青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「翻訳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~羽織 羽織~ ~翁 翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~
翻訳~
~翼 翼~ 老~ 老い~ ~老人 老人~ 老女~ ~老婆 老婆~ 老母~

「翻訳~」 1809, 20ppm, 5875位

▼ 翻訳~ (180, 10.0%)

7 仕事を

2 [15件] 不可能は, 不可能を, 中に, 仕事にとりか, 仕事の, 仕事は, 仕方も, 前金として, 原稿の, 序に, 意味を, 文章が, 方が, 理想は, 筆を

1 [143件] あるもの, ある為, うちで, ことだ, ことだつた, ことで, こと勿論, この広範, しかけが, しにくい, し方, つづきを, できるかぎり, どこにも, むずかしい作品, やり方によっては, ような, ように, ろくなもの, セリフは, チェスタアトンの, トスカを, マルクスを, 上では, 下ごしら, 下働きなどで, 下働きを, 下受みたい, 下請負, 不可能に, 不可能性を, 中で, 主なる, 事を, 二つを, 云わば, 仕事が, 仕事さへ, 仕事だ, 仕事でも, 仕事など, 仕事に, 仕方が, 仕方という, 仕様が, 代償として, 任にあたる, 例を, 例題と, 価値が, 価値に, 凡例は, 出たエリオット, 出版社を, 初めから, 功は, 労を, 半ばから, 原書なり, 原稿料を, 厳正な, 口を, 口調を以て, 可能についての, 可能を, 可能性が, 可能性に, 可能性は, 吟味も, 問題は, 問題ほど, 困難は, 地理, 多い国, 大家や, 大量生産は, 天才を, 媒介を, 宿題が, 小説を, 当時は, 当時多くの, 形で, 悪風が, 意志は, 意義に, 態度にも, 態度を, 手伝いなどの, 手伝いなどを, 手伝いも, 手数を, 抜萃であります, 拙さ, 探偵小説は, 探偵小説全集が, 支度す, 文化的価値は, 文化的独自性や, 文学的意味は, 文章は, 文章を, 方も, 方法に, 方法は, 方法や, 書陸続世に, 本を, 杜撰さを, 業が, 業績とともに, 権利を, 横行が, 気分訳も, 決定版と, 流行みたいな, 点で, 現状プラーゲ旋風の, 相談を, 短篇集であった, 社会的目的は, 私に, 稽古でも, 稿を, 筆記こそ, 純文学的営みな, 経験が, 職人で, 腕を, 自在な, 苦心を, 話には, 話の, 話も, 質を, 重訳を, 金が, 難事なる, 難事業, 露西亜小説カラマゾフ兄弟を, 面影が, 順序を, 頼まれもの

▼ 翻訳~ (179, 9.9%)

18 して 3 しながら, やって, やつて, 読んで 2 しました, するには, するの, もって, 必要と, 漸くの, 発表する

1 [135件] いたしまして, お聞かせ下さい, こしらえる, される事, しこれ, した, したがると, したくらい, したこと, したそう, したその, したり, しなくても, しばらく続け, しますわ, し出版物, し終, すること, するつもり, すると, するといふ, するに, するについて, するにも, するので, するもの, するよう, する了簡, する時, する男, せねば, そえて, たのむの, たのんだこと, つ, つけて, つづけて, つづけよう, のせた, のせて, のせ野上彌生子, はじめた, はじめてから, やったり, やってる佐竹哲夫, やらぬよりも, やる必要, ヤッツケて, 三ヶ月ばかりで, 中核と, 主に, 云々する, 仕事に, 代りましょうか, 企てたらどんな, 作り出す所, 借りた, 全部見た, 全部読ん, 公けに, 出したばかり, 出版屋に, 初めている, 初めてから, 別冊附録と, 加える, 受持って, 受持つこと, 含めて, 命ぜられて, 売りだして, 夏の, 妨げ不可能, 始めた, 始める, 完成しました, 完結されなけれ, 小さい人々, 得ること, 思いたつの, 思い立ったの, 思ひたつたこと, 思ひ立ちそして, 思ひ立つたの, 思ひ立つ以上, 急いで, 成し遂げたもの, 手つだ, 手つだうという, 手伝う人, 抑えるよう, 持ち込んだ, 推敲し, 掲載した, 携えて, 施すこと, 書きなおすか, 最も適任, 残した人, 氾濫させました, 為始めた頃, 発行し, 社会的に, 私が, 立派に, 続けて, 聞くと, 自分は, 自費出版で, 見る, 見れば, 許可される, 試みて, 試みるもの, 誤るもの, 誤る人, 読まされたが, 読ませて, 読まない方, 読まんと, 読むぐらゐで, 読むこと, 読むよりも, 読んだ, 読んだの, 超越する, 較べて, 通さずには, 連載し, 金子紫草は, 間違えたり, 除いては, 頼まねば, 頼まれる人, 高井蘭山に

