青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「状~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~特色 特色~ ~犠牲 犠牲~ ~犬 犬~ ~犯人 犯人~ ~犯罪 犯罪~
状~
~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂気~ 狂言~ ~狐 狐~ 独~ ~独り

「状~」 5057, 47ppm, 2467位

▼ 状~ (1731, 34.2%)

66 書いて 60 持って 37 なして 20 出して 19 手に 17 もらって 16 貰って 15 持つて 14 もって 13 して, 送って 11 見て 9 取って, 呈して 8 したためて 7 成して, 書いた, 認めて 6 出した, 懐に, 携えて, 爲し, 示して, 見せて 5 たずさえて, 取り出して, 得て, 持たせて, 読んで 4 なせり, 与えた, 作って, 出したの, 受け取った, 書かせて, 見ると, 記して, 送ったの

3 [25件] あらは, した, なすに, まを, みて, よこして, 出すと, 出だして, 取つて, 受取って, 意味し, 懐中に, 提出し, 握って, 書いたり, 書かせようと, 書くの, 書けと, 残して, 発した, 見るに, 見ろ, 詳に, 送つた, 送つて

2 [103件] いただいて, うけとって, うや, お浦, くれた, くれたので, くれた人, その婦人, たたきつけて, とりあげられて, とりだして, なし室中, なすは, ふところに, もつて, もらつて, よこした奴, 一本書け, 一読する, 享くる, 作りつける, 作り山家斧三郎, 作成し, 偲ばせます萱葺, 入れた人形, 入れた人形箱, 出したので, 出すこと, 出す事, 取り出そうと, 取出して, 取直しぐるり, 受けたやう, 受けたよう, 受けて, 受けとって, 受け取つて, 受取った時, 同封した, 呈しその間, 呈し上部, 呈す, 呈すれば, 喚起する, 奪る, 寄こした, 巻き戻し卓子, 廻せ, 後に, 懷に, 成す, 戴いて, 押戴き, 拝まして, 持参し, 描いて, 描ける図, 書く, 書く力, 楯に, 沼田の, 渡す, 為して, 為すに, 爲せる, 父に, 用意し, 用意シテ置け, 発して, 発送した, 眺めて, 知りたがる軍人, 知るを, 示し終に, 示す, 置いて, 脱離せし, 自分で, 自分に, 見せた, 見せら, 見ない日, 見る度, 見付けて, 視ると, 記する, 認めそれ, 読んでも, 論ず, 貰った, 貰つた, 述べて, 送ったこと, 送ったという, 送ったり, 送つた人間, 送られたの, 送られたる国賊, 送る, 送るの, 露は, 預かって, 額の

1 [1005件 抜粋] あたかも彼, あの門, あらかじめ出し, あらわすよう, ある手蔓, いう, いただきまた, いへ又, うけた当日, うけとったいう訴え, うけとった者, うって, えがき出した, お作りし, お延, お書き, かいて, かかげ時, かき出した, かなでて, くふう, くれたから, くれて, こういった, こっちの, これほど, さぐったうえ, さし上げて, さっそく利用, さながら炬燵, したためたこと, した葉鞘, しながら, すると, その面, たいせつに, たずさえた鎌倉, たたきつけなくては, だして, ちらと, つきつけたの, つきつけ残本, つくつて, つくるなどという, つくろうと, つけねば, つけられて, つぶさに視察, とり出した, どうともし, ながめ, なくしちゃった, なさざるべからず, なしたよう, なした一空頴, なした平さえ, なした根, なした花托, なし多数, なし悲憤, なし花, なす, なすの, なす一, なす小, なす迄に, なせる葡萄圃, ぬきとって, のせといたらええ, ひき裂いた, ぼやり, まだ見なかつた, みせるん, もたせて, もとめたよう, もらいましたもの, もらった, もらった事, もらつたから, よこされる, よこしたの, よこしました, よせたり, タタキ附けた, チャンと, ピラピラ頭上で, 一々忠実, 一人一人に, 一寸でも, 一年も, 一時預けね, 一枚手渡した, 一読し, 一通認め, 三百通知人という, 下さいました, 下し日蓮, 下附, 与えたの, 与えまた, 与へんと, 中野又兵衛楠木長安宮内卿法印の, 乞いうけ, 乱射し, 二通貰っ, 云って, 京に, 人形の, 今讀ん, 件の, 伯父さんの, 佐久間父子に, 作し, 作らぬ先, 作ろうなどと, 使いに, 例に, 偵察し, 僞物と, 入れた女男, 全く失う, 具にこの, 具陳し, 写して, 写し取った, 凡庸とは, 出させるか, 出さなければ, 出さぬには, 出したうえ, 出したが, 出したと, 出したに, 出したら其, 出した新居格氏, 出しても, 出し同年九月二十二日, 出すから, 出すだろうの, 出すに, 出すもの, 出す樣, 出せとの, 制する能ずし, 前に, 収めまた, 取らせたの, 取られた, 取りたいため, 取りやがて, 取り上げた, 取り次ぎ信長, 取り返したい, 取り返すに, 取ッ, 取出し法律, 受けたこと, 受け取ったほど, 受け取つた, 受け取られたこと, 受取ったなり, 受取つた辯護士達は, 受取りながら, 受取ると, 受取るまでは, 受附に, 叩き付けたり, 叱りつけた, 各母, 君から, 呈しその, 呈したるもの, 呈した緩い, 呈しひどい, 呈し卵状披針形, 呈し拍木状, 呈し既に, 呈し横, 呈し遠く, 呈すること, 呈せし後, 告ぐ, 告げて, 告げ諸, 咲ひき, 問う, 喜んだこと, 嗟す, 垣間, 報道し, 増すこと, 多数持たれ, 奉った, 奉って, 奪い返しその, 奪って, 奪われましたぞ, 娘の, 完成しよう, 完膚なき, 寄越したの, 察する, 寫すを, 将軍徳川家茂に, 尽して, 屑籠に, 山崎が, 差し上げて, 差上げたでは, 差出した, 差出しながら, 巻いて, 帯びて, 平面に, 度々送った, 弁じ了ん, 引き裂きますぞ, 形容し, 待つこと, 得ねば, 得るため, 得る事, 御出しなさい, 御書, 御覽, 忘れは, 怖がって, 思うより, 思ひ浮べて, 思わせる, 惟神と, 想ふと, 想像する, 想見し, 想見せん, 憤りしこと, 成しその, 成した尾根, 成す所以, 所持し, 手にとって, 手渡しする, 打ち明けるほど, 投げこんだの, 投げ込んだの, 抛り出すと, 披露した, 拝し直した, 拝見致しとうござる, 持たした時, 持ちしま, 持った急使, 持て來, 持込んだか, 捧げ, 捧呈せられた, 授与される, 探し出して, 探らしむ, 探るに, 掴むと, 描いた地形, 描く, 描けるもの, 描さんことを, 提出する, 握つて行, 握るや, 携え来りて, 携へて, 改め今度主人縫殿頭, 改め新藤氏, 放送し, 数回出した, 新聞が, 日記体に, 明に, 明日とも, 時に係, 書いたから, 書いたところ, 書いたもの, 書いた奴, 書いた杉山さん, 書いときましょう, 書かけ, 書かせた, 書かせに, 書かせますこと, 書かせる, 書かせるほどに, 書かないでは, 書かれたジッバードル, 書きその後二度, 書きますよ, 書き始めるの, 書き替えると, 書き替え度, 書き直したいから, 書き直すといふ, 書き給え, 書き送るもの, 書くから, 書くとは, 書くよう, 書く今日, 書く機會, 書けとか, 書留郵便で, 有して, 期待する, 机の, 極めた山水, 横取りされたら, 正しコレ, 比較し, 沢山贈られる, 添えて, 添へ, 渡されし婦, 渡したけれども, 渡したる事, 渡して, 渡し又, 渡し持參金, 渡すと, 演じました, 演出した, 為し, 為り曰く, 然も, 爲すに, 現したもの, 現ずと, 現わし, 現わす, 異しと, 異にする, 発したから, 発したらば, 発した訳, 発しよう, 発すること, 発する筈, 発表した, 発見し, 発送し, 盜み出さない, 目のあたりに, 目前に, 相渡すべし, 看たり, 真っ黒い背中, 眼の, 瞻り, 知つた男たちでも, 知らせて, 知らない第三者, 知らねば, 知ると, 知るべく潜入密偵, 破りも, 破るかも, 示さない, 示さむが為, 示した, 示し案内, 示す様式図, 示せば, 示せるもの, 私に, 種に, 突きつけて, 突きつけられ相当, 突き付けられたの, 窮めて, 窺ふ, 立てて, 童心に, 紀州に, 紙に, 終るつくづく, 繰り展げた, 聞いて, 聞く, 聯想せしめた, 膝の, 自然に, 與へんと, 若旦那に, 萩丸が, 蔵した, 表は, 装わせて, 要求した, 見これ, 見せられました, 見たうえ, 見たばかりの, 見たる後, 見ては, 見ながら, 見や, 見よ今宵, 見るや, 見ろ弱虫め, 見付けたかつたため, 見届けて, 見附けさせる爲め, 視察する, 覗き込むと, 観ると, 観測し, 解いたそして, 訊いた, 記したの, 記し真に, 記憶し, 訴え始めた, 詠みたるも, 話されかつまた, 詳しく記述, 認めさせたいもの, 認めさせること, 認めさせ早々, 認めさせ馬喰町, 認めベ, 認め表書, 語りて, 誤解なく, 読みあげた, 読みきかせた, 読みましたが, 読み上げい, 読み立てて, 読むこと, 読んだ, 読者に, 調べる必要, 請求した, 謂え, 讀んで, 變名を, 負うて, 貰いその, 貰いましたから, 貰いカルーゾー, 貰い八月二日, 貰う, 貰うには, 貰った手続, 貰つて來て, 貰つて出かけなけれ, 貰つて小石元, 貰つて置き, 貰ひ, 貰ふとき, 贈ったかは, 贈られるに, 贈るとは, 贈来りしが, 身に, 述べたとまでは, 送ったそう, 送った人たち, 送つたの, 送つた奴, 送り, 送りそう, 送りその, 送りつけて, 送りました, 送り来りければ, 送り込み金剛石, 送る位, 送る心理, 送れとか, 連想した, 遣ずに, 遣わします, 遺したア, 開いたと, 開くこと, 附けたから, 附着け, 隠しうんと, 隠した石垣, 隠しましたよ, 電波に, 青木に, 頂いたので, 頂くこと, 預けるが, 頼まれて, 頼宣卿の, 飛脚し, 飽かず視め, 馬喰町へ, 高山ダリヨに, 黙殺し

