青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「範疇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~ ~範囲 範囲~
範疇~
篇~ 築地~ ~簡単 簡単~ ~籠 籠~ 籠っ~ ~米 米~ ~米友

「範疇~」 1622, 17ppm, 6779位

▼ 範疇~ (192, 11.8%)

7 代りに 4 体系の 3 下に, 事実の, 外に, 資格を

2 [15件] ひとつに, ような, シーリースを, 一貫した, 体系が, 体系に, 体系を, 問題は, 固有な, 外へ, 普遍的なる, 異った, 系統的な, 組織は, 表を

1 [139件] いずれにか, うち最も, こういう誤った, ことだろう, ことで, ことである, この共軛関係, この原始的民族性, この生死, それとは, ために, つもりであります, なかへ, もつ実証性, もので, シーリースの, トリックで, ノッピキならぬ, ボロを, 一つである, 一つな, 一つの, 一個の, 一般論から, 上での, 上では, 下で, 不合理な, 世界だ, 世界にまで, 中で, 中に, 中へ, 中何れかに, 二つの, 他の, 他領域, 代表者と, 体系だ, 体系でなけれ, 体系と, 体系によって, 体系は, 体系組織法に, 使い方が, 使用と, 使用に, 使用を, 例として, 偏執者達は, 働きの, 先験的演繹, 共軛性が, 共軛性を, 共軛関係を, 内容は, 内部的改造が, 分析が, 助けによ, 労働者の, 単に論理的, 古代主義に, 哲学による, 哲学の, 問題も, 單に, 変化が, 外には, 夫である, 如きも, 如く自然, 妥当性の, 定まつ, 実証性には, 実際の, 宿命から, 展開を, 弁証法も, 弁証法性を, 強調は, 当体, 役割は, 性格を, 性質から, 性質が, 性質そのものが, 性質を, 意味が, 意義は, 意義を, 批判であり, 批判に, 批評を, 抽斗の, 数は, 最も代表的, 最も判明, 有って, 根柢に, 構成運用は, 沼地に, 活用の, 特色である, 独占的互換が, 発展であり, 発展に, 発生学は, 第一, 系統的性質に対する, 系統的発展であっ, 系統的発生に対する, 系統的説明を, 系譜学でなけれ, 組織だ, 組織と, 組織な, 組織体系に, 絶対的対立と, 翻訳が, 翻訳と, 至極部分的な示し, 規定は, 解釈に, 評論の, 詩人, 認識論的意義である, 論理的な, 諸系統, 議論から, 議論が, 資格に, 超歴史的体系, 適切なる, 適用を, 鏡の, 間に, 間には, 関わり得る問題, 類が

▼ 範疇~ (167, 10.3%)

