青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「背景~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

肴~ 胃~ 胆~ ~背 背~ ~背中 背中~ ~背後 背後~ ~背景
背景~
~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸 胸~ ~能 能~ ~能力 能力~ 能登~

「背景~」 1651, 18ppm, 6405位

▼ 背景~ (453, 27.4%)

169 して 16 なって 10 なつて 3 くっきりと, 置いて

2 [14件] した南海, しなければ, その頂上, それは, 巴里の, 当るもの, 持った文学, 持って, 於て, 浮出されて, 燦爛と, 當る, 船と, 頭の

1 [224件] あちこちに, あったもの, あって, あてて, ある, あるとき, ある内地, ある自然, ある階級, いくらか通じ, いやあの, おいた場合, おいた屏風, ことこと這っ, この家, この無心, しずんで, したいと, したこの, したせゐで, したところ, したまだ, したもの, したクリスト教, した世話だんまり, した中庭, した主人公, した人, した全身, した共同椅子, した場合, した売りこみ作業, した大きい, した大男, した子供達, した岩, した建物, した新開町, した映画, した機関新聞, した民族的, した牧場, した物語, した町, した着想, した私, した立派, した章三, した船長, した若, した苦しい, した賭事, した馬鹿, しっかりと, しつくりあて, していう, してのみ, しては, しながら, すぎなくなって, すぐ後, するから, するその, するより, する山の手, する水場, すれば, その花, どんな大きな力, なった, なった丘, なった地蔵松原, なる, なるべき柱, なる社会生活, なる美し, ひしめき立つ奇異, ひそまって, ひとし, もうついそこ, もたなければ, もち得たこと, もって, もっと動き, もんぺを, クッキリと, トニオ・クレエゲルの, ブラウエンベルグ老人と, ポプラアの, 一つ一つ劃然と, 一種異様な, 一面の, 三々五々男女相, 三途の川の, 下谷御徒町に, 丘の, 中腹に, 二代目国貞が, 五色の, 何と云う, 作者が, 作者の, 使った季節前, 偉大なる, 入れさえ, 入れたり, 入れて, 兵士達は, 冬枯れた, 劇的な, 却き, 取り入れた日本的ナナ, 取り入れられ戦時気分, 四五本ずらりと, 団子坂菊人形の, 外套を, 大きな自然石, 大差は, 大猩猩, 妙に, 孔を, 宇宙図が, 富士山よりも, 寫眞を, 対応する, 平らに, 広く文芸一般, 引き込まして, 彼女は, 思想家の, 思想的要素を, 恐るべき冷酷, 恐る可, 情趣を, 想定される, 想定し, 愛する女, 感じられて, 感心しました, 戦後世界資本主義の, 押しつぶされなければい, 持たず最も, 持ち出されるべき唯一, 持った芸術家, 持つこと, 持つて, 持つもの, 持つインド, 控えた御蔭, 揺曳させ, 撮ったもの, 斜に, 於けるもの, 於ける夏, 時事問題や, 暖い, 最後は, 有た, 朝鮮戦争と, 朧げに, 格子を, 桜が, 梅幸が, 極めて不, 欧州大戦時代を, 殆どありのまま, 比較すれ, 永遠が, 活躍した, 浮世絵在来の, 浮出して, 浮見堂が, 深い溝, 火焔の, 火葬場へ, 灯入り月が, 点々と, 点点と, 照らして, 照らし見て, 父の, 狭いヴェランダ, 畫いた, 白い棒, 白馬岳の, 盛りあ, 真っ白く音, 真に見えざる, 真白く音, 眺めてこそ, 石で, 社会の, 神領の, 禅の, 私たちを, 私の, 移され布局上, 立派な, 立膝で, 統合し, 緑を, 置かれて, 置くと, 美しい線, 考えられて, 聖メリーの, 自分の, 花盛りの, 苦心する, 葉の, 蒼白い沈んだ, 蔵い込ん, 藤吉を, 虹を, 西部の, 見るよう, 赤い夾竹桃, 透して, 道路まで, 重太郎は, 頼ったもの, 魔者の, 麦束を, 黙祷を

▼ 背景~ (210, 12.7%)

