青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「股~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~聽 聽~ ~肉 肉~ ~肉体 肉体~ ~肌 肌~ 肖像~ 肚~
股~
~肩 肩~ 肯定~ 肱~ 肴~ 胃~ 胆~ ~背 背~ ~背中

「股~」 1315, 14ppm, 7857位

▼ 股~ (341, 25.9%)

22 間に 11 間から, 間へ 8 下を 7 あたりに, 源吉は 6 あたりへ, 間を 5 あたりを, 下に 4 あたりの, 上に, 源吉の

3 [11件] あたりまで, ところに, ところまで, 上へ, 下から, 下で, 中に, 城に, 城は, 源吉と, 肉が

2 [22件] あたりが, あたりで, したから, ところを, となりに, 一城は, 下へ, 中へ, 兄哥, 兄哥が, 城へ, 城を, 弊害を, 御前が, 御前も, 方へ, 源吉といふ, 築城を, 線が, 肉を, 辺を, 間が

1 [164件] あいだから, あいだの, あたりくらいまでは, あたりにも, あたりは, あたりまでが, あでやかなりし, あひだ, あるところ, ある二本角, うしろに, つけもとから, つけ根から, つけ根に, つけ根の, つけ根までが, つけ根膝足首など, ところから, ところへ, ところまでは, なかに, なめらかな, ふくらみを, ほうへ, まま強直し, まん中から, やうに, ように, ブーブー野郎, 一城を, 一夜普請なぞと, 一所へ, 一本の, 上から, 上の, 上まで, 上流が, 下は, 下杖一本, 中の, 中所に, 中程二寸くらゐ, 中途から, 丸木橋の, 交叉を, 付け根から, 付け根を, 付根から, 付根に, 付根の, 付根まで, 住居までは, 倉に, 傷は, 傷を, 傷口には, 傷口を, 兄哥この, 兄哥だ, 兄哥剃刀ぢや, 内側は, 処から, 処へ, 出血が, 切り口が, 切口と, 前にも, 動機が, 問題と, 城が, 城も, 城普請は, 大蛇に, 大蛇の, 大蛇や, 奥まで, 守将木下藤吉郎どのだ, 密使と, 居城へ, 形, 御前, 御前傍より, 御前足を, 御工事, 戦いで, 戰ひ, 所が, 所な, 所に, 所を, 打たれた箇所, 抱ける暗, 敵か, 敵城は, 新城を, 曲際腰の, 木下藤吉郎なる, 材木小舎に, 根から, 根に, 根は, 槍傷の, 毛を, 沢の, 洲も, 流れに, 源吉が, 源吉この, 源吉に, 源吉も, 源吉兄哥に, 源吉始め行がかりで, 牛肉を, 留守の, 痒いもの, 痛みを, 白きかな, 着根から, 筋肉は, 築城の, 築城も, 築城中も, 築城中敵は, 築砦, 締らない, 肉か, 肉だ, 肉の, 肉は, 肉へ, 肉よく, 腕脛の, 舊套に, 裏を, 西岸, 見えるほど, 親分さんには, 親分は, 評議の, 負傷は, 辺が, 辺に, 辺りを, 辻を, 途中から, 運び, 部分が, 錐が, 開いた灯, 間々で, 間には, 間は, 関節に, 附け根, 附け根から, 附根を, 陣から, 陣地と, 陰から, 領下を, 領地へ, 頭と, 風が, 黒子だけ

▼ 股~ (188, 14.3%)

7 ひらいて, ひろげて 5 拡げて, 開いて 3 く, 割いて 2 かけて, くぐって, くぐる彼, すぼめて, つねりました, ひろげると, 叩きました, 広げて, 打ち脚, 触れたり

