青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考えた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~ ~考え 考え~ ~考えた
考えた~
考えられ~ ~考えられる 考えられる~ ~考える 考える~ 考え方~ ~考へ 考へ~ ~考へた 考へた~

「考えた~」 3653, 39ppm, 2940位

▼ 考えた~ (856, 23.4%)

151 である 112 です 7140 であった 30 であります 28 だった 22 でした 20 だが 19 ですが 17 では 13 であろう, でしょう 12 であるが 98 だろう 5 かも知れない, さ, でありました, でございます, ですよ, は当然 4 だよ, だろうか, はこの 3 かもしれない, でありますが, はあと, もそれ, も無理

2 [25件] かあるいは, かそれ, かにやりと, かね, かひどく, かも知れません, じゃ, だそう, であったが, であろうか, でございました, でございますが, ですけれど, と同じ, は, はあの, はいかにも, はごく, はそれ, は今, は何, は彼, は自然, は誤り, も決して

1 [184件] かいきなり, かおとなしく, かこう, かこの, かしりません, かそんな, かとほう, かノロノロ, か巧み, か市, か帛紗, か急, か手近, か水夫長, か火鉢, か神田伯山, か私, か自分, か近頃, があの, がかむろ, がこっち, がこんな, がすなわち, がずいぶん, がまちがい, がよく, が中世念仏, が元, が動機, が唐人飴, が大, が左内様, が従来, が悪かっ, が自然, が誤り, しみうれしかっ, じゃがどうも, じゃない, だい, だから, だけど, だったかなあ, だったが, だった殊に, だね, だろうおれ, だろう遂に, であっただろうか, でありその, であるか, であるに, であるよう, であろうが, であろうそのまま, であろうと, であろうガタピシ扉, であろう心持, でございましょう, でしょうか, でしょうが, でしょうこんな, でしょうと, でしょう暫く, ですか, ですな, ですの, でも, でもあったろう, とはまるで, ともう, と軌を一に, なら大, にはもし, には訳, にも無理, に基づく, はあらまし, はいけなかった, はいったい, はかつて, はこういう, はこっち, はこれ, はこれから, はそういう, はそういうわが, はその, はその後, はそれから, はそれだけ, はただ, はたぶん, はつい, はなかんずく, はなるほど, はひとしきり, はほんの, はむりもありません, はやっぱり, はやはり, はわれわれ, はインド, はオリヴィエ・ジャンナン, はデカルト, はマチガイ, はユリネッツ, は一年半, は一時, は一葉女史, は主題, は九郎, は二度, は人々, は人間, は今年, は他, は何とか, は保釈, は全く, は再び, は勿論, は医者, は十年, は厳島, は外国人, は大変, は宣伝, は寄せ手, は彼女, は彼自身, は怪しまれず, は恐らく, は持久性, は数名, は数日後, は日本左衛門, は旧, は早く, は早稲田, は汽車, は海, は深田先生, は無理, は特に, は独り正吉, は独逸, は理由, は看過, は私, は秋帰京, は突然, は筆, は純粋芸術, は自宅, は自由, は船長, は若い衆, は華北, は認識, は道理, は間違い, は須山家自家用, は鶴子, もあながち, もあの, もかよう, もその, もむりではありません, もやがて, もフシギ, も今, も女, も実に, も尤も, も張飛, も当然, も覚え, やら一向に, を見れ, んは, 今日が, 本当に隅

▼ 考えたこと~ (370, 10.1%)

25 もない 19 がある, がなかっ 18 はなかっ 16 がない 15 はない, もなかっ 11 があった 10 もあった 8 のない 6 もある 5 はありません 4 だが, である, は一度, もありました 3 がありました, だった, であるが, でしょう, もございません

2 [14件] があります, がありません, がありませんでした, があるだろう, がございません, と一致, はあります, もありませんでした, もあッ, もなけれ, も今, をみんな, を私, 無い

1 [144件] ある, から次元, があっただろう, があったであろう, があったろう, があまりに, があろう, がお, がございます, がすばやく, がすべて失敗, がその, がなかったろう, がなく, がふたたび, がみな, がら, が一つ, が原因, が彼, が果して, が直ちに, が通る, さえあった, さえある, さえない, さえなかっ, じゃ, すらもなかっ, だ, だってそれ, だろう, だわ, であったが, であったらしい, であります, であり馬田, であるかは, であろう, であろうが, でしかも, でした, ですが, では, でも, でもっと, で安心, で安房, といえ, とが相違, と考え, ないけどな, ないわ, なかった, なし, などは綺麗, にある, にきまってる, について考え, には, にはどうも, にはははあ, のある, の中, の恐し, の概要, はあった, はありませんでした, はありゃ, はある, はいま, はこれから, はしかし, はすばらしい, はすべて, はそれ, はなあ, はないです, はなく, はばかげ, はほんとに, はほんの, はまだ, はめッ, はもしか, はやや, は他人, は作者, は例, は全く, は分る, は大, は奇体, は実は, は帰国当時, は後, は殆ど, は無い, は無かっ, は確か, は私, は自分, は自然, は誰か, は非常, までも知っ, もあやまった, もあります, もありません, もありゃしない, もありやしない, もあれ, もなく, もほとんど, もやはり, も全然, も無かっ, も秀吉, も結局, も話し, や思出, や言った, をかならず, をきれ, をじっさい, をのろのろ, をまた, をまだすっかり, をめったに, を一, を二つ三つ, を又, を口, を告白, を必ずしも, を思い出した, を思い出します, を思い出す, を思い合せた, を思い合わせ, を思出, を早く, を自分, を述べ

▼ 考えた~ (305, 8.3%)

