青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考へた~ ~考へる 考へる~ 考察~ ~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~
聞~
~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~

「聞~」 1100, 12ppm, 9203位

▼ 聞ゆる~ (168, 15.3%)

43 ものは 2 こほろぎは, ところの, なきに, なきの, は上野, は二十句, 夜である, 族なる, 水の, 茨組ぞ

1 [141件] あたり, か, かと覺ゆ, がしばし, が三国, が上, が不思議, が僕, が儘, が猶更に, けれども又, けれども左樣, けれど二人, こそ心得られ, ことあり, ことの, こと頻なれ, さま春去り, ところに, と背後, などかの, なりその, に, にいたる, にこ, にぞ, にぞありける, にぞお, にぞさらば, にぞ気, にぞ談話, にや, によりてその, に嬉し, に耐, に覺, のであつ, のは, のみ, のも, はあられ降り, はあれ, はいくばく, はただ, はのんき, はわが, はカカカカ, は二事二物, は戦か, は河鹿, は猛獣, は甚だ, は若し, は落人, は霰, ばかり, ばかり春, ばかり高く, ほどな, ほどの声, までに, まで近づき, ものあり, ものなけれ, ものを, やと浦山, ような, ようにとこそ, より主, をやしかれ, を怪しとお, 一曲の, 一言は, 中に, 九十九里の, 亀屋の, 事は, 人に, 人の, 今彼と, 会話は, 使い手じゃ, 入相の鐘は, 同じ, 喝采の, 單調なる, 囁きああ, 堀秀政である, 場合なるべし, 如くに, 妻を, 威厳をこそ, 家ありけれ, 射撃の, 将軍家流の, 急流荒波も, 悲鳴素破, 慎九郎の, 或村, 戞, 折なぞ, 折などは, 故月中に, 旧家でありました, 明神じゃ, 時が, 時なり, 時其所の, 曲者が, 林中の, 某氏は, 様なる, 樣なる, 武勇の, 法界節の, 法螺の, 波の, 淋しき山路, 物音に, 猫おろしし, 男女の, 相図は, 知名の, 神算鬼謀の, 程な, 空に, 空知の, 笑い声も, 細川殿とは, 經の, 苦痛の, 豪の, 資産家の, 趙雲子龍か, 足音に, 關左の, 陳倉道, 電車の, 頃一しきり, 類に, 鶏犬の

▼ 聞~ (151, 13.7%)

3 大に, 朋輩の, 見ると, 見れば, 頂きたいので 2 おくん, くれる人, 居て, 来て, 見給, 貧書生等は, 頗る驚惑

1 [122件] いた畔柳博士, いて, いては, いぬ, いる, いるうち, いると, いる位, おくれこう, お種, お遣りなされませぬ, これは, さては静御前, その中, その緻密, それで茫然考, ほと, やつた, やるもん, やろ, サルタン人を, ソレは, 上げるからと, 下され, 下手人には, 予が, 二三は, 今日は, 仮受写畢, 何に, 余処の, 俄にとは, 傳へ, 其儘打過て居ました, 其日から, 再び彼, 写すこと, 凡そその, 初の, 勘次は, 千歳一遇の, 口に, 口を, 合点する, 吉兵衛仰天し, 同じ新, 呆れるなり, 呉れ斯様いふ訳, 唯残念, 夏は, 夕に, 失礼ながら, 実に怖かっ, 居た, 居たかと, 居たが, 居たこと, 居たので, 居たのに, 居ました, 居ましたが, 居ました壁, 居るから, 居るさ, 居ると, 居れば, 彼車を, 御覧なつたら, 心に, 心を, 応と, 怪しからぬ, 悲しき人, 憮然たる, 我が智識, 捨て, 景気を, 朋友は, 朝も, 極て, 此藻西太郎ほど, 汝が, 浮み, 清水と, 潜戸を, 父が, 狼狽し, 知って, 知て, 知てる, 私の, 私は, 空しく時刻, 窃に, 竊に, 笑い所では, 筑前を, 給はれ, 置く事, 置て, 耳が, 行た, 街道の, 見たの, 見なければ, 見るが, 見ること, 親切に, 親戚ども打寄りし, 誠に至當, 請邀る, 貰いたいと, 貰おう, 逆う, 遠藤喜右衛門然, 遣り至極深切, 酷く恐れた, 釈然たら, 驚いたの, 驚かざる者, 驚き, 黙つて涙

