青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「老~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~ 翻訳~ ~翼 翼~
老~
老い~ ~老人 老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~ ~考 考~ ~考え

「老~」 1601, 17ppm, 6599位

▼ 老~ (388, 24.2%)

12 水手 6 眼に, 身を 5 手を, 手紙は, 繰言, 身の 4 顔を 3 作だ, 奥さんに, 所在を, 目に, 眼は, 蘭の

2 [22件] あはれを, おかげだ, お屋敷, かごと, この姿ひと日, それは, ように, よろしさ, 奥さんから, 学者の, 実歴談に, 怪奇な, 春, 歩みの, 病に, 眼を, 秋, 見えぬ伯母, 賀宴, 足の, 身に, 頬に

1 [278件] あとを, いうこと, うち二人までは, うれしさ, おかげ感謝感謝, おからだには, おせったい, おとろへも, お家でも, お家は, お蔭を, お話は, かしこい眼, かばね曝さん, ことだ, ことであろう, ことに, ことや, ことを, ごときは, さびを, さび声で, すさびに, すさみ, その海老腰, そばから, それに対する, それの, たずねるマダム不在, ため, ためか, ためとも, ために, たよりに, なかでは, なさけ, なんとも言, ほうに, ほうを, まめ, もだえ, やうに, ような, よさ, よわよわしい眼, オチツキでも, 一人長船紀伊守が, 一存には, 一徹上りが, 一徹短慮に, 一轍金鉄の, 上雅兄よろしく, 不忠を, 不義を, 事を, 人物や, 人達は, 仙骨と, 仙骨によって, 会臨する, 作という, 來れる, 例の, 供養で, 供養である, 侶を, 傳説に, 僻目か, 兩眼に, 冬, 冷水でなく, 到るの, 到るを, 前に, 化粧や, 厚情については, 厚意で, 参加, 友情に, 取持ちで, 口ゆがめ, 句集代だ, 名と, 名を, 哀を, 堅実を, 声で, 夫婦夜半頃から, 奥さんと, 奥さんは, 奴ぞ, 奴も, 如く日本一, 妻と, 姿が, 姿は, 子黒要との, 子黒要は既に, 字は, 字を, 學問である, 定数七十名は, 実歴談多く世に, 客, 家へ, 家を, 家庭は, 寐覺の, 寝覚, 寝覚めに, 寝覚めの, 寿命の, 将に, 將に, 尸が, 尸とを, 峠の, 年波, 幼年時代これから, 座敷で, 当時で, 影, 後まで, 徒然に, 御心労, 心も, 心を, 心境の, 心細さ, 怒らない道理, 怪寄な, 怪物の, 息かく, 意ばかり, 愚痴話御免遊ばせ, 愛犬ネロが, 慰めに, 憂目, 我れ走らん, 手すさびあやなくも, 手であった, 手よ, 手先に, 手捌き美しく, 手紙が, 拾った蜂鱒, 故郷だ, 教に, 教也, 数, 敷居を, 料理に, 新事例, 方に, 方は, 方へ, 時期が, 暮鏡の, 月日は, 杖運び, 来るの, 来信に, 東道で, 松, 枕なか, 極の, 楽の, 樂みとは, 模範を, 機関没可把, 歩みを, 残暑の, 母親が, 気持は, 気持を, 気短さが, 河内山三輪晁勢氏の, 波, 波は, 波むかしにかへ, 波も, 浪くらげの, 海神う, 涙, 涙が, 涙の, 涙は, 涙も, 温め酒, 温情そのものである, 漸く来らん, 為でも, 無相庵, 特徴だらう, 狂乱, 独り身を, 猫脊が, 癪其の, 目は, 看護婦が, 看護婦に, 眼からは, 眼が, 眼の, 眼ほそめ, 眼も, 短き日, 秋の, 箸, 絵が, 經驗が, 者である, 耳露, 肝入, 肩を, 肩骨に, 胸を, 腕に, 臭気が, 至るの, 花を, 落ち窪んだ, 表情は, 衰も, 見えも, 言った言葉, 言である, 言に, 言ひごと, 言葉は, 言葉を, 言葉尻を, 設計は, 話しでしたが, 話だ, 談, 諒解を, 起したの, 起居かな, 足に, 身は, 身ゆえに, 身をこそ, 身體にこそ, 近き日, 近き身, 近づくこと, 返事は, 述懐は, 述懷は, 道莊列の, 配慮酒壺洞君の, 重なるしるし, 金儲けには, 阪賽河原などが, 陰かく, 隠宅へ, 雅号だ, 霜, 頂上は, 頂上までは, 頑固の, 顏を, 顔から, 顔が, 顔であり, 顔と, 顔の, 顔色は, 首に, 首根つこ, 香を, 骨身に, 魔が, 鶯逢ふ, 鼻水, 齡の, 齢の

