青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた
聞いた~
~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~ 聞かせ~ ~聞き 聞き~ ~聞きました

「聞いた~」 7220, 78ppm, 1446位

▼ 聞いたこと~ (1122, 15.5%)

174 がある 126 もない 118 がない 73 のない 56 のある 48 があった 32 があります 30 がなかっ 20 はない 19 もありません, もある 18 がありません, だが 13 もなかっ 11 があつ, ですが 10 はなかっ 7 があっ 6 である, であるが, では, もねえ 5 があるだろう, がなかつた, がねえ, はある, もあった, も見た 4 だから, のねえ, の無い, も無い

3 [11件] があろう, が無い, です, はありません, はなかつた, もあつ, もあります, もございません, もなけれ, もなし, や見た

2 [30件] あるかい, か, があるでしょう, があれ, がお, がございます, がございません, がなく, が無く, だ, だろう, ないわ, なん, のため, のなかっ, はあります, はくれぐれも, はけっして, はございません, もありませんでございます, もありませんでした, もお, もなかつた, も無かっ, よ, を思い出し, を思い出した, を私, を話した, 幼い者

1 [156件] ありません, ありませんけれど, あるが, お清, かしれぬ, がありますだ, があるまい, がご, がございまし, がねえや, が一度, が一気に, が彼, が有, が有った, が有りませう, が有る, が無かっ, さ, さえありました, さえあります, さえある, さえない, さえもない, さえもなかっ, さえ無い, すら無い, だけから考え, だけでたくさん, だけを与惣次, だった, だもう, であった, でありますが, であるから, でひどく, でも, でようは, として北条安房守, と君, と多く, と大差, ないか, ないねえ, ないねェ, ないよ, なく唯, などあり, なら見逃す筈, なんかありやしない, なんかあるでしょう, なんで, につき異, によってそうした, に引っかけ, のおもしろい, のたしかめ, のないあやしい, のない激しい, のない若い, のない鋭, のほか, の有る, はあった, はあり, はありませんでした, はいう, はいくら, はいつ, はおそらく, はかつて, はこの, はございませんでした, はしばしば, はそれ, はただ, はなし, はねえ, はよく, はわたくし, は事実, は何事, は半蔵, は快い, は故意, は有りません, は無い, は無かっ, ばかりな, ばかりを考え, もあり, もありました, もありませんです, もありゃしない, もあるまい, もいま空地, もございます, もございますまい, もございませぬ, もございませんです, もござらぬ, もござりませぬ, もない新しい, もねえ酎, もむろん, も仕出, も伝える, も信じられなかった, も合点, も手伝っ, も本, も矢代, も聞かされた, も読んだ, やその後, を, をいろいろ, をうっかり, をしゃべったら, をすばやく, をそのまま, をはっきり, をほとんど, をもう一度, をわたくし, を伝え, を何, を信ぜしめる, を再び, を君, を彼女, を思い出しました, を思い合せる, を思ひ出した, を意味, を残らず, を申し上げましょう, を知つて, を紙, を細か, を綜合, を綴り合せた, を聞いた, を興がっ, を覚え, を覚った, を覚り, を覺, を言はず, を話し, を話しました, を話します, を話合つて, を語りました, 感じたこと, 詳しく話し

▼ 聞いた~ (675, 9.3%)

71 である 44 です 34 では 30 だが 2926 ですが 21 であった 16 だった 15 であるが 1410 だから, であります, はその 6 はこの, はそれ 5 が水の上, だと, であるから, でも, と同じ 4 かい, だつけ, であったが, でございます, でした, は, はもう, を覚え 3 かその, さ, ですから, ですよ, はそれから, は私

2 [25件] から考える, かわからなかった, か或は, が, がせいぜい, が不思議, だつた, だつたが, だね, だよ, だろう, でありました, であろう, でございますが, でしょう, ですか, はそれだけ, はたしかに, はちょうど, ははじめて, は今, は初めて, は呻吟声, もやはり, も大

1 [208件] かあるいは, かしらん, かす, かすぐ, かそれ, かと尋ねられ, かまたは, かも知れません, か今, か仔犬, か俄, か僕, か別に, か右馬介, か國手, か夫人, か巡査, か後, か狸, か知らない, か聞かない, か行列, がその, がちょうど, がほん, がもう, が事実, が余程, が出来上ってる, が勝頼, が右門, が四十年前, が宿, が早く, が更に, が海鳥, が第, が綺麗, が縁, が親分, さそんな, じゃ, じゃがまだ, そんなこと, だあの, だおれ, だか, だけれども, だっけ, だつたか, だという, だな, だの本, だもの, だらう, だらうが, だろうか, だろうから, だろうしぐれ, だろうとつぜん, だ一寸志, つけから, であったから, であって, でありましたが, でありレヴィー・クール, であり私, であるか, である盛ん, であろうが, であろうと, であろう沢庵, ですがね, ですそれ, ですね, ですもの, でないから, でなければ, でよつぽ, という嫌, とそうした, とは大, とは違っ, とほとんど全く, とを差, と何だか, と余り, と同じく, と同時, と奥さん, と時, と歸, と違っ, なら己, による, に対してもう, はあれ, はいつ, はおよそ, はこう, はここ, はこの間, はこれ, はすん, はずつと前, はせいぜい, はそんな, はたつた, はだいたい, はつい, はまだ, はやがて, はわし, はカチカチ, はベートーヴェン, は一人, は上野, は下谷, は二三軒, は二年, は今年, は伴奏入り, は光川さん, は光栄, は其円, は前, は勿論, は十五六, は十年ぶり, は参右衛門, は吾が, は唯君, は塩野, は夏, は多く, は大塚先生, は天平勝宝四年二月二日, は太郎左衛門, は寧ろ, は少なくとも, は尼, は屋根, は山城, は左膳邪心, は帆村, は彼人情本, は彼女, は怪しから, は愉快, は意外中, は戦争中, は数回, は斯, は明治四十二年, は時おり, は有村, は構わん, は次, は正午, は此, は池ノ端, は清盛, は炯眼, は燭光, は珍しかっ, は田所種直, は碌, は紅葉, は翌日, は聞いた, は聞き, は舵鎖, は藤吉郎ひとり, は誰, は過ぎた, は郷里, は銅兵衛, は陵, は香以, は高山, は麹町, もさ, もそこ, もそれ, もつい, もをかしい, も何時, も幾度, も度々, も彼, も百八十余人, も驚き, よりも十五円, よりも十五圓, をここ, をこの, を今日僕, を半分覺, を思い出した, を思ひ出した, を書き留め, を私, を種, を頼り, んで, んですやろ, 故だめ, 聞かないの

▼ 聞いた~ (410, 5.7%)

11 それは 5 私は 3 これは, 何の

2 [17件] そのこと, その他に, その後の, それから, なるほど, ほんとうか, まさか黒木長者, よい, 今でも, 今は, 何を, 君も, 富岡は, 彼は, 狸囃子の, 私の, 自分の

1 [354件] あいにくいっぱい, あたしは, あたりには, あの方, あの権勢家, あまり貧乏, ある寺, あれだけ, いつか見た, いつ戻られた, いつ来, いまだに手, いまでも, うっかり逢う, およそ階級本能, お前が, お前は, お富, お母さんは, お見え, お銀, かえってそれ, かくまで, くだくだしくって, このとき, このひどい, この先何年鉱, この夜中, この日, この病気, この芥川, この間に, これほどとは, これも, こんなもの, こんな事, こんな風, さう, さすが江戸時代, さては, さてはここ, さらに血の気, しかしひどく, そうかも, そうした者, そうじゃ, そこだ, そこへ, そこを, そちを, そつち, そのとき, そのとき甲斐, そのまちがい, そのままお流れ, そのまま使い, その中, その人, その他には, その地名, その後は, その拡声器, その故, その時刻, その時心, その時私, その母, その池, その筆耕, その面影, その音信不通, その鶴さん, それあ, それから後, それから本郷, それが, それだけの, それに, それにしても娘達, それには, それにも, それも, それより, それよりも, それ以外には, それ以後いっそう, そんなの, そんな人, そんな投機, たけが, ただうなずいた, ただちょっと, だれも, ちょいと, でもそれ, どうした, どうしてこれ, どうしてそんなに早く, どうして今ごろ, どうして小, どうじゃ, どうだい, どうなった, どうも其許, どこかに, どこに, どこへ, なお信じきれない, なお疑心, なぜ早う訪ね, なるほどワンマン政府, なんでも, なんという, なんと云っ, なんの, はつきりと, ほんとう, ほんとうです, ほんとな, ぼくは, まさか三田君, また人類, まだこちら, まだその, まだそれ, まだ見た, もう三, もしそうなったら, やつぱりさうかい, やつぱり降つ, やはり私, よいと, よう無事, よかろう, よくわからない, よく早く, よもやまことで, わざと行かなかった, わざと行かなかつた, アボットは, オヤオヤ豆腐の, チョット病人, バルチザン滅落後も, フトそれらの, ミサ子の, 一笑に, 一緒に, 丁度旅行, 七年後の, 三井君には, 三日前に, 三藏は, 上塩梅, 不明で, 中, 主人半兵衞は, 乾兒へ, 事実は, 二通出せ, 交際から, 人の, 人情紙よりも, 今どきそんな, 今なら, 今また, 今度の, 今日は, 今日始め, 今朝見れ, 佐兵衛は, 何う, 何うし, 何か, 何でも, 何で遽, 何と, 何処に, 何処やらに, 何故か曖昧, 併しだから, 借金などは, 僕は, 僕等は, 兄は, 先決問題と, 先生にも, 先生の, 全く左様かえ, 全部が, 其から, 其も, 其通りだ, 分らなかった, 初めに, 別にこれ, 別に私, 勇氣を, 北川氏が, 医学にまで, 医者殿が, 十五年ばかり, 十日間で, 句には, 吉次は, 名詞を, 呑むの, 嘘かい, 囚果で, 執事は, 場処柄だろう, 塗香の, 多分そうな, 多分それ, 大分繁昌だ, 大層心掛の, 大抵の, 大章魚, 天草松島と, 好い, 如何な, 妻は, 始めて見る, 姑だの, 姿は, 姿を, 嫁入, 季節が, 実にその, 実はまだ, 実際に, 実際は, 宮の, 寒いとも, 尾州人にて, 左に, 左様か, 己ア然う, 巳之吉は, 帰りに, 年嵩な, 当時珍しい, 彼自身の, 往つて見る, 後から, 後で私, 得意の, 御嶽冠者は, 御当家, 慥かに, 憾むらく, 成るほど, 成る程, 折悪しく, 支那に, 支那學の, 政宗に, 敢て, 数年前四つの, 敵は, 文太郎は, 斯んな, 既に約束, 日本海岸と, 早いもの, 早くそこ, 時に利休, 時世とて, 更に要領, 最後たいがいの, 最早二度と再び来ない, 本当か, 本当かの, 本当であろう, 果してさう, 梅三郎に, 梅樹の, 楽器の, 機会も, 此奴何う, 武平夫妻の, 歸洛後伊波君の, 殆ん, 殺されは, 毒蛇を, 水月は, 河井寛次郎も, 泡を, 洛陽から, 消息を, 火星の, 然ら, 父母は, 爺さんは, 狸の, 生憎何, 生憎教師, 画の, 畫の, 県の, 真実かの, 知らない, 石川の, 確と, 神田の, 私たちも, 私どもは, 私などには, 私には, 私小説を, 税金を, 立ち帰って, 立派な, 細君は, 結果は, 編輯長は, 考へて, 耄叟や, 耳の, 聢と, 能く, 能では, 自分は, 自分も, 船長が, 蒐集には, 行けども, 見に, 見舞には, 見舞にも, 記者には, 詰らないお銭, 貉の, 負傷は, 身は, 車夫は, 近来は, 返事が, 道理で, 違いない, 那珂先生の, 野史に, 長州も, 陰氣な, 隣で, 雀の, 雨は, 面倒くさいの, 面白いもの, 頃日米国禁鉄と, 頓と, 領分が, 顔も, 馬の, 黎明比から

▼ 聞いた~ (390, 5.4%)

