青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞えた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた
聞えた~
~聞える 聞える~ 聞かせ~ ~聞き 聞き~ ~聞きました ~聞く 聞く~ ~聞け 聞け~

「聞えた~」 1169, 13ppm, 8706位

▼ 聞えた~ (179, 15.3%)

35 である 16 です 9 か聞えない 8 であった 54 だった, でしょう, では 3 か聞えなかった, であろう

2 [11件] かどう, か聞えぬ, であろうと, でございました, でございます, と優美, はこの, はその, はそれ, はみんな孔雀, は誰

1 [66件] かしらあの, かそれとも, かもしれなかった, かルナ・アミーバー, か女, か彼, か爺, か聞えなかつた, か頭, がどくどく, が不思議, が中坂, が生憎, だか, だから, だが, だらう, だらう口, だろう, だろうか, だろう口, だ甲斐, であるから, であるが, であるよな, である訓辞, であろうか, であろうが, であろう四高足, でございましょう, でしょう狸, ですから, ですが, ですね, ですよ, とそれ, は, はあの, はお, はすすり泣き, はそこ, はその後, はたしかに, はやはり, はわが, は両方, は何某氏, は前月, は同月二十二日, は山, は梟, は源右衞門, は焼跡, は確か, は聞えた, は背, は船長, は蒲姓, は裏口, は襖越, は鎮台将校, は面白かっ, は鶏, もその, をす, 唄

▼ 聞えたので~ (144, 12.3%)

6 彼は 4 ふと冬, 私は 3 急いで 2 あつた, あわてて, わたしは, 不審に, 冗談を, 源太郎は

1 [115件] あたりを, いくぶんせせら笑い, いつの間にか縁, おのずと聞き逸すまい, お勢, お徳, お米どんと一緒, お絹, ここは, この対話, これが, さつきの, さてはと, さては殿, さては青シャツ隊, さアそれ, せう, そこまで, その声, その聲, その騒ぎ, ちょっと待っ, どうかし, はっと気がつい, わたくしは, スッカリ眼を, スワと, ドアの, ハッと, ビックリし, レイモンドは, 一同は, 一同むなしく, 一寸すねよう, 不思耳, 中宮の, 二人は, 何事かと, 信長は, 側近たちが, 元より, 光厳は, 光長は, 公孫, 劉表は, 参りました, 又引返し, 又意外, 吉原では, 同じ五月二十三日, 呟し, 周瑜は, 呼ばれるまま, 太守朝倉義景は, 奈良原翁は, 女は, 女史は, 孫権は, 安心した, 客の, 小さな隙間, 小倉からも, 少し気, 居合は, 市郎も, 庄三郎は, 店を, 彌作, 彼等も, 徐庶は, 従来譴責せられ, 思わず立ちどまっ, 思わず見上げます, 急に, 怯気づい, 我知らず立ち上がった, 手ん, 折角の, 振りか, 救助を, 敵も, 文字春は, 早瀬は, 昼の, 曹操は, 村中の, 機逸すべからず, 正成は, 殿様から, 準教員, 澄憲を, 澹山は, 甚七は, 皆な, 眼を, 私達は, 管輅を, 署長は, 義直は, 脛に, 自分の, 自分は, 若い二人, 菜園の, 蘭丸は, 趙は, 辰代は, 近侍の, 鐘の, 長安の, 集まった兵, 馬超の, 駆け込んで, 驚いて, 魏帝の

▼ 聞えた~ (76, 6.5%)

2 あれは, それは, それも, やがて焦立たし

1 [68件] あの時, いやに, えと振返った, かくべつ気, ここへ, この時, しかし彼, しかし皇后, しわがれた声, すぐに, そのあと, その以後, その先, その声, その後は, その時, その理由, その真先, その間私は, その響, その響き, それが, それきりぱったり, それでも薬罐, それと共に, それに, それまでには, ちと覚束, どうも此間, もう双方, ものの, やがて門, やがて静まっ, ロシア語だ, 中途で, 二の句が, 二位殿の, 似而非深刻, 体は, 何うし, 何といふ, 何とも返辞, 其後は, 又笑声, 場合が, 外を, 夜に, 女房は, 実に太閤, 彼には, 彼の, 曹操は, 最後山つ, 有繋, 概して彼等, 磯には, 私は, 空も, 突然二人, 筑阿弥は, 血が, 袁紹は, 迷惑な, 部屋を, 長庵, 間もなくバタリ, 間もなく二三人, 鱗綴の

▼ 聞えた~ (68, 5.8%)