▼ 翻訳~ (144, 8.0%)

5 て, ていた, ている 4 てみる 3 て居る, て貰う

2 [12件] その文学的現象, たり, たりする, ています, てくれ, てくれた, てみれ, てノート, て出版, て味わう, て日本, て見る

1 [95件] それを, たりラブレエ気取り, たり抄訳, ついで蓮華上座師, つつあつ, てあんな, ていえ, てうたわね, ておい, ておく, ておられる, てお話, てこの, てこれ, てごらん, てそして, てのせた, てのせる, てみ, てみた, てみたい, てみよう, てもらいたい, てもらっ, ても人, ても母, ても駄目, てやさしく, てやっ, てゆく, てわが, てゐます, てゐる, てをり, てチベット国中, て一袋, て了, て云います, て価値, て公, て出来た, て初めて, て各国, て善い, て大衆, て始め, て嬉しく, て審査員, て後進, て得々, て我民法, て我邦, て描い, て文学, て文部省, て書い, て此処, て水, て治療, て置きたい, て聞かせた, て聞かせる, て若干, て蜂谷, て行った, て西洋文明国, て見, て見せ, て見たい, て見よう, て記録, て読み聞かせ, て貰いました, て貰った, て貰わなけれ, て送っ, て送ったら, ながら, ながら読む, なほ幾つかの, 一身上の, 図書館や, 外国の, 心にも, 所謂原, 未知のを, 洛陽堂から, 無産運動と, 紹介した, 終つた, 自ら草稿を, 貸与し, 難いもの, 難いよう, 難きもの

▼ 翻訳する~ (104, 5.7%)

8 ことは 54 ことに 3 ことが, ことも 2 となる, と次, のは, ように, 時は

1 [71件] から御, が人生, ことだった, ことなど, ことにおいて, ことによって, ことの, ために, だけの事, つもりで, というよう, といふ, といろいろ, ときは, とこう, とこういう, とこんな, とする, とそれ, とだいたい, とつまり, とみんな人間, とシカゴ, と他方, と原名, と大体, と客観主観いずれ, と彼女, と徳義的脊髄, と智慧, と発熱, と益々, と約, と読者, などといふ偉い, にあたっては勝手, にあたり翻訳, にどの, には其の, にもやはり, にも及ばず, にも同様, に就い, に当, に当たっては四, に方, に適した, のである, のにその, のに多忙, のに異議, は洋学家, までもなく, よりはむしろ, を常, 一方法として, 世間人の, 事が, 事によって, 仕事が, 余地が, 前に, 労を, 在来の, 場合に, 必要も, 教授は, 気に, 気には, 者に, 際これに

▼ 翻訳~ (95, 5.3%)

