青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考察~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考えられる~ ~考える 考える~ 考え方~ ~考へ 考へ~ ~考へた 考へた~ ~考へる 考へる~
考察~
~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~ ~聞いた

「考察~」 1057, 11ppm, 9548位

▼ 考察~ (198, 18.7%)

15 約言すれ 11 進めて 8 して 5 必要と 3 加へ, 要求する, 進めよう 2 めぐらしたこと, めぐらして, 加えて, 試みて

1 [142件] いやが, おえるため, ここに, この事件, されて, した, しただけでも, しました, すすめるに従って, すること, するため, すれば, そのまま繰り返す, だんだんまとめる, なしたとき, なした後, なして, なす場合, まとめた, めぐらし得たわけ, めぐらすこと, めぐらすまでも, やったまでの, スレッカラシに, 下さずして, 下すに, 下せば, 乞うかと, 事実と, 二つの, 企てようと, 伴わなければ, 全然しなかった, 全然省略, 分析の, 別に, 利用し, 加えた一切, 加えた大抵, 加へる, 加へれ, 参照しないなら, 受けて, 向けようと, 向け文化的生, 否定する, 含むもの, 含んで, 嚴密に, 回避し, 基礎と, 奪われた人間, 始めなければ, 学問の, 実地に, 実験室内の, 対立せしめる, 希望したい, 度外視しよう, 延長する, 廻らせ, 引き留めるもの, 彼も, 従来の, 從來の, 忘れなかつたつもり, 思い出した, 思い止ること, 怠つて, 払うこと, 払うならこれら, 払つてゐない, 払ふなら, 捨て戦士, 掘下げ機構, 推進させ, 推進させよう, 提出し, 敢えてしよう, 新に, 書いた, 書き進めて, 朱筆で, 棄て, 求める, 物理学の, 現下の, 現代に, 現代へ, 申述べる, 疎かに, 発表する, 発見する, 目的と, 省略する, 看過しなかった, 知らないから, 等閑に, 築き上げようと, 簡単に, 粉飾し, 絶し, 続けて, 續けつつ, 自己の, 行うだけの, 行ったの, 行つて居た, 要し戮力, 要する, 要すること, 要すると, 要するの, 記して, 許容し得ない, 試みたいと, 試みた一切, 試みよう, 試みようと, 試みるであらう, 試みるであろう, 試みるに, 試みるの, 試みる考え, 試むべし, 誤ったならば, 赦すならば, 軽視する, 進めた, 進めるの, 進める上, 進め得ざるに, 進め得ないと, 遂行したい, 運らし, 過らないよう, 重ねた上, 限らう, 限らなければ, 限りなき, 集められて, 集成した

▼ 考察する~ (163, 15.4%)

10 ことが 8 時は 5 ことによって, のである 4 ことの, ことを, のが, のは 3 ように, 必要が

2 [19件] ことである, ことなく, ことは, ときそれは, ときたしかに, ときには, ときは, とき神の, とき私は, とき自然的な, ところの, とすれ, にし, に当っ, に當つて, に過ぎない, やうに, 前に, 必要は

1 [75件] かてふ, かである, ことでなけれ, こととは, ことに, ことによ, ことによつ, ことも, この一派, しかたが, ためには, だけで, という人, といふ, とかく, ときに, とき兒童が, ところに, とその, と云, と同時に, と吾人, と大約, と始皇, と實, と山, と明治以前, と言明, にこれら, については二つ, については平安朝文芸, にはただ, には判斷, にも吾, に一月十日頃, に二つ, に仏領印度支那, に呉一郎, に至難, に誤, に際し, に非常, ので, のであり, のでなく, の標準, は全然, ほかは, ものが, ものは, を要す, 事が, 仕方に, 余地は, 古代ギリシア人の, 場合た, 場合たとい未だ, 場合で, 場合には, 場合他の, 思慮ある, 所では, 方が, 明に, 時に, 時にも, 機会を, 物理學天文學醫學などの, 特種の, 癖を, 知力も, 者が, 説などをも, 資格が, 際に

▼ 考察~ (106, 10.0%)

