青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「短く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知れません 知れません~ ~知れる ~知れん 知人~ 知恵~ ~知識 知識~ ~短い 短い~
短く~
短刀~ ~石 石~ 石垣~ 石川~ 石段~ 石炭~ 石田~ ~砂 砂~

「短く~」 1002, 10ppm, 10740位

▼ 短く~ (97, 9.7%)

2 いらっしゃるから, 太いブラッシ, 太い疎毛, 用を

1 [89件] あるの, いい, いつ死ぬ, いらっしゃろうと, お尻, かつ謁見者, しかたが, しみっ垂れ, じきに日, すぐに, すべて表面計りを, せまいが, そしてほそい, そして無限, それだけは, それを, だれでも, なきごとく, はっきりした, ほうずきの, まだ折る, わずかに, ハネが, 一番力強い, 三十分と, 不安定な, 二三日長く, 二十分以上は, 初めの, 前に, 剣先形を, 及ばず水夫, 喧嘩っ, 四角い山上元, 回顧する能わず, 太いが, 好えからな, 小半日長い, 少しばかり, 屋根に, 幅が, 張り合いが, 彼女の, 彼等は, 御免下さい, 怒りっぽい, 急である, 新しい社会的, 時々止まった, 時計の, 曲り下, 書けなくなった鉛筆, 本当に露, 桃の, 汚いの, 深い眼, 済んだと, 漢学の, 濃い黒い髪の毛, 熟兎, 癪に, 真直な, 眼が, 稚い芽, 穂の, 端から, 素ば, 細くありました, 結末に, 綺麗であった, 羽を, 聳えた鼻柱, 肥大し, 肩が, 至つて薄祐の, 薄ら寒い空気, 角張って, 話しいい, 諺に, 足が, 軟かいから, 通常葉の, 遂に長き, 鈍いその, 長い気, 雜誌に, 面白きあり, 駄目夏も, 髪は

▼ 短く~ (49, 4.9%)

2 ていた, て墓, て時間, て毛

1 [41件] たりさまざまこれ, たり或は, て, ていっ, ている, てえんだ, ておきました, てくださる, てしまった, てたとへば, てはどう, てもらい, ても急所さ, てゐ, てゐた, てハイカラ, て三匁, て動作, て十月上旬, て口これ, て呆気ない, て太短い, て小, て後ろ, て断った, て早く, て暮す, て狙っ, て狸, て破られた, て著しから, て複雑, て足, て辞退, て道, て醒, 各方面, 寒国では, 腰に, 自分たちの, 髪は

▼ 短くなっ~ (44, 4.4%)

6 ている 3 ていた, て行く 2 てゆく, て来た

1 [28件] たりし, たりする, て, ていった, ているでしょう, てお, てき, てきた, てしまった, てそこ, てはい, てます, てもそれ, てやがて, てやがてはたと, てサヨ, てナ, てモスクワ, て一筆啓上, て小石交, て左肩下がり, て捨てた, て昼, て来てる, て歩き, て相手, て糸, て黒い

▼ 短くなった~ (31, 3.1%)

2 ことが, ために, のが

1 [25件] がそれでも, がちかごろ, し平生, とき芸術家たちは, と見え, のに, のね, わ, ホープを, 兆では, 尻尾は, 心持が, 時と, 洋杖を, 煙草の, 煙草を, 葉巻を, 蝋燭を, 証拠かも, 金口の, 金口を, 鉛筆の, 鉛筆を, 頭を, 鼻を

▼ 短く~ (30, 3.0%)

4 つてゐる 2 つた蝋燭の, つて来た, つて行つた

1 [20件] つたかんなさ, つたたまの, つたのが, つたシガーを, つた今日此頃の, つた燃えさしの, つた蝋燭が, つて≫, つてしまつてから, つてちよつと, つてもう, つてゐた, つて來る, つて居る, つて往つた, つて此れ, つて源太の, つて父が, つて腰を, つて見える