11 それは 4 何分にも 3 これは, それも

2 [13件] いい, すぐに, そのうち, それには, それを, ポンと, 口に, 彼の, 手よりは, 次の, 相手は, 解らなかった, 頓て

1 [258件] ああしばらく, ああ冴子, あのズウフラ, あの小心者, いいぞ, いいと, いい年, いい智恵, いつもちがった, いまさら聘珍楼, いやとにかく, うまく計算, お正月は, お粂様, お絹, お豊, お鷹野, かくまで, ぐずぐずし, ことばの, この年少, この日, この暗号文, これという, これにも, これも, さきから, さすがに, さそわれ出かける, さっぱり訳, さて何, さて横濱, しかしそれにしてもこの, しかしどうも, しかしひょっと, しかしモンパパ号, しかし今日, しかし前, しかし昨日, しかし表現そのもの, しばらくする, すぐには, すぐは, そうで, そのすき, そのまま女, そのアラカタ, その口実, その夕方, その後も, その感じ, その憤慨, その手, その間に, それから次に, それでも後ろ, それに, それより, そんなこと, そんな客観的, たしかにあの, ためだ, ちょっと待った, ちょっと思案, ついぞ確かめる, ついに思い切っ, ついに解らなかった, つまり骨董屋, できなかった, とかくその, とてもわかり, とても駄目, とにかく在所, どうしてもよい, どうしても判断, どうしても彼, どうせ行くなら, どうもこの, どうも他, どうも思いだす, どうやら気, どう工夫, どちらも, なかなかどうして, なかなか迷子, なるほど妖術家, ひとり者の, ふと完全, ぶしつけ, ほとんど自分, また, また云い続けた, また出なけれ, また桟橋, まだ届く, ままよという, もう母, もし下された, もし不承知, もちろん口, もっと気, やがて, やがてカラカラと, やがてヒラリ, やがて何心, やがて大きな, やがて快活, やがて木立, やっと椅子, やっぱり肩, やはりそれ, やはり一応は, やはり出, やはり言い出せなかった, よい, よかろう, よくわからず, わからなかった, わざわざ私, わたしの, ガリレオは, キャラメルを, バスが, ラジウムの, 一つだけは, 一つも, 一つ吉原へ, 一応報告, 一方に, 一旦押す, 三十六貫目の, 不意に, 之は, 乗って, 事に, 事情を, 二十年ちかく, 人の, 今さら掃除, 仲間に, 住所も, 何うし, 何か, 何も, 何を, 余程むずかしい, 例の, 信吉には, 僕が, 先ず火鉢, 先ず第, 先生の, 全然そうは, 分らなかった, 判らない, 別に言う, 剣を, 勘の, 南の, 原書は, 又嘗て, 口には, 台所方には, 同時に彼, 咄嗟には, 咄嗟の, 外出する, 女の, 好いという, 学問は, 実に奇妙, 実は猶, 実行しかねた, 実際は, 実際自分, 宮が, 家康の, 富五郎は, 尊貴, 屋敷では, 張は, 彼に, 彼には, 彼女の, 後の, 復讎の, 忽ち又, 忽ち思い得た, 思いあたらなかった, 思い当たること, 思い当らなかった, 悔いも, 意味が, 手がかりという, 放二, 数時間後町を, 旅に, 早朝ずぶ濡れに, 時間が, 最後彼は, 止めた, 此の, 母と, 母親は, 毎夜の, 気がついて, 気の毒な, 決心の, 海岸線は, 清洲の, 滅多な, 漸次に, 無駄に, 特に何, 用人の, 疲れて, 矢張好い, 確かに, 磁石では, 秀子は, 私だって, 私の, 私は, 第一流, 素人の, 索漠として, 終りに, 結局いい, 結局いつも, 結局の, 結局思い切っ, 結局父と共に, 而も, 肩に, 自分自身が, 自動車事件の, 船長と, 菓子屋の, 蛇も, 行く行かないは, 見つけられては, 訊いたら叱られるであろうと, 調所は, 諦め顔, 議会には, 赤井が, 路は, 遂に分からなかった, 遂に句, 道徳的真理は, 都の, 重々しい調子, 鉄砲の, 間違いない, 霊魂の, 面倒くさくなっ, 面倒だ, 鼠を

▼ 考えたもの~ (140, 3.8%)

1910 です 7 である 6 ですから 5 だと, ですね 3 だから, らしい 2 さ, じゃありません, だが, だった, だねえ, だよ, であった, であったが, では

1 [64件] か, かこの, かしきりに, かぜひ, かその, かなその, かフフン, か別に, か彼, か横浜在留外人, か知らない, か私, か空, か突然, か脅迫, か部, か金蔵, があっ, がある, がいる, がなかっ, が四次元世界, じゃあげえせんか, だっけな, だな, だナ, で, でありますから, であるが, であること, でございましょうか, でございますから, でございますが, でした, でしたから, ですなあ, ですよ, です故に, でそれ, でも, で他, で其主意, で彼, で時, で東京, と思われます, と観, なんで, に過ぎない, に違い, ね, はあるまい, はなかっ, は云う, は今度, は今日, は忠広, もあるらしい, もなく, も可, やでは, らしいの, らしいよ, を直ちに

▼ 考えたから~ (139, 3.8%)

38 である 16 であった 12 です 104 であります 3 で, であろう, でした 2 だった, 大騒

1 [46件] お受け, きょうは, こっちも, じゃったが, そこは, そのままドン仲間, その報復, つい買っ, であったが, であって, でありました, であるが, であるというの, であるよりは, であろうと, でおろか, で幸い事, なの, なんだ, なんだろう, なんです, ひとまず腹這, また車, やめに, イエズスの, オレの, 一応冷淡, 人憚らず, 今朝召使いや, 八丁鼻と, 出るん, 大生郷の, 大町人, 大砲は, 天下の, 夫が, 小次郎は, 尚お, 尚もかれ, 当時松岡君が, 折角の, 明日環境を, 箱根の, 行きましょうと, 誰にも, 面白いと

▼ 考えたって~ (107, 2.9%)

