青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「老い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~ 翻訳~ ~翼 翼~ 老~
老い~
~老人 老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~ ~考え 考え~

「老い~」 1216, 13ppm, 8399位

▼ 老い~ (272, 22.4%)

5 ます 4 物語が, 益 3 いた, ますます盛ん, 子に, 行く

2 [13件] いる, ますます元気, ゆくの, ゐた, ゐたし, 七十路過ぎ, 大也, 憔悴し, 益々迷い, 若い生命, 行くの, 身うちが, 金も

1 [221件] あるらし腹, いった, いった一人, いない, いないと, いなかった, いましき, いよいよ凋落, いよいよ強壮, いよいよ薫しき武門, いるから, いるが, いるの, いるよう, いる彼等, いる点, おいでに, おもかげ, お庭, かなりに, きた, しぼむを, しまう, しまうという, しまったかの, しまったこと, しまったし, しまったもの, しまって, しまつ, し人, し髪, すぐれし絵, せせらぐ水, そして跡目, その内容物, その梅幸, ただ一人, ついに棺桶, つましき心ばせ, なお晩節, なお気力, なお青年, なほいくばく, なほうつくしき, なほと, なほ色欲の, はおりますなれど, はつ, ますますさかん, ますます健か, ますます叡智, ますます堅い, ますます増強, ますます壮, ますます壮ん, ますます富み, ますます旺ん, ますます熾んなる, ますます盛大, また壮, また最後, みたいと, みたいという, むしろ冬, やや色, ゆき此, ゆく, ゆくと, ゆくとき, ゆくばかり, ゆくもの, ゆけばい, レトロスペクチイフの, 一女あった, 三子を, 世にすてられ, 亡くなつた, 人も, 人生が, 人生の, 今さら何, 他国に, 何よりも, 何んと, 俤が, 倒れたあと, 全く別人, 其の色, 凩鳴りそむれ, 利名の, 取残されるもの, 含むもの, 呆け面の, 呟くそれ, 墓穴に, 夢より, 夢多し, 天涯の, 夫なき, 夫を, 好刺戟, 妄りに, 子が, 宇宙の, 客足の, 實子の, 居たかは, 巨大に, 広前も, 強さ, 役に, 彼が, 往く處, 後は, 後死す, 後死せる, 後鶏皮, 心の, 悲境に, 惑多し, 愚に, 愚純な, 敬虔なる, 数年前に, 斃るる, 既に耄碌, 早く衰えた, 春は, 春先ほどの, 更に恃, 更に恃むところなし, 木枯しの, 材愈, 来たか, 来たの, 来た彼, 来る, 来ると, 楽を, 死せん, 死ぬまでは, 死ぬらん, 漸次に, 潔を, 猶且つ永遠, 猶若々しい人間らし, 生きるという, 生活力を, 疲れた親, 病に, 病める兩親, 病痩眼闇諸, 痛き目, 痩せた母, 白髪と, 白髮と, 益々壮, 益々壯ん, 益々旺ん, 益々筋骨隆々, 益々若い, 益壮な, 益壮なる, 益精力の, 盲なる, 盲ひた, 盲目と, 真白な, 眠れない老いて, 眼が, 石炭空しく, 神を, 稚気ある, 窮巷に, 紫が, 緑林の, 繭に, 而し, 腰の, 舜摂せるなり, 若い子, 若い心, 若き仲間ぶり, 草木の, 菲才を, 萎びた父, 落ちついたこと, 落ち鮎と, 行かねば, 行かれたよう, 行くのみ, 行く一, 行く事, 行く人々, 行く女優達, 行く達人, 行ったこと, 行っても, 行つた上ストリントベリイの, 衰えて, 見えた, 豊け, 貧しき身, 足りつつ, 身にこそ, 軍益々, 近づく冬, 遠く餌を, 郷土の, 醜くなった, 醜く半ば, 醜男の, 零落した, 震えては, 頭の, 骨ばった手, 髯の, 鬢髪も, 鴉啼く, 黒き雄

▼ 老いたる~ (229, 18.8%)

