青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「粒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~籠 籠~ 籠っ~ ~米 米~ ~米友 米国~ 粂~ ~粉 粉~
粒~
~粗末 粗末~ ~精 精~ ~精神 精神~ 糞~ ~糸 糸~ 系統~

「粒~」 1934, 20ppm, 5729位

▼ 粒~ (492, 25.4%)

18 ような 11 米も 10 大きさ 7 米を 6 中に, 丸薬を 5 涙を 4 ように, 数が, 豆を, 赤い丸薬, 麦もし 3 うちの, お米, 中の, 大きいの, 米すら, 細胞の, 芯に, 飯を, 麦地に

2 [27件] ほうが, やうに, ようで, 丸薬で, 子と, 孫とを, 小金を, 御飯も, 揃ったみごと, 数を, 珊瑚の, 男は, 目方を, 眼を, 砂の, 種を, 米が, 米でも, 米に, 米は, 米粒も, 細胞が, 落ちて, 表面には, 豆でも, 運動の, 麦も

1 [328件] い, うちにも, うち一つくらゐ, うち一つ位が, およそ一, お豆, きらつた唄, ことだ, ことについて, こぼれて, こぼれるの, こまかい納豆, ごとく無意味, ごはんつぶに, ごはんつぶを, ごはんは, ご飯粒, しいの, そろった字面, そろった白い, そろった面, たくはへも, どれかに, どれにも, ないよう, ひとつや, びっくりする, ぴかぴか光る, ぶつ, ま, ままや, まま窓ガラスに, まん中に, やうな, やうな光り, よくそろった, を二三合買つて帰, アミーバアなり, ソレよりも, ダイアモンドを, ダイヤを, 一つと, 一つまで, 一つを, 一つ一つの, 三成もし, 三成を, 上の, 中から, 中では, 中でも, 中には, 中にも, 中を, 丸薬が, 乾ぶどうと, 事で, 二三が, 五臓丸を, 交錯が, 代わりに, 供御も, 個人の, 光明を, 入らない白い, 全部が, 兵糧も, 内容は, 内容を, 円い珠飾り, 凍りついたもの, 凍結, 凍結時間, 凍結時間は, 出来たこと, 勘定が, 千百萬分の, 南京玉が, 南京豆を, 反魂丹, 名薬, 向日葵の, 含まれて, 周囲に, 団子が, 団子を, 土砂も, 堅さ, 場合には, 場合ばかりとは, 塊が, 塵埃でしか, 塵埃を, 変に, 多いの, 多きもの, 大きい軽やか, 大きな美しい, 大きな金剛石, 大小の, 大麻実, 天地は, 天地振分けが, 奴例の, 如く絶えて, 妖しい螢石, 存在が, 孫です, 宝石が, 宝石であり, 宝石は, 実が, 実も, 実を, 実をも, 實を, 尊さ, 小さいだけ, 小さいの, 小さいやう, 小さい事, 小山が, 小石をも, 小銭を, 小錢, 小麦でもを, 小麦と, 小麦とが, 小麦に, 尖つた物, 工面が, 希望に, 幾粒すらも, 形の, 形も, 得るなき, 御飯を, 心核には, 怒濤, 思ひがけ, 意識の, 愛だ, 愛ジェニュインな, 成熟する, 扶持にも, 扶持も, 扶持をも, 接触によって, 揃った丸っこい, 揃った子, 揃った小石, 揃った東洋植物, 揃った百幾顆, 揃った納涼狂言, 揃った細かい, 揃った非常, 揃った音, 揃つた砂の, 散弾を, 数だけ, 数の, 数の子の, 数の子を, 数珠と, 方が, 方を, 春の, 昼飯も, 替が, 朝顔の, 柿の, 棗の, 極く大きい, 様だ, 様な凋んだ, 殻だ, 毒石が, 気つけ薬が, 水が, 水中に, 水滴と, 水銀, 水銀が, 泡ほどの, 涙が, 涙でも, 涙の, 涙も, 滴が, 灰をも, 点と, 烏金丸と共に, 無駄が, 無駄を, 熟した, 犠牲は, 状図中の, 玄米さえ, 玉を, 玉何ぞ, 珊瑚珠だけが, 珠を, 用命半日を, 男の, 異つた歴, 疑念なし, 疳高い声, 疾風が, 白石を, 的は, 目方が, 目方と, 直径が, 直径を, 真珠である, 真珠の, 真珠を, 真珠をも, 真黒いマン, 眼玉を, 砂いい, 砂さへも, 砂も, 砂を, 砂岩である, 砂金も, 砂金を, 種から, 種が, 種であった, 種も, 種子が, 種子だに, 種子は, 稲も, 稼ぎも, 穀物が, 穀物も, 穂先が, 米にも, 米や, 米をも, 米一滴の, 米一銭の, 米粒すら, 米粒を, 籾, 籾でしか, 籾は, 粉に, 粗い今, 粟さえ, 粟だに, 粟を, 粟をも, 糧に, 糧も, 約九割, 紅玉を, 紫金を, 細かい水気, 細かい背腹, 細かい黒砂, 細胞は, 緑柱石の, 美しい紅玉, 胚子に, 胚子を, 胚子をすら, 色の, 色素を, 艶麗な, 芥子を, 芥子種, 芥子種が, 芥子種の, 芥子粒で, 芥種の, 芥種樹に, 草花の, 薬を, 蚕豆が, 衝突間隔の, 表に, 表面に, 表面は, 見事な, 見本などを, 計算を, 記憶力の, 豆が, 運動を, 重なり合い又は, 野茨の, 量は, 金丹を, 金粉の, 鉄砂も, 銀を, 銀杏の, 銀片を, 錠剤を, 間の, 附着する, 集りである, 集りな, 集積した, 雨が, 雨すら, 雨に, 雨滴の, 零れたの, 霧と, 露の, 食物乃至, 飯さえ, 飯の, 飯も, 飯米も, 飯粒が, 飾り玉や, 餌さえも, 馬を, 麥の, 麦か, 麦種地に, 麦若し, 黒点の