2 ロッブ夫人の

1 [93件] ある計画, いいと, いったい何種, いろいろの, かう言, こうせね, この呼吸, これに, ずいぶん古い, そうである, その内容, その原作, それ自身の, たしかに女性むき, できない, できないもの, なかなか難い, ほとんど不可能, むずかしい, やや乱暴, よくいった, アメリカに, イヽ加減な, ラファエル前派の, 一つの, 一行二文です, 上梓の, 不得手ゆえ出任せに, 不正確きわまる, 云わば, 信用の, 僕自身の, 全く上手く, 全く自分, 其意義を, 出てないだろう, 出来ない, 出来ないが, 出来ないし, 出来ないだらうぢ, 出来ないだろうじゃ, 出来ないもの, 出来るの, 出版され, 別として, 単に英語, 原著者以上に, 反逆であっ, 反逆なりといふ, 古典そのものに, 吾, 売り出されると, 多くの, 大に, 大嫌いな, 如何様に, 定評が, 実際仏蘭西, 容易に, 常に叛逆, 幾つか, 必ずしもほんとに明日, 恐らく二葉亭, 悪しき著述以上, 我々の, 数十回の, 文章晦渋に, 新聞雑誌の, 方便に, 是非や, 極めて忠実, 民族的特色の, 滅茶滅茶です, 無かった, 版画である, 猶ほ, 甚だ拙劣, 神慮を, 粗雑である, 絶対不可能だ, 翻訳者自身の, 自分の, 良訳でなけれ, 著述よりも, 見事な, 言語的作品を, 訳者所蔵の, 誤訳である, 誰にでも, 難行である, 面白かった, 頓挫し, 食ひつき

▼ 翻訳~ (69, 3.8%)

2 上手で, 出た, 出来て

1 [63件] あって, あつて, あるでしょう, いかなる傾向, うまくいかない, お留守, かれの, こんど出ました, ございませうか, そこで, たいへん簡単, できあがるの, できて, できぬ, どっさり入りこん, なかった, なかなか名文, まだ文学的思想, もう五十年, やっと六, よかった, シェークスピアといふ, 一つあります, 一つ出来上がれ, 一冊ずつ, 一番拙, 上梓された, 不可能だ, 今日の, 全く不可解, 全盛である, 六ヶし, 内外社から, 出したいと, 出たはず, 出て, 出ました, 出ましたから, 出来ないこと, 出来ぬもの, 出来ましたので, 出版され, 刊行され, 単に劇, 困難である, 売れるの, 多数出, 大部を, 完成する, 巧みである, 必要である, 成立し, 文学的に, 沢山に, 現はれ, 盛に, 立派だ, 絶対に, 西洋で, 語学の, 近代の, 重版され, 間違いやすい

▼ 翻訳~ (65, 3.6%)

2 かかって, その意味, 演出に

1 [59件] いそしんで, かからねば, しましても, だつて文句, つきものの, とっかかり熱心, とりかかった, とりかかって, なつて, なると, なるオセロ, 上演に, 余念も, 使うため, 例を, 依って, 依つてヨオロツパ, 依る価値, 先行し, 原文の, 取掛つて, 基くもの, 基づいて, 多少の, 大切な, 専念し, 少し間違, 従事した, 従事する, 心を, 手を, 拙い生活, 於けるボードレエル, 於ける一種, 於て, 止めた方, 歩みを, 献身した, 用いた探偵小説, 用ひた, 着手された, 着手し, 着手しつ, 着手しよう, 私が, 絶えず筆, 自分の, 至つては, 興味を, 見る一種, 訳者の, 語学上の, 誤訳でも, 誤訳指摘を, 賭した心血, 近い冒険, 適せぬ, 頼つてちやダメだ, 頼ること

▼ 翻訳した~ (54, 3.0%)

3 もので 2 と言, ものである

1 [47件] か, からである, が, が彼, ことが, ことを, その収入, その瞬間, だけで外国人, つもりで, という, というべき, というもの, といつた, ときの, ところがはたして, ところで, と一々, のが, のであります, のでこれ, のは, ものか, ものでありまし, ものです, ものまたは, ものを, んであります, シェイル氏などは, ヨコハマ, 上で, 名前の, 実例, 小説は, 文章な, 時と, 書簡集は, 漢和字典だ, 物が, 物理書で, 福が, 経部律部を, 術語を, 言葉で, 論部を, 頃既に, 鳥の

▼ 翻訳~ (50, 2.8%)

3 といふもの, を日本 2 からはじめられた, から出発, の場合

1 [38件] がその, が翻訳, であった, といふ名称, としてもどこ, と云, と称する, などを云, なら西洋, なると, にその, によつて, に相当, のあらゆる, のみを演ら, のセリフ, の上演, の功罪, の問題, の埋め合せ, の大, の模範的演出, の白, の盛行, の紹介的上演, の紹介的演出, の経験, の罪半分, の老, の舞台, の舞台装置, の観客, は一方, は原作, は火, をやる, 乃至西洋劇模倣, 殊に最も乱暴

