青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考へる~ 考察~ ~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い
聞い~
~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~ 聞かせ~ ~聞き

「聞い~」 18917, 204ppm, 493位

▼ 聞い~ (17088, 90.3%)

722 いた 468 いたが 465 いると 397 みると 379 いる 257 見ると 189 いるうち 186 いて 153 ゐた 133 下さい 129 いたの 126 いました 121 いるの 104 知って 102 ゐる 99 いましたが 98 みた 93 いるが 92 見た 89 私は 85 ゐると 80 いたので 78 ゐたが 67 くれ 65 います 57 みれば 51 おります 50 居た 49 いれば 46 おる 42 いるよう 40 ください 39 いたから 36 いなかった 35 いても, みても, 来て 34 彼は, 見れば 33 いますが 32 見て 31 居たが 30 いるので 29 いない, おいでに, ゐて 28 おりました, みて, 急に, 来たの 27 いるから, 非常に 26 いるん, ゐるうち, 來た, 居ると 25 みますと, みよう, 居る 24 いること, ゐたので, 来たん, 見ますと, 見る 23 おりましたが, 見ても 22 いたもの, いるところ, いる中, いる者, おいて, みたが, 御覧なさい 21 いるだけ, おるが, それを, みようと, ゐるが, 来た 20 ごらんなさい 19 ゐたの, 僕は 18 いたん, おくん, しまうと, ゐましたが, 私の 17 いるもの, どうする, やろう, ゐるの, 始めて, 安心した, 見たが, 見ようと 16 いないの, いる内, おくれ, おれば, みなければ, ゐました, 目を, 驚いて 15 いますと, しまった, みましょう, みる, みるが, わたしは, 居ります 14 いましたので, いるか, それは, みました, 何に, 居りますが, 自分の 13 いたこと, いたし, いた私, いましたから, いらっしゃい, おりますが, おりません, くれた, しまって, 見るが 12 あきれら, いたのに, いたよう, くれる人, やって, 二人は, 半七, 居りましたが, 居るの, 見たいと

11 [12件] いたけれど, いながら, いる時, いる私, いる間, ごらん, みたいと, みたの, みたら, 喜んで, 居て, 見ましょう

10 [15件] いたと, いますよ, おりますと, くれるの, しまったの, もらいたいこと, ゐたから, ゐるので, ゐるやう, 呆れら, 居たの, 来い, 見たの, 見ました, 見ろ

9 [23件] いたお, いただきたい, いるだけでも, いるよ, おいで, くれと, さへ, それが, びっくりした, みるの, やろうと, 下さいよ, 大に, 居るが, 平次は, 来たか, 来たと, 眼を, 知つてゐた, 私も, 置いて, 見よう, 頂戴

8 [21件] いたか, いたに, いるお, いる人, おけば, おると, くださいよ, しまいました, すぐに, ちょうだい, みたり, みなさい, もらいたいの, やる, 出て, 十を, 居りました, 彼女は, 来ました, 見たら, 貰ひたい

7 [34件] いたところ, いた通り, いては, いないこと, いるという, いるはず, いるばかり, いるより, おかなければ, おきたいこと, おきたいの, おけ, きたの, くれい, くれたまえ, くれました, くれるか, くれ給え, これは, びっくりし, みたい, みたいよう, みたん, みな, ゐます, ゐるだけ, 僕も, 心の, 来たが, 極楽見, 源氏は, 見なければ, 覚えて, 貰いたい

6 [36件] いたその, いたまえ, いた人々, いた時, いた自分, いないか, いなかったが, いなければ, いられなかった, いるのに, いる方, おりまする, きたん, もらいたい, もらいたいと, ゐながら, ゐるん, 下さいな, 下さいますか, 中の, 何か, 呆れる, 呆れるよ, 居りますと, 居るうち, 急いで, 歩いて, 父は, 眉を, 胸を, 自分も, 行くうち, 頂きたいこと, 頂きたいと, 顔を, 驚いたの

5 [67件] いたけれども, いただきたいと, いたろう, いた一同, いてから, いないが, いないん, いますから, いられない, いるあいだ, いるし, いるだけで, いるほう, いる気持, いろ, お雪, くれたが, くれよ, くれると, くれる者, しまってから, すつかり, その人, それから, まいりました, みたいもの, みたこと, みたところ, みようかと, よく知っ, わたくしは, ゐたこと, ゐたもの, ゐても, ゐない, ゐる中, ゐれば, 下さいまし, 下さる, 他の, 來て, 吃驚し, 姫が, 安心しました, 尋ねて, 居たので, 居ったが, 居りましたから, 彼の, 後家持自身も, 御覧に, 来たこと, 来たという, 来ましたよ, 涙を, 直ぐに, 知つてゐる, 自分が, 自分は, 行った, 見に, 訪ねて, 貰いたいこと, 貰おうと, 近所の, 集まって, 驚いた

4 [119件] あきれる, いただかなければ, いただけ, いたっけ, いたり, いた二人, いた他, いた新田先生, いた者, いた話, いないので, いないのに, いなかったの, いましたがね, いません, いよ, いられるか, いりゃあ, いるかね, いるけれど, いるじゃ, いるだろうが, いるとも, いるには, いるわけ, おきたい, おく, おくれよ, おったが, おどろいた, おりますから, きた, くれこういう, くれそう, くれない, くれないと, くれなければ, くれますか, くんねえ, しまつ, そこへ, その方, それに, ちよつと, なるほどと, びっくりしました, ましたが, ますが, ますと, みたいこと, みたいの, みたいん, みたい事, みたかった, みること, みるつもり, みろ, もらおうと, やった, やっても, やるから, やるが, やると, やろうという, わたしも, ゐたけれど, ゐること, ゐるといふ, ゐる者, ハッと, 一目見, 下され, 云った, 人の, 俺は, 参りました, 吃驚した, 呆れらア, 呉れ, 呉れ給, 喜んだの, 奥から, 女の, 女は, 安心いたしました, 安心し, 居ました, 居ましたが, 居るので, 彼も, 御覧, 心に, 心を, 怒って, 愕然と, 感心し, 感心した, 成程と, 手を, 暮した, 来たもの, 来たり, 此の, 死ぬ気, 母は, 男は, 知ったの, 竜之, 笑い出した, 置きたいと, 置きたいの, 腹を, 見たくて, 見ようか, 誰も, 貰いたいと, 頂戴よ, 顔色を, 駈けつけて