▼ 短くなる~ (24, 2.4%)

2 のも, のを

1 [20件] から夫, ことに, ことは, というもん, といま, と共に一層, と同じ, と急, と超, に從つて, のであります, のにあれ, ばかりで, ばかりであった, わしが, 与次郎が, 代りに, 寒くなる, 方法を, 頃で

▼ 短く~ (20, 2.0%)

5 あったが 3 あるが 2 いて, ない 1 しないか, ないかと, ないと, ない太ければ, なかつたこと, なったが, ならなかった, 摘み取るまいよ

▼ 短くする~ (19, 1.9%)

2 ために, ように

1 [15件] ことである, ことによって, ことを, しかない, つもり, というの, ときが, とたいがい, には自分, のが, も方法, を好む, 世の中です, 毒気が, 法を

▼ 短くても~ (15, 1.5%)

2 これを, 一週間長けれ

1 [11件] おち, すむ, 一年間は, 一週間は, 二十日どうか, 何でも, 印象は, 屹度読ん, 理窟は, 笑うもの, 胸に

▼ 短く~ (15, 1.5%)

1 [15件] あるし, あるであろう, あれば, うけるに, するの, なった, なりトン, なる, 数年長き, 數年長き, 用ゐられる, 言い得べきを, 言ひ得べき, 誦する様, 長くも

▼ 短くなり~ (13, 1.3%)

1 [13件] かなり遠い, その代り, て五時, て歸途燈火, まさった日, やがて悲しむ, 一ヶ月一週間三四日と, 値段も, 易き衣, 火の, 町の, 疎遠に, 第三回

▼ 短く刈った~ (13, 1.3%)

2 頭を

1 [11件] のが, のだ, 半白の, 四十前後の, 時の, 白髪の, 肥満した, 肩の, 背の, 褐色の, 頭髪と

▼ 短くした~ (12, 1.2%)

2 のを, ような 1 かと尋ね, がどうも, ことを, のは, ものである, 様な, 灯を, 訳である

▼ 短く切っ~ (10, 1.0%)

2 てロイド眼鏡 1 ていた, てそれ, て一本, て吐き出す, て小さな, て洗練, て炉, て襟

▼ 短く刈られ~ (8, 0.8%)

1 あんまり見, てあつ, ていない, てしまふ, て赤, 棍棒の, 目を, 赤い上衣

▼ 短く刈り込んだ~ (8, 0.8%)

2 頭と 1 口髯顔全体が, 芝生の, 顔も, 髭は, 髭や, 鼻から

▼ 短くない~ (6, 0.6%)

2 したがってちょいちょい 1 とこう, 時間を, 経験に, 苦しかった

▼ 短くなつ~ (6, 0.6%)

1 たり内弟子, たり長く, ちま, て何, て来, て行く

▼ 短く切った~ (6, 0.6%)

1 のを, 敷藁の, 竹の, 紙を, 頭髪でした, 頭髪を

▼ 短く刈っ~ (6, 0.6%)

2 ている 1 てい, てしまっ, てしまった, て前

▼ 短く刈りこんだ~ (6, 0.6%)

1 ヒゲが, 漆黒の, 硬い頭髪, 芝生が, 見知らぬ男, 頭髪は

▼ 短く刈り~ (5, 0.5%)

1 着物もさ, 脳天に, 蓬, 襟の, 顔色は

▼ 短くその~ (4, 0.4%)

1 ときの, 制度文物が, 数は, 軽快な

▼ 短く刈込んだ~ (4, 0.4%)

1 粗い頭髪, 頬髯を, 頭に, 黒い頭

▼ 短く書い~ (4, 0.4%)

1 てみた, てみます, て送る, て頂きたい

▼ 短く~ (4, 0.4%)

1 あげして, が狭く, のひろがった, や袖

▼ 短くかつ~ (3, 0.3%)

