青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「考え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

老い~ ~老人 老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~ ~考え
考え~
~考えた 考えた~ 考えられ~ ~考えられる 考えられる~ ~考える 考える~ 考え方~ ~考へ 考へ~

「考え~」 32277, 349ppm, 272位

▼ 考え~ (17981, 55.7%)

1195 いた 1028 みると 716 いる 610 いるの 534 見ると 454 いたが 419 いたの 348 みれば 230 見れば 203 いると 197 いました 185 いるうち 184 いるよう 174 みても 163 みた 153 いること 142 いるん 141 いましたが 134 みて 127 来ると 112 いなかった 103 います 100 いて 98 見ても 87 いない 86 見た 79 みる 77 みよう 76 いたこと 75 みたが, みなければ 70 みますと 67 いたところ 66 いたん, みるが, 見て 64 くると 61 みたこと 58 いるところ, みること 55 いるか 53 ごらんなさい 52 いる人 51 いるもの, 御覧なさい 49 いたので 47 いたよう 45 いるが, おります 43 いるらしい, 見なければ 39 みるの 37 みようと, 居ります 36 いないの, いるから, ごらん, みました 35 みたり, 見ますと 34 みろ 32 おいて 30 いなかったの, おりました, みるに, 下さい 29 いたもの, いるらしかった, 見よう 28 いる様子, みたいと, みたまえ, みる必要, 見る, 見給え 27 いたから 26 いらっしゃるの, いる余裕, いる時, 来て, 見ること 25 いる間 24 いるという, いる者, みましょう, 居るの, 見たが 23 いても, みます, 居りました 22 いたか, いるわけ, 居る, 彼は, 私は, 見るに, 見る必要 21 いる事, 行くと, 見ろ 20 いるので, みたの, みましたが, 居りましたが, 見るが 19 いたのに, いません, みたい, 居た, 見たこと 18 いたと, いますと, いるとき, いる暇, 見ようと 17 いいの, いるかも, おいでに, よい 16 いいか, いたわけ, いますが, いるだけ, いる中, やって 15 いるに, 見たまえ 14 いたらしい, いないよう, いるほど, いる内, おりません, くれ, それを, よかろう, 自分の, 見ねば 13 いたよりも, いませんでした, いるふう, いる自分, おりましたが, おる, みよ, 居ると, 来た 12 いるより, みい, みようとも, ゆくと, 居たが 11 いい, いただきたい, いたに, いるらしかったが, みたところ

10 [20件] いた人, いた時, いるだろう, いるのよ, いる通り, おく, おこう, きて, ください, みたいの, みただけでも, みたん, みねば, み給え, 居たの, 御覧, 来たの, 考えて, 見たいと, 見ましょう

9 [16件] いたって, いた私, いた通り, いなかったので, いながら, いらっしゃるん, いるかと, おりますが, おるの, きた, くれて, みるん, 居るうち, 見たの, 見ました, 見るの

8 [22件] いくと, いたとき, いた矢先, いては, いないん, いますよ, いらっしゃる, いるよ, いる次第, いる遑, いる風, おった, みた事, みようじゃ, みるのに, みるまでも, みる時, 御覧な, 歩いて, 見たい, 見たり, 見ようとも

7 [33件] いたかも, いたし, いたという, いたらしかった, いないから, いなければ, いるし, いるひま, いるよりも, いるらしいが, いる人間, いれば, おかねば, おったが, くれたまえ, ごらんな, しまって, みただけ, みたならば, みましても, みる事, みる余裕, みる気, もらいたい, よいの, 僕は, 来ました, 置こう, 胸を, 行くこと, 見なくては, 見ましたが, 見ます

6 [35件] いいと, いたらしいの, いた彼, いてから, いないこと, いないらしい, いなかったから, いるかの, いるその, いるのに, いる人々, いる人たち, いる以上, おいで, おいでな, おられるの, ごらんに, それが, みたって, みた時, みるならば, みるよう, もみたまえ, やらねば, よいであろう, よいと, 居る事, 心の, 急に, 来たが, 来たこと, 気を, 置いて, 見たいの, 見りゃあ

5 [55件] いたかと, いたより, いた自分, いないと, いらっしゃること, いられました, いるくらい, いるでしょう, いるよりは, いるらしいの, いるんだい, いる処, いる場合, いる彼, いる所, いる方, いる男, おくこと, おくん, おったの, おられるよう, きたの, きた時, くれよ, これを, して, しまいました, しまうの, ひとりで, みたいこと, みたけれど, みな, みますに, みますると, みようという, みるだけでも, みるという, みろよ, やること, よろしい, 何か, 居ます, 居りますと, 居りません, 居るか, 居るよう, 書いて, 自分が, 自分で, 行けば, 行って, 見たん, 非常に, 頂きたい, 黙って

4 [79件] あなたの, いそう, いたかという, いたせい, いたそう, いたとおり, いたほど, いたもん, いたよりは, いたらしいが, いたろう, いたんで, いた所, いた程, いつまでも, いないで, いないという, いなかったが, いなかったこと, いられたの, いられない, いられましたが, いられるの, いらッ, いるかを, いるな, いる私, おいた, おかなければ, おくが, おくと, おくれ, おられましたが, おれば, きました, くれた, くれるの, これは, ごらんよ, しまった, すべての, そこに, みたばかり, みないの, みないわけ, みなくちゃ, みなくては, みなさい, みねえな, みましたけれど, みも, みりゃあ, みるため, みるもの, みる人, ものを, もらいたいと, 下すって, 居て, 居ましたが, 彼の, 後に, 来た時, 来れば, 欲しい, 置く必要, 自分は, 行くうち, 行くの, 見ずには, 見ただけでも, 見たばかり, 見た事, 見な, 見なさい, 見ますれば, 見る時, 言った, 貰いたい

3 [137件] あたりを, いいだろう, いいであろう, いいよう, いたいん, いたかを, いたくらい, いただきたいと, いただきたいの, いただけ, いたでしょう, いたね, いたのよ, いたよ, いたら, いたわ, いたんだい, いた僕, いた彼女, いた言葉, いた計画, いた訳, いちゃ, いてね, いないはず, いなかったに, いなかったん, いなかつた, いましたの, いまして, いますから, いますね, いやしない, いようと, いらしった, いらっしゃるよう, いられること, いるお, いるかという, いるかは, いるからと, いるため, いるだけの, いるだろうと, いるとは, いるには, いるばかり, いるらしいこと, いる時間, いる点, いる考えかた, いる若い, おかなくては, おきます, おく必要, おられた, おられたの, おりまする, おるが, きたこと, くる, くる時, これに, ご覧なさい, その人, その夜, それから, それに, て, どうする, ますよ, みたあげく, みたいという, みたけれども, みたさ, みたとき, みたらそれ, みたらどう, みた後, みてから, みては, みないでは, みないと, みなかった, みようとは, みるつもり, みるとき, みるべきもの, みる価値, みろと, もらいたいね, もらいたいもの, やったこと, やるの, やろうと, ゆくうち, よいこと, ゐた, 一種の, 下すった, 何の, 働いた, 吉凶を, 少しでも, 居たもの, 居ました, 居られたが, 居られるよう, 居りましたから, 居る間, 当然の, 彼を, 待って, 日本の, 暮らして, 来たよう, 来た事, 涙を, 生きて, 立って, 置いたこと, 置こうと, 考えぬいて, 考え抜いて, 自分でも, 行動する, 被居る, 見たって, 見てくれ, 見ないと, 見ましても, 見るまでも, 見るよう, 見る事, 見ろよ, 返事を, 間違いない

2 [386件] あげて, あったの, あなたは, あるの, いいでしょう, いいん, いうと, いくらか, いけば, いそいで, いたあげく, いたあの, いたお, いたかが, いたけれど, いたけれども, いたこの, いたそして, いたぞ, いたため, いたであろうか, いたとて, いたや, いたらそこ, いたら大, いたり, いた主人, いた事, いた事は, いた名人, いた問題, いた少数, いた後, いた我々, いた折, いた時代, いた末, いた母, いた火事, いた者, いた間, いって, いないかの, いないかも, いないところ, いないに, いないね, いないらしかった, いないわ, いないわけ, いない人, いない人たち, いない如く見受けられも, いなかったお, いなかったであろう, いなかったと, いなかったらしい, いなかったろう, いなくちゃ, いましたので, いました私, いますうち, いますか, いますからね, いますのよ, いませんが, いませんよ, いやしません, いら, いらあ, いらしたの, いらっしゃいましたが, いらっしゃるほど, いられた, いられなかった, いられよう, いられる, いられるよう, いるあいだ, いるいと, いるけれど, いるけれども, いるこの, いるせい, いるぞ, いるだけじゃ, いるだろうか, いるつもり, いるであろうか, いるとおり, いるね, いるのね, いるば, いるほどには, いるま, いるやつ, いるやも, いるらしいから, いるらしいのに, いるらしくそれ, いるらしくも, いる位, いる余地, いる作家, いる俳句, いる多く, いる奴, いる常識, いる恋愛, いる日, いる最中, いる様, いる母, いる漫画, いる矢先, いる詩, いる隙, いる顔, いろ, いろいろの, おいたの, おいたもの, おいでだった, おきたい, おきなさい, おきなさいよ, おきましょう, おきますから, おくの, おくれよ, おけ, おけば, おったので, おらぬ, おらねば, おられなかったの, おられる, おられるか, おられること, おられると, おりましたこと, おりましたところ, おりましたの, おりますから, おりますし, おりますと, おりますところ, おりますので, おりませんの, おり従って, おること, お置き, かからないと, かからねば, かねて, かような, かれは, きたが, きたとき, くださいました, くださらないで, くださりませ, くださる方, くれたかも, くれたこと, くれたって, くれば, くれました, くれる, くれるな, くれれば, くれん, くれ給え, これ狐か, ごらんなさいまし, しきりと, しまう, しまうわけ, しまったん, そのままに, その他の, その姿, その方, その日, その時, その晩, その通り, それの, そんなこと, たつて, ちょうだい, ちょっと判断, どうかし, なすこと, はおりませんでした, ひそかに, ほほえんだ, ぼんやりし, ますからね, また彼, まんじりとも, みたいん, みたかね, みただけで, みたでしょうか, みたと, みたらいい, みたらどうも, みたんで, みた上, みた人, みた末, みない, みなかったという, みなかったの, みなよ, みましてから, みますとき, みますの, みますのに, みや, みようとさえ, みようも, みようよ, みよと, みりゃお, みるから, みるだけの, みるよ, みる力, みる暇, みる気持, みろい, もう一つ, もちと, もみませぬこと, もらいたいという, もらいたいの, もらいたいん, もらいたい事, もらいたくない, やった, やっと, やると, やるん, やる必要, やれば, ゆきますと, ゆくの, ゆく哲学, よいかも, よいという, よろしいの, ゐなかつた, ゐる, ゐるやう, んのよ, オレは, ニヤリと, 七面鳥に, 下さいませんか, 下さいよ, 下さり本当に, 下されば, 世話を, 了う, 今度は, 今松, 似たよう, 別に気, 努力し, 口を, 君の, 唇を, 地球の, 夜も, 妙な, 妙手を, 安心し, 少しも, 少し胸, 居たよう, 居たん, 居た事, 居た所, 居ますよ, 居りましたの, 居ること, 居るん, 居る中, 居る様, 居る様子, 居れば, 差し支えない, 差支えないよう, 差支えなかろう, 差支ない, 帰って, 彼が, 彼女に, 御覧遊ばせ, 御覽, 微笑を, 急いで, 慄然と, 戦慄した, 手に, 持って, 放笑, 新法を, 方針を, 暮して, 書いたの, 来たか, 来たもの, 来たわけ, 来た人間, 来た私, 来ましたが, 来る, 来るうち, 来るよう, 来る時, 欲しいと, 歌って, 決心した, 涙ぐんだ, 物を, 独りで, 現在の, 生活し, 相当の, 眠れなかった, 神田の, 私たちは, 秘密に, 結婚を, 置いたの, 置かなければ, 置く, 置くが, 置こうなあ, 自分に, 自分を, 行かねば, 行く限り, 行こうと, 見たいもの, 見たか, 見たらこの, 見たらよかろ, 見た人, 見た場合, 見た時, 見た者, 見ないでも, 見なましおま, 見なよ, 見まするに, 見ようじゃ, 見ようじや, 見ようでは, 見ようという, 見るけれど, 見るさ, 見るだけの, 見るつもり, 見るなんて, 見るのに, 見るん, 見る余裕, 見る前, 見る者, 見ろと, 見ろ今, 見玉, 言えよ, 豹吉は, 貰いたいと, 貰いたいの, 貰い度い, 返辞を, 静かな, 頂けば, 頂こうと, 顔を

1 [3624件 抜粋] ああいう, あげたこと, あたしの, あなたとの, あの痣蟹仙斎, ありました, あるけれど, ある日, い, いいなら, いい心持, いくべきでは, いささかの, いたあいつ, いたかの, いたころ, いただきたいです, いたつもり, いたには, いたもう, いたらこれ, いたらしい甲斐, いたらしくて, いたらそれ, いたら二三日, いたら番頭さん, いた丈, いた人間, いた例, いた出来事, いた向き, いた娘盛り, いた小説, いた店員, いた日本, いた次第, いた父親, いた画塾, いた第, いた老子, いた萬朝, いた関係, いた風潮, いったが, いつに, いないか, いないぞ, いないのに, いないらしいの, いない何ら, いない方, いなかったかも, いなかったらこういう, いなかった事, いなかった様子, いなく早くから, いまさら人, いましたとき, いましたん, いますどの, いませぬ, いやいや附い, いよいよ忌, いらっしった八代将軍吉宗公, いらっしゃったよう, いらっしゃるかも, いらっしゃるらしいの, いられない浅間, いられませんから, いられると, いるかしらなどと, いるじゃろうが, いるだね, いるといった, いるどころ, いるなら一つ, いるほう, いるようす, いるらしい口振り, いるらしい遠まわし, いるらしく僕, いるらしく見えたの, いるグレゴリ・キング, いる一, いる不幸, いる企画, いる公, いる十分, いる地形, いる娘, いる小説, いる廃娼運動, いる心理状態, いる悪者, いる政治家, いる方々, いる模様, いる浮世, いる猿, いる程度, いる職工, いる表情, いる詰問状, いる道徳, いる顔付, いろいろ思いなやん, うまくやれ, おいたか, おいたん, おいやらずに, おかないと, おきましょうなどと, おくって, おく方, おしまいに, おったもの, おってこそ, おののいて, おらぬの, おられたろうし, おられまい, おられるらしいが, おらんよ, おりましたのよ, おりますからな, おりませんでございます, おり藤村, おるであろうが, おるん, お上げ, お姑さん, お父様, かいて, かきます, きたつもり, きた恋, きめて, くさびを, くださらなければ, くだすって, くるつもり, くれたため, くれた思, くれなかった向う, くれるだろうと, くれ僕たち, けっして二ルーブル, こう思う, こっちも, この中, この寺道, この疑団, この雲, これまで, ござったの, ごらんなされ, ごらん張り切った, さけられて, さっさと道, しかるべきでしょうか, したり, しばらくそこ, しまうもの, しまった後, じっとし, すぐわかった, するに, そうして相手, そうやっ, そこから, そしてそこで幾とおり, そして自分, そのひと, その一方, その内部, その幾冊, その施設, その準備, その真意, その課題, それからキッ, それきり忘れ, それで温泉, それよりも, ぞっとした, ただ嘆息, たびたび丘, だんだん深く, ついて行ったところ, つくられて, てこないな, できるだけの, とうとう魚屋, ともかく裸ショウバイ, どこの, どんなに嬉しい, なかなか手取, なぜだ, なるほど罰金, にっこりした, はおりま, はじめて推測, ひとつの, ふしぎで, ふり返っ, ほどこした計, まさアね, まず間違い, また云い続けた, まだ暫く団体運動, まるで取り, みい血なまぐさい, みせよう, みたか, みたくなる事, みたまえきみ, みたらいまさら, みたらない, みたらわかるだろう, みたら彼等自身, みた訳, みないで, みなかったかね, みなくても, みなさい明智どの, みはじめるの, みましたん, みましょうよ, みますわ, みようぐらいの, みりゃいかさまちっと, みりゃア, みりゃ足, みるでしょう, みるなら自分, みるべきであった, みるまでに, みる人間, みる時間, みれバ, みろ俺たち, み白髪, めったに人, もしそうなったら, ものの, もみ容赦, もらうこと, もらったん, やたらに, やってきたつもり, やにわに犬, やらないと, やらなけりゃうそ, やるぞ, やるひま, やれないもの, ゆかなければ, ゆくよう, よいだろう, ようやく猿股, よく覚え, よろしいよう, らっしゃいますか, わからない時, わたしが, ゐるン, ジタバタし, チェッと, ハチマキに, フリーダの, マクスウェルの, 一つの, 一人に, 一層切ない, 一日かかる, 一歩たり, 七兵衛は, 三日ばかり, 上げるも, 下さいました, 下さらなくても, 下さるよう, 下宿へ, 世を, 中身を, 了った, 云おうとしても, 人を, 人間性を, 今も, 今日の, 他人の, 伺いました, 何て, 何も, 何度も, 作る必要, 俊之助は, 僕が, 先生の, 六十秒も, 冷淡に, 分ったこと, 初めて哲学, 別して深く, 力の, 勝手に, 十円だけ, 占出した, 又その, 双方とも, 句作に, 吉次は, 向けて, 呉れと, 哀愁と, 嘘を, 国家の, 堪えた, 変身の, 多分それ, 夜着の, 大変な, 大方は, 太陽も, 奥歯を, 好いであろう, 姉が, 子供を, 実に気の毒, 実際どれ, 家主に, 寂しくなった, 寧ろその, 小供心, 少し気, 居たより, 居ったところ, 居ない様, 居なさるでしょうが, 居られぬと, 居りそれに, 居りますので, 居りませんの, 居るほど, 居る人間みたい, 居る次第, 山川草木を, 差支えありますまい, 布を, 常に慈悲, 店へ, 弟の, 当然そう解釈, 彼らに, 後悔し, 御らん, 御覧ぜ, 御覧大久保石見守の, 御覧羽生村に, 心細くなる, 忙しさ, 思い出して, 思い浮かべること, 思わず空, 恩に, 悪い振舞い, 惨害の, 感じを, 憤然と, 或は其処, 手際よく, 拵えたもの, 描いて, 放逐した, 文雄も, 新吉は, 日夜体操を, 明後日は, 是れ, 暗い懐かしいよう, 暗鬱な, 書かせたもの, 書く必要, 有る, 本当に私, 来たその, 来たる十三日, 来た家持, 来た素朴的観念, 来ます, 来るなら空間, 柳の, 極度に, 樹を, 次の, 武蔵どのが, 歩くと, 殆ど確実, 毛布に, 気持が, 決めた事, 沈んで, 泣いて, 涙なんか, 済むもの, 火星は, 無意味に, 父の, 犯人を, 理屈を, 甚だおかしい, 生き長らえて, 用を, 画像を, 疑問を, 益々研究, 相談し, 眼まぜ, 矮鶏の, 神楽坂の, 移し試みなかったならば, 窃に, 笑い出したし, 筆を, 米友が, 終に思い止まり, 結局肉慾という, 置いたやつ, 置かうよ, 置きましょうから, 置けと, 翌日から, 考えられないこと, 耕一は, 肩から, 腹の中で, 自ら行う, 自分自身の, 船長と, 苦しく不安, 苦笑を, 行うの, 行きますと, 行くほど, 行ったそういう, 行動したなら, 見い, 見たいという, 見たくなるの, 見たとき, 見たらあるいは, 見たら分るじゃ, 見た所, 見ての, 見ながら, 見なさい自分, 見なましこれ, 見まして, 見ますに, 見ようとは, 見よ先奥方さま, 見りゃわかる筈, 見りゃ誰, 見るがい, 見るとして, 見るべきもの, 見る人, 見る暇, 見ろお前, 見ろ政府, 見給え一年前, 覚悟し, 言いあらわしよう, 計画を, 説くの, 誰一人高声で, 謹慎しなけれ, 貰い度いね, 貰って, 貸さんとも, 踏み止まった, 軍を, 辺鄙で, 追い逼, 道が, 選ぶが, 野村は, 銭湯への, 開墾した, 雑誌の, 震災後の, 面白がってる話し, 頂かんと, 頂戴, 頭を, 飛び上りました, 饂飩に, 驚く心持, 黙った

▼ 考え~ (1582, 4.9%)

101 持って 64 もって 18 抱いて, 起して 16 述べて 13 進めて 9 まとめること, 変えて 8 いだいて 6 めぐらして, 有って 5 きいて, して, まとめて, まとめようと, 彼女に, 持つよう, 聞いて, 言って 4 いだいた, 固執し, 実行する, 纏めて, 自分で, 起したです, 起したもの, 起しました

3 [20件] した, ひろげて, やめて, 変えた, 心に, 心の, 懐いて, 抱いたの, 抱く, 持つて, 持つの, 捨てて, 整理する, 胸に, 起こさずに, 起こして, 起しては, 述べた, 述べようと, 頭の

2 [72件] すっぱりと, すてては, つけて, とつおいつし, とつおいつし出し, のべた, のべて, まとめに, まとめようとして, めぐらすこと, もつこと, もつの, もてあそんで, もてば, 世の中に, 人に, 共にし, 凝らして, 口に, 向けて, 含んで, 変えたわけ, 変えること, 完全に, 実行した, 少しも, 展開させ, 彼は, 忘れて, 打破する, 承りたいと, 抱くに, 押し進めて, 持っては, 持ってるの, 持つこと, 振り落そうと, 明らかに, 根本から, 止めた, 残して, 無理に, 率直に, 申しますと, 発表した, 確実に, 確証する, 私に, 私は, 続けた, 繰り返した, 纏めたり, 纒める, 翻え, 聞くと, 自分の, 裏書きする, 話すと, 起こした, 起こしたこと, 起こしたならば, 起こしたの, 起こしました, 起こすの, 起したの, 起しまして, 辿って, 述べること, 運んで, 隠す術, 頭に, 願いたいこと

