青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「筋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~笛 笛~ 笠~ 笹~ ~筆 筆~ ~筈 筈~ 等~ ~筋
筋~
筒~ ~答 答~ ~答え 答え~ ~答えた 答えた~ ~答える 答える~ 策~

「筋~」 5887, 61ppm, 1887位

▼ 筋~ (1274, 21.6%)

16 もので 11 違ったもの 8 ものが 7 通つた, 面白さ 6 ように, よくねえ, 惡い, 手に, 通った話, 運び方 5 ない小説, 方から, 通ったこと 4 ものだ, 上に, 人が, 方へ, 皺が, 細い路, 閃き過ぎた色

3 [17件] ことを, ないもの, なきわからず, ものの, やうに, ような, 悪い品物, 或る, 注意を, 眼を, 立て方, 航路だ, 許可を, 通って, 運びを, 道を, 違うもの

2 [86件] あること, あるもの, ある話, ある軍帽, い, いいお客, いいの, うすい涙, ことで, とおったこと, とおった貧乏, ないこと, ない処, はいったもの, はちきれるやう, ものである, ものも, よくない, リボンを, 上では, 上にも, 世之, 中へ, 事には, 人々に, 人で, 人に, 入った帽子, 入つた, 刎橋が, 取締が, 同情を, 報道に, 大川市の, 大道路, 小袖に, 嶮しく見える, 廊下を, 廻し者が, 弓も, 弓を, 悪いこと, 悪漢の, 手を, 手拭は, 方で, 本職の, 模様を, 涙が, 混雑する, 溌剌と, 発展の, 白い煙, 目に, 眼が, 眼は, 矢が, 矢は, 秀れ, 立たない主張, 立ったところ, 立った理屈, 立つたの, 立つよう, 糸の, 細い流れ, 細かい髪, 考である, 者が, 者だ, 者に, 腱が, 裏に, 跡が, 通ったもの, 通った鼻, 通らないこと, 通らない小さい, 通らねえこと, 運びの, 運動具店で, 運河とは, 青い煙, 鞭に, 髪の毛を, 黒い虫

1 [923件 抜粋] あいだに, あたりに, あってか, あらましは, ありふれた運びかた, あるただ, ある喜劇, ある小説, ある御, ある歌, ある石, ある美女, ある頬骨, いい太刀, いい漢学者, いい者, いるか, いるくぼみは, うちです, うち恋愛の, お侍たち, お友達, お客から, お客さまだ, お方でございます, お玉を, お許しが, かたぎの, がある, くせに, くぼんだところ, ぐあいであろう, ことか, ことは, こまかい単, ごとくほのか, ごとく二ヶ処, さる大会社, さる大藩, さる藩中, しかも行き止り, せせらぎを, たつの, ために, ついた憲兵, つそり, てんで, とおったもの, とおった話, とおらない策, とおらぬもの, ないこんな, ないスケッチ劇, なかに, なまめかしかった, はいったまがい方, はいった制帽, はいった服, はいった軍服, はこびが, はこびに, はひつ, ほうか, ほつれ毛が, まま物語っ, みどり川へ, ものかと, ものであろう, ものでない, ものと, ものは, ものを, やうな, ゆるんでる娘さん, よい子, ようじゃ, よからぬ, わかって, わるい女, ガンブラアには, マーケットの, 一つも, 一人の, 三角部だった, 上にか, 上を, 上役人, 不安な, 両側に, 亀の, 了解も, 事などは, 事に, 事は, 事を, 二本は, 二階に, 人, 人たちが, 人であった, 人の, 人は, 人種が, 他の, 伊勢参りとしか, 会所に, 住民が, 作文を, 作用である, 係官な, 信用も, 借が, 側に, 働きを, 儀なお, 優れたもの, 入ったの, 入った両, 入った提燈, 入った緑色, 入った雨, 入った電報, 入墨, 全体は, 其れ, 出た御召縮緬, 切れたらん, 切れないよう, 刑事だ, 判断に, 制帽を, 力によって, 努力が, 動きだけに, 動きで, 動きとは, 動くの, 勝ったの, 南方今の, 友達川という, 取つ附きの, 取り調べを, 古い袷, 古風な, 合わぬこと, 同情が, 命令が, 唐七糸帯は, 唐辛子だ, 問屋で, 喫茶店で, 噴煙が, 固めの, 地勢や, 地方は, 坦道鶯坂と, 場末町みたいな, 変ったところ, 変化と, 夕煙が, 外に, 多い肉, 多く混じった, 夜店では, 夜店へ, 大出水, 大切な, 大名の, 大粒な, 大通が, 大部分, 太夫三味線弾き, 奨励でも, 女が, 女の, 奴らが, 如くく, 娘とか, 安倍丹之, 客で, 家, 家では, 家も, 宿とは, 宿場女郎に, 宿場町が, 宿役人が, 宿駅とは, 小説, 少年科学小説を, 居酒屋などに, 展開も, 山女魚は, 川の, 川を, 差押え高で, 巻鬚に, 希望も, 師直と, 帳面を, 幅の, 平凡な, 幽に, 庄屋仲間として, 弛んだ処, 強靱な, 役人でなく, 役人を, 往来は, 後を, 御用だ, 御番所, 怒りつつ, 急激の, 悪いの, 悪い口入屋, 悪い女, 悪い狼達, 悪い金, 情に, 情景を, 意見や, 手から, 手へ, 手ッて, 手拭が, 手提電灯の, 手配りを, 抜毛かと, 拡がりのみを, 捜索が, 捜索方針は, 掛官が, 探偵に, 文から, 新地頭, 方々も, 方を, 方角から, 旅は, 旅人も, 旅籠屋が, 旦那か, 旧家などでは, 明かさ否定, 景色が, 最近の, 木戸木戸へも, 条痕が, 東西の, 松平家が, 板敷に, 林檎の, 某藩, 柳町に, 検挙が, 極めて簡単明瞭, 楽天性だの, 構成この, 様に, 横縦に, 橋梁を, 歓迎を, 正しいもの, 正しい国政, 正しい計画, 正眞正銘, 武器として, 武家などを, 武者と, 歩道の, 毛糸雑貨屋の, 民謡を, 水脈に, 池内に, 決議に, 波瀾と, 注意も, 活動を, 流れは, 浪士が, 浮かんだ禿げ上り, 涎と, 涙であった, 涙といふ, 混濁を, 混雑の, 滝の, 火箭が, 炎症は, 無い小説, 無理を, 煙筒に, 燈心は, 物資集散が, 珍説も, 理解では, 町, 異常で, 疑いを, 痙攣を, 発展し, 発展で, 発展と, 発展にも, 発展もしくは, 発育が, 白い暖簾, 白粉も, 白髪も, 皺の, 目付が, 真昼間, 着物に, 矢の, 知りあひで, 砂糖屋次が, 神經は, 秩父銘撰の, 穴子が, 立たないしたがって, 立たない從, 立たない敵討, 立たぬもの, 立ったこと, 立った何事, 立った発言, 立った話, 立った説明, 立つたこと, 立つた手柄, 竪繩に, 笠屋町の, 糸が, 糸に, 糸を, 紋, 紹介が, 組立て, 絡んで, 絵図面を, 緊って, 線路が, 縄で, 縮んだ工合, 群集が, 老舗で, 者じゃ, 者で, 者は, 者を, 耳に, 脂汗を, 腕章を, 自由な, 興味が, 興味も, 良いの, 良い家ぢ, 良い金山, 芒流る, 芝居を, 芸妓から, 苦労人の, 薫という, 藩, 蜿る, 血が, 街を, 袷, 袷を, 裏側には, 複雑微妙さと, 複雜心理解剖の, 襯染の, 要所に, 見納めに, 親類だろう, 解らない他人, 言明に, 言葉として, 試演に, 話だ, 話で, 話は, 話を, 説明ぬきの, 説明の, 調べの, 諒解なし, 諜者を, 譚から, 谷を, 賑ひ, 赤縞を, 起伏に, 足跡を, 跡を, 軽業の, 辻から, 込み入, 這つた, 這入った襯衣, 這入つた気持, 通し狂言, 通ったお, 通ったことば, 通ったなんぞと, 通ったよい, 通った事, 通った劇, 通った好い, 通った御用, 通った料理, 通った明らか, 通った然しながら, 通った着物, 通った芝居, 通った見方, 通った評論, 通った認められうる釈明, 通った連句的, 通った銘刀, 通つたのは, 通つた家柄は, 通つた御家來衆で, 通つた方法で, 通つた翅や, 通つた蘭法醫などが, 通つた話なら, 通つた鼻と, 通らない情死, 通らない漫然, 通らない見解, 通らない論, 通らぬよう, 通らぬ書物, 通らぬ話, 通り切ったもの, 通るだけを, 通る理屈, 通行は, 通路は, 進展に従って, 進行の, 進行推移の, 運びが, 運びなどを, 運び修辞学, 運動の, 道と, 道に, 道は, 道具買が, 道端に, 道路へは, 違うあんた, 違ったやつら, 違った意趣, 違った腹立ち, 違った話, 違つた腹立を, 部分に, 都合で, 野暮ったい袷, 野暮つたい, 金じゃねえ, 金を, 釣り手によって, 鈴文は, 鉱脈に, 銀紙を, 鎖, 鎖に, 長い廻廊, 長い端, 長柄町に, 閃き過ぎたの, 間から, 間へ, 間道, 関連には, 闇市を, 雲助と, 雲助という, 電車通りの, 青江備前守に, 面白い小説, 面白味を, 額際に, 風当りの, 馬子上りや, 馬肉屋なんぞが, 高くなり行く, 高台の, 髪の毛が, 髮の, 鰻が, 麻縄で, 黒雲が

▼ 筋~ (812, 13.8%)

37 引いて 21 立てて 10 運んで 9 ひいて, 辿って 5 通って 4 手繰って, 見せて, 話して, 通して, 額に

3 [13件] とおして, ピク, 入れて, 出して, 引いた物, 引くもの, 往々に, 考えて, 聞いて, 見て, 通しな, 運ぶため, 運ぶの

2 [48件] あら, いうと, うねらせて, くつきりと, ごろついて, たてながら, たどって, ぶるぶると, もって, もつて, 三つ股の, 上って, 下って, 作って, 先潜りしました, 出歩かないよう, 北へ, 取って, 引いた, 引いたの, 引き出して, 引く光り物, 引く奴, 忘れて, 截る, 抜いて, 抜かれて, 揉みながら, 描いて, 斷ち, 曳いて, 田の, 知って, 立て, 立てては, 立てるの, 縁に, 西へ, 解いた, 言や, 読んで, 辿つて, 通させようと, 通すの, 通せ, 通れば, 進めて, 進める前

