青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「羽織~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~義 義~ ~義務 義務~ ~義理 義理~ 義雄~ ~羽 羽~ ~羽織
羽織~
~翁 翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~ 翻訳~ ~翼

「羽織~」 3244, 35ppm, 3339位

▼ 羽織~ (1178, 36.3%)

233 着て 32 脱いで 20 引っかけて 19 ぬいで 12 出して 11 きて, 引掛け 10 ひっかけて 7 着し 6 ひつかけ, 引つかけて, 脱いだ 5 はおって, 着た男, 着るもの, 著た, 質に 4 かけて, かさねて, とって, 引っ掛けて, 持って, 撫肩に, 着た, 着たの, 著て, 被て

3 [18件] そこへ, 上に, 借りて, 出しな, 取って, 引かけて, 引ツかけ, 引掛けた, 着た女, 着た姿, 着ないで, 着ること, 着直して, 脱ぎ捨てて, 裏返しに, 貸して, 重ねて, 頭から

2 [57件] かなぐり捨てると, きせながら, すっぽり頭, その学生服, ぞろりと着た, だらりと, つけて, ぬいだ, ぬぎに, ぬぐ, ぬぐと, もう一度脱い, フワリと, 一着した, 上から, 前へ, 又引掛, 召して, 壁に, 幇間へ, 引いて, 引かけ, 引っかけたまま, 引出して, 恵むなんて, 手織で, 気に, 畳んで, 着せられて, 着その, 着たその, 着たもの, 着た人, 着た布袋, 着た書生, 着た澤庵石, 着た石, 着た祖父, 着るため, 着るの, 着るほど, 着るよう, 着下, 着大小, 着用し, 羽織って, 脱いだり, 脱がせて, 脱ぎ捨てるが, 脱ぐと, 見せいや, 貰って, 路側へ, 連想し, 重ねても, 長く着, 風呂敷包みの

