青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「老婆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

習慣~ 翻訳~ ~翼 翼~ 老~ 老い~ ~老人 老人~ 老女~ ~老婆
老婆~
老母~ ~考 考~ ~考え 考え~ ~考えた 考えた~ 考えられ~ ~考えられる 考えられる~

「老婆~」 2461, 27ppm, 4381位

▼ 老婆~ (715, 29.1%)

11 それを 6 いった 4 そう言っ, 右の, 彼の, 耳が, 顔を 3 何か, 喜んで, 急に, 歯の, 片手に

2 [46件] お滝, お爺さんの, お藤, これを, しかたなし, しぶしぶながら, その手, その男, その詩, それでも下人, それに, たまりかねて, ちょと, ふらふらと, ハンケチで, 一声唸る, 一目下人を, 二人を, 仏壇の, 口を, 台所の, 困って, 女に, 少しも, 思って, 悲しそう, 慌てて, 懸命に, 新一, 松の, 気が, 水仙廟の, 溜息を, 王に, 皺の, 繰返して, 胸に, 腰を, 自分で, 薬を, 蟇を, 見開いて, 返辞を, 酒を, 非常に, 頭を

1 [571件 抜粋] ああこれ, あがって, あたふたとして, あたりを, あまり聡明, ありし日, ある時末, ある晩, ある朝, あわただしくふり, あわててか, いささかあざける, いささか相手, いそいそと, いつか自分にも, いつの間にか室, いつもあいまい, いまだに同じ, うしろの, おあいさん, おきみ, おばあさんなりに, おろかどうか, お媽さん, お茶を, かめよを, ぎろりと眼を, くどくどと, くるりと, けげんな, けたたましく扉, こういう意味, こう言う, こう言っ, ここぞと, ことわって, こなくなった, このよう, この声, これに, さも胡亂臭さうに私, しげしげと彼, しゃがれ声, しょぼしょぼした, しわの, しんから, しんばり棒に, じっとし, すかさずに, すぐに, すぐ乳, すぐ自分, すこし跛, すっかりいい, すつかり見, すべて王女か, ずかずかと, そう云い云い, そう云っ, そこへ, そのま, そのままひょろひょろと, そのまま随, その儘隠居所, その古, その夜, その婢, その後で, その折, その方, その日, その端, その膳, その花束, その都度, その金, その頃何人目, それからブツブツブツブツ, それが, それは, それも, そんな事, そんな風, ただ愛想, たちまち見て取った, ためらって, だめ, ちっとも感じなかった, ついぞそんな, つくばって, つぶやくやう, つぶやくよう, つまずいて, とぼけて, どうした, どうして自分, どうも其処, どっちを, どんなこと, どんなメンタルテスト, なじり顔, なにやら口, なほ梅の, にこにこし, にこやかに, にっと笑い, にべも, にやにや笑, にやにや笑い, にやにや笑っ, ひっきりなしに十字, ひどく喜んだ, ひどく慌て, びっくりし, ぴたりと, ふらふらその, べたりと坐っ, ぽんと, まじまじと, ますます両足, また, またお, またしつこく, またそういう, また使, また呼び, また新しい, また昨夜, また立ち停っ, また考えこん, まだぴんぴんし, まだ歸還, まばらな, むきつけて, もうすっかり痴呆状態, もうそろそろ話, もう冷たく, もう十中八九, もう泣く, もう涙, もう涙声, もう私, もう縁側, もの憂く立ち上っ, やっと火, ようやく思い出し, ようやく面, よく磨き, よけい者に, よわよわしく微笑, イワン, オシノと, セキ上ぐる涙を, チョッと, ニタリと, ニヤニヤ笑っ, ノコノコ二階, ヒビだらけな, ビックリし, マジリマジリとして, マニーロフの, ラスコリニコフの, 一人の, 一人言の, 一千八百七十七段あります, 一年程, 一杯の, 一枚の, 一言いっ, 一隊の, 一首の, 七十余日の, 不審そうに, 両手で, 中尉の, 久々で, 