青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「背~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

肚~ 股~ ~肩 肩~ 肯定~ 肱~ 肴~ 胃~ 胆~ ~背
背~
~背中 背中~ ~背後 背後~ ~背景 背景~ ~背負っ 背負っ~ 胴~ ~胸

「背~」 8277, 89ppm, 1244位

▼ 背~ (1945, 23.5%)

99 高い男 46 高さ 42 すらりと 32 高い女 29 低い男, 高いの 25 高い人 19 高い方 18 上に 14 ように 13 高い痩せた, 高い色 12 低いの 11 低い方, 低い色, 高い青年 10 低い人, 高い 9 ような 8 ずんぐりした, ひよろ長い, 高い姿, 高い立派 7 ひょろ, 上で, 高い大きな, 高い痩せぎす, 高くない 6 ヒョロ高い, 低いずんぐり, 低い女, 方に, 肉が, 高い眼, 高い老人, 高い若い男

5 [11件] 低い婦人, 低い肥った, 河内の, 高いすらり, 高いその, 高い一人, 高い人物, 高い体, 高い堂々たる, 高い痩, 高い肩幅

4 [12件] 低い伸子, 低い痩せた, 子を, 方へ, 水桶を, 高いお, 高いやせた, 高い中年, 高い奴, 高い彼, 高い紳士, 高い頑丈

3 [36件] あたりに, あまり高く, スラリと, 上の, 上を, 低い, 低い人間, 低い小, 低い松, 低い猪首, 低い肩, 低い頭, 低い顔, 処に, 方を, 皮を, 肉を, 色が, 荷を, 順に, 高いそこ, 高いそして, 高いひと, 高いやつ, 高い不動さま, 高い何, 高い侍, 高い外国人, 高い大, 高い娘, 高い富岡, 高い目, 高い老婆, 高い頭, 高い髪, 高くて

2 [117件] あたりが, あたり寒う, いかにも高き, うしろで, たかい大人, たかい若いとき, ほの暗きかた, ものを, やうな, ヒヨロ高い, 一寸法師には, 丈だ, 上から, 中ほどまでも, 丸々しい, 低いが, 低いでっぷり, 低いまる, 低い体, 低い大きな, 低い奴, 低い少し, 低い山県, 低い柳, 低い眼, 低い私, 低い米友, 低い老人, 低い老婆, 低い者, 低い腕, 低い若い男, 低い足, 低い雌, 低い駅夫, 低い驛夫, 低い骨, 低い髭, 低さ, 倍も, 半分を, 如き濃藍色, 子が, 方の, 毛を, 汗を, 甲が, 立つ程度, 荷物は, 薄また, 處に, 貼紙に, 軽い骨, 金文字は, 陰に, 鞄を, 高いあなた, 高いがっちり, 高いこと, 高いつんと, 高いひとり, 高いひょろひょろ, 高いもの, 高いアメリカ, 高いジプシイ, 高いノヴァミルスキー, 高い京子, 高い俳優, 高い僧, 高い兄, 高い冥想的, 高い割, 高い卓子, 高い吉田さん, 高い土工, 高い変圧器, 高い大柄, 高い大男, 高い女中, 高い婦人, 高い子, 高い幽霊, 高い彼女, 高い後ろ姿, 高い木, 高い朱文, 高い檣, 高い水仙, 高い水柱, 高い物腰, 高い生徒, 高い白楊, 高い看板, 高い眼鏡, 高い立見君, 高い端正, 高い節子, 高い美男, 高い美貌, 高い肘掛椅子, 高い肥った, 高い肩, 高い背広, 高い背廣, 高い若い女, 高い草, 高い蝋細工, 高い道庵, 高い金髪, 高い雑草, 高い顔, 高い骨格, 高い髪の毛, 高い髭, 高え, 高くなった, 鱗を

1 [932件 抜粋] あいだから, あたりと, あぶを, ある部分, いたみが, うるおいしぞ, おそろしく高い, お高い, かがんだ年, かぶと, きみを, きわめてひくい若い, ぐっと高い, ごく低い, すぐれた女たち, すさまじい跳躍, すっくり, すらつと, すんなりと, すツきり, ずんぐり低い, そばへ, たかいがんぢよう, たかいは, たかい一幹, たかい体, たかい武士, たかい異人たち, たかい美しいうす青い生命, たかい蘇鉄, たかい黒茶, たつ浅い, ために, ついた緞子張り, つつみに, とどかないところ, どちらかと, なだらかな, ばかに, ひくい伸子, ひくい変てこ, ひくい娘, ひくい感じ, ひくい男, ひくい青草, ひょろっとし, ひょろ長いもの, ひょろ長い体, ひょろ長い方, ひょろ長い青年, ひよろ, ひよろ長い黒い著, びしちゃずるいわ, ほうから, ほうへ, まるい国民服, まろい, やうに, クロオスの, シヤツも, 一つへ, 一方の, 丈の, 丈は, 丈を, 上でも, 上部ことに, 上部に, 下の, 両側の, 両隅, 中央一つは, 二倍も, 二倍近くにも, 人は, 代表の, 伸びた泣ごと, 低いお婆さん, 低いがっしり, 低いがん, 低いくらい, 低いごま色, 低いすこし, 低いその, 低いちょっと, 低いどちら, 低いに, 低いふとった, 低いやせた, 低いわり, 低いデブデブ, 低いランプ, 低い一人, 低い一番子供, 低い中肉, 低い丸めた, 低い丸髷, 低い仲平, 低い僧形, 低い六十, 低い前列, 低い半白, 低い名, 低い唇, 低い四十, 低い声色遣い, 低い太つたの, 低い太つたプツゼル婆, 低い夫, 低い子, 低い子安君, 低い小さい小さい実直そう, 低い小づくり, 低い小児, 低い小児用, 低い小男, 低い少年, 低い岡崎さん, 低い川楊, 低い彫刻, 低い快活, 低い敵, 低い方の, 低い時, 低い木瓜, 低い某氏, 低い樹, 低い母, 低い気, 低い気軽, 低い洋装, 低い灌木, 低い熊, 低い父, 低い猿, 低い男ぶり, 低い痩形, 低い瘠, 低い白髮, 低い相撲取り, 低い看護婦達, 低い真赤, 低い空気抜け, 低い細君, 低い網代笠, 低い肌, 低い胖, 低い脂, 低い自動車, 低い菜種, 低い藝人, 低い藤, 低い西洋人, 低い言うまでもなく若い女, 低い赤ら顔, 低い逞, 低い金髮, 低い門番, 低い陰鬱, 低い露西亜人, 低い青年, 低い頑強, 低い顔色, 低い體術, 低い黒部杉, 低き角行燈, 低くて, 傷が, 円いこと, 処女は, 刀傷を, 刺青を, 創に, 創は, 勾配も, 十文字が, 厄介に, 反らし方, 埃を, 外套に, 大剣, 奥八畳は, 如くに, 姫は, 婀娜めくの, 子に, 子等は, 家を, 寸法までが, 小さい伸子, 小さい男, 小さな青い, 小作りな, 小包を, 小男という, 小草, 屈め方, 屈んだ人, 山は, 左側に, 幼な, 廬山は, 延びた岱赭色, 弓を, 形と, 形を, 影に, 後へ, 恐ろしく高い, 愚楽を, 愚楽老人である, 手を, 抜群に, 掩護を, 方が, 方で打つ, 方は, 方へね, 曲がった頑丈, 曲線の, 格好から, 椅子が, 様に, 模様が, 毛に, 毛の, 気の, 波は, 流汗滂沱として, 渓川は, 湯たんぽの, 火傷の, 無い腰かけ, 犠牲を, 琵琶を, 甲羅みず, 痒いところ, 痛み堪へ難く, 痩高い, 瘤の, 瘤起を, 白浴衣地が, 皇子の, 皮膚で, 眞中, 真中ごろに, 真中の, 真中まで, 短い片足, 矮い, 種類が, 立たないほど, 立たない気, 立つやう, 立つよう, 筆頭, 籠に, 細ッそり, 絶えず恐るべき, 綴喜の, 線長めな, 美しい尼御前, 美しい金文字, 羽壺の, 老母も, 肌が, 肩を, 色で, 色も, 荷と, 荷物や, 菩薩の, 角を, 赤ん, 赤坊も, 辺へ, 辺りに, 透に, 郁太郎を, 重なりを, 金文字を, 長いセビロ服, 長さ, 間を, 闇に, 附くまで, 青い光, 青い腹, 鞁の, 鞘へ, 風の, 馬が, 馬鹿に, 骨格の, 高いいかにも, 高いいなせ, 高いおかげ, 高いおじさん, 高いおとなしそう, 高いお嬢さん, 高いかなり, 高いからだに, 高いがっしり, 高いきちんと, 高いこれ, 高いさっぱり, 高いしかし, 高いそう, 高いそれでいて, 高いでぶちゃん, 高いところ, 高いどこ, 高いどっち, 高いなりふり, 高いはう, 高いひどく白髪, 高いひよろ, 高いほっそり, 高いやせぎす, 高いよく, 高いりっぱ, 高いアベツク達, 高いイタリア人, 高いキレイナ人, 高いゴーリキイ, 高いスイス人, 高いスッキリ, 高いスポーツマン, 高いトビ色, 高いポプラ, 高いミス, 高いユースタス, 高い一寸, 高い一癖, 高い三十がらみ, 高い三十ぐらゐの婦人, 高い三十前後, 高い三階建, 高い両, 高い中学生, 高い乾, 高い二人, 高い二十二三, 高い五十格好, 高い亞米利加人, 高い人たち, 高い人間, 高い伯爵, 高い何處, 高い偉そう, 高い偉丈夫, 高い元帥, 高い先生, 高い円柱形, 高い冠, 高い冷静, 高い几帳面, 高い切籠, 高い半球状, 高い厳粛, 高い友, 高い叔父, 高い古い石垣, 高い可愛らしい銀子, 高い司会者, 高い吉良兵曹長, 高い哥薩克帽, 高い四つ目垣, 高い四十前後, 高い垢抜け, 高い塩谷, 高い壁鏡, 高い士官, 高い大変立派, 高い大樹, 高い太い柱, 高い女姿, 高い好男子, 高い姉妹, 高い姉娘, 高い婆さん, 高い学生, 高い尋常一年, 高い小僧, 高い屍衣, 高い山崎, 高い岩佐, 高い島, 高い川瀬勇, 高い左一眼, 高い帆村, 高い年老いた, 高い廻転木馬, 高い張飛, 高い強健, 高い影, 高い従って, 高い御殿女中風, 高い怪人, 高い恰幅, 高い患者運搬車, 高い手, 高い支那人, 高い教授, 高い新しい伴, 高い時, 高い木の下, 高い杉, 高い松虫草, 高い枯草, 高い柱時計, 高い椅子, 高い検事, 高い樫造り, 高い機関兵, 高い武蔵, 高い武藝, 高い母, 高い水槽, 高い江戸前, 高い浪士, 高い清らか, 高い灌木, 高い煖炉棚, 高い燕尾服, 高い犬, 高い玉子, 高い珊瑚樹, 高い男らしいそうそう, 高い男振り, 高い痩せこけた, 高い痩せ細った, 高い瘠, 高い瘠せた, 高い白人, 高い白毛, 高い相手, 高い看守, 高い眼つき, 高い短い刀, 高い硬砂岩, 高い私, 高い竹台, 高い紅毛人, 高い純情型, 高い純白, 高い紫, 高い細い身体, 高い細長い体, 高い給仕, 高い美しい少女, 高い美女, 高い群集, 高い老爺, 高い者たち, 高い胡麻塩, 高い脂肪質, 高い腰かけ, 高い色白, 高い花, 高い花道, 高い若, 高い若い外国婦人, 高い若い男女, 高い苦み, 高い草花, 高い虚無僧, 高い衝立, 高い西洋, 高い覆面, 高い見馴れない, 高い警吏, 高い警部, 高い赤毛, 高い身体, 高い身扮, 高い逞しい士官, 高い運動家タイプ, 高い銀杏返し, 高い長髪, 高い陶器師, 高い露西亜, 高い青い顔, 高い青髯, 高い静か, 高い面長, 高い頬骨, 高い風流, 高い骨っぽい感じ, 高い鶴石, 高い黍, 高い黒い顔, 高い黒紋付, 高いMP, 高くく, 高く肩幅, 高さ三尺, 鰭青き, 鱗の, 黒い小さな

