青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考える~ 考え方~ ~考へ 考へ~ ~考へた 考へた~ ~考へる 考へる~ 考察~ ~者
者~
而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた 聞いた~ ~聞え

「者~」 127473, 1377ppm, 59位

▼ 者~ (20089, 15.8%)

360 ように 195 ために 141 ような 118 やうに 111 中には 97 手に 94 中に 89 間に 87 方が 67 名を 63 姿を 52 やうな 48 心を 46 一人である, 上に 45 前に 43 顔を 42 ことを 41 うちに 39 数は 38 口から 37 一人として, 中で 35 為に 34 中から, 眼を, 間には 33 生活を 32 心に, 方で 30 ための, 一人が, 一人で, 地位に, 多くは, 立場から 29 ところへ, 一人に, 姿は, 眼に 28 眼には 27 位置に, 負担する 25 あること, くせに, 一人であった, 家に, 手を, 頭の 23 すること, 名が, 大部分, 手で, 注意を 22 中の, 心の 21 一人だ, 事を, 姿が, 方へ, 様に, 群に 20 如し, 手から, 目を, 言に 19 あるの, 中にも, 目に 18 うちには, ためには, 中でも, 側から, 所へ, 数が, 数も, 数を, 身に 17 うちで, ほうが, 一人と, 姿も, 態度を, 為めに, 立場に, 群, 群が 16 ことは, なかに, 一人または, 癖に, 眼から, 話に 15 ことで, ないの, 前で, 声が, 役目を, 手によって, 方に, 生命を, 目には, 話を 14 側に, 名前を, 心當り, 群を, 言葉を, 資格を 13 仕業だ, 内に, 外は, 多いの, 心は, 手中に, 方は, 私は, 説に

12 [12件] ないこと, 一人は, 前へ, 大多数, 影も, 悲しさ, 或る, 書いたもの, 生活の, 間にも, 間の, 首を

11 [14件] ことだ, ことである, なかった, ほうへ, ほかに, 一人, 仕事を, 多かった, 多くが, 如くに, 家へ, 後を, 間で, 魂を

10 [11件] すがた, ほうで, ようで, 一人です, 中では, 仲間に, 名も, 常として, 爲に, 立場を, 説を

9 [25件] うちでは, ごとく, それと, やうで, ようだ, 一つの, 一人な, 仕事は, 仕業と, 処へ, 口に, 名は, 場合は, 意見を, 文学を, 最後の, 生活は, 耳に, 胸の, 運命を, 道を, 間では, 頭を, 顏を, 顔は

8 [41件] あいだに, あったこと, あとを, いうこと, うちにも, うちの, ごときは, ごとし, すべてが, なかには, 一人だった, 一人であり, 云うこと, 位置を, 倒れて, 名前が, 地位を, 境遇は, 声を, 外に, 多いこと, 多数は, 娘で, 影が, 影を, 彼は, 心理の, 惡口を, 意志に, 態度に, 様な, 生活が, 真似を, 石, 群は, 胸に, 言葉に, 話では, 運命に, 頭に, 顔が

7 [35件] あつた, なかで, 一人の, 一人を, 一団が, 一部の, 下に, 云う事, 仕業で, 住んで, 何者である, 前では, 力に, 名前は, 場合に, 境遇を, 声は, 女の, 如きは, 姓名を, 姿に, 幸福を, 影は, 心が, 方から, 方を, 目から, 眼にも, 群れが, 群れに, 胸を, 言を, 身を, 顔に, 魂が

6 [71件] ある筈, ある者, うちでも, ことです, ところに, ないやう, ひとりが, ほかは, ようにも, 上には, 世界は, 世話を, 云ふ, 仕事の, 優越感を, 前を, 参考に, 口を, 名に, 名の, 味方を, 命に, 報告を, 多いところ, 多くの, 如く, 存在を, 家には, 家の, 家を, 屍体を, 後に, 心持は, 心理は, 想像に, 意に, 意志と, 意見は, 態度が, 数に, 権利を, 歌, 死体を, 死骸が, 為めの, 男が, 眼が, 眼の, 眼は, 眼より, 研究に, 立場で, 第一, 群の, 群れの, 老人が, 耳を, 血が, 血を, 言ふ, 許に, 誰なる, 責任は, 賃銀は, 資本の, 足の, 足を, 身体は, 運命は, 間から, 間を

5 [80件] ある事, うちから, からだを, ことに, ごときもの, つもりで, ひとりだった, ほうを, もとへ, ようであった, ようです, 一人たる, 一人なり, 一部が, 上にも, 上へ, 仕業に, 仲間入りを, 任務は, 位地に, 例に, 側へ, 八五郎は, 出現を, 列に, 利潤は, 利潤を, 力が, 努力は, 努力を, 名前も, 命を, 噂を, 大和に, 姿の, 娘が, 子に, 子供は, 家庭の, 屍体は, 思想は, 意志を, 態度で, 持って, 本当の, 本来の, 来て, 来るところ, 死を, 生活と, 生活に, 生涯の, 目的は, 私が, 私には, 第一人, 罪に, 罰せらる, 群れは, 老仲間, 肉を, 肩の, 肩を, 自己限定として, 自由な, 要求を, 言うこと, 言は, 言葉である, 説くところ, 身の上に, 身の上を, 道, 関係は, 霊を, 顔と, 顔や, 風を, 養成に, 魂の

4 [131件] あいだにも, あった時, ある時, ある訣, いうところ, いうよう, うえに, ことが, これを, すべきこと, する事, それに, それは, ない時, ほうに, ほかには, もので, ようだった, ポケットに, 一日の, 一隊は, 中へ, 中間に, 仕事である, 仕業では, 仲間から, 位に, 何か, 保護を, 假名遣, 側の, 八五郎には, 出るの, 出現に, 列が, 別を, 利潤が, 利潤に対する, 利益の, 力を, 口の, 口より, 唯一の, 問題に, 国だ, 場合には, 境遇が, 声に, 外には, 多數, 夢は, 女が, 如きも, 如何に, 妻と, 妻に, 姿だ, 娘だ, 娘でございます, 子だ, 子孫が, 子孫は, 安全を, 家で, 家庭に, 家族が, 少ないの, 弟の, 影響を, 心を以て, 心持が, 心理を, 意の, 意を, 意図は, 意見に, 手が, 数と, 数の, 最初の, 最高の, 歎き, 正体は, 正当な, 死, 殆ん, 母親が, 流れの, 無いの, 理想と, 男の, 癖で, 眼と, 立場として, 精神と, 精神に, 精神を, 群で, 義務を, 考えでは, 耳にも, 肩に, 背後に, 背後には, 能力を, 脳裏に, 腕を, 腰の, 自分が, 自覚が, 苦しさ, 苦痛を, 衣服は, 親に, 言葉で, 説明に, 誰もが, 談に, 責任の, 資格で, 身許も, 部類に, 関係を, 面影を, 頭から, 頭が, 頭は, 頭上に, 顔の, 首が, 魂に

3 [340件] あまりにも, あり, ある証拠, いうには, お吉, お心當, お由良, ことについて, ことばの, ことも, ごとく悲しき, すべての, するよう, そばに, それの, ないほどの, ない中, なかにも, なんでも, ひとりだ, ひとりであった, ほうは, ほとんどが, むれが, やうだ, やること, ようでした, ようでも, ガラッ八, ガラツ八は, デモを, マッグの, マッグは, マツグの, マツグは, 一である, 一人であります, 一人でも, 一人なる, 一人や, 一団, 一団に, 一団は, 一般の, 不平を, 不満を, 不足を, 世話で, 中間の, 主なる, 主人に, 主張が, 主張する, 主張の, 主張は, 事, 事だ, 事である, 事に, 事業を, 二人が, 云うよう, 人物が, 仕事が, 仕事では, 仕業ぢや, 仕業なら, 他に, 代表的な, 仲間で, 仲間であった, 仲間の, 任務, 伝六が, 佐, 何人も, 作が, 作ったもの, 例の, 例を, 便宜の, 個性の, 側からも, 側で, 側では, 側においても, 傍に, 先に, 全部が, 典型, 内には, 写真が, 出て, 出入りを, 出入を, 利害を, 利潤から, 利潤の, 利益に, 力で, 労賃が, 労賃の, 労賃は, 労賃も, 半数が, 協力を, 厳かな, 反対を, 反省を, 名, 名で, 名とを, 名前の, 名簿に, 味方として, 命が, 命令に, 命令は, 哀れな, 哲学は, 問題は, 喉を, 噂に, 図々しさ, 報酬は, 場合と, 場合も, 境遇に, 声だ, 声と, 多い中, 多かつ, 多きは, 夢に, 大井半之, 大群を, 女に, 女房は, 好奇心を, 好意で, 妻が, 姉が, 姿で, 姿である, 姿と, 娘である, 娘なんか, 娘に, 娘は, 娘を, 子, 子では, 子や, 子供の, 家, 家だ, 家にて, 家族と, 家族の, 尻を, 巣に, 幸福の, 弟が, 強さ, 影さえ, 役を, 後なる, 後裔は, 心と, 心には, 心情に, 心持に, 心持の, 心持を, 心理が, 必要品に対する, 思想に, 思想の, 思想を, 性格を, 悩み, 悪口を, 悲しみを, 情熱を, 意味で, 意味に, 意図が, 意志の, 意思を, 意識に, 愛の, 感情が, 感情を, 態度, 所得に, 所業に, 所為に, 所謂, 手にか, 手によ, 手の, 手へ, 手より, 手当てを, 持つて, 指を, 挙動を, 掌中に, 救済に, 教えを, 教養の, 文化水準は, 文学と, 方には, 方にも, 方の, 方も, 日常の, 最大の, 本能である, 来るの, 検挙に, 様子を, 死体が, 死骸の, 死骸は, 死骸を, 気が, 気を, 気持が, 気持を, 汚名を, 為にも, 無智, 無理解, 特別な, 特権だ, 特殊な, 状態に, 猪之, 生命と, 生命は, 生涯を, 生血を, 癖として, 目が, 目の, 目は, 目的と, 相違は, 真の, 眼で, 知識を, 研究の, 研究を, 神への, 称と, 立場からの, 立場と, 立場は, 竹を, 筆に, 精神は, 素姓を, 素質が, 素質を, 結合の, 維持の, 罪と, 罪は, 罪を, 義, 老人を, 耳には, 聲に, 聲を, 胆を, 背に, 腰に, 腹の, 自分には, 自分の, 自然な, 自由に, 自由を, 興味を, 苛酷な, 苦心, 荷物を, 血に, 行方を, 行渡り人, 行進が, 親が, 言と, 言ふこ, 言葉, 言葉が, 言葉だ, 記憶に, 許可を, 詞の, 話, 話には, 話の, 話は, 誇りと, 説にも, 説は, 誰なるや, 調子で, 象徴と, 負担と, 負担に, 責任である, 賃金は, 資格において, 趣味の, 足は, 足もとに, 跫音が, 身の, 身許が, 運動が, 遺族の, 邪魔を, 金を, 門を, 間でも, 間にさえ, 間にだけ, 階級が, 隙を, 非常な, 面影が, 頭には, 顔も, 類は, 風貌を, 鼻の

2 [1130件 抜粋] あとについて, あひだ, あるべき, ある人々, ある家, いう通り, いない間, いるところ, いる所, いわゆる, うちへ, うめき声が, うろうろと, おりん, お前の, お宅, お相手, お粂, お若, お部屋様, かなしさ, ことから, ことな, ことなら, ことばが, これに, せいだ, その一人, そばへ, それに対する, それを, ためにも, とこに, どれが, ないよう, ない人, ない凄腕, なかでも, なきこと, はいって, はなしを, ひとりである, ほうから, まわりに, みじめさは, もって, ものである, ものを, やりかた, ようでございました, よく知っ, わたしに, ガラツ八が, クラブで, トーマスは, パーセンテージは, マキシモヴィッチ氏の, マッグも, マツグと, マツグを, 一つとして, 一人かと, 一人でしょう, 一人にても, 一切を, 一味が, 一団の, 一方が, 一種の, 一群に, 一考を, 一部分は, 不思議が, 不意を, 不滿, 世を, 世話などを, 両方の, 中を, 主観に, 之に, 乞食, 予言が, 事業は, 二十間許り, 云ふごとく, 人々の, 人間の, 今日の, 仕事だ, 仕事も, 仕業だった, 仕業であろう, 仕業の, 仙吉を, 代表として, 仲間, 仲間入は, 会合が, 伝統を, 位置が, 住居に, 体験談も, 作物が, 使用した, 例が, 供給及び, 価値を, 便所へ, 保護は, 俸給は, 個人的な, 借地期間中は, 偉大なる, 側においては, 側より, 僕には, 兄が, 全部の, 公けに, 共に, 典型なり, 内でも, 内生に, 凡てに, 出世の, 刀は, 分際で, 判断を, 利潤に, 利潤や, 利益であった, 利益と, 前には, 剰余生産物量は, 劇評を, 力でも, 功を, 助力を, 努力の, 労働の, 十倍も, 印象が, 友達二三人と, 収入を, 取締りが, 受くる, 口も, 右の, 同情に, 名だ, 名と, 名前か, 名前で, 名前まで, 名簿を, 君が, 味かたです, 味かたを, 味方だった, 呼吸の, 唇から, 唇にも, 問題を, 善良な, 喧嘩は, 土性骨の, 地位, 執念も, 報酬が, 境遇の, 墓へ, 壮い, 声にも, 声も, 多少の, 多数が, 夜詣り, 夢を, 大ストライキ, 大半は, 大群は, 大衆を, 奇妙な, 女は, 女二の, 女房の, 如くその, 如何なる人物, 妹娘を, 姓は, 姓名は, 姿, 姿であった, 姿なども, 娘の, 婆さんが, 嫌疑を, 子で, 子なりと, 子供な, 子供達に, 子孫である, 子弟を, 子沢山と, 存在は, 客を, 室に, 家は, 家庭では, 家族は, 宿なし, 宿泊は, 寂しさ, 寛大さを, 将門を, 小娘と, 小忰, 居るところ, 屋敷へ, 山田は, 席の, 平均賃銀は, 幸福, 幸福に, 幾人が, 座談会の, 弱点に, 強かな, 形に, 形跡を, 役目である, 彼の, 往来は, 後の, 徒の, 御亭主, 微視觀, 心こそ, 心事を, 心理という, 心理について, 忘れて, 怒において, 性格という, 恋の, 恐怖が, 恣な, 息子は, 悪意や, 悲哀が, 悲惨な, 意向に, 意志が, 意見が, 意見によって, 愚を, 愛情を, 感が, 感情に, 感覚を, 態度では, 態度は, 慰藉料として, 懷に, 或者, 所在を, 所為なる, 手は, 手口では, 手紙の, 手際で, 才覚に, 批判の, 批評を, 持つ大きな, 持物を, 指導の, 指紋の, 捜索に, 擧動は, 政治的技倆を, 救護に, 数, 数や, 數, 數も, 文章として, 文章を, 方々へは, 方だ, 日常を, 日常的な, 書斎に, 最も有力, 有けり, 末であった, 末に, 本能から, 来訪に, 果だ, 棲んで, 樣子を, 権利は, 権力に, 権威を, 歌に, 正しき狙, 正義で, 武器を, 死と, 死んだ後, 死体は, 母, 気で, 気持の, 気配が, 氣の, 永生より, 治療に, 泣き声が, 注目する, 活動は, 消息も, 涙を, 溜り場に, 潜入を, 為めには, 無かった, 爲めに, 父子の, 爺でなく, 特殊の, 独特な, 猛省も, 珍重する, 理会力が, 生じたの, 生命の, 生活から, 生活には, 生長の, 用に, 田中太七というは, 由で, 男子が, 疾う, 監督の, 監視を, 目標に, 相手に, 相手を, 眞の, 真面目な, 眼中に, 眼玉を, 知識が, 石田大, 研究が, 研究も, 神秘に, 福祉を, 私と, 私を, 秋野が, 称である, 種は, 積りだ, 立場が, 立場といふ, 第一位, 答えに, 精神が, 純所得, 細君は, 結合は, 經驗に, 網目と, 缺點は, 署名が, 群れで, 群れを, 義務だ, 羽織や, 老人であった, 老人の, 考えで, 考え方は, 職分が, 職場, 職業を, 肉身の, 肺腑を, 背を, 背中の, 能く, 腕が, 腕力を, 腹を, 自分を, 自己殺人, 自然に, 臭いが, 興味は, 良秀に, 若者が, 苦心は, 菅笠と, 著述の, 蒼ざめた悲し, 血は, 行動に対して, 行動を, 街である, 袖を, 裸体群像に, 要求に, 見て, 見當, 視線を, 親戚および, 観念に, 言な, 言ひ, 言語である, 記事が, 訪問を, 許へ, 証言が, 詞が, 話が, 話す声, 話なども, 誇りで, 認識が, 語るところ, 誤謬を, 説一ならず, 説話に, 誰にも, 論文は, 諸先生, 講演が, 識見の, 象徴としての, 責任, 責任としては, 責任よりも, 貴婦人達と, 資本は, 資格として, 質に, 足が, 足跡に, 足音は, 跫音も, 身にとっては, 身も, 身体に, 身体を, 身内の, 軌轍を, 軒に, 迷を, 通行は, 運動に, 運動は, 運命な, 道の, 道具に, 遺物を, 部屋に, 重要な, 長助という, 長屋へ, 間において, 間における, 関係が, 関白などは, 階級と, 階級に, 随筆は, 集りだ, 集団である, 静かな, 面が, 面目を, 頭へ, 頭脳から, 頭脳は, 頸を, 願ひ, 風あり, 風上に, 風貌が, 飼ってる猫, 首は, 鬼を, 魂にまで, 鼻先へ

1 [10371件 抜粋] 〆切は, あつかい, あの謙虚, ありよう, ある女, いい目, いずれに, いつもやる, いびつな, うごきが, うち僅か, うわさだけでも, おふくろが, お半, お手本みたいな, お通さん, からだは, こういう科学的常識, ことであります, ことまで, この老婆, ごとき昂揚, ごとく学術上, ささやきを, しるしも, する身振り, その心持, ただちに痛感, ためのみ, つかむところ, でない呻きが, どら息子も, ない事柄, ない愚楽さん, ない老爺, なげかひを, のちの, は二, ひもじさ, ほくそ笑みを, まことが, むく犬, もっと怠らない, ものの, やる方法, よき得意者たる, よろこび, われわれとは, イブン・コルダードベーと, カアルソンと, ケチな, シャンダーラム夫人で, ストライキには, ダルトンを, トリックであろう, ハイロが, ピート一等兵に, ヘンリイ・マンガア老人が, マリ子に, ラレイの, 一が, 一人そして, 一人らしかった, 一人雄弁と, 一員として, 一家を, 一朝に, 一種独特な, 一見平凡な, 一部分または, 三五郎は, 三造の, 上衣の, 下男が, 不審なる, 不明を, 不遇, 世界にも, 両方を, 中ひとり, 中汝らの, 主張する如く, 乗った気球, 亂暴に, 事は, 事業に, 二番目の, 云為を, 亡父を, 人名に, 人物に, 人間が, 仏頂面といった, 仕業という, 代表らしい, 仰角の, 任務では, 会の, 伝統な, 位置は, 住居らしい, 体面にも, 余裕を, 作家としての, 使う用語, 供給を, 俄に, 信憑を, 個人的の, 倫理であっ, 側への, 傳統を, 僕を, 元来同一の, 先まわり, 免れ難き, 全体と, 八五郎の, 共同の, 典型とも, 内心を, 再現である, 処に, 凶霊に, 出入りと, 出現の, 分限と, 初子には, 利己心に, 制裁が, 前途を, 剽悍な, 加藤家との, 労働機械道具等の, 動も, 勞働者や, 勧告により, 十中の, 半蔵は, 占有物だ, 原案は, 又四郎に, 反対の, 取分と, 口ぐせに, 口癖に, 叫ぶ声, 各々, 吉次に, 同盟罷工や, 名刺を, 向井と, 周到な, 呼びたてる声, 命名する, 哲学上の, 問いに, 喇叭の, 喫煙飲酒買婬は, 噂だった, 四割八分は, 困厄, 国民への, 土壤と, 地金は, 執拗な, 場合, 境遇こそは, 墜り, 声音は, 外剛内柔なる, 多い季, 多くなる, 夢想ぐらいは, 大名たちが, 大柄な, 大軍中の, 天幕に, 失敗は, 女です, 女房や, 好奇心や, 如き思想感情, 如く一手, 如く感ず, 如く見立て, 妹お, 妻の, 始祖たる, 姿までも, 娘でなけれ, 嬶アに, 子供からでも, 子孫で, 子等は, 孤独を, 學問の, 宗教と, 実兄だ, 客には, 家にこそ, 家族に, 容疑を, 寄合にも, 寝床を, 対立を通して, 将来に対し, 小グループ, 小池までが, 少いハープ, 少数は, 居城であった, 屍体が, 山名屋は, 巣, 巨擘たる, 希望である, 帰依を, 常情, 平凡な, 年久しい, 幻影は, 店前に, 延若は, 弟で, 弱腰を, 当座の, 彫像の, 彼こそ, 待遇法, 後方にて, 従者や, 御書院番, 微かな, 心であった, 心より, 心得なくては, 心構えは, 心臓の, 必要品が, 忠告種々, 怖ろ, 思想にも, 性情は, 怨を, 恐ろしさ, 息子な, 悪事を, 悲哀である, 惨めさを, 意向な, 意義が, 愚かな, 愛惜の, 感嘆の, 感慨だろう, 態度といふ, 慾を, 懐中物は, 我への, 戸川そめ子の, 所業で, 手あて以下交通通信衛生防備警備の, 手下でも, 手加減に, 手紙に, 手首に, 批判によ, 技術者たる, 拍手を, 持つなり, 指一本も, 指紋を, 掛声と, 推移を, 損益, 支那人の, 政治は, 效果を, 教育について, 数よりも, 數は, 文字花に, 文章の, 新しい組織, 斷じ, 方針は, 日常生活に, 昂奮を, 晩酌で, 暴力以外の, 書く, 最も都合, 月見ても, 服裝だ, 木戸番の, 末座に, 本性を, 机のうへで, 来ること, 枕元に, 根底に, 棚卸しを, 楊奉を, 概念では, 様恨む, 樣子の, 権威以外に, 欠くべからざる用意, 歌である, 止まるところ, 武勇と, 歴史も, 死亡率は, 死骸に, 殘した, 母親と, 氏家青年へ, 気勢が, 気脈の, 氣質は, 汚名, 治療へ, 注意をすら, 活躍時代は, 浩平も, 涙と, 深沢深は, 減少である, 源太郎が, 潜んで, 災難とは, 無いやう, 無意識の, 無能力金銭に, 熊さん, 爲すごとく, 父祖が, 牛丸平太郎も, 特に恵まれたる, 特色を, 状を, 独占と, 獅子吼である, 玩物である, 現実療養所内の, 理解を, 生くる, 生命という, 生活なる, 生活水準を, 産地印度の, 田中王堂氏とが, 男へ, 番号を, 疲労が, 痴愚なる, 発萌し来る, 發動でなく, 盡きぬ淨福は, 目障りにしか, 相対的地位は, 眞似, 真実報償は, 眼や, 睡眠中に, 知らない反, 知遇や, 研究題目に, 社会主義規律の, 祈り聽かる, 神経に, 私だった, 科学的常識が, 移動年表, 穀物に対し, 立ち去った後, 立派な, 笑う声, 筆で, 答案は, 米山が, 系図と, 素早い直感, 紹介によって, 経営の, 結べる隊, 絶えない問題, 經濟的位置と, 総称で, 罕なる, 美しい姿, 群れから, 義務でした, 老母を, 考では, 耳もとに, 職分, 肉体は, 肩口から, 胸へは, 脈を, 腕っ, 腹具合に, 自ら主と, 自己暴露, 自然発生的な, 自覚と, 舞台を, 色情は, 芸術的良心の, 若侍ども, 苦しんで, 苦痛とは, 荷う, 著しき進歩, 蒐集に, 藤原信頼とは, 虚無か, 血統などについて, 行は, 行方, 街で, 表現が, 裸体姿の, 要求への, 見手本, 視るところ, 親切心の, 観察ながら, 解消を, 言い草を, 言分なる, 言葉にも, 計画を, 記念として, 許諾を, 詞を, 詮議に, 話計りを, 語が, 説き出した言葉, 読者を, 調和が, 諒解運動が, 諸君も, 講演会などといふ, 議論の, 貌では, 貧化, 責任について, 賃銀を, 賞讚も, 起き臥しを, 足手まとい, 躁忙し, 身体へ, 身許から, 転音だ, 轢死は, 近寄る足音, 追求から, 通報に, 連中の, 逸作と, 過去について, 道楽には, 遺族が, 邪げでは, 酒の, 重藤中尉は, 鈴木万二郎, 錺徳は, 長屋だの, 閑事業位に, 間違いない, 闘志を, 陣営に, 階級の, 隠れ遊びの, 集まりが, 集る西伯利亜, 集會に, 電信柱は, 露店が, 非文学的, 面容を, 頃から, 頭なんて, 頸部の, 顔とは, 願いを, 風体も, 飜訳書に, 飼い殺しと, 首七十余級を, 駈け上がって, 體驗する, 鬼っ, 鳥海青児氏も

▼ 者~ (19887, 15.6%)

385 なかった 316 ない 283 一人も 100 ありません 90 ないの 75 それを 74 誰も 63 自分の 61 これを 60 ないか 51 彼の 46 あるまい, ないと 43 いなかった 38 いない 37 いずれも 35 誰でも 33 無い 31 ありませんでした 30 ひとりも 28 私の, 自己の 25 なかつた, 殆ん 23 非常に 22 無かつ, 福なり 21 なかつたの, 手を 20 誰だ 19 いないか, 皆な, 誰か 18 ありませんか, どこに, ないはず, 他の, 何か, 無かった 17 あっても, ありませんよ, いないの, 人の 16 それに, ないかと, ないであろう, 之を, 他に, 出て, 彼を 15 何の, 多くは 14 あるまいと, ないよう, 今の 13 これに, ないが, ない筈, 眼を, 言った 12 どうした, 人間の, 多くの, 彼が, 彼らの, 死刑に, 無いの, 誰しも, 驚いて

11 [11件] いった, そこに, ないから, 仕方が, 何を, 何人も, 例の, 容易に, 次の, 自然の, 誰ぞ

10 [11件] だれも, 一つの, 一人残らず, 一般に, 少ない, 彼れ, 死んで, 滅多に, 無いか, 私を, 頭を

9 [18件] ありやしません, いくらも, ございません, すべての, だれでも, ほとんどなかっ, 世間に, 今も, 何れも, 併し, 僕の, 固より, 外に, 如何に, 家の, 少しも, 幾人も, 此の

8 [35件] ありませぬ, いうまでも, いって, いづれも, ここで, ここに, すぐに, それで, それらの, ないという, ほとんどない, 一人として, 云うまでも, 人に, 他人の, 何も, 前に, 勝つ, 勝手に, 声を, 多い, 天下に, 家に, 我に, 日本の, 普通の, 水を, 現在の, 男も, 皆, 真の, 神の, 自分が, 自分である, 身を

7 [28件] ありますまい, ありませんが, あるまいな, あるめ, かくの, これらの, さすがに, それが, ないくらい, ないし, ないよ, なくまた, ひそかに, 人を, 僅かに, 口を, 彼女の, 往々に, 急に, 手に, 早くも, 気が, 確かに, 自由に, 言ふ, 足を, 顔を, 首を

6 [39件] ある, あるが, いつまでも, きつと, この世に, その時, た, ないので, なかろう, なくて, わずかに, 之に, 何う, 前の, 即座に, 只の, 唯だ, 實に, 必らず, 昔から, 時代の, 永遠に, 涙を, 無い筈, 煙草を, 生きて, 疑いも, 皆この, 皆その, 知って, 私に, 腕を, 自分たちの, 自分で, 色を, 誰ぞや, 誰と, 非常な, 音にも

5 [73件] あったが, あわてて, いう, いったい何者, いつでも, いません, おりません, このよう, この人, この時, これは, さう, そこで, それから, それと, そんなこと, ただの, たれも, どこの, どこへ, ないだらうか, ないだろう, ないでしょう, ないん, なかったろう, ほかに, めったにない, 一人や, 一名も, 一種の, 主人の, 二つの, 云う, 今でも, 何と, 何処に, 何処の, 兎も, 初めから, 割合に, 力を, 勿論の, 叫んだ, 多かった, 女の, 妻子に, 完全に, 容赦なく, 少くとも, 少なくない, 己が, 己れ, 常にその, 幸福である, 彼に, 彼等の, 心を, 朝から, 死の, 爾である, 目下と, 石を, 禍なる, 私が, 笑って, 罪を, 自から, 自己を, 自身の, 言つた, 誰だろう, 誰れ, 金を

4 [116件] あなたの, あまり多く, ありませんから, ありゃしない, ありゃしません, あるまいが, いかにし, いないよ, いないん, おそらく一人, かつてなかっ, きわめて少ない, こ, これより, そこを, その人, それは, ただ一人, たった一人, だれである, どうする, どうでも, どこまでも, ないだろうか, ないで, ないといふ, ないらしかった, なかったであろう, なかつたが, なからう, なかるべし, なかろうと, なくただ, なくなって, はじめから, ほとんどいない, まずない, また, われに, ゐない, 一人だって, 一人で, 一切の, 一斉に, 不幸だ, 不幸なる, 世を, 世界の, 云った, 人生の, 人類の, 何ぞや, 何人である, 何処へ, 何故に, 俺の, 個人の, 別として, 口に, 右の, 同一の, 土地の, 多いが, 大抵は, 天の, 妙な, 家を, 少くない, 幾らも, 後の, 心の, 必ず人, 恐らく一人, 我を, 或る, 拙者の, 支那の, 敵の, 斬る, 斬るぞ, 斬罪に, 日々に, 日に, 日本に, 日本中に, 朕なり, 極めて少ない, 極めて少数, 気を, 永久に, 無いが, 無いので, 無事に, 生産物の, 男女を, 盃を, 目を, 相変らず, 相手に, 神に, 私だ, 科学の, 稀な, 第一, 答えた, 腹を, 膝を, 自らを, 自然に, 自然を, 藁をでも, 藁をも, 言って, 誰であった, 誰であろう, 車の

3 [279件] あつた, ありは, ありゃしないん, ありやしませんか, あれど, いうの, いさ, いざ知らず, いずれに, いつの, いつもの, いないかね, いないから, いないし, いないと, いやしない, うんとある, おどろいて, おらぬか, おれの, お前の, かくも, きわめてまれ, ここを, この世の, この中, この男, この話, この辺, ございますまい, ございませんか, さきに, さらに偉い, そこここに, そのよう, その中, その前, その専門, その手, その数, それぞれに, それぞれの, それの, たずねた, たずねて, たと, だれか, だれが, だれ一人, とかくに, ともかくも, どうなる, どんなこと, ないけれど, ないけれども, ないぜ, ないそう, ないぞ, ないとの, ないに, ないほど, ないらしい, ないわけ, ない位, なか, なかったらしい, なかつたか, なかつたで, なかつた筈, なく, なくその, なくなった, なし, ねえか, はなはだ少ない, ほとんどなく, ほんとうに, まずその, また早く, みな彼の, みな眼を, もう死ん, もつと, もとは, よくその, より多く, わしの, わたしを, 一に, 一の, 一人にて, 一人の, 一人殘らず, 一体誰, 一刻も, 一時の, 一時は, 一様に, 一歩も, 両手を, 主人に, 二人とも, 二人の, 二人や, 云って, 人が, 人間としては, 今度は, 仕様が, 他にも, 体を, 何うし, 何にも, 何よりも, 何年にも, 何故長塚君, 何時でも, 何等かの, 余の, 余計な, 信長の, 僅, 僞善者である, 僧侶と, 先に, 其れ, 出来るだけ, 刀を, 利益も, 剣にて, 却て, 去って, 反対に, 口々に, 口が, 右門の, 君の, 吾, 国の, 地上の, 地獄の, 変って, 外にも, 多少の, 大なる, 大に, 大衆の, 奇怪な, 女性に, 子を, 孰れ, 宇宙の, 実にこの, 寄手の, 少いの, 少ないの, 少なし, 少数の, 尠い, 居ないか, 居ないの, 屋敷の, 左の, 己の, 師の, 帰って, 常に不平, 常に自己, 幸なり, 幸福だ, 広大な, 形を, 彼等が, 後から, 御座いませんか, 心配し, 必ずこの, 必ずその, 必ずそれ, 必然的に, 忘れても, 怖ろ, 思い思いの, 思わず手, 思想の, 愛の, 我の, 手が, 持って, 掌を, 放つて, 故郷に, 斬らん, 昔の, 最初の, 月の, 木を, 材木の, 来い, 来て, 極めて少い, 極めて稀, 槍を, 歩いて, 死ぬ, 殺されてから, 水の, 江戸中に, 決して左樣, 決して謙遜, 法を, 無いだろう, 無いと, 無いに, 無数に, 無限の, 熱心に, 父母の, 物の, 物を, 物質の, 特別の, 狂人の, 珍らしい, 現代の, 理由を, 男は, 町内の, 病気に, 皆それを, 目が, 目上ならふ, 直ちにその, 相手の, 眉を, 真理を, 眼に, 神を, 私と, 私は, 科学者の, 稀である, 空を, 立って, 総出で, 縁あっ, 罪に, 耳を, 聞いて, 能く, 自分だけ, 自分では, 自分に, 自分自身の, 自然と, 色々な, 芸術の, 見えなかった, 見て, 見当らなかつた, 言う, 読んで, 誰, 誰じゃ, 誰よりも, 誰一人として, 身に, 身体が, 速かに, 過去の, 道の, 酒を, 銃を, 集まって, 露骨に, 頭から, 食を, 驚いた, 黙って

2 [1042件 抜粋] あたりまえの, あまりない, あまり例, あらじ, あります, ありますけれども, あるだらう, あるはず, あるまじくまた, ある一つ, あれども, あッと, いかが, いずこ, いたって, いつか天然の, いつまで, いないが, いないはず, いないらしかった, いなかったの, いませんよ, いるか, いろいろの, うなって, おそらく権七, おらぬ, おりませんでした, おろか涎掛けの, お互いの, お綱, かうして, かえってその, かならず死ぬ, きょうの, ここから, ここらに, このこと, この世を, この二つ, この問題, この場合, この現象, この私, これこそ, これも, こんに, ございませぬ, ござらぬか, さいわいなる, して, すくない, すぐその, すべてその, そういう作品, そういった, そう大した, そう言っ, そちの, その, そのため, その全, その名, その声, その家屋敷, その日家, その点, その生産, その穀物, その絵, その行動, その関係, そも誰, それだ, それでも今にも, それよりも, それ惟だ, それ等の, たいていの, たがいに, ただで, ただ一種, ただ単に, たびたび出, ちよつと, つねに若い, どういうわけ, どうしたであろう, どうだ, どこから, どこやらの, どやどやと, どれも, どんな場合, なあんだとが, ないじゃ, ないなどと, ない其の, ない私, ない訳, なかなかに, なかんずく一切, なくなりました, なくなるだろう, なく神事, なく誰, なんらの, はなはだ少なかっ, はらはらし, びっくりし, ほかには, ほとんどまれ, まぎれも, ますます愚か, またその, また次, まだ誰, まづ, みなこう, みなそう, みな顔を, みんなその, みんな不思議がっ, みんな死ん, めったになかっ, もちろんの, もとより君子賢人, やたらに, よし, われ等の, ゐない筈, イタリーの, スウエデンボルグだの, チャンと, ドシ, プラーゲ自身では, ホッと, ヨーロッパの, リアリストでなけれ, 一として, 一個も, 一兵も, 一列に, 一度に, 一方の, 一服頂戴せぬ, 一番偉い, 一般人が, 三人の, 上から, 上流の, 下の, 不審に, 不思議にも, 不断に, 世に, 世人の, 世界を, 世間から, 中, 中途半端な, 之あり, 事の, 二人を, 云いました, 云うの, 云ふかも, 互ひ, 人これを, 人生において, 人間である, 人間労働である, 人間的な, 今までに, 今日は, 仕事に, 仕様の, 他人を, 以前から, 仮にも, 休養の, 何ぞ, 何んと, 何人です, 何処かへ, 何者か, 余人ならぬ, 例によって, 依怙, 信仰に, 信玄の, 個々の, 個性が, 停車場を, 傍へ, 傷を, 僕だ, 元より, 元来が, 先ず少ない, 先生の, 入れないこと, 全く無用, 全国に, 兵士と, 其処で, 决し, 凡て美しい, 出世を, 別です, 別に勇気, 刺戟を, 前には, 剣も, 助けん, 勿論その, 勿論現世, 十人に, 千人に, 半数も, 単にその, 参加すべし, 又別, 反對, 取りも, 各, 同情し, 同級生の, 呆れかえって, 呼ばれなかった, 唯物論の, 善く生きる, 喜びの, 喫驚し, 器具なし, 困つて, 固有の, 国家から, 土手の, 地代として, 地獄に, 型としては, 堂の, 夏の, 外の, 多かつ, 多くこの, 夜に, 夜食の, 大急ぎで, 大抵レニエ, 大抵無頼野性, 大胆なる, 天に, 天下の, 女に, 奴隷の, 妻の, 始めから, 姿を, 子に, 学校へ, 宅の, 定めて, 実際は, 実際上, 家中には, 家族の, 将校が, 尋ねた, 少くは, 少なかった, 少數, 居ない, 居りますが, 岩の, 巧とも, 布団を, 常にそこ, 常に天国, 常に絶えない, 常に被, 平常から, 年の, 幸である, 幸福に, 幸福を, 幾人か, 強い, 当時の, 当然に, 影も, 彼らを, 彼女に, 往々最も生きたい, 後向きに, 徒三年に, 得て, 微笑し, 徴兵に, 心が, 心得て, 必ずしも莫迦, 必ず一度, 必ず先, 忘れては, 性格的に, 恋愛の, 恐らくあるまい, 息を, 意外な, 愚人なり, 憎まる, 懼れ戦い, 成金の, 我国に, 戸外に, 手紙を, 手習師匠でない, 抽象的な, 挙って, 提灯の, 支払った労賃以上, 政府の, 故郷へ, 敗れても, 数多の, 文学の, 文学者の, 斬に, 新らしい, 旅において, 既に成語, 日本一でも, 早く出, 明日の, 春秋に, 時と, 更に進ん, 最初から, 最初より, 有つて, 有りませんが, 有産者と, 期待しない, 本當, 机という, 東京警備参謀塩原大尉, 果して誰, 森林の, 極めて少く, 次々に, 正直だ, 正義の, 正雪, 歯の, 死を, 死んだ, 死んだ者, 死人ばかり, 死罪に, 殆ど一人も, 残って, 殺人罪に, 気も, 氣の, 氷つた月の, 汝の, 決してかかる, 決して多く, 決して少なく, 決して無, 沢山ある, 法の, 泰然として, 海を, 混同させ, 渋面ばかり, 災いである, 無いから, 無いで, 無い様, 無くなって, 無智, 無邪気な, 片時も, 独りも, 獰猛で, 現はれなかつた, 甚だ多い, 甚だ稀, 生きのこる分別, 生徒に, 産業の, 甲板に, 男女老幼雨具も, 男性も, 瘠せて, 百人の, 皆どこかで, 皆んな知つて居ります, 皆探偵かと, 皆文壇的に, 皆眠っ, 皆自己の, 盗賊の, 直ちに彼, 相当の, 真面目に, 矢張り, 知らぬと, 研究の, 祖先の, 神様と, 秀吉で, 私から, 私たちと, 私一人じゃ, 稀だった, 稀に, 立ちどころに斬る, 笑い出した, 笑ひ, 筵を, 米友の, 粗生, 紅の, 紛れも, 絶えず生み, 絶えてないよう, 絶対的に, 織田家の, 美の, 美を, 老人の, 聴けぬ, 肉体に, 脚を, 腹に, 自分だ, 自分よりも, 自分一人で, 自分自身について, 自己において, 自殺した, 船から, 若い者同志, 荘田な, 落ちるが, 落着い, 薄暗がりの, 虚栄の, 虫の, 血を, 被害者に, 西洋の, 見向いて, 見掛けに, 親の, 言ひました, 言わず言う者, 記して, 読書の, 誰かと, 誰だっ, 誰で, 誰である, 誰に, 豈に, 貧苦を, 走り且つ, 足踏の, 輝かしい未来, 迷ひ, 追い出して, 逃げ出して, 遊んで, 運命の, 道人に, 遠くから, 選定され, 酢を, 重い病気, 鋭利な, 鎌を, 門を, 雲の, 霊に, 非常の, 靴の, 須く, 頸を, 顔色を, 食事が, 馬の, 馬鹿の, 駕籠を, 骨が, 魏法師の, 鳴き且つ

1 [12312件 抜粋] ああそう, あたま, あと一カ月も, あの惨死, あまり紙の, ありのまま君公, ありやしない, あるに, あれで, いうも, いかに夏目金之助氏, いたし方ありますまい, いったん思い込んだ, いつも人間, いない事, いまに, いるだろうか, うまく片づけられた, おそらくそれ, おどろくの, おらぬぞ, お会わせ申す, お尋ね者にて, お龍, かかる関係, かなり久しい, からからと, きまり悪, くちびるに, こういう折, こう訴えます, ことごとく柴田, この一連, この俺, この女, この悩み, この正木, この笛, この語, これこれの, こんなにごうまん, ございませんですよ, ささやいて, さも大儀, しばらくし, じつはおなじ, すぐ手不足, すて切れないという, すなわち天才, すべて公然, すべて追い払う, せり上げ価格, そういう感銘, そこには, そのほか, その一刹那, その個人, その反対, その外道, その専制, その後必ず, その方面, その死亡広告, その留守, その翌日一日休み, その要, その間の, それすらも, それでは飽き足らないであろう, それ以上将校に, たいがいそう, たくさんある, ただに徳川一族, ただ素人, たとい相当, たまたま菅公, だれしも, ついに一人, つねに好い, とうてい虚無, とてもひとり, どうあろう, どうして民藝, どう見, どの方面, どんな乱暴, ないしかし, ないイエス, ない罪, なかつたとお, なきが, なくまして, なく歓喜, なけれども, なつかしい, なんとし, ねえし, はたと弾き, ひじょうに多い, ひどい苦面, ふだんは, ほっとした, ほとんど衣冠, まことに驚くべき, まずねえ, またいろいろ, また四枚目, また行き過ぎる, まだ喪服, まったくない, まるで性, みなそうでしたろうが, みな名うての, みな彰義隊に, みな病死する, みな集まっ, みんなばかな, みんな婦人は, みんな溜息を, むしろ上役, もうすこし精しい, もう寝, もう逃げ, もちろん安治川菊子女史, もとことごとく, もはや佐渡一人, やけど, やはり善意, やむをえず殺さなければ, よう見舞う, よく持っ, よほどな, わからずに, わずか四, ゐず酒, アレキサンドル橋の, オウタハイトの, ギャングである, コロリに, ジャン, チチコフを, トラクターや, ニヒリストの, バリカンで, ブエノスアイレス市には, ボストン骨牌に, メキシコで, レーニングラードの, 一と, 一人だに, 一個年会員という, 一向手, 一応現場附近, 一旦それ, 一生ただ, 一般に清満, 丁度官吏, 万物を, 三四人の, 三界に, 下げまい, 不善に, 不残, 世にない, 世話は, 中庭の, 主人公其人と, 久吉たる, 予め分っ, 二を, 二十人くらいの, 二百五十の, 互いに滅ぼし合うだろう, 五百五十名未決囚で, 京都帝大の, 人目も, 人類に対する, 今よりも, 今更とも, 他から, 以後に, 伜は, 佐七ばかりと, 何でも, 何んとしても, 何月号の, 余り急ぎました, 価値尺度財で, 信ずるに, 個人主義者である, 偶然を, 働く時, 允許を, 先ず下士官, 先づ自己を, 兎なり, 全くゐなくなる, 全体の, 兩夫人がを, 六万の, 共通に, 其の永遠広大無辺, 其権利を, 内へ, 冷やかに, 出し抜けで, 出頭せよ, 初めて大家, 別人ならぬ, 到底児童, 前日から, 劣る器, 勇を, 勢い外表, 勿論朝, 匹夫の, 十常, 半ばからか, 単にわが, 危険なる, 却つてつねに, 去るしか, 又病院, 受くる, 古今無双の, 可愛いもんぢ, 各人の, 同一技術, 名人一夢斎の, 呉郡余杭の, 和漢の, 唄いある, 商品を, 喜びを, 噂し合った, 四林湖に, 国君, 土地または, 地蔵尊を, 堂々と, 増すばかり, 外から, 多く万葉の, 多し長ずる, 夜なかに, 大いに懼, 大事に, 大変に, 大抵与えられた, 大挙結束し, 大番頭, 大馬鹿, 天然固有の, 失敗する, 女で, 如何な, 始終此處, 嫁であり, 存在し, 学者では, 官に, 実に妙, 実は四人, 実際得難し, 家が, 家鴨の, 富士の, 實際この, 将校士卒で, 小と, 小料理屋を, 小麦を, 少し位, 少なくともそれら, 尚笑つた, 居らぬぞ, 屡々本尊, 山男か, 川崎の, 差當つての, 帰っても, 常に強き, 常に踵, 平家一門の, 年が, 幸内の, 幾何学を, 広い大阪, 廿一人で, 弱いもの, 弾正様の, 当然処刑, 彼から, 彼敗走し, 待て居る, 得意で, 徳川の, 必ずここ, 必ず一五八三年, 必ず平生, 必ず物, 必要であった, 念入りな, 思い出し若い, 思慮分別も, 怪聞の, 恐らく吾輩, 恭く, 悉く殺されん, 悪人の, 惠まれて, 愚人であり, 感情家だ, 憤然と, 成敗共に, 或は神, 戰爭の, 手帳を, 打たれる, 折々出, 拙者始め沖田永倉藤堂倅周平右五人に, 捜索に, 搦手から, 放火でも, 救わるべし, 敢えて最もすぐれた, 数理観念に, 文明の, 斬るな, 新卒業子女, 旋律に, 日和を, 日野朝臣が, 早朝から, 春秋を以て, 時々かう, 時世が, 暑くるしい夜, 更にお気, 曾てない, 最大の, 有害と, 未だ上求菩提, 本当に夢みる, 村を, 東京区裁判所の, 果して鐘, 根もとまで, 棠軒で, 極左に, 構わないって, 橋を, 次第に言葉数, 正しいと, 此世に, 此豫想を, 歩いちゃ, 死ぬと, 殆ど卑彌呼を, 残らず機械的, 殿政宗が, 毎月晦日には, 気に, 水中の, 汗だくだく, 決してこの, 決して忘れますまい, 決して賊徒, 沢山有ったろう, 法術を, 洋間との, 浮世を, 深くなる, 済ました顔, 滝の, 濁つたま, 為す者, 無い一命, 無し友達, 無神無, 無銭で, 爆弾戦に, 片端より, 物騒な, 狂氣への, 猶更, 珍しい, 現実の, 甚だ少なかっ, 生活における, 用意を, 申出ず可, 町方の, 當事者相應の, 疾くに, 發達の, 百官を, 皆どう, 皆んな知つて居ました, 皆以世間之妨候間上下共其心得可有之, 皆墓参りを, 皆待ち焦れ, 皆桐壺の, 皆無に, 皆苦い, 皇族の, 監視を, 直ぐ狂犬, 直感しました, 看護卒の, 真夜中の, 眼前に, 知らず末派, 知能分子の, 破壊した, 社長以外には, 神様だ, 秀吉だった, 秋の, 移された所, 積労によって, 突然政事家, 立ちの, 笊に, 筋書きどおりに, 米の, 糂, 紙片を, 経家の, 結構です, 絶え駅路, 総人口, 纔かに, 美人とは, 習慣上彼の, 耳飾りを, 肝を, 胸毛の, 腰まで, 自ら刈取らね, 自分について, 自然である, 自転車から, 舟を, 芝居人に, 若し理想, 茶を, 落ちつかないよう, 蕃商輸入の, 虚榮の, 衆生濟度の, 袖を, 襲わるべし, 見あたらなかった, 見る間, 覚えは, 觀念的に, 言を, 詐偽或, 誇って, 誰々だらう, 誰れだらう, 論無う, 警察から, 豺の, 貧民に, 資本主義的社会秩序の, 赤い鳥, 足も, 踊る, 車湯へ, 辛うじて蒙, 近代の, 追えない, 逃げよう, 通りまで, 運が, 遠くに, 遺憾ながら, 酔い泣き, 重き刑に, 金星に, 銃口から, 鐸を, 長生きを, 間抜けの, 附いて, 階段を, 離れて, 靈の, 面倒くさがっ, 頬杖, 顔と, 食に, 養殖技術をも, 馬鹿で, 驚き惑う, 高貴の, 鴉に, 黒田官兵衛の

▼ 者~ (18214, 14.3%)

791 ある 559 あった 216 あって 209 あると 177 なかった 153 あります 139 ない 128 出て 123 あつた 117 あれば 105 多かった 94 ありました 91 あるの 76 多い 73 あつて 65 あるので 60 来て 50 自分の 49 それを 48 あっても 42 ないの 41 あるが, 一人も 40 多いの 37 あるか 35 あるん, あろうか 34 いた 33 あるから 32 あったが, あったの 31 いる 29 あるという 28 ないと, ないので 27 なかつた 26 あったと, いて, 私の 25 ありません, なければ, 住んで, 集まって 23 ある筈, 多いから 22 彼の 21 これを, 急に 20 あったので, あるかも, ないから 19 あること, あるに, 非常に 18 出来て, 多いので, 尠く, 手を 17 いるの, 多かつ, 訪ねて 16 あったり, あろう 15 あるだろうか, あるよう, いると, 他に, 入って 14 多いよう, 立って, 自己の, 集って 13 あつたら, ありまして, ありませんでした, 一人でも, 何か, 多いが, 幾人も

12 [15件] あるそう, あるならば, いくらも, いること, それに, ないという, 之を, 來て, 多くて, 多くなった, 居る, 沢山ある, 無い, 眼を, 続々と

11 あったから, ありますが, ありますよ, ついて, 声を, 帰って, 無かった, 現れて, 続出した

10 [16件] あるし, あるぞ, あるはず, あるもの, あるわけ, いなかった, ここへ, ないとは, 付いて, 出來, 少くない, 彼を, 持って, 此の, 現われて, 自分で

9 [21件] あったらそれ, ありますから, あるだろう, あろうとは, いない, ここに, ございます, どこに, ないとも, なくなって, やって, 今の, 勝手に, 口を, 多くなっ, 或る, 手に, 来た, 知って, 言った, 飛んで

8 [18件] あったこと, ありませんから, あるかと, あるらしい, いたの, いないの, ございまして, そこに, なくて, 人を, 何を, 少なくない, 居て, 無いと, 犯人, 続出し, 見て, 誰も

7 [32件] あったという, あったならば, あったに, あるとか, あるやう, いたと, いった, いるから, いるという, たくさんある, ないで, ゐた, ゐる, 一つの, 働いて, 出た, 多数に, 大部分, 如何に, 彼等の, 待って, 有って, 死んで, 殖えて, 潜んで, 無いの, 無かつ, 現われた, 生きて, 答えた, 身を, 顔を

6 [40件] あったとしても, あっては, あらわれて, ありそう, ありましたが, ありまた, あるだらう, あるとは, あるもん, あればこそ, います, これに, それぞれの, だんだんに, ないこと, ないのに, ないよう, なかったら, やって来た, ゐて, 一人や, 世には, 何うし, 何かの, 何の, 先に, 出来た, 多いと, 少くなかった, 居るから, 居ると, 揃って, 有れば, 来ると, 殆ん, 神の, 自分を, 説明を, 駈けつけて, 驚いて

5 [73件] あつたなら, あらば, ありそれ, ありと, ありは, あるさ, あるそれ, あるとの, あろうと, いずれも, いたが, いないと, いるか, いるもの, いるん, おりまして, この世に, その中, そんなこと, たくさんいる, だんだんと, どうした, どこかに, どれ程, なかつたの, なくては, なくなった, なくなりました, やって来て, やつて, 一斉に, 一般に, 之に, 二人あった, 人に, 人の, 他の, 何人である, 出れば, 前に, 力を, 協力し, 右の, 多いという, 多かろう, 大多数, 好んで, 家の, 寝て, 居た, 居るの, 山へ, 必要な, 教えて, 方々に, 日本の, 有るから, 来ても, 火を, 現われました, 目を, 目上の, 眼に, 知らずに, 私に, 続出する, 考えて, 自分たちの, 著しく殖え, 見ると, 見れば, 集まつて, 順々に

4 [126件] あったか, あったそう, あったもの, あったらその, あった時, あとを, ありその, ありましたので, ありますか, あるゆえ, ある場合, あわてて, いかにし, いたので, いなければ, いました, いるので, いれば, おって, おると, このよう, するよう, そのよう, それである, たくさんあった, たずねて, つづいて, できて, でて, どの位, どれほど, ないん, なくな, はいって, ほかに, ますます多く, やってきた, われわれの, ゐなければ, ゐるが, ゐるの, 一人の, 一時に, 一様に, 一般の, 三人も, 二人ばかり, 二人や, 二十人ばかり, 云った, 今も, 今日の, 他人の, 何も, 何故に, 來た, 俺の, 出たの, 出ても, 出ると, 出るの, 利益も, 叫んだ, 坐って, 外から, 外に, 多くなり, 多くなる, 多くの, 多すぎる, 天体を, 存在する, 完全に, 寄って, 少しは, 少しも, 少なくなかった, 幾人ある, 幾人か, 彼らの, 彼れ, 後から, 心配し, 必要である, 戻って, 所有する, 日本に, 暖簾を, 書いたもの, 有つた, 有る, 有ると, 横たわって, 次々に, 気を, 滅多に, 無いから, 無いでも, 無ければ, 現はれた, 現れました, 病気に, 登場し, 皆な, 直接に, 知らない筈, 私を, 科学の, 第一, 罪を, 自分に, 自然に, 自由に, 行方不明に, 西洋の, 見えて, 見つけて, 言いました, 起きて, 起って, 足を, 近づいて, 金の, 飛び出して, 飛び込んで, 首を

3 [224件] あったかも, あったとは, あったん, あった訳, あとから, あなたの, あらう, あらうか, あらうとは, ありながら, ありましたよ, ありましょう, ありますので, ありまたは, あり又, あるかね, あるじゃ, あるため, あるぢ, あるって, あるであろう, あるでせうか, あるとしても, あるらしいの, ある時, あろうかと, あろうとも, いう, いても, いないから, いろ, おどろいて, お好き, かう云, かくの, こ, ここで, ここの, この村, この点, こんなこと, ございません, しばしばある, すくなくない, ずらりと並ん, その上, それは, そろって, そんな話, ぞろぞろと, たえない, だ, できました, どのよう, どやどやと, どれだけ, どんなこと, ないため, ないでも, ないはず, ないばかりか, ない位, なかったらしい, なきや, なくなったので, はなはだ多い, ばらばらと, ひそかに, ひそんで, ふいに, ふえて, まじって, みんなで, もとは, やってきて, ゐました, ゐると, 一人いた, 一人で, 一人は, 一列に, 一度は, 上に, 下に, 不意に, 世に, 中に, 主人の, 二三あった, 二人, 二人の, 二人まで, 云う, 云ふ, 交る, 京都の, 今でも, 今日は, 以前に, 何と, 何人か, 何処に, 余の, 來ました, 來る, 俄に, 俗に, 信じて, 僕の, 先へ, 先生を, 兵を, 出たり, 出るから, 出るに, 出入し, 出入する, 出入りする, 利益を, 勝を, 厭に, 口々に, 可なり, 同居し, 君の, 命を, 増加し, 多いこと, 多いそう, 多いため, 多いといふ, 多いもの, 多かったらしい, 多くな, 多く中, 多数の, 多過ぎる, 大衆の, 天下を, 夫である, 存し, 存在し, 容易に, 寄り合って, 少しでも, 居ない, 居ないから, 居ますが, 居るか, 山に, 平凡な, 平気で, 幾らも, 彼女の, 往々ある, 後に, 心を, 必要だ, 忍び込んで, 忘れて, 忽然とし, 慌てて, 持つて, 控えて, 搾取者に, 支那に, 日に, 明日の, 有りまして, 有ッ, 机を, 村の, 来たと, 来る, 次から, 此年に, 死ぬと, 死刑に, 殺されて, 氣が, 沢山あった, 無いという, 無いとは, 無数に, 現はれ, 現れた, 生じた, 生存し, 男の, 発明した, 皆日本固有, 真の, 真夜中前に, 真理の, 石を, 私たちの, 突然に, 絶えなかった, 絶対に, 老後に, 考えるよう, 聞いて, 臥して, 自分達の, 見張って, 言つた, 言ふ, 訊くと, 詰めかけて, 誰だ, 誰である, 警察に, 追, 逆に, 途中で, 通りかかると, 道を, 酒を, 附いて, 需要する, 頭を, 飛込んで, 駈け付けて, 騒いで

2 [798件 抜粋] あげられた, あったけれど, あったけれども, あったため, あったであろう, あったほど, あったら, あったらお, あったら渡して, あったろうか, あつまって, あらはれた, あらわれた, ありましたから, ありましょう乎, あり他方, あるからと, あるけれど, あるだけ, あるだよ, あるであろうか, あるでは, あるといふ, あるには, あるばかり, あるやに, あるやろか, ある以上, ある商品, ある場所, ある徳二郎, ある振り向いて, ある譯, あろうぞ, あろうはず, いうには, いうよう, いたもの, いたり, いっしょに, いつて, いつとは, いないこと, いないという, いないとは, いなかったこと, いなかったため, いやしいの, いるそう, いるぞ, いるよう, いるわけ, うしろへ, おびただしく流れ込ん, おりて, おりますが, おるか, おるぞ, お君, お庭先, お粂, お腹が, お預り, かけつけて, きたと, きつと, きて, こういうこと, こうして地上, こけ猿, こっちへ, ことの, この土地, この日, この界隈, この租税, この道, これほど, これまで, こんなにまで, ございますから, ございますが, ござりましたら, ござります, ござろうか, さうである場合, さもしい根性, すがた, すつかり, そう云う, そこにも, そこらに, そつと, その, そのへん, その債務, その地主, その時, その毒, その生産物, その研究, その約束, それから, それと, それへ, それも, それらの, ぞくぞくと, ぞくぞく蝟集, たくさんに, たずねた, ただの, だいぶある, だれか, つけて, できれば, とって, どん, ないかと, ないといふ, ないわけ, ない限り曲者, なかろう, なく, なくなつた, なくなります, なにほどかは, ひかえて, ひきも, ひとりも, ほとんどいない, まいって, まぎれ込んで, また, まだその, まだ少しは, みなこの, みんなし, むやみに, やったの, やってくるの, やはり白根, やる, やるの, よく知つて, わしの, わたくしの, ゐないと, ウロつい, クリストフの, ズカズカと, ファシズムに, 一つに, 一ぺんに, 一人あった, 一人ぐらいは, 一人住ん, 一人居た, 一人居る, 一名の, 一国の, 一寸意外, 一生懸命に, 一番に, 一致し, 三人で, 三人ばかり, 三人小僧が, 三十人ばかり, 上の, 上京する, 不幸に, 世を, 世界の, 両手を, 並んで, 九十八人それに, 事を, 二三人, 二三人だけ, 二三人出, 二人ある, 二人で, 交じって, 京へ, 人が, 人間の, 人類の, 今まで, 今度は, 今後の, 他から, 代って, 以前の, 仲間の, 会合し, 何て, 何である, 何んの, 何人も, 何等かの, 作られたこと, 使と, 來たら, 信一郎の, 信長の, 借りて, 停車場まで, 偶然泰興を, 僅, 優等生, 入り込んで, 入口の, 全体の, 共通に, 其の方, 処刑に, 出したの, 出たぞ, 出たもの, 出で, 出ようとも, 出るであろうと, 出来たので, 出来るの, 出現し, 刑事を, 判定に, 前の, 加はつて, 加担し, 労働者と, 労賃の, 勝つて, 勝者である, 印度に, 参って, 参加し, 召されて, 各地に, 同じ人間, 君主として, 君主の, 呶鳴っ, 呶鳴る, 咄嗟の, 喋ること, 嘘を, 四人ほど, 四方から, 土地を, 地方へ, 城を, 基教化を, 塀の, 増加した, 外界の, 外部から, 多いだろう, 多いです, 多いらしく, 多い百中, 多うございまし, 多くこの, 多くそれ, 多くなりました, 多く出た, 多く又, 多勢押し寄せ, 多過ぎ, 夢にも, 大きい者, 大分あった, 大勢出, 大変多い, 天体の, 天皇の, 女の, 女部屋, 好きだった, 如何なる人間, 如何なる線綫, 妻を, 始めて, 姿を, 学生である, 宇宙に, 実験室で, 害を, 宵から, 家主の, 家庭的である, 寄りあつまって, 寄合って, 寄集まっ, 小山内薫氏だつた, 少いため, 少くなかつた, 少ないから, 少ないと, 少ないので, 少なかった, 少なくて, 尠なく, 尼に, 居つて, 居ないの, 居るに, 山中に, 島に, 常にいる, 平和な, 幾らでも, 座に, 廊下に, 引きも, 引越して, 強い人, 彼に, 彼らには, 彼等を, 征服者の, 後には, 徘徊する, 御座います, 徳さんと, 心に, 心得て, 必要であり, 怒って, 恐しい, 悪いん, 意外に, 意識し, 懸命に, 我々の, 我が市民諸君, 戦争に, 扁理である, 手当を, 手習師匠でない, 承知しねえ, 担ぎ込まれて, 拘引された, 指紋を, 捕縛を, 掛かる偉大, 握って, 政治家である, 故意に, 數人あつ, 文学者である, 新聞を, 旅の, 昔の, 曾て, 最も多い, 最も天皇, 最も幸福, 最後に, 有っては, 有つて, 有るん, 有ろうとは, 村に, 来たから, 来た時, 来るの, 東京で, 柱の, 極めて少ない, 構図ばかりを, 横行し, 次には, 正面から, 此様な, 歴と, 殉教した, 残って, 殺人を, 毎日ああ, 毒を, 気がついて, 気の毒そうに, 水面に, 江戸に, 沢山いる, 流れて, 流れ込んで, 混入し, 減って, 漸く殖え, 無いのに, 無いん, 無くなって, 無理に, 熊に, 物の, 物を, 犬の, 現れたこと, 現れると, 現われるの, 現住民族とは, 理解し, 甚だ多い, 生産を, 用役を, 田舎の, 申しますが, 白い服装, 皆, 皆無だ, 盗もうと, 目に, 目の, 相互に, 相談の, 眞に, 短歌の, 研究を, 神は, 神経衰弱に, 祟りを, 科学者として, 稀に, 穀物の, 空に, 立ち廻って, 筆を, 答える, 紙の, 結合し, 絶えないの, 絶無とは, 続いて, 総がかりで, 総出で, 續, 羨ましい, 老年に, 肝を, 胃の, 臨終の, 自分である, 自分では, 自殺する, 自然の, 自身の, 舞台の, 色づくしの, 芭蕉の, 苦しみを, 蔭で, 藁を, 血を, 袖を, 複数です, 要るの, 見えた, 見つかった, 見付けて, 見當ら, 親に, 言葉を, 訪れて, 話して, 読んで, 警察へ, 貧乏の, 貴顕の, 賤しい, 走って, 跛足を, 路地の, 身体を, 近よるべきでない, 近所の, 逃げる時, 這入って, 通風を, 連絡し, 遊星の, 遺稿の, 部屋を, 金に, 闇の, 阿諛的でない, 隠れて, 集まつたので, 非合理主義者である, 非情に, 面の, 頭に, 頻りと, 馬の, 馳け, 駒を, 鬼に, 黒山の

1 [9191件 抜粋] ああいう, あっしの, あったなら其の, あったら万事, あったら激しい, あってな, あつまるに, あの鉱泉, あらうわけ, あらわれる, ありましたね, あります右, あり予備, あり彼, あり銀座裏, あるかを, あるであらう, あるならそれ, あるのに, あるらしく附近, ある即ち, ある為, あれで, あんなに騒い, いかなる姿勢, いきなり黙っ, いたか, いたら注意, いっそう老練, いつもぴいぴいで, いとしいから, いなくなったので, いませんでした, いりくんで, いるならそりゃあ阿呆, いる意地, うちの, うろたえて, おたがいに因, おまえだ, おりまする両, お代官屋敷, お手紙, お袖, かえって私, かつえて, かように, きまったとき, くるひまつぶし, こうは, こしらえたもの, ことごとく起っ, この一群, この卑陋, この店, この犬, この角度, これからどんどん私たち, こんなに一ぱい, こんな穢らわしい, ござったか, さうし, さわぎだしたとでも, しなくたって, すぐれたりと, すでにクッキリ, すなわち高い深い, するやう, ぜひ見つけ出さなけれ, そう呟きだし, そっと火, その一団, その俵, その器, その存在, その戦ひ, その昔発見, その由, その絢爛, その表芸, その通常, それぞれその, それ以上にも, そんな答, たくさんあらわれ, たしなめても, ただ煽っ, たびたび人間, だぶだぶズボン, ちょいちょい行方, ちりぢ, つくねんととぐろ, つれて, でしゃばって, とつぜん竜宮, とるの, どうして之, どう云う, どっと居酒屋, どんどん都, どんな反動主義者, ないだけ, ない程, なかば己れ, なくなつ, なく一同, なく窩人, なだめても, なんでそれ, ねえので, はたしてある, ひとりある, ひどい労働条件, ふえるばかり, へたに, ほんとうの, まことに少い, またじつに, また尋常一様, まだ動い, まま見かけられ, みだりに開い, みな英雄で, みんな大変な, むっくり酔眼, もがくとき, もっとそれぞれ, やすみ夜, やって来るところ, やりそう, ようやく回復, よく注意, わあッ, わざわざ立っ, ゐず引込み, ゐるので, ウイスキーと, ガッチャン, サント・マリー・レジプシエンヌ面会所に, タッパン・ジーと, ドシドシ蹴落され, バッサリやられる, フリント警察署に, マリアの, リュクサンブールの, 一々に, 一万八千円で, 一人ないしは, 一人前の, 一代の, 一夜泊りの, 一度料理, 一日待っ, 一火の, 一盃やり始めた, 一週三四日しか, 万一を, 三人できる, 三名いた, 三百人から, 上役人に, 下庄村に, 不安さうに外科醫の, 不氣味, 世の, 中へ, 主として当時世界観, 乏しくなった, 九州説を, 事文學に, 二三人は, 二三出, 二人すれ違った, 二人船頭が, 二名あった, 云つた事だ, 五人いる, 五六人残っ, 五葉山の, 京に, 人目も, 今こそと, 今彼の, 今更水谷先生, 仕事着の, 代り番こに, 仲間で, 但馬守の, 佐和山より, 何で市さん, 何事を, 何故羨し, 余り参つて, 作ツた, 侍僕である, 便宜品や, 信雄家康の, 倶に, 傍観者の, 僕に, 先ず斎戒沐浴, 光を, 入り込むこと, 全く絶え, 全部揃つて平次の, 公金を, 共同墓地の, 其処から, 内に, 再三この, 出かけようじゃ, 出ぬ筈, 出入りした, 出来た時, 出現しなくなっ, 初めから, 利己心の, 前人の, 力説した, 労働を, 勝ちと, 勢いを, 北藩中村へ, 十五人二十人と, 十数人ござる, 卒業論文を, 博奕や, 原告と, 参りまして, 友人でも, 取囲んで, 叟の, 古来の, 台に, 各番, 同じ市, 同時に屠, 吐き気を, 告げると, 哲学の, 啻にその, 喰い殺されて, 四五人, 四十歳近い, 図らざる災難, 國へ, 在る間, 坊さんを, 場所柄に, 壓迫される, 外にも, 多いくら, 多いよく, 多くおよそ, 多くもっ, 多く帽子, 多く登場, 多く隠れ, 多数であれ, 夜遊びに, 大きくなる, 大分ある, 大勢療養に, 大指導者, 大都市の, 天皇に, 失意に, 女つ, 好まれる事, 妻戀坂の, 媒妁を, 存在の, 宗教を, 実は犯人, 室外で, 容態を, 寄宿舎へ, 寝こんだらしいから, 實在者に, 尊ばれるこういう, 小説を, 少し交っ, 少なく九州, 居たっけ, 居ようとは, 居る位, 屬する, 島には, 左傳を, 市民の, 常に一人, 幅下新, 平等の, 幽霊その他の, 広い意味, 廊下の, 弁慶を, 引続い, 強ひ, 当然出, 彼は, 往った, 後方へ, 御殿を, 心から知合, 必ずある, 必要なら, 怒鳴って, 思わず顔, 怯え立って, 息せき切って, 悪事を, 想定し, 愛人と, 慄気を, 懐が, 戦って, 所有し, 手弄など, 承知し, 抱かなかった程, 拘束された, 指を, 捕えられた話, 揃いも, 搗けば, 支那の, 政府には, 救護所は, 数万人である, 数知れなかった, 文化の, 斬ったの, 新しい読者, 旅から, 日の, 日本語を, 明治の, 昼間だけは, 時折お, 暫くに, 書くもの, 最も新しい, 會合し, 有らう, 有ろうか, 木を, 本国へ, 村人を, 来たらその, 来れば, 板橋口で, 某演出家, 棄て置く訣, 極刑を, 横だ, 欠けては, 歎き, 此土において, 武者修業に, 歳暮の, 死を, 殊に青年, 段々多く, 殻を, 毎月十三日夜か, 気が付く事, 水底の, 汚い逃げざま, 没落者である, 沼に, 泣き騒いで, 活版所へ, 浴み, 淹死, 湯治に, 滯英中英語に, 潜って, 為に, 無い位靜肅, 無けり, 煽てて, 牢獄の, 特に多い, 犯人な, 狹い, 王様に, 現れたら恨, 現われたよう, 球を, 甚だ稀, 生の, 生涯を, 用心深くよけて, 男女二人を, 異人種, 病者よりも, 發見しまし, 百円の, 皆よく, 皆一網, 皆望ん, 皆遊びます, 盜つたのなら, 直ちに命令, 相当居る, 相談に, 真実に, 着物に, 知らないの, 研き込んだ銅, 社会主義もしくは, 神座へ, 私とも, 科學者の, 空の, 窮し, 立てた辻, 笄を, 答えました, 粗生, 純熱一すじによって, 紳士として, 統治し, 絶えぬ, 続出しました, 縋るよう, 美しいとお聞き遊ばされ, 羨ましい眼付, 老人を, 耳を, 肉を, 脇差で, 自らその, 自分であっ, 自慢する, 自覚的一般者であり, 舞い込んだなと, 芝居を, 若光, 英国海軍の, 菰田邸に, 蒋介石に, 藩政を, 血の, 行政官吏の, 補って, 西瓜の, 見たらあっし, 見ても, 見当らなかった, 親なり子, 解散を, 言って, 訝かって, 詩賞と共に, 認めるに, 説者に, 誰一人それを, 警官に, 豫想し, 貨幣の, 買っては, 賤ヶ岳へ, 起き出しては, 越後に, 躍起と, 転がって, 農村で, 近衞家, 迷路の, 送って, 逐漸増加した, 通俗的な, 遊んで, 道路を, 遥か彼方へ, 邸の, 酩酊を, 重囲の, 鈴なりに, 長い刀, 開けた雨戸, 防いで, 陸へ, 随所に, 集まったぞ, 集団農場はじめる, 雨戸を, 電車に, 非業の, 須く, 顕微鏡下に, 飛込んだ樣, 飲みつけぬ酒, 馬で, 駆け込んで, 騙拐, 高位の, 鶴嘴を

▼ 者~ (7335, 5.8%)

299 して 181 なって 74 非ず 57 對し 50 向って 39 相違ない 37 對する 33 とつて, なつた 30 なったの, なること 25 あらず 24 なった 23 なると 22 しようと 21 なるの 20 ちがいない, 命じて 19 なる, 向かって, 違いない 18 向つて 16 しても, なつて 15 ござります, なろうと, 候, 取っては, 有之 14 すぎない, なるか 13 あっては, 御座候, 至っては, 限って 12 されて, 過ぎない, 頼んで 11 ござりまする, ならなければ 10 取つて, 就いて, 手を, 比して, 聞いて, 見て, 違ひない, 非ずして 9 しては, なれば, 取って, 於て, 逢って, 非ざる

8 [12件] いいつけて, なったり, なりたいと, なりました, むかって, 似て, 共通な, 持たせて, 渡して, 訊いて, 話して, 較べて

7 [19件] あつて, なったと, なりそう, なるん, むかひて, よくある, よると, 代って, 同情し, 就て, 思われて, 聞くと, 見せて, 身を, 過ぎなかった, 金を, 限られて, 非ざれ, 非る

6 [15件] ありがち, ありては, これを, すぎないの, するの, その人, それを, とりては, なったよう, なれ, 何か, 共通の, 向っては, 比べて, 至るまで

5 [31件] あらざれば, あらずして, あり, きまって, さへ, すぎなかった, つれられて, とりて, なったこと, なったもの, なっても, ならうと, なるかも, なるという, なろう, 云った, 云わせると, 会って, 伝えて, 何の, 何を, 依つて, 取っても, 多くの, 姿を, 從へば, 自分の, 至りては, 訊いた, 訊ねると, 迷惑を

4 [50件] きいて, すぎないもの, すぎません, すること, すれば, たのんで, ちが, なったが, なつたり, なるつもり, なれと, なれないの, よれば, 一人, 一種の, 与えたもの, 与えて, 交って, 任せて, 依って, 信頼せらる, 出会って, 分けて, 化けて, 取り囲まれて, 囲まれて, 尋ねて, 引渡して, 必要な, 思って, 手紙を, 敬意を, 最も必要, 特有な, 目を, 知らせて, 罪が, 罪を, 自分を, 見えた, 言った, 訊くと, 訊ねて, 話した, 逢つて見ました, 逢ひ, 關する, 非ずや, 非常な, 非常に

3 [111件] あらざるなり, あらずと, あらずや, いたっては, いった, くれて, されたの, されるの, した鬼, すぎないと, すると, そちは, その旨, そんなこと, たずねた, ちがいなかった, つきて, なったか, なったから, なったという, なっては, ならうとは, ならなくては, なり, なりきつ, なりたい, なりながら, なるところ, なるには, なるよう, なるわけ, なれそう, ふさは, まじって, よく見る, わけて, 両手を, 他ならない, 他ならぬ, 会わせて, 似たり, 似たりき, 似合は, 何う, 出会った, 出遇, 占て, 取られて, 口授し, 同情する, 向けて, 向ひ, 告げた, 固有な, 声を, 売って, 変って, 外ならない, 外ならぬ, 好感を, 尋ねると, 屬する, 帰属し, 彼らが, 從ひ, 心配を, 思はれて, 思ひ知らせて, 急を, 恥を, 憎まれて, 教えて, 於ては, 来て, 比すれば, 比べると, 比較する, 気を, 水を, 注意し, 渡す, 相当する, 相談し, 相違ございません, 相違ねえ, 礼を, 祝義でも, 私は, 聞えるよう, 聞けば, 至つては, 與へ, 荷物を, 袋叩きに, 見えて, 言いつけて, 言って, 言葉を, 許されて, 話すと, 讓り, 送られて, 逢つた事も, 逢つて見よう, 連れられて, 過ぎぬ, 違ひあるまい, 附物の, 預けて, 頼まれて, 食を

2 [362件] あえば, あった, あなたが, あらざらんや, あらざるが, あらざるよりは, あらざれども, あらずとも, あらず然, あらず素性, あれほど, いたりては, いわせると, おなん, お尋ねに, お詫びを, お酒, お願いする, かつがせて, かまって, きくと, きけば, くらべれば, これほど, こんなこと, さう言, させて, された, しかし四十代, したが, したの, しちゃ, してからが, しよう, すぎないん, すぎませぬ, するだけの, せられて, そこまで, そのこと, その労働, それが, そんな事, たずねると, たとえ斬られた, つづいて, とりかこまれて, なったかの, なったらどう, なった方, なった訳, ならうとして, ならねば, ならんの, なら誰, なりたくない, なりたまえ, なりましたから, なります, なりませう, なり切って, なるぞ, なるだらう, なるだろう, なるだろうと, なるであろう, なるとか, なるなり, なるので, なるはず, なるほど, なるより, なる日, なる訣, なれると, なれるの, なろうか, なろうとして, まかせること, エナコを, 一と, 一人も, 一任する, 一層近く, 一層近く自分, 一應逢つて見ました, 不幸の, 不快の, 不愉快を, 不意に, 与えられる食物, 与える, 与えるもの, 云いつけて, 云はせる, 仕て, 仕立てて, 伍し, 伍するの, 会いに, 会った, 会っては, 伴われて, 何も, 使を, 侍り, 依頼する, 俺が, 候が, 僕は, 元気を, 全ての, 全部の, 出て, 出で, 出会うと, 出逢うと, 出逢った, 別れを, 刺戟され, 力を, 加へる, 勘弁し, 勝手に, 十分の, 占わしめたれば, 及ばない, 反抗し, 取りて, 取りては, 取りても, 取り巻かれた教師, 取り巻かれて, 取卷かれて, 合うはず, 同ぜず, 向て, 喧嘩を, 嘘を, 土地を, 在ては, 在り, 執っては, 変じて, 変り出した, 外国栽培者に対する, 多い, 多少でも, 大事な, 大事に, 大切な, 天は, 奪われて, 好意を, 如何し, 委せて, 嫌疑を, 子供の, 完全に, 害を, 容易に, 密告し, 対した時, 導かれて, 小声で, 就いては, 就いても, 就きて, 尻を, 屈服し, 屋敷を, 属して, 属す, 帰して, 帰って, 当り散らして, 影響を, 彼は, 彼等自身が, 待たむのみ, 後事を, 御引見, 心を, 心當り, 志望を, 思ひ政治上, 思われた, 愛想が, 感じたの, 慌てふためいて, 憎まれた, 成って, 成りました, 扮し, 扱はれ, 扶けられ, 投げて, 投票する, 投票を, 担がせた五挺, 担がれて, 持たして, 持って, 指名された, 指定し, 指摘される, 捕まって, 接した, 接して, 接近した, 推された時, 推薦したる, 握手を, 支払った後, 教えられて, 教ふる, 数えられて, 施せば, 最大の, 會つて見よう, 服従し, 歌を, 止まって, 正直に, 比すると, 比較し, 永久の, 決めて, 沙汰を, 河豚を, 油断させる, 泥を, 注意を, 涙を, 清貧を, 渡した, 渡そうと, 災あれ, 無学文盲の, 特別な, 特有なる, 特有の, 甘んじて, 用は, 申しつけよう, 異ならず, 疑いを, 直接の, 相談した, 相違あるまい, 相違ござらぬ, 相違なかっ, 相違なかろ, 真に値する, 眼を, 着目した, 知られて, 示し, 神学を, 立つて, 立派な, 答えて, 簡単な, 紹介し, 結びついて, 結婚を, 絶大の, 絶望を, 縁故の, 罪は, 考えて, 聞いたら何, 聞かせること, 股を, 肩を, 腰を, 腹が, 自らの, 自分が, 自由に, 與ふる, 與へて, 要求する, 見える, 見えるので, 見せた, 見せる憫, 見せる程, 見つかって, 見られて, 見る如き深刻, 見出しがたい, 見破られて, 覚られたらしい, 親類が, 触れること, 言いました, 言う, 言は, 言われて, 訊いたが, 訊けば, 討たれそれ, 討たれて, 託する, 試驗した, 話さなかった, 話を, 誇りを, 誘はる, 説いて, 説明する, 誰しも, 諮った, 警戒する, 負けて, 負けんつもり, 買収され, 貸して, 賄賂を, 賞を, 質問を, 路を, 軽々と担ぎ上げられ, 軽舸, 辛かりし, 近いもの, 近づかない, 途中で, 通有な, 逢うこと, 逢うと, 逢つた平次は, 過ぎないとまで, 過ぎないの, 過ぎなくなる, 適は, 適当な, 酒を, 重むぜられず, 鉄筋コンクリートの, 鍵の, 關係し, 關係なき, 限つてあまり, 限り極めて, 限る, 限るから, 限る様, 階級の, 隠して, 非らず, 非るなり, 面会を, 頒けて, 頼みこんで, 頼むという, 類す, 飽き, 首を, 馬鹿に, 騙されて

1 [4132件 抜粋] ああした悪戯書き, あしらわせて, あつた, あのゼロント, あやまれなんて, あらずおもに, あらず刑事訴訟法, あらず汝, ある, ある方面, あんな手, いい慣れた, いさ, いたく疑ふの, いった死相うんぬん, いよ, うってつけの, おくる詩, おたずね申し, おれを, お勧めする, お暇, お見せ, お遣わし給われ, かかって, かかッ, かどわかされたとか, かわろうと, きっとまぎれなき, けがらわしい, こう問い返した, このよう, この晩, こりかたまつたといふ, ございます, さういひ含めて, させられて, さらに余分, された良人, されるところ, しその, したくなって, した処, してやるの, しみ込んで, しろこんな, しろ自ら舞台, すがること等, すぎなかったら彼, すぐ親しまれ, する, するに, する傾向, せし祝, せよ彼, ぜひ訊き探っ, そう云った, そっともらした, その勤労, その思想, その租税, その話, それに対する, たあいなく惚れこむ, たずねれば, たのみすぐ, だまされて, ちがいなく, ちらりとその, つきものの, つつまれながら, でさ, とびついたが, どういうこと, どれだけの, なかなか困難, なすったの, なったぞ, なったん, なった息子, なった話, なつたつ, ならざるを, ならないもの, なられたという, なりかけて, なりすまして, なりたい学校, なりに, なりましても, なり下がってからは, なり切れぬの, なり得る強者, なり経済上, なるしか, なるであろうし, なるなんて, なる必然, なる魂胆, なれない訳, なれるか, なろうでは, なんで旦那, のぞかれまいと, はかったり, ひきまわされること, ぴょこぴょこ頭, ふたたび今, ほかならない, ほろぼされる者, まさかどら焼き, みえる, みんなで, むかへり, もう世の中, もれて, やるが, よい終り, よく申, よせ目, わかるわけ, われ等の, カケかまっ, サー・チャールス・エリオットを, ニュースを, ベッドを, ローデ, 一ト声で, 一切関う, 一年千二百圓を, 一流の, 一脈の, 七十八名を, 三態あります, 下されるの, 不平そうに, 不能者が, 与えた, 与えられた好機, 与えられる部分, 与える言葉, 与ふる一人物, 世帯持ちの, 主君が, 乞食と, 二ケ月も, 云いつけたの, 云た, 云わせれば, 交わりを, 人材も, 今の, 仕へて, 仕立て笊, 代らせるという, 代償を, 仰せつけるに, 任せると, 会い絶家, 会う折, 会ったん, 会わないのみ, 伝つて孫, 似たれど, 似合わず稽古所ばい, 体を, 何らの, 使うの, 供物を, 依頼せられ, 便宜を, 信女や, 候えば, 倦怠を, 僅かばかりの, 優越の, 先だって発見し, 八千兩の, 其方の, 内報, 冷たく当りたがる, 出たの, 出会ったため, 出会わなかったこと, 出逢いました, 出逢わない, 分かちますると, 分つの, 分類した, 別れたあと, 利用されまい, 刺し殺されて, 加えられステン, 加勢した, 労を, 勝とうと, 区別する, 千円よこせ, 博大なる, 厚く御礼, 及び獄卒, 及ぼし得る, 反感を, 取らせろと, 取り巻かせたまま, 取押え, 口を, 召命される, 各, 同じ気魄, 同情を, 向う井伊掃部頭, 向つて問, 向へ, 告げさえ, 呶鳴る, 呼びかけるの, 命じながら, 唯今娘御, 問はんとて, 善く耳, 嗤われる, 器を, 四十年の, 土地の, 在るが, 城の, 堕ちる気, 墮する, 変じ或は又, 外聞旁誠に, 多く便宜, 大きな口, 大人と, 奉仕せず, 女中にまで, 好都合であった, 威勢を, 嫌疑が, 学問を, 完全を, 宣伝する, 家督を, 寝奪, 射あてると, 對つて爲され, 少し鼻薬, 届けさせて, 属するが, 履物の, 嶺上開花の, 差し支えた, 帰すべきだと, 帰着すべし, 幸あれ, 廻す小遣, 引き出して, 引取られ, 引立てられて, 当って, 役目を, 往々に, 後れず前, 従前と, 御座ります, 御申附, 復歸する, 心配する, 必要品を, 応じて, 怖れられ, 思つてる, 思われだしたもの, 怯れ, 恥じに, 恵むは, 悪い感じ, 惜し気, 意見される, 感じさせるには, 感染し, 憂えたき思い, 懸つて, 成りきっては, 成仏の, 或は山, 手伝わせながら, 打ちあけられるそれ, 打勝った与右衛門さん, 托し申候, 投げ与えさせたの, 抗せん, 押されて, 持たし自分, 持つて, 按摩の, 捕って, 捧げる当然, 接したい, 接吻した, 掲示される, 握られた轡, 撲られ与太者, 攝收され, 支払われると, 支持される, 救われて, 教える役, 敬遠される, 敵せぬ, 斬り殺されるよう, 新しい分子, 於けるが, 施米または, 明快雄大な, 時々思いきった, 曰ふ, 最も必用, 會つて見たい, 服從した, 本質的困, 果して出, 案内され, 極りを, 次ぐ役人, 止まり多数, 此大特種を, 歸すべし, 死者と, 殺さる一三〇〇年, 殺されるかも, 比べたら二倍, 気がつかれないよう, 気に入られて, 気取られるなよ, 汗を, 決つて居ります, 法なし, 注射を, 洩らしたところ, 添わせて, 渡したとき, 満たされて, 潤沢な, 無御座候, 照らして, 爺婆交りで, 特有な殺気立った, 猛省を, 率いられるとき, 現わ, 理解さえ, 生れついたの, 生活資料以上に, 用意を, 申し聞け夫, 畠を, 當然與へ, 発見させる, 百両の, 目礼を, 相当の, 相違は, 真箇, 着せる着物, 知らせたくて, 知れずに, 知識が, 確実に, 示し彼これ, 祕書官相澤が, 禍ひす, 私が, 科学者の, 稽古などを, 立ち戻つて, 立てられて, 笑はれる, 筒抜けに, 節穴から, 糺したいこと, 細工人の, 結びついてる心地, 絶好の, 編集権が, 續松とらせ, 羨やまれる, 耳うちいたす, 聞いたらけ, 聞えない声, 聞かせるの, 聞き流された, 聯合組を, 職を, 肝癪, 脅かされずに, 自分は, 自然が, 致す手筈, 興味どころで, 良い馬, 花を, 茶菓酒食を, 莫大な, 蔭ながら, 行き会うこと, 衣食の, 褒美として, 見えざるのみ, 見えるであらう芸術, 見せたくない器械, 見せるが, 見つかったらたいへん, 見とがめられねえで二カ所, 見られまた, 見るたび, 見付けられたの, 見破られ木, 見込れ, 親も, 観て, 触れるよう, 言うという, 言ひつかつて, 言われるよう, 訊くまでの, 託して, 許田の, 試験させ, 誇ろうと, 誘拐された, 語りながら, 説諭を, 課せられた一面, 論じられて, 講釈を, 議論の, 譲るところ, 讓る, 負けた無念さ, 負けるなんて, 責任が, 買われたん, 賄賂に, 質さんが, 起りうるいちばん不快, 踏み蹂, 身うごき, 転嫁し, 迎えられると, 近い憂鬱症, 近づき僕, 返つて, 迫るきびしい, 追ひ及ん, 送り出されて, 途を, 逢いたり, 逢うの, 逢つたとは, 逢つて見る, 逢わなかった, 遅れても, 運命は, 過ぎない程度, 過られた, 違いないでしょう, 遣たこと, 適用すべき, 選ばれたと, 選ばれても, 選んだのに, 還って, 配分する, 重税と, 鉤を, 長崎の, 間違えられる恐れ, 闘ふ, 限ったもの, 限つて達し得る, 限られその, 限り特に, 限るとばかりは, 限ツて, 集るから, 難題を, 非ざる也, 面を, 革命の, 預け伊兵衛, 頼まず僕, 頼むこと, 顔向けも, 飛び付かれたので, 飮せ, 首領が, 騒ぎ立って, 高めるため, 鰻屋へ

▼ 者~ (6977, 5.5%)

183 して 49 もって 42 集めて 39 連れて 30 見て 29 出して, 相手に 28 呼んで 27 つれて, 見ると 24 持って 18 得て 17 殺して 15 選んで 13 捕えて 12 必要と 11 もつて, 一人も, 出した, 置いて, 見れば, 除いては 10 よんで, 意味する, 求めて, 知って 9 つかまえて, 使って, 出したの, 助けて, 見つけて, 調べて

8 [11件] やって, 前に, 呼び集めて, 待って, 探して, 発見した, 発見する, 見ず, 見たこと, 迎えて, 頼んで

7 [13件] これへ, 入れて, 出すこと, 収容する, 愛して, 案内し, 残して, 自分の, 見た, 見るの, 走らせて, 雇うて, 顧みて

6 つけて, 出したこと, 加えて, 得るに, 煽動し, 見付けて, 起して, 遠ざけて, 馬鹿に

5 [16件] 二人まで, 伴れ, 同伴し, 呼び寄せて, 己の, 持つて, 指して, 探し出して, 皆殺しに, 見ても, 見ながら, 見ること, 見るにつけ, 見出して, 迫害する, 雇って

4 [53件] あつめて, お召し, すぐに, 一人, 一人残らず, 中心に, 侮辱する, 促して, 保護する, 信じて, 出したという, 出すに, 出すよう, 別に, 動員し, 友と, 含んで, 外に, 外へ, 威嚇し, 尋ねて, 得た, 得たり, 得ること, 愛すること, 手に, 択んで, 抱いて, 招いて, 捕へて, 捨てて, 推薦し, 極度に, 歓迎し, 止めて, 死刑に, 殺すの, 求めること, 片手で, 物色し, 目し, 私の, 称して, 装って, 見せて, 見たり, 見る, 見るに, 見るよう, 迎うる, 迎へて, 退けて, 除いて

