青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞える~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える
聞える~
聞かせ~ ~聞き 聞き~ ~聞きました ~聞く 聞く~ ~聞け 聞け~ ~聞こえ 聞こえ~

「聞える~」 1761, 19ppm, 6032位

▼ 聞える~ (249, 14.1%)

31 です 26 である 1816 であった 10 でした 7 だった 4 だが 3 か, か聞えない, であります, であるが, ですが, では 2 だけれども, でありました, はその, はただ, を心頼み

1 [109件] あんたの, え, かいくら, かえ, かそれ, かも知れない, から考える, か其, か天下, か将, がまえ, が一入, が不思議, が例, が墓, が外道, が日本人, が時鳥, が最初, が特長, が鰯, さえやかましい, だか, だから, だがね, だナ, だ己ア真直, って, ってずいぶん, であるそこで, であろうが, でございます, でしたが, でしょうが, でしょうし, ですか, です耳, と束の間づつ, と立っ, にきまっ, には間遠, に交っ, に違い, はそこら, はどう, はなぜ, はなんと, はまだ, はまだしも, はもう, はやはり, はフィールス, は不祥, は二人, は人肉, は人間, は今, は何, は勿論, は半, は単に, は博士, は双, は唯, は唯男, は困る, は固い, は客, は家, は小西, は左慈, は巫女たち, は強い, は彼, は怪紳士, は控兵, は流し, は火, は独り信長, は益々, は石垣, は羽二重, は興奮, は艇, は虫, は裏川, は雨, は静か, もある, もかまわず, もこの, もご, もよい, も寂しかっ, も空虚, やその, やら聞えぬ, をはばかっ, を不審, を今, を夢, を奈落, を嬉し, を小半日, を怖, を思ふ, を恐れ, を知る, を聞い

▼ 聞えるよう~ (162, 9.2%)

16 な気 8 な声 54 だった, であった, である, な大きな, な大声, に, になる, に言った 3 になった, に思った, に思われた 2 でも, なので, になっ, にわざと, に云いました, に云った, に大きな, に思えた, に思っ, に思われる

1 [72件] だが, だぜ, だ暗い, で, でしたが, です, でならない, でふるえるほどに, なこと, なせき, な一種異様, な不安, な低い, な処, な嘆息, な大きい, な息, な手, な文面, な明け方, な茶屋宗清, な配置, な静か, な顔, な高, な鼻声, にありたい, にあんじょう, にいっ, にいわせた, にことさら, にできます, にと幾らか, になるたけ, にはっきり, にはできませんでした, には息, には選定名称, にも思う, にわめき立てる, に仕向けた, に仕掛けた, に何, に作らなかった, に叫んだ, に同じ, に呟いた, に呶, に唸い, に囁いた, に大きい, に大声, に娘, に彼, に怒鳴った, に思う, に思われ, に急, に成る, に本当, に歌, に泣い, に潜戸, に畳みかけ, に窓, に脚, に言っ, に話し, に話したくない, に踊り, に長い, 高く啼い

▼ 聞える~ (137, 7.8%)