久子の, 乗物に, 二三歩歩いた, 云った, 云つて足で, 五歳ばかりの, 今度こそ, 今度は, 今度一円五十銭貰うたら, 今更取りつき, 今迄の, 以前は, 仰天する, 伊那の, 住んで, 体を, 何を, 例の, 信心を, 倒れながら, 傍から, 傍近く座を, 六十に, 再びはげしい, 再び昏迷, 冷淡な, 凄い顔, 初め恐し, 利かなくなった左, 前々から, 劉家の, 勝手の, 勝野老人に, 勿論コタン, 十八に, 十字を, 十等官夫人と, 千鶴子と, 卓の, 又老婆, 古い顔, 古ぼけた畳, 只だ, 只ウロウロと, 只愚痴, 吃驚させない, 呉, 呟くやう, 咎むべ, 咽の, 品物を, 唸るばかり, 問い合わせも, 困った顔, 土間口から, 地下の, 地理は, 垂頭て, 執拗に, 墓参から, 声を, 夕方から, 夕飯の, 夕飯を, 夕餉の, 多少おしゃべり, 大きな目, 大事の, 大仰に, 大体こんな, 大地に, 大変怒りまし, 大悦び, 大釜を, 大體, 奥の, 女を, 姑らしかった, 娘に, 娘を, 嫁を, 嬰寧に, 孫女の, 孫娘の, 安心した, 室を, 家の, 寝ること, 寝衣, 山を, 左右の, 己れ, 己達が, 已に沓脱, 已に臥所, 帰ろうと, 平気な, 年が, 庖厨へ, 店の, 廣介の, 引き続いて, 引き返して, 後に, 後庭, 心から悲しく, 心得莞爾, 必ず長い, 忽ちカツ, 怖る, 怜悧に, 思うまま, 思ふやう, 急いで, 急須の, 性来働く, 恐ろしそう, 息を, 悲しい絶望的, 意外な, 憎まれ口も, 憤りと, 我を, 手に, 打っちゃって, 打消し, 承知し, 投身者を, 数枚の, 文世高の, 新な, 昨夜八時少し, 時どき降り, 時刻を, 暇を, 暗い水面, 暗い沓脱, 暗闇に, 暫く黙っ, 暫ば, 更に答, 最初から, 最初の, 朝早く, 本気に, 杖を, 果して罪, 森へ, 横向い, 欠けた歯, 次第に独り, 次第に空腹, 歔欷し, 歩きながら, 歯朶を, 死んだ夫, 母屋へ, 毎夜八時頃に, 毎度かかる, 気がねの, 気に, 気の毒がり, 気軽く承知, 気軽く起き, 氣の, 氷く, 涙に, 滅多に, 濁った目, 火を, 灰の, 炉に, 炬燵の, 無言で, 焼死しませんでした, 燈を, 片手を, 物凄い吠える, 狂気の, 王を, 王成に, 瓦斯が, 生き生きと, 男達の, 疎さ, 痩せた膝, 痩せ細った手, 白髪の, 皺だらけの, 益々愉快, 目ざとく, 目に, 目を, 直ぐに, 真面目くさって, 眠って, 眼を, 知つては, 秀英に, 秀英の, 私が, 私を, 稲田老人と, 空気枕の, 空耳であっ, 突然後, 窓から, 立ち上がった, 立ち去ったと, 立つたま, 立てつづけに, 立上って, 立上つて奧から, 竜之, 笑いながら, 笑って, 笑ひ出した, 第四回内国博覧会, 答えたが, 答えました, 箸を, 籠の, 縁側の, 縁側へ, 縋りつ, 美しい, 老いた肌, 老人へ, 老婆で, 老爺の, 考えこんで, 考えたの, 考深く, 耳を, 聴いた, 肩で, 腰が, 腰の, 腹が, 腹の, 自ら荒井ゆりと, 自分が, 自分も, 自宅へ, 至極愛想, 花を, 花若に, 花若の, 苦しみもが, 英一から, 茫然と, 茶を, 草の, 荷物が, 萌黄の, 萠黄の, 蒔絵の, 蔭で, 蟹田村から, 血の, 行灯を, 表の, 袖の, 裏の, 見かけに, 見るからに, 見破ったの, 解ったよう, 解つた, 言った, 言ったが, 言つた, 詩と, 話し了, 話の, 誠に人, 諦めはてた心, 警察の, 貞順の, 買物籠の, 起きあがるなり, 起きて, 足の, 足を, 足早に, 転んで, 農産物を, 近処, 逸作が, 遂に引っ返し, 遉に, 遠縁の, 邪魔に, 里芋を, 金切声を, 金髪の, 鍵を, 阿繊, 降誕祭の, 階上に, 障子に, 青茶婆と, 頑固さうな, 頓着なし, 頻りにうなずきだし, 風の, 風を, 餅の, 餅も, 首でも, 首を, 馬車の, 駈け寄って, 駕かきの, 驚いて, 驚きたる顔, 髪を, 鬼に, 魂消たと, 黄色い胡麻塩頭, 黒布を, 默つてゐる, 黙って, 鼻の