1 [572件 抜粋] いじくって, いただいちまったん, いただくまでには, おかけいたします, お取りなさいまし, お召し, お拵え, お脱ぎなさい, お脱ぎなさいまし, お脱ぎになつたら如何, お送りいたします, かえして, かえて, かかえて, かけた, かけたの, かけては, かさねた, かさね水色繻珍, かさね葡萄色, かさね袴, かざして, かたに, かっつけた様, かって, かぶって, かりて, きせられなかろう, きたおばさん, きたまま, きたるみ, きた多, きた早苗さん, きた父親, きた立派, きた袂, きないで, き万年青構図, くれた人, こしらえて, さか, さばいて, しっくりと, して, しなやかに, すっと脱いだ, するりと辷っ, ずたずたに, ずっこけに, ずらせ軽く, ずり落ちそう, せっかちに, そつと, ぞろりと着込ん, た, たたみ食事, たたむにも, だぶだぶさせ, ちょっと出し, つかんだ, つけただけは, つけてる後ろ姿, つけ白い, つけ髪, とった一人, なよなよとある, ぬいだ木村, ぬがして, ぬがせて, ぬぎえ, ぬぎすてたばかり, ぬぎすてて, ぬぎたい程, ぬぎ取り, ぬぎ帯, ぬぎ無造作, ぬぎ足袋, ぬぐほど, ぬったり, はおったその, はおりチト疲労, はおり白綸子, はおると, ぱたっと皺, ぱっと後, ひっかけ, ひっかけこう, ひっかけたまま, ひっかけた多少, ひっかけないと, ひっかけながら, ひっかけました, ひっかけ何, ひっかけ毛糸, ひっかけ羽織紐, ひっかけ脇差さし, ひっかけ謡曲, ひっかけ鞄, ひったくるよう, ひつかけた, ひねって, ふっくりと, ふるい半, ふわりと, ほかり, ほころばした上, まげて, また着, もう一, もう一枚, もちいること, もつて, やる, やるから, ようやく縫い上げ, りゆうと, シューバ, ゾベリときかけ, ゾロリと, ト白い, ポンと, ヨソイキに, 一あおりする, 一つ拵えた, 一枚こしらえ, 一枚一枚と, 一枚染める, 一枚白状致します, 一着に, 両国へでも, 両手で, 両袖, 乾して, 乾すも, 二枚着, 今年も, 仕立させたい, 仕立てて, 仕立て直して, 何時でも, 作りこの, 借りこれ, 借りたが, 入れた黒塗り, 入れるの, 其處へ, 出させて, 出さなかった, 出しかけた, 出しと, 出し屋形船, 出すと, 出せ, 別染めに, 勢いよく撥ね, 取つて, 取らせて, 取り頭巾, 取上げながら, 取入れたが, 取出し弥三郎, 取出し着て, 取出すほどの, 受出し, 召し細身, 吹く, 呉れた, 咄の, 和尚様に, 四つに, 壁にかけて, 娘の, 小わきに, 少し抜き衣紋, 差しあげます, 差上げたいと, 帳場で, 幅廣に, 幾枚こし, 引いても, 引かぶった若い衆, 引かぶって, 引きずって, 引き出して, 引ける前座, 引っかけたの, 引っかけたままそこ, 引っかけたよう, 引っかけた不動様, 引っかけた女, 引っかけながら, 引っかけ大小, 引っこめる, 引っぱり廻すと, 引っ掛けた, 引っ被け, 引つかけた三十二三, 引つかけた平次, 引つかけると, 引つかける隙, 引つ挂, 引つ挂けたやう, 引つ掛けて, 引つ掛けると, 引ッたくった, 引振って, 引掛けた寝, 引掛ける, 引被った, 彼女は, 後から, 想い出す, 手ずから脱い, 打ちかけ宗伝唇茶, 打ちかけ宗伝唐茶, 折り目正しく, 折目正しく, 抜いて, 披げて, 押えて, 拝借し, 拝借その, 拝領いたします, 拡げて, 拭かうと, 拵えたん, 拵えても, 拵えると, 拵えるのに, 持ちて, 持つて, 捌いた胸, 捧げるよう, 掛けその, 掛けて, 掛け枕元, 掴んで, 掻浚う, 揃に, 揉みながら, 救ひだす, 新調した, 早く脱いだ, 昆布の, 曲げて, 桔梗ぼかしの, 桜の, 氣に, 淋しそう, 渋々箪笥, 渡して, 濡れた着物, 狙ふ, 用ゐる, 畳みながら, 畳み帰る人, 畳むお茶, 疊んで, 目標に, 相手に, 真裸体, 着かえ, 着かえて, 着けたひとり, 着けて, 着け袴, 着ず, 着ず部屋, 着せたり, 着せた四ツ, 着せた平次, 着せた石, 着せて, 着せても, 着せながら, 着せやう, 着せようと, 着せられた形, 着せられ更ら, 着せる時, 着せ自分, 着たお嬢さん, 着たから, 着たかれの, 着たが, 着たこの, 着たさまざま, 着たという, 着たなり, 着たまま左, 着たよう, 着たり, 着たるが, 着たるも, 着たるもの, 着たハイカラ, 着た一心に, 着た世話人, 着た中老, 着た丸髷, 着た久保, 着た五十余, 着た五十恰好, 着た俳友, 着た先生, 着た八人, 着た十五六, 着た十六七, 着た商人風, 着た四十あまり, 着た外記, 着た大隈, 着た奥村さんだつ, 着た娘, 着た小人衆, 着た小女, 着た平常, 着た年寄り, 着た彼, 着た批評家, 着た斬髪, 着た書生姿, 着た村, 着た父, 着た父親, 着た白縞, 着た白髮, 着た矮, 着た窮屈さッ, 着た素足, 着た老媼, 着た背, 着た芝居者, 着た若い, 着た葉子, 着た薄化粧, 着た覆面, 着た青年, 着た面長, 着た黒縮緬, 着ちや, 着てね, 着ても, 着なければ, 着ましたが, 着まして, 着ますか, 着られず家, 着られると, 着る, 着るから, 着るだけは, 着ると, 着るなぞとは, 着るなんて, 着る地主様, 着る者, 着インク壜, 着兎の毛, 着処々色, 着刀, 着初, 着前夜, 着同じ, 着女中, 着小, 着形, 着御用提灯, 着換えただけ, 着換えて, 着換え紺足袋, 着更, 着流したすらり, 着流した四十恰好, 着流し風呂敷包み一個を, 着無反, 着物, 着白縞, 着直した磯五, 着股引, 着脇差, 着膝, 着袴, 着込み赤い, 着込んで, 着野袴, 着鳩鼠色, 着鼠小紋, 祝儀不祝儀に, 私の, 私は, 稼いで, 笹の, 細り痩, 縫って, 縫ふべく出し, 織り帯, 纒って, 羽織った, 羽織ったまま, 羽織った三斎, 老夫人, 肩から, 肩へ, 背中の, 背広に, 背後へ, 能く, 脊負込ん, 脱いだの, 脱いだ御, 脱いだ手, 脱いでも, 脱がし衣桁, 脱がれその, 脱ぎお召, 脱ぎかく, 脱ぎしほし, 脱ぎすてて, 脱ぎそのまま, 脱ぎちょっと, 脱ぎつぎ, 脱ぎて, 脱ぎながら, 脱ぎに, 脱ぎも, 脱ぎ借りて, 脱ぎ其又上, 脱ぎ帯, 脱ぎ捨て, 脱ぎ捨てた武士, 脱ぎ捨てながら, 脱ぎ放しに, 脱ぎ棄て, 脱ぎ棄てたなり, 脱ぎ猿股, 脱ぎ終, 脱ぎ終った仏頂寺弥助, 脱ぎ背負揚, 脱ぎ袴, 脱ぐこと, 脱ぐにも, 脱ぐ人, 脱げば, 脱ごうよ, 脱せ立, 脱って, 脱捨てて, 自分に, 落し扇子, 落として, 著まし, 著脇差を, 行燈の, 衣桁から, 袖畳みに, 被, 被せて, 被せられて, 被せる, 被た, 被って, 被つて顫, 被袴, 裄短に, 裏返え, 襲ね, 襲ねた重吉が, 見ただけでも, 見つけたので, 見て, 見ると, 親方へ, 観世音の, 許される羽織手代, 調和させ, 買つた, 質入, 足へ, 踏まれた, 軽く羽織っ, 選び藍微塵, 重ねうなずくたび, 重ねたじみ, 重ねたま, 重ねた日本, 重ねるか, 重ねキチン, 重ねダリヤ, 重ね床の間, 重ね黒足袋, 金公に, 長めに, 雨に, 預かって, 顔へ, 風呂敷に, 騙り取られた, 高座で, 鷲掴みに

▼ 羽織~ (515, 15.9%)

56 紐を 31 裾を 18 下に 17 袖を 15 紐の 8 紐が, 襟を 7 上から 6 裏に 5 下から, 紐は, 袖口を, 裏の, 襟が 4 紋が, 肩が, 肩を, 背を, 袖が, 裾が 3 ひもを, ような, 下へ, 紐に, 肩も, 袂も, 袂を