2 いうので, 大変だ, 隣近所では

1 [131件] あなたが, あの張手, いうじゃあねえか, いけない, いけないから, いけねえやナ, いつた心持, いひだすの, いひます, お互にがっかり, お金を, お鍋の, かえって以前, きまって居る, すぐに, すぐ大声, すぐ彼等, すぐ飛ん, そっとお, その隣家, それに, それを, それ女, ぞっとした, ちゅっと, ちょっと暗い, つい知らず, とるもの, どろな山鳴り, どん, ひょっとあなた, ひツそり, また前, みんな黙つ, もう身の毛, やっと西一郎, よくない, オルガンチノは, タイキ, メグは, 一寸手を, 一寸暗い, 下駄の, 両国回向院のかの, 丸辰が, 云うもの, 云って, 云つた, 云つたら, 云つてよく, 云ひます, 云ふ, 人は, 今出川界隈は, 今度は, 仙二は, 仰せられますので, 先の, 公たちまち, 具合が, 凡てが, 勉強が, 吉里は, 同時にたちまち馬, 同時に彼女, 同時に突き, 吼哮は, 呉の, 土を, 夜は, 大事だ, 大反撃, 大地に, 天候は, 夫が, 女達は, 妹が, 小児の, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼女は, 彼方此方の, 彼等は, 御米, 心の, 必ず丞相, 思うた, 思うと, 思う間もなく, 思ったあと, 思って, 急に, 悪いや, 惘然と, 書物を, 朝廷から, 村ぢゆうの, 横目付四ツ本が, 此処に, 母さんは, 母様が, 民衆は, 河内介は, 生きた心地, 用人の, 申すの, 皆村道に, 直ぐもう國, 私の, 私も, 腹を, 與吉は, 苦しいから, 見えて, 見える, 言います, 言い張った, 言ふ, 言論機関は, 諸国の, 起きても, 近習や, 逃げるやう, 鈴子は, 間もなく一人, 障子が, 飢えきった動物, 驚かれるばかり, 高時, 黒い煙

▼ 聞える~ (113, 6.4%)

2 じつはただ, その独り歩き, 實は, 確かに

1 [105件] あたりに, いつも言う, おそらく彼, けれども何, こいつア困った, ここは, これが, さう, さてもっと, そういう意味, そうで, そこに, そのお前さん自身, そのくせ自分, その実は, その実名, その皮肉, その話, そばかすでは, それが, それにしても安宅先生, それらの, それを, そんな事, たよりの, だれも, とにかくそうとう図太い, なあに勤番長屋である, なお目的, なか, なかなか尋常, なによく, ふかく考えれ, ふしぎに, ように, イギリス人や, サア・オルコツクの, ハヤコもしくは, 一国の, 世には, 二人の, 五個の, 人は, 何も, 何処の, 何分にも, 何處の, 余が, 俳句を, 僅か一千五百尺, 其実普通の, 其癖自分ほど, 其音が, 北極圏ラインよりも, 南端の, 又實際難かしく, 取りも, 吹雪の, 商人は, 姿は, 実はさほど, 実を, 実物について, 実際は, 実際また, 家臣たちも, 實際は, 寿詞こそ, 専ら商売, 尊ぶには, 少しく其の, 幕は, 幕臣山岡家は, 年寄の, 当時の, 意味は, 愚痴は, 或は天神下, 或は本当, 旦那の, 昼中は, 本当の, 本来は, 根拠が, 決して女, 物に, 生涯に, 甲斐の, 私は, 程遠い上, 精密とか, 結婚した, 考えて, 自然を, 自然淘汰によって, 茶の湯に, 襤褸自動車である, 要するに南, 角の, 詞は, 詭弁でも, 誰か, 近頃お, 遺老, 雁過ぎ

▼ 聞えるかも~ (58, 3.3%)

13 知れないが 11 知れませんが 9 知れない 5 知れぬが 4 しれないが 3 しれない 2 知れぬ, 知れません 1 しれぬ, しれぬが, しれねえだがね, わからないが, 存じません, 知れないしかも, 知れませぬが, 知れません云々, 知れんな

▼ 聞えるもの~ (55, 3.1%)

3 ですから 2 ですか, はただ, はない, は雨, は雪婆

1 [42件] かどう, かよ, さう, であるし, でない大衆, でね, では, で他人, で蚊帳, と云っ, と言っ, ならあたい, ならその, はあいかわらず, はことごとく, はたった, はのろくさい, はわずか, は唯, は左右, は折々, は敵軍, は杉, は柱時計, は桂川, は河岸, は波, は深夜, は田舎芸妓, は疲れ, は白骨, は空ッ風, は終日, は草むら, は虫, は鈍重, は青黒い, もありません, もなかつた, も無い, らしい, を五

▼ 聞えるやう~ (54, 3.1%)

