青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聴く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

聞く~ ~聞け 聞け~ ~聞こえ 聞こえ~ ~聲 聲~ ~聴い 聴い~ ~聴く
聴く~
~職 職~ 職人~ 職工~ ~職業 職業~ ~聽 聽~ ~肉 肉~

「聴く~」 1329, 14ppm, 7770位

▼ 聴く~ (275, 20.7%)

5 私は 4 これは, 信一郎は, 彼は, 法水は, 青年は 3 何か, 妙に

2 [20件] すぐに, それは, もう美奈子, 云うこと, 今迄, 元気の, 喜太郎は, 地の, 大きく肯き, 少しじれた, 平次は, 急に, 怫然として, 斉しく, 瑠璃子が, 直也は, 美奈子の, 美奈子は, 青年の, 鳥は

1 [204件] ああまた, あの人, あの仔鹿, あまりに奇抜, あり, ありそう, あれは, いいえと, いうよりは, いきなり取って返し, いきなり取つ, いつまでも, いつも眼, いつも躯ぢ, いふところ, いふの, いらいらし, うらやましさ, おきん, おっしゃれば, お夏, お広, きっとそれ, ここ一週間余り毎日の, この方, この殺傷, こよなくも, さらに新しい, すがすがしくなっ, すぐお, すぐさま自分, そのい, その男, そんなお話, ただちにその, たとえよう, ちょっと折竹, つい自分, どうしても書物, どうせそんな, どう口説い, どこかに, なき黒, なぜか, なにも, なるほどそう, のけ反るばかりに, ひとしお打ち解けた, ひどく小, ふと想い出し, ますます好奇心, まず弘法大師, またかっと, まだ肩, むしろ本能的, もうむらむらと, もう黙, もう黙っ, もしやお, やや変, よほど立派, キューネは, グレーテさんは, ソプラノ歌手が, ドビュッシィの, ニンヤリと, ハッと, ピアノという, 一寸ため, 一寸ためらい, 一座は, 一日伊勢守は, 一時に, 一種の, 三斎よりも, 不意に, 事件を, 云うだろう, 京都の, 人が, 今でも, 今まで, 今芹摘み, 他の, 仲が, 会心の, 似ても, 何だかまた, 何だか嘘, 何だか私, 何の, 何も, 何んで, 何処から, 何時の間にかこそ, 余りいい, 侘しい水, 僕が, 僕は, 全く昨日敵中, 全身の, 切なり, 北田は, 却って不思議そう, 同時に一座, 同時に一目散, 同時に彼女, 向って, 向つて右手, 品吉は, 執着の, 夕方から, 夜の, 大井久我之, 天野祐吉は, 太った艶, 孫三郎は, 宇佐美敬太郎相済まぬ, 宗兵衛は, 実によくきこえる, 寝椅子, 寺前の, 寺田は, 専次を, 巴里で, 幽かな, 幽かよ, 広海屋, 当主の, 必ずその, 思いの, 思い出して, 思つてゐるらしい, 思わず, 急いで, 息子夫妻と, 慄然と, 手加減も, 掛江教官の, 早苗の, 時々いい, 最早何ん, 最近私も, 朝から, 椅子から, 楢わか葉風あ, 此宿の, 気の毒だ, 汚ない, 江戸っ子は, 江戸では, 池上は, 決して香しい, 沫の, 法水の, 泣きたくなりますわ, 泣き出しさうな, 浜通りを, 熊城は, 父の, 父は, 猫の, 眩暈を, 碌な, 私たちばかりが, 私達ばかりが, 笑って, 筑後柳河でも, 答へ, 米搗く, 綺麗な, 編笠の, 老いたるも, 胸が, 自分の, 自然に, 色が, 芝の, 芝翫の, 芳江は, 若い時, 若い芸妓たち, 苦汁を, 薄い唇, 蝶子は, 見せた小三郎, 言ふ, 記者は, 踏, 躍り上るやう, 躍り上るよう, 近頃此峠, 迷亭は, 采女の, 鉄瓶の, 闇太郎は, 限りも, 陰気そうな, 陽子は, 雪之, 霞流の, 非常に, 頭から, 飛びつくやう