▼ 老婆~ (543, 22.1%)

12 顔を 11 声が 10 姿が, 顔が 8 ように 6 姿を, 方へ 5 利枝は, 姿は, 家に 4 前へ, 家へ, 手に, 方を, 言葉を, 話を, 金を 3 すがた, ような, 前に, 家から, 手を, 言葉に, 話に, 財産の, 顔に, 顔は

2 [33件] お霜, それであった, ひいひいと, バルバラの, 上に, 取調べが, 声であった, 声は, 家の, 家は, 床に, 影は, 後を, 後姿を, 心の, 悪口と, 手から, 手が, 方が, 方は, 死骸を, 生死が, 眼が, 眼を, 着物を, 答が, 腕を, 襟上を, 言ふ, 話が, 身の上を, 顔の, 顔も

1 [341件] あごの, あつかましい心, あの哀訴, いったとおり, いった通りねこ, いまわの, いるため, おどおどした, おはぐろ, かげは, かつらを, かわいがって, くだりは, ぐあいが悪い, ことに, ことは, ことばと, ことばに, ことまで, こないよう, しなびて, しゃがれ声, たかい悲しみ, ためその, ために, つめたい落ちつき, ところへ, ところへは, どこやら, ののしる声, ひざまずいて, ふかしたる里芋, ふふふと, ほかに, ほかは, まえに, まわりに, みじめな, もたれて, もとへ, やうで, やうな, やうに, やって, ようであった, ようでした, 一人息子で, 一切の, 一団がかへ, 不心得を, 不潔な, 世話は, 世話まで, 乳を, 乳房の, 乾いた手, 二人が, 云うの, 五体に, 亡霊が, 亡骸は, 代りに, 仲居と, 低い呪文, 住む家, 住居に, 体の, 体は, 信実の, 側では, 側に, 傍で, 傍の, 写真と, 冥福を, 刃向いなどは, 利枝が, 前で, 前には, 前を, 動きに, 勝ち誇ったよう, 勝訴と, 十数年来の, 口から, 口からは, 口に, 口は, 叫び声が, 召使いと, 右側に, 名, 名だ, 名は, 名を, 向いて, 呟きの, 周旋料として, 哀唱は, 哀泣である, 土間にて, 声だ, 声としか, 声を, 声湿ませつ, 変りはてた姿, 変り果てた姿, 多いの, 大力を, 大食が, 女の, 奴は, 妹の, 姓を, 姿で, 姿に, 姿にかは, 姿も, 姿や, 娘で, 娘を, 嫁入りよりも, 子孫には, 宝と, 客へは, 室だった, 室に, 室は, 家が, 容体で, 容子が, 寐起し, 寝床は, 寝床を, 小指の, 尸が, 尸を, 屍体は, 差し出す竿, 帰って, 年齢も, 店に, 座敷の, 形が, 形なる, 形は, 影が, 影を, 役目では, 後から, 後の, 後ろに, 御身に, 微笑を, 心では, 心は, 心地に対して, 怨霊が, 恐れおののい, 恐ろしい声, 恐怖真犯人が, 息が, 息子らしい, 意である, 態度が, 態度は, 憤りの, 所で, 所へも, 手, 手によ, 手紙について, 持った蟇, 持つた蟇, 持参の, 指が, 指す場所, 指揮に, 挙動に, 挨拶には, 放免せられる, 敷いて, 方から, 方には, 施十娘は, 昔語りや, 最も感じ, 最後の, 望みであり, 杖, 枕に, 枕の, 枕頭に, 案内に, 極度に, 様で, 様子が, 横から, 正体は, 死に, 死後はねん, 水の, 治療を, 泣いて, 泣き声は, 涕泣だ, 涙が, 火を, 為には, 物に, 狡智と, 独白が, 瑕武蔵の, 甥が, 用心には, 病は, 病みつかれて, 白衣に, 皺の, 皺手が, 目つきだった, 目に, 目には, 目を, 盲目的な, 眠って, 眼から, 眼瞼には, 着るよう, 着古した, 着更を, 着物の, 矢代を, 知らせを, 石像ある, 祈りである, 神あつ, 種類だ, 立ちならんで, 笑い声が, 答は, 細肱に, 給料まで, 絶え間の, 繰言, 美醜など, 群の, 群は, 群れも, 群れを, 群等あらゆる, 義ある, 耳が, 耳の, 耳へ, 耳へはは, 聲が, 肉が, 肩から, 肩に, 肩を, 背後の, 背後姿を, 胸に, 胸には, 胸の, 脚で, 腕から, 腕では, 腸の, 腹は, 臨終に, 若い時, 苦労は, 蒟蒻取, 蓬髪の, 薄汚なさ, 行つた方を, 衣装夥しい, 衣類を, 表の, 袂に, 袂を, 袖の, 見本に, 見聞きする, 視線を, 親切, 親族関係も, 言う通り, 言を, 言葉に従って, 記憶を, 許へ, 証言によって, 話, 話した征矢野, 話しの, 話で, 話は, 話や, 財産に, 財産は, 貪欲の, 貯金の, 貯金を, 赤黝い, 足である, 足もとには, 足もとへ, 足音が, 身も, 身を, 身近い, 返事です, 遺産相続者から, 部屋である, 部屋に, 鄙びた風俗, 里と, 重みが, 金が, 金の, 金は, 難渋です, 雨戸を, 青い瞳, 静まり返つた姿, 非難は, 面は, 頤で, 頭には, 頭の, 頼りに, 顔つきには, 顔であった, 顔とを, 顔色を, 風采である, 首が, 魔法の

