青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「節~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

答える~ 策~ 管~ 箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節
節~
節子~ ~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~ 築地~ ~簡単 簡単~ ~籠 籠~

「節~」 5034, 52ppm, 2227位

▼ 節~ (695, 13.8%)

9 ような, ように 5 強さ, 日の 4 中から, 小三郎, 小三郎に, 小三郎の, 強そう, 方が, 間に 3 ことを, 中に, 太い手, 如きは, 無いでも

2 [47件] あるの, こと, ことは, ことも, しぢ水, ところで, ところに, ひとつひとつに, をはり, 一つ一つに, 一曲を, 中には, 事た, 人一倍すぐれ, 初めに, 前夜に, 口笛を, 多い板塀, 夜の, 娘は, 小三郎が, 小三郎さんそれに, 小三郎も, 強いの, 強い者, 形式を, 感じに, 文句を, 日であった, 日に, 時も, 深編笠を, 男女が, 痛み堪へ難けれ, 節で, 終りの, 考証を, 若水, 蓮根の, 親分, 速力を, 部分は, 長歌に, 間も, 間長き, 食穢には, 鳴り響く

1 [530件 抜粋] あいだに, あたりに, あったこと, あのお歌, あのゆつくり, あらう筈, あらん限り, あるごく, あるところ, あるよう, ある下, ある器具, ある尺八, ある時, ある男, ある竹, ある質素, ある雛妓, いい日, うちの, うつりかわりを, うるは, うれしい口説, おけさ, おつ, おわり, お仕事, お客は, お式, お慈悲, お江戸, お浚いから, お爺さんは, お礼やら, お祝いに, お里という, かかって, かりそめ, くせ言葉の, ことだ, ことで, ことばを, この呪詛, ころに, ごとき一個, ごはんや, ごはんを, さらいに, すなお, すべてを, せいで, たかい太い指, ために, つくほど, つけ方を, つよいという, つよいやつ, ところが, ところだ, ところの, ない竹ぎれ, ない謡, ない鼻唄, なきこと, はやつた年, はやり歌の, ひとは, びら札の, ままを, まるでち, もこれぞ, ものを, やうな, やうに, ゆるやかに, ようじゃ, わいわい騒ぎ, アメリカかぶれみたいに, コッピーを, コーラスガールで, サワリの, パーティの, ヨブの, リズムを, 一つである, 一つに, 一つも, 一つ多い, 一句である, 一定の, 一層部分的, 一抜き一抜きに, 一般文化面を, 三味線と, 三味線の, 三味線弾き, 上で, 上に, 上の, 上を, 上ん, 上六に, 上手が, 上手な, 下に, 不正確, 不規則から, 中で, 中にも, 主人の, 主題なり, 乞食は, 二三日前だったろう, 二人連が, 二本と, 二週間は, 人の, 人出に, 人心不安で, 人間味が, 人馬雇い, 付いた呼び声, 付いた竹筒, 会へ, 会計持てあぐみた, 伸びた痩せた手, 作家の, 作者の, 俚謡に, 傾向は, 僕の, 元なる, 元祖である, 兄哥は, 全体にわたる, 全速力を, 冒頭に, 凄婉, 処から, 処へ, 処を, 初日以来彼は, 前だつた, 前一日, 前半には, 前半は, 前夜かれ, 前夜は, 前夜白宮殿では, 創生につき, 創造主である, 勁さうな, 勞働爭議などは, 勤めを, 医者は, 十万ポッチで, 十月と, 千万燈一時に, 半ばまで, 口調に, 合うところ, 合理化によって, 名人で, 名人文魚本多の, 向うに, 呉竹に, 周期律, 呼び方, 唄, 唄と, 唄を, 唇を, 囃子を, 四ツ目に, 囲炉裏火とは, 国民運動会の, 土産として, 地下茎が, 地方新聞は, 坊っちゃん方は, 変りを, 変化に, 多い田舎, 多かった, 大きく高くなった, 大希望, 大思想, 大意である, 大氾濫, 大津絵は, 大竹流れ来り, 太い指, 太い頑丈, 太夫良斎は, 太郎さんは, 太陽で, 女が, 女は, 女中はね, 如き山城, 如き明白, 如く, 如く外部, 如く詩, 始まる頃, 娘たちの, 子供の, 宗家で, 定家論の, 家元と, 家元露八, 寂寞道人肩柳や, 小三郎という, 小三郎といふ, 小唄の, 小唄めいた, 小唄も, 小屋で, 小歌に, 少年は, 崩れるの, 川柳研究家の, 巧みなる, 巧緻声の, 師匠だ, 師匠に, 座に, 座付作者にな, 延び延びと, 強いにも, 強いやくざ, 強いキ印, 強い世渡り, 強い奴, 強い奴ら, 強い浪人, 強い男, 強い素晴らしい若者, 形式, 形式と, 形式的周期を, 後に, 後を, 御取り扱い等, 御園館を, 御温情, 御用に, 忍苦に, 忙しさ, 快美, 恰好と, 悪口ばかし, 意である, 意味は, 或場合, 所傳と, 所傳との, 所傳を, 手が, 才子と, 批評は, 抜けたる所, 指南で, 撥さばきに, 故に音樂, 教書であった, 教育や, 散乱する, 数々は, 数え謡, 数による, 数は, 整然たる調律, 文句か, 文句が, 文句と, 文句其儘に, 文句通りに, 文章を, 斎みである, 斎戒は, 新体詩を, 新築には, 新聞記者は, 新體詩歌, 方向にと, 旅館暮しは, 旋律の, 日, 日だった, 日と, 日なども, 日リスボンで, 日本アルプスの, 日本人の, 明晰な, 明晰や, 明確な, 時でなけれ, 時分には, 時計の, 暢, 暮しという, 暮しに, 更迭は, 書始めに, 最終の, 月じゃ, 有名なる, 朗讀を, 朝から, 朝だ, 朝汲んだ, 木挽歌, 末が, 本場の, 本領は, 村の, 来る間, 東京の, 楽隊を, 樣式に, 次に, 次第を, 歌, 歌だった, 歌境は, 歌曲, 歌詞が, 歌詞は, 正しいリズミカル, 正本に, 正規的な, 武家は, 歴史と, 母という, 氣六十年は, 水で, 水調子, 沈靜なる, 沢山ある, 流れを, 流行は, 流行らない師匠, 浜下り, 淡の, 炭は, 点々黒い, 爺い, 爺さんが, 爺さんは, 猫は, 生れた徳川氏, 由来を, 男たちは, 画証録, 痛みだ, 痛むの, 痛んで, 看板に, 真上で, 短い円く肥つた腕, 短い手, 破るる音, 示して, 祭り, 祭りとともに, 祭日が, 稽古に, 突端が, 立て看板, 竹の, 筆法と, 箏の, 節廻しが, 精緻な, 系統と, 素足にまで, 素足の, 細かい竹, 終りと, 終りに, 終りまで, 総踊り, 美しい木目, 美しさ, 聲も, 肉食禁制を, 脱れた, 膾炙し, 臣ねがわくは, 船を, 花坊主が, 花坊主だ, 芸子芝居は, 芽も, 若い人達, 若い娘, 若い者, 若え, 若水の, 若者は, 英雄と, 英雄青年レムミンカイネンの, 著しき語, 處に, 行事までを, 衣の, 衰う, 西北の, 見うけられたかた, 親子乞食は, 觀念は, 解けたるに, 解釈を, 記の, 註に, 詞が, 試めしは, 詫言を, 話, 話じゃあ, 話に, 話承知しました, 語で, 語と, 語を, 説だ, 説明によっても, 調子に, 調子も, 調子を, 論旨を, 講話それに, 議会の, 贈物に, 起りつつ, 踊や, 踊りの, 踊り姿そっくり, 踊を, 車中には, 農民文学を, 速力が, 速力を以て, 速度で, 進行, 道行桂川恋の, 違いでも, 郎女, 郎女次に, 部分が, 部分も, 部分的な, 郷土色は, 都の, 酔つ, 野菜なし, 金星よりも, 長い土筆, 長い紅宝王, 長老が, 間の, 間を, 附かんとも, 隆き, 隆起を, 隔壁に, 隙間を, 隣には, 隼丸だ, 電報は, 霜が, 青年大邦に, 音の, 音を, 頃には, 頗る多い, 顔が, 類に, 風情に, 食物は, 飲食店に, 飴売りであり, 馬, 馬の, 騒ぎは, 騷ぎは, 骨子であっ, 高いカサカサ, 高い心根, 高い手, 高い身, 高きに, 高く太い彼, 高さ, 高等アパート並に, 鳥の, 鼾に, 7775調

▼ 節~ (655, 13.0%)

101 つけて 15 屈して 12 先に 10 附けて 8 付けて 5 唄って 4 唄いながら, 変えて, 拔いた 3 つけたり, 守って, 引いて, 折って, 抜いて, 歌いながら, 歌って, 流して, 聞いて

2 [28件] うたって, うたつて, きつて, これだけ, つけた, つけた不平, つけては, つけるよう, ひいて, やり出した, 一本ずつ, 傷け, 口笛で, 叩いて, 合せて, 唄った, 唄つてゐた, 守りて, 平生から, 懸賞で, 折つて書を, 拔い, 掻きました, 揃えて, 曲げて, 痛めましたもの, 真似て, 繰り返して

