青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考へる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~考えられる 考えられる~ ~考える 考える~ 考え方~ ~考へ 考へ~ ~考へた 考へた~ ~考へる
考へる~
考察~ ~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~ ~聞い 聞い~

「考へる~」 2853, 31ppm, 3786位

▼ 考へる~ (830, 29.1%)

23 私は 21 いふこと 8 彼は 6 それは, 私の 5 それが, 實に, 急に, 自分の 4 いふの, さう, 僕は, 先生の, 我ながら, 馬鹿 3 これは, つく, もう不安, 何の, 俺は, 同じ昔, 幸福な, 文字が, 胸が

2 [38件] おのづか, この身, すれば, その時, それに, たまらないほど, ちよつと, なか, ピタゴラスの, 不思議な, 云ふこ, 今でも, 代助, 何かしら妬ましい, 何にも, 何を, 到底死ね, 可笑しくて, 妙に, 小さい胸, 己れ, 彼女の, 彼女は, 本當に, 気が, 浅猿, 無限に, 直ぐに, 腹が, 自分ながら, 自分は, 自分も, 芥川の, 言つたとて, 言つても, 話に, 誠に此世, 非常に

1 [619件 抜粋] あたしも, あのとき, あの小説, あまりにも, いいかげんな, いかにも不便, いかにも尤も, いつもうんざりした, いつも何, いつも何處, いづれは, いふことさ, いふと, いやになつ, いろいろむづかしい言, うつかり, うれしくも, おそろしい気, おちつき, おれは, お互, お前は, お半, お友達, お話に, かの女, かぶろきかぶろみの, このエレベーター, この塩, この暗夜, この會, この歡迎會, この現在, この男, この石庭, この繼母, これが, これで, これに, これも, これ等の, こんなこと, こんな風, さう云, さすがに, したらそれ, しまひ, しよう, しようよ, すつかり悒鬱, すると, すゝめる, そいつは, そのと, そのほか, その先生, その壁, その影響, その材料蒐集, その死に, その見, それぐらゐのことは當り, それも, それよりは, それらの, それを, そんなこと, そんなバカ, たいへん簡単, ただ不愍さ, たとひもう一度, たまらない気持, たまらなかつた, たまらなく悲しくなりました, ぢつ, つくづく奉公, つまらない事, つまり本書, とても心配, とても眠れなかつた, どうしてもこの, どうしても七荷, どうしても思ひ, どうしても此都會, どうしても死ねない, どうしても甲種商業學校出身者, どうに, どうもその, どうも我慢, どうも我輩, どうも新旧二つ, どうも梅吉, どうも此語, どうも残念, どうも釣竿, どの弟子, なかなかに, なぜか, なんとなく自分, はやり語の, ひがみでは, ふじ子は, へへ, ほんとに悲しく, ほんのちよ, ぼんやり腰かけ, まことに感慨無量, ます, また種々, まだ三時, もうここ, もうその, もう金策, もつと, もどき方, やがて四十歳, やはり余り小, やはり書き足りない, やはり水溜り, やりきれない, わたしは, アブソルバンの, ガツカリする, ダラットの, 一味の, 一寸普通, 一日でも, 一条の, 一生に, 一緒に, 一郎は, 一部の, 七百万円で, 万葉集の, 三田は, 上掲の, 不安でならぬ, 不思議で, 不思議な思ひ, 不満でも, 丑松の, 乗りうちした, 了解し得る, 二つ三つ張り倒し, 二度と同じ, 云つたつて, 云ふ, 五萬圓以上にも, 人が, 人事では, 人情の, 人間の, 人間は, 人類は, 今の, 今夜の, 今度の, 今度は, 今更の, 今更生々しく, 他人の, 以前は, 何か, 何がなし不, 何だかつまらなく, 何だか淋しい, 何となく相応しい, 何とはなし, 何ともいへず, 何にが, 何も, 何れも, 何故紀念塔, 何時の間にか丑松, 何時の間にか自分, 余り臆病, 例證を, 信一郎の, 信一郎は, 僅かに, 働く気, 僕には, 元旦の, 先々が, 兎に, 全くたまらない, 全くやりきれない, 全く夢, 全く戯曲, 全く東京, 全く源氏, 全く都会, 