青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~ 聞かせ~ ~聞き 聞き~ ~聞きました ~聞く
聞く~
~聞け 聞け~ ~聞こえ 聞こえ~ ~聲 聲~ ~聴い 聴い~ ~聴く 聴く~

「聞く~」 10264, 111ppm, 964位

▼ 聞く~ (4093, 39.9%)

55 私は 49 彼は 45 急に 28 すぐに, それは 15 私の 13 これは, 彼女は, 自分の 12 しよう 11 何か, 曹操は, 非常に 10 さすがに, それが 8 妙に, 此の 7 お銀様, 眼を 6 あれは, 博士は, 娘は, 張飛は, 斉しく, 直ぐに, 眼の, 私も

5 [16件] おじいさんは, すぐ, その男, はなしに, びっくりし, ギョッと, 二人は, 今まで, 僕は, 妙な, 家の, 急いで, 玄徳は, 男は, 葉子は, 関羽は

4 [28件] さすがの, なぜか, ハッと, 一同は, 一斉に, 不思議な, 今度は, 今日は, 例の, 側に, 君は, 女の, 少女は, 平次は, 彼等は, 手を, 日本の, 明智は, 母は, 父は, 瑠璃子は, 腹が, 董卓は, 見るとは, 誰も, 身が, 顔を, 顔色を

3 [54件] あわてて, いそいで, おれは, かれは, がっかりしました, こちらの, これ, これが, これも, その時, それを, なんでも, ほかの, もう胸, わたしは, 一も, 一同の, 一緒に, 主人は, 事件の, 云ふ, 何の, 俺は, 兄は, 先方の, 先生は, 合点が, 坊さんは, 女は, 妾は, 子供たちは, 孔明は, 彼の, 彼女の, 慌てて, 早くも, 朶思王は, 気が, 涙を, 父さんは, 皆は, 矢も, 確かに, 秀吉は, 私が, 米友が, 老人は, 老婆は, 腹を, 自分は, 警部は, 身狭, 道助は, 道庵が

2 [235件] あまり自分, いつもの, いふ事, いままで, いやな, いよ, お俊, お前は, お柳, お菊, お菊さん, お雪ちゃんは, かの女, かれら, ぎくりとした, こうであった, ここも, この子, さつと顔色, じっと考え, じぶん, そいつは, そうだ, そこに, そぞろに, その三人, その人, その声, その夜, その女, その家, それから, それまで, そんなもの, そんな事, たいそう喜びました, たいそう喜ん, たまらなくなっ, ちょっとその, ぢつ, どうも人違い, なるほど事件, なんだか頭, にやりと軽く, はっとした, はっと胸, ばばは, びっくりしました, ふるえ上がって, ほんとうに, ほんの端金, また, また例, みのるは, むっくり起きあがっ, もう夫人, やたらに, やはり自分, ガラッ八, サッと顔色, テーブルへ, ニッコリ笑っ, ハツと, パッと, パラオでは, プラス, リット少将は, 一そうどぎまぎし, 一層力, 一度に, 一座の, 一時は, 七十六だ, 不思議と, 乳母は, 争って, 事柄は, 云うこと, 云つた調子, 云ふも, 五百円と, 人々は, 人の, 今でも, 今御客さん, 仕丁の, 伊之助は, 伊代は, 何し, 何でも, 何と, 何にも, 何を, 余は, 依然として不快, 俊一君は, 信一郎は, 倭文子は, 全く狐, 公園の, 兵馬は, 再び本能的, 刀を, 刑事部長は, 利休は, 助け舟は, 勝は, 勝平が, 北条美作は, 十兵衛は, 半蔵は, 去年から, 又し, 口を, 口惜しさ, 吃驚した, 同じ外勤, 同時に, 同時に私, 同程度, 呆気に, 四十面相の, 四十面相は, 坂井は, 声を, 多吉は, 大の, 大喜び, 夫人は, 女が, 女連は, 婆さんは, 子供の, 子供は, 孟獲, 安心し, 宗門名誉の, 宮川茅野雄は, 寺尾も, 寺社の, 小林少年は, 山県紋也は, 岸本は, 帆村は, 平八は, 平次の, 幸吉は, 弟は, 弾正は, 彼らの, 彼らは, 彼女が, 怖毛, 思いの, 思わず口, 恐ろしくなった, 悚然と, 悪魔は, 悲しくな, 悲しくなっ, 慥に, 成る程, 成程, 我身で, 手代の, 文三は, 日吉は, 明日は, 明智の, 時には, 曹操の, 朋輩の, 朱で, 朱符を, 東京の, 松村は, 校長は, 梟どもは, 検事は, 正二くんは, 正二は, 武蔵は, 母親は, 氏神の, 民衆が, 水を, 沿道の, 流石に, 淀君は, 混んで, 渠は, 父と, 父親は, 瑠璃子の, 生きて, 生徒は, 甲田は, 目を, 相手が, 相手の, 私まで, 笑って, 等しく文三, 節子は, 米友は, 紋三は, 胸が, 胸に, 胸を, 自分が, 藤吉郎は, 裏の, 西森の, 貞世は, 路地の, 身の毛が, 運命の, 部屋の, 金兵衛は, 金持ちは, 銀之丞は, 鎮江の, 長吉は, 頭から, 頭が, 頭を, 頷いた, 額に, 顔の, 飛込んで, 飛騨川と, 首を, 驚いて, 黙って, 鼻さきに

1 [2867件 抜粋] ああと, あそこの, あなたは, あの家, あの男, あははと, あらくれた, あんまり堂々と, いい気持ち, いかなる犠牲, いかにも呆れ返った, いきなり椅子, いくらか気持ち, いたく感じられた, いっぺんに気, いつも感心, いまいましそう, いや何, いよいよいけねえ, いよいよ謎, うちの, うなだれて, うんそう, えッへへへへと, おかみさん, おとうさんは, おぼえき, おもしろそう, お光, お力は, お姉さん, お暇, お民, お爺さんは, お重, かえって救われた, かっと眼, からからと, きっとなっ, きまって土地, くびをすくめました, ぐッぐッと, こうである, ここを, ことによる, このすっぽん, この人, この厚い, この春餅, この男女, この運転手, この饅頭屋, これ等の, ございませんと, さっきから, さつきの, さも好意, しばらくは, しみじみと, しんせつの, すうと, すぐそれぞれ, すぐ一部, すぐ告げ, すぐ日吉, すぐ草履, すぐ飛出し, すっきりする, すゐれ, せっかくの, そいつが, そうでなかったらしい, そこの, そのお嬢様, そのままそこ, そのトタン, その傍若無人, その女房, その店員, その教師, その牛, その組長, その間の, その騒ぎ, それでは人手, それらの, ぞっとし, たいへんおこり出した, たしかに泣いた, ただちに伊吹, たちまちに私, たちまち雷, たまらないほど, たれも, だんだんに, ちょっと眼, つえを, とくに躍りたった, とみ子が, どうしても本人, どうもした, どうも叱った, どうやら空想, どれも, なおさら嚇怒, なかなかこれ, なぜだ, なに昔から, なるほどそうした, なんだかきみ, なんとなくぎっくりするらしい, なんとももうしわけ, にこりと, ねえヴィクトル, はじめさんは, ばあさんが, ひとりで, ひどく秀吉, びくつとした, ふかくうなずき, ふた月, ぷいと顔, ほっとした, ぼんつく, ますます怒っ, まず為さね, まただまっ, またやって来た, また感心, まだある, まだ米, まるで壁, まァやっぱり, みょうな, みんな目を, むしろ歓ん, めずらしい人, もうだいぶ元, もう一度彌次馬, もう前, もう数人, もう興味索然, もっともという, やっと仔細, やっぱりうん, やはりその, やはり耳掻き, ゆがめて, よけいあり, よほどな, わけも, わたしの, アア豆腐屋の, アリ, エーナールが, カイロには, カラカラと, グイと, サメザメと, ジャックリーヌは, ストーン氏は, ソファの, チチコフは, トオカル・ダルは, トラックが, ニルの, ハルクは, フイと, ブルッと, ボイはへ, ミサ子は, レモン油という, 一たん飛散った, 一夜に, 一層忌々し, 一層聞く, 一拶を, 一杯の, 一箇月の, 一言も, 丁抹中の, 万次郎という, 三人丈だ, 三十近い, 三本松の, 三郎は, 下女, 不可思議な, 不快そうに, 不思議にも, 不氣味, 中尉は, 中沢博士は, 主人利右衛門は, 九月十一日から, 二の句が, 二十面相の, 云うの, 五十フランだ, 人々が, 今は, 今日も, 今朝殆ど, 仮面の, 伝が, 住吉は, 何だかえたい, 何だか面白く, 何とも知れず, 何ん, 何時ぞやの, 佛蘭西十九世紀末の, 保定の, 俺の, 僕ぞっと, 元成も, 先生いよいよ, 兎は, 全く神田, 八五郎すっかり, 六十銭より, 共に私, 其石を, 冬も, 初めて, 刻一刻に, 加藤清正も, 助老, 北斎の, 十万円でない, 十銭玉二つと, 半兵衛は, 南又, 即刻西丸下の, 却って慌てた, 原口さんが, 又怪物, 取り次ぎの, 只で, 可哀そうに, 右門は, 吉左衛門は, 同心ていの, 同時にすぐに, 同時にぽんと, 同時にイヨイヨ自分, 同時にペン, 同時に京山, 同時に口惜し, 同時に夢中, 同時に未, 同時に競っ, 同時に長谷, 吐き出すよう, 吾を, 周瑜は, 唖の, 善悪ぐらいは, 喜ぶと, 四五軒先きの食料品問屋を, 困憊の, 土地に, 地獄の, 均しく文三起上り, 城兵は, 堪らねえ, 壮太郎氏は, 変に, 多少の, 夢中に, 大きな音, 大へん, 大尉の, 大抵の, 大阪の, 太吉は, 奄々と, 奧州屋新, 女子の, 奴なんとも, 妹の, 始めは, 婢は, 子路と, 孝二の, 孫策は, 宗次は, 実に莫迦げ, 客の, 宵子は, 寒いけれども, 将卒共は, 小さな眼, 小太郎は, 小林君の, 小笠原の, 少々加減, 少しは, 少し落ついた, 少年たちは, 屋敷の, 山之, 山葡萄は, 岩野氏は, 島田君や, 左へ, 市外五里の, 帝も, 常陸屋の, 平馬は, 幸之助は, 幾島は, 庸三も, 弁信は, 弟が, 張合が, 役場の, 彼方此方で, 後家さんが, 御方さまも, 徳川時代に, 心配で, 忍剣の, 忠興は, 怎やら, 思い出す者, 思はず胸, 思わず五右衛門, 思わず飛びあがった, 怪我人たちは, 恥しがるくれ, 惟光は, 愕然, 慌しくもう一度, 憲兵かとも, 或おと, 房子の, 折柄季節にも, 持主が, 揃いの, 故人の, 敬二は, 断われない, 新聞から, 日和だ, 早く戻るなら, 早速扇子, 明日と, 昔のな, 昨夜三人が, 昼間あの, 普通猟師などの, 更に眼, 月とか, 朝から, 木村義雄という, 本当に心, 李粛は, 東京では, 松の, 果しも, 栄之, 桂斎先生は, 森本は, 極めて珍妙, 横つ, 次郎の, 正吉は, 此事が, 此校では, 武蔵の, 残る者たち, 母親の, 気を, 水戸邸の, 汽船會社の, 治明博士は, 泰さんは, 活路を, 涙が, 清吉は, 満腔の, 源次は, 火を, 無論できます, 熊野の, 父の, 牛久の, 狆は, 猫も, 獄中の, 王様が, 甚だを, 生命を, 田中君の, 申して, 異様な, 病気だ, 癪に, 白雲も, 百獣悉く, 皆達者で, 目から, 直ぐに悚毛, 直ぐ駈けつける, 直に馳, 眉を, 真蒼に, 督郵の, 矢の, 矢張り早口に, 砂煙が, 神尾の, 私, 私には, 私達こどもは, 秋風が, 稽古の, 立つて, 竦然と, 笊は, 笑い出して, 等しくお, 等しく河内介, 簑虫も, 紋太夫は, 細君は, 総てずっと古く, 纏まって, 義明公の, 翁も, 老武士, 耳の, 聯隊本部からの, 胃病に, 脱いで, 自分とは, 自身蛮軍の, 船長は, 芥川は, 芸も, 若し小三郎, 苦しいよう, 苦笑ひする, 茶屋の, 菊池博士へ, 落ち付いて, 葬儀屋という, 蕃婦たちも, 藤五郎は, 蛙は, 血が, 行ける行けると, 製鑵工場の, 西田さんは, 見はり, 親御も, 角が, 言葉を, 誠に出任せ, 誰の, 警視庁では, 豚吉は, 賊も, 赫と, 越前は, 身を, 軽い笑い, 近来教会に, 返答を, 退屈の, 這出しました, 遂足遠く, 道庵も, 遠藤博士は, 部屋じゅうの, 醍醐弦四郎は, 野口エンジナーであった, 金縛りでも, 鉄仮面は, 長いあ, 長年この, 阿母, 随分厄介, 隣りの, 雪の, 青年は, 静に, 音楽を, 頭痛が, 顔いろ, 颯と顔色, 飯櫃が, 馬前へ, 騎兵は, 骨を, 鬼六は, 鶏冠山だ, 黒井博士は, 黙っても

