青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「筆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~笑った 笑った~ ~笑つた ~笑顔 笑顔~ ~笛 笛~ 笠~ 笹~ ~筆
筆~
~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~ 筒~ ~答 答~ ~答え 答え~

「筆~」 6753, 70ppm, 1617位

▼ 筆~ (2835, 42.0%)

102 執って 73 とって 39 擱く 38 持って 30 取って 28 走らせて 26 執つて, 擱い 25 投じて 22 置いて 19 おいて 17 擱いた 16 執った 15 措いて, 止めて 14 執る, 走らせた 13 入れて, 取つて, 執ること, 持つて, 揃えて, 揮って 12 動かして, 運んで 11 とつて, 休めて 10 もって, 執ったの, 手に, 投げて, 捨てて, 染めて 9 加えて, 執ると, 進めて 8 そろえて, とめて, 取る, 執るに, 執るの, 起して 7 おきます, すすめて, とった, とるの, ふるって, 取った, 執りて, 擱き, 耳に 6 とりながら, とること, 借りて, 取りて, 呵して, 執ったもの, 執っても, 執らうと, 執る事

5 [14件] おいた, つけて, とれば, やすめて, 執ったこと, 執て, 執らせて, 執ろうと, 弄した, 持った, 握って, 揮ふ, 染めた, 置いた

4 [22件] おくと, とつた, とどめて, とると, 使って, 執つた, 執りました, 執るもの, 把って, 投じた, 持ったまま, 持つと, 持つ手, 持添え, 揃へて, 机の, 染めたの, 用ゐる, 着けて, 行る, 走らして, 運ばせて

3 [48件] おく, おくこと, さしおいて, さし置いて, とどむ, とめます, とる, 下して, 下に, 加えたもの, 動かした, 動かしながら, 取り上げて, 取り換えに, 取ること, 取る勇気, 噛んで, 執ったが, 執りつ, 執りつつ, 執りましたの, 執るよう, 執る時, 執れば, 届けて, 弄し, 把り, 把る, 投げ出して, 抜いて, 持ち添, 持つ事, 採つて, 揮つた, 揮ひ, 撰まず, 擱かう, 擱きます, 擱こう, 止めよう, 浸して, 留めて, 秉る, 立て, 絶って, 絶つて, 走らせたもの, 進める前

2 [159件] うごかして, おいたの, おろしたもの, おろすこと, お執り, かえして, かして, かりて, かんで, くわえて, こめたよう, しめして, すすめた, そっと呼ん, たずさえて, つけたの, とったの, とったもの, とめた, とりあげた, とりあげて, とります, とり上げて, とり出して, とる一方, とる時, とる気, とれ, はこんで, ふるひ詞, ほめて, もつ手, もてば, やめずんば, カラリと, 下した時, 下す, 下へ, 休ませて, 何本も, 使ふ, 働かして, 元の, 入れるところ, 出して, 剣に, 加え, 加へて, 動かしたり, 動かしては, 動かすこと, 動かす事, 叔父の, 取り上げた, 取る事, 取る前, 取る気, 取上げて, 取寄せて, 右に, 右手に, 地に, 垂直に, 執ったり, 執った上, 執つたが, 執つたこと, 執つたの, 執つて紙, 執りかけた, 執りさ, 執りたること, 執りはじめた, 執りました甲斐, 執り始めた, 執るには, 執る勇氣, 執る彼, 執る機会, 執る段, 執る者, 執る術, 執上げて, 奪うと, 嫁に, 左手に, 把った, 把つた, 投げた, 投げだして, 投げ出した, 投げ捨て, 投ずるに, 折って, 折るに, 抛った, 持たせて, 持ちながら, 持った手, 持つの, 持て, 持てば, 振って, 措いた, 握つて, 握りながら, 揮った, 揮て, 援り, 擱かんと, 擲つて, 收めて, 改めて書く, 放り出した, 放逐し, 松太郎も, 染めるという, 止めた, 止めます, 止めると, 求めて, 洗って, 洗つ, 洗ひ, 渡して, 用ひ, 留めた, 続けて, 耳へ, 舐つて, 舞わして, 著くる, 著け, 著ける, 見て, 見ると, 責めるわけ, 買って, 買つた, 買込で, 貸して, 貸せと, 費して, 走らせ, 走らせし即興, 走らせたり, 走らせました, 走らせる, 走らせ小, 起したの, 起すの, 載せて, 進める, 進めること, 運ばなければ, 運んだ, 選ぶと, 選んで, 重ねると

1 [1320件 抜粋] あちらこちらと, いぢくつ, いましめながら, うつくしい前歯, おいたとき泰亮, おいた松長, おかなくては, おきませう, おくといふ, おく事, おく貧乏ぐらし, おこすこと, おろすといふ, お取り遊ばします, お染め, かせ, かみながら, かりませう, こしらえて, この地, これへ, さしひかえたいと, させて, しばりつけながらでも, しめし良人, すすめては, すすめる予定, すてハンマー, すべらせたの, そのやう, そめたこと, そめるよう, そんな賭け, たったの, たよりに, ついやして, つかうの, つき出したの, つくして, つぐ事, つけだす, つけはじめ勢い, つけると, つける機會, つけ始めた, とったが, とったと, とっても, とめそれ, とらうとして, とらせ, とらせるよう, とらないだから, とらなと, とられて, とりあげました, とりさ, とりそれ, とりだす, とりぬるが, とりはじめた時, とりはべりぬ, とりましては, とり上げたこと, とり出したの, とり始めた, とり官兵衛, とり心血, とること右, とるでなければ, とるといふ, とるなり, とるま, とるもの, とる事, とる田村秋子, とれないこと, なげうち蹶起, なすりつけるよう, にぎれば, ぬいた, ぬらして, ねぶって, はこばす夢, はしらし僅か, はねたり, ひかえてから, ふるいながら, ふるったという, ふるつて, ふるはせたものの, ぶすりとおとした, ほうりだして, またとりあげた, まつまでも, むんずと掴ん, もち, もち初めてから, もっては, もつて, もつ婦人作家たち, やすめませんでした, やめて, やらあ, チャブ台の, ヒョイと, モオリスが, 一層まごつかせる, 三本も, 三本買っ, 下げること, 下した, 下したるが, 下し不折君, 下すに, 下す用意, 下ろした, 下ろしゃあ, 中止する, 乞いて, 付けると, 休ませようと, 休めるたび, 使いはじめたが, 使い懐, 使うの, 使は, 使わずに, 使用する, 借せの, 借りその, 停めて, 停めなければ, 傍へ, 入るれば, 入れたけれども, 入れたの, 入れたわけ, 入れた歌, 入れてない, 入れる, 入れるの, 入れる筒, 入れ表紙, 再びとり, 出し入れし, 利用しよう, 劍に, 加えずに, 加えた, 加えた後, 加えなければ, 加えはじめます, 加えること, 加え結び文, 加へた部分も, 加味し, 労した, 動かされる, 動かしました, 動かし写生, 動かす間, 十文字に, 半ばに, 双手に, 収めむとするは, 取ったと, 取ったヒューマニスト詩人, 取つて一首, 取つて戯画, 取らしめため, 取らないと, 取られた武者小路氏, 取りあげた, 取りあげて, 取りたるが, 取りました, 取り上げたが, 取り候, 取り始めてからも, 取り揃え茘裳, 取り端然, 取り蓄財, 取るそして, 取るやいな, 取る人々, 取る時, 取れば, 取上げた, 取添えて, 口に, 口説き落して, 叱って, 同誌上, 向ける記事, 呵したの, 呵し硯, 啣えて, 噛むばかり, 執ったため, 執ったので, 執ったらば, 執った事, 執った次第, 執ってるある, 執つたからとて, 執つたわけ, 執つた動機, 執つて一字一句, 執つて其辺, 執つて嘆賞, 執つて宛名, 執つて手紙, 執つて次, 執らうなどとは, 執らずただ, 執らず他人, 執らせん, 執らないの, 執らなかったら彼, 執らなくなったに, 執らぬこと, 執らねば, 執られた牧野四子吉, 執られるの, 執りかけた彼女, 執りたいと, 執りながら, 執りはじめました, 執りますが, 執り上げて, 執り僅, 執り初める, 執り始めた草稿, 執り得たか, 執り池, 執り絹, 執り行文, 執るかと, 執ること四十年, 執るその, 執るといふ, 執るのみの, 執るべき時, 執るべく余儀なく, 執るよりも, 執る余裕, 執る勇気, 執る方, 執る根気, 執る真実, 執る際, 執れり, 塗つて往く, 売って, 売る時, 学んだ方, 守って, 小説に, 屏風に, 巧に, 弄すること, 弄び種々, 引ったくっ, 当て, 待って, 従わせて, 惜しがる, 惜しむこと, 懐紙に, 把つたのである, 把つた時最早, 把らせ, 把ろうにも, 投げすてた, 投げたこと, 投げだしたとき, 投げやって, 投げるの, 投げ捨てて, 投じ, 投じた隆盛, 投ずる, 投つて嘆息し, 投出して, 折つ, 折らなければ, 折りも, 折ると, 折るべしという, 抛ちて, 抛つこと, 抜き取り墨, 択びし事, 択み, 拘束される, 拭くと, 拾って, 持たせる者, 持たない日, 持ちなおすが, 持ちますと, 持ち去り大勢, 持ったまま考, 持った小児, 持った白い, 持つたま, 持つた事, 持つには, 持つ人, 持つ勇気, 持つ者, 持てないの, 持て書くと, 振う春, 振つて貰, 振ひ史乘逸話, 捨つ, 捨てず, 捨てては, 捻って, 採ったもの, 採て, 採り一行, 採り白い, 採るに, 採る必ず, 控えること, 措いたらもう, 措かねば, 措きました, 措くべし, 換えて, 握っては, 握らざる者, 握らせるよう, 握り一揮, 揮い, 揮いて, 揮うこと, 揮う事, 揮ったなら日本, 揮った殷紂, 揮つた結果なるべし, 揮はう, 揮ふと, 揮ふも, 援るなるべし, 携えて, 摸り, 操って, 操る事, 擧げたが, 擱きたい, 擱きませう, 擱くに当たっ, 擱くに際し, 擱し, 擲ち逍遙子, 擲つた, 改めた二日目, 改めて述べね, 教えわが, 断ちしま, 断った, 新に, 日録に, 早め急いで, 曲げたもの, 曲げて, 有意無, 染むる前, 染め, 染めける小, 染めたという, 染めた結果, 染めようと, 染められようと, 染めるか, 染める人々, 染める時代, 染め出して, 染め始めた黄表紙, 染め諸方, 棺の, 横に, 止めずに, 止めないところ, 止めやう, 止めるが, 止めるべきでは, 止め自分, 殺さずてば, 求めその, 注いだの, 洗ったよう, 洗つてその, 浪費した, 添えそれ, 渋らせて, 渠に, 溜り水に, 火に, 煩は, 獲麟, 生命の, 用いて, 用い王子, 用意し, 省くわけ, 着けずに, 着けない頃, 着け出した如く頻りに, 着したれば, 確と, 秉らむとすれども能はず, 突きすすめては, 立てむ, 筆立へ, 紅に, 紫式部の, 終ろう, 結ぶこと, 絶えず, 絶たなかつた, 絶ち専ら, 絶つたか, 絶つた次, 続けよう, 練るという, 繞り, 續けながら, 置いたとき, 置いた方, 置きます, 置き両手, 置くこと, 自由に, 舐って, 舐めると, 舞わす時日, 荒ませるくら, 落し続け写生, 落すの, 著けむと, 補ぎなつて一盃盃の, 見るが, 認めたるなり, 讀んで, 買いさえ, 買うから, 買ったあと, 買ふ, 貸し給え僕, 費やしたの, 走らしたので, 走らす手, 走らせたのに, 走らせた軽妙, 走らせながら, 走らせようという, 走らせると, 走らせ見るま, 起こすこと, 起しいずこ, 起し私, 起す, 起す氣力, 足し婦人, 転じようと, 輟めて, 返して, 通俗小説に, 進むること, 進めたい, 進めよう, 進めると共に, 進めるより, 進め革命後, 運ばしめて, 運ばせた, 運ばせる, 運びすぎた, 運ぶが, 運ぶ以上, 運らし, 運んだもの, 醉つて書い, 重ねて, 鈍らしたので, 附けようと, 隱し, 離さなかつた, 預けて, 頬杖に, 馳せたもの, 馳せ云云, 駆った, 駆つて, 駆ろうと

