青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紛れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

納得~ ~紐 紐~ ~純粋 純粋~ ~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~ 級~
紛れ~
素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~ 素朴~ ~素直 素直~ 素質~ ~紫

「紛れ~」 1063, 11ppm, 9831位

▼ 紛れ~ (417, 39.2%)

27 ありません 10 ないお 9 なくそれ 7 ない, ない事実 6 なかった 5 ないそれ, なく, なく彼 4 ないジョン, ない人間, なかつたの, なくその 3 ないあの, ないこと, ないと, ないの, ない私, ない自分, なくあの

2 [34件] ないいつか僕, ないが, ないので, ない一人, ない一匹, ない仁助爺, ない墓地, ない女, ない女中, ない庭男, ない悪党, ない昨夜平次, ない犬, ない男, ない磨いた, ない血, なき事実, なき瑠璃子, なくお, なくこの, なく公, なく勝彦, なく和田直之進, なく少年, なく帆村, なく平次, なく悲しかった, なく昨夜, なく海軍士官, なく私, なく若い女, なく荘田勝平, なく血, なく高木銀次郎

1 [231件] あらず, ありません佛壇, するだらうが, せぬが, それである, てつだって, ないある, ないおしろい, ないこけ, ないし, ないな, ないほととぎす, ないほど, ないわたし, ないイイナ・ブルスカアヤ, ないガラッ, ないガラツ八, ないドイツ, ないプレビアン, ない一番後, ない一番後ろ, ない一躰, ない下心, ない下町, ない不幸, ない主人, ない九郎判官直筆, ない事實, ない二つ, ない二度目, ない五年以前, ない京極家, ない人, ない今, ない代物, ない以後, ない伜文三, ない伯父, ない佐々木小次郎, ない來國俊, ない傑作, ない八五郎, ない内儀, ない十六, ない厚化粧, ない吉長, ない同じ, ない呉一郎, ない喰, ない夕刻藤澤, ない多与里, ない大, ない大杉, ない妹娘, ない妹萩野, ない委員会, ない姪, ない宗皇帝, ない客観的, ない幽魂そのもの, ない弟, ない彼女, ない恐怖, ない懐しい日本語, ない房一, ない手製, ない日本, ない日本語, ない昼, ない時代, ない最初, ない有名, ない来, ない松風号, ない欧羅巴, ない正二, ない正真正銘, ない正金, ない此家, ない殺し, ない水司又市, ない沙金, ない油屋, ない泉原, ない洒脱軽妙, ない浪人梶四郎兵衛, ない父, ない父親ゆづり, ない片目, ない玉藻, ない現実, ない生身, ない田氏, ない町人姿, ない登州, ない白銀, ない百円, ない直筆, ない眞物, ない石見銀山, ない総監, ない脂, ない藤村, ない血潮, ない衛門督, ない足, ない金藏, ない銀紙, ない顰め, ない飛び切り, ない馬, ない駅路, ない魯西亜言葉, ない黄一峯, ない黒漆, なき世子, なき主人, なき役人たち, なき海坊主, なき苦沙弥先生, なくあれ, なくさうな, なくさっき, なくしかも, なくそこ, なくどこ, なくひとり, なくむささび, なくオートバイ, なくツイ今しがた渡船, なくツイ先刻, なくワン公, なく一種, なく丁坊, なく上り電車, なく上質, なく下がって, なく中学生, なく人間, なく今, なく伊丹屋, なく伜, なく何時ぞや, なく兄弟同様, なく先夜, なく先夜自分たち, なく其処, なく内儀, なく出火, なく別府司令官, なく力, なく動かす, なく単, なく古い血潮, なく同, なく同一, なく君, なく喜右衛門尉, なく墨, なく変事, なく大小二つ, なく大膳坊覺方, なく天狗山人, なく夫, なく姙娠, なく娘, なく宗清, なく宙, なく実証的, なく密室, なく小田卷直次郎, なく小田巻直次郎, なく川波大尉夫人, なく巨大漢, なく彼自身, なく怖ろ, なく敬太郎, なく敵, なく昨日, なく木, なく本館, なく板塀, なく横たわって, なく正しい物, なく此家, なく殺し, なく母, なく毒死, なく江戸, なく浪人森右門, なく海神, なく熱海, なく燃えさかる猛火, なく現実, なく生き血, なく男, なく男物, なく白丘ダリア, なく着い, なく神尾主膳, なく紀州人, なく細紐, なく結核性, なく義理, なく艦, なく蠅男, なく西一郎, なく覆面探偵, なく親, なく賑, なく賢い人, なく逃げた, なく重信, なく金銀, なく銀平, なく銘, なく陳東海, なく隣り, なく須山, なく高射砲隊, なく髭むじゃの鍾馗様, なし, ねえあいつ, ねえぢ, ねえ先刻, ねえ彼奴, のう光子さん, 無い短銃, 無い鐵砲, 無え日本一, 無し

