青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「耳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考へ~ ~考へた 考へた~ ~考へる 考へる~ 考察~ ~者 者~ 而~ ~耳
耳~
聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~

「耳~」 22000, 238ppm, 413位

▼ 耳~ (6415, 29.2%)

277 して 229 口を 176 した 128 入れて 92 すると 75 しながら 64 残って 61 したの, 響いた 60 したこと 58 ついた, 入った 52 入って 40 はいった, 入つた, 響いて 39 入ると 37 入る 32 ささやいた, すること, つく, 聞えて 31 囁いた 23 した時 22 しました 21 あてて, ついて 20 した事, するの, はいらなかった, 入つて, 手を, 聞えた 18 する, 入らなかった 17 したが, したので, はさんで, 入れた 16 這入って, 響く 15 しても 14 しては, するや, 入ったの 13 したり, するところ 12 とめて, はいりました, 何か, 入りました, 当てて 11 きこえて, さ, したとき, はいったの, ひびいて, 入ったので, 聞いて 10 のこって, 伝わって, 入れたいこと, 囁くと 9 こびりついて, したと, したよう, しなかった, するが, つくの, つくよう, はいったので, 入るの, 囁いて

8 [12件] あてた, きこえた, したもの, それが, たこが, はいった時, はいらないよう, 入れずに, 入れたの, 唇を, 残った, 聞くもの

7 [18件] いれて, したから, します, する時, ひ, 入つたの, 入ること, 入るもの, 入れなかった, 入れようと, 入れると, 入れるの, 囁きます, 残つてゐる, 聞いた, 聞こえて, 蓋を, 馴れて

6 [17件] ある, したところ, しつつ, するに, すれば, ひびいた, 入ったもの, 入らない, 入らないよう, 入らぬよう, 入るや, 入れ度, 挟んで, 殘つてゐる, 留めて, 聞えるもの, 達して

5 [31件] かけて, ささやいて, しましたが, するたび, する機会, ついたの, ついたので, つけて, とまって, はいったと, はいれば, はさんだ, 入つて來, 入るは, 入れに, 入れば, 入れまいと, 入れること, 口, 囁きました, 囁くの, 当てると, 此世話が, 男の, 聞えるの, 聴いて, 聽え, 這入ると, 響いたの, 響いた時, 顔を

4 [43件] かすかに, きくこと, ささやきました, したか, したという, してから, しない, しないでは, するよう, たこの, ついたり, とめたの, はいったもの, はいらない, 今宵も, 伝えて, 伝わった, 入ったから, 入らないで, 入らないほど, 入らなかったの, 入らぬの, 入りて, 入るか, 入るから, 入るので, 入れたいと, 入れたこと, 入れては, 入れても, 入れました, 入れようとも, 当て, 当てた, 愬へる, 挾んで, 染みつけられた物語りの, 聞える, 聞こえるよう, 這入つて, 附いて, 響きました, 響くの

3 [95件] あった, あつめて, あてました, あてますと, あてると, いれた, かけた受話器, きくもの, きこえました, こんなこと, ささやくの, さへ, したあの, したお, したん, した例, した瞬間, した者, した言葉, しないが, しますが, しますと, すると共に, するばかり, するもの, するやう, そつと, つきて, つきました, つきます, つきやすい, つくだけ, つくばかり, のこった, はいったから, はいらなかつた, はいらぬよう, はいりましたか, はさみながら, はさんだその, はっきりと, ひびく, ひびくと, よみがえって, タコの, 入ったか, 入ったこと, 入ったと, 入ったとき, 入つたもの, 入つたら, 入らず, 入らないもの, 入らなかつた, 入りまして, 入るに, 入るよう, 入れたん, 入れねば, 入れました事, 入れようとは, 入れるや, 全身の, 囁きて, 届いて, 強く響いた, 念仏, 慣れて, 栓を, 止めて, 止めながら, 残して, 残つた, 残りて, 熟して, 甦って, 異様に, 私の, 立って, 綿を, 聞えました, 聞くと, 聞こえた, 落ちて, 触って, 近い処, 這入った, 這入ったの, 這入つた, 達した, 達したの, 達した時, 集めて, 響くので, 響くよう

2 [293件] あた, あったので, あて, あてがって, いたしました, いたす, おかしく聞えた, かけた, かぶさって, きいたこと, きいて, きき眼, きこえたの, きこえる, きこえるの, きこえるもの, きこゆる, きたなく聞えし, こう云う, こびりついた, ささやくよう, しき, したかと, したかの, したし, しただけ, しただけでも, したばかり, したること, したわけ, した人, した彼, した次, した話, しないかの, しないの, しなかったか, しなかったかの, しながらも, しましたとき, しませんでした, しようとは, す, するあの, するこの, するその, するだに, するより, するを, する度, せしが, せずに, せぬ, せば, そんな声, ついたほど, つかなかった, つき出した, つき出して, つくから, つくくらい, つくので, つくやう, つく啄木鳥, つく程, つたわって, つらきこと開陳, とどいて, とどくと, とまりまして, とめた, とめたか, とめたので, なかった, なにかささやきました, なにかを, なにごとか, なにごとかを, のこすと, はいったこと, はいったころ, はいったらしい, はいった為, はいらないの, はいらなかつたやう, はいらぬ振り, はいりその, はいりそれ, はいりませんでした, はさんだの, はめ, ひそひそと, ひやりと聞き, ふれて, まざまざと, もとめずに, タコが, 不思議な, 不愉快に, 二つの, 付いた, 付いたり, 付いて, 伝えたの, 伝はつた, 伝ふ, 伝へられて, 何者かが, 傳ふ, 僕の, 入ったところ, 入った以上, 入った時, 入つ, 入つた時, 入らずして, 入らずに, 入らないと, 入らないという, 入らないので, 入らないん, 入らなかったほど, 入らなかったよう, 入らなかつたもの, 入らなければ, 入らぬくらい, 入らぬこそ, 入らぬほど, 入らぬやう, 入らぬ体, 入らぬ程不愉快, 入らぬ訳, 入らぬ體, 入らばこそ, 入りしは, 入りその, 入りたり, 入りぬと, 入ります, 入りませんでした, 入りやすい, 入り來, 入るけれど, 入るべき犯したる罪, 入るまで, 入る二人, 入る勿, 入る日, 入る筈, 入れざるを, 入れたい事, 入れたい儀, 入れたそう, 入れただけ, 入れたと, 入れたまま, 入れたもの, 入れない, 入れないで, 入れぬこと, 入れぬよう, 入れました通り, 入れましょう, 入れましょうか, 入れますと, 入れませんでした, 入れよう, 入れるでも, 入れるまでも, 入れるよう, 入れんと, 入れ奉りぬ, 入ろうものなら, 入候, 冷水を, 口に, 口寄せて, 囁かれた夫人, 囁くよう, 堕ち来れど, 女の, 妙な, 届いたの, 届きそう, 届く, 巻煙草を, 張り上げました, 強くひびいた, 当てました, 当てますと, 当てる, 徹えた, 徹しぬ, 応えた, 快かった, 快く響く, 快よく, 急に, 怪しくひびいた, 或る, 戻って, 持って, 指で, 挟んだの, 挿さんだ, 接した方, 止まった, 止めなかった, 残ったよう, 残らなかった, 残る, 残るよう, 殘りました, 毛の, 水が, 沁みる, 洩れて, 流れて, 激した, 無限の, 熟せり, 當てた, 痛かった, 眼を, 着いて, 穿ちたる孔, 立つ, 立つもの, 立つ音, 聞いただけ, 聞えたこと, 聞えたの, 聞えたので, 聞えなかった, 聞えるので, 聞えるやう, 聞えるよう, 聞える音, 聞きなれぬは, 聞き手, 聞くところ, 聞くの, 聞くや, 聞くやう, 聞くよう, 聞こえました, 聞こえるもの, 聞ゆる, 聴いた, 聴え, 聴えぬ, 胼胝が, 至るまで, 致して, 蒐めて, 蛙を, 触らうと, 触れたこと, 觸れた, 訴へ, 訴へる, 足の, 近いところ, 近い處, 逆ふも, 這入ったので, 這入つたの, 這入らないらしく尚も, 這入りは, 這入る, 這入るから, 這入れば, 通う, 通じたか, 通じたの, 達したと, 達したので, 達したもの, 達しましたところ, 達せられた時, 遠慮し, 金環を, 鉛筆を, 鋭く響いた, 錐を, 附きて, 障る, 響いたもの, 響かせた, 馬の, 馴れた快, 馴れない笛, 黒い耳輪

1 [2454件 抜粋] あかが, あつめ足音, あてたるが, あてる受話器, あの音, あり飯, ある彼兒, あんなに聞きなれた, いきなりかぶさっ, いたしまいて, いたすよう, いひしらぬ柔, いれたとき, いれねば, いれること, いれ折角, うつろうはず, うるさかった, おちた, お前は, かきよせながら, かけたまま, かけ同じく, かなりの, がんがんと響く, きかせたの, きき自分, きくの, きこえるモールス符号, きれぎれな語尾, くらべて, こうささやく, こころよい点, このこと, この竹法螺, こびりつくやう, こもれり外, さかんな, ささやいた彼女, ささやかれたその, ささやきやさしい細い, ささやくなど, さしはさみし新聞記者, さらに触るる, されて, さわって, しおり乳岩, したえず, したこの, したそれ, したであろう, したには, したもん, したら使って, したる義仲, したジルノルマン氏, した一人, した丁蘭, した之, した今, した児玉, した千代子, した国民, した如何なる, した宮廷生活, した張飛, した折, した時フクレ, した流言浮説, した紀州様, した評判, した途端, してさえ, してない事, しないこと, しないよう, しない遊戯唄, しなかったの, しはじめてからは, しましても, しみたの, しゃべり散らし賄賂, しろこの, し全身, し忍返し, じかに聞え, すぐはいつてしまつたもんだから, すりつけて, するから, するさえ, するであろう, するにより, するやいなや, する事, する唄, する怪魔ミミ族, する曲, する色まち, する近しい, すれ, せざりしやと, せし人, せずただ, せぬの, せらる, そうした醜悪さ, そっと口, そのまま移す, その子供たち, その甘い, それを, たしかに, たつ, たなごころを, だつて, ちらちらと, ついたから, ついたは, ついた貨車, ついで眼も, つかぬてい, つきはじめて, つき出したので, つくこと, つくつて, つくもの, つく東京, つく音, つたはつた, では, とどいただけでも, とどきでも, とどく距離, とまった, とまるよう, とめた咳ばらい, とめながら, とめ椅子, どんなこと, なく, なされたには, なじむよう, なつかしく感じ, なにやらささやく, ぬかして, のこる響き, はいったが, はいったのでな, はいったらお互い, はいった事, はいらずいそいそ, はいらず懸命, はいらないはず, はいらないわけ, はいらなかったため, はいらぬ, はいらぬ様, はいりそう, はいりましたらよし, はいりよし, はいり鉄檻, はさみ今, はさんだきり, はさんだので, はさんだ車夫, はっきり聴き取れる, はるか上の, ひっかかった, ひびいたの, ひびきました, ひびを, ふつと, ふれたが, ぶっ放したい, また新しく, まづ伝, もう聞えなかった, もつれかかるおくれ毛, や, やや暫らく, よく入りませんでした, よみが, わかるか, イヤ, ゴムまりを, ハサんでは, ピストルの, ボレロの, ワアンワアン喚声が, 一条の, 一章句を, 三度に, 与へる効果, 乱入し, 云って, 今夜怪しい, 付いたの, 付くよう, 仰向き小声, 伝えしめた, 伝えるじゃ, 伝はり, 伝へて, 伝へるやう, 伝わっても, 伝わる, 伝わる時, 似て, 何ごとかぼそ, 何を, 何等の, 偏し, 傳はつた, 傳へる, 先立つて, 入っただけ, 入ったらしく老婆, 入ったら私, 入った泣き声, 入った音, 入つた丸屋六兵衞殺し, 入らざるさま, 入らず側, 入らず自分, 入らないだけ, 入らないふり, 入らない様子, 入らなかったので, 入らなかつたの, 入らぬが, 入らぬまま, 入らぬらしく折, 入らぬ人, 入らんの, 入りしが, 入りし馬丁車夫, 入りどう, 入りましたから, 入りますよ, 入りやすく, 入り一時, 入り台覧, 入り来と, 入り目, 入るうらやましき, 入るただ一つ, 入るとともに, 入るべき, 入るまでは, 入る事, 入る大帝小兒, 入る様, 入る言葉, 入れおきたくまた, 入れず倉皇, 入れたあの, 入れたかつたの, 入れたくないの, 入れたく存じて, 入れたならお, 入れたらこれ, 入れた儀, 入れた早乙女主水, 入れてないの, 入れとくわな, 入れないよう, 入れなかったが, 入れなかつたが, 入れなければ, 入れま, 入れましたわけ, 入れません, 入れよとの, 入れり, 入れるとか, 入れるもの, 入れる人, 入れる訳, 入れんが, 入れ玉, 入れ郷里, 入ツ, 内臓的な, 切れ切れに, 刺さった, 反感を, 受取らないわけ, 口ば, 吹きこんだの, 吹き込むよりも, 咎めて, 唾を, 喰い下がったの, 囁いたらそいつ, 囁かうと, 囁きはじめた, 囁こうと, 垂れた紅白, 多摩川の, 奇妙な, 始めて, 子の, 宿駅の, 對する, 小声で, 就いて, 届いたとしても, 届かないの, 届こうわけ, 左様さ貴方の, 希望を, 強くひびきました, 当てたまま, 当てるの, 当夜の, 彼自身の, 徹する叫ぶ如き音, 応えた時, 快い松風, 快く響かない, 念仏であろう, 念佛だ, 怪しい物, 恐怖を, 意外にも, 感じた事, 慌しいキス, 慣れた時分, 懸って, 手押ポンプの, 押しあてて, 押付けて, 拜し, 挟みながら, 挟んだまま, 挟んだ彼等, 挾むと, 挾んでから, 捕えながら, 掛けたるが, 推付けれ, 新しい, 新しく聞える, 新らしく響いた, 明瞭に, 書生の, 望月刑事は, 来るならずや, 東風城陥り, 柔かい京都弁, 楽しそう, 止まりました, 止めは, 殆ど天上, 残しながら, 残つてゐ, 残らず入れて, 残り机, 残るや, 殘つてゐるだらう, 殘ります, 気ぜわしげ, 沁みこむ響, 沁みます, 注ぎ入れたる大, 注意を, 流れ込むその, 消えけりほと, 添水が, 満ちたりと, 滲みとおると, 潺, 火の, 焼かれたよう, 熟するの, 熱く感じられた, 特有な, 猶ほ, 甘くささやかれた, 留まったけれど, 留めた鋭く, 留め偖, 異様な, 疑惑を, 痛い木枯らし, 皮肉に, 真珠を, 着く, 知り五体, 知れ渡つて, 私語く, 空氣を, 窓の, 立ち聞きされた, 立つほどの, 筒ぬけ, 籠って, 細語く, 絶間なし, 美しい情婦, 耳鳴りが, 聞いたばかり, 聞いた彼女, 聞えさせおれ, 聞えない音, 聞えるという, 聞える幻, 聞かすには, 聞かせ始めた, 聞きたるは, 聞きとれた, 聞きはさんだ, 聞き届けられて, 聞き眼, 聞くとおり, 聞く力, 聞く蛙, 聞こうとも, 聞こえたもの, 聞こえないの, 聞こえるほど, 聞こえ妻, 聞分けかねたれど, 聴えよう, 聴き分けるから, 聴くため, 聴けば, 聽か, 胼胝である, 致しましたばかり, 致しまする, 色々な, 蒐めある, 蔽っ被さって, 蘇つて来た, 蝉なき, 裏の, 親しからしめた, 角田川の, 触れぬ振り, 触れ因って, 訪づれし悲歌の, 訴える意味そのもの, 詰めて, 説きあかして, 調を, 豌豆を, 軽い風, 近々と囁く, 近く其の, 近く響い, 近づけては, 迦陵頻伽と, 追って, 逆らった, 這入ったと, 這入った時, 這入て, 這入らないま, 這入りました, 這入り包みきれなくなって, 這入る位, 這入ろうもの, 通じたと, 通じないよう, 通ふ, 達したいが, 達したとしても, 達しました, 達し土地, 達するには, 達せぬ事, 遠くなりました, 酒タバコ絹は, 鋭くその, 附いたの, 降りて, 障って, 障りましょう, 集中し, 面白くない, 音楽を, 響いたものぢ, 響きかの, 響きぬ, 響き渡って, 響くその, 響くほど, 響く声, 響く村田, 響けり, 風だった, 食い入るよう, 馴れた古い, 馴れぬ風, 騒々しく聞えた, 魔者の, 鳴りハラワタ, 鳴り響きその, 黒子の

▼ 耳~ (6405, 29.1%)

486 傾けて 271 澄まして 259 すまして 181 傾けた 119 澄ました 94 すました 72 澄ますと 67 すますと, 立てて 66 かたむけて 64 傾けながら 62 澄して 43 そばだてた 38 澄す, 澄ます 37 ふさいで 34 欹てた, 立てた 32 傾ける, 傾けると, 塞いで, 澄した 31 そばだてて 30 かたむけた, たてて, 傾けました, 澄ませて 28 澄ましたが, 貸して 26 つけて 25 すましました, たてた, 疑った 24 かして, すます, 傾けたり 23 あてて 22 傾けること 21 澄ませば 20 打った, 持って, 澄ましながら 19 そろえて, 聳て 18 傾けるの, 傾けるよう 16 すましたが, 疑って 15 欹てて 14 すましながら, すませば, 傾けたが, 聳てた 13 傾けたの, 澄ましても, 疑うよう 12 寄せて, 澄せ, 聳てて 11 おさえて, すませて, もって, 掠めて, 立て, 聾せん, 貸さなかった 10 かすめて, 引き立てて, 打って 9 つかんで, ふさいだ, 傾け, 傾けようと, 抑えて, 澄ませた, 立てると, 聾するばかりの

8 [11件] うった, かたむけながら, すませた, そばだてる, 傾けるもの, 当てて, 疑いました, 疑ふやう, 立てながら, 聾するばかり, 貸せ

7 [16件] あてた, すましても, すますよう, そばだてると, 借さ, 傾けつ, 傾けなければ, 傾ける人, 傾ける者, 押えて, 持つて, 掩う, 欹て, 澄ましました, 立てる, 聾するよう

6 [18件] かせ, かそうと, して, すまし, そばだて, そば立て, つまんで, つんざくよう, とめて, 打つ, 打つた, 澄ますよう, 留めて, 聳てる, 藉さず, 藉し, 藉す, 貸しながら

5 [31件] うたがった, おさへて, かさないで, すますの, そばだてたが, 伏せて, 借して, 借す, 傾けては, 傾げた, 垂れて, 塞いだり, 峙てて, 引っ立てた, 引張って, 打ちました, 押しつけて, 揃えて, 欹てる, 澄しても, 澄すと, 澄まし, 澄ましたり, 澄ますの, 立てたり, 立てました, 聞かした, 聾する許, 藉さなかった, 貫く, 驚かした