9 母は 6 も若き 4 母が 3 尼が, 母を, 父の, 父母を

2 [11件] を奈何, 人の, 人を, 友達は, 小使は, 杉の, 母の, 母親は, 父母の, 行者は, 駄馬の

1 [176件] お賄頭, かなと苦笑, かな山頭火, かな衰, かひ, がんに, が入り来り, が多く, が絶えず, には乍我身, のは, はいう, は六十歳前後, は甚だ, は耳, は芸妓殺, は若者, は震い, もあれ, ものすら, ものとて, ものにも, ものも, もの病める, もまた, も幼き, も稚なき, も若い, を憫れん, を笑う, を負い, コラムは, ジャン・ヴァルジャンは, ディレツタントの, ハンスル夫婦が, バルヂピエロは, ベルリオーズは, リア王の, リザベッタ婦人は, 一人の, 下男は, 両親が, 両親の, 両親は, 主人たちは, 乳母と, 二匹の, 二柱の, 人にとっては, 人は, 伍長の, 伝統の, 伯父に, 修道女も, 僕は, 僕や, 僧官達も, 劇作家の, 労務者や, 勇壮と, 博士の, 友を, 同志である, 哉, 哥薩克の, 夫婦の, 女は, 女乞食二人枯芒の, 女傑が, 女先づ横に, 女奴隷が, 女役者として, 妖精は, 妻であった, 妻に, 妻や, 婦人も, 孤軒は, 客の, 尼の, 巴が, 市長の, 師の, 師匠は, 年を, 序詞役共は, 役員は, 彼女の, 従者や, 御方の, 恩人の, 慈親が, 我をも, 手に, 撰十の, 教師ハツバス・ダアダアの, 新しき人生観, 方の, 枝と, 桃の, 武士の, 母さえ, 母で, 母に, 母にも, 母への, 母よ, 母上を, 法師首を, 流れ多摩川も, 漁師は, 漂泊者あの, 瀟洒さで, 無花果の, 熊は, 父に, 父は, 父も, 父君の, 父君メラニデス・エフィゲニウス氏の, 父母が, 父母と, 父親だつた, 犬よりも, 独身者の, 猫だ, 猶太婦人, 猶太教徒一人, 玉が, 王は, 男が, 男大なる, 男女の, 画家までが, 番僧は, 異人は, 異性の, 白人が, 白髯の, 眼に, 神の, 禰宜と, 私にさえも, 秋草の, 竜神さんの, 者にとっては, 聖者は, 胸に, 自分が, 舟子一人にて, 船頭と, 花, 若い時代, 若き時代, 薦僧が, 藝者あり, 蝦の, 血が, 血を, 親あり, 親が, 親でも, 親に, 親の, 親並に, 観相家は, 貴婦人の, 青春を, 革命の, 顔つきを, 館長は, 魚怪が, 鴉が, 鷲, 鷲古り, 龍の

▼ 老い~ (137, 11.3%)

8 身の 6 眼に 4 目に, 見えぬ貴人, 身を 3 眼を 2 清しさ, 眼は

1 [104件] あきらめを, かんしゃく玉を, きわみを, くりごとを, くり言に, しずくを, しわが, ために, つかれも, ない道, はじめや, ように, わが贔屓役者, 一徹から, 一徹を, 一徹屋根瓦を, 一轍貧の, 中に, 五体は, 今日まで, 佗し, 余生を, 僻みも, 兆しを, 初児, 坂に, 始まるまで, 寝ざめ, 寝覚めを, 寿命と, 将に, 屠者, 影が, 影や, 徴候をも, 心の, 心へ, 悲惨という, 情熱を, 愚痴が, 愚痴でございましょう, 愚痴みたいな, 愚痴も, 愛情に, 感傷と, 手が, 手に, 手足を, 既に至れる, 智慧, 杖, 来たこと, 武者声の, 歩みの, 残れる歯, 気分に, 波か, 涙なりけり, 涙の, 物好きと, 生命を, 生命二つを, 痩腕に, 白髪を, 皺の, 目から, 目を, 眼じゃ, 眼も, 瞼を, 筋骨亀縮し, 細い骨, 繰りごと, 繰り言, 繰り言じみる, 繰り言であった, 繰り言という, 繰り言を, 繰言, 耳でも, 肩を, 胸に, 胸の, 胸を, 腕には, 腰に, 腰を, 自覚として, 衰えが, 見えぬ女, 足でも, 身と, 身に, 身には, 身は, 身をも, 身一つを, 身体は, 迫ったという, 迫るを, 面目これに, 頑固, 顔が, 風情と

