青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「肉体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

職~ 職人~ 職工~ ~職業 職業~ ~聽 聽~ ~肉 肉~ ~肉体
肉体~
~肌 肌~ 肖像~ 肚~ 股~ ~肩 肩~ 肯定~ 肱~ 肴~

「肉体~」 4991, 54ppm, 2152位

▼ 肉体~ (1125, 22.5%)

15 中に 13 健康を 12 上に 9 交渉は, 美しさ, 苦痛を 8 弱さ 7 ことを 6 なかに, 中で, 関係は 5 上の, 力が 4 あらゆる部分, 交わりを, 交渉を, 情慾が, 感動を, 温顔が, 疲労が, 真実の, 関係が

3 [26件] うちに, ことなんか, ために, つながりが, ように, 一部が, 一部に, 一部を, 中から, 中には, 交り, 内部に, 存在が, 形を, 快感を, 持主だ, 支持に関する, 方が, 方で, 秘密を, 線は, 美を, 若さ, 苦痛に, 表情を, 衰えを

2 [76件] あらゆる感覚, あるかぎり, ことが, すべての, どこかに, どの部分, ない女, ない恋, ない魂, なかで, はかなさ, ほかに, みずみずしさ, もので, もろさが, よろこびを, 一部である, 一部と, 一部の, 上にも, 中にも, 健康と, 内に, 内部を, 力は, 力よりも, 力を, 動きを, 勤労に, 各部分, 問題を, 喜びを, 地図に, 声だつた, 外に, 悩みに, 感じが, 所有者らしく, 持ち主こそ, 暖かみを, 最後の, 本能と, 条件の, 欲望を, 清らかさを, 満足を, 牢獄の, 生命を, 疲労は, 疲労を, 病気を, 痛苦を, 組織を, 美で, 美感を, 自由な, 苦痛が, 苦痛と, 苦痛にも, 苦痛は, 血は, 行為に, 行為の, 行為私の, 衰弱が, 衰弱と, 調和である, 逞しさ, 遊びだけが, 運動では, 酷使耐乏が, 醜が, 醜さ, 関係の, 関係も, 魅力は

1 [749件 抜粋] あの柔らかい円, あの無心, あらゆる精力, あらゆる線, あらゆる輪廓, あるの, ある一部分, ある人物, ある者, ある部分, いぢらし, いよいよ永い若々し, うえにも, うしろ姿は, うちを, おせつたいといふ, くすぐる様, こういう危険, ことなんぞは, ことのみを, こなし方, この若, ご健康, ご困憊, すがた, それにおける, ためにか, つかれが, つながりという, つながりによ, とおり精神も, どこから, どこの, どの隅, ないた, ないの, ない霊魂, なかから, はたらきも, ふしぎに, ほうが, ほんとの, まじわりなかっ, まわりに, みれんで, もつ意志, もとめる恋, ものだ, もろさ, やさしい形, ような, よろこび, よろこびと, わずかな, オルガニズムも, キシム音かすかな, デッサンが, ポーズである, リズムと, 一つ一つが, 一時的あるいは, 一点に, 一片に, 一種の, 一致し, 一致する, 一部には, 一部分が, 一部分としての, 一部分の, 一隅に, 丈夫な, 上にだけ, 上には, 上へまで, 上を, 下肢を, 不安を, 不思議な, 不死を, 不足を, 世話と, 中の, 中へ, 中一体に, 丸善である, 主人たる, 主人である, 事情の, 亡滅を, 交じわり, 交わりが, 交わりなく, 交わりに, 交渉が, 交渉なぞは, 交渉の, 交通は, 人だ, 人知れぬ, 他の, 休養と, 体臭では, 体質そこに, 何処を, 作用であり, 価値です, 価値の, 修整であり, 修繕を, 健やかな, 健不, 健全健康からも, 健康, 健康不健康といふ, 健康不健康の, 健康維持という, 健闘とを, 優秀な, 元子と, 兇暴さからは, 先を, 全機能, 全部が, 内には, 内外を, 冷たさ, 処々に, 凸所を, 凹凸に, 分解が, 分身に対する, 刺されるやう, 創造され, 力です, 力との, 力のみが, 劣情ばかり, 助けを, 労働で, 労働に, 労働よりも, 労働生活の, 動きと, 動きの, 動きまでを, 動作が, 動揺の, 勝った亭主, 勢で, 匂いが, 区域に, 半分の, 占めて, 取り扱い方, 取引を, 古傷に, 句で, 叫びの, 各部は, 同じ不具, 命も, 問題とは, 問題に, 喪失を, 困苦欠乏精神の, 均勢が, 均斉が, 執着を, 堂々たる美し, 堕ちると共に, 場で, 場合にも, 場合よりも, 壁に, 声であった, 変化と共に, 変化の, 変化を, 奇蹟な, 奥ふかい, 奥深く根, 妙な, 姿によって, 存する限り, 存在, 安息所と, 安易と, 実力によって, 実在を, 屑に, 巨細を, 年齢が, 年齢の, 底まで, 弱まりに, 弱味悪徳情熱その, 張りに, 強い表情, 強健な, 強靱さと, 強靱な, 形の, 形成と, 影で, 復活とを, 必要の, 忘られた, 快感の, 快感も, 快楽を, 怖ろ, 思考は, 性的行為で, 恋を, 恋愛を, 恢復に, 恰好の, 患者にと, 悩ましい温かい香り, 悪条件を, 悲しさ, 情慾ばかり, 意味であった, 愛の, 愛を, 感じ, 感じは, 感じをも, 感ずる心中, 感動といふ, 感覚と, 感覚にまで, 感覚的な, 感覚美に, 感覚美を, 慾には, 慾は, 慾望にも, 慾望も, 成長が, 戯れは, 所持者に, 所有に, 所有者から, 所有者が, 所有者である, 所有者でなかった, 所有者に, 所有者について, 所有者にな, 技術的訓練肉体の, 抱擁である, 拘束から, 持ち主たる, 持ち主では, 持ち主は, 持つて, 持主であっ, 持主でありました, 持主に, 探究も, 探窮美, 揉み合いが, 描写の, 故里と, 故障, 故障なら, 敏活なる, 敵として, 文学とは, 新しい価値, 新陳代謝の, 方の, 方より, 普通でない, 曲線美が, 有無のみ, 末端にとって, 条件で, 条件に, 条件を, 果敢なさ, 柔かな, 柔軟さと, 極秘の, 構成と, 構造は, 構造より, 権利と, 機械の, 機能の, 機能も, 欠陥と, 欲に, 欲望が, 欲望は, 欲求を, 歓びをも, 歓喜に, 歓喜も, 死とともに, 死によ, 死後に, 死後にも, 死活に, 死滅し, 死滅を, 死苦を, 汚れること, 汚気, 決意で, 法則が, 波濤へ, 泥沼へ, 活動と, 活動とは, 深奥の, 清さ, 温顔だ, 温顔などは, 満足なんて, 満足に, 滅亡せ, 濁りである, 為では, 為に, 無限の, 煩悶困, 燐分が, 片影が, 特異性と, 特長とともに, 犠牲を, 状態だ, 狼狽を, 猟犬であり, 理解にも, 生命が, 生死と, 生気の, 生理上にも, 生理的危機であっ, 男性的な, 異様なる, 疲れたとき, 疲れと, 疲労と, 疲労との, 疲労やら, 疲労恢復と共に, 疵も, 病に, 病を, 病気と, 病気の, 病的省察を通して, 痛みが, 痛みを, 発育は, 真の, 真実すら, 真実だけを, 矜りで, 研究が, 破壊される, 破壊である, 破壊作用が, 破壊作用は, 磨滅と共に, 神に, 秘密も, 空想だ, 立派で, 端から, 笞撻される, 第一, 粋が, 精力には, 純潔などに, 純潔を, 細々した, 細胞が, 細胞の, 組織が, 組織再び, 組織相合する, 経験を通して, 結合よりも, 線が, 線に, 線を, 縁を, 繋りかよ, 罪に, 羈絆を, 美の, 美醜は, 群団による, 老いと, 老衰は, 肥りよう, 背後には, 脂肪に, 自らなる, 自然的発達を, 自由が, 艶や, 若々しい艶, 苦しみが, 苦しみと, 苦しみよりも, 苦しみを, 苦悩を, 苦痛, 苦痛とは, 苦痛と共に, 苦痛による, 苦痛も, 虚弱から, 虚弱のせゐ, 血であり, 行儀よ, 行為が, 行為であり, 衝動から, 衝動に, 表わした衣物, 表情という, 表現運動では, 表皮を, 表面には, 衰えだの, 衰えに, 衰えるに, 衰へは, 衰へを, 衰亡を, 衰弱から, 衰弱よりも, 衰弱を, 裏門で, 裡で, 解剖的観察と, 解放, 解放は, 解決という, 触感を, 言葉だ, 誘惑を, 謎は, 豊かさを, 豊富さを, 貞操などは, 貞操を, 質量から, 距離, 輝きを, 輪郭だけが, 輪郭や, 輪郭を, 透明化に, 運動なら, 過動, 過重な, 違いを, 適応性に, 配偶を, 醜悪で, 重圧な, 重心を, 金色の, 鍛錬が, 門, 門て, 間隔に, 関係という, 関係まで, 関係を, 限界を, 陽炎を, 隔りの, 隙間, 雄勁な, 難行苦行に, 露わに, 露出なんか, 青春と, 音な, 顫律を, 風景である, 飢餓でなく, 饗宴が, 香気を, 馴染みは, 魅力ただ, 魅力で, 魅力との, 魅力に, 魅力を

