青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~ 聞かせ~ ~聞き
聞き~
~聞きました ~聞く 聞く~ ~聞け 聞け~ ~聞こえ 聞こえ~ ~聲 聲~ ~聴い

「聞き~」 4509, 49ppm, 2394位

▼ 聞き~ (951, 21.1%)

84 なって 33 なると 32 なりました 23 なりましたか 21 なったこと 18 なれば 15 なりますと 14 行った 13 来たの 11 なるの, 来た 10 来て 9 なった, なったでしょう, なつた, なる, 行って 8 なっても 7 なったの, なつて, なりまして, 行つた 6 なったん, なつたら, 来たん 5 なりませんか, なること, 来たもの, 行く, 行くの

4 [12件] きて, なっては, なりたいの, なりましたの, なりませんでしたか, 来る, 来る人, 行くと, 行こうと, 行ったの, 行ったもの, 行ったり

3 なった時, ならずに, ならない, ならないの, まわって, 來た, 行かう先づ今夜, 行くん

2 [37件] きた, けるかも, しが, なったとき, ならないから, ならない方, なり, なりましたから, なりました時, なります, なりません, なるかも, なるん, なる権利, なろうという, はいった, やつた, 伺いまして, 入れましょう, 入れます, 入れますかな, 出掛けるもの, 廻るの, 来たが, 来たので, 来たり, 来た時, 来ると, 来るの, 来る事, 来る者, 行かないかと, 行くこと, 行ったん, 行つ, 達しまする浄瑠璃芸題, 遣れば

1 [396件] いきました, いく, いった, いったこと, いったらまだ, いったら二つ, いったら改心, いったり, いったんです, いっても, いらしたあの, いらしてたわね, いらっしゃい, いらっしゃいませんか, いらつし, いれない約束, うか, おいで, お出でに, かけて, き, きたかの, きたの, きたので, きたもの, きたわけ, きたん, きた者, くらに, くるお, くるくらい, くるもの, くるんじゃ, くる婆さん, くる青年, くれば, ける子, ここに, この喧嘩, して, しての, だ行って, でかけたもん, でかけなければ, とこ, なったあと, なったお母さん, なったお話, なったかも, なったが, なったで, なったであろうか, なったもの, なったよう, なったらいくら, なったらお, なったらきっと, なったらさぞ, なったらと, なったらどう, なったらどん, なったらどんなに, なったらわかるん, なったらキット犯人, なったら却って, なったら定めし, なったら急, なったら私たち, なったり, なったわ, なったわけ, なったんで, なった上, なった事, なった事情, なった今, なった以上, なった子守唄, なった宮, なった帝, なった暁, なった王さま, なった篠崎君, なった若殿様, なった言葉, なった鈴, なった院, なっちゃ, なってさえ, なっての, なつたらし, ならうと, ならないうち, ならないけど, ならないで, ならないん, ならない事, ならなかったですか, ならなかったの, ならなかったん, ならなかつたの, ならなくっちゃ, ならなくて, ならぬか, ならぬかと, ならぬせい, ならねえか, なられたから, なられたでしょう, なられたな, なられて, なられましたか, なられましたな, ならんでも, ならん方, なりあたい, なりお前, なりこれ, なりすぐ, なりそうした, なりその, なりたいでしょう, なりたいと, なりたいとの, なりたいならば, なりたくないこと, なりたくないでしょうから, なりたくも, なりたく思召, なりとうございますか, なりながら, なりは, なりましたが, なりましたため, なりましたでしょう, なりましたでしょうな, なりましたね, なりましたらいかほど, なりましたらいっそう, なりましたらきっと, なりましたらさぞ, なりましたら今日, なりましてな, なりましても, なりますか, なりますから, なりますが, なりますの, なりますまい, なりますまいでご, なりますよ, なります価値, なります船, なりませんでしたかね, なり一議, なり夜毎, なり幼稚, なり御台所さま, なり意見, なり身, なるあなた, なるあなたがた, なるから, なるくらいの, なるため, なるだけ, なるでしょうし, なるので, なるは, なるもの, なるよう, なるより, なるよろしい, なる事, なる場合, なる院, なれます, なろうとは, まいったと, まいったの, まいります, まかりけるに, まかりて, まわっても, まわる競争相手, やった, やって来た, やらされたもの, やること, ゆかうと, ゆかなかった, ゆきとうとう, ゆくくらいの, ゆくこと, ゆくと, ゆくわけ, ゆく事, ゆく者, ゆこうとか, よこしたの, よこす, わざ, わざわざ小石川, ウンテル・デン・リンデン近く, 上げたん, 上ったん, 亭主が, 人々は, 來て, 來る, 來連絡の, 入った, 入れたいこと, 入れたいもの, 入れては, 入れとう存じます, 入れましたお, 入れましたの, 入れました通り, 入れましょうか, 入れますから, 入れますと, 入れまするは, 入れまする竹ヶ崎, 入れませう, 入れやしょうかな, 入れよう, 入れようと, 入れるでしょう, 入れると, 入れるまでの, 入れるよう, 入れるわ, 出かけたもの, 出かけて, 出かけますお, 出さぬ, 出た時, 出て, 出で, 出でも, 出掛けた, 出掛けて, 出掛ける時, 出荘, 出逢ったの, 別れて, 到るまで, 参った, 参ったの, 参った其の, 参りました, 参る者, 吾妻さんとこへ, 呼び付けられて, 回った, 大勢の, 姉の, 川の, 廻るべき顧客先, 往かなくても, 往くと, 往く訳, 往った, 御出, 御前わざわざ, 忍び込んで, 成つたん, 成られ候わば, 成りました, 成りませんか, 押懸け, 教会へ, 最後に, 来い, 来いと, 来いなんど, 来ただ, 来ただけ, 来ただけじゃ, 来たと, 来たという, 来たのよ, 来たよ, 来たよう, 来たらしい, 来たらよかろ, 来たら好い, 来たわけ, 来たわけぢ, 来たシモン, 来た事, 来た位, 来た勝安房, 来た女中, 来た新聞雑誌記者, 来た日本橋, 来た由, 来た男, 来た紳士, 来た給仕, 来とるに, 来なかった, 来ました, 来ましたが, 来ましたらありのまま, 来まして, 来ます, 来ますと, 来ようと, 来ようとも, 来られたの, 来られても, 来ること, 来るそう, 来るだろうと, 来るでしょう, 来るとか, 来るん, 来る商人, 来る娘, 来る居酒屋, 来る筈, 来る肴屋, 東京駅前の, 毎日往きます, 突き返すとき, 立って, 聞いたら可, 行かうかと, 行かうぢ, 行かないもの, 行かぬかと, 行かんと, 行きそれから, 行きたまえ, 行きました, 行きましょう, 行きましょう兄ちゃん今夜, 行きます, 行きますと, 行きも, 行きアラゴ, 行くからと, 行くだけ, 行くなり, 行くなりとて, 行くには, 行くので, 行くよう, 行くわけ, 行く人, 行く位, 行く所, 行く機会, 行く筈, 行く者, 行けない, 行こう, 行ったけど, 行ったけれど, 行ったことあれ, 行ったじゃあ, 行ったとき, 行ったなんて, 行ったので, 行ったらしかった, 行ったハルミ, 行った事, 行った兵隊たち, 行った国学者, 行った時, 行った時廊下, 行った水島, 行った清江, 行っても, 行つたあんまり, 行つただけ, 行つたのだつた, 行つたら分る, 行つた上り鼻の, 行つた頃何か, 行つてゐた, 行つてゐる, 行つて見よう, 見えた目明, 過ぎませぬが, 達します, 達しますこと, 達しまするの, 達する事, 遣せば, 遣たら何, 遣っても, 遣つて, 部屋へ

▼ 聞きながら~ (755, 16.7%)

33 私は 11 彼は 8 自分の 7 僕は 5 御心 4 半七, 歩いて, 目を 3 こんなこと, しずかに, 歩いた, 考へて

2 [32件] いまに, うと, お前が, これといふ, その姿, それを, そんなこと, ふと思出, ふと私, またうとうと, やはり僕, わたくしは, 一人で, 三造は, 二人は, 午前だけ, 唇を, 帳場の, 床の, 或る, 机の, 東京の, 次郎は, 火鉢を, 私が, 私の, 空海四十二歳の, 自分は, 読書でも, 豹一は, 身の, 静かに

