青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「石田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~短い 短い~ 短く~ 短刀~ ~石 石~ 石垣~ 石川~ 石段~ 石炭~
石田~
~砂 砂~ 砂糖~ ~研究 研究~ 研究所~ 砲~ ~破 破~ ~破っ

「石田~」 1050, 10ppm, 10322位

▼ 石田~ (189, 18.0%)

8 のほう 3 のそば, の部屋

2 [12件] が役所, とへ電報, と二人, と調達局, と賢夫人, のこと, のところ, の顔, の養父, は, はそこ, は五十雄君

1 [151件] があっさり, がどこ, がなに, がひっこみかける, がまだ, がアメリカ, がコップ, が五ヵ月, が五十雄君, が冷淡, が出, が失業, が寝起き, が洗いざらし, が浴衣, が燃え, が細君, が自分, が英文, が行政機構改革, が調達局, が賢夫人, が返し, が酔っ, しかいない, だけが知っ, でなくとも, といえ, としてもむかしどおり, とともに監獄, とほつれ放題, と同, と向きあう, と正金銀行支店, と百々子, などはどうしても, なるパパ, に, にいった, にとっては勝利, にとってもありがたい, にとっても感慨無量, にとってよほど, にとって浪人, にもそば, に紹介, に聞えない, のあと, のしつっこい, のよう, の俸給, の働き, の出場, の勤め先きの農林省, の夜直, の完全, の居住, の態度, の手, の月給, の横顔, の激昂ぶり, の理論, の立場, の負け, の錦鯉, の鑑識, の間, の頭, の飼っ, はこの, はすっかり, はそっぽ, はその, はそれ, はだまっ, はだんだん, ははたして, ははははと空笑い, はむかし, はむっと, はギョッ, はグラビヤ, はシュラー, はズボン, はタジタジ, はベッド, はワイシャツ, は一生懸命, は下級吏員, は不得要領, は不機嫌, は両手, は九万吉, は五尺六寸, は係長, は口髯, は咄嗟, は喧嘩, は地団駄, は嫌味ひとつ, は嫌気, は左足, は庭, は復讐, は急, は憐れむ, は懐中電灯, は措辞, は早目, は昼間, は横, は毎朝, は気味, は相手, は窓框, は立ち, は聞い, は聞け, は背筋, は胸もと, は腹, は苦りきった, は褞袍, は見る見る, は言いたい, は計算尺, は調達局, は警察, は貧乏ゆすり, は賢夫人, は身装, は運命, は過去, は釣りあげた, は鈎, は錦鯉, は面白く, は額際, は顔, は高級官吏試験, までがキチン, も同感, も賢夫人, や五十雄君, や百々子, をつかまえ, を呼び, を呼ん, を見あげ, を説い

▼ 石田~ (129, 12.3%)

3 自分の 2 婆あ

1 [124件] うっとりと, ぐったりする, こう云っ, こう思っ, この夏中, この運動, これだけ, これに, こんなこと, こんな事, こんな日, さっそく正装, すぐに, そこに, そのなか, その路, その頃, それから, それが, それを, たしかに聲, ちがったもの, ついと立っ, とうとう若い, どこか, なだめて, なにか, なるたけ鳥, まだ月, やはり心, やはり花火, ノオトブックに, ペンと, 一にも, 一言も, 三枚持っ, 代を, 何か, 何時でも, 側で, 先ず楊枝, 別当に, 勘定を, 又嫌, 口の, 口入の, 口入屋の, 只はあ, 司令部から, 壁の, 夏衣袴の, 大そう, 始て, 嫌な, 寄つて行つた, 少しも, 居間に, 帰った, 常磐橋を, 平生天狗を, 床の間に, 床の間の, 座布団を, 思い出したよう, 急いで, 愉快だ, 早く起き, 春に, 春を, 暫く立っ, 暫く考え, 暫く見, 暫く黙っ, 朝飯を, 止めて, 毎日役所から, 気が, 泣いて, 渡とは, 渡に, 爺さんに, 目を, 直にお, 相手を, 知って, 私を, 空元, 窮し, 立ち留まった, 笑って, 精悍な, 縁の, 縁を, 纏まった休暇, 翌日島村を, 翌日米櫃やら, 考えた, 花壇の, 苦味走った, 茶山に, 葉巻に, 表側の, 裏側の, 補償問題が, 襦袢袴下を, 西の, 見かけ倒し, 誰に, 變な, 起って, 達見に, 金を, 鍛冶町を, 長靴を, 防水布の, 障子に, 雌雄を, 雛を, 雨覆, 飯を, 馬に, 騷ぐ時と, 鶏の, 黙って