1 [409件] あはせ, あわせて, うたいながら, うたいはじめる, うたいまして, うたいムク犬, うたい出したの, うたい返した上, うたう程, うたひ, うたひました, うたふ, うたへば, えらべるは, おしえて, おどって, おぼえて, お糸節, かけて, かしくかつ, かしく微吟を, かすめて, くっ付けて, くり返しくり返し唄った, ここで, こちこちと, こめて, ごく低く, さらふ, し厚い, そろえまた, たたいた発田, たのしそう, だれからでも, つかまへられしまま一つ, つかんだよう, つけたつて, つけたもの, つけた口調, つけた喚きだの, つけた当時, つけないで, つけながら, つける, つけるが, つけ茶わん, つとめて, とげずつらつら, とって, とらずに, ぬいて, ば記憶から, ほこりたかく, ぼくに, ぽき, ぽきぽきと, ぽきぽき鳴らし, ぽんぽん切られた, まげぬため, まげること, また一曲, まねて, まもりとおした, まるめ爪, みる, みろ, もじった合唱, もち一定, もった文章, もって, やったが, やったと, やる陸軍さん, よくきかせ, わざわざ日記, わしに, イースターというは, オールゴール, カットに, テカテカと, トキと, ボキボキ折る, 一つの, 一一指摘する, 一本一本ぽきぽき, 一段として, 一段ばかり, 上手に, 並べ竹, 中央に, 二に, 付けた調子, 付けながら, 伝えたの, 伴奏に, 作って, 作らんこと, 作り始めぬ, 作り易, 作るという, 作曲し, 併せ見れば, 供へて, 保つの, 保存せられた, 元々通り, 全うし, 全うした, 公に, 出したる都会特殊, 出して, 出しましたね, 切たり, 切つてお詫びいたしませう, 切られるやう, 切り実験, 切る, 切割左の, 切断すれ, 前に, 割って, 劇中に, 反駁する, 取られない用心, 取りながら, 口の, 口誦んで, 叩いたら, 叩きだしたよう, 叮嚀に, 右の, 合する, 合する如し, 合は, 合わして, 合わせた, 君に, 吹いて, 呻っ, 唄いなすったお玉さん, 唄いに, 唄い出した, 唄い唄い座ったまま, 唄い囃すの, 唄うせい, 唄うの, 唄え, 唄ったの, 唄ふ, 唄わなかったならば, 唇に, 唱ふ, 四十も, 執って, 売らしめず独立独行, 売りかく, 売り功利, 売るは, 変えず離散, 変えぬ七, 変えるまでは, 変えるもの, 変じて, 変ずるよう, 変ぜざりし人, 奏する, 女達が, 守った時鼠, 守りしが, 守りて方外, 守り俯仰天地, 守り孔明, 守ること, 守ること五十余年, 完う, 定めて, 小声で, 少しかけ, 尚び, 尽すこれ, 屈したという, 屈しないで, 屈しなかった私, 屈しなかつた, 屈し偽, 屈し己, 屈し美姫, 屈せざると, 屈せずという, 履み, 左の, 巧みに, 帯びた文字, 帯びて, 帰して, 帶びた文字で, 年の, 幾度か, 引用し, 引用すべし, 強いて聞分け, 弾いたの, 弾いて, 弾で, 待ち兼ねて, 待ち望, 待つて, 得硯, 徹そうと, 心一つに, 忘れて, 思ひおかまし, 恐れないだけの, 悦ばない, 憶い出す, 成して, 戦後の, 抄記すれ, 折つて恭儉の, 折るべきに, 抜いた, 抜いたあと, 抜いた穴, 抜き取り麻糸, 抜くよう, 抜摘し, 抜書きする, 押えました, 押へ, 押へる, 拂ひ, 持し, 持した, 持すべき, 持たせて, 持ち込むもの, 持ったその, 持った管, 持って, 挙げて, 捨てて, 据えた, 揃へて, 摘みてん, 改めずして, 改めて, 改めて別に考察, 教えて, 教えるばかり, 教え克己, 日本的ソプラノ, 昔ながらの, 暗唱し, 暗誦し, 曲げし政治家, 曲げず信仰, 更に口, 書いて, 書く時, 有するもの, 松廼家節と, 柴田側へ, 機し, 機として, 次から, 次第に辿つ, 歌いだした, 歌いまた, 歌い出しました, 歌い出すもの, 歌うという, 歌うの, 歌った, 歌ったの, 歌つたのは, 歌つてゐる, 歌ひ, 歌ひ囃し, 歌ふ, 歌へと, 死ぬよう, 残さなければ, 毀損する, 活溌に, 流す人, 浮世離れた, 混ぜて, 清うする, 渝へ, 演じて, 無反省, 無数に, 無闇に, 熟読せよ, 爲し, 狙つて打ち下した, 産んだ江戸衰亡期, 皆な, 盛大ならしめた, 目に, 直し乍ら, 看板の, 眺めて, 眺め降りて, 知って, 知らざる者, 短刀の, 破却, 確と, 示して, 祝つた, 祝ふ, 私は, 移さずして, 突いて, 立てて, 立てるもの, 立て通した自分, 紊さず, 細く灰, 編んで, 練習し, 縛られた四人, 繰り返す, 聞いたの, 聞いたり, 聞いたればな, 聞いた若い, 聞かうとも, 聞かせに, 聞かれるであろう, 聞きて, 聞き給え, 聞く, 聞くと, 聞くまで, 聞く方, 聞こうという, 聴き分けるという, 聴く, 聴くと, 自ら歌つてウクレレを, 自ら謡ふ, 自家薬籠中の, 自己流に, 荒けずりした, 薬罐頭の, 蛭の, 見ました, 見よ, 見よここ, 見るに, 見れば, 見出すこと, 覚えて, 解かぬ内, 解け, 言い布, 記憶する, 設けて, 詰めた杖, 話して, 誦し見よ自己, 読みあげた, 読んで, 読者に, 誰一人疑ふも, 謡うやら, 謡って, 讀んで, 貫したい, 費い削っ, 赤蜻蛉の, 踊らされた, 踊り出す, 踊るところ, 踏むと, 踏む定, 踏んで, 踰えぬ, 転がして, 転ばしたさうです, 輸入し, 辿って, 迎えた, 迎ふる, 送って, 造り出します, 選んだそして, 配し, 重んじこれ, 鐘や, 長くも, 附けたの, 附けた告別, 附け声, 附して, 附し両手, 除いては, 頭に, 額に, 願ひます, 願ひませう, 顧みなかつたの, 馬を, 高く清くひき, 鳴らした, 鳴らすの, 鳴らす手

▼ 節~ (624, 12.4%)

5 いろいろと 4 如何なる物, 彼の, 言う 3 いつでも, よろしく頼む, 私の

2 [28件] あいにくの, あれで, いう, いつにても, これを, すっかり怯え, それを, どこも, ない, ひとか, まことに有難う, よろしく, 世間が, 何と, 何年ぶりかで, 何時でも, 兵隊整列指揮を, 友に対する, 友の, 失礼いたしました, 失礼仕, 嫌な, 少しも, 悲しかった, 應接致し方餘程六ヶ敷可相成, 炭を, 立秋に, 紺の