▼ 状~ (656, 13.0%)

8 ことを, 結晶の 7 結晶が 6 ものは, ような 5 中に 4 ために, ものが, もので, 枝が, 枝の, 階段を 3 ものの, 写しを, 外に, 山脈を, 文句は, 文句を, 模様が, 結晶は, 表には, 針葉樹が

2 [42件] ことである, ことは, ない方, ほどは, もの, ものであった, やうな, ように, 中には, 主は, 事を, 人が, 六花の, 写しが, 合歓の, 封を, 封書に, 封筒の, 尾根が, 山を, 平原に, 形を, 所在を, 手で, 手に, 投込みには, 文字を, 来ない前, 構造を, 模様を, 模範的な, 溝に, 物質が, 石を, 窪地に, 結晶に, 結晶ばかりが, 結晶部分が, 縮みが, 落葉樹が, 行方が, 雪の

1 [478件] あとで, あらゆる種類, あらゆる記念, あるもの, いろいろの, いわゆるコンドリート構造, うちで, うちにも, かくされて, かたちをと, かたまりに, こと, ことが, ことであります, ことも, このあたり, ごとくして, ごとく紅鬣, ごとし, ごとし肉, せいも, その差し出し, その行く, たびに, つもりだ, つもりだった, つやを, とおりに, ところを, どこが, どろどろした, ないもの, ない人, ない時分, なかに, なるべく意味, のって, はじにも, ほか何事も, ほどが, ま, また一部分, ままで, みられたころ, もたらす利益, ものか, ものであっ, ものである, ものです, ものと, ものとして, ものなど, ものも, ものを, やり取りぐらい, ようだった, ようでした, よく日, インキが, ハングが, リンネ, 一つ一つは, 一ツに, 一件かい, 一件で, 一件に, 一件は, 一山脈が, 一文章である, 一番簡単な, 一節は, 一節を, 一群を, 一羽の, 一部と, 下りたの, 下毛受勝助は, 世相風俗乃至, 丘が, 中にまで, 中は, 中味と, 主と, 主とは, 主痣蟹仙斎の, 之を, 予告通りに, 事も, 事情あり, 交換条件として, 仔細あらまし聞きとった, 代には, 代りに, 代書も, 代筆に, 件さへも, 件です, 件は, 作製者が, 個状書の, 偽造なんて, 光, 光束に, 入った札入, 全文を, 内容, 内容が, 内容という, 内容については, 内容は, 内容まで, 内容を, 円座を, 円板が, 円板は, 写し見たいな, 凝河, 凹みの, 凹地に, 切り創だった, 到着が, 到着日から, 刻裂が, 前で, 割れ目が, 効力を, 効果は, 包みとが, 化石が, 十二花である, 半島の, 半流動体的状態, 単純な, 厚い樹皮, 原へ, 取遣りでございますが, 叙述語句を, 可笑さ, 合符を, 噴煙に, 嚢が, 四種に, 地を, 坂径をの, 坂道を, 垂直線や, 堅い分, 場合が, 場所が, 塔の, 塩の, 変化みなこれ霊魂の, 夜の, 夢の, 大きな葉, 大塊, 大形の, 大持山と, 大穴を, 大笠, 大粒が, 天井が, 如きは, 如きもの, 如き山岳, 如くす, 如くなり, 如く差し出して, 如く銅, 如語り, 威徳で, 子を, 字句が, 安全を, 宛名は, 実否やら, 審査を, 対称形の, 封の, 小さな岩山, 小峰, 小枝, 小窪地, 小高い畝, 尚, 尾の, 尾根を, 屋根で, 層を, 山々が, 山々の, 山と, 山容を, 岩の, 岩崖に, 岩片を, 岬湾の, 峰尖, 峰頂が, 峰頭を, 巌続き, 巨大な, 差出人たる, 市の, 平が, 平原を, 平地で, 平板結晶である, 弛緩を, 弧線を, 当てられたその, 形で, 形に, 形式で, 影は, 径道に, 後の, 後段には, 御加判, 心理的変化の, 必要は, 思想が, 怪偉, 悲しき叫也, 意, 意で, 意味が, 意味は, 慌しさ, 所と, 所作に, 所在が, 所在でござる, 手前思いきっ, 指定は, 挙動を, 掲載した, 放送, 文句, 文句という, 文句の, 文章が, 文章に, 文面は, 斑の, 斜面に, 方が, 方は, 旨を, 昂進よりも, 明かに, 明徴が, 星雲の, 曲線を, 書きかえを, 書式を, 月日と, 朗読と, 望遠鏡と, 朝日岳とが, 本物を, 本質は, 村会と, 村会は, 束と, 束を, 果実が, 枝を, 核の, 根とが, 根を, 梗概を, 梯子口から, 検察か, 構造が, 様な, 様に, 段を, 段階に, 殻片が, 毒塚が, 毒臭気を, 水銀槽に, 氷の, 氷流と, 池に, 河床が, 泉水あり, 流線を, 液体を, 添えて, 湿地で, 滑稽茶番狂言を, 瀑壺が, 火山で, 火山を, 火山型を, 火花も, 灰の, 無定形に, 無気味さには, 無氣味さ, 煙管の, 熱帯的な, 燧岳が, 爆発跡に, 片瀬海邊の, 物質である, 物質を, 用紙です, 異様な, 異談話, 疎密を, 痩せた果, 発せられた者, 発せられる者, 発見によって, 白い果肉, 白煙上り, 皮殻で, 皺, 皺を, 盗難に, 真蹟を, 着いた間もなく, 矛盾撞着と, 知覚ある, 石段五六段を, 破片と, 硬質葉が, 秘密が, 秘密の, 穂高を, 穴が, 空想の, 空隙を, 突起, 窪が, 端に, 端にも, 竹籠に, 第一条, 第七筆, 第三番目, 筆者が, 筆者に対する, 筆跡らしい, 筆跡鑑定は, 筆蹟が, 筆頭に, 答えと, 答禮が, 箇所を, 糞を, 糸屑が, 紙と, 細菌であった, 細道を, 組織を, 結び目を, 結晶, 結晶で, 結晶などは, 結晶なら, 結晶について, 結晶を, 結晶鼓型の, 綺麗な, 線香だ, 緩い斜面, 縞が, 縞模様が, 署名に, 羅漢の, 美しい形, 翻訳を, 聴音器である, 肩越に, 腕型の, 臭の, 色々の, 色合いを, 花が, 花崗岩壁も, 茎は, 草, 草地では, 草地に, 菌あり, 葉っぱは, 葉っぱを, 薄明り, 處は, 血, 行衛について, 表に, 表を, 裏に, 角を, 言葉が, 訳文を, 話は, 認め方, 谷が, 谷沢も, 赤い三角形, 趣き, 軽重を, 輪を, 返事は, 返事を, 返事森岩雄, 追加乱歩探偵の, 送り主, 送り主に, 送り手以外に, 送手, 通りである, 通り運ぶ, 進藤延一, 運動を, 道は, 遺産の, 部分で, 都合で, 配付さては, 配達方法であった, 配達方法の, 重大な, 金具を, 釘が, 針葉樹を, 鉄骨に, 鋭刀, 鋸齒が, 鎔岩は, 長い窪地, 開口, 開封以外には, 間に, 附飾物と, 陣を, 陰を, 隆起を, 階段は, 隠し場所が, 隠し場所の, 隠し場所は, 隠し場所を, 隱し, 雄偉に, 集塊と, 雪が, 雪と, 雪は, 雪田と, 雪田今年に, 雪第, 雲が, 雲と, 雲は, 雲母片麻岩石そのものが, 電光二十一, 霜の, 露呈なる, 青酸加里が, 頭を, 類の, 香料も, 高原が, 高原は, 高原を, 高嶺なり, 魁奇も, 魚を, 鱗型に, 黒い広告塔, 黒い廣告塔