5 な気 4 な氣 3 だ, である, な声 2 に, になつ, に私

1 [30件] だが, だつた, だ私, であつ, です, ですね, でも, な古風, な威嚴, な微か, な忠告, な押付けられた気分, な日, な淺間, な空鳴り, な耳, な調子, な錯覚さ, にと叫んだ, になった, にはき出した, にほら, に一語, に大, に成ります, に母君, に独言, に言つて, に返事, 高く啼い

▼ 聞えること~ (42, 2.4%)

6 がある 4 もある 3 もあった 2 があった, もあつ

1 [25件] があっ, があり, がありま, がありました, がありません, がいよいよ, がよく, さえあった, であった, である, などがある, はあなた, はある, は甚だ, は聞え, は聞える, もあり, もありました, もない, もなく, や村, よ, を問はる, を意味, を書く

▼ 聞えるので~ (42, 2.4%)

5 あつた

1 [37件] いっそ黙っ, お時, お菊, この頃, これは, これを, せめて籠, それで彼ら, そんな綽名, ひょいと見る, ふとその, やつぱり誰か通つてゐる, ソラおあ, プラトンは, 一同は, 一寸工合, 三度びっくりしました, 不思議に, 両親が, 何事かと, 假小屋の, 前から, 勘次のみが, 勤行の, 千島へ, 変だ, 彼も, 日頃は, 書斎に, 烏丸光広は, 無論雉子, 登山者の, 私は, 耳を, 金之丞は, 静かに, 馬を

▼ 聞えるばかり~ (39, 2.2%)

5 であった 32 たしかにそれ, である, です

1 [25件] いかにも閑静, だった, だつた, であったが, であつ, であります, でいつ, でした, でその, でなく医院, では, でよく, で両, で他, で敵, で樹, で相手, で蝋燭, で跫音, で霎時, どこも, 嗚咽し, 殊にあの, 雨は, 鳴き縋っ

▼ 聞える~ (37, 2.1%)

6 聞えないかの 4 聞えない位 3 どうか, 聞えないか 2 聞えないかに, 聞えないほどの, 聞えぬか, 聞えぬかに, 聞えぬ程

1 [11件] どうかで, どうか疑, ッて, 彼女らが, 知らと, 知らぬけれど, 聞えないくら, 聞えないところ, 聞えないほど, 聞えないほどに, 聞えるか

▼ 聞える~ (26, 1.5%)

5 です 32 だから, ですもの

1 [14件] だそう, だって言う, だね, だねえ, だもの, だよ, だろう, だ宜, だ誰, でしょう, ですか, ですが, ですけれども, ですって

▼ 聞えるほど~ (23, 1.3%)

2 だった

1 [21件] あたりは, しいんとなっ, な名馬, な声, な語気, 伽藍の, 吾, 大きかった, 平手打ちを, 張り上げての, 強く菊代, 忍びやかに, 朗かに, 物静かな, 甲走った, 言ひ, 静かで, 静かな, 高くなつた, 高く搏, 鼻を

▼ 聞える~ (23, 1.3%)

3 になつ

1 [20件] だ, だけれど, で倭文子, な声, な大声, な悲鳴, な所, な気, な霧, に, になっ, になった, に云, に云った, に出来, に叱つた, に思うだ, に思へた, に苦心, に重

▼ 聞えるかと~ (21, 1.2%)

5 思うと 4 思ふほど 2 さへ, 思われるほど 1 全身の, 思うほど, 思えば, 思ってね, 思つて私は, 疑われるくらい, 耳を, 重太郎は

▼ 聞えるだけ~ (21, 1.2%)

3 である 2 で歌詞

1 [16件] だ, だった, だったが, だつた, だと, でこの, でした, でそこ, でその, でひつそり, で別段, で千浪, で東屋, で身体, なの, 聞くが

▼ 聞えるという~ (19, 1.1%)

2 ことである, のである

1 [15件] ことでした, のであった, のは, わけだ, わけで, 不思議な, 事であった, 変った場合, 意味であろう, 意味らしい, 眼付を, 薄気味の, 話だ, 趣である, 風に