六月から, 其処に, 其基礎を, 其所に, 其頃目に, 典型的な, 内で, 内心大, 内裏などで, 冷汗が, 凝つとして, 出雲大社に, 分らなくなるの, 分らんけれど, 分ると, 切ない慾望, 初め居る, 判るの, 判然し, 別な, 別に否応, 動物が, 勝平の, 勞力に, 勿論寿詞, 北劍は, 医者として, 千代子の, 卓一は, 厭な, 厭に, 口惜しくつて, 口惜しくて, 古代も, 可哀想でも, 可愛さ, 可笑くつ, 可笑しな, 同じこと, 同じ女優, 同じ自動車, 同時に丁度女, 同時に此度, 同時に熊治右衛門, 同時に熱い, 同時に芸術家, 同時に願, 吐き出しさうに, 味気ない, 味氣ない, 唯安, 唱門師の, 問題は, 喜ばしい心強い氣, 四庫全書提要に, 四庫提要の, 国語問題と, 國民の, 地域も, 垂仁紀の, 堪えが, 堪らなくな, 堪らなく退屈, 夏川は, 外に, 多くの, 多分の, 大きな穴, 大きな間違ひで, 大体三つの, 大師と, 大祓式の, 大衆が, 天上に, 天數から, 夫婦別れも, 失はれた年齢, 女性の, 女程, 如何にも不思議, 如何にも面白, 妄信だ, 妙な, 妻の, 始皇帝が, 娘の, 娵に, 嫉妬から, 子さら, 子に, 実に恐ろしい, 実に新鮮, 家へか, 容易に, 富岡に対して, 寧ろかう, 寧ろ微笑, 寧ろ日本, 寺奴の, 寿詞の, 将門が, 少からぬ, 少しく変, 居ても, 屏風で, 左様いふ, 左様無, 巫女に, 市廛の, 常に都会, 平次は, 平次も, 幽靈, 弟の, 強つてとも, 彼が, 彼の, 得董又は, 徹男との, 心細い, 心細くな, 心細くなる, 必天孫降臨に, 怖ろ, 思うて, 思つた, 恰で, 恰も, 悲しいわ, 情ない, 惨めに, 愈我慢, 憂欝, 憎らしい氣, 懐しい思ひ, 我々の, 我々明治時代に, 我輩の, 或は至尊, 戰國時代學問の, 所謂五氣質即ち, 所謂新, 手漉の, 推察する, 措定すれ, 支那と, 敬語系統には, 方針を, 日本が, 日本の, 日本は, 日本紀天孫降臨章に, 日清戰役前後から, 旨い拙いといふ, 易が, 春三郎は, 是れ, 時運の, 更に一段と面白い, 更に新しく, 曾ては, 最初は, 木枯の, 本当にいや, 杉村は, 村の, 松の木を, 桜は, 模型を, 樺太西海岸の, 正しくあの, 此の, 此亦山人の, 此後吾等は, 此春お, 此木の, 此等の, 此長く, 歸宅する, 死ぬなんて, 殆ど僕, 殆ど矢, 段々思想上, 殺したいほど, 母が, 気の毒です, 氣が, 氣に, 氣味の, 治三郎は, 泣きたいと, 泣きたくなる, 泥棒と, 淋しくなる, 淳平も, 清野に, 済まなかつた事, 渠等が, 滑稽でも, 滝は, 無性に肚, 熱海に, 父には, 父に対する, 父母同棲の, 特別に, 理智的に, 瑠璃子は, 甚だ心細い, 生きて, 畢竟最初, 異つた種々, 當初, 當時の, 疑は, 疑ふよ, 病苦を, 病院に, 癪に, 百合若, 百年とか, 益々おもし, 目に, 目下北京で, 直ぐあとからどうしてそんなうはさが, 直ぐにそれ, 直也の, 眞つ, 眞に, 眼の, 瞼が, 矢ツ張分らない, 矢張り, 矢張何處かの, 矢張支那の, 確かに, 確に, 磐之, 私が, 私にと, 私共, 竦つ, 笑ひど, 箱根の, 約束し, 結婚の, 結果の, 絶望的に, 縮尻る, 義は, 義雄はかの, 翁の, 能く, 自ら命名の, 自分が, 自分と, 自然と, 興世王は, 興味津々として, 若い人たち, 落莫と, 蒭量を, 虚無である, 要次郎, 親分の, 解き放たれた広々, 解釈の, 解釈は, 言ふ, 記憶は, 訣る, 話すこと, 語原を, 貧弱な, 貴方が, 貴族社會に, 起きぬけを, 転た寒心, 近代活字の, 述べたが, 退いて, 進化論は, 道は, 道助は, 遙遙の, 醜い焦慮, 醫道の, 釋詁篇が, 金子は, 錯簡らしく, 隆造は, 随分不便, 隨分不便な, 隨分馬鹿氣た, 青木淳三と, 静夫の, 面倒臭くつて仕様, 面白い事實, 頗る異色多才, 顏を, 風流の, 飛んでも, 馬鹿な, 體を, 鬱陶しかつ, 黄昏の, 鼻の, 齊の

▼ 考へること~ (373, 13.1%)

35 が出 14 が出来る 8 である 7 ができる, の出来ない 6 がある, ができない, もある 5 ができるであらう, はできない 4 が出来た, の出, はない, を知り初めた

