青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「老女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

習~ ~習慣 習慣~ 翻訳~ ~翼 翼~ 老~ 老い~ ~老人 老人~
老女~
~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~ ~考え 考え~ ~考えた 考えた~ 考えられ~

「老女~」 1156, 12ppm, 8793位

▼ 老女~ (279, 24.1%)

6 家の, 家へ, 顔を 5 事を, 家に, 心を 4 声であった 3 屋敷へ, 水瀬が

2 [24件] ような, 一人が, 口から, 声が, 声と, 声は, 姿は, 家を, 屋敷に, 弁に, 後について, 持つ銀色, 方を, 昔話の, 水瀬と, 背後に, 藤井が, 言葉を, 話などを, 話を, 顏にも, 顔であった, 顔に, 顔にも

1 [188件] あること, あるすさまじ, いくが, いのちでしょう, おぼつかない感懐, ごとき声, したしげ, した話, しなびきつ, せがれが, たしなみ深い明るい, ところへ, ばら, ふしぎな, ほかは, ぽんち, やうな, ゆびさした方, ゆるしを, ように, アツパツパは, セリフみたいに, 一二人を, 一人を, 上に, 世話で, 乱れ髪の, 云うこと, 亡魂も, 介抱を, 仕業であろう, 件, 作の, 使が, 俳人は, 傍に, 凛とした, 初の, 化粧が, 化粧したる, 化粧を, 半顔, 厚化粧は, 名を, 唖然たる, 喜瀬川お, 喧囂を, 声, 声音らしく, 変態愛は, 夢を, 如し, 姿が, 姿に, 姿の, 姿掻き消す, 娘であろう, 娘でも, 娘は, 実子で, 実子である, 家, 家で, 家です, 家では, 家には, 家まで, 家も, 寝床を, 導くまま, 小手へ, 屋敷から, 屋敷で, 屋敷という, 屋敷の, 屋敷は, 屋敷を, 常識も, 幸蔵主であった, 幽かな, 幽かな呻き, 幾が, 幾とて, 幾を, 弁が, 弁を, 形に, 後を, 心は, 心やすい, 志, 怒は, 思召し, 悦びは, 悲愴の, 手から, 手で, 手によって, 手許には, 手許まで, 技能を, 指図は, 振舞與り, 救いを, 方が, 方で, 方へ, 昔話である, 枕元の, 枕頭の, 案内する, 案内で, 案内を, 様子に, 樣子を, 次団太と, 歎息であった, 気が, 水瀬は, 水瀬を, 水瀬侍女の, 泣き声が, 浮木は, 涙は, 狂を, 生命以上に, 生母を, 生活が, 監視の, 眼は, 睨みが, 瞳に, 瞼には, 秋篠は, 絲繰る, 繰言, 聡明さは, 聲が, 肌かの, 背中を, 背後には, 背後の, 能弁を, 膝に, 袂を, 覚えて, 言い分に対して, 言葉であった, 言葉と共に, 言葉に, 言葉の, 計い, 計らひによ, 許しを, 許へ, 話である, 話に, 話方には, 話頭を, 語りし, 讃岐で, 足跡を, 足音が, 足音は, 身の上に, 身辺には, 車上の, 邸の, 部屋へ, 部屋を, 醜さ, 陰に, 隠しどころを, 隠れた勢力, 面倒も, 頭脳は, 頭髪は, 顔が, 顔は, 顔をのみ, 首なりし, 髪の, 髪赤く, 鳥羽どの里見十左七十郎という, 鳥羽は, 鳥羽も, 鳥羽里見十左衛門伊東七十郎という, 鼻先にか

▼ 老女~ (224, 19.4%)