4 [48件] おしつけて, お貸し, かいて, かさなかった, すましたり, すましましたが, すましますと, すまし目, そば立てた, たてると, つけた, つんざいた, ふさいでも, やった, 両手で, 傾けその, 傾けた後, 傾けつつ, 傾けても, 傾けぬ, 傾けねば, 傾けも, 傾けようとも, 傾けるやう, 刺戟する, 動かして, 塞いだ, 引っ張った, 引っ張って, 引っ立てて, 打ったの, 振って, 掠めた, 掩って, 掴んで, 掻いて, 洗う, 澄しながら, 澄ましてから, 澄ましますと, 澄ませると, 疑いながら, 疑うた, 疑つた, 疑つて, 立てたの, 聳だ, 襲った

3 [90件] あて, うたがうよう, おおうよう, おさえながら, かいた, かさずに, かした, かしながら, かす者は, かそうとは, かたむけたり, かたむけました, くっつけて, すましたの, すませたり, そばだてながら, そばだてました, そばだてよ, そらして, そろへて, たてました, たてる, たれて, ぢつと, つけると, ひかれた, ひっぱった, ふさぎ眼, やって, 付けて, 借そう, 傾くれば, 傾けずには, 傾けそして, 傾けてるうち, 傾けます, 傾けまた, 傾けよう, 傾けるだけ, 傾けるとも, 傾けるならば, 傾けるに, 傾ける事, 傾ける風, 傾げて, 傾むけた, 働かせて, 切って, 刺すよう, 刺戟した, 劈いた, 噛んで, 寄せた, 峙だ, 峙てた, 引つ張, 引張つて, 彼の, 打ったもの, 押へて, 拝借, 振つて, 掩うて, 掩った, 掩ひ, 掩ふ, 擘く, 欹てたり, 欹てながら, 欹てると, 洗うて, 洗って, 済まして, 澄してる, 澄ましたの, 澄まし眼, 澄ますに, 疑うかの, 立てたが, 立てるの, 聾し, 自分の, 藉さない, 衝った, 見た, 貸さない, 貸しも, 貸そうとも, 赤くし, 驚かして

2 [241件] あてると, あはれむ頭巾かな, うつ, おかし, おどろかした, かきました, かさない, かさんこと, かしげて, かしげながら, かしな, かじりました, かすこと, かすった, かすどころ, かすめた, かす気, かそう, かそうとも, かたぶけるやう, かたむけ, かたむけたが, かたむけたの, かたむけたま, かたむけようとは, かたむけると, かたむけるの, かたむける者, かみながら, したの, すましたうえ, すましてから, すますやう, すます時, すませ, すませながら, すませました, その音, そばだてざるを, そばだて眼, たつれば, たて, たべて, だらりと, ついた, つかまえて, つかみながら, つき出して, つけるよう, つんざいたかと, つんざくばかりに, つんざくやう, とられて, ひっぱられました, ふさいだまま, ふさぎ, ふさぎすべて, ふさぎたいよう, ふさぎ目, ふさぐこと, もちぼやぼや, もつて, やらねば, よこせ, よせて, ソッと, 中心に, 仮さずに, 信じかねた, 借した, 借しても, 借すこと, 借すの, 借せ, 側立て, 傾く, 傾くるに, 傾けさせた, 傾けさせられました, 傾けさせること, 傾けざるを, 傾けずに, 傾けそれ, 傾けそれからまた, 傾けたいと, 傾けたこと, 傾けたと, 傾けたまま, 傾けない, 傾けないで, 傾けないでは, 傾けないの, 傾けなかつたの, 傾けましたけれども, 傾けようとは, 傾けるだけの, 傾けるふう, 傾けるほど, 傾ける度量, 傾ける気, 傾け居られし上人, 傾け玄関, 傾け目, 傾げながら, 傾むけ, 傾むける, 凝らした, 凝らして, 切るの, 刺したの, 刺しました, 刺すやう, 劈く, 包んで, 博士の, 吊りあげて, 向けて, 噛まれて, 噛んだの, 噛んだり, 圧え, 圧えた, 地に, 堅く, 塞ぎて, 塞ぐ, 塞ぐと, 寄せると, 寄せる時, 引き立てた, 引く, 引っぱって, 引っ張ったり, 引ッ張っ, 引張つた, 引張るの, 引立てて, 当て, 当てたり, 当て地, 忘れて, 意識し, 憚って, 憚る, 截り捨てたい, 手で, 打たれた, 打ち鼻, 打つに, 打つ礫, 抑えた, 抑へ, 押しあてた, 押しつける, 押し付けた, 押し付けて, 押し当てて, 押つけ, 拾って, 振りながら, 掘りながら, 掠った, 掠め去った, 掩い, 掩つた, 掩ひたく思ふ, 掩わ, 掴んだ, 掻き, 撃った, 擽って, 放たず, 斬り落せと, 枷に, 楽しませて, 欹つ, 殺ぎ落され肩先, 汚させて, 洗はむ, 洗ひ, 澄しました, 澄せり, 澄まさずには, 澄ましたならば, 澄ましつつ, 澄ましてを, 澄ましぬ, 澄ますやう, 澄ます恰好, 澄ます沈黙, 澄ませましたが, 澄ませるやう, 澄まそうと, 濟まして, 男の, 疑うほど, 疑ったの, 疑ったほど, 疑わずには, 着けて, 研いで, 穴の, 突く, 立てるよう, 立て眼, 筒の, 紅くし, 聾した, 聾する様, 肩で, 脅しました, 蔽うた, 蔽うて, 蔽ひ, 藉さう, 藉さなかつた, 衝いて, 襲って, 襲へ, 覆つて, 覆ひたいやう, 見ると, 貫いた, 貫ぬい, 貫ぬいた, 貸さないで, 貸した, 貸しな, 貸す, 貸すこと, 貸そうと, 貸そうとは, 近づけた, 近づけて, 近付けて, 附けて, 離れて, 離れない, 騷が, 驚かす, 驚かせた

1 [1901件 抜粋] あかくさせた, あてがった, あてる, あてろこの, あの醜い, いたく刺戟, いや心, うたが, うたれた, うったあの, うって, うつ天空, おおいあえて, おおいて, おおう, おおえども, おさえる, おさえ聴くまいとして, おしつけた, おそれるよう, おっ付けたの, おびやかした, お澄ましなされました, お貸しなされ, かき始めた, かさうとも, かさずまるで, かさず夏侯尚, かさず彼女, かさず正しい, かさないこと, かさない強情さ, かさぬかの, かしげましたが, かしてと, かしひろ子, かしスープ, かし賜わろうか, かすって, かすべくも, かすめます, かすもの, かする, かす値打, かす暇, かす訳, かたぶけよ, かたむけしむる, かたむけず一人, かたむけつづける, かたむけなくなって, かたむけようと, かたむけること, かたむけるよりも, かたむける方, かたむけ念仏, かりたい, きっと立て, くすぐった, くすぐられるやう, くすぐる恋慕流し, くわれるところ, けがすまでで, こそぐって, さあお切り, さらえて, しつかり持つて, しゃぶらせくすぐったく, すまさないわけ, すましおびえた目, すましただけの, すました雪, すましはじめる, すまし劇, すまし時々, すまし眼, すますうち, すますとき, すます様子, すます軍兵, すませた上, すりつけて, そぎ落されたのち, その唇, その胸, そばだたしめたの, そばだつるまでも, そばだてさせた, そばだてたあの, そばだてます, そばだてるやう, そばだて目, そばへ, そびやかして, そらし口, た, たつる, たてたが, たてる無心, たのしくする, ちぎりあるいは, つかまへる, つきぬいた, つぎには, つけた時, つける, つっ立てた女, つねりながら, つまみ耳, つよく衝, つんざいた声, つんざき渦, つんざくと, つんざく怖, つんざく音, とがらして, とめ, どう振っ, なごめた, なでられて, なめて, ねじられたので, はじいて, はなれない, ばさばさやり, ひかれる物凄い, ひたした沈黙, ひっぱられずるずる, ひつぱりました, ひどく傷め, びゅんと撃ち, ぴたりと, ぴんとつつ, ふいと, ふさいだり, ふさぎ嘔吐, ふさぎ恐るべき, ふさぐの, ふさぐ女子, ふさげば, ぶち破る, ほがら, ぼんやり傾け, めがけて, もたなかった, もつた胸, やき魂, やる, よせ台本, ろうする爆発音, わざと蔽い隠す, ガンとして, ジクラゲだ, ピク, ブラリと, ラジオに, 一寸傾げた, 上衣の, 両箸, 二つとも, 付けた, 仮さないらしくなにか頻りに, 仮したため, 仮そうとは, 伏せ眼, 作りたい, 信じかねるやう, 信じられなかった, 借さずに, 借し給, 借す事, 側たてる, 傾くべきところ, 傾くるの, 傾くる者, 傾けある, 傾けいちいち, 傾けさ, 傾けさせないでは, 傾けさせるといふ, 傾けさらに, 傾けしめしかる後, 傾けすべて, 傾けず自分一人, 傾けず長州, 傾けそれら一団, 傾けただけの, 傾けたに, 傾けたらその, 傾けた上, 傾けた揚句, 傾けた為作, 傾けだした, 傾けつづけて, 傾けてるの, 傾けないから, 傾けないよう, 傾けなかった, 傾けなかった理由, 傾けぬから, 傾けぬ纔, 傾けましたが, 傾けませんでした, 傾けようとしても, 傾けよとも, 傾けられんこと, 傾けるけれども, 傾けるという, 傾けるので, 傾けるほどに, 傾けるを, 傾ける余裕, 傾ける平次, 傾ける性質, 傾ける能力, 傾ける表情, 傾けろと, 傾け二, 傾け半ば僕, 傾け外界, 傾け始め何やかや, 傾け居たり, 傾け彼等, 傾け慣れて, 傾け暫く, 傾け木, 傾け皺手, 傾け答なき声, 傾け自分, 傾け詩作, 傾け遂に, 傾け驚いて, 傾げても, 傾むけなけれ, 先へ, 兩手で, 凝して, 出して, 切られ殺されて, 切り去る, 切り落とされ京, 切る地獄, 刺したと, 刺すと共に, 刺激した, 剃落しちゃったじゃ, 削がれる刑, 劈いて, 劈く様, 動かし前肢, 千裂りかけた, 占めるの, 取り上げ泥, 叩きはじめました, 叩く, 向けたわ, 吹いただけ, 喜ばすべき種類, 喰ひ, 嗅いだやつ, 噛み切つて, 困らした, 圧する轟音, 垂れおとなしい, 垂れ草叢, 塞いだらベル, 塞いだ時, 塞がれながら, 塞ぎたかった, 塞ぎ声, 塞ぎ眼, 塞ぐか, 塞ぐやう, 塞ぐ樣, 塞ごうとでも, 変え肩, 夜叢の, 奪うこと, 奪ひ, 奪われたと, 妻の, 嬲るよう, 寄せたあの, 密著けて, 小突きながら, 尖らしあまりに, 山岸中尉の, 峙てたけれども, 差附け, 引いた, 引き立てるので, 引っぱった, 引っぱる, 引っ張られること, 引っ張り春画売り, 引っ張る癖, 引っ立てつ, 引つ張つて, 引つ張りました, 引ツ張ツたり, 引張られた, 引張られると, 引張る事, 引立てた, 引立て宅, 強くつまみあげた, 弾く, 当てる, 得なかつたと, 思わせるが, 恐れるよう, 悦ばしむる, 悲します, 愕か, 懸けて, 手術した, 打たれると, 打ち振り上気, 打ったひそひそ, 打つたの, 打つのみ, 打つよう, 払い頭, 抑えたいくらい, 抑えながら, 抱きしめて, 押えない限り, 押さえさせるかと, 押さへ, 押しつけた, 押立てて, 拝借と, 持たざるや, 持たなかったため, 持ちすぎて, 持ったフリギア王ミダス, 持つ, 持つもの, 指さしたもの, 捉えて, 捉われ, 掘ったり, 掠って, 掠めながら, 掠める雲, 掩うて走る, 掩おいあえて, 掩はんばかりの, 掴まれ引きちぎられたの, 掻きながら, 揃えろの, 損料で, 摘まんだり, 撮んだもの, 擘かんばかりに, 擽つて百姓, 教えるでしょう, 斬つて, 斬り落されたオレ, 斬り落すの, 斬取るだけで, 木枕に, 板壁に, 染め万吉, 楽しまそう, 樂しませる, 欹たしめる, 欹ていつも, 欹てたフロルス, 欹てないわけ, 欹てるまでも, 欹る, 欺し, 殺ぎその, 水道の, 汚しましたが, 沈めて, 洗ういとまもなく, 洗ふ, 洗われるよう, 満した, 澄しぬ, 澄し息を, 澄まさないでは, 澄ましいざ, 澄ましたのみ, 澄ました恰好, 澄ましては, 澄ましやがて, 澄まし初め, 澄まし思い, 澄まし聴き入るよう, 澄ますうち, 澄ますならば, 澄ます五月雨, 澄ませしが, 澄ませても, 澄ませようと, 濟す, 焦点と, 熱くし, 獲得し, 用いざるもの, 畳に, 疑いつい, 疑うほどに, 疑う程, 疑ったくらい, 疑つたが, 疑ひつ, 疑ふばかり, 疑わないで, 疲れさせた, 痛めて, 癇性らしく動かし, 破るよう, 穴に, 突かけ, 突く余, 窄めて, 立てさせるもの, 立てたらそれ, 立てても, 立てるが, 立てるという, 立てろ, 立て拍子木, 立て目, 立て鼻, 経ること, 聞えなくし, 聳立て, 聾させ, 聾し全身ずぶ濡れ, 聾するどよめき, 聾する亂調, 聾する落雷, 聾に, 背後へ, 自分と, 舐められたの, 落しなど, 蓋された, 蔽い皇統, 蔽い難き, 蔽って, 藉さなくなった, 藉した, 藉す者が, 藉そうとも, 衝つ, 裂くばかり, 襲うのみ, 襲ったと, 襲ふ, 覆いたかったであろう, 覆うかの, 覆ふの, 見つけ出しこんど, 見ろ, 角だ, 触りに, 触れるに, 詐く, 調べました, 貫かれて, 貫くよう, 貫けば, 貸さうとも, 貸さず只管松吉, 貸さず青巌寺, 貸さないよう, 貸し, 貸したつて仕様, 貸しては, 貸しませんからね, 貸し給え, 貸すべし他, 貸すよう, 貸せ八, 赧くし, 透まして, 通過しなけれ, 遠ざけたくなりビール, 釘づけ, 鋭い風, 閉ぢて, 除いて, 障子に, 隱すまで, 離れざるべし是, 離れないの, 静めて, 頸を, 風と, 驚かさぬもの, 驚かしぬ, 驚かし魂, 驚かす非常時非常時, 高く立て

▼ 耳~ (2008, 9.1%)

100 底に 59 そばで 31 傍で 27 中に, 穴を 22 中で 17 遠い娘 16 底には, 穴へ 15 あたりを, 上に 14 ところで, ところに, 中へ, 根まで, 附根まで 13 あたりまで, 穴の 12 うしろに, そばへ, 下に, 穴に, 近くで 11 あたりに, はたで, 下の, 側で 10 そばを, やうに, 傍へ 9 下から, 底で

8 [12件] うしろへ, せいか, そばに, つけ根まで, ところへ, なかに, ように, 上まで, 中から, 中が, 後ろに, 根を

7 [15件] あたりへ, うしろで, ほとりに, ような, 上を, 側へ, 傍に, 命, 垢を, 奥に, 底の, 底へ, 根に, 穴から, 附け根

6 [12件] あたりで, うしろを, すぐそば, ところまで, ないよう, 上で, 上の, 中の, 底から, 根迄, 遠い人, 遠い婆さん

5 [15件] うしろの, 下へ, 中を, 奥が, 奥で, 底が, 底を, 後で, 後に, 後へ, 後ろを, 後を, 方が, 辺で, 間に

4 [16件] はたに, 上へ, 下で, 下には, 下まで, 下を, 孔に, 掃除を, 方へ, 根元までも, 毛を, 穴が, 端で, 裏を, 辺まで, 近くに

3 [33件] あたりから, うしろまで, すぐ傍, せいかと, せいで, ない人, なかで, なかへ, なかを, ほうは, やうな, わきに, 健康, 側に, 傍らに, 命に, 垢とりの, 奥へ, 孔が, 後ろから, 所に, 所へ, 方に, 方は, 根へ, 痛くなる, 痛みが, 端へ, 辺へも, 遠いの, 遠い老, 遠くなる, 長いやつ

2 [102件] あたりが, あること, ある猫, ことである, さとい半, すぐ上, すぐ側, すぐ近く, すこし遠い, せいだろう, せいです, せいと, そばでした, そばまで, そば迄, ついて, つけ根の, ところを, ない河童, ながい象たち, ほうへ, まはり, やうだ, わきを, ラヂオ体操, 上から, 下, 下が, 下では, 中では, 中にまで, 二つや, 人, 付け根まで, 位置が, 側まで, 傍らで, 傷を, 働きが, 元で, 八五郎は, 処で, 処へ, 前の, 動くの, 命その, 命は, 垢でも, 奥の, 孔へ, 孔まで, 孔口の, 少し遠い, 形が, 形の, 役目を, 後ろの, 後ろ玉を, 御笠, 感覚が, 所で, 所まで, 所を, 掃除が, 敏い事, 數が, 早さ, 根あかく, 王, 痛いこと, 痛い話, 痛むまでに, 神, 穴まで, 窓から, 紅くな, 肉が, 薔薇の, 裏から, 裏に, 許へ, 話を, 貝で, 辺に, 辺へ, 辺を, 近くまで, 迷いだ, 遠い年寄, 遠い老人, 遠い老母, 遠くなった, 邊に, 長い獣, 長い白犬, 長い驢馬, 青竹を, 顔を, 高くついた, 高さ, 鳴るが, 鼓膜が