▼ 聞く~ (602, 5.9%)

34 である 25 です 13 であった 12 だ, だった 8 か, であるが 76 でした, を楽しみ 5 が好き, だと, では, は初めて 4 がいや, が厭, が嫌, さ, だから, だが, は厭, は私, も厭, を忘れ

3 [14件] かい, が初めて, が常, が彼, だつた, だど, であったが, ですから, ですが, はこれ, ははじめて, は悪い, もいや, も面白い

2 [31件] かね, がある, がはじめて, が一番, が不思議, が厭さ, が大, が怖し, が惜, が楽しかっ, が楽しみ, が病, が面倒, が順, だろう, であります, でありますが, でも, とではよほど, と同様, はいや, はお, は不見識, は何, は好き, は始め, もそれ, も面倒臭い, を何より, を恐れ, を楽

1 [307件] かちょっと, かといぶかり, かと思ったら, かと思つて, かな, かなかなか, か分り切た, か自分, か解らない, があつ, がいい, がお, がおれ, がさも, がすっかり, がたのしい, がたまらない, がつらい, がつらく, が一番好, が何より, が何より早, が先, が先ず, が初耳, が又, が可, が大好き, が好, が如何, が始め, が娯しみ, が少, が常に, が当時, が役目, が怖, が恐ろしい, が恐ろしく, が恥ずかしい, が悪い, が悲しい, が擽ったかっ, が早い, が早道, が昔, が極り, が気の毒, が清三, が痼疾, が癖, が目的, が耐ら, が自分, が苦しかっ, が落ちです, が言, が辛かっ, が迷惑, が通, が関の山, が随分, が面白く, さえ, さえいやがりました, さえも飽き, さえ何ん, さえ初めて, さえ忌むとしてござります, さえ面倒, じゃな, じゃない, じゃなかった, じゃ何, すら身ぶるい, だけれど, ださうだが, だし, だずおん, だそう, だったが, だとか, だよ, だらう, だろうか, だ私, であっただが, であらう, であるか, であるから, であるすなわち, である若し果して, であろう, であろう潔白, でさえ, でしたけども, でなかったら自分, で御座います, とではまるで, とは全く, とは大きな, とは比較, とは自然, とは違っ, とほぼ, と三色版, と十五日, と同じ, と巷, と手習, と肖, と違っ, と違つて, にある, になん, には批判, には音楽, には飽き飽きしました, に事, に今日半日, に心, に慣れ, に気, に氣, に甘んじない, に苦心, に草臥れる, に追われ, に適わしく, に飽きなかった, は, はあなた, はあまりに, はいか, はいけない, はいささか, はいつ, はいつも, はうれしかっ, はおれ, はこの, はさすが, はそれほど, はそんな, はただ, はたのしい, はたまらない, はたまらなく, はだめ, はとても, はどうも, はどんなに, はなぜ, はなる, はなんとも, ははなはだ, はまことに, はまだ, はもう, はもっとも, はもはや, はやはり, はやる瀬, はゆき子, はよく, はわずらわしかろ, はわるく, はイヤ, はオコトワリ, は世界中, は世馴れぬ, は之, は今, は何だか, は余計, は俺, は力強い, は大, は大人, は大好き, は始めて, は子供, は寂しかっ, は少々, は少し, は幽寂, は幾分, は廃, は当然, は彼ら, は後, は後廻し, は心, は忘れ, は恥しかっ, は愉快, は愚問, は我々, は曲, は樂, は決して, は無礼, は特別, は眞, は禮儀, は秋, は空, は美しい, は腹, は與吉, は興味, は苦痛, は要するに, は覚悟, は言葉, は誠に, は身, は造作, は面白い, は面白く, は風流, は馬鹿らしい, もいたましい, もいやがり, もうるさい, もおもしろい, もきらい, もこの, もこれ, もさも, もじれ, もすこし, もそのうち, もぞっと, もた, もつらく, もなか, もなかなか, もはばかる, もをかしい, も何だか, も初めて, も勿体ない, も又, も君, も夏, も大変, も失礼, も好き, も実に, も少し, も尤も, も御, も恥ずかしい, も悔しい, も惡, も意味, も慰み, も憚, も樂, も段々, も気, も無益, も煩い, も當然, も精いっぱい, も結局君, も耳新しい, も若君, も虫, も跋, も辛う, も面倒, も高氏, をいさぎよし, をいやがる, をかの, をきつ, をどんなに, をはかない, をめずらしく, をよそう, をよろこび, を何, を君, を好んだ, を年中, を忘れた, を忘れてた, を忘れなかった, を急ぎ, を態と, を振り向き, を日課, を極り, を楽し, を楽しい, を楽しんだ, を消閑, を父, を躊躇, を遠慮, を非常, んです, んとは, 少なきを, 思ひあり

▼ 聞くこと~ (596, 5.8%)

26 が出来た 23 ができた 17 がある 15 ができる 13 が出来る 11 もある 9 ができなかった 8 ができ, が出, にしよう 7 が出来ない, にした 6 ができない, が出来, が出来なかった 5 である, なしに, になった, の出, の出来ない, の出来る, はない 4 がない, であるが, にし, もあった, を好み

3 [11件] ができました, ができます, ができませんでした, だった, になりました, のできない, は出来なかった, は珍, もできない, もできなかった, を得た

2 [35件] があっ, ができなくなった, ができぬ, ができるであろう, がなかっ, がよく, が出来なかつた, が出来ました, が好き, が必要, だが, であった, でありまた, です, では, にしませう, のできた, のない, はできない, はできなかった, はできなくなる, は彼, は苦痛, もありませんでした, もせず, もない, もなく, も出来ず, を, を好んだ, を得, を得ない, を得ました, を得る, を聞い

1 [268件] ありとも, あり云, あるべし, あるも, あれば, いらない, か, かいな, が, があった, があつ, があり, があります, がありませんでした, がありゃ, があるでしょう, があるなら仰っし, があろう, がいかにも, がこの, がしばしば, ができたでしょう, ができたなら, ができたろう, ができないで, ができなかつた, ができなくなっ, ができまい, ができましょう, ができますでしょう, ができれ, が体, が何, が何ん, が何物, が出来ず, が出来なくなった, が出来ぬ, が出来よう, が出来るでしょう, が出来れ, が多い, が多く, が大層, が少く, が待ち遠しい, が得手, が必ずしも, が既に, が有益, が楽しみ, が殊更, が気, が甚だ, が皆, が近ごろ, が近年, さ, さえいや, さえも心, さえ出来なかった, じゃ, じゃない, すでに久しい, だ, だけな, だけは出来, だけは出来た, だけは聞い, だけは誰, だし, だったので, だに能, であつ, であります, でありますが, であるしかし, であろう, であろうけれど, でござる, でしょう, ですね, でどこ, でどんな, でないから, で光秀様, で深川八幡, で源氏, で珍, で食うため, ということ, とかく頓珍漢, とか夫, となった, と極まっ, なかれ寢ざむるなかれ, なく日月, なく見る, なし, なしには, なし名称, なぞをも語り聞かせた, なぞを語り聞かせた, などは困難, などもある, なの, ならぬ人, なり, なるが, なるも, にいたしました, にきめました, にさ, にしましょう, になっ, になつて, になりまする, にのみそ, にも興味, によって各地, に一向, に同意, に多く, に実, に憤り, に斯, に滿足, に相談, に飽きない, のある, のいかに, のうれし, のかん, のできなかった, のできぬ, のできる, のほか, の出来, の出来なかった, の快感, の麓, はあつ, はあめりか, はあるまい, はお, はおもしろい, はきわめて, はさすが, はそれだけ, はできぬ, はできません, はとても, はないでしょう, はなに一つ, はほとんど, はみなさん, はめったに, はやや, は不快, は二人, は人後, は今, は何, は何ひとつ, は兵馬, は出, は出来, は出来ない, は出来ねえ, は出来ません, は同時に, は命, は大好き, は嫌い, は存じませぬ, は実に, は忘れなかった, は淫婦, は現代, は甘ったるい, は甚だ, は異, は空, は聞いた, は誠に, は非常, は驚く, ばかりを怖, もあっ, もあら, もありしなら, もありません, もあるでせう, もあるまい, もいや, もうれし, もお正月, もかない, もぞっこん, もぞつこん, もちょっと, もできた, もできれ, もできん, もないしは, もなけれ, もはた, もはばかられ, もまれ, も伊之助, も出来ずいう, も出来ない, も出来なかった, も出来なくなります, も出来ましょう, も出来る, も出来れ, も出来ん, も半蔵ら, も多く, も大切, も少なく, も書生間, も末摘花, も演奏, も無し, も皆, も考える, も見る, も遠慮がち, も非常, や足, よくある, をせず, をどんなに, を他意, を厭うた, を幸福, を得べく, を得可, を忘れ, を忘れざる, を忘れた, を忘れてた, を恐れ, を恐れた, を恐れる, を或, を拒み, を故意, を極度, を楽ん, を皆, を穏やか, を要求, を覚悟, を許され, を許された, を辭, 久し, 出来た思いましたごぜ, 多し, 少なくない, 新しと, 見ること, 見るもの, 話すこと, 難し諸

▼ 聞く~ (303, 3.0%)

17 つけても 12 及んで 9 つけて 7 忍びない 5 堪えないよう 3 違いない

2 [13件] およんで, この家, まあ左樣, わたしが, 到っては, 及ばず, 及ばずして, 及びて, 堪えない思ひが, 堪えなかった, 堪えん, 堪へざる平, 違ひない