1 [138件] うちながら, かくすもの, かけてる人々, きちんと揃え, くぐったこと, くぐった末, くぐらせ股, くぐり抜けた, くぐるよう, くぐれ, しつかりと, しゃぶった, すっかり破い, すり合わせて, そのまま利用, たたいて, ちょいと, なぎすえた, なぐりつけた, なぐりつけたが, なした葉, はだけた奥さん, ひっぱたき腹, ひらひて, ひろげその間, ひろげた, ひろげたり, ひろげ膝, ふっくり胸, ふるわす, もう一度なぐりつけた, チラと, パッと, 一つ一つと, 一つ捩った, 一揮, 下りて, 丹念に, 二つやった, 二度突通し, 例に, 傷けられた, 傷折せん, 八の, 冷たくし, 切り取りて, 切断しよう, 刳った女乗り, 刺され本人, 刺し通して, 刺す者, 割き孝, 割くとか, 割く者, 割るよう, 勘兵衛に, 半びらきに, 喰は, 喰らうぐらいな, 嘲ると共に, 噬む, 奪取に, 女の, 寛めろい, 射る, 広々と, 廣げて, 弓の, 思い存分, 打ちました, 打ちパ, 打ち貫き通る鋭, 打って, 抑えて, 抓って, 抓ねれば, 抓み上げて, 折破り, 抵制若く, 担いで, 拡げた脚柱, 振り上げて, 掴んで, 撲り又, 擦ったり, 擦って, 攻撃し始めた, 敵に, 最上の, 株の, 梨や, 水平に, 没する急流, 浸すあり, 浸す程, 潜らした豪傑, 潜り背, 潜れ, 潜れと, 潜ろうと, 炮り, 焼く, 燒き捧げ, 牙に, 狭むれ, 現は, 発矢と, 目掛けて, 穿てる矢, 突かれたの, 突かれたので, 突きさ, 突切って, 縛つた扱帶を, 縮めとうとう, 蛙の, 裂いたり, 裂いて, 裂くと, 見た, 読み上げる声, 貫いたらしく大した, 貸して, 踏みひらいたまま, 踏み立て両手, 踏ん張って, 蹴たの, 重ねて, 釣つて僞跛を, 開いたまま, 開いたやう, 開いたり, 開きて, 開けば, 陣地として, 露わして, 食い晩, 鳴らし

▼ 股~ (162, 12.3%)

8 挟んで 3 して

2 [15件] ある血, かけた船員, かけて, さし込むばかりに, はさんで, ひや, もぐした丸顔, わかれて, 力を, 墨筆で, 手を, 挟んだ小さな, 掛けて, 腰を, 血潮に

1 [121件] ある一つ, ある兄, ある母, いること, いる頃, うけ益々, かかえ込んで, かけある, かけさせること, かけたあばずれ者, かけたお, かけたちつとは, かけたウエンチ生活, かけた人肉買売, かけた商人, かけられたり, かけるが, かけるわけ, かける広い広い, かけ四重五重, かけ地獄, かけ絶えず, かけ薊, かけ銃器密売, くつつけ, ぐっとはさん, さしつけた, すがりついて, ずきずきと, つく飯粒, つけ擦り足, なく彼, なった杖, なって, なってる処, なつてる, なりたる処, はさんだまま, はさんだステッキ, ぶつかり向, 一つの, 一つ宛締め, 一城を, 一塁を, 一夜の, 一弾の, 一羽の, 両手を, 中って, 中りようよう, 二三段ずつ, 二三段づつ薄暗い, 仕事疣の, 伊織の, 住居し, 兩足を, 刀傷が, 分れる川, 刺さって, 創を, 受けた, 受けて, 呉絽の, 味方の, 咽喉の, 噛み付いた, 大きな膏薬, 巨大な, 差しこんで, 巻煙草を, 師山城松山城新沼城下新田城川南には, 床几へ, 張り尾, 当ったこと, 当った位, 当てて, 御築城, 思し召, 懸ると, 挟んだまま, 挿んだり, 捨てさせて, 捺して, 掌に, 掛けての, 敷島を, 時機の, 毛皮を, 水虫が, 油蝉がか, 泥を, 焦げついて, 瑣骨あり, 畳針より, 真白く柔, 着く日, 矢を, 立ち帰り母上, 立ち馬, 筆を, 結びつけて, 結んで, 繃帯を, 耳の, 虫蝕折れ, 蜘蛛の, 血が, 詰めて, 赤い平手, 足を, 蹈みなづみ沫雪なす蹶, 這入ると, 達する急, 鉛筆を, 銃丸を, 銅貨ほども, 鍼が, 陣どって, 飛び下りて, 首を, 鮮かに

