突くと, 突こうにも, 突刺すオプ, 窪ませ身, 糺されるなどとは, 組みました, 緊と, 締つける, 締めつけられる様, 締められる想い, 置かせて, 聞いては, 聴きに, 脚を, 腹まで, 膨らませあなた, 臓腑が, 苦く覚え, 苦しめた, 苦めたりき, 萌黄に, 落ち込ました, 蔽い欄干, 蜜柑の, 衝いたもの, 衝かれる思い, 衝きたり, 衝くと, 衝たれた, 裂いて, 裂かれる思い, 襲う, 見せたるは, 見な, 覗かせ鷲, 訊かねば, 読み抜いて, 譬え歌った仏蘭西, 貫いたの, 貫かれ一人, 貫きつ, 貫くどの, 貫徹さず, 走って, 跳らさない, 踊らしたもの, 踊らせられるので, 蹴られた葛葉, 蹴飛ばしたかと, 躍らしたばかり, 躍らすほどに, 躍らせしげしげと, 躍らせない者, 躍らせる面白, 躍らせ汚, 軽くそらし, 輕くさせた, 轟かしたること, 轟かすと共に, 轟かせはっと, 辻町は, 這うよう, 運んで, 重くし, 銷し, 鎖して, 閉されつつ, 開いてから, 開き聴診器, 開けはだけ, 闊達に, 隠すこと, 離して, 離れないらしい, 雪で, 震わせて, 露わにした, 靜かに, 頬を, 飾ったあの, 騒がして, 騒がす人々, 騒がせた真中, 騒がせるので, 騒がせ己, 高鳴らして

▼ 胸~ (5505, 20.6%)

373 中に 244 中で 205 上に 114 中を 96 あたりを 93 うちに 91 底に 80 あたりに, 中が 77 うちで 71 奥に 68 底から 66 中には 61 中の 57 中は 50 上で 48 ところに 42 なかに 41 うちを 38 なかで 37 中へ 35 動悸が 32 前に 30 上へ 29 あたりへ, 動悸を 26 底の 25 あたりまで, ポケットから 24 中では 23 すくよう, なかを, 中から 22 うちが, 前で 20 底で 19 あたりで, 底まで, 底を, 悪くなる 18 あたりが, ところへ, 中にも, 奥で, 底には 17 うちは, 中 16 ところを, 方へ, 裡に 15 あたりの, ポケットに, 下に, 中も, 内に, 鼓動が 14 奥の, 辺に 13 ときめきを, 辺を 12 うちには, つかえが, ところで, ように, 裡で 11 奥底に, 痛くなる 10 うえに, ところまで, なかが, 上まで, 奥から, 底が, 思いを, 所で, 所に, 躍るの 9 どこかに, ふくらみを, ボタンを, 上の, 裡を, 辺りを, 鼓動を

8 [11件] あたりから, あたりは, うちでは, うちの, なかには, 上を, 厚さ, 奥まで, 苦しさ, 辺で, 釦を

7 [17件] あたりには, かくしから, すくほど, すくやう, なかにも, なかの, わるくなる, 内は, 奥が, 奥には, 思いが, 所へ, 所を, 方が, 苦しみを, 血が, 鼓動は

6 [22件] うちも, すくこと, どこかで, ふくらみの, へんに, やうに, わくわくする, ポケットへ, ポケツトから, 上, 処に, 処へ, 前へ, 動悸は, 奧に, 底深く, 火を, 痛みを, 血を, 裡は, 辺まで, 辺りへ

5 [21件] つぶれる思い, ところが, なかは, なかへ, 上には, 下から, 下まで, 中だけに, 処まで, 動悸の, 奥を, 奥底から, 底へ, 所が, 方に, 汗を, 火は, 病気の, 真中に, 裡が, 高さ

4 [35件] うち, かくしに, ところには, とどろきを, へんが, まえで, ボタンが, ポケットの, 上腰から, 内の, 切なさ, 動悸に, 動悸も, 奥へ, 思いに, 思ひを, 悸き, 方は, 病の, 病を, 痛みが, 秘密を, 肉が, 肉を, 血の, 辺へ, 辺りで, 辺りに, 透くよう, 鏡に, 震えを, 骨が, 高鳴り, 鼓動の, 鼓動も

3 [73件] あたりにも, あたりも, ささやきを, しめつけられるよう, しんに, そこから, そこに, そばに, ときめくよう, ところは, どこか, どこかが, どこかを, ふくらみから, ふさがるよう, へんまで, ほうは, ほうへ, まん中を, ものを, ボタンに, ポケットを, ポケツトに, 下で, 下の, 下へ, 中かき廻される, 中にて, 中までも, 中一杯に, 傷口の, 内で, 処から, 合わせ目, 奥底まで, 小刀を, 底では, 底は, 思いは, 思を, 悩みを, 惡くなる, 所の, 方まで, 毛を, 測られぬ気, 火や, 炎は, 焔を, 燃える事, 病いに, 病が, 病で, 病に, 病気で, 病気に, 真ん中を, 真中を, 肌に, 苦痛を, 血は, 裏に, 裏を, 裡には, 跳る, 轟きは, 轟きを, 辺が, 辺の, 間へ, 音を, 騒ぎを, 鬱憤が

2 [183件] あたりなど, あたりや, あたりをも, あたり膝の, いたみを, いっぱいに, うちだけは, うちでございます, うち安く, おどるよう, ここが, さわがれて, すくおも, すく伝法, すく思い, すく演奏, せまるまで, つかえを, ときめき, ときめきが, ときめきは, ときめくの, ときめく風, ところから, どきどきする, なやみに, ひらけるよう, ふくらみが, ふくらみに, ふくらみは, ふくらみも, ふさがる思い, ほむら, まんなかを, まん中に, むかつくほど, めぐりに, もやもやが, やうだ, ような, わだかまりが, わだかまりに, わるさ, ドキドキする, フックリ, 一部を, 上から, 上にかけて, 上部に, 下が, 下には, 不安を, 不平を, 両脇, 中その, 中でも, 乳房の, 乳房を, 傷は, 傷むよう, 傷口に, 傷口へ, 先に, 具合が, 内, 内が, 内には, 内を, 内側に, 凍るよう, 処で, 処の, 処を, 処女の, 切ないよう, 前を, 創が, 創口の, 力に, 動悸のみ, 勲章が, 堰を, 奥にも, 奥底が, 奥底には, 奥底を, 奥深くに, 嵐に, 広うて, 広さ, 底にまで, 底にも, 底ふかく, 底より, 張り裂けるほど, 当りを, 形が, 怒りを, 思いでも, 思ひに, 息を, 悩ましさ, 悩みに, 悪い, 悶を, 愁ひ, 戸に, 房を, 所まで, 方の, 末枯野に, 横から, 毛が, 毛の, 気持が, 氷の, 波動で, 深みに, 測られぬ氣, 湧きたつほどこそ, 焼ける連名工事, 熱くなる, 燃えるよう, 燃ゆる, 狭いだけに, 狭いもの, 疼くよう, 病いが, 病気も, 痛さ, 痛みの, 痛みは, 痛むかな, 痛むほど, 発作が, 白い女, 白さ, 白妙に, 盃で, 真実は, 秘密の, 筋肉が, 筋肉を, 糸, 美しさ, 肉の, 肉頬の, 脈を, 脹らみ腰, 臓器を, 苦しいの, 苦しくなる, 苦るし, 苦痛膓の, 處へ, 虹は, 血潮が, 血潮を, 裂けそう, 裏側を, 裡では, 躍るよう, 躍るを, 轟きが, 轟くの, 辺へも, 近くまで, 透くの, 透くやう, 透く樣, 透く遊戯, 邊を, 重みを, 金釦を, 閊えを, 雲を, 雲吹払うたる, 静まるの, 騒ぎが, 騒ぐの, 骨を, 高鳴るの, 鬱を

1 [1279件 抜粋] あいたジャケツ, あこがれ迫る, あたりいと, あたり乳房の, あたり時には, あつくなる, あらわなる, いかばかり輕, いたきことさ, いたみの, いたむもの, いつに, うちいよ, うちから, うちだ, うちだけでも, うちである, うちなる, うちまでを, うちをも, うち安から, うち言葉以前という, うつろを, おさまりが, おどるおも, おどる位元気, おも, おもいがか, おもい消したく, お乳, かき乱される様, かげの, かたまりが, きりきりする, くぼみに, くるしさ空地, けじめを, ここん, ことは, この箇所, こんもりと, さき, さきへ, さやさやと, さわぎを, しこりと, しめつけられる程, しろきに, すが, すき間, すくくらい, すくひとりごとでした, すく一語, すく兄さん, すく名, すく底, すく有難い, すく気, すく禁呪, すく程晴々, すく音, すぐ下, すみに, ずっと奥, せまるの, そこには, そのあたり, た, たたりと, つ, つかえだったに, つくほど, つぶれる事, つまるやう, つまる思, ときめきに, ときめきをさえ, ときめく悪びれ, ところが大きく, ところぐらいしか, ところだった, ところとか, ところばかり, とどこおりが, とろ火の, どこかでは, どこやらには, どんはたり, どん底に, ない咳, なかでし, なかにだって, なごみを, にほひ, ぬち心, はだかった扱帯, はだけたシャツ姿, はりさける思い, はれるやう, ひきしまるの, ひもだけは, ひろがりの, ふかいところ, ふかみ, ふくらみへ, ふくらみ豊か, ふくらむよう, ふくれる思い, ふくれ上って, ふさがる心地, ふさがれた気, ふるえを, へんだ, へんまでしか, へ脚加, ほうも, ほの, ま, まへに, まわりに, むかつくの, むかつく癖, むしゃくしゃに, もなか, もりあがった娘, やさしい感動, やまいが, ゆたかに, ゆるやかな, わく, わくわくする思ひ, わるいほど, われにさえ, ウチ, ガラガラ鳴る, シンバルを, セーフチーコンミチーが, チョッキから, ハンカチを, バッチを, ホクロひとつにまで, ポケットにでも, ポケツトにつつ, マーク横文字の, ムシャクシャは, モヤクヤも, ワイシャツに, 一ヶ所だけ, 一物を, 七面鳥の, 上が, 上できつ, 上において, 上にて, 上へが, 上より, 上股から, 上重なる, 下と, 下を, 不安の, 丘陵が, 両手を, 中からは, 中だけには, 中だけを, 中と, 中にか, 中につけ, 中はた, 中もしや, 中やがて, 中をの, 中其心肝を, 中央に, 中宿し得る, 中幸なる, 中心の, 中心肝の, 中我は, 中枢なる, 中深く, 中頭の, 主人なり, 乱れは, 乳薫っ, 二つの, 仕事である, 休まる筈, 何処かに, 何處に, 側に, 傍に, 傷が, 傷との, 傷みを, 傷む面持ち, 傷口から, 傷口だけ, 傷痕を, 充される, 先で, 先を, 兩方の, 内なる, 内ポケット, 内側は, 内御許, 内見ごとに, 冷めたき事氷, 凝りが, 出るよう, 切符に, 前まで, 剣状突起の, 動悸, 動悸をは, 動悸今猶, 動搖の, 動氣は, 匂いで, 匂が, 千々の, 半まで, 厚いたくましい筋骨, 反る時, 右に, 周囲に, 哀れなひびき, 嘆き, 国境を, 埋め火, 堪へざるに, 塞がる時, 塵を, 夢むる間に, 大きな動悸, 天秤を, 奥からは, 奥なる, 奥にと, 奥底で, 奥底は, 奥底深く, 奥深いところ, 奥深くには, 奥深く大事, 奥深く起こっ, 奧には, 女エイリイ, 守りという, 安からぬなるべし, 宝石貴, 寂しさ, 寸法を, 小さな男, 小夜子が, 小琴, 島に, 嵐も, 工合を, 左心室, 帯を, 広い体格, 底でしつっ, 底腦の, 引きさける, 張った体格, 張りつめて, 張り方, 御女郎ぐも, 御都合, 怒りの, 思いと, 思ぞ, 思ひが, 思ひ聊か, 恋情は, 息ぜ, 恰度心臓と, 悪いくらい, 悪いべとべと, 悪いよう, 悪い女ども, 悪い思い, 悪い瓦斯, 悪い蒸し暑さ, 悪き事甚, 悪気流, 悲しきや, 悲しみを, 悲歌は, 惡い, 惡く, 想いから, 感傷を, 慄える, 憂悶が, 憤怒を, 戦きを, 戸まどいを, 扇も, 手に, 打ち騒ぐかな, 打騒ぐ, 抱き肉, 拍子に, 振子の, 斑や, 方にも, 日南を, 明るさ, 春草に, 時めく里, 晴る, 暖かい匂い, 暗さ, 朝映, 柔いふくらみ, 格好が, 欝憤, 毒焔を, 氷嚢を, 汗ばんだ肌, 波うちを, 波さへ, 流れが, 浮きたつ思い, 深くまで, 深淵に, 淵の, 渇きは, 湧き立つの, 溜飲を, 滝は, 潰れる程心配, 激しい大波, 火だ, 火ぶたを, 火歌聲ともに, 灯を, 炎これ等の, 炎も, 焔に, 焼き焦げる, 焼け焦げる程, 熱くなる思ひ, 爽やかさを, 片隅に, 狭いこと, 狹霧の, 番地を, 疑問に, 疵を, 疼きを, 疾患に, 病いである, 病いなん, 病でも, 病は, 病気と, 病気なんて, 病氣で, 病腹手足の, 痛いほどの, 痛みで, 痛みと, 痛み募る, 痛むこと, 痛むよう, 痛む気, 痛手を, 痞に, 痞も, 白い乳房, 白い肉, 皮膚に, 皮膚は, 眞中を, 真っただ中, 真ん中の, 真上へ, 真実では, 真鍮ぼ, 破裂であり, 秘奥に, 秘密絶対ひみつ, 空函を, 空洞の, 空虚に, 窓に, 筋が, 粉, 納まりが, 純潔を, 組織が, 絵は, 線が, 締って, 縮まるうち, 罌粟の, 羽が, 羽毛の, 肉づき, 肉は, 肉臀部の, 肋骨は, 脇ちょうど, 脈ゆた, 膨らみが, 膨らんだ肋骨, 臓器も, 苦く捨ら, 苦しみが, 苦悶は, 荷を, 落ちつかないせわしい, 蓮華は, 蓮葉いつしか, 薄さ, 薄衣の, 虚しさ, 蝶番が, 血に, 血汐を, 血潮よ, 衣を, 袋に, 裏で, 裡の, 襞の, 解消には, 記章の, 詰まる気, 諸肋骨, 象牙の, 赤いアメリカ駒鳥, 赤い鶏, 赤っぽい, 踊り出すよう, 躍りを, 躍ることさ, 軽い息, 轟きが私の, 轟きに調, 轟き小止み, 轟く時, 辺かとも, 辺にまでも, 辺りから, 辺りには, 迫ったよう, 迫って, 迫るやう, 迫る心持, 透いた感じ, 透く事, 透く数十丈, 連結の, 逼る, 邊が, 邊の, 部分の, 重い澱み, 重荷に, 金鈕へ, 釦穴には, 鎖骨の, 閊えでも, 開きから, 開く心地, 間から, 間に, 闇に, 關所たれ, 隅には, 隆まり, 障子が, 隠処, 隠衣, 雲に, 雲行きが, 震へが, 青春は, 青雲いづこぞ, 響きに, 響に, 顫へを, 飾帯が, 騒がんもの, 騒ぐ気味, 高い動悸, 高まりは, 高低が, 高鳴が, 鬱積が, 鳴るの, 黄や, 黯き, 鼓動する