3 [14件] ができなかつた, がない, が出来ない, が出来なかつた, が必要, だ, であ, によつて, は, は出, は出来ない, も出, も出来る, を大儀

2 [21件] があつ, があります, がなく, がよく, が大事, が既に, なしに, なの, になる, に依つ, の必要, の方, は不可能, は容易, は決して, は間違つて, もあつ, もない, をしなかつた, を學ぶ, を知らない

1 [174件] あるも, からせめて, からでも言, があ, があり, がこの, ができ, ができた, ができます, ができるだらう, がら, が之, が出来さうである, が出来ないだらう, が出来よう, が出来れ, が多, が大切, が好, が尠, が最も, が有るらしく, が澤山, が無, が無意味, が甚だ, が生活, が罪悪, が能, が芸術家, が言葉, が途方, が面倒, すらできない, すら出来ない, すら許されぬ, そのこと, だけを怖, だつて自由, だな, であるため, でさ, でも, で頭, なく行, などあり, などはあて, においてすら私, にし, にした, にしたい, にします, にしよう, にすら無, には二つ, によつて傳統主義, によつて感覺, に依, に慣れ, に決め, に趣味, に進ん, に馴らされ, のきら, のできぬ, のない, のふくろう, の一, の出来た, の出来なかつた, の出来る, の多い, の立場, の自由, の馬鹿, はあるまい, はかなり, はこれ, はすでに, はできぬ, はできません, はできる, はまとも, はみんな, はやはり, は一生中幾度, は一般, は不得手, は不自然, は云, は何, は何一つ, は俺, は僕, は先づなかつたといつて, は出来なかった, は出来なく, は出来ません, は出来る, は印刷工, は却, は却つて正確, は原始民族, は可能, は困難, は多少, は如何, は存在, は小倉氏, は少し, は彼, は彼女, は必然的, は或, は教, は極めて, は樂, は機械的, は正しい, は澤木君, は無意味, は獨斷, は生者, は異端, は発言者, は直接, は禁物, は自分, は蛾, は言葉, は許されません, は誤つ, は誤である, は躊躇, まであたし, もありまする, もあるまい, もさういふこと, もしかし, もしない, もできる, もなく, も一向に, も不自然, も何, も出来た, も出来ない, も出来なかつた, も出来ます, も寧ろ, も少し, も樂, も異議, も迷, も食べる, よりも唄, よりも目前, よりも論理的, をせず, をつ, をよろこび, を何, を何より, を学ぶ, を学んだ, を學ばね, を恐れ, を止め, を止めたら, を要せない, を許されない, を躊躇, を避けた, 読むこと

▼ 考へる~ (331, 11.6%)

43 である 1413 であります 11 であるが 8 です 7 だが 6 だつた 4 は誤り, も切ない 3 ですが, は全く

2 [19件] が普通, だ大, ぢや, でした, ですから, では, はむしろ, はもう, は不可能, は大いに, は大きな, は戦争, は決して, は無益, は當然, は間違, は間違つて, は間違ひで, も無理

1 [177件] か, かい, かといふ, かと彼, かと思, か首, が, がいけない, がほんとう, がより, が一つ, が一番, が一番手, が一番進歩, が一番適切, が二劉, が今, が例, が俺, が凡人, が厭, が変, が好う, が好き, が少し, が平次, が当り前, が抑, が既に, が本当, が樽野, が正しい, が正しから, が當つて, が目的, が穩當, が筋道, が自分, が至当, が至當, が苦手, が贅澤, が通例, が適当, が間違, が間違ひと, が関の山, が面白い, が面白く, じや, だけれど, だけれども, ださうである, だつたが, だらう, でありますが, でありますさ, であります此, であるか, であるから, である余, である動靜, である諸君, でなければ, でも, とは反対, と少く, ならもっと, にもその, にもそれ, にも都合, に善い, はあの, はいや, はお前, はた, はまれびと, はもと, はやまと, はよけい, はわるい, はをかしい, はジヨイス, は一つ, は一応, は三千年来, は人情, は他, は余り馬漉, は依然として, は僕, は六ヶ, は勿論, は単純, は即, は反省, は向, は哲人, は單純, は図々しい, は国学者一流, は変, は大, は大間違ひだ, は宜, は実に, は實, は實際, は少し早, は年齢, は度し難い, は当然, は後, は必, は必ずしも, は恋, は愉し, は愉快, は或は, は抽象, は斯, は是, は標山, は止さう, は死, は涙, は無意味, は無理, は無駄, は現在相違, は理窟張, は生活經驗, は確, は神話, は神道教, は私, は空想, は第, は自, は自分, は自殺, は自然, は自由, は誤でなけれ, は路通, は近世, は近代的リゴリズム, は間, は間違ひだ, は順当, は頗る, もあり, もい, もよく, もわるく, も不思議, も不自然, も亦当然, も勝手, も可笑しい, も常世, も怖し, も恥しい, も懶く, も殘酷, も畢竟, も芸術的, も間違, も非, も面倒, を常, を正し, を禁ずる, を至當, を見, を非常, 外には