▼ 粒~ (233, 12.0%)

6 揃って, 非常に 5 固体の 3 付くと, 固体表面に, 落ちて, 衝突し

2 [14件] あって, そこら一面踊りまわり, とんで, やって来ること, 互に衝突, 十に, 団子を, 大きく次, 完全に, 小さいの, 小さくて, 生きて, 衝突する, 風に

1 [176件] あった, あったという, あっても, あとから, あまり大きく, あまり思わしくない, あり長い, あるが, あるまま, いくつか, うかびその, おっこちるぞ, かわき切った音, ぎらぎら輝い, くっついて, くっつく機巧, ぐっと落ちやした, こけ猿, この床, この細い, こまやかで, ころがり落ちた, すっかり凍り切っ, そこら一面踊りま, そろって, そろつて, たくさんある, たくさんあれ, たくさん集まった, たとえて, だんだんに, ちっちゃいが, ちょうど団子, ちらばらせるので, つうつう浮い, つぎつぎと, つらなって, どこからか, どつさり, ないといふ, はいってる鉢, はなれにくく, ぱらっと飛ん, ぱらぱらと, ほんとうに, ぽつぽつと, まじって, まだホロホロと, まだ凍り切らない, まばらに, もうもうと立っ, もしかする, もし完全, ものは, やって来て, バラバラと, ビーカーに, ホロホロと, ポタリ, 一つ一つ戸外の, 一つ取れる, 一つ粒の, 一朱大の, 一点から, 一緒に, 一重に, 七色に, 上へ, 不可視的元子の, 並び髪毛, 二つ三つ頬や, 二三粒転がっ, 二十五円で, 互いに衝突, 互に固く, 交じって, 依然として水滴, 偶と, 光の, 光弾の, 凍りついて, 凍る, 出来る, 出来ると, 出来るの, 刺さるよう, 十ぐらいずつ, 十二銭, 卵だ, 含む濃淡, 唇元に, 四方八方へ, 固く張りつい, 固体表面へ, 夕立降りに, 多く入っ, 大きいが, 大きいので, 大きい事, 大きくなっ, 大きく成る, 大きく荒くな, 太陽からの, 威勢よく, 宿って, 宿るという, 小さいだけ, 小さかったり, 少しそろった, 幾重にも附着, 形成された, 彼の, 忍び歎, 指先に, 揃い一脈, 揃ってるので, 揃つてゐる, 描きあらわすところ, 散った, 新しい植物, 更に衝突, 木の葉に, 朱を, 析出する, 染み出て, 柱に, 残りまして, 汗一杯の, 沢山附着, 浮いて, 浮きだして, 浮んで, 消えかかった炭火, 混じって, 湖上静穏の, 湖面近く, 湧いて, 湧き上って, 満ちいる, 滑るの, 無数に, 焼け灰, 白玉を, 目と, 真赤な, 着き絡, 睫毛や, 砂粒の, 私に, 空から, 笠の, 粒を, 糊の, 納豆の, 素子の, 細かくて, 美しく揃っ, 腐敗する, 落ちたん, 虹色のか, 覗いて, 角柱を, 試験管の, 赤く錆び, 軽く銀盤, 載った今, 透けて, 途中で, 這入つて, 違う, 重い場合, 重って, 集まって, 雨露に, 静かに, 音なく