1 微かである, 早く散落します, 谷は

▼ 短くされた~ (3, 0.3%)

1 が終戦後, たもととを, んじゃあ

▼ 短くしよう~ (3, 0.3%)

1 かね, とし, と京橋

▼ 短くそれ~ (3, 0.3%)

1 に前足, は近代資本主義日本, もふと

▼ 短く~ (3, 0.3%)

1 心掛けた手紙, 思いついたの, 骨を

▼ 短く~ (3, 0.3%)

2 を渡ろう 1 を渡る

▼ 短く~ (3, 0.3%)

1 つた, つた尾, つて

▼ 短く切れ~ (3, 0.3%)

1 てしまった, て照空灯, ば体操教員

▼ 短く刈り上げ~ (3, 0.3%)

1 てしまった, て下さい, 筒袖の

▼ 短く刈り込まれ~ (3, 0.3%)

1 てあった, ている, てし

▼ 短く刈り込ん~ (3, 0.3%)

1 で, でゐた, で早く新しく

▼ 短く~ (3, 0.3%)

1 のない, のはいった, を入れ

▼ 短く同じ~ (3, 0.3%)

1 ように, 声が, 頂上の

▼ 短く~ (3, 0.3%)

2 に印した 1 にがっしり

▼ 短く~ (3, 0.3%)

1 が大きく, の穴, はしょりを

▼ 短く~ (3, 0.3%)

1 へた, へたり, へてやつ

▼ 短く見える~ (3, 0.3%)

2 だけでした 1 足を

▼ 短く~ (3, 0.3%)

1 が割合, が比較的, に角

▼ 短くあるいは~ (2, 0.2%)

1 長いと, 長く符号

▼ 短くかりこんだ~ (2, 0.2%)

1 口髭に, 硬い髪の毛

▼ 短くしかも~ (2, 0.2%)

1 南人特有な, 胸が

▼ 短くそして~ (2, 0.2%)

1 さきが, 柔かい

▼ 短くとも~ (2, 0.2%)

1 ここ五六年は, 長くとも

▼ 短くなってる~ (2, 0.2%)

1 が前, 事だ

▼ 短くはかない~ (2, 0.2%)

2 けれども誰

▼ 短くはき~ (2, 0.2%)

1 ラグビーの, 熊谷笠を

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 半月食扶持は, 短い程

▼ 短くまた~ (2, 0.2%)

1 かなりわれわれ, 長かった

▼ 短くわずか~ (2, 0.2%)

1 に四〇〇万年, 二年で

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 に立つ, 太いというについて

▼ 短く光り~ (2, 0.2%)

1 の尾, の鈍い

▼ 短く切られ~ (2, 0.2%)

1 てはいた, 奴の

▼ 短く切り~ (2, 0.2%)

1 て額, 耳の

▼ 短く切り揃え~ (2, 0.2%)

1 ている, て白い

▼ 短く切る~ (2, 0.2%)

1 のを, やうに

▼ 短く刈りこん~ (2, 0.2%)

1 でい, で顳

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 が長く, は長かっ

▼ 短く太い~ (2, 0.2%)

1 指で, 首を

▼ 短く少い~ (2, 0.2%)

2 から草

▼ 短く少年~ (2, 0.2%)

1 に言, に言った

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 られて, れて

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 はひろがっ, を振った

▼ 短く挨拶~ (2, 0.2%)

2 の言葉

▼ 短く書いた~ (2, 0.2%)

1 がため, 結果筋書的な

▼ 短く~ (2, 0.2%)

2 は東

▼ 短く滑らか~ (2, 0.2%)

1 で色, にし

▼ 短く直ちに~ (2, 0.2%)

1 息を, 本流に

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 てゴルフ用, 笈の

▼ 短く知らせ~ (2, 0.2%)

2 て来た

▼ 短く短く~ (2, 0.2%)

1 と心掛けた, と骨

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 の毛臑, は足

▼ 短く端折っ~ (2, 0.2%)