▼ 老~ (177, 11.1%)

4 そう言っ 3 急に 2 しかしその, それを, 大抵立憲大臣, 眼を, 至らんと, 顔を, 首を, 黒眼鏡を

1 [154件] あざけるよう, あまりに温かい, あやにく宿直, ありあまる身分, いかにもさげすむ, いかにも愉快そう, いくらか, いそいそと, いった, いつも温情, うつらうつらする, おしつけるよう, おなじこと, おのづか, お芳, お蔭で, がらりと, ここでも, このこと, これまでの, こんなこと, さう, さらに素直, しかしそれ, しかし眼, しん粉で, すぐ彼, すこぶる滿足そう, すこぶる真面目, すたこらと, すっかり依怙地, ずゐぶん, そこで, そこでちょっと, その日, その花, それから玄関口, それから襖, それに対しては, ちょっと説明, とう, とぼけたよう, どうにも落, どなるよう, なつかしい, はしなくも, ひとりで, ひらりと, ぶっきらぼうに, ぶら, まことに君子人, まじまじと, またどうして, また昨日, また田作り, また睡りかけよう, めずらしくうなずいた, めずらしく式後, もう一度大きく, もう窓ぎわ, ものの何, やっと眼鏡, やはり捕え, やはり眉一つ, よく満, わかれぎわ, ザラ紙の, 一昨日突如, 一時の, 七日七夜の, 世にあさましき, 両腕, 二人の, 二十何歳の, 人も, 人生の, 人類の, 今度は, 仙人らしい, 伊勢参りの, 例によって, 俄に, 前夜の, 十八日に, 口癖に, 同国人の, 向うへ, 呟く姫, 和服の, 哀しそう, 天平十年, 奇術師に, 嬉しさうに微笑, 孝徳天皇紀白雉五年二月遣唐使の, 宿から, 寿命が, 岩を, 左迄に, 常に新しい, 常に薄, 平木中佐の, 幼に, 座敷に, 座敷を, 式場を, 得たりと, 得意そうに, 得意の, 御乳母, 忙しくて, 戦死した, 払子を, 擦り消したキャムル, 日本晴れの, 最後に, 来らじ, 杯の, 果たしていう, 枯草の, 椅子を, 極度に, 次郎が, 次郎に, 次郎の, 気が, 気がつかなかったらしいが, 決死隊に, 法王を, 淋しく笑まひ, 温厚そのものといへる, 煙管を, 生れつきの, 生来徳望, 画筆を, 目の, 相変わらず無表情, 着席と, 私の, 約の, 絵の, 腋の下へ, 腰が, 膝を, 若いもの, 若は, 言った, 起きも, 身じろぎ一つ, 郊外電車の, 隠す由, 高らかに, 鷹揚に, 黒眼鏡すれすれに, 黒眼鏡の

▼ 老った~ (125, 7.8%)

9 婢は 5 人が, 女は 4 方の 3 女の 2 お祖母様, せいか, 女が, 家来が, 母を, 猫が, 農夫が

1 [85件] お人, お方達を, お父さんが, お父さんは, お留守居役, お祖父さんが, からせめて, からなあ, さむらい, さるが, さるは, しっかりした, しらさぎに, という, ので何, のは, のも, ものか, ものである, ような, 両親は, 両親や, 主人夫婦も, 主東京に, 乳母やの, 人などが, 人間で, 仲間の, 侍が, 侍どもも, 先生が, 兵隊さんは, 和尚さんが, 声が, 夫, 夫婦ものであった, 女であった, 女中頭が, 娘らの, 婢の, 婢を, 婦人の, 寡婦が, 尼さんの, 巡礼とから, 廷臣にとっては, 役人が, 教誨師の, 料理人が, 新造の, 方丈様と, 旅僧が, 木は, 桑島先生の, 母親から, 母親が, 母親は, 母親を, 気が, 漁夫が, 父親を, 狩野永悳先生という, 男は, 白猿を, 百姓が, 百姓でなけれ, 百姓の, 百姓は, 紳士も, 美男だ, 者は, 者ばかり, 者合せ, 職人などは, 職工が, 職工や, 興行師の, 船頭の, 荒い髭, 親は, 親を, 親父を, 道化師の, 郷民でも, 門番の

