青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「竹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立派~ ~竜 竜~ 章~ 童~ 童子~ ~端 端~ 競争~ ~竹
竹~
竿~ ~笑 笑~ ~笑い 笑い~ ~笑い声 笑い声~ ~笑う 笑う~ ~笑っ

「竹~」 8563, 89ppm, 1255位

▼ 竹~ (2232, 26.1%)

71 杖を 37 葉の 36 皮の 33 棒を 27 皮に 23 葉に 22 市の, 市は 18 ように, 中に, 葉が 16 林の, 皮を 15 ステッキを, 林に 13 中から, 先に, 杖で, 葉は 12 根の, 節を 11 家, 根に, 皮包みを, 葉を 10 棒で, 棒の, 筒に 9 杖が, 柱に, 根を, 皮で, 皮包の, 皮包を, 筒を 8 垣を, 杖に, 林が, 箸で, 節の 7 上に, 小枝, 皮へ, 皮包に, 笠を, 筒の, 鞭を 6 ような, 中へ, 垣根に, 林を, 柱の, 根は, 棒が, 落葉の, 長さ 5 柄の, 格子が, 皮から, 皮や, 端を, 落葉を, 足あがる, 間に, 鞭で

4 [22件] さきに, みな靡く, やうに, 串に, 市で, 床に, 戦ぎ群雀, 折れる音, 木戸, 杖, 杖の, 枝に, 柱を, 梢に, 梢を, 棒は, 皮が, 節と, 籠に, 落葉は, 葉つ, 骨を

3 [54件] あら垣に, あら垣打こえ, ステッキで, 上を, 下に, 中より, 中を, 先で, 先の, 先へ, 垣根が, 垣根は, 垣根を, 小串, 小笠, 床の, 弓を, 影の, 影も, 手を, 手足を, 木戸が, 木戸に, 杖は, 枝が, 枠に, 柄杓を, 根が, 棒へ, 樋が, 橋の, 洋杖を, 皮包は, 皮包みに, 皮包みの, 秋, 種類の, 笛, 筒から, 筒が, 管に, 管を, 簀子の, 簀子を, 簾を, 脚を, 芽が, 若葉に, 葉山の, 袖垣を, 足を, 野郎が, 野郎は, 顔を

2 [145件] あいだを, お飾りが, ことは, さきを, すだれ, ずんど, ところへ, はやしの, むちを, よの, よめの, よろしさ, ステツキの, 一端を, 一節を, 下や, 中で, 事を, 伏見道, 先から, 先き, 先には, 先は, 分家に, 別, 前に, 古い雨樋, 園生の, 垣根の, 奥, 如き鋭さ, 寝台に, 寝台を, 屋主人は, 市だ, 市でした, 市に, 市を, 幹が, 幹に, 幹へ, 座敷へ, 延竿を, 弓で, 忍び返しが, 性質を, 息子の, 息杖を, 戸を, 手の, 手桶と, 木戸を, 木目を, 末を, 杖と, 条片の, 条片を, 杪に, 林は, 林まだ, 枝か, 枝菅の, 柄元を, 柄杓で, 柱も, 柵を, 根で, 根元に, 根方の, 根見れ, 棒に, 棒も, 棚が, 棚には, 棚の, 棹を以て, 椅子と, 樋を, 櫺子を, 欄干に, 浦丸といふ, 浮橋を, 湿る根ごと, 濡れ縁に, 火箸で, 火箸の, 皮か, 皮と, 皮包みから, 皮包や, 皮笠を, 研究に, 種類に, 稲扱を, 端山に, 竿に, 竿を, 笛を, 筆立て, 筍が, 筒, 筒でも, 筒には, 箆で, 箒を, 管が, 管の, 節に, 簀子に, 籠を, 緑と, 緑に, 縁見, 脚が, 自在鍵の, 臺の, 色ゆかしく, 花は, 苞しきり散らへり, 若葉の, 若葉は, 茶箕その, 葉, 葉ずれの, 葉や, 葉影に, 葉影の, 藥箱は, 裏の, 足の, 輪の, 輻の, 遣戸を, 里人は, 野郎も, 釣竿の, 鉢植えの, 鋸で, 長さ一尺四寸五分, 間から, 間の, 音は, 類は, 類を, 骨の

1 [904件 抜粋] あいだから, あは, あみどを, あるの, いろが, うちに, うち一本を, おきふし佗, おちつかない旅, おもちゃ象牙の, お飾りも, かげ, かげのみ, かたの, きせるで一生懸命, きれの, くしに, ごとき兄, ごとくまっすぐ, ごとく心, さきで, ささえの, さらさらと, しげった一本, しない具合, すげ替を, すべっこい針, そよ, そよぎも, そよぐこと, たぐひあり, たやすく抜ける, でこでこな, なかから, なかに, ならべ方, ぬけいづるさ, はやしは, ひしゃくで, ひとつに, ひとむら, ひろひ, ふしは, へらで, ませ垣, まだ青々した, むら垣を, もとへ, やつを, わくに, を検め, カラハシの, ザザザッと, ステッキ, ステッキなどが, ステッキにも, ステッキ持っ, トヨで, ハネル音それと共に, パイプに, ホールダーに, 一叢に, 一叢茂れる, 一本を, 一片について, 一端に, 一群と, 三幅対, 三股を, 上の, 下, 下と, 下の, 下へ, 下を, 下地さへ, 下正面に, 下路, 両はし, 両君と, 両端に, 中の, 二三本, 仕事を, 仲間たちが, 住居へ, 余りに瓔珞風, 傍に, 先が, 先ッ, 兎は, 入日に, 兵を, 冠を, 出て, 切りやうの, 切れはしで, 切口や, 切株や, 刈株が, 列は, 別葦井の, 剃り立, 割つたの, 動き, 匂ひ, 包皮を, 匙で, 卓を, 収入の, 叙述で, 叢藪の, 口を, 吊り花生け, 名所でありまし, 吹矢を, 咽喉笛が, 器量と, 四つ目垣が, 四ツ手が, 四目垣が, 園生に, 土間から, 坊主頭を, 垣に, 垣みすぼらしい, 垣夜寒, 垣根囲いに, 垣根越しに, 城に, 埒に, 執筆を, 堰を, 報告は, 境遇を, 墨ば, 声に, 外には, 多い京都, 大きい鉢, 大きな置場, 大幅を, 大藪が, 大釘数十, 天秤へ, 太いステッキ, 奥に, 奥深く山, 如きその, 如くに, 如意を, 姿を, 孟宗の, 実は自然穀, 実を, 密叢が, 密叢を, 密林を, 密生で, 寝台, 寝床の, 寸法縄の, 導水管に, 小割板, 小片を, 小竿, 小筒が, 小藪を, 尖の, 尖を, 尖頭, 尺度などを, 尻を, 屋劇評, 川水に, 席画を, 平籠, 幹の, 幹を, 床へ, 床几を, 床柱に, 延べ竿であった, 弓矢を, 弾力によって, 弾力を, 影が, 影絵を, 後を, 御愛用ステッキ, 心張棒が, 心張棒を, 心掛けが, 感情を, 或は笹, 戦ぎだけ, 戯れに, 所識なりと, 扉を, 手で, 手欄から, 手觸り, 打付の, 把秤だ, 折れだの, 折れる程, 折れる響き, 持って, 振り面白い, 揺るるさき, 撓みに, 撓みも, 教鞭で, 方が, 方へは, 春で, 曲り工合が, 書割の, 木を, 末葉に, 札, 朽ちて, 杖では, 杖とぼ, 束に, 条片が, 条片は, 板目には, 林も, 林他方が, 枝からは, 枝は, 枝へ, 枝葉を, 枯れ葉にも, 枯葉, 柄が, 柄で, 柄は, 柱が, 柱は, 柱頭高く, 根だ, 根など, 根本から, 根鞭の, 格子の, 梢には, 梢も, 梯子をよ, 棒と, 棒なぞは, 棒にも, 棒や, 棒切れで, 棹が, 棹の, 棹を, 椅子, 楊条を, 楽土だ, 槍, 様に, 樋の, 樋より, 模様と, 横を, 橋から, 橋まで, 橋を, 機条竿が, 櫓の, 櫺子の, 欄干で, 歌口へ, 歯楊子だ, 母親な, 水筒である, 水筒を, 油筒を, 洋杖に, 浦といへる, 浴衣に, 清書でも, 清韻を, 漢名は, 濡縁から, 濡縁の, 火箸を, 灰は, 無事な, 煙管を, 煤の, 燃えさしが, 片だの, 片で, 片の, 片木の, 生えた緩い, 生垣も, 生死問題である, 生身成仏に, 用途が, 画の, 画や, 異名として, 皮, 皮ごと持っ, 皮づつみがいつのまにか, 皮づつみを取りだし, 皮づつみを取りだす, 皮と共に, 皮なども, 皮は, 皮入れを, 皮包でも, 皮包とを, 皮包みが, 皮包みには, 皮包取りだし, 皮巻烟草の, 皮散り, 皮笠引き被り, 皮膚に, 皮藁の, 目を, 相借家, 真青な, 眠そう, 矢来を, 破れを, 秀は, 秋で, 秋の, 稈には, 種子とで, 稲扱が出, 突破が, 立つたところ, 端かの, 端には, 竿から, 竿それを, 竿によって, 笠, 笠に, 筆立てなども, 筍の, 筍を, 筏を, 筒では, 筒へ, 筒幼らすでに, 筒洋灯を, 筧で, 筵に, 箍が, 箒で, 箒の, 管から, 箱が, 箸ほど, 箸一ぜん飯とは, 節々に, 節には, 節近, 篦を, 簀の子で, 簀も, 簾, 籠には, 籠は, 精は, 紙屑籠が, 細いので, 細い棒, 細工も, 細長片, 組立と, 結実騾の, 継棹なんぞ, 網を, 緑青と, 線である, 編棒の, 編物で, 縁にな, 縁塵も, 纖毛は, 羊羹は, 羽板は, 耨で, 耳掻きで, 肌だけが, 肌と, 肌を, 肱掛窓あり, 背向に, 胴に, 胴輪を, 脚, 臺で, 舎に, 色と, 色の, 芯を, 花かと, 花と, 花に, 花を, 花立に, 花筒には, 芽すなわち, 芽を, 茂った中, 茂った原野, 茂みが, 茂みを, 茎は, 荒籠など, 莖の, 菱垣が, 落葉かな, 葉ご, 葉で, 葉と, 葉を以て, 葉擦れとともに, 葉竝を, 葉蔭に, 葉越には, 蓋の, 蔭を, 薪木で, 蜻蛉は, 蜻蛉を, 行李の, 袂へ, 親子を, 診察を, 話, 話は, 足音は, 跡などが, 身に, 身の上を, 身の上話を, 身体から, 車で, 軸が, 輪で, 輪なぞを, 輪や, 透し垣, 遂に折れなかった, 里を, 里人おとなへ, 里人に, 里人を, 野郎, 野郎を, 野郎腕は, 釘を, 釣竿を, 鉢に, 鉢植を, 鉾にて, 鋏で, 鎌倉彫りの, 鐵砲を, 長竿を, 間と, 間へは, 関係上その, 雨樋が, 雪たわわに, 露こぼれける, 露しとど檐打つ, 青きに, 青さ, 鞭根が, 音な, 音も, 音便で, 頭で, 額も, 類が, 類で, 風, 風の, 風宜, 飾りを, 饅頭笠を, 香霜の, 騒ぐ音, 高い聲, 髯籠や, 魚刺を, 鳥籠が, 黒い影

▼ 竹~ (733, 8.6%)

15 のからだ 12 はその 8 だ, の手 7 と蛾次郎 6 である, のす, の目, の胸, の鷲, はもう 5 ではない, のこと, は 4 のやつ, の肩, は自分, は鷲

3 [18件] が鷲, だった, だな, であった, という, と咲耶子, のかげ, の帯, の得意, の耳, の襟, の頭, の顔, はぎょ, はハッ, は蛾次郎, もその, よ

2 [46件] が, がいない, がもどっ, が松明, じゃ, だが, ちッ, でもまさか, といえ, なの, のする, のそば, のため, のほう, のやつめ, のゆくえ, の唇, の外, の家, の心, の愛鷲, の手もと, の般若丸, の足, の身, の面, はあわて, はおもわず, はかれ, はかんがえた, はじ, はすぐ, はそこ, はびっくり, はふい, はまた, はやがて, はわれ, は三輪, は例, は手, もきょう, もまた, もやっと, らしい, をひっかかえ