14 なして 8 もって 6 なすもの 5 持って 3 もつて, 作って, 缺く

2 [11件] なすところ, 代表し, 使って, 描くと, 有しここ, 無給で, 物語るの, 画いたり, 背負って, 要求する, 負うて

1 [146件] ごまかすグラスウォーク, さぐられ人物, さりげなく, すぐ眼, その後に, つくった森, つける必要, つとめれば, ながめて, なしたの, なしつつ, なし底流, なすイギリス, なす一定, なす一般文化, なす今, なす侍女達, なす古, なす大きい, なす夫, なす寺, なす強い, なす文化的実質, なす杉林, なす森林, なす理化学研究所, なす生活状態, なす社会的地盤, なす社会組織, なす経済的, なす自然, なす著者, なす部分, なす部屋, ひかへ, もたない勢力, もった学術会議, もった近代写生, もつた十二号, もつもの, もつ今日, もつ悲劇的別離, パノラマ式に, 一応心得, 与えて, 与える, 与える結果, 作ること, 作ると, 使った, 俟って, 俟ってこそ, 俟つて可能な, 倒した背景, 具へて, 利用し, 利用せし, 前に, 剥ぎ去つて暴力, 創造した, 勘定に, 占めた賑, 叙した, 否定し, 否定的面でのみ, 唄つてゐる, 失ふと, 實感しない, 形づくって, 形造つ, 彩るに, 彩るの, 必要と, 思はせるもの, 想い起すの, 感じこの, 感ぜしめる力, 打ちつけてを, 打目戍るであろう, 抜け出して, 拵へ, 持たぬの, 持ったインデペンデント, 持った此, 持つ, 持つこと, 持つた読者, 持つて, 持つ某会, 振返って, 描いた, 描いた辣腕, 描いて, 描かせますし, 描き出した詩, 描き出して, 換える為, 斟酌し, 明に, 明らかに, 暗示する, 書いて, 有して, 有する舞台, 有た, 有って, 有つ, 歴史的事件に, 求めた, 求めた或, 求めて, 準備し, 為す支那復興, 特殊的に, 用いない, 画かんが, 畫い, 白と, 知らずに, 示さずには, 空想し, 築き上げる, 綿密ならしめ, 置き光源, 置き忘れて, 美術学校の, 考えて, 考ふる, 考へさせて, 考察し, 背負った思想, 脊負っ, 與へる, 色濃くし, 見るならば, 見返へる老女, 護って, 負うた, 負ったこの, 負ひ, 造つ, 造る必要, 附加し, 非常に, 顧みて, 飾り毛衣

▼ 背景~ (185, 11.2%)

36 前に 10 中に 6 上に 4 ある句 3 うちに, 下に

2 [14件] ある俳句, なかに, ように, 中から, 前で, 前には, 前にも, 大きさ, 大和絵風な, 大和繪風な, 方が, 細かいところ, 裏を, 関係も

1 [95件] あったこと, あること, ある歌, ある舞台奥, うしろ幕の, かげで, ぐあいはちょうど, たねを, ための, ため鏡の, とりかへ, ないあんな, ないもの, ない句, なかから, はずれ近くで, もとには, ものだった, やうな, ようである, ような, デザインを, ドロップで, 一つと, 一とつの, 一筆の, 上から, 中で, 中へ, 中を, 人酔は, 代りに, 代りにだけ, 全部に, 前, 前では, 前において, 前の, 力で, 力の, 助けなし, 取り方, 右と, 地色の, 境の, 変るこの, 大きな顔, 奥から, 奥に, 如きまた, 如きも, 存すること, 宿が, 山の, 山は, 山水に, 帝国美術院な, 店屋に, 建物実に, 影響によって, 後ろに, 感じを, 描写に, 描写を, 暁ぞ, 暗いうち, 樅が, 樣に, 気分の, 泥絵具は, 消えて, 淺い, 濃い杉山, 煙と, 物体が, 珍しい矮樹林, 町屋の, 白い雲, 真赤な, 硬さ, 粗雑に, 美しい自然, 色合や, 色調に, 花も, 製造や, 話を, 豪華さは, 鉄色の, 陰で, 雲である, 飾附を, 黒い幕, 黒い隈, 黒ビロードの

▼ 背景~ (182, 11.0%)

27 なって 11 して 5 する 3 しそこ, なるところ 2 しその, したもの, した暴, した舞台面, しつつ, するこの, するもの, なりたくて, なりつつ