▼ 粒~ (176, 9.1%)

3 ひろって 2 しゃくって, ひろつて, 出して, 出でず, 出でずかそかそと, 口に, 投げつけられ風, 拾って, 添へて, 蒔いて

1 [153件] いくど, くわえサワサワ音, このわし, すくって, そっととり上げた, そっと仁丹, そつと, そのショック, その嫩葉, その方法, そろえたいと, そろえたノート, ついばんだ, つかみました, つけ置き大刀, とめて, ともに奉納, とりだして, とり種子, なくすには, のせて, のぞいての, ばら撒い, ふくんだ空気, ほじくり出そうと, まいて, まくと, みんな桶に, よろこぶよう, わたりくねれる毛虫, スズとも, ツヅという, ベッドの, ペロリと, 一つ一つひろっ, 一つ一つ堆, 一つ一つ拾いあげ, 一つ口に, 一個所に, 一時に, 一緒に, 三粒なり, 両手に, 並べて, 争って, 二粒出し, 人間の, 光らせながら, 入れたの, 入れて, 六十四へん倍加する, 六十四度二倍した, 六十四度倍加した, 切ること, 十分其の, 取りに, 取り出して, 同質の, 吐き出した, 吹き出して, 味ふ, 啄みはじめた, 啄んで, 喞へて, 喰べよと, 噴いて, 噴く, 囲んで, 地の, 地面に, 密集させた, 将棋盤の, 將棊盤の, 小皿に, 少しづつ, 布きすこぶる, 得るため, 御覧に, 忍ばしたり, 成す処, 手に, 手のひらへ, 打ち棒, 投じて, 投じましたところ, 拡大した, 拾いすでに, 拾うこと, 拾う嘴音, 拾つてゐた, 拾ふために, 振りまいて, 挾んで, 捨てたぐらゐでばちがあたるもんかい, 掌に, 掌へ, 探す者, 揃へて, 搗いて, 撃ち落す奴, 撒いたよう, 播いて, 撰り, 散らして, 数えて, 次ぎから, 油の, 浮かべて, 浮せ, 消して, 献じようと, 用意しない, 皇后に, 盛った兜, 直接に, 直接顕微鏡で, 真珠の, 眺めて, 石膏泥中に, 私に, 私の, 穀物の, 空中に, 箸の, 粉に, 糸切歯で, 置いては, 臼で, 舐って, 良と, 落した, 落したの, 蒸発させる, 袋に, 見て, 見分けるわけ, 買は, 赤い嘴, 這いくねる毛虫, 這入るだけ, 連ねた房, 遠方へ, 選り分, 針の, 附け加えるの, 雜へ, 需めた, 静かに, 非常に, 食いかいては, 食した, 飲み込みました, 齒で

▼ 粒~ (82, 4.2%)

3 ない, なかった, 口に, 口へ 2 こぼれて

1 [68件] あったろう, あつた, あとを, あますところ, ありませんでしたの, お米, こぼさぬよう, ごはんを, とれやしねえのよ, とれるもん, ないぞ, ないで, ないよう, なかつたとき, なくなったと, なくなって, なくなりたり, のぼらない, のぼらなかったとか, のんで, はいりは, まず気位, ノドへ, 一つに, 一つ一つ影を, 並ぶマメ, 五つ七つと, 五粒も, 交って, 他の, 先祖の, 全部それ, 凍る, 初めて聖武上皇, 取れやしねえ, 喰んで, 図に, 大え樣, 大きく黒色, 大なる, 失うまいとして, 実らなかった, 手に, 技術も, 揃つて居り, 揺がないで, 日本の, 普通の, 案外に, 残さずに, 残さず噛み砕けとの, 残さず平らげて, 残さず平らげ秋, 残さず採りつくして, 残つてゐない, 残らずひろわなくちゃ, 残らないよう, 殘さず平らげ, 浮いて, 珍賞に, 粗末に, 細かく褐色, 見當ら, 返してない, 降らずぎらぎら, 降らぬやう, 頂かないん, 食べませぬ

