青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「習~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

義雄~ ~羽 羽~ ~羽織 羽織~ ~翁 翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~
習~
~習慣 習慣~ 翻訳~ ~翼 翼~ 老~ 老い~ ~老人 老人~ 老女~

「習~」 1322, 14ppm, 7815位

▼ 習~ (137, 10.4%)

7 に行く 4 子は 3 に來, に行, のやう, 覺え

2 [12件] て相, て隆吉, になつ, に使, に来, に用, に行つた, はぢめ, をし, をした, 覺えた, 覺えました

1 [90件] あるひ, いつしかに, から, たての, て倭, て得たる, て畫きしもの, ながらも豪, ながら忌, なぞを, などをし, に, にあらざる, にき, にした, にすぎぬ, にてま, になつて, にや馴れ, により, に依り, に幕府, に往, に從, に日本橋, に来る, に無き, に熱心, に物, に美くし, に背き, に行き, に行つた時, に行つて, に行つて試驗準備, に通つて, の実行, の御, の手拭, の折, の武士, の法, の祖母さん, の積り, の筆, はなかつた, は目習, は相, みたいな, れいの, をさして, をさせなかつた, をしはじめ, をしました, をはじめ, をも示し, を私, ゲエル語を, 中にては, 何事も, 兩性の, 啣める, 善くも, 子が, 子たちにも, 子なぞをも, 子等は, 学問の, 居給ふ, 島の, 師匠と, 御免候へとて, 性と, 我と悟り, 手と, 方で, 昨日までは, 村の, 東西異なる, 終つた頃に, 終つた頃文吾の, 給ひ, 給へと, 美容院の, 草紙と, 蘭書を, 覺えて, 譽を, 通詞たるべき, 遂には

▼ 習~ (93, 7.0%)

10 して 4 したり 3 させたり 2 させても, した, したとか, 改めんと, 教えて, 有して, 除く第

1 [62件] さして, させた頃, させる, させるかと, したあと, した塵紙, しなかったの, しなくなった, しまって, するには, するやう, するん, する子, する時, する暇, する清書草紙, せずに, せねば, ついで大, つけると, なさいますね, なし, はじめた, はじめて, はじめるつもり, われ等は, 一つ挙げん, 付けられて, 付けるの, 免れず此中, 墨守する, 始めた, 始めたこと, 始めた所, 始められたの, 始め得ること, 容易に, 引くこと, 思ひ立たれたの, 抱くに, 改めず女子, 改めよう, 教へ, 教へる, 氣に, 治する, 清算せず, 為すもの自ら筆, 特に困難, 生ずるであらう, 異にし, 癒すばかり, 直すとき朱硯, 直す時朱硯, 矯めねば, 破るあたわず古人, 致すと, 超ゆる, 身に, 除くかと, 除くこと, 除く道

▼ 習~ (89, 6.7%)

6 ある人, 付いて 3 師匠に 2 お師匠さん, 初期に, 師匠が, 師匠で

1 [66件] あるが, おしょさん, お手本から, ところな, まだ失せない, よく出来る, 世話を, 事や, 付くの, 付くやう, 付く原因, 付く所以, 付く結果, 仲間入を, 便を, 先生の, 初期の, 勢に, 原因として, 反古も, 君, 基礎と, 多い人, 夢が, 夢を, 少年が, 巻に, 師匠であれ, 師匠でも, 師匠にも, 師匠は, 師匠を, 師匠松本狂歌の, 師匠阿, 師小島成斎が, 帰途この, 強い人, 御ついで, 成立には, 或る, 手を, 手傳ひ, 手本にまで, 指南や, 指南を, 效果は, 既に付い, 暇に, 最初の, 有るもの, 本を, 水番と, 法則である, 法則は, 清書を, 源が, 然らし, 病因たる, 目標が, 第一段階, 草紙を, 見方でも, 説というは, 説話化した, 跡かと, 途中に

▼ 習~ (77, 5.8%)