2 [39件] えもん, ことは, すそを, ちりめんの, 下の, 揃ったの, 方が, 模様が, 片袖, 男が, 紋の, 紋は, 紋や, 紋を, 紐その, 紐と, 紐白粉かんざし, 肩に, 背の, 背中から, 背中に, 腰を, 色が, 蔭から, 衣紋を, 衿を, 袖で, 袖に, 袖の, 袖は, 袖口が, 裏が, 裏は, 裾から, 裾に, 襟から, 襟に, 襟の, 軽装に

1 [201件] あたりの, うえに, うえの, えりを, お百姓, お礼ね, お色気, かくしに, かげに, ことを, こんもりと, したへ, しのび姿, すそが, すそに, すそエヽ何さる, すらりと, ずったの, そとを, その一襲, その襟, たもとにも, たもとを, どつちつかず, ないなか子, ない姿, なかへ, なめらかな, ひもで, ほかに, ほころびを, ままで, まま出かかつた, まま腕まくりし, やうな, やうに, ゆきを, よく似合う, りゅうとした, わきあけから, ヒモにも, 一襲ねを, 上に, 下か, 下で, 下には, 両国橋の, 両袖, 中から, 中古な, 乳に, 事だ, 事なぞは, 事も, 五紋が, 人々が, 人が, 人影が, 仕末, 仕立てを, 仕立物を, 似合ふ, 体には, 余興などで, 侍が, 價値を, 入った風呂敷包, 出席の, 前を, 千代之, 友禅模様は, 召使いや, 埃を, 大筒方の, 女づれ, 如き等差, 始末に, 姿が, 姿を, 家人が, 寐恍けた, 対を, 小包つくっ, 小坊主は, 少しく下, 少しも, 尾行が, 左の, 年寄だの, 彼は, 後ろへ, 後姿が, 後姿を, 手先を, 批評家が, 批評家の, 捌き加減が, 料です, 方に, 有程, 材料を, 某翁, 栗梅が, 案内人に, 欲しいよう, 武家が, 泥は, 渋いけし繍い, 片肱, 環に, 用意も, 町人も, 疑念が, 癖にと, 白い毛糸, 目を, 着こなしと, 着付で, 着流しという, 着流し姿で, 端は, 筒袖を, 紋とか, 紋に, 紋には, 紋所には, 紐, 紐こっち側から, 紐で, 紐でも, 紐とて, 紐な, 紐には, 紐にまで, 紐ばかり, 紐ほんとに, 紐や, 紐より, 紐一本で, 紐代りに, 紐太い, 紬口を, 紺青色の, 縫い上った, 縫紋だの, 肩あげ, 肩う, 肩には, 肩の, 肩へ, 肩へも, 肩寒, 肩紫の, 背が, 背なかへ, 背中は, 背中を, 背後姿を, 背筋を, 胴裏が, 胴裏という, 胴裏にでも, 胸に, 脊まで, 脊筋を, 色に, 色も, 茶色地までが, 蔭に, 行を, 衣紋が, 表が, 袂が, 袂や, 袖口から, 袖口で, 袖口両方が, 裄を, 裏から, 裏にも, 裏へ, 裏一面が, 裏地に, 裏紅なる, 裏褄はずれ目立たない, 裾で, 裾と, 裾の, 裾へ, 裾も, 襟をな, 見まわりだが, 赤い裏, 足を, 連れと, 遣り場が, 長いひも, 長い紐, 間から, 隙から, 需用も

▼ 羽織~ (227, 7.0%)

8 小倉の, 袴を 6 紫の 3 手を

2 [11件] 出て, 小紋の, 浴びながら, 無刀, 白縮緬の, 紐が, 純白の, 藍微塵の, 袴といふ, 角帯を, 風を

1 [180件] うしろ下りの, お召の, お高祖頭巾, かかった泥水, くすんだ縞もの, ごわごわした, さらさらと, しがみついたなりに, して, してやろうと, しようかと, しろと, じっと両, する黄八丈, そうして墓, そそがれた, ちやんと, ついて, なるもの, ひだの, びらし, ふところ手し, ぶらさがった人間, まが, やっぱり銘仙, ガスの, ショオルを, セルの, チャント脇差を, 一寸眼を, 並んで, 丸髷で, 亀甲織, 五十円吝, 仕立てた, 仕立てたいん, 仙台平の, 仙臺平の, 兄の, 再び手, 前垂雪駄という, 前掛けを, 包まれた美しい, 包まれないやう, 包まれないよう, 包んだところ, 包んだ澤庵石, 包んだ石, 友縫の, 古代紫の, 同じ絣, 同じ衣服, 地味な, 垢づいた, 埋めたお, 夢想裏に, 大きな紋, 大小を, 大黒さまの, 太い洋袴, 如真形の, 宝石入りの, 対服御, 小袖を, 尻端折り, 山高帽を, 帯刀という, 張った親戚, 怪我でも, 手拭いで, 托鉢僧の, 抱明姜の, 捕繩, 換えて, 撮みたるほどの, 改めて通る, 新しからぬ, 新調の, 更めて, 朝風を, 木片を, 木綿茶縞の, 毛繻子の, 気がつくと, 派手な, 海老茶の, 溝染の, 漆紋それは, 漆紋と, 濃御, 爪皮の, 白っぽい鰹魚縞, 白の, 白地の, 白柄の, 白紐を, 着更, 着替えて, 着流しの, 着物は, 矢張り之, 短い前差ひと, 短い袴, 短かいの, 短めな, 立附を, 竹の, 節仙台の, 糸織の, 糸織を, 紋付の, 紐を, 細かい縞物, 紺緞子に, 結城木綿の, 結構なお, 絹の, 絹袴の, 絽の, 綿入, 緞子の, 縞の, 縫い直す見積り, 繻子の, 義経袴それで, 羽ぶり利かした, 股引草履の, 肩を, 脚絆掛草鞋穿といふ, 腹巻す, 色の, 艶の, 茶の, 茶宇の, 茶紬の, 草鞋はばき両刀に, 草鞋掛という, 草鞋穿き, 草鞋穿きで出むかえ, 菅の, 菅笠を, 華紋織の, 著けた茶の, 薩摩飛白の, 藍の, 藍千筋の, 藍縞の, 蝋色の, 螺鈿鞘白柄の, 袖を, 袴ぐらい, 袴であります, 袴なし, 袴リュウと, 裁付袴も, 裁附袴で, 襟の, 見惚れて, 見覚えが, 身売りした, 透しの, 野袴という, 野袴を, 野袴手馴れ, 鈍い青緑, 鉄欄の, 銘仙の, 陣笠を, 雪駄ば, 青色の, 顔を, 鳥打ちを, 鳥打帽という, 鶴の, 鶴子さんに, 黄八丈の, 黒いボア, 黒い紋付, 黒レースの, 黒縮緬の