▼ 筆~ (716, 10.6%)

15 先を, 穂を 14 先で 10 先に, 跡を 7 ついでに, 穂先を 6 あとを, 上に, 軸で 5 すさび, ま, 先が, 穂の, 軸を 4 あとの, あとも, 力で, 持ち方, 立つ人, 軸の, 運びが

3 [16件] あとに, さきを, ような, 代りに, 先にて, 先の, 名を, 手を, 方が, 早さ, 氷を, 跡が, 跡に, 軸, 軸は, 運びを

2 [68件] あとだ, あとは, あやつるが, あやも, さきで, すさびと, すさびに, すさみの, ふところには, まに, ゆくえは, ように, 上だけ, 上で, 上では, 先き, 先でも, 先へ, 力に, 力の, 力を, 動きを, 及ぶところ, 執り納めであるかも, 姿は, 娘の, 娘は, 尖が, 尖へ, 影, 持たれない日, 方は, 書いたもの, 柄を, 母が, 毛は, 痕も, 白状を, 穂が, 穂は, 穂先が, 穂先に, 穂先の, 穗が, 穗を, 立つの, 立つ男, 罠に, 耳にも, 走り刀, 走り形, 走るに, 走るの, 跡の, 跡は, 跡も, 身の上に, 身許に, 軸も, 運びに, 運を, 達者な, 阿弥陀来迎図についての, 阿彌陀來迎圖についての, 音が, 額を, 願文を, 類を

1 [383件] あたりから, あつかいや, あと, あとこそ, あとで, あとと, あと美ごとに, あやと, あやに, あやまりか, あやまりさ, あやまりなんて, あやまり名人, あやまり弘法様, あるの, ある事, いたずらに, うえじゃ, おののくの, お捌, ことで, ことで御座います, ことを, こと牧仲儀今暁錦地へ, さきが, さきも, さやの, すさびが, すさびだけには, すさびだろうと, すさびだろうとは, すさびでありましょう, すさびとして, すゑに, そつ首引つこ抜き, それよりも, たつ人, たつ處, たどたどしさ, ぢくに紙を, つか長く, つづきか, つひへに, できるの, できるもの, どこか, なめらかに, にじむ墨, はこび, はこびに, はこびの, はこびも, ひとつと, ふれる時, ほうが, ほかに, まだ墨, まにまに書き散らした, ままに, もどかしさ, やうな, インクが, ネバリと, 一例と, 一兵士, 一兵士僕らに, 一帖だ, 一帖を, 一書の, 三人が, 下せる様, 下ろしよう, 下手さ加減は, 中から, 中に, 主を, 主左膳, 事さえ, 事実に, 人が, 人たる, 人だ, 人だった, 仕事で, 仕業である, 企及し得ない, 伸びて, 何とかを, 作り方も, 使い分けを, 使い方が, 使方顔料の, 使用も, 供給が, 価値とを, 便りを, 修業よりも, 偉大な, 偏狂を, 傅色表情の, 働きを, 優秀である, 先から, 先だけ, 先だけで, 先では, 先と, 先にも, 先は, 先や, 入れ方, 其中一人ありがたい, 内外に, 写生や, 冴えは, 冴を, 凝視の, 出來る, 力が, 力くらい, 力それに対して, 力などを以て, 力によ, 動いた試し, 動きの, 動くその, 動くに, 動くまま, 動とに, 動作に, 勢いや, 勢で, 半死半生の, 厄に, 及ぶ所, 及んで, 取り持ちであること, 取持ちである, 名, 名號, 吏も, 周囲から, 味ばかり, 命毛を, 固い人, 執りにくいおも, 墨を, 妙名画の, 妙手ぞや, 娘じゃ, 娘との, 娘には, 婿に, 字で, 孝心より, 孝経である, 安かな, 家の, 寒山拾得の, 尖と, 尖を, 尖薄墨, 屈伏状を, 山, 山水の, 山水を, 巧妙をも, 巻物を, 序に, 序文までが, 底部から, 廻らぬ手紙, 廻わる範囲において, 弱過ぎる, 後ろを, 後を, 御歌が, 御誓紙, 御返辞, 心が, 心中に, 心臓を, 志を, 急死は, 性質による, 恋文を, 感化力に, 戀歌移香の, 或る, 所望が, 扇子を, 手紙を, 技芸を, 投げやりな, 拙いの, 持てる頃, 文と, 文より, 文字に, 方こそ, 方に, 日常の, 時代錯誤的な, 時間も, 暴力は, 朋輩の, 本舗として, 朱が, 材料にとて, 枕許に, 柿と, 業そのものの, 様に, 正大光明と, 歩みに, 歩みを, 死骸と, 毛を, 毛一本の, 水の, 水彩画富士五合目の, 海棠の, 渋りに, 渋る事, 漫画には, 澁り, 無量寿経に, 爲めで, 父親, 物も, 獻げられたる, 珍本を, 用い方, 用ひ, 略画に, 疲れを, 痕であります, 痕を, 眉が, 真面目は, 碑など, 礼も, 祝言が, 祝言には, 秘帖, 秘帖の, 秘帖を, 種類によっても, 稼ぎでは, 穂さきへ, 穂で, 穂に, 穂へ, 穂も, 穂尖, 穗先を, 立つだけは, 立つ女, 立てて, 立所も, 端を, 筒に, 簾巻に, 精進です, 累する, 細かい気品, 統御と, 絵はがき, 絶命し, 続け書き, 綾を, 綿密さといふ, 線で, 線も, 美ならざる, 肩に, 能く, 腰から, 腰も, 腰元という, 自害を, 自由を, 至らざる所, 良きを, 花の, 花散る, 芸もとより, 苦心の, 荒れるの, 落んと, 蘭人突然, 行かなくなった詩人, 行くが, 行くまま, 行先が, 袂から, 裏に, 見張りを, 親が, 言葉にも, 記念の, 評判ばかり, 評判を, 誤りが, 誤り上手の, 調子が, 調子で, 調子に, 調子は, 調子を, 謠の, 豚毛を, 貫禄を, 費用に, 走りと, 走りに, 走り動く, 走り書きで, 赴くまま, 跡かと, 跡さえ, 跡さへ, 跡で, 跡であった, 跡であります, 跡でございます, 跡では, 跡ながら, 跡などには, 跡には, 跡読みさし, 蹟で, 蹟など, 蹟なり, 蹟を, 身を, 身体が, 軸にに, 軸にも, 軸へ, 軸へも, 軸ほどな, 軸ほどの, 進まない時, 進まぬ時氣持, 進みを, 進むはず, 進むを, 進行を, 運びから, 運びこそ, 運びには, 運びも, 運びをおもひをる時, 運び絶間なく, 運行に, 過り閉口, 達者さ巧な, 都合と, 金剛般若経法華経一部ならびに, 鈍るの, 鉾揮ひみ, 銘を, 鋒の, 録すごとく, 鏡の, 隙間から, 集まりから, 難解なせゐ, 雫も, 鞘を, 音に, 頴の, 顏色は, 顔の, 顔は, 願文は, 風も, 風格が, 馴れドッシリ, 骨が, 魂が, 魔力には