▼ 聞~ (46, 4.2%)

4 ことも, 所が 3 ことが, ばかりで 2 上で, 事が

1 [28件] か両人, が固, が序, が長く, けれどもソレ, ことの, そうだ, その噂, その趣, と云, と云う, と思つて, と言え, ので, のです, ので青く, ッて, 事を, 人が, 人仰天した, 左れ, 榎本の, 母の, 者で, 者も, 聞たっ, 話が, 通りを

▼ 聞~ (35, 3.2%)

2 行く

1 [33件] その粉薬, なったらきっと, なった事, なっては, なつた, なつたでせう, ならば, ならんので, なると, なれば, 入し, 入れて, 入れましたが, 入れました松葉屋, 入れますは, 入れまするは, 入れること, 入候, 其無事な, 参り申候, 多くは, 属するもの, 成つたら定めし, 指摘し, 於て, 来亢奮, 約七百, 聞いて, 行く機会, 触候はん, 達しまするは, 遣り三日式日, 附尚々

▼ 聞ゆれ~ (28, 2.5%)

3 ど井 2 ばどんな

1 [23件] ど, どこ, どもこの, どもそもそも, ども三十一文字, ども其理由, ども崇神天皇, ども当時, ども此方, ども男女共, ど余, ど儒學盛, ど実, ど實, ど是, ど此頃, ど涙, ばはじめて, ば何ん, ば牛乳屋, ば直に, ば黄金丸, 実は乞食歌

▼ 聞~ (26, 2.4%)

8 して

1 [18件] した, したが, した三人, した所, した晩, しましたろう, すると, する事, 怖れ, 書き集めたに, 潰して, 証拠として, 離れた自然そのもの, 面白がり, 願います, 願います尤, 願はず靜に, 驚かしたの

▼ 聞合せ~ (24, 2.2%)

2 てみました, にやる

1 [20件] けれ共, たり居, てみる, ても要領, てゐる, てホテル, て仔細, て来る, て見る, などに行こう, にでも来た, になつて其上, に手懸り, に行きました, に行っ, ば判, も済み, 可申由, 果して然ら, 流れの

▼ 聞~ (23, 2.1%)

3 卷の 2 悪い事

1 [18件] うちに, くせに, こと, ことが, 一人に, 中に, 再聞, 悪い渾名, 最終の, 森, 楽に, 話としても, 話に, 通りの, 通英国さわぎ, 類を, 馬鈴薯, 魔語人間の

▼ 聞~ (16, 1.5%)

3 まい結城さん 2

1 [11件] さうかと思ふ, し君主, ず其歌, たでせうね, たりき, ないが, なかつたが, ぬ振り, ましたよ, ハイハイヱヘンをも, 霊香四方に

▼ 聞惚れ~ (16, 1.5%)

5 ていた

1 [11件] ている, ておりました, てなに, てひたすら, てゐる, て人通り, て唐紙, て夜, て居升, て為永, て顔

▼ 聞~ (15, 1.4%)

2 とすれ, なり, なる 1 その夫人, という, とも惡, と信ぜられ, と申した, べからざるところ, またその, もし此後徘徊, 反鼻

▼ 聞たら~ (12, 1.1%)

2 何うだらう 1 そのとき私, どうだらう, ばいかなる, ばさ, ば我, ネ, 三朱だ, 急に, 温いうち, 胡坐を

▼ 聞ても~ (11, 1.0%)

2 其の如何なる動機 1 其意味を, 分りますねえ, 分ります幸い, 分る事, 物お, 聞流しに, 言ず, 貰ひにく, 逃げて

▼ 聞~ (11, 1.0%)

1 [11件] あへず, しするよう, したき事, しましたが, せねど, ないこと, なく焔, なく竈, 及ばぬしかし, 精緻な, 馬を

▼ 聞ました~ (10, 0.9%)

3 女は, 時分の 2 が今 1 がお前, がそんな

▼ 聞棄て~ (10, 0.9%)

2 にし 1 て気, ながら一歩, にされる, になりません, にもせず, に今, に娘, に相成りません

▼ 聞~ (8, 0.7%)