3 しかたが, 仕様が 2 どうなる, 分ること

1 [97件] あの床の間, あれは, いいしね, いい句, いい知恵, えの, おかしいこと, おそすぎます, おとよ, おんなじ事, お前己ら手合いは, くせえんだ, この世の中, この図紋, この差し当っ, これが, しょうがないだろ, そうとしか, それや, そんなもの, そんな義理あい, だめです, つまりませんから, どうしよう, どうにも, はじまらない, へんてこだ, へんな, ものさ, やっぱり, よく判る, わからない事, わからんよ, わかりそう, わかりっこ, わかりは, わかりゃしませんわ, わかるこっちゃ, わかるでしょう, わかるもん, ハハア金魂事件の, ムリである, 一応は, 世間で, 中, 人格を, 仕方が, 仕方がねえ, 何に, 僕なんて, 兄さんに, 免官の, 出て, 分るはず, 同じだ, 同じ事, 国家から, 在る方, 埒は, 変です, 変な, 夫人こそ, 奴らの, 始まらないよ, 始まらぬ, 始まるもの, 少し変, 少し無理, 幸吉の, 役には, 恐ろしいこと, 想像の, 戦争に, 拾七円の, 日本内地の, 明かなこと, 映画化も, 有難いこと, 澄子を, 白井鉄造という, 直ぐ分る, 知れてるぞとも, 私は, 箆棒だ, 精は, 紡車が, 結局は, 自分に, 自分の, 苦しんだって, 解けっ, 解けっこ無い, 解りますのにねえ, 解る筈, 長すぎやしない, 間違いだらけに, 黒滝温泉て

▼ 考えた~ (97, 2.7%)

3110 です 9 だよ 8 だが 6 だろう 5 ですが 4 ですよ 3 ですがね 2 じゃない, だがね

1 [17件] さ, だから, だと, だね, だもの, だろ, だろうよ, だ今朝, でしょうが, でしょうね, ですかい, ですけど, ですけれど, ですけれどね, ですって, ですの, でやすが

▼ 考えたので~ (86, 2.4%)

13 彼は

1 [73件] いい加減の, いきなり全身, いっそ自分, かれは, こう将門, ござま, しぜん, すぐ話, そうした感情, そう云う, その学名, それぎり後を, それでムクゲ, ためらわずグングン, にやにや黙っ, ひとりで, ひょいと手, わざと彼女, わたしが, グッと, グロテスクな, 一応きい, 三人に, 与兵衛は, 今まで, 今までは, 今度は, 今迄の, 何か, 何とかし, 儂は, 内々周旋屋に, 出訴, 半七, 即座に, 堤を, 多少の, 大人げない, 夫人を, 女中に, 始めの, 実際そこ, 小林君は, 師道は, 帰京後鈴木梅太郎博士に, 張飛にも, 彼も, 彼女の, 彼女は, 急いで, 急に, 旅行者は, 明智探偵は, 昔流に, 時を, 有った, 機転を, 武蔵は, 沢庵は, 画家に, 省略する, 礼を, 科学者は, 編集者の, 舞台化粧を, 西岡は, 許, 読者に, 質問し, 釣船屋の, 頭が, 顔が, 飯を

▼ 考えたよう~ (81, 2.2%)

5 なもの 3 に概念 2 な夢, な意味, な自由, にその

1 [65件] だった, だったが, であったとか, でありますけれども, である, であるかも, であるが, でした, です, ないろいろ, な一人, な世界史, な共和国, な受動的, な可能性, な呑気, な問題, な太陽, な新しい, な星雲, な智慧, な本質的, な気, な現象, な皇室中心主義, な空間, な罰せられたる負債, な肥沃, な自分, にああ, にあらゆる, にお客, にこの, にし, にすべて, にそれ, にはなかなか, には動い, にも思われる, にアルヒテクトニッシュ, にエキスパート, にエーヌ, にタンゲイすべ, に一つ, に一面, に両者, に今日, に修辞学, に前線, に動かなかった, に単に, に収縮, に幾何学, に彼, に後, に思う, に技術, に漠然と, に漢文, に社会的, に西田先生, に見える, に諸, に警官, に銀河系

▼ 考えた~ (79, 2.2%)

9 がある, もない 4 だが, もある 3 はない, もありました 2 が無かっ, はなかっ, もあった, もなけれ

1 [39件] があっ, があった, がありました, がありません, がない, がまるで, が一度, だ, だからと, だけれども, であったが, であるが, でした, ですよ, とはまるで, ないわ, なども有りました, なん, なんかはすべて, のかす, のない, の不充分, は, はあっ, はありません, はありませんでした, はある, はここ, はただ, はないだろう, はやっぱり, は何時も, もあっ, もありません, もなかっ, も有りません, も無え, や感じた, を申し

▼ 考えただけでも~ (74, 2.0%)

4 胸が 3 ぞっとする, 気が 2 気持が, 私は

1 [60件] いい気持, おそろしさ, これが, こわくなります, その金, それは, ぞくぞくする, ぞっとした, ぞっと寒気, ぞっと寒気立ちます, たまらない此, たまらない氣, ふらふらに, わかるでしょう, わかるはず, わしは, ゾッとします, ゾッと身内, 三十を, 中国の, 厭でした, 命が, 和歌を, 咽が, 嘔気を, 堪えられなくなって, 堪らない怪, 寒気が, 己は, 恐ろしいこと, 恐ろしい事, 愉快で, 愉快です, 愉快な, 我慢が, 戦慄を, 抽象映画なる, 既に惨, 日本の, 東北一道十県の, 法学部の, 滑稽で, 煩わしい, 移転の, 罰が, 背中に, 腹立たしい, 臆病げな, 血が, 足の, 身の毛が, 身ぶるいが, 身ぶるいもので, 身体が, 身振い, 身顫いを, 軽蔑的に, 閉口な, 頬が, 頭痛が

▼ 考えた~ (65, 1.8%)