▼ 翻訳~ (48, 2.7%)

2 の責任

1 [46件] があまり, が如何, が彼自身, であった, である彼, としての最善, としての良心, としての見識, としての責任, として意見, として相当, との関係, などが円本, なり著者, にし, にその, にとってはただ, には印税, に向, に於, の中, の個人的趣味, の創作, の名前, の多く, の失敗, の情想, の歓び, の理会力, の甚深, の詩人的価値, の語学力, の顔ぶれ, はそれ, はピエール・ロチー, は原作, は実は, は小宮氏, は巧み, は必ずしも, は理想, は芝居, は西宮藤朝氏, をもった, を見出した, 亦自他共

▼ 翻訳され~ (46, 2.5%)

9 ている 3 てゐる 2 て読まれる

1 [32件] て, てある, てい, ていた, ています, ていれ, ても同様, ても面白, てクロ, てソヴェト同盟, てナウカ社, てモスク, て他方, て以来, て何千, て夥しい, て平民新聞, て彼ら, て現われた, て生理波, て載っ, またチベット語, ロシア人民教化の, 人間が, 刊行された, 初めた, 制作された, 広く読まれ, 文化上の, 海外紹介されなけれ, 翻案された, 転化され

▼ 翻訳~ (32, 1.8%)

2 が沢山

1 [30件] がしばらく, が二三冊, が作られ, が出た, が比較的どっさり, だけが私, ではある, で当用, などを見, に依っ, に対しても亦, に比べ, の数, の知識, ばかり見る, もあり, もはなはだ, も見た, を出し, を出版, を取り調べ, を多く, を幾らか, を感慨, を用い, を眺め, を見, を読み, を貸し, 乏しきゆえに

▼ 翻訳~ (30, 1.7%)

2 クリティシズムとの, 同じ意味

1 [26件] いうと, いうものの, いっても, いふと, その通用, どっちが, なった, 云うもの, 云う順序, 云ふと, 云へば, 個人教授で, 創作とを, 同様に, 呼ばれる代り, 文学的翻訳との, 比べては, 演出の, 漫画の, 看板を, 翻案が, 芝居とに, 若干の, 解釈という, 連関し, 銘を

▼ 翻訳された~ (29, 1.6%)

3 のであった 2 のも, のを, ものだ

1 [20件] が翻訳権, ことは, この小説, ときその, のかも, のである, のは, もので, ものに, もの以外の, フランスの, 場合には, 小説で, 後に, 教科書と, 日本哲学術語に, 時魯国の, 書物の, 由来は, 著書を

▼ 翻訳すれ~ (27, 1.5%)

52 ばいい, ば吾人

1 [18件] ど年少美貌, ばこと, ばこの, ばこれ, ばすなわち, ばそういう, ばできた, ばよい, ばわが, ば乱暴, ば先づ地震, ば分る, ば取り, ば唯物論, ば教師, ば現在, ば羊, ば美しい

▼ 翻訳~ (26, 1.4%)

1 [26件] が交じっ, が有る, が随分, であるらしいこれ, などを読ん, においても探偵小説, につくであろう, に主力, に従事, に過ぎない, の全盛時代, の探偵小説, の柔かい, は, は大抵, もそう, も彼女, をした, をその, を中心, を取りあげる, を取出し, を受け合っ, を受取ッ, を引受け, を続々

▼ 翻訳~ (25, 1.4%)

1 [25件] あつたり, あつて, その刊行, どっさりの, ひろくよまれ, ゴマ化し, ヴォドピヤーノフという, 一寸注目に, 伸子は, 出て, 出版した, 刊行され, 実業之日本社から, 文名を, 文学史芸術史文芸評論の, 文芸としての, 暮すん, 梵語仏典の, 決して有難い, 私たちは, 第一義の, 素直に, 聴くの, 読みあるいは, 読んでも

▼ 翻訳小説~ (23, 1.3%)

1 [23件] だった, であったならば, でも読む, と同じく, と魯文, なら随分, にひかれ, に尽き, に接した, に馴れた, の中, の処女作, の盛大, の跋扈, まで, も愈々, や日本現代, や詩集, や通俗小説, をふとん, を二冊, を読み耽ってる, を静か