5 しに 32 うと, して, しと, なければ

1 [61件] う, うか, うといふ, うといふんだい, うとも, おのづか, これで, ざりき, ざりきと, ざるに, ざるべ, ざる出離樂を, ざる諸道, ざれども, した, したるやう, したわけ, した方, しだから, しださうである身, しだつた, しなり, しなれど, しの, しめたま, し彼, し通り, せその, せたと, せられた, せられて, せるとか, ないかね, ないやう, ない先, なかった, なかつたと, なかつたといふ, なかつたもの, なかつたやう, なかつた時分, なきや, ぬ, ぬうち, ぬ人々, ぬ笏, ぬ経, ぬ銭, ねば, ふ, ふといふ, もちろんなれ, やがて赫々, 先づ目前の, 到底一朝, 実に久, 性を, 成立しない, 授けないので, 確立し, 脱け

▼ 習つて~ (64, 4.8%)

5 ゐた 4 ゐたの 3 ゐる 2 るといふ, ゐて, ゐます

1 [46件] おかないと, かその, その女形, どうする, どうなさる, はならぬ, みては, もある, もい, もそれ, も前, も費, る踊り, ゐたが, ゐたに, ゐたので, ゐた一人, ゐた夫人, ゐた年少, ゐた弟, ゐた時, ゐなかつたので, ゐるうち, ゐるが, ゐるし, ゐるといふ, ゐるとき, ゐるところ, ゐるの, ゐるので, ゐるわけ, ゐるルンプ, ゐる娘, ゐる数, ゐる樣子, ゐる點, 作る仕事, 居る, 居るだらうし, 忍んで, 折角はやりかけた, 来たん, 来るの, 来る音, 置いても, 置けとお

▼ 習~ (52, 3.9%)

4 なと言 2 ことに, ことを, のだ, のは, やうに, 必要が

1 [36件] あかつきは, いざや, ことが, ことで, なんて云つたの, に至つて, のでした, のでなく, のに苦労, のみ, のも, のらしい, の武夫, よりは馴れろ, より慣れろだ, テキスト・ブツクと, 了簡にて, 事だけは, 傍ら今迄の, 児童たちの, 勿れ, 和歌人かで, 場合それは, 声, 声の, 子や, 必要なく, 必要は, 折が, 是を, 時にも, 時の, 者, 者あり, 聲を, 英語が

▼ 習つた~ (49, 3.7%)

5 ことが 3 と云 2 きりな, とさ, もので, もんだらう

1 [33件] かと先, からだ, か覚え, が先生, が後, が按摩, が日本語, けれども日本語, ことは, ことも, こと以外に, こと東京へ, であらう, といふこと, といふ事, といふ何ら, といふ安易, ところを, とほり, と云つて, と思はつ, と畫人傳, のぢ, のであの, ばかりだ, ばかりで, ばかりの讚美歌, ものが, ものは, ものを, やうな, わけで, 然し未だ

▼ 習師匠~ (46, 3.5%)

3 の光川左門太 2 でないと, と鑑定, に見立てた

1 [37件] があった, が住ん, が大変, じゃねえと言った, だから, だこれ, であったし, でせう, でないって, でないつてこと, で仏様, で佛樣, と, となり, と言っ, などいたし, などをし, にあがった, にでもなる, にでも聞く, にも菩提寺, に訊く, に通っ, のところ, の住い, の折紙つき, の折紙付, の某, の証拠, の證據, の進藤孫三郎, の進藤孫三郎さん, はもう少し, へもっ, や医者, をし, をやっ

▼ 習~ (37, 2.8%)

4 からである, に馴れ, は神さま 3 を守つて 2 を覚える, を覺

1 [18件] が深, たりする, ていなけれ, てその, てゐる, て小机, て来た, て算所, て習慣性, へ説き進ん, やしきたり, をもっ, を守っ, を生んだらしい, 呪歌, 悪くて, 易いといふ, 黽勉怠らず