4 平次は 2 どうか, わかりません

1 [57件] いずれか, いずれかに, いたずらに恐怖, これは, さわって, すぐに, それから後, それが, それなり追求, それへ, またそこ, まだ刀, まるで忘れ, わからないわ, ツイと, ハラハラと, リット少将が, 不意に, 不貞腐れて, 丸木は, 二つ三つまたたきし, 二人は, 任地を, 何を, 八荒坊は, 兵馬は, 分らぬ, 大きな声, 小さい位牌, 小浜兵曹長は, 弦之, 心持顏色が, 思い直して, 急に, 扇子なんて, 扈従の, 機嫌よく, 機械体操の, 王忠の, 相好を, 真昼間狐が, 知り度い, 知れない, 知れぬ, 知れやしない, 立上って, 自分でさえ, 自分でも, 自分も, 色を, 荒木という, 説明文を, 謡を, 錆びた十手, 陸遜, 黙ったまま, 黙然と礼

▼ 考えた~ (45, 1.2%)

2 にふと

1 [43件] あの結論, いよいよ明日, かの新た, が日ごろ, この貼紙, この過去, しまいにようやくこれ, その頃, そんなこと, ちかごろ高級カメラ, であった, とにかく手紙, とにかく最初, にかの, にまず, にも尚, にようよう, にボルネオ内地, に二日, に今日, に孫右衛門, に宇宙, に悟っ, に手紙, に決定, に結局, に結局平凡, に身, の弾き, ふと思い出した, もしやそこ, やっと, やっとわかっ, ようやく考えつい, 不図, 到頭帰国, 又一策, 及ばぬ智慧, 少くとも, 思いついたの, 焼け鉄棒, 白い雪, 第一番

▼ 考えた~ (43, 1.2%)

3 に彼 2 に私

1 [38件] あの下, あらゆる重大, お若, そしてСССР, その恐怖, である, でもあの, に, にのみ従五位, にはどうして, には現在, には雪, に吾, に思わず, に既にもう, に汚濁, のやさしい, の彼, の悲し, はうつつ心, はたしかに, はたして正義, はまるで, は哀しかっ, は実に, は寂しかっ, は岸本, は彼, は私, は腹立, は茫然, ぴーんと木, ふと彼, ようやく自分, 代助, 御米, 時にまた, 立たぬ事

▼ 考えた~ (40, 1.1%)

7 のこと 2 でそれ, でないと, で私

1 [27件] いずれご, で, でお, でその, でどう, でなければ, でのこと, での計略, でよい, で一つ, で処分, で善処, で屹度あなた, で更に, で決断, で父母, で自信, で返事, にその, にとうとう, にと出奔, になお, に所詮, に有る, に自分, の話, まあ大丈夫

▼ 考えたもん~ (34, 0.9%)

11 だね 83 だな 2 ですよ 1 じゃ, だから, だからな, だねえ, だろう, だ暴風雨, でさ, でさあ, ですなあ, ですね

▼ 考えた~ (33, 0.9%)

7 ちがいない 5 相違ない 3 しても, 違いない 2 ちがいありません

1 [13件] きまって, したところ, しちゃ, しろとにかく, しろ私, しろ結局発見, すぎない, ちがいありませんからね, 不思議は, 反して, 止りそれ, 相違ありません, 過ぎない

▼ 考えただけ~ (31, 0.8%)

9 では 2 だ, であった, で私

1 [16件] だった, だろうという, である, でいくら, でえい, でこれ, でふきだすほど, でぶるぶるぶるぶる, でもう, で息, で気, で精神的, で胸, で身震い, で近年日本, で震え

▼ 考えたところ~ (26, 0.7%)

2 で少し

1 [24件] からいつも, から彼等, から生じた, がある, が小半次, だ, だとにかく, でかれ, でどう, ではおそらく, ではそんな, では右, で仕方, で何故, で本格的, で理, で船, で解決, とはこれら, にいわゆる, による, によれ, のもの, はなかなか

▼ 考えたとき~ (23, 0.6%)

1 [23件] から約, かれは, そういう云い, そういう勇気, その作品, その場, たしかに真面目, たとえ私たち, でした鉛筆, とつぜん隣り, とは心内, などには内閣, にきまっ, にだけ公開, にふと, にヒットラー, に感じた, に私, のあの, はその, ふと俊夫君, 何故か疼く, 極めて理解

▼ 考えた~ (22, 0.6%)

4 見えて 2 する, 思う

1 [14件] いうだけの, いった, おりじゃった, 云うの, 同じよう, 同様に, 察するです, 思います, 思った, 思って, 想像できる, 書くかわり, 見えかねて, 見え次

▼ 考えたわけ~ (20, 0.5%)

5 では 43 です 1 じゃありません, じゃが, だね, でございます, でした, でしたが, でも, なん

▼ 考えた~ (20, 0.5%)

5 がいい 2 がはるか

1 [13件] がい, がかえって, がもっとも, がよ, がよい, がよろしい, がマチガイ, が少く, が早い, が根本的, が正しい, が至当, が面白く

▼ 考えただけで~ (18, 0.5%)

1 [18件] けがらわしいと, ぞっとする, めまいを, 万事が, 俺は, 先生は, 全身が, 学ばないの, 手足が, 止めに, 気が, 気持の, 気遅れが, 泣きながら, 淙々の, 直ぐにも, 胸が, 胸の

▼ 考えた~ (18, 0.5%)

1 [18件] その室, ついにすべて, で云った, で子路, で弓, なので, に, におもむろに, にする, にそれでは, にどんな, に云った, に利兵衛, に大番所, に女, に改めて別に, に面白い, に黙っ

▼ 考えた~ (17, 0.5%)

2 もあった

1 [15件] があった, があつ, が古来, であった, なら誰, なら間違い, はおそらく, はこうして, はたくさん, は偉い, は史上, は多かっ, は恐らく, は誰, もあったらしい

▼ 考えた結果~ (17, 0.5%)