▼ 翻訳~ (21, 1.2%)

1 [21件] が出ない, が出る, が戯曲史, だし, である宮原晃一郎さん, として, としての徐氏, として元, として名, として知られ, なのよ, のこと, の存在, の方, の桑山竹夫, の現実問題, の社会的地位, の進退, の雇, は時勢, もその

▼ 翻訳~ (18, 1.0%)

1 [18件] あつて, いりませんでした, して, すみ独り部屋, でき教授, はかが, やってる吉村, やりロシア作家, ボツボツ日本, 修業に, 定めし立派, 思想を, 沢山あります, 流暢と, 溢れて, 禁止せられる, 試みる, 貧乏文士或は

▼ 翻訳では~ (14, 0.8%)

2 ない

1 [12件] あっても, いくつかの, ずいぶん私, その味, ないが, なかった, なくて, なく舞台, ほとんど生命, 原文に, 叢文閣から, 無理な

▼ 翻訳といふ~ (13, 0.7%)

2 仕事に, 仕事は, 仕事を 1 ことに, ことも, もの, ものは, やうに, 仕事である, 言葉に

▼ 翻訳である~ (11, 0.6%)

2 かどう, ことを, ために 1 からそれ, とすれ, と思う, 以上原作の, 赤表紙の

▼ 翻訳という~ (11, 0.6%)

4 ものは 2 ことは 1 ことが, ものから, 仕事の, 仕事は, 字を

▼ 翻訳出版~ (11, 0.6%)

2 された 1 が行, されたの, されたアメリカ, された時文学愛好者, されて, されるに, して, に力, を行った

▼ 翻訳~ (11, 0.6%)

5 の問題 1 が日本, が統一的, の協定, の原則的, の壁, を与次郎

▼ 翻訳によって~ (9, 0.5%)

1 その価値, 一つの, 原物は, 可能に, 故郷の, 既に世界, 最近モーリス・ルヴェルの, 誤植という, 読むこと

▼ 翻訳から~ (8, 0.4%)

1 ひと通り舞台の, 一党派が, 出発し, 始めて, 学びも, 成つてゐる, 来るの, 生ずる感化

▼ 翻訳される~ (8, 0.4%)

1 ことを, ということ, と割, と必ず, のである, ように, 事に, 以前いずれの

▼ 翻訳しよう~ (8, 0.4%)

4 とする 1 と思っ, と意志, と苦心, センチメンタル・ジアネイを

▼ 翻訳~ (8, 0.4%)

1 から同文, が, がこの, と, とか筆耕, と教え, などといわれた, などと公言

▼ 翻訳には~ (8, 0.4%)

1 マサかに, 二種類ある, 余程テコズつた, 幸ひ, 手を, 第一, 誰が, 適せぬ

▼ 翻訳もの~ (8, 0.4%)

1 か好色本, が出, の世界, の広告, の読書量, らしい小説類, をそっと, をつて

▼ 翻訳しなけれ~ (6, 0.3%)

4 ばならない 2 ばならぬ

▼ 翻訳せられ~ (6, 0.3%)

1 て世界, て俗, て翻訳, または有識者, 且つ近頃, 彼の

▼ 翻訳文学~ (6, 0.3%)

1 が一方, が対立, だった時代, である, に消えない, の歴史

▼ 翻訳紹介~ (6, 0.3%)

1 されたジイド, した, したの, したのみ, しつつ, して

▼ 翻訳などは~ (5, 0.3%)

1 ある, 広く世, 当てに, 相当広汎, 見ない事

▼ 翻訳について~ (5, 0.3%)

1 しばしば話し合った, 一言したい, 書いた, 書いたもの, 私が

▼ 翻訳~ (5, 0.3%)

1 が主, だ, でも見たら, で中村敬宇, の一つ

▼ 翻訳~ (5, 0.3%)

1 でない, なもの, な科白, な自由平等, に紹介

▼ 翻訳~ (5, 0.3%)

1 から弘, で云っ, で理想, で甚だ, として考へれ

▼ 翻訳させ~ (4, 0.2%)