▼ 老婆~ (457, 18.6%)

7 出て 6 言った 5 あった, 顔を 4 あって, 眼を, 訊ねた 3 ある, いて, 一人の, 云った, 立って, 答えた

2 [24件] いた, たった一人, ついて, 二人の, 傲然と, 前に, 喫煙を, 声を, 帰って, 店の, 朝に, 来て, 死人の, 紙幣の, 腰を, 自分を, 蟇の, 起きて, 近づいて, 鍋の, 馴, 驚いたの, 驚いて, 麺麭の

1 [356件] ありましたが, ある家造り, あわて, いきなり登場, いたから, いっさい世話を, いった, いつもと, いつも三四人, いつも寝床, いないの, いふと, いると, いるん, うつ伏せに, おいおい泣い, おくれまいと, おつた, おどおどし, お滝, かかる大, かしこまって, きて, くるという, この八日, この家, ごく簡単, さも信心, さようならの, さるぼ, しやんと, じっと屏風, じめじめした, すぐに, すぐ立ちあが, すぐ背後, すつかり癒し, すれちがった時, そうする, その妖怪, その灯, その通り, その頃, その飼豚, それに, それを, ただの, ただ今玄関, たれに, ちょこちょこと, つき倒される, とんでもない, どんな話, なぜこんな, ぬるい茶, ねこを, のぼって, はいって, はじめに, ひかれたの, ひとりいた, ひとりで, ひとり素足で, ひとり縫物を, ひとり蜜柑箱樣の, ふいに, ぼつねんと, ぼろ帽子を, まじめに, またそこ, また馳, まづ, むさくるしくごたごた, もう何, もう店, やられた, よち, ゐたのに, カマナタ, コタンの, コトコト米, シジミを, シッカリと, セーラー服の, タッタ一人撞木杖を, ダシコフの, チョコチョコ出, ノズドゥリョフの, ハッと, ポカンと, マッチを, ランプらしい, ワアと, 一つ家の, 一人, 一人あったなら, 一人いた, 一人おります, 一人仕え, 一人出, 一人睡, 一人祈祷台から, 一人私の, 一人竈の, 一人腰掛け, 一人雇われ, 一合の, 一文ずつ, 下宿人を, 不図此方, 不審さうに聞く, 不満に, 世話好きで, 両手を, 並んで, 二つ折れ, 二三人集まっ, 二人とも, 二人脚を, 云った四十五六, 亭主を, 人間でなく, 仆れ, 今では, 今其の大きな, 今日も, 休んで, 住むといふ, 余念なく, 來て, 倒れた垣根, 偸盗の, 傍に, 優しく笑っ, 入って, 入口に, 其術を以て, 内に, 前へ, 北海道の, 占いの, 去るの, 參つて申します, 口ずから語る, 口の, 台所で, 司り近所, 合掌する, 向うから, 向こうから, 呼吸も, 咳きを, 品物を, 問うに, 問ふ, 喋舌り, 喘ぎながら, 喚ばれた, 喜んだか, 嘲り返す, 四人の, 四合ビンに, 地獄の, 坐つて, 堂の前で, 境の, 壁に, 壁際の, 夕方買物に, 外出し, 夜泣き癖の, 大きな眼鏡, 大塔, 大師様が, 天王寺辺で, 奇体な, 奥から, 女の子を, 女郎を, 妊婦の, 姿を, 娘と, 孔子を, 孫を, 安福軒の, 室の, 害虫と, 家康に, 寄つて來ました, 寝て, 小さい孫娘たち, 小説の, 居た, 屍骸に, 屍骸の, 帰ると, 平生の, 幾度も, 庖厨口の, 庵を, 引き止めるの, 彼の, 彼女を, 往診を, 後から, 後ろから, 忌いましそう, 思うの, 急に, 恐しい眼付, 憎くて, 憎くなった, 