▼ 肉体~ (733, 14.7%)

15 持って 11 もって 6 離れて 4 知らないこと, 離れし後

3 [11件] はなれて, 完全に, 彼は, 征服し, 感じて, 持つて, 永久に, 自分の, 見た, 超えて, 露出する

2 [50件] いたはる, いたむる事, して, だきしめて, ちらと, はなれること, もたない悩み, もつて, もてあそんだり, オモチャに, 健康に, 具えた四人称, 具えた猛獣, 具えて, 割引し, 去りたる無, 始めから, 始めて, 守る剣, 征服した, 忘れること, 思ひだすとき, 愛した, 愛して, 愛する男, 投げ出して, 拒むから, 持たない四人称, 持ちある, 持ちしかも, 持つと, 描いて, 描くという, 搏つ, 棄てて, 深々と, 知ると, 笠に, 肉体だけを, 脱した精神そのもの, 自由な, 自由に, 衰弱させ, 裏切り肉体, 要求する, 語つてゐた, 貫ぬいた, 貸して, 超えたところ, 醜なりと

1 [560件 抜粋] ああした, あのセラダ, あの頑健, あやしい霊魂, ある快, いたはり, いろいろな, うっとりと, うづうづさせてゐた, おおうもの, おもちゃに, おろそかに, お揃い, かきむしり合った, かきむしり悩み, かき抱きながら, かすかに, くすぐる, くねくねと, くの, くるくる動かし, くるしめる殉教者, こきつかわれた疲れ, こさえた者, こすりつけたいよう, このまま, ころがすよう, ごろうじろこの, ごろりと横たえた, さいなんだ肺結核, さすり始めた, さながらに, さへ, さらそうとは, しかも衆人監視, した健康, すぐに, すっかり抹殺, すつかり駄目, すでに猿沢, そう残酷, そこに, そなへ, その湯槽, た, たっぷり漬, たもち永らえて, だ, だしに, つつむ袋, であった, とおしてだけ, とり戻すため, どこまでも, どんなに美しく, なげこめば, なるだけ, ぬくめると, のたうちま, のみ取る, はずかしめるため, はっきり区別, はなれた心, ひきずって, ひときれ, ふたたび永遠, ぶっつけて, ぼんやり眺め, まかせたけれど, まざまざ感じた, まる裸, むさぼって, むさぼつ, むしばみ始めたので, むしばむの, もたぬ人間, もちはじめたといふ, もちよく, もち例えば, もち表情, もった十六七, もった神々しい, もった考え, もった蠱惑的, もった黒髪, もつた二十八歳, もつた神, もつ宿命, もてあまして, もてあますの, もとめだしたと, もとめて, もとめ得る枚, ゆすぶった, よく知つて, より価値, わずかに, ゴローの, ソツと, ソーッと, モデルとして, モラルや, リズミカルに, 一そうだるく, 一分刻みに, 一層懊悩, 一層豊艶, 一度は, 一方ならず重んずる, 丈夫に, 上下から, 不死ならしめる, 与えなかった, 与える喜び, 与へたこと, 世界一冒涜し, 両手に, 丸は, 予想し, 二つに, 二つ野の, 人並以上に, 人間以上の, 今更陽, 介さないでも, 介して, 使うよう, 供し, 侵し始めて, 侵す酷烈, 信じこの, 信子の, 借用し, 健全に, 傷つけて, 働かせて, 働かせること, 充す, 具へ, 具へた, 内からの, 内側から, 冒して, 冷たさ, 冷たそう, 凝視分析し続け, 分離したる, 切り売りし, 切り放しても, 切裂き臓腑, 切開き臓腑, 初めて抱きしめた, 利用し, 制するもの, 制御し, 刺し貫き身心とも, 剥き出しに, 創りだすこと, 労わっ, 動かす, 動かすもの, 包みながら, 包む時, 包んだシャツ, 包んで, 半年ほど, 卓一に, 占領した, 去らうとして, 去れば, 去ろうとして, 反芻し, 取り扱い始めた, 取り扱うという, 受けとめた, 叩いて, 叩き潰すかも, 否定し, 吸って, 吹き消し身体, 啄んだ後, 啖はんと, 噛む悔恨, 圧倒する, 壊して, 売り物に, 売る商売, 売る資本家, 大切に, 天地に, 失った, 失つた彼の, 失ふこと, 奪い時に, 奪うの, 奪った怪物, 奪われた, 嫉妬した, 守る, 守るの, 安ん, 対象として, 射透した, 尊敬しなかった, 崖の, 弄ぶこと, 強いて, 強靱ならしめ, 形作って, 彼女は, 征服しよう, 従と, 得たの, 忘れて, 怖れる, 思って, 思はずに, 思はなかつたかと, 思ひうねうね, 思ひ浮かべた瞬間, 思ふさま飜弄, 恥じないもの, 悲しむ心, 想い出しキリキリ, 想ふ, 想像し, 想像しました, 想像する, 愉しむ為, 意識した, 愛すること, 愛する時, 感じさせる, 感じさせるもの, 感じさせる強い, 感じたの, 感じた時秀男, 感じながら, 態, 慕うの, 慕ふ, 憎みその, 成長させ, 我慢が, 手がかりとして, 手に, 打壊するの, 抑制し, 投げやりにとり, 投げ出し心, 投じたこれら, 抜けうせた如く昏, 抱いて, 抱えて, 抱きとり妖蛇, 抱き見果てぬ夢, 抱へて, 拒否し, 拒否する, 持たないこの, 持ちながら, 持ち人間, 持ち又, 持ったベルリオーズ, 持った相当, 持った霊魂, 持つた神, 持つ人, 持つ化粧, 持つ魔性, 持てあましながら, 持て余して, 持扱い, 捜し得た, 捨てようと, 捨て魂魄, 掌に, 掴みながら, 描いた小説, 描かずに, 描きながら, 描く, 描くこと, 描こうと, 提供した, 擲る, 支えたよう, 支えて, 支配してる, 放擲する, 明子の, 映して, 曝したばかり, 曳いて, 最も婬ら, 最上の, 望むならそれ, 木片の, 束縛した, 枯坐せしめ, 桃色の, 棄てた幽界, 構成する, 権り, 横たえ母親, 殺して, 殺す前, 毀損する, 毎夜毎夜の, 毒し人間, 気だるくさす, 水陸で, 求める浮ばれぬ魂魄, 汚し苦しめ歪めさ, 汚すこと, 汚そうと, 汚れより, 泥沼へ, 泳がせたら, 活気づける, 流れて, 浸すよう, 消滅に, 消耗する, 清めながら, 清めるの, 清らかに, 温かに, 温めて, 溶け合したいかの, 溶した, 漁りに, 火燵の, 無数に, 焼き無, 煙草に, 熟視する, 熾な, 犯されたの, 犯した, 猛火で, 獲得する, 生かして, 生かす, 生かすため, 生きながら, 生れて, 生活し, 申し上げる名称, 男子に, 男性に, 疲らせれば, 病床に, 痛め傷つけて, 痛快らしくながめ, 発育させる, 発見され, 百日の, 監視し, 目がけて, 目ざすか, 真中から, 眺めました, 着物の, 知ったせい, 知って, 知つた, 知らない筈, 知らぬこと, 破ってまでも, 破るそれ, 示して, 示すが, 神を, 神聖と, 私の, 種々な, 空想の, 突刺したよう, 粉砕する, 素材の, 細部に, 組織する, 組織せる, 結びつけたら結婚, 結局は, 維持する, 繋ぎ彼, 美しいと, 美しくし, 美しく想像, 美しく折り曲げ, 考えたこと, 考えるの, 考へた, 肉体として, 脱け, 腐せて, 腐らして, 腐らせつつ, 腐らせて, 臙脂の, 自分が, 自分と共に, 自由自在に, 舞台に, 苛み躍起, 苛めつけるよう, 苦しめずに, 苦しめて, 苦しめられるだけ, 苦しめること, 苦しめるのみ, 苦しめる難行苦行, 苦しめ娘, 苦しめ汚し痛めて, 苦痛や, 荒縄で, 蔽いかくして, 薫化し, 蘇らせたの, 蛇の, 蝉の, 蝕ば, 蝸牛の, 血まみれに, 衝き破って, 表わして, 袈裟に, 裏切ること, 見たもの, 見た反動, 見て, 見ようと, 見ること, 見るの, 見出した時, 見出す時, 見直さないわけ, 視覚で, 観ること, 許したのち, 許した女, 許しても, 許し合うに, 許すはず, 識って, 識り合う, 讃美する, 貪るやう, 貫いて, 責める位, 貰うまでさ, 買うという, 資本に, 贏ち得た, 走りすぎるおののきであった, 超えた精神至上, 超然たらし, 超越し, 跳らせ, 踏みつけた, 身に, 身近に, 軽々しく扱う, 軽く浮び上らせ, 軽蔑する, 載せたこと, 轢潰し, 近づけた後, 運んで, 選択する, 酷使し, 醜いと, 鉄拳で, 鋭く凝視, 錐で, 鏡に, 鑑賞する, 鑑賞物として, 離れたと, 離れたるとき, 離れたる世界, 離れたる以上, 離れた上, 離れた執拗, 離れた多く, 離れてか, 離れんとして, 離れ去るが, 露出し, 露出しない, 鞭うっ, 頬にも, 食ふ, 飢渇汚物等によ, 飾りそのある, 養うため, 駆使し, 黒色に