1 [603件 抜粋] あした, あたりに, あとの, あるいはピアノ, あれこれと, いい心持, いかにわれわれ, いったらいつか故郷, いつか隣り, いつしか私, いつのまにか眠ったらしい, いろ, いろいろと, うかうかと, うつら, うつらうつらと, うつらうつら仮睡, うとうとしちゃった, うとうとと, うとうと眠っ, うろうろこんな, おかしさ, おもしろいので, お久美さん, お元, お十夜, お増, お清書, お絹, お艶, お芳, お茶を, お高, かの女, くだらない歌劇, くやしさ, ぐいぐい酒, こいつが, こうしたこと, ここには, ここへ, こそこそ食事, この寂しい, この小僧奴一錢, この広い, この曲, この石原, こんな取り止め, こんな広い, さう, さわって, しばらくまた, しばらく浅酌, しみじみと, しゃくにさわった, しょんぼり側に, じいつと, じっとがま, じっと目, じつと, すこしばかりの, せっせと糸車, せまい茶室, そう云っ, そう言っ, そこで凍えた, そっと箱, そのまま縁, その人, その役人, その指, その男, その裏, その顔, それとなく, それらの, ただ呆氣, たばこを, たわいない一人言, ついうと, ついうとうとする, つくづく心, つくづく自分, つれない仕打ち, であった, ときどき他愛, どうしても子供, どんなに豚, なおも考え続けた, なお庭, ひとり何ごとか, ひと寝入りする, ひと足ずつ, ふかい考え, ふとあの, ふと万燈, ぶらぶらと, へんな, ほっとし, ぼくの, ぽつりぽつり話, ますます物騒, まず年, まず母親, またすや, また圓朝, また彼, まだす, まだ縺れぬ, まだ行き会えぬ, もうこない, もう少し暖かい, もう応射, もとより宿賃, やがてスヤスヤ, やや暗く, ゆき子は, ゆったりした, ゆつくりと, よく足立, よし, よろい櫃の, わくわくと, わたしの, ゐた心, ウトウトし, エミルは, クーポールに, コゼットの, ストウヴの, セルギウスの, ソロソロと, ゾッとし, チビリチビリやる, トロトロいい, バーの, ビイルは, ビックリし, ビールを, マドレーヌ氏は, マンは, モンパルナスが, ラムネを, 一つかみ草を, 一口ずつ, 一夕の, 一夜を, 一日淋し, 一服しよう, 一考し, 七年の, 万歳を, 三田は, 上り下りの, 不思議な, 中学の, 久しぶりに, 九時が, 二十余年の, 二階の, 人知れず胸, 今は, 今昔の, 他の, 伸子は, 佇んで, 何か, 何やらぞ, 何度も, 余の, 余は, 余所事に, 俳諧に, 俺の, 傍で, 先生と, 先程お, 光安入道も, 八五郎は, 公園へ, 六年以前の, 共に眺め, 兵庫の, 出て, 切りと, 初めて女, 判事は, 加奈子は, 十二時過ぎまで, 十人ばかりの, 十年も, 千世子の, 半分眠っ, 半蔵は, 半蔵も, 卑狗の, 原稿の, 参詣せず, 又う, 又し, 双方に, 受取った徳富氏, 古い城門, 古谷君の, 右門は, 同時に忠告, 同時に決してなぐる, 君江は, 咽喉が, 唯もう穴, 喜村は, 嘉七は, 坐って, 坐つて, 埃に, 堪え難いよう, 境は, 外の, 外へ, 夜おそく, 夜が, 夜明け近く, 大きいガツテンガツテン, 大きなにぎり飯, 大胆不敵な, 天運の, 夫人の, 女たち三人の, 女の, 好い気持, 如何にも玄人, 妙な, 妾は, 定まりない, 宴席を, 家の, 家康は, 宿役人らしい, 寂しい旅寝, 寐入つ, 寝た, 寝て, 寝床の, 寝泊まりする, 対手が, 将に, 小熱い, 小説を, 小鳥の, 少しも, 少し体, 少女たちの, 尚ほ, 尼女房たちは, 尼寺へ, 居眠りを, 居眠を, 山中の, 岩の, 岩井町から, 崖の, 巌は, 巣の, 己の, 巻煙草を, 帰ったもの, 帰って, 平吉は, 平次は, 幸福な, 床屋の, 庫裡の, 形は, 彳で, 役所へ, 彼女は, 後の, 徐に旅程, 御坊が, 徳太郎と, 心を, 心強くも, 思うぞんぶん, 思った, 思はず不平, 思はず微笑, 思ひ出して, 思わず相対, 思案を, 悄然と, 感嘆し, 憤慨を, 手に, 手足を, 推したに, 掻巻の, 提灯を, 撫子が, 敦盛と, 新夫婦, 旅に, 旅らしい, 日あたりの, 早足に, 時々前, 時々同伴者, 時々針, 時に悲しい, 時を, 暗い中, 暗い庭, 暦を, 暫く歩, 曲りくねつた, 書いて, 書き止めたん, 最後に, 月ばかり, 本堂の, 本谷川を, 机に, 松原を, 柿の, 桃や, 案内者は, 梅朝は, 梅軒の, 梯子を, 楊次公は, 構成派の, 此の, 此土寂光の, 此處へ, 歩いたり, 歩きすすん, 歩く, 歯を, 死んで, 毛筆屋の, 気の, 気力な, 水中電話機から, 永らく世話, 沈黙つて女達の, 沢庵は, 波の, 泣き崩れる樣, 注意深く孔子, 浮舟は, 海を, 消えか, 涙ぐみたいやう, 深い眠り, 滑りがちな, 滝津瀬を, 漫然と幕, 無難に, 父さんは, 父宮の, 犬猫の, 狼狽し, 玄石は, 用水越に, 由斎は, 甲斐は, 男は, 町の, 番頭や, 痛いよう, 発火坑を, 登る大, 白墨で, 白足袋を, 白酒などを, 目では, 相島を, 眉を, 眠ったこと, 眠るでも, 眠るとも, 眺めたオレンジ色, 眼に, 眼は, 眼を, 睡りつ覚めつして, 睡入, 知らぬふり, 確かに, 磯屋の, 礼儀の, 神様に, 私自身が, 私達は, 秋に, 秋にな, 種子島で, 積日の, 空の, 空模様を, 窓掛けの, 窕子の, 立って, 笑って, 笑ひ, 箱の, 粉末スープを, 紋付が, 純粋な, 細君が, 絵を, 老人と, 聴診器を, 職人が, 肘掛窓の, 肩を, 胸を, 脾肉の, 腕組みを, 自分で, 自分に, 自分一人が, 自分等は, 良平は, 若い日本, 苦笑を, 茶々を, 草原に, 荷物の, 菊之丞の, 落着き払って, 蕗の薹の, 薄暗くなっ, 藤十郎は, 蚊を, 蚕婆は, 行っても, 行つた, 行為を, 表へ, 襤褸を, 西洋の, 見ずし, 見ること, 親子三人で, 言った言葉, 訊ねた, 詮吉は, 話し續けた, 詳細に, 谷中の, 走ったそう, 身代あらわれ, 輕く, 辷って, 退屈に, 逆に, 通つて来た, 進んで, 遊んで, 過去の, 遠くに, 遠く板橋回り, 酒に, 酒を, 野宿だ, 金五郎は, 金木も, 金鶏山の, 銀之丞が, 鍋の, 長三郎は, 間もなく私, 間もなく走水, 闇中に, 階下へ, 障子も, 障子を, 隠居から, 雲と共に, 青年時代まで, 青木大佐は, 静と, 静な, 靜かに, 頼朝は, 顔の, 顔を, 顔色を, 食事を, 飯田町の, 首だけ, 馬の, 駒井甚三郎が, 驚きも, 高い山, 高瀬が, 高谷君は, 魔海からの, 黙々とあと, 鼈四郎は

▼ 聞き~ (404, 9.0%)

4 これを 3 われは, 余は, 安穩

2 [22件] かれは, これに, すな, その声判然, ほ, 不心服, 俄かに, 其の監獄, 口を, 大に, 嬉しげ, 幼きもの, 心を, 我は, 我を, 白髪を, 眞を, 立腹致し候え, 落居たりと, 談笑, 驚けり, 黒き衣