3 [108件] あわせて, いうの, いたわって, いつまでも, かかえて, このまま, さしおいて, たずねて, つかまへて, どうする, ひきつれて, むやみに, よこすよう, 一人ずつ, 不幸に, 乗せて, 二人と, 亭主に, 作ること, 例の, 出したが, 利用し, 加へて, 取締る, 召して, 合して, 呼びあつめて, 呼びました, 呼べ, 失って, 奨励し, 存じて, 後に, 忍ばせて, 怖れ, 思ひま, 急に, 憎みます, 憎むの, 憎んで, 指図し, 挙ぐれ, 振り返って, 捉えて, 捜して, 排斥し, 探したが, 描いて, 支持する, 放って, 斬って, 有して, 有って, 欺いて, 残すため, 殺害した, 気取って, 求めるならば, 河の, 派遣し, 満載し, 無実の, 無理に, 無闇に, 片っ端から, 狩り集めて, 率いて, 現わす, 生かして, 生擒, 皆んな此處へ, 監視する, 真似て, 真実により, 神と, 私は, 立てて, 統一する, 網羅する, 罪に, 置去りに, 罵って, 要求する, 見たの, 見つけると, 見出した, 見張つて, 見捨てて, 観察し, 言ふ, 許して, 評して, 誰が, 貰って, 足で, 迎えに, 迎へる, 返して, 追いかけて, 送って, 都へ, 除けば, 顯はに, 飛ばして, 養うため, 養うに, 養子に, 養成した

2 [396件] あげて, あなたが, あなたの, あわれむ心, いう, いふ, えらんで, おそれよ, おだてて, おどろかせて, かついで, きめて, ここに, ここへ, ここまで, さがして, さますの, そこに, そつと, その, そのままに, その中, その儘, それほどまで, そんなにも, たずねた, だして, つくるに, つとめて, とらえて, どこでも, ながめ, ながめて, なして, なぜか, ねぎらって, のぞいて, ばかに, ひそかに, ふくむ日本, みたりき, もう一人, やつて, やである, よびよせて, より無力, われわれは, 一つの, 一と, 一人つれ, 一人として, 一人殘らず, 一人減じ, 一室に, 一時に, 三越に, 上へ, 世に, 主と, 主人公と, 主人公に, 主権者と, 乗り込ませて, 二つの, 二人ばかり, 二人も, 介して, 介抱し, 介抱する, 代表し, 以つて自任する, 仲間に, 何かの, 何の, 作って, 作るが, 作る能, 使いに, 例外だ, 侮蔑し, 侮辱し, 俗なる, 俗に, 傷つけられては, 傷みある, 僕は, 兄弟と, 先き, 先登に, 先頭に, 共同製作者と, 兼ねた漫画, 兼ねて, 几董と, 処分し, 処分した, 処刑し, 処罰する, 出さねば, 出したと, 出したところ, 出すという, 出すもの, 出す必要, 刺戟し, 助けること, 助けると, 務めたこと, 募集し, 包括し, 包括した, 十分に, 友人と, 取りに, 取囲んで, 取押えて, 召集し, 叱咤し, 向けて, 君は, 吝み, 呪うべきでは, 呼びに, 呼び出して, 呼んだ, 呼んでも, 善人に, 喜ばす祭, 嗅ぎ廻して, 嘲笑する, 困らして, 国家の, 圧迫する, 城中に, 壁に, 多くした, 好んで, 娶ること, 婿に, 安心させ, 定めて, 定めるため, 家へ, 容赦なく, 寄せて, 寝かして, 寝かしてから, 寝かせた, 対手に, 尊敬し, 尊敬しなけれ, 尊敬する, 少し貸し, 左右に, 差図し, 幸福に, 庇うよう, 庇ふ, 引き連れて, 引捕え, 彼は, 待たずとも, 待った, 待つ点, 後から, 従えて, 従者として, 得たと, 得たという, 得たよう, 得む, 得るまでは, 得る事, 得る代り, 心を, 必死と, 忌む, 思い出して, 思えば, 怨んだ, 悪く云う, 悪む, 惑わしめん, 想像し, 惹き付けて, 愛するの, 慰むる, 憎む人, 憎んだ, 懼るる, 成敗した, 我々は, 我に, 戒めて, 手習師匠と, 手許に, 打った, 批評し, 抱えて, 抱へ, 押し分けて, 拍手を, 招待する, 持ったと, 指摘し, 挙げること, 捉ま, 捉り, 捜し出すこと, 捜索する, 採って, 探し出したの, 援ける, 撰んで, 擁して, 支配する, 攻撃し, 救うの, 救う方法, 救った, 救は, 救助する, 斬ったな, 斬罪に, 最初から, 最後に, 有せざりき, 有せり, 朝敵として, 根絶やしに, 検べ, 楽しませるもの, 標準として, 欺くこと, 歓迎する, 歴訪し, 殺した, 殺したこと, 殺したとして, 殺し其の, 殺そうと, 民間に, 気に, 永久に, 求むるは, 求むれば, 求む可, 決めて, 泊めて, 派して, 清き魂, 済度し, 満足させる, 無差別, 無慚, 無料で, 無理から, 煙に, 煩わすこと, 父親に, 片ッ端, 牢獄に, 犠牲に, 獲得する, 現出し, 生じた爲め, 生んだこと, 生んで, 用いるの, 甲と, 留めて, 発見し, 皆んな集め, 目の, 相手と, 相手として, 眺めた, 眺めながら, 眼に, 睨んで, 知らんと, 社会的に, 禁止し, 立て, 笑は, 笑わせた, 笑わせたり, 笑わせました, 第二, 紹介した, 組織し, 組織する, 統一し, 絶えず窮死, 絶対に, 続々と, 網羅した, 総称し, 總嘗め, 置いちゃ, 罰したり, 罰して, 罰するに, 罰する事, 背景に, 自分たちの, 自分と, 自覚する, 良人に, 苦しめるため, 苦しめるもの, 蔑視する, 蕪村と, 虐めて, 虱潰しに, 街の, 襲って, 見かけたという, 見さながら, 見ざるは, 見た時, 見つけること, 見つけ出して, 見つめた, 見つめて, 見まわした, 見まわして, 見よ, 見るだろう, 見出す, 見出すに, 見出す事, 見守る信一郎, 見廻した, 見返して, 見送って, 観察した, 解いて, 訊き廻りましたが, 訪ねて, 訪問した, 訪問する, 詩人と, 詮議し, 誘って, 誡めた, 誡めるで, 誰と, 責めるの, 買収し, 踏み台に, 身辺に, 車に, 軽蔑する, 迎えた, 迎えるよう, 迎へ, 追い返して, 追うよう, 追っ払ったと, 追は, 追出して, 追払って, 追放する, 送, 進退し, 遁し, 遇する, 運ぶ途上, 運んで, 遠くから, 遣わして, 選ぶこと, 選抜し, 選挙する, 鄭重に, 配合する, 重用し, 防ぐため, 集めること, 集めるの, 雇い入れて, 静かに, 非常に, 非難し, 非難する, 鞭撻し, 頭に, 頼みに, 頼みゲートル, 飢餓に, 養う力, 養成し, 養成する, 驚かして, 驚かしました

1 [4594件 抜粋] ああし, あてこんだだけの, あべこべに, あわれみたまえ, いきなり縛る, いじめるか, いたわり幼年者, いったの, いましめ節倹, うけ入れて, うとんじな, おかせたまえ, おつれなさる, おもちゃに, お召仕, お恵み下さい, お浦, お許しなさる, かえって案内, かたらい御, かばって, きつと, ぐるぐる縛っ, ここで, この世に, この種, これも, ご前, さがした, さしおいては, さとすらしく云って, したがえて, しぼり上げ女子供, しりぞけて, すくうため, すべて父と, そうやすやす動かせる, そしる盲信者, その喰い交い, その編纂, それに, そんな卑怯, ただで, たづね, たよりに, だしたという, ちょろまかして, つかまえ女ばなし, つくり通信, つとめたが, つんで, ともかくそれ, とり巻いたり, どうぞお許し, どこの, なぎ倒して, なつかしがる, になって, のこらず申せ, のみ蹴る記憶, はねとばして, ひき戻したもの, ひとり選び出せ, ふくむ委員会, ぶったが, ほめたもの, まず上, まるで芋俵, みずから裁け, みな寝かせ, みんなそういう, むこうに, もたない中途半端, もつ経験, やっても, やめに, ようして, よこして, よそおいさえ, よび集めた, よろこばせも, わざわざ呼び返し, アマミキョと, キリスト教これを, ジジは, テーマと, ヒヤリと, ペガサス, ラハーキャリーと, 一ぺんに, 一人で, 一人一人馬車へでも, 一人残らず当っ, 一人頼ん, 一寸鄭重, 一掃し尽し, 一緒に, 三代前の, 上陸させろ, 不具者に, 不逞の, 世界プロレタリア解放運動の, 中の口まで, 主上と, 乗せた馬, 予想しない, 二人から, 二種以上享くる, 五人我県へ, 亡霊だった, 人一倍にくんだ, 今さら詮議, 介在させず, 付けて, 仮容, 伏せて, 伴れた, 何だって, 何時も利用, 作った事, 作るに, 併せ抄, 使つて路ならし, 使節の, 供養せしか, 保護せよ, 信心深い, 倒した革命党, 偽装させた, 傷つけたと, 儘ならぬ, 免れ得ないという, 入れ藪, 全部吏員に, 公然と, 其の様, 兼ねたヴァーテス, 内容と, 写生した, 凌駕する, 出さなかつた劇団, 出したけれども, 出したる事, 出した直後, 出しながら, 出しマイクロフォン使用, 出し邦人数名, 出すと, 出す程度の, 出そうと, 切害致し, 初め一般家族にも, 制して, 刺激した, 助けたいため, 助けるん, 助手に, 労働貴族に, 募った, 募集した, 包括する, 匿われるとは, 卒倒せしめよう, 原動力と, 又彼, 収容したる, 取り上げて, 取り次いだ組子, 取巻いて, 取調べたるも, 口で, 召し連れまして, 召捕る法, 叱りつけたほど, 吃驚させた, 同車し, 含む二十人, 告げるもの, 味方につけ, 呼びたてた, 呼び入れましたらやにわに, 呼び寄せただろう余, 呼び集めるかも, 呼んだと, 咎めな, 商用にて, 善に, 喜ばせよう, 嘆いて, 四人よこし, 固くいましめ, 圧え, 地主への, 城太と, 増し書捨ての, 売附けるが, 多く使う, 多数の, 大いに督勵, 大勢駆り集め, 大衆にまで, 太守に, 失うという, 失ったの, 失ひて, 奉行に, 奪われたらどう, 女房に, 妨げいたす者, 始めそれ, 始末しおえた, 媒介し, 嫌疑者の, 守るよ, 定めかつ, 室中追廻る, 家の, 寄こそう, 寝かせて, 対象としてのみ, 尊と, 導くよう, 少くする, 屠ったの, 崇敬する, 差し遣はす筈, 師と, 幸福の, 度外視する, 引きずり込んだり, 引き受けました, 引っ張りあげては, 引取って, 引立てて, 弱らせたとて, 弾圧した, 彼が, 征服しおわせ, 待つか, 徒刑一年それに, 得たお祝い, 得たわけ, 得らるる, 御ころ, 御存じは, 御身請なぞとは, 心と, 必要に, 忽ち亡ぼすべき, 怖れず, 思ひついた, 怨恨する, 恐れしめたという, 恨む理由, 悦んで, 悲しむ者, 想い出したという, 愉快に, 愚弄嘲笑する, 愛すとも, 愛す権利, 愛護せ, 慈む所以でも, 憎まずに, 憎む情, 憤慨させる, 懲らすには, 戒めるため, 戴くの, 手探りし, 打たり, 打つと, 扱うよう, 技術家と, 投げ出す決心, 択び斎戒, 抱えながらの, 押えて, 抽象し, 拒むこと, 招くが, 拯ふ, 持たない人間, 持たなくては, 持ったという, 持つ悦ばし, 指していう, 指す天堂, 指導する, 挙げるならば, 捉え伏せて, 捕えた, 捕ふも怒らず, 捕縛する, 捜すよう, 排しよう, 探させもし, 探し當, 探りに, 推薦された, 揃えて, 損ずるばかり, 携え行きたり, 撰び之, 擧げて, 攻めし事, 救いたいと, 救うという, 救わないで, 教育し, 数うる, 数名選び出し, 斃し, 斬つたり, 斬る, 日常芸術活動の, 明かそうと, 暗殺者と, 書きながら, 最終仮定と, 有する山岳, 朋友に, 本質的に, 柔らかに, 棄てて, 楽しませ感激, 横目で, 欲しいだろ, 正当に, 死後に, 残らずじゅず繋ぎ, 殲滅すべきである, 殺したよりも, 殺し智, 殺すん, 母に, 気で, 水晶葡萄と, 求めたという, 求めるやう, 江戸へ, 沢山必要, 法医学教室へ, 派遣せしめ, 混同せし, 渡さなければ, 溺らせよ, 潔白と, 無くすと, 無残なる, 煙ったく思って, 熊宗立と, 片づけたばかり, 牛小屋へ, 物蔭に, 犬死させ, 狩り集め当日, 王と, 理解しやしない, 生じなかったの, 生ぜしめん, 生むべきやう, 産み出す河水, 用い学事会, 申し出るよう, 疎外する, 病院へ, 白痴の, 皆な, 皆んな集めろ, 監督し, 目撃せる, 直接に, 相談相手に, 眩しがらせ, 睥睨し, 知ってから, 知らないという, 知りません, 知れるなるべし, 確かり, 神として, 禦ぐと, 稀世の, 突きのけるよう, 窮乏の, 立てるといふ, 笑ふ, 簡単に, 納得させ, 紹介せる, 絶えず悩まさず, 綿密に, 縛つてし, 縦しや, 置かねば, 罰したと, 美保神社に, 考えさせるもの, 聘するよりも, 職業として, 背後に, 脅かして, 腹の, 自宅に, 至急お, 色仕掛けで, 苦しめること, 葬つたの, 藉り, 虫ケラ同然に, 衒ひ, 表現する, 装わせたの, 要するが, 見かけなかったから, 見させては, 見たつて, 見つけた, 見つめながら, 見なれたせい, 見まわしたの, 見よテーベ人, 見るには, 見上げた, 見出さんが, 見出しは, 見出だし, 見守りに, 見来た畦道, 見而, 見送つた人々, 親しましめないの, 觀察する, 解雇する, 討ちたいが, 記念し, 設立し, 訴人すれ, 試合で, 誅戮仕, 認めなかったと, 誘拐した, 誤読せしめる, 誰よりも, 調べる外, 謗った言, 譴責した, 讚す, 責めると, 買うこと, 賞めて, 走らしめ走者, 蹂躙しまわった, 軽蔑し, 輩出せしめた, 迎えます, 近よれ, 追いながら, 追い払った時, 追うこと, 追ひだす, 追払うよう, 退席させた, 送り出したすぐ, 逃がし被害者, 這入らせたとでも, 連れおそるおそる, 連寂衆とも, 逸すること, 運ぶの, 遠ざけた, 遣るわけ, 選びすぐり数萬, 選び死後, 選み出そう, 選定する, 還す件, 醒まし評議, 釣り込んで, 長年と, 間近に, 陣中に, 除くべしとて, 隠してを, 集めました, 雇いやがて, 雇わなければ, 離れしとき, 非暴力, 順番に, 頼みきって, 顕して, 食わぬの, 養子になどは, 駄目に, 騒がせないよう, 驚かすため, 驚かせたり, 高知の

▼ 者~ (6374, 5.0%)

358 ある 352 あった 189 なかった 131 ない 113 あれば 98 あつた 77 ありました 74 あるが 71 あったが 69 ありません 60 あります 54 いた 51 あって 48 出て 38 多かった 32 なければ 29 あるし 26 ないの 25 あるの 23 あると, いる 22 それを 21 ありましたが 19 多い 18 あり, なかつた, 無い 17 あろう 16 ありますが, ありまた 14 ないので, 少なくない 13 あるよう, ないと 12 いなかった, ないで, 少くない 11 あるので, いない, なくなった, 尠く 10 あるまい, 少なくは, 心配し 9 あったの, それに, ないが 8 あつて, ありませんでした, いたが, ございます, なし, 多かつ, 少なくなかった

7 [14件] あったと, あったり, ありあるいは, あるかも, あろうが, ないから, ないとは, ないよう, なくなつた, 一人も, 亦た, 多いが, 少くなかった, 沢山ある

6 あるから, あること, あるそう, あるには, いて, ないほど, なかつたの, なく, なくまた, 幾人か

5 [30件] あったそう, あらむ, あらん, ありその, あるくらい, あるであろう, あるという, あるまいが, あるもの, あるらしい, いたの, いるが, いるし, おどろいて, この子女, これを, ございません, ないという, ないのに, なくなって, 亦この, 今は, 俳優も, 出來, 出来た, 出来て, 口を, 多かろう, 無かつ, 相当に

4 [38件] あったらしい, あつたらう, あらわれて, ありまして, あり中, あるだらう, あるらしいが, ある位, あろうし, いるの, いれば, これに, たくさんあった, できた, ないらしい, ないん, なかつたが, なくただ, なくて, ゐた, 一人として, 一様に, 同じこと, 同様に, 多くは, 少しは, 居た, 居る, 彼の, 戻る者, 手を, 朕なり, 無いから, 無いで, 無し, 集まって, 非常に, 頭を

3 [69件] あったけれど, あったであろう, あったという, あつたらしい, あらう, あらんなれども, ありき, ありませんが, ありませんので, あり又, あるさ, あるその, あるです, あるほど, あるまいと, あるわけ, あるん, あわてて, いっしょに, いないし, いまは, いること, おおぜ, ここで, この頃, これには, ずいぶんある, ないこと, ないし, ないところ, ないはず, ないやう, なかつた程, なかりしが, なくは, なく太郎, なく平次, まじって, みんな知っ, ゐたが, 一度に, 交じって, 今日は, 僕の, 元は, 口が, 同樣, 喰ひ, 多くありました, 少くなかつた, 少くは, 居なかつた, 居れば, 彼と, 彼女の, 手の, 有って, 有つた, 段々と, 無いとは, 皆同じ, 皆空足を, 相当あつ, 知って, 私の, 自分の, 誰も, 近所の, 顔を

2 [250件] あっけに, あったこと, あったし, あったよう, あまりない, あらわれた, あらん又は, ありさ, ありしかども, ありそう, ありそれ, ありて, ありますから, ありますからね, ありますけれども, ありますし, ありますまい, ありますよ, ありますれば, ありませんから, ありませんよ, ありまたは, ありやしません, あり半, あり又は, あり空手, あり舟, あるか, あるけれども, あるだらうが, あるだろう, あるであらう, あるとかいう, あるとの, あるなり, あるべしと, あるまいなれば, あるやに, あるよ, ある筈, あれど, あろう或は, あツ, いたこと, いたので, いないでは, いないので, いなくなって, いました, います, いません, いるだろう, いるという, いるので, いるほど, おどろいた, おなじく禁欲生活, おりまして, おりません, お前を, かなりある, かなりの, こ, ここに, この時, この点, これで, これと, これのみ, これ有るべく候え, ごく少数, ございました, ございまして, さすがに, すくなく, すくなくない, すこしく疑っ, そうでない, そのこと, その心, その通り, それが, た, たくさんある, だんだんに, つづいて, てんでに, ないお前, ないくらい, ないであろう, ないといふ, ないほどに, ないほどの, ないらしく, ない事, ない二人, ない位, ない家, ない有, ない有様, ない気, ない瑠璃, ない程, ない筈, ない者, ない薄倖, なかったであろう, なかつたので, なからう, なかろうと, なきほど, なき憐れさ, なくその, なくな, なく一人, なく健自身, なく手, なく現に, なく聞く, なく首, なく騎馬, なし大路, ふだんから, またこの, またこれ, また彼, また高, みなそう, みな驚い, みんなそう, みんな出, ゐたし, ゐる, 一度溝, 一応は, 一時は, 一種の, 不審を, 不思議がっ, 世には, 世界を, 中, 云って, 交って, 人の, 人間である, 他に, 何を, 作る者, 入つた者, 全く持て余し, 共に神, 出る世の中, 加害者も, 卑しい, 単に支那人, 右左を, 同じよう, 同然の, 君の, 喜んで, 困った顔, 在ったが, 多いこと, 多いだろう, 多いので, 多いのに, 多からず, 多くある, 多くなっ, 多くなった, 多し, 多少ある, 大分あった, 大分に, 大方は, 寄って, 察する所, 小さい者, 少い, 少ない, 少ないし, 少ないので, 少なからず, 少なくありませんでした, 少なくなっ, 居なかった, 待たずに, 思案に, 性が, 恐露病, 愚かな, 我れ, 政治家も, 救われるとは, 教えられる者, 数知れなかった, 斬罪に, 時には, 有った, 有ったには, 有らう或は, 有りません, 村の, 案じて, 此の, 死一等を, 殖えて, 決して尠, 沢山に, 無いこと, 無いに, 無い代り, 無かった, 無くて, 無ければ, 無学な, 現はれ, 現れた, 疲れて, 皆吉の, 相手に, 相當, 眼を, 稀に, 糞も, 絶無で, 罪なき, 聞く者, 自己の, 自然に, 至るところ, 若き者, 製造業者も, 見て, 見るに, 認めて, 読者も, 負けた者, 近くに, 追, 遂には, 運命を, 銘々に, 降りる者, 離室の, 雪の, 駈けつけて, 駈けて, 驚きました

1 [2854件 抜粋] あいつツンボじゃ, あったがね, あったでしょうそこで, あったりなど, あつたくら, あの, あまり怪, あらうまた, あらわれないの, ありあっと, ありおしまい, ありしなるべし, ありそして, ありと, ありならない者, ありますじゃ, あります私, ありもしも, ありカルタ, ありベルグソン, あり不思議, あり似て, あり兵士, あり即, あり和服, あり土地, あり如何, あり小さい, あり或いはまた, あり書かぬ者, あり殊に, あり皆, あり筆硯, あり若旦那, あり許されて, あり逃亡, あり銃, あるくらいに, あるじゃが, あるだろ数, あるといふ, あるべく思われるので, あるめ, あるらしかったが, ある将棋, ある此, ある農工, あれあれと, あろう病院, いう, いくつか, いず子供達, いたほど, いった, いつまでも, いないとは, いなかったし, いますから, いよう道理, いると, いるもの, いろいろと, うようよ出た, おしなべて一つ, おととい牢屋から, おのずから襟, おらぬかも, おりまする, おり通りがかり, おろうかと, お目にかかって, かう云, かならずしも上流社會, かりに此部類, きまること, こう云うだろう, この, この主義, この勇者, この家, この歌, この答弁, これだけは, こんにゃく問答以上の, ございまする, ござえません, さらに一層有力, しばらくは, しらざりしに, すぐあと, すこぶる多き, すでにあの世, すべてを, ずいぶんあるでしょう, そうであります, そう認め, そのまま媒介, その佐々木道誉, その声, その点, その見, その顔, それで, それらしい, そんな豹一, たくさんいます, ただ一朝, たとえば正, たゆたいぬと, だいぶ減った, ちかごろで, ついて, つまらぬ事, です, ともにこの, ともに石橋, どちらも, ないうち, ないこいつ, ないだらうな, ないでも, ないやり手, ない一角, ない人物, ない優勢, ない女, ない宗教狂女, ない恐ろしいお尋ね者, ない物持, ない評判, なおさらその, なかったろう, なかつたらう, なかろうけれど, なきはなんぞ, なくお, なくしばらく, なくって, なくなったかの, なくのどか, なくや, なく一片, なく事, なく今, なく前触れ, なく咳, なく外, なく宮殿, なく山, なく御, なく息, なく時々, なく栄三郎, なく死骸, なく猫, なく第, なく肩肘, なく誰一人面, なく通り, なく高田町, なしに, なし表立っ, なほ, なんとなく薄気味悪く, ねえ皆, ばさまの, ひとりは, ふえた, ぼつぼつそれ, またいわゆる, またその, またまことに, また一般, また克明, また同一, また国民, また姥, また怖, また月並調, また民衆, また目付, また老いた, また誰一人成功, まだよく知らない, まだ少しはいる, みえた, みなよく, みな勇壮な, みな影を, みな懼れた, みな知つてゐる, みな集まる, みんなおんなじ, みんなやられた, みんな帰っ, むろん含まれ, もう何日, もって, やっつけるので, やはりうまく, やはり日本人, よくある, よく観察, わからない, わたくしも, ゐたので, ゐるには, シの, チョイチョイ出, ポツ, ヨハン様も, 一ノ関に, 一人抱へて, 一家と, 一旦内閣, 一緒の, 一顧も, 三人あった, 三四人で, 上方へ, 不幸で, 不都合な, 世間には, 丹後守の, 乗物も, 事一旦, 二三人手伝ひ, 二千名を, 互いに相まっ, 五十二銭がたの, 交つてかるたを, 亦つらい, 亦人間, 亦唯, 亦彼, 亦独特, 人なりという, 今まで, 今年ばかり, 他者の, 仰向けに, 低級だ, 何が, 何んにも, 何者か, 作家自身も, 例外なく, 信頼する, 債券なし, 僧侶階級に, 先に, 公衆な, 共に受験者, 共に顔, 内々注意し, 凡て親愛すべき, 出して, 出たの, 出ない, 出入りにも, 出来た即ち, 出来るわけ, 分らずこの, 前に, 加って, 助かり此方, 勤王説を, 勿論あった, 十五人に, 南原杉子の, 又この, 反動青年団の, 召し使い, 合抱に, 同じことぢ, 同じ結果, 同情者も, 同様で, 名は, 含めて, 周圍の, 唐櫃の, 商工業者も, 嗜んだの, 困ったん, 国権説を, 在候, 執筆者も, 変つた人情風俗に, 外米の, 多いその, 多いよう, 多か, 多かるべし, 多くそして, 多く切腹, 多く小勢, 多く殊に, 多分こんな, 多少動きました, 夢中に, 大勢そこに, 大坂表, 大目で, 大馬力, 失意の, 女児で, 如何ともし, 妾を, 嫌応なし, 存在を, 宗教家も, 実にその, 実感を, 家畜を, 密告に, 専門の, 將た, 小説の, 少いほどの, 少くありませんでした, 少しおかしい, 少ないと, 少なく和歌, 少數, 居たの, 居りまた, 居るには, 居合せた客達, 巧く, 帰りたがって, 常に注意, 年老いたる者, 幾分自分, 廟を, 強力な, 彼であった, 彼女と, 往々その, 徒歩や, 御差別, 心を, 必ず行き詰まる, 忽ち静粛, 思わず叫び, 怨んで, 恐ければ, 悉く打ち溶け, 悲鳴を, 想像すれ, 感服した, 憎い, 我も, 戦犯も, 手で, 扱い得ず教師, 折り重なって, 拙者が, 持て余した, 挙句の, 掛けてる者, 政治家たらん, 敗北者も, 数十万の, 文学者たるを, 新しい朝, 旅人も, 日本に, 明らかに, 昨年あたりから, 時にはにおい, 書物や, 最初は, 有りけるよとて, 有り大, 有るで誠に, 有之, 本堂に, 来るよ, 東京人珍らしい, 柄が, 楽しみを, 権中納言参議蔵人など, 次の, 欲しい, 歩みを, 死んだであろう, 残さずこの世, 段々多く, 民藝として, 気が付かなかったろうが, 気骨が, 決してあと, 決して児戯, 決して科学的精神, 油断し, 注意した, 流石に, 涙と, 溺れて, 火災を, 無いので, 無い気楽さ, 無かろう私一人, 無くの, 無ささうです, 無し泳ぐ, 無論含まれる, 片っ端から, 狂人も, 狭い茶の間, 現れず炭俵, 現場に, 甚だ多く, 生活難の, 用ツてる様だ, 町奉行所へなども, 異と, 登って, 皆それに, 皆人欲を, 皆大抵, 皆御, 皆此, 皆確かな, 皆馳, 相伴した, 相当出ました, 真実そう, 矢を, 知るところ, 確かに, 祈祷所へ, 福岡県などに, 稀疎, 立ち停まって, 競争に, 笑つた, 箸を, 納税者も, 終始変らず, 結局迷惑する, 続々あった, 総て抜刀を, 總て, 羽搏く, 考へる習性, 聞け, 肘を, 脆くも, 臆する気, 自ら死地に, 自然の, 自衛的に, 舞台から, 若しや, 落第者も, 血色を, 行く者, 裸にな, 見えないで, 見たらしいからね, 見付からなかった, 見捨てては, 親切に, 観るもの, 言語調ふ, 許, 詰らぬ物, 誰が, 諫める, 讃うる, 貧乏な, 買う人, 起き出たらしい, 超人である, 踏み潰されるもの, 軍楽隊を, 輓近の, 近く故人と, 返す言葉, 追われる者, 逃げて, 通りがかりの, 遂に眉, 過酷な, 避けるよう, 鎖国主義的攘夷論でなく, 閉口し, 閑人では, 随分あります, 随行し, 雑って, 順々に, 頼まなければ, 颯々たる, 首脳已に, 騎虎の, 驚くだろうと, 鮮く

▼ 者~ (4468, 3.5%)

135 なって 60 一緒に 39 なった 30 いえども, なること 29 いえば 26 見て 25 なつて 23 なったの, なるの 22 同様に 20 なつた 19 なる 18 雖も 17 見做 16 すれば 15 して 14 いって, 云ふ, 言ふ 13 いっしょに, なりて 12 同じよう, 呼ばれて, 思って, 見える 11 いうべし, いふと, 見えて 10 いうと, ならなければ, 称して 9 なると 8 あれば, ならねば, なれり, 云へば, 聞いて, 話を 7 いっても, いわれて, きめて, 云うの, 云うもの, 言つても, 認めて

6 [12件] いふべし, いへども, するに, その家族, なりその, なりつつ, なるという, 名の, 知って, 稱し, 考えられて, 見れば

5 [23件] いうだけの, いうよりは, いっては, されて, したの, するの, せられて, そうでない, なりました, なるかも, なろうと, みえて, 云は, 同様の, 呼ぶの, 存候, 思召し, 手を, 目され, 言って, 言われて, 農民の, 違って

4 [37件] いうよりも, いへば, す, すると, せば, それに, それを, なったこと, なったもの, なったり, なるであろう, なるに, なるには, なれ, 一しょに, 並んで, 二人で, 二人の, 云ふも, 信じて, 別れて, 労働者との, 同じこと, 同一の, 思われて, 申し候, 目される, 眼を, 結婚し, 考へられて, 被征服者, 被搾取者, 見られて, 言うべし, 言は, 詩人, 謂はる

3 [64件] いうので, いうより, いずれが, いっしょの, いったって, いふが, する, すること, するもの, せんか, ちがって, なす, なすの, ならざるを, ならんこと, なりまして, なりまた, なるか, なるなり, なるもの, なるよう, なるわけ, 二三の, 云うよりも, 云う事, 云えば, 云って, 云っても, 云はれ, 交際し, 出版業者との, 口を, 同じに, 同様な, 呼ぶに, 呼んだ, 呼んで, 多くの, 大衆との, 彼の, 思い込んで, 思うて, 思えばこそ, 思惟する, 書いて, 来て, 爲り, 異った, 私は, 称する者, 称せらるる, 考えられる, 自分の, 自分を, 見た, 見なされて, 見なして, 見ること, 言はれ, 言はれた, 話して, 認められて, 謂ふべし, 迷信致候結果新聞記者などが

2 [245件] あきらめて, あったその, あって, いい散所, いうても, いうでは, いうべきである, いうほどの, いったが, いふとも, いふべき模範的人物, いわざるべからず, いわなければ, いわねば, いわれるだけ, いわれる人, お前が, きて, きては, きまって, きめつけるの, さへ, されたの, しその, したもの, してでも, し交換者, し言, するという, するボルシェヴィキ, する観察, せらる, その所有, その雇傭者, つきあって, であった, である, なしたるは, なして, なし又, なし第, なすか, なすこと, なったと, なったという, なった場合, なっては, ならない限り, ならんか, なり, なりそして, なりたいとも, なります, なり得ざりしもの, なり得たの, なり得ます, なり得るか, なり最後, なり私, なり遂に, なるが, なるだろう, なるを, なる事, なる傾向, なる時, なる資格, なれば, はぐれて, ひそかに, みて, みなされて, みれば, むかひ合つた室, もう十何年, よばれて, わかって, わかれて, エタ, 一しよ, 一人の, 一緒の, 一見も, 不義を, 不義者と, 世間, 両方が, 中国国民とは, 二つの, 云うよりは, 云う可, 云う者, 云ったよう, 云つた, 云ひます, 云われて, 云われるの, 云われるよう, 互に意趣, 五十歩百歩の, 交は, 人の, 他の, 何か, 何の, 何事も, 信じきつて, 信じられて, 做すも, 働く者, 僕との, 共同に, 共通に, 分って, 勇太郎が, 同じく, 同じで, 同じには, 同一な, 同一人, 同一条件で, 同日の, 同樣, 名を, 名乘, 呼ばれたの, 呼ばれるであろう, 呼ぶこと, 呼べり軟化し, 変りが, 多数の, 大差なく, 天才とは, 夫婦に, 孤独者との, 密通し, 實在者との, 対立し, 少数の, 強い者, 得意な, 心に, 心得て, 思う, 思うか, 思ったこと, 思はる, 思はれて, 思ひ候者, 思ふ, 思ふ人, 思わねば, 思われた, 思われても, 恋を, 想像し, 感じたの, 懇意に, 戦って, 承知し, 指導される, 掠奪者の, 握手を, 斯う, 是れなり, 朋友と, 未成年者とが, 死別する, 決めて, 爲し, 申しましても, 申しますか, 目された, 相並ん, 相分れ, 相見え申候, 相談し, 睨んだが, 私が, 私とは, 私の, 科を, 称するもの, 結婚した, 結婚を, 締めた者, 考えて, 考ふ, 考へた上, 考へて, 臆病者の, 色盲者と, 芸術, 芸術家とが, 芸術家との, 芸術家の, 被創造者, 被圧制者, 被害者との, 被害者とは, 被害者の, 被抑圧者, 被教育者, 見えたが, 見えたので, 見えるもの, 見える余, 見え早, 見せて, 見たので, 見たらば, 見られるの, 見ると, 見るの, 見傚, 覚悟せざるべからず, 解釈する, 言い得ないであろうか, 言うべからず, 言う可, 言えば, 言っては, 言っても, 言へば, 言葉を, 認むるのである, 認めら, 誤解被, 読者とに, 談話を, 諦めて, 貶しめ, 費す者, 資本家との, 資本家とは, 農民と, 近所の, 追跡者との, 逢引し, 連絡を, 間違へ, 関係の, 闘って, 顔を, 駈け落ち

1 [2619件 抜粋] あいさつし, あつた, あなたは, あり, あるのみ, あわれみこの, いいナポレオン, いうて, いうべきであろう, いえる, いおうか, いっしょでない, いったんは, いつても, いつわれば, いはれるゲーテ, いふべからず, いふ者の, いやでも, いわれたくないと, いわれた雑工業者, いわれるばかりか, いわれる田辺, うたわれるまでに, おとしめて, おぼしくあでやか, お主, お告げし, お目, お誉めなすった, かけあつたり, きいて, きまりました, くりゃあ, ことなったし, この庵, ごいっしょ, さうでない人間, さぞお, され孫伍長, しかられた, したと, したる, しました, し人, し或は, し絶対, すつかり, するこの, する三名, する十数名, する思想, する東亜共栄圏, する考え, せずして, せられるの, そこの, その二人, その全, その婦人助手, その後を, その晩, その知者, その荷物, その部下たち, それから古風, それや, そんなの, ただ思し召しくださる, だんだんその, てない, であろうと, どこかで, どんなに従順, なさざるべからず, なした, なし教師, なすべし, なったか, なったので, なったよう, なった人達, なった点, なった自身, なった長兄, なってる広大, ならしむ, ならしめたれば, ならずや, なられた, ならんと, なりきって, なりしかど, なりたること, なりは, なりを, なりローマ, なり低い, なり兇悪, なり労働者, なり号令者, なり地質, なり奴僕, なり後者, なり得るとしても, なり愉快, なり攻者代り, なり最も, なり樽拾ひま, なり毛沼博士, なり狂人, なり知らず知らず一女性, なり籠絡家, なり自由主義者, なり賠償者, なり適当, なり鷲見与四郎, なるしか, なるは, なるべき富豪, なるべくば, なるまでは, なる北方, なる恐れ, なる覚悟, なる道ゆき, なれり智, なろうとを, ののしる権利, ばらばらで, ひどくいい争っ, ほんとうだ, まちまちであった, みえまする, みえ栗色, みしかも, みなされちまいますからね, みられゆるされて, もう一つ, やもめ二人が, よばれると, わからぬ者, わが子と, わずかな, アッパッパの, ケッタクし, スウツケイスが, ハタと, マルクシストと, 一しおお, 一に, 一向關係, 一戦し, 一緒さ, 一般教育家及び, 一門に, 三人し, 下士たちの, 不満の, 与に, 世間から, 中等学校数とを, 乗合せぬ, 争いを, 二人っきりで, 二日も, 云います, 云う, 云うべきかも, 云う奴, 云ったこと, 云つて宜しから, 云ひし, 云ふんです, 云われても, 井伊家の, 交わりて, 交渉し, 人との, 他は, 仮定する, 仰ぎ奉るべき天照大神, 仰云, 伊達者とは, 会食しましたなら, 似たよう, 何かの, 余輩自然論者との, 來て, 侵入者が, 信じ而, 信者とが, 俳句の, 倶に, 健康者とを, 傷, 優秀な, 入れ替えねば, 公園で, 六部六部の, 共通なる, 其の兩親親族, 其敵の, 凡ての, 出来ない者, 分っても, 初めから, 判別する, 別れたよう, 別離の, 前の, 力を, 劣敗者の, 勇吉巳之助利七という, 区別した, 南の, 又人間, 取っ組み合って, 叫喚怒, 合せて, 合議の, 同じくできるだけは, 同じく天国, 同じだけの, 同じほど, 同じ家, 同じ様, 同じ範囲, 同じ都, 同一視される, 同列に, 同情なき, 同時に存, 同様先ず, 同等に, 同道しやす, 名づけ宗教, 名乗つて盛に, 名付けて, 否らざる者とを, 呼ばるべきであった, 呼ばれた無気味さ, 呼ばれる僧モリノス, 呼ばれ室町時代, 呼び坂, 呼び髪の毛, 呼ぶなら実験小説家, 呼ぶ者, 呼んだ人々, 哲学思潮とを, 問題を, 喧嘩まで, 嘲つて僅, 固く手, 地主との, 執迷的妄信者, 売笑婦との, 大きな喧嘩師, 大分は, 大正時代に, 太刀を, 女子大学生の, 姫と, 子供を, 学生を, 宗教家は, 定まれりと, 定め但し, 実験との, 客観者生活者と, 家長と, 密議めいた, 寶山講の, 対談中不幸にも, 對し, 小森の, 少し違った, 屋根の, 巌谷から, 己とは, 席を, 年代, 年齢の, 店中の, 引っ返す者, 張りあう気持, 彼との, 彼女が, 待つ者, 後世まで, 従者と, 復員者, 心安くなっ, 心得狗, 忙しく走り書き, 思いおるぞ, 思います, 思い込みもっぱら, 思うたからに, 思う人, 思えるもの, 思ったから, 思つ, 思つて東京へ, 思はれても, 思ひ嘘, 思ふな, 思わるるな, 思われなければ, 思われるほど, 思われる男共, 思召すで, 恩中に, 惨敗者, 愛されたの, 感じる瞬間, 戀仲に, 成つた人が, 我が智恵袋, 戰はんためプレディカトリ派を, 戴かむ, 才能者とを, 技術家とは, 択ぶところ, 指されて, 探偵とが, 握手し, 放擲者と, 教えられる者, 散歩し, 斎藤道三秀龍様との, 断念し, 新法学士との, 方針は, 早合点した, 暫し讃嘆, 朝鮮人に対する, 村の, 果敢執拗な, 極印を, 権力者とには, 武士と, 死んで, 殺される者, 比ぶれ, 気づいたらしく, 汚れたる者, 決めての, 流行界に, 渡りあって, 激戦を, 為すべからざる, 為り政党, 無意識的, 無知者との, 焼鳥とに, 爲す, 物語って, 狂人は, 現住者との, 生まれて, 生を, 用事ある, 申しましては, 申す位, 略, 異る, 病人を, 発明家との, 百姓は, 監督者が, 目せられ以後二十余年, 相互に, 相見え候, 相雑, 看病疲れの, 知ったら僕, 知られ同時に, 知り合いである, 知り頸, 石舟斎とが, 神として, 私通を, 称されて, 称し世間, 称するは, 称する人物, 称する階級, 称せられる柿本人麿, 稱せられ, 立ちて, 笑い戯れて, 笑われないよう, 等しく, 筑後肥後あたりの, 精神鑑定とは, 純眞, 結ばれるばかり, 結婚しない, 結婚せしめられ, 継続者の, 縁組みを, 義兄や, 老魔法使, 考えても, 考えられるべきだったの, 考えるべきなの, 考へられたで, 而し, 聴きました, 肩を, 自らを, 自分で, 自由主義反対者との, 與へ, 花子とが, 芸術家が, 茶を, 著しく相違, 衆人との, 衝突し, 被告人との, 被批評者, 被統率者, 裁判官とが, 見えるかも, 見える斯, 見え一面に, 見え次, 見くびって, 見せかけての, 見たら引ッ, 見ないもの, 見なされる, 見なすと, 見られても, 見るべき伯父, 見るよりも, 見ん, 見破られた以上, 規定し, 覚しき足跡, 親しく相か, 親しんで, 観られ殊, 観察する, 解いて, 解釈し, 言い得るであろう, 言うならそれ, 言えるかも, 言ったらマア我輩二三人, 言つた感じの, 言はるべき, 言われた新九郎, 言われるほどの, 訥弁な, 評判され, 話が, 話し再び, 認めたの, 認めますよ, 認められますまい, 認めるべきであるの, 語りつくした, 誤解される, 読者たちとは, 論ぜざるを, 謳はれ, 議論した, 貧乏人に, 貶する者, 賢き者, 赤い錦, 踊るもの, 農民, 農民は, 追うもの, 通船に, 連絡が, 過り下されな, 違う処, 選ぶところ, 酒のみは, 重蔵も, 金剛峯寺との, 門から, 間違えられたか, 間違ったか, 関係官との, 附き合いが, 隙な, 雖ども度, 需要者の, 非常識とは, 頑是ない, 顏を, 飽くまでも男, 駆落ち, 鬻ぐ者

▼ 者~ (3464, 2.7%)

227 はない 218 あつた 53 ござります 41 はありません 35 はなく 25 はございません, もない 23 あつて, もある 20 はなかっ 17 でも 15 ござりまする, は無い 14 はあるまい 13 あらねば 12 あつたの, あらう, おざる 11 はある, はございませぬ, はござらぬ 10 もその 9 それに 8 さへ, せう, 私の 7 あらうと, ごぜえます, それが, はありませぬ, はござりませぬ, は有りません, 自分の 6 これは, ね, も何 5 は決して, も, もお, もこの, もなく, 何か, 何の, 何も, 彼の, 通って

4 [14件] して, は, はあり, はございます, は有るまい, 主人の, 今は, 他の, 外へ, 彼女の, 此の, 父は, 誰も, 近所の

3 [36件] あらうが, おまけに, げすから, これも, ござりまし, ござりましょう, しかない, してね, それは, それも, どうかする, なくして, はなから, はなかろう, は無かっ, もありません, もそう, も無, 一人は, 中には, 丸屋の, 人の, 以前は, 名を, 女房の, 家に, 御座ります, 有ると, 温和な, 着物に, 私は, 而も, 自分が, 菊の, 非常に, 鯨で

2 [152件] あつたなら, あられると, あり得ないこと, あり得るか, いいん, いたいん, いっぱいだった, いること, うんと褒め, お前さんの, お前の, お新, お父さんは, お見知り, お角さん, お邸, ここに, これが, こんな事, さえもその, すら彼, せうか, その名, その次に, それの, それを, そんな事, な, なけり, のう, はあった, はありますまい, はあり得ない, はござりまするが, はその, はな, はないだろう, はなかつた, は何, は小僧, は御座いません, は無, もあの, もあり, もあるまい, もそれ, もつい, もな, もなし, もなん, もまた, も人, も例外, も子, も心, も特典, も生, も聟, も骨董, モスク, 一度は, 一度も, 一杯な, 一杯に, 中, 之に, 人に, 今年で, 今肺病患者, 仕事に, 何う, 何という, 信長の, 其の放蕩, 其処に, 利巧で, 前から, 加之に, 勿論なん, 十七に, 厶いまし, 口の, 同じ道, 名の, 唯一の, 困るべ, 塗物の, 外から, 夢想児の, 大した金持, 大井久我之, 失敗した, 女が, 女は, 女学生の, 好い男, 好んで, 始めて江戸, 姓も, 実家は, 家には, 容易に, 寿衛子は, 屋敷を, 年は, 弟は, 後に, 御武家方, 感傷家でない, 或る, 或者, 手代の, 時々ブラリ, 最初の, 有る, 有る無し, 朝から, 朝鮮貿易に, 正直で, 此方へ, 沢山だ, 満たされて, 無え, 無くては, 無害この, 無筆は, 父親は, 男が, 男一は, 町内の, 番頭の, 盛んに, 相当の, 神の, 私が, 私に, 私にとっては, 私より, 私を, 立込んで, 背が, 良い男, 若いとき, 薄汚い猥漢, 被治者である, 評判の, 誰か, 身分の, 金も, 頭の, 頭髪が, 骨惜しみを

1 [2003件 抜粋] 〇%二増大し, あつたとい, あつたり, あつて僞善, あつて秀逸, あのお, あの人, あふれて, あらうこの, あらう睡いやう, あらせられたこと, あらぬは, あらんこと, ありすぎたの, あり得た事, あり得ないと共に, あり得ること, あんな優しい, いくどか, いけません, いた又八, いつか, いつも夜, いまなお, いらっしゃいましょう, いらねえと, いるもの, うちの, おいでに, およそ二十年間, お先つ, お嬢様の, お神さん, お見附, お金を, かくの, かなり気, からだ, がすが, けさ丁打を, げすぜ, こういう奇抜, ここへ, こちらの, この供給, この回覧雑誌, この島, この牢屋, この難, これから鑄掛道具, これを, ござえやすが, ござりやし, ごぜます, ご放送, さえ, さえすでに, さえもこれ, さえも歴史, さえ満ちあふれた, さきごろまで, さへもが, しかありません, しかも三都名優, しかも常に, したがってかなり, してねえ, すこし調べる, すばらしい珍奇, すらこの, すら宦官, そうした系図, そこに, そして日常生活, そのお, そのアヴレ, その下宿, その凡庸, その名高い, その後寡婦と, その母, その癖, その豊前守, その頃二等属, それでも元, そんなら, たえず発明, ただ主人大事, たとい田地一枚, だれ彼の, ちょうど泊り合わせた, つづくだらう, つまり彼等, とかくの, どうしても尻尾, どこに, どんな場合, なかなか尻尾, なさそう, ねちゃんと, ね朝廷, のみあるべき彼女, はいけません, はこう, はござらん, はござりませぬか, はすぐ, はつとまらぬ, はとても, はなし, はひとり, は一番, は伊達, は囚われず, は奈良麻呂, は御座らぬ, は断じて, は歯, は無し, は覚束, ひときわ口やかましい, べん, また, また同, まだ三十そこ, みんな阿彌陀佛を, もあなた, もあろう, もうろたえ, もおっ, もここ, もずいぶん, もそんなに, もたべ, もできる, もなかっ, もはじめ, もふ, もめったに, もりつぱな靴屋, もマ, も一人娘, も一種嫌惡, も上方風, も二百回以上, も何ん, も価値, も先ず, も出入, も努力, も可, も堅く, も大蔵, も女房, も學士, も容, も席亭, も彼, も必ず, も恵比須, も抛り込める, も文章, も最後, も本当に, も桶, も武蔵, も氣, も無く, も独特, も疑う, も私, も聞きつけ, も自分一身, も親類, も評議中, も赦し, も軽蔑, も追い付かぬ, も降参, も顔, も高山, やはりキヨメ, よくこの, よく睦み合った, わけてお, わたし一人で, イタカという, クリスチャンだった, スタンダールや, ダイヤモンドばかり, チョボ語りの, パリの, ピレネー山の, プローホロヴナという, ボーイに, リアリストである, 一ノ関侯とは, 一向理屈, 一度講演, 一日みんなを, 一杯の, 一番ひどい, 七人生温かい, 三峰へ, 三条西家の, 上方へは, 下痢や, 不平不満を, 与謝野晶子埴原久和代其の, 且つ香港太守, 世間の, 両手で, 中世高野聖の, 丸多の, 主人が, 之ほど, 二三日前から, 二分残し, 二十年計り前自分が, 二生の, 二進も, 五人六人または, 些しも, 亭主に, 人と, 人一倍物好き, 人生に対する, 人間時代以前からの, 今でも, 今夜は, 今日社長の, 仏法尊信の, 仕様がねえ, 他人の, 以後別懇に, 伊藤弥五郎一刀斎は, 住居の, 何と申します, 何んと, 何十年この, 余程大人, 來朝し, 信じられないほど, 俺は, 候, 傑出した, 僕等は, 兄は, 先生の, 入社した, 八年ほど, 六部で, 其内死亡した, 其郷里地方には, 内地レントゲン器械製造会社との, 冬に, 出戻り乍ら二十四五の, 分らん奴, 前東京帝大総長, 割出して, 力も, 勉強も, 勿い, 十の, 十二時二十分のバスに, 十四五年前に, 十粒ぐらいずつ, 千穂子の, 南北戦争の, 即ち出来, 原子爆弾製作の, 又写真, 友達らしい, 叛逆者に, 古くから, 只今彼所にて, 右ひだりから, 同じ仲間, 同居人や, 同時に実行的, 同時に本, 同氏の, 名うての, 名題役者でも, 名高い聚楽第, 吾, 商売の, 嘘つきだ, 嚴格で無い, 四十四五に, 四書五經が, 困ります, 固めて, 土地によっては, 在りながら, 堅い婦人達, 壮い, 夏休を, 多四郎という, 夢中に, 大学でも, 大概お, 大町人, 天下一の, 夫が, 奉公人の, 女と, 女も, 妻君を, 始終市内, 婦人に対しても, 学問所の, 孩児の, 安中三郎様の, 実に手前ども, 実家には, 客分とも, 宮相撲の, 家定公御, 宿屋を, 實生活と, 專ら新, 小さい者, 小商, 小道具を, 少しも, 少し訳, 尤も松皮疱瘡, 居留木角左衞門といふ, 州民の, 巧に, 市谷富久町の, 師走に, 常は, 平次を, 幾度も, 座談会を, 弟子連中は, 彭徳孚と, 彼女は, 往来で, 徒らに, 従来あった, 御意に, 心の, 忘恩の, 急所を, 怪しい者, 恐ろしい懷疑家, 悪い犬屋, 悲しいもの, 意地悪だ, 懷疑的でなかつた, 我々の, 戦争に, 所謂織, 手術の, 押つ通し, 捉えどころ, 支配などとは, 救助に, 數に, 文学者の, 新しい作家, 旅川様から, 日本科学協会, 日頃よく, 昔村で, 時々調子, 暮したお店者, 最も幸福, 最善と, 有つた, 有るかの, 有れば, 有名に, 未だ病院内, 本当はシャストル, 村の, 東洋切っ, 枕を, 根柢的に, 極悪い, 歌よみで, 正直一途な, 此家の, 此裏の, 歩行が, 殆ど知らぬ, 残った金, 毎日店頭で, 毒に, 永い流浪, 決して, 沈める鐘, 法律と, 流浪し, 浮浪の, 深川に, 渡りてえん, 満ちて, 滅多に, 漢詩などを, 火花が, 無い事, 無くば, 然云, 燒餅も, 牧に, 狐の, 珠子さんは, 現在も, 生れた時, 生涯朽果る, 申さば, 男女あわせ, 異性には, 病死した, 病身な, 白痴は, 皆んなお, 目今有要な, 相撲を, 真に云, 知らないもの, 礼に, 神楽の, 禿げあがった額, 私達と, 科学的文章の, 稲と, 窃盗常習者の, 第四, 粥河様の, 紅矢の, 細君に, 終らせたくないから, 終日表の, 統一しよう, 縁あっ, 老人の, 考への, 聞こえた庄助, 背の, 腹が, 自分と, 興至れ, 艱難が, 芸が, 芸術至上主義者でなく, 若樣紛失, 茶の湯を, 萬屋治郎兵衞は, 蒼白くて, 薩摩に, 蝋梅に, 行儀見習ひ, 被支配者, 西洋人の, 見てくれも, 見識らぬ, 親類の, 詩人の, 誠に心細い, 誰一人として, 諸国の, 警察事務や, 貴島と, 賞めない, 赤つ, 身分は, 身體も, 軍服や, 轟の, 辻木を, 近頃す, 述言の, 通つた, 通つて居る, 造物者の, 道徳は, 遠慮会釈も, 都人の, 金蔵老人の, 釣の, 鍵を, 長らく彼, 門前町へ, 間貫一と, 隣の, 雪峰チーセの, 非戰運動, 韋康という, 頑固一徹な, 食方に, 香具師とは, 高島菊次郎翁の, 鬼神変化幽冥果報という, 鳴らした音松, 黒い服

▼ 者~ (1734, 1.4%)

6762 ということ 403328 といふ 27 と思っ 2621 から 17 という 15 と思う 14 というの, と云う, のと 12 と云 11 ぞ, と言っ 10 と云っ, と言 9 と, といっ, と信じ 8 がその, と思つて 7 からである, がこの, という事 6 そうだ, とし, とすれ 5 からといっ, からね, ぜ, そうです, とする, と思った, と自称, と見なし, の

4 [14件] からな, から私, がお, つた, つたから, つたと, つたなど, つたのです, という点, と自分, のという, わ, ッ, 此の

3 [27件] からさ, からそれ, からだ, からなあ, から自分, かわからない, がこれ, がすこし, がそれ, が今, そうで, つたのである, つたのは, という理由, といつ, とかいっ, としたら, と主張, と云つて, と思, と思います, と思われ, なア, のが, もの, ものです, ッて

2 [96件] あの男, え, おの結句, お浦, からお前さん, からこの, からという, から夫, から安心, から御, から母, から男, から芸者育ち, から衝突, から随分, から駄目, がおれ, がお前さん, がと名, がと私, がほか, が今日, が何, が実は, が汝, が考え, が雨, しお, しせがれ, し手代, そうである, そうでございます, つたに, つて笑つてるだらう, とある, というあの, というわけ, というん, という意味, という考え, という評判, といった, といったの, といったら, といへ, といわれ, とお, とおっしゃる, とかいう事, とかそういう, とか言, とさ, とのこと, とののしり, とは思っ, とは思われない, と云った, と仰し, と信ずる, と判った, と口, と叫ぶ, と名, と家康, と思い込み, と思い込ん, と思はれ, と思ふ, と申, と私, と称し, と答, と答えた, と考へる, と聞い, と聞く, と言う, と言った, と言つて人, と認める, と賞め, なという, などということ, なんて, なんて誰, なン, な親爺, ねえ, のを, よ和尚さん, よ海水浴場, わね, ア, 一文も, 臆病者だ, 裏切者だ

1 [846件 抜粋] あな, あの縹緻, あんな事, いつも現実, おれは, お気の毒, かだれ, かもちゃんと, からあそこ, からあれ, からいけない, からお, からおたがいに, からお前, からきみ, からここ, からこれ, からしかた, からじゃない, からそんなに, からだまっ, からだろう, からちよ, からです, からという父, からといつ, からと云, からと初手, からと引, からと思っ, からと言, からと言つて給金, からどこ, からなお, からなにか, からなまじっか, からねきみ, からね昔, からのう, からまあまあ, からもう, からやかましい, からやア, からよう, からわざと, からウイスキイ, からピカ一, から世帯, から世間, から今, から仮り, から何と, から何時, から余計, から俗化, から働かない, から僕, から勿論, から単に, から又, から取り除け, から取る, から口, から君, から地獄, から大方女郎, から天機, から好い加減, から家, から少く, から少し, から心から, から必ず, から息の根, から情事, から戸惑, から打ち込む, から扱い方, から放れ, から斯, から新しく, から時, から構わない, から次の間, から此方, から毎日, から法然様, から清元, から生きた, から田舎, から病人, から皆一眼, から直ぐ, から知っ, から神秘, から秘密, から結構, から罪, から考えた, から股引, から胸, から薬一服, から親類, から言葉, から貧しい, から近所, から追, から金縁, から靈, から面白い, から駄賃, から黒田様, か働人だ, か分らない, か分りゃしない, か判りやしない, か判別, か大凡, か浮浪者, か知んねえで, か見分け, があそこ, があの, がこの世, がさき, がそち, がその他, がそんな, がどうも, がどうやら, がなかなか, がね, がねそちら, がね上方見物, がへこたれ, がほんとう, がまだ, がみだりに, がわけ, がわし自身, がアンマ, がフル・オブ・ジャナリズム, がメクラ, が一朝事, が主命, が二十世紀, が今日故郷, が他, が仲よく, が何方, が信長, が僕, が処分, が初代, が北村君, が右, が商売熱心, が太夫, が奴, が娘, が孫, が將棋, が少し, が彼ら, が御用, が悪気, が戸田, が按摩, が支配人, が数寄, が昨夜来, が村, が柳生, が武家, が毎月一度位京都, が河内, が父, が田舎, が癇癪, が真に, が神泉苑, が私, が細君, が臨機応変, が自他とも, が花子, が藤五郎, が蟹, が親方さん, が近来, が運転手, が釘, ぐうたらだ, けれどおじさん, けれどこの, けれどなか, けれどもシカシ何, けれども此処, けれども絵, けれどわるい, けれど井戸水, けれど背, ことは, この入墨者, さあこちら, しいずれ, しおふくろ, しきっと, しっかりしろ, しほか, しよく, し北陸, し国家, し太尉劉寵, し将来, し惚れ, し戦場往来, し澄憲, し秀吉, し聖降誕祭, し職人気質, し言わば, そう思っ, そのお, その人, その薄情男, その金力, それ位の, ぞとあらかじめ, ぞという政治常識, ぞや, ぞ一体, ちの人と, ちの集りでも, つたでも, つたとでも, つたとやら, つたのかも, つたので, つたのよ, つた事が, つた今だに, つた相です, つてあながち, つてさうだ, つて一人も, つて十五歳以上の, つて外の, つて滅多に, つて皆んな姉さんを, つて虚無主義と, つて通常の, つて遠慮する, でなあ, で嫌疑, とあきらめ, といいたい, というその, というよう, という中年, という二家族, という噂, という場合, という奇怪, という感じ, という現象, という確信, という者, という自覚, という表情, という証拠, という資格, という迷信, といえない, といった変, といってる, といふぢ, といふ某氏, といふ者, といふ若い, といわなかった, といわなけれ, といわれてる, とおっしゃっ, とかいうこと, とかいうよう, とかいわれ, とかそんな, とかだから, とか一番, とか何とか, とか大, とか小さな, とか律義者, とか惚込, とか教師, とか申す, ときい, ときめてる, とこの, としか思えない, とした, としてもその, とそこ, とその, とて冷たい, とでもいふ, とでも金持, とにらん, との影口, とはかねて, とは僕, とは思ひ掛けなかつた, とは汝, とは申しました, とは言う, とは限らない, とばかりみんな, とほ, ともいい, とも云はず, とも私, とも言, とよく, とよ亭主, とわかったら, とヒンズー教, と一途, と云い, と云え, と云ったら, と云つて可い, と云わぬ, と云わね, と仰っし, と佐藤春夫先生, と保証, と保證, と入社当時, と兼ね, と分った, と判断, と勝手, と卑下, と名乗つてそれ, と吐, と君たち, と呶, と喜ん, と妄信, と嬢, と対手, と平気, と彼ら, と思い, と思いました, と思え, と思ったらしく, と思ひ, と思ひました, と思ひ込ん, と思わなけれ, と思われます, と思われる, と怪訝, と想像, と感じ, と批難, と指, と推薦, と教え, と旦那様, と書かれ, と深く, と澄まし, と由子, と申しました, と疑っ, と知れる, と確信, と称した, と笑っ, と答える, と考え, と考えてる, と考えられる, と考へられ, と自任, と自信, と自惚れる, と蔭, と裏書き, と褒め, と見, と見える, と見た, と見なされてる, と見やぶっ, と見抜き, と言つて, と訊かれる, と設, と話した, と認め, と説いた, と説明, と賢明, と述べ, と驚嘆, なあ, なお前, なとは思, なと俺, など, などといいはじめた, などといつわっ, などとは思ひ, などと居直らざる, などと考える, なんかと過つ, なんてよく, なんてわたし, なんて人間, なんて被害者, なんて言ってる, な家, な敵, ねい, ねどうも, ね田舎者, のといふ, のに古来, のの, まご, ものそれ位な, もので, もん, もんだ, よあんな, よやくざ野郎, よ会社員, よ善人, よ殊に, よ芝居, わい, エエ男たる者が, タッた, ッた, トナ, ナア, ハテな, 一緒に, 三男だけが, 世間知らずだ, 事のと, 何うし, 何だい, 何と, 余の, 先が, 切支丹だ, 北陸地方から, 同権論者だ, 君を, 噂は, 夫で, 夫を, 女, 好し乃公, 宜し斯, 宰相に, 尊門を, 屠殺者では, 己は, 強気の, 心に, 我等が, 断絶すべき, 旦那然, 明日の, 櫻井監物の, 民衆の, 決して怪しい, 浴衣一枚裸体と, 社会の, 神経衰弱だ, 秀子の, 細い者, 自分が, 自分たちの, 若し秀子, 著者は, 裏切り者だ, 読者は, 警戒, 逃げ去る, 遊び方が, 邪魔な, 非常な, 音は

▼ 者として~ (1674, 1.3%)

14 知られて 12 有名な 8 現われて 6 働いて 5 では, 自分を 4 何か, 出て, 立って

3 [20件] 一人の, 世に, 之れ, 人間は, 今の, 名を, 多くの, 彼の, 彼は, 扱われて, 拘引し, 最も力, 来て, 生活し, 私が, 私の, 私は, 第一, 自分の, 見て

2 [99件] お憎しみ, かけがえの, これに, すぐに, その名, その悪名, その筋, それを, ていさいが, であった, どんな風, われわれに, チヤーレスヂルクの, 世人の, 世間に, 世間の, 並んで, 主體, 久しく外人, 仕事を, 仰いだの, 仰いで, 伊藤侯を, 余りに不当, 偉大なる, 働らき, 僕は, 内外の, 内閣の, 出現し, 出発し, 前には, 動員され, 動物に, 厳重に, 取り扱って, 取扱つてゐる, 名声の, 国家の, 地方自治の, 失敗し, 存在し, 存在する, 尊敬され, 尊敬し, 島田の, 己れ, 感じて, 感謝さるべき, 成長し, 扱って, 拘引された, 推す価値, 文学の, 日本の, 是非とも, 普通の, 最も, 最も成功, 最大なる, 最後の, 有名であった, 残って, 永遠に, 法廷に, 活躍した, 珍と, 現われたの, 現われる, 現われること, 登場させ, 登場し, 目指されて, 相対し, 相当の, 種々な, 立つこと, 胸の, 自らを, 自己の, 自身の, 自身を, 芸妓を, 荘田家を, 行く可, 見れば, 規定し, 許すべく候はん, 認められて, 議会に, 逮捕された, 逮捕する, 遇する, 適任で, 間接に, 非常に, 頼みに, 顕はれ, 馴

1 [1354件 抜粋] あえて最上, あげられたとは, あげられまた, あの一枚, あらわに, あるです, いい気持, いささか皮相的, いよいよ破局, いわゆる共存共栄, うらやみ且つ, おかみさん, おさまって, お小さい, お考え下さる, お鳥, かつは, きびしい訊問, くださるの, こういう不覚, ここに, この三年来情, この危機, この土地, この少年宮本一太郎, この現状, この驚天動地, こんな子供みたい, さよう, すべての, せくせ, そうしたこと, そして同時に, そして小説, そのテロリスト, その場, その弾圧, その時分, その生活, その険しい, それだけの, それは, そんな振舞, たいへん気, たちどころに追い払われた, だいじに, つれない一生, であり劇作家, できるだけの, でないひろ子, でなく元成, でなく活きて, とどまること, とどまれるば, とりあつかはれてを, どうして唇, どこかの, どの程度, なかなか結婚, ならとにかく, なんです, のこされた, はた生産者, ひそかに, ふさわしいこと, まことに心細い, また人, また大いに, また広く, また殉教的, まっ先に進みました, みんなの, もっと寛大, もとの, やって, ゆくすえ何日, より強壮, われわれの, ゐるので, アルスタアに, インテリゲンツィアは, ウェルフリンと, カパネウスを, キリスト教婦人同盟の, クロポトキンの, ゴメズを, スクリーンの, デスデモーナという, ハルトマンに, ヒノビウス・ニグレセンスなどが, フォイトに, フットライトを, ホイットマンブレークロマン, ミシガン州の, モーパッサンが, ヨーロッパの, ルーズベルトの, ローマに, 一しよ, 一刀をも, 一同から, 一度思いこむ, 一応意, 一流であった, 一種の, 一言だけ, 一部の, 三千子に, 上海在住の, 与えようと, 両者の, 主義宣伝の, 之ほど, 事件の, 二つの, 二人の, 二重の, 云ふべからざる, 亡者扱いを, 人に, 人間の, 人類の, 今やこの世, 今日彼に, 他国に, 他界へ, 以上の, 仰ぎ奉るべき天照大神, 伸子を, 住所不定小林三郎, 体系的秩序の, 何の, 何一つ責任, 余は, 作家一般, 使用せられる, 依然その, 俗吏の, 信じること, 信用され, 信雄が, 偉くなり得る, 傑出した, 僅に, 働くとき, 充分に, 先に, 全国の, 公民すなわち, 共に切, 冬を, 処刑された, 処罰する, 出現した, 初めて彼, 判断され, 利益も, 創作され, 功勞の, 動いたの, 動員されなけれ, 十七日に, 半日彼と, 卓越した, 危険に, 原稿生活に, 又地霊, 反キリスト, 叔父の, 取り扱いまた, 取り扱おうと, 取扱いを, 取扱ふ, 取扱われアナウンス, 受取ること, 召使い時々, 可能な, 同じく釜沢, 同席を, 名高いダランベール, 名高い米国, 吠えられるかも, 周作人氏にも, 哀れな, 唱門師進退の, 噂に, 四方從遊の, 四界の, 國師公まで, 地方の, 坪内とは, 執事の, 売り出したの, 外国の, 外様扱いされ, 多くは, 多少教育, 大いに尊敬, 大事な, 大家であり, 大目に, 大胆に, 天空海濶に, 女の, 女主人公達と共に, 奴金ばかり, 妥当である, 妾の, 娘よし子の, 嫌われただけ, 存在させる, 存在しよう, 完全に, 宗教其の, 定評が, 実演した, 家人にも, 實在する, 寸分すきの, 封建時代の, 尊敬すべき, 小間使の, 尤も著聞, 山の, 山田美妙が, 崇められ社會中, 市ヶ谷見附から, 帰つて来た, 常人と, 底知れぬ, 引っ括った溜池署, 引張られて, 強うる, 当今随一の, 当時灯台光学の, 当面する, 役人として, 彼女に, 待ちうけ, 後世に, 後片づけ, 従って, 得体の, 御注意, 徹して, 心から遺憾, 必要で, 怒号の, 性格付けた, 悟性と, 悪罵し, 意見を, 愛して, 愛慕された, 感ずるの, 慎重を, 憲法という, 成熟した, 我が鹿兒島, 或は一個, 所有する, 手討に, 打って出たの, 扱つてゐた, 承認する, 投獄された, 投資され, 択ばれたもの, 拘引され, 拘引でも, 招聘した, 指を, 挙げて, 挙げられた男子, 捉えたの, 捕らえられた富三, 捕縛される, 推されて, 推薦し, 掻き集めた財産, 描き出されたもの, 擁立される, 支那國民間の, 放逐するでしょう, 教会で, 敬意を, 數へらる, 斬ったなら周瑜, 新しく登場, 新入の, 新文明, 旌表すべく, 日の丸の, 日本と, 日本武尊の, 昨夕彷徨った, 暗に従妹, 暮らしたの, 書立てられるであろう, 最も惨め, 最も有名, 最も考慮, 最後まで, 有利な, 有名だった, 有給の, 朝鮮人を, 本年度, 来た本山盛徳, 東畑精一氏の, 根を, 検挙された, 極めて適した, 権力を, 権威を, 檢事總長より, 次第に学界, 歓待し, 正式に, 正面から, 此特殊に, 歩いて, 歴史上に, 死を, 死罪を, 残った, 殺された, 殿下を, 毎日訪ね, 民軍の, 永らくこの, 池島上林吾郎その他数か, 決定した, 河上肇博士の, 法医学者としての, 洗礼を, 派遣され, 海軍機関学校の, 深く感謝, 添うて, 渠の, 漢字千二三百を, 澄まして, 父トルストイの, 物語の, 特別の, 犯人の, 猫を, 玩弄物視した, 現れるもの, 現われた娘葉子, 現われるもの, 現出せし, 理論的認識の, 生きるため, 生きる努力, 生まれた, 生活しなけれ, 生活し得る, 生涯に, 用いられること, 町を, 町役場へ, 當時比類なかつた, 痰の, 発見された, 発達する, 盛名ある, 目され, 目ざされ朔平門, 目星を, 直に所轄, 相当有名, 相手を, 睨まれて, 知らぬ者, 知られた坂本孫四郎, 知られた當時, 知られる長良川博士, 短い一生, 確認する, 社会と, 社会科学を, 祀って, 祭り上げら, 禹その他の, 私たち一般の, 私を, 科学的精神の, 積極的に, 突然再, 立ち現れた, 立ち現われる, 立つつもり, 立つよう, 立とうと, 立言する, 笑われたもの, 第二次大戦終了, 米川正夫氏の, 紅葉の, 紹介した, 組合の, 統一的に, 絶讃し, 縄付きの, 總ての, 置かう, 罰せられますからね, 美妙に, 義憤の, 考えるばかりにと, 考へられるまで, 耻しからざる, 聞えた清末, 聞えて, 職務の, 職業組合からの, 育ち求め得ざるは, 育てて, 腰掛けて, 自らも, 自ら進み出, 自分が, 自分に, 自殺した, 自由に, 自覚し, 船内における, 良心だけは, 花村甚五衛門という, 若い按摩, 荒畑寒村氏が, 落伍者として, 蔑視しない, 處罰されね, 行き一時間, 街頭に, 被害を, 西園寺侯を, 西田門下の, 見た序文, 見ても, 見られるだろう, 見出し得たこと, 親類の, 解す可, 言はれ, 記念したい, 許すべからざるところ, 証拠立てたよう, 詩人河井醉茗氏が, 認められたの, 認識し, 誠實に, 誰よりも, 諾ける, 警察へ, 警戒を, 議席に, 讒誣中傷した, 貴族院議員に, 賤しめられる, 起った黎明, 起訴に, 躍如として, 辰公の, 農民更に, 迎える気, 近づいたとしても, 近松門左衞門といふ, 送られた男, 連行した, 逮捕せよ, 逸り立つ旗本八万騎, 過去三十年間くらし, 適宜の, 適当なる, 選ばれたこの世, 選ばれた様, 選びそう, 選定された, 郷里に, 配置した, 重きを, 重大な, 金庫番の, 銃殺された, 長く病床, 附き合つて丈, 陰に, 隷属する, 雇われんこと, 非番でも, 頑強に, 頭の, 飼主よりも, 首から, 駒ヶ岳へ, 高品な

▼ 者たち~ (1659, 1.3%)

17 である, はその 1410 のため, の間 9 がある 8 だった, であった 7 は皆 6 が, はこの, は彼 5 がこの, がその, が骨組み, だ, の中

4 [19件] が各自, といっしょ, に, に時々, の上, の努力, の多く, の姿, の方, の顔, はそれ, はもう, は何, は再, は彼ら, は手, ばかりで, よ, をどう

3 [18件] がそれ, がまた, であつ, のある, のところ, の生活, の目, の耳, の行動, はおそらく, はただ, は今, は後ろ, は普通, は自分, は自分たち, は自身, へ

2 [91件] から, から私, から見る, から離れ, がいろいろ, がおどろいた, がそれぞれ, がつけた, がどうして, が一方, が好ん, が帰っ, が神, が若い, が門, だつた, だと, であること, です, で彼等, と親しく, なの, にかの人々, にきらはれ, にさまざま, にたいへん, に依っ, に向っ, に手, に教え, に説明, に遠慮, のあいだ, のきまり文句, のこと, のその, のほう, のよう, の一人, の予め, の会合, の写真, の力, の動き, の口, の名, の墓, の声, の心, の意図, の態度, の手, の注意, の眼, の豫め, の負担, の頭, はいよいよ, はこう, はこれ, はすぐ, はすでに, はそこ, はなんと, はほんとう, はまた, はまるで, はみんな, はやがて, はよく, はわれわれ, は人民, は今後, は今日, は仕方, は全く, は勿論, は多く, は彼女, は挙げ, は決して, は無念, は私, は西洋詩, も, もお, もその, もまた, ももう, を殺し, を自分

1 [1204件 抜粋] およびその, からいろいろ, からそれ, からわずか, から報じられた, から毎日幾通, から給料, から見れ, か商店, か漁村, があった, がいう, がいま探偵小説, がいる, がおたがいに, がかなり, がくだっ, がこういう, がこれ, がせっかく, がそこ, がだまつて, がつめかけ, がどこ, がはじめて, がひそひそ, がまず, がもう, がよく, がアインシュタイン, がシッ, がルグラン, が一九二一年, が一室, が七, が三ヵ月, が不老長生, が世界プロレタリアート, が二重荷車, が今や, が俺達, が入っ, が六十歳, が出発, が切符, が初め, が刻苦精勵, が十分の七興味, が印刷術, が反対, が取り調べ, が向き, が命じられ, が営んだ, が固唾, が変, が夢にも, が大勢, が如何, が婚約指環, が寄り集まっ, が帽子, が年老い, が引きあげた, が彼, が従来, が手, が支那語, が文化上, が日本, が時たま, が暗躍, が期待, が松明, が歓迎, が民間会社, が無言, が独創的, が疲れた, が知っ, が示したおどろくべき, が神秘的, が紫, が背負い, が自分, が自然音, が自覚, が舌打ち, が蘭学, が西明寺, が論じ, が走っ, が退屈, が通学, が違約, が集っ, が靴, ことごとく遠ざけられ, すら一せい, たれも, だけに一種緊張, だけの室, だったので, だらう, だろうか, で, であったらしくそれ, であるが, でいえ, でご, でしょうが, でだいぶ, ではある, ではるか末席, で作っ, で賑やか, とが時々, とすれ交った, とそれから, とともに戦争責任者, との協同, との粗笨さ, との関係, とはこの, とは同じ, とは思っ, とひざ, とわけた, とドイツ文化, と久しい, と共にきっぱり, と共に横濱, と大勢, と心, と日本見学, と民衆, と火鉢, と結婚, と親交, と飲みあかす, などが各々, なん, にあなどられ, にいいました, においても身體, にくる, にしか見えなかった, にすべて, にたいしては冷淡, にたくさん, にたとへば, にとってはそれ, にとっても過度労働, にとって僕, にとって肯定, にどうか, にはどんな, には何, には十方なにもの, には姐, には気に入る, には苦手, にぷんぷん, にまじ, にまで実に, にもずいぶん, にもやかましく, によってくわだてられた, によって人民, によって半, によって通例, により時代, に与えない, に何, に依頼, に切符, に占められ, に取り巻かれ, に叫びかける, に命じられ, に大きな, に対してさえ彼等, に対して尽しきれない, に尊敬, に差別的, に店, に忘れさせる, に手当て, に押しだされ, に指導, に烈しく, に異ならなかった, に知らせ, に聞え, に至っ, に言っ, に話し, に賢明, に逃げられ, に面目, に黄老爺, の, のあの, のいたましい, のうしろ, のうやうやしい, のか細い, のくねった, のさびしさ, のすべて, のそれ, のたたく, のはからい, のひとしく, のまん中, のやかましい, のアタマ, のルーズさ, の三十人, の世話焼, の主張, の事, の仕事, の代り, の体つき, の何世紀, の供述, の全国的, の内的矛盾, の処置, の前, の参考, の口ぶり, の名誉慾, の問題, の堕落, の大, の失望, の女性, の妻, の実践, の家, の審理, の居る, の平凡, の幸福, の庇護, の心胆, の念入り, の性質, の意地悪, の意見, の教養, の日頃, の業績, の歴史, の死亡, の気分, の治世破壊, の注目, の烈しい, の無頼, の熱心さ, の犠牲, の現在, の生活安定, の相談, の真に, の知識, の社会, の私生活, の精神, の経験, の綴り方, の習性, の肩, の腐敗, の興味, の若, の苦難, の蘭語, の表情, の観察, の評判, の講義, の赭ら顔, の身, の軍需生産, の遺蹟, の金装, の関心, の階級的行動, の頭上, の顕微鏡, の饗宴, の骨組, はあっち, はあの, はいつ, はいつも, はいなご, はおかしな, はおどろいた, はかじかんだ, はかめ, はぐっすり, はこうした, はしきりに, はすく, はその後大和, はそれぞれ自分, はたる, はときどき, はと言え, はどう, はどっち, はなにか, ははじめて, はひどく, はふだん, はまだ, はみな, はみな一様, はもっと, はやさしく, はやれ, はわあわあ, はアクリーナ, はカフェ, はガッ, はギルド的, はデモ, はドイツ, はヘッケル流, はモンセーニュール, は一冊, は一笑, は一致, は上, は不人情, は世界人類, は予期, は今彼, は仮り, は何かと, は信長, は兄, は到頭, は十二時すぎ, は博士自身, は又, は同時に, は周章て, は四切, は困った, は土台, は報国貯金, は夢中, は大学, は天幕, は子供等, は安全地帯, は小作料, は山高帽, は工場, は巨匠, は年, は床下, は弦, は征服, は心掛け, は必ず常に, は悲鳴, は慾, は戦争, は戦争反対, は放免, は敵, は日, は早くから, は時, は時間性, は未明, は本来, は東ドイツ, は極限, は死物狂い, は毎日昼間そこ, は決していつも, は浅草, は深い, は無言, は熱火, は版籍奉還直後明治二年七月, は生命, は生産, は皆これ, は皆ケーベル博士, は皇帝, は知らん振り, は研究調査費, は称讃, は立ち去っ, は笈, は絶えず, は置き残し, は聖壇, は腹, は自分ら, は芸術的価値, は草田氏, は血の気, は行かせまい, は見た目, は触れ, は認識, は警部, は逆らわず, は道, は金, は阿波本国, は集まっ, は非常, は首, は驚い, は魂呼, ばかりのため, ばかりの筈, へすぐ, への尋問, への手前, へ何ごと, へ土産, へ火鉢, へ自分, へ送る, までもいつのまにか, まで皆, もうあと半分, もしっかり, もそれ, もつばめ返し, もはじめ, もやはり, もわからない, も九兵衛, も仕方, も依然として, も初め, も千鳥足, も多く, も将軍内, も彼, も段々, も泣く, も知らない, も続々, も舌, も近, やそういう, や名器名幅, よりは落ちつい, よりもよく, をいつか, をうらむ, をさき, をしん, をなだめる, をはやし立て, をふりかえっ, をも愕, をパリ, を仮借, を先, を勇気づけ, を呼ん, を哭し, を国, を御, を思うさま, を扈従, を抱い, を敵, を殺した, を率直, を眺める, を突き退け, を第, を罵っ, を見, を見つけ, を見下す, を解き放し, を護っ, を追いしりぞけた, を追い抜い, を連れ, を靴, を顧みない, 百人を

▼ 者である~ (1580, 1.2%)

93 ことを 48 ことは 41 ということ 34 ことが 19 事を 16 ことも, と同時に 14 と云う 1110 といふこと, 彼は 9 かのよう 8 かのやう, がそれ, ところの, のか, のだ, ように 7 かも知れない, がその, が故に, ことに, という, のは 6 かどう, ために, に相違, のを, ような, 彼の 5 からである, が, がこの, というの, という事, ばかりでなく 4 から, がため, とすれ, と思っ, と見, 彼が

3 [22件] からその, がしかし, がそこ, ことと, ことの, と, という意味, といふ事, とする, と云, と思った, のみならず, 事が, 事は, 人々の, 処の, 場合, 場合には, 所の, 男の, 私が, 私は

2 [86件] かあるいは, かということ, かの如く, かも知れぬ, からいふ, からと云っ, から名, から既に, から未だ, から此, から残り番, から趙再思, か余, か否, か無い, がこれ, がもし, がゆえに, が他, が私, くせに, ことさえ, ことだ, ことです, というよう, という側面, という風, といっ, といふ風, といわね, とし, とした, としたら, とその, とはいえ, とは云, とは限らない, とむかし気質, と云っ, と告白, と彼女, と思つて, と思ふ, と感じた, と批難, と理解, と私, と考え, と自分, と見なす, と言っ, と言つて, にも拘らず, にも関ら, に拘らず, ので, のである, のに, ばかりで, わたしの, ジョン, 世間の, 事をも, 以上は, 企業者は, 僕は, 又はない, 場合が, 場合彼は, 天皇の, 少数の, 彼らは, 故あたり前, 木下が, 犬鴉牛などの, 男子が, 而し, 自分, 自分が, 自分を, 要件は, 農民の, 長男にだけは, 間は, 限りは, 限り何人も

1 [841件 抜粋] あいつは, あなたを, あゝ云, お角, かがわかっ, かが想像, かぎりメキシコの, かこれ, かしらとみずから, かその, かそんな, かというよう, かという事実, かといふ事, かと思う, かない, かの如く心, かの富士, かの様, かはさっぱり, かは不明, かは単に, かまた, かも知らなかつた, からお, からこの, からすこぶる, からすっかり, からそう, からだけで, からであります, からです, からと云つて, からどう, からどうぞ, からなるべく, からのけち, からばかりで, からバジル, から一夜, から一緒, から中流, から二者対照, から人, から他, から信長, から元, から其非業, から名優, から国法, から実際, から層雲, から左樣, から序, から当然, から成長, から我我両人, から暫く, から期せ, から歌風, から気づよく, から漢中, から無上道, から真っ先, から米, から精神鑑定, から聖者, から自然, から茲, から近習頭, から遠慮, から長, から顧問, かをかつて, かを人, かを聞かされた, か偽者, か共謀者, か分からなかつた, か又, か商売仲間, か御, か或は, か知った, か知る, か社会主義者, か自分たち, か苦しい, がお, がこいつ, がこれら, がすべて, がつまり, がとある, がもと巴郡, がツイ, が一度, が一日, が今や, が今度相撲, が仏教自身, が兵馬, が其支那學, が原奏, が古, が右翼作家, が同僚たち, が君たち, が堅い, が夫婦仲, が少し, が当地, が当時, が彼等, が御所, が文学者, が最悪, が火急, が然し, が町, が真珠, が耳, が要するに, が近来, が馬琴, けれどもまだ, けれども女性, こと, ことすなわち, ことすらも, ことで, ことである, こととを, ことなどが, ことなどを, ことによって, ことまた, ことや, こと工場の, こと而も, こと自体が, この人, この藤原家, こんな処, さうし, しかし問題, しことに, しその, し当の, し興世王, し駒井船長, せいかも, そうな, そして海辺附近, その家, その新聞, その男, その老, それゆえ貧乏は, ぞ, ためには, だけだったら, だけにかなり, だけに二時間, だけに気がつい, だけに浜主, だけに町役人, だけ一層, というところ, というにおいては, というもの, という功労, という宿命論, という文学的知識, という点, という特殊, という祖先青山道斎, という自覚, という見識, という言葉, という通念, という道, という非難, といえない, といえなかった, といった, といったふう, といつた, といはね, といふの, といふ意味, といふ感じ, といふ職分, といへるであらう, といわれ, とか, とか芸術家, とき婦人代議士ばかりが, ところから, としても自己, として二重, として口, として某, として誹謗, とともにまた, とともに社交界, とない, との思想, との誇らしげ, とは云う, とは人間, とは屡, とは言えませぬ, とまで蔑ん, ともいえなかった, とも云う, とも極言, とわらわれるだろう, と云つて, と云ひたい, と信じた, と公言, と共にその, と共に国家主義者, と共に妨碍者, と共に建設者, と共に極めて, と共に特に, と同, と声, と彼, と思います, と思う, と思惟, と断ずる, と断定, と斷定, と知っ, と知られる, と空想, と結論, と罵倒, と考えられる, と考へ, と聞い, と自他共, と見られ, と見る, と言う, と言われる, と計算, と評され, と認め, と認める, と誤る, と説く, と誰, と讒訴, と銘々勝手, な察, にか, にすぎない, には妨げない, には間違い, にも拘はらず, に過ぎまい, に違い, のかも, のだろう, のであつ, のです, ので実隆, ので村, ので車夫, のにあの, のに幸内, のに恋愛, の修辞学, は何人, ばかりかかなり, ほど悲しむべき, まゆみの, ものは, やうな, や否や, ゆえです, よりはむしろ, よりも人間, よりも彼等, よりも詩人, わけです, わけも, わたしは, アカデミック・フールが, アンドリユース氏の, イタリア空軍の, ウィルソン大統領の, カコ技師は, カン, ギリシア人の, グローヴズ少将は, コーヘン等の, サザンプトンの, シェストフを, シカモ輪廓の, ジイドの, ジャップの, ジョリオ・キューリー博士を, ゼームスの, ドレゴ記者と, バルク, パパーニンを, ブルジョアジーという, プロレタリア階級により, ペリーが, ポール, マルクス・アウレリュウスが, メシエが, モール博士が, リケの, ロベスピエールも, 一二の, 一群の, 上に, 与作などが, 中年の, 中等学校教育家の, 主人公を, 予期しなかつた, 事と, 事務長クーパーは, 事少年犯罪者でも, 人が, 人といふ, 人を, 人民が, 人民大衆の, 人間が, 人間に, 人間の, 仁太や, 仏の, 代りに, 以上あくまでも, 以上そこには, 以上それのみが, 以上には, 以上厳格に, 以上平助は, 以上彼らにも, 何の, 余りに天才, 俗衆に対する, 俺を, 僕との, 僧は, 先生を, 六種類の, 内務大臣の, 分署主任の, 労働者階級の, 動物学者である, 博士は, 古典学主義者, 古来革命の, 同家小間使市田イチ子の, 君が, 君は, 国璽尚書の, 土居三津子の, 地主, 場合について, 堺利彦内村鑑三幸徳秋水の, 壻も, 外国の, 大ジョットー, 大ラマ, 夫は, 女性と, 如くに, 威厳を, 嫁や, 子規及び, 宮崎は, 対象に, 小学校教員の, 小役人庄兵衛に対して, 小騎士, 山崎譲を, 岸田夫妻の, 希臘には, 建築家と, 弟が, 弟を, 当事者にとっては, 役人どもの, 彼にも, 彼女たちの, 彼女より, 彼等は, 必要が, 恋の, 息子を, 手前として, 批評家から, 探偵などよりも, 政府支配権力に, 故にその, 故にひそか, 新聞社などが, 日本女の, 旧貴族, 早く云え, 時は, 時間は, 最も近しい, 有名な, 東京文理大の, 松江喬吉が, 林房雄は, 林羅山だ, 柔和なる, 検事局憲兵の, 概念や, 櫛田さんは, 次郎本人が, 武士の, 武者小路実篤の, 母と, 法王という, 津村検事は, 清水豊, 点その, 為で, 父が, 特別の, 狛家として, 玉井金五郎の, 王朝貴族たちは, 現代の, 理由は, 男でさえ, 男を, 男性の, 癖に, 百姓夫妻を, 益田藤兵衛と, 真実の, 瞑想に対する, 社長よりも, 私たちは, 私にだけは, 私の, 私を, 立場を, 筈だ, 粕山九郎の, 紳士の, 組織の, 縦し覚らず, 義兄に, 義務は, 者が, 自分に対しては, 自分の, 自然の, 自由主義者は, 自身に, 船頭として, 芭蕉が, 芸術も, 芸術家, 茨木理兵衛は, 蓋し玄明, 蕨取りの, 藤村が, 西四郎の, 観衆が, 許りでなく, 証拠には, 誇りを, 誰かに, 警察医が, 議会人が, 越智圭一は, 農民や, 通人的でない, 道徳及び, 酒井孫八郎杉山弘枝は, 金山源介が, 鎌倉へ, 限り俳優の, 限り彼の, 限り彼は, 限り鼻は, 非平等主義者, 須田猶吉は, 馬場, 高橋氏と, 鴨下ドクトル邸内にも

▼ 者には~ (1541, 1.2%)

10 それが 9 何の 7 容易に 6 何も, 相違ない 5 誰れ 4 それだけの, それを, なれない, 誰にでも, 違いない, 非常に

3 [15件] なれないの, 何か, 却て, 呪も, 想像も, 手を, 望み次第の, 此の, 殆ん, 眼も, 誰にも, 赤と, 違ひない, 非ざる, 非る

2 [94件] あらざりしなり, あらずと, いつでも, この兎, これは, そうとしか, その人, それ相当の, そんな苦しみ, だれにでも, ちがいない, つねに愛し得ざる, どんな法律, ない, なくて, なりたくない, べつに一定, またその, もつと, わからない, コックリの, 一つの, 一種の, 一言も, 人間の, 今まで, 似て, 何が, 何ものにも, 何んの, 何等の, 信頼せらる, 傍目も, 充分の, 全く解らない, 冷遇を, 出來, 出来ること, 出来るだけ, 分らない, 判読し, 別の, 到底不可解, 十二分の援助を, 受け取りにくい, 四つ五つと, 国造の, 堪えること, 夕の, 女性を, 宇宙にも, 家の, 尊敬され, 平気で, 後に, 心を, 我すなわち, 手も, 手頃な, 拳に, 持って, 教育の, 明日が, 最大限の, 服従せず, 極刑を, 温かい母, 無価値, 特別の, 珍しくない, 珍らしく, 目も, 相当の, 相応に, 絶対に, 自己の, 自己を, 自由を, 興味の, 若い者, 衣を, 褒美を, 親しまれたいと, 許して, 読めないよう, 誰が, 誰も, 賞を, 趣味の, 違げえ, 頭を, 飽き, 首を, 鬼門だ