1 [700件 抜粋] あたかも唇, あたりには, あたりの, あたりは, あなに, あなは, あなへ, ある世の中, ある世間, ある将, ある生物, ある自画像, ある頭, いい人, いい長い長い電信柱, いたいこと, いや高に, うえの, うごくの, うしろあたりには, うしろかどこかに, うしろから, うしろには, うしろにも, うちで, うちに, うら, おくでなにか, お化けだ, かたわらで, かつこう, かんざし, きくガン人, きこえない子供, きこえない本田, きこえない男, きこえぬ鳥目, けがれと, ことから, ことだ, ことで, ことに, ことまで, ことも, こまく, これも, ごとく耳, せい, せいかしらと, せいかも, せいじゃ, せいだ, せいであった, せいでございましょう, せいとも, そこで, そばでし, そばの, そよぎ, それの, ために, ための, ちかからませ, ついた大, つい後, つい近く, つけもとの, つけ根で, つけ根へ, とおいやといばあさん, とがった尻尾, とがった牙, とがった馬, ところへも, とまる気, とれた水差, ないこと, ないわたし, ない人間みたい, ない浪人者, ない男, ない筑摩則重, なかが, なかの, なる音, はたには, はたの, はたを, はやい二宮君, ぴんとつっ, ぴんと立った, ふちに, ほうまで, ほくろは, ほとりの, ほとりへ, ほとりを, まわりへ, まわりも, もっと近く, もとするどく, もとで, やうで, ようだ, わきで, わき打ち, わるい人, をはずし, カンが, ガラツ八の, キラキラする, スープ皿ハム犢肉松, レントゲン写真で, 一ツです, 上では, 上にだけ, 上までの, 上頭つらぬけ, 下あたり, 下っ端を, 下などには, 下にかけて, 下一, 下三, 下二, 下辺に, 世界, 両わき, 中その, 中でなく, 中でも, 中にでも, 中は, 中も, 中間の, 中鼻の, 主人も, 人或は, 付け根に, 付け根を, 付根まで, 代りに, 傍から, 傍でした, 傍まで, 傍らを, 傍近くに, 傾けら, 傾け方, 働きを, 働く人, 先きが, 先まで, 先を, 兎が, 入口を, 八五郎だ, 具合は, 内が, 処に, 処まで, 切れた黒繻子, 初めてここ, 別, 別の, 利用として, 前に, 割れるほど, 力を, 加減らしい, 動くこと, 化け物どもの, 医者へ, 千切れる, 印象が, 反対の, 可聴範囲外の, 周囲には, 周囲の, 命と, 命の, 命天の, 命次に, 命答へ, 垂れたすら, 垂れた尻尾, 垂れた斑犬, 垢, 垢とりで, 垢には, 垢の, 垢は, 垢取り, 垢取りましょう, 垢取り道具を, 垢取り長官とか, 垢掻く, 外琵琶師の, 多い事, 大い, 大きい爺さん, 大きさ, 大きなゼゲン, 大きな牝犬, 奥から, 奥では, 奥底で, 奧には, 奧を, 如く生れた時, 如く益年, 如く耳, 孔なども, 孔等を, 学問でも, 学問にて, 客等が, 少し違い, 尖がった凄, 尖つた口, 尖に, 尖を, 届く限り, 届く限り洋々, 師匠だけかと, 帽子を, 幅が, 底と, 底まで, 張れが, 形, 形だけは, 形と, 形を, 役とばかり, 役にも, 後から, 後の, 後は, 後ろには, 後ろばかり, 後ろへ, 後ろ頤の, 後上部の, 後部の, 徒多き, 御亭主, 必要も, 怪しきもの, 恰好さえ, 恰好は, 悪いあの, 悪いシュパッツ夫人, 悪い事, 悪い美女赤星龍子, 悪い群衆, 惡い, 感覚にのみ, 感覚は, 慣性の, 所有者だ, 手あてを, 押立って, 持ち主に, 持主が, 掃除まで, 揃った金, 數は, 料理である, 方まで, 方言の, 早いお金, 早いそして, 早いほう, 早い新, 早い新聞記者, 早い興行師仲間, 朶を, 柔かさ, 核心に, 根つこ, 根には, 根までを, 根もとまで, 根元の, 根元まで, 根本に, 根紅かりし, 根色白し, 格恰だけは, 楽しみです, 楽しみ腸, 横に, 横へ, 欠けた奴, 欹つ, 此処を, 毒木石ならぬ, 汚れとは, 治療を, 注意だけは, 注意を, 洞の, 濁りと, 為めに, 無いあの, 無いこの, 熱する, 獣という, 環には, 疎いという, 疎いの, 疾に, 病を, 病気で, 病気でも, 病気に, 病気も, 病気を, 痛い事, 痛い仁, 痛い気, 痛い言葉, 痛さ, 痛みを, 痛む静けさ, 瘤を, 発達が, 白いの, 白さ, 百倍も, 監督が, 真紅色, 眼の, 短かい, 砂を, 破れるやう, 神と, 神に, 神経だけを, 神経に, 神経は, 神經が, 神鳥甘, 穴にでも, 穴にまで, 穴にも, 穴へも, 穴も, 穴をも, 穴鼻の, 空聞だろう, 立ち按排尻尾の, 立った大きな, 立った尾, 立った驢馬, 立つ如くピョンとうしろ, 端に, 端について, 笑ひ, 笠は, 筋肉を, 紅かった, 細部は, 縁に, 縁を, 罪である, 老衰した, 耳もとへ, 聞えない事, 聞えない医師, 聞えない金椎, 聞える者, 聞える限り, 聞こえないの, 聞こえる日, 聞まちがえ, 聡い娘, 聳動する, 聴覚で, 聽くに堪へざる, 聾するばかり, 肉から, 肉の, 背後と, 背後などに, 背後に, 背後を, 背部を, 脇に, 脇まで, 腐った者, 良いこと, 良い学生, 色を, 芝居目の, 茶色の, 蔽いを, 蔽い毛, 蠅でも, 血を, 裂けるよう, 裏が, 裏で, 裏にまで, 裏にも, 裏やがて, 言葉が, 記憶から, 許では, 診察を, 詩である, 誘わるる寂しい, 説を, 譬えだ, 貝と, 走る見当, 辺から, 辺の, 辺りの, 辺りへ, 辺りを, 近くへ, 近くを, 近所について, 迷いだろう, 迷いでも, 迷だった, 迷ひでも, 遠い, 遠いお, 遠いお爺さん, 遠いこと, 遠いこの, 遠いと, 遠いという, 遠いなんぞも, 遠いふり, 遠いぼんやり, 遠いエデイソン, 遠い傭い, 遠い出歯, 遠い北川爺, 遠い大島雲八, 遠い女主人, 遠い奴, 遠い姑, 遠い岩本, 遠い常吉, 遠い智善さん, 遠い母親ぢ, 遠い沢, 遠い爺さん, 遠い牧師, 遠い留守居, 遠い秀麿, 遠い私, 遠い者, 遠い職工, 遠い身体, 遠い鑄掛, 遠い関雪氏, 遠い養母, 遠い髪, 遠くな, 遠くなりゆく, 遠そう, 邊には, 邊より, 部分で, 部分に, 鋭い長平, 鋭敏によるといふよりも, 錯覚では, 長いかた, 長いドンキ, 長い何もの, 長い灰, 長い白兎, 長い顔, 長く垂れ, 間が, 間近で, 附いた板, 附根が, 附根の, 附根は, 附根を, 附着く, 際を, 青い藁半紙, 響によって, 顳, 食です, 飾との, 香水を, 高い尾, 鼓膜に, 鼓膜の, 鼻も

▼ 耳には~ (876, 4.0%)

65 いって 25 いると 14 それが 13 いる 10 入らなかった 7 いるの, ひつた 6 いっては, いつて, 聞えなかった 5 いつた, いること, 入らない, 聞えて 4 いったんだ, いつたの, はいらなかった, ひる, 何の, 入らなかったの, 彼の 3 いるはず, いるもの, したが, その声, ひつて, もうその, 入って, 入れて, 少しも

2 [45件] いったり, いつまでも, いるが, いるよう, いるわけ, して, その女, そんなこと, とどかなかった, なにも, はっきりと, ひるもの, 一度ならず, 一種の, 一言も, 丁度銅鑼, 世間の, 人の, 何か, 何とも彼, 何にも, 余程遠く, 入らずとも, 入らないが, 入らなかつた, 入るまいなれど, 入れずに, 入れまいと, 唯唸る, 妙に, 少しあやし, 届かない, 届かなかった, 急いで, 明らかに, 殆声とは, 波の, 異様な, 真面目な, 絶え間なし, 聞えた, 蛆が, 轟々たる車輪, 通らなかった, 達したる

1 [552件 抜粋] あの一曲, あの猛々しい, あまりにも, あまりに低い, あまりに突飛, あり, あるいは物珍, いってから, いってからは, いっても, いつか蟋蟀の, いつたずゐぶんヘタクソ, いつたと, いつたならば, いつたので, いつたら大, いつた様子, いはば, いやな, いるかも, いるごと, いるであらうといふ, いるので, いるばかり, いるま, いるニュース, いる事柄, いる人, いる時, いる気遣い, いる源氏, いる父, いる程度, いる蔭口, うわの空であった, おどろおどろ遠い, お祖母さんの, お耳, お通, お鳥, かすかな, かっと口, かなり和らげられ, がう, きこえないの, きこえなかったが, きこえません, きしむ身じろぐたび, けさし, こう云う, この, この声, この小川, この恐ろしい, この時海潮音, この波音, この画家, この話, この音楽, さうだ, さだかに, さっきから, さながら轟く, しだいに深く, すうすうと, すぐお礼, すぐ響いたらしい, すこしも, すっかりだまされた, すべて単なる, そうした言葉, そうだ, そして唯物論, そのまま仏界, その一種中, その勇気, その呟き, その文句, その消息, その答え, その裏門, その言葉, それほどの, それ程高価, そんなかすか, そんな物, たしかに, たしかに此剣, ただ, ただその, ただでさえ, ただイヤ, ただ笑っ, だんだんそんな, ちっともはいらないらしかった, ちゃんと届い, つきり, つきりと, つまらなく聞こ, とおるの, ときどき, とどかなかったよう, とにかく自分, どうやら街上飴, どこかに, どちらも, どれほどの, どんどん階子段, どんな感じ, なお彼, なお徒刑囚ら, なかなか掴み, なにか力強く, なほ聞え, はいったが, はいって, はいつ, はいらず言, はいらないだろう, はいらない風, はいらなかったらしい, はいらなかつた, はいらぬと, はいらぬらしかった, はいりますまい, はいりませぬ, はいりませんでした, はげしい刺戟, はっきり響く, はつきりと, ひびかないらしかった, ひらなかつたに, ひらぬやう, ひるほどの, ひるやう, ひる評判, ひる音, へんに, ほとんど一言, ほとんど聴く, ぼんやりと, まことになつかしく, またさまざま, まだはいっ, まだ入らない, まだ東京, まだ起き, まだ飛行機, まったく達しなかった, まつくろ, むろんとなり, めずらしくも, めずらしく聞えた, もうとうとうと, もう何, もう入りません, もう千二, もう定, もう知人, もう馴れつ, やうやく, やがて満座, やがて神様, やはり弁信, ゆうべの, よく聞えた, よく聞きとれない, よく聞き分けられた, よく聞き取れない, よもや入るまい, わたしの, エーゴル即ち, オーケストラの, カッコウとばかり, キクロウプスの, ゴー, ジージーという, セーラーたちの, プラトンだ, ルツソオヴオルテエルユウゴオなどの, ワーテルローの, 一つの, 一向意味, 一律単調である, 一時間も, 一番愉快に, 上の空, 不可思議に, 世界中が, 乗合船特有の, 亀戸といふ, 事上錬磨という, 二人の, 亡父の, 人声や, 人気勢の, 人間の, 人間以外の, 今でも, 他の, 以前から, 何となく有難い, 何とも, 何と微妙, 何も, 何もかも聞え, 何やら變, 何如に, 何時か, 何時でも, 何等の, 余りは, 余り影響を, 併し, 兄の, 光秀の, 入らざら, 入らずそれ, 入らず他人, 入らず純, 入らず頭, 入らでさて, 入らで旅人, 入らないで, 入らないと, 入らないの, 入らなか, 入らなかったけれど, 入らなかったであろう, 入らなかったでしょう, 入らぬであろう, 入らぬらしかつ, 入らぬらしく源十郎, 入りますまい, 入りません, 入りませんけれども, 入るまい, 入るまじと, 入れませんよ, 入れられず夫, 入れられないが, 入れ給うなよ, 全く外国風, 全く這入らなかった, 公爵の, 兵隊の, 典型的と, 内儀の, 内心深く, 内殿の, 冒涜的に, 冗談の, 凱歌の, 初耳の, 判った, 十分快感を, 十町先で, 半分ほど, 却て, 厚い木の葉, 友田の, 取ってつけたような, 只, 可笑しく響いた, 唄である, 唯わざとらしく, 善吉の, 喜びに, 嘘の, 嘲笑の, 園内で, 堂内が, 塗らなかった, 塗らなかつた, 夢の, 大きな波, 大変快かっ, 大河の, 大洋の, 天樂の, 夫が, 奇怪に, 奇異に, 奇遇と, 女達の, 如何に, 姫の, 娘の, 子供の, 孔子の, 学校の, 宛で, 実用向でなくきこえる, 容易に, 寺の, 小さな声, 届かない様, 届かない様子, 山にても, 崖路を, 川長の, 常にも, 平次の, 彼女の, 彼自身の, 復た回っ, 微かに, 必ず夫, 快いが, 快かった, 念仏そうな, 怖らくよそ, 思いがけない新しい声, 思ひだせない, 怨言らしく聞え, 怪しく響い, 恋を, 恐しく響いた, 悲しい響き, 意味などは, 意識し, 慣れたエンジン, 慥かに, 懐かしかった, 戦後の, 手に, 数珠を, 敲き込まれるよう, 新七, 既う, 日を, 明瞭に, 最トック, 最後の審判の, 木ッ端の, 本調子, 東夷東条安房の, 果してこれ, 根強いよう, 格別それ, 格別に, 案外早く, 植込の, 楽しい歌声, 楽しかった, 次の, 止絶れ, 正成が, 正義の, 此方が, 此脅迫の, 殘つ, 殘つてゐた, 毒の, 毛皮を, 永劫に, 江戸の, 江戸ッ子という, 消えにし, 消息が, 涼しく聽, 滑稽に, 漢民族の, 澄代の, 火を, 烈しい目ざまし, 無論物, 無限に, 無駄事だった, 爆裂彈の, 物すごくも, 猶時として世間, 猶飽かぬ, 猿飛佐助と, 現と, 甘い世辞, 生涯消えまじくしみとおった, 甲斐絹の, 甲板の, 留まらずその, 疾風の, 痛い言葉, 白状という, 百雷の, 真昼の, 短刀を, 砲弾の, 神, 秀子の, 種々な, 立たなかった, 紀淡, 約四十年後, 細君の, 総べて, 縁遠い支那, 續い, 美しいオペラ, 美しい主題, 美しくいたわしくあたかも, 耳垢を, 聞いたこと, 聞いて, 聞えずわが, 聞えても, 聞えないの, 聞えない夜, 聞えない超, 聞えませんでした, 聞えるん, 聞かれなかったか, 聞きとれないほど, 聞きながら, 聞きなされます, 聞き取れた, 聞き取れない, 聞き洩らすこと, 聞き苦しいほど, 聞き遁, 聞こえて, 聞こえない音, 聞こえなかったかも, 聞こえません, 聞こえませんでした, 聞こえようとは, 聴えた, 聴えぬ, 聴きとれなかったほど, 聴き覚え, 臙脂の, 舐めつかれるよう, 船歌とも, 良人が, 色即是空の, 艶めかしい, 蒼蠅から, 蚊の, 蝉の, 裏山の, 触れないよう, 誠に蒼蝿, 誰かしら, 誰かの, 調子外れに, 谷全体が, 車井戸の, 近づいて, 近づくに従って, 這入らない, 這入らないくらい, 這入らないの, 這入らないらしかった, 這入らなかった, 這入らなかつた, 通じない語彙, 通らないの, 達しない, 達しなかったよう, 達しなかつた, 遠い都, 遠く千曲川, 郭公の, 野蛮に, 金と, 鈴の, 鋭い音, 鐘の, 陣太鼓の, 陳腐な, 随分聞き, 際立って, 隣りの, 雨の, 静かである, 非常な, 面白くも, 音と, 音を, 音楽であった, 音楽に, 響いた, 響いたの, 響いたので, 響いて, 響いても, 響かないと, 響かなかつた, 響きましたけれど, 頗るまずい, 頭から, 頭巾の, 風音波音ばかり, 食卓の, 餘り, 馬耳東風と, 馬車が, 鵞鳥の, 鶯の, 黄金の, 鼻欠けの

▼ 耳~ (668, 3.0%)

15 遠いので 9 遠いの 7 あるの, 遠い, 遠くて, 遠くなっ 6 遠いから, 遠いん 5 少し遠い, 鳴る 4 がんと, ついて, ないの, ガーンと, 痛い, 遠いと

3 [12件] あった, つんぼに, どうかし, ないよう, ジーンと, 垂れて, 聾に, 遠いし, 遠いもの, 遠かった, 遠くなり, 遠くなる

2 [46件] ある, あるかも, あるけれども, あるならば, おかしくなった, かくれるくらい, がん, きいんと, きこえないの, くっついて, すこし遠い, だん, なければ, よく聞えない, ガアンと, ガンとして, ガンガンと, バカに, 信じられなかった, 全く聞えません, 冴えて, 出て, 利いて, 動く足, 小さいという, 少し悪い, 日の, 早いから, 潰れたかと, 無かった, 疎いらしい, 痛いと, 痛いね, 痛い耳, 痛くなる, 痛んで, 直ぐ聾する, 真赤に, 聞えないん, 遠いか, 遠いらしく, 遠うご, 遠かつ, 遠くなった, 鋭くなった, 鳴るの

