青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「筈~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~笑つた ~笑顔 笑顔~ ~笛 笛~ 笠~ 笹~ ~筆 筆~ ~筈
筈~
等~ ~筋 筋~ 筒~ ~答 答~ ~答え 答え~ ~答えた 答えた~

「筈~」 11878, 123ppm, 858位

▼ 筈~ (2967, 25.0%)

902 ない 206 ありません 205 ないと 200 ないの 129 なかった 66 ないから, 無い 64 なかつた 61 ないが 48 あるまい 43 ないん 40 ございません 30 ないし, ないので 21 ないで 20 無いの 17 ないぢ 16 ありませんが 15 ないのに, ないよ, なかつたの, 無いと 12 ありませんよ, なかろう 11 あるまいと, 御座いません, 無いから 10 ないじゃ, ないだろう, ないという 9 ないけれども, 無いぢ 8 ありませんから, なし, 無いん 7 ありませぬ, ございませぬ, ないでしょう, ないわ, 無いが 6 ありますまい, あり得ない, ございませんが, なく又, 無かった 5 ないぞ, ないといふ, ないわけ, なからう, なくお, なくその, なくそれ, ねえが, 無かつ 4 ありませんでした, ないそれ, ないね, ないやう, なくまた, 有ません, 無いそれ, 無いのに, 絶対に

3 [20件] ありませんがね, あるまいが, ござらぬ, ないからな, ないこの, ないさ, ないぜ, ないだらう, ない彼, なかつたから, なかつたが, なかろうと, なく彼, 断じてない, 有りません, 有り得ない, 有り得ないの, 無いじゃ, 無いに, 無いよ

2 [34件] ありえないと, あるめ, ございますまい, ございませんわ, ないがと, ないけれど, ないこと, ないこれ, ないじゃあ, ないそんな, ないであろう, ないな, ないに, ないまして, ないまもなく, ないもの, ない人間, ない故, ない私, なく, なくただ, なくもとより, なく人間, なく第, ねえ, ねえきっと, 御座いませぬ, 決してない, 無いあいつ, 無いだろう, 無いでしょう, 無からう, 無く, 無く真田紐

1 [340件] ありえない, ありえないの, ありっこない, ありっこないの, ありますまいよ, ありませぬが, ありませぬと, ありませんからね, ありませんからねえ, ありませんさ, ありませんし, ありませんそれ, ありませんたしかに, ありませんたった今, ありませんでしたが, ありませんでしょう, ありませんどうか, ありませんな, ありませんのに, ありませんへい若し, ありませんまあ, ありませんもの, ありませんわ, ありませんわたくし, ありませんわねエ, ありません昨夜どなた, ありません親分, ありません貴方, ありゃしません, ありゃア, ありやしない, ありよう, あり得ないから, あり得ないし, あり得ないの, あり得ませんや, あるまいから, あるまいぜ, あるまいそれ, あるまいな, あるまいに, あるまいもう少し, あるまいよ, あるまい常々野, あるまい必ず, あるまい順次, あるまじき事, けっしてない, ございませぬかうハッキリ, ございませぬが, ございませんし, ございませんでしょうが, ございません昨夜風邪, ございません破家, ござらん, ござるまい, ござるまいに, どうしてもない, どう考え, ないあんなに, ないいろは茶屋, ないお, ないおそらく, ないお前, ないかも, ないからの, ないからのう, ないがな, ないがなあ, ないがね, ないきまり, ないこう, ないことに, ないこんな, ないしかも, ないじゃろう, ないそいつ, ないその, ないそれにしても, ないだが, ないだらうな, ないだろうおまえ, ないだろうけれども, ないだろうと, ないぢやあ, ないでありましょう, ないでしょうが, ないでしょうし, ないでしょ手っ取り早く, ないですからねえ, ないといった, ないとおま, ないとおも, ないとして, ないとは, ないにも, ないねえ, ないのでね, ないのにと, ないのよ, ないはじめて, ないや, ないやい, ないやはり, ないよく, ないわねえ, ないシマ, ないワ, ない一体, ない一時, ない人, ない何, ない何で, ない何故, ない併, ない僕, ない僕自身, ない六十万石, ない別れ, ない勝藏, ない参詣帰り, ない叔父, ない口やかましいと, ない君, ない吾, ない唯, ない四五十錢, ない大, ない夫, ない失敬, ない山上, ない彼自ら, ない御, ない必ず, ない思い出し, ない戸締り, ない所, ない昔気質, ない橋, ない此, ない気, ない法螺貝, ない清正公, ない滝野はた, ない物, ない猛獣, ない猫婆, ない現に, ない百瀬さん, ない相, ない筈, ない絶対, ない若し, ない覿面, ない訳, ない通じ, ない遠からぬ, ない間違い, ない電話, ない髮結, ない鯰, なかったであろう, なかったろう, なかったろうが, なかったろうと, なかつたあそこ, なかつたあそこら, なかつたし, なかつたで, なかつたと, なかつたので, なかつたん, なかるべきである, なかろうが, なかろうじゃ, なかろうよ, なかんべ, なくこれ, なくこんなに, なくさ, なくさんざん, なくしまいに, なくすべて, なくそこ, なくそれに, なくそれら, なくそんな, なくた, なくたとい, なくついに, なくてよ, なくどうせ, なくひとしく, なくまして, なくまじめ, なくむしろ, なくアメリカ, なくキヨトキヨト, なく三十五歳, なく中, なく二階, なく云うまでも, なく今日, なく偉大, なく八五郎, なく其暴惡, なく内心, なく問題, なく善人的, なく嘘, なく大袈裟, なく室, なく家中一統心, なく平中, なく弾, なく当分夜, なく当時, なく改築, なく時, なく東洋, なく熊笹, なく物, なく狸ども, なく用, なく町内, なく百人, なく相手, なく細字, なく裏, なく要するに, なく親爺, なく諸, なく雨漏り, なさそう, なしあなた, なしお, なしここ, なしそう, なしそこ, なしどのみち, なしまた, なし且, なし丸金醤油運搬用貨物船, なし又, なし恐らく, なし有る, なし疲れ, なし縋る, なし誰袖, なし足, なし車, ねえから, ねえさ, ねえそれ, ねえだが, ねえってね, ねえでしょう, ねえの, ねえみんな, ねえもの, ねえや, ねえん, ねえ何, ねえ半数, ねえ念, ねえ誰, ねえ警察, もう無い, 一ツも, 一面が, 万々無い, 勿論なかっ, 御座いませんが, 御座いませんでしたが, 有りますまい, 有りますまい倉, 有りませんが, 有りません其の, 有りません縦, 有りません自分, 有りッ, 有り得ないから, 有り得ないのに, 有り得なからう, 有るもん, 決して無い, 無いいずれ, 無いがと, 無いがなあ, 無いこれ, 無いこんな, 無いつて僕, 無いで, 無いでしょ, 無いという, 無いので, 無いのよ, 無いもう少し, 無いよう, 無い九如, 無い今, 無い傳, 無い十手, 無い双方, 無い大, 無い夫, 無い実に, 無い屈強さ, 無い差当り, 無い早い譬え, 無い無, 無い老人, 無い自分, 無い藤井, 無い親父, 無え, 無えが, 無かろうとは, 無くお, 無くこれ, 無くその, 無くそのうえ, 無くそれ, 無くそれに, 無く一擧, 無く却ッ, 無く反っ, 無く少し, 無く思え, 無く濡手拭, 無く矢張り女房, 無く誰, 無く遂に, 無さそう, 無し又, 無し私, 無し頗る, 無之, 無論なかつた, 知らないん

▼ 筈~ (1808, 15.2%)

74 もので 28 ものである 21 ものだ 16 ものが 14 ものな 11 ものでない 10 ないこと, ものを 8 ことを, 自分の 7 金が 6 ない事, ものです, 彼の, 男が 5 ことが, ところを, ないもの, ものに, ものも, 八歳の, 所を, 石城が

4 [13件] ところが, ない昔かたぎ, ない返答, なかった, 二つの, 処を, 列車が, 多くの, 彼女が, 母の, 自分が, 語部も, 風水の

3 [21件] ことで, ところに, ものだろう, ものであった, ものであり, 主人が, 事を, 人が, 八五郎が, 夫が, 女の, 家の, 彼が, 所へ, 格子が, 父親の, 私が, 者が, 言葉が, 金も, 青年の