3 [206件] あきれらア, あわてて, いそいで, いたい, いたけど, いたこの, いただきたいこと, いただくこと, いただけの, いたって, いたとき, いたよ, いたらそれ, いた主人, いた妻, いた娘, いた孔明, いた玄徳, いなかったので, いなかったよう, いましたし, いますわ, いやな, いらっしゃる, いられるもの, いるだろう, いるだろうね, いるとは, いるのみ, いるらしい, いる一同, いる事, いる以外, いる僕, いる分, いる子供たち, いる彼, いる自分, いる途中, うれしかった, おかなかったの, おかねば, おきたいが, おくが, おくれ染物, おこう, おこうと, おぼえて, おられた, おりましたよ, おりまして, おれも, お政, お置き, かれら, きたこと, きて, くださるな, くだされ, くれという, くれなかった, くれます, くれません, くれるよう, くれれば, くれ私, くれ給, こい, ここへ, これを, ごらんに, しまったん, しまつて, すっかり安心, そんなこと, どうしよう, なるほどそう, ひそかに, びつくりし, ふたりで, ふつと, ほかの, ほっとした, みたかったの, みただけ, みましたが, みましたら, みます, みようか, みようでは, みようよ, みる気, もしやと, もらうこと, もらうよう, やっと, やつて, やること, やれ, わかったの, わたしを, ゐたし, ゐたのに, ゐた男, ゐなかつたの, ゐるから, ゐるだけで, ゐるところ, ゐるもの, ゐる三田, ゐる内, ゐる方, ゐる私, ホッと, 一同は, 三吉も, 上京した, 下さいと, 下さいね, 下さいませんか, 下さい親分, 下すって, 今は, 今更の, 今迄, 何の, 先生は, 八五郎は, 初めて驚いた, 半蔵は, 参れ, 呉れるの, 呉れる人, 周瑜は, 喜助の, 大喜び, 大急ぎで, 如何に, 始て, 孔明は, 家の, 宿の, 居ても, 居なければ, 居る自分, 居れば, 帰ったの, 帰って, 彼らは, 御覽, 微笑を, 心が, 怒りを, 想像し, 愉快に, 或る, 書いたもの, 来いと, 来る, 来るの, 来るわ, 歩いたが, 残念に, 泣く, 満足し, 男の, 私が, 私に, 罪人を, 置きたい, 置くが, 置けば, 置こうと, 考え込みました, 耳に, 行ったそう, 行って, 見たい, 見たまえ, 見たん, 見ましたが, 見ます, 見ますると, 見ようかと, 見るから, 見るん, 見る勇気, 見る気, 見給, 見給え, 試みに, 誰よりも, 貰は, 足を, 途中で, 陳宮は, 頂かうと, 頂きたいの, 頂き度, 駕籠の, 驅け, 驚いたが, 驚きました, 驚きましたが, 驚くな, 驚く人