▼ 胸~ (2610, 9.7%)

73 一杯に 62 いっぱいに 44 どきどきし, 一ぱいに 39 ドキドキし 38 悪くなる 30 一パイに 29 迫って 28 つまって 22 わくわくし 21 むかついて 19 せまって 16 どきどきする 15 ドキドキする, 躍った 13 しめつけられるよう, ドキドキした, 惡く 12 どきどきしました, むかむかし, 痛くなる 11 悪くなっ, 悪くなった 10 いっぱいで, ムカムカし, 苦しくなっ 9 つまつた, ドキン, 一杯で, 張り裂けるよう, 悪くなり, 躍って, 騒いだ 8 すくよう, どきっと, どきりとした, わくわくした, わくわくする, 悪くて, 熱くなる, 迫つた 7 つかえて, どきどきした, ドキ, 苦しい, 苦しくて

6 [20件] いっぱいだった, いつぱい, すうっと, すーっと, つまった, つまるよう, ときめいて, ふさがって, むか, むかむかする, わく, ドキリ, 一杯にな, 急に, 痛んだ, 痛んで, 苦しくなった, 苦しくなる, 騒いで, 高く動悸

5 おどって, すいた, すっとした, せまつて, スーッと, ムカムカする, 悪くな, 痛いから, 痛む, 迫った

4 [25件] いつぱいになつた, おどった, こみあげて, つまつて, つめたくなり, ときめくの, どきどきと, はだけて, むかつく, わくわくしました, わるくなる, ドキンドキンと, ワク, ワクワクし, 一杯だった, 傷む, 切なくなる, 燃えるよう, 痛かった, 痛むの, 苦しかった, 苦しくって, 躍つた, 軽くなった, 鳴って

3 [66件] あつくなった, いっぱいであった, いっぱいでした, おどる, しめつけられた, すいたよう, すいて, すくの, すっきりした, せいせいし, せき上がって, せまった, ときめいた, とどろいた, どきついた, どきついて, どきどきいたしました, どきんとした, どきんど, はりさけるよう, ひらけて, ふさがるよう, ふるえて, むかつくよう, むかむかとして, むしゃくしゃし, もめて, やけて, わるくなった, キリキリと, ドキドキしました, ムカ, ムカムカと, ワクワクする, 一ぱいで, 一杯であった, 冷たくなった, 冷たくなる, 動悸し, 塞がって, 張り裂けるばかりに, 張り裂けるやう, 早鐘の, 波の, 温った, 熱くなった, 痛くて, 痛くなった, 痛むほど, 膨らんで, 苦しいと, 裂けるやう, 裂けるよう, 詰って, 躍る, 軽くなっ, 軽くなる, 轟いた, 轟いて, 込上げて, 透いた, 透くよう, 霽れる, 騒ぐ, 高くて, 鳴つた

2 [154件] あいて, あつくなっ, あやしく動揺, いたむ, いっぱいだ, いっぱいです, いっぱいな, いつぱいで, おどるじゃ, おどるの, からっぽに, ぎくりとした, くらくらする, この心, こみ上げて, さっぱりした, さわいだ, さわいで, ざわめいて, しめつけられて, しめつけられるやう, しめつけられ息, すうと, すくと共に, すく程, すっとする, すつと, すッ, せいせいした, せいせいと, そわそわし, ぞくぞくし, つぶれて, つぶれる思い, つまる, ときめいてなどと, とどろいて, とどろく, どかどかする, どきんどきんと, ひどく動悸, ふくらんで, ふるえる, むかついた, むかつきそう, むず痒いよう, めきめきする, やけるよう, わくわくと, わるいよう, わるくなっ, わるくなり, わるくなるほど, キヤキヤし, ギクリと, スウッと, スッと, スーと, スーツと, チャックなら, ドキつい, ドキつく, 一ぱいでした, 一ぱいです, 一時に, 一杯だ, 一杯だつた, 一杯でした, 何か, 傷んで, 出て, 切なさ, 動悸した, 動悸する, 圧されるよう, 圧しつけられるよう, 塞がつて, 塞って, 塞つてゐた, 塞る, 夏の, 大きく波, 大海の, 妙に, 少し悪い, 広くて, 張って, 張つて, 張り裂けそう, 張り裂ける計り, 弾んで, 怪しく擾, 悪い, 悪いの, 悪かった, 悪くなつた, 悪くなら, 悲しみで, 惡くなる, 拡がるよう, 掻き乱された, 掻き擾, 早鐘を, 治まらねえ, 波を, 波立って, 清々しました, 潰れて, 潰れるよう, 烈しくときめく, 煮え返るよう, 熱くなつた, 熱くなり, 疼いた, 痛いそんなに, 痛いよう, 痛くな, 痛まないの, 痛み, 痛みます, 痩せて, 癒されるならば, 絶えずわく, 自分の, 苛, 苛立つ, 苛立つて, 苦しいよう, 裂ける, 裂けるかと, 裂ける様, 覗き出す, 詰った, 變に, 豁いた, 踊る, 躍りました, 躍ります, 躍るよう, 轟く, 込みあげて, 込み上げて, 迫つて握られた, 迫つて泣きたくなる, 迫るばかり, 透く, 透くの, 遽かに, 重くなっ, 開いて, 開けて, 震えて, 騒ぎました, 鳴った

1 [1050件 抜粋] あつくなり, あまり自分, あやしく震え, あらわに, あらわれて, あり背, あるはず, いくらかつまる, いたいよう, いたくな, いたくなつ, いたくなる, いたむ位, いたんだ, いっそうとどろい, いっぱいである, いつぱいであつた, いつぱいになつたやうな悦び, いつぱいになつて, いつぱいになつてくる, いつぱいになるほどうれしいのです, いやに, いらいらした, うずくほど, うちふるえる, うづいた, おさまらないから, おさまりかねたは, おさまるの, おどおどし, おどったが, おどつて, おどりましたそれから, おどるでは, おののきます, おれの, かえって冷え切っ, かすかに, かっとなった, からりと, がんがんし, きゅー, くしや, くるしいので, くるしくなった, くるしゅうございます, ぐつと, ぐつとつまつた, げっそりと, この真実, こわばる様, こんなにわくわくし, ごそり, さけそう, さっぱり明らか, さらさら波, さわぎ出しました, しきりに痛んだ, しくしく痛ん, しばらくどきどき, しめつけられたやう, しめつけられる思い, じいんとする, じっと黙っ, じんじん鳴る, すいたが, すいたやう, すうとすら, すが, すきると, すくこと, すくだらうぜ, すくと, すくよ, すく名, すこしドキドキ, すっきりし, すっきりと, すっとし, すっとします, すつきり, すツ, せいせい致します, せかせかし, せきあげるよう, せまつ, せまる, そろそろ恋しく, ぞっとする, たしかに高等学校時代, たちまち下がった, たった一つ, ちぎれそう, つかえそう, つかえますから, つかえるよう, つかへたやう, つかれた, つぶれた, つぶれでも, つぶれますわ, つぶれるの, つぶれる悲し, つまったのね, つまつたのである, つまつて彼女は, つまりました, つまり脚, つまるの, つまる程, ときめきいたしました, ときめきした, とざされたの, とてもドキドキ, とどろきやまない, どうも穏, どかどかと, どかどかふい, どきっとして, どきつくの, どきどきしだし, どきどきしない, どきどきだ, どきどきばかり, どきどき致しました, どきま, どきりとする, どきりと飛び上がった, どきんとし, どきッ, どんなにワクワクと, なんで安かろ, にわかに騒いだ, のびてるやつ, はじめて光り, はずむ狂人水, はずんだり, はたけて, はだけ裾, はち切れさうに, はっとした, はりさけて, はりさけ死ぬとき, はり裂けるよう, はれた, ひっこんで, ひどく痛みます, ひらけた, ひろがった, ふくよかに, ふくらんだ, ふくれあがりさうに, ふくれて, ふくれ急, ふさがった, ふさがり何, ふさがるの, ふっくりと, ふるへるといふ, ふわ, ぶつぶつと, ほっと息, ぼやけて, まず塞がる, またその, またムカムカ, また晃, まだ苦し, まるくふくらん, まるで裂ける, みだれて, むかつき息苦しく, むかつくわ, むかむかせず, むずむずし, むづむづして来る, もう一歩, もやもやと, やけさうな, よくも張り裂けない, わくわくいたしました, わくわく心, わくわく鳴り, わるいか, わるいん, わるくなつた, カラリと, キリキリ圧迫, クッキリと, コトコト鳴りました, シッカと, スウスウする, スウートした, スースーした, チクチク痛みます, ドキッとした, ドキドキいたします, ドキドキしはじめる, ドキドキドキし, ドキドキ致し, ドギドギした, ドンと, ハツとして, ピッタリと, ムカムカ, ムカ付い, モウ一パイ, ワクワクした, 一しきりドキドキドキドキ, 一しきり一杯, 一ぱいだ, 一ぱいでございます, 一ぱいになつてだ, 一ぱいになつて泣い, 一ぺえになりやすという訳は, 一杯でしょう, 上下に, 下った, 不快に, 不足し, 事の, 五体が, 人に, 今までとは, 何う, 何を, 余り優しくきつく, 傷まずに, 傷み私, 優しげ, 兢々と, 全く暗闇, 兵の, 冷, 冷たくなつた, 凍りつく思い, 出る, 分って, 切って, 切ないよう, 切なくしめつけられ, 初めて君, 刺し貫い, 前屈みに, 劇しくおどる, 力で, 動じて, 動悸動悸します, 半鐘と, 口惜しさ, 呂範にも, 和らいだ, 嗚咽し出した, 嘔氣を, 噪ぎ出しました, 圧せられて, 堅くなっ, 塞がつた, 塞がりましたらしく急いで, 塞がる, 塞がるばかり, 塞がれて, 変だ, 大きく動悸, 大きな希望, 大時計, 女の, 嬉しさ, 安ま, 寛や, 小さくツ, 少々ドキドキ, 少しせつない, 少しはだけ, 少し張りすぎ, 少し迫つて, 平板で, 広々と, 弛んだ太鼓, 弱いくせ, 張ち切れ, 張りさけそう, 張り切ると, 張り裂くるよう, 張り裂けるほど, 張り裂ける程, 強くさし, 弾むよう, 微かに, 思わずカアーッと, 怪しく震え, 恐ろしくわくわくする, 息苦しい程, 悪いから, 悪いよう, 悪い木村, 悪くって, 悪くなります, 悪くなるであろう, 悪くは, 悪そう, 悲しさ, 悸, 惡いだけで, 惡いとも, 惡うなる, 惡さうにし, 惨酷, 感激に, 慕わしくなる, 戦く不気味, 抉られて, 抑へられる, 押しつけられるやう, 押し潰されて, 掻き乱されたふう, 支えて, 斯う, 明るくなる, 晴々し, 晴々と, 晴れた, 晴れたであろう, 晴れたよう, 晴れぬ朝, 晴れるだろうと, 板の, 次第に高く, 殆ん, 気味悪く疼, 水に, 氷の, 沸き立つよう, 治まらぬ, 波うった, 波立ちはじめ, 浪だつ, 消え腹, 涙で, 深々と, 清々し, 清々した, 清々と, 温まったが, 温まりお, 温まり声, 溢れた, 潰れさ, 潰れるでござろう, 潰れる思い, 激しい鼓動, 激しく震え, 激しく鳴る, 濁って, 灼けつくよう, 炎に, 烹え, 焦燥し, 焼き焦げるほどに, 焼けるほど, 焼る, 煮えくり返つた, 熱くなっ, 熱くるしく, 燃えた, 燒きつく, 爛れて, 現われ裾, 疼いたこと, 痛いこれ, 痛いの, 痛いほど, 痛いよ, 痛い心, 痛い痛ければ, 痛うて, 痛かつ, 痛くさえ, 痛くなっ, 痛くなり, 痛く埃まみれ, 痛みだすという, 痛みますので, 痛み刺されるやう, 痛むが, 痛むので, 痛む思い, 痛んだばかり, 痞え, 癒えよう, 白い乳, 白くちらほら, 相当わるく, 破れて, 破裂し, 空洞どころか, 突き出された, 窮屈なせゐ, 第一, 納まらないあたし, 納まらぬの, 細くなった, 緊って, 緊めつけられる, 締めつけられるよう, 聖母の, 脹れ上った, 腹に, 臍まで, 苦しいくらいに, 苦しいので, 苦しいよ, 苦しい位, 苦しかったり, 苦しくな, 苦しく呼吸, 苦しく焦り騒い, 苦しゅうなる, 荒く波立っ, 落ちつきましたわ, 落着か, 蓋がる, 衝かれるよう, 裂けて, 裂け四肢, 見えて, 触れた, 詰ったよ, 詰まって, 變だ, 跳った, 跳り, 踊るん, 躍ったもの, 躍りましたけれど, 躍るか, 躍るばかり, 躍るやう, 躍る様, 軽いやう, 軽くわたし, 轟きました, 轟くと, 迫ったの, 迫つたかの, 迫つたので, 迫つて思はず, 迫つて来た, 迫つて頭を, 迫りました, 迫るよう, 透いたと, 透いたんで, 透かないこと, 透くだろうと, 透くであろう, 逼って, 逼塞し, 酸っぱくなっ, 重くなつた, 重くなる, 重っ苦しく, 重苦しいもの, 重苦しくなっ, 鉄より, 銀色に, 閉じて, 閉塞て, 開いた, 開きそう, 開くやう, 開けたわ, 開けると, 開ける思い, 間断なし, 闊, 震えた, 震え出した, 震へ, 霽れた, 静まるだろうとも, 非常に, 風通しよく, 騒いだの, 騒ぎ出しました, 騒ぐばったり, 騷ぐ, 高くなっ, 高く鳴り出した, 高まったり, 高鳴り, 高鳴りますわ, 高鳴る, 鬱いで, 鳴ってるだ, 鳴つたので, 鳴り出して, 鳴り勢, 鳴り響いた, 鳴る音

▼ 胸~ (976, 3.6%)

11 早鐘を 10 早鐘の 9 急に 7 躍った 6 はだけて 5 どきどきし, どきどきと, 動悸し, 躍って 4 おどった, しめつけられた, ときめいた, 一杯に, 動悸が, 波を, 異様に, 躍るの, 轟いた 3 ふたぎぬ, わくわくし, ドキツと, 一ぱいに, 俄に, 嬉しさ, 感謝の, 跳る, 鉛の

2 [72件] あの青空, いつでも, いま, いまや蝕み, いろ, うれしさ, おどる, さすがに, しかし割れる, それを, た, ただもう, たやすく元, どんなに顫, はげしく動悸, ひらけぬ荒屋, ふさがって, もとの, ゆたかに, わくわくした, わくわくと, 不安に, 不思議な, 不思議に, 何か, 何かで, 何だかおかしく, 何となく安から, 俄かに, 切なさ, 勇ましく躍りました, 動悸を, 取り止めも, 口惜しさ, 唐突に, 固く非常, 妙に, 始終鼓動, 少しはだけ, 嵐の, 張り裂けるよう, 彼の, 心配で, 悦びに, 悲しみに, 愉快な, 憤怒に, 扁平胸と, 暗い憂慮, 更に烈しく, 期待に, 未来の, 歓喜の, 氷の, 涙に, 無限に, 無限の, 煮えくり返り行先, 燃えて, 父の, 痛いほど, 痛くなった, 益々傷, 空想で, 肋骨が, 自から, 苔古りし, 荘田に対する, 跳った, 震えた, 露はに, 高鳴りはじめた