1 [17件] ある不愉快, がココ, こういう風, この木場, すでに二十年, であること, として今, として引き, にしろ, による, に従っ, はどうしても, ふと妙案, を野性的, 極く, 言ってるん, 起きた抵抗

▼ 考えた通り~ (17, 0.5%)

2 の事

1 [15件] この五日, だぞ, で, にそれ, になる, に新しく, に苦, のこと, の人, の切り出し方, の意見, の手段, の美人, もし今夜, を夫人

▼ 考えたほど~ (16, 0.4%)

2 であった, である

1 [12件] おかん, この点, すばらしいゆかいな, たくさんの, だ, だった, だったが, でした, な自分, 不幸な, 差押えに, 高いもの

▼ 考えたけれど~ (14, 0.4%)

1 [14件] その理由, でも頭, どうしてもここ, まだはっきり心, やっぱりお前, 二人いっしょに, 夫れで, 夫人は, 字は, 未だにはっきりしません, 涙が, 混乱した, 自分が, 降ったでしょうか

▼ 考えたあと~ (12, 0.3%)

31 かれは, でいつも, でお前, でこの, でしずか, でそう, でひざ, やっと自分, 思いかえしたよう

▼ 考えたという~ (11, 0.3%)

3 のは 1 ことに, ことには, ことは, ことを, わけさ, わけで, 事さえ, 事実自身は

▼ 考えたほう~ (11, 0.3%)

4 がいい 2 がよい 1 がまだ, がよかろ, が当っ, が正しかろ, が近道

▼ 考えたけれども~ (10, 0.3%)

1 いくらそこら, お侍さん, まさか自分, もちろん近似的, もとより名案, 五郎は, 取り留めた思案, 更にこれら, 直に手, 結局人は

▼ 考えたため~ (10, 0.3%)

2 だろうか 1 であるが, であるらしい, でもあろう, にヒトラー, に仇, に大罪, に自然的要素, に表面

▼ 考えた~ (10, 0.3%)

1 がなかっ, が多かっ, には気, のない, はあるまい, はずいぶん, はない, は国賊, は自分, もなく

▼ 考えたばかり~ (9, 0.2%)

5 でも 1 でなくたびたび, でなく子供, でなく探偵, では

▼ 考えた場合~ (9, 0.2%)

1 そう簡単, ですが, どうしても数年前, には人間, には遅かれ早かれ, にも考えられる, に理論, はあたかも, やまた

▼ 考えたその~ (8, 0.2%)

1 ことであったろう, 時から, 機械論に, 歌は, 瞬間でした, 考えの, 謹厳な, 魂であった

▼ 考えたとおり~ (8, 0.2%)

1 すこししおからい, そのマンホール, だった, だと, にはこびました, の自然, また木場, を言っ

▼ 考えた自分~ (8, 0.2%)

1 が間違っ, というもの, の職業, はとんでも, は泣い, は馬鹿, への疑い, を思い出し

▼ 考えたうえ~ (7, 0.2%)

21 でお, でなければ, で決心, にしよう, の所置

▼ 考えたかと~ (7, 0.2%)

2 いうと 1 いいますと, いえば, 思うと, 言うと, 言ったふう

▼ 考えたかも~ (7, 0.2%)

2 知れない 1 しれない, しれぬが, 知れないが, 知れぬよろしく, 知れぬ箱根丸

▼ 考えたとて~ (7, 0.2%)

1 どうなろう, わかる筈, 二度と再びあんな, 何にも, 徒に同じ, 無駄だ, 詮ない

▼ 考えたよりも~ (7, 0.2%)

1 その実行, はるかに, もっと急速, もっと自然, もっと興味, 一層急激, 容易く出来た

▼ 考えた~ (7, 0.2%)

1 の計画, の頭, は, はある, はこれ, はぶる, はもう

▼ 考えた~ (7, 0.2%)

1 である, にある, にあるであろう, においても父, において時雨, に横たわっ, はともかく

▼ 考えた~ (7, 0.2%)

1 の今年, の無, はその, はついに, は事実何, は人, は所謂文明民族

▼ 考えたあげく~ (6, 0.2%)

1 が探検船, つくったもの, とうとう決める, のはて, 度々の, 極めて無造作

▼ 考えたくらい~ (6, 0.2%)

1 すっかり平静, だった, だったそう, である, です, もうそれほどの

▼ 考えた~ (6, 0.2%)

1 からである, から本体, でそういう, では音, のもの, の哲学者達

▼ 考えた~ (6, 0.2%)

1 ではこいつ, ではイタクラ, でチャント, で夫, で師匠, によっても彼女

▼ 考えた時私~ (6, 0.2%)

1 はこの, はちょっと, はもはや, は少し, は日本, も亦

▼ 考えた次第~ (6, 0.2%)

2 であります, なの 1 であった, である

▼ 考えた~ (6, 0.2%)

5 では 1 でありますまいか

▼ 考えたすえ~ (5, 0.1%)

1 ある時ケメトス, こういう女, じぶん, に彼, よろしいと

▼ 考えたそう~ (5, 0.1%)

2 です 1 して, だから, だが

▼ 考えたつもり~ (5, 0.1%)

1 でしたが, です, では, でやがて, で汽車

▼ 考えたのち~ (5, 0.1%)

1 にこう, に処女, に彼, やっと安心, 言い出した

▼ 考えた以上~ (5, 0.1%)

1 のこと, の大, はのっぴきならない, は死ん, 退くに

▼ 考えた敬太郎~ (5, 0.1%)

1 はともかく, はやむを得ない, は女, は自然, は躍り上る

▼ 考えた時代~ (5, 0.1%)

1 にあっ, において世人, のあった, もあった, もありました

▼ 考えたかは~ (4, 0.1%)

1 だれにも, 分らないまでも, 思い出せなかった, 明白に

▼ 考えたからに~ (4, 0.1%)