1 [224件] あった, あまりにも, ある, あるもし, あれで, いたらしめしもの, いとどゆかし, いにしへの, および親戚関係, お師匠さま, きまってる, この境寒, この木, この貴人, この雑踏, この頃, したが, したがって, したって, しのびない様, しばしは, その法, その言葉, それより, それよりの, たえないこと, たえないばかり, たえないもの, たえない悪口, たえない猥ら, たえない猥雜, たえない詭弁, たえない雑言, たえなかった, たえなかったろう, たえぬと, たえぬもの, たえぬ悪罵, ただ寂然, ただ物の, たへ, どうも利章, まあさう, まかせて, まかせ且, まったく野生, むかし藤原時代に, もつらしいふもうし, カモシシと, ベルナルドオなりき, ポツジヨは, 一行が, 二十六夜ごろは, 二言三言の, 五郎は, 人の, 今より, 付けまた, 付け世にも, 付け小, 似た記事, 値せぬかの, 優る美しい, 元武士, 六町一里にて, 其言ふところ西洋人向, 其話は, 初花, 原首相東京駅にて, 及ばぬ早速, 及ばん, 及ばんが, 及びません早く, 及び余, 及び遂に, 及び重ねて, 取扱は, 右の, 同夜は, 同氏が, 図らざりきいずれ, 堪えがたかった, 堪えざること俗間, 堪えざる伯父, 堪えざれば, 堪えず, 堪えないじゃ, 堪えないという, 堪えないほど, 堪えないほどの, 堪えない失礼, 堪えない悪口, 堪えない猥談, 堪えない節, 堪えない罵倒, 堪えない罵声, 堪えない罵詈讒謗, 堪えない者, 堪えない調, 堪えない雑言, 堪えなかつた, 堪えぬと, 堪えぬというは, 堪えぬところが, 堪えぬ侮辱, 堪えぬ暴言雑言, 堪えられないよう, 堪えんから, 堪えんや, 堪え兼ね怒り, 堪へざるの, 堪へざる俗調, 堪へず, 堪へずと, 堪へたり, 堪へないこと, 堪へないで, 堪へないやう, 堪へないらしく面, 堪へない暴言, 堪へなかつた, 堪へぬ罵倒, 堪へぬ雜言, 外國人に, 多くは, 夢寐の, 夫れ, 夫を, 如何ばかり, 妾が, 妾のみはなど, 妾は, 始めて仏教, 娘の, 孫が, 官兵の, 実は兄様, 尊氏は, 山三郎という, 山下機関長行方不明海中に, 山茶と, 左の, 差し支えないだけの, 己の, 座頭物知りなどと, 後藤氏名は, 従て, 得堪ずと, 得堪へず, 必ずしも子爵, 忍びがたい, 忍びずし, 忍びなかっ, 怺えかねた, 恥ぢて, 悲く, 政府印刷局全焼せりと, 敵の, 文化元年に, 方言にて, 日本左衛門という, 日露両国の, 是日官軍が, 時節とて, 暗夜に, 曰く始め野口は, 曰く日本人の, 曰女は, 最後に, 柏軒が, 柏軒は, 榛軒は, 止まりたるその, 此勧進帳は, 此雜踏の, 死骸は, 毎年二月初午の, 毎年法科大学卒業生が, 汝は, 江戸黄蘗禅刹記は, 無数の, 熟せり, 父が, 甲も, 痛みを, 皆訛れり, 相違ありません, 知遇を, 石を, 碧山には, 等しきもの, 細川家も, 耐えざるけがらわしき, 耐えぬもの, 耐えぬ侮辱, 耐えぬ我田引水, 耐えぬ罵詈讒謗, 耐える唯一, 耐へ, 聴水は, 背と, 胸つぶれ, 至る事, 至れり, 薫子は, 蚯蚓なりといふ, 蛇らしく, 誠に殺伐激越, 賤しき語にて, 越中国東礪波郡の, 足らずと, 足る可, 近来は, 近江は, 連れて, 過ぎなかった, 道徳を, 適して, 部下の, 金岡が, 鈴の, 附けても, 鳥の, 鳥羽は

▼ 聞く~ (294, 2.9%)

32 いい 21 よい 6 早いか 5 君は 4 ごとくんば, 如くんば, 私は 3 お前は

2 [12件] お前さんは, これは, それも, まだ画界全般, ままに, ものは, よい秀吉, 可い, 如き心地致候, 如し, 殺された女, 自分の

1 [191件] あの黒い, あゝいふ, いいさ, いいし, いいとな, いいどう, いいや, いいよ, いいわ, いい奈良朝時代, いい彼, いい耳, いくら社会, いったい岩倉様, いつも壮快, いづれも, いとも簡素, いま御, いろいろ説が, お前が, お前も, お許, かういふ仕事, かのおそろしい, きみは, こ, こういう習慣, ここへ, ここ漢朝の, このごろは, この多感, この最後, これが, これも, ごときもの, ごとき心地致候, ごとき思い, ごとくならん, さあどれ, さて又八, しかしながら三亀松, すぐこの, そうかと, そこの, そちの, そのころ, その不快, その事, その内容, その園絵, その時峯吉, それかと, それが, それは, それより, そんなこと, そんな名前, そんな構え, そんな者, たしかに私, ではその, でもそんな, どんな死様, なぜお前, なぜ空魔艦, なるほどそれ, ほんとうだろう, まことにや, まだ内, もしこれ, もしそんな, もつともい, よい今日, よい其方, よい古, よい恥知らず奴, よい触れる, ようである, ように, われ, アア浅ましい, サンボルでなけれ, ヒットラーの, 一体何様, 一度も, 一般の, 中部地方は, 今は, 今も, 今日の, 今日仙石に, 仙太お前は, 俺の, 俺は, 僕は, 儂が, 全く左様, 写生図, 冬曇の, 切出しは, 初めての, 初会は, 判らず, 前に, 可いんだ, 君の, 否クワツ, 周王太子など, 唐人だけに, 増だ, 声の, 変った事, 夜牡丹の, 大阪の, 夫人から, 好い, 如きの, 如きは, 如き他界, 如き其の, 如き形式, 如き心地せり, 如き矛盾, 如くお, 如くつきざる夢, 如くである, 如くなりき, 如く其意味, 如く小川, 如く朝霧, 如く理屈, 如く立停る, 如何であろう, 妹は, 婦人の, 子供には, 宜しい, 宜しいツ, 実否は, 尋常に, 小売商として, 岳飛が, 左様か, 弓と, 待遠しく座敷, 御幼君, 急激な, 早く妻, 春琴の, 昨夜の, 昨日か, 是も, 最初後藤市長の, 最後よ, 最期たちまち, 未だに古い, 橋クイの, 正直に, 此又五分珠お, 油脂等を, 混雑に, 牧鈞召金剛炉の, 町人の, 真実だろう, 私にとっては, 私には, 細い指, 罪は, 義経には, 考へて, 聲の, 自分は, 芝居好きに, 親しさ, 証人は, 詳細の, 誰しも, 身代りを, 身代わりを, 近頃此處, 錦糸堀は, 長久保の, 雨では, 電話の, 頭から, 頼山陽なども, 風呂屋や, 風紀の, 驚くこと, 鯨の, 鼠を

▼ 聞くところ~ (234, 2.3%)

65 による 54 によれ 9 に依る 7 である 6 によります 3 に依れ 2 がない, であった, であるが, ではこの, では如来, なり, の言葉

1 [76件] ありしなり, からいろ, からその, があっ, があった, だ, だが, だし, だよ, であったが, であつ, でありまして, であります, ですその, では, ではあなた, では一度, では君ら, では夫, では娘, では水野, では狗, では秀陳, では鈴川様, で多少, で青, となった, どうやらだいぶ気, なの, なら這奴, なり昨日, なれども, にし, にては人間一生中, にては数間, にて人民, によるにこの, によるにその, によるにスイス, によるにフットボール, によるにヤソ教, によるに一千十三名, によるに一夜, によるに南米, によるに同国下田港近辺, によるに大阪府下, によるに当地, によるに当日, によるに本年, によるに猫憑, によるに西洋, に寄る, に拠れ, に見どころ, に過ぎ, のかの, のこと, のもの, の不思議, の何処, の狐狸談, の珍しく, の秘密報告, の範囲, の鎖鎌, の音声, はない, は例, は其聲, は彼, まで尋常, もあらず, を以てすれ, を十年, 最早や, 無し

▼ 聞くもの~ (211, 2.1%)

97 だと 5 では 4 か, がある 3 である, ですか

2 [12件] がなけれ, じゃ, だから, だな, ですよ, について母様, に心, の感じ, はない, は耳, 何でも皆頭, 有りや

1 [152件] あらんと, かという気持, かなという風, かなと思つた, かなと田辺, かな晩, からまた, から今日, から幾多, から揺られ, か歌, があった, があらう, があろう, がいる, がかへつてきまり, がことごとく, がすべて渠, がただ, がみな人情, がみんなお伽噺, がジユウル, が不愉快, が妙子, が嫉妬, が嫌, が実に, が彼, が彼女, が新しかっ, が浅ましかっ, が異様, が癪, が面白く, が驚嘆, ことごとく十七字, ことごとく嬉し, さながらに, じゃありません, じゃがどうして, すること, だの, だよ, でした, ですから, ですぞ, ですね, と同じ, なかりき, なきぞ, などもあつ, なら本当, にきっと, にし, にちょっかい, についていっそう, について夫君, につけ, にとって定めし, にはげしい, には作り咄, には張合, にも飽い, によって刺戟, に一種, に一通りへらず口, に不思議, に哀怨, に対する軽率, に若い, ね, のある, のごとく思い流す, のすべて, のない, のよう, の如くなりき, の心, の耳, の胸, の血, の袖, の魂, はありません, はこれ, はただ, はなく, はなし, は一驚, は体, は化け物, は回想, は実際, は待人戀, は忘れ, は悚然, は慄然, は此家, は死, は気, は清新, は烈しく, は無い, は皆語学, は目, は胆, は譬えば, は闇, は風, は風の音, は騒音, は鹿, ひどく感動, ふる, または読む, までがことごとく, もある, もない, もなけりゃ, もなんとなく, も待ち構える, も私, も面白い, も顔, も鮮, よりはやや, を, をありのまま, をし, をすさまじく, をすら異に, をみな, を只, を呼, を沖, を浪花, を見し, イライラチラチラし, 一々日記帳, 一々生き, 大笑, 悉くが, 悉く感激, 悉く戦場, 悦んで, 懐かしからざる, 我と唐獅子, 新しい印象, 気に入らない風, 考えついたこと, 面白くない, 驚かずという

▼ 聞くよう~ (193, 1.9%)

21 な気 15 になった 9 になっ 5 に, になりました 4 だが 3 であった, である, なこと, な心持, な感じ, に成った 2 ですが, な心地, な思い, な聞かないよう, な話, に思った, に私

1 [102件] じゃが, じゃけれど, だ, だがね, だけれど, だった, だと, であったので, でござんすね, です, ですがね, でなに, でも, で黄昏, ないまわしい, なくすぐったい, なちょうし, なつもり, なところ, なまっ, なもの, なら近藤, なボンヤリ, な事, な人, な低い, な切, な吾, な国民, な声, な女, な安っぽい, な家, な形, な心持ち, な悲しい, な悲痛, な日, な昔話, な気持, な淋し, な湖鳴り, な自嘲, な越前, な趣, な路, な軟, な運命, な野暮, な鈴慕, な錯覚的, な長閑, な面相, な音楽, な音響, な顔, な風, にかすか, にさっき, にし, にした, にしばらく, にすれ, にその, にという命令, にと注意, になります, になり始めた, になる, にねって, にのどか, にはっきり, にひびいた, にぼやけ, にまざまざ, に云いかけ, に云っ, に俯向, に可, に夫, に嬉しい, に宙, に少し, に少なくとも, に岡, に思い出しました, に思う, に思っ, に感ぜられ, に擦り寄っ, に武者肌, に満足げ, に濡縁, に片手, に目, に礼儀, に終始, に聞える, に興味, に言っ, に遠い, に遠く

▼ 聞く~ (181, 1.8%)

66 否や 3 同時です 2 えっと, 信長の, 名人は, 否やたちまち, 否やも, 彼は, 返事も

1 [98件] いっしょで, いつも早馬, いよいよ積日, じつに唐突, すぐさまモオニング, すぐ彼, そろそろ始められだした, ただちにご, ただちにその, ただちに家内, ただ一名, たちまちその, つと立っ, なお幾時間, にわかに揺るぎだし, びっくりし, ほとんど同時, まるで空腹, みな手の, もろとも, わが固き, スタチオ兄弟は, ハタとばかり, ファラデーは, 一同ここに, 一戦も, 五千の, 仙太思はず, 仙太思わず, 仰天し, 六平太は, 危険な, 取る物, 右門もちょいとぎくりしたようでしたがしかし, 同時でありました, 同時に右門, 同時に捕物名人, 名人が, 否, 否かく, 否やおや, 否やすぐ, 否や一種いやな, 否や飛立つ, 否冲天, 否千鳥ヶ浜, 否周瑜, 否家康, 否張, 否張飛, 否急, 否関羽, 味方の, 国元を, 土人達は, 土佐に, 堀川の, 夜嵐, 大喜び, 夫妻は, 如松は, 孔明は, 孟獲, 宙を, 家中の, 家来どもも, 小腰を, 小腰をか, 尾張中納言宗春は, 座容を, 急に, 憤慨一方ならず, 教室員を, 早雲, 楚の, 汝も, 猶幾時間, 直ちに, 直ちに兵, 直ちに耳, 直ちに街頭, 眉を, 秀吉は, 私は, 縁先まで, 耳よりだ, 聞かずに, 聞かずや, 蚊帳に, 諸州を, 起き出して, 躍進し, 軍兵は, 重太郎は, 阿修羅の, 韮山は, 馬岱は, 魔軍は

▼ 聞く~ (146, 1.4%)