11 に私 5 のよう, は 4 には私, に彼女 3 でした, に, にはお可, に妾, は最早, は私

2 [25件] お定, から夫, から彼, から起つ, その実社会, にそれ, になぜ, にはさすが, には彼, には本当に, には流石, のこと, のその, の心地, の感じ, の私, はさすが, はちょっと, はどんなに, はわたし, は全く, は実に, は思わず, も別に, 代助

1 [293件] あっと驚い, あんなに悲し, いつた, お孝, お延, からおおかた, からそれ, からそれでも, からひょっと, からもう, から一刻, から俺, から幾度, から拙者, から指紋, から母, から源氏, から私, から變, から起こっ, ぐらい嬉しかっ, こういっ, ことによったら, この坊主, しばらくは, すぐ助太刀, そうかも, そして一人, その声, その方, そんなもの, たいへんむずかしい, たと, だ, だけでも自分, だった, だつた, ちょっともの, てまえ, てれたやう, てれたよう, であった, であったとも, でさえ例, でさえ少し, でさえ私, です, ですら, でもお, とおなじ, どうしても其, なおよく, なるほどさ, なるほどそんな, なるほど若く, なんだか泣きたくなりました, にあちら, にあなた, にあの, にいささか, におれ, にかへつて, にかれ, にくらべる, にこの, にこんな, にすべき, にすら各, にそう, にそういう, にその, にちょうど, にちょっと, にちよい, にどうも, にどこ, になる, になるほど, には, にはあわれであわれ, にはええ, にはかれ, にはこれ, にはさ, にはしみじみ, にはじめて, にはすぐ, にはそこ, にはそれでも, にはなんとも, にはにやにや, にはほのか, にはまた, にはまるで, にはもう, にはわく, にはゑゝ, には一図, には一寸, には一時的, には一種, には今, には何, には何とも, には余, には僕, には全く, には別人, には十娘, には嘘, には大いに, には大変気の毒, には大尉, には太一郎達, には夫, には妾, には寧そ一思い, には少し, には思わず, には手前, には新蔵, には正直, には泉水, には涙, には深山, には真赤, には紳士, には腹, には身, には途方, には部落, には陽気, にも別段, にも各, にも岸本, にも思った, にも真偽, にも私, にゃ常木様, により, にわたくし, にゾーッ, にラジオ, に不思議, に何かしら, に何となく, に俄, に僕, に先生, に全身, に内大臣, に初めてガッカリ, に咄嗟, に如何, に姫君, に宿命, に小首, に少々, に尚侍, に左様, に彼, に思いついた, に截然, に死因, に殆, に殺された, に殺人鬼, に母娘, に清造, に畑中, に直, に直ぐ, に直様, に相良金吾, に示した, に突然, に第, に縁, に自分, に船中, に薫, に覚えず噴き出し, に詛い, に起す, に首, のあの, のこの, のやう, の主, の作, の僕, の印象, の妾, の彼, の意外, の慚愧, の昔, の残念さ, の気持, の海賊ども, の淋し, の淋しかっ, の玻璃窓, の話, の隊長ら, の驚, はお, はかなり, はじめて知, はそのまま, はそれ, はそんな, はそんなに, はてっきり, はてなと, はどうも, はぼんやり, はまことに, はまず, は一応, は一時, は丑松, は何だかこう, は何時, は余, は冗談, は半蔵, は厭, は噪, は嬉くも, は少し, は工夫, は御, は憤り, は指揮官, は既に, は枕返し, は榊, は此部曲, は泣き出さっせる, は海, は淋しかっ, は猶々, は生れ変つた, は盗人, は盜人さ, は立っ, は自分, は酷く, は驚き, ほど驚いた, ほんとに不思議, まるでそれ, もある, もいい, もいひ, もう私, もそんな, もまだ, も三造, も与右衛門, も始め, も実際, も彼, やっと唇, よりも安心, よりも私, よりヨリ, わざと眼, 且つ其の, 今更手数, 何となく其処, 何となく嬉しい, 何となく陰気, 何故かそれ, 多少の, 多緒子, 大抵髪, 実はどき, 少しへん, 少し考え, 少し顏, 忽ち兵営, 思はず姫君, 打ち明ければ, 既に彼, 本当に驚いた, 澄み渡った鏡, 無論彼, 直ちに, 程嬉し, 程腹, 第一自分

▼ 聞いた~ (293, 4.1%)

54 がある 35 がない 24 もない 18 のない 10 がなかっ 9 が無い 7 のある 6 があった 5 があつ, ですが, はない, もあった, もありません, も無い 4 があります, だが, もある 3 はある 2 が有る, はありませんでした, は聞いた, もあつ, もあるまい, も見た

1 [73件] があっ, がありまし, がありません, があるでせう, がお, がございます, がございません, がござる, がそれ, がなかつた, がなく, がねえ何様, が敬太郎, が有るなら, さえない, さえ今, すらない, だけで世の中, だった, であった, でありました, である, であるが, でございます, では, で非常, とか, とを照らし合せ, と照, などによって人間, などを綜合, なん, にする, についてもっと, に対する精神異状者特有, に過ぎない, のな, のない恐ろしい, のみよく, の無い, は, はありません, はあるまい, はなかっ, はなかつた, はなし, はほぼ, はシャーター, は一度, は忘れません, は有りません, は母親, は生れ, も, もあります, もなかっ, もなけれ, も度々, も無, をある, をそのまま, をなん, を今私, を喋々, を妻, を思い出す, を思ひ出し, を材料, を紹介, を覚え, 思うて, 殊に向う, 見た事

▼ 聞いたので~ (219, 3.0%)

10 あつた 6 それを 4 私は 3 行って 2 すぐそれ, その小屋, 女は, 彼は, 急に, 細い山路, 若い者

1 [182件] あとを, あなたは, あらう, いささか涙ぐん, いっしょに, いよ, おもしろく思わない, お桐, けげんな, けさから, こともなげに笑っ, この人, この十ドル, この港, この近く, これだって, これには, これを, ござります, さっそく石田, さっそく見舞おう, さらに方角, すぐその, すぐリカルド, すぐ察した, すっかり見抜い, せう仲, せめては, そのお方, そのまえ, そのまま門司, その後京都に, その後確かめる, その玉, その祝辞, その行列, それかと, それが, それでそっと, それでは, それでは猿男桃雨氏, それは, それをも, それ以来お, ただちに同家, たった今, ついその, なるほどお城, ぬき足を, ひどく不思議, ふるえ上がって, ほんとうの, まず克家, またも激しく, また出掛け, まだ早い, みんなドキッと, もし同行, ようやく安堵, わしが, わたしたちは, わたしの, わたしは, われにも, スッカリ解っちゃった, ボートの, マーチおばさんはじぶんの, 一層浮き浮き, 一日だけ, 一時の, 三つの, 三藏は, 上司が, 下士は, 中の, 二人で, 会うの, 佐瀬は, 何だ, 何心なく, 信長の, 俺は, 僕は, 僕達は, 僕達一行は, 兄の, 先の, 先日の, 入院し, 冷水越えし, 前途の, 即座に, 厶ります, 友だちの, 吉里は, 吾を, 呼上げた, 喜ぶまい事, 喜んで, 堪へたやう, 声を, 外務省が, 大変な, 女客の, 孔明は, 安心し, 家の, 家内を, 小林君は, 小県, 少し取りみだした, 山田小, 巍が, 市松は, 帰ること, 帰国を, 帰村当時は, 度々こ, 彼はほど, 彼らは, 彼女は, 待つて, 従って, 御米, 心配し, 怒って, 思わずブルルッ, 急いで, 急ぎながらももう一度後, 急ぎ両人, 恰度さう, 或る, 戻って, 日吉は, 日頃から, 早速それ, 是非とも私, 某日平太郎の, 案じて, 次の, 止めに, 毎晩寄席から, 汽車の, 清麿は, 無條件, 特別の, 狭い部屋, 用心の, 男だ, 番号が, 番頭は, 目前の, 直ぐあの, 祝の, 私たちも, 私と, 私の, 私自身には, 粟ヶ岳を, 紋也の, 自分の, 自分も, 英語や, 荷物も, 褒めたと, 見ると, 身を, 車を, 近処, 遂に何とか丸, 遠慮され, 釣りに, 銅鑼亀さんは, 門前に, 防護団員は, 青山の, 頗る同情, 頭から, 頼むと, 飛んで, 食事を, 驚きました私

▼ 聞いた~ (199, 2.8%)

15 だが, であるが 8 である 7 による 5 がある, だ 3 ですが, なの, なん, によれ 2 だから, だけど, だけれど, であるから, です, で御座いますが, の中, を思いだした, を思い出し

1 [114件] かも知れない, から山, か聞いた, があります, が一連, が主, が全く, が多かっ, が実際, が胸, が非常, じゃが, だか, だけは三浦, だった, だったが, だったな, だつたが, だと, だとして, だの, であった, であって, であります, でござるよ, でした, ですから, ですけれど, でね, では, ではあたし, ではある, ではいづれ, ではございません, ではなかつた, では今, では去年二月, では支那人, では歸, でも少し, で三田, で今, で彼, で思いあたった, で自由自在, として長々, とは違っ, などに一つ, など思い出す, ならよけい, にあった, にある, にその, にただいま, にはある, には小原, にも猿, によって記憶, に何, に大臣, に文楽, に春琴, に添え, に通じる, に非常, の八つ, の実説, の朝鮮人, の筋書, はかう, はその後, は大, は大抵, は川上, は此処, ばかりだ, ばかりでなく, もあり, もある, もした, もすべてそれ, もっとも十分, も夢みた, やを綜合, や今しがた, や又は, や最近国, よ, よりも彼自身, をしました, をする, をその, をそのまま, をやはり少し, を何度, を何氣, を信用, を受売り, を思いだし, を戯談, を手短, を書い, を次々, を知らせたく, を私, を私流, を紹介, を結局ゴロちゃん, を綜合, を記し, を話さなけれ, を軽率, を近く, を逆

▼ 聞いた~ (190, 2.6%)

3320 だが 19 です 14 ですが 9 だけど 7 ですよ 6 だよ, ですもの 5 だがね, だろう 4 だから, だけれど, ですがね, ですの 3 だね, だもの, では 2 だお, だぞ, でしょう, ですか, ですけど, ですけれど, ですわ, でも

1 [25件] じゃああの, じゃありません, じゃが, じゃけど, じゃよ, じゃ少し, だからな, だからね, だそう, だそんな, だって, だってえ, だって云った, だらう, だわ, だ相, でありますが, でしょううそ, ですからね, ですがと, ですけれども, ですわね, ですッ, です姉さん, よ

▼ 聞いたよう~ (188, 2.6%)

23 な気 20 に思った 19 な声 16 な名 6 な名前 5 な, に思う 4 でも, にも思う 3 だ, だが, だと, なこと, な覚え, に思います, に思っ, に覚え 2 ですよ, では, なと, な記憶

1 [54件] じゃ, じゃねえ, だった, だったが, だな, だね, であったが, でしたが, です, ですけど, でね, でもあった, でもねえ, なお, なフェアリスチック, な咽喉, な国民, な変, な大昔, な支那音楽, な文句, な用心深い, な美しい勇ましい, な聞かないよう, な話, な説明, な錆びの, な音色, に, におぼえ, にただ, には思う, にもある, にもあれ, にもまた, にゾーッ, に云った, に司令官, に思いました, に思うけん, に思ったら, に思われる, に愉快, に感じた, に直義, に眸, に耳, に自分, に覚えた, に覚えてる, に記憶, に話す, に説明, に金色

▼ 聞いた~ (138, 1.9%)