▼ 背~ (1921, 23.2%)

227 向けて 34 向けた 31 もたせて, 見せて 27 むけて 25 撫でて 23 丸くし 20 かがめて 18 向けたまま 14 もたせかけて, 円くし 13 向けながら 12 凭せ 11 屈めて, 曲げて 9 伸ばして, 見て 8 つけて, 丸めて, 撫でながら 7 まるくし, 伸して, 向けると, 見せました, 見せるの 6 さすって, なでて, 向けました, 向ける, 延ばした, 突いた, 見せながら, 越して 5 かりて, さすりながら, もたせたまま, 並べて, 凭たせ, 叩いて, 向けること, 抱いて, 見せます

4 [14件] のばして, まっすぐに, もたして, 叩いた, 向けたま, 壁に, 平手で, 延ばして, 打って, 撫でた, 見せたまま, 見ると, 越えて, 返して

3 [31件] たたいて, なでながら, はりつけて, ぽんと, まるめて, めぐらして, もたせるよう, 伸ばした, 借りて, 光らして, 円めて, 凭せかけて, 凭せた, 凭せる, 叩かれて, 合せて, 合わせて, 向けた儘, 向けようと, 向け合って, 推して, 擦って, 支えて, 此方に, 焼かれるよう, 立てて, 走った, 起した, 跼め, 靠せ, 高くし

2 [90件] あれさ, うしろから, かがめたり, かがめなければ, こちらへ, さすられて, さながらの, した女, して, とおして, ばさすり, まいて, まげて, まろくし, むけお盆, むけたまま, むけると, もたせ, もたせかけた, もたせた, もたせながら, もたせ五郎蔵, もたせ細長い, もたせ足, よせかけながら, ポンと, 両手で, 之に, 乾して, 低めて, 倚せ, 円る, 凭せかけたまま, 出して, 前に, 反らす, 反らせて, 叩かれた, 向けたが, 向けたと, 向けたところ, 向けたり, 向けては, 向けてるクリストフ, 向けるの, 向けるよう, 向け机, 寄せて, 山に, 幹に, 後ろに, 扉の, 打たれて, 打つと, 打つ背, 抱えるよう, 押して, 拍ち, 支えられて, 放して, 敵に, 斜に, 星明りに, 暖めながら, 曲げた, 曲げるよう, 柱に, 槍に, 樫の, 欄干に, 波打たして, 流したり, 流して, 火傷し, 目がけて, 突いて, 繁に, 蜒らし, 見せたの, 見せると, 見た, 見まもって, 見送って, 覓ぎかねて, 追って, 閉めた戸, 降りて, 離した, 離れて, 露は