1 [442件] あって, あつて, あらはれ真赤, あります, ありますうっかり, あること, あるのに, あるばかりが, あるん, ある声, ある様子, あろうぞ, あろうとはと, あんまり大きい, いい, いいので, いいん, いたい, いたいじゃ, いたいな, いち早く雉子, いっそうほてりだした, うちわの, うつろに, おかしいと, かくれる頃, かけ手足, かゆい, かゆいぞ, かゆくて, かゆくなりました, かゆければ, がんがんする, がんがんと鳴り出し, がんがんなっ, がんがん鳴っ, がんがん鳴りだした, がんとして, きくなら逃げ支度, きこえない, きこえないし, きこえなくなった, きこえなくなり筋肉, きこえなくなるから, きこえなくなるくらい, きこえなくなるという, きこえなくなるの, きこえぬとは, ぐわん, ぐわツと, このまま, この間から, この顔, ござります, ごー, さけるほど, しいんと鳴っ, しつかりして, しびれたよう, しんと, じいんとなっ, じいんと鳴り, すぐれて, するどくて, そういった韻律, そうだ, そがれたとき, そがれ両, そのメロディ, その円天井, その意味, その途端, そろわなくとも, たれさがって, だんだん冷え, だんだん遠く, ちぎれそう, ちぎれても, ちぎれるよう, ちぢれ耳, ちょうど眦, つぶれそう, つぶれて, つぶれるばかりの, つぶれるほどの, つぶれるやう, つぶれるよう, つぶれる胴, つんと立っ, つんぼであった, でかすぎる, でた, とても冷たく, とても気, とどめられて, とまるの, とれるか, どこに, ないと, ないより, なかった, なくった, ねえの, はなはだ小さな, はや聴, ばかに, ひとつ欠け, ひどい耳だれ, ひどく遠い, ひどく遠くて, ひどく遠くなっ, びくと, ぴくっと欹った, ぴったりと, ぴんと立ち, ぴーと, ふとその, ぷるぷるッと, ぺちゃんこに, ほかほかし, ほてる, まず第, まだずいぶん黄色, まだなおらず, まだよく, まだ少しく痛む, もっと反り, やたらに, やはりじいんと鳴っ, やはり波, よくない, よくならない, よく馴らされ, わるいの, わるいん, わんわんする, ガンと, ガンガンいう, ガンガンし, ガンガンする, キーンと, グヮンと, シンシン鳴っ, シーンと, ジイーンと, スイッチだった, ダメな, チカチカと, ピンと, ポロリと, 一つ虧けて, 一つ鼻が, 一人残らず, 一倍働く, 一尺七寸五分といった, 一時に, 一番敏感な, 丁度猫, 七十三対という, 上ったふと, 不思議に, 不自由な, 且つ動く, 二つある, 二つひよつこり出, 二つ手が, 二三日前から, 人様並みに, 今見る, 他人の, 付いて, 仮せましょうか, 似てるぐらい, 何だか変, 何の, 何んか, 何処から, 信じられなかったくらい, 信ぜられなかった, 健在だ, 備わって, 光って, 兎の, 其の圓, 其の圓天井, 其の圓滿, 出来た明, 切れるよう, 削いだよう, 削がれそう, 動いた, 動いたよう, 動かなかった, 動くそう, 動くと, 動くという, 動くところ, 千切れそうでございます, 国を, 垂れそうして, 垂れちまうまでは, 垂れる, 塞がったよう, 壁へ, 変だ, 変な, 多かつ, 多過ぎやしません, 大きい, 大きいの, 大きい割, 大きかった, 大きく目, 大して遠く, 大分遠く, 天までと, 妙に, 娯むようにお, 小さくつて, 小さく立ち, 小さく頬, 少しく遠く, 少し遠かっ, 少し遠く, 帽子の, 引ツ張られ, 彼を, 微かながら, 怖いから, 思いがけない響き, 急に, 恐ろしかった, 悪いせい, 悪いのに, 悪かった, 悪くて, 悪くなっ, 悪くまた, 惡い, 惡う, 感じたの, 慣れたため, 慣れて, 手が, 抜けたと, 押っ立っ, 抽出し拾い上げ, 振動数の, 採聴官, 揃えられるん, 敏かった, 斬りそがれある, 斬り落されるの, 早いで, 早いん, 早うごぜ, 早かった, 早くて, 映ったよう, 暖く, 本当にある, 枕に, 欠け尖った口, 次第に異常, 殆ど全く用, 殆ん, 気に, 汚れると, 決して逃し, 洗い度い, 潰れて, 潰れるほど, 澄まされて, 澄江の, 激しく痒くなった, 濡れて, 無い, 無いの, 焦げる, 熱くなる, 熱して, 熱って, 熱るわけ, 燃える様, 燃える樣, 片一方, 片一方なく, 生えて, 疑いたかった, 疼いだな, 病み出す, 痛いぐらい, 痛いこと, 痛いせい, 痛いぞ, 痛いです, 痛いな, 痛いの, 痛い位, 痛かった, 痛かつ, 痛がった, 痛くて, 痛み出し次第に, 痛むので, 痛んでは, 癒すこと, 発達し, 白くて, 眼に, 破れそう, 破れて, 示す毎, 福福しく下膨れ, 空洞にな, 突然除, 立たないので, 立ったての, 立って, 立つ, 立つて, 精確に, 縮れたり, 耳だれで, 聞いたその, 聞えずなった, 聞えず二人, 聞えたり, 聞えないから, 聞えないと, 聞えないのに, 聞えないもの, 聞えない聾, 聞えなくなった, 聞えなくなったため放棄, 聞えなくなったり, 聞えなくなった漁夫, 聞えなくなっちゃ, 聞えなくなつ, 聞えなくなりました, 聞えぬらしかった, 聞えるし, 聞える證據, 聞きのがすはず, 聞こえないから, 聞こえないと, 聞こえないという, 聞こえなくても, 聞こえなくなりはじめた, 聞こえねえはず, 聞こえませんから, 聞こえるからと, 聴いた言葉, 聴えたら, 聴えます, 聴える, 聴くこと, 聴く如くそれに, 聴こえないこと, 聴こえないと, 聴こえない状態, 聾した, 聾者の, 肉つい, 肥えて, 腐る, 臨終を, 自然に, 花市君の, 苦しく遠くなっ, 草臥れらア, 裏切って, 複雑な, 見えた, 見えました, 見えるだろう, 變に, 赤くなり, 赫と, 転倒し, 近いだけ, 近いもの, 遠いからと, 遠いからという, 遠いが, 遠いせい, 遠いとか, 遠いとかいふ, 遠いとき, 遠いところ, 遠いとは, 遠いな, 遠いばかりか, 遠いほう, 遠いやう, 遠いよ, 遠うございました, 遠うな, 遠くお, 遠くきき違え, 遠くきこえる, 遠くせがれ, 遠くって, 遠くな, 遠くなりはじめた, 遠く何, 遠く招かれ, 遠く鼻ぷんで, 配られて, 長いから, 長いぞ, 長いという, 長い故, 長かった, 長ござる, 開いて, 開けた, 間違いも, 間違ひもなく, 陰険な, 隠れて, 非常に, 頭の, 風に, 風穴同様だった, 飛び出て, 飛んだり, 首手枷の, 駄目で, 鳥の, 鳴た頭, 鳴ったの, 鳴って, 鳴ってるの, 鳴つて來, 鳴り響いて, 鳴り顔が, 鳴るというか, 鳴るやう, 鳴るん, 鳴る眼, 黒かった

▼ 耳~ (637, 2.9%)

55 口を 17 入れて 12 ささやいた 9 かけて, 聞こえて 8 伝わって 7 顔を 5 はいって, 入れば 4 はいらないよう, 入つた

3 [13件] はいった, 何か, 入った, 入ったり, 入って, 入れた, 唇を, 囁いた, 手を, 持って, 指を, 穴を, 耳から

2 [36件] あてがって, お入れ, そっと囁いた, それを, ついて, とどいて, はいりました, ひびく, 一件の, 人の, 伝えて, 伝えられた, 伝えられて, 入ったの, 入つて, 入るよう, 入れずに, 入れたの, 入れたので, 入れたわけ, 女の, 当てた, 当てながら, 抜けるよう, 持つて, 挟んで, 注ぎ込んだ張本人, 流れこむ, 甦って, 疊針を, 筒抜けに, 這入った, 這入ったから, 通らないと, 達して, 響いて

1 [391件] あてた, あてた受話器, あてて, あのね, あぶら虫が, いいつたえました, いう, いきなり口, いきなり見世先, いって, いれたが, いれない方, いれぬよう, うつろに, おつめ下さい, お入れしたく, お入れ申し, かけての, きかせるやう, きこえたので, こう伝えた, こう信念, これは, ごたごたに, ささやいた李粛, ささやいて, ささやかれたの, ささやきわざと, さながらあらたか, さへ, さも深刻そう, さらに深く, しきり, しみこませわが, じかに聞い, じきに, そっとささやいた, そのまぢか, そのまま返っ, その声, それだけ洩らした, だったよう, ちよつと, つたわって, つぶさに聞え上げられた, つんざいて, とおったらしくうっすら, とどいた, とどいたか, とどいたであろうか, とどかないよう, とどきます, とめて, とめるだけの, どうした, なぜ自分, はいったから, はいったため, はいったとたん, はいったの, はいったらどう, はいった噂, はいった時, はいらないの, はいらないはず, はいらない前, はいらなかった, はいらぬこと, はいりは, はいりました時, はいり出した, はいる, はいること, はいると, はいるは, はいれば, はさんだ問屋場, はっきり聞こえた, はなしかけて, ひいひい女, ひそひそ声, ひっきりなしに, ひびいたから, ひびいて, ぶっつける群衆心理, ぶつぶつ云, へえッたら, へんな, べちゃくちゃこそこそと, またしても, また伝わっ, また女, むせび泣くよう, もって, もれなく届くよう, やって, やっと届い, やつて, よく覺, わざと, わざと入れた, カムポスが, カント・デックの, カーンと, ガチャガチャと, 上らずにも, 上申される, 下が, 下げて, 不意と, 不意に, 事新しく囁い, 交換される, 今もっ, 付ければ, 伝えようなどとは, 伝えよと, 伝って, 伝はらない, 伝へたのに, 伝わった時, 伝わるの, 伝波する, 低声, 何ごとか, 何ごとかを, 何だつて疊針, 何やら囁い, 何やら囁きました, 何やら囁やきました, 何事か, 傳は, 傳わ, 先に, 入ったか, 入ったが, 入ったよう, 入ったらどう, 入ったら大変, 入ったら貴様, 入ったら踵, 入ったら隠し了, 入ったろうな, 入っても, 入つたらう, 入つたら無事ぢ, 入らう, 入らずに, 入らずまた, 入らず重い, 入らない, 入らないと, 入らない筈, 入らない訳, 入らなかった, 入らなかったの, 入らばこそ, 入りさ, 入りさえ, 入りでも, 入りました, 入りましょう, 入りますよ, 入りませんでした, 入るが, 入るぢ, 入るです, 入るの, 入るので, 入るもの, 入れたいという, 入れたいとか, 入れたい話, 入れたが, 入れたくない, 入れたくないと, 入れたほう, 入れたもの, 入れたらそのまま, 入れては, 入れてもと, 入れないで, 入れないよう, 入れない訳, 入れなくっては, 入れぬよう, 入れましたところ, 入れましたので, 入れますと, 入れようと, 入れられる筈, 入れるこっちゃないんだ, 入れること, 入れると, 入れるの, 入れるよう, 入れる容子, 入れる気づかいは, 入れ奉ったかは, 入れ申すほどに, 入ろうと, 冬の, 冴えた鈴, 刀で, 切れ間も, 劉万戸の, 勘次の, 十分入る, 午砲の, 反って, 反つて, 叔父から, 取り次ぐ, 取次いだ, 取次いで, 取次ぐ勇気, 受けつけずに, 受け入れた, 向う, 向けて, 吹きこみさえ, 吹き込まれたの, 吹き込むと, 吹き込んだ, 吹き込んで, 吹込みし, 命中させた, 喰いつく, 嘲笑はれた, 噂が, 噛みつくよう, 囁かうとして, 囁きかけると, 囁き交されたの, 囁き交し, 囁く, 四半刻經た, 垂らして, 垂らし首, 報じられて, 大勢の, 妙に, 妻を, 寄ると, 密告した, 将校の, 小さな声, 小さな藁しべ, 小供, 小春は, 届いた, 届いたの, 届いて, 届かせないうち, 届くよう, 左京路之, 幽かに, 当ずに, 当てがっ, 当てたまま, 当てた片手, 復誦させた, 応えて, 思ひも, 手に, 押えつけると, 押し当てる, 押し込もうと, 挾んでるペン, 掛けて, 掛ける, 斯う, 早く入れ, 明らかに, 曝き, 来て, 来る, 来るの, 柳が, 次いで目, 此の, 歴々と, 残った, 殺到し, 母は, 母親の, 毎日毎日響い, 気を, 水を, 汗が, 洩れた, 洩れて, 洩れる事, 流れた, 流れて, 混み入って, 混乱を, 渋味の, 湯殿の, 湿っぽい唇, 無電かなんかの, 片手で, 玄関から, 申し上げたいこと, 畳みこんで, 當てた, 直々勝入が, 直覚させた, 真っ直ぐに, 瞬伝した, 知れたほうが後, 確乎と, 磯五が, 秒を, 移すこと, 立ち合いの, 竹筒棒を, 粒立って, 細語いて, 耳環を, 聞えた, 聞えたもの, 聞えて, 聞えても, 聞えるの, 聞かすこと, 聞き慣れた囁き, 聞き覚えの, 聞こえたので, 聞こえなくなったらその, 聞こえる程, 背のびを, 船宿の, 藤吉郎は, 蘆の, 蘇つて来ない, 虫の, 行って, 被さって, 被さるばかり, 触れるよう, 訳の, 詰って, 詰めて, 詰めながら, 誘いの, 誠の, 警鐘の, 讒を, 谷中瑞雲寺の, 越前の, 跳ねっ返って, 軈て狂躁, 近寄せた, 返って, 迫って, 送った, 送りこんだ, 這入ったか, 這入ったら嘸, 這入っても, 這入つた時, 這入つて來, 這入らないの, 這入りでも, 這入りましたから, 這入り御, 通して, 通って, 達した, 達したらしくみかどの, 達しまする, 達しるには, 釣鐘を, 鋭くこの, 鋭く痛く刺, 錐を, 間もなく崖, 附けて, 附けべき器械, 陰深, 雨が, 露の, 響きますると, 響くの, 頤を, 飛びこんだよう, 飛びこんで, 鮮やかに, 麗, 黒田官兵衛の

▼ 耳にも~ (578, 2.6%)

19 はいって 12 はいった 8 入って 6 入れず, 入れずに, 入れて, 入れないで 5 かけず, 入れなかった, 聞えて 4 かけずに, かけないよう, はいらなかった, 伝わって, 入った, 入つた, 聞えた 3 はいりました, 入らなかったの, 入れないの, 入れません, 明かに, 聞えなかった

2 [30件] かけないで, かけなかった, かけぬ風, きこえたので, きこえて, きこえないの, こびり付いて, はいり母, はっきりと, ひびいたと, よく塗りました, ハツキリと, 入らない, 入らなかつた, 入ること, 入るよう, 入れず放埒, 入れられたは, 心にもは, 留らぬ風, 眼にも, 聞えたの, 聞えない或, 聞こえて, 這入って, 這入つて, 響いたらしくその後, 響いて, 響かずには, 鼻にも

1 [394件] あなたの, あのぶ, あらまし聞え, あるの, いれず, いれずに, いれず両手, いれなかった, おかずその, おなじこと, お葉, お這入りで御座る, かかる言, かけざる状, かけずかえって, かけずさっと, かけずま, かけずヒラリ, かけずヴェネチア, かけず其許たち, かけず力, かけず奥, かけず彼, かけず押しかぶせて, かけず泣沈んで, かけず突然, かけず素早く, かけず薫ずるやう, かけて, かけない, かけないばかりか, かけない様子, かけない玄徳, かけない眉, かけない風情, かけなかったが, かけなかったそして, かけませんでした, かけられは, かけるふう, かさずに, き, きこえた, きこえたか, きこえない振動, きこえませんでした, きこえるよう, こころよく聞こえた, こび権, これは, こんな悪評, ごうごうと聞え, ごーッ, ささやかれた, さだかならず, さとく裏街, しかしはいらなかった, したし, してるが, しばしば伝えられ, しばしば入っ, しまた, すぐ伝わる, すさまじい景色, すでにそんな, そこはかとなく物悲しく賑, その声, その大きな声, その迦陵, その音, その騒音, それは, それを, たしかに這入ったらしかった, たっすること, ちら, ちらと, ちらとは, ついた, つけ, つよくきこえた, つよくひびいた, とうからはいっ, とっても爽やか, とどいた, とどいたから, とどいたと, とどかぬ焦慮, とどきは, とまらぬ薄っぺら, どちらからかは, なおがっ, はいったから, はいったと, はいったので, はいったん, はいらず, はいらないお, はいらないで, はいらないでは, はいらないの, はいらないらしく一同, はいらないらしく小坊主, はいらないわけ, はいらない筈, はいらない訣, はいらぬふう, はいり又, はいり師匠, はいり目, はいる, はいるから, はいるだろう, はいると, はいるといふ, はいるの, はいるほどの, はいるまでに, はいろう, はっきりきこえた, はっきりわかる, はっきり聞えた, はつきり推測が, ひびいた, ひびいて, ふと和やか, ぼつ, ぼつぼつはいりはじめた, ぼつぼつ這入っ, まるでお, もうはっきりと, もちろん入っ, もれ伝った, やや余情, よくきこ, よくはいっ, よく入る, よく徹した, よく聞え, よく聞える, よく響いた, よく響きます, わかった, わざとらしく響いた, ドスンドスンという, 不快な, 不敬な, 主君にも, 今さらの, 伝えられた, 伝えられたもの, 伝えられ何やかや, 伝つた, 伝つて来た, 伝はらず, 伝はるからと, 伝はれ, 伝わった, 伝わったであろう, 何か, 何となく聞え, 何ものでも, 先には, 入ったこと, 入ったし, 入ったり, 入った房子, 入つたさ, 入つたやう, 入つて, 入らずに, 入らずには, 入らずタバコ, 入らず中央, 入らず大納言, 入らず悶えた, 入らず早足, 入らず無二無三, 入らず足早, 入らないし, 入らないで, 入らないといふ, 入らなかった, 入らなかったが, 入らなかったらしいが, 入らなかつたので, 入らなかつたほど, 入らなければ, 入らぬやう, 入らぬよう, 入らぬらしく再び, 入らぬ樣子, 入らぬ程, 入らばこそ, 入らら, 入りうべき, 入りしは, 入りぬ, 入りました, 入りましたので, 入ります, 入りますな, 入りませんでした, 入り易く, 入り県, 入るに, 入れいで, 入れざりき, 入れずいや, 入れずかえっていよいよ, 入れずさっさと, 入れずそれで, 入れずまた, 入れずメリメリ, 入れず何, 入れず其場, 入れず少し, 入れず案内, 入れず田山白雲, 入れず身じたく, 入れず返辞一点張り, 入れたところ, 入れてないが, 入れては, 入れないかの, 入れないから, 入れないふう, 入れない伊賀, 入れない源三郎, 入れない空想, 入れなかったらしい, 入れませんでした, 入れようと, 入れるもの, 入れ度, 其の秘密, 其の評判, 冷, 切れぎれに, 刻み込まれた, 前面から, 千年の, 厭に, 厳しす, 口にも, 士卒達の, 外国人らしく聞え, 大抵の, 子供の, 定かならず, 容れ出來, 少々手痛く, 届いたが, 届いて, 幾度か, 強く響いた, 当然それ, 当然はいる, 従つてまだ, 微かに, 心にも, 心持よく, 悪くは, 感じられる, 感じ肌, 懸けず急, 懸けず猛り狂って, 折には, 掛けず, 掛けずこれ, 掛けずに, 掛けず夕闇, 掛けず山崎町一丁目, 掛けず自ら被告, 掛けて, 掛けないで, 掛けないよう, 掛けませんでした, 掠ったよう, 播磨の, 敵機の, 新しい煙草, 新らしい思ひ, 早く伝わるじゃろう, 時々みだら, 時々猿, 替らずして, 最後に, 村の, 来たが, 止まったの, 止まり難い, 止めずかまわず間近, 止めて, 止めない様子, 止めなかった, 止るはず, 正に滝太郎, 正木老, 正真の, 気づかれます, 決して容易, 洩れた, 洩れたが, 洩れたので, 流れ込んだ, 浄瑠璃なんどに, 演武場の, 熟して, 牛の, 珍しく聞えるでしょう, 珍らしい, 留った, 留めないで, 留めないふう, 目にも, 相応に, 真卒で, 眼に, 睦まじそう, 知って, 知れて, 石や, 確かに, 穩か, 紅み, 聞えず口, 聞えたが, 聞えたと, 聞えたので, 聞えないもの, 聞えない無限, 聞えやしない, 聞えると, 聞えるやう, 聞かざりしところ, 聞かぬよう, 聞きおのれ, 聞きたくないと, 聞きとれた, 聞きとれなかった, 聞き慣れない調子, 聞き眼, 聞くところ, 聞く時, 聞け俺, 聞け遠く, 聞こえた, 聞こえない振り, 聞こえぬ, 聴きとれた, 聴きとれはじめた, 聴き取れなかった, 聴こえて, 自然は, 臺所や, 茂助の, 薄々這入ったらしい, 薄る, 解って, 解るよう, 解る程, 触った, 謙蔵の, 讃美歌の, 貸さないで, 身の, 近ごろは, 這入った, 這入つたので, 這入らう筈, 這入らない様子, 這入らない筈, 這入らなかった, 這入り或は, 這入り目明, 通じたと, 通じたもの, 達した, 遠い所, 遠く籠, 酔を, 隊員たちの, 響きました, 響く, 響くこと, 響くと, 響くやう, 響けかし, 頗る快く, 頼母しい, 馬の足音が, 鳥の, 鼻先にも