8 思った 6 みえて 5 いう, 云ふ 4 思うと 3 云って, 見えて 2 云うの, 同じに, 思いました, 言うが, 言って

1 [94件] いうがね, いうので, いうよりも, いって, いふ, いわんで, おたずね, おっしゃるの, おぼしめしますか, おもうと, おもった, お君, お思いなさる, この自伝, しばしば繰り返し, すれば, そう云ったら, ですけど, ほりだ, ほり態度物腰, まず御息所, みえ畑仕事, クーパーは, 云う, 云うこの, 云うその, 云うだが, 云う理, 云う者, 云う話, 云った人, 云つた, 云つたのである, 云つてそれから, 云つてゐる, 仰有って, 信じて, 半蔵らに, 同じくこの, 同じじゃ, 同じ事, 同じ事柄, 問うので, 喜びました, 大金が, 存分人を, 後で云う, 思いながら, 思いましたから, 思いましたが, 思いますので, 思い見たと, 思い誤った私, 思う, 思ううち, 思うかも, 思うが, 思うより, 思う間, 思ったあの, 思ったから, 思ったが, 思った時, 思った頃, 思つたのが, 思ふと, 教えて, 書いたあの, 申しましたが, 皆んな聞いた, 私に, 称して, 筆せる, 答え大徳何, 見えどうも, 見える, 見えるの, 解しても, 言う, 言うぜ, 言うの, 言う地点, 言つた, 言つて置い, 言ひ張る, 言ふくせ, 註して, 詠じて, 話されたから, 話されたの, 話すと, 話を, 違いない, 隊員に

▼ 聞いたところ~ (131, 1.8%)

39 による 7 によれ 3 ではこの 2 つとめて虚飾, では, ではその, ではそれ, で君, によります, に依る, に依れ, のもの

1 [64件] から幹, が今日, が甚だ, じゃあまあ, じゃそれ, じゃ版籍奉還, じや, だ, で, でそんな, でどうにか, ではあの, ではいま, ではたいそう, ではもうそろそろ, ではよろよろ, ではペルメル, ではボンヤリ, では三人, では不都合, では世界, では九州, では化膿, では十四, では宿屋, では御者, では感嘆, では明科製材所, では氏, では父, では父親, では真澄, では神楽坂, では純良, では自由労働者たち, では花輪, では鯨, でもそれ, でも如何にも, でよく, で一種, で取り分け, で運, で食客, とはかなり, とは大分話, と感じた, なん, によつて判斷, に依ります, に拠る, に疑念, の話, は実に, は次, もそれ, よりずっと, をあらかじめ, を事実, を忠実, を綜合, を考察, を見る, 極めて簡単明瞭

▼ 聞いたもの~ (129, 1.8%)

16 ですから 9 だ, だから, である 3 がない, がなかっ, でした 2 か低, があった, だと, でしたから, ですが, もあった, もない, らしい

1 [61件] か, かその, かどう, からは一種, か主人, か方丈, か私, か自分, があつ, がありますまい, が八九人, が思いの外, さ, さ古い, じゃから, じゃわい, だからな, だが, だそう, だつたが, だつたこと, で, であ, であまり, であるが, でございますから, です, ですからね, では, として伝へられ, とほぼ, と想, と見え, にすぎない, にちがい, に相違, のうち, のよう, の内, はねえ, はまるで, はみな無念, はみんな体一つ, はよく, は一人, は即ち, は日本, は皆, は自分, は親たち, は誰, は過去, はJOAK, もありました, もあります, もなけれ, やらむずかしい, らしく冷然, をこれ以上, を如是我聞, を私

▼ 聞いたから~ (121, 1.7%)

12 である 5 です 3 それで, であった 2 だ, でありました, でした, 今日は

1 [90件] あげようかと, あっちへ, あれから, いきなり飛び上っ, え, おいらんの, おそくな, お礼に, お祝いに, このたび, これは, これへ, そこここうろぬき, そこで五人, そっとあなた, そのお祝い, そのお返し, その意味, そばの, それでこちら, それを, それッ行っ, ただちにこれ, だった, だと, ちょっと遊び, ったって, で, であつ, であります, でございます, はあ此奴, まあそんな, もう一仕事, もとは, わたしは, チョックラ往きてえ, 一度逢, 九十や, 人間皆死ぬ, 今夜は, 余は, 価値を, 先生大, 兎も, 其を, 出立の, 参ったの, 可笑しくなっ, 大急ぎで, 大方あの, 妾あります, 安心し, 尾州家の, 崖に, 巴里より, 幸ひ, 弔儀に, 弥之助は, 忍びよって, 思はず谷中, 敢えて云う, 断った, 旅には, 旦那様に, 明日は, 本当に風聞, 来た, 櫓も, 滅多に, 炭荷を, 猿簑を, 町人の, 知って, 知らせる, 私が, 私は, 船に, 船頭に, 草津か, 見舞に, 試しに, 路を, 道庵先生が, 門人たちは, 間が, 間違ひ, 音助にも, 風呂って, 駐在所へ

▼ 聞いたとき~ (119, 1.6%)

2 から, にお, にはかなり, にも同じ, に私, のこと, の彼, 代助, 旨く掛けられた

1 [101件] おかしくて, お医者, お増, お茂登, かつて若い, かつて遠い, かの女, からいつ, からおそらく, からどうにか, から久木会社, から又, から犯人, ぎくりとした, この, さすがに, すぐさまきみ, すぐ気, そう云った, そしてそれ, そのころ, その瞬間, ちょっと云い, である, であるふと, と同じ, どうしてもおかしく, どうして窓, どうも聞きおぼえ, などこういう, なるほどそう, なる程何, なんだかこそばゆい, なんだか心持, にここ, にこんど, にさすが, にすぐ, にその, にそろっ, にどんなに, にはなにもかも, にはほとんど, にはまき子, にはやや, には俺, には殉教, には母, には永久, には私, には誰, には驚い, にもまして, にゃてっきり, にわずか, に何やら, に信吉, に列子, に千枝太郎, に宇治, に彼女, に書い, に湧, に示した, に話, に魂, のあの, のいや, のはう, の三人, の感激, の気持, の胸, は, はお前さん, はただ, はどうして, はむか, は何, は同胞, は非常, は飛ん, ばかりは流石, ふと自分, ほんとにそうだ, まことに私達, まっさきに頭, も茫然, わちき, 何となく孔子, 何となく文次, 何やらかすか, 嬉しさ, 幾分安蔵, 思はずつい, 思わず俺, 悲しいよう, 毫も憤怒, 深く胸, 直ぐ自殺, 直ぐ自殺ぢ

▼ 聞いただけ~ (118, 1.6%)

16 では 4 だった 3 であった 2 だ, で, である, でお, です, ですぐ, でそれ, ではや, でもう

1 [77件] じゃ, だが, だったの, であったが, であるが, であること, であれは, でいくら, でげ, でこの, でした, ですから, ですけれど, ですっかり, でその, でただ, でどう, でなく何もかも, でなに町, でびっくり, でぷっ, でまた, でもうハッ, でわし, で主税, で人, で今に, で今日, で公案, で加勢, で半蔵, で口, で唇, で夏, で実は, で寒気, で少し, で岡崎藩, で彼, で彼女, で怜悧, で持前, で新聞, で旅, で日吉, で日本左衛門, で昨夜, で最早, で村, で気, で熱, で熱し易い, で玉太郎, で現場, で理由, で皆様, で目, で直吉, で眸, で米友, で胆, で臆病者, で自分, で舟, で見たこと, で詰らないもの, で話, で誰, で負けるもの, で身ぶるい, で駒井能登守, で鴻山, なので, なんでね, らしいの, 懐しい片原, 損に

▼ 聞いただけでも~ (99, 1.4%)

2 人の, 何か, 便通を, 慄然と, 気の, 私は, 胸が, 諸将, 身の毛の

1 [81件] あほらしい, いまでは, うめえや, おどろくに, おもわずぎく, おれは, きっとむかっ腹, ぎょっとした, くさくさする, こいつあ, この村, すぐに, すぐ顔色, すごくなる, すでに豪猪, その感じ, その歓楽, それは, ぞっとした, ぞっとする, どうも甚だ都合, ぶるぶるふるえ, まず因果, むかっ腹が, もはやじっとし, やり切れない, わかる, わたくしは, わたしに, ゾ, ゾッとする, 三人が, 人を, 今度の, 会話を, 優男らしい, 十分老母の, 口中に, 君は, 呂布の, 堪え切れん, 大きにくせ, 実に身の毛, 尋常な, 彼は, 彼女は, 彼等は, 待ちきれねえ, 心持の, 忌々しいだろう, 思いも, 恐ろしい面, 惜しいと, 戦慄し, 戦慄を, 来た甲斐, 東京に, 死ぬほどの, 気味の, 気色が, 清々する, 町娘や, 眉間傷が, 禿祠で, 秀吉の, 私の, 空腹へ, 胸の, 若い婦人, 荷車を, 薄ら寒くなった, 虫ずが, 身が, 身の毛が, 身顫ひ, 退屈せる, 邪気が, 陰慘な, 青春溌剌, 飛でも, 飛んでも

▼ 聞いたばかり~ (64, 0.9%)

13 でも 4 では 3 です 2 でその, でどこ, なんだ

1 [38件] じゃ, だが, だけれど, だと, であげも, であった, であります, でこの, ですぐ, ですけれども, でその間, でない, でなくどうか, でまだ, でもう, で人々, で今, で厭, で安さん, で早く, で早老人, で未だ, で省作, で破すだれ越, で翡翠, で聞, で腰, で自分, で葉子, で詳しい, で身の毛, なの, 別段二人, 妾は, 故まだ, 絵で, 聞いたばかり, 証拠に

▼ 聞いた~ (63, 0.9%)

3 して, 解ったか 2 新三郎は, 聞かぬか

1 [53件] あす十六人を, いまの, えよく, この方, しれぬが, それとも講演, それは, それも, たった今出た, どうか, どうだ, なんと思っ, まだ御, やまがらが, わかったか, 一寸思い出せない, 両人で, 今の, 今朝お, 何を, 來て, 君たち, 夢に, 大夫は, 寒山子拾得つれ, 小柴, 弟の, 彼女は, 彼自身も, 御存じ, 忘れたが, 我が子, 斯う, 新任の, 方々, 是ハア, 殆ど其, 氏も, 泥棒は, 濡手を, 灯の, 知らん, 知れない, 知れぬこと, 私と, 私の, 素晴らしいだろう, 聞いたか, 聞かないか, 解かった, 読んだか, 金山地獄で, 饒舌った

▼ 聞いた~ (52, 0.7%)

63 のこと 2 でなければ, で何とか, で兄

1 [37件] からもまた, ぜひともどこ, その家, だ何, でたしかめられた, でないと, でなくては, でなくば, での分別, でまた, でガラス戸棚, で云, で今日, で僕, で先生, で半, で吾, で悪かっ, で手段, で本当, で無ければ, で煙管, で理解, で空いた, で返事, という事, ならでは, にいたそう, にした, にしよう, に斬ろう, に現実, は一つ, は最う, 二度と邸, 直ぐに, 遠慮なく引き取っ

▼ 聞いたって~ (51, 0.7%)

3 いいじゃ 2 仕方が, 私の

1 [44件] あたしには, いいますがね, いうん, お巡りさんは, この重大現象, しょうがない, しようがない, そう善く, そんな事, ただもう, とらわれる気づかいは, なんにもなりません, ひとに, びくと, びっくり出来る, ものに, わかりゃしないよ, 事が, 云う気遣い, 仕方なし, 仕様が, 仰言っちゃ, 何か, 何にも, 何の, 分りようは, 別に, 可い, 同じ事, 大谷風呂の, 巡査が, 差支えないじゃ, 御隠居, 明瞭な, 構や, 無駄だ, 理窟じゃ, 罪悪は, 解るじゃ, 詰らないじゃ, 談話だ, 金輪際それ, 駄目さね, 駄目です

▼ 聞いた~ (43, 0.6%)

6 による 5 で滑らか 3 によれ 2 に依る

1 [27件] が, がかう記し, がそれ, が石川, だった, だ其の, である, では役者, では磐城四倉浜, では路, で仕方, で氏等, で泰さん, で私, とは相違, と大同小異, と格別, と符合, によつて, に由る, に由れ, の奈何, の如き, の様, を以て此, を記し, を頃日保さん

▼ 聞いただけで~ (41, 0.6%)

2 容易に

1 [39件] あの足, この北, すぐこちら, すぐに, すぐ銀行, すでに一種, そう変る, そこまで, その音源, ぞっとする, もう十分, もう心, もう苔松, もう警戒, やった, アレソレ打騒い, 一寸ド, 一度も, 一種の, 何も, 偽赤外線男, 唇が, 塾生達は, 大体やつて, 大時代の, 妻は, 巴里人を, 彼は, 潰走するだろう, 眉を, 眼の, 眼を, 私は, 自分では, 見たこと, 話し手の, 身が, 逃げ出すよう, 逃げ落ちて