5 止めどなく 4 ぢつ

2 [12件] あたりを, お高祖頭巾, これを, それを, ホ, 名を, 声を, 彼の, 意地悪く, 正吉の, 正吉を, 顔を

1 [191件] あとを, あまり取合わず, あると, あわて, いじらしい子供, いなかった, いよいよ体, うなずいたが, おかしそう, かえってそれ, かねて, きッ, こう云っ, こう王様, こう答え, この家, この風, さう, しばらく考え, じっとし, そう云っ, そこで, そのあと, その天璋院殿, その後からも, その白壁, その頼み事, その魚, つくづく顔打ち, でも色, とかく奥様, どうした, どこまでも, どんな具合, ひたすら宗右衛門, ひと息つく, ふところから, ふと考え付いた, ましてとめ, また声, また多く, むすめ, もう六十, もとより上, やはり不人情, わざと軽く, わたくしが, わたしに, わたしの, ジツと, ツイ腹の, 万事その, 不審そうに, 不平を, 世間には, 両袖, 中風や, 亀の, 二足三足前へ, 二階へ, 云った, 五百に, 今も, 今更の, 仕方なげ, 仮面の, 何か, 何かの, 何と感じた, 何事かと, 何事にか, 何時しか頭, 何者であろう, 何者狂か, 便利だった, 俄に, 入来れり, 別に角ばつた挨拶, 北の, 去った, 又も, 只だ, 和宮様の, 四皿の, 多かった, 多分に, 大層王子, 天の, 好奇心に, 安心した, 実はそれ, 家鴨の, 寝室は, 小君, 少しく顏, 少しも, 師直の, 庭に, 当惑した, 彼等に, 後に, 徐に自分, 復命代はり奥様の, 心得て, 忙しく編針, 忽ちに声, 急に, 手もて, 播磨の, 敷居際に, 昔を, 昨日の, 暫く案じ, 暫く考えた, 更にそれら, 最怪げ, 本国へ, 本意な, 来る者, 果して厳めし, 案外に, 正直に, 此處まで, 毎日かかさず, 比較的身分, 気軽に, 法師丸の, 涙こそ, 涙押し, 溜息吐い, 熟く, 熱心なる, 狐の, 猛然として, 猶かに, 猿の, 男の, 畳みかけました, 當惑した, 疎らなる, 白い小袖, 白い顔, 皺手に, 目を, 目科の, 真実憫れ, 矢傷に, 石の, 程よくその, 窃と, 端なく, 笑いながら, 笑ひ, 笑ひ興ず, 答えた, 紅茶の, 紅葉館創立以来の, 縁の, 聞きも, 聲ふるはし, 胡椒を, 若い時夫, 若い頃, 苦しい息, 茂太郎を, 薩摩の, 虫の, 袖口に, 見た, 詮方なし, 話して, 語った, 語りつぎました, 語部などの, 迎えに, 近寄ったが, 途方に, 鐵漿の, 雑用婦の, 雪之, 面押し, 頑なに首を, 頷きながら, 風呂敷包みを, 驚いた眼, 驚いて, 鯰の, 黒漿の, 黙って, 黙つて穴, 鼻打ちか

▼ 老女~ (172, 14.9%)