1 て白, て膝

▼ 短く答え~ (2, 0.2%)

1 て口, ながら私

▼ 短く簡単~ (2, 0.2%)

1 には述べられません, に進めます

▼ 短く細い~ (2, 0.2%)

1 しんの, 脚の

▼ 短く苅った~ (2, 0.2%)

1 頭にも, 鬢の

▼ 短く藝術~ (2, 0.2%)

2 は長い

▼ 短く見えた~ (2, 0.2%)

1 ところに, 事は

▼ 短く見舞~ (2, 0.2%)

2 の文句

▼ 短く角刈~ (2, 0.2%)

1 にし, にした

▼ 短く~ (2, 0.2%)

1 ひし者, ふの

▼ 短く言え~ (2, 0.2%)

1 ば課長, ば非常

▼ 短く詰め~ (2, 0.2%)

1 て叔父, て結つて

▼ 短く説明~ (2, 0.2%)

1 し易い, を加えましょう

▼ 短く返事~ (2, 0.2%)

1 した, を書いた

▼ 短く鋭い~ (2, 0.2%)

1 口笛を, 決意を

▼ 短く黒き~ (2, 0.2%)

2 臑を

▼1* [391件]

短くあったかの如く, 短くあっという間に通り過ぎた, 短くあまり高くならない, 短くあるひは, 短くあろうとも本質, 短くいいますれば著述, 短くいえば武神, 短くは, 短くかっぱに, 短くおよそ六十歳位の, 短くかき廻すこととによって, 短くかすれて居た, 短くかった方でした, 短くからげてかいがいしい, 短くかられている, 短くかりこんでいる, 短くかわされて二人, 短くきった細筆の, 短くきり下げ黒地, 短くこういったきり, 短くここに述べ, 短くことのほか, 短くこの挙動は, 短くこれを, 短くさき浸る, 短くさき掛けて居る, 短くさける赤土の, 短くさし込んだ胸, 短くさずけられて重い, 短くさせたのである, 短くしか行けますまい, 短くしないとお, 短くしばり上げ金の, 短くしましてす, 短くすぎて仕舞う, 短くすぐに峰づたいの坦々, 短くするどい悲鳴を, 短くずんぐり太って, 短くせし如き形の, 短くせまった眉の, 短くせわしげに, 短くそこのリズム, 短くそれだけ言った, 短くたくしあげながら脚, 短くたぶん大阪からの, 短くちぢれてい, 短くちぢんでしまう, 短くちよつとした, 短くちんばを引く, 短くていけない, 短くつながって幕, 短くつまって四足, 短くつまった顔の, 短くつめられるを常, 短くてはどこへ, 短くでくでくしてると, 短くとぎれてしまう, 短くとりかわされて見学団一行, 短くどんなにでも, 短くなげつけるように, 短くなすっては泡, 短くなっちゃうぞ, 短くなつたから, 短くならはつて, 短くならざるを得なかった, 短くなられたのだ, 短くなりかけた秋の, 短くなりましたぜ, 短くなりやしたね, 短くはぜてはすぐ, 短くはっはっと息づかい, 短くはっきり定義づける, 短くひきうけて一礼, 短くまことにみっともない, 短くまっすぐで眼, 短くまっ黒でおどおど, 短くまつ黒で, 短くまつげはぬけ, 短くまとめて話した, 短くまるで二日以上は, 短くもちろんゆっくりして, 短くッつけろ, 短くやがて誰も, 短くやって生きろ, 短くゆれている, 短くより書いて, 短くわかり合ったというよう, 短くわたくしの文, 短くイブニングのスカート, 短くカールし派手, 短くコロコロといっ, 短くシュトックを握っ, 短くて実に, 