▼ 聞いた~ (36, 0.5%)

4 がある 2 は誰

1 [30件] がありません, がありませんでした, がいる, がやはり, が呆れた, の多く, の方, の話, はある, はあるまい, はその, はない, はないだろう, はなかっ, はみな肌, は互に, は出し抜け, は室内, は尚, は彼, は月, は皆, は皆気, は皆驚き, は蒼く, は閹人, は陳式, もあります, もなく, も無く

▼ 聞いたという~ (34, 0.5%)

2 ことに, のである, 顔付で

1 [28件] あの呻き, きわめて簡単, ことだ, ことだった, ことであります, ことである, ことなど, とてもとても親切, ようすで, ような, わけで, んだ, 事実の, 人々を, 人が, 呻き声, 地響きを, 娘とを, 岡それぎり彼女を, 廉によって, 琵琶の, 者が, 者も, 花の, 豹に, 鄂州の, 面持で, 顔つきで

▼ 聞いた~ (32, 0.4%)

2 しかけられた

1 [30件] からまた, から聽, から自分, があっ, がありました, がある, があるでしょう, が二人, が判断, が如是我聞, が尾鰭, が愚もの, くい鬼, であったと, のけはい, のなか, の秘密, の耳, の話, の認識, はどんな, ははじめ, は命, は目, は知る, は芸人, まで忘れ, もありました, もあるだろう, もあれ

▼ 聞いた~ (30, 0.4%)

2 でも決して, で二三分

1 [26件] この腰, で, でだから, でどの, でもそこ, でようやく, で五厘銅貨一つ, で判事, で言った, で誰, で食事, に, にどう, になっ, に二, に彼, に抽斎, に毒々しい, のやう, の奉天, の笑い, もその, もちろん二度と直之, ようやく五時頃, 何で貴様, 半七ら

▼ 聞いた通り~ (30, 0.4%)

2 繰り返した

1 [28件] あのカフェー, であった, でただ, で別に, にこの, に気安い, に派手, に話した, のこと, のロスリッジ青年, の不思議, の世上, の事, の事実, の凡作, の物語, の西洋館, もうけふは, をありのまま, をお話, を云, を口, を奥さん, を繰り返す, を述べる, 少しも, 遣ってる所, 遣つてる所

▼ 聞いたばかりの~ (24, 0.3%)

5 噂である 2 幽霊の

1 [17件] あの歌, ホヤホヤな, ホヤホヤの, 事だ, 事を, 仙次を, 名を, 外国語を, 星宮君の, 時代であった, 洒落を, 番号を, 真打ちの, 短い言葉, 話さえも, 話だ, 話です

▼ 聞いた~ (23, 0.3%)

2 銀様は

1 [21件] つるさんという, 勢, 十夜という, 千世が, 吉が, 吉は, 妙の, 嬢さまが, 延の, 志保の, 政は, 時は, 民などは, 蓮様もうサッと, 藤は, 藻代の, 角が, 譚です, 通を, 銀様が, 雪は

▼ 聞いた~ (23, 0.3%)

1 [23件] かかる品, かの国, かの山難所, この物倉廩, その頃百, もっともだ, トチワビキて, 吠えかかる犬, 土佐の, 土着の, 山神女形で, 強盗盛んな, 支那内地で, 早二十年ばかりの, 狼もっとも, 猟に, 猩々数百群を, 猴に, 確かに, 英国ランカシャーの, 虎皮上で, 誠か, 近村竜神村大字竜神は

▼ 聞いたやう~ (23, 0.3%)

4 な氣 2 な声, に思

1 [15件] だ, であつ, である, です, な別荘地そのもの, な女, な気, な胸, な言葉, にも思ひます, に思つた, に思つたの, に或はまた, に覚え, に記憶

▼ 聞いたもん~ (22, 0.3%)

7 ですから 5 だから 2 じゃけ, だ, だが 1 です, ですからな, ですからね, でそれ

▼ 聞いたその~ (21, 0.3%)

1 [21件] あとは, ま, ままを, 上で, 刹那ある, 反駁によ, 反駁によってよりも, 因縁の, 団体の, 声も, 夜紛々たる, 展示を, 文句の, 日の, 時の, 時は, 時東京市長であった, 母の, 言葉を, 頃の, 鳥の

▼ 聞いたあと~ (18, 0.2%)

2 で言った, の感動

1 [14件] で, でお, でさらに, でつく, でもこの, で半蔵, で嘆息, で彼女, で心, で温和, で火夫, で直ぐ, に奏楽珈琲店, に残っ

▼ 聞いた言葉~ (17, 0.2%)

2 ではない

1 [15件] だ, だと, であったが, である, であるが, というの, なの, にも, は, を借りる, を思いだした, を思い出した, を思い出しました, を聞かし, を頭

▼ 聞いた~ (15, 0.2%)

4 違いない 2 ちがいない 1 しても, ちがいなかった, つけても, なな, 過ぎないの, 違いありません, 違ひない, 違ひ無い, 間違ひあるまい

▼ 聞いた時私~ (15, 0.2%)

1 [15件] の眼, の親友, は, はこれ, はまた, はもう, は今夜, は何もかも, は好い, は心, は心から, は息苦しい, は救, は異様, は直ぐ

▼ 聞いた~ (15, 0.2%)

2

1 [13件] にも勿論, の驚き, はそれ, は一, は丸窓, は何, は其親切, は博士, は喜び, は我, は笑いたくなった, は米国民, は賛成

▼ 聞いたまま~ (14, 0.2%)

1 [14件] しゃべった, その場限り, だ, に勝手, に数え, のお, のこと, をざっくばらん, を信ずる, を宗助, を治安判事, を續けた, を覚え, を記す

▼ 聞いた人々~ (14, 0.2%)

2 は皆

1 [12件] が, がもし, が集ま, の中, は, はあまり, はだれ, はにわかに, はやがて, は余りに, は十日, は身体

▼ 聞いた~ (14, 0.2%)

2 だ, だと 1 あの美し, ですねんけど, で啼いた, と思った, のよう, はやさしかっ, はビックリ, は二人以上, は想像, は猩々

▼ 聞いた瞬間~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] あの爺さん, からもうすっかり, から娘, だったと, にこれ, にそう, にゴンクール氏, に彼, に必ずや, に発明者田方氏, はドクドク, 面白いなと

▼ 聞いたあの~ (13, 0.2%)

1 [13件] おどし文句, 一節切の, 事である, 合唱を, 嘉吉とか, 声が, 女だ, 女らしい声, 甘い物, 話その, 透明な, 針の, 音色

▼ 聞いた~ (13, 0.2%)

2 線香を

1 [11件] ここへ, しっかり者, その土地, 千魂塚でも, 手紙も, 波多野も, 白い水玉, 読者も, 近頃の, 顕微鏡下にも, 高瀬からも

▼ 聞いたそう~ (13, 0.2%)

4 である 2 です 1 だ, だよ, であると, ですよ, な, な一本松, 云う手前

▼ 聞いた~ (13, 0.2%)

1 [13件] おまんま, お樂, そんなら, どれ, りかずっと, ジョー, 可哀相だ, 君も, 憎いぢ, 森の, 江戸を, 綾子さんの, 遁辞で

▼ 聞いたけれど~ (12, 0.2%)

1 [12件] おかみさんの, それと, どうしてこの, 今の, 女の, 女中が, 文太郎は, 本星, 笑うもの, 笑ふも, 落着い, 道場へは

▼ 聞いたのに~ (12, 0.2%)

2 今までは 1 お浅間様, なにも, 弔書を, 来会者は, 毎年筏が, 相違ない, 答へて, 返事も, 道草を, 違ない

▼ 聞いたかと~ (11, 0.2%)

1 [11件] いう, いえば, 云わんばかりに, 合図を, 問われた時, 思うと, 言うの, 訊ねましたが, 訊ねると, 記憶し, 詰ると

▼ 聞いたこの~ (11, 0.2%)

2 雄弁家は 1 家の, 支持の, 晩とは, 歌一つを, 父の, 物語を, 番茶ばなしを, 調子だ, 返事を

▼ 聞いたとおり~ (11, 0.2%)

1 [11件] この人, だ, であった, な次第, にいう, にそんな, にできるだけ, に真似, のこと, を宮, を教えた

▼ 聞いた~ (11, 0.2%)

3 がいい 1 がとく, がまだ, が何, が余程, が好い, が心, が正しい, を御

▼ 聞いた記憶~ (11, 0.2%)

4 がある 2 がない 1 がなかっ, が存, とこの, も読んだ, を其の

▼ 聞いた~ (10, 0.1%)

1 からいずれ, から三日のち, から三日目, から半兵衛, から彼, から清盛, には嬶, のこと, の妻, を憶

▼ 聞いたよりも~ (9, 0.1%)

1 まだ老け, もの凄く聞える, 一層はっきりした, 一層不快さうに, 何十倍何百倍も, 大層な, 好人物で, 美人と, 草が

▼ 聞いた以上~ (9, 0.1%)

1 の具体的, はいかなる, は君, は尚さら, は決して, は私, は遺言, もう猶予, やがてあなた

▼ 聞いた時彼~ (9, 0.1%)

1 はぎくりと, はなん, はまた, はエルンスト, は依子, は根底的, は舌, は苦笑, は軽い

▼ 聞いた~ (9, 0.1%)

2 に思った 1 なので, な事情, な名, な名前, な声, な気, にも思う

▼ 聞いた覚え~ (9, 0.1%)

3 がある 2 があります 1 がない, がなかっ, のある, もない

▼ 聞いた~ (9, 0.1%)

3 なこと 1 なことホザ, な事, な屁理窟, な白, に吹かれ, に過ぎない

▼ 聞いたかも~ (8, 0.1%)

3 知れない 1 知れないが, 知れないと, 知れぬが, 知れぬと, 知れんよ

▼ 聞いたけれども~ (8, 0.1%)

1 その物, それよりも, そんな所, みのるは, 彼女は, 桜井家に, 随分ながい, 飯田松川の

▼ 聞いたとき私~ (8, 0.1%)

1 の頭, はいみじくも, はぎょっと, はこの, はその, はほんとう, はもし, は今度

▼ 聞いたとたん~ (8, 0.1%)

1 に, にううん, にその, に眼, に私, に腰, に腹, 死に瀕

▼ 聞いたとて~ (8, 0.1%)

1 むかし読書好きの, 今は, 何か, 何が, 何にも, 其処許には, 唯聞き流す, 毒を

▼ 聞いたとは~ (8, 0.1%)

2 大へん 1 いわれないだろうと, 云は, 思はなかつた, 様子が, 言わずに, 驚いたが

▼ 聞いたのみ~ (8, 0.1%)

2 である 1 でこう, でさり気, でそう, でその後, ならず確か, ならず自身

▼ 聞いた~ (8, 0.1%)

2 は早速 1 の主人張繍, の巴里, は, はすぐ, はようやく, は耳

▼ 聞いた~ (8, 0.1%)

1 が心, が深く, だ, だった, とは似, はまずは, も毎日顏, を出した

▼ 聞いた~ (8, 0.1%)

5 では 1 が分った, である, ですが

▼ 聞いた~ (7, 0.1%)

4 うである 2 うです 1 うねえ

▼ 聞いた~ (7, 0.1%)

4 せう 2 あらう 1 あらう深川木場

▼ 聞いたといふ~ (7, 0.1%)

2 ことを, 者と 1 有様に, 韓非子に, 風に

▼ 聞いたはなし~ (7, 0.1%)

1 で彼ら, で彼等, に依る, の又聞き, の快, は何事, も思い出される

▼ 聞いたわけ~ (7, 0.1%)

3 でも 2 では 1 である, で何

▼ 聞いたんで~ (7, 0.1%)

1 さぞまた, てっきり川向こう, びっくりしました, 何か, 判じ文, 婦人二人は, 見つかりゃあっし

▼ 聞いた刹那~ (7, 0.1%)

1 からひえびえ, に, にお, にポーッ, に彼, に思, の健三

▼ 聞いた~ (7, 0.1%)

1 であるが, ではその, というの, にはその, によります, による, ばっかりが便りじゃ

▼ 聞いた~ (7, 0.1%)