▼ 耳~ (441, 2.0%)

5 新な, 聞える 4 遠いし, 驢馬の 3 あっても, ないの, 何でも, 千里の, 籐椅子に

2 [27件] あまり使っ, その音, たしかだ, どうかする, ねえが, はっきりと, ぼんやり歩き廻る, もたぬ, 兎の, 天上の, 少し遠い, 彼自身の, 扇と, 折れる鼎, 朝ごとに, 正面からでも, 火の, 眼は, 縦に, 考へる, 聴診器に, 自分の, 青年の, 静かに, 風に, 馬の, 鼻の

1 [354件] あなたの, ありや無し, ある, ある擾乱, ある種, いいあんばい, いきなり鉄棒, おおうべくも, おどろきを, おどろく, おまえたちの, お前たちのとは, かえって遠く, かくされる事, かけ樋, かなり敏感, がんがんと鳴った, がんがん遠く, がんがん鳴っ, きこえても, きこえなくなるかと, きこえようから, くつ, ぐわん, この古典的, この拿破里訛, この時, この毒口, この画, こめかみに, これを, ころがって, ごく柔か, さう, さすがに, しょっちゅう廊下, じっと階下, すつかり, すべての, そうねえ, そがれ目, そして又, そして心, そっちへ, そのかみの, そのなか, その方, その眸, その言葉, その輪廓, その間にも, その風, その鬢の, そばだつ, それのみを, それへ, それを, たいそう縮ん, たいそう膨れ, たえず何, たたかつてゐる, だん, だんだん悪く, ときどき何処, ときどき何處, とぎれとぎれで, とぎ澄, どうかし, どこへ, どっち向いてる, ない, ないっ, なお曲, なし家賃, なにを, ぬか, ねえの, ねえん, ひとりでに大気, ひどく冷たい, ふいと, ふと自分, ふと誰, ほてりぬ, ほてり頭, ますます遠く, またやや, また絶えず, まだ直らない, まだ達者, まったく秀吉, むくむくと, もうその, もう聞えなく, もたない義貞, もって, もはや動かず, やはりよく, やむ時, よう聞えず, よく見れ, よく進化論, よろめくよう, ガーンと, ガーンといった, ツンボです, デッキを, ベルの, ボロボロの, 一層赤く, 一語を, 上へ, 下の, 下へ, 不思議な, 不意に, 不断に, 不死身の, 両方共に, 云うに, 人一倍に, 人並みに, 人間の, 今にも融け, 今日の, 仮さん, 仮したま, 仮したまわぬと, 何を, 何時も春風, 傾けて, 全くきこえなくなり, 全然聞えなくなりました, 其処の, 内部から, 冴えに, 刎ね, 別物な, 勤王の, 千里耳だ, 午ごろには, 半欠け, 卑猥なる, 危ふくさう, 又不思議, 又女性的, 又煙, 口の, 同じく誘はれた, 同輩の, 唸り苦痛, 嗅覺は, 地獄耳だ, 塞がれお, 声を, 多少きこえるらしい, 夜陰に, 大きくて, 大きく二つ, 大したもの, 大熱, 天気予報の, 奇妙な, 女と, 女の, 子供ながら, 実際いくらか聞き, 寂寥を, 密に, 寝乱れた髪, 専務の, 専門家から, 小さそう, 小助, 少し汚い, 少女の, 尖り目, 左の, 左へ, 常にこの, 常に冷, 平すぎる, 平常人, 弟夫妻の, 張り地, 当り前です, 形が, 役場へ, 彼の, 彼らの, 彼女に, 彼等うたはずと, 徒に女, 徒らに, 微かながらに, 恐れの, 悲しい心, 愚圖つたらしい, 慟哭したい, 懐へ, 打ぬいたろう, 拾いあげて, 持たぬ, 持たぬといった, 持たぬの, 持たぬわ, 持たんと, 持ちませぬッ, 持ちません, 持って, 指一本動かした, 敏く, 敏くも, 数限りも, 新鮮な, 既に医者, 早いもの, 早鐘の, 明かに, 明瞭に, 昔から, 昔流行った, 時々雨続き, 暫く口, 木くらげかい, 未然に, 本当の, 松並木に, 松風や, 枕元へ, 某という, 椿に, 極度に, 横に, 横へ, 樹皮の, 橋の, 此処に, 歯ぎしりに, 毛糸で, 気味が悪いでしょう, 決してそんな, 汽笛の, 沓脱へ, 清子も, 満足で, 漢名であっ, 漸, 漸く嵐, 潮鳴りで, 潰れて, 潰れないの, 火照るし, 炎の, 無心に, 焼けるよう, 煙を, 煙管に, 煙草を, 熱い, 狐の, 狸の, 狸児を, 狼の, 玩具ぢや, 用を, 留守に, 留守の, 異様に, 病妻の, 発音を, 益々尖っ, 目の, 直角に, 相手の, 真赤に, 眼を, 破れそう, 秋風ならぬ, 立ち上る, 立って, 立つて, 笑つた, 笑ひ出した, 節穴見たいな, 紀介様の, 紅かった, 絶えず何, 絶えず信長, 絶えず彼女たち, 絶えず早鐘, 絶えず細君, 繃帶を, 美しいばかり, 耳だけ, 耳で, 耳に, 聞えなくなって, 聞えなくなっても, 聞えるが, 聞えるん, 聞え出したが, 聞こえないけれども, 聞こえないですから, 聞こえなくなっても, 聡いです, 聴こえるの, 聾じゃ, 聾せん, 聾だ, 聾では, 聾に, 肉が, 自分に, 若者の, 茫然として, 著しく鋭敏, 蓋の, 薄く唇, 薄暗い窓, 衰へ, 裂け, 詫び入る諸, 誰れ, 請願者の, 象の, 起きて, 軽く会釈, 逸早く聞きつけ, 遂に一言, 遠いが, 遠いながら, 遠くなっ, 遠くなり, 遠くも, 遠耳, 釣り出さるると, 鋭く立っ, 鐘, 隣室の, 非常に, 音を, 音自身を, 音響を, 風呂場の, 颯々と, 驢馬同然です, 高く, 高くメイン, 鳴り全身, 鳴り唇痙攣, 鳴り唾液, 鳴り堪えきれない, 龍夫に

▼ 耳~ (389, 1.8%)

18 眼も 9 かさない 8 聾せん 7 かさずに, 目も 6 傾けずに, 鼻も 4 かさなかった, つんぼに, 借さずに, 口も, 頭も 3 かさず, かさないで, 借さ, 心も, 藉さず, 貸さずに, 貸さないで, 遠かった, 遠くなっ

2 [18件] かさずひたすら, かしません, かすこと, きこえず目, つぶれるよう, ない, 仮さなかった, 冴えて, 少し遠い, 男は, 疎い上, 聞えず口, 藉さない, 貸さない, 足も, 遠いし, 頬も, 首も

1 [245件] あった, あまり聞こえなく, あらずと, ありません, あり鼻, あるし眼, あるはず, ある七十郎, ある知って, いいが, いらねえ, うとい隠居婆さん, えろ遠, おかしいし, おさえて, かくれるよう, かけず, かさずついに, かさずつくづく, かさずにじつと, かさず一人, かさず一閃, かさず何日, かさず唯もう, かさず大童, かさず妙, かさず木の根, かさず次の間, かさず歩き去って, かさず河中, かさず矢, かさず颯々, かさず馬, かさないでしょうから, かさないの, かさない容子, かさない様, かさない顔, かさなかつた, かさぬ態, かさぬ顔, かされず疾く, かして, かしては, かすな, かすふう, かす風では, かそうとは, かたむけず露月, かなり遠い, きこえず口, きこえないの, きこえなくなりそう, きこえなくなるん, きこえやしないん, きれそう, くらみ心, くれずただ, この上, さえぎられて, さけるよう, しびれるばかり, すうなる梅, すべての, ずいぶん, たちその, だめに, ちぎれそう, ちゃんと聞こえる, ついによそ, つぶすよう, つぶれた思い, つぶれるほど, つぶれる程, つまり顔全部が, とらえずに, とんと遠く, ないかの, ないのに, ないよう, ない所為, ない木偶, ない様, ない蛆虫ども, ない顔, なきひと, なく先程, なし汝, なり嗄れ声, なんだか黄色, ねえ片, はしっこい敵, はっきり聞こえる, はばからぬ噴泉, ふさがり叫び, ふさぐばかり, ふさげず弁, ぼつとして, また同じ, やっぱり順風耳, やぶれるばかりの, やぶれんばかりに, よくなっ, よく聞えず, よく聴こえず, ろうするばかりの, わずらって, 二重に, 交って, 亦地面, 人並み以上に, 仮さずに, 仮さず道中差, 体も, 何も, 借さず, 借さず心, 借さぬという, 借さぬといふ, 借せずに, 傾けずただ, 傾けずほとんど, 傾けず外国人, 傾けず朝食, 傾けず枝, 傾けないで, 傾けないので, 傾けない平次, 傾けなかった, 傾けなかつた, 僕の, 充血し, 先づ直, 先生の, 入れて, 八丁目も, 円形の, 切って, 判断に, 削がれるばかり, 劈けるよう, 勇蔵に, 動かさず平気, 及ばない響, 口もともに, 吝むで, 吝ん, 吹切られ, 垂れて, 声も, 多少鈍っ, 大極殿の, 妙に, 少々遠い, 少し遠く, 尾も, 届かぬ処, 山羊脚も, 工場に, 左右大き, 徒に, 怡まし, 悪くなっ, 悪くなるだらう, 意識も, 愛嬌が, 感性的な, 手までも, 折れ尻尾, 持たぬ, 持たぬと, 指も, 掃除し, 掩われ眼も, 放さず目, 日によっては, 早けりゃ脚, 未だこれ, 欠けながら, 殆ん, 気も, 洗わず営々, 潰れるばかり, 潰れるほど, 潰れるよう, 無い癖, 無ければ, 爪も, 牙も, 猶聰く, 理髪師も, 疎し独旅, 痴いる, 痺れるほど, 白澄む, 目と, 眼が, 知性も, 破れよと, 立てたらしかつ, 籍さぬ, 紅く成つた, 缺け, 耳の, 聞えず真暗三宝, 聞えず首, 聞えなくなって, 聞えなくなつ, 聞え口, 聞かず口, 聞こえず眼玉, 聞こえて, 聞こえませんから, 聞こえる心, 聞ゆる, 聾い, 聾するばかり, 聾するばかりに, 聾するばかりの, 聾する許, 聾ひ, 腸も, 裂ける位, 貸さずいや, 貸さずのそのそ, 貸さなかった, 貸さなかつた, 貸しません, 赤く透い, 近頃ほとんど聞えないらしい, 達者で, 遠い, 遠いから, 遠いん, 遠くない, 遠くなった, 遠くもうろく, 遠く歩行, 遠く目, 遠く眼, 遠く頭腦, 鈍くな, 隱る, 面倒だ, 鳴らず洟

▼ 耳もと~ (264, 1.2%)

16 に口 1512 へ口 9 でささやいた 5 まで近づい 3 でさ, で唸る, にささやい, をつんざいた

2 [20件] でこう, でささやい, でした, でする, で呼んだ, で囁いた, で囁き, で声, で聞こえ, に, にさ, にささやいた, に囁やく, に遠く, に響い, に鳴り響く, のさ, へ, へ何, へ熱い

1 [155件] からげたげた, から頬, が絶えず, ちかく, でいいました, でいわれた, でかう, でがんがんと, でぎゃんぎゃん, でごう, でささやく, でさつと, でしたかと, でしました, でしゃべりつづけ, でしゃべりつづけます, でしゅうしゅう, ですごい, でそう, でそこ, でそんな, でたたい, でどいつだ, でどうどう, ではランプ, では誰, でガアッ, でガンガン, でグアッ, でヒクヒク, でブンブン, でラッパ, でルパシカ男, で久保鉄三, で云った, で人, で低, で僕, で午砲, で叫ばれた, で叫んだ, で呼ばれた, で呼ぶ, で嗄がれ声, で嗄れた, で囁きました, で囁く, で大きな, で女, で小声, で小林少年, で帆綱, で師匠, で座間, で張り, で怒鳴っ, で怒鳴られた, で怒鳴りちらした, で斯ん, で早口, で母, で物, で発射, で破鐘, で笛, で老女, で聞えた, で聞こえる, で茂太郎, で蝙蝠, で訊いた, で訓, で誰か, で起こった, で起っ, で響いた, で響く, で鳴つた, で鳴らし, で鳴り, で鳴る, にくつ, にこう, にささやこう, にざはつく, には, にひびく, にふった, に一言, に人, に伝わっ, に伸び上がっ, に何, に叫ぶ, に叫んだ, に吹きつけ, に唸り, に嘲笑, に囁く, に夢, に幾度, に怪音, に或は, に戻っ, に曾つて, に腕時計, に落ち, に襲うた, に諄々, に跳ね, に高鳴りし, のれい, のサイレン, へいいきかせ, へいっ, へお, へかの, へき, へささやかれた, へささやく, へなに, へよっ, へド, へ低い, へ囁い, へ囁いた, へ寄せ, へ小さな, へ小声, へ強い, へ斯, へ軽く, へ近々と, へ迫, へ送られ, へ酒, へ集め, へ響い, へ風, へ馳せよ, まで口, まで夜着, まで赤面, をかすめ, をごしごし, を忍ん, を掠め, を掠める, を搏, を撫で, を通り過ぎた, を風, 迄来, 近い太鼓, 近き声

▼ 耳~ (190, 0.9%)

8 聞いて, 聴いて 4 聞いたの, 聽い 3 きいて, 聞きました, 聞くこと

2 [15件] ききその, たしかに, もって, 物を, 繁や, 聞いた, 聞いたこと, 聞いたん, 聞いた事, 聞き目, 聞くと, 聴いた, 聴いた人, 聴く, 聴く芝居

1 [127件] あちらの, あつた, いたの, いま聞き出し, うかがって, おれが, お声, がんがん鳴りつづけ, きいた, きいたの, きいたよう, きいたり, きいた風物, きかなければ, ききふれられる体, ききました, きくばかり, きこうが, この上, すら耳, その名, その男, それが, それでも彼, それを, たしかにそいつ, ちゃんときい, ちゃんとその, ちゃんと聞いた, はっきりと, べつに他人の, ほしを, もう一つ, もう一度二十年前, よい音楽, クロノメーターの, ダイシと, 二十面相の, 人の, 代るがわる聴き, 其を, 合点した, 吊り下げられても, 味わった, 呶鳴つた, 唇の, 坐つて, 大きくて, 学んだ故に, 学問を, 実際に, 彼女の, 感じた現, 感じるか, 或は愚痴, 探りとったので, 昨夜の, 時計の, 本人から, 松風の, 様子を, 樂しんだ, 演説を, 漢文帝の, 直接文枝さんの, 眼で, 知らせて, 知ること, 確かめてから, 米國宣教師の, 老儒の, 聞いたから, 聞いたくらい, 聞いたぞ, 聞いただけ, 聞いたとおり, 聞いたもの, 聞いたらすでに, 聞いたり, 聞いたんで, 聞いた事實, 聞いた瞬間, 聞いても, 聞えぬ事, 聞え鼻, 聞かせて, 聞きすまして, 聞きながら, 聞きわけたの, 聞きわけるの, 聞き先, 聞き入って, 聞き或は, 聞き普通, 聞き皮膚, 聞き舌, 聞くだけ, 聞くより, 聞く言葉, 聞く離れて, 聞けねえ音, 聞けば, 聞返したほど, 聴いたの, 聴きながら, 聴きわけ手, 聴き出して, 聴き覚えるより, 聴くが, 聴くこと, 聴く楽しみ, 聴く音, 聽き, 聽出し, 見たり, 見る, 見るからに, 覚えたもの, 観る, 観る芸術, 観察する, 訊くと, 読むの, 追ひ, 間違いなく, 風を, 食べるの

▼ 耳~ (151, 0.7%)

7 耳の 5 目を 4 口とを, 眼に, 眼を 3 目の, 耳との, 鼻を

2 [11件] いうと, ぎらぎら光る, でしょうか, 口の, 呼んで, 心に, 目との, 眼の, 頭の, 頭を, 鼻から

1 [96件] あるやう, いうべきもの, いうよりか, いうよりは, いっしょに, いつしよ, いつた, いはず容赦, おなじよう, きいただけ, すれすれに, そして手, それにも, つながって, とんきょう, なくそして, なく襟元, なく鼻, なった, なるの, は種が, ぴくぴく動かす, ほおを, ほきが, ほき浮世, ほくなりし頃, みえよく, スレスレに, リレー式に, 一緒に, 云うて, 人間の, 何れにも, 其の鬢, 勘とは, 化したお, 口が, 口とに, 口を, 同様に, 名づく, 呼ぶその, 呼ぶよりも, 命名した, 喉に, 大きな緑色, 尻尾は, 平生に, 後脚が, 後脚短く, 心とを, 心は, 手の, 指先とに, 捕縛する, 書くが, 氣の, 片頬, 理髪師の, 申します, 目が, 目とが, 目とに, 目とのみ, 目と口とを, 目に, 目による, 目は, 目まぜ, 相近く, 眼だけを, 眼と, 眼とが, 眼とを, 眼ばかりを, 短い尻尾, 石毛は, 神経と, 称う, 籐椅子の, 綺麗な, 綽名され, 腕から, 若干の, 語り次いで, 趣味の, 足と, 足は, 違って, 長いまつげ, 額との, 鼻が, 鼻とは, 鼻の, 鼻は, 鼻左手の