▼ 肉体~ (507, 10.2%)

25 にも精神的 15 なもの 9 な論理 8 の苦痛 6 な苦痛 5 なこと, の関係 4 な交渉, のもの, 快不快 3 な力, な意味, な表現, な関係, に, にも, に何

2 [43件] だ, であり人間的, でしょう, とも精神的, と精神的, な, な交際, な健康, な嫌悪, な恐怖, な感じ, な感覚, な救い, な条件, な痛み, な素質, な苦し, な苦しみ, な苦悶, な要素, な言葉, な面, にかたよりすぎる, にさえ, にその, にはもちろん, には妻, にもこの, にも一種, にも稀代, に云え, に存在, に征服, に支配, に既に, に築きあげね, に自分, に遊ばず, に麻痺, の出産, の実際, の快感, の慾情

1 [315件] および精神的, および精神的復活, および精神的苦悶, だけでない, だった, で, であるとか, であるの, であるよりは, でかつ, でさえ, でしょうね, でない, でないこと, でないまるで, で後世, で異常, で絶対的, で而, ともいい得る, とも云, とも言うべき, とを兼ねた, なこの, なそして, なたとえば, なつながり, なつながりそのもの, なばかり, なまた, なまたは, なむかつきの, なよろこびの, ならびに精神的, なるもの, なわけ, なショック, な一時的結合以上, な一種, な不備, な不快, な不老長生, な交感, な享楽, な全, な労働, な労苦, な原始的, な厭味, な厭気, な反感, な反響, な同時に, な問題, な好奇心, な実感, な実感みたい, な射影行動, な幸福, な快楽, な快活, な思春期, な性的欲求, な恋, な情熱, な愛, な愛執, な愛慾, な感覚的, な慾情, な慾望, な我々, な手応え, な手術, な抑制, な抵抗, な損失, な暴露, な機密, な欲求, な求め, な汗ばんだもの, な清潔さ, な濁り, な火, な無意識, な特長, な理由, な病気, な目方, な秘密, な経験, な繁栄, な美し, な習慣, な能力, な自然主義, な若, な衝動, な衝撃, な訴え, な迫力, な遊戯, な運動, な過失, な道義感, な重み, な鋭い, な限界, な音, な響き, な類似, な魅力, な鮮やかさ, にあらわるる, にいう, にいえ, におとっ, にかな, にかなにか, にきたない, にしみじみ, にしろ, にだって赤ん坊, につい, にで, にできなくなるまぎ, になっ, にのみ親子, にはた, にはどう, にはなんら, にはへたばっ, にはハッキリ, にはマゾヒスト, には不健康, には不自由, には俺, には前, には勿論, には大病人, には案外, には殆ど, には無論, には皮膚, には私達第三者, には近寄れない, には顔面, にひかれる, にまずそう, にまた, にまたは, にまで彼女, にまで覚え初めた, にもこういう, にもそれ, にもだえ, にもつ, にもつながる, にもひどく, にもよく, にもよみ返っ, にも一時人生, にも丈夫, にも不自然, にも並ぶ, にも人柄, にも他, にも倦まず撓まず, にも入用, にも再び, にも別に, にも参っ, にも反撥, にも堪えがたい, にも変わっ, にも多少, にも如何, にも弱点, にも彼, にも性, にも性格的, にも戦闘能力, にも日本, にも殆, にも深い, にも漸く, にも火炙り, にも疲労, にも社会的, にも胸中異変, にも自滅, にも融け合っ, にも許し, にも豊饒, にも遊び, にも非, にわかりました, に一そう消耗, に一致, に不具, に不可能, に不快, に云おうなら, に何らかの, に倉地, に健康, に充分, に兵隊, に出産, に切実, に刺激, に圧倒, に堪えられなくなった, に大きい, に夫, に女房, に常軌, に弱っ, に彼, に必要, に忽ち, に性的, に恐ろしく, に惹かれる, に感じ, に感じ見まもっ, に憎ん, に捉えられず, に接触, に描かう, に教育, に敵, に来, に極めて, に欠陥, に死ぬ, に泣く, に深い, に滅びね, に無理, に父, に生理的, に疲労, に発露, に直接, に相容れない, に知る, に精神的, に純潔, に純潔不二, に自身, に若い, に苦しく, に苦しみました, に苦しむ, に苦しめる, に虐待, に表現, に衰, に躓く, に酷烈, に限定, に鞭打たれる, に頭, ぬくみ, のあらゆる, のこと, のそれ, のは気絶, のまた, の不死, の不老不死, の交渉, の健康, の健康さ, の健康保持, の克己, の労働, の変態, の存在, の差別, の影響, の意味, の慾, の放縦, の放縦猥雑, の欠陥, の欲求, の満足, の特質, の生命, の生長, の疲労, の疾患, の痛み, の美し, の能率, の苦しみ, の苦悩, の虚労, の衝動, の衰弱, の諸, の過労, の障壁, ばかりでなく, よりも夙く, 不快事, 且つ精神的, 並びに精神的, 乃至性格的条件, 乃至精神的, 及び精神的, 諸機能

▼ 肉体~ (351, 7.0%)

3 もう死ん, 精神の

2 [19件] ここに, この二人, どこにでも, ないの, わびしいもの, 亡びても, 余りに激しい, 妙に, 少しも, 忽然とし, 最も微妙, 死んでも, 疲れて, 腐って, 芳烈に, 荘田の, 許しても, 電車の, 魅力が

1 [307件] あなたのみ, ある意味, いいこと, いかになろう, いかに無為無職, いちばん発達し, いつたいに, いつまでも, いつも身, いつ何時, うらぎるかも, くすぐったく笑いたがっ, くりくり盛りあがっ, けっしてそれ, げっそりし, こうして朽ち果て, この二重, この尊ぶべき, この急, この材木, これを, さすがに, しかしさして, じかに小理屈ぬき, すぐに, すぐ熱, すでに去つた, そこに, そのままでも, そのナンセンス, その喜び, それに, それほどに, それを, そんなにまで, たしかに隆夫, ただ想像, ただ柔かく温かく, だんだん焼かれる, だんだん衰え, ちっとも変り, とうにこの世, どうしても汚い, どこに, どんなに弱く, なくなったが, なまじい真実, なまじひ, なんといっ, ぬかるみの, はなはだもろい, ひとたび不滅, ひどく敏感, ふたたびもと, ほとんど疲労, ほんの僅か, ほんの暫く, ますます温く, またその, また彼, まだ生き, まだ鉛, まもなく亡び, みすみす浅ましく, みんなこの, もうたくさん, もうほんとにすっかり阿, もう知らぬ, もっと悲しい, もっと濃厚, もはやその, もはや疲れ切っ, やがて衰え, やせおとろえて, ややともすると後ろ, よいと, わずか一滴, わずか三尺, アポロの, ジョゼフィヌに, スーザンにとって, ハチ切れる, バレーから, 一つの, 一度に, 一方では, 丁度銅色, 不死身みたいに, 不満で, 不満であっ, 不調和を, 与へ, 予感する, 今どこに, 今最後, 仮死状態に, 休息し, 伽藍の, 何となく凋落, 何ほど, 余りに秘密, 余り達者, 依然として処女, 健やかに, 健全なり, 健康そのものであったらしい, 健康だつた, 先天的に, 全く光り, 六月の, 其後今日迄, 内部から, 凡べて, 処女の, 出来過ぎるほど, 別な, 到底無事, 刻々もがき, 動いて, 医者に, 十九か, 単に洞ろ, 単に空ろ, 厚ぼったく重々しくそして, 又あまりに, 反抗し, 合致し, 君ヨーロッパの, 呵責を, 命と, 地獄よりも, 埋められて, 堪らない, 墓穴の, 変つても, 夕暮の, 外の, 夢想的な, 大切な, 太陽に, 夫, 失われても, 完全に, 実に無造作, 容易に, 寸尺の, 小気味よく延び, 崩れて, 左近倉平の, 布団の, 常に弄ぶべき, 常に温顔, 常に衰耗, 幅としては, 平気の, 年が, 年ごとに, 幻想的な, 弱しどうしても, 弱って, 彼の, 徐々にばい爛, 忽ち消え失せ, 思はなくとも, 思ひだすまいと, 急に, 恢復した, 恰もブランコ, 情緒の, 感謝し, 慾求は, 憎く, 或は一度, 打たれても, 抜殻に, 摩訶不可思議である, 日増しに丈夫, 明らかに, 昨日から, 時々救, 最も激しく, 最後の, 最早腐っ, 果して何時, 極めて抵抗力, 極めて精神, 楽欲に, 次第次第に, 欲望や, 歩く度, 死するなり, 死するのみ, 死なないと, 死にも, 死んで, 死後朽ち, 死後永く, 殆ん, 永久に, 永遠では, 永遠に, 永遠を, 求めて, 求めるという, 汚されて, 決して滅亡, 決意によ, 流浪の, 消えても, 消えました, 清潔である, 溶けて, 滅びたが, 滅びたしかも, 滅びて, 滅びても, 濡れて, 火葬竈の, 無感覚で, 焼かれて, 熟り, 特に魅力, 狂気と, 獅子吼し, 獣王の, 現われたが, 生きられるとしても, 生れ変ったよう, 生前と, 生命の, 生死が, 男の, 男より, 異常であった, 疲労によって, 病菌には, 発育し, 白痴の, 益々淫蕩, 盛り出した暑, 盛んに, 目覚めて, 目醒め, 相当だ, 相当鍛えられ, 瞼の, 砕けて, 破れて, 礼節ある, 穢れては, 筋ばった蒼白い, 精神が, 精神は, 精神を, 細胞の, 絶壁に, 絶対で, 縺れ合うよう, 老いこんで, 肉体としても, 肩と, 腐っても, 腐らない, 腐らないけどねえ, 腐朽し, 腐朽する, 自分で, 自分と, 自分の, 自殺を, 苦しくも, 蛇足の, 血の池深く, 血管から, 衰えむしろ, 衰え感覚, 裏口で, 見るからに, 見事に, 見出せなかった, 誰が, 貧弱で, 軟骨質の, 軽い空気, 軽蔑しない, 退屈千万でも, 通例附近の, 逞しく彼, 遂に事実, 遊びの, 運ばれて, 過労で, 酸素, 鉄であった, 長閑な, 闇の, 隙だらけで, 霊魂の, 頓に, 頸の, 風に, 飲みきらないのに, 骨は, 骨格という, 髪の毛から, 魂について, 黒吉にとって