1 [1038件 抜粋] あくまでも押しつけよう, あざわらって, あなたに, ありのままに, あんたは, いいだした, いうて, いおうと, いくぶん訂正, いたしました, いだいては, いだきながら, いだくまいと, いちごんで, いっさい禁ずる, いっそう徹底, いったり, いつか忘れ, いつの間にか持っ, いつも押えつけ, うかがいたいと, うしなって, うちあけました, うちけして, うち明けた, おこさずに, おこしましてね, おさえつけその, おたがいにもっ, おまえは, おれは, お憐れみくださいませ, お持ちなら, お聞かせくださいませ, お起こし, かえて, かえましたのよ, かつて持たなかった, きかして, きめいくらか, きめた富五郎, きめました, きめること, くださねば, くり返した, さがしてるところ, さっそく実行, したから, した人, しりぞけそういう, しりぞけたが, しりぞけようと, じかに知る, すすめそれ, すすめれば, すっかりはねつけた, すてない, すてようとは, すべて払いのける, すべて遠ざけた, ぜんぜん許さない, そこに, そこまで, そのとき, そのまま声, そのまま政治, そのまま言ってる, その中, その学校, その通り実行, そらさせるため, それとなく非難, たしかめるだけ, たどって, だれ構わずに, ちょっと申し上げ, つけこの, つけ加えるよう, つづけて, つよめました, つらぬこうという, てんで受けつけない, とりのけること, どうしても忘れられない, どう思うだろう, どう批判, なおはっきり, なさったが, なす, のべたの, はっきりさせられた, はっきり意識, はなしあったあと, ひととおり述べる, ひるがえすよう, ぶちこわすよう, ぶちまけて, ほとんどそのままに, ほめた, まとめかけた刹那, まとめた上, まとめながら, まとめるかの, まとめるに, まとめる事, まとめる振り, まとめ感情, まねて, みずから恥じ, みんなの, みんな課長の, むき出しに, めぐらした, めぐらした順序, めぐらしても, めぐらし苦心惨澹, めぐらせるだけの, もしかして実行, もちつつも, もった, もった事, もった人たち, もっては, もってるマレー, もってる連中, もつて, もつもの皆無, もつ人間, もてあそぶこと, もはや捨てる, やって, よくしっ, よく了解, よく聞かせる, よく説明, わかって, わたくしめが, われわれの, オペラや, チベットに, 一つに, 一切逐い払え, 一変させた, 一度に, 一新し, 一旦言葉, 一瞬間頭の, 一転した, 不可知なる, 不当と, 与えては, 中断させ, 争奪してる, 二分しか, 云い彼女, 交換する, 今ここで, 今も, 他の, 付けて, 以って, 仮設し, 伴うこと, 佃との, 何進に, 作家が, 使用し, 働かせて, 兄に, 先に, 兎に, 全く無用, 凉しい, 凝らした, 凝視しいしい, 出したの, 出した人, 出すな, 別な, 別の, 刺戟され, 前提として, 劇評家の, 助けるよう, 動かされました, 十分のべ, 印刷に, 反覆し, 取りまとめて, 取り消すの, 受売りし, 司令官に, 向けました, 向けること, 向ける余地, 否定しなけれ, 吹く, 呼びあげて, 呼び起されたが, 咄嗟に, 嚥み, 固くさせ, 基に, 堅くしよう, 変えたという, 変えようとは, 変えるよう, 変に, 変更された, 多計代, 夢心に, 奪われて, 始めから, 始終持っ, 守って, 完成する, 定められよ, 定め絶えず, 実行し, 実証すべき, 実際的, 察したらしかった, 対立させ, 導かれそれ, 導入した, 展開した, 師匠にも, 幼心にも, 広く人, 廻します, 弄し, 引っくり返して, 弟子たちに, 彌十, 役人に, 彼に, 後世に, 得た何, 得ること, 得るまで, 応用し, 忠実に, 思いついたぞ, 思いついて, 思いつきました, 思い出させるもの, 思い浮かべて, 恋人の, 恋愛に, 悦ぶこと, 惑わし力, 憤慨し, 懐かずには, 懐きながら, 懐く人たち, 成功させる, 戦争の, 打ちあけようと, 打ち明けて, 打ち消した, 打消し打消し心, 払いのけでも, 払い落し, 批評し, 承らずには, 承わろう, 折衷する, 抱いた, 抱いたに, 抱いたり, 抱きその, 抱くの, 抱く人々, 抱けるもの, 押しすすめて, 押し広げると, 押し詰めて, 押し進めること, 拭い去る, 持たせられるの, 持たせる連中, 持たなかったならば, 持たれぬが, 持ちそれ, 持ちませんが, 持ち出して, 持ち始めたの, 持った, 持ったばかり, 持った同じ, 持ってるとは, 持つには, 持つらしい, 持つ青年, 持とうと, 振いおと, 振り棄てて, 捨てたの, 捨てなかったの, 捨てまいと, 捨てるよう, 排斥し, 採用した, 推知した, 提出した, 提唱した, 支配した, 改め立派, 改造し, 散らさないよう, 敷衍し, 斥けたいの, 施せば, 早くから持った, 明るい方, 時勢に, 更に押し, 書き止めて, 書く, 最も特徴的, 最後に, 有して, 有する者ら, 枉げなければ, 果たし得る手腕, 棄てて, 検討し, 極めましたけれど, 欺くため, 止めなかったので, 正しくあらわし, 正して, 正季は, 毎朝茶と, 求めに, 決めた, 決めて, 決めましたの, 決める姫君, 決め得ずに, 注の, 浸して, 深く児童ら, 深めるため, 滅茶滅茶に, 漠然と胸, 無条件に, 物語つた, 現わす, 生ぜしめる, 生命の, 用意し, 申しましょう, 申し上げて, 申上げ, 異にした, 発表し, 発表する, 的確に, 真面目に, 眠らせ街道, 着けたから, 知って, 知らないの, 知りたがった, 知るため, 矯め直すため, 確かめたらしく主人, 確かめるであろうと, 確立した, 禁ずること, 移して, 立てようと, 立て時, 笑った, 紊され, 紛らせようとして, 組み立てて, 結び付けて, 絞るよう, 練り直して, 繰り出すよう, 纏めたいこと, 纏めなければ, 纏めようという, 纏められるよう, 纏めるため, 纏める力, 纒めようと, 考えとしてだけ, 考え自分自身, 聞いてから, 聞かせられい, 聞きたい, 聞き出そうと, 聞くため, 聞こうと, 聴かせて, 胸へ, 自ずと中村氏, 自由に, 致すなれば, 落ちつけて, 蓄えて, 藤次郎が, 表す時, 表明され, 表現する, 装っても, 裏付けるごとくに, 裏書きし, 裏書する, 要する, 要せぬから, 見ても, 見る, 見届けたよう, 見抜いて, 解いて, 言い張って, 言った, 言ってるん, 訂正しなけれ, 訊いた, 証拠立てたとは, 話したこと, 話せと, 詳細に, 誤ま, 説明した, 読みとった, 読み取ったらしかった, 諒と, 諫止しよう, 起こさしたの, 起こさないとも, 起こさぬでも, 起こしたもの, 起こした罪, 起こしは, 起こす, 起こすには, 起こす者, 起させる基, 起さないよう, 起しこの, 起した, 起したが, 起したという, 起したらしく見えたです, 起したり, 起した皇帝, 起しは, 起します, 起すかも, 起すの, 起すよう, 起す人, 起す気風, 転向させる, 辿るよう, 述べたが, 述べたてたの, 述べたの, 述べた中, 述べなかった, 述べました, 述べまた, 述べるの, 述べる前, 述べ万事相談, 追い却, 追うよう, 追おうと, 追って火夫, 逆に, 逐い退けるよう, 逐って, 通そうとして, 連れ込んで, 進めたの, 進めれば, 運ばしたらどっさり, 運ぶ道具, 適宜に, 避けるため, 重ねる苦悩, 開陳し合っ, 附けて, 隆夫と, 隠して, 集めた, 集中し, 離れて, 露わには, 面白がった, 領し殆ど, 頭において, 願わしゅうございます, 鳥渡変えね

▼ 考え~ (1463, 4.5%)

52 ある 28 あるの 24 あって 20 あるから 19 彼の, 浮かんで 16 あった 15 頭に 14 浮んで 13 私の 12 あると, あるん 11 あったの 10 浮かんだ 9 彼を 7 あります, ひらめいた, 浮かびました, 違って 6 あっての, あること, あるので, なかった, 出て, 変って, 彼に, 浮んだ, 起って, 間違って 5 ありますから, あるかも, 浮かんだの 4 あったわけ, あるよう, ちがう, つかなかった, まちがって, 浮ぶ, 私に, 電光の, 頭の

3 [34件] あたって, あったから, あったもの, あつて, ありますか, ありますよ, あるという, あれば, うかびました, うかんだ, うかんで, そこへ, たりなかったの, ちらと, ない, ないでも, ないの, ふと頭, わたしの, グルグル渦, 一変し, 変ったの, 如何に, 当って, 彼女を, 心に, 心の, 正しかった, 浮ばなかった, 私を, 胸の, 起こって, 起りました, 非常に

2 [59件] あったこと, あったに, あったん, あるか, あるけに, あるぞ, あるだろう, あるならば, あるに, あるよ, あるらしい, きまると, だしぬけに, ちがって, ついて, つきました, つきましたか, つきませんでした, ないから, なくて, ひそんで, ひらめきました, まとまらない, まとまらなかった, むらむらと, 分った, 動いて, 半蔵を, 向いて, 含まれて, 変りました, 少しも, 強まって, 後から, 必要である, 急に, 新たに, 正しいと, 流れて, 湧いて, 潜んで, 真に独断, 石の, 私には, 第一, 自然に, 萌して, 落ちて, 起こったの, 起こる, 足らんなあ, 足りなかったとは, 躍り出した, 述べて, 閃いた, 間違うて, 閣僚自身の, 頭を, 頭脳を

1 [830件 抜粋] あいませんで今, あたかもそれ, あたま, あったかは, あったし, あったため, あったならば, あった事, あった訳, あっても, あとで, あまり目立っ, ありながら, ありましたか, ありましたから, ありましょうから, ありますのよ, ありますまいか, あり得るという, あるからこそ, あるからさ, あるからね, あるそう, あるため, あるであろうか, あるでしょう, あるでしょうか, あるなら失敬, あるなら粗, あるなれば, あるもの, あるらしい事, あるらしくす, あるわ, あるわけ, ある如く思わせて, ある様子, あればこそ, あろうとは, いかにも彼, いかに区々, いくぶんで, いたします, いつとは, いつもそこ, いまあらわれ, いよいよ確実, いろいろ出, うかびあがった, うかびペパ, うかぶでしょうか, うかんだので, うかんだのよ, うなってるの, うまくあたっ, おありで, おありです, おこって, おし及ぼし, お前の, かかる悲劇, かくて, かなり深かっ, かわるの, がまんの, きまったと, きまった時, ぐらつかされ毀されて, ぐるぐる回っ, このとき急, これからも, こんがらかって, こんな夜, ございましょう, ございます, ござる, さだまらなかった, さっとヴェリチャーニノフ, さっと少女, さっぱり分らなくなった, しきりに岸本, しきりに彼, しだいに病的, すぐおこっ, すぐに, すこしでも, すっかりぬけ去っ, すっかりまとまる, すっかり頭, ずんずん遠ざかる, そういうこと, そこに, そのとき, そのどの部分, そのまま通らなかった, その孫, その当人, その深い, その頃から, その顔, それで前かた, たいへん変った, たえず扁理, たがいに, ただ漠然と, たちまち起った, たびたび私, だいたいに, ちがいましょうか, ちゃくちゃく形, ちらついたの, ちらりとアリョーシャ, ちらりと頭, つかないため, つかぬ五十嵐, つかんかね, つきません, つきまとう, つまり, ですか, でるかも, とおせんから, とかく後向き, とかく浮ん, どういうわけ, どうしてこれ, どうしてもっと早く, どうしても頭脳, どう変っ, どだい僕, どんなに間違った, どんなもの, ないん, なお頭, なかったなら, なくとも, なく自由, なんの, のしかかって, のびる, はいって, はじめから, はっきりくいちがっ, はっきりし, はなはだ弱かっ, ひしひしと, ひそむの, ひょいひょいと, ひらめいて, ひらめくこと, ひろがって, ぴいんと頭へ, ぴーんとひらめいた, ふたりに, ふと心, ふと浮かんだ, ぶつかると, ほとんど天啓, ほぼでき, ほんとうなら, ぼくに, ぼんやりと, またそれ, またもや不意, また時々, まだ幽か, まちまちに, まったくなくなっ, まとまって, まとまらなくなって, まとまらぬ, まとまりましたか, まとまるの, まるっきりつかない, まるで鉄, みんなの, むらがり起って, めぐって, もっともだ, もどって, やたらに, やにわに起こった, よくある, よけいに, わからないん, わかります, わが民族, わき出て, わしの, アリョーシャの, アントアネットの, クリストフの, グラグラし, グルグルと, シナ人とは, チカチカと, チラチラ湧い, ピラピラと, ポケット小僧にも, マイダスの, マリユスの, ミジンも, ムジュンしはじめる, 一つの, 一変した, 一変する, 一度に, 一旦時, 一致した, 一致せんけれ, 一部に, 一部の, 三つあります, 三百人の, 下に, 不図此事, 不意に, 両家に, 事実と, 人に, 人心に, 付かない, 付して, 以前からの, 伊之助を, 伏在する, 何かに, 何となく出来, 何人にも, 余ほど, 俗人に, 信じ難く, 停って, 働かなくなるの, 僕の, 優越した, 充ちて, 先験的必然の, 入り乱れて, 全然変っ, 六樹園の, 再現され, 出たの, 出たら私, 出ないよう, 出るもの, 出来て, 分って, 分らないはず, 分りっこないの, 分る気, 初め胸に, 制度に, 前にも, 勃然として, 勝ちを, 十分に, 十郎兵衛の, 原始的民族の, 又浮かんだ, 及ばなかったのね, 反対だ, 吉野川上流の, 同時に二人, 同時に頭, 向くばかり, 向こうに, 呟きに, 四人の, 図に, 固い信念, 國民の, 変った, 変ったかも, 変ったとしても, 変った私, 変り, 変るだろう, 変わったり, 変わりそして, 多くは, 多少は, 大体纒り掛けた, 女の, 女房の, 始めから, 委しく伺えれ, 存在し, 定まるまで, 定家たちと, 実なら, 家族たちことに, 宿って, 封建主義の, 導かれる, 導因と, 少しで, 少しフラフラし, 常に一番, 常識の, 平田門人片桐春一を, 幸いに, 幼稚であった, 強かった, 強く残る, 強められたの, 当事者に, 形而上的に, 彼から, 彼女に, 御座いましたので, 御座る, 心を, 忍びやかに, 忽ち持, 思い浮かんだ, 恍惚たる, 悪かった, 慌しい中, 戻って, 扁理に, 折角監督, 拡がっとること, 整うた頃, 新に, 日ごろ俳諧, 日に, 昨今カメラを, 昨日おれの, 普通の, 暗合した, 最初に, 最近の, 有るん, 有る内, 期せずして, 来たせい, 来て, 松本の, 果して君, 果たして正しい, 根底から, 横たわって, 機械的に, 次の, 次第に変っ, 次第次第に, 正しいか, 正しいもの, 歩調を, 気が, 水の, 永い前, 決ったと, 決った上, 決まった, 泛び夢にも度々, 泛んで, 洞穴に, 浅い, 浅かった, 浅く固い, 浮かばない, 浮かばなかったの, 浮かびませんでした, 浮かんだか, 浮かんだかを, 浮かんだこと, 浮かんだよう, 浮かんでからは, 浮き上がって, 浮ばなかったなら決して, 浮びましたので, 浮びません, 浮ぶかも, 浮ぶと, 浮ぶの, 浮みました, 浮んだから, 浮んだに, 浮んだので, 浮んだよう, 浮んだ時, 深いお, 深いの, 深さ, 深刻に, 深増さる, 混沌と, 湧きました, 湧き上がって, 漠然とながら, 漸次に, 潜めるかと, 濃く強くある, 無骨者の, 熱狂的な, 獣に, 現実に, 生きたもの, 生じたかは, 生じて, 生まれるの, 男の, 発展し, 発達し, 的中した, 盛んに, 直ぐ動き, 真先に, 眠りの, 眼に, 確かめられて, 神にも, 神中の, 移って, 突如と, 突然に, 突然浮かん, 紋也の, 素子の, 絶えず私, 纏まった, 纏まらない以上, 纏らない, 纏る, 習慣の, 考えの, 聞きたくて, 胸に, 脱け, 脳裏に, 自分を, 至らなかったの, 至らぬ所, 若杉さんの, 苦しかった, 苦しく私, 萬いち念頭に, 葉子の, 蒸発し, 虚空に, 行き届いて, 行詰って, 衣を, 裏切られること, 複雑に, 見いだされる, 見送りに, 触れて, 認められる, 説明され, 誰でも, 論じて, 走馬灯の, 起きた, 起きて, 起こったって, 起こりこれ, 起こりやすく, 起こる日, 起った, 起ります, 起ること, 足らず誰方, 足りないこと, 足りないの, 足りなかったという, 足りなくて, 足りませんね, 足を, 途中で, 進もうと, 進んで, 道草の, 違い早く, 違うて, 違うん, 適中し, 選び出されたの, 里人らの, 針の, 閃いたの, 閃くよう, 閃めい, 閃めく, 間違ったか, 間違ってるの, 附かなかったから, 附きません, 附きまとって, 隠れた難点, 雲に, 電の, 静かに, 頭へ, 顔に, 飛出さないもの, 駒井の, 高尚に

▼ 考えても~ (1463, 4.5%)

17 ごらんなさい 12 みて, 考えても 11 それは 9 御覧なさい 8 いなかった 7 ぞっとする, みなかった, みるが, 不思議な 6 いい, これは 5 それが, わかりませんでした, 彼の, 腑に, 見給え 4 いた, おかしい, わからなかった, 怖ろ, 見るが

3 [27件] あの人, いいと, いいの, いない, いなかったの, いやだ, ご覧なさい, それを, そんなこと, たまらないこと, みない, みないで, みなかったこと, みろ, 仕方が, 何の, 分らなかった, 合点が, 堪らないこと, 変じゃ, 夢の, 彼は, 気が, 私には, 自分は, 見ろ, 解らなかった

2 [81件] いいこと, いいだろう, いいでしょう, いけないの, いたし, いないと, いなかったこと, いなかったし, いませんでした, いやに, かの男, ごらん, そうあり, そうとしか, そこに, その理屈, その理由, そんな不思議, そんな風, ぞっとします, ふしぎで, ほかに, みたが, みなかったが, みなかったの, みると, もうこれ以上, よい, よいと, よかろう, わからないよう, わからないん, わかりそう, わかりません, わかる, わけの, わたしは, ゾッとします, 人間の, 今の, 今は, 今夜の, 何も, 何を, 俺は, 僕には, 分からぬので, 分らない, 分るじゃ, 到底頼み, 可笑しかった, 同じこと, 同様である, 変である, 変な, 妙な, 少しも, 差支ない, 当が, 当を, 怖るべき, 悪いこと, 日本の, 有難いこと, 決してそれ, 無理な, 理窟に, 相手の, 私は, 第三, 自分が, 自分に, 自分の, 至上である, 見た, 見たが, 見た事, 見ねえ, 見るの, 見当が, 露八には

1 [1066件 抜粋] あああの, あえて差し支え, あきらめられない, あちらに, あてに, あなたから, あの図書館, あの婆さん, あの時, あの男, あの腰元面, あまり有難い, ありそう, あり得ないこと, あるいは確実, あれからの, いいね, いいん, いい年, いい気持, いくら卑しい, いけねえそういう, いずれは, いたの, いつ逢える, いないふう, いないよ, いない言葉, いない過敏さ, いなかったが, いなかったに, いなかったん, いなかった人々, いましたが, いませんでしたし, いやでした, いられなかったでしょう, いろいろの, うなずけない話, おかしいので, おかしくて, おかしな話, おそろしい, おそろしい浅ましい一夜, おらぬので, おらア虫が, おれなかった, おわかりでしょう, お伽噺じゃ, お前に, お延, お母様は, お里の, かかること, きつと, きょうも, きわめておろか, こうなる, ここは, こっちには, このふたり, このまま主人, このリード的, この不思議, この二十日余り, この場合, この婆さん, この彦兵衛, この方, この最初, この男, この研究, この追分, こりゃあ尋常, これから書きたい, これはと, これまで, こんないい, こんなよう, こんな口惜しい, こんな新しい, ごらんなさいまし, ごらん恐ろしい, ご令旨, さぞ鼻持, さほど唐突, すぐ気, すべての, そういう御, そうし, そうする, そう思われます, そのいずれ, その人格, その外, その意味, その慧眼, その甲斐, その矛盾, その親切, その鏡, それで, それの, そんな他愛, そんな妓, ぞっといたします, ただごとじゃねえ, たのしいね, たよるの, だめです, ちょっと算盤, つながれてる犬, とうてい窺知, どうしても二つ, どうなる, どうもはっきりした, どうもよく肚, どことなくフランス, ない, ないの, なかつたわけ, なかなかの, なるほど唐, はずれて, ひどい奴ら, ほかの, ほぼ断定, ぼんやりと, ますますわからなくなった, またそれら, また実際, また逢う, まだしんぱい, まったく有り得べからざる, みず旅, みた, みたの, みないという, みないよう, みなかったので, みなかった淋し, みましたが, みよ六年以来, みられなかった, みりゃいい, みること, みろい直訴, みろ仔細, みろ貴様, むかしは, むしろ私, むりである, もうできませんでした, もう十何世, やっと中学, やはりわからない, よいこと, よいでしょう, よいよう, よい名前, よい知恵, よく分らなかった, よろしいの, わからない, わからないので, わからない理, わからん, わかりっこの, わかりませんでしたから, わかるだろう, わかるはず, わが練習艦隊, わしは, わたくしは, われわれの, イエメンの, オイケンの, カトリックの, サッパリその, ソロバンに, タダモノじゃ, ハッキリした, バカバカしいからネ, フシギであった, ヘンに, ボクの, リディキュラスという, 一二年この, 一寸わからない, 一時の, 一緒に, 一通りで, 七兵衛まだ, 下さいさっき, 不似合い, 不可思議な, 不合理で, 不埒である, 不快である, 不思議だった, 不思議でならなかった, 不為めを, 不都合は, 世間には, 主人には, 乃公は, 九分通りまでは, 乳母に, 事が, 事態は, 二重の, 云おうとしても, 五度逢う, 交通が, 亦おもしろい, 人を, 今夜は, 今日の, 今更恬然, 仕切りの, 以上の, 伊那丸には, 似つかわしくなかった, 何かの, 何らかの社会現象, 余は, 作家と, 依子を, 信じられない不思議, 信じられません, 信長の, 個中の, 偶然だった, 偶然の, 儒教は, 充分間に合う, 先を, 光秀様の, 全く同様, 其辺に, 内面的には, 冷汗が, 出鱈目じゃあ, 分からないね, 分かりよう, 分かるもの, 分らないからね, 分らないの, 分らない所, 分らない話, 分りませんが, 分りません多分, 分るもの, 判じられぬが, 判らないので, 判らぬので, 判りかねます, 判りませんねえ, 別に怪しむべき, 到底許すべからざる, 割に, 劣等だ, 北鳴, 単にそれ, 単に藪中, 卵から, 参りました, 又諦らめ, 口へ, 古墳である, 可笑しいよ, 右の, 同じよう, 同情の, 君子には, 吾輩の, 周瑜の, 和歌でなけれ, 唯事では, 嗅覚の, 四角な, 困難である, 地球の, 埒は, 堪えがたいこと, 場所を, 変だ, 変としか, 変梃な, 多くの, 多勢の, 夢では, 奇妙至極な, 奇怪千万な, 女性の, 好子が, 始まらない, 始まらんのでな, 嫌です, 実践出来ない, 家出の, 容易に, 寒くて, 尊者は, 少しテニヲハ, 局長さんや, 居りません, 差しあたりいい, 差し支えないでは, 差支えないでは, 差支は, 常に強い, 弁解の, 弟子に, 当然である, 彼と, 彼も, 彼奴らは, 彼自身が, 徐庶を, 御覧じ, 御覧たとえ, 御覧なせ, 御覽, 心配やの, 忌々しくて, 怖しい, 思いつかなかったの, 思い出し得ないの, 思い出せなかった, 思い当る事柄, 思えない, 思われなかった, 怡しい, 怪しい気, 怪物は, 恐しくなるほど, 恐ろしい気, 悪くは, 悲哀という, 惜しいと, 惜しいもの, 想像が, 愉しいじゃ, 愛の, 戦争によって, 手段から, 批評界が, 拳銃提供の, 推量が, 政府の, 斎藤の, 断案は, 方向の, 日吉には, 昌幸の, 明かであろう, 明るい山村, 明白に, 昔讃之, 普通ヒューマニズムと, 最も正しい, 有りそう, 朝日に, 未遂に, 本当と, 本当に新しい, 松永の, 極めて明白, 権田と, 歌麿以前と, 正体の, 正直だった, 此附近に, 死ぬという, 残念そうに, 比較的に, 気に, 気の毒です, 水臭くって, 汚いわね, 決して其道, 決して大袈裟, 決して解る, 治六が, 浪漫派人生派人道派自然派象徴派等の, 浮舟の, 淋しいこと, 満足に, 漢の, 火星人は, 無理の, 無関心, 無駄な, 物が, 犯人じゃ, 狐の, 現代の, 理由は, 理解し得られる, 生きた物, 生易しいもの, 由井正雪の, 画に, 疑う余地, 癒や, 白人の, 目に, 直ぐ分る, 直ぐ蒸発, 相当な, 真に愉快, 知らぬもの, 神が, 私たちの, 私共と, 科学者が, 空手では, 竪に, 第一, 筋道が, 糸で, 経文を, 結婚という, 結論は, 締め出しは, 縁遠い, 纒ま, 羞しい, 考えきれぬよう, 考えられなかった, 考えられねえこと, 考え切れない淋しい淋しい, 考え直して, 胸糞が, 腹立たしかった, 自分と, 自覚という, 良いであろう, 芸術的方針を, 茲が, 落ち着いて, 落着きを, 蛇を, 袁紹を, 裸の, 西村には, 要吉には, 見ずの, 見たこと, 見たまい内, 見ても, 見ないは, 見なかった, 見なかったの, 見なかったもの, 見なかった可憐, 見なかった新天地, 見ましたが, 見よ, 見るから, 見給えもし, 見給え珠子さん, 解けない口惜し, 解せないこと, 解らないが, 解るだろう今, 解釈しよう, 言わずに, 記憶の, 訳の, 話に, 認識論的範疇でなけれ, 誤差の, 豹一は, 貴方は, 賢秀の, 路らしい, 身震いが, 軽部が, 追いつかない事, 遅うは, 遠出しない, 都合の, 醤油を, 金は, 金座の, 間違ったこと, 阿部知二の, 難儀の, 面白くない, 頭に, 食を, 飯を, 首を, 馬鹿らしいこと, 騙されて, 魔性の, 鶴子が, 黒めが