1 ちがいない, ほかならないの, ほかなりません, 外ならない

▼ 考えたかを~ (4, 0.1%)

1 思い其処, 記憶する, 記録する, 話した

▼ 考えた~ (4, 0.1%)

1 なんども, ヘーゲルは, 聞きたいとも, 親族や

▼ 考えたのに~ (4, 0.1%)

1 みずから驚き, 反して, 反対し, 本多鋼鉄は

▼ 考えた~ (4, 0.1%)

1 一党の, 昔の, 虎と, 金に

▼ 考えた~ (4, 0.1%)

1 じゃ無い, でブルブル, で目, で苦しく

▼ 考えた彼女~ (4, 0.1%)

1 が二三年, は急, は昨夕吉川夫人, は時

▼ 考えた揚句~ (4, 0.1%)

1 ある復讐, こう云いました, の果て, 草臥れて

▼ 考えた時彼~ (4, 0.1%)

1 の心, はなお, は息, は既に

▼ 考えたあの~ (3, 0.1%)

1 友人の, 女の, 当時としての

▼ 考えたかの~ (3, 0.1%)

2 ように 1 動機如何という

▼ 考えたけど~ (3, 0.1%)

1 お名前, 涙が, 自分は

▼ 考えたこの~ (3, 0.1%)

1 奇抜過ぎる, 時の, 画は

▼ 考えたせい~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, だ, もあった

▼ 考えただけの~ (3, 0.1%)

1 ちがいだ, ものでしょう, 理由からに

▼ 考えたとしても~ (3, 0.1%)

1 あらゆる意見習慣, それは, それを

▼ 考えたまま~ (3, 0.1%)

2 でした 1 をいった

▼ 考えたものの~ (3, 0.1%)

1 やはりまだいずれ, 前では, 限定は

▼ 考えた~ (3, 0.1%)

1 いだ, だった, であった

▼ 考えた挙句~ (3, 0.1%)

1 ごろりと寝台, なん, 遂に決心

▼ 考えた末これ~ (3, 0.1%)

1 は新た, は目蓮, を私

▼ 考えた末彼~ (3, 0.1%)

1 はいい, はこう, は遂に

▼ 考えた~ (3, 0.1%)

1 なものの, にその, に気の毒

▼ 考えた結論~ (3, 0.1%)

1 では, の愛国心, よりもはるか

▼ 考えた計画~ (3, 0.1%)

1 には全く, はむしろ, は前日来着

▼ 考えたあげく蝋燭~ (2, 0.1%)

2 で岩

▼ 考えた~ (2, 0.1%)

1 にの姿, 艶が

▼ 考えたからとて~ (2, 0.1%)

1 なかなか羅馬, 分ります起る筈

▼ 考えたきり~ (2, 0.1%)

1 じっとし, で

▼ 考えたそして~ (2, 0.1%)

1 宗教よりも, 言った

▼ 考えただが~ (2, 0.1%)

1 そのあいだ, 急に

▼ 考えたとき僕~ (2, 0.1%)

1 は熱, は独楽

▼ 考えたとき彼~ (2, 0.1%)

1 の全身, の身体

▼ 考えたとき私~ (2, 0.1%)

1 の胸, は正直

▼ 考えたどんな~ (2, 0.1%)

1 ことで, 風に

▼ 考えた~ (2, 0.1%)

2

▼ 考えたには~ (2, 0.1%)

1 今日という, 所説が

▼ 考えたにも~ (2, 0.1%)

1 かかわらずまたも, 拘らず改めて

▼ 考えたにゃ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 物は

▼ 考えたはず~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 考えたはて~ (2, 0.1%)

1 にたどりついた, に戸板

▼ 考えたばかりでも~ (2, 0.1%)

2 恐ろしいこと

▼ 考えたほどの~ (2, 0.1%)

1 ことは, ギヤツプが

▼ 考えたまた~ (2, 0.1%)

1 考えつつ, 自分が

▼ 考えたまで~ (2, 0.1%)

1 であった, でございますよ

▼ 考えたまでの~ (2, 0.1%)

1 ことであります, ことである

▼ 考えたよりは~ (2, 0.1%)

1 彼らに, 遙かに

▼ 考えたんで~ (2, 0.1%)

1 がすが, ごぜえます

▼ 考えたタッチ~ (2, 0.1%)

1 からでも最良, の音

▼ 考えた一つ~ (2, 0.1%)

1 の小説, の方法

▼ 考えた事柄~ (2, 0.1%)

1 に於, を必ず

▼ 考えた二人~ (2, 0.1%)

1 だった, の作家

▼ 考えた今や~ (2, 0.1%)

1 大震災直後の, 歌舞伎は

▼ 考えた作家~ (2, 0.1%)

1 がある, もある

▼ 考えた~ (2, 0.1%)

1 私は, 考えを

▼ 考えた名前~ (2, 0.1%)

1 じゃありません, だ

▼ 考えた御蔭~ (2, 0.1%)

1 でこの, です

▼ 考えた末森~ (2, 0.1%)

1 に向い, 可成

▼ 考えた様子~ (2, 0.1%)

1 で小説家, にも見えた

▼ 考えた津田~ (2, 0.1%)

1 はこう, は別に

▼ 考えた~ (2, 0.1%)

1 だった, の名家

▼ 考えた経験~ (2, 0.1%)

1 のある, を持たない

▼ 考えた結果湖心寺~ (2, 0.1%)

2 の棺桶

▼ 考えた覚え~ (2, 0.1%)

1 はありません, はある

▼ 考えた~ (2, 0.1%)

1 でなくちゃ, を思い出した

▼1* [393件]