1 [347件] あすは, あな不便の, ある人, ある女, ある女の童, あゝ許し給, いか, いきど, いくそたび蹉跌, いとおもしろき, いと異し, いふやう, うなづきぬ, えぐれえだ, えんだ, えんだあの, えんだやむを得ず, おいよ, おとなしう, おとなしううなづきし, おほ, おほい, おる, お登和嬢, かかるもの, かつは, かねてより, ぎつくりしてあたりを見廻す, げに珍, こたび, ことさらに, この上, さきに, さてはわが, さては前日, さては我, さては来, さまざまの, さらばその, しからば, しづかに, しばらく哀悼, し耳, そ, そのいづれ, その善き, その実, その晩, その最後, その發覺, その知るべ, そはい, ただちに狐狸, ただちに起こりたる, たちすくみぬ, ちりけもとより, はや飽き, ひそかに, ほほゑめり, また歌い, まづ, みだりに費す, みづから, みな愁眉を, もとなへ, よくよく思い詰めたる, よく忘れず, よそに, よほど心, よみたる一首, よみ侍りける, よめる, よめる歌, よりわが, よろこびて, わらはも, われ身を, ゐたりき, ゐたりき夜もすがら, アカイア軍勢に, アキリュウス悲憤の, アルゴスの, アレースは, エものだ, サンフランは, ステネロス馬より, ダンテの, ドローン, ビツクリ, ヘクトール悲哀の, ヘクトール手に, ヘレネーは, ヴィルジリオ我に, 一度その, 一度は, 一心にこれ, 一時に, 一聲ララと, 三人は, 三千余騎の, 下劑, 両手を, 二歩三歩ヂオメーデース後しざり, 人の, 人を, 人間と, 仇を, 今か, 今は, 今までの, 今日臣が, 今更に, 仏に, 仏を, 何らの, 佯らず, 來に, 保定失われ, 倉子は, 儒を, 優しき事, 先づ之より, 光代は, 其心肝を, 其情を, 其意義を, 再び帰省, 勇將お, 半黒, 南アフリカの, 危機既に, 去らん, 去る, 去れり, 友に, 受け入れよ, 古人某の, 可憐なる, 各々悟れ, 同房の, 向ひ, 吾慨憤する, 呵責に, 呻きつ, 咳きを, 哀感し, 哲学とは, 問ひ, 善き聲, 喜びて, 喜ぶ, 喜べるああ, 喝采の, 嘆稱の, 固くその, 城中に, 声泣くごとし, 夜の, 夜中ばかりに, 夜中虫声を, 大いにこれ, 大いに心, 大いに笑う, 大原より, 大圓, 大臣公卿に, 天に, 天若日子に, 太く打ちおどろき, 夫を, 妻君は, 妾は, 始めて, 始めて仰見つ, 婦の, 安心する, 安泰なり, 実と, 容易く順ひつ, 寂滅爲樂の, 寄せし所, 寺より, 寺院の, 尋ねまかりけるに, 小山が, 局長の, 崖頭に, 己の, 床の, 弟は, 彼は, 彼を, 彼我を, 待ち取らむと, 後ダンテは, 後下に, 後二詩人とともに, 後漸く少しく, 從はば, 從へ, 復た, 心に, 心臆し, 快からず, 思い出す昔, 思はず失笑せり, 思はず膝震, 思わず椅子, 急ぎて, 怨念胸に, 恐ろしさ, 悲し女, 悽惨の, 感嘆なし, 感得の, 感服せり, 憂ふるか, 憂慮する, 憂鬱し, 憐み, 憤慨せざる, 戎服を, 我に, 我初めて, 我涙は, 戯に, 戰鬪を, 戸を, 打ち喜び, 打笑, 打笑まれし, 扨も, 抑へん, 指図を, 敢て, 早くすでに, 明日の, 是等の, 昼飯を, 時うつす, 暮色の, 曰く世に, 曰く日本国の, 曰く是れ, 曰く柴や, 曰く社会の, 曰く近き, 曰はく, 曰ふ, 最後の, 最早家, 朝倉に, 松影に, 業を, 楽しむべく学者, 毫も他, 泣きけり, 泣きしは, 注文する, 泰助は, 海は, 渠は, 滿足せるなら, 火柱は, 父の, 狂は, 猶更, 甚く, 甚だ感嘆, 畏るる, 畏怖を, 留る敵, 留守番が, 異しめ, 疑わしきを, 疑解けたり, 病人は, 痛哭し, 目ざむれば果敢なき, 目を, 目科は, 目薬を, 直ちに醜婦, 眞先に, 知らんと, 知りたり, 知りたるやまぶきさ, 知りつ, 知りぬ, 知り申し候, 知るのみと, 知るべし, 知れれば, 神母に, 税を, 立ちとまり, 端なく, 笑を, 答へて, 絶倒す, 翁の, 胸つまり, 胸中に, 膝にね, 臍系生ず, 自身や, 興覚顔なり, 舎利弗食べた, 船のを, 芭蕉が, 若紳士, 苦痛を, 藻西太郎の, 衆は, 衆人皆, 行かで, 行くがね, 行なわざる人, 行先人の, 見わたす限り, 親戚ども打ち寄りし, 詠みてつかは, 誤らず, 諸呪師, 謳ふも, 賞翫し, 走り寄り, 走るの, 足が, 足れりと, 身を, 輓歌を, 還りぬ, 酒に, 閨房たち離れ, 降り來, 限なき, 音楽の, 飽かなく, 馳せ去りぬ, 騎士らは, 驚きさ, 驚き蜀山人, 驚ろき, 驚愕し, 高く笑, 黄金丸は

▼ 聞き~ (164, 3.6%)

10 しないで 8 して 7 しなかった 4 しない, しないのに, 知らぬこと 3 しないうち, しないん, しなかったし, しなかつた, せずに, 敢へ 2 しないこと, しなかったこと, しなかつたが, しなければ, するが, 果てずいかにも, 果てずに, 畢らず, 知らぬ三味線, 見も

1 [89件] あえず, あえず一喝, あえず孫策, あえず李粛, あえず私, あえず面, あへず, いたしましたし, いただきたいと, おわらず烏摩后, しず居たの, した, したいという, したが, したくなった, したこと, したし, したっけ, したの, したよ, したる人他国, した不思議, した人々, しないが, しないし, しない儘, しなかったか, しなかったが, しなかったの, しなかったほど, しなかった病気, しなかつたけれど, しなかつたやう, しなかつたんで, しねえでぶち, しました, しますが, しませんた, しよう, する, せう, せし通り, せずいわゆる, せずた, せずまた, せず女, せず見ぬふり, せず言われも, せぬけれど, せぬに, せぬ事, せぬ幽霊, せること, せん, せんのに, ならず其, 了らで, 入れなかった, 及ばずや, 及ばぬこと, 及ばぬ化鳥, 及ばぬ奇怪, 及ばぬ姓名, 叫びも, 同然だ, 得ず, 感じも, 敢えず, 果さず, 果てず叔母, 果てず梯, 果てぬに, 流されず, 涙ぐまれて, 済まさず若い, 片っ端から, 知らざる百円, 知らぬこと教, 知らぬ人, 知らぬ唄, 知りも, 習は, 聞かせも, 聞せも, 薄々察したであろう, 視も, 訖らで, 馴れっこ, 黙許で

▼ 聞き~ (119, 2.6%)

12 がし 8 通りの 6 通りだ 4 ような, 半七 3 がした, 通りです 2 とおりで, とおりです, 通りで, 通りで御座います

1 [71件] がしました, ことかも, ことで, ことと, とおりあの, とおりこの, とおりただの, とおりでございます, とおりでござる, とおりの, とおり何でも, とおり面目次第も, ところへ, ところまでで, また聞き, ように, よき鳴虫山, よろしさ, ガラッ八, 七兵衛でございます, 上にて, 上は, 上是非先生も, 上罪びと北条屋弥三右衛門にも, 不思議な, 事と, 仕掛を, 八つを, 出入り口から, 前で, 名折れに, 声に, 声らしく, 実状を, 平次, 役目を, 悪いこと, 意, 手に, 教育育成という, 方が, 早耳三次で, 来た時, 清廉さに, 素質の, 話である, 通りあなたの, 通りお, 通りこの, 通りじゃ, 通りその, 通りそれさえ, 通りでございまし, 通りでございます, 通りな, 通りブリュウテンツワイクさんは, 通り不浄役人ども駕籠先を, 通り久兵衛さんは, 通り人買共が, 通り其の, 通り小山の, 通り岡崎様の, 通り拙い, 通り明日から, 通り種々と, 通り誰の, 通り近頃は, 通り途方も, 酒屋の, 陳述である, 面汚しである

▼ 聞き~ (59, 1.3%)

322 ふを

1 [25件] え馬, はざること, はんずる御, ひけん, ひけん物ぐる, ひしこと, ひしより, ひし何, ひし母上, ひそ, ひて, ひ喜ぶこと斜, ふな, ふならん, ふべき筋, へとてわれ, へや, へや女性, へよも, へ人, へ我, へ此世, へ義理, へ而, へ聞き

▼ 聞きその~ (54, 1.2%)

2 華やかな

1 [52件] あいだほんの, あとで, かすかなおののき, ときは, めでたさ, カテリイヌを, 一種奇妙奇怪なる, 三回床を, 主人の, 事件について, 二三日の, 人は, 仕掛けは, 儘東京へ, 先き, 光景を, 受けるだけの, 合間に, 噂を, 変化の, 夜は, 夜木槐に, 奇異なる, 女に, 姿を, 婦これに, 寄添ふ, 影響を, 憂うる, 文字を, 方角に, 時分珍しい, 様子を, 物語めいた, 犬を, 生徒の, 画家が, 眼には, 祖先に, 積りで, 笛の, 終るの, 背後から, 背後を, 船の, 行を, 話が, 返事を, 部将たちに, 重大性に, 騾の, 麗わしい

▼ 聞きつつ~ (47, 1.0%)

1 [47件] あはれ, あり, あるお, あること, ある私, うっとりと, うつつの, この上, これを, しきりに小声, ときどきぴくぴくと, やがて大, 一方では, 中庭の, 仮寝し, 何か, 停車場を, 参右衛門と, 双の, 妻は, 宝石商は, 居間の, 山という, 左右に, 布施を, 彼が, 微笑みたり, 思わず自分, 思案した, 我等は, 数百の, 新富座を, 早くまず, 梔子の, 梶は, 淀屋と, 眠る夜, 睨む真似, 矢代は, 私は, 秋の, 空想に, 自分が, 薪を, 起きて, 金色の, 驚きも