▼ 考え~ (1072, 3.3%)

63 なって 54 よれば 36 沈んで 25 よると 22 耽って 19 なりますか 16 なるの 15 ふけって 14 入れて 12 なったの, なりました, なると, 沈みながら, 沈んだ, 考えて 10 ふけった, 従えば 8 なっては, なりませんか, なること 6 ならないの, なります, なるかも, なれば 5 いれて, なった, なっても, なるでしょう, なるよう, 耽りながら 4 しずんで, ちがいない, なった事, なりましたか, なる, なるん, 心を

3 [14件] ございます, したがって, して, なったこと, なったに, ならないで, ふけりながら, ふけるの, 入れると, 反対し, 打ち沈んだ, 考えた, 考えた末, 考えぬいて

2 [47件] あること, おちた, しずんだ, すっかり共鳴, すっかり気, とらわれて, とらわれる, なった末, なつて, ならない方, なりまして, なりますね, なりませんでしたか, なるでしょうか, なるほど, なるわけ, なる余裕, なる方, 任せる事, 依って, 依ると, 入れなければ, 入れねば, 入れれば, 到達する, 同意する, 基づいて, 堪えられなくなって, 変って, 夢中に, 従って, 微笑んで, 捉われ, 有頂天に, 気を, 沈みました, 沈み込んで, 沈んだが, 没頭し, 注意を, 移って, 考え抜いて, 耽るの, 苦しんで, 落ちて, 賛成した, 迷いこんで

1 [474件] あるぞという, あるところ, あるの, ある事, ある外交的, ある真底, いくぶん, いても, いま恥じ, いれては, いれないで, うたれた, おいつけない, おかあさんは, おそわれて, おちて, おなり, おびえて, かかると, かかわったり, かなりよく調和, ぎょっとし, くちづけして, こっちから, このタクボ・ツンバ, こもって, ございましょうか, ございまする, ご同意, しずみました, したがいましょう, したがえば, しても, しましても, しめくくりを, すぎない, すぎません, すっかり有頂天, すっかり身, すりゃあたし, たいへん喜んだ, たえず攻め立てられ, たえられなくなる, ただうなずく, だんだん暗い, ちがいありません, ちっとも光明, ちゃんと正しく, ついて, つかれたかの, つかれた糟谷, つきまとわれて, つづいて, ともなう満足, とらわれた, とらわれた時, とらわれた顔つき, とらわれないで, とりこめられて, とりつかれた, どこかで, なお確信, なかった, なじむこと, なったかと, なったからよ, なったが, なったその, なっただけ, なったでございましょう, なったと, なったほう, なったもの, なったらあなた, なったらお, なったらしく同じ, なったらだれ, なったらば余り軽率, なったり, なったわ, なったん, なった上, なった器械, なった方, なった神様, なってね, なっての, なってること, なつた, なつてらしつ, ならずに, ならないだろうと, ならないでしょうが, ならないでね, ならないでも, ならないと, ならないほう, ならないわけ, ならなかった, ならなかったという, ならなかったので, ならなかったもの, ならなきやね, ならなけりゃなりませんが, ならなければ, ならねえで, なられたら決して, なられました, なられますか, なられるか, なられるの, なられる者, ならん事, なり, なりあれ, なりたければ, なりながらも, なりは, なりましたが, なりましたよう, なりましょう, なりますと, なりますの, なりますまいが, なりますまいな, なりますわ, なりませんでございますか, なりませんでしたら私, なりやすい, なり奥様, なるあんまり, なるかと, なるから, なるその, なるだろうが, なるでございましょう, なるでございましょうよ, なるでしょうこういう, なるでしょうね, なるならどこ, なるなら援助, なるなら落ちついて, なるに, なるには, なるべきでしょう, なるまでも, なるもの, なるより, なるんで, なるんでしたら続けて, なる事, なる形式, なる必要, なる理由, なれないでしょうか, なれようと, なれるし, なんらの, のしかかり諸, のぼって, のぼりますこの, はさんせい, ひじょうな自信を, ひとり沈み, ひびが, ふけったが, ふけったり, ふけった荒々しい, ふけってばかり, ふけってるらしかった, ふけってる男, ふけられます, ふけりつつ, ふけり宵, ふける, ふける時, ふける隙, ふければ, ぼけて, ぼんやり我, まかせます, また襲われた, まとまるとは, みたされて, もう二度と悩まされなくなる, もどった, ゃあならぬ, ゃあならぬ事に, ゆきついたとき, ゆき当ると, ゆらめくらしい沈んだ表情, よく調和, よる, オリヴィエは, オリヴィエを, キミ子の, フト頭を, 一人で, 一寸驚いた, 一応という, 三文の, 上す, 上った事, 上らないほど, 今夜は, 任かせた, 任せましょう, 任せようと, 任せる, 任せるの, 任せるわ, 伴う愛着, 似げ, 似たところ, 似た事, 似て, 何事か, 余り好都合, 供したい, 依りますと, 依るならば, 侵され勝ち, 信念を, 傾いて, 入れずに, 入れず柿, 入れたうえ, 入れたが, 入れても, 入れないと, 入れない方, 入れなかった, 入れなかったの, 入れながら, 入れるべきだと, 全く別, 全身の, 共鳴し, 再び思い当り, 出たもの, 出なかった, 分け入ったが, 到達し, 到達した, 到達せざる, 力を, 動かされふたり, 半分とりこまれ, 半蔵は, 反対する, 取りついたの, 取り憑かれると, 合致しない, 同じな, 同意し, 向い私, 向かって, 味方し, 問う以外, 嚇か, 囚われて, 囚われると, 固執し, 圧せられました, 基いた僕, 基くもの, 基礎を, 堪えられなかった, 墮し, 変りは, 変わって, 変化も, 多く恥じ入った, 多少の, 大分の, 大賛成, 容れての, 寸分の, 対立し, 導かれた, 導きその, 小な, 就ても, 帰する, 常に新しい, 引き入れるん, 強い影響, 彼は, 従うならば, 従った, 御賛成, 徹する事, 思いついた, 思い付いて, 思わずグラグラと, 思わず身慄い, 恐怖しだす, 悩まされた, 悩まされ始めたと, 悩んで, 悲痛な, 悽然と, 想像する, 愕か, 感心しました, 憑かれて, 憤った, 打たれずには, 打ち克った, 打れた, 抗し, 押されて, 捉えられた, 捉えられて, 捉われはじめ, 捕えられた眼, 捕われて, 捕われ時, 掻き乱されました, 支配され, 支配されはじめ, 支配される, 放って, 教養が, 文学という, 新しい光, 於て, 是れ, 晏如たる, 更けっ, 木崎は, 次ぐ働き, 止まって, 歯がゆくも, 比べれば, 気が, 沈みがちである, 沈みつづけて, 沈みほとんど, 沈み心穏やか, 沈み込み目, 沈み込んだ, 沈む, 沈むと, 沈められる, 沈める一人, 沈んだとき, 沈んだよう, 沈んだらしい, 沈んだ姿勢, 沈んだ心持, 沈んだ探究, 沈んだ時, 沈んだ様, 沈んでるよう, 沈潜する, 浮かぶの, 浮べはじめた, 浮んだこと, 浸って, 浸り切り, 深く沈み, 混入した, 混雑を, 満され, 満足し, 無関係であり, 照らして, 熱心に, 狂いが, 異存ある, 疑わしいもの, 疲れて, 皆が, 直吉は, 相当し, 相応する, 相違ない, 眼を, 瞑, 矛盾する, 私はさん, 突当ると, 突然取り憑かれ, 立って, 等しく全く, 筋道が, 答えて, 結びついて, 絶えず悩み通した, 纏めようと, 罰せられて, 考えさまざま, 考えたあげく到達, 考えたが, 考えたはて, 考えたん, 考えた上, 考えた彼, 考えた揚句, 考えた殺人, 考えても, 考えに, 考えぬいたあげく, 考えぬいた妙案, 考えぬいた末, 考えました, 考えを, 考え工夫, 考え抜いた挙句, 考え抜いた揚句, 考え練り, 耽った, 耽ったり, 耽った戯作三昧, 耽つて, 耽られる長椅子, 耽りつつ, 耽りました, 耽り始めた, 耽ること, 耽るらしい, 耽る内, 自ら微笑ん, 自分が, 自分を, 興奮し, 苦しめられたもの, 荷擔し, 落ちた, 落ちつくと, 落ちねえの, 落着く, 血を, 行く, 裏書し, 襲われた, 襲われると, 訴えるよう, 誤りを, 賛成されました, 賛成し, 賛成も, 身を, 辛辣な, 近かった, 近くなる, 近づけ信じさせようと, 近代的で, 近代科学は, 迚も, 迷ったこと, 追い廻されて, 逆上する, 進んで, 過ぎない, 過ぎないの, 違いありません, 適応しなけれ, 還らねば, 都合の, 閉されながら, 間ちがいが, 関係なく, 陥ち込んだ, 陥って, 陥りやすく, 面せしめそして, 順造は, 頭が, 顔の, 飛ばせて, 駆られた結果, 高まるの

▼ 考え~ (1036, 3.2%)

16 なかった 10 ない, 少しも 9 間違って 6 まちがって, 彼の, 持って 5 しなかった, どうだ 4 しない, どうです, ないか, 後に, 毛頭なかった

3 [14件] ありません, いかがです, しないの, しなかったか, どうか, どうでしょう, 他の, 完全に, 彼を, 捨てて, 日本の, 消えて, 私には, 私の

2 [44件] あたって, あたりました, いかがでしょう, おもしろい, おもしろいが, かれの, したが, すぐに, その時, ちょっと浮ばなかった, どうな, ないかね, ないが, ないの, なくただ, まず雛形, よくない, クリストフの, 今では, 今の, 何度も, 余り突飛, 出て, 出なかった, 初めに, 反対だった, 君の, 夢に, 容易に, 少し違う, 微塵も, 持たぬが, 次の, 正しかった, 毛頭ない, 毛頭ないの, 決まって, 確かに, 私は, 私を, 自分の, 自分を, 誤って, 近年の

1 [813件 抜粋] あくまでも, あっぱれな, あとから, あなたのとは, あべこべで, あまりにも, あまり理由, あらためねば, ありませんが, ある一点, ある意味, ある点, いいが, いけないのね, いずれも, いたしません, いっこうに変更, いったんすっかり忘れられ, いつかその, いつの間にかけろりと忘れ, いつもあと, いつもそうやっ, いつも同じ, いつも松木, いまから, いま吾助, いや応, いろいろな, うまく行ったでございましょう, おきまり, おそらくその, おそらく妹, おそらく殺害, おもしろいよ, おれの, お嬢さんの, かなり進んだ, きっとあたっ, きまらなかった, くつがえされて, こうな, こうらしかった, こう傾きました, こちらにも, ことごとく形, ことによる, この元子, この劉表, この大戦, これから導かれる, これだった, これに, こんなに意地, こんな危急, ございませんか, ごもっとも, さらに大胆, しかし既に, しかし豹一自身, したものの, しないけれど, しないけれども, しないだろうね, しないで, しないよ, しなかったの, しなかったろう, しなんだよ, しまい, しまいか, じつに思いきった, すくなからず, すぐ彼女, すぐ通り過ぎちまう, すこし彼, すっかり改めなけれ, すでにその, すばらしい思いつき, すわったの, ずっと別, そういわれる, そのため, そのまま彼ら, その夜, その性格, その意外, その時分, その欠くべからざる, その誤り, それであった, それに, それらの, たしかにお話, たたみあげられて, ただ一瞬間, たといそれ, だから単なる, だんだんあやしく, だんだんに, ちょうど生活, つぎの, つまらぬこと, とうてい大石良雄, とうてい実現, とかく冷淡, とっさには, とにかくとして, どうある, どうかする, どうかという, どうしてもお松, どうしてもそこ, どうしても諦めかねる, どうだい, どうであったろう, どうでございましょう, どうにか男親, どうもしっくりこなく, どうも小説的, どうも本当, どうも近頃そう, どこから, どこで, どれも, なあ若, ないかとか, ないさ, ないもん, ないらしい, ないん, なかったらしい, なくとも, なく半ば無意識, なく来た以上, なく豪傑英雄, なしに, なぜか, なるかも, なんだか危, なんとまずい, ねえん, はしたないもの, はっきりした, ばかに, ひるがえして, ほかの, ほとんど, ほとんど現在, ほんのひととき, ほんの一時的, まことに水, まことに高ぶっ, まず一掃, またかの, またビーチャー, またルクレチウス, また変った, また沈黙, また現在, また逆もどり, また違っ, まだほんの, まだもっ, まだ第, まったくきみら, まったくそれ, まるでトテツ, まるで違っ, まるで間違っ, まんまと図, みごとに, むしろ持っ, むずかしい本, むりではないしかし, もう少年孔明, もう違っ, もしや昆虫, もたなかったが, もたなかったろう, もちませんでした, もっともだった, もっともです, もっと自由, ものには, もはや喜ばしい, やすを, やっとこの, やはり確実, やめさせようそれ, やめに, よくかわっ, よく分りました, よく諒解, よせ, よそう, よほどまで, より惨, よろしいが, わたくしに, わたしたちにとっても, わたしには, オリンピアの, カラマゾフ式な, グラグラし, サロンでの, シェイクスピヤの, デカルト, ドイツの, ドーブレク代議士へ, ハイドという, パンを, ブルジョア的又は, ヨーロッパの, ルクレチウスの, 一つだ, 一つも, 一に, 一人の, 一切消え, 一変し, 一層強められた, 一年の, 一度も, 一応覆えされる, 一日も, 一縷の, 一般に, 丁度今度, 万事中途半端に, 三度変った, 不幸に, 不思議な, 両者に, 事実だ, 二回変った, 些と, 亡びただろうが, 交って, 人を, 人類に, 今さらの, 今に新た, 今は, 今やいよいよ活溌, 今や踊り得る, 今日の, 今考えついた, 他に, 以前から, 何うでしょう, 何だろう, 何であった, 何の, 何よりも, 何一つ, 何一つなかっ, 何事をも, 余りに消極的, 余りリッター以上, 価値が, 偉大だ, 偏し過ぎて, 働いて, 元々少い, 充分ある, 先ずどういう, 先刻パーヴェル・パーヴロヴィチが, 全く一転, 全く巧妙, 全く芝居, 全く頭, 全然心, 全然捨て, 全然間違っ, 兵力の, 兼子をも, 出ないの, 出なかったわけ, 出やしないん, 切端つまった, 別であっ, 利家の, 前にも, 前世紀, 単に科学的, 単純すぎた, 単純でなくなっ, 却, 却って不成績, 原始民族の, 古く住み慣れた, 古代から, 只単に臆病, 右の, 唯同じ, 喜ばしいもの, 嘗て彼等, 堅実で, 変って, 変らず離婚, 変らなかった, 変るの, 多く光郎, 夢の, 大いにこれ, 大きすぎ, 大地に, 大小と, 奈良朝の, 如何である, 妻を, 孤独に, 安女郎, 実にえらい, 実にだしぬけ, 実に御, 実はあらゆる, 実行に, 実際何, 尊敬し得ない, 小さいかも, 小説の, 少々違っ, 少しの, 少し妙, 少なくとも二種, 岸本の, 川を, 帰ってから, 常にその, 常に平一郎, 平凡かね, 平田の, 幼稚である, 幾度と, 廃した, 弥右衛門の, 当って, 当代から, 当然息子, 彼女にとって, 彼女の, 後代の, 微かな, 微動も, 心を, 必ずわれ, 忘れて, 急角度, 恐らく僕, 恰で, 悲惨な, 感傷に, 懐しい, 成立しない, 我々の, 持たない彼女, 持たなかった, 持った例, 捉えられた, 捨てたん, 捨て去らねば, 放擲せざる, 教育学者や, 斯う, 斯く子供, 新カント派, 既に北方伝説, 日本その他多くの, 日本中の, 早くすてね, 明敏な, 時にとって, 時の, 晩に, 暗中ただ一点の, 更になかっ, 更に無い, 更に電波, 最初から, 根本的の, 極めて合理的, 極めて安易, 極端な, 権勢家に, 正しい, 正しくない, 正しく当たっ, 正太の, 此処に, 武蔵は, 残念な, 段々微細, 殺害者を, 毛頭ござらぬ, 毛頭壮士坊主, 毛頭持っ, 気の毒な, 永久に, 決して仏教, 決して健全, 決して意識, 決定的であった, 沈黙し, 津の, 浅薄な, 浮かばなかった, 浮かんで, 消えなかった, 深くゴーリキイ, 源一が, 漠然とした, 無い, 無く谷間, 無上の, 無用である, 無茶だ, 煙の, 牢固として, 特にゼーリーガー, 現在の, 現象学の, 理由の, 甚だ薄弱, 生きる上, 申上げかねる, 発達せず, 的を, 相手の, 眼前の, 知らぬが, 神様が, 神聖で, 私に, 科学の, 科学を, 種々に, 穿ちすぎて, 突然一つ, 第一次ヨーロッパ大戦, 素子からの, 素晴らしいぞ, 経歴書と, 結構じゃが, 絶えず時計, 絶望に, 美しい考え, 義貞に, 考えとして, 自から, 自分自身の, 自己弁護では, 自由主義の, 至妙なり, 至極妙, 苦悩の, 英米の, 荒漠と, 蓮の, 薄らいで, 行き詰まれば, 言うまでもなく成立, 試験嫌いの, 誤りは, 誰にも, 課長さんの, 諸遊星, 警察の, 貴女に, 起こさなかった, 起こさなくなるから, 起こらなかったからさ, 起さず壁, 起らない, 趙にも, 軍民一致全, 輻射圧という, 近世に, 近代言語学者中の, 近頃出来た, 迷い込んで, 通例は, 通用しない, 進歩的な, 道理だった, 違って, 遠くへ, 酒の, 鍍金じゃ, 間もなく事実, 間違い無, 間違うこと, 附かぬけれど, 電の, 頗る念入り, 頭を, 頻に, 飛んで, 駄目だ, 駒ヶ嶽も

▼ 考えながら~ (685, 2.1%)

38 歩いて 12 私は 10 彼は 9 云った 8 言った 7 歩いた 4 わたしは, 半七, 答えた 3 だまって, ともかくも, 二人の, 廊下を, 森の, 眼を, 行く, 静かに

2 [26件] いった, さまざまの, しずかに, ゆっくりと, ビールを, 七兵衛は, 佐山君は, 何の, 出て, 坐って, 壁に, 夢の, 庭の, 戻って, 新子は, 歩くこと, 気の, 池の, 牛乳屋の, 相槌を, 私を, 立って, 背の, 言いました, 門を, 黙って