1 [566件 抜粋] あらあら折からの, あらわして, あゝ取扱ふところ, あッと, いやア, いら, うごかすこと, うろつくがん, えがいて, おつ立て, おつ立てた, お切り, かいたらどんな, かすめた, からませ綾, きくと, きられて, くっきりと, くりかえして, くわしくたずねました, こうも, ここまで, こしら, こめて, これだけに, こわばらせて, こんぐらかして, しかし殆ど, しるすと, ずッ, そして狂蛇, それて, それるから, たいへんおどろかし, たがえて, たぐり難く, たてられ描写, たて筋書き通り, たどった, たどるの, たよって, ちがえた片腕, つかんだ, つくって, つぐ, つけた上, つけて, つけなるべく, つけるの, つけ踊り, つめながら, でんぐり返して, とおすと, とったもの, とって, なして, なすもの, にらむ, ぬいて, のたくらせること, のばした, のばして, はこぶこと, はこんで, はつきり覚え, ひいた話, ひいた顔, ひいてないこと, ひかれただけ, ひきしめその, ひきながら, ひきはじめた, ひき自分, ひく, ひくか, ひくさまざま, ひく土方者, ひっ吊るよう, ひねったもの, ひろげて, ふとらせ狂者, ふるはせた, ふるわした, ぶち込んで, ほうつき歩き, ほぐしに, ほぐし手紙, ぼんやり真, まねて, まわって, めあてに, もたないから, もたないの, ゆるめて, よく暗記, よく解し, よって濛々, よむもの, よろこびいったん, わすれたけれど, われわれに, ガックリと, ズンズンと, ドンドン駈け, ブチまけ, 一つ, 一つも, 一つ一つ手繰っ, 一つ残さず調べ, 一つ立て, 一つ跨いだ, 一人に, 一本だって, 一本一本たどっ, 一歩一歩布教しつ, 一生懸命に, 一直線に, 一筋に, 一軒殘らず歩きました, 一通り繰返し, 三たびかいた, 上り下りし, 上り下りする, 下つたといふ, 下つて行つた, 不思議に, 中心として, 主に, 主張し, 乘, 了解しよう, 五六丁ゆく, 仕変えたり, 仮りた, 仰って, 伝うて, 伝つて北から, 伸る, 伸縮させ, 伺うと, 作らせたの, 作ること, 作る先生, 借りただけ, 先ず工場, 先に, 光らせて, 入れたの, 入組ませて, 全く暗記, 具へた心の, 写真に, 凝と, 出歩くなとは, 切り或は, 切ると, 利かす, 利かせさて, 利用した, 刺す, 刺戟する, 刻み, 刻むだけ, 前から, 前代以来の, 力を, 動かして, 動かすたび, 動し, 勝手に, 北の方い歩き歩き話しまし, 南へ, 卷いた工夫長, 去年一昨年の, 取ったもの, 取りかけた, 取り計らって, 取れば, 口説いちゃ, 向けだした, 吹聴する, 唯一の, 商売が, 図式的に, 壬生氏といふ, 売つて, 売る八五郎, 変更しなけれ, 外しがち, 大体申します, 大抵二三度は, 天井に, 太くうねらせ, 太らせて, 寔に, 寺島村から, 射立てられ乍ら, 尋ね来, 少し南, 少し書かない, 幾たびも, 延せば, 廻歴した, 引いたから, 引いたところ, 引いたもの, 引いたよう, 引いたらしい為事, 引いた二つ, 引いた桓武平氏, 引いた蛙, 引いては, 引きおり候, 引きながら, 引きました, 引き環, 引くこと, 引くだ, 引くと, 引くよう, 引く古代人, 引出しました, 引替えようという, 引締めて, 張って, 強くする, 彫つた, 彼女の, 往来した, 後からも, 得ると, 必要に, 思い付いたり, 思い出して, 思い浮べた, 悪口いわれる, 意味する, 截り, 手挟みて, 承わりましたの, 抜いた話, 抜いてまで, 抜かれたよう, 抜かれる身, 抜くから, 披瀝いたしやす, 押し上, 押立てて, 抽出し, 持ったお客, 持ったもの, 持った男, 持って, 持つた影芝居, 持つ山, 指しながら, 指すと, 指の, 据眼で, 探して, 掴み引きずり出す, 掴んだところ, 掴んで, 掻いつまんで, 描いた, 描かれた, 救い上げる文豪, 教えて, 斜面について, 断り城下, 斯う, 斷ち去れ, 施した文字, 既につかい, 日に, 早く通し, 明かに, 書いたり, 書いた小説, 書いて, 書いても, 書かうこの, 書き上げるこれ, 書き午頃, 書けよと, 最も早く, 望んで, 来て, 林道に, 楽しんで, 標榜せぬ, 横から, 横へ, 横浜へ, 次第にノッピキ, 歩いて, 歩かせられまた, 歩きながら, 歴訪運動させる, 残した, 沢山盛り込みまし, 洗えば, 洩らして, 流す灯, 流れる河水, 流れ流れて, 浮かぬ顔, 浮上らせ, 添えて, 溝口健二が, 滴らせて, 演じて, 演ずるもの, 演出し, 漲らせて, 灰煙り, 為し円, 無理に, 熱心に, 片つ, 牛の, 現わし, 用いた出来, 用いて, 用い軍用金, 申しますエリザ, 申し上げな, 申し上げました, 申し入れるが, 申出た, 略敍, 監視する, 真っ直ぐに, 真っ直ぐ北, 真直ぐに, 真直に, 眺めて, 眺めながら, 知つてゐなけれ, 知て, 知らずまた, 知りたる人, 知ろうという, 示した倫敦, 示すもの, 神の, 稼ぎ場, 突きとめただけ, 突ッ張らせ, 突嗟に, 突当りに, 立っちゃ, 立てた, 立てたとき, 立てたまま, 立てたらしい喜劇, 立ててが, 立てながら, 立てること, 立てるべしとの, 立て夫, 立て直さなければ, 立て襖紙, 簡単に, 細々と, 経て, 絶つほどの, 網膜に, 練り歩かせたもの, 縄張に, 縦に, 繩張りに, 纏めて, 纏めようと, 纒める, 罩めそれを, 考えそうして, 考えたり, 考えた作家, 考えては, 考えられぬ, 考える, 考えるよう, 考え出す人, 考へる段, 聞いた, 聞きたがる, 聞くので, 聴かうでねえか, 興行中に, 舞台に, 花がけに, 荒し抜いた上, 荒し拔, 萎す, 蜿らした, 行くと, 行くの, 複雜に, 要するもの, 見せながら, 見つけ出すため, 見のがしてると, 見や, 見るには, 見る情けない, 見渡して, 見渡すと, 見落したという, 見落したもの, 見落すとは, 見詰めたり, 覚えたと, 言おう, 訊くと, 詰めたり, 詰めて, 話したが, 話したら芥川, 話したり, 話しながら, 話し終って, 話すくら, 話すこと, 語って, 語つた事も, 語つてゐる, 語りいで巡礼謡, 語るの, 語る八五郎, 説くこと, 説明した, 読ませる普通, 読まなけりゃ何, 読み取ります, 読み取ろうと, 読む気, 調べますと, 讀み取ります, 貫いて, 賑わして, 越え昼夜銀行, 越え玉の井湯, 軽くすらすら, 辿りつつ, 辿ること, 辿ると, 辿る爲め, 辿れば, 迎, 述べて, 追は, 送られ眼, 這い廻る, 通させたいとこそ, 通さなきや, 通さなければ, 通さねば, 通してから, 通すこと, 通すため, 通すと, 通すには, 通そうとして, 通ったくせ, 通つた癖に, 通過した, 進めるよう, 遂げたればこそ, 運ばせたい, 運ばせれば, 運ぶのみ, 運ぶやう, 運ぶ上, 運ぶ説明, 運べ, 運べ馬鹿, 運べ馬鹿馬鹿しい, 運んだが, 運河だ, 運送屋が, 道頓堀に, 重んじない文学, 金色に, 附けて, 除いては, 除らなけれ, 除る, 集めて, 離れないよう, 離れまいと, 電車通りから, 霧で, 青くし, 面白く運ぶ, 顕すとは, 飛び大坂, 食い破って, 飴を, 駈けずりまわったが

▼ 筋~ (715, 12.1%)

30 通って 16 あって 14 ある, 通ります 8 あつて, 立って 7 通つてゐる 6 あるの, 立つて 5 あると, あるん, ついて, 僅かな, 入って, 北の, 日を 4 あるから, 違う 3 ありそう, たるんで, 出て, 弛んで, 通らない, 通らなくなります, 通らねえ, 通りません, 違って

2 [43件] ありやす, あるが, あるという, あるので, あればこそ, あろうとも, ございまして, ござりまし, つった, つれて, とおって, どこに, なければ, はいって, よいの, わかって, パッと, 一つに, 一本鉤に, 並んで, 伸びたん, 入つて, 入る, 判然し, 固くな, 多くて, 女の, 宜い, 尋常ならず, 引かれて, 張って, 所々に, 抜けたらしい横, 現われて, 立たぬぞ, 立たねえべ, 立ち過ぎて, 立つ, 緩んだやう, 通らないから, 通りますが, 通り過ぎて, 通るが

