青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「職人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~聞こえ 聞こえ~ ~聲 聲~ ~聴い 聴い~ ~聴く 聴く~ ~職 職~
職人~
職工~ ~職業 職業~ ~聽 聽~ ~肉 肉~ ~肉体 肉体~ ~肌

「職人~」 1965, 21ppm, 5412位

▼ 職人~ (336, 17.1%)

6 ような 4 ように, 家に 3 一人が, 女房が, 娘で, 手に, 手を, 都合が

2 [19件] くせに, ところで, ひとりに, 中から, 二階を, 仕事であります, 仲間へ, 勝藏も, 品よりか, 息子だ, 数も, 本望を, 村田は, 癖に, 真似を, 積りで, 話では, 間には, 鼻唄人の

1 [266件] あいだには, あいだを, いいところ, いいもの, いったよう, いること, うちの, おかみさん, お前達の, からかいとしては, からだに, こしら, ことで, ことでありました, こととて, ことも, この作り方, しわざ, するよう, ため, ために, ところに, ところにも, ところへ, ならず者どもが, はいって, はずじゃあねえか, ひとりは, ひとり仕事とは, ひとり言だった, ふりを, もつとも欲する, やうな, わいわい連中, エロチックな, オシプは, オーベルが, カカアに, グレゴリーの, 一人すら, 一人に, 一人は, 一隊は, 三四人が, 不調法なり, 世話を, 中で, 中でも, 中などに, 中には, 中を, 事だ, 事で, 事を, 人が, 仕事で, 仕事である, 仕事としては, 仕事とは, 仕事を, 仕業である, 仲間が, 仲間たちは, 仲間も, 休日でも, 伝統を, 住むお, 住むで, 体の, 作ったもの, 作った低俗愚劣, 作と, 作な, 作に, 作料工賃にも, 供給過剰, 供給過剰と, 俸給を, 働いて, 働きぶりに, 児も, 入って, 内儀に, 内弟子と, 出とは, 出入りする, 出入りも, 出稼ぎ根性と, 分際で, 功績, 労働に, 勘太その, 勝藏が, 勝藏さ隣へ, 千吉という, 友達だけでも, 口を, 口走ったそれ, 古風な, 名が, 善作という, 喧嘩が, 國松は, 外へ, 多い南都, 大部分, 夫婦が, 夫婦へ, 女房たち懇意の, 如きは, 妻らしい, 姿が, 姿などが, 子だ, 子でない, 子として, 子どもでも, 子な, 子供も, 子弟は, 安さんが, 実生活と, 客が, 家から, 家で, 家の, 家多く, 家庭に, 家庭芸人の, 寝小屋らしかった, 少し気, 屈竟な, 屋敷という, 役で, 彼は, 後方へ, 後方を, 徒弟でも, 徒弟に, 心が, 恫喝が, 息子は, 息子や, 悪口が, 我雑者で, 所へ, 手だ, 手にかけさえ, 手のうちに, 手も, 手伝いも, 手許を, 手間を, 手間賃が, 手間賃も, 手間賃を, 技の, 技術が, 押えて, 指貫き, 掌面にも, 掌面は, 掛小屋が, 数が, 方が, 方で, 方は, 方へ, 景気の, 最後の, 本分にも, 松五郎, 梯子や, 様子を, 止めようと, 気心が, 気質でさえ, 湯は, 源次と, 源蔵が, 源蔵に, 源蔵も, 演ずる, 為めの, 為る事, 無智, 熟練や, 熱心さには, 爲る, 状は, 王として, 王なれ, 甚蔵笊屋の, 生活の, 申し立ては, 直訳とも, 真似も, 着るハッピ, 磨いたばかりの, 祭る神, 稼ぎ溜めた, 穿くよう, 窓から, 笑い声も, 素人芝居を, 細工です, 組合の, 経営する, 給料なども, 給料は, 給料も, 給金を, 罪に, 群へ, 習慣だ, 老人が, 老人の, 老爺は, 者を, 耳寄りな, 聰明さや, 腕が, 腕にも, 腕の, 腕は, 腕も, 腕を, 腹掛も, 臨時助手と, 自信も, 自由, 良心と, 芸能に, 若い衆仲間の, 荒々しい手, 街路樹の, 衣類を, 袢纒と, 親方が, 親方の, 親方は, 話に, 請負仕事を, 財産農夫の, 跨がって, 軽部は, 輩は, 通称であった, 道具箱から, 達者な, 部屋に, 都合で, 金儲なれ, 金公て, 金廻りの, 金次と, 間違いだった, 隊を, 顔ぶれが, 類が, 風つきで, 風に, 風を, 風体を, 風俗を, 騒動も