2 [91件] あの人, お前は, お勝, お比奈, お絹, この, その岩, ところの, ない, ないの, ない信玄相手, ない僕, ない娘, ない手, ものだった, ものだつた, ものぢや, ものであっ, ものでありましょう, ものでなく, ものという, もんじゃ, イルクウツクで, ナポレオン・ボナパルトは, ボールが, 三本目の, 下り列車, 下女の, 乙姫が, 事が, 事で, 事も, 二人の, 二等室も, 人々も, 人では, 人な, 人は, 伊都子が, 信一郎は, 僕の, 加藤へ, 北海丸の, 友人を, 命を, 品格を, 囚人共が, 四人の, 土地の, 太い線路, 夫の, 夫を, 女中達は, 女乞食, 女形が, 妾の, 娘が, 子供が, 家に, 専務の, 小供, 屍体が, 峯吉の, 師範時代の, 年を, 広間の, 弟は, 彼である, 彼は, 手代の, 日に, 時計の, 時計は, 本を, 松太郎が, 森川森之, 横着者の, 樹木を, 此不快なる, 浦島も, 玄関の, 瑠璃子は, 私の, 私達は, 窓を, 米の, 肉体などは, 賀来子に, 身な, 音すなり, 頭は

1 [1240件 抜粋] あいつは, あなたが, あの夫, あの本, あの青銅像, ある単行本, おきみ, おすゑがゐなくて, お信, お前が, お品, お婆さんに, お島さん, お清, お父さんや, お玉が, お藤, お金じゃ, がその後三日間, がのび, が一カ月二カ月, が不思議, が二本, が五月, ことだ, ことであった, こととの, ことには, ことは, このあたり, この事実, この時局下, この種類, これの, ご辺, そして全て, そのボロ, その子, その小説, その男, その絵, その麗しい, つぎ足しが, とこまちがっ, ところから, ところであろう, ところなく, ところわたしは, ところ一つしか, ところ世俗の, ところ二十六文しか, ところ出来合が, ところ所勞の, ところ書けなかつた, ところ私の, ところ船底を, ところ風雪ひどく, ないかなしみ, ないのに, ないメクラ, ない先生, ない凡そ愚劣, ない大道具, ない小, ない弟, ない悲, ない方々, ない旦那方, ない栞, ない様, ない母親, ない澤庵石, ない特色, ない生れつき, ない程度, ない芳原近く, ない規格, ない金箱, ない関さん, ない音吉, ない龍, なきこと, のりとなる, ぼくでも, むす子, ものかい, ものじゃ, ものであろう, ものでも, ものなり, ものにて, ものへ, やうである, わたくしが, をさすが, を四十人, を私, アトリエに, イネ国軍が, ウタテアリが, オシキリの, オルガ姫が, カラクリ即ち, ガラツ八が, ギンヤまで, クロムウェルは, ジャネットは, スクルージで, ソヴェトで, タテマエである, チユーリツプの, ノルマ, ヒノキの, フェルナンデスを, ベッドへ, ポストが, モウパア警部さえ, ヤッコすなわち, ローラを, 一と, 一僧侶たるに, 一家が, 一萬兩近い, 七八千兩の, 三十兩は, 三十歳あまりで, 三好だ, 上納鉄砲は, 与之助の, 世襲の, 中島歌子の, 主人も, 主體, 乳母の, 事, 事は, 事件の, 二つ重ねの, 二人は, 二語の, 井筒に, 京伝が, 京姫の, 人々は, 人たちが, 人でなかった, 人を, 人物は, 人達が, 人間の, 仁助爺やが, 今日の, 伊三郎が, 伊達が, 会社へ, 伜の, 伯父であり, 何万かの, 何百万円という, 佛具が, 作衛が, 俊子と, 俺の, 倉田安彦という, 僕が, 元来の, 兄上の, 先生までが, 八五郎です, 八千兩の, 兵士たちが, 其見張番は, 兼助で, 内田銀蔵博士は, 処今の, 出入の, 刀を, 利三郎が, 刺激な, 労働力の, 勘次郎が, 十二社なぞ, 十四十五という, 千之助が, 千束守は, 千鶴子との, 半平は, 博愛社長に, 原稿の, 友人と, 叔父の, 古い原稿, 古典そのものさえ, 同じ連隊, 同郷の, 名刺が, 君が, 周さんに, 命な, 和泉屋の, 哲学の, 哲学者だ, 問題が, 喜三郎の, 四肢さえ, 国書は, 土台の, 土地払下案を, 在りの, 地位に, 坂本新太郎であった, 坑夫の, 場合だった, 場所では, 声が, 外記が, 夜具の, 大事な, 大室山の, 大粒の, 大革命, 奇月宗匠の, 奥の, 女である, 女を, 女房が, 妹が, 妻君は, 姉の, 娘は, 娯楽である, 婦人等は, 子供の, 字なき, 存在であった, 孫八さんとやらは, 安宅の, 定めの, 実体と, 客観性を, 家です, 家来達を, 富太郎の, 寺院だけに, 封印も, 小さな動物, 小判小粒五六百兩にも, 小森安吉だった, 小説が, 小金奉行が, 小鮒, 尾上の, 山に, 山は, 山下氏は, 山名山太郎だった, 岩が, 峯吉が, 工芸品に, 巨盜の, 市之助が, 市川染五郎, 市長は, 師匠が, 常藏は, 平次です, 年頃だ, 幸徳の, 幾ページかの, 店中も, 延宝の, 弦月丸と, 強大な, 彌吉, 当時の, 彫刻といふ, 彼な, 彼ルナアルは, 彼女に, 後れ毛さえ, 御墨附, 徳松が, 心にも, 志賀内匠の, 忘我の, 性質を, 恭吉は, 情縁あら, 想像的人物自分と, 感情が, 憎の, 懷は, 或る, 所が, 所で, 手前らを, 手槍では, 打越金彌, 扶持米の, 抱負を, 指先は, 振り分けの, 提唱が, 握り飯を, 政治家が, 教養人である, 文学の, 文法に, 新六郎樣と, 新夫婦, 方々の, 方に, 日の, 日光と, 日本ラジオの, 日本紀において, 旦那様が, 旧エタ, 春に, 時計と, 曙覧などには, 書が, 書記が, 月の物が, 木枯傳次は, 木立が, 末の, 本願寺の, 杉の, 東国へ, 東洋の, 松吉が, 某々の, 桐の, 梶子を, 棺桶中に, 楽屋裏から, 榮三郎を, 樹明君が, 橄欖島の, 橄欖島附近の, 檀君は, 檢印が, 歌である, 武具が, 武蔵の, 死牛馬も, 母親が, 母親を, 水夫火夫舵手機關手其他一團の, 池上も, 沢の, 河内介にも, 波多野洋介は, 洋燈の, 津村に, 深紅色の, 清水が, 源七郎君が, 源氏の, 炭坑が, 為近, 無い又, 無い症状, 無形の, 煙突を, 父が, 父安行すらも, 物でなく, 物理学は, 狼が, 現在は, 理由を, 琉球演劇, 生徒を, 生蛮, 男である, 男の, 男女から, 男體山も, 界隈で, 疑問を, 病人でも, 病氣をば, 白丘ダリアが, 百姓で, 直観的な, 真の, 真壁村の, 知らせも, 知識層である, 石田が, 硝子壜が, 社会学を, 社会観と, 神戸駐, 福田氏の, 私でも, 私に, 私も, 稚子, 立場に, 竹片は, 第一夜, 答案では, 算盤や, 約束を, 純粋さなぞは, 紙入が, 組合が, 絶對的他者そのものによ, 総合評論雑誌も, 羊羮の, 美津枝が, 習宜阿, 老女を, 者で, 者に, 胃の, 腕が, 自分としては, 自分は, 自尊心を, 與八郎といふ, 船も, 船長室には, 艦内まで, 芋の, 芬蘭の, 芸術家の, 若い世代, 若い者, 若ばけ, 英國の, 荒巻が, 菊乃さんが, 落合に, 葬儀の, 蒼ざめた色や, 藤助が, 蘭法の, 虚心が, 蛇が, 行李に, 術道も, 裾が, 西風が, 規定である, 親友であった, 言葉でも, 記念撮影に, 評定を, 語で, 語序変化の, 誰も, 諸結論, 變動の, 豐太閤これも, 貞観儀式其よりも, 貰ひ, 資本が, 赤い主義者, 赤沢博士の, 身である, 辰三は, 通信が, 連中に, 進歩性という, 運賃が, 遠くへ, 配所の, 重吉では, 金, 金之助が, 金銭の, 銀世界も, 銃士に, 鐘を, 長い伝統, 間に, 防火扉の, 陸口の, 階段を, 雑誌な, 雨宮紅庵が, 雪子は, 電車が, 露子が, 青年です, 順慶自身が, 頭蓋は, 飛竜が, 馬が, 駿三が, 高い処, 鬼村博士は, 魚容も, 鶴原未亡人が, 麻雀卓から, 黒髪は