10 の心 8 がある, もない 7 のない 6 は皆 4 をし 3 はない, もそれ

2 [11件] が聞け, により, の, のほう, の耳, の胸, の言語, の顔, は唯もう, もある, も無い

1 [75件] あって, ありとも, おそれて, があったなら, があったら, があり, がいなかった, がない, がよく, こそ上, じゃ, だ, だという, であって, で別々, との因縁, と同じ, と小さい, などかは恐れ, なりき, に, にとってはなん, にはよく, にも聞かせる, によっては鈴, に喜び, に月給, に果して, に聞, に聞い, に解し, のある, のおいで, の心々, の思へる, の気, の眼障り, の群れ, の腸, の自由, の豈, の鑒, の面白, の頭, の顔色, は, はおそらく, はそれ, はもと, はらたたずして, は何だか, は声, は聞く, は肝魂, は踊らないであろう, は顔, もさびしい, もさらに, もた, もない淋しい, もなし, もまた, も同じ, も多く, も御, も感心, も煩さ, も知らないで聞き, も話す, やある, を不快, を映し, 各, 見る人, 驚くばかり

▼ 聞くとも~ (142, 1.4%)

62 なしに 16 なく聞い 8 なく耳 7 なく聞き 3 なく聞いた 2 なく聞く, 聞かぬとも

1 [42件] なき話耳, なくかうした, なくかの子, なくこの, なくそこ, なくそして, なくその, なくそれ, なくそれに, なくそんな, なくただ, なくまた, なく上の空, なく其寝息, なく其寢息, なく夫, なく奧, なく彼, なく心, なく突, なく聞き入ってる, なく聞き惚れ, なく聞き流し, なく聞き澄ませ, なく聞き続け, なく蝉, なく語る, なく説教, なく足, なし聞, なし聞える, ゆる子, 心を, 心安ま, 無く耳, 異しみ, 知らず, 知らず二人, 知らず大, 解せられる, 貧を, 違って

▼ 聞く~ (124, 1.2%)

9 がある 5 が出来る 4 が出来た 3 ができた, が出来なかった, の出来ぬ 2 ができなかった, が出, が出来ない, であつ, は出来ぬ, もある, も無い

1 [83件] あるよう, あれども, からも得られる, があった, がお, がすき, ができたら, がない, が出来, が出来たなら, が出来なかつた, が出来なけれ, が出来ません, が出来るだろ, が多, が好き, が尽く, が懶い, が有る, が氣, が稀, が自分, さえあった, であった, ではござりませぬ, でも, と為り, なら今, なん, にした, にしない, にしよう, になっ, になつ, によってそういう, によってとうとう, に多大, に返答, の出, の出来ない, の出来なかつた, の出来る, はあまり, はこれから, はできぬ, はなかっ, はなから, は下手, は出来ないであろう, は出来なかった, は出来なくなります, は勿論, は好き, は実に, は殆ど, は毎晩, は無い, は甲野, は聞く, もあった, もあらん, もあるまい, もせず, もでき, もできた, もできない, もできなかった, もできなけれ, もない, もなし, も出来ないで, も出来なかった, も出来なくなるで, も出来ぬ, も可能, も若い, を喜ぶ, を好まない, を好む, を次に, を求め, 多い, 皆珍

▼ 聞く~ (98, 1.0%)

6 をし 5 がある 4 もなく 3 なくて, の心 2 の耳, の胸, はみな, もなし, も性, 皆其抱負

1 [65件] あって, あらば, あるが, があったら, がその, がだいぶ, が恥ずかしく, が此, さえあった, その威容, たと, である, ですこし, でも, にはひどく, には全く, にも縄張, に感じさせる, に福, のこころ, の感動, の感情, の憐憫, の方, の罕, の聞き, の興, は, はありません, はござるまい, はさて, はそれ, はなかっ, はまた, はみな唇, はもう一度, は一人, は一八一七年, は嗤, は大いに, は彼, は誰, は鄙夫, は鐘声, は頑夫, もある, もともに, もなかりし, もなる, も夢中, も彼自身, も無し, よとお, よりか喋舌, をギョッ, を感心, を母, を神, を青蠅, を驚愕, 哭くまいとしても, 甚だ罕, 皆唯々, 皆解体, 見る者

▼ 聞く~ (89, 0.9%)

1815 です 7 だよ 6 だね 4 だから 3 じゃない, だが, だぜ, ですが, ですよ 2 だそう, だぞ, でしょう, ですもの

1 [16件] だあ, だからね, だぐらい, だけれどな, だその, だという, だわ, だルーズベルト君, だ敷いて, でございます, でございますが, でしょうそりゃ, ですか, ですね, でなあ, なら自分

▼ 聞く~ (78, 0.8%)

2 なつかしい, 不思議な, 同じやう, 嫌ひ, 忌は, 気の毒な, 近くで

1 [64件] いいかな, いいが, いたましい笑い, うたてき, うるわしい兄妹, おそろしい悪魔, かたはら痛し, けがらわしいや, けがれ, その形, ぞっとする, なお難し, なかなかに, ひと夜濱邊に, ゆかしき御, ゆかしく, よかろう, わるいと, 凜, 初めての, 卑猥な, 可恐し, 同じ声, 堪えない讒謗罵詈, 堪へない讒謗罵詈, 大風な, 奇特と, 嬉しき眞, 小坂部は, 少なくともこの, 忌々しげ, 忌まわしい, 怖ろ, 恐ろしい様, 恐ろしい謀反, 恐ろしい謀反沙汰内通沙汰, 恐ろしい鬼畜, 恐ろしく腹立たしけれど, 悲しき身の上, 愉快な, 慕わしい昔通り, 某地方, 歯がゆい仰せ, 気持が, 氣の, 法楽, 涙ぐましい姉心, 濡, 無残な, 爽, 畏敬する, 目下みな真珠採集, 穢しと, 聞かねえも, 胸の, 胸を, 花々しか, 苦しそう, 苦しと, 解らぬごとし捕われた時九歳, 酔い彼自身, 雲影を, 非常と, 鶏見る

▼ 聞く~ (76, 0.7%)

12 によれ 10 による 8 に依れ 5 に由る 4 に拠れ 3 なれども 2 であるが, なりと雖, に依る, に従, に據, に由れ

1 [22件] あらず, がない, が人生, が無い, だが, では二三日前, では今般, では伏見, では従来財政, では徳川家始めその他, では木曾, では水本先生, なり, なり蝉, にし, にては多言, に拠る, のもの, の事, はねならば, を叙する, を聞き

▼ 聞くより~ (75, 0.7%)

3 ほかに, 客を, 雪や 2 仕方が, 心配を, 早くガラリ, 美登利は, 身を

1 [56件] おかめ, この机先生, この筍, さきに, さっと顔, その東洋人, たちまち悚, どうした, なお一層, はたと胸, ほかない, むしろ奥さん, アッと, カラカラと, 世間の, 九鬼弥助は, 他に, 低し富士, 儼然坐, 先に, 冷笑って, 勇齋も, 十太夫は, 千太は, 千浪と, 口で, 吾も, 外なかっ, 外に, 外は, 大きな心, 嫉妬に, 宅に, 客は, 左膳, 床に, 心むすぼほれ, 思わず戦いた, 恐ろしく感じた, 惣吉は, 手が, 手を, 扼腕し, 数日も, 早く, 早くお, 早く掻巻, 早く油類倉庫, 法王の, 盲人は, 私は, 老媼は, 胸の, 藤吉は, 陸軍大臣に, 龍太郎も

▼ 聞くたび~ (71, 0.7%)

3 に彼 2 に, にいつも, におびえた, にきっと, にその, にわたし, に妙, に私, に自分

1 [50件] にお, にこの, にただただ, にだんだん, につい, にへえー, にもやした, にわたくし, にわたくし生命, にカテリーナ・リヴォーヴナ, にチビ公, に不, に不思議, に不愉快, に今日, に何, に傍, に僕, に先生, に千三, に半蔵, に呟いた, に妻子, に寒山寺, に小次郎, に庭, に心, に悲しい, に我慢, に新しく, に日本, に昔, に案外, に毎度, に海, に玄関, に眉, に眼, に眼玉, に笑いだす, に笑っ, に背, に葉子, に言, に言う, に追手, に運命, に重い, に院長, に頑固

▼ 聞くほど~ (61, 0.6%)

3 丑松は 2 なつかしい

1 [56件] あぶない命, あわれ末森, いやになる, うら寂しいもの, お気の毒, お種, かの女, かれら, この二品, この発明, ごたいそう, さらに伊織, その人気, その唄声, たいへんな, ただ私, だった, でたらめの, ふしぎな, ゆかしいもの, よくわかつた, 一種の, 不幸な, 不思議な, 何か, 判然と, 奇々怪々な, 実際に, 少女の, 平和だ, 彼女の, 彼女は, 心の, 怕気を, 恋しくついに, 恐しい意味, 悪感を, 意外な, 愚劣だ, 未練な, 本艇には, 林之助の, 極悪人, 気持の, 海底国は, 火星人の, 生意気な, 生温いだらし, 益々泣入, 私には, 私の, 織田徳川の, 興味の, 身が, 頭が, 馬越は

▼ 聞くから~ (60, 0.6%)

3 私は 2 だ, である

1 [53件] あるいは半, いやどうもあまり, うんおれ, ええ寝, ここから, ここには, して, そうさ, そうです, その人, そんなこと, ちょうどそこ, であった, なにじきに, ひょっとこ舞は, まさかにいい, また, まっすぐに, まア, わし等方の, 亀と, 二十二には, 二日くらいで, 二日くらゐ, 二百両入る, 今夜は, 何そんなに, 何でも, 余は, 俺らか, 僕は, 十時に, 嗄れた声, 夜遁げを, 当ては, 慶応三年だ, 或はこの, 日本の, 早く日, 昔を, 東京から, 正直に, 熱も, 用じゃ, 知ってるとも, 私も, 答えたまで, 言ふんだ, 訳は, 貢ぐの, 車に, 道友会へ, 鎌倉期や

▼ 聞く~ (58, 0.6%)

32 にはそぞろ, はすなわち, よりどんなに

1 [49件] あるいはメルキオル自身, かまたは, が女, この浅草, さう, だ, であった, でも雪江さん, などはさすが, にことに, になっ, にはその, にはそれら, には一体, には何, には端坐, には雄吉, には魂, にもすべて, に初めて, に希望, のご, のよう, の印象, の彼, の心, の滿足, の私, の辛, の鐘, はまず, はやはり, はわれわれ, は今, は何となく, は唯一こゑあやしき音, は夢中, は太く怖, は婀娜, は山ほととぎす, は彼等, は往く, は狐窓, は西班牙, は貴, は蹶然, は身の毛, や夜更け, よろこび勇む

▼ 聞くやう~ (52, 0.5%)

5 になつ 4 だが, な気 3 である 2 な感じ, に成つた

1 [32件] だ, だと, だなどと, であ, でが, です, では, で可, なおもひ, な不快, な古色, な大きな, な平穏無事, な心持, な思ひが, な氣, な軟, な顏, な顔, にいかにも, にした, にな, になりました, になる, に卯平, に変, に女, に島, に感じ, に感じた, に書き, に面白

▼ 聞く~ (49, 0.5%)

2 でも

1 [47件] から云わせる, がうしろめたく, がおまえさま, がどんなに, がもの, がやりきれた, がよ, がよい, が増し, が多かっ, が大事, が嬉しから, が將來, が悪かっ, が慌て, が早い, が時間, が木戸, が歎息, が気味, が白骨, が眉, が確, が野暮, では, でヒヤリ, にとってはやり切れぬ, のトリック, の坪井, の愕, の義辰, の耳, はあたし, はともかく, は分る, は泣, もい, もいい加減, もその, もぴんと, もよく, も一応, も冗談, も困る, も少し, も気乗り, も気持

▼ 聞くため~ (46, 0.4%)

2 にここ, に千住, に自分

1 [40件] だ, だったおれ, であった, ではないです, ではなかろう, なら鞭打たれても, に, にあなた, にいく, にお, にお前, にじ, にやってくる, にやって来た, にやや, に一歩, に三日, に僕, に出よう, に博士, に叔父さん, に君, に呼んだ, に地, に学校, に學校, に巴里, に後, に感ずる, に検事団, に無理, に生き, に町, に町子さん, に眼, に能舞台, に行く, に超, に鍵盤, の準備

▼ 聞くだけ~ (43, 0.4%)

6 聞いて 2 だった, であった, である, です, では, 聞けば, 野暮だ

1 [23件] だからね, だつた, だよ, でなにか, ではっきり, で一, で丹後守自身, で勿論, で実際, で微笑, で流れ, で私, で自分, ならば, ならレコード, 聞いたから, 聞いてから, 聞いといて, 聞き終ると, 聞くのに, 貴下が, 野暮だろう, 野暮と