▼ 状~ (441, 8.7%)

13 なって 7 して 4 並んで, 眼を 3 接して, 書いて

2 [22件] あらず, しては, なるので, ひとしいもの, よりて, よると, よれば, 一度すぼめた, 似たるを, 密生し, 帰した, 振向いて, 掌で, 添えて, 粗鬆, 紫玉は, 至りては, 見えて, 視め, 記されて, 関聯する, 顔を

1 [363件] あけた, あらずや, あらはるそも, ある, あること, あるは, あるもの, ある本町通り, ある通り, いたっては, うっかりした, うねッ, おされるや, おちいるしか, おちて, おもむきつつ, お絹, かさなって, きざんで, きらきらと, くずれ落ちる落葉, くねって, ぐたりとなった, ぐたりと賽銭箱の, ざあと光に, したもの, しようなんて, しよぼ, すること, そそのかされて, そのまま仰向け, その名, その菫, そんな事, ただじろじろ, たとえば踊り, ちょっと私, ちら, ちらちらと, ついた杖, ついて, つけて, できて, とび散った, なくなったん, なし右, なし水, なったところ, なった路, なつて, なむ, なり以下, なり低い, なり八幡, なり居るもの, なり繊維, なり電, なり顱頂骨, なる, なると, なるという, なるの, なるもの, なる迄, ねじ曲げて, のばしそれ, のぼって, のぼるとき興安嶺, はじめて, はっきり書い, はね上って, ひっかかるよう, ひねくれ絡み合うたの, ふつと, ぶつきら, ほかならない, ほかならぬの, ほそ長く河, まわりだした, もみぢ葉を, よく似, よりますと, わかれますが, ギリギリと, タイプライターを, 一つは, 一切の, 一寸私, 一帆の, 一幅の, 七夕らしく, 上に, 下ま, 両手で, 乗って, 乱れた物, 云う, 五体は, 似かよった紙片, 似ず梅雨, 似たるゆゑにや, 低下する, 何んな, 何某も, 作られて, 依りここ, 依りて, 依り将門, 依ると, 俯目に, 倒れた, 倒れた二本, 僕の, 僧は, 光った熔岩, 光れる, 入って, 内端に, 分かれた葉, 分裂した, 切つて噛み合せる, 刈り込んだ, 判を, 刻まれて, 前褄, 前部肥えた, 割れて, 割籠に, 加名せよ, 十能の, 印を, 卷きつけ繩, 参考に, 及びしこと, 反らしたの, 名を, 名刺を, 向うへ, 吹きしなつて, 吹散らし, 咲きて, 四方に, 四辺を, 回り次に, 固まった表面, 土偶師泥斎と, 在るか, 在ると, 在るものの, 基づいた名, 基づくところ, 堆積した, 塊まっ, 壁を, 壊れて, 大勢小児が, 大欠伸, 大牛, 女中と, 娘の, 家が, 寂然と, 寒い日, 将棋六段木村義雄と, 對し, 導くの, 小菊まじり, 尖った絶巓, 居るとも, 屈曲し, 展開し, 崩れたる也, 左の, 巻いた茎, 巻いて, 巻かつたの, 巻かれた荒縄, 年来随分と, 広がるそう, 広野を, 床に, 座が寂として, 引握つ, 張られて, 当時奉公中の, 彳んだ, 御津海道村と, 恐しき感, 悩まされたか, 悩まされて, 惱まされた, 慣れて, 憂色を, 截って, 房州の, 扇形に, 打笑い, 押し込んだと, 抽出した, 抽出しよう, 拡がった鉄骨, 拡がって, 拡がろうと, 拡り, 拱いた手首, 指したの, 指定された, 振向いたの, 振袖を, 捉へ, 据え付けて, 掘り拡げた, 接した, 接しましても, 接すると, 描かれたの, 斉整した, 於て, 於ても, 昔の, 曲がる事, 曲った狭い, 曲って, 書かして, 書かれた三千ルーブリ, 木を, 束ねて, 来た, 板敷を, 枝を, 某, 桃の, 椅子に, 椅子の, 極まつ, 横わらない, 橄欖色の, 歩いて, 歩行出す, 段々と, 汗つけ, 沈み石, 沖へ, 沿うて, 波打つところ, 洋傘を, 深く切れこん, 添て, 炭化し, 無数に, 無理な, 焼いた装飾, 熟るる, 爲し, 物を, 用いた紙, 由る, 畳み上げたもの, 當時の, 疊まれも, 発して, 発達し, 発達した, 白い指, 皆の, 真紅に, 砕けて, 積み上げ内外兩面, 突き出し尾, 立直る, 符合す, 算用の, 算用を, 簇った, 簇集し, 紛れも, 続いて, 練り込まれて, 縞を, 縫って, 繞込ん, 署名したる, 署名す, 署名まで, 義を, 耳許に, 聳えた御幣岳, 聳えて, 肩細く, 背く矢張指, 背尾を, 背後を, 脇の下を, 膨らましたなり, 臂を, 至っては, 至つては, 舌打を, 茂る木, 莞爾し, 落ちるの, 蔽つてゐた, 薄痩, 蛋白色の, 蜿ねっ, 蠑, 血液を, 血誓した, 袖の下を, 袖を, 裳を, 裾模様の, 裾袂追いつ追われつ, 見えた雪, 見えると, 見て, 託して, 記された, 記載の, 詳いであらう, 調印され, 調印まで, 象, 象りまた, 赤木綿の, 赤熊は, 走つて, 足場が, 路一条東雲の, 蹴躓く, 躍る眼, 身を, 輪廓を, 近い手紙, 退った, 這入つて, 通じない健三, 通じ世界, 連判した, 週期的な, 遇する, 過ぎなかつた, 過ちの, 違いない, 遥に, 配置された, 金剛杖を, 附添った, 限って, 陷り, 隆起し, 露出した, 青い粘土, 頬杖し, 頸を, 顔だけを, 顕して, 類する書簡, 首あげ, 騎馬競馬から, 驚いて, 高田は, 鳩胸に

▼ 状~ (362, 7.2%)

18 来て 11 来た 5 ある, 出て, 届いた 3 なくなれば, なければ, 彼の, 目に, 舞い込んで

2 [21件] あつて, なかろう, 一通さして, 出ても, 参りました, 届いたの, 届いたので, 届いて, 廻った, 廻って, 手に, 是の, 来たが, 来てから, 果して大儒新井白石, 舞い込んだり, 舞込む, 舞込んだ, 見えた, 見られた, 配達された