1 [513件 抜粋] あがって, あっちへ, あとで, あなたと, あの窓, あの道, いいました, いきなり麦藁, いきました, いったが, いつかつぎ穂を, いつか本田堤の, いつしか空想, いる横, いろいろひねくっ, いわれました, うか, うかうかと, うす暗い燈, うちの, うとうとし, うとうと眠りだした, おかしな女, おずおずと, おだやかに, おとよ, おののいて, おりて, お宮の, お座敷を, お民, お濠端, お父さんが, お話しいたしましょう, お話を, お銀様, かくべつ寂しい, かれは, きたるべき悲しい, くると, こ, このごろは, このところ風邪, この一等兵, この血腥い, この間送りかえし, これで, これも, これを, さらに林, しかし, しかし決して, しきりに足, しばしつばめ, じっとその, じっと大工たち, すぐに, すたすたと, そこへ, そっと柴折戸, そっと耳, そのぷっと, その捨石, その次, その眼, その解釈, その黒いま, そばから, それが, それに, それには, そんな厭, そんな自身, ただ手, ついどうも, つい置き忘れた, つい鼻, つくつくぼうしの, つくづく感心, つぶやいた, でもちょっと, とにかく斯, ともすると暗い, どうなる, なお様子, ながめて, なりも, にわとこの, のつ, ひっそりと, ひろい部屋, ふと愛聖館, ふと波うち, ふらふら歩い, ふろを, ぶら, ぶらぶらと, ほとんど挨拶, ほとんど機械的, ほろよい, ぼんやりし, ぼんやり停車場, ぼんやり眼, ぼんやり返事, ますます乗り気, またうとうと, またそういう, またその, また一方, また急, また祇園町, まだ何, まだ笑っ, みずから自分に, もう一度廊下, もう一度腰, もと来た, やがてひとり船室, やって来た, やって来ますと, やって来ると, やっぱり一種心配気, やっぱり忘れられない, やはり立っ, ゆっくり言った, わたくしは, アンマリ静かな, オルガの, ココアを, サツマイモの, ステッキの, ズンズン先へ, ソコーリスキーは, デスクに, デッキを, トロッコの, バスを, ヒョイと, ファゼーロが, ブランコを, プラットは, ベコニアの, ペンを, ページを, ホンノ, マッチを, メトロに, ヨロヨロと, 一わんの, 一体どっち, 一度は, 一応の, 一日は, 一杯の, 一杯一杯と, 一椀の, 一歩一歩奥へとは, 一段降り, 一種の, 一筋道を, 一通り読み, 七夕の, 上の空で, 上の空の, 下を, 下宿に, 下宿へ, 下関から, 不安な, 不思議にも, 両国の, 並木道の, 中野さんは, 丸の内, 主税は, 予も, 二階で, 二階へ, 二階を, 云いました, 云う, 井上と, 今日の, 今日まで, 仕事を, 代助, 仲町から, 低い声, 佐々の, 佐渡は, 何かを, 何一ツ手を, 何時か, 何気なく振り向いた, 使とは, 俺は, 借りたパイプ, 傍かんし, 働いて, 働いてる様子, 僕は, 僕も, 先ずこれ, 先生を, 光一は, 全身で, 其の晩, 再び無事, 再び蒲団, 前の, 前よりは, 前後し, 勝手知った, 医院を, 半丁, 半分帯の, 半里, 原っぱの, 原っぱを, 又眠り, 古河橋の, 台所へ, 叱声の, 右手の, 吾, 呂昇の, 呆然縁側に, 品物を, 四辺に, 土手に, 城内ふかく, 夕飯時の, 外に, 外の, 多くの, 多年の, 多摩川砂利の, 夜を, 大きな象, 大川べりを, 大方洗い, 大笑いを, 夫人の, 女中の, 妻君の, 娘の, 孔子が, 宅の, 安心し, 宜道, 実際につれ, 客間へ, 室内を, 家へ, 家を, 家来の, 家路を, 富沢は, 寝た, 寝る, 寝室に, 寝床に, 寫眞を, 小一時間, 小原の, 小野さんは, 少しの, 少し滑稽, 少年は, 尾張町から, 山岡には, 岩手山の, 峠の, 島田の, 川の, 工夫し, 左の, 巨大な, 市設の, 市郎は, 帝劇の, 師走の, 席に, 帰って, 帰りました, 帰り支度に, 帰路を, 帽子を, 平気で, 廓の, 彷徨って, 彼が, 彼の, 彼女は, 彼自身は, 往くとも, 待って, 従来の, 御用地, 心の, 心もち足を, 心持よく, 応えた, 思い切って, 思わず胸, 怠惰に, 急いで, 急ぐ心, 悪者の, 想像の, 感情を, 戻った, 折々解, 拵えたら丸, 拵えた作, 挨拶し, 控席へ, 放牧場の, 新しい気持ち, 新しい眼, 新子が, 新橋を, 新鳥越, 明りを, 星を, 昼間も, 暗い坂道, 暫く口, 書いたもの, 書いて, 書続け, 最後に, 望遠鏡を, 朝まで, 来たの, 来ました今, 来るとも, 来る日, 枕の, 林之助は, 柳町の, 根岸へ, 格別今, 格別険しく, 桃, 椅子にも, 次の, 次第に深い, 次郎は, 歩いたあの小さな, 歩きおりおり手帳, 歩きました, 歩きましたが, 歩きまわって, 歩き出しました, 歩くせい, 歩くつもり, 歩行く, 歴史を, 段々歩い, 毎日熱心に, 水面を, 法輪寺を, 泣いて, 泣きたい心地, 泥棒渡世が, 淋しく飲ん, 火鉢の, 無意識に, 無邪気そうに, 煙草の, 熊野権現の, 熱っぽいおの, 爬虫類の, 片方で, 独りつくねんと, 猫は, 現実の, 理想主義者だ, 瑠璃子は, 生れて, 生れ故郷の, 用を, 田圃路を, 田山白雲は, 白く乾いた, 百姓家へ, 相変らず手伝う, 真実恐ろし, 眠って, 眺めて, 着物の, 短い青草, 石子は, 私が, 私の, 稽古の, 窓の, 窓側に, 立ちすくんで, 立戻っ, 笠森仙太郎は, 箱崎橋の, 終りまで, 老先生, 而し, 而も, 耳の, 聞きますと, 胸を, 腕を, 腕組を, 腹が, 腹の中で, 自働車, 自分たちの, 自分には, 自分の, 自分は, 自分も, 苦笑を, 蒲衣子の, 薄暗い廊下, 薄目に, 蝋燭の, 行くうち, 裏口の, 襖を, 襟頸から, 見えない眼, 見まもって, 言い得ないで, 話すの, 話は, 読むよう, 読む余裕, 誰も, 謂わば, 謎めいた, 謹んで, 護国神社の, 豊世は, 豹一は, 走って, 走つて, 走りつづけた, 起ちあがりました, 足の, 足を, 蹴上, 輾転反側し, 述懐する, 逍遙を, 途切れ途切れに, 進んで, 過ごされて, 道場の, 道夫は, 遠い所, 遠慮なくそれ, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 郵便局に, 酒を, 重々しげ, 重い足どり, 針を, 銀座で, 銀座を, 銅鑼という, 長いこと馬車, 長く黙っ, 長三郎は, 長椅子に, 門と, 隣室の, 雑誌を, 雑踏の, 雨戸だけを, 雨戸を, 霎時黙っ, 静に, 静枝は, 頭で, 頭の, 頭を, 額に, 顔を, 飛んで, 食べて, 食堂へ, 餌を, 駅を, 高い石段, 高慢な, 魚虎の, 麻の葉つなぎを, 黙りこんで, 黙然と立っ

▼ 考え~ (590, 1.8%)

17 しなかった 15 なしに 14 しないで, せずに 10 同じこと 8 なかった 7 持って 6 つかなかった 5 あった, して, ない 4 あっての, した, しなかったの, 何も 3 ありません, しなかったが, しませんでした, ないん, なくその, なくまた

2 [29件] あったの, あったので, ありまた, あるから, しずに, したの, しない, しなかったし, しなかったわ, せずすぐ, そこに, ないで, ないもの, なく, なくすぐ, なくそう, なくそれ, なければ, まとめて, もちろん泛, 及ばないよう, 及ばなかったの, 感じも, 浮んで, 湧いて, 起った, 起って, 進んで, 違って

1 [392件] あえて口, あったから, あったこと, あったろう, あって, あながち突飛, あの気味, あらずただ, ありうると, ありかたがた英国人, ありは, ありましょう, ありましょうけれど, あります, ありますが, ありませぬ, ありませんでした, ありやしねい, あり得るの, あり望み, あり殊に, ある, あるし, あるでご, あるでしょうし, あるには, あるの, あるわけ, ある中毒堕套, ある子, あろうから, あろうし, いうこと, いかにさびしく, いたしません, いたしませんが, いっぱいに, いと力, いよいよ確か, いろいろな, いろいろに, うかがって, うかばないで, うかぶが, おかしいと, おざろうが, おなじこと, おのずと消えた, およばないおそろしい, およばないずばぬけた芸当, およばなかったの, ききたい, ききました上, こうして先君, ことによる, この気味, これまた, しその, したが, しないがなあ, しないくらい, しないこと, しないよう, しないらしいの, しないらしかった, しない亡き, しない六カ条, しない始末, しない客間, しなかったから, しなかったので, しなかったのに, しなかったん, しなかった土, しなかった工場, しなかった強度, しなかった説明, しながら, しなくなって, しは, しまして, しませんかった, しませんでしたが, しませんよ, しよう, しらないで居て, し人, し体験, し取扱っても, し実行, し少し, し揃えても, し期待, し神, し話し合い, すぐに, すこしずつ, すっかり変わっ, すまいと, するが, すること, するし, するだろうな, せず, せずふと, せず何, せず又, せず寝るだけの, せず彼女, せず彼自身, せず愛, せず感じ, せず永年荷馬車, せず無作法, せず石, せず身動き, せぬに, せぬ事, そうでした, そこで全く, そこへ, そこまでは, そのほう, そのまま承認, その考え, その通り, それと, それほどまちがっ, たしかにある, ちがいましょうたい, ちがうん, つかないつまり, つかないよう, つかない不意, つかなかったよう, つかなかった時代, つかぬ, つきたころ, つきません, どうも高輪, ないうち, ないが, ないらしく, ない子, ない容子, なえで, なえ惣吉さん, なお決定, なかったらしい, なくあわただしくそこ, なくうかうか, なくお, なくこの, なくそうじなどを, なくた, なくただ, なくただ酒, なくって, なくとっさ, なくどう, なくなって, なくなり何もかも, なくふらふら, なくゆきあたり, なく一嚥, なく二人, なく何, なく何もかも, なく全く, なく冷えきっ, なく出家, なく勝ち誇った, なく只, なく唯, なく城太郎, なく塔, なく夢中, なく好き, なく尋ねかけた, なく少女, なく引き受け, なく彼女, なく怒りました, なく急, なく或, なく手, なく捉, なく敲き続くる, なく有体, なく木蔭, なく木賃宿, なく柿の木, なく機械的, なく歌わない, なく汽車, なく洗いざらい, なく火星人, なく無茶, なく神林, なく簡単, なく絹, なく腹だちまぎれ, なく苦しまぎれ, なく血, なく表, なく覚えず知らず叱り, なく足, なく跳, なく逃げ, なく飛び込ん, なさそう, なしまた, なしバン, ひとつお, ふけて, ほとんど起らなかった, ほぼ同じ, ぼんやり浮んだ, またいつも, またお, またこの, また下の, また彼, まだ十分, まったく西洋人, まとまらずに, まとまるであろうと, もう気, もっともだ, もとよりない, もらされて, ゆるゆるで, よく彼女, よろしかろう, わいて, わたしと, わるくは, われわれが, んよ, スウェデンボルク自身は, チラチラ彼, 一瞬に, 一緒に, 一致する, 不平も, 二度目である, 今と, 今に, 今は, 今朝変り, 仕ないで, 何か, 何の, 何らの, 働いて, 僕らの, 入らずに, 全く同じ, 出て, 出なかったが, 出ませずあわてて, 出ませんよ, 出よう, 出るかも, 出るだろうと, 出来る, 加わって, 危険も, 及ばないくらい, 及ばないこと, 及ばないほど, 及ばないもの, 及ばない毒物, 及ばなかったが, 及ばなかったでしょう, 及ばぬほど, 及ばぬよう, 及ばぬ様, 及ばぬ残酷, 及ばぬ程, 同じである, 同じと, 同様だった, 変ったし, 変って, 変りましたが, 変るだろうと, 変わるだろうと, 大多数, 定りません, 実に近代, 実はさほど, 実行が, 少し聞い, 少なくも一つ, 彼女と, 後日の, 心の, 必要な, 思い浮ばなかった, 悪いとは, 悪き考え, 感情も, 態度も, 成り立ちうるの, 或は正しい, 手伝った, 承って, 承ろうでは, 抱いたこと, 持ってや, 措き難い, 早く棄てさせなけれ, 早や, 智慧らしい, 暗示され, 最後の, 有りうるけれども, 有ろう, 有之, 期せずして, 朧ろに, 未熟な, 正しいが, 正にそこ, 正鵠を, 残らず聞かせて, 毛頭浮かびませんでした, 気持も, 決まった, 流れ落ちて, 浮かばない, 浮かばなかった, 浮かびませんが, 浮かびませんでした, 浮かんだの, 浮ばずぼんやり, 浮ばない, 浮ばないでは, 浮ばなかった, 浮びませんでした, 消えて, 消え失せ涙, 湧かない例, 火星を, 無かったでしょう, 無くして, 無くは, 無しに, 無論なかっ, 生れて, 申し上げたいと, 画心の, 発さないでは, 皆わたしの, 皆わるく, 皆楽しい, 私には, 絶望的な, 纏まって, 纏まらないうち, 纏らなかっ, 考えたが, 聞いて, 聞かなければ, 自分と, 自然冷たく, 至って憂欝, 若かった, 見えて, 言い旦那, 言葉も, 話して, 起こし得られる, 起こった, 起こらずそのまましおしお, 起こらなかったであろうが, 起こらなかったよう, 起こる, 起した, 起すかと, 起ったです, 起ったですが, 起る, 起るの, 起る併, 身なりと, 述べた, 通させた方, 附きません, 頓には, 頭へ

▼ 考え~ (457, 1.4%)

20 中に 13 うちに 8 もとに 7 ために 6 中で, 方が 5 ある人, ようです 4 ないこと, ように, 上に 3 あること, 下に, 中では, 相違は, 筋道を, 裡に

2 [23件] ありよう, ない涙, なかに, なかには, ほうが, ものが, 中から, 中には, 中へ, 人と, 人も, 出発点が, 及ばないよう, 基礎に, 外に, 根本的な, 流れが, 相違だ, 者が, 者は, 速さ, 重さ, 間違って

1 [311件] あいだには, あったこと, あった彼女, あった老妓, あっての, あとで, あながち独断, あやまりだったこと, あらわれ方, あるべきはず, あるもん, ある女, ある男, ある者, いかにも無, いずれが, いたしよう, いつもの, いとぐち, うえで, うちで, うちでも, うちには, うちにも, うちの, おかげで, おかしさ, おもむくまま, お方が, かぎりお引受けくだすった, かわったこと, ここに, こしたこと, ことであり, ことと, ことは, ことを, したの, すじは, すべてだった, すべてである, すべてを, ためあなたは, ため恐らく, ち密な, つかないとき, つく迄, つけようが, つながりの, とおりです, とおりに, とおり厳重に, どこかに, どこが, どこまでが, どっちかが, ない, ないつまらない女, ないもの, ないママ, ない人, ない父親, ない私, ない自嘲的皮肉, なかで, のんき過ぎた, はいったもの, はじめから, ほうへ, ほかには, まだ形, まちがって, まとまらんこと, まにまに思わぬ, まにまに歩い, ままであったら, ままです, ままに, まわりを, むらむらと, めぐらしかた, もう少し熟した, もち方は, ものは, ようであります, ようである, ようでございました, ようでした, ような, ようにも, よしあしは, よりどころ, スピードなどに, ポイントが, ユトリをも, 一つの, 一つは, 一つを, 一つ一つは, 一ツでし, 一応の, 一端が, 一端は, 一系統を, 一致する, 万吉と, 上からは, 上だけでも, 上を, 不備な, 不行届きから, 中でも, 中にも, 中へは, 中を, 中心に, 中心を, 中心点が, 主体は, 主題は, 二本の, 人が, 人たちが, 人だ, 人な, 人に, 付けようが, 余りの, 余地が, 余地も, 余燼から, 偏って, 儘に, 元祖は, 先を, 全部だった, 全部を, 内に, 内側に, 出ること, 出るもの, 出る時, 出発点を, 到らなかったところ, 前に, 募るの, 区別の, 去来につれ, 及ばないこと, 及ばなかったこと, 及ぶ気, 及ぼした事, 叔父を, 受売りな, 向け方, 周囲を, 在り方などが, 基本が, 基礎が, 基礎には, 変ったの, 変わった年齢, 外であった, 外へ, 多くを, 大体は, 奥から, 女の, 奴隷と, 如くもし, 妙に, 嫂から, 実行に, 尻尾を, 展開に, 差と, 広がらぬよう, 底から, 底には, 式を, 当って, 後から, 後に, 性質を, 意味ででも, 意味の, 拠り所を, 拡大な, 持主だった, 掘出しものが, 断片から, 方には, 方へ, 方向において, 方向の, 方法が, 旧い型, 明白に, 普遍性を, 曖昧さに, 最も隠微, 最初の, 末に, 末自分の, 根底と, 根拠を, 根本が, 根本的に, 根源を, 構えかたに, 正しいか, 正しいという, 正当である, 歴史は, 死骸の, 波の, 流れを, 浅いお人好し, 浅かった, 浅さ, 浮かんだの, 浮ぶ筈, 浮んで, 深いこと, 深淵の, 淵に, 混乱も, 湧いて, 炉であった, 無え筈, 狭さ, 現われたもの, 生まれるため, 異った, 異同である, 疲れで, 癖が, 相違から, 眩暈の, 程を, 穴が, 空想である, 立場に, 端緒を, 第一, 筋は, 筋を, 筋道が, 筋道だけを, 筋道には, 筋道の, 筋道は, 範囲から, 範囲が, 範囲だ, 範囲外だった, 精力的な, 糸は, 糸も, 糸を, 糸口でも, 経路を, 結果として, 継続から, 緒で, 纏まらない青二才, 翻訳と, 者も, 胚子が, 胚種を, 臆病な, 至らなかったところ, 至らなかった誤謬, 若干の, 苦しさ, 萌芽らしい, 著しい代表者, 薄い人, 行われない悲憤, 解決は, 許に, 証拠な, 誤りを, 資料に, 賓思想の, 起こること, 起こる余裕, 起って, 起るの, 足らぬの, 足りない方達, 輪廓を, 逆を, 途上に, 通り他殺でしょう, 進みかた, 進めよう, 進め方の, 進歩につれて, 運び方, 道は, 道筋が, 道筋という, 違いは, 遠い奥, 適用できる, 邪魔に, 重点を, 間に, 面々には, 領分を

▼ 考えかた~ (456, 1.4%)

12 である 8 をする 7 がある 6 もある, をし 3 による, の中, の混乱, や感じかた, をもっ

2 [25件] がそれ, だから, だと, ではない, というもの, になった, によれ, に反対, のある, のなか, の人々, の方向, の誤り, はそういう, はそれ, は一つ, は今, は捨てる, は日本精神, は現実, は私, をすっかり, をするなら, をその, を否定

1 [352件] ありきたりの, いわゆるほんとう, かもしれない, からここ, からだろう, からのみ出発, からの悲劇, からはぬけ, から互に, から出, から出発, から始まり, から構成, から生じた, から真, があったらしい, がありません, がいる, がうけつがれ, がぐっと, がすなわち, がずっと, がその, がたまたま, がだんだん, がちがう, がちがっ, がちがった, がちょい, がちょいちょい, がつよい, ができよう, がどうして, がはびこっ, がふわけし, がまるで, がわたし, が一部, が今, が代表的, が堪りません, が変っ, が女, が奴隷制, が存在, が実際, が少し, が強められ, が既に, が次第, が残っ, が民主的, が流行, が浅薄, が現代文化, が現実, が異, が省察, が窮極, が精神, が自ら, が見られます, が違う, が間違っ, が間違ってた, が非常, が頭, こそはやく, さ, そして仲間同士, だ, だったのよ, だという, で, であったろう, であり行動, であるとして, でかためた, です, ですもの, でそこ, でそれ, でだけ育てられた, でなければ, でのみ事物, での立身, ではあいつ, ではあるまい, ではこの, ではなかっ, では一瞬一瞬, では余り, では割りきれ, では社会状態, では頭脳, でやすく, でわが, で建てられてる, で恋愛, で日本, で未来, で満足, で血, で行く, で論理, で養われ, というところ, というよう, としては承認, としては自然科学, との対比, とはちがっ, とは別, とは多分, とモラル, と何たる, と全然, と婦人, と感情, と正反対, と歩, と比較, と符合, ながら知られ, などについて作者, などに僕, などはかかる, なの, なりは急, なり生活態度, なん, にあたかも, にある, にしたがっ, にそっくり, についての論議, についてばかり調停派, について行こう, にとらわれ, にはある, にはどこ, にはまだ, にはめこん, には何もの, には僕, には変化, には外界, には明らか, にまで押出, にもとづく, にもまた, によってはそういう, によって皇室, によって考えられる, にわたくし, にアッピール, に到達, に動かされる, に区切り, に基づく, に変化, に対して一種, に対して人間, に対して向け, に対して近代的芸術論, に従ってその, に従って男, に従って男女平等論, に従って計られ, に支配, に根拠, に歩調, に相違, に移る, に終始, に至っ, に追従, に道, に適応, に麻痺, のあやまり, のこういう, のため, のとおり, のもの, のテンポ, の一つ, の上, の不, の伝統, の俗悪, の全部, の典型, の型, の大体, の如何, の或, の掣肘, の新しい, の根, の正し, の殉教者, の残滓, の特徴, の生ずる, の社会的, の習慣, の道筋, の違い, の鋳型, の限界, はあまり, はあまりに, はある, はいかにも, はいろいろ, はいわば, はきまっ, はここ, はこの, はその, はそんなふうに, はついにまだ, はつき進ん, はどういう, はどうしても, はどこ, はなくなった, はみなだめ, はむしろとくに, はもはや, はわれわれ, はカルナップ, はシュープレマチズム, はデュウイ, はプルースト, はプロレタリア文学運動時代, はリズム, は二十年後, は人間, は危く, は可笑しい, は変らない, は太陽, は女房友代, は実際, は彼, は後者, は思想, は或, は放擲, は政治, は日本, は日本語, は暮しかた, は果, は正当, は民族, は永久革命説, は決して, は生活, は生活一新, は社会人, は社会状態, は神代史, は純粋, は終始, は自由, は被虐的, は農民作家共通, は近代文明, は遅れた, は間違っ, への難点, またその, までくる, もあり得る, もこの, もそのまま, もそれぞれ, もふわつい, もまた, も一般, も分る, も変, も導き出され, も成り立つであろう, も正当, も汎ヨーロッパ主義, も滑稽, も生んだ, も行われ, も面白い, やただしい, やまちがった, やりかた, や感情, や母性保護施設, や気質, や理窟, や生活, や習癖, や観察, よね, よりはふるい, よりもたらされる, より出発, を, をあたらしく, をあやぶん, をかなり, をこまか, をしめし, をじつに, をすれ, をそのもの, をつとめ, をひき出し, をふえん, をみんな, をもたなく, をもった, をもつ, をダンテ, を主張, を伸ばす, を前提, を変えた, を変えなけれ, を導い, を導き出し, を導こう, を持ち合わせ, を持っ, を指令, を換, を時代, を根本, を歴史的, を滑稽, を無条件, を生み, を生みだし, を男, を知る, を示し, を肯定, を自分, を見習わなけれ, を許そう, を象徴主義, 形づくられかた