▼ 聴くこと~ (148, 11.1%)

11 ができた 9 が出来た 4 にした 3 ができる, が出来なかった, が出来る, にし, の出来る

2 [13件] があるでしょう, がお, が出来, の出来ない, はできない, は出来ない, は大切, もあるまい, を厭, を娯しみ, を得, を得べし, を得意

1 [83件] あり, いうこと, があったろう, がある, がしばしば, がせめて, ができない, ができなかった, ができなくなりました, ができました, ができます, が出来たら, が出来ない, が好き, が必要, が正造, さえもむずかしく, しばしばであった, だ, だろう, であって, である, で殆, ということ, としてそれぞれ自動車道, と唱う, などを初め, にする, になっ, になった, になつ, によっていつか, によつて, に依, に憧れつづけ, に興味, のできた, のできる, の享楽, の出来ぬ, の如何, の楽し, はほとんど, は出来ないであろう, は出来ぬ, は出来ませぬ, は出来る, は出来るであらう, は好き, は彼ら, は決して, は無い, は犯罪, は稀, は聰く, は能, もなかっ, もなく, も信長, も充分, も出来ない, も出来なかった, も出来なくなっ, も寝る, も自由, も読む, や呼吸, をも一つ, を以て足れり, を喜ぶ, を好まなかった, を好み, を学生, を屑, を得ざりしか, を得たる, を得る, を忌避, を忘れなかつた, を楽, を許され, 相成らず年四十, 間もなく酔中

▼ 聴く~ (101, 7.6%)

4 である 3 であります, です

2 [13件] が大好き, が好き, が日課, が普通, が楽しい, だ, だよ, であった, では, はこれ, は厭き, も悪く, を楽

1 [65件] かも知れない, がいちばん, がお, が一ばん, が一番, が上分別, が主, が今日, が嬉し, が当然, が慣例, が楽しかっ, が順, さえ辛い, だいい, だか, だから, だった, だつた, でした, ですが, でない, でなく受話機, でなければ, でも, で御座います, で無かった, と同じ, に困り, に貪慾, に退屈, はありがたい, はあるいは, はいや, はおまえ, はこころ, はさほど, はちよ, はまだ, はよい, はモーツァルト, は全く, は初めて, は夕飯以外, は大好き, は嫌, は気持ち, は決して, は知れ, もよい, も一段, も初めて, も厭, も斯, も障子越, も面白から, をやめ, を大, を好まなかった, を好む, を妨げた, を嫌がる, を望まなかった, を楽しみ, を楽しんだ

▼ 聴く~ (54, 4.1%)

2 もとは, 及んで, 堪えないもの, 堪えるもの, 異らぬ

1 [44件] いたって, いたらなかった, しても, せせらぎに, その声, たるもの, とどめようと, なほ匂ふ, ふさわしい, またとない時, よろしき春山, 値せり, 堪えざるもの, 堪えない, 堪えないよう, 堪えなかった, 堪えぬエスプリ, 堪えぬ言, 堪へずと, 幽け, 忍びない, 忍びなかっ, 忍びぬ悪口雑言, 快く, 恰好な, 早や, 未曾有に, 熟せざる, 田忌千金を, 異らず, 磯は, 穏止み, 至っては, 至れり, 苦き面, 豈ま, 足る, 足る者, 道路は, 違ない, 都合の, 限るやう, 随つて書き続いだ, 面白い

▼ 聴く~ (48, 3.6%)

2 のある, の心, の耳, をし

1 [40件] あらば, がただ, がふえ, が同時に, が少し, が少なく, が毎, でなくまた, でなく同時に, との心, と避暑, にはっきり, にはわかり, にリトム, に非, の内界, の好奇心, の注意, の涙, の眼, の胸, の身, はどんな, はなく, は単に, は大, は淋しき, は無い, は誰, もあった, もおのずと, もなく, も眼, も答, も閉めた, をとらえ, を最も, を涙させず, を焦らす, 視る者