▼ 羽織~ (174, 5.4%)

6 を着け 5 の姿 3 に大小, に威儀, をつけ

2 [11件] でこの, で位牌, で出, のまま, の人, の侍, の父, の男, の立派, をつけた, を着

1 [132件] が, がおお, が一人, が入用, が泥だらけ, が雨, それから彼女, だの洋服, であった, であろうとも, でいかめしく, でお, でかしこ, でかしこまっ, でこつ, でしかも, です, でせ, でただ, でつい, ではいっ, でもつける, でも着用, でやって来た, でやつ, でキチン, で両刀, で並んだ, で二, で冗談, で唯, で坐っ, で姿, で少し, で年始, で恭しく, で我慢, で戸, で扇子, で控え, で杖, で準備, で父, で畏, で登場, で着席, で私, で立派, で端座, で行儀, で親類, で酒, で阪, で陣取った, で面会, といういでたち, というこしらえ, という姿, といふいで, といふこと, といふ衣裝, といふ見慣れぬ, なしの, なぞ取出し, にすべき, にて出, にて足袋, にステッキ, に刀, に改めて, に着かえさせ, に舶来パナマ帽, に黒足袋, の, のお, のおつき, のそよぎ, のま, のまんま玄関, の世話焼, の中年紳士, の交際, の人々, の人達, の代書人, の侍風, の宝, の幸吉さん, の役人衆, の御, の扮装, の揃つて粗雑, の改まった, の服装, の村長, の様子, の武士, の気取り, の男装, の町, の竹林武丸, の花聟姿, の若い, の藩士たち, の角ばった感じ, の身分, の青年, の頭山さん, の類, はいけない, は特に, は脱ぎすて, または洋服, もあれ, もしくはフロックコート, も召されぬ, も居間, も持っ, や裾模様, をつけた酔っ払い, を出し, を召し, を忘れず, を着けた, を着た, を穿い, を穿き, を脱がし, を脱がず, を脱捨てる, 多分まだ両刀, 申し合せたよう

▼ 羽織~ (118, 3.6%)

3 着ずに, 脱いで 2 ないか, なしで, 寒色縮緬の, 着て, 黒の

1 [102件] いつも縮緬, おなじやう, おなじよう, お似合いの, お返し申します, きて, この場合一礼, この小紋, この野郎, すぐ町中, すこしおかしい, それからずつと, それを, つい此間, つけず脚絆草鞋, とくに濡れ, どうだ, なかなかりっぱ, なしに, まあいい, まだある, まだいい, まだしも世の中一般, まとわず革袴, もうその大きな, もう少し色, もう拵えました, もとより, もめんらしい, わたしの, 一月中旬にしか, 一枚いる, 三輪田の, 仕損じぬよう, 何う, 何處だ, 借って, 元の, 全然心, 其儘にな, 別のに, 剣菱の, 動物園の, 勿論袴, 十五年からに, 古い絽, 向き直って, 四条の, 夏が, 大いに悄気, 大方乾い, 小紋縮緬, 少しも, 少し山, 愛用し, 掛けて, 昔, 最初に, 木綿で, 松の, 染めが, 武人の, 泥と, 無かつ, 無くて, 猩々緋, 着ず洋杖, 着たが, 着たれどう, 着ないで, 着なかったが, 着手帳紙入, 私の, 箪笥の, 紛れも, 紫しぼり, 細雨に, 紺地錦へ, 縮緬の, 肩胛骨の, 脱ぎたいくらい, 脱ぎて, 舶載の, 薄い小豆色, 衣が, 表と, 袖に, 袖畳みに, 袖疊み, 袷とは, 裏がら, 西川という, 身を, 返しますよ, 重いくらい, 長く紐, 阿爺, 雨に, 黄八丈である, 黒紋付うす, 黒縮緬の, 黒羽二重の

▼ 羽織~ (110, 3.4%)