1 てこれ, てもらう, 且つその, 特にそれ

▼ 翻訳だけ~ (4, 0.2%)

1 させられたの, して, だが, では

▼ 翻訳でも~ (4, 0.2%)

1 する以外, 結構じゃ, 訳を, 頼まれたか

▼ 翻訳として~ (4, 0.2%)

1 どうしてもまま, まことに忠実, 少年の, 読まれたに

▼ 翻訳などを~ (4, 0.2%)

1 しないでも, のせたりも, やって, 読み耽けりその

▼ 翻訳によ~ (4, 0.2%)

1 つて, つてその, つて上演し, つて森鴎外に

▼ 翻訳~ (4, 0.2%)

1 それを, 文献は, 編輯などの, 翻案が

▼ 翻訳を通して~ (4, 0.2%)

1 さへも, 原語の, 西洋の, 読んだ人

▼ 翻訳を通じて~ (4, 0.2%)

1 到処, 原文を, 外人に, 外国人の

▼ 翻訳~ (4, 0.2%)

1 がしたため, が間, の多く, の欠点

▼ 翻訳者自身~ (4, 0.2%)

2 の創作 1 に与へる, のため

▼ 翻訳されよう~ (3, 0.2%)

1 とし, ともやはり, とも外国語

▼ 翻訳され得る~ (3, 0.2%)

1 ということ, という事情, という点

▼ 翻訳したら~ (3, 0.2%)

1 どうなる, ば婬猥不潔, 恁うなる

▼ 翻訳せしめ~ (3, 0.2%)

1 かつ, これを, 二葉もしくは

▼ 翻訳せられた~ (3, 0.2%)

1 が宗教的著作, 外国詩の, 西洋の

▼ 翻訳であり~ (3, 0.2%)

1 そのため, その次, 自分の

▼ 翻訳です~ (3, 0.2%)

2 けれども仲 1

▼ 翻訳とは~ (3, 0.2%)

1 文章の, 違って, 違つていつも

▼ 翻訳とを~ (3, 0.2%)

1 いちいち対照, 出版し, 担任した

▼ 翻訳など~ (3, 0.2%)

1 いろいろ文学, なり, 行ひ

▼ 翻訳なる~ (3, 0.2%)

1 もの, ものに, ものは

▼ 翻訳なんて~ (3, 0.2%)

2 ものは 1 できるもんぢ

▼ 翻訳にも~ (3, 0.2%)

1 いろいろな, 創造が, 無関心

▼ 翻訳不可能~ (3, 0.2%)

1 なので, なるもの, を言ふため

▼ 翻訳~ (3, 0.2%)

1 でその, のテキスト, 多分会心

▼ 翻訳事業~ (3, 0.2%)

1 において天文暦術書中, にもっと, のこと

▼ 翻訳劇上演~ (3, 0.2%)

1 といふ勉強, の意義, の記録

▼ 翻訳~ (3, 0.2%)

1 であるの, でさすが, と言

▼ 翻訳戯曲~ (3, 0.2%)

1 が今日, の類, は申し合せた

▼ 翻訳技術~ (3, 0.2%)

1 がこれ程, の巧み, は文学

▼ 翻訳~ (3, 0.2%)

1 がたった, などあて, を支払う

▼ 翻訳権問題~ (3, 0.2%)

1 が一日, で行き悩ん, は数年前

▼ 翻訳~ (3, 0.2%)

1 である, でやっ, で見る

▼ 翻訳的論派~ (3, 0.2%)

1 に動かされ, はかの, は一変

▼ 翻訳術語~ (3, 0.2%)

1 だが, に依る, も可

▼ 翻訳~ (3, 0.2%)

1 である, の愛詠家, の西洋模倣

▼ 翻訳させる~ (2, 0.1%)

1 ということ, と子供

▼ 翻訳されず~ (2, 0.1%)

2 にそのまま

▼ 翻訳され得ない~ (2, 0.1%)

2 ものだ

▼ 翻訳しかけ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 翻訳しない~ (2, 0.1%)

1 でそのまま, 以上決して

▼ 翻訳し得る~ (2, 0.1%)

1 からである, ものである

▼ 翻訳せず~ (2, 0.1%)