11 てみる 8 ている 6 てみよう 5 てみた 4 て見る 2 それから作者, それらの, て, てくる, て他日, て来た, 何か

1 [58件] この事業, これを, そうして将来, そこに, そしていったい, そしていつたい, そしてこれ, その一般的原理, その最古最初, その片鱗, その結果, たりその, たりなんか, つつあった, ていこう, ていっ, ていなかった, ておいた, ており, てそして, てその, てみなく, てみるなら, てみれ, てもらいたい, ても何ら, ても前, ても真物, ても解し得る, ても選手自体, て併せ, て凡, て大局, て帰納, て張る, て来る, て皇室, て而, て自分, て見, て見よう, て見るなら, て計, て遂に, て道教, て除去, ながらそして, または少く, やうといふ, 市井に, 建物と, 批判し, 批判する, 新しい工夫, 深く静, 為政当局者の, 確実に, 結婚締結が

▼ 考察~ (94, 8.9%)

4 対象と 3 跡を 2 仕方は, 外に, 対象とは, 對象と, 歩を, 結果を

1 [75件] いとま, うちに, うちには, しっぱなし, ために, ためには, はじまりたる時代, ような, メカニズムから, メスは, 一つに, 一つの, 一側面的な, 一助には, 一段階として, 一端である, 一端を, 一部を, 一面においても, 中から, 中で, 中に, 便宜に, 全局に, 内に, 内面には, 出發點である, 力が, 力では, 原理をも, 参考として, 及ばぬ秘密, 唯一の, 土台にも, 多くは, 対象として, 後に, 心持を, 必然的結果として, 必要, 必要を, 方法と, 日程に, 未だ及ばざる, 未だ至らぬ, 材料と, 權利と, 權利を, 歩みを, 比較の, 深さ, 深化と, 熱意と, 生活觀照の, 矢を, 端緒と, 端緒をも, 筋途を, 粗いひとつ, 糸口を, 結果として, 結果に, 結果は, 総決算, 緒口である, 自由を, 行き届いて, 課題は, 謂いだと, 足りないの, 進路を, 階段に, 題目に, 餘裕を, 高

▼ 考察~ (75, 7.1%)

2 後に

1 [73件] あるでせう, いつしか鴎外, この男, これら因子中の, ございます, すべてに, その一端, その他端, それ故, ついに徒労, できないだろう, ないという, なぜ存在, なんといふ, また知識学, まだ間違っ, もとよりここ, わたしを, われわれの, 一つの, 事實の, 互に矛盾, 他日に, 余輩の, 僕自身の, 別として, 到底覚束, 動詞の, 単に私, 各々研究会, 哲学的唯物論と, 唯この, 單に, 大いなる飛躍, 大きな光明, 如何兎, 実践哲学或いは, 実際全然この, 射影的に, 将来の, 彼を, 後まわしに, 従来主として, 心理主義と, 必然に, 愼重を, 文化発展の, 普通の, 最も正しい, 未だかつて言及, 極めて多い, 極めて興味, 極めて重要, 正しい如く, 浮かばない, 無論二つ, 特に緊要, 特に莫大, 白鳳天平の, 目立って, 直ちにプルドン, 直接には, 省く事, 真の, 私には, 科学の, 系統づけ, 結局わが国の, 英国の, 農業者及び, 近代の, 静的ね, 飽くまで巨視的

▼ 考察~ (65, 6.1%)

5 於て 3 して 2 よれば

1 [55件] かたよったもの, なると, ふけって, 一つの, 価して, 値いする, 値すると, 値するに, 傾注しなけれ, 價しない, 充てたの, 入らねば, 入り込ませる, 入ること, 入れねば, 加うる, 加えるに, 努力し, 取り入れて, 基いてこそ, 基かざるべからず一般, 基く処, 基づいた空想, 導かれるもの, 帰って, 当っては, 従えば, 従って, 必要な, 於ては, 於ても, 日本とか, 棄てられない方法, 止まるので, 注意される, 由來し, 由来する, 留意するなら, 當り, 矛盾する, 移る, 移ること, 窮し, 耽って, 耽つたのち, 耽ること, 聯關し, 資したいと, 走り過ぎた嫌い, 這入ろう, 過ぎないから, 達すると, 重大なる, 関わる学問, 關は