2 [683件 抜粋] あきれるわ, あげましょう, あげよう, あとからも, あとは, あの御, ある人, いささか胸, いそう, いたいの, いたかい, いたそう, いたそれ, いただかなくては, いただきたいの, いただきたいので, いただきます, いただく事, いただこうと, いたです, いたな, いたはず, いたほか, いたよりも, いたろうが, いたわけ, いたマチア, いた一人, いた一座, いた伸子, いた何, いた僕, いた半蔵, いた城太郎, いた夏侯淵, いた奴, いた帆村, いた彼女, いた所, いた故, いた検事, いた次郎, いた父, いた神尾主膳, いた竜, いた筈, いた者ら, いた若い, いた関羽, いた風, いた魔法博士, いないから, いないぞ, いないで, いないな, いないわけ, いなくても, いましたのに, いましたよ, いますがね, いますので, いやに, いよいよ驚いた, いよう, いらっしゃるの, いられないこと, いられないという, いるけれども, いるさ, いるそれ, いるといった, いるとき, いるに, いるのよ, いるふう, いるほど, いる人魚, いる仙太郎, いる女房, いる様, いる矢先, いる筆者, いる筈, いる訳, いる顔つき, いる鼻, いろよ, うんざりし, おいたいろいろ, おいでですか, おかなかったから, おかなかったと, おきたいと, おきたいん, おくこと, おくれだったかね, おくれでないから, おく必要, おこうか, おった, おまえは, おらぬ, おりましたもの, おりますの, おりますものの, おりますると, おるか, おるの, おれは, おろうが, お前は, お松は, お気の毒, お浜, お通, かけつけて, がっかりした, きたと, きな, くださいました, くださいまし私, くださいますか, くだされた方, くるの, くれたこと, くれたの, くれたま, くれたもの, くれないの, くれないん, くれぬか, くれましょう, くれる, くれるかな, くれるかね, くれること, くれるな, くれ斯, この関係, これも, さしもの, しばらく考え, しばらく見合せる, しまえば, しまひました, すぐその, すぐそれ, すべてが, そこに, その夜, その女, その家, その通り, それからその, それじゃあ, それも, たいへん残念, たいへん興味, ちょうだいよ, ちょっと驚いた, どうした, どうとも, どんなふう, はじめて知った, はじめて誕生日, はっと眼, はつと, ひどく感心, ぴたりと, ふと眼, ふんと, ほしい, ほしいこと, ほろりと, ました, ますます不思議, みたくて, みたくなって, みたらいい, みた事, みてからの, みないこと, みなかったの, みなくちゃ, みねえ, みましたけれど, みましょうか, みますが, みませう, みよ, みようという, みりゃあ, みるて, みるなら富豪, みるに, みるわ, みろと, みんなも, めえりやした, もとは, もらいたいよう, もらいたかった, もらいてえこと, もらうつもり, もらおうか, もらったこと, もらわないと, もらわにゃ, もらわねば, やつたら, やらうと, やらぬ帰れ帰れと, やり貰い泣き, やるよう, やろ, ゆき子は, ゆくうち, らあ, らっしゃい, らっしゃる, ゐたある, ゐたか, ゐたつて, ゐた勝平, ゐた時, ゐた父, ゐては, ゐないのに, ゐなかつた, ゐは, ゐますと, ゐる人, ゐる時, ゐる逸子, アリョーシャは, ソッと, チョッと, 一と, 一人の, 一体どうする, 一時は, 一目も, 三吉は, 上げますよ, 上げませう, 下さいましと, 下さいますかと, 下さいますな, 下さいよう, 下さらないから, 下さらないで, 下さりませ, 下さること, 下さるでしょうね, 下さるに, 下さる事, 下せえ, 下宿へ, 不思議に, 中将は, 了つてから, 事の, 二三日がほどを, 二人の, 人びとも, 人を, 今までは, 今度は, 今日の, 以て, 仰天し, 仲裁に, 何うし, 何となく気, 何にも, 何んに, 來い, 來る, 侍は, 俄かに, 僕が, 兵馬が, 冷汗が, 初めて自分, 別室の, 半兵衛は, 厭やは, 参ったの, 参ろう, 叩頭を, 君主の, 呆れて, 呆れました, 呆れらい, 呆気に, 呆然と, 呉れたま, 呉れないの, 呉れるよう, 哀れを, 喜びの, 喜んだ, 嚇怒した, 土地の, 土神は, 夕べに, 外へ, 大いに安堵, 大きに安心, 大へん, 大安心, 太常は, 夫婦は, 女御は, 女房の, 女房は, 嫂や, 嬉しく思, 嬉しさ, 孔明の, 孫兵衛は, 孫権は, 安堵した, 安心する, 富岡は, 實に, 少しは, 少し不安, 尼君は, 居たお, 居たと, 居た事, 居った, 居ったし, 居ます, 居られましたが, 居りますよ, 居りますれば, 居り升, 居るお, 居ること, 居るよう, 居る丑松, 居る人々, 居る様, 居る筈, 居る間, 居る風, 居給えよ, 岸本は, 左側の, 市郎も, 帰りに, 帰る人, 廻るわけ, 引き返した, 彼が, 待って, 後は, 御覧なさいまし, 微笑し, 微笑みながら, 微笑んだ, 心から, 心配し, 息を, 悦んで, 悪い気持, 悲憤の, 想像した, 愕然として, 懼れた, 成程, 戴きたい, 戴きたい事, 戴こうと, 手で, 手に, 承知し, 振り向いた, 文次は, 明治四十三年九月七日の, 書いた, 書いたの, 月番の, 望んで, 本當, 来たので, 来たのに, 来たばかりの, 来た噂, 来た返事, 来ましたが, 来るから, 来るが, 栄之, 楽しむこと, 楽しんで, 欲しい, 欲しいの, 歩いた, 気が, 気に, 気の毒がっ, 江戸へ, 法然は, 流石に, 浮舟は, 溺れる者, 父が, 父親の, 爺さんは, 狼狽したらしい, 玄徳の, 甲田も, 男も, 癪に, 知った, 知ったこと, 知っては, 知っとる, 知つて居た, 知つて居る, 私たちは, 私を, 私達も, 笑いながら, 笑った, 第一, 米友が, 素子は, 置かなかつたの, 置かなければ, 置くこと, 耳を, 聞いて, 聞かぬ振り, 胸が, 自分で, 色を, 芝居の, 苦笑いを, 藤崎さんも, 虎杖村に, 行くん, 行けば, 見たいこと, 見たいもの, 見たいよう, 見たい事, 見たかつた, 見たかつたの, 見たくなる, 見たらそれ, 見たら何, 見ないと, 見ない事, 見なかった, 見なけりゃ, 見ねえ, 見ますわ, 見やう, 見ようでは, 見ようとして, 見ること, 見るため, 見る譯, 見度, 覺悟を, 記憶し, 貰いたいという, 貰いたいの, 貰う積り, 貰えば, 貰へる, 迂愚の, 返事に, 逃げる鼠, 通行の, 連れて, 道庵先生が, 遠い旅, 遣って, 銀を, 長屋の, 隠れて, 面白いと, 頂きたいから, 頭に, 頭の, 頭を, 顏を, 顔の, 飛んで, 馳付けた, 駆けつけて, 驚きも, 驚く, 驚嘆し, 黙って