1 [470件] あやうし, あんまりびっくり, いかにもわし, いまさら気, うつしに, おどろきも, おめ, か, かえるの, からだ, があいず, がおなじ, がかの, がぎょ, がこう, がこんな, がさっと, がじゃま, がするどい, がその, がたずね, がただ, がちょっと, がつかまれた, がつぶやいた, がとう, がとびあがる, がどうして, がなにげなく, がなにやら, がなやまされた, がにわか芸人, がひきうけました, がふと, がふりかえる, がもたらし, がわれ, がアッ, がギョッ, がジーッ, がチラ, が乗っ, が人穴城, が声, が大喝, が大鷲クロ, が好き, が小太郎山, が床, が必死, が有頂天, が欠け, が正気, が猿臂, が留守, が瞳, が礼, が締めたおされた, が苦心さんたん, が見えた, が試合場, ぐらいな細い, こういっ, こそ災難, さすがは, さらば, さわぐまい, じしん, じゃねえ, じッ, すこしも早く, すばやく身, その手, その泉, だうつな, だと, だよ, だろう, っていう名, でさらに, ですら, ではございません, ではなくっ, でもあの, でももう, で人見知り, で才蔵, というやつ, というわたし, という名, という小僧, という少年, という童, とかいう鼻, とかいふ鼻, とが菊村宮内, としていつ, としてなんで, として稀有, とすれ, とその, とともにこれ, との乱闘, とは王庭, とやらはるばる, とやらまた, と一しょ, と初対面, と地上, と手, と泣き虫, と蚕婆, と鷲, などいずれ, などが審判, ならでは, ならば, なること, なればこそ, なんでこんな, に, にあたえ, にいき会った, にうしろ, にそう, にたいしていま, にたのまれ, にちがい, にとっていかなる, にとれ, にはあかい, にはお, には末, には野, にむかっ, にむけた, にもできるであろう, にもハイ, にわたした, に手紙, に斬りつけ, に知られ, に見せびらかした, のあげた, のあと, のあわい, のいる, のお, のおどろき, のかんがえ, のことば, のこんな, のご, のごとく, のしらせ, のたい, のたべた, のたより, のつかんだ, のところ, のなす, ののった, のはら, のひとみ, のびんた, のふところ, のみは陣屋, のようす, のクロ, の両, の五人, の五体, の今, の体重, の使っ, の信念, の前, の力, の危急, の口, の口もと, の叱, の右手, の声, の姿, の小手, の左右, の帯び, の後, の愛刀般若丸, の愛鷲クロ, の感じた, の故智, の故郷鞍馬山, の文字, の本望, の横顔, の歯, の毛穴, の盗まれた, の目の玉, の眼, の精神, の肩骨, の背すじ, の背なか, の胸ぐら, の胸板, の腕, の腰, の腰帯, の腹, の自由, の言, の話, の足がらみ, の踵, の返辞, の鉄拳, の頤, の頬ッぺたをひっかいたが, の頭上, の顔筋肉, の飼っ, の首ッ玉, の鷲乗り, はあい手, はあの, はいきなり, はいぜん, はいちはやく, はいつか鼻, はいまや, はいよいよ, はえらい, はおどろいた, はおのれ, はおよぐ, はかしこまっ, はかッ, はがっかり, はきつく, はきまり, はくやし涙, はここ, はこごえ, はことさら, はこの, はさすが, はさびしかろ, はしたく, はすばやく, はそう, はそうして, はそもそも, はそら, はそれ, はそれきり, はたくみ, はだまっ, はだれ, はとう, はとうとう, はとくい, はとっさ, はとても, はとにかく, はどうしてこう, はどうにか, はどこ, はなつかし, はなにげなく, はなん, はなんだか, はにわかに, はのど, ははじめて, ははッきり, はふしぎ, はふたたび, はへんじ, はほど経, はまえ, はまさしく, はまじめ, はまず, はまっ, はまったく, はむささび, はむちゃくちゃ, はむろん, はむッ, はやおら, はやぐら柱, はやっと, はれい, はわざと, はキチン, はクロ, はケロリ, はニッコリ, はヒラリ, はピクリ, はボッ, は二十本, は五つ六つ, は信じる, は初め, は剣術, は勇躍, は口笛, は唇, は唖, は四方, は図々しい, は地べた, は多少, は夜, は大, は始め, は嬉し, は尋常, は小さな, は小指, は居士, は弱った, は心, は必死, は忍剣, は思った, は急, は息の根, は拳骨, は数日来, は棒切れ, は棟木, は残り, は気絶, は水車, は浮体, は焔, は目, は真剣, は祈り, は神官, は空, は純, は素ッ頓狂, は繭, は聞く, は肩, は脱兎, は腕, は腰, は般若丸, は草, は血煙, は観念, は近, は運, は遠, は野末, は頑, は頭, は馬, は駄々ッ子, は髪の毛, は龍太郎, ばかりが鷲, ばかりでなく, へ向かった, ほとんど同時に打ちこわした, ほどな, またしばらく, また大役, まだなに, まッ二つ, も, もあと, もいつ, もいま, もいれ, もおなじ, もか, もかわす, もきょく, もこ, もこれ, もそれ, もついに, もなかなか, もはんぱつ, もひとしく, もふい, もほんとに, もま, もスワ一大事, もニヤリ, もハッ, も不審, も人並以上, も力, も呂宋兵衛, も咲耶子, も岩, も必死, も思わず, も手, も敵, も歯ぎしり, も泣き, も泣き虫, も無事, も般若丸, も色, も話, も身, も逃げ, も鞍馬, よく達者, よりむしろ一党, より先, よ竹童, をあわれん, をあんじ, をあんな, をかえり見, をかかえ, をかかえた, をかつぎあげ, をこの, をこわき, をさんざん, をすくい, をすくいだそう, をだきおこした, をとり逃がし, をなか, をねめつけた, をのこし, をひ, をふりおとし, をふりかえった, をめざし, をもてあまし, を仇, を伊那丸, を先, を助けだし, を取, を手, を投げこんだ, を抱きおこし, を抱きすくめ, を旅, を明けくれ忘れ, を盲, を竹童, を見なおした, を追い, を鳥縛, グッとうしろ, ジリジリ二寸, パッと, 勝つか, 待たせて, 思わず両手, 悪いやつ, 早々したく, 時々チクリチクリと

▼ 竹~ (670, 7.8%)

77 の中 15 の家 13 がある 11 の間 10 のある 9 の方 8 のなか, の前 6 の多い 5 があっ, になっ, の入口, の向う, の竹, の蔭 4 があつ, があり, に囲まれた, の下, の側, の奥, の崖, の細道

3 [12件] である, に囲まれ, のそば, のところ, の外, の横, の茂み, の迷路, の陰, や古池, や木立, をかき分け

2 [28件] が便所, が出現, が多い, であった, にしぶく, になつ, にはいっ, に接した, のあたり, のあの, のかげ, の上, の根, の横町, の裏, は不相, は何時, は父, は薙ぎ倒され, も椿, や雑木林, をさま, を分け, を分けたら, を後, を抜け, を突切, を背

1 [359件] あかるう子供, あり, あり蓋し, からすいすい, からするする, からは一本, からは終日朗, から一本, から二本, から切つて來, から揚羽, から木立, から毎年大金, から竹, から蛇, から谷, から走り出した, から長久保宇治, から駈け, があちこち, があった, がありまし, がお, ががさり, がございまし, がさ, がざわざわ, がざわめい, がしきりに, がそよい, がつい, がパッ, が一面, が五十坪, が伐り払われる, が多, が多く, が建仁寺, が掩, が時々, が枯れだした, が枯れる, が物凄き, が現れる, が疑問, が白く, が眼前, が空, が美しい, が茂っ, が装置, が見えた, が連つて, が隣, が風, すなわち竹林, だ, だけにし, だった, だったとか, だつた, だに睨み伏せる, だの露地, で, であ, であつ, でがさり, でがらがら, でしずれる, です, でその, でどさっと, でもあれ, で一面, で下, で住居, で兵馬, で囲われ, で塞い, で太竹, で妻, で形, で日, で時折眼白, で竹, で蔽, で道, で雪, とかまたは, とこの, とさ, として描かれ, とそう, となつ, とにとり囲まれた, との間, とやぶれた, とを田, と並行, と仮橋, と共に風, と小径, と往来, と杉, と槻, と称え, と芝, と赤土, と農家, と雨, と麦畑, などが沢山, などが見える, などの生い茂っ, などはもうなかつた, などを掻きまわし, なり, にあたって戞然, にかかる, にかけ, にかこまれ, にかこまれた, にさら, にし, にたなびく, につづい, になつて, にはひつ, にはひる, には烏瓜あまた下り, には薄い, には蟾蜍, にひびい, によつて, によつて象徴, にブラ下つて, に一弾, に仕切られ, に伏勢, に位, に來, に偏つて, に入っ, に入り込ん, に入り込んだ, に入る, に切れ目, に動いた, に包まれ, に取り囲まれ, に名残, に向っ, に吹, に埋れ, に夕日, に夕陽, に戻っ, に散り, に沿う, に沿うた, に注がれ, に添う, に舞, に若い, に蔽われ, に蚊帳, に蝮, に變つて, に赴けり, に躍, に迫っ, に迫め騷, に迷い込ん, に逃げ込み, に逃げ込め, に降る, に隠れ, に隠れた, に雪, に飛び込んだ, のあちこち, のあつ, のごとくである, のざわざわ, のしづ, のすぐ, のたらの木, のとある, のはずれ, のひからびた, のへん, のほう, のほの暗い, のよこの, のガサガサ, の一家族, の一角, の一部, の丘, の他, の傍, の先, の光秀様, の内, の処, の匂い, の向こう, の向側, の向方, の壁, の奧, の如き, の姿, の実生以来, の小路, の影, の後, の或, の手入れ, の持主, の春, の景色, の暗み, の枯凋, の梢, の深い, の片, の真ん中, の空, の端, の緑, の美し, の背後, の色, の薙ぎたてる, の裾, の角, の跡, の辺り, の近く, の道, の重なり合った, の間々, の闇, の雪, の音, の風, の騒, の鳥渡, はお寺, はそ, はそこ, はひつそり, はみな, は乱伐, は大変みごと, は折, は折り, は白い, は間口四, は雀, は風, は黄色く, ばかりのところ, ばかりの里, へ, へいっ, へつけこん, へと走った, へはいっ, へドサリ, へ抛り込む, へ来る, へ案内, へ潜り込もう, へ登る壊れた, へ立ち退いた, へ薬, へ逃げ込んだ, へ野獣, へ飛ん, へ飛んだ, まで子供たち, まで見えます, めぐる樫, もすっかり, もなあと深い, も亦, も寢, も樹木, も終り, や小川, や庭, や書物, や杉林, や田畑, や背戸田, や茶畑, や草原, や荒れた, や葦, や貧乏, より竹切, を, をかぶった, をこい, をそがひ, をぬけ, をへだて, をへだてた, をめぐらし, をもれ, を一叢, を一目, を伏見屋, を伝っ, を出, を出ぬ, を切り, を前, を吹きざわめかせる, を廻る, を後ろ, を想像, を拓き, を捜し, を搜, を教え, を横切る, を洩れ, を漏る, を潜っ, を潜り, を白く, を目, を目あて, を眺め, を突, を背つた家, を背戸, を見まわした, を見張らせ, を見込ん, を見込んだ, を透し, を通, を通して淋しい, を通っ, を通ったら, を遠く, を選べ, を開きたる, を離れた, を駆けぬけ, を騒がした, 大きな池, 枯れて, 深く一軒家, 茂る小梅

▼ 竹~ (576, 6.7%)

16 割ったよう 10 切って 9 ついだよう 7 立て 6 接いだよう 5 伐って, 伐つて, 立てて 4 もって, 並べた床, 割つたやう, 継いだよう, 編む 3 切りに, 削って, 割って, 割つた様, 取つて, 呼んで, 拾って, 持って, 裂いて

2 [41件] して, つぐ底, ねじって, はなして, やは, 二つに, 伐る, 伐る斧, 使って, 入れその, 切っては, 切るん, 割いて, 割らせた時, 割るよう, 四本立て, 張った床, 想ひ, 愛するの, 打つなど, 捌いて, 掻きのけて, 描いた帯, 曲げて, 杖に, 格子の, 欄干に, 渡して, 破るよう, 破る響, 立てた大きい, 立て三間, 竝べた床の, 編んで, 縦に, 自分の, 袖に, 買い出して, 買って, 風呂敷の, 鳴して