▼ 習~ (35, 2.6%)

2 困難で, 於いて, 通って

1 [29件] この附屬, して, その成分, つかった半紙, なって, やられたが, 事よせ, 二十年の, 二十年もか, 使うよう, 來て, 同人雜誌を, 困難である, 往くの, 於ける結果, 於て, 於ては, 来る児童, 松澤たかとか, 相應, 背きて, 至るまで, 薫染し, 行くと, 行ったが, 行って, 諸道に, 通ひました, 関係の

▼ 習~ (31, 2.3%)

5 付いて 2 付けば

1 [24件] あった, されて, したいと, したいの, 付いたり, 付くし, 付くと, 付くの, 付く時, 困難に, 失せず子供たち, 好きで, 嫌いであった, 完成される, 当時盛に, 彼に, 成立しない, 效果的に, 有るもの, 當時已に, 脱し得られぬかと, 行はれ, 遺って, 附いたり

▼ 習ひと~ (25, 1.9%)

5 ほした 3 して 2

1 [15件] いふと, いふの, するが, する輩, ていかに, ておれ, てその, なせし傳説中, なつた, なつた意見, なり, は知り, 物悲しげ, 称し世間, 見えたり

▼ 習はし~ (22, 1.7%)

2 である

1 [20件] から大臣, があつ, が出来, が日本, が本, であ, であつ, として人, なりで段々, の情ない, の通り, は善き, は固定, は大体頭, は新, は神さま, を守つて, を推し, を生じ, を覚え

▼ 習した~ (14, 1.1%)

4 か此意味, 方が 1 ものな, わけだ, ボルドーの, 事が, 書巻の, 柏が

▼ 習~ (13, 1.0%)

1 [13件] あつた, ことしも, その前, もとは, 三四年前から, 国史を, 奧さんの, 板葺の, 湯屋の, 田舎の, 百軒から, 祖父は, 鹿太は

▼ 習~ (12, 0.9%)

1 [12件] お峯, し之, す, なったのに, なりたるなるべし, なり費用古, 云はれ, 仔細を, 思へば, 申して, 知られたり, 語學の

▼ 習ひで~ (12, 0.9%)

9 あつた 1 はない, もし, 始めた国学

▼ 習として~ (11, 0.8%)

1 [11件] 一死以て, 一詩句を, 世界に, 何に, 其の反, 少女は, 居つた我國, 最初は, 板屋根には, 火の, 財を

▼ 習~ (10, 0.8%)

3 たりした 2 たりし 1 たりお, たり或は, ている, ておけ, てしまふ

▼ 習つたの~ (10, 0.8%)

2 だと 1 かうまい, が稗田, だ, でありますが, でない而, では, は山田, よ

▼ 習との~ (10, 0.8%)

9 風も 1 世界に

▼ 習なる~ (10, 0.8%)

2 に微恙 1 がその, に今, に女, に麈尾, は一たび高山, 夕暮の, 奇しき物, 經驗は

▼ 習ひ覚えた~ (10, 0.8%)

1 お経, ともなく, のだ, ものだ, チエリイを, 得意の, 芸で, 表情を, 西洋将棋の, 頃の

▼ 習である~ (9, 0.7%)

1 か, からお, から巡査等, から興世王, が, とか亢, とか種々, と云, にあの

▼ 習はせ~ (9, 0.7%)

3 て下さつ 2 てやりたい 1 てあるく, てくれ, てくれる, て獨立

▼ 習ひ覚え~ (9, 0.7%)

1 てあつ, てそれ, てゐる, て帰つて, て日本, て来, て東京, て正確, 家相を

▼ 習んで~ (9, 0.7%)

1 いた人, いた間, おります, おるだろう, やがてその, ゆくうち, 来い, 来いよ, 遅れ走せだが

▼ 習ひたい~ (8, 0.6%)

21 ことは, しピアノ, と思ふ, と言, ものだ, んですつ

▼ 習ひだ~ (8, 0.6%)