1 [5953件 抜粋] あああの家, あげずば, あげようと, あたしは, あなたからと, あの馬鹿, あるく, いいと, いかにも思い当たりおり返し, いくら何, いずに, いたからかも, いたぜ, いただきてえん, いただくよう, いただ死ぬならお前様たち, いたねッか, いたもん, いたらしく何, いたら桔梗河原, いたろうに, いたダンチョン, いたヨーギ, いた主, いた人, いた俊子, いた判事, いた友人, いた坑夫, いた太刀川青年, いた宇治山田, いた小浜兵曹長, いた巻莨, いた徳川家康, いた新九郎, いた月野博士, いた栄一, いた池田良斎, いた清子, いた熱海検事, いた皆, いた粂之介夫婦, いた老けたほう, いた蕉門, いた越前守忠相, いた鍛冶屋軍曹, いた頼春, いちゃ, いつの間にかそこ, いないと, いない証拠, いなかったん, いなさるでしょうが, いまさあ, いましたわ, いますし, いま持っ, いよいよ思いがけない, いよう俺, いらしツ, いらっしゃらないのね, いられないの, いられますので, いるあたし, いるぐらい, いるそれから, いるであろうが, いるばかりが, いるらしい赤ん坊, いるパウチ, いる二人, いる信長, いる君たち, いる姉, いる小, いる心地, いる木山, いる洛陽船, いる田舎, いる美奈子, いる逸子, いる鬼七, うふと, うれしくて, おいたぞ, おいでの, おかなくっちゃあ, おきたまえ, おくであったに, おくれでないか, おげん, おったから, おどろいたおばさん, おもしろそう, おられたら不完全, おりましたがな, おりましたわい, おりますゆえ, おり見て, おる者, お光, お品, お役所式, お爺さんは, お豊, かえって望む, かねてうわさ, がっかり而, きたもの, きましょう, くださいまし, くださるだらうと, くよう, くれこう, くれたまえいい, くれって, くれない代り, くれぬ上, くれられい, くれるならわし, くれろと, くれ師匠, くろ, こうしてここ, このこと, この無精者, この道, ごらんお, さきを, さっそく開い, さほど驚き, ざわめきはじめる, しばらく考えた, しまったこと, しまった貴女, しんじつ眉を, すぐ仕事, すこしはりあい, すつかり考へ直した, ぜひお, そこもとが, その一つ一つ, その収, その帳, その押入, その義理, その足, その鶏, それではいつか往, そんな錯覚, たいへん樂しみ, ただその, たちまち旅装, だれよりも, ちょっと荷, つかわした, て此処, とやかくと, どうも好く, どこと, どんなやせぎす, なきや, ならない事, なんだか急, なんと思った, にわかに大兵, はおらぬが, はせつけたそれら, はやりに, ひとり疼, ひどく笑った, びつくりしました, ふり向きわたし, ほとほと見る, ぼくらも, まいるが, ましたよ, ますます蒼く, またひとり, また彼等, まわっても, みたいところ, みたくなったの, みたらうらなりから, みたらば, みたら例, みたら愛想, みた上, みなくっては, みましたところ, みましょう地上僅か三万呎, みりゃもっと, みるとな, みる余裕, みんな逃げだし, もうぢ, もしそれ, もらあ, もらいます, もらう素朴, もらおうとは, もらわなくっては, やったら縁談, やはりそのままで, やらないん, やり一杯, やるもの, やろう人間, ようやく納得, よろこび後, わからないこと, わざわざ訪ね, わたしには, ゐたくて, ゐたらうな, ゐたン, ゐた人見氏, ゐた少年, ゐた智恵子, ゐた王様, ゐた間, ゐないや, ゐやしませんか, ゐるせい, ゐるよ, ゐる容子, ゐる男二人, ゐる風, ウィンクし, ギクリと, サー・チャールス・エリオットから, ソレ見ろ, ナゼその, ビスケツトの, フラミニアの, マートン技師は, ライオンスは, 一図に, 一度言う, 一書を, 一番驚いた, 七分通り諦め, 三十一日晩大町に, 上野に, 下さいますのよ, 下さい皆さま, 下さらなかったら首, 下さると, 下すつて, 不審を, 与右衛門の, 中尉の, 主膳が, 亀吉も, 二人も, 云ふ, 人が, 仁木は, 今日口を, 仕立屋の, 以来よそながら, 会心の, 佐野の, 何といふ, 何れも, 余一郎は, 來ました, 信じかねるよう, 俺も, 働いて, 兄弟分の, 全安が嘉永二年, 共によろこび, 其れ, 内心軽い, 冷笑ひ, 出頭した, 初めて司馬懿, 別れたこと, 剣を, 勉強し, 十太夫は, 卓子の, 参られたか, 又せがん, 取り組むという, 只には, 吃驚りし, 同志の, 名儀, 吾輩忙いで, 呆れると, 呉れなければ, 呉れるので, 呟いたそう, 品物を, 喜び, 喜左衛門が, 嘲笑いました, 国へ, 坂本も, 夏子が, 夜店の, 大いに喜ぶ, 大いに憎ん, 大体自信が, 大変可愛く, 大抵どんな, 天の, 失神する, 女史は, 妙に, 始めて本, 嫁に, 子路は, 安中へ, 宝庫の, 実行の, 家に, 宿酔ぎみの, 寝たの, 専次は, 小屋から, 少々尻, 少し心, 少女は, 居たかと, 居た其場, 居た次, 居ったこと, 居つた身, 居ましたから, 居られない時代, 居りましたので, 居りやしたが, 居るもん, 居る平次, 居る話, 岡本兵部の, 己よりも, 師匠も, 帰宅し, 幸吉は, 庭に, 弁財天を, 張繍は, 彼女に, 後を, 御新造樣と, 復一の, 心得たので, 忘れぬよう, 怒りだした, 思い掛けない光栄, 思わずそうかと, 思わず聴き, 恐れて, 悪いの, 意外な, 感得する, 慄然し, 憤死した, 我に, 戴きましょうと, 所謂大人者不, 扶け, 持田さんあたりを, 控えて, 故郷に, 敵の, 斯う, 旅の, 早くも, 早速駆けつける, 昔語学校時代に, 晨は, 更に何, 最も気, 朝も, 本陣では, 来させようと, 来たはず, 来た一部始終, 来た通り, 来ました丈太郎, 来られた, 来れば, 柴桑の, 棹を, 様子が, 欲しいというまでに, 正成は, 歩いたら余程, 歸られる, 毎日涙を, 水を, 油断の, 泣き出したか, 浮気者の, 涙さえも, 深く責任, 満州の, 漢中の, 炭やき, 熊吉は, 物は, 狼狽し, 玉鬘は, 理を, 甚だ嬉しく, 甦るの, 町役人と, 病人は, 白い雲, 皆人誠に, 益々悶, 直ちに関山月, 相当の, 眠ったよう, 知ったらしいと, 知ってるよ, 知らん顔は, 確かめたいと, 神様は, 私らは, 窒息し, 端なく, 笑う人, 精神に, 結構だ, 織衛も, 置かないと, 置きたい気持, 置くがい, 置て, 翌朝曹操は, 聞かぬ心, 胸の, 自ら意識しない, 興じて, 若い令嬢, 苦々しいこと, 茫然と, 落涙し, 薬湯へ, 行きたいの, 行つたあの, 西郷を, 見たいなんて, 見たく思うこと, 見たらいけないんで, 見たら乳牛三頭, 見たら扇町, 見た所二十八日, 見なけりゃあ, 見ましたらいかが, 見ようじゃ, 見るって, 見る人, 見様と, 親たちは, 言い合わせたよう, 詳しく知っ, 誰しも, 警視は, 貧乏な, 貰うの, 貰つたら, 貰へ, 赤羽主任は, 跪いて, 身寄りの, 迂論げ, 追い渡つて來, 逆縁では, 過去に, 遣わすお, 酒の, 金右衛門は, 長八は, 間もなく文章世界, 陛下が, 隣りの, 電気に, 静かな, 面白そう, 頂きさえ, 頂けないかつて, 領外へ, 額田王に, 飛び出た目玉, 飯を, 馬鹿に, 駆けつけた時, 駈けつけた警官, 驕奢の, 驚いてたわ, 驚き小声に, 驚歎した, 黄忠は