▼ 聞きまた~ (40, 0.9%)

2 かの夕べ大臣

1 [38件] かたらんとお, きのうの, ことづてを, この原因, その家臣, その昔, その書簡, その頬, なお今日戦争, マリアの, 一面萩原君の, 他からも, 仰天した, 依頼も, 光を, 公所の, 写真屋を, 国宝の, 國寶の, 土人達の, 孔明の, 宗祇の, 川原を, 帝の, 彼等の, 感服した, 未だ曾つて嘘, 本気とも, 洋楽の, 甲斐方面や, 直義からの, 聞き上手, 自分からも, 自分でも, 船長から, 逃げ出す, 途中の, 魯粛の

▼ 聞きにな~ (30, 0.7%)

7 つても 2 つたのでも, つてから

1 [19件] つた, つたのださう, つて, つてお, つてその, つてそれも, つてもはや, つてゐました, つて一人の, つて使を, つて兵士を, つて声を, つて大, つて大いに, つて御覧なさい, つて腹を, つて落馬せん, つて逃げ, つて驚い

▼ 聞き~ (30, 0.7%)

6 くない 3 いの 2 いと思い, くて

1 [17件] いとは, いと云い, いと思ふ, いと言, いねえ, いもんだね, い丈, い者, うございます, えが, かつた, がって, がつた, くって, くなるもの, くねえや, ない

▼ 聞き違い~ (29, 0.6%)

4 だろう 2 がある

1 [23件] かしら, かと思い直し, かと思っ, かも知れない, したらしく, しても, じゃない, だったの, だと, であろう, でございましょう, でございましょうと, ではございませぬ, ではない, ではなかっ, ではなかったろう, でもした, ということ, としてもその, はない, もあった, もあろう, をする

▼ 聞き~ (27, 0.6%)

3 へた 2 ひ, へだらう

1 [20件] ひかと, へが余り沢山, へが国語, へたらしい, へたる, へて, へてそんな, へて使, へて勝手, へて太一郎, へて感じた, へて結局彼, へて西洋人, へまだ, へられる, へるといふ, へるほどの, へるやう, へをし, へ聯想

▼ 聞き~ (26, 0.6%)

4 願います 3 使って 2 出して

1 [17件] さきに, さめ, したら分りましょうが, した山, して, する高, つかまえて, つとめるの, ねがうこと, はりし時, へて, り候ひき, る朝, 全国的に, 廃した, 引きつれて, 願う

▼ 聞き~ (26, 0.6%)

6 をする 2 をし

1 [18件] からいう, がたいへん, がシツコ, が悪かっ, が惡, が變, であろう私, にあるであろう, によっては何, によっては非常, に実は, はないでしょう, は何, もあの, も不作法, をいかにも, をなさる, を知らない

▼ 聞き~ (25, 0.6%)

6 さりませ 2 さいったら, どす

1 [15件] あけすけに, あの通り, いう事, こういう訳, さりましたか, さりませ滝, さるれ, はったか, はれ, はれあなた, ほした, ほし給, 可い, 悪いこと, 聞きな

▼ 聞きながらも~ (25, 0.6%)

2 槇氏は, 私は

1 [21件] さっきから, そう思った, その事, その場合場合, その後の, だんだん興味, またその, 一方では, 一方上役, 何気なく一番初め, 俊夫君は, 僅に, 全くそうだ, 友二郎の, 各, 始めて, 平気で, 日一日と, 時々こちら, 本艇の, 見たところふだん

▼ 聞き~ (24, 0.5%)

3 しない今夜 2 しない, しなかった

1 [17件] しないか, しないかね, しないかを, しないのよ, しなかったかという, しなかったろうさ, しなかつたか, しなかつたけれど, しませんでしたか, せんが, できません, みな, スーツ, 横合いから, 総がかりです, 聞いたが, 非常な

▼ 聞き~ (23, 0.5%)

4 りの 2 ったの, って来た, つたこと

1 [13件] ったこと, った時事, った理屈, っていた, っている, ってきた, って居る, って風呂場, りで, りで平次, りに, り例, り式

▼ 聞きよう~ (22, 0.5%)

3 によれ

1 [19件] が悪い, ですよ, によっていろいろ, によってこれ, によってどの, によってはこの, によってはずいぶん, によってはとうとうと, によっては一種, によっては勝ち誇った, によっては自暴, によっては詩, によっては頼み, によって算盤, に依, のない, もない, をする, 聞きまね

▼ 聞き~ (19, 0.4%)

2 お聞き

1 [17件] あれ柳ちゃん, あれ柳ちや, この旦那, そりゃ能, たくさんの, ばあちゃん, まあどうだろう, セリョージャ, ピータア, 三ちゃん, 今私は, 心配な, 此を, 此間伯父さんへ, 私が, 足音が, 閧の

▼ 聞きては~ (18, 0.4%)

2 我輩深く

1 [16件] あまりに恨めしく, こらえかねたる怒気, それも, なぜかう, ますます嬉しから, ゐたれど, 即ち位, 大いに喜び, 奚んぞ, 庄太郎安から, 心も, 快なり, 或課題, 皆口を, 眉を, 遠い昔

▼ 聞きそれ~ (17, 0.4%)

1 [17件] から縞, から黙っ, がいつも, が自分, によって歌, に従って映画, に心, に続い, に迎合, の用意, はまんざら, はもちろん, は姑, もならぬ, をカルテ, を心あて, 申したが

▼ 聞き~ (16, 0.4%)

8 つてゐた 3 つてゐる 1 つた, つたさびしい, つてるらし, つてゐました, つてゐます

▼ 聞きちがい~ (15, 0.3%)

4 ではない

1 [11件] かと思っ, か紹介者, じゃない, すんな, だったな, だったのよ, だよ, でしょう, でなけりゃ結構, のよう, をした

▼ 聞き~ (14, 0.3%)

7 えの 2 えが 1 えしなり, えたきり, えた言葉, えて, えで

▼ 聞きもの~ (13, 0.3%)

41 だぜひ, だったよ, だと, だね, だ何処, で, ですね, なり, もあろう

▼ 聞き知つて~ (13, 0.3%)

1 [13件] その歸朝, はゐた, ゐたが, ゐたの, ゐたので, ゐた神経病科, ゐる物, 大いに驚き, 居たで, 居た処, 居りましたが, 居るだらうと, 居る處

▼ 聞き~ (13, 0.3%)

1 [13件] といちど, に竿, の考, の言う, はそぞろ, はびっくり, は先ず, は心ときめき, は恟, は胸, は表, もその, も店員

▼ 聞きそう~ (12, 0.3%)

2 して 1 なもの, な顔色, にしない, にない, には思われなかった, にもない, にもなさらない, にも為, もない, 先走られると

▼ 聞きもし~ (12, 0.3%)

5 見も 2 語りも 1 またお, また自分, 具足屋の, 話も, 調べも

▼ 聞きわけ~ (12, 0.3%)

11 のない 1 のつかぬ

▼ 聞きねえ~ (11, 0.2%)

1 [11件] けちりん, その侍, まア此処, 伺いやすがね, 勇さんが, 厭味も, 大名役人役人役替えさせやす, 実はその, 旦那が, 江戸近の, 親なり

▼ 聞き~ (11, 0.2%)

8 れて 1 れた, れながら, れる位

▼ 聞き~ (10, 0.2%)

2 ぢり, 太吉は 1 ぬる雨戸, へす, へすと, へす暇, 太吉, 悩まん

▼ 聞きこの~ (10, 0.2%)

1 つぎの, 上の, 上も, 像を, 奇現象すべて彼が, 年人を, 方は, 花の, 苛烈な, 英姿を

▼ 聞きこれ~ (10, 0.2%)

1 が鎮撫, に手向はん, に独創, はうまい, は一大事, もあたふた, も必要, を求むる, を試み, を違えれ

▼ 聞きても~ (10, 0.2%)

1 あながち恐る, ずいぶんその, ふと思ひ, 之を, 分ること, 又直ちに, 打腹立たず, 敢えて怖, 父か, 自ら心を

▼ 聞き~ (10, 0.2%)

1 に思, のところ, の亀岡甚造氏, の心, の性質, の気分, の自白, の身, は真暗, は禁門

▼ 聞き澄し~ (10, 0.2%)

3 ていた 21 ても間違い, てゐた, て居る, て捕えよう, て莞爾

▼ 聞き~ (10, 0.2%)

5 して 1 した, した上, しわしたち, し山野夫人, すところ

▼ 聞きたり~ (9, 0.2%)

1 けむ, けん分, し伝内, ないほど, やと, 但し命運我, 彼は, 故に信じ, 斯る

▼ 聞き~ (9, 0.2%)

2 つた上に 1 いはれた美しい, そうおっしゃる, つた彼の, つて後手古奈の, 云うと, 言われたなんて, 言われるし

▼ 聞きやう~ (9, 0.2%)

2 によ 1 からがい, がない, では, で何と, に依, に由つて, をする

▼ 聞き~ (9, 0.2%)

1 それについて, 人の, 保さんに, 兼て, 前の, 君子の, 此の, 自分に, 自分も

▼ 聞き誤り~ (9, 0.2%)