▼ 聴く~ (45, 3.4%)

3 の心 2 たり, はこれ

1 [38件] があら, がはっと, が中年以上, が喜べ, であったが, である, であるか, という三要素, とが社会的, とは一致, にも多く, に聞かせる, のあり, のなくなった, のパトス, の仲間, の側, の哀れ, の影, の心理, の態度, の断腸, の考え, の耳, の腹, の観念聯合, の頭, の高笑い, はにっこり, もある, もあるいは, もしきりに, も吹く, も感心, も歌い上げる, も無い, よりも話す, を凡て

▼ 聴くもの~ (39, 2.9%)

32 は夫, を危く失笑

1 [32件] あたかも縁日, か, から槍玉, か厭, が驚嘆, じゃない, ださうである, だな, である, である言葉, でないと, でも, とては何, にはらつく, に春, に迫っ, の心, の気, の顔, は一度, は愛, は梢, は金環, もいう, もひとしく, も消え, も聴かない, をうるさがらせず, を魅, 何一つ疑い, 多時, 必ず悦ん

▼ 聴くよう~ (39, 2.9%)

4 になっ 3 になった, になる 2 だが

1 [27件] でた, で彼, なあの, なすがすがしいいい, なもの, な不安, な勇気, な怪しい, な昔話, な様子, な気, な気持, な眼つき, な繰り返し, な聴かないよう, な音色, に, にできてる, にといい, にと予告, になりました, にはでき, に出来, に聞え, に聴く, に静か, に頭

▼ 聴く~ (30, 2.3%)

5 いい, よい 2 ままに

1 [18件] いいお前, いい為, これだけは, ごとき心地, しかしその, それは, よい次, アンタは, 光弾の, 好い, 如き彼, 如き念, 如く佇めり, 如く面白し, 如し, 宜い, 是は, 本能の

▼ 聴くため~ (18, 1.4%)

1 [18件] です, に, にとくに, にはオーケストラ, にはドイツ, には若い, には誠に, にソルボンヌ, にマールブルク, に俺達, に口, に台所, に宿, に戸外, に狐, の催し, の方便, の演劇

▼ 聴くとも~ (18, 1.4%)

5 なしに 3 なく聴い 2 なく耳, なく聴く 1 なき水野越前, なく二階, なく傍ら, なく刃, なし春雷, 聴かないとも

▼ 聴く機会~ (17, 1.3%)

2 がなかっ

1 [15件] が得られなかった, だけは作っ, なかりしが, なきもの, のあった, はそう, をねらった, をまだ, を与へられた, を得, を得た, を持たなかった, を持たなかつた, を持っ, を逸した

▼ 聴く~ (13, 1.0%)

2 が好き, でも 1 から思う, にとつて, のお客, の疑心暗鬼, の腹立ち, は漸く, も外, も骨, より云

▼ 聴く~ (13, 1.0%)

2 真に断腸

1 [11件] たしかに幽寂, と二様, と楽しみ, にはいつも, に恋人, に私, のやう, の嬉し, の態度, は寂しく, 自から

▼ 聴く~ (11, 0.8%)

1 [11件] また奇, よからう, わずらわしなど, 憐れな, 所詮は, 気の毒の, 気味悪そう, 無残であった, 耳の, 身の毛が, 阿呆らしい

▼ 聴く~ (11, 0.8%)

1 [11件] がある, が出来, が出来ません, が出来る, の出来る, の残っ, は津田, は聴きます, もあった, をかえって, を辞さない

▼ 聴く~ (11, 0.8%)

1 [11件] がある, にとっては怖い, に遠慮, の単純, はあっ, は持たぬ, もたぬ安心, もなく, も持たぬ, を立てた, 持って

▼ 聴くところ~ (10, 0.8%)

2 による 1 だと, であるが, で前後, なかなか稽古, によって異う, によります, の, の位置

▼ 聴く~ (10, 0.8%)