▼ 聞えるから~ (18, 1.0%)

2 である

1 [16件] ああそれ, うるさくは, きつと, だつた, です, まず安心, 不思議で御座います, 吃驚し, 同年に, 夢では, 大丈夫です, 夫人は, 止めろといふ, 竜之, 静かに, 黙つて

▼ 聞えるところ~ (18, 1.0%)

2 の前記

1 [16件] から, から見る, だが, でないと, にいた, にいらつ, にはゐられない, によれ, に年老いた, はあっち, へ出る, まで四方, まで来た, まで近づい, まで這入りこむ, まで駈け

▼ 聞える~ (15, 0.9%)

2 笛は

1 [13件] こちらで, それにだいいち, とても本, またその, また極度, 味方が, 呼吸も, 女とも, 気力が, 眼も, 逆風の, 陰気な, 鼠が

▼ 聞えるけれども~ (14, 0.8%)

1 [14件] この低能娘, さきほどまで, その風, まアそれでも, マタイセイでは, モウ三分か, 実際は, 拙者は, 渡を, 社会から, 私自身の, 軽ん, 返事は, 静に

▼ 聞える~ (14, 0.8%)

4 はない 2 もありますまい, 早く早く 1 だから, であった, のオシキリ, もありません, もない, もなく

▼ 聞えるけれど~ (11, 0.6%)

2 決してそんな, 私は 1 この目盛盤, さう, ほんものか, まだ, 此の, 決してさ, 言わばこんな

▼ 聞えるじゃ~ (10, 0.6%)

6 ないか 1 ありませんか, ないですか, ないの, ねえか

▼ 聞えるほどの~ (10, 0.6%)

1 低い声, 声で, 声を, 大声で, 明るい凪, 激しい動悸, 独り言を, 獨り, 言葉であります, 近さ

▼ 聞える~ (10, 0.6%)

21 であるが, でした, です, に云った, に大きい, の声, の大きい, 澄み切った明け方

▼ 聞える~ (10, 0.6%)

2 どうして私, もある, も來 1 でも必ず, などはみんな, には素朴, 突然に

▼ 聞える~ (10, 0.6%)

2 の大声 1 である, なの, になっ, の, の囁き声, の声, の聲, 張り上げると

▼ 聞える~ (9, 0.5%)

2 なの 1 が雨, に耳, の不思議, はとは言え, は武田博士, も敵, をこの世

▼ 聞える~ (8, 0.5%)

2 ちがいない 1 つけて, 反して, 女房は, 異ひない, 至りました, 違いない

▼ 聞えるはず~ (7, 0.4%)

2 がない 1 が有ろう, であるから, です, はある, もない

▼ 聞えるまで~ (7, 0.4%)

1 そんなに隙, であろう, どれほどの, われを, 二万何千回という, 闃然として, 静かに

▼ 聞える~ (7, 0.4%)

4 がある 1 もあった, も稀, を此辺

▼ 聞えるのに~ (6, 0.3%)

2 初めて自分 1 まだ某, もう姿, 内では, 極つて

▼ 聞える~ (6, 0.3%)

1 が一体, で他, なる夕ぐれ, や声, を対象, を立てた

▼ 聞える~ (6, 0.3%)

1 お種, であつ, になりました, に漸く, は殊に, は私

▼ 聞えるくらい~ (5, 0.3%)

1 だった, であった, ですもの, ならそんなに, なん

▼ 聞えるとき~ (5, 0.3%)

1 そしてその, に荒海, は, もある, や一日心待ち

▼ 聞える~ (5, 0.3%)

1 下宿する, 囃方の, 始めて, 庄馬鹿が, 草の根に

▼ 聞える~ (5, 0.3%)

2 がする, 遣は 1 になる

▼ 聞えるその~ (4, 0.2%)

1 ような, 家の, 時計の, 言の

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

2 せう 1 あらうが, せうか

▼ 聞えるもん~ (4, 0.2%)