▼ 筈~ (1796, 15.1%)

2176057 から 2923 と思ふ 22 と思う 21 がそれ 20 からである, ね 17 といふ 16 がその, ぜ 15 のに 12 からね 11 と思ひます 10 という, わ 9 がこの, がね, つたのだ 8 からそれ, が今, つたのに, と思, と思った, と思つて, と私 7 つたと, ということ, と云, と云う, と思います 6 からその, ぞ, と言, のにそれ

5 [11件] からだ, があれ, がお前, がしかし, がどう, が私, し, と, というの, と彼, と思っ

4 がこれ, がな, がなあ, が実際, し又, つた, つたぢや, つたのが, と思い, と言っ

3 [15件] から自分, がお, がここ, がそれでも, がどうも, そうです, それを, つたが, つたのです, と思いこん, と考える, と言う, のにこの, もの, 私は

2 [65件] からあの, からここ, からこの, からさ, からです, からと彼, からな, から代, から持つ, から早速, から痴川, があの, がずっと, がそう, がそこ, がそんな, がただ, がどうしても, がねえ, がまだ, がまだまだ, が人間, が今朝, が何, が処, が君, が天下, が彼, が心當, が我々, が持っ, が矢張り誰, が西洋, が詩, けれども瑠璃子, しそれ, しそれから, しなにか, そうで, それに, ちょいと, つたのを, つて言ひます, と一応, と主張, と云った, と云つて, と呑みこみ, と思はず, と思ひまし, と思われる, と甲斐, と瞳, と考え, などと思い, のにその, のにどうして, のにピクリ, のに今, のに何, のに実際, ツけが今は, ツけね, ツた, 六月三十日に

1 [808件 抜粋] あな線香で, あれを, いくら愚図愚図, いや必ず, いや捉, お前達が, お父様, かと云う, からあれ, からいづれ, からお, からお前, からきっと, からこ, からこの間, からこれ, からすると, からそうしたら, からそれ位, からついで, からつまり, からであります, からと云つて, からと仰しゃいまし, からと思つて, からと日本語, からと飲ん, からどの, からどんなに, からひとつ, からひょっと, からもう, からもう少しどう, からもし, からよく, からウン, からナ, からベルリン, からムカ腹, から一目, から両者根本, から主人, から二度と, から今日, から僕, から全く, から全国, から其以前, から其處, から出し, から午頃, から即刻厳重, から同じ, から壺, から外, から大急ぎ, から女子供, から家中, から小田君, から少く, から平次親分, から後で, から懷ろ, から持っ, から捕まえ, から文句, から旁ら, から早く, から昨日, から横, から此機会, から気, から決して, から満更, から物, から物部, から疑ひ, から直ぐ, から立っ, から自由, から茶の間, から見せ, から話, から詳しい, から足どり, から迎, から領地, があちら, があつし, があなた方, がある, がいきりたっ, がいつ, がいつか, がいろいろ, がおっ, がお前達, がぐっと, がこう, がこの間, がこれら, がさっぱり, がさて, がそういう, がそして, がその後, がその後袁更生, がそれでは, がそれ濃霧, がそれ等, がたった, がたとえ, がでも, がとそっと, がとひょっくり, がともかく, がとわたくし, がと吾輩, がと思っ, がと怪訝そう, がと直感的, がと言う, がと質問, がどうして, がどこ, がなく, がなまじっか, がふい, がぼんやり, がまこと, がまるで, がもうはや, がもう少し, がもしさういふ, がよ, がよほど, がわるく, がオイ, がハテ, がヒメ, がプロフェッサー, が一, が一人, が一向, が三十五六, が不幸, が事, が二十八, が二度目, が今年, が伊賀流, が何れ, が何處, が余りに, が使っ, が俺, が僕, が全く, が兼吉, が別当, が加, が単なる, が又もや, が取あえず, が口頭伝承, が啓之助, が困つた, が夕方, が外, が大, が夫, が如何, が孫三郎, が寂しい, が尚, が幼年, が座敷, が当らない, が彼の, が彼女たち, が或いは, が手紙, が新聞, が時, が時として, が最高, が木兵衛, が来た, が案外, が極力, が歌子, が此辺, が此間, が残余, が泳ぎ, が然し, が犬, が独旅, が理論的, が着物, が知つて, が精げた, が素晴らしい, が結局オールチョン, が美しい, が聞きなせ, が自分, が花, が衆學法, が見なかった, が見当, が親父, が訊い, が訪問, が論理, が警, が足跡, が道者船, が都合, が重三郎, が錠, が雨, が面喰ら, が額, が鶴雄, けど, けどおどろいた, けれどあんまり, けれどそこ, けれどもこの, けれどもまだ, けれどもジュネーヴ, けれども是, けれども狭く, けれども琴, けれどやはり, けれどよほど, けれど兎, こう云っ, ことと, これは, さ, しあの, しいい, しお, しお茶, しかも二人, しかりに, しすぐれた, しそう, しそれに, しまた, しもう少し, しトラクター, し三十分毎, し何, し其後, し別れ話, し問いただす, し彌太郎, し感心, し根本的, し次に, し毛沼博士, し生き, し素姓, し良人, し裁縫, し逆, ぜと云った, そいつは, そうだろう, そのうち, そのとき, その少女, その点伊藤継郎氏, その船室, それが, それで, たしかに彼, たとえそれ, っけな, つけが, つたお, つたお里の, つたといふ, つたとよ, つたのさそれを, つたのよ, つたらしい, つた今の, つた友だちの, つた女房を, つた奴が, つた山下の, つた市五郎さん, つた施主即ち, つた父さんは, つた目録を, つた眼醒時計は, つた若い, つた谷五郎が, つた養子の, て, ての俺ら日, というよう, という事, という御意, という理由, という空想上, という被告, といくぶん, といつ, といふやう, といふ信念, といふ如き, といふ批評的立前, といふ海, といふ顔, とおっしゃった, とかんさん, ところが, としつこく, とそういう, とぶつ, とまで云, ともいえる, ともそう, とウィリアム, と一生懸命, と不, と云い出した, と云うたら, と云ったら, と仰有る, と会場, と信じる, と僕, と其時私, と判断, と又, と嘯いた, と小生, と当然, と思い込む, と思はぬ, と思はれた, と思へる馬鹿げた, と思われ, と思われます, と感じられる, と或は, と教え, と断定, と晴代, と板倉屋, と棚, と無理, と申した, と異口同音, と知, と確信, と答える, と考, と考えた, と考えられる, と考へ, と聞い, と自分, と自負, と見る, と言った, と言つて, と話した, と語っ, と身体, と返事, と述べ, と野, と野々宮, と頑張つた, どうして狙, どうだ当ったろう, なお, など, などいふ, などと云った, な友達, ねもう, ね私, ね親分, のにいつの間に, のにしかし, のにそれに, のにと思い, のにと思っ, のになぜ, のにますます, のにまた, のにみんな, のにむしろ, のにやはり, のに一体どうして, のに世相, のに亡くなつた, のに何とも, のに勇吉, のに和文英訳, のに安二郎, のに小判, のに彼ら, のに徳川殿, のに所詮, のに扉, のに日本租界, のに案外, のに段々, のに犬, のに現に, のに私ら一家, のに自分, のに貫一, のに雲, べちゃ, ほていさまの, みんなすぐ, もうなに, もしもわれわれ, もと, よああ, よ三千世界, よ不思議, よ巡, よ政府, よ相手, わからっぽ, わという意, わなんて気, キツト何んかに, シテ見る, ツ, ハテナ, ホレーシオ君よ, ワ地下, 不自由は, 予が, 人を, 人爲で, 今升, 今如何, 今朝は, 何かの, 何にも, 何卒昇, 余の, 余は, 侍從だ, 兎も, 其の様, 内容的にも, 処が, 出鱈目な, 危険も, 同業の, 四国の, 図, 堂々たる家, 大塚さんと, 夫に, 察する, 彼は, 彼等は, 御家を, 心當り, 感謝は, 新吉が, 早く捕らえ, 昨夜この, 是れ, 有難いこと, 本人の, 柿崎さんに, 此れ, 死体は, 気早な, 江戸の, 浄衣金剛杖の, 父上が, 甲斐には, 相である, 緒方の, 自分の, 萬事拔かり, 見てくれ, 言へ, 誰か, 身心が, 金兵衞は, 電球が, 風邪位が