1 [1241件 抜粋] あたかも五十年, あつらえ向き, あまりに冷酷, あまり気づかない, あらず, あらず膽, あり得べからざること, あれだけで, あんまり手荒, いかにも感情, いちばん確実な, いっさいの, いつかあれを, いつも笑顔, いよいよ取合わない, いろ, うつて, おたま, おもしろかった, お世辞, お前は, お宝が, お目にかかったこと, かえって愉快, かくの, かなりに, きわめて強大, くらしよい, こういう小さな才, こうした天, ここ数日泣かん, このやう, この二人, この公言, この方面, この男, この誠心, これに, これ位の, さう, させずみんな自分, さつぱり憂鬱, さのみ, さらにいっそう重要必須, したくないから, しばらくこちら, じつにじつに不自由, すぐ分る, すっかり嫌われ, ずいぶん難儀, そういう人物, そうした空想, そうで, そう思われる, そのあした, そのものすご, その事柄, その例, その悪魔, その時, その言葉, その進化, それで, それに, それ以上は, そんなにも, たいへんおとなしく, たえまなく生命, ただ東西, たとえばぼくら, たまらないこと, だめです, ちっとも知らさなかった, ちょっと摘ま, てんから見当, できなかったかも, とてもあ, とても勤まる, とても思い浮かばず, とても理解, どういふ, どうし, どうしても壁布, どうして大変, どうであった, どこから, どのお, どんなこと, どんなに独裁, ない事, ない言葉, なお疑っ, なかなかうまく, なって, ならずに, なりかねる, なりたくて, なるし身体, なるべくこんな, なるべく分り, なれないが, なれない事, なれまいぞ, なんとも言っ, なんにも見えなかった, はじめから, はじめ知れなかつた, ばからしく素人, ひどい危険, べつにありがたく, まず彼等, まだまだ凄い, まだ孤寂, まるきり知られ, みな懐疑的な, みんな憎まれてる, むしろ淋しい, むずかしいが, もうそんな, もう利用, もちろん世間, もっとむずかしい, もとの, もはやさう, やらないと, よいこと, よくわかる, よく分っ, よく安直, よく米, よけいな, より悪い, わからないだろう, わからない品々, わからなかったが, わかりませんねえ, わけある仲, わたしの, アリバイが, エナコを, カイロは, タダ働きといふ, ピンと, 一つだけは, 一万両の, 一人の, 一体誰が, 一切皆空という, 一匹一円で, 一向に見当, 一寸さき, 一寸稀, 一度も, 一月二月下宿料が, 一生涯の, 一考を, 一苦労だった, 一顧も, 三割子供一人増す, 三日五日の, 三次元の, 不利な, 不向きである, 与七, 主觀的佳句, 乞食や, 予想され, 二つの, 二千ポンド, 二千円の, 五リラづつ支払ふ, 五十金を, 五穀を, 些細の, 人を, 人生に, 今の, 今までの, 他人の, 代数型と, 会いません, 会所の, 伝染しない, 低賃金, 何かと不便, 何だか半解, 何でもかでも勝手, 何にも, 何ん, 何等及ぼす, 便安に, 信心者が, 個人的または, 倫理学的教養は, 先ずその, 先づ彼等に, 先に, 兎が, 全くの, 全然どこ, 全然気づい, 六七十年の, 其のき, 内地からの, 内緒に, 冒涜される, 冷酷無慙な, 出ない奇想, 出来ない事, 出来ぬ塩梅, 出鱈目に, 分けて, 分らないので, 分る筈, 初めから, 別れること, 到底それ, 到底吹出さないで, 到底手, 割戻し福引, 創造といふ, 力な, 労苦の, 勉強に, 勝手に, 勿体ないよう, 勿論今日, 十万フランの, 千円を, 千金の, 半国を, 印可を, 危険な, 却つて此様いふ, 反対に, 取合わずまず, 口癖としか, 叶わないよ, 各独特, 同時一文庫以上を, 君程の, 味は, 喜ばれぬ樣, 困るな, 地下増温率によって, 堅く口, 堪へがたい, 壮健で, 外国人も, 多少の, 多額の, 大きすぎる, 大なる, 大略は, 大英百科全書, 太陽や, 奇怪であり, 奥殿の, 女に, 好し悪しです, 如何にもその, 威霊を, 子供手当老人が, 宗教が, 実に奇妙, 実は才智, 実際不思議, 家父に, 容易く心底, 寛大だった, 寸毫も, 小判二枚を, 小学校の, 少しくあの, 少しも, 少し餘, 山県大弐の, 工場法が, 左之, 左翼の, 帰農を, 常に自ら世界, 平生どおり兵器を, 幸が, 幾分か, 張合の, 当時第一流の, 彼の, 彼自身の, 後悔は, 御隠居, 心情を, 必ず三類, 必ず刑事, 必ず酒, 必要は, 応接室で, 怖れる, 怠らずまた, 恐ろしく冷酷, 恩恵である, 悉く飛檄, 悲しい歌, 惨めさと, 愛する国土, 愛用された, 感情と, 懐しまれ, 我また, 我慢できなかった, 或は官爵, 戦争前には, 拒まれて, 掃除の, 推しはかり奉る事, 攘夷も, 政府の, 敷金を, 文学は, 既に何等, 既に敗色, 明らかに, 明瞭に, 時あっ, 時間が, 普通に, 更に語学, 曹丞相に, 望ましく被, 札を, 来ない理由, 東京者だ, 格別に, 梵天と, 権を, 欺かれても, 此何氣ない, 武士の, 歳末色が, 死ぬか, 殺された犬, 毎日の, 気が, 気に, 水に, 永久忘れ, 決してならない, 決して不思議, 決して憂鬱, 決して珍しい, 没交渉である, 油断が, 注意し, 洩すの, 浜地君は, 添わせて, 滅多に, 災いが, 烏金まで, 無之, 無抵抗に, 無沙汰見舞の, 無理も, 無限の, 爪は, 父母の, 片腹痛く思えた, 特に身, 猿猴が, 珍しい気焔家, 現われるもの, 理解できない, 甚らなく痛々し, 用は, 田舎者の, 画賛即ち, 異常な, 痛痒を, 白い歯, 皆人々が, 皆御飯を, 盲目が, 直感が, 相当釣れる, 相當, 相違が, 真似が, 眼を, 着物の, 知らせられないぞ, 知られるやう, 知れなくっても, 石を, 確かに, 社会均衡論の, 祖父にも, 禁ずるから, 禁物な, 秋の, 科学者以外の, 空想と, 笑い話の, 笑顔を, 笛を, 納得ゆかぬ, 組織が, 結婚の, 結局田舎が, 絶えずその, 缺くべ, 美しくない, 美味いもの, 羨しがられ, 老衰などは, 聞えぬよう, 聴かさずと, 肌合が, 肖合わぬ都, 腑甲斐ない, 臆病者ばかりにて, 自信が, 自己憐憫の, 自身訪れ, 興味と, 興味無, 色眼鏡が, 英語修業の, 蔑視され, 薬治を, 虚無が, 行軍の, 西洋人の, 見えなかった, 見せぬという, 見つからない, 見られない素朴, 見破りうるが, 覚られて, 親の, 解されぬ, 解らない, 解雇又は, 言葉を, 訣らない, 許されぬ, 許し禁ずる者, 評判が, 話しませぬが, 認められて, 読み心, 読書習字を, 誰よりも, 論旨は, 豫言者だ, 負けんから, 賛が, 贔負が, 足の, 跳えた, 身体が, 軍人相場師詐欺師山かん政治家石川五右衛門成金女郎屋の, 軍部は, 輸出税を, 近づきにくかっ, 返り血, 退屈な, 通例の, 通有らしい, 逢うの, 遊んで, 達せられないで, 違いなく, 違ひあるまい, 適用しない, 都の, 配給せず, 酒倉の, 重い車, 重税貿易政策においては, 金五百円也を, 鉄脚が, 銀五十貫を, 錯誤の, 鐚一文も, 院の, 随っても, 隠して, 難解の, 非ず, 非れ, 面会する, 音響の, 頭脳労働者の, 顔なり, 風呂に, 食欲ある, 駄目です, 高官も, 高貴優雅な, 鷹買馬買遍歴藝人武者修行僧侶等で

▼ 者~ (905, 0.7%)

11 技術家の, 近所の 8 技術家は 5 土地の 4 また, 出入りの, 画家の, 附近の 3 それらの, 女子供, 弱い者, 技術家が, 農民の

2 [36件] ある, 一般の, 乞食に, 会計部が, 俳優の, 出方の, 千の, 哲学者に, 哲学者や, 国学者の, 地方の, 地理学者たちの, 多くの, 寺の, 小僧は, 年寄や, 往来の, 心理学者は, 思想家が, 思想家や, 技術家でも, 技術家に, 技術家には, 旅人の, 村の, 無政府主義者, 無為の, 物売る, 社会主義者や, 老人の, 舞妓は, 芸術家が, 芸術家や, 若侍, 藝術家は, 農民が

1 [767件 抜粋] あぶなげ, あらん, あるいは逃げ, いうこと悲観, いうて, いち早く武器, いつも組合, いや三成, うらむ者, おまえたちを, おめかしや, お客の, お得意, お酌, かてみみっちい, くだらない猟官連, ごくしたしい, しわん棒, すごい鬚面, そういう思想, そうした一切, そうでない, そのイエス, その他僅か, その作品, その命, その家庭, その家族たち, その惰力, その日, その機会, その運動者, その遺族, それらは, それを, たわしで, つかみかかる者, とにかく浜子, とひ, な, なおある, なにかに, なんかじゃ, ののしる者, ひっこぬき検束, ほんとうは, また呉, また新た, また警察官ら, まるで教室, もっとも特異, やせほそった者, アインシュタイン達, アカデミーが, インフレーションによる, エンジニヤーが, オーステン製作場に, キリスト教神学者王道主義者や, サラリーマンの, スロモーは, ソフィストによって, パリサイ人らが, パンの, ポンチ画の, ルンペンが, ロマンチストだけ, ワガママ者や, 一家心中破産者が, 一座の, 一種の, 一種特別な, 一者やの, 一言の, 万葉集編纂者に, 下々の, 下層民を, 下級の, 不具者が, 不可解な, 不意に, 不逞鮮人の, 世の, 中には, 中堅は, 主体主義者が, 乃至は, 乞食の, 乞食を, 事物の, 云ひ, 亜流を, 人を, 人夫や, 今度という, 仏教神学者達は, 代用靴を, 代表者を, 伊祖の, 会計には, 何か, 何かに, 作家の, 使用人には, 侍でも, 供に, 供の, 俘囚の, 信者の, 俳優や, 倉庫の, 假名文字論者に, 假名文字論者の, 健全な, 偶然論者の, 僧が, 僧侶や, 先達の, 光木を, 児童心理の, 公事に, 公卿ばかりで, 共産主義者は, 共産党や, 其の他, 其他の, 出入の, 出勤の, 刀鍛冶や, 切羽つまった, 列び茶屋, 利口者よりは, 剽軽な, 劇場の, 労働者や, 労務者の, 勤人なんかが, 医者に, 十人ほど, 協力者の, 協力者を, 厩舎人などに, 又は先着者, 友人の, 友人らの, 反目しあっ, 取引者に, 受売人は, 召使の, 右往左往一瞬は, 各催し, 各国の, 各方面, 同僚どもの, 向うが, 哀歌詩人に, 哲学者なども, 哲学者らを, 唱歌を, 商人や, 囃方狂言方までも, 四五人その, 国家主義者が, 土方人夫などは, 地方人は, 坊主は, 坑夫に, 変った出来事, 変な, 変態性欲者に, 外来者と, 外面上の, 大人物を, 大衆が, 天の川や, 失業者また, 失踪者の, 奉道者, 女中たちも, 女中なんかの, 女子ども, 女郎の, 妻や, 姉妹とも, 娼妓も, 婦人の, 子たちが, 子供にも, 子供ばかり, 子供連れで, 孫たちでも, 學派が, 宗教家が, 宗教家のみが, 宗教家は, 実業界に, 客人が, 家族から, 容疑者達の, 寄宿舎に, 富める慈善家, 小さい遊び人, 小作の, 小児は, 小博奕打, 小悪漢, 尻を, 山の, 巡査の, 工員その他に, 巫女の, 常々拙者の, 常識人が, 常識的な, 平板な, 年下の, 幼明の, 店, 廢卒や, 弓の, 弟子たちが, 弥次馬に, 弱き者らに, 強い者, 強請に, 役僧や, 彼が, 後人の, 後援者の, 後輩の, 御主加那志, 復興者たちを, 微賤, 徳川幕府に, 心から, 心理学者などの, 心理学者によって, 応用家の, 思想家に, 思想家の, 怠け者にも, 恋しい者, 悩める者, 悪人を, 悪行仲間に, 惨めな, 意気地無しが, 愛国を, 或いは富有, 或いは職, 戦国に, 戦死者を, 批評家に, 技術家や, 技術家他方では, 技術者たちは, 技術者に, 投稿者も, 抵抗者を, 捕虜に, 探偵小説に, 放蕩者の, 放逸な, 敗残者だけが, 敗走者を, 教育者が, 数知れない, 文化主義者たちの, 文化趣味の, 文化面に, 文学主義者達の, 文学理論家は, 文学研究者は, 文学者が, 文学者の, 文學史家や, 文芸家なども, 新聞記者に, 旅商人その, 旅行者が, 旗を, 日本の, 日本左衛門などという, 日本特殊性万能主義者や, 日本画家と, 易者に, 映画会社の, 時にはモンテスキウ, 時代に, 暴行者を, 曵きずる者, 最も不徳, 最も卑しい, 有志者が, 未だ文科, 村長や, 校長仲間の, 株式店の, 桑摘みの, 植字工などよりも, 権力者に, 横目同心たちまで, 機織の, 櫂を, 武士体の, 武者修行に, 武蔵に, 歴史家の, 死者を, 民衆習慣絶対主義者や, 水を, 河で, 河へ, 泥棒が, 洟垂れを, 流れ寄った諸国, 流血者の, 浪人に, 浪花節語りの, 海の, 海峡の, 渓流に, 渦動原子の, 漢學者の, 濱町あたりの, 為政者は, 無力な, 無教育, 無能者が, 無辜なる, 焼跡や, 熱くて, 熱心な, 爪立ちを, 物理学者にとって, 物理学者にとっては, 物頭たちへ, 犯人が, 狂言作者が, 狂躁な, 狹隘なる, 王党側の, 理想主義者達な, 理論家は, 瑣末な, 生活力薄弱など, 生物学者でない, 男か, 町の, 町民の, 画家たちの, 画家なんて, 画家に, 画家教育者などは, 番頭手代達の, 病める者, 病人に, 病人を, 病気で, 痴呆患者が, 癈人と, 癈人の, 発見者が, 白っぽい縞, 百姓達が, 盲人の, 真に偉大, 矢に, 知人などに, 破けた靴, 社会主義者に, 社会主義者を, 社会科学対自然科学の, 神主やを, 神官に, 神道先生から, 神道家が, 科学主義者に, 科学者や, 科学論者や, 科學の, 窃盗常習者が, 競争者が, 篤志者が, 精神哲学者によって, 精神家自任者の, 純芸術派的文学者, 紙上の, 経済学者は, 総て自分等に, 編輯者の, 總て, 美術史家は, 美術家や, 老臣たちとも, 老舗の, 老衰者並に, 耕作者やの, 職人や, 職業組合が, 肩から, 腐敗した, 自ら馬を, 自暴自棄に, 自殺者が, 自然科学者ばかり, 自然科学者群集心理や, 船乗人が, 船舶の, 色弱者には, 色情狂者の, 芸術家よりも, 芸術家科学者といふ, 若い友達, 若い者, 若人が, 草履取は, 葛西家に, 藝術家が, 藝術家や, 蘇つた者は, 行き会う百姓たち, 被抑圧階級, 被追放者, 製造業者や, 襤褸の, 見学者の, 見物人や, 親戚の, 観念論者が, 観念論者の, 訪問者などから, 註釈学者にとっては, 評論家の, 評論家や, 詩人たちも, 詩人等, 誘拐の, 読者の, 調査隊の, 諸藩, 警察方面とも, 護摩を, 象徴主義者は, 財閥や, 財閥指導者たちと, 貧乏百姓の, 貧窮人を, 貪り食う者, 貰子を, 賛成者を, 起訴留保に, 身体の, 軍人だけで, 転向理論家が, 辛いの, 農夫などの, 農夫等は, 農村自力更正修養団の, 農民, 農民たちが, 農民を, 農芸化学者は, 近所に, 近隣の, 送って, 通りかかりの, 通行人の, 通詞など, 遊芸者たる, 道ばたで, 部下などに, 都會の, 酒のみが, 酸っぱいの, 里人が, 野蛮な, 金吾の, 鎌倉室町の, 長いマント, 門下生的関係ある, 門弟中の, 阿諛者は, 降る者, 隠者の, 雇員や, 離反を, 雲長関羽と, 靈魂の, 音楽を, 音楽師たちの, 領内から, 頭が, 頼りない, 風来人が, 馬匹によって, 駒脇どもへ, 騎馬徒士立ちで, 高位の, 高慢な, 黒旋風が

▼ 者~ (761, 0.6%)

9 の間, はこの 5 だ, の前, の多く, は 4 である, による, のため, は之, は私 3 が, と一緒, の, の手, はその

2 [50件] がいる, がその, が何, が帰っ, が最近, が異国人, だった, であった, であると, でした, で本当に, と, とは全く, なの, にも金不足, によれ, に向かっ, に就い, に於, のこと, のよう, の中, の大, の存在, の服装, の責任, の部屋, はそう, はなかなか, はまた, は中国国民そのもの, は主張, は人間, は何, は場所柄, は夫, は彼, は我先, は文学, は最後, は無論, は結論, は自分, は自分達, は銘, は長い, は騒擾, よ, よ喃, を見る

1 [588件 抜粋] からこんな, からの手紙, からは宝物, から先生, から始め, から影響, から成る, から注視, から無視, がああ, があつ, がいう, がいきり立つ, がいじらしい, がここ, がだんだん, がどうして, がどれ, がひと通り, がひどく, がまるで, がよく, がより, がわが身, がキリキリ舞い, がシャク, がホット, が一, が一様, が一生懸命, が一言, が丁度, が主として, が争う, が事実上, が二つ, が他, が何故, が何故か, が円座, が出世, が卑, が却って, が大, が好く, が好む, が如何, が室子一人, が尊重, が居た, が屡々, が巡査, が彼ら, が彼等, が想像, が意識的, が手持ぶさた, が支持, が支配, が斯く, が時々, が更に, が最早, が未製, が本書, が気の毒, が注意, が流した, が無理, が熱心, が現実, が真理, が結論, が線路伝, が考え, が腕, が芸術, が議院, が身分, が農村, が造り上げた, が逮捕, が運動, が道路, が院代, が陥った, が集まっ, が頭, が館, じゃ, じゃない, それから今, だから, だけだ, だらう御免, で, であって, であつ, であり文壇小説家, であるが, でございます, でござる, です, でないこと, でもなかなか, でやはり, で三人四人, で作った, で屡々, で後, で或は, というもの, とおなじ, とがただ, とが採用, とその, との対照, との間, ともしきりに, と保守主義者達, と同じ, と心中, と戸外, と枕, と決して, と熱心, と目, と都会人, などはすべて, なら宣傳效果, に, にくらべる, にすっかり, にたとへば, にとってそれ, にとっては一大事, にとっては併, にとっては個性, にとっても人間, にとつて尊重, にはしゃぎ, には実験室, には寄っ, には思い, には統制, にほこった, にまたとない, にもくれぐれ, にもめっきり, にも哀憐, にやんや, によって与えられ, によって与えられる, によって提唱, によって更に, によって試みられた, によつて, に云わせる, に伝え, に何, に何となく, に全く, に分け, に包囲, に反感, に取りかこまれ, に取りかこまれた, に召使, に向, に圖説, に多く, に大, に姿, に対, に対し彼ら, に対する, に対する穀価, に張り, に徒ら, に悲しみ, に戦はせ, に挨拶, に探らしめた, に推奬, に時々, に栗島, に検束, に構はず, に浅ましい, に無償, に無祿, に研究, に立混, に笑われる, に約束, に見送られ, に返し, のいぶかしい, のうようよ, のことごと, のこの, のずる, のとんでも, のどす黒い, のにぶい, ののぼせ, のひそか, のもっ, の一身上, の下廻り, の世, の世界観, の主観的意識, の予期, の今, の仕事ぶり, の仕着せ, の体内, の作品, の信仰, の健康, の先, の刺創, の半, の反動性, の同情, の啓蒙活動, の場合, の大きく, の夫, の失敗, の学説, の寛大, の対抗運動, の常識, の幸福, の心, の思想, の恋, の意思, の感情, の憤り, の或, の所謂民衆, の打撃, の拠り所, の指導下, の挙げる, の數十年, の方, の日本主義的啓蒙運動, の暮し, の末期, の正直, の死, の殺害, の気持ち, の活動, の涙, の無, の目, の目ざし, の直接, の真意, の知った, の秘書, の絶息, の絶望的, の考えた, の肉体, の自由, の芝居, の蜿, の行動, の行進, の観念性, の説明, の誰, の買いためる, の路, の身体, の転向現象, の遊園, の遺憾, の重大, の長崎辯, の長襦袢, の集り, の非, の顏見知り, の顔見知り, の魂, はいうなら, はこういう, はこれから, はこんなに, はそういう, はそれ, はそれぞれ, はでは, はどういう, はどうして, はどっち, はどやどや, はまだ, はまるで, はみずからそこ, はむしろ概ね, はもう, はもともと, はよく, はより, はわし, はイエス, はオホヅツ, はケリー, はタラップ, はヅクノキ一名ハボソ, はバクチ, はベートーヴェン, はホント, はルイ大王, は一九一〇年, は一層, は一心, は一時, は一様, は一面それ, は三万七千, は三年, は上述, は不徹底, は与へられ, は両手, は主として, は予審判事, は二三十分, は云う, は云わ, は今後, は今日, は会議, は何かと, は作者, は僻み, は全然, は全部, は八〇〇磅雇傭者, は其の, は処刑, は努め, は即座, は厄介, は叫喚, は名高い, は吾, は囁き合っ, は囃し立てた, は団結, は国家, は城中, は外国, は大急ぎ, は妙, は客観的存在, は小林, は工手, は幾人, は幾何学, は庸, は彼等, は後に, は復興, は必ずしも, は必ずそう, は悲しい, は想定, は意識, は批評家, は批難, は抑えられた, は拳, は掘りかえした, は擡頭, は文語, は既に, は日本, は是非, は時, は果して, は機械, は止み, は正義, は此, は此処, は氷柱, は永久, は決して, は焚き火, は爭つて漁船, は特に, は町, は発表, は皆, は皆それ等, は皆一様, は皆同情, は相談ずく, は眼, は社会, は社会科学的認識, は神命, は稲, は経験的, は老若男女, は考え, は考える, は自然, は自身, は芥川, は苦しい, は血, は行動主義, は誰, は酒, は闇, は難なく, は青年, は面白, は馬鹿騒ぎ, は驚く, は鹿狩り, は黙っ, ばかりだ, ばかりで, への思い遣り, への狂暴, への闘い, へ報ら, へ敢然, まで大勢馳, もすべて, もそこそこ, もそこで, もその, もそれ, もたがい, もやがて, も不安, も二人, も人倫的, も困っ, も孔子, も少し, も月夜, も残念乍ら彼, も火燵, も真似, も粒選り, も自分達, も至極, も銘々, も非常, よりも親しみ, をいたく, をいちいち, をうしろ, をこれ以上, をそこ, をも漸く, をよびよせた, をより, をアッ, を何人, を余り, を写生, を吾, を国際的, を大切, を嬲る, を子ども扱い, を愛し, を戒める, を手厳しく, を批判, を押しのけ, を殺したで, を永遠, を生み出した, を産み育て, を皆, を総動員, を行かせ, を見まわした, を見廻した, を説いた, を調べ, を驚かさなかつた, 及び他, 程此

▼ 者ども~ (699, 0.5%)

12 であった 108 である 6 です, のため 5 が, がこの, はこの, は其家職自身 4 だった, ではない, は, はみな 3 じゃ, ではある, なの, の手, の手前, はその, はひそか, 出合え

2 [28件] かな, が五六人, だが, ですから, ではございません, といっしょ, にお, に候間, の中, の反対, の方, の眼, の言う, の計画, はこれ, はそれ, は彼, は腰, は藤吉, ばかりです, もいた, も顔, を即刻, を懼, を軽蔑, を連れ, を集め, 負けて

1 [541件 抜粋] ありあへる, いちど馬を, うんと浮かれる, からも種々, から度々, から注目, から見れ, があなた, がある, があわてふためい, がい, がお, がおった, がおる, がかって, がすぐ, がそして, がそのまま, がそれ, がたえず, がひもじい, がふしん, がわし, がわれら一類, がシュマン・ヴェール, が一せい, が一度, が一風宗匠, が下流, が不幸, が不思議, が住ん, が何, が何で, が作った, が侍奉公, が偉大, が傳, が刑事, が勝手, が卒業証書, が各, が同じ, が噂, が夜遊び, が妖怪退治, が寄っ, が尻押し, が山, が己, が年序, が当, が後に, が思い思い, が恐怖, が手, が手伝っ, が打った, が投票, が押し寄せ, が新, が日本犬, が暴れ, が望んでる, が柳, が案じ, が殊, が毛利, が焼跡, が熱, が燭, が現われた, が短刀逆手, が社会, が立派, が続いた, が緋, が縮みあがっ, が考え, が芝居見物, が行っ, が谷, が選ばれ, が酒, が間もなく, が隣り, が非常, が順々, が顔, が鷲, こそすんで, こそまさしく, この鉄門, これは, これを, さあこれ, さだめて引出され, しずまれ, じゃと申し, じゃよ, すべてそういう, すべて参列せよ, ずっとその, そいつらを, たびたび像内, だけでも七十余大名, だけは煙草入れ, だったと, だったわけ, だと, だの, だろう, だわい, だコルビエール, で, であったが, であって, でありました, であり自分以外, であるが, であると, であるな, であるなら落人, でご, でございます, でございますから, でござる, でござるかな, でござるぞ, ですが, では無い, でみな許都, でわずか, でフランス式, で下界, で秀郷等, とかく異, とかの専横, としきりに, とそして, とて筋目筋目, との関係, と共にそこら, と同じ, と同視, と諸州, と違っ, なので, ならそれ, にかぎられ, にご, にしてやられ, にちがい, につけた, にとっては自分, にとり, にどうして, にはお, にはかならず, にはや, には大, には相違, には確, にひどい, にまだ, にもだ, にも傍輩, にも固く, にも堅く, にも娘, によって拡げられ養われた, に与える, に云いつけ, に住居, に勤めさせろ, に向かっ, に向け, に善人, に囲まれ, に対しては今日, に対して決して, に対して警告, に対する怖, に恐れられ, に扶持高, に押えられた, に洩らした, に用, に知れた, に聞きとがめられ, に聴け, に至っ, に見つけられ, に見咎められ, に言いつけた, に較べれ, に邪魔立て, に酒, のうち, のこと, のしひ, のにくいやり, のほう, のよし, のブラックリスト, の世の中, の人数, の仕業, の作った, の作品, の全, の判断, の卑し, の卑怯, の各, の告げ, の声, の夢, の大声, の女, の始末, の実生活, の尻馬, の居らぬ, の弁当, の影, の恭敬, の成し遂げ得なかつた, の戒名, の手中, の歪曲, の無念, の申し立て, の療治, の礼, の笠印, の緩怠, の耳, の苦悩, の菩提, の覚悟, の話, の越度, の軍勢, の迷惑, の退場, の集り, の頭, の頭目, はあれら, はあわてふためい, はいずれ, はいっしょ, はいま, はおめおめ, はかく, はこそこそ, はすべて, はそれほど, はつい, はどうして, はどこ, はまだ, はみな山門, はみんな自分, はもう, はもちろん, はもとより, はやや, はや攻落, はわし, はマドリド司僧, はルナン, は一散, は一斉, は二人, は云った, は京都所司代, は人, は今, は今ごろ, は全部, は出発, は利休, は前, は十分力, は国, は大抵, は寺, は少なから, は山, は廊下, は強い, は当分御門内, は思わず, は恍惚, は恐怖, は悪口, は扶持, は早く, は東国, は正面, は永, は火縄切り, は無人島, は猶も, は珍, は番付面, は疫鬼, は白柄組, は皆, は盆踊り, は神主さん, は総がかり, は群集, は肩, は自分, は言わば, は詮議, は跳, は逆上, は這, は過去, は重罪, は顔, は驚い, ばかりだ, ばかりだった, ばかりである, ばかりでした, へきつく, へはその, ます, までが皆, まで加えた, まで口実, みなかれが, みな腹ふくらませ, も, もあった, もいまだに, もおどろかされた, もかく, もこうした, もことごとく, もそこら, もそりゃこそとばかりに後, もまた, もみなここ, もみなばらばら, もみな笠置寺, もよもや, も不便, も不思議, も争っ, も今, も動く, も実際, も幾人, も斬り死に, も案じ, も権力, も無慈悲, も番付面, も百余騎, も皆, も終に, も総出, も解しかねる, も讃め, やそういう, や侍臣中, や部屋, ゆえ朝夕身, よ, よりも信玄, より百倍, より賄賂, わが子の, わが意, を, をあっ, をお, をからかふ, をけしかける, をさっそく, をし, をすべて, をただ, をつれた, をどうして, をなげつけたる, をののしり, をば皆海, をひとつ, をほんとう, をみんな, をも感染, をも慄然, をゆたか, をクリストフ, を一人一人囲い, を一掃蕩, を一網打尽, を一緒, を交, を何とか, を共に, を出しぬい, を召出した, を台所, を叱, を叱りつけ, を叱りとばした, を呼びあつめた, を呼び集めた, を固く, を妖, を嫌, を山東, を帰服, を引き挙げ, を引き立て, を引見, を恐れ, を恐怖, を悉く, を手, を手分け, を打ち倒すべしだ, を捨て, を救っ, を救つて, を案内, を狂喜, を率い, を相手, を睨み, を禁獄, を窘めぬい, を行進中, を討つ, を追いかけ, を退治, を遠ざけ, を選んだ, を頭ごなし, を養える, を駆り催し, ナニ安穏に, ハレンチ漢どもの, 一同評定の, 両人を, 九州辺へ, 以外には, 何を, 八十余名も, 其物音に, 半ば盗賊であり, 参るが, 各々その, 因果の, 墓参に, 女人の, 寄りて, 小肘, 少年ガヴローシュマリユスと, 山越えし, 彼らにたいする, 御出し候, 戦争と, 打連れて, 控えろ, 朕を, 松火を, 殉死いたし, 気仙郡五葉山を, 決して心服, 無残なる, 犬死す, 王党の, 理想的な, 皆眠り, 知恵の, 空腹から, 続け, 続けと, 総がかりと, 罪の, 者どもっ, 胆を, 萱を, 血を, 警備を, 軍法だてを, 追いついて, 進めッ, 食えとは, 首謀者以下あらまし召捕り終んぬ, 麦出候わ

▼ 者から~ (676, 0.5%)

22 見れば 12 見ると 9 聞いて 4 聞いたの, 自分の 3 いえば, それを, 私に, 聞いたので, 見て, 離れて, 順々に

2 [22件] いへば, これからいよいよ狸汁, して, それは, そんな大事, ちらと, みると, 一種の, 云ふと, 何か, 先に, 先生の, 口々に, 地主に, 報らせ, 奪つた, 教へ, 時価を以て, 発して, 聞いたこと, 言えば, 頼まれて

1 [560件 抜粋] あまりに信頼, いいますと, いうと, いくらか公敵, いくらでもお貰い, いろんな話, うしろ指を, えらい御馳走, お前も, お告げを, お噂, お姫様か, お粂, かき集めた金, かくも, かけ離れて, きいたばかりの, きいた国民党政権下, きくと, きく話とは, きっと苦情, こう報ら, このとおり小判十両, このはなし, このよう, この一月, この事, この尊氏, これは, これ程までに, こんな情けない, こんな無, こんな相談, ごまかされた時, ご不興, ご幽, さらにこういう, しい顔, しぼり出すこと, しょっちゅう, じかに作家, じかに聞く, すぐほら, すぐ病院, すぐ聯絡, すれば, ずっと憎まれ, そういう礼, そういわれ, そうで, その作品, その圧制, その壓制, その子供ら, その富, その日, その本質, その次, その正当, その直後, その真実利潤, その質問, その集団, たいした賠償, たしかめたもの, だまされたという, だんだん波及, できて, でも, とられたの, とんぼ返りし, どうしろ, どうやら荷物, なぐられて, なぐりつけられはしまいかと, なる, のしかかられた力, はかの, はじめて次, ぱっといわれ出し, ひどいめ, ひどい一言, ひょいと聞き込んだ, ふと耳, ほめたしるし, ぼくへ, まぬかれがたい, みたらやること, もらいに, もらって, やつと, やり込められた結果, よけいな, わきに, わざとそっぽ, わざわざ僕, エライお, カッサイ, スネを, トラピストの, ドレゴが, ボロの, ボートを, マルクス主義者として, メトロポール, 一人の, 一應の, 一躍し, 三は, 三人だけ, 三四円ずつの, 三男の, 上の者に, 上野の, 下僕に, 与へられるもの, 世上にまで, 之を, 之等と, 九百人の, 乞わねば, 事實が, 二度目の, 云い出されて, 云うと, 云つたら, 云わせれば, 五円札を, 五銭ずつ, 交代し, 人選し, 今度除名された, 仕事を, 仕組まれて, 代稽古, 仮にも, 仰せを, 仲間の, 伊藤野枝さんの, 伺いまして, 伺ひまして, 低い人々, 低い者, 何かを, 何も, 何を, 例えば自由主義的哲学, 借りなければ, 偶像と, 僅かな, 充分事情, 先へ, 先生が, 先生と, 先生に, 六尺棒や, 其処に, 内在的の, 冷淡に, 几帳面に, 出おったの, 出たといふ, 出た惡口, 出る, 出る叫び, 刑罰の, 前日に, 剣術を, 剥ぎ取る, 劣り勝ち, 助けを, 勝手に, 区別されね, 区別し, 区別する, 十分間ぐらい, 十数門の, 十郎次へ, 却つて注文され, 原稿を, 叔母さんへ, 取った朱塗, 取るつもり, 取上げとる多く, 取戻して, 受けた待遇, 受けた恩, 受けた感銘, 受ける蔑視, 受け取つた時, 受け継いだ混濁, 受け襲いで, 受取つた盃を, 口火が, 可なりの, 可愛がられたが, 名画を, 否応なしに引っぱり出され, 告訴され, 呼び止められたの, 呼び起されて, 命令された, 咎む可き, 善良さを, 噂に, 因縁づけられ, 固く名前, 国家の, 国王に, 土地の, 土岐家から, 地方官迄も, 地球が, 報道洩れ, 塾堂に, 声が, 変死者を, 大いに尊敬, 大いに笑われた, 大きい者, 大事に, 大祖父, 大紳士, 女の, 女難の, 妙な, 妨げられると, 始まった, 始まったという, 始めて, 威を, 婿養子を, 嫌はれ蔑まれた, 孔子以上に, 定夫の, 家屋と, 富める者, 寝棺の, 導かれ教, 小松谷へ, 少し離れ, 届けて, 届けられた一通, 巡察官の, 常に軽蔑, 年寄に, 幾多の, 座を, 引き出されるか, 引き立てられる見込, 引續き, 強奪し, 彼女達を, 得た容疑者, 得た感化, 得る知識, 御番, 徴すべき, 徴収された, 心附け, 必ず何, 忌われだした, 念珠を, 思いがけない電報, 思い切り抑えられ, 怨まれて, 恋され, 恐れられて, 恐怖を, 恨まれて, 恨まれるという, 恵まれた, 恵送せられた, 意見を, 愛せられたが, 愛せられて, 愛慕されただらう, 憎まれて, 憎まれるよう, 懇切な, 成り立って, 成ると, 我々だって, 戦闘を, 所謂, 手に, 手厳しい批判, 手紙が, 扶ける, 批評され, 承わっ, 承わりました, 抜け出すこと, 押しつけられる大量, 押し附けられるもの, 抽象された, 掃蕩せられる, 排斥せられ, 掠奪し, 採るの, 推薦が, 揶われました, 搾取した, 攻撃を, 放さなかった, 救い出した, 教えられ又, 敬われて, 敬愛する, 敬慕された, 敵情を, 文句が, 新しく受け取った, 新進気鋭の, 既に一個, 昨夜来味方の, 昨日古今無類の, 普通一円市外二円の, 更に偽善者, 最も敬遠, 最も理解, 最初の, 服装や, 来たもの, 来た使, 来り出て, 来ると, 来る書翰, 梁川星巖梅田雲濱などと共に, 森武蔵守の, 様子を, 権利を, 欠点を, 次々に, 武蔵の, 残酷な, 殺されたという, 殺されるもの, 毛糸の, 泣きつかれたり, 注意を, 浮き上った様, 消して, 無上の, 無理に, 煽動された, 物を, 特殊者乃至, 独立し, 独立できる, 独立に, 献金し, 理解され, 生じる, 生れた子供, 用いる者, 申せば, 申立てた, 町奉行へ, 画料について, 疎んぜられつひには, 疑惑に, 疾く聞き及ん, 痛いところ, 発しこれ, 白い蝶, 白布の, 皆も, 盗み出した事, 盗むべきやり口, 目を, 直筆の, 相変らず, 真っ先に, 真にうらやましく, 眠り眼, 睨んだら平安朝, 知らせが, 知人を, 知力を, 確かに, 確保しよう, 社会的安定を, 私は, 科学を, 称美される, 税金を, 答えたことば, 給仕を, 縁談を, 罵倒され, 習つたのであります, 翻訳発行の, 老番頭, 考へると, 聞いた, 聞いたん, 聞かされた, 聞かされて, 聞きましたが, 聞きましたので, 聞き伝えただけでも, 聞き出しました, 聞くと, 聴いたのに, 聴かされて, 聴き度, 聽いた, 聽きます, 聽く, 脅迫状を, 腹を, 自ら天地の, 自分を, 自己の, 自然に対する, 舞台の, 苦情でも, 莫大な, 落伍しはじめ, 蜀の, 被告人に, 裏切られたり, 裏切られ孤立, 要点だけを, 見たら, 見たらすこぶる, 見たらどんなに, 見たら僕, 見ては, 見捨てられた語, 親方筋へ, 観れば, 観察された, 解放された, 解放されてる, 触れて, 言つたら, 言ひ, 言わすれば, 言わせて, 言わせると, 言説の, 訊かれたり, 許されて, 訴えが, 試合を, 詰問されたらしい, 話を, 誘はれると, 誘われると, 説くこと, 説明され, 説明を, 調査の, 豊豊と, 貧民法に関する, 貰うという, 貰ひ受けました, 買われてや, 買収された, 買取られたといふ, 買取る, 資本の, 賠償を, 購い地代, 贈って, 踵を, 車内を, 迫害されてる, 迷惑さうに問ひ返され, 逃れる工風, 遠い近い親類, 遠くに, 遠くは, 遠ざけて, 選み残され, 選手を, 邪教徒として, 醒めきれて, 闇打ちを, 附け覘, 除外されれ, 除外する, 隣り近所, 離れたそして, 難波の, 鞭で, 順に大衆, 順に教え, 預つて, 頭ごなしに, 頻々と, 題を, 飯など, 飲み代を, 馬鹿に, 高値の, 魚に, 麺麭の

▼ 者~ (636, 0.5%)

9 のうち 8 はその 7 のため 5 である, の間, は彼, は自分 4 の罪, はそれ, は皆, をし 3 がこの, がそれ, との間, と同じく, の前, は互いに

2 [25件] がいた, がその, が自分, が身, と兼ね, にとりまかれ, に取り巻かれ, のこと, の会合, の大, の芸術, の頭, は, はすぐ, はたがい, はますます, はフランス, は現在, は身, もあった, もいた, も恐れ, も駆け, よよく, をさらに

1 [508件 抜粋] からきた, からはユダヤ党, から一種軽快, から受けなけれ, から息, から敬愛, から神怪幻詭, から腐敗, から貪り読まれた, があった, がある, があるいは, がい, がいっしょ, がいつも, がいわゆる, がうようよ, がこぞって, がそこ, がそれら, がたくらん, がどう, がもし, がもっとも, がやってき, がよく, がジャヴェル, がパリー, がフランス, がマリユス, がワグナー, がヴァイオリン, が一軍, が三々五々, が世, が中流人, が乗り込ん, が二十年もの間, が五十年足らず, が人類, が今, が休息, が休息所, が何と, が倒れてる, が共同, が原始的, が呼びかわす, が善良, が喜び, が夢, が失敗, が宜, が工場, が庭, が彼, が得意, が恐怖, が戦っ, が戦争, が控え, が提起, が政治, が断頭台, が有してる, が横たわっ, が機嫌伺い, が潜み込んでる, が猛烈, が現われる, が用心, が目, が神聖同盟, が立ち帰る, が結束, が絶えず, が腕, が臆面, が茶屋遊び, が見て取り得る, が退屈, が通る, が遠く, が頂, が黙々たる, しかつた, しかつたの, しからぬ事, すなわち民衆, であった, であったか, でありその, であるから, でさえもそれ, といっしょ, とともにあっ, とともに溺死, とに痛ましく, との意外, との接合点, とはまさに全く, とよみがえった, とわれわれ, とを分け隔てる, とを同時に, と了解, と交際, と共に一括, と同, と巡り合っ, と彼, と悲惨, と相談, と知り合い, と等しく, と群集, と耳打ち, と苦しむ, と親しく, と近づき, と道行人ら, にあっ, にうち, における悲しみ, にかえって, にしか働きかける, にしか喜び, にすがっ, にすがるなら, にたいしていかに, にたいしてはそれほど, にたいしてはなんと, にたいしても彼ら, にたいして怒り, にたいする尊敬, にたいする激しい, にたいする貴族的, についてしばしば, にときおり, にとってはおそらくいっそう, にとってはそれら, にとってはファウスト, にとっては我慢, にとっては白日, にとっては秘密, にはあらゆる, にはそれ, には一瞥, には半分, には彼ら, には統一, にまで不快, にもいつか, にも喜悦, によって代わる代わる, によって唱えられた, によつて, に不平, に与えてる, に些細, に何権利, に切付けよう, に力, に司教, に同情, に向かっ, に四方, に対してどんなに, に対して嫌悪, に対する助け, に対する群集, に尋ね, に属し, に巻き込まれ, に彼ら, に往来, に悩まされ, に感謝, に投げつける, に押しすくめられ, に握手, に有用, に気, に涙, に異常, に知人, に示し, に累, に紹介, に裏切られた, に見せた, に言っ, に言った, に言わすれ, に誓わした, に誤り, に酒, に重々しく, に金, の, のあと, のあわれなる, のいたく, のたまらない, のほう, のみである, のよう, の一切, の一部分, の上, の不正, の不謹慎, の世話, の仲間, の会話, の作, の作品, の冷淡さ, の冷酷厳格, の利用, の卑怯さ, の叫び, の同盟, の多く, の実例, の密偵, の対話, の御, の忌むべき, の悲しき, の悲憤, の態度, の手, の手当て, の改宗, の方, の晩餐, の晩餐会, の書物, の根気, の横暴, の死, の比較, の気, の汚, の深奥熱烈, の滅落, の獣性, の理会, の目, の結社, の耳, の脈, の自己犠牲, の落伍者, の虐げられた, の要求, の語る, の遺留品, の金, の銃火, の長い, の間にあっ, の集まり, の集会所, の頭脳, の顔色, の首筋, の馬鹿げきった, はあざ笑っ, はあと, はあの, はあるいは, はいう, はいかめしく, はおそらくまだ, はおのれ, はかく, はけげん, はこの, はこれ, はこれら, はごく, はじろじろ, はすなわち, はそういう, はそれら, はつけ加えた, はどう, はどういう, はどなっ, はなかんずく, ははやし立て, はまさに, はまた, はまア皆, はみな, はみなヴァイオリン, はよく, はわが, はアンジョーラ, はクール・デ・ミラクル一郭, はコゼット, はコット街, はサン・マルソー郭外, はジャンナン家, はフランス人, はライン河以東, はロアール河以北, はロアール河以南, はヴェールリー街, は一寸, は三十年, は上衣, は不思議, は両個, は中庭, は享楽, は俗流, は冷淡, は十六分音符, は単に, は受けた, は叫んだ, は声, は外聞, は多く, は多少, は大きな, は好んで, は実に, は実地, は実物供与, は尊敬, は小屋, は屋根裏, は巧み, は常識, は帽子, は幸福, は幻, は引き起こされ, は当時, は征服者, は徐々に, は心, は心配, は恍惚, は息, は手, は捕われた, は捕縛, は攻撃的, は数十歩, は敷石, は文化, は新しい, は方々, は既に, は時々, は晩飯, は暗闇, は暗闘, は木曜日, は極端, は権利, は次第に, は歓喜, は武器, は武装, は死刑, は決して, は河岸, は深く, は演奏者, は片, は特殊, は狂信的, は独断的, は王室, は生涯惨め, は病気, は皆ボナパルト, は皆一時, は皆夢, は真実, は知力, は確か, は空, は管弦楽, は繰り返す, は美しい, は羽軸, は肩, は自分ら, は薩長, は要するに, は言う, は送っ, は遂に, は金, は非常, は革命前, は音楽上, は黙っ, へかける, へは口堅め, までがこの, もつい, もなお, もまさしく, もまた, ももはや, も一時勇気, も他, も初め, も到着, も労働階級, も命令, も唯一人, も愛欲, も早速, も気づかず, も決意, も知らない, やがて目ざむるに, やただ役, やイエス, や一門, や贔屓, よ, よりずっと, よりも多く, よりも彼ら, より五十年, よ幸い, よ敵, よ神, よ賢き, よ進み行き, を, をいたわりたい, をうらむべき, をこしらえた, をさし, をそこ, をながめ, をのぞく, をめざめ, をも一つ, をも再考, をも念頭, をも恨まず, をも時として, を不快, を人道主義, を他, を侮辱, を元気づけ, を光り輝かした, を刺激, を取り, を取る, を吾人, を多少, を夢想, を妨げ, を寄せつける, を寛恕, を当時, を急き立て, を恨む, を愛する, を慰め, を批判, を抱擁, を押しつぶし, を指導, を教育, を機嫌, を火あぶり, を球突台, を略奪, を監視, を目標, を眼, を空想的, を窒息, を薙ぎ払い, を見あたり, を見おろし, を調べ, を軛, を酩酊, を釜揚げ, を鍛え, を集合, を非難, を食い止め, 誠に畜生

▼ 者たる~ (603, 0.5%)

32 ことを 9 ものは 6 資格を 4 ものの, 事を, 名誉を, 彼は 3 ことにおいて, ことは, ことも, の資格, ものが, 他の, 役目を, 私の, 立場を, 自分が

2 [38件] かの青年, ことあり, ことありし, ことに, ことの, これらの, ところの, に止まる, のみ而, もの其許に, を失はざる, 井上伯は, 人々は, 伊藤侯に, 位地に, 僕の, 公として, 可き, 君の, 国民が, 地位に, 大西君に, 幸が, 彼の, 彼女を, 彼自身まで, 意識を, 所以なり, 故を以て, 根柢的な, 神を, 秀吉が, 素質を, 自分の, 西郷侯と, 責任を, 資格において, 農民の

1 [434件] いわゆる, いわゆる屠, おのれに, お前に, お心がけ, か, かの如く, か一つ, がごとく, が如し, こと, ことが, ことと, ことなし, ことにより, こと古来の, こと在り得る, こと論を, その位置, その平穏, それらの, だけで, といふ譯, ところでも, とともにまた, とに論, にすぎざりし, にはあまりに, にはまず, には十分, には至らざりき, には適, に不適當, に変り, に外, に存する, に対して吾輩, に少し, に愧, に比例, に終ろう, に足れり, に過ぎません, に適する, のかたち, の人格, の内省, の危険, の名誉, の実, の意志, の故, の権利, の特質, の生涯, の立場, の素質, の苦しみ, はむろん, は今や漸く, は其の, は抜くべからざる, ばかりでなく, ふみ子の, ものと, もの刺激されないで, も無理, ゆえんは, よりはパリー, われは, を, をまぬかれません, をもイリュウジョン, をも猶, を以て常に, を免れぬ, を問わず, を希望, を得ざる, を得たる, を得べし, を得る, を感ずる, を欲, を止め, を願, アポルロン古代の, アロハ氏の, インテリゲンチャは, ウィリアムと, ウェリントンは, ウ氏は, エフィム・ペトローヴィッチ・ポレーノフの, カントによって, クロニオーン, クロムリン, ゲルマン民族の, コムソモール労農通信員たちの, コン吉と, サビーニ人であった, サルト族及び, ジードにとって, スティヴンスンの, スピノザは, チャールス王も, テナルディエは, トルコマン族とは, トルコ人と, ドイツは, ニイチェから, フアウヌスに, フイイーの, ブルジョア・イデオローグ, ベルリンの, ペルリ氏の, マタギには, マランとい主人公です, マルクスルーゲハイネ等の, マルサスの, ミネが, ミラノ人, モールス氏は, ヨハンの, ラプラスは, ルス嬢と, ロベスピエールも, ロマン, ローマの, 一代の, 一国民にとって, 一陣の, 三国三教人は, 不届者, 中年の, 主計, 久保田彦作の, 久吉に, 乙事物の, 事は, 事殆と, 二十九歳の, 人々が, 人でさえ, 人は, 人を, 人民を, 人種よりも, 人間と, 代々の, 以上その, 任務を, 伊太夫の, 伊達という, 佐治君に, 体質を, 余が, 作曲家連中の, 俳優の, 個人および, 値打が, 僕が, 僕に, 僕は, 元の, 兄の, 光輝ある, 兎も, 児童たちに, 全世界, 全校生徒の, 八十歳の, 公衆の, 初太郎自身が, 利口者は, 剛柔流の, 勝安房氏の, 勝川春英を, 勤人階級の, 北田博士を, 半七, 原告に, 双生兒, 古典科出身の, 可く, 可し, 各藩, 吉田も, 名に, 名誉に, 名誉は, 名譽, 君にも, 吾人のみ, 吾輩の, 呉一郎が, 四十歳を, 国民に, 土人を, 地位を, 境遇に, 境遇を, 士君子に対して, 士流の, 大伴家持の, 大学も, 大家さんは, 大江丸旧, 大砲も, 大詩人, 大貴族, 大隈板垣両, 大隈板垣兩伯に, 天使の, 天照大神の, 夫人は, 奥さんにも, 女の, 女を, 女丈夫鳰鳥であれ, 妻女た, 妻母は, 姉の, 婦人が, 婦人たちが, 婦人たちは, 子供の, 孔子は, 学堂法相の, 学者の, 学者は, 宇治山田の, 定岡, 実を, 実隆の, 家あるじは, 家持の, 家長の, 富と, 将軍から, 尊長の, 小屋者であった, 小戦闘, 小生に, 小説家に, 小資本家, 尾張水戸越前に, 山尾殿こそ, 己れ, 市さんを, 市民の, 帆村荘六は, 常備軍をも, 平塚さんたちのみの, 平清盛は, 平田門人山吹春一は, 床屋の, 弁証法の, 当人が, 当局を, 形式に, 彦兵衛の, 役人は, 役割を, 彼が, 彼にとっては, 彼らの, 彼仙太郎は, 彼女にも, 彼等には, 彼等夫妻の, 後ダイゴ帝が, 後藤伯が, 御身は, 御辺, 御隠, 志道軒常友正司幸平ならびに, 恒子さんも, 悪人が, 愛国義胆の, 成功は, 戸畑を, 所以で, 所以でも, 才能の, 支配人は, 支配者たちが, 政事家は, 故中村弥左衛門君, 教えぶりの, 敵軍も, 文学が, 新任駐, 新資格, 日興に, 星辰を, 春信出で, 時は, 暴政が, 本願寺を, 村松春水氏並に, 松山画伯に, 板垣氏の, 林田の, 林田はも, 林田英三に対する, 某大阪文化研究者, 根岸石子渡辺の, 權威でも, 正岡子規及び, 正弘の, 此青年英雄の, 武家の, 殖民大臣チャンバーレンの, 民衆の, 民衆は, 民衆を, 水野和泉守忠精は, 水野錬太郎氏が, 法王の, 浮浪民が, 浮浪漂泊性の, 湖龍斎に, 溌剌さを, 漫画家が, 点において, 為なり, 無産階級を, 父が, 父や, 父母に, 牧野博士は, 物部氏の, 特権を, 特権階級であった, 犯人は, 猿楽, 現実に関する, 理想の, 生理学者は, 生蕃のみを, 甥の, 用人の, 田舎ものの, 男の, 男を, 男女が, 男女も, 男子の, 画工自身の, 目明かしを, 真の, 睦田老人の, 矢田部教授が, 祐吉自身にさえ, 神であろう, 神の, 神楽坂署長庄司氏は, 神様が, 神父は, 私が, 私たちにも, 私に, 私にとって, 私には, 私一人と, 私一個の, 科学を, 科学者には, 立場の, 立脚地より, 紳士は, 総督政府から, 翁は, 老人の, 老人は, 聖人及び, 聖徳太子の, 聖職を, 能は, 自分から, 自分たちの, 自分を, 自分自身から, 自称天下無双の, 自身を, 芝原氏へ, 芸術家科学者等の, 若きファン, 若き男, 若林だろう, 荘一清と, 菅原道眞の, 藤原氏の, 蛇の, 行政官庁の, 行政官廳の, 襟は, 記者である, 記者の, 詩人浜島なにがしを, 誇りにも, 読人の, 誰れ, 課役忌避の, 諸先輩, 諸子は, 謡曲文学に, 豪族と, 財産の, 責任に, 責任上同氏から, 資格, 資格の, 農商務省である, 農工商の, 邦原君も, 酒月園丁長に対する, 里恵若く, 重武, 野口は, 金剛液を, 鈴木氏の, 鎌倉幕府それ自身で, 鎌足の, 関係で, 阿部井と, 青山播磨は, 青年を, 青木の, 非人の, 非人法師の, 非人法師等の, 馬である, 鳥居派二世の

▼ 者としての~ (560, 0.4%)

12 自分の 7 私の 5 立場から, 責任を 4 彼の 3 役目を, 氏の, 生活である, 生活に, 立派な, 自己の, 資格を

2 [32件] えらさ, われわれの, インテリゲンツィアの, レーニンの, 主體, 事業は, 二葉亭の, 任務を, 作家の, 使命と, 僕が, 僕は, 君が, 地位を, 境遇の, 太田の, 姿が, 婦人を, 彼は, 彼等の, 本來, 権力で, 権力や, 母が, 活動が, 父の, 生活は, 生活を, 真の, 私は, 立場に, 素養が

1 [442件] あなた方を, ある喜び, うぬぼれを, お前の, お浜, ことだ, この帝, それのみに, はっきりした, ほかには, また倫理学者, また技術家, わたしの, われわれという, カフカは, カントさらに, カントの, カントを, ゲーテ, ゲーテの, ゴーリキイ, ジード, ジードの, スパークスなどという, セザンヌが, ソフィヤ夫人が, ソーニア・コ, ダリを, チャーリーの, デカルトについて, デカルトは, ドストイェフスキー, ニイチェ倫理学者としての, ニュアンスが, フロラが, ブルジョアの, プロレタリア, ベルツ生物学者としての, ペン, ポアンカレ, ポアンカレを, マルキシストに, マルサスの, モーゼスも, ルイ, ルソーの, 一女性が, 一席に, 一面を, 三宅嘯山元禄研究者古書翻刻者としての, 三木清と, 不安から, 不安を, 世間的価値は, 世間資格を, 中心を, 主人公を, 予選に, 事で, 事業の, 五年間は, 人である, 人間が, 人間その他全, 人間と, 人間をば, 人間消費者としての, 人間的な, 人間的存在は, 人間精神も, 仕事は, 任務の, 伎倆を, 休息を, 伝統に, 伸子を, 位置からも, 位置に, 位置を, 体験の, 余輩の, 作者は, 価値に, 価値は, 価値も, 価値及び, 侮蔑が, 保護を, 信用を, 偉大を, 健全性の, 側からばかり, 働きを, 僕だけの, 僕にとっては, 僕の, 僕を, 優れた位置, 優れた腕前, 兆候は, 先生の, 先生は, 光輝ある, 入国は, 全貌を, 六年間の, 写楽の, 冷静を, 処断を, 別の, 利害と, 制限の, 前進でしか, 功労から, 功績は, 功績ばかり, 勇猛精神は, 勢力が, 半面だけで, 博士については, 印象から, 即ちマルクシスト, 原稿料乃至, 厳酷なる, 収入は, 収穫を, 古典は, 古賀, 名声が, 名誉を, 君主と, 和算の, 咎めと, 哲学者では, 唯一の, 器量を, 地位が, 地位名, 堕落であり, 声に, 多くの, 多数人へ, 大きな先輩, 大きな諸, 大成を, 大氣焔, 天津罪, 天皇だった, 天皇の, 太郎の, 女の, 女性の, 好奇心が, 威力を, 威厳と, 婦人の, 婦人は, 子供を, 存在が, 存在であった, 存在も, 存在を, 存在感が, 学問が, 学生, 学生の, 学生は, 安定と, 完全なる, 客観的実証的な, 客體である, 家康にたいして, 宿命を, 宿老が, 寺田先生の, 寺田博士の, 尊敬を, 小酒井不木氏の, 少年次郎, 市民感情は, 師は, 平田鉄胤も, 座頭を, 引合いを, 弟を, 弟鉄雄の, 強い興味, 当然の, 役目をも, 彼では, 彼と, 彼らの, 彼を, 彼女を, 待遇を, 従軍とを, 徳川家康を, 徹底的態度が, 心持が, 性格を, 性質が, 恥辱には, 悲劇は, 情熱が, 感情からも, 感情であった, 感情の, 感情を, 感覚が, 態度で, 態度であった, 態度では, 態度は, 態度を, 態度殊に, 成功である, 成長, 成長に, 成長は, 戦国の, 房一と, 手いっぱいな, 手紙を, 才か, 才能が, 才能と, 批評が, 技量を, 投影の, 抗議である, 描写の, 支配権に, 政治を, 政治上の, 政治家出資者としての, 教育を, 文化で, 新らしき, 新イズム, 方法は, 日本の, 日本を, 日本画家の, 日本美の, 昌造の, 普遍性を, 智識を, 曾ての, 最善を, 最小限の, 最近の, 期待である, 本名の, 本性によって, 本能の, 本質を, 村山知義君の, 条件を, 東宝は, 栄冠が, 格段の, 権利に, 権利的要求でなく, 権威が, 権威である, 機能を, 正しき解釈, 正式の, 武士ことに, 武弁型評論家や, 歴史的な, 歴史的地位は, 氏を, 民衆という, 気分で, 気前を, 気持は, 氷の, 活動の, 活動へ, 活動を, 活溌な, 浅利鶴雄と, 清水幾太郎を, 熱意の, 燃焼は, 特典を, 特権を, 独創性が, 独自な, 献身的努力の, 現実が, 現実的な, 理想と, 理論の, 生命を, 生死に, 生活, 生活だった, 生活でした, 生活にと, 生活のみ, 生活や, 生活態度を, 生涯の, 生涯を, 用心に, 田舎に, 田辺教授の, 田辺教授は, 男の, 男子は, 男性および, 男性の, 異性の, 痛ましい黒装束, 発育の, 皇室の, 益満と, 真面目な, 眼を, 矜り, 矜恃の, 矜持は, 研究で, 研究者である, 確乎たる, 磐姫皇后が, 社会的使命を, 社会的保護を, 社会的重大性は, 社会観に, 神が, 神の, 神田君も, 神話, 福沢諭吉君, 私と, 私達が, 積極性を, 窮乏が, 立場その, 立場であっ, 立場より, 立論は, 筆致で, 範囲に, 純粋な, 素質が, 素質の, 素質を, 組合を, 経験じゃ, 経験を通じて, 美美の, 羨むべき精神, 義務を, 聖徳太子は, 能力と, 能力の, 腕が, 自らを, 自信を, 自分が, 自分に, 自分生活現象としての, 自叙伝は, 自己を, 自己をも, 自度, 自然が, 自然でなけれ, 自覚から, 自覚は, 自覚を, 自覺, 自身の, 興味が, 興味を, 船客は, 良心では, 良心と, 花袋の, 芸術的欲求, 苦闘は, 蔡倫の, 薄田泣菫氏, 蝶夢和尚も, 血を, 行為で, 要求から, 見地から, 見識や, 視角を, 親切の, 観念である, 觀察と, 言葉が, 計画性について, 読者を, 論理の, 諸条件, 謀計が, 財団や, 貧窮談に, 貫禄を, 責を, 責任において, 責任は, 責任感という, 責任感は, 資格が, 資格においてのみ, 賢明な思ひ, 質の, 超人は, 足どりは, 農民それに, 農民勤め人中小商工業者近ごろは, 連帯という, 連帯感が, 連繋のみを, 逸話を, 選には, 重い責め, 金成マツは, 金箔を, 鉄胤は, 錯綜した, 門戸を, 関係しか, 関係に, 関係にだけ, 関係についても, 階級, 青木に対する, 面が, 面では, 面目を, 頭と, 魂ひ, 鼎軒先生に

▼ 者では~ (527, 0.4%)

98 ない 49 なかった 21 あるが 18 ありません, なくて 15 ないか 14 ないの 12 ないが 10 ないこと 9 ないと 8 あり得ない 7 あったが, ある, ないかと 6 ないから 5 あつた, ないという 4 あるけれども, あるまい, ないので, ないよう, なかつた, 無い 3 あるまいか, あるまいかと, ないけれども, ないし, なくして, なくとも

2 [18件] あった, あったけれど, あっても, ありたくないもの, ありませんか, あるまいと, ないかという, ないだろう, ないとは, ないはず, ないよ, ないらしい, なかったろうか, なかつたの, なくそれぞれ, なくな, なくなって, 無かった

1 [140件] あつて, ありえない, ありえなかった, ありたいという, ありたくないと, ありましたけど, ありますけれど, ありますけれども, ありますまいか, ありませぬ, ありませんから, ありませんし, ありませんでした, ありませんと, ありません被害者, あり云われるまま, あり得ないこと, あり得ないだろう, あり得ない私, あり松木, あるけれど, あるし, あるまいかとの, あるまいかの, あるまいが, あるまいがと, あるまい相当, あるもの, あるものの, いけないなん, いわれるまで, おかぬ藤夜叉, ございますまいか, ございません, ござらぬ, ござらぬが, つまらない, ないいま, ないかね, ないからと, ないそして, ないぞ, ないぞと, ないだらうか, ないだろうか, ないつもり, ないで, ないといふ, ないとな, ないとの, ないな, ないに, ないね, ないやう, ないらしく, ないん, ない他, ない処, ない場合, ない存在, ない広く歴史, ない故に, ない源氏, ない田舎, ない純, ない級, ない良い意味, ない藤沢さん, ない誰, ない謂わゆる, なかっただろう, なかつたか, なかつたかと, なかつたが, なかつたと, なかつたといふ, なかつたらしい, なかつた筈, なくいうところ, なくいわば, なくこの, なくそういう, なくたまたま, なくって, なくなった, なくなったから, なくなったと, なくなつ, なくなりかけて, なくむしろ, なくヒモつき, なく世界, なく全, なく冗談, なく又, なく同時に, なく外, なく外国, なく密輸入者, なく後, なく政治, なく文學, なく月, なく権力, なく芸術, なく黒, ならん要するに, ねえな, ますますなくならなく, ショーペンハウエルとか, スタンダールという, ドイツの, 上演出来ない, 不足であっ, 伊藤閑牛翁医師では, 佛は, 元田肇君岡山兼吉君大谷木備一郎君等の, 全然想像, 冠君である, 到底味, 原著者が, 夏目漱石や, 大悟は, 御威勢なみ, 御座いませんか, 御座りません, 息軒鶴梁宕陰詩人では, 決してない, 済まないから, 無いといふ, 無いよう, 無いらしい, 無か, 無くなって, 無く社会政策家, 知るまいが, 私は, 舍衛國に, 高橋健三氏それから, 麻田剛立を

▼ 者でも~ (493, 0.4%)

20 ない 14 なければ 11 あつた, ある 10 あった, 何でも 8 あったの 6 あるの 5 あって, あるかの, なかった 4 ないから, なさそう, なんでも, 奈良麻呂 3 あるし, あるよう, あれば, ないが, なかつた, 無い

2 [25件] あります, ありません, ありまた, あるから, あると, あるらしい, ある無茶苦茶, いい, いるの, ここでは, ここまで, その肩先, ないし, ないと, ないのに, ないよう, ない限り, なくまた, 不器用な, 出て, 坊主でも, 往々に, 無いの, 無ければ, 芸術家でも

1 [304件] あいまいに, あったか, あったから, あったこと, あっただけに, あったであろうが, あったろうかと, あった丹羽五郎左衛門長秀, あった老, あっては, ありおまけ, ありするところ, ありました, ありますのに, ありませぬが, ありませんでしたけれども, あり唯一, あり得ない, あり慌て者, あり批評家, あり探偵, あり新前, あり智識, あり美, あり逃げ隠れ, あり郡, あり酸性土壌改良, あるかも, あるしリンネ, あるならいざ, あるわけ, あるカント, あるワ, ある作者, ある処, ある様, ある樣, ある男, あれ丈, いいが, いいの, いたこと, いつかは, いて, いるならば, いるよう, うっかり傍, うろついては, おすて, かないません, かまふもんか, かまわない, かわいそうに, きりりとし, こうなる, この子, この工場委員会, ござる, ござれば, さすがに, その人, その作家, その思想, その犯罪者, その者, ついてるの, どうして四五十年, ないあんなに, ないくせ, ないけれども, ないこと, ないそ, ないだろうか, ないだろうから, ないという, ないの, ないのにという, ないれっきとしたこの, ない一種, ない中流階級, ない全く, ない孤, ない新聞社員, ない歴史研究者, ない物理主義者, ない筈, ない素人, ない者, ない落人, ない虚無主義者, なお同, なかつたけれど, なかつたの, なくこの, なくして, なくそうして, なくどうやら, なくどこ, なくむしろ, なくわが, なく便所, なく単なる, なく又, なく報告者, なく学力, なく常に, なく所持品, なく況ん, なく英雄主義者, なく迷信家, なしいは, なし教育家, やはり人間, やはり子, やはり我子, やはり行き, よび起すよう, よもやこちら, ウヌボレは, クムダンの, ソヴェトの, ダーウィンや, ビクとも, ボオーッと, 一應は, 三代目ぐらいに, 上げたと, 下の, 不具者の, 不安な, 不平を, 不愉快な, 不憫と, 不良少年でも, 主義者でも, 二三日間を, 二本差は, 云いそう, 五ツ息か, 人の, 今と, 他の, 佇んで, 何卒老女さん, 余人は, 例えば食物, 供を, 保守主義者でも, 側近でも, 児に対する, 共産党員でも, 出そうかと, 出ない限り, 出ると, 出国の, 出来て, 出来ましたら男, 分ること, 劃期的な, 劇評家でも, 動かされます, 十名ひきつれ, 危険だろう, 又唯心學者, 台所働きでも, 同情者でも, 同様である, 同様な, 哲学者でも, 唯の, 商人でも, 四間半から, 堪え難い, 外界の, 多勢に, 大人でも, 大抵は, 天下を, 女郎でも, 如何程苦り切った, 妹に, 子供みたいに, 安土に, 宗教家でも, 宦官に, 容易に, 宿の, 寒いだ, 少しは, 少し風変わり, 巫女でも, 席順はずつと, 弁護者でも, 強豪の, 当時局外中立の, 彼の, 彼奴の, 得心の, 御へん, 心として, 心よわく, 志士でも, 恐らく私, 悲鳴を, 感情が, 戯曲の, 戸の, 批評家でも, 政府の, 政治家型に, 政治的面に, 教壇に, 教師でも, 敵の, 斯う, 時として陥る, 時には間違い, 普通の, 有るん, 木下様が, 来て, 柳生家の, 案外文学, 極めること, 歌は, 正しく見え, 武士でも, 武士の, 死罪に, 殉教者でも, 殺人狂にまで, 氏郷に, 気が, 気が付きません, 汚物を, 浅草の, 涙ぐまれて, 満腹し, 無いから, 無し実は, 無分別で, 物理学者でも, 狐に, 狼藉に, 猶ほこ, 理屈の, 生れ故郷の, 生返らせる, 男女平等という, 町人でも, 畫家でも, 盗賊でも, 盛んなる, 相応な, 相手は, 知って, 破鍋, 社会主義者でも, 禮讃者でも, 私には, 立派に, 精神病者でも, 純潔な, 絵だの, 緻密な, 罪の, 置いて, 聞き捨てならん, 自分で, 自分の, 自己への, 自然科学者として, 花袋は, 苟くも外套を, 蔭日向なく, 藝術家でも, 行事の, 見るかの, 見ると, 見向きも, 親殺しの, 訊問の, 誇りや, 認めないわけ, 賛成でし, 躍るよう, 身体が, 農民でも, 迷信で, 追うよう, 退却は, 運ぶよう, 避けるよう, 重立った者, 金が, 鉄の, 錢形平次とは, 除外する, 雇へ, 雇婆アさんの, 飛びあがるほど, 飯を, 養って, 馬と

▼ 者であり~ (480, 0.4%)

3 そしてこの

2 [26件] これを, そしてそれ, その作品, ながらこの, ながら一方, ながら好奇心, ながら実は, またその, また再現者, また最も, 一つは, 一人は, 人の, 保守家であり, 再軍備反対論者, 定石主義者であり, 彼の, 従って又, 憐むべ, 木曾福島の, 武蔵は, 秩序ある, 自分で, 自分の, 被治者である, 金が

1 [425件] あるいは学校, いちいち智的, いつでも, いつも星, いつも逃亡者, いわばこの, おめかし法官の, お篠, かくしてまた自己否定, かつまたこれから, かつまた中世著名, かつもっとも, かつ礼節, かつ詩人, ことにこの, この一者, この乗り心持, これの, しかも充分, しかも最も, しかも皮相, したがってもし, したがって今後彼ら, したがって掟, すでに一種, すべて好色の, そしてその, そしてつい, そして今日, そして地代, そして屡々, そして曾, そして最も, そして美男子, そして逆, そして邸内, その, そのため, そのため己, その一部, その上充分信頼, その体系, その勤労, その性格, その愛国, その支配的, その方面, その権威, その点, その立場, その自己限定, その苦汁, その頽廃, それのみが, それゆえに, それらは, それを, それ故にこそ, ちょいと, つまり病人, なおその後, ながら, ながらあの, ながらお, ながらしかも, ながらその, ながらそれでいて, ながらそれほど, ながらたれ, ながらなほ, ながらまだ, ながらわれわれ, ながら人, ながら其の, ながら勤務, ながら宗教, ながら居酒屋, ながら必死, ながら惜しい, ながら斯ん, ながら本能寺直後, ながら社会, ながら素性, ながら訳語, ながら議会, ながら象徴的, なければ, ひとりは, またこの, またそういう, またよく, また一種特別, また人間, また今, また友達, また大愚, また実に, また家庭生活, また彼ら, また更に, また楽員, また父, また独特, また真, また私たち, また自由思想家, また藤田貞資, また読者, また魔術使用, みな毛利家の, もしくは誤った, もっとはっきりいう, よい理解者, ようはずが, われわれ自身の, アキレスは, アンティ・ファシストであり, イデアリストである, ウメ子の, カントは, クラリネット吹きである, コオンウォルの, シャールマーニュルイ十一世アンリ四世リシュリユールイ十四世公安委員会などの, ジード攻撃者の, ソルボンヌの, タゴオルの, ドストエフスキイは, ファシズム思想の, プロレタリヤ運動の, マネージャーであった, モラトリアムで, ヨーロッパ人同志としての, ヴェルハーレンホイットマンは, 一方にのみ, 一方は, 一病一薬主義の, 万民に, 三田君だけ, 下手な, 不幸に, 且つ哲学者, 且つ少しの, 且つ舞台芸術, 且つ被告, 且日本贔負の, 世界一流の, 予報者でも, 事実上歌壇の, 二人ながら, 人生に対する, 人生の, 人間としての, 人間的である, 仁者であり, 仏子に, 他人の, 代弁人であった, 伊達な, 作家の, 使役者であった, 侵入された, 修道女は, 俳優であり, 個人主義者で, 偶像破, 僧侶に対しては, 先輩であった, 先駆者である, 党の, 共産党であった, 共産党の, 兵學者であり, 兵法学者であり, 兵部の, 其れ, 具足師を, 写実的手法より, 凡庸な, 出征者の, 出版者で, 前徒刑囚, 助役である, 勤労階級である, 化け物であろう, 区長であった, 半蔵の, 博物學者であり, 危険思想家の, 又この, 又た, 又は工場労働者, 又一面, 又以上, 又先輩, 又冠君, 又受動者, 又家庭生活, 又彼, 又最後, 又極めて, 又正直, 又歴山大王, 又理論, 又自由主義者, 又議会主義者, 友人である, 反ファッショ的闘争, 反民主主義者, 反逆者である, 史家である, 吉村には, 同じ都市, 同僚であり, 同国人でも, 同時にあなた, 同時にその, 同時に崇文總目, 同時に敗れた, 同時に旧, 同時に神様, 味方であった, 味方でありたい, 困惑きわまる, 国費を, 地球太陽の, 坂の, 大指導家, 天下の, 天文から, 天皇の, 夫, 孔子と, 学校の, 学芸の, 宇宙の, 宗教家である, 官職も, 実行力が, 実践者である, 宣伝者であり, 家庭を, 寄食的生活者に, 対象でも, 尊いあたり, 導師であり, 小市民的常識, 少しは, 岸本等に対しては, 左衛門は, 巧妙な, 平和主義者であり, 平静で, 度いと, 当時の, 当時高山では, 彼ら自ら家畜を, 彼女に, 彼女の, 彼等の, 彼自身相当に, 征服者であります, 後に, 後には, 後者は, 従ってそれだけ, 従って一般, 従つてさうし, 徳義上には, 思想の, 急進主義者でなく, 悪侍, 愚鈍なる, 愛人であった, 愛国者であり, 慰安者で, 慰安者であろう, 慰謝者であっ, 我々の, 或いは労働者, 或いは単なる, 或は穢悪, 或る, 或時, 戦争中は, 手に, 批判者であり, 批評家で, 技術家である, 指導者でも, 擁護者であっ, 擁護者であった, 政治家である, 整理者であり, 文化主義者である, 文化的な, 文化研究者である, 文学的俗物としての, 文學者です, 文明史上の, 旅行家であり, 日本の, 日本共産党員であります, 明快な, 時を, 朗らかな, 朴念仁でなけれ, 東京に, 東京の, 東大神経科の, 案内者である, 権力を, 武藏は, 殆ん, 殊にその, 殊に意識的, 毎度の, 民主主義の, 民衆的な, 気質の, 永遠者を, 江木刑法と, 注意人物だった, 泰西の, 淡々と, 滅多に, 演劇教師であり, 潔白雪の, 無給に, 然し唯物論者, 然ら, 煩わしいこと, 父と, 爾後の, 牢獄の, 物真似師である, 物質万能主義者と, 狂者である, 独断家の, 独逸観念論の, 獨斷家の, 王党であり, 現在でも, 現実における, 現實, 生れつい, 生活の, 生涯を通じての, 生涯変る, 用役と, 男色である, 畫家である, 異端者であり, 畸形なる, 皇帝の, 皮革業者であった, 目撃者だ, 目撃者であった, 相当に, 相談相手で, 相談相手である, 看護にも, 真理の, 社會組織の, 神を, 神學者であり, 神祕的な, 科学者である, 科學者で, 竹腰派の, 第二, 精神的形而上学の, 組合員であり, 経営者であり, 統治階級に, 絶望的運命觀の, 編輯者である, 縁者であり, 罪の, 罪人であり, 罪人である, 美を, 義務と, 翁は, 而も, 聖者であります, 腐蝕した, 自らの, 自らも, 自ら好ん, 自分は, 自分一人が, 自生説の, 花柳界を, 芸術家である, 若干は, 苦難から, 蒙昧を, 行為の, 被害者同士の, 被支配者, 裁定が, 裏切者である, 製図家だった, 親友である, 観念論者であった, 解決者である, 解脱者である, 認識の, 誰でも, 谷クグと, 貨幣を, 踏切番であり, 身体と, 迂闊者であっ, 迷信らしい, 通訳者であり, 進歩の, 郡山は, 鎖鎌を, 關係者である, 阪中君は, 革命家であり, 頑固な, 麝香と, 鼓舞者であるべき

▼ 者です~ (471, 0.4%)

6331272217 から 5 からね, ぜ 4 もの 3 からな, から本当に, から自分, があなた, がこれ, が此, な, の, わ

2 [23件] かい, からその, からなまじっか, から一度, から其の, から死後, から真面目, がお, がちよ, がね, がまだ, が何, が少し, が旅籠, が日, が私, ぞ, との答え, ともやくざ者, ねそれ, ネエ, 人を, 併し

1 [224件] かあなた, かといふ, かねえ, からああ, からあした, からあの, からいっそ, からお, からおたがいに, からお仙ちゃん, からお嬢さん, からそれ, からただ, からって泰然, からどうか, からどうしても, からどんな, からない, からなにとぞよろしく, からねえ, からまちがっ, からまったくもう, からめったに, からもしも, からよろしく, からわたくし, からチョーク, からランプ, から一家, から不可解, から人達, から他, から他人, から代表, から何, から何時, から何気なく, から其積, から刀, から右隣, から名主様, から喜ん, から壁, から夏子, から女, から子供, から定めし, から家, から少し, から廓内, から弁護, から手, から打, から指名, から敵地, から新暦, から是, から権田時介, から此, から海, から牛乳, から田, から白状, から皆, から直ぐ, から籠, から罪, から自然, から自陣, から萩原様, から言葉, から逢っ, から遂, から鋏, から長浜, から面倒, から音響, がいろいろ, がお家, がお話, がかね, がかの, がこの, がしかし, がそういう, がそれ, がそれでも, がそれほど, がそん, がただ, がちょっと, がちよい, がついで, がどうにも, がどじょう, がなにぶんどうぞ, がねこの, がね綱田屋, がやはり, がわけ, がチーキャブ, がナア, がネ, がネ先生, が一晩, が一見, が一軒, が不思議, が丞相, が主人因幡守様, が九州人, が人ちがい, が今, が今夜, が今日, が他, が何ぞ, が何一つ, が何分家, が可哀そう, が唯, が大事, が大浦種則, が夫, が女, が女房持ち, が妻, が娘, が子供, が小梅, が平次, が幸, が弟子, が当家, が急, が惜しい, が戸外, が手, が手兵三千, が明日, が時おり, が時に, が根から, が此度, が氣, が泊め, が深い, が現在, が知人, が胆ッ玉, が至急, が菊之助, が藝, が表通り, が袁紹, が貴方, が連れ, が遮, が酒癖, が金, が雪, が願, が餓鬼, けれどもお, けれど殿様, しおと, しかし今回, しそれに, しだれ, し何より, し八方美人, し母, そこで我々, ただ時代, って, って本当に, という, といっ, とも, とタッタ一言, とフレ, と云う, と声, どう言ったら, なあなた, などと申せ, ねと野, ね留守中, ものね, もの妹の, もの折さえ, もの皆其様な, よお前さん, よただ, よというよう, よとっつかまえる, よツルリン, よ万才, よ悧巧, よ親分さん, わね, ア, サア先ず, 六郎左衛門殿が, 叔父は, 名誉にも, 夫だ, 夫は, 奥さん, 学校を, 実は茶, 宿を, 所天が, 斯くまで, 是だけの, 是までも, 松谷秀子の, 渡辺の, 無下に, 直情です, 秀子は, 私しも, 私の, 詳しく説き明かし

▼ 者にも~ (465, 0.4%)

4 知れ渡つて 3 それが, 注意し

2 [25件] あらず, あらず彼, あれ縁, すべての, せよ不義者, せよ笑顔, それぞれの, それを, よく気, ヒケは, 一年の, 低級者にも, 多少の, 巫女の, 技術の, 旅には, 汲取りを, 相当の, 知れ渡って, 神との, 被害者にも, 見る者, 訊き往来, 誰にも, 長い一生

1 [405件] あった, あらうし, あらざる, あらず小生, あるが, ある程度の, あんなに従順, いくらも, いった, いつのまにやら, いろいろある, いろいろ考えさせました, こうした天与, ここで, ここへ, この巴里, この発明, これは, これらの, こんな放浪児, さまでに, すこしも事, すすめる, せよあの, せよ一太刀, せよ今, そういう男, そうさせた, そうだ, そう申せ, そう苦しまない, そのよ, その匂い, その意味, その旨, その正確, その母子づれにも十分, その覚悟, その証拠, その通り忠告, それくらい, それ等の, そんな伝説, そんな男, たとえられる, たわいなくお, だまっといた方, つぶさに報告, つらからむ, どうにも出来ない, ないの, なお兵車, なか, なった, なったの, なつた, ならず全快, なりたいと, なりたくは, なりますまい, なりますまいし, なり得るの, なり食物, なる, なるべく多く, なれず学校, なれないであろう, なれます, なれる人間, なれん, なれ始めた, はっきりと, ひじり, まける心配, まして悲しんだ, またこの, またそれぞれ, また貴方, まだいくらかなり, まだ本当, まだ残っ, めずらしいほど, めつ, もう一言, もう少しまとまった, もっとも聡明, やはりそんな, やはり光ってた, ようやく懐い, よくわかります, よく云い聞かせ, よく判っ, よく申, よく言う, よく鑑賞, わかったと, わからせないよう, わからないこと, わからなかった, わかりません, わかるの, わかるはず, わたりを, システムを, パラノイアは, ピンと, ファニイにも, 一と, 一人の, 一休息腰を, 一律的に, 一日の, 一様に, 一理ある, 一生会わない, 一課を, 上品で, 上役にも, 之は, 了解し, 二人の, 云うごとく親, 云える, 云っちゃ, 五つ切れの, 亦, 亦道徳, 人払いの, 仏心が, 他には, 付け込む人間, 会いました, 会ったこと, 会ふ, 会わせよう, 会得の, 伝えて, 似ずそれら, 似た母, 似合はず理窟を, 似合わずしきりに, 似合わない乱暴, 似合わない尻, 似合わぬ, 似合わぬす, 似合わぬ痛い, 似合わぬ程, 似合わん不, 似合わん几帳面, 何かの, 何人である, 個性が, 候ふべけれ, 先験主義者にも, 入学資格が, 全く推し測り, 公平に, 共に至便, 共通なる, 其の目的, 其処で, 内々申し聞かせ, 出来ない, 分け前が, 分らない, 分らないの, 分りは, 分る立派さ, 分ろうが, 分配せよ, 刑法として, 初めての, 劣らない創意苦心, 動揺が, 十分な, 卑しむべ, 厚く報い, 参考の, 又いま, 又ひ, 又同じく, 及ぼされるべきもの, 及んだ, 双方便宜では, 受けが, 口止めを, 口留めし, 同じ効果, 嘆賞し, 嘉賞は, 四人の, 固く口止め, 国難に, 土室が, 地主にも, 外聞である, 多くは, 多分な, 夢が, 大いに挑発, 大きな問題, 大なる, 大体分った, 大衆にも, 大變便利, 好かれそう, 好意と, 好感を, 如才なく, 妻が, 子が, 存在し, 学問とは, 学者にも, 守る心, 宮刑を, 寂しいであろう, 察しが, 察せられた, 寡婦と, 尊敬され, 尊敬と, 小犬を, 小説家にも, 尚一種, 幾つかの, 弟子好きと, 強い者, 当りが, 当時の, 役者たる, 彼に, 彼ほどの, 彼自身を, 御流儀, 心から感謝, 心安く逝ける, 心当りが, 応用できる, 思われる位, 恩怨に, 悩み私, 悪者にも, 情を, 愛すべき者, 愛だけは, 感じられる, 感づかれては, 懇切に, 成れたの, 手勢を, 打ち明けて, 拒んで, 拘はらず彼等, 拝ませねえほど, 拡張し得る, 挨拶を, 振舞いたいから, 捜らせた, 掘り出し物を, 損失を, 搾られは, 操が, 数多あった, 斉しく出来ない, 新種を, 方々の, 旅の, 明らかに, 書かすと, 最も教養, 會ひました, 来観を, 根ッから, 構わず只管四方, 権式を, 機嫌よく, 次第に危ぶまれる, 正しからぬ, 気おくれ, 気がつかれないよう, 気づかれた筈, 気の, 気味悪い暗緑, 気組の, 氣が, 氣づかれず, 洩れて, 浪士達にも, 深く身, 滅多に, 演出者にも, 無く候, 無断で, 父兄の, 猶肌身, 珍らしい, 現實, 理智以上に, 用いられ本堂, 男にも, 町の, 留まって, 異議は, 疑いぶかい眼, 痛かった, 痛さ, 直觀, 相当に, 相当普及し, 相談し, 真に不仁, 真に人間らしい, 眼に, 着手の, 知らさないよう, 知らせて, 知られずに, 知れたので, 礼儀を, 神聖に, 私は, 程が, 種々親切, 等しく同感, 精神の, 素人にも, 紹介状なぞ, 続けられないの, 縁故の, 縄張の, 美しい感じ, 義から, 老人が, 聞かされた, 聴聞者にも, 職工たちと, 膳を, 自国の, 至って親切, 至つて親切で, 興味は, 色々の, 藝人にも, 藝術の, 行はれ, 行ふ, 行われ僧門, 裁きあれ, 見えまた, 見えるとき, 見せたう御在, 見せて, 見せとう御在, 見とがめられず一刀, 見られる, 見物が, 覚られなかったと, 親しまれず西洋こじき, 解散を, 言い付けて, 言ひ渡した, 言わずに, 計って, 訊いて, 訊き子供, 評判の, 話さない方, 話したが, 話せないよう, 詳しく話, 読みにくく, 読めるもの, 読んで, 読者にも, 諒解しえず, 議院の, 讃美され, 負けない気, 負けるな, 負担を, 資本王国の, 質し人, 身分相応に, 逢えば, 逢わなかった, 避難を, 酌量の, 重く感じられる, 降らせ給うなり, 除き尽すこと, 随ふ, 隔てを, 面会を, 面白く感ぜ, 頗る興趣, 頼みまして, 頼んで, 食べさせたいなどと, 飲ませる, 馬琴だけは, 馬鹿らしく見えた, 馴れよう, 骨が, 黙ってろ知らぬ積り

▼ 者~ (415, 0.3%)

74 んだ 60 のだ 45 んです 43 のである 37 のです 14 ので 8 のであった 6 のだろう 5 のよ 4 ので御座います, のは, んだらう, んだろう, んでしょう 3 のか, のかも, のであります, のであろう, んでございます 2 のでした, のでしょう, ので新来, のに忰, のね, んじ, んで, 物か

1 [72件] かりせば, けれどもその, さう, さうえ者, ざ殊に, の, のかと, のかなあ, のかね, のさ, のそれとも, のだった, のだらう, のであっ, のであり, のであれ, のでいまだに, のでお, のでお互い, のできのう, のでこの, のでございます, のでしかも, のでそれ, のでつい, のでどれ, のでね, のでよんどころなく, ので人づきあい, ので何, ので元春, ので光学, ので利根川, ので単なる, ので同じ, ので呼び, ので呼び掛けられ, ので宮, ので家, ので小, ので巴里唯一, ので平和, ので彼, ので案内, ので流石, ので細川一家, ので翌日, ので蜀, ので階下, のに, のにいつも, のにその, のにとかあの, のに引き, ものか, ものかね, ものだ, もんかと, もんだ, んざア七里, んでし, んでせう, んで巧, んで御座います, んで清元, ンです, 事と, 事を, 人に, 牛蒡でも, 男だけに, 者は

▼ 者であった~ (411, 0.3%)

10 ことは, のだ, のである 9 ということ 8 ことを 4 がそれ, のです 3 からだ, からである, がその, けれどもその, ところの, とすれ, のか, のは, ばかりでなく

2 [29件] か, かも知れない, かも知れぬ, からその, からで, から彼ら, かわたし, か売卜者, がここ, がこの, が今, が今日, が彼, が晩年, が自分, ことが, そうである, というの, ところから, にもかかわらず, に相違, のかも, のだろう, はずである, わけだ, 事は, 処の, 場合には, 関係から