▼ 聞く~ (41, 0.4%)

3 持たぬ 2 はもたぬ, は持たぬ, を立てる

1 [32件] がある, が無い, が立った, には人気勢, にも新, に嬉しい, のせい, のせゐか, の上, はないっ, は持たん, は持ちませぬ, は持ちません, もあらず, もいい, もいらねえ, もたぬ, もなし, もねえ, も何, も持たぬ, をもたず, を憚, を持たん, を持ちませぬ, を立て, を立てつ, 持たぬぞ, 持たぬわ, 持たん, 持ちませぬ, 立てて

▼ 聞くという~ (36, 0.4%)

6 ことは 4 のは 3 ことが, ような 2 事は

1 [18件] ことであった, ことなし, ことのみに, ことも, のか, ので, わけです, 事が, 二重の, 人生唯一の, 位に, 古人の, 役目であります, 段階は, 消費的な, 細工である, 記事が, 趣向だ

▼ 聞くだに~ (34, 0.3%)

3 胸が 2 健やかな

1 [29件] うれしい望外, すぐ異様, なつかしや, ひやひやさせられる, もう辛い, 二夫人は, 五体が, 今は, 凄まじい咒法, 嬉しいこと, 恐ろしい刑事部屋, 恐ろしき罪名, 惜しいここち, 感激しない, 慄然と, 戦慄すべき, 戦慄の, 樂しげなり, 涙ぐましいもの, 涙こぼるる, 美しく勇ましい名前, 腹の, 血は, 血を, 身が, 身震ひ, 野卑で, 鈍な, 陰惨な

▼ 聞く必要~ (34, 0.3%)

7 はない 6 もない 3 がない 2 があった, がある, はなかっ, は無い 1 があろう, がどこ, が無かっ, は, はありませんでした, はないっ, もあるまい, もなかっ, も認めんじゃ, を認めなかった

▼ 聞く~ (34, 0.3%)

5 がした 3 になった 2 にはなれなかった

1 [24件] があるなら, がしない, がします, がする, がなくなった, さ, でありますから, になっ, になりました, になる, になれない, になれる, にはならなかった, にはなれない, にはなれなかつた, にもならない, にもならなかった, はい, はおこらなかった, はない, はなかつた, はなし, は起らなかった, も起らなかった

▼ 聞くだけでも~ (33, 0.3%)

1 [33件] いかに腕, その大きな声, それは, なんだかいい, よい, よいよう, 三太は, 厭だ, 口惜しくって, 囚人の, 多事である, 夜の, 夢の, 存在の, 彼の, 彼は, 彼らは, 感謝し, 懷かしか, 楽みで, 満足した, 無聊を, 直ぐ察せられる, 相当の, 眉を, 私は, 羨望に, 耳が, 贅沢至極の, 身ぶるいが, 辛棒出来, 雨蛙は, 非常に

▼ 聞く~ (33, 0.3%)

5 に私 2 にいちいち, に勇ましい, に珍, に胸

1 [20件] にくすぐられる, にはツ, にわたくし, に一層, に丑松, に今日, に例外, に侘しい, に僕, に其の, に大塚さん, に官兵衛, に彼, に折角, に新, に百合子, に眠つたふり, に自分, に高柳, に鳥さし

▼ 聞くまでも~ (32, 0.3%)

4 ない, なかった

1 [24件] ないこと, ないじ, ないで, ないです, ないどこ, ない外記, ない自分, ない話, なくあて, なくいいと, なくすぐ, なくみんな, なくもう, なくわれら, なく不思議, なく二階, なく充分承知, なく四, なく村落全体, なく甘ったるい匂い, なく知って, なく竜, なく重, ねえこったよ

▼ 聞くと共に~ (30, 0.3%)

1 [30件] おどり上がらぬばかり, その所有者, その槍, ほとんど厳粛, ゐい, 一時静まっ, 乗客の, 亂れ掛けた, 勇みを, 即座に, 去年残暑の, 天秤を, 嬉し涙に, 子供は, 彼女の, 急に, 日頃彼の, 早馬で, 武者振るいし, 津田は, 異境の, 空虚に, 胸の, 腹を, 自分の, 身を, 金入を, 飄然と, 馬上で, 鶴子は

▼ 聞く~ (30, 0.3%)

2 一時の, 三味に, 末代の

1 [24件] あたかも排外的米人, いっときの, さびしき頬白, すなわち女子, ただ, まったき愉快, もとより利益, オサキ狐なり, 世の, 勝家として, 厭, 唯だ, 小百姓が, 扨こそ, 此人すがり, 此奴怪しからず, 珍らしくない, 真の, 聊か意外, 若い時三井寺, 苦しき喚子鳥こゑなつかしき時, 苦しき喚子鳥声, 蒙古, 風雅である

▼ 聞くなり~ (29, 0.3%)

3 俊夫君は 2 瀬木は

1 [24件] おせい, こそこそと, さすがに, さてはと, わたしは, ポケットから, 受話器の, 富三の, 富田さんは, 山本医師の, 山本医師は, 彼女の, 後に, 思わずそこ, 悲しく顔, 意味あり, 決然として, 直ちに私, 真赤な, 老人は, 袁紹は, 頼むまでも, 飛びついて, 龍太郎の

▼ 聞くうち~ (28, 0.3%)

2 にふと, に私

1 [24件] に, にいつのまにか, にきょろきょろ, にその, にとどのつまり, にべつに, にも, にもう, にも兄, にも姫君, にも腋の下, にも首, にやう, に僭越, に先程私, に差俯向, に機械, に次第に何となく, に段々, に秀子, に蟲, に顔, に風の音, はおでん燗酒

▼ 聞くので~ (28, 0.3%)

7 あつた 2 余は, 六時に

1 [17件] この頃, ご不審, それが, なお憎い, のっぺら坊, ひそかに, 二三人だ, 厭がる, 喜多村さんは, 富士山へ, 屹度何處へか, 晴代は, 私は, 私も, 責任も, 閉口です, 齢を

▼ 聞くまでは~ (28, 0.3%)

3 安心しなかった 2 岸本は

1 [23件] あるいは先達, いつ何時, きっと気, じっと辛抱, なにも, よもやと, 僕も, 別に確定的, 半蔵も, 寝ないなどと, 寝わずらって, 寧ろ醒めず, 小生は, 少しも, 帰国も, 彼も, 断じて動かない, 普通の, 殆ん, 激しく宮子, 無罪を, 確たる信念, 非常に

▼ 聞く~ (28, 0.3%)

3 得たり 2 得む

1 [23件] うるの, えざりき, えざりきされど, えしヴアイオリン, えせしむる, たらずと, 不吉と, 厭うよう, 喜ぶ所, 好まずただ, 尚ぶ, 得ざりしなり, 得ざれども, 得ず, 得なかった, 得ると, 得月, 憚る, 楽と, 欣びて井戸やが, 欲しなかったこと, 欲せず, 要せざる也

▼ 聞く~ (27, 0.3%)

2 したこと, 聞かないに

1 [23件] あやまり伝へたる事, あやまり傅, あるいは和弦, あるいは甘い, しなかったかい, しませんでした, その筋, だれかから, である, みなり, わからないと, 其れ聞かざる, 否や, 知れない, 聞かないか, 聞かないかは, 聞かない内, 聞かぬに, 聞くか, 荻の, 見て, 追払うか, 餘り

▼ 聞くには~ (26, 0.3%)

2 聞いたが

1 [24件] いつでも, およばない, それだけの, よし子が, よほどもどかし, よろし, 及ばないよう, 及ばない私, 及ばぬ早く, 堪えない, 女の, 女殊に, 如かじ, 幼少の, 恥ずかしい無茶, 時人は, 時機を, 正直な, 汐入の, 浮浪者が, 特に鼻, 當り, 相手によって, 自分の

▼ 聞く~ (26, 0.3%)

14 による 2 によれ 1 あり小, この度, だ, であるが, では年齢, なん, におの, に依る, に従う, に拠りまする

▼ 聞くとき~ (25, 0.2%)

3

1 [22件] この黄金, その哀れ, その批評, には空, に始め, に寄せ, のそれ, の如き, の彼, の満足, はいつも, はお, はそれ, はもう, は人語, は家族中, は猶, は禽音, をカヤ, 初めて世業, 同樣, 嬉しからぬ

▼ 聞くばかり~ (25, 0.2%)

3 である 2 でも

1 [20件] ちらり姿, であった, であったが, です, でなく実際, でなく微笑, でなく海山, では, でまだ, で一向, で戦端, で文壇人, で病気, で私, で誰, で顔, 一通りの, 今に, 今にな, 寧ろお

▼ 聞くごと~ (22, 0.2%)

2 にいつも, に呆れ, に恐ろしく

1 [16件] に, にあなた, にぎくりと, にすなわち, につねに, によろこん, にヒヤリ, に一種, に二十一疋揃い, に唇, に実, に家, に泣き, に自分, に血相, に頷い

▼ 聞くからに~ (21, 0.2%)

2 はるかにをが

1 [19件] ここで, その墨, どこやら, ムッと, 伊那丸は, 古る事さ, 大塔, 寒い音色, 心が, 感謝の, 慥と, 懐かしいのに, 手を, 男の, 白緑の, 艶かしい, 荒唐無稽である, 頼母しい, 顔を

▼ 聞くだけの~ (20, 0.2%)

5 ことを 3 ことは

1 [12件] ことで, もので, 事は, 事を, 価値の, 値が, 度胸が, 度量を, 心がまえが, 心掛が, 生活を, 隙が

▼ 聞くにつけ~ (20, 0.2%)

1 [20件] ある時, いよいよそれら, おのれも, この人, なぜ蜀, また先頃, やはりその, 一般の, 僕は, 城太郎は, 彼は, 思い起したの, 意外の, 最早貴方, 正成を, 空を, 自分の, 苦労を, 野衾が, 鬱勃と

▼ 聞くよりも~ (20, 0.2%)

2 一人でも

1 [18件] かうして, それは, たしかな, まさり, 一層深く, 二人の, 他に, 俊基には, 前から, 四人の, 彼から, 彼女自身の, 心躍っ, 早く家, 更に手, 次第に腹, 直ちに二個, 直接あなたに

▼ 聞くつもり~ (19, 0.2%)

1 [19件] か, だ, だが, だった, だったが, だったの, であった, でお, でおります, でしょうか, です, ですが, でなかったけれども, でなくっても, なの, ならなに, ならわざわざ, もなく, よ

▼ 聞くのみ~ (19, 0.2%)

5 である 2 であった

1 [12件] だった, であ, であつ, です, でなく種々, で眼, ならず光, ならず役人等, ならず閃, なり, なりき, なれば

▼ 聞く機会~ (19, 0.2%)

2 がない, を得ず, を得た

1 [13件] がありませんでした, がなかっ, がなく, が無, の多い, はこの, もなかっ, も少く, をもたなかった, を失っ, を手, を持った, を有

▼ 聞くたんび~ (16, 0.2%)

2 に何, に髪の毛

1 [12件] どうかし, にひと, にシミジミ, にド, に二人, に彼, に懲役笠, に泣く, に笑っ, に笑つて, に耳, に鈴木君

▼ 聞くにも~ (16, 0.2%)

1 [16件] およばん, その時, 似たらん, 勝って, 及ばぬ事, 及びません, 及ぶまいて, 可愛想, 堪えじと, 当たりますめ, 当たるめ, 心念々に, 物思はまし, 耐えられないの, 足らん, 都合が

▼ 聞くもん~ (16, 0.2%)

32 ですよ

1 [11件] かさっさと, かと云う, じゃあない, じゃあねえだ, じゃなくっ, だ, だね, です, ですから, ですなあ, なおいい

▼ 聞くとは~ (15, 0.1%)

2 大きな違い, 違つて厭に

1 [11件] なしそれ, ッと, 大きな相違, 大きな違, 大違い, 実もっ, 思はなかつたので, 思へうため, 思わなかった, 無しに, 間違って

▼ 聞く~ (14, 0.1%)

2 に一人胸, に私 1 に, に呆れる, に我, に昇, に泣い, に無念さ, に神魂, に私自身, に躍起, に身

▼ 聞く勇気~ (13, 0.1%)