▼ 石田~ (86, 8.2%)

6 家の 3 所へ 2 ために, 家は, 顔を

1 [71件] うちの, みんなの, やつ欲呆けや, ような, 一家の, 一家は, 一家五人は, 一族である, 一族に, 三郡の, 中でも, 中の, 云うこと, 処へも, 分とを, 前に, 司令部から, 名, 国香様の, 土間に, 大叔父にも, 大叔父へも, 大叔父も, 大叔父大, 大掾国香, 妻である, 家が, 家で, 家では, 家も, 宿所は, 局に, 局も, 居城への, 居館まで, 庄羽鳥の, 店であった, 店の, 想出に, 意は, 感ずる所, 所だった, 手兵五千と, 料亭の, 方まで, 杜, 森の, 母から, 民家に, 気に入った, 漫才次に, 父親の, 物置に, 目には, 細君は, 耳の, 行方を, 詞が, 話を, 貞盛の, 赤鬼青鬼を, 里の, 録さんが, 長男である, 雨夜止宿図や, 領は, 頭に, 館の, 館は, 館へ, 首に

▼ 石田三成~ (60, 5.7%)

2 が淀君党, の大吉, を買っ

1 [54件] からの使い, からの使者, から使者, が三万, が刑場, が大阪城, が嫡子隼人, が息女, が戰, が約束, が西国, が関東相手, が頭, だった, であつ, とかう, と上杉方, と上杉景勝, と同一, と直江兼, と直江山城守, には勝たせたかった, に二万石, に仕え, に同情, に家康, に押, に此等, に比べる, に荷担, に誅戮, に謀叛人, の主, の佐和山, の息女, の挙兵, の水攻め, の臣, は島左近, は常陸介, は徳川家, は美濃半国, は近江, へ使い, へ遣わし, もまた, も悪い, や増田長盛, をはじめ, をやっつけ, を助け, を動かす, を堺町奉行, を差向け

▼ 石田~ (43, 4.1%)

3 の一家五人, の洋館 2 の庭, の火災

1 [33件] が将来, が水道局, では破産宣告, におけるその, における火災, における生活, にとってもこの, にとっても千々子さま, にはワニちゃん, には石田氏, には鳥目, に仕え, の三人, の人々, の六畳, の厨房, の家常, の家族史, の家系, の家裏, の家計, の家風, の建物, の建築構造物, の愁い, の憂鬱, の日常, の朝食, の米式日本住宅, はプール, は破産, は空家, を浪々

▼ 石田~ (41, 3.9%)

1 [41件] さ, ついて, どうで, ねて, オートバイで, サトウの, セリフを, ダメだ, 三成千成瓢箪押し立てりゃ, 上京する, 二枚目に, 今度の, 何氣なく, 侵されれば, 偶に, 先ず倒れる, 先月の, 入つて, 分別くさい, 参って, 声の, 家を, 小倉へ, 巡査の, 役所から, 待合へ, 怒って, 怒つたやう, 掴まえようと, 来たそこら, 来たので, 来て, 来り二台, 正座に, 洗面所に, 経営し, 通りかかって, 長靴を, 降りて, 馬力を, 齋藤に

▼ 石田~ (29, 2.8%)