▼ 筈~ (1157, 9.7%)

454 ない 79 ないと 57 ないの 49 ありません 45 なかった 33 無い 25 ないで 22 ないから 18 なかつた 16 ないじゃ 15 ないのに 12 ないん 10 あるもの, 無いと 9 ないので 8 ございません, ないという 6 なかつたの 5 ございませぬ, ないが, ないといふ, ないわ 4 あるか, ないぢ, 無かった

3 [20件] あらうか, ありましょうか, ありますもの, ありませんからね, ありませんや, ありませんわ, あろう, あろうか, ござりませぬ, ないさ, ないし, ないでしょう, ないもの, ないよ, ない憤り, ねえじゃ, 無いから, 無いさ, 無いの, 無いサ

2 [24件] あらう, ありませぬ, ありませんから, ありませんよ, あるべきもの, あるもん, おまへん, ございましょう, ございませんわ, ないからね, ないこれ, ないそんな, ないだろう, ないです, ないとて, ない事, ない所, ない親子, なかろう, なく, なく極めて, なければ, ねえや, 無かつ

1 [141件] ああなる, あって, あつて, ありは, ありましょう, ありますか, ありませうや, ありませんが, ありませんでした, ありませんでした矢ッ張, ありませんです, ありませんどうぞ, ありませんもの, ありません邪, あり得ない, あり得ないの, あるであろうか, あるまいじゃ, あるまいじや, あるまいと, あるめ, あるめい, あるものぢ, あるん, おまへ, ございましょうか, ございませんのに, ござりません, ごはせん, そうでなく立た, だんだんと, どうしてありましょう, ないあるなら, ないからと, ないがなあ, ないけど, ないこと, ないしかし, ないし故障, ないじゃあ, ないそう, ないその, ないそれ, ないただ, ないだが, ないつまり, ないであろう, ないとは, ないに, ないのにと, ないひとつ, ないや, ないよう, ないシテ, ないチヨツ, ない但し, ない何ん, ない余, ない南部四道, ない原田, ない友人, ない嘘, ない尺八, ない屹度中傷, ない従って, ない徳義心, ない恐らく, ない恐らくは, ない成る, ない手, ない昨夜, ない殊に, ない獨, ない神経, ない筈, ない良之助, ない若し, ない茶の湯, ない銅像, ない間柄, なかつたから, なくあと, なくお, なくかえって, なくかかる, なくしたがって, なくただ, なくまして, なくまた, なくバー, なく伊吹未亡人, なく其間, なく加俸, なく変, なく小, なく少なくとも, なく彼女, なく星占学, なく星占學, なく時には, なく朝井刑事, なく神楽坂署員, なく身, なく遊ぶ, なく阿部, なしそれ, なし北西, ねえから, ねえて, まずない, 僅かに, 却って圧力, 変更に, 夕方六時から, 有ません, 有りません, 有り得るもの, 有る者, 無いからね, 無いからねえ, 無いからネ, 無いし, 無いじゃ, 無いとか, 無いわ, 無いん, 無い何, 無い又, 無い是, 無い私, 無え, 無えわな, 無くいや, 無く尚更, 無し君等, 無し家, 知識高き, 突然いなくなった, 結局十一時近く, 豈計らん, 防空演習の

▼ 筈~ (708, 6.0%)

106 ない 96 ありません 34 ないの 29 なかった 22 ございません 19 ないが 12 なかつた 11 なくそれ 10 あるまい, ないから, ないし, ないので 9 なかつたの 7 ないと, 御座いません 6 ないのに, なく私 5 なくこれ, なくまた 4 ありませんが, ないぢ, ないで, なかつたが, なからう, なく, なくその, なく又, 無い, 無いの 3 あるまいと, ないわけ, なかつたのに, なくそれに, なし, なしそれ, なし又, 無からう, 無し

2 [21件] ありますまい, ありませんから, ありませんからね, ありませんでした, ないこと, ないもの, ないやう, ないん, ない噴水, なかつたし, なかろうし, なくあの, なく之, なく他, なく第, なければ, なしと, なしまた, 無いやう, 無かった, 無かつ

1 [185件] ありますまいし, ありませんあの, ありませんよ, ありませんわね, ありません毛際, あり得ないのに, あるま, あるまいから, あるまいが, あるまいぢ, あるまいて, あるめ, おぢ, ございませぬ, ございませんあんな, ございませんが, ございません内儀さん, ござらぬ, ござらぬが, ないお, ないけれども, ないこの, ないじゃ, ないただ, ないだらうけど, ないだろう, ないでしよう, ないわが身, ない人々, ない代り, ない倉さん, ない又, ない吾家, ない夫, ない子役, ない学生, ない山里, ない旦那, ない笑子, ない虎, ない西洋文學, ない酒, ない青銅, ない鶴, なかったけれ, なかつたから, なかつたので, なかつたん, なかろうじゃ, なきを以て, なくあべこべ, なくある, なくあれ, なくいかに, なくお, なくお節, なくこんな, なくさすが, なくじきにコソコソ, なくただ, なくどうか, なくどんな, なくなるでしょう, なくなんとなく, なくも, なくもう, なくもともと, なくやがて, なくよしや, なくろくな, なくわが国, なくツイ此, なくデクノボー, なくナショナル, なく一代, なく一番, なく一部, なく三つ股, なく下女, なく中, なく主人總兵衞, なく二人, なく伊勢屋さん, なく何, なく働き, なく僕, なく入り, なく兩國, なく八五郎, なく六十年, なく動悸, なく只, なく名君吉良上野, なく唯, なく四日, なく士官学校, なく天氣, なく太吉, なく奧, なく女世帶, なく妙, なく婦人, なく家, なく小躍り, なく差し向き気, なく差し向き氣, なく平次, なく座敷牢, なく後ろ, なく従って, なく心, なく念, なく怨み, なく拒絶, なく明後日, なく木戸番, なく松, なく此処, なく此處, なく殘, なく毎日, なく氏, なく父, なく獲り逃した, なく痒ければ, なく皆んな, なく眼, なく知つて嫉妬心, なく祖父, なく自分, なく若し, なく若旦那樣, なく藤勝, なく行く先, なく誘ひ出した, なく辛うじて, なく野球, なく野良犬, なく障子外, なく隨つて, なく青年, なく骨, なしあつた, なしさネ, なしその, なしたとえ, なしどうして, なしにわかに, なしまして, なしもし, なしん, なし全く, なし妙, なし実に, なし当方, なし我, なし第, なし落第, ねえが, オジャンと, 出る筈, 同じ心, 有ません, 有りませんワ, 有るまい唯, 無, 無いから, 無いが, 無いし, 無いです, 無いと, 無いよう, 無いわけ, 無かろうに, 無く御歌所長, 無く我が, 無く拔, 無く縦し, 無く親, 無ささうだから, 無しさりとて, 無しまた, 無し目科, 無し見た, 繩を

▼ 筈~ (606, 5.1%)

107 あつた, はない 36 はなかっ 14 はなかつた 12 あつたの 11 ござります, はありません 7 はある 5 せう, はないだろう, 奈良の 4 あらう, はなかろう, は無い 3 これは, それが, それを, はあつ, はございません, は有る, は無, は無かっ, もあり

2 [13件] あつて, あの山, さああなた方, さすれ, そんな年頃, はないでしょう, 丸亀に, 必ずしも辰夫, 相手は, 私の, 而も, 言論の, 雨には