▼ 肉体~ (328, 6.6%)

9 就て 5 就いて 4 於て 3 健全な, 宿って

2 [24件] あらゆる醜, ある, あるの, なって, ふれて, ふれる勇気, みれんが, よくない, 一つの, 即して, 及ぼす影響, 向って, 復讐する, 感じた, 手を, 於ても, 植物の, 現われた著しい, 目覚めた青年達, 相応し, 秘密の, 見えるその, 誇を, 退屈し

1 [256件] あまい気だるさ, あらざる仏, あらわす精神障害, うけて, うける苦痛, おけるが, かえり次第, かりそめ, かわった, くいこんで, くっついてる蛭ども, くまなくその, くらべれば, こだわるもの, こもる霊魂, これは, さわると, して, しみこんで, すがりついて, すがるしか, すぎないの, せよ彼女, その恐怖, その魂, そんな元気, たつた一個所, つつまれた心, つながった, つながって, つらなる感情, てかわれ, てか肉体, とどまって, どれだけの, なったよう, なるので, のこって, はいりこんで, はげしい鰻, ひっついて, ひどく喰い込んだ, ぴったりつい, ふくまれて, ふさわしい条件, ふれた時, まつはりつく, みなぎるよう, むすびつけられた不自由, めぐつた血液が, わしを, チョットでも, ノックした, パシパシと, ピシリ, メスが, 一方ならず努力, 一種の, 不便を, 不検束, 不自然なる, 与えた美しい, 井戸水を, 交渉し, 今の, 今朝の, 伝えるの, 伝わった, 伝わって, 伝わること, 伴ふ, 何か, 何かを, 何も, 依存する, 健康が, 備えて, 充ちたとき, 入りあなた, 全てを, 共通な, 冬の, 切な, 別々の, 刻みつける, 刻印しよう, 力が, 加えられて, 加えられる残虐痛苦, 加へた罰から, 劣るが, 勇気が, 勝った如く彼, 勝つた如く彼, 包まれて, 化した木崎, 医学の, 印刻されてる, 即したもの, 即した思考, 及ぼす変化, 反応し, 取り縋ったこと, 合うよう, 同じよう, 同情しすぎた, 呪われた心, 困苦を, 圧されるよう, 執着する, 墨絵を, 嫉妬を, 宿る, 宿るやう, 宿る多く, 寄せる多彩, 密接さして, 密着し, 対比する, 射ちこまれて, 尊厳性は, 少しでも, 少女の, 就いてのみ, 属すること, 常に裏切られ, 平民の, 引きずられ彼, 強いて, 当る音, 影響し, 復りたい, 心の, 心惹かれ, 怖ろ, 思い出したらしい, 思はれたと, 恢復し, 想像を, 惹きつけられて, 意識し, 愛情を, 愛想が, 感ずると, 慕ひ, 慢性骨髄性白血病および, 憎しみや, 憑かれて, 懐剣を, 打撃を, 抱かれて, 拘束せられ, 指一本触った, 挑む野獣, 早くも, 明子の, 未練を, 来る感じ, 棲む神性, 気付いたとき, 求めた結果, 泌み込んだ, 注意した, 洗い清められて, 流れるの, 浸み, 深く根ざし, 混っての, 温めら, 滲み着いて, 無聊と, 焦燥しだす, 特有な, 特殊な, 犇, 理論上ああ, 生きて, 生理的傷害の, 異様な, 病は, 痛打, 痛棒を, 痛苦を, 痼疾を, 相当する, 相違ない, 知りてえやつ, 確信が, 神秘な, 私の, 私は, 秘密が, 移さずなるだけ, 移して, 移せば, 籠るエネルギー, 精密器械の, 縛りつけられた自分, 繋がる夫婦, 繋り竪, 羽織ろうと, 胸が, 脈を, 自ら御, 自信を, 自然に, 花咲いた, 落ちるの, 薄青い, 血紫色の, 行は, 衣服を, 表徴される, 要求が, 見とれる有様, 触れたこと, 触れたという, 触れた湯, 触れること, 訣れること, 訣別し, 試みられたの, 話しかけて, 課せられた仕事, 負けじたましいを, 起ったか, 起った大きな, 起るあの, 起因する, 足が, 近く肉体の, 迷ひだす, 迷ふからさめる, 連結し, 過ぎない, 過ぎなかった, 還っては, 邪悪の, 酒心に, 重すぎる, 金羊毛酒場の, 釘付けされた, 鋲付けされてる生ける, 附著し, 隠されて, 集中する, 青年の, 頼るほか, 飛びついた, 飽き足らなかった, 鬱蓄され, 魅せられたもの, 魅せられて, 魅力を, 黄金に, 齎そうとは

▼ 肉体~ (319, 6.4%)

3 ある, 亡びて, 私の, 自分の

2 [19件] あった, お互いの, ころがって, その生殖器, どうしてケダモノ, なくなるわけ, 人魚の, 厭に, 変に, 好きな, 宿る, 怖ろ, 急に, 手の, 生活作用を, 白くほんのり, 肉体の, 透明と, 離ればなれに