憎らしかった, 手を, 抱へる, 振りの, 掃除を, 提灯を, 敷べたものであろう, 文次郎と, 明日の, 時と, 暖い, 最初に, 最後に, 本会堂, 朱実の, 杖に, 杖も, 杖を, 来た, 来たが, 来た頃, 来年は, 権之, 止めるの, 此方へ, 此方を, 死ぬと, 死んで, 死骸に, 死骸の, 気に, 水晶の, 汲んで, 洋燈の, 洗濯し, 涙ぐんで, 渋茶を, 渋面を, 濃紫の, 灯台へ, 炉の, 無心に, 燈を, 爐邊に, 父の, 片手で, 物を, 物干, 物惜しみを, 物語聞け, 犯人かも, 狂って, 珍しや, 現はれる, 現れて, 現われ吹矢, 疎らな, 登場し, 目を, 着ぶくれた半身, 睡りかけたところ, 知らぬ他郷, 石油屋の, 祈祷を, 私と, 私に, 立つて, 笑って, 答えて, 箒を, 米を, 精魂こめ, 純日本人, 絞つて, 緩り, 老爺に, 老鶏, 耳が, 肩に, 背後向きに, 腕を, 舞臺に, 若い男, 茶を, 落葉を, 虎の子の, 蜘蛛の, 行った, 行った方, 表だ, 裏木戸からでも, 襖を, 見えたが, 見つけて, 視力の, 親子どんぶりを, 覺束ない, 言いたかったこと, 言う, 言葉を, 訊いた, 認めて, 誰の, 豊世に, 貪慾を, 起きた後, 起上り火尻座の, 路ばた, 蹲踞んで, 転ぶよう, 這いつくばいながら, 通って, 通る何心, 逸早く叫んだ, 過去の, 酒壷を, 重ねて, 野の, 鍵まで, 鎌を, 鎌を以て, 鑵子の, 長な, 門に, 門の, 門口を, 阿弥陀如来の, 降りた, 階下の, 障子に, 雪の, 電信柱に, 静かに, 非常に, 頷いたので, 頻りに嘉陵, 飛び出して, 首を, 髪を, 魔法使いの, 黒い日傘, 黒い肩かけ, 黙って, 鼻眼鏡の

▼ 老婆~ (132, 5.4%)

4 相手に 3 ほめける, 見た

2 [12件] して, つき放すと, むりやり仏前, 世話した, 呼びとめた, 忘れること, 殺して, 殺害し, 見て, 見ると, 見下しながら, 連れて

1 [98件] いましめの, うしろ手に, うち眺め, おめし, かつて見た, すぐ城, ずいと押しやり, そこへ, つかまえて, つきのけて, つけて, とらえて, とわずすべて, どうして逃そう, のせて, はじめ家族の, ふりかへ, めがけて, やっつけるとして, やっつける外, 人質に, 仰ぎつ, 伴つて家へ, 何処かで, 信じ甥, 先頭に, 助けて, 労って, 召して, 召そうと, 叱って, 呼びはじめて, 呼んだ, 呼んで, 大将と, 寝かせた, 対手に, 小屋の, 往来で, 思うと, 思出した, 惨殺した, 慰めること, 手荒く屍骸, 手荒く死骸, 扶け, 投げ倒した素戔嗚, 抱きかかえ疾風, 抱き起しそれから, 押し除けるよう, 担ぎこんで, 招ぎ妓八重福を, 捕えた時, 捕へた時, 斬り五人目, 殺させる, 殺したの, 殺した本人, 殺した犯人, 殺した甥, 殺しても, 殺す場面, 殺害させる, 殺害しよう, 殺害する, 殺害出来る, 母に, 煙たがった, 煽てて, 牽きつけて, 突き倒して, 立たせた, 縛りて, 罵った, 花園の, 見かけた, 見た瞬間, 見れば, 見出しました, 見捨てて, 見返り, 見送って, 討たせて, 訪ねて, 證人に, 負ぶった, 負ぶつたま, 走らして, 銭湯に, 降ろして, 除いては, 頼んで, 飯炊として, 養って, 馬鹿に, 騙し騙し浪費, 驚かせました, 驢に