▼ 筆~ (484, 7.2%)

16 墨を 13 なるもの 10 して 8 なる 7 すること, まかせて 6 するに 5 追うて 4 なったもの, 任せて, 成る 3 するの, するも, する事, なつた, よく似, 上する, 上せて, 墨汁を, 成ったの, 成ったもの

2 [29件] あてたもの, かよって, くらべると, さへ, したところ, した事, しめして, し口, するだに, すると, せむ色彩, せんと, そむとて, たっぷり墨, なるの, よりて, ゑがける風景の, 上せたの, 上つてゐる, 云く, 似ては, 依つて, 取っては, 含ませて, 因って, 成って, 成つた, 残して, 釣り出されて

1 [312件] あって, あふれて, あらざれば, あらずは, あらは, ありがち, ありこれ, いそしんで, いはせて, いわして, うつして, かう云つて, かかる粘, かかわりの, かくもの, かけつつ, かけて, かつて淀み, かぶせて, こめて, されるよう, される理由, しがたく, したくない, したこと, したに, したの, したり, した作品, した例, した場合, した所, した樣子, しながら, しめすと, しようと, し難い, するという, するとは, するほどの, するよう, するを, する其人物, する所, する材料, する段, する気, する気力, する者, すれば, そういう様子, その血, たとえたもの, たより切る, つい引かれ, つくしがたい, つくせぬ異様, つけて, つける事, とれば, なしたるのみ, なったおの, なったか, なっただけに, なったという, なったの, なった人麿, なった傑作小説, なった巻物, なった彼, なった悲惨, なった新しい, なった有名, なった檄, なった武蔵, なった絵屏風, ならない性質, ならぬもの, なり後人, なるころ, なると, なるという, なるところ, なるなどとは, なるほとんど, なる五言絶句, なる伝書, なる十方不知火, なる古今和歌集一巻, なる小さい, なる尾上松之助, なる彼, なる扁額, なる文学, なる書類, なる正成宛て, なる源爲朝上陸, なる画史評伝, なる福音書, なる鋭利, なれ, にた葱, ぬる血墨, のせられ候由, のせること, のぼすもの, のる人間, はじまると, ひたして, ふくませる血液, ふくませ一箇, まかせ記せしに過ぎず遣漏誤聞もと, まずたっぷりと, みしらせおのれ焉馬, よくよく写され, よらない限り, よれば, 一度たり, 上して, 上せた, 上せたるもの, 上せたる彼, 上せられた, 上せられたの, 上せられたのみ, 上ったが, 上ったサフラン, 上って, 上っては, 上つたためである, 上つたものが, 上つた一条の, 上つた事を, 上つた樹木の, 上つて知られ, 上りしなり, 上りし當時, 上りたる愛情, 上りにくい, 上り文学的製作, 上ること, 上るとき, 上るもの, 上る度, 上る為, 上れり, 乗せるの, 五百有余頁を, 仕たり, 代えながら, 代えるでなく親房, 任せましょう, 任せ認め進, 伝えるだけの, 伝わって, 似て, 何両の, 余って, 使って, 依って, 依る問題, 依怙, 俟たなけれ, 候へば, 倣は, 値する程, 写して, 写し出されたの, 写し取りたるもの, 写す, 写すを, 写る, 出るところ, 初めて麻雀, 力が, 力もなく言葉, 加へ, 勁烈な, 及ぶ田畑山林, 含まして, 含ませた水, 問うた, 因つて書かれし, 在て, 基く, 堂々の, 塗りつけて, 墨汁した, 墨汁したたか, 変へ, 夜を, 大の字で, 奇異の, 奮迅の, 学び得たりと, 寫して, 尽くすこと, 尽されぬ位複雑多角形, 尽しがたい, 尽したが, 尽せぬ力, 左の, 平民新聞を, 幾万言を, 当時の, 彦の, 役せられて, 心を, 心地よき春, 恵み与えたるに, 悪く書かれ, 惜しみなく描きつくされ, 成ったとは, 成った恐し, 成った現代文豪, 成った田舎源氏, 成った長編, 成つたもの, 成つた画は, 成つた芸術上の, 成りたる聖母, 成りぬ文章, 成ること, 成るは, 成るもの, 成るルクレチウス, 成る文章, 成る水戸弘道館, 成る粗, 成れりという, 成れる, 成れるもの, 成れる哀婉極り, 成れる日本神話, 托した恋文, 托して, 托せざる, 托せられて, 拠りて, 捕はれて, 描かれて, 描くこと, 描出せらる, 書いて, 書いては, 書き候, 書き入れさせるとき, 書けないの, 書連ねました, 本来の, 染めし扇, 染めて, 案内させ, 残つてゐる, 毒を, 水を, 洩れた今来, 渡すと, 火花を, 現は, 現る, 現わすべき, 由つて福井丹波守の, 留めて, 疎くし, 盛りあげて, 盡し, 祈願と, 私の, 筆を, 紙ちゃんと, 紛れも, 紫の, 綴りあわせたであろう, 線を, 耽って, 脱化された, 自ら, 舌を, 藉つて説かれ, 表わされずに, 表現出來, 西村維祺の, 見えて, 見えるところ, 見立てるの, 親しむ機會, 言い尽して, 言は, 言ひ, 譯さる, 載せて, 遅滞なく, 達した老人, 達した者, 達者だ, 違いない, 遣わしたに, 遺って, 酔客の, 長の, 長水校尉, 間違いない, 闇を, 附して, 限られて, 随つた, 霞亭の, 非ず, 顕はる, 飽いたので, 魅せられて

▼ 筆~ (303, 4.5%)

5 愉しげ 4 溝口家に

2 [28件] いつまでも, ここで, ことし十八で, さらに近所, そこを, その方法, その親切, その返事, ちっとばかりの, もう誰, よんどころないよう, 何処に, 去る, 同じく己, 実にがっかりした, 把れ, 早くも, 案じわずらい, 死んだの, 渋りがち, 溝口一家の, 漸, 矢田の, 立たぬけれど, 立つかね, 言った, 身でも, 途方に

