青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「羽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~群集 群集~ ~義 義~ ~義務 義務~ ~義理 義理~ 義雄~ ~羽
羽~
~羽織 羽織~ ~翁 翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~ ~習慣 習慣~

「羽~」 6855, 74ppm, 1518位

▼ 羽~ (1716, 25.0%)

26 ように 25 鳥が 24 鳩が 20 雀が 18 鴉が 17 鶏が 16 ような 15 小鳥が, 鳶が 14 鶴が 13 鶏を 12 鴨が 11 烏が, 白鳥が 10 からすが 9 やうに, 首を, 鶯が 8 鷹が 7 下に, 鳥の, 鳥を, 鷲が 6 色が, 雀の, 鸚鵡を

5 [11件] 伝書鳩を, 小鳥の, 小鳥を, 梟が, 色の, 蝶が, 雁が, 雉子が, 鳩を, 鶴の, 鷺が

4 [22件] すがた, 仇を, 前に, 前へ, 大きな鳥, 手に, 烏は, 白い鶏, 矢を, 紋や, 蝶の, 雀は, 雀を, 雁の, 雁は, 音が, 鳥は, 鶏の, 鶏は, 鶯を, 鶴は, 鷄を

3 [38件] ために, まえに, 兎の, 大鳥が, 小鳥は, 小鳥も, 巨大な, 帽子を, 手勢は, 烏も, 生えて, 白鳥は, 白鷺が, 真白な, 矢が, 紋の, 綿頭巾を, 羽織を, 色に, 色は, 軍が, 野の, 雉が, 雌鶏が, 雛が, 雛を, 音, 音を, 鳥に, 鴉は, 鴨を, 鵞鳥が, 鶏と, 鶏に, 鶴を, 鷲に, 鷲の, 鷹の

2 [117件] いふこと, うちの, かいつむり, かわいらしい小鳥, ことだ, ことばに, すずめが, すずめの, ついた帽子, つぐみが, つばめが, つばめは, ところに, ひよこが, ふたりが, ふたりは, やうな, ようであった, カナリヤが, カナリヤを, ソホーソホ鳥, トビの, 七面鳥が, 下から, 下の, 乗って, 人物を, 十姉妹が, 名を, 大きい鳥, 大きい鳶, 大きな鵜, 大鷲が, 如き羽毛, 姿が, 姿を, 孔雀が, 小鳥でも, 山鳥を, 山鳩を, 巨鳥が, 廟の, 影が, 征矢が, 征矢を, 心底は, 忠節を, 擦りきれた鴉, 散る状, 椋鳥が, 樫鳥が, 橿鳥が, 死は, 毒が, 烏の, 烏また, 烏出で, 烏打傾い, 烏皆, 燕が, 牝, 猛鷲, 生えた儘, 生えた天使, 生えた獅子, 白い鳥, 白い鳩, 白鳥の, 白鳩を, 眼に, 矢は, 神, 箭を, 罪は, 翼の, 英姿は, 蝶を, 裏, 身を, 通りを, 長い蚊, 間に, 陣へ, 隼が, 雀, 雄, 雉を, 雌と, 雲雀が, 雲雀は, 霊を, 頭を, 飛ぶ影, 養子関平と, 髯を, 鳥影が, 鳩の, 鳩は, 鳩も, 鳶, 鳶の, 鳶は, 鴎の, 鴨の, 鴨は, 鴻の, 鴿を, 鵜が, 鵜を, 鵞鳥の, 鵞鳥を, 鵲が, 鶺鴒が, 鷓鴣は, 鷲, 鷹は, 黒い蝶