1 [221件] あすこぢやあ, あつたさうだ, あつた人物, あつた吾, あつた堀, あつた末弟, あつた詩集, あのきりやう, あのま, あの歡喜天, あらうと, あらうとは, あらねば, ありゃ内二百両, あれが, いかなる神, いやもう, おまへは, おらち, お夜食, がす, けれどもそれ, こうなる, ここに, この不思議, この予備知識, この奥方, この女主人公, この意味, この軍隊, これも, これを, こんどの, ござえしたが, ござりました, ござりまする, さ, さあ, さだめし相手, さっそくダビ, さア, さ来ない, したがって自己, せうに, せめて塵戻り, そいつは, そうした自分自身, そうすれ, そこではじめて, そこまで, そして姿, そのとき魂, そのやう, そのパラソル, その仕度, その切符, その女, その存在, その室, その時便所, その艱難辛苦, その金, その音信, それに対する, それに白猿, それは, たとい生き, ちかごろの, つい今し方, はありますまい, はあるまい, はございませぬ, はござりませぬか, はないです, はなから, はなかりし, はなく, ぽかり, まことに奇異, まず第, また無論, みち子の, もあつ, もある, もう汽車, もしそれ, もしも消防, もし万一マルクス主義, もつとも使, もない, も会, やっぱり根本, わが生命, わたくしが, ゐたが, アランだの, セリファンは, チベットの, ノッケから, マルクス主義の, リヤトニコフも, 一日か, 一般の, 丁度その頃平戸, 三年前に, 下巻の, 之は, 事実新, 二月十日ごろと, 今の, 今日まで, 何の, 何事に, 元來回教, 元来日本精神, 其の所信, 其中の, 其処には, 内々仕度まで, 凡そ文章, 出が, 前借した, 前借少し, 前大蔵大臣, 劉, 十両ばかり, 十九世紀頃には, 印を, 印度の, 又千草さん, 右から, 合計九百万円程に, 同じ越前屋, 四五日前に, 国務卿は, 土地の, 土間へ, 場合によっては, 大坪家は, 大枚の, 子供の, 実は何等, 家へ, 容易に, 将軍家がわ, 小さな店, 山陽は, 序録だけは, 彼が, 彼は, 彼も, 彼等の, 従って動物, 御存念, 御座りまし, 必死の, 愛の, 所謂パイロット, 描いて, 政治家軍人実業家芸人などの, 敵では, 文芸部が, 新婚記念に, 既に叔母, 早くから私, 昔の, 映画には, 昼間から, 晝過ぎから, 書き終えなかった婦人委員会, 最近著しく, 有りまして, 有る, 有るから, 有る勿論, 朝から, 朝吉が, 来たん, 梅子は, 氏は, 民衆は, 江守銀二と, 浪人した, 準備が, 版が, 現実の, 生憎我々, 用意され, 用意し, 百姓と, 盗られて, 神武天皇大和平野を, 神社の, 私が, 私は, 私自身が, 科学的精神でない, 笹野の, 糖なぞも, 考え深い, 自慢では, 舞踊と, 茲に, 荏苒日, 親の, 話題は, 豊かな, 貰はれた, 近くの, 途中で, 鐘五郎の, 陽の, 隨分下等社會の, 集まつ, 青髯の, 食べものには, 飲むたんびにむこう持ちの, 養女に, 魚買ひ, 黄八丈の, 黒い影

▼ 筈~ (578, 4.9%)

128 のだ 74 のである 69 んだ 38 んです 33 のです 23 のに 9 のが 7 のにそれ 5 のにどうして 4 のでございます, のにその, のに今 3 のであつ, のにお, のにこの, のにこれ, のにまるで, のよ, のを, んで, んでございます

2 [14件] ので渠, のにあ, のにあの, のにこんな, のにどう, のにどうしても, のにどうも, のにもう, のにプラットホーム, のに却って, のに感情, のに私, のに遠縁, んで多分

1 [125件] けれどしかし, けれど吾助, けれど妾, けれど覺悟, の, のさ, のだけ, のだらう, のぢ, ので, のであった, のでいかさま, のでいま, のでこちら側, のでした, のでその, のでそれ, のでまだ, のでもと, のでハリキ, のでリーダー, ので何, ので何となく, ので全く, ので容易, ので彼, ので御馳走, ので慌て, ので自分, ので若し, ので遠く, ので酔, ので面, のにいざ, のにいつのまに, のにいや, のにおまえたち, のにお前, のにかえって, のにきょう, のにけさ, のにさて, のにしかし, のにすこしも, のにそ, のにそして, のにそれでも, のにだれ, のにとか, のにと彼女, のにどんな, のにひどい, のにふと, のにふらりふらり, のにまだ, のにまだまだ, のにも係, のにも関, のにケチ, のにスッポカ, のにルミ, のに一体, のに事態, のに人, のに人一倍, のに人間, のに今年, のに今度, のに今日, のに今朝, のに今見, のに他愛, のに何ん, のに何時, のに其, のに其態度, のに其那気, のに内儀, のに十年振り, のに塚越, のに女, のに妻, のに実に, のに小ぢんまり, のに少し, のに市木さん, のに帰り, のに平気, のに当局, のに彼, のに彼女, のに手紙, のに抵抗, のに旋風, のに景子, のに来ない, のに物ごと, のに画家, のに異様, のに白昼, のに目, のに神武天皇, のに空, のに突然, のに結局私, のに腕輪, のに自分, のに花, のに虎の尾, のに蝉, のに要らざる, のに見向き, のに誰, のに讀者, のに谷村さん, のに転, のに逆, のに道, のに遠い, のに雪, のに電話, のよ名前, もので, やうな, んぢや

▼ 筈です~ (442, 3.7%)

57502624 から 8 がね, わ 6 からね, がそれ 5 もの 4 が不思議 3 からその, があの, があまり, がこれ, がその, がどう, が家中, が部屋, のに, 私は

2 [15件] からあなた, からそれ, があと, がねえ, が何ん, が僕, が可, が平次, けど, けれど, しお勝手, それは, の, よそれ, 私が

1 [188件] あなたは, あれから, お武家, からお, からおまけ, からこの, からさぞ, からそういう, からそんな, からそんなに, からどう, からどうぞ, からどこ, からどんな, からびっくり, からみつけ, からフト魔, からミルク, から一緒, から事情, から今日, から兎, から其処, から受取っとい, から同行, から宜しゅう, から室内, から小半日, から当分, から恐らく, から戸田さん, から是非一日, から次に, から此, から神田, から裏返す, から調べられぬ, から通例, から逢わせ, があいにく, があれ, がいつのまに, がいつも, がおくれる, がきのふ, がここ, がこの, がさうかと, がさすが, がさて, がしかし, がすこし, がそこ, がそこら, がそして, がその後, がその頃別, がそれでは, がそんな, がって私, がつまり, がところが, がと相槌, がどうしてそんなに, がどんな, がな, がねあなた, がね困りました, がね慰安旅行, がもともと, がもの, がよく, がザツ, が一, が上, が二十年, が五銭, が今, が仰有る, が何人, が八丁堀, が前, が嘉永二年, が困った, が困つた, が夜中, が奇術, が姉, が小説方面, が屋敷, が川, が幸, が当時, が御, が思想, が悪運, が打ち見た, が打見た, が教養, が新, が斷末魔, が昔, が昨夜僕, が月岡雪斎, が杜氏, が案外, が欄干, が気, が浪, が現在, が生き, が異常, が相, が相手, が真犯人, が神月さん, が秀子さん, が私, が私自身, が筋肉質, が羅府, が肺臓, が貴, が貴君方, が貴族, が路地, が身体, が遺言状, が銀之助, が非常, が頻繁, が駕籠, けど生き, けど見た, けれどなぜ, けれどもここ, けれども芝居, けれどよく, けれど何分, けれど偶然, けれど夫, こんどの, しかしながら実際, しどうも, しまた, し彌, し社殿, ぜ親分, で罪名, という答え, と一馬, と何源, と私, なければ, ね庭石, のにいま, のにどうして, のに何, ほかの, よ同じ, よ綺羅子さん, わねえ, わ償い, わ原田さん, わ詩人, 例えば余り, 其の下, 内地や, 内部からは, 又あす知事, 大いに優待, 夫から, 姉を, 志保は, 恰度映画の, 我は, 此方に, 決して避暑地, 然し僕, 然るに髪の毛, 私も, 細身の, 自分が, 行つて見ませう, 貴方の, 超大巨人, 階下に, 青色ダイヤの