▼ 考察~ (46, 4.4%)

4 ある 2 必要だ, 私に

1 [38件] あるの, あるもの, いかなる方面, この意味, この本, せめてその, そこから, その土台, なければ, ひとつの, 不足し, 主要な, 割合に, 却って必要, 同様に, 向けられたこと, 少い点, 少しも, 弁証法的に, 後れたの, 必ずや加わっ, 必要と, 挙げて, 方法論的として, 法律および, 済んで, 物理学においても, 盛んと, 盛んに, 真実である, 示されて, 行なわれて, 行われて, 行われるべきこと, 進められなければ, 進められるよう, 間違って, 鶴見の

▼ 考察した~ (32, 3.0%)

2 マルクスは, 上で, 場合私は

1 [26件] から残った, ことが, ことに, ことの, たびごとに, たび毎に, つもりである, とき苦痛は, のか, のかも, のは, ほどのすべて, ものです, ものとして, ものに, 全地域, 国よりも, 場合必ず, 後, 後にも, 社会状態を, 経済学は, 結果人口の, 論文が, 論文などを, 部門においては

▼ 考察から~ (22, 2.1%)

2 認識せられる

1 [20件] きた推論, これは, すれば, なって, ほぼ明らか, 一条の, 先生は, 出発させる, 出発した, 始めて, 始めよう, 始める, 形體の, 我々は, 歴史を, 演技に, 直接に, 示唆された, 科学と, 脱したこれ

▼ 考察~ (17, 1.6%)

2 結論を

1 [15件] いひすべて, なったの, なる他, 反省を, 対照するなら, 批判とは, 生活の, 科学的世界の, 自由な, 説明には, 関係を, 雖未, 離れては, 雪国の, 静慮

▼ 考察すれ~ (13, 1.2%)

1 [13件] ばいい, ばおのずから, ばよい, ば吾, ば夫, ば彼, ば昭和二年, ば特に, ば畢竟, ば社会的事実, ば第, ば腦, ば芸術家

▼ 考察~ (12, 1.1%)

1 [12件] すべてが, つけ加えた, なしに, ふくめられて, やはりエネルギー, 万更見当違いでなく, 今日の, 公平なり, 実は芸術的価値, 彼は, 混乱し, 混亂し

▼ 考察~ (9, 0.9%)

1 其考證以前に, 冥想や, 反省は, 哲学的省察という, 実証的諸, 思想的傾向の, 研究に, 設計などは, 議論ばかりに

▼ 考察される~ (8, 0.8%)

2 場合も 1 が故に, ことが, とき誰でもが, のでなけれ, 場合が, 場合その

▼ 考察しなけれ~ (7, 0.7%)

5 ばならぬ 1 ばならない, ば要するに

▼ 考察しよう~ (7, 0.7%)

3 とする 2 と欲する 1 としておる, と思う

▼ 考察され~ (6, 0.6%)

3 ている 1 ていた, てはいなかったろう, 支配され

▼ 考察するなら~ (6, 0.6%)

1 ばここ, ばこれら, ば理解, 所謂日本的な, 私たちは, 考察の

▼ 考察せられる~ (6, 0.6%)

2 ことが, ところの 1 やうに, ように

▼ 考察すべき~ (5, 0.5%)

2 多くの 1 ものが, 必要が, 所は

▼ 考察では~ (5, 0.5%)

1 なくして, なくて, まだ世界, 詩想の, 階級闘争という

▼ 考察において~ (5, 0.5%)

1 あらわれしかも, その, よき一つ, マルサス氏は, 最も十分

▼ 考察せね~ (4, 0.4%)

3 ばならぬ 1 ばなるまい

▼ 考察~ (4, 0.4%)

1 あつた, 半ば空想に, 彼を, 連信への

▼ 考察によって~ (4, 0.4%)

1 同様に, 基礎づけられ, 天平美術の, 我々は

▼ 考察を以て~ (4, 0.4%)

2 無上の 1 その代表者, 書綴られた

▼ 考察したなら~ (3, 0.3%)