1 [238件] あっても, あの草庵, あわてて, あんまり拙い, いかに達者, いつかうつかりと, いまも, おのずから勢い, お前が, お米, かなり上等, かわるだろう, かんがえて, こちこちに, この小文, この湿気, この目ざす, この通り芯, この頃, これから全国, これに, こんなところ, こんな意味, さらさらと, しり, すでに着々と, そうこまかく, そこで, そこでハタ, その呼吸, その通り顫, それだけで, それに, それを, た, ただそれ, ただ心持, たちどころに渋った, たっしゃだけれ共, ちょっと臆する, できたが, とりませぬ, とれど, どうしたろう, どうも身, どこへ, ないか, はや九十, まぎれなき定房卿, ますます渋る, またこうした, まだ一度, みだれ語音, むしろドーデ, もう考へられない, やがて其方, やはり上木, わたしの, わるびれたいろ, ゲエテが, 一体何処から, 一年毎に, 一本也箸は, 一本兎の, 一歩も, 一見する, 一途に, 不朽の, 両女, 主公, 二度目に, 二本ながら, 仇つて見なかつた, 今以上の, 他へ, 何うし, 何かの, 何んと, 何時の間にやら, 何本でも, 何處へ, 余りに不自由, 俺が, 偽れないから, 充分に, 克明に, 免され, 其一である, 再び二人, 冒頭若くして, 凡そ二十階級ぐらい, 凡そ二十階級ぐらゐあるといふ談だ, 動かない, 動かぬ, 勿論粗末, 十三人の, 即興詩人を, 却つて容赦なき, 取らめ, 取れなくなったが, 唯泣い, 唯空間, 地上に, 垂直に, 執らなかったであろう, 執りつ責めら, 執れず執れても, 執れなくなりこの間, 執拗と, 大きい眼, 大きく眼, 大切に, 如何でござった, 如何にもあれ, 妙に, 姉樣のを, 嬉し涙に, 定まって, 家庭の, 容易に, 寒さ, 少し長すぎ, 少なくともかれ, 平次が, 幾本あり, 心の, 必然的に, 思ひの, 恟りし, 惡者に, 我ながら, 手拭を, 投ぜられた, 折られる手, 折れ舌, 拔群の, 持って, 持つて, 持てなかった, 支那製に, 放げ, 数回で, 数寄屋河岸の, 新しい能力, 日の, 日頃の, 旧通り, 旨くつて, 明快に, 明治時代の, 明治末期に, 明治末期後の, 時に事実, 暢達な, 暢達はなやげり, 更らに, 最もよく, 有た, 有合せの, 未醒子, 本論に, 杉江を, 枯れきって, 概観を, 次から, 止った, 正しく女流, 此処で, 此方面に, 此等の, 死んでるから, 永い業, 沈着精密精彩を, 活きた犬, 消えて, 涙か, 漸く息, 漸と, 潔白で, 生ずるやと, 生活追求の, 甲野の, 町役人が, 益々かるく, 相手が, 真に蛇足, 眩んだよう, 石の, 秋に, 稀だ, 立って, 立つだらう, 箸に, 粒々たる, 細い日本筆, 総て油絵用の, 羊毛を, 考えて, 胸に, 自ら勢を, 自分で, 自己と, 自由に, 英雄を, 荒んで, 莢を, 藤の, 虎吉の, 血か, 覺束ない, 誠に稚なし, 諷刺の, 足の, 躍って, 軍中状の, 進まなかったが, 遅々として, 遅くここ, 運ばなかったであろう, 遲遲として, 避けるが, 重くガタガタ顫, 鉄の, 錦絵に, 錦絵の, 隣國に, 雛段の, 面白く読ませる, 面目なげ, 音も, 頻に, 顏色を, 顔真, 風流に, 首うなだれ, 驚いて, 鵞筆で, 默り込ん

▼ 筆~ (286, 4.2%)

5 進んで 4 進まなかった 3 渋って, 進むの, 達者な

2 [18件] ここから, どんな返事, なんと言った, はいって, 一寸躓く, 五本枠に, 仇敵の, 何かの, 先へ, 動いて, 吉之助と, 巧みに, 念を, 自由に, 著しく緊縮, 走りつづけて, 進まない, 進まなくな

1 [232件] あったら自分, あって, あまりに見すぼらしくなっ, あるよう, いうこと, いう事, いかにも幼い, いくらも, いちばんよい, いつかそういう, いつしか筮竹, いる二階, うごいて, おもしろいくらい, お免, かえってこれ, けがれるよう, ころころと, さそひしま, しどろに, しらでも, すすまないの, すっかり痛ん, すべって, すべつて, そこ, そこまで, その人, その傍, その傍ら, その日, たいそう書き, たたって, たっぷりと, たつとは, ちぢんで, ちっとも滞っ, ついて, つい横, つかわれて, とれて, とれなかった, とれぬやう, どんなに仕事, ない, ないな, ないので, ない筆, なかなか良い, にぶって, にぶると, のびないから, はさんでありますから, ふるえる遥々, まじって, また自然, やはりその, よくない, よく運び, ペンシル顔が, ポロポロころ, 一向動かない, 一夜の, 一字睨ん, 一本平次の, 一本落ち, 不思議な, 与へた動機, 之を, 乱れかけて, 井戸から, 伸びて, 伸びなくなること, 住んで, 佐原屋の, 何とも云う, 余り滑りすぎた, 備えて, 備わって, 僅の, 全盛の, 到るには, 動いたもの, 動かなくなると, 動くんでした, 勝手に, 勝手気ままに, 勤めて, 卓の, 危ないと, 危ふい, 及ぶ頃, 反れたもの, 取れない, 取れないで, 取れぬこと, 口授者に, 古風な, 固くなっ, 執れたりも, 執れない, 執れないから, 執れないという, 執れないので, 執れるだろう, 執れるといふ, 売れるやう, 夜中に, 夫婦養子に, 好きだ, 如何に, 孝行の, 家康の, 容易に, 対立し, 対象を, 少しでもさ, 居りますなれば, 届いて, 左の, 巴を, 廻り廻っ, 役に立つだらう, 微塵でも, 心に, 心理的方面に, 快調に, 思いも, 思うよう, 思う様, 思わず側道, 恋物語よりは, 慄え, 持てなかつたといふ, 指先から, 振つて, 揮われて, 昼飯を, 書きました, 書法には, 極めて冴え, 楽に, 横路に, 欲しい, 欲しいという, 止って, 止めて, 正直な, 此の, 気に入ったの, 洗練され, 洩らした, 流麗である, 添えて, 渇けば, 渋ると, 渋る無, 渋滞すれ, 溢る, 滑ったが, 滑って, 滑りがちに, 滑りだしたが, 滔々として, 澁つた, 澁つて一寸も, 火鉢に, 無い墨, 狂ったの, 狂わんばかりの, 生きて, 申すので, 相変らず, 相変わらずここら, 眞の, 瞼に, 祖父の, 私に, 私の, 立った, 立つ, 立つという, 立つとか, 絶たれて, 練れて, 縄に, 耳に, 脇道に, 自分から, 自分以外の, 虫に, 行き詰まると, 要る, 要用かの, 見れば, 語り始めた, 買えること, 走ったので, 走りま, 走り過ぎてか, 走る方, 起され現代, 軽く自由, 辷って, 辷ること, 速いと, 逡巡したらしく, 進まずどれ, 進まなくなつ, 進まなくなるが, 進みかねるの, 進みませぬ, 進んだところ, 運ばないん, 運ばなかつたので, 運ばれたが, 運ばれだす, 運ばれなかつた, 運ぶ, 運べないので, 運べるらしい, 運んで, 配られて, 鈍て, 長くなりました, 隆信の, 隠れないこと, 震へて, 静かな, 頼み入る処, 養子を, 馳せて

▼ 筆~ (275, 4.1%)

10 書いて 5 描いて 4 書いたもの 3 書かれて 2 しるして, 何か, 文字を, 書いた, 書くの, 溶いて, 絵を, 装った女, 認められて, 飯を

1 [233件] あっしに, あつて, あね, あんなふうに誇張, いきいきと, いきなりその, いつか書い, いわく, うまく出, お書き, お白粉, かいた奉書, かかねば, かかれ語られ滔々, かけないほど, きょうみ, くどいけれど, くまなく, ことさらに, この作, この歌二首, こまかい紙, これが, しかも好意たっぷり, すぐ強がり, すらすらと, せう, そこまで, そのわき, その上, その文句, その日記, それと, ぞんざいに, ちょいちょいと, つぎの, つぶれたの, どこかに, なかなかよい, はやり出した店, ひとつ檄文を, ぶつり, やりますこと, やるから, わが邦落語, インドネシアあたりの, キューピーの, サラサラと, チョイチョイチョイと, パレットの, ロシア問題研究所から, ロール半紙に, 一気に紙, 一面に, 丁寧な, 七首の, 三吉に, 下品に, 不様な, 世界に, 乱雑に, 二人と, 五〇という, 五二という, 五六本の, 今日の, 假名文字を, 八百屋ものの, 写されて, 写し取りました, 冨子の, 刻され, 刻み込まれて, 勇ましく書いた, 十分に, 単に, 原稿を, 叙べ, 叙述し, 口の, 古代の, 同じ筆格, 同文の, 名宛ては, 命を, 和解し, 和解した, 唇を, 善良な, 図取りだけしか, 塗って, 塗りつぶしたり, 塗りつぶしまた, 墨くろぐろ, 大きく書い, 大きく書いた, 大きく書くだろう, 大晦日の, 太く書きしるされてる, 夫等の, 委曲が, 子供の, 寿平次の, 屋号を, 巻紙で, 帳面を, 幕府として, 平凡な, 御礼と, 心の, 惜し気, 懷紙へ, 成長させた, 描いたって, 描いたばかりの, 描いたやう, 描いたよう, 描いた十二枚組, 描いた曲線, 描いた様, 描かれた綺麗, 描かれて, 描かれること, 描き得る限り, 描くこと, 描くよりは, 描けるもの, 描写され, 敍せられ, 文昌星の, 日本文字の, 日記に, 是非彼, 書いたといふ, 書いたの, 書いたよう, 書いたり, 書いた假名文字, 書いた写生図, 書いた得體, 書いた日記体, 書いた書物, 書いた木札, 書いた樣, 書いた節子, 書いた行灯, 書いた願文, 書かうと, 書かせた, 書かなかった, 書かなければ, 書かれたのしく, 書かれた作品, 書かれました, 書かれるの, 書かれ最大級, 書きながら, 書き乍ら, 書き添えた督促状, 書くとかいう, 書くまでには, 書くより, 書く起請, 書けない, 書けること, 書れ, 末尾に, 机を, 材木通用の, 染めると, 棒引され, 極めて簡略, 欄外に, 歌の, 毎日何か, 決して繪, 活し, 活写した, 消印を, 游心帳が, 無意味な, 無雑作, 父は, 牛頭馬頭と, 牡丹紋だ, 現わ, 申しあげるよりは, 申し上げる事, 画いた秋草模様, 直線を, 知らせて, 立って, 立派な, 算盤を, 純真な, 細かく書いた, 絵の, 続けられてる, 綴られて, 署名した, 美しい風景, 美濃半紙へ, 老師から, 自分の, 芭蕉の, 若やいだ手紙, 菱湖の, 萎縮した, 葛羅の, 蓮華散らしを, 蟾蜍バッタ蜻蛉蝸牛等の, 行く, 表題を, 詞書きは, 話して, 語らせた方, 論評を, 走らせたもの, 透明な, 道徳論を, 長々と, 隅からすみまで, 面白く書い, 面白く書かれた, 領事館の, 顔の, 願文を, 食うつもり, 食うと, 食って, 鬼の, 鬼子母神と, 鼻を