▼ 職人~ (266, 13.5%)

4 忙が 3 あった

2 [16件] あつた, いた, それに, 仕事を, 働いて, 声を, 平蜘蛛の, 幾人も, 来て, 皆二人, 肋膜に, 蔵を, 見える, 起きて, 這入って, 道具を

1 [227件] あって, あるか, いきなり, いくら上手, いたが, いたけれども, いったよう, いつもこつこつと, いなくなったそう, いまの, いるからと, いるの, うっかり水, うぶな, うんと云, おおぜ, お前を, お神さん, お茶を, かえるので, かけつけて, くすくす笑, こういうこと, こういった, こしらえた木像, ことごとくいなくなった, この頃小野田, こめた信仰, さものんきそう, したので, しだいに富裕, じりっと, すぐに, ずい分ある, せっせと糸, せっせと足袋, そうなる, その人, それぞれ木鉢を, だんぜんうまい, ついて, どうにでも, どん, どんなきっぷ, なした仕事, ひきあげて, ひっぱりだこの, また泊り込み, みなで, もうちっとと, やって, やって来た, やはり地震, やるよう, よく出入り, ゐて, ゐる, パンの, 一人働い, 一人土間の, 一人順吉という, 一束ねに, 一枚の, 三四人あつまっ, 三四人で, 下って, 不断女湯を, 不足し, 二人せっせと, 云いました, 云ったが, 五六人も, 五年ばかり, 人附合ひもせず, 仕事し, 仕事でも, 仕事の, 住で, 何か, 何かの, 何かを, 作つた, 作るもの, 來た, 來て, 倉庫の, 働かないから, 入つて, 入れかわりたちかわり榊, 出て, 出入り場の, 出征した, 刈りこんだばかりの, 南蛮渡来な, 友達と, 受取りに, 叫ばなかったこと, 叫んだ, 名人に, 味という, 命ぜられるまま, 喚いて, 四五日前から, 四人と, 四人働い, 土間に, 夕顔の, 多かった, 多く入り込む, 多く掘割, 多く買い物, 多勢かかっ, 大勢い, 大勢来, 大勢這入る, 大和の, 大晦日だ, 太い声, 女気の, 威勢の, 学んで, 宙を, 家の, 家督を, 小さい弟子, 小児に, 小腰を, 小藤次, 小金を, 少しの, 居て, 居りますが, 居る魚勘, 屋根を, 工夫し, 帰って, 常に店先, 度胸よく, 庭木の間を, 引つづいて, 忙し気, 念の, 怒鳴った, 怠って, 恐怖の, 悪いから, 或る, 手で, 手拭を, 手間取に, 拵えた素焼, 振向いて, 掛声そろへ, 提灯を, 攀登った, 新品を, 新聞を, 明日穴でも, 時々注文, 朝夕紙の, 木片を, 来た, 来ると, 東京に, 歌って, 死んだの, 残しましょうかと, 泊つてを, 湯から, 火傷する, 焚火を, 無いと, 焼いたの, 熱い鉄挺, 生れて, 白土を, 皆そうである, 皆んな向うの, 皆稲葉山から, 相手に, 相手の, 着物を, 知らない種々, 短刀を, 磨くの, 私の, 私達と, 秋夫君な, 穿いたり, 立ちハンマー, 竹垣一つのむ, 笑って, 答えると, 細工場の, 続いて, 纏う如き穢らしき, 考案した, 聞く, 職場に, 肩を, 腰の, 自分で, 茶ぶ, 褌ひとつに, 西洋の, 見るもの, 親方に, 説勧め, 諸君の, 諸肌脱いだ, 象牙みたいな, 足らなくて, 路頭に, 農村の, 這入ってると, 造るまで, 邪魔な, 酒と, 鉄柵の, 銭勘定する, 門か, 食べて, 首を, 駈出して, 鷲掴みに, 黒門町さんの, 鼾声を