1 [706件 抜粋] あえぎながらも, あつく腕, あやしくおどる, あやしくも, あやしく騒いだ, あらゆる我, あらわ髪は, あれが, あんまり小さい, いくらかときめいた, いくらか軽く, いたんだ, いちじくの, いっぱいな, いつかトキントキンと, いつぱいで, いつも張り裂ける, いつも異様, いまだその, いまにも, いま立っ, いよいよ苦しく, いよいよ詰まっ, いろんな思い, うち克つ, おさえると, おどります, おほひし, おろか全身を, おろか肘も, お千代, かすかに, かよわい病気, きつく引, きのうよりは, ぎゆつと引きしめられる, こうした男, こうした言葉, このいじらしい, このとき, この悪魔, この生活, この頃, これから彼, さけて, さながらそれ, さながら当年, さながら怒, さらに痛む, さわいで, さわぐなれ, ざんねんさではりさけん, しかし憤慨, しだいに激しく, しづめたれ夜, しぼりつり上げられ, しめつけられるやう, しめつけられるよう, すべてそういう, せわしかった, そう単純, そぞろに, その一息ごと, その山中, その悲し, その頃, それでは納まりません, それらの, それ早鐘を, たえずこの, ただそれ, ただただいっぱいで, ただ大なる, ただ感謝, ただ歡び, たつた一つ, たれよりも, ちょうど死者, ちょっとときめいた, つかえ腰, つねにお, つぶれるばかり, つぶれる思い, つまり涙, ときめきます, とどろいた, とどろいて, とどろき躍る, とりと, どうだったろう, どきっと, どきどきします, どきりとし, どこに, どれ程, どんなにおどった, どんなに昂奮, どんなに苦しかっ, どんなパムプーシェチキ, なかった, なほ自在に, なんとした, なんとなくおどった, なんとなくときめい, にわかにおどった, にわかにおどりだした, にわかに高鳴った, はげしくおどった, はげしく波うつ, はずんで, はたけられて, はりさけるばかり, はりさける様, はれるかも, ばも, ひしゃがれて, ひどくどきどき, ひどく波打っ, ふくらみ情火, ふくらんだ, ふくれて, ふだんには, ふとある, ふんわりと, ぶるぶると, ほとんど痛む, まずふた, またどきどき, またもややるせない, また次第に, また膿み, また轟きぬ, まだおどりつづけ, まだ容易, まだ小さい, まだ納まらなかった, まだ納まらなかつた, まだ魚, まばゆいばかりに, まるで暴風雨, まるで酒, みちたりて, むかついて, むかつき膝, もうその, もう嬉し, もう張り切っ, もう数限り, もう烈しく, ゆしあんぜられて, よろこびに, わからぬ, わけも, わたしの, わなわなふるえました, われるやう, われ知らず, コトコト鳴り出しました, ダブルの, ドキドキいつ, ドキドキした, ドキドキする, ドキドキ躍った, ドキリ, バタバタし, ヒヤヒヤとして, マツチを, 一ぱいになつて居ります, 一パイの, 一図に, 一圖に, 一大事にでも, 一層明かに, 一層赫々, 一枚ごとに, 一種の, 上の, 不図, 不意に, 丸出しに, 乱れるの, 乱れ頭, 予感に, 二本の, 人皆には, 今, 今と, 今にも破り裂けん, 今にも裂けぬべく轟く, 今やう, 今夜の, 今更らしくせき上げ, 他の, 何かしら, 何だかを, 何という, 何にか, 何やらハツ, 何者かに, 依然として苦しい, 傷きました, 優しく波打つ, 兄に対する, 入日の, 全く解らない, 八裂きに, 再びそのあぢはひを經驗, 再び輝い, 冷い, 冷えるの, 凋んだ花, 凝縮の, 刃に, 別れて, 刺されて, 前の, 前后, 劇しき動悸を, 千々に, 単調でない, 又も, 又乱れぬ, 反り頸, 可憐し, 名状し, 呼吸ぜ, 呼吸も, 嘔氣を, 国家の, 土器, 圧え, 圧へ, 地獄の, 堅くなっ, 堪え難い不安, 塞った, 夢に, 大きく波うった, 大きく波打ち, 大きな呼吸, 大きな波, 大に, 夫と, 夫人の, 奇怪であろう, 好奇心の, 妙布だらけ, 妻君に対する, 嫌悪で, 孔雀の, 安ま, 安らかでなかった, 家の, 容易に, 富士袖は, 察しが, 少しくおどった, 少しも, 少し動悸, 岩の, 嵐に, 己に, 希望に, 常に嫉妬, 平べ, 平気で, 広く温かかった, 底から, 庭の, 引き締る, 弱い, 張り切るばかりに, 張り膨らま, 張り裂くる, 張り裂けるばかりに, 張り裂けるばかりの, 張り裂けるようだつた, 張裂けるやう, 彼に, 彼らの, 彼女の, 微かに, 心底から, 忽ち或, 怒と, 怒りに, 思はず何, 思わず知らず, 怪しくとどろい, 怪しく塞, 怪しく悲しみ, 怪しく震, 怪しく鳴りだした, 恋しさ, 恐怖感の, 息ふ, 息子たちへの, 息苦しいよう, 悔恨に, 悲しい葬, 悲しみで, 悲憤に, 悲痛に, 愈々躍つた, 愈よ, 愛情に, 感情を, 感激に, 戦きはじめた, 手を, 抉られた, 押しつけられるよう, 押し狹めら, 据ゑつつも, 掻乱れ, 揺れ涙, 擴まりたり, 斯くもむなし, 新しいさらし, 新な, 早鐘, 早鐘どぎまぎし, 早鐘苦しん, 昂く衝, 昔の, 昼を, 暗くなり, 月と, 本痛み, 朽木の, 板の, 格別その間, 歓喜に, 正しく気, 水落ちの, 永い冬, 汗に, 決して収まらう, 沈みゆき, 沸き返った, 沸き返る, 波うち燃ゆ, 波の, 波打つたやう, 泥棒の, 洋々と, 浪うった, 浪打つ, 海の, 涙ぐましい思い, 涙で, 淋しく湿っ, 淡泊に, 湧き起つわ, 溢れさうに一杯, 溢れて, 溢れ亂, 溺れるよう, 滝に, 潰れたり, 潰れますが, 激しい動悸, 激しい呼吸, 激しく波打っ, 激して, 激烈な, 烈しくドキドキ, 烈しく轟きました, 無念の, 無性に躍動, 無暗にわくわく, 然し忿懣, 照らせ, 煮えくり返りますよ, 煮えくり返るよう, 煮えつくして, 燃えるばかり, 燃え頭, 燕の, 燻んだ煉瓦, 物凄い力, 狒々の, 玄關の, 男の, 異うつ, 異常に, 異様な戦き, 異樣, 疲れて, 病みおとろへた私, 痙攣を, 痛かった, 痛み眼, 痛むの, 痛むまでに, 痛んだ, 痛傷, 痞えるだろ, 痩せ, 痩せ細り腐った死屍, 百潮千潮の, 皺だらけで, 盥に, 直ぐ一杯, 直ちにレゾナンス, 知らずいずれ, 知らず正清, 短剣に, 短気で, 破れんと, 破裂せん, 確く, 穏やかでない, 穴蔵部屋の, 突然けた, 突然化石, 窮屈な, 節子の, 紅き血, 納まらない, 結核患者とは, 緋牡丹を, 美しく健康そう, 考へる度, 聖ベネディクトの, 聞かないうち, 胡蝶の, 胸脇の下までが, 脈打ち, 自ずとその, 自分が, 苛, 若や, 苦しく殆ど, 苦しさ, 苦しし, 落ちくぼみ頭, 蜂の巣を, 血で, 血を, 衆人の, 裂ける, 裂けるよう, 西瓜の, 見る見る紅玉, 見知らない神々しい, 言ひ, 言葉どおりに, 詰つた, 詰まるよう, 誇らしさ, 警鐘を, 豊かな, 貴い涙, 跳りぬ, 跳れり, 踊った, 踴り, 躍つた, 躍らないわけ, 躍りました, 車輪の, 轟くなり, 迫って, 迫る, 運命に, 遠くかたく, 酒を, 酸っぱくなる, 重くふさがつた, 重苦しく熱, 錐に, 鍛冶屋の, 閉された, 閊えて, 闇に, 陰に, 震えて, 震へて, 震へる, 面白さ, 顔は, 飽くまで弱々しく, 駒下駄も, 騒いだ, 騒ぎだした, 騒ぎ出した, 騒ぎ頭, 騒ぐに, 騷ぎ立ちぬ, 高く跳, 高く躍り, 高鳴り, 高鳴りなぜ, 高鳴ります, 鬱々と, 鬱憤として, 麻と, 麻の, 鼓動に

▼ 胸には~ (647, 2.4%)

6 何か 5 二つの 4 動悸が, 嵌まり 3 いって, 一つの, 一種の, 何も, 急に

2 [33件] こみあげるよう, これまで, ごむまりのやうな乳房, さまざまの, それが, つきり, なるとも, ひたと共鳴, またし, まだ幾分, もっと大きな, もはや他人, 一輪の, 借金の, 妙な, 妙に, 始めて事件, 安心の, 微かに, 必ず季節, 悲しみが, 春の, 次の, 母の, 火の, 無量の, 皆同じ, 短刀が, 種々な, 節子の, 苦慮あれ, 言ひ, 鋭すぎる

1 [547件 抜粋] あたらしい勇気, あったであろう, あの, あのコケテッシュ, あの主人, あり, ありのまま映らず, あるもの, ある不安, ある甘い, あろう, いかなる手疵, いだいて, いっぱいに, いつでも, いつの間にやら, いつも何, いつも妖しい, いつも死んだ, いつも鉛, いま気が, いま頻りに, いま鬱勃たる, いろいろの, いろいろ思い当る, うかんだであろう, うとましく感じられ, おかしく温いもの, おかしく温かいもの, おきあまる思ひに, おさまりきれぬほどに, おのずからに, お作以上, お妙ちゃん, お嬢さんの, お絹, お通, かかる通人, かなりに, きっと起る, きょうの, ぎっくり応え, ぐんと来る, こう考え, こここそは, ここを, こないだの, この世が, この時, この最期, この甘美, この発見, これまでに, これ以上めくる, こんな言葉, ご無念, さすがたまらない, さっきから, さながら泉, しおらしい寂しさ, しつくり, しとど降る, じつは陸上, すぐそれ, すっかり東京風, すでにその, すでに決行, すなは, そうした考慮, その判断, その時分, その音, それだけの, それとは, それにたいする, それほど応えなかった, それまで, それらが, そんな思ひ, そんな淋しい, たしかに鷺江お雪, たたえられて, ただ今夜, ただ苦しく, たちまち黄, だれよりも, ちゃんと生, ちょっと言いあらわせない, ついぞ覚えなき, とてもリリカル, ともかく一つ, どういう感想, どうしてもその, どこに, どっしりと, どんな些細, どんな秘策, どんな苦しい, ない, なおいくらでも, なおまだ, なほ思ふ, なんらの, はつきり姫君の, はなやかな, はやお決まり, ひしひしと, ひそかに, ひたひたと, ひつし, ひと月も, ひどくこたえた, ぴんと響く, ふとこうした, ふと浮かんだ, ふんわりと, へんな, べつな, べつにこういう, ほとばしる熱い, まことに涙ぐましい, まずそれ, またきょう, またべつに, また一入, また張飛, また父, また纏綿, まだその, まだ時々恋愛, まだ解け切らない, まだ高く, みじんも, みな苦労の, むすぶ雙, むらむらと, もうあれきり, もうそんな, もう彼, もう昨日, もう絆創膏, もっといい, もっと早くから頷け, もはや怒り, やっぱり淡い, やはりいつもいつも御前, やはり一種, やわらかな, ゆらぐ海, よく, よろこびが, わだかまって, わだかまつて, アナトオル, ガラツ八の, サッポロの, サツと, ザチの, セエラを, センジュアルな, チャラピタが, トラピスト派の, ドーシャル, ネキタイが, パッションいう, ペルシャ猫の, ボヘミアンネクタイを, ムクムクと, ムラムラと, 一つも, 一度も, 一杯に, 一様に, 一片の, 一筋の, 万斛の, 不安が, 不思議な, 両刃の, 中学校時代, 久しぶりで, 久し振, 乳房が, 二人の, 二十五という, 二十余年前の, 云い知れぬ興奮, 亦一つ心配, 人の, 今その, 今なお, 今まで, 今何か, 今年は, 今更娘, 今月の, 仏蘭西の, 何かが, 何かしら勇気みた, 何かしら熱い, 何かしら變な, 何だか春, 何だか異, 何となく懷, 何とも云い, 何の, 何ものか, 何ん, 何故か形容, 何時でも, 何時の間にやら, 何某殿か, 偉大な, 偉大に, 傷口が, 元の, 先刻怪人から, 先日来歩きまわった, 先生から, 全く響かなかつた, 六七年前の, 其に, 其も, 再び火, 冬に, 冬の, 冷たい考え, 分って, 分らぬ何事, 前途の, 力が, 勇ましいいきどおり, 動悸の, 匕首が, 匕首の, 北斗を, 千丈は, 南禅僧堂の, 即座に, 却って争闘, 又もや動悸, 又反感, 又新しい, 取り返しの, 口で, 口へ, 可憐な, 台を, 各別様, 吉川と, 同じく珠, 同時に起つた, 君に, 味方とは, 呼吸する, 喜平の, 四六時中の, 団員の, 在りし家居, 城代の, 執着なく, 変に, 多喜子の, 夢寐にも, 大いなる傷, 大きな疑問, 大きな石, 大きな空洞, 大きな黒い, 大事を, 大切な, 天空の, 夫の, 夫婦の, 失望と, 女の, 如何に, 姉の, 姉のに, 始めてこの, 始終附い, 婚礼の, 安からぬ, 実業家の, 家康に, 寂しい旅, 實際家を, 小さい太鼓, 小柄が, 少くとも, 少なくもそう応えた, 山の, 岩間角兵衛から, 希望と, 師の, 常にその, 常に反撥, 常に消え, 平気で, 年功記章腰には, 年来の, 幸福の, 幼いころ, 幾多の, 張り裂けんばかりに, 強い反抗心, 強い競争, 強暴な, 彼という, 彼の, 得も, 徽章を, 必ずや或, 必勝の, 忌々しい思ひ, 応えたそう, 忽ちギニヴィア, 思いも, 思想史上の, 恐れながら白い, 恒に, 悠っ, 悪に, 悪獣, 悲しさ, 意識なく, 感じられない, 感じること, 慈愛に, 懐旧の, 戀女房お, 我の, 或る, 手ひどく響いた, 手強い響き, 打つて, 抱締めます, 拿破里の, 持ちかねて, 捨てた, 描かれて, 描けて, 数多の, 数本の, 文化的, 斯る, 既にその, 旧い疵, 早くから, 星勲章を, 映し繪, 春と, 春風吹きわたり, 暁の, 最初から, 最近に, 朝からの, 朧ろな, 木曾福島の, 松葉形に, 案じても, 案外どんな, 梁みた, 横笛が, 横蔵と, 次郎が, 歓迎邦人からの, 正に修羅, 残って, 殘る, 比田たちばかり, 毛が, 水を, 氷の, 永生きしますまい, 江戸の, 決定し, 沢庵が, 泛かん, 波形の, 泣かざるを, 浪を, 浮かんで, 消えない恨み, 淡く殘, 深い憂い, 深く深く残った, 清らかな, 清水が, 溢れるよう, 滴って, 滿つれ, 激しい動悸, 濃い胸毛, 瀝青を, 火が, 火鉢を, 烈しくこたえ, 焔の, 無性に花やか, 無数の, 焦げ破れた, 熱い涙, 熱く息吹, 父の, 父母の, 犇と, 独り慰めも, 独立特行の, 狼が, 猿沢の, 玉を, 珠を, 理に, 琵琶が, 甘くて, 生の, 田舎の, 男の, 異常の, 疑念が, 白い手術着, 白く十字, 直径五六寸の, 相も, 眞矢が, 真実その, 矢が, 神あり, 神も, 福慈岳の, 種々の, 稲葉山の, 立たず, 節子と, 紛雑した, 細い機械錐, 絶えず驕慢, 縦ひ, 縱ひ, 翡翠の, 考えが, 胼の, 腹立たしいやう, 自分が, 良心の, 良雄を, 色々在, 色の, 芽を, 若い人, 若鶴の, 苦艾に, 虫が, 蝮が, 血の, 複雑な, 親愛義荘の, 角兵衛から, 解き難い, 触れないで, 言い合わせたよう, 誰より, 變な, 谷を, 貴い感動, 赤い斑点, 赤児を, 赤銅の, 赤鶴が, 起るの, 輝やかしい, 逢いに, 遺憾やる, 野球選手の, 金ボタンを, 金モオルが, 金剛石の, 金色の, 釘であった, 鏡の, 長い伝統, 長政を, 長羅, 限りなき, 青年期の, 静の, 鞍馬以来の, 響かなかったの, 顔を, 風の音ぐらいにしか, 飾りを, 餘りたれ, 馬謖を, 駒井能登守を, 驚愕と, 高く動悸, 高潔の, 黄や, 黄色い小さな