▼ 考へるやう~ (114, 4.0%)

38 になつ 8 にし 5 にな, になる 3 になり 2 なもの, になりました, に首

1 [49件] だ, であるが, ですが, ないい, なところ, な事, な優れた歌人, な冒涜的, な冷淡, な危険, な年齢ぢ, な心持, な思ひで, な態度, な手重, な目つき, な眼付, な眼色, な程度, な行爲, な顏, な風, に, にうなだれ, にしない, にしばらく, にすらすら, にそんな, にと私, になった, になります, には出, にひとつ, に人, に口語, に太く長く, に小首, に幾度, に成つて, に歌袖, に無, に独言, に病氣, に相成り, に禊ぎ, に私, に立ちどまる, に遠く, に金儲

▼ 考へる~ (102, 3.6%)

6 が出来る 4 が出来た 3 が出, が出来ない, は出来る, もござんす 2 がある, が出来なく, になつ, の出来る, は出来ない, は出来ぬ, も出来た, も違, を爲

1 [62件] あんまりし, か, があります, がない, がなかつた, がはつきり, が出来なかつた, が出来れ, が動詞, が多く, が大切, が度々, が春三郎, が極めて, が正常, が第, が間違, すらしなかつた, だ, だが, だけで, だけは今に, だつて, であ, でも, と源流, にする, になり, になる, に對, の不都合, の無い, はさ, はできない, はなかつた, は一種, は今, は其, は到底, は困難, は大, は平安時代附加, は有り, は歌, は無い, は見当違ひで, は許され, もある, もなく, も出来さうだ, も出来なかつた, も出来ました, も出来ます, も出来ません, も書く, も直に, も考へる, をしない, をせず, を勉強, を敢, を知つて

▼ 考へる~ (56, 2.0%)

27 になつ 7 になる 5 にな

1 [17件] であるが, ですが, なこけおどし風, な事, な信仰形式, な単純, な境遇ぢ, な形, な鍛錬風, にか, にし, にと申されました, になりました, になるでありまし, に不労利得, に皮, に自由

▼ 考へる~ (33, 1.2%)

2 しても, 当つて, 至つた

1 [27件] せよ, せよ無限, その平和中, た, 之には, 付けても, 到つた元, 到らなかつた神, 反し僕ら, 器用の, 堪へない苦み, 大佐等が, 尋常の, 就て, 恐らく誰, 教育が, 晴天の, 止めずに, 第一, 至つてゐる, 至らしめた一端, 至らなかつた爲め, 至り唐, 越した事, 軽々しく物, 違ひない, 高橋が

▼ 考へるほど~ (32, 1.1%)

2 私は

1 [30件] おれの, この, これから先, その顔, た, 丑松の, 事件が, 二人が, 何も, 何もかもしゃく, 六ヶしく, 判つ, 単にそんな, 妙な, 己惚の, 恐しい病気, 愈, 沈黙する, 烏耶無耶に, 猶々斯, 用意が, 申訳が, 私が, 範囲が, 義雄の, 腑に, 腰が, 自分の, 話すこと, 銀之助には

▼ 考へる~ (31, 1.1%)

4 もある 2 が多い

1 [25件] がある, があるなら, があれ, がなかつた, がゐなかつたら, だつて, であ, ではなかつた, には哲學, には喜劇, に遠く, のやう, の優越, の子, の安, はゐない, は園芸家, は悲觀的, は通弁, もあつ, もあらう, もあります, もありませう, もなかつた, もゐなかつたらしい

▼ 考へる必要~ (31, 1.1%)

12 がある 8 はない 2 はなかつた 1 があり, があるだらう, が生じ, のある, のない, の無い, は認め, も無い, を認めない

▼ 考へる~ (31, 1.1%)

2 が来る

1 [29件] があつ, があります, が來, その問題, である, ではない, でもさうだ, には, にはいつも, にはよく, には其時俺, には天照大神, には誠に, には非常, にもたらされる, にわれわれ, にルッソオ, に直ぐ, の心, は何, は勿論, は却つて運, は皆, ばかりを修行, もあつ, もいつも, もつと, 寂しい気, 真に新しい

▼ 考へる~ (28, 1.0%)

2 いい, 好い, 好えだ

1 [22件] この葛子, これは, さう, さうで, どうして, ひよつと, まだ左, ものあ, よい, われわれは, 中, 併ながら, 其れ, 国家の, 如き黄, 姫お前は, 昔は, 正しい, 此, 自分自身の, 適当であるまい, 音楽