3 ふわりと 2 ねえぞ, 三枚銘仙の, 目に, 見えたので

1 [99件] あつた, ありました, ありません, いかにも落ちついた, いるの, うすい紫, うんと承知, かかって, かけて, かたよつて, きちんと身, くしゃくしゃに, これ萌黄の, さきへ, しっとりと, そこまで, だいなし, ちぢみあがって, どうした, ない, ぬぎすてて, ふはり, ほしいよう, カサカサ音立て, ジリジリと, ソロリと, ハッと, 一つ吊下げられ, 一枚あった, 一枚ある, 一枚か, 一枚と, 一枚欲しい, 上布の, 事おかしい, 二百円で, 今日は, 何百枚と, 兎も, 入るか, 其旦那で, 出て, 出來, 出来たから, 又, 又母, 壁に, 夜の, 大事だ, 大概乾いた, 女の, 好きで, 寒さ, 少し羊羹色, 帯で, 幾通りも, 引けたから, 抓み出された, 掛って, 控えて, 撫で肩の, 有ったろうお前さん, 有るまいがナ, 来たと, 横車を, 欲しい, 気にな, 気に入らないで, 泥土に, 流行する, 添えて, 濡れるや, 無いから, 片ゆき, 着せられたこと, 着たいとか, 秋田と, 立ちどまった所, 笑うと, 綻びた, 聞くと, 胸だけ, 脱ぎ捨て, 脱ぎ捨てたまま, 脱ぎ捨てた儘, 薄い紫, 藍納戸の, 血で, 袖を, 被せて, 覆いかけて, 見えいね公, 見えた, 足を, 通る, 違うと, 重たい, 陰鬱な, 黒塗の

▼ 羽織~ (98, 3.0%)

4 袴も 3 着ず足袋, 着て, 着ないで, 着物も 2 なく帽子, 着ずに, 袷も, 質に

1 [74件] あずけそこで, あり山家, お前に, ぐっしょりと, ずッしり, そこへ, そっくりした, それに, ぞろりとお召, とうとう買う, どっしりと, なく下着, なく寒々, なく鎖鉢巻, ぬがずに, みなそこへ, もう何度, ゴリ, フワリと, 一ツに, 乃至袴, 久留米絣かなんかの, 共同で, 出して, 剥がれて, 匕首も, 匕首や, 同じく結局二人, 同じ黒, 地味な, 完全に, 小袖も, 少し右, 山繭織, 帯も, 床の間を, 引掛けず, 手提も, 折目が, 拵えようって, 捨て短い, 掛けて, 欲しい季節, 清らげに, 無い沢, 畳んだなりちゃんと, 着けずただ, 着ず, 着ずステッキ, 着ず帽, 着ず庭下駄, 着ず裾, 着ず貝の口, 着ない, 着ないしょ, 着ない少年, 着ない痩せた肩, 着ない着, 着ませず, 着もの, 着ものも, 着衣も, 脱がずに, 脱がずぱたぱたとそこらじゅうはたきをかけはじめた, 脱がずぱたぱたとそこら中, 脱がずバタ, 脱がない行儀, 脱がぬ雪駄穿, 裂けるかと, 見なくなつ, 買った, 邪魔な, 長着も, 鮮麗な

▼ 羽織~ (91, 2.8%)

6 着物を, 袴を 5 着物とを 2 云うの, 匕首を, 着物が, 着物と

1 [66件] いうけれども, いうと, いっしょに, いった, おなじ色, くっきりと, なりぬ, はかまを, ピカピカの, メリヤスの, 一所に, 一通の, 云うて, 云う無用, 云ので, 云ふ, 仇名された, 仙台平の, 何やらクタクタ, 何平という, 兀頭を, 兜を, 匕首それに, 半纒, 半襟を, 単物を, 反映し, 同じ布, 唐冠の, 夏袴と, 大小を, 大島の, 対の, 小倉の, 小袖から, 差向, 帯だけ, 帯と, 時計の, 添えて, 瓦斯の, 白足袋は, 白足袋を, 着換えたところ, 着替えさせ, 着物で, 着物とが, 着物との, 絞りの, 綿入とを, 綿入れだ, 繻絆と, 著物, 薄柿色, 薬草の, 袴くらい, 袴とを, 袴の, 袴も, 袷とで, 袷とを, 言つて父さんの, 言はれた, 赤い裏, 足袋を, 野袴とに

▼ 羽織~ (65, 2.0%)

2 鳥打を

1 [63件] あがっても, いったいに, お刀, お花, お袴, きんとして, くるくると, こちらから, ご覧の, なかなかよく似合いました, やって, やつて, わざわざ見舞, 一寸しなを, 上座の, 五つ紋の, 先に, 出ちゃ, 刀を, 包んだ初, 包んで, 十手を, 坐って, 大きな茵, 大小を, 宜しい, 尻の, 山高を, 工夫し, 庭石に, 廊下を, 弟子の, 応接した, 挨拶に, 日給八十銭の, 旦那が, 春之助と, 書机に, 櫛巻だけに, 海老茶の, 涼しい顏, 清葉が, 演り, 白足袋, 盆暮には, 紋は, 結構, 胸方に, 膳を, 自身鏡家へ, 至極まじめ, 花月巻の, 西瓜の, 角打の, 調子を, 身は, 身軽に, 通ったもの, 間に, 顔の, 高い背, 鬼鹿毛に, 黒い前垂

▼ 羽織~ (34, 1.0%)

7 袴を 2 帯を, 綿入れや, 袴が, 足袋の

1 [19件] ちやん, ちり紙を, つぎだらけの, 冬物を, 匕首を, 原稿紙などを, 帯の, 帯や, 帶を, 帽子を, 着物が, 着物に, 着物を, 肩掛けに, 肩掛を, 背広も, 青縞の, 頭巾などを, 風呂敷を

▼ 羽織などを~ (22, 0.7%)

5 着て 4 着込んで 2 引っかけて

1 [11件] 大切に, 引っ掛けて, 引つかけて, 引つ掛けて, 抜き衣紋, 畳んだり, 着せて, 着替えたお, 着込んだ葉子, 襲ね, 重ねながら

▼ 羽織つて~ (20, 0.6%)

2 その海, ゐたが, ゐる

1 [14件] お光, さうし, さよならと, ゐた, ゐたけれども, ゐたこと, ゐたと, ゐると, ゐる外套, 両袖, 勿体らしく右手, 居たが, 居ります, 立ち現