1 にそのまま, に信じ

▼ 翻訳せん~ (2, 0.1%)

1 か, とする

▼ 翻訳そのもの~ (2, 0.1%)

1 の日本文化, は金

▼ 翻訳だった~ (2, 0.1%)

1 からだ, が

▼ 翻訳できる~ (2, 0.1%)

1 にはでき, はずの

▼ 翻訳なぞ~ (2, 0.1%)

1 に雇われ, は皆

▼ 翻訳などの~ (2, 0.1%)

1 あった大杉栄, むずかしいこと

▼ 翻訳なんか~ (2, 0.1%)

1 して, 上手な

▼ 翻訳による~ (2, 0.1%)

1 恐らくでたらめ, 此の

▼ 翻訳のみに~ (2, 0.1%)

2 費す時間

▼ 翻訳~ (2, 0.1%)

1 の不便, の欠点

▼ 翻訳不可能論者~ (2, 0.1%)

1 であるから, である真実

▼ 翻訳以外~ (2, 0.1%)

1 にどういう, に如何なる

▼ 翻訳企図~ (2, 0.1%)

2 に敬虔

▼ 翻訳会社~ (2, 0.1%)

1 のある, の出来る

▼ 翻訳全集~ (2, 0.1%)

1 と世界童話大系, を出した

▼ 翻訳其の~ (2, 0.1%)

1 他という, 他を

▼ 翻訳出来ない~ (2, 0.1%)

1 ものな, 時には

▼ 翻訳劇出づるや朋党相~ (2, 0.1%)

2 結んで

▼ 翻訳劇演出~ (2, 0.1%)

1 について一つ, の困難

▼ 翻訳探偵小説~ (2, 0.1%)

1 が大いに, は裏表紙

▼ 翻訳時代~ (2, 0.1%)

1 はまだ, は終っ

▼ 翻訳書等~ (2, 0.1%)

1 が挙げられる, を教授

▼ 翻訳民権派~ (2, 0.1%)

1 の形たる, は今

▼ 翻訳移入~ (2, 0.1%)

1 があつ, 並びに西洋作家

▼ 翻訳製造株式会社~ (2, 0.1%)

1 といふ, の出来る

▼ 翻訳論文集~ (2, 0.1%)

1 は興味, やミル

▼1* [179件]