▼ 考へるもの~ (27, 0.9%)

3 がある, である 2 では

1 [19件] か, があ, があら, があります, がなかつた, がゐたなら, がゐる, が利己主義者, が多い, だか, だが, です, で直線距離, とそれ, と常識的, において時々, の義務, はない, らしいつて

▼ 考へるから~ (23, 0.8%)

7 である 2 では

1 [14件] いかんよ, そして行, そんなもの, だ, だと, ぢや, であらうか, ともかく銀座, 一例として, 不思議な, 法律や, 眠れないとやかく, 言つてゐる, 起るので

▼ 考へるところ~ (22, 0.8%)

2 がある

1 [20件] から僞善者, があつ, が有, ではそれ, ではフランクリン, では例へば, では女, では東洋芸術, では西洋料理, では誤つ, には国民, によります, によれ, に從, に日本的, のすべて, の一切, はなから, もこれ, を言

▼ 考へるとも~ (18, 0.6%)

2 なく福富, なく考, なく考へた

1 [12件] つと精密, なくさ, なくぼんやり, なく夢, なく深い沈思, なく考へ, なく考へる, なく自分, なしに, なし馬, 無く考へ, 無く考へた

▼ 考へるより~ (18, 0.6%)

6 外は 2 仕方が, 他に, 外に 1 外には, 外仕方が, 大阪の, 実の, 皆んなの, 考へやう

▼ 考へる~ (17, 0.6%)

3 が正しい

1 [14件] からいへ, があゝ, がどうも, がよ, が便利, が前々, が可笑しい, が吾人, が安全, が昔びと, が正当, が無理, が記憶, の一人

▼ 考へるには~ (15, 0.5%)

1 [15件] これより, なかなか高価, 人の, 今や弓, 今一個の, 先づ熟語に, 勢四千年の, 勿体ないやう, 最も適當, 此行列の, 相当に, 考へたもの, 色々の, 茶を, 都合がよ

▼ 考へるよりも~ (15, 0.5%)

1 [15件] もつと, もつとずつと, 一日も, 一番広岡先生の, 僕は, 先に, 勇敢なる, 年齢の, 文学者自体の, 更に複雑, 本人自身が, 根深く汎, 泉君の, 私早く, 食物の

▼ 考へる場合~ (14, 0.5%)

2 さう

1 [12件] でも無視, にあれ, には同情, には自分たち, にもなほ道徳的條件, にも感性的, に多士済々, に戰慄, ほど私たち, 勿論これ, 即ち文化, 改めねば

▼ 考へるので~ (13, 0.5%)

10 あつた 1 あらう, せう, のんでも

▼ 考へる~ (13, 0.5%)

2 わからなくなるの, 誠に奇妙 1 これから先, その覚悟, それは, どうかした, 予の, 何一つ情, 分りません, 愈底, 無造作に

▼ 考へるだけ~ (12, 0.4%)

4 では 1 である, でなく都市, で総身, ならいい, 愚だ, 癪に, 考へ燃焼, 馬鹿な

▼ 考へるといふ~ (12, 0.4%)

3 風な 1 やうな, 働きある, 暇も, 様な, 歓び方, 生活が, 考へ方, 風が, 風は

▼ 考へる~ (12, 0.4%)

32 です, ですが 1 だから, だね, ですか, ですね, なら一人

▼ 考へる~ (12, 0.4%)

1 [12件] から賢く, であらう, ではともかくさういふ, では婚禮, では簑笠, で有らう, によれ, に依れ, に始, に日本, の思想, の終著

▼ 考へるとき~ (11, 0.4%)

1 [11件] いぢ, が休息, すぐ分る, だけは心, でも君くら, と同じ, にはかかる, はその, は福田氏, 大きなもの, 始めて思想

▼ 考へる~ (11, 0.4%)

1 [11件] に, にその, にもつ, にやはり, に人間, に今一つ闡明, に先づ憐愍, に大きな, に如何, に愛憎, に直ぐ

▼ 考へる余地~ (10, 0.4%)

2 がある 1 がない, がなかつた, すらなく, もある, もない, もなかつた, を残し, 大いにある

▼ 考へる~ (10, 0.4%)

1 にどの, にギクリ, に一生, に世の中, に亡くなつた, に実に, に必ず, に私, に老, に自分

▼ 考へる~ (10, 0.4%)

1 がある, がない, がなかつたで, などない, のない, もない, もなくなり過ぎた, もなく激しく, も無く, を有

▼ 考へるだけでも~ (9, 0.3%)

1 たまらない気持, 一仕事でした, 再び何百年, 恐ろしいやう, 憂欝で, 涙が, 無理である, 罪だ, 罪な

▼ 考へる~ (9, 0.3%)