▼ 紛れ~ (297, 27.9%)

5 しまった 4 忘れて 3 いた, しまう, しまつ, 出て, 誰も

2 [12件] いたの, しまって, しまふ, ゐると, 何か, 何者かが, 只, 日が, 行った, 行方知れず, 誰にも, 賊が

1 [249件] い, いたが, いたがね, いたという, いたもの, いたり, いた一二ヶ月, いた故主, いた臭味, いた薫, いる, いるため, いると, いるの, いる己, いる気, いる門, うかうかと, うっかりと, うまく採用, えいかも, おいで, おいでに, おはいり, おりますと, お通, かくべつ不平, きて, くらくなりぬ, くる, くるの, くれるでも, くれれば, こうして三晩, ここには, こっそり店, この仏, この家, さほど寂しい, しかと判別, しばしばお, しまいそう, しまいました, しまいましたが, しまったが, しまったの, しまったらしいが, しまつて, しまひます, しまへ, しまわないだろうと, すつかり忘れ, そういう人事, そっと小, そつとこ, そのまんま, そッと, たって, つい忘れ, はらはらと, ひとまず立ち去った, ひらりと, ふと心, ぶらりと裏門, またそこ, まだその, まつたく忘れて, もう広間, やがて旅籠, やつた, ゆく, ゆくの, よかった, よく聞えません, わたしは, ゐて, ゐる時, コソコソと, ザッと, ツイ, ニコリスクの, ピッタリ寄り添っ, マユミさんと, ムクムクと, ランプ配り, 一册懷中に, 三人とも, 上荷船で, 中に, 久振で, 了つた事が, 二つの, 二人は, 二本とも, 人が, 今まで, 何とも, 何を, 何人にか, 何処に, 何者の, 何處かの, 僕は, 僕を, 僕達は, 先方の, 入り込み巧み, 全く人々, 凡そどの, 前日から, 匂って, 十二社の, 十郎頼兼遁が, 千代松を, 千浪を, 去つた, 取合はん, 同カフェー, 咄嗟の, 四名は, 城壁の, 声を, 外から, 外の, 外へ, 大金と, 大阪まで, 好からふ, 嬢次様は, 孤独を, 寝耳に, 少さくぼんやり, 居ります, 居るから, 居るが, 居るので, 屋外へ, 屋島を, 屋敷を, 展望台の, 山手組同様な, 山際薄く, 左右に, 左膳は, 巧みに, 己が, 幾分は, 式場へ, 当世流行の, 彼は, 彼方の, 忍び入って, 忍び寄った一人, 忘れよう忘れようと, 忠弘は, 思い切って, 悪者は, 我家に, 扉の, 手を, 手下の, 打忘れ, 折助す, 数日過ぎた, 新九郎は, 旦那様と, 早く抜け出す, 旭川の, 時刻を, 暗い秘密, 暫くは, 本町一丁目の, 橋の, 此の, 此土に, 死体から, 残って, 殘つた, 気づかれないほど, 江戸から, 沢山飲み過ぎ, 港まで, 滅多に, 潜かに, 物の, 狙い撃ちに, 現実に, 男の, 町を, 病院を, 皇帝を, 知らない男, 知れない, 祝儀金を, 私は, 私を, 突出し, 縫殿介が, 義兄にも, 羽目板の, 聞えなかったが, 聞えなかったの, 聞こえぬの, 船から, 茶屋へ, 荒川の, 落ちて, 行く宇津木兵馬, 行つた, 行つてゐた, 行方を, 行衛不明に, 裏の, 見えないので, 見えなかった, 見えなかったかも, 見えなくなった, 見えなくなった丁度, 見事天井を, 見舞って, 見返り柳を, 観客の, 訪問を, 誰かが, 誰が, 貧家に, 躊躇する, 身を, 轍の, 迷ひ出た, 追い越した, 逃げたもの, 逃げる事, 逃げ去ろうと, 逃亡し, 逆上て, 這い出して, 遁竄し, 遂機會を, 遅く来ました, 遅れては, 道なき, 針の, 鏡花氏の, 鐵砲の, 関係が, 電車へ, 飛び去りぬ, 鳴くの