▼ 胸~ (634, 2.4%)

30 かけて 17 手を 14 顔を 8 こみ上げて 7 かけての, こみあげて, 腕を 6 来た, 胸から 4 しがみついて, 自分の 3 うかびて, すがって, つけて, 下げて, 何か, 押しつけた, 當て, 組んで

2 [33件] じめじめと, ずぶりと小刀, ピタリと, 刺した, 剣を, 向って, 垂れて, 寄って, 帰って, 引込んで, 当って, 当てて, 抱いて, 抱きついた, 抱くよう, 掛けて, 氷を, 流れて, 片手を, 組んだが, 組んだまま, 結んで, 聴診器を, 肩へ, 落ちた, 落つる, 身を, 込み上げて, 迫って, 響いて, 額を, 風を, 飛びついて

1 [434件] あたったから, あたる, あてたが, あてる, あて肩, いいきかせた, いよいよ強く, うけ容れて, おしつけた, おしつけると, おなじく無我夢中, おろして, お突き, お綱, かえって来た, かかえ寄せた, かかった, かかった処, かかって, かかる, かき合わせた, かけた, かけた男, かけた薄い, かけた部分, かけては, かけても, かけわりに, かけ真っ直ぐ, かけ静か, かなり堅く, からみついて, ぎくりと大きく, ぎゅっと押しつけ, ぎゅッと, くっつけてる徽章, ぐっとあがっ, ぐっと抱えた, ぐつとこみあげて来る, ぐんぐん寄りかかっ, こう口, こたえたの, こたえて, こっちからも, こみあげるばかり, さが, さげた丁稚, さげて, さげるん, さしたこと, さして, さしてやろう, さすがに, さつと, しが, しがみつくよう, しっかと抱い, しっかりおしつけ, しっかりと, しっかり押しつける, しなやかに, じかにこたえた, じかにふれる, じかに伝わった, すがった, すがり寄って, すくひこん, すりつけて, ずきと, ずぶりと差された, せき上がって, せぐり, せまって, そっと俯向, その剣, その想い, その陰, それから裾一杯, たくし込ませさえ, たくたく流れた, たまって, ためて, だて, ついた, つかえること, つかへたが, つきあげて, つけたまま, つたは, つたわった快活, つめる軽い, つッ, とびこんだ, とびついて, とんで, どんと来た, のせると, のって, はねかへ, ひしと抱え, ひしと色, ひたと涙, ひたひたと, ひとつに, ひびけよと, ぴたりと, ぴったりと, ぴったり若い, ふっさ, ぶつかって, ぶつからんばかりに, ぶらさがったとき, ほおを, まわし抱きしめて, まわって, もたせかけるよう, もたれかかって, もって, よせ掛け, わが生, グザと, ツル, ドキリと, ドキンと, ドンと, ドンとばかりに, ハッと, ヒョットコの, ヒヨツトコの, ピッタリメス, ピンピン来るで, 一丁ギラギラ, 一杯の, 一生懸命縋り付きました, 一突きくれる, 上げて, 上る気, 上体へと, 上半身を, 下がったよう, 下って, 両手で, 両手を, 両腕, 丼を, 乗かかる夢, 乗せて, 乗って, 乱れて, 二度とお, 二度も, 二箇鳩尾へ, 五杯か, 京子の, 人という, 仆れかかる, 今にもいい, 伏倒りかかった, 伝えて, 伝つた, 伝へられて, 伝わるよう, 伝次の, 体を, 体当たりめいた, 何とは, 來た, 倒れて, 倒れるやう, 光明が, 入り櫛笄, 円鏡を, 刀を, 刎ね, 刎上ったでしょう, 刻みこむの, 刻みこむやう, 前から, 勢いよく頭, 匕首を, 却つてピシ, 取った前, 取って, 取りついて, 取り縋つて声, 取り縋るそれ, 取る, 受け取った, 合わするこの, 吊つて, 向けた, 向けられた, 吸いこむ息, 吸い入れたもの, 呼び起されて, 呼び起したもの, 呼び返して, 呼吸を, 喰い込んで, 嘔上げ, 噛り付いた, 囁いたん, 囁きひびくもの, 垂らしたの, 垂らして, 垂れた朱, 垂れた飄逸洒落, 大事そうに, 太鼓を, 嫋さと, 宛てて, 寄かかったり, 寄り縋って, 射徹されたから, 小さな赤薔薇, 小さな身体, 少しでも, 届きそう, 差し入れました, 差し込みが, 差し附けました, 差すやう, 差そうと, 帰らなかったか, 帰りました, 庖丁を, 廻して, 廻り首, 引きつけ突こう, 引き寄せた, 引き寄せた途端, 当て足, 彫りつけて, 彼の, 彼女の, 後脳, 必死に, 恐ろしい勢い, 悲哀と, 悲歌を, 或は白, 手拭を, 手短に, 手首と, 打って, 投げつけた, 折った片, 抜きほとんど, 抜けとおって, 抱いた, 抱いた年弱, 抱えこみ, 抱え上げて, 抱え込んで, 抱きかかえた, 抱きこまれて, 抱きしめたが, 抱きしめて, 抱きすくめた, 抱きついた少年, 抱きついて, 抱き包むよう, 抱き片手, 抱き籠め, 抱き縋った, 抱き込むと, 押しつけて, 押しつけました, 押しつけられて, 押しつけるやら, 押し当てたまま痙攣, 押し込んだの, 押着けた, 拾って, 持たん, 持上っ, 振りかけたと, 捧げます, 掛けた, 掛けた晒木綿, 掛け水, 撞上げる, 擬しながら, 擲き付けよう, 散って, 斑にな, 昂まって, 映した, 最一つ頤, 来たの, 来て, 来ます, 正面から, 気が, 水の, 水平に, 水色の, 沁みます, 注射を, 洋銀の, 流すの, 流れこんだ, 流れたこと, 流れる線, 流入する, 浮かび上がって, 浮かべた, 浮んだの, 渾身の, 湧き上った, 湧き上って, 満ちて, 滝の, 潜らして, 潮の, 瀧の, 焼きつけて, 燃え上がった, 燃やしたよう, 片袖, 物々しく組ん, 犇, 現は, 琅, 生涯焼きしるされた, 甦って, 番号札を, 畳み最, 畳み込んで, 當てて, 白い髯, 白金の, 目から, 眞つ, 真っ直ぐに, 真直に, 真紅の, 着けた扮装, 着けた様子, 着けましたよ, 短刀の, 短刀を, 硝子口を, 神の, 穿鑿する, 突きあげて, 突きさ, 突きつけた時, 突きを, 突き上げた, 突き刺した, 突き拔ける, 突き貫く, 突こんだん, 突っ張って, 突っ込んだ時, 突つ立てる, 突懸けた, 突立てた, 竪に, 篤とお, 紅絹の, 紙一枚当て, 紫の, 組み, 網の, 緊乎と, 締めつけて, 縋ったお, 縋って, 縋り付きメソメソ, 縋り附いた, 縋ろうと, 縛り付け自分, 置いた儘, 美しい身体, 耳を, 胸は, 胸を, 腋の下まで, 腹から, 膏を, 膝へと, 自分で, 自己の, 落ちて, 落着かね, 薄色を, 血の, 衣ものの, 詰って, 賛五郎は, 走った, 走るの, 跨ぎかけ玩具, 跳びついて, 躯を, 軽く上げた, 込みあげて, 込み上げたが, 込上げて, 近づけて, 返り血, 這いあがって, 通じ合, 重ねたお蔦, 重苦しい空気, 針の, 針を, 釣った記録板, 釣身に, 長刀の, 附く筈, 隠すだろう真に, 集まって, 雪の, 雲水の, 響いた, 響くよう, 預けて, 頬へ, 頭陀袋を, 頸飾の, 顏を, 顕著に, 飛びかかろうと, 飛びつくよう, 飛び込んで, 飛んで, 飛沫く, 首に, 馬のりに, 駈け寄るなり, 髻へと

▼ 胸から~ (480, 1.8%)

16 上を 13 腹へ 11 血を 8 胸へ 7 上が 6 上は, 下は, 肩へ 5 又心 4 下を, 腰の, 腰へ, 腹の, 膝へ, 血が, 離れた, 顔を 3 上に, 出る息, 喉へ, 汗が, 肩の, 腹から, 顔へ

2 [29件] こみ上げて, 上だけ, 上だけを, 下の, 不意に, 以上出, 何かを, 出て, 匕首を, 咽喉の, 咽喉へ, 噴き流れて, 太股と, 捨てて, 攘ひ, 皺だらけの, 背に, 背へ, 背まで, 背骨の, 胸へと, 腕へ, 腹まで, 血潮を, 追い払うよう, 離して, 離れて, 離れなかった, 顏へ

1 [291件] あふれて, あふれ出るよう, あんなに大切, いつもそいつ, うえを, おろして, お刺し通し遊ばされる, お高, かくいう, かける前かけ, しばらくの, ずぶぬれ, ずり落ちるのに, せぐりあげて, そいつを, そそぐ日, その悲しみ, たくさん血を, ちょっとの, ぢかに, つぶつぶの, つるした天火, なにかを, のぞく肌, のどへ, のびのびと, ふところへ, ほとばしり出た, むしりとったの, むしりとって, むづむづと這ひ出し, もれるの, カラーにかけて, ズボンへ, ダブダブの, ネクタイを, パッと, ブローチを, ホトホトと, 一人でに, 一杯に, 一様に, 一片の, 三インチ以内の, 三角に, 上だけが, 上だけの, 上と, 上の, 上へ, 上半分の, 下が, 下げて, 下した, 下に, 下にか, 下にかけて, 下にも, 下へ, 下界へ, 下腹への, 下腹まで, 両手の, 両手胴体へ, 丸い鉄, 乳から, 乳が, 乳の, 乳へ, 乳房を, 二の, 五百人の, 以下は, 伸子の, 伸子よりも, 体へ, 僅かな, 先に, 全身に, 凡そ眼, 出た息, 出た鏡, 出るもの, 出るやう, 出る乳, 出る声, 刺繍を, 前褄, 力まかせに, 半分障子の, 去らないと, 取り出した小さい, 取り去られたよう, 同情の, 吸いとられて, 吹きのぼって, 呻き声, 呼び出したの, 咲きでるだろう, 咽へ, 咽喉に, 咽喉を, 喉もとに, 坐った腿, 外へ, 夜目にも, 大きな乳, 太股一めん青黒い, 奪って, 女の, 好い香, 子供に, 寝床や, 小刀が, 小刀の, 小型の, 巻き派手, 帯を, 幼女の, 床の, 引きぬいて, 引きは, 引き放して, 引き離そうと, 彼の, 忿怒も, 思い起させた, 急に, 息が, 懷中へ, 手から, 手と, 手を, 手足は, 投げ出されると, 抜いた槍, 抜いて, 抜き取らせると, 抜け出した自分自体, 抜け出して, 押しだしたよう, 押しのけ, 押し出された, 拔いて, 指の, 捨てきれん, 掘り出すべきもの, 掛けて, 提げて, 揺れのぼって, 搾り出す様, 搾り出す樣, 放れると, 敲き出さなければ, 敵の, 斜に, 時々明るい, 有毒な, 柔かに, 桃色の, 横顔を, 水などは, 水落ちの, 永久に, 流れる汗, 消えなかつた, 消え去って, 消え去りやがて, 消え去ること, 消え失せて, 消して, 消滅させる, 渠は, 湧かすところ, 湧きでるほど, 湧き上りました, 湧き出して, 湧き出るよう, 湧く熱, 満足が, 溜め息などが, 溢れ出して, 滲出し, 滾, 無理強ひ, 爪先へ, 猫が, 玉の, 現われ出たもの, 白いエプロン, 白い顎, 直ちに自分, 真直に, 真赤な, 矢を, 短刀を, 祈りの, 神聖な, 私の, 突き出して, 立つ, 紅い糸, 純粋な, 締出して, 聲を, 肋骨が, 股の, 股へと, 肩から, 肩は, 背な, 背にまで, 背の, 背へと, 背負って, 胴から, 胴へ, 胴への, 脇腹にかけて, 脚の, 脚へと, 脚脚から, 脚部へ, 脛へ, 腰から, 腰ついに, 腰と, 腰にかけて, 腰への, 腰まで, 腰を通して, 腰部へ, 腹に, 腹股から, 腹腹から, 腹部へと, 腿へ, 膝まで, 膝までは, 膝小僧まで, 臍の, 臍へ, 自分の, 落とすまいとして, 蔽つた三谷氏が, 薄れて, 血だらけで, 血煙を, 衝き出した, 袖へ, 袴へも, 裂いて, 解けくずれるの, 触れ慣れた衣ざわりと, 貰つた, 赤い血, 赤い血潮, 足の, 足へ, 身体の, 迸り出るもの, 通りぬけ, 醜い淫, 金時計を, 除かれた, 離したが, 離すこと, 離れなかつた, 離れまず, 頤に, 頬から, 頭の, 頭まで, 顔から, 顔へと, 飛びのいて, 飛び出しそう, 飛び出して, 飛び去って, 飛び離れた, 首だけは, 首へ, 首を, 首筋へ, 骨が, 體躯全, 鮮血が, 鳥の, 鳩尾へ, 黄色に, 黒

▼ 胸~ (244, 0.9%)

8 腹も 4 あらはに, 腰も 3 背も

2 [14件] あらわに, くらけれど, つまって, どき, どきヴィオロン楽, はだけたまま, 乳も, 心も, 段々組織, 燃えじを, 聞いて, 肩も, 腕も, 頭も