▼ 羽織~ (20, 0.6%)

2 の環, を首

1 [16件] いい色, がついてなかつた, がまだ, がトロントロン, が四本, して, にもきちんと, や何, や帯紐, をさげ, をだらり, をむすん, を一つ, を素早く, を解い, を買おう

▼ 羽織でも~ (19, 0.6%)

1 [19件] ふわりと, ようみい, 一枚上へ, 一着に, 入れたいと, 召して, 引かけ, 引っかけ印台, 引っ被けよう, 引被け, 着かえれば, 着せたいの, 着た御, 着ながら, 着なくっちゃ, 着よう, 着る様, 着物でも, 知らるるとおり

▼ 羽織という~ (15, 0.5%)

2 ことに, 扮装で

1 [11件] がっちりと, しどけない寝乱れ, のも, ものも, ものを, 出で, 出で立ちであった, 姿で, 姿も, 打扮, 装いの

▼ 羽織なし~ (14, 0.4%)

1 [14件] がよい, だった, で勤めて, で居られる, で彼, で袴, にこの, に紫, に袴, の一枚袷, の引か, の引掛帯, の装, 着流で

▼ 羽織など~ (12, 0.4%)

2 引かけて, 着て 1 ひっかけて, 少しずつ, 引っかけて, 引っ掛けて, 新調し, 皆這入つ, 着くさ, 着込んで

▼ 羽織姿~ (12, 0.4%)

1 [12件] が珍し, で上京, で末席, で身綺麗, ながら美しい, のおばあさん, のその, のスマート, の奥さん風, の桃割, の男, を半ば

▼ 羽織~ (11, 0.3%)

3 て例 1 かえて, たるが, てゴツ, て七糸, て出たら, て夜会結, の芸者, 流して

▼ 羽織とを~ (10, 0.3%)

2 着て 1 きて, こツそり賣, そろえて, 作って, 奪られました, 彼女への, 持ち帰りましたそう, 重ねて

▼ 羽織~ (9, 0.3%)

2 がドウ 1 がどこ, つた昔の, つた頃の, といつ, とか下着, のに気, コートだ

▼ 羽織には~ (9, 0.3%)

1 いまだに彼, さほど驚かなかった, なぜか, 初めて接した, 堺の, 宜い, 懲, 椿の, 裏に

▼ 羽織~ (8, 0.2%)

4 何か 1 なんか着, まさかこの, 何かの, 双子の

▼ 羽織だけ~ (8, 0.2%)

1 いつもの, 他所行きで, 持つて, 摘み洗いを, 着更, 紋の, 職人は, 脱いで

▼ 羽織なんか~ (8, 0.2%)

2 着込んで 1 どうでも, ひっかけて, 始めて, 幾らに, 着てる位, 要りません

▼ 羽織まで~ (8, 0.2%)

1 下すった, 剥ぎ取った, 剥ぎ取ろうとは, 引掛けた, 惜げも, 着て, 脱ぎ払って, 身装を

▼ 羽織着物~ (8, 0.2%)

1 で着流し, にセル, に角帯, に高貴, は勿論, は市楽, をつけ, を畳ん

▼ 羽織から~ (7, 0.2%)

1 帯まで, 帯着物煙草入れまで, 揃えて, 棒の, 着物帯煙草入, 羽織の, 長襦袢まで

▼ 羽織だけを~ (7, 0.2%)

1 ここへ, 取代える, 召しかへ, 抱えて, 着換えて, 着替えて, 脱いで

▼ 羽織だけは~ (6, 0.2%)

1 どうに, 他で, 召て, 女将が, 着更, 遠慮し

▼ 羽織はかま~ (6, 0.2%)

1 というよう, に威儀, に幅広, に改めて, の藩士, を着せられ

▼ 羽織では~ (5, 0.2%)

1 あったけれど, ない, なんだか安っぽい, 上等の, 見すぼらしくて

▼ 羽織なら~ (5, 0.2%)

1 かえって少し短, かへつて, ねえおい, 今うけだし, 何処へ

▼ 羽織~ (5, 0.2%)

2 包んで 1 一寸黒紗の, 刀を, 手を

▼ 羽織~ (5, 0.2%)

1 外シテ上カラ着セタ, 着テイタ, 着テイルガ, 着テイルノヲシバシバ, 着ナガラ足ダケハ足袋

▼ 羽織一枚~ (5, 0.2%)

1 ぐらいで毒婦呼ばわり, すら見当らなかつた, で殆前後, はグチャグチャ, 前掛一つ

▼ 羽織~ (5, 0.2%)

1 がそんな, と称し, にでもまかし, になりすまし, の中

▼ 羽織~ (4, 0.1%)

1 て, て何, て出かけたら, て霧

▼ 羽織~ (4, 0.1%)

2 たま 1 たらしい小袖, たりし

▼ 羽織とも~ (4, 0.1%)

1 いわずざぶり, みえる物, 凡て兄のを, 合羽とも

▼ 羽織やら~ (4, 0.1%)

2 前垂やら 1 いずれも, 磨十手

▼ 羽織芸者~ (4, 0.1%)

1 で吉兵衛, のまつ川, の夢八, は花廼屋

▼ 羽織~ (4, 0.1%)

1 などの, に十手, の緞子, の羽二重

▼ 羽織つた~ (3, 0.1%)

1 でつぷり肥つた體, まま横向に, 古渡り唐桟

▼ 羽織です~ (3, 0.1%)

1 あれは, かい, かとに角紫色

▼ 羽織なぞを~ (3, 0.1%)

1 着て, 貰い一本帯, 贈るため

▼ 羽織めし~ (3, 0.1%)