3 それが, 云うまでも, 歴史的に, 空間である 2 云わば, 他の, 客観に, 対象に, 根本概念の, 欧州の, 領域の

1 [141件] あまりに並立的範疇, ある点, いつも系統的, こういう, こういう一連, ここでは, ここでも, これ等の, すでにその, するが, そのままで, その社会的発生, それ独特の, たくさんない, なおまだ, なる程理解, まず何, まず第, もはやただ, もはや単に主観, もはや単に数学, ロゴスと, 一つずつ, 一体どうやっ, 一切の, 一方に, 一般に, 一般に何, 上層建築イデオロギーとしての, 不足である, 与えられた直観, 両階級, 主として文学, 主に, 主観に, 之に, 之の, 之を, 事実に, 今の, 今日の, 他でも, 以上の, 何, 何かを, 何であり, 何である, 何と考えられなけれ, 作者が, 例えば社会, 元来アリストテレス自身に, 充分で, 先験的に, 全く宗教的社会生活, 全く方法, 全く社会, 兩階級の, 共軛的である, 別に普通, 単に自然科学的範疇, 即ち制約, 又それ相応, 同時に現代, 哲学的範疇では, 嘗てロゴス, 多分絶対, 夫, 始めから, 存在が, 存在し, 存在の, 存在を, 存在自身では, 実はそれ, 実は事物そのもの, 実は哲学的範疇, 実は正に, 実在内容を, 実証的だ, 実際性, 対象の, 対象を, 小説や, 少なくとも個々, 常に歴史, 形而上学的範疇では, 彼等の, 往々単なる, 後に, 必ずしも論理的, 恐らくイタリア, 悟性概念に, 感性の, 我々の, 拡げられて, 文学的範疇で, 日常的な, 日本的な, 日本的範疇を, 時事的現実の, 普通に, 普通無, 最も実証的, 最も技術的, 根本概念は, 根本概念を, 次第に欧州的, 歴史性と, 死んだもの, 決してそのまま社会科学, 無論どれこれ, 物理学的範疇組織の, 現代の, 理解である, 真理そのものの, 社会的に, 社会科学の, 社会科学的, 科学的範疇に, 第二, 範疇されるべき, 範疇として, 純粋概念, 終局的には, 組織化される, 自らを, 自然科学の, 言葉との, 言表, 言表の, 認識ある, 認識の, 認識論的でなけれ, 誠に明晰, 論理の, 論理的でなけれ, 近代的範疇と, 遙か, 電車が, 非論理的, 飜訳され得ね

▼ 範疇~ (149, 9.2%)

7 就いて 5 属するもの 4 属して, 於て 3 ぞくするもの, なって, 他ならない, 入れて, 立脚し 2 しても, ぞくする, ぞくするの, 外ならない, 就いての, 属するには, 立って, 陷り

1 [98件] あつさ, あてはまらないこと, あるの, いれて, いれても, からみついて, からみ付いて, すぎないだろう, すぐ様結合, ぞくさねば, ぞくして, ぞくすること, ぞくすると, ぞくする一つ, なかつたの, なれば, まとめて, よってでも, よると, よれば, 一続きな, 一致する, 一身上の, 他ならないであろう, 他人を, 依って, 信頼し, 入ったであろう, 入らぬ殺人事件, 入りさ, 入りそう, 入るもの, 入る可, 入る者, 入れながら, 入れようという, 入れられて, 入れられる, 入れられること, 入れる, 入れるべきであらう, 出来る限り翻訳, 分つ原理, 加へる, 包摂され, 取って, 含めて, 基いた限り, 基いて, 基く哲学, 基く現代, 基づいたもの, 基づいて, 外ならぬ, 属してないで, 属し資本, 属すべき人物, 属する, 属するかは, 属すると, 属するわけ, 属する併, 属する日本, 属する資本, 属する運動, 属す可, 屬しない, 屬する, 帰属し, 当てはめて, 従いながら, 従うこと, 従えば, 忠実な, 於ては, 最後の, 止まるか, 特有な, 着眼する, 移さしめ得る性質, 立つならば, 立て籠る限り, 結びつけても, 結び付いたもの, 編入され, 訴える場合, 足場を, 較べて, 這入らざるを, 這入りそう, 這入る, 這入ること, 這入る人, 連絡し, 過ぎぬロマンティシズム, 達し得るという, 関係づけず, 限って

▼ 範疇~ (147, 9.1%)