1 [271件] ある日生徒, お人, かが判る, かという, かということ, かという事, かと云う, かと申す, かまた, かもしれず, かもしれない, かも解らない, からいつ, からし, からしたがって, からすぐ, からそこ, からまず, からアクロポリス, から分らない, から却って, から度々, から彼, から日に日に, から期待, から歟, から秀吉, から自ら王, から記憶, から飜訳文, かを云う, かを感じた, かを語っ, か彼, か或は, が, がいつか庸三, がしかし, がしかも, がひどく, がまた, がゆえに, がわし, がコレット, が余程, が併, が信仰, が信長, が僕, が元来, が共鳴者, が切下髪, が刑法上, が利己的, が医学上, が千葉先生, が司教, が嘗つて, が天性正直, が如何なる, が寛十郎, が心, が意外, が意見, が放蕩, が日本, が暫く, が村, が玉之助, が素迅, が腰元, が至って, が頬かむり, けれどいわゆる, けれどもやはり, けれども一方, けれども後進, けれども病気, けれどフィリップ王, けれど吟味, ことくらいしか, ことこれが, ことそれが, ことである, ことと, こととは, ことに, ことよ, こと一種の, こと善良な, こと彼が, し, しそれ, し日本, し民主的, し誰, そうで, その箱, ためか, ためしは, ためとても, ために, だが之, だけにお, だけに横川, という, というところ, というよう, という事情, という悲しむべき, という数条, という普通, といえる, としてもどうも, としてももともと, としても少し, としても正しく, としても雀, とは到底, とは言えない, とみえ, とみえる, とも片足神, と云う, と云っ, と云わね, と思う, と思われない, と想像, と見え, と見なします, と見るべきであろう, と覚え, と解せられる, と言いたくなる, と認められた, と説明, な, にせよ, にちがい, には相違, には驚いた, に違い, のが, ので, のであり, のであります, のであろう, のでした, のでその, ので主として, ので初め, ので足尾, のに, のに気, のみならず, のも, ひととして, ものです, ものと, ものを, よ, ようだ, よな, わけである, アンリ・ポアンカレの, インテリゲンツィアの, ガリレイや, ケプラー, ゲーテや, ゴーリキイに, サンプリス修道女が, サー・ヒュー・クロプトンの, シナ人と, シャポワロフには, シュライエルマッヘルは, シートンの, ソーニァ・コヴァレフスカヤは, ダ・ヴィンチは, ファシスト軍人によって, フィヒテに, ヘルムホルツの, ヘーゲル学徒マルクスである, マターファに, ライブニッツ, ライプニツによっても, ラサールには, ルソーの, ロオズ夫人と, 上に, 両親の, 中村武羅夫が, 中津川村の, 久万山の, 事が, 事を, 事ダ, 人々が, 人々は, 仏蘭西人が, 余は, 信一郎には, 僧肇の, 勝元に, 叔父は, 吾輩今日は, 商工省から, 場合が, 大塚保治博士の, 大工の, 大臣が, 大阪造幣寮の, 奈良奉行梶野土佐守の, 女子青年団の, 婦人が, 小塚ッ原の, 山内正俊閣下が, 山川菊栄, 巫女婆です, 当も, 当時の, 彼は, 彼女に, 彼女の, 従ってそれ, 所以は, 政治家が, 文学者の, 方が, 明恵上人や, 昔の, 時の, 時代という, 時代那覇の, 村松検事であった, 梓山の, 武士の, 武者小路実篤が, 民主的文学者に, 江上さんも, 洋画家小糸源太郎氏が, 清瀬一郎弁護士が, 父, 父の, 田部君で, 白鷹久美子夫人は, 直義は, 矮短な, 祖父さんは, 私が, 私たちが, 私にとって, 立派な, 筈だ, 精神病の, 興行主と, 良持の, 茶袋の, 蔵原惟人小林多喜二宮本顕治らの, 蘇我一族は, 蘇我氏の, 西鶴が, 証拠である, 責任上人一倍, 辻潤の, 過去の, 釈迦が, 長に, 青年団と, 青木が, 青木は

▼ 者とは~ (406, 0.3%)

4 思わなかった, 異って, 違う 3 何の, 違います, 違って

2 [22件] いえない, いわれないの, そういうもの, ちがう, ちがうの, ちがって, なって, もはや単なる, 云われない, 何事じゃ, 思えない, 思わなん, 知らなかった, 知らなん, 私が, 聞いて, 認めて, 誰ぞ, 誰な, 誰にも, 誰の, 限りません

1 [341件] ああいう, ああした, いいながら, いうものの, いえないこと, いえなかった, いえまだ, いえ一度, いえ武者烏帽子, いえ絶えたる者, いかに年老い, いくらか, いっそうよく相, いったいどんな, いつの日も, いはれないに, いへ, いわなかった, いわぬ, いわゆるエタ, いわれない飽くまで, うけ取れまいと, おくびにも, おのおのその, おのずからちがう, おのずから話, およそ對蹠的, お會, かくも, かねがね聞き及ぶ, かねて, けだし永遠, こうも, ここで, この人, この篠ノ井, この腕, して, しない一部, しばしば同じ, せぬ, そう屡々逢えない, そちの, その土地, その時, その柔軟, その靈感, たがいに, ただお, たちの, だいぶ距離, ちがいます, ちがった人間, ちがった特殊, どういふ, どうした, どうしても相, どうしても見えない, どうも話, なにを, ならざるべし, ならないまでも, なり得ない, なるけれど, なれソープ村, なんだ, ふだんいっしょに, ほかならぬ, ほとんど口, ほとんど常に一致, まことに怖, ますます出で, まず旧友, まったく別人, まったく無縁, まったく馴染み, まるで別人, みな武家であろう, みんなあなたの, もと京都東山の, もと区別, もと印度語, もはや彼, やつぱりちがはざるを得なかつた, やや冷淡, やや離れ, やわが, よく凌ぎ合わん, よく知りぬい, ギッシリ観客席を, テストを, フィヒテが, 一しょに, 一ヶ年と, 一体何であらう, 一緒に, 一致し, 一致する, 一身同体だ, 一面観客の, 与える者, 主として神曲示現當時, 事情が, 云いながら, 云えない, 云え兎, 云は, 云ひ, 云ひ得ない, 云へる, 互に手, 京都の, 人も, 今まで, 他の, 似ても, 位置を, 何だ, 何です, 何という, 何を, 何者である, 余程体格, 信じきれて, 信じて, 信ぜざるが, 個物を, 偶像破壊者だ, 全く別物, 全く異, 全く異なり, 全く調子, 全然異, 全然関聯点, 八幡平の, 共に同様, 共に大事, 共に詩, 内容が, 再び日本, 凡て試錬の, 分かれわかれに, 初對面, 別々に, 別であった, 別な, 別に住ん, 別人でなけれ, 別個の, 別種の, 到底思われぬ, 北山の, 区別され, 十年も, 千里を, 却って語りあう, 原則的に, 口も, 同じもの, 同じ単位, 同じ米, 同じ自然的環境, 同じ賤者, 同一人, 同席せぬ, 同行を, 哲学を, 問わずして, 善人なり, 土橋を, 地の利において, 塔を, 多くの, 多く同, 夜ど, 夜どおし身の上, 夢にも思つて, 大いにちがっ, 大いに異, 大に, 大理想家, 妥協の, 存じましたが, 察しられながら, 尊者の, 少々人種, 少しも, 少し訓練, 尚侍も, 巡り会わずに, 常にぴったり心, 弱いという, 彼らの, 御同視, 必ず憎むべき, 思いながらも, 思いませんでした, 思い得ぬかも, 思えず当時, 思えない程, 思えませんでした, 思って, 思はず人, 思はないで, 思はれなかつたの, 思わない, 思われない, 思われないよう, 思われなかった, 思われぬの, 思われぬ明朗さ, 思われませぬ, 思われませんよう, 思想運動が, 恰かも, 悪人なり, 想像しなかった, 愉快だ, 或は稍趣, 所謂, 手に, 手を, 打って, 承知の, 持ちつ持たれつなるほど, 断じて言えない, 日の, 日常お, 明らかに, 昔多少, 時計の, 最初は, 最近数年の, 有縁の, 木曽の, 本来平等である, 本質を, 様かわり, 権力の, 殆ど見分け, 殆ど見分けも, 段式が, 段違いの, 永遠なる, 汚れた服装, 決して云え, 決して同日, 決して間違, 法を, 清教主義者と, 無機的要素を, 無論大衆, 独立な, 申しましても, 畢竟, 畢竟そういう, 異つた法, 異なつて, 異なる他, 異る, 眼で, 睨み合ったまま, 知って, 知らずに, 知りあいと, 確か天王寺, 社会問題の, 社会的に, 社会的支配層の, 私の, 称び憎く, 第一, 素, 結婚したがらねえだろう, 結婚出來ない, 縁が, 縁の, 縁を, 聊か違う, 聞捨てが, 育ちがちが, 腕を, 腹を, 自らかたち分明の, 自ら容子が, 自己の, 茶を, 茶店で, 行動を, 見えざるなり自, 見えない, 見えないよう, 見えなかった, 見えぬ和やか, 見えぬ女性, 見えぬ物腰, 見えぬ美しい, 見られませんよ, 親しくまた, 観点の, 言い難い, 言えないと, 言えますまい, 言ひ, 言ひでふ, 言ひ兼ねる, 言へ, 言わない, 言わん, 話合つた, 認められないであろう, 認められまい, 誰か, 誰だ, 誰と, 誰も, 變つて居つた, 趣を, 距離の, 踏めなかった, 身分が, 較べもの, 道路を, 違いますからね, 違います海賊, 違い起居, 違うじゃ, 違うぞ, 違うん, 違ったものの, 違った頭, 違つてゐた, 違ふ, 違ふと, 関はりなく, 限らないん, 除外され, 面白いね, 頭の, 驚きました, 黙って

▼ 者らしい~ (382, 0.3%)

11 ところが 8 のが 7 男が 6 顔を 5 男です 4 眼を 3 うちに, ね, のを, ものが, 人が, 娘が, 様子を, 顔も

2 [23件] がその, くせに, ところは, ところも, な, のだ, のです, 一人の, 三十男, 人々が, 人物が, 声を, 女が, 女と, 影が, 微笑を, 所は, 点が, 男で, 突飛な, 者が, 薄情さを, 風格の

1 [271件] いい例, いい話, うちにも, お北, お品, お方が, お米, お職人衆, かはり, から, からけっして, からむざむざ, から容易, から町方, から肝, から自分, が, がこれ, がなぜ, がなんと, が何処, が同時に少し, が妙, が容姿, が生国, が着流し, が證據, が釣り, ここの, ことは, この方法, じゃない, ぜ, そのお上さん, ぞそして, という, ところを, との判定, と僕, と思われる, なと思った, ので三位卿, のは, のも, のよ, ふうに, ふしが, ものと, ものも, ものものしい顔, やうです, よい機嫌, んでどれ, イヤな, ゴルフズボンで, タイプ, ハイカラな, ハッキリと, ヒガミ根性の, ヒロイズムや, 一人が, 一図に, 三十男が, 三四人の, 上品な, 下女の, 不利な, 中年の, 中年女, 主人の, 事は, 二人が, 二人の, 五十前後の, 人は, 人も, 人を, 人声が, 人影が, 人達と, 人達は, 人間の, 位地を, 位置に, 何でも, 併し, 侍が, 侍と, 侍な, 侍に, 信用でき, 働き手の, 僧は, 優男で, 冷徹な, 則ち, 剽軽な, 労働者会社員よりも, 匂いが, 口の, 口ぶりである, 口を, 口吻を, 可能性を, 品の, 唇が, 喜太郎に, 嘲弄半分の, 地が, 地味な, 型を, 大柄な, 奉公人風の, 女で, 女である, 女でした, 女に, 奴だけは, 好感の, 妖艶な, 姿に, 姿は, 威厳と, 威厳を, 娘の, 子供が, 宇兵衛は, 小粋, 少年が, 常識も, 年かさの, 年増の, 年寄りが, 年配の, 強かな, 強権を, 御岳講の, 心もちも, 心を, 恰好で, 恰好に, 悪性な, 悲痛なはためき, 愚痴を, 愛嬌者で, 感が, 感じが, 感じの, 感じを, 感傷に, 態度が, 態度で, 態度に, 手落ちを, 扮装で, 投げやりな, 旅の, 旅人が, 旅芸人が, 日和見戦術で, 服装を, 林太郎の, 植野誠一でした, 様子で, 様子でした, 様子も, 樂隊が, 武士が, 歩みぶり, 母代わりの, 母親, 氣さくな, 氣輕さで, 沈黙の, 治三郎でした, 洞察, 洞察の, 浴衣がけの, 淡泊さと, 溌溂味, 無私を, 無遠慮さで, 爲事の, 特徴の, 男がの, 男ださうです, 男とが, 男に, 男の, 男は, 男も, 男や, 男を, 町家の, 疲れと, 白衣の, 百姓風や, 眼の, 神経質な, 穏健な, 笑いを, 精神病者や, 素ぶりである, 総右衛門, 總右衞門も, 美人で, 老人が, 老人とが, 老夫婦, 老用人, 者は, 者も, 聰明さでしょう, 肌合ひ, 脛一本の, 自主の, 自然科学者の, 色の, 若いので, 若い女性, 若い小意気, 若い旅びとが, 若い男, 若侍, 若者, 茶谷金弥が, 荒唐無稽を, 落着いた, 落着きを, 藝者だ, 藝術家氣質が, 血気盛りな, 視線で, 触れ方であった, 言葉じゃ, 話である, 調子が, 調子で, 身なりの, 身振りを, 造作が, 醜女で, 鈍重な, 鋭い口振り, 鋭い疑問, 雄々しさ, 青年の, 静けさが, 非精神的, 面影も, 面持を, 音を, 音声を, 頑固さが, 頭巾袖なし, 顏を, 顔つきを, 顔や, 顔付の, 顔付を, 風で, 風体の, 風俗であった, 風俗の, 風貌が, 飛躍を, 高い匂, 高い匂い, 髯の, 鳥打の, 鳥打帽をか

▼ 者なら~ (358, 0.3%)

7 んと, 誰でも 6 ばその, んや 4 ば, ばそれ, ば何, んには 3 ばどう, ば誰

2 [15件] ばこの, ばこれ, ばこんな, ばすぐ, ばともかく, ば先ず, ば当然, まだ結構, むや, もう少し人間, んとは, 余は, 私の, 裏切者らしく振舞う, 誰にだって

1 [280件] ああ感じる, あの旦那, あの晩, あぶなかった, あんなこと, お武家町人, かえってそんな, かならずわかる, かの自称目撃者, こそ商売, このへん, このむす, この叫声, この首, これだけ, こんな乾いた, こんな手数, こんな手數, ざらんや, しばしば経験, そういう寄生虫, そうする, そう何, そう打明け, そのころ旅, そのため, その土倉, その望む, そりゃ観, それが, それで宜, それについて, それへ, そんな五十円, そんな氣, たいてい見のがす, たしかに患者, ただ感歎, たったそれ, たった今町, たとえ犯跡, たとえ英吉, だれが, だれであろう, だれでも, だれにでも, でいと, では尼, とうに初太刀, とうに悉皆洗っ, とっくに気, ともかく官兵衛, ともかく自分, どうか早く, どちらかに, どつち, なおのこといい, ね, ねど衆, ねばか, ばああ, ばあなた, ばあの, ばあまり, ばいざ, ばおや, ばけたたましく, ばさ, ばすべて皆尊むべ, ばせっかく, ばそう, ばただちに, ばだれ, ばちょうど, ばとても, ばともに, ばと預けおいた, ばなかなか, ばなに, ばなるほど, ばまあ, ばまずとやかく, ばようやく, ばイギリス, ばエンジン, ばグレ, ばプロレタリア作家, ば一人, ば上野原, ば不, ば世の中, ば之, ば事実, ば人, ば人生, ば今度, ば何人, ば其弊, ば其者, ば出来, ば刃, ば割る, ば労働者, ば又, ば吾妻鏡, ば呉, ば問題, ば国歌, ば嫌, ば容認, ば少し, ば居所, ば屹度気絶, ば庶民, ば弱く, ば彼女, ば意見, ば扶けら, ば文学者, ば既往, ば日本, ば村山氏, ば正目, ば直ぐ, ば眼, ば知らず, ば科学, ば経験, ば老人, ば臨時, ば自分, ば話し出し, ば認めきれない, ば誰か, ば諸君, ば身, ば都, ば長崎, ば飛びあがっ, ば驚い, ひと目みた, べつの, まだいい, まだ憶え, みんな好きだった, みんな知っ, みんな親類づきあひ, もう彼ら, よう知っ, よかろう, わが子が, わたしを, ん, んか, んただ時の, んも, んを, ん乎, ん故に, ん生田は, ん遠から, イヤに, ゾクッと, パリーにも, ヤクザの, 一と, 一兵卒同様に, 一大事の, 一年が, 一日も, 一目で, 一顧も, 三十分で, 下手人は, 二十歳の, 互方の, 人口ただの, 他にも, 会得せざる, 何ぼ, 何も, 何より先, 何んで, 俺は, 偏見を, 傷口の, 先ずチベット語, 先へ, 先生も, 兎も, 其の中, 判断し得る, 助けを, 労働者の, 勝ち負けは, 勝負けは, 口止めは, 叩っ切る, 可い, 吉原を, 向うから, 否定しないであろう, 吾, 囚人を, 奇蹟を, 好きで, 定めしわれ, 宜いよ, 宜しい何, 宮方随一の, 宿命に, 察しが, 少しも, 年齢は, 幾許買っ, 強盗であろう, 彼の, 心に, 悩乱悶絶は, 悪と, 折角の, 拙者を, 日下部太郎が, 早く引き越し, 望みに, 格別弁信さん, 機械を, 歓迎する, 此の, 武骨者らしゅう飲んだ, 歯がゆく思った, 江戸に, 池の, 決して窃盗, 決して立派, 沢山いるだろう, 法事や, 浴衣の, 町内の, 疑いを, 癩病人の, 皆そんな, 直ぐ直つち, 直に感じ得る, 眼を, 神様に, 私でなけれ, 私一人かと, 立派な, 笏も, 背中の, 腰を, 自分の, 自分も, 自殺に, 良人として, 芋刺しに, 若い者, 若き日, 苦笑せず, 血に, 誰しも, 誰だ, 誰でもが, 誰にでも, 谷から, 蹌けて, 辛抱なさい, 迷惑です, 逆に, 逆上する, 逸早く安全, 遅かれ早かれ終, 遺骸を, 鎌倉の, 隨分忍び込めない, 類は, 馴, 高利貸でも, 鷲みたいに

▼ 者という~ (335, 0.3%)

41 ものは 37 のは 10 ものが 9 ことが 8 ことに 7 ものを 6 のが, ものの, ような 3 ことで, ことは, やつは, 意味に, 方が, 言葉は, 風に

2 [16件] ことを, のも, のを, ものも, もんは, わけで, 印象を, 名を, 形容詞を, 意味で, 意味であった, 綽名を, 者が, 者は, 訳で, 評判を

1 [152件] あの階級, お見立, お話でございました, こと, ことから, ことであった, ことであります, ことである, ことばは, この突発事, これまで, これ未だ, ところに, のである, のであろう, ふうに, ものだ, ものには, ものに対する, やつが, ように, わけじゃ, わけだった, わけだろう, わけにも, んだ, んです, ウス汚れた, 一事に, 一匹の, 一般的な, 一語に, 一語を, 上から, 不思議な, 世評すら, 中にも, 事に, 事を, 事実を, 二つが, 二つの, 人は, 令嬢の, 以外に, 仮面を, 仲間に, 任務が, 個人にとっての, 先入主の, 吉田兼好に, 名は, 名も, 名誉を, 商売が, 変り種非常に, 奇体な, 奴が, 奴でしょう, 妙な, 字だって, 字に, 字を, 孤独の, 学者の, 専門に, 専門の, 専門家の, 形, 形にさえ, 影の, 役, 思想は, 恐ろしい犯罪者, 恰好だ, 意味, 意味だろう, 意味であります, 意味の, 意味も, 意味を, 意味深い, 意識が, 感じで, 感じです, 感嘆を, 態度を以て, 戯作者立派な, 方から, 時には, 普通の, 書類を, 有様だった, 格で, 案内者が, 概念が, 概念には, 概念は, 概括の, 様な, 次第でも, 正確な, 汚名を, 洋学者は, 点から, 点で, 特別な, 特殊な, 生ける人間, 男が, 疑いで, 破壊活動者が, 程でも, 程度の, 立場からばかり, 立場て, 立場の, 範囲に, 範型は, 美名に, 美名の, 老練冷静な, 者の, 職業自体を, 自分の, 自身の, 船頭に, 若い者, 萎縮の, 言葉が, 言葉に, 言葉を, 訳じゃ, 訳です, 評判で, 評判であった, 評判に, 評判の, 話も, 語義だ, 調子が, 身の, 輩ほんとの, 通称で, 醜名から, 金箔を, 関係であった, 難かしい, 面へ, 項目には, 風な, 風采の

▼ 者~ (322, 0.3%)

8 向って 4 いった

2 [11件] いうとも, いきなりそんな, それを, 向かって, 呶鳴った, 報告する, 対しての, 行って, 話しかけた, 返して, 金を

1 [288件] あらゆる方法, ある年限, いいつけた, いう大声, いちいち, いったとき, いって, おいいつけ遊ばせ, おいそれと百両, お下しなさる, お伝え願いたい, お疑い, こうたずねた, こう云った, こう語った, こっちから, ことづてでもして欲しい, こんなこと, こんなしがない, こんなふう, ごさいそく, ご大望, さげたり, さしずに, さすが宜かろう, すがりつく本能, すぐ命じる, すぐ訊ねた, すっかりまかせ, せわしく話した, そう会釈, そう伝えれ, そのとおり, その用意, それぞれの, たくさんな, たずねた, たずねると, ただ恩典, たのむよう, つき出した, であり理論家, とどけて, どなった, どなって, どんな色目, なぜ早く, ぬかりなく, はなしかけた, ひとりが, ぶつけた途端, ほどよく口, まだ身素姓, むかって, やさしく, やっぱりすがろう, ゆうべの, よく目, よびかけて, わしの, われから, ズカリと, チラと, ツラく, トントンうちかかる, パリ本店において, ホホ笑みかける, 一ケタ上った, 一手ずつの, 下して, 不知哉丸の, 不義の, 不興を, 与えられるもの, 与えるという, 丞相たる, 両手を, 乾雲丸に, 事を, 事務引継ぎの, 云いふくめ加賀屋, 云い出した, 云い放った, 云い散らし陣営, 云い渡す, 云えば, 云った, 五十両相渡すべき, 仄めかして, 付けては, 仰せられた, 伏せ渡しに, 会うて, 伝えられて, 伝えるの, 伝へて, 伝達する, 何か, 何くれと, 何の, 何やら大声, 使者の, 例の, 備えたが, 傷を, 先に, 再婚した, 冗談半分に, 凝らしながら, 出駕, 刎ね, 力を, 加担せぬ, 助勢を, 十六貫目の, 千フランの, 千万遍の, 千円の, 印綬を, 即売に, 原稿料を, 厳命し, 口ど, 各, 合図を, 同情を, 向い, 告げた, 告げるの, 呟いたと, 呼ばわりながら, 命じかけた, 命を, 噺を, 壁土を, 売りました, 売る路, 外聞が, 外聞という, 好誼を, 妹を, 嫁いで, 実は旦那, 宮の, 寝返りを, 対して, 対しても, 対するよう, 對し, 小六は, 届けて, 差し立て願いに, 幸運を, 庚申の, 廻ったとか, 引っ返せと, 弥生を, 強いて, 強っての, 当たると, 形見として, 得々として, 御相談, 念が, 怒ッ, 怖ろ, 急きたてた, 急げと, 戦いを, 手あいずする, 手を, 手渡しすれ, 手渡すこと, 手渡す一卓, 手紙を, 打つか, 投票する, 持ち出すかも, 持って, 挨拶する, 掛ければ, 操を, 教えて, 料理の, 新しい問題, 施し半分, 早速使い, 明神様は, 朗らかな, 本を, 来意を, 歎き, 死んだ女, 江戸一左右次第急速御, 沙汰を, 河原でも, 注意し, 注意した, 深いひとみ, 渡される, 渡しかく, 渡して, 渡す謝礼, 渡りを, 無理を, 特権を, 犬神が, 申し入れると, 申し聞け置く, 申し送ったもの, 白布を, 目くばせ, 目皺で, 直ぐ品物, 直にたずねた, 眼くばせし, 眼くばせした, 眼くばせです, 眼で, 知らせるという, 示すと, 礼を, 私から, 笠を, 答えた, 答えながら, 粥や, 紹介し, 結びついて, 線香一本上げる, 縁が, 纏頭に, 老いたるは, 自分が, 自分の, 色褪せた唇, 苦々しい語気, 草稿を, 蒼くなっ, 虫が, 蜀江の錦一匹ずつ, 裏から, 要約される, 見せた, 見参見ろ, 観客の, 言い置かせて, 言った, 訊いたが, 訊かせたの, 訊ねて, 訴えていう, 話して, 語りつたえる風, 説いた, 警戒の, 責任を, 貸して, 賣渡せば, 贈物としての, 近侍の, 返さなかったという, 返し遣はすと, 返金の, 迷いを, 迷惑を, 送って, 送る総数, 逆よせ, 逆らったこと, 遺すという, 配った, 配布した, 酒の, 酒肴の, 酷すぎます, 重ねて, 附着せしめ, 陳情に, 静かに, 順に恩賞, 頼んで, 顎で, 顔を, 食糧飲料水を, 首は, 馬の, 馳走を

▼ 者~ (292, 0.2%)

7 何か 64 どうか, 何かの 3 さもなく, それが, 余は, 内務省の 2 それは, 外の, 然ら, 知らぬが, 警察かが

1 [249件] あの家, あぶなっかしい身の上, あるいはまた小, あるいはヒステリー患者, あるいは労働者, あるいは女関係, あるいは少し, あるいは指揮者, うす甘い哲学者, え他国者, おまえは, お師匠, お浦, お紺, さもなければ一向, さもなければ哀れむべき, さもなければ自分, すっぱり取糺し, するとも, そうでなく, そうでなけれ, そこは, そして何, そして朝鮮, そのくらいの, その人, その他類似の, その判断, その家族, その折, その辺, それとも, それとも何, それとも偉い, それとも天, それとも天下, それとも河童, それとも聾者, それとも遺骸, それに, それも, それらの, それを, そんなこと, たまに中層, ためして, ために, だったらひしがくし, ちっとも心当り, でありすぐれた問題作, であること, でなきゃ恐ろしい, でなきや, でなければずうっ, どうもえらい, どこの, ないしは先天的犯罪人, なぞの, なんかが, なんかの, なんか暇, ぱっと面, まずそれ, またはその, またはそれ位, または主人, または労働者, または有力, むほん人か, もしくは狂人, もしくは矮小, もつと, やうな, よそ者かの, わからないが, わからぬ, われら実に, イエお, ゴロ付きの, ッ, テムズの, 一人陸に, 一向に判りません, 一生懸命背伸びし, 一種の, 三疋の, 上役の, 上方の, 不とどき者か, 不良青年にしか, 世間を, 主人持か, 予想の, 事に, 二つに, 亭主か, 今なれ, 他人の, 他県, 何かが, 何かと, 何かに, 何ぞでございましょう, 何ぞの, 何でも, 何んかで, 併し, 信じられぬ者, 偽者か, 先刻飲込んだ, 公式主義者の, 共犯者と, 共産主義の, 其お寺の, 其の潔白, 其の辺, 内に, 内の, 冒険者なら, 出入の, 分らず, 分らないけれども, 判りましょう, 別に手がかり, 別の, 前科を, 労働者かは, 勤番者か, 卑怯者でない, 又は殆, 否かが, 否かは, 問答し, 喧嘩狂か, 土地地主か, 地廻りの, 城外の, 外から, 大山師, 大概一と, 大部屋の, 夫は, 女より, 妖術師であった, 姓名も, 姓名を, 定綱には, 家中の, 寺の, 将た, 小菊や, 小身の, 山伏の, 島人かの, 差当り其家へは, 幕府の, 店の, 強力か, 彼奴め頭の, 後生者にか, 徹底した, 怪むべ, 恭に, 愚劣な, 懶怠, 成る程ソリャ数年前, 成金か, 或いはそれ, 或いは又大, 或いは正直者, 或いは階下, 或は, 或は村里, 或は武士, 或は見馴れない, 手下が, 故買者か, 敗残の, 昨日横浜へ, 時々に, 更に知る, 替玉か, 此の, 此方は, 此疑が, 歩む足, 殺人鬼か, 江戸らしい, 父兄かと, 爾し, 物置きの様に, 男色か, 画家かでも, 畫家書家など, 痩た, 発明家か, 白痴で, 百姓の, 皆目そんな, 真に此, 真逆, 知らないが, 知らなかったし, 知らんけれども, 知れやしない, 知れんが, 石か, 碌で, 確かめて, 神に, 秀子は, 科学商人の, 老人は, 聖護院派か, 聞かなくッ, 職業的に, 能く, 腹の中は, 臆病者か, 色魔か, 茶番の, 蓮葉者の, 蘭法医でも, 西域地方を, 西軍へ, 親しいもの, 親戚の, 解らない其処, 訳も, 誘拐者なんぞが, 誰が, 足利どのの, 足軽の, 軍国主義者の, 迷いの, 通ひ, 遠方の, 野蛮人だ, 金に, 金を, 銜, 銜その, 陸尺ぐらいの, 非常な, 面識でも, 風来坊か, 首斬り台に, 馬鹿者だ, 騙児

▼ 者との~ (290, 0.2%)

32 間に 10 間の 8 間には 5 区別が 4 関係に, 関係を 3 距離は

2 [17件] あいだの, ことだった, 二つに, 二つの, 交り, 交際を, 共同を, 共同製作である, 勢力争いで, 区別でも, 尊卑長幼の, 意見を, 獄中での, 結合を, 聯關を, 話の, 関係が

1 [190件] あいだへ, いきさつも, いわゆる利益分配, ことだけを, ことを, ごとき自在, それでなくなっ, たたかいは, ために, どツ, ふたりの, ほうを, ほかに, ほかには, み覺, み関聯, ツナガリには, 一席も, 一致した, 一致を, 一致をも, 一致協力それが, 一貫した, 三人を, 不一致では, 両方から, 両極を, 両者に, 中の, 中間者である, 事務上の, 二つある, 二人が, 二人には, 二人は, 二人を, 二派に, 二重の, 二陣営の, 交はりが, 交はりによ, 交渉が, 交渉に, 交渉の, 交渉乃至, 仲に, 会話を, 会談で, 会談なんぞに, 伝説の, 光を, 八百長, 共同として, 分類が, 初夜に, 別ある, 別は, 別れが, 利潤も, 割合を, 区別ある, 区別では, 区別は, 区別も, 區別が, 區別は, 協力が, 協同によって, 双方に, 合一では, 合一を, 合作とは, 同盟による, 名声を, 名聲, 名高し如何なる, 喧嘩を, 場合で, 境界は, 大問答, 姿が, 嫉視争闘の, 宇宙觀は, 完全なる, 実際上, 寂しいなぐさめである, 寂しい慰め, 密接な, 対抗も, 対照は, 対立が, 対立である, 対立に, 対立の, 対話も, 小差を, 差には, 影が, 往来も, 御さげすみ, 心の, 心境に, 必然的な, 必要な, 応待が, 意志の, 意識的な, 感情が, 戦だ, 截然岐るべき, 手中に, 折合近所の, 持つ社会的世間的条件, 接觸や, 推移を, 提携の, 数は, 数を, 文通の, 新しい党, 更迭以外に, 期待に, 本当の, 本質は, 比例によって, 比較に, 比較を, 混乱が, 無益な, 爭ひとなる, 物の, 生活上の, 男の, 異る, 直接的なる, 相剋を, 相違であろう, 相違によ, 相違は, 眞の, 矛盾即ち, 破談社会的の, 立場の, 競争において, 精神が, 結びつきは, 結合に, 結合は, 結合的努力の, 結婚は, 結晶である, 色覚の, 葛藤の, 融和を, 血潮が, 話ぐらゐつまらぬものはないと云つた, 談話は, 談話を, 距離が, 身の上に, 過去の, 違ひだ, 違ひといふ, 郷土や, 間からは, 間が, 間ずっと, 間で, 間では, 間にさえ, 間にのみ, 間にも, 間の子を, 間を, 関係にも, 関係によって, 関係の, 関係は, 関係よりも, 闘争において, 關係から, 關係においてのみ, 關係によ, 關係交渉に, 附合い, 附合いです, 階級が, 階級的混成指導部によって, 隔り, 順位という

▼ 者ばかり~ (259, 0.2%)

2018 だった 15 では 13 である 8 であった 5 だが, です, ですから, なので 4 だから, でしたから 3 であつ, でございます, ですよ, なの, なんだ, 住んで

2 [11件] たまたま旅人, であったから, でありました, であるが, でした, ですが, でただ, でも, らしい, 一番短い, 大人で

1 [117件] いるの, かたまったもの, じゃ, じゃった, だからな, だし, だそう, だったから, だったが, だと, だのう, だ久保井先生, だ本当に, だ若し, で, であたり, であったかも, であったが, であったけれども, であったので, であったわけ, であります, でありまするから, である證據, であろうか, でこれ, でこれ以下, でこんな, でご, でごく, でござんすから, でごろりと, でさ, でしたが, でしめっぽく, ですさまじい, ですぜ, でその, でない日本国中, でなくあらゆる, でなくひろい, でなくよめ入, でなく偽者, でなく土肥実平, でなく多く, でなく女湯, でなく学ぶもの, でなく寺, でなく新派俳優, でなく昨今, でなく機会, でなく氷河関係, でなく聖者, でなく讀者, でなんとも, でね, でほんとに, でまことに, でもう, でよかっ, でよく, でツァンニー・ケンボ, で一角, で仕方, で何と, で同じ, で彼ら, で御座, で押すな, で権大納言, で死者, で民部, で浪人者, で甲, で疑は, で若々しい, で茶話会, で身, で逃げ, ならプロメシュース, なら頼もしい, なん, なんで, ひしひしと, めいめい鞘を, わずか十三騎, 六人が, 六人を, 出して, 出場する, 募り候, 多い, 多いくせ, 多くなった, 多くなる, 大さわぎし, 宵の, 寄合ふ, 居る, 居るとは, 弟子に, 手に, 手廻しの, 扱い狃れ, 揃ってるん, 故もし, 数名を, 数百名ずらりと, 残り留れり, 沢山殖えたら, 生きぬという, 縛るとは, 這入る, 遠慮は, 集つて一致し, 集まるもの, 頼んで

▼ 者あり~ (225, 0.2%)

4 といえ 3 あるいは人, てその, と聞く, と聞け, と雖

2 [11件] という, といふなら, とせ, ともそ, と仮定, 和歌にも, 因て, 我輩も, 浪人らしき, 現に我輩, 而も

1 [184件] あらゆる森, あるいは商売, あるいは旅行, あるいは欺く, あるいは銭, いわく, か, けん, この者, これを, これ国教宗の, されど他, しかのみ, しかるに主君義貞, しかるに貧民, じつに社会各層, せっかくの, そのうち, その外春月, その罪, ていず, てうるさき, てともかく, てはるか, てイエス, て一時, て上, て之, て先人, て募り, て區別, て君ら, て地方官, て学, て引, て文武, て朝議徐輝祖, て此, て淋し, て物産, て王, て生き, て當時, て肉体上, て自分, て自由, て起ち, て頻, という自分, といふ, といふ吾人, といへ, とか, としたら, としても不正, として十万人, とする, とするなら, とすれ, とせむか, とせよ, とのニュース, との信仰, との報知, とはありがた, とはこれら, とも知らず, とも知らぬ, とも覚えず, と伝へぬ, と傳, と悟っ, と感づいた, と感づいたであろう, と曰はず, と由具観, と知っ, と知った, と知られ, と知られたる, と聞いた, と聞かず, と蟋蟀, と見, と言う, なお未だ, ながら幸, の感懷, はなはだしきは, はなはだ心得違, また人死, また弓, や, やまた, や信仰, や大, や彼, や生命, ダンテを, 一同大, 三味線の, 上下面白き, 下駄唐傘や, 不具なる, 主人遠くより, 二年に, 些の, 何, 何ぞや, 共に祖先, 共に身, 其を, 其宗教に, 其辺に, 勇より, 即ち卑彌呼, 卿等と, 口中に, 向が, 吾人, 吾人は, 商を, 国乱を, 士を, 夜は, 大預言者, 天下の, 太孫の, 姦婬の, 娘を, 字里行蔵を, 学校設立の, 実に勝手, 小預言者, 山岳之, 常に人世, 強訴を, 彼に, 彼処へ, 徳川の, 慢行すべき, 我に, 或いはもう, 或はまた之, 或は一刀, 或は夜半鐘, 或は宗教, 或は戸障子等, 或は白木, 或は自, 或は蘇州, 折節千々岩は, 提灯を, 教育の, 文字改革の, 日曜日の, 是前, 智より, 書畫骨董を, 曾祖父を, 月島星島桂島踞せる, 東京より, 横合より, 歌ふも, 洋書を, 清州の, 熱帯地方に, 熱意を以て, 爆発弾を, 理よろしく, 相伝え, 石を, 私は, 罪人等胸にて, 美服美食に, 羨ましくて, 艦員皆怪, 誠実忠信, 貌唐人に, 軍人あり, 進歩主義を, 遊藝を, 閑居を, 頭を

▼ 者なる~ (222, 0.2%)

10 ことを 8 事を 4 ことは, ものが, を, 可し 3 が故に, ものは

2 [20件] か, かを見, がゆえに, がゆゑ, が如く, が如し, が此事, にこの, に似, に理窟, ものの, ものを, をしるべし, 勝平がた, 可く, 哉, 哉文学者なる, 某伯, 者は, 若人は

1 [142件] おにの, かと問わ, かな, かについてはなお, かを疑い, かを疑ひ, か吾人之, か或は, がため, が何月何日, が姓名, が日本人, が明治三十一年一月余, が此粉本, こと, ことなり, ことほ, ことをも, こと之, こと十分に, こと明なるべし, こと明なれ, この自然児, ぞ, にこんど, に不都合, に古, のゆえ, の故, はなお, ものあり, ものにのみ, も余, も其名, やをこれに, やを斷定する, や博士, や未だ, や真に, ゆえに, よ, より自然同地, われわれには, をさだか, を以て之, を以て往々, を以て理性, を又, を問はず, を早く, を知らず, を知れるなるべし, を示す, を論じ, を顕したけれ, イエスは, カアライルの, ゲオルク・シューマンの, ジェコブの, ステーシコロス, ダルダノスを, ハンス, ベルリンチオン・ベルティ, マルシャンの, ミケランジェロや, ロムロスの, 一群の, 世々良伯に, 中興の, 主権者によって, 久世大和の, 也, 事なり, 事に, 事は, 事も, 事代主の, 事及び, 事実より, 人にも, 人は, 仏の, 位付けせ, 北海メール社の, 博士夫人が, 双生兒, 可けれ, 可し去れ, 同時代, 大内家を, 姉夫婦に, 実体は, 小四郎は, 山の神の, 山陽星巌益軒息軒等の, 岩瀬肥後守に, 弥陀は, 彼の, 彼等と, 徳川家康に, 性格は, 恋愛, 悪名の, 我々から, 我々にとっては, 我々は, 我は, 我等諸, 所謂読書子や, 政治家が, 故に道也, 故を, 故小生, 権利を, 武村兵曹との, 死の, 母なり, 水の, 浮浪民が, 濫僧に, 炭焼小屋の, 物部氏の, 玉置子爵, 祖先及び, 神道家の, 私にも, 私の, 私は, 精霊たちの, 者が, 者に, 者自らは, 自分に, 芦田探偵に, 菱川師宣また, 詩人を通じて, 階級を, 雑職人十五を, 面貌を, 飽浦雅之は, 駒井甚三郎も, 魚ども蝿どもにまで

▼ 者~ (214, 0.2%)

3 はその 2 がその, が國, にお早う, に何, に脊, に見る, の殺戮, の生活, の間, は立派

1 [191件] から眼, がいかに, がいつ, がいまだ, がいる, がそれ, がたかつ, がふり, がまだ本当に, がミッション, が一つ, が乗り, が仕える, が共産主義, が切り, が否, が嘗て, が地球上, が外国人, が夜, が寄つて, が彼, が思想, が悠遠, が意味, が昆布, が有る, が東京, が歐洲人, が泳い, が現に, が盛ん, が覗, が言葉, が話, が都邑附近, が酒席, が釋迦, が野生, が非常, で弓矢, となんら, とわかれ, とゴチャクチャ, と共にどうしても, と力, と尚, と相, と話, に, にこれら, にその, につき全力, にとつ, には横田, には留守居, によって中毒原因, によって熱心, によつて, によつて奏, に対しその, に対して教会, に対して親しん, に対する意味, に對抗, に武蔵, に言う, に負う, に連れられ, の, のいまだかつて, のうち, のこれら, のそれ, のはいっ, のみが特別, のやう, のわめきどよめく, の交交, の作品, の供述, の傳記, の冷淡, の大会, の如きである, の安否, の差, の幅広い, の形, の徒, の慇懃, の我, の所説, の文学上, の方, の未だ, の満載, の滿, の異常, の称, の立場, の細君達, の自発的参加, の行方, の言葉, の説, の身体, の鈴, は, はあわて, はこの, はこれ, はこれら, はずっと, はそこ, はひたすら, はみな賤, はみな長吏支配, はカリフォルニア, はゾラ, はヘイ其様人, は何, は何事, は全く, は初め, は労働者ソヴェト, は医者, は反, は各, は君, は団結, は国民議会, は國民議會, は少し, は師, は彼, は彼等, は扉, は政府, は新しい, は暗い, は案外, は概ね, は活力, は生産, は皆, は皆此, は直ちにけろりと, は知らない, は第, は素質的, は自己, は自然仏縁, は自由恋愛, は言う, は言っ, は説く, は陸地, は集つた白米, ばかりとなつ, へ尋候, までが多少, もおしなべて, もかく, も俺, も彼, も死罪, も渡つて參, よ卑しき, よ正義, よ汝等, よ足, よ高き, わが方, をみ, をみる, をも用捨, を以て聖書, を客, を揶揄, を搭載, を日陰, を築地署, を羅列, を解放, を載する, を退, を除外, を難ず, 実に巧, 罷出づ

▼ 者にとっては~ (210, 0.2%)

6 それは 3 それが 2 これは, そうでない, それらの, 一つの, 何も, 有害な, 空間は

1 [187件] あまり気づかない, あまり関係, ありがたいこと, あれは, いい時間つぶし, いかにすべて, いかにもつらい, いかに詳細, おかみの, おそらくこれ, おそろしいもの, かかる事情, かなりに, けっして無意味, こうしたこと, こたえられないほどの, ことにだいじな, この世の, この二つ, この境界, この心情性, この男, この章, この貝, これ以上に, ごく楽しい, ごく都合, すべてが, すべての, その修道院, その安心, その最後, それこそ, そんな懸念, ただの, ただ一つ, たとい暴女王, たぶんまだなまぬるい, たまらない重荷, たやすく美辞麗句, だれか, どうしてみ, どうも多少折合, なおさらの, のんきそうに, はじとは, はるかに, ふさわしからぬ, ほとんど堪え難い, まことに便利, まことに心, またなき, まったくなさけなく, やはり類型主義, やむを得ざる生, よいこと, より少い, キリスト教は, シェイクスピアの, シャーロック, 一々の, 一つ一つの, 一時の, 七面鳥の, 三者は, 主観的価値説も, 人出の, 人間の, 人間は, 他人の, 何らかのもの, 何物も, 何等妨害, 余りにも, 個人と, 儲け役です, 先々代の, 先生の, 光の, 全く無意味, 全く物足りない, 凡て現実する, 出世の, 出版された, 出発の, 別に異, 勝手の, 千島第, 午前六時頃は, 単に分秒, 単に迷路, 取りも, 取るに, 口から, 古橋と, 同時に二人, 哲学的反省などは, 問題と, 地震という, 壁を, 夜間の, 夢の, 大事な, 大問題, 大変幸不幸が, 奇跡と, 奇跡は, 好都合な, 妖怪などは, 学問は, 安いかも, 実に津々たる, 容易に, 宿命的な, 少なくもひとまず, 平等である, 幸運であった, 当然な, 彼が, 彼等の, 恋人は, 恐らく不可能, 恥ずべき平和, 恥ずべき手段, 慈母では, 或る, 戦争である, 持地菩薩の, 故郷である, 文字通りあけっぱなしである, 新しい性格, 日向は, 明日は, 是非必要であった, 最も誇るべき, 最も適当, 有たぬ, 朝倉先生の, 極めて貴い, 権威でも, 欠くべからざる護身, 此の, 死ぬこと, 死は, 死体の, 残る一つ, 母親が, 没法子という, 無意識的な, 無料である, 無論個人主義, 現存の, 生か, 生命の, 疑いも, 直接である, 真理が, 研究の, 確かに, 社会の, 立ち去ること, 等しく, 絶えずその, 美わしいであろう, 自分が, 自分の, 自然と, 自然や, 自然哲学などは, 致命的に, 英語は, 茶の間に, 被批判者, 見劣りが, 解釈を, 読まなければ, 諦めるの, 謎である, 贅沢な, 超越的に, 途上に, 酒の, 陰の, 静かに, 音楽の, 頗るふさわしから, 頭痛の

▼ 者によって~ (202, 0.2%)

4 支払われる, 支払われる租税 3 なされる, 消費される, 需要せられる 2 実際に, 支払われること, 支払われるであろう, 支払われるであろうが, 支払われるであろうという, 管理され, 組織される, 考えられて, 行われて

1 [167件] あの疑, あまりにも, あまり注目されず, あらかじめ計量, あらゆる点, いつかなされるであろう, いろいろと, いわれて, かかれたらしいこの, かかれる作品, かくの, かまたは, この国, この境地, この清冷, さまざまであろう, さまざまに, しばしば左右, しばしば用いられ, すでに探究, そそのかされて, そのままに, その地主, その生産, ちゃんと証明, つくり出されつつ, であって, でないと発見, どういう目的, なさるる分配, なされます, なされると, なされる供給, なされる前払, なされる生産用役, ひき起されがち, ほとんどまたは, または研究, より多数, より少い, ブルジョアジーと, 主張されなかった, 予めその, 代表される, 代表せられてる, 企図され, 作り出されそれ, 使われるか, 使用され, 例の, 供給せられる, 価格の, 傷つけられて, 働くもの, 先天的の, 全く個人的ゆがみ, 処分し, 凶行の, 初めて標語, 利用され, 前払される, 前払されるであろう, 創られ展開, 包囲され, 十人十色の, 危険視され, 厳罰に, 及び金, 反対の, 取りちがえられて, 取り上げられて, 受取られまた, 否定, 否定される, 哲学の, 売られる新, 変えられたもの, 多く閑却せられ, 始めて最善, 定められるであろう, 実際前払, 客観的真実及び, 形を, 影響され, 彼れ, 彼女たちの, 必ずしも一, 必要と, 忘却される, 思い思いの, 意識的に, 憫笑されてる, 所有せられる, 批判され, 投げこまれたもの, 担い込まれた, 担ぎだされて, 指揮され, 指摘された, 掘り出されたもの, 採掘され得る, 推讃の, 掻き乱されるの, 描かれまざまざ, 提起され, 摸倣せられる, 操られるもの, 支えられた恍惚, 支払われるそれ, 支払われると, 支払われるの, 支払われる附加的労賃, 支払われ他, 支持される, 支持せられるべき, 改修され, 昔制定された, 書かれたこの, 書かれたもの, 書かれた小説, 書かれた戯曲, 書かれた著書論文, 書かれて, 書かれなければ, 未だ終っ, 未来の, 本願寺の, 棄て去られたこと, 植えつけられた思想, 構成され, 様々に, 歪めないから, 永遠無言の, 求められるかは, 活動を, 消費され, 消費されず, 消費せらるべき, 演ぜられる事, 独創的な, 現代中国文学は, 生じた道筋, 生産を, 発見された, 直觀的, 確かめられた, 科学的精神の, 称道された, 立派な, 統制され, 自分に, 自己の, 色々に, 行われはじめた, 行われようという, 行われること, 行われる市場, 言われるよう, 証明される, 説明された, 論ぜられない解決, 販売せられる, 需要される, 需要せられ, 音楽に, 駆逐され, 高らかに

▼ 者自身~ (202, 0.2%)

6 の手 3 がその, のため, の創作

2 [14件] が同時に, が負うべき, である, に就, のもの, の中, の利害, の心理, の方, の潜在的, の足跡, の間, は他, も格別

1 [159件] おどろかざるを, からの知らせ, から父兄, から見れ, がある, がお, がこの, がこれ, がすでに, がそれ, がもう, がもしも, がもっともよく, がわかっ, が一人, が上層階級, が主任, が充分, が反省, が唯一絶対, が子供, が學者, が実は, が心気, が戰爭, が投書, が持ち来りたる, が教育, が歩い, が直接, が相互, が私, が科学者, が筆, が脱線, が自分, が自殺, が自省, さえが之, さえこの, すぐに, すらが一般事物, すら往々, だけで, であったの, でさえも感謝, でさえ今, ですら, ではなかっ, で去年, で経営, と, としてはそれ以上はるか, とすれ, なの, にあります, にだって正確, にとっては無自覚, には全然, には知られ, には考えられぬ, には認め, によってきびしく, によってでなけれ, によっても最も屡々, によって企てられる, によって支払われるであろう, によって考案, による科学的研究法, に下駄, に与へる, に対する統制, に文飾的人格的人道的, に早く, に服従, に筆, に脚色, に転嫁, に運動, のうち, のクラヴサン, の不注意, の主体, の主観, の主観的分子, の何等, の個人的利害, の利益, の刻苦, の問題, の妙, の妻, の存在, の家, の希望, の心, の心境, の心気統一, の意志, の指揮, の指紋, の正面, の武装, の演奏, の理解, の生, の生き, の祖先, の科学そのもの, の端初, の精神, の素人, の能力, の自己反省, の自意識如何, の自発的, の血, の要求, の語る, の述懐, の金, の霊魂, の頭, はいかなる, はそれ, はまた, はやがて, は多分, は大抵, は夫, は弁証法, は揚々, は真実, は遊戲, は選挙費用, ひいたの, もうっかり, もおそらく, もさ, も其間, も初め, も大きな, も当然, も扮, も持つべきである, も既に, も洞察, も神, も美しく清く, も鈍磨, を何, を信頼, を意味, を措い, を欺い, を欺く, 同時に神, 実はまだ, 縛られて

▼ 者だった~ (198, 0.2%)

9 のだ, のである 8 ということ 7 のです, んだ 5 からである 4 にちがい 3 か, ことを, そうで, ね, のか, わけです, んです

2 [13件] が, が彼, ことが, しそれ, そうな, とする, な, に違い, ので, のでしょう, ように, 彼は, 私が

1 [102件] かあの, かは今, かも知れない, かも知れません, から, からあ, からいい, からすこしも, からで, からです, からといっ, から三唖, から何処, から十分, から命令通り, から文学者, から黄金, がここ, がしかし, がその, がそれ, がまだ, がもう, がオリヴィエ, がマドレーヌ氏, が一夜彼以外, が偶, が子供, が将来, が或, が才気, が私, が義龍, ことである, ことに, ことは, し太史令, し朋子, じゃありません, そうであります, そうです, ために, ため事実上歌界の, って, と, といいます, という, というその, といっ, としか考えられません, とした, とでもいう, とみえる, と思う, と申します, と見えます, と言う, なあれ, など言う, にたいして連雀, には違い, に違, のだろう, のであります, のであろう, のでこの, のでした, ので両親, ので成城落ち, ので昇降口, ので洋介, のになあ, のに思いがけなく, のに違い, のを, ひとりが, ぼくには, までだ, よ, ようで, ような, んでしょう, ギリシア人とは, ロンネに, 事が, 人の, 俺は, 兄が, 喃, 婦人, 彼の, 救世軍の, 村ソヴェトの, 榎本武揚も, 正成の, 氏家竜太郎に, 海道丸に, 為めでございましょう, 父も, 男が, 藤原道長の, 龍覚房の

▼ 者でない~ (195, 0.2%)

14 ことは 9 ことを 5 ということ, 事を 4 ことが

2 [12件] というの, と云う, と受けられる, と思っ, と覚っ, に極, 人も, 人間は, 故に, 者の, 限り日満的パックス・ローマナ, 限り男といふ

1 [134件] か, かぎりいかに, かぎりとても, かというよう, かも知れず, かも知れない, から, からその, からです, か単なる, か柳沢, ことくらいは, ことしかし, ことだけは, ことには, ことの, ことまた, と, というわけ, という事実, という俺, という劣等感, という恐ろしい, という自覚, という説明, といえよう, といふこと, とうっかり, とお, とこの, ところから, としたら, としても, として学問上, とすぐ, とする, とせ, となあ, とはいえ, とはけっして, とわからない, とわかりませんでございます, と信じ, と信用, と充分, と出来ない, と勤まらない, と半, と外國, と必要, と思う, と恥ぢ, と想像, と歩けない, と理解, と生活, と睨みます, と神, と私, と考えた, と聞いた, と苦労人, と薪, と見た, と解し, と言, と言い, と話, と諦め, なんて, にし, にはきまっ, にも拘はらず, に拘らず, のが, のは, ほどの脱俗ぶり, までも兎, ものが, もので, ものに, ものの, ものは, もの個人主義者でない, ゆえに, ような, ように, わけである, 一般大衆は, 一般社会人に, 事, 事が, 事だけは, 事であった, 事は, 事も, 人に, 人の, 人間との, 以上この, 以上主, 作家を, 六三郎は, 処も, 場合の, 多数の, 女が, 左れ, 彼は, 悪人でない, 我々も, 故を, 新聞記者の, 方が, 時が, 朝倉男爵は, 本當, 様にと, 毛髪悉く, 由を, 男が, 私は, 私達に, 者は, 自ら十分信じた, 証拠には, 質朴の, 限りその, 限りは, 限り又は, 限り常に, 限り気持の, 顏が, 顔が

▼ 者じゃ~ (188, 0.1%)

18 ない 9 ないか 76 ないの 5 ありません, アない 4 ありませんよ, ないと, ないん, ねえか, よ 3 ございません, ねえん 2 ありませんか, あるまいと, あるめ, ないが, ないわ, ない人間, なッ, ねえ, アありません, アございません

1 [92件] ありましねえよ, ありませんお, ありませんからね, ありませんぜ, ありませんのに, ありませんわい, ありません浪次, ありません雨, あるまいし, あるまいな, あるまいね, あるまい江戸, いくら身内, え, お辰, から何, が, けに何事, けに私, けほん, ございませんよ, ござんせんか, しようがない, し心, そうな, その天真爛漫, それに, それを, たとえ生き, ちょいと, でお, で皆二の足, で都, どうでしょう, どうにも手, ないあなた, ないかしら, ないかと, ないかな, ないかなんて, ないから, ないからな, ないぞ, ないです, ないですよ, ないのう, ないので, ないのね, ないのよ, ないもの, ないよ, ないらしい, ない小, なか, なし知らない, なア, ねえいっそ, ねえかと, ねえかのう, ねえや, もし逃がし, ろか, わしは, ア, アあるまい, アが, アがんすめい, アなし, アね, アねえ, アはと, ア何で, ア先生が, ア婆さんも, ア此処へ, ア無, ア話し, ーッ, 不在でも, 亭主の, 偉いもの, 千でも, 家へ, 教えて, 早速引渡し, 有ません, 無い, 無え, 相談相手に, 親共の, 躄者じゃ, 道家孫八郎の

▼ 者でなけれ~ (181, 0.1%)

41 ばならない 27 ばならぬ 7 ばなりません 54 ばその, ば分らない, ば容易 3 ばならなかった 2 ばいけない, ば出来ない, ば興味, ば解らない

1 [78件] ばあの, ばいか, ばいかぬ, ばいかん, ばお話, ばこう, ばこそ何万年, ばこの, ばこれ, ばしない, ばできない, ばできる, ばとうてい, ばどんな, ばない, ばならず, ばならないだろう, ばならなかつた, ばならん, ばなりませぬ, ばなるまい, ばひ, ばまず, ばよい, ばよそ, ばカンヌキ, ばトテモ, ばドッチ, ば一人前, ば一生碌, ば中, ば人生, ば人間, ば人間仲間, ば付けられぬ, ば何, ば何で, ば余り人, ば使い, ば出来ぬ, ば判らない, ば判りません, ば到底, ば刻々, ば単に, ば古色蒼然, ば喫, ば如彼, ば幸い, ば往来, ば想像, ば成し得ない, ば成らない, ば掛けられない, ば新しい, ば書けない, ば書けなく, ば此翹望, ば法律家, ば為すべき, ば生涯, ば生還, ば盗む, ば真に, ば着ない, ば科学, ば絶対, ば考えられない, ば聞きとれぬ, ば見受けられない, ば迷い込む気づかい, ば遂行, ば酔っぱらわない, ば長く, ば長寿者, ば隣, ば隣村, ば雑誌部

▼ 者に対して~ (181, 0.1%)

2 ある観念, これを, 代助, 何の, 僕は, 叱責に, 彼は, 自分が

1 [165件] いうべきだ, いかなる誘導, いわゆる色, お見舞い, こういう寛容, こちらから, この梯子, そのよう, その荒胆, それを, たとえ無自覚, どういふ, どんな態度, どんな行届いた, まともに, みごとに, むやみに, やはり内在的, ようやく五, わざわざ軽蔑, 一つの, 一問せん, 一言も, 三年以下の, 不折り合い, 不親切に, 乞食法師を, 二人の, 人間及作家としての, 今度は, 他方に, 何か, 何だか気まり, 価値を, 便宜上の, 俗物的だ, 倍の, 傲慢である, 傲慢よばわり, 全部が, 八人の, 共同戦線を, 冷たいばかりの, 出来得ること, 分たずには, 刑事責任を, 半七, 厳粛な, 反対的に, 反感を, 可なり, 同情の, 同時に現, 吝嗇で, 否定の, 営業者が, 国家が, 圧迫する, 大きい不満, 大共和国, 天才の, 失うこと, 奮闘を, 女性が, 嫌悪を, 実に生々しい, 実験を, 寝耳に, 専門家である, 尊大ぶる, 常に一種, 常に優越, 常識は, 平常の, 彼が, 彼の, 彼等は, 復讐する, 心からの, 心の, 忌憚無き, 怒っても, 怖れ, 思い遣りが, 恨みが, 感じる感動的, 感謝の, 憐憫を, 憤りを, 我々が, 我々の, 戸ごとに, 戸毎に, 手を, 批難の, 挨拶が, 揶揄する, 支配する, 政客軍人及び, 敬意と, 敵意を, 斬捨御免を, 最後迄, 最期まで, 有た, 有つ, 有利であった, 標兆を, 権力を, 横柄な, 次の, 歩哨の, 殺意を, 気むずかしく彼ら, 永遠の, 法令も, 法律遵奉の, 法的な, 炭坑独特の, 無礼だ, 無礼を, 無邪気である, 無頓着に, 猶予を, 甚無礼と, 用役の, 皮肉な, 破壊的な, 社会的に, 私は, 立腹しない, 素手という, 結合し, 絶対に, 聴く者, 自分を, 自己の, 花鳥は, 苦々しい感じ, 著作権の, 蔵屋敷まで, 螫毛の, 行った非道, 行われるの, 補助が, 言うのみ, 言おうようも, 話しかけたの, 説明しました, 読まれるもの, 議論を, 負うた義務, 負うの, 負うべき至大, 質問する, 起る, 越権である, 軽蔑の, 逆批判, 遥かに, 関心は, 随分厳罰, 革命を, 顔向けの, 高飛車な

▼ 者なれ~ (180, 0.1%)

11 ばなり 7 ばその 54 ばこれ 3 ど女房, ば離縁 2 どこれ, どもこれら, ども今, ど物事, ばこの, ば無論

1 [135件] かつては, ど, どさて, どその, どまだ, どもかくい, どもこの, どもただ, ども人, ども他, ども何, ども何事, ども其これ, ども其の, ども凡そ, ども古池, ども奈何せん余, ども如何にも, ども子供養育, ども或は, ども日本社会, ども此者, ども沙弥, ども満目焔, ども近頃, ども飯島, ど世の常, ど何, ど少し, ど彼, ど飽, ど餘, はいと, ばいつのまによく, ばかく, ばかくい, ばかの, ばかり, ばこそその, ばこそなお, ばこその特長, ばこそ五言六言七言, ばこそ人, ばこそ合力, ばこそ生活, ばこそ禄, ばそれで, ばただ, ばたとい, ばだれ, ばという, ばとて外, ばともども, ばどう, ばなんと, ばもし, ばわれら, ば一寸, ば一年, ば世, ば世界改造遂ぐる, ば乞食僧, ば人, ば人たる者, ば人間, ば他, ば何時, ば余, ば侮, ば信じ, ば偽, ば元日, ば先ず, ば全く, ば兵, ば兵乱, ば其代り, ば刺, ば古来, ば只管他人, ば君が代, ば多数, ば天, ば実際, ば尚更, ば屍体, ば引連れ行き, ば彼ら, ば彼等, ば往々, ば後, ば後人, ば従つてこれ, ば従ッ, ば心安く, ば惣次郎, ば感情, ば我軛, ば政府, ば数えざる, ば新, ば早く, ば是, ば望, ば歌といはず, ば汝, ば決して, ば無, ば爰, ば父兄, ば特色, ば理, ば留めおけ, ば真, ば知る, ば私情, ば純然, ば自, ば若し, ば萎める, ば著き, ば血統, ば行, ば西洋, ば誰, ば賄賂, ば近世, ば途, ば遠く, ば選ばれ往き, ば金, ば鉦打, もしわれ, 共, 其を

▼ 者階級~ (180, 0.1%)

19 の文学 5 の勝利 3 と労働者階級, の任務, の意識 2 のもの, のイデオロギー, の利益, の労賃, の現実, の立場, の経済, の者, を主軸

1 [129件] があり, がかりに, がその, がブルジョア, が倒れよう, が半, が支配, が民主革命, が発生, が組織, が警察, である, であること, であるという, でもなけれ, としてのほこり, としての動き, としての危険, としての意識, としての文学, として読むべき, とその, とともに一般的, とに分たれ, とに堕し, との, との全, との対立, との形式, との必然性, とはポイント, とも異, とやや, と供給者, と貧農, にという意味, にとっては悲しい, にとって不利益, にとって多様, にとって役, によって経験, に全盛, に分つ, に奉仕, に対する国家, に対する革命的指導, に於ける, に生ずる, のあいだ, のすべて, のたたかい, のファシズム反対, の中, の主導的, の人, の人々, の人たち, の人間性, の仕事, の使命, の偏見, の先進性, の出身, の利害, の利益増進, の労賃現象, の同盟者, の唯一, の国際的団結, の婦人諸君, の平和擁護, の弾圧, の悲惨, の意思, の意義, の政治力, の文化, の文化活動, の方, の日本, の欲する, の歴史, の歴史的任務, の歴史的使命, の歴史的役割, の歴史的行動, の状態, の生活, の用, の発展, の真, の社会的文学的発展, の組織, の経済学, の肉体, の要求, の見, の負担, の間, の闘い, の階級意識, の階級的自覚, の青年諸君, はそして, はたくさん, はともかく, は争闘, は其の, は勇敢, は単に, は失業, は表面的, は階級, ばかりでなくなった, への攻勢, へも転嫁, まである, もまた, も必ずしもますます, も資本家階級, や資本家, をはじめ, を中核, を中軸, を基礎, を弾圧, を扶養, を裏切る, を除いた

▼ 者さえ~ (177, 0.1%)

26 あった 18 ある 8 ありました, 出て 4 あると, ない 3 あったが, あるの, あるん, あれば, なかった, 居た 2 あったの, あります, あろう, なきに, 出来た, 出来たので, 見ると

1 [77件] あったそう, あったと, あったん, あって, あまり近づけない, あり, ありましたが, ありません, ありませんでした, あるくらい, あるそう, あるだに, あるというは, あるとも, あるなか, あるなら昨日病気, あるに, あるよう, ある世の中, ある位, ある大, ある船, ある間違って, いなかった, いなくなった, この点, ございました, そうする, その圏内, だれ一人, つきとめれば, できた, できて, でて, なくし, なくその, なくって, なくて, なくなるだろう, またこれ, まれだった, わが国では, 一人として, 不愉快だ, 些なく, 休息を, 先に, 出したこと, 出た, 出でたり, 加えて, 半飢餓, 少くない, 少くなかった, 少なくなかった, 少なくなりました, 居なければ, 属する団体, 弱肉強食の, 扉の, 手許に, 拒絶し, 文字を, 有ったけれど, 殆どなかっ, 殆ん, 泪ぐましい気持に, 無いと, 現れた, 現れて, 現われた, 現われようという, 現われるに, 生じたの, 真面目であり, 立つこと, 罪を

▼ 者なり~ (176, 0.1%)

5 と, 彼は 4 而し 3 然れ

2 [15件] けれ, ければ, し, しなり, せば, といえ, と謂, と非議, なんど思はれ, 乃ち立憲政治の, 宗教家なりが, 我輩は, 著者なりの, 被害者の, 道徳論者なり

1 [129件] あるいは実業家, いざ我汝, お救いくださら, けん, このうちマホメット, この家, この感応, これに, これ人の, これ閨中に, しかして臨終, しが, しその, しならん, しやと, しやは, その聲, その遺骸, とある, といはる, といふ, といへる, とおも, とぞ, とて空言真事取り, となれ, との意味, との観念, との評, との誤解, とは柔順, とも十七字, とも召抱扶持等随意, とも客観的, とよ, と云, と云う, と人, と何事, と信じ, と大いに, と申した, と考, と言わる, と記したれ, と評し, と誇り, と論ぜり, と雖ども, なお人間悪性, ねがはく, または双方, や否, わが亡き後, カルロと, マウイも, 一は, 一二六五年ロムバルディアの, 三たび王后と, 三十一文字なる, 三浦氏も, 世に羨ましき, 世人なりに対して, 云々, 何ぞ況ん, 余は, 先輩なり, 其の一たび, 其表面を, 冗漫なる, 即ち脳髄, 即ち身方, 又た, 又文学団体, 同情者なりの, 吾, 吾輩これを, 商売工業の, 嗚呼なる, 嘗てグエルフイ黨, 因と, 国民の, 夜露に, 夫は, 少女の, 己れ, 常に心, 廃刀を, 彼も, 彼れ, 彼等の, 彼等叫び, 必しも, 思惟し, 情なくまた, 感激者なり, 憐む可き, 成功者に, 抑も, 接待の, 故に他, 斯も, 新聞の, 星野博士は, 曇鸞道綽善導は, 曾て, 未来は, 本幕, 気の毒なる, 汝らこれを, 汝ら是等の, 法律改定を, 浪人なりを, 生物を, 男性の, 皮細工人なりに, 社界を以て, 神下しが, 簡単に, 経験と, 聊か以, 自から, 自分は, 自由党は, 自由黨は, 芸術家なりが, 見物なりが, 豪逸雄壮なる, 足の

▼ 者~ (176, 0.1%)

4 若くは 3 の如き, の目, をし

2 [16件] あり伯, と同じ, なり, にも嫌, の, のいう, の俗論, の信頼, の儀礼, の助力, の感情, の醜怪, の間, は漸く, は蓋し, をもっ

1 [131件] あるいは開化先生, あるのみ, から甚だしく, から高利, があっ, がもし, が争う, が人, が平生, が当時, が日本, が極, が考へる, が自分, ぞ徒ら, たる会田安明, である, ですよ, で自由, とが代表, として顰蹙, とはその, とはまったく, と反対, と相, な人情, において三味, にこういう, にしか物事, にてその, にはこの, には其点, にもまた, によりて異端視, に之, に先ず最も, に対する公憤, に對, に比べ, に考え, に至っ, に見せしめ, に言, に過ぎず, のある, のいわゆる, のする, のため, のよう, のグループ, のニヒリズム的解釈, の中, の人々, の人物, の企て, の力, の口吻, の口調, の号, の圈套, の多い, の夫, の套語, の娘, の寓意譚, の専売, の島国的愛国論, の常, の心, の心事, の悪習, の愛, の愛用, の手, の撰述, の文句, の根本的誤謬, の武勲, の武勳, の母, の氣, の浅見, の添水説, の温かい, の満足さ, の為め, の理想, の用語, の眼中, の祕奧, の筆法, の考, の自分, の自然, の薄弱, の虚偽, の行き, の言, の言葉, の誇張, の議論, の通弊, の錯覚, の鑛山師等, はあるいは, はおおむね, はこれ, ははなはだ, はみな, はワイロ, は之, は即ち, は孔子, は曰くパリ, は曰く仏国, は曰く出版, は此, ばかりだ, もこの, も依頼, も忽然と, を以てある, を圧倒, を売国奴, を求むる, を退け, ノ人權的思想ニ不徹底ナルヲ思考スベシ, ノ巾幗的平和論ニ安ンズルヲ得ベキ, ノ巾掴的平和論ニ安ンズルヲ得ベキ, 之諸道, 特にこれ等

▼ 者に対する~ (175, 0.1%)

4 比率は 3 ことによって, ような, 彼の 2 一つの, 同情の, 挨拶が, 敬意と, 気兼ねから, 真実の, 私の, 絶対的利益を, 需要が, 需要は

1 [142件] あらかじめの, あらゆる人員, ある期間, この異常, これらの, これら二商品の, つよい好奇心, とがめ立てそれ, ほとんど越え, アダムの, 一種の, 不便を, 不平を, 不愉快と, 中流以上の, 人権尊重が, 以前の, 侵略行為と, 信じられないよう, 偏見を, 僕の, 充分な, 冒涜であるらしく, 冷笑が, 刑罰の, 判断も, 創立者の, 労働者出身の, 反感という, 反抗であった, 反逆と, 取扱ひ, 叛逆である, 口ぶりである, 合い図, 同情が, 商品, 土着の, 地方の, 報復手段が, 増税と, 大義名分ばかり, 夫などに, 害が, 審問は, 射撃を, 局部的租税と, 帰依と, 平生の, 弾圧は, 弾圧を, 御親切, 復讐だ, 心遣ひであります, 恐怖または, 恐怖感も, 恐怖感迄が, 情操の, 意味での, 愛の, 愛情でも, 愛情を, 感情は, 慈悲深き, 態度だろう, 態度は, 態度を, 憎悪という, 憎悪の, 憎悪は, 憤りが, 我の, 所罰を, 批判, 承認および, 挑戦を, 挙国一致要求は, 振舞という, 掠奪, 救済改善と, 教育統制, 敬遠という, 敵意である, 斯くの, 日本人の, 普遍者ならぬ, 最も恐るべき, 有識者であった, 服従表白の, 本能的な, 案内者の, 正しい御, 法学研究上の, 温情と, 無慈悲な, 疑点が, 痛烈な, 白々しい虚礼, 真の, 破壊的手腕, 磯五の, 礼だ, 礼儀としても, 礼儀も, 社会の, 科学者等実に, 租税である, 租税は, 稀少性の, 税が, 穀物価格を, 窃盗放火詐欺強姦致傷及殺人被告事件に, 経験が, 罪, 義務じゃ, 義務と, 義務の, 腹癒せであり, 致命的な, 苦々しさ, 虐待の, 行動は, 被圧迫階級, 裁判とを, 親切と, 親愛の, 設備が, 論功行賞の, 謝礼の, 貢物として, 責任を, 贈与金としては, 軽侮の, 迫害が, 途半ばなる, 逮捕状を, 遠慮から, 需要の, 非難にさえ, 食物を, 馳走とでも, 鴨川家の

▼ 者とも~ (158, 0.1%)

3 云う可 2 いうべきもの, なった, なつて, 相談し

1 [147件] あんまり口, いいました, いうべき一葉, いうべき世界, いうべき人々, いうべき男, いうべき著者, いうべき谷山家, いうべく中, いえる部類, いったの, いふべきは, いわれて, おぼえぬが, おもえる相当年輩, お憎しみ, これが, さすがに, たいがい顔も, つかず駅, つかない洋服, つかぬ中ぶらりん, つかぬ中途半端, つかぬ男, なって, なつた, なり切れませんでした, なり切取強盗, なり実行者, なり實行者, なり少女たち, なり若く, なるの, なれば, に一般, に国教宗, に実在せり, に慈善, に関係, またササラ, みえませぬ, みんな顔を, やがて疎遠, よその, わからぬという, わからぬ声, ジャーナリストとも, ナジミが, 一度遇, 不貞腐れとも, 云い得る男, 云うべきだろう, 云うべきルーデンドルフ, 云うべき人々, 云ったの, 云は, 云われるが, 交際し, 人夫とも, 付かず取卷, 付かず取巻, 仲違いした, 会って, 何とも思っ, 余り口を, 信用され, 円満に, 凝議いたしました, 分らない航海者, 判って, 判らない, 判明せざれ, 別の, 別れる會, 勝負した, 口を, 呼ばれまた, 喪主とも, 存じませず家来, 山伏し, 平生申合せ, 得体の, 心では, 忍びやかに, 思うたればこそ, 思えず物, 思はなかつた, 思はれない, 思はれなかつた, 思へぬ凄まじ, 思わなかった, 思わなくなった, 思われない, 思われないので, 思われない怪奇, 思われぬので, 思われぬ女王さま, 思われません, 折合が, 敵方の, 文字通りに, 日常ほとんど, 書いてない, 気に入らなかつた, 申すべき称徳天皇崩御後, 相変らず附き合っ, 相談した, 相談しまし, 知らず世, 知らず現在敵, 知らず這箇, 知りあうので, 知れず七日, 知れない茶屋女, 知れなかった, 知れぬこの, 知れぬ貧乏そう, 知れねエ, 称すべく水利権, 立ち会い人とも, 素性の, 脱藩人とも, 自然の, 見えず, 見えないので, 見えないよう, 見えぬが, 見えぬ顔色, 見えるに, 見えるのみ, 見さ, 見られよう, 見るべきもの, 見わけること, 見做, 覚し召しお, 言うべきもの, 言うべきカント, 言うべき天体, 言うべき彼, 言わなかったの, 語り合い半蔵, 違うから, 違う彼, 關係を, 顧問とも, 食客とも

▼ 者であっ~ (154, 0.1%)

5 てその, てみれ 3 て, てこの, てはならない, てもその 2 てそれ, てただ, てまた, てもやはり, て自分

1 [122件] たりし, たりする, たりどうか, たりまた, たり上, たり無かっ, たり聾者, てあらゆる, てあわよくば, ていい, ていずれ, ていつも, てかつ, てかならずしも, てかや, てくれた, てこそ筋, てしかも, てそういう, てその間, てだれ, てつねに, てはその, ては人生, ては堪るまい, てまだ, てむしろ, てもいくばく, てもいけない, てもし, てもしも, てもとにかく, てもなく, てもならぬ, てもほめたであろう, てもぽう, てもまたは, てもまるで, ても仲間, ても堪能者, ても好い, ても彼, ても意, ても政治的意見, ても決して, ても男, ても自分, ても自由行為者, ても蜀, ても馬鹿, てアナウンサー, てイデオロギイ面, てインド, てカム, てコスモポリタン, てヤン, て一つ, て一度, て中学, て久しく, て京都, て人, て人格, て今晩, て仕官, て伴, て偽善, て共産主義者, て初めて, て別段, て友, て善良, て嘗て, て壁, て大成者, て大阪, て天気, て天皇, て妻, て妻子, て学者, て宮, て少なくも, て屋根裏, て展覧会, て工場, て市中, て常に, て府県会議員, て役所, て成功, て故買犯, て新, て日本, て日本語, て暦術, て曾, て概括, て欲しい, て母, て民主主義的, て江戸, て決して, て独特, て独身者, て現象, て生粋, て真に, て矢田部先生, て立派, て答弁権, て脳髄, て若い, て蕪村, て裸松, て西欧, て見れ, て角丸, て詩人, て豪傑, て青木, て食品原料

▼ 者より~ (146, 0.1%)

3 他に 2 して, 一ヶ月も, 同医, 外に, 見れば, 試み可, 遥かに

1 [129件] いかにし, いっそうすぐれ, いでざるべからず, うけたまわって, お客の, かえって多く, かれら, きょう従れ, これほどまでに, これ真理に, さらに恐ろしい, しんじつを, ずっと多い, ずっと姿, ずっと楽, どんなに幸福, はるかに, もっとほか, もっと始末, もっと老, よほど偉い, より少い, 一等を, 中学を, 以上の, 以下は, 何倍も, 使徒を, 個人的に, 偉い, 偉いん, 先に, 先へ, 先へも, 先生先生と, 其の生活, 出づ, 前から, 十倍も, 半マイル, 卒度洩らし参りし, 収められて, 叱る者, 嘘穢れ, 外は, 大切に, 大金を, 太子の, 夷俗の, 奈良笠置あたりの, 契約解除の, 妾に, 寡い, 小さいか, 少い性情, 崇拝せられ, 巡査の, 工場の, 差出し候書附, 幸福だ, 強かった, 待合所の, 後る, 恨まれる如き人間, 惡人は, 慎九郎の, 成りわれわれ, 成る, 成るされど, 成る最高幹部, 成る諸, 成立つの, 排斥嫌悪せらるる, 採用する, 政を, 故障を, 救はれ, 数えて, 数年の, 新聞雑報の, 最特別組織, 未婚者の, 根気強く, 楽翁自身が, 次の, 気が, 深く悩ん, 無智, 爾来の, 狂人扱いに, 生きたもの, 生ずる利益, 生産物を, 田畑少し, 発生する, 直接にも, 直接侍従武官を, 直接消費者へ, 知ってる者, 知力すぐれてる, 穀物を, 翻訳物を, 聞いた独逸民族優勢説, 聞いて, 聡明である, 職業選択について, 自分の, 良い行為, 若い者, 華やかで, 落ちなければ, 薄給であるべし, 討たれぬ前, 訴えに, 請取り申すべく, 謙信であった, 謙遜な, 賄賂を, 質素な, 起こると, 転じて, 辛い, 遙か, 重い身體, 隊列の, 集めざるなり, 馬車引きや, 高い地位, 麗しきもの

▼ 者としては~ (143, 0.1%)

2 いること, それは, 後退した, 正義を

1 [135件] あるまじきこと, おのれに, おまえの, かく主張, かなりの, かなり教育, きび, この方法, この松平冬次郎, これは, そうあけすけ, そういう思い出, そこまでは, その当時大臣級, その戒め, その本務, そんな楽しい, た, ただの, だめである, できるだけの, ひとつ是非考へを, ほかに, ほとんど三文, ほとんど色, まことにやむをえない, まことに立派, まず道楽, まったく平等, むしろ割り切れない, むしろ柳生兵庫, むしろ異例, もって, わるい態度, アスト, ミケランジェロも, 万全を, 不適当, 世界の, 世間に対する, 事がらの, 二葉亭は, 伝記の, 佐治君と, 何にも, 余り仰山, 依頼した, 倶樂部の, 元来生物学者, 先駆者であった, 全く, 冒険で, 勿論猟師, 卑怯な, 君達二人そして, 品行は, 夏目という, 多少人, 天下の, 失敗した, 宇宙ある, 安藤弘氏唱歌は, 実に適任, 実業の, 少くとも, 少しく遅い, 少し大望, 少し我儘, 少し疎, 山田美妙が, 常に其の, 常友が, 幾世紀の, 店員や, 当然な, 当然の, 彼の, 彼は, 彼らの, 彼女の, 得難い人, 徳川田辺両氏が, 必ずしも老練家, 恐ろしく無学, 感心の, 手ぬかりであった, 支那本, 政に, 数名の, 文官に, 日進月歩の, 時期を, 最初は, 根本的な, 棟方悌二氏が, 欠乏を, 此國民の, 此後どれほどの, 此方法によって, 武蔵は, 殊にいたましく, 消極的であった, 物理学を, 理論物理学を, 申し分ない, 登場する, 相応な酬い, 知られて, 立派すぎる, 立派な, 第一, 第一流, 純粋でない, 素人だ, 絶好の, 縁故ある, 羽柴筑前をこそと, 考えられないこと, 耻ぢる, 芸術至上主義的な, 菊池寛君に, 落第し, 装飾部主任と, 西欧風の, 見ないの, 觀世世阿彌, 訝しいです, 資本の, 躊躇される, 近松門左衛門に, 遂に彼, 適宜に, 重大な, 頻に, 高い費用

▼ 者ある~ (142, 0.1%)

10 を聞かず 6 ときは 4 なし 3 が如し, ことなし, ことを, ごとに, にあらずや, を見 2 こと, に至る, のみ, のみならず, は必ず, を感じ, を見ざる, を認識, 可から, 時は

1 [84件] うちは, かまたは, か噫, がため, が即ち, こそ可笑しけれ, こそ気の毒, ことが, ことは, と共にいや, と聞い, と聞いた, にあらず, においてはたとい, においてはクセ事, においてをや, にも拘らず, によるに非, に予, に因る, に対し我が, に振り返り, に泣けるなり, に至れり, に非, ので母, のみと謂, のみと謂ひき, のみ文学者, の場合, の外, は上, は事実, は好し, は悉く, は海, は祝すべき, は詞, ひは, もその, もまた, も不, も全く, も其これ, も出, も吾人, も帰, も感服, も断然, も望み通り, も毫も, も返答, や直ちに, ゆえかかる, ように, より生ぜしなら, を, をもって新, を予期, を以て左, を募る, を常, を悟ら, を憐, を懼, を知らない, を知らん, を聞かざるなり, を聞かずや, を聞かぬ, を見ざるべからず, を見ず, を見たりき, を見る, を見れ, を認めぬ, を軽, 世界に関する, 事業に対し, 始末と, 意を, 時には, 毎に, 由なる

▼ 者でございます~ (138, 0.1%)

985 から, がお 4 が御 3 が今日 2 からこの, がこの, がこれから, ね, もとは

1 [94件] お供を, お母さんには, か, からお, からおそらく, からなんとか, からね, からよく, から一さん, から兄妹, から実は, から尼, から旅商い, から末席, から東京, から無礼, から玉ちゃん, から私, から能い, から萩原様, から路銀, から配偶者, がうけたまわりますれ, がお世話, がしかも, がしばらく, がそれ, がた, がだんな, がどうぞよろしく, がなん, がね, が一人, が七年前, が三人, が不運, が京都, が今日漂流, が今日貴君, が今晩, が何卒よろしく, が何方様, が兄六, が先日中, が先日御殿山, が八橋周馬, が北門, が只今, が太夫様, が夫婦, が始めて, が小さい, が少, が少し, が山道, が当年, が往, が思わぬ, が折, が是非先生, が歌, が此の度主人, が水, が金森様, が雨, が鳥渡, けれど, けれども別に, それでもたった, ただ罪を, と御, どうか生命, なんでも, の, のう, のであなた, のでまあ, へえ, ゆえずいぶん, ゆえ四郎右衛門と, ゆえ高い, んでどうぞ, ッ, ヘッヘヘヘヘヘ, 人間は, 今日又, 何卒お, 少々お, 少々尋ねる, 琵琶は, 神父様町の, 私は, 親も, 途中で

▼ 者にとって~ (133, 0.1%)

3 何の 2 このよう, 変化せず, 最後に

1 [124件] あまり名誉, いずれも, いたましくかなしいだけ, いつでも, いわゆる芸術的価値, かなり不便, きわめて大切, きわめて重要, さらに危険, その天分, そんなもの, ちっとも助け, どのくらい, どの位, どれだけ, どんなにひどい, どんな意義, なぜ公式, なにごとかを, なんの, はとに, はなはだ特殊, まずいちばん大切, まったく同じその, むしろ快い, もはや自身, よき反省, ニージュニ・ノヴゴロドという, バドミントンの, 不利である, 不可欠の, 不可解に, 不都合な, 事物が, 事物の, 今の, 他人が, 何がなし目標点, 何らの, 何事でも, 保護され, 全部の, 功利的に, 反逆と, 口に, 同じく単純, 命は, 唯一と, 唯一の, 堪えられようか, 堪え難い, 大きな反省, 大変難しい, 天の, 天分の, 好箇, 好都合な, 如何に, 実に幸福, 小気味よい光景, 峻厳な, 幸いであり, 幾何か, 形態を, 彼女は, 後者の, 心の, 必要である, 必要と, 必要な, 忘られぬ, 忘れる事, 忘れ得ない景色, 忘れ得ぬ, 快楽にさえ, 恥辱でない, 批評家に, 採算が, 日曜日は, 最もほくそ笑まれる, 最も切実, 最も危ない, 最も残忍, 最も興味, 最も苦痛, 最も難点, 最初の, 月給は, 有利である, 有効でなくなる, 有効に, 有益な, 極めていらだたしい, 極めて必然, 極めて重要, 正しく判断, 氏の, 民主的文学の, 決して寝耳, 決して無意味, 決して興味, 沖縄は, 注意せず, 甚だ不利, 甚だ必要, 生命中, 破滅的な, 神仏は, 科学の, 第二次大戦, 総てよい, 罪悪であり, 致命傷だ, 良い影響, 花は, 衣食住は, 読みたいもの, 誰が, 身を, 辛いこと, 運命でなけれ, 重視された, 非常に, 革命家にとっては

▼ 者まで~ (119, 0.1%)

5 出て 2 ある, 一種の, 動き出して, 歌を, 集って

1 [104件] あって, ありました, いた, いやに, いる, およそ日頃, お咲, お墓, お招き, ことごとく武装, すべて, そのため, その空氣, そらさない愛嬌, それとなく申し入れました, そんな噂, たてこもったもの, ちょいちょい顔, ついまきこまれるだろう, つれて, できたの, とくと申し聞けよ, どんなに案じ, なした仲, ひとり残らず, みな戦争支度の, みな表に, むちゅうになって押しのけ, 一網に, 今まで, 付いて, 何か, 作へて, 入交って, 其理法の, 出した, 出た, 出ないで, 出ました, 分限に, 加勢し, 動員し, 十二三人も, 喧嘩を, 大勢招い, 女を, 届かないうち, 左の, 引つぱり, 形の, 彼自身が, 御寵愛, 必ず武芸, 意識が, 憎しみを, 持って, 捜し出して, 撲り飛ばして, 斬る気, 昨今は, 書面にて, 月日とともに, 朝夕お側近くお世話させ, 本気に, 欺す, 死ぬるかも, 残りなく, 殺して, 注意し, 流行の, 熱海へ, 犠牲に, 現われた, 現われて, 甚だ少く, 用意した, 男と, 皆な, 皆精, 社会の, 立って, 胆に, 自分で, 自分の, 行ふ, 行平鍋を, 見つけて, 訪問客は, 訴訟によって, 読者の, 辻に, 送付せられ, 逃げて, 連座する, 邪魔に, 附いて, 面白づくで, 面白づくで騒ぐ, 顔色を, 飛び出して, 駆り集めて, 駈けつけて, 駈出して, 驚き怪しんで

▼ 者への~ (112, 0.1%)

2 偏向は, 全き, 感謝の, 給与は, 罰として, 関係に

1 [100件] あこがれは, いくつかの, おもてなしが, お愛想歌, お義理, ことばか, この上, しめしの, そしりとして, たき出しに, たたかいです, ひそかな, よびかけ親切, スタンプなどを, 一つの, 不信を, 不從順反逆, 享受に, 伝授を, 依属, 信用を, 信頼が, 儀礼でない, 全勤労者, 出がけに, 反感を, 反抗に, 反逆や, 反駁が, 同情において, 否定を, 告げ口によって, 唯一の, 売却との, 天罰です, 宣伝に, 屈従は, 希求は, 引渡しも, 引継ぎ上どんなに, 強いにくしみ, 当てつけの, 徒らな, 御誦念, 復帰を, 復讐で, 微妙な, 心からな, 怒りよりも, 思いやりが, 情熱の, 想いも, 愛が, 愛しみは, 愛だけが, 愛情や, 愛称にすら, 感動という, 慰問の, 憎しみが, 戸籍変更が, 手当だった, 手紙の, 扱いかたの, 政治的反動意識である, 救援は, 教育は, 教育を, 景慕が, 最短距離だ, 權力の, 残酷さに, 注意, 涙も, 温情, 申訳の, 盲従を, 礼でない, 礼儀かも, 礼廻りに, 福音では, 篤い禮, 紹介者は, 給職が, 肯定この, 表彰一切の, 褒美に, 訣別の, 誡めとも, 警告, 讃美が, 豊饒な, 貴重な, 転嫁とが, 輕蔑とか, 返辞としてよりも, 通知の, 連関とは, 遠慮で, 高率課税による

▼ 者よりも~ (111, 0.1%)

2 二十代の, 五十代の, 多く見出されない, 死んで, 遥かに, 遥に

1 [99件] あのまわり, いっそう劣等, おこらない者, こうした嗜み, ここでは, この大, さらに一層深かっ, そこに, その問題, とうとし, なお他国, はるかに, ひどい搾取, ほとんどまさる, むしろひどく堪え難, むしろ洋服族, もっと人道主義的, もっと元気, もっと労働者, もっと進歩, やや優れ, よけいに, より多く, より特別, より高度, オキャンで, ブロックの, マルクスを, モット自重し, モット薄情な, 一と, 一寸ほど, 一層神, 一番人に, 上位に, 上層階級の, 下に, 不真実, 与ふる, 二分間も, 人が, 何百万も, 余程早く, 働きかける者, 先に, 先へ, 利用し, 劣りで神聖, 労働者らしくない, 危惧され融通, 善い事, 多く嫌悪, 多数の, 安売りが, 寧ろ日本, 少いとは, 巡査の, 平均二週間早く, 年少の, 幸福なり, 強い偉大, 強かった, 彼れ, 後に, 恐ろしいもの, 悪いかも, 惨めに, 数等上の, 既婚者の, 智識教育ある, 暗殺する, 更にありありと, 更に疑わしい, 朝早くから, 欧羅巴の, 欺される, 正義を, 気を, 沈潛の, 烈しい過失, 片方しか, 片目に, 病人を, 知って, 神なる, 科学者の, 空気の, 素早く活躍, 美しく秀で, 自由であっ, 自転車の, 製造業者のより, 西洋人が, 貧しい一団, 身綺麗に, 近頃の, 運命の, 遙かに, 遥か昔

▼ 者こそ~ (106, 0.1%)

3 真の 2 俗物中の, 多けれ, 災難だ

1 [97件] あやしい曲者, あれそ, あれと, いいめいわく, いい加減, かえって思想, かの鞍馬, きの, このたび, この世の, この飛加藤, こんどの, さうでなければ, すなわち人穴以来, その良い, それにと, なけれども, まぎれも, まさしく敵, もっとも激しく, ややもすれば宗教的, より多く, わが意, クリスチャンの, 上手を, 不幸だ, 世に多けれ, 世の中へ, 仮に妾, 伊那丸の, 例の, 傑れた, 充分な, 先ずきびしく, 危ないと, 即ち卑怯, 名将という, 呉侯孫権に, 因果で, 外ならぬ, 多かる可, 奴隷であり, 始めて, 実にも, 小村が, 巨富を, 常にもっとも気前, 幟旗に, 平定した, 平野の, 幸福だ, 強健な, 彼の, 得てして風浪, 御家人の, 御嶽冠者であり, 御嶽冠者と, 心がけ一つ, 悲しむべきである, 惨めである, 意識的に, 手掛りなれ, 拙者の, 救わるる魂, 暴民の, 最も婦人, 最も生き生きした, 有遁, 本当に生きる, 本当に見物, 機械時代の, 永年拙者が, 流儀の, 源空が, 災いである, 災だ, 災である, 災難だろう, 物質である, 特に避難所, 相州小田原の, 眞正に, 真に生き, 真に社稷, 真正の, 確乎たる, 禍である, 私に, 科学者とともに, 蜂須賀阿波守から, 見苦しけれ, 讃むべ, 貴い人, 逆賊と, 隣人の, 驚異に, 魏延だった