▼ 老婆~ (117, 4.8%)

5 向って 3 なって 2 代って, 向つて, 對する, 眼を, 興味を

1 [99件] あるらしい様子, あわす顔, いとしさ, かう言, かかったり, くれおれら, こういっ, しつこく年齢, しろフォマ, そのたれ, たずねた, つれられて, なすこと, なりましたので, なる, ねぎらわれ行水, ぶつかつて, ほうり投げた, ほのめかしたが, まったく頭, めぐりあうくだり, やった, ヒョイと, 一々その, 久しぶりな, 云った, 云って, 仲介を, 任せ給, 伴れられ, 何やら小声, 依つて, 出られたとき, 出逢い一条, 出逢った, 出遇, 別れて, 化けたの, 化けて, 叱られながら, 向い, 向いここ, 告げたという, 呼びたてられた奥, 命じたところ, 啖わして, 声を, 変って, 宛てたもの, 尋ねた結果, 尋ねて, 尋ねました, 尋ねると, 届けて, 幾らかの, 弾かせて, 形も, 御飯と, 御馳走の, 手を, 払うべき給料, 托して, 挨拶し, 捕われて, 捨てられては, 改めて礼, 渡しなにか, 滞在の, 滯在の, 甘えかかるやう, 知らしそのうえ, 短刀を, 破衣, 礼を, 私は, 経帷子を, 署名を, 義侠心の, 老僕に, 聞いて, 聞えなかったが, 聞くと, 至る迄が, 花束を, 見える, 見せて, 見るよう, 訊くと, 託して, 話しかけた, 起きて, 逢って, 連れられて, 違いなかった, 金を, 鋭い皮肉, 頼んだその後, 頼んで, 食って

▼ 老婆~ (77, 3.1%)

2 あった, ありました, 上から, 顔を

1 [69件] あったであろう, あつた, あるいは煙草, あるもの, あれば, あツ, いた, いつか姿が, いる, うとうとと, おどろいたと, こっちを, この夜, この家, しかたなし, すすめられるまま, そこで横, その場所, その片, またこの, また彼, また驚い, もはや朝, やつぱり頭蓋骨を, やはり続い, ゐたし, 一度は, 不思議に, 交じつて, 亦総, 亦迎, 今は, 今度は, 仏蘭西人だ, 体を, 何かしら私に, 傍から, 初めの, 参詣せし, 叱言, 多次郎, 子供も, 宮廷の, 少し考え直したらしい, 彼女が, 感づかないほど, 憤って, 我れ, 我等と, 次第に手, 泣いて, 爺さんも, 物語中の, 犬も, 留まったが, 目を, 祈祷の, 私と, 私は, 色々な, 花に, 行かなければ, 裏口へ, 言葉を, 起きて, 阿繊, 頗る快活, 驚いたが, 黙って

▼ 老婆~ (75, 3.0%)

4 新一は 2 二人きりで, 二人きりの, 小さな娘, 新一が, 男の子とで

1 [61件] あの息子, おなじ姿勢, お留守, ささやかな, しばらく無駄話, その一夜, その孫, なって, なりました, ひとつな, 一しょに, 一緒に, 下僕の, 主婦と, 久しぶりの, 二人ぎりで四月あまりも, 二人で, 二人宿賃を, 二人暮し, 二人暮しにて, 二人暮らしで, 二十四五ばかり, 云うの, 入れ代って, 劇しく, 同じ事, 同じ心, 向い合って, 向ひ, 向合つて, 喜平の, 四十位の, 女たちの, 女の子が, 女中は, 娘とが, 娘は, 娘各種の, 子供たちしか, 子供とが, 対坐し, 少娘, 年とった, 後刻を, 心得たの, 思って, 思ッて, 敬われる幸福, 斎藤の, 未亡人を, 焦生, 病人の, 経帷子の, 罵りあ, 肩を, 若い婦人, 見たので, 話して, 釘を, 顔を, 馬の

▼ 老婆~ (27, 1.1%)