1 [911件 抜粋] あずけて, あてた, あて群がり寄せ斬りかかろう斬りかかろうと, あぶるよう, あやしむ如く見すえて, あらわした, いつも黄金虫, いやという, うしろへ, うねらせた, おおいベッド, お名殘, お雪, かかえて, かがめあるいは, かがめいらだち黙然, かがめた, かがめのき下, かがめるよう, かがめ原画, かがめ呵責, かがめ暗い, かがめ眼, かがめ足音, かがめ間, かたくし, かるくたたいた, かわして, くだりて後, くれたいなあ, ぐったりよせかけ, ぐっと抱き締めた, ぐるりと, こえれば, こごめたきり, こごめながら, こごめ気味, こすつてる, こすりに, こっちへ, ごしごしこすり始めた, さすつて, さすり乍ら, さすり明かした, さするの, しかと抱きたまえる, しきり, した小さな, した山, した老い, してこそ, すくめて, すべり下った, するどく脅かし, ずっと伝わっ, そのまま土間, その柱, そびやかして, そらせたまま, そろへて, たえま, たたいたり, たたく, ただご, ちぢかめて, ちぢめて, つ, つきとばした, つけた儘スルスル, つけるくらいに, つたひ, つついた, つまんで, つよく抱え, とおし足, とび降りて, とんとんと, どやすよう, なしたれば, なす山脈, なでた, なでるの, なでるよう, にらまえたまま, ぬすむよう, ぬるぬると, のせて, のぞくと, のぞんで, のばし振り, はげしく突く, ひどくたたきつけ, ひるがえし再び, ぴしりと打った, ふろで, ぶち合ったり, ぶつけたまま, まるくうずくまっ, まるめ首, まるめ黙りこくつて, みせた潮田春樹, みせて, みせると, みなまるく, むくるは, むけかえて, むけたのし, むけました, むける側, むけ黙々と, めがけお, めぐらしたところ, めぐらしながら, もたし腕組み, もたせかけコクリコクリ, もたせかけ片手, もたせたま, もたせもう, もたせ両足, もたせ例, もたせ夕暮, もたせ座布団, もたせ暗い, もたせ橋, もたせ緑, もたせ腕組み, もて示して, もみ足, やさしくなで, やさしく撫で, やすめまた, よせかけても, よせて, よせる柱, よりかける, サアッ, ダーミアータに, ハタハタと, ピアノの, 一つどんと突い, 一層丸く, 上から, 下に, 串刺しに, 丸くした, 丸く曲げる, 丸く蹲, 丸めた閑散, 丸めながら, 丸めはげしく, 丸め何, 丸め顎, 乗出して, 九十九折り, 二つに, 二つ折に, 二重に, 人目も, 今も, 付けるくらいに, 伝は, 伸すと, 伸ばしながら, 伸ばし伸び, 伸ばし堅固, 伸ばす, 伸ばせば, 低くす, 低く見せる, 何処とも, 使うもの, 倚せ掛け, 借すこと, 偃くし居る, 側の, 優しく叩い, 光らせた蜥蜴, 光らせて, 八十ばかり, 円く流, 円つ, 冷やす, 凭した, 凭せかけ膝, 凭らせ, 凭れかけて, 凹ますよう, 出したよう, 切った, 切つたのも, 利用する, 刳った椅子, 刻む鏨, 剥がし呼鈴, 割いて, 割つて, 劇しく, 十手で, 半分後ろへ, 卷きしこと, 反らし, 反らして, 取り包んだ棕櫚, 叩いた者, 叩きながら, 叩くも, 叩く白い, 合して, 合せるよう, 向いた, 向け, 向けあの, 向けえない, 向けこっち, 向けさせ都市的洗練, 向けし時, 向けたがって, 向けたという, 向けたなり, 向けたの, 向けたまま無心, 向けたるが, 向けたフアンテジイ, 向けた勘三, 向けた弾み, 向けた東向, 向けた梯子段, 向けた結果, 向けた途端, 向けつつ, 向けてから, 向けてること, 向けてる丈, 向けてる市長, 向けてる沢子一人, 向けなかった, 向けはじめること, 向けぱたぱたと, 向けやはり, 向けよう, 向けられたこと, 向けるし, 向けるつもり, 向けるとき, 向ける態度, 向ければ, 向けテーブル, 向け一つ, 向け二人, 向け千鶴子, 向け去った現下, 向け受け口, 向け合, 向け向う, 向け夕陽, 向け大股, 向け宏子, 向け感傷的, 向け政治, 向け歩き出した, 向け炉端, 向け走り出した, 向け足, 向け軍事的侵入, 向け重く, 向け首, 向け黒, 向ふ, 唐紙に, 団扇で, 圧されて, 圧する椅子, 埋め得るだけの, 壁の, 大地へ, 大股で, 太陽に, 姉が, 守る楯, 安心した, 寄せかけた, 寄せた, 寒くし, 射て, 射ぬかれた薩兵, 小突かれた, 少しかがめ, 少し斜, 屈ませて, 屈めた, 屈め胸, 川の, 帆の, 平らかに, 幸なき, 庇う, 延して, 延ばしたが, 延び上げようと, 弓なりに, 引き剥がして, 引け目に, 弟に, 彼の, 得意気に, 念ふ, 戸棚に, 手間ひまなく, 打たせること二十杖, 打ちます, 打ち割られ突き破られて, 打ち返し打ち返し丁寧, 打った, 打ったり, 打つの, 払ったり, 抱えこむよう, 抱え手ずから, 抱きかかえて, 抱きながら, 抱くと, 抱くよう, 押えあけがた, 押えて, 押さへられつつ, 押したの, 押しつけたまま, 押し倒せ, 押上げらるる, 拉がれ手足, 拊つなり, 拭うて, 拭わせた, 持ち上げ同じ, 指さした, 指さして, 振った, 振り向くと, 捻じて, 捻って, 捻つた, 掠めて, 掴まれたまま, 掴んで, 揃えた哲学書, 揺って, 揺り上げると, 摩りなど, 撥で, 撫づればいつしかすやすや, 撫でさ, 撫でては, 撫でなぞ, 撫でまわしたり, 撫でる様, 撫で撫で物, 撫で顔, 撫で髪の毛, 擁し合いながら, 擦りながら, 攫みき, 支えた老, 支える二人, 攻撃せしめ, 日に, 昨夜も, 曝し居り候, 曲げもちろん, 曲げる芒, 曲げ高めて, 板壁に, 榊で, 横えた, 樺の, 此方へ, 歩くこと, 殴ぐりつけた, 母子の, 沈めた, 波の, 泥だらけに, 洗わしながら, 流されたり, 流す内, 流れまして, 流れる, 浮べてるん, 渡つて來た, 渡る雲, 温めて, 湿すよう, 溢れ出づる, 炎天に, 焦がすばかり, 焼かれながら, 焼き追いつめて, 照し, 照らした, 熊笹の, 現わし, 當てて, 白いただ, 皮に, 目がけ斬りおろしました, 真直に, 睨んで, 破って, 突かれたせつな, 突き放した, 突くと, 突くよう, 突こうと, 立てかけた弁信, 立てた, 米友の, 絞つて, 綿密に, 縦走する, 縮めながら, 縮め尾, 者どもに, 肩ごしに, 肩を, 脂に, 脅かされてでも, 脅かして, 膝が, 落とした, 葢ふ, 蔽いまさに, 蔽うて, 薄黒く, 行くの感, 表わして, 襲いました, 西から, 西へ, 見せ, 見せた, 見せたと, 見せたまま別, 見せたやつ, 見せたらうしろ, 見せた真紀子, 見せる, 見せるよう, 見せる法, 見せる魏兵, 見せ三間, 見ただけでも, 見たり, 見つつ, 見まわし, 見るだけでも, 見守って, 見渡しながら, 見送った, 見送ッ, 覗いて, 託して, 貸して, 貸せ宗山, 貼りつけて, 走る狭い, 起して, 越え猟夫, 越しました, 跨ぎ毒蛇, 跳ね越して, 踏んで, 踏通つて奥に, 蹴る如く, 軽くゆすぶった, 軽く叩く, 軽薄の, 辷り落ちた, 返しました, 這って, 通り拔け, 過去に, 鈍色に, 鋭槍, 闇に, 降りないうち, 陽に, 離れ予, 露わした, 靠せた, 鞭って, 飽くなく見送って, 馳せた, 高くかつ, 高くしたら, 高くそびやかし, 高く円く持ち上げ, 高く持ちあげ, 高く足, 高めた猫, 高めた黒猫, 黒く踏ん

▼ 背~ (1864, 22.5%)

323 して 53 腹は 45 負って 31 手を 25 負うて 21 負われて 19 乗って 17 頭を 13 受けて 9 負ひ 8 乗せて 7 のせて 6 うけて, のって, 聽い 5 なって, 引き返して, 跨って

4 [12件] おとしながら, しながら, またがって, 両手を, 乗つて, 書いて, 浴びて, 腕を, 負いながら, 負はれ, 載せて, 顔を

3 [21件] あてて, かかって, したところ, 庇って, 廻して, 廻って, 掛けた, 掛けて, 斜めに, 汗を, 眼を, 聞いて, 背負って, 腹はかへ, 荷を, 負った, 負ったまま, 負ふ, 負へる, 負わせて, 身を

2 [71件] あたった, お燕, かくれて, かけた, かついで, くくりつけて, しがみついて, したまま, した空間, そっと手, つけて, ていが, ふれて, またが, またがった, 一人の, 似た岩山, 似た碧, 反り返って, 取りつく, 受けながら, 子を, 子供を, 寢て, 幼児を, 感じて, 感じながら, 投げかけた, 挿して, 接吻し, 日を, 春の, 根が, 汗の, 波を, 波打たせて, 濺ぎつ, 片腕を, 現われて, 男の子を, 痛みを, 矢は, 立つ, 籠を, 紐で, 結んだ其娘共, 緑の, 縛られて, 縛りつけられて, 聞いた老, 薪を, 衣鉢を, 被ひ, 負い身, 負うた楊幹麻筋, 負はれたる, 負ふと, 負へば, 負わされて, 負われたり, 足を, 跨がつて, 跨つて, 迫るので, 迫るもの, 隠して, 額を, 風呂敷包を, 食いついて, 鳴りましたが, 龍と