1 [450件] あった, あったら気まま, あったら申し上げよと, あってね, あつた, あつたでせう, あらはれた, ありさ, ありすぎて, ありそれから, ありながら, ありまして, あります, ありますから, あり日本橋川, あり鼻血, あるえ, あるか, あるかも, あること, あるさ, あるじゃ, あるでしょう, あるで交番, あるとか, あるとも, あるとやらにて, あるならおれ, あるならずいぶん, あるならとにかく, あるに, あるにより, あるもの, あるもん, あるゆえ, ある兼, あれば, あろうか, あんなすっ, いい, いいよ, いかにもよそ, いくつある, いら, いわば芸術的因果物, ええさかい, おありなさる, おぼろげに, きめいたこの, きらめいた, くっきりと, ぐるりに, こみ入, こめかみに, こめかみには, こめかみまで, ごくつまらない, ございましてね, ございます, ございますか, ございますならば, ござります, ござろうか, ござんし, ごた, さびしいの, ざっとできたら, しまった, しまつ, すぐに, すっと外界, そうどす, そろったまま横, たくさんできる, たくさん見える, だんだん太く, ちがうぞ, ちがったと, ちがったり, ちがって, ついた, つきその, つき廠舎, つづまらぬと, つるの, つれたの, とおったよう, とおらない, とおらない話, とおるという, どうした, どうしても気持ちよく, どうにかなった, ないで, ないでも, ないとばっかりは, なくて, なんである, なん本も, にわかに物騒がしく, ぬけたよう, はじめて地平線, はって, はつきりします, ひきつって, ひき釣るやう, ひどく痛くな, ひどく痛くなっ, ひどく痛くなつ, ぴくりぴくり動いた, ぴくンと, ほぐれて, ぼうと, まだ切れず, まとまったよう, まとまらなくなって, まるで違う, むづむづする, もつれて, ゆるやかに, ゆるんだ樣, ゆるんで, よい, ようござる, よくって, よくない, よくのみこめない, よく判る, よく見えねえ, よく透るでしょう, よく通っ, よさ, よろしいという, わかった, わからないと, わからなかった, わけても, わるくない, キリキリする, ギクッと, チャンポンという, ヒョイト満蒙事件を, ビク, ビクッと, ビクビクし, ピカピカと, ピリピリと, ピンと, 一すじずつに, 一つつれた, 一度に, 一所足で, 一時に, 一本一本見わけられる, 一本吊っ, 一本引き釣っ, 一本拾両に, 一本東の, 一本通っ, 一線左の, 上方の, 不完全に, 与えるニュース, 中心に, 乱れ出し肚, 二つ三つ沈ん, 二三本入っ, 二三本匍って, 二本栄えない, 互に規則的, 今は, 仕組まれて, 他の, 働きを, 先か, 入っただけで, 入つた, 入り組んで, 八釜しい, 六七本つい, 其処へ, 内偵の, 凹むやう, 出た, 出る樣, 出來, 出来たという, 出来たの, 分っただろう, 分らなくなった, 切り込まれて, 切れたん, 制御できなくなった, 剃刀を, 動いて, 匂わしく軟かく, 単調な, 古い本道, 可い, 吊ったか, 君の, 啓之助の, 堅くて, 増して, 変って, 多うござん, 多かつ, 多くしたがって, 大体お, 大切である, 大変物な, 太くふくれ, 好いそう, 好いもん, 定まつ, 定まり切って, 寄つて集つて葬式を, 寸分違はず双六の, 小波の, 少いと, 少しも, 少し伸びたらしい, 少し見え, 少し陳腐, 少ないと, 川みたいに, 平生いかなる, 幾つと, 幾本も, 度は, 引いてるん, 引き締まって, 引っつれ, 引張って, 引張つて, 引釣る, 弛む, 張りきって, 彼の, 往来に, 必ずある, 忙しくて, 思わぬどじ, 悉く弛んです, 悪いと, 悪いの, 成り立つ, 或いは二途, 戦争末期に, 手拭と共に, 手繰れるわけ, 扱われて, 抜いてないから, 抜けちまつた, 持廻りすぎ, 捻れただけにも, 揃いも, 攣って, 教えて, 日によ, 早く簡単, 時々ぶるぶると, 普通人に, 書いて, 有ったっても, 有るの, 朝日に, 椿姫まがいに, 楮幣払いで, 楽に, 横に, 次第に弛ん, 歩いて, 歯に, 残って, 残る, 残るほど, 水平線に, 浮いて, 浮き唇, 浮んで, 消えない, 深く肉, 深さ, 深そう, 渦巻きの, 無数に, 甲に, 畝くる, 異様に, 疎らに, 痙攣つて股と, 痛いの, 盛んに, 目立つて, 私が, 穢わし, 突張つて足が, 突張る, 立たず不, 立たないこと, 立たないぢ, 立たなくなる訳, 立たなけりゃおいら, 立たんという, 立ちさえ, 立ちます, 立ちませぬ, 立ちません, 立ったり, 立つか, 立つところ, 立つなら腹, 立つの, 立つほど, 立つよう, 立てば, 竜の, 竹取, 筋だ, 糸の, 綜合しいる, 網目にな, 緑の, 緩み気力, 緩み痛んで, 縦横に, 縮んで, 纏まらないとかいう, 膨れて, 自ら戰き出す, 自然性に, 良い, 良いよう, 芋虫の, 草に, 萎えた風, 落ちて, 蒼天に, 薄い皮膚, 表附, 裏を, 複雑で, 見えたが, 見えて, 見えなかった, 見える, 見当が, 解ったよ, 解らなくなる, 解らなくなるといふ, 詰まれば, 詰るあっち, 読めた, 論理的に, 貫いて, 走った, 走って, 走り苛立ちと, 走る, 追剥の, 逆に, 透いて, 這入って, 通った, 通ったうえ, 通ったもの, 通ったよ, 通ったり, 通った感じ, 通っちゃあ, 通ってるだろう, 通つ, 通つて, 通つてさすが, 通つてゐ, 通つてゐます, 通つて居, 通つて居ります, 通つて居る, 通らずトンチンカン, 通らず出鱈目, 通らないし, 通らないの, 通らないよう, 通らなくては, 通らなくても, 通らぬであろうか, 通らんですよ, 通りそう, 通りましたから, 通りませんよ, 通りや, 通り兼ねるかとも, 通り善良, 通り決して, 通り番頭, 通り話, 通る, 通るうち, 通るだらう, 通るだろう, 通るという, 通るまい, 通るよう, 通るわけ, 通るん, 通る通らないという, 通れど, 通れば, 運ばれては, 運ぶ, 運べない上, 運んだと, 違いは, 違い過, 違うという, 違うので, 違うもの, 違うよう, 違うん, 違う証拠, 違つてゐない, 違ふ, 針金の, 釣った, 釣つて居らぬ, 釣つて棒の, 釣る骨, 鍛へ, 閃いて, 閑散な, 間違って, 附いて, 陰惨で, 離れる, 雨の, 震えて, 青々として, 青黒い大, 面白い, 面白いん, 面白おかしく, 面白くて, 面白くなくなる, 面白く変化, 顯はれ, 飴色に, 高調した, 鮮かに

▼ 筋~ (410, 7.0%)

10 ない 8 ないの 6 通って 5 ございません 4 よく通ります, 立って, 追うて 3 ないん, 全く自然, 通るが

2 [21件] あるが, あるまい, いうにくまれ口, きびしく取締り, ござらぬ, どんなこと, ないと, ないはず, なか, なかった, ほぼ推察, わかります, 何時の間にか段々太く, 千住より, 忘れたが, 忽ち忘れ, 日本の, 立て, 立派に, 通らないから, 鵜の

1 [318件] あたしの, あっても, あの安, あまり顧慮, ありきたりの, ありは, ありません, ありませんから, ありませんよ, ありゃしねえ, あり得ないの, ある, あるか, あるけれども, あるまいと, あるめ, ある年, あろうとも, あんまり使い過ぎてる, いいそう, いいん, いっこうでき, いったいな, おわかりでしょう, かけられないという, かなり大きく, かば焼きを, きわめて単純, この古い, この智的, これから話し, これから面白く, これを, こんなでございます, ございますまい, ございませんが, ございませんもの, ござりますまい, ごわせんが, さらさら之, さらにない, ざつと次の, すこぶる物騒, すべて来た, ずっと徹っ, そういうこと, そこで, その地主神, その有する, その頃, それな, そんなところ, たしかだ, たった今落ちた, ちっともわからなかった, とても書けない, とても簡単, どうであろう, どうなります, どれだけ, ないから, ないが, ないぞ, ないだらうな, ないという, ないどだい, ないので, ないゆえ, ないよう, ないわけ, ない筈, なかつた, なかつたが, なかつたの, なかろう, なくあと, なくかく, なくってよ, なくて, なんでおじゃります, ねえおどかすなって, ねえとぐつと, ねえもう, ぴくぴくふるえた, ぴりぴりと, ほ, まあこうだ, まあそうだ, まことに似, ますます絵, まだやかましい, まづやめておくべし, みな大同小異娘を, みんな栗毛に, みんな消えとります, むしろ簡単, もう忘れ, もちろん単純, もちろん酒井, もっと平凡, ものみなが, やはりこの, やはり難波, よく分らなく, よく通った, よほど違っ, わかって, わかるが, わかるに, わたし毛頭ない, オストロフスキーもの, クララ・ヤング嬢の, マルクジーナの, ルパンの, 一つも, 一筋貫い, 三本あった, 三本に, 三河から, 不思議なる, 世間に, 二本しか, 互いによく似, 些少も, 人気ない, 人跡極めて, 今こそ, 今朝で, 仏の, 他愛の, 伊賀伊勢通りは, 何でも, 何と, 何なり, 何んです, 何十通りしか, 作り上げない, 充分に, 先づ間違ひ, 先年伊勢参りの, 先年伊勢詣り, 先月立てた, 全く取りません, 全く違っ, 全市の, 全然間違っ, 八十一歳に, 公儀の, 公私の, 凌霄花の, 出来るもの, 分った, 分って, 分らない, 分る, 分明に, 判って, 別して穢多, 刺身の, 刻々と, 割合他愛, 加速度に, 勘治村から, 勿論外題さ, 単純きわまる, 単純な, 原作とは, 古くから, 同じで, 名古屋の, 呑みこめました, 喜平次という, 回想出来ぬ, 坎を, 場面場面の, 外人の, 外国の, 夙く此の, 大体ガラッ, 大体右の, 大抵わかっ, 大方瓦葺き, 大體個, 天性で, 女に, 妙に, 子供の, 存じませぬが, 存外狂わず, 完全に, 家が, 富井の, 少しも, 少し無理, 山にも, 山岡屋は, 山陰山陽西海東海諸道からの, 川の, 左右へ, 幾つある, 幾本も, 当人の, 微塵も, 忠知が, 忠臣蔵を, 思いも, 急行列車の, 性格的だ, 恐らく五万, 恐らく瞬間, 情緒的に, 手前共の, 持って, 捕物帳に, 摂関大臣に, 支脈である, 断乎たる, 新凉, 明かに, 明らかである, 明瞭と, 昔からの, 星野山より, 時間の, 暗記し, 暫く人足, 最高機関の, 東側が, 東西だ, 松明夥しく, 極くた, 極めて単純, 極度に, 楽天家で, 樂觀するだらう, 武家の, 殆あ, 殆ど上海の, 残して, 毫もない, 氏の, 決してそう明るい, 決して安全, 活動変化に, 海を, 滑かに, 無い, 無いが, 無いし, 無いと, 無かつ, 無く自ら, 無法の, 無論翁, 獣の, 甘いが, 申すに, 痴情の, 皆んな一枚ずつ, 皆んな一枚づつ買ひます, 皆傍の, 真っ直ぐです, 真冬と, 石の, 石油五合一升と, 硬直する, 社會黨黨則改正屆出遲延の, 神事に, 私の, 稍急流で, 穴ばかり, 立ちます, 立った話, 立つて, 立てられる筈, 第一篇, 第一要件, 範疇の, 簡単だ, 終って, 結婚によって, 結局きき, 絞られ感興, 継体天皇の, 継母の, 羽が, 良く判った, 良く判つた, 荒唐無稽で, 薩張り判らなかつた, 蚯蚓の, 裏から, 見えけり, 見えなかったが, 訣らず, 訣ります, 話すにも, 諸人通行留めで, 貧乏華族の, 蹴球選手と, 途中で, 通さねば, 通つてゐた, 通らない, 通らないの, 通らねえが, 通ります, 通りますが, 通りませんよ, 通り越して, 運んで, 違うが, 遠く白く闇, 銀行の, 鎌倉時代から, 面白さ, 面白そう, 飲食店と