1 [542件 抜粋] ああいう, あたりの, あったの, あながちそうとも, あなたさまを, あなたにも, あべこべに, あまり御, あまり誘わなくなった, ありながら, ありません, ある, あれを, あんなの, いい九節, いかが, いかなる大事, いっこうに詳しい, いつも岩形さん, いづかた, いやに, いろいろお世話, いろいろお話, いろいろな, いろいろの, いろいろ御, えたいの, えらいお世話, おかずは, おとよ, おわすれなく, お一人, お上の, お取, お名, お四人様, お坊さん, お弁当, お念仏, お湯が, お知らせせず, お立寄り下されい, お見のがし, お言葉, がくがく顫, くりぬかれて, ここでの, こころの, こちらから, このシドニー, この一言, この出雲, この海, この痩首, こみ上って, こもりたり, これだけで, これで, ごく日, さっぱりお, さびしさ悲し, しなやかに, しばらくじ, しばらく見合せだ, じゅうぶんお礼, じゅうぶん中身, すぐに, すぐ当方, すぐ知らせる, すこしだれ, すっかり引っ込んじまっ, すっかり改心, すっかり暮し, すなわち台所, すなわち折目, ずいぶん風変り, ぜひお, ぜひ一度お立ち寄り, ぜひ泊り, そこで, その場, その時, その租税, その行者, それで, それでも千住, それとなく心, そんな場合, たいそう景気, たいそう頂戴, だいぶよく揃った, だまって, だんだんおろおろふるえる, ちっとも手紙, ちっとも顔, ちとお立ち寄り, ちと御, ちと話し, ついに聴かれなかった, どういう態度, どういう訳, どうか牧野同様, どうぞよろしく, どうぞよろしくと, どうも, どうも失礼, どこに, どの町内, どの辺, ないかな, ないが, ないけれど, ないの, ないわ, なかなか手, なけれど, なるたけ陰気, なるべく急行, なんでも, にわかに虚病, にわか駕籠屋で, ねえわさ, はなはだ不正確, ばかに, ひっそりと, ひとつ外から, ふところ工合が, ほそくなりゆき, ほんとうに, まことに興味深い, まず順, またちょい, またちょいちょい, また殺す, まだ勝家, まだ見えぬ, まんいち運, むずかしいが, もうこれ, もう金持ち, もう魚, もはやお, やがてかう, やって, やはり相川, やらないこと, やらないもの, やらねえや, よくその後, よろしくお伝え, よろしくと, よろしく案内, ろくろく伸びず縮まず, わが病, わたしより, われの, われらより, われわれの, アッシャー, ウラミを, キミの, ゲーテの, デカメロンにも, トム, ビルマから, ビール聞し召せ, フシであり, ボーと, ヨブの, ヨブを, ラヂオなどに, 一々暦, 一つの, 一日でも, 一死殉国の, 一番に, 一緒らしい, 一言も, 七節, 万事割前に, 万事御, 万吉は, 上に, 下座の, 不思議と, 不意に, 不景気でし, 不漁續きで, 不相變御厚情, 不覚作用の, 両国あたりの, 中断され, 主として, 久々にて, 久し振りにて, 久方振りに, 二人の, 云うに, 亡父の, 人の, 人物画に, 人麻呂は, 今日との, 他家の, 伸すもん, 佐々の, 何うもいけない, 何でも, 何とぞ仮借, 何故われ, 何時もの, 余程云い, 余計に, 例年以上にも, 供一人右へ, 俺が, 健の, 健康を, 元より, 充分お, 先づ徳島に, 兩國あたりの, 八丁堀に, 八節の, 共演を, 其性質上大, 兼ねての, 内地の, 写生文派写実派の, 分けても, 切られて, 初夏の, 別して御, 前もってちょっと御, 前もつ, 前講の, 力ずくで, 勁さうに出来, 北上川の, 十二に, 十八文と, 半病人, 単に作者, 即ち中風, 即座に, 又御, 又難, 双方道の, 各々異なる, 名の, 君別に, 唄の, 唱歌を, 問う, 喉頭結核の, 喧騒の, 国民の, 埃だらけで, 売つて, 夏でも, 夏中足袋相用申度奉, 多くの, 多勢の, 多少の, 夜を, 夜具屋が, 大いに愛好者諸氏, 大きにお, 大分株で, 大抵すき, 大樹自身出張万事指揮これあり候わ, 大津絵では, 大秀, 大阪に, 天一坊を, 天保嘉永の, 天火を, 失敬じゃった, 失礼, 失礼ばかり, 女大学記者も, 如何取扱候, 妙に, 子供を, 学農社から, 宅も, 安い物, 宜しくと, 実に実に気, 実の, 宵から, 實に, 少しく改訳, 少しづゝ江戸辯, 少しは, 少し外, 屹度有峰杉之, 左の, 己に対する, 巴爾幹に, 巻莨の, 希臘に, 席を, 常に不規則, 平家曲は, 年増の, 年年變化, 弓も, 弱くても, 弱さ, 強いの, 強さ, 役所のは, 彼が, 後半は, 後日再応書面を以て, 御上屋敷, 御供頭, 御倹約, 御叮嚀, 御地で, 御報, 御存じの, 御懇切御, 御浪人衆, 御無礼, 御用込合順番札にて, 御触れが, 心要, 必ずこの, 必ず一念成就, 必ず厳粛鄭重, 必ず昼, 必ず相違せり, 必ず訪ねられい, 必御礼一書可差上存居候処其出立間際種々多事取, 忘れずに, 思いがけないこと, 悲しい声, 愚者の, 感心に, 應接並びに, 我ま, 戸塚です, 戸籍を, 戸長役人その, 手が, 手を, 手前一身に, 手前共に, 承け應, 抑揚が, 拙者を, 改訳し, 敵であった, 斷髮の, 旋律に, 既に名取, 日和が, 早速雪子, 早飛脚の, 明確に, 是非お出で下さい, 是非に, 有名なる, 朝子たちも, 木津さんの, 本社が, 枉げても, 極めて不規則, 極めて不鮮明, 極めて明らか, 横町の, 横着に, 歌詞が, 殘れり, 毎日, 毎日の, 毎日心に, 毎朝六時すぎに, 毎朝早く, 氏も, 氏自身姿を, 気が, 気がつかなかったの, 水戸中学を, 汽車が, 油断が, 泣くが, 洋行する, 流しでなく, 海まで, 海を以て, 済んだでございませうか, 渓に, 渭之津城へ, 漢書に, 無い筈, 牛も, 物騷だ, 物騷で, 特別である, 獅子の, 玄人跣足だ, 生きて, 生きては, 生意気に, 申し開きもござりませぬが, 病気を, 病院の, 痩せたる人, 皆私のです, 盗賊の, 盛んに, 盡く, 目を, 省くこと, 真面目な, 真面目に, 矢っ, 短くし, 神を, 私たちが, 秋の, 稀にしか, 稲葉屋でも, 稼ぐよう, 空しく赤い線, 立会人として, 立秋を, 筍の, 箱根の, 精神其一點に, 糸縞, 紀元節天長節という, 終って, 結婚などという, 罷越可申旨, 翌日を, 聖者たちも, 聞いて, 聞えるが, 聲を, 肉落ち身痩せ, 腹など, 自らを, 自分だけ, 自分個人の, 自棄に, 自然界の, 色々と, 色々心配, 荷物仕分に, 葛巻義敏に, 葬儀万般弊社が, 薮鶯が, 行かざりしが, 街道が, 西久保上御, 見ら, 見継いで, 親方誠に, 語りて, 語る, 説教節と, 誰が, 誰しも, 誰も, 調子外れで, 買出しに, 越後の, 路傍に, 近時また, 追はずし, 逃れがたき, 連れが, 遊びです, 運動不足で, 郭璞から, 都門に, 酒つぎなりと, 鈴木の, 長崎まで, 難儀を, 雨ざらしに, 雪菴と, 電話で, 霞も, 非常な, 音樂の, 頗る古い, 顔色も, 風邪ばかり, 飛んだ失礼, 食べる物, 駄目です, 高知の, 鮫膚の, 黒くしなび, 鼻っぱしばかり

▼ 節~ (375, 7.4%)

38 ある 12 あるの 10 あった, あつた, あります 6 あるから, あるので, ないでも 5 あって, 多い, 高くて 4 あるよう, 強くて 3 あると, ないで

2 [12件] あったから, あること, あるん, あれば, ない, なかった, はじまった, 二つも, 少しゆるん, 思い出せなかった, 無いでも, 聞えて

1 [224件] あったの, あったので, あったらぜひ, あつて, ありました, ありましたから, ありアクセント, ありシネマ, あり事実, あり判事, あり千島, あり末の世, あり葉, あるかい, あるかと, あるかも, あるが, あるじゃ, あるだらう, あるでは, あるとの, あるならそれ, あるやに, あるらしくその, あるらしく一人, ある上, あろうとも, あわれ, いい, いたむ腿, いとおしく思われた, いろいろある, うんとある, おもしろいので, かわった, ききもの, きれぎれ, この日影, この部分, これだけ, ごぜえ, すっかり出, すむと, そのまま美作, その以前, それだけを, それまで, ついて, つき振が, つくん, つよく痛む, ところどころ痛むであろう, どうの, どんなにし, ないと, ないの, ないほど, ないやう, ないよう, なえて, なくては, なくも, なく八十年, はいるよう, はじまるの, はやって, ぱちぱちと, ほの, また元気, まづ, みえた, みえましたが, むずかしい, むずかしいから, やかましかった, よい, よかろう, よく見え, よろけて, わるくて, ガタリガタリと, ガックリ力抜け, ギシギシと, フト途絶えよう, プッと, ミリミリ言う, 一々変テコ, 一つある, 一人でに, 一等よ, 上杉勢に, 不状, 乗って, 乗つて, 二つ重な, 二三人編み, 二人の, 二月だけ, 二百近く集まりました, 云った, 五六本に, 五月の, 今の, 付いて, 付くだろう, 來て, 充分に, 入ったり, 出て, 出來, 勝手で, 勢力を, 十あれ, 千あれ, 合って, 同じテーマ, 呂昇を, 唄われて, 営まれる頃, 固定する, 圧倒的に, 報はれない, 報われないで, 変つ, 多いの, 多いので, 多いよう, 多かった, 多くだんだん, 多くて, 多く一度, 夜具の, 太く色, 太く髪の毛, 太初元年の, 始まる前, 始りました, 実際生活, 小笠原の, 少くて, 層なっ, 山越に, 弱いくせ, 強いかといふ, 強いから, 強くては, 強くはっきり, 強そう, 怖いんぢ, 思いの外に, 怪しくな, 手際よく, 抜いて, 抜けたもの, 拔い, 斯う, 最初の, 有るの, 有名な, 有名に, 朝つ, 杉浦敦って, 来たの, 柔かく窪ん, 柔かで, 森鴎外で, 極く, 次から, 歌はれ, 歴々と, 死んだ, 沢山あります, 流行した, 海行く, 澤山あります, 火定に, 無いとは, 無いよう, 無くて, 生暖, 用達問題以外にも, 異なって, 百あれ, 相図, 知らず知らずの, 短気で, 硬くなった, 確かに, 立消えて, 筑前琵琶と, 細かく聞きなされる, 終ったらしく花坊主, 終へ, 終ると, 聞えたかと, 聞える, 聞える死にたい死にたいいっそ, 聞こえます, 聴え, 胸に, 花火の, 荒芽山を, 藩主の, 見え, 見えたので, 見えだしましたもの, 見えて, 見えますけれども, 見えるでは, 見え出しました, 読まれますが, 読めるだけ, 足尾庚申山の, 近かつ, 過ぎたの, 過ぎてから, 過ぎ去ったばかりの, 野州足尾の, 間へ, 非常に, 風の, 首を, 高いばかり, 高くなっ

▼ 節~ (290, 5.8%)