1 かそれとも, か記憶違い, たるなれば, ではない, で御, ならん, なりとすれ, のこと, もあらう

▼ 聞きかへ~ (8, 0.2%)

4 した 3 しました 1 して

▼ 聞きづらい~ (8, 0.2%)

2 ことでしょう 1 ことでござろう, ことの, でしょうが, ものでない, 思いを, 細かな

▼ 聞き~ (8, 0.2%)

2 ひぬ, へば和歌 1 ひしかど, ひしが, へば今更, へば今更取り出

▼ 聞き~ (7, 0.2%)

1 ッた, 別れに, 妙さん聞こえるだろう, 峰は, 怒りに, 浦を, 高祖頭巾を

▼ 聞き~ (7, 0.2%)

2 がれ 1 あがるん, はらいでも, はりましてん, 得まし, 無理は

▼ 聞き~ (7, 0.2%)

3 された 2 されたり 1 して, し得る

▼ 聞き~ (7, 0.2%)

1 へたり紙上, へたれ, へてゐない, へて折々, へて殆ど喪中, へて田圃, への目録

▼ 聞き込み~ (7, 0.2%)

1 が頻々, であった, の当て, もなかっ, をやっ, を得た, を要約

▼ 聞きぐる~ (6, 0.1%)

2 しい, しいぞ 1 しいこと, しい恥

▼ 聞きそして~ (6, 0.1%)

1 いつまでも, その舞台, それは, 夕靄の, 彼の, 鋭い質問

▼ 聞きながし~ (6, 0.1%)

2 わたくしは 1 そのまま関, を, 大和守と, 心とも

▼ 聞き~ (6, 0.1%)

1 うかして, かしみじみ, か不安, か昨今, という残忍, を見

▼ 聞き~ (6, 0.1%)

2 くる事 1 き難き, くること, くると, くる位

▼ 聞き~ (6, 0.1%)

2 けになりません 1 けられたで, け下す, け遣, け難き

▼ 聞き~ (6, 0.1%)

5 つた 1 つたあの

▼ 聞き~ (6, 0.1%)

2 のある 1 がある, へある, へたい希望, への極めて

▼ 聞きあの~ (5, 0.1%)

1 お方の, ような, 人の, 萬福寺の, 通り暴民共が

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

3 来て 1 きする私, 来るだろうから

▼ 聞きさては~ (5, 0.1%)

1 とこの, と臍, 今朝あいし, 江田源蔵殿なる, 足下に

▼ 聞きたま~ (5, 0.1%)

41

▼ 聞きつた~ (5, 0.1%)

1 へし, へてあちこち, へてやつ, へて毎年方々, へて誰

▼ 聞きとつ~ (5, 0.1%)

41 たこと

▼ 聞きとも~ (5, 0.1%)

1 ないそれ, ないバッカリ, ない見たく, ない願事, 無いと

▼ 聞きどころ~ (5, 0.1%)

1 つかまえどころ, ですよ, による, の, 聞きませう

▼ 聞きにくい~ (5, 0.1%)

1 ことばで, でしょうけど, までに言っ, 噂が, 男だ

▼ 聞きには~ (5, 0.1%)

1 なりたくは, 侠勇らしい, 天地を, 有力な, 行かなかったが

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

4 たつた年月 1 ぶる軒

▼ 聞き上手~ (5, 0.1%)

1 であり性質, である, とでも言おう, なのに, な態度

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

1 はもう, は心安しとお, またこの, 来訪名刺の, 迄屏息

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

1 に謂, はこれ, は仙巌浦, は初めて, は驚かざる

▼ 聞き古し~ (5, 0.1%)

2 て紛々 1 たこと, た同じ, た母

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

2 た, ている 1 るる浪子

▼ 聞き済み~ (5, 0.1%)

1 くださるまいか, でございましょうか, のほどを幾重にも, を下され, 無く候

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

2 で見 1 には物, に見る, を開き

▼ 聞き~ (5, 0.1%)

2 の貝 1 にも見, に漢室, に見る

▼ 聞き自分~ (5, 0.1%)

1 の年齢, の考え, の魂, は今や, も賭場

▼ 聞きあるいは~ (4, 0.1%)

1 みずから工夫を, 人の, 絵画写真にて, 触覚上亡者の

▼ 聞きかた~ (4, 0.1%)

2 がある 1 に彼女, をした

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 したまま, した地方人, した如く床しく, へ致せ

▼ 聞きたまえ~ (4, 0.1%)

1 や, 今アンジョーラ, 実はこう, 読むからね

▼ 聞きつつも~ (4, 0.1%)

1 ただに, 六甲おろし, 弦之, 矢代は

▼ 聞きでも~ (4, 0.1%)

2 すると 1 ござろう近ごろ珍, するよう

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 いま, えと云, えッてこ, くるる

▼ 聞きもしや~ (4, 0.1%)

2 と思っ 1 と存じ, 兄が

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 った彼, り, りうなづきました, りて

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 いたよ, きて, きましたね, きも

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 じって, っていた, って居る, って来

▼ 聞き彼等~ (4, 0.1%)

1 が猟, の仲間, の眼, の質問振り

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

2 に触れ 1 に触れる, もて触れ得なくなる

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 くな, ったと, ったの, はない

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

2 までデモクラシイ 1 の乳首, の懐

▼ 聞き知つたの~ (4, 0.1%)

1 かも知れません, である, は彼, は意外

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 かと思え, だ, にはこんな, に奢る

▼ 聞き~ (4, 0.1%)

1 い投げて, にしむ, を躍らし, 振いし

▼ 聞きある~ (3, 0.1%)

1 いて, ところは, のか

▼ 聞きいい~ (3, 0.1%)

1 といふこと, よねえ, 気に

▼ 聞きかじつて~ (3, 0.1%)

1 ゐたので, ゐる明治以前, 来たに

▼ 聞きかつ~ (3, 0.1%)

1 もしこの, 聴きして, 行なう人

▼ 聞きさえ~ (3, 0.1%)

3 すれば

▼ 聞きさらに~ (3, 0.1%)

1 その男, また小判買い, 大江戸を

▼ 聞きすぐ~ (3, 0.1%)

1 にも駈けつけ, に片桐さん, 急行列車

▼ 聞きそこ~ (3, 0.1%)

2 へ段六 1 に別箇

▼ 聞きそれから~ (3, 0.1%)

1 思いつめたよう, 改めてこの, 旅先で

▼ 聞きたりと~ (3, 0.1%)

1 いへば, せば, 見えて

▼ 聞きつる~ (3, 0.1%)

1 にみ, を, をと更に

▼ 聞きなお~ (3, 0.1%)

1 その競争, 退治の, 鳴海に

▼ 聞きなど~ (3, 0.1%)

1 いたさい, した, したもの

▼ 聞きにも~ (3, 0.1%)

1 なりましたでしょうが, なりますまいが, 往かない

▼ 聞きひそか~ (3, 0.1%)

1 にその, に夢, に是

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

1 がへ, へん, へんの

▼ 聞きやがて~ (3, 0.1%)

1 嬉しそう, 室町付近より, 自分の

▼ 聞きやつ~ (3, 0.1%)

1 た様, た樣, と探し求め

▼ 聞きよい~ (3, 0.1%)

1 のである, のを, もので

▼ 聞きわが~ (3, 0.1%)

1 屍を, 母上ここに, 病の

▼ 聞きわたし~ (3, 0.1%)

1 はおまえたち, もその, をなぐさめ

▼ 聞き一人~ (3, 0.1%)

1 が饒舌つて, のお母さまゆえ, の人間

▼ 聞き乍ら~ (3, 0.1%)

1 歩いた, 瞬く間, 美しい日輪

▼ 聞き今日~ (3, 0.1%)

1 こそ身, の世相, の寄手崩れ

▼ 聞き全く~ (3, 0.1%)

2 ロビンソンの 1 身の

▼ 聞き其の~ (3, 0.1%)

1 人と, 父の, 頃は

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

1 はす, ひまして, ふやう

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

1 は雲間, を日, を更かしました

▼ 聞き大いに~ (3, 0.1%)

1 その不幸, 啓発を, 驚きそれと

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

1 のごとき, の如く決定, の耳

▼ 聞き度いもの~ (3, 0.1%)

2 ですね 1

▼ 聞き度くも~ (3, 0.1%)

1 なしだ, 有り聞き度くも, 聞かせ度くも思つて

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

1 って精しく, って見る, て之

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

1 つるもの, にもなりません, に痛

▼ 聞き早速~ (3, 0.1%)

1 そこを, その子, その通りお祈り

▼ 聞き更に~ (3, 0.1%)

1 フランス租界の, 人を, 書き改め時に

▼ 聞き~ (3, 0.1%)

21 え真理

▼ 聞き給はず~ (3, 0.1%)

1 とも言, や, やと

▼ 聞きあなた~ (2, 0.0%)

1 の不, の科学的動作

▼ 聞きあれ~ (2, 0.0%)

1 はこの間雪峰チーセ, を歌

▼ 聞きいま~ (2, 0.0%)