1 あった, あつた, いいが, いなや勝手もと, 好いよう, 悪いが, 悪いです, 擴が

▼ 聞~ (8, 0.7%)

1 しませんが, せんが, よく, 勿論驚くべき, 為なかっ, 翁元, 耳に, 遙かに

▼ 聞済み~ (8, 0.7%)

2 かえ 1 がない, になり, になろう, はありません, を願いたい, 誠に有難う

▼ 聞たり~ (7, 0.6%)

3 して 1 した事, するに, するの, マリアに

▼ 聞なされ~ (7, 0.6%)

3 て人 2 て嶋田, て廓ことば

▼ 聞でも~ (6, 0.5%)

1 いい世上, されるの, して, しようもん, 無れ, 蛸でも

▼ 聞~ (6, 0.5%)

2 て居る 1 たりし, てゐた, て見る, て頂くなら

▼ 聞入っ~ (6, 0.5%)

4 ていた 1 ていました, ている

▼ 聞合せる~ (6, 0.5%)

1 とこの, とその, と右, と果して, と私, のである

▼ 聞馴れない~ (6, 0.5%)

2 物音ばかりに, 言葉聞馴れない 1 ものだ, 不思議な

▼ 聞~ (5, 0.5%)

1 いて, 乞食は, 必と, 目撃との, 言って

▼ 聞入った~ (5, 0.5%)

1 お澄, が, のであった, ほどである, 旅僧は

▼ 聞入る~ (5, 0.5%)

2 のである, ばかりです 1 ように

▼ 聞合わせ~ (5, 0.5%)

1 てあまり, てくれた, てみ, てみる, 出入の

▼ 聞咎め~ (5, 0.5%)

41 て何故

▼ 聞馴れた~ (5, 0.5%)

1 いろいろな, が婦, のは, 声で, 響な

▼ 聞たまえ~ (4, 0.4%)

1 か, と云う, な持物, よ

▼ 聞ては~ (4, 0.4%)

1 可笑しが, 山抜け, 彼等が, 急に

▼ 聞伝へ~ (4, 0.4%)

1 てせめて, て下手, て今日, て羨

▼ 聞伝へた~ (4, 0.4%)

3 かぎりは 1 世人は

▼ 聞合せた~ (4, 0.4%)

1 あげくに, が居合, けどが博奕宿, 結果遂に

▼ 聞慣れた~ (4, 0.4%)

1 エディンバラ城の, 小女の, 普通の, 近所の

▼ 聞~ (3, 0.3%)

1 てにし, とも知れてる, に傷

▼ 聞たら怒る~ (3, 0.3%)

3 か知らぬ

▼ 聞たる~ (3, 0.3%)

2 がいと 1 正直質樸の

▼ 聞~ (3, 0.3%)

2 がへ 1 ゆる者

▼ 聞~ (3, 0.3%)

1 さるが, ば身, んだ

▼ 聞~ (3, 0.3%)

1 から了, ふりで, 此お

▼ 聞ひた~ (3, 0.3%)

1 が阪崎氏, 儘を, 時姉さんは

▼ 聞~ (3, 0.3%)

1 て見る, ども事実, 実は斯

▼ 聞わき~ (3, 0.3%)

3 難く半

▼ 聞わけと~ (3, 0.3%)

3 ては少し

▼ 聞イテ~ (3, 0.3%)

1 見タンデスガ, 見ル, 見ル必要ガアル

▼ 聞~ (3, 0.3%)

1 入レ申セ, 入候, 入置候通り

▼ 聞咎めた~ (3, 0.3%)

1 のである, のは, 和尚は

▼ 聞居る~ (3, 0.3%)

1 お浪, 人は, 人も

▼ 聞済ん~ (3, 0.3%)

2 で下さい 1 でください

▼ 聞直す~ (3, 0.3%)

21 ように

▼ 聞違えた~ (3, 0.3%)

1 ので, ようにも, んで

▼ 聞馴れ~ (3, 0.3%)

2 ている 1 しこほろぎとは

▼ 聞あき~ (2, 0.2%)

2 たり親類

▼ 聞おぼえ~ (2, 0.2%)

1 のある, のない

▼ 聞たくなく~ (2, 0.2%)

1 印付の, 又聞かれず

▼ 聞つける~ (2, 0.2%)

1 と寝, と直に

▼ 聞てる~ (2, 0.2%)