1 [384件] あげよ, あげよう, あげよ乙, あしらって, あて縄ずり, いい加減に, うごかすと, うしろに, うっすらと, お浜, お濱, かいたの, かえりみ, かきくどき彼一ツ, かすめた, かついだり, きつて, きりナイフ, きる濡れて, きる風, くくりつけて, くったり, くって, ここかしこと, こすって, こぼるる, さししるし, すべって, その一名, たがに, たて, たてて, たて引き渡した麻縄, だいじに, ついだ感じ, つかうバラック, つぎ合せた, つぐという, つぐよう, つけたの, つたって, つつみこんだ物, つんだ車, とおして, とりあげて, とりいろいろ, とりつける職人, ならべた四壁, のぼりゆく, はなれ傾き菊枯, ばさんと, ひろって, ふるって, まげて, めぐれる, もつ, もらいに, もらって, もらつて, やること, ゆさぶる人, スパッと, スルスルと, ミリミリッと, モウソウチクだ, リヤカーに, 一幅貰った, 一本たてた, 一本切つたいかにも, 一本抜い, 一本通し, 七巻きに, 万古の, 三本合わせ, 上に, 上るなり, 下より, 下手くそに, 並べた垣, 並べた垣根, 丸くする, 二ツ三ツぶん殴っ, 二三ど, 二三本頂戴したい, 二十本ばかり, 二本さし, 二本立て, 井戸端で, 伏せて, 伐った, 伐った明るい, 伐った音, 伐つた鉈, 伐らせそれ, 伐りに, 伐り出して, 伐り新, 伐ること, 伝って, 伴うて, 何くれ親切に, 何本と, 作つた, 使うので, 使つて臺所の, 使ふ, 使用し, 使用する, 傳は, 兩側に, 写して, 写すには, 切ったり, 切つて了ふつも, 切つて手頃な, 切りおとしころあい, 切り取つて, 切り庭, 切るうち, 切る時, 切出して, 刈り取ったらしい時刻, 刈り取つて, 利用し, 刺すの, 削りながら, 削りまして, 剥ぎて, 割いては, 割く如き聲, 割った, 割った中身, 割った方, 割った細い, 割つたもの, 割つたよう, 割つた方, 割りたる如し, 割りて, 割ると, 割る様, 割ッた, 力ずくで, 十本ばかり, 叉字形と, 取って, 取りつけて, 取り上げて, 取る, 叩き壊しはじめた, 右手にとって, 合せて, 合わせたよう, 吹いて, 吹き方, 吹靡け, 呼び留めた, 呼出すと, 喰う, 団扇かけとして, 団栗の, 基と, 堀り立てた, 堯の, 外しに, 外し笊, 大日如来と, 奪い取りました, 奪ひ取りました, 女として, 嫌も, 尽すも, 差し物, 庇い立てする, 庫裏の, 弓の, 弥五郎の, 怖れ, 思ひ出して, 恐れぬの, 惜しむのに, 意味します, 愛したの, 愛でつつ, 感じる力, 憐れがる, 手にて, 手にとって, 打ちエイサッサ, 打ちエイサツサ, 打ち附けて, 打った濡れ縁, 打付けた窓, 打合, 打合わせる相手, 打込むから, 抑えに, 折ったの, 抛りだして, 抜きさて, 押分けなければ, 招く様子, 拡げて, 拾い上げようと, 拾ふべく, 持ち娘, 持ったもの, 持った主人頼宣, 持った踊り, 指の, 挫き, 振りあげて, 振りあげながら, 振り捨てたので, 挿込む, 捻って, 捻つて, 掉抜きに, 探した詩, 探し求め多年手, 接いだと, 接ぎ合わした札, 接ぐこと, 接ぐよう, 接ぐ問, 掴んだかと, 掻きわけ宮川, 掻き苅り末, 描いたこと, 描いたとかいう, 描いた墨絵, 描いた瀬戸, 描いて, 描いても, 描く度, 插んで, 撃たしめ或いは, 撃つ, 擲つて, 放射し, 斜めに, 新春の, 早めて, 曲がりっきり, 書物に, 束に, 束ねたり, 染む竹, 染めぬいた大, 柱として, 柱に, 根こじ, 栽って, 梁や, 棕櫚縄で, 植えさせなさいました, 植えたもの, 植えた小, 植ゑさせてみたのですがどう, 植ゑしめたまひき, 植ゑたり, 植ゑないで開けひろげ, 植ゑ居り, 検した, 模し, 櫛の, 武蔵に, 活かしたの, 流す日, 添えられ強い, 添えろと, 添へて, 渡したもの, 焚火の, 無慈悲に, 無理に, 無間地獄へ, 焼いて, 煮させて, 煮て, 煮ると, 燃し格子, 燒て, 生やして, 産し花卉草菜繁茂, 用いいろいろ, 用いた, 用いて, 用いること, 用いるわが, 用い縦, 用い骨, 畳み茅, 當て, 病院へ, 益々美しい, 直し始めた, 相手に, 眺めつ, 眺める彼, 知らないって, 矯て, 矯めて, 砕き日本, 破って, 破るが, 示しつ, 移し芭蕉, 突着けられた, 立たすこと, 立て注連縄, 立て添, 立て莚, 立置き, 竝べた床が, 笛に, 管として, 節を, 簡単に, 紫金襴の, 細くわった, 細く切り接い, 細く削, 細く裂い, 組んだ三脚, 結びつけて, 結んで, 継いだみたい, 継いだやう, 編みて, 編み紙, 編んだ垣, 編んだ垣根, 編んだ屋根, 縄か, 縄搦げに, 縛りつけて, 縫うて, 繞って, 繞る, 腫物に, 茎と, 荒繩で, 萬古の, 薩州鹿児島に, 見つけて, 見つけること, 見ても, 見ると, 見る数十幅, 見詰めて, 見黄, 解いたので, 解く光景, 説いて, 誰でも, 買う者, 踏み折るよう, 踏み破って, 踏掛けた, 輪切りに, 辷ると, 辷る落たまり, 追って六条, 退けて, 送らして, 送り届けそれ, 送り立派, 透いて, 透かしたそういう, 連ねた瑞籬, 連ねた簀垣, 適当な, 選んで, 配して, 重く辷っ, 鋭く削り, 集めた蓋, 食い殊に, 飾れる門構, 鳴らすこと, 鳴らすよう, 鳴らす者, 黒板塀の

▼ 竹~ (309, 3.6%)

6 大納言の 2 ぶつ, 万代を, 三十で, 声を, 少しも, 戸締りを, 盃を, 竹であり

1 [287件] あまりにも, あらゆる画人, あるいはなお, あれは, あわてて, いい, いきなり竹箒, いつに, いつもおばアさん, いまの, いよいよ揺れる, うるさげ, お内儀, お杉, かたまって, かねて, かの孟宗竹, けっしてモウソウチクそのもの, こう云っ, ことごとくこれ真如, ことなしぶ, この奥さん, この時, この潔癖, さもとがめられた, しばらく考え, すぐそれ, すぐな, すぐ折れる, すっくと立っ, その場, その時, その時二十一, その書置, その足, それだ, それにも, そんな人, たしかにそれ, だまって, だん, ちょッと, どうした, どうも致方, どことなくチャーミング, どこにも, どこまでも, どこを, なかなか宜しい, なぜか, なにか怖い, なんだって, なんなくズルズルと, はてな, はね返るばかり, ばらばらに, ぱッと, ひどく喜三郎, ぶら, ぼんやりとして, まきぞ, また, またキヤ, また但馬守, また催促, また得意氣, また泣いた, また泣き出した, また閃いた, まだ來, めっきと, もうすっかり朽ち果て, もうばらばら, もう一人, もう隱, もう面, やめた方, ようやく合点, わっと, キャッと, シカクダケなり, ハネ返る, ヒョックリ起きあがり, ビクビクし, フと, ペコ, マダケハチクモウソウチクヤダケホウライチクトウチクナリヒラダケカンザンチクタイミンチクならびに, メダケの, メダケより, 一も, 一人とり残され, 一体何, 一般に, 一返, 三十三歳夫婦の, 上わ, 下男を, 不安らしい, 不思議な, 中央から, 二タ月に, 京都らしく, 人に, 今夜泊つて行く, 今日の, 今日吾人の, 以前食堂に, 会って, 佐渡の, 何んの, 何本か, 何處から, 例の, 優しく見, 別にそんな, 到頭たまりかね, 剃り立て, 前に, 割る, 割るる折しも, 割れて, 勢よく, 南は, 又も, 反抗しない, 口打ちおおいし, 同島に, 唯もう胸, 四里ばかり, 圓い, 塔頭の, 外側が, 多年生の, 大きくなる, 大きな聲, 大層な, 大病で, 天を, 天下の, 奉公人と, 姉娘の, 嫋や, 宗達の, 宜いが嫁, 寒凍害を, 小声ながら, 少年が, 尚更癪気, 屋根の, 岡崎女郎衆の, 市の, 席を, 平日も, 年占のに, 年所を, 幼年の, 店へ, 店中からも, 待ち兼ねたよう, 得意氣に, 心で, 心の, 思いの外の, 悪びれずに, 意氣揚, 慌て, 憑依妄想の, 手に, 揉めずして, 故郷に, 既に前, 日本の, 早く致仕, 昔から, 昔の, 是より, 朝まで, 本殿に, 村を, 松と, 松に, 松の木の, 枝も, 枯らして, 枯れきって, 枯れきつて, 案じられる事, 棠軒の, 植えません, 植物学上にては, 極り悪, 此処らに, 歸らなかつた, 殆ん, 毎年百円内外も, 毎月五千円だけ, 気爽に, 氣がかりな, 氣がかりに, 水道の, 水面に, 油に, 油障子を, 泣き顔を, 泣くかも, 涙に, 湿った音, 溜息を, 漸, 澄んで, 灯に, 灰の, 無遠慮に, 熱帯地方には, 熱帶の, 父さんに, 甲州屋という, 町醫である, 画くが, 畠続きに, 當てこすりの, 當分居殘る, 疊に, 病家の, 病家廻りの, 白無垢の, 皆仙女の, 益す茂って, 直角, 眉を, 矢竹か, 知つてゐた, 破れて, 私が, 種々心配, 立て, 竹, 竹我は, 筍の, 筒を, 細く削った, 経筒ぐらいの, 縁側に, 翌朝立つ, 翌朝聞い, 聲を, 腐つた死體, 腰差しを, 腹立紛れに, 自分の, 自棄を, 與力の, 舟, 若い者, 苦しい呼吸, 英堂和尚と, 莞爾とも, 葉少く, 蓋を, 藥箱を, 袖で, 裏の, 襖を, 貞節ある, 路の, 身を, 輕薄な, 返事も, 過越し方, 道を, 邪慳な, 重ねても, 重量も, 金物に, 鏡に, 長次郎の, 隠し切れないで, 雀の, 雪が, 青竹一尺四寸五分にて, 顔を, 馴れ, 高さ十二フィート, 鳴らなかったけれども, 麻竹属すなわち, 黄色い漆, 鼾の

▼ 竹~ (265, 3.1%)

8 雀の 4 して, 雀が 3 木を, 虎, 雀は

2 [20件] からみついて, したいと, すずめは, なりたや, なりつつ, なる, はさまる在所, はやり来て, はやれども, 交り, 代うる, 案内させ, 湯を, 積つた大きい, 美濃紙の, 限るなどと, 雀か, 雀はの, 雀羽ばたく, 雨戸を

1 [200件] あたつ, あてて, あらなくに, いいました, い凭, お屋敷, かぎる, かけた蛇, かけて, かける時, かこまれた書院風, からませたり, からんで, きしりて, ございますが, さす削り花, さまたげられたの, したい, したい竹の子, しても, じねんじよ蔦, そういいました, そうて, そそいで, ついた紙, つかまって, つかまつて, つきて, つく滓, つけて, とまった雀, とまって, とられて, とりつけて, なった方, なって, なつたり, ならえ, なりきつ, なるが, なるの, なるよう, なる明け暮れ, なる明るい, なる気, なれ, なれば, はさんだ紙片, はね返されて, ふれる椅子, まげて, またと, もう二人通ひで來, やって, やらして, ゆられて, よく似た, よじのぼりその, わびしい心, カラカラと, 一番熱心だった, 一羽と, 万古焼の, 丸味が, 五色の, 交った杉むら, 交つた杉むらの, 交つても, 伝へよ, 似た形, 傳は, 先端を, 刎ね, 利鈍あり, 加わり竹, 加わるので, 及ぶ, 取つて幸ひなこと, 取次がせますと, 口を, 向い, 向って, 向つて, 吹く風, 咽喉を, 囀る舌切雀, 売った, 変りその, 実の, 寒椿ほんとうに, 實に, 小刀で, 小言を, 巻きつけた毒々しい, 引懸ける, 御申, 恵まれます, 恵まれ色々, 払い落とされた雪, 押されて, 指た, 挟まれて, 挟まれながら, 挾み大倉役所, 挾んで, 挿んで, 掛けた蜘蛛, 揮い竹, 支えて, 数本の, 書類を, 本は, 板を, 案内され, 桜を, 梅花を, 櫛歯形に, 比べますと, 水を, 油虫を, 泥を, 注意した, 混じえて, 添って, 添ひ, 濺ぐやその響人の, 燈籠を, 燭奴を, 片腕を, 當る, 盃を, 真鍮の, 矢の, 短き糸, 短冊を, 石燈籠を, 硝子を, 祭提灯の, 糸を, 紙の, 結び二人, 結へ, 絡んで, 縁が, 縛りつけたもの, 繩で, 聞いて, 肩する, 育てたという, 與へ, 色紙を, 花が, 花の, 花を, 若竹添, 萬古, 藁を, 蘭を, 虎お, 虎だ, 虎とか, 虎と共に, 虎幽霊に, 虎虎追, 蛞蝓が, 訊いた, 足を, 跳ぶ, 逃げられた時, 通して, 逢って, 逢つて居た, 逸るとは, 遊ばせて, 郷倉氏が, 重き蓋, 鋏入れたる曇り, 鐘が, 間男させ, 降る空, 雀, 雀ぐらいの, 雀し, 雀だ, 雀といふ, 雀など, 雀を, 雀紫頭巾, 雁を, 集ろうと, 離れて, 雨の, 革を, 頼むと, 飛び付いて, 饂飩の, 馳走を, 高い鼻, 鳴る夜, 麻糸で

▼ 竹~ (260, 3.0%)

10 生え 6 生えて 5 密生し 3 出て, 疎らに, 立って, 風に 2 あったの, うれしも, 一本長, 並んで, 二三本立ち, 朝の, 申き, 雨戸を, 黄興の