考えたあげくあべこべに大, 考えたあげくいつか喫茶店でやった, 考えたあげくおまえを山狩, 考えたあげくお金のこと, 考えたあげくこれによって自分, 考えたあげくとこやをはじめました, 考えたあげくメグは上等, 考えたあげく交換台のそば, 考えたあげく到達しました結論, 考えたあげく太郎に勧めた, 考えたあげく子供の時分, 考えたあげく床の下, 考えたあげく村で一軒きり, 考えたあげく発見して, 考えたあげく絶望したよう, 考えたあげく自信を得, 考えたあげく西房の方, 考えたあげく賛成して, 考えたあげく鹿を一頭, 考えたあと急にお針, 考えたあと次郎に言った, 考えたあと静かに言った, 考えたあるいは未だかつて考えた, 考えたあれこれのこと, 考えたいもの, 考えたうちに一番, 考えたええ型や, 考えたおまえは外国, 考えたかおわかりに, 考えたかが問題です, 考えたかってすぐ分る, 考えたかということを, 考えたからって決して惜し, 考えたからと云って, 考えたからには僕は, 考えたからのことであります, 考えたがな山へ, 考えたくもなく, 考えたことすべて間違いだと, 考えたこと丈をきい, 考えたこと子供たちがした, 考えたこれは別, 考えたさりげない言葉, 考えたしかしほとんど神, 考えたしだいなの, 考えたすえうそと知り, 考えたすえけっきょく黒, 考えたすえ尼ヶ崎でダンサー, 考えたすえ庭のつき, 考えたすえ彼はふと, 考えたすえ手紙で, 考えたすえ気を取りなおした, 考えたすべてのこと, 考えたそういう部類の, 考えたその当の産業戦士の, 考えたたしかにそれ以上は, 考えただけだって堪らないこと, 考えただけに過ぎません, 考えたってもがてんが, 考えたつていいこと, 考えたとおり仕事を無理, 考えたとおり空魔艦の根拠地, 考えたときあとから来た, 考えたときそこにはいや, 考えたときそれはもはやすでに, 考えたときわたしは作家, 考えたときパアッと明るみ, 考えたときロシアの十九世紀, 考えたとき五六十本ばかりの針, 考えたとき信一郎の心, 考えたとき奥の間, 考えたとき小林君はびっくり, 考えたとき少年の血潮, 考えたとき希望するの, 考えたとき当惑せずには, 考えたとき恐怖の念, 考えたとき次郎吉はにわかに, 考えたとき玄関から誰, 考えたとき私たち婦人のこころ, 考えたとき自分は町, 考えたとき霧原警部, 考えたとき頭上の月, 考えたとこういうん, 考えたとたん電話の向う, 考えたとはどうにか違った, 考えたどんなに勉強し, 考えたなあお前は, 考えたなつかしい心持が, 考えたなるほど梶原の, 考えた君は, 考えたねえ旨い考え, 考えたのうそのとき, 考えたのちこれも同じ, 考えたのちキャラコさんは四人, 考えたのみでそれ, 考えたのよでも税, 考えたばっかりにあんなに平和, 考えたひとは誰, 考えたぼくらは助かる, 考えたいしが, 考えた考えたもの, 考えたもうなよ, 考えたやうにも思はれる, 考えたゆえ御子息, 考えたけどが, 考えたよりはるかに, 考えたわれわれの父祖, 考えただね, 考えたウォレイス氏でさえ, 考えたエンテレヒーのもつ, 考えたカルルは彼, 考えたギリシア哲学は形相, 考えたトルストイは大, 考えたドストの青みどろ, 考えたバークリも自我, 考えたフランスの学者ら, 考えたプランを置き去り, 考えたポオの推定, 考えたマルクス主義文学運動に対して純, 考えたローマ主義に対抗, 考えた一時的の生, 考えた一番よい方法, 考えた一角はヒラリ, 考えた万一この人間, 考えた三個の世界, 考えた上原稿用紙を使っ, 考えた上大丈夫危険がない, 考えた上彼女の眼, 考えた上猫の脳裏, 考えた上結局変装しないこと, 考えた上結局彼を野蛮人, 考えた世の中にやっぱりともかく, 考えた世界は客観, 考えたにも, 考えた丹造は資金調達, 考えた事酒の席, 考えた人々がやたら, 考えた人たちは果して, 考えた人達であった, 考えた人間という器械的体系, 考えた以外に私, 考えた何もかもみな相対的な, 考えた作り話のこと, 考えた個人は個々, 考えたもある, 考えた健三の腹の中, 考えた健全なもの, 考えたであった, 考えた元祖ッてわけ, 考えた先年の出発, 考えた兵曹長は黒人たち, 考えた凡俗はこれ, 考えたが流行らなくなる, 考えた利害の打算, 考えた刹那的な考え, 考えたや気品, 考えた勤王の味方, 考えた包みを開い, 考えた印象であろう, 考えた原始的な他界信仰, 考えた友達と眼, 考えた叔父さんにはすまない, 考えた古いブルジョア文化の, 考えた古人の思想, 考えた咒語には, 考えた品々を蓄え, 考えた哲学の首途, 考えた哲学者の三つ, 考えた哲理に嵌め, 考えた唯一のこと, 考えたへ内蔵介, 考えた場合一ふりの長い, 考えた場合覚えの腕, 考えた場合高山彦九郎の位置, 考えた場所へ近づく, 考えた外的環境こそソフィスト, 考えたもございました, 考えた計画の, 考えた大農主義は農業そのもの, 考えた太陽旋渦から遊星系, 考えた太陽系に対する彗星, 考えた奇抜な殺人方法, 考えたの声, 考えた如くに外国, 考えたは恥, 考えた婦人があった, 考えた子供の劇団, 考えた学者さえある, 考えた宇宙を国家, 考えた実体の慣性, 考えた密輸業者の有力, 考えた封建制への意識, 