8 於て 7 合せて 6 なると 5 いう 4 言う 3 ある, あわせて, なる, 相成りますると

2 [14件] つながれて, なった, 合わせて, 和し, 変って, 当る日, 曰く, 死なせて, 毛の, 物を, 立派な, 臨んで, 至れば, 誰もが

1 [220件] あうごと, あたる, あった, あなた様の, あはせ, あるは, あるらしく針, あるわが, あるヨブ, ある子, いたす, いわゆる兎, うたわれて, うっかり気, および大, お伺い, お松に, お目にかかった時, かかろうと, かかわること, かけられそこ, きこえるので, きらびやかな, して, しても, すぐれて, するからと, そうて, そちら様へ, その剣, その源, そんな噂, ちょっと坪内博士, つれて, ない, なした基礎的一般的考察, なったら一緒, なつて, ならぬやう, なりますと, なりますると, なり中音, なる見込み, なる養分, ぴったり合っ, よくお, われらが, インタアナショナル北大校歌に, チェーホフの, ネポール人が, フォン・コーレンが, ブラリ下げた, 一本ずつ, 一種センチメンタルな, 上京なされる, 中る之, 乘つて幾種類も, 乳牛を, 亘るけれども, 亙り放蕩児, 京都に, 人々彼れ, 仇討とは, 今の, 仕切つた相当, 似たる箇処, 似た唄, 似て, 低声, 余の, 來訪の, 供養すれ, 入って, 入りここ, 入る, 入る日, 入口の, 写生文, 処理する, 出したという, 出ずる葉, 出る女, 分けて, 分配しました, 別けた分析, 別に深遠, 到っては, 十分か, 卵を, 合して, 合せる泥鰌掬, 同じうた, 同じ様, 同伴し, 味淋を, 在る, 埃り, 埃を, 女房の, 宮司さまに, 寒暖ある, 射しこもった縞, 對し, 小遣いとして, 少女自, 届きしを, 山に, 屹度御, 工事場に, 左方の, 巧みに, 市が, 帝釋聲論曰謂女人爲薄伽, 常に一, 常世人として, 引いた手紙, 引っ掛るじゃ, 引つ掛るぢ, 引用した, 引越して, 彌次兵衞申候は, 当たるにも, 当った処置, 当つて, 当つて古風, 当り玲瓏, 当り義, 当ると, 当時の, 御台所づき, 御座候ところ御, 思ひ出して, 我を, 我来し, 手を, 拘らず一年, 拘らぬ人, 拘泥する, 拘泥せず, 拝しまつりし唐招提寺, 掲げたる二, 據る, 散葉, 於ては, 早落性, 書いたこと, 書きたいこと, 来て, 柳生流を, 死し回, 死し族, 死する少き, 殉ずること, 水の, 注意すべきである, 注意せよ, 流れて, 浮かんだの, 消え残った雪, 清水を, 渉つて此を, 渉る, 渡すはず, 満足したらしく, 由るも, 申されましたよう, 異ならず, 眼を, 着いて, 着たる着物, 移って, 移つて行つてゐた, 移りては, 紅白の, 縄を, 聞えても, 聴惚れ, 臨むに, 臨んでは, 至っては, 至りひそか, 至りますと, 至るまでの, 芝居の, 芽が, 若水を, 行は, 行われる異端焚殺行列, 見たいので, 触る, 觸つて見る, 記した如く海王星, 記せる物産, 記述した, 詠みこんだ, 誘われ出して, 語句を, 謡は, 譲って, 譲つて, 譲ります, 軽便安直な, 較べると, 迫った曳手, 述ぶる如く, 述べたる神婚説話, 述べた基礎經驗, 述べるとおり, 邑落都市の, 限って, 随って, 随分教え, 雨を, 雨天が, 音楽の, 香の, 香りの, 馬士が, 魅せられたの, 黒砂糖入り水羊羹を

▼ 節~ (182, 3.6%)

13 ある 5 ありません 4 ないで, 文句も 3 あります, あるの 2 あるが, なかった, 清貧も, 肘も, 芸術たら, 足も

1 [138件] あった, あったり, あつた, あつて, あまり聞かない, ありしが, ありその, ありますが, ありませんので, ありや, あり殊に, あるくら, あるけれど, あるだろう, あるでしょう, あるには, あるので, あるよう, あるムチ, あれど, いくらかは, うまか, おはし, お小遣ひだつて, お胸, お願いし, きこえた, きこえなかった, この度, ございますの, すべてが, たしかにもっと強かっ, つけずに, ところどころに, ないでなかった, ないの, ないわけ, なきこと, なきに, なく, なくお, なくこの, なくなって, なく踊り始めたの, なければ, なし, なるべく高く, ねえん, のびて, はっきりしない, まああの, まことに単純, また右, まぢかです, まるで私たち, みな同じ, やと, やります, わからないし, ダメに, デツカンシヨも, メチャメチャに, 一中も, 上手な, 亦此事, 亦浪花節類似, 亦深き, 亦秀林院様, 今は, 候へども, 入るからな, 全然見かけ, 出る, 出れば, 出來, 分らない余, 前の, 卅を, 同じく悲歎, 同断である, 同様である, 同様の, 唄えなくなるだろう, 多々ある, 多い, 多いが, 多い爾, 太く藤吉郎, 好く記, 孫達の, 宝刀を, 弛んで, 強いから, 強くこの, 忘れて, 感ぜられたし, 慥か孔雀, 折目も, 昔の, 智惠も, 東京あたりで, 浮いて, 消えて, 満雅, 無い, 無いこと, 用が, 申した通り, 申しましたが, 申しました通り蕪村, 申し上げましたが, 申上げました, 男つ, 相應, 知らないまま, 砕けるほど, 磯節も, 稼ぐよう, 緩やかに, 聞えた, 自然弊国ニ嫌疑相掛候而度々, 衆人容易に, 行はれざる, 見うけられませぬ, 見えなかった, 見えるの, 見出されません, 説明し, 調子も, 變だ, 賑やかに, 近いうち, 送つて貰つて, 過ぎ復活祭, 違わなければ, 長閑に, 面白かつ, 鴨緑江も

▼ 節ちゃん~ (123, 2.4%)

6 のこと 4 の方, の様子

2 [11件] が何, に上げよう, の低, の手紙, はどう, はもう, は何, は台湾, も凸坊, も大, も好い

1 [87件] か, から言伝, があの, がこれから, が何と, が何処, が取る, が地獄, が子供, が書籍, この肉, さ兄ちゃん, そんなとこ, そんなに心配, だって悪かっ, です, でも困ったろう, としてはまあ, どうだ, なんかがそういう, にお, にそう, には解っ, には身, にまた, にも仕事, に書い, に頼ん, のお母さん達, のところ, の二人, の居る, の心, の心持, の手, の承諾, の書いた, の肌, の自由, の若い, の話, の頂いた, の食い扶持, はああ, はあの, はあんな, はお父さん, はこれ, はそんな, はそんなに, はどうして, は今, は半分, は叔父さん, は子供, は手, は承知, は洗濯, は自分, は苦労, ほんとに串談, もあれ, もいろいろ, もこういう, もそんな, ももう, も一緒, も出掛け, も台湾, も大分元気, も字, も居, も弱く, も心配, も悪い, も無論, も相, も落, をお前, をどうして, を台湾, を生かしたい, を連れ, を預け, 一寸お, 好いこと, 好いねえ

▼ 節~ (86, 1.7%)

10 節との 3 なった, 云ひ 2 一致し

1 [68件] いい西の丸, いうと, いうのに, いえば, いつたほど, いつたら誰一人真似手, いつた所, いひ小原節, いひ眞, いふにや, いわれて, こないと, しそれ, して, すること, する如くなり, その精神, その踊, なって, なっては, なつた, なり悩ましい, なろう, またそこ, よく似, よび変えて, よぶべきだらう, トンコ節の, 一処で, 一致する, 二十三節の, 二十六節を, 云う三尺六寸, 云う句, 似かよ, 六斎念仏と, 再三云われました, 出が, 十一節と, 同時に並行, 同様の, 同樣, 名題を, 四十三篇五節とにおいて, 大きく書いた, 嬰児の, 存候が, 寸分変らぬ, 度胸だけは, 改めた, 書いて, 死所にたいして, 泥鰌掬ひとは, 海宮行の, 病床を, 白頭山節には, 称するもの, 第六節, 節とが, 節会, 結合する, 荘介が, 言いたくなる, 言ってな, 言葉に, 説き寡妻, 際どく相手, 馬可伝の

▼ 節~ (80, 1.6%)

5 あつた 2 なくして, 拍子を, 歌つた, 歌を

1 [67件] いったよう, いまは, うたふ, おどけた歌, おなじみの, かきわけるやう, ござります, それを, たいてい海面, はやりにくく, はエヴ姙, また笛, もって, やるよう, ゆく者, 三洋丸の, 人に, 低く繰りかえし, 何處の, 勤めが, 医者であり, 十年も, 半分以上まわりの, 口吟みます, 吉原へ, 同じ事, 名を, 名高い安来, 吹く, 唄うて, 唸りながら, 後の, 悲しい哀れ, 有名な, 木に, 格子戸を, 梶を, 歌いながら, 歌う, 歌うの, 歌った, 歌って, 歌とも, 歌はれる, 歌われるという, 消え入るよう, 満たされて, 相川のと, 眼を, 私は, 結構です, 繰り返し繰り返し合唱, 義太夫節は, 聞かせて, 荒れるの, 虐待されとる, 裏は, 触れられるだけの, 語ったの, 読上げると, 調子を, 謳ふと, 讀上げる, 軽くテーブル, 違った歌, 非情人, 高く突

▼ 節には~ (79, 1.6%)

2 いろいろと, 諸方の

1 [75件] いささか御礼, いずれ尾張, いつにても, いる前, お剣術, お忘れ, お言伝, お諏訪さま, きっとお, ことしの, このほう, これが, ずいぶん苦心, それを, つきもの, ねんごろ, ひどい奴, まだ至りませぬ, まやの, みな弓の, もうなん, よろしくたのむ, われ等如何ようの, 一應原稿御, 三つの, 三箇から, 二つの, 五千円の, 京都に, 何時離縁を, 傘も, 剣術を, 又何とぞ, 召捕えて, 地下部と, 大に, 大原は, 大変で, 大玄関, 妙に, 宮廷の, 少々ずつにても, 山の, 彼の, 御出京, 御行列, 必ずお, 必ずそれ, 必ず一つ, 必ず乃公, 恵まれた北国, 愚昧で, 感服した, 担い腰, 数片の, 時を, 晴の, 未了の, 漬け大根の, 終生先生, 臍という, 自信を, 艶が, 芽の, 若輩であり, 荊州を, 行列の, 行列蜿蜒数里に, 誰より, 違約金として, 長篇, 閉口したらしく, 風精の, 食いついて, 香雲深く

▼ 節~ (54, 1.1%)

2 について, に参内, の日

1 [48件] が七月, が催された, が初秋, が済ん, であったから, であらう, で仮装, で召され, で縦覧, とともに禁止, とも申す, とも申すなり, と異なれ, なども出来た, には雅楽, にも舞, に召される, に基く, に大, に左方, に犯人, に関ら, の, のことほぎ, のつきもの, の作法, の噂, の夜, の始め, の姿, の復興, の時, の為, の白馬, の高, はすなわち, はアオウマノセチエ, はトヨノアカリノセチエ, は我国, は男, は稲穂, もおこ, も済ん, をあるいは, をあるひ, をその, を除け, 大饗

▼ 節から~ (39, 0.8%)