3 使用する, 出ない, 用いて, 用いること, 脱して 2 これに, 使うこと, 使って, 客観に, 超脱し

1 [122件] かくの, そこに, その一般性, たたき直したり, どれ程, どんなに器用, なさない, なして, なすの, ば客観に, まず第, もし夫, もたない自然科学, もって, れい属せしめね, ヘーゲル的体系の, ロゴスとして, 一定の, 一応でも, 一歩も, 一般に論理的, 与える, 主観に, 乗り越えなくては, 云々する, 云い表わして, 云うの, 作って, 使う場合, 借りて, 借りない処, 借用する, 共軛的な, 内に, 出た新しい, 出でないの, 出ないと, 出ないの, 出ないもの, 出ること, 分析し, 初めて理論, 初めて規定, 前方に, 去って, 取ろう, 哲学的範疇として, 哲学的範疇にまで, 哲学的表象を, 国史上の, 基準として, 夫, 実際に, 導いたと, 導き入れる必要, 得た, 心得なかった迄, 必要と, 想定しない, 或る, 押し除けるのに, 押し除け弁証法的範疇, 拡張した, 持って, 持つて, 採用しなけれ, 採用しよう, 採用する, 援用し, 支那の, 放擲しよう, 文学的表象によって, 斥けるため, 斥ける限り, 日本美に, 日本美の, 有た, 有つ, 極めて空想的, 構成し, 構成する, 欧州の, 歴史的に, 歴史的過程そのものから, 求める, 求めること, 求めるという, 求める時, 決定し, 決定すべき, 決定する, 無視し, 無視する, 現代的カテゴリーにまで, 現在の, 現実の, 理解出来る, 用いないと, 用いようと, 用意しない, 用意しなけれ, 用意すべきである, 知らないか, 破棄しよう, 社会科学と, 神学的範疇と, 範疇論的に, 翻訳し, 脱しない, 脱すること, 自らに, 自分自身の, 自然科学的範疇に, 見ること, 規定する, 認識の, 論じる処, 超越し, 近代的範疇に, 逸する青春性, 適用する, 選ばせるの

▼ 範疇組織~ (108, 6.7%)

3 である, でなくては 2 というもの, の最も, の相違, はこうした, も亦, を用い

1 [90件] から区別, がある, がすぐ, がそれ程, が一般, が哲学, が問題, が実験, が成り立つ, が技術的範疇, が文学, が最も, が有っ, が本物, が歴史的, が異, が観念的, が選ばれ, が選ばれざる, こそ哲学, であって, という一つ, という資格, という足場, としての資格, として解釈, とでなけれ, とに於, との極めて, との間, とは完全, とを持たず, と云っ, と実験的, と新しい, と直接, と結合, と自然科学, にある, にその, にはどういう, によってブルジョア社会科学, によって一つ一つ, によって解釈, による又, による合理的, による夫, に共通性, に対してそういう, に対しては, に技術的範疇組織, に於, のこの, のもつ, の上, の世界観, の代表者, の実在的, の方, の構成, の発展, の繊維, の選択活用, の間, の飜訳, はこの, はそれ, はそれ自身独立孤立, はまず, は之, は任意, は勝手, は哲学, は実は, は実験, は対象, は必ず, は必ずしも, は決して, は科学性, は論理, までを含まなけれ, も一応, やイデオロギー, を今日, を使っ, を構成, を現在, を行なわざる, を論理

▼ 範疇~ (102, 6.3%)

2 ロゴスと, 必要と, 有つ, 概念である, 認識論的である

1 [92件] ある, あるから, あると, あるの, すぐ様文学的範疇, すでに社会層, そのまま例, どの世界, ないの, なぜ物質, なほ認識され, もし真に存在そのもの, もはや社会的, ナチス的社会理論の, モディファイされ, ロゴスから, 主観に, 主観にのみ, 之だ, 之である, 事実から, 云い表わす処, 今日では, 今日の, 他の, 何かの, 何かを, 何である, 何でなけれ, 何に, 何等自然科学的, 使われる, 健康を, 入要, 全く別, 内容を, 出て, 初めから, 判断の, 単なる解釈用, 占める抜き差し, 原始的には, 又対立者, 古来存在する, 同時に存在者自身, 哲学的に, 存すること, 存在では, 存在という, 存在性の, 実証的だ, 実証的範疇な, 導き出される, 展開し, 当て嵌まる, 形式論理学的に, 形而上学的範疇から, 役に立つの, 往々, 思惟が, 想像される, 意味した, 持ち出される, 文久非常時を, 文学主義的に, 文学的表象に, 更に又, 最も広範, 東洋的範疇に, 根底に, 概念乃至, 歴史の, 求められて, 無論そのままに, 特に文学的範疇, 用いられるかは, 直接に, 真理の, 示された処, 示されるとき, 社会層の, 社会的に, 社会的所産である, 科学的に, 範疇の, 系統的発生を, 自然科学の, 言葉に, 言葉の, 論理的である, 靜か, 順次に