1 [269件] あざわらつてゐる, あっては, あの時間, あらゆる抵抗要素, あらわに, ありありと, あり重, あるだけ, あるという, あるの, あるばかり, あれば, いくら頑健, いつの間にか消え失せ, いまだに生ける, いやで, いよいよ現実感, いるの, うつろに, うれしくつて, おっとりと, お互, ぎりぎりと, けれどもそれほど, このとき不思議, この地球, この執拗, これぎりになるか, ころが, こんなに弱く, しきりに発散, しずかに, じりじりと, そのまま永遠不滅, そのまま蝋化, その中, その悲し, その緊張, その食慾, その食物, そもそも辞書, それで, たえず裏切っ, つかれかけて, つながった男, ととのい情感, ともかく最後, どうしてこうも, どんなにみじめ, どんな刻苦, ないという, なかった, なきゃア, なくなったの, なければ, なぜに, ばら, ひよろ, ぴくりぴくりと, ふえたという, ぶつかり合うよう, まざまざと, ます, まだ保っ, まだ恢復, まったくただ, まる出し, まる見え, むき出しに, むごたらしく傷つけられ, むしろ憎い, もつだろうか, ものを, やがてどこ, やつぱり諦らめきれない, やりきれない圧迫, クッキリと, タバコを, 一つの, 一人の, 一糸も, 一致した, 三十七の, 上体の, 不健康状態に, 不具だ, 不具だけに, 不具である, 不憫で, 不気味な, 不能者の, 並べられた事, 乱暴なつめこみ, 五十を, 亡びても, 亡魂と, 仄見えた, 今は, 伴わない場合, 何者かへの, 健全で, 健全円満で, 健康である, 健康でない, 全く二元論的, 内部から, 写象として, 凋落し, 切りさいなまれるの, 切り裂かれるという, 刻々と, 卓一の, 原因であった, 又魂, 取りも, 同一の, 呼びあったの, 呼吸で, 四ツ五ツ揚板を, 土台である, 圧し潰されて, 在ると, 地上に, 地下に, 外套に, 外套を通して, 大地と, 奇蹟の, 女王に, 如何に, 存在しない, 宙に, 実に宇宙, 寒さ, 岡本などに, 年齢の, 幻の, 弄れる, 彼の, 彼女の, 待ち兼ねたよう, 必然に, 忘れられて, 快く波動, 思考する, 性に, 恋を, 恐ろしくなり始めた, 惨めで, 意外にも, 意識され, 愛し合ってから, 感じた, 感じられなかった, 感ぜら, 感ぜられる丸々, 憎くなる, 或弱り, 承知しない, 持ちこたへられたもの, 持つ意識, 持てあまされた, 揉みあう機会, 新しいフショク物, 新陳代謝を, 昇華され, 春に, 朽ちる, 束縛され, 枯れて, 椅子や, 極度に, 様々の, 横たわって, 橋を, 次第に腐っ, 欲しい, 欲しいの, 歓び, 死んでも, 毛布の, 求める律動, 汗を, 活動作用を, 浮かんで, 浮んで, 深く喰い込ん, 渇したごとく要求, 渇に対する, 滅んでも, 澄明と, 無用に, 焼けて, 父の, 特別な, 生きるだけ, 生み出す魅力, 生れた時, 男にとっては, 疲れて, 疲れ易く, 病弱で, 病気でも, 病菌によって, 益々美しく, 眼に, 眼前に, 眼醒め, 睡眠を, 磨滅し, 示すグロテスク, 私を, 空間を, 立派な, 章一の, 第一, 精神に, 精神の, 精神を, 絶えずそれ, 考えられなかったの, 考へ肉体, 肥るの, 腐敗の, 自分を, 自在に, 良いから, 若い, 草の, 萎れた花, 落ちて, 蕃地の, 薄い布, 虚弱だ, 蛆虫とともに, 融け初めて, 融け込んで, 血が, 血と, 衝撃を, 衰えては, 衰えるの, 衰弱し, 裸に, 襖一枚の, 見られる訳, 見る見る衰弱, 見る間, 観念を, 触れるの, 触れる時, 語つてゐる, 起き上りかけた, 軽々と空間, 近寄るに従って, 迫って, 酔うもの, 限りなく, 雄渾に, 電気の, 露わである, 非常に, 革命を, 音たて, 食って, 食物で, 食物の, 養分を, 黄金の

▼ 肉体~ (226, 4.5%)

20 精神の 18 精神との 5 精神が, 精神と, 精神とを, 精神に, 精神を 4 精神とが, 精神とに 3 なって, 一つに, 理知の, 肉体との, 霊魂と, 霊魂との

2 [13件] いっしょに, なり時には, 全く相, 同じく確, 大地との, 幽体, 心との, 心の, 知能と, 精神という, 精神とで, 精神は, 肉体とが

1 [111件] あいびき, あひびきする, あらゆる感情, いい比べるもの, この感情, するまでは, すれば, そこに, そして猥ら, そのため, その存否, その当然, その活動原理, その高慢, それを, ちが, なつた, なり蛆虫, ぱったり出逢った, ほの, まごころ, まるで無関係, タラタラと, ルイザの, 一しょに, 一人よがり, 一緒に, 不離不, 両方を, 両方面, 並べて精神, 云うよりも, 人生との, 個性とを, 倶に, 健全な, 催眠剤の, 優美な, 剣の, 反対に, 反比例と, 可憐な, 同じに, 同じやう, 同じよう, 同時に滅びる, 同様に, 声帯の, 声音と, 女性的な, 妄念の, 娘, 少くとも, 平凡な, 形体と, 彼女の, 心とが, 心につき, 心霊の, 思慮を以て, 情感とを, 情緒とが, 情緒とを, 感情の, 感情は, 感覚を, 慾得を, 房一との, 掻き乱された魂, 文学とから, 旺盛な, 歪める金具, 淡紅の, 激しい情緒, 爽やかな, 物体との, 理性とは, 相通じた, 眼前の, 着物で, 知恵の, 社会を, 私の, 精力とを, 精神で, 精神とともに, 精神とによる, 精神とは, 精神上に, 精神姿態と, 精神自分自身の, 縁なし, 美しい外貌, 肉体と, 肉体に, 肉体の, 肉声とを, 自然, 自然の, 血液が, 解け合って, 較べては, 違う女, 鋭い感受性, 関係ある, 陥没した, 霊魂とは, 霊魂とを, 霊魂を, 髪の, 魂と

▼ 肉体~ (111, 2.2%)

16 精神も 3 心も, 持って 2 あれば, その中, 剥き出しである, 名誉も, 感情も, 浮んで, 無に

1 [75件] ある, うけとらなかった筈, すばしこくなった, そのころ, そのままであった, それから, ちょっと綺麗, とても普通, ともに燃え, どうかし, ない, なく線, はなはだしい困憊状態, はなはだしく病, また熄, みずから守る, みたされて, めざめたやう, ようやく衰え, 一つに, 一の, 一洗され, 一種を, 不具に, 事実年齢より, 亦いよいよ丸々, 余程変, 例令其れ, 健康であった, 全く潰され, 全然反対, 共に消失, 冷えきって, 厚味の, 同じく健全発剌, 同じやう, 君にとっては, 命長し, 場面も, 変えるまでには, 変りかけて, 女の, 宿命も, 少しも, 強く一人, 彼は, 必要で, 必要に, 忘れて, 忽ち塵土, 性情も, 情にも, 愛撫と, 持たない素焼, 支配され, 極めて短時日, 残るの, 焼け始めたの, 甚だ面白く, 田村君と, 盲目に, 知らずに, 磨り減らされるだけ, 綿の, 腐らして, 虚弱で, 見上ぐるばかりの, 観音らしい, 諦めるし, 財産も, 軟かく開放, 霊魂も, 額に, 顔も, 魂も

▼ 肉体から~ (68, 1.4%)

2 出る香, 制御し得る, 精神へ, 高貴な

1 [60件] あらゆるもの, お前の, さきに, して, すぐそう分る, ただ肉体だけを, どんなに沢山, はずれて, むず痒いよう, もぎ離されたる無数, 作り出されて, 先の, 出て, 半分出, 去らないだろう, 呪われたる霊魂, 失くなって, 妖艶な, 引き離されて, 引き離され激情, 弾力を, 手を, 抜けだして, 抜けと, 放れて, 来るあらゆる, 次第に生身, 武士らしい, 泌み, 温かみが, 無理に, 生れたもの, 生命が, 発光した, 発散する, 総ての, 肉体へ, 肉体へのみ, 脱け, 脱しながら, 自分の, 蒸せあがるよう, 袂別しきれぬ, 見れば, 解放され, 言っても, 起って, 迸り出たもの, 迸り出るやう, 追い出された隆夫, 遊離し, 遠ざかりかけて, 隆夫の, 離れたよう, 離れた精神, 離れて, 離れるの, 霊的な, 霊魂の, 魂へ

▼ 肉体~ (65, 1.3%)

7 の関係 4 及び精神上 2 および精神上, のこと, の変化, の徴候, の苦痛, より發

1 [42件] および感覚上, から観た, にあり, においても永遠, にも精神的, に変化, に容易, に春, に精神上, に苦痛, のはっきり, のスポーツ, の事, の事件, の事柄, の今, の健康, の制限, の努力, の問題, の女性, の姦淫, の快楽, の悲惨, の敗残者, の欠点, の欠陥, の無, の特質, の生死, の疲労, の病気, の窮屈さ, の苦しみ, の苦悩, の要求, の象, の過失, ばかりでなく, や精神上, より救助, より発する

▼ 肉体との~ (40, 0.8%)

2 区別を, 操を

1 [36件] あの不思議, 一如の, 中に, 交通は, 交錯を, 健康を, 全力を, 分裂を, 分離が, 危期が, 実在的な, 対照は, 尠から, 差を, 底に, 微妙な, 愛における, 感触を, 接触が, 接触だけで, 接触などを, 接触に, 活動を, 特徴更に, 白熱的な, 神秘的で, 組立てに対して, 結合は, 縁が, 美が, 自由であった, 衰えが, 通い合った者共, 過程としての, 過程を, 関係だ

▼ 肉体~ (37, 0.7%)

2 あつた, もつて, 愛すること

1 [31件] さう, じかにああ, そういう肉体, たたかうん, どれ丈の, めざめて, ものに, 下部は, 了解し, 代価を, 全身で, 労働する, 包まれた地上, 感じた農村, 掴んで, 支払いを, 歴史の, 殊に若い, 男に, 痩せて, 示して, 稼ぐには, 稼ぐんぢ, 組立てられたブランコ, 経験した, 結びつくまでには, 自然と, 表現しよう, 解決し, 身を, 酔わして