翻訳いたしたいものじゃと, 翻訳いたしますと彼岸, 翻訳いたし申せば身体内外, 翻訳へ出した, 翻訳させたいと思う, 翻訳させられた経験が, 翻訳されたであろうと思われる, 翻訳されたら例へば巴里, 翻訳されてないものも, 翻訳されないことも, 翻訳されなかったかという, 翻訳されれば一方, 翻訳され出したのは, 翻訳され尽している, 翻訳しか出なくて, 翻訳しかねている, 翻訳したらしい日本文で, 翻訳したる詩としては, 翻訳しなかったわけです, 翻訳しろと僕, 翻訳し得ないで終つてしまつたの, 翻訳し終ったものと, 翻訳し過ぎたかも知れない, 翻訳し間に合わせることが, 翻訳すっかりすんだ, 翻訳すべきもので, 翻訳せしに出, 翻訳せしめたのが, 翻訳せずして陀羅尼, 翻訳せらるべきだと思ふ, 翻訳その他の知的労働, 翻訳たる解体新書を, 翻訳だけしか出来ない人間, 翻訳だってもう一息, 翻訳だらうが焼き直しだらう, 翻訳だろうが焼き直しだろう, 翻訳つきで博物館, 翻訳であろうと思う, 翻訳できないことが, 翻訳できないだろうか, 翻訳でこそあれだけに, 翻訳でしか読めません, 翻訳でとさぞ食う, 翻訳でないのは, 翻訳としては先に, 翻訳とに自己の, 翻訳との曖昧な, 翻訳のだ, 翻訳なさいまして, 翻訳なぞという芸当は, 翻訳などからの影響で, 翻訳などが最も主要, 翻訳などといふ仕事は, 翻訳などとともに早く出版, 翻訳などに依って, 翻訳などもやり今, 翻訳なら少しやった, 翻訳なんでもいい, 翻訳なんぞは一枚三円位取れた, 翻訳においてもまた目だつ, 翻訳における根本的必要条件である, 翻訳についての話, 翻訳にでもなりましたら嘸, 翻訳によつて多少なりとも, 翻訳に対して作家は, 翻訳に関して侵略し, 翻訳ねがいましょうか, 翻訳のみを上演する, 翻訳ばかりで国民, 翻訳もうつかりできないこと, 翻訳やって見る, 翻訳わけても今度の, 翻訳をも少し進捗, 翻訳を通しては殆ど味はれない, 翻訳を通してまで特種な, 翻訳スルニ臨ミ或ハ妥当, 翻訳ナウカ社版の価値, 翻訳レルモントフの, 翻訳一二冊に, 翻訳一般はこうした, 翻訳三種を比較, 翻訳上梓された, 翻訳上演する傍ら, 翻訳不可能論に関係, 翻訳仏教だとまで, 翻訳以上に日本文学史上, 翻訳以前に実地, 翻訳伝記の, 翻訳の文章, 翻訳作品があり, 翻訳係陸軍大学の語学教師, 翻訳から色色, 翻訳出来かけのところ, 翻訳出来る程直覚, 翻訳出来持参サインして, 翻訳刊行を企て, 翻訳劇ぐらゐ演出者以外を楽しませない, 翻訳劇そのものをけなす, 翻訳劇可なり, 翻訳劇時代は一応, 翻訳劇的マンネリズムから脱, 翻訳協定に入っ, 翻訳原稿が雑誌, 翻訳その試演, 翻訳及びその上演, 翻訳口調になっ, 翻訳口述して, 翻訳問題が提起, 翻訳器械は各人, 翻訳始めの部分, 翻訳をし, 翻訳家たちに共通, 翻訳家兼バリトン歌手の, 翻訳家出版関係者作家詩人という面々, 翻訳家協会設立等について各国代表, 翻訳家平林たい子中本たか子戸田豊子大田洋子円地文子大谷藤子真杉静枝大石千代子林芙美子詩人として永瀬清子等, 翻訳家松井圭子一九二七年に, 翻訳専門の雑誌, 翻訳小説ネルヴァールの, 翻訳が設けられ, 翻訳広告にはいつも, 翻訳御用出役を命ぜ, 翻訳御用所へ出勤, 翻訳振りはポルト・リシュ, 翻訳となつたの, 翻訳探偵又は伝奇小説, 翻訳探偵小説中貴下の印象, 翻訳文そのものが文学, 翻訳文体を学ぶ, 翻訳文句調で大言壮語, 翻訳文学書をよむ, 翻訳是非の議論, 翻訳普及の方法, 翻訳に比すれ, 翻訳書以外にはあまり, 翻訳書生がこれ, 翻訳書籍も大分チベット, 翻訳有害論を唱, 翻訳材料となるべき, 翻訳株式会社の話, 翻訳検察官になる, 翻訳権問題協議会の成立, 翻訳機関でも拵え, 翻訳民権論と名, 翻訳演出を試みた, 翻訳を博士, 翻訳発行の許可, 翻訳的チエホフ最も解り, 翻訳的性質が含有, 翻訳的紹介的に煩瑣, 翻訳的青年男女をもっと, 翻訳等その道の権威者, 翻訳署名責任者として荒畑寒村氏, 翻訳翻案されて, 翻訳者たちはいづれ, 翻訳者らの比較, 翻訳者ウェレーは云っ, 翻訳者ハーパー氏もこの, 翻訳者ブロゾオル伯は諾威人, 翻訳者等は概ね, 翻訳者紹介者としての小酒井不木氏, 翻訳者舞台監督俳優並に舞台装置者, 翻訳者関根秀雄氏の見事, 翻訳自分三宅さんの仕事, 翻訳自由の条約無効, 翻訳があり, 翻訳英国劇は英国, 翻訳製造会社とは関係, 翻訳記念会があった, 翻訳証明を要す, 翻訳詩体を意味, 翻訳課長が学界, 翻訳調なる一種, 翻訳というよう, 翻訳述語で考え, 翻訳鋳造については吾人, 翻訳を出した, 翻訳も自分, 翻訳麁鄙でまるで