▼ 職人~ (138, 7.0%)

3 自分の 2 ぢり, 広い東京, 彼の, 髪の毛の

1 [127件] あほらしいそんな, ありますめ, あんなに瓦, いずれも, いても, いなくなったけれど, お店, かみそり, ここへ, こてを, この家, この店, この頃夜, これが, こんなに喚き, さっきから, すっとそれ, そこが, そのままポン, それで, それではくらし, そんな結びやう, たちまち人, たつた三人, たぶん女中, だで, ちょっと髪, なかなかおりませぬ, なぐられとかく, まじめに, また腕前, また話し出した, みなこれと, みな死ん, みんないそがし, やっぱり深く, よくわたし, わざと皆, ジリジリと, ハッと, ハッハッと, ペンキ屋が, 一人一日平均五十円に, 一室に, 一日一人二十円くらいの, 下っ引, 下小屋, 不相變, 主婦から, 二人きりで, 交らない, 仕事場の, 何年経っ, 使ふ, 八時頃から, 六三郎とは, 出入りを, 励まし合って, 勧めた, 勿論井戸, 勿論盗んだ, 匕首を, 十人ばかり, 口を, 呀矢聲を, 大きい声, 大声を, 夫婦の, 好い口, 実に忌むべき, 小い, 常の, 平信徒, 庄さんて, 店の, 当然染吉, 急いで, 悚と, 成るべく削らないよう, 拙くも, 文盲な, 新吉という, 日本菓子には, 昨今引ッぱりだこだそうで, 暫くそんな, 最近に, 朝が, 来た時, 果たして死んだ, 棺桶などを, 植木棚を, 欲しい世話, 歸つて去つた, 気が, 決してこの, 皆同様である, 皇帝よりの, 直ぐに, 石刷りを, 私に, 竹と, 答えた, 職人同士芸人は, 腕が, 腕捲り, 自分自身手を, 興奮した, 芸と, 若い女中, 茂八と, 葛西寺島村の, 見るみる蒼白, 触りゃしないわ, 言うまでもないこと, 誰にも, 軍隊では, 連でない, 遂にその, 道具の, 遠くから, 酌を, 酒の, 関東さね, 青い顔, 面喰い, 首を, 鼠小僧に

▼ 職人~ (122, 6.2%)

8 なって 5 しては 3 しても, 頼んで 2 なる, なるの, なれば, 不似合い, 似合わず無口, 命じて, 過ぎない私

1 [89件] あやまらせた事, あらず百姓, ありがち, あんまり氣, いいつけて, お笑われなすった, こう聞いた, したいという, したてさせたのよ, したところ, して, する労働, ちがいない, つくして, なったという, なったの, なつた, なつて, ならずに, なりきって, なりすまして, なりましたよ, なるから, なること, なるためし, なると, なるにも, なる程, なれつこ, なろうと, ねだったもの, ばけた松村, ばけた賊, ひけを, ぶつかって, やつして, やらして, やる給料, やる金, 交つて泥まみれにな, 仕事も, 代って, 任せて, 伐らせれば, 休んで, 何の, 作らしたもの, 出遇つた, 化けたよう, 及ぼしそれでも, 取っては, 声を, 好きな, 姿を, 娘を, 宛如だ, 屋根を, 平常の, 往来で, 志呂足の, 悪い習慣, 情立てした, 意見せられ, 成りたいと, 成り下りました, 払って, 教わるよう, 日本で, 桶で, 残酷きわまる, 注文し, 生地を, 皿を, 眼で, 笑われたの, 終わらしめず立派, 聞く, 至るまで, 致しましても, 製造せしめたる, 言った, 賣つた品, 返って, 送って, 過ぎなかったが, 過ぎなかつたやう, 適当な, 頼み込んで, 頼んでから

▼ 職人~ (110, 5.6%)