1 [209件] あって, あっても, あつて年, あらわだ, ありませんね, ある, あるが, ある位, ある種, あれば, あんなところ, うるさく茂っ, おもしろく変わった, おりおり箒, お袖, この通り枯死, ささやくの, さら, ざわめくこと, すっきりと, すべらぬよう, するやう, そこへ, そっと首, そよいで, そよりと, そんなにそつ, たくさん並ん, ちかごろめッきり, つるつる滑べっ, ないので, なんに, はさまる, はなれると, ぴくぴく動き, ふさがって, ほしいなあ, まいりしとやか, まだ野, まばらな, むら立つ, ゆらいで, カラカラと, ギシギシと, サラサラ鳴る, バサリバサリと, ピーンと, 一と, 一年で, 一杯生え, 一番好きである, 一面に, 七八本, 七本ばかり, 下手人と, 中心な, 中心にな, 主の, 主人で, 二三十ちらばってる, 二三本靡くべき, 二人で, 五六本たばねられ, 亡霊の, 交つて居る, 今年の, 仙女の, 代りました, 伸びた, 伸びて, 但馬守を, 使用し, 來る, 先程より, 冷しく吹いて, 出たり, 出張する, 割れるの, 匕首の, 単子葉類, 反つて, 口入れ屋の, 台所から, 名物だろう, 咽喉に, 唸る, 地蔵様の, 外から, 多いし, 大難に, 夫へ, 奥へ, 好きだった, 好きに, 密生した, 寢んで, 少ない, 居ましたよ, 岡部美濃守の, 巧に, 年期が, 彼を, 心の, 必要な, 忠平を, 思いの, 急に, 戦いだ, 房, 手に, 折れたん, 折れるの, 折れるよ, 折れる不思議, 持って, 持てよるん, 挨拶を, 捨て, 描いて, 握れる, 撓う, 斜に, 斯の, 旧へ, 暫らく聞かれねぇ, 最もよい, 最も必要, 机の, 松よりも, 枕元で, 枝を, 枯れて, 桜の, 欠け損じた瓶子, 此の, 死んで, 深いであろう, 渡して, 澤山に, 澤山出來る, 無くなる, 無暗, 熟した時, 爆破した, 生い茂り年, 生い茂るの, 生えず馬, 生えなかつたので, 生える, 生えるやう, 生真面目に, 申しき, 疎に, 病気なら, 病苦の, 療治を, 省線が, 真青な, 眼を, 睡たそう, 砂に, 砕けて, 神の, 程よく配られた, 窓を, 立て, 立てられたそれ, 立てられたり, 立てられて, 竹の, 箒の, 節が, 節元まで, 篠の, 粗らに, 網の, 編み込まれこの, 美しい若葉, 脇差しを, 茂って, 茶を, 薄く簀, 薬缶を, 襖を, 見えたら直ぐ, 見えてる, 見えなくなつ, 見付かるまで, 見付かる迄, 触って, 軽くて, 返って, 造作も, 逢引し, 道を, 開けて, 隙間なし, 障子を, 青く冷たく光っ, 順番に, 頓狂な, 顔には, 首を, 髯の, 鳴った, 鳴って, 鼻, 鼻小唄, 鼻町は

▼ 竹さん~ (250, 2.9%)

5 の事 3 がお, の, のお父さん, は君, を好き

2 [23件] が結婚, だ, て人伴, と, とマア坊, と云, と仲よく, に君, に就い, に熱, のほう, の夢, の悪口, の言葉, はいい, はまた, は僕, は助手, は軽く, は顔, をとても, をもっと, を凄い

1 [184件] おめでとう, かえ, からきいた, からつまらぬ, がその, がそれぞれ金盥, がひとり, が何事, が僕, が君, が子供, が持っ, が極めて, が此様, が洗面所, が現われた, が自分, が芝居, が見舞, が言った, が部屋, これからも, だけでなく, だけは塾生たち, だけを働かせない, だった, だって泣いてた, だの, だのてんで, だのマア坊, であったが, でしょう, でも, とかいふ少し, との事, とはまるで, なん, なんかちっとも, なんかの事, なんての, に, にあげ, にあんな, にこれ, にその, にたのめ, にでも挿し直し, にどうか, には何, には気の毒, にまかせたら, に他, に似, に何, に劣らぬ, に夢中, に失望, に対しては色気, に対して全く, に恋し, に打ち込んだ, に支度, に直し, に相違, に見せる, に言った, に言ったら, に言われた, に訴え, に話, に軽く, に頼む, に頼ん, のいっさい, のうしろ姿, のおかげ, のお世話, のお母さん, のこんな, のよう, の云う, の他, の働き, の働く, の口癖, の品性, の奥さん, の姿態, の幸福, の心, の愛情, の批評, の拭き掃除, の曰く, の母親, の気, の番, の結婚, の肩, の足, はいう, はいかにも, はいつくしむ, はいつのまにか, はいつもこんなに, はおくれ毛, はおそろしい, はくすくす, はこの, はさっさと, はそう, はその, はなり, はねひばり, はひとり, はひょっとしたら, はぶ, はめったに, はもっとしっかり, はれい, はシャッシャッ, はマア坊, は二晩, は今夜, は今日, は何もかも, は傍, は右手, は土地, は大好き, は大袈裟, は小さい, は少し, は怖い, は摩擦, は普通, は枕元, は澄まし, は番人, は立ち上り, は美人, は自分, は返辞, は黙っ, へお, へ花茗荷, まで嫁, もおいで, もきょう, もどうやら, ももっと, もよほど, もわるく, もマア坊, も別段, も大, も言ってた, も連れ, や向, よりはマア坊, らしい私, をつけ, をつれ, をどんなに, をひとめ, をほめ挙げ, をもっとしっかり, を一発ぴしゃんと, を働き, を可愛らしい, を呼びとめ, を弁護, を忘れよう, を拝見, を本当に, を美しく, を見せ, を訪ねる, を連れ, 一寸早う, 御道理, 手伝いましょうか, 来庵, 阿母さん

▼ 竹~ (138, 1.6%)

3 はよく, は千代松 2 に向, に言つて, の名, の家, の顏, はお, はまた, を連れ, 両名

1 [114件] が, が一番先, が來, が各自一振り, が子供聲, が父母, が素早く, が裸體, が電報, が馳, さんや, た, というの, とは其の, とは向う, とは鶴, と一所, と別々, と同じ, と梅鉢屋, なぞはもう, に, には思はれた, には頓着, に小, に渡した, に角力, のヨソイキ, の側, の兄, の姉, の姿, の寢, の居る, の怖, の懷中, の手, の方, の機嫌, の歩き澁, の母, の父, の眼, の竹模様, の聲, の蒲團, の袖, の覗いた, の言葉, の附け, は, はいよ, はほ, はシク, は丁, は今年十二, は何, は何ん, は何時の間にか, は俄, は其の, は喜ん, は妙, は小, は後, は得意氣, は思, は思つて, は思ひ, は思ひ出し, は思ひ出した, は慄, は慄然, は擽つた, は日本外史, は早, は朝, は木像, は板の間, は父, は物珍, は眞とも, は矢, は稍, は納戸, は臺所, は覺, は風呂場, は驚い, も共に, も母, も續, も變, やお, や青年會員, をも加, をよこし, を叱つた, を呼ん, を嘲弄, を小, を庇, を引き留めよう, を抱き上げ, を探さう, を棄て, を母, を相手, を睨ん, を笑顏, を見つ, を迎, を連れ出した, 両花形

▼ 竹~ (127, 1.5%)

4 一緒に, 竹との, 飯櫃の 3 お清, 山水, 曼珠沙華 2 なつた, 丸太と, 丸太を, 云って, 我, 材木が, 楢との, 蓋とを

1 [90件] いう, いうと, いって, いっても, いひ又, いふが, きまったもの, その下, その哀傷, なったの, なって, なつて, なりゆく竹の子, なり蘭, なる竹の子, ほかに, ほかの, むしろで, よばれた水夫, ゴマ竹とを, 一しょに, 丸太に, 二脚の, 云うの, 云うん, 云う者, 云ふ, 云われる瘠せたの, 仙蔵は, 仲よしな, 会稿とは, 凌霄花との, 半紙で, 南天を, 同い年の, 名くべし, 名の, 呼ばれもう, 哀傷, 喜六を, 外の, 天蓋, 寢る, 小さい海苔, 小鳥, 張合せの, 御飯が, 木とを, 木の, 松の, 柳かな, 椿の, 楢, 牛肉などを, 生の, 生松葉, 申すもの, 白檜の, 直立を, 硝子板との, 祖五郎が, 祖五郎という, 称した, 称して, 穴掘り, 竹とに, 竹とを, 竹の, 竹コチコチ当る, 筍との, 紙ずくめの, 紙という, 網代の, 縄もて, 胡弓を, 茅と, 草が, 萱草の, 葛蔓とが, 葦の, 薄い象牙, 蘭を, 言っても, 調べまわった訳, 象牙が, 趣を, 金屬性の, 針金を, 附けて, 雀を

▼ 竹~ (123, 1.4%)

5 出来て 3 拵へ 2 仙太の, 目を, 編んだ丸い, 編んだ大きな, 編んで

1 [105件] ありすぎるからの, あんだ干籠, お目, お竹, こしらえた垣, この竹, これと, これは, さくを, ささえて, しっかりと, すればさ, その上, その頂, その頭, たたいたり, つくった手製, つくった梯子, つくった管, つくった縦, つくられた軽い, つくり色あざやか, つっついて, つつき出したり, ふいて, もって, 一時間五町も, 三本の, 中国には, 仕切った枯れた花壇, 作え, 作ったと, 作ったという, 作ったの, 作った笛, 作った鵲, 作つたのが, 作られて, 作りそれ, 作ります, 作り魔よけとして, 出来てるん, 右の, 土管の, 埋め盡, 子供の, 宗達が, 巧みに, 差渡し三尺長, 幾度も, 弓を, 張った真黒, 張って, 御身の, 意匠せられ, 拭いて, 拭は, 拵えたもの, 拵えた椀, 拵つた棒で, 指の, 死体を, 片目を, 畑に, 畳を, 真向を, 矢来を, 破ぶいた, 穂先を, 突かれた右眼, 突き殺されるところ, 立つた地, 笊を, 簡単な, 籠細工の, 網んだ, 網代に, 編んだのに, 編んだ円い, 編んだ円頂, 編んだ床几, 編んだ眼, 編んだ笠, 編んだ箱, 編んだ簀の子, 編んだ粗末, 編んだ苫, 編んだ蓋, 編んだ魚籠, 胸を, 自ら刺し血を以て, 草で, 蔽はれ, 装われて, 裏掻く, 計った品物, 計つて着物, 計るにも, 足を, 造った骨組み, 造られた勲章掛け, 鉄砲を, 鐵砲を, 防げる所, 雀の

▼ 竹~ (109, 1.3%)

39 物語 13 の翁 9 翁の 7 物語の 4 物語は 2 物語に, 物語を

1 [33件] うつぼ, に到達, のかぐ, のそれ, の伝説, の原型, の古, の姫, の家, の絵, の老人, や源氏, より美しく, 以前の, 原本を, 型に, 宇津保俊蔭等書, 物語だ, 物語とか, 物語もどきの, 物語や, 物語より, 物語宇津保物語は, 物語平家物語方丈記近松西鶴の, 物語近松心中物朝顔日記壺坂霊験記, 翁が, 翁と, 翁は, 翁物語解, 翁考, 翁讃岐, 翁静かに, 自身の

▼ 竹~ (108, 1.3%)

9 の中 5 に入れ 4 を作る 3 に, の底 2 のよう, の小荷物, をや, を編ん

1 [76件] から出し, から火鉢, があります, がよく, が用意, だのおよそ, だの瀬戸物, であ, であつ, で直径一フィート, と一しょ, と白い, などは持つ, などを造っ, にはたった, には青い, に七草, に三つ, に何, に入っ, に入れる, に八日, に厚紙, に押し込ん, に熱き, に紙, に閉じこめ, のすき, のなか, の上, の内, の四隅, の土, の左右, の引上げ, の献上物, の類, の麻縄, は真中, は買物, へつっ込ん, へ入れ, へ抛り込ん, へ洗濯物, もそこ, ものち, や麻縄, をかむ, をしょい, を一つ買, を四分の一廻転, を売り, を彼, を投げ捨て, を持たせ, を持ち, を据えなおし, を提げ, を横腹, を竿, を素早く, を編み, を編み始めた, を編み続ける, を肩, を背, を背負, を脊, を腕, を臂, を言い合わした, を軽く, を載せ, を逆, を這い出し, を顎

▼ 竹~ (67, 0.8%)

3 紫竹の 2 枝を, 見えない, 雀も

1 [58件] あります, ある, いるの, すっかり人間, そだちませんが, それを, どふ, まっすぐに, もたないで, 三尺の, 二魂の, 五平を, 仙蔵も, 内々甚しく, 力に, 動かず蚊遣, 匂つた, 取りつくして, 古びて, 可哀想な, 同じよう, 同じ事, 四時不変の, 塀も, 小夜衣も, 少しは, 少し怒つ, 底意地の, 成長しない, 打水で, 折れやすい, 折れよとばかり, 木も, 朽ちた屋根, 杖も, 松も, 根を, 植物の, 楊の, 樹も, 無理から, 燃えつき板, 田端青年団詰め所とか, 目白へ, 眼に, 矢張り醫者全, 石も, 立てないで, 立てなくなつ, 笛吹き, 細い, 茂って, 葦も, 蘆も, 近頃は, 重役へ, 除れ, 集めねば