▼ 股から~ (62, 4.7%)

5 流れ去る白玉 3 生れて 2 生れた子

1 [52件] あふれるよう, あふれ出し筋, こぼれて, ささくれの, 上の, 下に, 下は, 下を, 二つに, 出る, 前へ, 御書面, 御母堂さま, 手の裏へ, 斜めに, 斬り取られた松五郎, 斬り取られ四つ, 書面が, 栗原山までは, 流れ落ちた, 煙草の, 生まるるごとく想いいたの, 生まれたわけ, 生まれたん, 生れくさったか, 生れたから, 生れたとは, 生れたの, 生れたもの, 生れたよう, 生れたん, 生れた男, 生れた訳, 生れました, 生れましたの, 生れるなんて, 登れる, 股を, 胴へ, 胸から, 腰の, 腰へ, 膝を, 膝脛足首, 臑へと, 落ちた坊や, 裂かれさうに思, 足長い, 逆に, 音羽まで, 顔を, 髪の毛の

▼ 股~ (61, 4.6%)

2 棒を, 移して, 這出して

1 [55件] あてるの, おいては, おき忘れたの, お迎えを, さして帰城, さして行った, はさまりに, 一太刀, 下って, 使者を, 出向いた組, 出征の, 出陣し, 合せて, 向った時, 向って, 唾を, 四枚はさん, 帰って, 引き移りたい程, 引き移る, 引挾ん, 御出陣, 戻り案内者, 挟まったよう, 挟んだまま, 挟んで, 挾んで, 斬り付け躄者, 書が, 来てからは, 注射を, 片手を, 発足する, 発足せい, 真白な, 矢を, 知らせが, 石地蔵が, 移ってから, 突き立てた, 立たせた, 立ったの, 蛭の, 行かぬという, 襲せかけた, 見えた, 貴公を, 赤い掌, 赴いたら柴田様, 身を, 返書を, 遣らるるわと, 飛んだ, 駈け小牧山

▼ 股~ (39, 3.0%)

2 すくんで

1 [37件] あらわである, あり末, こまかくふるえ, それほど硬く, ちょっとあらわれ, ひっついて, むき出しに, ゴムで, 一つ下る, 二三カ所尻の, 出て, 切られるよう, 動いて, 地面へ, 大きく破れ, 太って, 屠場の, 山の, 折れ腹, 旌表を, 映る金剛石, 枕にな, 柔である, 油で, 浮く蹠, 爛れるの, 現れたり, 白いじゃ, 白くなる, 硬くなった, 縮むよう, 落ちた, 裂けさうに, 裂けそう, 裂けるで, 見えるよう, 載せて

▼ 股~ (39, 3.0%)

3 の家 2 に聞い

1 [34件] がまだ, が何, が先生私, が案内, が河津, と少し, と相乗り, と相撲, と組ん, におい, にかえる, にここ, に捕まる, に表, の力, の相撲, の細君, の膝, の自慢, の首, はすぐ, はその, はその間, はまた, は三池, は今の, は固, は大いに, は毫も, は路, も食, を手ひどく, を捕まえ, を横ぎって

▼ 股立ち~ (34, 2.6%)

10 を取っ 6 を高く 2 をとっ

1 [16件] のまま, の身, をおろした, をおろそう, をかかげる, をからげ, をとった, をとつ, をとら, を取った, を取らなかった, を取り, を執, を外し, を掻い取った, 取り客

▼ 股~ (31, 2.4%)

3 へ手

1 [28件] からハムレット, からランプ, から下, から手, から覗い, から覗く, が, がさっぱり, が有志, が陰湿, につ, に何本, に挟ん, に曲げ込ん, に足, に金, の間, はみんな陰湿, へくぐらする, へパツ, へ出た, へ掻, へ頭, めがけて, をくぐりぬけれ, を押えた, を蔽い, ヘ入

▼ 股にかけて~ (24, 1.8%)

3 歩いて 2 看板を

1 [19件] 一種の, 七年間という, 世情の, 事業を, 人種の, 何か, 働き戦国, 各方面, 天城山へでも, 女手ひとつでしょう, 従兄の, 歩いてる独り者, 歩きま, 流れ渡った揚げ句, 渡り歩いたものぢ, 稼いで, 色んな人種, 蔓を, 雲助を