▼ 範疇体系~ (93, 5.7%)

3 と共軛的 2 である, なるもの, の一つ, の間, を承認

1 [80件] から出, から来る, から独立, がこの, がどんなに, が一般, が具体化, が処, が哲学的, が打ち建てられる, が本当に, が理論的概念, が適宜, だけは之, だった, であった機械論, とが対立, とが当然, として吾, とその, となれ, との連帯関係, との間, と並ん, と云っ, と共軛性, と根本的, と機械論的範疇体系, と直接, と社会科学, などは自然科学, なの, にそう, にぞくし, によって初めて, に共通, に対立, に於, に考え及ぶ, のこと, の上, の下, の中心問題, の優劣, の内, の採用, の破壊, は之, は何, は元来, は共軛的, は哲学体系, は唯物弁証法, は外, は必ずしも, は時として, は決して, は無論, は翻訳, は自然科学的範疇体系, は適当, も亦, を, をも, をも貫かなけれ, を今一般, を意味, を押し除けよう, を拒否, を採り, を日常選択, を是非, を有, を用いる, を立て, を組織, を通して前, を選ばね, を選択, を銘々

▼ 範疇~ (91, 5.6%)

3 一定の, 云えば 2 なること, なるに, 呼んで, 支那的又は, 自然科学の

1 [75件] した処, しなければ, たいして相違, どう食い違おう, なって, なりついに, なり得るの, なり遂に, 云っても, 何の, 何等論理上, 例えば社会科学的範疇, 全く絶縁, 共に始まる, 共軛関係に, 同じ名前, 同時代, 名づけた, 名づけられて, 名づけられるべきもの, 呼ばれて, 呼ばれる, 呼ぶべきだと, 呼ぼうと, 呼んだもの, 哲学の, 完全に, 少しも異, 形而上学的範疇との, 必要を, 技術との, 技術学的範疇とが, 接近し, 文学に, 日常的な, 欧州に, 欧州的範疇とを, 歴史的世界の, 決して共軛化, 法則とに, 法則とに従って, 無関係で, 現実的な, 理解する, 直接に, 直観との, 直観形式たる, 社会的にも, 範疇される, 範疇組織, 範疇組織と, 範疇組織とに, 範疇組織によって, 結び付けること, 結局別の, 結局同じ, 継ぎ穂されざる, 考えさせ之, 考えたの, 考えて, 考えねば, 考えられねば, 考えられるかを, 考えられると共に, 至極密接, 見做, 見做すか, 解釈させる, 言うべきもの, 認められると, 近代的範疇との, 連帯関係に, 連帯関係を, 連関される, 雖も

▼ 範疇としての~ (54, 3.3%)

3 物質, 自由主義なる 2 制約は, 実験が, 物質である, 物質と, 物質の, 物質は, 空間は, 自由主義に, 自由主義は

1 [30件] インテリゲンチャに, 二つの, 人格が, 人民戦線だ, 制約を, 哲学的物質から, 夫は, 実践とは, 実験は, 専門哲学者では, 広義の, 意味を, 意識に, 所謂, 技術, 機械の, 物質から, 物質であっ, 物質を, 用途を, 社会の, 空間, 空間の, 自由主義が, 自由主義だ, 自由主義と, 自由主義という, 自由主義の, 運動, 重力は

▼ 範疇である~ (34, 2.1%)