▼ 聞いても~ (686, 3.6%)

7 いなかった, 彼は 6 それは 5 私は 4 それが, 少しも, 要領を 3 いた, いたし, 源氏は, 返事を

2 [50件] い, いいん, いましたが, お百姓, くれたま, くんねえ, しかたが, すぐに, その時々, なんの, べつに心配, ゐなかつた, 人々は, 何にも, 何の, 何を, 判然した, 別に怒り, 同じよう, 唯遠い, 夫人には, 好いの, 家康は, 尼にも, 居ましたれど, 平氣, 忘れて, 悚然する, 慄然と, 明確な, 昔し, 癪に, 直ぐフフン, 知って, 知らないと, 知らぬと, 私が, 考えても, 耳に, 聞かないでも, 聞かなくても, 若者は, 見ても, 見なかったが, 話しても, 誰も, 足の, 身震が, 顔を, 黙って

1 [537件 抜粋] あこがれる唄, あたし達の, あのくらいに, あまり驚かない, あまり驚き, いいじゃ, いいとにかく, いい感じ, いけないぞ, いたが, いたの, いたので, いっこうはっきりしない, いつも必ずその, いつ動き出すか, いて, いない, いないかの, いないが, いないし, いないぞ, いないよう, いない癖, いなかったけど, いなかったん, いましたし, いやいい, いやだ, いやな, いられねえお目にかかって, いるし, いるだろう, いるので, うたえ切れなくなった, うれしい話, おいでに, おかしいからね, おかみさん, おっしゃらないん, おどおどし, おもしろい答弁, おもしろく感じ, おられずどうぞ, おらん, おりませんでしたし, おわび言は, お俊, お前などは, お藻代, お道理至極, お銀様, かいもく分からない, かくべつ驚き, くだらねえもう, くれずに, くれない, くれないで, くれないの, くれなかった, くれません, くれるし, けしからん電話を, けっして英人, こころここに, こたえられねえ高, こっちからは, こっちへ, このごろは, これに, これを, こんなこと, さしてこわがる, さしてはと, さぞかし女, さっぱりわからない, しゃくにさわらないもの, しんみりと, すぐには, すぐ分らなくなる, すぐ南無阿弥陀仏, すこしも嫌, すっかり勉強, すでにわからなくなった, すべての, ずいぶん奇怪千万, ずいぶん愛想, せんかたない, そのうち, そのひと, その日休業, その時, その病人, その眼, その行衛, その迂, その通り, その音, それい, それすらも, それを, そんなお, そんなところ, そんなに素晴らしい, そんな風, ぞっとする, ぞっと身, たいしたこと, ただにやにや, たのしく, だめだ, ちょっと同情, つい, つねに知らずしらず, つまらないこと, つまらない事柄, てんで顔出し, とたんに気絶, どうしても呑みこめなかった, どうする, どうも不幸, どうも信じられなかった, どうも曾我村, どこも, どれほど, どんなに尋ね, どんなの, なお狂的, なお迷っ, なかなか話し, なにも, なに分かりきった, なるほどそういう, なんにもなり, にやにや笑つて, にわかに信じかねました, にわかに同意, はっきりした, はっきりと, はっきり云わない, ひやひやする, びっくりさせられない, びっくりせず, ほほえみ乍ら, ほんとうとは, ほんとうに, まさかり, まずその, まずもっ, まず一応の, まだルミ, まだ分らない, まだ目下, まだ眼, まだ続いた, まだ返事, まだ部下, みない, みなかったし, みな一様に, もう前日, もう痛く, もらいにくく, もらえずだまって, やっぱりだまっ, やっぱり信じられまい, やはり, やはりこの, やはり忘れ, やはり顔, よいが, よいわ, よくわからず, よくわからなかった, よく判る, よく知らぬ, よさそう, よほどお, よほど興, よもやひどい, らはんけれ, らへ, ろくすっぽ返事, わからないある, わからない人, わからなかつた, わからぬ, わからねえし, わかりっこない, わかります, わかりませんから, わかる, わかるか, わかるじゃ, わかる道理, わが軍, わくどう, ゐない, ゐましたれど, ゐません, サタ・ダルケほど, バーグレーヴ夫人は, ヒューエヒューエと, ブルーズや, ローズ, 一同は, 一向それ, 一向に驚かぬ, 一向わからない, 一向不審, 一向駄目, 一笑に, 一致し, 丁度日本, 不快でならなかった, 不滅なる, 与平は, 事態の, 五里遠くで, 人の, 人は, 人格について, 人民に, 今の, 仏事などは, 仕方あるまい, 他人は, 以前の, 仲, 仲が, 伊勢屋の, 住職の, 何う, 何か, 何だかわたし, 何だの, 何となく甘ったるい, 何とも云いませ, 何人も, 余は, 余り微妙, 余り気味の, 俄に, 俊夫君は, 信じない, 信用せぬ, 修養講話を, 倩娘は, 停電する, 僕らの, 先方の, 内で, 冷かし半分, 冷汗の, 出て, 分かるまい, 分らない, 分らないかも, 分らないまるで, 分らなかった, 分らなかったという, 分らぬ事, 分らん, 分らんこと, 分りそう, 初めは, 判らなかったし, 判らぬので, 判ンないっ, 別に, 別にもう驚かない, 別に心配, 別に怪しみ, 別に珍し, 別段がっかりも, 到底わかり, 前言を, 動かなかった, 動悸が, 十人ぐらいは, 博士は, 参事官官舎で, 反つて肚立, 口を, 吉五郎は, 同じ事, 名を, 名前を, 向こうの, 君達の, 呑みこめぬ, 唯一人知っ, 善いとか, 喋って, 喜ばない事, 喰わずに, 嘲笑され, 増田は, 変だろう, 夢遊病者の, 大工に, 大谷男爵の, 好いが, 好いと, 好いん, 妾には, 委しいこと, 存外それ, 孝心は, 宇治の, 安心し, 容易に, 寒いわね, 小夜子は, 小栗の, 居りませんが, 居る, 居るし, 山の, 島の, 左程, 差し支, 差支の, 帰省する, 常に彼, 平気で, 年寄りに, 幻影の, 床しい, 張合の, 当然と, 彫青, 彼らは, 彼女は, 彼等は, 御嫁, 御米, 微動を, 徳川時代の, 心に, 忘れちま, 忘れましたが, 応答の, 怖いもの, 怖い感じ, 怖ろ, 思い切って, 怪しい奴, 恋しい気, 恐れる, 恐れ入らねえところ, 恐ろしい, 恐怖ばかり, 息苦しくなります, 恵比寿講の, 悪くない, 惜い, 愉快な, 愛憎尽かさん, 慄と, 戰爭中の, 拵えたよう, 政治談や, 教えて, 文豪は, 斉彬公の, 早速これ, 昨夜浜田屋から, 時々気疎い, 暫く蹙ん, 更に涙一つ滴, 書籍に, 未だに顔, 本当にぞっとする, 本当に出来ない, 本當, 格別わからない, 案外平気, 檜垣の, 此所は, 死ぬの, 殿様は, 母の, 気の, 決して云, 決して変らない, 決着どころか, 深くその, 混雑し, 清純な, 滑稽である, 無理と, 無理の, 牧が, 玉鬘は, 現在の, 理窟の, 理解する, 甚だうま味, 生かすの, 疲労し切つた, 白々しかつ, 皆阿, 直ぐ忘れ, 眼が, 知ってるん, 知らない, 知らない様, 知らぬ, 知らぬという, 知らぬ知らぬと, 知らんと, 知らんふり, 知りません知りませんで, 知れません, 石太郎の, 碌な, 祇園の, 祖先自らの, 私たちの, 私には, 私よりは, 笑う気, 笑って, 第一, 米友の, 紅葉の, 絶対の, 絶對の, 置きたく思ったが, 義元は, 耳新しく感じる, 聞いて, 聞いても, 聞かなくっても, 聞かなくつて, 聞きあきない, 聞きたり, 聞きとれぬ程女, 聞き苦しいところ, 聞き苦しく何, 腕は, 自分で, 自分の, 自分は, 芝居を, 若い彼, 苦しみを, 萍ぐらしの, 萩乃は, 薪屋で, 薬草取りに, 藁の, 袁紹の, 見ざりき, 見た, 見たいと, 見なかった, 見なかつた, 見ませんでした, 見當, 解らないという, 解らないん, 解りは, 記憶が, 訳も, 訳を, 話は, 読書人に, 諸将, 趣向ずくめに, 足下が, 踊つてゐる, 踵を, 身の, 身ぶるいが, 軽蔑しない, 返事しなかった, 返事も, 逃げないで, 金五郎は, 間違ひ, 隠されないよう, 隠してばかり, 雨が, 面白い, 頑是ね, 頑是の, 頼朝が, 飛上りたい, 飽くこと, 首を, 馬は, 駄目だ, 驚きも, 髪の毛は, 鳴海潟を, 鴛鴦だの, 黙ってるから, 黙ってるん, 黙りこくつたま