考えた小一郎はわざと, 考えた小野さんはやがて, 考えた少将は進軍喇叭, 考えた少年時代を思い出す, 考えたては山倉富五郎, 考えた就職者側の注文, 考えた山越しの阿弥陀像, 考えた工夫と手先, 考えたの事, 考えた幾何学と直観, 考えた巳の, 考えた当時の事, 考えた彦太はまた, 考えた彼らはたちまち, 考えた後お婆さんは, 考えた後それはきっと, 考えた後乙姫もやはり, 考えた後当どもなしに, 考えた後念を押す, 考えた後朝子は, 考えた後私は又, 考えた後自分は云った, 考えた後静に曾遊, 考えた心持が我胸, 考えた心理学に対していわゆる, 考えた心理状態の解剖, 考えた忠相がさっそく, 考えた戦法を, 考えた想像に過ぎなかった, 考えた意味に於ける, 考えた愚人どもが愚か, 考えた愚説ではそれ, 考えた手始めにやっ, 考えた手紙を書い, 考えた抵抗論とその, 考えた挙げ句にとうとう, 考えた挙句やっとこの家, 考えた挙句イギリスの生んだ, 考えた挙句京伝はこれ, 考えた挙句横綱の腰, 考えた揚げ句太い息, 考えた揚句かすかに思い当る, 考えた揚句中には神経質, 考えた揚句勝手な方法, 考えた揚句向う一箇月毎日レタスを一株僕, 考えた揚句結局やッ, 考えた揚句結局寺田先生の所, 考えた揚句警視庁に出かけ, 考えた換言すれば, 考えた擧句クラーヴヂヤ・ペトローヴナはその, 考えた故御免を蒙っ, 考えた散歩コースを行く, 考えた文句である, 考えた断片的の結果, 考えたうした, 考えた方法が完全, 考えた既成作家の文学観, 考えたさえあった, 考えた日常の仕事, 考えた時お嬢さんは私, 考えた時ひょっとして, 考えた時みのるの眼, 考えた時トニオ・クレエゲルの心臓, 考えた時一足退った, 考えた時世の中があまり, 考えた時以上にぎくりと, 考えた時何よりも困った, 考えた時余ははなはだ, 考えた時入場料は一切, 考えた時太史慈も心ひそか, 考えた時己を愛する, 考えた時帆村探偵はハタ, 考えた時期があります, 考えた時札幌から蝦夷, 考えた時矢島さんは大きい, 考えた時自分の手, 考えた時藤次郎は百足, 考えた智慧です, 考えた書斎へ入っ, 考えた末それをも奪い, 考えた末やつと解けた, 考えた末ポケットにさし, 考えた末ポルジイは今時, 考えた末一同はチチコフ, 考えた末今までの日本画家, 考えた末伝吉の家, 考えた末余に向い, 考えた末保子さんの選択, 考えた末右の考, 考えた末国中の一番, 考えた末大利根博士を訪問, 考えた末宝物をしばらく, 考えた末届と税, 考えた末山に入る, 考えた末庭の松, 考えた末彼女は到頭, 考えた末手前どもでは旅, 考えた末控訴もしない, 考えた末昨夜起ったこと, 考えた末東京のタッタ一人, 考えた末無線電信などでこの, 考えた末物は簡単, 考えた末田丸博士を電話, 考えた末百ヶだけ担保, 考えた末監獄でコンサート, 考えた末福袋のよう, 考えた末私は最も, 考えた末競争と云う, 考えた末納豆売りの, 考えた末結局焼芋屋でもやる, 考えた末自分自身の方, 考えた末葉子を空, 考えた末謙蔵夫婦に相談, 考えた末辻ヶ谷君にいった, 考えた末郡長の内命, 考えた葺の, 考えた栄三郎躍動に移る, 考えたは陳式, 考えたの瞬間, 考えた正しい詩形の, 考えた正覚坊じゃア, 考えた殺人の方法, 考えた民俗もかなり, 考えた清次は最も, 考えた源三郎は, 考えた漁業長と小笠原老人, 考えたであった, 考えた熱源が何, 考えたがやがて, 考えた理論を二つ三つ, 考えた生きかたをしよう, 考えた田辺定雄は今や, 考えた甲野君はようやく, 考えたがいる, 考えた男女の輸入, 考えたがある, 考えたが今, 考えた百姓弥之助の農業, 考えた目つきをし, 考えた直観空間をユークリッド的, 考えた瞬間に起きた, 考えた研究者がある, 考えた福岡日日新聞という新聞, 考えた私たちは人工心臓, 考えた程危険では, 考えた空想はなかっ, 考えた立場に立ち, 考えた竹田某は, 考えた二策を, 考えた筋書通りに, 考えたにのる, 考えた範疇と少しも, 考えた細工だが, 考えた結局時どき己, 考えた結果いくらか曖昧, 考えた結果ガヴローシュはまず, 考えた結果一つのこと, 考えた結果人間の五感, 考えた結果全身を流れ, 考えた結果加藤君君を道づれ, 考えた結果子供の判断, 考えた結果日本の鳥, 考えた結果硼酸水に浸けた, 考えた結果自分の生き, 考えた結果落胆と失望, 考えた翌日の同じ, 考えた習慣がまだ全く, 考えた翻訳はこう, 考えた考えかたと何たる, 考えた考え方である, 考えた考察を思い出した, 考えたをくちく, 考えた自然研究の方法, 考えた色々の考案, 考えた芸術上の自由, 考えた華やかな会話, 考えた蜀軍を釣る, 考えた行為の裏, 考えた袋探偵は隠し, 考えた装置なの, 考えた親爺はその, 考えた観衆の胸, 考えた言葉に翻訳, 考えた証拠として敵, 考えた論者はない, 考えた貴女と云う, 考えた距離の自乗, 考えた通り癪を起し, 考えた通り自由学園でも教える, 考えた過去は生きてる, 考えた遺伝の元子, 考えた遺族もある, 考えた還元装置は電気放電, 考えた部分を結ん, 考えた金将軍は三十年前, 考えたはおそらく, 考えた集五郎相手が, 考えた青色は茶, 考えたで居る, 考えた音楽上の方式, 考えた頃日本では木村曙