▼ 筆~ (178, 2.6%)

11 紙を 8 紙とを 6 墨を, 硯を 5 稱する 3 紙が

2 [21件] あるもの, お蝶, 一つちがいの, 傳へらる, 吉之助とが, 吉之助は, 墨で, 墨と, 墨とで, 墨や, 巻紙を, 短冊を, 硯とを, 称して, 紙とに, 紙などを, 紙の, 結婚しよう, 言はる, 針とを, 鉛とを

1 [97件] あり二枚, あり二通, あるに, いうよりは, いっしょに, いはれる光悦, いへども, いへば, いわれて, お兼, ことばで, ことばと, この二つ, した一枚, した事, して, せば, そちは, つて, なすが, なって, ならんとは, なる, なると, みえいかにも, よくにて, 一帖の, 一所に, 一緒にな, 云うこと, 云うその, 云う存在, 云う者, 云は, 信ぜられし, 傳へ, 傳へられ, 刀との, 匂いの, 取り換えて, 同型の, 呼んでる, 型と, 墨とにおいて, 墨とを, 墨壷までが, 墨汁も, 娶合, 封筒が, 御鑑定, 心が, 思ううち, 思う一つ家, 懐紙を, 手と, 掛り人の, 断定される, 書く場合, 書より, 水入れと, 申します, 番茶の, 白扇とを, 白紙を, 相まって近来会心, 知られた名高い, 知ると, 短册, 硯と, 祝言させ, 称うる, 称する梵本一軸, 称へる, 紙と, 紙とが, 紙とで, 紙との, 紙子守は, 絵具と, 絵具とを, 習字手本と, 色紙とに, 華麗な, 落款を, 見える, 覚しき書入が, 覺しく, 言ってな, 言つてな, 許婚とか, 訳したもの, 踊る好色, 通俗な, 関係した, 頭脳が, 題し二通, 題する

▼ 筆~ (114, 1.7%)

5 乾かず一千言 3 一向はかどらなく

2 [12件] お蝶, この事件, ひどく迷惑, 一時そうした, 不調法, 兎に, 六つの, 及びなき, 居たたまれなくなったらしく三月, 折れよと, 紙も, 魂の

1 [82件] あったけれど, ある, あるから, いけないという, くたびれて, こまかく心理, さうでありたい, そこに, そのま, たすみ, だいぶ立つ, とらず桐, とらないと, とるやう, とれぬ程, なかなか見事, なければ, なしに, なし時, また劍, また原作, まめに, みんなくれない, みんな光治に, やすめないし, ミケランゼロの, 一向はかどらなくなった, 一本一本よく, 亦た, 亦彼, 人より, 今は, 伴ふ, 何も, 入つて, 冴えかえったもの, 到つて, 前後の, 取らなければ, 取れない, 口も, 嘸ぞ, 執らずただ, 執られるので, 執りがたけれ, 執れずに, 墨も, 大体の, 大点, 少しも, 引出され訴え, 思い出される, 思う様, 悲しくなる, 戦記の, 投げすてた, 持たなかった, 持って, 持参で, 擱か, 既に霊, 柔かいもの, 申し合わせて, 硯まで, 立つ人たち, 立つ旧幕, 細線を, 結局一色の, 置いて, 置いては, 脂が, 臺の, 芯が, 蝋燭も, 言葉も, 言語も, 語るべき言葉, 軽く謎ときゲーム, 透き徹る, 進まずフロツシ, 進まなかったが, 選んだの

▼ 筆~ (71, 1.1%)

8 の店 7 の娘 3 が軒, の夫婦 2 がありました, の幸吉

1 [46件] からたんまり, があっ, が成り変っ, が楽観, が筆紙類, で店, で買っ, というの, と貸席, に小, の, のおじいさん, のかみさん, のせがれ幸吉, のなか, のふるまい, のほう, のヤ, の仕出し物, の伜幸吉, の前, の勝野老人, の名刺, の女房, の娘たち, の屋台骨, の屋号, の店頭, の御, の数, の方, の油御用, の老翁, の者, の職人, の若旦那, の若旦那幸吉, の隠居所, はけち, は万々歳, は怪しから, も古い, も筆紙類, や経師屋, を走り出, 小法師甲斐

▼ 筆さん~ (53, 0.8%)

2 がそっと, という人, と上林君, と云う, に話し, の方, の袂, もずうずうしい, もそっと

1 [35件] が井戸端, が人, が居なくなった, が泥坊, が見る, が誘っ, じゃア, だと, といふこと, と一緒, と云います, と湯, どうした, に上げます, に其様, に己, に泥棒, に着せ, のいう, の事, の処, の助からん, の帰れる, の言う, はよもや, は人柄, は今, は手, は良い, は親孝行, ばかり悪い, や何, をお前, を奥, を帰す

▼ 筆にも~ (51, 0.8%)

10 口にも 7 言葉にも 3 紙にも 2 書けない, 言語にも

1 [27件] あらず, かけず詞, つくせない光景, つくせぬ実に, とどめおかれしとぞ, のして, 上したまい, 上りぬ, 尽し難い, 描かれぬ怖, 描けない美しい, 書いて, 書かれません, 現は, 現わし, 画にも, 盡され, 盡し, 言い現, 言にも, 言葉には, 記しがたき, 記しがたし, 詞にも, 讀者を, 述べつくせないもの, 重ねて

▼ 筆~ (46, 0.7%)

4 硯を 2 口に, 吉之助の, 墨が, 硯にも, 紙を, 言葉に, 鉛筆で

1 [28件] すつかり, はしらせたま, また人, 万年筆で, 偽作とは, 写真では, 口の, 墨そんな, 墨の, 墨を, 墨壺が, 墨汁や, 墨汁を, 必要品を, 映畫, 楽器は, 畳一畳敷ほどの, 筆立や, 箆や, 紙で, 紙でも, 紙も, 紙切小刀や, 細い筆, 絵具で, 絵具の, 言葉では, 馬描き満たす

▼ 筆~ (34, 0.5%)

5 して 4 したもの

1 [25件] が明治三十四年九月, された分量, しある, しそして, したと, したとも, したの, したので, した筈, した部分, しようと, し再建論者, し得た, し翌年これ, ではなかろう, にささげよう, に余生, に奈良坂村唯一, に於, に記され, の拒まれた, の責任者, を受けもった, を命じ, を引い

▼ 筆やの~ (33, 0.5%)

6 店へ 3 女房おもしろ, 女房を, 女房舌うちし, 女房走り寄り, 妻にも, 妻は, 店で, 店に 2 騷ぎは 1 騒ぎは

▼ 筆~ (28, 0.4%)

5 の中 2 に, には巡洋艦, のとりどり

1 [17件] から筆, が置い, で, には二, には短, にみっともない, に一本, に入, に挿し, に挿す, に絵筆, の五円, の形, へ納め, や墨汁壺, や硯, や算盤

▼ 筆という~ (27, 0.4%)

6 女は 4 女の 3 ものは 2 のである, のは, 女も, 娘が 1 のが, ものが, ものも, 伝説の, 石摺などを, 鷹の

▼ 筆を以て~ (25, 0.4%)

2 しても, するよりも, 描かれた人生

1 [19件] この東涯先生書入, した, するあり戦ふ時, すると, せぬ漢種, どう曲げる, ようやく達しうる, 世に, 二人し, 仙郷の, 写されて, 勘亭流の, 名筆隱れなき, 曾遊の, 細かに, 行路の, 補色したる, 西洋の, 鐫られたる

▼ 筆~ (25, 0.4%)

3 に油御用, の店

1 [19件] から山城守, から献上物, から途法, がよほど, が茶店, というその, としては痛い, のこと, のほう, の息子幸吉, の棟上げ, の若旦那幸吉, の袖の下, は千代田, は激しい, へ下命, へ出かけ, へ廻れ, よほど張りこん

▼ 筆では~ (21, 0.3%)

1 [21件] ありませんでしたか, いい現, こうは, ございませぬ, それも, ない, ないか, ないかと, ないかという, ないが, なくとも, まず百年, 到底ここ, 尽すこと, 昨日見た, 書きますもの, 書き現, 書けないよう, 現せないの, 間に合わない, 食へ

▼ 筆~ (20, 0.3%)

3 を善く 2 を小島成斎

1 [15件] だけは上手, に志, に生方鼎斎, に留めた, の事, の師小島成斎, の拙な, は遒麗, を学ん, を平井東堂, を授け, を授けしめ, を教えた, を松本董斎, を高