▼ 考えでは~ (390, 1.2%)

5 あるが 4 これは, それは 3 それが, 人間は

2 [13件] ありますけれども, あれは, こうして自分, この二つ, これが, ないかと, なかった, なくて, イギリスの, ガラス絵として, 夜の, 彼が, 遊星は

1 [345件] あったが, あったに, あっても, あなたと, あなたは, あなた中, あの人, あの女, あの学生たち, あの母屋, あの盗難, あの蝶々, あまりに冷た, ありませんか, ありませんね, あるまい, あるまいか, あるまいと, あるまいみんな, いかなる愛, いきなり秋川邸, いっそう細かく, いっその, いったん渦動, いつか小, いつも同じ, いままでは, おそらく探し, およそ植物, おれの, おれは, お前なんぞは, お前も, お君, お父様, お雪, かの夏目漱石, きっとお, きみは, きめられぬ, けっして神秘主義者, こういったら, こうして臨時, ここは, こっちで, ことによる, このくらいの, このフスベ, この二者, この仮定, この問題, この回転方向, この塩酸加里, この家来, この方法論, この旅, この樹, この法, この渦巻, この火薬庫, この現象, この百観音, この種, この選集, これから浅草橋, これこそ, これに, これらの, これを, ございません, ござらん, さし当っ, じきに, すべての, すべてを, そういうところ, そういう人, そういう話, そこん, その仕舞, その告白書, その男, その美, その金, それから聖者, それも, それを, たかが茶, ただこの, だれも, ちょうど血, つまり仕事, とてもまちがっ, とてもわかりっこない, とても為し得る, どうか, どうしてももう一ぺんお雪ちゃん, どうしても紀元前二千年, どうにもなら, どうにも仕, どうもそれ以上, どうもチョッピリ女史, どうも子供, どう思う, どんなもの, なあにこうして, ない, ないかな, ないかも, ないでしょうか, ないないばかり, ないの, ない思い, なかろう, なかろうかと, なかろうと, なくチエホフ, なく二人, なく所謂学問, なるべくなら, なんとかし, ひとたび寝入ったら, ふだんぎのまま多少, ほんとうの, まず二通り, まず奈良, まだなに, まだ街亭, まだ語る, まだ遠い, みつはは, むしろそれ, むしろ喜ん, むしろ木工品, もしあなた, もしも仮り, もし女, もし草笛氏, もっと遠方, やがて昔, やはりこれ, よい料理, わたくしが, カメラ, ガラス絵は, ジョリクールこそ, フィリーモン爺さんの, フランスの, マリユスとの, ユダヤ人にたいする, ロシアの, ヴァン・ディーメンズ・ランドの, 一年持ち, 一度その, 一種の, 一般的な, 万一そこ, 万葉の, 三成を, 三色版が, 不幸の, 世には, 世の, 事に, 二ツの, 二人とも, 五十年ごとに, 人間が, 人類に対する, 今すぐ, 今夜が, 今日これに, 今日の, 仕末, 他人に, 何うも, 何か, 何かを, 何にも, 何時かも, 例の, 信玄の, 俳句の, 俺らは, 僕の, 共かせぎし, 凡そ植物, 初めから, 別に宇宙艇相手, 別れる前, 労働者は, 動いて, 勝安房ひとりに, 勝者は, 勢源と, 十四五円位で, 単に食っ, 博物学を, 又市, 右の, 名も, 吾, 困る, 図の, 国策に, 国造は, 地球の, 地球は, 壇ノ浦以後椎葉山中の, 多分君, 多分越後, 大ざっぱに, 大切の, 大原君一人に, 大砲を, 大胆でも, 太陽が, 太陽の, 夫が, 夫の, 夫人と, 奇跡は, 如何であろう, 妾は, 婦人という, 子供を, 季題は, 実はこの, 家康めは, 将来は, 小児を, 小太郎山を, 小銃で, 平凡人の, 幸吉が, 当分休む, 当分近くの, 当日重, 役に立つもの, 彼の, 彼の世において, 彼は, 彼れ, 彼女の, 彼等は, 後藤君が, 従来の, 御座いますまい, 思い切って, 恐らく今度新造, 恐らく房枝さん, 意地の, 成聖式とは, 戦闘は, 打克ち得ない, 支倉の, 方則を, 明治三年五月下旬の, 普通の, 晴々と, 最も効果的, 本艇は, 机の, 村の, 武芸で, 残して, 水星の, 永遠の, 決してありません, 法王の, 温浴の, 潜在識は, 火山噴出が, 無いか, 猫と, 珍事なし, 現今の, 現在活発なる, 理想郷だの, 理論的に, 生物は, 皆の, 矢切村の, 石を, 確かに, 神仏も, 神村さんが, 私たちは, 私の, 第一, 素晴らしく美しいもの, 結婚という, 結婚申し込む, 結局日露戦争末期に, 綿入れや, 美しい物, 美に対する, 腹を, 自分には, 自分の, 自分は, 自然で, 自転車乗りが, 芝居に, 若い人, 若い木村康男, 若様は, 英国は, 蒐集も, 蒲団を, 薔薇の, 蠅男は, 襖を, 西洋で, 見出せなかった, 詩人の, 誰か, 貴方様は, 貴様が, 軍は, 軍人こそ, 農本主義イデオロギーは, 遅くとも源三郎, 遊星軌道が, 運転の, 遠くの, 遠慮なく大いに, 遡れば, 都会の, 銀河が, 銀河の, 隣人であれ, 電車より, 霜月三夜は, 青海原を, 音楽が, 音楽の, 音楽は, 頼政自身が, 顕在的な, 風景よりも, 首里城附近否首里城中に, 鯉を, 黄道光なる, 黒田さんは

▼ 考えたり~ (372, 1.2%)

49 した 48 して 17 感じたり 11 するの 9 する 7 すること 4 したこと, しながら, しました, 書いたり 3 したが, する事, 言ったり, 迷ったり

2 [13件] したの, したん, するが, すると, するよう, それを, ほんとうに, また, やったり, 云ったり, 行なうたり, 行動し, 見たり

1 [177件] あるいはこの, ある人, いたしました, いたします, いたしますと, いろいろした, いろいろよ, いわんやそれ, おぼえたり, お互, お話を, こっちの, こんな話し, さしずしたり, したかった, したから, したくは, したけれど, したほど, したもの, したよ, したり, した程, した記憶, してたこと, してね, しなかった, しなければ, しまして, します, しようと, しようなどとは, すべての, するうち, するおれ, するので, するのに, するふう, するほど, するバカ, する中, する余裕, する力, する場合, する奴, する学術的, する年頃, する所謂技術主義, する時, する為, する社会科学論, すれば, そうでなく, そう思っ, そのよう, それで, それら急進的な, そんなこと, ちらりと心, できるので, とりとめが, どうしても箸, なかなかいそがしかっ, はやく自分, まして恋, またああ, またあんなに, またしばらく, またその, または低, または追手, また極端, また自分, やきもきし, やって, コロンバスと, ロボットの, 一二度は, 一切を, 一小, 不純に, 云いがかり, 人に, 今朝あなたが, 会いたくなったり, 先生は, 公式主義的な, 写筆を, 出したり, 勅撰和歌集は, 勉強し, 又は論理的範疇, 友人の, 喋ったり, 喧嘩を, 四辺を, 図案を, 地図を, 変化の, 妖怪を, 学者が, 実行し, 将来の, 小説を, 少なくともまだ希望, 帳合を, 庭前垣根格子の, 式場さんその他の, 怒ったり, 思い出そうと, 悩んだり, 悲しんだり, 想ったり, 想像し, 感じねば, 或いは与えられた, 或は世の中, 或は別, 指の, 探したり, 推理し, 数えたり, 書物を, 本を, 柄オルガンの, 止した方, 死と, 母の, 母親の, 毎日そんな, 河野さんから, 滔々と, 激しく物, 為たり, 無作為な, 然し結局, 物を, 理屈を, 理窟を, 相談に, 社會科學の, 祈ったり, 祖父から, 稀には, 究めたり, 空想し, 笑ったり, 紅い丹波酸漿, 絶望に, 考えなかったり, 胃袋の, 自分が, 自分の, 舞台の, 行末の, 行為し, 見きわめたり, 親しい物語, 観察し, 記憶し, 話したり, 誤解し, 読みも, 調べたり, 調査し, 議論し, 護ったり, 責任を, 足を, 身分に, 軍人を, 近所に, 遊んだり, 部屋を, 鍬を, 雑誌を, IWを

▼ 考え~ (356, 1.1%)

5 いたの 4 見ると 3 いるか, 私は, 頭の

2 [21件] いたが, いたので, いっぱいに, いるの, いる野見さん, おられるの, おります, きまるならば, ござります, やって, やらせて, 云えば, 努めて, 勝手に, 十二円五十銭の, 腹の, 自分の, 行くと, 見れば, 話を, 進んで

1 [296件] あたし父も, あなたと, あんなに沢山, いえば, いくらかずつ, いた, いたかが, いたし又, いたそこで, いたんだから, いたんです, いだの, いっちゃ, いては, いなくちゃあ, いました, います, いよいよ両親, いられるか, いる, いるが, いるよう, いるらしい, いるん, いる者, いろいろつけ加え得る, いろいろの, おいでるの, おまえが, おられた, おりました, おりましたところ, おりましたところが, おりますから, おりますが, おりますと, おりまする, おるか, おるの, お久美さん, お前たちの, お邪魔, お骨折り, か, かな, きまるならその, けっこうです, ことを, この上一本, この不心得, この乱れん, この位, この大きい, この宿屋, この寸志, この憲法, この条約, この甲府, これは, こんな大きな像, ごぜえましょう, ご座る, すべての, ずいぶんうれしく, ずっと来, そうし, そこへ, その一着, その日, その時, その決断, その約束, その説, その辺, その通り, それから冷水, それが, ただいまこんな, だから武蔵, だれに, だんだんと, ついに外国, できて, どうでも, どうもこの, なにかする, ね, はねお母さん, はねどうしても, ひそかに, ぼんやりしてない, ますます深み, まず国事探偵, まず相模伊豆辺, また一生懸命, みずから心を, むしろお, もって, やったろうな, やって来たん, やめたり, やられては, ゆくの, よい, わざと遅刻, わざわざここ, われわれは, ギリシアにおいても, フランシーヌだけは, ヤマスゲとは, ロロ公爵は, 一ぱいだった, 一ぱいに, 一人残らず, 一夫多妻を, 一杯に, 一緒に, 三映, 上がりましたが, 下僕に, 世を, 世間には, 乱された, 二人とも, 云って, 人が, 人にこそ, 人命を, 人生なり, 人生を, 人通りの, 人間の, 今にも頭, 会うの, 体面に, 何か, 余分な, 作られて, 俗の, 俳句を, 俵町から, 傍の, 兄さんの, 先生ご, 入れて, 入れるしか, 公園前の, 其舎に, 内蔵介の, 写真は, 冨美子は, 処置されるであろう, 前後の, 剣を, 動いて, 取り決められたこと, 同道し, 君と, 君は, 商人家だ, 國を, 土地を, 墓場で, 変更された, 夢中に, 大いに喜ん, 大切な, 大家と, 大臣に, 始めは, 学寮で, 学者の, 実験を, 宮が, 家には, 容易に, 少し繰り上げ, 少し計画, 居った, 居るん, 平次が, 平気で, 彼の, 彼女の, 彼女を, 待ちうけ, 後戻りを, 御座り, 御本人, 御造営事務局長, 心が, 悲しまされよう, 成立した, 或いは幾度, 戦争中の, 拵えたの, 攻究する, 故国の, 整理し, 新聞記者を, 日取りが, 時々金, 有ったの, 未来の, 机に, 来たの, 東京の, 東京へ, 東京を, 歌や, 死んでるとか, 残ってる最後, 殺したの, 気前が, 泊り込んだの, 法律常識を, 注意し, 浜尾君に, 深山大沢でない, 清三は, 滅茶苦茶に, 漢訳を, 物を, 玉太郎を, 生れた子供, 生産すれ, 申すと, 男性を, 異なるが, 相手を, 真実事業の, 真実封建武士の, 眠れば, 眺めても, 眺めねば, 石子刑事の, 石田大, 研究し, 社地の, 秀吉の, 私に, 私を, 立ちました, 第一次的根本, 篤胤の, 緩りし, 羊を, 習慣ならざる, 考えて, 考えるよう, 育てられて, 胸が, 胸も, 脚を, 脱出し, 腕に, 自分は, 自分を, 自然卑屈に, 自然界の, 色々研究, 若し間違え, 英雄と, 蓮華を以て, 蔵前を, 行なわれること, 行動され, 装幀した, 見て, 見ろ, 見物に, 見舞いに, 親しむ訳, 解決する, 言った, 訐く, 設計した, 諸国を, 警察の, 貯蔵し, 貰うの, 身体の, 追い続けて, 通りへ, 進まれるが, 進められて, 遠くから, 部屋が, 都会生活とは, 酔者は, 非常に, 頭が, 飲んで, 魔法に, 黙て, 齷齪する

▼ 考えては~ (341, 1.1%)

23 いけない, いなかった 16 ならない 15 いない 10 いないの, ならぬ 7 いけません 5 いたが 4 いられなかった, ならないこと, ならないの 3 いけない考えては, いなかったの, いるが, しない, どうか, 居りません, 心を

2 [15件] いけないの, いけませんよ, いないこと, いないと, いないん, いません, いませんでした, おいでに, どうだろう, どうであろう, なぜいけない, ならぬと, 打消し考えては, 煩悶し, 自分の

1 [169件] ある戦慄, いかがです, いかん, いかんよ, いくら好き, いけないか, いけないぞ, いけないただ, いけないであろうか, いけないでしょうか, いけないと, いけないという, いけないので, いけなかったの, いけませんの, いけませんトランスレート, いたけれど, いたけれども, いたのよ, いたものの, いたらしいが, いても, いないか, いないし, いないそれ, いないで, いないという, いないのよ, いないよう, いないらしかった, いない却って, いない君, いない様子, いなかったから, いなかったが, いなかったと, いなかったのに, いなかったろうけれど, いなかった夫, いまいか, いませんから, いませんでしたが, いられない, いられない筈, いられなかった永い, いられなかろうと, いられなくなったので, いられぬ, いる, いるけれど, いろ, おくが, きっともうその, くれないだろうか, この結婚, して, しまうだろうがよ, その女の子たち, それよりも, それを, たった一人, たまらなくほほえましい, ためいきを, できませんそれ, とうてい出, とてもこの, とても我慢, どうかと, どうかネ, どうである, どうです, どんなに苦しい, どんなもの, ならないが, ならないだろう, ならないと, ならないという, ならないとは, ならないもの, ならない奢り, ならなかったよう, ならなくなって, ならぬところ, ならぬの, ならぬもの, ならぬ世界観自身, ならぬ形而上学的, ならぬ既に, なりませぬ, なりません, なりませんぞ, またこんな, またペン, まちがいである, みずから自分を, みたが, みなかった, もう少し掘っ, やはり外, ゴクリご, ハッと, 一心不乱に, 下さらず家, 不可, 不快な, 不思議に, 不敬千万である, 今日の, 何うだろう, 余りに恐しい, 千鶴子に, 単なる主観主義, 困る, 変な, 夢幻的の, 大なる, 大変です, 大変な, 娵に, 寝返りし, 居ないの, 居なかったの, 居りませんから, 弾いて, 弾き一生けん命, 微笑んだ, 心の, 心痛し, 心細がっ, 思うでしょうが, 恐がって, 戦いて, 打消しするの, 打消すのに, 指物師の, 斟酌し, 時計を, 書きつけて, 来るもの, 次の, 泣き泣いては, 溜息を, 無論ならない, 父にも, 独り慰め, 独り言を, 町へ, 皆暗然として, 罰が, 考え考えつくしては, 胸迫る, 自分で, 自分自身の, 苦しんで, 蒼くなり, 被居らなくっ, 見たが, 見たけれど, 見たの, 見て, 見ぬふり, 見ました, 誠につまらない, 誤りで, 身の, 迷いあちこち, 迷いして, 違う, 金を

▼ 考えから~ (232, 0.7%)

8 では, 彼は 5 私は 4 すると 3 すれば, 出発し 2 いうと, して, だった, だと, 出たもの, 半蔵は, 無理やりに, 自分の, 見れば, 言えば

1 [181件] ああし, あらゆる, いくらかずつ, いたずらに, いつもはなれない, お松を, かえって造花, かように, くるりと, こういう役, こういう行列, この小さな報告書, しきりにお許し, したこと, じゃ, すべての, そう思う, そのまま今日, そのよう, その夜, その密会所付近, その年, その日, それと, それらを, たとえば家, だが, だれよりも, だろうけれど, ついつい荒療治, であった, であったこと, であったろうか, である, できたもの, でしょうか, でなくとも, でなくどう, でなく当人, でも, で先ず, で御座います, で羊頭, なかなか機械, なかなか脱, なの, なん, ぬけなかったこと, のがれたが, のがれること, ひたすらに, ひとつ現代の, ふと醒め, ほとんど未定稿, まず山中ただ一つ, むしろ死に, もしあの, もしプロレタリア, やったこと, やって, ゆくと, わざわざお, われわれのと, ジャンブ州という, ヒントを, 一つの, 一生懸命に, 一番嫌いな, 一種の, 一首の, 上書を, 世俗的な, 事業を, 云えば, 今すぐ, 今日の, 仕事の, 以上の, 余は, 僕は, 先に, 入って, 全く外, 全然遠ざかっ, 共存者に, 冗談まじり, 出たこと, 出たに, 出たの, 出た投稿, 出る, 出ること, 出るの, 出来るだけ, 出発したい, 出羽守とっさに, 割出して, 努めて, 動いたこと, 千三は, 善心に, 国法を, 土地に, 基金募集に, 変ったこと, 大あゆ, 官公庁の, 実験を, 導かれた電気, 少なくも原理, 尾瀬と, 市民に対して, 平然といい出し, 広く人類, 度々は, 引き止められた, 影響される, 彼女は, 思いついたどこ, 悪者どもは, 悲しき愛情, 抜け出ようと, 持久戦争の, 撰択した, 敢えて世, 明治二十四年の, 書きしるして, 最初は, 月五円の, 本年の, 本質的には, 来て, 来る, 来る困難, 杵築の, 次の, 正面からは, 水とは, 決まったもの, 決定したい, 浮き出しそう, 物の, 申しますると, 直されねば, 看護婦に, 真直を, 矮鶏は, 碩寿翁様には, 私の, 種々な, 突くとも, 素人の, 編出された手品, 羊を, 義勇と, 聞くの, 脱け, 脱して, 脱却し, 自分を, 致しました事, 芸術に, 苦痛や, 荒皮を, 蔵元屋の, 親爺は, 賓客のて, 起きる努力, 起ったの, 路傍の, 身縁の, 軽はずみな, 逃げて, 逃げ出しかかって, 通禧らは, 金を, 釘と, 長日性である, 集まって, 離れようと, 電話れんらくによって

▼ 考えよう~ (141, 0.4%)

21 がない 7 がある 6 に依っ 5 がなかっ, によれ, のない, もない 4 はない, もある 3 が無い 2 がありません, では, ではこれ, ではなかなか, によつて, による, もあった, をし

1 [60件] がいっそ, がなくなっ, が少し, が悪い, が無くなった, であったでしょう, である, でそれ, でどう, でどうにも, ではおそろしい, ではすべて, ではどの, ではない, ではみじめ, ではむしろ甚だ, ではもう, では一番基本的, では一筋縄, では人生, では仕事, では伝吉, では何, では侮辱, では却って, では恐ろしく, では指, では横着, では機械, では父, でもしか, で威勢, で面白い, で駄目, にある, になる, にもそったら, にもちょっと, にも貴い, に依れ, に迷った, に隔たり, はありません, はありゃせん, はあるまい, はないだろう, はなかっ, はなかろう, は次第に, は無い, もあり, もありません, もおのずから, もしよう, も違う, をこばみ, をする, をすれ, をブルジョア, を憚

▼ 考えてから~ (127, 0.4%)

9 答えた 8 言った 7 答えました 6 いった 4 云いました 3 彼は 2 やっと答えました, 云った, 仕事に, 答えて

1 [82件] あいまいな, あがって, あすは, いうが, おもむろに少年, こう言った, これまた, こんどは, ご返事, さびしそう, しっかりした, その扉, その電鈴, それは, でなければ, なさらないので, はじめて悟っ, はっきりいった, はっきり答えました, ひどく気, またその, また火鉢, また言いました, ものを, もの思う, やおら御, ようやく私, パーヴァに, 不意に, 事に, 云いや, 云ひました, 人生を, 今一度話し, 切り出した, 勇を, 同意する, 向うの, 商売に, 喋ること, 大きく笑い, 小声で, 小石を, 左の, 幾分気, 彼女は, 御返事する, 急に, 恥か, 承諾の, 日取, 是非とも光子さん, 最近昼休みなどに, 木村に, 椿の, 次の, 決めても, 申しました, 穏やかに, 立上った, 笑うという, 筆を, 続けた, 老婢を, 自分の, 行った, 言いました, 言い出す, 言うが, 言わなくちゃ, 言葉を, 訊いた, 訊き返した, 説明する, 質問した, 返事し, 返事した, 遂に云い出し, 間もなくの, 附けたした, 陰気な, 題を

▼ 考え~ (109, 0.3%)