1 では味方, 又こうして

▼ 聞きいまだに~ (2, 0.0%)

1 心に, 明瞭に

▼ 聞きおのれ~ (2, 0.0%)

1 の死, も実業家

▼ 聞きかじッ~ (2, 0.0%)

1 ている, て横磯

▼ 聞きくだ~ (2, 0.0%)

1 さりませ, さりませこの

▼ 聞きぐるしき鼻音~ (2, 0.0%)

2 の減退

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 ふの, ッと

▼ 聞きしかも~ (2, 0.0%)

1 これを, 身重の

▼ 聞きしも~ (2, 0.0%)

1 今朝見れ, 筧の

▼ 聞きじゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんでしたか, ないの

▼ 聞きすこし~ (2, 0.0%)

1 ばかりの森, 腫れぼったくなり

▼ 聞きっ放し~ (2, 0.0%)

1 でいい, にならねえ

▼ 聞きつら~ (2, 0.0%)

2

▼ 聞きてに~ (2, 0.0%)

1 何等の, 聞きて

▼ 聞きての~ (2, 0.0%)

1 役に, 道誉には

▼ 聞きてや~ (2, 0.0%)

1 おはさむ, おわさん

▼ 聞きとか~ (2, 0.0%)

1 岡っ, 目明しとかいう

▼ 聞きともすると~ (2, 0.0%)

2 途中で

▼ 聞きどうも~ (2, 0.0%)

2 あれは

▼ 聞きながらに~ (2, 0.0%)

1 やりに, 翻訳も

▼ 聞きなどが~ (2, 0.0%)

1 凡骨が, 油を

▼ 聞きなどの~ (2, 0.0%)

2 雅賞にも

▼ 聞きなよ~ (2, 0.0%)

1 かわいいリーゼ, それからお菓子

▼ 聞きにでも~ (2, 0.0%)

1 成った事, 行こうかという

▼ 聞きひどく~ (2, 0.0%)

2 狼狽した

▼ 聞きふたたび~ (2, 0.0%)

1 その人, 頬を

▼ 聞きまち~ (2, 0.0%)

2 がへた

▼ 聞きまで~ (2, 0.0%)

1 みんな河の, 人を

▼ 聞きよく~ (2, 0.0%)

1 もある, 知りぬいて

▼ 聞きよって~ (2, 0.0%)

2 もって

▼ 聞き一つ~ (2, 0.0%)

1 の声, の身振り

▼ 聞き一夕これ~ (2, 0.0%)

1 を聘し, を訪う

▼ 聞き一方~ (2, 0.0%)

1 には旧, には興奮

▼ 聞き一見~ (2, 0.0%)

1 せんと, を求

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 さりましょうただ, すったこと

▼ 聞き且つ~ (2, 0.0%)

1 書くべき設備, 答えること

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 を併呑, を評論

▼ 聞き乍ら平次~ (2, 0.0%)

1 は手早く, は縁側

▼ 聞き乍ら筆~ (2, 0.0%)

2 を動かし

▼ 聞き二人~ (2, 0.0%)

1 に押さえられ, は別れた

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 におい, は笑う

▼ 聞き他人~ (2, 0.0%)

1 に会い, を細々

▼ 聞き伝え~ (2, 0.0%)

1 で或は, にし

▼ 聞き何となく~ (2, 0.0%)

1 彼我風俗の, 悲しく感じ

▼ 聞き何度~ (2, 0.0%)

2 もまごつい

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 と色, なき闇

▼ 聞き初めて~ (2, 0.0%)

1 も一向, 虎井夫人の

▼ 聞き初夏~ (2, 0.0%)

2 の永い

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 刻国手が, 夕の

▼ 聞き同じ~ (2, 0.0%)

1 ように, 土地の

▼ 聞き噛つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, 居るお

▼ 聞き多く~ (2, 0.0%)

1 の人, 楽しむという

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 守劉璋は, 恐怖を

▼ 聞き大きに~ (2, 0.0%)

1 感心な, 驚き

▼ 聞き大川~ (2, 0.0%)

2 でも魚

▼ 聞き夫婦~ (2, 0.0%)

1 になった, は勇ん

▼ 聞き女房~ (2, 0.0%)

1 が物言はん, 答えて

▼ 聞き姫君~ (2, 0.0%)

1 が女王様, は自分

▼ 聞き姿~ (2, 0.0%)

1 も見, を見よう

▼ 聞き孔明~ (2, 0.0%)

1 は麺, を呼ん

▼ 聞き実に~ (2, 0.0%)

1 めでたいという, 得る所

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 の主人, も学校

▼ 聞き宿~ (2, 0.0%)

1 の番頭, の老人

▼ 聞き小さな~ (2, 0.0%)

1 復讐は, 汽車に

▼ 聞き少年~ (2, 0.0%)

1 が思いがけない, のエドワアル

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 の顔, れの

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 の厚恩, を帥

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 から直に

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 きて

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 でございますから

▼ 聞き忽ち~ (2, 0.0%)

1 先を, 忘れて

▼ 聞き悪い~ (2, 0.0%)

1 ところを, 所を

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 のすき, を排

▼ 聞き手土産~ (2, 0.0%)

1 として持っ, として持つ

▼ 聞き振り~ (2, 0.0%)

1 だった, むいて

▼ 聞き政府~ (2, 0.0%)

1 と人民, 及び教会

▼ 聞き時々~ (2, 0.0%)

1 低い沈着, 彼の

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 に体, を上り

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 によってはどちら, をした

▼ 聞き次に~ (2, 0.0%)

1 反対側を, 自由奔放な

▼ 聞き深い~ (2, 0.0%)

2 息を

▼ 聞き深く~ (2, 0.0%)

1 この点, 余の

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 すと

▼ 聞き無理~ (2, 0.0%)

1 にお, に頼ん

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 なきに, も試し

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 はいや

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 りこんど, りて

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 し永い, し難く

▼ 聞き知つた~ (2, 0.0%)

1 であらう, と見え

▼ 聞き終つて~ (2, 0.0%)

1 からいつた, からこの

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 でおれ, です

▼ 聞き自ら~ (2, 0.0%)

1 望んで, 訪れて

▼ 聞き自身~ (2, 0.0%)

1 でも御, のま

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 と客

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 がその, を見た

▼ 聞き餓え~ (2, 0.0%)

2 疲れて

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

1 るるの, るれば

▼ 聞き~ (2, 0.0%)

2 を視

▼1* [723件]