▼ 竹~ (65, 0.8%)

4 木の 3 木を 2 和女は, 樫の, 竹, 門松の

1 [50件] いろいろあった, お清, お茶, ここンとこが, その百木千草, なとの阪, なはを, サン木を, レークの, 下の, 下草が, 丸太や, 丸太を, 何卒一方でも, 倒れた柴垣, 切めて, 和女も, 土で, 小竹や, 山水の, 扇子拂子樣の, 木だ, 木である, 木材を, 材木を, 松茸売を, 松蔭の, 梧桐の, 棒きれ, 棒では, 樹で, 欅を, 漢竹では, 灌木に, 熊笹などが, 白樺の, 矮少な, 紙で, 芭蕉の, 芭蕉や, 草や, 葭を, 藤葛を, 蘇鉄が, 蘭の, 雑木の, 雑木や, 革や, 餅など, 麥畠に

▼ 竹~ (65, 0.8%)

8 を持っ 6 を手 2 で引払い, で掃き, の先, の柄, を持った

1 [41件] がするする, が倒れ, でセッセ, でドブドロ, で外, で庭, で掃き寄せ, で掃き集め, で板の間, で牛, で追っ払おう, で追われ, などで掃き上げ, にぎつて庭男ぐらゐ何, に似たらずや, に弄ばれる, のよう, の樣, の短い, を, をかつい, をつった, をひい, を両手, を使っ, を動かし, を動かしはじめよう, を取っ, を取りあげ, を執っ, を投げ棄て, を抛り出し, を持つ, を探し来っ, を握っ, を杖, を私たち, を立てかけ, を肩, を荷ぎて本堂, 握りしめて

▼ 竹~ (63, 0.7%)

2 という人物, と八十吉, の潜水船, の順, を見た

1 [53件] おぶって, が, がへん, が去, が吃り, が壱岐さま, が心配, だった, といい, という文化団体関係, といっしょ, との同居, と作者, と同化, と同時, ならびに今村, に云わせれ, に提灯用, に薬籠, のこまごま, のよう, の内的活動, の基本的, の持っ, の気弱さ, の過去, の顔, は, はぐしゃぐしゃ, は上り框, は云った, は吃り, は呼びかけた, は困った, は提灯, は汗だらけ, は溝, は無類, は男, は背負った, は脇, は裏, もいっしょ, も寝, も着物, をうながし, を一篇, を促し, を睨みつけた, を見る, を見送る, を連れ, を養生所

▼ 竹~ (54, 0.6%)

4 をつい 2 が一本, は忽ち, を突いた

1 [44件] があり, がひと度, が怪しく, が粗朶, ついて, である, では軽, で壁隙, で武蔵, とを持っ, にかかっ, にしばり, にす, にすがっ, にすがった, にて其の, にひょろひょろ, にひよ, にも劣る, に差した, に怖, に挿し, に縋, に跨っ, に跨つ, に頼り, のさき, の一端, の先, の冴え, の心, の時, の為軽, をせっせと, をつく, をとっ, をひよろ, を剣, を取った, を宙, を拾っ, を持っ, を用, を突き

▼ 竹~ (54, 0.6%)

4 の中, の奥 2 があり, の竹, の間

1 [40件] から取, から爺, がほしい, が頭, だの雑木林, で, であ, では頻, で夜, で鶯, となっ, と杉, などを抜け, について廻ります, に向つた窓, に啼き囀る, に烏, のある, のかげ, の傍ら, の向う, の場合, の小路, の影, の方, の柔, の蔭, の陰, の音, へ赴いた, もあり, も伐られず, や小川, や窪, をとほし, を切払つて桑畑, を拓き, を指さした, を背, を脱けた

▼ 竹~ (53, 0.6%)

3 の浪人者 2 から出し, と書いた, の彫, の浪宅, の生駒様, の路地, の酒屋

1 [36件] からわざわざ, から神田明神下, で錺職人, というの, という市街, と七軒町, にある, に向った, のその, のって, のとある, のとうた, の三ノ瀬熊右衛門, の乳母, の半次, の婆, の宇佐美敬太郎, の常, の往来, の春日家, の昨夜, の東, の歯科医院, の永, の浪人宇佐美敬太郎, の渡し場, の福屋甚兵衛, の親分, は二丁位, は佐吉, は佐竹, へ引越した, へ手紙, へ真っ直ぐ, へ着いた, も焼き

▼ 竹~ (53, 0.6%)

6 は言った 2 のこと, は魚, をお

1 [41件] がいたら, がいつも, がちゃんと, がどこ, がもしいるなら, が出, が泣い, が言った, が銜え, だけだ, ではない, という, という名, と夜, と手, に告げた, に問うた, に手, に知らそう, に言った, の声, の姿, は, はいそい, はいそいそ, はお産, はきらきら, はそこ, はどれ, は一声, は一変, は傍, は初, は双児, は少し, は振り, は眼, は笑い, もいる, もけたたましく, を自分

▼ 竹法螺~ (42, 0.5%)

9 の音 4 を吹く 2 のよう, を吹い, 吹いて

1 [23件] がボーッ, が出来た, が有ります, が鳴っ, が鳴り, が鳴りだし, じゃ, ってなに, でもっ, のおかげ, は大きな, を, をいろいろ, をお父さん, をひったくる, を佐五衛門, を吹いた, を吹きました, を吹出し, を唇, を聞きつけ, 吹くばかり, 吹くも

▼ 竹格子~ (40, 0.5%)

12 の窓 2 のあいだ

1 [26件] から見, が見事, だね, なぞの損じたる, につかまった, にぬれ, にむかっ, に夕顔, に貼り付い, のはま, の下, の内側, の出窓, の外, の奥, の奧, の裏窓, の裡, の間, の附いた, を打った, を突き破っ, を通じて瑠璃, を造り, を間, を黒く

▼ 竹~ (37, 0.4%)

4 で食事 2 の本店, の食堂

1 [29件] ありと, か三越, でま, でも奢りましょう, で御飯, で親子, とはまるで, なりとぞ人, なりとも折り, にゆき, にゆく, によって夕食, のうなぎ, のわき, の主人, の店, の弁当持参, の料理場, の萎, の蒲焼, の隣, の青む, は有名, へかけつけ, へたびたび, へはいつ, へ行き, へ降り, を食する

▼ 竹~ (30, 0.4%)

3 や正

1 [27件] からさずけられ, からもう, からワザ, じゃとて上, といった, にだけは前, にでももう, にはノート二冊, に依っ, に木, に見せ, に見せました, に見破られる, に言った, のお, のほか, の予言, の傍, の兄, の所謂, の手, の無, の父親, の言葉, もさすが, もタンコ, も意識

▼ 竹~ (29, 0.3%)

3 のあいだ 2 の外, を破っ

1 [22件] あり, からそっと, から屋敷内, から料理, から湯気, から顔, がある, ごしに, などから秋草, にかけ, にはす, に吹く, のおぼろ明り, のしぶき, の中, の内, の端, へ目, もくずれ, をめりめり, を細目, を隔て

▼ 竹~ (29, 0.3%)

2 の机, の鐵砲

1 [25件] その末端, であつたらしく, のすかし, のカラハシ, のカンカン帽, のハジキ弓, の刀掛, の刀架, の卓子, の大きな, の大小さまざま, の孫の手, の枠, の柄杓, の涼み台, の稲扱器, の竪琴, の竿, の籠, の精巧, の縦笛, の耳掻き, の胴, の腰掛, の飯櫃

▼ 竹~ (27, 0.3%)

3 丞と, 丞も 2 丞, 丞が, 丞の, 辻の

1 [13件] 丞か, 丞さんの, 丞だの, 丞は, 丞口三味を, 丞負う, 介は, 介様だ, 介殿なども, 介黒沢忠三郎斎藤監物蓮田市五郎広岡子之, 声, 屬, 辻という

▼ 竹~ (26, 0.3%)

2 である, に来, の家

1 [20件] が此年文化十二年, と任有亭, と号, にゐた, に中期, に居つた, に於, に狐, に還, の公遷, の居, の直接尊卑属, は既に, は蘭軒, は遷, へ竹里, より任有亭, を去, 之始, 又養堂

▼ 竹~ (25, 0.3%)

3 に刺し 2 にさし, につきさし, を通して丸焼き

1 [16件] からジージー, から脱, がはいっ, で小, で小田卷直次郎, にさ, にさされた, に炙つた, に立て, の腐る, へさして, へ八ツ頭芋, へ突き刺し, をさし, をもらい, を抜かれる

▼ 竹~ (23, 0.3%)

2 で殺られた, とか餅菓子

1 [19件] がえ, でぴしゃり, で土, で油, で真黒, で鍬, などが散乱, にはあらず, にも杓子, に代る, に代わる, のよう, の先, の折返し, をとりあげ, を口, を斜, を減らし, 食いそう

▼ 竹~ (23, 0.3%)

2 が歿

1 [21件] がお玉, がその, が代講, が悉く, が数, に学ん, の口吻態度, の塾, の妻, の子女, の扶養, の歿, の海保氏父子, の涼雨, の門, の門人, の養父, は前年, は名, は弊衣, は音吐晴朗

▼ 竹切れ~ (22, 0.3%)

2 がほうり込ん, はぬい

1 [18件] か木, がみちば, が道ばた, が雨霰, でその, でも薪ざっぽうでも, で引っぱたく, で扱き, で釣り糸, で雑草, となっ, などを拾っ, の上, や簾, らしいもの, をさがした, をとつ, を合わせ立て

▼ 竹~ (22, 0.3%)

2 でも仕掛ける, で気持

1 [18件] が剥げ, でその, で天婦羅, で女, で鍋, で雪駄, にその, に辮子, のかすか, のさき, よりもさらに, を一本, を削る, を手, を挿し, を捻じ折り, を構えた, を落さぬ

▼ 竹~ (21, 0.2%)

1 [21件] か何, がそこら, が挟ん, ではさん, で出来, で水, で煙筒, で雜草, に単に, に噛みついた, の三尺あまり, の如く, は萩, を丹念, を二枚宛両手, を咥, を持つ, を指し, を突き刺し, を紙, を頭

▼ 竹行李~ (21, 0.2%)

6 の中 4 が一つ 2 を一つ, を引くり返し 1 がある, がたつた, が二つ, で二重編, に腰, に製す, を引出し

▼ 竹ヶ崎~ (20, 0.2%)

6 の南山 2 と云う

1 [12件] に居っ, の山, は此方イ, へお, へ出ます, へ参ります, へ掛っ, へ田地, へ百人, へ行く, までお送り, を立去りまする

▼ 竹~ (20, 0.2%)

3 の上 2 のてっぺん, の先

1 [13件] が立つ, でそれ, で写真, にならん, に塞かれ, のところ, のほどいた, の束, をすべらぬ, を受け取りました, を引つこぬき, を手, を支える

▼ 竹という~ (17, 0.2%)

2 のは

1 [15件] かご屋で, しろもの, のかとも, のが, もので, ものは, 乞食は, 名も, 女中であった, 最適品が, 異名も, 竹が, 若い屑屋, 若い男, 言葉を

▼ 竹~ (17, 0.2%)

1 [17件] ああなつかしい, が時おり, でも, とある, となり, と仮に, と月巣, と申しおった, と申す, などを入れ, に多く宮廷楽, のほそい, の奏びにしても, の束, を折り, を拾, を立て書いた

▼ 竹~ (17, 0.2%)

4 草の 2 ぐさ粉に, 草今は, 草葛蕗の薹やややや 1 ぐさ広葉わき立ち, ぐさ廣葉わき立ち, 草, 草が, 草とか, 草ふふめ, 草粉に

▼ 竹から~ (16, 0.2%)

2 来た名

1 [14件] で竹, もう一ぺん四角, 先は, 分れて, 切り取ったもの, 地下へ, 始めて, 生える筍, 童子の, 竹に, 竹を, 訴えようと, 雪がど, 響き出させる事

▼ 竹むら~ (16, 0.2%)

2 の蔭

1 [14件] がある, に囲まれ, に夕日, に夜風, に薄く, のすぐ, の前, の梢, の辺り, の道, はたえず, をそのまま, を其儘, を照

▼ 竹~ (16, 0.2%)

2 が幾つ, を吹い

1 [12件] がある, がつい, が一つ, だが, でまだ少し, に余生, をそっと, を口, を吹き, を売っ, を歯, を鳴き交せ

▼ 竹~ (15, 0.2%)

1 [15件] が何本, が崖, でお前さん, で大きな, に結えた, に蔓, のよう, の先, らしいもの, をつけ, を井戸, を持ちだし, を構, を水, を素直

▼ 竹~ (14, 0.2%)

2 と云

1 [12件] からでした, がねさっき, がねという長屋言葉, とか松茸, とか松蕈, なんて, のが, のも, よ, よほら, アね, 頭の

▼ 竹~ (13, 0.2%)

2 庖丁を, 馬にでも 1 からまって, すがって, 両手で, 傾きかかりそうして, 半紙を, 清閑寺, 着いた日, 短冊形の, 首を

▼ 竹~ (13, 0.2%)