8 して, 呼んで 4 入れて 3 連れて 2 あつめて, つれて, よこして, 使って, 四人も, 毎日よこし

1 [75件] いたして, いよいよ中途半端, お秋, たのみはじめてから, たのんで, たのんでも, つかった諫鼓, つかって, つかまえて, どこでも, まねるの, みな出し, やめて, よび寄せて, よんで, わざわざ呼ん, 一つに, 一人借り, 今まで, 仕て, 仕立てるの, 作者の, 使い廻して, 使うのに, 使ひ廻し, 入れたら品格, 入れなくては, 入れると, 入れ子供, 勤めしだけ, 取ッ, 可愛が, 味方に, 呼ばなければ, 呼び寄せること, 呼び寄せる準備, 増し灯, 多く召し寄せ, 大勢入れまし, 実地見学の, 寄越さない, 我が校, 抱へて, 捜し当てすべて店, 探させた, 支配し, 断るに, 殺すほど, 注意し, 片っぱしから, 物色する, 直そうという, 相手に, 眺めて, 知って, 紳士と, 見たとき, 見て, 見守りながら, 見込んで, 誘い出すこと, 責めるわけ, 買い被り過ぎては, 貸して, 集めなければ, 集め旧同, 雇いました, 雇い込んで, 雇うこと, 雇うにも, 雇つて置きまし, 雇ふ, 雇ふと, 雇入れ, 養って

▼ 職人たち~ (103, 5.2%)

3 の手 2 が一度, が伝統, の唯一, も

1 [92件] から, がかかる, がこの, がまだぐっすり, がみんな庭, がやって来た, が一つ, が共に, が四斗樽, が安, が昼飯, が村, が毎日, が民衆生活, が用途, が皆, が盛ん, が酒, が集まっ, が非凡, だの那古屋, であった事, です, でも茶, で押す, とか一族, にのみ与えられた, に何, に凡て, に手すき, に比すべく, に気づかれぬ, に給与, のうち, のなか, の一人, の亡き, の優越, の動作, の才能, の気, の無意識, の特権, の真ん中, の知っ, の膝頭, の話, の身ぶり, の道, の金物, の領域, は, はおどろい, はすぐ, はその, はどう, はべっと唾, はまるで, はみんな食膳, はむしろ, はワイワイ, は仕事, は個人作家, は借家人, は出入り, は単純, は学生, は定さん, は小次郎, は後ろ, は怪しんだ, は気, は私, は笑っ, は鉢巻, もしんみり, もやはり, も一せい, も人, も寄っ, も少し, も感心, も権十郎贔屓, も美, も見あげ, をうろうろ, をくわえ, をつかまえ, をはじめ, をもちゃんと, を帰宅, を指図

▼ 職人~ (59, 3.0%)

2 ある, あるまい彼, 十人ばかり, 笑って

1 [51件] あった, あり, いた, いたが, いない, いる, かなわない位, せわしく働い, それぞれに, ない, ひとり出, みんな出, やや片, よっぽど屁, 一人いる, 一同羽織袴で, 一飛びに, 不真面目, 乞食食物以外の, 二三人泊り込ん, 二十人も, 人夫も, 今川焼の, 仕事が, 仕事を, 使って, 吃驚しました, 商人も, 堅気な, 大勢立ち入っ, 大勢這入っ, 女学生も, 居りますから, 悪いと, 愛想よく, 指の, 昔の, 権太郎も, 正直そうな, 火を, 煙草を, 産業いたし, 蕎麦の, 行き物売り, 見たこと, 變り, 通って, 通れば, 隨分潤ほ, 集まって, 集まる遊芸人

▼ 職人~ (51, 2.6%)

5 一緒に 3 なって 2 喧嘩を, 遊んで

1 [39件] いい仲, いうと, いうよりは, いっても, なりぬ, なり翌日, デパートの, 一処に, 一所に, 三人下駄の, 二人し, 二人松と, 云う者, 云って, 云つても, 何か, 何ら変らない, 商人の, 女房が, 小僧とを, 小僧の, 巫山戲てから, 店頭へ, 心中を, 情交が, 称する類, 立ち交つて町の, 美術家と, 考えて, 芸術家とを, 衝突した, 見えて, 言ふ, 言われた人々, 農夫すべてこれらの, 違い石, 違ふ, 附合は, 馴染に

▼ 職人~ (46, 2.3%)