1 [1007件 抜粋] あかあかと, あちこち動いた, あって, あびながら, ありと, ある光, ある君, ある彫り, ある物, いくつも, いつも劃然, うすずく陽, うちのって, うつり大鳥居内, うねりを, おい鞍乗, おく, おさえたまま, おしつけて, おどらせて, おふ, おぶさつたり, おぶせて, おぶつ, おほひかぶさる, おわれて, お廻わしあれ, お美夜, かかり不屈, かくした, かけたあたり, かけて, かけまた, かけわずか, かじりついて, かついでる大きな, かるう者, かわったこと, きいたよう, くつろいだ御, くんで, ぐっともたれ, こっちを, ごつ, ささえた, さっきまでは, さわるか, しお, しがみついた, しがみつき或, したこの, したため, したちゃんちゃんこ, したれば, したテニスコート, したベンチ, した一つ, した丘, した北側, した堂々たる, した女, した婿君, した家, した景清, した書棚, した正面, した町, した箱, した親しみ, した逆光線, した阿弥陀沢, した雪, した麗姫, しても, しばりつけた, しもう, しようと, しろ顔, し一方, し昼, し涼, し田沢, し西, し露わな, すがって, すこし青, するよう, する必要, する石, すわって, ずり辷っ, せる酒瓶, その光, その頑丈, それぞれ灯火を, たたみ泛子, ちょっと手, ぢつと, つかまつた, つかみかかる男, つき脚, つけたひろ子, つけては, つらぬくほど, とびついた赤鬼, とびつくが, とび乗って, とまって, とめて, どッ, ながした, ながれて, なし沖, なびかせて, なりかじかんで, なれ, ぬぎかけて, のしかかって, のせると, のせ芝, のびて, のんびり二つ, はさんだ白扇, ひらりと, ぴったり背中, ふん反りかえった, へこませて, まいて, またがった一童子, またがりました, またがるなり, またふたり, まはつ, まわされ多分, むかって, むすび, むらがり登れかし, めづらしき, もたせた枕, もたせて, もたれかかったり, やさしく平, ゆうよの, ゆられながら, よりかかった, よりて, われねむり, ションボリと, スーッと, ピッタリと, ユックリと, 一つの, 一俵二俵づつ背負つて新宿迄, 一撃を, 一枚の, 一滴の, 一痕の, 三四郎の, 三番池を, 上つたやうな, 上体を, 両腕, 丸い肘掛, 乗せいと, 乗せたまま, 乗せ早足, 乗ったよう, 乗ってから, 乗つて小手, 乗り, 乗りかかる, 乗りたがる, 乗り夥しく, 乗り頭, 乗ること, 乘せ, 二つの, 二箇の, 享け, 仰けざま, 伊達な, 伏し河北, 伝令旗を, 似た湯沢山, 似て, 何となく明るい, 余る, 例の, 依りかかった, 俯向い, 倚らせ, 倚りかかり直した, 傷を, 傾けて, 入れる文字, 其等の, 冷え込むの, 冷汗を, 凭か, 凭たせ, 凭れかかって, 凭懸って, 刀で, 刀を, 分けて, 匍ひ, 千鶴子は, 午後の, 又二人, 反り返った, 取ったの, 受けた葉, 受けると, 受け候, 古代神の, 叩きつけないもの, 同志を, 向い決戦, 向けられて, 向つて, 向直って, 和子を, 噛りついた, 囲まれまた, 地図を, 坐つた, 城山の, 声を, 夕日を, 大きなリユツク, 大きな御幣, 大太刀, 大理石の, 夫の, 奇麗な, 子供が, 官兵衛は, 寝入つた, 対って, 射ちこまれた弾丸, 小さな背嚢, 小指の, 小次郎は, 小銃を, 尽忠報国の, 屈まりたるに, 展けた一線の, 岩に, 崩込ん, 左手を, 己の, 布嚢と, 帯の, 幾つも, 庇うこと, 廻したなり, 弁当の, 弓杖を, 引かけて, 引っかけられて, 強く笞, 当てが, 当夜の, 彼は, 後輩の, 御新造一人片手に, 応えた, 応えるほど, 感じた, 憂愁を, 懸け長い, 手の, 手綱かい, 打ちかかる音, 打つ俯せて, 托し自ら, 投げ掛けられた袴, 抱きあげられ舎弟, 押し分けて, 持主の, 捌き腰, 捲き激しく, 掛けならべると, 掛った, 控えて, 掻い上げようと, 掻き乗せ厳しく, 揺られ絶えず, 擔ひ, 擬して, 支えたなり, 散りかかる, 敷かせ黙って, 文あり, 新しい鞍, 旗亭が, 日の丸の, 映しながら, 昨夜の, 暮れんと, 月の, 木立を, 東に, 板を, 枯草に, 標を, 横乗りを, 次の, 歌かきつけ, 此方を, 残つてゐた, 殺到せん, 水を, 水戸は, 汗, 汗し, 沁み渡る頃, 沈痛な, 沿いゆっくり, 泣き伏して, 泥に, 流るるを, 浴びせられた大声, 浴びた早苗, 浴びること, 海を, 浹き, 淀みなく, 満載し, 漢竹の, 濡布巾を, 灰色の, 炭俵や, 熱いが, 熱かつ, 父娘は, 片手を, 片袖, 狼烟筒や, 玄蕃に, 生えること, 産んで, 留まり通し, 畠つ, 病が, 登る, 白い筋, 白い顔, 百杖を, 皮肉な, 盲の, 眼の, 着て, 石鹸つけ, 私を, 移る曲線, 積み分けても, 積めるだけの, 突き拔け, 立ちならんだ, 立ち木が, 立つた妻, 立つ思, 立てられた紙幟, 竹細工の, 笞し, 箔など, 簪を, 系圖の, 組んで, 結びあげ念珠, 結びつけられて, 結んだ下男, 編髪を, 縁の, 縛って, 縛りつけられその, 縛り付け藪, 縮んで, 纏って, 置き手, 羊の, 老婆あり, 聞えて, 聞かせて, 聳えて, 肩に, 背おわせ, 背押しを, 背負い金剛杖, 背負った一人, 背負ひ, 胡坐を, 腹どころじゃ, 膝に, 至り臥猪, 色彩りあざやかな, 若者を, 荒菰を, 荷った, 荷物かいがいしい, 菊慈童の, 落ちた, 落ちつきながらも, 落ちんとして, 葉之, 蔽われかかって, 蛇眼を, 袋が, 被せき, 西洋髪の, 見えるなまなましい, 見たる我子, 視線を, 触れしその, 託した, 記して, 諏訪因幡守様の, 豊かに, 象どる, 負いその, 負いまいらせて, 負い八溝山万歳, 負い戸口, 負い春子, 負い烏帽子, 負い身動き, 負うか, 負うたそれぞれ, 負うた子供, 負うた萌黄色, 負うと, 負うわが子, 負う手裏剣用, 負う袋, 負した, 負ったり, 負った光, 負った十数人, 負った老人, 負っとる事, 負はれた, 負ひつ, 負ぶさって, 負へ, 負わして, 負われた銀公, 負われ市, 負ん, 貼りつけて, 赤い糸, 赤斑こそ, 跨がつた魔法使, 跨がりながら, 跨がること, 跨りて, 躍り上った, 身体を, 軽く頭, 近い土間, 返って, 迫つて息を, 迫ります, 迫るべきだ, 迫る八大地獄, 迫る焔, 送られた蕃婦, 這わすこと, 通りすぎたが, 連続す, 達して, 重い竹籠, 重き佩嚢, 重量が, 金文字で, 釜を, 鉄道の, 銀燭を, 長い竹箸, 長剣を, 附きて, 降る, 陽炎が, 雄々しく非常, 雨具筆墨の, 露わな腕を, 靠せかけ, 靠れたまま, 須永が, 頤を, 顏を, 飛びかかり力任せ, 飛びのる間, 食物を, 飯盒を, 騎し, 高々と, 鬣五あり, 黄色い斑点, 黒き姿

▼ 背~ (551, 6.7%)

51 高くて 18 低くて 15 高い, 高いので 13 低い 12 低いので, 高かった 8 すらりと 6 低いから 4 低かった, 低かつ, 高いの, 高いん

3 [12件] ひくい, 低いの, 低くって, 低くなった, 低く色, 非常に, 高いそして, 高いよう, 高い方, 高くなく, 高く強壮, 高く足

2 [30件] たかい, ひくくって, スラリと, 低いと, 低くでっぷり, 低く小柄, 低く痩せ, 低く菫, 延びて, 望まれたの, 浮いて, 立たない, 緑青色を, 見えた, 見えて, 見える, 順平よりも, 高いから, 高いのに, 高くその, 高くって, 高くでっぷり, 高くなった, 高くまっすぐ, 高くも, 高くやせ, 高く毛髪, 高く痩せ, 高く色, 高ければ

1 [289件] あった, あって, あべこべに, あまり高く, あるから, あれば, いやに, おそるおそる云った, お高い, かがみ髪, かくれるほどの, かゆいとか, ぐっと伸び, これくらいの, こんなによ, さうい, さらに高く, じとじとと, すくんでしまい近寄って, すぐれて, すこぶる高い, すこぶる高く, すらつとして, ずいぶん高く, ずんぐりの, たかくて, たかくほっそり, たかく色, たかく見え, たたない, たたぬほど, ためと, とどかない, とどかねえや, のびすぎたよう, のびて, のびません, のびる草, はなれて, ひくいから, ひくいからね, ひくいで, ひくかった, ひくかつ, ひくく眼, ひくく見えた, ひょろ, ふっくりと, ほころびて, ほしいね, ほてった, ほとんど同じ, まがって, まるで零れた, まろく, みじかくて, もうすでにぎしぎしと, もう何寸, やはり前方, やや低い, よくわかる, ゾッとする, ドアに, ハレーションを, バネ仕掛けで, バラリと, ビルディングの, ポンと, ムクムクと, 一つの, 一寸ずつも, 一寸ばかり, 一尺のび, 一度でき始める, 三丈も, 三寸ほど, 三寸位の, 三尺も, 二アルシンと, 五尺二寸という, 五尺八寸あり, 五尺四寸も, 人並はずれ, 人並外れ, 伸びたよう, 伸びねえん, 伸びましたよ, 低いが, 低いがっしり, 低いけれど, 低いこと, 低いし, 低いそれ, 低いため, 低いには, 低いねえ, 低いのに, 低いのネ, 低いほう, 低いもの, 低い上, 低い其の, 低い方, 低い時, 低い親, 低うございました, 低く, 低くいつも, 低くしかも, 低くずんぐり, 低くったっ, 低くなっ, 低くなんだか, 低くむっくり, 低くやせ, 低くコンゴー, 低く両手, 低く丸顔, 低く大きい方, 低く左右, 低く年齢, 低く皮膚, 低く脚, 低く蒼ざめて, 低く見える, 低く頭, 低く顏, 低く風雅, 低く食卓, 低すぎ, 低まって, 倒され髭, 偃つて弱腰を, 光って, 冷たく太股, 冷やり, 凝るという, 割合高い, 右手に, 向くと, 品よく, 大変低い, 小さいから, 小さいよう, 小さく出っ歯, 小っ, 少し, 少し冷, 屈んだとか, 届かぬほど, 届きかねる, 平面な, 幾分低い, 延びや, 延びると, 弾んで, 影一ぱいに, 彳んだ, 彼の, 後ろの, 愈, 日の, 星明りに, 映ったの, 曲がって, 曲るほどの, 極く, 段々高く, 波を, 焦げそう, 現れて, 痒きを, 痛むほど, 痛んで, 目に, 眺められたもの, 短かった, 研究を, 私に, 立たないワ, 立たぬ, 立ちました, 立つの, 立てられた, 粟立つほど, 自分の, 蝙蝠の, 見えるぐらい, 見られた, 見られる処, 詰って, 赤茶地に, 赤褐色に, 足らないので, 足りなかった, 足りぬ, 蹲まっ, 輝く, 返って, 遽に, 随分高い, 隠れかけると, 青銀色, 風で, 馬鹿に, 高いか, 高いかの, 高いかも, 高いくらい, 高いくらいに, 高いし, 高いだけに, 高いでしょう, 高いと, 高いという, 高いとも, 高いなどの, 高いのね, 高いばかり, 高いばかりで, 高いほう, 高いやう, 高いわけ, 高い上, 高い帯, 高かつ, 高くいちばん, 高くがっしり, 高くきりっと, 高くこれ, 高くすらっと, 高くすらり, 高くすんなり, 高くそう, 高くそして, 高くそっけ, 高くつまり, 高くては, 高くでつ, 高くどれ, 高くな, 高くない, 高くなくっ, 高くなけれ, 高くなつ, 高くなる, 高くのび, 高くまるまる, 高くやや, 高くりっぱ, 高くスマート, 高く中世紀, 高く体躯, 高く何度, 高く優美, 高く内気, 高く口髭, 高く堂々, 高く夫, 高く小, 高く少し, 高く屋, 高く強そう, 高く成つて, 高く手脚, 高く格好, 高く生々, 高く痩せた, 高く盛り上がった, 高く盲目, 高く眉, 高く節々, 高く美しくて, 高く胸, 高く腕, 高く色白, 高く茶褐色, 高く見えた, 高く金髪, 高く長いオーバー, 高く青い注意, 高く青黒い顔, 高く面長, 高く頑丈, 高く頑健, 高く黒い洋服, 高く鼻, 黒い斑, 黒く光り