8 あつた

1 [19件] いろいろな, この町, その報酬, それは, もちろん英語, レースの, 不運つ, 不運つづき, 何事に, 例の, 小紋の, 岩乗らしく, 彼女の, 息子の, 死んだの, 生れも, 笑う口もと, 若い者達, 顔立ちも

▼ 老婆たち~ (17, 0.7%)

1 [17件] が哀し, が若い, だ, と並ん, に, の幽か, の悲しみ, の言ふところ, の話し, の間, はいつも, はおどろい, はこういう, はそんな, は何事, は小, もありました

▼ 老婆には~ (17, 0.7%)

1 [17件] あるの, それが, たった一人, どうしても堪えられなかった, どう思っ, どこにも, 不自由の, 世高の, 大乗仏教的の, 大金であった, 孫にあたる, 気に入らなかった, 気楽に, 転々と, 通じなかった, 過ぎ去った昔, 驚愕と

▼ 老婆さん~ (13, 0.5%)

3 は中風 2 はあんな, も能い 1 と一緒, にも来, に見える, は寝, は彼ん, も善い

▼ 老婆から~ (12, 0.5%)

2 金を 1 お滝, ソバケーヴィッチだけじゃ, 不吉な贈り, 何か, 常に救われ, 授けられた一本, 紙幣を, 聞いて, 聞きました, 讐と

▼ 老婆~ (12, 0.5%)

1 [12件] キルギスの, 一寸御, 中年の, 外套を, 娘の, 子供顔の, 小娘たちや, 彼の, 新一, 赤ん坊だけという, 門番連の, 飯焚き

▼ 老婆~ (9, 0.4%)

1 がそこ, が哀し, が売り, に, にまで, のよう, の中, の白衣, や買物

▼ 老婆~ (8, 0.3%)

1 から救, が一つ, つた, ということ, ということ位, とも言い, と聞えた, のに

▼ 老婆殺し~ (8, 0.3%)

4 の事件 1 の一件, の二日前, の恐ろしい, の管轄

▼ 老婆~ (7, 0.3%)

1 さよ, さよの口より, さよ人眼を, よし, 録に, 録三人の, 録手足を

▼ 老婆である~ (5, 0.2%)

1 ことは, といふ意味, と姫君, 其の顔, 脂肪肥り

▼ 老婆にも~ (5, 0.2%)

1 そういう場合, 小遣いと, 注意し, 秋には, 自分が

▼ 老婆~ (5, 0.2%)

2 声を 1 おたずね, やさしく訊ね, 伝は

▼ 老婆親切~ (5, 0.2%)

1 かも知れません, と云う, の饒舌, をもう, を以て見た

▼ 老婆~ (4, 0.2%)

1 久しく来, 分らぬなどは, 彼奴は, 誰かの

▼ 老婆とが~ (4, 0.2%)

1 いるから, 一束の, 密談いたし, 母屋の

▼ 老婆との~ (4, 0.2%)

1 二人ぐらしでした, 問答の, 間に, 関係が

▼ 老婆とは~ (4, 0.2%)

1 いえ切れ物, いえ死, にわかにスーッと, 違つて金は

▼ 老婆に対して~ (4, 0.2%)

1 なぜか, 彼は, 持つて, 闘志が

▼ 老婆子薪~ (4, 0.2%)

4 貪る野分

▼ 老婆~ (4, 0.2%)

1 とその, にとりわけ, は本当に, を集め見せる

▼ 老婆さま~ (3, 0.1%)

2 有りき六年前 1 も眉毛

▼ 老婆であった~ (3, 0.1%)

1 か黒い, がもう, が一人

▼ 老婆という~ (3, 0.1%)

1 のも, 奴が, 老婆は

▼ 老婆などは~ (3, 0.1%)

1 わざわざ立, 七十という, 老いの

▼ 老婆一人~ (3, 0.1%)

1 でお, と小, を手頼り

▼ 老婆~ (3, 0.1%)

2 の資産 1 に遇

▼ 老婆さよ~ (2, 0.1%)

1 の表情, を呼び入れ

▼ 老婆その~ (2, 0.1%)

1 そばに, ま

▼ 老婆だけは~ (2, 0.1%)

1 心外の, 静に

▼ 老婆だの~ (2, 0.1%)

1 不具者だ, 手代だの

▼ 老婆です~ (2, 0.1%)

1 がなか, が言

▼ 老婆でも~ (2, 0.1%)

1 人間が, 初めて逢つた人間

▼ 老婆とか~ (2, 0.1%)