3 だつたが, をした 1 からも來, で宙, をし

▼ 考へる~ (8, 0.3%)

2 があつ, がつい 1 がある, が今, が伝つて, のつい

▼ 考へる~ (8, 0.3%)

1 の多作, の料簡, の頭, はあまり, はきたない, はそれほど, は東洋的, は豆腐屋

▼ 考へる習慣~ (8, 0.3%)

1 がありました, がついた, は今日, は彼, をなくし, を作る, を失はう, を持つた

▼ 考へるため~ (7, 0.2%)

1 にはぢめ, には単に, に中途, に先づそ, に在る, の努力, 少し散歩

▼ 考へると共に~ (7, 0.2%)

3 微妙に 1 他面には, 流行が, 肉体の, 隣人たる

▼ 考へるまでも~ (7, 0.2%)

1 ないこと, なくあまりに, なくすでに, なくそれ, なく僕, なく彼, なく誰

▼ 考へる余裕~ (7, 0.2%)

2 もない, もなく 1 がなく, なんてなかつた, は微塵

▼ 考へる~ (7, 0.2%)

2 に依る 1 にあらゆる, の言語本質観, は理智, まで来た, もあるなれ

▼ 考へる~ (7, 0.2%)

1 な區別, な境遇ぢ, になつ, になつて來, になる, に國家, に目録學

▼ 考へる~ (7, 0.2%)

1 すら無い, と合, に取, に至つて, は虚榮, もなく, も考へる

▼ 考へるだけの~ (6, 0.2%)

1 ことで, ことである, ことを, 人なら, 理知の, 餘裕も

▼ 考へる~ (6, 0.2%)

3 せう 1 あらうが, あらう間, せうね

▼ 考へるのに~ (6, 0.2%)

1 それも, 京都の, 今日の, 唯今の, 手が, 無言で

▼ 考へるわけ~ (6, 0.2%)

2 である, にはいかない 1 であります, はない

▼ 考へる時間~ (6, 0.2%)

1 がある, がよく, が余程, が多い, を与, を与へ

▼ 考へるとき私~ (5, 0.2%)

1 の取扱, の思想, は涙ぐましく, は私, は覺醒

▼ 考へるひま~ (5, 0.2%)

2 もなく 1 がない, もない, も無く

▼ 考へる~ (5, 0.2%)

1 には別, に多少, に就, に非常, の大事

▼ 考へる傾向~ (5, 0.2%)

1 があり, がある, がこれ, が生じ, もない

▼ 考へる餘裕~ (5, 0.2%)

1 がなかつた, のない, はありませんでした, は十分, も無い

▼ 考へることさ~ (4, 0.1%)

1 へ, へある, へも怖, へ心

▼ 考へるつもり~ (4, 0.1%)

1 でせう, では, でま, はない

▼ 考へるとを~ (4, 0.1%)

2 かしな 1 かしいやう, かしいわ

▼ 考へる~ (4, 0.1%)

1 それだけ生, もとより甚しき謬見, よろしい考へなけれ, 甚しき誤解である

▼ 考へるばかり~ (4, 0.1%)

1 であつ, では, で二人, で月かげ

▼ 考へるよりは~ (4, 0.1%)

1 どうにかし, 弱い, 貴方の, 雄鷄

▼ 考へる代り~ (4, 0.1%)

3 に酒 1 に十二銭

▼ 考へる以上~ (4, 0.1%)

1 その考へる, に感じ, に複雑, 在るとも

▼ 考へる~ (4, 0.1%)

1 に仕方, に大きく, に爲方, はない

▼ 考へる思想~ (4, 0.1%)

1 が或, が現, が非常, である

▼ 考へるうち~ (3, 0.1%)

1 にもやはり, に赤羽行き, に遠く

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 お前の, その解答, 僕自身不思議に

▼ 考へるかも~ (3, 0.1%)

2 知れない 1 しれません

▼ 考へるがね~ (3, 0.1%)

1 それでも慾, それでも欲, 夫れで

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 ういふ, へなんとなく, 新規卷直しだ

▼ 考へるたび~ (3, 0.1%)

1 に何, に咢堂, に自分

▼ 考へるなと~ (3, 0.1%)

1 いつても, 夜はきまつ, 書くより

▼ 考へるほどの~ (3, 0.1%)

1 ことで, ことを, 考へが

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 ああ一昨年, あゝ一昨年, ゆうも

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 だから, だよ, ですよ

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 のある, もない, を作る

▼ 考へる度毎~ (3, 0.1%)

1 にその, に彼, に男性

▼ 考へる文學~ (3, 0.1%)

1 の事, の普遍性, の目的

▼ 考へる様子~ (3, 0.1%)