▼ 老~ (116, 7.2%)

3 身に, 身の, 身は 2 やつて, 庵かな, 来て, 訪ねて

1 [99件] いちばん嫌ひな人, いて, おいとしゅう, おもかげ, このほど亡くなった, この二月中旬, この辺, これは, すすめられるまま, その後どんな, その時, そら目, つまらないこと, つむ, どこまでも, なに思ひけん, ひとりで, やおら進み出, やって来て, わざわざかれ, ダイヤル土人の, 三増峠で, 不思議に, 二三人は, 五港総督の, 亡くなられて, 今度の, 今朝から, 今朝くむ, 代表者と, 低頭平身し, 作てたて, 傷を, 先年別府で, 典薬頭売卜の, 出張先から, 利根川で, 古今伝授を, 呟いた, 命ぞ, 命を, 大泉を, 奇術師を, 奧さんとの, 寄つたでの, 小ひどく, 師匠の, 往復六里, 御意召さる, 心づくしの, 恭一を, 息子の, 愛宕山の, 手に, 手伝うて, 持参いたせ, 数の子は, 普通の, 朱筆を, 来庵, 横から, 泳ぎだして, 玄関を, 申されし, 目には, 答えた所, 管理し, 約束に, 絵を, 耳にも, 脈を, 自動車を, 至願なりと, 茶山の, 著る, 行方を, 襲って, 見えたの, 見えて, 見えてから, 見えるこの, 見送つて, 言って, 負けて, 身なれ, 身も, 身を, 近づくの, 近江行幸, 迫つて来る, 迫ツて, 連れでは, 遊ばすお, 道庵に, 道庵先生に, 都合五名いずれも, 鈴木小春浦の使で, 長い旅, 陶然と

▼ 老~ (90, 5.6%)

3 して, 感じる 2 奏薦し, 扶け, 曳き家財道具

1 [78件] おも, おもふ, さそへども, はじめ先代三語楼今の, むかふる, むかふる物, もてなした後, やしなふや, よべ, 久しぶりに, 人に, 傷む憂鬱, 冷やかして, 助けて, 告げるもの, 味へ, 啓発する, 啼, 嗤る, 嘆ずるが, 好み清言, 如何, 崇拜し, 崇拝し, 待つかな, 忘れて, 忘れまた, 忘れ貧, 悲しむ情, 感じた, 感じたその, 感じたので, 感ぜしめること, 憎んだ, 懐かしがつた, 捨てる山, 攘斥す, 楽しむ, 楽しむが, 樂しむ, 歎き, 歎く, 歎ずるよりも, 泣きぬ泣かれぬこき, 泣きぬ泣かれぬ濃, 漂は, 父に, 生かす力, 痛切に, 痛感する, 知らせようとして, 知らない漁色家, 知らなければ, 知らぬ常, 知れ自然, 經て, 老として, 見せて, 見て, 訪ねたが, 訪ねる泊れと, 訪ふ, 説き伏せようと, 諱むが, 負ひ, 迎へる, 追ひぬく, 郤ける, 重ねて, 養うこと, 養う水, 養おうと, 養ったり, 養って, 養ひし, 養ふ, 駅に, 齎して

▼ 老~ (82, 5.1%)

3 して 2 いたり, けり, 会す幽, 本づく, 近づいて, 連れられて

1 [67件] あらずして, いたるまで, いわれて, おそひか, おまかせ申し, けり獅子, このこと, しても, しろ徹太郎, たれば, ほかならなかった, ゆずろうと, 一句, 一杯あげた, 一杯おせつ, 一種の, 上座に, 不平を, 与えられること, 予期し, 付き添って, 会して, 会してわ, 似気, 入った境界, 入らない不思議, 入りぬる, 初見参, 到る迄, 及び岸和田, 及び老, 口誦し, 口頭試問で, 呈す, 寿詞を, 導かれて, 小腰を, 就いて, 左様な, 弱点が, 思はせた, 我は, 手を, 手渡した, 投じて, 改めて敬意, 教を, 早く安堵, 燻んで, 目配せを, 絵の, 老の, 臨みて後, 至って, 至っては, 至つて猶, 至る, 至るは, 至るまで, 萎れた私, 言った, 近づかざるべし, 逢つたのは, 重かりき, 随ふと, 非ず, 鼻頭橋まで