▼ 紛れ~ (157, 14.8%)

2 あの屋敷, 主人の, 小僧を, 打ったの, 文次の, 横に

1 [145件] あちこち眺め, あり合わせたもの, いう訳, おぢ, お勢, お父様私, お累, がならっしゃると, ぎゃア, このお茶ッピー, こんなこと, したの, そう云ったら, そう申しました, その合い, その賭場, その部屋, そんなこと, そんな独言, そんな稚拙, だが胸, とっちめて, どうも, なって, なりがち, なるの, なるやう, なる事, のぼせて, まず気合い, やつた, わからんこと, ガチ, ツイ声が, ツイ摘食いを, ツイ聲が, ヌツと, ポカリと, ロータスの, 一寸枕を, 三萬六千兩の, 中将は, 丹治は, 乱暴し, 乱暴な, 二人は, 云うじゃ, 云うたの, 云つた, 人を, 人民の, 今二三十万石どこからか, 他人の, 何も, 何を, 俗物である, 信玄の, 側に, 兄を, 冗談を, 出ましたけれど, 力が, 力一杯叩きつけた, 口に, 叫んで, 向っ腹, 壁に, 変な, 女の, 學寮の, 室内へも, 家にでも, 寝てしも, 寺へ, 尋ねると, 少しは, 幾度も, 庭の, 彼に, 彼の, 彼は, 彼様な, 御厄介, 懐へ, 手込な, 持込んだ千兩箱, 教授が, 敲きつけるん, 敵の, 文五郎は, 杖を, 東氏の, 柄元へ, 母屋へ, 汝が, 涙ぐんで, 深沢深にまで, 無理を, 煙草入を, 照りつけるやう, 物を, 物置の, 生れに, 相場に, 私は, 突き上げたん, 突然お, 笄を, 箒を, 米俵を, 米相場に, 粂之助の, 美代吉を, 美味い美味いと, 脱陣逃走, 舞蹈会の, 荒い意見, 裏庭の, 観察した, 言って, 討って, 誰れ, 贋物を, 走り出て, 蹈みにじった, 車を, 辞退しよう, 逃げました賭博打二人, 逃延びましたが, 途方も, 遺言状を, 金が, 隠宅を, 隱宅を, 頓興な, 風の, 飛び上って, 飛び出す, 飛び込んだあの, 飛出したものの, 飛出したん, 飛出しろくに, 養女を, 饒舌つて仕舞つたのです, 鰻よりもずつと

▼ 紛れ~ (40, 3.8%)

2 ないもの, ない仙人, 腰の

1 [34件] ないこと, ないところ, ない一つ, ない一本途, ない事実, ない人物, ない印, ない双眸, ない名馬生, ない実際, ない手蹟, ない方, ない渋沢栄一, ない賞讃, やうでならなかつた, 亢奮に, 低い船歌, 傷害殺人である, 声である, 大風呂敷, 弥蔵を, 彌造, 時に, 有る無し, 殆ど無意識に, 殺しぢや, 無い六左衛門, 熱情だ, 甲高い聲, 皮肉だ, 腹癒せであった, 計, 論点移動であり, 逸早き風流