1 [197件] あらわな寝, いたみ盃, いっぱいに, え立ち, おさまりません, おどった, おなかも, おのずと開け, おののかずには, かきさばく計り, かさかさと, きいた上, ききおきたい, この心, これに, さけるほど, さすがに, さすが只ならなかった, しどけないけろん, すがすがしくなっ, すくばかり, すくよう, すっかり透い, すっとなる, すみずみまで, すんなりした, その気持, その紅い, そは, たくましい肉, だんだんに, ちぎれる怒り, ちっとは, つくばかり, つぶるるばかり, つぶれるばかり, つぶれるほどの, つぶれるよう, つぶれんばかりの, つまったけれど, つらい, ときめきまた, とどろ, なくま, なし, はだけた艶, はだけ空脛, はりさけるよう, はりさける思い, はれて, ふさがるばかり, ふさがるよう, ぶわ, ほぼ分っ, みだれかけたが, むき出しの, もぞもぞと, ようやく治まった, わななけ, クシャクシャに, ハチ切れんばかりの, マンの, 一つ訊い, 一応訊い, 上半身一ぱいに, 下腹部も, 両腕, 両腿, 今は, 伸ばさない恰好, 余ほど, 依然として不快, 傷むらしく, 兵児帯で, 冷えようと, 分って, 切なくなっ, 切なくなった, 切に, 剥り抜い, 動悸を, 又すこし明るく, 反らして, 同じよう, 和に, 四肢も, 土まみれに, 埋ずめ, 大きく膨らみ, 寄せながら, 察して, 察するが, 少しはだけたら, 少しわるい, 幾許か, 広々と, 弱いん, 張り裂くばかり, 張り裂けさ, 張り裂けそう, 張り裂けよとばかり, 張り裂けるばかりに, 張り裂けるよう, 張り裂ける想, 張り裂けんばかりに, 張り裂けんばかりの, 張り裂け悲哀, 張裂く, 張裂けぬ可, 張裂ける様, 恐らくは頃刻, 息も, 悪かろう, 悲しかろう, 悲しみに, 惡く, 手も, 手術の, 押しあてて, 押しつぶされたよう, 挫ぐるばかりの, 改めて見る, 早鐘を, 晴れねば, 晴れません, 暫は, 横に, 死骸は, 殆どはだけられ, 水びたしに, 泥まみれに, 涼しい, 淋しい, 溶けると, 滑かに, 潰れる思い, 無惨な, 焦げるほどに, 物と, 狭しと, 率と, 生れて, 疼く, 病むばかり, 痛まず其程, 痛めず怪我, 着物も, 硬くこわばっ, 空洞に, 肢も, 背中も, 胴も, 脛も, 腸も, 膝も, 臍も, 花やぐよう, 若返りの, 苦しい, 苦しからず, 苦しくせず, 苦しくなる, 苦しゅうなりました, 落着か, 薄くな, 袴も, 裂くるばかり, 裂けさうに, 裂けそう, 裂けぬべく覚ゆる, 裂けむ許, 裂けやう, 裾も, 解けて, 跳りましょう, 躍るの, 躍る光景, 軽くなった, 迫つたらう, 透くだろうと, 透り感謝, 透れと, 酒に, 鎮まりました, 開いて, 震えた, 震える体, 露わな夜目にも, 露わにあけは, 露出に, 面影も, 革に, 顔までも, 首も, 騒いだに, 騒ぎつづけた, 騒ぎ心

▼ 胸にも~ (239, 0.9%)

6 たれて 5 あった 3 それが, 腕にも

2 [12件] いっぱいに, 一杯にな, 何かしら一脈の, 吊されさうに, 海の, 清三の, 火事が, 皮肉な, 美しい瑠璃子, 膝の, 雪が, 霧の

1 [198件] ある, あれば, いくらかふくらみ, いだかせずには, いつか誅伐の, いつの間にやら, おなかにも, お松の, お通, かれの, このこと, この初夏, この疑, この笛, この際浦和, こみ上げて, これで, さしあたり軽い, しみじみ感ぜられた, しみたと, すえの, すぐに, すぐ浮かぶ, そうした思案, そのとき, その墨汁, その時々, その鬱勃, それだけ穴, そんな感情, たぎって, たしか貫通銃創, たれか, たれしヨハネ, たれその, たれた, たれた最愛, つけて, つるされそう, ないかの, なにかの, にじむもの, のっそりの, ひしとこたえた, ひそむで居たから, ひとしく湧き上る, ひびく, ふいと, ふたたび昔日, ふりしきる, ほのぼのと, ぽつりぽつりと, また沸, まだある, まだ幾分, やや悔い, よせて, わかずには, わたくしの, エセーニンの, ハッキリ落ち, ピーンと, 一個の, 一抹の, 一条の, 一滴の, 一物或, 一種の, 一致し, 一輪の, 七堂伽藍も, 三吉と, 不安の, 中学校時代の, 二人の, 五百本入りの, 人に, 人妻と, 人生と, 人知れぬ, 仲間の, 伝り, 伝わって, 似て, 似る乱れ雲, 何か, 何んの, 俵一八郎の, 僕を, 元気を, 冷たく落ち, 刺さるやう, 刻ませました, 劉備の, 動きかけてる, 勿論ある, 受信の, 合理化され, 吊されそう, 同じよう, 吹き入る, 大いに摺り着けた, 女に, 実は思い余る, 宿らなかった, 宿りうるから, 尊氏が, 少しも, 居る, 山ほど, 巣喰っ, 差当り軽い, 希望の, 幾分の, 弱って, 張り裂けるやう, 張り裂けるよう, 強く感じられる, 彫って, 彼等の, 応えるの, 忽ち浮かんだ, 悩ましい血, 悩ましそう, 悲風蕭々たる, 想像され, 成熟した, 手足にも, 抱かれよう, 抱懐され, 指にも, 春の, 朧ろげに, 来る, 桜田事変当時の, 桜膏を, 楠緒女史は, 歌女代の, 決まって, 泛かぶ, 浮かぶこと, 浮かぶ疑問, 浮ぶ, 浮ぶの, 浸潤し, 消えやらない疑い, 深くしみ, 深く迫る, 深く通じたらう, 湧いた, 湧いて, 湧かずには, 湧きあがる, 湧く感想, 濃く映る, 父は, 物あり, 犇, 畳まっ, 疼いて, 痞みあげ, 白い疎髯, 砂が, 祖父の, 私の, 秘しながら, 移ッた, 筒井が, 置かせない忙し, 義仲の, 聴いて, 肩にも, 胴体にも, 脛にも, 腰に, 腰にも, 自分で, 花を, 芽生えたらしかった, 覚悟され, 解け難い, 言い知れない喜悦, 赤, 赤い血, 起った, 迫つて来た, 逆上さす, 通じたと, 通じたので, 通じて, 避け難い, 部屋にも, 響いて, 響かなくなりさ, 響けて, 頭にも, 鳥うたひ, 鼻の

▼ 胸~ (163, 0.6%)

7 胸を 5 胸とが 3 腕を, 腹に

2 [13件] 太い腕, 手を, 肩は, 背中を, 胸とを, 胸の, 脊を, 腹が, 腹との, 腹とを, 腹の, 腹は, 頭を

1 [119件] いい力強い, いい直したい, いって, いつて, いみじき首筋, いわずお腹, いわずたたき始めた, いわずところ, いわず帽子, いわず幾個, いわず浴びせかけた, いわず裾, いわず角, おのが, おぼしきところ, お腹と, かけ隔たった別世界, きては, しまったうでとを, するの, せなか, その周囲, どろ居る, なくこんこん, なく滅茶苦茶, なく腹, のぼって, ひやひやする, まっ黒な, エキスプレスせず, オヂンや, 一心に, 不遇な, 云はず腹と, 仰いだ其の, 兩方の, 右の, 右ひだりの, 唇, 喉から, 喉の, 嘆きに, 声に, 大きい腹, 太ももとが, 女の, 尻への, 影とを, 心は, 手が, 日に, 晴れやかな, 書しトンノムネ, 栗の, 正確に, 灰色の, 目には, 眼との, 稱すべき, 紫の, 肘との, 肚は, 肩が, 肩とで, 背と, 背とに, 背に, 背中に, 胴の, 胸これや, 胸とお, 胸との, 胸に, 胸心と, 脇腹とを, 脚を, 脾腹が, 腕が, 腕と, 腕の, 腕のは, 腰が, 腰との, 腰に, 腰を, 腹と, 腹とで, 腹とは, 腹を, 膝に, 臀とは, 臂とは, 荒い呼吸, 落付いた, 血涙とを, 行動とで, 袖を, 覺しきあたりを, 足との, 足を, 輝く瞳, 違つてあまり血が, 金ピカの, 隔絶した, 露わに, 青春の, 頭が, 頭へ, 額と, 額を, 顏を, 顔とに, 顔との, 顔とを, 顔へは, 顔を, 顔面と, 高く盛り, 鬢へ

▼ 胸~ (148, 0.6%)

3 子供達が 2 いって, 両方から, 取り止めも, 合せて, 合せながら, 呼吸を, 息を, 計算し, 重ねて

1 [127件] あえぎながら, あつた, いけなければ, いた, いちばん美しく, いった, いるには, おしまくりながら, かばうよう, からげて, ぐいぐいと, こう云っ, こたえて, このやう, しっかりと, しゃくって, すむこと, それを, つき当らないため, つぶやいて, といた端, とうに極めておった, にやりとし, はげしく鳴っ, はらりと拡げ, むすんで, むらむらし, もって, わく, わたしの, 二つの, 二人だけの, 云って, 今度は, 働いて, 凱歌を, 分って, 割りつつ, 割りながら, 十字を, 取れたり, 受取つた汝一人に, 受止めて, 合は, 合わせて, 合点し, 吐いた, 吐くと, 呟いたの, 呟いたもの, 呟いたり, 呟きそして, 呟きながら, 呼びかけた, 喘ぐよう, 嗚咽し出した, 圧されながら, 大きな腰, 太息を, 女を, 妙な, 孔子廟が, 季節の, 孵そうと, 将来を, 小意気に, 少しずつ, 引き合わすと, 引包ん, 引抱えた, 弾いた算盤, 御奉公, 怒って, 思って, 思案を, 息せき切って, 息気を, 想い返しました, 意気込んで, 感じて, 感じ真理, 憎んで, 払つ, 抑えて, 抱合った, 押して, 押し割って, 拝むよう, 拵えて, 捲いて, 掌を, 推測する, 支えて, 支える気持ち, 日数を, 棒立ちに, 歓喜の, 気を, 泣いて, 泣きながら, 温まって, 温めよとは, 猟銃に, 痛感する, 破裂した, 私は, 算盤を, 組みあ, 組んだカフス, 結ばれる有様, 結んだ帶, 結んで, 繰ッ, 考えて, 肯くよう, 育つたか, 舌を, 解けた, 計って, 詫びて, 調べて, 護謨毬の, 踊つた, 追求した, 雲霧は, 顔を, 黙契された

▼ 胸一杯~ (132, 0.5%)

8 になっ 5 になった 4 に充ち満ちた, に空気 3 になる

2 [15件] になつて, になりまし, にぴちぴち, にヒシ, に匂やか, に叫ん, に吸っ, に吸った, に呼吸, に拡がる, に溢れ, に鬱積, のもの, の幸福, 吸って

1 [78件] あること, がかくれる, さらけ出した, すつて心, だったと, である, でもの, なの, に, にある, にきた, にくすぶ, にけた, にし, にせき上げ, にたぎらせ, にて此胸, になつて心慄, になつて放課時間, にはびこっ, にふくれあがっ, にみなぎらせた, にもっ, に享, に充ち, に充ちた, に力ん, に叫び, に吸, に吸い込む, に塞がっ, に太鼓, に安心, に広がっ, に広がった, に思い塞がっ, に息, に息詰まつ, に悦, に想い, に意識, に感じ, に感じさせ, に抱え出した, に抱きしめたい, に拡がった, に泥だらけ, に湧い, に湧き上っ, に滿, に漂う, に漲る, に痞, に空想, に茫漠, に覚えた, に込み上げ, に込上げ, に部, に風, の不安, の伸び, の凉風, の大, の嫉妬, の恨み, の悲しみ, の有様, の涙, の混乱, の辛, はその, ぴかぴかする, わき起って, 吸い込んで, 吸うて, 溢れ漲つて來, 言うべからざる暗

▼ 胸いっぱい~ (108, 0.4%)

10 になっ 3 のかなしみ 2 にこみ上げ, につかえ, になった, になり, に吸い, に呼吸, に思いだされた, に抱え, に漲っ

1 [77件] おめ, だったので, であるが, であると, でしたが, でしばらく, です, ですが, でなんにも, で前後, で問われても, で感謝, な感謝, な笑み, にある, にいだい, にいだき, にいわん, にうた, にたまった, になる, にはつけず, にひらけ, にひろがった, にひろげ, にふう, に勲章, に受け, に叫んだ, に吸いこん, に吸い込んだ, に吸った, に声いっぱい, に子, に思ひだされた, に息, に拡がっ, に支え, に新聞, に書きたい, に汲まうでない, に渋く, に湧い, に満, に溢れた, に溢れ切っ, に漲る, に燃え拡がっ, に空気, に苦労, に菊, に蜂蜜, に詰め込ん, に閊え, の, のおもい, のもの, の不安, の反感, の声, の心持, の志, の情愛, の愛情, の感情, の気もち, の涼風, の爽やか, もう一つ, 乾き切った栗, 叫びながら, 吸った, 吸って, 忽ち泥だらけ, 悲しくなっ, 抱いて, 新しい力

▼ 胸~ (107, 0.4%)

6 腹の 4 腹を, 頭に 3 腕の, 腕を, 腰の, 腹が, 腹に 2 手足を, 白粉を, 目に, 背に

1 [70件] あたま, お尻, けが未だ, しまったうでを, それに, はらけ, ギラ, ポケットの, 下腹の, 乳房に, 口の, 壊れかけたガラスペン, 太股を, 尻には, 左右の, 張りきってる臀, 心を, 手には, 手の, 手やなどが, 手足やを, 掻上げた, 支え兼ねけん, 柔らかな, 横腹に, 耳の, 肩や, 肩を, 肱や, 胃が, 背の, 背中に, 背中へ, 背中を, 脚が, 脚の, 脛を, 腋の, 腕に, 腕や, 腕アルコールと, 腰が, 腰などは, 腰に, 腰や, 腹は, 腹へ, 腹や, 腹部の, 腹部や, 膝の, 袖が, 袖口膝や, 裾を, 足はは, 足を, 踵に, 露わな頸筋が, 霽れ, 頭や, 頭を, 頸の, 頸を, 頸筋を, 額にまで, 顎の, 顏を, 顔を, 風に, 首筋の

▼ 胸まで~ (103, 0.4%)

8 水に 2 たれた白, はだけて, 来た, 込み上げて

1 [87件] あらは, あるエプロン, ある黒髯, うつぴろげて, おろすと, こぼした, こみ上げて, そよぐ顎髯, たらしたおじいさん, たらして, たらしはで, たれしわくちゃ, たれたまっ白, たれたフサフサ, たれて, たれてる白髭, ついた, つかる深い, でちやう, どきつかせるには, どきどき云, のり出したよう, ひろがって, ぶらさがって, まくし, 一太刀に, 俯向い, 入って, 出して, 出そう, 切り下げられそのまま, 切裂かれて, 割られたから, 割られて, 割り付ける意気込み, 卓子の, 吸いこんで, 垂らした老, 垂れたそして, 垂れた風守, 垂れて, 垂れ長刀, 埋まるくらい, 埋めて, 射ぬいて, 届く, 届くほどにも, 引き上げて, 急流に, 悪くし, 打って, 抜け出して, 拔け, 掛けて, 掩うた細い, 擦り切れるよう, 斬り下げ, 斬り下げた, 斬り割り, 来て, 来る水, 来る深い, 来る薄, 染めて, 波打たせて, 流れた, 浸いた, 浸す奔流, 浸って, 熱くさせる, 現わに, 畳に, 痺れ氷嚢, 真白な, 空中に, 突き上げて, 突き刺す手際, 蒲団の, 覗かせて, 赤くほてり, 透き徹る清澄, 通るほどの, 達した, 長々と, 響いて, 響く, 馳せ寄つた