▼ 者にて~ (106, 0.1%)

4 古人の 3 ありき, 候 2 俳句も, 候に, 候へば, 東京市中が, 歌に, 良人は

1 [84件] ありしやを, あれど, おぼしめしこれ, お辰, かつは, このわたり, この句, この姑息論者, この役, こは, これだけの, これを, すでに偽名, そのかく名けし所以, その子孫繁盛, その指す, その用事, たとい貧民, もし, わたらせおわしますよな, カマルドリ派, ボッカッチョが, マレムマなる, ミケーレ・ツァンケ, 一人の, 之を, 仇を, 何ごとも, 何事も, 余の, 余り粗漏なる, 使徒ピリポより, 使用し, 候さ, 候を, 候七月十五日手前家内お, 偉人物輩出する, 元義の, 共に此, 凡て無情の, 出獄後間もなく, 別に一隻眼, 去年来別して, 名を, 国の, 夏に, 姓名は, 小生の, 小説の, 幸助を, 当今の, 彼が, 御座り, 御座候, 思ひ立た旅行, 愉快無限に, 我は, 我等の, 昨年の, 智即ち, 此の, 死に臨みたと, 水野新, 流石は, 海嘯の, 理に, 生活仕, 百姓とは, 神學の, 神崎はじめ重臣一同の, 終りしか, 老人の, 考古學と, 自ら魔術の, 若し, 著者が, 言わば兵士, 詩人等と, 譬へば金銀, 足にて, 遊廓内の, 道を, 郷里に, 長くローマニア

▼ 者~ (106, 0.1%)

3 汝の, 私は 2 喃, 団結せよ, 我に, 来れ主, 汝は, 汝等は, 牝鶏の

1 [86件] ああ優しいおさな, あんな袖口, あゝいと, いざこの, いずれに, いったいどこ, いへ, いまは, お前は, かかる精神, この水底, されば, そうで, そなた, またいまロムバルディア, また来たら, めでたからず, わが心, わが爲め, ト件の, 万事に, 主よ, 云々の, 云い争うな, 人轢き殺せ, 今血, 何ぞパン, 何故あ, 何故君, 來り, 來れ, 先づ己の, 全体此処へ, 全波受信の, 合同せよ, 吾人に, 唐様に, 寝床から, 小畜, 平一郎も, 幸福であろう, 強くなれ, 彼は, 彼我に, 心を, 思い知れ, 恩知らずよと, 愛する者, 憂ふる勿, 我が愛する, 我を, 救われなければ, 文学士だ, 明るい世界, 来れ, 来れか, 汝が, 汝を, 汝我に, 汝根柢に, 汝正しき, 汝盗賊を, 汝神の, 汝誰なり, 渇と, 爺は, 甦るだろう, 癒されるであろう, 白粉に, 皆聞け, 相手は, 私共は, 粉車を, 結せよ, 聞くべきこと, 自分は, 若し知ら, 言少なき, 請う急ぎ, 請ふ, 變り, 貴方は, 農夫よ, 頑張れ, 馬を, 鵙の

▼ 者などは~ (103, 0.1%)

6 一人も 3 御歌所と 2 徒らに, 殆ど絶え, 自分の

1 [88件] あった事, ありません, ありやしない, あるまいと, いかにも絵画的, いろんな社会的規律, およそ虫, おりません, おるまいな, これを, さッさ, それさえ, ぞろぞろと, たいがい他の, できること, とりわけ人情, どう考へ, どこでも, なかった, なかつたが, なかつたで, なくて, また何, みな同じ, ゐなかつたと, インテリ層に, キット面体を, キツト面體を, ソヴェト同盟の, 一度は, 一方で, 一日中太鼓の, 不道徳だ, 中国で, 云うだろう, 仕事着に, 休みたいの, 休場中に, 余り余計喰わない, 使えないごく, 信用すべき, 出世が, 勿論なかっ, 勿論無上, 口が, 口を, 商人よりは, 四十歳より, 大に, 子で, 子供にも, 存外迂, 寄せつけも, 山を, 往々後世, 往々橄欖, 必要なかっ, 想像も, 明の, 明日の, 本鉄砲, 極度に, 歓呼と, 正に慚死, 歴史の, 殆どない, 殊に自分, 殺すも, 決してない, 決してなかつた, 浅はかな, 滅多な, 状箱を, 田舎の, 畜生の, 登降したらしい, 皆この, 直接世間と, 稀であった, 稀れな, 空しく力瘤, 蒼くな, 見出されないので, 誰一人無い, 警視庁の, 起こりが, 適當の, 雇わず前

▼ 者~ (103, 0.1%)

3620 がッ 5 がっ 3 が何 2 がこの

1 [37件] お累様, かしゅう, かたり奴, がおまえ, がそしたらまた, がそのまま, がという父, がと叱る, がなぜ, がはやく, が人違い, が剣道, が天魔, が小屋敷, が必定, が武士, が気, が賀川肇, が転ン, っ, と, といっ, とかれは, と主人, と包み, と大いに, と罵られ, と軍人, には癇癪, にオレ, の仕業, もしわし, 仮令此処, 出て, 問われも, 控えおろう, 早々帰れ

▼ 者といふ~ (102, 0.1%)

15 ものは 8 のは 6 やうな 4 ことに 3 のが, わけで 2 ものが, ものには, ものを, 事に, 名で, 奴は, 形で

1 [49件] お見込み, が格子, きはをも, ぐあいで自分の, こと, ことが, ことだ, ことにな, ことの, ことは, こと犯罪者といふ, ところから, のだ, ので, のに, のを, もの, やうに, より伝承者, 一人の, 一瞥を, 低さ, 冷い, 動物は, 印象を, 名は, 呪咀の, 專門家の, 少し釘, 意味だ, 意味で, 意味に, 文字の, 案内者は, 概念は, 様子が, 気が, 消極的思想が, 立場以外に, 綽名で, 者が, 者と, 者を, 萎縮の, 言葉が, 言葉の, 話は, 酌量で, 関係が

▼ 者~ (102, 0.1%)

4 の婦人たち 3 の人々 2 の人

1 [93件] からあった, からいへ, からする, からという, からの, からの頼み, からは, からはそんな, からアレクサンドル, から写し, から自発的, が本腰, が決める, すなわち朝廷側, であるから, では小野, では当惑, では普通, で使うらしい, で用意, で負, としては出版権, としては折角, との夫, と出版者側, と対立, にある, にくみしよう, にとってはもっとも, にとつて, にはこれ, にも不, に僕, に参列, に取, に対しての一つ, に対しては全然, に対しては著しい, に対し相当, に対する厭, に対する挑戦的態度, に巧み, に希望, に損, に於, のかなり, のそれら, のなんと, のキンちゃん, の一人, の一員, の二人, の人達, の作戦, の利得, の利益, の力士共, の反省, の商売上重要, の好む, の宣伝, の寛斎, の希望的条件, の弁明, の弱点, の意企, の意見, の日本, の最大, の村, の歴史, の死者二十数名, の注文, の犠牲以外, の理解, の紳士淑女, の結束, の自発的, の要求, はこんな, はそういう, はどの, はなんと, はやっと, は恐悦, は駐在所, へお礼, へでもどちら, へでも被害者側, へまわった, もだれ, も困り抜い, を持て余さし

▼ 者らしく~ (98, 0.1%)

2 こんなこと, ボタンを, 主家の, 貞操観は

1 [90件] いやいや競馬場, おっかなびっくり茶屋, お互に, こちらは, さっぱりし, さんざん飛び回った, すぐ城門, そして不知案内, そっと足音, それに, それを, だんだん懇意, ちみつに, つても, てお蔦, て云う, て少し, なくて, なつた, のどへ, はない, ひとり笑いを, また百姓バルザ, まづしい身なり, もあります, もありません, もある, もっと素直, もない, もなく, も見えます, わけが, セルの, 中に, 之を, 仕事を, 伸子の, 何でも, 何時までも, 冷静そのものの, 初めは, 前任者と, 又文学者, 反抗を, 喋々と, 喜々と, 如才の, 妙に, 妻楊子などを, 字面から, 実証的であり, 家中の, 島の, 徒歩主義を, 徹底的細密に, 心を, 思いの, 手足は, 暫く冗談口, 村では, 次第に納まる, 正直に, 溌剌と, 爛々と, 狐の, 玄関を, 現在は, 男は, 眉を, 真剣な, 真新しい手拭, 真面目で, 真面目らしく, 私に対して, 突つ込んだ, 線路に, 考え感じ権力を, 肩肘を, 腹の中で, 自然の, 若い貴女, 話の, 足許の, 身軽に, 返事を, 逆せた, 部落内の, 露骨な, 靴を, 頼もしく聞かれた

▼ 者その~ (97, 0.1%)

4 人の 2 むかし, ような, 人を, 傍に

1 [85件] くゆること, ざまは, つぎの, のち身を, ひとりに, へんに, ほうが, ほかに, ほか人類社会が, リアルな語り, 一なり, 一を, 一人は, 上お, 世に, 中に, 中には, 人々の, 人が, 人も, 仲間で, 侶ローデリンゴと共に, 像や, 出身いかんに, 別を, 前後に, 前衛とも, 力の, 力最も, 協力者たちを, 単調に, 参加者平和の, 名は, 場に, 多きに, 夜の, 大半に, 大月玄蕃とやらは, 大部を, 太鼓を, 姿は, 威容に, 子に対して, 子ポリドロを, 子女を, 家族らも, 差は, 師レウキッボスの, 御曹子殿の, 愛すべきもの, 所在町村を, 数も, 數いくばく, 數百を, 日より, 時分は, 時神の, 条件が, 株式を, 汚れに, 為人に, 熱愛する, 王位を, 生くる, 由を, 男を, 監督に, 種々相が, 者よりも, 耕作に, 自ら迷う, 虐の, 言により, 言の, 訪問を, 語るところ, 趣を, 趣味少き, 蹠を, 造主の, 遊惰性と, 郷に, 酒を, 風貌を, 體に

▼ 者なく~ (97, 0.1%)

3 て天上 2 して, 傾聴者なく, 却て, 多くの, 権威なく, 而し

1 [82件] この歌, そが, そのため, その結果, ただその, ていかに, ては出来ぬ, ては大いに, て對坐, のち死し, はじめに, ば, ばあらず, ばかく, ば世, ば各, ば我等, ひそかに, また其愚, フランスには, 一人の, 三角餅の, 上下共に, 上流また, 今は, 其が, 其身の, 内は, 前代未聞の, 卒業早々, 厨の, 又オランダ医学, 口々に, 古今体制の, 君主の, 味方の, 四民も, 圈また, 女人は, 妄語せず, 妻は, 子は, 存分に, 寂寥たるあり, 専門学者は, 店は, 座を, 強力絶倫の, 彼の, 徒らに, 從つて當時の, 我も, 改心致しました, 放置せられた, 新聞記者に, 日置流より, 是れ, 曹操は, 有るは, 東都を, 水を, 湊, 牧師なく, 皆縦走, 盛装の, 盛裝の, 目前に, 相互の, 真の, 船をも, 蔵み, 説く者, 諸植物, 謂わば, 警察でも, 讀む者, 退屈する, 集会し, 顧みる者, 食物とては, 鶏飼うべき, 龍華寺の

▼ 者とが~ (95, 0.1%)

3 ある 2 あった, あって, あつた, 二分された, 憲兵に

1 [82件] あべこべに, あらわれて, ありましたか, あるだろう, あるという, あるなら私, いた, いつまでも, います, いる, かけて, この世に, しぜん, そこに, その政策, だれである, できる, ともに爪, どのくらい, どの位, フランス啓蒙期に, 一つ座に, 一時的に, 一緒に, 主である, 乗りこんで, 争った事, 事ごとに, 二人の, 以前と, 住んで, 何か, 何かの, 何とは, 僕と, 全くその, 全然対等, 八九人今, 共に働いてる, 共存し, 出ました, 出来て, 初めて公然と, 協力し, 友人的朋党的関係を, 古來常, 同一哲学風, 同格に, 君臨し, 固まると, 多数あった, 対立せね, 巧に, 座敷いっぱいに, 得てして行いがち, 心配する, 必ずしも相容れない, 必要である, 悉くこの, 打し, 明らかに, 正面に, 炎天の, 現れたの, 現れる, 生じた, 生じたの, 相争うであろう, 真夜中に, 繁く出入, 自分たちの, 藤沢の, 衆判合議の, 衝突し, 見えないところ, 見物の, 踊り子の, 隊伍を, 隣合わせに, 静かに, 駕籠の, 鬼と

▼ 者でなく~ (93, 0.1%)

3 てはならず, てはならなかった 2 ちゃ駄目, てはならない, てはならぬ, てはなりません, ては解りかねる, て見る, ともその

1 [73件] あるいは美しい, ある邑落, その数, ちゃあ巡礼, ちゃア, ちゃ僕等みたい, つて好, てさ, てどこ, てなんぞ, てはわからない, ては先生, ては到底, ては君, ては味方, ては困る, ては園芸, ては想像, ては法律家, ては犯罪者, ては私, ては駄目, てもあまり, てもよい, ても何人, ても先ず, ても又, ても地上, ても札幌, ても済むのぢやないかと, ても誰, てポグレキウォ, て其時, て家長, て帝大出, て批評家, て漸進主義者, て自分, て芸術家, て誰, ともひとり, とも木曾, とも良心, とも骨, ばそんな, ば充分, また聴き得る, また語り得る, ソシアリストは, 三人の, 且好案内者を, 中等社会および, 他人を, 優強者と, 勿論ウィルソン, 単なる戯作者, 又余り安心, 同時にまた, 國家的に, 夢を, 奉公ずれの, 従つてこの, 忠臣だ, 改良主義者であり, 水に, 決して毒薬, 無政府主義, 真理を, 絶對的なる, 若い人, 術者の, 被害者でない, 逆に

▼ 者をも~ (93, 0.1%)

2 得た, 憎んだこと

1 [89件] ご引見, その中, その徒, その懐, たったひとり, ひき込んで, ひと息で, もたずに, やがて忘却, やはり自己支配, やわらげること, ゆるして, 一つの, 一人も, 不戦論者に, 乗り越して, 人種を, 仮借なく, 会議に, 伴れ, 作者をも, 併せて, 俗吏俗物として, 入れても, 其事の, 利するなく, 動かし得るよう, 合して, 含む資本主義体系, 含めて, 告げるよう, 地獄圈内に, 壮者と, 大法事, 容易に, 富ますに, 少女に, 已に斬, 巻き込むほど, 恐れては, 恐れは, 悪ん, 惜気無く, 憎み得ない, 憎むん, 憤慨させる, 或いは河原者, 承り候, 折伏する, 拘引せよ, 排斥し, 排斥し尽さん, 救いたまえ, 救うかも, 敵に, 文学と, 斯く迫害, 斯様に, 時にエタ, 棄つるは, 気嫌いする, 河原に, 渡した, 激励した, 無媒介者, 生ける者, 産出する, 画幅をも, 眩惑しつ, 社会科学者をも, 突き飛ばすよう, 立たせジミー, 等しく利用, 自然胸の, 記そう, 許さなかったこと, 誘って, 語合つて惣勢二十五人も, 諄々として, 輩出した, 避けないで, 鏖に, 階級的立場の, 離脱し, 非常に, 面白く感ずる, 頼りに, 驚かした, 魅する

▼ 者なき~ (91, 0.1%)

18 に非 10 にあらず 3 を憂い 2 ことを, にあらざれ, にあらね, はなんぞや, を見

1 [50件] あなたと, か, がゆゑ, が如く, が故に, が爲, こそ古来未曾有, その身, ならで, にこの, に何処, に盗まぬ, のみならず, はなんぞやこれ, は人, は多少, は大, は実に, もこれら, ものは, や, ゆえこの, をもってその, を私, オーケストラ, 上手と, 中にも, 中年男が, 九月初旬より, 乱暴猫である, 事件なる, 事柄のみ, 勝利の, 北土の, 名力士, 国においては, 大なまくら, 大智者で, 子, 宜なり, 故中, 有様であった, 果敢さに, 片田舍の, 破屋の, 秘密なるべし, 能弁の, 英雄と, 處なる, 限り多くの

▼ 者~ (87, 0.1%)

3 っ, のお 2 のよう, の御, はお

1 [75件] あぶないッ, いかにお, お帰り下さい, お手すき, からし, からである, がお, がさっそく, がちょうど, がゆるされるなら, が丁度, が北条殿, が発狂, が訊ねたら, すぐ駈け向っ, そんなお, たる柳生対馬守, っあの, であった, としてのナジミ, などと甘え, にいみきらわれる, にはきっと, にもご, にも相, に好意, に対して卑怯, に書い, に財, のほう, の中, の定綱, の容子, の己, の弟, の恋人, の笑, はあの, はその, はどんなに, はまた, は十六, は戦, は桔梗どの, は線, は自分, は館, へお, へお詫び, への名宛て, へは便り, へも悪名, へ伝えられよ, へ嫁がせたい, へ近づい, もうこんな, もお, もこんな, もさぞ, も子たち, も御, や思う, らしくも, をどこ, を失恋, を怒らせ, を想う, を私たち, 之影, 之影也, 亦一二萬, 休んで, 殺を, 殺虚偽, 行こうか

▼ 者など~ (85, 0.1%)

4 あった 2 ある身, 何が, 雑多な

1 [75件] あったら正成, あって, ありませぬ, あるわけ, あれば, いちどに諏訪口, いるわけ, いろいろあります, いろいろな, お互いに, こもごも拝礼, これらは, これを, ごく少数, さうし, さまざまで, さまざまの, すべて希望と, ずいぶん衒気, そういった物凄い, その惨状, それぞれに, それを, だ, だれも, つかまえて, であったが, である, なおさらの, なかった, なくても, なぜ容赦, ほとんど一人, ほとんど稀, もう二日間, もっぱら国, よくゴンゲサマ, グヅ, 一人も, 不具者十一二名が, 云ふ, 何心なく, 出ようもの, 加茂の, 勝手放題ゆるやかな, 十名以上は, 喜んだの, 城の, 多く見た, 大半の, 峠を, 徒刑場に, 恐らくあるまい, 息を, 支離滅裂に, 方々で, 是非二派に, 桐壼の, 殆ど皆無, 浜一ぱいに, 男にも, 男女老幼の, 皆で, 空閑の, 絶えず蹌踉, 総数九百余名の, 自活の, 言い掛くる者, 言われた輩, 話の, 誰一人行きたがらぬ, 貧血的な, 辻斬退治に, 間違っても, 隠れて

▼ 者だけが~ (84, 0.1%)

3 のんきであります, 残って, 知って

1 [75件] あえて学科, いくらでもあと, いつまでも, いろいろ愛, この, この割れ目, そこへ, その恐し, その故郷, その残肴, それを, できると, どうにかしなけれ, どうにかできる, なおしゃべりつづけた, みずから考えはじめました, もてあそぶ手法, よく知つて, わずかに, トラックから, 下宿する, 事実上この, 今では, 仏頂面を, 仕事に, 他村, 代々片目であった, 休む, 住んで, 何時でも, 僕の, 兵隊に, 出ると, 勇者で, 十二三名霊岸島まで, 十人ばかり, 唯ひつそり, 噂に, 売りに, 完全に, 寄って, 居るの, 希望に, 持つ学究的冷酷, 持つ特別, 敢て, 文士でなけれ, 日本語を, 時々古い, 暦を, 書きゃいい, 本当に太陽, 来るよう, 正しい知識, 残った, 潮來に, 生き残ると, 生命拾い, 相交わっ, 真の, 知つて居る, 科学的精神の, 羽振りを, 自ら次の, 裁判官を, 見あたらない, 賞与に, 身体を, 遠くおる, 選ばれて, 銃を, 集まって, 集る筈, 鞭の, 顔を

▼ 者とか~ (84, 0.1%)

1 [84件] あるいは高僧, いう, いった人間, いって, いろいろの, いろんなひと, お客とか, ご主人, そういった丸の内, そのほか, その他の, その附近, たいていそういう, で西陣, とくべつ任務, なまけ者とも, また芸術家, サラリーマンとかいう, タンテイには, ベデカと, リーブル・パンサウールとか, 一口に, 三河の, 云うもの, 云う側, 云われるの, 人民とか, 以前同じ, 何とか申します, 何とか言う, 何んとか, 保証人とかいう, 儒者とか, 先祖代, 先駆者とかについて, 剣客とかいう, 呼ばれるよう, 哲学者とか, 地味な, 年の, 当家に, 御時計師, 思ひ給, 懐疑主義者という, 或はその, 或は希望, 改良者とかいふ, 政治家で, 教育家とか, 新聞雜誌の, 本と, 本職でも, 森林山賊とかという, 歴史哲学者とか, 法学者だ, 流雪溝の, 無能力者白痴狂者など, 無能者とか, 物の, 独裁者という, 猟師とか, 甘やかされて, 申しました, 申すの, 當家に, 科学者という, 納戸の, 素人と, 素人とか, 維持会員とかいう, 考えても, 聖人とか, 自称美文家とかいう, 芸術家とか, 袋鼠とか, 被掠奪者, 言って, 言ふ, 詩人とか, 賢者とかという, 購買者とかには, 關係者とか, 陰口ばかり, 音楽家とか

▼ 者にと~ (83, 0.1%)

61 つては 7 つても 2 つてはね

1 [13件] つて, つてこそ, つてのみ, つてばかり, つてよき, つてフエータルと, つて一種の, つて固, つて天国は, つて意味なき, つて殺戮は, つて興味深い, つて霊力は

▼ 者~ (83, 0.1%)

5 の一人 2 の最も, の落伍者

1 [74件] から, から仲裁人, から暗殺者, での第一人者, で千疋, で博学, で文学士, で最もよく, に, にあ, にあり, にこそかえって, にその, にてエムベドクレース, にて分業制度, にはここ, にはわれ等, にはポセイドニオス, には一人, には一時払, には上記, には多少, には大森義太郎, には憲法政治, には朝鮮, には直接私, には種々, には誰一人, には随分, にも一人, にも南支那人, にも屈指, にスピノザ, にレヴェズ, に一決, に中村春台, に二派, に加わった, に唱, に数学上, に於, に於い, に求むれ, に現われ, に知る, に高利, の一, の一部, の一部分, の一類, の人材, の保守主義者, の六人, の四人, の孰, の少数者, の希望者, の征服者, の泰斗, の第一人者, の親族席, の頭, の首領, よりいわゆる, より出だし, より同社販ぐ所, より抜擢, 各一人, 実に四千五百九十一万六百五十一人, 少しは, 最も先輩, 最も尊敬, 最も活動的, 最も自己

▼ 者などが~ (81, 0.1%)

2 ある

1 [79件] あって, あります, ありまた, ある筈, あろう筈, いた, いなかったの, おりまた, かわるがわる世話, ここへ, この部屋, これを, ごたごた棲ん, ごたごた詰っ, しるされて, その主, その職務, それを, ぞろぞろと, たまたま江戸弁, できて, まだ門, まばらに, みだりに用い, よく村, よく来た, わざわざこの, わずかに, コスモポリタン人でない, コッソリ隠れ, ゴタゴタし, 下駄を, 二十数人ま, 交じって, 今では, 今日子供の, 令孃崇拜だ, 円本の, 出家の, 右往左往し, 呪文を, 土地, 圧倒的に, 多くなっ, 夜どおし門に, 大に, 好んで, 嫌疑者として, 寄ると, 小紋の, 幸いに, 廊下を, 往々あり, 心配し, 忍び込んで, 恋しくなり, 或る, 持つ龕燈提灯, 数うる, 文に, 日本で, 早くも, 時々遊び, 来るとも, 棺の, 武士の, 澤山ゐる, 王政主義者と, 矢張り可愛, 知恵を, 研究道場として, 続出した, 聞いて, 部屋へ, 金を, 集り赤色陸海軍文学協会中央評議会, 雑然とはい, 霊魂不滅論を, 頻繁に

▼ 者以外~ (80, 0.1%)

5 にはない, のもの 3 の人々, の者 2 の人間, の何もの, の勢力家

1 [58件] きては, であり得ない, で言, にあの, にあり得ぬなら, にさらに, にそんげ, にだれ, にとっては何, にない, になかつた, には人, には愚か, には才能, には求められない, には秘し, には絶対, には美妙, には見る, には見当らない, には解らない, には誰, にもう, にも感じさせる, にエッタ, に一人, に人, に就い, に洩れない, に知る, に自ら, に觸, に遮断, に長い, のだれ, のもう, の一般人, の一般男子, の世人, の他, の何者, の僧團全員, の味わう, の多数, の大, の方々, の方面, の死亡, の生活, の誰, の重い, はこの, はそれほど, は書かなかった, は皆, への口外, へ秘密, を楽しませない

▼ 者及び~ (80, 0.1%)

2 商人の, 製造業者の, 賛成者の

1 [74件] あらゆる種類, この職業, これと, その勤労, その後の, その根柢, それぞれの, 一同の, 一般普通民間労働者への, 不幸なる, 世人に, 主人などと, 他人の, 会員は, 位階ある, 俳優の, 元禄文学の, 全紳士, 共同者に, 共同者に対する, 其の家族, 其当時自分の, 其書き物は, 労働者から, 勤め人そういう, 十分の一税と, 各種の, 哲学者の, 土地保有者の, 土地地主の, 地主に, 外国文学界との, 学者の, 小僧の, 小劇場, 小資本家, 巫婦の, 年代を, 幼小児に, 彼を, 技術者に, 政府の, 文学者に, 文學者ならざる, 旅宿その他の, 毛織物製造業者は, 水戸派一橋立儲君派らを, 波蘭人に, 漁夫を, 漁撈に, 無産者の, 特に年代, 社会の, 科学者の, 素人俳優を, 自然研究家に対して, 芸術家の, 芸術家独立不, 著者たる, 要衝に, 説教者は, 負傷者の, 資本家が, 軍兵らの, 輸出商人の, 輸送業者たる, 農村勤労婦人も, 農業者に, 農民に, 農民は, 追随者の, 鑛物學者の, 関係五州の, 鮮人労働者たちの

▼ 者あら~ (78, 0.1%)

5 ばこれ 43 ば吾人 2 ばこの, ばその, ばそれ, ば之, ば余輩, ば其, ば役人, ば必ず, ば我, ば捕え

1 [46件] ばあれ, ばいつ, ばそ, ばまず, ばまた, ばわが, ばわれ高尚, ば万戸侯, ば世界万国, ば主人, ば二里, ば住民, ば何, ば余, ば先づ, ば共に, ば再三再四力, ば十金, ば協力, ば厳科, ば名づけ, ば国, ば妾, ば嫉み, ば実際, ば小生, ば左, ば御, ば必ずや, ば恣, ば我社中, ば政府, ば斬, ば斬っ, ば斬れ, ば朕, ば来, ば畢竟するに, ば直に, ば知るべ, ば福, ば私, ば見よ, ば訪ね, ば逍遙先生, ば酒

▼ 者~ (78, 0.1%)

2 權利, 罰則ハ國家ノ, 行為ニ悖

1 [72件] オト, ポット出ノ, 一員ナリ, 一律ニ服從スベキ者ナリ, 一行ニハオヨソ信仰ヲ, 一行ニハ一人, 中ニ, 二三年先ニ江戸ニ来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ, 人生觀ガ半面ヨリ最, 伏在セルカニ感ジテ草案者ニ質問照會スル等ノナカラムコトヲ望ム, 作料ハ婦人, 侵害ヲ, 利得ガ優ニ妻子ノ, 利益配當, 利益配當ヲ, 制限ハ現今マデ放任セラレタル道徳性ヲ, 勞力ニ原因スル者ニ非, 反省ヲ, 品性ヲ, 國家扶養, 土地ハ資本ト等シク其經濟生活, 地位ニアル日本ハ正義, 外ニ新, 契約結合ナルハ前説, 如キ其智見, 如ク一切, 如ク之ヲ, 如ク悲シキ面容ヲスナ, 如ク見, 如シ, 存在スルコトニ革命的理論ヲ, 孰レカヲ決シ得ル國家ハ其, 尊敬スベキ同志ナリトモ國際的對立ヨリ見, 市立, 徳化ニ俟ツ, 忌日ヲ, 恐ルヽ所ナリ, 我国ニ欠損シテ而シテ未, 或者, 戰爭ヲ, 指紋ハ旗田鶴彌, 挙動ナランヤ, 擁護, 昏迷ナリ, 最期ヲ, 月給又, 權利ヲ, 歐米ニ多, 氏名演述, 為ノ, 特權ニ非, 狂歌ヲ, 狂言ナリ重大ナル罪惡ナリ, 玉ネギサンハ道ニマヨツテシマヒマシタ, 知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 稱呼ニ付キテハ, 簇出シテ實證ヲ, 素封也, 罪則ハ國家ノ, 考定, 能ク為ス所ニアラザルナリ, 脚ノヨウナグリ, 腕ニ蛆ガ湧イタリスル, 自由ヲ, 自由ヲヤ, 若キハ曾テ算フルニ遑アラズ, 行為犯意過失無, 言葉モナルベク保存シ話, 随一ダ, 離別ハ地獄, 風呂場ト出演者以外, 風呂場ト別

▼ 者~ (78, 0.1%)

4 な, なもの 3 な資質 2 な態度

1 [65件] であり反, であるという, であるよう, でしたな, となり, なここ, ななれなれしい, なゼスチュア, なデカダンス, な一日本青年, な位置, な低, な優越, な冷徹, な制度, な又は, な反逆, な否定, な哲学者, な固苦し, な好み, な家族, な專一, な層, な形, な性格, な性癖, な技能, な政治勢力, な文化上, な文化職業人, な方面, な熱誠, な特色, な独裁力, な生き方, な疑惑, な眼, な眼光, な筋肉労働, な紳士気取り, な組織, な組織力, な習癖, な自, な表情, な要素, な調子, な資本家擁護論, な逆説感, な集団生活, な馴れ馴れし, な高, にしか分析, に常識界, に文学, に文学者的, に物, の人, の庭造り師, 又文学者的範疇, 我という, 被支配者, 被支配者的多数, 鋭りさ

▼ 者のみ~ (77, 0.1%)

5 である, では 3 なれど 2 でなくこの, ならず, なり, なりや

1 [56件] あるぞ, この外, これに, これを, だった, であ, であったなら世間, でありませうか, であると, であるとは, であるよう, でした, でしょうか, でなく國家社會黨, でなく金持ち, でも, でわれわれ, で決して, ならずすべて, ならずフォッシュ, ならず一般演劇研究者, ならず他方, ならず内外, ならず出版者側, ならず同, ならず無神論者, ならず物理学者工学者, ならず羚羊, ならば, ならんや, なれば, よくする, ゐたり, ゐたるかの, 二十人も, 充満ち, 助言者のみ, 多かる可, 多くなり, 川の, 恩愛を, 愛を, 普遍を, 有らうや, 本能は, 残りいよいよ, 永遠の, 満足に, 漾う, 独り今も, 眞正に, 知れる歌, 終に画, 諷刺の, 運動家たる, 霊は

▼ 者同士~ (76, 0.1%)

2 がお, が何時, である, のよう, の親しみ, の間

1 [64件] が, がいい, がいろいろ, がかなきり声, がことば, がたがい, がなんら, がふっと互いに, がよく, が他, が嗅覚, が姦通, が子供, が心中, が感じ合える, が江戸, が諒解, が起し, が顔, ぐらいは, だ, だけがやる, だけで, だったから, だつたが, だと, であるとは, でこしらえ, ですから, ですもの, でなければ, で仲よく, で何ん, で大いに, で平常, で競争, で自由, で通婚, としていろいろ, と云う, なれば, なん, になる, にはまた, のみが婚, の争い, の何, の信頼, の友情, の当然, の従姉妹等, の恋愛, の恍惚感, の方, の楽しみ, の気持, の熱病みたい, の結婚, の血, の話題, はしつかり, はイヤ, らしくお, を交際

▼ 者一同~ (74, 0.1%)

2 には白強飯, はすぐ, を昨夜, を調べ

1 [66件] ある日畠, いまだにこけ, からおさんどん, がぎっしり, が歌舞伎天覧, が法要, が片, が知らない, が立去った, が裁判, が郷士, こんなに御, さわがずと, ただ固唾, と共に早い, と同じ, ならびにかく, にとってはかなり, に入っ, に呼ぶ, に固く, に宣誓, に恩典, に申上げ度, に発せられました, に鎧一着, のうえ, の会見, の名誉, の或, の氏名, の決定, の青, はいましめあいました, はそれ, はだいぶ, はどんな, はひと, は停学, は兎, は厳重, は寄集り, は嵐, は意思, は署, は部屋, は難破船, へいちいち, への酒肴料, へ鷹揚, もその, も代るがわる, も先ずほっと, も数寄屋橋, も顔, を容赦, を層, を捕へ, を東仲通鳥屋末広, を滅, を白洲, を見廻りおり, を集めた, 実にどうも近ごろ迷惑, 深く其葡萄, 立会いの

▼ 者のみが~ (73, 0.1%)

2 あるの, それを, ほんとに希望, 又選ばれ, 斃れ

1 [63件] この言葉, その境地, とにかく物, もつ微笑, もつ新, ニルヤに, 七八名で, 人の, 人格者と, 人生を, 会得する, 刻下に, 古羅馬, 国防の, 執筆する, 多い, 大盤石の, 失敗の, 寄って, 将来, 尊いという, 市場で, 強いか, 微笑の, 感じる, 感じ合う特殊, 感じ合ふ, 感じ得るもの, 感じ得る澄み切った満足, 所謂風俗習慣を, 持つ燃えるよう, 捨身を, 断じて神, 有つ, 横行する, 正しく過去, 死を, 残って, 獨り持つ, 理解する, 生き残ったという, 生産的用役を, 眞に, 眞理を, 真に味, 真に怒る, 真に知仁勇, 真理より, 真理を, 知って, 知ってる一定, 知り能うところ, 知るであらう, 知る欣びで酬, 知る漠然と, 神の, 自己建設の, 覚えの, 解し得る心持ち, 許されるの, 選ばれて, 野や, 集まるもの

▼ 者すら~ (72, 0.1%)

8 あった, ある 5 ない 3 あつた 2 あるでは, ないの, なかった, 五山八千の, 出て, 居なかった

1 [36件] あります, あるの, あるまい, あるまい否, あるよう, ある濠, あれども, いなかった, この人, たくさんに, ないはず, なくまるで, なくわびしくも, まだ誰一人登つた, ままそんな, もうこの, 何も, 偶には, 古井戸, 多いぞ, 尚お, 居らずたまさか, 徒刑三年です, 心の, 最後の, 有るでは, 殆ど見, 氣が, 無い, 無いといふ, 無かった, 皆知ら, 知らずに, 知らなかった, 諫納れ, 身の

▼ 者に対しては~ (71, 0.1%)

2 昔から

1 [69件] いかなる場合, いろいろと, きかなかつた, この折伏門, この自然弁証法, こんな古めかしい, それは, ただ漠然と, たとい暴政府, とかく白眼視, とくに慈愛, どうしても土地収用法, はなはだ面白から, ひとりひとりに, ひどい乱暴, ほとんど神秘的, ほんた, まったく法律, ドウスル連という, ファンという, 一定の, 下位の, 不思議な, 世間一般の, 伝統が, 何の, 傍人たる, 兄分らしく, 刑法第, 別に, 別段主従, 利益よりは, 到底多く, 君は, 国家は, 如何なる悪霊, 委員において, 威張る, 宗教は, 実質的釈義を, 容赦しません, 常に受動的, 忽ち冷酷, 或る, 手を, 敢然と腕力, 是が, 村社は, 決してせぬ, 特に敬語, 現在の, 生産物の, 病死と, 皇室は, 破産し, 私は, 窮屈に, 笑顔を, 罪を, 自分は, 親しむけれども, 訓戒を, 論外で, 軍部は, 追跡中である, 速かに, 閑馬の, 関所でも, 養父弥平の

▼ 者とを~ (70, 0.1%)

2 別々に, 区別する

1 [66件] あらゆる将来, いかに幕府, ことさらに, して, ながめて, もって, わけたところ, 一掃し, 一視同仁せぬ, 並べた時, 併せて, 全然分け隔て, 公正な, 兼ねたことほぎ, 兼ねなくては, 兼業する, 凡てを, 出して, 判然と, 区別し, 区別した, 區別し, 同じ人生航路, 同じ話, 同時に失う, 呼び上げる, 問わずこの, 問わずすべて, 問わず一般, 問わず藩, 圍み, 大連に, 富ますこと, 少くしました, 差別し, 常にただ次, 弁じて, 引けば, 引離して, 従えて, 得たの, 思い出す時, 愛と, 成員と, 持って, 捨てて, 敏感に, 有す, 比較すれ, 求む, 混ずること勿, 生ずるに, 生ずるの, 生み出しは, 知らねば, 知らむことを, 肥す, 自動車に, 要求する, 調和の, 身近に, 載せたまま, 連れて, 連結する, 遺棄した, 駆逐し去

▼ 者ほど~ (70, 0.1%)

3 御し易い 2 ウヌボレの, 不幸な

1 [63件] ある, いいかえれば, いちじるしい障害, いろいろ手, この出陣, この睡た, さっぱりとは, すぐれた文章, そういった人, そうであった, そうである, その偉, その刑罰, また酒, やぶれかぶれ, よく導い, 一たん怺え, 一面悪い, 上等民族だ, 世に偉い, 世間から, 人から, 人には, 人生に対して, 人類の, 仕事を, 他の, 具体的世界に, 分って, 勇気が, 却ってそんな, 原色配合を, 喜んで, 始末の, 実はたえ, 寒を, 寿命が, 尊敬され, 平氣, 怖しい, 恐ろしいもの, 悲しむ可, 惨害は, 愈明らか, 愚劣な, 憎むべきもの, 抵抗力が, 散りいそぐか, 日本ファッショ化の, 時代の, 死ねば, 死も, 熱情家だ, 禍乱の, 自から, 自己の, 華奢で, 行く末当てに, 詰らない稼業, 詰らない者, 身体の, 餘計に, 馬鹿じゃ

▼ 者~ (70, 0.1%)

10 の男 3 の男女 2

1 [55件] ではなかっ, で多く, とは大いに, と云, なところ, なもの, なロシア人, な作者, な又, な忠實, な所謂不安, な文化, な無, な男, な聖人, な興味, な衒気, な詩人たち, に, にこういう, にこちら, になっ, には物, にも染まず, に上ずった, に云っ, のおかみさん, のそして, のその, のふたり連れ, のもの, の二人, の人, の仏蘭西人, の倫理学, の可, の大男, の天才賛美, の姿, の容貌, の残りもの, の由造, の相貌, の神道徳次郎, の美人, の背, の若者二三, の解釋, の調子, の重厚沈毅, の青年, の頓智滑稽, もある, をし, を漂わし

▼ 者農民~ (68, 0.1%)

2 の立場, 小市民

1 [64件] がその, がもろとも, が五ヵ年計画, が最も, が自分, が電話, が非, だってさわい, とか云った, とともに婦人労働者, に力強く, に関するどういう, のイニシアチーブ, の出身, の利益, の勝利, の営養, の国ソヴェト同盟, の土地, の子, の実生活, の家庭, の手, の技術向上, の政治的自覚, の数, の文学好き, の日常, の桎梏, の権力樹立, の武力, の決定的, の決心, の生活, の祖国サヴェート同盟, の窮乏, の精神, の結合的活動, の群れ, の若者, の見学団, の解放, の革命的台頭, の頭, はごくわずか, は一層, は今, は文学, は更に, は気, は真に, ばかりで, への影響力, や学生, を何十万人, を動員, を多少, を大砲毒ガス, を搾取, を支持, を絞め殺す, ヲ搾取シ, 及び一般勤労者, 及び多く

▼ 者だけに~ (66, 0.1%)

2 この男, 妙な, 種々な, 面白が

1 [58件] いろ, いわば粒選り, かぎる, かしずかれて, きつい西洋酒, こういう家庭, そのなか, その闘志, それぞれその, ついてでも, ときどきこうして, なるであろう, まどろ, むずかしい事, わかること, わかる心理, イザと, ドコか, 万遍なく, 二人の, 二人は, 任すべき問題, 分ても, 劣者は, 十郎次罪の, 却って兵部, 執念深い, 多くの, 子供の, 専門の, 對し, 就いては, 恨みが, 感激する, 持って, 文字の, 最も多く, 本法寺の, 止まらない, 江戸には, 清人は, 玩具屋の, 目を, 目前の, 算出値の, 素晴らしく美しくも, 罪が, 荊棘を, 見える小さな, 見世物に, 親類たちの, 談らしめ, 通用する, 過ぎなかった, 還元し, 限られて, 非常に, 頒ける

▼ 者であろう~ (65, 0.1%)

74 と思った 2 とする, と思う

1 [50件] かそれとも, かという事実, かとにかく, かと迷う, からである, か長い, がな, が今日, が借家人, が白い, けれども僕, そうでなけれ, ということ, というの, とおのれ, とこれ, とすれ, とそんな, とともかく, とに論, とは, とは全く, とは夢, ともともと, ともなかろう, ともまた, ともクリストフ, とも作品, とも山伏, とも行っ, とカント, と且つ, と信ずる, と十人, と古い, と希っ, と思われる, と構わなかった, と疑った, と私, と織田, な, はずは, も知れぬ, 寺男は, 弟の, 斯う, 板を, 無業が, 真逆

▼ 者と共に~ (64, 0.1%)

2 ここへ, 警官について

1 [60件] あとに, ある人心, いたの, こ, この土地, すゝみ, だんだんと, やはり桜, やや離れた, われわれも, ジェーリオネの, 一散に, 五年前の, 人生の, 住みたいと, 住み須磨子さん, 刑に, 医学を, 千古の, 却ってその, 同じ祭り, 土肥実平も, 如何に, 実験室には, 小屋に, 岩また, 巡査の, 幾時間も, 広告に, 床の, 強風を, 御堂に, 意義の, 暗い空, 歸り, 死なれた, 死んだ, 江戸表に, 浜へ, 海浜へ, 海路江戸へ, 物々しくも, 独立する, 生徒に, 白骨温泉を, 研究の, 第五天, 臥すこ, 自然的運動を, 苦笑し, 茲を, 言を, 途に, 逝きました, 酒を, 鑑賞者の, 電車に, 静坐し, 馬場の, 騎し

▼ 者までが~ (64, 0.1%)

2 いろいろ牽制

1 [62件] あのお, ある, いっしょに, いらいらし, うろつき廻って, ぎょうぎょうしくご, その姿, その折, その隆々, たいへんな, ついにその, のこのこと, ふき出した, みなそれに, やって, ギクリと, 一網打尽に, 乘り込ん, 交って, 人の, 人を, 今日の, 何となくあらたまっ, 余りに何, 余り覿面, 例によって, 倫理的, 元の, 冗談口を, 出来るかぎり虚構, 印象を, 吾, 困つた, 声高に, 多くぶらぶら, 奮起させられ, 居るの, 彼の, 彼女を, 意外そうな, 有つよう, 株屋や, 気が, 湯島を, 無産派と, 生ずる, 病気と, 皆相当な, 突然の, 紺木綿の, 継子殺しの, 罰せられるという, 美人だ, 自ら好ん, 自然に, 言葉に, 謀叛の, 貴方の, 起きて, 起き直って, 近づきにくく, 錐で

▼ 者だけ~ (63, 0.0%)

5 あって, では 3 だ, であった, です, なの 2 であったが, である

1 [37件] あらあ, あると, ある己, これも, その出発, そろって, だった, だったと, だよ, であ, であって, でありました, であるという, であるゆえ, でそれ, でなく宣伝用, でなく組合, で改めて, で極秘, で猛, で生産, で能うかぎり断崖, で自分, で遠く, なもの, なん, 二三人とおし, 今もっ, 勉強してる, 四人起し, 残り例, 残れ, 精出して, 見たん, 門の, 集めて, 饒舌りつづけ

▼ 者あれ~ (62, 0.0%)

3 ばこれ, ばその 2 ばすなわち

1 [54件] がどうも, どお, どそ, どなほ, どまず, どもかりに, どもかれ, どもこ, どもこれ, どもその, ども大, ども夷, ども智恵, ども本来私徳公徳, ども沙磨, ども田舎, ども男性女性相互, ども町人, ども驚く, ど猶, ど行く, ば, ばかえって, ばかえり, ばこころよく, ばこの, ばそれ, ばなり, ばま, ばまず, ばまた, ばみずから独立, ばみなこれ, ばゆるさん, ば仍つて, ば以, ば何人, ば却, ば味方, ば市, ば待つ, ば櫂, ば無茶, ば煩わし, ば男女間, ば祝官石斧, ば罪業, ば罪死, ば自国, ば試み, ば逸り気, ば酔, ば鎌倉時代, ば鷹揚

▼ 者だって~ (62, 0.0%)

2 いうん, それが, 寄りつかない

1 [56件] いうから, いうじゃねえか, いる, いるぜ, いわれたの, ええやくざ者, こちらが, ことよ, この寒, そうつき合い, そうは, そう一概に過去, そのお前, それ以上の, そんなに異い, そんなに粒揃い, そんな無鉄砲, だんだん下落, つまりは, やはり考え, カード登録者と, 上がりたいだろう上りたければこそ, 二人や, 云ってたこと, 亡霊じゃ, 何れ大した, 全く昨日, 労働者という, 勝ち味は, 十分承知し, 危害を, 同感する, 唯一人居ない, 増すだろう, 変りは, 外の, 夫婦げんかは, 居たん, 屋敷者が, 彼の, 日ごろは, 暮も, 東京ばかりの, 気が, 洋服を, 生きて, 甲野嘉一君を, 真理に, 社会主義に, 腹を, 自分を, 落第する, 見付かるかも, 農村婦人だって, 遠慮する, 靴を

▼ 者または~ (59, 0.0%)

5 所有者の 2 地主の

1 [52件] ここに, これらを, その縁故, その親戚ら, その雇傭者, それに, なりかけ位, イゴイストの, ササラと, 不在支配者に対する, 与え手, 予言者の, 予言者は, 仕立屋などの, 代表者と, 保有者が, 保有者にとり, 保有者の, 共産党員かも, 兵役年齢の, 劇評家として, 反逆者などは, 叛臣や, 同志, 君家に対する, 地主が, 学校の, 帽子製造業者の, 才能に, 持ち得るものの, 支配者という, 政治家の, 新平民等, 昨の, 最初の, 模範とも, 毛布を, 水戸諸生組奸党の, 消費者から, 焼く者, 牛群あるいは, 犯罪の, 田舎紳士の, 科学的方面に, 老いたる者若き, 聞込みを, 象嵌を, 貝類學者の, 資本家として, 農商の, 近しく交渉, 野を

▼ 者みたい~ (59, 0.0%)

2 な, なもの, な事, な地位, な感じ, な男, になっ, の連中

1 [43件] だ, だからね, ですと, で淋しい, なお家, なしようむないもんになつた體, なみすぼらしい, なセセラ笑い, な一面, な口, な口ぶり, な大股, な引込み思案, な恰好, な方, な気, な浪人, な状態, な男ひとり, な笑顔, な長い, な顔, にあっち, にいまし, にうつむいた, におっしゃる, にこつ, にその, になった, になる, にもったいぶってる, に両親, に仕立てる, に変っ, に彼, に恐縮, に気味, に瞑想, に落ちつき, に落ちぶれ, に装うてた, に言う, に静か

▼ 者かも~ (58, 0.0%)

14 知れない 5 しれないが, 知れません 3 しれない, わかりません, 知れないの, 知れぬ 2 しれぬ, しれません, 知れぬぞ

1 [16件] かくも, しれずばあい, しれないし, しれないの, しれませんぜ, わからないの, 判らない, 知らんが, 知れないけれど, 知れないと, 知れない延若, 知れない迂闊, 知れぬと, 知れぬな, 知れぬも, 知れねえ

▼ 者これ~ (58, 0.0%)

3 なり 2 に獅子舞, は一番先

1 [51件] あるによって, が幾十年ぶり, が座り込ん, が最も, が林彦三郎, が江戸, が病人, が真, こそま, なら身, について自ら警むる所, にて好し, に應, に眼, に祷れ, に類する, のみ, は何彼, は去年, へ出ろ, また三百, まで参った, も笛, をみ, をわが, を以て画, を何と, を噛み合し, を天, を実行, を新, を求め, を治め, を消化, を為れるなり, を発すれ, を竹, を精細, を聞書, を複雑, を見れ, を討つ, を讀, を願, 在るに, 有り, 有り候わんや, 有り子, 有り孔子懼, 有るにおいては, 有るよう

▼ 者なし~ (57, 0.0%)

2 にキリスト

1 [55件] ある人, こは, その時曠野, ただ山水, である見識, でいまだにどんどん, ですよ, で置くこと, と, とあっ, という, という美人, といふ, といふ美人, といふ鑑定, といふ音, といへる, ときまって, とて嘗て, との意, とは不, とも保し, と人, と威張, と悟る, と斯, と聞いた, と言わば, と雖, などと全く, には済ませられなかった, には王, には進行, に一人気まま, に一人氣, に出来る, に十数日, に妻, に情界, に探っ, に無, に社会, に自分達, の乱読, の宮仕え, わが制は紙, ライフある, 只心當り, 当社の, 彼を, 斯る, 死亡者誰々, 火の玉は, 祖先の, 翌々年一二ヶ村言い合せ

▼ 者~ (56, 0.0%)

14 へある 8 へあつ 2 つても, のみ賤しき勤め, へなかつた, へ生んだ

1 [26件] あんまり正直, ういふ, うした, う言つた者, はりなく, へありけれ, へあります, へありませんでした, へなく, へも中, へ出, へ出来, へ寐急ぎ, へ少から, へ收容, へ次第に, へ珍, へ現, へ現れた, へ確か, へ聖意, へ聞知, へ見受けられる, へ開け, も無念, 見れば

▼ 者なんか~ (56, 0.0%)

6 一人も 4 あるわけ 2 ありやしません, ある筈, では

1 [40件] ありは, ありゃしませんあの, ありやしませんが, ありやしませんでも, ありやしませんよ, ありやしません第, いつも行く, いないよ, いなかった, いません, いるもん, この世に, さう, すこしも, ちかごろ暮し, ぢや, で遠方, ない筈, のは, まだこんな, やっぱり歴史的人物たる, 一人もねえ, 傍へも, 出して, 女ひでり, 居ないただ, 居なかった, 影も, 思ひも, 搜すより, 昨日閉店以前に, 楽屋に, 歩かれは, 殺して, 江戸中に, 皆んなコレリの, 相手にも, 空想なんか, 送りつけたり, 食いも

▼ 者乃至~ (56, 0.0%)

4 存在物の 3 技術家の 2 一切破廉恥漢の, 俳優の, 個別者は, 技術家としての, 技術家は

1 [39件] は西田系, わ狩猟者, ボリシェヴィキによって, 作家が, 供給者である, 個別者が, 個別者である, 個別者と, 候補者上りは, 共鳴者を, 動植物学者に, 勤労者の, 哲学者が, 哲学者の, 哲学者は, 報道者の, 外国劇の, 失業候補者, 失業労働者が, 存在物である, 学者という, 学者は, 審美學者の, 小売商人筋肉労働者の, 常識人が, 愛好者に, 技術家が, 技術家を, 技術家専門家の, 支配階級の, 政治上の, 科学者の, 義勇軍だ, 自殺者は, 自由主義的哲学者が, 舞台革命家の, 著作家自身と, 超観念論的観念論者, 高級技術家

▼ 者また~ (54, 0.0%)

2 いふ, 多くこれに, 少からず, 遊芸の

1 [46件] かくの, これなる, しばらくは, その童画的, たくさんな, たまには, よく活かす, 一切の, 不幸の, 到底俳句界, 厄介な, 同じ, 国防論を, 多くこの, 天満組の, 契約の, 少なからざりし, 少なからず, 帰って, 幾十万の, 悪用者としての, 成語を, 戦争の, 旅行者の, 是なるべし, 最も勇ましき, 某は, 機を, 死屍へ, 浮世絵師等が, 然す, 神誌学者として, 稀代の, 自分たちも, 自然に, 蒐集家としては, 親代りである, 討たれる者, 貴族の, 辯論者その, 道を, 選ばれて, 重を, 關係者で, 陸上でも, 非なるべし

▼ 者同志~ (54, 0.0%)

2 でなければ, のあの, のこと, の間

1 [46件] がある, がお互い, がそんな, がまず, が五人, が多人数落ち合つて待合, が奪, が巣, だ, だから, だと, だ何だか, であるなんて, である其精霊, でさ, ではお互い, でびん, で何処, で作っ, で助け, で喧嘩, で座席, で感ずる, で戰, で最後, で顔, とていつしか, とでなけれ, なら, なら何, のお, のやう, のやる, の一種, の劇団, の喧嘩, の因縁, の対話, の心づくし, の感情, の様, の相互扶助的, の話, はただ, はね, は若い

▼ 者多く~ (54, 0.0%)

5 はこれ 2 して, は句勢, 俳画を

1 [43件] ある可, いよ, これに, その地, それが, なかんずく上等士族, なり噂, なり最近, の人, はアリストテレス, はダンテ, はヨハネ, は之, は勝景, は卑俗, は卑俗厭, は墓, は然, は詩人, は趣味, は軽薄, ジュボアは, 之ある, 予かの, 借料一週間一円なり, 單獨に, 大字内の, 女監取締りの, 就中髮抔を, 山門の, 市外に, 従つてかなりの, 政和中法を, 死神なども, 永平欒州また, 狼を, 病を, 続いて, 聞えよく, 豕の, 轅馬海岸砲車も, 近年も, 遂に父子

▼ 者からは~ (53, 0.0%)

1 [53件] おそらく苛酷, かかり合いに, この人, この法律, すっかり馬鹿, それとなく出, とうに捨てられ, なるべくもの, ほかより, まっかな色, むろん即座, もはや常識上, エタ仲間と, センテイメンタリストと, 一言の, 与へられさ, 仏さまの, 例外としてか, 内容価値が, 卑しい人間, 厳重に, 同じく一, 和歌の, 寄せつけられなかったが, 少しの, 彼は, 怪しからぬ, 憎まれてさえ, 我慢の, 所持品を, 抜ん, 敬われ基督様, 曖昧な, 来ない, 極端な, 特に多く, 生れない, 皆一円取っ, 監督され, 監視され, 知ること, 祝儀不祝儀の, 緑青の, 羨まれる地位, 脳軟化症だ, 自然非難の, 見離されるに, 証拠金を, 軽蔑まれ, 輸入税を, 銭を, 非常に, 頗る滑稽

▼ 者にな~ (53, 0.0%)

5 つてし, つてゐた 3 つてから, つて呉れ 2 つたので, つたのは, ッた

1 [31件] ずいて, つた, つたのである, つたのに, つた事も, つていまもんの, つてからの, つてさう, つてしまつ, つてしまつたのは, つてしまつたアリストフアーネスとか, つてた, つても, つてヒゲの, つて三年前に, つて両人の, つて仕舞つた, つて出向い, つて出来る, つて唐木細工の, つて夢に, つて居た, つて居つ, つて居ました, つて掛合ひ, つて有名な, つて漸, つて現はれる, つて而も, つて行く, ツて

▼ 者を以て~ (52, 0.0%)

6 任じて 3 これに 2 するもの, 自任する

1 [39件] しなければ, する, するが, みずから任じ, 世を, 任じること, 任じ偶, 任ずる, 任ずる人も, 任ずる僕の, 任ぜ, 侍に, 個人の, 其主要なる, 其眼目と, 内閣を, 冷遇され, 単に人性人情, 大の, 学者風という, 學者風と, 己れ, 忠臣孝子の, 怠慢遊惰の, 放埓遊惰怠慢痴呆社会, 旧エタ, 最醇, 滿足する, 現はれ, 目せられ暗殺, 自らおる, 自ら任じ, 自ら任じたるべく, 自ら任じる, 自ら任じ居り, 自ら任ずる次第では, 蔑視すべき, 許し得る人々, 遇せられその

▼ 者~ (51, 0.0%)

18 やない 43 やありません 2 やございません, やア

1 [22件] やから, やからな, やが, やぜ, やぞ, やつたの, やと, やといふ, やとしても, やと言, やなかつた, やなく, やねえ, やの, や出來, や刃物, や娘, や御座いません, や母里, や無い, や警察, や駄目

▼ 者などの~ (51, 0.0%)

2 中に, 住んで, 家が

1 [45件] いる所, なかには, ほとんど全部, やっかいに, 中には, 仕事に, 仲間に, 位置の, 住たる, 公衆に, 出ないよう, 動物的な, 口から, 名が, 国民に対する, 執務ぶりや, 多いため, 実例を通じて, 実験ばかりを, 家へ, 徒である, 心當り, 忍び込んだはず, 忍び込んだ筈, 思い上った, 手で, 料理が, 業績を, 極度の, 気持ちが, 浅まな, 特権だ, 申すよう, 目から, 眼からは, 知つて居る, 群れは, 習性とか, 血汐を, 言うこと, 誤解を, 階級や, 集つて居る, 頭と, 頭を

▼ 者一人~ (49, 0.0%)

4 もなし 3 もなく 2 だになく, をたより

1 [38件] が大体十五, が小僧, が捉, が飲む, その傍ら, その縄, でほか, でも仰山寄せ, としてこの, としてそんな, として帰っ, とを連れ, と三人連, に比べ, に答者一人, の寝, の能率払い, の賃金, は幕末, もこれなく, もない, もなかりき, もなき, もまた, も候はず, も合点, も曾, も泣かず, も無し, やとひ, をとどめ置き, を殺す, を法律, を牲, を相手, を舞わせる, 探してんか, 知って

▼ 者だろう~ (48, 0.0%)

73 と思った 2 とのこと

1 [36件] かいつ, かただ, かなどという個人, からである, か余りに, が人, が今夜, が米搗き, て, てんで, というこっ, という程度, とだけは想像, と云う, と云っ, と取次, と家, と思い, と思う, と思っ, と思われた, と思われます, と想像, と聞, と自分, と言う, と誰, な, まさか野釣, よ老人, ッて, 余も, 医師の, 大方そう, 時介は, 汝の

▼ 者かと~ (47, 0.0%)

2 いふに, 思った, 思って, 釣りらんぷの下を

1 [39件] いうと, いえば, お葉, そんなよう, つくづく感じた, ひそかに, みれば, 一部の, 云うに, 云う意味, 余は, 俄に, 俯きて, 僕たちは, 先頃来いろいろ, 全く愛想, 又思い直し, 嘆息と共に, 察しられますが, 少しの, 御問, 思うと, 思えば, 思えるほど, 思ふと, 怪しまるるほどに, 怪しまるる程, 怪ま, 殆ど腕力盡, 申すに, 腹の, 見えて, 見えますな, 解釈し, 言う事, 訊くんじゃ, 誰でも, 間違われるほど, 馬鹿

▼ 者すなわち~ (47, 0.0%)

2 エトリを, 清水坂の, 餌取

1 [41件] これである, それで, アベルであり, エタと, エタに, サンカモノと, 三家者を, 世の, 中間どもの, 中間人で, 人間の, 仏陀の, 共産主義者にとっては, 労働及び, 唯一の, 国王の, 太陽を, 失敗者は, 実を, 小麦で, 市会議長自らに, 我教法の, 戸外屋上窓辺などに, 斯界の, 旃陀羅なりと, 旃陀羅を, 死すと, 殺生者の, 独立の, 獣類屠殺業者の, 玄蕃と, 神が, 立志伝中の, 罪に, 群雄が, 自分の, 貧民達が, 賤者の, 遊技場中に, 非人の, 鬼や

▼ 者だの~ (47, 0.0%)

2 唄を, 怠け者だ, 無産者だ, 自分の

1 [39件] それから船, また台所, また幾人, また癲癇持ち, ネパールの, ヨーロッパや, 丁度私, 伊達者だ, 低能だの, 何だ, 其他豐田さんの, 刹那主義的な, 剣術の, 卜筮者だ, 同志だ, 大臣だ, 女だの, 小政党, 文士だの, 木樵だの, 歴史家などという, 汚らわしいの, 無神論者だの, 父勘兵衛景憲の, 生活能力の, 甲州生れだの, 男色だ, 番士たちだ, 精神的だの, 臆病者だ, 花形だ, 著述業だ, 親不孝だ, 觀相者だの, 賭博の, 野伏り, 離縁る, 青二才だ, 革命家だ

▼ 者~ (46, 0.0%)

2 以テ之ニ充ツ

1 [44件] シテ學バシムル所アルベシ, シテ自, シテ金銀薬物ヲ, ヤッタラ切リチラシテ帰ルマイト相談, 二三人招キ晝食ヲ, 云フ, 人ノ, 以テ巨擘トナス, 以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ, 以テ組織セラルル所以, 入レル小屋モアリ, 其, 列記ス如左, 召喚訓責スベシ, 呼ブニ種々, 呼ンデ, 嘲弄スベシ, 始メトシテ右往左往ニ縁, 惣テ呼ブ, 打破セントスル點ニアリ, 拘束セザルベカラズ, 排除セントスル現状打破, 擧グ可ク更ニ斯ク, 日本, 有ス, 果瓜ト為ス甜瓜西瓜是レナリ菜ニ供スル者ヲ, 歡ブ能ハズ, 発見ス, 皆イヌタデ或, 神, 經テ給付ス, 總括, 罰スルハ政府, 聰明ニ成ストハ限ラザルモ読マザル者ハ必ズ阿呆ニナラン, 自己ニ收得シ得ルハ亦, 菜瓜ト為ス胡瓜越瓜是レナリ, 街頭ニ投ゲ出シテ居リソレハ全く, 記性ニ付シ過去, 課シテ可ナリ, 買収シ諸君カラノ, 遠ザカルコト甚シ, 除キテ全, 除ケル中産以下ノ, 雇ヒコレヲシテ移民ノ

▼ 者~ (46, 0.0%)

2 の競争

1 [44件] でそう, では有名, では私, なく懈怠, において特殊部落民, にこんど, にとかく, には名, には有名, には知られなかつた, には行, にもこの, にもまた, にも以前, にも余り信用, にも種々, にも議論, にナルコポン, に一番, に交際, に協力, に協定, に契約書, に存する, に平素, に此書, に漸次, に珍重, に異説, に確固たる, に脚氣, に起るであろう, の内部的對立, の分離, の厳重, の商品, の思想, の無茶, の競爭, の評判, の話, の關係, の風習, ノ互選及勅選ニヨル

▼ 者たり~ (45, 0.0%)

3 しと, 得ない 2 しを以て, 得る, 得るもの

1 [33件] えた, えぬ, えぬもの, しヒダ人, し事, し仏教, し判検事, し北村君, し宝塚, し故, し波斯帝國, し福音史家聖ルカ, それよりも, とも法を, デカルトの, 人間たる, 何となれ, 僧正の, 報告者たる, 得たであろうか, 得たの, 得た得意, 得べき三人, 得ると, 得る人物, 得る余地, 得る日, 得る者, 感激者たるの, 理学者たり, 群集の, 詩人剣客音楽家また, 説明者たり

▼ 者即ち~ (44, 0.0%)

2 純なる

1 [42件] お恥しい, ソレリアンを, ベルナルドゥスの, ヴィルジリオなり, 人又は, 他の, 全入学者, 共産主義者にと, 十歳くらいの, 十歳くらゐ, 咬傷を, 失望者が, 女監, 實在, 小姓の, 御作者様方, 所謂, 所謂識者が, 支配階級の, 既に老い, 早く都門, 是なり, 暗殺者は, 最早死ん, 法王ボニファキウス八世と, 淑女にのみ, 熱意なり, 狐つかいである, 當時いは, 眞を, 神, 神のみ, 秦火の, 立法者の, 答へて, 罪人でなけれ, 行者は, 説きて, 貧民, 鬼神も, 鳥人なり, 麥の

▼ 者でござる~ (42, 0.0%)

62 がその, ぞ, な

1 [30件] かな, からおりおり, からというよう, がそういう, がな今日, がもしや, が一夜, が不幸, が主命, が土地不案内, が当, が当家, が惣次郎, が時, が書生, が法神流, が父, が真, が確, が足弱連, が道, が都合, が飯田, とは名乗っ, と斯, と言明, と諸方, 但し臆病者, 御近づけなさらぬ, 斯かる

▼ 者によ~ (42, 0.0%)

2 つて無

1 [40件] つてあらゆる, つてでない, つてなされた, つての, つては, つてよし, つて一念悟達する, つて世に, つて代表せられた, つて保證され, つて個性的獨創的な, つて假裝せられ, つて反撥され, つて唱へらるべき, つて壓倒され, つて奏された, つて完成された, つて家の, つて射殺される, つて建設される, つて心を, つて承認された, つて投げ出さるる, つて持ち, つて提唱された, つて散文で, つて新劇の, つて最も, つて注意せられた, つて研究せられた, つて秘密に, つて等しく, つて緒について, つて繰り返された, つて纏められる, つて説かれたる, つて論ぜられない, つて起こされた, つて述べられる, つて首が

▼ 者仲間~ (42, 0.0%)

1 [42件] かつては, がこれ, だけのあ, だと, である市民, ではこの, では鯨, でも評判, で北原稲雄, で外国生活, で大分噂, などにはその, におきまして不測, にとっての大きな, には一種, には不, には少から, には触らせない, にやかましい, に一人, に人気, に妙, に甚大, に詩人, の, のあいだ, のつきあひ, のなか, のポンちゃん, の一人, の先達, の動き, の好奇心, の度胆, の田中, の空気, の者, の評判, の話題, の高橋由一, はめいめい, よりもこれら政治家

▼ 者としても~ (39, 0.0%)

2 局外者としても, 常に超然

1 [35件] いわば変り種, こんな批評, さう, それを, また有力, また虫けら, よろしくその, ロシアの, 一つの, 一人前で, 一隻眼を, 人間としても, 全座員, 其の如く, 初めてイブセン劇, 呉, 唐時代に, 大したもの, 大家だった, 大家の, 天分を, 小さな器, 彼は, 手腕凡ならず, 探偵小説に, 斯様な, 有名な, 理論的科学者でなく, 立派に, 統率者としても, 絶好の, 能率を, 許されないし, 重大な, 非常に

▼ 者について~ (39, 0.0%)

2 その者, 言えば

1 [35件] あなたに, いうこと, いろいろ聞, かの国, くわしくは, こっちにも, さまざまの, その人, みるに, もっとくわしい, アインシュタインは, 一話が, 不吉な, 体質の, 修業を, 古来最も有名, 呼ばれたが, 学ぶところ, 官兵衛は, 当の本人, 探究する, 提議された, 等しいこと, 考へ, 考へる, 自由に, 色々と, 訴えたいよう, 話して, 語った, 誰彼と, 調べて, 談判するであろう, 質問を, 選挙が

▼ 者クラブ~ (39, 0.0%)

2 の, の中

1 [35件] がもらった, が建つ, が演説, でいろんな, では毎晩, で何, で夜あけ頃, で大, と同じ, なんかで, にさえ満ち溢れる, には大抵, には所属劇団, には文学研究会, にドニェプル発電所建設, に飾る, のキネマ研究会, のパノラマ, の人, の図書館, の広間, の文学研究会指導方針, の舞踊, の設立, の講演会, の集会, はきっと, はどう, は住宅区域, は大, は現在ソヴェト, は職業組合文化部, へ出入り, へ行った, を飾る

▼ 者にでも~ (36, 0.0%)

2 して, なったよう

1 [32件] お会い, お逢い, お預け下され, これなら, ごく内密, たずねるよう, でっくわそうもの, なつてる, なろうという, 一様に, 任すの, 出っ食わしたの, 叱られたやう, 咄嗟という, 囁くかの, 対するよう, 必ず一人, 愉快な, 授業し, 真心から, 稽古以外の, 経済の, 聞いたが, 自分の, 見せたらば, 見つかると, 言わせようもの, 詩人にでも, 話すかの, 追われましたか, 逢ったよう, 逢って

▼ 者この~ (35, 0.0%)

2 例を

1 [33件] とき我を, ところで, パリの, 三つは, 中に, 了海に, 二人が, 二人です, 五体中を, 付近にて, 信頼に, 名は, 地は, 後眞の, 時彼に, 時斯く, 時既に, 書に, 板を, 林下にさえ, 楽神に, 樹を, 男は, 町で, 百右衛門が, 種の, 緒を, 覚悟で, 身は, 軍人さんを, 野郎, 頃何うかした, 鳥に

▼ 者それ~ (35, 0.0%)

2 が何と

1 [33件] から五番目, から八部衆, がいずれ, がし, がやはり, がスブスタンチア, が十人, が城下, が西兩國, でよい, とふざけ, と見破った, について話される, には振り向き, に倶肥羅, に敵兵, に昆虫館土着, に短慮, はいない, はもう, は勿論, は厳重, は哀れ, は器, は海, は當夜, は私の, は第三者, は蘆荻, もこれ, も器, よりそれ, をなんと

▼ 者でした~ (35, 0.0%)

2 から, がこの, よ

1 [29件] か, かねその, からいざ, からお家, からすっかり, からわたし, から自分, がその, がその後仔細, がそれ, がたった, がようよう, が六兵衛, が十五夜, が去年, が御, が愈々, が政府, が海丹, が老い先, けれども身の上, な, ね姉さん, ので卑怯, もの, よい若人たち, わ, 夫が, 手前が

▼ 者~ (35, 0.0%)

5 知れなかった 2 に比例, は結婚

1 [26件] あり, が決定的, であり商, である, で前年, との間, に対して食物, の割合, の増加, の差違, の減少, の男女別, の絶対値, は一般, は三百万人, は平均数, は彼ら, は徐々, は減少, は秋冷厳冬, も従前, を出現, を殖やし, を減少, を知らず, 知れずその

▼ 者あるいは~ (34, 0.0%)

2 必ずしも政論

1 [32件] お傅, これに, さらに積極的, なんの, ラレイなる, 予言者たる, 亜流によって, 僧侶などが, 光沢の, 労力の, 団体に, 外交官あるいは, 多々これ, 子供位を, 店の, 御家人ないし, 戦争を, 改革に, 教育家と, 斑紋の, 映画監督の, 死せる, 生来の, 神下しに, 結核とか, 老いたる者あるいは, 良人という, 葉裏に, 複雑のみを以て, 貧しき者, 遊覧の, 間道に

▼ 者であります~ (34, 0.0%)

2

1 [32件] お見知り, から不審, から信用, から力餘つて, から加藤, から吾人, から多少, から御, から未だ, から濶達, から無遠慮, から私, から衆, から關, がかねて, がこれ, がその, が先年, が再度, が実際, が既に, が此, が此人, が泊め, が王, が突然, けれどもネパール人, けれども富永, けれども數學, と祖父, 新たなる, 殊に個人

▼ 者とては~ (34, 0.0%)

6 一人も 4 なかつた 2 なかった

1 [22件] あらず, ございませんでした, ただ彼, ない, ないの, ない女侠, なく叔父, なく汝, なく遠い, わずかに, 何も, 僅に, 其數甚少い, 初め私達二人の, 前記の, 宮一箇のみ, 彼らの, 慶応義塾中一人も, 独りも, 私一人だった, 絶えて, 艸一本も

▼ 者ばかりが~ (34, 0.0%)

2 経験する

1 [32件] あります, いるの, いるわけ, ここまで, ひっそりと, わが国に, 住で, 十人ほども, 卒業し, 君側な, 命を, 多かった, 多くては, 山なす, 巨万の, 必ずしも人, 手を, 来るところ, 死んだわけ, 百人も, 百人中で, 紫の, 苫の, 選ばれて, 集ったの, 集つたのを, 集まって, 頭の, 頭脳へ, 飛んで, 首を, 鳥打帽の

▼ 者二人~ (33, 0.0%)

2 は部屋

1 [31件] ありされど, ありといふ, がげらげら, がまだ, が寝, が永久, が駈け付け, と一緒, と利太郎, と小僧ひとり, と小僧二人, と親類, と雇い, のところ, の女中, はすべて英語, はっと威, はぼんやり顔, は共々, は当分あそこ, は彼, は長野経由, または三人, らしい, をやとい, を具, を四谷, を大急ぎ, を連れ, 次に雑仕二人, 非同行

▼ 者~ (32, 0.0%)

3 一人も

1 [29件] ありゃしない, あんまりねえ, おいねえや, この俺, ございません, たまの, ねえか, ねえかとよ, ねえから, ばさまの, ひ寄りて, ほんの僅かきり, まるきり気, みんな知ってるだ, わかってるん, 三ツ児でも, 大概理屈を, 怪我の, 持ったこと, 有りあんすめえね, 毎晩の, 無えでねえ, 珍らしい, 知って, 自身突ん, 誰やい, 豪いこと, 贅沢で, 酒飲みばかり

▼ 者なども~ (32, 0.0%)

4 あった 2 ある

1 [26件] あったか, あって, あつた, ありました, あれば, いた, いて, かなりの, この方面, そのころ, その人相, たまさかそんな, まづなかつたと言, みな驚目を, ようやくのびのび, 出て, 勿論一個, 参加し, 古塚, 帰ったあと, 往来した, 昔の, 有之, 自身の, 集まって, 革命国約

▼ 者なんて~ (32, 0.0%)

3 ものは, 一人も 2 いうと, 奴は

1 [22件] ありますから, あるだろうか, いうの, いうもの, いふ人間, つまりませんよ, ないよ, ほとんどいないだろう, みんな不人情です, 一人だって, 一向心当り, 世界に, 云う奴, 云ふ, 何が, 偉い人, 噂も, 弱いもん, 感じは, 油断し, 浮れてる, 豪いところ

▼ 者へは~ (31, 0.0%)

3 殊更に

1 [28件] すべて動静を, そういうお, そういう事, それぞれ褒美を, そんな例, たとい肥料, ほぼ売りつけた, 一人二十銭宛を, 一足先へ, 取って, 哲学, 後日じゅうぶん, 復らぬ, 戻らなかったそう, 持仏やら, 挨拶も, 授業を, 救助も, 日頃から, 横文字をも, 眼も, 笑顏も, 聞かせぬ声, 茶を, 褒美を, 開戦と, 降伏と, 馴染ぬ

▼ 者などを~ (30, 0.0%)

2 いろいろに, して, 見ると

1 [24件] さがし出すこと, それだ, てんで黙殺, まじへて, 介抱する, 仮借なく, 会員と, 前に, 同じ船, 呼び集めること, 当に, 思ふ場合, 意味する, 構ったりなど, 相手の, 眺めるの, 眼に, 示すこと, 考えること, 聘して, 自分の, 語らって, 除いて, 集めて

▼ 者に対し~ (30, 0.0%)

2 元勲に対し

1 [28件] この貨物, その他の, その苦情, それから, それらの, てひどい事, 一定である, 一日三シリングずつ, 一般の, 七二, 上長の, 不平等に, 何らの, 利子として, 十分注意を, 商法上誤謬によって, 少女に対して, 感傷的な, 日ごろ腹鼓, 最大満足が, 毛織布の, 温情を以て, 現実に, 生み出される純粋貨幣地代, 穀物に対する, 読者に対し, 謝礼を, 貧民が

▼ 者或は~ (30, 0.0%)

1 [30件] おしこみ専門, さう, 一種の, 一般の, 不信仰者, 主従関係という, 他国に, 其伝統者と, 創立者に, 合理主義者であった, 彼の, 心理學者が, 懐疑的で, 成年式を, 探究家妥協せざる, 服従者の, 歌人としての, 此道を, 死者は, 海に, 温泉に, 演出家が, 無政府主義者, 能く, 責任者として, 連れ立ちし人, 邪魔者と, 鍛冶屋派の, 雜沓の, 韓非の

▼ 者さえも~ (29, 0.0%)

2 あったであろう

1 [27件] あった, あったとの, あったので, あの子, あるん, いるの, およそ事件, それに, それを, なかつた, なき世の中, まったく無益, 信頼しなかった, 出さなかったこと, 出たので, 実ははっきり, 家を, 少し賢い, 己には, 憂目, 指名する, 無かった, 現れて, 眩惑する, 知る人, 見習いの, 驚きの

▼ 者たるべき~ (29, 0.0%)

3 人は 2 女の

1 [24件] ものの紅玉, ものを, 事神則人法共に, 人である, 人の, 人物が, 人物だ, 人物は, 人物兒玉進五とて, 任務を, 作者側に, 地位に, 本質を, 某, 校長の, 第一条件, 約束は, 紙面を, 素質を, 芸術映画, 若者は, 英偉, 詩人の, 鍛錬に

▼ 者とともに~ (29, 0.0%)

1 [29件] あり, いつも重力, きわめて盗賊, さっきかえっ, さらに進ん, その一つ, やはり河原者, 三人で, 三十名夜あけを, 乾坤一致の, 他方へ, 住居を, 努力し, 吉利吉里より, 婦人児童農民植民地の, 居酒屋の, 平和と, 後詰を, 恰も力, 政治的には, 死んだと, 民衆の, 浜へ, 浦粕町へ, 甲板を, 赤い広場, 路に, 途に, 駆け着けさせ自分

▼ 者よりは~ (29, 0.0%)

1 [29件] おれに, ずっと賑, どこかしら, ましか, もう少し実際には, もつと, ズット大きく, 主観が, 人間として, 例へば語学, 俊基に, 信仰者に, 勉強し, 同情が, 国男さんで, 大きな痣, 大役な, 大胆だった, 大胆な, 始末が, 安心と, 實行家が, 少しは, 恒河沙數倍ゑらい學者が, 深山に, 笑いぐさと, 背の, 自分自身を, 要領を

▼ 者作家~ (29, 0.0%)

3 というもの

1 [26件] がそだてられなけれ, が全, が昔, が非常, じゃない, では中野重治, という表現, としてまだ, としてストライキ, として感慨, と見た, にはこういう, によって代表, のけっして, の作品, の出現, の反, の問題, の本質, の汲みとるべき, の階級的価値, はストライキ, への働きかけ, もプロレタリア文学発展, をも含む, を読者

▼ 者多き~ (29, 0.0%)

2 は当然, 事と

1 [25件] がつねに, が如し, こと, ことと, ために, にやあらん, に似, に呆れる, に至れり, のみならず, はいう, は今日, は何ぞ, は殊に, もこれ, も五人, やと尋ね, を以てなほ, を加, を占むるは論, を見, を願, 中に, 地方か, 理由

▼ 者諸君~ (29, 0.0%)

32 のため, は

1 [22件] から甚だ, がここ二, がこの, がそう, がその, が沢山, この機会, とは生活, に取っ, に対してかえって, に対する非常, に訊い, に認容, のお慰み, の大, の持つ, の編者, はこの, はさぞかし, は僕, は島, も此

▼ 者からも~ (28, 0.0%)

2 注意された

1 [26件] お忙しいと, くわしくうけたまわった, ひょっくりりっぱ, 一部分徴集が, 何も, 出入りの, 別々な, 勤王家からも, 同情者を, 器楽者からも, 富士山の, 尊敬され, 御近所, 愛國者からも, 日ごろたいへんなほめ, 村中の, 監視を, 神仏の, 聞いた, 聞いても, 解放された, 詳しく承り, 近頃江戸, 長年範として, 音楽家からも, 顧みられない

▼ 者にまで~ (28, 0.0%)

1 [28件] あった, およぼす時, こう知れ渡っ, されたこと, そんな滑稽, わしが, インタアビュウに, 丁寧に, 他人行儀の, 何十町歩という, 嘆息を, 堕落させ, 多く用いられる, 大成させ, 必然的に, 思われ易い, 泣き多助, 注意し, 淋しい旅愁, 背中を, 萎縮し, 超え之, 転化した, 述べたてたの, 道を, 還らなければ, 食物の, 駒井能登守の

▼ 者又は~ (28, 0.0%)

3 或る

1 [25件] いくらか, その筆者, アルコール中毒者でなけれ, ブルジョア哲学に, マニュファクチュア労働者の, ミコの, 九段下界隈の, 伝統的の, 失業可能性の, 実際に, 専制家又は, 屍体の, 復興気分を, 支配者を, 数学者の, 本来土地に, 江戸ッ子の, 物理學者の, 猟師などの, 社會主義に, 筆記者の, 芸術家の, 長い間彼, 頭山満の, 飲酒し

▼ 者などに~ (27, 0.0%)

2 なるの, 逢つたら

1 [23件] かまっては, がまんが, しても, なったこと, なって, 一杯飲ん, 分ち与え, 反対者が, 向って, 在つて, 多くの, 左右前後を, 感心せられる, 批評させれ, 殆どこの, 用いるもの, 見て, 話しかけること, 較べて, 限らなかったの, 露骨な, 非ざる, 馴れた幸若

▼ 者なりと~ (27, 0.0%)

2 推定する, 言ふ, 誤解せらる

1 [21件] いふ, いへば, かや, みなした, 云ふ, 人間的好みを, 伺いましたが, 信ぜしめ主権者, 傳へらる, 呼びかけら, 斷言しよう, 称せらる, 稱せらる, 笑ひし, 聞きしに, 自称する, 言わんと, 認む彼を以て, 誤解する, 雖も, 雖其人生觀に

▼ 者扱い~ (27, 0.0%)

5 にされ 4 にし 2 をし

1 [16件] さる, されて, されるの, するところ, するの, であった, である, でそれでも, なの, にされた, にした, にします, にする, に冷淡, もうけないし, を受ける

▼ 者および~ (26, 0.0%)

2 その男系, 虚心平気の

1 [22件] その他の, 一家の, 下級勤人の, 作家の, 労働者諸君よ, 友達の, 四七年六月に, 文藝家は, 新日本文学会, 新聞記者諸氏の, 有志者に, 未成年者を, 生徒諸子に, 番頭支配人を, 監房にて, 真に偉大, 真面目な, 興業者等々, 註釈者たる, 賃銀勞働の, 農村に, 霊魂滅亡を

▼ 者などと~ (26, 0.0%)

2 云う者, 呼ばれて

1 [22件] いい出したの, いえば, その居所, めったな, 云い職業, 云うけれど, 云えば, 云っても, 云ふ, 住んで, 同じく遊芸, 呼ばれた, 呼びならわした所, 大口は, 妙な, 少しも, 懇意に, 書いて, 私達が, 称される隠密, 賤しめた, 較べもの

▼ 者にのみ~ (26, 0.0%)

2 許さる

1 [24件] そのあらたか, その修法, 一時甦つ, 与へられたる特権, 伝へて, 兇暴性を, 委ねられるやう, 委ねられるよう, 専有せらるべき, 御利益を, 必要である, 惠まる, 推薦演説を, 新らしい, 智慧を, 極めて徐々に近づい, 消え失すると, 神秘を, 秘かに, 與へられた, 見られる平和, 読まれるので, 贈るとは, 開示せられる

▼ 者全部~ (26, 0.0%)

2 に砂糖入り

1 [24件] が作ろう, が消滅, が脱, そろって, と念仏好き, にお, には結婚, に対して責任, に怖, に権力, に注意, に當つて, に警察, に配られた, に配布, のムチ, の営み, の富, の心像, の行動, へ手渡した, をあつめ, を日比谷公園, を片端

▼ 者~ (26, 0.0%)

2 の姿, はボルシェヴィキー

1 [22件] がガヤガヤ, が刈, が多勢, が扇形, が血, が集つて法度, と折れ合う気づかい, にさう持てなかつた, に取り巻かれ, に比べ, に高, のあと, のよう, の十数名, の取調, の理想, は手, へ分配, も保証, も宣教師等, をごつ, を中心

▼ 者~ (25, 0.0%)

2 妙を, 柳の

1 [21件] はつさん, ひとりです, ひやかしぞめき客, ふかた, 在室かな, 小遣ひも差あげられる, 店の, 徒侍の, 心当たりご, 手柔らかに, 染を, 注ぎ致せ, 玄関へ, 由でした, 百姓など, 蘭さんの, 見受け申すに, 見知り置かれくださる, 辰は, 銀粂太郎の, 館を

▼ 者だけの~ (25, 0.0%)

2 ことは

1 [23件] うちで, ことじゃ, ことである, 世界に, 享楽の, 会合日が, 優先的問題でない, 利益とか, 同級会の, 対面を, 思想を, 挙国一致であり, 方が, 混成部隊と, 示す叮, 精神と, 経験では, 苦です, 言葉であった, 責任では, 集りである, 集合の, 顏を

▼ 者いじめ~ (24, 0.0%)

4 をし, をする 2 だなあ, をしない

1 [12件] が目, であって, で困ります, の加虐癖, の命令, ばかりし, をしたくない, をせず, をなさる, をはじめた, を始める, を専門

▼ 者であれ~ (24, 0.0%)

3 ばそれ 2 ば, ばよい

1 [17件] ばいい, ばこそこの, ばこの, ばさ, ばわし, ば別, ば娘, ば巡礼, ば本艦引渡し, ば泣かず, ば自分, ば衣食住, ば見えなくなる, ば遂に, ば隴, 又た, 害が

▼ 者へも~ (24, 0.0%)

1 [24件] この儀, すべて口止めし, それぞれ何か, わしの, 伝わったので, 伝わること, 合す顔, 女は, 官禄を, 寄って, 戒心を, 晴れがましゅう, 月光は, 注意した, 特別優しかっ, 秘して, 聞えて, 聞かせるよう, 聞こえよが, 船見物を, 貴公の, 陣十郎さんへも, 頼んで, 顔向けが

▼ 者~ (24, 0.0%)

8 非ズ 2 過ギズ, 非ズシテ, 非ラズ 1 て候, も在, 取リテ焚語, 向ツテ天誅, 向テ開戰スル如キハ國家, 奪ハル, 非ザルナリ, 非ズト云フ信仰根本, 非ルハ論ナシ, 非ルヲ得ムヤ

▼ 者~ (24, 0.0%)

1 [24件] が為め, なり, に加はり, に触るれ, は武骨一片, を割け, を容れぬ, を引分ん, を春, を爲す, を物, を続, を荷, を見, レニ遇フコトヲ得ルノミ採, レヲ, 不可思議奚以異, 意無, 有候, 流也, 由承, 目に, 首などと, 鹽梅にて

▼ 者以上~ (24, 0.0%)

1 [24件] にこまつ, にさらに, に主婦, に云い, に怒る, に抑制, に文章, に泣き, に深い, に立入らせない, に笑い, に苦しむ, のもの, の何者, の嚴格, の実用, の役割, の意味, の感化, の損害, の生活, の純, の讃称, の重要

▼ 者~ (24, 0.0%)

72 があ

1 [15件] うまく取入っ, がという様, がズカズカ部屋, がッ, が一昨年, が可愛, が居り, が横顔, ときっと, と罵り, は何, は却つて, をお, 斬って, 盗み飲みの

▼ 者あらん~ (23, 0.0%)

92 誰か

1 [12件] か東西古今文明, ことを, これすなわち, も余, やその, やと, やといいしごとく, や世界, や其の, よりは十人, 便ち, 守旧家流にも

▼ 者からの~ (23, 0.0%)

1 [23件] ものだつた, 使者が, 便りに, 再三の, 反響は, 報告が, 報告では, 奉納物らしい, 影響の, 手紙には, 手紙の, 手紙は, 投書を, 抗義, 抗議が, 消息を, 申し込み多く, 申報書が, 申込みだつたらどんな, 相談に, 知らせに, 自発的な, 諜報に

▼ 者めいた~ (23, 0.0%)

2 睨みの

1 [21件] きつい印象, ところが, ところの, ばつの, ものを, 一世一代の, 人間を, 位置にも, 体格と, 冷たい声音, 姿である, 小説を, 影の, 役割を, 服装を, 気分に, 気味の, 渋い表情, 甘い気取り, 足取りで, 配役の

▼ 者もしくは~ (23, 0.0%)

2 芸術家の

1 [21件] お店者風の, じっさい一時全快, その一つ, フランスが, 儒者の, 出版資本家は, 反革命者, 多少の, 火を, 犯人に対して, 科学者だ, 科学者と, 結婚未, 聴者の, 自分の, 芸術家と, 芸術研究家は, 被害者の, 金力者は, 閉店者を, 風狂人などと

▼ 者住宅~ (23, 0.0%)

1 [23件] から八九丁, が建つ, ってある, ですが, ですよ, としての収入, と労働宮, と同じ, などが快活, のさっぱり, の壁, の家賃, の状況, の窓, の間, は七階, は労働者, へ移された, へ越し, やクラブ, や職場, を中心, を建て

▼ 者~ (23, 0.0%)

1 [23件] かすめむとする者, も一人, ハ侵略者ヲ, 一般に, 中には, 処世人として, 剛勇の, 劣る者, 単なる好奇心, 報告者ノ, 夫たる者が, 家舎之, 弥次馬の, 当期議会が, 故なき, 救出者として, 曰フィレンツェの, 消極のみを, 當期議會が, 自らも, 著作者としての, 資本家や, 高運

▼ 者すべて~ (22, 0.0%)

1 [22件] からの信任状, がさう, が何, が殆, すぐッ, でひとり玄蕃, にあった, にとって全く, にとって憂うべき, にとって種々, にとつ, に彼女, に無理, の人々, の幼き, の恥さらし, の道, を例え, を憎みはじめた, を血祭り, 之北条恩顧, 物々しい脇差

▼ 者だけは~ (22, 0.0%)

1 [22件] あとへ, ここへ, これを, そのまま床, それが, どうしても肯ん, なよなよと, わかれて, タンクを, 何とかし, 全体に, 恋愛し, 手足の, 明治四年の, 私に, 腹を, 至当の, 調子が, 謀略を, 部屋を, 重症を, 騒がず愕

▼ 者だけを~ (22, 0.0%)