▼ 股~ (19, 1.4%)

2 膝との

1 [17件] いうへ, いえども, いわず無数, おんなじ大き, 云う辺, 云わず肩, 入り乱れて, 固く着き, 左の, 接合の, 移植すべき, 肉切り庖丁とを, 股との, 股肉が, 脚を, 脛更に, 膝頭が

▼ 股~ (18, 1.4%)

1 [18件] いつも青い, どうして西洋剃刀, ひねる, ドスンドスンと, 代り代りに, 妙に, 居ても, 押し合って, 押上った, 挟みながら, 掴もうと, 揺れ動いて, 支えて, 枝の, 枝を, 歩き誰, 締める, 計れば

▼ 股~ (15, 1.1%)

1 [15件] から蜂須賀彦右衛門, である, におった, にはそのまま, に坐っ, のほう, の守将藤吉郎, の家中, へお移り, へ呼び迎える, へ帰っ, へ移っ, まで頼っ, を出, を根城

▼ 股引き~ (15, 1.1%)

2 をはい

1 [13件] がねえ, が破れまし, その上, だけしか身, と道化者, などがぶら下っ, に汚れたる, に洗い立て, に破れ, はこっち, をこし, を穿いた, を郵送

▼ 股~ (15, 1.1%)

3 をお, を割い 2 を割いた 1 が互いに, とニンニク, にキャベツ, の燒けし後, を割, を啖つて饑, を食

▼ 股まで~ (14, 1.1%)

1 [14件] ある, いって, すっぽり嵌っ, ついて, つかって, まくらせそこで, 思ひおくところ, 浸って, 濡らして, 現われて, 裸の, 蹈み抜い, 進んで, 達しる山側

▼ 股~ (13, 1.0%)

1 [13件] いや三ツ股者, がふみとどまっ, くさい大将, です, ではあるまい, とさげすまれた, と罵られ, になる, の旗屑, の降参, はいつの世, は人間, よ

▼ 股~ (11, 0.8%)

2 乳房の, 腕に, 裾は 1 岩の, 肉切り庖丁などを, 肩先には, 脛の, 腕首に

▼ 股~ (10, 0.8%)

1 おろかやがて, まだしも, 一面に, 出して, 孝情の, 未だ釣るされた, 焼け爛れて, 私どころの, 股と, 赤く平手

▼ 股~ (9, 0.7%)

1 で不破明神, の両, の大江, の奥, の水嵩, の濁流逆, を南, を合わせた, を隔て

▼ 股~ (8, 0.6%)

3 めでたいな 1 あらはに, あらわに, むき出しだ, 左右に, 突然かけられた

▼ 股でも~ (4, 0.3%)

1 かじりながら, 割るよう, 裂いたよう, 見た方

▼ 股との~ (4, 0.3%)

1 中間あたりで, 中間の, 間は, 関節に

▼ 股五郎~ (4, 0.3%)

1 の敵, の許嫁, を, をできるだけ

▼ 股行孝~ (4, 0.3%)

1 に對, の事蹟, の流弊, の風習

▼ 股からでも~ (3, 0.2%)

3 出て

▼ 股~ (3, 0.2%)

1 ぜ, とか小鼻, と云う

▼ 股だち~ (3, 0.2%)

1 をとつ, を高く, 腕まくり新派には

▼ 股へと~ (3, 0.2%)

1 廻ったの, 流れた人間, 縦横に

▼ 股より~ (3, 0.2%)

1 斷ち, 石の, 頭より

▼ 股眼鏡~ (3, 0.2%)

1 して, するの, をし

▼ 股野義郎~ (3, 0.2%)

1 である, であると, にあらず

▼ 股かけ~ (2, 0.2%)

1 ていよう, と呼ばれ

▼ 股かげ~ (2, 0.2%)

2 にその

▼ 股くぐり~ (2, 0.2%)

1 さ, さえ思い出した

▼ 股ずれ~ (2, 0.2%)

1 が出来, をたちまち

▼ 股では~ (2, 0.2%)