▼ 胸もと~ (102, 0.4%)

2 の突き傷, へ向け, を狙っ

1 [96件] からこみあげ, からは動く, から渾, から飛びしざる, がきりきり, がこころよく, がのぞい, がむかつくらしく, が一杯, が変, が妙, が躍る, じゃ, で耐えた, といわず, にかくし, にかけてつい, にくっ附く, にこみあげる, にこみ上げた, にせきあげ, について我, につきつけ, には一匹, にむしゃぶりついた, にポプリン, に合せ, に合掌, に向い, に手, に押し流した, に握りあわせ, に揺れ, に斬っ尖, に激しい, に激情, に當, に突撃, に虹, に銃弾, に鋭い, に集まっ, に飛込ん, のへん, の二, の梅, の汗ばんだ, の痛み, の襟, へ, へいきなり, へこみあげた, へさげた, へその, へとうす, へとびかかっ, へと両, へぶつかっ, へぶつかった, へジリジリ, へポン, へ十字, へ向っ, へ引きよせ, へ流れこむ, へ白扇, へ石火, へ突き上げ, へ誰, へ跳びかかった, まで上げる, まで泥水, もぴりぴり, もキチン, より清から, をえぐっ, をき, をきち, をくすぐっ, をくった, をただ, をつかむ, をつかん, をやられ, を刺され, を圧し, を寛げ, を照らし出し, を盗み見た, を睨みつけ, を突きはじめた, を蜂の巣, 及び明眸, 深く突き, 目がけて, 高く結ん

▼ 胸さわぎ~ (59, 0.2%)

10 がし 6 を覚え 4 がする 3 がした, を感じた 2 がしだした, のよう, を覚えた

1 [27件] がいかに, がおこった, がしずまらない, がしずまりませぬ, がします, がし出した, が姉, が残る, が目的, でわくわく, と同時に, と堪へ, と故, と辱しめ, のする, の意味, はあった, はよけい, は急, をおさえ, をじっと, をまさか, を感じ出した, を抱い, を覺, 一しきりし, 心愕き

▼ 胸一ぱい~ (46, 0.2%)

3 になっ, に拡がっ 2 になる, に好い, に湧い, に漲っ, に自分

1 [30件] で何, にこみ上げ, になった, にはっ, に不愉快, に吸いこみ, に吸っ, に呼吸, に感じ, に成つて了つた, に抱えた, に擴, に新鮮, に流れた, に湧き起った, に満ちる, に秋草, に空気, に紅い, に繃帯, に草花, に萬歳, に蔓, に込み上げ, の誇り, 吸い込むの, 吸い込んで, 吸った, 抱えて, 込み上げて

▼ 胸一つ~ (43, 0.2%)

5 に畳ん 3 に疊, に納め 2 におさめ, にし, には収め切れない, に収め, に疊ん

1 [22件] が彼, でき, でしょう, ですよ, で張繍一族, で気の毒, にあっ, にこの, にしまっ, にじっと, には堪へざれ, には抑え切れない, には納め得ず, に何事, に包ん, に收め, に決め, に畳み込んだ, に秘め, の裡, 伺へば, 擦って

▼ 胸~ (42, 0.2%)

32 と, の, をつけ

1 [33件] いみじく, そのむかし, と頭甲, に見ゆる, に迫り, のアカイア人, のアカイア軍, の一つ, の上, の下, の汗, の裏, の重なる, は, は凄く, ほどき去る, また肩, また胴衣, めがけ矢, も堅き, よろふアカイア, をがつ, をつけた, を纒, を貫け, 堅ければ, 更に金屬, 碎くべく長, 穿つアカイア, 耀けり, 裂け破る, 貫かず, 貫きて

▼ 胸いた~ (33, 0.1%)

3 を突いた 2 を突く

1 [28件] から槍, にかけてちょっと, に擬し, に突きつけられた, は武蔵, へのしかかった, へびッ, へぶす, へ不意, へ刃, へ向っ, へ打, へ真一文字, へ突い, へ突き返した, へ突進, へ肩, へ走っ, へ鑓, むのみにございまする, をそらし, をどんと, を突い, を突かれ, を突きとばした, を縄, を踏みつける, 敵の

▼ 胸~ (31, 0.1%)

4 して

1 [27件] あるなり, があったろう, があるらしい, で五百円, で日数, で暦, で自分, なりしが, にてありし, にては本, にとってすっかり, には積, によれ, に福澤, に違い, の顔, はある, はいつも, はとつおいつ, は凡そ, は出来, は固, もなし, をとった, をもっ, を切り出さない, を立つる

▼ 胸より~ (30, 0.1%)

2 延びたらねえ

1 [28件] この神, し叫び出せりポセードーン, つと流れ, ひしと主, 出づと, 刺し通したま, 吹かば, 吹く氣息, 少し高い, 心へ, 悲哀ふりほどく, 愁を, 朗々の, 湧きて, 漲り流れ候, 熱き火, 短刀の, 紅薔薇を, 聞かれ得べき, 胸に, 胸の, 胸へと, 落つる, 身より, 通りて, 隔て身を, 離れず, 高く踞

▼ 胸さき~ (22, 0.1%)

2 に垂れ

1 [20件] がわるく, が苦しく, で光っ, で揮, で暴れ, にこみあげ, につっかけ, に二, に生唾, に眼, に裏, の苦し, へむらむら, へ凡俗, へ募りかかっ, へ差し向けた, へ彼女, へ移した, をヒヤリ, を蹴あげた

▼ 胸では~ (22, 0.1%)

1 [22件] その藤吉郎秀吉, それを, どうしても理解, ない, ないか, ないかと, ないし, なかった, ひとりぎめに, まだ戦わぬ, まだ消え, もう手柄, ギクリと, 事を, 何か, 喞つ, 承知し, 泣きたいよう, 納得しない, 自分も, 解釈の, 轍の

▼ 胸甲騎兵~ (22, 0.1%)

2 を有し

1 [20件] あの骸骨, であって, とその, とのため, と三人, にも彼ら, に命じた, の剣, の半ば, の姿, の戦闘, の甲, の縦列, の行進, はもはや, は彼ら, は歩兵, は騎兵, をし, を銃剣

▼ 胸をも~ (21, 0.1%)

2 刺した

1 [19件] いらいらと, お慰めなさい, かき曇らせて, こがすなる勿体なけれ, ハンスの, 上から, 喉をも, 安めては, 射抜いたるは, 引き緊め, 想像し, 打たずには, 救って, 浮き立たせずには, 物悲しく掻き, 相見せ申すべく, 突貫い, 離れない感懐, 魂をも

▼ 胸~ (21, 0.1%)

2 をつけ, を着

1 [17件] が同じく, でそれ, と同じ, には, に野花, のカラー, のバチスト麻, のボタン, の一つ, の一番下, の穴, の胸釦, は, をくつろげ, をつけた, を売っ, を彼

▼ 胸にかけて~ (19, 0.1%)

2 滾して, 皆に

1 [15件] あんのよ, きりりと巻い, さし上げましょう, さっと血潮, じっと天井, 一里以上も, 乗ろうと, 前方を, 割りつけた, 白い斑, 肉を, 蛇に, 青い小波, 麦たくさんな, 黒いもの

▼ 胸~ (19, 0.1%)

2 に垂れ, や

1 [15件] が眼, とは戦場往来, にかかる, にて操り, に合掌, に垂らし, に畝, に閃き来りぬ, のたて, の葵, は, は紫縒糸, を捧げ, を飾りつけさせた, 持って

▼ 胸へと~ (18, 0.1%)

1 [18件] だんだんに, まさぐり上げて, 三を, 上って, 伝わって, 同じ思い, 回り下腹, 届いて, 巻きついて, 帰入, 朱を, 殆ん, 滅茶, 移動し, 蔓草の, 赤蟻が, 迫って, 靉靆として

▼ 胸をを~ (18, 0.1%)

5 どらし 4 どらせ 3 どらせて 2 どらす, どらせた 1 どらせる, どらせろ

▼ 胸深く~ (18, 0.1%)

2 に根, 吸い込んだ, 吸つては, 吸つてブラリ 1 くいいって, 信仰という, 吸いこんで, 吸い込みながら, 吸い込んだり, 徹えた, 抱いた, 消え去らない修道院, 秘めつつも, 羞恥の

▼ 胸~ (17, 0.1%)

1 [17件] からグサ, から頸部, にかけ真紅, にこっち, にぶつかる, にぽつんと, に織機, のところ, はポセードーン, までといっ, や前垂, りが, をギュウギュウ, を嬉しく苦しく, を染め, を突き貫かれた, を走り

▼ 胸飾り~ (16, 0.1%)

2 のついた

1 [14件] が見えた, としてあるいは, とを私, にし, のやう, のテュードル薔薇, も引, や耳輪, をいじり, をした, を作らせました, を帝, 槍を, 真珠の

▼ 胸~ (15, 0.1%)

3 の広い

1 [12件] が肋骨, であった, と胸幅, のひろい, の厚い, はひろく, も常人, も広く, や逞しい, をつなぎあっ, を揺りあげ, を露

▼ 胸いつ~ (14, 0.1%)

7 ぱいに 1 ぱいだ, ぱいだ売家が, ぱいにひろがつてその, ぱいのかなしみに似た, ぱいの声, ぱい吸ひこんだ, ぱい新らしい

▼ 胸でも~ (14, 0.1%)

1 [14件] おののかずには, どこでも, むかつくん, むかむかするんでしたら, 受け取った汝一人, 急に, 悪いの, 打って, 打つて, 痛み出したらそれ, 痛むん, 突かれたやう, 突かれたらおい貢, 苦しくなった

▼ 胸甲騎兵ら~ (14, 0.1%)

1 [14件] がよじのぼり, が凹路, の上, の中, はそれ, はつき進ん, はイギリス, は十三, は峡谷, は敵, は方陣, は突然, は足, を覆没

▼ 胸迫る~ (14, 0.1%)

5 思いが 2 思いを 1 ものある, ものを, ように, 思いで, 思いであった, 感想が, 気が

▼ 胸~ (13, 0.0%)

2 腹の, 腹を, 足かを 1 それとも背中合せ, 乳か, 又は右腕あたり, 君子の, 桜町が, 櫻町が, 腹か

▼ 胸からは~ (13, 0.0%)

1 [13件] アルプス連山の, 兄を, 太い金鎖, 如何程抜き, 次ぎの, 油汗が, 白衣を, 美しく忘れ去られ, 自分ながら, 血が, 財布が, 青い光り, 黒い胸毛

▼ 胸~ (13, 0.0%)

31 から花, にてりか, は見る, をかけ, をかけた, をした, をつけ, をハンケチ, を一寸, を掩

▼ 胸とを~ (11, 0.0%)

1 [11件] あわせる前, お姿, 共に見る, 崖縁から, 抱きか, 持って, 示したよう, 突いて, 突き合はせる, 赤く照らされ, 鋭い岩角

▼ 胸にと~ (11, 0.0%)

4 ほつて 2 りすが 1 つては, びまはるのを, ほんに承はれ, まつた何心, 心は

▼ 胸ひとつ~ (11, 0.0%)

2 にある 1 お咎め, で, で動く, におさめ, にたたみ, にたたん, にのん, に納め, のため

▼ 胸をば~ (11, 0.0%)

2 わが胸, 扇子で 1 悩ましゐ, 晴し, 柄も, 棠を, 焦がすだろう, 蔽えり, 蔽へ

▼ 胸~ (11, 0.0%)

1 [11件] おさ, のあたり, のふくらみ, もさながら, も露, をし, を押え, を露, を露わし, を露わし裳帯, 抑ふる

▼ 胸~ (11, 0.0%)

5 から又 2 から太股, から腰 1 から脚, から腹

▼ 胸とに~ (10, 0.0%)

1 あるを, たらたらと, なって, 三度十字を, 不気味な, 加わって, 受けた, 振分けたり, 滲透する, 無数の

▼ 胸のみ~ (10, 0.0%)

1 だれやすき, とどろきし故に, 傷めむとする世, 塞がッ, 痛めけるが, 轟かすほどに, 頻りに騒がれ, 騒がるるお, 騒ぐひびきには, 驚かれて

▼ 胸~ (10, 0.0%)

2 とこが, とこまで 1 ところ, ところが焼けつく, ところが熱く, ところを, 中で, 中へ

▼ 胸ポケット~ (10, 0.0%)

1 からはみ出, から真白, から絹麻, から覗かし, にさし, に持っ, に親指, のハンカチ, へさす, をたたいた

▼ 胸~ (10, 0.0%)

1 がすっと, が突き出る, が苦しく, に当たり, に移つた, の辺り, は滅多, も塞がる, を前, を圧迫

▼ 胸悪く~ (9, 0.0%)

2 頻りに嘔吐 1 せしも, なりし頃船, なりて, なるほど汚, なるよう, なる多感性, も思はなくなる

▼ 胸掛け~ (9, 0.0%)

6 のポケット 1 それから毛糸, の横, 綿麻の

▼ 胸~ (9, 0.0%)

1 から腰, しかして京畿, と摩擦, にも着物の, に凝滞, に刃物, をあけ, を口吻, を摩

▼ 胸騷ぎ~ (9, 0.0%)

1 いやむしろ, がし始めた, がする, つとま, に手足, の容易, または痛み, を感じ, を抑

▼ 胸あて~ (8, 0.0%)

4 をした 2 のよう 1 の両側, を汚し

▼ 胸うち~ (8, 0.0%)

1 し真白き, たたいて, にくすぶっ, にけり, にこみあげ, に感ずる, に淋しい, 上って

▼ 胸~ (8, 0.0%)

1 くるばかりの, つけて, はがしさ, はぎがするといふ, はぎ夏, へしみじみ, へ波, へ痛む

▼ 胸なる~ (8, 0.0%)

2 その守刀 1 ふかき夢, 不平を, 珞を, 紅の, 齋屋に, 龕の

▼ 胸にまで~ (8, 0.0%)

1 つかって, つよく刻みこまれ, ピチピチした, 引き付けて, 彼と, 快くひ, 或る, 這い流れる

▼ 胸突坂~ (8, 0.0%)

2 の下 1 が下, で旧幕時代二千五百石, に入らっしゃった, に居まし, を駈け上り, を駈け降り

▼ 胸躍らせ~ (8, 0.0%)

1 ていた, て来, て読む, ながら尋ね, ながら彼, もしも伽羅, ソーと, 封を

▼ 胸~ (8, 0.0%)

1 が著しく, が薄い, とに尖き, の下, をあげ, をこまかく, をぴらぴらさせて水面, を中心

▼ 胸せまる~ (7, 0.0%)

2 思いを 1 かな, ものに, ロシアが, 思いが, 虫の

▼ 胸だけ~ (7, 0.0%)

1 かくす薄い, である, でどこ, でもう, 不快に, 白い灰色, 細く剰した

▼ 胸とが~ (7, 0.0%)