3 一致する 2 いうほどの, 一致し, 私の

1 [100件] あっては, あとの, いかに良く, いたしましては, いわねば, うその, うらはらに, おかみさんの, かなり激しく, くいちがって, この様, この考え, しからざる考え, したら自然, して, そのとき, それを, そんなこと, ぞんじますが, ちがったふう, どうしても別れる, どうも区別, どうも合っ, どこも, どんなにぴったり合わない, はたらきで, ぴったり調子, ぶつかる過程, ほとんど一致, またいま, みえます, みえ主人, もがき死んで, もし両立, 一分一厘違いありません, 一緒に, 一致せぬ, 于禁の, 云うより, 云っても, 人間の, 仕事を, 他人の, 元子が, 先輩に対する, 六十年後の, 判事さんの, 到底一致, 参考斟酌し, 叡慮とによって, 同じくその, 同じく印度, 同じく融け去る, 同じで, 同じところ, 同じもの, 同じ意味, 同じ考え, 同様に, 啓さんの, 四囲の, 多情多感な, 大した相違, 大乗的な, 妻の, 希望とを, 引きくらべて, 彼等との, 思います, 思えるよう, 思われる, 意気とを, 戦わねば, 打合わせて, 折れ合うよう, 政吉の, 方法が, 最初の, 正反対です, 正反対の, 歴史の, 消極的な, 私などの, 種々な, 結びついて, 編み交ぜられて, 義雄の, 自分の, 見え右手, 見え思い切って, 覚悟は, 観察とで, 解して, 言うべし, 言ったって, 話を, 違うからと, 関係なし, 非常に, 食い違って

▼ 考え~ (100, 0.3%)

4 が, な, ね 3 と思います, よ 2 がそれ, と, と思いました

1 [76件] え, お浦, かは彼, から不可, から仕方, から君, から往来, から必ず, から是非真空管, から武蔵, から私, か分らなく, か架空, か知らない, がさらに, がどこ, がなお, がね, がははは, がまだ, が作者, が当の, が書面, が火, が直観, が誰, けどこの, けどねえ私, けれどそれにしても, けれどもからだ, し追想, そうだ, そうである, そうです, そこは, それでもい, ぞ, ということ, というの, というタテマエ, といっ, といわなく, とそれ, ととかく, とは思う, とは承知, とみんな賛成, とやっぱり, とわたくし, と云う, と仰っし, と仰言っ, と何十人, と君, と思い, と思っ, と思われます, と意識, と手, と最大質量, と私, と私たち, と言っ, と言わね, と訣, と話した, と飛ん, なと云った, なと思っ, なんてお, なア, わそう, アから, ッ, 成程, 誇張が

▼ 考えです~ (86, 0.3%)

36754 かな 3 が, よ 2 がね, わ

1 [24件] かお父さん, かしら, かね, かの, から国民, から寝道具, があいつ, があの, がね餘計, が世の中, が私, が裏, けど, けどヘタ, けれども, けれど私, し他, な大丈夫, ねえ, ねへへ, もの, よおそらく, よギーザ先生, わね

▼ 考え~ (71, 0.2%)

14 んです 12 んだ 10 のです 6 のである 5 のだ 4 のだろう 3 の, のか, のでしょう, んだろう 2 のさ 1 のじゃ, ので, のであった, ので御座いました, はれや, ほしひとつ了見

▼ 考え深い~ (67, 0.2%)

2 人だ, 様に, 目つきを, 目を, 目色を, 眼を, 顔付を

1 [53件] いくたび, か或は, ことでした, ことばの, しまった調子, という性質, ところで, ところも, なんて事, にこやかな, また臆病, ものでない, ような, よく気, リット少将は, 人であった, 人に, 人の, 人達が, 先輩の, 娘に, 快活で, 思金神が, 悲しみでは, 意見である, 感傷家なら, 方でいらっしゃいまし, 方でなく, 時を, 普通の, 様な, 正二郎は, 気質を, 法王が, 父親が, 狡猾そうな, 生まれつきだった, 生活を, 疑惑との, 目つきで, 目つきに, 目で, 眼つきで, 眼であった, 眼付を, 眼差で, 石頭である, 者が, 者だったら, 興味を, 調理法によって, 顔つきを, 顔付き

▼ 考え~ (62, 0.2%)

33 そうに 26 そうな 1 さと, すぎるいくじ, んでいるらしかった

▼ 考え~ (61, 0.2%)

8 る, るべきもの 6 るる 5 るべきである 4 るるの 2 るるが, るるに

1 [26件] あ, るべきか, るべきこの, るべきであると, るべきであるならば, るべきであるのに, るべきであろう, るべきでそれ, るべき世界, るべき事, るべき問題, るべき多く, るべき門外漢, るること, るるごとく動物, るるだろう, るるなり, るるので, るるもの, るるよう, るる塵袋, るる宇宙線, るる空想, るる美, るる限り, るれども

▼ 考えその~ (59, 0.2%)

4 ために

1 [55件] ことは, じゃまに, ためには, ためますます, ため一層, とき殺され, ひとりの, もつれを, ような, オムニブスの, 一部または, 不合理と, 中に, 人生が, 仕事に, 作者紫式部の, 先を, 全面に, 具体的な, 報酬に, 場合の, 夜お, 女が, 娘を, 実現を, 後方で, 心の, 意味で, 意義の, 憐れな, 所在が, 手紙を, 手配を, 晩は, 服地や, 架空の, 機会を, 正体を, 点で, 理想の, 理法の, 理由から, 理由を, 理解に, 発生の, 真の, 知人を, 空間の, 精神が, 老人が, 考えを, 行動を, 見えざる眼, 見当が, 近くに

▼ 考えには~ (47, 0.1%)

3 なりませんか 2 少しの

1 [42件] あまり乗り気, あまり気乗り, いえつまり, いつも大胆, いわゆる, おかまいなし, おろそかでない, お嬢さんを, この家, この教え, この点, この辻斬, すべて無, その時, どうせ滑稽, なかなか大胆, ならないでしょう, ならないですか, 伸子を, 何らの, 信ずること, 十分同感が, 学者政治家などという, 少々異論, 悩まされなかった, 成と, 捕る方, 教えられるところ, 日本世界中の, 服従し, 武蔵野の, 毫も上らなかった, 決して根拠, 深田の, 無理が, 異議が, 西洋にのみ, 賛成できない, 違いありませんけれど, 間違いは, 非常に, 面を

▼ 考え~ (42, 0.1%)

4 がったな 2 がった

1 [36件] あるいは人, お苦しみ, が十姉妹, して, そういう二つ, それに, ときどきぱっと眼, なんかが, また反対, また幼い, やりかた, わいが, アがった, 偏見などを, 元子排列の, 希望の, 希望や, 彼の, 彼自身の, 感じが, 感じを, 感動を, 本能などは, 様子が, 気持も, 気持を, 私達の, 胸に, 臆測を, 自分の, 行動の, 言葉が, 言葉には, 言葉も, 言葉よりも, 身振りなどの

▼ 考えとは~ (41, 0.1%)

3 違って 2 まるで反対, 反対に

1 [34件] あべこべであった, いえぬよう, いわれないであろう, かなりまで, すっかり同じ, そのお爺さん, だいぶ相違, ちがいます, どういう考え, どうも一致, どんなこと, なれて, まったく逆, よほどの, 一致しない, 一致せず, 全くちがっ, 全く独立, 全く背馳, 同一仕かねる, 外でも, 大いに異なった, 天地の, 少し違う, 思えなかった, 思えぬ妄想, 次の, 相容れないもの, 色々の, 言えないよう, 違うが, 違った考え, 非常に, 頭が

▼ 考えそれ~ (39, 0.1%)

1 [39件] から突然, から言いました, があたかも, がひどく, が不可能事, が全然, が更に, が気の毒, が自分, だけで出す, でありながら, について素子, にはおなか, にはできるだけ, によって東洋人, によって証拠, に基い, に好奇心, に対し勝, に腹, はなる, はまさしく, は僕, をおそれ, をここ, をつりあげた, をできるだけ, を伺う, を信じきらず, を天, を女, を家康, を彼ら, を欠かさず, を武蔵, を父, を相談, を私たち, を自分

▼ 考えまた~ (37, 0.1%)

1 [37件] いくらかの, いくらか理想, いろいろの, お前たちを, そういうふう, そのこと, その光景, は解せられ, ぱっと打ち開き, 人に, 厳島を, 取り出して, 君枝の, 地球と, 夫として, 客の, 容易に, 彼らの, 感じたこと, 書いた私, 最も重要, 最終戦争論に, 楽しみを, 母親の, 物質や, 生きること, 知りたいと, 私は, 考える, 自分の, 行うところ, 行おうと, 見ましたが, 語りうる能力, 財布を, 酒を, 食料の

▼ 考えつつ~ (35, 0.1%)

3 歩いて

1 [32件] あること, あるとき, ある思想, しきりに盃, その表情, ひかれひかれつつ, 一層勢, 三吉は, 二つの, 今は, 作って, 俺は, 女房の, 学ぶこれ, 家に, 引き返え, 彼は, 懊悩の, 歩くこと, 溜息を, 生きるであろう, 私は, 立離れた, 自分は, 英知の, 茫然として, 行く, 行動し, 行燈を, 身を, 馬に, 黙然と藪道

▼ 考えという~ (35, 0.1%)

10 のは 6 ものは 4 ものが 3 ものだ 2 もので 1 のが, のはね, もの, ものかも, ものである, ものの, ものを, もんじゃ, やつを, 形式に

▼ 考えそう~ (33, 0.1%)

10 なこと 3 して 2 な事

1 [18件] だな, だろう, であったならば, でそういう, な, なこった, なこつた, なたわい, なもの, なるため, な筋道, な話, な謀略, 思って, 決心を, 生活し, 矢継早やに, 考えること

▼ 考えちがい~ (33, 0.1%)

7 をし 32 でした, をされ

1 [19件] かもしれない, するの, だったこと, でござる, ですよ, ではなかっ, でガロフォリ, で婦人, にあらせられた, のない, やぜ, よ, をしない, をする, をなさらない, をなす, を恥じざる, を謝, 芸術が

▼ 考えである~ (33, 0.1%)

1 [33件] か, かといわゆる, かも知れませぬ, かも知れません, か少し, が, がこれ, がそれ, が其処, が其許, が名文名文, が御, が絶対, が貴公, ことが, ことは, ことも, ことを, ためか, といい, とねこ, とみずから, と思います, と思う, と読まれる, に違い, のだ, ゆえ本来なら, ように, わけは, クリスチャンなどは, 恋人の, 由を

▼ 考え~ (33, 0.1%)

22 です

1 [11件] だ, だそう, であった, である, ですが, というの, なら別に, なん, には声, のもの, よ

▼ 考えちゃ~ (32, 0.1%)

2 いけません, いない, 駄目だ

1 [26件] いかん, いかんの, いかん君, いけない, いけないお父さん, いけないの, いけないわ, いけないわよ, いけないん, いけません静か, いたん, いないの, いないよ, いないわね, いや, いられないよ, いられなかったからね, おりません, くれないん, どっちも, もう駄目, アいけない, アいない, ア困ります, 下さるまいか, 困るよ

▼ 考えだった~ (31, 0.1%)

4 のです 2 のだ, のである, のでしょう, ものだろう

1 [19件] かと思います, かも知れない, から, からこの, からでしょう, がこう, がその, がもう, が永遠, しわたし, にも拘らず, ので幕府, のよ, ほどです, ようである, ようです, んじゃ, んだ, んでがしょう

▼ 考え~ (31, 0.1%)

2 を感じ

1 [29件] かほか, から手, かを描い, か書い, か激しく, か眼, か自分, に基づき, の不平, の苦労, も知らぬ, よりも自殺, をしよう, をする, をどう, をやっ, をプロゼック, を云った, を企ん, を志向, を怖, を思いついた, を悩ん, を意志, を欲, を求め, を生徒, を致そう, を計画

▼ 考え自分~ (30, 0.1%)

2 の慈善的感情本位

1 [28件] がとんでも, がもとめ, が彼, が自分, で判断, で持っ, で責任, ながらもその, に不安, の仕事, の作品, の作家, の力, の名誉, の小遣い位, の心, の感じてる, の気持, の立脚地, の言葉, の霊魂, の頭, の鼻, はこれからどう, はもう, は一般, を処し, を考え

▼ 考えてばかり~ (29, 0.1%)

2 いて, いるが, いるん, いる人

1 [21件] いた, いたが, いたって判る, いたところ, いたので, いらっしゃるじゃ, いる, いるうち, いるの, いるもの, いるよう, いる子, いる種属, おります, 入らっしゃる, 居たの, 居なさるが, 居る, 居るよ, 居るん, 居る様

▼ 考えなら~ (29, 0.1%)

2 ばわたし

1 [27件] あたしは, あなたは, あんなにまで, おいでくださる, お友だち, こっちにも, しばらくお待ち, それも, なにも, ばあなた, ばいかにも, ばもう一度, ば何卒, ば使い, ば潜水艦戦, ば私, ば適当, ひとりで, まことに滑稽千万, よく気, 三人の, 何で昨日, 勿論やらない, 天下の, 或は変る, 私と, 私の

▼ 考えであった~ (27, 0.1%)

2 のだ

1 [25件] か, かその, かも知れない, からしばらく, から唯物論, か判らん, がその, がそれ, がただ, がたまたま, が同時に, が屋島, が発表, が開戦後, ことは, し八雲様, そうである, という, と見える, のかと, のが, のであります, のである, のでした, のです

▼ 考えでも~ (27, 0.1%)

2 あるの

1 [25件] あった, あったであろう, あったの, あったよう, ありますわ, ありません, あり節子, ある, いちいちこうして, いましたので, このこと, した末, する様, ですが, なかった, なかったでしょう, 出そう, 太陽系の, 尠く, 持ちあるいは, 水墨と, 湧きましたか, 無事でいられた, 起こしてはと, 逐うかの

▼ 考え~ (25, 0.1%)

7 がない 3 に依っ 2 に依れ

1 [13件] があった, がありますまい, がありません, だ, であります, ともしない, によってはこの, によってはその, によっては偶然聴衆, によっては心臓, によっては物, によっては甚だ, によっては親父

▼ 考えにも~ (23, 0.1%)

2 私は

1 [21件] いろいろの, うなずくこと, かなり独自, ここで, なかッた, なったの, なったん, ならなかったの, なるの, まったく合致, もう頼っ, 入れて, 及ばないこと, 及ばない不可能事, 及ばなかったが, 想像される, 成程, 打ち消されずに, 無理の, 考えた末, 通じるもの

▼ 考えさえ~ (21, 0.1%)

9 すれば

1 [12件] かつて起こした, したの, したほど, したよう, しなければ, 容易に, 幽かに, 彼には, 持ちましたこと, 浮かんで, 直すなら普通, 起こって

▼ 考えしか~ (21, 0.1%)

6 持って

1 [15件] いだいて, ない, ないから, ないの, もう持っ, もたず一つ, もたなかった, もたなかったすなわち, わたしは, 一向に記憶, 切羽詰って, 存すべからざる時, 持たないという, 持たなかった, 見て

▼ 考えての~ (21, 0.1%)

2 ことで, ことな, ことらしい, 上の

1 [13件] ことだ, ことだろう, ことであったろう, ことであろう, ことでした, ことです, 上で, 上では, 事かも, 使い方です, 悪戯か, 母と, 美談佳話で

▼ 考えどおり~ (21, 0.1%)

1 [21件] この作者, で好い, な心, にする, になさる, にならない, になりました, になります, にはならない, には捗行かぬ, にものごと, に巧, に来なかった, のこと, の答え, やって, やるならやって, をその, を述べる, 進むこと, 運ぶよう

▼ 考えながらも~ (21, 0.1%)

1 [21件] それを, はっきりと, やがて人生, やっぱり苦しい, やっぱり金, やはり奥さん, やはり引きつけられ, わざわざ見, 僕は, 叔母が, 圭子には, 宮川茅野雄は, 彼には, 彼を, 彼女の, 流石に, 物思わしく, 自白すれ, 若しあの, 赤羽主任は, 足取

▼ 考え考え~ (21, 0.1%)

1 [21件] あぐみ木立, あぐんで, いいました, が決った, そうして大概, その正体, ただ自分, なぞの, ふらふらと, ゆっくりと, わくわくし, ホーキン氏は, 云った, 佇みながら, 何か, 吸い込みながら, 幅広い階段, 話を, 足し足しして, 迷って, 進む

▼ 考え通り~ (21, 0.1%)

1 [21件] に, にし, にする, になった, になりました, にはさせ, にもゆかず, にゆく, に一徹, に仕事, に任せる, に出来た, に取計らいました, に海端, に発展, に簡単, に行く, の夫, の結婚, やって, を遠慮なく

▼ 考えがち~ (20, 0.1%)

4 だが 3 であるが 2 だった, であった, であったいわば, である 1 がつて, でありました, なの, になる, のもの

▼ 考えこの~ (20, 0.1%)

2 主義より

1 [18件] うえは, なかから, 一文を, 一粒も, 一週間の, 人の, 人民を, 信仰の, 児には, 大地は, 学乃至, 感じは, 数ヵ月の, 時期において, 生は, 目的の, 自分の, 際もう

▼ 考えそして~ (20, 0.1%)

2 出来るだけ

1 [18件] こう考える, これを, そのよう, それに, それを, どうやらこうやら, むすこを, もし人口, 一同は, 人間は, 何を, 哲学をば, 山々を, 彼女が, 本格的な, 段々調査, 考え終ると, 自分の

▼ 考えなし~ (19, 0.1%)

1 [19件] であること, でおす, でもその, で随分, とはいわぬ, な行動, に, にここ, にした, にやりかけるせ, にポンポン, に只一寸, に荷物船, に行っ, に言った, に身体, のこと, の大, の至り

▼ 考えかも~ (17, 0.1%)

4 知れない 3 知れませんが 2 しれない, 知れないが 1 しらん, しれなかったが, しれぬ, わからねえ, 知らんが, 知れんが

▼ 考えじゃ~ (17, 0.1%)

4 ないか

1 [13件] ありませんな, いくらか借り, こんな事件, どうも冗談, ないね, ない考え方, なくて, わかりませんよ, アオレの, ア一人娘を, ア殺す, ア関取は, 芸者買は

▼ 考えとしては~ (17, 0.1%)

1 [17件] おおでき, そういう危険, それが, ですね, どうしても若井氏, 利休により, 喪章を, 困窮も, 大気中の, 彫刻界の, 正しい, 母の, 無論一時, 百姓の, 皇帝の, 船の, 解って

▼ 考え深く~ (17, 0.1%)

1 [17件] させられる, それを, て, ないからね, ない何, なったじゃ, なって, 思ったもの, 意味深長である, 手も, 水漬り, 目を, 眺めないでは, 自分で, 見詰めて, 附け足しました, 陰性だ

▼ 考えてや~ (16, 0.0%)

3 がる, しない, しないよ 1 しないただ, しないだろうがさ, しないの, しないん, しない金, しなかったろうな, 独り少し

▼ 考えなどは~ (14, 0.0%)

2 少しも

1 [12件] あの大震災, ちっともなかっ, とうてい善意, ないの, ひねくれた心, 全くない, 合理的な, 忽消え失せる, 無意識に, 現在の, 病人の, 起す暇

▼ 考えにくい~ (14, 0.0%)

2 のである

1 [12件] うえに, が或いは, ことであり, ですから, と思われた, のだ, のでそれ, ので信州, のにそれ, のね, ようだ, 点も

▼ 考えこんだ~ (13, 0.0%)

3 ように 2 ような 1 がこの, がそこ, がその, じゃない, ままだ, まま顔を, 様子で, 顔で

▼ 考え一つ~ (13, 0.0%)

2 でどう

1 [11件] がほとんど, できまる, でさも, では備中備後, で勝手次第, で抜け出る, によって命, に任せ, の事件, の方法, を抂げ

▼ 考えあるいは~ (12, 0.0%)

1 [12件] この矢代, もう一歩, 何か, 国家の, 愛したところ, 感じて, 物質的な, 狐狸の, 直ちにピカソ, 竜門の, 顔の, 鬼門方位に

▼ 考えそこ~ (12, 0.0%)

2 に主 1 いら, からまた, から何, から抜け出そう, で思いきっ, にある, にもう, に働く, に日本精神, に死ぬる

▼ 考えでしょう~ (12, 0.0%)

61 あいにく私たち, かなんだか, がこれ, が実際, ね, ねしかし

▼ 考えとして~ (12, 0.0%)

1 [12件] お若, そのあんた, どうも後藤氏, 叱られた, 奥に, 心に, 檻の, 正しいか, 申し上げた次第, 私は, 自分の, 飽くまで責任

▼ 考え~ (11, 0.0%)

1 [11件] え, しらぬが, たって, 光悦までが, 分らなかったけれど, 存じませんが, 知らないが, 知りませんが, 知んねえが, 秀吉との, 門之

▼ 考えてか~ (11, 0.0%)

1 [11件] こうと, さいぜんから, ソーダ水を, 利休の, 埒も, 峰丹波岩淵達之助等々力十内ほか十五人ほどの, 或は激昂, 浅草の, 近寄ると, 重ねて, 高氏は

▼ 考えやすい~ (11, 0.0%)

3 のは 1 ことで, ことであります, ことである, のである, のです, 事である, 傾向などをも, 方を

▼ 考え~ (11, 0.0%)

1 [11件] その文芸評論, それから, それを, リンゴ召上れ, 当時既に, 感じたこと, 感じ押して, 書きつづけその, 物を, 特にパーセンテージ, 考え込ませられて

▼ 考えとが~ (10, 0.0%)

1 いっしょに, ごたごたと, ひとつに, 僕の, 少しも, 必要な, 永く真価以上, 結びついて, 頭の, 食い違った時

▼ 考え~ (10, 0.0%)

1 および私, がいない, が今, にもはっきり, に弟子入り, のいつも, はしゃべった, はともかく, は会, は欲望

▼ 考え~ (9, 0.0%)

2 互が 1 互の, 化粧や, 悩みなど, 梅は, 通の, 通は, 顔を

▼ 考えかつ~ (9, 0.0%)

1 このとき, これらの, しずかに, それを, は真面目, は空想, 信じて, 自然について, 行おうと

▼ 考えこれ~ (9, 0.0%)

1 がため, が生き, が近代文明, でよい, で万事きり, によって法, に加, はいわゆる, もまた

▼ 考えだけは~ (9, 0.0%)

2 述べて 1 ついぞこれ, 一応明, 一日も, 一致し, 急いで, 捨てて, 立派な

▼ 考えでございます~ (9, 0.0%)

31 からどうか, がそうして, けれども実際, こと大方, どうかし, な

▼ 考えなど~ (9, 0.0%)

2 した, して 1 けし飛んで, すると, なさりは, なさるもの, 無事には

▼ 考えばかり~ (9, 0.0%)

1 してる父, だ, だった, では, ならもっと, 思いだされ顔, 泛ん, 繰り返し頭脳, 起ッて

▼ 考えまわし~ (9, 0.0%)

1 ていた, ている, ているらしかった, てみた, てみます, てみる, て泰造, て行く, ガスの

▼ 考え乍ら~ (9, 0.0%)