3 て品

▼ 羽織をも~ (3, 0.1%)

1 まだ脱がず, 脱ぎ棄てると, 重ねて

▼ 羽織~ (3, 0.1%)

3 の惜しげ

▼ 羽織博多~ (3, 0.1%)

2 の帶 1 の帯着流し

▼ 羽織袴姿~ (3, 0.1%)

1 で金五郎, の巨漢, 青白い顔

▼ 羽織~ (2, 0.1%)

1 うけとり下さいましたろう, 羽織で

▼ 羽織かくし~ (2, 0.1%)

2

▼ 羽織かと~ (2, 0.1%)

1 また疑い出す, 思われる仇ッ

▼ 羽織かぶり~ (2, 0.1%)

2

▼ 羽織からは~ (2, 0.1%)

1 湯気が, 湯氣が

▼ 羽織ぐらい~ (2, 0.1%)

1 なところ, 着て

▼ 羽織だの~ (2, 0.1%)

1 どてらが, 着物だ

▼ 羽織つたお~ (2, 0.1%)

1 光を, 月さま

▼ 羽織とか~ (2, 0.1%)

1 それらの, 夏袴とかを

▼ 羽織と共に~ (2, 0.1%)

1 世にも人, 急いで

▼ 羽織~ (2, 0.1%)

1 ので田舎風, んでございます

▼ 羽織なぞ~ (2, 0.1%)

1 相当の, 着て

▼ 羽織などに~ (2, 0.1%)

1 かけた金, 着かえるもの

▼ 羽織などは~ (2, 0.1%)

1 着て, 着用し

▼ 羽織なんかが~ (2, 0.1%)

1 よく似合う, 入用な

▼ 羽織なんて~ (2, 0.1%)

1 着て, 誰も

▼ 羽織について~ (2, 0.1%)

2 ゐたといふ

▼ 羽織にて~ (2, 0.1%)

1 出づ, 奧より

▼ 羽織にでも~ (2, 0.1%)

1 しませうか, しようかと

▼ 羽織にも~ (2, 0.1%)

1 ございますが, 明らかだった

▼ 羽織をは~ (2, 0.1%)

1 おつた年, おつて

▼ 羽織ゴロ~ (2, 0.1%)

1 といわれた, の方

▼ 羽織仙台平~ (2, 0.1%)

2 の袴

▼ 羽織~ (2, 0.1%)

2 體の

▼ 羽織唐繻子~ (2, 0.1%)

1 の丸帯, の帯

▼ 羽織~ (2, 0.1%)

1 が銀沙, の黒

▼ 羽織~ (2, 0.1%)

1 も何, や着物

▼ 羽織引かけ~ (2, 0.1%)

2 て立

▼ 羽織御用提灯~ (2, 0.1%)

1 の一行, の身

▼ 羽織打ち掛け~ (2, 0.1%)

2 着せて

▼ 羽織着たる~ (2, 0.1%)

1 がかく, はこの

▼ 羽織着流し~ (2, 0.1%)

1 でスラリ, で四分一拵え

▼ 羽織着用~ (2, 0.1%)

1 でやって来, の改まった

▼ 羽織~ (2, 0.1%)

1 のコオト, の着物

▼1* [249件]