1 でさ, で病室, もなく

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 にノロノロ, に無, に裏

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 には平次, に平安朝以後, の道具

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 だツ, はない, はなかつた

▼ 考へる自分~ (3, 0.1%)

1 が一番, の勝手, を哀れ

▼ 考へる~ (3, 0.1%)

1 はなかつた, もない, もなく

▼ 考へるからの~ (2, 0.1%)

1 ことであり, 間違ひである

▼ 考へるくせ~ (2, 0.1%)

1 がある, がつき

▼ 考へるそして~ (2, 0.1%)

1 それが, 非常に

▼ 考へるそれ~ (2, 0.1%)

1 が文学, が非常

▼ 考へるだけで~ (2, 0.1%)

1 肩が, 退屈だ

▼ 考へるとき我等~ (2, 0.1%)

1 の, は茲

▼ 考へるとしても~ (2, 0.1%)

1 それが, どうもそれ

▼ 考へるとは~ (2, 0.1%)

1 それは, 平生の

▼ 考へるどころ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 考へるにも~ (2, 0.1%)

1 沈涵の, 組織立つた感じ

▼ 考へるほか~ (2, 0.1%)

1 なかつたの, はない

▼ 考へるまれびと~ (2, 0.1%)

1 の原, の原始的

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 しこ, 恐しい僻地

▼ 考へるもん~ (2, 0.1%)

1 かね, ですか

▼ 考へるよう~ (2, 0.1%)

1 にさ, になつ

▼ 考へる一面~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 考へる世間~ (2, 0.1%)

2 の通念

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 にフト, に讀聲

▼ 考へる人々~ (2, 0.1%)

1 の芸術観, 殊にそれ

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 でした, ゐ無茶

▼ 考へる作家~ (2, 0.1%)

1 もあつ, もゐ

▼ 考へる価値~ (2, 0.1%)

1 があります, の充分

▼ 考へる信仰~ (2, 0.1%)

1 があつ, である

▼ 考へる内容~ (2, 0.1%)

1 などは無, の不

▼ 考へる向き~ (2, 0.1%)

2 もある

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 のゆとり, の餘裕

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 には, の様

▼ 考へる故に~ (2, 0.1%)

2 私は

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 が多く, が義雄

▼ 考へる旧い~ (2, 0.1%)

2 観念であります

▼ 考へる時代~ (2, 0.1%)

1 において社會, は過ぎ

▼ 考へる時私~ (2, 0.1%)

1 には他力, は近頃

▼ 考へる樣子~ (2, 0.1%)

1 でしたが, もなく

▼ 考へる次第~ (2, 0.1%)

2 であります

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 となれ, になる

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 に, に私

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 にはなれなかつた, も殆

▼ 考へる気力~ (2, 0.1%)

1 がなかつた, といふもの

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 の良い, もない

▼ 考へる理由~ (2, 0.1%)

2 は十分

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 ではなかつた, の心

▼ 考へる系統~ (2, 0.1%)

1 とそれから, と二つ

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

2 へ方

▼ 考へる通り~ (2, 0.1%)

1 の信仰, を考へ

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 がなかつた, もなく

▼ 考へる野心家~ (2, 0.1%)

2 とか若く

▼ 考へる~ (2, 0.1%)

1 も無く, をおい

▼ 考へる餘地~ (2, 0.1%)

1 があつ, すらいつも

▼1* [227件]