▼ 筋~ (306, 5.2%)

12 なって, 分れて 5 岐れました 4 分かれて 3 して, 別れて

2 [12件] あこがれて, あって, いて, どんな矛盾, なったり, なりさ, なりそう, 富んで, 当って, 生きて, 立って, 続いて

1 [243件] あたって, あつて, あらずとて, あらゆる小禽, あらわな, あるお, あるこの, あるので, あるもの, ある三菱系, ある奴, ある小さな, ある特定, ある舟料理, いや私, うず高い, うつすりと, かかって, これあり候え, さへ, されて, しめつけられて, するん, そこで, それぞれ返し, つながるか, つながる峠, つながる戦場, つながる肉体, つぶされて, つらなる村, とおって, どんな悪い, ならずとも, なります, なり樹, なり葛西川橋, なるかナ, なるぜ, なるだろうからな, なるもっとも, なるよう, なる勘定, なる場合, はずれたこと, ひかれて, ひと区切, ふれて, ぶっつかったよう, もうちょっとでひっかかる, ゆとりが, ゆれて, よると, よれば, わが子を, ゴロゴロ行倒れ, ハヤ釣が, 一戸を, 一株の, 上げられた子女, 上申し, 不平を, 並ぶ低い, 並んで, 乗って, 乗り舞台, 乘つて來た, 乱れて, 亭主に, 仕替えるか, 仕組むの, 代えられて, 伝わって, 伝導し, 伸びて, 住むもの, 住居する, 佛に, 作りあげた, 働いた人たち, 働いた頃, 働いて, 兄を, 内談し, 出たこと, 出た二人, 出た小倉流, 出て, 出ると共に, 出る夜店, 出向ひたり, 刃向かうの, 分かれたところ, 分けて, 分け二筋, 分ったら大変, 分れその, 分れる, 分れ一ツ, 分れ土手, 切れる, 別れ川, 剣を, 加えて, 及ぼした影響, 取り入って, 合する, 名物一つ加えた, 向かいて, 垂れかかるの, 塗られ南, 塩物や, 変な, 変化を, 夜店が, 夥しく沈めたる, 大した関係, 女子として, 妻の, 存在し, 存在する, 宝結びの, 密告され, 寝て, 射かへ, 小さい橋, 小さな喉仏, 帰しこれ, 幾様かの, 建って, 建議した, 当たり東京, 当つて, 当り有名, 当り樽屋, 当るが, 当るさる, 当るの, 当る三上孝子, 当る人, 当る佐助, 当る医学生, 当る同業, 当る城下, 当る子爵家, 当る某, 当る者, 当る部分, 御心配, 必要が, 必要でも, 思いつめたが, 我子を, 手を, 持ち出したとしても, 持出したの, 捕わ, 捕われては, 提出しなさい, 散兵線, 敵八騎を, 於いては, 於て, 旅を, 映るよう, 暗く劃, 暮らして, 梳いて, 死人の, 残って, 沓掛という, 沿うて, 流れて, 添い葉, 溜った血, 溢る, 無理が, 熱い熱い感謝, 現わし, 瓜畑を, 申出でること, 異様な, 當つてゐた, 當る, 痙攣を, 発見される, 皺が, 真情を, 睨まれた不良, 知らせたくなかった, 知らせないで, 知られたくなかったので, 竪の, 竹の, 米藤と, 細工が, 綯れ, 総督を, 縫込ん, 興味の, 船は, 草鞋を, 血脈を, 行くと, 裂けた燃, 見えて, 見つかっては, 視線を, 触れて, 触れること, 訴えて, 變り, 貫いて, 走り込んだ, 起こって, 起伏波瀾が, 足かけて, 足を, 踏み出したの, 辻斬の, 辿られる, 迎えようと, 近い処, 近い身分, 近く住む, 迷いつめて, 途方も, 通りが, 逮捕され, 過ぎないし, 道場が, 適合する, 酷似した, 銀象嵌を, 関係した, 関係なき, 関係を, 関連し, 面した側, 響いた無法者, 類して, 駈け出したの, 黄色い壁

▼ 筋~ (213, 3.6%)

5 合せては 4 あるが, 骨も 3 なき走り書き, 四筋も

2 [13件] あった, あって, ありません, ある, ない, ないとい, なく人物, みみず腫れが, 何も, 急所も, 血を, 通り情理も, 通り物

1 [168件] あったに, あったの, あつて, あらかたき, あらかたきまった, ありかつ, あり得る場合, あり爪, あるだろうが, あるでは, あるという, あるまい, あるまいが, ある上, ある太閤殿下, ある職業線, いい調子, いちどにばらばら, うねうねと, お前を, お延, かかって, けん族, ござるし, ござんしょうが, しどろもどろに, ずいぶんある, そこらに, できて, とおって, とおらぬあんな, とろけさうに, ないこと, ないぞ, ないので, ないわ, ないパンパンガール, ない僕, ない海月同様, ない白臘, ない話, なかなか面白かっ, なかろう心配, なくしりぞける, なく恩, なく流れる, なしに, なにも, はじから, はっきり黒み, ひょろひょろと, ほぼたどる, ゆらめいて, よかった, よく通り, よく通ります, わからないから, わたして, アメリカ式の, プランも, 一つに, 一所に, 一時に, 三筋も, 上方も, 並行し, 亂れません, 二つ三つ考へ, 二三は, 交らない, 亦単純, 人物も, 何もかも忘れ, 作品の, 充分分る, 全く違う, 出て, 出來, 出来ポカポカ, 刻まず美し, 刻まれて, 割合に, 単純に, 原作とは, 可なり通つて, 商売大事さから, 喰い込んで, 場面も, 塵一つない, 変って, 大きな深い, 大しわ, 大抵わかっ, 奉公人の, 子どもっぽい, 容易に, 少しも, 幾筋も, 幾筋もの, 引いて, 引く水, 引張られて, 当時の, 彫ま, 彼処よ, 往来へ, 御婦人, 性根も, 悪くない, 意味も, 所作も, 手を, 抜かれたもの, 抜け骨, 拵え過ぎて, 揺がず寂然, 放射し, 斬りつけて, 昇って, 曲がって, 有り才覚, 根拠も, 横線を, 次第に殖え, 水に, 氷の, 流れて, 流れてる中, 流れ野ばら, 浮んで, 無かった, 無之, 無之付, 燈心を, 瓢垣ねの, 皺も, 眷族も, 知らない芝居, 私に, 立ち御, 立てなければ, 竪に, 筋だ, 節も, 細く糸, 結末も, 縱皺を, 縺れ合いこんぐらかって, 耕地を, 藤蔓を, 融けそう, 行方知れず, 見えるよ, 見付からなかった, 赫く, 身を, 通しては, 通じて, 通った衛生的食事, 通って, 通らない恨み方, 通らなければ, 通るし, 通るばかり, 連日連夜の, 開かれて, 風筋に, 飛出して

▼ 筋から~ (128, 2.2%)

5 申せば 3 耳に 2 いうと, 云えば, 云って, 出たもの, 聞いたところ, 言えば

1 [108件] いって, おいでの, かなり長い, ここへ, こっそり壺, この江戸表, この赤い, これこれいう, ご主君玄徳, そなた, それて, たぐりやがったの, ちゃんと聞い, でござる, ほんの五, もらえという, トアロードを, ニュウ・ヨオクの, ハグラか, モスタアと, 一生懸命に, 上方にかけて, 上汐町六丁目へ, 上汐町通りへ, 下難波橋筋までを, 両方に, 九州へ, 今年こそ, 使いの, 個人として, 入り込んで, 内々で, 内命が, 出た一記事, 出た消息, 出て, 出張し, 前山によって, 双方隔年に, 取り調べを, 受け取つたお金, 可成り離れ, 叱られて, 品物を, 四国, 塩を, 壺を, 大いに期待, 大学教授中の, 大村湾の, 妻籠まで, 往くの, 後に, 御沙汰が, 御沙汰に, 御褒美, 手錠三十日間という, 押付けに, 推すかと, 曲つた横町の, 書き直さなければ, 来るの, 横へ, 死亡の, 毒虫扱いに, 江戸へ, 注意でも, 洞ヶ嶺附近の, 清水町辺を, 溝の, 父母の, 珠子と, 用達て, 甲州入りの, 病気の, 発せられたので, 監視と, 相手の, 看破され, 示唆を, 社へ, 給せられて, 聞いて, 聞えて, 聞きました, 聞き及んでも, 聞き込んだが, 聞き込んだと, 聞こえて, 胸へ, 自由主義の, 草案それから, 見れば, 貰って, 軍鶏籠で, 辿って, 近幾, 通りへ, 通知が, 逮捕状を, 金を, 関東信州辺りには, 雇い入れたか, 雇って, 順に村, 頤へ, 馬籠へと, 高麗橋までは