2 の話 1 が隣, のこと, の告白, はこちら, また手紙

▼ 聞いた時僕~ (7, 0.1%)

2 の未来 1 は, はこれ, はまず, はツク, はドユパン

▼ 聞いたうえ~ (6, 0.1%)

1 でこうして, でないと, でサ, で出かけ, で広田, で都合

▼ 聞いたつけ~ (6, 0.1%)

31 がそれでも, がなん, ね

▼ 聞いたとか~ (6, 0.1%)

1 いうので, いって, して, で観音様, 後で山田さん, 言って

▼ 聞いたところが~ (6, 0.1%)

1 あれは, わたしには, 浅草の, 無いと, 蜜柑などは, 鏑木さん

▼ 聞いたとも~ (6, 0.1%)

1 そこが, ない, なく聞いた, 云って, 聞いたとも, 聞かねえとも

▼ 聞いたには~ (6, 0.1%)

1 土手を, 慥かに, 聞いたが, 聞いたん, 違ひ無い, 驚きましたな

▼ 聞いたふう~ (6, 0.1%)

2 の事, の批評 1 なこと, なせりふ

▼ 聞いたほど~ (6, 0.1%)

4 でも 1 であった, よくない

▼ 聞いた~ (6, 0.1%)

1 だから, ですから, ですもの, で試験, より外, 親しかった

▼ 聞いた~ (6, 0.1%)

1 にはいのち, にはそれ, の友だち, の顔, はどう, は迷惑そう

▼ 聞いた~ (6, 0.1%)

1 に只, の弓子, の死前後, は始めて, は慌て, は苦笑

▼ 聞いた~ (6, 0.1%)

2 のする 1 がし, がする, がせられる, であった

▼ 聞いたお話~ (5, 0.1%)

1 が大分, でございますが, につまらな, はそんな, をしました

▼ 聞いたかの~ (5, 0.1%)

4 ように 1 やうに

▼ 聞いたからとて~ (5, 0.1%)

3 買て 1 その起る, 今思え

▼ 聞いた~ (5, 0.1%)

1 おれが, その両国, なし, 明日の, 聞いたぞ

▼ 聞いただけの~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ことの, 話な, 頗る薄い, 風と

▼ 聞いたっけ~ (5, 0.1%)

2 ねい 1 が跡, そんな話, 好い女子

▼ 聞いたつて~ (5, 0.1%)

1 さう, どうする, わかりやしないよ, 信じられない, 解るもんぢ

▼ 聞いたほう~ (5, 0.1%)

1 がいい, がむしろ, がよい, が早い, は驚い

▼ 聞いたまた~ (5, 0.1%)

1 その傍, よいこと, 二十町ばかり, 校長を, 美しいダフウト

▼ 聞いたより~ (5, 0.1%)

1 ひどい光景, 二桶も, 倍以上活溌に, 外なんの, 形を

▼ 聞いた主人~ (5, 0.1%)

1 の丿観, は, は急, は手, は朝っぱら

▼ 聞いた~ (5, 0.1%)

1 がありません, がある, しがない, のらっぱ卒, の詩

▼ 聞いた~ (5, 0.1%)

1 が本人, による, に依れ, の価値, もあった

▼ 聞いた~ (5, 0.1%)

2 の人出 1 では, にも感じなかった, のナマヌル魂

▼ 聞いた自分~ (5, 0.1%)

1 の生い立ち, の耳, の驚き, は実際, は次に

▼ 聞いたため~ (4, 0.1%)

1 しがない, にワグナー派, に死, に秋安が

▼ 聞いたとき彼~ (4, 0.1%)

1 が知っ, はむしろ, は何, は自分

▼ 聞いたよりは~ (4, 0.1%)

1 いっそう惨, いっそう惨め, ここへ, 遠い感じ

▼ 聞いた二人~ (4, 0.1%)

1 の会話, の心, は夜, は驚ろ

▼ 聞いた名前~ (4, 0.1%)

1 だぞ, だと, である, で不思議

▼ 聞いた時分~ (4, 0.1%)

1 であつ, には余り, には私, はナンダ

▼ 聞いた時自分~ (4, 0.1%)

1 は何だか, は学者, は急, は糞

▼ 聞いた~ (4, 0.1%)

1 お皆, からもう, だった, にはわざわざ

▼ 聞いた~ (4, 0.1%)

1 の人たち, の変化, の生活, の者

▼ 聞いた~ (4, 0.1%)

2 のする 1 がします, がする

▼ 聞いた~ (4, 0.1%)

21 だってそらあの, は大阪市長

▼ 聞いた~ (4, 0.1%)

2 だが 1 だな, だ昨夜

▼ 聞いた~ (4, 0.1%)

3 の音 1 であった

▼ 聞いたあなた~ (3, 0.0%)

1 の印象, の言葉, の評判

▼ 聞いたある~ (3, 0.0%)

1 外国人の, 宣教師の, 若い男

▼ 聞いたかという~ (3, 0.0%)

1 のである, 事は, 意味であった

▼ 聞いたかは~ (3, 0.0%)

1 とてもお話, 生憎は, 生憎はっきりと

▼ 聞いたことば~ (3, 0.0%)

1 でございます, ですが, を思い出し

▼ 聞いたじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ないの, ねえか

▼ 聞いたせい~ (3, 0.0%)

1 か知り合い, たかと, でしょう

▼ 聞いただけに~ (3, 0.0%)

1 廊下で, 蛇類の, 顫い

▼ 聞いたときわたし~ (3, 0.0%)

1 うれしいて, はあれ, はその

▼ 聞いたとき自分~ (3, 0.0%)

1 はあーあ, は思わず, は母

▼ 聞いたとしても~ (3, 0.0%)

1 あんなこと, 必ずや恐れ, 或る

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 え梶井, 俺ら, 茅野雄

▼ 聞いたばかりで~ (3, 0.0%)

1 まだ調べ, 出すから, 帰って

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 変です, 聞かぬも, 道理見た

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 でも君, でも自分, で子供

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 では最も, に感じた, の君

▼ 聞いた人相~ (3, 0.0%)

1 とあんなに, とはまるで, や年頃

▼ 聞いた信長~ (3, 0.0%)

1 が切歯, が感じ, は肩

▼ 聞いた同じ~ (3, 0.0%)

1 仲間の, 耳が, 言葉から

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, は

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 だが, であるが, に二葉亭

▼ 聞いた場所~ (3, 0.0%)

1 とその, との距離, をよく

▼ 聞いた大将~ (3, 0.0%)

1 なの, の韓暹, は考え

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 というの, のこと, を頼む

▼ 聞いた平次~ (3, 0.0%)

2 はあと 1

▼ 聞いた幽霊~ (3, 0.0%)

2 の話 1 や悪鬼

▼ 聞いた彼女~ (3, 0.0%)

1 のその, の優しい, は笑い

▼ 聞いた昔話~ (3, 0.0%)

1 にどっか, に基いてる, を俺

▼ 聞いた時それ~ (3, 0.0%)

1 は槍, もやはり, 見た事

▼ 聞いた時己~ (3, 0.0%)

1 は呆れ, は多分, は現に

▼ 聞いた時彼女~ (3, 0.0%)

1 の恐れ, はこの, は人間

▼ 聞いた最初~ (3, 0.0%)

1 に持った, の漁夫, の瞬間

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

2 の話 1 のこと

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 の伊太夫, の声, は大

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

2 支配人の 1 夫婦はちよつと

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 には無論, を水道, を祓

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 であろう, なの, は笑談

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 その婦人, だ, に或

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ 聞いた限り~ (3, 0.0%)

1 だ, ではこの, ではそれ

▼ 聞いた青年~ (3, 0.0%)

1 のある, はおどろき, はすぐ

▼ 聞いた~ (3, 0.0%)

1 からずつと会, から同伴, のこと

▼ 聞いた験し~ (3, 0.0%)

1 がない, がなかつた, のない物凄い

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

2 聞いた

▼ 聞いたいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な話, の恐ろしい

▼ 聞いたうわさ~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, では袁術

▼ 聞いたかい~ (2, 0.0%)

1 その通り, フリーダ

▼ 聞いたかて~ (2, 0.0%)

1 出来るだけ, 死んだ猫

▼ 聞いたくらい~ (2, 0.0%)

1 だ, でアアそう

▼ 聞いたくらいの~ (2, 0.0%)

1 ものである, 訳で

▼ 聞いたけど~ (2, 0.0%)

1 ガイガー計数管ひとつで, 教えて

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 たぁねえ, なたの

▼ 聞いたことあれ~ (2, 0.0%)

1 しません, へなん

▼ 聞いたことさ~ (2, 0.0%)

2 へありません

▼ 聞いたこと以上~ (2, 0.0%)

1 にこれ, にはほとんど

▼ 聞いたころ~ (2, 0.0%)

1 には五人, に風呂場

▼ 聞いたすべて~ (2, 0.0%)

1 のこと, の音楽

▼ 聞いたせつな~ (2, 0.0%)

1 にまた, 彼は

▼ 聞いたそこで~ (2, 0.0%)

1 今度は, 鈴虫と

▼ 聞いたそれ~ (2, 0.0%)

1 はどう, らしい響

▼ 聞いたためし~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 聞いたとかいう~ (2, 0.0%)

1 のは, 話を

▼ 聞いたときそれ~ (2, 0.0%)

1 を自分, を言葉

▼ 聞いたときとかげ~ (2, 0.0%)

2 はやっと

▼ 聞いたとき彼女~ (2, 0.0%)

1 の心, は愕然

▼ 聞いたとき秀吉~ (2, 0.0%)

1 は, は実は

▼ 聞いたとき美奈子~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 聞いたにも~ (2, 0.0%)

2 見たの

▼ 聞いたばかしの~ (2, 0.0%)

1 ところだった, やつを

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

2 す源助さん

▼ 聞いたほととぎす~ (2, 0.0%)

1 の声, は何

▼ 聞いたまで~ (2, 0.0%)

1 だ, で大事

▼ 聞いたもう~ (2, 0.0%)

1 春日山は, 稼ぐ必要

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 ちやんと, 兄さんは

▼ 聞いたんざます~ (2, 0.0%)

1 が私, が誠に

▼ 聞いたチェーホフ~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ 聞いたビョルゲ邸事件~ (2, 0.0%)

1 の解決, の顛末

▼ 聞いたボーイ~ (2, 0.0%)

1 が七号室, はただ

▼ 聞いた一人~ (2, 0.0%)

1 であつ, の方

▼ 聞いた一言~ (2, 0.0%)

1 に彼, の方

▼ 聞いた七兵衛~ (2, 0.0%)

1 とお松, は非常

▼ 聞いた三人~ (2, 0.0%)

1 はべつだん, は座光寺

▼ 聞いた与助~ (2, 0.0%)

1 はお, は苦笑

▼ 聞いた世間~ (2, 0.0%)

1 の人達, はよく

▼ 聞いた事夜~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて床

▼ 聞いた二つ~ (2, 0.0%)

1 の声, の歌

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 になつて, の話

▼ 聞いた他人~ (2, 0.0%)

2 の会話

▼ 聞いた伊賀~ (2, 0.0%)

1 の暴れん, の若様

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 とかいう怪談屋, よりもきれい

▼ 聞いた俊夫君~ (2, 0.0%)

1 はとつぜん, は案外

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 にはとても, へ少し

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 にも述べた, の事

▼ 聞いた劇場監督~ (2, 0.0%)

1 はす, は素直

▼ 聞いた印象~ (2, 0.0%)

1 によって白鷹先生, も心

▼ 聞いた友人~ (2, 0.0%)

1 があった, は奇異

▼ 聞いた吉野~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 聞いた吾輩~ (2, 0.0%)

1 の受け, はハンカチ

▼ 聞いた商人宿~ (2, 0.0%)

2 はじき

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 いちょうの, 日本体育協会は

▼ 聞いた女性~ (2, 0.0%)

1 が出, はこの

▼ 聞いた孔子~ (2, 0.0%)

1 は今度, は即座

▼ 聞いた家康~ (2, 0.0%)

1 が, はにやりと

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 から小僧, の中

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

2 は細長い

▼ 聞いた当座~ (2, 0.0%)