▼ 粒~ (80, 4.1%)

2 だんだん小さく小さく, よく不治, 以て, 即ち天, 大きいが, 鏡の

1 [68件] ありますよ, いつそう, いる, おいらの, かなりの, そのブラシユ, その環境, その緊張, それ丈小さく, つかなかった, どれも, はら, バラバラに, ヤッと, 一度頓狂, 主として結晶, 全然衝突, 全部凍り切る, 切子硝子の, 刺激性麻酔性の, 割れないから, 唐箕に, 大きくなるだ, 大小に, 太陽体の, 小さい, 小せ, 小形で, 小麦などよりも, 少いが, 強い光, 想像し, 日本海へ, 早くなっ, 柱に, 梨の, 極めて僅少, 次第に太く長く, 殆ん, 母胎に, 毎日日光の, 気温と, 気高い尊い御, 水滴である, 水滴の, 無数でした, 生きて, 男の, 百分の一秒で, 百分の一秒程度の, 皆な取り除け, 皮張椅子に, 直径百分の一ミリないし, 直径百分の三ミリの, 睫毛の, 種子に, 米粒です, 興ざめた顔, 草の, 衝突した, 西瓜ぐらいに, 酒にも, 重いので, 金色の, 非常に, 風上の, 飛んで, 黄色な

▼ 粒~ (55, 2.8%)

4 数ふれ 3 一緒に 2 いっても, 白い細長い芯, 粒との, 粒とは, 豆を

1 [38件] あえて異なる, いっしょにどっとはいって, いって, いつたやう, おなじ計算, くだんの, そこから, そのパチ, それから, つながり合って, とおして, なって, なるから, まだ穂, よく書きます, よばれる非常, 二朱負けた, 五十銭の, 分けられたが, 化して, 同じよう, 同様な, 名の, 坊主貝, 夕陽の, 帽子箱の, 次々に, 毎日飲め, 空気の, 米粒が, 置きかえて, 豆の, 陽子という, 隙間の, 雖も, 霰餅とを, 飲んで, 黒い石粒

▼ 粒~ (47, 2.4%)

4 足らずひろ 3 して 2 なって, 化しは

1 [36件] ありつきたいの, お蝶, こもって, なつて, なりかけて, なるとき, ふさがれ立ち, まじること, 一つ一つさわっ, 丸めて, 似たる一, 似た吹出物, 使って, 分れしかも, 分裂増殖する, 到るまでも, 及ばぬ事, 含まれて, 唾の, 大小が, 孤立し, 心せよ, 星が, 星の, 消え失せ初めた, 濡れた大型バス, 相違なかっ, 砕けて, 胃の, 自分の, 見えるの, 見える所, 触れたため, 触れると, 過ぎぬと, 過ぎん

▼ 粒一粒~ (43, 2.2%)

3 の中 2 に星, の目方, ものがたる

1 [34件] が光弾, が刺さる, が描きあらわす, が私, が赤く, が音, つまみあげて, ととおし, と帽子箱, にはその, に含まれ, に孤立, に消え失せ初めた, に相違, のご, のソレ, の個人, の光明, の内容, の心核, の意識, の米, の記憶力, の重なり合い, の雨滴, はその, は切子硝子, ひかつた, をその, を人間, を取り出し, 極く, 笑うよう, 集めて

▼ 粒ずつ~ (28, 1.4%)

1 [28件] かみくだき赤土, ちょうだいする, でしかも, ひろって, ハハハ, 一粒ずつ, 不老の, 分けて, 取っては, 口へ, 地の, 拇指と, 拾い出して, 拾い取って, 拾い集めた砂金, 拾って, 掌に, 摘みながら, 摘み取る, 放出される, 数えて, 服んで, 粗く疎に, 船客一同に, 貰い集めたかと, 食べ残しても, 飲めば, 黒豆を

▼ 粒~ (28, 1.4%)

1 [28件] うつろの, がすから, さえ用, さけばお前, それを, もつて, もよい, やるなあ, よろしい, モト通りに, 一つの, 一万円だ, 一円二粒で, 三ミリで, 十円三粒で, 千円五粒で, 大長者, 成就される, 海と, 煮ると, 玄関の, 百円四粒で, 私たちの, 米麦の, 紙を, 茶粥とは, 買った良い, 貼つて