1 ただ饐え, はや楽, 声である, 好まぬから, 小さき足音ひとつ, 市の, 楽しむ可, 楽を, 至極好い, 饑ゑ疲れ

▼ 聴くたび~ (9, 0.7%)

2 に胸 1 にいや, に少し, に彼, に教重, に男, に郷愁, ピシャリと

▼ 聴くやう~ (9, 0.7%)

1 なあの, な姿勢, な或は, な気, な気持, な韻律美, にし, になりました, に伊曾

▼ 聴くだけでも~ (8, 0.6%)

1 その壮観, ひどい疲れ, 一日の, 容易な, 慄然と, 気味の, 相当疲労を, 結構という

▼ 聴く~ (8, 0.6%)

1 だから, だぞ, だよと, だ何, ですか, ですが, ですもの, なら自分

▼ 聴くから~ (7, 0.5%)

2 である 1 マサカ三万円位で, 嗅ぐから, 或いは尋常, 珍らしい, 警保局長の

▼ 聴くだけ~ (7, 0.5%)

1 だ, である, であるが, でなく今, では, でもう, で決して

▼ 聴くのみ~ (7, 0.5%)

2 である 1 でそれ, でなくみずから, なりけり, 加うる, 少しも

▼ 聴くとき~ (6, 0.5%)

1 いつも一種, にその, にベートーヴェン, のよう, は人物風景, よくその

▼ 聴く必要~ (6, 0.5%)

1 があろう, がない, はありません, はありませんでした, もない, も無い

▼ 聴く~ (6, 0.5%)

1 にそう, にヂーン, に何, に僕, に嘆賞, に有益

▼ 聴く~ (5, 0.4%)

1 ありがたい和尚様, したに, どうか, 煙草の, 聴かぬかを

▼ 聴くだけの~ (5, 0.4%)

1 ことなら, 価値なき, 屍の, 覚悟を, 辛抱を

▼ 聴くだに~ (5, 0.4%)

1 今季うそ寒い, 厭な, 厭わしい骨肉愛, 慄っと, 探奇心

▼ 聴くとか~ (5, 0.4%)

1 いって, 手本を, 聴かせるとかの, 藤吉郎は, 言ふ

▼ 聴くには~ (5, 0.4%)

2 全くお 1 こんな閑, 余りにお, 東京が

▼ 聴く~ (5, 0.4%)

1 かしと, 喜ばしめ漸く, 喜ぶ, 得たり, 得んか

▼ 聴く場合~ (5, 0.4%)

1 でも庭番頭, にはまったく, には色々, の私, もその

▼ 聴く~ (5, 0.4%)

2 による 1 で父, によれ, の語

▼ 聴くうち~ (4, 0.3%)

1 にとうとう何もかも, に平次, に正造, に途中

▼ 聴くばかり~ (4, 0.3%)

1 であるが, では, でよく, で青い

▼ 聴くほど~ (4, 0.3%)

1 いやに, 世の中は, 無理解, 美しさ

▼ 聴くまでも~ (4, 0.3%)

1 ないぜ, なくその, なくわれわれ, なくガラッ

▼ 聴く~ (4, 0.3%)

1 すでに魂魄, 否や, 心冴ゆ, 老師に

▼ 聴くより~ (4, 0.3%)

1 ほかどう, ほかに, 忽ち露子, 見る方

▼ 聴くよりも~ (4, 0.3%)

1 いっそう幸福, 一寝, 日本人を, 絵を

▼ 聴く~ (4, 0.3%)

1 にはなれなかった, にもなる, もない, 遣は

▼ 聴くという~ (3, 0.2%)

1 ことが, 仮設的哀愁の, 話も

▼ 聴くとは~ (3, 0.2%)

1 どうする, 大違い, 思いがけない事ゆえ

▼ 聴くなり~ (3, 0.2%)

1 あそり, 何と, 読むなり

▼ 聴くの必要~ (3, 0.2%)

2 のなき 1 はなく

▼ 聴くほう~ (3, 0.2%)