▼ 耳から~ (149, 0.7%)

8 耳へ 4 口へと 3 口へ, 眼へ 2 去らなかった, 心へ, 手を, 耳に, 耳へと, 耳への, 胸へ, 脅された人, 頬へ

1 [113件] いろいろの, する芸謡, たてがみにかけて, でなく無意識, なりと, ふき出る, ジュリエットが, ジユリエツトが, 上が, 上部に, 両手を, 二間ぐらい, 先に, 入って, 入っても, 入るの, 入る語學, 入れて, 出たの, 切られただろう, 十里の, 反撥させられた, 受話器を, 右の, 吹き込んで, 唇へ, 垂れた鬢, 外しゴム管, 外しバンド, 大きな繭, 尻尾の, 引き出したり, 引出した金箍棒, 心に, 心の, 心への, 忘れた気, 忘れて, 感じたもの, 戌亥口の, 手足の, 拔いた, 捻り取る, 掌を, 探り出したいと, 放して, 札を, 来るパリ, 東京市中を, 横へ, 次第に内, 注込まれた, 流れでる血, 消えまいと, 涼味を, 煉香が, 現われたの, 生え下り, 由来した, 白くモクモク, 目に, 眼から, 眼尻の, 眼鼻へ, 知識なり, 耳と, 耳の, 耳まで, 聞いた智慧, 聞く噂, 聴いただけで, 聽いた, 肩にかけての, 肩へ, 背中から, 胸を, 脳を, 血の, 血を, 観念の, 赤くし, 逐い払って, 這入った耳学問, 這入る韻感, 遠いところ, 遠い顔, 遠のいた今日, 隠したいこと, 離さなかった, 離して, 離れずに, 離れなかった, 雫を, 青龍が, 項へ, 頤にかけて, 頤の, 頬に, 頬にかけての, 頭に, 頭へ, 頸へ, 額へ, 顎へ, 飛びこんで, 首筋の, 首筋まで, 髪の毛を, 鮮血を, 黄色い液体, 鼻から, 鼻へ, 鼻まで

▼ 耳まで~ (149, 0.7%)

10 裂けて 9 さけて 8 真赤に 7 さけた口 5 赤くなった 3 赤くし, 赤くなる 2 さけた大きな, すつぽ, 紅くした, 赤くした

1 [96件] あかくして, あかくなってる, あからんで, かかって, かくれる防寒帽, かぶった, きこえた, さけそこ, さけたおそろしい, さけた三日月がた, さけた恐ろしい, さけちぢくれた髪の毛, さけてるん, さけるの, さけるよう, さっと紅, つぎ目なし, とどかなかったこと, はやす様, ひろげて, ほてらせた, むきだして, もう古い, アーンと, キュッと, ポッと, 一筋の, 七センチも, 入るよう, 入れて, 冠つた宗匠の, 冠る, 凍るやう, 割れたよう, 包む, 口の, 口を, 右の, 届いて, 届かないだけの, 届くくらい, 届くよう, 巻いて, 引っかぶった, 拭いて, 汚し一門, 火の, 火照って, 真ッ赤, 真似し, 石竹色に, 筒抜けに, 紅くし, 紅くなった, 紅く染まった, 紅く染めた, 続いて, 聾に, 被さった毛, 被さって, 裂いたかと, 裂いたよう, 裂いて, 裂けた, 裂けたお化けみたい, 裂けたかと, 裂けたよう, 裂けたる般若, 裂けた大きな, 裂けた大口, 裂けた悪魔, 裂けるという, 裂けるといふ, 裂け上がって, 裂け延びた鼻, 裂け真紅, 裂け眦, 見た人, 見て, 赤くしました, 赤くな, 赤くなっ, 赤くなつた, 赤くなりました, 赤面し, 赧く, 達する時, 開いた口, 開けて, 隠して, 隠れて, 隠れるよう, 響いて, 響き来るの, 響くほど, 顔を

▼ 耳について~ (130, 0.6%)

5 きた, ゐた 4 来た 3 ゐる, 彼は, 離れない

2 [11件] いつまでも, いて, うるさいから, ならなかつた, ゐるやう, 仕方が, 寂しい, 来る, 毎日三十度以上の, 秋は, 離れなかった

1 [85件] いては, うるさい, うるさかった, おきまり, おつぎ, お元, きたり, くる, しきりと, しばらく彼, しまつてゐる, しようがない, じいつ, ついとろとろと, とうとう朝, とても眠る, どうする, なかなか寝つけない, なかなか寝られなかった, なかなか眠れない, なかなか眠れませんでした, ならないと, ならないので, ならなかった, ますます寝つかれなく, ますます眠れない, やがて次第に額, よくも, よく眠らなかった, よく眠られなかった, よけいに, ゐる位, ゐる原音, プンプンし, 一たん其処に, 一筋ずつ, 不愉快な, 了って, 二人は, 二人並んだ, 仲違ひ, 何と, 何となく忘れ, 何時までも, 來る, 勉強も, 半七, 却, 寐られた, 寝られない晩, 寝られなかつた, 寢られない, 居たもの, 山から, 思いだそうとして, 思い出されて, 思い出しても, 思わず立ちどまる, 晋作は, 来ると, 樽野は, 残って, 消えない穏やか, 温かい煙, 皆が, 眠らうとしても, 眠られない私, 眠られません, 眠れない, 眼は, 知らず識ら, 私も, 聞えるだ, 聞えるだね, 聞える嘉門次, 胸が, 能くも睡られなかった, 遠いところ, 離れずほとほとうんざり, 離れないと, 離れないの, 離れなかつた, 離れません, 難儀した, 頭脳が

▼ 耳~ (88, 0.4%)

6 風呂の 3 の伯爵, の女 2 のアンカラ, の帽, 美人が, 美人を, 風呂へ

1 [66件] が商工業, で買っ, と戦端, なら知らぬこと, に女房, に対する侵畧主義, に這入る, の, のある, のやつら, のよう, のカラギョス劇, のサルタン, の僧正, の国土, の国旗, の天子, の将軍, の山河風俗, の拳銃, の民族, の片田舎, の王, の皇后, の空, の詩人, の金持, の長, の鼻, へでも押し, を征, を敵視, ヲ復活セシメ, 公使館佛蘭士大使館武官館以下西洋人の, 大使を, 娘を, 婦人は, 宮廷に, 宮廷妾と, 巻の, 帝の, 帝宮中新, 帽子に, 更紗の, 更紗を, 民族の, 煙草に, 珈琲に, 珈琲の, 珠色, 瓜と, 産まれの, 皇帝の, 皇帝鍾愛の, 系統の, 美人とが, 美人とは, 美人の, 行進曲, 赤の, 軍艦の, 辺の, 銀を, 青色の, 風呂に, 風呂テニスコート運動場温室菜園

▼ 耳うち~ (79, 0.4%)

16 をした 15 した 11 して 7 をし 6 しました 3 をする 2 された兵士, をしました

1 [17件] いたすと, があっ, されたこと, したこと, したの, したり, しようと, し直ちに, する, すると, するん, でもする, で下役, に対して堀, のよう, ひ, をされ

▼ 耳~ (62, 0.3%)

5 の孤児 3 のスパ 2 にいた, の自動車

1 [50件] からお, からこうして, がどう, が贔屓, で独逸兵, で観せつけられた, とやらで, と西班牙, にとつ, にゐた, に入りました, に於ける, に神秘主義, に送り出さう, のごとき, のアントワアプ, のウェッテレン, のオスタンド, のサルトン博士, のジョルヂ・エックー等, のブラッセル, のマルビキユーリ, のロオダンバック, の人々, の作家, の十九世紀, の名高い, の国境, の子供達, の安達峰一郎大使, の宝石商人, の巡査, の戦線, の所謂フアンドシエクル, の永久局外中立, の運転手, の野, の雑誌, の青年詩人, の首府, の首府ブラッセル, の首都ブラッセル, は仏蘭西, は奇妙, へ発っ, を旅行, を経, 仮政府, 新詩人, 第二回

▼ 耳へは~ (60, 0.3%)

3 はいらなかった, 入りません 2 それが, 入らないで, 響かなかった

1 [48件] あたかも木魚, ある男, いつたから, いつて, いる所, お主婦, しかも重大, その音, それは, それも, はいって, はいらなくなった, ひつて, まだ入っ, まるで埋葬, みな筒抜けじゃ, よく知ってる, 何事も, 余り達しなかった, 入って, 入らない, 入らなかった, 入らなかつた, 入らんところ, 入れたくねえから, 入れて, 入れないこと, 入れまいと, 入れませんでした, 大きく聞こえ, 妙に, 怖ろ, 悪魔の, 決して達しない, 無論この, 秋の, 義父の, 聞えなかった, 聞かせて, 聞きとれなかった, 良く聞える, 草木と, 這入らなかった, 這入らなかったもの, 達しなかった, 達する筈, 金儲けという, 間抜けな

▼ 耳へも~ (60, 0.3%)

5 入って 3 はいって, 伝わって 2 はいった, はいるよう, 入った, 入れて, 入れないで, 響いて

1 [37件] あなたの, おりおり伝わって, そのこと, それは, つたわって, とどいたと, はいったと, はいったならどう, はいったので, ひびく筈, わかりよく, ハツキリと, ボツボツ入っ, 人懐しい, 伝はつた, 伝わった, 伝わってから, 入ったが, 入らずには, 入るから, 入るが, 入るよう, 入れた, 入れた事, 入れないやう, 入れられた, 届いて, 悪かろう, 此の, 無論はいりましょう, 聞えたであろう事, 聞えて, 聞こえて, 聽えて, 腸へも, 蛇の, 頬へも

▼ 耳~ (55, 0.3%)

4 鼻や 3 口を 2 勘の, 目に, 目を, 眼に, 頬に, 鼻を

1 [36件] いろいろの, ちぎれたノルウェー, わ, 其の他, 其他の, 口や, 喉に, 心を, 手やを, 指を, 教育の, 片腕を, 目の, 目や, 眼は, 眼を, 耳の, 肩に, 胸もとを, 行動や, 赤光り, 足が, 足さきなんかは, 足もとに, 頬が, 頬っ, 頬ッぺたを, 頭が, 頭の, 首や, 髪の, 髪の毛を, 髪は, 鼻に, 鼻の, 齒並や

▼ 耳傾け~ (48, 0.2%)

11 ていた 5 てゐる 42 つつその, てゐた

1 [24件] ていろいろ, てしばらく, てはならない, ては胸, ては静か, てをつて自分, て之, て佇め, て居, て居た, て座, て拝聴, て立, て聞き居, て聽, ながらこの, ながら静か, ながら黙っ, よ, よ妨げ, 密かに, 微動も, 林を, 知らせの

▼ 耳~ (46, 0.2%)

15 して 8 をした 4 しました, をし 3 をする 2 した 1 したの, した女, してから, する, すると, する所, の際, をいたし, をされ, をされました

▼ 耳~ (43, 0.2%)

2 の戸, の方, をあけ, を入る, を出た, を開ける

1 [31件] から, からおよそ, からほど近く, から入った, から出た, から邸内, から駈け込ん, があい, があった, があつ, が半ば啓, が啓, が見え, が開い, にした, のある, のほう, の中, の扉, の桟, の箱, はがらがら, はまだ, は上, へ入った, をくぐっ, をくぐり抜けよう, をこしらえました, を推す, を潜っ, を開け

▼ 耳~ (41, 0.2%)

2 に残っ

1 [39件] から汽車, から生ける, から離れない, にある, にがうが, にしみ, にすさまじく, にその, について離れない, にのこる, にはいつ, には微か, には異なっ, には音楽浴, に呼び起された, に女, に存する, に微か, に思わぬ, に折々, に新聞社, に残された, に残った, に残つて, に残れ, に殘, に流す, に消えなかつた, に紅い, に続き, に聞いた, に聞える, に聞く, に通う, に響き, をつらぬい, を流れ, を襲, 猶聞笑語声

▼ 耳にまで~ (36, 0.2%)

2 はいって, 入つた村, 入つて

1 [30件] それが, とどかざる事, とどきました, 伝わった, 伝わって, 先刻届い, 入った, 入ったの, 入つた, 入りました, 入るよう, 入れて, 小六一門, 届くよう, 床ずれが, 持つて, 明らかに, 聞えたよう, 聞えるよう, 聞こえました, 通った, 達したか, 達したの, 達して, 達してる以上, 達しに, 達するの, 音が, 響き渡りました, 飛ぶ雪

▼ 耳老人~ (34, 0.2%)

2 の手

1 [32件] あの方, うなずいて, かなわぬまで, が, が出かける, が出張っ, が登城, が耳, とおっしゃる, と行き会った, に別状, に告白, に誓わせられた, のため, の暗殺, の案内, の残し, の監視, の目, の短銃, の胸, はこう, はぽろり, は家, は怖, は達者, は額, へおくる, へ酬いた, ものそ, も気, や七家

▼ 耳面刀自~ (27, 0.1%)

8 と申す 5 と其幽界, の名, の記憶 4

▼ 耳古人~ (26, 0.1%)

1 [26件] からは古代, が出刃, が勢威, が狙っ, が穿い, が頤, だけさ, でございました, というよう, との混血児, と戦つた, と猶, にお, にもせ, に与した, のこういう, の帽子, の捕虜, の過ぎたる, の障害物, は向う, もある, もせ, もクリミヤ人, もセルビヤ人, や韃靼人

▼ 耳近く~ (26, 0.1%)

4 聞えた

1 [22件] から銃弾, きいた, ききながら, で, でお願い, にささやき, にやって来, に密告, へ, 叫んだ, 囁く, 囁くアグネス, 聞いた時, 聞えつ燐火, 聞えるよう, 聞かれた, 聞こえたと, 聞こえるやう, 舟の, 響いた, 響き各人各様, 鳴く鶯

▼ 耳~ (26, 0.1%)

4 の宝石

1 [22件] から落ちた, が突然, ですから, と奇妙, には二種, に嵌め, のみを畫, の事, の冷たく, の行, の青い, は既に, も唇飾, も存在, や曳き摺る, や針, をさげた, をし, をたらし, をつけた, をつまみだした, を飾った

▼ 耳~ (25, 0.1%)

72 が無数, の片耳, の耳

1 [12件] うて, があまた, がいま下着, が仇, が望むなら, でございます, にそれ, に沙汰, の斧, の造った, はてんで, をつれ

▼ 耳でも~ (23, 0.1%)

2 右と, 遠いの

1 [19件] いずれでも, すまして, ひっぱられたかと, ふさぎたいよう, 二つの, 出したら最後, 塞がなきゃ聞えますよ, 差支へ, 惡いの, 把る, 掴んで, 生えて, 眼でも, 立派に, 聞きあやまること, 舌でも, 頭でも, 額つきでも, 鼻でも

▼ 耳では~ (21, 0.1%)

2 つきり

1 [19件] ありません, うぐいすの, かなり沁, とどきえません, ないの, よく承知, バワリイKIDSの, 到底ききわける, 測量する, 目醒時計の, 相手の, 聞いたが, 聞えぬ遠, 聞かれる, 聞きとり難い, 聞きとれないくらい, 聴えぬ消された, 聴くこと, 講義も

▼ 耳~ (21, 0.1%)

2 に向かっ, の孫

1 [17件] から分れた, がいま, がお腹ちがい, がその, が謀反, です, という人, ともう, と申す, と軍, の子, はあと, は中, は刀, は大神, は阿蘇君, をお召

▼ 耳~ (20, 0.1%)

1 [20件] で見た, というの, なの, には七, に一空さま, に出入り, に建て増し, のこと, のため, の子供たち, の小, の小母さん, の禅僧一空, の餓鬼ども, へあつまっ, へ参ろう, へ帰っ, へ遊び場, を出, を建て増し

▼ 耳とを~ (19, 0.1%)

3 働かせて

1 [16件] うたがった, うち開いた, かたむけて, ひったてた, ふさげよ, もって, 一つに, 勞らせる, 十二分に, 品玉と, 思う存分働かせる, 恐れた, 絶えず働かせ, 自分の, 蔽うこと, 誤魔化すため

▼ 耳たぼ~ (18, 0.1%)

1 [18件] がとても, が赤く, そう云う, とうるみ, とは凍傷, のあたり, のうす赤く, の大きい, の裏側, はポー, は西日, をくすぐっ, をくすぐられた, をひっぱり, を優しく, を引っ張っ, 丈に, 豊かな

▼ 耳~ (18, 0.1%)

2 から沢山, なア

1 [14件] から何, から血, かわからない, この耳, ぞ, とか自分, と思っ, なんて悪罵, なんて惡罵, のが, のと, も仮さず, よよ, 異変が

▼ 耳~ (18, 0.1%)

2 に湯

1 [16件] から少し, が一つ, そんなよう, と櫛, なども持っ, などを持っ, のぬる, の樣, の水, の水面, へ黒い, や剃刀, をその, を前, を片手, を竹椽

▼ 耳をも~ (17, 0.1%)

2 つんざく程

1 [15件] いやと, かさず世人, かさないで, かすめて, その美し, 借さず尚も, 假さず, 塞ぎ度い程に, 心をも, 突き抜いて, 籍さず, 胸をも, 臓腑をも, 触れず大刀, 貸さず家賃

▼ 耳かくし~ (16, 0.1%)

1 [16件] だ七三, とやらに結い, とよばれる, にし, にゆう, に結い, に結っ, に結つたお嬢さん, に結つて巧み, に髪, のボイコット, の味, の女, の金髪, の髪, はおかしい

▼ 耳にでも~ (16, 0.1%)

3 入ると

1 [13件] するよう, そげな事, はいったの, はいろうもの, 入ったらどう, 入ったら二人, 入ったら大変, 入ったら痛く, 入って, 入つたら, 入つたら困る, 入つて, 入ろうものなら

▼ 耳木兎~ (16, 0.1%)

2 が片方, と云, に襲, の背中, は蓋 1 がなまじ, とがその後, のやう, の体, の羽音, を唆

▼ 耳との~ (15, 0.1%)

4 間に

1 [11件] 下うたれ倒れし, 力を, 感覚に, 感覚を, 文学なら, 正確さを, 比較を, 部分を, 鋭い人, 間には, 間を

▼ 耳曼民族~ (15, 0.1%)

3 の神話 2 の間 1 が未だ, に於, の共有, の区域内, の最初, の洪水説話, の祭祀, も亦, をのみ高し, を通じて発見

▼ 耳長さん~ (15, 0.1%)

2 はあひるさん

1 [13件] が一人, が聞きましたら, に言, に話し, の洋服, はがつかりしました, はさんざん, はすぐ, はなる, はベツド, は又, は心配, は気

▼ 耳こすり~ (14, 0.1%)

4 をする 2 をした 1 があっ, じゃそっと, という段取り, ばかりされ, や眼, をし, をやっ, を致し

▼ 耳までも~ (14, 0.1%)