1 [261件] あった, あったが, あったと, あったはず, あって, あつた, あなた宛に, あらしの, ありましたので, あります, ありますこれ, あるかも, あるだけに, あると, あるので, あれば, いかにも狎褻, いきますと, うかび出た, かくされて, きた時, きて, きましたらイ, くる, くるよ, こうして二通, ここに, こしらえて, こないからと, この二, この語, これな, これへ, さうで, さまざまに, すぐに, すでに西丸大納言, すなわち佐藤氏所蔵寛, すべてを, せいろん, そのまま出, それだ, ぞくぞくと, だいたい何月何日ごろ, つけて, ですか, とどいたこと, とどいたと, とんだところ, どこからとも, なくなったので, なくなる騒ぎさ, なくなる騷, なまめかしい朱房, ぱったり来なくなっ, ひどくすばしこくて, ひらひらと, まいこんで, まいりました, まさしく蛭, まざ, まじって, まだ達しられ, まわされた, まわった, まわって, やつて, ゆくか, よく判, ドクトルに, パッタリ来なくなった, ボツボツ配達, 一切不明瞭である, 一回来た, 一枚出, 一枚来たら, 一目瞭然であろう, 一通近習の, 七八日頃に, 万葉歌とは, 三行半な, 上向きに, 下りて, 事業首脳者の, 二枚化粧台の, 人間界へ, 今に, 付近の, 伝わって, 佐久間父子へ, 作成され, 佳いという, 來て, 來てから, 保雄の, 俺の, 偲ばれる, 偶に, 偽である, 元子夫人を, 入って, 入ってたので, 公表され, 兵庫の, 其處らに, 再び封入, 再現する, 出かねない, 出して, 出た, 出たの, 出たので, 出たわ, 出た何時, 出ましたから, 出ること, 別にかくし, 参りましたもん, 取って, 可也賑, 同封せられ, 和氏宛てに, 城楼の, 城樓の, 大隈邸に, 如実に, 宛かも, 実際に, 宣教師に対する, 小山田さんの, 小説家の, 少い時, 少しも, 屆いた, 届いたら改めて, 届いてから, 届きました, 届きましてね, 届けられた, 届けられようと, 山積した, 常より, 廻つて来た, 彼等を, 得られた, 得られたこと, 忍び込ませて, 思わるる, 怪しからん, 恐いもの, 息の, 投げ込んで, 披露される, 拙者の, 括りつけて, 握られて, 新田, 新聞に, 日本人と, 明白な, 明白に, 書いて, 書き改められるに, 書けないの, 書翰の, 最も強健勇壮, 有りは, 来たこと, 来たでしょう, 来たの, 来たら復職, 来たり, 来たわけ, 来たん, 来たプラーゲ, 来た時分, 来てたじゃ, 来てるとか, 来なくなってから, 来はじめたの, 来る, 来るたび, 来るたんび, 来ると, 来出頭, 来始めたの, 来明朝応召, 東京で, 果して未知, 極楽である, 正当なる, 武蔵様の, 歴々と, 残って, 毎日の, 毎月一本ずつ, 毎月一本づつ舞ひ込ん, 油じ, 法水等に, 混って, 渡されて, 渡って, 無い事, 焦躁たり, 状だ, 現れた, 現わす, 現今インドの, 用に, 発せられた, 発せられたが, 発せられること, 発せられ将門, 発送された, 相手に, 着いたの, 着いて, 知られる, 立派に, 笠神博士から, 紀州様の, 紙面に, 舞いこんだ, 舞いこんで, 舞い込み, 舞い込みまた, 舞い込んだの, 舞い込んでからの, 舞込んだところ, 舞込んだの, 舞込んだり, 芥川賞を, 落ちも, 著かつ, 藤吉郎の, 行くん, 行けば, 行ったかね, 見える様, 認められなくなって, 読み上げられて, 読上げられた, 誰から, 誰人によ, 貰えるん, 貰つてある, 贋物であっ, 輕快する, 送られて, 部長宛で, 郵便で, 配達され, 鉛筆で, 開いて, 附けて, 隠されて, 電波の, 静子さん自身の, 顕著な, 馬籠に, 龍馬から

▼ 状~ (271, 5.4%)

2 [12件] その晩, その翌日, 亦明, 何處に, 卑劣なりし, 垂糸の, 墨汁会社と, 巴里の, 手に, 早くも, 月を, 私の

1 [247件] あたし自分の, ありがたく思っ, ありませんが, いかなりし, いかに, いずれも, いつもこれ, おれを, お互に, お持ち, お持ちです, かかる苦界, げに百鬼夜行一幅, こっちに, この藤吉郎, この鉤, すぐこの, すぐにそなたの物, すぐ此場, すなわちこの, すなわち軍法, すべて夢中に, ずいぶん怪しげ, そうであった, そのままに, そのまま義助, そのまま腐っ, その中, その後どう, その都度, それから, たしかに全, たしか二度, たぶん役に立つだろう, どうした, どうしたでしょう, どうしても自殺, どうして帳場, どうな, どうやら長続き, どこで, どこへ, なおそのまま, なかった, なく極めて, なぜドクトル邸, はっきりと, まさに右, まずその, また別, もう差上げる, やがて皆孤児, ゆきとどいた, よくうかがわれた, わしが, セルギウスが, タンポポを, ドュウルンなる, ネパールの, ハワイホノルル留め置き, マダケとは, 一五五七年に, 一人で, 一体誰, 一名の, 一定距離に, 一月に, 一見えだ, 一見ひどく, 一週間遅れ, 三ヶ月前に, 三月十一日の, 与えても, 与える, 主に, 之によりて, 二十七人連判状だけで, 二度役に立たず, 京の, 人の, 人形の, 今とて, 他の, 何の, 何処へ, 何樣し, 何處からか, 何處にも, 何處へ, 余の, 余りにも, 余程以前, 作製せられた, 例令ば, 例外にも, 依然として人形, 偽りが, 傍眼にも, 充分に, 先づそのしるしといつていいやうなものでこれを, 全くバカげた, 全く熊, 全部林田が, 全部林田の, 公に, 其のま, 冷笑を以て, 凄じい, 凄愴, 出さないまま帰途, 出されぬから, 出したの, 出して, 出しといたがね, 出し申さ, 前に, 勿論持參金, 千代が, 千八百六十一年十一月二十日わが, 千差万別である, 千通発送された, 去年の, 取り出したものの, 取れる事, 可哀, 名古屋から, 團扇の, 場合に, 多言を, 大切でも, 大津繪の, 大鯰, 天皇の, 夫の, 奪った, 如何と, 如何にも壮, 妹さだ子によ, 嬉しくない, 宛然蟻の, 宝屋が, 実業界に, 家老連署を以て, 寂照が, 實に, 寧ろ哀む可, 寳屋が, 少しも, 尚ほ, 尾張の, 届かなかったの, 差出し候, 常に天使, 御米, 必要な, 恰も線香花火, 恰も負債家, 悲しむべき者, 想像に, 想像の, 慎ましげに, 成立する, 我を, 我心魂を, 戲園の, 手には, 教授会の, 日に, 明々白々に, 明かでない, 明治十六年に, 是非とも, 書いたもの, 書かずに, 書かない, 書かぬ, 書かぬ厭, 書けぬ, 書けません, 書簡箋に, 未開封, 本当に私, 来たの, 来ました, 横浜の, 正面からも, 気にも, 気の, 水蒸気の, 汝を, 江戸表の, 流石に, 消えも, 深山の, 無論鶴子自身, 燃立つ, 物語にでも, 狂女お, 猿猴の, 王, 現に私, 生死を, 発せられた, 白鳩の, 百七十九通に, 皇后の, 目に, 目の, 相変らず, 眞赤な, 知るよし, 知人の, 破毀じゃ, 神父の, 私も, 秘密だ, 筆にも, 箇條書に, 箭鏃の, 糊を, 置いて, 自分の, 自記の, 被告および, 見られたもの, 見るも, 言ふ, 諸国へ, 警察へ, 貴女を, 踊舞台の, 躍如として, 遠くは, 遣れぬと, 部分部分の, 酒精の, 酸鼻見る, 醜く見, 長方形橢圓形分銅形等なり, 開き封に, 階級闘争における, 雨後新, 青山は, 駿三の, 高倉下が, 鬼が, 6の

▼ 状~ (87, 1.7%)