1 でガン, は聴く, も辛かろ

▼ 聴く人々~ (3, 0.2%)

1 の心, の胸, も眼

▼ 聴く~ (3, 0.2%)

1 からすでに, にもう, に善く

▼ 聴く~ (3, 0.2%)

1 の声, はほとんど, ももとより

▼ 聴く心持~ (3, 0.2%)

1 がした, がしました, を感じた

▼ 聴く思い~ (3, 0.2%)

2 がする 1 があった

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 互に謹慎, 説教は

▼ 聴くかと~ (2, 0.2%)

1 いふから, いふと

▼ 聴くかという~ (2, 0.2%)

1 きまりが, ことと

▼ 聴くかの~ (2, 0.2%)

1 やうで, ような

▼ 聴くこの~ (2, 0.2%)

1 古鉄瓶も, 夜深

▼ 聴くたびごと~ (2, 0.2%)

1 にいちいち, に私

▼ 聴くだけは~ (2, 0.2%)

1 それでも熱心, 聴いて

▼ 聴くつもり~ (2, 0.2%)

1 だから, で来た

▼ 聴くとして~ (2, 0.2%)

1 今日は, 書読ませゆく

▼ 聴くなんて~ (2, 0.2%)

1 いい習慣, 成程

▼ 聴くので~ (2, 0.2%)

1 あつた, 足の

▼ 聴くのに~ (2, 0.2%)

1 ギン, 一方から

▼ 聴くはず~ (2, 0.2%)

1 はなかっ, もありません

▼ 聴くほどに~ (2, 0.2%)

1 いよいよますますこの, 疎遠な

▼ 聴くほどは~ (2, 0.2%)

1 すだきかなしき, 声の

▼ 聴くまで~ (2, 0.2%)

1 かなり間が, 待って

▼ 聴くまでは~ (2, 0.2%)

1 どんな説, 鮨売にばかり

▼ 聴くわけ~ (2, 0.2%)

1 にはいかない, にも行きません

▼ 聴くラジオ~ (2, 0.2%)

1 と軍歌, は目下一日平均一四時〇九分間放送

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 だなどと, の第

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 きを, く余儀なくされた

▼ 聴く喜び~ (2, 0.2%)

1 て観る, にあつ

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 の水口, の静寂

▼ 聴く学生~ (2, 0.2%)

1 が一人, が法学

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 にいつも, に誰

▼ 聴く心地~ (2, 0.2%)

1 がする, は塵俗

▼ 聴く心得~ (2, 0.2%)

2 にて筮竹

▼ 聴く楽しみ~ (2, 0.2%)

1 が止めど, に移っ

▼ 聴く機械~ (2, 0.2%)

1 があっ, を持たない

▼ 聴く歌声~ (2, 0.2%)

1 のやう, のよう

▼ 聴く興味~ (2, 0.2%)

1 である, を失

▼ 聴く良き~ (2, 0.2%)

2 魂を

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 であった, であるが

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 はとても, も深い

▼ 聴く~ (2, 0.2%)

1 とを照応, と最後

▼1* [173件]