2 の子

1 [11件] が易, が詩, には孫, に幸, の履歴, の遺した, は七十九歳, は三十四歳, は元, は公, は彼

▼ 竹~ (13, 0.2%)

1 [13件] がかかっ, がするする, がぶ, が上った, が卸し, が垂れ, が掛け, に女, のやう, の向う, を下し, を垂, 古りに

▼ 竹~ (12, 0.1%)

11 子笠 1 下合戦

▼ 竹~ (12, 0.1%)

9 りの 1 の倉松, りは, り撞木

▼ 竹千代~ (12, 0.1%)

1 [12件] が岡崎逗留中, が駿府, とよばれた, にその, の乳人, の幼少, の父, は, はそれ, は人質, をおい, 即ち後年

▼ 竹~ (12, 0.1%)

2 をかぶった 1 に漆, をかぶっ, を作る, を冠, を持ち, を持っ, を落す, を被っ, を裏返し, 憂き雲水

▼ 竹~ (11, 0.1%)

2 に在 1 がこの, の特性, の研究, はその, は三個, は上述, を四族, を彙集, を独立

▼ 竹~ (11, 0.1%)

3 の瀧三郎 1 といふ, に似, に相違, の家, はホロ, は續, は膝, も悉く

▼ 竹では~ (10, 0.1%)

2 喜んで 1 だめだ, なくて, なく全体, 撓まって, 満足しなくなった, 足もとが, 防ぎ得ないもの, 鳥渡

▼ 竹といふ~ (10, 0.1%)

2 言葉を 1 のです, 事の, 召使も, 四十女は, 慈悲仏性の, 画題は, 竹葉を, 風に

▼ 竹どん~ (10, 0.1%)

2 おきみどん 1 が病気, だけがぼんやり, でお, とかお, と呼ばれる, は裏, を連れ, 暑いじゃ

▼ 竹にも~ (10, 0.1%)

2 たれて 1 せよ草, ならず徒ら, ややこれ, 吹き口, 損所は, 火は, 見せて, 逢った

▼ 竹~ (10, 0.1%)

2 へ行っ 1 でやり, で散財, になっ, の先々月, へあ, へ田中三郎, へ行き, へ連れ

▼ 竹流し~ (10, 0.1%)

2 分銅, 分銅を 1 なんといっ, の竿金, の黄金, 分銅と, 分銅の, 分銅六百万両を以て

▼ 竹~ (10, 0.1%)

1 がそこ, が廊, が質, ぎみが, ぎみの, ぎみは, と千寿王, を前, 七歳と, 丸という

▼ 竹~ (10, 0.1%)

2 のごとき, の如し 1 であった, と包囲, と集まった, にし, の如く集まっ, よりも価値

▼ 竹でも~ (9, 0.1%)

1 ええぢ, ない, なく木, よく場合, 一人前に, 何でも, 削るやう, 欅でも, 裂けるよう

▼ 竹~ (9, 0.1%)

2 の論 1 が論じた如く, と銘, にて句会, にはなお, の天智天皇論, の弘文天皇論, は日本

▼ 竹~ (9, 0.1%)

3 と申す 1 と呼んだ, のあと, はあきらめきれず, はあの, はその, は何

▼ 竹女史~ (9, 0.1%)

1 であること, においで, に対してうやうやしく, のねむっ, はいつの間にか, はたいへん, ほどのいい, をこの, をしばりつけ

▼ 竹如意~ (9, 0.1%)

1 かい, が却って, が歩, が茶色, と横笛, と白髑髏, なん, はどう, を持直す

▼ 竹~ (9, 0.1%)

2 のよう, やら鉋屑, を投げ入れ 1 が十本, が白く, を持った

▼ 竹~ (9, 0.1%)

1 がたくさん, が転がっ, につけた, によつて最初, に辷っ, に重昌, をほどい, を束ねろ, を立て

▼ 竹~ (9, 0.1%)

1 が下, が垂直, が縦, に傷つけ, に巻き取る, に連, をうしろ, をもって托鉢, を以て活ける

▼ 竹~ (8, 0.1%)

4 だれの 2 だれが 1 だれで, だれを

▼ 竹との~ (8, 0.1%)

1 家の, 透かし画だ, 間に, 間の, 間を, 関係が, 関係も, 隙間を

▼ 竹とは~ (8, 0.1%)

1 いえその, いったい何, それらの, 佐渡が, 前から, 同じ人間, 好い取り合せでしょう, 懇意に

▼ 竹には~ (8, 0.1%)

1 まだ何, 必ず備わり, 朝顔の, 油が, 竹氣が, 與れしまへん, 赤や, 驚いて

▼ 竹ばかり~ (8, 0.1%)

2 です 1 でなく女中, では, で出来た柄杓, で孟宗, で青い, なんだ

▼ 竹トンボ~ (8, 0.1%)

4 のよう 1 の親方みたい, の音, をまわす, を廻す

▼ 竹取り~ (8, 0.1%)

8 の翁

▼ 竹大日如来~ (8, 0.1%)

2 の人気 1 がお, だったの, の縁起, は不意, を冷かし, を拝ませました

▼ 竹~ (8, 0.1%)

1 とを利用, は一本, は枯れ, をいいかげん, を伐っ, を伐採, を巻き, を集め

▼ 竹~ (8, 0.1%)

1 が散らばっ, の用法, の肉, までが瀬川, を一杯, を用, を積んだ, を立てかけた

▼ 竹河岸~ (8, 0.1%)

1 で止まりました, に寒う, に立てかけし, に竹, の材木, の毛彫安が, の竹, を左手

▼ 竹箆返し~ (8, 0.1%)

1 さえ控えた, としてあの, に, にペイルソルプ, に大きに, に跡釜, を喰わし, を食わせた

▼ 竹~ (8, 0.1%)

1 が第, の一線, の二関, の大将費観, の防禦, へひとたび, もついに, 第一

▼ 竹とも~ (7, 0.1%)

1 会稿とも, 南竹とも, 毛竹とも, 猫児竹とも, 猫竹とも, 称えるが, 茅竹とも

▼ 竹~ (7, 0.1%)

3 しを 1 しご, しの, しらかたぶく, しら茅の

▼ 竹如来~ (7, 0.1%)

1 からは確か, と宇太松, のこと, のはなし, の体温, の流し, の由来

▼ 竹柄杓~ (7, 0.1%)

1 からガブガブ音, が添え, の水, へ手, をさぐっ, をもっ, を引っ

▼ 竹棒渡り~ (7, 0.1%)

1 がご, とな, までも演ぜしめた, をいたします, をし, をする, を一見

▼ 竹~ (7, 0.1%)

1 から水, から滔々, で引いた, で池, の水, を外し, を通した

▼ 竹~ (7, 0.1%)

1 に包まれた, の下駄, の中, の表, や日の出, を摩する, を編ん

▼ 竹~ (7, 0.1%)

2 の塒 1 にかれ, にひしこ持ち, に着物, のよう, を掛け

▼ 竹~ (7, 0.1%)

2 に沿う, の外 1 のあいだ, を境, を見

▼ 竹~ (7, 0.1%)

1 が植えた, と言っ, につき, の家, の昔, の精神, の門人

▼ 竹ぎれ~ (6, 0.1%)

1 が落ち, にも劣り, の上, を取っ, を振廻す, を発見

▼ 竹ちや~ (6, 0.1%)

1 んお前, んこれ, ん待つ, ん竹, ん竹ちや, ん遠い

▼ 竹ちやん~ (6, 0.1%)

1 か千代さん, が, が岡惚帳拵, の祖父さん, は與らん, も大

▼ 竹である~ (6, 0.1%)

2 と云 1 ことから, と思いました, に過ぎない, のだ

▼ 竹にな~ (6, 0.1%)

3 つた 1 つたさ, つてし, つてなら

▼ 竹びしゃく作り~ (6, 0.1%)

1 であること, なら熊本, になっ, には竹びしゃく作り, の女房, の嫁

▼ 竹~ (6, 0.1%)

2 の会式 1 がまだ, が少しく, で掘つて, 来りて

▼ 竹~ (6, 0.1%)

1 の一節切, の普化僧, の普化僧竹枝, の普化宗明暗寺, の本則, の者

▼ 竹皮包み~ (6, 0.1%)

1 の弁当, の沢庵, の魚, を懐, を手拭, を載せ

▼ 竹~ (6, 0.1%)

1 に寫した, に書いた, に書き, に書く, に漆, に載せられ

▼ 竹~ (6, 0.1%)

2 をつけ 1 に白袴, をきっちり, をつけた, を着けた

▼ 竹~ (6, 0.1%)

1 ではうら編み, で内証, とによる音色, をとつ, を用いる, を用いれ

▼ 竹~ (5, 0.1%)

1 何かで, 何かの, 女竹かと, 棒を, 長く鋭い叫び声

▼ 竹きれ~ (5, 0.1%)

1 かなにか, で眼, をさがしだし, をもつ, 杖に

▼ 竹とか~ (5, 0.1%)

1 いったあの, 又は帛, 茗荷とかの, 蘭とか, 鳥獣とかの

▼ 竹とを~ (5, 0.1%)

1 しやれた縞, 一直線に, 下生と, 互違に, 買つて佐渡へ

▼ 竹にて~ (5, 0.1%)

2 編みたる門 1 組み窓, 編みたる三尺, 製したる黄色

▼ 竹ヤブ~ (5, 0.1%)

1 が多, が多い, だから, だけだ, の密生

▼ 竹割り~ (5, 0.1%)

1 に頭上, はどう, も縁日商人, を訊いた, 小虎

▼ 竹婦人~ (5, 0.1%)

1 が玉菊追善水調子, に靠れ, をかかえ, を撫で, を残し

▼ 竹~ (5, 0.1%)

3 しげき龍華寺 1 にした, を見

▼ 竹永丹平~ (5, 0.1%)

2 というの 1 である, という新聞社, はさも

▼ 竹~ (5, 0.1%)

1 によを更かさじ, に世, のその, のはしうち, の巻

▼ 竹~ (5, 0.1%)

1 に入れ, へ醜い, や帚, をこしらえる, を拵える

▼ 竹裏館~ (5, 0.1%)

1 のすぐ, の一室, の別業, の秘密会, へ王允

▼ 竹~ (4, 0.0%)

2 十七 1 めえ, 梅という

▼ 竹その他~ (4, 0.0%)

1 があちこち, の最も, の象徴的材料, をすかしぼり

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 やありません, やが, やない, や猫

▼ 竹などが~ (4, 0.0%)

1 初めて身軽, 少しある, 描かれて, 置いて

▼ 竹または~ (4, 0.0%)

1 木の, 田の神さんの, 詩など, 鉄の

▼ 竹万丸~ (4, 0.0%)

1 にまで, の姿, はことし元服, を一室

▼ 竹中十兵衞~ (4, 0.0%)

1 から改めて, と一緒, は人柄, は脅かします

▼ 竹乗り~ (4, 0.0%)

2 の倉松 1 の名人倉松, は鮮やか

▼ 竹~ (4, 0.0%)

2 の後, は逞

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 だか, というの, に女竹斎, の竹籠

▼ 竹梯子~ (4, 0.0%)

1 でこれ, に鳶口, の上, を外し

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 の内, の列, や土塁, を組め

▼ 竹~ (4, 0.0%)

2 の主家戸田淡路守氏養, を冒し

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 の, の大, を名づけ, 大いに怒り

▼ 竹皮包~ (4, 0.0%)

1 か何, でも宜, の生々しい, を下げ

▼ 竹童さん~ (4, 0.0%)

1 にもおれ, はどこ, はまだ, を助けたい

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 であり夕, のうす, の椅子, の水

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 が我国, で人形, で打付け, に懸け

▼ 竹~ (4, 0.0%)

3 の虎 1 あり

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 と晩翆, の書いた, も無けれ, 過而竹

▼ 竹~ (4, 0.0%)

1 が其の, のなか, の張った, の窓

▼ 竹あるいは~ (3, 0.0%)

1 木などを, 木の, 松あるいは

▼ 竹かご~ (3, 0.0%)

1 だと, を棒切れ, を荷

▼ 竹ことごとく~ (3, 0.0%)

1 斑と, 斑なり, 枯れた

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 かき椎, へも秋, やぐからに

▼ 竹じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ない小僧, ねえか

▼ 竹それ~ (3, 0.0%)

1 は非常, より何, より東北一帯

▼ 竹だの~ (3, 0.0%)

1 杉だ, 欅の, 青桐だ

▼ 竹などを~ (3, 0.0%)

1 並べ植え道路わき, 切ったり, 削って

▼ 竹なら~ (3, 0.0%)

1 し切, ば押分け押分け, ば這入

▼ 竹をも~ (3, 0.0%)

1 亦荒世, 呼び寄せ本宅, 進上する

▼ 竹~ (3, 0.0%)

2 ま寅 1 棒を

▼ 竹ヶ崎南山~ (3, 0.0%)

1 の粥河, の粥河さん, へ手当

▼ 竹一本~ (3, 0.0%)

1 ずつを出し, の松, の長

▼ 竹三本~ (3, 0.0%)

1 を一尺二寸, を三股, を左

▼ 竹五郎~ (3, 0.0%)