1 がいい, が私

▼ 聞~ (2, 0.2%)

1 直接に, 話しながら

▼ 聞とき~ (2, 0.2%)

1 は哀, は長閑

▼ 聞なさい~ (2, 0.2%)

1 今度は, 斯様に

▼ 聞~ (2, 0.2%)

1 ばならぬ, われ元より

▼ 聞へて~ (2, 0.2%)

1 くる, ゐる

▼ 聞~ (2, 0.2%)

1 ほしくおもふ, ほしけれなど

▼ 聞ゆべき~ (2, 0.2%)

1 を山, 程なる

▼ 聞ゆめ~ (2, 0.2%)

1 り, れど

▼ 聞ゆるも~ (2, 0.2%)

1 をかしく今, 多きに

▼ 聞ゆる如く~ (2, 0.2%)

1 我に, 耳さえ

▼ 聞れない~ (2, 0.2%)

2 ので

▼ 聞わけ~ (2, 0.2%)

1 で心, 憎いの

▼ 聞~ (2, 0.2%)

1 たり, たりし

▼ 聞ゐる~ (2, 0.2%)

1 人も, 妻は

▼ 聞~ (2, 0.2%)

1 未ダソノ意, 直シテミル

▼ 聞下さい~ (2, 0.2%)

1 御覧下さい, 私し

▼ 聞入り~ (2, 0.2%)

1 しが, ながら沢子

▼ 聞分る~ (2, 0.2%)

2 よしも

▼ 聞合す~ (2, 0.2%)

1 と誰, にはたして

▼ 聞合せます~ (2, 0.2%)

1 と元, と兄

▼ 聞惚れた~ (2, 0.2%)

1 お若, 御様子

▼ 聞慣れ~ (2, 0.2%)

1 てはい, 義太夫本も

▼ 聞目撃~ (2, 0.2%)

1 して, するが

▼ 聞直さない~ (2, 0.2%)

1 といかにも, と如何にも

▼ 聞終った~ (2, 0.2%)

1 後, 渡辺は

▼ 聞菩薩~ (2, 0.2%)

1 と呼ん, は八幡

▼ 聞誤り~ (2, 0.2%)

2 で実は

▼ 聞逃す~ (2, 0.2%)

1 ことの, 訳には

▼ 聞遊ばす~ (2, 0.2%)

1 ともっての外, のです

▼ 聞違え~ (2, 0.2%)

1 ている, て外

▼ 聞違える~ (2, 0.2%)

1 ものか, ような

▼ 聞重畳~ (2, 0.2%)

1 お心づかい, 御心

▼ 聞附け~ (2, 0.2%)

1 て何れ, て来

▼ 聞飽き~ (2, 0.2%)

1 てゐる, て費用

▼ 聞馴れし~ (2, 0.2%)

1 ものとは, 炬燵の

▼ 聞齧った~ (2, 0.2%)

1 ところでは, ところに

▼1* [240件]