▼ 老いては~ (52, 4.3%)

11 子に 3 冬の 2 いない, ゐるが, 子の

1 [32件] あまりに潜在的, いても, いないの, いなかったの, いるが, いるけれども, さまで健, たいてい駑馬, どうする, やはりあの, ゐても, ゐるけれども, 人に, 何とやらの, 名だに, 土馬に, 大抵驢馬, 如何に, 子供に, 小成に, 尼将軍政子と, 忘れること, 恃む子供の, 揚足を, 旅は, 普請庭つくり, 月雪花を, 死するの, 睡りがたし, 老を, 耕田に, 血気弱く

▼ 老いても~ (41, 3.4%)

2 獅子は

1 [39件] いよいよ健康, くずおれるという, なおふっくら, なお優雅, なお強く, なお整った, なお独り, なお美しい, なお負けぬ, なお青年, なお驚く, まだたやすく, まだ衰えぬ, よく菊, わしの, わらわは, カミソリの, 一門の, 体力衰えず, 力や, 劣らじと, 壮なる, 奇を, 女子は, 巧いもんで, 市崎宗左衛門じゃ, 泥斎自慢する, 流石は, 物質に, 猶純, 益なる, 精神の, 老いぼれたくない若い, 血気盛んだ, 衰えない盛り, 見えて, 達者で, 鋭いその, 黒人種の

▼ 老い~ (37, 3.0%)

6 けるかな 5 けり 4 けるかも 2 けらしな旅人よ, たるらし

1 [18件] けらしな今は, けらしな爛漫と, けりで, けりの, けり上げつぱなしの四つ手網, けり仏, けり我, けるよ, ける朝毎, けれ, ければ, して, し夏, し身, たれば, 帰して, 服せず天, 襲われた哀れ

▼ 老い~ (36, 3.0%)

5 養って

1 [31件] 人目に, 嘆じ, 嘆ずるには, 待つだけの, 忘れあの, 忘れること, 忘れる為, 思って, 恐れ厭うこと, 悪夢の, 感じさせては, 感じさせる, 感じすぎて, 感じる, 感ぜざるを, 慰めて, 楽しむところ, 知った, 知れば, 示して, 見せて, 見せないで, 見るにつけ, 覚えたの, 覚えるまで, 覚え初めて, 養うに, 養うのみ, 養うほど, 馬骨に, 駿府城に

▼ 老い~ (26, 2.1%)

14 若きも

1 [12件] せずに, せず思うこと, せず死にも, せず病, みな頼まれ, 女も, 尼法師あやしき, 幼きも, 忘れ物思い, 知らない燃焼, 知りません, 近い両親

▼ 老いたりと~ (24, 2.0%)

5 いえども 3 いえど, 雖も

1 [13件] いうには, いえ, いえ与次, いえ先陣, いえ忠右衛門, いえ近頃, するの, せず意, 思うよ, 思ひけり, 感ずること昨日今日, 称して, 謂ふべき

▼ 老い朽ち~ (16, 1.3%)

1 [16件] て, てあと, てしまいたくない, てしまえ, てしまった, てしまへ, ては居なかった, てひどく, て子供, て死に, て洞ろ, て花数, て薪, て行かなけれ, て行く, て行く憤り

▼ 老いさら~ (13, 1.1%)

3 ぼいて 1 ばった老, ぼいたるもの, ぼいたる本人, ぼいた姉, ぼいを, ぼえた山人, ぼえた雪道, ぼひたるファウスト沈思, ぼひたる姿, ぼひた媼

▼ 老いたる者~ (13, 1.1%)

2 若き者

1 [11件] あるいは貧しき, が潟, のあの, はその, は古, は墳墓, は死すべしだ, は死に, へ老いたる, も君, や常々拙者

▼ 老い朽ちた~ (13, 1.1%)

