青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考へた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

考えた~ 考えられ~ ~考えられる 考えられる~ ~考える 考える~ 考え方~ ~考へ 考へ~ ~考へた
考へた~
~考へる 考へる~ 考察~ ~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~ 聞~

「考へた~」 1247, 13ppm, 8223位

▼ 考へた~ (269, 21.6%)

64 である 27 です 2211 であります 8 では 7 ですが 6 だが 5 であるが 3 さ, だと, だよ, だらう, でした, はこの 2 か, かも知れない, が中世念佛, が古代, だつたが, であるか, は当然, は日本, は當然, も無理

1 [81件] かと自分, かもしれない, かも知れません, か話, がこ, が中世念仏, が古い, が向, が変じ, が最初, が次に, が社長さ, が間違, が間違つて, が鬼, そしてやはり, だから, だけれど, だけれども, だこれ, ださうである, だな, だもの, だ何, だ相, でありました, でありまして, であります前, であると, である併, である故に, ですあれ, ですこれ, です馬, と, とはちがっ, とは丸, とは大分見当, ともう, と同, と同じ, と大差, と此二つ, はここ, はこつち, はまことに, はわが, は事實, は今日, は何, は俺, は僕, は其流行, は勿論, は十年ぐらゐ昔, は坊主, は家康, は山, は後世, は日本神道, は本, は此, は気持, は水, は理由, は眞理, は私, は純粋芸術, は聲聞, は身綺麗, は道教, は金貸し, は間違, は間違つて, もそれ, も古く, も女, も此処, をおぼえ, をそれ, 雪は

▼ 考へたこと~ (157, 12.6%)

15 もない 14 がある 7 はない 6 はなかつた 4 がない, である, や感じた 3 があつ, がなかつた, であつ, のない, もありません, もある, もなかつた 2 があります, でその, のある, は, は之, もなく

1 [70件] あるわ, か小母さん, がありません, があるまい, があるらしく, がございます, がございません, がなく, が屡々, が思ひ出され, が文字, が有, ございませんつて, すらある, だが, だけをやつ, だらう, だらうな, であ, でありませう, であるが, である山頭火, でこの, でしかも, でせう, で殿樣, で養生, とピタリピタリ, と同じ, ない, ないけど, なの, にある, にはこれ, に就い, の意味, の無, はありません, はある, はすぐ, はどう, はまだ, は一度, は余り, は兎, は奇體, は尠, は常に, は彼女, は從來著作者, は疑ない, は素より, は起つた, もあります, も事実, も思ひ出せる, も言, も話し, をその, をまた, をみんな云, を一二拾つてお話, を口, を少し, を断片的, を紙, を繰返した, を聞い, を良い, を言

▼ 考へた~ (102, 8.2%)

3 それも 2 これも, その夜, その時, それでも些, 二等の, 分らない, 若しかする

1 [85件] あの女, あの海, あの離屋, いツ, ええマヤ, お豊, これは, これまで, こんなに頬, さうまごつい, さて何時, しかし默つて, せつかく, そこで, その他の, それより, そんなこと, ためだ, どうしても適当, どうも分らなかつた, なかなか何, はつと, ふしぎに, また女, まだ書きあげない, やつぱり困つた, やつぱり肩に, やはりこの, よからう, わからないので, 一年毎に, 一度す, 下宿とは, 丸太を, 久しぶりで, 二三件向うに, 二三軒向うに, 五人の, 人事としか, 今度といふ, 今度は, 今朝に, 何と, 先づ第, 先の, 全体幾許, 別に, 右の, 否此処, 否此處, 如く一絲掩, 実際自分, 少しも, 左様でも, 彼は, 待てよ, 思ひだせなかつた, 急に, 意を, 斯んな, 最後又, 東京を, 根本は, 此の, 此事情から, 気がついて, 生憎通つた数台の, 矢張り予定通り河口湖の, 私も, 素人の, 素直に, 網も, 考への, 肝腎の, 自分の, 船で, 良かつ, 表通りばかり, 解らなかつた, 話が, 軽娘子, 酒屋米屋の, 間近く來, 靈魂の, 頭が

▼ 考へたので~ (50, 4.0%)

10 あつた 6 あらう 4 私は 2 女の

1 [28件] あつて, あとで, あべこべに, あらうか, あらうけれども, あらう彼, この方, これでは, さうし, その後は, その方法, なからう, 一夜の, 之より, 予めその, 喫煙室に, 少年と, 少年に, 急ぎ武村兵曹, 急ぎ開い, 愈, 時として僞書, 氣が, 無論一日, 甚しい, 眼を, 考へたこと, 遂に意

▼ 考へたもの~ (49, 3.9%)