1 とてものぼり切れない, むりな雨中渡渉まで

▼ 股という~ (2, 0.2%)

1 のが, のは

▼ 股とも~ (2, 0.2%)

1 ニンボウとも, 書く

▼ 股にかけての~ (2, 0.2%)

1 繃帯が, 跋渉を

▼ 股のぞき~ (2, 0.2%)

2 をし

▼ 股~ (2, 0.2%)

2 當の

▼ 股摺れ~ (2, 0.2%)

1 がし, の味

▼ 股目金~ (2, 0.2%)

1 にのぞい, に覗い

▼ 股立ちとっ~ (2, 0.2%)

1 て手馴れ, て立ち上がった

▼ 股立ち取っ~ (2, 0.2%)

1 て室内, て駈けでよう

▼ 股~ (2, 0.2%)

2 のあたり

▼ 股~ (2, 0.2%)

1 の物語, はどこ

▼ 股~ (2, 0.2%)

2

▼1* [116件]

いで甕の, 股いで滑ればはっと, 股かれの全身, 股ほとんど孤塁, 股ぎかけてゐるぼくへ襲ひか, 股ぎと今しも箱崎橋, 股くらいまで落ち込みいらだたしい, 股ぐらいに見える, 股ぐらをくぐらせくぐらせ突いて, 股ぐ時龍然は, 股じゃあ駆け引きが, 股たぶらを, 股だけ買う事, 股だけが痛いの, 股たまの, 股であり陰部には, 股でかき廻した, 股とかいうごとき漢字, 股とかを切つたさうや, 股とはどっちが, 股とを祝福せよ, 股など捨てて, 股などを久七は, 股なんか天秤棒ぐらいしか, 股にかけ沿岸の, 股にくッついた, 股について来た, 股になつたひよろ, 股には皆鱗が, 股にも花子は, 股のみ脛のみ, 股ばかりを裂いたと, 股ほど気に, 股ほどもある腕, 股までのゴム靴を, 股までも雪の, 股みたいなでっけ, 股もぎとって美婦, 股をがつしり, 股をつつぱつて死ぬ, 股をわつて意識し, 股とこまで, 股ア潜りだと, 股キラクな風, 股ダチをとり, 股たア, 股沢山, 股ヨリ下ハ御羸疲甚シ, 股拭イテヤッテクレタマエ, 股一円が濁流, 股一城を作る, 股以進又愈, 股倉眼鏡でもし, 股兎猪の肉, 股は奈何, 股凱旋のこと, 股に置きたる, 股割肝の孝行, 股叩いて物語りし, 股合戦のくだり, 股脛を, 股と名けた, 股小股の足音, 股などの大山高岳, 股の小手, 股引き腹掛け頭髪も変え, 股しながら, 股打ち愁然と, 股がし, 股敗戦の尻, 股など所謂繁文縟礼, 股東南が京, 股した, 股栗驚駭これを久しうし, 股が非常, 股と百, 股梯子をもっ, 股の跡, 股とて十七世紀, 股というの, 股武者その日和見主義, 股毛一寸六福田メリ子なんていう, 股沢山ノ東脈ニシテ支脈南荒川北中津川間諸山トナル以上同村ニ属ス, 股沢山富士見東股頭国師岳奥仙丈岳朝日岳金峰山等合せて, 股へ馳せ下っ, 股洞穴に避け, 股滅茶滅茶に突い, 股炙りてわれ, 股燻製を一挺, 股目鏡を構, 股立ちとった侍が, 股節穴などの中, 股築城の大役, 股肉切り取りて二重, 股肥えたる肉, 股脛どこでも脈, 股脛腹胸はみな人, 股腕腹に数カ所, 股膏藥じみた男, 股から胸, 股の大股, 股衣尾を結んだ, 股覗きをさせ, 股譬喩はさもしい, 股などについ, 股辺一片の布, 股近くになった, 股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 股の左右, 股野くらがりの芒, 股野氏にたのみ, 股野郎覚悟をしろ, 股野郎覺悟をしろ, 股長浜以来つねに秀吉, 股頭国師岳奥仙丈岳朝日岳金峰山等合せて, 股に着け