▼ 筆とを~ (19, 0.3%)

3 持って 2 とり持ちて, 手に

1 [12件] もって, もってこそ, 倩いたる, 包み紐, 取って, 取り出, 取り出しあちらこちら, 持ちながら, 掌中に, 死体の, 買って, 風呂敷へ

▼ 筆には~ (19, 0.3%)

1 [19件] げにこの, しなかつたもの, つくせませんこれ, まだどうとも, 一しお精, 上せられぬ, 何十年この, 及ばぬがという, 尽かね, 尽せません, 恐ろしい程, 持つて, 故と, 新参の, 新鮮味が, 書けぬ話, 毛頭罪, 決して科, 盡されない

▼ 筆不精~ (18, 0.3%)

1 [18件] がその, だったでしょう, でお, ですからね, では, で実用記事以外, なばかり, なズバッ, な人, な質, の父, の父様, の私, は君, をおし, をきめ, を知っ, 故悪い

▼ 筆~ (16, 0.2%)

1 [16件] からおもしろい, からその他, から多分, がこれ, ぞ, つたから, という, とすれ, と伝えられ, と伝えられた, と其処, と心得, と見ない, ので共同便所ソックリ, のと, わえ

▼ 筆屋幸兵衛~ (16, 0.2%)

2 なるもの

1 [14件] から息子幸吉, だ, という筆紙商, なる律儀者, に頼まれ, の一家, の出語, は, は呟いた, は壁塗り, は明日, へ用命, へ移し下げ, 思わず大声

▼ 筆執る~ (14, 0.2%)

2 ものには

1 [12件] ことが, ことを, に懶き, ものとしての, ものの, 事も, 人々に, 力も, 暇を, 書斎に, 翻訳の, 飜訳の

▼ 筆一本~ (13, 0.2%)

2 と写生帖, 握ること 1 あれば, から三四厘, だけにたよっ, でもこれ, で喧しく, で自由自在, にかける, 握る事, 有難く拝受

▼ 筆書い~ (13, 0.2%)

1 [13件] てたもった, てもらいましょう, てもらった, てやりゃ, てやる, てよこし, て坊さん, て学校, て封, て欲しい, て置い, て貰う, て遣りたい

▼ 筆~ (13, 0.2%)

1 [13件] から来る, があつ, がある, がちよ, が變つて, とを保存, と隠語, なの, に見, はお前, をもっ, を真似た, を稽古

▼ 筆とる~ (12, 0.2%)

2 ことを 1 ことの, こと能はず, といふ名, にふるへる, はまこと, 事は, 事ものうく, 右腕を, 家業の, 手

▼ 筆である~ (11, 0.2%)

2 ことは 1 から一枚五千円, ことまで, といわれ, とか又は, とすれ, と説明, と重, 多分唐筆, 年譜をしか

▼ 筆とり~ (11, 0.2%)

1 [11件] て, てひと, てものかく, て其思想, て前, て心, て我, て書きたる, て木枯, て見たき, 哀しむ

▼ 筆~ (11, 0.2%)

1 [11件] があり, が床に, と帽子, には鉛筆, に入れない, の中, も中身, も僕, やカバン, をがらがら, を鳴らし

▼ 筆入れ~ (11, 0.2%)

3 の中 1 の箱, はいっせいに, はちょうど, や大きな, をあれ, をランドセル, を出し, を鳴らし

▼ 筆執り~ (11, 0.2%)

4 物書く 2 物を 1 てありし, て書け, て机, て無益, て生涯

▼ 筆立て~ (11, 0.2%)

2 が紙絹 1 などが置い, なども喰い荒し, になつ, のごとき, の中, やまた, やら硯, や算盤, 万年ペンの

▼ 筆でも~ (10, 0.1%)

1 あれを, これを, これ以上の, どうにも勝手, よろしい, 何でも, 後の, 残るいのち, 洗いに, 絵の具でも

▼ 筆によって~ (10, 0.1%)

1 かのインフェルノ, せめても, とらえられて, 成就する, 教えられること, 敵の, 種々の, 行った競争, 記録された, 詳しく史記

▼ 筆~ (9, 0.1%)

2 は二度 1 が十八, だってそんな, の乗った, の手蹟, は割り, は往復三十回, ほどなつかしい

▼ 筆~ (9, 0.1%)

2 の旅 1 のもち主, の一冊, の話, をひもとけ, をふところ, を取り出し, を示し

▼ 筆~ (9, 0.1%)

1 が脱線, にこの, にリアリズム, の深く美しい, の難, をつ, を慎重, を習, 時として流

▼ 筆~ (8, 0.1%)

3 何か 1 惡い, 此の, 滝夜叉姫の, 祖師像を, 解らないやう

▼ 筆する~ (8, 0.1%)

2 ことと 1 ときは, には玉陵, は真に, 所だ, 所ペルシャの, 癖が

▼ 筆ずつ~ (8, 0.1%)

1 いたして, お残し下さいませ, 暗から暗を, 書いて, 礼の, 著け, 認めて, 賛を

▼ 筆にて~ (8, 0.1%)

2 此樣の 1 この様, 御礼の, 最初の, 活かし描けるなり, 補板仕, 運びし物

▼ 筆~ (8, 0.1%)

1 以テ参高霊位大相居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ, 嘗メテ備忘ノ, 按シテ姦人狡児ヲ, 措カズ死者, 揮フトキ蝋燭立トスベシ第, 放リ出シテ佐々木, 煩ハス死ハ一切ヲ, 走ラセタ

▼ 筆~ (8, 0.1%)

2 はたしかに 1 で書かれ, で表現, と色彩, の繪, の間, も構圖

▼ 筆した~ (7, 0.1%)

1 かは知るべからず, のである, のには, までである, 内に, 物より, 蜈蚣鯨は

▼ 筆として~ (7, 0.1%)

1 ある, 世上に, 世間という, 以上の, 聞えて, 読まないで, 諸氏に

▼ 筆によ~ (7, 0.1%)

1 つてその, つてそれが, つて描かれなけれ, つて描き出された, つて書かるべき, つて社会の, つて記録せられた

▼ 筆~ (7, 0.1%)

1 に写させた, に払った, のごとき, の家号, の技術, は梶原平兵衛, を喚ん

▼ 筆持つ~ (7, 0.1%)

1 に懶し, は篤, 人々に, 心なし, 心に, 手が, 男としか

▼ 筆~ (7, 0.1%)

1 と好物, に置い, のよう, ばかり気, へあらく, へ筆, をこしらえた

▼ 筆から~ (6, 0.1%)

1 はき出します, 出た英文, 生ませ筆, 硯まで, 譲られたの, 逸れて

▼ 筆~ (6, 0.1%)

1 たりし, てこれら, て曰く, て炉端, またおよそ, 上述ジオメデスの

▼ 筆です~ (6, 0.1%)

21 か, かな, が歌, のに眼鏡

▼ 筆との~ (6, 0.1%)

2 縁談を 1 力を, 本来の, 用意が, 連絡より

▼ 筆などを~ (6, 0.1%)

1 以つてまどろ, 使ふ, 持つて, 握って, 源氏の, 貰った

▼ 筆なる~ (6, 0.1%)

1 もの, や明かならず, より推せ, 哉, 由実に, 者は

▼ 筆やが~ (6, 0.1%)

6 店に

▼ 筆やに~ (6, 0.1%)

3 店ざらし 2 子供づれの 1 子供づれの声を

▼ 筆より~ (6, 0.1%)

1 先に, 出でし詩的修飾, 外に, 外もたず, 足で, 足の

▼ 筆をと~ (6, 0.1%)

1 つたそれで, つては, つても, つてゐた, つて一書を, 云うに

▼ 筆使い~ (6, 0.1%)

1 だから, だが, と暗, の画, も活, を見

▼ 筆づかひ~ (5, 0.1%)

1 にもなか, の上, はしてない, 耻かしうも, 色彩気分などは

▼ 筆とも~ (5, 0.1%)

1 思われる蝦蟇仙人, 昔から, 知らず薬草, 知らず達筆, 称せられる

▼ 筆もつ~ (5, 0.1%)

1 ことも, すべは, ひゆびもたたぬ, 子, 指に

▼ 筆らしい~ (5, 0.1%)

1 が女名前, この書付, と騒がれた, ガチガチに, 大瀑布

▼ 筆子さん~ (5, 0.1%)

1 が大変病身, とおっしゃる, の御, はそれ, は常に

▼ 筆~ (5, 0.1%)

1 が附い, はといふ, は余り, ばかり多く, も多く

▼ 筆間茶話~ (5, 0.1%)

1 で今日, で書いた, とする, の挿絵, の日

▼ 筆あと~ (4, 0.1%)

1 のある, は一層, をたどっ, を灯

▼ 筆だの~ (4, 0.1%)

2 墨だの 1 墨だ, 硯だの

▼ 筆であった~ (4, 0.1%)

1 が使い, ことは, と聞い, 甚だ稀

▼ 筆といふ~ (4, 0.1%)

2 のだ 1 ものを, 老いし聖

▼ 筆とが~ (4, 0.1%)