1 とても好き, 合わさるばかりに, 狂わしき動悸, 癒着し, 相触れたろう, 見えて, 触れるほどに

▼ 胸などを~ (7, 0.0%)

2 叩いて 1 さすって, さすつて, さするの, 実は着衣, 患って

▼ 胸をは~ (7, 0.0%)

2 つて 1 たげ手足, つたあんまり, つてあたらしく, つて腕組み口に, づませ無我夢中の

▼ 胸張り~ (7, 0.0%)

2 かうかう 1 て立てよ, て踏みしめ, て頬, ひろげて, 裂くる

▼ 胸~ (7, 0.0%)

3 さを 1 さに, やの, るい, ハクショウ

▼ 胸~ (7, 0.0%)

1 ですが, に, のよう, の戦慄, は, はり, 刻む聲

▼ 胸がを~ (6, 0.0%)

1 さまる, どつた, どるといふ, どるの, どるトーン, どる程

▼ 胸~ (6, 0.0%)

1 かに足, ごらんなさい, つて察し, とか肩, よ, 胸だ

▼ 胸だけに~ (6, 0.0%)

1 おさめて, とどめ家中, 包んで, 秘めて, 納めて, 蔵って

▼ 胸なでおろし~ (6, 0.0%)

1 その日, それが, ておった, て安心, て森一家, て裏口

▼ 胸にのみ~ (6, 0.0%)

2 われらが, 潜んだ 1 しみじみと, 思ひぞ

▼ 胸ふかく~ (6, 0.0%)

1 お艶, こそおち, 何か, 入った蝙蝠, 味つた, 祕めその

▼ 胸~ (6, 0.0%)

2 撫デオロシタ 1 バンバン晒シテサラニ, 張リ顔ヲ, 窄メツケタ, 飾レ

▼ 胸~ (6, 0.0%)

3 りて 1 りふと, る思い, れて

▼ 胸少し~ (6, 0.0%)

3 あらはに 1 のりかけたまいぬ, 掻あけ, 火鉢の

▼ 胸打ち~ (6, 0.0%)

31 ておのおの, 騒ぎ武男は, 騷ぎて熱を

▼ 胸~ (6, 0.0%)

3 をした 1 ではテュードル薔薇, にはめられ, を着け

▼ 胸かざり~ (5, 0.0%)

1 やいろいろ, や頸かざり, をつけ, 腕わなども, 腕輪なども

▼ 胸からも~ (5, 0.0%)

1 したたり落ちる汗, 汗が, 沁み込んで, 綺麗に, 血が

▼ 胸~ (5, 0.0%)

2 わななく 1 こへ, 子らの, 迫りて

▼ 胸だの~ (5, 0.0%)

1 ばらばらに, 指だ, 腕だの, 腕二節の, 腹だ

▼ 胸つぶれ~ (5, 0.0%)

1 ていかに, て心, わが住む, 涙とどまらぬ, 絶え絶えに

▼ 胸とは~ (5, 0.0%)

1 すっかりむき出し, ひたと合い, 焔を, 純銀なり, 違う

▼ 胸によって~ (5, 0.0%)

2 居る人 1 いました, かすかな, きたかと

▼ 胸へは~ (5, 0.0%)

1 いつも廓寥, ずんと応, まだ二尺, 婆さんから, 脇差が

▼ 胸へも~ (5, 0.0%)

1 かけられましたの, ひびいて, 云わず語らず人間, 秋の, 響かぬ

▼ 胸よりも~ (5, 0.0%)

1 やや下がり目, 一層小さく, 出でずこ, 出でず女, 山河内の

▼ 胸わるく~ (5, 0.0%)

1 おとりくださいますな, しないかしら, とるな, なり気, なるよう

▼ 胸突き~ (5, 0.0%)

1 て, になる, の崖, を先, を越えた

▼ 胸轟かせ~ (5, 0.0%)

1 たりしました, つつ忙しく, て読み, て讀み, ながらいそい

▼ 胸~ (5, 0.0%)

1 に押掛ける, に輕, へと貫く, を緊, を飾ツ

▼ 胸あたり~ (4, 0.0%)

1 から下, に手, までさし, まで立ち込ん

▼ 胸くつろげ~ (4, 0.0%)

3 て烟草 1 て煙草

▼ 胸だけを~ (4, 0.0%)

1 かくすみじかい, こう背, 打つの, 聞きに

▼ 胸とどろかせ~ (4, 0.0%)

1 ていた, て聞い, ながら去年, 自分の

▼ 胸との~ (4, 0.0%)

1 かわりに, 談話は, 間には, 間みな奇しく

▼ 胸などの~ (4, 0.0%)

2 ふくらみを 1 巌乗さ, 継

▼ 胸にあたって~ (4, 0.0%)

1 その場, 彼は, 死なねば, 顎から

▼ 胸にだけ~ (4, 0.0%)

1 あること, たたんで, 思いつめるたち, 畳んで

▼ 胸により~ (4, 0.0%)

2 かからせて 1 かかるよう, 以上の

▼ 胸ばかり~ (4, 0.0%)

1 わくわくし, ドキドキと, 打たれて, 浅葱の

▼ 胸ふた~ (4, 0.0%)

21 がりては, がれる

▼ 胸~ (4, 0.0%)

2 十とせの 1 ろひ, 汝に

▼ 胸塞がり~ (4, 0.0%)

1 てまた, て答, 暫し言葉, 物も

▼ 胸悪き~ (4, 0.0%)

1 に手足, をじっと, 一種の, 色は

▼ 胸~ (4, 0.0%)

1 などを喰います, にし, を喰わせられた, 騒げる姉夫人

▼ 胸~ (4, 0.0%)

1 が早く, に響, の秘密, の造った

▼ 胸~ (4, 0.0%)

1 に押しつけ, のうすい, をいい, をつくろい

▼ 胸~ (4, 0.0%)

1 から咽喉, といわず, とみるみる, を揃え

▼ 胸躍る~ (4, 0.0%)

1 と云つた工合, やうな, ような, 挙国一致の

▼ 胸轟き~ (4, 0.0%)

1 たり, て急ぎし, 息せ, 舌打ち乾き

▼ 胸近く~ (4, 0.0%)

1 にいる, まで浸った, 引き寄せて, 擬せられて

▼ 胸~ (4, 0.0%)

1 をはづしたと, を外し, を弄り, を穿め

▼ 胸~ (4, 0.0%)

2 の狭い 1 の広い, を沿う

▼ 胸~ (4, 0.0%)

1 がひらく, を見る, を閉つる日本人, を開かぬ

▼ 胸騒い~ (4, 0.0%)

1 が痛む, でいた, は眉, をいだい

▼ 胸騒がしい~ (4, 0.0%)

1 ものに, 不快感を, 彼女の, 情熱を

▼ 胸高く~ (4, 0.0%)

2 押し流れ行く雲 1 手で, 穿いて

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 ッぱいな自暴と, ッぱい報われた, ッぱい持っ

▼ 胸いたむ~ (3, 0.0%)

1 まで考えさせ, 日の, 条件だった

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 どらした, もひいで, 心に

▼ 胸おどらせ~ (3, 0.0%)

1 て夜具, て待っ, ながら拡声器

▼ 胸かけ~ (3, 0.0%)

1 て打ち貫け, て生ぬるき, をかけ

▼ 胸きり~ (3, 0.0%)

2 の水中容易 1 ある

▼ 胸こそ~ (3, 0.0%)

1 さわげ, すみ渡れ, ただ浪

▼ 胸さえ~ (3, 0.0%)

1 すわって, まるで早鐘, 迫って

▼ 胸すかし~ (3, 0.0%)

2 を飲んだ 1 の名

▼ 胸だけの~ (3, 0.0%)

1 はなしで, ものである, ような

▼ 胸つき~ (3, 0.0%)

1 でみんな, などを眺め, の急

▼ 胸なれ~ (3, 0.0%)

3

▼ 胸にあたる~ (3, 0.0%)

1 痛さ, 顏に, 顔に

▼ 胸にく~ (3, 0.0%)

1 づれて顔を, ひこむ, ひこんで

▼ 胸にこそ~ (3, 0.0%)

1 あの昔, 先へ, 在すなれ

▼ 胸にでも~ (3, 0.0%)

1 悲劇は, 抱きついて, 高利貸の

▼ 胸にばかり~ (3, 0.0%)

1 あるの, 思の, 聽え

▼ 胸にを~ (3, 0.0%)

1 さめた, さめたるをとの, さめて

▼ 胸のど~ (3, 0.0%)

1 きつく気持, きつく美しい邪念, きつく美しさ

▼ 胸ひろく~ (3, 0.0%)

1 して, 乳を, 双肩威風を

▼ 胸ふさがっ~ (3, 0.0%)

1 てさすが, て二の句, て馬

▼ 胸への~ (3, 0.0%)

1 あの露わな肌, うけかた, 力強いうねり

▼ 胸ほど~ (3, 0.0%)

1 ある据え, でした, で滝

▼ 胸ほどの~ (3, 0.0%)

1 低い靠れ, 深さ, 背丈だった

▼ 胸までも~ (3, 0.0%)

1 あるの, あるよう, 漬って

▼ 胸やけ~ (3, 0.0%)

1 あり, がし, の代り

▼ 胸わる~ (3, 0.0%)

1 さが, さを, さ吐き気は

▼ 胸一面~ (3, 0.0%)

1 に拡が, に拡がっ, の血

▼ 胸勘定~ (3, 0.0%)

1 したり, しながら, でもする

▼ 胸喜氏~ (3, 0.0%)

2 なる人物 1 などはこの間

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 にし, に再び, はさながら

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 をそのまま, をたたん, を当てませう

▼ 胸悪い~ (3, 0.0%)

1 ものとも, 味が, 権力や

▼ 胸打つ~ (3, 0.0%)

1 ほどのもの, ものを, 作品が

▼ 胸撫で~ (3, 0.0%)

1 さつせえ, て, 下し招待券の

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 に倚, のそば, の上

▼ 胸潰れ~ (3, 0.0%)

21 て涙

▼ 胸甲身~ (3, 0.0%)

1 に帶びつ, に着けぬ, を救

▼ 胸痛く~ (3, 0.0%)

1 なりたれば, 惜しんで, 見たが

▼ 胸痛む~ (3, 0.0%)

2 物語とを 1 条件だった

▼ 胸~ (3, 0.0%)

2 の具足 1 のこの

▼ 胸白く~ (3, 0.0%)

1 下じめの, 掻巻長う, 袷の

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 である, なるもの, を過ぎし

▼ 胸突き坂~ (3, 0.0%)

1 だ, だぞ, の一方道

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 と隠され, に及ん, の運動

▼ 胸裂くる~ (3, 0.0%)

1 が如き, やうなる, 思いが

▼ 胸見る~ (3, 0.0%)

3

▼ 胸迫っ~ (3, 0.0%)

1 てそこ, てなぜ, て来た

▼ 胸迫り~ (3, 0.0%)

1 て恋し, て最後, ペン持つ

▼ 胸騒がしく~ (3, 0.0%)

1 なった, なって, 人々が

▼ 胸~ (3, 0.0%)

1 じゃ, はちょうど, らしい十五

▼ 胸あき~ (2, 0.0%)

1 からトックリ・スェーター, がたき冬

▼ 胸いっぱい新~ (2, 0.0%)

2 らしい力

▼ 胸いま~ (2, 0.0%)

2 は青じろき

▼ 胸うたれ~ (2, 0.0%)

1 これを, て急ぎ

▼ 胸うつ歌~ (2, 0.0%)

2 ならず心

▼ 胸おさえ~ (2, 0.0%)

1 たり, ながらいかん

▼ 胸おどり~ (2, 0.0%)

1 血わい, 足の

▼ 胸おどる~ (2, 0.0%)

1 ような, 招待日の

▼ 胸からはだけ~ (2, 0.0%)

1 出た逞しい, 放して

▼ 胸くらいまで~ (2, 0.0%)

1 つもる, 生えて

▼ 胸くるしい~ (2, 0.0%)

1 ほどの緊張, 思いに

▼ 胸くるしくっ~ (2, 0.0%)

2 て立っ

▼ 胸こがす~ (2, 0.0%)

2 恋の

▼ 胸こけた~ (2, 0.0%)

2 頬それは

▼ 胸さがり~ (2, 0.0%)

1 に脇, の角帯

▼ 胸さける~ (2, 0.0%)

1 思いを, 程にも

▼ 胸さわがしく~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 胸さわぎし~ (2, 0.0%)

1 てひとり, ながら電話口

▼ 胸しめつけられる~ (2, 0.0%)

1 ほど慕わしかっ, 思いでした

▼ 胸すく~ (2, 0.0%)

1 ことで, ばかりにひろ

▼ 胸せまっ~ (2, 0.0%)

1 てつづける, て十字

▼ 胸せまり~ (2, 0.0%)

1 て書き, 悲しみに

▼ 胸その~ (2, 0.0%)

1 時に, 胸よりも

▼ 胸それ~ (2, 0.0%)

2 が乃ち火

▼ 胸だけが~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 鞴の

▼ 胸つき坂~ (2, 0.0%)

1 に出る, を下り

▼ 胸つく~ (2, 0.0%)

1 ばかりな曲り坂, ばかりの急坂

▼ 胸つぶれる~ (2, 0.0%)

1 思い, 思いであった

▼ 胸での~ (2, 0.0%)

2 呟き言

▼ 胸とかの~ (2, 0.0%)

1 高くな, 高くなっ

▼ 胸ときめかせ~ (2, 0.0%)

1 て, ながら写し絵

▼ 胸ときめき~ (2, 0.0%)

1 て思ふなれ, 為かけた

▼ 胸とどろかせる~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 胸とどろく~ (2, 0.0%)

1 まで驚かれ, 暗闇に

▼ 胸とも~ (2, 0.0%)

1 思われる所, 謂はずむず

▼ 胸と共に~ (2, 0.0%)

1 両手で, 障子を

▼ 胸など~ (2, 0.0%)

1 のびやかに, 一語の

▼ 胸なども~ (2, 0.0%)

1 たっぷりと, 見えるよう

▼ 胸において~ (2, 0.0%)

1 それぞれひとつの, 更にわが

▼ 胸にかけての~ (2, 0.0%)

1 柔毛は, 輪廓が

▼ 胸につき~ (2, 0.0%)

2 あがる怒り

▼ 胸にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ済まない, 煙が

▼ 胸のう~ (2, 0.0%)

1 やもや, やもやを

▼ 胸のな~ (2, 0.0%)

1 わにじゅうぶん, わを

▼ 胸はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 靜か

▼ 胸はを~ (2, 0.0%)

1 どつた, どる

▼ 胸ひらく~ (2, 0.0%)

1 ことなく, とも

▼ 胸ふくらませ~ (2, 0.0%)

1 ております, て西

▼ 胸ふさがる~ (2, 0.0%)

1 ような, 寂しさ

▼ 胸までの~ (2, 0.0%)

1 水の, 深さ

▼ 胸やける~ (2, 0.0%)

1 のである, 油が

▼ 胸やや~ (2, 0.0%)

1 あらわに, 白き衣紋

▼ 胸やら~ (2, 0.0%)

1 肩やら, 膝を

▼ 胸をの~ (2, 0.0%)

1 しかけたま, しかけたまま

▼ 胸ん中~ (2, 0.0%)

1 が張り, の事スツカリ人

▼ 胸クソ~ (2, 0.0%)

1 がわるい, わるい心持

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 に合し, に置き

▼ 胸~ (2, 0.0%)

2 の高

▼ 胸傷む~ (2, 0.0%)