4 いった, 藤氏の 3 あった 2 あらわれた, それを, はいって, 何か, 化粧の, 眼を, 綴じ紙

1 [147件] あかい着物,六枚, あなたの, ある, いた, いたもの, いったよう, いった通り, いては, いないこと, いる, いると, いるばかり, おのおの別々, おろおろした, かまわず昔話, ぎくしゃくと, こういっ, ここで, こちらへ, こっちを, このいわゆるコト八日, この遊戯, この頃, さし上げた焼き栗, さッ, たくさんに, ただもの, つつましや, つぶやくよう, ふと五百, ほのめかした話, また, また見え, まだね, わたしに, 一と, 一人かしずい, 一人これは, 一人と, 一人川に, 一人若い, 一瞬の, 三つ指を, 三宝の, 上を, 不器用な, 不審顔し, 世話を, 主人で, 井上流の, 仆れ, 住んで, 何といふ, 何者であろう, 作ったこの, 使って, 公爵家での, 出て, 前に, 力いっぱいに, 半円を, 厳重らしい, 去ったので, 合掌し, 喪服でも, 坐って, 声を, 外の, 外出する, 多かった, 大師に, 嫁入の, 寄って, 寝入ったあと, 尋ねて, 小女に, 居合わせて, 左道を, 帰って, 店番とも, 強いるよう, 弾いて, 彼を, 待って, 後見人に, 怪我した, 恭しく現われた, 愛して, 愛素よく, 感心し, 或る, 或時, 房子の, 抑えて, 教えても, 新原元三郎, 書いて, 最後の, 来あわせて, 来たため, 来て, 来るの, 東京の, 榛の木の, 次の, 気がついたよう, 淡紅色の, 渋い着もの, 狭い廊下, 狼の, 現れて, 用を, 目を, 相談の, 石けん行商に, 私を, 立って, 竹竿に, 答え来るを, 続きその, 聞きに, 聞き馴れない奥州語, 腰をか, 自分を, 船の, 花嫁を, 茂太郎の, 蓆の, 見たという, 見舞に, 親切に, 言葉を, 訪ねて, 身分柄も, 辛くて, 送られて, 通るの, 遠方から, 遣って, 野なかで, 鍋で, 附いて, 頭の, 頻りに世話, 頼み少ない姿, 食物衣服など, 魔術を

▼ 老女~ (71, 6.1%)

2 導かれて, 言つてゐる, 連れられて

1 [65件] いいのこして, いたわられたる旅, いわれたところが, お松の, お頼み, ささやいた, ささやいて, ささやくと, すすめた, せがむところ, そう云われ, たしなめられた腰もとたち, たのんで, ひかれながら, ひきつがれるらしい, よそ, わけを, 云ったとて, 介抱され, 似る顏容, 何か, 何事かを, 促されて, 劣らず醜い, 勝目は, 勧めて, 化けた怪しい, 化けて, 取っては, 向い, 向って, 命じて, 問うと, 問う女, 好意を, 感づかれないよう, 扶けられ, 持たせて, 教えられたの, 暇乞いを, 殺されるの, 渡したまひ, 炙られて, 物を, 物多に, 率いられた幼, 紀, 聞くと, 聞くとも, 見せるので, 見立てた名, 言いつけて, 訪るる, 訴えると, 話しかけられた時, 負けなかった, 逢うこと, 逢って, 醜女を, 附添われ, 面会を, 頼んで, 飲ませようと, 髪を, 黙って

▼ 老女~ (56, 4.8%)

4 叱りつけた 2 捉へて, 連れて, 顧みつ

1 [46件] いたわり扶, お叱り, お靜, この浦島太郎, さへ, して, つとめられ和気乃, のせて, まもり居たり, むかえに, 一目見る, 中心に, 主人として, 伴ふ, 傳手に, 初め重立った, 労つて下だ, 勞はります, 勤めて, 叱つた, 呼び出して, 呼んだ, 呼止めぬ, 埋めた墓印, 尋ねて, 尋問し, 山の, 彼賊の, 憎いよう, 懸橋に, 戸口へ, 手伝って, 扶けながら, 招致せり, 指図し, 振り返って, 据えて, 掻きむしるの, 残して, 白樫の, 脅して, 若返らすと, 見たとき, 遣したもの, 雇傭した, 顔を

▼ 老女たち~ (32, 2.8%)

5 すら郎女 4 が引つたくつ 2 と武士たち

1 [21件] がこれ, が引っ, とによってその, に囲繞, に神秘感, のいる, の周囲, の控え, の耽る, の背後, の頭, はしのび泣き, はその, はニッ, は感心, は白髪, は部屋, もその後, も特に, も若い, を見た

▼ 老女~ (30, 2.6%)