▼ 粒ほどの~ (23, 1.2%)

3 大きさ

1 [20件] お撰米, ものを, 写真に, 大黒を, 如きもの, 存在を, 小さいカス, 小さい光る, 小ささ, 小蟻, 思い出と, 桜の, 水滴を, 白い齒, 白足袋を, 花を, 芽を, 蠅の, 赤いほくろ, 透明な

▼ 粒でも~ (20, 1.0%)

2 二粒でも

1 [18件] おとさないやう, それで子房, ぞろぞろ転がってる, よけいに, 一秒間に, 凍る割合, 多く食べ, 寄せたよう, 拾ひ集め, 持つて, 林檎みたいに, 減らさねえやう, 溢した, 痛みを, 粗末に, 落せば, 雨が, 食べ残す度毎

▼ 粒~ (17, 0.9%)

2 二十粒の

1 [15件] ついばんだ, 三十粒位しか, 三粒かを, 三粒ばかり, 三粒宛御飯を, 二十粒だ, 二十粒に, 二粒宛たべ, 二粒宛紅玉が, 二粒宛紅矢の, 六粒ためしに, 六粒ほどずつ, 嚥んで, 数え切れない粒, 食べてるうち

▼ 粒~ (14, 0.7%)

3 ねだ 2 とかいふ話 1 か分らない, が高, ともっとずっと, ねで, ねである, ねの令嬢, ねを質子, ッて, 俵で

▼ 粒ほど~ (13, 0.7%)

2 であるが

1 [11件] ないしょで, な天道虫, な腫物, わたくしの, キニーネを, 入って, 加えて, 噛んだ, 小さな白, 食った, 黒くバラ

▼ 粒~ (13, 0.7%)

2 金雲母の

1 [11件] あるいはまるで, それから唐草模様, 唐もろこしの, 小さな粒, 小さな苺, 白堊が, 種子飯, 紙から, 豆に, 醤油を, 霧粒の

▼ 粒から~ (10, 0.5%)

1 こんなに生き生きと, はじまるもの, 先き, 小麦の, 得られる栄養価値, 成って, 成り立って, 次第に隕石, 爪の, 芽を

▼ 粒よりの~ (10, 0.5%)

1 お歴々を, ものばかり, オペレッタや, 一級品であった, 水蜜桃を, 猛者久能見の, 精兵だろう, 逸品ばかり, 風流人ばかり, 高級読者だけが

▼ 粒一つ~ (9, 0.5%)

1 が入念, だってない, ついては, なかった, に繰り上げ, まいて, も鐚一文, を捜す, 通さねえの

▼ 粒~ (9, 0.5%)

2 の三河屋 1 だ, だから, でござんすゆえ, ですから, の伜, の和太郎, の娘

▼ 粒かの~ (8, 0.4%)

2 銅貨銀貨を 1 はいござります, 南京豆を, 屑米を, 果物の, 露の, 餌を

▼ 粒にも~ (7, 0.4%)

4 あたるわけ 1 いろいろの, ならない屑, 等しくなる

▼ 粒ばかり~ (7, 0.4%)

2 ぽろぽろっと 1 口に, 口へ, 固めて, 拾ひ出し, 撮み出した

▼ 粒~ (7, 0.4%)

1 しかない, しか無くなっ, ずつその, で沢山, なもの, の透きとおり輝く, 飲んで

▼ 粒みたい~ (6, 0.3%)

1 なガラス玉, な小さい, な幻想, な物, にその間, に梢

▼ 粒三粒~ (6, 0.3%)

1 あります, かれの, だ, つまんで, の米, ほてり切つた頬

▼ 粒二粒~ (6, 0.3%)

2 なんてそんな 1 といっ, といつた, の乾ぶどう, の涙

▼ 粒即ち~ (6, 0.3%)

3 星が, 星しか

▼ 粒~ (6, 0.3%)

2 りの 1 の召使達, りであるが, りなん, りに

▼ 粒~ (6, 0.3%)

2 の小金 1 の二三, の小, の小銭, は生き

▼ 粒飲め~ (6, 0.3%)

1 ばこめかみ, ばワクワク, ば一年命, ば体力, ば神気, ば胸もと

▼ 粒ごと~ (5, 0.3%)

1 にいろいろ, に一本, に思い, に皆, に若干

▼ 粒さん~ (5, 0.3%)