5 聞えて 1 きっと達くに違い, ちぎらんばかりに, 口を, 屆いた, 深く被っ, 燃やして, 疑わねば, 裂けるかと, 赤くなった

▼ 耳曼神話~ (14, 0.1%)

4 に於 21 が財宝, に見ゆる, の根本思想, の特色, の範囲, の純粋, は然, を距

▼ 耳あり~ (13, 0.1%)

1 [13件] て能, という, と申す, と載せ, のたとえ, よ, 喋舌っ, 後に, 徳利に, 物を, 眼も, 障子に, 鼻あり

▼ 耳其帽~ (13, 0.1%)

3 の藤沢 1 に見せる, のよう, の上, は俊助, をかぶった, をしゃくっ, を冠, を横ちよ, を被, を頂いた

▼ 耳~ (13, 0.1%)

2 の花

1 [11件] が一パイ, その葉かげ, だと, であること, といふ, など一つ, に似, の一杯, の美しい, はない, 猶花

▼ 耳~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, と爪, の中, まで顕微鏡的, をため, をためてる, をほじく, をほじくっ, をほじっ, を取る, を掌, を擦りとっ

▼ 耳~ (12, 0.1%)

1 [12件] であること, の先程, の冷た, の句, の如く, ほどの草, を取上げ, を悠々, を持っ, を捜し出した, を放しました, を死骸

▼ 耳~ (12, 0.1%)

3 がし 2 がする 1 にすぎない, のごと, のよう, の占, の底, 無言無表情化石の, 眩暈し

▼ 耳~ (11, 0.1%)

2 くしを 1 さりとは, して, せり, なんか残し, ゆきを, 何でも, 眼か, 耳か, 鼻か

▼ 耳~ (10, 0.0%)

1 かははつきり, がもし, といふ言葉, の人, の学者たち, の徒, の徒隨つて之, の昔話, の話, も亦

▼ 耳だけ~ (9, 0.0%)

1 あけて, かしながら, でありました, では, 乳だけの, 切り取られて, 真紅に, 福耳に, 霜焼けが

▼ 耳という~ (9, 0.0%)

3 ものは 1 ことを, のは, やつは, 不完全な, 奴で, 小地に

▼ 耳なれた~ (9, 0.0%)

1 ものに, 名である, 声を, 女の, 律動の, 様に, 警笛が, 軍歌だった, 響きが

▼ 耳へまで~ (9, 0.0%)

1 ちょっと, つんざいて, よく聞え, 届いて, 筒抜けに, 聞こえて, 這入って, 達したこと, 酒が

▼ 耳古玉~ (9, 0.0%)

5 のそら 1 だ, のやう, の天末, の指環

▼ 耳~ (9, 0.0%)

1 でい, でもリスボン, とナポリ, に渡り, の朝景色, の黒死病, へ着く, まで, をさして

▼ 耳~ (9, 0.0%)

2 らしい談 1 らしいけれども, らしいだけ, らしい事實, らしい報知, らしい言葉, らしく其上, らしく響いたので

▼ 耳~ (9, 0.0%)

5 の山 1 かけて, と御名, 地蔵の, 芳一という

▼ 耳~ (9, 0.0%)

1 としてこつ, に入れた, へも聞き集め, へ入れ, へ集め, へ集めはじめた, をかぶつ, をした, を養っ

▼ 耳香水~ (9, 0.0%)

1 が紛失, です, どうなすっ, の紛失, もすべて謎, をさも, を思い出しました, を指先, を渡し

▼ 耳こけ~ (8, 0.0%)

2 猿, 猿という 1 猿が, 猿こけ, 猿の, 猿を

▼ 耳とに~ (8, 0.0%)

1 いたっては, して, 強く響いた, 必ずと, 数十倍に, 残って, 注意を, 直接愬える

▼ 耳とめ~ (8, 0.0%)

2 てをり, て宮 1 てこの, て幽か, て碁石うち, て雨夜

▼ 耳より~ (8, 0.0%)

1 入らずして, 深く面, 短か, 耳に, 聞き流し唯, 腮に, 舌へと, 魂を

▼ 耳古帽~ (8, 0.0%)

1 が櫓, で帽子, に黄色い, のせた, の蛍, は堤畔, をかぶっ, を取っ

▼ 耳敏く~ (8, 0.0%)

2 もそれ, 聞きつけて 1 その音, それを, 木の葉に, 氣鋭し

▼ 耳~ (8, 0.0%)

2 して 1 いたる如き今, し恍惚, になる, ひた詩人, ひに, ひ唖者

▼ 耳~ (8, 0.0%)

2 を掠め 1 にある, に起った, に轟き来ぬ, に風雨, の寂しき, をかすめ

▼ 耳かたむけ~ (7, 0.0%)

2 て死ぬるであらう 1 ていた, て御身, て慰む, て聞い, ば

▼ 耳さえ~ (7, 0.0%)

1 いらぬ事, こんなでなかったら, 今は, 借さぬ, 傾けては, 持って, 貸しますまい

▼ 耳たて~ (7, 0.0%)

1 し時, て, ていた, ている, て窺ってる, て聞い, て聴きすます

▼ 耳だけが~ (7, 0.0%)

1 あるぞ, しきりに私, われわれの, ハッキリ聞こえ, 味到せん, 小生のと, 残って

▼ 耳だけは~ (7, 0.0%)

1 おかしいなあ, やはり昼, よく発達, 一心に, 作って, 剛情にも, 良く見た

▼ 耳なし~ (7, 0.0%)

2 の山 1 と言われた, 法師の, 浪人くまの, 芳一, 鼻欠と

▼ 耳なれぬ~ (7, 0.0%)

1 ということ, ラテン語の, 故いづれ, 故か, 発音を, 禽の, 言葉の

▼ 耳にさえ~ (7, 0.0%)

1 さわれば, はいったこと, よくきこえない, 大へん素直, 嫌味に, 漏れ聞えた, 脇田一松斎皆伝の

▼ 耳~ (7, 0.0%)

1 から右, までプッツリ止め, まで覆, をなでた, をぽっと, を真っ赤, 迄赭

▼ 耳立て~ (7, 0.0%)

2 てをどり 1 て, ておききあるべし, てゐた, て目, て蚊

▼ 耳~ (7, 0.0%)

1 がブルブル, が千, が木の葉, に注意, はいつも, へかかった, へまで届き

▼ 耳あら~ (6, 0.0%)

4 ば聞け 1 ばよく, ひつつ

▼ 耳ある~ (6, 0.0%)

2 ものは 1 のみ, はこれ, ほどな, 蛇存す

▼ 耳うるさい~ (6, 0.0%)

1 ところへ, ほどに聞かされ, ませた口, わい, ッ各, 程で

▼ 耳からは~ (6, 0.0%)

1 あまり学問, いつた, 出ない鼻, 絶えずソヴェト, 赤い血, 隠そう隠そうとして

▼ 耳さとく~ (6, 0.0%)

2 それを 1 その音, 聞きつけたから, 聞きつけて, 船長が

▼ 耳だけに~ (6, 0.0%)

1 なって, なっても, なつた, 気を, 訴える感覚, 關し

▼ 耳であった~ (6, 0.0%)

1 かもしれぬ, かも知れぬ, のだ, のだった, のです, ので役人

▼ 耳にだけ~ (6, 0.0%)

4 入れて 1 いれて, 聴える

▼ 耳にて~ (6, 0.0%)

1 ありき, はかるに, 五種に, 知りえたりとの, 聞きたるこの, 聴きたれども

▼ 耳にばかり~ (6, 0.0%)

5 聞えて 1 手頼る

▼ 耳ばかり~ (6, 0.0%)

1 でなく眼, では, で彼, で曲りなり, で音, 氣に

▼ 耳へでも~ (6, 0.0%)

1 はいったらただ事, 僕が, 入ったらきゃつはどんなことをするか分, 入ったら何, 入つたこと, 構わないから

▼ 耳よりも~ (6, 0.0%)

1 わたくしどもの, 上に, 俺の, 出さずただ, 心を, 目よりも

▼ 耳傾くる~ (6, 0.0%)

1 ことを, さまなりし, は今, は大空, 人いかで, 内も

▼ 耳~ (6, 0.0%)

1 から帰つた, から着いた, であ, には面白い, は殆ど, へ渡つて聖書

▼ 耳張目~ (6, 0.0%)

1 が雲, となっ, に使われまする, の報告, の手下, の稼業がら

▼ 耳~ (6, 0.0%)

2 と仏蘭西 1 が帝国, の人民, の政治, の語学

▼ 耳~ (6, 0.0%)

1 が高じた, には扁桃油, の故に, は二十歳, も孤独, を隠し

▼ 耳目鼻口~ (6, 0.0%)

1 に慣, の位置, の官能, の慾, をそれぞれ綿密, 宜しきを

▼ 耳~ (6, 0.0%)

1 な声, な聲, にしかも, にたれ, に聞こえた, に響きつ

▼ 耳うるさく~ (5, 0.0%)

2 エヽ何も 1 なったよう, エエ何も, 嫌って

▼ 耳がが~ (5, 0.0%)

2 あんと 1 あんといふ, ァん, ーんと

▼ 耳~ (5, 0.0%)

1 へあれ, へよく, へ明らか, へ遠く, 入るじゃ

▼ 耳すら~ (5, 0.0%)

5 世間の

▼ 耳だけを~ (5, 0.0%)

1 のぞいて, 問題と, 希臘人に, 澄まして, 貸して

▼ 耳ちかく~ (5, 0.0%)

1 なるの, 一陣の, 悍馬の, 聞えて, 聞える旅館

▼ 耳であり~ (5, 0.0%)

2 喉である 1 人間の, 写真は, 足であった

▼ 耳なき~ (5, 0.0%)

1 ごとくあるごとくただ, に若かず, われを, 人の, 混沌の

▼ 耳をば~ (5, 0.0%)

1 すましてた, 傾けざりき, 手荒に, 澄す, 鎖すため

▼ 耳を通して~ (5, 0.0%)

1 他の, 実際に, 眼の, 肉体に, 頭の

▼ 耳~ (5, 0.0%)

2 中へ 1 ところでリボン, ところで風, 中で

▼ 耳~ (5, 0.0%)

1 当テタ, 澄マス, 蔽ウテシマウ彼女ノイワユル, 藉サナイ, 貸サズ

▼ 耳~ (5, 0.0%)

1 から這入っ, で聞こえる, にこぶ, にぶつり, に福々しいこ

▼ 耳傾けた~ (5, 0.0%)

1 が最後, ことは, のである, 自分を, 雨は

▼ 耳其の~ (5, 0.0%)

1 圓滿を, 天子が, 昔譚に, 紛紜から, 語と

▼ 耳古帽氏~ (5, 0.0%)

1 が真鍮刀, にわたされた, は堤下の田, は復び畠, も同じくそう

▼ 耳古風~ (5, 0.0%)

1 から出, にあぐら, のサーベル, の極, の淹

▼ 耳~ (5, 0.0%)

1 がし, がセンネット, なんかあつ, を患つて, を挾んだ

▼ 耳明らめ~ (5, 0.0%)

5 てお

▼ 耳~ (5, 0.0%)

3 がはえ 1 が中, が生え

▼ 耳澄まし~ (5, 0.0%)

1 ている, てじっと, て待っ, て聴い, 暫く聞け

▼ 耳義人~ (5, 0.0%)

2 にあらずし 1 であるメエテルリンク, に相違, や

▼ 耳あたらしい~ (4, 0.0%)

1 のでご, 一理窟として, 事件な, 本土情勢を

▼ 耳いっぱい~ (4, 0.0%)

1 にひろがる, に断続, に集められた, に響いた

▼ 耳からも~ (4, 0.0%)

2 血が 1 そのほか, 頭からも

▼ 耳だれ~ (4, 0.0%)

1 でいや, でした, の膿, も恐らく

▼ 耳などの~ (4, 0.0%)

1 感覚器も, 描き方, 眼に, 透間から

▼ 耳なれ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, の名前, ばこそそれ

▼ 耳なんか~ (4, 0.0%)

1 厚ぼったく五分, 殆ど記憶し, 百物語へ, 節穴ほどの

▼ 耳については~ (4, 0.0%)

1 なれない, なれなかった, なれません, 母にすら

▼ 耳へと~ (4, 0.0%)

1 ささやかれた, 伝えられて, 囁かれた, 飛び移りまた

▼ 耳への~ (4, 0.0%)

1 伝承に, 印象自身を, 口うつし, 沙汰が

▼ 耳もと近く~ (4, 0.0%)

1 かしこまった, その声, にあった, やけつくよう

▼ 耳を通じて~ (4, 0.0%)

2 心に 1 その讃辞, 感じなければ

▼ 耳一つ~ (4, 0.0%)

2 恵み残され冬籠 1 が気, と毛髪

▼ 耳傾ける~ (4, 0.0%)

1 かと思はれる, そしてとろ, ように, 沈黙

▼ 耳古形~ (4, 0.0%)

2 の帽 1 のよう, の毛帽子

▼ 耳~ (4, 0.0%)

1 の具, の出來, の如き, の生じた

▼ 耳近い~ (4, 0.0%)

2 餌取 1 のである, 言葉で

▼ 耳近く口~ (4, 0.0%)

3 を寄せ 1 を寄せた

▼ 耳~ (4, 0.0%)

1 から後, に風の音, を掻上ぐる左, を軽く

▼ 耳鼻舌身~ (4, 0.0%)

1 の, の五官, の五種, の五識

▼ 耳あて~ (3, 0.0%)

1 て, て聞い, の紐

▼ 耳うとき~ (3, 0.0%)

2 嫗が 1 ものの

▼ 耳かざり~ (3, 0.0%)

1 などにちりばめた, をつけました, を見

▼ 耳からでも~ (3, 0.0%)

1 出たやう, 書物からでも, 目からでも

▼ 耳こすりする~ (3, 0.0%)

1 のも, 声が, 讒者も

▼ 耳しひ~ (3, 0.0%)

1 てあり, てあれ, の牧夫

▼ 耳すまし~ (3, 0.0%)

1 て屈まっ, て聞い, ながら変化

▼ 耳そばだて~ (3, 0.0%)

1 て, て聴きぬ, て聴け

▼ 耳だけで~ (3, 0.0%)

1 きいて, 聞いて, 聞きとりながら

▼ 耳だった~ (3, 0.0%)

1 かと彼, という話, のに相違

▼ 耳である~ (3, 0.0%)

1 といっ, といつ, と喝破

▼ 耳とか~ (3, 0.0%)

1 云ッた, 尾とかの, 秘密を

▼ 耳とが~ (3, 0.0%)

1 のぞいて, 確かなら, 証人として

▼ 耳とは~ (3, 0.0%)

1 一時に, 当り前に, 誠に必要

▼ 耳などを~ (3, 0.0%)

1 ほじつて, 削いでは, 持ち合す筈

▼ 耳にかけて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, スイッチを, 埃を

▼ 耳につき~ (3, 0.0%)

1 散漫に, 来ぬ, 魂について

▼ 耳にでもは~ (3, 0.0%)

3 いると

▼ 耳にな~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて仕舞つて教へは, つて呉れるだらう

▼ 耳にはは~ (3, 0.0%)

2 ひつて 1 ひらぬ模様

▼ 耳にもは~ (3, 0.0%)

1 いつた, ひりかねて, ひり易い

▼ 耳にゃ~ (3, 0.0%)

1 しなかったかね, 入らんの, 痛かろう

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 くろに, くろは, くろへ

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 入レ, 入レテ置キタイト思イマシテネ, 新シキコトアリテ

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 てて, てて木の葉隠れ, て時に

▼ 耳傾くれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばお, ば今

▼ 耳傾けし~ (3, 0.0%)

2 浪子は 1 が今

▼ 耳其人~ (3, 0.0%)

1 だつて馬鹿, に聞け, はアリ父子

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 などへ号令, を塞い, を聳動

▼ 耳古石~ (3, 0.0%)

2 の指環 1 を捧げ

▼ 耳塞か~ (3, 0.0%)

1 らでも, ら巴里への, ら脱船し

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 から出血, だろう, を塞いだ

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 をすまし, を洗い, を澄まし

▼ 耳曼神話学~ (3, 0.0%)

1 に於, に関する此派, の祖グリム

▼ 耳曼風~ (3, 0.0%)

1 で最初, のボイルドチキンライス, の料理

▼ 耳格人~ (3, 0.0%)

1 あらゆる外國人, などの彩衣, めきたれど

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 を得, を釈, 獲ら

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 で数え, を打ち, を揺りはじめた

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 になる, りが, りだ

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 かいながら, を取った, を固く

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 が屡々, のもの, の土鍋

▼ 耳~ (3, 0.0%)

1 からいう, になっ, に存候処

▼ 耳あたり~ (2, 0.0%)

1 が特別, のよい

▼ 耳ありで~ (2, 0.0%)

2

▼ 耳いたむ~ (2, 0.0%)

2 妻と

▼ 耳うつつ~ (2, 0.0%)

1 でただ, で口

▼ 耳うとく~ (2, 0.0%)

1 て無明, なりて

▼ 耳うる~ (2, 0.0%)

1 せいわ, そうて

▼ 耳おおい~ (2, 0.0%)

1 のついた, のついた古びた

▼ 耳おどろかす~ (2, 0.0%)

1 半鐘の, 報らせ

▼ 耳かたむける~ (2, 0.0%)

1 軒の, 静寂を

▼ 耳かと~ (2, 0.0%)

1 ぞんじますが, 思います

▼ 耳からの~ (2, 0.0%)

1 ものに, 学問は

▼ 耳くそ~ (2, 0.0%)

1 がたまっとるで, でも取っ

▼ 耳こじり~ (2, 0.0%)

1 をちょこんと極めて, を差し

▼ 耳こすりし~ (2, 0.0%)

1 ていた, て林

▼ 耳こすりで~ (2, 0.0%)

1 もされます, もし

▼ 耳こそ~ (2, 0.0%)

1 どこに, 聞かね手

▼ 耳さとい~ (2, 0.0%)

1 二階の, 雄鶏は

▼ 耳そこ~ (2, 0.0%)

1 にきこえた, にハッキリ

▼ 耳たしか~ (2, 0.0%)

1 に聞, に聞い

▼ 耳ためため~ (2, 0.0%)

1 あるよ, 大きい声

▼ 耳だの~ (2, 0.0%)

1 若いくせ, 鼻の

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 かく聞え, やない

▼ 耳ったぼ~ (2, 0.0%)

1 だの肩, にカーン

▼ 耳つこ~ (2, 0.0%)

2 すりを

▼ 耳です~ (2, 0.0%)

1 がその, もの詳しい

▼ 耳といふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, のが

▼ 耳とで~ (2, 0.0%)

1 初めて判った, 身に

▼ 耳など~ (2, 0.0%)

1 いはば, 一通り道具が

▼ 耳などが~ (2, 0.0%)