2 ですか 1 か, かね

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

1 だった, だつた, であった, で山住い

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

3 の上 1 のほう

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

2 で寒 1 で誰, には下駄

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

1 に屹度其犬, に影法師, に義雄, に耳

▼ 聞える物音~ (4, 0.2%)

1 とかで, とては噴水, とては島, は幻覚

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

1 はその, は其の, は平時, は思はず

▼ 聞える~ (4, 0.2%)

1 り, りで挙動, りに, り先刻

▼ 聞えるたび~ (3, 0.2%)

1 に夜, に窒息, びくびくし

▼ 聞える~ (3, 0.2%)

2 やありません 1 やない

▼ 聞えるって~ (3, 0.2%)

1 いうが, 町内は, 訳さ

▼ 聞えると共に~ (3, 0.2%)

1 このま, 森の, 終に神保町

▼ 聞えるのみ~ (3, 0.2%)

1 だという, であった, ならず呼吸

▼ 聞えるほどに~ (3, 0.2%)

1 感じた, 表したの, 静かな

▼ 聞える~ (3, 0.2%)

1 全軍, 否や, 魏帝と

▼ 聞えるよと~ (3, 0.2%)

2 耳を 1 独り言を

▼ 聞えるわけ~ (3, 0.2%)

1 だった, では, もない

▼ 聞える~ (3, 0.2%)

1 から聞え, にまず, に到着

▼ 聞える~ (3, 0.2%)

1 だろうと, に近付い, へと歩い

▼ 聞える時分~ (3, 0.2%)

2 だがと 1 にふと

▼ 聞える言葉~ (3, 0.2%)

2 を空耳 1 がうらやましい

▼ 聞える道理~ (3, 0.2%)

1 がない, だが, はありません

▼ 聞えるあの~ (2, 0.1%)

1 村松検事でさえ, 轡の

▼ 聞えるあれ~ (2, 0.1%)

1 だけ待ち望ん, を呼べ

▼ 聞えるかの~ (2, 0.1%)

1 やうな, やうに

▼ 聞えるくらいの~ (2, 0.1%)

1 声で, 小さい声

▼ 聞えるこの~ (2, 0.1%)

1 日爺婆若返, 辯解も

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 うです, う思つて

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 お賽錢, さア

▼ 聞えるそう~ (2, 0.1%)

1 だ私, です一層

▼ 聞えるそれ~ (2, 0.1%)

1 が俥, にも力

▼ 聞えるだけで~ (2, 0.1%)

2 あつた

▼ 聞えるだけの~ (2, 0.1%)

1 ものです, 低い音調

▼ 聞えるといった~ (2, 0.1%)

1 心持ガラッ, 程度の

▼ 聞えるといふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 虫の

▼ 聞えるといふだけ~ (2, 0.1%)

2 でどの

▼ 聞えるとか~ (2, 0.1%)

1 他の, 百人の

▼ 聞えるなどは~ (2, 0.1%)

1 短夜に, 都会人の

▼ 聞えるばかし~ (2, 0.1%)

2 でそれ

▼ 聞えるものぁ何~ (2, 0.1%)

2 だべ

▼ 聞えるゴウ~ (2, 0.1%)

2 と云

▼ 聞えるシヤムパン~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 聞える主人夫婦~ (2, 0.1%)

1 の声, の聲

▼ 聞える二人~ (2, 0.1%)

1 の言葉, は無言

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 に洗面所, へ手毬

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 であつ, 第六天

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ 聞える心地~ (2, 0.1%)

1 がする, で満足

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 な氣, に叱つた

▼ 聞える機械鍛冶~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 聞える水音~ (2, 0.1%)

2 で判ります

▼ 聞える汽笛~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 の大きな, の簡単

▼ 聞える程度~ (2, 0.1%)

1 の呟きでした, の高い

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 である, などはしなかつた

▼ 聞える足音~ (2, 0.1%)