▼ 肉体~ (26, 0.5%)

5 精神の 2 心の, 精神を

1 [17件] その遊び, それから親分, 外貌を, 容色の, 容貌や, 建物や, 感覚に, 成熟した, 持って, 生活に対して, 精神が, 精神も, 肉慾を, 自分の, 血の, 衰えた精神, 身振りや

▼ 肉体という~ (25, 0.5%)

7 ものが 6 ものは 3 ものを 1 もの, ものだけが, ものなら, 厄介な, 女の, 物は, 繊細な, 衣服を, 言葉を

▼ 肉体労働~ (25, 0.5%)

3 を行わず 2 の美徳, をやっ

1 [18件] が少し, だ泊銭, であるかを, でもしよう, と精神労働, にはうんざり, にはまことに, に堪え得る, に従事, に近い, は虚無, へ追いたて, をし, をした, をしない, をする, をせず, をもいとわぬ

▼ 肉体そのもの~ (24, 0.5%)

1 [24件] が忽ち, が自分, が語る, だけを見れ, であり風景, でしかふさげられない, に執拗, に感ぜられる, に置い, のよう, の世界, の心, の温か, の温み, の滅亡, の真実, の美し, の螺旋形上昇, はかたく, はさすが, までが異人, を不気味, を大量的, を表現

▼ 肉体とを~ (22, 0.4%)

1 [22件] ある一部, こめた謂, ささえて, そういう素朴さ, 三木は, 健かに, 切り離したがる癖, 区別し, 受け継いでは, 同時に胎生, 実感的に, 対立させ, 抱いて, 持って, 持つて, 比べること, 献げるべき, 男に対して, 男子に, 直接観衆の, 苛んだ, 誘い込む様々

▼ 肉体には~ (22, 0.4%)

2 精神が

1 [20件] いまでも, かわりは, ぐんぐん力, とても盛りきれない, 一つの, 一種の, 五官あり, 何の, 効果が, 原始人らしい, 夫殺しの, 恋せずし, 本能的な, 正規な, 気候の, 理窟の, 病は, 良くないらしい, 若いうち, 食物も

▼ 肉体~ (21, 0.4%)

3 して 2 さえされ

1 [16件] がある程度, されたもの, された思想, されて, される目的, され小説自体, した風景, し得る以上, し菩薩, する, するかによって, すること, すれば, はこの, をした, を目的

▼ 肉体的苦痛~ (19, 0.4%)

1 [19件] がなん, が今, が彼, とは全く, と共に精神的苦痛, などを考え, には至って, に対する不安, に対する覚悟, に感じ, に接する, に等し, はあらゆる, はほとんど, ばかりで, をよりよく, を嘗め, を報いられたら, を感じ

▼ 肉体自体~ (15, 0.3%)

3 の思考, の言葉 1 が何, が媚び, といふこと, と好色精神, にこもる, にさ, に苦しめられる, の弱点, もまた

▼ 肉体とが~ (14, 0.3%)

1 [14件] いかに接近, いっしょに, いっせいに解きはなされた, さながら蛆虫, その深刻, 一つに, 一致し, 互に互, 互の, 彼に, 揉み合ったり, 日に日に頽廃, 示して, 言葉なく

▼ 肉体にも~ (14, 0.3%)

3 精神にも

1 [11件] なんらの, わが精神, 一人一人それぞれの, 何か, 何かが, 何と一時的疲労, 健かな, 力溢れ漲る, 彼なみの, 病人の, 繭を

▼ 肉体とともに~ (13, 0.3%)

2 滅亡す, 精神も 1 一代限りの, 冗談を, 朽ち去りて, 消え去るであろう, 滅し死後, 滅するによる, 滅びる, 生ず, 若い心

▼ 肉体~ (13, 0.3%)

2 価値の

1 [11件] きりきり食いいる, 充たして, 又は紙, 告げた, 復帰した, 手を, 抗議を, 浸潤し, 移って, 突然入り込ん, 飛んで

▼ 肉体では~ (12, 0.2%)

3 ないか 2 なくて 1 ある, いま, ない, ないあなた, 原始時代人間が, 戦いに, 生きて

▼ 肉体よりも~ (12, 0.2%)

2 もつと 1 きたなく汚され, もっと無慈悲, 人の, 先に, 先へ, 先立つ自分, 大事だ, 廃りかけた蒼白, 無形たる, 男の

▼ 肉体~ (11, 0.2%)

2 のだ, のである 1 ので, のであろう, のです, のにこの, のに気, んざアつまらねえ, んです

▼ 肉体によって~ (11, 0.2%)

2 規定され 1 充たされること, 差し当り象徴, 支えなければ, 数人の, 現わ, 現実に, 発せられるもの, 結合され, 解決した

▼ 肉体に対する~ (11, 0.2%)

1 [11件] いまわしい想い出, 人間の, 危険とは, 執着等によって, 嫉妬で, 愛着が, 支配力を, 残酷な苛み, 注意が, 自然の, 若いロスコー氏

▼ 肉体への~ (11, 0.2%)

1 [11件] もだえに, 呼びかけである, 嫉妬から, 嫉妬の, 嫌悪ついた, 思慕で, 暴力で, 無関心, 肯定を, 衝動を, 郷愁を

▼ 肉体~ (11, 0.2%)

1 [11件] がなく, が弱, に対する過信, の統一的活動, の総和, はカゲロウ, は勝負, への過信, もしきりに, やら現実的, よりも決定的

▼ 肉体的条件~ (11, 0.2%)

1 [11件] から云っ, といふ別, と云います, に対する批判的興味, に適合, は一つ, は悪化, をよく, を別, を如何, を準備

▼ 肉体だけが~ (10, 0.2%)

2 女の 1 あった, あつた, たましい, のたうちま, 残って, 残るわけ, 舞台の, 覚めて

▼ 肉体~ (10, 0.2%)

2 の文学 1 とかエロ作家, とよばれる, にとっては作品, の作家, の小説, の小説類, の諸氏, や中間小説

▼ 肉体をも~ (9, 0.2%)

1 その中, 一緒に, 予想し, 侵して, 失はうと, 疲らせ始めた, 純潔に, 結び合す愉快さ, 蒼白く萎びさし

▼ 肉体だけ~ (8, 0.2%)

1 だと, だという, ぢや, であった, 大人に, 来ないという, 見える, 逞しい兵卒たち

▼ 肉体だけの~ (8, 0.2%)

2 ものだ 1 もので, 享楽だけじゃ, 快楽である, 快楽も, 狂乱, 真剣さだ

▼ 肉体である~ (8, 0.2%)

2 にすぎず 1 とか男性美, と云う, と共に精神, にすぎない, のと, 事は

▼ 肉体でも~ (8, 0.2%)

1 あり得るの, あれば, ない, なくただ, 剛強な, 周囲の, 現わし, 香気が

▼ 肉体とは~ (8, 0.2%)

1 いよいよ離れ, このやう, すは, まるっきり異, 未亡人という, 未開人の, 現実に, 関係なく

▼ 肉体によ~ (8, 0.2%)

1 つて, つてこの, つてすらも, つて始まる, つて救ふ, つて生き, つて置き, つて許るされた

▼ 肉体的快楽~ (8, 0.2%)

1 でなくて, と精神的快楽, にある, に感じ, までも伴った, をたま, を共に, を知る

▼ 肉体的関係~ (8, 0.2%)

1 に対しては絶対否認, に或は, のない, の批評, はその後, をも露出, を同時に, を持つ

▼ 肉体として~ (7, 0.1%)

1 そこから, 完全に, 描くこと, 敏い感覚性, 活力を, 現して, 細胞化した

▼ 肉体主義~ (7, 0.1%)

2 なの, の文学 1 あるいは客観主義, の流行, は彼

▼ 肉体以上~ (7, 0.1%)

2 にさ, に知的, のもの 1 の心

▼ 肉体及び~ (7, 0.1%)

4 精神の 1 精神が, 精神と, 精神ともに

▼ 肉体的健康~ (7, 0.1%)

1 である, といふこと, の所有者なり, は自分, も暫く, を専門, を心から

▼ 肉体的労働~ (7, 0.1%)

2 に従事 1 であるのに, というもの, とで働き続け, をちゃんと, をも意味

▼ 肉体的精神的~ (7, 0.1%)

1 に一個, に苦しむ, の苦労, の虐待, の表現, の補助訓練, の醜い

▼ 肉体だけを~ (6, 0.1%)

1 ゴムマリの, 保ちその, 売って, 感じて, 持ち歩いて, 見ると

▼ 肉体とに~ (6, 0.1%)

1 いのちを, 救われて, 求めて, 負ふこ, 近く近くと, 非常に

▼ 肉体について~ (6, 0.1%)

1 よく理解, デイフェクトを, 同様に, 妙な, 思いわずらうこと, 考え始めた

▼ 肉体のみ~ (6, 0.1%)

2 れんばかりにな 1 では, ならず精神, はっきり感じた, れんばかりが

▼ 肉体文学~ (6, 0.1%)