じゃない, 聞うにも聞, 聞ぎてすなわち便ちに, 聞ざりし如くに, 聞それより鈴木, 聞たくもない, 聞たって聞, 聞たとて差支えるで, 聞たまえ一人で殺した, 聞たまえ往来なら逃, 聞たら聞いたと言う, 聞たれば当分, 聞かどう, 聞だろう剱で, 聞ちがえたか馬鹿ッ馬鹿ッ, 聞ちゃしろと, 聞しやる, 聞つくし誠におもしろく, 聞てかの娘子け, 聞てから病も, 聞てからというもの毎日毎日甲板に, 聞てさえ恐ろしければ, 聞てれば, 聞であるのは, 聞でないか, 聞では歯痒くて, 聞という者が, 聞とうない言, 聞としても相當信憑, 聞とは何所で, 聞とり易い落, 聞とれていた, 聞とれたら答へ, 聞とれぬ発音多かる, 聞とれるやうな, 聞ないたって分る, 聞なかつたと正太もち, 聞ながしにし, 聞ながら櫛を, 聞なきことあらん, 聞なさってチョット, 聞なさると好い, 聞なさるるが悲観, 聞なすつたで, 聞なすつて下さいまし, 聞などに神経を, 聞などについても各地から, 聞なるは衆生, 聞にしかなかつたわけ, 聞になつて大殿樣が, 聞には二つの, 聞にも一ぱし聞えた, 聞によつて遂に, 聞屹度成佛する, 聞へるのである, 聞へればこそだ, 聞ませうならば, 聞ませんでしたがでも, 聞まちがえではない, 聞まねにさまざま, 聞ままをしるし, 聞耳, 聞もらしたが兎, 聞ゆおり柄兼而御聞に入, 聞ゆるいともの, 聞ゆるからだ宜しく, 聞ゆるが如く聞えざるが如く, 聞ゆるならん, 聞ゆる怪しい物音は, 聞ゆる無きのみならず, 聞ゆる聞こゆればその, 聞ゆ其聲必ず松の木, 聞ゆ夜の更け行け, 聞ゆ彼女も此, 聞ゆ王の旗城下, 聞ゆ網引すと網子, 聞ゆ自らの, 聞ゆ野分かな, 聞ゆ雌は声, 聞笛の, 聞よくなどいはれ, 聞よりも早飲込み, 聞ものは, 聞れず聞たと, 聞れましたが, 聞れるたびに, 聞ゐたる一匹の, 聞また右, 聞をでも気づかうよう, 聞をものして, 聞との巧計, 聞イタカラ翌年春挨拶安心ノタメ隠居シタガ, 聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, 聞イタコトノ有ルハ此頃ハモッパラ吉原ハイリヲスル由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 聞イタト見エテ, 聞イタノハ蟋蟀デハナク予自身ノ呼吸音ダッタノデアル, 聞イタラ好キダト云ウ, 聞イタラソノ通リダト云ウカラ大キニ, 聞イタラソレハイイト答エルカラサヨウナラ御苦労ナガラ一所ニ浅草辺マデオ出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, 聞イタラ右ノ次第, 聞イタラ呑ムガ修行中故ヤメテ居ルト云ウカラ, 聞イタラ命ハ今晩ニモ受合ハ出来ヌト云ッタカラウチ中ノ奴ハ泣イテバカリイル, 聞イタラ旦那ハ水戸ノ御, 聞イタラ此節末姫様ガ薩州ヘ御, 聞イタラ残ラズ兄ガ謀ヲ白状シタカラ, 聞イタンデスガアメリカンファーマシイニ神経痛ノ薬デドルシント云ウノガアルソウデス, 聞イタ世ノ中, 聞イタ兼ガ遠州, 聞イテイルト何処カデ蟋蟀ガピイピイト鳴イテイル, 聞イテドンナ風ニ取ッタカト, 聞イテモオ前ハ, 聞イテモ彼ハ面倒臭ガッテホントノコトヲ云ッテクレナイノ, 聞イテ居タ故ニ, 聞イテ彼女ハアダリン, 聞イテ来マシタンデオ爺チャンニモオ耳ニ入レテ置キタイト思イマシテネ, 聞イテ果シテ自ラ喜ブデアロウカ恥ジルデアロウカ, 聞イテ浅草辺カラ下谷辺ヲ歩イテ, 聞イテ知ッテタンダロウミンナデ寄ッテ集ッテコノ老人ヲ騙, 聞イテ頼シンデ居, 聞イテ颯子ガネグリジェノマヽ駈ケ付ケテ来, 聞エアルニ依テ, 聞エソノ勢逐日熾烈, 聞エテタヨウナ気ガスルケレド寝惚ケテタンデ蟋蟀ガ, 聞エテ来ナイワ, 聞エルガ涙脆ク, 聞エ且婦女子ニ於テハ驚キ怖ルル者, 聞カサレタノデギクリトシタトイウノガ偽ラザル気持カモ知レナイ, 聞カサレルト予モ何トカシテ居残ル算段ヲシナケレバナラナイ, 聞カザル所ニシテ人ニ向ツテハ, 