聞きお妙さん, 聞きあえて父の, 聞きあかない思ひ, 聞きあらゆる方面からの, 聞きあゝ己は, 聞きいかなる心懸け, 聞きいくらかメモ, 聞きいくらか腕前が, 聞きいちいち自分の, 聞きいちずに狐, 聞きいつか彼女の友だち, 聞きいまだかつてあらずと, 聞きいやこの忠相, 聞きいよいよ傾注すれ, 聞きいよいよ益々憂憤す, 聞きいわく今は嘆く, 聞きうまそうな, 聞きおいしいお菓子を, 聞きおおいにきまりわるく, 聞きおきを願いまする, 聞きおしまいにはセルロイド, 聞きおじをする, 聞きおん身の聲, 聞きお下げ渡しを願い, 聞きお前えらい考え違い, 聞きお前さんはこの, 聞きかかる暴政の, 聞きかくて名号, 聞きかじつて知つて, 聞きかじつて草双紙の中, 聞きかつて見たものの, 聞きかの時の, 聞きかも知れぬが, 聞きがたく善心の, 聞きがたしとの贅沢, 聞きけむ龍榻に, 聞きけれどかの客, 聞きこそすませ美し, 聞きこちらで聞きいたしました, 聞きこぼれがない, 聞きこれから始終この殿様, 聞きたへが, 聞きごころよきひぐらし, 聞きごたえがある, 聞きさうな事です, 聞きさめざめと泣き出した, 聞きさらばとて人, 聞きしばらく祈念を, 聞きしるわがこころ, 聞きががき, 聞きすっかり怒って, 聞きすでにおきせは, 聞きすべての人, 聞きずみ願いたいん, 聞きそうしてそこに, 聞きそくなっても, 聞きそこここに陽気, 聞きそこで一書を, 聞きその後に住ん, 聞きそれでなお自分の, 聞きそ音をな聞き, 聞きこないじゃ, 聞きたき様を詠む, 聞きたちまち薄汚いベンチ, 聞きたてなん, 聞きたまえここにこの, 聞きたまえ人ばかりで, 聞きたまえ僕はアンフィアラウス, 聞きたまえ地に一つ, 聞きたまえ月十円ずつで六百円, 聞きたまえ汝以前にはかつて, 聞きためしにいった, 聞きたりけむ言う声, 聞きたりといふ外一毫も, 聞きだからどうかと, 聞きちょっと嬉しくなっ, 聞きちょっとした親しげ, 聞きっぱなしにする, 聞きついに得入らずし, 聞きつつぞ西洋の, 聞きつつもけふの, 聞きつつをれば, 聞きつやと君, 聞きつれの娘, 聞きてが私一人の, 聞きてさえ躍るを, 聞きてだに絶叫する, 聞きてっきりあれは, 聞きてつきりあれは, 聞きてよりは自から, 聞きとうてい関羽に, 聞きとうとう私も, 聞きとが向い合って, 聞きときに俊敏, 聞きときおりパイプの, 聞きところでそこに, 聞きとは存じますが, 聞きとりを願います, 聞きとりあえず宵には, 聞きどうか直に此処を, 聞きどうして中納言までが, 聞きどころ眼のつけどころ, 聞きどっちかと云え, 聞きどもが用人, 聞きなかったか, 聞きながらと見こう, 聞きなしたまひ, 聞きなぞに拾われる, 聞きなどは寒中に, 聞きなどを呼入れて, 聞きなほそれにても飽き, 聞きなんす, 聞きなんかするもん, 聞きなんせんが, 聞きにくかつた, 聞きにくくは思わなかった, 聞きにしが, 聞きにては聞きちが, 聞きねえってことよ, 聞きのしのついた, 聞きはっと思ったの, 聞きはるばる尋ねて, 聞きが悪い, 聞きひたすら茶境に, 聞きひとたび実見に, 聞きふうなの, 聞きふだんお酒, 聞きふと首を, 聞き註文を, 聞きほかの汽車, 聞きほんとに驚いて, 聞きぼく達が承諾, 聞きまこと同情に値する, 聞きまちがいかと思った, 聞きまねに口, 聞きみんなてんでん, 聞きみんな積み荷を放りだし, 聞きむしろこの機, 聞きもう一生逢えない, 聞きゃおめえの扮装が悪い, 聞きやたらに欲, 聞きやァ何でも私, 聞きようしだいで随分, 聞きようよう今日道純と, 聞きよかったと, 聞きよかろうと, 聞きよそながら歓んで, 聞きよろしいという返事, 聞きわが身につまされる, 聞きわずか十八戸の, 聞きわれも請, 聞きわれらあきれて, 聞きわれわれを醒覚, 聞きアキリュウスの慟哭, 聞きイヤ夫はお, 聞きエポニーヌの額, 聞きエミイをしかりました, 聞きエレベーターだって五十人, 聞きカッとし, 聞きコ府の門跡, 聞きサフィーといっしょ, 聞きシエーナ市中央のピアッツァ, 聞きヂュウスの救, 聞きドイツで出した, 聞きニーチェを攻撃, 聞きフムフムといい, 聞きフランスのうち, 聞きフランチェスコ派の我, 聞きボシュエの姿, 聞きマリアの菫花, 聞きラレイはむっと, 聞きレコードを聞かせ, 聞きロンドンに招い, 聞き一たび往いて, 聞き一同は言葉, 聞き一度唱えると, 聞き一時を聞きました, 聞き一緒に勉強, 聞き一言も雑, 聞き一面にはその, 聞き丁度南昌に, 聞き万一大事な, 聞き万籟寂たるとき, 聞き三次ちょっと細工, 聞き三津五郎が鮨売, 聞き三豕は己亥, 聞き上京の許, 聞き下女に聞き, 聞き図光永寺の, 聞きの幽寂, 聞き丹治は眼, 聞き乍らお家の方, 聞き乍ら丑松は蓮華寺, 聞き乍ら久方振りで眺められる, 聞き乍ら別の事, 聞き乍ら前年護謨林に従事, 聞き乍ら只管自分が跳躍, 聞き乍ら場所柄を超越, 聞き乍ら寺で謠曲會, 聞き乍ら心を澄し, 聞き乍ら手紙を書く, 聞き乍ら殆んど, 聞き乍ら氏の手, 聞き乍ら病院に居る, 聞き乍ら皆呑気に夜, 聞き乍ら眼の前, 聞き乍ら蒔の未だ, 聞き乍ら金亀楼の前, 聞き乍ら静かに自分, 聞き乍ら食つた, 聞き乾児をまとめ, 聞きの眞, 聞きの金竜, 聞き二たびの夏, 聞き二三こっちを眼がけ, 聞き二時を聞いた, 聞き五萬餘の士卒, 聞き五風十雨の喜憂, 聞き人穴城のもの, 聞き人間はなあ四十, 聞き今や集まって, 聞き今年のうち, 聞き今度生まれた孫, 聞き今後の世話, 聞き今後なにかの手蔓, 聞き今更と思う, 聞き今般御上洛, 聞き仏蘭西英吉利を歴訪, 聞き仏語文法書のかげ, 聞き仕方がない, 聞き仕置場の番小屋, 聞き他国より使, 聞きて稚児, 聞き代官のあと, 聞き仲間でも三甚, 聞き伊藤公使の脳裡, 聞き会場に行き, 聞きはれて, 聞きのもの, 聞き佐久へ来た, 聞き佐藤氏がアメリカ, 聞きをひ, 聞き何で泣かるるか, 聞き何と御慰め, 聞き何ら反省の, 聞き何物にもかえ, 聞きふが, 聞き保さんが五百, 聞き信仰心を起し, 聞き信濃と美濃, 聞き信雄は戦地, 聞き俯仰徘徊自から, 聞き倉子は絶望, 聞き倉皇として北陸道追討, 聞き候ことも遠かる, 聞き候これも一覧, 聞き側杖の決心, 聞き傳へたと見え, 聞き傳へたアラビア商人達がワクワク, 聞きはその, 聞きの乙女, 聞きや千浪, 聞き兄弟子のこと, 聞きへ先, 聞き入りして, 聞き入れ替えになった, 聞き公園の木立, 聞き公武一和して, 聞き六人の育児, 聞きを伏せ, 聞き兵馬は一種異様, 聞き其人の笑顔, 聞き其妻長刀を持つ, 聞き其山を見, 聞き其父母に語り, 聞き其許も近頃, 聞き内心はとても, 聞き再度のお, 聞き冗談などもいえる, 聞きのこと, 聞き冷たい本堂の, 聞きと客, 聞きでたる, 聞き出征先より大軍, 聞ききたま, 聞き判断し且つ, 聞き前説を変じ, 聞き助けを求めてる, 聞きを下し, 聞き動作を見, 聞き北山王をもっ, 聞き十二時を聞き, 聞き十時を聞き, 聞き午後行きて, 聞き午後一時から店, 聞き博士の決心, 聞き即時に小舟, 聞き参観に出かけたる, 聞き友達にわかれ, 聞き反故張り障子を明け, 聞き古今の史, 聞き合したるも今, 聞き合せであった事, 聞き合力に参じ申した, 聞き一逕路を, 聞き同君の芸術的良心, 聞き同時に房総諸州に, 聞き同行した娘達, 聞き名人と聞け, 聞き名称の持つ, 聞き向う岸の八百政, 聞き吾らは雀躍, 聞きいつつ, 聞き味おうとすれば, 聞き咒語さえ見れ, 聞き商法の研究, 聞き喟然として嘆, 聞き喪胆して, 聞き嘉助氏という豪, 聞き噛つたつて實社會に出, 聞き噛つた鏖殺の噂, 聞き噛つて此んな事, 聞き因縁の深い, 聞き国字をもっ, 聞き堂衆たちは一, 聞きに説く, 聞きを聞き, 聞きを放っ, 聞き夕刊配達の鉢巻き, 聞き夕方になっ, 聞き外行の念, 聞き夜灰が降つた, 聞き夢中ながら悔い, 聞き大兵を興し捉え, 聞き大吉は凶, 聞き大方其の言葉, 聞き大王の歡心, 聞き大軍を先, 聞き天子の詔, 聞き太陽を見, 聞きの潔白, 聞き失望するだろうと, 聞き失神する許, 聞き奇異なりとて, 聞きながらも無念, 