3 あつた

1 [43件] あと半年ほど, きかん氣, きょうも, げすがね, この人, ござりました, さ寒, すこしは, せエ此, そういう頭字, その職人, それにあのお, そんなもの, もちろん剣術, パン屋へと, リューマチの, 二十一に, 二階の, 井戸を, 半さんと, 名前は, 土師部の, 大タブサ, 家には, 家は, 年季を, 政治に, 有太郎, 歩いた末, 氣の, 江戸っ子で, 源蔵と, 源蔵という, 百舌は, 科学上の, 終る人間, 蒼ざめた顔色を, 身体も, 都会カブレを, 酒と, 金づく, 釣合わない事, 間借りし

▼ 職人~ (44, 2.2%)

18 の男 3 の一人 2 な男, のイナセ

1 [19件] で御殿山, で手拭, な, なもの, な人, に作った, のところ, の二人, の人, の伴, の小男, の患者, の父親, の男二人相合傘, の絵師, の若い, の鉄拐, の頭, らしい男

▼ 職人~ (32, 1.6%)

2 人足たちは, 遊び人の

1 [28件] あらゆる学問, お島, 下男を, 世間普通の, 人足を, 仕事師には, 仲間の, 商人は, 商人や, 小僧, 小僧たちから, 小僧と共に, 小僧を, 小僧女中たちは, 小野田の, 店員の, 弟子達が, 御役人さま, 旅客などを, 武士や, 漆喰運びの, 老人などが, 芸妓や, 若い者, 農業者や, 通いの, 長屋の, 雑役に

▼ 職人~ (25, 1.3%)

2 という一大家族, は

1 [21件] ががやがや, が主人, が多勢, が群, と交際, と同様, に何, に手, に支払い, に蕎麥, の作る, の便宜, の口, の合作, は仕事場, は喜ん, は耳, への侮蔑, へ支払う, も別に, も従来

▼ 職人らしい~ (24, 1.2%)

4 男が

1 [20件] のが, のも, 一人が, 一団が, 一群に, 二人連でした, 印半纏を, 声が, 威勢の, 律義な, 感傷的な, 扮装落ちつき払った, 男でした, 男の, 粋な, 者の, 背の, 自慢を, 若い時分, 風を

▼ 職人ども~ (23, 1.2%)

1 [23件] がどう, が最後, が畳, が言, が軽う, ちらりほらりと, であった, にはこいつ, にも劣っ, の上, の列, の啖呵, の技術, はともすれ, はびく, は仕事場, へ頒, もみんな, も手不足, も雑居, をつれまいりました, をどうして, をやっと

▼ 職人~ (21, 1.1%)

2 と心得, な

1 [17件] からその, からといっ, から仏師, から徴用, から自分, がどう, けど, けれど感心, ぞ, つて身持は, という, といっ, としぼった, と云, よ, ツて, 江戸っ子だ

▼ 職人~ (20, 1.0%)

9 の男

1 [11件] に扮, のが, の三人連, の下屋敷, の人, の半纏着, の壮佼, の客, の方, の素晴, の若い

▼ 職人気質~ (15, 0.8%)

1 [15件] から平八郎, が残っ, こそ私, で引受けたでしょう, といっ, な苦痛, にそつ, にちがい, の一例, の人物, の初め, の愛着, の残る, の然, は下品

▼ 職人として~ (14, 0.7%)

1 [14件] あるいは番頭, 一人は, 仕込まれること, 使役される, 十四時間の, 成功甚だ, 扱はれ, 採用されました, 桝取業を, 模範的な, 通例土地の, 雇はれた, 雇われたの, 雇われて

▼ 職人には~ (14, 0.7%)

2 いま妻も, めずらしいと 1 こんなの, ないよう, なれないという, べつに女, よくそんな, 即座に, 必ずこの, 職人気質と, 閉ざされて, 飾屋長八という

▼ 職人~ (14, 0.7%)

1 [14件] からで, がホラヨ, が入りました, が平時, と挨拶, などが交代, には何, のうちの, のとり沙汰, のリアリスティック, の来る, の素人芝居, は皆んなどこ, もみな

▼ 職人~ (13, 0.7%)

2 もしくは大家

1 [11件] お店, こざっぱりと, さもなければ丈夫, それさえ, 他国から, 何か, 土方だろう, 寄席芸人かといった, 手品師の, 百姓を, 鳶かという

▼ 職人から~ (11, 0.6%)