1 が取り次い, が大変, どうかし, の話, はどう

▼ 粒だけ~ (5, 0.3%)

2 みて 1 だろう, 真二つ, 食べるの

▼ 粒とは~ (5, 0.3%)

2 ケチな 1 各々一部分で, 配し合い消し合い衝, 関係が

▼ 粒まで~ (5, 0.3%)

1 うまそう, また最後, 今日が, 持去つた, 洗面器に

▼ 粒~ (5, 0.3%)

2 つてゐない, つて居ぬ 1 つて居

▼ 粒四粒~ (5, 0.3%)

4 と数 1 と毎日

▼ 粒~ (5, 0.3%)

1 たべては, つまみ上げて, 呑み込んだ, 播いて, 殖やしたので

▼ 粒~ (5, 0.3%)

1 に同時に, に娯しん, に張り裂ける, に洩れなく, に絶対

▼ 粒飲む~ (5, 0.3%)

1 と一万年, と一年, と十年, と千年, と百年

▼ 粒ぐらい~ (4, 0.2%)

1 ぼつり, ウィスキーの, 中ぐらい, 飲んでも

▼ 粒すなわち~ (4, 0.2%)

1 星が, 星しか, 核が, 過冷却

▼ 粒である~ (4, 0.2%)

1 から透明, がやはり, が四方, 自然孵化凡そ

▼ 粒には~ (4, 0.2%)

1 いちいち光る, いろは四十八文字が, その透明, ならない場合

▼ 粒また~ (4, 0.2%)

4 二粒三粒四粒と

▼ 粒もの~ (4, 0.2%)

3 なれば 1 とて寵愛

▼ 粒一粒毎~ (4, 0.2%)

1 に同時に, に張り裂ける, に洩れなく, に絶対

▼ 粒三粒四粒~ (4, 0.2%)

4 と数

▼ 粒付結晶~ (4, 0.2%)

1 であること, の場合, や厚板, を示す

▼ 粒入り~ (4, 0.2%)

1 が一両, のスープ, の袋, を一分

▼ 粒~ (4, 0.2%)

2 に入れた, の中

▼ 粒~ (4, 0.2%)

1 で少し, のエライ書生, の處, の鋭い

▼ 粒金丹~ (4, 0.2%)

1 というもの, のやや, を調製, を買う

▼ 粒~ (4, 0.2%)

1 でいっぱい, で小鳥, にし, ばかりを食

▼ 粒かを~ (3, 0.2%)

1 こぼしたらしい, 取って, 手に

▼ 粒くらいの~ (3, 0.2%)

1 一行が, 大きさ, 大きな泣き

▼ 粒ぐらいの~ (3, 0.2%)

1 もので, 人が, 奴から

▼ 粒さえ~ (3, 0.2%)

1 割るかと, 勿体ながら, 半粒

▼ 粒さし~ (3, 0.2%)

3 上げて

▼ 粒ずつの~ (3, 0.2%)

1 大粒の, 金剛砂を, 露の

▼ 粒だって~ (3, 0.2%)

1 ありゃア, 一銭だって, 他へ

▼ 粒です~ (3, 0.2%)

1 か念, が, がただ

▼ 粒とか~ (3, 0.2%)

1 なの, 二十七粒とか, 十粒とかを

▼ 粒として~ (3, 0.2%)

1 のこった大, 傷んで, 見える位

▼ 粒などは~ (3, 0.2%)

1 実にはっきり見えます, 当てに, 見えなかった

▼ 粒なり~ (3, 0.2%)

1 とも受け, 取って, 四粒なり

▼ 粒ほどに~ (3, 0.2%)

2 小さく見える 1 小さく爪

▼ 粒よりも~ (3, 0.2%)

1 余計に, 小さい星, 微小な

▼ 粒~ (3, 0.2%)

2 と粒 1 と粒真珠

▼ 粒~ (3, 0.2%)

1 ないし小豆大, の人, の油蟲

▼ 粒~ (3, 0.2%)

1 にならない, になる, に変化

▼ 粒残らず~ (3, 0.2%)

1 脳髄を, 見事な, 間違いの

▼ 粒~ (3, 0.2%)

1 がぼろぼろ, はもう, 同餐羽士家

▼ 粒飲ん~ (3, 0.2%)

1 でおいた, で十年分, で見ろ

▼ 粒えり~ (2, 0.1%)

1 に選まれ, の立派

▼ 粒~ (2, 0.1%)