聞き女大臣アサリ女史はついに, 聞き好い気持で, 聞き好くうなづき未だ, 聞き如何にも妙義山は, 聞き妄りに疑う, 聞き始めて化されたと, 聞きを介し, 聞き子供心にも一抹, 聞き子産石の方, 聞き孔子に手, 聞き孟達はさては, 聞き安心する, 聞きると, 聞き宗教家にならん, 聞き定めしそれは, 聞き実はどうあっ, 聞き実業を志望, 聞き実験を見せられ, 聞き家事不取締り, 聞き容易くその弓, 聞き寒き夜守りぬ, 聞き寒月子と顔, 聞きねては, 聞きに感心, 聞き専らその口伝, 聞き小さいナイフを, 聞き小才田と言う, 聞き小早川はその, 聞き少しも常談, 聞き少なからず心強く, 聞き尤もだと, 聞きくるなり, 聞き届けのない, 聞き履歴書でも読ん, 聞きなす激浪, 聞き山陽詩鈔を送っ, 聞きの診察, 聞きへ着く, 聞き川路大警視, 聞き巡査の剣幕, 聞き帰国の上官, 聞き常に身辺に, 聞き平和な壮年, 聞き幸便だから, 聞き幼いながらも暗, 聞き度いという明智, 聞き度げな様子, 聞き度さに特に, 聞きを設け, 聞き当てもせず, 聞き役人への反抗, 聞き彼此相對比して, 聞き往来で遊んでる, 聞き又兄矢島優善, 聞き互に歌, 聞き御嶽冠者に頼まれ, 聞き復興した御代, 聞き心配して, 聞き心頭で風味, 聞き忠明がわざと, 聞き念仏すれば, 聞き忽然目をさまし, 聞き忿懣の色, 聞き思い出にそこ, 聞き恋人の総司, 聞き恐くはない, 聞き恐るべき水の, 聞き恐ろしさに, 聞き恐ろしい手紙を, 聞き切れるまで, 聞きかつた, 聞き悪かった, 聞き悪性の熱病, 聞き悲しみの余り眼, 聞き情話を聴かん, 聞き感動させられました, 聞き感慕に堪えず, 聞き感覚の器一部, 聞き慈母を待つごとく, 聞き慰問にわざわざ, 聞き懇望して, 聞き成さったのでしょう, 聞きわが魂, 聞き我々を残し, 聞き我と我を, 聞き朝早く, 聞き或いは前線から, 聞き或は自身その, 聞きがはげしく, 聞き戦場から輿, 聞き戰車に繋ぐ, 聞き所感を賦す, 聞きの隙間, 聞き才能もある, 聞きは罪人, 聞き批判しあったこと, 聞き抜山倒海とはこの, 聞き指先が角張っ, 聞き捜索隊を出さう, 聞き探りぐらいでは刑部省, 聞き損ふかも知れない, 聞き擂鉢形の底, 聞き政宗の兵, 聞きを受ける, 聞きへ種々, 聞き斉彬の理化学的製作品, 聞き助, 聞き新聞紙上で読ん, 聞き新聞雑誌の中, 聞き方一つなん, 聞き於福までがわし, 聞き旅順陥落せざるうち, 聞き既にお浦, 聞き日本の鯉, 聞き日本将来の政体, 聞き旧して居た, 聞き早朝の市日, 聞き早朝徃きて, 聞き明したが, 聞き明日はみまい, 聞き明治十三年以降その当時, 聞き易いテキパキした, 聞きのちらつく, 聞き映画などでも見知っ, 聞き春公と家, 聞き昨夜遅く訪ね, 聞きぞ正しく, 聞き是非に百兩, 聞き是非一度はそれ, 聞きの山田侍従, 聞き時鳥を待つ, 聞き普通の人, 聞き曹操の軍, 聞き最初はひよつ, 聞き最後に柔, 聞き最早黙し兼ねたと, 聞きの深遠, 聞き朝十一時頃尋ね行きしに, 聞きに先んじ, 聞き木枯の後, 聞き本当だと, 聞き本物の課長, 聞き朴歯の木履カラ, 聞き東北の寒い, 聞き松平伯耆の言う, 聞き松江のため, 聞き様子もうかがえる, 聞きに投じ, 聞き機眼に視る, 聞きのにぎやか, 聞きの命令, 聞き次いでその写真数葉, 聞き次第次第にその, 聞きばし, 聞き歡び見喜びて, 聞きの室, 聞き此像を拝, 聞き此様を見る, 聞き此記録を書, 聞き歩みに現, 聞き歸郷して, 聞きに書, 聞き殺しにした, 聞き母上の追悼, 聞きは安心, 聞きを訪問, 聞きを慈しみ給い, 聞き水中から頭, 聞きの驚喜, 聞きすまいと, 聞きがし, 聞き浅茅が原の月影, 聞き之助, 聞き浮世をよそ, 聞きを含む, 聞き深雪を見, 聞き清高は近江, 聞き源十郎はまた, 聞きの匂, 聞き潮來にひき, 聞きましたそして, 聞きの如く怒っ, 聞き數の, 聞き無作法にも大, 聞き無数の燭火, 聞き煩悩を断じて, 聞きが自分, 聞き父親と顔, 聞き独り座を起ち, 聞き狸憑きに, 聞き狼狽したさま, 聞き玄徳はある, 聞き珍羞を失, 聞き現場に駈けつけ, 聞き現金たるべし一厘, 聞き甘粛総兵官宋晟, 聞き甚だしきは其俗物, 聞き生意気にうろ覚え, 聞き生意気盛の小増, 聞き生死のほど, 聞き生田は驚き, 聞きは始め, 聞き甲斐のある, 聞きで見, 聞き画家を誘っ, 聞き畫家を誘つて, 聞き疑問に答, 聞きを押し, 聞きを利用, 聞き百姓の生活, 聞き皆來り集る, 聞き皆地に拠っ, 聞き皮膚で聞き, 聞き監視者もなかなか, 聞き目賀田又右衛門の怯懦, 聞き直様段梯子を四段, 聞きいいて, 聞き相手には私, 聞き相談をし, 聞き真似で覚え, 聞き真剣には耳, 聞き真実を味わっ, 聞き真面目でさ, 聞き眺めをほしい, 聞き瞽者能く見る, 聞き矢代は自分, 聞き知つた時に汚, 聞き知つた此の中, 聞き知つた義兄の大塚武松, 聞き知つた趙孝は早速, 聞き知つて他の一般社会施設, 聞き知つて気の毒がり典物, 聞き知つて買ひ取つたばかりの, 聞き石原の利助, 聞きを聞き, 聞き社会問題及び教会, 聞き神田橋まで行け, 聞き祭司を崇め, 聞き程なく平常のよう, 聞き種々な連想, 聞きを仰ぐ, 聞き突撃に於ける, 聞き窃かに閣下, 聞きかに閣下, 聞き立ちとどまりて, 聞き竜土の兼松, 聞き竹笛入の相方, 聞き竹風君と話し, 聞き笑い半分試して, 聞き二の, 聞き範貞はほか, 聞き籠川と高瀬川, 聞き精神思想もまた, 聞きれよ, 聞きふだらう, 聞き細君の愚痴, 聞きへない, 聞き終つた時始めて自分, 聞き終つた時世の運命, 聞き終つた時独り腹のなか, 聞き終つてのち光の下, 聞き終つて彼等は聲, 聞き終り意味有りげなる言葉, 聞き給ひねと, 聞き絶えずも叫び, 聞きのな, 聞きならん, 聞き翌朝早く出掛けた, 聞き僧の, 聞きもその, 聞きの鋭く, 聞き聖書を読む, 聞きに触れる, 聞き肺炎にでもな, 聞きを冷やした, 聞き胞衣を引つ, 聞きを撫し, 聞き胸くそが悪く, 聞き胸中は明鏡, 聞きじして, 聞き自宅へ引取, 聞き興味半分にワラワラ, 聞きで味わいたまえ, 聞きを見, 聞きのほう, 聞きで彼方此方, 聞き船長と一緒, 聞き良薬と称し, 聞き若々しい情熱の, 聞き若しや生田, 聞き茂之助は一層, 聞き茫然とした, 聞き莫大の金, 聞き菩提樹の花, 聞き蒐めに行っ, 聞きを持っ, 聞き藩政府に向っ, 聞き西人の書, 聞き西大久保に赴き, 聞き見かけに似合わず, 聞き見舞に行きたい, 聞き覚平の薄幸, 聞き親切ごかし, 聞き親類たちもみんな, 聞き覺めて救, 聞きふがま, 聞きがない, 聞き評者は或いは, 聞き詰ッた, 聞き語りもする, 聞き論者が特に, 聞き謹んで遠くより, 聞き警官隊に大, 聞き谷中の檀那寺, 聞き豊島氏と同車, 聞き豪傑才子を気取っ, 聞き貸元とか親分, 聞き賃兼新聞記事の差止め料, 聞き賞められたので, 聞き走り帰って, 聞き足跡をたどり, 聞き跳躍すること三百, 聞き身ぶりを受け, 聞きを派し, 聞き軽い診察を, 聞き近いうちに, 聞き返事も与え, 聞きぶべきを, 聞きに眠り居る, 聞き途中にその, 聞きせないやう, 聞き遂に三人共自殺した, 聞きすと, 聞き道理なこと, 聞き違い書き違いがある, 聞き邦訳対照のもの, 聞きへ出, 聞き野菜畠の中, 聞き銀弓のアポローン, 聞きられたかも, 聞きが空っぽ, 聞き間道夜を日, 聞き間違へてチンチン, 聞き間違いだよ, 聞き間違ひで実は粟田, 聞き関羽は慨然, 聞きした, 聞き陳列所の通弁, 聞き随行員でカリスト, 聞き難い法を, 聞き難くして, 聞き難しとの贅沢, 聞きに懸けた, 聞き震え上って, 聞き霊枢年忌の文, 聞き非常に悲しい, 聞き面会して, 聞き面白い春の, 聞き音楽とはこんな, 聞き頗妙なり羅馬日記, 聞き領土の浜, 聞き領地をば甥, 聞き頻りにおぼろ気な, 聞き頼母は枕, 聞き風情が唐紙, 聞き飯田からその, 聞きの上手, 聞き香和歌の話, 聞き驚きはしよう, 聞きの折れる, 聞き高い声で, 聞き高氏は彼女, 聞きの逆立つ, 聞き鬣美なる馬, 聞きの岩屋, 聞きのむれ, 聞き黄葉を聯想, 聞きに嗅ぎ