2 節へと, 肩を

1 [35件] おしまいまでの, ない, なるちょうど, ふるえが, また姿勢, わかれたこの, 一つの, 下が, 世界が, 両岐, 云っても, 五月下旬の, 今発し, 何処の, 凡そ二三条位ずつ, 出たと, 出る枝, 出雲節芸の, 寅卯戌亥と, 差入る, 復活祭までの, 成って, 成る書きもの, 指の, 書き出したん, 来た女, 秋以後皆, 節分に, 網を, 美事な, 薪を, 読始めた, 長さ一寸位, 髻を, 鬚根が

▼ 節では~ (33, 0.7%)

1 [33件] ありません, お前さん一週間に, しかし百花園, すべてが, そうでなく, その粒, ちょっとしました, なかなか只ごと, なく俗, なく実に, もう胎動, もう諦め, トンと, メリケン粉の, 一ぱいに, 一向に客, 一行広告に, 三本ながら, 前とは, 唐黍の, 国際結婚という, 在所の, 大抵お, 御交際, 悪魔なんて, 既に世界, 母の, 母親さんの, 気難しい上, 玩具一つでも, 病気が, 硝子に, 菊花鑑賞という

▼ 節~ (31, 0.6%)

3 何かの 2 囃子の

1 [26件] ありけん, なんかに, アクセントや, 八木節などという, 加賀節などの, 奴さんの, 娘まで, 安来節の, 幸若舞曲風の, 幽暗な, 復活祭を, 拍子も, 新年や, 曲までが, 月の, 東を, 楽しい節, 氣分や, 磯節なんて, 籠抜け, 絃も, 脅かしの, 色調や, 調子をな, 軍人の, 麦搗踊一同が

▼ 節より~ (31, 0.6%)

3 通ひ 2 五節まで

1 [26件] なる詩, エリパズの, 一つずつ, 三十五節に, 三十八節までは, 三十六節まで, 三十節, 三十節まで, 二十四節まで, 五節までにおいて, 出ずるもの, 出ずる葉, 出て, 動物の, 十一日目に, 十七章九節までは, 十五節までを, 十日も, 四十二章六節に, 四十二章六節までの, 四節までは, 多数に, 本論に, 生ずるあり, 第三十二節, 起れば

▼ 節くれ立った~ (28, 0.6%)

2 彼の, 手が, 木の, 頑丈な

1 [20件] ごちごちのぶかっこう, その体, その幹, 両手を, 人間でなけりゃ, 厚みの, 大きな太い, 大きな腕, 妙な, 手, 手で, 手を, 指に, 木が, 杖を, 松の, 短い足, 矮樹の, 腕を, 褐色の

▼ 節~ (28, 0.6%)

1 [28件] がその後, である, でも働きたい, で東北, というもの, にいかなる, にはその, には全国的, には話し, に妖巫黒兎, に対する微妙, のこと, の中, の会食, の供物, の共同飲食, の前後, の大切, の慎み, の神様, の考え方, はその, は一年, は少し, は文字, や祭, をショウグヮツグヮ, を針千本

▼ 節面白く~ (26, 0.5%)

2 太鼓と, 奏して, 調子を

1 [20件] インデアン, 口笛を, 合奏された, 唄いはやし候, 唄い連れ, 唄って, 商いあるく, 壮快滑達な, 季節を, 横笛を, 歌いたてて, 歌う木曾節, 歌ひたて, 神楽囃子を, 行進し, 読者の, 越後獅子を, 踊り出した光景, 陽気に, 頭に

▼ 節という~ (25, 0.5%)

3 のが, のを 2 ものを

1 [17件] おもしろい歌, ことじゃ, のだ, のであった, のは, 優秀な, 医者を, 土曜日の, 小きもの, 小唄の, 小唄を, 当時に, 日の, 歌を, 生意気な, 節調で, 語は

▼ 節でも~ (24, 0.5%)

3 あるの

1 [21件] あった, あると, いいから, うたって, すっかりそら, とてもキッピイ, ないのにと, なくそう, なければ, ひきますよ, まだ足りない, キッピイに, 切るか, 助けに, 唄って, 承らう, 掲載した, 歌えるし, 習った方, 習って, 聞えて

▼ 節以下~ (21, 0.4%)

2 においてまた, の如き

1 [17件] であって, においてはヨブ, において依然, において強き語, について語らん, のパウロ, の忠言, の研究, の言, の語, はエリパズ, はヨブ記中, は沈痛悲寥, は神, また後退, を見よ, を読ん

▼ 節~ (20, 0.4%)

1 [20件] てお, てこの, てすべて, てはい, てまでも浄土, てまで弟, てまで音楽会, てゐる, て一ヵ月, て借り, て国力, て妾, て居, て恒, て此家, て生産的, て自然, て貯えた, て費用, て遊ぶべき

▼ 節において~ (19, 0.4%)

2 ヨブは, 彼は, 言う

1 [13件] いかに広き, なお霜風, ジイドは, ゾパルは, 三友の, 友の, 彼が, 愛の, 星辰界の, 死と, 海上に, 相違する, 追究するだらう

▼ 節調~ (18, 0.4%)

1 [18件] が, がある, が一番, が思想, ではなく, で歌う, にし, の中, の例, はまずい, もなかっ, をなす, をまざ, を作る, を全う, を好ん, を学び, を有し

▼ 節~ (17, 0.3%)

1 [17件] 入来之, 報告が, 安直に, 容態為伺川崎宿迄, 寄場に, 希望の, 意匠被, 樂屋に, 正願上候, 父様は, 目見被, 祝儀加州侯より, 親戚の, 話し致候, 説明願いたく, 迎楽居申候, 送り願上候

▼ 節ちゃんお前~ (16, 0.3%)

2 は何時, もお

1 [12件] にはお, の悪い, の部屋, はそれ, はどう, は一人, は一体, は叔父さん, まで弱っ, も帰る, も御免, も着

▼ 節~ (15, 0.3%)

2 は里恵

1 [13件] が洞察, と申す, に有利, の, の口, の書, の長い, の長女, は小石氏里恵, は微妙, は書, は演説, は老人

▼ 節くれ~ (13, 0.3%)

32 て光沢 1 がある, が髪の毛, ていた, てしまった, て掌, や苔, を伝っ, 皺だって

▼ 節~ (13, 0.3%)

1 [13件] から久し振り, から見付かったら, か慣れない, ちくねり, つたのだらう, つて屹度面白い, という, と思う, と言, と賞め, なんていう, のいう, ものね

▼ 節まで~ (13, 0.3%)

1 [13件] つづく, である, 僅か数日, 待って, 思い出して, 明白に, 来ると, 歌ひ, 毫も差違, 泥を, 聞こえるよう, 請合う, 馬太伝の

▼ 節~ (13, 0.3%)

3 を拝受 1 を受, を受け, を拝, を賜, を賜い, を賜う, を賜わっ, を賜わり, を賜わる, を賜わるであろう

▼ 節~ (12, 0.2%)

1 [12件] が脱走, が遣た, である, と前年, に久しく, の一件, の言語, はマダなか, は先年私, は私, は長崎丸, よりか少し

▼ 節との~ (11, 0.2%)

3 間に 2 間を 1 中間を, 合間に, 連絡それらから, 間すなわち, 間には, 間の

▼ 節にも~ (11, 0.2%)

5 呼び出されて 1 あると, なつたの, なり一方, 信者たちは, 既に北斗, 音ぞ

▼ 節~ (10, 0.2%)

2 目にか 1 はら節, 嫁に, 念仏を, 招きを, 種を, 聴かせ下さい, 貸し下さいました, 通り掛けお目見え仰

▼ 節くれ立つた~ (10, 0.2%)

2 恐ろしい手 1 兩手を, 太い指, 手で, 手に, 手を, 指で, 木の, 木像女が

▼ 節じゃ~ (10, 0.2%)

1 まるで狂犬, もうただ, 何にも, 多日姿, 寝る処, 毎日そこへ, 洗濯ものも, 石に, 私ァ, 骨付きしか

▼ 節~ (10, 0.2%)

4 手を 1 かつ愼め, 必死と, 明白に, 立てるまで, 縛つて鼻の, 赤蜻蛉を

▼ 節~ (10, 0.2%)

3 はしで 2 はしに 1 はし, はしが, はしは, はしも, はしや

▼ 節~ (9, 0.2%)

1 そうか, 何か, 何かに, 何かの, 十四節で, 壮烈な, 然ら, 知らないが, 鳥追い節を

▼ 節~ (9, 0.2%)

2 れば 1 して, しなくちや不可, しなければ, の爲め, の覺悟, も無論, をし

▼ 節折り~ (9, 0.2%)

2 に由来, の呪詞 1 が行, に奉仕, に接し, に用, の式

▼ 節あり~ (8, 0.2%)

1 すなわちヤミカワ, てこの節, て刺, て當時友人, て節上, と見ぬで, 霧立ち迷う, 高山彦九

▼ 節おもしろく~ (8, 0.2%)

1 この舟, 叫ぶの, 君が代の, 唄い沖, 歌を, 神楽笛を, 語るの, 間拍子とる

▼ 節ちゃんと~ (8, 0.2%)

1 二人の, 来たらどんな, 私と, 私とが, 縁側で, 道ちゃんと, 関係が, 食べる

▼ 節ちやん~ (8, 0.2%)

1 という僕, と洋ちやん, と私, と言う, に祝つて進げ, はこれ, は如何, も小

▼ 節づけ~ (8, 0.2%)

1 ている, て語りはじめた, て述べ出した, として唄, と目張りッこ, によつて歌, に余念, 拙けれど

▼ 節です~ (8, 0.2%)

21 かそれ, から, からまだまだ, が今後毎年鑛山祭, なあ, よ

▼ 節といふ~ (8, 0.2%)

3 のが 1 のか, のを, 一種の, 字が, 暦の

▼ 節ばかり~ (8, 0.2%)

2 障子の 1 では, でも, で無く, なの, 歌って, 毛垂る

▼ 節~ (8, 0.2%)

2 が短く 1 からさして, が長く, といい, に籠つて, の長い, を有

▼ 節だけは~ (7, 0.1%)