▼ 聞いたり~ (370, 2.0%)

64 して 17 した 14 したこと, すること, 見たり 11 すると, するの 6 読んだり 5 した事, しながら 3 したの, したもの, しました, するため, 役所の, 答えたり

2 [14件] しただけ, したところ, した色々, しちゃ, するもの, するよう, する度, 何か, 厭な, 嗅いだり, 新聞で, 本で, 考えたり, 話したり

1 [163件] あの書物, あるひ, いったり, いろいろと, いろいろ診察します, したいち, したから, したが, したくて, したくないって, したさまざま, したすべて, したそう, したそんな, しただけの, したと, したので, したろうね, したわけ, した上, した事実, した人, した他, した光景, した其, した家族, した幾多, した怪事件, した悪徳, した所, した狐, した独居, した色々様々, した話, してから, しても, してりゃいい, してる事, しとうございます, しないよう, しばらく清談, しまして, しますけれど, しようと, する, するうち, するたび, するのに, するまでも, するん, する事, する勇気, する場合, する度毎, する時, する用意, する範囲, する間, すれば, せられる度, そつと, その人生観, その梗概, それからまた旅順攻撃, それから久方ぶり, できないの, なさるでしょう, ふれるもの, ほおじ, または感じ, または画本, また奇妙, また新聞, また私, また自ら, また過去, やがて一軒, よんだり, ダンスを, 一中節を, 一二冊の, 他愛も, 使番に, 兄の, 写真を, 又繰り返し, 友達と, 右の, 名を, 唄うたり, 喫茶店を, 四方の, 夢想に, 夢想兵衛の, 姿を, 姿形を, 字引きで, 容貌を, 宿の, 尋ねたり, 屍体を, 彼の, 往來の, 思ひついたり, 悪口などを, 想像し, 意見に, 或いは又お, 或は君自身, 手に, 描いたり, 教えたり, 文学の, 新聞の, 新聞を, 映画や, 時としては, 暇な, 書物で, 本人の, 松の, 標札屋が, 気づいたり, 汽車の, 渦を, 演奏し, 現状の, 画集を, 真白に, 私の, 私自身鮎子に, 秋草を, 笑ったり, 答へたり, 習ったり, 耳で, 聞いたよう, 聞かされたり, 聞かせたり, 聞かれたり, 自分でも, 自分の, 致しました, 致しましたので, 致しました事実, 致しますので, 舷にあたる, 芥川賞受賞作厚物咲を, 蓄音機に, 覚えて, 親類の, 訊かれたり, 語ったり, 足音を, 透切だらけで, 遊んでばかり, 遣つたり, 酒場の, 隣の, 青白い人, 音楽が, 音樂が, 食ったり

▼ 聞いては~ (365, 1.9%)