16 連れて 2 細君の

1 [11件] して, 助けた日本一, 助けに, 取って, 呼んで, 姓と, 尾久町の, 怒る, 耕すに, 見ると, 誘ひ久々

▼ 石田佐吉~ (29, 2.8%)

1 [29件] が, がいった, がき, がさき, がすぐ, がまかり出た, がやがて, が使い, が去る, が帰り, が腰, が馬, じゃ, だった, でございます, でした, という, とほか四, と大谷, など, などのいわゆる, に背中, のよう, の二小姓, の汗ばんだ, はやがて, は前, は近郷, も二十一歳

▼ 石田~ (23, 2.2%)

2 水野の

1 [21件] いえども, ギルビイ少々, 一杯やっ, 二人で, 二人ヘソで, 出て, 南へ, 同じ歩兵少佐, 喫茶房て, 夕食を, 大一座, 富士アイスへ, 心ブラし, 柘植に, 水野と, 水野も, 申します思いがけず大変, 直江山城との, 連れて, 離れがたく, 食事両人の

▼ 石田守衛~ (23, 2.2%)

8 を連れ

1 [15件] がトチリ, が僕, が来り, とフロリダキチン, に代らせた, に逢った, の奴, の知り, の踊り, も泊り, を残しとい, 待って, 来り共に, 来り西陣織物, 酔って

▼ 石田治部~ (22, 2.1%)

11 少輔三成 6 少輔 2 少輔殿 1 とは刎頸, のこと, 少の

▼ 石田清左衛門~ (22, 2.1%)

1 [22件] が封印, に指一本, に預けました, の使い, の長屋, の間, の顔, の驚き, はいかにもがっかり, はかねて, はこの, は勃然, は平次, は後ろ, は御墨付, は提灯, は木偶, は腕, は静か, は非常, を見る, を邪魔

▼ 石田清左衞門~ (21, 2.0%)

1 [21件] が封印, に指一本, に預けました, の使, の長屋, の間, の顏, の驚き, は勃然, は如何にも, は平次, は御, は提灯, は木偶, は此上, は腕, は豫, は靜, は非常, を見る, を邪魔

▼ 石田~ (14, 1.3%)

1 [14件] うんと怒る, 丁度菊田, 与しがたし, 与せば, 二つの, 会った, 住む常陸, 加勢を, 及んだ, 味方する, 無理さえ, 発見し, 迎えられそれ, 逢った上

▼ 石田重吉~ (14, 1.3%)

3 という青年

1 [11件] というその, というひと, という一人, と出た, の写真, の評論, の論文, は, は率直, は相川良之介, はABC

▼ 石田さん~ (13, 1.2%)

1 [13件] か, このとおり, この家, でしょう, という人, と呼ん, と用談, に罪, に限っ, のハンコ, の所, は自分, やめときなさい

▼ 石田~ (12, 1.1%)

2 の主人 1 かい, ですけど, で仁助, という宿屋, という差入れ弁当屋, の人, の女中, の者, へ行かなく, へ行った

▼ 石田~ (11, 1.0%)

1 [11件] だけで, であるか, と聞い, の人土方歳三, の大, の庭場, の田圃, の畷道, の祭, の門前, へ来た

▼ 石田小西~ (9, 0.9%)

1 が好き, だか, に勝たさせたい, に勝たせたい, に見立てた, に集中, の四五段, の運命, の運命明日

▼ 石田~ (8, 0.8%)

1 共にルパン, 共に川口町, 又新米, 寺町へ, 役所へ, 所詮は, 湯帷子に, 鳥を

▼ 石田~ (8, 0.8%)

3 七は 1 七であり, 七に, 七を, 七殿でございました, 七殿へ

▼ 石田一家~ (7, 0.7%)

2 が渋谷 1 のため, の倫理, は接収解除以来, は田舎, は麻布

▼ 石田~ (7, 0.7%)