▼ 老~ (49, 3.1%)

2 いふには, なく少と, 称す, 鈴田の

1 [41件] いう, いつしよ, その相手, ちがって, つぎに, ならんで, なるまで, また同宿, 一所に, 久米之, 二人で, 云うもの, 井上へ, 会見これも, 同じよう, 同行彼は, 呼び之, 土とは, 土の, 平木中佐の, 平木中佐を, 徹太郎とが, 徹太郎との, 徹太郎とは, 徹太郎の, 旧との, 樋口を, 死と, 死とは, 沈默と, 為す, 病とは, 称すもとより, 称す固, 積りし, 若さ, 若と, 若とか, 若長と, 読みたいところ, 青蓋人君とに

▼ 老~ (44, 2.7%)

18 若きも 2 若も

1 [24件] いっしょに, じつに元気, せず死, せず死にも, その話, めずらしく上機嫌, やっと葉書, やれ懐かしかっ, 井師も, 今夜は, 何回と, 却て, 多くを, 大きな聲, 媒妁役で, 安心じゃ, 幽霊を, 意気が, 承知し, 来た, 泣かまし, 笑った, 負けて, 魚を

▼ 老~ (35, 2.2%)

2 の輩, 諸役人

1 [31件] から足軽, がその, がまえ, が不意, が殺され, が袈裟掛け, が迎え, そろって, たるお, であろうと, でだから, として伊賀上野, にあり, にある, にも及ん, に在, に申し上げ, のこの, の位置, の刺殺事件, の意見, の方々, の浅井玄蕃, の竹井惣左衛門様, の藤掛三河守どの, の門, はその, はふたり, へ強談, より君公, 多井格之進

▼ 老って~ (30, 1.9%)

3 いるから 2 居るから

1 [25件] いますから, いるし, いると, いるので, いるほど, いるよう, いる奴, いる民谷銀左衛門, おりまする, おること, しまったと, しまって, なにか人目, 仏心が, 何うなろう, 大儀な, 居ますから, 死んで, 死期が, 煩らう, 美しく枯れた, 腰の, 見えますか, 見ちがえて, 馬の

▼ 老~ (27, 1.7%)

2 と駄目, 年の, 病気に

1 [21件] お年, し旦那さま, とつい, と何, と屹度, と怯む, と禅骨, と誰, と身体, に従って益々, のじゃ, のも, を忘れ, 丈け, 年じゃ, 年だ, 年で, 年です, 年齢じゃ, 気には, 頼りの

▼ 老から~ (23, 1.4%)

2 来信それは

1 [21件] あた, いつもか, きいたが, たよりが, 句集を, 大泉到来これは, 小遣を, 年忘れの, 手紙と, 数の子は, 旅費を, 棄老と, 涙ぐましいほど, 牧水の, 珍らしく, 纏めて, 貰つ, 貰つた薬を, 返信それは, 離れて, 黙君

▼ 老~ (16, 1.0%)

2 の坊さん, の番兵

1 [12件] いま学校を, がね前, がガラス, たちが, たちの, とうない, の信者, の水ばな, の頑丈そう, 好いお, 度く, 過去の

▼ 老たる~ (15, 0.9%)

2 親の

1 [13件] お杉, 両親が, 人々の, 伊太利の, 女が, 婿と, 屍を, 母に, 浮浪者の, 父の, 父を, 父母あり, 親を

▼ 老~ (15, 0.9%)

2 と朋友

1 [13件] がいつか, と壯者, なお青年, なり, に化し, の係, の再生, の手, の自ら主, はまことにはやどうも, は前, は覚悟, 退けられ羸者

▼ 老という~ (14, 0.9%)

2 字は

1 [12件] なまぐさ隠居, のは, 七十余歳と, 人が, 人は, 仙人が, 名が, 字が, 字には, 字を, 富豪が, 文字が

▼ 老ゆる~ (13, 0.8%)