▼ 背~ (204, 2.5%)

11 低いが 6 低い方 5 高い方 4 高いが 3 そう高く, 少し低い, 箭は, 高かった

2 [11件] あまり高く, すらりと, むしろ低い, スラリと, 低い, 低き兵, 僕の, 高くない, 高くなく, 高くは, 高く面長

1 [144件] あなたと, あんまり高く, いかなる路, いかにも自責, いつか空鞍だった, いつもの, うしろの, うつろで, かなり高い, ぎらぎらと, この夕陽, これ以上には, ごく高, さほど高く, さまで高く, しと, すこぶる高い, すべてを, ずっと高い, ずっと高く, それほど高く, だんだんと, ちんちくりんだ, とどかないので, どちらかと, どんなに遠く, ひくいが, ひたと汗, ひとつである, ひよろりと, ふとし, ますます丸まっ, まるで渦, むしろ又, もうあきらめた, もう弓, もちっと, もとより山, やや低く, 七人の, 両側と, 並である, 並より, 並よりも, 中背より, 丸く曲った, 丸まって, 主婦よりも, 五尺そこそこだ, 五尺一二寸ぐらいしか, 五尺五寸に, 五尺四五寸頬ひ, 亭乎として, 人並みよりは, 低いし, 低うございました, 低かった, 低かつ, 低くっても, 低くない, 低く横, 低く肥った, 低く色, 低く莖, 保全上と, 俺より, 六尺あった, 六尺に, 冷たく輝い, 冷然と, 前二者であっ, 前夜彼が, 劇しく波打っ, 千二少年より, 同じくらい, 名そのまま, 向けて, 夕日の, 多くの, 大事ない, 大和女の, 太郎と, 女院のよりも, 家と, 寸前に, 少し高い, 左まで, 巨人の, 帆村よりも, 床ずれを, 庖刀の, 彼女の, 後の, 後ろを, 思わずも, 恐しく高, 恐懼の, 我よりも, 搾木, 星だった, 普通より, 曲がり頭, 曲りかけて, 曲り毎, 朝宵に, 木の, 正太の, 歩道から, 母よりも, 氷攻めであった, 波打つやう, 浮ぶかと, 深き谿, 渋を, 烈しい感情, 無論余る, 燦爛と, 相当に, 私より, 立ちません, 立って, 背が, 自分と, 茫漠と, 血紅の, 釘とじ, 雑木林南は, 雲つく, 飜, 高いほう, 高かつ, 高からず, 高くありません, 高くがっしり, 高くけれども, 高くて, 高くなかった, 高く目, 高く眼, 高く色, 高く足袋, 高し力, 魚を, 鼠色腹は

▼ 背~ (185, 2.2%)

9 かけて 7 向って 6 手を 5 かけての 3 廻して, 頭を 2 しがみついた, つめるだけの, 眼を, 顔を

1 [144件] いうの, いった, いって, うしろから, お手, お移りあっ, かけた部分, かけると, かぶりつき帯を, ぎっしり背負い込ませ, くっつけ汗, くれて, けわしい形相, こう云っ, こう云った, こう謡口調, こすりつけて, しっかりと, しりぞいて, じろりと冷たい, ちょっと鶴, とび移って, のせられると, はらと, ひらりっと, ほそい御, ぽとぽと落ちた, またがった, まわして, まわって, むしゃ振り, もう一ト言, もたせかけて, もたせかけ舞台, もつて, ゆらりと乗り, ズーンと, ヒラリと, フワリと, 下から, 下げて, 両手を, 乗るが, 二人し, 云った, 何かも, 例の, 光らして, 兵糧を, 冷たいもの, 凭れて, 刀の, 反り返った, 向けながら, 呼びかけて, 唾する, 四時五十分に, 回って, 声を, 大きく深く斬り割った, 大きく繃帯, 寄って, 小平が, 小石を, 小芳, 平四郎は, 廻し左手を, 廻すと, 廻す長三, 廻った, 廻って, 廻る, 当てた, 当てると, 手の, 投げて, 投げ差物, 抜くの, 抜けた, 押しもどし, 押し上げて, 担わせた, 振りかけて, 振り向けたところ, 掛けて, 斜めに, 斬りつけた, 来て, 桶の, 棍を, 横乗りに, 武蔵は, 泣きぬれたまま, 浴びせた, 浴びせるよう, 浴衣を, 無理に, 燃えついて, 白刃の, 白刃を, 着せようと, 移された, 移されると, 移つて行つた, 移る, 立ッて, 羽織った, 翻然として, 肩が, 肩へ, 自分が, 荷車が, 落ちんと, 蕾にか, 薪を, 藤五は, 虎斑の, 被けたり, 言った, 赤く大きく菊水, 跳びかかった, 跳び乗るが, 躍りかかろうと, 身を, 載せて, 迫って, 迫るや, 這い上った, 遂にいえなかった, 道誉を, 重なるよう, 重ね打, 隠すよう, 雨具を, 雫が, 電光の, 飛び上がりました, 飛び乗った, 飛び移るま, 飛縋った, 馳け, 高く上げ, 龍子は, 龕の

▼ 背から~ (152, 1.8%)

5 降りて 4 おろして 3 胸へ, 腹へ

2 [14件] 下りて, 下ろして, 剣を, 手を, 放れて, 現はれ, 肩から, 胸胸から, 腰の, 腹にかけて, 荷物を, 開いて, 降りた, 降りると

1 [109件] おりた少年, おろされました, おろしといたばかし, おろす, おろすや, ころげ落ち, ころげ落ちた, さっき擡げた, しなやかに, すぐ平, すでに細, すべらせた, ずッ, たらした, とてつもない力, また一疋, まッさ, ズルズルと, 一尺ばかりの, 一突きに, 下して, 下ろした食物, 下腹にかけて, 乳下まで, 乳飲児を, 二度三度妻子の, 人々の, 刄物を, 前へ, 割て, 勘次と, 受けて, 受ける夕日, 口の, 右の, 呼ばれるや, 噛破って, 小手を, 尻へ, 幼児を, 庖丁を, 心臓の, 思わず, 抱き込んだ, 拔いた, 振り落されて, 振り落され右, 振り退けて, 振向いた, 捨てられた美少女, 映す, 時々聞える呻き, 暖いものが, 朝陽が, 海中へ, 湯槽の, 漆桶を, 漸く降りた, 眺めますと, 眼にかどを, 眼を, 突き頭, 突然に, 肌着にまで, 背へ, 胴体にかけての, 胸の, 胸まで, 胸を, 胸板を, 腕には, 腰にかけては, 腰へと, 腰への, 苦も, 荷が, 藤吉郎も, 血が, 袖を, 襟へと, 覆被さる様, 覆被さる樣, 見た風, 覗かせて, 解くかの, 負担を, 足さきまで, 跳びおりた, 蹴おとさん, 身体を, 転げ落ちる, 転落する, 軽桟, 追っぱらって, 鋭い目, 鍔にかけて, 鍬を, 開くと, 降りそう, 降ろさないで, 除いて, 除夜の鐘が, 陸上に, 離して, 頼尚, 顕れる千鶴子, 飛び降りて, 飛降りて, 食み出さして

▼ 背~ (95, 1.1%)