1 お気の毒, が封印, が立った, さえ襲われた, は喧嘩, 放って, 驚いては

▼ 石田~ (6, 0.6%)

1 と稱, に至ら, の一部分也, の事, の寫眞二枚, の碑

▼ 石田梧堂~ (6, 0.6%)

1 がこれ, と岡本豊洲, に託した, の外, の詩会, 第十一

▼ 石田~ (6, 0.6%)

1 お氣, が封印, が立つた, は喧嘩, 放つて, 驚いては

▼ 石田~ (5, 0.5%)

1 リッツへ, ルパンで, 今朝へ, 山水楼へ, 行き卵

▼ 石田という~ (4, 0.4%)

1 ところまで, のかと, 名が, 県下第

▼ 石田には~ (4, 0.4%)

1 それらの, どうしてもそれ, 狂犬病患者である, 過ぎ者

▼ 石田とで~ (3, 0.3%)

1 おきなへ, 神戸へ, 食事敷島パンの

▼ 石田与惣兵衛~ (3, 0.3%)

2 の養女 1 が寝室

▼ 石田伊右衛門~ (3, 0.3%)

1 が進み出, とほか, と弥兵衛

▼ 石田先生~ (3, 0.3%)

1 が一番好き, は今, を嫌がります

▼ 石田~ (3, 0.3%)

1 が, がセーリグマン氏, ははじめ

▼ 石田~ (3, 0.3%)

1 から奥方様, がはっきり, である

▼ 石田~ (2, 0.2%)

1 な, のと

▼ 石田です~ (2, 0.2%)

1 けど, けど藪

▼ 石田といふ~ (2, 0.2%)

1 ところに, 先生が

▼ 石田など~ (2, 0.2%)

1 サイレントに, 踊らんばかりに

▼ 石田~ (2, 0.2%)

1 ゆくと, 相談に

▼ 石田~ (2, 0.2%)

1 水野と, 齋藤は

▼ 石田一松~ (2, 0.2%)

1 の伝記, の息

▼ 石田一等巡査~ (2, 0.2%)

1 が, の後ろ

▼ 石田三成様~ (2, 0.2%)

1 が軍, だの浮田秀家様

▼ 石田九万吉氏~ (2, 0.2%)

1 はボルネオ, は現職

▼ 石田博士~ (2, 0.2%)

1 に, へ

▼ 石田士道成田成章太田農人皆川叔茂~ (2, 0.2%)

2 同詣

▼ 石田夫妻~ (2, 0.2%)

1 の苦, は石田氏

▼ 石田~ (2, 0.2%)

1 之介, 之介蠣崎君

▼ 石田帯刀様~ (2, 0.2%)

1 で陪臣, の子孫

▼ 石田帶刀樣~ (2, 0.2%)

1 で陪臣乍ら, の子孫

▼ 石田清右衛門~ (2, 0.2%)

1 という御家人, のほう

▼ 石田源左衛門~ (2, 0.2%)

1 が子, という方

▼ 石田英一郎君~ (2, 0.2%)

1 がカリフォルニア, の話

▼ 石田貴公~ (2, 0.2%)

1 も悪い, も惡

▼ 石田~ (2, 0.2%)

1 の眼, はただちに

▼ 石田~ (2, 0.2%)

1 を見あげ, を見あげた

▼1* [137件]