2 つた 1 から, したの, して, つたが, つたさうである, の自分

▼ 習~ (7, 0.5%)

2 だ, だもの 1 だか, だとか, だ所

▼ 習する~ (6, 0.5%)

1 といふ主張, といふ見解, とは知れ, と言, には二十年, やうに

▼ 習~ (6, 0.5%)

1 おはすべけれ, したらしいし, して, しなければ, せんから, 昨日今日付いた

▼ 習しも~ (5, 0.4%)

4 絶えること 1 いまだに各地

▼ 習つた事~ (5, 0.4%)

2 を今日 1 を一つ, を其の, を昨日

▼ 習であった~ (5, 0.4%)

1 からこの, からその, がその, が五日, が五百ら

▼ 習なれ~ (5, 0.4%)

1 ばこの世, ばさ, ば万戸寂然, ば平家, ば萬戸寂然

▼ 習ひなれ~ (5, 0.4%)

3 ばなり 1 ば今さら, ば羽

▼ 習~ (5, 0.4%)

1 に励ん, よい人物, 出してから, 得た体験, 得まいが

▼ 習~ (5, 0.4%)

1 学問に, 学問も, 歌なんぞ, 珠算の, 針仕事などを

▼ 習とて~ (4, 0.3%)

1 中むかし, 晝の, 父が, 遽に

▼ 習とは~ (4, 0.3%)

1 方法の, 知りながら, 組織又は, 言へ

▼ 習なりし~ (4, 0.3%)

1 がいま廊下, がアヌンチヤタ, 一の, 絹の

▼ 習にて~ (4, 0.3%)

2 果合致度明朝七ツ時赤羽橋辻まで 1 梟せられたる, 牧者どもの

▼ 習には~ (4, 0.3%)

1 反復を, 恩賞として, 樂であり, 試行も

▼ 習ひなる~ (4, 0.3%)

1 に一向, 世を, 奇しき物, 姿に

▼ 習ひました~ (4, 0.3%)

1 か, がそれでも, が其他, けれどももう

▼ 習ひも~ (4, 0.3%)

1 お在さぬ, しないで, しないのに, の読む

▼ 習ひ遊ばす~ (4, 0.3%)

4 と言

▼ 習から~ (3, 0.2%)

1 出たもの, 子曰くなんて, 脱する勇気

▼ 習させ~ (3, 0.2%)

21 たり小学

▼ 習ぞと~ (3, 0.2%)

1 いふ, 宣ふ, 慰め給

▼ 習~ (3, 0.2%)

1 と見れ, のは, 今じゃ

▼ 習という~ (3, 0.2%)

1 ことは, 二名の, 言葉は

▼ 習などを~ (3, 0.2%)

1 させん, 教へて, 除く事

▼ 習はずし~ (3, 0.2%)

2 て知る 1 て自然

▼ 習はせる~ (3, 0.2%)

1 との事, にし, 馬鹿な

▼ 習はれた~ (3, 0.2%)

1 さうです, ので, 先生に

▼ 習ひした~ (3, 0.2%)

2 書卷の 1 書巻の

▼ 習ひなさい~ (3, 0.2%)

1 よ, よちやん, よ此処

▼ 習ひなり~ (3, 0.2%)

1 強ひ, 藤作には, 鷺を

▼ 習ひなりし~ (3, 0.2%)

1 といふ, に今, 僧院は

▼ 習ひはじめ~ (3, 0.2%)

2 てゐた 1 てみる

▼ 習ひはじめる~ (3, 0.2%)

1 つもりだ, とわれわれ, 御家人衆も

▼ 習ひ始めた~ (3, 0.2%)

1 が少し, とあの, のは

▼ 習ひ得~ (3, 0.2%)

1 ざらんほど, ざらんほどはと, て將

▼ 習ひ立てた~ (3, 0.2%)

3 事も

▼ 習~ (3, 0.2%)