2 屍の, 覆面姿の

1 [26件] その若い, なりて, なりぬ, なりもしくは, 一緒に, 下僕らしい, 中老のみが, 二人あり, 二人が, 二人で, 二人向き合っ, 出逢, 出逢った, 十七八の, 四人の, 外に, 女中とが, 娘とが, 思うであろうから, 武士とは, 町奴の, 若い侍女, 若い女中, 若侍, 言われる身, 額を

▼ 老女~ (27, 2.3%)

1 [27件] あまり生活, いる気配, かならず快く, このお, その一人, それと, それを, また茂太郎, まだ微か, やはり夫, やはり迷惑そう, 中, 事の, 今日萬人の, 何か, 外へ, 御機嫌損ねたる, 惜しみながら, 懇ろに, 数人小, 武家者である, 水戸から, 聞きしこと, 若い武士, 負けない気, 静かに, 驚き殿様

▼ 老女~ (26, 2.2%)

3 のお 2 へお願い

1 [21件] からお, からのお, から融通, が遠方, だけが抜け, でしょうか, という大, といふやう, にお, にお願い, には申し上げ, には話せない, にも借金, にも好かれます, に大, のお気に入り, の屋敷, はえらい, はしっかり, はそのうち, を中心

▼ 老女さん~ (16, 1.4%)

1 [16件] がお待ち, そんなこと, です, ですか, と一所, にお, に抱い, のお, のこと, の傍, は何時, は旦那様, ほんとに世の中, 御一人, 最も良き, 能う来て

▼ 老女~ (16, 1.4%)

1 [16件] あつた, こういう, この老女, これも, ござりました, ただ一つ, 左義長の, 年は, 文夫さんの, 有ったに, 清らかな, 相手を, 糸を, 良人が, 薄鼠色, 頭を

▼ 老女~ (9, 0.8%)

1 がい, が一人, が中元, が入, が奥向き, が次々, が笑顔, に一隻眼, の名

▼ 老女~ (8, 0.7%)

2 多くの 1 中老までも, 侍女から, 侍女たちと共に, 其伴の, 腰元らしい, 若い美男

▼ 老女から~ (7, 0.6%)

1 かばって, 叱られる分量, 感ずるの, 眼を, 聞いて, 聴かされて, 若君の

▼ 老女~ (7, 0.6%)

1 いった, お辞儀を, こう云いました, 囁きに, 囁きました, 近付いた, 顔を

▼ 老女である~ (6, 0.5%)

1 からアピ, が前, ことは, ことを, と思った, と考えた

▼ 老女~ (5, 0.4%)

1 さよの手によって, 局お, 市に, 市の, 高祖頭巾の

▼ 老女には~ (4, 0.3%)

1 よく見る, 判り兼ねた, 相違なかっ, 鏡に

▼ 老女にも~ (4, 0.3%)

1 こんな優しい, たしなみが, 船夫風情にも, 面目ない

▼ 老女~ (4, 0.3%)

2 の目 1 に手, はそういう

▼ 老女~ (3, 0.3%)

1 そうだ, と云う, 何でも

▼ 老女であった~ (3, 0.3%)

1 が, がその, が少しく

▼ 老女では~ (3, 0.3%)

1 ありませんか, あるまいが, ないかと

▼ 老女とが~ (3, 0.3%)

1 出て, 向い合って, 警護を

▼ 老女らしい~ (3, 0.3%)

1 声が, 御様子, 淡々たるユウモア

▼ 老女~ (3, 0.3%)

1 の前, や島田, 某子爵夫人

▼ 老女殿~ (3, 0.3%)

1 が三千石, に預けた, を口説き落す

▼ 老女~ (3, 0.3%)

1 が承わり, に渡り, の首根っこ

▼ 老女笹尾~ (3, 0.3%)

1 が御, が結び草履, を筆頭

▼ 老女~ (3, 0.3%)