▼ 筈である~ (384, 3.2%)

18 から 9 がその 7 が, のに 6 がそれ, のにそれ 5 といふこと 4 からその, がそこ, が今, が併 3 からここ, からそれ, がこの, がしかし, が今日, のだ, のに彼

2 [17件] からである, がこれ, が事実, が実は, が彼, が私, が身, しその, というの, と云つて誰, と思う, と思ひ込ん, と運転手たち, に拘らず, のになぜ, のに何, 処の

1 [255件] おかしいぞと, お綱, かということ, かという課せられた, からあっぱれ一心, からいま, からけだし, からこの, からし, からそれから, からそれだけ, からそれ自ら, からたとい, からだ, からと言つて, からわざと, からコレラ菌, から一切, から一方, から二三十銭位, から他, から伝蔵, から作者, から僕, から即ち, から定め, から山, から従って, から忠一, から早急, から明瞭, から曲線運動, から極めて, から正面, から秦火災厄, から自我, から自然, があなた, があまり, がいつの間に, がいまだに, がいわゆる, がかき廻す, がかれ, がけれども, がこうした, がしかも, がすぐ, がそう, がその後, がその後同氏, がそれから, がそれでも, がそれほど, がそん, がた, がたとい, がと訊いた, がどう, がなのっ, がなほ, がなん, がまた, がまだ, がもともと, がわれ, がヘンリー, が世の中, が二天記その他, が二隻, が今一寸, が何, が何らかの, が何処, が例, が信心, が先生はか, が其外, が加減, が半, が又八, が叔母, が口ば, が同じく, が同時に, が周, が奇態, が如何に, が宇乃, が實際, が小坂部, が年齢, が当夜, が彼ら, が彼女, が従って, が怪しく, が恰も, が手, が手続, が打見, が日中, が日本人, が横着, が此, が比事物, が水夫, が源太郎, が然し, が申渡書, が相手, が真白, が能楽, が若い, が街路樹, が責任, が近頃, が遺憾, が阿弥陀如来, が雑誌, が震災, が面白い, けれども前記大化, ことが, ことも, ことを, こと等々を, これこそ, これは, しお茶の水, しかしまた曼舟氏, しかし現在, したがって自分, しもし, しやがて, し伯爵令嬢, し又, し如何なる, し真, それが, それは, たとえ立会人, と, という場合, という思想, という芸術至上的, という話, といふ, といふ思想, といふ話, ところの, とそう, とのこと, とはじめて, とは云われない, と主人, と主張, と云った, と八橋, と四辺, と思い, と思った, と思われます, と斯, と治兵衛, と登, と私, と言つて白石, と述べ, と附け加える, どうか, どうやっ, なぜこんな, にも拘らず, に一寸, に実際, のにああ, のにあの, のにかく, のにさ, のにそういう, のにそのまま, のにたのむ, のについ, のにつまり, のにどうして, のになんと, のにひと, のにわざわざ, のに一向, のに下, のに事実, のに今, のに何事, のに何処, のに依然として, のに其女, のに反, のに外, のに妙, のに小屋, のに常に, のに患者, のに晴天, のに案外, のに異様, のに真名古, のに科学, のに結果, のに肌, のに蘊底どころ, のに道, のに違背者, のに釋詁, のに静寂, のに黒, のみならず, のを, ものの何故, ハテなと, 一方に, 丁度此処, 之に, 事だから, 二十四時間の, 佳き夢, 其の二つ, 処が, 又人生, 国展を, 堀口大学君の, 好漢惜しむらくは, 専売特許制度は, 左れ, 延珸が, 弥兵衛は, 当時から, 從つて一切の, 感謝は, 故にその, 故に福, 文学者は, 果実を, 汽車と, 真理は, 私に, 私は, 第十, 絶対的原点絶対空間が, 自分たちの, 良い本, 芸術座の, 訳者その, 道理が, 隋の

▼ 筈だった~ (163, 1.4%)

15 のだ 9 のです 8 のが 7 のである 6 のを 5 んだ, んです 4 から 3 からである, がそれ 2 ことを, と思っ, ね, ので元気, のは

1 [88件] からだ, からね, が, がこんど, がしかし, がそう, がその, がつい, がとても, がまだ, がやはり, がパリ, が三時間, が丸ビル, が二週間, が今日, が処, が却って, が変, が彼, が悲しんだ, が手, が旅行中, が晴れてる, が樋口, が煙草, が田中氏, が秀岡, が終戦, が都合, けど加減がわり, けれど, けれど西, しまた, し三島, し彼女, そうだ, そうです, って, ってそう, ところ十八日に, と云っ, と思った, と気, と泣いた, にきまっ, にも拘らず, のか, のでうち, のでそれ, ので一足さき, ので御座います, ので青山練兵場, のに, のにあんぺ, のにここ, のにこんな, のにそれ, のにどう, のに今日, のに何, のに先方, のに恐らく, のに日光, のに渡し舟, のに相談, のに落第, のよ, わお, 一ノ関が, 事も, 二反を, 妻の, 子駄目に, 批評が, 文句を, 時間に, 村の, 物が, 理性が, 看護卒が, 紀行や, 紐育自由新報記者ヘンリイ・フリント君は, 自然科学は, 荷物は, 財産という, 飛行機が, 黄金の

▼ 筈であった~ (127, 1.1%)

9 から 4 からし, のである 3 からである, がこの, のが 2 からこの, という, のだ, のを

1 [93件] かそれ, から事物, から今, から価値関係, から各々, から或, から物質, から茲, が, がその, がそれ, がつい, がどう, がやめ, がマダガスカル島, が一つ家, が一体, が不思議, が世界, が何, が余りに, が俄, が其処, が半途, が天狗様, が娘りよ, が小学校, が山, が当の, が彼自身, が急, が新, が時間, が病気, が真田, が祐勝, が私, が認識, が警察当局, が都合, けれどもつい, けれども坊主, ことなど, この内容選択, この積極的, そうだ, その日, それが, という話, とも云う, と云う, と思う, のでございます, のに, のにこの, のにその, のにもう, のにパリ, のに又五郎, のに反し, ものが, ドアが, ハフは, 下り四二一号列車, 事は, 仮面を, 何が, 先の, 其の秋, 処の, 処法政騒動の, 利得は, 大阪の, 学芸自由同盟などは, 実験の, 幾千万の, 彼女の, 所謂言論が, 批評にとっては, 政治性と, 浅野が, 満州にも, 満州軍司令部をば, 物質に, 社会上部構造, 社会的機能を, 空間, 空間は, 米国行の, 自然科学, 船, 針葉喬木帯の, 養子の

▼ 筈~ (127, 1.1%)

54 なって 22 なつて 9 して 65 なつてる 2 ござります, ござりまする, したも, なった, 相違ない

1 [21件] あらずや, あらせら, いかぬ其時分, ございます, ささやかな, つきて, なったので, なる, なるが, はなつて, やあて, 候必定考候は, 口約束を, 思われる, 成って, 成つて居た, 書かれた娘, 極つて, 決して別れた, 生まれ来し身なり, 違いない

▼ 筈~ (95, 0.8%)

38 やない 1811 やなかつた 7 やありません 5 やが 2 や無, や無い

1 [12件] やから, やから牛飼君, やがと, やございません, やぞ, やて, やなく, やのに, やらうがの, や亭主, や早う, や迷惑ぢ

▼ 筈~ (75, 0.6%)

4 思ふ 3 思われる, 押へ 2 定めて, 思う, 思って, 思ふが

1 [57件] あって, いいます, いうかも, いうと, いえる, いったと, きめて, ゆらゆらあるい, わかって, わかつて, 不用意に, 乗り込む常, 云って, 云ひさして, 云ふたが, 信じる, 傍らの, 分らないの, 卑怯者の, 存じますが, 存じますわ, 存候, 安心し, 宗時も, 御子息, 心がけて, 思いながら, 思いますが, 思うの, 思ったん, 思ったベラン氏, 思ひますから, 思ひますが, 思われたが, 思われます, 思われるから, 想はれる, 想ふ, 想像される, 故と, 次に鯉口, 申して, 私は, 紋三内々は, 考えられる, 考へて, 自身滿足いたす, 覚えまする, 覺つたためでした, 言う, 話しました, 認めて, 責められて, 雁八は, 頭では, 頭の, 頷いた