1 が行っ, が鼻, にぽん

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 という行事, の行事, 修行の

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 が置い, で殺され, の腕木

▼ 竹先生~ (3, 0.0%)

1 のお, の許, 痛くありません

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 という人夫, と云う, の妓夫

▼ 竹呂昇~ (3, 0.0%)

1 です, の持小屋, の浄瑠璃

▼ 竹囲い~ (3, 0.0%)

2 の中 1 があっ

▼ 竹垣根~ (3, 0.0%)

1 が乱雑, の一部, を結い廻した

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 という先生, の一枝斜, の七絶

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 といふ旅館, に帰る, のこと

▼ 竹材置場~ (3, 0.0%)

1 が見え, の横, の角

▼ 竹杖会~ (3, 0.0%)

1 の古い, の研究会, の稽古場

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 によぢ, の外, を構

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 の形, の鞭, をとり出し

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 とを夢み, の根, の花

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 が天井, が続いた, は我が

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 と号, の六逸, 元岱

▼ 竹童おまえ~ (3, 0.0%)

1 ちょっとわたし, はきょう, は大

▼ 竹童さま~ (3, 0.0%)

1 お忘れ, とお, もまいられませ

▼ 竹童さアー~ (3, 0.0%)

21 ん竹童さア

▼ 竹童ッ~ (3, 0.0%)

2 てやつ 1 あぶないッ

▼ 竹童龍太郎~ (3, 0.0%)

1 から受けとった, と小, 小文治

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 いうて, が生え, は天

▼ 竹編み~ (3, 0.0%)

1 の大きな, の火焔玉, の魚籠

▼ 竹編戸~ (3, 0.0%)

1 がある, の中門, を押し破っ

▼ 竹置場~ (3, 0.0%)

1 がいくつ, にむしろ, の青竹

▼ 竹~ (3, 0.0%)

2 は若竹 1 の陰

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 が頭, だった, の声

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 で何百人, の閃, は即ち

▼ 竹~ (3, 0.0%)

1 の号, の板額, 深

▼ 竹類中~ (3, 0.0%)

1 の宗と, の最大, 最も大形

▼ 竹あちこちちよろちよろ川~ (2, 0.0%)

2 に日

▼ 竹ある~ (2, 0.0%)

1 方面で, 機会に

▼ 竹からは~ (2, 0.0%)

1 一本の, 贋造の

▼ 竹こそ~ (2, 0.0%)

1 ないが, 見えないが

▼ 竹ごま~ (2, 0.0%)

1 のうなり, のよう

▼ 竹さんみたい~ (2, 0.0%)

1 なの, な関西訛り

▼ 竹その~ (2, 0.0%)

1 上を, 尖に

▼ 竹たて~ (2, 0.0%)

2

▼ 竹だらけ~ (2, 0.0%)

1 で歩け, になろう

▼ 竹ちゃん~ (2, 0.0%)

1 や晴ちゃん, や鉄ちゃん

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 切も, 片やセメント

▼ 竹であり~ (2, 0.0%)

2 蔦は

▼ 竹とが~ (2, 0.0%)

1 樹てられ, 青々した

▼ 竹とで~ (2, 0.0%)

1 墓地, 梅は

▼ 竹などの~ (2, 0.0%)

1 手本を, 荷物を

▼ 竹にと~ (2, 0.0%)

2 ほれり

▼ 竹のつつ~ (2, 0.0%)

1 があちこち, 針金の

▼ 竹のつつは~ (2, 0.0%)

1 なんだか花火, 花火では

▼ 竹のみ~ (2, 0.0%)

1 だれやう, である

▼ 竹ほどの~ (2, 0.0%)

1 大綱に, 輝やかしい

▼ 竹ぼら~ (2, 0.0%)

1 のよう, をふく

▼ 竹もて~ (2, 0.0%)

1 犬を, 編みし小枕

▼ 竹より~ (2, 0.0%)

1 早一丈も, 書状到来

▼ 竹よりも~ (2, 0.0%)

1 朽ちる百合, 節が

▼ 竹を以て~ (2, 0.0%)

1 作りしならん, 護岸と

▼ 竹を通して~ (2, 0.0%)

1 客は, 水音を

▼ 竹スダレ~ (2, 0.0%)

1 のことお話し, の下

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 もしらぬ, 異ナリ

▼ 竹上一人~ (2, 0.0%)

1 である, を除く

▼ 竹亭頼恭~ (2, 0.0%)

1 には孫, の嫡男

▼ 竹伸び~ (2, 0.0%)

1 て枇杷熟, て親

▼ 竹割り一座~ (2, 0.0%)

1 というの, の者

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 にし, をどこ

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 に釘抜, の洋燈

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 は竹齋, を許された

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 と平和, に朝顔

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の子, は後

▼ 竹外の~ (2, 0.0%)

1 は純, をうなっ

▼ 竹多く~ (2, 0.0%)

1 この鼠, 其事は

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の事, 登熟の

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の椅子, を松

▼ 竹小科~ (2, 0.0%)

1 という, はこの

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 すなわち, を取っ

▼ 竹床几~ (2, 0.0%)

1 を持ち出し, を置き

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 ではお, の人形芝居

▼ 竹庵養仙木斎~ (2, 0.0%)

2 の居ない

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 と蕪矢, を持っ

▼ 竹斎風~ (2, 0.0%)

1 なる試作, なれその

▼ 竹木叢林有三千許家差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 竹木草苔~ (2, 0.0%)

2 の枯涸

▼ 竹木雑器~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 にし, に留まっ

▼ 竹~ (2, 0.0%)

2 の先

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 に洗面器, に花さく梨

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の上, へ運ばせた

▼ 竹楊子~ (2, 0.0%)

1 の内職, を拵え

▼ 竹殿~ (2, 0.0%)

1 どうだ, の閨

▼ 竹永さん貴下~ (2, 0.0%)

1 が探りました, を今夜

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 といっ, と自ら号

▼ 竹清氏~ (2, 0.0%)

1 の, の書かれた

▼ 竹皮笠~ (2, 0.0%)

1 は取らず, を土間

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の太い, を生ずる

▼ 竹童いま~ (2, 0.0%)

1 の言伝, はその

▼ 竹童さんおまえ~ (2, 0.0%)

1 はたいそう, ははやく

▼ 竹童はじぶん~ (2, 0.0%)

1 のゆ, より三歳

▼ 竹童みたい~ (2, 0.0%)

1 なチビ助, な小僧

▼ 竹童四番目~ (2, 0.0%)

1 は御家人伊保木金十郎様, は御家人伊保木金十郎樣

▼ 竹童師匠~ (2, 0.0%)

1 はたいした, は大した

▼ 竹童腰~ (2, 0.0%)

1 なる名刀がわり, に名刀般若丸

▼ 竹童般若丸~ (2, 0.0%)

1 の名刀, の太刀

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 と名づける, らしい心もち

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の参考品, は先ず

▼ 竹~ (2, 0.0%)

2 或鐵鏃

▼ 竹羅宇竹~ (2, 0.0%)

2 から来た

▼ 竹羊羹~ (2, 0.0%)

1 そう云った, というの

▼ 竹翠軒~ (2, 0.0%)

1 に預けた, デ求メテ来タ硯

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 は温厚そのものとい, へ持ち込んだら

▼ 竹~ (2, 0.0%)

2 の膳

▼ 竹自在~ (2, 0.0%)

1 に吊つ, へ燻

▼ 竹若君~ (2, 0.0%)

1 からご, と申される

▼ 竹若葉~ (2, 0.0%)

2 のころ

▼ 竹若葉みどり~ (2, 0.0%)

2 こまかき山方

▼ 竹草履それ~ (2, 0.0%)

2 は雪

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 頻りに膳, 頻入膳

▼ 竹藪交~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 の音, を吹い

▼ 竹行李二箇~ (2, 0.0%)

2 を前後

▼ 竹~ (2, 0.0%)

2 をあ

▼ 竹~ (2, 0.0%)

2 が最も

▼ 竹造さん~ (2, 0.0%)

1 にお, は出席

▼ 竹~ (2, 0.0%)

1 と号, は竹亭

▼1* [629件]