3 がなかっ 2 がなかつた, はなかつた 1 さえなかっ, に乏しかっ, はとても, はなかっ, は持たなかった, もなかつた

▼ 聞く~ (12, 0.1%)

2 な気 1 だが, だと, な事, な気持, な盛政, な麦うち, にお, にした, にな, になっ

▼ 聞くこの~ (11, 0.1%)

2 あした白鷺ら飛べり青き 1 つきさされるやう, つきさされるよう, 人が, 兄の, 声は, 宿, 暗き壁, 濠へ, 笑い声は

▼ 聞くとともに~ (11, 0.1%)

1 [11件] こともなげにのみこん, その面, よろめきかけて, ムクッと, 一桶の, 光秀はぞ, 心の, 直下の, 眼前が, 自分から, 辻町は

▼ 聞くまで~ (11, 0.1%)

2 店に 1 この都市, じゃ, ついまだ昨日, どんな事, 彼は, 最と, 気付かなん, 理由の, 耳傾けつ

▼ 聞く人々~ (11, 0.1%)

1 [11件] いかに日和山, がまた, にとってはその, の注意, は尾, は或いは, は笑はず, も, も眼, も自分, をも彼

▼ 聞く~ (10, 0.1%)

1 さよは, ほどかに鼓うつ, 久美さんだって, 半と, 積りで, 糸は, 艶の, 若い後家尼, 藤の, 銀様は

▼ 聞くころ~ (10, 0.1%)

41 であった, である, で旗本, にはその, には煙る, はすでに

▼ 聞くだけで~ (10, 0.1%)

1 もう魂, 別れたの, 可いんだ, 咽喉の, 日本の, 未だに訪れた, 本人を, 満足しなけれ, 満足を, 苦しいこと

▼ 聞く言葉~ (10, 0.1%)

2 である, であるが 1 がある, であること, でした, でせう, の訛り, は凡て仏蘭西語

▼ 聞く~ (10, 0.1%)

3 である 1 だが, でしたから, なの, なり, に日本, に身, はない

▼ 聞く~ (9, 0.1%)

21 へも穢, へや心, へ其の, へ忌, へ物憂く, へ眉, 容体は

▼ 聞く~ (9, 0.1%)

1 それぞれ生活の, それと, また日像, 僕も, 吹雪が, 奧州飯野川の, 思いも, 旅人も, 薄情だった

▼ 聞くその~ (9, 0.1%)

1 あたりにも, 境遇に, 山波が, 心地よさ, 忠信孝悌を, 明けの, 演技の, 片輪, 面影も

▼ 聞く~ (9, 0.1%)

1 だった, では一言, では必ず, にま, に妾, に疾く, に神庫, に耳, をも憚ら

▼ 聞く~ (9, 0.1%)

1 かねてから娘, にの見る, の事, の勇気, の資格, 却って真相, 怪しい物, 痛ましい話, 馬鹿らしいけに

▼ 聞くさえ~ (8, 0.1%)

1 あるに, その胆勇殆ど人間, 堪えられぬもの, 忌わしいこと, 気の, 腹が, 身の毛のよ, 雁の

▼ 聞くのに~ (8, 0.1%)

1 お民, こッち, その帳, 一等都合の, 何構う, 少額の, 懐が, 英国から

▼ 聞くわけ~ (8, 0.1%)

2 にいかない 1 だから, では, にはいかなかつた, にはいかん, にはゆかなかった, にもいかない

▼ 聞く~ (8, 0.1%)

2 には他事 1 しもこそ涙こ, にとっては将来いつか, にとっては非常, にとつ, になった, の辛

▼ 聞くあの~ (7, 0.1%)

2 海豚の 1 凄じい怒号, 叔父さんの, 嗚咽でも, 嫂の, 智略の

▼ 聞くじゃ~ (7, 0.1%)

5 ないか 1 ありませんか, ろうと

▼ 聞くだけは~ (7, 0.1%)

3 聞いて 1 その言, イクラでも, 二人で, 聞いてから

▼ 聞くとして~ (7, 0.1%)

1 おめ, これからすぐ伊豆山, さて, ただ一言, どうじゃ, 兎も, 要介達

▼ 聞くほう~ (7, 0.1%)

1 がはるか, がもっと, がわかり, が先, であった, にとっては甚だ, はそれほど

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

1 がした, が耳, だとは, である, なの, の遠ざかる, も変り無し

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

3 かな 1 のふく, の春, は静ごころ, を雪

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

1 がある, がいなき, が有る, が駑馬, だが, だと, は一人

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

2 は別に 1 の女, の気性, の胸, は近年細君, れの

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

1 の切な, の可, の心, の態度, の聲, は思はず躍り, は辛い

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

2 がない 1 にならん, には行かない, にも行かなかった, のあつ, はない

▼ 聞く~ (7, 0.1%)

1 で生欠伸, なく殘, に羊, に羊飼, は命, もなし, もよう

▼ 聞くかの~ (6, 0.1%)

2 ように 1 やうである, やうに, 中古封建割拠の, 暗き洞

▼ 聞くかも~ (6, 0.1%)

1 しれない, しれないそう, しれません, 知れないから, 知れないが, 知れぬと

▼ 聞くがね~ (6, 0.1%)

1 お前さんは, この店, この車, どこか, 君たちは, 我々の

▼ 聞くやいなや~ (6, 0.1%)

1 ひいと, フリーダは, 一同スワこそと, 前もってその, 女は, 急に

▼ 聞く事毎~ (6, 0.1%)

2 に餘 1 にお, に人, に感心, に驚く

▼ 聞く~ (6, 0.1%)

1 だけその, にもおぞ, にハッ, に乳, に事件, に顔

▼ 聞く~ (6, 0.1%)

1 きこと, きもの少から, く姿, し, しだ私は, し兎

▼ 聞く場合~ (6, 0.1%)

1 でもなかっ, とではその, と唄, と類似, には反射的, にも耳

▼ 聞く時分~ (6, 0.1%)

5 になる 1 からテケテケテン

▼ 聞く~ (6, 0.1%)

31 いちいち怪訝, といいてえ, も少ない

▼ 聞くかと~ (5, 0.0%)

1 余は, 動悸が, 思った, 思ってさ, 思の

▼ 聞くからは~ (5, 0.0%)

1 いる時, このまま, どんな仕損じ, もはや一寸, 遠からぬ

▼ 聞くくらい~ (5, 0.0%)

1 だから, であった, ならお前, ならわかるの, なりし

▼ 聞くけれども~ (5, 0.0%)

1 それは, それを, 今日この, 果してさうだらう, 甘い露

▼ 聞くなと~ (5, 0.0%)

1 いうても, いふの, いわれるほど, おっしゃるあなた, 言うなら聞かなくとも

▼ 聞くよりは~ (5, 0.0%)

1 ここに, ハツキリと, 何かの, 打ち棄てて, 自分で

▼ 聞く~ (5, 0.0%)

1 に必要, に時々, はなおのこと, は一日, は最早

▼ 聞く度毎~ (5, 0.0%)

2 に幽か 1 には又, に悲しい, に私

▼ 聞く~ (5, 0.0%)

1 じゃ, じゃない, じゃなかった, であったから, ですが

▼ 聞く相手~ (5, 0.0%)

2 が皆, にし 1 はいつも

▼ 聞く~ (5, 0.0%)

3 であつ 1 になっ, になる

▼ 聞くからには~ (4, 0.0%)

1 この一刀, とりあえず祝おう, 僕などの, 打ちすて置く訳

▼ 聞くけれど~ (4, 0.0%)

1 あんまり当り過ぎ, かの未亡人, その人々, 私の

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

2 嬉しき 1 不思議なれ, 聞くぞ

▼ 聞くたびごと~ (4, 0.0%)

1 に忌々しく, に歯ぎしり, に著者, に齒

▼ 聞くだけに~ (4, 0.0%)

1 して, とどめて, 満足し, 間数の

▼ 聞くとも無し~ (4, 0.0%)

1 に其話, に水口, に聞く, に聞耳

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

1 じゃ無い, とつッぱねられる, 惡か, 斬れ

▼ 聞くはず~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, ですから, のムク, もありませぬ

▼ 聞くほどの~ (4, 0.0%)

1 人が, 熱心は, 距離に, 音も

▼ 聞くものぢ~ (4, 0.0%)

21 やない, や其の

▼ 聞くやつ~ (4, 0.0%)

2 がある 1 だな, はねえ

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

1 今日は, 情愛が, 早く話した, 淋しき汝

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

1 こそ異なれ, だな, で深く, の森本某

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

1 がなかつた, もない, もなかっ, を失った

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

1 で能, りだった, りで如何, り父

▼ 聞く~ (4, 0.0%)

1 がします, が変り, とは変わっ, ならばを

▼ 聞くだけが~ (3, 0.0%)

1 役目の, 情ない汚い穢いこんな, 情ない汚い穢い此樣

▼ 聞くだけにも~ (3, 0.0%)

1 満足し, 満足する, 滿足し

▼ 聞くだにも~ (3, 0.0%)

1 吾足の, 寒き鴉, 生ける甲斐

▼ 聞くとおり~ (3, 0.0%)

1 だ, の曲者, をひい

▼ 聞くとぞ~ (3, 0.0%)

1 くっと, ッと, ーっと

▼ 聞くなどは~ (3, 0.0%)

2 呉服屋へ 1 陳腐の

▼ 聞くにつれて~ (3, 0.0%)

1 前後左右の, 思わず気, 開いた口

▼ 聞くひま~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, がなかつた, もなく

▼ 聞くほどに~ (3, 0.0%)

1 うかとは, 彼を, 自分を

▼ 聞くまま~ (3, 0.0%)

1 に草間, に記録, をそれから

▼ 聞くもの一つ~ (3, 0.0%)

2 として新 1 としてこの

▼ 聞くもの癪~ (3, 0.0%)

1 にさわらざる, に障る, の種

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 にも笑, に其の, に畝

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 なら真に, の事, の響き

▼ 聞く先生~ (3, 0.0%)

1 がある, この頃, の声

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 に立ちしか, はない, は仕方

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 慈悲心に, 禹鼎を, 酒と

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 じゃ無い, も串戯, も死ぬだろう

▼ 聞く度ごと~ (3, 0.0%)

1 に忌, に眼, に私

▼ 聞く心持~ (3, 0.0%)

1 からその, がした, になれ

▼ 聞く思い~ (3, 0.0%)

1 がした, がする, がするであろう

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 がある, が迫っ, もあるまい

▼ 聞く時鳥~ (3, 0.0%)

1 の名, の聲, の鳴く

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

2 の芝居 1 がせみょうを

▼ 聞く機會~ (3, 0.0%)

1 が出, のなかつた, は殆ど

▼ 聞く毎々~ (3, 0.0%)

3 に身

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 になつ, もなかつた, も起らなかつた

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

3 がなく

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 の声, の音, 細い声

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

3 もない

▼ 聞く通り~ (3, 0.0%)

1 いかにもあ, じゃ, の身持

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

1 の声, の峠, の音

▼ 聞く面白~ (3, 0.0%)

3 さが

▼ 聞く音楽~ (3, 0.0%)

1 が遥, とがある, と動き

▼ 聞く~ (3, 0.0%)

2 でもなかつた 1 なその

▼ 聞くおもい~ (2, 0.0%)

1 である, なりも

▼ 聞くからな~ (2, 0.0%)

1 みんなが, 返答を

▼ 聞くことば~ (2, 0.0%)

1 です, よりも惻々

▼ 聞くさえも~ (2, 0.0%)

1 恐ろしい鬼界ヶ島, 苦々しい

▼ 聞くすべ~ (2, 0.0%)

1 もない, をばやう

▼ 聞くすべて~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 聞くそれ~ (2, 0.0%)

1 まではお, も悲し

▼ 聞くって~ (2, 0.0%)

1 どんなこと, 約束し

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

2 せう

▼ 聞くといった~ (2, 0.0%)

1 ふうであった, ような

▼ 聞くといふ~ (2, 0.0%)

1 力強い魅力, 暗示的な

▼ 聞くとお~ (2, 0.0%)

1 勢は, 通は

▼ 聞くとき肩~ (2, 0.0%)

2 をゆすぶり

▼ 聞くとしても~ (2, 0.0%)

1 君だけの, 吾

▼ 聞くとて~ (2, 0.0%)

1 一同に, 袖を

▼ 聞くなぞ~ (2, 0.0%)