2 なく悠然, なしに, 亦正に, 何も

1 [79件] あてに, あとから, ある, あるが, あること, おかみさんの, お母ちゃんの, お糸, この内裏, さきに, さしあげずに, その程, それの, それらしい, それを, ちゃんと用意, ないのに, ない不意, ない見ず知らず, なくかえって, なくもちろん, なくやつ, なく頬, なし, ふた口状, ほしいな, またかれ, また一種, また他, また天皇, また極めて案外, また模様風, 今度は, 伊豆守様が, 何にも, 何んにも, 何遍と, 作りますがね, 保管せられ, 偲ばれる, 再び書, 出さずほんの, 出さなかった今度, 出さなかつた, 効能が, 半分目を, 印刷の, 実はあなた, 差し上げず東京, 心持悪い, 想像される, 愈削り掛け, 我が身の, 拝見し, 持たずに, 持って, 携えずに, 旭とともに, 書き忘れて, 書き替えぬ書き替えたとて, 書けずに, 林田の, 残さずに, 殘らず, 沢山頂き, 浮世に, 添えて, 溢れ出て, 無し, 無駄に, 異った, 自分が, 舞い込んで, 見えた, 見えるやう, 言いようが, 言ふ, 調べて, 貰って

▼ 状~ (79, 1.6%)

3 云ふも, 暑中見舞の 2 いふべし, 同じやう, 呼ぶこと, 彼の, 角柱状とが

1 [63件] あの電話, いい熊井君, いって, したの, するの, それから, それと, それについで, なす, なって, なってから, なりあるいは, なり失踪, なり陸, パッスを, 一緒に, 二通ならべ, 云へば, 交換せられん, 交換に, 人の, 今度の, 全く同じ, 全く違う, 写真を, 初刷, 化す, 司馬懿の, 同じ筆蹟, 同様に, 同着ぐらいに, 同等な, 名付けること, 四万法とを, 国王の, 委任状を, 子を, 子供芝居の, 孔明の, 家探しとに, 引き換えに, 引換えに, 故とを, 是に, 是は, 普通樹枝状とが, 暑さ, 書類の, 来客の, 柱状結晶との, 照し合わせ, 物皆, 現金が, 生き証人, 生證人, 申すやつ, 短き語, 神の, 種子を, 遺稿の, 金一封とを, 金品交換日の, 黄封の

▼ 状~ (69, 1.4%)

5 あつた 2 あつて, 衝と, 言つた

1 [58件] あわてて, いいし道路, いそがしく対応策, うろ, ぐッたりと, この人, そちに, それには, はじめは, ぴた, わかって, 一人の, 一叢の, 一度上へ, 二の腕の, 京子は, 今夜の, 全国の, 八千五百円外に, 前庭を, 前途へ, 受け取ろうと, 女房は, 居たの, 山三郎は, 島原の, 帽子を, 平身低頭する, 座敷を, 悪人を, 手を, 投げ出されて, 指定し, 最後に, 来年の, 梅原ロオド・ピサロオマウリス・アスランの, 此の, 武装した, 殊に差出人, 灰に, 特に食事, 猪口を, 白緑色を, 皮膚が, 知って, 知つた, 祝儀, 神経衰弱に, 笑いながら, 羊でなく, 羽筑後守昌幸は, 背後を, 見た通り, 質は, 進行する, 驕慢の, 黄赤色を, 龍の

▼ 状~ (58, 1.1%)

2 であった, を想像

1 [54件] が幻, が思い出され, が歴々, が浮ん, が躍動, この一節, だつた, であつ, でありまた, といふもの, となっ, にはいつも, に対してもふさわしい, のまま, のよう, の一つ, はうかがうべく, はなかなか, はニュース映画, は一寸, は今, は今日, は大分, は想像, は戦前, は無比, は考へられ, は郷里, も見られる, も通俗小説, や事件, を, をき, をつくり出した, をとらえた, をもう一度, をもっ, をもつ, を一々, を保っ, を再現, を呈し, を呈する, を察した, を彷彿, を思出, を描き, を撮影, を最も, を次に, を発見, を示し, を見れ, を頭

▼ 状には~ (41, 0.8%)

2 若い幸吉

1 [39件] いつ何日, お君, こういう意味, こう書い, こう見える, ただお, ちゃんと断り, どこへ, ままこの, もう慣れっこ, ホワアドが, 二伸みたいな, 今出川口年寄治右衛門と, 偉大なる, 吉之丞の, 名を, 名前が, 四時と, 奥様に, 学士院会員ギュスタフ・ダンピエールと, 宛名が, 宛名無しという, 川島浪子とだけ, 引変え, 彼女の, 必ず一人, 必ず千里, 必ず堀越秀, 慣れっこに, 所見が, 批評の, 横谷と, 私の, 私共二人の, 秘密が, 自分の, 記入され, 貴方から, 貴方が

▼ 状~ (39, 0.8%)

52 て人, て踊り出す

1 [30件] がたしと, たりき, ておなじ, てす, てなお, てほとんど, ても一度, てゐる, て些, て俯, て先刻, て動悸, て去った, て大小, て密, て尋ねた, て彳, て彳ん, て忍びやか, て揺曳, て白い, て衝, て言った, て運転手, て青海, て高く, て黒, わずか二日間, 難い微, 難い都会

▼ 状結晶~ (34, 0.7%)

2 がつい, は従来

1 [30件] からなり, がたくさん, が多い, が平面, が束, が気温, が水蒸気, が発達, が盛ん, だったら話, でも詳しく, で非常, とを比較, と外観, と毛虫, についてやっ, に小, に肉, の一例, の両, の多い, の多く, の枝, はこの, は北海道, は極めて, は水蒸気, も人工, を作っ, を別

▼ 状あたかも~ (26, 0.5%)

3 人が

1 [23件] この介, レースの, 一なる, 二人の, 今日欧州文明国の, 仏に, 他人を, 先刻公子が, 十七世紀に, 古欧州, 寄せては, 富岳の, 小毛, 棒砂糖の, 沈湎冒色前後を, 滝の, 火を, 獺が, 田舎漢が, 的なき, 空中を, 第九天, 荊棘の

▼ 状~ (25, 0.5%)

2 角柱状の

1 [23件] から警察, ピラミッド型の, 博覧会場での, 原稿料の, 地勢などを, 定紋提灯の, 年礼の, 建築物の, 御一生, 抗告書などの, 拘留更新の, 明智が, 激励の, 烈しい苦悶, 無心状には, 現金の, 秋の, 稿料支払いは, 紹介状そのものが, 紹介状を, 脅迫電話を, 色々な, 訪問客すら

▼ 状にも~ (23, 0.5%)

2 書いて

1 [21件] あった, あるとおり, ことわりの, ちょっと書い, ちょっと申, つぶさに見える, 予審調書にも, 似て, 印を, 及んだ御, 名を, 増して, 家宅侵入事件と, 明らかである, 細かく折った, 託しかねましょう, 記載され, 詳しくわが, 認めて, 通じて, 陰陽博士

▼ 状~ (21, 0.4%)

2 ね, のと

1 [17件] からな, から出る, があたし, がね, が想, けれどもこの, ぞ, ぞッ, ぞツ, とかのこと, と一目, と小生, なんて直ぐ, のを, みごとな, よ, 今夜は

▼ 状である~ (16, 0.3%)

1 [16件] から主人, がこれ, がそれ, がもう, が上部, が其の, が江戸中期以降, が葉書二枚, ことが, ことは, ことを, という, とかの類似, と思う, はだ, 余も

▼ 状でも~ (16, 0.3%)

2 貰って

1 [14件] あったらとにかく, あれば, あろうと, 七八科程も, 僕の, 出すやう, 出すよう, 名誉心が, 拵えて, 拵へて, 捜し出して, 搜し出し, 書きしたためるが, 見せろと

▼ 状など~ (16, 0.3%)

1 [16件] あるはず, いたく神, その一行, だ, である, 一として, 出されては, 外より, 差し出すべきが, 早速認めるで, 時代後れの, 渡そうもの, 突きつける女, 色々の, 色々珍しい, 誰だ

▼ 状にて~ (16, 0.3%)

2 二脚の, 片手を

1 [12件] はたとばかり, ソと, 余賊容易に, 冷汗掻き, 常樂院, 手も, 来たらず, 殆ど足, 狆は, 申遣し, 相進め, 道を

▼ 状ある~ (15, 0.3%)