あの竹と, 竹あみの一枚笊, 竹あむ窓の, 竹ありて人間ひとり, 竹いうて呼ん, 竹いつぞや行脚の, 竹おれのバンド, 竹お前向うへいっ, 竹お茶を持っ, 竹かのように, 竹きせるに詰, 竹ぎれからす早く身, 竹ぎれが少しばかり, 竹ぎれが呼吸をする, 竹ぎれだけがみょうに動揺, 竹ぎれは三十センチほどの長, 竹ぎれや棒ぎれを握っ, 竹ぎれをつかみぐいぐいと, 竹ぎれをつっこんでいる先生が落ちかかっ, 竹ぎれをひっぱってみますとはたして池, 竹くずのなか, 竹くらべ背丈くらべ, 竹ぐしを造っ, 竹ぐらの杉, 竹こまいばかりの家, 竹これも中川, 竹さえ茂った山吹, 竹さまはわたくし, 竹さまこれは実に, 竹さんお松さんお福さん, 竹さんほんまに早う, 竹さんわしはこの, 竹さん今夜善哉喰べに行く, 竹さん信州へ行ったら, 竹さん勘定して, 竹さん學校の何, 竹さん来庵文字通りの清談, 竹さん来庵香奠返しとして砂糖, 竹さん椎葺さんに干瓢さん, 竹さん母親のおかげ, 竹さん竹さんなん, 竹さん西山の景勝, 竹さん貴公どうしてこの, 竹ざをなどをさがし, 竹しのんでほい, 竹しらべひとつ吹けない, 竹すら生長しない, 竹その他何にてもよい, 竹その他明らかに亜熱帯性, 竹そよぐかと疑われる, 竹そんなもの凡てが, 竹ばた, 竹だいぶ頭を, 竹だけがひどく氣, 竹だけであつた, 竹だけはどうも根, 竹だけを愛する, 竹だろうが木, 竹ちゃんきれいなシト, 竹っ子か, 竹ついだように, 竹つけて雪, 竹つまり大日如来に, 竹つらつら思ふ樣, 竹づつからほそい煙がす, 竹づッぽの, 竹てめえ何か勘, 竹であったか柳, 竹でありますから家来, 竹であれば誤, 竹でかくした, 竹でございますか, 竹でしょうかそうした, 竹ですから松蔭, 竹です見て下さい, 竹ででも有ろうもの, 竹でなくて, 竹でなければ間, 竹とかいうのは, 竹とから容易に, 竹ときまつて, 竹としか見えないが, 竹として使います, 竹とともに南畫などに, 竹とに標め縄を, 竹とりの翁, 竹とり物語のかぐ, 竹どんなんだ, 竹どん一寸二人を呼ん, 竹なぞ茂叢の, 竹などといふ古くから, 竹などとは大變, 竹などとも称される, 竹などは大半枯れ消えた, 竹などへ山陽とも, 竹などもわざ, 竹なり秋の, 竹なる者が, 竹なるたけ往来の, 竹なんかまたいつ, 竹なんかのために, 竹なんぞをひねくって, 竹にしかすぎませんでした, 竹にても木にても, 竹に対して燃え上る恋心, 竹のきやしやな椅子, 竹のつつが三本と, 竹のてっぽうを, 竹のぶツきら棒, 竹のぼりの芸当, 竹のや主人饗庭篁村氏は, 竹はやるほど猶, 竹びしゃくが出来あがる, 竹びしゃくなんかつくらんでもわしが工場, 竹びしゃくを作って, 竹びわ桐などある, 竹へとラッセルし, 竹への風当りは, 竹ほんとうの自分自身, 竹ぼうきを, 竹また多しと, 竹まで見えるいま, 竹までが一時に, 竹むちがある, 竹むら下照りてに, 竹もう竹でない, 竹もしくは熱帯産の, 竹やがしぼって, 竹やくなゆめ, 竹ひ稻, 竹ゆく水に, 竹ゆらぐ窓の, 竹よはへんだ, 竹らしいものも, 竹らしく感じられる時でも, 竹らしく見せようとした, 竹わたりの芸, 竹カゴもあむ, 竹コチコチ当る音, 竹とか砧, 竹スイコの如く, 竹センバの下略, 竹退けツ, 竹ベラで掻き溜めた, 竹ポンプでしきりに, 竹ヤリ部隊に否応, 竹隔テ雪声ノ, 竹尖で圧, 竹ン処のみい坊, 竹ン棒みたいなやせ脛, 竹一がさんせいした, 竹一たちの墓, 竹一ん家はぬ, 竹一以外の人, 竹一品を除く, 竹一枝君のため, 竹七竈白花石楠などが主, 竹上万太郎は磔, 竹上万太郎平八郎の門人, 竹上弁護士のとこ, 竹上杉山上田大西白井彦右衛門の五人丈, 竹上田祐專福田六郎中居伊勢守澤本徳兵衞中邑忠平, 竹上署名す, 竹下駄などが浮い, 竹に宛てた, 竹中庄右衛門翁の家庭, 竹丸いずれもが, 竹丸ご両人のあでやか, 竹丸さんもう遲, 竹丸さん幾つやな, 竹丸様とおっしゃる, 竹二国家山桜家松新丁字松恵比寿増田福の家, 竹二日月に光り, 竹二株の早春, 竹二竹といふ風, 竹五六本を木, 竹五百円の竹, 竹交代支度出来次第之旨, 竹亭先生遺愛之種, 竹亭名は茂竜, 竹亭子と協議, 竹亭松宇の父子, 竹今のは別盃ぢ, 竹付きの首, 竹の染め物, 竹睇澄光玉並蓮と, 竹伏して堰き, 竹伐って竹馬, 竹伐つてゐた, 竹伐りにき, 竹伐るや翁, 竹会釈して, 竹も書かぬ, 竹作兵衛滝の水, 竹作左衛門これらの輩, 竹兄哥は在家, 竹入れ小屋の, 竹八月に木六月, 竹という遊び人, 竹が磯貝様, 竹六勘由亀親方の五人, 竹其方に逢つたの, 竹の嵐気, 竹冬坊俊の三君, 竹冷氏も彼の世, 竹几圭也有の徒, 竹出府御免支度出来次第帰藩被仰, 竹切りと次々, 竹切れ二本を心, 竹切勝負の事, 竹切山のうす, 竹切棒などが折れる, 竹刺人の肉, 竹刻金石刻の如き, 竹と名乗る, 竹にした, 竹割り虎太夫と申しまし, 竹割り虎松その又, 竹を握っ, 竹十四五本ばかりうしろ, 竹千代不遇であって, 竹千代九歳信長の女, 竹千代岡崎の城主松平, 竹千円の竹, 竹千竿などいふ, 竹南竹をその, 竹又は南京玉の, 竹取るや翁, 竹呂昇竹本綾之助の二人, 竹和国太夫がここ, 竹和尚これが賛, 竹の記文, 竹問屋の青竹, 竹喬さんそうした男, 竹四五本の嵐, 竹困る也, 竹の如し, 竹を伐ち, 竹国君の二子, 竹国観の写した, 竹土類を主要品, 竹圧すしまらくを, 竹坡弘亨竹坡の子, 竹垣越しに並ん, 竹堂さんや吉堂さんなんど, 竹堂今尾景年森寛斎森川曾文等諸先生, 竹堂先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 竹堂撰文一方は陸奥守藤原慶邦篆額, 竹の脛, 竹場好明氏会計課長の篠崎, 竹と呼ぶ, 竹塗りは朱, 竹塘良之である, 竹の来た, 竹売りに化け, 竹外橋畔殘んの雪, 竹外雄口髭を生やした, 竹多き磯と, 竹多し行くところ, 竹多田院參詣の話, 竹夫婦二人で商売, 竹如意髑髏の亜流, 竹妻病死之由, 竹はのち, 竹姫後日を契り, 竹婆さんとが縄, 竹へお, 竹寿々の面倒, 竹にし, 竹居士になった, 竹居士湯川老人の柩, 竹屋三位が持ち, 竹屋三位卿がおそろしく, 竹属メダケ属マダケ属ならびに麻竹属, 竹山城城主新免氏に仕えた, 竹と云, 竹峡氏は言, 竹島江日本人相渡候儀無益との事, 竹嶋人と云う, 竹川岸から大根河岸, 竹州あたりは常に, 竹帙形に編んだ, 竹にてその, 竹帽子を被れる, 竹幹中に一, 竹窓對翠書樓雪月書屋咬菜, 竹の上, 竹庵どのにはナこれ, 竹庵先生への手土産, 竹庵眠雲宗匠になっ, 竹の骨, 竹当分之内御, 竹が入っ, 竹彫りの人形, 竹影娑婆として孤月, 竹影払階塵不動と明らか, 竹を掩, 竹待ちねえ, 竹徳瑛は通称玄亭, 竹を心, 竹忠船へ乗, 竹は我ゆゑ, 竹或いはしの竹, 竹或は葭を以て, 竹を内, 竹打ち並べた潜門, 竹を読んだ, 竹には, 竹抱牛血大蒜人参獣肝茯苓草のた, 竹持つて, 竹翁と, 竹支斎の家, 竹数十竿相摩戞, 竹斎本に基づい, 竹斎物語というの, 竹斎画譜を求め, 竹斎箋譜の翻刻, 竹斯國又東至秦王國, 竹太夫座元で, 竹がさ雨傘, 竹之助, 竹明日吉野発途之由申来, 竹書等普通の歴史, 竹は秀栄, 竹朝八段が天下, 竹木材柴など背負い, 竹木等みな日本種ならざるは, 竹木花果と雜穀菜草, 竹木麦稈等で建てられ, 竹べをば箏, 竹本住太夫であった, 竹材屋を開業, 竹杖一本手に持っ, 竹杖仕込みの刀, 竹杖軽げに右手, 竹に巻いた, 竹条は此処に没し, 竹松その他の月並, 竹松橙を飾り, 竹枝影在水楼間, 竹枝流川通名残橋阯カフヱーやおでん, 竹枯れて春, 竹えず, 竹梅桜蓮牡丹の如き, 竹梅菊にも各, 竹條葭幹等を與, 竹梯子等を備え置くべし, 竹梯子細引龕灯提灯鉦というよう, 竹椅子だとか, 竹る, 竹植ゑてある日向の家, 竹植木屋に褒められる, 竹椰子樹紅紫の奇花, 竹椽清らかに筧, 竹の上, 竹の中, 竹模様に縁, 竹模様梅丸の梅模様, 竹茂りて, 竹を渡っ, 竹檢案書を認めません, 竹は何ん, 竹毛竹茅竹南竹をその, 竹氏等の千代田吟社, 竹がある, 竹氣霜氣雪氣の如き, 竹永さん貴老, 竹永さん奴あればこそ, 竹永さん金之助病のため, 竹永さん関戸の邸, 竹永丹平が病院でなお, 竹河岸あたりに続い, 竹なる人, 竹泉九谷方面では山代, 竹法蝶を知らない, 竹法螺声で命, 竹法螺焼跡の呻唸声, 竹洋灯を取りだし, 竹の民譚, 竹遥聴別村鶏, 竹深く消えたの, 竹渡り綱渡り空中飛行象の, 竹源斎師など名前, 竹火箸で骨, 竹為御見舞東京へ早打, 竹無しには火, 竹を用, 竹片みたいにキリキリ, 竹片瓦の破片, 竹猫児竹猫竹毛竹茅竹南竹をその, 竹猫竹毛竹茅竹南竹をその, 竹といふ意味, 竹玉ツシ玉貝や木の実, 竹を繁, 竹を発明, 竹琴一絃琴などが参酌, 竹瓦葺の板廂, 竹生じ十個月の, 竹田屋春水の作, 竹田屋芳幾の錦絵両国八景, 竹田屋西鶴の作, 竹由丑六三公みんな胃袋そのもののよう, 竹町仲徒士町等を経, 竹町向柳原両国橋と円周, 竹町物を商, 竹町等は氾濫, 竹町辺の溝, 竹が検束, 竹におそはれた, 竹白木蓮の上, 竹しかり, 竹皮細工などのこと, 竹監督さん梅監督さんと呼ん, 竹で四方, 竹碧松之梢, 竹神妙にせい, 竹とし, 竹移りぬ幾秋ぞ, 竹窓とも号したと, 竹窓夜静にし, 竹窓安硯池常沢, 竹窓越しにちら, 竹之養, 竹立てかくる, 竹立てかけし向う河岸の, 竹立てかけた式では, 竹童いまのは木, 竹童おれとお, 竹童きょうがはじめて, 竹童さんどこへ, 竹童さんものはひとつそう, 竹童さアん, 竹童さーん, 竹童ざまをみやがれ, 竹童したり顔して, 竹童そこをねらっ, 竹童そちはクロ, 竹童それはほんとう, 竹童そッくりの大, 竹童たちは忍剣, 竹童なにが生意気, 竹童はいちじの, 竹童ふしぎふしぎとあやしん, 竹童みな一ツところにならん, 竹童めはなん, 竹童めわしが水の手, 竹童め今朝はす, 竹童め運のいい, 竹童ジッとその, 竹童ヒョイと見うしなった, 竹童伊那丸君のおん, 竹童先生のお, 竹童剣道は知らぬ, 竹童喉三寸のいき, 竹童小ッぽけちッぱッぱ, 竹童岩と岩, 竹童手をかけた, 竹童目がつぶれた, 竹童睫毛の先, 竹童空へのぼる, 竹童竹童その泉, 竹童組打ちならまだしも, 竹童耳を, 竹童鞍馬山から追, 竹童顔まできた, 竹竹坡は後, 竹竹竹が生え, 竹竹草松花その他は力強く, 竹の間, 竹笛入の相方, 竹笠半ば面を蔽いたる, 竹の枝, 竹等どこの屑物店, 竹筋混凝土の研究, 竹を作らせ, 竹箆一本ずつ渡され, 竹箒一本買うこと, 竹箒手にとり持ち, 竹箒手桶花筒花束などを提げ, 竹箒押取り下駄, 竹箒片手に池, 竹箸長江の画舫, 竹篁中に野猪, 竹篠竹家垣にせり, 竹を右, 竹簀の子へ盥, 竹簀子の濡縁, 竹簡木簡で泥, 竹で籠編み, 竹籔ひとつ隔てた家, 竹籔巨大のもの, 竹籠スコップ雁爪などが積みあげられ, 竹籠一松葉一籠一古手拭一本, 竹籠伝馬板輿などで七条, 竹籠烟百尺絲繩拂地懸と云, 竹籬薮椿の落ちはら, 竹にし, 竹と紐, 竹紅吉などによっておこされた, 竹紅吉さんの, 竹紋十郎吉田玉助ら上京し明治座, 竹紋十郎氏は, 竹紋十郎諸氏を招い, 竹網仕切りにし, 竹なり詩仙堂, 竹でこれ, 竹美しく生い立ちたり, 竹羽二篇は実に, 竹翠軒ニ預ケ, 竹翠軒ニ電話ヲカケ直チニ色紙ヲモウ四十枚届ケサセタ, 竹翻風月満房, 竹者二人非同行, 竹自身でした, 竹船長の命令, 竹色経寒猶, 竹の咲いた, 竹花入れ茶杓に書かれた, 竹苑椒房の音, 竹苞楼にて観, 竹若さまとか仰っし, 竹若どのもか, 竹茅竹南竹をその, 竹草履に履き, 竹草松花その他は力強く, 竹草苔と云, 竹荒縄を結, 竹でもっ, 竹萱草などさ, 竹葉丹波屋大和田伊豆屋奴なぞそれぞれ, 竹葉亭で青楓氏, 竹葉亭大黒屋などがある, 竹葉大黒屋蕎麦は団子坂, 竹葉新たなり, 竹葉相触れて, 竹葉神田川へ却売り, 竹葉竹をつかう, 竹葉青肴は鱸, 竹葉館という興業もの, 竹のあれ, 竹蔵前で当今交番所, 竹を集めあるき, 竹藪その他には何, 竹藪だらけであった, 竹藪なぞはまるで, 竹藪人家思ひきり, 竹藪人家思いきり濃くまた, 竹藪以来怖気の附, 竹藪山裾へと視線, 竹藪左右を枯木林, 竹藪是なり, 竹藪樹林下あるいは芝地, 竹藪祭りをする, 竹藪等の間, 竹藪紅梅がさいてる, 竹藪続きの山科街道, 竹藪自身が二十間, 竹藪蒼々とした, 竹藪藤堂伯爵の樫, 竹藪虎が出るだろう, 竹藪變じて, 竹のやう, 竹の為ニ, 竹行李小きをにな, 竹製品の一覧表, 竹製稲扱器の発明, 竹見えたか, 竹触れてりん, 竹調べがはじまり, 竹買いに行き, 竹に吸収, 竹を用いた, 竹輿など被, 竹輿夢を舁, 竹を四人, 竹辯ちやらが大, 竹返盃せい, 竹逕喜多村栲窓栗本鋤雲等を集えた, 竹造しんがりは顔, 竹造キンの五名, 竹造トク及び自分, 竹造君も彼ら, 竹造源助与之助巳太郎の六人, 竹遂に癪の, 竹の巻煎餅, 竹部屋野水三鴨谷中の諸村, 竹酔館は表, 竹里綱は立斎, 竹針糸は男, 竹の行事, 竹鉄砲紙の弾丸, 竹を裝置, 竹銭形の平次, 竹を持ち出した, 竹がおい, 竹鎗袖がらみ六尺棒松明なぞを備え置く, 竹長い石楠と, 竹の梅棕森, 竹院和尚あり鎌倉瑞泉寺, 竹陵亭に於, 竹陶兵助が改称, 竹陶兵助五十四歳である, 竹陶頼直で怙, 竹雨樋をカッ, 竹しろし竹, 竹雲斎の諸, 竹雲斎先生お直伝, 竹霜雪の, 竹青きに紫, 竹青稲妻の如く, 竹を取り佩き, 竹で地図, 竹頂戴の事, 竹を押, 竹頭木屑でも粗末, 竹類検査に至要, 竹類相集りて禾本科中, 竹類笹類ではある, 竹類調査の要等, 竹風ここにあり, 竹風君と話し, 竹風声忽淅瀝たり, 竹風蘭雨などはその, 竹飾りを川, 竹養真養玄泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 竹鶴藤蒲公英菖蒲あるいは波, 竹麦魚蜜柑水塩の七種, 竹黄橙枇杷密柑柿茶の木, 竹は上饌, 竹齋こと瀧三郎の無