1 [115件] あの左右, いえば, いひまた, おおぜ, した, したふし, した一枚, した中年, した事件, した人生, した作品, した僧侶, した初春, した商工都市大阪, した塔, した慰め, した批評家, した日當, した柿もみじ, した此一場面, した白樺, した芝居, した芭蕉, した薩摩潟, した血なまぐさい, した長篇, した静岡竜宝山, してでも, しないで, しないもの, しない国家主義, しない政治的新聞, しまた, しイギリス, し九州, し人物, し侵略者, し前景, し家, し時代意識, し書いて, し経済的, し自分, し註釈, するが, すると, するの, するナポリ, するロマンティック, する亜米利加, する北関東, する完全, する実感, する必要, する所, する新, する暴露記事, する美しい, する自信, する自由党, する薄暗い, する軽, する退屈, すれば, せずして, そして海路, その背景, なし半身, なし日本, なった, なったいわゆる, なったところどころ, なった十八世紀時代, なった町, なった社会, なった経済的, なった農村, なつた, なつて, なりまして, なりセット, なりモンタージュ, なり悲惨, なり萩, なる, なるその, なるに, なるのに, なるべき一つ, なるべき場所, なるべき雰囲気, なる星空, なる時代, なる蘭學者, なる近代都市, なる音楽, 一致した, 二重写し, 人間生活の, 他方重い, 何処と, 作者が, 内容は, 扮装とを, 本件との, 環境とを, 番組書だけで, 相俟つて, 相混同, 考え合わせて, 職業が, 衣裳は, 調和しない, 論理組織とが, 配役に

▼ 背景として~ (165, 10.0%)

3 持って 2 仕事を, 暴を, 漫歩するだろう, 見て, 読みて

1 [152件] あるいは附近, いい歴史小説, いかに有効, いつも思っ, いても, いろいろな, うつす, おかれる, かかれた小説, かれら, くっきりと, この対話, この英雄的自意識, こわいほど, さらに宗教上, しゃもじ, そういう当時, そうした気分, そうであった, そこでの, そこに, その観念, それに対する, それへの, それを, ただこの, ついにもだす, つかって, できて, でなければ, とり入れて, どこを, まことに適切, まざまざ書かれ, まの, もつこと, ゐたから, ゐた靜けさ, ゐること, ゐるのに, ゐる当時, ゐる海, ナポレオン出現時代の, フランス語を, ロマンチシズムの, 一人の, 一層の, 一日中自動車の, 一種の, 人々は, 人の, 人骨が, 今や東, 他の, 他所から, 何物をか, 作って, 価値が, 写真を, 利用された, 労働者, 動いて, 動く幾多, 動揺する, 北国の, 千年の, 反動的な, 取り出される文化的用語, 取入れられて, 取合せの, 合理主義について, 名優の, 含蓄され, 味わうと, 大陸軍を, 天平の, 婦人の, 子供に対する, 小説を, 展覧会場を, 幕府を, 幾十の, 彼の, 必要な, 恋の, 或ひ, 持つて, 控えて, 政党と, 斑らに, 新興劇壇に, 新鮮溌剌最も, 日本技師の, 暴力を, 栄えて, 棚の, 様々な, 歌壇の, 歓呼の, 民族道徳が, 水洗を, 津軽の, 渦巻く姿, 温泉の, 演ぜられた, 爛漫たる, 父祖から, 現われる, 現われるの, 生きた対話関係, 生れたの, 発表された, 目ばかり, 秀麗な, 立って, 立とう常に, 筑波による, 美少年アントーニオと, 考えて, 考察する, 背景よりは, 自然を, 良識ある, 薄桃色, 蠅と, 行なわれる, 行われて, 製作された, 見あげるに, 見た場合, 見るに, 見れば, 観察した, 説明され, 読まなければ, 読むに, 読むべき書, 読む時, 豆の, 赤地に, 趣を, 述ぶる, 述べられたる主, 追憶の, 遠地に, 遥か大通を, 都庁の, 重要な, 鑑賞せね, 静かな, 頭に, 鮮かに

▼ 背景~ (90, 5.5%)

3 なければ 2 あった, なくては, 主として阪神地方, 控えて

1 [79件] あったから, あったであろう, あったよう, あつて, あまり之, ありその, ありオーケストラ, ある, あるか, あるから, あるからこそ, あるだけ, あると, あるとき, あるならば, あるの, あるん, あろうとも, いうに, くっきりと, ぐるぐるまわっ, この平和, これらの, その紅, ない, ないこと, ないと, ない処, なかったら, なくなって, はっきりと, また素晴, まったく欠けてる, もの寂びた, エンジンの, フランス大, ヨーロッパ大戦後の, 一〇〇号の, 一人の, 二様の, 全くない, 全然今, 出て, 出来て, 北側の, 十分に, 厳然と, 変るの, 大したもの, 如何に, 実は均衡, 少し貧弱, 常に清洒, 後を, 必要な, 悲しかった, 易る, 春の, 暗くいたましくては, 橋を, 欠けて, 殊更文学, 無いとして, 産み出した新, 皆ガッシリ, 研究されなけれ, 私たちには, 置かれその, 與つて力あつ, 英国の, 行間に, 見つからなかった, 見付からなかつた, 許さぬから, 説明され, 雜然と, 雨に, 黒くなれ, 黒くぼかしだされ