2 作られたもの 1 きいた化け物屋敷, 主人から, 学んだであろうこと, 教わること, 欺され, 目を, 直されて, 突き付けられた酒, 聞いた大

▼ 職人~ (11, 0.6%)

1 [11件] から歴林町, であった, などで当時, などをえらん, に借家住居, のごとき, の明け暮れ, の横丁, の辻, の鎹横丁, の露路

▼ 職人~ (11, 0.6%)

2 な巧みさ 1 うまさ, で手間取り, な作家, な器用さ, な巧緻, な意味, な技法, な腕, に熟達

▼ 職人である~ (10, 0.5%)

1 からこの, がしたがって, がしるし, が商売, が女房, だけに半, のにとんだ, ような, 彼自身の, 息子の

▼ 職人仲間~ (10, 0.5%)

2 の中 1 と相談, にこんな, には不, には職人言葉, に律儀者, の代り, の情愛, の給料日

▼ 職人~ (9, 0.5%)

2 のそうした 1 がその, に耳, の下駄, の近事, はその, はそんな, を相手

▼ 職人では~ (8, 0.4%)

3 あるが 1 あるし, あるまい, ない, なくて, 勿論無し

▼ 職人ふう~ (8, 0.4%)

7 の男 1 のお客

▼ 職人だった~ (7, 0.4%)

1 からせめて, が其処, ぜ, のか, んだ, 常友が, 頃には

▼ 職人でも~ (7, 0.4%)

1 あっさりと, ありこういう, あるいは役者, ある闇太郎, 一桝の, 容易に, 百姓でも

▼ 職人~ (7, 0.4%)

1 がやって来る, が昼間, が監獄, が金槌, が頭, に耳, はみな金座地内

▼ 職人という~ (6, 0.3%)

3 ものは 1 のが, 名称も, 気風が

▼ 職人~ (6, 0.3%)

1 が軽う, ちらりほらりと, に, に何, の上, は問わず語り

▼ 職人~ (6, 0.3%)

1 ではない, で酒, なもの, のべらんめえ口調, の亭主, の兄貴連

▼ 職人さん~ (5, 0.3%)

2 に別れる 1 が手, のよう, ほどいい

▼ 職人です~ (5, 0.3%)

21 か, がかせぎ, の

▼ 職人とは~ (5, 0.3%)

1 ちがって, 土地を, 矢張り反の, 言えねえ, 違って

▼ 職人とも~ (5, 0.3%)

1 つかぬ男, 商人とも, 約束し, 見えない, 遊び人とも

▼ 職人~ (5, 0.3%)

2 のである 1 のよ, もので, んです

▼ 職人にでも~ (5, 0.3%)

1 した方, なったでしょうよ, よく聞い, 化けられるよう, 化け込んで

▼ 職人~ (5, 0.3%)

1 だという, だといった, で我々, になっ, はじまる

▼ 職人であった~ (4, 0.2%)

1 かここ, かもしれない, が折, という事実

▼ 職人であり~ (4, 0.2%)

1 カスピ海の, 作物にも, 女と, 町人であろう

▼ 職人でした~ (4, 0.2%)

1 から三週間, が誰, よ, よ男っ振り

▼ 職人などが~ (4, 0.2%)

1 各部屋ごと, 幾度と, 朝晩に, 笑って

▼ 職人姿~ (4, 0.2%)

1 で飛び込ん, の神尾喬, の舞台, は藝者

▼ 職人~ (4, 0.2%)

1 の富さん, の忠蔵, は兄弟分, をし

▼ 職人風情~ (4, 0.2%)

1 で何十両, の知恵, はどれ, は何

▼ 職人じゃ~ (3, 0.2%)

1 ありません, ないか, ないが

▼ 職人だけに~ (3, 0.2%)

1 周囲の, 物の, 道楽を

▼ 職人であろう~ (3, 0.2%)

1 かしかし, とも二百年, と持子

▼ 職人としては~ (3, 0.2%)

2 相当の 1 ジッドの

▼ 職人との~ (3, 0.2%)

1 ふたりだった, 交際は, 関係が

▼ 職人などの~ (3, 0.2%)

1 なかには, はくモモヒキと, 中には

▼ 職人なら~ (3, 0.2%)

2 ばうなぎ 1 人を

▼ 職人らしくない~ (3, 0.2%)