1 この娘, それでも生垣, やって, 乗ったタクシー, 出来るだけ, 小さい燭, 或こと, 歩んで, 過ごしたの

▼ 考えつめ~ (8, 0.0%)

2 ていた 1 て, ている, てもう, てゆく, て行け, ながらもお

▼ 考えてからに~ (8, 0.0%)

2 しよう 1 いたします, したらよかろ, した方, しなさいよ, します, すれば

▼ 考えてさえ~ (8, 0.0%)

1 いないよう, いらっしゃらなければ, いること, いれば, ゾッとしず, 分らぬ程, 夢だ, 恐ろしかった

▼ 考えであっ~ (8, 0.0%)

2 て曲りくねった 1 てそれ, てほしい, てもただ, て偉大, て天文学, て若い

▼ 考えであろう~ (8, 0.0%)

1 か, かと母, がヘーゲル, が私, と一ばん側近, と思います, と思う, と思われる

▼ 考えどんな~ (8, 0.0%)

2 風に 1 ことを, ものを, 事を, 研究を, 行動を, 要職を

▼ 考えより~ (8, 0.0%)

1 して, はるかに, ほかに, 一つだけ, 先へは, 出て, 困難の, 安全な

▼ 考えじゃあ~ (7, 0.0%)

1 あるまいと, おかみさん, この一件, ざあっと一雨来ます, どうも妹, 久兵衛を, 政府当局は

▼ 考えであります~ (7, 0.0%)

1 か, から向後, から夫婦, から用, が向う, が小生, けれど学者

▼ 考えでした~ (7, 0.0%)

1 か, からとうとう, がそこ, が小林君, けれどもそういう, こととは, ね

▼ 考えなり~ (7, 0.0%)

2 しに 1 判断なりを, 喋り方, 希望なりに, 筆なりを, 行いなりを

▼ 考えによって~ (7, 0.0%)

1 わざとかくれ, 上品な, 伏兵に, 作りあげたもの, 整理し, 私にも, 編みだされた方法

▼ 考え得ら~ (7, 0.0%)

2 るべき最悪 1 るべきあらゆる, るべき多種多様, るべき最, るべき最も, るる場合

▼ 考え次第~ (7, 0.0%)

2 でどう 1 ではまた, では第, で小幡, によって解釈法律学的, のこと

▼ 考えあぐんだ~ (6, 0.0%)

2 末に 1 あげく故, から日の出, のちはたと, 末桂介は

▼ 考えかと~ (6, 0.0%)

1 いう, 僕に, 思う, 思うて, 思われる, 煎じつめると

▼ 考え~ (6, 0.0%)

2 されるの 1 え又, されて, したの, するの

▼ 考えだけ~ (6, 0.0%)

1 だった, であれだけの, でなくそれ, では, で人間, ならなん

▼ 考えつき~ (6, 0.0%)

2 の事 1 であると, と与, になりました, になる

▼ 考えであり~ (6, 0.0%)

1 いわんや減少, だからそれ, より以上仕事, アパリの, 佐々木基一も, 孤独が

▼ 考えどころ~ (6, 0.0%)

1 だ, だぞ, でございますよ, でしょう, では, の有る

▼ 考えなんか~ (6, 0.0%)

1 あるもん, 何の, 毛頭ありませんでした, 知らない未亡人, 笠の, 聞こうと

▼ 考えよりも~ (6, 0.0%)

1 ずっと男らしく, むしろ自分自身, もっと深い, より, 自分は, 試験及第が

▼ 考え~ (6, 0.0%)

2 の生 1 の命, は心的, を見る, を観る

▼ 考え勝ち~ (6, 0.0%)

2 である, なの 1 だったの, でございますが

▼ 考え~ (6, 0.0%)

1 が実行, のいわゆる, の親戚, は次, は眠っ, も不

▼ 考え従って~ (6, 0.0%)

1 あたかもすべて, しばしば衣住, その人, 五条川が, 常に労働者, 所謂自然そのものには

▼ 考え考えし~ (6, 0.0%)

1 てぐずつく, て一字, て歩い, ながら書い, ながら書き始めた, ながら答えた

▼ 考えあぐん~ (5, 0.0%)

1 でおる, でそして, では彼女, では思いつい, で椅子

▼ 考えそうして~ (5, 0.0%)

1 その実行上, もっぱら睡眠, 地球は, 大概の, 将来も

▼ 考えそれら~ (5, 0.0%)

1 が小さな, が或は, の, の町, をすべて彼

▼ 考えだろう~ (5, 0.0%)

1 か, とは思い, と思われます, と説明, などと詰らない

▼ 考えてでも~ (5, 0.0%)

2 いるよう 1 いらっしゃるよう, いるの, いるらしい地方

▼ 考えてね~ (5, 0.0%)

1 あなたも, 一時に, 切なく感じた, 新緑を, 私は

▼ 考えとの~ (5, 0.0%)

1 スケールの, 波に, 矛盾を, 間に, 関係も

▼ 考えとを~ (5, 0.0%)

1 ささげたその, 分けて, 比較し, 蔵め入るる, 記して

▼ 考えなさいます~ (5, 0.0%)

2 か, な 1

▼ 考えなども~ (5, 0.0%)

1 ついでの, 伝えられうっかり, 各地の, 最近に, 考えて

▼ 考えにては~ (5, 0.0%)

1 いずれも, 上の, 家の, 此点こそ, 精神が

▼ 考えまで~ (5, 0.0%)

2 起った 1 した, 甘やかしては, 起こった

▼ 考えよく~ (5, 0.0%)

2 するため 1 リンゴと, 想像力を, 落着き冷静に

▼ 考えらしい~ (5, 0.0%)

2 んです 1 がこの, のです, のを

▼ 考え~ (5, 0.0%)

1 まで度々, をその, を事実, を改めて, を脚色

▼ 考え初め~ (5, 0.0%)

21 から政権, たの, ぬ身

▼ 考え合せ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ては分解, てみる, て見るべき, て見るべきである

▼ 考え難い~ (5, 0.0%)

2 ことである 1 からハ行, ことが, 偶然では

▼ 考え~ (5, 0.0%)

1 に落ちこん, へ片手, や挙動, をし, を洗い

▼ 考えある~ (4, 0.0%)

1 んだ, 地方にては, 文句に, 者は

▼ 考えからか~ (4, 0.0%)

1 あるいはもっと, あるいは他, 一月ばかり, 知らんが

▼ 考えここ~ (4, 0.0%)

1 が大和, には三つ, には何一つ, に科学的認識

▼ 考えさえも~ (4, 0.0%)

1 しなかったが, つかなかった, 発生する, 頭に

▼ 考えしかも~ (4, 0.0%)

1 それは, ロビンソン風速計で, 何らか, 安らかな

▼ 考えそれから~ (4, 0.0%)

1 いよ, この楫, ぱちっと箸を, 寝床に

▼ 考えたりは~ (4, 0.0%)

1 しないよう, しません, するが, ほとんどしません

▼ 考えだけを~ (4, 0.0%)

1 押し通せば, 申し上げますと, 言うと, 話すから

▼ 考えだって~ (4, 0.0%)

1 いうじゃ, それは, 天の川だって, 起こるもの

▼ 考えつめた~ (4, 0.0%)

1 主張で, 末に, 果の, 顔つきを

▼ 考えてこそ~ (4, 0.0%)

1 人間を, 初めてそこ, 翌朝な, 階級意識も

▼ 考えでしたら~ (4, 0.0%)

1 この手紙, なぜもっと早く, 不吉な, 御一報

▼ 考えによる~ (4, 0.0%)

1 のである, またあなた, もので, ものな

▼ 考えまする~ (4, 0.0%)

1 とわたくし, に, には今日, に己

▼ 考えもん~ (4, 0.0%)

2 だな 1 だと, やぜ

▼ 考えやら~ (4, 0.0%)

1 叱咤鞭韃やら, 父が, 空想やらが, 考えの

▼ 考えをも~ (4, 0.0%)

1 含めて, 忍ぶこと, 構成しなかった, 申し述べるつもり

▼ 考えを以て~ (4, 0.0%)

1 しても, エタを, 世に, 通路は

▼ 考え一方~ (4, 0.0%)

1 ではまだ, にまた, に彼女, はその

▼ 考え~ (4, 0.0%)

1 でも同じ, なお大切, までも既に, まで此方

▼ 考え以外~ (4, 0.0%)

1 における私, に余念, のところ, の事

▼ 考え休む~ (4, 0.0%)

4 に似

▼ 考え判断~ (4, 0.0%)

1 し生きようと, し発言, する癖, する能力

▼ 考え問題~ (4, 0.0%)

1 たとえば暗号, ですが, を掲げ, を提出

▼ 考え彼女~ (4, 0.0%)

2 の心 1 より自分, を殺害

▼ 考え~ (4, 0.0%)

1 が動いた, の進まぬらしい, も顛倒, をしっかり

▼ 考え詰め~ (4, 0.0%)

1 その解答, たり何, ていた, ながらここ

▼ 考えあなた~ (3, 0.0%)

1 にも助け舟, のお, の故意とら

▼ 考えあの~ (3, 0.0%)

1 とおり水門から, 人に, 時機を

▼ 考えいかに~ (3, 0.0%)

1 多くの, 実験し, 感佩いたします

▼ 考えかた感じかた~ (3, 0.0%)

1 にも列, はまだ, は一般女性

▼ 考えからは~ (3, 0.0%)

1 寸毫の, 殆ん, 金吾の

▼ 考えきり~ (3, 0.0%)

1 もたなかった, 持たなかった, 持って

▼ 考えことに~ (3, 0.0%)

1 その点, ラインハルト夫人に, 慶喜が

▼ 考えすぎ~ (3, 0.0%)

1 だよ, では, ではないでしょう

▼ 考えすべて~ (3, 0.0%)

1 の現象, の総合的思索, を親

▼ 考えただ~ (3, 0.0%)

1 その徴候, 同種の, 自分の

▼ 考えだけが~ (3, 0.0%)

1 僕の, 生活の, 走つて

▼ 考えちょ~ (3, 0.0%)

21 るが

▼ 考えつつも~ (3, 0.0%)

1 何御用ぞと, 晴れやかな光った, 渡瀬は

▼ 考えてからの~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ことでした, ことに

▼ 考えてすら~ (3, 0.0%)

1 いた, いないであろう, 双生児らしい

▼ 考えとしても~ (3, 0.0%)

1 シナ政府には, 日光に, 発育未完な

▼ 考えどう~ (3, 0.0%)

1 したらあなた, 泣いて, 解決し

▼ 考えなかなか~ (3, 0.0%)

1 うまいの, にその, 決定いたしませんでした

▼ 考えなぞ~ (3, 0.0%)

1 うかんで, すこしもない, のよう

▼ 考えなどが~ (3, 0.0%)

1 それである, 年とともに, 蜜蜂の

▼ 考えなどを~ (3, 0.0%)

1 何もかも大沢, 起すこと, 頼りたがった覚

▼ 考えなれ~ (3, 0.0%)

1 ている, ばこそ今, ばなぜ

▼ 考えなんぞは~ (3, 0.0%)

1 ないの, 君には, 毛頭ないばかりか

▼ 考えについて~ (3, 0.0%)

1 われわれは, 十分に, 注意を

▼ 考えにばかり~ (3, 0.0%)

2 心を 1 駆られつつ

▼ 考えにまで~ (3, 0.0%)

1 及んで, 吾, 滲潤し

▼ 考え~ (3, 0.0%)

1 いつも一応そこ, えが, ならぬ

▼ 考えばかりが~ (3, 0.0%)

1 先走って, 歌にも, 残って

▼ 考えばかりに~ (3, 0.0%)

1 気を, 没頭し, 突きあたっては

▼ 考えめぐらし~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て見なけれ

▼ 考え他人~ (3, 0.0%)

1 のいう, の労苦, の安眠

▼ 考え初めて~ (3, 0.0%)

2 いた 1 いた熱海検事

▼ 考え~ (3, 0.0%)

1 い長い, うのに, わねばならなかった

▼ 考え少し~ (3, 0.0%)

1 は芸術的, 室を, 苦しみそれ

▼ 考え~ (3, 0.0%)

1 に向っ, を見れ, を越す

▼ 考え廻らし~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていたらしい, ている

▼ 考え批判~ (3, 0.0%)

2 して 1 せられなければ

▼ 考え推測~ (3, 0.0%)

1 して, すること, するの

▼ 考え日本~ (3, 0.0%)

1 から言え, の未来, はこの

▼ 考え易い~ (3, 0.0%)

1 からです, それが, 年頃であり

▼ 考え次に~ (3, 0.0%)

1 この場合, それを, 保子の

▼ 考え~ (3, 0.0%)

1 として分別, の心持, らしい英断

▼ 考え沈ん~ (3, 0.0%)

3 でいた

▼ 考え沈んだ~ (3, 0.0%)

1 姪の, 様な, 風で

▼ 考え~ (3, 0.0%)

2 は物 1 が鼠

▼ 考え直し~ (3, 0.0%)

1 を, を願いたい, を願われぬであろう

▼ 考え研究~ (3, 0.0%)

1 し秩序, する人間, する能力

▼ 考え自由~ (3, 0.0%)

1 に行いうる, に行い得る, に行わしめ

▼ 考え行動~ (3, 0.0%)

1 がいつも, して, するし

▼ 考え通し~ (3, 0.0%)

1 ていました, てきっと, てみました

▼ 考え遊ばし~ (3, 0.0%)

1 て, てこん夜, て御

▼ 考えああ~ (2, 0.0%)

1 云い今, 当てて

▼ 考えあぐね~ (2, 0.0%)

1 ている, てけっ

▼ 考えあれこれ~ (2, 0.0%)

1 と不満, と名人

▼ 考えいや~ (2, 0.0%)

1 それも, になり

▼ 考えいわゆる~ (2, 0.0%)

1 世界像の, 人生観と

▼ 考えおよび~ (2, 0.0%)

1 ませんでした, 災禍害悪には

▼ 考えかく~ (2, 0.0%)

1 て彼, のごとく

▼ 考えかたそのもの~ (2, 0.0%)

1 が, のつづき

▼ 考えかたは~ (2, 0.0%)

1 なんて驚く, 正しく英国

▼ 考えからも~ (2, 0.0%)

1 きのうまでの, 自分は

▼ 考えくだす~ (2, 0.0%)

1 って住居, って私

▼ 考えこそ~ (2, 0.0%)

1 いかなる意味, 人間として

▼ 考えさまざま~ (2, 0.0%)

1 に談合, の困難

▼ 考えすらも~ (2, 0.0%)

1 ないの, 持って

▼ 考えそういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 限度を

▼ 考えそっと~ (2, 0.0%)

1 起きあがって, 起きて

▼ 考えそのもの~ (2, 0.0%)

1 がだめ, は強

▼ 考えそんな~ (2, 0.0%)

1 ものが, 負けず嫌いな

▼ 考えただちに~ (2, 0.0%)

1 これが, 時日まで

▼ 考えたりなど~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ 考えだけで~ (2, 0.0%)

1 慄え, 遊びを

▼ 考えちがいなすっ~ (2, 0.0%)

1 てそんな, て入

▼ 考えついに~ (2, 0.0%)

1 はその, 世の中に

▼ 考えてかの~ (2, 0.0%)

1 女の, 村に

▼ 考えてからは~ (2, 0.0%)

2 私は

▼ 考えてだけ~ (2, 0.0%)

1 いるうち, だが

▼ 考えてな~ (2, 0.0%)

1 後生だ, 盗み出して

▼ 考えてなど~ (2, 0.0%)

1 いたら一歩, いない

▼ 考えてなんか~ (2, 0.0%)

1 居ないよ, 居らんらしい

▼ 考えでありまし~ (2, 0.0%)

1 てその, て冷静

▼ 考えでありました~ (2, 0.0%)

1 から母親, が事実

▼ 考えできるだけ~ (2, 0.0%)

1 早くリエ, 躊躇わせようと

▼ 考えでござる~ (2, 0.0%)

1 から, が

▼ 考えでなく~ (2, 0.0%)

1 平野君ごとき, 料理が

▼ 考えとしましては~ (2, 0.0%)

1 この先, 只今被

▼ 考えとても~ (2, 0.0%)

1 ございませぬ, なく自分

▼ 考えとらん~ (2, 0.0%)

1 とも限らん, 奴ばっかり

▼ 考えどこ~ (2, 0.0%)

1 か浮き浮き, へ流れ

▼ 考えなく~ (2, 0.0%)

1 ただ後日, 思い上がって

▼ 考えなされた~ (2, 0.0%)

1 の, のでご

▼ 考えなどには~ (2, 0.0%)

1 とんじゃ, 多少冷酷

▼ 考えなりは~ (2, 0.0%)

1 もはや死, 大都会

▼ 考えなん~ (2, 0.0%)

1 だあの, でも一つ辛抱

▼ 考えなんて~ (2, 0.0%)

1 あるはず, 聴いて

▼ 考えなんと~ (2, 0.0%)

1 いう浅ましい, かして

▼ 考えについては~ (2, 0.0%)

2 行かれなかった

▼ 考えにな~ (2, 0.0%)

1 つて, つていらつ

▼ 考えにゃ~ (2, 0.0%)

1 アなりますまい, 訳では

▼ 考えに従って~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, 等圧

▼ 考えはたして~ (2, 0.0%)

1 その仮定, 千余人からの

▼ 考えばかりを~ (2, 0.0%)

1 たまらない苦痛, 持つ人

▼ 考えひそか~ (2, 0.0%)

1 に敬意, に涙

▼ 考えふと~ (2, 0.0%)

1 いいこと, 電光の

▼ 考えほど~ (2, 0.0%)

1 チェーホフを, 岸本の

▼ 考えまたは~ (2, 0.0%)

1 偶然に, 取扱おうと

▼ 考えまだ~ (2, 0.0%)

1 千鶴子との, 革新が

▼ 考えみずから~ (2, 0.0%)

1 動く訓練, 望んで

▼ 考えめぐらした~ (2, 0.0%)

1 ことを, のだ

▼ 考えもし~ (2, 0.0%)

1 ある場所, 疑わしくば

▼ 考えようやく~ (2, 0.0%)

1 その案, 思い定めやしけんつと

▼ 考えよくよく~ (2, 0.0%)

1 考えずには, 考えたら家庭

▼ 考えわが~ (2, 0.0%)

1 ほうに, 有する種類

▼ 考えわし~ (2, 0.0%)

1 が越前, の今日

▼ 考え一時~ (2, 0.0%)

1 に総毛立つ, は殺意

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 すったでしょうか, すって

▼ 考え世間~ (2, 0.0%)

1 に出, をびっくり

▼ 考え今度~ (2, 0.0%)

1 の旅行, は遊食罪悪説

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 の人, の半分

▼ 考え何とか~ (2, 0.0%)

1 こじつけて, といわあ

▼ 考え作家~ (2, 0.0%)

1 としての自分, としての自己

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 に彼, の日

▼ 考え努力~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 考え単に~ (2, 0.0%)

2 世間は

▼ 考え又は~ (2, 0.0%)

1 あろうと, 少なくともそう喧伝

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 をきい, をききだした

▼ 考え同時に~ (2, 0.0%)

1 また事, 現在は

▼ 考え固定的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 に座し, の理

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 から内, へ出る

▼ 考え外交員~ (2, 0.0%)

2 ともなり

▼ 考え如何~ (2, 0.0%)

1 あるか, に導くべき

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 からも妻子, へ帰っ

▼ 考え将来~ (2, 0.0%)

1 の戦争, をおもんばかっ

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 いとあなた, くない

▼ 考え廻わし~ (2, 0.0%)

1 てみた, てみる

▼ 考え当らず~ (2, 0.0%)

2 候に

▼ 考え彼ら~ (2, 0.0%)

1 の感じなかった, の骨

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 の中, の底

▼ 考え悩ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 考え想像~ (2, 0.0%)

1 して, する力

▼ 考え愛し~ (2, 0.0%)

1 意欲する, 感ずること

▼ 考え慣れた~ (2, 0.0%)

1 光明とは, 頭を

▼ 考え成さい~ (2, 0.0%)

1 必ず貴方, 貴方と

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 るもの, る日

▼ 考え或は~ (2, 0.0%)

1 亦人間, 受けとる以上

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 だろうが, ではない

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 らに, 今日で

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 を改めて, を繰り早め

▼ 考え更に~ (2, 0.0%)

1 これに, また経済科学

▼ 考え最初~ (2, 0.0%)

1 に自分, は衛生試験所

▼ 考え未来~ (2, 0.0%)

1 の地獄極楽, を希う

▼ 考え本当~ (2, 0.0%)

1 の真理, の私たち

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 のよう, の様

▼ 考え次第に~ (2, 0.0%)

1 どんな目的, 恐ろしくなりまし

▼ 考え残し~ (2, 0.0%)

1 がある, ている

▼ 考え無し~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人間

▼ 考え特に~ (2, 0.0%)

1 その用, 通知し

▼ 考え理解~ (2, 0.0%)

1 した上, しようと

▼ 考え疲れ~ (2, 0.0%)

1 て床, に疲れた

▼ 考え疲れた~ (2, 0.0%)

1 ような, 彼の

▼ 考え病気~ (2, 0.0%)

1 がこれ, と和解

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 そんな考え癖, の生れる

▼ 考え相手~ (2, 0.0%)

1 にしなかった, のこと

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 がその, を下し

▼ 考え種々~ (2, 0.0%)

1 に悶, の道具

▼ 考え考え口~ (2, 0.0%)

1 をきい, をききだした

▼ 考え職業~ (2, 0.0%)

1 や仕事, をもっ

▼ 考え自分自身~ (2, 0.0%)

1 の顔, を大きく

▼ 考え自然科学~ (2, 0.0%)

1 ではこの, ではその

▼ 考え苦しん~ (2, 0.0%)

2 で来た

▼ 考え観察~ (2, 0.0%)

1 された結果, し研究

▼ 考え解決~ (2, 0.0%)

1 して, しなければ

▼ 考え計画~ (2, 0.0%)

1 しそして, して

▼ 考え誇り~ (2, 0.0%)

1 などは何, をもっ

▼ 考え迷っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていつどこ

▼ 考え迷った~ (2, 0.0%)

1 末に, 末次の

▼ 考え遊ばした~ (2, 0.0%)

2 ので

▼ 考え遊ばせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 考え過し~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, であの

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 した議論, をし

▼ 考え~ (2, 0.0%)

1 の上, の石鹸

▼1* [862件]