▼ 筈じゃ~ (74, 0.6%)

29 ないか 7 ありませんか 52 ないの, なかったの, なかったん

1 [27件] ありませんの, から, からのう, けえ, けど無法者揃い, それから至って, てお家, な, ない, ないかしら, ないですか, ないん, なかったけど, なかったのに, なかった神, ね, よこれ, よはっはっ, わ, わッ, アありません, 十津川郷民は, 御名を, 此様な, 無か, 無かったがねえ, 追ッ

▼ 筈でした~ (52, 0.4%)

32 から, がお寺, がこの, ね, のよ

1 [39件] からね, から退屈男, がお, がかうなる, がさて, がす, がそれ, がそれでも, がつい, がど, がどうも, がねえあなた, がまだ, がネ, が何時の間に, が兄嫁, が取紛れ, が夕方, が宅, が平次, が序, が御, が急用, が折, が捕り, が放埒, が自然暖簾, が親分, が運, けれどあの, けれどもその, し明日, それを, ねあれ, のです, のに, のにどう, よ, わね

▼ 筈だつた~ (45, 0.4%)

8 んだ 3 が, んです 2 がそれ

1 [29件] から, がお, がそれでは, がそれでも, がどこ, がひと足外, が何, が何と, が何故か, が僕, が兄, が国, が國, が少し, が左吉松, が彼, が日頃, が氣分, が法用, が珍, が越後屋, が近頃, が馬越氏, けどやつぱり言, ね, ので先, ので慌て, わ, わね

▼ 筈であり~ (41, 0.3%)

2 それでわれわれ, 子供は, 日本人の

1 [35件] あるひ, かくして私, かへつて, ここまで, そしてか, そして我々, その点, ながらそんな, ながら今日, ながら時々, ほかに, またその, また身體, わたしが, 丁度岩波新書, 事実また, 兄弟は, 入場料の, 内蔵し, 千余年の, 即ち彼, 即ち本質, 又そこ, 又は実際, 妻への, 将来の, 小説が, 従って前者, 従って第三者, 或いは少なくとも, 文章の, 更に彼自身, 未来が, 現象の, 綱領会則等の

▼ 筈でございます~ (33, 0.3%)

4 から 3 が, よ 2 のに

1 [21件] からこの, からどうぞ, から左様, から私, があたかも, がいか, がけれども, がこの, がこれ, がともかく, が伜, が倅, が具足町, が左様, が御, が斯, が種, な, のにどうして, もの, わ

▼ 筈にな~ (30, 0.3%)

21 つてゐた 5 つて居た 1 つてゐた次ぎ, つてゐます, つてを, つて居りました

▼ 筈ない~ (25, 0.2%)

52 わ石鹸, んだ

1 [16件] から安心, から行つてお話, さ, しそんな, じゃあ, じゃありません, じゃない, ぢや, つて笑つておいででした, と何時もそう, と思う, や, よ, わね, わよ, んです

▼ 筈~ (25, 0.2%)

2 いかにしけん, 六十に, 天魔の

1 [19件] かえって瞬間, こうして手, つひ, 一旦断った, 事無く, 今日まで, 何の, 何事ぞと, 勝手を, 反対に, 延して, 弦に, 思いも, 急に, 振り出しに, 省略した, 知らぬ顔し, 誰が, 返してぞ

▼ 筈なれ~ (23, 0.2%)

2 ども十二人, ど貴

1 [19件] ども人, ども六十五日, ども幾分, ども放心, ども數千百年, ども脳髄以外, ども謹んで, ど一々, ど大, ど夫, ど差支える, ど私, ばこ, ば何ごと, ば寢, ば小生, ば教, ば是非, ば要り

▼ 筈なる~ (19, 0.2%)

3 に私 2 に現に

1 [14件] が故に, が昼, にこれ, に保存, に其材料不足, に当時僅か, に汝, に漢音, に當時僅か, に盗品, に紙入れ, に雑誌花月廃刊, に露, 山の手の

▼ 筈~ (13, 0.1%)

1 [13件] あなたは, あの調子, ほらご覧, まだ状袋, 一寸と, 俺は, 匿さない, 喃, 拙者こそ, 犬だ, 猫の, 相手は, 鏡へ

▼ 筈でございました~ (10, 0.1%)

1 がかぜ, がどうも, がまた, がよんどころない, が何しろごたごた, が実際, けれども拠ん, の, のださうです, のを

▼ 筈でない~ (10, 0.1%)

21 けれども自分, ことを, と思はれた, と独り心, 冠蔵の, 処へ, 種類の, 者が

▼ 筈なし~ (10, 0.1%)

1 との事, と叱る, と顔, 余は, 徒に時間, 心配無用と, 數代續きし兩家の, 此荊棘の, 満員である, 私は

▼ 筈で御座います~ (9, 0.1%)

1 から, からそんな, が, があれ, がと云, が今, が昼間, よ, 例へば

▼ 筈~ (8, 0.1%)

3 やない 1 やあない, やありません, やなかつた, やア, やテ

▼ 筈だろう~ (8, 0.1%)

1 から, から今さら, から日本, が今, が科学上, じゃない, といわん, なんて

▼ 筈であっ~ (8, 0.1%)

2 て, てそう 1 てこの, てそれ, て他, て決して

▼ 筈であります~ (8, 0.1%)

2 がその 1 が横取り, けれどもその, けれども専門的, しそれに, のにこういう, のについに

▼ 筈ながら~ (8, 0.1%)

2 御存じの 1 あるとい, ゆるゆると, 交際は, 動静を, 午後十時を, 私は

▼ 筈~ (7, 0.1%)

2 人の 1 あつてない, おつぎ, 別に是方, 殺された内儀, 自分では

▼ 筈でも~ (7, 0.1%)

3 あった 1 その七人, なかつたの, なかつたん, なかつた手製

▼ 筈なく~ (7, 0.1%)

1 これは, ただ小, 五十畳敷格天井の, 学才は, 岩丈の, 早晩詐僞暴露し, 獣類の

▼ 筈~ (7, 0.1%)

1 この蒲姓, すっかり診, 今から, 多分此等, 幾分わかるだらう, 知らせて, 私の

▼ 筈じゃが~ (6, 0.1%)

1 あの方, それが, なにせそろい, 伜共の, 子細あっ, 高き木

▼ 筈それ~ (6, 0.1%)

2 はお前 1 がいけなけれ, だのに, は盲, をここ

▼ 筈なり~ (6, 0.1%)

2 しに 1 しそれ, 先づお, 吾妻鏡中文治以前の, 或は國内

▼ 筈はねえと~ (6, 0.1%)

2 思ふん 1 思うん, 思ふが, 思ふだ, 思ふだが

▼ 筈じゃあ~ (5, 0.0%)

1 ありませんか, ありませんかねえ, ないか, ないん, 無かった

▼ 筈でなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばなりません, ば成らぬ

▼ 筈のが~ (5, 0.0%)

1 ない東京, 故人が, 来ない菊田, 紛失し, 都合で

▼ 筈~ (5, 0.0%)

1 が, と思, ないか, ねんけど, 七十五日づつ何遍生き延び

▼ 筈~ (5, 0.0%)

2 アル 1 アッタノニ彼等ノ, アルガ何デモ引キ受ケテ極, ハナカッタノカ現

▼ 筈~ (5, 0.0%)

2 も表向き實家 1 もわざ, も表向き実家, も言ってない

▼ 筈この~ (4, 0.0%)

1 人こそ, 怪老人は, 早乙女主水之, 時の

▼ 筈だに~ (4, 0.0%)

1 おかしく胸, どうまた, よくまあおいら, 寒い道陸神

▼ 筈であろう~ (4, 0.0%)

1 から, がこの, が女中, と考える

▼ 筈でしょう~ (4, 0.0%)

21 し, その供述

▼ 筈なけれ~ (4, 0.0%)

1 ばこの, ばやむ無く, ば最初, ば藻西太郎

▼ 筈ゆえ~ (4, 0.0%)

1 その父上, 更に近代将棋, 朝夕恋しい, 見事撃ち取っ

▼ 筈~ (3, 0.0%)