1 が百, 一分の隙も, 沈着きがあり

▼ 職人仕事~ (3, 0.2%)

1 じゃねえ, で特に, にはなれた

▼ 職人商人~ (3, 0.2%)

1 などの生産的, まで身分不相応, もまた

▼ 職人小僧~ (3, 0.2%)

1 の使いぶり, の類, は如何

▼ 職人~ (3, 0.2%)

1 と呼ん, は, へ立場

▼ 職人根性~ (3, 0.2%)

1 であったため, とて一種, は出さない

▼ 職人歌合せ~ (3, 0.2%)

1 といふの, の中, や絵巻

▼ 職人氣質~ (3, 0.2%)

1 とでも申しませう, なところ, のまことに

▼ 職人祖父~ (3, 0.2%)

3 は四角

▼ 職人芸術~ (3, 0.2%)

1 であり農民美術, であるところ, の天分

▼ 職人言葉~ (3, 0.2%)

1 なら相当, になった, の

▼ 職人~ (2, 0.1%)

1 がたに, がた田圃の

▼ 職人たる~ (2, 0.1%)

1 心構えと, 誇りを

▼ 職人てい~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ 職人であっ~ (2, 0.1%)

1 たり農民, て一方

▼ 職人でし~ (2, 0.1%)

1 てな私, てね

▼ 職人ででも~ (2, 0.1%)

2 あったよう

▼ 職人としての~ (2, 0.1%)

1 仕事が, 伝統を

▼ 職人とても~ (2, 0.1%)

2 それぞれに

▼ 職人とでも~ (2, 0.1%)

1 いった風体, 云つた風で

▼ 職人ども翻弄~ (2, 0.1%)

1 ては帯屋, ては帶屋

▼ 職人など~ (2, 0.1%)

1 住んで, 物好きな

▼ 職人などに~ (2, 0.1%)

1 あるもの, なると

▼ 職人などは~ (2, 0.1%)

1 勿論入浴好き, 攪廻し

▼ 職人なども~ (2, 0.1%)

1 初めは, 居ります

▼ 職人などを~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 職人なんかに~ (2, 0.1%)

2 負けて

▼ 職人なんて~ (2, 0.1%)

1 居るかい, 筆者の

▼ 職人にも~ (2, 0.1%)

1 せよ一人, 殴られたそう

▼ 職人に対して~ (2, 0.1%)

1 前例の, 藝術家は

▼ 職人ばかり~ (2, 0.1%)

1 です, でない人情

▼ 職人まで~ (2, 0.1%)

1 あるよう, 寄り集まっ

▼ 職人までが~ (2, 0.1%)

2 世界の

▼ 職人らしき~ (2, 0.1%)

2 侠気の

▼ 職人らしく~ (2, 0.1%)

1 はし, 寒夜

▼ 職人上り~ (2, 0.1%)

1 で頭, とは誰

▼ 職人任せ~ (2, 0.1%)

1 では店, に致します

▼ 職人~ (2, 0.1%)

1 でありまして, の駄茶碗

▼ 職人~ (2, 0.1%)

1 だの岩佐勝以, を描いた

▼ 職人小屋~ (2, 0.1%)

1 の部落, も一夜

▼ 職人源蔵~ (2, 0.1%)

1 に逢った, も最初

▼ 職人生活~ (2, 0.1%)

1 が嫌い, の内

▼ 職人組合~ (2, 0.1%)

2 の長老

▼ 職人組合長老~ (2, 0.1%)

1 にまでなっ, の位置

▼ 職人~ (2, 0.1%)

1 だった, を帯びたる

▼ 職人部屋~ (2, 0.1%)

1 に残っ, の感じ

▼1* [171件]