4 と同時に 3 と云う 2 ことが, ということ, として乃至, 処の

1 [19件] かということ, かない, からその, か或いは, が之, というの, という主張, という意味, という点, という解釈, とは空間, と云っ, にも拘らず, ので, ばかりでなく, カントの, 真理, 自由主義が, 階級が

▼ 範疇として~ (27, 1.7%)

2 では, 支配する

1 [23件] この言葉, ノエマ・ノエシスという, 一定の, 使う処, 初めて一定, 即ち技術現象, 取り上げられる, 古典学的な, 吾, 彼女の, 成り立つこと, 成り立つため, 求めた最後, 求められる必然性, 活きて, 濫用され, 片づけたり, 理解された, 理解し, 理解せね, 空間が, 表現される, 説明され

▼ 範疇~ (25, 1.5%)

6 物を

1 [19件] すら単に, でも, 両者は, 云い表わされ始めると, 以って, 以て, 処理し, 律しようと, 従って機械的, 批評した, 構成する, 決まり切らないの, 現わ, 簡単に, 置きかえられた, 置きかえるの, 考えられたり, 行なわれようと, 言語の

▼ 範疇では~ (25, 1.5%)

5 ない, なくて 2 あり得ない, なかった

1 [11件] ないか, ないと, ないよう, ない筈, なく善, ジャーナリズムと, 律せられそう, 絶対に, 認めて, 道徳倫理の, 都合が

▼ 範疇~ (23, 1.4%)

2 に立脚

1 [21件] から来る, がある, がとった, が必要, とがある, となっ, となった, と云え, なの, によって処理, に於, の本来, の特異点, の皮相さ, の真髄, の科学的地盤, は今日, は古来論理学, や何, を挙げるなら, を要素的

▼ 範疇という~ (20, 1.2%)

4 概念を

1 [16件] ことについて, のは, ものも, ものを, 名が, 名を, 概念によって, 概念の, 概念内容からは, 概念名又は, 氷塊は, 言葉が, 言葉を, 言葉をば, 論理を, 諸要素

▼ 範疇とは~ (17, 1.0%)

1 [17件] これに, ならないもの, 一般に何, 事実の, 人々が, 人も, 人類の, 元来根本概念の, 全く別, 別である, 制約の, 哲学的思考の, 多くの, 存在の, 存在論的範疇の, 無縁であらざる, 考えられないし

▼ 範疇によって~ (16, 1.0%)

3 理解され

1 [13件] 世界を, 云い表わそうと, 制限された, 創造される, 尽されて, 成る程歴史, 概念的に, 構成され, 構成された, 歴史的意識が, 理解する, 統一され, 高度の

▼ 範疇~ (16, 1.0%)

1 [16件] その肝心, またそう, 主観的, 亦之, 亦夫, 亦無論, 亦認識論的, 人間史的範疇も, 凡そ日常生活, 単に自然科学者, 取り出されたの, 実は観念, 対象に, 形式論理の, 社会的不安や, 科学の

▼ 範疇から~ (15, 0.9%)

3 すれば

1 [12件] よりひろい, 出発し, 出発する, 孤立し, 峻別されね, 有用の, 田辺博士は, 直観を, 系統発生した, 絶縁した, 遠いどころ, 離反する

▼ 範疇~ (14, 0.9%)

2 なる意味

1 [12件] であり永遠, である, と呼ばれる, と解釈, なの, な美, に, には同様, には相対的移動性, に別, に原則的, に異

▼ 範疇との~ (13, 0.8%)

2 間には

1 [11件] 共軛的連関に対して, 分裂, 区別などは, 区別を, 取り引きを, 論理学上の, 連帯関係を, 連絡を, 連関自身も, 間の, 関係に

▼ 範疇そのもの~ (11, 0.7%)

1 [11件] が別に, が概念, ではない, に範疇, に関係, の問題, の故郷, はロゴス, は概念, を取り扱った, を言葉

▼ 範疇をば~ (11, 0.7%)