聴くあれがそう, 聴くうえにはやはり, 聴くおもひがした, 聴くおもいがする, 聴くお客の中, 聴くかな味わろき, 聴くからにただ熱し, 聴くくらいならば, 聴くくらいのことなら引き受け, 聴くぐらいが私の, 聴くここちす, 聴くこちらではそれ, 聴くこと幾分の後金を集め, 聴くこれらの音, 聴くこれ松浦川の上流, 聴くごとに寧ろ, 聴く親である, 聴くしかない, 聴くしら雪の牡丹雪, 聴くが畑, 聴くそしてまた土産代を, 聴くその秋山を, 聴くたび人種的な貧弱さ, 聴くだけで十分だった, 聴くつと耳, 聴くせう, 聴くとある怖ろ, 聴くといふ項目が, 聴くとき対える人, 聴くとしもなく, 聴くとともに一方, 聴くとも無しに耳, 聴くと共に小坊主の, 聴くなぞはここら, 聴くにあたっていかなる方向, 聴くにつけ面影を, 聴くにつれ理化学が, 聴くにほどよい席, 聴くに従いだんだん分っ, 聴くのつてそれやむづかしいもんよ, 聴くの一夜を共有, 聴くの心あらば, 聴くの機会に接する, 聴くの状態を見る, 聴くの聡と未, 聴くの謙遜がなけれ, 聴くの趣を存, 聴くの風ありき, 聴くばかりじゃないあらゆる, 聴くかるらし, 聴くほどの症状に, 聴くまもなくその一人, 聴くみちのくの夏, 聴くものめいめいが自分, 聴くもんだ, 聴くやう彼等は耳, 聴くやがて蝉声も, 聴くよりは籠に, 聴くべて居た, 聴くらん想して, 聴くアイヌ幕の内には隼人, 聴くカトリツク教の僧, 聴くぽういつも, 聴く一杯の酒, 聴く一種の探訪, 聴く三十三間堂柳の佐和利, 聴く事実でした, 聴く人たちの方, 聴く人皆な感心, 聴く人配所を繞, 聴く人間は吾, 聴く代りに私, 聴く以外悉く妻, 聴く会ぢやない, 聴くに我々, 聴く作者もあるまい, 聴くの要求, 聴くのこと, 聴く元気はなかっ, 聴く八十一の翁, 聴く創世記の物語, 聴くがなく, 聴く唄声も聞える, 聴く四つの耳, 聴く地獄の中, 聴く昂り調, 聴くはありません, 聴く大阪の闇市風景, 聴く奥津城処わが栖家, 聴く好奇心があった, 聴く如くに意味, 聴く子供ならば, 聴く子守唄の思い出, 聴く安き伏屋よ, 聴く専ら雲の, 聴く小さな集りが, 聴く小山よりもこれ, 聴く度びにその時の情な, 聴く度毎に美しい, 聴く庭下駄の揃, 聴く当年夜雨の声, 聴く役人共の手, 聴くのもの, 聴く彼女の歌, 聴く微かな空鳴り, 聴く徳大寺の某, 聴く心浄うして体閑かなり, 聴く心耳を持たない, 聴く心配したが, 聴く情趣の侘し, 聴く想いだった, 聴く我々は最も, 聴く故人の孫, 聴く敬虔な態度, 聴く方ゆ日照雨して, 聴く昔話だけはなお, 聴く春雨は孟宗, 聴く時それを拡げる, 聴く時計の音, 聴く最後の一人, 聴くな気, 聴くなし, 聴く段取りになった, 聴く気力さえ尽き果てた, 聴くの音, 聴く沈丁花たぎる畑, 聴く活き活きとした, 聴くの清く, 聴くの音, 聴く海魔の仕業, 聴く淋しき看経の, 聴く為め歟その見る, 聴くらば, 聴くは唯馬, 聴く生徒がどこ, 聴く用意をする, 聴く石坂左門次の, 聴く祖父のよう, 聴くの気分, 聴くあゝー, 聴く程多くの音, 聴く程感心な奇麗, 聴く積りで来, 聴く立場を取った, 聴くがない, 聴く義務があるだろう, 聴く習いがあった, 聴く老松のよう, 聴く者それについて話される, 聴く者みなこみあげて, 聴く者社務所に報じ来れ, 聴くはざる楽, 聴く能わざらしめもって, 聴く自分に取っ, 聴く良い子らしい, 聴く芝居迄の総て, 聴く苦しい生活を, 聴く虫声に耳, 聴く虫声縷の如く, 聴く観劇や小, 聴く言葉は悉く, 聴く講義だけは聴講料, 聴くにとつて, 聴く遠き蛙の, 聴く都会の夏, 聴くももどかし, 聴く之丞, 聴く青竜の長広舌, 聴くや響, 聴く音楽のレコード, 聴くもよい, 聴く風習は今, 聴く鳴きやめない虫