1 ば一層, ば人, ば彼

▼ 考察~ (3, 0.3%)

1 ばまた, ば試驗科目, むとするところは此の

▼ 考察せん~ (3, 0.3%)

1 とす, とする, とするなら

▼ 考察という~ (3, 0.3%)

1 ものが, 一風変った, 銘を

▼ 考察においては~ (3, 0.3%)

1 それには, それは, 最もこの

▼ 考察には~ (3, 0.3%)

1 とりわけ詳しい, 傾聴すべき, 向かわなかった

▼ 考察によ~ (3, 0.3%)

1 つても, つて基礎づけられ, つて当時の

▼ 考察~ (3, 0.3%)

1 が一層, の欠乏, を麻痺

▼ 考察~ (3, 0.3%)

2 へその 1 であると

▼ 考察~ (3, 0.3%)

1 であり研究的, な態度, の態度

▼ 考察された~ (2, 0.2%)

1 ことは, 時始めに

▼ 考察されなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 考察せぬ~ (2, 0.2%)

1 人が, 者の

▼ 考察せよ~ (2, 0.2%)

1 という, と激励

▼ 考察であっ~ (2, 0.2%)

1 ても一つ, て従って

▼ 考察である~ (2, 0.2%)

1 どころか最も, 限り引つ

▼ 考察とか~ (2, 0.2%)

1 そういうもの, 現実の

▼ 考察とは~ (2, 0.2%)

1 その根柢, 別に労働階級

▼ 考察については~ (2, 0.2%)

1 私などよりは, 誰よりも

▼ 考察にも~ (2, 0.2%)

1 その科学的, 背反する

▼ 考察により~ (2, 0.2%)

1 いかにし, 手取早い

▼ 考察より~ (2, 0.2%)

1 成れる天地創造, 發生し

▼ 考察方法~ (2, 0.2%)

1 に与えた, を生命

▼ 考察等々~ (2, 0.2%)

1 であるであろう, のばかばかしく

▼ 考察~ (2, 0.2%)

1 のため, は先づ自身

▼1* [74件]

考察からは結局なんの, 考察からもいちばん考え, 考察こそ最も緊要, 考察こそは積極的で, 考察さえある程, 考察さるべき項目は, 考察されたならば或は, 考察されねばならない, 考察されるべき内容の, 考察されるべきではなく, 考察されるべきであって遂に, 考察され書かれ書き直され再び書き直され, 考察しきれぬ複雑な, 考察したうへに心理的効果, 考察したら宜からう, 考察したる多くの, 考察しなば恐らく, 考察しない先験主義, 考察し得る如き立場を, 考察し直されなければならなくなる, 考察し直しそのよう, 考察し過ぎている, 考察すべきであろうと信じる, 考察すらもない, 考察する在るべき在りたい在らねばならない, 考察せざるを得なくなっ, 考察せしなり, 考察せずにはいられなくなる, 考察せなければならぬ, 考察せられてきた, 考察だけでは, 考察だけで足りるとは, 考察であったが三句目四句目等, 考察であり何ら他, 考察でありましてもつ, 考察とかなど問題では, 考察とが提供され, 考察としては見当を, 考察とに聴くの, 考察と共に詩術の, 考察即興演奏は, 考察ながら私は, 考察なしには手, 考察なぞは中世時代, 考察などは修飾には, 考察においてもまた日本, 考察にとって参考に, 考察にのみ従事せる, 考察にまで到達しなけれ, 考察にわづらは, 考察に対して目的論的考察を, 考察に対してはいかなる反対論, 考察に際しては毫も個人的好尚, 考察のみを行って, 考察ばかりでは, 考察移つた, 考察へと取らねば, 考察へのモメントや, 考察ほど恐ろしいもの, 考察シタ文章ヲ他, 考察シテ如何ニ, 考察セヨ蒼海ニ懸峙スル島嶼, 考察の期間, 考察出來ぬが, 考察又は解釋又は, 考察態度はいつも, 考察或は子供と, 考察批判すること, 考察批判研究の一端, 考察推論の正, 考察文学の環境, 考察様式は今日, 考察無しに老, 考察を指示