▼ 筋~ (119, 2.0%)

4 出て 3 かけて 2 お届け, 伝わって, 出張って, 密告した, 手を, 聞えては, 運動し

1 [98件] あふれて, おっ放して, お百度, お立, かかる頃, かけての, かけては, かけ神様, がらがらと, さばいたり, しらせなければ, そっと贈, その由, なのって, はいって, 一方を, 上げられました, 五万いる, 伝わります秀子, 伴なわれ, 入った鮎, 出さなくっちゃ, 出すと, 出たけれども, 出たころ, 出で, 出られるであろうと, 出るか, 出るに, 出るの, 出る二, 出る左, 出る曲り角, 出兵する, 出漁し, 出陣にも, 出願の, 加勢に, 召喚され, 名乗り出たから, 名乗り出る以外, 向うの, 向かい飄, 吹ッこん, 報告し, 報告を, 始末書を, 姿を, 密告された, 密告し, 密告する, 届いたという, 届けるつもり, 届け御, 巡業に, 差出して, 廻るの, 引きこまれて, 引っ張って, 忠義立てする, 抜ける道, 押収せられました, 指を, 挙げられたこと, 来た頃, 歎願密告せしか, 現われたところ, 申告し, 申立て, 登録してない, 眼を, 稲妻が, 突き出す事, 罷り通りたいと, 行く千人あまり, 行く道, 訴えたり, 訴えて, 訴えないの, 訴えなければ, 訴えなど, 訴えましたゆえ, 訴えも, 訴えるの, 訴え出たもの, 訴え出て, 訴え出るなり, 訴え出るやら, 警報する, 逃げた, 逃げ込んで, 進言し, 配つて歩く, 隠れかかって, 願って, 飛びつきました, 養子の, 魂を

▼ 筋~ (106, 1.8%)

2 いっても, 云うの, 呼ばれて, 呼んで

1 [98件] あっては, いい一つ, いい三造, いうな, いうほどの, いえば, いっしょに, いひながら, いわれて, おって, これで, こんがらかつた鼻, それに, たとい家, となえて, ない雲, なくあっ, なくこぼれ, なく分れ, なく壁間, なく小川, なく山頂, なく曲っ, なく水, なく泳い, なく流れ, なく流れ落ちた, なく漏れ, なく白髮, なく皺, なく盛り上がっ, なく立ち昇つて, なく綱, なく繋がっ, なく繩, なく蜿, なく設け, なく谷, なく走っ, なく錯雑, なく閃い, なって, なつて, なる, なるから, なるには, ひらひらひるがえっ, もつれ毛, よぶ所, 云わんが, 五弁の, 人物の, 共矢筈, 匂ひ, 同じだつた, 同じよう, 同体異名である, 呼ばれ或いは, 咬筋と, 場面の, 大胆な, 少しの, 山内一帯に, 常に反目, 弾丸の, 才能で, 打合わせて, 支那との, 旧来の, 明確に, 李の, 材料を, 来てるん, 来るん, 演出とを, 物々しい身振り, 申しますの, 皆んな別々に, 皮とで, 直接関係の, 称して, 糸の, 糸を, 紐とを, 結ばるばかりに, 綴布とを, 聞いて, 荒川筋の, 見たもの, 言えば, 言ひ, 言われた古代駆使部, 認められたもの, 運命を, 鍛冶屋町筋との, 間筋は, 雪の, 骨及関節嚢との

▼ 筋~ (100, 1.7%)

4 あつた 3 喧嘩を 2 喧嘩にも

1 [91件] ああ見え, あっしが, いける男, いって, いわゆるや, うねらせ眼, およそつまらない, かくもの, ご存じの, さすがに, せうかな, その位牌, その探偵小説的構成, それは, それも, ただ東西両側, てきた, どこか, なくして, はかの, へへへ, やかましくいろいろ, よい歳, よくない, わけても人目, イダルゴが, ボンヤリ追憶に, 一たん織田方へ, 三年前より, 両側は, 丹治と, 主家の, 二つに, 二幕目に, 人々の, 何っ, 作った幌骨, 入水する, 円朝の, 出してるんで, 出来なければ, 医者の, 取調中の, 各商店, 品川まで, 大した変った, 大した變つた事, 大変当てた, 天文の, 女巾着切を, 実際には, 小説を, 尚如来, 屈指の, 師範し, 引戸の, 心の, 意識せず, 戦死した, 手ミヤゲの, 捕へられ江戸, 昔話の, 本よみ, 格別に, 死体の, 殺害犯人を, 無くちゃ, 照日前の, 牛を, 町の, 異様な, 盛の, 紛れも, 終りを, 結ばれるの, 結局それを, 継がって, 繋いだばかり, 肉でない, 若殿陸次郎などという, 藩士の, 見かけた者, 見付けた参考, 評判に, 誠に不思議, 説経者または, 買ふから八百長と, 身分の, 道中姿を, 飛んでも, 鳴らした兄さんたち五人

▼ 筋~ (70, 1.2%)

6 ひの 3 から和泉橋 2 に毘沙門前, の見附, ひ, ひに, までも保ちません

1 [51件] からも眼, でも旧来, で見た, なる内神田連雀町, なる想像, にという瞬間, にと云う, に一尺五寸, に二三度, に入っ, に切断, に向, に地面, に寝, に庭先, に後, に打, に提げ, に日脚, に横切っ, に歩い, に玄関, に練っ, に葱, に見え, に見える, に見始めた, に身体, に退い, に通, に通る, に障子, に頭, に飛ん, の向う側, の室, の広き, の広場, の所, の方角, の笹, ひから, ひさ, ひでございます, ひですが, ひ乍ら町方, ひ見附, ふ凧, も消え, を入, を入っ

▼ 筋では~ (62, 1.1%)

5 ない 2 ありませんが, ございません, ないの, なかった

1 [49件] あたりを, あるが, あるし, あるまい, およそやかましい, これが, ございませんが, ございませんでした, じゅうぶん警戒, その捜索, どういう考え, ないか, ないかと, ないから, ないが, ないと, ないのね, ない映画, なかつたの, なくその, なくて, なく客, よくは, 中津川の, 事に, 二三日先生の, 今更の, 何うもいけない, 余程大胆, 例の, 其処に, 十三四人に, 厳重に, 各々様々, 名高いが, 実際少女, 少しは, 御座いませんが, 手も, 探偵小説には, 昔から, 普通に, 最も睨み, 最穏健, 町家の, 皆河水を, 隠れも, 難場が, 駅馬を

▼ 筋~ (51, 0.9%)

17 ふの 6 ひの 5 ひに 2 になつ, ひなる大戸

1 [19件] あたりに, が藤尾, なる兵営, なる深川亭, にゐた, に竹田, の, の医者, の格子戸造り, の横町, の珈琲店, の白君, ひにな, ひ稻荷屋敷, ふでいま汐留駅, ふに, ふ前, ふ辺り, フノ淵下

▼ 筋~ (46, 0.8%)

8 をし 5 打って 4 を打っ, 返りを 3 の戯 2 うって, がいり

1 [18件] うった, うつて, がえり, がへり, して, す, というの, などを打つ, の一景, の海賊船, をきらしめ, をした, を切る, を打ち, を打った, を打つ, 打ったらしく, 返りするとは

▼ 筋でも~ (45, 0.8%)

2 あるめ, 引き継がずに, 引き繼

1 [39件] あったの, あって, あつた, あらせられまして, ありそう, あると, あるという, あるまい, あるよう, おれの, それに, たよ, どうも見逃し, ない, ないから, ないので, なかった, なく日本大使館, なしまた, ねえの, めざされて, よくわかっ, わかりそう, 何となく勢力, 叶へ, 国の, 奥州地方でも, 岩を, 想像する, 抜かれたよう, 祭り替えるよう, 称うるかどう, 見当が, 話して, 話すやう, 蹙ッた, 躍起に, 違えたか, 骨でも

▼ 筋には~ (44, 0.7%)

1 [44件] あまり関係, あらずその, かけかまいなく, その組織, たいした直接, なんの, まだその, むろん主題, トウナイ医者という, 三井岩城桝屋等の, 上州の, 二分金が, 個人としての, 全部知れ渡っ, 共通の, 別段これ, 各人寸分の, 四川路だの, 固より, 妙に, 官軍が, 富士川から, 小泉と, 小番所, 尻尾を, 廣い, 新橋や, 早くも, 朝に, 深く触れない, 相当明るい, 相違ない, 知れて, 知れ渡って, 石炭が, 篝を, 群を, 街燈が, 間違いないであろう, 関係の, 關與せず, 面も, 鴻池屋善右衛門同, 黒焼屋が

▼ 筋~ (43, 0.7%)

3 おん神仕 2 トリックを

1 [38件] おん神仕え, そのほか, そんなこと, アルプス以外の, テイマを, 中枢神経系に, 人物の, 人物を, 俳優を, 偶然の, 内臓が, 出世の, 剣撃的な, 効果の, 山城の, 役者の, 思想や, 意趣を, 感想の, 某大国, 検察庁方面に, 無数の, 狐持と, 生玉の, 皺で, 目貫の, 真実真味のけ, 脂が, 臓腑が, 見た眼, 親戚が, 言葉の, 論理的の, 護法胤は, 趣向にだけ, 踝の, 近畿あたりにも, 鎗の

▼ 筋~ (35, 0.6%)

2 な, ね

1 [31件] からおれ, からね, からよく, から単純, から話し, かわからない, か七筋, か人垣, か六筋, か分らない, がその, がな, がなにしろ, が今, が女, ぞまかり, つたと, でそれ, とかテエーマー, として疎外, とハッキリ, と思っ, と思つて, と言われ, のが, ので買う, ものナ, もんで, 何か, 殊に去年, 秀吉に