1 [11件] これ等の, それが, 一般に, 主客の, 何等共軛化, 求めて, 現実性, 種々な, 自らを, 適当に, 領域の

▼ 範疇~ (10, 0.6%)

2 が, ということ 1 からと云っ, というの, という点, とも云った, と云う, と考え

▼ 範疇~ (9, 0.6%)

6 のである 2 のだ 1 わけで

▼ 範疇には~ (7, 0.4%)

1 ひるとは, 二つある, 人を, 土地または, 土地を, 大抵の, 質料

▼ 範疇による~ (7, 0.4%)

1 世界観と, 世界観とで, 事物の, 宗教的意識を, 実践とは, 本当の, 諸ブルジョア的

▼ 範疇乃至~ (7, 0.4%)

2 概念は, 範疇組織は 1 概念に, 範疇組織の, 範疇組織を

▼ 範疇としては~ (6, 0.4%)

1 之が, 二つは, 別で, 十七八世紀の, 広く技術的性能, 科学的に

▼ 範疇であり~ (5, 0.3%)

1 他方に, 又その, 又何, 範疇組織でなく, 而も

▼ 範疇にまで~ (5, 0.3%)

1 共軛化せね, 具体化され, 具体化し, 拡大する, 生成する

▼ 範疇~ (5, 0.3%)

1 入れるの, 暗中飛躍する, 結び付いた構想力, 結び付くに, 結び付くもの

▼ 範疇論的~ (5, 0.3%)

2 に云っ 1 な興味, に批判, に検査

▼ 範疇~ (4, 0.2%)

1 徳川幕府成立以後に, 方法を, 概念自身は, 特殊の

▼ 範疇を以て~ (4, 0.2%)

1 事を, 技術的範疇体系を, 指示される, 貫かれねば

▼ 範疇秩序~ (4, 0.2%)

1 が築き上げられる, とは別, の弊, を想定

▼ 範疇からは~ (3, 0.2%)

1 たとえそれ, 異っ, 私などは

▼ 範疇~ (3, 0.2%)

3 ている

▼ 範疇であっ~ (3, 0.2%)

1 ては到底, て元来, て決してすぐ

▼ 範疇でなけれ~ (3, 0.2%)

2 ばならない 1 ばならなかった

▼ 範疇でも~ (3, 0.2%)

1 なかった, 何でも, 政治的範疇でも

▼ 範疇とが~ (3, 0.2%)

1 一緒に, 又不可分, 連絡させられ

▼ 範疇とを~ (3, 0.2%)

1 区別した, 媒介する, 殆ん

▼ 範疇において~ (3, 0.2%)

1 成立する, 獨立せし, 現はれる

▼ 範疇にも~ (3, 0.2%)

1 入れられない性格, 属さぬ, 拘らず技術

▼ 範疇に対する~ (3, 0.2%)

1 この共軛関係, 無知と, 現象の

▼ 範疇に従って~ (3, 0.2%)

1 三つの, 根本的な, 機能し

▼ 範疇以外~ (3, 0.2%)

1 に説明, のもの, の既知

▼ 範疇即ち~ (3, 0.2%)

1 プラトンと, 主観主義と, 技術学にのみ

▼ 範疇~ (3, 0.2%)

1 と一種, にある, や直観性

▼ 範疇構成~ (3, 0.2%)

1 が同時に, の態度, の殆

▼ 範疇~ (3, 0.2%)

2 の間 1 は夫

▼ 範疇される~ (2, 0.1%)

1 ものとの, ものは

▼ 範疇する~ (2, 0.1%)

1 両極である, 処に

▼ 範疇それ自身~ (2, 0.1%)

1 が全く, としては現代的通用性

▼ 範疇であれ~ (2, 0.1%)

1 ばこそ技術家, ばこそ空間

▼ 範疇でしか~ (2, 0.1%)

1 ないこと, ものを

▼ 範疇でない~ (2, 0.1%)