短くボッブした頭髪, 短く一分刈かと見える, 短く一回一回局面を変化, 短く一声啼いたと, 短く一尺ほどで, 短く一生を終る, 短く一生懸命に, 短く一聲啼いたと, 短く丁寧な大袈裟, 短く上着は五寸, 短く下げられてある, 短く下帯の結び目, 短く不精髭の生えた, 短く不規則であった, 短く太き脚, 短く且つ句数も, 短く丸く薪束の, 短く丸刈にし, 短くつてゐた, 短く二声吠えた, 短く二行ほどに書い, 短く云えばこう, 短く云ったのだった, 短く云っちまえば総体, 短く五分刈にし, 短く人生は長い, 短くのうち, 短く今日のごとき, 短く仕事は少ない, 短く仕立てた袴と共に, 短く休息した後, 短く伸びて肥料, 短く伸びた髯を, 短く何ごとか囁いた, 短く何となく気勢も, 短く作ることに, 短く僅かに一間半, 短く働いて数, 短くない人気, 短く八尺位にし, 短くに応, 短く其尻には毛, 短く出来ている, 短く分りやすい云い, 短く切つてまだ廚房, 短く切つて洋服を着, 短く切つて物を云, 短く切られたのが, 短く切りつめた断髪で, 短く切りとられてある, 短く切り上げてくれた, 短く切り捨ててある, 短く切れたという髪, 短く切れちゃったなんて書い, 短く切れるとて何處, 短く切迫して, 短くらして, 短く刈ったら少しは, 短く刈つた栗毛の光沢, 短く刈つた毛髪の下, 短く刈つた頭と項, 短く刈つてある, 短く刈つて二重廻しをだらし, 短く刈つて女の羨し, 短く刈られた切株に, 短く刈りあげて細い, 短く刈りあげた髮が, 短く刈りこまれてる口髭が, 短く刈りこみ日焼けの, 短く刈り込み足には, 短く刈り込みひげを, 短く刈り込むとい, 短く刈り込んでしまつた事が, 短く刈り込んでるか, 短く刈取られて了つた, 短く制約を外形, 短く刻まれていた, 短く剃り上げて見, 短く前方にポケット, 短く前肢も後肢, 短くって羅紗, 短く剪つた人にねあたし, 短く剪つて羅紗の裂, 短く剪みたり, 短くい脚, 短く区切った口笛が, 短く午後六時半夜暗に入る, 短く反逆の芝居, 短く取って高い大きい, 短くがもっと, 短く口上書と称すべき, 短く古典の歴史文学, 短く叫んで右手, 短く名器名宝のいのち, 短く吸込んだ煙草の, 短く唸ってベッド, 短くい残った巻煙草, 短く噛みきって呑みこみ, 短く囀りながら二, 短く圧縮した表現, 短く地上に拡がり, 短く地体が達者, 短く垂れている, 短く垂れた面紗の, 短く墓祭がすむ, 短くを立て, 短く変るのまでが, 短く夕五時に至らざる, 短く夕暮が灰色, 短く毒牙を, 短く太く斜めに, 短く宇治に関する分, 短く守らば汝, 短く安心したひと言, 短く定則的に確言, 短くがなる, 短く小さいだけにはし, 短く小柄なこの, 短く巻き上げて人々, 短く広く海軍の, 短く張った声が, 短く彼女は命令, 短くが魚, 短く主人の, 短く心意をこちら, 短くに怒つた, 短く思えて興, 短く思はないで直, 短く思はれるものである, 短く思わせる気が, 短く思われもし一日, 短く急速に怒った, 短く息苦しそうに, 短く意地っぱりらしい顔つき, 短く感じられるほうの, 短く感ずる月日が, 短く成っちゃって, 短く手足長く侏儒, 短く打ち切ってもらいたい, 短く打つもの○点と, 短くあげる, 短く抉った刀疵が, 短く折った蓮の, 短く折り皮で, 短く折り捨てたる末やうや, 