▼ 背景~ (66, 4.0%)

2 實は, 私の

1 [62件] あたかも血, あの絵馬札, このあたり, この問題, すばらしいぜ, そういえ, その後の, ただそれ, とてもこんな, ともかく実質, とりか, はるかな, ばらばらに, まことにあ, まず油絵風, まっくろな, アンジョーラの, ツェッペリンの, 一切取り入れない, 九州帝国大学精神病科本館講堂の, 亀吉と, 何であつ, 例の, 冬よ, 初めから, 多彩な, 妙だ, 実はさ, 実はそう, 少しも, 広い海, 府会選挙に, 後者において, 感ぜられない, 明らかに, 暗く繁った, 最もナチス, 朝の, 未だ寂寥, 松並木と, 海だった, 満々と, 漸く複雑, 灰色で, 無論その, 燦々たる, 現にわれわれ, 現代の, 現實, 甲州盆地の, 神経質な, 福岡君と, 約十枚, 素晴らしいし, 素晴らしく芸術品, 苔の, 茫々として, 薔薇の, 誰が, 遠くぼやけ, 銀色なり, 青森湾

▼ 背景~ (39, 2.4%)

3 なしに 2 ない

1 [34件] あって, ある座, いちいち描かね, ないので, ない人たち, ない佃, ない当時, ない新人, ない當時, ない私, なかった, よくなった, コスチュームも, 一切削除するなく, 京都の, 人物も, 何も, 及ばないもの, 奧行も, 感じられない孤独, 扮装も, 持たないため, 持たない女, 権利も, 深くあずかっ, 澤山に, 無いし, 無い素, 繪なら, 衣裳も, 裏から, 要りません, 超越し, 道具立ても

▼ 背景には~ (37, 2.2%)

3 柳と

1 [34件] あるの, いちめん岩窟の, やはりあの, やはり日本, よく手入れ, ドイツの, ヴェスヴィオが, ヴォルテール, 一向変化, 一面に, 人の, 住民の, 前にも, 困るだろうと, 国家の, 奥には, 岸近くも, 我地球の, 打って, 日本の, 日蔭の, 明朗又, 更らに, 横田千之助が, 現實, 白い空, 皆それぞれの, 紅蓮の炎を, 美しい円錐火山, 薄紫の, 重工業資本が, 銀色の, 雪の, 雪村軸の

▼ 背景から~ (13, 0.8%)

1 [13件] タタき直す, 云って, 出る雰囲気, 出来て, 区別の, 彼女の, 抽象された, 書いて, 来る必然性, 浮み上がっ, 白い顔, 盛り上っ, 見れば

▼ 背景~ (13, 0.8%)

2 職業に

1 [11件] セットの, 変り道具を, 大道具小道具を, 小道具の, 情況の, 所作の, 敷物の, 深みが, 照明や, 舞台装置を, 道具や

▼ 背景としての~ (11, 0.7%)

1 [11件] 佛法繁昌の, 使用に, 勢力は, 十九世紀の, 句であります, 地理的空間は, 山, 歴史的の, 空の, 窓の, 重要な

▼ 背景~ (9, 0.5%)

2 場面を 1 そういうしずか, 一枚お, 何か, 動作の, 坪内先生の, 描いた, 理解する

▼ 背景である~ (8, 0.5%)

2 とすれ 1 だけに他, 同じ呼び名, 国際都市も, 現代世相を, 社会一般の, 茫漠と

▼ 背景ある~ (7, 0.4%)

1 ことを, 俳句, 句と, 句という, 句とが, 句の, 芭蕉などの

▼ 背景としては~ (7, 0.4%)

1 いって, これまでも, これも, 二月革命が, 似合わしい手入れ, 若い俳優, 西洋文明の

▼ 背景という~ (5, 0.3%)

1 ことで, ことにも, ものは, ような, 事についても

▼ 背景なく~ (5, 0.3%)