1 かを議論, と考えるなら

▼ 範疇といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, ものを

▼ 範疇とに対して~ (2, 0.1%)

1 共軛関係を, 又根本的

▼ 範疇なる~ (2, 0.1%)

1 ものは, ものを

▼ 範疇によ~ (2, 0.1%)

1 つて即ち, つて国際性に

▼ 範疇への~ (2, 0.1%)

1 系統的共軛化を, 関係なく

▼ 範疇~ (2, 0.1%)

1 の古代主義, の連絡

▼ 範疇上別~ (2, 0.1%)

2 な規定

▼ 範疇体系上~ (2, 0.1%)

1 のキャッシュバリュー, の共軛関係

▼ 範疇使用方法~ (2, 0.1%)

1 の批判, の最後

▼ 範疇其の~ (2, 0.1%)

1 他の, 他は

▼ 範疇~ (2, 0.1%)

1 でその, に於

▼ 範疇又は~ (2, 0.1%)

1 範疇組織, 範疇組織である

▼ 範疇及び~ (2, 0.1%)

1 範疇体系を, 範疇組織は

▼ 範疇必然性~ (2, 0.1%)

2 から眼

▼ 範疇的直観~ (2, 0.1%)

1 という言葉, とかいうテルミノロギー

▼ 範疇相互~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 範疇組織そのもの~ (2, 0.1%)

1 の技術的特色, の最後

▼ 範疇~ (2, 0.1%)

1 が文法, に過ぎない

▼1* [78件]

範疇あり認識論と, 範疇からの系統発生の, 範疇からもあふれて, 範疇こそその地布, 範疇こそはイデオロギーの, 範疇さえが日本には, 範疇されるべきものを, 範疇しか残らなくなるという, 範疇そうした云わば, 範疇それがすでに, 範疇だけなの, 範疇だけからは実は, 範疇だけが必要だった, 範疇だけに固有な, 範疇だけは日本独特の, 範疇づけられて居る, 範疇づけることは, 範疇であったとしてもそれ, 範疇であるならばそれ, 範疇でさえ技術的範疇に, 範疇でなく善の, 範疇での感情行為の, 範疇としてしか受け容れられて, 範疇ともなる, 範疇などは無用な, 範疇なども実験の, 範疇ならばそういう, 範疇なり原理なりが, 範疇にだけ限られた実証性, 範疇について立入つた論述を, 範疇についての一連の, 範疇にとっては存在とは, 範疇によっては理解されない, 範疇に対して意識の, 範疇に関する理論, 範疇のみがそこに, 範疇へと推し進ませずには, 範疇やの適用に, 範疇をさえかつぎ出そうと, 範疇を通じてヘーゲルの, 範疇を通じてのみ物の, 範疇一般とも云うべき, 範疇上共軛性を有, 範疇世界体系組織という認識目的, 範疇之等は皆形式論理学的範疇, 範疇付けては困る, 範疇位事物の本質, 範疇体系そのものが歴史観, 範疇体系それが, 範疇体系相互間の共軛性, 範疇使用法に於ける, 範疇使用法以上かも知れない, 範疇例えば生産関係とか, 範疇分析をした, 範疇したという, 範疇哲学的乃至科学的範疇, 範疇少くとも存在論的範疇, 範疇当為止揚妥当などというむつかしい, 範疇技術的範疇だという, 範疇整頓の標準, 範疇星座が分布, 範疇機構を用い, 範疇歴史という範疇, 範疇物質それ自身に他, 範疇社会という範疇, 範疇系統の歴史的運命, 範疇組織一般に技術的方法, 範疇組織自身の進歩, 範疇綱目を限定, 範疇に所属, 範疇自身にとっては特別, 範疇言い換えると思惟, 範疇論上の根本現象, 範疇論理を有っ, 範疇転化そこに歴史, 範疇轉化そこに歴史, 範疇選択は実は, 範疇階級という範疇