1 の千恵, の感激

▼ 聞いた当時~ (2, 0.0%)

1 の人達, の老中方

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 年配骨柄きょう半日の, 暇だ

▼ 聞いた忠直卿~ (2, 0.0%)

1 の心, は少し

▼ 聞いた恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 毒を, 言葉など

▼ 聞いた悪評~ (2, 0.0%)

1 をいちいち, を一々

▼ 聞いた感じ~ (2, 0.0%)

1 が不, はどうしても

▼ 聞いた支倉~ (2, 0.0%)

1 の容貌, の形相

▼ 聞いた支那~ (2, 0.0%)

1 の学者みたい, の革命少女

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 と答, 取戻さんと

▼ 聞いた教師~ (2, 0.0%)

1 は気, は非常

▼ 聞いた方々~ (2, 0.0%)

1 から来信, は法制

▼ 聞いた時かすか~ (2, 0.0%)

1 に動いた, に寂しい

▼ 聞いた時これ~ (2, 0.0%)

1 はもう, は面白い

▼ 聞いた時わたし~ (2, 0.0%)

1 はあの, はほんとに

▼ 聞いた時アノ男~ (2, 0.0%)

2 が何故

▼ 聞いた時今~ (2, 0.0%)

1 の自分, までにない

▼ 聞いた時令嬢~ (2, 0.0%)

2 は何とも

▼ 聞いた時俺~ (2, 0.0%)

2 よりも確か

▼ 聞いた時嫂~ (2, 0.0%)

1 は, は例

▼ 聞いた時平次~ (2, 0.0%)

1 は危ふく日頃, は支度

▼ 聞いた時急~ (2, 0.0%)

1 に, に私

▼ 聞いた智慧~ (2, 0.0%)

1 です, をもう一度

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 と鴉, の皮

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 な事情, な名

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 は僅か, よりはずつと大きく

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 に花, の知らせ

▼ 聞いた江戸~ (2, 0.0%)

1 でこの, の書生たち

▼ 聞いた津田~ (2, 0.0%)

1 は始めて, は格子

▼ 聞いた物音~ (2, 0.0%)

1 は支那蕎麦, は舗石

▼ 聞いた玄心斎~ (2, 0.0%)

1 と大八, は一徹もの

▼ 聞いた田口~ (2, 0.0%)

1 の口, の性格

▼ 聞いた番号~ (2, 0.0%)

1 の汽罐車, は確か

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 のもの, 三の

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 だが, ですよ

▼ 聞いた知識~ (2, 0.0%)

1 だったが, によつて

▼ 聞いた祖母~ (2, 0.0%)

1 は目, も

▼ 聞いた神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 がブルブル, はさすが

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 聞いた第一歩~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 がある, な恋

▼ 聞いた若い~ (2, 0.0%)

1 侍たちという, 雲水は

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 はびっくり, 之助

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 はこんな, はそれでは

▼ 聞いた蝋燭~ (2, 0.0%)

2 を裸火

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

2 でも腹

▼ 聞いた計り~ (2, 0.0%)

1 で女, で後

▼ 聞いた足音~ (2, 0.0%)

1 の主, は次第に

▼ 聞いた身分~ (2, 0.0%)

1 に似合, のあるらしい

▼ 聞いた近所~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 聞いた途端~ (2, 0.0%)

1 に博士, ハッと

▼ 聞いた通り幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの屍骸, かの死骸

▼ 聞いた銅像~ (2, 0.0%)

2 よりも木立

▼ 聞いた閻魔大王~ (2, 0.0%)

1 に違, に違い

▼ 聞いた~ (2, 0.0%)

1 だぞ, は配電会社

▼ 聞いた顛末~ (2, 0.0%)

1 を埋め, を物語った

▼ 聞いた高柳君~ (2, 0.0%)

1 の事, は心

▼1* [1020件]