1 がお, にはめいめい子供, の子供たち

▼ 老女あり~ (2, 0.2%)

1 何処に, 菊の

▼ 老女さん此~ (2, 0.2%)

1 の教会, の洋琴

▼ 老女さん私~ (2, 0.2%)

1 は残念, も左様

▼ 老女です~ (2, 0.2%)

1 が一緒, よ

▼ 老女とは~ (2, 0.2%)

1 まるきり違った, 今なほそこに

▼ 老女なども~ (2, 0.2%)

1 この歌, 後には

▼ 老女なり~ (2, 0.2%)

1 女, 男世帯なる

▼ 老女まで~ (2, 0.2%)

1 およそは, 入れると

▼ 老女~ (2, 0.2%)

1 と共にそれぞれ, もお供

▼ 老女をも~ (2, 0.2%)

1 床壁を, 忘れ果てつ

▼ 老女中の島~ (2, 0.2%)

1 の急死, はと訊きます

▼ 老女二人~ (2, 0.2%)

1 の生活, の鏡

▼ 老女侍女~ (2, 0.2%)

1 など千余人, の端

▼ 老女修道者~ (2, 0.2%)

1 でございますが, となっ

▼ 老女~ (2, 0.2%)

1 は後, を見る

▼ 老女梅野~ (2, 0.2%)

1 の声, の言葉

▼ 老女詩人~ (2, 0.2%)

1 と少し, の旅情

▼1* [89件]

老女あり定めし此家の, 老女からの依頼状の, 老女がをり折々, 老女この関連は, 老女さんそりや先生, 老女さん二十年前に別れた, 老女さん何したら篠田様, 老女さん其れは, 老女さん教会の言, 老女さん新聞などには大層, 老女さん昨夜もお話, 老女さん燈が点い, 老女さん男なんてもの, 老女さん真実我を支配, 老女さん私何うやら, 老女さん篠田さんのこと, 老女さん篠田様は今日, 老女さん花さんは夜, 老女さん行衛知れずの, 老女さん近く篠田さんに御, 老女しろ鷺, 老女すなわち女の, 老女そっくり老婆の, 老女何すれ, 老女だけでは, 老女だけが起きて, 老女だけになかなか口, 老女だけはいつもの, 老女であろうが皇女, 老女でもさすがに, 老女といふのが, 老女としてはそれは, 老女と共に黒い衣, 老女どもが三斎, 老女なぞに我々の, 老女などが指図を, 老女にさえ自分の, 老女にて奥の, 老女にとってはそれが, 老女のみはこの賑しき物語, 老女また牝牛を, 老女までが手負いの, 老女みたいな者, 老女めいた女が, 老女エステルにこの, 老女フラスカアチのフルヰア, 老女フルヰアフラスカアチの産, 老女ルシヤ様のつれ, 老女一人針仕事をなす, 老女中臈腰元端女までおびただしい, 老女かしばらく, 老女入口に現れ, 老女其頃年も二八, 老女加世は死体, 老女喜瀬川が出まし, 老女女中の隙間, 老女女性の先祖, 老女姉小路を思わせる, 老女始め舊式な女, 老女師匠から義理, 老女になっ, 老女振向きてそ, 老女教師が精神喪失, 老女新聞やなにか, 老女春日局はこの, 老女杉山に会った, 老女村岡もゐた, 老女村岡ら三十余人とともに京師, 老女村岡様にご, 老女の人, 老女同じく松風, 老女歌野お部屋, 老女水瀬は同じく, 老女浅岡が陰, 老女をしばたたき, 老女石田の局, 老女秋篠とこれ, 老女立ち居たり, 老女竹尾が彼輩姦謀露, 老女へて彼, 老女子でも, 老女繪島の遠流, 老女をさしのぞきつ, 老女若いものから, 老女若者娘子供もいれ, 老女衆記にハシタ, 老女訝しげに己, 老女輪田お紺, 老女迄が今日は