2 相手に

1 [20件] いえば, お選び, つれて, 三十人出す, 出して, 別になし, 取れば, 埋葬する, 大衆という, 富ましめるという, 廊下に, 教官に, 数えて, 残して, 熱愛し, 特に御, 自由に, 連れて, 選んで, 隣りの

▼ 者にても~ (22, 0.0%)

4 始めての 3 無之候

1 [15件] その男女, その貧, ただその, なかなか会得, ひたすら旧物, オランダの, 人を, 公然この, 其身匏瓜に, 大臣に, 心動かん, 皆学校に, 目録學の, 若し肉食, 難風に

▼ 者であるなら~ (21, 0.0%)

1 [21件] こうして入院, そうある, その歴史學, その藝術, ばこの, ばその, ばたと, ば主, ば俺, ば千二百年前, ば国際裁判, ば小樽, ば日本, ば日本一, ば次元, ば死, ば科学, ば自然科学, ば諸君, 屡々間違い, 日本こそ

▼ 者同様~ (21, 0.0%)

2 の身

1 [19件] その土地, でよかっ, な卑屈, にされ, にし, にする, にときおり, になっ, にみ, に不自由, に心得, に思っ, に意識, のくせ, の人たち, の人間, の村上, の自覚, 穢れたもの

▼ 者~ (21, 0.0%)

2 其抱負の

1 [19件] その絵, な此処, に好かれ, に感心, に言い渡した, の前, の注意, 之也, 依然として渠, 唯々として, 宝祚長久の, 有理想, 歔欷く, 正玄氏, 汝が, 落涙す, 解体す, 障子を, 集め今日

▼ 者とて~ (20, 0.0%)

1 [20件] あるはず, この際, ご合点, しょせん武門, なき中, なく年少, はござりませぬ, はじめは, はた, まだ生き, 不審顔に, 六郷までは, 天下後世の, 平和を, 幾人も, 悉皆老, 手習いの, 斬り棄て成敗勝手, 美術を, 見えない

▼ 者にとっても~ (20, 0.0%)

2 最大満足では

1 [18件] きわめて必要, これは, そのほう, それは, どれほど幸い, 一つの, 今の, 大変不名誉な, 恐ろしいもの, 敗北者にとっても, 有産者にとっても, 深く考え, 甚だ重大, 甚だ重要, 生きて, 解決しなけれ, 購買者にとっても, 音楽を

▼ 者による~ (20, 0.0%)

2 なり

1 [18件] あかつき会て, こういう新聞記事, ソヴェトの, 単一家族戸数が, 多くの, 委員会によって, 心霊現象と, 悪宣伝, 批評を, 支配, 最も婉曲, 民衆の, 用役の, 社会革命プロレタリアの, 禍は, 被害を, 需要量, 需要量消費者による

▼ 者に対しても~ (20, 0.0%)

3 公正であれ

1 [17件] おめおめ顔, そう強圧, ほとんど口, 世の常の, 傲慢である, 同様の, 実に不都合, 常に何らかの, 愛しない, 慎重の, 時を, 物柔かで, 猶朗らか, 甚だ不親切, 申しわけありませぬ, 社会に対しても, 高ぶるもの

▼ 者のみの~ (20, 0.0%)

1 [20件] なしうること, もつ上部, よくする, 三百余人と, 体験し得る, 利益を, 名は, 問題では, 問題に, 喜びと, 営み得る最も, 引渡を, 特に近, 真空の, 知るところ, 經驗せね, 負担する, 責任に, 集まりなり, 體驗し得る

▼ 者よく~ (20, 0.0%)

2 この今日, 聞くが

1 [16件] この事, この日東民族, この無限, その心, わかったな, 子を, 承はれ地球, 汝等の, 知つてゐる, 聞け, 萬物を, 見い人, 見て, 見るの, 見るん, 話すけれど

▼ 者一般~ (20, 0.0%)

2 が世間, のそれ

1 [16件] がこの, であるか, とかいう概念, として大臣, にそういう, に対する憎悪, に文化建設, に極めて, に非常, の人, の傾向, の境遇, の抱い, をも包括, を又, 殊に独学者

▼ 者~ (20, 0.0%)

2 あって, バクレツダンを

1 [16件] いつどんな, この者, その似, それより, まず以, よろしく御, らに, ニ兄ガ困, ロンブロゾーの, 助け度いと, 可笑しいと, 小学校を, 年々金銀を, 極めて聞苦しい, 物置小屋を, 長く当家

▼ 者しか~ (19, 0.0%)

2 知らなかった

1 [17件] いないし, いないん, できあがらないでしょう, ないので, はいらない場所, もって, 出さなかつた, 出来ない労作, 居りませぬ, 往来し, 持たなかつたと, 気がつかなかったが, 用い得ずまた, 真実の, 知って, 知らぬはず, 知るところ

▼ 者そのもの~ (19, 0.0%)

2 である

1 [17件] が既に, つまり先生, でない以上, になり代っ, に實, に責任, の内, の手, の本質的性格, の生産制限, の科学性, は少し, は既に, をふくめ, をカバー, を与え得ない, を画面効果上

▼ 者だらう~ (19, 0.0%)

2 か, ツて

1 [15件] かそれ, これも, そして主婦, だから細かい, とつく, と云, と思, と思ふ, と熟, と考へた, な, などと冷かされ, ね, 勘弁は, 私には

▼ 者としか~ (19, 0.0%)

1 [19件] うけとれませんでした, お考え, つい心得, みられて, 思えなかった, 思はれずヒネ, 思われない憑依状態, 思われぬ, 思われません, 感じること, 眼に, 考えられなかった, 考えられません, 見えなかった, 見えねえん, 見て, 見ないの, 覚えませぬが, 鑑定は

▼ 者とに~ (19, 0.0%)

2 向って

1 [17件] ふさわしい穏やか, 会う訳, 分かって, 分けて, 分ける, 分類する, 囲まれて, 徳義心を, 最も完全, 由って, 與へられた, 見られて, 誇るそして, 論なく, 論無く, 限って, 電話を

▼ 者ゆえ~ (19, 0.0%)

1 [19件] いよいよ重く, このたび, こんな場合, さいぜん申した, そのつもり, そのよう, にこうして, にみんな, よいよう, わざと御, 何かと噂, 何とお, 其の銭, 厭い嫌いて, 嬉しさ, 御奉公, 正孝, 若し伴藏, 逆臣の

▼ 者をば~ (19, 0.0%)

1 [19件] カイーナ待つ, バチグノールの, 一寸法師と, 一応失望, 人間の, 今夜一番勇ましい, 伴部又は, 其の完全, 内心に, 出すこと, 改化遷善の, 時あ, 汝彼の, 窃かに, 絶やさぬやう, 美濃攻めの, 誰と, 非常な, 龍と

▼ 者~ (18, 0.0%)

1 [18件] かし, となり, なき, ゆめ, ろひ, ろひである, 不逞の, 彼を, 我は, 戦後日本の, 是なる, 汝に, 真の, 知りを, 知るさ, 知るなる, 衞府附の, 馬なお盤辟再四し

▼ 者だったら~ (18, 0.0%)

1 [18件] あれだけの, おれは, この注意, それは, そんな冗談, ただ名前, たとえ二代目三代目, とっくに死ん, 仮令, 大変じゃ, 大変と, 此セメントを, 決してあなた, 法廷で, 煙草を, 猶好い, 私に, 私を

▼ 者により~ (18, 0.0%)

2 近い人

1 [16件] かつ彼ら, そして一部分, たるが, またその後代, または個々, 以上の, 便宜な, 多量の, 如何に, 必ずしも同じ, 確証され, 穀物を, 絶えず蹂躪, 行われた如く見られる場合, 行われた殺人, 製造財貨の

▼ 者のみに~ (18, 0.0%)

4 有之

1 [14件] あらず, ある異様, して, ついてでも, 与えられる, 存するの, 解るよう, 許されるという, 課せられる数学, 限らぬかも, 限られる, 限定する, 限局する, 非ず

▼ 者までも~ (18, 0.0%)

1 [18件] おあつめ, かたらった挙兵, すぐれた者, ふだんの, 失った, 威圧する, 彼が, 御恩恵, 死刑に, 生き返らせたり, 産むに, 皆一団, 皆其行法, 皆手を, 羨まざらん, 西洋は, 重右衛門, 關を

▼ 者特に~ (18, 0.0%)

1 [18件] これを, たくさんの, ペンと, 九太夫その, 京都の, 婦人の, 婦人労働者の, 子供たちが, 小学教育者諸子よ, 援助者の, 政府当局が, 教科書の, 社会科学者は, 経済学者の, 自然的實在者へと, 自由気球にでも, 英仏の, 農村の

▼ 者あっ~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] てか或いは, てその, ての荷主さん, てポン, て不思議, て勇士, て問, て国, て女猿廻し, て妻, て廊下, て来る, て汝, て江戸, て無惨

▼ 者たらん~ (17, 0.0%)

6 とする 2 と欲する 1 か何と, ことを, とした, としてしかも, とす, と努めし, と申し出る, ものは, 事を

▼ 者とても~ (17, 0.0%)

2 なかつたが

1 [15件] あるまい, その通り, なかつた, なかつたところが, なくあはれ, なく更に, また同じ, みな意外な, 元来が, 劇作を, 取調べを, 御武家様, 旅に, 無くなって, 考えないであろう

▼ 者にたいして~ (17, 0.0%)

1 [17件] いい得る当然, さらに一, その周囲, どういう害, どうしてなお, なす恵み, 債権者が, 噛みつく美しい, 子供にたいして, 家康が, 弁護する, 新しい力, 権力を, 無力な, 確実に, 補助を, 面目なき

▼ 者よと~ (17, 0.0%)

1 [17件] いわれ武具, お通, さげしまれ末いつ, ひと言おもらしなされました, ゆび指され, 世上の, 嘲けられる弱々し, 思ひけれど, 恨んで, 愛我等に, 押取り囲む, 指さされ, 文子を, 歌ひつ, 蔑みを, 衛門督は, 賤視せられ

▼ 者~ (17, 0.0%)

4

1 [13件] ねぼけて, 之ヲ心ニ考, 亦新, 只宜シク独用スベシ, 大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, 如何ニシテ犯罪, 当ニ洋籍, 或ハブチ, 断然征討ス, 温厳兼ネ備ヘタル秀麗, 無シ, 皆フルエテ居オッタ, 至急武田造船大佐

▼ 者~ (17, 0.0%)

1 [17件] ではきっと, では織田家, でも時々, にし, は, はまれ也, は恐れずし, は桑名川村, は汝, は蕪村, まさに産せ, まで良く, も七十余, 大石を, 文部の, 江戸一の, 迄の俺

▼ 者大衆~ (17, 0.0%)

1 [17件] から選抜, が日比谷, が次々, だという, とか労働者農民, とは生活範疇, にとって希望, に均霑, のイニシアチーブ, の中, の個人, の政党, の社会主義的組織, の結合, の進歩的層, は大衆, は戦争

▼ 者~ (17, 0.0%)

2 機げんの, 近所の, 隠家様

1 [11件] 一体御, 仕置の, 処刑を, 処置之, 坐候共, 師範などとは, 教授を, 苦勞で, 遣に, 随身の, 食を

▼ 者殊に~ (17, 0.0%)

2 農耕牧畜に

1 [15件] 何等か, 作家は, 大きく象皮一枚, 婦人子供などが, 将来映画俳優たらん, 手足ま, 手足まとい, 日本人などには, 父子とは, 真面目な, 編輯長とか, 芭蕉翁の, 負傷者の, 遠方の, 馬琴随喜者中に

▼ 者~ (17, 0.0%)

2 の專制

1 [15件] がどんな, と警官隊, に伯爵, に全, に特殊, に集, のところ, の一団, の世界観, の中, の写真, の地帯, り候うち, を必要, を煽り立て

▼ 者~ (17, 0.0%)

3 かこれ

1 [14件] かその, か同一, か思ひ, しも一意向, でもよい, にでも満腔, ひとり斎藤一族, もその, もどうして, も彼, も戦争ぎらひに候, も気がつい, も汝, れか

▼ 者ありし~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこの, が何もの, が夕方, が如き, が少し, が駒ヶ嶽, とする, にせよ, に依れ, や否や, ゆえ職務上かく, を, を知るべし, を頼み, 故誰, 爲なりき

▼ 者などには~ (16, 0.0%)

1 [16件] この長い, そうやすやすとは, それぞれな, それぞれ資力が, よく知られ, よく説明, わからないよう, わけも, イワナの, 心の, 悲歎の, 所詮覺, 理解をも, 立派な, 踏み込ません, 非常に

▼ 者において~ (16, 0.0%)

2 その人

1 [14件] ありさうに, いっさいの, いっそう強く, すでにその, そうである, 前提される, 吾人が, 増加し, 多少違つた意味, 必然的に, 滿足を, 生きんと, 自己を, 読書は

▼ 者のみを~ (16, 0.0%)

1 [16件] そういうこと, 三十名, 代表してる, 友と, 天国に, 好めり, 恐るる悪魔, 愛しこれ, 愛憐する, 択びこれ, 数えたの, 止住せしめた, 理想主義者と, 生き残らせる自然, 生存せしめる, 相手として

▼ 者らしくない~ (16, 0.0%)

2 身なりを

1 [14件] ことだ, この小さい, さまざまの, と思う, と首, 一種の, 体恰好の, 労働者会社員よりも, 年増が, 気持ちの, 男で, 色白な, 薄い唇, 風采を

▼ 者~ (16, 0.0%)

2 か言おう, も知らない

1 [12件] かある, かは命, かを見つめてる, しに, といふ, とお礼, はさておき, も弁えません, をし, を憚, を言う, を話し

▼ 者~ (16, 0.0%)

11 ひは 1 はかの, る者, 其前生在世之, 曰, 村には

▼ 者文学~ (16, 0.0%)

2 の前進

1 [14件] であるか, ではありません, との現実的, と云われた, にとって一番打撃, にひとつ, の伝統, の特色, は一向, への理解者, をもっと, を前面, を文学, を民主主義文学

▼ 者特有~ (16, 0.0%)

2 のもの

1 [14件] のちょっとした, のアカラサマ, の一徴候, の低能, の冒険慾, の夢想, の残忍性, の狂気, の眼光, の精力, の結び方, の記憶力, の身体つき, の醜い

▼ 者たらしめ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるいは子女, しかしてその, たり会社, たるに, ていた, てはいけない, てゐる, ば我, むとし輙も, 一方においては, 債務者を, 日本の, 法権を, 若しくは習性的生活, 露伴を

▼ 者でしょう~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] か, か黒髪堂, と三歎, な, ね親分, よと店, 一緒に, 乎, 人手を, 彼は, 彼方此方を, 素より現場, 細

▼ 者ながら~ (15, 0.0%)

1 [15件] その大功, その従事, それでも人気者, なかなか利け者, 先生の, 君に, 忠相の, 戦争のみ, 支那には, 敢て, 昨夜の, 時に依っ, 権勢に, 爾の, 経を

▼ 者ならず~ (15, 0.0%)

1 [15件] とも一般, とも親しみ, と斷定, と為ん, と若, やと先, 八千魔界の, 別に天真, 又怠慢, 哉, 水戸烈公が, 盗人などとは, 粋道は, 若し夫, 若し少

▼ 者にとっての~ (15, 0.0%)

2 第一対

1 [13件] その生産費, パン性欲に, 今一つの, 価格は, 侵略目標であった, 最大誘惑に, 水腹の, 無限の, 現在の, 異性の, 相手である, 穀価を, 金銭そういう

▼ 者多し~ (15, 0.0%)

4 といえ

1 [11件] されど漫, という, といへ, と書い, と言う, 多和も, 油断すべからず, 然るにフィレンツェ, 独り温煖なら, 而し, 自から

▼ 者大会~ (15, 0.0%)

3 というの

1 [12件] あり行きがけ, がある, がひらかれ, が争闘, にはあれ, のあった, のよう, の失敗, は実に, は明日, へ出席, を内部

▼ 者必ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] かの力, 一方に, 不仁では, 公家化した, 区役所もしくは, 小船に, 斬新奇警人を, 武芸を, 相伴わざるべからざるもの, 破壊されね, 神の, 禍ひ, 衰亡せね, 言わんこれ神, 雄鶏を

▼ 者~ (15, 0.0%)

3 に曰 2 にいひける 1 にいふ, にか, にかくれ, に冥護, に橋, に糧, に請, を導き, を殺さ, を醫

▼ 者~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] けむ, カッタソノ替, ク凡テノ國民ハ國民ノ, 之候, 之候得共, 幾, 御座悲歎之, 政府主義者を, 政府主義者中にて, 申訳御無音戦栗之, 異議引払英国人は, 礼者憎い

▼ 者生活~ (15, 0.0%)

2 の現実

1 [13件] が改善, ってもの, と人民生活, によって他面, による利害, に入る, の勇気, の向上, の外, の弱体, をお手本, を描い, を改善

▼ 者にさえ~ (14, 0.0%)

1 [14件] あれば, さんざんに, そういったこと以外, なぞらえて, なったが, なったと, なに一つ入らなかった, なれない, 堪えがたく思わせる, 歯されない, 神の, 苦しき顔, 行先を, 鉱山を

▼ 者にしか~ (14, 0.0%)

1 [14件] うして, その内容, なりえまい, なれませんでは, 与えられない, 会うこと, 委せられない, 気にいられない作家, 注意を, 見えなかつたし, 認められて, 通用しない, 過ぎない, 過ぎなくなる

▼ 者にとり~ (14, 0.0%)

2 有利である

1 [12件] その価格, 万死一生の, 価値が, 充足せられた, 六七三四フランに, 巻かれて, 恐るべき敵, 最も便利, 最大の, 最大満足では, 積極的利益であり, 鋳造の

▼ 者にゃ~ (14, 0.0%)

1 [14件] あこう, あ仕留められる, あ何, あ判らねえ, あ気の毒, とてもとてもよ, わからないよ, 似合い相当の, 慣れてるから, 楽だ, 発展かも, 違えねえが, 限らねえ, 雪は

▼ 者にや~ (14, 0.0%)

2 まあ誰, 候べき 1 あの野郎, あらん, かなは, その辺, その量, とても勤まる, ア分らない, 其量見, 出来ないわねえ, 梅やん

▼ 者ばかりの~ (14, 0.0%)

1 [14件] ところへ, やうだ, ように, 中で, 共同という, 処で, 宮中に, 家へ, 寄合な, 手で, 文学グループに, 社会と, 美術界に, 群れの

▼ 者やら~ (14, 0.0%)

1 [14件] でそこ, 二人は, 修学旅行の, 家臣の, 小反乱, 小樽の, 少しも, 年上の, 待合何某方へ, 樽の, 生徒の, 負傷者であった, 道教の, 金銀の

▼ 者悉く~ (14, 0.0%)

2 の衆生, 感動に 1 が分業, が資本家, を粛清, 之を, 其志願を, 夫人の, 打ち殺された後, 搬び去るべし, 斬って, 騒立って

▼ 者数名~ (14, 0.0%)

1 [14件] がわらじがけ, が現れた, が青年たち自ら, という景気, とともに戸山ヶ, と商事会社, にお供, に及びおる, もバタバタ, を出した, を出す, を放っ, を狩り出し, を載せ

▼ 者~ (14, 0.0%)

1 [14件] に夜もすがら, に復, に砕身粉骨, に軒輊, ひとり定軍山上の, われ一人なら, 凡筆なら, 当に, 手を, 智ならずや, 無芸の, 独り川上のみ, 軽々しく陣頭, 鬱々として

▼ 者そして~ (13, 0.0%)

1 [13件] そのうえに, それを, むこうの, 其形態, 合唱の, 婦人達であった, 愛人と, 搾取者さまざまの, 本当にいい, 特に俳優教育, 私が, 自己の, 銀行家であった

▼ 者ぞと~ (13, 0.0%)

1 [13件] ひとり暢気, 不審気に, 云う解決, 云う間, 仰せ遊ばしまた, 問ひ, 尋ぬる, 思うに, 教えし御, 教えまつりき, 教え給いしき, 教へ, 敵に

▼ 者でさえ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あった, あるが, たまらない程, なかった, やっと地球自体, 一応の, 一応は, 尾根の, 彼を, 振仮名を, 自然や, 観察や, 誰も

▼ 者といった~ (13, 0.0%)

3 ような 1 ところで, のが, ほうが, 処で, 恰好であった, 意味の, 方が, 格に, 立場です, 風にも

▼ 者とでも~ (13, 0.0%)

2 いうの, いつたやう 1 いうよう, いふ部類, 云える, 云ったよう, 云ふ, 思ったの, 言い換えれば, 言うの, 連れ添って

▼ 者なぞ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありますもの, いうもの, いう高等数学的, から成る, では, なかった, なかなかに, の及ぶ, 一向になく, 御馳走しない, 数え立てれば, 色々である, 身近く寄せる

▼ 者にたいする~ (13, 0.0%)

1 [13件] のとは, ふしぎな, ような, 一種の, 信仰文学様式の, 刑統が, 刑罰が, 場合を, 士族出の, 幻影を, 抒情的な, 新来者の, 礼は

▼ 者ひとり~ (13, 0.0%)

1 [13件] がこう, この吉平, でよい, と共に帰っ, の夢想家, は江戸っ子, もおらぬ, もなかっ, も世, も他国, も生きた, わが目, を丁度宜

▼ 者三人~ (13, 0.0%)

2 を叱し

1 [11件] あり, について証跡収集, に劣等者三人, に過ぎず, の氏名, を召抱え, を引き連れ, を得た, を必要, 之由, 程を逮捕

▼ 者~ (13, 0.0%)

1 [13件] にその, に一両名, に仕事, に伊勢, に其以外, に史家, に四里, に嬰児, に審査員, に山岳文学者, に推進者, に社會學者, に著作者

▼ 者全体~ (13, 0.0%)

1 [13件] がその, が一人, が勝敗, が幸福, に禍い, のうち, のこと, の希望, の慾求, の数, の考, は高地, を楽しませよう

▼ 者四人~ (13, 0.0%)

2 が越後獅子

1 [11件] ありき, が出張, と云, にかつがせ, のみの時, の血型検査報告, の身許, をえらん, をつれ, を数珠ツナギ, 召捕二人

▼ 者~ (13, 0.0%)

1 [13件] でさえある, ではなかつた, といふ, にぞくする, に属する, のタイプ, の人物, の人間, の戦争ジャーナリスト, の戦争評論家, の顔, をし, を備え

▼ 者~ (13, 0.0%)

31 かりしところ, かりしも, かりし故, キガ故, キ時國家ガ一々, キ近, ク却テ支那ノ, ク我邦ニ舶来ス可キ理無, 布刀美, 數の

▼ 者~ (13, 0.0%)

1 [13件] か或は, が多い, が川, で内輪, と編笠茶屋, にもゐられない, の主人, の婆さん, の家, の息子, の間, へは一時, へ逃げる

▼ 者~ (13, 0.0%)

1 [13件] であったと, であって, とが急速, とのふた色, に初め, に直接間接バック, のこの, の公職, の自覚, の観念上, は今, は知識層, は資本主義的文化

▼ 者~ (13, 0.0%)

51 この後, この譬, ひけるは, ふいざすこしく, ふこの, ふ我, ふ汝, ふ當時聖ジョヴアンニ

▼ 者最も~ (13, 0.0%)

3 多し 1 いら立てる者, よき同志, 好運な, 少なししかも, 崇高なる, 巧妙な, 強い者, 戦慄を, 美しき者, 貪婪なる

▼ 者~ (13, 0.0%)

5 之候 2 之候え 1 て密か, 之ば役人, 之やう, 之候間, 之可, 之是

▼ 者気質~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, があった, だと, だなどという, でなければ, と幇間気質, と狂熱的, に即し, のつよい, ののこっ, の筋, をし, を誇示

▼ 者的基礎經驗~ (13, 0.0%)

2 の上

1 [11件] からし, がそれ, といふとき, に對, のうち, の中, の構造, の缺, をそれ, を把握, 即ち感性的實踐

▼ 者~ (13, 0.0%)

1 [13件] に背き, 一万を, 一千万中華民国は, 三十人, 三十名舟木重信を, 二百名生死不明者約, 五十名小泉を, 五百, 五百人から, 五百人で, 五百名ある, 千名であります, 百名

▼ 者自ら~ (13, 0.0%)

2 代わりて

1 [11件] が改めて, その製造法, によりまたは, により直接, の企業, の手, はつ, は空言, 撰ぶべし, 苦しむ者, 言う術

▼ 者~ (13, 0.0%)

1 [13件] では市街戦, にうろつく, になる, にも溢れ, に住む, の, のある, のダンスホール, の無産者托児所, の自然, までゆく, もあれ, を逃げ出した

▼ 者あの~ (12, 0.0%)

1 [12件] お茶師の, 事件以来伊那に, 人々は, 人は, 宮知つてゐる, 家から, 新聞記者ふうの, 本居翁, 玄徳めを, 芍薬を, 花の, 饒舌な

▼ 者たら~ (12, 0.0%)

4 ざるを 3 ざるも 2 んを 1 ざらんと, ざるは, んよりは

▼ 者って~ (12, 0.0%)

2 のは 1 いうじゃ, いうと, そうです, ただごとじゃ, どうしてああ, わたしが, 不思議な, 云うの, 何です, 何者な

▼ 者つまり~ (12, 0.0%)

1 [12件] その御, 一旦思想犯人, 上役の, 世界の, 兵器の, 居候が, 湯の, 生活しつ, 神に, 精神と, 自分の, 落合天童な

▼ 者でありまし~ (12, 0.0%)

2 てこれ 1 てこの, ても御, て即ち, て当時, て日本, て有益, て漢, て群衆心理, て許さるまじき, て貴人

▼ 者でありました~ (12, 0.0%)

1 [12件] からけっして, からこういう, から田舎, から相当, がおやじ, がつとに, がまた, がやはり, が乱酒, が其發起人, が御, けれどもシナ政府

▼ 者とのみ~ (12, 0.0%)

3 存候ひし 2 心得候と 1 信じて, 思い威かして, 思って, 思ふなるべし, 扱って, 結合しよう, 見做

▼ 者においては~ (12, 0.0%)

2 増加し 1 このこと, さほど幼稚, チーム, 何人も, 却って忘れられ, 却つて忘れられ, 減少し, 減少する, 祖師の, 自から

▼ 者にだけ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ご利益を, すがりついて, わかるの, シサイに, 与えられるもの, 使用され, 取らせる, 必要な, 教へて, 現われるもの, 興味を, 見えるよう

▼ 者については~ (12, 0.0%)

2 なんの 1 あばたの, これだけの, まつたく雲, 住所まで, 思って, 戸沢という, 新時代, 殊に若い, 自分が, 警察でも

▼ 者みな~ (12, 0.0%)

1 [12件] こなたに, こみあげて, 坐しゐたり, 多少言葉, 寄って, 申すには, 立ち立つ者みな, 第一, 舞う, 葬らる, 触穢, 負けて

▼ 者出身~ (12, 0.0%)

2 の作家 1 だと, でない旧, で工場労働, のもの, の人々, の劇団, の工場監督, の技術家, の男女俳優, の若い

▼ 者名簿~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出来とらん, が置い, と三十何円, には内外, には北川千代, には数百万, にも芥川, に名前, に署名, へ購読年月日, を一眄, を一覧

▼ 者少なから~ (12, 0.0%)

81 ざりしが, ざるの, ず東河内領, ぬを

▼ 者~ (12, 0.0%)

1 [12件] が敵, にカロン, に汝, に競, に逼, の後援者, の近く, の魚屋, は恐らく, を一人, を召し, を満足

▼ 者~ (12, 0.0%)

4 をもつ 1 が特に, である, について, の強調, の根源, の究明等, は絶對的實在者, をもつべき

▼ 者新聞~ (12, 0.0%)

1 [12件] がひろがっ, が週刊, でだけ話され, で今朝, というの, といくらか, には官僚主義撲滅, に職場, に自分達工場, は田中義一, をそれなり, を見る

▼ 者~ (12, 0.0%)

2 の名 1 ならば, に齒, のいへる, の主, の口, の爲, の目, まだ我, わが子孫, 何故兇暴

▼ 者無く~ (12, 0.0%)

1 [12件] あたかも花やか, さしもの, て再び, て哀, 実にこの, 悉くアカイア軍, 惡縁有る, 此日出家する, 此歌を, 爾し, 見るから, 読書階級に

▼ 者~ (12, 0.0%)

1 [12件] 一の, 一主義か, 一号として, 一期日本社會主義の, 三字余りに, 三字餘り, 二字余りに, 二字餘り, 五回参照, 八回参照, 十字より, 四回参照

▼ 者諸氏~ (12, 0.0%)

2 の好意 1 とゲーム, にはとても, に訴, の御, の目, の賛同, の間, の驥尾, はこの, もサジ

▼ 者資本家~ (12, 0.0%)

2 によって需要 1 がある, すなわち自ら供給, であって, によっては消費的用役, に販売, のみによって供給, の存在, の面前, はせり, 及び消費者

▼ 者~ (11, 0.0%)

4 ぢめを 2 ぢめの, ぢめは 1 がいに, ぢめといふ, ぢめも

▼ 者そう~ (11, 0.0%)

3 かと思う 1 でございますか, でなくてさえ, で何より, なの, はさせまい, はさせまじ, はなりますまい, 頭から

▼ 者たるべく~ (11, 0.0%)

2 余りに現実 1 あまりに人間的, あまりに刺戟, あまりに規範, あまりに詩人, その基礎的練習, 余りに哲学者, 余りに詩人, 到底不可能, 最善の

▼ 者だけで~ (11, 0.0%)

1 [11件] がらんと, やらせること, 充分だ, 別にまた, 十分やっ, 呑み直すから, 散歩に, 約九万, 組を, 鑑賞し合い, 集まって

▼ 者だつた~ (11, 0.0%)

1 [11件] から, が, がこの, がその, ことだらう, ことは, のでこの, ので他, ので弥次郎, はずだ, んです

▼ 者であるべき~ (11, 0.0%)

1 [11件] かということ, ことを, はずだ, ものに対して, メイエルホリド劇場の, 他者は, 僧侶であっ, 存在のみが, 弁護士の, 自分, 駒井能登守が

▼ 者でございまし~ (11, 0.0%)

31 てその, てつい, てねあんまり, てねほんの, て只今, て生国, て私, て関ヶ原

▼ 者でなかった~ (11, 0.0%)

1 [11件] からである, ことを, ために, としたら, とは言えぬ, ので無論, のは, ものより, リットン卿は, 者は, 間ドミトリーは

▼ 者ならぬ~ (11, 0.0%)

1 [11件] か余, はなし, は御, ものが, ものと, もの之は, 土方の, 感じが, 政治的被, 方面から, 福田博士も

▼ 者わが~ (11, 0.0%)

1 [11件] 乘る, 亡き後は, 右に, 手を, 救ひ, 燔祭の, 目の, 立處より, 脇に, 邑を, 高まれる想像

▼ 者協会~ (11, 0.0%)

2 なるもの, の方 1 から選出, に加えられた, の機能, はその, は云う, は多聞, への原稿

▼ 者~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぜい集まっ, に弱っ, 不孝者じゃと, 会議を, 女力者を, 嫌ひや, 學者と, 會の, 海中に, 藝術家タルカハ彼等ノ, 風呂敷を

▼ 者少から~ (11, 0.0%)

61 ざりしと, ざりしも, ざるを, ず候, ず其の

▼ 者~ (11, 0.0%)

6 ひに 1 にされ, にはしなかった, ひされたので, ひされて, ひは

▼ 者有り~ (11, 0.0%)

2 之を 1 て可, とせ, と聞えた, と莊子, また聞く, 始少く, 後着, 心死せ, 身亡び

▼ 者残らず~ (11, 0.0%)

1 [11件] がうたた寝, がお, がそう, が一様, が両国, これへ, に宛て, へこ, を順々, 下拙の, 関り合い

▼ 者~ (11, 0.0%)

2 の人皆 1 だ, だと, で催された, なの, なる本町通, なん, に住ん, の者, の者十数人

▼ 者~ (11, 0.0%)

1 [11件] 助けて, 半ばしました, 合して, 同じき, 待ちて, 待て智力, 抱いて, 抱きぬ, 撞着する, 結ばんと, 遇わば

▼ 者相手~ (11, 0.0%)

1 [11件] と見え, に僅か, に挑戦, のこと, のイカ物, の下等, の他流試合, の居酒屋, の店, の雑用宿, は兎

▼ 者~ (11, 0.0%)

2 は彼 1 が主治医, が生き, に自ら髪, の名, の窯場, はまた, は女, ばかりであったろう, も其事

▼ 者若く~ (11, 0.0%)

2 は親近者 1 は國學者, は報告者, は宇宙, は強迫觀念, は後世, は御, は戲曲, は新説, ばその

▼ 者こそは~ (10, 0.0%)

1 かのヴィルジリオ, すなわちお, 先生その, 幸なる, 必ずや昨夜, 時雲に, 最も近く民衆, 注意すべき, 謂ひ得べく, 警視庁を

▼ 者じみた~ (10, 0.0%)

1 おずおずした, ことを, センティメンタリズムが, ダンチョンが, 乱暴な, 事は, 人の, 日々を, 野暮な, 顔に

▼ 者じゃあ~ (10, 0.0%)

2 ないん 1 ありません, ごわせん, ない, ないか, なかった, ねえな, 無いか, 見識り

▼ 者その他~ (10, 0.0%)

1 と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, にもちょいちょい, の事情, の必要品生産者, の救護, の文筆, の漏れた, の者, の自殺, の進歩的分子

▼ 者であったなら~ (10, 0.0%)

1 その憧憬, その間何んの, ばかんかん, ばそう, ばというの, ばもっと, ば恐らく, ば誰, 一人だって, 一層の

▼ 者で無い~ (10, 0.0%)

1 といふ, とは限らぬ, と云います, と今日, 丸裸の, 事は, 夫くらいの, 蘇秦と, 限りは, 限り王者を

▼ 者とかいう~ (10, 0.0%)

2 ものが, ものに 1 ことです, ものとは, 奴輩に, 学問の, 社会層らしい, 者であったでありましょう

▼ 者などという~ (10, 0.0%)

4 ものは 1 一握りの, 人の, 人びとが, 広い意味, 感じも, 自信を

▼ 者なりや~ (10, 0.0%)

3 否や 1 と問, は今, を問, 古来の, 否やを, 容易に, 生命といふは

▼ 者にたいしては~ (10, 0.0%)

1 あまりに人, いかなる同情, いっそう冷酷, これこの, それの, どんなこと, なかなか取り逃がすまい, ほとんど門戸, 生まれ悪しき, 軽蔑的な

▼ 者によりて~ (10, 0.0%)

1 かなり多数, みんなの, 一の, 冷視せられ, 唱へ, 唱道されたる, 必ずしも説, 根本より, 構成され, 構造的に

▼ 者ばかりを~ (10, 0.0%)

1 お選び, たくさんこしらえる, 出して, 創立者たらしめ, 寄せ集め一つ, 尊重する, 招いて, 節倹や, 責める訳, 選んで

▼ 者~ (10, 0.0%)

1 うぬ, お引揚げ, そんなに死にたい, てえと, てところ, て年長, 待て待たぬか, 抜くすべ, 行くつもり, 退きおらぬか

▼ 者一名~ (10, 0.0%)

1 が法師武者四, に折, もなし, を傭い, を出した, を加, を召しつれ, ヲ法規ニ照シテ処理ス, ヲ法規ニ照ラシテ処理ス云々, 載せたり

▼ 者~ (10, 0.0%)

1 しるし見よ, 之を, 刑事の, 勉めたりと, 實ニ歐人, 尠から, 必しも, 或称, 聖人之, 自他共に

▼ 者~ (10, 0.0%)

1 いえらい人, が居た, しかの待遇, であろうが, ではない, で入れる, に坐し, に見, の者, 可哀

▼ 者何ぞ~ (10, 0.0%)

1 お訊ねなされませぬ, かの流れ, も能, 一家の, 人の, 善くこれ, 是等の, 猛省せざるや, 相戒め, 言ふ

▼ 者四五人~ (10, 0.0%)

1 があつまっ, がその, が太郎左衛門, が庄兵衛, となり, と一しょ, と一緒, と小僧二人, を供, を誘っ

▼ 者~ (10, 0.0%)

9 所の 1 誕之人也

▼ 者根性~ (10, 0.0%)

1 から出, が必要, が日本文学, が爆心浦上, といふこと, に引き下げられ, の根柢, の草, は見上げた, を刈り取らね

▼ 者組合~ (10, 0.0%)

1 が全教組, が組織, では契約時間外, として産業組合連合, の住宅協同部, の外, の横暴, の組織, は三十人前後, や神聖医博組合

▼ 者連中~ (10, 0.0%)

1 が, がやっき, が如何, が毒瓦斯, が独り, と交際, と同じ, にまくしたてられた, に聞き, 喜ぶまいこと

▼ 者しかも~ (9, 0.0%)

2 熱烈に 1 ある特種, これを, その者, それは, シムソンの, 俺を, 永遠の

▼ 者じみ~ (9, 0.0%)

2 ていた, ている 1 てき, てひっそり, てゐる, て来た, て来る

▼ 者とでは~ (9, 0.0%)

1 その感覚, まるで比べもの, 其扱ひ, 可なり, 末梢神経に, 格が, 自制の, 茶碗と, 重点が

▼ 者とな~ (9, 0.0%)

2 せり 1 さば予は, つたに, つたのださうである, つたのは, つてから, つて程よく, ツて

▼ 者とばかり~ (9, 0.0%)

1 かって, 不知火の, 嗤え, 婿取り嫁取りを, 往来する, 暮さず友達, 笑って, 考えて, 見て

▼ 者なりき~ (9, 0.0%)

1 いま斷食に, かれこれが, されど我, しかして当時, といへる, と信ずる, アールベロ・ダ・シエーナに, 我これを, 我は

▼ 者につき~ (9, 0.0%)

1 あひ, その実際, その部分的需要曲線, ものの, 右に, 各消費, 國家の, 添ふ, 適宜斟酌すれ

▼ 者~ (9, 0.0%)

1 としてこれ, と通り, には妄り, は古事, は急進的ブルジョアジー, は言語上, を欠かぬ, 同ゾロゾロ, 同協議

▼ 者~ (9, 0.0%)

1 失其赤子之, 届者, 是, 残寺院ヘ立退, 熱心な, 立之, 義士の, 聴而朕恋爾家里, 鍛練なる

▼ 者~ (9, 0.0%)

1 にある, にもいろいろ, に於, の一團, の一者, の姿, の生血, の難儀, はアイネアス

▼ 者~ (9, 0.0%)

1 みこと, 主観客観の, 働きの, 子分, 寡婦, 御言実行者の, 是也, 爲婚婦入夫家必先跨, 貴妃也

▼ 者必ずしも~ (9, 0.0%)

1 よき作家, 大詩人, 徳行の, 政論を, 棊を, 独立を, 皆勇士でも, 誠意ある, 間違って

▼ 者~ (9, 0.0%)

1 か感ぜし, ならば, に乘, に於, の如くなる, ほど立派, れ則, を以てなり, 即ち汝

▼ 者~ (9, 0.0%)

2 を付け 1 にする, のなかっ, の違った, をつける, を注, 之伸, 之屈

▼ 者甚だ~ (9, 0.0%)

1 多かりき, 多きも, 多くペトルス, 多く充分, 多し, 多し陸杭時, 尠なり, 稀なりき, 罕なり

▼ 者芸術家~ (9, 0.0%)

1 が特に, には縁, に多い, に必要, に課せられ, は一様, をその, 共に他, 若くは

▼ 者速水輪太郎~ (9, 0.0%)

1 がつと, がわざわざ, が住ん, が疲れ切った, の高, の黄色, は黄色い, をとっちめ, を恋人

▼ 者あつかい~ (8, 0.0%)

2 にされ, にし, にする 1 にした, にしない

▼ 者すらも~ (8, 0.0%)

1 なかった, 内部より, 売り子, 居ない, 気がつかなかった, 糊口が, 見出せなかつた, 連歌を

▼ 者それら~ (8, 0.0%)

2 の者, の雰囲気的 1 が地平線, が暴動, の人, は皆藍

▼ 者でありたい~ (8, 0.0%)

2 と希っ, と思ふ 1 といふ, などと思った, のだ, のです

▼ 者で御座います~ (8, 0.0%)

21 からそんな, がなかなか, が私, のに思いがけない, よ, 一飯の

▼ 者どうし~ (8, 0.0%)

1 からだ, がだって, がふっと, が思, だもの, でもわからない, の親和, は互いに

▼ 者なかりし~ (8, 0.0%)

1 が如く, が金澤, と, と伝え聞く, に菅政利, のみ, は深き, 由

▼ 者なりし~ (8, 0.0%)

2 ことを 1 ことは, と心づき, は西域記五, ゆゑ人々軍神マルテ, を, 由

▼ 者ばかりは~ (8, 0.0%)

1 ありません, ありませんたまに, それを, 出しません, 夜物が, 尻尾を, 特異例な, 説明の

▼ 者~ (8, 0.0%)

5 アル 1 剣客宮本武蔵ハ絵ヲ, 或時, 男谷

▼ 者上り~ (8, 0.0%)

1 そういったもの, のよう, の女, の理論家, の男, はやがて, らしいプチプチ, らしい挨拶上手

▼ 者~ (8, 0.0%)

1 たと, とか世間花卉, とは先生方, とハッキリ, と云, と書き立てた, 乃至人心其神矣乎, 依而

▼ 者~ (8, 0.0%)

1 が外部的, が大量, が語られ, しつつ, して, と共に見られた, のみならず, の過程

▼ 者同盟~ (8, 0.0%)

1 での最大, でも当時, の人々, の同志, の名, は, をつくり, を結成

▼ 者地区~ (8, 0.0%)

1 だけでやる, でだけ示威行進, で数十人, にあった, にある, に近い, のある, のどこ

▼ 者~ (8, 0.0%)

2 は常に 1 の友, の弱き者, の散乱, をとむ, を破り, 之神霊也

▼ 者或いは~ (8, 0.0%)

2 象徴である 1 その一族, 婦人子供たちにも, 実体と, 寧ろ名目上, 後詰の, 自称志士の

▼ 者揃い~ (8, 0.0%)

1 だ, だから, で, であるから, で明治生れ, の独身者, の男女, よ

▼ 者無き~ (8, 0.0%)

2 にあらず 1 に佛, に至った, に非, より憤, を我, を泰平

▼ 者的作家~ (8, 0.0%)

1 である, であるという, というもの, などによって構成, の指導方針, への突撃, も等しく, をも含む

▼ 者相互~ (8, 0.0%)

3 の間 1 の戦い, の歓心, の理解, の論難, の關係

▼ 者~ (8, 0.0%)

1 うるさいもの, 卑しく見られ, 恐ろしい者, 慘害は, 格子扉の, 盲目的の, 自然を, 詩を

▼ 者~ (8, 0.0%)

2 な人物, に俺達, に喚く 1 でなくある, に飛ん

▼ 者~ (8, 0.0%)

1 が住ん, く尋, し, でなきや, で何ん, のもの, の組屋敷, を組ん

▼ 者~ (8, 0.0%)

2 災害事者決無 1 保護者官公務に, 差別者双方の, 征服者と, 愛者に, 給与者としての, 統制的な

▼ 者~ (8, 0.0%)

2 先生は, 先輩を 1 先輩の, 大臣及び, 神之, 芸人を

▼ 者~ (8, 0.0%)

1 でお, になっ, に百, の菊池, をかかへ, を垂, を掻く, を血みどろ

▼ 者~ (8, 0.0%)

1 が乏し, といったよう, とでも云うべき, のこと, の秀, は奮い立った, は彼, を発見

▼ 者あらず~ (7, 0.0%)

2 閣下は 1 おの, これまた, 以て, 文化己巳來航和蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語に, 是ある

▼ 者かという~ (7, 0.0%)

2 ことを 1 ことから, ことが, ことは, ごく大体, 吾

▼ 者かは~ (7, 0.0%)

1 今は, 以前よりも, 多年眼に, 知って, 知りませんが, 自然に, 解らないが

▼ 者ことごとく~ (7, 0.0%)

1 その財物, 合祀の, 強盗なら, 滅せん, 詩人たり, 誅罰した, 顔良の

▼ 者じゃと~ (7, 0.0%)

1 いうて, おっしゃいましたので, 仰せあったわ, 伝えて, 思われい, 教えて, 自ら誇る

▼ 者それから~ (7, 0.0%)

2 ルノルマンの 1 喜次郎さんと, 瀬左衛門と, 無頼な, 近在の, 近所の

▼ 者ぞろい~ (7, 0.0%)

1 だ, でこんど, です, で困っ, で心, の短, の道場

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 それでも剣客, やはり死ぬ, 何が, 卑法者っ, 怖いの, 武士かっ, 浜の者っ

▼ 者でしか~ (7, 0.0%)

3 ないこと 1 ない, ない私, なかった, なくなり結局実質

▼ 者でで~ (7, 0.0%)

5 もある 2 もなけれ

▼ 者でなき~ (7, 0.0%)

1 やあの, やあんな, や出來, や右, や宜, ゆゑ自然光俊が, アならない

▼ 者としてのみ~ (7, 0.0%)

2 生き甲斐を 1 きこえて, 生きて, 芸術家の, 迎えるであろう, 顧慮せられる

▼ 者なけれ~ (7, 0.0%)

1 ばその, ばトド, ば一, ば充分, ば新奇, ば盗賊, ば酒呑

▼ 者ならざる~ (7, 0.0%)

2 なく例へば 1 ことを, は既に, を得ず, 人々に, 何人であり得よう

▼ 者ならびに~ (7, 0.0%)

1 ヘソ脚本の, 共産党側の, 出品物の, 教育の, 旧家の, 未来の, 遺産受理者の

▼ 者にすら~ (7, 0.0%)

2 生命の 1 すっかり見通す, その行方, 予測の, 利益を, 数百両ずつ

▼ 者に関する~ (7, 0.0%)

1 あらゆる絶対性, ことだった, ことな, ことまた, ものらしい, 内情は, 知識で

▼ 者ばかりじゃ~ (7, 0.0%)

1 で貴公, ないの, なかった, なく凡そ, ねえん, わがままに, アねえ

▼ 者ばかりと~ (7, 0.0%)

2 いって 1 いふ訳では, なつた, なるから, 断言し, 限らず私たち

▼ 者よろしく~ (7, 0.0%)

1 この辺, のてい, の体, 三省すべきである, 推量あるべし, 相参照, 闕下に

▼ 者をすら~ (7, 0.0%)

1 入れぬという, 出す事, 厭ふ, 憎みだして, 有頂天に, 遠ざけて, 電報で

▼ 者を通じて~ (7, 0.0%)

1 こう伝言, 与えられたという, 人心の, 伝えられる時, 把握する, 行なわれねば, 講義せね

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 ありやしませんよ, あるだから, ない, ねえ, はばかりながらこの, 来ないで, 無え

▼ 者~ (7, 0.0%)

2 見エタリ 1 亦實ニ私人生産業限度, 大喧嘩ヲシタガ, 大談事, 看做サレ従テ同盟, 見エ

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 にはびこる, に聞えたる, に行, のこと, の見, ヲ去, 無幾

▼ 者五六人~ (7, 0.0%)

2 を付け 1 とここ, を歌舞伎座, を狩衣姿, 走り出て, 遠慮なく話し

▼ 者先生~ (7, 0.0%)

1 である, の叔父, の手, はこう, はだまっ, も相手, 之斎

▼ 者~ (7, 0.0%)

2 の工場管理者 1 でたりまた, でば, の作家, の管理者, の革命的

▼ 者哲学者~ (7, 0.0%)

2 もしくは芸術家 1 などは直接世間, のそれ, はみなそう, また詩人, よりこれ真理

▼ 者団結~ (7, 0.0%)

4 せよ 1 せよか, である, も成立つ

▼ 者夫婦~ (7, 0.0%)

1 が一緒, が住ん, が自分, に許し, のこと, の生活, は土地性

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 でも総, と龜戸, に帰りし, の忰, へ置く, をし, を出し

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 アジアに, 商人および, 商人サラリーマン文化人夫, 市民勤労者農民革命的インテリゲンツィアとしての, 曽根英四郎と, 県凡杯は, 資本家労働者の

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 からはしわぶき, にはまず, の二列目, の向う側, はふたたび, へ入っ, へ通った

▼ 者引き~ (7, 0.0%)

5 も切らず 1 も切らざりし, も切らない

▼ 者~ (7, 0.0%)

1 たる服装, たる調子, とし, と構え込ん, と瞑想, も死, 苔無

▼ 者社会~ (7, 0.0%)

1 が加える, による道徳的, に出, に於, のため, の擁護者, の落伍者

▼ 者~ (7, 0.0%)

2 の外 1 にあなた, のまた, のみなれ, の惠, 現而飄風起

▼ 者~ (7, 0.0%)

2 の人 1 だつた, に出来上った, の人柄, の男, よりはむしろ

▼ 者見た~ (7, 0.0%)

2 ところは 1 ことも, しで, やうな, やうに, ような

▼ 者運動~ (7, 0.0%)

1 と云われ, と結びつい, に対してその, の波, の草分, は根こそぎ, を据えつける

▼ 者~ (7, 0.0%)

2 人中の 1 か, とする, ならば, 医也, 此書之

▼ 者いずれ~ (6, 0.0%)

1 にもあれ, の部, へか迷い行き, も感嘆, も昂奮, を選ぶ

▼ 者かく~ (6, 0.0%)

1 いふを, のごとき, のごとし, の如くなる, 我に, 死すべし

▼ 者かの~ (6, 0.0%)

1 する事, ように, アカイヤ人何ものぞ, 光の, 如くいはるるは, 為に

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 ざりましたゆえ, ざりましたらアッハハハ, ざりませぬ, 主人半, 執事様の, 高名を

▼ 者じゃが~ (6, 0.0%)

1 お前の, ここは, もっと大気, 動物には, 帰って, 此処な

▼ 者そういう~ (6, 0.0%)

1 人も, 者に従い, 者の, 者は, 者まで, 自分の

▼ 者そこ~ (6, 0.0%)

1 から来る, な下郎, にもそれぞれ, に待っ, の崖, の相違

▼ 者たらし~ (6, 0.0%)

2 めんと 1 むるかはりに家庭外の, むるに, むるものであるといふことはこれまでも度々, めんとの

▼ 者たらしめる~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことなどの, ことに, ために, 事に, 必要が

▼ 者たりとも~ (6, 0.0%)

1 かほどにまで, 悔悟憤発し, 採用すべき, 断じてジルベール, 皆相対賃銭, 至当の

▼ 者だに~ (6, 0.0%)

1 あらざるべし, なし, なしと, 之に, 憂き状, 見ずと

▼ 者といつて~ (6, 0.0%)

1 も, もす, ももと, もよから, も沢山, も腰

▼ 者とさえ~ (6, 0.0%)

1 なった, なったが, 交際し, 分るくらい, 呼ぶよう, 言われました

▼ 者ない~ (6, 0.0%)

1 か, と言われる, ならば, のん, よ, 者の

▼ 者などとは~ (6, 0.0%)

1 どうしても肌, 云わなかつたの, 交渉も, 余りにも, 思われない, 決して考えられ

▼ 者なるべし~ (6, 0.0%)

1 ただ二郎, とて調べる, と思へ, と考, と考えつき, 浪花を

▼ 者にては~ (6, 0.0%)

2 無之 1 とうてい彼女, 出来申さず, 在さぬか, 日を

▼ 者にばかり~ (6, 0.0%)

1 あるとは, 任せては, 気を, 薄くする, 見出されるの, 賞を

▼ 者はを~ (6, 0.0%)

1 ひを, らんかね, りませず夜ふけ, りませんから, りを, 口癖に

▼ 者ばかりに~ (6, 0.0%)

1 して, なったと, なる, なると, 接して, 限らぬ

▼ 者ばっかり~ (6, 0.0%)

41 だし, 家に

▼ 者みた~ (6, 0.0%)

4 ような 2 ように

▼ 者をさえ~ (6, 0.0%)

1 偽ろうという, 有した伊達家, 殺したの, 産んだ, 見ること, 驚嘆せしめた

▼ 者をと~ (6, 0.0%)

1 いいて, 主張された, 恋しを, 注文した, 蜘手に, 詞おかしく

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 今ハイクラモアルカラ, 困ッテイル, 困ルト聞クト, 少クナイノハ, 自ラノ國家内ニ於ケル幼少ナル同胞, 被教育者ニ加フル所

▼ 者ヨハネ~ (6, 0.0%)

1 が蘇, のこと, のやう, の如く, の首, は蝗

▼ 者一流~ (6, 0.0%)

1 の事大党, の事始め, の思弁, の計略, の露骨, の頑固

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 が某, というの, という妙, という新しく, もあった, もボスぶり

▼ 者何れ~ (6, 0.0%)

1 かが勝った, かを含まざるべからず, にとつて, も云い伝え, も容姿, を見

▼ 者勝ち~ (6, 0.0%)

1 であるぞ, なこの, な人間, の浮世, 口の, 馬賊と

▼ 者多けれ~ (6, 0.0%)

1 ども落す, ばいわゆる, ばとて市川派, ば享, ば今, ば船中

▼ 者~ (6, 0.0%)

2 之道也 1 に代っ, に登る, の恵み, 頻に

▼ 者天下~ (6, 0.0%)

2 ヲ掠 1 に是, の志士, ひろしと, を取る

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 ある者, にかけ, に溺れた, は伊勢, を捕え, 子供が

▼ 者~ (6, 0.0%)

2 へ持参 1 に行っ, の貯蔵, へついた, へ運ん

▼ 者実に~ (6, 0.0%)

1 ここに, 九人なり, 何と, 十万七千人という, 彼等の, 此際に

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 に, に唾, のつけられない, をたたく, を切られた, を合せ

▼ 者日々~ (6, 0.0%)

3 に疎し 1 た疎し, にうとし, 多きを

▼ 者本人~ (6, 0.0%)

1 が負うべき, に取, の実演, の行方, の鼻, は決して

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 が煮しめた, である, でその, の孫兵衛丞, の山下氏, らしく中央

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 に存す, の儘, の後, の様, の美しい, ノ三

▼ 者無し~ (6, 0.0%)

1 といへり, と嘆ぜられ, と言, にこんな, には面謁, に歩いた

▼ 者総数~ (6, 0.0%)

1 と入学, に比較, の五十一パーセント, の四割三分四厘, はみんな, を調べ

▼ 者自分~ (6, 0.0%)

2 よりも幸福 1 とつきあいたい, の半身, の死, は普通

▼ 者~ (6, 0.0%)

2 して 1 したり, し自由食欲, するが, せられて

▼ 者責任論~ (6, 0.0%)

3 より生産者責任論 1 に移った, に移りし, に進む

▼ 者~ (6, 0.0%)

1 が杖, に会う, に比べれ, のなせし, は一斉, 当藩

▼ 者農民大衆~ (6, 0.0%)

1 に働きかけ, に働きかける, の, の中, を, を餓死

▼ 者あなた~ (5, 0.0%)

1 こそ目前, には私, の計, も否, も武蔵

▼ 者あらゆる~ (5, 0.0%)

1 今日の, 友生き, 屈辱の, 律法と, 者よ

▼ 者かを~ (5, 0.0%)

1 ハッキリと, 二人は, 他日檢査する, 察したらしく, 知らぬ人々

▼ 者さまざま~ (5, 0.0%)

1 であった, な人々, な感情, の形, らしいが

▼ 者~ (5, 0.0%)

2 て御 1 ている, て取り, て方々

▼ 者~ (5, 0.0%)

2 やない 1 ぶんは, ゃござりませなんだ, やありません

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 あ何で, あ知合い, とひ, とひ見ゆべき, どんな者だい

▼ 者たる者~ (5, 0.0%)

1 の義務, はその, は必ず, もいる, を求めるなら

▼ 者だけでも~ (5, 0.0%)

1 一万余と, 七人も, 四万二千三百余に, 数えて, 腹いっぱい食べる

▼ 者であったら~ (5, 0.0%)

1 あるいはそれ, どうする, 棍棒の, 薄暗がりの, 衝動を

▼ 者であったろう~ (5, 0.0%)

2 と思います 1 が彼, けれど, と考える

▼ 者でもが~ (5, 0.0%)

2 得手勝手な 1 あるらしく市中警固, するやう, 次第にインテリゲンチャ

▼ 者とかいふ~ (5, 0.0%)

2 奴は 1 やうな, 人が, 人は

▼ 者とだけ~ (5, 0.0%)

1 いまだにその, では, で何, みられて, 稍自由に

▼ 者ともに~ (5, 0.0%)

1 その体物質, その轍, 山荘頭と, 旧時の, 説話と

▼ 者なぞは~ (5, 0.0%)

1 ありゃしない, さうし, 深夜さ, 滅多に, 矢鱈に

▼ 者なりが~ (5, 0.0%)

1 これが, たつてという, 依然特殊部落, 共通に, 自然の

▼ 者における~ (5, 0.0%)

1 この比, すべての, 予防的妨げの, 異なる点, 稀少性の

▼ 者にだって~ (5, 0.0%)

1 まんざら縁故, 出来るこっちゃ, 同じよう, 君が, 徴兵上の

▼ 者によっても~ (5, 0.0%)

1 まだ充分, 吟味せられるだろう, 因果律は, 新旧生気論者によっても, 組織的に

▼ 者はなはだ~ (5, 0.0%)

1 多く何でも, 多し, 少なし, 稀なる, 衆し

▼ 者ふたり~ (5, 0.0%)

2 を連れ 1 が謹厳, と案内者一人, を射留めた

▼ 者へと~ (5, 0.0%)

1 一般に呈供, 向ふ, 導く客觀的自然, 贈ったもの, 還元しよう

▼ 者ほとんど~ (5, 0.0%)

2 これなき 1 が煙草, 七割まで, 神かと

▼ 者まる~ (5, 0.0%)

4 出しの 1 出しな

▼ 者みんな~ (5, 0.0%)

1 が寝起き, と同じ, に感心, を月, 出かけたが

▼ 者わずか~ (5, 0.0%)

1 に四ヶ月, に四十二人, に程普, 一日の, 五百騎ばかりを以て

▼ 者をこそ~ (5, 0.0%)

1 よき作り手, 一人前に, 代表者と, 哲学者と, 真に教養

▼ 者をもって~ (5, 0.0%)

2 自任する 1 実在と, 探偵に, 相続させる

▼ 者ハ其~ (5, 0.0%)

1 ノ代表ヲ選ビテ事業, ノ干, ノ暴戻惡逆, ノ超過セル土地, ノ超過額

▼ 者一統~ (5, 0.0%)

1 から町内, が難渋, に口, の生, 悦ばしき儀

▼ 者七八名~ (5, 0.0%)

1 ありて, が交, が集まっ, の酌, を赤坂城

▼ 者三名~ (5, 0.0%)

1 あり倉田安彦, が全国区, と共に迅舟, について興奮曲線, に篤と

▼ 者世に~ (5, 0.0%)

1 あるまじく大抵, その才, なかりけり, 幽霊や, 神仏は

▼ 者並びに~ (5, 0.0%)

1 人間としての, 子女を, 檀那等又, 筆者にとって, 読者に

▼ 者二三人~ (5, 0.0%)

1 おりませぬか, それから内記, だけは見ました, と浅草, はあり

▼ 者二名~ (5, 0.0%)

1 そっとさし, は起訴, は車中, を京, を調べ

▼ 者互いに~ (5, 0.0%)

1 相まちて, 相助くる, 相接し, 相調和, 素姓の

▼ 者五人~ (5, 0.0%)

1 ずつ呼出され, の中, の子, は命からがら, を数珠つなぎ

▼ 者其の~ (5, 0.0%)

2 一を 1 名を, 外御, 餘り

▼ 者十数名~ (5, 0.0%)

1 はかぞえられた, も整然と, を出した, を引き連れ, を選び集め

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 じき頭音は, 樣で, 樣な, 樣に, 藩中の

▼ 者四五名~ (5, 0.0%)

1 が謀っ, もそれ, を語らっ, 送られたし, 連れたのみ

▼ 者学校~ (5, 0.0%)

1 に働い, に充ち満ち, の先生等, を組織, を経営

▼ 者少なく~ (5, 0.0%)

1 ない, なかったは, ほとんど古来, 世間の, 明治十七年第

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 からざりしなるべし, からざる, きは, くない, なくも

▼ 者志望~ (5, 0.0%)

1 だと, だナ, の念, を断念, を許し

▼ 者技術家~ (5, 0.0%)

1 にその, によって啓蒙, に対して独特, の養成, 乃至技術家候補者

▼ 者技術者~ (5, 0.0%)

1 が侵略戦争, が戦争, としての社会的使命, の不戦同盟, の経歴調査

▼ 者数人~ (5, 0.0%)

1 あり, とを江戸, の多き, は前, を引連れ

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 く, にうとし, に増し, に幾千人, に益

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 の公方, は壮者, をふれ, を同, を失ふ

▼ 者果して~ (5, 0.0%)

1 これが, 何物とか, 実か, 幾何ぞ, 魔か

▼ 者~ (5, 0.0%)

2 して 1 せる者, と規定, を懼

▼ 者決して~ (5, 0.0%)

2 人などを 1 た, 国や, 尠なし

▼ 者~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 は好けれ, も女, や女

▼ 者皆んな~ (5, 0.0%)

2 に一とわ 1 でございます, に聽, に見せる

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 う, ふらく, へて曰, へて曰はく, へ曰

▼ 者続出~ (5, 0.0%)

1 し一同, ですよ, で読者, の一因, の盛況

▼ 者罷出~ (5, 0.0%)

3 急度埒明 1 世に逢申儀, 何之

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 であると, で強引, の八つ当り, を切れっ, を裂かれた

▼ 者自体~ (5, 0.0%)

1 がその, がそんな, の実状, の成長, の素質

▼ 者讀者~ (5, 0.0%)

1 に主, に美, の易, はおの, を侵すなり

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 とでもいうべき, などにまで下落, にまよっ, に迷, の埀

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 は静か, をのむ, を呑む, を飲む, を飲ん

▼ 者~ (5, 0.0%)

2 と手 1 に不気味, へ紙幣, を上げい

▼ 者~ (5, 0.0%)

1 にくわれる, に踏まれる, に鞍, のあぶみ, を引き走り避け

▼ 者~ (5, 0.0%)

3 之盛也 1 といふより, 之形也

▼ 者あるべし~ (4, 0.0%)

1 とあえて, といえ, と考え, 明年姚興果して

▼ 者いや~ (4, 0.0%)

1 しむべしと, 三ツ股者の, 大変な, 若松の

▼ 者いわゆる~ (4, 0.0%)

1 弁証法的一般者の, 後進者より, 源平時代は, 燕楽

▼ 者かな~ (4, 0.0%)

1 その心底, 坂の, 妾の, 罪人でない

▼ 者ここ~ (4, 0.0%)

1 でしきりに, は旅人, まで淫魔め, を開けい

▼ 者こと~ (4, 0.0%)

1 さらに悪, に小説家, のほか困窮, 追ひ出し

▼ 者さながら~ (4, 0.0%)

2 之れ 1 に刃傷, 花車屋台の

▼ 者しばしば~ (4, 0.0%)

1 それを, 一犬遠くより, 狼に, 異なる

▼ 者じゃった~ (4, 0.0%)

1 に違わん, のか, のよ, 母を

▼ 者そんな~ (4, 0.0%)

1 ことが, ものを, わけで, 不覚者は

▼ 者ただ~ (4, 0.0%)

1 凌辱に, 故人に, 汝一人のみ, 黒

▼ 者たとえば~ (4, 0.0%)

1 イギリスの, トロツキーが, 天文学者物理学者化学者などの, 妻なれ

▼ 者つて~ (4, 0.0%)

2 いふの 1 えわけ, えわけあねえでねえ

▼ 者であるらしい~ (4, 0.0%)

1 ことは, ことを, と想像, のでかれ

▼ 者でござれ~ (4, 0.0%)

1 ばいか, ばもちろん, ばもはや, ば友人

▼ 者でござん~ (4, 0.0%)

3 すが 1

▼ 者でなかったら~ (4, 0.0%)

1 お前も, とうていこれ, よかろう, 恐らく見殺し

▼ 者でなくなる~ (4, 0.0%)

1 か, というの, ときその, 者は

▼ 者とかの~ (4, 0.0%)

1 中で, 列に, 策動が, 話は

▼ 者とで~ (4, 0.0%)

1 あつた, 埋まつた此都, 渦を, 舞台一面に

▼ 者どころか~ (4, 0.0%)

1 ほんの身近, 常識家としても, 私たちに, 雷怯子の

▼ 者どもめ~ (4, 0.0%)

1 がッ, が卑猥, が増長, つけあがりを

▼ 者なくし~ (4, 0.0%)

1 ては一歩, て利, て慣例, て科学

▼ 者なぞを~ (4, 0.0%)

1 合わせると, 手を, 泊めるよう, 親切に

▼ 者なりといふ~ (4, 0.0%)

1 ものなら, 傳不詳, 名不明, 榮光に

▼ 者なるべく~ (4, 0.0%)

1 なお歳月, 之を, 吾妻鏡中趣味尤津々たれ, 此の

▼ 者なんぞ~ (4, 0.0%)

1 いねえヨ, いやしねえだ, 居なかったので, 誰が

▼ 者なんぞが~ (4, 0.0%)

1 あったかしら, ちっと暴い, 危急を, 悪い事

▼ 者によっては~ (4, 0.0%)

1 予備の, 単に名目的, 行くべき処, 限定し尽されない

▼ 者ばかりで~ (4, 0.0%)

2 生れる者 1 いる夏, お話に

▼ 者ほか~ (4, 0.0%)

1 に沢山有之, のみたりをみちびきぬ, の男, 分らないの

▼ 者まだ~ (4, 0.0%)

1 一寸も, 我々と, 自分自身を, 頼りなるただ

▼ 者までを~ (4, 0.0%)

1 このさき無限, ふくめて, 死と, 獄門に

▼ 者めい~ (4, 0.0%)

1 ていた, てよくもこんなに, てゐる, て聞える

▼ 者めいた事~ (4, 0.0%)

1 をいう, を云っ, を口, を正木先生

▼ 者ゆゑ人間~ (4, 0.0%)

4 の男

▼ 者カント~ (4, 0.0%)

1 が始め, にもまた, を思い起さず, を記念

▼ 者一家~ (4, 0.0%)

1 がこの, にみんな, はみなごろ, を二階

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 あって, が身, けあ, だそう

▼ 者並び~ (4, 0.0%)

1 だから, に在留外人, に存在, 行くを

▼ 者云々~ (4, 0.0%)

1 とは彼, についての, の語, 近國御家人群參如雲霞

▼ 者人間~ (4, 0.0%)

1 としての彼女, の屑, は地, をかわいがらない

▼ 者今日~ (4, 0.0%)

1 この町, の往生, は早速, も江戸ッ児

▼ 者作家団~ (4, 0.0%)

1 だった, などというもの, に属する, を認めた

▼ 者例へば~ (4, 0.0%)

1 その中, ガリレオや, 一條禪閤兼良と, 顧炎武とか

▼ 者個人~ (4, 0.0%)

1 として文学, の主, の手, の爲め

▼ 者其他~ (4, 0.0%)

1 あらゆる價値, の反抗, 嘗ていろんな, 挙げれば

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 也と, 也など, 也尸沙者殘也問曰云何僧爲初答曰此比丘已得罪樂欲清淨往到僧所僧與波利婆沙是名初與波利婆沙竟次與六夜行摩那, 板五千部印行す

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 なるは, へ, へ進め, 代議士何

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 堪母, 有之, 消, 為本望候

▼ 者向き~ (4, 0.0%)

1 に設けられた, に設備, の低廉, の作りもの

▼ 者商人~ (4, 0.0%)

2 の身 1 でも職人, などは准后さま

▼ 者団体~ (4, 0.0%)

1 があっ, が経営, の調査機関, を背景

▼ 者多数~ (4, 0.0%)

1 ある見込み, にて一日, の放恣, の面前

▼ 者大勢~ (4, 0.0%)

1 が軒下, と一緒, は馬上, 集りて

▼ 者夫妻~ (4, 0.0%)

1 が良人, それからすこし, にも見せた, の骨格

▼ 者姿~ (4, 0.0%)

1 であった, で天王寺公園, の老人, の見えない

▼ 者少し~ (4, 0.0%)

1 とせざれ, となさず, は年甲斐, 自墮落

▼ 者少なき~ (4, 0.0%)

1 か, のみか寡居, は何ぞ, 時より

▼ 者尽く~ (4, 0.0%)

1 土間に, 消極的なら, 自分も, 風俗壊乱と

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 が身, と備わる, の生涯, を勝る

▼ 者彼ら~ (4, 0.0%)

1 にとっての大, のため, の目, を打て

▼ 者往々~ (4, 0.0%)

3 にし 1 他語を以て

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 には偶然, に來, に至つて土, の米

▼ 者悲しめる~ (4, 0.0%)

2 者苦しむ 1 者に, 者笑える

▼ 者意識~ (4, 0.0%)

2 を身 1 を持ち, を更に

▼ 者愚か~ (4, 0.0%)

4 なる者

▼ 者托児所~ (4, 0.0%)

1 の中, の何人, の生活, へゆき

▼ 者政治家~ (4, 0.0%)

1 があつ, と來往, の類, を輩出

▼ 者更に~ (4, 0.0%)

1 さういふ運動, また正しき, 一段上の, 眼を

▼ 者~ (4, 0.0%)

2 居月渓 1 の神, を指

▼ 者有る~ (4, 0.0%)

1 が如き, なからん, を感ずるなりき, 無し目

▼ 者来り~ (4, 0.0%)

1 てわが, て黙然, 竜画を, 若い女

▼ 者来る~ (4, 0.0%)

1 はずと, 者全部の, 者帳面を, 者皆その

▼ 者次第~ (4, 0.0%)

1 で光り, によっては助太刀, を云, を云え

▼ 者気取り~ (4, 0.0%)

1 でブリキ, で優越感, で癪, で納まっ

▼ 者漸く~ (4, 0.0%)

1 その跡, 数を, 數を, 陳腐に

▼ 者独特~ (4, 0.0%)

1 のおしゃべり, のこころもち, の期待, の皮膚

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 之具也, 之本, 兒永壽有, 捕られる者数

▼ 者的基礎経験~ (4, 0.0%)

1 というとき, のうち, の構造, をそれ

▼ 者的態度~ (4, 0.0%)

2 である 1 とでもい, 云わゆる良き

▼ 者的文化~ (4, 0.0%)

1 その意味, にとっては教学, の指導者達, は支配社会

▼ 者皆無~ (4, 0.0%)

3 の時 1 でそれ

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 にたもと, にもの見せ, の前, を据え

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 に埃, ばたき, を剔, を剥く

▼ 者~ (4, 0.0%)

2 なり 1 なる王達, に文学

▼ 者等々~ (4, 0.0%)

1 として規定, となる, にまで組織的, の道

▼ 者絶無~ (4, 0.0%)

2 と称せられ 1 という有様, と称され

▼ 者聞く~ (4, 0.0%)

2 ものについて 1 もの何一ツとして, 者には

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 にかけてもと, の取れた, をあらわ, を捻じとる

▼ 者見たい~ (4, 0.0%)

1 な人, な男, な顏, に靜

▼ 者貧乏~ (4, 0.0%)

1 だなと, だよ, なん, な者

▼ 者踊る~ (4, 0.0%)

1 者が, 者そして, 者悪口の, 者歌ふ

▼ 者道場~ (4, 0.0%)

1 には親分, の風紀, へ立ち寄り, を世帯

▼ 者~ (4, 0.0%)

2 を憶出 1 の南条力, をする

▼ 者風情~ (4, 0.0%)

1 でそこ, の小唄, の申す, をお前ら多数

▼ 者~ (4, 0.0%)

1 なき者, の雅俗, ふべからず, を与え

▼ 者養成~ (4, 0.0%)

3 のため 1 の専門教育

▼ 者あがり~ (3, 0.0%)

1 としても生活, のお, の工場管理者

▼ 者あつ~ (3, 0.0%)

1 さりあきらめろ, て初めて, て古

▼ 者あて~ (3, 0.0%)

1 に奏進始末, の紹介状, の配給品

▼ 者あに~ (3, 0.0%)

1 その眼孔, われ一人なら, 軍人のみ

▼ 者あまりに~ (3, 0.0%)

1 その死に, 早く歩け, 高持

▼ 者ありき~ (3, 0.0%)

2 学を 1 中板

▼ 者いかなる~ (3, 0.0%)

1 性質より, 用件と, 苛責を

▼ 者およそ~ (3, 0.0%)

1 七千を, 三百人あまり, 八百七十三人遠

▼ 者かしらと~ (3, 0.0%)

2 思って 1 糾問に

▼ 者かつ~ (3, 0.0%)

1 はまた, は足利, 大かたの

▼ 者からでも~ (3, 0.0%)

1 御台所, 矢張正真物の, 私が

▼ 者くさい~ (3, 0.0%)

1 ところも, 大将は, 顔つきを

▼ 者ぐらい~ (3, 0.0%)

1 であった, なこと, なもん

▼ 者けだし~ (3, 0.0%)

2 精細的美を 1 三百万人に

▼ 者ことに~ (3, 0.0%)

1 二人は, 異人種, 素性と

▼ 者ごと~ (3, 0.0%)

1 に, に右手, に訊い

▼ 者さえが~ (3, 0.0%)

1 スパイと, 自然科学に, 行こうと

▼ 者さらに~ (3, 0.0%)

1 なく緬羊, 一般観衆すらも, 高く上る

▼ 者さん~ (3, 0.0%)

1 が言い, と遊んだ, の握飯

▼ 者すでに~ (3, 0.0%)

1 おのれの, 八人, 死したれば

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 を人々, を深く, を語る

▼ 者そっくり~ (3, 0.0%)

1 だったと, である, の姿

▼ 者それ自身~ (3, 0.0%)

1 が人望, が狂気, になか

▼ 者たちまち~ (3, 0.0%)

1 幾人と, 立ち上がって, 霧を

▼ 者たち自身~ (3, 0.0%)

1 が営利的ジャーナリズム, の実際, は台所

▼ 者たとへば~ (3, 0.0%)

1 ぼて, トロツキーが, 學の

▼ 者たらしめよう~ (3, 0.0%)

1 とし, とした, とする

▼ 者たりと~ (3, 0.0%)

1 いふべきなり, 云ふ, 密かな

▼ 者たるべし~ (3, 0.0%)

1 という意味, といった, 消費者たる者は

▼ 者たれ~ (3, 0.0%)

1 と命令, と心から, ばなり

▼ 者だっ~ (3, 0.0%)

1 たり短気, たり馴染, 汝は

▼ 者だつ~ (3, 0.0%)

1 たかね, てまだ, て何とか

▼ 者だつたさうで~ (3, 0.0%)

1 下女一人を, 凄い女, 江戸には

▼ 者~ (3, 0.0%)

2 ゅう者は 1 ゅうの

▼ 者てえ~ (3, 0.0%)

1 のは, ものは, 奴あ

▼ 者でいらっしゃる~ (3, 0.0%)

1 からだ, よ, わあんなに

▼ 者でございましょう~ (3, 0.0%)

1 か, その証拠, 下手に

▼ 者でございまする~ (3, 0.0%)

1 から可愛相, が, が今日

▼ 者でござんす~ (3, 0.0%)

3 後日に

▼ 者でござんせう~ (3, 0.0%)

2 あゝ此樣 1 ああこんな

▼ 者でさえも~ (3, 0.0%)

1 そういった病的心理, ないの, 匹敵する

▼ 者でし~ (3, 0.0%)

21 てな海底超人

▼ 者でしたら~ (3, 0.0%)

1 すぐに, ときにとって, 事実右門が

▼ 者というも~ (3, 0.0%)

1 つまりは, もとは, 可なり

▼ 者とかは~ (3, 0.0%)

1 だれでも, 一旦非人, 位置の

▼ 者としてさえ~ (3, 0.0%)

1 書いて, 現われねば, 現われるの

▼ 者とまで~ (3, 0.0%)

1 彼等の, 知り合いな, 誓われて

▼ 者どこ~ (3, 0.0%)

1 へいっ, へゆく, までも役者

▼ 者どころ~ (3, 0.0%)

2 では 1 の騒ぎ

▼ 者どもと~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 一緒にな, 池ノ原の

▼ 者なかなか~ (3, 0.0%)

1 たやすく五万, 承知しない, 自信が

▼ 者なぞが~ (3, 0.0%)

1 あちらの, あると, そこへ

▼ 者などから~ (3, 0.0%)

1 内々運動費を, 直接に, 解放され

▼ 者などで~ (3, 0.0%)

1 ここの, わざわざ上京, 井戸ばた

▼ 者などとも~ (3, 0.0%)

1 云った, 交って, 書いて

▼ 者などにも~ (3, 0.0%)

1 あらんには, どっちが, 問い訊したなれ

▼ 者なみ~ (3, 0.0%)

1 に, に取扱われる, の投機心

▼ 者なんぞは~ (3, 0.0%)

1 ありゃしません, お前さんの, 一月に

▼ 者にこそ~ (3, 0.0%)

1 なったれやみやみ, もっと懇切, 二種の

▼ 者にたいしても~ (3, 0.0%)

1 あまり寛大, そうだった, また敵

▼ 者についての~ (3, 0.0%)

1 彼女の, 汝の, 話が

▼ 者についても~ (3, 0.0%)

1 やはりとても面白い, 考えられる, 話した

▼ 者にまでも~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, 斯んな, 親近する

▼ 者によつ~ (3, 0.0%)

1 て之, て叫ばれ, て掻き鳴さるる

▼ 者に対しての~ (3, 0.0%)

1 交通機関と, 心持は, 渾身の

▼ 者に関して~ (3, 0.0%)

1 であろうとも, です, 知られて

▼ 者のは~ (3, 0.0%)

1 古典的伝統であった, 正統王朝であった, 錦などでは

▼ 者はか~ (3, 0.0%)

1 はいさうだ, はるが, へつて各種

▼ 者はて~ (3, 0.0%)

1 まえが, まえと馬, 幾人あります

▼ 者はな~ (3, 0.0%)

1 お前なぞは, すべての, わしの

▼ 者はめつた~ (3, 0.0%)

2 にゐない 1 にある

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 くち打、駄折助, 極めて小数, 皆恩に

▼ 者ふう~ (3, 0.0%)

3 の男

▼ 者ぶった~ (3, 0.0%)

1 ことを, フリを, 荘重な

▼ 者ほどには~ (3, 0.0%)

1 それを, 強く恐れ, 親しくない

▼ 者まず~ (3, 0.0%)

1 ハムレットを, 彼女を, 清川を

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 たり群, ゆと, ゆ爐の

▼ 者みな色~ (3, 0.0%)

1 を失った, を變, を醒ました

▼ 者もつれず~ (3, 0.0%)

1 に登っ, に登つて, 一人で

▼ 者やと~ (3, 0.0%)

2 笑われるぞと 1 言うたって

▼ 者よりの~ (3, 0.0%)

1 お考, 希望を, 要求ある

▼ 者らし~ (3, 0.0%)

1 さが, さで, さや

▼ 者らしい代り~ (3, 0.0%)

2 慾は 1 ひどい耄

▼ 者らしき~ (3, 0.0%)

1 ものは, もの演説を, 者を

▼ 者われ~ (3, 0.0%)

1 に現, を易, を毒する

▼ 者アントワアヌ~ (3, 0.0%)

1 の最も, は夢にも, らしい放言

▼ 者イザヤ~ (3, 0.0%)

1 の時代, の精神, の言

▼ 者エリヤ~ (3, 0.0%)

1 がイスラエル国, とま, の再来

▼ 者ソクラテス~ (3, 0.0%)

1 が死刑, のもと, を牢死

▼ 者ダンテ~ (3, 0.0%)

1 と相識, と語る, 善くその

▼ 者ニ對スル立法精神ニ於テ~ (3, 0.0%)

3 別ニ法律

▼ 者フランス~ (3, 0.0%)

1 がつっ立っ, の労働者, の面目丸つぶれ

▼ 者プッチーニ~ (3, 0.0%)

1 と親交, にお目にかかった, に認め

▼ 者ヘポメニアス氏~ (3, 0.0%)

1 であった, の錯覚, はここ

▼ 者ヘーゲル~ (3, 0.0%)

1 が, でさえいっ, の絶對精神

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 亦直, 何等カノ言語, 被教育者モ

▼ 者ラコスト~ (3, 0.0%)

1 に向かっ, に問う, に小声

▼ 者ヴォルテール~ (3, 0.0%)

1 がとなえた, が一七〇〇年代, は

▼ 者一方~ (3, 0.0%)

1 は加害者, は役人, は親

▼ 者上がり~ (3, 0.0%)

1 でも蕊, で若旦那, 額の

▼ 者中いずれ~ (3, 0.0%)

2 が最も 1 を選ぶべき

▼ 者丸出し~ (3, 0.0%)

1 で見る, の一青年, の着物姿

▼ 者主人~ (3, 0.0%)

1 が居りやせん, と妾, の清右衞門

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 しからずこれ, しからず唯, しからず矣

▼ 者二十五名~ (3, 0.0%)

1 の判決公判, の申出, への判決

▼ 者二十人~ (3, 0.0%)

1 に切腹, は槍襖, を記した

▼ 者五名~ (3, 0.0%)

1 がのりこん, がやがて, を選出

▼ 者今度~ (3, 0.0%)

1 の櫓下, の狼, はする

▼ 者代り~ (3, 0.0%)

1 て攻者, て次, て防者

▼ 者会議~ (3, 0.0%)

1 という意味, の席上, の決定

▼ 者何分~ (3, 0.0%)

1 この後, 大勢の, 宜しくお願い

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 が面, の姿, は之

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 は, はば即ち, ひしが

▼ 者傘屋~ (3, 0.0%)

3 の吉

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 が必要, の婦人部, 即ちソヴェト連邦

▼ 者入るべからず~ (3, 0.0%)

1 と式, と長屋木戸, マッコイ

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 世界の, 體が, 體を

▼ 者全員~ (3, 0.0%)

1 のため, の中, を一室

▼ 者六人~ (3, 0.0%)

1 から申し出た, には衣服, を飛び越し

▼ 者再び~ (3, 0.0%)

1 その槍, 救ひ, 衣を

▼ 者劣敗者~ (3, 0.0%)

2 の心 1 の一人

▼ 者勤労者~ (3, 0.0%)

1 お百姓, と所有者, の日常生活

▼ 者十人~ (3, 0.0%)

1 ぐらいで, ばかり初対面, ばかり新聞記者

▼ 者双方~ (3, 0.0%)

1 の間, より出, 之家財

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 之事曽所念水江之, 帽子古, 靴を

▼ 者各々~ (3, 0.0%)

1 の個性, 主張し, 持ち場が

▼ 者各位~ (3, 0.0%)

1 とともに愉快, にこの, の御

▼ 者同じ~ (3, 0.0%)

1 勢力を, 名前を, 系統の

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 のうえ, は六, 之曰死

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 と言, は日頃, も呆気

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 とする, な目的論的世界觀, 其の多

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 宜しく異, 有男子一人, 有男子二人

▼ 者地理~ (3, 0.0%)

2 を不 1 を知らざる

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 として扱う, に沢山有之, に澤山有之

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 の仕事, も日, よ

▼ 者如何~ (3, 0.0%)

1 で折角, ゾ直, ゾ直訳社会主義者流ノ

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 もなし, 儀を, 無きこと

▼ 者宇佐美敬太郎~ (3, 0.0%)

1 と知り合い, に間違い, の虚無的

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 可及後悔, 照が, 照という

▼ 者家計~ (3, 0.0%)

1 が前, に関係, を相当程度

▼ 者容易~ (3, 0.0%)

1 ならぬ決心, にその, に正道

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 に入, に入れ, の住人たち

▼ 者専制~ (3, 0.0%)

1 というよう, の発生, を出現

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 だとかの, の方, をそれから

▼ 者常に~ (3, 0.0%)

1 プロレタリアートの, 善玉とは, 空威張りし

▼ 者~ (3, 0.0%)

2 は五十五 1 の多い

▼ 者引揚者~ (3, 0.0%)

1 が流れ, というウス, 急援同盟

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 ニ是ノ, 城中には, 屋敷御上始め重役の

▼ 者当人~ (3, 0.0%)

1 である子供達, のターン, は必要条件

▼ 者当局~ (3, 0.0%)

1 が振興, の方, は

▼ 者思想~ (3, 0.0%)

1 の先達, の高上者, も理想

▼ 者恐らく~ (3, 0.0%)

1 俸給以外の, 天上地下に, 独身で

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 たらずんば, ならずんば, なる魂

▼ 者批評家~ (3, 0.0%)

1 として趣味, などという多く, の珍論

▼ 者政治~ (3, 0.0%)

1 には無抵抗, にひそか, や実業

▼ 者教育~ (3, 0.0%)

1 と科学普通教育, に志す, に貢献

▼ 者教育者~ (3, 0.0%)

1 としてのルソー, に注意, をもっ

▼ 者文人~ (3, 0.0%)

1 の書いた, を出す, を集め

▼ 者文化~ (3, 0.0%)

1 からすれ, にとって最も, に就い

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 の文, る場合, る者

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 に磨がれたる, カトリック主義者自由理想主義者など, 生活の

▼ 者~ (3, 0.0%)

2 の手前 1 へ繁

▼ 者既に~ (3, 0.0%)

1 そのわ, 他人の, 多くの

▼ 者木戸~ (3, 0.0%)

1 がある, の者, の警備

▼ 者未だ~ (3, 0.0%)

1 最後の, 自覚せず, 迷宮に

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 ト悪心無, 國之, 月二十三日午前十一時五十分出生致し

▼ 者本来~ (3, 0.0%)

1 の務め, の姿, の思考法

▼ 者~ (3, 0.0%)

2 て飲む 1 たらん

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 だという, 博士と, 子爵の

▼ 者極めて~ (3, 0.0%)

1 多かった, 多く中, 多ければ

▼ 者次第に~ (3, 0.0%)

1 増加し, 多きを, 減少せる

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 に伴, の新古雑糅, ふ者

▼ 者死し~ (3, 0.0%)

1 て大, て非, 三年經つて其墓を

▼ 者死人~ (3, 0.0%)

1 に向い, の枕, 之事

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 し, んど, んどこ

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 に甘やかされ, の無情, を邪魔

▼ 者比較的~ (3, 0.0%)

1 多しと, 多しとの, 多しなどという

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 にもぐる者, を汲ん, 振廻

▼ 者汝等~ (3, 0.0%)

1 と共に出, に現, の世

▼ 者決定~ (3, 0.0%)

1 に当っ, の一局, の時

▼ 者泣く~ (3, 0.0%)

1 子と, 者や, 者喚く

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 倍久ゆく, 言, 香二恋云わ

▼ 者獲得~ (3, 0.0%)

2 の課題 1 する者

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 たるべきが, たるべきもの, を斬る

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 る, わる, 實主義者から

▼ 者生涯~ (3, 0.0%)

1 とは密接, に只, の心得

▼ 者田方堂十郎氏~ (3, 0.0%)

1 に一刻, のため, は人間

▼ 者田方氏~ (3, 0.0%)

1 の所在, はそれ, はベッド

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 の恋愛, 天公之, 淵出で

▼ 者知つて~ (3, 0.0%)

3 お出なさらう

▼ 者笑える~ (3, 0.0%)

2 者悉く 1 者または

▼ 者紹介者~ (3, 0.0%)

1 としての小酒井不木氏, としては二葉亭, として知られ

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 出身者の, 支配人を, 選挙の

▼ 者総一郎~ (3, 0.0%)

1 が, が内側, の頭

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 が腐る, の腐った, を欹

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 から説明台本, 稱哲學者および, 體の

▼ 者自己~ (3, 0.0%)

1 と他人, を信ずる, を被

▼ 者若い~ (3, 0.0%)

1 女房が, 者と, 者は

▼ 者若き~ (3, 0.0%)

1 者さまざまな, 者男も, 者綺羅星の

▼ 者若し~ (3, 0.0%)

1 之を, 余輩の, 兇行の

▼ 者若しくは~ (3, 0.0%)

1 職工などと, 許婚と, 迷信家のみに

▼ 者若林鏡太郎氏~ (3, 0.0%)

1 の事, の計, は只今

▼ 者苦しむ~ (3, 0.0%)

2 者愚かなる 1 者に

▼ 者虐待~ (3, 0.0%)

2 の実情 1 に反対

▼ 者~ (3, 0.0%)

2 之迹也 1 ふ者

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 などを見ない, はゼライイド, を見あげる

▼ 者見る~ (3, 0.0%)

1 まに, 者を, 者悲痛の

▼ 者親しい~ (3, 0.0%)

2 者の 1 土地と

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 りだ, りだった, りであるとの

▼ 者詩人~ (3, 0.0%)

1 の作品, の斯, よ

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 なるもの, を, を私

▼ 者貧しき~ (3, 0.0%)

2 者は 1 者と

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 に鎖, を切られた, を持つ

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 を沈め, を秘める, 之文也

▼ 者迷惑~ (3, 0.0%)

1 して, する, せる者

▼ 者遺族~ (3, 0.0%)

1 が許され, の一人, の手当

▼ 者~ (3, 0.0%)

2 星右太五郎の 1 星源之

▼ 者青年~ (3, 0.0%)

1 の中, の哲学講座, の文学者

▼ 者音楽団~ (3, 0.0%)

1 が活溌, です, の奏する

▼ 者~ (3, 0.0%)

1 をも變, を後額, を曇らすごとく

▼ 者鬼川~ (3, 0.0%)

1 が一人, の手, は満足そう

▼ 者あがりで~ (2, 0.0%)

1 言葉には, 身體一杯に

▼ 者あたかも~ (2, 0.0%)

1 接近し, 雲の

▼ 者あった~ (2, 0.0%)

1 が皮, に異ならず

▼ 者あと~ (2, 0.0%)

1 からあと, 片づけに

▼ 者あらざりし~ (2, 0.0%)

1 が長崎高等学校医学部生徒某氏, 事の

▼ 者あらざれ~ (2, 0.0%)

1 ばなり, ば暗夜

▼ 者あらむ是~ (2, 0.0%)

2 れ必ら

▼ 者ありけれ~ (2, 0.0%)