聞いたあとこっちも一杯機嫌, 聞いたあばた蟹の話, 聞いたあらゆる愉快な, 聞いたあるいはそうかも, 聞いたあんたと訊ねた, 聞いたいそしぎの声, 聞いたうちに西洋, 聞いたうれしいことが, 聞いたそんな事, 聞いたおかげで人間, 聞いたおしんそっと足音, 聞いたおせんは無我夢中, 聞いたおそろしいさけび声, 聞いたおりかもお, 聞いたお伽噺のうち, 聞いたお前があの, 聞いたお婆さんの娘, 聞いたお嬢さんは大方, 聞いたお客達は今, 聞いたお松は面, 聞いたお母さんがそんな, 聞いたお父さんとお母さん, 聞いたお釈迦様は醋, 聞いたかしらあの老, 聞いたかなたの風俗習慣, 聞いたかねもう, 聞いたかよおそろしいこんだ, 聞いたからかと云った, 聞いたからこそ買いに, 聞いたからってこいつあ, 聞いたからといって, 聞いたからには手前達は, 聞いたからもうい, 聞いたかわッと, 聞いたかを覚えて, 聞いたがな友田の, 聞いたがなあといつて, 聞いたがね未だ半信半疑, 聞いたがねえだがねえ, 聞いたきり相馬御風氏が文学, 聞いたきり雀で諄々枝葉, 聞いたぎりなので, 聞いたくせにやっと, 聞いたくらゐの, 聞いたくらいじゃとても気, 聞いたぐらいのものであった, 聞いたけどさあんたが, 聞いたこと兄の太都夫, 聞いたこと経験したこと, 聞いたこの世の物音, 聞いたこれは組合教会, 聞いたころ友人の横田, 聞いたん七さんは, 聞いたさよ子は心から, 聞いたしかし祖母と, 聞いたしかも少い男, 聞いたしがない博徒の, 聞いたすぎの木, 聞いたそういう具体的な, 聞いたそれらの島々, 聞いたそれ以前の話, 聞いたそれ汝がに柿, 聞いたそんなこと, 聞いたぞとおれは, 聞いたたよりである, 聞いただから秀子の, 聞いただけででも十分反省する, 聞いただけでもぞつとする, 聞いただけは知って, 聞いただけを取柄, 聞いたっていう按摩の, 聞いたつい二三日前の, 聞いたつてわしの手, 聞いたつて仕方がない, 聞いたつて理窟ぢやありません, 聞いたつて誰も前途, 聞いたつて駄目よ, 聞いたつまらない説を, 聞いたえの, 聞いたというも何かの, 聞いたといった方が, 聞いたといふだけなら僕, 聞いたとおりサ留守だと, 聞いたとおり初手は黙っ, 聞いたとおり占いを立て, 聞いたとおり夜中になる, 聞いたとおり普通の漆喰, 聞いたときおらそれまでに自分, 聞いたときそこはいわゆる, 聞いたときぼくはなんと, 聞いたときやつはたうとう, 聞いたときわしは愉快, 聞いたときアレキサンダーがそれなら, 聞いたときギョッとした, 聞いたときテニスンに似寄り, 聞いたとき人の心, 聞いたとき人々の心, 聞いたとき信号手は短い, 聞いたとき僕は嬉しい, 聞いたとき女王もぶるぶる, 聞いたとき女自身に病的, 聞いたとき尊氏の心, 聞いたとき島谷は, 聞いたとき年を取った, 聞いたとき彼等の周章て, 聞いたとき忠平の子息, 聞いたとき慄然として戦いた, 聞いたとき手前はすぐ, 聞いたとき操縦室の一同, 聞いたとき政治家の傍, 聞いたとき李陵は立上がっ, 聞いたとき村の人たち, 聞いたとき武田四郎勝頼も動ぜぬ, 聞いたとき死因は亜砒酸中毒, 聞いたとき畑はふと, 聞いたとき総監はなる, 聞いたとき自ら皇室を警衛, 聞いたとき花田の現在, 聞いたとき詰問したのに, 聞いたとこうなんだ, 聞いたところオランダの汽船, 聞いたところ彼女は十六歳, 聞いたところ私の一家, 聞いたとなりの人, 聞いたとの話, 聞いたとまでぶちまけて, 聞いたと共に馬の, 聞いたどころでは, 聞いたどっと笑い崩るる, 聞いたどんな経文よりも, 聞いたなと思いさっき, 聞いたなりおとなしく聞き流す, 聞いたねずみ仲間では, 聞いたのちそういう語り物, 聞いたのち四五日を経, 聞いたのち彼女自身も母, 聞いたのち自分は音, 聞いたのち若者たちは口, 聞いたのみで心が, 聞いたのよ気に入らないかね, 聞いたはじめであつ, 聞いたはずだ知らないで, 聞いたばかりにして, 聞いたばかりにて月並臭気を, 聞いたばっかりでその間, 聞いたばっかりによくは, 聞いたひととき自分の素質, 聞いたぶんにはおもしろい, 聞いたほかにはわたし, 聞いたほしか, 聞いたほどの人の, 聞いたほん物の天竜, 聞いたまま会釈もなく立ち去る, 聞いたまま庭苔に額, 聞いたまま足を入れ, 聞いたみやこに山, 聞いたみんな忘れんなよ, 聞いたもともと病弱で, 聞いたもののその帯, 聞いたものアタマへピン, 聞いたやさしい声音や, 聞いたやつ逃がしては, 聞いたゆえに, 聞いたよと甲斐は, 聞いたりうたつたり, 聞いたりこうそう, 聞いたわたくしは慄然, 聞いたわよ坂本さん船の, 聞いたさいわい船頭, 聞いたんざますよ, 聞いたんぢやない, 聞いたんでと云っても, 聞いたんでねはて変, 聞いたアトで翁, 聞いたアボットは大, 聞いたアマゾンの秘境, 聞いたイエズスのもう, 聞いたイタドリやフキ, 聞いたエセックスは激怒, 聞いたオヂツセエめいた話, 聞いたオツベルはことごと象, 聞いたカーテンのない, 聞いたガニマールはいかにも, 聞いたキッドの宝物, 聞いたキリスト教会では植村正久, 聞いたクラーク博士はこれ, 聞いたクールフェーラックも口, 聞いたコヤトは餓鬼, 聞いたゴットフリートの古い, 聞いたザヴィエルのほう, 聞いたシナ英国ロシアネパール等に対する外交上, 聞いたシュレーカーのBOOK, 聞いたジョンはメグ, 聞いたダイヤモンド谷の話, 聞いたチャンフー号の店, 聞いたチルナウエルにはなぜ, 聞いたてまるで, 聞いたトオサンはウム, 聞いたトバの真珠養殖, 聞いたトマス・スティヴンスン氏は流石, 聞いたトリオ以来ラジオに対する恐怖, 聞いたバアの名前, 聞いたパリの聲, 聞いたパリー人だったが, 聞いたヒョロ子はビックリ, 聞いたビイアズレエは余程, 聞いたフップェルト会社がその, 聞いたブランが小言, 聞いたプログラムの謎, 聞いたベートーヴェンの序楽, 聞いたボクはこれ, 聞いたポアンカレーの話, 聞いたマルグヴェンの長い, 聞いたマルストロオムの大, 聞いたミンチン女史は生徒, 聞いたメルジイ夫人の顔色, 聞いたヨシ子の両親, 聞いたラオチャンドは俄, 聞いたラジオニュウスのとおり, 聞いたラランは深く, 聞いたルウズ氏はカリイ, 聞いたルパンは怒り絶頂, 聞いたレコードの文句, 聞いたでちょい, 聞いたヴオルテエルがその, 聞いた一つの事実, 聞いた一党のもの, 聞いた一刹那から黒い, 聞いた一座はことに, 聞いた一式小一郎が怒り, 聞いた一彦少年はちょっとがっかり, 聞いた一番懐しみの籠った忘れ, 聞いた一知は即座, 聞いた一節切その眼, 聞いた一行はさすが, 聞いた一語がふと, 聞いた一郎はぜひ, 聞いた一部始終を語, 聞いた七人の大臣, 聞いた七瀬の話, 聞いた三つの報導, 聞いた三四人の女, 聞いた三宅氏は胸, 聞いた三日月紋の切銘, 聞いた三根夫少年は帆村荘六, 聞いた三途の河, 聞いた三郎はまるで, 聞いた三里五里と同じ, 聞いた上ルイ十四世頃の銅版, 聞いた上八丁堀の旦那方, 聞いた上半紙に略図, 聞いた上己れに, 聞いた上心一つで計らっ, 聞いた上手な琵琶, 聞いた上私は出懸けました, 聞いた上野の戦ひ, 聞いた不届きだ宿直, 聞いた不幸な女, 聞いた不思議な響き, 聞いた世界です, 聞いた世界各国の天文学者, 聞いた世間話をした, 聞いた中央の情勢, 聞いた丹下左膳お藤, 聞いた水正は, 聞いた主婦はもう, 聞いた久能は何, 聞いた乗組員はいそい, 聞いた九淵のはなし, 聞いた九郎助は火, 聞いた事なき紅色の双, 聞いた事ア無かっきア, 聞いた事一切を否, 聞いた事件を雑, 聞いた事位の外, 聞いた事実談を挙, 聞いた事實だけしか信用, 聞いた事情なるもの, 聞いた二三の雑事, 聞いた二三人の者, 聞いた二十八と云う, 聞いた二度聞いた, 聞いた二度目の妙, 聞いた二銭団洲を見, 聞いた五六人の店員たち, 聞いた五十鈴川宇治橋も神路山, 聞いた五月晴の空, 聞いた五郎三郎は今更, 聞いた京都の人たち, 聞いた亭主曰くいつまで饒舌つて居, 聞いた人たちのなか, 聞いた人其他種々な女, 聞いた人聲は野呂, 聞いた人達は又, 聞いた今朝がたも聞いた, 聞いた仕事であった, 聞いたの連中, 聞いた助は, 聞いた代議士のよう, 聞いた令嬢であった, 聞いた以上彼女は知らない, 聞いた以外に土牛, 聞いた仲間の者達, 聞いたの山伏, 聞いた伊達藤次郎かお, 聞いた伝さんが質問, 聞いた低い壁の, 聞いた佐渡の唄, 聞いたも前, 聞いた佛法僧の事, 聞いたし実際, 聞いた侍たちは何しろ, 聞いた俊寛は千鳥, 聞いた俗謡にも未だに, 聞いた信吾さんが智惠子さん, 聞いた信吾様が智恵子様, 聞いた信州の政客, 聞いた信玄の旗本軍, 聞いた修理が眦, 聞いた俳人の名, 聞いたは何とも, 聞いた健康でまじめ, 聞いたの講義, 聞いた光丸のこと, 聞いたのよう, 聞いた全日本の頭山翁, 聞いた八十助は愕然, 聞いた六樹園は戯作者, 聞いた六波羅衆のうごき, 聞いた兵士たちは互に, 聞いた兵馬は同じ, 聞いた其大佐が今, 聞いた其最後の言葉, 聞いた内藤湖南博士はあの, 聞いた内輪のこと, 聞いた冒頭の歌, 聞いた刑事にそう, 聞いた初夏気分だ, 聞いた初耳の話, 聞いた刹那彼の心臓, 聞いた刹那池上の言った, 聞いた刺青のこと, 聞いた前夜の実況, 聞いた前後の事, 聞いた加奈子の母親, 聞いた加寿子が, 聞いた加藤大使の話, 聞いた化助は躍り上っ, 聞いた北条内記が国, 聞いた北海道行き人夫のこと, 聞いた十一番の部屋, 聞いた千代子の表情, 聞いた千魂塚の真相, 聞いた千鶴子が槙三, 聞いた斎は, 聞いた博士は決心, 聞いた原さんは機嫌, 聞いた友田喜造は, 聞いた友達は達, 聞いた叔孫が怪しん, 聞いた叔父の言葉, 聞いた叔父さんも下, 聞いた口笛のこと, 聞いた雑誌それが, 聞いた古代ロシアの伝説, 聞いた右近とお, 聞いた合方がまた, 聞いた名称だよ, 聞いたのフアストラヴ, 聞いた告白なの, 聞いた周処は俄然, 聞いた哀れな街子, 聞いた哨兵が共に, 聞いた哲丸を偽っ, 聞いたが記し, 聞いた商家などでは表, 聞いたであった, 聞いた善友悪友がわれ, 聞いた噂話だつたの, 聞いた囚獄は跡方, 聞いた國民の多, 聞いた土地の郵便局, 聞いた土浦の名物, 聞いたに育った, 聞いた地主は有, 聞いた地位のあるらしい, 聞いた坂本が, 聞いた坤竜丸すなわち夜泣き, 聞いたよりは三人, 聞いたの有無, 聞いた報告の中, 聞いた塙検校は, 聞いたの港町, 聞いた境内に何, 聞いた声音である, 聞いたにはお前さんきり, 聞いた外乃木将軍とは一回, 聞いた外国人は真に, 聞いた多くの女達, 聞いた多摩川が家, 聞いたはほとんど, 聞いた夜客が蔀, 聞いた夜室生君と一しょ, 聞いたか現, 聞いた夢中の歩み, 聞いた大きな秩序の, 聞いた大久保はそもそも, 聞いた大久保彦左衛門が急遽, 聞いた大井の告白, 聞いた大名地頭の好者, 聞いた大宮工場の労働組合, 聞いた大洋の波, 聞いた大砲と鐘, 聞いた大蛇の祟り, 聞いた大輔はさも, 聞いた天使たちの賛美歌, 聞いた天満の市, 聞いた天狗と云う, 聞いた太兵衛の辞, 聞いた太政官は額, 聞いたは外, 聞いた夫人の自殺, 聞いた夫婦は大声, 聞いた奇怪な事実, 聞いた奉公とは嘘, 聞いた奥さんははたして, 聞いた女どもはわざわざ, 聞いた女史は気づかわし, 聞いた女奴や下僕ども, 聞いた女将の身の上, 聞いた女影の里, 聞いた女王はしかし, 聞いた女衒宿を八条猪熊, 聞いたはだれ, 聞いた如何なる場合の, 聞いた妖怪事件がある, 聞いたな音, 聞いた妻君は火箸, 聞いたのお, 聞いた姫鱒にてお, 聞いた威勢のいい, 聞いた媼翁の世間話, 聞いた嫁姑の話, 聞いた嬉しさに, 聞いた子どもたちは今, 聞いた子供が本当に, 聞いた孫永才は自分, 聞いた宇宙音よりある, 聞いた宇治の姫君, 聞いた安心にがっかり, 聞いた宋儒理気の説, 聞いた宗教的な種々, 聞いた宗門奉行井上筑後守をはじめ, 聞いた之助, 聞いたは驚い, 聞いた客僧が, 聞いた宮川茅野雄はこう, 聞いた宮本武蔵と関口弥太郎, 聞いた家中の者, 聞いた家主の顔, 聞いた家来の一部, 聞いたそうな, 聞いた寛先生はとんでも, 聞いたの住職, 聞いた将校たちは互に, 聞いた将軍は, 聞いた将門は良兼, 聞いた狐の, 聞いた小一郎が驚き, 聞いた小林君はなぜ, 聞いた小田刑事は俊夫君, 聞いた小笠原流にもない, 聞いた小糸新八郎, 聞いた小野さんはつくづく, 聞いた少年たちはお, 聞いた少年連は皆, 聞いた尺八とあの, 聞いた屯田兵のよう, 聞いた山口少年は眼, 聞いた山家話がその, 聞いた山崎は自分, 聞いた山崎岩田上木の三人, 聞いた山田奉行の大岡忠右衛門, 聞いた山荘大夫の物語, 聞いた岡田の意味, 聞いた岸本の胸, 聞いた峰丹波は, 聞いた峰淵車之助日向一学遊佐剛七郎それに屋敷, 聞いたの音, 聞いた川上機関大尉はとっさ, 聞いた川村書記さんは校長先生, 聞いた巡査さんは, 聞いた左膳はや, 聞いた巨人の化石, 聞いた市役所の庭, 