短く折れてしまつて, 短く折れたような, 短く描かれ足の, 短くへて言, 短く摘んだ草花などが, 短く擦れる響きが, 短く收めてすぐ, 短く断つて快活, 短く断続した, 短く断言した, 短く新しく見過ぎて, 短く旅路は遠い, 短くは長い, 短く日本の歌, 短く日蔽ひもないので, 短く早くなり着替え, 短く早合点の名人, 短く早蕨が萠, 短く明治からの日本, 短く明治以来の八十年, 短く飛ぶ空, 短く暮す床の, 短く暮れて明, 短くなりと云, 短く書くと虎鮫, 短く末端が少しく, 短く朽ちて居る, 短く束ねて町人風, 短くぐらいの大き, 短く楽しむのか, 短くに長い, 短く次第次第に呼吸, 短くひて, 短く此生に生きた, 短くでかみ切っ, 短く残れる一列の, 短く長く多く食い睡眠, 短く毬栗にした, 短く泣いたり怒っ, 短く泳ぎの方, 短く淡々たるものである, 短く湯気のたっ, 短く準備は長い, 短く溜息をついた, 短く演説する, 短く濃やかに畳みこむ, 短く熟睡といふやう, 短く熱烈な若い, 短くし得るならば, 短く狩谷にゐた, 短く狭いから囮鮎, 短く猫背で頭, 短く理化学の道, 短くいたり, 短く申しましょうならお辰様, 短く疑って見る, 短く発したる声には, 短く發音さす爲, 短く白髪を刈込んだ, 短くに燃えよ, 短く真直ぐに生きたい, 短く眠るに限る, 短く着けた数人の, 短く短いようで, 短く短期間の公演, 短く神経質に笑った, 短くの中, 短く突出したが, 短く立ちて一汎, 短く立てる警蹕の, 短く笑つて見て, 短く節約して, 短く簡略に書きたい, 短く籠ってい, 短く細くて雁来紅本来, 短く結び附けられて居る, 短く結んでおく, 短く綺麗に散髪, 短く縫いこみ両臂, 短く縮めて秀子, 短く縮らせて添毛, 短く縮んでい, 短く美しいヒゲを, 短く美しく刈り込まれた芝生, 短く齡は, 短く長く脚, 短く肉付きは逞しく, 短く肥った色の, 短く肥つた腕を曲げ, 短く肥満のため, 短くの方, 短く腹部の末端, 短く自動車のお, 短く舊石器時代の十分の一, 短くが重かっ, 短くも碍げ, 短く美しい其面影, 短く込んだ頬髯, 短く苅りこまれて見事, 短く苅りこんだ頭が, 短く若年でありながら, 短くへた, 短くを見る, 短く薄い赤みがかった髯, 短くが少なく, 短くはれた, 短く表現が出来た, 短くをはい, 短く要領を書き, 短く做された, 短く見せる方法である, 短く見積つても卅五分はか, 短く見積らなければならない, 短く言いしもの良工苦心の, 短く言い渡して, 短く言つてソオルは突然, 短く訊いたぎり見慣れてゐる, 短く記してある, 短く詰めるものだ, 短く話して奥, 短く話すのが, 短く読切として差し上ぐる, 短くの音, 短くは比較的, 短くが長く, 短く狭く小さく尾, 短く載っていた, 短く迫つた声が聞え始める, 短く述べるとこう, 短く逆境は長い, 短く途絶えた序曲の, 短く通体節ありて, 短くましい黒い, 短く鋭く洩れて, 短くの上, 短く長いこの年月, 短く長火鉢置く茶の間, 短く陽脚の傾く, 短く青女の前膊, 短く非常に不恰好, 短く順子に, 短く頭骨小さくて, 短くは大きく赤く, 短く高い叫びが, 短く高樹上に棲息, 短くの中, 短く鳴いている, 短く鳴いたなり默, 短く長し柳, 短く黒い濃い頭髪どちらかと, 短く及び上唇, 短く鼻下に髭, 短く鼻髭を伸し