5 知って 1 わかったが, 確かな

▼ 節つけ~ (7, 0.1%)

1 して, て, ていい, て唄い出しぬ, て朗読, て繰り返した, て読む

▼ 節~ (7, 0.1%)

41 がいた, の歌, は自分

▼ 節~ (6, 0.1%)

1 どんな寸法, 剣術流行りで, 心持が, 数寄屋町に, 毎晩だ, 県下の

▼ 節ある~ (6, 0.1%)

1 ことを, なあ, やなし, ように, をばその, 歌をも

▼ 節ごと~ (6, 0.1%)

1 に, にある, に上半身, に溢れ, に花, の旧慣

▼ 節だけ~ (6, 0.1%)

2 知って 1 では, 殖やして, 聴いて, 鳴らして

▼ 節だらけ~ (6, 0.1%)

1 でう, に結び, のやなぎ, の体, の太い, の柱

▼ 節である~ (6, 0.1%)

1 から歯, がそんな, ヨブが, 一節は, 幼年篇を, 自分並に

▼ 節とが~ (6, 0.1%)

1 まるで火, よくそぐう, 具合よく, 土地ごとに, 寸法が, 調和する

▼ 節~ (6, 0.1%)

2 を説いた 1 とがその, と殺, な生活, を余儀なく

▼ 節~ (6, 0.1%)

1 が与, が結婚, の郷里, は夢, もあまり, を御

▼ 節立った~ (6, 0.1%)

2 手で 1 五本の, 指などという, 荒縄を, 麦畑だった

▼ 節~ (6, 0.1%)

1 がお, の耳, はかあっと, はじつは, は凡人, は彼

▼ 節~ (6, 0.1%)

1 に変つて具合, の一本一本, の数, の節共, をふり, を四十余片つなぎ

▼ 節くれ立っ~ (5, 0.1%)

1 ていなかった, てき, て丈夫, て土まみれ, て眼

▼ 節この~ (5, 0.1%)

1 へんに, 二語に, 尊いお方, 玉乗りを, 碁席へ

▼ 節ずつ~ (5, 0.1%)

1 区切って, 口切っ, 器用に, 読んで, 読んでは

▼ 節などは~ (5, 0.1%)

2 なくまた 1 さすがに, 一体傍目, 見えません

▼ 節などを~ (5, 0.1%)

1 云はせる, 唄うと, 奏した, 始めとして, 歌って

▼ 節なる~ (5, 0.1%)

3 ものが 1 お転婆を, をも忘れゐ

▼ 節においては~ (5, 0.1%)

1 そうであった, 友に対する, 友を, 更に進み, 美しき言辞

▼ 節までは~ (5, 0.1%)

1 ヨブに対する, 一の, 宇宙の, 悪人滅亡の, 自然界の

▼ 節季候~ (5, 0.1%)

1 といふ年, とか春駒, にまで身, はそれ等, は顔

▼ 節~ (5, 0.1%)

2 の取引先 1 がお, が新湯, の連中

▼ 節~ (5, 0.1%)

5 の峠

▼ 節~ (5, 0.1%)

1 に一万磅, に二枚づつ相對, に必ず, に新た, の参考文献

▼ 節~ (5, 0.1%)

1 なもの, な抑揚, な美, のもの, の者

▼ 節~ (5, 0.1%)

1 のごとき, の古伝, の行事, の説教者, の間

▼ 節~ (5, 0.1%)

2 一日, 四節が 1 四節の

▼ 節芝居~ (5, 0.1%)

1 に驚いた, の女, の楽屋, の話, を見た

▼ 節~ (5, 0.1%)

1 でしっかり, な二本, な手, な指, を頑丈

▼ 節~ (4, 0.1%)

2 むろう樣子のみ 1 へや悲しく, むろう様子のみ

▼ 節とは~ (4, 0.1%)

1 よくいった, 市井巷間の, 縁が, 違って

▼ 節なし~ (4, 0.1%)

1 に, にでき上っ, はありがたかっ, 忘れた處

▼ 節など~ (4, 0.1%)

1 唄って, 市中に, 聞きましたとき, 途

▼ 節また~ (4, 0.1%)

2 お目 1 復活し, 氷室の

▼ 節までの~ (4, 0.1%)

1 友に対する, 大意を, 港, 語を

▼ 節~ (4, 0.1%)

1 に枝, に根, に葉一個, の目的

▼ 節~ (4, 0.1%)

2 に掲げたる 1 では, に於

▼ 節~ (4, 0.1%)

1 にと言わぬ, を焼きたがる, を焼きだした, 致したな

▼ 節以後~ (4, 0.1%)

1 においてはヨブ, においてますます, のこと, の痛切深刻

▼ 節~ (4, 0.1%)

1 だった, の大臣席, は軍, を窺う

▼ 節~ (4, 0.1%)

1 が道, の三河屋, はこの, は夜分

▼ 節~ (4, 0.1%)

2 の式 1 と言, もし

▼ 節正しき~ (4, 0.1%)

1 一定の, 格調を以て, 調律即ち, 韻律の

▼ 節~ (4, 0.1%)

1 が中川親王, に不服, の一詩, は文人

▼ 節あれ~ (3, 0.1%)

1 どもまこと, どわれ, ばしばし

▼ 節かを~ (3, 0.1%)

1 朗読し, 読むこと, 読んで

▼ 節くれた~ (3, 0.1%)

2 手だ 1 彼氏を

▼ 節これ~ (3, 0.1%)

1 と何, を三都, を聴衆

▼ 節その~ (3, 0.1%)

1 場所にて, 幾島さんとおつ, 男の

▼ 節その他~ (3, 0.1%)

1 が, の短章, の音曲劇場

▼ 節だった~ (3, 0.1%)

1 ようです, んだ, 緑の

▼ 節だって~ (3, 0.1%)

1 お前毎日の, 忘れては, 赤い四角い手

▼ 節だの~ (3, 0.1%)

1 もつれだの, 他人の, 梅干だの

▼ 節ちゃ~ (3, 0.1%)

1 がね健ちゃ, そう云っ, はあれ

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 やあ好い, やない, や格子

▼ 節であり~ (3, 0.1%)

1 一つの, 一は, 絃奏を

▼ 節とを~ (3, 0.1%)

1 併せて, 合は, 間違へて

▼ 節などの~ (3, 0.1%)

1 卦が, 小唄の, 起源に

▼ 節にて~ (3, 0.1%)

1 おどるや, 云う所, 止めては

▼ 節にでも~ (3, 0.1%)

1 なるかな, 御来駕, 料理屋に

▼ 節にわたって~ (3, 0.1%)

1 これを, 混乱し, 考証する

▼ 節までにおいて~ (3, 0.1%)

1 ヨブは, 彼は, 激越の

▼ 節よりも~ (3, 0.1%)

1 むしろ詩, 十日も, 文句よりも

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 七人ガ軽井沢ヘ, 賀儀ヲ, 賀筵上ニ於テ社長柳北恭シク社主ヨリ賜ハル酒

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 う口, かの材料, か御

▼ 節割れ~ (3, 0.1%)

1 の深い, の音, 爪の

▼ 節十五~ (3, 0.1%)

3 の少年

▼ 節及び~ (3, 0.1%)

1 その後に, 六節, 次の

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 の, の大事, より天下

▼ 節多く~ (3, 0.1%)

1 なり増さりぬ, 伐ったところ, 男女の

▼ 節~ (3, 0.1%)

3 の手

▼ 節太い~ (3, 0.1%)

1 写実の, 大きな手, 枝先に

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 から, から何番目何番目, のよう

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 と合, をば枯れた, を度外

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 ある反覆, があるんでし, を發見

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 しなければ, である生活, の大切

▼ 節~ (3, 0.1%)

2 の忌ごろ 1 なるらむ

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 が申されました, の申し, はこの

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 が点, である, は素より

▼ 節語り~ (3, 0.1%)

1 でもう, と聞い, に東国訛り

▼ 節~ (3, 0.1%)

1 され柳さん自身, をし, を拾

▼ 節面白い~ (3, 0.1%)

1 自然の, 行進を, 調子だった

▼ 節あなたさま~ (2, 0.0%)

1 の御, もあの

▼ 節かの~ (2, 0.0%)

1 息子をも, 歌を

▼ 節かよう~ (2, 0.0%)

1 な証拠品, に申し

▼ 節こそ~ (2, 0.0%)

1 嬉しかりけれ, 鄙びては

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 子息には, 検死くだされ

▼ 節さえ~ (2, 0.0%)

1 あった, つけて

▼ 節じゃあ~ (2, 0.0%)

1 どこに, やれねえよ

▼ 節だけが~ (2, 0.0%)

1 殘された, 聞えた

▼ 節ちゃんこれ~ (2, 0.0%)

2 はお前

▼ 節ちゃん叔父さん~ (2, 0.0%)

1 の着物, は鈴木

▼ 節ちゃん達~ (2, 0.0%)

1 の方, も東京駅

▼ 節ちよ~ (2, 0.0%)

1 つとも, つと僕

▼ 節って~ (2, 0.0%)

1 あるん, そりゃどんな

▼ 節づけられ~ (2, 0.0%)

1 て歌, て歌われた

▼ 節でない~ (2, 0.0%)

1 から我々, 処を

▼ 節とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものが, 外から

▼ 節として~ (2, 0.0%)

1 かれい類が, 仕方ないでしょう

▼ 節としては~ (2, 0.0%)

1 大名旅行で, 法外な

▼ 節とに~ (2, 0.0%)

1 合せて, 新なる

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 のです, んざありやしません

▼ 節ながら~ (2, 0.0%)

2 ここを

▼ 節なき~ (2, 0.0%)

1 にあらず, にあらね

▼ 節などに~ (2, 0.0%)

1 ある身, 押されて

▼ 節なら~ (2, 0.0%)

1 ば亀節, 銀座へ

▼ 節なり~ (2, 0.0%)

1 ければ, それと

▼ 節について~ (2, 0.0%)

1 申しますると, 語る二時

▼ 節のこつ~ (2, 0.0%)