1 ついてを, 豊富に

▼ 耳なり~ (2, 0.0%)

1 かと思いました, 眼なりの

▼ 耳なれない~ (2, 0.0%)

1 声である, 言葉

▼ 耳にすら~ (2, 0.0%)

1 聞えて, 聞くこと

▼ 耳にとっては~ (2, 0.0%)

1 一筋の, 怖いもの

▼ 耳になど~ (2, 0.0%)

1 かけず小さな, 入れない

▼ 耳にへ~ (2, 0.0%)

1 えったこいつ等, えりゃあ

▼ 耳にまでも~ (2, 0.0%)

1 伝わる時, 入る所

▼ 耳によ~ (2, 0.0%)

1 つて捉へ, つて海を

▼ 耳によって~ (2, 0.0%)

1 絵画を, 見ると

▼ 耳による~ (2, 0.0%)

1 のを, 正しい国語教育

▼ 耳のせゐ~ (2, 0.0%)

1 かしら, か溜らなく

▼ 耳ふさがれ~ (2, 0.0%)

2 て東西

▼ 耳へが~ (2, 0.0%)

1 あんと, つしり

▼ 耳へという~ (2, 0.0%)

1 御伝言, 経路を

▼ 耳ほどの~ (2, 0.0%)

1 形の, 薄さ

▼ 耳までが~ (2, 0.0%)

1 凡てが, 熱い

▼ 耳までしか~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ 耳わき~ (2, 0.0%)

1 から顎, へ流れる

▼ 耳を以て~ (2, 0.0%)

1 しても, 捉え得たところ

▼ 耳ン処~ (2, 0.0%)

2 に来

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 學也, 脇に

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 が被った, だろうと

▼ 耳伏し~ (2, 0.0%)

2 て行き

▼ 耳傾けられた~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 耳傾けん~ (2, 0.0%)

1 となし, はあまりに

▼ 耳切り~ (2, 0.0%)

1 と入墨, の刑

▼ 耳受話器~ (2, 0.0%)

1 に手, を押えた

▼ 耳古人等~ (2, 0.0%)

1 と夜食, に交っ

▼ 耳古型~ (2, 0.0%)

1 の素晴らしい, の美貌

▼ 耳古製~ (2, 0.0%)

1 の短, らしい偃月刀

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 に上り見, を経

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 に声, に措い

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 が, と

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 のみを有し, はその

▼ 耳巻尾~ (2, 0.0%)

1 で形, の柴犬

▼ 耳建日子~ (2, 0.0%)

1 という者, を副

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 には小, へ垂れ

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 にあり, の夢

▼ 耳我が~ (2, 0.0%)

1 物に, 目が

▼ 耳持たぬ~ (2, 0.0%)

1 ぞ, わッ

▼ 耳掃除~ (2, 0.0%)

1 に似た, の道具

▼ 耳敏い~ (2, 0.0%)

1 性分だ, 爺さんは

▼ 耳敏川~ (2, 0.0%)

1 にまたがっ, の向こう岸

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 にも許さなけれ, のブラン・モウル大学

▼ 耳曼人~ (2, 0.0%)

1 の, の大胆さ

▼ 耳曼動物説話~ (2, 0.0%)

1 の根元, の狼

▼ 耳曼帝国~ (2, 0.0%)

1 のね, の出来上つたの

▼ 耳曼種~ (2, 0.0%)

1 あり, の名

▼ 耳曼語~ (2, 0.0%)

1 と日本語, の

▼ 耳朱崖~ (2, 0.0%)

1 と同, の記事

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 き斑ら, の裏

▼ 耳梨山~ (2, 0.0%)

1 とあ, と会

▼ 耳熱し~ (2, 0.0%)

1 て来る, 気昂れり

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 が着い, なく茎

▼ 耳疎く~ (2, 0.0%)

1 して, なる

▼ 耳目鼻~ (2, 0.0%)

2 のなき

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 の年輪, の環状構造

▼ 耳科病院~ (2, 0.0%)

1 で診察, へお

▼ 耳秘法~ (2, 0.0%)

1 には一つ未熟, を講じ

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 で轟きまわる, を掃除

▼ 耳細君~ (2, 0.0%)

1 が十三年, の眼底

▼ 耳義国王~ (2, 0.0%)

1 が皇后, の御

▼ 耳義婦人~ (2, 0.0%)

1 がこの, と一緒

▼ 耳義方面~ (2, 0.0%)

1 の戦い, の戦場

▼ 耳義製~ (2, 0.0%)

1 のウヰスキー, のウヰスキー瓶

▼ 耳義軍~ (2, 0.0%)

1 が国王レオポール三世, の徹底的抗戦

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 から口, から肩

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 と目撃, の楽

▼ 耳聞する~ (2, 0.0%)

1 ところの, 場合には

▼ 耳聞目撃~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 また頭, をうしろ

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 のなか, ふ蒙古

▼ 耳被い~ (2, 0.0%)

2 のついた

▼ 耳覆い~ (2, 0.0%)

1 のたれ, を赤い

▼ 耳覚え~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 と申す, のこと

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 に轟く, 忽ち又

▼ 耳~ (2, 0.0%)

2 みあつて縁

▼ 耳長く~ (2, 0.0%)

1 毛は, 脚細く

▼ 耳障なる~ (2, 0.0%)

1 は夫, は子宮

▼ 耳食者流~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 耳~ (2, 0.0%)

1 の先, を持つ

▼1* [473件]

どっちを, 耳あけて深く, 耳あって聞く, 耳あてうつつなし蕾, 耳あるごとく理性に, 耳いも這入って, 耳いよいよさえて, 耳うるさげで, 耳うるさしというふう, 耳古いところ, 耳おとがい, 耳かしらと思いました, 耳かすごとく, 耳かせばかそけ, 耳かたぶけてうち, 耳かっぽじって, 耳かも知れないこと, 耳からだけ聞かせます, 耳からばかりでなく喉, 耳がかァん, 耳はのパーマネント, 耳くじり芋と, 耳こすりしたその方面, 耳こすり致しますが蜂須賀様, 耳ことごとく白し衆咸これ竜, 耳これも心耳, 耳うど鳴, 耳さわがしや東三省, 耳さ念仏だから, 耳ざはり愈, 耳ざはりになつて適はなく, 耳ざはりになる箇所ができ, 耳ざはりも實に爽, 耳しいた鶴見には, 耳しかたむけ, 耳したがい七十に, 耳しひしひじり, 耳しぶのうかせ, 耳じゃねえん, 耳そして知識と, 耳その時々の, 耳そばたつるなるべし, 耳そばだつれど叔母, 耳そばだてつ疑心は, 耳そばだてる者も, 耳それに均勢の, 耳たえず我聞く, 耳たつれば, 耳たてると利長, 耳たてる如く聴きまた問うべき, 耳たるを失わない, 耳だけでも助けて, 耳だけによるので, 耳だけの判断に, 耳だこの当たる, 耳だって強くたたく, 耳だろうなあちょっと, 耳朶引っ, 耳って実に不思議, 耳つまり僕の, 耳づらそうに, 耳づらいことを, 耳であってその, 耳であったらしいことを, 耳であったろうやっと静, 耳であろうと自分, 耳でしか聴いて, 耳でしょうね, 耳でないならこの木立, 耳でなく父親の, 耳とかいう五官の, 耳とく聞きて, 耳とて遂に, 耳とばかり問題には, 耳とばかりで生活し, 耳ともいうべき通信連絡, 耳と共に一方より, 耳のでせう, 耳ない氷山よ, 耳なぞを掻くため, 耳なつかしく心を, 耳などという個々の, 耳なら悪い知らせ, 耳ならず併せて其行為, 耳なりがするそうぞうしい, 耳なりに気を, 耳なりの響は, 耳なりはどんなにし, 耳なれたる鈴の, 耳にあたりネリは, 耳にがあんと, 耳にさえも最初から, 耳にしかと聞き納めるの, 耳にすらも早くから聞え, 耳にたいする欺瞞だ, 耳にだけでも入れて, 耳にだけと思うて, 耳についてかそれとも, 耳につきはぢめて, 耳にとまつた, 耳にとって美わしい, 耳にのみ聞いたそれら, 耳にのみはあまりに乱暴, 耳にまつわる毛を, 耳にまではとどかないの, 耳により眼により, 耳に対すると同じく精神, 耳ねえって私が, 耳のうしろと, 耳のうへで逸はやく, 耳のせゐだらうか今朝, 耳のねえ人, 耳のみ殘る, 耳のみを過度に, 耳はがーんと, 耳はしひに, 耳はもすこし上等, 耳ばかりか心を, 耳ばかりに成った様, 耳ばかりの驢馬, 耳ばかりへは経文を, 耳ひとつだに動かさずあり, 耳ひどく笑うとき, 耳ふさぎと申し, 耳ふさげども壁, 耳へさえ聞こえて, 耳へだけ入れて, 耳へなど入れたくなかったの, 耳へははひらない, 耳へまでも届きまして, 耳ぼんの窪, 耳づしき我らには, 耳までのマスクで, 耳まるい鼻には, 耳めずらしくまた事々, 耳もござりますぞ, 耳もしくは兎の, 耳もたぬ安心し, 耳もちたる愚人, 耳もて聴かず, 耳もて聞き手もて, 耳もと近く葉子にこう, 耳ゃ妙ちくりんな, 耳ゃ節穴じあ, 耳やかましく實に, 耳やへ入ッ, 耳聞かざれさ, 耳よく聴くべからず舌, 耳わずらわしかろうぞ, 耳わずらわす響も, 耳をかッぽ, 耳をがあんと, 耳をすら憚る, 耳をとも云はれぬ, 耳をよぎりてあきなひの, 耳ん中に押し込ん, 耳ん所へがん, 耳オレの速記, 耳ガラッ八の, 耳ズクの略, 耳タブをギュッ, 耳こすりを, 耳ッ朶に大きな, 耳ナラズ印象ヲ受ルコトモ, 耳ニアノ真珠ヲ下, 耳ニイヤリングヲ下ゲ唇ヲコーラル, 耳ニシタガ返事スル隙モナクドーアガ開イテ彼女等ガ這入ッテ, 耳ニテ變化ス可ラズト云フ意ニハ非ズ, 耳ニハ常ニ三密, 耳ニモ入レヨウトシマセンデシタ, 耳ニ上ル近キモマタ愛スベシ, 耳ニ及ビ歯ハ馬ノ歯, 耳ニ聽テ聲ヲ知リ, 耳プラトンの心, 耳亦之ニ, 耳ヨリ濫造セラレタル思想ナル者ノ自由ヲヤ, 耳ワタクシの速記, 耳一たび逃れて, 耳一ツに集め, 耳一尺七寸五分左の片耳一尺八寸, 耳一目でボクサア, 耳に欠痕, 耳に置かなかった, 耳乃擧手示羅如意復完然在, 耳二つだという, 耳二ツの姿, 耳二本の手足, 耳二等賞は尾, 耳の帽子, 耳付一輪挿にマーガレツト, 耳以上へ滲み徹っ, 耳以外のすべて, 耳作れって宣伝, 耳さむ, 耳催眠術精神分離夢遊行人心観破術, 耳傾くべきだと思, 耳傾けざるを得なかった, 耳傾けてるふうを, 耳傾けられることは, 耳の悪人め, 耳候, 耳八丁口八丁のわが, 耳てふ, 耳其亞非利加等のスンニ派徒, 耳其勃牙利の二十六ヵ国, 耳其女および風俗, 耳其教訓其訓誡を論ずる, 耳其煙草とは調和, 耳其美人の群, 耳其軍へ数隻, 耳其領内遊歴の折修繕, 耳其高地の研究, 耳にも入り, 耳の刑, 耳剃らせるがこころよ, 耳前書第十二章二十四節, 耳し口衒, 耳千里眼を働かせ, 耳擧手中如意示之と, 耳厚く頸足長く, 耳漏首, 耳双目ヲ中央, 耳双眼式天然色浮出し発声映画, 耳古アフガニスタン等であると, 耳古人たちはみんな, 耳古人どもと渡り, 耳古人みたいな顔, 耳古人波蘭人等から有無, 耳古刀を磨きはじめた, 耳古埃及などの西洋, 耳古族の家国, 耳古族それらの幾人, 耳古玉由縁ある宝冠, 耳古玉製玲瓏のつぎ目, 耳古王は子供, 耳古語で, 耳古軍には十人, 耳古飯即ちペラオ, 耳にし, 耳君弁解の余地, 耳命同様日の御子, 耳命神沼河耳命と申す, 耳其言語が, 耳喇叭は交換手, 耳四郎は共に, 耳塞ジエノアの市, 耳塞港の夜景, 耳を払っ, 耳にも小, 耳大きな鷲鼻への, 耳はれやがて, 耳と綽名, 耳孟軻氏曰く伯夷の風, 耳を笑, 耳を笑, 耳宗匠の句, 耳の話, 耳寄って来た, 耳寄リノ話ヲ聞ク, 耳寄草なる写本, 耳の妃栲幡千々姫命, 耳尊天降りの地, 耳尋常左りの, 耳屏風に, 耳左巻尾肩の高, 耳差し毛顔がちょっと, 耳なる頬, 耳庵さんは作陶家, 耳に昇りぬ, 耳引張てやれ, 耳引張るの, 耳引立つめり, 耳引立てる庄太郎には, 耳目する俳諧者流, 耳やら防寒, 耳を呈し, 耳の頭脳, 耳徳利にも口, 耳かされぬ, 耳愚痴を溢, 耳く言っ, 耳と相, 耳成天の香具山, 耳或は宿命或は, 耳のよう, 耳手の甲茨に掻かれた, 耳手足を各, 耳押し付けて一重向う, 耳持たすものかも, 耳持ってエ, 耳掃除按摩など凡そ, 耳を細君, 耳敏き者と, 耳斬りてみぬ, 耳斯形の帽子, 耳なひとり, 耳早々申上候, 耳は決まり切つ, 耳曼一統の帝, 耳曼人侵入の皇帝フリードリッヒ, 耳曼仙郷淹留説話同時に神人配遇説話, 耳曼全民族圏に通ずる, 耳曼日本等の成文神話, 耳曼民族特有の産物, 耳曼民族等の互に, 耳曼皇帝マキシミリヤン一世の娘, 耳曼神話学界に於, 耳曼神話界の一二, 耳曼語族に属する, 耳有り障子に, 耳桐油外套に赤縞, 耳とあ, 耳な小さき, 耳欠け鼻欠けでもお, 耳次第である, 耳止められお手拍子, 耳に三, 耳にも眼, 耳に冠, 耳澄ました覚えが, 耳澄ませば闇, 耳澄み心澄み, 耳無しの山, 耳無し山が寒, 耳無山その愛らしい, 耳はしかり, 耳に川向う, 耳に似る, 耳の創むる所, 耳らしくて, 耳珍しげに一つ一つ, 耳珍しくも藪鶯, 耳瑜耳飾塔腕輪指環等の粧飾品, 耳疎き人の, 耳ごうてます, 耳痛いことまで, 耳痛く聞かされる惧, 耳いて, 耳到而居住, 耳が三つ, 耳皆立派で眉, 耳目鼻口手足をそなえ, 耳目鼻口等の神経, 耳にする, 耳相近故其法俗, 耳眼口鼻消化排泄生殖器官なんどの色々, 耳眼髮の中, 耳短く立ちて, 耳石等にもこれ, 耳科醫へ行, 耳科醫通ひと學校, 耳科醫院へ行つた歸, 耳移しに, 耳穴鼻の穴, 耳立てたことは, 耳立てるでせう, 耳あり毎, 耳打ちた, 耳竹童の毛穴, 耳は人格的共同, 耳だけそなえたる, 耳ほじくつて, 耳糞歯屎唾液人糞小便月経陰毛精液なども薬, 耳細い足, 耳ひには, 耳縫いがない, 耳縮地法を加味, 耳義その他の国, 耳義のが八七五・〇〇〇弗, 耳義アントワアプのKCN, 耳義ナミュウルの要塞, 耳義ニ於ケル如クナラズ朝鮮全部ヲ掩有スルニ實力, 耳義ルーマニア等ほど大きな, 耳義人ワネー師であるが, 耳義以外何処の国, 耳義公使が北京郊外, 耳義国内に侵入, 耳義国王陛下並びに皇后陛下, 耳義大使夫人に請われ, 耳義政府が其購入, 耳義文学を紹介, 耳義文學を紹介, 耳義普魯西各國, 耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 耳義独立新聞の紙上, 耳義王のレオポール三世, 耳義産の切子硝子, 耳義行の人, 耳義近代の大手筆, 耳義通ひの, 耳だけに暗, 耳老いてせせら, 耳老人古武士のよう, 耳老人壮者にまけない, 耳老人杖を指し, 耳聞えず常に子孫, 耳聞くべからず売買すべからず, 耳聞体験心閲を筆, 耳聞心識等にあらず, 耳聞猶気絶眼見若, 耳聞目睹したる結果, 耳聡いすてに, 耳聡き子らかなや, 耳つれど, 耳聾し治し難くその他, 耳聾するも心, 耳聾心未聾, 耳の左三葉, 耳に諄々, 耳腹股踵などについ, 耳舌帽氏も恐れ入った, 耳色眼鏡を懸け, 耳草富貴の家, 耳草木にも眼, 耳草秋海棠齒朶など, 耳おひ, 耳菜草や其他, 耳蒼く馬ばかり, 耳遠観術, 耳覆ひ呼吸器塵除け, 耳あり背鬣紅色, 耳わりの, 耳のしっぽ, 耳の峰, 耳赤きは貴し, 耳紅からざる, 耳近き落雷に, 耳近くビューという而, 耳近く水の音, 耳近く瀬の音, 耳達する当日と, 耳遠いところを, 耳金之助と同一新聞社, 耳鉗腕釧も細い, 耳鋭く知って, 耳鎗おとがいに, 耳長驢馬が一匹, 耳隣室の談話声, 耳ちる音, 耳なり, 耳ノ刀自, 耳音楽的聴覚を持っ, 耳へかけ, 耳に聞え, 耳頭髪と小鬢, 耳飽きて袷, 耳飾右の方, 耳飾塔や緑光瓔珞, 耳飾塔腕輪指環等の粧飾品, 耳飾用ゐら, 耳香水私には皆謎, 耳馴染の宇宙線, 耳馴染みで, 耳騒がしく悲しみを, 耳驚かしたる二堂開帳す, 耳驚かせたころの, 耳の如く, 耳を打, 耳鳴するのみならず, 耳鳴って秋気, 耳鳴りさ, 耳鵞鳥の肝, 耳鷹長等が広, 耳鷹長等壱百九十人言フ己等ノ先祖ハ, 耳鼻口を初め體中, 耳鼻口尻尾脚等の形態, 耳鼻口等の五官, 耳鼻口舌齒であると, 耳鼻皮膚の気孔, 耳鼻舌身意もなく, 耳鼻舌身意色聲香味觸法の十二, 耳鼻首筋外へ出, 耳鼻首腕手足の指