▼ 筋かの~ (31, 0.5%)

2 露路を

1 [29件] おくれ毛を, ように, 厚襟を, 和平の, 土堤の, 太い水脈, 小さな流, 流が, 流る, 深い皺, 滝が, 白い雨脚, 白髪を, 皺で, 箸たての, 糸が, 絃で, 苦悶が, 蔓が, 裏町は, 贔負幟が, 路が, 針金を, 鉄道線路に, 銀の, 陰影が, 電線が, 霧に, 髪の毛を

▼ 筋~ (30, 0.5%)

5 のである, んです 2 のだ, のです, んだ, んでしょう

1 [12件] のか, ので一向, ので住吉町, ので何やかや, ので脚本通り, のにちがい, の小出し, わでいく, んじゃあ, ンです, 紛れの, 茶屋が

▼ 筋にも~ (30, 0.5%)

2 わかれて, 分れて, 草案にも, 静けさと

1 [22件] えらい事, こは, なって, 一揆の, 一斉に, 並んで, 使ったので, 分れ或いは, 大通りの, 小手筋, 岐かれ, 岐れ, 引き割いて, 手を, 無理が, 至って寂しかっ, 色々な, 落着い, 見当が, 走って, 関所の, 餓鬼阿弥の

▼ 筋~ (30, 0.5%)

9 を生ずる 2 という, となり, と予期意向, により, を現ずる, を生じ 1 とによること疑い, とは筋肉, によるもの, の事情, はただに, は必ずしも, より生ずる, を生ぜ, を生ぜし

▼ 筋~ (26, 0.4%)

2 ひに, 交つた, 四筋長く, 茶色の

1 [18件] あった, あるので, え御門, かかって, ぞんじませんが, ちかちかし, ひを, イヤに, 上がり鶏犬, 何かの, 垂れ切れ, 場内へ, 御家中, 流れて, 白く引い, 立って, 飛び出して, 骨に

▼ 筋もの~ (23, 0.4%)

2 曲線を

1 [21件] ヒビが, 切火縄が, 助け綱が, 小径を, 岐路が, 川は, 支流では, 模樣を, 汗ばんだ行進隊, 河口に, 流れを, 渓流にも, 煙が, 白い残雪, 直線の, 綯綱, 縄を, 縞に, 金線を, 銀箔が, 黒い帯

▼ 筋三筋~ (21, 0.4%)

1 [21件] ぐらいずつ光っ, すく, そのほお, にかかっ, に分れ, に別れ, のもつれ, のゆるやか, の赤縞, の静, はらはらと, ほど芒, キラリと, 夢見るよう, 後毛, 散りかかるほつれ毛, 溶けて, 濡れて, 粘り付いて, 粘り附いて, 長い髪の毛

▼ 筋だけ~ (19, 0.3%)

2 その紐, 通すと

1 [15件] かかって, きかして, ちゃんと説明, ぢや, である, です, とって, なり, 余分に, 抜いて, 申上げる, 訳した, 話せよ, 読んぢ, 運んぢ

▼ 筋である~ (17, 0.3%)

2 かどう, からで

1 [13件] がしかし, ことが, し山の手, だけにいくら, ということ, といふ, と言える, にし, 信長の, 別懇な, 文出の, 行乞しおえる, 関係から

▼ 筋一つ~ (17, 0.3%)

3 動かさずに 2 動かさないで, 動かさなかった 1 さえ残らない, ちがっても, の旗, は坤兌, も動かす, 動かさず聴いて, 動かさず色, 動かさない, 動かさなかつたが, 動かさねえで

▼ 筋みち~ (15, 0.3%)

2 のもの, を短篇小説, を立て, を辿っ 1 がちゃんと, が立つ, をそれ, を変えよう, を理解, を読んだ, を追って

▼ 筋です~ (14, 0.2%)

2 が平次, よ 1 から出る, か胸三寸, がお, が左, が庄司忠兵衞, が男, が自己, な, ね, わたしが

▼ 筋より~ (14, 0.2%)

1 [14件] いまだ何らの, つきとめた, 下は, 乗り下し, 人は, 出で, 当長屋, 江戸檻致の, 満州および, 発売を, 発売頒布を, 聞き及び候間, 達しの, 頼まれまして

▼ 筋~ (14, 0.2%)

1 [14件] からいつ, が, がもつれ, に沿っ, のある, は平川, もなく, を立て, を辿っ, を辿る, を頭, 立ったこと, 立った思考, 立てて

▼ 筋という~ (13, 0.2%)

3 のが, ものは 2 のは 1 ところです, ような, ように, 家柄も, 筋が

▼ 筋ばかり~ (13, 0.2%)

1 [13件] たどりすぎ芸術的, で描写, 厚い小説, 向うに, 工場の, 残るそう, 渡して, 白く立ち昇っ, 耕や, 蒸氣の, 買って, 長い髪の毛, 青芒

▼ 筋を通して~ (13, 0.2%)

5 見な 2 行くの 1 御縁, 物語ったかは, 置きます, 行かう, 説明し, 述べること

▼ 筋~ (13, 0.2%)

1 [13件] ではいけますまい, では泥, では白状, では行かない, でも始末, でも縛りきれぬ, でも行か, で測られる, で行かぬ, で行く, にもかかる, のアク, や二筋縄

▼ 筋~ (13, 0.2%)

2 を説明

1 [11件] がある, がいかに, さえ通った, である, にすぎません, に立つ, の異なる, の通った, も考へられる, をおおよそ, を話さない

▼ 筋違見附~ (13, 0.2%)

4 の方 2 の側, を覗い 1 か浅草御門, へ, へと取っ, ももう, を取壊し

▼ 筋だけを~ (12, 0.2%)

1 [12件] お聞きなせ, ちゃんと説明, ひろうよう, 了解する, 器の, 引出します, 得る訳, 拾うと, 書くと, 追うこと, 追って話す, 通すと

▼ 筋とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] たいした関係, どんなもの, 何ぞ, 何だ, 何の, 何を, 何事でござる, 切離された警察行政, 直接の, 関係が, 関係の, 關係の

▼ 筋とも~ (11, 0.2%)

2 なく露 1 ちがう, なく流れ, なく走って, なりその他陰陽筋, 唱門師とも, 知れぬ焔, 色合ひも形も, 覚しき処, 錆びて

▼ 筋向こう~ (11, 0.2%)

2 の屋根船 1 に, にいた, にすわっ, にすわった, に腰, の博士, の印版屋方, の自身番, の質屋

▼ 筋だけは~ (10, 0.2%)

2 通ります 1 はっきり通し, 三好さんどうにか, 僕も, 呑みこめても, 悟ること, 戰爭とは, 通さなければ, 通して

▼ 筋なんか~ (10, 0.2%)

2 どうでも 1 ありゃしません, いくら立派, てんでわからなかつた, ないじゃ, なかつたん, 一口も, 全く困る, 駕籠屋より

▼ 筋かい~ (9, 0.2%)

1 に向き直った, に尾, に立っ, に行きつ戻りつ, に見える, に連結, に長く, の向こう, 方杖等いろいろの

▼ 筋からの~ (9, 0.2%)

2 命令が 1 使命を, 命令で, 圧迫で, 耳うちが, 話でも, 達しで, 風の

▼ 筋じゃ~ (9, 0.2%)

2 ございませんの, ないか 1 すっかり神経, ない, ないが, ないン, 直き

▼ 筋であった~ (9, 0.2%)

3 がその 1 かも皆, が人通り, そうだ, そうで, とは思われない, のです

▼ 筋にあたる~ (9, 0.2%)

1 人で, 佐竹六郎という, 佐竹六郎といふ, 先生の, 加納家の, 東海道では, 武蔵程, 池上侯爵家からの, 青墓の

▼ 筋あい~ (8, 0.1%)

2 のもの 1 でございましょうか, ですかい, ではございません, でもなけれ, はねえ, もない

▼ 筋ある~ (8, 0.1%)

1 かなあ, かも知れぬ, が往き帰り, にはある, のでトクポ・ラプスン, やつらて, 岐れ, 路地へ

▼ 筋とか~ (8, 0.1%)

1 いった話, なんとかで, 事件とか, 全篇, 動作とか, 或は母, 時間的の, 脈管とか

▼ 筋として~ (8, 0.1%)

1 こしらえて, 今夜の, 応接に, 憚られる, 書き残したの, 極端な, 疎外せられ, 結婚の

▼ 筋あっ~ (7, 0.1%)

1 てのこと, てわざわざ, て出府, て南町奉行隠密まわり同心税所邦之助出張, て寺社奉行さま, て東海道, て渡船

▼ 筋ばかりが~ (7, 0.1%)

51 ひどく目立つた, 這って

▼ 筋ひとつ~ (7, 0.1%)

2 ゆるみも 1 動かさずに, 動かさず例, 動かさず床の間, 動かさなかったし, 動かさねえで

▼ 筋まで~ (7, 0.1%)

1 お供を, 入り込むこと, 平気で, 痺れたと, 表した細やか, 諸方面, 進んだ

▼ 筋さえ~ (6, 0.1%)

1 御存じで, 明瞭に, 立って, 覚えれば, 通って, 通れば

▼ 筋だった~ (6, 0.1%)

2 ことは 1 かまるで, というこん, のだろう, んです

▼ 筋だらけ~ (6, 0.1%)

1 にし, の両, の悪い, の腕, の陽, の首

▼ 筋とを~ (6, 0.1%)

1 しんみりと, もて我, もて編むというは, 混合し, 遠く見渡す, 重ねて

▼ 筋などは~ (6, 0.1%)

1 すつかり忘れ, むしろなるべく簡単, 何が, 何とも思つて, 私の, 霧の

▼ 筋へと~ (6, 0.1%)

1 入り込んで, 取った, 取り名古屋, 続く木曾街道, 街道を, 通り過ぎて

▼ 筋ほど~ (6, 0.1%)

1 えぐるよう, つけたばかり, 床の, 括られて, 紫色の, 芒に

▼ 筋コンクリート~ (6, 0.1%)

1 かな, といふ言葉, のビルヂング式, の建築, の階段, の高

▼ 筋一丁目~ (6, 0.1%)