5 だ, である 2 だが, で, であらう, ですね, らしい

1 [29件] かなどととりとめ, か又, があるだらう, が即ち, が唯, さ, だと, だな, だらう, であつ, であります, でありますから, であるが, でか, でさ, で其祖先, で單, で差當, で御座いませうか, と見え, と見える, と見た, なの, に二通り, のやう, はかく, は多く, もある, らしく此等

▼ 考へた~ (48, 3.8%)

7 があつ 4 もある, もない 3 がある 2 のない

1 [28件] あつた, あるかい, から其, から出来た, から生じた, がなかつた, であらう, でございましたが, でした, なん, にはどうも, に一生懸命, に自分, はない, はなかつた, は一度, は既に, は無, もあつ, もあます, もありました, もありやしません, もあるらしい, もなかつた, を一, を云, を手, を直ぐ

▼ 考へた~ (39, 3.1%)

3 平次は 2 知れなかつた

1 [34件] いづれ周章てた紛れ, その儘八五郎, その現金, その邊, とにかく日本, どうか, もう一度五助, もう一度拜殿, もう一度横井源太郎, 五六人の, 元々さ, 入口から, 匕首なんか, 少しの, 屏風の, 平次の, 志賀屋伊左衞門を, 急に, 懷紙を, 押し返して, 斯う, 相手にも, 知れない, 立ち停りました, 立上がつて, 立上がつて柱, 自分も, 誰に, 踵を, 近くも, 隣りの, 風呂敷を, 飛んでも, 飯田町を

▼ 考へたから~ (32, 2.6%)

8 である 5 であつ

1 [19件] あとは, かうして, だ, であります, でした, です, です一つ, でせう, でも, で三日, で其魂, で原, 人憚らず, 差し當り, 彼も, 斯う, 早業を, 渠は, 鍵を

▼ 考へたやう~ (29, 2.3%)

1 [29件] であ, ないと, なその, なところ, なものぢ, な呑氣, な心中男ぢ, な心持, な次第, な清浄高潔, な理由, な蛇, に, にあらゆる, にこの, にし, にのそり, にも取れる, に今日, に厳槌, に同じ, に思ふ, に抽象的, に春秋, に村人たち, に自分, に設備, に谷, に貞女

▼ 考へた~ (24, 1.9%)

4 あの下 2 は何とも

1 [18件] あらゆる重大, その激怒, どうしてももう一度後, に, にその, にはかれ, には事実上, に問題其物, に彼, に私, に起る, は大, は大変, は嬉し, 代助, 小奴, 最も頑固, 泣く程

▼ 考へた~ (23, 1.8%)

64 だが, だらう 2 ですが, ですよ 1 だつたら初め, だと, だね, です, ですがね

▼ 考へたところ~ (19, 1.5%)

2 から出た, で何

1 [15件] から, から始まる, がある, ではガゼツト, では全滅, でガラツ八, で始まらない, で少し, で承服, で活, で現場, で眼鼻, に, に彼, の彼

▼ 考へた~ (16, 1.3%)

2 ほりに

1 [14件] いふが, しろで, ほり舟, 世間へ, 同じやう, 同じ考へ, 同時に外, 思ふと, 書くか, 納得し, 見える寧そ俺, 見て, 言ふ, 述べたが

▼ 考へたとて~ (11, 0.9%)

4 私の 3 仕方が, 始まる事 1 分る筈

▼ 考へた~ (11, 0.9%)

4 しても 3 相違ない 1 すぎない, すぎなかつた, 反し千代子, 違ひない

▼ 考へた~ (11, 0.9%)

2 でどう 1 での裁決, ではじめて, でわが, で云, で刑, で言つて, で返事, のこと, の事

▼ 考へただけでも~ (10, 0.8%)

1 うれしいこと, 厭や, 実にはや忙しい, 悲慘で, 旅人は, 私も, 笑ひたい, 胸糞が, 重くならざる, 鳥肌に

▼ 考へた~ (8, 0.6%)

2 があります 1 が口語, であつ, の頭, はあります, もあつ, もある

▼ 考へた~ (7, 0.6%)

1 が, こんな機械, その脇差, そんなこと, に木箱, 又お, 思ひ付いたの

▼ 考へた~ (7, 0.6%)

1 であつ, であらう, でありませう, である, であるらしい, で数多い, にとりあ

▼ 考へたといふ~ (6, 0.5%)

1 ことです, ことも, のは, のも, 事実に, 修行を

▼ 考へた時代~ (6, 0.5%)

1 が今, に出来た, のこと, の姿, の考, もあつ

▼ 考へただけ~ (5, 0.4%)