11 いるが 10 いたが 9 いなかった 6 いましたが, いられなかった 4 いけない, それを, 流石に 3 いられない, ゐたが, 居たが, 見まするけれど

2 [20件] いけないです, いたけれど, いない, きたが, そのままには, なりません, ゐなかつた, ゐぬ風, ゐるが, ッと, ドクトルが, 一刻も, 出かけた, 居りますが, 此母此家を, 猶更, 矢も, 私は, 私も, 身は

1 [259件] あすの, あせり気味, あの右衛門, あんまりいい, いい気持, いけないと, いけないん, いけませんよ, いずに, いつそう, いないが, いないと, いないよう, いない恨めし, いない遠く, いなかったか, いなかったかも, いなかったの, いませんでした, いよいよ打っちゃっ, いよう, いられなくなって, いる, いるけれども, いるし, いるものの, いるらしいが, いるん, うた, うちに, おかなかったの, おそろしいぞ, おのれも, おれが, お役, かれも, がっかりする, くじけた勇気, くれないだろうと, くれないであろう, くれないの, くれない国, くれまい, くれまいかね, くれましょう, くれよう, くれるでしょうが, ここらに, こちらを, この縁談確, これほど, さしもの, さすがの, しみじみ母, じっとし, すておけぬ, そのたび, そのままにも, その掛け声, その陳腐, それが, それに, ただうれし泣き, ただその, たとい高い, たれも, だめ, ちょっとなつかしく, ちょっとわからぬ, とても口, どうも気, どのよう, どんなに腹, どんな感想, なおさら許す, なおなお黙っ, なつかしいと, ならぬ, ならぬもの, なるほど大きな, はたはたと, まことに恐懼, みたが, みないが, みんなを, もうじっとし, もう居, やはり弱い, よいも, わからぬこと, わたしは, わたしも, ゐない, ゐないが, ゐないので, ゐなかつたから, ゐられないぢ, ゐられないもの, 一向解らない, 一寸驚かれる, 一驚せず, 下さいますまいか, 下さるまいか, 不安を, 予は, 事面倒お尋ね者は, 二剣相ひく, 人が, 人も, 今の, 今夜にも, 他の, 他事と, 以後関羽の, 何だか済まない, 何です, 何ともない, 何とも了, 何んと, 僕は, 僕も, 兄者人の, 先着の, 光秀も, 全く堪りませんでした, 全く意外, 六畳敷の, 兵火の, 其のまま, 其儘には, 其処の, 再会を, 写しに, 医者が, 千載の, 却って後, 又八も, 取られも, 各意氣百倍, 向こうが, 呉れない, 問屋場に, 固より, 塞外の, 夜具の, 夜陰蟷螂の, 大将が, 天下の, 天童利根太郎も, 女でも, 嫌だ, 嫌でも, 安閑とは, 実に極り, 客も, 小供, 少しの, 居ないし, 居ますけれど, 居らぬ, 居られない, 居られない忙しい, 居りませんでした, 帰る訳, 年寄役の, 幼い胸, 強い覚悟, 強ひ, 彼が, 往って, 後の, 心を, 心配する, 必ずどこ, 忘る, 忘れて, 悦んで, 悪いこと, 悪党二人さすが, 悲しいと, 悲しと, 愈よ, 意外な, 感心し, 成程と, 我も, 拒む訳, 按じちと, 捨て, 捨て置くわけ, 探幽, 日本語の, 早く其の, 曹丕も, 最早手段, 木曽家たる, 来たが, 来たの, 案外皇居云々, 検事も, 永いよう, 江戸っ子など, 泣くにも, 満足が, 無限の, 焦躁いよいよ, 熱海口まで, 父は, 物に, 猶々聞, 生きて, 甲州へ, 男も, 皆も, 盃の, 益々十吉, 盗人として, 目も, 真に生き, 眼の, 矢代もも早や, 礼を, 私ならず, 私共でさえ, 筆記し, 粗末に, 紹介状を, 聞くなと, 職業柄猶予は, 腹が, 自分と, 自分も, 與吉は, 舌を, 色気がねえ, 行末見定められぬ, 西行も, 見て, 見ぬが, 見のがせない気, 見のがせん, 許さぬわ, 誰しも, 誰だ, 誰だつ, 諫めに, 負けろとも, 起きずには, 足が, 足腰が, 躑躅ヶ崎の, 身も, 身もだえした, 酒が, 酒井博士の, 長作等は, 面白くない, 魚心堂も, 黙って

▼ 聞いてから~ (155, 0.8%)

6 急に 3 私の 2 お銀, でも, 案内を, 自分は, 静かに

1 [136件] ≪うううう, いうもん綿貫, いずこと, いっそう力, うらなり君, お宮という, お清, ここを, こっちなんだか, この川上, この本, すご, すべてが, そなた, その凝視, ただの, だいぶたつ, だと, ついウトウトと, であつ, である, ですよ, でないと, でなくちゃと, なな, なるほど, にしやうと, のちいろいろ, はっきりした, ふたたび城, ぼくは, まゆみは, もうその, もう半年, もの, ものの, やっと三月, ややあっ, やや意気, ようよう炬燵, よけいに, わしは, アトは, ボブロフは, ランという, 丁度六日目に, 三日の, 三月目まだ, 下僚と共に, 不思議そうに, 中新田へ, 今までの, 以後は, 以来急に, 以来汽車の, 何とでも, 俊夫君は, 信長は, 信頼の, 其言を, 出かけるニユース, 刈り取った麦, 初めて旧, 前より, 口を, 四五分ほど, 夢から, 夢に, 夢を, 大いに飲み出した, 夫人らは, 好きに, 始終くよくよ, 寝間着姿の, 小六への, 川ガラスの, 巫女に, 帰らぬ夫, 帰ります, 幾年も, 引っ返して, 彼も, 彼女の, 後であった, 後は, 御隠居, 慎吾の, 折節帰省中であった, 拔齒の, 日は, 日光の, 日頃押えつけ, 早くも, 杉村は, 杉村を, 樹明君と, 武蔵は, 武蔵も, 死体を, 殿様の, 池田の, 決めたいと, 深く心, 熱烈なる, 爾来全く意見, 特に注意, 登攀し, 白石みずから問いも, 目を, 眼の, 社長や, 私が, 私は, 立ち上って, 第二段, 築堤に, 考へて, 腰掛の, 自分の, 舞台を, 芳村は, 薫は, 言っても, 言つた, 試すと, 走って, 起床夜が, 路易は, 車で, 遣れば, 長い月日, 長兵衛が, 間もなく素晴らしい, 顏の, 餘り, 龍太郎と