3 すらりと, 高い 2 たせの, のび, のびたと

1 [83件] あまり高く, いまは, かがまないという, かしたであろう, かすかに, ぐんと高く, こッち, さう高い, すぐれ面貌, ずらして, そう高く, そっくり肉, たかく柔道, ただ心安し, とどかないほど, ぬかるみ道も, のばし外気, はるかに, もう少し高かっ, もう見えぬ, 人の, 人間と, 伸ばさない, 低いし, 低いの, 低い病身, 低かった, 低く足, 円く前, 動きが, 半身の, 反らん計り, 反るよう, 同じ程, 四肢も, 埋む萱原, 少し低く, 少し前屈み, 少し高い, 幅も, 心持ち高かっ, 我々人間と, 折れんばかりに, 撓み全体, 曲がり年齢, 板ででも, 椅子から, 汗ばんで, 皮膚全体が, 着物も, 矮く, 私に, 立ちゃしないけれども, 美しく差す手, 腰の, 腹も, 臀も, 見つからなかった, 調べて, 足の, 辛かろう, 通れと, 随分高, 青いで, 靡いて, 骨ぐみも, 高いよう, 高いタイプ, 高い小, 高い方, 高か, 高かった, 高くその, 高くなり, 高くなります, 高くスラリ, 高く体格, 高く大きな, 高く女, 高く好男子, 高く柄, 高く青々, 高く骨組み

▼ 背には~ (84, 1.0%)

2 乳飲児を, 札を, 空に, 綿の

1 [76件] いまやたがい, うつくしい羽, そういう咒文, その後の, それぞれそれこそ, それぞれ鉄砲を, のこぎり歯と, はやく既に, ひとりの, また半球形, もはや丸く, ショールの, 一人の, 一人子の, 一枚の, 一面の, 七本の, 下に, 乳飲児が, 二つ三つ, 二太刀ほど, 人の, 伝蔵の, 何百年来の, 傘ほども, 冷汗が, 凄じい鈎形, 千入の, 土色した, 地図の, 地蔵の, 多くの, 大山, 学者の, 小木生じ, 峯を, 左文次が, 常にさう, 感ぜず渓流, 明らかに, 汗が, 沢山の, 波を, 清葉の, 無限の, 焼死んだ, 獲物の, 白い砂山, 白い花びら, 矢が, 破簾, 神が, 笈を, 箔捺し, 籠を, 粗朶らしい, 粟穂違いの, 翅が, 職業野球の, 背荷い, 胡, 自分の, 花籠脚に, 荒菰を, 蓙を, 薄紗の, 袋へ, 見て, 負仏, 軍配日月の, 逆顔, 郁太郎が, 郁太郎を, 重そう, 鞍が, 黒毛が

▼ 背~ (62, 0.7%)

2 それを, 詩を

1 [58件] あつた, おさえて, こするよう, この開閉器, さへ, たえず路, ちょっと不気味, ねむって, はこぶ木, びたびたと叩い, まいりました, むずかる眼, やった, リンリン鈴が, 三太に, 世間を, 二日も, 五厘か, 倒れるの, 元の, 元気の, 反身に, 叩いては, 呻いて, 呼吸を, 圧迫した, 守るが, 小屋へ, 小男の, 峰打を, 彼女を, 手長の, 打つたの, 押すよう, 武蔵は, 泣く子, 泥壁が, 浪を, 物を, 眠った弟, 眠りかける子供, 結んで, 肩で, 自分の, 街道を, 負う荷造り, 負って, 赤ン坊が, 身を, 軒を, 辛くも面, 送って, 運搬する, 野風雑にゃ, 鐵の, 附近には, 音を, 高処

▼ 背~ (61, 0.7%)

4 腹との 3 背を 2 腹の, 自分の

1 [50件] あまりにも, いい恰好, いい毛並, いたるところ, いちどに, いとを, いはず叩きつけて, いわず腕, いわばただ, し死, であります, なるところ, ケシの, サンを, 一枚に, 三里へ, 合された人々, 吾が見, 呼び呼ばれ参らする中, 子の, 尾に, 峰に, 廣き, 思はれる方向, 日光の, 横の, 渋沢の, 肩とへ, 肩とを, 肩に, 背, 背と, 胸とに, 胸とを, 脚に, 腰で, 腰に, 腰には, 腰を, 腹は, 腹を, 腹部とに, 裳の, 言い恰好, 言わずとんとん, 言わずなめ, 足と, 車台の, 額とで, 駕の

▼ 背延び~ (42, 0.5%)

19 をし 9 をした 3 をする 2 して, しては 1 した, するよう, をさせた, をしました, をしよう, をせず, を残し

▼ 背にも~ (37, 0.4%)

11 たれて 2 たれこんで, 似て

1 [22件] しつとり汗, たれかかりました, たれた, たれたこんな, たれたまま, たれひとり, たれるとき, たれ少し, のらずに, 二寸ばかりの, 八九軒煙を, 六つほど, 前にも, 同じよう, 幼稚き, 昆蟲聚り, 湯が, 空の, 肩にも, 臂にも, 表れて, 負われ手

▼ 背恰好~ (34, 0.4%)

4 すらりつ 2 といい, の

1 [26件] から首筋, がそっくり, がどうやら, が今, が何となく, が兼吉, だった, であること, とか着物, とも忠作, と一致, のほっそり, の人, の女, の女の子, はどうやら, はよく, は一寸, まぎれも, までもかなり, もあれ, も後, も肉付, も肉付き, や外套, や顔立

▼ 背~ (28, 0.3%)

3 の洋服, を着 2 の服

1 [20件] が明い, だが, だと, では, にヨレヨレ, に中折帽, に口ひげ, に思い切, に着, に鳥打帽, のポケット, の上, の人, の會社員, の腿, の輕裝, ばかり着, をき, をキチン, を著

▼ 背~ (25, 0.3%)

3 になっ, に宿しく, に見ゆる 2 になった

1 [14件] にあとあし下り, にし, にな, になつて, になるあり, に刎, に寝しく, に火桶, に腰, に臥し, に見, に面, のは, の婦人一人

▼ 背~ (24, 0.3%)

2 に山内さん, のつ, の薊

1 [18件] が愛想気, が愛想氣, これぞ饗庭亮三郎, じゃねえという, でおまけ, でしたから, ではあつ, で大, なる乙娘, な直立, な身体, に結んだ目ざめる, のっぽう, の上院議員, の二尺, の男, の議員, の赤髯

▼ 背~ (23, 0.3%)

1 [23件] からかちかち, からは甘美, から声, には百万石, には鍋島様, に倒れ, に取り残された, に控え, に溶け去っ, に燃え, に税所郁之進, に続く, に襞, に近づい, のいつ, の一部分, の三人, の壁, の硝子戸, の障子, へよろめく, を向けますます, を振り向く

▼ 背~ (22, 0.3%)

1 [22件] イギリスの, 喉を, 夥しい矢, 尻を, 尾根をめぐって, 忍び隊の, 空や, 美濃の, 肉づき, 股の, 肩に, 肩を, 胸を, 腋を, 腕に, 腰の, 腰を, 腹へ, 荷車に, 袖に, 重さ, 頭の

▼ 背くらべ~ (18, 0.2%)

9 をし 2 をした, 家門を 1 のため, の話, の身すぎ世すぎ, はいつ, をする

▼ 背向け~ (17, 0.2%)

2 て, ていた

1 [13件] たりする, つつ行, ている, て少し, て急ぎ橋, て明日, て正しゅう, て読書, ながらつづけた, ながら口, ながら言った, もしない, 今日も

▼ 背高く~ (17, 0.2%)

1 [17件] そして二人, やせて, 一方は, 伸びて, 咲いてるの, 年三十代の, 生い茂って, 生えた墓地, 立って, 繁って, 繁茂してる, 肉やせ, 肩広く, 見えて, 見ゆる衣紋つき, 顔の, 黍が

▼ 背よりも~ (16, 0.2%)

2 たかい草原

1 [14件] ずっと高く, まどろし, 高い, 高いあし, 高いので, 高い南天, 高い尾花, 高い笹藪, 高い草むら, 高い藪, 高くしげっ, 高くその, 高くは, 高く父

▼ 背むし~ (15, 0.2%)

2 の顔

1 [13件] が一人, が一人蟇口, が何人, に生まれついた, のよう, の地主老爺, の坊主, の左右, の影, はふり, はやはり, ばかりになっ, を見つめる

▼ 背より~ (15, 0.2%)

2 冷水を

1 [13件] その袖, 低い石垣, 低くなっ, 垂れて, 所謂飛鳥式の, 拂はれし, 浮かび出, 肩は, 胸より, 腰にかけての, 腹に, 落ち月これ, 高く延び

▼ 背大兄王~ (15, 0.2%)

1 [15件] が仁柔, が殺された, と由義王, に讓, の勢力, の対, は一族, は太子, は胆駒, は自ら, は蘇我入鹿, やその, を斑鳩宮, を斥け奉り, 及び十五王子

▼ 背高い~ (14, 0.2%)

1 [14件] の, キビが, 体を, 信吾が, 女が, 姿が, 姿は, 姿も, 婦人帽の, 建物は, 男とが, 老爺で, 蒼ざめた帝大の, 頭髪を

▼ 背~ (13, 0.2%)

1 [13件] がない脆, となっ, にみるみる, にも似た, によつて, の放射的, も今日, をいただい, をなし, を受けた, を支持, を見せ, を負っ

▼ 背向き~ (13, 0.2%)