考へるあれが来, 考へるいろいろな方向, 考へるおれではなかつた, 考へるかたちをした, 考へるかと云へば, 考へるかといふことは, 考へるかをたしかめたかつた, 考へるぐらゐが関の山であつ, 考へるふも同様, 考へるけれど何といつ, 考へるけれども南の, 考へること創案すること, 考へること廣く考へること, 考へること言ふこと, 考へるこの宿の, 考へるさかなだ, 考へるすべてのこと, 考へるそこで博士は, 考へるたとへばこの鴫沢, 考へるため彼は戸外, 考へるたんびに怖く, 考へるだけに呪は, 考へるといぢらしい気, 考へるといつても必ずしも, 考へるとか想を, 考へるとかいふところから, 考へるとがつかりして, 考へるときそれ自身また非, 考へるときジィドはボオドレエル, 考へるとき一島国日本が彼, 考へるとき支那にある, 考へるとき私たちのこ, 考へるとき落ちつきがない, 考へるとずつと長い歴史, 考へるとぞつとします, 考へるとにふなみ, 考へるとわッといふ, 考へるどれもみんな, 考へるツと, 考へるなどはおよそ肌, 考へるなんて事が, 考へるにつけ今更途方, 考へるのさへ頼り, 考へるのほかないで, 考へるのみならずあらゆる, 考へるの厭だわ, 考へるはたなる物, 考へるひとはない, 考へるひまさへ與, 考へるふうでした, 考へるまでに発達し, 考へるまでになつてゐた, 考へるまではなからう, 考へるものぢやない, 考へるある時, 考へるゆとりが出, 考へるよかせつせ, 考へるる, 考へるんぢやない, 考へるガラツ八はもうすつかり, 考へるガランとしてそして, 考へるライフよりも見る, 考へる一つの点, 考へる一人の僧侶, 考へる一個の人物, 考へる一応の参考, 考へる一方それらのプルウスト, 考へる一方私はもつ, 考へる一般の人, 考へるでも汚, 考へる主人の好み, 考へる乞食はよく, 考へる事さへ出, 考へる事すべてが無駄, 考へる事等は思ひ, 考へる人さへ僅少, 考へる人懐こい弱味を, 考へる人柄でした, 考へる人生は, 考へる人達の心, 考へる人間はそんな, 考へるには何, 考へる位覺束ない話, 考へる何らの根據, 考へる何故と云, 考へる佛教が流行つた時, 考へる傾きを多く, 考へるのエゴイズム, 考へる其感想を現, 考へる其理由は雜誌, 考へる具体的事実としてそれ, 考へる切なさ, 考へる前夜の考, 考へる勇気すら無く, 考へる原因があり, 考へるき場合, 考へるが多く, 考へる哲學は學問, 考へる唯一の手, 考へる問題をふくん, 考へるなる民族主義, 考へる地主さんのはう, 考へる地方が却つて普通, 考へる基礎条件である, 考へる場合あたしはいつたい, 考へる場合僕は地域的, 考へる夏のをはり, 考へる大切な時代, 考へるがなかつた, 考へるだな, 考へる姿でやがて, 考へるでしたが, 考へる学者型の人, 考へる學問であ, 考へる小さい名も, 考へる工藤の思ひ, 考へる常識論である, 考へる平安朝初期嵯峨天皇を中心, 考へる張合もございません, 考へる形式的な考へ方, 考へるである, 考へるは東京, 考へる微苦笑する外, 考へる心それに死, 考へるではない, 考へる性質でない自分, 考へる悲觀の感念, 考へる意味があつ, 考へるる意味, 考へる或は考へ, 考へる才覚もなかつた, 考へる批評家まで特攻隊, 考へる振りをした, 考へるに私, 考へる方々も多から, 考へるとはお, 考へる日本の洋画, 考へる日本画が将来, 考へる時々オイボレセンチを, 考へる時そこに非常, 考へる時それを生み育てる, 考へる時ぢやない, 考へる時以上の要約, 考へる時刻に女, 考へる時国語の現状, 考へる時国語教育は非常, 考へる時大体次のやう, 考へる時希望に似た, 考へる時我々は常に, 考へる時時間の節約, 考へる時現在の行き, 考へる時社會を考へ, 考へる時自分たちの血液, 考へる時議會以外やはり翼賛會, 考へる普通の処女, 考へる最も模範的な, 考へる根拠ができたら, 考へる根本の思想, 考へる根柢の在り方, 考へる根気さへない, 考へる機械的な見方, 考へるういふ事, 考へる武士とが尠, 考へる殊に足駄を, 考へる気分になり, 考へる氣力をさ, 考へる演劇の本質, 考へる火ひとりの火, 考へるにある, 考へる為めに生れ, 考へるはし, 考へるだと, 考へる独身者の繰, 考へる理想的有段者といふもの, 考へる生活でも考へる, 考へる真似をした, 考へる眼つきをし, 考へる程奇妙な気色, 考へる程弊害はない, 考へる程有形的な原初, 考へる程私は未, 考へる程空おそろしい気, 考へる程腹が立つ, 考へる程自分を醜く, 考へる積りで小, 考へる立場にある, 考へる立派な方法, 考へるはれても, 考へるだ, 考へる粗忽な人, 考へる組踊りよりも古い, 考へるなど, 考へる習はしを推し, 考へる習性を持たぬ, 考へる考方が誤つ, 考へる自負は持ち合せない, 考へる若い世代の, 考へる苦しさの, 考へるである, 考へるである, 考へるがある, 考へるの橋, 考へる行乞といふこと, 考へる表情になり, 考へる解釋に由れ, 考へるにはいかない, 考へるりで, 考へる語原研究が民俗, 考へる誤認の癖, 考へるにも行かない, 考へる豪傑はゐまい, 考へる貴重な反省, 考へる迄も無く吉村忠雄氏, 考へる通り刈り上げの犒, 考へる醫學者の中, 考へる醫者の量, 考へるを作らなかつた, 考へる限りこれは正しく, 考へる限りそれに属する, 考へる限り手紙の価値判断, 考へる階級の思索, 考へるには實, 考へるはいい, 考へるをした, 考へるをし, 考へる風習とはあくまでも, 考へるでは齊昭