1 を, をほめたら

▼ 節のみ~ (2, 0.0%)

1 高い竹竿, 高き太腕

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 もう一つ, 五郎しゃんと

▼ 節へと~ (2, 0.0%)

1 生長し, 進化し

▼ 節までを~ (2, 0.0%)

1 アンコに, 通読せよ

▼ 節もしくは~ (2, 0.0%)

1 凄き戰鬪, 章大きく

▼ 節をば~ (2, 0.0%)

1 手帳に, 誰から

▼ 節一つ~ (2, 0.0%)

1 ないと, ないんで

▼ 節三昧~ (2, 0.0%)

1 まで切籠, まで切籠共

▼ 節三河屋何某一座これ~ (2, 0.0%)

2 には少しく

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 御書状十六通, 比例には

▼ 節云々~ (2, 0.0%)

1 とあった, とあつ

▼ 節以上~ (2, 0.0%)

1 に出, の発動機船

▼ 節以前~ (2, 0.0%)

1 から見え, においても我

▼ 節以外~ (2, 0.0%)

1 にど, の祭り

▼ 節先生~ (2, 0.0%)

1 の宅, より大臣

▼ 節六節~ (2, 0.0%)

1 に於, の著しき

▼ 節刀将軍~ (2, 0.0%)

2 を出す

▼ 節台州~ (2, 0.0%)

2 の主簿

▼ 節同じ~ (2, 0.0%)

1 議論が, 題目で

▼ 節吟味~ (2, 0.0%)

1 を遂ぐべきことに候, 之上人数三拾四人

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 立って, 立つて

▼ 節多き~ (2, 0.0%)

1 を蜈蚣, 細紐

▼ 節子ども一人~ (2, 0.0%)

2 は国元

▼ 節~ (2, 0.0%)

2 の條

▼ 節専門~ (2, 0.0%)

1 の寄席, の立廻り派

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 に従って去来, のやう

▼ 節成胡瓜~ (2, 0.0%)

1 の取立て, は六七枚

▼ 節手ふし~ (2, 0.0%)

2 もふしくれ立ちたる

▼ 節扱い~ (2, 0.0%)

1 が極めて, よりも遥か

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 の傭, はたん

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 に覚られぬ, を組み落とし

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 を持, を焼い

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 に晩, 早く目

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 や大晦日, を愚図

▼ 節本位~ (2, 0.0%)

1 でないため, に反対

▼ 節村内~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 の上, の合せ目

▼ 節江戸中~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎ, の騷ぎになつて

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 であ, と云

▼ 節申した如く~ (2, 0.0%)

1 じゃ一, ぢゃ一の

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 のさき, のステッキ

▼ 節糸織~ (2, 0.0%)

1 と白ッ, 渋い事

▼ 節~ (2, 0.0%)

2

▼ 節足類~ (2, 0.0%)

1 のうごめく, のそれ

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 読んで, 讀んで

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 つきたる故に, なるを

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 とは教室, と云つて

▼ 節野郎~ (2, 0.0%)

2 と一釿

▼ 節~ (2, 0.0%)

1 に延びた, に細りし

▼ 節附け~ (2, 0.0%)

1 をした, 父団十郎の

▼ 節面白き~ (2, 0.0%)

1 合奏も, 舟歌も

▼ 節高い~ (2, 0.0%)

1 指が, 指を

▼ 節鳴り~ (2, 0.0%)

1 してるん, をさせ

▼1* [653件]