2 の太甚しき

1 [11件] が, ことも, ごとに, という結果, と共に, と共に若かっ, につれてその, に従って黄色, 事なき人生至奥の, 事なき人生至奧の, 花の

▼ 老~ (11, 0.7%)

2 勞を, 益々壮, 益々壯 1 根岸の, 益々其教育事業, 益々発揮, 益々發揮, 鋭し

▼ 老からの~ (10, 0.6%)

2 手紙は 1 それ, それは, たよりは, たよりも, 手紙まことに, 来信は, 来信を, 話も

▼ 老ゆれ~ (10, 0.6%)

2 ば駑馬 1 ばいつか島井宗室, ばとて黒田宗円, ばまた, ば白毛, ば自然, ば苦, ば虎, ば駄馬

▼ 老~ (10, 0.6%)

2 せて, ないつもり, ないよ 1 ないうち, ぬ, ぬな, ねばこそ

▼ 老っても~ (8, 0.5%)

1 こういうこと, モウ人間世界へは, 人指と, 気もちは, 父の, 秀吉正直の, 達者な, 酌はた

▼ 老~ (8, 0.5%)

2 一つは 1 そしてS子, 愚痴を, 手紙を, 持ち込んだらおぞ, 第二, 電報

▼ 老~ (8, 0.5%)

1 あなたの, ありがたうありがたう, ありがたう独酌, あんたの, 水仙花さんよ, 澄太君よ, 蛙堂老よ, 貴下の

▼ 老~ (8, 0.5%)

1 としてゐる, として尊, などと神仙, に仕うる, に取, の八卦炉中, より出た, 亦須及

▼ 老~ (7, 0.4%)

2 の中 1 がすでに, が主, その屋, と永別, などが其処

▼ 老~ (6, 0.4%)

1 がひとり, とうてい尋常, のほう, の一行, は指, は門弟

▼ 老~ (5, 0.3%)

1 といふで, ものも, 医者が, 客や, 淋しい一人

▼ 老ってから~ (5, 0.3%)

1 では, ぽつぽつ丹精, 全くの, 私の, 美しい奥さん

▼ 老とは~ (5, 0.3%)

1 まさに場内, 怪しからぬ, 異つたもの, 知らなかった, 試驗官に

▼ 老~ (5, 0.3%)

2 平木中佐の 1 小関氏の, 小関氏を通じてばかり, 道江の

▼ 老より~ (5, 0.3%)

1 して, だから, 死に, 死に及ぶ間, 電話今夜だけしか

▼ 老といふ~ (4, 0.2%)

2 ことを 1 事を, 男が

▼ 老ひたる~ (4, 0.2%)

1 人を, 支那社會は, 母に, 母君の

▼ 老りだ~ (4, 0.2%)

21 からいたはりたく, か分らない

▼ 老~ (4, 0.2%)

1 の一大楽事, の半生, の楽, は成る

▼ 老~ (4, 0.2%)

1 が何故, が廻っ, の息子さん, の毛髪

▼ 老~ (4, 0.2%)

1 である, に入, も有る, 及び終期

▼ 老える~ (3, 0.2%)

1 あるいは稚き, も若き, スタンバーグの

▼ 老~ (3, 0.2%)

1 ついに世上, ても無病, て子

▼ 老ても~ (3, 0.2%)

1 海は, 色の, 身だしなみの

▼ 老との~ (3, 0.2%)

1 二字から, 關係, 顔を

▼ 老なる~ (3, 0.2%)

2 問題は 1 ゆゑん

▼ 老には~ (3, 0.2%)

1 わざと默つて, 叱られるし, 重き涼み

▼ 老への~ (3, 0.2%)

1 土産として, 手紙は, 返事は

▼ 老学庵筆記~ (3, 0.2%)

1 が引用, に次, を見る

▼ 老~ (3, 0.2%)

1 には持っ, を以て知らる, を得意

▼ 老朽ちる~ (3, 0.2%)

2 身の 1 器でなかった

▼ 老~ (3, 0.2%)

1 よりし, より死, 先生ッ

▼ 老行く~ (3, 0.2%)

1 とともに元気, ものどもが, 暑さ

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 両説, 警部さんか

▼ 老せた~ (2, 0.1%)

1 少女心には, 方で

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 いふすぐ, いふ其老

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 とか称した, とて違い

▼ 老だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, でなく幸い

▼ 老っては~ (2, 0.1%)