▼ 紛れ~ (13, 1.2%)

6 ない 1 ありません, あるまいな, ないぞの, ないだろう, ない姿, なかった, 眞の

▼ 紛れやすい~ (10, 0.9%)

1 からきっと, ものであった, ゆえいまこれを, 時間に, 晩である, 模様だ, 油揚は, 理由が, 路次から, 音であった

▼ 紛れ~ (8, 0.8%)

1 もの偶然的な, 出來ごころとは, 心に, 我儘を, 氣分通りを, 直觀, 空合や, 通り雨が

▼ 紛れそう~ (5, 0.5%)

1 であった, であるが, な良い, な雲雀, に思われなかった

▼ 紛れ~ (5, 0.5%)

1 あつかはれたので, あらうが, 平次は, 掛合う積り, 柄の

▼ 紛れ入り~ (5, 0.5%)

1 おる由, しかばよき, その国, その夜半, 空しく捕われ

▼ 紛れ当り~ (5, 0.5%)

21 というもの, と謂う, に運好く

▼ 紛れ~ (4, 0.4%)

1 どう表, ないよう, なかった, なければ

▼ 紛れ~ (4, 0.4%)

2 つて來た, つて来た

▼ 紛れ~ (4, 0.4%)

1 てそれで, て穢れ, でぬ, で候

▼ 紛れ易い~ (4, 0.4%)

1 から記し, ので見分ける, 故今, 文字を

▼ 紛れ~ (3, 0.3%)

2 うな 1 といううち

▼ 紛れたり~ (3, 0.3%)

2 して 1 これとかれ

▼ 紛れ~ (3, 0.3%)

1 出來心に, 感情の, 陽氣のせゐ

▼ 紛れやう~ (3, 0.3%)

1 のない, はありません, は無

▼ 紛れでは~ (2, 0.2%)

1 ない, なかつたの

▼ 紛れなき~ (2, 0.2%)

1 丘田お, 生血です

▼ 紛れやすく~ (2, 0.2%)

1 ていけない, なった例

▼ 紛れよう~ (2, 0.2%)

1 はなかっ, もない

▼ 紛れ~ (2, 0.2%)

1 り候, 度々する

▼ 紛れ~ (2, 0.2%)

1 さうだ, なので

▼ 紛れ~ (2, 0.2%)

1 がよく, の程度

▼ 紛れ~ (2, 0.2%)

1 りだ, ると

▼ 紛れ~ (2, 0.2%)

1 であつ, でね

▼1* [55件]

紛れつてゐた, 紛れあたりのもの, 紛れあれきりまた徳願寺, 紛れがりがりと, 紛れかねてゐ, 紛れこっそりとへや, 紛れこんな時こそ, 紛れさうな良いきりやうだ, 紛れじゃ無暗, 紛れすべて行方をくらまし, 紛れその日も, 紛れそれに引かれ, 紛れや無, 紛れつつ小歇, 紛れてかそうした気, 紛れてとぼとぼと泣く, 紛れても枕に, 紛れであり一つの, 紛れであるのに行く, 紛れでないことは, 紛れでなくては自分, 紛れ慈悲心が, 紛れとでもいひませうか, 紛れながらスペヤ・タイヤの, 紛れなしということ, 紛れなふるまひに, 紛れにというような, 紛れには大変に, 紛れものであつた, 紛れやすかった, 紛れらしい樣子に, 紛れ与之助に誘われ, 紛れ入って来た, 紛れ入り信長を窺, 紛れ入り六十六部に身, 紛れ入り者は何, 紛れ出なければなりません, 紛れ出ることを, 紛れひ躓き引つ返しまたは, 紛れ射す月の, 紛れ曲者は人形, 紛れ来るものの, 紛れ果てていた, 紛れかに下枝, 紛れかる可, 紛れ無く且は, 紛れ無し声の在所, 紛れ焼き失いしや, 紛れ籠めて一たん古市, 紛れ紛れに脱, 紛れ続々と草庵, 紛れ之助, 紛れ込者を何様, 紛れに交っ, 紛れで指