あったとかで大, 節あなたにお, 節あの神秘的な, 節あらためて拝見いたす, 節あり驚く時非常な, 節あるらしき若衆へ, 節あんな芭蕉は, 節いくらあるん, 節いささかなりとあらば, 節いずれも同, 節いふ余は人麻呂, 節いまだ大寒に, 節いろいろな御, 節うたい出でたる, 節うたわれてすぐ, 節うちの三田公, 節おかしく唱える風習, 節おかしゅううたい出, 節おくれたるために, 節おどろおどろしく十年經て, 節おなじ門で, 節おのづから, 節おもしろそうに, 節おもしろき船歌の, 節および彼女らに, 節お上でなさる, 節お上さんの様子, 節お召し更, 節お尋ねして, 節お祝いの寸志, 節お立ち寄り下さいますよう, 節お返し下されば, 節お金が吸いつい, 節かかって来ない, 節くせを持ち込ん, 節くれ立ちたるその指, 節くれ立ち着て居る, 節くれ立つてギクリ, 節ぐらいなもん, 節ぶ立って, 節こういうものを, 節こそは左膳りっぱに, 節こちらへもお, 節ことごとく痛み苦しむ, 節ことにシーザーの, 節これから廻ろうという, 節ごまめの方, 節さかりに出る, 節さらに天子の, 節さんの口, 節しか覚えること, 節しののめ節も出る, 節し得る粗生生産物の, 節じゃかズウズウ武士じゃか, 節すぐ中国より, 節すっかり耄碌し, 節すら物語に, 節そっくりだ, 節その他大ぜい, 節そッと上様, 節たのまれて竜, 節たまに食べる, 節たるや兄甚三, 節だいぶ火の車で, 節だけで御客さん, 節だけも目に, 節だだのになぜ, 節ちゃんいらっしゃいッて, 節ちゃんお父さんは何処, 節ちゃん一人の間違い, 節ちゃん今日は大丈夫, 節ちゃん何にも関わず, 節ちゃん俺は疾, 節ちゃん手はどう, 節ちゃん春が来る, 節ちゃん昨日の話, 節ちゃん氷は, 節ちゃん鈴木の兄さん, 節ちらと信忠卿, 節つい申すの, 節つきの物語法, 節づきでこのなか, 節づけされた手拍子もしくは, 節づけする所の, 節づけたとする, 節づけることは, 節づつ読んで, 節であって呪詛, 節であったがその, 節でございます暫くでございました, 節でなければならない, 節でのの字を, 節でもがござりまする, 節でもってそれを, 節でもを誌し, 節というのマキちゃん聞いた, 節というは今より, 節といったものである, 節とかかたきの, 節とさえいわれて, 節とても繰返して, 節ともいいます, 節ともかく一応と云っ, 節とやらも一度お, 節どうして居るだろうか, 節どれが好い, 節どんなふうに, 節なく離反常なく, 節なぞ唸つてる, 節なぞといふ津輕民謠で, 節などから滴つた, 節などと太刀打ちを, 節などというものを, 節なども清明節の, 節なりといえり, 節なれど, 節なんかは持ち合せない気の毒, 節なんざ腐つた茸, 節なんてわたしあまり, 節における漸次高まっ, 節にかけて謡は, 節につれ甘ア, 節にまでも歌詞滑らかに, 節によつて語られない, 節によって永い月日, 節によるのみならずその, 節に対して百行以上の, 節に対する疑問などは, 節のかずをかぞえ, 節のどやかに, 節のねえ呪文, 節のねんぶつ滿, 節のぼこぼん先生だ, 節のみぞ多かりし, 節のみを考へた, 節はずつと太いの, 節ばかりを弾いて, 節ばつた手でぐいと, 節ひとつ鳴らさぬよう, 節ひとつ満足に歌う, 節ぶりから察する, 節へて置けなんて, 節へのうつり方, 節へんに胃, 節ほうかい節, 節ほどを長く引い, 節まだ麻酔の, 節までも覚えて, 節まれびととして臨む者, 節みすればい, 節みだらに囃す, 節みな我とともにこ, 節むしろ日本節と, 節と言つたの, 節もう一人の, 節もかはらず, 節もござりますから先ず, 節もっともあてた軍需工場, 節もろとも淡い, 節やらジャンジャカ三味線やら, 節やらを読んで, 節ゆるうゆらゆるなべ, 節ゆるきにほひ, 節よりは悲痛極まる, 節ろくによめないやう, 節わが国では坊主, 節わたくしは小左衛門殿, 節をか解き得たる, 節をも眼にも, 節をもって明確に, 節をや學びけん子爵, 節をを見よ, 節を以て無生物, 節だいぶと, 節ガヒドク叱ラレテイルノヲ, 節キリスト教徒が鶏卵, 節ステツキを忘れやしなかつた, 節ストトン節白頭山節と云, 節スレバ則チ一生ヲ送, 節ソロバンらしくないところ, 節ノイバラの実, 節御案内, 節フラダンス熱演効なくひつ, 節プランク先生は宴會, 節モーニングか何, 節ヨサレ節なぞといふ津輕民謠, 節リズムを改変, 節オ聞キニ入, 節一パイに出しかけ, 節一ヵ月留守すると, 節一両度御目, 節一切お話し下さるはず, 節一夕東京の有名, 節一定期間男女別れて, 節一段の順序, 節一段落で自分, 節一盛でやがて, 節一貫竹のごとく, 節七色の護謨風船, 節万事私のほう, 節けを語る, 節三ぴんざむらいと蔭口申したこと, 節三下り雨の日, 節三十三節に注意, 節三項を分ち, 節上がりの女, 節上って行く, 節上屋敷の重役ども, 節上野介を介抱, 節下女がすこし, 節与八郎家来渡辺金太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 節という中, 節世上にお, 節中日などに見えない, 節久し振りで君, 節乗って助かった, 節二人の唐人, 節二八節特に四五節參看, 節二家の説, 節二月二日旧教にてはこの, 節二郎氏が総代, 節互に助け合い急, 節に数回回転, 節人身百八の患, 節の時, 節介する奴じゃ, 節の一羊, 節仙台の袴, 節仙太郎という者, 節代筆御たのみ, 節以下ヨブに物的幸福, 節以下二十六節まで馬太伝, 節以下四十一章までは生物界, 節以下四十八節まで, 節以降になる, 節伊勢平定の労, 節伏見にて難, 節会等の停, 節何だか変です, 節何とも申し上げよう, 節何処か山蔭, 節何故曹操に対して, 節何角は差上, 節併せてお願い, 節使粟田真人唐に入る, 節使衙門のよう, 節使趙鍠もまた, 節のこと, 節すなわち, 節信州に於, 節信田蓮田と共に墨使, 節も殿, 節に居られた, 節優遇の意, 節まで深く, 節からひきだし, 節光板で遮った, 節全盛の昔, 節全身に汗, 節全集のこと, 節八節をを見よ, 節にきやきやし, 節共に信州自慢の, 節其人達が缶詰, 節其他祭りの日, 節内のは体, 節ている, 節出なくて惜しくも, 節出来の悪い, 節出語りで芝居, 節刀岳は大将軍, 節初め静斎と号, 節到来を待つ, 節前後のこと, 節の文句, 節劇見世物食堂出張店露店がずらりと, 節加寿子さまのこと, 節十一節は獅子, 節十七年可立も名, 節十九年の彼, 節十方より剣槍, 節十日も火食, 節南牟婁郡神崎茶屋などの村, 節博士はドロアー・シヴィール, 節危ふく切腹を仰せ付けられる, 節即ちサムソン, 節取りまぎれて折返し, 節取調中に候, 節口切りとあっ, 節申上本, 節右竹島江日本人相渡候儀無益との事, 節右紙え御認被下度希上候, 節右門が声明, 節わするが, 節吉岡憲法が禁庭, 節吉良は高家筆頭, 節藩の, 節同地紫野大徳寺内龍光院に御宿陣, 節同志の者, 節同様に粟津, 節吟ずるとしよう, 節吹矢で射られた, 節吾家のもの, 節呑み節を, 節味噌ねあれ, 節和好交易等相断候趣を以て, 節哀れに唱う, 節唄いましたのは, 節唄うてお, 節唄ってから千鶴子, 節唐草銀五郎や多, 節喰い切ってかの, 節嘔吐致甚に至候而者嘔吐, 節囃子の一クサリ, 節固く葉重く, 節のため, 節土手節など市中, 節土蔵に住居, 節堂事件が高家, 節堂成石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 節堅く申付て, 節境内に博士, 節増すくらいの事, 節外れの蛍, 節外律によらざる, 節外語を知っ, 節多ければなり, 節多し対照せられた, 節多大の財宝, 節に流行, 節大帝日和かしこしや, 節大用ある地, 節天地の運流, 節太田媛神社の境内, 節奉公人ばかし責める, 節の化粧道具, 節を制裁, 節なり, 節と一, 節婦人不淫不妬等, 節孔同然だよ, 節孔明や関羽, 節存分役に立つだけ, 節孤痩の憂世家たち, 節学寮にては心あたり, 節學生が共鳴, 節定助郷は, 節宛名左之通, 節実地につき拙者, 節実父には逢いました, 節家元を唱え, 節家元春富士乙芽は後, 節家橘の犬川荘介, 節寄合御医師, 節密かに建白, 節将軍家御病気, 節や, 節小唄の勃興期, 節まで捲った, 節山板倉勝明撰の墓碑銘, 節岩倉具視が書いた, 節の籐, 節巻きに村重籐, 節席上で戯談半分酒造会社設立, 節幌馬車の前輪, 節平城天皇の御子, 節庚申山の条, 節座中の女, 節が江戸, 節建築の方, 節廻りの良い, 節引用して, 節強き聲弱き聲手の, 節弾左衛門手下のもの, 節もなし, 節当時松向寺殿は御, 節影絵など大, 節役者の真似事, 節後半よりただちに, 節後鳥羽院関係の叙述, 節得るところの, 節御供した御, 節御供仕度楽み居り候, 節御召に応じ, 節御用を奉仕, 節御覧これ有りし末, 節御足労を願いたい, 節御身が私, 節御鷹餌差上来候由, 節たツルゲネエフ, 節復活祭などを営む, 節心臓がすこし, 節快く御承諾, 節なるは, 節といふ語, 節情義など武門生活, 節の真, 節潮或は, 節戦闘速力まさに三十九節, 節を窘歩, 節手前浄るりをうなっ, 節手引致し候者, 節して, 節折目を設ける, 節折角エノケンを, 節拾遺増補せんと, 節持参して, 節推古帝菟田野の薬猟, 節改めたき考に, 節教授の道路口, 節敵前へ一番, 節になりませう, 節文句を云っ, 節文句等には無意味, 節文字は拾います, 節斎両家の筆談, 節斎先生に実は, 節斎殿とな, 節斎讃岐琴平の日柳燕石, 節新内流しそれ, 節旅館へ御, 節日光を見た, 節日時折は興奮, 節日本人の, 節日本回国して, 節日祭日もしくは親, 節日節供の根本, 節日行事を以て鮮明, 節梅花香已繁, 節かに三本, 節春雷頻に, 節是非御返し, 節晩夏の蠅, 節晴れを祈る, 節なもの, 節曰く伊奈節共に信州自慢, 節書生さんは中, 節會同坐起云々, 節有り竊かに, 節有明荘の鶴子, 節朔望二十八日の登城, 節朗らかにこいつ, 節朗読劇の台本, 節期時や刈, 節本来の名, 節村松志孝石部惟三小泉源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 節来りハチローが, 節東京の市中, 節東京郊外の私, 節東京附近で死骸, 節松林中に古寺, 節や経済, 節株連も蔓延, 節までがいちいち, 節検視した品川署, 節榎本の阿, 節などという太い, 節という勤王家, 節にもつれる, 節橋渡しの役, 節欲たるや古く, 節欲信頼研究労作それらが彼, 節ひ終ると, 節歌留多会豆撒き彼岸釈迦まつり雛, 節正造の何, 節正造何の用意, 節母烈婦あり然, 節毎度妻と話, 節毎日のよう, 節あり, 節氏岡麓氏等である, 節氏族變第五及び, 節永山氏も云われた, 節江戸の継節, 節汽車の中, 節法則を求め, 節法眼奥御医師三百五十石, 節注文の染め物, 節流行の狐狗狸, 節流行る探偵趣味じゃ, 節浅草を荒らしまわる, 節海上の運送, 節海水の互いに, 節淨瑠璃が如何, 節源氏節までをアンコ, 節漢否な最初, 節火焔の破, 節の士, 節二念打拂可申, 節無きにもあらざる, 節無しを拭き込ん, 節無し無垢の欅ぞっき, 節父母兄弟云々の句, 節特に四五節參看, 節独特の稟質, 節一言申し, 節獵舟獵具等を小屋, 節王資史彬梁良玉の七家, 節珍しく声高, 節生憎少斎, 節用いたのは, 節用いられた事も, 節申し上げました通りでございます, 節申出御褒美, 節香山に, 節當人に逢つて, 節病後の身, 節だった両手両脚, 節瘤だらけの大木, 節に麻痺癩, 節登記の変更, 節白拍子などを御, 節白頭山節と云, 節御安養, 節直前の手法, 節直接にその, 節相川の癖, 節石川五右衛門天竺徳兵衛自来也以上, 節確かに差し, 節や改進政学党, 節祈願して, 節にお礼, 節神林目的に泳ぎ助かり, 節祭りの歌, 節祭前日にクールティーユ, 節福沢先生の演説, 節禾稻紵麻以下箭鏃に至る, 節私共着之趣, 節稽古の約, 節多頭無, 節突然御用の, 節立ち牙は, 節立てる法師に, 節立寄下され候は, 節に面, 節の諸家, 節筋骨の鍛え, 節筑水と号, 節だわ, 節の鳥, 節紅葉山人の衣鉢, 節級さまときたら, 節級冠の燕尾, 節へるとは, 節綱手殿のこと, 節緩くり御, 節縫箔の振袖, 節の赦し, 節羽柴方の先手, 節の, 節翦破す蒼莨根, 節而飲之, 節聞いたらば麗水君, 節聞えるともなく, 節聞かむとて校書を, 節の先, 節自身を出し, 節至って匹偶, 節航続距離二万海里と云ったら, 節船中にて一夕, 節のない, 節莫大の金帛相, 節の日, 節菊花節むしろ日本節, 節蔵氏の内君, 節蔵脱走夫れから, 節の係, 節藩主長知公御手ずから, 節に乗じ, 節蛇王の前, 節街道にろくな, 節の生活, 節衣類などのほか, 節戮候者祭祀迄, 節補入と疑, 節西行の処, 節西行論は全体, 節見抜かれしと思ひ, 節り挨拶, 節親戚のもの, 節角貰つた菱餅を食, 節註二に引用, 節詠みえた姿以外は, 節調みな白雲先生の直伝, 節調子を合わせた, 節調水と墨, 節諸侯近臣數人殉死したなど, 節謂れ無き場所, 節と北村透谷, 節に落し破った, 節の腹の中, 節貰うた法名を, 節貴下ニ於テ在東京外国人, 節貴君の爲め, 節貴方召上つてゐらしつた, 節賢人の訓, 節贔屓の贈った, 節も無い, 節踊りの腰付き, 節踏んだとわかる, 節軍陣の血祭, 節農学校運動会の騷音, 節辻川博士の姿, 節辻村君の執った, 節込みにて鯨尺一尺四寸四分, 節迄はわりあひに, 節述べたところによって, 節て日限, 節通り覚えて, 節通りがかりに見ました, 節通有の拷問, 節速くなったらいくら, 節という三つ, 節今日尚, 節遠路辛苦の使い, 節遥かに木曾節, 節きこと一月, 節邪魔にする, 節へ帰っ, 節郎等一人六条の判官, 節郵便が来やしねえ, 節都会で年季, 節金五円所持致候えども, 節金山へ招待, 節金拾円は為持, 節を賜い, 節銀さんも御店, 節錦橋先生の墓, 節長州の村田四郎左衛門, 節間位が始め, 節の小, 節附けして進藤, 節附けた歌が, 節附せさせよと勸め, 節降誕祭やがて新年, 節古会員上松蓊君, 節雑多なもの, 節のとどろき, 節のわたくし, 節露西亜に日本人, 節青く際立たせその, 節面白う絃を, 節面白く目出度い限りの, 節で叫び, 節風俗不淫, 節飛んだ騒ぎを, 節か汁, 節首尾能く青海波, 節高木君へ報じた, 節髪長媛をお, 節鴨緑江節が勢力, 節を殺し, 節の手