2 は何ぞ, は奇, も閣下 1 か知れる, がごとき, は実に, は真に, もの, ものを, を察し, を望み, を見

▼ 状~ (15, 0.3%)

1 [15件] がうやうやしく, が桃谷, が猿め, で, であると, とにかく一見, に厳封, の朱漆, の紐, の通う, をひらきあった, を取り上げ, を持っ, を示し, を膝

▼ 状では~ (14, 0.3%)

4 ないか 1 あつた, ありますが, ありません, あるが, あるまいか, おさまらねえ, たいした効果, なかつたの, 久しく見え, 彼は

▼ 状なる~ (14, 0.3%)

1 [14件] ことゆえ, にぞ介添, ものを, も主, よ, よりは, 一の, 女性が, 殆ど百千萬億張の, 物を, 瓦斯暖炉の, 瓦斯暖爐の, 階子の, 雲の

▼ 状などを~ (13, 0.3%)

1 [13件] さすがに, わざわざ書かせ, 一々並べたてた, 出さないでも, 宋江に, 思ふと, 持って, 自分の, 見ても, 認めて, 諸武士, 貰いわざわざ, 隱す

▼ 状まで~ (13, 0.3%)

1 [13件] ご自身, そえて, 並べられては, 出す事, 出るさわぎに, 受け取り感激, 書いた丑松, 書いて, 獲得いたしました, 盗んで, 私は, 舞い込んで, 貰って

▼ 状などは~ (12, 0.2%)

2 見ても 1 お出し, さながら彩られた, 仲, 何の, 偽物に, 僞物に, 古事の, 昔の, 言語に, 貰っても

▼ 状とを~ (11, 0.2%)

1 [11件] もたらした時, 以つて同社の, 兼ねて, 受取つた, 持って, 捧げて, 描き出せり, 書いた裏, 略述し, 説明し, 貰つて来た

▼ 状~ (11, 0.2%)

4 のだ 2 のである 1 かりせば, のが, のだった, のです, のを

▼ 状さえ~ (10, 0.2%)

2 あれば, 手に 1 くれないで, 懐しけれど, 書いて, 渡して, 用意し, 見付かって

▼ 状だった~ (10, 0.2%)

2 のです 1 が親光, し以前, という, のかな, のだろう, ので, のでございます, んだ

▼ 状という~ (10, 0.2%)

3 のは 2 ものが 1 のを, ものは, ものはね, やつが, 誠に前例

▼ 状をも~ (9, 0.2%)

1 交え取った, 併せ読んで, 慎まれて, 持参せず, 現は, 発見し, 示さなかった, 聞きつまた, 聞きつ又

▼ 状星雲~ (9, 0.2%)

1 から遊星系, がやはり, が見える, であると, に最も, のスペクトル線, の場合, は大, もその

▼ 状から~ (8, 0.2%)

1 なり立って, 削除する, 御一覽, 抜いて, 来たもの, 田平子すなわち, 私は, 見ても

▼ 状~ (8, 0.2%)

1 目が, 眼を, 署名させよう, 自分の, 血判し, 記名し, 話題が, 陰に

▼ 状~ (8, 0.2%)

1 ナシテ居ツタモノデアラウ其故ハ生ふる, ナス, 具シテ政府ニ質ス所アリ, 具シテ政府ニ質ス所アリ爾後議会ニ於テ大声疾呼其拯救, 殫ス, 見シ瞬間ヨリ, 見ミ次第死, 驚察

▼ 状凍結~ (8, 0.2%)

3 になる 1 だの, である, で氷層以外, の模様, の氷層

▼ 状発達~ (8, 0.2%)

2 をした, をする 1 と湿度, の枝, を生ずる, を生ぜしめる

▼ 状耳飾~ (8, 0.2%)

1 が少から, とともに発見, と那須, と関聯, のほか, の名, はこれ, は幅

▼ 状によって~ (7, 0.1%)

1 その一人, 修道院行きという, 先ず谷田, 当日集まった, 脅迫が, 隠岐, 頼朝の

▼ 状~ (7, 0.1%)

3 橋の 1 に中る, の, もまた, 橋を

▼ 状~ (7, 0.1%)

2 を語る 1 とを知る, に重み, も相当, を傳, を見る

▼ 状~ (7, 0.1%)

2 の服 1 あり, が最も, ではなく, となった, の免状

▼ 状~ (7, 0.1%)

1 が二本, ではない, の中心, は大形, を吹きあげ, を拡げ, を有し

▼ 状です~ (6, 0.1%)

41 ね, のねえあなた

▼ 状といふ~ (6, 0.1%)

2 ものは 1 かういふ形式, のは, ものが, 公衆性を

▼ 状とは~ (6, 0.1%)

1 右端より, 大いに相違, 既にその, 為って, 違って, 違つてゐた

▼ 状恰も~ (6, 0.1%)

1 二人の, 暗黒の, 武力を以て, 王の, 緋色の, 車の

▼ 状~ (6, 0.1%)

2 を呈し 1 すこぶる怪偉, は文人, らしく考えて, を呈する

▼ 状~ (5, 0.1%)

1 いずれに, 何かで, 何かを, 安葡萄酒, 脅迫状か

▼ 状と共に~ (5, 0.1%)

1 あからんだ, ビールガンジの, 刺を, 早速マリエ, 証拠物件として

▼ 状なき~ (5, 0.1%)

2 にあらず, に非 1 にも拘らず

▼ 状などの~ (5, 0.1%)

1 ものが, 来るよう, 比較的珍, 種類は, 記録は

▼ 状みたい~ (5, 0.1%)

4 なもの 1 な調子

▼ 状やら~ (5, 0.1%)

1 でもう, またその, また四十, 宿屋の, 曲事を

▼ 状万態~ (5, 0.1%)

2 の奇景 1 でこれら, の事物, の変

▼ 状及び~ (5, 0.1%)

1 動作が, 嘆願的の, 帯状, 広幅の, 自殺の

▼ 状氷層~ (5, 0.1%)

1 だの霜降状凍結, と呼ぶ, になる, はいくらでも, は出来なく

▼ 状複葉~ (5, 0.1%)

1 で長, で長き, と云, はその, を対生

▼ 状~ (4, 0.1%)

1 書きくださりませ, 渡しいたす, 認めくださるよう, 預かりしたと

▼ 状これ~ (4, 0.1%)

1 が住所, が唯一, を披, を持っ

▼ 状その~ (4, 0.1%)

1 前には, 姿が, 思い付きから, 物の

▼ 状その他~ (4, 0.1%)

1 が記載, の五つ, の外表的徴候, の平板結晶

▼ 状だけは~ (4, 0.1%)

1 もらつて, 今の, 出しました, 渡して

▼ 状なども~ (4, 0.1%)

1 お示しいただきたい, ずっと内輪, 任務上見廻っ, 可い

▼ 状また~ (4, 0.1%)

1 すこぶる猖獗, 大いに観る, 彼等と, 飛状

▼ 状~ (4, 0.1%)

1 に似, のごとく, のごとし, を殺し

▼ 状以外~ (4, 0.1%)

2 に私 1 には念, は何ん

▼ 状~ (4, 0.1%)

1 として此話, と混同, に触れる, のまま十日

▼ 状~ (4, 0.1%)

1 九図中の, 二は, 六図に, 十六図の

▼ 状~ (4, 0.1%)

2 をもつ, を以ていひ

▼ 状見え~ (4, 0.1%)

2 て言 1 つつ黒き, て鼠地

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 見やがれ, 見やがれもっと, 見ろへ

▼ 状あり~ (3, 0.1%)

2 と雖 1 たり

▼ 状いや~ (3, 0.1%)

3 とは言

▼ 状~ (3, 0.1%)

2 へあれ 1 へ見付

▼ 状じゃ~ (3, 0.1%)

1 ごわせんか, ないかと, 仕方が

▼ 状する~ (3, 0.1%)

1 に言葉, 事能は, 額には

▼ 状そのもの~ (3, 0.1%)

1 がすでに, が訴訟法, だった

▼ 状であろう~ (3, 0.1%)

3

▼ 状とが~ (3, 0.1%)

1 よく挙げられる, 多かった, 挙げられる

▼ 状とも~ (3, 0.1%)

1 いうべきもの, いえるもの, 三角形とも

▼ 状なし~ (3, 0.1%)