1 にも胆, の主

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 の声, も三井寺

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

1 だけだ, は首

▼ 聞える~ (2, 0.1%)

2 の声

▼1* [266件]

聞えるいつの間にか日が, 聞える好み焼屋や, 聞えるおりは, 聞えるおりふし夕霞が野山, 聞えるからとなだめにか, 聞えるからには自分でない, 聞えるくらゐの, 聞えるくらいに感じたそれほど, 聞えるぐらいな声で, 聞えるけど一體どこに, 聞えるここちがする, 聞えることさへ誰, 聞えるこれはなやましい, 聞えるこれらの音, 聞えるこんなところじゃあ, 聞えるごとごとという怪音, 聞えるじゃあないか, 聞えるそっと脱出し, 聞える聞えるぞ, 聞えるたってあの茫然, 聞えるたび悲痛な揺れ, 聞えるためだと, 聞えるだけでも士気は, 聞えるだけになって, 聞えるつて言ふが, 聞えるとともに正面の, 聞えるとのわが家の, 聞えるとは思われないから, 聞えるともなく聞え, 聞えるどころか提灯持ちは, 聞えるなかに蠅たち, 聞えるなるほどあの連中の, 聞えるなんざ気障だねえ, 聞えるはげしい機関銃の, 聞えるばかりになった, 聞えるばかりのか細い聲, 聞えるほんたうに, 聞えるまた波が, 聞えるまでに十二秒か, 聞えるまでは講演を, 聞えるままに矢代, 聞えるもの伊織にはめずらしく, 聞えるゆゑ明日の日和, 聞えるたしかにあたい, 聞えるより他には, 聞えるコナ白癡が, 聞えるわよ母さん, 聞えるんでがすよ, 聞えるウィンチを巻く, 聞えるウソは小説, 聞えるスリッパの跫音, 聞えるニヤゴニヤゴーと續, 聞えるブーンブーンと竹トンボ, 聞えるモンターク嬢の低い, 聞えるヴァイトゥリンガの水音, 聞える一劃だった, 聞える一夜私達はそこ, 聞える一室の前, 聞える一方にフランス, 聞える一節切で只今, 聞える一軒大構, 聞える七時を打つ, 聞える三味線は長唄, 聞える上手の一団, 聞える氣味な, 聞える振だな, 聞える五十キロの範囲, 聞える五郎の掛け声, 聞えるの話声, 聞える人々の気配, 聞える今にも聞えるさ, 聞える今川勢の潮, 聞える今日から狩猟解禁, 聞える今町の方, 聞える仕事始めのサイレン, 聞えるに何, 聞える以上どうしても空耳, 聞える伝通院の暮鐘, 聞える位四方は, 聞えるに其音, 聞える光景を歌つて, 聞える共同浴場の前, 聞える其言の中, 聞える其音が夢, 聞えるな足音, 聞える千束町を真直, 聞える午前の一時近く, 聞える叫声をあげる, 聞える台広の三味線, 聞える台所などが鼻, 聞える台詞である, 聞える周りへ集まった, 聞える呼吸に凝然, 聞える命令的なもの, 聞える唯一の音, 聞える問いで矢代, 聞える嘉門次は口笛, 聞える四辺は森, 聞える四邊は森, 聞える国民生活の物音, 聞える国語は無い, 聞える場合のほとんど, 聞える声海嘯のうち, 聞える声音のせい, 聞えるの進軍喇叭, 聞える夕方になっ, 聞えるは四囲寂然, 聞える夢幻の境, 聞える大した役者だつた, 聞える大衆化の声, 聞える太鼓の響, 聞えるの杉戸, 聞える子供の泣き声, 聞える子供達の乱暴, 聞える季節のうつり, 聞える学園の川上, 聞えるの話声, 