2 ふとたどたどし 1 っても馬鹿

▼ 習学問~ (3, 0.2%)

1 ならば, のこと, を教える

▼ 習ありき~ (2, 0.2%)

1 と, といふ

▼ 習しゆく~ (2, 0.2%)

2 木の芽どき

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 か, のは

▼ 習つたら~ (2, 0.2%)

1 どうだ, 何う

▼ 習つたらう~ (2, 0.2%)

1 と思ひ, 何人が

▼ 習つた唱歌~ (2, 0.2%)

2 やら流行歌

▼ 習つた字~ (2, 0.2%)

1 は全部, を綺麗

▼ 習つた所~ (2, 0.2%)

1 までの頁, を復習

▼ 習つた日本語~ (2, 0.2%)

1 では話, を忘れた

▼ 習つた覚え~ (2, 0.2%)

1 のある, もなく

▼ 習つた讃美歌~ (2, 0.2%)

1 を小, を小声

▼ 習つてる~ (2, 0.2%)

1 が三味線, んです

▼ 習つて兄~ (2, 0.2%)

1 の命令通り惡人, よりも能

▼ 習でも~ (2, 0.2%)

1 するやう, するよう

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 のか, のでありましょう

▼ 習にては~ (2, 0.2%)

1 冬に, 理を

▼ 習によ~ (2, 0.2%)

1 つて一寸何處やら, つて相應の

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 せたこと, せ自分

▼ 習ひおぼえた~ (2, 0.2%)

1 のであつ, 謡曲で

▼ 習ひか~ (2, 0.2%)

1 かつた, と人力車

▼ 習ひしたらしい~ (2, 0.2%)

2 しまだ

▼ 習ひする~ (2, 0.2%)

1 のは, 生徒の

▼ 習ひである~ (2, 0.2%)

1 から百万石, と云

▼ 習ひとり~ (2, 0.2%)

2 し身

▼ 習ひなりき~ (2, 0.2%)

1 と, といふ

▼ 習ひはじめた~ (2, 0.2%)

1 と見える, ものと

▼ 習ひより~ (2, 0.2%)

1 もほか, も文吾

▼ 習ひ伝へん~ (2, 0.2%)

1 とて唐土, とて渡れる

▼ 習ひ出した~ (2, 0.2%)

1 といふ, のが

▼ 習ひ初めた~ (2, 0.2%)

1 学生の, 學生の

▼ 習ひ始め~ (2, 0.2%)

1 てからは生徒仲間, に養育母

▼ 習ふか~ (2, 0.2%)

1 といふ, 縁付くか

▼ 習ふべからず~ (2, 0.2%)

1 世俗を, 放逸に

▼ 習ふも~ (2, 0.2%)

2 のは

▼ 習ふんぢ~ (2, 0.2%)

1 やが, やけど

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 もので, 彼女も

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 ないもの, ば好い

▼ 習へる~ (2, 0.2%)

1 のかと, のだ

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 ハジメた, 終リ遊ビテモヨシト親

▼ 習師匠建部久馬~ (2, 0.2%)

2 の娘お雪

▼ 習~ (2, 0.2%)

1 でない點, な確實

▼1* [169件]