1 でうんざり, でたまらなく, では, で平次, で船醉

▼ 考へた~ (5, 0.4%)

1 では, で云, で決然, に仰山, に彼

▼ 考へた~ (5, 0.4%)

1 がい, がよい, がよかつ, がよから, が花

▼ 考へた次第~ (5, 0.4%)

3 であります 1 だよ, であ

▼ 考へたきり~ (4, 0.3%)

31 で空

▼ 考へただけで~ (4, 0.3%)

1 ひとつの, もう幸福, 直ぐ分る, 眩んで

▼ 考へたんで~ (4, 0.3%)

1 しよう, せうな, せう手, 実はこんな

▼ 考へた場合~ (4, 0.3%)

1 にさ, にその, には精魂, に一国

▼ 考へた揚句~ (4, 0.3%)

1 が自分, とうとう瓢箪, 畢竟森先生, 草臥れて

▼ 考へた通り~ (4, 0.3%)

1 に實行, に書い, の人, の幸福

▼ 考へたあげく~ (3, 0.2%)

1 に呼ぶ, 悉く冗談, 最も公明正大

▼ 考へたかも~ (3, 0.2%)

1 知れないと, 知れなかつたから, 知れぬ

▼ 考へたくら~ (3, 0.2%)

1 ゐだ, ゐである, ゐですから

▼ 考へたけれども~ (3, 0.2%)

1 その車, わからなかつたた, 自分の

▼ 考へた~ (3, 0.2%)

1 なんども, また途中, 且細君には

▼ 考へたため~ (3, 0.2%)

2 だらうか 1 でもあつ

▼ 考へただけでもぞ~ (3, 0.2%)

1 つとし, つとした, つと寒

▼ 考へたでも~ (3, 0.2%)

3 あらう

▼ 考へたとき~ (3, 0.2%)

1 には慌て, もあつ, 余儀なくそれ

▼ 考へたとも~ (3, 0.2%)

1 見える憂鬱さ, 言ひ得る, 言へるで

▼ 考へたもん~ (3, 0.2%)

1 だ, だと, だね

▼ 考へたよりも~ (3, 0.2%)

2 遙かに 1 猶一層深く

▼ 考へたわけ~ (3, 0.2%)

2 では 1 でも

▼ 考へた山越し~ (3, 0.2%)

2 の阿彌陀像 1 の阿弥陀像

▼ 考へた時私~ (3, 0.2%)

1 は前, は息詰る, も亦

▼ 考へた~ (3, 0.2%)

1 であるが, である即, に渡さう

▼ 考へた~ (3, 0.2%)

1 であつ, です, の深い

▼ 考へた自分~ (3, 0.2%)

1 が間違つて, はこれ, は自分

▼ 考へたからとて~ (2, 0.2%)

1 それは, 奈何なる

▼ 考へたこの~ (2, 0.2%)

1 甲羅を, 虫の

▼ 考へたそして~ (2, 0.2%)

1 嫌な, 宗教よりも

▼ 考へたその~ (2, 0.2%)

1 心理を, 日から

▼ 考へただけの~ (2, 0.2%)

1 ことだ, 事さ

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 あらう, あらうが

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 あれぢやあ, 決して江戸

▼ 考へたばかり~ (2, 0.2%)

1 でも, で無く

▼ 考へたほど~ (2, 0.2%)

1 だらしの, 切ない思

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 僕も, 尤も綱

▼ 考へたよりは~ (2, 0.2%)

1 彼等に, 進歩した

▼ 考へた亡妻~ (2, 0.2%)

2 を褒める

▼ 考へた人間~ (2, 0.2%)

1 が想當, の精力

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 がつけ度, をお七夜

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 が二年晩, は稍

▼ 考へた想像~ (2, 0.2%)

1 で何, に過ぎなかつた

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 で其の, を書い

▼ 考へた挙句~ (2, 0.2%)

1 の夫, 書く場合

▼ 考へた文句~ (2, 0.2%)

1 をそれに, を小さな

▼ 考へた末自分~ (2, 0.2%)

1 から進ん, もこれから

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 なもの, に翁舞

▼ 考へた様子~ (2, 0.2%)

1 で小説家, にも見えた

▼ 考へた~ (2, 0.2%)

1 がある, は僅か

▼ 考へた瞬間~ (2, 0.2%)

1 にさ, に彼女

▼ 考へた結果~ (2, 0.2%)

1 はいろいろ, まあ年長

▼ 考へた覚え~ (2, 0.2%)

1 がある, はございません

▼1* [163件]