3 しては 1 して, 才も

▼ 背景そのもの~ (4, 0.2%)

2 ではない 1 が実地, にほかならないだろう

▼ 背景たる~ (4, 0.2%)

1 事実, 歴史を, 江戸の, 遠い古

▼ 背景であり~ (3, 0.2%)

1 そういう額, 其の周圍, 見本市場であり

▼ 背景とか~ (3, 0.2%)

1 そんなこと, 市民生活の, 心理解剖の

▼ 背景としても~ (3, 0.2%)

1 巧みに, 殆ど描かれず, 相対抗

▼ 背景とを~ (3, 0.2%)

1 もつたキリコ, 持つ処, 隅田川の

▼ 背景にな~ (3, 0.2%)

1 つてわりに, つてゐた, つて之を

▼ 背景もしくは~ (3, 0.2%)

1 主演者の, 対象等の, 材料として

▼ 背景画家~ (3, 0.2%)

1 がする, に衣裳係, の手

▼ 背景からの~ (2, 0.1%)

1 代表関係に, 必然性が

▼ 背景その他~ (2, 0.1%)

1 の外面的要件, の大道具

▼ 背景~ (2, 0.1%)

1 とたちあがった, 何が

▼ 背景との~ (2, 0.1%)

1 布局を, 相違が

▼ 背景とも~ (2, 0.1%)

1 いうべき大道具, なる音響

▼ 背景~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 背景なら~ (2, 0.1%)

1 さあ撮れ, 大に

▼ 背景にまで~ (2, 0.1%)

1 ふれて, 影は

▼ 背景にも~ (2, 0.1%)

1 人物にも, 相当の

▼ 背景によって~ (2, 0.1%)

1 その事実, 存在し

▼ 背景みたい~ (2, 0.1%)

1 にぼうっと, に幾つ

▼ 背景~ (2, 0.1%)

1 に存在, に浮立たせる

▼ 背景的母胎~ (2, 0.1%)

1 でもある, となる

▼ 背景製作~ (2, 0.1%)

2 などをいつも

▼1* [89件]

背景あってこそどの, 背景かと思い月, 背景しか持たせること, 背景じゃない, 背景そこへさす, 背景そして紹介状, 背景それらのもの, 背景それ自身としては蘇州銀行, 背景だけだ, 背景だけは實在の, 背景だの商売的の, 背景であって, 背景ですな, 背景ではなくて, 背景でもなんでも, 背景といふことが, 背景とかいうものが, 背景とかいふやうな, 背景とについて, 背景とは明治十五六年代の, 背景なしでは, 背景などと併せて, 背景などというものは, 背景などをもう少しく, 背景なり持楯なり, 背景なりには大分今と, 背景なる伊勢其他の, 背景なんか考えるには, 背景においての句であります, 背景にこそ光瑤の, 背景については何も, 背景につき入らぬところ, 背景にて現わる, 背景によつて場所を, 背景に対してユーモアは, 背景はまるでなかつたのである, 背景ふかくひそかに, 背景へは母親の, 背景または地塗りと, 背景より漸次分離独立せし, 背景よりはいくらか黒い, 背景をさえなすよう, 背景をも同じゅうしながら, 背景描カンガタメニ俳優, 背景一つで間に合います, 背景に立つ, 背景乃至内容と, 背景人物情景等を一枚, 背景に取り扱っ, 背景作品の社会的, 背景光線の使用等, 背景全体とが冬, 背景前景のすべて, 背景効果を狙っ, 背景勝手に紫, 背景又は商売的の, 背景及びその思想史上, 背景右掛りに赤毛氈, 背景大道具小道具照明とに, 背景好みの有平糖, 背景小道具等の変せん, 背景のやう, 背景の下廻り, 背景常に整然として, 背景扮装の迫真, 背景扮装等の考証, 背景描きをやっ, 背景既に純然たる, 背景時に微細な, 背景条件はソヴェト, 背景歴史的な根拠, 背景活用に類似, 背景を立て, 背景畫家の大野, 背景的事実認識すべからざる現象, 背景的演技などを対象, 背景的部分半封建的, 背景に於, 背景衣裳音曲等の感覚的要素, 背景装置はなる, 背景見たようねえ, 背景見たいに外側, 背景によって解釈, 背景赤い旗, 背景道具衣裳の或, 背景も不思議, 背景階級としての農民, 背景れた樂屋, 背景風俗と共に幕末