1 居るが, 行けないの

▼ 老~ (2, 0.1%)

2 てる哩

▼ 老ては~ (2, 0.1%)

1 僻むもの, 殊につらき

▼ 老である~ (2, 0.1%)

1 爲め表面には, 田中智学先生が

▼ 老とか~ (2, 0.1%)

1 悲しみとかの, 署するの

▼ 老とを~ (2, 0.1%)

1 見くらべて, 見分けるほどに

▼ 老などの~ (2, 0.1%)

1 ことを, 叶音説即ち

▼ 老にも~ (2, 0.1%)

1 覚えが, 覚えは

▼ 老りらしい~ (2, 0.1%)

2 のでした

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 ば人, ば手

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 の短, 生っ

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 からかく, が触れ

▼ 老士得印兼光~ (2, 0.1%)

1 なる主, の物語

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 の方, より外

▼ 老職末席~ (2, 0.1%)

1 なる恩田杢殿方, にて年少

▼ 老~ (2, 0.1%)

1 な説教師, の人

▼1* [129件]

あるばかり, 老いずれも半蔵, 老いたくない朽ちたくない何時, 老うれば衰, 老おれは自白, 老からもまた無, 老ぢら翁よ, 老この堀から, 老させて見せ, 老しむる齢なる, 老しゃくなげの芽, 老する工夫などは, 老の坂, 老せず若や, 老せぬ月は, 老たれば其子, 老だってよく考え, 老だに隠せ若から, 老たって丈夫, 老ったでばな今朝, 老っちまって仕様, 老ってる奴だ, 老てからは実によく孝養, 老もう一人, 老であり土という, 老でござるげな, 老ではありませんか, 老でも言ふ, 老とが剣道を, 老として挙げて, 老とった私に, 老とのみであった, 老とへたよりを, 老とも言はず追, 老と共に岩子鉱泉に, 老ないだらうと, 老などにはばかな, 老について云ふと, 老にでも訊ねて, 老にとってたった一人, 老になつて間もなく, 老によってそのあける, 老に対してすまない誰, 老に対する気がねから, 老のみ眼とかく, 老へは殊に長い, 老みたいな者, 老もう一度逢ひたかつた, 老もなどおちざらめ, 老やすく色の, 老よった犬は, 老よと感謝の, 老よりばっかりですもん, 老よりを持ったくらい, 老らしくなると共に山人面, 老りたくないね壮, 老りなすつてね, 老りましても酒, 老りましたものか, 老るべきもの流石, 老るまいものさな, 老れるは則, 老将至, 老以下数人いるが, 老以下重臣をあつめ, 老以後に及ん, 老何況明朝又一年, 老余唯一の楽, 老兄さんの言う, 老其の砌某所墓地近くを, 老障眼, 老の謠曲熊野, 老分之者に申し聞け, 老加代子さんの二七日, 老医さへ我が, 老はくづれた安摩, 老の字, 老君天師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 老君道徳經は乃ち是, 老喩老の諸, 老に於ける, 老士兼光の低, 老士暗中に大きく, 老壮青年はみなかつ, 老なるたくみ, 老大のもありたるべく, 老大熟寂びの, 老女らしくこれも, 老に誘起, 老学庵筆記十巻詩に関する, 老もあった, 老屋頽厦の如し, 老とか三畳泉, 老でいかにも, 老役列座の席, 老役連は気軽, 老日光の放庵, 老来る博士の, 老は佛氏, 老病床に苦吟, 老病死の憂患, 老の思想, 老目不為死不為而永世爾有家留物乎世間之愚人, 老にて御礼, 老緑平老, 老翁叟爺などの字, 老者時は壮者, 老者無上の慰楽, 老職一同と共に臨ん, 老職以下諸役人, 老職伊東十兵衛どのが源氏閣, 老職古内主膳どのは欠席, 老職各自の居城, 老職曾根権太夫様が名代, 老職自身に世, 老至って益々, 老艇長がにこにこ, 老男女もしくは, 老若いづれはあれど皆嘗て, 老などを祠, 老莊カントが道, 老莊揚墨孔丘釋迦其他古今の哲學者, 老莊楊墨儒佛若くは, 老藩主加賜以金燕喜之辰余亦与, 老衰死等の種々, 老と張り合せ, 老運転台に心得顔, 老の年配, 老のまなこ