1 武家さまだけに, 父上の, 身それを

▼ 筈その~ (3, 0.0%)

1 上猶, 乳母の, 左門め武蔵屋でも

▼ 筈だって~ (3, 0.0%)

2 云うん 1 云ったん

▼ 筈でありました~ (3, 0.0%)

1 がその, がはっきり, が委員

▼ 筈との~ (3, 0.0%)

1 ことだ, こと先づ安心し, 言外の

▼ 筈をを~ (3, 0.0%)

3 かしき分け隔て

▼ 筈~ (3, 0.0%)

1 なからう, なかろう, ねエに

▼ 筈~ (3, 0.0%)

1 から道, は夕刻, は昼間

▼ 筈十二社~ (3, 0.0%)

2 の如き 1 の池畔桜林亭

▼ 筈~ (3, 0.0%)

2 など 1 などと言

▼ 筈早く~ (3, 0.0%)

3 早くと

▼ 筈水呑み~ (3, 0.0%)

3 の小作

▼ 筈~ (3, 0.0%)

3 に見えぬ

▼ 筈自分~ (3, 0.0%)

3 ながら少し

▼ 筈良人~ (3, 0.0%)

3 はあつ

▼ 筈~ (2, 0.0%)

2 ねえん

▼ 筈~ (2, 0.0%)

1 千駄木あたりの, 千駄木あたりへ

▼ 筈じゃに~ (2, 0.0%)

1 われを, 今になん

▼ 筈で慌て~ (2, 0.0%)

1 てい, てゐ

▼ 筈で無い~ (2, 0.0%)

1 が幸い, 秀子の

▼ 筈という~ (2, 0.0%)

1 のは, 前日伸子は

▼ 筈とも~ (2, 0.0%)

1 いえるの, 彼の

▼ 筈どう~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 筈どこ~ (2, 0.0%)

1 で何, にいる

▼ 筈なりし~ (2, 0.0%)

1 を今, 小生の

▼ 筈にて~ (2, 0.0%)

1 大いに準備中, 詩語乃ち礼意かと

▼ 筈には~ (2, 0.0%)

2 筈だ

▼ 筈ましてや~ (2, 0.0%)

1 それなる, 貴殿ごとき

▼ 筈もござりませぬ~ (2, 0.0%)

1 がどう, ゆえお

▼ 筈もし~ (2, 0.0%)

1 お前様が, 大火にでも

▼ 筈~ (2, 0.0%)

1 ありませんや, ねえ

▼ 筈~ (2, 0.0%)

1 があれ, 処先夜之

▼ 筈取にがし~ (2, 0.0%)

1 ては残念, ては殘念

▼ 筈~ (2, 0.0%)

1 まで射立て, まで打ち

▼ 筈~ (2, 0.0%)

1 の大束, 筈等の

▼1* [195件]

ああもどかしや, 筈あたりの湯, 筈あとで身上, 筈あな恐ろし, 筈あねえでがしょう, 筈あらんや愚考, 筈あり憎まむ世も, 筈はゆる, 筈いい時分を, 筈いいえ菊の, 筈いくらお前の, 筈いつだつて, 筈いや全く居ない, 筈うかとはいること, 筈お願いでございます井上様, 筈かということは, 筈がねえそう, 筈けれども私は, 筈ここらで観念, 筈こちらは強い, 筈これは実は, 筈さして進まぬ足, 筈さるを御, 筈じゃがと今朝起きぬけに, 筈じゃった三菱の, 筈じゃで是非が, 筈じゃと何かの, 筈じやがなナナこれ長吉ツどん, 筈すでに魏兵の, 筈せめて腹でも, 筈には月, 筈そう言って, 筈そこをいちいち, 筈そやつ等を呼び集め, 筈それゆえ変屈男と評判, 筈そんな事は, 筈がね, 筈たっかなけきが口, 筈だいんげんが, 筈だから仲よく手, 筈だきさまに, 筈だけれ共, 筈ださうで, 筈だすがな, 筈だったかれらは, 筈だったろうが周囲, 筈だつたさうぢや, 筈だつたさうだね, 筈だつたさうですが義兄, 筈だつまんねえ料簡出す, 筈だ待つてくれ, 筈だ急いで行き, 筈だ眠れないのだ, 筈がひ, 筈ちょいと逢おう, 筈ち懲らさばやとい, 筈ぢやあないか, 筈ってあるもん, 筈つきましては赤格子九郎右衛門, 筈つてないで, 筈であったですがその, 筈でありまして左様, 筈であり従って又, 筈であればこそ地盤, 筈でいけずな奴, 筈でかうなると意味, 筈でがした, 筈でございませうちよいと, 筈でした亡くなってから見る, 筈ですだね, 筈でっけど, 筈でないでしょうか, 筈では失礼, 筈で取りも直さず, 筈で御座いましたよ, 筈で感じる事書く, 筈で見當らない, 筈ところが行っ, 筈ところが妻は, 筈とて今朝出, 筈とは思うの, 筈どうか手傳に, 筈なかりしなり, 筈など言ひ振らし, 筈などの諸村の, 筈などはないの, 筈ならでやはと, 筈ならずやと最, 筈なりされば今宵我, 筈なりしも歌詞が, 筈なんかないん, 筈にもかかわらず争い, 筈のちのちまでの語り草, 筈のとは一寸様子, 筈のわづかに, 筈はござりませぬが唯, 筈はねえと思つて, 筈かけて, 筈ほかに宿, 筈まちがいなく遅れんで, 筈もう一度忍んで, 筈ゆえ覚えがあろう, 筈ゆっくりねよう, 筈よと云ったが, 筈よもやあれなる, 筈らしいなどと平気, 筈分は, 筈をと或時, 筈ダガマダ血壓ガ下ラナイト見エル, 筈ナニ私が壮健, 筈ナノニ慎ンデイル佐々木ヲ除イテ, 筈ニ候得ども, 筈ニ御座候得ども, 筈予ガ佐々木, 筈ノコリーガドウシタ間違イカ飛ビ出シテ来テ突然予ニ跳リカヽッタ, 筈一寸きいてから, 筈一方の旗頭UX3鯛地秀夫, 筈一日千里を走る, 筈一番地を当時, 筈一緒に心配, 筈三日目の九月十二日, 筈上下黒ぞっきの着流し, 筈何と無類に, 筈何んとそう, 筈のむかし, 筈ばかりで, 筈六萬何千兩いづれは, 筈其袖の下, 筈の絵, 筈前歯もしっかり, 筈十二社境内の如く俗化, 筈十時近く城下町のオープン, 筈千駄ヶ谷方面であったが, 筈の奴, 筈喧嘩口論白刄くぐりが, 筈でありん, 筈地丸左陣感心致した, 筈失明の悲哀, 筈女子工芸学校なるもの, 筈宜しく御傳, 筈実は両人は, 筈当主十郎次は身共同様, 筈もまた, 筈彼等は僅か, 筈従っていやでも, 筈串戯は, 筈御座候得共纔中兩日之御, 筈恋しいと思うたら恐れぬ, 筈或は貴寓, 筈手前の役目, 筈捜索のため云々, 筈政治家は政策, 筈故自宮者の, 筈新九郎は途中, 筈方面は辺僻, 筈早々兵を, 筈早目に家, 筈本人大分悄気らしい, 筈の山木剛造, 筈柏木成子淀橋という道順, 筈根岸から子刻過ぎ, 筈殊に戦国の, 筈汝いつまでも名残, 筈池上小向井などにあった, 筈決して薄作では, 筈淀橋を経, 筈清朝第一, 筈は他, 筈え, 筈無いですが, 筈無く男の, 筈無し如何と, 筈らしい寝台, 筈留守は主, 筈目黒などへ行く, 筈は御同, 筈立花が来た, 筈四に, 筈の諸説, 筈綺麗な表紙, 筈も散り, 筈衝突がなけれ, 筈見せませいッ見せませい, 筈の目, 筈親方姉御私は悲しく, 筈訓示の要旨, 筈謀叛などは思ひ, 筈謹んでお礼申し上げます, 筈貴殿にはお, 筈起しに来ない, 筈逃げ込むなどとは沙汰, 筈邪魔な真, 筈随分清吉の, 筈にがツ, 筈の生