4 になっ 1 で三人, に, になった, にドッ, に椅子, に突, に頸, の男, の石地蔵

▼ 背文字~ (13, 0.2%)

2 のない

1 [11件] が異様, でそれ, でほほえみかけ, と白い, に, に見入つた, の金, をながめ, を全く, を敏速く, を読みつづけた

▼ 背まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] くたくたに, くっついて, みどりの, 下がって, 体じゅうの, 出掛ける熱心, 刺し貫いてな, 引返す予定, 泥濘の, 突通るもん, 続いた装飾, 達しそれから

▼ 背~ (12, 0.1%)

2 の文字 1 では, にのせ, に乘, に百叩き, に立ち, に至る, に銭函, の人物, の菩薩, の蓮台

▼ 背表紙~ (12, 0.1%)

2 の金文字 1 が余, だけをつなぎ, で, ですっかり, にやすめ, の二十冊分, の反り返る, をしょっ, をしょった, をせ

▼ 背~ (11, 0.1%)

1 [11件] からみ, とは全然, なんかは問題, の盛り上り, ばかりを食う, よりもかえって, をお, をも脚肉, をビイフステエキ, を縫った, を食

▼ 背ぼね~ (10, 0.1%)

1 には陸奥山脈, に伸び, は我慢, をたたき, をたたきのめした, をなし, を伸ばし, を打たれた, を突きぬけ, を踏みつけ

▼ 背~ (9, 0.1%)

3 つています 1 つたり, つた昔の, つて航空機から, ひ登山杖, ひ老者, ふでありませうか

▼ 背おっ~ (8, 0.1%)

2 ていた, ている, ているでしょう 1 てあるきまわっ, て人間

▼ 背かっこう~ (8, 0.1%)

1 から顔つき, など自分, のかわいらしい, の似, の男, まで寸分, まで日野俊基, も髪

▼ 背にかけて~ (8, 0.1%)

1 一面あけに, 三人の, 両方の, 山に, 斜かいに, 波濤を, 縛りつけるの, 蔵屋と

▼ 背~ (8, 0.1%)

1 がずっと, が互いに, だの, というの, にいま, の両端, や背負梯子, を目がけ

▼ 背こそ~ (7, 0.1%)

2 高くない 1 すらりと, 仲平ほど, 低いが, 高くて, 高くても

▼ 背なる~ (7, 0.1%)

2 壁の 1 エバルの, 小供, 山に, 生くる, 錦の

▼ 背~ (7, 0.1%)

4 をし 1 でもする, をしたら, をする

▼ 背~ (7, 0.1%)

1 に情, に置い, に黒い, の上, は石竹色, をなし, をなす

▼ 背~ (7, 0.1%)

5 をし 2 をする

▼ 背戸山~ (7, 0.1%)

21 では頻りに, の坂道, の梢, の竹, へ出

▼ 背越し~ (7, 0.1%)

1 にモーヴ色, に恭, に手, に擲げ, に物, に頤, もよい

▼ 背~ (7, 0.1%)

1 させたの, しだした, するどころか, する寂し, する軍, の道, を開始

▼ 背~ (6, 0.1%)

2 ぢが, ぢを 1 ぢとを, ぢは

▼ 背との~ (6, 0.1%)

1 あいだに, やうな, 境は, 運搬方法を, 間の, 間を

▼ 背へも~ (6, 0.1%)

1 たれこむよう, たれこんだ, たれて, やはりそんな, 散りかかり嘉門, 降りかかった

▼ 背~ (6, 0.1%)

4 坐を 2 坐であるの

▼ 背伐り~ (6, 0.1%)

1 といふ言葉, の厳禁, の吟味, の嚴禁, をし, を監視

▼ 背~ (6, 0.1%)

2 で身体中 1 だった加奈子, なの, の大隊長殿, シ

▼ 背姿~ (6, 0.1%)

2 ありしが 1 で忙し, で顔, を睨む, を見

▼ 背でも~ (5, 0.1%)

1 さすつて, 撫で, 撫でて, 蟠って, 見るやう

▼ 背とを~ (5, 0.1%)

1 当てて, 当て暖か, 持った子供, 支えて, 砕かれました

▼ 背廣服~ (5, 0.1%)

2 を着け 1 のほか, も黒サアジ, を着

▼ 背~ (5, 0.1%)

1 に, にする, ふるえ髪ゆらぎ, を喰わせ, を食わせよう

▼ 背競べ~ (5, 0.1%)

1 になっ, のよう, をした, をしよう, を唆

▼ 背~ (5, 0.1%)

1 が六尺五寸一分, さ七尺余, の小柄, はほとんど, を眼分量

▼ 背~ (4, 0.0%)

1 かあるいは, か何所, か腹, 下手な

▼ 背にて~ (4, 0.0%)

1 すりに, 作れる, 組合は, 組合わされたり

▼ 背にまで~ (4, 0.0%)

1 ぐさりと, 出て, 刺し込んで, 鏃が

▼ 背ほども~ (4, 0.0%)

1 ある土佐犬, ある小田原提灯, ある重い重い, あろうかと

▼ 背ろ姿~ (4, 0.0%)

1 である, には濛々, に顔, のスッキリ

▼ 背~ (4, 0.0%)

1 が耳, にしるされた, を立て, を見

▼ 背戸田~ (4, 0.0%)

1 からはじめて, で, に野宿, へ見回り

▼ 背比べ~ (4, 0.0%)

1 でもし, でもする, のシルシ, をし

▼ 背~ (4, 0.0%)

2 の皮 1 に粘りつい, を炙

▼ 背負わされ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て庄司重忠, はしない

▼ 背~ (4, 0.0%)

1 まで貫い, を叩く, を叩こう, を握った

▼ 背かざらん~ (3, 0.0%)

1 ため, とする, 事を

▼ 背くる~ (3, 0.0%)

1 ことあたかも, その顔, ぞあはれ

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 しづくり以外, しに四方, すりを

▼ 背せず~ (3, 0.0%)

3 唯々と

▼ 背である~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 うえに

▼ 背では~ (3, 0.0%)

1 ないかと, 届かぬアパート, 赤ん坊が

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 の児, へぬけ, んです

▼ 背について~ (3, 0.0%)

1 白い首筋, 眼を, 窓外を

▼ 背~ (3, 0.0%)

2 には向け 1 妻を

▼ 背へと~ (3, 0.0%)

1 むき出された女, 乱れて, 移る起伏

▼ 背みたい~ (3, 0.0%)

1 な青黒い, に一縮一縮地, に真っ赤

▼ 背をば~ (3, 0.0%)

1 よも刺さじ, 乗り上げ蹴立てて, 掻無で

▼ 背をも~ (3, 0.0%)

2 屈げね 1 なでるであろう

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 下マデ切下ゲタカラ, 向ケテ, 向ケル無表情

▼ 背一ぱい~ (3, 0.0%)

2 にゆりかけた 1 のびて

▼ 背低く~ (3, 0.0%)

1 して, であったので, の胴

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 せに, せを, のとれかかった

▼ 背合せ~ (3, 0.0%)

1 になっ, になってる, に立った

▼ 背向けよう~ (3, 0.0%)

1 とし, とした, として反

▼ 背向ける~ (3, 0.0%)

1 とその, とは反対, ように

▼ 背屈み~ (3, 0.0%)

1 ながら紅, に座る, をしたらしい

▼ 背廣姿~ (3, 0.0%)

1 で中堀, の男, を見上げ見下しされた

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 が月明り, をふと, を見送り

▼ 背戻する~ (3, 0.0%)

1 に及ん, に至る, もので

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 から足, でヒョイ, に戸

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 だけは確, になります, も越え終っ

▼ 背~ (3, 0.0%)

3 の徒

▼ 背~ (3, 0.0%)

1 のよう, の猫, の色男

▼ 背負わされた~ (3, 0.0%)

1 に違い, 借金額だけ, 苦悶の

▼ 背長椅子~ (3, 0.0%)

1 が一つ, に当てる, も頭上

▼ 背高のっぽ~ (3, 0.0%)

1 になった, の川上大尉, の覆面巨人

▼ 背高男~ (3, 0.0%)

1 が目, で道, の議員

▼ 背うち~ (2, 0.0%)

1 こして, まゐ

▼ 背おわせ~ (2, 0.0%)

1 てつい, て陣

▼ 背かがみ~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 背がかり~ (2, 0.0%)

1 です, に小

▼ 背こそは~ (2, 0.0%)

2 この男

▼ 背~ (2, 0.0%)

2 へあれ

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 てしかも, てしまった

▼ 背すりあわせ~ (2, 0.0%)

1 てなかなか, て寝る

▼ 背だけ~ (2, 0.0%)

1 でなく腕, 黄色な

▼ 背だけが~ (2, 0.0%)

1 似て, 延びて

▼ 背だけは~ (2, 0.0%)

1 梅雨時の, 高かった

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 たま, たりし

▼ 背つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたから, 出て

▼ 背とともに~ (2, 0.0%)

1 むこうに, 動く状

▼ 背とに~ (2, 0.0%)

1 いま申した, 聴診器を

▼ 背にの~ (2, 0.0%)

1 しょ, つて

▼ 背によって~ (2, 0.0%)