1 ばヴィルジリオ, ば遂に

▼ 者ありたれ~ (2, 0.0%)

1 ど恐らく, ばなり

▼ 者ありと~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て忽ち

▼ 者いい~ (2, 0.0%)

1 のかしら, 画家の

▼ 者いか~ (2, 0.0%)

1 が成敗, なれば

▼ 者いかで~ (2, 0.0%)

1 その此類, なが

▼ 者いかに~ (2, 0.0%)

1 その精神, 狂う馬

▼ 者いつも~ (2, 0.0%)

1 謙譲であり, 集まるたび

▼ 者いづ~ (2, 0.0%)

1 くにある, こにか

▼ 者いづれ~ (2, 0.0%)

1 もお, も当代

▼ 者いと~ (2, 0.0%)

1 少なく墓, 高き処

▼ 者おお~ (2, 0.0%)

1 さわぎでした, 人類よ

▼ 者おのおの~ (2, 0.0%)

1 有限無限の, 虎視眈々と

▼ 者お供先~ (2, 0.0%)

1 に立っ, を要撃

▼ 者かかる~ (2, 0.0%)

1 美女に, 者みな木柵まで

▼ 者かが~ (2, 0.0%)

1 あとを, 口々に

▼ 者かしこ~ (2, 0.0%)

1 に戻らん, をや

▼ 者かつて~ (2, 0.0%)

1 強健であった, 残夢を

▼ 者かなと~ (2, 0.0%)

1 始めて, 感服致し

▼ 者かなんかの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 者かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 者かれ~ (2, 0.0%)

1 らに, らの

▼ 者がぞ~ (2, 0.0%)

1 ろ, ろつと

▼ 者がね~ (2, 0.0%)

1 ぢくりとつた, 赤い帽子

▼ 者がねえ~ (2, 0.0%)

1 己にゃ, 諏訪部様が

▼ 者がを~ (2, 0.0%)

1 られた, り

▼ 者こう~ (2, 0.0%)

1 参れば, 号令を

▼ 者こういう~ (2, 0.0%)

1 場合に, 風に

▼ 者こそが~ (2, 0.0%)

1 本当に超, 貧民に対し

▼ 者こんな~ (2, 0.0%)

1 ところで, のは

▼ 者さては~ (2, 0.0%)

1 探偵小説家などの, 田楽ばさらの

▼ 者しばらく~ (2, 0.0%)

1 ドカドカ騒い, 首を

▼ 者じゃがな~ (2, 0.0%)

1 なにか右門め, 徳川はん江戸で

▼ 者じゃけ~ (2, 0.0%)

1 え惚れた, 仕事の

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 なは

▼ 者すな~ (2, 0.0%)

2 はち

▼ 者すべてそれら~ (2, 0.0%)

1 のため, の異変

▼ 者ぜひ~ (2, 0.0%)

1 とらねば, にも其方

▼ 者そうした~ (2, 0.0%)

1 人たちが, 死体が

▼ 者そうして~ (2, 0.0%)

1 三馬は, 雲竜に

▼ 者それぞれ~ (2, 0.0%)

1 に分れる, に敗戦

▼ 者それ等~ (2, 0.0%)

1 が話し合っ, のもの

▼ 者ぞなど~ (2, 0.0%)

1 言は, 言はる

▼ 者たくさん~ (2, 0.0%)

1 あります, おりますが

▼ 者たち全部~ (2, 0.0%)

2 からとりまかれ

▼ 者たらう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 者たらざる~ (2, 0.0%)

2 可から

▼ 者たらしむ~ (2, 0.0%)

1 ダンテ即ち, 換言すれ

▼ 者たる余~ (2, 0.0%)

1 にとっては難, には何等

▼ 者たる侯~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 者たる所~ (2, 0.0%)

2 も彼

▼ 者だけしか~ (2, 0.0%)

1 いなかった, 知らなかった

▼ 者だけには~ (2, 0.0%)

1 極めて少量, 洩らしたくなるから

▼ 者だし~ (2, 0.0%)

1 てな, てな中

▼ 者だち~ (2, 0.0%)

1 に怨恨, は由藏

▼ 者だったなら~ (2, 0.0%)

1 ば次, 何故僕達

▼ 者だつたら~ (2, 0.0%)

1 そのコロツケ, 彼等二十六名を

▼ 者だれ~ (2, 0.0%)

1 かてちょっと, か驚

▼ 者ちょっと~ (2, 0.0%)

1 向うまで, 待て

▼ 者っていう~ (2, 0.0%)

1 やつに, やつアな

▼ 者つき~ (2, 0.0%)

1 でモスク, の入場券

▼ 者つねに~ (2, 0.0%)

1 泣き逸者, 笑う

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 う被征服階級, ふ筋書

▼ 者であるまい~ (2, 0.0%)

1 かと思い遣った, かと思った

▼ 者でございました~ (2, 0.0%)

1 が, ところさあ

▼ 者でござった~ (2, 0.0%)

1 がちと, と顔

▼ 者でござんし~ (2, 0.0%)

1 て人別改め役, て何

▼ 者でさえが~ (2, 0.0%)

1 そうし, 或る

▼ 者ででも~ (2, 0.0%)

1 あったろうと, あつた

▼ 者でな~ (2, 0.0%)

1 ア, ア此処へ

▼ 者でないらしい~ (2, 0.0%)

1 ので名, 事は

▼ 者でなきゃ~ (2, 0.0%)

1 あ分ん, わざわざ二間

▼ 者でなくなっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て科学的

▼ 者でなくなった~ (2, 0.0%)

1 もの, 天皇は

▼ 者でもね~ (2, 0.0%)

1 え奴, 余り身体

▼ 者で御座いまし~ (2, 0.0%)

1 て, て小

▼ 者で無けれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば企て

▼ 者というか~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 消息通に

▼ 者というしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 者というは~ (2, 0.0%)

1 岳父であった, 弓造

▼ 者とかが~ (2, 0.0%)

1 あると, 遠く離れ

▼ 者とかと~ (2, 0.0%)

1 呼ばれる典型的人物, 対談し

▼ 者とかには~ (2, 0.0%)

1 まるで影響, 年輩の

▼ 者としてか~ (2, 0.0%)

1 あるいは意気地, づき臥し給

▼ 者としてしか~ (2, 0.0%)

1 書けないもの, 現れない数

▼ 者としてだけ~ (2, 0.0%)

1 女を, 母性を

▼ 者とには~ (2, 0.0%)

1 彼等の, 隠されて

▼ 者とのみは~ (2, 0.0%)

1 して, 限らぬが

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ッこい, 我御

▼ 者どう~ (2, 0.0%)

1 だ胆, にもならない

▼ 者どの~ (2, 0.0%)

1 のお, は平気

▼ 者どもっ~ (2, 0.0%)

1 この老いぼれ, 忘恩の

▼ 者どもとも~ (2, 0.0%)

1 相談し, 計りたく自然即座

▼ 者どもよ~ (2, 0.0%)

1 こういう憂き目, まだ聞き及ばない

▼ 者ども城外~ (2, 0.0%)

2 までお

▼ 者ないし~ (2, 0.0%)

1 専門家らしい, 征服者の

▼ 者なお~ (2, 0.0%)

1 最下層, 青年を

▼ 者なかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たと

▼ 者なから~ (2, 0.0%)

1 んとは, んや

▼ 者ながらも~ (2, 0.0%)

1 善き賜物, 武士の

▼ 者なぜ~ (2, 0.0%)

1 かみな, 声を

▼ 者なぞに~ (2, 0.0%)

1 窯築き, 負けては

▼ 者なぞも~ (2, 0.0%)

1 ありました, ある

▼ 者などでは~ (2, 0.0%)

1 なかった, なかつた

▼ 者などといふ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 者などによって~ (2, 0.0%)

1 知識偏重教育の, 結成された

▼ 者などよりも~ (2, 0.0%)

1 もっと深い, ズット長い

▼ 者ならざれ~ (2, 0.0%)

1 どその, ば決して

▼ 者ならで~ (2, 0.0%)

1 は指さず, は知らぬ

▼ 者なら出~ (2, 0.0%)

2 來ない

▼ 者なら知っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 者なら知らぬ~ (2, 0.0%)

1 ことまともな, こと分別ぶった

▼ 者なりという~ (2, 0.0%)

1 一言に, 上官多し

▼ 者なりとて~ (2, 0.0%)

2 これを

▼ 者なりなど~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 兎角京童

▼ 者なりの~ (2, 0.0%)

1 ように, 供え物を

▼ 者なるや~ (2, 0.0%)

1 と茲, は更に

▼ 者なんかが~ (2, 0.0%)

1 いろんな機会, やられたん

▼ 者なんかに~ (2, 0.0%)

1 なるもの, 思いつけるもの

▼ 者なんかの~ (2, 0.0%)

2 手に

▼ 者なんかも~ (2, 0.0%)

1 五ヵ年計画後の, 隨分まじ

▼ 者なんぞという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 奴は

▼ 者においても~ (2, 0.0%)

1 しそう, 同一である

▼ 者においてを~ (2, 0.0%)

2

▼ 者にさえも~ (2, 0.0%)

2 工藝の

▼ 者にだけは~ (2, 0.0%)

1 佐古も, 冷酷な

▼ 者にとってこそ~ (2, 0.0%)

1 必要な, 是は

▼ 者に対してさえ~ (2, 0.0%)

1 しばしばちがった, 今日こそ

▼ 者に対してすら~ (2, 0.0%)

1 お銀様, 純一ならざる

▼ 者のせゐ~ (2, 0.0%)

1 ね, のみで

▼ 者のて~ (2, 0.0%)

1 びきを, まえ一応

▼ 者のね~ (2, 0.0%)

1 えこの, えツ

▼ 者のみには~ (2, 0.0%)

1 あらじ力, 解りそう

▼ 者のや~ (2, 0.0%)

1 しきに, わら取りのと

▼ 者はござりませな~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 者はず~ (2, 0.0%)

1 ゐぶん, ゐぶん好き

▼ 者はど~ (2, 0.0%)

1 つとどよめいた, どうしてもこの

▼ 者はにが~ (2, 0.0%)

1 笑いし, 笑いを

▼ 者はね~ (2, 0.0%)

1 決して立派, 貴方

▼ 者はネ~ (2, 0.0%)

1 アノー, 選りどり自由ときてら

▼ 者ばかりか~ (2, 0.0%)

1 その他なにから, 介添人をも

▼ 者ばかりにて~ (2, 0.0%)

1 その方, 右徒党の

▼ 者ひと~ (2, 0.0%)

1 の御, をなぶった

▼ 者ぶり~ (2, 0.0%)

1 ではあるけなかった, をし

▼ 者へでは~ (2, 0.0%)

1 なくて, なく刑法学者

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 まず馬, まれは

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 たしかな, づ弓矢を

▼ 者まかせ~ (2, 0.0%)

1 では, に御不

▼ 者まさに~ (2, 0.0%)

1 三十棒に, 絶美の

▼ 者まま~ (2, 0.0%)

1 あること, これあり

▼ 者みなこれ~ (2, 0.0%)

1 に傚, を標準

▼ 者みな慄然~ (2, 0.0%)

2 として座

▼ 者みな笑~ (2, 0.0%)

2 ひころげぬ

▼ 者めら~ (2, 0.0%)

1 が, が食事

▼ 者めッ~ (2, 0.0%)

1 よくも不意, 来いっ

▼ 者もう~ (2, 0.0%)

1 ぢき, 一つ前には

▼ 者もござります~ (2, 0.0%)

1 けれども女, 剣術ばかり

▼ 者もし~ (2, 0.0%)

1 この孫六, 應は

▼ 者もっと~ (2, 0.0%)

1 ひどいの, 多数の

▼ 者もとより~ (2, 0.0%)

1 反対には, 御人好

▼ 者もねえ~ (2, 0.0%)

1 あの納屋, 母さまア

▼ 者やの~ (2, 0.0%)

1 概念では, 違いによって

▼ 者やらが~ (2, 0.0%)

1 あつた, 通りすぎる秋蘭

▼ 者ゆえあなた~ (2, 0.0%)

1 がそれ, のよう

▼ 者よの~ (2, 0.0%)

2 言葉は

▼ 者よりか~ (2, 0.0%)

1 喋舌て, 残された私

▼ 者らしくし~ (2, 0.0%)

1 ている, て見せた

▼ 者らしく思われた~ (2, 0.0%)

1 がやっぱり, われわれの

▼ 者らしく振舞う~ (2, 0.0%)

2 がいい

▼ 者らしく見える~ (2, 0.0%)

1 ときに, のを

▼ 者らしく見せ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てはいた

▼ 者ら彼ら~ (2, 0.0%)

1 には名前, の間

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 づかに, づか五百騎

▼ 者をすらも~ (2, 0.0%)

1 従えずただ, 憎んでは

▼ 者をでも~ (2, 0.0%)

1 するよう, 起して

▼ 者をのみ~ (2, 0.0%)

1 助くるならで, 相手と

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ねえやな, 念仏一つ知んねえ

▼ 者アパート~ (2, 0.0%)

1 のはし, の男女

▼ 者アメリカ~ (2, 0.0%)

1 のユレイ, の学生

▼ 者アラバ~ (2, 0.0%)

1 只國家, 満門悉ク誅滅セン

▼ 者アラン~ (2, 0.0%)

1 が, の詩

▼ 者ウラソフ~ (2, 0.0%)

1 が公判廷, の闘争

▼ 者オイレンベルグ氏~ (2, 0.0%)

1 の緊密, は決して

▼ 者クルクス管~ (2, 0.0%)

2 の発明者

▼ 者クロード・ディグスビイ~ (2, 0.0%)

1 が残した, の忌斎日

▼ 者ジェルメン・ベルトン~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 者ジスレリー~ (2, 0.0%)

2 がメルボルン公

▼ 者ジャック・コポオ~ (2, 0.0%)

1 の宣言, はこれ

▼ 者ソヴェト~ (2, 0.0%)

1 の同意, の数

▼ 者タイホ~ (2, 0.0%)

1 の公表, を公表

▼ 者デューイ~ (2, 0.0%)

1 の天皇制論, の当選

▼ 者ナルヲ以テ~ (2, 0.0%)

1 無月謝教科書給付中食, 自ラ君臣

▼ 者ニシテ~ (2, 0.0%)

1 固擅殺, 大ニシテ文章

▼ 者ニ銅~ (2, 0.0%)

2 ヲ着

▼ 者ハドソン~ (2, 0.0%)

2 は蠅

▼ 者ハーバート・スペンサー~ (2, 0.0%)

1 の前記, は平素

▼ 者ハーバー博士~ (2, 0.0%)

1 が近く来朝, の来朝

▼ 者ハ植学者タル~ (2, 0.0%)

2 ヲ得

▼ 者フランシスコ・サビエル~ (2, 0.0%)

1 の徳, の遺志

▼ 者フルハタ~ (2, 0.0%)

1 の実験, は棺

▼ 者プラトン~ (2, 0.0%)

1 がイデア, やアレキサンダー王

▼ 者プロメトイス~ (2, 0.0%)

1 にし, の説話

▼ 者マルクス~ (2, 0.0%)

1 が肯定, へやった

▼ 者ラスコーリニコフ~ (2, 0.0%)

1 が人通り, に見せた

▼ 者ラランド~ (2, 0.0%)

2 に洩らした

▼ 者リスト~ (2, 0.0%)

1 こそはまことに, のよう

▼ 者レッド~ (2, 0.0%)

1 が鼠, を連れ

▼ 者ロマン・ロオラン~ (2, 0.0%)

1 の戯曲, はまた

▼ 者ローヤル・ソサィティ会長~ (2, 0.0%)

2 の故

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の蜂, の蜂だい

▼ 者一二句~ (2, 0.0%)

1 にし, に過ぎず

▼ 者一人一人~ (2, 0.0%)

1 に逢っ, をつかまえ

▼ 者一個人~ (2, 0.0%)

1 には武士道, の範囲

▼ 者一号~ (2, 0.0%)

1 の婦人, はピストル

▼ 者一名これ~ (2, 0.0%)

2 に加わり

▼ 者一統出入り~ (2, 0.0%)

2 の衆

▼ 者一行~ (2, 0.0%)

1 とモスク, の大発見

▼ 者七百人~ (2, 0.0%)

1 が殺され, に及んだ

▼ 者三十人~ (2, 0.0%)

1 に及んだ, を選ん

▼ 者三十名~ (2, 0.0%)

1 との珍事, ほど中

▼ 者三十幾人~ (2, 0.0%)

2 は一

▼ 者三千人~ (2, 0.0%)

1 との報, を出した

▼ 者三太郎~ (2, 0.0%)

1 の優越, 及び三太郎

▼ 者三宅木ベエ~ (2, 0.0%)

1 という件, の件

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 に記せる, は則

▼ 者下山康一~ (2, 0.0%)

1 が楽屋, はもがく

▼ 者下痢~ (2, 0.0%)

1 するよう, する者

▼ 者不幸~ (2, 0.0%)

2 な者

▼ 者不忠者~ (2, 0.0%)

1 ともうした, の下男

▼ 者不明~ (2, 0.0%)

1 の, の写真機

▼ 者不追~ (2, 0.0%)

1 と云う, 私は

▼ 者不道徳~ (2, 0.0%)

1 なるとき, な者

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 三声に, 名の

▼ 者両人~ (2, 0.0%)

1 の合意上, を知っ

▼ 者両方~ (2, 0.0%)

1 にそれぞれ一つ, に用

▼ 者中私~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の知人

▼ 者九人~ (2, 0.0%)

1 の名, の目

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 のほとり, を与うる

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の生命, を見忘れ

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 が起った, 近於巫也

▼ 者事業家~ (2, 0.0%)

1 などと云, などの一群

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 た派, の翼

▼ 者二三年前~ (2, 0.0%)

2 まではさる

▼ 者二十一人~ (2, 0.0%)

1 が僕, は僕達二人

▼ 者二十二歳~ (2, 0.0%)

1 の者, の若

▼ 者二十五名全癒者四十一名~ (2, 0.0%)

2 現患者三十六名

▼ 者二百名~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, が三年間地下

▼ 者人夫~ (2, 0.0%)

1 を励まし, を同伴

▼ 者人生~ (2, 0.0%)

1 の諸, を慰むる

▼ 者仕事~ (2, 0.0%)

1 にあぶれ, によらずし

▼ 者他日~ (2, 0.0%)

1 かく曰, 或は斯く

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 て彼, て警むる

▼ 者以前~ (2, 0.0%)

1 は福知山, は蜊河岸

▼ 者以婢千人~ (2, 0.0%)

2 自侍

▼ 者会社員~ (2, 0.0%)

1 よりももっと, よりも会社員

▼ 者位牌~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ 者例えば~ (2, 0.0%)

1 兄などには, 父とか

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 には大, に現在

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は小屋

▼ 者個々~ (2, 0.0%)

1 に美食, の素質

▼ 者倶楽部~ (2, 0.0%)

1 があり, に研究会

▼ 者偏在~ (2, 0.0%)

1 が始まる, という現象

▼ 者傷害保険協会~ (2, 0.0%)

1 の勤務, を退職

▼ 者僅か~ (2, 0.0%)

1 に八騎, に十名

▼ 者働く~ (2, 0.0%)

1 ものそういう, 者誠実なる

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 りの, る者

▼ 者僧侶~ (2, 0.0%)

1 なぞの思い思い, に至る

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の大臣, 陸軍少尉尾関昇な

▼ 者元来~ (2, 0.0%)

1 からの宮方勢, 同村の

▼ 者兄者~ (2, 0.0%)

1 っ, と兄者

▼ 者先輩~ (2, 0.0%)

1 の書きのこした, もしくは親分

▼ 者入神~ (2, 0.0%)

2 之國

▼ 者全く~ (2, 0.0%)

1 相同じ, 釣堀の

▼ 者八九人~ (2, 0.0%)

1 が二名, が青山

▼ 者八名~ (2, 0.0%)

1 が傷, 深傷

▼ 者六七人~ (2, 0.0%)

2 だけは用

▼ 者六七名~ (2, 0.0%)

1 まで斬り伏せられた, を連れ

▼ 者共に~ (2, 0.0%)

1 あっけに, ひとしく炎々

▼ 者共通~ (2, 0.0%)

1 の潔癖, の立場

▼ 者其人~ (2, 0.0%)

1 の地位, の身

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 全責任者, 好伴侶

▼ 者兼清博士~ (2, 0.0%)

1 の蓬屋, の講演

▼ 者凡て~ (2, 0.0%)

1 の物, を正直

▼ 者出入~ (2, 0.0%)

1 のもの指, の鳶頭

▼ 者刀杖~ (2, 0.0%)

2 を畏

▼ 者分上~ (2, 0.0%)

2 の事業

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 なく纂, を放れ

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ち小説家, 無一相關焉

▼ 者削る~ (2, 0.0%)

1 者描く, 者絵附を

▼ 者前衛~ (2, 0.0%)

1 は, を虐殺

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 づくでも, を竭

▼ 者労働者~ (2, 0.0%)

1 として職業組合, と農民

▼ 者勅命~ (2, 0.0%)

2 を奉じ

▼ 者募集~ (2, 0.0%)

1 のあった, を職業案内

▼ 者北方~ (2, 0.0%)

1 ではマヌ, に一両公御座候事

▼ 者十二世紀~ (2, 0.0%)

1 の人, の始めイロワイエ

▼ 者十二人~ (2, 0.0%)

1 がかつぎ, を選び

▼ 者十二名~ (2, 0.0%)

1 に及び, は首

▼ 者十八人~ (2, 0.0%)

1 まで斬り伏せ, を洗っ

▼ 者十数人~ (2, 0.0%)

1 を引きつれ, 駈け廻わっ

▼ 者博徒~ (2, 0.0%)

2 らしい者

▼ 者取締~ (2, 0.0%)

1 に關, 及び脚本検閲

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 とが区分, に藉

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 其方面に, 其釣合を

▼ 者合せ~ (2, 0.0%)

1 て二十人位, て十余人

▼ 者吉之始也~ (2, 0.0%)

1 とある, を引い

▼ 者吉彌~ (2, 0.0%)

1 と關係, の思ひ

▼ 者同じく~ (2, 0.0%)

1 江戸より, 立ちて

▼ 者同一~ (2, 0.0%)

1 である, で希臘

▼ 者同感者~ (2, 0.0%)

1 の賞讚, を思ひ

▼ 者同然~ (2, 0.0%)

1 だ, に出入り

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ねだ, 腹を

▼ 者否定~ (2, 0.0%)

2 する者

▼ 者呉一郎~ (2, 0.0%)

1 が或, のもの

▼ 者呼ばわり~ (2, 0.0%)

1 の凜, をし

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 しらずの, まで投げ出さう

▼ 者和歌社会~ (2, 0.0%)

2 には無

▼ 者哲学上~ (2, 0.0%)

1 の懐疑主義者等, の物質主義者

▼ 者唖然~ (2, 0.0%)

1 とした, として口

▼ 者啓蒙者~ (2, 0.0%)

1 であった, であると

▼ 者四五十人~ (2, 0.0%)

1 と共に島原, に揃

▼ 者四十一名~ (2, 0.0%)

2 現患者三十六名

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 を裏切り, 之元気

▼ 者土方与志~ (2, 0.0%)

1 が霊前, は新劇復活

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 之者重, 駿河国峰如削成直

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 に歸, 之有

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 者垣内~ (2, 0.0%)

1 などと呼ばれ, の者

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 が途中方々, と稱

▼ 者壁新聞~ (2, 0.0%)

1 が張り出し, はいつも

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 とも町人

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 も立てず, を忍ばせ

▼ 者変り~ (2, 0.0%)

1 のあらう, のあろう

▼ 者多か~ (2, 0.0%)

2

▼ 者多から~ (2, 0.0%)

1 ず, んとて

▼ 者多分~ (2, 0.0%)

1 はマダム, 御座候由伝聞仕

▼ 者多忙~ (2, 0.0%)

2 の生活人

▼ 者大きい~ (2, 0.0%)

1 者を, 者強い

▼ 者大慈~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 者大智者~ (2, 0.0%)

2 とならん

▼ 者太宗~ (2, 0.0%)

2 の事蹟

▼ 者太鼓~ (2, 0.0%)

1 を叩いてる, を打つ

▼ 者失敗者~ (2, 0.0%)

1 といふ者, と成り

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ぞ批評, ぞ目眩

▼ 者女中~ (2, 0.0%)

2 は小さい

▼ 者奴お前~ (2, 0.0%)

1 は又, は風呂

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 とも思う, を持ってる

▼ 者婦人~ (2, 0.0%)

1 が何, の組合活動家たち

▼ 者嬉し~ (2, 0.0%)

2 さうに食事を

▼ 者孔明漢後主~ (2, 0.0%)

2 に上表

▼ 者学生~ (2, 0.0%)

1 の食堂, 或いはその他

▼ 者宗教家~ (2, 0.0%)

1 などに問い, などもその

▼ 者宛て~ (2, 0.0%)

1 に日取り, に電報

▼ 者宮川~ (2, 0.0%)

1 が博士, のうしろ

▼ 者家康~ (2, 0.0%)

1 により野望, を助ける

▼ 者将来~ (2, 0.0%)

1 ある嘱目, の吉凶

▼ 者将校~ (2, 0.0%)

1 だの憲兵, のうち数名

▼ 者小作人~ (2, 0.0%)

1 の労働, 及び総て

▼ 者小山内薫氏~ (2, 0.0%)

1 が采配, もこの

▼ 者小説~ (2, 0.0%)

1 は誰, を書くべからず

▼ 者小金~ (2, 0.0%)

2 などを廻し

▼ 者少き~ (2, 0.0%)

1 所以である, 所以なり

▼ 者少けれ~ (2, 0.0%)

1 ば其命令, ば車夫

▼ 者少しく~ (2, 0.0%)

1 昇ると, 服ま

▼ 者少数~ (2, 0.0%)

1 といえ, にてはあらざりしなら

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ほ多し, 在也

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 に鰭, をあげ

▼ 者山上~ (2, 0.0%)

1 が神村, と姉妹

▼ 者山尾~ (2, 0.0%)

1 とか申す, は陰陽名誉

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 者崇拝者~ (2, 0.0%)

1 の中, を持ち

▼ 者川手氏~ (2, 0.0%)

1 の依頼, を除く

▼ 者巧妙~ (2, 0.0%)

1 でない者, な者

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 敬策三子被相, 足也

▼ 者平和主義者~ (2, 0.0%)

1 であること, と思われる

▼ 者庄八~ (2, 0.0%)

2 と長次郎

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 に入る

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 にコジ, の生活

▼ 者式場俊三内田克己庄野誠一~ (2, 0.0%)

2 の三君

▼ 者引っ張っ~ (2, 0.0%)

1 て来さらし, て来や

▼ 者弱い~ (2, 0.0%)

1 者, 者の

▼ 者弱者~ (2, 0.0%)

1 となり, の如く

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ちに, イテ虐刀ヲ

▼ 者強い~ (2, 0.0%)

1 者の, 者其他あらゆる

▼ 者当家~ (2, 0.0%)

1 は公高, 御主人

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 をつとめ, を買っ

▼ 者役儀~ (2, 0.0%)

2 に免じ

▼ 者往来~ (2, 0.0%)

1 で立話, の者

▼ 者後ろ~ (2, 0.0%)

2 は母親

▼ 者徒歩~ (2, 0.0%)

1 にてスティージェ, の者

▼ 者御供~ (2, 0.0%)

1 不仕, 被仰

▼ 者御厩左門次~ (2, 0.0%)

1 が同じく, でした

▼ 者御座~ (2, 0.0%)

1 の醜, 無候節

▼ 者心中者~ (2, 0.0%)

1 が多い, はたいてい

▼ 者心得~ (2, 0.0%)

1 が宜しく, のある

▼ 者心理~ (2, 0.0%)

1 が働い, を掲げ

▼ 者心誠これ~ (2, 0.0%)

2 を善め

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 しも信仰, しも詩

▼ 者忽ち~ (2, 0.0%)

1 折れ槍, 算を

▼ 者恐らくは~ (2, 0.0%)

1 日光諸山の, 生れ出たるなるべし

▼ 者息杖~ (2, 0.0%)

2 を取っ

▼ 者悪しき~ (2, 0.0%)

1 者人殺, 者悲しめる

▼ 者悪口~ (2, 0.0%)

1 のむし返し, のやりとり

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 屍の

▼ 者愚姪方~ (2, 0.0%)

1 にて去, へ通

▼ 者成績~ (2, 0.0%)

2 も亦

▼ 者戦災者~ (2, 0.0%)

2 などの家

▼ 者挙げ~ (2, 0.0%)

2 て数

▼ 者振る~ (2, 0.0%)

1 くせに, のじゃ

▼ 者排斥運動~ (2, 0.0%)

1 が起こり, に非常

▼ 者提灯~ (2, 0.0%)

1 に釣鐘, を張る

▼ 者播布者~ (2, 0.0%)

2 としてその

▼ 者撰一~ (2, 0.0%)

1 という背水, の難関

▼ 者改良者~ (2, 0.0%)

1 としての僕, の苦心

▼ 者政府~ (2, 0.0%)

1 の官吏, の統制一般

▼ 者政治家等~ (2, 0.0%)

1 に分化, の個性型

▼ 者数万~ (2, 0.0%)

1 に及び, をほうり出した

▼ 者数十名~ (2, 0.0%)

1 が, を会席

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ならぬ秘藏, ふるに

▼ 者文学上~ (2, 0.0%)

1 の損害, の楽屋

▼ 者文学理論~ (2, 0.0%)

1 が彼, の素朴さ

▼ 者文学者~ (2, 0.0%)

1 のひろい, の云う

▼ 者斎藤博士~ (2, 0.0%)

1 とこれ程, に就い

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 を揮, を揮え

▼ 者斯く~ (2, 0.0%)

1 いへるとき, と見

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の折れ, をさし出してる

▼ 者旗太郎~ (2, 0.0%)

1 が十七, の手中

▼ 者旗田鶴~ (2, 0.0%)

1 彌は, 彌氏

▼ 者日蔭者~ (2, 0.0%)

1 とお前, と肩身

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 水戸藩において, 軍人の

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の雲, 去れば

▼ 者昨日~ (2, 0.0%)

1 の朝乾分, の茶番

▼ 者是非~ (2, 0.0%)

1 ご老人, の用務

▼ 者昼夜~ (2, 0.0%)

1 とも不断, 絶えなかった

▼ 者時として~ (2, 0.0%)

1 は女房ども, は鬼魅

▼ 者時代~ (2, 0.0%)

1 の, は後半

▼ 者曰ダンテ~ (2, 0.0%)

1 はこ, は詩篇五五・一五

▼ 者最初~ (2, 0.0%)

1 の, の忠臣

▼ 者最後~ (2, 0.0%)

1 なり, に

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 へよじ登っ, へ上っ

▼ 者木戸博士~ (2, 0.0%)

1 が失踪, のその

▼ 者村松検事~ (2, 0.0%)

1 の顔, は別室

▼ 者東夷~ (2, 0.0%)

1 の堅め, 之遠

▼ 者某々殿~ (2, 0.0%)

1 と立ち, の立札

▼ 者某君~ (2, 0.0%)

1 の許, の香港談

▼ 者某氏~ (2, 0.0%)

1 に就い, の功績

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ではござりませぬ, で貰

▼ 者正しく~ (2, 0.0%)

1 作る者, 買う者

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 振の

▼ 者歴史家~ (2, 0.0%)

1 だけがする, の之

▼ 者死す~ (2, 0.0%)

1 と, とも何

▼ 者死なん~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 者死亡~ (2, 0.0%)

1 の屆, の際

▼ 者殆ど~ (2, 0.0%)

1 学生と, 皆な

▼ 者殖え~ (2, 0.0%)

2 たり一匹

▼ 者殿~ (2, 0.0%)

1 のお, のその

▼ 者毛布~ (2, 0.0%)

1 にくるまっ, にくるまり

▼ 者気分~ (2, 0.0%)

2 や厭世観

▼ 者氣取り~ (2, 0.0%)

1 でゐます, で三味線

▼ 者永遠~ (2, 0.0%)

1 に渇く, の聖旨

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 無之

▼ 者決定戦~ (2, 0.0%)

1 だの, に敗れた

▼ 者沈着深遠~ (2, 0.0%)

2 深く物

▼ 者油絵制作希望者~ (2, 0.0%)

2 は素晴らしい

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 を之, を犯す

▼ 者泣かせ~ (2, 0.0%)

1 の字, よ

▼ 者洋語~ (2, 0.0%)

2 に慣れざる

▼ 者津上氏~ (2, 0.0%)

1 が自弁, の素志如何

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 は近来, よりの帰り途

▼ 者消極的美~ (2, 0.0%)

1 を唯一, を惟一

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 する所

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 をちらし, を出した

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ぞ其本, ぞ目

▼ 者無から~ (2, 0.0%)

1 しめ給はんことを, んや

▼ 者無知~ (2, 0.0%)

2 なる者

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 のよう, や山羊その他

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 をかじる, 異なれども

▼ 者狂ひな~ (2, 0.0%)

2 さらうとも

▼ 者狩り~ (2, 0.0%)

1 と市ヶ谷監獄, にひっ掛った

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 にでも化かされた, に類する

▼ 者猿楽~ (2, 0.0%)

1 はよそ, は外

▼ 者現時~ (2, 0.0%)

2 にあり

▼ 者生き~ (2, 0.0%)

1 ている, て還った

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の, の風呂

▼ 者田代公吉~ (2, 0.0%)

1 と海老, は弁護士梅島君

▼ 者申し~ (2, 0.0%)

1 合はせ, 譯が

▼ 者申す~ (2, 0.0%)

1 は, よう

▼ 者男子~ (2, 0.0%)

1 と同等, は時

▼ 者病気~ (2, 0.0%)

1 が信心, を癒し

▼ 者白い~ (2, 0.0%)

1 歯並を, 面の

▼ 者百人~ (2, 0.0%)

1 に対する技師, ばかりを召しつれ

▼ 者的リアリズム~ (2, 0.0%)

1 という程度, と限られる

▼ 者的傾向~ (2, 0.0%)

1 から彼, がある

▼ 者的冷静~ (2, 0.0%)

1 だのショーペンハウアー流, だのショーペンハウエル流

▼ 者的存在~ (2, 0.0%)

2 の可能性

▼ 者皆これ~ (2, 0.0%)

1 に渇く, より出

▼ 者皆原因~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 者監獄~ (2, 0.0%)

2 に入った

▼ 者相談所~ (2, 0.0%)

1 というの, へ身

▼ 者真に~ (2, 0.0%)

1 秀子を, 符合せりと

▼ 者真理~ (2, 0.0%)

1 の王国, の自己同一性

▼ 者督促~ (2, 0.0%)

1 を, を励行

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 にあたって斃

▼ 者知らず~ (2, 0.0%)

1 のよう, の美和子

▼ 者知性~ (2, 0.0%)

2 の敗北主義者

▼ 者研究者~ (2, 0.0%)

1 が相, にとって甚だ

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の名人, を打つ

▼ 者禁制~ (2, 0.0%)

1 の制札, の関

▼ 者秋山~ (2, 0.0%)

2 彌十

▼ 者科学者たる者~ (2, 0.0%)

1 もいる, を求めるなら

▼ 者種々~ (2, 0.0%)

1 なる男, の怪しい

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 に漂う, の色

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 を捕り食う, を殺す

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 あるが, を択ばず

▼ 者等しく~ (2, 0.0%)

1 手に, 断罪に

▼ 者等すべて詩~ (2, 0.0%)

1 のため, の為

▼ 者結合~ (2, 0.0%)

1 せよ, せよと

▼ 者結納~ (2, 0.0%)

1 なくて, の品々担

▼ 者絶え~ (2, 0.0%)

1 てあらざるなりき, て無

▼ 者総覧~ (2, 0.0%)

1 に漏した, のなか

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 アントワアヌが, アントワアヌ及び

▼ 者聖シランパ~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 者聖トボチ~ (2, 0.0%)

2 の僕

▼ 者胡適氏~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 くこれ, く大海

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 から両脚, をすすめ

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の中, へ飛びのる

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 にくだり, の燈

▼ 者芝居~ (2, 0.0%)

1 の出方, の真似

▼ 者芸術連盟~ (2, 0.0%)

1 となり, は略称

▼ 者苛め~ (2, 0.0%)

1 で儲ける, をする

▼ 者英雄~ (2, 0.0%)

1 のよう, をつくる

▼ 者荒木田久老~ (2, 0.0%)

2 の説破

▼ 者蓋し~ (2, 0.0%)

1 又此大勢, 端を

▼ 者蕪村~ (2, 0.0%)

1 の天明, の蕪村

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 の三之助

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 もつかむ, をもつかむ

▼ 者藤田東湖~ (2, 0.0%)

1 に到り, の歌

▼ 者虐め~ (2, 0.0%)

1 や清い, をしない

▼ 者虐殺事件~ (2, 0.0%)

1 はあきらか, は其後

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 となっ, や蚯蚓

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 を見, 少しばかり

▼ 者補助一人~ (2, 0.0%)

1 又は数人, 又は数名

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 てえな恰好, 當らざる

▼ 者見たいな~ (2, 0.0%)

1 ものだ, もので

▼ 者見学団~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の若い

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の心, の身代

▼ 者言葉~ (2, 0.0%)

1 で尋ねた, は関東訛り

▼ 者訊問~ (2, 0.0%)

1 が始まる, はその

▼ 者託児所~ (2, 0.0%)

1 として統一, と白地

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 っている

▼ 者評論家~ (2, 0.0%)

1 は一人, は当今意識的

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の出来た, を見

▼ 者詩人美術家史家哲学者事業家~ (2, 0.0%)

1 などと云, などの一群

▼ 者誠実~ (2, 0.0%)

1 なる者, な民主政治家

▼ 者諸兄姉~ (2, 0.0%)

1 の甦生, よ

▼ 者諸君諸君~ (2, 0.0%)

1 が今, は共和民主

▼ 者諸子~ (2, 0.0%)

1 に呈す, よ

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 者貧しく~ (2, 0.0%)

1 暮す一日木, 賤しき者に

▼ 者貴殿~ (2, 0.0%)

1 の部下, は当家

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 ひか女郎買, ひを

▼ 者赤崎才市~ (2, 0.0%)

1 です, には頭

▼ 者越後獅子~ (2, 0.0%)

2 やら猿廻

▼ 者身分~ (2, 0.0%)

1 のかろい, は旗本

▼ 者農夫~ (2, 0.0%)

1 そういった人達, の間

▼ 者農奴~ (2, 0.0%)

2 の分際

▼ 者農村~ (2, 0.0%)

1 からの農業労働者, と都会

▼ 者農民出~ (2, 0.0%)

1 の作家批評家たち, の技師技術家

▼ 者農民自身~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の日常生活

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 一齊に, 告発し

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 へに来た, へに来り

▼ 者近頃~ (2, 0.0%)

1 不躾の, 何う

▼ 者追わず~ (2, 0.0%)

1 これが, 縁あっ

▼ 者通信欄~ (2, 0.0%)

1 とでも申しましょう, に投書

▼ 者遊び~ (2, 0.0%)

1 の味, の記憶

▼ 者道徳~ (2, 0.0%)

1 としての賤民道徳, 之士

▼ 者達め~ (2, 0.0%)

2 がッ

▼ 者遠い~ (2, 0.0%)

1 ので, 旅立ちの

▼ 者選一~ (2, 0.0%)

1 の力, の場合

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 に居, を訪問

▼ 者郷土~ (2, 0.0%)

1 の老幼たち, をいへ

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 て聞届, 禁錮中の

▼ 者野卑~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 者野口~ (2, 0.0%)

1 が墜, のもの

▼ 者野心家夢想児~ (2, 0.0%)

1 にとって力ずく, にとつ

▼ 者鈴木重胤~ (2, 0.0%)

2 は結局

▼ 者~ (2, 0.0%)

2 を叩く

▼ 者鑑賞者~ (2, 0.0%)

1 であること, となっ

▼ 者長屋~ (2, 0.0%)

1 の大, を建て

▼ 者阿波~ (2, 0.0%)

1 の人某, へ入りこもう

▼ 者随行致候間其台下通行~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 者集まり~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て夜更

▼ 者頃日~ (2, 0.0%)

2 漸く出口

▼ 者食い~ (2, 0.0%)

1 ながら観る, の女

▼ 者飯炊き~ (2, 0.0%)

2 は信州者

▼ 者馬上~ (2, 0.0%)

1 から落ちる, へとび乗る

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 より肉, を拾つて

▼ 者高い~ (2, 0.0%)

1 精神を, 者の

▼ 者魔力~ (2, 0.0%)

1 のよびさまし, をふるう

▼ 者麻川荘~ (2, 0.0%)

2 之介氏

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 の母體, も當然彼ら

▼ 者~ (2, 0.0%)

1 に向い, の隠れ里

▼1* [4788件]