1 ことである, 思い出の

▼ 胸先ず~ (2, 0.0%)

1 塞がりて, 安く遂に

▼ 胸冷え~ (2, 0.0%)

2

▼ 胸半分~ (2, 0.0%)

1 に拡がり, を切る

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 にうかん, におどった

▼ 胸太鼓~ (2, 0.0%)

2 若き生命

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 にもつとも, の絃

▼ 胸安から~ (2, 0.0%)

1 ずなほ, ずも

▼ 胸小さく~ (2, 0.0%)

2 出入るもの

▼ 胸張り肩~ (2, 0.0%)

2 聳えたる士官

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 と心, の臟

▼ 胸撫でおろし~ (2, 0.0%)

1 て罷らん, 日本へ

▼ 胸撫でおろした~ (2, 0.0%)

1 容子であった, 途端に

▼ 胸撫でおろす~ (2, 0.0%)

1 ような, 其時私は

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 が正しい, をかけ

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 じゃア, を嘔

▼ 胸温柔~ (2, 0.0%)

2 の女性ら

▼ 胸滿~ (2, 0.0%)

1 ちくれば, ちて

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 るる恐ろしい, るれば

▼ 胸甲兵~ (2, 0.0%)

1 がまったく, またボナパルト

▼ 胸甲彼~ (2, 0.0%)

1 のため, を守り得ず

▼ 胸甲纒~ (2, 0.0%)

1 ひたるリキエー人, ふ

▼ 胸甲鎧~ (2, 0.0%)

1 ふアカイア, ふトロイア

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 があつ, みて

▼ 胸痛き~ (2, 0.0%)

1 までの悲し, やうに

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 はまるで, を附け

▼ 胸秘め~ (2, 0.0%)

2

▼ 胸突く~ (2, 0.0%)

1 ものが, ような

▼ 胸算よう~ (2, 0.0%)

1 出来ないほど, 思わず気

▼ 胸絞らるる~ (2, 0.0%)

1 やうなりき, ようなりき

▼ 胸背部~ (2, 0.0%)

1 の末端, へかけ

▼ 胸~ (2, 0.0%)

2 に悪臭

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 たれ恍惚, つ言葉

▼ 胸越し~ (2, 0.0%)

1 に半面, に覗く

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 りしは, るばかり

▼ 胸踊る~ (2, 0.0%)

1 ばかりの星, 胸踊る

▼ 胸轟く~ (2, 0.0%)

1 を松島, 英雄の

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 はし, はに貧

▼ 胸~ (2, 0.0%)

1 に慌てた, 立ちて

▼ 胸騒がし~ (2, 0.0%)

1 ながら歩行, ぬ

▼1* [450件]

あきのひろい服, 胸あしく日の, 胸あつく頬つりて, 胸あらば, 胸あらわに膚, 胸あり丈ケの, 胸あるひは, 胸あるいは腰の, 胸いこたえるもんありまし, 胸いたまれてなりませぬ, 胸いっばいに, 胸いっぱい息がつけた, 胸いっぱい感謝して, 胸いぶかりはみな, 胸うたれた青年が, 胸うたれるものが, 胸うち掩ふ緑葉, 胸うつくるほしさ, 胸うつように響い, 胸うつ国つ胆, 胸うつ雲の下, 胸うつ音高く, 胸うらめしく君樣こそは, 胸一杯に, 胸おしろいを濃く, 胸おどらさずにいられなかった, 胸おどりしそうな, 胸おもく張り詰めて, 胸および腹の, 胸かいけしの, 胸かきあわせながら, 胸かきむしられるような憤ろし, 胸かて手かて, 胸かと熱い息吹, 胸からかと悚然と, 胸からなどではなく腹, 胸かをでも, 胸がせくりあげて, 胸がぞく, 胸がはれつし, 胸がへしゃがれるよう, 胸がまらドキドキして, 胸くるしく食慾すゝまず, 胸くれなゐ, 胸ぐらいなの, 胸ぐらいの高さ, 胸ぐらいまで或はやっと, 胸これや変らぬ, 胸ごとのしかかる, 胸ごと左右に揺すぶり, 胸さえも痛くなっ, 胸さがりにしめている, 胸さきでぎしと骨張った, 胸さわがしさを, 胸さわがしい気持ちである, 胸さわがれて足, 胸さわぎがしやがるもんでサテ東京へ戻ろう, 胸さわぎするほかは, 胸さわぎのするようないゝ事が素的, 胸さわぐあこがれを, 胸しなやかな腕, 胸ッと, 胸すべての皮膚, 胸すら刺したからに, 胸せまる思ひで迎, 胸そこには本, 胸そそられる女に, 胸そのもののよう, 胸それぞれな彼女たち, 胸それ等は彼, 胸たぎる想いが, 胸ただ火なり, 胸たりるなし, 胸だけにははっきり考え, 胸だつたかどこ, 胸だらうが手當放題, 胸だろうが手当放題, 胸ちかくたち, 胸くそが, 胸つかえたれば勿体なけれ, 胸つき八丁の上, 胸つぶし狂おしく掻い口説く, 胸つぶし狂ほしく掻い口説く, 胸つまり声が, 胸つまる心地が, 胸づくしを取る, 胸づくし釦が引, 胸づくし鐘にござる, 胸づまりなのは将軍家へ対し, 胸づまるような涙が眼, 胸づもりに想像して, 胸であって訴える, 胸であったのである, 胸であるな, 胸でございましょうが, 胸でさえ躍らされた, 胸でないと復興, 胸でなければならない, 胸といふ説も, 胸とおもひことなる, 胸とか腰部を, 胸ときめかすあやしい香気, 胸ときめかせたものであった, 胸とざされてし, 胸としか見えないが, 胸として伝えた, 胸としては何と, 胸とで朱実は, 胸とともに引いて, 胸とどろかすは平常, 胸とへ塗りつけた, 胸とを以て生活する, 胸どおりをつたえ上げた, 胸ンだ, 胸なでおろし参らせ候, 胸なで下ろした様子であった, 胸などに傷が, 胸などにも感ぜられる, 胸などはどんなもの, 胸なやませていた, 胸なら肩なら, 胸なりぐつと一突に, 胸なんと云うこと, 胸にあたりついに叛将, 胸にかはる, 胸にかかへたりして, 胸にかけては著しい筋肉, 胸にかへれり, 胸にくしきひびきの, 胸にけふは, 胸にさえ思う事, 胸にしかないん, 胸にしもさらばまた, 胸にぞ跳る, 胸にだけに収めて, 胸についていて, 胸につけ雛芥子の, 胸にて重荷を, 胸にとっては動かし得ない絶対, 胸にとり憑いた, 胸になわかって, 胸にのしか, 胸にまでも滲透し, 胸にもの思へとや, 胸にや刻まれし學士, 胸にやすらひ, 胸によってのみ感受され, 胸ぬち何の, 胸ぬひて, 胸のうへで上つ, 胸のうへの蒲團が, 胸のほどをお訴えいたしましょう, 胸のみ之あるべ, 胸のもだもだしさの, 胸のやまひは, 胸はうざうざ感服と, 胸はだかりに提げた, 胸はだけで大, 胸はにはかに重く, 胸はりさくばかりに候え, 胸ばかりによくお, 胸ひからびてわれ, 胸ひかる小鳥の, 胸ひそかに誓われ, 胸ひたかきむしり平なり, 胸ひとり知る處, 胸ひもをしめやり, 胸ひやしてフーフー, 胸ひろき人たちな, 胸びれの下, 胸ぴくぴく肉が, 胸ふくらせて, 胸ふくらまして輝かしい, 胸ふくらませた鼓動を, 胸ふくらめてゐる, 胸ふくれて心地よから, 胸ふさがり湧きくる泪を, 胸ふるはせてひとしく, 胸へがくりと, 胸へだけ伝わるよう, 胸へでも縋ったならこの, 胸へばかり込上げる, 胸へまでも頭へまでも, 胸ほども積もって, 胸まず轟くにやがて, 胸また左右の, 胸までがつねに靜, 胸までくらい我慢する, 胸までしか達しないから, 胸までは徹えない, 胸までへ泥だらけの, 胸まるで木挽か, 胸むきだされた足そうして, 胸むなしきまを, 胸めぐり色彩つよく, 胸もちが悪う, 胸もとあたりから妙, 胸もどかしく過ぎゆくか, 胸もどき声をき, 胸もろともにトーチカ, 胸やけ食堂でカツ, 胸やぶるまで, 胸やぶれる思い, 胸ゆらぐこそあやしけれ, 胸よく見て, 胸よと恍惚と, 胸らしい所が, 胸らしく其處から, 胸づらふ, 胸わななかぬ雄心の, 胸わるき油煙のに, 胸わるく憎くらしく思ひ然るべき, 胸わろきにつけ, 胸ゑぐらるるがごとき思ひを, 胸をけづられた, 胸をこそいで通った, 胸をぞ貫ぬける, 胸をとぢた, 胸をとはさすがに, 胸をねぢ曲げます, 胸をのみ傷め候, 胸をまでそそるよう, 胸カチリと鳴つ, 胸シヤツを頭, 胸スカシを飲んだ, 胸くそが, 胸ドキッドキッてるべ, 胸ドッキリと心, 胸ニ残ッテイコンナ場合ニ何トナクアレガ不吉ノ前, 胸ニ瓔珞ヲカケ天衣ヲ風ニヒルガエシタ颯子, 胸中ニ渦, 胸ノハウマデ焦ケタダレタ娘ニ, 胸ピンと青銅, 胸垂ラシテイル, 胸ボタンのところ, 胸ヤケに襲, 胸ヨリ上御股ヨリ下ハ, 胸ンとこにいま, 胸ン中なんぞはっきり, 胸っぱい, 胸一つぱい吸ひ込まうとして, 胸一つ出方一つじゃ, 胸一ばいに叫んだ, 胸一ぱいになつて懐しさ, 胸一ぱいになつてゐたので自分が極めて, 胸一ぱいになつて口には出ない, 胸一ぱいのくやしみは取れませんでした, 胸一ぱい空気を吸う, 胸一ツに蔵め, 胸一パイに躍らせ, 胸一存に納め, 胸一杯吸ふの, 胸一杯呼吸するので, 胸上部に洋剣, 胸を目, 胸膝かけ, 胸中正しかる思念, 胸乳いままた張高, 胸乳眞白に濡髮, 胸二の腕腰の丸味, 胸享楽を渇望, 胸も求めない, 胸の小さな, 胸傷あとを刺した, 胸内苦悶の発作, 胸出して鳩, 胸のまた, 胸到底安からじ, 胸前目懸けて, 胸前部の肋骨, 胸動物の出現, 胸耳の, 胸及び腹の, 胸叩きと言, 胸吹き払はる, 胸和ぐる心地すに, 胸圍等の測定, 胸に中り, 胸坂鼻越え背すじ, 胸堪難く沈める時, 胸な乳, 胸大きく波打ち双肩渦, 胸女子には汲めまい, 胸守りつつ, 胸寸断になり, 胸小手膝などへわずか, 胸己達霊どもと同じ, 胸から脚, 胸幅広く肩うずたかく, 胸広きエルフの, 胸はた, 胸きエルフ, 胸強いカーブを, 胸心地だった, 胸心算では, 胸心臓の辺り, 胸思いを乗せ, 胸思案を試みた, 胸怪しう轟き心, 胸して, 胸く思ふ, 胸と聡明, 胸を全部, 胸戦かして最後, 胸手首勿論靴, 胸打たむ, 胸打たれ宇治は, 胸打ち割ってあれ, 胸抔之痛も少く, 胸静め漸く, 胸持たざれば, 胸持ちが悪く, 胸捕りで鮮かに, 胸掛前垂をあて, 胸揺らを嚥, 胸摶つた希望は今日, 胸撫で下ろした忠蔵が, 胸に細い, 胸晴しだ勘の字, 胸から長い, 胸欄越しに模糊, 胸次第太夫がなびきたい, 胸池水湛へ時として, 胸といつ, 胸泳ぎは伸暢, 胸流れて地上, 胸深い義侠と, 胸焦げ空高き, 胸焼きこげるほどに, 胸爪先に重み, 胸をもとめ, 胸でさえ引き裂く, 胸くなりし, 胸をまとひ, 胸甲ぐさと貫けり, 胸甲中に進み入り, 胸甲兵らは石, 胸甲其下の, 胸甲敵人の, 胸甲華美のメネスチオス, 胸甲角弓を其手, 胸甲騎兵中隊の指揮官, 胸が落ち, 胸をば針, 胸病むとて指, 胸え, 胸白き浴衣の, 胸睫毛のない, 胸瞠大ニ毛髪叢生シ膚色潤沢ニ歯整ヒ且強ク臓腑善ク発達スルモノ之ヲ強壮, 胸知らぬ汽車は, 胸あつた, 胸であつ, 胸突き上がりの階段, 胸突き八町を登り出した, 胸算夫れは, 胸算相して, 胸算違いから見, 胸細い足それらが, 胸締めつける思い出は, 胸ひて, 胸美しい陰影を, 胸がゆったり, 胸肩背ともいわず, 胸肩胛骨の下, 胸肩頭髪はつきりと形, 胸背下腹のあたり, 胸背中から下腹部, 胸から背, 胸胴全体そして足, 胸脂粉歌声ルーレットの金, 胸の骨, 胸脇の下までが別々, 胸腕頬頸脚ナドヲ手デ探, 胸腹下腹部脚といふもの, 胸腹廣く溢れいで, 胸腹手足の区別, 胸腹柔い膸, 胸腹背中背中腰と移っ, 胸腹臍と身体, 胸腹部を咽頭, 胸腹部両脚という順序, 胸を包んだ, 胸膨らむ乳房の, 胸という名, 胸蘇山深処春, 胸血液が流動, 胸衝きにひとしい, 胸衣身につくる, 胸を開き, 胸にまでかかった, 胸るやう, 胸裂け腸砕け, 胸裂ける思いを, 胸裂けんとせし, 胸ふ, 胸覗くやと思ふみづか, 胸許鋼鐵の鋭き, 胸豁如洞朗昨日の我, 胸豊満な姿, 胸貫けば車上, 胸に伺う, 胸をもて撃ち, 胸跳らせて, 胸る, 胸躁ぐ心の影, 胸躍らせるのも, 胸を平めかし, 胸輝いてる瞳などを, 胸かる, 胸轟かして文房堂, 胸轟かせしがよくよく, 胸轟き書く手も, 胸辺りにまで来る, 胸泥水に, 胸迄しかないので, 胸近く海のやう, 胸迫ったような, 胸迫る思ひがふとした, 胸りて, 胸閉ぢ気疲劇く何, 胸開きて息, 胸くす, 胸ひ, 胸震読法などで読み取る, 胸青い眉太陽の, 胸静まりさきの, 胸項手足に攀縁, 胸頑丈に握, 胸頸顎口鼻と没し, 胸はな, 胸飾環瓔珞耳瑜耳飾塔腕輪指環等の粧飾品, 胸かに雪, 胸とまたたく間, 胸首背中全身はれあがつて, 胸首頭と七本, 胸騒がしたのであった, 胸騒がせた彼女とは, 胸騒ぐ血を, 胸騒ギガシ興奮ヲ覚エル, 胸騒立てどこれ, 胸の種, 胸騷ぎがしたものか刀架けには, 胸騷ぎがして叶はねえ, 胸騷ぎのまだ收まら, 胸騷ぎを覺えながら, 胸騷ぎ魂消えて, 胸高いあたりに, 胸高く赤い帯を, 胸荒き胸, 胸へかけ