1 となお, と遠回し

▼ 聞くなど~ (2, 0.0%)

1 君の, 驚くべき矜貴

▼ 聞くなべ~ (2, 0.0%)

1 に我, に明日

▼ 聞くにゃ~ (2, 0.0%)

1 あ古い, 及ばねえ

▼ 聞くに従って~ (2, 0.0%)

1 ますますいたたまらなく, 判断し

▼ 聞くのほか~ (2, 0.0%)

2 はなかっ

▼ 聞くのみにて~ (2, 0.0%)

1 その実, 人福を

▼ 聞くのみにては~ (2, 0.0%)

1 あき足らざらん, ぢらふごとく

▼ 聞くばかりの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 事で

▼ 聞くひと~ (2, 0.0%)

1 があります, はみな悪法

▼ 聞くふう~ (2, 0.0%)

1 で, もなく

▼ 聞くほども~ (2, 0.0%)

1 ない陣容, なくわずか

▼ 聞くまでに~ (2, 0.0%)

1 十二年も, 長いつらい苦しみ

▼ 聞くまでの~ (2, 0.0%)

1 ことは, 夫婦の

▼ 聞くもの何~ (2, 0.0%)

2 にも無く

▼ 聞くもの何もかも~ (2, 0.0%)

1 がただ味氣, 新しく特に

▼ 聞くもんぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 聞く一方~ (2, 0.0%)

1 かまわないから, 実際には

▼ 聞く世の中~ (2, 0.0%)

1 になっ, の大小

▼ 聞く事ごと~ (2, 0.0%)

1 にあまり, に庄三郎

▼ 聞く事まれ~ (2, 0.0%)

1 に唯, に唯夜な夜な

▼ 聞く以上~ (2, 0.0%)

1 に美しい, はこの

▼ 聞く価値~ (2, 0.0%)

1 がある, もない

▼ 聞く傾き~ (2, 0.0%)

2 もあるなるべし

▼ 聞く光榮~ (2, 0.0%)

1 に浴, は汝

▼ 聞く其の~ (2, 0.0%)

1 何人たるを, 東夷や

▼ 聞く前年伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 の邸

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

2

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 だが, ばかりでなく

▼ 聞く外国人~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は先ず

▼ 聞く大正池~ (2, 0.0%)

2 の眺め

▼ 聞く太陽~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 聞く山家~ (2, 0.0%)

1 の住居, 住まいあみ

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 の耳, は梭

▼ 聞く市子~ (2, 0.0%)

2 と謂

▼ 聞く度び~ (2, 0.0%)

1 に何とも, に矢代

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

2 ならば

▼ 聞く想い~ (2, 0.0%)

1 がします, がする

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 はララ, は頓

▼ 聞く戦国~ (2, 0.0%)

2 の余残

▼ 聞く所以~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 し安井息軒先生, は呉道子

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 はない, もあらす

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 ですね, な人

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 である, という題詞

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 の聲, の訓

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 は山県系統中, は山縣系統中

▼ 聞く湯揉~ (2, 0.0%)

2 の唄

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 か念仏, に皮

▼ 聞く物皆~ (2, 0.0%)

1 面白い, 頼もしい

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, もなし

▼ 聞く程奇怪~ (2, 0.0%)

1 な事, な事柄

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 だ, だけれども

▼ 聞く積り~ (2, 0.0%)

1 だ, だけれども

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

2 二伊藤内閣の

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 では, もなし

▼ 聞く者みな色~ (2, 0.0%)

1 を失った, を醒ました

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

2 はざりき

▼ 聞く若葉~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 による, によれ

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 聞く蟋蟀~ (2, 0.0%)

1 の聲, の鳴

▼ 聞く西郷南洲翁~ (2, 0.0%)

2 の信望一代

▼ 聞く資格~ (2, 0.0%)

1 はない, もなかっ

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ 聞く迄は~ (2, 0.0%)

1 そう云っ, 理由を

▼ 聞く銭形~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ 聞く閣下~ (2, 0.0%)

1 は街鉄市有, は街鐵市有

▼ 聞く陸奥~ (2, 0.0%)

1 にそんな, へ嫁

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 政党内閣は, 政黨内閣は

▼ 聞く~ (2, 0.0%)

1 の明帝, の曹操

▼1* [709件]