考えあかしても彷彿, 考えあぐねた私は, 考えあぐみ木立の, 考えあぐみましたが思い切っ, 考えあぐんでるうちに, 考えあそばさずにその, 考えあそばされないで, 考えあそばしましてお, 考えあそばしませ大谷風呂の, 考えあそばすことは, 考えあそばせ元来徳川家には, 考えあたわぬ難事を, 考えあってし, 考えあっさりした御, 考えあてようとぎらぎら, 考えあてられなくて辛い, 考えあなた方にしろ, 考えあやしいものなら, 考えあやまりがある, 考えあらゆることを, 考えあられたがよい, 考えあり現に七年戦争, 考えあるいはまた偶然に, 考えあれはたしか, 考えあわただしく起き直って, 考えあんな風な, 考えあんまり乗り気で, 考えいいだろう, 考えいかなる態度で, 考えいきおい質が, 考えいくつかの階段, 考えいちいち精神作用を, 考えいっそう強くノック, 考えいつかしらぼんやり感じて, 考えいにしえをおもっ, 考えいよいよ相当の, 考えいろいろの憧れ, 考えいろんなものを, 考えいわば大義名分を, 考えうまく書く方法, 考えうわべは何気な, 考えおしらせ下さい, 考えおもえらくわが, 考えおよばないところであった, 考えかえして見る, 考えかえって逃げたの, 考えかかる天下柔弱軽佻の, 考えかくして天を, 考えかげろう立つ空, 考えかたしきたりが戦争, 考えかたすべてが自身, 考えかたリアリズムとは何, 考えかた一つだ, 考えかた判断というもの, 考えかた彼の生き, 考えかた感情はどちら, 考えかた掴みかた生きかた, 考えかた文化人は直接政治, 考えかた文学上の名声, 考えかた日常的な家内安全, 考えかた自分面白いと, 考えかた観かたはいつも真に, 考えかた観察のしかた, 考えかた通俗ですね, 考えかつて平和の, 考えかのように, 考えからさえ変えて, 考えからじゃないよ, 考えからだけどうやらやっと肚, 考えからでもあった, 考えからと思われないこと, 考えからばかりでは, 考えがたきこと, 考えがね凄うが, 考えきゅうにきょう, 考えきょう一日だけ通い, 考えぎっくりして顔いろまで, 考えぐッと一息, 考えこう考え秋, 考えこういうものが, 考えこうしてここを, 考えことをし, 考えことばづかいから, 考えこのごろようやく世人, 考えこの世にはまだ, 考えこみそれから, 考えこれぞ布教の, 考えこれらの時代, 考えこわごわ近づき見れば, 考えさすがにそれ, 考えさだめになりました, 考えさっぱりした浴衣, 考えさてこそ穀精, 考えさらに感覚と, 考えしも一を以て, 考えしんとした, 考えじき歇めてしまう, 考えじっとして, 考えじつのところどちら, 考えじゃあなホーキンズ船長お前だって, 考えじゃがそうも, 考えじゃろう諸君よ, 考えすすみ書きすすむ, 考えすなわち恋人へ, 考えすら素直に, 考えする人の, 考えずして美, 考えせめて米一合の, 考えそこでそれを, 考えそちらを見ない, 考えそのままの受け売り, 考えその後逐次敗報, 考えその後土地の人, 考えそれからまた十年前とか, 考えそれだけの力, 考えそれで利潤を, 考えそれでもまだ人間, 考えそれにしてもそのとき, 考えそれ以上はいっさい, 考えそれ以来ひそかに畏敬, 考えたとえばこんな手紙, 考えたまたまその近傍, 考えたりもした, 考えだけでもどんなに大きな, 考えだけに夢中に, 考えだ覚えておこう, 考えだ違ってるか知れねえ, 考えちかき人々にも, 考えちがいして宮, 考えちっとぐらいよけい, 考えちゃあいねえよ, 考えちゃんと便りを, 考えちやうの, 考えちょうど開業六年目に, 考えってあるもん, 考えついヤケ酒という, 考えつぎに自分, 考えつなぎ愉楽するもの, 考えつまりわれわれの, 考えつめてるとかっと, 考えつめられず目前の, 考えつめるように, 考えづめに考える, 考えていうものだ, 考えてからと仰言って, 考えてけつかる, 考えてだけはみなければ, 考えてなぞいるもの, 考えてなんぞ居ないよ, 考えてばかしいるん, 考えてばかりはいない, 考えてもかええそう, 考えてもかの笛が, 考えてもしか信ずべき理由, 考えてよ並木も, 考えてらつしやる, 考えてをくところ, 考えであったらしくその墓, 考えであるだろうか, 考えであればその, 考えでございましてそれ, 考えでございましたがそのうち, 考えでございましょうか, 考えでござろうな, 考えでさえもとうてい及ばない, 考えでしたなら風変わりな, 考えでしたらことわって下す, 考えでと尋ねると, 考えでなければ不可能, 考えでの話です, 考えでのみこちらの, 考えではじめた商売です, 考えでばかり事を, 考えといったところさ, 考えとうとうベッドを, 考えとか観察方法とかは, 考えとかにゃいけん, 考えときどき持主が, 考えとしか思われません子供, 考えとしてだけ開陳します, 考えとで良次郎は, 考えとなりの席, 考えとに従わして, 考えとのみはいわれない, 考えとも知らずに, 考えと共に狭い窓, 考えどういうものである, 考えどうしてそれを, 考えどうしても引き止めなければ, 考えどうも変だ, 考えどうもそうらしく見えるよう, 考えどおりガラスの破片, 考えどおり役人になった, 考えどおり行動する権利, 考えどおり軍を進ませた, 考えどんよりと感じた, 考えなお前後の, 考えながらかの女は, 考えなきにもせよ, 考えなくっても手軽, 考えなされずに早く, 考えなされましてという位, 考えなされましたと聞き, 考えなしか分かりゃしない, 考えなすッてね, 考えなどと申すもの, 考えなどとは丸切り違っ, 考えなどの彼女に, 考えなにをしよう, 考えなにか天神鬼神と, 考えなにもかも物質の, 考えならされ儒学によって, 考えなら話さなくてもわかりきっ, 考えなりが全く別人, 考えなるものを, 考えなんぞ毛頭ありません, 考えなんとかと申す, 考えにおいては何も, 考えにさえなって, 考えにたいしてもなされた, 考えにだにも知らぬの, 考えにてずいぶん面白き, 考えにでも支配された, 考えによつて自分を, 考えによっては義明公より, 考えにわかに帰郷した, 考えに対して長廬子, 考えに対しては意味が, 考えに対する僕の, 考えに従い理屈は, 考えに関するフェニシアの, 考えねばらならぬことが, 考えのほどをうかがいましょう, 考えのみでなくまた, 考えのみはなかった, 考えのみを心頼みに, 考えはっきりした返事, 考えはよ正しい考え, 考えひいては自分に, 考えひと思いに, 考えひとしく悩みひとしく, 考えひとつで, 考えひとり苦慮して, 考えぴしりと手の甲を, 考えふけッたが, 考えふたたび笑って, 考えふらふらと彼, 考えへて結果を, 考えへと消えて, 考えほかの理由, 考えほとぼりのさめた, 考えまさに左膳の, 考えまでも打ち明けて, 考えまどう様子も, 考えまどってい, 考えまよっては何事, 考えまれに見る, 考えまわされるのであった, 考えまわしたいろんな不思議, 考えみずから行動せんと, 考えめぐらしてることを, 考えもう三ツ木の, 考えもういっそう高く行う, 考えもうまもなく例の, 考えもしくは少しも, 考えもだに及ばなかったから, 考えもはや社会に, 考えやが動く, 考えやすくまた物知り, 考えやたらに腹立たしく, 考えやっと一字書いた, 考えやつが, 考えやはり妙に, 考えやまで嚇して, 考えやめなければならなかった, 考えやを得意に, 考えゆっくりと答えました, 考えよい形を, 考えよう一ツだよ, 考えよりはこうまで, 考えらしかったのです, 考えらアな, 考えわが身をいじらしく, 考えわくわくしながら, 考えわたしだけはその, 考えわれらの道徳, 考えわれわれが見, 考えをさえ抱いて, 考えをしか持って, 考えをすら否みとおす, 考えをのみ標準として, 考えをば捨てて, 考えアンマの話, 考えウブ着なども女の子, 考えエーテルの運動状態, 考えギリシア人が分身, 考えクマのよう, 考えコツコツと彫り出しました, 考えススケ峰であろうと, 考えゾッとした, 考えチウてほか, 考えトオサンと忠犬, 考えドイツ人は墺太利, 考えドシドシ啓蒙するかたわら, 考えナポレオンの偉大, 考えハリーはひそか, 考えピアノのあの, 考えピクプュス小路へ通ずる, 考えピンセットを出し, 考えペンを動かし, 考えホーキン氏は云う, 考えポツリポツリと重苦しく, 考えモデスタの幼稚, 考え一人で書かなく, 考え一家のこと, 考え一本道を近付い, 考え一生を天使, 考え一町ほど歩い, 考え一目散に家, 考え一種の反, 考え一種異様な感, 考え一箇所だけそれ, 考え一緒に住む, 考え一行の嘘, 考え一部の特権者, 考え七里進むところ, 考え万一不在に, 考え万物の本源, 考えけでした, 考え三ツ木と表, 考え三吉の許, 考え上京して, 考え下せえましてどうぞ, 考え下宿へ帰った, 考え下役の人々, 考え不可思議な因縁, 考え不思議には思わなかった, 考え不意に思いついた, 考え且つ判断なさる, 考え且つなるべくは貧民, 考え世間一般の女, 考え眼を, 考え乍らヒョイと顔, 考え乍ら呻り声, 考え乍ら自分はこの, 考え乍ら裏畑の細徑傳, 考え乍ら電車道を歩い, 考え予定に基づき, 考え事ごとに成敗, 考え事物や人々, 考え二三日後数名の友人, 考え二三歩を進むる, 考え二年前にここ, 考え享楽し眠ること, 考え人生は或は, 考え人生五十の寿命, 考え人知れず微笑した, 考え人間的性質はそのまま, 考え今回の事件, 考え今年は幸福, 考え他方に液体, 考え仙公の詩, 考え伊勢物語などにその, 考え伊賀組の屋敷, 考え休みに到る, 考え伸子は新しい, 考え佇みながら寝台, 考え体力が疲労, 考え何かと取片づけて, 考え何だか妙な, 考え何事を為し, 考え何処か外, 考え何等の音律美, 考えは自ら一工夫, 考えれば, 考え侵略された国, 考え信長の立場, 考え俯向き勝ちの小, 考えは治める, 考えは詩, 考え候ところにては交易条約, 考え候者もこれ, 考えねながら私, 考えして, 考え優秀な能力, 考え兄さんの後, 考え先年江戸屋敷の方, 考え先生が単語, 考え入りし武男, 考え正面に対し, 考え全く林田の, 考え全身の力, 考え公式的な文章, 考え六ヶしく云えば, 考え共に間違いなく, 考え兵馬の出入, 考え其想像力に自然, 考えねま, 考え内気を咒, 考え内科医は直ぐ, 考え再三御辞退申, 考え冥土に入り, 考え処理しなければ, 考え出版後の売行き, 考え切れ切れに台辞, 考え前人の気, 考え前進して, 考え創造する余地, 考えの筋, 考え力まかせにコルト, 考え助力して, 考えれては, 考え労働者を働く, 考え効果を狙った, 考えが家, 考え勉強すると, 考え動きして, 考え勝手に苦しん, 考え勢いよくうなずいたが, 考え十七年の二月, 考え千何百次というよう, 考え千重子はめくり, 考え半月形の窓越し, 考え単純にきけなかった, 考え博士の行動, 考え博士夫人の力, 考え即ち社会科学的実験が, 考え原因結果の理, 考え原理と考える, 考え及ばないと思われる, 考え及ばぬ大煩悶, 考え及ぼしていた, 考えのセシル, 考え反省しては, 考え反駁する, 考え受持教員に対してなるべく, 考え筵なぞを, 考えし此通り幾, 考え台助の小指, 考え右手の山の上, 考え結婚に, 考え各所に散在, 考え合せ露地入りをやり直す, 考え合わす必要が, 考え合わすべき古風である, 考え合わせて見る, 考え同志をつのっ, 考え同志者の骨折り, 考え同感すること, 考え吸い込みながら故郷, 考え吾人の残務, 考え呆けてその, 考え周囲に批判的, 考え営業の成立, 考えがなく, 考え器械の準備, 考え四十面相にしばられ, 考え四発を点火, 考え国家の危急, 考え国家道徳と相容れない, 考え国民文庫の原稿, 考えと血, 考え地上から消え, 考え地下に地獄, 考え地方生活と作家, 考え地球は太陽, 考え坊主になろう, 考え場所を求める, 考え境遇を考え, 考え外来の形跡, 考え大きく組織し, 考え大勢からし, 考え天上の神様, 考え天孫降臨ということ, 考え太平洋上に新年, 考え太陽に感謝, 考えでは誰, 考え夫人を前, 考え夫婦は悪い, 考え失礼ながらしばらく, 考えにいじらしい, 考えの鶴子, 考え姉さんには少し, 考え娘たちは仕事, 考え子供と共に行い, 考え存分に働き, 考え孤児の真, 考え孤独に堪え得る, 考え安心すべき明, 考え安積氏の系図, 考え宜しく仏の, 考え宝塚は子供ッ, 考え実に有るべき真, 考え実際的精神偏見経験有産階級にたいする, 考えに対してちょっと, 考え客観的に諸, 考え家康はより, 考え宿方総代としてのこころざし, 考え富子の目, 考え寝室に引き取っ, 考え寧ろ結婚する, 考え封筒の上, 考え将棋の駒, 考え将棋差しが詰将棋, 考え将軍家に讒し, 考え尊氏の肉親, 考えっぽけな, 考え小刀も利味, 考え小南に須田町, 考え小学校を辞し, 考え尽すことが, 考え屋外で遊びたがる, 考え山陽の文, 考え岩本樓の石, 考え工夫に工夫, 考え希い愛する意志を, 考え希望して, 考え帽子に好み, 考え幅広い階段を, 考え平和にいたる, 考え平静で居られること, 考え幸いにうち, 考え幸福になる, 考え広い世間に, 考え店員の将来, 考え廟議をもっ, 考え廻しながら私, 考え廻したが格別, 考え弓矢などの飛道具, 考え弥次郎兵衛喜多八の膝栗毛, 考え張昭のさし, 考え当時のドイツ, 考え当時下宿して, 考えを奇, 考え彼等のため, 考えから其生活, 考えかにその, 考え徐にこう云った, 考えて来たです, 考え従って有力, 考え得がたい宝石を, 考え得意への御, 考え徳川殿を亡, 考え心持のよい, 考え心理を心理学, 考え心理学者も亦, 考え心配の方, 考え必死にドア, 考え必然を完全, 考え必要な助け, 考え忘れる暇の, 考えのため, 考えに声, 考えな主人, 考え怪物の夢そのもの, 考え恐怖のため, 考え恒星は緩やか, 考え悔悛の余地, 考え悩みきょうは, 考え悪い事に, 考え悪かった潜在, 考え惑うてきた, 考え惑っていた, 考え惑ったがしかし, 考え感じ権力をもちいる, 考え感謝をする, 考え慄然として立ちつくした, 考えがなくなる, 考え憎々しげに, 考え懐かしく追懐し, 考え成長を見守っ, 考え我々の運命, 考え我慢しふん, 考え我知らずに出た, 考え或いは云ったり, 考えの前, 考え手まねもいれ, 考え手拭さげて, 考え折角行ったのに, 考え押し出し論ずるのに, 考え捜しながら私自身, 考え授業料もあと, 考え換言すれば, 考え擬装のため, 考え支店長代理の頭痛, 考え政界の腐敗, 考え故人綾瀬太夫のもと, 考え散文を, 考え数町の間, 考え文学上の種々, 考え文明の方法, 考え文章を書いた, 考え斯くては定めし, 考え新しい見方を, 考え新しきものは, 考え新之助は君香, 考え新聞もそう, 考え方法を講じ, 考え方針を立てる, 考え既に終日考えた, 考え日ごろ懐ける感情, 考え日吉は用心, 考え日曜日ごとに麦酒亭, 考え日本人として行動, 考え旧い生きかたの, 考え早くから蝋燭を, 考えすの, 考え明かしてわたし, 考え明かすなどし, 考え明らさまに断わり, 考え明方の四時, 考え映画をつくりたい, 考え昨日までは猿, 考え昭和の吾, 考え昭和七年五月甲府の愛犬家小林氏ら, 考えを軽視, 考え昼食をこしらえ, 考え時には初めの, 考え時計を組み立てる, 考え普段着の和服, 考え普通の紙, 考え暗闇の中, 考え暮らしていた, 考え替えることの, 考え最も多く自己, 考え最後の蹉跌, 考え最悪のこと, 考えになり, 考え木綿を織る, 考え本堂の橡, 考え本気になっ, 考えたったところ, 考え東京より京都, 考え東側のキノミ平方面, 考え東洋文化を単に, 考え松竹の試験, 考え板垣関東軍参謀長と松岡満鉄総裁, 考え栄さんも在る, 考え案じもしいろいろ思っ, 考え案内知らぬ道, 考えとした, 考え棺桶の葢, 考え植物学上大いなる収穫, 考え様如何にある, 考えからも縦, 考え橋なかばまで歩い, 考え正しく見て, 考え正月十五日に先祖伝来, 考え正確なこと, 考え武技の上覧, 考え歴代の刑法, 考え歴史の学, 考え殊にドイツでは, 考え殿御休神, 考え殿下にもお話し, 考え母上の見た, 考え母親と二人きり, 考え毎日その祝い, 考え毎日毎日同じ位地, 考え気味のわるい, 考えはこれ, 考え氷子女史に向う五日間, 考え江戸を見た目, 考え決むとてふらふらと, 考え決意したこと, 考え決断を口, 考え沈む彼とは, 考え没我的生活に対する主我的, 考え浅うござんしたえへっへっ, 考え深かった例, 考え混同すること, 考え満足を感じた, 考え演奏者の手腕, 考えっと私, 考え漸次工藝美論を, 考え激情に身, 考え無くてはならぬ, 考え無理にもまた, 考え煙管をかみ, 考え煙草を一口, 考えも今, 考えちンば, 考え牧子の知らない, 考え物々しゅう思し召されましたろうが, 考え特にそう思います, 考え狩りのえ, 考え玉蜀黍から豆, 考え珈琲を含んだ, 考え理窟をつけ, 考え甘い誇りに, 考え甚だしきに至っ, 考え生地で彫物, 考え生活をたのしん, 考え生活水準の低, 考え甲斐のある, 考え申候この野, 考え同じ音, 考え皇室のはじめ, 考え皇道に基づき, 考え真に味い得た, 考え真実に実行, 考え真理はもと, 考え着手した人, 考え矛盾だと, 考え矜らかに我が, 考え矢石当らず剣戟, 考え知らんにも今, 考え社会のうち, 考え私たちはまた, 考えのヴォルガ, 考えを述べた, 考え粛然とならざる, 考えさに, 考え終いには疲れ, 考えは体, 考え結婚をしない, 考え結局その二時間, 考え結局藤枝の註文, 考え絶えず注意を, 考え絶望の淵, 考え絶版のまま今日, 考え練りに練った, 考え縁側にのっそり, 考え罪悪さえも犯した, 考え義理の娘, 考え旦ラに, 考え老中を通じて事, 考え考えあるいていた, 考え考え下宿へ帰った, 考え考え俯向き勝ちの小, 考え考え前進して, 考え考え外へ出る, 考え考え扉の前, 考え考え次の様, 考え考え歩きまわっている, 考え考え物を言う, 考え考え珈琲を含んだ, 考え考え腰を曲め, 考え考え辿ったあとが, 考え考え部屋を出た, 考え考え首を捻っ, 考え肱掛椅子に腰, 考え背嚢から口, 考えに浮かび, 考えを曲め, 考えの底, 考え膏薬を張り, 考え自ら慰めて, 考え自体でなく考える態度, 考え自分たちで意見, 考え自由党から退く, 考え自発性を欠いた, 考え至らないのに苦笑, 考え至らなければならない, 考え至るところである, 考え致命的な力, 考え良く観察し, 考え芝居は鴈治郎, 考え芸術の大, 考えんで思わしい, 考え苦しい心持だった, 考え苦しみ怒り悶え憎み喜び泣き笑ったこと, 考え苦しむところの, 考え英語でいわゆる, 考え草臥て思弁力, 考え落している, 考え落してることが, 考え落ちだったと, 考え著者は手間どる, 考え蓄めた幸福, 考え藤村の文章, 考え血書さえ書け, 考え血糊でねばる, 考え行為して, 考え衝突を恐れ, 考え裁判官の言葉, 考え西洋の学問, 考え西洋人にも幾通り, 考え要するに心境の, 考え要求をとりあげ, 考え要素の機械的, 考え見掛けをきれい, 考え見附を越える, 考え親切のあまり, 考え親睦会の自治化, 考え言いようもなく, 考え計算をと, 考え設けたるを初, 考えを定規的, 考え詰めぬがおよろし, 考え詰め底の底, 考えをすすめ, 考え詳しく書く暇, 考え詳細な行動段取り, 考え論文をどしどし, 考え論理的制約そのものには次元, 考え諸州にわたって地理, 考え警察官と主催者, 考え議会政策に反対, 考え財布らしき分厚, 考え責任を感じた, 考え賛辞は自分, 考え賞与として長く, 考え越後平野を関東平野, 考え趣味を満足, 考え足し足ししてお, 考え躊躇を知らぬ, 考え身体をのばし, 考え近海捕鯨などはすでに, 考え返しながら言った, 考え追窮した, 考えに考え, 考え通り一匹の馬, 考え通り同属のもの, 考え通り留守を命じ, 考え通学に不便, 考えった二室, 考え遊ばされぬのでそれ, 考え遊ばしますからでございましょう, 考え遊ばすのか, 考えらしながら, 考え運営される社会, 考え過ぎであったと, 考え過去に於ける, 考え遠い昔の, 考え遠くの何一つ本当, 考え適宜にあんばい, 考え選び行動して, 考え選挙についても組合, 考え部屋を出た, 考え部落互いに技, 考え都大路を打, 考え野武士の頭, 考え鉄砲をうたれ, 考えの晒首, 考え銭湯につれ, 考え長いこと眠れなかった, 考え長くいつまでも, 考えをひらく, 考え間違いだ, 考え防空訓練は実は, 考えの御, 考え難く犯人は, 考え雲井秋生との中途半端, 考え電報を書い, 考え電産石炭産業の労働者, 考え需要量が供給量, 考え青函連絡船の恢復, 考え青年客気のあの, 考え青梨村の家, 考え静かに相手, 考え頼もしい青年だ, 考えを聞い, 考えによって真, 考え食わず嫌いの傾向, 考え食事の皿, 考えを捻っ, 考え首肯し感謝, 考え駆除しなければ, 考え驚き恐れて, 考えを折っ, 考えのこと