1 が要するに, というもの, のよう, はより, も社会小説, を突破

▼ 肉体さん~ (5, 0.1%)

2 をのせる 1 に対する不公平, の誰それ, は意

▼ 肉体だけで~ (5, 0.1%)

2 生きて 1 あつて, 立つて, 進軍し

▼ 肉体であり~ (5, 0.1%)

1 そして又肉体, その二, その花, ながらそれ, ながら舞台

▼ 肉体と共に~ (5, 0.1%)

1 失せるが, 活動する, 滅びざること, 滅びて, 自由に

▼ 肉体に関する~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ものは, 一切の, 激しい異様, 研究を

▼ 肉体までも~ (5, 0.1%)

1 加わりたがる深い, 占めようと, 捨てんと, 盛り上る土, 要求する

▼ 肉体を以て~ (5, 0.1%)

1 その風景, 相手の, 相接する, 私は, 表現する

▼ 肉体を通して~ (5, 0.1%)

1 この無常, どのよう, 彼の, 樹木や, 語られて

▼ 肉体を通じて~ (5, 0.1%)

1 作中人物の, 僕に, 号令を, 生かされてのみ, 痛切なる

▼ 肉体生活~ (5, 0.1%)

2 の合理性 1 とに帰着, に関する知識, をもつまり

▼ 肉体的素質~ (5, 0.1%)

1 が恵まれ, の中, の総て, は私, を大きく

▼ 肉体的魅力~ (5, 0.1%)

1 と才能, に満足, に私, を全身, を舞台的魅力

▼ 肉体関係~ (5, 0.1%)

1 があい子, につきる, にまで深入り, に落ちこむ, は無かっ

▼ 肉体といふ~ (4, 0.1%)

1 もの, ものに対して, ものを, 烏だけが

▼ 肉体とも~ (4, 0.1%)

1 にパンク, に平々凡々, に悉く, に溌剌

▼ 肉体などは~ (4, 0.1%)

2 一顧も 1 てんで意識, 知らない

▼ 肉体なんか~ (4, 0.1%)

2 退屈です 1 あなたが, ちきしょう

▼ 肉体において~ (4, 0.1%)

1 殺されたもの, 生きて, 自然を, 認めるという

▼ 肉体~ (4, 0.1%)

1 には白い, にもひそむ, に仏性, に入れ

▼ 肉体労働者~ (4, 0.1%)

1 が纔, であること, です, と精神労働者

▼ 肉体~ (4, 0.1%)

1 とさえいい得る, の卑近さ, をもった, を超越

▼ 肉体~ (4, 0.1%)

1 でいえ, に衝動, まで失われた, を与え

▼ 肉体感覚~ (4, 0.1%)

1 として首肯, となる, の断片, を通じてのみ作品

▼ 肉体的存在~ (4, 0.1%)

1 が極端, であります, なりと, の知覚

▼ 肉体的要求~ (4, 0.1%)

1 なるが, に対して同一, をただ, を忘れる

▼ 肉体精神~ (4, 0.1%)

1 の内感, の実体的, の強健, の衰弱

▼ 肉体その~ (3, 0.1%)

1 体温体臭の, 知能及び, 肉体から

▼ 肉体~ (3, 0.1%)

1 か善良, というの, とかのアイマイ

▼ 肉体だけは~ (3, 0.1%)

2 別に 1 どんなこと

▼ 肉体だった~ (3, 0.1%)

1 が眼, が葉子, 武蔵の

▼ 肉体とで~ (3, 0.1%)

1 その崩れ, 得た経験, 新しい生命

▼ 肉体など~ (3, 0.1%)

1 あらゆる色調, 感じないほど, 江島屋宗三郎は

▼ 肉体にまで~ (3, 0.1%)

1 なまぐさい血, 吸い寄せも, 食い入るこうした

▼ 肉体に対して~ (3, 0.1%)

1 であること, 前より, 嫉妬と

▼ 肉体ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく, でなくその, でなく思想感情意志

▼ 肉体より~ (3, 0.1%)

1 ほかの, 磨き出して, 綺麗だ

▼ 肉体~ (3, 0.1%)

1 入レテ, 塗抹スル, 眼デ

▼ 肉体~ (3, 0.1%)

2 するや 1 して

▼ 肉体派さんたち~ (3, 0.1%)

1 の事, の作品, の作家活動

▼ 肉体的享楽~ (3, 0.1%)

2 の存する 1 だけだった

▼ 肉体的感覚~ (3, 0.1%)

1 としてはまだ, は発言者, や暗澹

▼ 肉体的欠陥~ (3, 0.1%)

1 などの喜び, には単に, は当人

▼ 肉体的欲求~ (3, 0.1%)

1 などは事実, への堕落, を感じた

▼ 肉体的罪人~ (3, 0.1%)

1 だ, という感銘, として取扱われる

▼ 肉体的表現~ (3, 0.1%)

1 がある, が肉交, としては抱擁

▼ 肉体的衰弱~ (3, 0.1%)

1 からくる, から来る, のそういう

▼ 肉体的運動~ (3, 0.1%)

1 であっても, のうち, 特に上肢以外

▼ 肉体組織~ (3, 0.1%)

1 が外部的客観的, に健康, に非常

▼ 肉体ある~ (2, 0.0%)

1 ことに, イデオロギーの

▼ 肉体からは~ (2, 0.0%)

1 五彩の, 縮緬の

▼ 肉体さえも~ (2, 0.0%)

1 仏陀と, 抱え竦められるよう

▼ 肉体すらも~ (2, 0.0%)

1 すでに他, 不自由に

▼ 肉体そのまま~ (2, 0.0%)

1 のしなやか, の姿

▼ 肉体それ自身~ (2, 0.0%)

1 が原罪, は自然物

▼ 肉体だけしか~ (2, 0.0%)

1 ないよう, 頭に

▼ 肉体だって~ (2, 0.0%)

1 八重子の, 穢らわしさ

▼ 肉体だつた~ (2, 0.0%)

1 が昼, が眼

▼ 肉体だらう~ (2, 0.0%)

1 か, と思つた

▼ 肉体でしか~ (2, 0.0%)

1 考えること, 考へること

▼ 肉体でない~ (2, 0.0%)

1 と言う, のが

▼ 肉体とか~ (2, 0.0%)

1 その線, 絢爛とか

▼ 肉体なき~ (2, 0.0%)

1 何者かの, 霊魂を

▼ 肉体などの~ (2, 0.0%)

1 匂いが, 暖かい昂奮

▼ 肉体なる~ (2, 0.0%)

1 ものに, ものを

▼ 肉体にとって~ (2, 0.0%)

1 やむに, 極めて有害

▼ 肉体にとっては~ (2, 0.0%)

1 たいていの, 可能性は

▼ 肉体にな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つて肉は

▼ 肉体に対しての~ (2, 0.0%)

1 自分の, 解釈に

▼ 肉体ばかりは~ (2, 0.0%)

1 かえって強く, 破壊に

▼ 肉体ほど~ (2, 0.0%)

1 では, 厄介な

▼ 肉体まで~ (2, 0.0%)

1 そのせい, 見通すあの

▼ 肉体~ (2, 0.0%)

2 恐ロシク膨脹シ

▼ 肉体~ (2, 0.0%)

1 反映ヲ, 死亡デ

▼ 肉体一つ~ (2, 0.0%)

1 そして労働, 持って

▼ 肉体万能論者~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 肉体上精神上~ (2, 0.0%)

1 の経過, 実に根本問題

▼ 肉体全体~ (2, 0.0%)

1 で味わう, に精悍

▼ 肉体又は~ (2, 0.0%)

1 これに, 精神の

▼ 肉体及精神~ (2, 0.0%)

1 の到る, の解剖的観察

▼ 肉体小さい~ (2, 0.0%)

1 ながらに充実, 頭に

▼ 肉体機構~ (2, 0.0%)

1 の妙用, の最

▼ 肉体~ (2, 0.0%)

1 は悠々閑々, は米友

▼ 肉体派作家~ (2, 0.0%)

1 を芸術家, 某大先生作

▼ 肉体派小説中間小説~ (2, 0.0%)

1 の作者, の商品性

▼ 肉体的エネルギイ~ (2, 0.0%)

1 のなかつた, はかう

▼ 肉体的交渉~ (2, 0.0%)

1 は別, は彼等

▼ 肉体的力量~ (2, 0.0%)

1 には劣つて, の感じ

▼ 肉体的快感~ (2, 0.0%)

1 が計画, をも彼

▼ 肉体的性向~ (2, 0.0%)

1 がかかる, との混合体

▼ 肉体的感覚的~ (2, 0.0%)

1 な動き, な要請

▼ 肉体的接融~ (2, 0.0%)

1 はその, をまっ

▼ 肉体的現象~ (2, 0.0%)

1 が或は, における反復現象

▼ 肉体的生活知能的生活~ (2, 0.0%)

2 及び道徳的生活

▼ 肉体的精力~ (2, 0.0%)

1 が倫, を持った

▼ 肉体的経済的~ (2, 0.0%)