職人あるいは商人を, 職人いい事を, 職人かなんぞのやうに, 職人くさい乳くさい, 職人この一戦に, 職人これを製造, 職人じみた長髪で, 職人じゃァないか, 職人ずれがいえる, 職人その他の雇人, 職人その他一同へ褒美, 職人たち下女下男数十人をやしなっ, 職人たら歌を, 職人だけでやつて, 職人だの小僧だの, 職人やねえ, 職人つぎには僧侶, 職人づれまでにもう, 職人ものは, 職人てえものは, 職人でしたらこんな服, 職人でないために, 職人でなければこれ, 職人というはあなた方か, 職人というも可なり, 職人といった体で, 職人といふやうな, 職人とか申す者, 職人とさえあれば, 職人としても好くない, 職人どこへ出し, 職人どもめがやたら, 職人ども挑發ては帶屋, 職人なあ剃るん, 職人ながらお捕物, 職人なぞいう労働者, 職人なぞにこの類, 職人などには男でも, 職人などに対して何か, 職人なんか足もとにも, 職人においてこれを, 職人にさえもなれなくて, 職人になつてゐた, 職人にゃなれまいと, 職人に対し奉行と, 職人のみでなくかつて, 職人のみが多く住ん, 職人はさほどの打撃, 職人ひとりと小僧二人, 職人ぜい, 職人ふくべをさげた, 職人ふたりは藤崎さん, 職人泣顔に, 職人へは一切通じない, 職人まかせにし, 職人までも浮世絵を, 職人みたいな鳥打帽, 職人めいた二人連れは, 職人よい天気だ, 職人より先に, 職人デモ或ル程度可能, 職人ベク助であったこと, 職人ルトーニンの, 職人一人を相手, 職人一同が揃つて, 職人一日の製造高, 職人一言にすれ, 職人三人はだんだん, 職人上がりでときい, 職人下役の住居, 職人並みに年期, 職人九人を相手, 職人乞食隠亡まで誰一人, 職人二三十人よこせと, 職人二人と小僧一人, 職人二名ずつ, 職人井上と女中, 職人交換手そういう種々雑多, 職人人夫の数, 職人人夫抔がゐた, 職人今日で皆, 職人仕事師輩を凹ます, 職人仕立ての児童用絵本, 職人以上の美術鑑賞, 職人伸間ではみんな, 職人例えば筆結, 職人の一同, 職人優遇の区別, 職人六右衛門の息女, 職人冥利の行止まり, 職人冥加に叶いました, 職人十五を掲ぐ, 職人十数人を威勢, 職人印刷職人など, 職人同士がその間, 職人同士芸人は芸人同士, 職人でない, 職人向側の塵埃, 職人四五人をつかっ, 職人土工それにえたい, 職人多分鮮人だらう, 職人跨に, 職人夫婦の物語, 職人女中にし, 職人賣商人, 職人小僧女中といっさい, 職人少くなり又, 職人にある, 職人尽しの歌合, 職人尽歌合にある, 職人左隣がブリキ職, 職人徒弟も七, 職人或は皮革製品の, 職人批評家の批評圏内, 職人が帰り際, 職人旅商人とか乞食法師, 職人時代より支出, 職人ばかりで, 職人某々作とならざる, 職人某向かい側なる印版屋, 職人根性町人魂俗悪エロ発疹チブス害毒人間冒涜軽佻浮薄などという忌まわしい, 職人棟梁の輩, 職人が月給, 職人気質名人気質の仙人的骨董的神格的, 職人気質名人芸といったもの, 職人泣かせでしたよまったく, 職人渡世でもし, 職人特に日本菓子の, 職人甚蔵の女房, 職人留吉を相手, 職人的修錬の腕, 職人的傾向に陥り, 職人的巧緻を感じさせる, 職人的手腕に対する関心, 職人的批評観の是非, 職人的画家達の批評家, 職人的絵書きと呼ばれる, 職人的美術批評家の存在, 職人的道義も昂っ, 職人相手に無邪気, 職人眞黒になつて, 職人社会の何百年来, 職人穢多非人なんどのホント, 職人組合同業組合親方の制度, 職人結びに後ろ, 職人絵づくしは今, 職人絵合せの一枚刷, 職人職人よい天気, 職人肌頑固の看板, 職人自らこのくらいの, 職人に町, 職人芸人の良心, 職人若い女, 職人蕎麦屋の出前持, 職人衆仕事のお, 職人衆集金屋さんといつた, 職人行商人等に身, 職人に烏帽子, 職人西洋料理店のコック, 職人見たような, 職人見習いの小僧ども, 職人親方手合のそうした, 職人言葉相撲取りには相撲取り言葉, 職人農人などは掌, 職人農夫等もまた, 職人常の, 職人遊び人ですが, 職人部類のえがく, 職人鉛職人印刷職人など, 職人の男, 職人高野さんだつ