1 糞老婆とか, 言ッて

▼ 老婆とも~ (2, 0.1%)

1 御噂, 老人とも

▼ 老婆~ (2, 0.1%)

1 のだ, ので驚き

▼ 老婆などが~ (2, 0.1%)

1 多いの, 螽の

▼ 老婆などの~ (2, 0.1%)

1 口から, 陰口を

▼ 老婆なり~ (2, 0.1%)

1 一椀の, 殊にも

▼ 老婆について~ (2, 0.1%)

1 入って, 来るの

▼ 老婆にな~ (2, 0.1%)

1 つても, つて行く

▼ 老婆まで~ (2, 0.1%)

1 張合の, 高い窓

▼ 老婆らしい~ (2, 0.1%)

1 ところも, 狡智を

▼ 老婆エステル~ (2, 0.1%)

1 の皺だらけ, を必死

▼ 老婆二人~ (2, 0.1%)

1 と娘一人, も継母

▼ 老婆子儂~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ 老婆~ (2, 0.1%)

1 に至る, のはかり

▼ 老婆殺し事件~ (2, 0.1%)

1 なども初め, も笠森判事

▼ 老婆自身~ (2, 0.1%)

1 が知っ, も無意識

▼1* [105件]

老婆あって綿羊, 老婆あり薪を, 老婆いかで爲惡しき事を, 老婆おしん世を去, 老婆およし入って, 老婆お七はマジマジ, 老婆かと思いの外意外にも, 老婆がまづい業業, 老婆こんな人達の, 老婆さえいなかったらラプンツェル, 老婆さま其處を閉めなさい, 老婆しか居なかった, 老婆しんと共に家具, 老婆しん死去して, 老婆しん病死せし旨, 老婆しん転宅の様子, 老婆そもじにはほか, 老婆たかでは非常, 老婆ただ一人に出会った, 老婆たち多く集まり弥勒謡, 老婆だったが亡夫, 老婆ちょっと物を, 老婆であって風流好み, 老婆である死ぬまでもう, 老婆であろうか, 老婆でさえカヤ小舎に, 老婆でしかない, 老婆ではないか, 老婆といふものが, 老婆としか見えず傍, 老婆とであつた, 老婆とに由つて店を, 老婆と共に墓地の, 老婆など相手に, 老婆などもあつた, 老婆ならむかなど日頃窃, 老婆についての智識を, 老婆にとつては, 老婆にとって相手の, 老婆によって酋長への, 老婆に対するはげしい憎悪, 老婆に対すると云っては, 老婆はきゃっと叫ん, 老婆はじつとイワン・フョードロ, 老婆はもぞりと, 老婆ばかりじゃアお, 老婆ひとり中老七人若い細君, 老婆へは近日あらためて, 老婆ほかの人雇, 老婆または熟兎を, 老婆までの女が, 老婆みたいにシャ, 老婆やに遣りましたよ, 老婆泣くな, 老婆よねが昨夜に, 老婆よねに逢って, 老婆よねは今迄, 老婆よりはるかに, 老婆と睫毛, 老婆らしく緻密に, 老婆ろくろく返事も, 老婆をも自由に, 老婆アッチェーナだったん, 老婆ニモ生活ヲ自決セシムベク十歳, 老婆マルファそれにスメルジャコフ, 老婆ロシア人支那人朝鮮人等の男女, 老婆一人茫然と留守, 老婆一匹をひねりつぶし, 老婆三人話し居るを, 老婆と云, 老婆今日相会し次第, 老婆利枝が来, 老婆呪詛のあまり, 老婆壱人御家まで参上, 老婆が寂, 老婆子供に背負われた, 老婆を呼ぶ, 老婆小さく痩せて, 老婆少女ヲ有, 老婆師匠が越し, 老婆幼児に対してはまったく, 老婆幼兒の三人, 老婆をやっ, 老婆急病にて去る, 老婆恐れおののきて何事, 老婆自談罪跡真耶, 老婆来り怪しむべしかの野猪, 老婆ありき六年前, 老婆武州柴又辺の農家, 老婆とした, 老婆煤だらけな壁, 老婆を贈り, 老婆物語と題する, 老婆る, 老婆が猫, 老婆男の子や女の子, 老婆糸争いの裁判, 老婆自身行末の事, 老婆尼は, 老婆を侑む, 老婆に拔目, 老婆行列の番附, 老婆豊田貢の磔, 老婆は得, 老婆風呂敷包背負ひたる女房