2 の交叉点 1 の乗換場所, の方角, はとっくに, を過ぎた

▼ 筋彫り~ (6, 0.1%)

1 がよう, だけで止め, で懲りさし, にか, をする, を済まし

▼ 筋違御門~ (6, 0.1%)

2 のほう 1 で編笠, との間, の前, を抜けた

▼ 筋ずつ~ (5, 0.1%)

1 四つか, 客に, 比べて, 消しに, 竪に

▼ 筋など~ (5, 0.1%)

2 言ふ 1 あれば, そのほか, 立てたる事

▼ 筋などと~ (5, 0.1%)

1 いって, 云われて, 呼ばれて, 言われて, 言われる所謂

▼ 筋などを~ (5, 0.1%)

2 話して 1 空想し, 自然と, 足で

▼ 筋ばかりの~ (5, 0.1%)

1 小説に対して, 白い雪, 皺が, 美しさ, 長い黒髪

▼ 筋右衛門~ (5, 0.1%)

1 が向, だが, でい, のどこ, は略画

▼ 筋~ (5, 0.1%)

1 が三角座, にされ, にした, の刺青, 石め鏨は

▼ 筋~ (5, 0.1%)

1 との互成因縁, のおの, のみによつ, の太まり強まつ, の發達

▼ 筋違見附外~ (5, 0.1%)

2 に大道易者, の薄暗い 1 へ出

▼ 筋からも~ (4, 0.1%)

1 はずれて, 人の, 何らの, 味方の

▼ 筋しか~ (4, 0.1%)

1 ありませぬ, ない無明, なくて, わからない

▼ 筋だけでも~ (4, 0.1%)

2 恰好が 1 興味は, 通して

▼ 筋だの~ (4, 0.1%)

1 役者の, 腱だ, 護法胤だ, 金ピカだ

▼ 筋であっ~ (4, 0.1%)

1 ては幅, て両方, て攻撃余力, て日本

▼ 筋といふ~ (4, 0.1%)

2 のが 1 ことである, ものが

▼ 筋なら~ (4, 0.1%)

1 ば何と, 五筋六筋なら, 六筋と, 知つて居る

▼ 筋に当たる~ (4, 0.1%)

1 東海道方面は, 男が, 町の, 諸藩

▼ 筋へは~ (4, 0.1%)

2 石を 1 いつて, 厭だ

▼ 筋ほどの~ (4, 0.1%)

1 廊下で, 日影も, 継目も, 路へ

▼ 筋らしい~ (4, 0.1%)

1 がこれ程, ものは, 老婆と, 貴人は

▼ 筋をも~ (4, 0.1%)

1 動かさ, 変えずには, 痛みに, 緩めず湧くや

▼ 筋入り~ (4, 0.1%)

3 の印半天 1 たるズボン

▼ 筋~ (4, 0.1%)

3 の蜘蛛 1 あげます

▼ 筋立った~ (4, 0.1%)

1 方から, 瘤だらけの, 話が, 逸作の

▼ 筋立て~ (4, 0.1%)

1 ていく, て歌った, て考え, て話し

▼ 筋~ (4, 0.1%)

1 には上下二段, の罫, を一枚, を見せ

▼ 筋あり~ (3, 0.1%)

1 かつは, という, 蕋の

▼ 筋あれ~ (3, 0.1%)

1 こそ甲府, ば手, ば詮方

▼ 筋かに~ (3, 0.1%)

1 分れた細い, 分れた谿流, 織られて

▼ 筋すなわち~ (3, 0.1%)

1 憑き物系統の, 憑き物系統を, 構造である

▼ 筋その~ (3, 0.1%)

1 一つと, 一は, 筋に

▼ 筋だけの~ (3, 0.1%)

1 ものであった, 名目養子を, 小説を

▼ 筋だって~ (3, 0.1%)

1 いる, とおりませんもの, 考えると

▼ 筋~ (3, 0.1%)

1 やある, やございません, やない

▼ 筋としては~ (3, 0.1%)

1 キインの, 大事な, 面白くいいと

▼ 筋などが~ (3, 0.1%)

1 あらうとも, ありません, あろうとも

▼ 筋ならず~ (3, 0.1%)

3 物言はずし

▼ 筋なる~ (3, 0.1%)

1 乙女氣には, 名称が, 次第を

▼ 筋にな~ (3, 0.1%)

1 つて來ます, つて流れ, つて直ぐ

▼ 筋にまで~ (3, 0.1%)

1 あらわれて, おおいかぶさって, 分布し

▼ 筋への~ (3, 0.1%)

1 払いに, 拂ひ, 方角である

▼ 筋へも~ (3, 0.1%)

1 八幡社を, 出ずゆっくり, 廻ろうかしら

▼ 筋むかい~ (3, 0.1%)

1 の屋敷, の左側, 雁治郎飴の

▼ 筋むこう~ (3, 0.1%)

1 に靴屋, の屋敷内, の隅っこ

▼ 筋よりも~ (3, 0.1%)

1 何よりも, 墨の, 心理を

▼ 筋をと~ (3, 0.1%)

1 ほして, ぼとぼと歩い, 殿様も

▼ 筋~ (3, 0.1%)

2 が二 1 に添え

▼ 筋彫で~ (3, 0.1%)

2 小さく桃 1 後から

▼ 筋~ (3, 0.1%)

1 下向上州沼田ヨリ戸倉沼山ニ御, 頬にも, 頬先二の

▼ 筋通り~ (3, 0.1%)

1 たれば, である, にざわめき

▼ 筋長く~ (3, 0.1%)

2 乱れて 1 たたび

▼ 筋からは~ (2, 0.0%)

1 消えて, 題材が

▼ 筋がき~ (2, 0.0%)

1 をお, を作る

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 ゃあるめえしこんな, やない

▼ 筋じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないから, なかった

▼ 筋そこ~ (2, 0.0%)

1 のキャバレエ赤玉, まではちと

▼ 筋そのもの~ (2, 0.0%)

1 がそっくり, が不自然

▼ 筋それ~ (2, 0.0%)

1 こそ香, に南北

▼ 筋たる~ (2, 0.0%)

1 私の, 重臣が

▼ 筋だけが~ (2, 0.0%)

1 針金の, 青白い蚯蚓

▼ 筋であります~ (2, 0.0%)

1 からこれ, がそういう

▼ 筋での~ (2, 0.0%)

1 出来事である, 奉公には

▼ 筋とが~ (2, 0.0%)

1 二派に, 武蔵へ

▼ 筋との~ (2, 0.0%)

1 交叉点に, 追分でし

▼ 筋なき~ (2, 0.0%)

1 を得ず, 事を

▼ 筋なし~ (2, 0.0%)

1 だ, と見極め

▼ 筋なぞは~ (2, 0.0%)

1 どんなに無理, 一つも

▼ 筋などには~ (2, 0.0%)

1 まったく気, 無くて

▼ 筋などの~ (2, 0.0%)

1 あるべきはず, ものが

▼ 筋ならぬ~ (2, 0.0%)

1 ものを, 人の

▼ 筋なりに~ (2, 0.0%)

1 切りさ, 合わせて

▼ 筋なんて~ (2, 0.0%)

1 ものは, 目茶苦茶に

▼ 筋について~ (2, 0.0%)

1 ゐるの, 研究を

▼ 筋にて~ (2, 0.0%)

1 吟味の, 秘めたるは

▼ 筋にても~ (2, 0.0%)

2 かほどの

▼ 筋により~ (2, 0.0%)

1 法に, 静かに

▼ 筋のし紙~ (2, 0.0%)

2 に包んだ

▼ 筋のみ~ (2, 0.0%)

1 たどられぬ, れんは

▼ 筋へでも~ (2, 0.0%)

1 落ちるか, 訴える気

▼ 筋までが~ (2, 0.0%)

1 にわかに引きしまっ, 蒼白く透通っ

▼ 筋までを~ (2, 0.0%)

1 まざまざと, 西界内本町太郎左衛門町西入町豊後町安土町魚屋町を

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 よくビザンチン絵, よくビザンチン繪

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 ぽい大根, ぽくッ

▼ 筋一本~ (2, 0.0%)

1 も見えず, 削るだけでも

▼ 筋七筋~ (2, 0.0%)

1 の抜毛, 青白く思案

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 けは極めて, は大抵

▼ 筋~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 黒塗の, 黒塗りの

▼ 筋千筋百筋気~ (2, 0.0%)

2 は乱

▼ 筋及び~ (2, 0.0%)

1 その構成, 触官

▼ 筋娘心~ (2, 0.0%)

2 には色々

▼ 筋抜き~ (2, 0.0%)

2 という事

▼ 筋斗翻~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, をし

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 に上下差, に落ち

▼ 筋本位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の安価低俗

▼ 筋~ (2, 0.0%)

2 は乱

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 が流れ, の紐

▼ 筋混凝土~ (2, 0.0%)

1 のモダン建築, の研究

▼ 筋無力~ (2, 0.0%)

1 といっ, の病気

▼ 筋砂一粒~ (2, 0.0%)

1 入って, 入つて

▼ 筋立ち~ (2, 0.0%)

1 かさかさし, こめかみ顫き

▼ 筋立っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て来た

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 のついた, を引いた

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の中

▼ 筋~ (2, 0.0%)

1 に縒り, に縒り合

▼ 筋~ (2, 0.0%)

2 では行かない

▼ 筋近来~ (2, 0.0%)

2 の凶作

▼ 筋違外~ (2, 0.0%)

1 の加賀ツ原, へ移りまし

▼ 筋違見附今~ (2, 0.0%)

1 の万世橋, の萬世橋

▼ 筋違角~ (2, 0.0%)

2 から二軒目

▼ 筋~ (2, 0.0%)

2 が入っ

▼ 筋長い~ (2, 0.0%)

1 布が, 髪の毛が

▼ 筋長柄町~ (2, 0.0%)

2 を東

▼1* [380件]