15 思うと 6 思ふと 4 見えて 3 みえて, 申す事 2 すれば, 思う間もなく, 思った, 思ったら, 思ふうち

1 [27件] あとで, さいぜんの, すると, 云うの, 云う事, 云ふ, 出で, 思うよりも, 思うん, 思えば, 思ったが, 思ったら卓子, 思ったら師範学校, 思って, 思つ, 感じた事, 申して, 申しますが, 見え, 見えてね, 見えふと, 見えます, 見えニコニコ, 見るま, 言う別, 言た, 誓言するであろう

▼ 聞えたから~ (35, 3.0%)

7 である 3 であった 2 です

1 [23件] こいつは, それで, それを, だ, で, であるらしい, でせう, どうした, はあもう, また彼奴, 一同は, 三郎は, 五郎三郎は, 何心なく, 兵馬は, 又此方, 咄嗟である, 待って, 愕然として, 熊谷入道が, 覚えず若子さん, 言ったの, 轟の

▼ 聞えたよう~ (29, 2.5%)

8 な気 2 です, に思った

1 [17件] だが, だがね, だそれ, だった, だったが, であったが, であるが, であるしかし, でしたが, でね, な理屈責, な聞えないよう, にも思います, に思, に思います, に思う, に思われた

▼ 聞えたかと~ (26, 2.2%)

13 思うと 4 思ふと 2 思うや 1 おもうと, ぎよつとする, 思うま, 思う程, 思う途端, 思う間もなく, 思ふ間もなく

▼ 聞えたこと~ (21, 1.8%)

3 はなかっ 2 まで型, を思出

1 [14件] がある, がなかっ, がなかつた, その街, で鎌倉, なので, の信号, の方, はない, までそ, までそっくり, やそれからまた, を記憶, を語り出す

▼ 聞えたもの~ (20, 1.7%)

6 ですから 2 だつた

1 [12件] かこく, だ, だから, だからさ, だが, でござんしょう, では, で民船, と見え, のよう, らしかった, を

▼ 聞えた~ (16, 1.4%)

3 だが

1 [13件] が顯, その外詩歌, だ, であったが, であつ, であるだけに, でした, ではなし, でほか, でよく, で已に, の声, の足音

▼ 聞えた~ (14, 1.2%)

2 どうか

1 [12件] え, えもう, え駒さんよう, 俺は, 否か, 後ふり向い, 恐らく意味, 疑問である, 知れないが, 破れ戸が, 聞えないか, 聞えぬかに

▼ 聞えた~ (13, 1.1%)

43 です 1 だから, だからね, だが, だな, だらう, です御

▼ 聞えた~ (13, 1.1%)

2 はもう

1 [11件] から姿, などは誰, には私, に其眼, に鍋, はこの, はすぐ, は何, は実に, もう制服, も敏子

▼ 聞えた~ (12, 1.0%)

3 だが, である 2 だ, だつた 1 がゐ, であつ

▼ 聞えただけ~ (10, 0.9%)

2 であった, でした 1 ぢや, である, ですぐ, で一滴, で音楽, 蟹は

▼ 聞えたやう~ (10, 0.9%)

2 に思 1 だが, でした, です, にも思ひます, に思つた, に思つたの, に思つて顏, に思ふ

▼ 聞えたそう~ (8, 0.7%)

5 です 1 だ, だが, である

▼ 聞えた~ (8, 0.7%)

3 違いない 1 しても, ちがいない, 相違ない, 違ない, 違ひありません

▼ 聞えたのに~ (8, 0.7%)

2 違いなかった 1 はつとして, 堪りかねて, 岡田君も, 気が, 相違ない, 違ひなかつた

▼ 聞えたって~ (7, 0.6%)

1 いいや, かまわん, なあにかまう, 彼で, 構うもの, 構うもん, 水で

▼ 聞えたその~ (6, 0.5%)

2 橋までに 1 会話の, 声が, 声は, 方を

▼ 聞えたとき~ (6, 0.5%)

1 と部屋, にその, にはもう, はすなわち, はもう, 極めて柔

▼ 聞えた~ (6, 0.5%)

1 がしだいしだい, が順助, だったの, と階上, はソックリ新子, よりも驚かされ

▼ 聞えた~ (6, 0.5%)

1 地主の, 富豪の, 寝坊で, 旗本で, 町人でも, 身代の

▼ 聞えた~ (5, 0.4%)

1 であります, 奉行は, 將で, 槍家が, 醫でした

▼ 聞えた~ (5, 0.4%)