1 彼らの, 肥料を

▼ 背のみ~ (2, 0.0%)

1 眺められて, 見ゆるところ

▼ 背ほどの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 高さ

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 ねが痛く, ねへ足

▼ 背やらで~ (2, 0.0%)

2 うけた

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 に流れ, を返した

▼ 背ろ手~ (2, 0.0%)

1 に緊縛, を組ん

▼ 背をや~ (2, 0.0%)

2 高めし

▼ 背を以て~ (2, 0.0%)

1 脊中を, 送られて

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 低インダカラ, 低ク

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 低イ河合女史ニ比ベルト, 低サモ

▼ 背三縫~ (2, 0.0%)

2 に隈取紙

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 のうねり, を狙っ

▼ 背中の間~ (2, 0.0%)

1 に挟まれ, をにじり

▼ 背伸し~ (2, 0.0%)

1 つつも両, て見ろ

▼ 背低い~ (2, 0.0%)

2

▼ 背低き~ (2, 0.0%)

1 楓を, 櫨堤の

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 であらう, であると

▼ 背及び~ (2, 0.0%)

1 廣き, 腹に

▼ 背向い~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て了

▼ 背向いた~ (2, 0.0%)

1 のであつ, 中の

▼ 背向けず~ (2, 0.0%)

1 にはいられなかった, にはおられなかった

▼ 背向けた~ (2, 0.0%)

1 がこの, 程無気味で

▼ 背向け合っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 背大兄~ (2, 0.0%)

1 が殺された, を殺した

▼ 背~ (2, 0.0%)

2

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 もつい, 程の日向

▼ 背当て~ (2, 0.0%)

1 した高台細骨, 尻当てを

▼ 背~ (2, 0.0%)

2 の頭顱

▼ 背後見ら~ (2, 0.0%)

2 るる心地

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 その二つ, においてもやはり

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 である前方, を過ぎた

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 をなす, を突き砕い

▼ 背温泉~ (2, 0.0%)

1 にどか, を午前八時三十二分の汽車

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 のよう, を入れ

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 と脇縫, の開いた

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 に朱玉, の乾ききらない

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 と伝っ, を橋

▼ 背虫男~ (2, 0.0%)

1 の好きそう, の幽霊

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 からもぞもぞ, に律

▼ 背見せゆく~ (2, 0.0%)

2 さわさわの

▼ 背~ (2, 0.0%)

2 り延びて

▼ 背負わした~ (2, 0.0%)

1 というもの, のか

▼ 背~ (2, 0.0%)

2 になツ

▼ 背通り~ (2, 0.0%)

1 の赤い, は黒う

▼ 背~ (2, 0.0%)

2 の嶮

▼ 背~ (2, 0.0%)

1 にし, にプッチーニ

▼ 背高き~ (2, 0.0%)

1 形が, 白髪の

▼ 背高童子~ (2, 0.0%)

1 が一番割り, でさる

▼1* [256件]

あかりを受け, 背ありとふ, 背あるまじき事, 背いちめんの野晒, 背いっぱいに受け, 背に退いた, 背おうて, 背おわせられて贖罪, 背尻の, 背かたちだ, 背かの様だつた, 背かむされどかれ, 背からぞろ, 背からの世間見物に, 背からも日野資朝が, 背かを打って, 背がちがふ, 背がねいやに低い, 背くらゐ伸びたダリア, 背ぐくまつてもの欲しさうに, 背ぐくまつてゆとりの無い, 背ぐらいある灌木, 背ぐらいしかなくって, 背ぐらいもあるよう, 背ぐらゐある雜草をかき分け, 背ごしでもこしらえ, 背ごとに金, 背さえ越えれば, 背しようとする, 背すりて, 背する所は, 背それから腰の, 背たかくかぎりなくつゞくばかり, 背たゆらに, 背だけでも蜿蜒数里にも, 背だけを見せて, 背や, 背っているもの, 背つきの淋し, 背つた家の趾, 背つて牛を追, 背我身の, 背でない方を, 背という手続きも, 背とか馬兜鈴とか, 背とからだの, 背とてもあまり高くなく, 背ともいわずびしびし, 背なさるぞ, 背なぞは父ほど, 背など摩擦つて上げ, 背などにも穴を, 背などの傷, 背などは乱暴に, 背なども骨露わに拝されまする, 背などを借らなかったせい, 背ならべなのにばかばかしい, 背なりし外套は, 背なりに流れて, 背なり燻ぼった鼻紙を, 背なんかごちゃ, 背にあたって李湛は, 背にあたりばたり, 背にかかつた, 背にかけ乍らのどかに, 背にかけてを白い紙縒糸, 背にぞ虹かかる, 背につき当る, 背につきはなれぬうち, 背にでも乗りそう, 背にばかり縛られて, 背によるのほかは, 背ぬれぬ門田鋤く, 背のきはめてひくい若い, 背のすらした銀色, 背のちひさい婆さん, 背のね物置みたいな, 背ばかり伸びるこの, 背ひくく頭の, 背ひれは剣, 背ひ去るに至らしめたる, 背びくな灌木, 背びらへ掛け, 背びろの洋服, 背びろ服の男, 背ふたやうに, 背ふて戛, 背ほど高くなっ, 背ほどに高い躑躅, 背ほのかに明るみたる, 背また人の, 背むきに機台, 背むしッ子でも, 背たい筋合, 背もて片頬, 背やら箱輿で, 背もの言, 背ゆるぎさし, 背よりは湯気立ちのぼり, 背らしてそ知らぬ顔, 背らしいのが, 背り返り静かに, 背ろ幕が落ち, 背ろ幕派手やかに張り, 背ろ柳瀬山続きにその, 背わが兄ことさらに, 背を通してその極端, 背イ恰好は万太郎, 背イ足らず人間と人間, 背カズ前ニモ二三度杖, 背クヲ禁ズル革命論ノ多, 背スラリとし, 背淡ニシテ白粉, 背ビロの男, 背一杯にうけ, 背一面に蟠った, 背上山腹にあり, 背上木を生ずる, 背上毛を以て飛び去る, 背下腹のあたり, 背伐りしたと言っ, 背伝いの細道, 背伸したつて明神下から, 背は低い, 背低し斯も, 背何尺何寸筋骨脂肪質足袋何文顔うす黒い質, 背はば如何様, 背候わばこの, 背さんと, 背の行為, 背みその, 背優美味が感じられた, 背全体をも隠し, 背八十一鱗あり九々, 背をねらっ, 背割羽織をもちいる, 背は平常, 背叩きて面, 背合わせの山路, 背と俘虜, 背向くる顔折から, 背向け山の方, 背の罪, 背四十荷の柑子, 背四尺一寸と看板, 背太腿も露, 背奈氏を称した, 背を刎ねた, 背屈まった和尚が, 背屈みして, 背屈み通る真中あたり野末の, 背屈んで居る, 背山面海望悠悠月色潮声入客楼, 背の川原, 背川腹と申す, 背に模造紙, 背布団狆に著せ, 背廣はいちやうにうす青く, 背廣以下は冬, 背廣千五百圓外套二千五百圓と云, 背廣扮裝の輕, 背延して中腰, 背延びをしてやうやく一人前らしい絵, 背延びをするようにしてのろりのろりと歩きだしたが, 背後指差されたこと, 背恋すれば一夜一日, 背の輩, 背恰好声の調子, 背恰好容貌風采就いて, 背恰好左足首に骨, 背恰好髪の毛の数, 背に貸さず, 背手足殿たちの身体, 背打たれて微笑み, 背投げに負い, 背や大胆, 背押されて昨夜あこがれ, 背押しをくれた, 背拔群の好い, 背撫でて, 背ひして, 背にきた, 背馬, 背撓み胸の, 背がご, 背をたて, 背本意奉存候, 背本意恐縮之至, 背はそう, 背に住む, 背条黯褐で頭, 背は中位, 背梁骨だと, 背の労作, 背に靠れ, 背横腹臀さらさら水, 背と白, 背殯用師亦貶而稱人, 背比べなのでございます, 背の一叢, 背を濡らさざる, 背を立て, 背深緑腹真紅怒眼, 背片手で密, 背に吹き, 背の密告, 背王等の建立, 背生けりとも吾, 背を擦剥い, 背画師に属する, 背疵抱へてすごすご, 背病患者が殺され, 背を覚え, 背蚯蚓に, 背よると, 背真鯉の鰭, 背を一杯, 背して, 背立ち割られ鉛の, 背をする, 背をぬらし, 背綿もない, 背のある, 背美鯨は五十尺余, 背美鯨北極鯨小形鰮鯨など大分, 背羽根の灰色, 背者秋葉大権現摩利支尊天, 背肉山羊の肉, 背また左右, 背を屁びり, 背の濡色, 背なり, 背自然の悪徳, 背致している, 背い梯子, 背の男, 背したらしい形跡, 背といっ, 背被いも作っ, 背西方の文, 背見せじと進ま, 背見ゆる春の, 背う, 背もない, 背で時どき, 背鏡細君美妙斎の胡蝶, 背長七尺余とある, 背に乗り, 背なるもの, 背風ア七日吹く, 背飛び遊戯の, 背の方, 背高ぼうやは背, 背高女のこと, 背高椅子やその, 背鬣紅色とも蛟