羽織いかめしいこの相撲取, 羽織おなじ一楽の, 羽織お気に入りますまい, 羽織かくして袖ひきとめ, 羽織がかかつてゐる, 羽織がけ鄙しからぬ風躰, 羽織がというと, 羽織くくりばかま姿, 羽織くらゐは, 羽織ぐらいは欲しいほど, 羽織この頃眼が, 羽織これに袴, 羽織ごろの運動屋並び, 羽織さえなかった, 羽織した名人の, 羽織かけの, 羽織じゃないか, 羽織すべて黒ずくめに装った, 羽織すべらするかろき手つきに, 羽織すら用意し, 羽織そして帯まで, 羽織その縫ひ, 羽織その他さしあげましょうね, 羽織その他大事なものども, 羽織それに昔, 羽織それでゴム靴を, 羽織たるや大変, 羽織だけがこれほど, 羽織だけでも置いて, 羽織だけに満足し, 羽織だって十円位は, 羽織ちと丈の, 羽織つたマントの端, 羽織つた女の單衣, 羽織つた山口が敷居, 羽織つた巡査が二人, 羽織つた男は悠々, 羽織つた百合子が素早く, 羽織つた靴下もはかぬ, 羽織つてお茶の仕度, 羽織つてバスへ出, 羽織つて三味線をひい, 羽織つて外に出た, 羽織つて寝台に腰, 羽織つて川のふち, 羽織つて胸毛と一緒, 羽織つて脊の高, 羽織つて茶人帽をいた, 羽織つて行つたが, 羽織つて酒を買, 羽織つて頑丈な肩, 羽織つて額に三角, 羽織つて風の中, 羽織いられた, 羽織でないとぐあいがわるい, 羽織といった型の, 羽織といつてはいつも, 羽織とがきわ立った対照, 羽織としてこれほど, 羽織とのために, 羽織とは知れたが, 羽織とめりやすのシヤツ, 羽織とらうか, 羽織ないの, 羽織なぞは着ず伝法, 羽織なぞも新しい瀟洒, 羽織などと同列する, 羽織などという引掛かっ, 羽織なまめかしく献上博多帯の, 羽織なり着物なりについて, 羽織なりはどこかに, 羽織なんかを着込んで, 羽織なんぞぬいだらええ, 羽織なんぞはわざと裁ち, 羽織なんぞもそんなに悪く, 羽織なんぞを着て, 羽織にべんべらの, 羽織に対して妙に, 羽織大したお気に入り, 羽織はかまで今, 羽織はかま大小もりっぱ, 羽織ばかり繕はず等閑に, 羽織ばかりを着て, 羽織ひっかけていらし, 羽織ひも腰ひもいろんなもの, 羽織ほどな損害, 羽織また丸髷に, 羽織までも奪いとって, 羽織みたいなもの, 羽織よりも長い鼠色, 羽織わがねた扱帯何となく, 羽織わざと碁に, 羽織なさいまし気味が悪い, 羽織着せたり, 羽織セルの単, 羽織て仔細, 羽織トイウ丈ノ短, 羽織ニポーラーノ単衣, 羽織ハ小高故ニ, 羽織メリンス襦袢お送りいたしました, 羽織ヲオサエタラバ摺古木デマタオレノ肩ヲブチオッタ故刀, 羽織一枚帯一筋着物一枚作らざるべからず, 羽織一組買って, 羽織万筋の袷, 羽織を抱, 羽織上り神保造酒の, 羽織下着どてら毛のジャケツ一組等, 羽織並御酒御吸物, 羽織二重や緞子, 羽織今日着いた以下数行, 羽織休み日の娘, 羽織紐附紺博多帯肉シャツ下帯白足袋駒下駄, 羽織引かけ, 羽織何点代価いくらと云う, 羽織の茄子紺, 羽織はささず, 羽織儀式一通りは旅店, 羽織兜頭巾の火事装束, 羽織全盛の時代, 羽織掛の, 羽織前垂掛だが, 羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 羽織半纏或は前垂, 羽織半身分せしめられて, 羽織衣ば, 羽織なしずら, 羽織合シャツ上下お送りします, 羽織同じく黒の, 羽織四分一拵えの大小, 羽織地お婆さんに毛糸, 羽織染みた着物, 羽織塗下駄の拵, 羽織大小で彼, 羽織太い綱の, 羽織威厳を保った, 羽織専門の古着屋, 羽織粗い仙台平, 羽織小袖とひき換え, 羽織小袖下着肌襦袢などそれ, 羽織小袖袴をきちんと, 羽織帯小袖の注文石鹸香水, 羽織帽子足袋下駄手拭鼻紙にいたる, 羽織平打の胸紐, 羽織彼女の坐っ, 羽織所謂童顔とでも云う, 羽織扇子と煙草入れ, 羽織手代になっ, 羽織折目はきちんと, 羽織新しい吾妻下駄年は, 羽織の後, 羽織格別の節, 羽織格子戸明けて, 羽織毛襦子の袴, 羽織深川の芸妓ふう, 羽織特別のおり, 羽織玉木屋の桐, 羽織異父兄飯田安石へ相, 羽織當時の伊達模樣, 羽織白博多の帯, 羽織白柄の脇差, 羽織白縮緬の兵兒帶, 羽織白足袋にフェルト草履, 羽織白足袋穿顔こそ隠し, 羽織白足袋表打の駒下駄, 羽織白足袋雪駄にて黒眼鏡, 羽織にはいらぬ, 羽織真赤なメリンス, 羽織着たきほどの寒, 羽織着てた奴彼奴だ, 羽織着流し青竹の杖, 羽織着物下着半衿, 羽織着物茶じま, 羽織着物袴メリヤスの股引, 羽織禿びた薩摩下駄鬚髯も, 羽織粋づくりだけれど, 羽織糸織の綿入, 羽織は今日日, 羽織紐息子の名, 羽織素足に蹈臺, 羽織の紐, 羽織紫柄のお, 羽織紫紺のカシミヤ, 羽織らしい袷, 羽織の無地献上博多, 羽織紺足袋という扮, 羽織というに対して多数, 羽織結城博多の五本手, 羽織綱上おどるも, 羽織綿入をと貰, 羽織縫紋にきわまっ, 羽織聚楽風だぞ, 羽織は覚悟, 羽織脚絆など旅用, 羽織脱しがあった, 羽織腹掛しやんとして, 羽織の拔, 羽織自然木の杖, 羽織芸妓の裾, 羽織じま, 羽織茶献上博多の帯, 羽織茶色の帯, 羽織より出で, 羽織の勝つた, 羽織藝者の頃, 羽織の皮, 羽織蝋塗りの大小, 羽織蝋色鞘は落としざし, 羽織衆夢八となっ, 羽織からは明治時代, 羽織袴それも幾年女, 羽織袴どころでは, 羽織袴なんどじゃだめ, 羽織袴のは外套, 羽織袴ステッキついてね, 羽織袴フロックで押寄せたろう, 羽織袴大小のこしらえ, 羽織袴女は幾代, 羽織袴婚礼の晴着, 羽織袴新婦も裙, 羽織袴白襟紋着迎いの人数, 羽織袴等一組新調の物同封, 羽織袴連中は今更, 羽織袴靴中折帽派手をする, 羽織袴靴凜とした, 羽織袴靴茶の中折帽, 羽織を出し, 羽織見たような, 羽織見たら八丁堀衆って, 羽織見番へ口, 羽織認めになる, 羽織が見, 羽織ひたるを, 羽織軍服絽の袴, 羽織迄も取りそろえた, 羽織送って下さい, 羽織野袴で行く, 羽織鉄色献上の帯, 羽織阿波屋の駒下駄, 羽織陣笠姿で四人ひと組み, 羽織雪駄をちゃらつかせ, 羽織雲斎織の, 羽織風采のよい, 羽織に乗った, 羽織鶯茶の頭巾, 羽織麁末なる身装, 羽織黒小袖という目立たない, 羽織黒縮緬の宗十郎頭巾, 羽織黒羅紗のマントル, 羽織黒袴足袋跣足で人々