2 だが 1 だったけれど, だね, なのに

▼ 聞えた香具山~ (5, 0.4%)

5 なの

▼ 聞えたかも~ (4, 0.3%)

1 しれないし, 知れないが, 知れません, 知れんが

▼ 聞えたじゃ~ (4, 0.3%)

2 ないか, ねえか

▼ 聞えたという~ (4, 0.3%)

1 二つの, 伝説を, 笑い声だ, 話が

▼ 聞えた物語り~ (4, 0.3%)

4 のある

▼ 聞えたけれど~ (3, 0.3%)

1 お前言種に, 二人は, 何の

▼ 聞えたこの~ (3, 0.3%)

1 土地の, 笹子峠で, 老人をも

▼ 聞えた~ (3, 0.3%)

1 そのとき, ちょうどプラット, また非難

▼ 聞えたはず~ (3, 0.3%)

21 である

▼ 聞えたもん~ (3, 0.3%)

1 だ, だね, ですから

▼ 聞えたんで~ (3, 0.3%)

1 お通さん, それじゃ, 聞きに

▼ 聞えた俳優~ (3, 0.3%)

2 だが 1 が居る

▼ 聞えた富豪~ (3, 0.3%)

1 であっても, でありおまけ, の男爵

▼ 聞えた尺八~ (3, 0.3%)

1 の鈴慕, の音, はこの

▼ 聞えた~ (3, 0.3%)

1 がわかる, であるが, に依る

▼ 聞えたあの~ (2, 0.2%)

1 やさしいセロ, 変な

▼ 聞えたけれども~ (2, 0.2%)

1 わたしは, 矢張城方の

▼ 聞えたそれ~ (2, 0.2%)

2 に続い

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 かまわないさ, せう

▼ 聞えたとき彼~ (2, 0.2%)

2 は何

▼ 聞えたところ~ (2, 0.2%)

1 だが, は辻ヶ森

▼ 聞えたとでも~ (2, 0.2%)

1 形容なさる, 思うの

▼ 聞えたとも~ (2, 0.2%)

1 何んと, 聞えたとも

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 先駆すでに, 浅草の

▼ 聞えたばかり~ (2, 0.2%)

1 だつた, では

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 ー八時近くである, 出世し

▼ 聞えたもしくは~ (2, 0.2%)

2 あまり知られ

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 十七姫御, 聞ゆべからざる

▼ 聞えたわけ~ (2, 0.2%)

1 では, でも

▼ 聞えた一人~ (2, 0.2%)

1 だった, だつた

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

2 の河内

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 であるが, は記臆

▼ 聞えた事実~ (2, 0.2%)

1 で博士自身, で少し

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 ですから, で拙者

▼ 聞えた刀鍛冶~ (2, 0.2%)

2 も住みました

▼ 聞えた名馬~ (2, 0.2%)

1 であり値, の産地

▼ 聞えた土地~ (2, 0.2%)

1 だ, の名物

▼ 聞えた學者~ (2, 0.2%)

1 でも宦官, の一人

▼ 聞えた家柄~ (2, 0.2%)

1 であるが, で有り

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 だが, であるという

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 は固形化, も乱

▼ 聞えた御家人~ (2, 0.2%)

2 で四十年配

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 る男優, 親族の

▼ 聞えた手水鉢~ (2, 0.2%)

1 へ干, へ柄杓

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 が目的, じゃ一夜

▼ 聞えた時私~ (2, 0.2%)

1 の家, はどうして

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 であつ, に思っ

▼ 聞えた美人~ (2, 0.2%)

1 で年, で才女

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

1 が知らせ, の召される

▼ 聞えた薛允升~ (2, 0.2%)

1 の, の著書

▼ 聞えた~ (2, 0.2%)

2 り神

▼ 聞えた貧乏華族~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 聞えた道具屋~ (2, 0.2%)

1 があった, があつ

▼1* [291件]