1 ほしいもの, 丁と揃ツ, 見いだされた, 証明する

▼ 筆と共に~ (4, 0.1%)

2 ゐるからこそ 1 入れられたる験温器, 文字頗る

▼ 筆ぶと~ (4, 0.1%)

2 に打 1 に記し, の一行

▼ 筆~ (4, 0.1%)

1 丹念に, 塗って, 対して, 眼を

▼ 筆もて~ (4, 0.1%)

1 その, 一朝一夕に, 微かに, 書いたる下

▼ 筆をや~ (4, 0.1%)

2 動かし給, 染め給ふ

▼ 筆~ (4, 0.1%)

1 性から, 性な, 性以上に, 調法な

▼ 筆かと~ (3, 0.0%)

1 一見奇異, 思うたの, 疑うまで

▼ 筆これ~ (3, 0.0%)

1 に, は既に, を記す

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 へとれ, へ居れ, へ持て

▼ 筆ながく~ (3, 0.0%)

3 引いて

▼ 筆なぞ製~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 筆など~ (3, 0.0%)

1 一寸見当らない, 胸に, 艶めかしい

▼ 筆による~ (3, 0.0%)

1 もので, ものである, 普及書すらも

▼ 筆まかせ~ (3, 0.0%)

1 に書, に書い, の書体

▼ 筆やへも~ (3, 0.0%)

2 來ない 1 来ないと

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 に云, に収めた, に収められた

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 を御, を見届ける, 拝見の

▼ 筆動く~ (3, 0.0%)

2 音の 1 こと極めて

▼ 筆取る~ (3, 0.0%)

1 そのもくろみ, よりも急務, 事相叶ひ

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 させたの, したもの, の人名

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 は其の, は常に, は書

▼ 筆太く~ (3, 0.0%)

1 そう書い, 記された字面, 記して

▼ 筆始め~ (3, 0.0%)

1 と見, にその, に力

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 令閨へ, 書を, 染筆使いの

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 からもなかなか, ですね, と人品

▼ 筆拍子~ (3, 0.0%)

1 に乗, に乗つた, に乗らなかつた

▼ 筆書き~ (3, 0.0%)

1 で多少, にし, 足して

▼ 筆書く~ (3, 0.0%)

1 から, とろくな, んだ

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 に認められ, はまさしく, を見

▼ 筆~ (3, 0.0%)

2 のさき 1 が扱えない

▼ 筆職人~ (3, 0.0%)

1 であった, の夫婦, の女房

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 が生え, って草, というの

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 から推せ, でも口豆, の人

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 は父, をぽとりと, を転がし

▼ 筆~ (3, 0.0%)

1 であった, と覚しき, は今

▼ 筆録者~ (3, 0.0%)

1 としては絶好, の手細工, の誤解

▼ 筆ある~ (2, 0.0%)

1 が故に, のみ

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 峯かけ, 馬に

▼ 筆お便り~ (2, 0.0%)

1 をなされませぬ, 申しあげます

▼ 筆かき~ (2, 0.0%)

2 に頼ん

▼ 筆ぐせ~ (2, 0.0%)

1 を手習い, を眼

▼ 筆ごと~ (2, 0.0%)

1 に持ち上げる, に新しく

▼ 筆さき~ (2, 0.0%)

1 は暗, も硯

▼ 筆さばき~ (2, 0.0%)

1 で書きながした, をした

▼ 筆さらさら~ (2, 0.0%)

1 とはしら, と書く

▼ 筆したため~ (2, 0.0%)

1 てお, てからユックリ

▼ 筆しめしまいらせ~ (2, 0.0%)

1 そろという, そろなんて

▼ 筆すさび~ (2, 0.0%)

1 もとより人, 成ける

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 さみ, さみと

▼ 筆せられし~ (2, 0.0%)

1 は仏在世, 事あり

▼ 筆だけは~ (2, 0.0%)

1 執つて, 放さうと

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 やア埒, や疑ふ

▼ 筆づかい~ (2, 0.0%)

1 に, の小説

▼ 筆であっ~ (2, 0.0%)

1 てその, て事実私

▼ 筆であり~ (2, 0.0%)

2 結果の

▼ 筆でございます~ (2, 0.0%)

2 よ旦那

▼ 筆でない~ (2, 0.0%)

1 ことが, とそう

▼ 筆でなく~ (2, 0.0%)

1 とも弁ずる, 大師以前の

▼ 筆とは~ (2, 0.0%)

1 それを, 共に誇大妄想狂

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 筆ながら~ (2, 0.0%)

1 それが, なかなか口

▼ 筆なけれ~ (2, 0.0%)

2 ばこれ

▼ 筆なら~ (2, 0.0%)

1 しをし, ば勿体ない

▼ 筆ならしに~ (2, 0.0%)

1 いろんな文章, 眠り箱という

▼ 筆なんか~ (2, 0.0%)

1 其帳へ, 持ったこと

▼ 筆にの~ (2, 0.0%)

1 つたものも, ぼつた

▼ 筆にまで~ (2, 0.0%)

1 すること, 伝ったこと

▼ 筆に対して~ (2, 0.0%)

2 一種の

▼ 筆はじめ~ (2, 0.0%)

1 はいう, 我が斑白

▼ 筆ばかりの~ (2, 0.0%)

1 ように, よくする

▼ 筆ぶり~ (2, 0.0%)

1 で, にもうかがわれる

▼ 筆までが~ (2, 0.0%)

1 まだここ, 添へて

▼ 筆よりも~ (2, 0.0%)

1 全体としての, 実に彼自身

▼ 筆をな~ (2, 0.0%)

1 やして, やめて

▼ 筆を通して~ (2, 0.0%)

1 であつ, 文学の

▼ 筆を通じて~ (2, 0.0%)

1 作成せられた, 新憲法解説

▼ 筆休め~ (2, 0.0%)

1 に字数, に過ぎなかった

▼ 筆伴わず~ (2, 0.0%)

2 いわゆる濡れ鼠

▼ 筆使ひで~ (2, 0.0%)

2 も彩色

▼ 筆初め~ (2, 0.0%)

1 に当っ, に首領高橋

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 のごとし, を殺さん

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 を煩, を願っ

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 があつ, でいくらか

▼ 筆及び~ (2, 0.0%)

1 平群眞鳥竹内宗義等の, 長慶皇太

▼ 筆取り~ (2, 0.0%)

1 て物, まゐ

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 が違う, にある

▼ 筆執りし~ (2, 0.0%)

1 ものなれ, 事あり

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 のた, のにおい

▼ 筆寫者~ (2, 0.0%)

1 と別人, は他

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 で旨い, に迸しらしめ

▼ 筆屋さん~ (2, 0.0%)

1 の御, の黒

▼ 筆悉く~ (2, 0.0%)

2 が狐疑

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 のこまやか, 兼ね備

▼ 筆戰墨鬪~ (2, 0.0%)

1 の庭, の間

▼ 筆捨山~ (2, 0.0%)

1 から四軒茶屋, に向

▼ 筆採り~ (2, 0.0%)

1 てその, て書

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 のもの, を丹精

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 にやつ, に番號

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 などの雑用, などの雜用

▼ 筆洗い~ (2, 0.0%)

1 としてはアルコール, のもの

▼ 筆知らせ~ (2, 0.0%)

1 てくれれ, てやりましょう

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 を握, を通して大便

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 に行成, を入れ

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 の凜, も続き

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 に胡, の序

▼ 筆請取~ (2, 0.0%)

2 を書い

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 であった, をし

▼ 筆走り候まま失礼~ (2, 0.0%)

2 の語

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 の達者, を傳

▼ 筆録せられ~ (2, 0.0%)

1 て世に, て居た

▼ 筆録せられた~ (2, 0.0%)

2 ものに

▼ 筆~ (2, 0.0%)

1 がある, ではありえない

▼ 筆馴れ~ (2, 0.0%)

1 たり, もし

▼1* [381件]