2 米が

▼ 粒きり~ (2, 0.1%)

1 の家, の眼

▼ 粒これ~ (2, 0.1%)

2 だけのもん

▼ 粒しか~ (2, 0.1%)

1 ないこの, ないと

▼ 粒じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないよ, なくて

▼ 粒ずつが~ (2, 0.1%)

1 いいかな, たっぷり実った

▼ 粒だけが~ (2, 0.1%)

1 南洋産の, 変質し

▼ 粒だった~ (2, 0.1%)

1 のです, 芽立ちと

▼ 粒だに~ (2, 0.1%)

1 ないでは, 惜まる

▼ 粒つぶ~ (2, 0.1%)

1 のついた, の下

▼ 粒づつ~ (2, 0.1%)

1 の豆, 置いたの

▼ 粒では~ (2, 0.1%)

1 あっても, 凍結時間は

▼ 粒という~ (2, 0.1%)

1 ものが, やつが

▼ 粒とが~ (2, 0.1%)

1 ある, 消化作用で

▼ 粒との~ (2, 0.1%)

1 連り, 間に

▼ 粒なら~ (2, 0.1%)

1 ばすぐ, ば比較的

▼ 粒なんて~ (2, 0.1%)

2 そんなこまかい

▼ 粒にな~ (2, 0.1%)

1 つてわしの, つて降つ

▼ 粒ひとつ~ (2, 0.1%)

1 だって残っ, でもこぼす

▼ 粒一ト粒~ (2, 0.1%)

1 から爪, こんなにも道誉

▼ 粒乃至~ (2, 0.1%)

1 七億粒である, 二粒で

▼ 粒二十万粒~ (2, 0.1%)

1 とはケチ, 積み重ねたつて

▼ 粒二十萬粒~ (2, 0.1%)

1 とはケチ, 積み重ねたつて

▼ 粒二朱~ (2, 0.1%)

1 まけた, 借りるよう

▼ 粒入っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ていません

▼ 粒出し~ (2, 0.1%)

1 て鍋, て飲ませ

▼ 粒揃ひで~ (2, 0.1%)

2 あつた

▼ 粒次に~ (2, 0.1%)

1 八粒十六粒三十二粒と, 四粒次に

▼ 粒~ (2, 0.1%)

2 を吐きました

▼ 粒~ (2, 0.1%)

1 の小さい, 食つた

▼ 粒積み重ねたつ~ (2, 0.1%)

2 てあれくら

▼ 粒~ (2, 0.1%)

1 から出る, にひねっ

▼ 粒自身~ (2, 0.1%)

1 がその, は氷

▼ 粒落ち~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来た

▼ 粒~ (2, 0.1%)

1 の小, の箱

▼ 粒食った~ (2, 0.1%)

1 ことは, わし等じゃ

▼1* [221件]