石田徳川の, 石田から乗船した, 石田さんあんたえらい反米思想, 石田さんこいつは無料, 石田さん体どうです, 石田さん清水はです, 石田さん石田さんと呼ん, 石田その他大ぜい, 石田だけが彼女を, 石田だのミシズ石田だ, 石田であり三成である, 石田との会見から, 石田とはいささか違います, 石田なぞは持っ, 石田などには打って, 石田なんてえの, 石田はん小西はんなみに生捕り, 石田ひとりは水野, 石田が通る, 石田より早く卒業, 石田ミドリ嬢の, 石田一家五人の居住, 石田一松伝をやる, 石田一鼎はこれ, 石田三成どのや金吾中納言様, 石田三成以下を裏切っ, 石田三成兵を挙げ, 石田三成増田長盛大谷刑部の三奉行, 石田三成増田長盛浅野長政の三人, 石田三成大谷吉継以下約二万, 石田三成大谷吉継長束正家らをし, 石田三成小早川秀秋浮田中納言その他の反, 石田三成小西行長高山右近など, 石田三成小西行長黒田孝高等が滅び失せ, 石田三成小西行長黒田孝高細川忠興その夫人, 石田三成挙兵の報, 石田三成等の纔者, 石田三成羽柴雄利に命じ, 石田九万吉なる人物, 石田二氏への言傳, 石田佐吉一柳四郎右衛門平野権平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 石田佐吉加藤孫六同じく虎之助, 石田佐吉大谷平馬, 石田佐吉大谷吉継一柳兄弟糟屋助右衛門なども各, 石田佐吉片桐助作などいずれ, 石田佐吉福島市松片桐助作などと何やら, 石田佐吉糟屋助右衛門など七, 石田信夫という達者, 石田先生回診もう大丈夫いつ, 石田典膳古市喜左衛門山辺勇助中川蔵人大森弾正齋藤一八雨森静馬六郷六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 石田刈り干す片庭, 石田判官為久という人, 石田勝又等の諸氏十余名, 石田十太郎殿の組手, 石田及下等士官水夫頭には私, 石田吉蔵を殺害, 石田周三との両氏, 石田周吉というの, 石田堤今は大半, 石田増田に, 石田増田長束などに相談, 石田士道との家, 石田大原から北国脇往還, 石田大谷古田生駒稲葉など十二人, 石田が多い, 石田學士大野助手等と共に豫, 石田将監は番頭, 石田将監長沼善兵衛らは家禄没収, 石田介が, 石田介流とかの, 石田といひ, 石田局矢田平が久次の身, 石田屋さんだね, 石田屋敷という名, 石田岡本田内土屋の四人, 石田巡査はそれ, 石田左吉の輩, 石田巳之助である, 石田帯刀を祖先, 石田帶刀を祖先, 石田幹之助を東洋文庫, 石田汀の, 石田扱いの謀叛人, 石田投手の物凄, 石田敬二東森たつを来訪, 石田旅館にあり, 石田昇さんの話, 石田未得が, 石田村十条南郷をまたたく間, 石田と云っ, 石田栄吉よりく, 石田梅巖の, 石田梧堂名は道, 石田梧堂鈴木暘谷諸葛某, 石田様仔細をおっしゃっ, 石田様火急の御召, 石田樣仔細を仰し, 石田樣火急の御召, 石田氏五十雄君百々子の順, 石田氏夫妻長女次女という組合せ, 石田氏滅亡の後, 石田民三のやってる, 石田治部めの屋敷, 石田治部殿まいると, 石田浄願寺境内などでは雨後, 石田浅野増田の三名, 石田浮田小西などの残党, 石田清左衛門敷居際にピタリ, 石田清左衛門様は煙たく, 石田清左衛門殿であろう, 石田清左衞門敷居際にピタリ, 石田清左衞門樣は煙たく, 石田清左衞門殿であらう, 石田源右衛門が自身, 石田玉山が筆, 石田理學士大野助手野中事務員を同行, 石田過訪予於宇氏寓館, 石田の内, 石田既出の, 石田直次の項, 石田直次軽傷と記入, 石田福島などの輩, 石田を一緒, 石田等みや古で大いに, 石田英吉の船中, 石田英吉山本幸堂の三人, 石田茂作氏などが主, 石田虎茂という水戸浪人, 石田軍三万の兵力, 石田軍記には, 石田である, 石田道字は士道, 石田里子ってあたし, 石田里子嬢はこれ, 石田重吉記念作品とつぎ, 石田長束増田らの邸宅, 石田隆吉様と亡くなった