考へたあの女の, 考へたあれほど活氣, 考へたいかさま学説を強, 考へたいやむしろ立ち去, 考へたにの姿, 考へたかと尋ねるとき, 考へたからなのよわたくしだ, 考へたからのことで, 考へたかを思ひ其処, 考へたけれど大きに思ふ, 考へたここにかう, 考へたことぢやない, 考へたこと従つて其処への行き, 考へたこと想つたこと, 考へたこんな立派な, 考へたしかしながらその貧乏, 考へたすべてのこと, 考へたすゑセンイチはふと, 考へたすゑ私は椅子, 考へたそして又衝突なり, 考へたそれとうまく, 考へたたまが石, 考へたためしがない, 考へたつて曲者はお, 考へたつて板倉屋だ, 考へたつて歸らなくち, 考へたつて爲方がない, 考へたつて自害ぢやありません, 考へたつもりだつた, 考へたといふだけのことで, 考へたときこいつは好い, 考へたとき信一郎の心, 考へたとき彼の全身, 考へたとき私は腹立たしく, 考へたとき自分が生き, 考へたところがそれを, 考へたとしても涙を, 考へたとは云へ, 考へたア, 考へたのに違ひない, 考へたのみで夫, 考へたほどの本質的矛盾が, 考へたまだ土地も, 考へたもしお前の, 考へたもんぢやない, 考へたやり方で如何, 考へたよりもつと, 考へたわけぢやない, 考へたギリシア哲學は形相, 考へたて仕方, 考へたてもう, 考へたドウか今年, 考へたプランだつたこと, 考へたモナドは表象, 考へた一夜だつた, 考へた三十頁ばかりの論文, 考へた上八五郎親分に申, 考へた上明日もう一度行つて, 考へた上米価を標準, 考へた下女とは縁, 考へた世界の限り, 考へた久度神古開神, 考へた事実に即した, 考へた今更どうなるもの, 考へた仕業だよ, 考へたもある, 考へた儒家思想發展史を空漠, 考へた六略の趣旨, 考へた其のおしまひ, 考へたで関, 考へたは所謂, 考へた博奕打にする, 考へた古人の心, 考へた合理的な説明, 考へた名前ぢやありません, 考へた名義である, 考へた唯一のこと, 考へた問題ながら何時, 考へた在来の, 考へた場合それに属し, 考へた場合政治家なら政治, 考へた學者もあつ, 考へた小麦の粒, 考へた常世は古く, 考へた平中は局, 考へたの花瓶, 考へた彼女は死, 考へた後彼女は答, 考へた接待役の地霊, 考へた揚句やつぱりかういふものだらうと思つた, 考へた揚句傍らの一本, 考へた揚句外国の若い, 考へた揚句暮しの苦し, 考へた揚句涙含んで, 考へた揚句湯へ行く, 考へた揚句隣町の道尊坊, 考へた新垣平は漢初, 考へた方面には老翁, 考へたには一日, 考へた時みのるの眼, 考へた時事の奇, 考へた時二人はせう, 考へた時期もあつたらしく, 考へた時頭のどこ, 考へた曲者を嗅ぎ廻しました, 考へた末これは人樣, 考へた末それは蠻人, 考へた末ひとつやつてみよう, 考へた末もとの海軍省, 考へた末一つの案, 考へた末一生懸命に働い, 考へた末二十円の大きな大きな, 考へた末危い商, 考へた末口を噤ん, 考へた末呉服橋の末広中店, 考へた末委細の説明, 考へた末役者にならう, 考へた末彼女は到頭, 考へた末微笑して, 考へた末斯んなこと, 考へた末根岸の寮, 考へた末照ちやんが此鹽梅, 考へた末田丸の娘たち, 考へた末芹澤が真先, 考へた末近頃の時局ニュース, 考へた末運送店に勤める, 考へたをする, 考へたく貧弱, 考へた樣子です, 考へた正しい詩形の, 考へた此時の状態, 考へたに行く, 考へた民譚と言, 考へた民間伝承の起原説明, 考へた水かけの口, 考へた汚辱のため, 考へた無碍孤独の境涯, 考へた田地絹物などを抵當, 考へた町人のやう, 考へたその次, 考へた直ぐ後体感的な気持, 考へた研究法に我々感服, 考へた祖父は四方, 考へたの方, 考へた積りであつ, 考へただと, 考へたでは何, 考へた結果日本に於ける, 考へた經綸とは較べ, 考へたきを, 考へたも多, 考へたを弟, 考へた親爺はその, 考へた記憶さへない, 考へたです, 考へた語法がある, 考へたがあります, 考へた通り一尺四方程の臆病窓, 考へた道徳的負擔, 考へた遠い昔の, 考へた部分を結ん, 考へた都会は美くしい, 考へた霊魂の信仰