聞いた帆村はもう別に, 聞いた帆村荘六は, 聞いた平中の顔, 聞いた平田同門の一人, 聞いたよりらしい, 聞いた幽かな足音, 聞いた幽霊談がある, 聞いたとは思へない, 聞いた床屋の仁吉, 聞いたの者共, 聞いた庶民にははなはだ, 聞いた引帯の禁厭, 聞いた弥五兵衛以下一族のもの, 聞いた張松のことば, 聞いた当り矢のお, 聞いた役人は躍り上らん, 聞いた役場の書記二人, 聞いた役者の言葉, 聞いた後やつと疲労, 聞いた後北四川路を歩い, 聞いた後大正八年九月十八日全體, 聞いた後復よたよた下り, 聞いた後私は暇, 聞いた從つてまた私, 聞いた御用の者, 聞いた御陵衛士隊勇士の一連, 聞いたがクドキ, 聞いた心持ちがした, 聞いた忍剣は, 聞いた忠作は, 聞いた忠秋は, 聞いた思いをした, 聞いた思念ではある, 聞いた怪力線の出現, 聞いた怪気焔を思いだし, 聞いた恐しさで, 聞いた恵門は疑わし, 聞いたやし, 聞いたしさ, 聞いた情報や書翰, 聞いた情痴といふやう, 聞いた愚楽老人スックとたちあがった, 聞いたの皮, 聞いた我々はその, 聞いたる国, 聞いた戦場の夜, 聞いた所彼は二万人, 聞いた所長と看守長, 聞いた手前などもまた, 聞いた手口は昔, 聞いた手掛りはたつた, 聞いたは全く, 聞いた折私はその, 聞いた振袖新造が, 聞いた探偵実話ソックリの怖い怖い, 聞いた提灯屋の亥, 聞いた提督はぎくん, 聞いた支那楽以上であるが, 聞いた故私も娘, 聞いた教育課長は烈火, 聞いた教訓が社会, 聞いた数字は容易, 聞いた文句であった, 聞いた新お代官の, 聞いた新九郎の為, 聞いた新子は急, 聞いた新宿のよい, 聞いた新田先生の驚き, 聞いた新蔵はさう云っ, 聞いた方向になにか, 聞いた方法である, 聞いた旅情あらたなり, 聞いた日彼はもう, 聞いた日置夫妻の驚き, 聞いた日野技手がどうも, 聞いた仏教徒が, 聞いた旧友平田賛五郎に今度, 聞いた言うと, 聞いた早く彼を, 聞いた早耳で血相, 聞いた明治十四年七月のころ, 聞いた明治座の喜劇, 聞いたの東京, 聞いた昔語りの気分, 聞いた春信は起き出た, 聞いた昨夜の事情, 聞いた時おれは最初, 聞いた時お代は毎日, 聞いた時お前の上, 聞いた時お松は屹, 聞いた時ここに畝近く蚕豆, 聞いた時さっき清吉爺いさんの, 聞いた時ちよつともの, 聞いた時ふうと吹いた, 聞いた時ふつとそんな, 聞いた時やつと唇, 聞いた時エノック・アーデンにある, 聞いた時クリストフは肩, 聞いた時サラミヤ姫は何, 聞いた時ハツと思ひ, 聞いた時一二が籠城, 聞いた時三四郎は真実, 聞いた時三次は何となく, 聞いた時三田はうとうと, 聞いた時上田博士は, 聞いた時両手で顔, 聞いた時予はまず, 聞いた時二人は, 聞いた時人々は即座, 聞いた時今朝病室に這入つた, 聞いた時何だって彼, 聞いた時何れほど之, 聞いた時余は死, 聞いた時俊夫君と小田刑事, 聞いた時信長の顔, 聞いた時健三は満更, 聞いた時兄玄竜が, 聞いた時先刻のは大根, 聞いた時先生は, 聞いた時初め自分の耳, 聞いた時利七はもう, 聞いた時刺撃の害, 聞いた時前者は我々家庭婦人, 聞いた時召使の者, 聞いた時土人等は首, 聞いた時境は早, 聞いた時壽阿彌, 聞いた時変な心持, 聞いた時女のよう, 聞いた時好きも嫌, 聞いた時娘の心, 聞いた時子供心にもハハア, 聞いた時子路は思わず, 聞いた時宗助はただ, 聞いた時少女よりも私, 聞いた時山名は救, 聞いた時山田は自分, 聞いた時屹度坊やが水遊び, 聞いた時市中の人民, 聞いた時平生と違っ, 聞いた時年の若い, 聞いた時幼児はそれ, 聞いた時幾日でも居りませう, 聞いた時心の内, 聞いた時憤慨の気持, 聞いた時拙者は其方, 聞いた時指先で蝋燭, 聞いた時挑戦の手袋, 聞いた時文太郎はつくづく, 聞いた時日本人はあほらしい, 聞いた時春三郎は愕然, 聞いた時木下藤吉郎の出世談, 聞いた時栄蔵は顔, 聞いた時橋番がいっ, 聞いた時此の家, 聞いた時武井さんはかう, 聞いた時母屋では皆んな顏, 聞いた時氏は眉, 聞いた時水兵の頭, 聞いた時沼田英吉はひどく, 聞いた時津田はその, 聞いた時瀬田は, 聞いた時爺さんはすぐ, 聞いた時田が湖, 聞いた時由紀はその, 聞いた時甲野さんは何となく, 聞いた時目に珍, 聞いた時私たちさっきの青大将, 聞いた時舞台の上, 聞いた時船が又, 聞いた時莞爾笑って, 聞いた時莞爾笑つて両方から左右, 聞いた時薬壜を取り寄せ, 聞いた時計のオルゴオル, 聞いた時身も世, 聞いた時長谷部は飛び上っ, 聞いた時雁江は耳, 聞いた時雪枝は其の, 聞いた時順造は一寸面, 聞いたの予譲, 聞いた景行は目附, 聞いた智識書斎の学者, 聞いた暗号をとけ, 聞いた曹操の憤, 聞いた最後の音, 聞いたの夜, 聞いた朋輩の陳山茶, 聞いたのうり, 聞いた木下藤吉かと互に, 聞いた木曾福島の関所, 聞いた未だ娘の, 聞いた本国人はその, 聞いた材料創り上げた話, 聞いた村人はわれ先, 聞いた村境の居酒屋, 聞いた東京での名, 聞いた東京市民はただちに, 聞いた東京鮨の拵, 聞いたの歌, 聞いた松原総長が, 聞いた松崎はやっぱり, 聞いた松本は何, 聞いた松村青年はてはあの, 聞いた林田は運命, 聞いた柄附目金はニムフエ, 聞いた某君と軍曹, 聞いた柱時計の不思議, 聞いた柳生源三郎はもう, 聞いた柿丘は頭, 聞いた之丞, 聞いたがもの言, 聞いた根岸刑事はじっと, 聞いた桃太郎の話, 聞いた梅雪は伊那丸, 聞いた棟梁の一人, 聞いたの母, 聞いた森三左衛門可成, 聞いた植田丹後守が, 聞いた極意だ, 聞いた極楽浄土が見え, 聞いた榎戸警部は煙草, 聞いた槍ヶ岳であろう, 聞いた様子で, 聞いた横浜の毛唐, 聞いた樺島氏も負け, 聞いた橋袂の饂飩屋, 聞いた機関銃の響き, 聞いた權次は合鍵, 聞いた歓声のよう, 聞いた正太と他, 聞いた正成は, 聞いた此諺を一生, 聞いた武帝が李陵, 聞いた武田の遺臣ども, 聞いた歯車の音, 聞いた殆ど決定的に安宅先生, 聞いた母ざるはある, 聞いた母犬はおどろきました, 聞いた母親は傍, 聞いた毛利元就公のお話, 聞いた気楽な世界, 聞いた水死人の人形, 聞いた江南のある, 聞いた沙汰なしかい, 聞いた沙魚の話, 聞いた河底である, 聞いた治修は三右衛門, 聞いた法医学教授犬田博士は老境, 聞いた法科大学の佐藤丑次郎博士, 聞いた泰軒何を思った, 聞いた洒落であるのに, 聞いた浅草の七曲, 聞いた浪人がまるで, 聞いた浪士らは警戒, 聞いた浮舟楼を探し, 聞いた海岸の旅館, 聞いた海軍の水兵君, 聞いた消防夫の敏捷さ, 聞いた淀川が大阪, 聞いた温泉を思い出し, 聞いたを使う, 聞いた源三郎はニヤッ, 聞いた源氏は愛人, 聞いた漁夫たちが, 聞いた潜在意識が首, 聞いた瀬木はにわかに, 聞いた瀬田と渡辺, 聞いたである誰, 聞いた為めに湧き立つた, 聞いた無人島とか云っ, 聞いた無宿者がいま, 聞いた無意識にうたいつ, 聞いた無駄骨折をせず, 聞いた父親はすぐ, 聞いたやの話, 聞いた海市河小湊の, 聞いた牡丹は, 聞いた物見の言, 聞いた物語の印象, 聞いた物語ぢやが, 聞いた物語夢のよう, 聞いた犬養夫人が眼頭, 聞いた犯人が烏啼, 聞いた狂少女の顏, 聞いたや狸, 聞いた狐葛の葉は障子, 聞いた狐話がある, 聞いた独逸民族優勢説をかつぎ出し, 聞いたのよう, 聞いた猿爺さんとその, 聞いた猿面冠者に一, 聞いた獄人の名, 聞いた玉川は一里, 聞いた玉村の家, 聞いた王子さまはわざわざ, 聞いた王朗は仰天, 聞いたと琵琶, 聞いた琵琶の歌, 聞いた環女史はしんみり, 聞いた甚三郎の破滅, 聞いた生みの母, 聞いた生徒の一人, 聞いた田舎生活の静和, 聞いたでその, 聞いた男たちは皆眼, 聞いたの者, 聞いた疑問の民族, 聞いたぎすの, 聞いたにそして, 聞いた発端だけによって判断, 聞いた発車時刻にモウ間, 聞いた發車時刻にもう, 聞いた隠は, 聞いた白河の關, 聞いた白鷹先生の家庭, 聞いた白鷹氏の朗らか, 聞いた盗人たちは今更, 聞いた直後こいつはいい, 聞いた直方の顔役, 聞いた相客は恵慶, 聞いた相撲協会内部の事, 聞いた相馬御風氏は嬉し, 聞いた真一はちょっと, 聞いた真夜中のタッタ一つ, 聞いた瞬間それを思い, 聞いた瞬間不思議なこと, 聞いた瞬間二人は躯, 聞いた瞬間男の顔, 聞いた瞬間肩の唐鍬, 聞いた瞬間自分は一種, 聞いた瞬間鼓村氏はす, 聞いた知らせには, 聞いた知人で訝かしがらぬ, 聞いた石州産れの, 聞いたの耳, 聞いた確かに叔父, 聞いた社会主義の話, 聞いたの森, 聞いた神官の話, 聞いた神様の名, 聞いた禅師は, 聞いた私たちは叱る, 聞いた私達は恐らく, 聞いた秘密よ, 聞いた程船はあれない, 聞いた種々な細か, 聞いたであった, 聞いた突當りは, 聞いた竊盗囚の話, 聞いた童謡に, 聞いた竹千代は, 聞いた竹矢来なぞいっこう, 聞いた笊組の臂, 聞いた笑声はどうしても, 聞いた笠支配人はその, 聞いた一の, 聞いた笹村はお, 聞いた筈ゆえ覚えがあろう, 聞いたと同じ, 聞いた筒鳥とよく, 聞いた節子には岸本, 聞いたと麥, 聞いた米友は思わず, 聞いた米若の話, 聞いた精神病の, 聞いた精神病者がハッ, 聞いた約束の屋敷, 聞いた紅矢はあまりよく, 聞いた紋三がもしや, 聞いた細君は急, 聞いた細川家の人々, 聞いた経験談だが, 聞いたに描いた, 聞いた総裁はまあ, 聞いた繁代が慌て, 聞いた飼いの, 聞いた美留女姫の声, 聞いた美術史の講義, 聞いた美顔術師は何, 聞いた翌日すなわち宗助, 聞いた翌日友だちと廊下, 聞いた翌晩石子刑事は女中, 聞いた老人夫婦は内心, 聞いた老年の家老, 聞いた老父の道平, 聞いた者一人も泣かず, 聞いた者自分の死, 聞いたして, 聞いた耕雲斎らは水戸家, 聞いた聖徒のやう, 聞いた聞き書きが載つ, 聞いたに力, 聞いた能書きだがね, 聞いた自動車で行った, 聞いた與八は, 聞いた船中の者, 聞いた船客たちはドッ, 聞いた良人と私, 聞いた色々な話, 聞いた芝天狗と河太郎, 聞いた芳子の顔, 聞いた若者への疑ひ, 聞いた英也に, 聞いた英国司令官は兵庫神戸付近, 聞いた英語であつ, 聞いた英雄の一人, 聞いた菊五郎氏が手, 聞いた菊池武敏は, 聞いた菰田家縁故の人々, 聞いた菱治さんはそこで, 聞いた葉子の乱行, 聞いた蔵元屋の前, 聞いた蔵書を全部, 聞いた鈍の, 聞いた売りは, 聞いたのよう, 聞いたは人, 聞いた行つたのだから, 聞いた西山の方, 聞いた西蔵の魔, 聞いた西蔵風景にそっくり, 聞いたのある, 聞いた親日米人であつ, 聞いたえはたえて, 聞いた言葉ぢやない, 聞いた診断がどうも, 聞いた評判を話したら, 聞いた試しがなかつた, 聞いたである, 聞いた読人不知の歌, 聞いた課長以下がそこ, 聞いた談片でぼく, 聞いた講演は矢張り個性, 聞いた警告も二つ, 聞いた警官が下, 聞いた谷口検校から思いつい, 聞いた谷風は之, 聞いた豫審判事には被告, 聞いた貴方と三好, 聞いたは鼻, 聞いた趣きが見える, 聞いたなの, 聞いた踊り唄が思ひ出された, 聞いた身の上話の断片, 聞いた轟又八は青筋, 聞いた辰子の声, 聞いた郡の, 聞いた迷亭君は大, 聞いた途端拳銃片手に思わず, 聞いた通りお前には怖, 聞いた通りここに書い, 聞いた通りわたしはここ, 聞いた通り入口の四畳半, 聞いた通り教へてやります, 聞いた通り道庵の屋敷, 聞いた連中は忽ち, 聞いた遂に汎米連邦に, 聞いた遠野で一番, 聞いた郭公なども忘, 聞いた都会の大きな, 聞いた配達手の忠平, 聞いた酒家では日, 聞いた酒屋ではいよいよ, 聞いた重慶からの放送, 聞いたの尻ぺたを打, 聞いた金伽羅童子の冴えた, 聞いた金兵衛の言葉, 聞いた鉄砲の音, 聞いた鉱山の噂, 聞いた銀山の鼠取, 聞いた銀杏若葉が美しい, 聞いた銃声の果, 聞いた銭形の平次, 聞いた錢形の親分, 聞いた鏡子の噂, 聞いた関白前嗣は, 聞いた関雪氏は黙つ, 聞いた閻魔様は甚だ, 聞いた陣太刀づくりの脇差, 聞いた隆夫は自分, 聞いたの方, 聞いたかな, 聞いた電話の要点, 聞いた電車の音, 聞いた霧島京弥殿が行方, 聞いた青木さんのお家, 聞いた青森県八戸附近の口碑, 聞いた青森縣東津輕郡の郡農會, 聞いた青髪山の魔神, 聞いた青鬼というもの, 聞いた音一として平和, 聞いた音楽をすべて, 聞いた須永は不思議そう, 聞いた預りものだという, 聞いた頼宣は挨拶, 聞いた風説によれ, 聞いた馬岱は, 聞いた馬琴は不快, 聞いた馬車は今, 聞いた馬鹿話しか普通, 聞いた馮大監は大いに, 聞いた馴染の曲, 聞いた駅夫や駅員, 聞いた駒井は多少, 聞いたのない, 聞いたと不思議, 聞いた驚異すべき物語りであるが, 聞いた高大之進, 聞いた高島が吃驚, 聞いた高弟達の異口同音, 聞いた鬼火のこと, 聞いたの沼, 聞いた魔ものでは, 聞いた鮎子の行状, 聞いただ, 聞いた鶯さんですか, 聞いた鶴さんのこと, 聞いた鷲尾老人は何, 聞いた麦僊氏は鼻先, 聞いた麻雀牌の好ましい, 聞いた黄色い布の, 聞いた黒子の女, 聞いたはその, 聞いた龍造寺主計が磯五, 聞いた龍雄の親たち