1 た立派, にこの, に人

▼ 状などという~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, ものを

▼ 状なら~ (3, 0.1%)

1 この伝六様, でも描き, 何であの

▼ 状なり~ (3, 0.1%)

1 しに, 不題大藤武左衞門, 姦夫の

▼ 状なれ~ (3, 0.1%)

1 ばあえて, ば後, ば我

▼ 状なんか~ (3, 0.1%)

1 よこしましてね, 見なくとも, 黙殺し

▼ 状については~ (3, 0.1%)

1 一時間いや, 明答は, 要心の

▼ 状により~ (3, 0.1%)

1 その目的, 定めて, 御所刑に

▼ 状めいた~ (3, 0.1%)

2 手紙を 1 ものを

▼ 状もらふて下され~ (3, 0.1%)

3 と言

▼ 状より~ (3, 0.1%)

1 可恐し, 大斗能地, 角代活代とは

▼ 状二つ一つ~ (3, 0.1%)

3 はお

▼ 状到着~ (3, 0.1%)

1 のあと, の日, の日附

▼ 状~ (3, 0.1%)

2 すべしである 1 すべし

▼ 状~ (3, 0.1%)

2 ふ可 1 となす

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 えたから, が届い, の一つ

▼ 状朗読~ (3, 0.1%)

1 にはいたらず, には至らず, の事

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 とともにこれ, の絃, はその後所在

▼ 状突起~ (3, 0.1%)

1 でおおわれ, のところ, の基部嚢状體

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 の内, を, を持っ

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 であった, とか言う, などがハッキリ

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 で停止, になり, を脱し切っ

▼ 状~ (3, 0.1%)

1 の笑, の莟, より成る

▼ 状蜥蜴~ (3, 0.1%)

1 はすべて三種, を硝子蛇, を蛇

▼ 状見る~ (3, 0.1%)

1 が如し, に忍びざるとかいふが, に忍びず

▼ 状角柱状~ (3, 0.1%)

1 などの種類, など色々, を初め

▼ 状ありし如き~ (2, 0.0%)

2 固より

▼ 状あるいは~ (2, 0.0%)

1 むしろ腸詰め状対流渦, 塊状の

▼ 状かたち~ (2, 0.0%)

1 で凡そ十七八, はわからない

▼ 状かの~ (2, 0.0%)

1 妙法寺村の, 流離の

▼ 状こそ~ (2, 0.0%)

1 しのばるれ, 大切であった

▼ 状したる~ (2, 0.0%)

2 石を

▼ 状じみた~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 瞻らるる, 瞻られける

▼ 状だって~ (2, 0.0%)

1 寄こしゃしない, 案外見えない

▼ 状だつた~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 状だらう~ (2, 0.0%)

1 が紅葉氏, とは思

▼ 状であっ~ (2, 0.0%)

1 てその, てもそれ

▼ 状であった~ (2, 0.0%)

1 がとにかく, のだ

▼ 状であり~ (2, 0.0%)

1 これを, また誠に

▼ 状とか~ (2, 0.0%)

1 なりよく, 古文書の

▼ 状との~ (2, 0.0%)

1 両結晶型, 中間の

▼ 状どこ~ (2, 0.0%)

1 か痛む, へ行った

▼ 状ながら~ (2, 0.0%)

1 なお床, 式ばかり

▼ 状などで~ (2, 0.0%)

1 心配は, 烏啼天駆

▼ 状なりし~ (2, 0.0%)

1 が憂うるごとく, よ

▼ 状なんて~ (2, 0.0%)

1 そのよう, ものは

▼ 状について~ (2, 0.0%)

1 くわしく話し, 共謀謀議などの

▼ 状によ~ (2, 0.0%)

1 ぢれ, つて生を

▼ 状のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず体色, 今は

▼ 状ばかり~ (2, 0.0%)

1 ですよ, でまるで

▼ 状ばかりを~ (2, 0.0%)

1 姉小路様の, 遣は

▼ 状へでも~ (2, 0.0%)

2 名を

▼ 状よと~ (2, 0.0%)

1 思いて, 思ひて

▼ 状よりも~ (2, 0.0%)

1 一層複雑, 重いという

▼ 状らしい~ (2, 0.0%)

2 手紙に

▼ 状をば~ (2, 0.0%)

1 有象, 逐一に

▼ 状を以て~ (2, 0.0%)

1 なす芸術, 拝趨の

▼ 状ドコロ~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 状一つ~ (2, 0.0%)

1 も空し, 差し上げなかつたの

▼ 状~ (2, 0.0%)

2 岸に

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 を掌, 節宛名左之

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 相似テ其長サ三四尺ニ至ル其需用亦, 變スルガ如シ是ヲ

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 で予定変更, まだ出してる

▼ 状六花結晶~ (2, 0.0%)

1 はこの, を底面

▼ 状円形~ (2, 0.0%)

1 で葉裏帯紫色, を呈し

▼ 状即ち~ (2, 0.0%)

1 ピラミッド型の, 小枝

▼ 状又は~ (2, 0.0%)

1 流理, 集塊岩樣の

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 に到着, のこ

▼ 状天体~ (2, 0.0%)

1 では中心, の温度

▼ 状奇事~ (2, 0.0%)

2 已に初編

▼ 状奇事其大概~ (2, 0.0%)

2 は初編

▼ 状奇蹟~ (2, 0.0%)

2 を記し

▼ 状~ (2, 0.0%)

2 線形で

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 をなし, を成し

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 に選ばれ, を勤めろ

▼ 状態と~ (2, 0.0%)

1 であるかの, であるが

▼ 状持参~ (2, 0.0%)

1 にておい, の上

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 などを調べ, には主

▼ 状書い~ (2, 0.0%)

1 てくれません, て貰う

▼ 状書かせる~ (2, 0.0%)

1 と仰せられる, よう致すでござろう

▼ 状書かぬ~ (2, 0.0%)

1 あの萩丸, とある

▼ 状~ (2, 0.0%)

2 の振

▼ 状構造~ (2, 0.0%)

2 を示す

▼ 状混錯~ (2, 0.0%)

2 を走

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 のご, のごとく

▼ 状積雲~ (2, 0.0%)

1 が濛気, とはなはだしく

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 が口, を知らしめ

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, は支脈

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 をかまわない, を一つ

▼ 状総理大臣総裁大臣~ (2, 0.0%)

2 前大臣

▼ 状花穂~ (2, 0.0%)

1 が出, である

▼ 状~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 と同じ, や蛟

▼ 状貌魁偉~ (2, 0.0%)

1 と形容, なる重厚沈毅

▼ 状~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 はれて, われて

▼ 状韻律~ (2, 0.0%)

1 を発見, を發見

▼ 状~ (2, 0.0%)

1 のごとくし, のごとし

▼ 状騒然たる~ (2, 0.0%)

2 有様である

▼ 状鼓状~ (2, 0.0%)

1 などの記録, など色々

▼1* [391件]