2 ならびに味覚的

▼ 肉体的自覚~ (2, 0.0%)

1 に悩む, は全く

▼ 肉体的要素~ (2, 0.0%)

1 からし, を舞台

▼ 肉体的鍛錬~ (2, 0.0%)

1 のため, をも無理

▼ 肉体自身~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, がそれ

▼ 肉体~ (2, 0.0%)

2 の思想

▼ 肉体運動~ (2, 0.0%)

1 との快楽, を試みる

▼1* [277件]

肉体ああいう原始味, 肉体あっての衣食住, 肉体あのみずみずして, 肉体ありてのち精神, 肉体いちぶいち, 肉体うまい魚を, 肉体その姿, 肉体かと思うよう, 肉体かという疑問が, 肉体からの圧迫を, 肉体かれの精神, 肉体ぐらい任せても, 肉体ぐるみ人間を遠方, 肉体ぐるみ実地に見聞, 肉体こそ未だに純潔, 肉体この労に, 肉体これを見忘れ, 肉体ごと苦しまなきゃならなかった, 肉体へ枯れ, 肉体さえが一個の, 肉体さっそく肉体却って, 肉体さんたちを弁護, 肉体すでに半死, 肉体すなわち人間である, 肉体そっくりなもの, 肉体それらが誘惑, 肉体だけでも清浄で, 肉体だけにすぎないだらう, 肉体だらしのない, 肉体であって光, 肉体であったかも知れない, 肉体ですなア, 肉体でなきゃアね, 肉体でなくその手働四輪車, 肉体でなければこんな, 肉体での文章や, 肉体としては到底堪へられよう, 肉体としても十分使用に, 肉体とて同じこと, 肉体とても婦人の, 肉体とにしか感じられないもの, 肉体とのみであった, 肉体とばかり自分でも, 肉体とまで前後し, 肉体なしに三日, 肉体などがあった, 肉体なども識って, 肉体なら金で, 肉体ならびに精神の, 肉体なり精神なり, 肉体なりがまた同時に, 肉体なんて何処の, 肉体においてだけ確認しよう, 肉体においてのみ見られるあの, 肉体においては生存し, 肉体における医者に, 肉体にこそあります, 肉体にさえ課すれば, 肉体にたいして彼は, 肉体にだけ当てはめるよう, 肉体にだってこれ以上の, 肉体についての思い出からばかり, 肉体については何の, 肉体についても言えるであろう, 肉体にとつては, 肉体によってすらも人の, 肉体により多く影響を, 肉体による表現である, 肉体に対しいよいよその, 肉体に対してだって谷崎なんか, 肉体に対しては何の, 肉体に対すると同様古くさい, 肉体のないたましいという, 肉体のみによって成立つ芸術, 肉体のみは常に生き, 肉体のみを防腐した, 肉体はたえまなく小さく, 肉体へと同じく精神, 肉体へのみ通じ得るよう, 肉体へも告げて, 肉体まずしく訥弁である, 肉体もが自分は, 肉体もしくは肉体の, 肉体もほどよく均齊, 肉体蛭と, 肉体よごれて心, 肉体よりは心の, 肉体よわくとてもママ, 肉体らしいものは, 肉体神が, 肉体をさえ天国へ, 肉体をすら感じて, 肉体をはづかしめるため, 肉体をば餓鬼の, 肉体トノ両方面ニ, 肉体ハイマ非常ニ決闘ヲ映, 肉体一世の結合, 肉体一方にそ, 肉体万能主義であるか, 肉体上明らかな定位, 肉体世界にあり, 肉体両方のあらゆる, 肉体丸顔からすらり, 肉体主義式体験の専門家, 肉体主義的戦闘方法に於, 肉体主義的観念論が一般, 肉体交流を平気, 肉体以外に連関, 肉体以後の憎しみ, 肉体の惜しから, 肉体保存の欲, 肉体保護上の不安, 肉体倒錯が非常, 肉体健康な魂, 肉体健康智力才能インスピレーション愛絶対的な自由, 肉体健康智力才能感興愛絶対的な自由, 肉体充実した精力, 肉体共に堪え難き苦痛, 肉体其他の描く, 肉体内部の得体, 肉体労働以外の口, 肉体労働的なつもり, 肉体化すと初めて, 肉体却って親たちの, 肉体各部の機能, 肉体哲学もいい, 肉体変態的なまでに, 肉体の様, 肉体の女, 肉体家倉田百三氏の場合, 肉体容貌の美, 肉体小説の氾濫, 肉体小説中間文学に対する彼, 肉体小説風俗小説の作者, 肉体従って精神, 肉体悲哀の文学, 肉体情熱に尋ね, 肉体感情をもっ, 肉体にのみ支配, 肉体描写の文学, 肉体支配力とその, 肉体整理を行った, 肉体文学はじめ世相のいたる, 肉体文学パンパン男娼エトセトラに目, 肉体文学中間小説の氾濫, 肉体本位だけで, 肉体本能衝動中には決して, 肉体枯れて骨, 肉体の花瓣, 肉体構成とが全然, 肉体派さんが公言, 肉体派中間小説派の作者たち, 肉体派作家たちと批評家たち, 肉体派作家中間小説を主張, 肉体派小説論中間派小説論が日本小説, 肉体消滅の日時, 肉体渇仰となる, 肉体滅亡の予告, 肉体無きも無形, 肉体無一文な者, 肉体物腰に歴然表, 肉体現象の反復, 肉体もしくは精神界, 肉体疲労のせい, 肉体的スリル人体解剖毒殺疾病手術などの医学的スリル, 肉体的リアリティーがあまりピン, 肉体的ヴォリュームを見出した, 肉体的価値を得ん, 肉体的倫理であって, 肉体的偉人らのうち, 肉体的健全つまり我々, 肉体的制約に阻まれ, 肉体的劣勢が持ち出される, 肉体的努力を最も, 肉体的労苦に堪える, 肉体的効果から見れ, 肉体的勢力にあり, 肉体的勤労を厭い, 肉体的器具と一致, 肉体的地盤がめったに, 肉体的変化を予期, 肉体的変調が閣下, 肉体的嫌悪を感じる, 肉体的安楽はなく, 肉体的実践主義となっ, 肉体的幸福が特に, 肉体的影響と遺伝, 肉体的快楽巧妙さや軽快さ, 肉体的快楽物的満足を与える, 肉体的恋愛という古く, 肉体的息ぬき精神的保養, 肉体的情感でも全然, 肉体的情慾の神, 肉体的情熱と最も, 肉体的惨苦をくりかえし物語る, 肉体的想像力を持たぬ, 肉体的意慾が横, 肉体的憎悪をもっ, 肉体的技能を条件, 肉体的技術性を拡大, 肉体的接触の後, 肉体的描写といふテクニック, 肉体的方面でも同じ, 肉体的時間的にどう, 肉体的曲線そのものがその, 肉体的曲線美の動揺, 肉体的束縛を利用, 肉体的条件がわりに軽く, 肉体的条件文学的教養就中その台詞, 肉体的構造に何, 肉体的欠点を後代, 肉体的欲望及びその, 肉体的欲求物の供給, 肉体的歓楽が快感, 肉体的活力が欠け, 肉体的災害の怖, 肉体的無事を切望, 肉体的無感覚のため, 肉体的熱望がある, 肉体的生命だけをみ, 肉体的生活的な文章, 肉体的生理的な方面, 肉体的生理的状態とよく, 肉体的異国的な地図, 肉体的異常を持つ, 肉体的疲労を真に実際, 肉体的破滅がそう, 肉体的精神的健康それから勤労そのもの, 肉体的精神的健康性の向上, 肉体的精神的力が抽象的, 肉体的精神的条件のすべて, 肉体的精神的能力のみが吾, 肉体的精神的魅力を駆使, 肉体的経験を有つて, 肉体的美醜以外に或は, 肉体的習練の結果, 肉体的耽溺を二人, 肉体的能力を誇る, 肉体的興味からの動作, 肉体的苦しみは強い, 肉体的行為を遂行, 肉体的表情であって, 肉体的被害はすくなかっ, 肉体的見解感情のため, 肉体的訓練ということ, 肉体的負担もさる, 肉体的資質にどこ, 肉体的運動一種の舞踏, 肉体的願望を取り去るなら, 肉体的食欲が案外, 肉体的高雅さの欠乏, 肉体眠って居る, 肉体知能ともに世間並み, 肉体神経と闘っ, 肉体はもうどんなに, 肉体精神ともに十三四, 肉体精神上に認められた, 肉体精神中に秘められ, 肉体群像のもの, 肉体肉体そのものの心, 肉体自分の肉体, 肉体もなく, 肉体蔑視の過去, 肉体血液までも絞りつくそう, 肉体装飾でもあった, 肉体覗見異性の形状愛好, 肉体角ばった線の見える, 肉体解放というなら, 肉体讃美はよさない, 肉体趣味ことごとくショパン, 肉体運動的非常には不向き, 肉体酷使をあえて, 肉体関係それが先行, 肉体の隅, 肉体も手足, 肉体養生法であるが, 肉体鬱勃たる勇気