あたかも一つの, 筆あたりが人, 筆あらば直に, 筆あれなる唐門, 筆いかでか此聲, 筆うちふる吾指, 筆おきて読みかえしぬ, 筆おき刷毛毛氈の類, 筆おき給ふ頃, 筆お前の簪, 筆かいてやる, 筆かとも思はせるだけの, 筆かは知らぬど, 筆からは仁清が, 筆がきの姫だるま, 筆がはひつて, 筆がまはりません, 筆くせとしかいふ, 筆ぐらいのめそきん, 筆ぐらいな簡単な, 筆ぐらいは入れて, 筆えて, 筆ここにいたる, 筆こそ我々を, 筆これからが三宝院, 筆さえあれば, 筆さきでい, 筆さき專門の作家, 筆さしおきてまた, 筆さん一人で柳原町, 筆さん位美い女, 筆さん其処は当人, 筆さん夫もある, 筆さん水を汲ん, 筆さん私が折, 筆しあれど予, 筆したるものと, 筆しめし上げ參らせ, 筆しめしあげまゐ, 筆しめしあげ参らせ候, 筆しめし参らせそろ, 筆し削るべきは則, 筆やのとい, 筆じゃア埓が, 筆じりになった, 筆という, 筆すさび成りける枕の, 筆すてて詩, 筆すべきは則, 筆せきで, 筆せずに置いた, 筆せられた物で, 筆せるはトメ, 筆そのま, 筆だけでも幾千種ある, 筆だけによるべきである, 筆だったからです, 筆だろうかどうも, 筆ついでだ, 筆つかひは, 筆つくること能はず折角の, 筆つけて取り換えた, 筆づかひであつ, 筆づかいであったのは, 筆づつにはほし, 筆であったろうが無風流, 筆でかう書いて, 筆でかき表すこと, 筆でございましょう生きている, 筆でさえも上気した, 筆で無いと云, 筆とか言つて飛んだ, 筆とかを金の, 筆とって恋歌, 筆とて最早や, 筆とともにつきつけた, 筆とどめ申し候, 筆とに親しむの外, 筆とまでいはれる書, 筆とめながら私, 筆とらむと思定めし時前年の記, 筆とりいそぎ候ままに, 筆とりし草稿幸に, 筆とりひとのなれ, 筆とるべきものと, 筆とれば其人, 筆とを以てお手のうち, 筆なぞが載せて, 筆なぞを仕入れに, 筆なぞをも探し出して, 筆などからは到底知る, 筆などが住んで, 筆などでイタズラの, 筆などの文房具は, 筆などは至って親孝行, 筆などもしゃこっと, 筆なめピンコともいう, 筆ならではと愚考, 筆ならんてふ, 筆なり裁縫なり, 筆なりと言はる, 筆なりや否やを, 筆なりを自分で, 筆なればおおよそ, 筆なんかと一緒に, 筆なんぞ執る気, 筆なんぞは折つ, 筆についてお嬢さんが, 筆にては書き尽すこと, 筆になつた, 筆により通俗的に, 筆にわづらひた, 筆に関して選り好みを, 筆のてぎわ哉, 筆のみに安んぜざる者, 筆はからっぺたでも白骨絵巻そのものの, 筆ばかり進んでも, 筆ひとつにたよっ, 筆ぶしよう, 筆ほどの有力者では, 筆また流暢ならず, 筆または金の, 筆まで添えて, 筆まわらずいづれ面上目出度, 筆みたような, 筆もちからなし, 筆もって記すべからず, 筆もてしるさむは, 筆もて描くことと, 筆やらわかりませぬが, 筆よい硯などを, 筆よか艪が, 筆よくこれを, 筆らしくまことに稚拙, 筆らしくない該博の, 筆らしく思われたので傍, 筆をも択まず, 筆をわづらは, 筆グセから, 筆よく無事, 筆デキルダケ大, 筆ニ指上ゲ候而も実, 筆第一人者トイフベシ, 筆ハイトンの, 筆ペンなどでは追っつき, 筆ペン楊枝などを掴挿, 筆ボラは舌ボラ, 筆マメでないので, 筆一つでも歪ん, 筆一合壹石八斗者右是者大藏一覽はんぎの衆, 筆一途にゆくべきである, 筆三十前後のそれ, 筆より発し, 筆下されば結構, 筆不脱眼鏡而瞑, 筆不調法であったか, 筆に阿ら, 筆両親へ手紙, 筆の辯護説, 筆乘卷二楊子雲始末辨の條, 筆二三本書き捨ての, 筆二本と香嚢, 筆五十本線香二束を買い, 筆仕事じゃ他国, 筆でしたが, 筆付きで今, 筆の二円, 筆て記す, 筆以上の壮観, 筆任せにそれほど, 筆伊勢荒布の名産, 筆せず, 筆供養や針供養, 筆は生き, 筆は咎, 筆入れ箱のよう, 筆全く動かず, 筆其の方は, 筆を湯殿, 筆出来候仕合延引御断, 筆切れに左流れ, 筆到らざる者なら, 筆加えて, 筆助君にやい, 筆助朝顔日記のみゆき, 筆動きましたら自分で, 筆勝頼に扮, 筆匠のは幾分, 筆匠玉川堂にたのみ, 筆口絵第, 筆叔父の名, 筆などとこれら, 筆取っておのれ, 筆取らぬ日さへ, 筆取るべきやいか, 筆古今独歩の大, 筆合計千七百五十坪はそれぞれ設定, 筆告げ参らせ候, 筆ではない, 筆して, 筆噛みてあからめ, 筆四十載向, 筆四季の柳, 筆四筆落して, 筆執らまほしく, 筆執ればこの, 筆報国の意味, 筆墨矢立徳利お孃さん, 筆墨矢立徳利お嬢さんの手箱, 筆墨硯などを扱っ, 筆墨硯紙など買入れ, 筆墨絵具その他は先生, 筆売り幸兵衛などの, 筆夢溪筆談の如き, 筆に進む, 筆を抜き, 筆と同書, 筆始歌仙ひそめくけしき, 筆子のは四角, 筆子夫人が寵愛, 筆子門人弟子一統残らずを, 筆容易に読者, 筆幽娯, 筆少しく亂る, 筆尖でこの怪物, 筆尽さざる恨みは, 筆屋幸兵衛方の棟上げ, 筆屋幸兵衛筆幸というその, 筆屋幸吉が先刻, 筆相臨, 筆岩井半三郎のそれ, 筆工鳳池堂のあるじ浪華, 筆差しにささった, 筆巴屋からとして書い, 筆市蔵の権四郎, 筆師室町三丁目の, 筆年老に随, 筆幸油御用の一件, 筆幸油御用下命の吉報, 筆幸筆屋幸兵衛へ移し下げ, 筆廼舍なまりと蓮牡丹菊, 筆を用いた, 筆彩色がこれ, 筆のよう, 筆役勤務の現役, 筆忽ち禿し, 筆恐くは田夫野老, 筆悪筆を揮, 筆慎重に引かれ, 筆慣らしその筋立て, 筆の間, 筆戰上の敗北, 筆戰場裏に再び, 筆手入れをし, 筆技名である, 筆を合せ, 筆択むべし道具詮議, 筆拭草と呼ぶ, 筆持すべも白炭, 筆持ってくれい, 筆振りでした, 筆振れば, 筆の溪, 筆捨沓掛などの山坂, 筆せしめた, 筆措けかしといざなふは, 筆描きをもって書かれ, 筆描きしたやうな, 筆き申候, 筆支那の絵図, 筆数本と銅緑, 筆敵ディドロが評した, 筆文字で或いは, 筆を用い, 筆暫く控えろ, 筆書いたらんの, 筆書かれる身と, 筆書きますから君, 筆書き送ってもらう, 筆書残して行く, 筆書諸道人なみはみな, 筆あり変化至つて規矩, 筆杉箸手拭などが用意, 筆架石などという名前, 筆校正は浅川園絵さん, 筆様お前が是, 筆は秋草, 筆次第に郵便はがきを以て, 筆かきてや, 筆止めの禁呪, 筆残しあげ参らせ候, 筆気分と文字, 筆水墨の大幅, 筆漫画でも切, 筆無性で三度, 筆遣し候, 筆画いてみよう, 筆致し候, 筆留めのよう, 筆病腕これきりにやめ, 筆着けてええ, 筆矢立を漁り, 筆矢筈に磨滅, 筆を禁ぜられ, 筆もそこ, 筆硯机煙管巾櫛の類, 筆硯画筆に筆洗, 筆硯筆洗などをおい, 筆示し上げ参らせ候大同口よりの, 筆示すべからず云々, 筆ありと, 筆禿びて返り咲くべき, 筆秉らむとして秉, 筆稼ぎをしなけれ, 筆立一個に歯磨, 筆立電燈の笠, 筆竜虎の図, 筆竹園に鴛鴦, 筆竿石筆架石などという名前, 筆八, 筆に散見, 筆に云, 筆紙墨書籍等の褒美, 筆紙硯墨を文房, 筆の現存, 筆美しく今や楽しく快く, 筆錬の, 筆胼胝が笑い話, 筆自ら動くやう, 筆の岡田君, 筆良き硯良き, 筆もかはり, 筆花押をねがわしゅう, 筆花鳥風月の図, 筆から絵筆, 筆草生ふと聞きつる, 筆落して途中, 筆の画幅, 筆行きにあらわれ, 筆製作者依然として住める, 筆製墨製紙の諸, 筆み難, 筆解し易く彼等, 筆解剖の図, 筆の生動, 筆を尽さず, 筆記せしめ忽ち此, 筆認めてこれ, 筆を以て虚實兩世界, 筆読み方と算術, 筆調で書い, 筆貸して給われい, 筆費え紙費え高, 筆賣りでも, 筆走りたまたまに, 筆を止められず, 筆足らずついに親しき, 筆越えて, 筆躍りて, 筆迹松花堂様の少く, 筆造文用意詳審尚未可, 筆遊びに認めた, 筆道句読算術師のほか, 筆遣ひにもかかはらず, 筆を讃め, 筆録する場合も, 筆録当時既に一種, 筆録時代の理想, 筆録者総計三人がかりで出来上った, 筆闘壇上やや穏やか, 筆附きだが文章, 筆附きで鯨や, 筆のってその, 筆青木に当てた, 筆預かり証文書い, 筆頓に進まず自ら, 筆に進む, 筆額字を凝視, 筆妖霧対朝纓, 筆高雅端壮の文, 筆が急