あきらかになり, 状あはれなり, 状あらざるは世に, 状あらんや, 状ありしは事實, 状あればその, 状あんな悪戯なら, 状いただきまかりこしたるわれわれでござる, 状いつも急で, 状いと可笑, 状づだかきまでになりぬ書林は, 状おぼろげながら判然, 状おれ持って, 状かき初申候, 状かきますと云われた, 状かもしれない, 状からの事で, 状からは一昔前の, 状くらゐは, 状くらいは書いて, 状くれる由, 状げに南國中の, 状は追, 状この救い人に対してさえ, 状さながら恨むに, 状ざまな姿体, 状しかも殿にとり, 状したが山陽, 状すこぶるサクラの, 状すなわち晩餐へ, 状すべからざる満足, 状すべき筋の, 状すべてに精通, 状すらも渡して, 状せしは増飾, 状なたへ, 状そのかみカートンの足, 状その他すべて官軍の合言葉, 状その他孰れも, 状それだけ, 状ぞと問はば, 状たしかに珍しい見物, 状たずさえて紀州, 状だけあげて, 状だけでたくさんだ, 状だけを貰って, 状だに持参せ, 状だの其他一切の, 状だろう時々刻々増す, 状ちょうど一の, 状つと押しやったもの, 状つぶさに先の日の, 状であったらどうする, 状でしたの, 状でなく立体的に, 状でなければならぬ, 状というまでには発達し, 状といったものです, 状とおもはれます, 状とかいうものです, 状としか考えられなかった信用状, 状としてそれを, 状とて絶えて, 状となつて表われた, 状とにどんな因果関係, 状ともいへやう, 状とやらまたお, 状とやらも添えて, 状なくじっと見据えた, 状なぞ持っては, 状などに興味の, 状なにか湛へて, 状なりといえども, 状なりとて持てくるを, 状なりに長さ, 状なんかじゃない私, 状なんぞが来て, 状なんぞは一體入らない, 状においてであったが, 状にでも上れよう, 状になつた町の, 状にゃたいそうも, 状にや結いにけむ, 状によっても明かであった, 状によりて将門を, 状に対して敬意を, 状に対しても棄置かれん只今此の, 状に対する感謝や, 状あれを, 状はきましたがこの, 状ばかりに今日まで, 状ばかりは直にお, 状へえこのとおり, 状ほとんど全く相同じ, 状ほぼハチクに, 状または裂片状の, 状までも殘らず取, 状までをつぶさに探, 状みたような, 状もさこそと思われる, 状もってきました, 状もの言う声, 状もらいましたと親許, 状もらって, 状もろうて証書, 状やや東洋的の, 状何處いづ, 状ようなもの, 状らしきものを, 状わが日輪の, 状をぞ渡しける御用状, 状をというので, 状をね印刷屋から, 状をのみ繹ね, 状オーロラはさらに, 状サッキ郵便で出しました, 状シ言ヲ四方, 状チョット山丹花を, 状見シ, 状ナキ限リハ妻ニ於テ一家ノ生活, 状ナッカなか以て一々, 状ピークのガリー, 状一定せざれど, 状一封一枚一枚と箱いっぱい, 状一封今夜中何卒御, 状一本下さいませんでしたわ, 状一氣の生, 状一眼見るだに, 状一通が手渡された, 状一通何れも根, 状一通委任状一通何れも根, 状丁寧でかえって, 状万態殆ど定法なきが, 状あり, 状下さるんだったら, 状下され候, 状下附を願う, 状申上背本意奉, 状並びに豊臣秀頼八歳の, 状丸みを帶びたるものと多角状, 状乃ち海防費献金を募り, 状ある毎, 状二つ貰い明朝監獄見物, 状二通お手許, 状云々も彼, 状云淡路法師者幡磨法師之姉聟也, 状五剣を植, 状五十の名刺, 状五十枚もお, 状人々を從, 状人心だと, 状に至っ, 状今方貸小袖, 状を恨み, 状以來特惠國として事毎, 状仮葬之翌日相, 状は何かと, 状何事なりとも御意, 状にとって不利, 状使のこれ, 状依頼の当夜, 状にいう, 状保持者という, 状保証状をもらっ, 状偵察に余念, 状にあ, 状う内, 状元以下の進士等, 状御披見, 状入りの人形箱, 状入れを落した, 状入れました人形箱を, 状入口からゴシゴシ, 状裂葉で, 状全く狐に, 状兵馬は少しく, 状円柱形の果実, 状况等の如き, 状出してあんた, 状別封差上候間御使可, 状到達なし則, 状劈開を示す, 状南海諸島の蕃人, 状卵形で尖り, 状反故には出来ません, 状取り去ったことも, 状恐しげに, 状台地は, 状各国戯曲の由来等, 状同じからず雄, 状名詞を用, 状は又, 状図中の, 状土地領有権の証拠, 状地帯のいくつ, 状地獄の兇鬼, 状地球が果して, 状坐して金嚢, 状城下の景気, 状執筆の始末, 状執筆依頼あり, 状をもふさ, 状多したため腕疲候而, 状多角形の辺線, 状大使館に届き, 状大河が世界, 状奪われたそうな, 状如何といふ, 状如何にも銛の, 状孔子に似たる, 状かも蜂, 状実に憐憫に, 状察してこの, 状察す可きなり, 状に慘鼻, 状寧ろ憫む可く, 状対流渦の境界線, 状射候のごとし, 状花は, 状尺度の比較, 状届けるものなど, 状へ行こう, 状師ダンテと同, 状師書記主薄などの階級, 状帯下の部分, 状常緑であるが, 状平板状の四種, 状平面結晶と同じ, 状座談会への人, 状廻り廻って, 状弁花をその, 状引渡しの交換条件, 状弱線と見, 状弱線上に座せる, 状に行うべき, 状が次第に, 状形容詞として連体形, 状形式にした, 状彼自身宛然たる, 状用心これあるべし, 状御覧次第至急御, 状徴発令に現実, 状心臓形の葉, 状必ず直に顯は, 状かも仏教累世, 状恰好大恩受, 状で横たわっ, 状悪鬼の金甲, 状を探究, 状感謝状ですね, 状このため, 状我が國に, 状或は其結果の, 状扇形などの標本図, 状に入れる, 状投げた骰子に, 状披針形をなし, 状持ちで執行, 状持參致したり, 状指定の通り, 状が向上, 状捨文等有之右認方, 状の読, 状揃えか村名づくし程度以上, 状描き得て霊彩奕, 状斑点が減じ, 状に此熔巖, 状旅行券を受け取った, 状既に王子の, 状明かならず去迚放還, 状が非, 状或酔後夜行, 状れる角, 状最も安い手切金, 状未だ我に, 状杉江は六十年前, 状来り板垣伯に, 状杯状平板状の四種, 状柱列の迫持, 状柱頭と一個, 状極めて畏敬すべき, 状概ね然り, 状の頭, 状樹枝角板中間型角板角錐角柱側面付角柱の順, 状欲しさに, 状があり, 状歴然たり, 状んど, 状殆ど堪ふ可, 状段階の継続時間, 状殿の御, 状毒づいたとお, 状毫もなくはた, 状況遥に異, 状法衣をなぶる, 状波状の鑿痕, 状注意書き小犬などでした, 状にうるむ, 状裂の, 状渦巻のある, 状測り知られぬ雲の, 状火傷者がたくさん, 状無きに出す, 状熔岩がいたる, 状の出来立の, 状を突き出し, 状物生で膳, 状物質の堆積, 状に似, 状獣属の如く, 状獣心この猴, 状球菌連鎖状球菌に因る, 状の銅粉, 状申越只今青森表より申来, 状るべくその, 状りて, 状異国の王, 状発表によつて, 状白犬のご, 状的印象を与える, 状盆地というかね, 状に賭, 状目前其の人, 状添え病弱, 状真に憐れむべし, 状次第に出府, 状着次第下記へ御, 状睾丸ごときありまた, 状硬直でも見る, 状突起及ビ橈骨ノ突起マデ痛ミ, 状突起周囲炎を手術, 状突起炎の手術, 状突起癒合であること, 状等江戸表へ持參, 状筋骨皮肉動靜脈神經等ノ連絡, 状節理をなした, 状系統によく, 状紀州表で捕えられた, 状紙之内本木昌造樣へも御, 状紙差送申候間, 状紛亂し政爭激烈, 状維持の外観, 状縫合癒合がない, 状置きましたぞ置きました, 状義詮の御教書, 状羽毛状杯状平板状の四種, 状の様子, 状胚乳を含ん, 状脛骨に於, 状至花時都人看者為群, 状花冕を据え, 状花弁をその, 状花蛍袋や虎の尾, 状英国風の朝飯, 状萩丸殿にはお, 状萬態一卷に道中, 状著しくほとんど人, 状蓋し必ずホウライチクの, 状薬研に似たる, 状虚空にかかった, 状蜈蚣の如く, 状裁判言論圧迫等のありのまま, 状をなした, 状視察と行っ, 状視野狭窄などといふ様々, 状視野狭窄螺旋状視野狭窄などといふ様々, 状覗いている, 状て飽く, 状角柱状鼓状など色々, 状角柱砲弾型などのいろいろ, 状角錐状角柱状など色々, 状計り取とは, 状認めましたなら殺す必要が, 状のごとし, 状貌宛かも王妃, 状資料をつぶさに, 状軟骨部癒合双体と名付ける, 状転た人目を, 状軽々に信ずべき, 状送られたとかその, 状候も, 状針状角柱状などの種類, 状銃床の長, 状隆起が現れた, 状の成因, 状風俗だから, 状飾紋あり, 状骸晶状角錐状角柱状など色々, 状を亂, 状鬼胎の手術, 状のごとし