聞カシテ置キナサルガイイトテイジョウヲコメテ帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 聞カシテ貰ウ前ニ, 聞カズシテ昨日出来上ッタカラハ晩ニ呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 聞カズヤ人生ヲシテ別離セシム老翁ハ孫ヲ哭シ, 聞カセタガオカシナコトニソウ思イナガラ彼女ノ足ヲシャブルコトハ一, 聞カセテ御役, 聞カセテアゲタイト思ッタデスソレデコンナ陰気ナノヲヤッテオ気ニ障ッテ済マナイコトアリマス, 聞カセテアゲルコトアリマススペインハ日本人イスパニヤ言イマスイスパニヤハ果物タイヘンオイシイデス唄モナカナカ面白イデスオ婆サンモ若イ娘サンモ, 聞カナイデモイヽマア鱧ヲ食イナサイ, 聞カナイトワカラナイガ多分直線ノホウガヨリ, 聞カヌ故ニコウナッタガ, 聞カバ坐ナガラ待ツ可ラズ, 聞カレヌト云ッタラソンナラ今暑イ盛リダカラ七月末マデ居ロトイウ, 聞カンコトヲ冀フヤ, 聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 聞キシガたちしだれナル名ハ意義ニ於テモ少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ, 聞キタガラズタマタマ僕ガ猥談メイタ話ヲシカケルトタチマチ耳ヲ蔽ウテシマウ彼女ノイワユル, 聞キテ襟ヲ正, 聞キナガラ正之助ヲ呼ン, 聞キニ入レルデス, 聞キニ行ッテ戻ッテ, 聞キマセヌ真偽ヲ知ラヌ兄, 聞キ余暇互ニ議論ヲ闘ハシタリ, 聞キ候テ可討留物ヲ残リ, 聞キ及ビ候ガ御面倒ナガラ発行所ト如何ナル御作, 聞キ楼欄ニ憑ツテ之ヲ観ルニ, 聞や, 聞クカラオレガモト行ッタ時ノ様子ヲハナシテ勤, 聞クコトナク出発スレバ貴艇, 聞クト助ケテヤッタ, 聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, 聞クナラク浅草公園上野広小路辺ノ洋風酒肆近年皆競ツテ美人, 聞クニオノシガ出過ギタコトヲイウトハ失礼ダト, 聞ク東呉人ヲシテ洛陽ニ入ラシム, 聞ク機会ガナカッタカラデモアルガアマリ早ク聞キタクナカッタカラデモアッタ, 聞ク越前侯は廿八日国, 聞ケタ故諸所聞キ合ワセタ所ガ, 聞ケバ大ニ趣, 聞ケバキット私ヲ返, 聞ケバキツト私ヲ返, 聞コエ判読不能ノ意, 聞シメサレ阿倍川ヲ越エ給ヒ, 聞ス情切ニシテ涕泣言ウ所ヲ知ラズ, 聞セシムルニ十分ナルガ爲メニ日本大多數國民, 聞ニ達し置度事も在, 聞ニ達セし人, 聞ユルカラカネテソノ咄モ聞イテ居タ故ニ, 聞ユルハ御謀反, 聞也末代以テ如此成ヘシ, 聞一見も人, 聞五大洲中の情態, 聞体験心閲を筆, 聞侍るなり秘, 聞侍るべき只, 聞係り記憶係り, 聞入りモンスーンの大, 聞入り次の日, 聞具合では必ず多少, 聞合せたるによつて, 聞合せまする処澤田右衞門夫婦は, 聞合せませうまア旦那, 聞合せれば直に, 聞合せ候が仏語, 聞合わしてくれ, 聞合わせたものであった, 聞咎めたる思入にて, 聞咎めないわけには, 聞奉りてかける, 聞孫引に聞い, 聞定めて吻, 聞定めないで現, 聞定めようとした, 聞心地のよい, 聞怖じするような, 聞惚れたる風を, 聞惚れまして, 聞惚れましたかこちら, 聞惚れ見惚れあこがれて, 聞慣れたる主の, 聞新しい事柄が, 聞来りて, 聞棄てるとしてそつ, 聞正すまでもなく, 聞此家に泊つて, 聞済まして忽ち, 聞済み下さいましたが高, 聞済み下され有が, 聞済み下されますよう, 聞演説をさせられた, 聞用意仕候内, 聞留めれムルチてる, 聞目睹したる結果, 聞真似に発句狂歌, 聞着けたが, 聞着る者も, 聞子まで, 聞糺さずに翌日, 聞終りて警察長, 聞給わば我と, 聞習い焼餅は, 聞見せしことなく, 聞遊ばしてと屹, 聞遊ばしましたかと良人, 聞違いが起るだろう, 聞遠山侯之全, 聞附けまして, 聞難い事まで, 聞香味触の, 聞馴れぬすずしい澄んだ, 聞馴染のお