聞える容易さによって, 聞える寂しい蛙の, 聞える小川の彼方, 聞える小路を行っ, 聞える小鳥の囀り, 聞えるの大日堂, 聞える山北駅へ辿る, 聞える山寺としてはい, 聞える山浦真雄の作り, 聞えるの蔭, 聞える岳雀であると, 聞えるのうわさ, 聞える度毎に門, 聞える弁舌爽でしかも, 聞えるがある, 聞える弔銃のつ, 聞えるが遣ひ出された, 聞えるは不意, 聞える御社はあの, 聞える恐ろしい悲鳴の, 聞える想いがする, 聞えるがし, 聞える懶い稲扱の, 聞える戦闘喇叭の声, 聞えるにある, 聞えるから竿竹売, 聞える措置の側, 聞える支那ソバ屋のチャルメラ, 聞えるの大軍, 聞える文字を改め, 聞えるの音, 聞える新しい標札を, 聞える方角へ向い, 聞える旅館の離れ, 聞える日中で水流, 聞えるは或は, 聞える晝間の蟲, 聞えるに背戸, 聞える暮方近く室の障子, 聞える曽良の句, 聞える最後の声, 聞える月丸の呼吸, 聞える月経時の女, 聞える朝飯を食べ, 聞える木曾川の音, 聞える木遣の節, 聞える朱実の囈言, 聞える村松検事にし, 聞える村長の家, 聞える大国であった, 聞える楼上で私達, 聞える槍踊りの丹前節, 聞える樣子ですが, 聞えるの音, 聞える正月十三日よく晴れた, 聞える武穴に一旦, 聞えるに, 聞える気色は無, 聞える気遣いはない, 聞える水声は多分, 聞える水車小屋の中, 聞える江戸の何町四方, 聞えるの音, 聞える洋琴が鳴る, 聞える浜辺の村, 聞える溜息もがら空き, 聞える漆器であります, 聞える火事だらうと, 聞える炸裂音そのたび, 聞える無邪気な声, 聞える無限の啜, 聞えるの声, 聞える玉突の音, 聞える理由があるなら, 聞えるを身, 聞える町夜になっ, 聞える妖な, 聞える病妻と病児, 聞える百合の父さん, 聞える眠たい櫓の, 聞える眩しい通りを, 聞える神楽にあわせ, 聞える程僕は貴方, 聞える程微かな雷, 聞える程靜かであつ, 聞えるも吹く, 聞える粗末な部屋, 聞える紫房の御, 聞えるがだ, 聞えるが聾, 聞えるは大した, 聞えるが自分, 聞える自分の跫音, 聞える自然の物音, 聞える船着きの町の遊郭, 聞える芝居で否応, 聞える茫茫とした, 聞える草葺き小屋のなか, 聞えるをうつ, 聞えるの葉, 聞える藤夜叉の声, 聞える藤田という大道人相見, 聞えるがある, 聞えるの鳴, 聞えるをのぞけ, 聞えるの声, 聞える行徳がよひ, 聞えるって珍, 聞えるのほう, 聞える親父の鼾声, 聞える観世物の評判, 聞える話しぶりでありました, 聞える談笑の底, 聞える證據だ, 聞える警鐘の音, 聞える質問だったから, 聞える赤穂浪士たちの潜行的, 聞える跫音がし, 聞えるが長く, 聞える農夫の歌, 聞えるまで近寄っ, 聞えるまに, 聞える近い半鐘余韻の, 聞える近くにまで来た, 聞える退屈なベンチ, 聞える遠い三味線, 聞える部屋だつた, 聞える野良犬の声, 聞える銃声と共に一, 聞える銃聲や低い, 聞える長唄の三味線, 聞える附近の宿屋, 聞える限り一刻一刹那も休ん, 聞える隣室の話, 聞えるはしづか, 聞えるの音, 聞える雷様のごろ, 聞えるのやう, 聞える静かな部屋, 聞える靜けさだ, 聞える非常に沢山, 聞える音調を老人, 聞える頃彼等は一人, 聞える頃盛政の軍, 聞える頃私はあの, 聞えるもにおう, 聞えるの声, 聞える黄色い南瓜の, 聞えるが鳴る