2 土まんじゅう

1 [11件] という年, と言う, やうな, 俺を, 古武者, 年でも, 椅子, 椎の, 老人が, 老孃達, 身体

▼ 老い~ (11, 0.9%)

1 [11件] あらわに, その代り自分, 即ち粋, 急に, 愛しい声, 此度の, 狡猾な, 著しく見え, 蝕んで, 表情に, 訪れだしたの

▼ 老いさらぼう~ (11, 0.9%)

1 [11件] た同郷, た尼僧, た後, た祖父, た翁, た翁媼, た老婆, た者, ておりまする, てその, て呉れたなら

▼ 老いぬれ~ (11, 0.9%)

1 [11件] ど, どはぐくむ, ば世, ば傾く, ば子, ば日, ば浮世, ば痩せ, ば軽き, ば駒, ば鶯

▼ 老いたり~ (10, 0.8%)

1 かの妻ひとり海仙, さはに, たしかに老い, だだが, 戦陣を, 春の, 焉ぢや, 見るべきもの, 請う暫らく北平, 野は

▼ 老いさらば~ (8, 0.7%)

1 う時, つてゐた, つて見る, ひて, ひ夕闇, ひ衰, へて, へるまで

▼ 老い~ (8, 0.7%)

1 しても, のがれられないの, ほれても, ようやく身, 一そう胸に, 忘れて, 自分の, 見せじ老いても

▼ 老い衰えた~ (8, 0.7%)

2 この老人, 母は 1 土人乞食で, 父の, 父を, 者で

▼ 老い~ (7, 0.6%)

1 病ひ, 皺とで, 社会的野心或は, 若きとの, 若さ, 苦悩の, 青春と

▼ 老い衰え~ (6, 0.5%)

1 てしまう, てもどっ, てゆく, て安楽, て来た, 疲れて

▼ 老い行く~ (5, 0.4%)

1 心は, 時に, 生命を, 身を, 鷹の

▼ 老いたりという~ (4, 0.3%)

2 気が 1 年では, 年でも

▼ 老いたれ~ (4, 0.3%)

1 ども恩義, ど無, ど高慢, ばそれとも

▼ 老いつつ~ (4, 0.3%)

2 あはれ激しく 1 あるの, 言はず

▼ 老いづく~ (4, 0.3%)

1 わが身に, を蟹, 我が身, 身に

▼ 老いての~ (4, 0.3%)

1 半井氏は, 後に, 後は, 後も

▼ 老いという~ (4, 0.3%)

1 ことが, ことは, ことも, 刑罰ほど

▼ 老い去り~ (4, 0.3%)

1 て, て尿近く, て絶望, 衰えきたり

▼ 老いたりの~ (3, 0.2%)

1 感, 感が, 歎なき

▼ 老いはてた~ (3, 0.2%)

1 下男の, 病人と, 身体の

▼ 老いぼけ~ (3, 0.2%)

1 てなどいない, てひょろひょろ, て氷

▼ 老いぼけた~ (3, 0.2%)

1 のも, ような, 坊主が

▼ 老い~ (3, 0.2%)

1 の述懐, も若い, や夏木

▼ 老い易く~ (3, 0.2%)

2 山川老いず 1 学成り

▼ 老い果てた~ (3, 0.2%)

1 心臟は, 母蜘蛛であった, 猿は

▼ 老い漸く~ (3, 0.2%)

1 枯る, 衰ふる, 衰へ

▼ 老い疲れ~ (3, 0.2%)

1 ている, てちょうど, てゐ

▼ 老い疲れたる~ (3, 0.2%)

1 小説を, 帝国大学生袖口ぼろぼろ, 胃袋よ

▼ 老い行こう~ (3, 0.2%)

2 とする 1 とします

▼ 老い~ (3, 0.2%)

1 へて物, へ兄の, へ行く

▼ 老いこの~ (2, 0.2%)

2 栗よいつよ

▼ 老いさび~ (2, 0.2%)

1 たりし, て死灰

▼ 老いさらばい~ (2, 0.2%)

1 その上, または野

▼ 老いしかけろ~ (2, 0.2%)

2 もかう

▼ 老いたま~ (2, 0.2%)

1 へり, へる父上

▼ 老いたりとて~ (2, 0.2%)