▼ 聞いちゃ~ (48, 0.3%)

2 こて

1 [46件] あたしも, あとへ, いけないの, いけないん, いけません, いたん, いないから, いないでしょうな, いないわ, いねえ, いねえああ, いましたが, いられねえ, いられねえこと, おらが, おられん, おられんそ, おられん余り, おらんぞ, おるが, くれめ, これから京大阪, たまらねえや, なお聞かず, ほかの, ほって, まんざら慾, ァ志道軒, ア, ア打捨っ, ア私は, ア遁さね, ア釘勘の, ッた, 一刻も, 俺も, 厭, 居ません, 放っても, 泰さんも, 犯人ゃその, 相手が, 素通りならねえ, 聞きのがせねえよ, 見遁, 黙って

▼ 聞いてさえ~ (29, 0.2%)

2 怖ろ

1 [27件] いれば, おかしくなり, その陰険卑劣, なぜか, ぶるぶるする, われわれは, ゾッとします, 五百円, 吃驚いたします, 好い心持, 小気味の, 居りましたら研究材料, 恐れを, 悚然と, 惜しいもの, 涙が, 熟柿の, 物が, 綾子さんの, 興を, 興醒めが, 苦々しく思う, 虫酸が, 身に, 開けた所, 馬鹿, 驚かされたのに

▼ 聞いてからは~ (22, 0.1%)

1 [22件] ついに忘れる, どうしてもそれ, なかなかの, なほさらこの, ふっつり内証, 一層自分, 何卒早く, 便所の, 口上手な, 妓等が, 妻帯者の, 子を, 子供心に, 宇宙という, 当分は, 敵の, 朝の, 本邸へ, 毎日の, 漂う海, 自分が, 自分だけかも

▼ 聞いてを~ (17, 0.1%)

2 ります, りますが

1 [13件] かしい程, つたあの, つたといふ, つたのです, つたん, つて下さる, られた, りました, りましたわ, りますうち, りますから, ります偉い, るぢ

▼ 聞いての~ (14, 0.1%)

4 通りだ 2 上で 1 お望み, とおりじゃが, とおりだ, とおりわしに, 上, 記憶であるらしい, 通りじゃ, 通りな

▼ 聞いちゃあ~ (11, 0.1%)

1 [11件] いけない, いたがね, いられない, おれ達は, なおのことだ, もう悪事, 猶さら, 耳よりだ, 詰まらねえから, 誰だって, 身動きが

▼ 聞いてからの~ (10, 0.1%)

2 ことと, ことに 1 ことだ, 上で, 帰り道すっぱり, 帰り道すつ, 気持を, 義貞には

▼ 聞いちや~ (9, 0.0%)

1 つたよ, ゐない用事, ゐられないやう, 居たがねえ, 居たん, 居ないだらうな, 居られねえ, 捨てて, 放つても

▼ 聞い~ (9, 0.0%)

2 くれ, くれ信さん 1 いでよ, くれや, くれわし, くんだな, つた

▼ 聞いてからに~ (6, 0.0%)

1 おしなさい, しよう, しようという, しろい, すると, なるの

▼ 聞いてね~ (5, 0.0%)

1 あっしが, なんだかトテモ感心, 家へ, 渾名し, 確かに

▼ 聞いてや~ (5, 0.0%)

2 しない 1 がったの, しないかい, しねえ馬鹿野郎

▼ 聞いたりなど~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, するの

▼ 聞いてよ~ (4, 0.0%)

1 あの兎, おれが, そうな, 言って

▼ 聞いてさえも~ (3, 0.0%)

1 いやな, ただは, 渾身の

▼ 聞いてすら~ (3, 0.0%)

1 それが, 丑松は, 今日は

▼ 聞いてに~ (3, 0.0%)

1 こ, はかに, やりに

▼ 聞いてばかり~ (3, 0.0%)

1 いたもの, いても, 居たもの

▼ 聞い~ (3, 0.0%)

1 いだげっ, ごらんなさい, 驚き走らし

▼ 聞いたりの~ (2, 0.0%)

1 うえでの, 感受性の

▼ 聞いてからと~ (2, 0.0%)

2 云うもの

▼ 聞いてからという~ (2, 0.0%)

1 もの宿へ, もの敬二郎の

▼ 聞いてからも~ (2, 0.0%)

1 すでに数年, 一語を

▼ 聞いてこそ~ (2, 0.0%)

1 それで有難味, 居たが

▼ 聞いてだけ~ (2, 0.0%)

1 いて, いても

▼ 聞いてて~ (2, 0.0%)

1 まえに, まえ同様

▼ 聞いてでも~ (2, 0.0%)

1 いるかの, いる様

▼ 聞いてな~ (2, 0.0%)

1 はるから, わしも

▼ 聞いとき~ (2, 0.0%)

1 なはれため, まほ

▼1* [25件]

聞いたいじょう捨てても, 聞いたちゅうからおらいつ, 聞いたりと云う風, 聞いちやつたンだけど, 聞いちやつた祕事まで聞い, 聞いちやアうれしくなつ, 聞いちやヂツとしてゐられない, 聞いちや何ですが, 聞いちや惡からう, 聞いちょる, 聞いてか嫂が, 聞いてかの僧を, 聞いてかへつたその, 聞いてからでも遅くは, 聞いてからなど四人が, 聞いてがつかりして, 聞いてしもた, 聞いてぞくりと, 聞いてだに優に, 聞いてははアこいつは, 聞いてばかりもいられないよう, 聞いてやらにゃならぬ義理, 聞いてよと入り来るは, 聞いて程好く妄想, 聞いチくんねエ