ありて同じ, 習あることを, 習かも知れない, 習ぐらいは私が, 習さして居るが, 習さりとてはことわり, 習され困難な, 習したいと思はれた, 習したらしいしまだ, 習と聞き, 習すべきをも思はなかつた, 習せし躾なる, 習せられてこの, 習せられたる習慣の, 習それは必ず, 習たら宜さそう, 習だけして, 習や, 習つい見習いて, 習つたお前の聲, 習つたつて駄目だらうよ, 習つたエリーザベトの物語, 習つたオランダ風の錺, 習つたチヨイス読本の中, 習つたフランス語を資本, 習つた事故其後全くすて, 習つた人間がすぐ, 習つた仮名交りの, 習つた先生でもあり, 習つた古典劇の実演, 習つた感がある, 習つた日本歴史の教科書, 習つた時にも同氏, 習つた物以外にはその後余り, 習つた相弟子だと, 習つた経文に書い, 習つた言ひます, 習つた言葉はみんな, 習つた踊りとは趣き, 習つた難かしい本, 習つた頃は酔, 習つてそれに従, 習つてバレエ団かなん, 習つてホールにも出てた, 習つてンですけど, 習つて來る音, 習つて出來ないこと, 習つて加之に美しい, 習つて宴會の卓上演説, 習つて得意となつた事實, 習つて綺麗にやりたかつた, 習つて自然其眞似を, 習つて非常に立派, 習つとるなんてこと, 習おられて, 習であろう大池の, 習でござらうが何で, 習ではあるが, 習とが十分な, 習としてはその上, 習どころの話, 習ながら貧せざる, 習なきの俗, 習なりきといふ, 習なんぞ仕様とも, 習について問題と, 習にでもゆくらしい弟, 習にばかりかかる, 習にまで推し及ぼされて, 習にも參加した, 習はうなぞと, 習はからっぺただっていうんですがこの, 習はしも絶えること, 習はじとてその, 習はずもあり, 習はず能に関する智識, 習はせようとしてゐる, 習はば自づか, 習はれてゐる, 習はんのみで, 習はん経文も読まね, 習ばかりして, 習ばっかりやって, 習ひありきといふ, 習ひありたれば, 習ひあれば己, 習ひおぼえし技藝あれ, 習ひおぼえる決心を, 習ひかけてゐる, 習ひかけた煙草の, 習ひから子曰く, 習ひけん貫之流の, 習ひこんでお, 習ひさせる事も, 習ひするならお草紙, 習ひぞと思ひ流し, 習ひたてだから, 習ひたいつていふからそれ, 習ひつべき所, 習ひで完全といふもの, 習ひなすつて, 習ひなのです, 習ひなる誇もみせ, 習ひなんですよ, 習ひませう自分で, 習ひも教はつた, 習ひ後れた人には, 習ひ得た美的需要を, 習ひ損ねし箒川夜の, 習ひ放しでいろ, 習ひ覚えしといふ奈美女, 習びえようぞそれでも汝, 習びですか平家などの語り物, 習びなされた, 習びにゆくという女にもわたし, 習びはもとよりのこと若年ずいぶん辛酸, 習び中頃は賀西, 習ふことも不可能, 習ふつもりだい, 習ふと書きぬ, 習ふと同時に読むの, 習ふはうは尚, 習ふんだと, 習ぶということ, 習ぶところあったに, 習ぶべからざる質の, 習へて好都合だ, 習へと云ふ, 習へやその物償, 習へるだらうと言, 習へんし, 習ぼうため明の景徳鎮, 習ゆく斯吾魂, 習芸よ, 習よか裁縫です, 習よみものなどは心がけ候え, 習らい始めた, 習れず奥妙なる, 習んでから雑言を, 習イダガオマエハコレカラ怨ヲ恩, 習て二三度, 習ッタソレヨリ刀剣講トイウモノノ事ヲ工夫シテ, 習ッ子の仲間, 習て了ツ, 習ナレバ洛中ニ栖カネテ西山辺ニ身ヲ遁レ, 習依ッテ起ス所, 習ヒ現今山頭ニ在ツテ務職ニ任ズ, 習ヲハジメテソレカライロイロ軍書本モ毎日見タ, 習並びに謡曲の, 習久しく尽き生死苦, 習九々の数, 習傍輩でそう, 習反故を残し, 習容易にそっち, 習師匠ぢやね, 習師匠今井良輔は生, 習師匠兼業の奴, 習師匠由緒ある士, 習師匠進藤孫三郎先生若くて, 習となった, 習感情として何うに, 習指南所から明治時代, 習教えていた, 習文章手紙の稽古, 習朋輩で前, 習算術など教, 習萎む氣の, 習角川の市郎, 習逸る氣の