あまさず喰べ, 粒あればいい, 粒おちたという風, 粒かかるのだ, 粒かが投げ入れられた, 粒かと見つるらむ雀声, 粒かれの手, 粒がちがはあ, 粒ぐらいしかないけれど, 粒ぐらいずつのんで, 粒こぼしたものだ, 粒こんなにも道誉の, 粒ごはんをこぼした, 粒やぎし, 粒さんだつて操さんだつ, 粒さんみたいにお次, 粒さん張りしたつて駄目, 粒すらなさそう, 粒すらが少しも, 粒すらも流し元から, 粒ずつは大きくなっ, 粒ずつもありゃたくさん, 粒せめて千粒, 粒その手の, 粒それを口, 粒それで四ミリに, 粒ためしにたべる, 粒だけで出来た着氷, 粒だけを口の, 粒だらけよ, 粒ってはじめに, 粒っ子なの, 粒つくか責任, 粒つけて鈎, 粒つて女意地が悪い, 粒つまみあげて静か, 粒つまみ取つて口に, 粒つまんでたべ, 粒づつこの水で洗つて, 粒づつ拾ひ出して, 粒づつ滿腔の光り, 粒づゝ目口鼻を描いた, 粒であったらつくね上げることは, 粒でありそして他, 粒でがすかんね, 粒でなければならないでしょう, 粒とかいうハイカラな, 粒とかを服用する, 粒とつた, 粒とでは周囲の, 粒とを加えて, 粒と共に落つ, 粒どころか一文だって, 粒んだ, 粒なくては一升, 粒など持って, 粒などが太陽の, 粒などという言葉と, 粒などを眺めて, 粒なみだ, 粒なんぞあ拝み, 粒にあたる光線の, 粒にすら値するもの, 粒について起ると, 粒にとりかかる, 粒のこった胚子である, 粒のっているだろう, 粒ので大層美味しい, 粒のむとトタン, 粒ばかりの飯を, 粒文字を, 粒ほてり切つた頬を, 粒ほどずつ紙に, 粒ほどにしか見えない人, 粒ぼろぼろに固く, 粒たっと, 粒までのこりなく研ぎすまされただ, 粒までも食って, 粒やった内まだ, 粒をも残さず近, 粒クリームとなっ, 粒ハリバの話したら, 粒ボリボリかみながら, 粒ヨリな人間七, 粒ルリーの葉二枚, 粒一滴も無く, 粒一滴摂取不捨, 粒一粒ぼろぼろに固く, 粒一粒丁寧にご, 粒一粒喰つてゐる, 粒一粒自身がその, 粒丁寧にご, 粒万粒蒔くうち, 粒三十二粒と次々, 粒三十粒ぐらいウィスキー, 粒なると, 粒二圓ヅヽなり, 粒二目に二粒, 粒二粒夕立の先駆, 粒五ルーブリもする, 粒五粒と飲ん, 粒五粒取り出噛み居る, 粒亜麻の実, 粒に恵ん, 粒付きの針, 粒以外に別に, 粒信子の手, 粒入り一朱とはどう, 粒入り十文とはどう, 粒入れて回せ, 粒入れるもよい, 粒全体としての運動, 粒赤い丸薬, 粒包まれてゐた, 粒して, 粒十両でも安い, 粒十六粒三十二粒と次々, 粒千万人が一日, 粒千倍の実り, 粒取り出噛み居る, 粒取り出して渡しました, 粒取れまいと云, 粒喰つてゐる, 粒四粒指で, 粒にうずめ, 粒塗胴を着こみ, 粒したり, 粒夕立の先駆, 粒大きく雪ほど, 粒の雨滴, 粒太き雨は, 粒宛召上つて御覽, 粒宛召上つて御覧なさい, 粒宛御飯を口, 粒宛日に三度, 粒宛紅玉が落ち, 粒宛紅矢の枕元, 粒宛髪毛の中, 粒実っている, 粒実ったとても, 粒小皿の上, 粒年々この人工授精卵五億五千万粒, 粒幾価と言い, 粒幾億万年の後, 粒幾億萬年の後, 粒当り三粒に過ぎぬ, 粒得らるる, 粒恵んでやれ, 粒手の平へ載せ, 粒りに, 粒拜借して, 粒拝借して, 粒持っている, 粒で, 粒擲ぐることは人々, 粒を盗む, 粒是方へ四粒, 粒有蔕の梨, 粒んでお, 粒林檎栗は生, 粒のよう, 粒を出し, 粒の紋, 粒く稀薄, 粒欠けても仕官, 粒欲しいわけぢや, 粒さず拾, 粒すこしを, 粒がこぼれ出す, 粒清浄な形影, 粒び落ちた, 粒が粗目, 粒澄んだ泪の, 粒にくべる, 粒すなわち穀類, 粒の朝日岳, 粒のやう, 粒球江の汗ばんだ, 粒の玉, 粒百六十ほかにマニラ, 粒なもの, 粒の大きい, 粒の丸薬, 粒直径百分の一ミリ風速毎秒三〇メートル, 粒真珠のよう, 粒の眼, 粒程しか持合は, 粒程に見えたかと, 粒種剛い言葉一つ, 粒種宗次郎といふ二十五, 粒笑うように, 粒笑っていた, 粒結晶して, 粒でございます人間, 粒落つてあんす, 粒散蒔, 粒蒔くうちに, 粒蒔けば百二十粒得ら, 粒蕎麦を取寄せ, 粒要る勘定に, 粒調べの話, 粒の銀貨, 粒に着い, 粒転がっている, 粒違いに見える, 粒選のを呼んだ, 粒金丹製法の伝授, 粒を点じ, 粒銀杏の實, 粒銜えてお母さん, 粒が一枚, 粒附いている, 粒降って雲間, 粒降るまでもその, 粒集めて富士山, 粒が音, 粒を見た, 粒飲みますと見る, 粒を箱, 粒麺麭の屑, 粒黒くゐる