聞くあいだおとなしくし, 聞くあたいだと, 聞くいまだ試みた事, 聞くうえは官兵衛, 聞くうち男の子はす, 聞くうれしさこれ偏へに, 聞くうわさの一つ, 聞くえらい官吏などの, 聞くおかしさと, 聞くおしんは案, 聞くお前の話, 聞くお客様が懸つた, 聞くお話をたのしみ, 聞くお雪ちゃんのほか, 聞くかかる物実際, 聞くかしら一体おと, 聞くかについては何一つ知らない, 聞くからかも知れないが, 聞くかわりに諸君, 聞くがいなや, 聞くがなお雪ちゃんお前は, 聞くがまではない, 聞くがネあのボイロフ, 聞くきりで逢った, 聞くくせにどうして, 聞くくらゐ腹, 聞くくらいに聞いたであろう, 聞くぐらいで済んで, 聞くぐらゐ間のびのしたものはないと, 聞くは家, 聞くここの店, 聞くことこれに代り, 聞くこと一篇の詩, 聞くこと三十年に及ん, 聞くこと久しかりしも, 聞くこと今日はいや, 聞くこと昔子もり歌, 聞くこと稀なり, 聞くこと管絃をかなでる, 聞くこと能はざりき, 聞くこほろぎの声のよう, 聞くこれキリストの医術, 聞くこれ主人自から, 聞くさえが畢生の, 聞くさらばかくの, 聞くしかないの, 聞くぜひその診察, 聞くそうだ, 聞くそうそうからもうお, 聞くそばから否定, 聞くそれらをジャッカル稀, 聞くぞをかしきお, 聞くたびニヤッと天井, 聞くたび秀吉方の寄手, 聞くたび胸が一杯, 聞くたよりもなかつた, 聞くたんび私はありし, 聞くだけでもぞつとする, 聞くだけを聞き語るだけを, 聞くやなし, 聞くつらさ何年の, 聞くというは妙な, 聞くとお懐かしゅうございますこと, 聞くとかツと, 聞くとかがせめてもの, 聞くとかの急ぎ歩で, 聞くとかはゆし, 聞くときそれに強い, 聞くとき彼両手を揚げ, 聞くところ其処に同, 聞くところ教へられる, 聞くところ此夢を他, 聞くとずつと溪間の, 聞くとどつと一度, 聞くとねこれが, 聞くとものう聞いて, 聞くどうどうと水, 聞くどころでは, 聞くどころかこれに, 聞くなぁ好きじゃ, 聞くなあおもしろいや, 聞くなつかしい準之助の, 聞くなどということは, 聞くなどとは思わなかった, 聞くなはおかしいが, 聞くなよわしも, 聞くなり岸に群れ惑う, 聞くにでも本を, 聞くのさへ憚ら, 聞くのみでトキという, 聞くのみにして, 聞くのみも先ず身震, 聞くの人の想像, 聞くの光栄に浴する, 聞くの喜びがベアトリーチェ, 聞くの妨げとなる, 聞くの幸をえ, 聞くの思ありき, 聞くの感がある, 聞くの用なし我汝, 聞くの願ひの, 聞くはるのよひ, 聞くばかりで満足しなけれ, 聞くばかりも床しきを, 聞くふたたび返せ沖, 聞くふりして, 聞くうも, 聞くほかには聞けねえ, 聞くほか地に音曲, 聞くほどは人香こもら, 聞くほどへい何とも, 聞くまた楽しからず, 聞くまでには大分時間が, 聞くまもなく麦藁帽の, 聞くみたいに私, 聞くものおれ我れに, 聞くものこれを厭はし, 聞くものごとにかれ, 聞くものすべて好意に取れる, 聞くものすべて悲しみの種, 聞くものすべて良寛さんの眼, 聞くものその他すべて五感に触るる, 聞くものそれは鼠, 聞くものみな超理的, 聞くものみんな箸をつけず, 聞くもの一万円より九千九百九十九円, 聞くもの会ふ人ごと, 聞くもの何一ツとして眼, 聞くもの半蔵には過, 聞くもの地獄の姿, 聞くもの嫉けるばかり, 聞くもの彼には身, 聞くもの応接にいと, 聞くもの戦捷の新年風景, 聞くもの文明開化の風, 聞くもの涙の種, 聞くもの珍らしくとうとう, 聞くもの異常の刺戟, 聞くもの皆おおいなる田舎町, 聞くもの皆頭を擧げ, 聞くもの舌を巻いた, 聞くもの花の都, 聞くもの誰も信, 聞くもの音を考えるです, 聞くやう頼みければ, 聞くやとどくや, 聞くよく聞くと, 聞くよと言わないばかりに, 聞くよりか默つて居た, 聞くよりわッと, 聞くむか, 聞くらく此河の, 聞くらむ旅人の, 聞くらむ暮の聲, 聞くらむ朝の聲, 聞くらんかたがたに心, 聞くらんそら耳かもし, 聞くらん旅人の, 聞くらん暮の声, 聞くらん朝の声, 聞くわれわれの心, 聞くをも待たずして, 聞くを以て無上の, 聞くアレキサンドル橋の袂, 聞くカフヱーの話, 聞くコンスタンチン大帝以後天下の耳目, 聞くシャン・ゼリゼーの通り, 聞くジャガタラいもですか, 聞くソリヤ便りきく, 聞くチエッコ機関銃の音, 聞くチャームに満ちた, 聞くトンとは非, 聞くニュースが胸, 聞く定めて, 聞くヒマがなかっ, 聞くヘクトール慄然と, 聞くマニオス・キネリオスなる人, 聞くマンは追われ, 聞くユーグ・カペーの靈第五圈, 聞くヨーロッパの帝王, 聞くライフである, 聞くリバテイ型という船, 聞くル・メルキウル・ド・フランスが初号, 聞くロッキー山間には盗賊隊, 聞くだが, 聞くンだい急に会いたい, 聞くヴァイオリンと広い, 聞く一さし舞って, 聞く一つの原因, 聞く一席のこと, 聞く一方労働者軍は雨, 聞く一時間ほど前, 聞く一聡慧竜馬人その種, 聞く一言一言が渠女, 聞く万七はもう, 聞くの事, 聞く三井寺の鐘, 聞く三吉にも言う, 聞く三木俊連の一勢, 聞く三輪の萬七, 聞く上りと答える, 聞くからもう, 聞く下手なり, 聞くしもこそ思ひい, 聞く世に名高い吉広江, 聞く世界無双の大, 聞く中坂思案外史だとは, 聞く中尉の思ひ, 聞く中津川の町, 聞くが僕, 聞く主人は冷汗, 聞く久光を斬る, 聞く予猶もなく, 聞く事々に私, 聞く事実であるのみか, 聞く事甚稀になつ, 聞く事稀に春, 聞く事能はずなりぬ, 聞く二三の温泉, 聞く二人連の侍, 聞く二月十九日の夜, 聞く原郡, 聞く五つの戒, 聞く人たちでありませぬ, 聞く人びとも笑い, 聞く人不思議の思い, 聞く人其志のほどを悲しまざる, 聞く人尠くしたがって, 聞く人情はない, 聞く人捨子に秋, 聞く人毎に物, 聞く人自身の耳, 聞く人語新し野分跡, 聞く人達はまつたく, 聞く人間もある, 聞くの泰山, 聞く仏兵助さんとおっしゃる, 聞くが好む, 聞く仙人のよう, 聞く仙台藩主の場合, 聞く代りに熱情, 聞く以外に方法, 聞く合の, 聞く伏苓と云, 聞く伸子も思わず, 聞く位ぢや君, 聞く佐藤一斎に出でし, 聞くも彼, 聞くは極, 聞く余地もない, 聞く余裕がある, 聞く作者の心, 聞くが多い, 聞く奉紳士中, 聞く便りを失った, 聞く便宜があれ, 聞く信長には亡き, 聞く俳句界の消息, 聞く俺らじゃあねえ, 聞くにまわっ, 聞くとしては医, 聞くが謙遜, 聞く全文の写し, 聞く八五郎もす, 聞く其明けの日, 聞く其熊本を発する, 聞く冥土の朝景色, 聞くい刺すよう, 聞くゆる話, 聞く凡ての者, 聞くの沼水缺, 聞くだけ聞い, 聞く切干大根の甘い, 聞く列車の轍, 聞く初秋の月, 聞く前代の大臣, 聞く前兆かも知れねえ, 聞くも失せつ, 聞く務めがある, 聞く勿来の関, 聞く化粧の料, 聞く北米合衆国においては亜米利加印甸人, 聞く千僧供養とやらの燈籠, 聞く午砲に比べ, 聞く即ち印度では, 聞く厳しい審査員であり, 聞く友人の能弁, 聞く友人等の笑声, 聞く千円の, 聞く無骨なる, 聞く古い庭園は, 聞く古河の思水子, 聞く司馬道場の娘, 聞く同じひき手の, 聞く名前なもの, 聞く名医でおわす, 聞くが家建文皇帝, 聞く呼鈴の音, 聞く哄笑である, 聞く唐土長安の都, 聞く微風の, 聞く唸り声はそんなに, 聞く善歳万歳の声, 聞く嚴冬の季節, 聞く四人の和子, 聞く回数がきわめて, 聞く図々しさは, 聞く土間である, 聞く在郷の老人連, 聞く地底機関車ではないだろう, 聞く地点なの, 聞くの中, 聞く垣根の外, 聞く城中の者, 聞く堀切りの菖蒲, 聞く墳墓の底, 聞くに貴ぶ, 聞くの初め, 聞く夕べなど私, 聞く夙に舶載せられし, 聞く多可子はその, 聞く夜さは, 聞く大きな功名心の, 聞く大井川の上流, 聞く大家の事, 聞く大寺の由來, 聞く大阪からする, 聞く大阪市民は由来政治, 聞く天下ニ仁政ヲ施スモノハ人, 聞く天朝戦を興す, 聞く天狗の翼, 聞く太田の呑竜さま, 聞く女御も悲しかっ, 聞く女王のよう, 聞く女義太夫の堂摺連, 聞く如何にも一國一城に, 聞くではありません, 聞く姓名です, 聞く姫君はまったく, 聞く姿勢をとる, 聞く娘さんの出生, 聞く婦人の断髪, 聞く嬉しさ身も, 聞くだから, 聞く子供のやう, 聞く字位は書ける, 聞く孤児のほう, 聞く宇都宮殿の楠木征伐, 聞く安土に来た, 聞く安芸国で安国寺, 聞く宍道湖の水, 聞くの口吻, 聞くはない, 聞く家光の口もと, 聞く家時公の御, 聞く寺院の鐘, 聞く尊氏だった, 聞く六じゃ, 聞く小さなとこぶし, 聞く小児の心, 聞く小川の音, 聞く小西門のほのぐらく, 聞く少女をあと, 聞く少年の騎士, 聞く少年少女らは恐怖, 聞くに入り, 聞く山中の花木, 聞く山姥と金太郎, 聞く山道を越えよう, 聞く島津の家, 聞く嶮岨な加子母峠, 聞く工場の汽笛, 聞く工夫はない, 聞く左膳ぐっと咽喉, 聞くれの, 聞く已来猶更小生, 聞く市川の桃林, 聞く平次です, 聞く広島より厳島, 聞く度量もなく, 聞くて卿等, 聞く当時の童, 聞くをした, 聞く彦根藩士の憤激, 聞く彼女の言葉, 聞く後鳥羽法皇の崩, 聞く従来とかく遅鈍, 聞く台場五つの, 聞く御息所に気の毒, 聞く心地がし, 聞く心臓音のよう, 聞く忠義だてをヒソヒソ, 聞くさ, 聞く怪しの呼び声, 聞く怪獣のせ, 聞く恋慕流しをこの, 聞く恰も其の実況, 聞く情趣は本所, 聞くがした, 聞く感じを以て電車, 聞く態度が彼, 聞く慎しみで立っ, 聞く事の, 聞く憲政党内閣組織の発表, 聞く憲政黨内閣組織の發, 聞く戦士の意気, 聞く所傳聞する所, 聞くもある, 聞く手段であったと, 聞く手紙を持たせ, 聞く承知の旨, 聞くもなく, 聞く折々いつ会う, 聞く振りをし, 聞く政子どのを受け取り, 聞く政治家の演舌俳優, 聞くに後難, 聞く故主玄徳のもと, 聞く数寄屋橋わきの小学校, 聞く文学のこと, 聞く料簡はな, 聞く新しい年の, 聞く新緑のころ, 聞く方今我國の外債凡そ千五百萬圓, 聞く旅商人は行く, 聞く日常の一切, 聞く日本人民は大半インド, 聞く日本語の発音, 聞く昂奮はこの, 聞くくるに, 聞く明智光秀の一挙一動, 聞く昔宮中で小, 聞く昔泰西の学者, 聞くなん兼, 聞く時に清い目, 聞く時多くの敬意, 聞く時山へ行く, 聞く時彼等は密か, 聞く時江戸ッ児には如何, 聞く時私の心, 聞く時節でもなく, 聞く時街の騒音, 聞く時衝立の後, 聞く時計の音, 聞く時間がない, 聞く晩餐時さえ厳, 聞く暁月坊国に死す承, 聞く暗いなかに, 聞く暗やみの地獄, 聞く暗示に平次, 聞く暢夫江戸に在り, 聞く曰く功名眼前にあり, 聞く曹操が自ら, 聞く最後の親切, 聞く有益な話, 聞く望みとあら, 聞く木曽義明を攻めよう, 聞く木賊山と地主山, 聞く未知の人, 聞く李将軍臥虎を射, 聞く杜鵑の声, 聞くの江戸, 聞く東京に倉瀬, 聞く東坡が洗兒詩, 聞く東方に神国, 聞くが浦島今日, 聞く松竹の大谷竹次郎氏, 聞く果たしてしかるや, 聞く果敢ない蝉の, 聞く柳生源三郎かあの, 聞くはし, 聞く楽器である, 聞く様子だから, 聞く権右衛門の声, 聞く横井小楠の歴遊, 聞く横浜さして乗り込ん, 聞く櫻木海軍大佐とは無二, 聞く欣八は変, 聞く歓楽を想像, 聞く正成がめずらしく, 聞くの, 聞く此夜ものおも, 聞く武田の話, 聞く武男は断れよ, 聞く武蔵坊弁慶とはこんな, 聞く殺人淫楽者という奴, 聞く民俗に就, 聞く気分なぞはどう, 聞く気持は私, 聞く気持ちになれない, 聞く氣持はちよつと何, 聞く水無川の河原, 聞く水飴は周, 聞く来りて, 聞く汝ら自身は何, 聞くの蓮, 聞く河原乞児の尤も, 聞く河童に殺された, 聞く治郎左衛門元成の若い, 聞くの中, 聞く泉太も二人, 聞くがあります, 聞く洋服の紳士, 聞く流しの法界屋, 聞く浅草橋まで行く, 聞くの音, 聞く海東に大, 聞く海豚の群, 聞く海賊船の戰術, 聞く深い雨とも, 聞く深山の平地, 聞く渓流のすぐ, 聞く温泉の煙り, 聞く満足も皆彼等, 聞く源氏はもったいなく, 聞くの音, 聞くの武帝, 聞くの聲, 聞く瀧口が庵室, 聞くつけ群盗, 聞く火賊の群, 聞くにおいてすぐ, 聞く為めには耳, 聞くは百五十歳, 聞く焉んぞその心, 聞く無敵鉄車隊の連陣, 聞く煩悩即菩提, 聞くに記す, 聞くは意外, 聞く父君はもともと, 聞くな空, 聞く牧谿の遠, 聞く物すべてが, 聞く物みな異様の感じ, 聞く物凡て新らしい事, 聞く物珍らしく暇, 聞く物音は新鮮, 聞く物黒田が例, 聞くの白き, 聞く犯罪の底, 聞く狂人の様, 聞くがうなる, 聞く将の, 聞く猛獣の咆哮, 聞く獅子の身中, 聞く現金はげっそり, 聞く琵琶法師だが, 聞く生徒もあるべし, 聞く田圃道から幼い, 聞く甲州笹子の隧道, 聞く男衆は歎息, 聞く畜生谷というの, 聞く異国の新しい, 聞くに, 聞く発動機の音, 聞く白峯といふ, 聞く白鷺を引, 聞く皆さんの方, 聞く盗賊の頭目, 聞くを留め, 聞く相州浦賀にアメリカ, 聞く真似をし, 聞く瞬間光枝の胸, 聞くを抱い, 聞くはただ, 聞く神誰は年, 聞く福井より三里山越, 聞く福原の船遊び, 聞く福知山の市街, 聞く秀吉の陣, 聞くの声, 聞く程不思議な話, 聞く程度の知識, 聞く程脊筋へ白刄, 聞く程訳が分らなくなる, 聞く競馬の話, 聞くがある, 聞く紅旗青旗のこと, 聞く紅葉見物に出かけた, 聞く素直な女, 聞く細君は語, 聞く絃声流るるに, 聞く給仕男へ横柄, 聞く継母の生活ぶり, 聞く美しさの, 聞く義務がある, 聞くの壮, 聞く習慣がある, 聞く将利三の, 聞く者そを深く, 聞く者たちの落ち, 聞く者みな哀れを催した, 聞く者みな涙をながした, 聞く者みな茫然とし, 聞く者之が為め, 聞く者今ではきっと, 聞く者以て警むる, 聞く者何人か生物, 聞く者咸予を, 聞く者耳を欹, 聞く者誰れか, 聞く者顏を曇らすごとく, 聞く約翰, 聞くだとは, 聞く職人が湯, 聞く胆吹颪は怖, 聞くと, 聞く胸ぐるしさ思ひ, 聞く自分に最愛, 聞く自由にしたい, 聞く興味もな, 聞くで鍛えた, 聞く船木頼春の方, 聞くの如き, 聞く売りの, 聞くるしさ, 聞く苦しさよと, 聞く苦しみから自分, 聞く英国の詩宗, 聞く英国婦人の言葉, 聞く英国陸軍大佐マークベル氏北京を発し, 聞く英雄の死, 聞く荒木又右衛門が武勇, 聞く華陀をお召, 聞く落葉の声, 聞く落語みたいだと, 聞く蒲生泰軒の眼, 聞くはうれしい, 聞く藥師たづねて, 聞くの汁, 聞く蝦夷の子, 聞く衆默然と口, 聞く術語に出くわし, 聞くの声, 聞く街娼だと, 聞く西長岡鉱泉の一夜泊り, 聞く覗き穴もある, 聞く親分衆のところ, 聞く言語いずれも溌剌, 聞く訓話の中, 聞く許可を受け, 聞くだな, 聞くは作る, 聞く詩眼に見る, 聞く誠実さがなくなった, 聞くだが, 聞く諾亜の船, 聞くは無い, 聞く豆腐屋のラッパ, 聞く豊太閤の名護屋, 聞く豐岡の町, 聞くはいんいん, 聞く宗は, 聞く子龍, 聞く趙雲子龍はかつて, 聞く身構えをした, 聞く軍師の孔明, 聞く軍隊の相図, 聞く辛らさも随分, 聞くからそろそろ, 聞く迄にや心配し, 聞く迄はと云う風, 聞く迄もないこと, 聞く近年この種, 聞く近日中律の旧友, 聞く近臣を観る, 聞く近頃天津の, 聞く述懷であるが, 聞く途端アッと, 聞く通りちゃと早, 聞く速力ときたら亀, 聞く遠い波の, 聞く邪魔となった, 聞くの島原, 聞くは酒屋, 聞く里中葛秀才天性よく記す, 聞く重太郎は奈落, 聞く銅鑼の音, 聞く鎌倉の夕月夜, 聞く灘だの, 聞く門外に大勢屯, 聞くもなし, 聞く間もなく袂に, 聞く間巨勢が胸, 聞く関羽の小, 聞くの血, 聞くもなかっ, 聞く雪女郎のよう, 聞く電気屋敷そのままであった, 聞く音羽の滝, 聞く頬辺でも甜めさせる, 聞く顔つきになった, 聞く風習が昔, 聞く風説などにもずいぶん, 聞く飛騨国吉城郡神宝の山奥, 聞く馬鹿者がゐる, 聞く骨肉の声, 聞く髑髏の盃, 聞くの声, 聞くよりも一層, 聞くの声, 聞くを何と, 聞く鹽原角右衞門も堪え, 聞く鹿の音, 聞く鹿野つ, 聞くはしき, 聞く黄山やや近し, 聞く黒い魔物だ, 聞く黒人たちも妙