聞えたあとはひとしきり, 聞えたある宦官の, 聞えたうちに武蔵国, 聞えたうわさによれ, 聞えた勢の, 聞えたお湯なん, 聞えたかい麗人であった, 聞えたかき兄を見, 聞えたかはないでしょう, 聞えたきり向陵, 聞えたきりあとは前, 聞えたくらゐである, 聞えたくらいしんと静まり返っ, 聞えたことそれだけで, 聞えたこと光り物がした, 聞えたせいか幹事, 聞えたそれでよい隠れ場所, 聞えたためすっかり驚い, 聞えただけでも士気の, 聞えたつもりだが, 聞えたといふジヤングルに, 聞えたとか噂は, 聞えたとかいう陰気な, 聞えたとき一門の徒, 聞えたとき残虐きわまりなき, 聞えたとき直接信長から彼, 聞えたとき部屋の襖, 聞えたとき酒席の杯, 聞えたとの評に, 聞えたどっちが楽そう, 聞えたには綱宗を, 聞えたのではッと, 聞えたのみでそれきり門内, 聞えたばっかりであと, 聞えたべんとうべん, 聞えたほど凡そ東京中, 聞えたふに, 聞えたるいかならん, 聞えたアーヴルでの税関, 聞えたオホホホと云う, 聞えたクラクソンにつられ, 聞えたストツクホルム當然喧々囂々たる非難, 聞えたスナイドル銃をこし, 聞えたダヴィッド・ベラスコの言葉, 聞えたドイツの旅行家, 聞えたニエビュールの, 聞えた一流の名手, 聞えた一節が微か, 聞えた万夫不当の剛の者, 聞えた万雷のそれ, 聞えた世間知りの, 聞えたにくり抜かれ, 聞えた中野の原, 聞えた乱橋というの, 聞えた乾物問屋ですから, 聞えた亂橋といふの, 聞えた二人の勇将, 聞えた二度目の異様, 聞えた五大院宗繁の噂, 聞えた人物に鍔競合, 聞えた今度は前, 聞えた仏兵助の面, 聞えた仏様で大願成就, 聞えた伊能忠敬の娘, 聞えた佐々内蔵助成政じゃよ, 聞えた佐久間久右衛門同苗舎弟源六綿利八右衛門など一人, 聞えた何だか笑いを, 聞えた何某が向っ, 聞えたである, 聞えた信長の妹, 聞えた倫理学者だつたが, 聞えた偉丈夫とは見え, 聞えた兄いがちょっと江戸前, 聞えた典薬頭今も残っ, 聞えた分別の者, 聞えた切りであと, 聞えた前人未踏のアイガー東山稜, 聞えた前夜のこと, 聞えた剽軽な千手大尉, 聞えた劇作家の一人, 聞えた加賀の松並木, 聞えた助けを求むる, 聞えた勇士だけれど, 聞えた勘助井戸を左, 聞えた北条氏房が広沢重信, 聞えた医者で患者, 聞えた又は西の宮へ, 聞えた叔父の手, 聞えた只今お請取, 聞えた吉村の時代, 聞えた名めえだ, 聞えた名人です, 聞えた名勝となつ, 聞えた名医のところ, 聞えた名士になれ, 聞えた君子である, 聞えたの傅奕, 聞えた商人ボリース・チモフェーイチじゃよ, 聞えた喧嘩の専門家, 聞えた因業屋で厳しい, 聞えた土間の入口, 聞えた地蔵でありました, 聞えた坊さんだつた, 聞えた堅気な物産問屋, 聞えた外国文学通でまた, 聞えた大家であるそう, 聞えた大尽であるのみ, 聞えた大藩の勲功, 聞えた大飯食ひでおぢ, 聞えた天龍寺の由利滴水, 聞えた太物問屋の次男坊, 聞えた女博士で今, 聞えたである, 聞えた婦人なの, 聞えた安倍晴明の後裔, 聞えた宝典も巻累, 聞えた宝蔵院衆が槍, 聞えたの高い, 聞えたがある, 聞えたですから, 聞えた寛永寺の鐘, 聞えた小さな声でありました, 聞えた小町娘この私, 聞えた尼子浪人が七, 聞えた山東の勇将, 聞えた山県ぞ打, 聞えた島原に一夜, 聞えたに寝た, 聞えた帆村探偵もこの, 聞えた平家の将, 聞えた幽斎の後, 聞えたださうである, 聞えた当初からその, 聞えた当時頭の禿げた, 聞えた役者のこと, 聞えた従来日本の通用語, 聞えた名人, 聞えた怒り性だったが, 聞えた愛嬌者である, 聞えた慈音という坊さん, 聞えた才物だったとか, 聞えた捜査課の恒川警部, 聞えた支那の民間学者シユツンプジン氏, 