ああ私は, 者あいやあしない, 者あえて官金を, 者あおぬしが, 者あこがれる者貧しき, 者あそこはずゐぶん, 者あちこち尋ねゆきて, 者あちらから下がっ, 者あっという間にもう蕩しこん, 者あつかいされたことか, 者あつかいして貸す貸さない, 者あつかいしなくてもい, 者あつかひされてゐる, 者あど豪い人, 者あまたあること, 者あやまって河中, 者あらかた引き具して, 者あらしめよ, 者あらずして, 者あらず近寄るものを, 者あらびぬ上つ毛, 者ありけりある時, 者ありされどもさすが, 者ありといへりこは, 者ありふくべ屋椿, 者あり来る者あり, 者あり歌う者あり, 者あり生れたる家に, 者あり腐水を, 者あり見れば中村福助, 者あり覚める者あれ, 者あり逃げるに如かず, 者あるごとく特異の, 者あるならば其儘, 者あるは巫人の, 者あるべからず明に, 者あるべきも此, 者あるべくと存じ, 者あるまじかりしを, 者あろうか, 者あわれな者弱い, 者いいかえると法則, 者いい若い者の, 者いう昔当所山中の, 者いうたら一人も, 者いかばかり聖意に, 者いきなり血潮の, 者いくらかは残しおきたい, 者いささかまごつかざるを, 者いざすぐ隠岐の, 者いざ疾く死よ, 者いずこまでも, 者いたって無口, 者いちじるしくその性, 者いっこくな官吏, 者いっさい一様に文字どおり闇黒雲, 者いつか再びボローニア, 者いづるの憂ひなけれ, 者いでて和議, 者いなか者と町内, 者いひけるは, 者いまも角菱楼, 者いますから気イ, 者いまだ他の, 者いま一の日輪, 者いま汝に頼らざる, 者いよいよ明けし春, 者いわく腥くて, 者いわば仲人が, 者とし, 者うかつに呼びかける, 者うたひて, 者うたう者悪口の, 者うとしという例, 者うめえ事, 者うめく者が, 者おそらく凡人では, 者おどろの黒髪, 者おのが神職, 者おのれをつつしみ, 者おびただしくかの県令, 者おびただしければいちいち, 者およばぬながらも同行, 者おらのだんな, 者おりおり油断を, 者おれたちの友, 者おわびはいずれ, 者お仕着せを着た, 者お仙のこと, 者お前が得る, 者お召取りだっ, 者お客と一緒, 者お家を覆さん, 者お断りまでもない, 者お父さんも叔父さん, 者お通しなされて, 者かくいへり我, 者かくかくの書風, 者かぐらいは腰を, 者かけ足の, 者かけこんで錆鎗, 者かすばし, 者かて馬鹿には, 者かて落つれば同じ, 者かとも思って, 者かなえてつかわす, 者かなどということは, 者かならずしも貧者では, 者かになるだろうという, 者かによって支払われなければ, 者かばかりです, 者かぶれのした, 者かよ甚蔵が, 者からこそ嫌がられますけれども, 者からだけ慰安を, 者がかりにある, 者ががばっと, 者がさ内職に, 者がたんと居る, 者がとやこうと, 者がのど首, 者がまとまつ, 者がよどうしてそんな, 者がわづか一町, 者ゃつはどうして荒い, 者きおい仲間人これを, 者きっと叱り置くぞ, 者きみの考, 者きりだろう, 者くし巻きお, 者くしゃみが出る, 者くま使いの者, 者くらいあるの, 者くらいには数えられたもの, 者くらいはともにその, 者ぐらいしか留守し, 者ぐらいな誇りも, 者ぐらいに過ぎない, 者ぐらいの無感覚に, 者ぐらいは出て, 者ぐらゐ安直重宝な方々, 者けっして私のみに, 者ここらに多い, 者こっちだよ, 者ことばを交わす, 者こなたに來, 者この世にわれ, 者この間に生れ, 者これから出掛ける者, 者これらの輪, 者これ一つで有名, 者これ意志の薄弱者, 者これ有においては互に, 者ごったがえしている, 者ご苦労にぞんじまする, 者さうかとおもふと, 者さえの助言を, 者さきに我あと, 者さすがに痛く, 者させねばならぬ, 者さだめてお目, 者さつきのくち, 者さまが頭, 者さまで嬉しからぬ, 者さらひを, 者さらば今ほかの, 者さん達の間, 者しいたげられおる者の, 者しかして明治の, 者しかして共に俳諧の, 者しかもまた老大, 者しかも亦極めてその, 者しからば鐘, 者しかるに漸, 者した場合であります, 者しっかりして, 者しつかりしろ, 者しゃくう者水にも, 者しゃっくりが度々, 者しらべをした, 者じみますがこう, 者じゃあねえそこら中の, 者じゃからね何か, 者じゃがなんてことに, 者じゃってあるん, 者じゃとか疵物じゃとかと, 者じゃによって打ち明ける次第, 者じゃねえ煙火師だ, 者じゃべんべ, 者じゃろが唖女, 者じゃわたべ物, 者じゅうぶんに取り調べた, 者すぎるんだ, 者すくなからず, 者すぐさま四谷に, 者すこしでも運, 者すこぶる多からん, 者すすんで彼, 者すっかり面白がっ, 者すべてみな嗚咽し或いは, 者すべて一人一人しらべて, 者すべて暗黒のうち, 者すべて煙草をのまず, 者すべて私の胸, 者すべて老いも幼き, 者すみやかにご, 者ずれとあの, 者えあん, 者せいぜい周囲の, 者せつなにするりと, 者めに, 者ぜんぶの感情, 者そちだけを頼み, 者そねむ者たちを, 者そのままの表現, 者その他われわれ犯罪に関係, 者その他二三人いた, 者その他人並の分別, 者その他何かある, 者その他多数の人々, 者その他大臣以下諸役人, 者その他学究上の問題, 者その他心に苦しみ, 者その道を得ざりし, 者その間には月花, 者その頃ありしならん, 者そも幾百千人の, 者それに誰が, 者ぞや玄明は, 者ぞろい茶は弁え, 者たいてい阿呆だ, 者たかりに来, 者たしなみがよく, 者たたかれた者共に, 者ただいま武田伊那丸を, 者ただし義を, 者ただ一万人残る, 者ただ一人その名, 者たちこれらの形而上学者たち, 者たちそれは独逸, 者たちふたりか, 者たちみんなシーンと後ずさり, 者たちめがっ, 者たちカントフィヒテヘーゲルショーペンハウエルあるいはシュペングラー, 者たち一人一人の経歴, 者たち一統をあしざま, 者たち乳飲みを, 者たち以外のすべて, 者たち会社の者たち, 者たち恥などというもの, 者たち懲戒囚たちは平素, 者たち杉田成卿箕作阮甫杉田玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 者たち蕃山闇斎素行そして水戸学, 者たち貴族と資本家, 者たち食事をし, 者たつた一人, 者たとひつひ, 者たとい軍敗れ, 者たばこ並売主を其在所, 者たらざるべからざれば也, 者たらしめたその積極性, 者たらしめたいと熱望, 者たらしめてるものは, 者たらしめねばならぬ, 者たらしめんことを, 者たらしめ得るものである, 者たらずんばあらず, 者たらなければならぬ, 者たるべきであるというよう, 者だいたいに同じ, 者だがどこか, 者だけかと私は, 者だけにとっての科学的問題では, 者だけより他は, 者ださうで, 者ださうだがちよい, 者だし金も残さないだろう, 者だったでしょうか, 者だったら追っぱらうべきであろうか, 者だったろうが実際, 者だってかなやあしない, 者だってもやらねえさ, 者だつたさうですが姉, 者だつたら思ひ出す度に, 者だつたら死んでしまひます, 者だゆるしてくれ, 者だらけで良く, 者だ居やしねえからえ, 者だ極まった極まったでこれは, 者だ言いつかった通りを, 者ちうてはあん兄, 者ちつとも町, 者ちと恐気, 者ぢゃ大した相違さ, 者ぢゃないんだで紋の付いた, 者ぢゃ話にならん, 者ぢアない人違ひだ, 者ったらありゃア, 者ってば俺と, 者っと叱るや, 者ついで一般勤労階級の, 者ついに敗れたので, 者つつましく頭ばかり, 者つつまれて討たれる, 者つていふ方がさう, 者つまるところは戦争, 者であったでありましょうがそれ, 者であったらしいから立派, 者であったらしく小学校でも, 者であったるか, 者であった如く吾人も, 者であった如くでありそれが, 者でありうぬぼれのつよい, 者でありする点から, 者でありたいならば私, 者でありたがっていた, 者でありましょうか, 者でありませんので今, 者でありやすが少, 者であり兼ねて彼, 者であり得ぬことむしろ, 者であり散所の, 者であり止る處を, 者であり異なった時代に, 者であり若き者の, 者であるしからば直ちに, 者であるべきだという見通し, 者であるべく考えられるからである, 者であるらしく殊に異常, 者である係り合いから町内, 者である勝ったところで, 者である如く神経組織の, 者である如く威張り散らすのである, 者である如く感じてゐる, 者である織匠たちの, 者であろうならその老儒者, 者でおしやれで金, 者でございますけれ共今晩斯様, 者でござって少し, 者でさえもが共にし, 者ですけんど私, 者です錆びた鉄物の, 者でずつとすれツ, 者でたつた一人で, 者でだしぬけに何, 者でなかつたかて, 者でなきゃできない証拠が, 者でなきゃ出来ないことだ, 者でなくなれば一向, 者でなく会う人毎に, 者でなく屠者は, 者でなければすくなくともよく聞い, 者でねえこいから, 者でのうては出来ぬ, 者でのみあり続けること, 者でまえからお, 者でもねえ其の時, 者でやすがこちら, 者でる声は, 者で与九郎の, 者で主立つ者は, 者で屠者の, 者で御座いましょうか, 者で御座るからいよ, 者で御座んしたのに, 者で泣かんばかり訴えた, 者で無く全く生, 者で逆上せんと何, 者といへり, 者というばかりすこぶる醜き, 者といつて差支はない, 者といはんには彼, 者といふも氣違といふも, 者といへた所が凡庸, 者とかに事故が, 者とかについて言うの, 者とから成り立つて, 者ときまつて, 者とくに憲法学について, 者とこに合し, 者ところがこのとおりどこ, 者とござりますれば不, 者としてだけでいられない気持, 者としてだけの業蹟をしか, 者としてはとに角押しも, 者としてよりは寧ろ路傍, 者としてよりも神学者として, 者とだって出来れば, 者とてもひとたびあれなる, 者とによってもてなされた, 者とに対するあの恐怖, 者とばっかり思うとったのに, 者とほどよく按配, 者とまでは俺も, 者とまでも感じて, 者ともすれば忘れがち, 者ともどもうしろへ回っ, 者とやら一向に我等, 者とやらがいるかという, 者とやらも泣いて, 者とりわけ女たちは, 者どういうことか, 者どうかお見知りおき, 者どすよつて, 者どちらにし, 者どもか風采いかにも, 者どもでもなかつたの, 者どもとて油断は, 者どもとてはおそらく四, 者どもとはその言語挙動, 者どもユダンなく育てろ, 者ども五人連れ立って, 者ども余人には目, 者ども四五人にて道, 者ども四十八人にて斯様, 者ども密談じゃ, 者ども武右衛門を助けい, 者ども相直面して, 者ども関羽の行く, 者どやゆるお, 者なおさらいない, 者なかりきまた汝, 者なかるべしと自ら, 者ながらとにもかくにも, 者なき美しさです, 者なぎさで働く, 者なくんば家名断絶, 者なく美しさが, 者なく長き年月の, 者なぞからそんな風, 者などからも聞き私, 者などにさえ称えては, 者などにたいしてある嫌厭, 者などにたいしてはかなり寛大, 者などについて心あたりを, 者などにばかり逢つて聞い, 者などによるものであり, 者などへもよくよく申し諭し, 者なにがし, 者なにごとで, 者ならあわてて明り, 者ならいつだって縄, 者ならかんたんに, 者ならざるべからず相対的ならざる, 者ならしめば山東家, 者ならずして全く, 者ならずんばあらず, 者ならず見えたのでイツモ, 者ならず見よ勇力も, 者ならで勝つ者の, 者ならやられちまうところだ, 者なら住む権利を, 者なら出来ない事は, 者なら助けて遣り, 者なら問うて見る, 者なら尽きぬ教訓と, 者なら成る程この, 者なら持つて逃げる, 者なら死んでしまってる, 者なら殴られたかも知れないらしい, 者なら泳ぎにくいの, 者なら滅んでしまえ, 者なら申すに及ぶまい, 者なら盗めるよ, 者なら直き感づくであろうにと其処, 者なら答える者も, 者なら行って引, 者なら見せますけれど, 者なら見ると直に, 者なら較べて云え, 者なら頷けるがその, 者なら食ってしまう, 者なりから定期に, 者なりしもユスティニアヌスはか, 者なりしもをかし, 者なりといふは生野暮一点張, 者なりとして爾余の, 者なりとの思想は, 者なりを作つたらよい, 者なり坐して言, 者なるべきやを観察する, 者なるべけれどそれ, 者なるほどお前も, 者なんかじゃありません, 者なんかと餘り, 者なんかには一瞥も, 者なんぞと懇意に, 者なんぞとは人間が, 者なんぞに二度とは, 者なんぞを相手に, 者な仕やうありあんせん, 者においてであらう, 者にかへせり, 者にからかはれたので, 者にしかとした人, 者にずつと同伴し, 者にぞある, 者にたいしてばかりである, 者にたいしてまでいつも内心, 者にたいするがごとく, 者にだけしか解らぬ絶対, 者についてだけの問題では, 者につれて半七, 者にでもさう言う, 者にとってしか善良でない, 者にとってすらその時期, 者にとってだけの問題では, 者にとってのみ秋は, 者にともなへりかく, 者にとりましては許すこと, 者にもなつて讀む, 者にもほどがあらあ, 者によってのほか理解せられない, 者によってのみこの社会, 者に対してだけ少しの, 者に対してのみ有効な, 者に対してばかりでなく大きな, 者に対するということは, 者に対するの厚薄ある, 者に当たる二人の, 者に従い目ざむる曙ごとに, 者に従って空間を, 者に迄あなどられる結果, 者に関し三者挙がらざれ, 者に関しては我々は, 者ぬれていましぬ, 者ねエどれどれ芳野さん貴方の, 者のうくる幸, 者のかほを, 者のかずが知れなかった, 者のが五台女御のが, 者のきげんにさわり, 者のこらず御ところ, 者のちやき, 者ので長合羽, 者のにするが, 者のねえというお前が, 者のみぞよく知る, 者のみにて劣る者, 者のみによって供給せられ, 者のみによるもので, 者のみは峠の, 者はいつてを, 者はいち人もござらぬ, 者はうもの葉に, 者はかぶりをふっ, 者はからず道を, 者はござりませなんだか, 者はしか心得るのに, 者はじつとその, 者はじめから何, 者はじめて数学に, 者はたへず誤解, 者はたしてよくその約, 者はつひに, 者はと云えば, 者はというような, 者はとに角政宗に対して, 者はなんて意気地が, 者はねふざける事は, 者はのた打って, 者はへなたりと申し侍るとぞ, 者はまな箸, 者はもじや, 者はやるということ, 者はよくさう噂, 者はよけて通り強い, 者ばかしだ, 者ばかりかと思って, 者ばかりしか見られない船頭, 者ばかりとはいわれない, 者ばかりもなく, 者ばっかりが出て, 者ひっくるめて三, 者ひとりなにほどのこと, 者ひとり調実のみなら, 者ひとり首を御, 者ひろ子が, 者びとカミョンスキイ伯爵同様の男ぶり, 者び読者諸君が余, 者ふとさう, 者ふところ手をし, 者ふみ子の死体剖検, 者ふるえ上つた, 者ふるるものみないぶせし, 者ぶつて, 者へが載つて, 者へだけならば, 者へでもこんな事, 者へをモットーとして, 者えじゃ, 者ぺっぺっと唾を吐く, 者ほしがり候間, 者ほどさう考へ, 者ほどにその季節, 者ほどはばを, 者ほどよしと見, 者ぼくのヒゲ, 者ぼく一人となっ, 者まがいのヤミ屋, 者まさかに嘘を, 者ますます怒らざるを, 者まずしくいやしき者に, 者またいひけるは, 者またいや幼年ゆえまだ, 者までに迷惑を, 者までの名前を, 者までは朝の, 者までへ心附けくれられ, 者までもがそうである, 者までをもお召し, 者まるい頭を, 者まアおちついて, 者みすぼらしい臣下皇帝という, 者みずからにおいてもその, 者みずから率先して, 者みつけたア, 者みづから敗壊の, 者みなうつとりと夢見る, 者みな哀れを催した, 者みな暗澹な思い, 者みな木柵まで接近, 者みな涙をながした, 者みな王の野, 者みな神の子, 者みな自分らと等しい, 者みな茫然とし, 者みな質朴に外観, 者みな趙雲の槍, 者みな農業に就く, 者みるみる内に, 者みんな出払ちゃいましたし, 者みんな困窮して, 者みんな後で三つ, 者みんな斯うだ, 者むかしたいへん愛された, 者むやみに受持ち, 者めおらが言う, 者めおれの親友, 者めお客さまをどう, 者めかして其の, 者めここに用, 者めそこから下りろ, 者めなんの顔容, 者めら今まで客分, 者めわれわれは馬岱軍, 者めッ恩寵を加えれ, 者め他し女子, 者め何等の遺恨, 者め俺の妻, 者め八つ裂きにも致したい, 者め前足を縮め, 者め奥方宗悦が飲, 者め小癪なッ, 者め心得違いな奴め, 者め意気地なしめ, 者め旅人の妨げ致す, 者め是が一人前, 者め汝が今, 者め無縁とあら, 者め絵描きになりたい, 者もうしばらくそこで, 者もござりませぬ筈ゆえ, 者もござりませんから位牌, 者もさのみは咎めず, 者もさうで相手を, 者もすつかり萎れ返つてを, 者もちよつと, 者もとより人丸, 者もとがむる者も, 者もなかりしに, 者もなんて可哀そうな, 者ものの言い方, 者もやっている, 者もをりまして, 者やいと言うところ, 者やからすぐ値段, 者やがなあない, 者やすく羊毛一房を, 者やて名ある, 者やともすれば, 者やによって啖呵が, 者やは家族づれで, 者ややもすれば古来の, 者ゆえそこまで深刻, 者ゆえふびんと目, 者ゆえ一子忠也の後見, 者ゆえ不審掛けるまでも, 者ゆえ主人始め家内も娘, 者ゆえ人間の男, 者ゆえ余も愈々, 者ゆえ免して, 者ゆえ其家を起し, 者ゆえ失礼の段, 者ゆえ店も繁盛, 者ゆえ弦之丞刺殺, 者ゆえ斯うして, 者ゆえ斯様な事, 者ゆえ母もお, 者ゆえ申さば主従共苦労でゆこう, 者ゆえ看病人も有りません, 者ゆえ矢文をつかわし, 者ゆえ神垣にて元服, 者ゆえ秀吉に逐われた, 者ゆえ親父に聞え, 者ゆえ誰もなるべく, 者ゆえ質朴なところ, 者ゆえ遂悪いこと, 者ゆくすえまでも, 者ゆるすべからざる敵であります, 者ゆゑ其の遺, 者よき機会と, 者よくも殿様御, 者よくよく心を, 者よけの金網の, 者よし子の情夫, 者よせやい, 者よな汝の, 者よりとしての投書で, 者よりねがはくは, 者よりゃ東京生れの, 者よろしくいまだ雨ふらざる, 者よろめく者逃げ, 者らしいあわれむような, 者らしいでなあ, 者らしいですよ, 者らしいひがみがある, 者らしい勿体ぶった顔を, 者らしい崩れた姿を, 者らしい悟つたことを, 者らしい迂濶さだ, 者らしい閃きも見える, 者らしかったお浦, 者らしからざるは, 者らしからず静かで, 者らしかろうよ, 者らしくすりきれている, 者らしくつっこみおのおの固き, 者らしくなく江戸の, 者らしくなくしていられます, 者らしくなり台処へでも, 者らしくよろけながら近寄っ, 者らしく云う平野氏の, 者らしく取扱って陰惨, 者らしく思われるからである, 者らしく感じられその度び, 者らしく振る舞つてゐた, 者らしく振舞っていた, 者らしく振舞わせる二つの, 者らしく装って, 者らしく見えて一際, 者らしく言ったので直次, 者らしく鍛えられた面魂ながら, 者らしく隠れようともせず, 者らしゅうはある, 者らしゅう飲んだがよい, 者らすべてに驚きあきれてる, 者らもさのみに気, 者らわしの兄弟, 者らカフェーの女給, 者ら一同の理解, 者ら五六人の同行, 者ら最後の場所, 者ら気イ付くまでに, 者ら自由な哲学者ら, 者わがまま者癇癪持ちの通武, 者わけてお父上無二斎殿, 者わざと控えさせて, 者わたしあなたのよう, 者わめきちらす者の, 者われらのみにあらず, 者たり, 者をかぞへて, 者をだけ読者に, 者をという話であった, 者をとて択びたるなり, 者をまで一括し, 者をまでも多く夷人, 者をわづかでも, 者を通じての煤煙禁止運動は, 者だい, 者ァいやァいたしません, 者アざらにゃいねえんだからね, 者アイネ・リィドの写真, 者アウレリアンはその, 者アクセリロードは, 者アサに似た, 者アジャルベエルとの間, 者アスファルトの舗道, 者アダモの肉, 者アッコルソの子, 者アナキズムの大, 者アニイ・チャプマンが格闘, 者アニュトス輩によって代表, 者アヌカンもいる, 者アパアトかも知れやしない, 者アラン氏の説, 者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, 者アリストテレスの註疏, 者アリストフアネスのした, 者アリテ一目能ク其微妙精好, 者アリテ下半特ニ枝葉ナク, 者アリ妓ヲ伴フ者アリ, 者アリ手向イ致サバ怪我スル恐レアレバ, 者アリ本草ニ惟六芝ヲ以テ名, 者アリ歌ニヨツテ之ヲ和ス, 者アリ葉形オホツヅラフヂニ似テ薄ク色, 者アルヲ此輩, 者アルガ故ニ刑法ハ空想ナリト云フ者ナシ, 者アルニ似タリ, 者アレキサンダー・フォン・フンボルトは学者, 者アレドモ結合力ト團聚力トハ無シト, 者アロペーとトレーキス, 者アンシクロペディストがある, 者アントニン・ドヴォルシャークこそは最も, 者アントワアヌ氏に負, 者アントーヌィッチの洞察, 者アンドレエの骨, 者アンドレエ氏に対しては, 者アンネマリーとの結婚, 者アーントネリの陰鬱, 者ア仕方がねえ, 者ア次の部屋, 者ア気が転倒, 者ア相手に仕なかつた, 者ア間違を出かします, 者イエリング博士はイギリス人, 者イカ氏毒をもつ, 者イギリス法律に対して四人, 者イジメであろう, 者イデオローグがこの, 者イノが姉セメレ, 者イブン・コルダードベーのワクワク, 者イプセン役者の代表百名, 者インガとドミトリー, 者インスティチュートの, 者インテリゲンツィア資本家という順, 者ウェレーは云っ, 者ウエバーのよう, 者ウエリントンも書い, 者ウエルズ・ウイリヤムズ醫師で天文學者ピーター, 者ウムラウフが理由, 者エウクリーデまたトロメオ, 者エス・クリストの喜び, 者エセックスの所, 者エピクロスの教義, 者エピクロス學派を起せる, 者エホバなり, 者エリアエリシヤの目, 者エリアスがカメルン山, 者エリシヤが敬虔, 者エリシヤ兒童の一群, 者エルアフイ氏は競技, 者エルヴェシウスはフランス唯物論者, 者エレミヤのこと, 者エレンベルヒは顯, 者エンディミリオンの説話, 者エーゲ文明復活の先, 者エーピュチデースの姿, 者オカタとは謂わず, 者オットーも宗教, 者オッペルトと提案者フェロン師, 者オフシェンコの三人, 者カウカバン市で商いし, 者カサノヴァはあれ, 者カザノヴァ輩はその, 者カシウスが地中海東部, 者カスタンがやって来る, 者カラカラ笑う者, 者カルハースの説明, 者カンペル・コランタンの者, 者カーチス戦闘機が十八機, 者カードで, 者カーライル弊衣を着, 者カ栽ヱタ者ナラバまきしトカ, 者ガぷりもすニ到リ着セル時ハ, 者ガアッタガ友達ガ大勢コノ弟子ニナッテ神道ヲシタオレニモ弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 者ガイルコトハイルガ何カ月ブリカデ颯子ト席ヲ並ベルコトガ出来タコト, 者ガウチヘ上ッテイロイロ世話ヲシテクレタ, 者ガカッテ物ヲ持ッテ来ルト, 者ガツカイヲ云ッテアヤマルカラオレガ云ウニハヒッキョウハコノ講中ハオレガ骨折故出来タヲ, 者ガナッタカラ尾張屋ハ鼻ガアイタ故気, 者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 者ガパット散ッタカラ, 者ガポン僧正はプチロフ工場, 者ガリバアが科学, 者ガーシュウインのピアノ, 者ガ一言モイウコトガ出来ヌ故兄ガイウニハ, 者ガ三月又ハ半年ニテ足ル國際語, 者ガ云ウカラ段々聞イタラ, 者ガ亡ビテ優秀ナル者ガ殘存スル自然淘汰律ハ日本語ト國際語ノ存亡, 者ガ今度岡野様ヘキタ剣術, 者ガ他ノ二人ヨリ足, 者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 者ガ勤メル役デハナイト云ッタラウチジュウガオコッテ地面ヲ返, 者ガ半町バカリ散ッタカラ, 者ガ取得スル所ヲ已ニ, 者ガ存在シオラズトハ断言シ難シ唯コレヲ合理的ニ探査追求シテ, 者ガ数知レヌガオレハ好運ダト見エテ, 者ガ来タカラ試合ヲシテ家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 者ガ案内者ナクシテコノ密集地域ノ奥深, 者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ大ナル, 者ガ殘存スル自然淘汰律ハ日本語ト國際語ノ存亡, 者ガ法律ヲ遵守セズシテ不可行ニ終ルベシト狐疑スル勿レ, 者ガ經營計劃ニ參與スルノ權ハ此, 者ガ能ヲ見, 者ガ軍國主義ナラバ嘗テ陸上ニ於テ濁逸ガ, 者キッペンベルクにその, 者キミヲ畏敬シ, 者キリストの標語, 者キルケの為め, 者ギベルリニ黨に屬, 者ギュヨーが正当, 者ギヨタン氏は仁者, 者ギラ・コシサン一人だけを選んだ, 者クラブその他は五ヵ年計画, 者クラブ托児所が建ち, 者クラブ東側に天文学校, 者クラブ産院託児所子供の家, 者クラブ社会保険のこと, 者クリスチャン・ヴォルフが控え, 者クリストのその, 者クリストフは考えた, 者クリヴォフ夫人はちょうど, 者クルクリオンと好一対, 者クルチスをも凌駕, 者クルークスのごとき, 者クレイステネス自身も制定, 者クレエマア教授が調査, 者クロオツェが, 者クローチェが言う如く, 者クールフェーラックは中心, 者グウルモンの言葉, 者グループはいま, 者ケプラーは遠路, 者ケーベル博士がピアノ, 者ゲラゲラ笑うは, 者ゲルマンの森, 者ゲーテとともに未来, 者コゼットの冷淡, 者コツホはつねに, 者コポオの主張, 者コルマンユージンが編集者, 者コロメル等の発議, 者ゴウハム氏の阿, 者ゴロン棒風の者, 者ゴールトシュタインやワールブルヒ, 者大鞆君, 者サア・チャアルス・デエバアスとに相談, 者サア・ロスコー氏の近親, 者サビエルについで, 者サマロフ女史の許, 者サラーも宿屋, 者サン・トゥースタッシュの死体, 者サ・ダ・モストが旅行記, 者サー・ウイリアム・クルックスをあえて, 者ザメンホフ博士の人類愛, 者シェリング等が筆頭, 者シクストの著書, 者シクロフスキーの言, 者シノンの詞, 者シノ以下四名の男女患者, 者シビルラこれを許さず, 者シミのやう, 者シモン医学博士もいた, 者シャツ一枚で金庫, 者シュリューテルとシュッキング, 者シューマン仏外相国民党右翼の暗殺団, 者ショーペンハウエルは彼, 者シヨペンハウエルがある, 者シヨペンハワーと云, 者シーグフリードはフランス有数, 者ジェンキンスに一ぱい, 者ジャックであったか, 者ジャンヌやリーズ, 者ジュピターは激怒, 者ジョルジュ・デュアメルは, 者ジョンドレット俳優ファバントゥー詩人ジャンフロースペイン人ドン・アルヴァレスおよびバリザール, 者ジリジリ攻め込んで, 者ジルベールの本名等判明, 者スタンホープが, 者スティージェの沼泥濘, 者ストア學派を起せる, 者ストララムが自分, 者スパルミエント大佐第三, 者スピノザも亦, 者スペンサーがまた, 者スペンサー氏のいわゆる, 者スュルヴァンサンはこう, 者スユルヴァンサンは, 者セプスと名, 者セントー・ハヤオと再び, 者セームンドが作, 者ソグノ伯が新, 者ソドムの理想, 者ソルデルロなりといひ, 者ソロバンをはじく, 者ソーンダイクの実験室, 者ゾラなどが近代科学, 者ゾロアスタアによれ, 者タイヘンじゃない, 者タダ矮民有ッテ矮奴無シ, 者タチノ中ヘ参加スル気ニナッタ, 者タネヲヂなどと謂った, 者タルティーニが悪魔, 者タルニ過ギザル可シ, 者タル危機ハ恰モ英國ニ取リテ, 者タル國家ノ權利ニシテ國有ナリ, 者タル國家ガ國有トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ, 者タル日本ガ力ノ組織的結合タル陸海軍, 者ダニエルがバビロニア王ネブカデネザル, 者ダヌンチオの作, 者ダフウトの噂, 者ダフウト自身の方, 者ダランベールの挙げ, 者ダンテ時代の天文學, 者ダンネベルグ夫人以下四人がいかなる, 者ダヴァは軽, 者ダートウ・ド・メロンが燐光, 者チミリャーゼフと夏, 者チャイコフスキーの訃報, 者チラリホラリと何やかや, 者ヂュ・ボア・レーモンなどはどちら, 者ッただの一人, 者ッ何を致す, 者ッ宮内の卑怯者ッ, 者ッ突き殺すぞ, 者ッ自分の卑劣, 者ツァーに肉迫, 者ツウィングリ翁の遺跡, 者ツューンベリが奈良漬け, 者ティホ・デ・ブラーエの助手, 者ティンダルが病気, 者テバイを治め, 者テムビノクは今, 者ディオゲネスの話, 者ディグスビイの作, 者デカダン弱者游泳者寄生蟲と自分, 者デスボロについて何, 者デニー博士の命令, 者デモクリトスの説, 者デュウイ教授や産児制限, 者デューイ夫妻の意外さ, 者トアルハ恰モ等シキ人間ノ中, 者トインビーが十九世紀, 者トゥルプ教授の視線, 者トシ又ハ國民, 者トシテノミ之ヲ能クスベクシテ, 者トシテ血族長者ノ保護ニ優ル者ナキヲ以テナリ, 者トシ從來ノ直, 者トスカーナの言, 者トナリケレバ人呼ンデ彼等, 者トハ好ミガ違ウノ, 者トハ力役又ハ智能, 者トビ学生は共に, 者トマスの言葉, 者トムゼンであります, 者トランクの男, 者トリオの最後, 者トリマルキオン皇帝チベリウスなどと戦う, 者トロイア人にむかひ, 者ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタソウスルト大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, 者ト云ッタガ江戸ヘ来, 者ト地主トノ間亦之レニ, 者ト歐米崇拜者トノ爭鬪ハ實ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, 者ト民有タルベキ者ト亦實ニ私人生産業限度, 者ト結合シタル勞兵會ノ出現ナラザルベカラズ, 者ト考フルガ上院制ヲ否, 者ト考フルガ如キハ現實的改造, 者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, 者ト謂フベク假令少數タリトモ此, 者ト謂フモ亦タ不可ナル莫ランカ, 者ト雖モ其老親ノ扶養, 者ト雖モ此ノ新, 者ドイツの救済, 者ドオデエの, 者ドレゴの精神状態, 者ドロシイの着衣, 者ドロシイ・シュナイダアは帰宅, 者ナカリシハ開戰原因ヲ顧レバ明白ナリ, 者ナキコト各家庭ニ於テ老婆少女, 者ナキ人家ニ入ルモノハ厳罰ニ処ス, 者ナクシテコノ密集地域ノ奥深, 者ナク獨立問題ノ如キ希フト雖モ生起セザルハ論ナシ, 者ナシと書い, 者ナタン京の僧正クリソストモ, 者ナポレオンの話, 者ナラズヤ是レ之ヲ強求スレバ必ズ得ルコトアルモ我, 者ナラバまきしトカ, 者ナラバ天ハ彼ノ心身, 者ナリト見ルベシ, 者ナリトハ此ノ故, 者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 者ナリ是等ハ生食セラルルコト稀ニシテ多クハ晒サレテ白色ニ変ジタルヲ乾シ恰モ白羅紗, 者ナルカノ如ク彼ノ, 者ナルコトヲ知ル上ニ在リ, 者ナルニ捕ヘテ, 者ナルヲ以テ別個ノ意味ニ於テ加罰スル者ナリ, 者ナルヲ以テ單ニ手數料ノ徴収ニ止ム, 者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 者ナル者ノ反省, 者ナレバ多少, 者ナレバ土針ハイヨイヨれんげさうデアルコトガ首肯サル, 者ニイチェである, 者ニカンデル教授から私, 者ニキシを参らせた, 者ニキシュのピアノ伴奏, 者ニシテ其形状亦相似テ其長サ三四尺ニ至ル其需用, 者ニシテ絶對的ニ非ザルハ, 者ニシテ繁密錯雑ナル我植学ニ在テモ資, 者ニシテ譬ヘバ高堂大厦ト雖ドモ, 者ニシテ金銀銅鐵石木ヲ撰バズ新古ニ, 者ニテ古史斷ニハ栗田寛氏ノ考, 者ニテ御座候然ルニ小次郎ハ忠興様御船ニテ, 者ニテ譬ヘバ人ノ一方, 者ニテ譬ヘバ蜈蚣ヲ半, 者ニノミコレヲ許スソノ度数ハ二カ月ゴトニ一回トス賞表ヲ有, 者ニハ右手ヲ擧ゲシムベシ, 者ニハ手ヲ附ケサセヌ, 者ニハ生活費ノミヲ與ヘテ其, 者ニヤニヤ笑いながら, 者ニ付死罪申付ベキ者ニ候処大弐右門企ノ儀ハ, 者ニ伴ワレスグ来, 者ニ何ノ補ヒタラズ, 者ニ候処大弐右門企ノ儀ハ, 者ニ其人ヲ任ズルヲ原則トス, 者ニ利益配當ヲ用ヒザル所以ハ國家ハ全生産, 者ニ加フベキ大逆罪ノ法文ナキ, 者ニ加フル所ノ働作ナリ, 者ニ問しニ, 者ニ完備セル建築圖ヲ求ム可ラザルハ, 者ニ対シテハ殺害ノ予告ノミヲシテ方法及ビ期日ヲセザリシ為メ普通月並ナル脅迫状位ニ思フテ覚梧, 者ニ対シテ訴訟ノ提起, 者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, 者ニ對シテ戰爭ヲ開始スルノ權利, 者ニ對シテ死刑ヲ以テセント云フハ必ズシモ希望スル所ニ, 者ニ己ノ冠, 者ニ於テ斯ル例ノ他, 者ニ此ウミノ名ヲ知ルヤト尋ネシカバ伊豆, 者ニ申達然ニ壱万金, 者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 者ニ給付シ年賦金ヲ以テ其所有タラシム, 者ニ至テハ真ニ辟易, 者ニ至リテハ殊ニ甚シキ者ニテ譬ヘバ蜈蚣ヲ半, 者ニ虐待ヲ加フルト, 者ニ課罰スル別個重大精密ナル法律ヲ制定スル所以ナリ, 者ニ買ッテヤルンジャナイ大事ナ嫁ニ宝石ヲ買ッテヤルンダ, 者ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, 者ネロでなければ, 者ノビレ大佐がイタリア側, 者ノミ咄何等ノ猾徒ゾ, 者ノミ生活費ノ外ニ凡テノ利益, 者ノモノニオレガカサヲアケサセタカラ見損ジテ, 者ハイツモ隠スガ, 者ハオレノヨウニ金ヲ遣, 者ハソレゾレ少シズツ金, 者ハツクスレーが, 者ハナイニオノシ壱人バカリ刃向ウハ不埒ダ, 者ハナカッタ皆気軽ニ注射シテ貰イ直グ良クナッテ大喜ビデ帰ッテ行ク, 者ハナマキ村のリキさん, 者ハノンが発見, 者ハミルトンはカント, 者ハルステッド博士とふとした, 者ハルトクノッホはカント, 者ハーパー氏もこの, 者ハ一ニ只英國海軍ヲ撃破シ得ベキ日本及日本, 者ハ一モ通ズル所ナキ也雖然其説ク所必ズシモ, 者ハ一人モイナイヨトソウ云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, 者ハ世ノ中, 者ハ五六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, 者ハ人ノ親, 者ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラコノ如クニナルト最早世, 者ハ人類社會ノ存スル限リ存スベキ法律, 者ハ僧侶ト軍人ヲ以テホトンド全部, 者ハ兵隊サン助ケテ, 者ハ其超過額丈ケ賠償公債ヲ交付セズ, 者ハ刀ハなくても, 者ハ前掲ニ同ジ, 者ハ喉ノ作用ニ其作用備ハルガ如シ, 者ハ國境ヲ超越シタル大社會, 者ハ國家ノ手, 者ハ婦ノ訴ニヨリテ婦人, 者ハ孔孟之ヲ教フト雖モ無益也, 者ハ小曽根英四郎の親類, 者ハ居住三年ノ後, 者ハ彼ト文明交渉ノ密接セシ王朝時代, 者ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ差別セズ, 者ハ支那ヲ祖トスレバ, 者ハ昌ニシテ天ニ逆ラウ者ハ亡ブ, 者ハ是迄聞キマセヌ, 者ハ時也天朝ニ非ズ, 者ハ智能的力役的能力ヲ提供ス, 者ハ朝野の名士五人, 者ハ本日午前九時履歴書ヲ携帯シテ本社受付マデ, 者ハ歌舞教師ノ女, 者ハ此限リニ非ズ, 者ハ此非難ニ對抗センカ爲メニ個人ノ名, 者ハ毎ニ他人ヲ倩テ, 者ハ漸次的ニ勞働界ヲ去, 者ハ男ダト云ッテ年カッコウソノ時ノ死ニヨウマデ, 者ハ當然ニ革命的大帝國建設ノ一實行者タラザル, 者ハ皆斬, 者ハ眞個其ノ自由, 者ハ立派ニ新シイ騎士道, 者ハ經驗ニ因テ愈々練熟, 者ハ脂粉謌咲シテ以テ人心ヲ蕩ハシ, 者ハ自分也天ニ非ズ, 者ハ蒜ナリ小蒜ナリ根茎倶ニ大ニシテ辣多ク辛シテ, 者ハ表門カラ中門ヲ通ッテ飛石伝イニ焼香ニ来ルノニ便利, 者ハ重大ナル罰金又ハ體刑ニ處ス, 者ハ革命論ニ於テ羅馬法皇ヲ奉戴セントスル自己矛盾ナリ, 者バアナアド・シヨウは彼, 者バアナアド・スピルスベリイ卿が法廷, 者バアナム老人の代理格, 者バカ若殿, 者バガト・パスチエラ博士その人, 者バスティードやジョージオン, 者バラックの床, 者バルザックによって見, 者バーベリオンの日記, 者パウル・ベッカーは言っ, 者パエトンを罵り, 者パスカルが彼, 者パストウルの生き方, 者パブロフが人間, 者パリなる, 者ヒサが光りかがやく, 者ヒュームがそれ, 者ビショット氏とは日頃懇意, 者ビヤスに使, 者ビュッセが, 者ビルコフに與へた手紙, 者ビルロートが私財, 者ピアリーが名付けた, 者ピエル・ドュ・モルテサックがひそか, 者ピエールはその, 者ピエール・デルラ・ヴィーニアと語り, 者ピストル丈を商売道具, 者ピタゴラスといふ人, 者ピトエフの演出者, 者ピルスツスキイが現, 者ファシストの組織, 者ファスボェル此を公刊, 者ファンにとって娯楽, 者フアン・ゴーホの如き, 者フィヒテなどは断言, 者フィリップに就い, 者フェルナンド・ヴァンドレムが居た, 者フェルムを連れ, 者フェロン師との至善至高, 者フォルリにありし, 者フォーシュルヴァンという名前, 者フォーシュルヴァン氏は国民軍, 者フスのまけじ, 者フストとシヨフアー, 者フラウレンス・ヤンコ・コステルの傳記, 者フラマンの小麦, 者フランシス一世に招かれ, 者フランスワ・ド・キュレルは, 者フランマリオンのごとき, 者フリードリヒ・ウィルヘルム・ベッセルの報告, 者フーバーとも其処, 者フールクロアの注意, 者ブューローを正当, 者ブライアン氏をブロンクス, 者ブラザズ氏の主張, 者ブラッチフォードに示唆, 者ブラーエの手, 者ブルジョアジーをや, 者ブルーネルがテームス河, 者ブルーノ・ワルターがモーツァルト時代, 者ブロゾオル伯は諾威人, 者ブロックとかを持出す, 者ブーキンス君は六時間, 者プラトーなどもその, 者プラトーソクラテスの口, 者プラトーンとアリストート, 者プランクはこの, 者プレステルと呼ばる, 者プレハノフ一派の裏切り, 者プロフエツサーレツグはその, 者プロメテは神, 者プロメトイス自ら天火を吹き込みし, 者プロレタリア農民の利益, 者プロレタリヤがそれ, 者高利ヲカシタガヨカッタ浅草, 者ヘフテルとかその他当時ドイツ, 者ヘポメニアスが自分, 者ヘポメニアス以来この, 者ヘラクレイデース常に一蛇, 者ヘルメスに殺されし, 者ヘンリックホドソンは山中, 者ヘンリツク・イブセンは恐らく, 者ヘンリーはすでに, 者ベズィメンスキーは文学, 者ベラントがノック, 者ベルグソンがなか, 者ベルチョン博士の顔, 者ベルトに巻き込まれ, 者ベルナルド・デ・クイロス教授に打ち明け, 者ベンサムは最大多数, 者ベーコンなどに較べ, 者ペルシア王に謁, 者ホオレエス・グリイリイは優れた, 者ホーエンスタインという人, 者ボグダーノフ流に, 者ポアンカレはその, 者ポアンカレーのごとき, 者ポエチウスは牢獄, 者ポトカ伯夫人がニース, 者ポベドノスツェフの弾圧, 者ポベドノースツェフの鉄腕, 者ポンス・ド・ヴェルダンの作, 者ポントアーズの者, 者マアク・トヱン君の演説, 者マイカのもの, 者マイケルが聖書, 者マイヤーとヘルムホルツ, 者マコ来り十円タカ, 者マサリークを三度大統領, 者マツクフエラーと云, 者マナナーンと同じ, 者マヌウの法典, 者マホメット教隠者シャム仏僧マホメット教僧侶彼らが増加, 者マリアが棲んでる, 者マリイ夫人と自殺者ロスコー氏, 者マルサスは, 者マルヌッフ夫妻の住ん, 者マントヴァに君, 者ミュラーのこと, 者ミュンスターベルヒの考, 者ミルの如き, 者ムッソリーニはその, 者ムルタとデルミッド, 者ムービー氏のこと, 者メイエルホリドにとっては五ヵ年計画, 者メディチとの間, 者メランプに向, 者メンデルスゾーンの手, 者メンドーサ氏の令嬢, 者メーテルリンクは感情, 者メ電車にはねられ, 者モオゼのやう, 者モカナが偽り, 者モセスは柱, 者モナキ寄生品ヲ見, 者モナドもカント, 者モヨ子の左右手, 者モラエスの墓, 者モンタペルティの戰, 者モンテス博士の南極探検船, 者モーゼス・メンデルスゾーンがある, 者モーゼ從順なる族長アブラハム, 者モ假ニ此名ヲ以テ呼ブ可シ, 者モ全部同ジ, 者ヤードリ少佐著の, 者ユウリバーテス運び行く, 者ユダヤ人の大量検挙, 者ユラン将軍はロブコヴィッツ家, 者ユロ男爵を遂に, 者ユーゴオなどに云わせる, 者ヨアキムソンも, 者ヨナを呑ん, 者ヨハンガストがバジル神学校, 者ヨブを某国, 者ヨリ下ヘ許シ, 者ヨリ寸土ヲ得, 者ヨリ廣大ニシテ豐饒ナル英國, 者ヨリ徴集シタル財産ヲ以テ資本トス, 者ヨリ納付シタル土地ヲ分割シテ土地, 者ライプニッツもその, 者ラガ疾ンデ, 者ラケツトを膝, 者ラッセルのいう, 者ラッパチーニとその, 者ラバス等数知れぬ悪霊共, 者ラポポオルは所有, 者ラムネーは十九世紀初め, 者ランナウ君の声, 者ラヴェル輩よりもアマ, 者ラヴェンナを治め, 者リウサン参謀の快癒, 者リシャール・ド・ビュリーの著, 者リットン・ストレーチーは率直, 者リリイがウインゾア, 者リンプはわざと, 者リーマンがその, 者ルオーを理解, 者ルカに由, 者ルカーチによる, 者ルクリユ氏の一族, 者ルクレチウスは窓, 者ルネサンスに於ける, 者ルリレチウスの予言, 者ルーテルなどいずれ, 者ルードウィッヒについて次に, 者レオンデュマは人工的, 者レセツプスが地図, 者レッシングはシェイクスピヤ, 者レッド老人とワイトマン税関吏, 者レントゲン教授がこの, 者レーニンはこの, 者ロシアのキリスト, 者ロスコー氏の屍体, 者ロダンのやう, 者ロックに依る, 者ロマン・ロオラン英吉利の戯曲家, 者ロミュルスに乳, 者ロミユルスに乳, 者ロメン・ロオランはさすが, 者ローマニアにてはギペルリニ黨, 者ワイマンは次に, 者ヲ用テ之レ, 者ン家をずっと, 者ヴァルカンその人, 者ヴァルミキ仙来って, 者ヴァンニを追, 者ヴィクトオル・ユゴオがデカダン, 者ヴィツス・ベーリングなの, 者ヴィテロの如き, 者ヴォドビヤーノフの記録, 者一〇〇七年頃ラヴェンナの貧家, 者一せいに出払っ, 者一つに定まっ, 者一つあれをやろう, 者一つ新に添, 者一つ臀を掩, 者一つ都合二つあり, 者一七七〇〇人を夫, 者一万人の内, 者一万六千余人牛馬二千余頭を斃, 者一万数千人の弔魂祭, 者一二にし, 者一二七八年ピサの大僧正, 者一二七四年ボローニアなるラムベルタッチ家, 者一二人スワヤ盗賊と怖気立ちたれ, 者一五一一四に対し女子卒業者, 者一人これに加われ, 者一人丁穉一人母一人嫁一人乳飮子一人是等は助, 者一人丁穉三人抱への鳶の者一人, 者一人居候を生, 者一人海ニ入り貝類魚類海草などを見る, 者一代のうち, 者一代藏經と名, 者一個を題材, 者一党が揃っ, 者一六すなわち出生二四対結婚八, 者一冊といへ共, 者一切苦しまざるなし, 者一千三百余人だけは命, 者一千四百余首あり千首, 者一同ここに貴殿, 者一同フロックコートで整列, 者一同傍へ参ります, 者一同口を緘し, 者一同外出まかりならずという, 者一同期せずして, 者一同立會の上, 者一名宛殘止まり其他, 者一四一人の殆ど半数, 者一国或は十余所, 者一夜泊りの旅人, 者一定の見識, 者一寸坊蛇と呼ぶ, 者一度にハッ, 者一戸務君を訪れる, 者一斉に立っ, 者一日の中, 者一朝事あらん時, 者一本しかない, 者一歩なり, 者一派にちがい, 者一男を擧ぐ天南, 者一番手前の一軒, 者一番首を取る, 者一百五十一人なり, 者一瞬はただ, 者一種にてそれ, 者一等が一番輕, 者一統心配して, 者一緒に来る, 者一續きの, 者一群を描い, 者一致すれば, 者一般勤労階級がどんなに, 者一般市民が待遇改善, 者一般有識人学生などの間, 者一行百二名ノウチニハ僧侶ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 者一説にはアキレウス, 者一読に堪へず, 者七人これはといふ句, 者七人みんな文なしだから, 者七八に過, 者七八人についていろいろ, 者七分の多きに, 者七十七歳の鈴木さん, 者七十名であると, 者七十四人未婚者六十七人みな上流の紳士令嬢, 者七千二百人の内, 者七蔵と云う, 者万々歳だ, 者万歳の声引き, 者万田龍之助, 者万能主義の余弊, 者あり曰く過去, 者三つには文武, 者三スクミの状態, 者三・九%職員三・九%である, 者三人いずれも身, 者三人五人七人十人ずつ, 者三人喜次郎有松七之助は互に, 者三人女中三人の暮らし, 者三人来たり仮, 者三十一人の中, 者三十三人許りの, 者三十五名を選拔, 者三十余人ことごとく餓死, 者三十餘國とせる, 者三四人と共に手燭, 者三四人有之其餘大工鍛冶心得候者有, 者三四千はかぞえられる, 者三四名小侍, 者三四名人を分け, 者三四名天領御役所, 者三女のアレクサンドラ, 者三寸とは組立屋台, 者三平はその, 者三度我に語り, 者三月八日の女, 者三木によってよりも右, 者三木清氏はこの, 者三条小橋縄手に二箇屯, 者三条西の召仕, 者三河守忠直は乱心, 者三河遠江伊豆駿河に蕃息, 者三百に及んだ, 者三百余人来援し大いに, 者三百余名を加えた, 者三百余手負いは数, 者三百八十八名という言語道断, 者三百八名を収容, 者三簒臣也賊后也夷狄也と, 者三谷さんは畑柳家, 者三鶴の孫, 者上さんに取, 者上下百八人とある, 者上役いろいろ有りうる, 者上気して, 者上氣して, 者上流階級の人間, 者上海に於ける, 者上田敏博士から涙, 者上田秋成は子供, 者上部八風斎だな, 者下るの定則, 者下劣な者, 者下士官居候舅末つ子, 者下女が二人, 者下宿人仲間まで揃っ, 者下層民賃金教育刑罰醜業婦人の地位, 者下拙儀讃州地方ニ罷越候ニ付, 者不具者孤児寡婦らが集っ, 者不可不服膺, 者不可存在的な, 者不孝者待たんかっ, 者不定之事候, 者不平の徒, 者不忠不所存きわまるによって, 者不思議だ, 者不正の行爲, 者不義者扱いにする, 者不肖な者, 者不追有つても, 者不逞鮮人の策動, 者不適者の絶滅, 者不都合の廉, 者ふる者, 者与八であること, 者与平と申, 者世上之物狂, 者世其人ニ乏シカラズ, 者世尊釋迦をも呵り付ける, 者世界之公法トハ幕府, 者世良田は明らか, 者世間から折り紙, 者丙ロレンス法師を引立て, 者両者とも華厳経中, 者両親は果て, 者並みで何, 者並獨神成坐而, 者並行いまだかつて轡, 者中ことに群, 者中でも作家殊に, 者中でも特に自然科学者達が, 者中一を取ら, 者中三馬一九の社会観察, 者中上川彦次郎氏はまず, 者中僕の最も, 者中凍死せる者四人, 者中判然無政府黨, 者中古の人これ, 者中国家が認め, 者中天にある, 者中好古ノ名, 者中孰れを, 者中安部磯雄片山潜の二人, 者中宗教を以て第, 者中尤も早く自覚, 者中岡西氏は既に, 者中既婚者は僅か, 者中最大の人, 者中最年少栃木村太郎さんをロボット, 者中最後の末位, 者中村某タカリ, 者中案内を連れ, 者中死亡せる者, 者中毒患者悪疾な病人等, 者中田邦行氏腦充血にて二十二年六月, 者中福井丸の広瀬中佐, 者中行方不明になりし, 者中資金の返済, 者中都合六名が合格, 者中野忠雄とならなけれ, 者中間に立っ, 者中間奴共風俗, 者中非常の窮境, 者體にと, 者主家改易になり, 者主義者哲学者等に見る, 者乃ちかへりみ, 者乃ちペリルロスなりきといふ, 者乃ち答へて曰, 者乃吏職之短才也, 者久しく不在なる, 者久我錠二郎に嫁ぎ, 者久米正雄氏はもともと, 者之を見る, 者乍ら槍の名人, 者乏しき人と, 者乗っている, 者乗り合いの不平, 者乗る者ここは, 者乗船仕候得者持病差起候者必然, 者乗船御供御免被仰, 者九人甲冑の士二人, 者九人私のやう, 者乞食のよう, 者也一には見識, 者也他人の者, 者也余驚且喜梅舎与余, 者也公家は須らく, 者也外より来る, 者也尓建内宿禰白恐我大神, 者也就中雖候于金吾將軍御方能員合戰之時參御方抽其忠是併重御父子禮之, 者也月日承之, 者也精極則, 者也蔡之建國東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 者乳呑子を置, 者乳母は乳, 者乾燥炉の中, 者予てより御, 者争って船中, 者事務室に出頭, 者事業に投下, 者事業家等あり, 者二ツ木兼子は二十歳あまり, 者二三が飛んだ, 者二三それに近所, 者二三人これはいづれ, 者二三人中にも気軽, 者二三人森啓之助も飛ん, 者二三十名とフランス, 者二三千人は各, 者二三名の家禄, 者二九三〇八の中, 者二人ぎりではどうあろうかと言った, 者二人以外にもござる, 者二人分に分けた, 者二人渡し守の重, 者二人通弁一人と都合九人, 者二十七名即死一名警官にし, 者二十万人であった, 者二十三名の先頭, 者二十三名重傷者二十六名を出し, 者二十九名堀真琴を議長, 者二十五人矢に中っ, 者二十五六人を相手, 者二十余万衆寡敵せず且臣病甚, 者二十余人云々または, 者二十余名臨時傍聴者三百余名を加えた, 者二十六人はみんな, 者二十六名を出し, 者二十四五名手負いは五十名, 者二十四名を除き, 者二十四名負傷したるは, 者二十数名のリーダー, 者二十軒餘もある, 者二十餘人ははや, 者二千万人にも及ん, 者二千五百と注せられぬ, 者二千余人の元締, 者二千余名を超え, 者二千六百四十余人を出した, 者二名軽傷者三十名との珍事, 者二少年に火, 者二心とは思わぬ, 者二手に分かれ, 者二枚を合, 者二條をつらね, 者二派に分れ, 者二百五人喧嘩九十六件内負傷者六人, 者二百五十万人か, 者二百人の死者, 者二百円普通百円の割, 者二葉亭氏の微笑, 者二重人格曲げがたき, 者二階へ上るべからず, 者ふ, 者云い付けて孝助どの, 者互に腕を, 者五〇パーセントに農村, 者五六人牀上を占めな, 者五六十ノ従者アリテ, 者五六名と共に船, 者五六百名を金銭, 者五刑之体例, 者五十のおいぼれ, 者五十名余と社会党, 者五十嵐が大力, 者五名全部死亡目撃者は数名, 者五条御代官御役所時之御代官内藤杢左衛門様当時に被, 者五百五十人の列席, 者五百八十三万人と出, 者五百戸製薬者は八百人近く, 者五郎兵衞老人の子, 者井上半十郎, 者井上安治は小林清親門, 者井田平十郎のところ, 者井筒屋豊三郎も口, 者亡くなったとは, 者亡ぶ者春去れ, 者亡父遺言状仮葬之翌日相, 者交代に行く, 者京官の下級, 者京極家の者, 者京畿ニ於テ錦旗ニ発砲シタルニ依ツテ羽津光明寺ニ謹慎, 者京邑衆水暴長七八尺水流迅激直衝城下, 者京都の王城, 者人これにおられました, 者人そこをふかく, 者人たちは, 者人どこへ, 者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 者人名などに就い, 者人名簿でわかる, 者人恋に負け, 者人文の神, 者人文科学者を包括, 者人格的の天神, 者人母者人と三度目, 者人民はそれ, 者人生観上の現実主義者, 者人相家相手相などを占, 者人穴の築城, 者人道論者等のそれ, 者人間的主體, 者人間運命の最も, 者仁慈博愛の武士, 者今三十六七なるべし, 者今井貞吉君がこれ, 者今其ノ二三, 者今宵は早う, 者今宵死ぬる命, 者今年三月七日当村百姓与作後家篠, 者今日仏参の帰途, 者今日日ではあなた様, 者今日此の町, 者今江淮多用之雖士大夫, 者仏蘭西の税関吏アンリ, 者仏蘭西領アルジェリイ生れのエルアフイ, 者仏陀としてまさしく, 者仔細あって, 者仕合せに御, 者他愛ない奴, 者他所者といふ一瞥, 者付きでも何百石, 者仙二位の男達, 者代理に据えるだろう, 者代理ルイジョフがインガ, 者代理労働者党員ルイジョフ及び婦人服部職長, 者代表さえ少く, 者代表古賀得四郎氏縁故者牟田口利彦氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 者代表者であるインテリゲンチヤ, 者以上伸子の神経, 者以上信玄が詳しかっ, 者以下の生活, 者以下あらまし召捕り終んぬ, 者以下安房守の召使, 者以外一般にはわけ, 者以外他の高尚, 者以外四人の人々, 者以外種々のもの, 者以後十年間の普段, 者以書状不申上, 者以木壓膝或張強弓以弦鋸其項, 者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 者仮令賢明なり, 者仰ぐ者, 者仲仕などで棒, 者仲間それがゆうべ, 者仲間折助たちで押す, 者企画者行為する天才, 者企謀反事已爲虚誕若依, 者伊地知西郷大久保樺山等は悉く, 者伊波南哲檀一雄大江賢次新田潤金達寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 者伊藤博文井上毅の大きな, 者伊藤整のこん, 者伊賀侍の眼, 者伊達正男を訴えたい, 者伏せる者みるみる, 者伏見に滞留可, 者休憩室の椅子, 者会談が青倉教授, 者ふる所, 者伝告者として衆囚, 者伝文学や科学者伝映画, 者伝映画の多く, 者伝統の保持者, 者伯仲の間, 者伯益即皐陶之子, 者伴奏音楽師なぞの馘首, 者伴林光平などの日記, 者伺候する者, 者但馬から山越え, 者佇んでいる, 者低い者は, 者低きにあり, 者低能者体質異常者は殆ど, 者住むカアバ勘解由と, 者住める處に, 者住宅居住者五〇パーセントに農村, 者住居の村巷, 者佐々村佐次郎これは二十六七, 者佐伯篁溪氏下らぬ遠慮, 者佐原菊塢が八重桜百五十本, 者佐田やす子の素性, 者佐藤信淵の, 者体質異常者は殆ど, 者何ごとにも荒, 者何しろみんないろいろな, 者何ひとつ都人のお, 者何一つあらざりき, 者何也断見矣, 者何事を巧もう, 者何人か生物, 者何人也若賊乎, 者何処へ行く, 者何十人か捕え置い, 者何卒御僧, 者何商売でもい, 者何方も触れ, 者何者であるか, 者何處にある, 者余程の腕前, 者に反抗, 者作並清亮氏の序, 者作家同伴者的作家などによって構成, 者作家戯曲家を真に, 者作家詩人という面々, 者作家農民作家等のグループ, 者作者は今度, 者作者俳優演出家舞台監督装置家道具方といふやう, 者佞人惡人の二派, 者併存して, 者併行併進すること能, 者使用等規則違反が多い, 者使番次第トシ其法ニ依ルベキ事, 者て見や, 者せば, 者侍側十数名の若者, 者侍立して, 者供給者啓蒙者であった, 者羅娘子歟尚, 者依然として住めるが, 者侮蔑する者, 者侯爵夫人をかついでる, 者便を得, 者係りのところ, 者係青龍老師之創建, 者俗人の好む, 者俗以爲異因行祷祭, 者保守主義者生涯に只, 者保守党のネヴィル・チェンバーレン, 者保護会安価食物供給所無銭宿泊所労働者養老金貧困者慰問其他種々の救済法, 者信仰に国境, 者信長公一人にては候, 者修徳の為め, 者修道僧の面影, 者俳優戯曲家演出家といふやう, 者俳優詩人の肖像, 者俳句は歌, 者俵屋の身上, 者倅音取柚, 者個人主義者のアンドレ・ジイド, 者倍爾都追, 者候補生に外, 者候補者にまで転化, 者倦んじた者刹那の, 者に非, 者倹約な者, 者偉大な宗教家, 者健全なる共和思想, 者健全先生批評家なんといふ, 者健康者と虚弱者, 者ま原書, 者偶發的とする, 者を言, 者偽る者などと, 者傳説を闡明, 者の家財, 者僅百餘輩也然者企謀反事, 者働かぬ者の, 者働きてい, 者像一九三〇年のメーデー, 者の群れ, 者僧也婆者初也, 者僧伽者僧也婆者初也, 者僧日吉神社の巫女, 者僻見に富める, 者儒者から最も, 者を曰, 者に三十個, 者優に地平線的思想家の, 者優れた者に, 者兄妹に會, 者充満し対角線, 者先年より島田左兵衛尉, 者先年一閑斎を狙, 者先日御来村, 者先日来屡来り, 者先生利權漁りに憂身, 者先生荒尾角也此咄を聞く, 者先般御届, 者先見の明, 者先頭に立つべき, 者先駆者を弾劾, 者光秀のため, 者克己自制の修養, 者免状を所持, 者兎道を横切る, 者児ども女童部は大仏殿, 者児童を養成, 者児童心理の研究者達, 者党員ルイジョフ及び婦人服部職長, 者来りぬ程好き処, 者入り代り立ち代り, 者入ることを, 者入れないぞ, 者入口と高札, 者入場禁止或は競技券禁止等, 者入山禁制の制札, 者全滅したの, 者全然無神経なる, 者全部ひそかに打, 者すなわち出生一二対結婚四, 者八人にて相, 者八人斗も皆望月, 者八代大将閣下も武谷, 者八助と発し, 者八十ほどひきつれ, 者八十余人その結果浮浪, 者八十余名はあり, 者八十余騎を択ん, 者八坂の不, 者八度尾を堅き, 者八時の者, 者八田一朗十時春雄伊藤東籬有吉瓦楼森脇襄治大林古垣鉄郎, 者公事に負けず, 者六〇万人は彼等, 者六世紀の始め, 者六人違警罪一人迷児十四人と聞く, 者六十一で延期派, 者六十一人もあつ, 者六十七でとうとう, 者六十七人みな上流の紳士令嬢, 者六十三人と申候こと, 者六十二でこれ, 者六十二蘇州劉家河より海, 者六十余名というの, 者六十余歳の, 者六名中江口氏は凍傷, 者六名軽傷者数名に及びおる, 者六百九十人上表して, 者六百名毎に一人, 者六百餘人が鐵砲二百挺, 者六郡の村民一揆強訴, 者共同墓地はフランス軍の, 者共感者といふぐあいで, 者共産主義者といわれ, 者兵卒ソヴェト中央執行委員会に貸した, 者兵士及び農民代表者, 者兵道を惜む念, 者其上にては度々, 者其中に沈め, 者其主而霊者而已矣故二気消散, 者其他百般の事物彼, 者其他等の層, 者其他関係人を取調べる, 者其偏私を疑ひし, 者其名の示す如く, 者其外人数をそろ, 者其大部を占む, 者其子孫未嘗不淳耀惇大, 者其左右に立たり, 者其御山御霊屋御年番御用, 者其志唯人をし, 者其所が即ち, 者其数幾許なる, 者其時分は折節然様いふ人, 者其癖甘いから, 者其者に可令扶助条, 者兼備の宗教, 者兼實行者であつ, 者兼師匠として報酬, 者兼従者を先立て, 者兼校主の高い, 者兼現代稀有の邪妖劇名女優, 者兼神學者の一, 者兼編纂者としての三宅嘯山, 者兼而御話御坐, 者兼而眩暈之気味, 者兼荷持は, 者のインテリゲンチャ, 者内務省関係者の協力, 者内匠頭へ無礼, 者内地人に反感, 者内幟の流行, 者内臓疾患が爆発的, 者円い者が, 者再度悪事のかど, 者冒険者とした, 者写実を解せず, 者凄まじい砂煙が, 者凡そ九百八十八人なり, 者凡て無邪気な遊戯, 者凡庸な者, 者出た処で, 者出でて名論卓説, 者出ろっ, 者出ろつち氣な, 者出入りの者, 者出席を免, 者出張所の代診, 者出来筋目之, 者出来居るかと怪庵, 者出版者筆者其の他, 者出発線これより北極, 者出石五郎左衞門は下手, 者で死ねず, 者分布地図が貼っ, 者切られし首の, 者切戸の錠, 者切符の売り場, 者刈谷音吉老人はもと, 者列伝の中, 者初めは小鳥, 者初瀬を意識的, 者判りのわるい, 者判官どのご多忙, 者別宅して, 者利吉万吉清七勝五郎ら十一人と連れ立っ, 者利己主義者であつ, 者利発人とほめる, 者來にて, 者制し止め暫時の, 者制度と伝統, 者制限法即ち又, 者刹那の間, 者刺青のある, 者則チ曰ク大磯屋曰ク勝松葉曰ク湊屋曰ク林屋曰ク新常磐屋, 者則頭腦爲之舍, 者前後疾走相望みて, 者前後踵を接し, 者前田利家父子を始め, 者前途何たる目的, 者前野良沢憙の女, 者剣道二段で陸上競技部, 者割引の便, 者創始者たちが芸術, 者劇場労働者みんな出かけたが, 者劇場支配人舞臺監督者及び小, 者劇道の秘事楽屋一切, 者力士の似, 者力強い者に, 者力役者ら相合同して, 者功利主義者のやう, 者功名心の強い, 者功臣となっ, 者加はりてその, 者加減悪くなります, 者加藤寛治は, 者加藤高明曰く伊藤政友会総裁指名の奥田義人, 者助七の話, 者助演者の謡, 者助演者狂言方囃方等との極めて, 者労働者無産無職者等に対する意味, 者労働者知的階級の者, 者労働者知識階級貧乏人物持ちそれら, 者労働階級の怪しげ, 者労農通信員の文学的創造力, 者勇士の義, 者勉學者自體, 者勒瑪に引かれ, 者勒瑪ほか参謀侍衛ら多勢それぞれ焚火のまわり, 者動かざれば虎, 者動物学者が集まつ, 者動物虐待防止會員禁酒會員その他種々雜多, 者勘定の貸方, 者勝たずといふこと, 者勝手を心得ぬ, 者勝麟太郎という大, 者勞働者と一口, 者勞働者關係のインテリゲンチヤ, 者勤め人農民という風, 者勤人から成立っ, 者勤労大衆も夫, 者勤労者すべてにとって全く, 者勤労階級農民などはまったく, 者勿論又上陸致候而, 者化学者乃至動植物学者, 者北の方の乳兄弟, 者北沢清志をつれ, 者北海道の, 者北米オークランド湖畔の一友遙かに書, 者北隆館は赤字, 者区域マカラム街あたりをこの, 者医学部長若林博士が扮, 者医師の寮, 者医師警察官急を聞い, 者まって, 者匿うことが, 者之一二, 者十一万五千を出し, 者十一二名がおりまする, 者十一人が磔刑, 者十一名にご, 者十一月十七日病死仕候, 者十七八人が彼, 者十七名が釈放, 者十三人ひとりのこらず逃げだし, 者十三人牛飼五人雑色九人車副釜, 者十三名一般六名を収容, 者十中に九, 者十九人の位牌, 者十二人傷者三十六人と云う, 者十五歳に成候者愚姪方, 者十人位です, 者十人射手五六人宛伏せて, 者十何人にのみは大入袋, 者十余人いずれも何等, 者十余句あり, 者十余名に及んだ, 者十余名殿上人と称される, 者十六人それに町内, 者十兵衛には謎, 者十名の論文, 者十四五名は連れ, 者十四人十六日十二人十七日二十八人以上五十四人古今未だこの, 者十数人明り木の火, 者十郎次の情欲, 者十餘年とある, 者千三十六人裸になっ, 者千世子は同夜午前二時, 者千人として凡そ年十五銭, 者千代千兵衛へ立ち向かった, 者千何百人のうちお金, 者千余人に弓矢, 者千吉へ, 者千葉周作成政と申す, 者千軍万馬を往来, 者午後ならば, 者失業者が, 者半ばわれらの罪, 者半分は下手人, 者半球を異に, 者卑しい賤民白粉を, 者卑怯者と言っ, 者卓抜な国際的ボルシェヴィク作家同志小林多喜二, 者協力して, 者協同して, 者協和なり到底, 者は千葉佐倉, 者南保余一兵衛のよう, 者単にそれだけ, 者博士など種々, 者博奕も喧嘩, 者博愛家人道家勞働階級の状態改善者, 者占領政策反対者の罷免, 者印刷工出版書肆に人, 者印刷者兼全責任者, 者印度に瑜伽, 者印度人支那人ノ移住者ガ取得スル所, 者印形屋その他あらゆる手芸, 者即一一者即二身心と分ち, 者即二身心と分ち, 者即座に首, 者即御言執行として神言, 者即神の刑罰, 者厩中にこれ, 者な人, 者明治十一年六月七日再, 者去らばア, 者去る者の, 者去月ガイレンヒーゼン市に現れ, 者参詣人が室, 者参謀の三四人, 者忘れられたる者, 者及ビ力役的勞働者ヲ總, 者及ビ勞働者ノ一律ニ服從スベキ者ナリ, 者及佗藩ヲ脱, 者及公死者の略歴附, 者及北京籠城後死亡者の追弔法要, 者及妻が集会, 者及審美學者が用, 者及第者のやう, 者及興行場主並にその, 者友人なども替り, 者友人近親など二百人, 者反抗分子等を呼び, 者反逆者とありとあらゆる, 者収容所です, 者取っ組み合っている, 者取囲む者ことごとく, 者受信者と書中, 者口上手これが損友, 者口火として外部, 者口笛を吹く, 者古今一世之人物, 者古書翻刻者としての蝶夢和尚, 者古来の大家, 者古河市兵衛の徒数十人, 者古賀十二郎武藤長蔵永山時英奥田啓市の諸氏, 者古道具屋等のそれぞれ, 者是空無, 者叫んでいる, 者召し連れましてご, 者召抱えてつかわせ, 者召連福山え発足, 者可愛いものと, 者台八車に箪笥, 者台所の飯焚女, 者史上決してすくなく, 者右是者大藏一覽はんぎの衆, 者右翼浪人のこと, 者右舷に行き, 者右船乗頭よりも同様交易筋, 者司教とジャン, 者各地に散在, 者合して十誦律, 者合一して, 者合口の悪き, 者合掌し結跏, 者合理主義者功利主義者のやう, 者合葬之墓, 者吉備臣祖御友別, 者吉岡信一郎のところ, 者吉村氏の話, 者吉水の房, 者吉田學軒氏は五七日, 者吉田甲子太郎氏の筆, 者同人等は連歌, 者同士喧嘩もせず, 者同士無事で暮し, 者同士鬼小僧とお, 者同志手を取り合わなけれ, 者同志話をする, 者同志間の危険, 者同情する者, 者同情者の間, 者同意の上, 者同盟同志のもの, 者同盟本部に身, 者名別に投票, 者名古屋まで参る, 者名東郡芝原村横付御改, 者名称の差, 者名簿中にチャン, 者向島へ渡る, 者君等は限界, 者吠えづらかく, 者否人間の異常, 者吾院之所有, 者呂布ガ首ヲ献ゼバ, 者呆れてあざけり, 者呟く者罵る, 者周旋の失敗, 者呪う者魔力を, 者呪わないまでもはじめ, 者呪詛いの声, 者呵して之, 者呼びさましたれどこれは日頃, 者和歌は閉口, 者和歌社會には無, 者咸予を, 者品物を持出し, 者哭くまいとしても哭かず, 者哲学者教育者社会医学関係の団体, 者哲学者等に見る, 者哲學者として有名, 者の色刷り, 者售而挈其金置使徒足前依各人所需而分, 者商人地主及び各種, 者商人風の者, 者商店員と言はず, 者啓発者煽動家頭領をもっ, 者啜り泣く者列を, 者啻にかしは, 者善く産を, 者善之長也を引い, 者善瑞有りと, 者喇叭の聲, 者を動かせ, 者喚く者縛られた, 者喜介出で來, 者喜作様が心配, 者喜平只一度浮世の空気, 者喧嘩に立ち入っ, 者喧噪のなか, 者喪失して, 者喫煙の図, 者喫茶珈琲店の巨魁, 者嗜好の反映, 者嘆息するは, 者嘉門様おいでが眼, 者のない, 者四つ竹を鳴らす, 者四世紀の人, 者四五万が出, 者四人あとはみな, 者四人アリ皆剣ヲ帯ビ士官ト, 者四割三分五厘というもの, 者四十五名に解傭, 者四十余人可なり, 者四十餘人の美, 者四千四百人家や船, 者四名のうち, 者四名軽傷者十二名に及び, 者四所小学校と名, 者四百名中先日の大火, 者四郎少年の兄, 者はそれで, 者図書館の目録, 者図書館談話会員主賓のほか, 者固有の表出, 者固陋徒の喜び, 者国史記を絶たず, 者国木田独歩田山花袋についてそれ, 者国民に触れ, 者国民全体の触覚, 者国許の者, 者国賊が虐殺, 者国軍の行動半径, 者国際的規模におけるボルシェヴィク作家, 者國家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 者國自慢者などがコスモポリタン人, 者土下座せい, 者土地の言葉, 者土地所有者及び各種, 者土屋良平君と仮定, 者土岐亥太郎と申す, 者土岐亥太郎殿であ, 者土御門家支配と標, 者土方氏に対する, 者土民に至る, 者土浦より結城, 者在るを信ぜ, 者地上に多く, 者地区ノイケルンには白ペンキ, 者地帯には常に, 者地獄に在り, 者地獄内なる諸川, 者地理學者の研究, 者坂口安吾氏の偉大, 者坂田礼之進は渠, 者坊主で名題, 者坐っている, 者坐ってる者火口を, 者垂加流の神道, 者型戦争ジャーナリストである所以, 者を奪われた, 者執念ぶかい, 者基督なりとせ, 者堕落者悪人罪人等は皆精神, 者堪兼ねて, 者が留守, 者場合によつて, 者のごとし, 者堺是広大地亦緬, 者堺枯川大杉榮等に對, 者老先生, 者塚原小才治のやしき, 者塚本虎二氏の説, 者塩田氏より長ずる, 者境氏に聞かん, 者境賢治とか今日, 者墓地となっ, 者増加は予科部独立, 者増大の傾向, 者墨絵の如く, 者壁間より覗い知っ, 者壓伏階級と被, 者壱人さしそ, 者売れ残りかと思っ, 者売笑女工の社会学者, 者夕陽新聞雑報記者古市加十が古今, 者外出するとて, 者外国人の観客席, 者外国移民猶太人, 者外套を着た, 者外山氏は哲学, 者多々良三平君が上っ, 者多いがさすが, 者多かるべし, 者多かれど皆自己, 者多く地上の人間, 者多く此處をさして, 者多く自己にのみ忠, 者多勢と今度, 者多勢一方より出, 者多士済々たる進歩党, 者多少之れ有り, 者多数者が搾取, 者夜々通うという, 者夜中このあたり, 者夜半に目, 者夜明けまでに河北勢, 者大いに弱ったと, 者大きな山師かうした, 者大きに水を, 者大下君の労, 者大久保初男氏その十一月, 者大人的な種々, 者大儀じゃ, 者大内氏は仏教雑誌, 者大勢列を正しく, 者大原は中, 者大和由松が来, 者大学の課目, 者大宮孝潤氏をその, 者大家の方々, 者大寿院の話, 者大小さまざまの村, 者大小作家がその, 者大小鞘に白紙三つ巻島原勢者左, 者大層な違ぢ, 者大山は同時に, 者大島長三郎氏を七百円, 者大急ぎで高麗村, 者大抵肺病ですぜ, 者大杉栄は甘粕, 者大杉栄氏が百円損, 者大気者といった, 者大江匡房は家, 者大沼博士と会, 者大空昇氏は編集上手, 者大童信太夫をたすけだし, 者大約三百万人に及べり, 者大罪たり, 者大臣はいっ, 者大藏一覽はんぎの衆, 者大衆性とする, 者大衆自身が技術家, 者大逆人らであった, 者大酔久々にて散, 者大金藤八郎木村隼人佑重茲, 者大阪版の一休諸国物語, 者大院君と牛泥棒, 者天下正義之者忽朝廷を憤怨し, 者天下無双の者, 者天使の描く, 者天公将軍の名, 者天国に在り, 者天地間の大, 者天帝の意, 者天文学者として終始, 者天武帝のお, 者天眼を得, 者天神七代を此山, 者太政大臣の上, 者太皷を打つ, 者を思え, 者夫子自身なの, 者夭者を笑, 者奇術師楽人など九十六人, 者奇警なる者, 者奈良原到という, 者の女中, 者奥村五百子も立派, 者奧村五百子をそのものたち, 者奪取の競争上, 者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 者女優芸術家教育家看護婦等に従事, 者女医等の科学的才能, 者女奴として吉原, 者女子供の血, 者女弁護士女建築家女技師等は男子, 者女薬剤師女会計なぞいう, 者女衒周旋人又はブローカー, 者女連にて宿, 者奴らがッ, 者奴両方の腕, 者奴他人のあたり前, 者奴貴様が黙れ, 者奴鐘が鳴る, 者奴露地の掃除, 者好し其始祖には, 者妄言当死, 者妙齢になっ, 者は笛吹峠, 者妻帯の時節, 者は旅, 者姉川の水, 者始め村方一同の勧め, 者始メテ自身自國, 者姑附諸穆王之後, 者姓名の儀, 者姓名札の中, 者姦淫をした, 者のお, 者威力の汝何, 者威張り与へらるる者下る, 者威権ある者, 者娘たちを呼び集え, 者娘時代から去年, 者娯楽文学作者だと, 者婆さんが地下, 者婿養子可被仰, 者媒酌人なの, 者嬰児等の中, 者子供なんかを引き連れた, 者子供赤ン坊の亡くなった, 者子澄泰の輩, 者孔子や老子, 者孔子門人作以釋六藝之文言, 者孤児不幸なる者, 者孤児寡婦らが集っ, 者孤児寡婦ら不幸な人々十五, 者学問としての歴史, 者学生今は絵本, 者学生文学上の同志たち, 者学生紳士などは勿論, 者孫子呉子を知らん, 者れか, 者安川などはまだ, 者安東仁雄の足, 者安楽房というの, 者安治川の, 者安策の撰む所, 者之余波也, 者完成せるもの, 者宗教の事, 者宗教家たちが日, 者宗教家学者でも政治家, 者宗教家等の空想, 者官僚主義で形式主義, 者官僚主義者軍国主義者を以て蔑視, 者官公務に服する, 者官吏が命, 者官吏組合指導者政党指導者軍隊指導者などという広い, 者官爵を以て論じ, 者定医之法, 者定見なき者, 者定難被默止歟, 者宜しく挺身肉迫し, 者の山, 者宝蔵を得, 者朝一方には, 者実利主義者である, 者実業家などが公務, 者実父は父, 者実践者として観察, 者実際に有り得べからざる, 者を送っ, 者客歳六月該場開業之砌, 者宣誓して, 者で事務机, 者宮内の太刀, 者宮崎虎之助君も來, 者宮方の者, 者家人時には, 者家士はことごとく, 者家帰而父母爾事毛告良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 者家庭の清洗者, 者家庭婦人その他の雑誌購読者, 者家康如水の徒, 者家族が惨死, 者家族人員にする, 者家来と不義, 者家業こそし, 者家畜の死, 者家計白書だといった, 者容貌はよし, 者宿泊所に引, 者寃罪によりまして主人, 者寄り集い水など打ちそそぎ, 者寄リ集マリ作法宜シカラザル儀, 者寄手の弱点, 者寄生蟲と自分, 者寄食者無能力者ともいうべき, 者密航者とおっしゃいます, 者密買行商人といった日本, 者富山七之助の暴挙, 者富木氏の邸, 者富豪と貧民, 者富貴で人望, 者きたなくする, 者寒月は理学者, 者寒月君はヴァイオリン, 者寝ころぶ者など, 者寝巻の裾, 者せずみだりに, 者寡夫となつ, 者寡婦戦災孤児などの不幸, 者に進退, 者實朝一方には此萬葉, 者實際主義といひ, 者ぞ独り文, 者審美家の用語例, 者寺本金之丞をやつ, 者寺田寅彦博士は又, 者寺西右京の伜, 者被雇傭者, 者対寄稿家という現代, 者対手もあろう, 者対照して, 者対興行者の問題, 者専制者を必要, 者専用車だ, 者射る虎回れ, 者有登, 者将棋倒しになる, 者将軍デクレスと数時間, 者将軍家御内意, 者尊敬する者, 者導者の請, 者小さくは傭主, 者小倉博翁をはじめ, 者小傳に載せ, 者小僧のよう, 者小僧奥の女中たち, 者小児を呼ぶ, 者小学教員と巡査, 者小山内薫と結ん, 者小峰凉庵が加賀宰相, 者小幡がはたして, 者小幡先生の御, 者小房等を呼ん, 者小次郎が優れ, 者小生も一月, 者小生今般時代の流行, 者小田島はまた, 者小田清三のもの, 者小舎に住ん, 者小荷駄足軽どもへまで知行, 者小説家を以てベベル, 者小説家等が妄, 者小野秀雄氏は最近時潮社出版, 者カラズ候ニ付今日ヨリ当, 者少々ものを, 者少なかりしとか, 者少なけれども夜, 者少なし心に, 者少年が検挙, 者尤憲法学に有名, 者就中儒教研究者はこの, 者就中彼の父, 者堪らず脱走, 者居らずと云, 者居る様子ゆへ, 者居住す, 者屈原の思想, 者屋根にのぼっ, 者屍体の底, 者展望の高き, 者屠牛に関する禁令, 者層自身の活動, 者つつしんで黒き, 者之助, 者山チイはパイプ, 者山上みさをの室, 者山中にて必ず, 者山伏だの, 者山内猪右衛門一豊であった, 者山内豊信等の斥, 者山口銑蔵ですッ, 者山家に聟, 者山東庵京伝は旧臘, 者山林に隱, 者山田嘉吉君及び其の, 者山県元帥でさえ徹宵ダンス, 者山県大弐をし, 者山羊のよう, 者山野三千子十九歳山野氏の一人娘, 者に沿, 者岩下は最も, 者岩崎彌助以下五十三名を合祀, 者岩崎彌助前田又藏關屋, 者岩見がこの, 者岩角に血, 者島本医学士にまで同じ, 者島津斉興が今, 者島野黄昏に送られ, 者崇拝という他愛, 者の水, 者川口一郎とこの, 者工夫上の肝要, 者の袖, 者左衞門が眼, 者左門の姿, 者巧みにより, 者差当り自分の処分, 者市人にて強記, 者市兵衛の長所, 者市助と発し, 者市民は胸, 者布教の手段, 者帆村探偵が来られました, 者希求者とならね, 者が現われる, 者帝國主義者國家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 者帰る者罹災者達の, 者帰休兵らによって当時アメリカ, 者帰化したもの, 者帳主売人と三ツ, 者帳面を持つ, 者常吉は十三四, 者をかぶった, 者帽子製造業者織布業者, 者幇間になつ, 者を拵える, 者を修繕す者, 者幡磨法師之姉聟也, 者干潟でマテ, 者平伏して, 者平和の確保力, 者平和論者を躍らしむ, 者平和論者自由主義者ユダヤ人の大量検挙, 者平均数は男子, 者平尾久助という年少, 者平戸久作と門弟たち, 者平松刑事はある, 者平次を目がけ, 者平生から熱心, 者平野富二の略傳, 者年々多くあり, 者年穀豊かならず疫癘, 者年老った者, 者年長者と年少者, 者年齢は十四歳, 者幸徳傳次郎外數十名は其犯行頗, 者幸徳堺二氏はその, 者幼い者たちの, 者久しくお, 者幾人によって速記, 者幾十人かはおります, 者幾千人か知れなかった, 者幾許有ルヤ, 者広く人に, 者庇護のため, 者床司甚内からの色道芸術化, 者店先へ泥, 者庭前に差し廻す, 者庵崎數馬とその, 者庵平太郎といふ人, 者建宮君とが來訪, 者建網番屋の親かた, 者弁当を食べはじめ, 者弁才坊殿にお目にかかりたく, 者弁護士医師芸術家自由職業に従事, 者弁護士流の筆法, 者弁護士演説家のごとき, 者式概念劇もこの, 者弔問客にみたされ, 者引き立てらるる節, 者引っ返そうとする, 者引揚者みんな困窮して, 者引留める者も, 者引返す者を, 者の縁, 者弟子を眼中, 者弥陀仏像を柱, 者弱き者の運命, 者があっ, 者弾圧にも動員, 者当る者みな趙雲の, 者当局者の手際, 者当時世界を風靡, 者当時大樹公ニも御, 者当時大江戸に名高い, 者当時大阪の私立大学, 者当然な半, 者のみ, 者彦太郎とその, 者役人が刃物, 者彼女らが飢えん, 者彼等は各, 者往復切符利用者等はその, 者径二尺許其節ハ下極メテ密ニシテ上, 者後ろ仏を持つ, 者後家となつ, 者後方より我, 者徐輝祖あるのみ, 者に第, 者従う者混乱を, 者従って貴殿方, 者従兄のテオデュール, 者従来平民たりし, 者得意の時, 者得難かるべし, 者ひ第, 者從つて充實したもの, 者御免なさるべく候, 者御前の御, 者御厨の渡辺天蔵, 者御国ニて五十金, 者御定連が, 者御座ろうか, 者御座候は, 者御座候武器衣類大小道具等右質屋へ預り其値半減, 者御蔵番奥宮鏡太郎は用人玉垣三郎兵衛, 者復員者引揚者みんな困窮して, 者復員軍人それらの大, 者復習をしてなかった, 者の生涯, 者徳大寺家の密使, 者徳永さんの前書, 者徳永直の報告, 者心からお礼を, 者心得べき事, 者心樂む姿見る, 者必ずや更に大の, 者必らず徳川氏文学中, 者必らずしも虚栄, 者必先ヅ指ヲ小西湖ニ屈スルハ其山水, 者必斎戒茹素格誠格敬無敢稍怠, 者必是其人嘗占得此卦といひ, 者必然之儀, 者必須の参考書, 者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 者志願でござっ, 者志願者に限る, 者忘れられたる者の, 者忝くも松雪院様雪の如き, 者忠告者観測者にとどまる, 者忠庵迄乍恐伝語申候, 者実武家の, 者忽人心離叛仕他, 者忽朝廷を憤怨し, 者怒る者命まで, 者怒気を発せず, 者思ってみた, 者思はんにはかほど, 者思わぬ者に, 者思弥遠矣, 者思惟者の三つ, 者思想家にとっても必読, 者思想界に多少, 者思索家の間, 者援同盟, 者性命も随而滅絶, 者怪異に逢, 者恍惚として一夜男子, 者恐いのか, 者恐れをいだく, 者恐れる者憐れむ, 者恐れ侮蔑するもの, 者恐ろしい手利きだ, 者恐怖と疲労, 者しらずアカイア族, 者恨む者は, 者恩人保護者であつ, 者はない, 者悒鬱な野心家, 者悔いて救, 者の伝道者, 者悪いことは, 者悪く云えば, 者悪人を感化, 者悪人それらの人, 者悪人罪人等は皆精神, 者悪漢共に誘拐, 者悪魔を信ずる, 者悲しい独逸の, 者悲しき者と, 者悲しく疲れ果てたる者, 者悲惨と微, 者悲痛の因, 者悲霜無き人, 者に称, 者情夫がわりに眼, 者惡意より撃つ, 者惡言等申者之有, 者惰民の類, 者惱める者, 者愉快と称, 者意相似て聊か, 者意見に賛成, 者愚物卑劣漢をはっきり, 者愚直に見える, 者愚者となる, 者愛し憐れむ者, 者愛也と説く, 者愛国主義或は軍備主義, 者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 者愛嬌を振りまく, 者愛情深き者, 者感傷する者, 者感謝のない, 者愴然として感じ, 者慈善事業者動物虐待防止會員禁酒會員その他種々雜多, 者慈善家と共にそれら, 者慙謝とある, 者慰問の仕事, 者慰問其他種々の救済法, 者慰藉者であるよう, 者深くし, 者慾望者希求者とならね, 者憐れみ侮蔑する, 者憐れむ者侮蔑する, 者懇談会は継続, 者懈怠の心, 者御目度義有, 者成べし浪花を, 者成共通候は, 者我らの敵, 者我復何顏有乎是智士識己之度量, 者我文学界は侠勇, 者我獨りに, 者我當自傷, 者我等にいと, 者我等数年兵法などをし, 者戦はまだこれからでしょう, 者戦犯の証人, 者戦略に交じえられたる, 者戯曲家文学者を招待, 者戰場逃げ去らば, 者戰鬪の, 者戴震などと全く, 者戸惑う者かけこん, 者戸波博士を捜し出そう, 者所々ヘ大勢, 者所亡弓箭出來願坐爾, 者所有する価値, 者所用あって, 者所説の法, 者所謂勤人手工業者乃至小売商人, 者手ずから成敗致すでござろう, 者手前もきっと, 者手剛い敵, 者手当の予算, 者手数を掛けた, 者手足の顫, 者才能ある劇作家, 者打ちそろって罪, 者打つて飲ん, 者打払之令出近郷, 者打首にし, 者托氏も知つて, 者托爾斯泰の写真, 者扱せんとする, 者扶助を行う, 者技巧を衒う, 者技術指導者はきわめて, 者折井氏があつ, 者折助婢女田舎者職人から医者, 者折助安直のならず者, 者折竹の風貌, 者抜け作の, 者抱かれて来る, 者静め先づ下, 者拒まずという解放主義, 者拙者も伊賀流, 者拙者一人だけで, 者拙者共の知っ, 者招待とかで, 者招待会といふ気, 者招待状を受附, 者拝任何事之有, 者を打つ, 者持たない者との, 者持ちつけない大金が, 者持つたと思つて一所懸命, 者持ても見たら, 者持病差起候者必然之儀, 者指名大会が開かれ, 者指導者としてコサック風, 者指揮やや新しい, 者指揮のがコロムビア, 者指而難儀之者も無御, 者挙がらざれば国, 者挙国一致主義者だけの挙国一致, 者振りもべつ, 者捕って押えい, 者捕へられて拷問, 者捕るとはさい先, 者捜索の為め, 者捨どんなり, 者捻り鉢巻をする, 者排斥だ, 者排斥建議の殆ど主謀, 者掛け茶屋の, 者むる者皆類に, 者採用を全廃, 者之云理曲者即手爛或, 者接合して, 者接見室で三方, 者推されて王位, 者推命者流の言, 者推薦名刺には大隈, 者ひだけれど, 者揃ひだから遠, 者描く者焼く, 者換言すれば, 者権を, 者援護資金募集のさ, 者搾取に対して世界, 者搾取者に対する被, 者摸擬者等の文学上, 者摺れちがう者皆そちの, 者み捨てただ今, 者擁護者となる, 者擇一に對, 者攫者よくこれ, 者攫者二人は場中, 者支倉喜平宛名は金沢市役所市長殿, 者支持選挙をどう, 者支配者の歴史, 者收容數である, 者改宗者を作る, 者改選の時, 者放してやっ, 者放射線障害で蒼白, 者放火人殺害者大逆人らであった, 者政党指導者軍隊指導者などという広い, 者政友會の中川誠也, 者政宗を先, 者政權を亂用, 者政治上の共産主義者, 者政治教程を講義, 者政治論はその, 者政治部員だったひとたち, 者故に彼らが, 者故人としては森鴎外漁史, 者救済者阿弥陀仏に帰し, 者救護の図, 者るる者, 者敗北者日蔭者と肩身, 者教会の長老, 者教師農夫哲学者となる, 者教育法にかかっ, 者教育者社会医学関係の団体, 者教養が高かっ, 者数そのものに一向, 者数万人に及べるで, 者数万軍隊が出動, 者数十名ために糊口, 者数多にて茶臼山, 者数学者になる, 者数百人を募り, 者数百人金剛千早の日, 者数百名は直接間接, 者数百名有がたいこと, 者はまだ, 者敵味方の霊, 者敵大なる竜, 者數人召しあつめられむ, 者數名を抱, 者文久二年攘夷派の志士, 者文化団の一つ, 者文士連署して, 者文学ウダールニクを召集, 者文学一般の中, 者文学対策の強化, 者文学者バーベリオンの日記, 者文学選集二冊新日本詩集三冊, 者文殊に匹敵, 者文覚である, 者文運改革の指導者, 者文部省芸術局長ラルウメ君こそは劇文学者, 者斉彬が当主, 者斎藤竹堂は日本, 者斜視にし, 者斜酣が目星, 者斬りはしねえ, 者断じて許すべからず厳罰, 者断末魔の声, 者斯様な場所, 者新免武蔵が見, 者新町の地主萬屋治郎兵衞, 者新聞社や雑誌社, 者新進派の最も, 者方法はまったく, 者方術師その人, 者於有之は時, 者旅行器具に特徴, 者日ごろ稽古を, 者日向の梓越, 者日和見でいた, 者日常生活中心主義者たる孔子, 者日時を定め, 者日本に挑戦, 者日本植物研究の第一人者たる, 者日蓮にとってはその, 者日野俊基など早く, 者日野資朝や俊基ら, 者旧弊の擁護者, 者早々御取, 者早う補えい, 者早き死を, 者早く往って, 者早速御届申候為後証仍如件, 者昌造と無, 者明智に次ぐ, 者之序也, 者映画関係係官の中, 者春山氏によって白石家文書, 者春日潜庵の門, 者昭和十八年五月ヨリ十月マデ当方ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 者是也之れを, 者是以福慈岳常雪, 者是謂能養至犬馬皆能, 者是識不生不滅者是智, 者時には売り手に, 者時助勘八の二人, 者時日を御, 者時親に飼われ, 者智ハ本能ノ限局ナキ者ト, 者智慧に高ぶる, 者智能犯競馬狂などに見る, 者暁台闌更により, 者暗に清十郎の, 者暗黒を縫う, 者暗黒時代の松明持孔子, 者暫く騒然と, 者暴雨流潦の経る, 者曙覧の安心, 者曠野に住ん, 者曰くお前さんも斯界, 者曰くこはコマッキオ, 者曰くキリスト以前は準備, 者曰くダンテはこの, 者曰くボローニアの附近, 者曰くヤソ教の他, 者曰く世界中種々の宗教, 者曰く南方の水軍, 者曰く君の論, 者曰く水道の水, 者曰く臥虎の二字, 者曰これ美しき詞, 者曰カールはフランス, 者曰七重の高, 者曰四星は四大徳, 者曰巨人の兩足, 者曰恩人を賣れる, 者曰炎の罰, 者曰燦かなる, 者曰豹獅子狼は肉慾, 者曰雨雲高處にある, 者曲亭馬琴を描いた, 者曲芸者奇術師楽人など九十六人, 者を読む, 者書いたことの, 者書斎に入る, 者書籍の表題抔, 者書面之者に被, 者書齋の文字, 者最上先生ともあらう, 者最悪の腐敗者, 者最高点にある, 者月星山川木草石等の神, 者有らずやの語, 者有りされども流石, 者有る無からんや, 者有峰杉之助, 者有馬喜兵衛が矢来, 者望むような, 者望んでこれ, 者朝比奈三郎義秀であったと, 者朝茶を売り, 者朝野の名流, 者朝鮮労働者の虐殺, 者木々高太郎君も過去, 者木ベエを指し示した, 者木村利右衛門と云, 者木村博士の名, 者木村常陸介と申します, 者木蔭へ寄っ, 者未亡人その家族, 者未定の状態, 者未熟者と自分, 者末期のおす, 者末流傍系的才能しか発芽, 者末社をひきつれ, 者末裔はなお, 者本丸に火, 者本国にて学科卒業, 者本宿より来る, 者本当の幸福者, 者本日巡り逢いましたを, 者本然の慾望, 者本田劍之助に奪, 者本間久雄君其の人, 者にど, 者杉先生を壇上, 者杉村広蔵助教授, 者杉田玄白もまず, 者李陵への絶対的, 者材木を業, 者材木仲仕某の言, 者村山氏の欲する, 者村役人宅前抔, 者村田春海の門人清水浜臣, 者杓子を求め帰る, 者をついた, 者杙上に坐せしめ, 者来ないか, 者来ればとて破牢, 者来南登言家礼婆妹之宮答久, 者来辰三月三十日限り元金百両に付銀六十皿, 者する者, 者東京を歩く, 者東兵衛の妻女, 者東都淺草橋の吉徳商店主山田徳兵衞氏, 者松平静氏の本文, 者松永の行方捜索, 者松葉杖を脇の下, 者松雪院様何とやらん, 者を組立て, 者板垣退助後藤象二郎江藤新平副島種臣由利公正らは民選議院設立, 者板敷の床, 者林田が, 者林田英三の前, 者果してあり, 者果ては居間の, 者果報者であること, 者柄糸へ唇, 者某々等をし, 者某署の刑事, 者染みたその迂, 者染める者織る, 者柳瀬勁介氏が潜心, 者柳田国雄さんは只今洋行中, 者柴田の細君, 者逆天者亡, 者根源として祝福, 者格別之儀, 者案外に大人, 者桑原治兵衞と云う, 者梅津只圓翁の銅像除幕式, 者梶井主膳が, 者棄教後は二宮, 者棍棒を持っ, 者森栖校長の所持品, 者森源がそれ, 者を引き出そう, 者植民が行われた, 者検挙するの, 者検閲する者, 者楢崎勤氏私に命ずる, 者を破り, 者極貧者に正造, 者ネ希世, 者榊原家の家臣, 者榎戸賢二速記本に拠った, 者を横たえてる, 者権七の帰つて, 者権力者が感じ, 者樹庵はその, 者橋外へ来かかった, 者橘諸兄の母, 者機嫌を取っ, 者機関室に下る, 者檀一雄先生すすんで, 者檀家の主, 者檜木風之進の長, 者檢擧に就き, 者のそば, 者の歯, 者櫻井平吉氏も同居者, 者櫻木海軍大佐の名, 者欄間に足, 者權八の家出, 者權勢に誇り, 者で到る, 者次ぎの政局, 者次には檜, 者次席というの, 者歌う者, 者歌舞伎役者や幇間たち, 者歌麿の二人, 者止まらず彼に, 者止まれば聲, 者正に前に, 者正木先生だから, 者正直な階級人, 者正義の求むる, 者此の節のよう, 者此ニ瞭然一閲スル者此ニ粲然, 者此ニ粲然, 者此与右衛門ト申者我等数年兵法などをし, 者此二譚を讀, 者此地へ参りました, 者此後神明に心, 者此心此道同也, 者此理を知らざるべからず, 者此矛盾を解かん, 者此等の誘拐者, 者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 者此草当山のみ生茂, 者此處に來, 者此隊ニ入ル, 者此革命なり, 者武人で学者, 者武勇を好む, 者武士を遇する, 者武田博士の弟, 者武男卿は不孝者, 者武者修行として稀, 者武芸未熟を恥じ, 者歩いている, 者歯ガミを禁じえませぬ, 者歴史推進者が政治家, 者死するにあたりその子, 者死なずまた病まず, 者死後蛇となっ, 者死面のボオドレエル, 者殆ど世になかりし, 者殊更取り急ぎます日暮れ時, 者残らず絶え果て妾唯一人と, 者残りなく狩りだし, 者残る者の, 者残党軍は途, 者残忍酷薄の人, 者段々ありて, 者さる, 者殺しあの話, 者殺到という記事, 者殺戮のあと, 者殿雨が降っ, 者母者は何, 者に少し, 者毎会三十乃至四十名, 者毎夜何百人より千人以上, 者毎日毎日が苦痛, 者毒蛇猛獣群盗強賊暴君虐主を誅戮掃攘刈除, 者比類なきジョーヴェ, 者はなおもさんざん, 者民主論者平和論者自由主義者ユダヤ人の大量検挙, 者民族の自主生活, 者民族対立主義者であって, 者民権の率先者, 者民蔵ともうしまする, 者民衆の友, 者気どりの軽快, 者気どりではない, 者気の毒なもの, 者気取をする, 者気取り屋ではない, 者気質上のロマン主義者, 者気軽な独り身, 者気違ひであるであらう, 者気違いの所以, 者どりが, 者水ニ浸セバ便チ緑ニ, 者水層に鰭, 者水島友は弁護士, 者水谷さんと職業紹介所, 者水野和泉守忠精は蘭方医, 者水陸を分割, 者水雷室に行く, 者永遠者を顯, 者求めて根, 者求婚者になる, 者汚辱を受けたる, 者汝ら今はアカイア, 者汝三宅木ベエときた, 者汝等牧者を思へる, 者江戸ッ子人種の祖先たる, 者江戸昌の命令, 者江戸藝者義太夫語り長唄, 者江柄三七郎と物蔭, 者決心の思ひ, 者決闘だ, 者沁みて見えた, 者沐浴者覺悟者を我, 者沒身爲奴自餘輕重, 者没分暁漢あるいは門外漢, 者没落の結果, 者沢山居ります, 者河上丈太郎松本治一郎河野密西尾末広水谷長三郎氏が集まり, 者河内屋の隠居, 者河村八九郎の人格交替, 者炒食, 者油断もすき, 者治安策と見え申候, 者治安維持法の残酷, 者治療室に入る, 者治者たる者は, 者治者等に對, 者沿革変遷の上, 者泉含章氏小艇をもっ, 者法会の折, 者法師高位をもてなす, 者法王と常に, 者法被のもの, 者波蘭人アウスより創る, 者せだよ, 者泣き叫ぶもの水を, 者注意怠るな, 者泰助は付近, 者洋傘をさし, 者洞院左膳と申す, 者津田梅子女史は九歳, 者活如来様や予言者殿, 者活溌なる者, 者派風な傾向, 者流曰く三十一字にし, 者流臭味とを盛らざれ, 者流著述は皆墨子, 者流血の身, 者流行物を取入れ, 者流行節を唄い唄い座った, 者流酢豆腐を嗜み, 者浪界の泰斗, 者浪費者のため, 者浪路がこ, 者浮浪の徒, 者浮浪人外国人らは全国, 者浮浪人無頼漢等がいない, 者浮浪人無頼漢街頭の放浪者, 者浮浪者といった意味, 者海國兵談を千部仕立候値, 者海岸の除地, 者海洋学者にし, 者海語部の後, 者消え失せますが世, 者消すは今宵, 者消極を先ず, 者消費者としてのブルジョア, 者涕泣充満たり, 者涙香小史君が得意, 者涵澹然たり, 者淋しき者の, 者深き者らは, 者深尾家の臣下, 者深遠な思想家, 者混乱を極めた, 者混雜をよけて道端, 者添田増男氏に対して鳩山春子夫人, 者清らかな者, 者清三の致命傷, 者清岡進の人物, 者渇仰者の手紙, 者渋川春海は数学者, 者減地減禄されること, 者渠等は男性, 者湯巻と襦袢, 者満ち満ちておるで, 者満員と云, 者満寿子さんは香水, 者源吉がいろ, 者名人にも, 者溝口の人生, 者滅其門戸及宗族尊卑各有差序, 者滝口の兵, 者漁夫の使徒, 者漁師もその, 者漁師鍛冶屋屠者, 者演出家が語っ, 者演劇に関する覚え, 者演劇愛好者に是非, 者演劇研究者と手, 者演説家等より我々, 者之末流, 者漢詩人其れに, 者に高壮, 者かに告げ, 者潜入の疑い, 者激増の折柄, 者瀧廉太郎氏は研究科, 者瀬戸口藤吉氏が中気, 者火口を眺めてる, 者灰色脚金歯など呼び, 者炊きだしの者, 者を打つ, 者点云ナクシカノと注した, 者為家の上, 者為心中祈願成就円満乃至法界平等利益所, 者為政者のもと, 者為纏居残被, 者為蛇虫之霊発菩提也, 者烏山磯谷それに真犯人, 者の外, 者焉馬が壽, 者につ, 者無かりし宮は, 者無かれと罵る, 者無く遠巻に, 者無上の慰楽, 者無下に恥辱, 者無不驚異, 者無事に歸つた時, 者無口で一克, 者無学の者, 者無宿者で盲滅法, 者無慈悲な金貸, 者無慮十万二千百余人そして, 者無数の細か, 者無数仲裁も捕手, 者無欲者沐浴者覺悟者を我, 者無理言う者, 者無理無体に身請, 者無産無職者等に対する意味, 者無用な血, 者無能力者ともいうべき, 者無邪気の人々, 者無関係な見物人, 者無頼の徒, 者然るに漸, 者焼く者各々, 者焼けただれてしまえ, 者焼け死ぬ者数知れなかった, 者焼け死んだ者矢にあたって, 者煩悶者をも諄々, 者煽動家頭領をもっ, 者熊毛郡視学西原為吉君をはじめ, 者熊野参りの, 者に浮かされ, 者燕王に遇う, 者爲永春水述るところ, 者の兄弟, 者父上鶴見氏夫妻藤原俊雄新海竹太郎自分等黒沢墨山と云う, 者父子三人将軍に狐, 者父左近太夫がこれ, 者父親の不, 者の考, 者して, 者片手を奪, 者片時も家, 者片足欠けた者, 者牛乳の壜, 者牛馬等を保護救助, 者牟田口利彦氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 者牢名主にさからった, 者牧畜者農夫の間, 者牧野佐渡守を煩, 者牧野富太郎先生は私, 者牧野富太郎先生われわれは四月十八日当地, 者物理学者化学者などの仕事, 者物理学者天文学者であったアンリ・ポアンカレ, 者物理学者気象学者工学者はもちろん, 者物語作者にすぎない, 者物質論者をもその, 者物部守屋とたたかう, 者特殊性のある, 者特配の毛布, 者の神, 者犢犬猫鷹甲虫鰐紅鶴等の神, 者犬同様のもの, 者犬塚のもの, 者犯罪者の数, 者ひは, 者狂言方囃方等との極めて, 者狒々男が評判, 者となり, 者狩山に来り, 者狩谷川村清川其外え御伝示可, 者狩野亨吉氏は今, 者独唱者も第, 者独得な孤高, 者独楽を落としました, 者独裁の時代, 者猛虎を足, 者をし, 者猟師の業, 者りに, 者猪太郎では, 者猪熊方主翁, 者のよう, 者周公之後自, 者獄死する者, 者り殘, 者獨占して, 者玄沢と申す, 者玄沢坊表の入口一パイ, 者玄沢殿が見えた, 者の最も, 者の持ち主, 者玉乗の見世物, 者王卿を陥れ, 者王浮は是等, 者王道主義者や仏教神学者達, 者らしがり居り候内, 者珍太は二条, 者に消え, 者班超を讒し, 者現に家に, 者現れて此, 者は敵, 者不じん, 者理性と天啓, 者理想主義者としてどう, 者理由もなく殴られ得る, 者理窟ツぽき者, 者理解者をもっ, 者理解者絶対な味方, 者理論家なんどにも亦, 者たれやが, 者甘やかせば図, 者甚三郎だったの, 者生ける一門の, 者生じいな事を, 者生まれ父母怖, 者生みたる其子グローコス, 者生れたり, 者生れしことなし, 者生存に堪えがたく, 者生存者一同の氏名, 者生後十ヵ月以内の赤坊, 者生殺与奪の権, 者生活上の欠陥, 者生活力がない, 者生活改善費に今年, 者生活者と芸術家, 者生物学者がどれ, 者生真面目な音楽, 者用心深い者聡明な, 者用花毯作身木作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 者田中王堂氏と高梨孝子女史, 者田崎恒太郎の子, 者田所のほか, 者田沢元代議士, 者田沢某に直接, 者田舎よりの手紙, 者田舎者と笑われぬ, 者田舎落ちをし, 者田螺犬儒先生自分の住まい, 者田辺教授をし, 者由子との睦まじ, 者甲乙丙其他多勢パリスの侍童, 者甲州から相州, 者甲府から江戸, 者申やうは夫, 者申出づべし御, 者申合於定福寺少分, 者男おんなで通る, 者男らしい侍という, 者男四名女一名が爆發物, 者男女が互に, 者男女老人子供あわれなる人々, 者男子八人女子二人あり, 者町内の顔, 者町西片町に住ん, 者画家は此, 者画家団と云う, 者画家記者といったよう, 者画家音楽家となる, 者畢竟みな散, 者略奪者である少数, 者の者, 者畫家彫刻家建築家文學者音樂者等の名, 者異なる路に, 者を担いだ, 者當事者の家庭, 者當時のすぐれた, 者當時歸神故天皇, 者疲れたる者は, 者疾病を為し, 者に罹った, 者病人の断種, 者病人捨兒は街路, 者病後の療養, 者病身らしい十八, 者病院をみんな, 者痛く咎むべし, 者痛手を押さえ, 者や青, 者癇癪持ちの通武, 者癈疾者孤児寡婦ら不幸な人々十五, 者発明の秘密, 者発明家は自分, 者発狂に近い, 者発行者印刷者兼全責任者, 者登場する, 者發明者等の傳記, 者の地, 者白井白龍に逢つて, 者白地帯に生きぬく, 者白山一華深山塩竈などの高山植物, 者白望の山奥, 者白状したか, 者白痴狂者など或, 者白絵を引く, 者白髪の巨人, 者百七で延期法案, 者百万が一切, 者百九十七人というの, 者百事望みのまま, 者百二十三断行を可, 者百五十傷つく者三百, 者百五十二に対する断行説賛成者百七, 者百人あまり娘の君江, 者百余名等からも断行意見書, 者百八十九に対する断行説賛成者六十七, 者百六十二人受付の次の間, 者百十三万三千人が職場, 者百十四名を捕らえ, 者百名位という軟論, 者百四に対する断行説賛成者六十二, 者百王の批判者, 者百金の手当, 者的イデオロギーであっても, 者的エッセンスが集結, 者的コースを辿る, 者的一翼であり得る, 者的人物の如く, 者的人間論とも違え, 者的侵略に反対, 者的俗人的人格の投影, 者的俗物が近寄っ, 者的偏見を有力, 者的冷静さをもっ, 者的分子の過重評価, 者的刺激追求者の心理, 者的労働者にあっ, 者的勞働者にあ, 者的勢力を初めて, 者的反動の民間的, 者的同伴者的作家も等しく, 者的地位に立つ, 者的多数の組織, 者的天才を妄信, 者的婦人作家の獲得, 者的存在そのものの歴史的本質, 者的富農の資格, 者的市民の革命, 者的常識水準とがある, 者的床屋俳句的卑俗趣味の流行, 者的庭造り師の態度, 者的役割は単に, 者的心理に落ちこん, 者的忠告を斥けた, 者的思想の動向, 者的性格の人間, 者的情緒にすがっ, 者的意図に基い, 者的支部長をおかず, 者的政治手腕を産む, 者的教育の性質, 者的数を知らず, 者的文化尺度とし, 者的構成や近世土地制度, 者的標準によつてお手本化, 者的残滓に堪え得なかった, 者的気分を持っ, 者的気質というもの, 者的氣質が支配的, 者的活動を続けられる, 者的演技も大方底, 者的熱情を長い, 者的状態を呈する, 者的現実追随の域, 者的生活者だつた事, 者的生涯から脱し, 者的皮肉と多く, 者的社会階級の側, 者的私のところ, 者的立場に自分, 者的筆記につきる, 者的範疇ではなかっ, 者的精神に富んだ, 者的職業人が皆技術家, 者的自在性自信腕で来い, 者的興味をもつ, 者的要求ニ發足スル者ナリト見ルベシ, 者的観察の甚鋭敏, 者的観点に立っ, 者的詩人のそれで, 者的論理の人間学的, 者的賛意しか表明, 者皆そうである, 者皆そちの目, 者皆それぞれ栄耀をし, 者皆んな喧噪く騒ぎ, 者皆傚ひて, 者皆其不仁なるを, 者皆南に厚く, 者皆川半之丞美男で人柄, 者皆彼と共にゆく, 者皆悉本於田何以上口耳之學也, 者皆推之以爲商禮此便是沒理會處と言つて, 者皆朱泥ヲ品賞シ, 者皆歔欷とある, 者皆此の村, 者皆此壺ヲ懐ロニシ, 者皆殺しにする, 者皆疲労し居眠り, 者皆逮捕せらる, 者皆陳烈在前, 者皆類にわかたれ, 者皇太子次代の天子, 者る者, 者をかぶった, 者皮屋鉢屋などと云っ, 者皮肉変色憔悴萎れ黄ばんだので, 者を挽く, 者を作る, 者盛んに, 者盛大な江木衷氏, 者盛景の唯一, 者監修の下, 者監督者を亡, 者監視者となっ, 者目盲てから其昔, 者目立たないがよく, 者からん, 者直々俺が調べる, 者直接行動煽動者として警視庁, 者直観でなければ, 者直言忠告が容れられない, 者相なかばして, 者相俟って無上, 者相反対せば, 者相反スルガ如クナレドモ實ハ兩相待テ他國, 者相寄って食せ, 者相對して, 者相当の修行中, 者相当数あるものの, 者相應の考, 者相良玄鶯院の隠宅方来居, 者相良遠江守殿の家老, 者相資けて, 者相距ル事遠シ, 者相集ひ, 者を顰め, 者眉根をきっと, 者看護法改正に関する希望, 者眞正に碎かれざる, 者眞理の發見者等, 者真心也万物之霊, 者真言の行人, 者真面目なマルクス学徒, 者眼鏡を失っ, 者瞽者その風俗, 者矢之助は四十二, 者矢張り清水寺で法然上人, 者矢部藤十儀貴殿の組下, 者ある者, 者知らせに来りし, 者知力の最上者, 者知的階級の者, 者知能も品位, 者知識階級貧乏人物持ちそれら, 者短い上着を, 者短冊を書き, 者石嶺の筆, 者研究家たちを教育, 者確實なる理解, 者確数を知らず, 者磨粉に塩, 者社会主義者新カトリック主義者, 者社会医学関係の団体, 者社会改良家の責任, 者社会政策家の間, 者社務所に報じ来れ, 者社稷之臣, 者祈祷師絵草紙薬種化粧品の行商人等, 者祖名不絶, 者祖国擁護論者プレハノフ一派の裏切り, 者神仏も怒り給はん, 者神国なり異朝, 者神國なり異朝, 者神妙にしや, 者神宮清臣先生の愛女琴女, 者神山守と姪, 者神明及び人, 者神武の子孫, 者神社を宏壮, 者神聖者を本質的, 者神職のもの, 者神荼と欝塁, 者祭祀迄被, 者禁錮の廃止, 者禅道と同じく, 者福利の助長奨励, 者福田と吉岡堅二, 者福田理軒に図った, 者福祉のため, 者福祉資金何割というもの, 者秀吉は和戦政策, 者秀岡氏は取調べ, 者私人に謝罪, 者私学の優秀, 者私宅へ参り, 者私尊乃祖假王命以寵先靈穆王耄荒誠哉其耄荒也夫成天地之大功者, 者私邸の火, 者秋葉大権現摩利支尊天, 者科二年生であること, 者科学者宗教家学者でも政治家, 者科学者皆そうである, 者移住後の名称, 者稀有である, 者程なくかの僧院, 者程度の交際, 者税金を出せ, 者税関吏お茶場女燈台局の官員さん, 者稲荷鮨を頬張る, 者稲葉子爵はケンブリツヂ出, 者の冠たる, 者稿既に脱し, 者穢者の類そこ, 者究医之術, 者空疎な遊蕩児, 者空虚なる者, 者突きあう者血みどろな, 者を開け, 者ふほどは, 者に近づきつ, 者走叫袖, 者立ち會ひ, 者立ちばなし別れの挨拶, 者立人禁止といふ札, 者立夫は森枳園, 者立派な学者, 者立花博士はその, 者竜王村まで一緒, 者童名菊一とて有, 者童顔の翁, 者端然と階下に, 者競争者があちこち, 者竹内一族百五十名天皇前後の, 者竹内惟眞外二名及び同志, 者竹刀を取れ, 者竹屋三位卿がなん, 者竹杖をつい, 者竹槍を小脇, 者ひて, 者笑いざわめき陽気, 者笑っている, 者笑わせるな, 者笑止なばかり, 者笹部準之助が自身, 者筆者其の他, 者等いつさんに重りあひ, 者等これによりて誇る, 者等他の非人取締り, 者等分かれゐる, 者等十人余りは何処, 者等各人各様である, 者等各種の小屋者, 者等将来日本の科学, 者等惡を行, 者等我々から見る, 者等此人を目科, 者等発起人ト相成海運橋兜町ニ於テ, 者等直接利害を感ずる, 者等福音を宣, 者等総て十六人が藩船, 者答者二人分に分けた, 者策士忘恩の徒, 者管野すが宮下太吉, 者箱根へ湯治, 者築地小劇場員の焼香, 者篠原良平の小笠原善平, 者篤学渡辺一夫氏とを並べ, 者米俵一俵を店先, 者米友の勇気, 者米国の宣教師某, 者をふった, 者として立ち, 者精力の消費者, 者精神分裂というの, 者精神病者悪人それらの人, 者精通者紹介者としては二葉亭, 者系統であったから, 者紀元四八〇年頃ローマに生れ, 者紀文の他, 者紅子がはひつ, 者納得した顔, 者の生活, 者紛々たる新聞屋, 者紛然として計, 者紛紛皆な昔人, 者紛紛皆昔人のため, 者素より苦み強い, 者の花弁, 者累々継出でんは, 者終に之なから, 者をひきとめ, 者組みあったままころげまわる, 者組んずほぐれつする者棺を, 者組合クラブに婦人デー, 者組合東京製糖労働組合の組合長, 者組織に対する反対, 者組織者国際的規模におけるボルシェヴィク作家, 者を説, 者経営者官吏組合指導者政党指導者軍隊指導者などという広い, 者経験のない, 者結句殺されて, 者と明記, 者統率者である人, 者絵附をする, 者少矣, 者絶えず故に京都, 者絶体に秘密, 者絶対な味方, 者經驗のない, 者継ぎはぎ, 者続いて逃げた, 者続出今では十六七名, 者綺羅星のご, 者綿井茂一は, 者総がかりで或, 者総じて真理が, 者総出で探し, 者総数七千二百三十人いずれも皆, 者総数平均賃銀が男二円十五銭, 者総計三人がかりで出来上った, 者編次の同じ, 者編物をし, 者縁側の籐椅子, 者縁故のない, 者縛られたまま転げ廻る, 者縣居の翁賀茂眞淵, 者總代たる父, 者繁栄し軍隊, 者織る者が, 者織る如く雑沓し, 者纔三間之矮屋也竊審容膝之易安, 者を犯し, 者罪人そうした名称, 者罪却つて重ければ, 者罪深い者の, 者罪状之事, 者せらる導者, 者罵り呼ぶにいで, 者罵る者迷惑せる, 者罷り出でたか, 者罹災者達の蜿, 者を愛する, 者美術史家等の間, 者美術家ことに新興, 者美術家実業家などが一夕, 者美術家音楽家よりなる, 者群れをなす, 者群集す, 者群集心理や催眠術, 者群青色焼き分けは夢おろか, 者羨むに足らず, 者義人に対して何とも, 者義勇隊からなる, 者義太夫語り長唄, 者羽織袴のは外套, 者翌朝はじめてこれ, 者老いたる親, 者老いたる者貧しき, 者老少提結シ邑里相望ミ舟ヲ門前, 者老幼のはし, 者老職末席にて年少, 者老衰者嬰児等の中, 者かも當局, 者而已矣故二気消散, 者耶蘇キリストにまちがひなかつた, 者聖ジュリアンが單, 者聖テレザの言葉, 者聖人孔子を罵り, 者聖職を奉ずる, 者聞きて口, 者聞けばどうやら, 者聟伊兵衛を父子申合しめ, 者聡明な者, 者聡明叡智の権化, 者聰明の者, 者を勵, 者聴くものに, 者聴衆大公爵, 者なき者, 者職人から医者, 者を削っ, 者肋骨の折れた, 者肯定する者, 者育とうとして悩ん, 者を拵える, 者を前, 者背中を叩く, 者を打たれ, 者胸中に秘し, 者胸部より上, 者脅迫者だと, 者があろう, 者早き, 者脚色者を含め, 者腐った魚の, 者腕っ節も男前, 者腕時計をやられた, 者腕組をし, 者腕車を走らす, 者腦蓋とその, 者に藁注連平戸勢者大小鞘, 者腰抜け彌八, 者腹巻取って, 者臥したる牛の首あげたるごとき, 者臨時役替等被, 者臨時雇ルンペン其他其他の争議スキャッブ, 者自ら人の道, 者自ら周旋して, 者自ら建てしもの, 者自ら心に疚しき, 者自ら自分を裁き, 者自ら興味多く聴く, 者自今以後爲汝命之晝夜守護人, 者自分自身の張った, 者自動車で馳せ参じる, 者自慢の義眼, 者自暴自棄に落ち, 者自殺を図る, 者自殺者犯罪者の数, 者自然のかく, 者自然探究者であって, 者自然科學や語學, 者自由の政治的運動, 者自由主義者ユダヤ人の大量検挙, 者自由主義者平和主義者であること, 者自由民のもの, 者自由理想主義者などすべて希望, 者自由職業に従事, 者自覚自重の必要, 者自身それらの落花, 者自身天地に祷り, 者自身統率をやぶった, 者自転車を利用, 者も無い, 者臭くはしない, 者至誠會の南助松, 者臼井喜代氏や長兄安兵衛その他, 者興らぎるべし, 者興りしことなし, 者興世王が同勢, 者興福寺の五箇所, 者興行場主芸能仲介業者芸能各部門, 者を抜かれた, 者舞い人の, 者舞台監督俳優並に舞台装置者, 者舞踏会が最後, 者船中眩暈嘔逆に而難儀, 者良工苦心の処, 者を添える, 者芒刺を負う, 者の異常, 者芥川はこの, 者花村甚五衛門の伜, 者花牌をひく, 者花車を素っぱだか, 者芸術団体協議会は四月下旬, 者芸術団体協議会作家同盟に加盟, 者芸術家学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 者芸術家徳行家哲学者宗教家たちが日, 者芸術家等を招い, 者芸術連盟機関誌として去年, 者芸術運動その文学, 者若党仲間などが獲物, 者若干名の連署, 者若松賤子である, 者若林博士は何, 者若林鏡太郎博士もこの, 者若林鏡太郎君は遠から, 者苦しみおり候, 者苦しめる者に対して, 者苦悶に壓, 者苧商人雑掌と記され, 者英雄詩人を留めん, 者英雄詩人彼等何すれぞ宇宙以外, 者茂木虎次郎橋本義三の兩氏, 者茗渓楼は割烹店, 者に存す, 者茶わん屋捨次郎の息子福太郎, 者茶店の者, 者草履の材料, 者荒らす者掠, 者荻生惣右衛門はまっ先に, 者菊塢の時代, 者華族を甚, 者菱川硬次郎, 者に来り, 者萩原裕佐が, 者を以て數, 者萬助の伜萬吉, 者萬葉を丸呑, 者著作家との連絡, 者著訳者を背信, 者葢有田宅者售而挈其金置使徒足前依各人所需而分, 者董彦杲劉俊賓鴻等敢然として起っ, 者蒋介石の軍司令部, 者蒐集家の側, 者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, 者亦絶テ, 者蓋し甚だ多からん, 者蓬珠は仙界, 者藤原氏は蝗, 者藤枝蔵人という六十, 者藻西倉子が何, 者蘇我馬子と当時, 者虐めして貴方, 者虐待防止案といい, 者虐遇を息める, 者處後作非一時, 者虚無恬淡を旨, 者蛆虫の出現, 者蜜和塗などといふ療方, 者蜜柑が山, 者蜷川式胤と知合い, 者の肉, 者蝸牛先生も何者, 者蟇口組外套組というの, 者蠅與鼠である, 者血ばしって弓, 者血みどろな白兵戦, 者行事の衆, 者行人に問え, 者行基を出し, 者行徳助宗は宿送り, 者行方知れざるもの, 者行方不明の者, 者行為する天才, 者行路病者なぞの各, 者街上に充ち, 者衛士たり, 者衣類の入った, 者表裏者になる, 者被告を造り上げる, 者被害者が誰, 者裁判で前例, 者装幀意匠者製紙工染織工印刷工製本工の共同制作, 者裏ニ向ッテ, 者補任されて, 者補助養老扶助年限が繰下げられた, 者製作に当る, 者製作所にはいる, 者製図者を始め, 者製本見本を示さる, 者製紙工染織工印刷工製本工の共同制作, 者製菓会社のチョコレート乾燥場, 者西博士の陶然, 者西山本に雇, 者西村氏は大, 者西村重長と相, 者西洋に少なから, 者西角井正慶君の新著, 者西鶴に対し理想主義者, 者覆面の武士, 者見えがくれ, 者見のがしておく, 者見るあたわざる者も, 者見知らぬ通行人など, 者見知り越しの土地, 者見送りと持出し, 者見附けた不義を, 者視る者の, 者覚えがよく, 者覚心坊の注文, 者覚明の道場, 者親切な相談相手, 者親友輯其遺稿若干篇上木予亦跋其後小蓮残香集是也, 者親娘の外, 者親子ともう, 者親子三人にし, 者親子兄弟夫婦などどこ, 者観念しや, 者観測者にとどまる, 者覺悟者を我, 者角太郎とはどの, 者解放の一項, 者るれば, 者ふ者, 者言いかえれば騒乱, 者言い換えれば生き, 者うるに, 者計りだつたの, 者訊問法について或, 者討たるる者その, 者討たれる者の, 者託兒所を開設, 者之歟, 者記念常夜燈, 者記念名簿に私, 者記念碑を建設, 者記録者ではない, 者訪う者ぼくの, 者設尚歯之宴, 者許由のやう, 者訴える者否定する, 者註或ひは, 者註釋者甚だ多く, 者証人としての他, 者証明書を持っ, 者評論を連載, 者詠歌を乞, 者試みに東方, 者試金石として先ず最も, 者詩人哲学者動物学者が集まつ, 者詩人等に己, 者詩人美術家史家哲学者事業家等あり, 者詭弁を構え, 者話してよき, 者該当者ナシと書い, 者誇りはかれ, 者誇張を好まず, 者認めて牛, 者をついで, 者誠に仙客なる, 者誠意無き者等, 者誤り認めて, 者誤れる道徳家唯我独尊的愛国自認者である, 者誤訳書と云え, 者読本と首っ引き, 者読者のコンフェレンス, 者誰吐そめて, 者調の詞, 者調べられてゐる, 者諏訪家家中にはおりませぬ, 者論医之源, 者論式に見る, 者し合せ, 者諷刺の新体詩, 者諸共谷底へやる, 者諸君並に諸姉, 者諸君欺されるな, 者諸国の史筆, 者諸種の労働者, 者諸賢から啓発激励, 者講演會の次第に, 者識者を罵倒, 者警めよわれを, 者警察のこと, 者警視庁特高関係のもの, 者議場は喧騒, 者議論して, 者護衞に當, 者讃美者が渦, 者讐返ということ, 者谷中の農村, 者谷博士の最後, 者谷口の一道, 者谷村博士邸を捜査, 者豊村女史にある, 者豊田又四郎はそれ, 者豐沃の農園, 者を教え, 者豪勇の, 者豪勢なお方, 者負われて来る, 者負傷者より爾来, 者貧乏人といったよう, 者貧民は巷, 者貧窮者に至る, 者貧苦にめげない煮, 者貧農とその, 者貨幣のま, 者責任を敢えて, 者責任感から自殺, 者賤を, 者貴様儀御隠居様, 者貴様哲丸様のお, 者買いに来た, 者賀茂眞淵本居宣長, 者賃銀表と見くらべる, 者資格なき者, 者賢い性と, 者賤民の保護者, 者賤民等之産物, 者賭博打の兇状持, 者賭場から出, 者購買者としての多数人, 者赤き衣を, 者赤尾林蔵の手並, 者赤衛兵はピストル, 者赤衛軍劇場管理者その他と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, 者赤軍劇場管理者などが集り, 者走ってえん, 者起りし事あり, 者超人居留外国人社会主義の大臣, 者越人能これを起たしむ, 者趣味等々のもの, 者足あとを見, 者足弱を伴う, 者跛行をひい, 者跡部滿十郎といふ四十男, 者跣足のまま, 者や役者踊, 者ヲ接ス其状權貴モ如カザルモノアリ漱石, 者蹙縮然たり, 者蹲踞して, 者身の上を知らず, 者身健心中平安喜楽其地之事者, 者身寄りの者, 者身知らずで私, 者身裝りが, 者身近の者, 者を前, 者は雨, 者軍国主義者を以て蔑視, 者軍師藝術の士, 者軍隊指導者などという広い, 者軒先なりとお, 者転びとは大道, 者転び芸者に山師運上, 者転向すと, 者転生の物語, 者浅之罪, 者軽傷者が大勢, 者軽妙なる者, 者軽薄な者, 者輩これを誚, 者輪なげをやる, 者輸入者たるにすぎざりし, 者輸菌然たり, 者轆轤を挽く, 者轉び出でたり, 者轉向すと, 者轟三次が腰繩, 者轟九蔵氏が昨夜, 者辟易せしに, 者は允, 者農夫健康の人等, 者農夫等も必要, 者農民たちは文化, 者農民インテリゲンツィアと共にその, 者農民一切の勤労者, 者農民一般勤労生活者の一見平凡, 者農民一般勤労者の文化水準, 者農民中小企業者の生活安定, 者農民中小商人資本家は国王, 者農民中心に規定, 者農民以外の何者, 者農民作家群の輩出, 者農民兵士達と力, 者農民兵士達ト力ヲ結合セヨ, 者農民兵士達ト手ヲ握, 者農民出身の専門技術家, 者農民勤人学生でも留置場, 者農民勤人赤軍兵士すべてが自分たち, 者農民教育家技術者芸術家学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 者農民朝鮮台湾人にとって飛行機, 者農民民族資本家インテリゲンチアが百年前, 者農民炭礦および引揚者, 者農民男女の見学団, 者農民的な文学批評, 者農民革命的インテリゲンツィアとしての学生, 者辻森さんの言いつけである, 者迄が之と, 者迄どつと笑つた, 者近く寄りて, 者近世のブルジョア社會, 者近所の者皆, 者述五帝三王五伯之事蠻夷猾夏王降爲覇, 者迷亭先生がかつて, 者迷亭君の事, 者隨者の, 者追う者, 者追われる者その, 者追及はむしろ, 者追従者の心理, 者追悼会のため, 者追放指令が発せられた, 者追放記とを見る, 者退かぬか, 者退けられ羸者倒れ残る, 者送らるる者の, 者逃げて入る, 者逃げるなッ, 者逃げ争う者笑止な, 者逃げ廻る者今迄の, 者逃亡者反逆者とありとあらゆる, 者逃竄者をも許さなかった, 者逗留の冬, 者這入らず家は, 者通ってはならん, 者通人と言われ, 者通信をのせた, 者通有の痼癖, 者通称世之助, 者通行致さば, 者速成のため, 者速水に素早く, 者速見輪太郎の住ん, 者速須佐之男命習, 者造化之功也, 者造物主等の名, 者連ここで塚田, 者連なのであります, 者連れて来, 者連れ込んで来, 者連判の用意, 者連帯性について, 者連歌の発句, 者連盟の合唱, 者進みて師, 者進み出で, 者進んで廃窯, 者進歩的な哲学者, 者遊女の類, 者遊蕩児その他でも行末, 者運ぶ者が, 者運命を呪っ, 者過ぎたが, 者過ぎ去りて後我は, 者過日上尾の街道附近, 者道春を招き, 者道案内の功臣, 者道楽的な愛国者, 者道草を喰, 者達こちらへ参った, 者達共の歯, 者達十一人ももしか, 者達命も身分, 者達自身も大いに, 者違えあるに於, 者州聟也, 者遠く威力の, 者遠慮なく述べなさい, 者遠藤博士の研究所, 者遠藤喜左衛門はどこ, 者遠藤清一氏は軈て, 者遣で危ねえ, 者せる者, 者適當の言, 者遭難者牛馬等を保護救助, 者選りすぐり二十名程, 者選出にからん, 者選択の標準, 者遺棄の忌む, 者還って白さく, 者還りて曰く, 者還る者織る如く, 者那得同, 者邵晉涵が正史, 者郡視学西原為吉君の報告, 者部隊の革命的, 者のみち, 者鄭貞文君に会った, 者酒井っての, 者酒井俊蔵先生の令嬢, 者酒店魚商ヲ首トシテ浴楼箆頭肆ニ造ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ, 者酒色を慎しめ, 者酩酊者二百五人喧嘩九十六件内負傷者六人, 者酷めが公然, 者醫學に關, 者醫學者である上, 者釈迦牟尼を見よ, 者釉掛けをする, 者重患者が犯人, 者重用さるるは, 者重荷を負, 者の者, 者野口達市の指紋, 者野山の囚奴, 者野心家虚栄者などにたいしてある, 者野村博士は突然, 者のある, 者金之助の死骸, 者金井一角寄るより, 者金剛杖の馳走, 者金博士のこと, 者金天府に牒, 者金属女工の身軽, 者金沢庄三郎先生は裸, 者金石草木の如き, 者金谷秀太らしく, 者鈴木安芸守にぶっつかる, 者鈴木泰助はことし五十歳, 者鉱山の人夫, 者を突いてる, 者銀八というの, 者銀弓の神, 者は三文, 者鋭き斧を, 者鍛冶塗師鎧師などの工匠たち, 者鍛冶屋猟師番太の子供, 者鎮圧を遂行, 者鏖殺犯人遂に捕縛, 者鐵心道人はさ, 者鑑賞者ファンにとって娯楽, 者また主, 者長く停止せらるべき, 者長井氏克氏らに送られ, 者長吉の身許, 者長吉加害者トランクの男, 者長崎屋の短刀, 者長崎次郎氏に面會, 者長谷倉甚六郎の門口, 者門倉平馬, 者門前から還る, 者門生之塾, 者閉口の由, 者開友空蝉之世人君羊蹄, 者間部詮勝を刺し, 者関係の当選者, 者関係小売業者所轄警察等で組織, 者関係者一同の或, 者関帝御返却, 者関根秀雄氏の見事, 者のうち, 者關係のインテリゲンチヤ, 者防禦者思惟者の三つ, 者防霰弾を虚空, 者阿弥陀仏に帰し, 者阿部正雄君を得た, 者矢木算哲博士が, 者降伏せぬまでも, 者限りで一日, 者院主へ米五石, 者陰気な屋根裏, 者陰陽秘術の体得者, 者陳立夫などの熱烈, 者陳腐の一点, 者陸奥は避け, 者陸続として軍議室, 者を解散, 者隋唐所創近猶, 者階級そのものの中, 者階級全体にとっては自殺的行為, 者階級労働者階級著作家階級等から候補者, 者階級勤労者の現実, 者階級化の傾向, 者階級抑圧のため, 者階級的な資本家階級擁護者, 者階級著作家階級等から候補者, 者階級解放の第一線, 者階級解放論なんか聞こう, 者階級解放運動の進展, 者階級間の諸, 者随筆家は決して, 者際限なかるべし常, 者隠然宗教及び道教以外, 者隠者からし, 者隣家に小屋, 者へる茶話, 者集まって市, 者集まりきてその, 者集会からのかえり, 者集団生活の舎監, 者集団農場員学生はときどき, 者集団農場員幹部をもつ, 者雑服の者, 者雑組衡嶽志にいふ, 者雑誌など読みもて行く, 者雙手をひらき, 者雛妓が八人乘, 者離れゆく玄八を, 者離散するに, 者申出黙止居候得共, 者難民の悲しき, 者が降っ, 者雨露次に返る, 者雷死刃死の輩, 者霊清よく, 者霞亭の東徙, 者露地の掃除, 者露路から往来, 者青い髪を, 者青井三吉も女, 者青圃氏と令兄青坡氏, 者青山さんほか出演俳優諸君に感謝, 者青州城に囲まれ, 者青木利元, 者青物類はいふに及ばず, 者青野季吉を先頭, 者青黒い額に, 者静かに, 者静平なる者, 者非命に斃, 者面伏せに暗涙, 者面白がって, 者面白く屁を, 者面談せば, 者革命の第一歩, 者もなく, 者音信不通の者等, 者音楽家など勿論, 者音楽師も復業, 者音樂家であ, 者音樂家等の個性型, 者音樂者等の名, 者の如く, 者にある, 者頃日伊沢辞安の事蹟新聞紙, 者頗る多し, 者頭分芸妓家待合料理屋の亭主連, 者頭書被告事件に付, 者頭竹内数馬長政が指揮役, 者頭高見権右衛門重政でこれ, 者多, 者頼む訳に, 者頼朝の没後, 者頼母木桂吉のため, 者に汗, 者がはずれ, 者顏容も親, 者わくば, 者類似のもの, 者風その他いろんな型, 者風景です, 者風流なる人, 者食う者歌う, 者食事を運ん, 者食器の可, 者食料が尽き, 者食時ごとにまず, 者食禄五百石班中老に列す, 者がみ, 者養子であった, 者養老金貧困者慰問其他種々の救済法, 者養豚をし, 者餓えた者訴える, 者餓鷹の, 者餘裕文學者等と相, 者饗応の座, 者を授ける, 者首領の義, 者香炉に向かっ, 者馬さし寄せて, 者馬方近在の小百姓, 者馬春堂先生文筆もなかなか, 者馬牛肉を食う, 者馬琴とその, 者馬脚を露, 者馬鹿者のいましめ, 者馳帰って旗三四十本, 者駆け出で, 者騎馬の一団, 者騒ぎは輪, 者騒ぐな静か, 者驕れるもの悦べる, 者驕慢な者, 者骨肉の形象, 者高き者と, 者高く或者, 者高利を貸し, 者高尾平兵衛が誰, 者高山岩男氏はすでに, 者高橋至時及び間重富, 者高等批評家其政治的監督牧師伝道師等に無き, 者高誘を, 者高谷龍洲の家塾, 者高麗の御, 者を振乱してる, 者髪の毛が残らず抜けた, 者の草ッ葉, 者鬼目博士と来, 者魁主トナリ遂ニ旧府, 者を釣る, 者魚心堂先生にお越し, 者鮭登典膳与力にてその, 者と頭, 者鰯網をやっ, 者の喙, 者鳴雪牛歩碧童井泉水癖三酔つ, 者鳴雪碧童癖三酔不喚楼, 者鳶風の者, 者を献じ, 者鸚鵡眼をとぢ, 者麻上下を着, 者黄河へおち, 者黄蓋だった, 者黒助といふ名, 者黒坂一齋と云う, 者黒岩直吉ほか三人が加わり, 者黒焦げになった, 者默示録の著者, 者鼠色の足, 者鼻血をだし, 者鼻高面を大切さうに, 者のぽろぽろ, 者齒磨賣りの, 者は四十, 者齲歯ニ罹リ易キ乳歯時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙, 者の講演会場, 者213の報告