1 さよう, 焉ンぞ

▼ 老いつかれた~ (2, 0.2%)

1 女にかは, 深い皺

▼ 老いやすい~ (2, 0.2%)

1 にかかわらず, 青春の

▼ 老い傾いた~ (2, 0.2%)

2 旧い社会

▼ 老い凋んだ~ (2, 0.2%)

2 手が

▼ 老い~ (2, 0.2%)

2 は嘆けり

▼ 老い晒した~ (2, 0.2%)

1 人の, 幹が

▼ 老い死する~ (2, 0.2%)

1 のでしょう, のでせう

▼ 老い痴れた~ (2, 0.2%)

2 妖魔の

▼ 老い~ (2, 0.2%)

1 ひし御, ひての

▼ 老い萎え~ (2, 0.2%)

1 ている, てゆく

▼1* [126件]

老いかかった姿を, 老いかけやさん, 老いくちたというの, 老いけり雨の月, 老いけるかな, 老いこそすれ母, 老いこんだ父親と, 老いさては野上, 老いさびたものにまで, 老いさらばいたお母さんの体, 老いさらばいつるかと中国武士, 老いさらばうのです, 老いさらばった年寄りの女, 老いさらばつた鴉のやう, 老いさらぼつた鴉, 老いしたがってかえって多く, 老いしゃがれた声など, 老いすがれて見え, 老いすがれた美人の, 老いそれが含む, 老いそろそろ桜が, 老いたりなどとは曹操自身まだ, 老いたるかれらは, 老いたるすさびに似, 老いてからも毎朝丁寧に, 老いてこそ知れ, 老いてさえこの辺, 老いてだにまだ世, 老いてはの例に, 老いてまでも胸の, 老いとても張, 老いとは萎縮する, 老いと共に彼も, 老い藤に, 老いながらとかく商取引, 老いなむか, 老いなむみ雪ふる, 老いにつつ月に, 老いぬる松は, 老いはてて身, 老いほうけた久米一の, 老いほけしたんぽぽも, 老いまたは老いんと, 老いもしつらんなどと, 老いもとより松の, 老いやすかったが, 老いわたしも老いた, 老いスクリイブが十五年間, 老い眼既に, 老い九月も今日, 老いに練れる, 老い候えば新進気鋭, 老い冷えがちな冬, 老い凋びた顔をしみじみ, 老い力衰えぬれば, 老い去るもやはり, 老い同時に学校の, 老い呆けた下足爺, 老い四境の内, 老いさる母, 老い多くは歿, 老い女房をわずか, 老いはここ, 老いは貧しく, 老い寂びて高く, 老い尽し彼らの, 老い屈んだ腰も, 老いは常に, 老い崩れてしまい, 老い希望の赫々, 老い干乾びてしまった, 老いで話す, 老いの鎮まっ, 老いも一層, 老い日本棋院も老いた, 老い易きかなである, 老い易し麗人は, 老い時代と共に亡びる, 老い暮れぬさりとて世, 老い朽ちかけた姿で, 老い朽ちし親は, 老い朽ちたる世捨人の, 老い朽ちる有様を, 老い朽ち果てたる此身かな, 老いの下, 老い果てし身の暇, 老いちて, 老い枯び痩せかじけて, 老い枯びたる人の肌, 老い枯れし老婆の, 老い枯れた姿と, 老いのごとき, 老い正香のよう, 老い熱烈な恋, 老いの用, 老い病気でもある, 老い枯れたるさま, 老い痩せた手で, 老い張った老婆, 老い皺ばった教主のくら, 老いばつた一葉を, 老い社務も倦ん, 老い福原開港の業, 老い窶れた淋しい顔, 老い筑波の岳神, 老い籠りの身, 老い細った肉体を, 老い終に死すること, 老い給いぬる今, 老いへ深く, 老いけていた, 老い耄けたように見える, 老いして, 老いがわくわく, 老い腹切ってお詫び, 老い自分はここ, 老いたれさせ変化, 老い行きて, 老い街道も日, 老いに病, 老い込みをこれ, 老い面変りした正面, 老いを猫背, 老い骨一夜たりとも己, 老いや己, 老いずんだ木々