聞えた政治家だし, 聞えた城数馬氏は, 聞えた敬神家で衆望, 聞えた料理屋も二三軒, 聞えた俳優であった, 聞えた新聞紙紐育トリビユウンの創立者ホオレエス・グリイリイ, 聞えた日午は, 聞えた旧弊の家柄, 聞えたの海賊村上流, 聞えた時これは滝川一益, 聞えた時一瞬間忙しい手, 聞えた時不思議がって, 聞えた時代であるそれ, 聞えた時入道はひどく, 聞えた時壮助ははっ, 聞えた時彼はまた, 聞えた時恩地喜多八はただ, 聞えた時手紙とハンケチ, 聞えた時殿上人の間, 聞えた時火鉢に倚, 聞えた時瓦斯の栓, 聞えた時自分の希望, 聞えた時表の方, 聞えた時計商である, 聞えた時道子は俤, 聞えた時鶴子さんは又, 聞えたの時刻, 聞えた最後の無電, 聞えた有名な某, 聞えた有徳人で私共, 聞えた木戸の軍造, 聞えた末石弥太郎を討っ, 聞えた本所竪川の龜, 聞えた松村月渓もその, 聞えたの老人, 聞えた柴田の軍勢, 聞えた根岸肥前守の随筆, 聞えた梁山泊も實, 聞えた槍ヶ岳の北鎌尾根, 聞えたであつ, 聞えたの瞬間, 聞えたの音, 聞えた歌人の事, 聞えた正吉は蚯蚓, 聞えた武勇の輩, 聞えた武家であるのに, 聞えた武蔵ではある, 聞えた武術家などはいない, 聞えた殊にこの説, 聞えた母親さえも三舎, 聞えた母親さへも三舍, 聞えた助兄, 聞えた氷川下の老, 聞えた河内房がなかなか, 聞えた津軽家の秘方, 聞えた流行妓である, 聞えた清教徒だよ, 聞えた清朝の屠, 聞えた清末の葉昌熾, 聞えた漁場の名, 聞えた演説家だつたが, 聞えたであらう, 聞えた烈しい銃声が, 聞えたるよう, 聞えたと娘, 聞えた牡鹿城ももう, 聞えた物持連で高木氏, 聞えた物語のある, 聞えた独唱家ですが, 聞えた独身者である, 聞えた将勇将は, 聞えた猛士であるが, 聞えた獲物を前, 聞えた玄竹も矢張り醫者, 聞えた瑞典のアルフレツド・ビイ・ノオベル, 聞えた甲州の荒川, 聞えた画家張伯雨がある, 聞えた真鍋さんが何, 聞えた神出鬼没の怪賊, 聞えた禿頭の銀行家, 聞えた秀吉公の御, 聞えた秋山伊織樣の一人娘, 聞えた秋帆流の達者たち, 聞えただ, 聞えた種々な取沙汰, 聞えた穢多の富豪, 聞えた立派な豪傑, 聞えた端郡王はその, 聞えた細君がね女, 聞えた羅馬字論者である, 聞えた美女で年紀, 聞えた美男でもありました, 聞えた老人が一人, 聞えた老妓で清葉, 聞えた老練家である, 聞えた臆病者だぞ, 聞えた若林博士は何故, 聞えた英国の文芸家, 聞えた茶人なのに, 聞えた荒武者である, 聞えた著名の殿様, 聞えた著述家だと, 聞えた蔡襄がその, 聞えた藤夜叉の叫び, 聞えた藪鶯のホーホケキョ, 聞えたの音, 聞えたの大将, 聞えた見当からね, 聞えた不知子不知, 聞えた親分でございます, 聞えた記者だが, 聞えたでは, 聞えたですけど, 聞えた請負師として若い, 聞えた谷口靄山が亡くなる, 聞えたのもの, 聞えた貞節二十年この方, 聞えた財産家が去年東京, 聞えた貧乏長屋であった, 聞えた賈誼がその, 聞えたはひで, 聞えた遊び好きの拗ね者, 聞えた遊覽の町, 聞えた達人も幾名, 聞えた部分はなんとなく, 聞えた金剛石砲台には四十糎, 聞えた鉱泉が一つ, 聞えた長兄杉山茂丸氏と福岡市吉塚三角在, 聞えた閔子騫の言葉, 聞えた陶弘景は多く, 聞えた険路を急ぎ足, 聞えた險阻である, 聞えた雄弁家であるが, 聞えた難所だよ, 聞えた静山公が儒者, 聞えた音楽はドビュッシー, 聞えた音楽家だが, 聞えた音無の名残り, 聞えた響きに過ぎなかった, 聞えた風間老人までがうっ, 聞えた食通というもの, 聞えた食道楽であった, 聞えたといえ, 聞えた鬨の声ただならぬ廊側, 聞えた鬼門關を過ぎよう, 聞えた鳴海と聞い, 聞えたの研究家, 聞えた黒門町の壁辰