あったればこそ探り, 筋あつた, 筋あとで物語, 筋あの女の, 筋ありましたので次, 筋あるいはえうま, 筋うりの序幕, 筋指出置候間御, 筋えりに亂, 筋おのおのへ二十五筋, 筋おまえの手の筋, 筋お前さまのお, 筋かを持つ広い, 筋がぞーッと, 筋がちがふ, 筋がね悪竜, 筋がねとなって, 筋くっきりと深く, 筋くれだった平手で, 筋くれ立った指を, 筋ぐらいずつ光って, 筋ことに大きな神社, 筋これがずっと, 筋ございましてもはねのけます, 筋ういふ, 筋さえも一向に判然, 筋さっそくですが, 筋さっと流れて, 筋さらにさらさらと走っ, 筋しかねえまだそう遠く, 筋その他のこと, 筋それから水の, 筋それっきりでした, 筋それらの怪奇, 筋たしかに身延街道でございましょう, 筋たなびいている, 筋たなびく野面は, 筋だいと馬鹿, 筋だけで理解しよう, 筋だろうぜ, 筋がひ, 筋っぽくなって, 筋つけるのを, 筋つるとて立すくみ, 筋であったらしいのである, 筋であればなるべく, 筋でございましょうかと存じます, 筋でございますかえ, 筋でして, 筋でない人間の, 筋でなければ油絵, 筋というのア, 筋とかいう言葉も, 筋とかがあっての, 筋とでもいうよう, 筋とやらからこちらへ, 筋どころの單衣, 筋どっている, 筋どの点にも, 筋ながら処々斜めに, 筋なく一同不審の, 筋なぞを例の, 筋などで皺が, 筋などという特定の, 筋などとはちと違う, 筋なほ欲情のはげし, 筋ならず聞きつることの, 筋ならねどつらき, 筋ならんでいた, 筋なりし者, 筋なんかにしても, 筋なんかよりも彼の, 筋なんぞとぼかさずに, 筋なんぞのために, 筋にあたって繁昌した, 筋においては其開初の, 筋においても一応内偵, 筋における相当に, 筋にかけて篠つく, 筋にこそあって, 筋にさえ真面目に, 筋につれて展開し, 筋にでも当たる身分, 筋によつて参上した, 筋によってそれぞれに, 筋によるのか, 筋に関しての御意見, 筋ぬれて手ぬぐいかけ, 筋のう門出の, 筋のみが使用し, 筋はじめの出, 筋はっきりきざまれて, 筋はつきりきざまれて, 筋はらはらと頬, 筋はをちこ, 筋ばかりと袋餌数筋を, 筋ばかりになって, 筋ばかりを見る人, 筋ばつたうなじのあたり, 筋ばつた力のある, 筋ばつた拳骨でもつ, 筋ひと筋が制御, 筋へまで八方へ, 筋ぼりしたるものあり, 筋までも強直させた, 筋まれなる小宿, 筋むかいなる県社乙剣の, 筋もしかと分り, 筋もの線が引かれ, 筋ゃなんですかいお駕籠, 筋やに遮られて, 筋蕨ぜんまいが, 筋よく候通りよく, 筋よりの早注進矢, 筋よりは作家の, 筋らしき武士が, 筋を以て右等之, 筋どういうん, 筋カンドコロというもの, 筋キラリと光っ, 筋コンクリートつて君何のこと, 筋シーンをまとめやっ, 筋ニ接シ金峰鉄岳ノ東三繋, 筋雁坂峠ニ連ナリ西ハ本郡, 筋ハ成就仕候事, 筋ピラカプト同フシコタン, 筋ミチ立チテ在リ, 筋走ッテイルノガ認メラレル, 筋すぢ表現, 筋一つ滝人の身体, 筋一ツ元来の薬嫌, 筋一パイに調べました, 筋一体大人しく人, 筋一帶がさうで, 筋一筋ずつ獣, 筋三つ道具二通りその他の諸, 筋三位局と新, 筋三島宿にては水戸, 筋三筋夜風に怪しく, 筋三筋戸外にさす, 筋三筋扇頭の微風, 筋三筋指にかかっ, 筋三筋断続した地割れ, 筋三筋日光の縞, 筋三筋河原に残っ, 筋三筋白髪のちかちか, 筋三筋糸を引いた, 筋三筋藍を流す, 筋三筋襟に乱れた, 筋三筋距つた町通りに小さい, 筋三筋雨の糸, 筋三筋鬢のほつれ毛, 筋つた, 筋儀申聞候に, 筋乍ら十五代を経, 筋乾いた手拭が, 筋二丁目の姉, 筋二十筋の文, 筋二條並びに骨, 筋五丁目の裏長屋, 筋五筋観世捻柳, 筋交えに抑え, 筋交御門の青山下野守様, 筋は堅から, 筋付いていた, 筋以外の神社芸術, 筋伝いに霞ヶ浦, 筋は浅草, 筋作られてあり, 筋を申立て, 筋先代孫右衞門に頼ん, 筋光ってみえた, 筋入れその縄, 筋全部がわからぬ, 筋六筋なら六筋, 筋六筋七筋青白く思案, 筋切れがしてる, 筋切傷を付ける, 筋切差西保等ト山脊ヲ界シ, 筋刻んだ様に, 筋剣道には稀有, 筋動これなり, 筋を, 筋十六社二十四万人が一せい, 筋半日がかりでみんな, 筋い曲った思うとこ, 筋即ち地震帶と, 筋反射を調べる, 筋取っても一筋心, 筋取ったネオンが, 筋唯一筋の唐七糸帯, 筋善く揃ひ, 筋四丁目の五会, 筋四筋が手拭, 筋四筋梢には羅, 筋圧感はといえ, 筋垂らしてびっくり, 筋垂れた一定の, 筋垂れ下るのを, 筋垂髪と呼んだ, 筋堺筋道頓堀千日前各種のデパート, 筋に対して異国種, 筋塗り残して, 筋かりしに, 筋夜風に怪しく, 筋夢見るように, 筋大したもので, 筋大坂島原と諸国, 筋大川の, 筋の腕, 筋並んで, 筋寄せて蝶, 筋寄り勝ちの額, 筋小説としてすますなら, 筋少し斜めに, 筋の向う側, 筋差支可申哉に付, 筋と溢れ, 筋ほどの幅, 筋もあれ, 筋弛めば氣, 筋から放された, 筋張つた手をもがく, 筋張つた神經質な武家, 筋張つた節くれ立つた手, 筋張つた脛で痩, 筋張つた色が立つ, 筋張つた首筋など眼, 筋当て置けば, 筋毛の, 筋怒れる肉, 筋戸外にさす, 筋扇頭の微風, 筋持って駈けつけ参りました, 筋持ったまま蚊帳の, 筋持つて行, 筋にかかっ, 筋振ってきおい, 筋散りかかるほつれ毛を, 筋まで読みたい, 筋詰めて, 筋敷かれてあつ, 筋文身の腕, 筋斗うち奈落の底, 筋斗百回した所, 筋斗雲がございます, 筋断続した地割れ, 筋ち切れば, 筋日光の縞, 筋日本橋東へ入る, 筋之当, 筋東海道の賑やかさ, 筋には羅, 筋をつきたて, 筋歴々と走っ, 筋残して走っ, 筋残らずはいってる, 筋殘つてはゐません, 筋河原に残っ, 筋浅尾村の孫左衛門, 筋深い皺が, 筋深く引き, 筋湯大岳地獄疥癬湯河原の湯, 筋溶けて蚯蚓, 筋もうひとつ, 筋濡れている, 筋炯々といふ, 筋煙止めせいとのお達し, 筋の足跡, 筋現われ汗を, 筋申上候より上件ニ, 筋町五十四番地に行った, 筋町屋の中, 筋略筋から草案, 筋疼む左の二の腕, 筋痛み出しやめ, 筋痲痺を起してる, 筋白い髪の, 筋白髪のちかちか, 筋動きぬ, 筋眞夜中に濠, 筋真夜中に濠, 筋矢一千本ずつを作り, 筋の下, 筋を犯しましたる, 筋あるのみで, 筋窓硝子に当っ, 筋立てれば嵐系譜, 筋と云っ, 筋等各地その名称, 筋等閑なる事, 筋善く揃, 筋粘り付いております, 筋粘り附いて居ります, 筋素生の悪, 筋紫色をし, 筋結城に黒, 筋のやう, 筋絶ちまさに絶望, 筋の紗, 筋縫い込んでおく, 筋繃帯のした, 筋繊糸のやう, 筋置いて往, 筋脈露顯し獨, 筋自分を恐れ, 筋至って侠気の, 筋芝居の筋, 筋落ちの小滝, 筋蒲田谷の方, 筋を流す, 筋のご, 筋行きの商人, 筋裾広がりにぱつと, 筋に乱れた, 筋西から来る, 筋西側の紙屋, 筋見ゆるようだ, 筋見付かつた, 筋や関節感覚, 筋覚伝導の法則, 筋観世捻柳, 筋や抽象論, 筋論者抽象論者はその, 筋諸国の深山幽谷, 筋を喪った, 筋識喪失というデュシェンヌ, 筋の皮, 筋質骨化に伴う, 筋赤い毛糸の, 筋走る金の, 筋趣向というもの, 筋てての狂態, 筋距つた町通りに小さい, 筋身延街道をめがけ, 筋辷るように, 筋辿るべき微妙な, 筋通り辻を曲がっ, 筋逞しく現われて, 筋連中もアッ, 筋遊歴の積り, 筋道頓堀千日前各種のデパート, 筋道頓堀千日前界隈をひっくるめ, 筋達見附の間, 筋違いの旗, 筋違ひだが今更, 筋違ひで政治は人間生活, 筋違ひと思ふから, 筋違ひなら龍の口, 筋違ひまで遠出, 筋違イノ不礼ヲタダス者ハ是, 筋違御門ぎわの修理太夫, 筋違見付外へ出, 筋違見附右へ行く, 筋違見附浅草御門橋を越し, 筋違骨の下, 筋部屋のなか, 筋鈴木家の薬局, 筋の入, 筋長崎へでも参る, 筋の入口, 筋をつけた, 筋隈剥身火焔隈一本隈というよう, 筋随一と称し, 筋の巣, 筋の糸, 筋となっ, 筋のごとく光っ, 筋電車を馬場先門, 筋青白く思案に, 筋にかかれる, 筋に瘋味, 筋とに軽い, 筋飛んで来ない, 筋飾りをつけ, 筋骨屋町角の育英, 筋髄一切食うを, 筋のほつれ毛, 筋と天狗, 筋黒くなって