1 [897件 抜粋] あいだに, あとから, あひるさんが, あひるを, ある, あるもの, ある小さな, ある虫, ある魚, いた壁際, いろの, うぐいすの, うしろを, うす紅い小さな, うちに, うちを, うち三羽までは, うち違いの, お料理, かたちで, かち烏, かもめが, かもめの, からすを, がちょう, が盃, くろい大鷲, くろ鶫, ことを, ごとく忠節, ごとく舳, さよなきどり, しら鳩が, すずめでさえ, せきれいの, それより, たたき時雨明りに, たてた茶, ため討ち果されん, ついた立派, つと舞ひさし, つれ鳴, ときも, ところへも, とんびが, ない一種, なかに, にわとりが, にわとりは, はくちょうが, はくちょうの, はくちょうは, はとを, ひそかに, ひなとが, ひばりが, ひらひらする, ふたりを, ほうとは, ほうを, ほかには, ほかは, みごとな, むく鳥, めずらしい禽, ものだった, やうにつつ, やや大きな, ゆりかもめが, ようにさ, りっぱな, わが陣, アヒルが, アホウドリを, インコを, オウムを, オツネン蝶が, シギが, ジヤコウアゲハが, ハトでした, ペリカン次には, ペンギン鳥が, マント, リンクへ, ロッペン鳥すら, ローラーカナリヤが, 一つを, 一をも, 一人は, 一書を, 一枚であった, 一言で, 一軍であった, 一陣横から, 七面鳥, 七面鳥の, 三男で, 上から, 上までも, 下を, 不死鳥, 中に, 中芯を, 丹頂, 九鬼嘉隆も, 事を, 二人し, 人格に, 仔鷲が, 他は, 代が, 令が, 伝令も, 何処も, 佝僂の, 使者を, 偃月の, 側に, 先が, 先きが, 光についてという, 兎から, 兎も, 八上姫を, 八上比売を, 八幡社の, 冠みたいな, 冬毛の, 出たこと, 出奔は, 前には, 剣が, 勇は, 勇略を, 動かしよう, 動きひとつ見逃さず, 動くようす, 動静を, 十姉妹の, 南門まで, 友だちが, 可愛い金翅雀, 名は, 名鶯, 后の, 問題が, 塵拂ひ, 声が, 夢, 大きい怪鳥, 大きい純白, 大きい鵜, 大きな禿鷹, 大きな蛾, 大きな鷲, 大蝙蝠, 大鶏, 大鷲, 大鷲で, 大鷹が, 天使が, 如きは, 如き髪, 如くに, 如く緑金, 威風は, 子を, 子供の, 子張飛の, 子関興を, 孔雀と, 孔雀を, 守って, 完全な, 客舎を, 家鴨の, 容体を, 密謀を, 寒雀を, 寵姫美福門院は, 小さな燕, 小さな鶏, 小夜鳴, 小禽かの, 小雀を, 小鳥さえ, 小鳥である, 小鳥らし, 小鳥群を, 小鳩の, 小鴨が, 山鳩あわただしく, 山鳩が, 山鴨と, 岩燕が, 工兵隊の, 左の, 巧者には, 希望する, 帰り方, 年寄つた牝鶴が, 廟で, 弔い合戦だ, 強い虫みたい, 影さえ, 影は, 征箭が, 後を, 心が, 心も, 心根に, 忠義に, 怒りを, 怪鳥の, 意見に, 感触が, 懈げ, 戰ぎ, 扇子の, 手から, 手には, 手下の, 手勢が, 才が, 打つ違, 抜けかわる時, 抜けしを, 抜けるの, 拡がりに, 接遇所ロシアは, 揚羽が, 揚雲雀を, 敵では, 斑は, 方が, 旦那様を, 早馬を, 書物の, 木像を, 本陣を, 松の, 松亀割阪などと, 桃園義盟を以て, 梟から, 梟の, 様な, 様子に, 横顔を, 次男関興も, 武勇を, 死が, 死と, 死んだその, 残りを, 毛が, 水禽が, 水禽も, 求めに, 海, 消息を, 淡海も, 港に, 火の, 為人を, 烏あらはる, 烏あらわる, 烏ばさ, 烏を, 無心な, 煉瓦色を, 燕である, 燕を, 牝鶏で, 牝鶏の, 獲物の, 獲物を, 瑠璃鳥が, 生えそろ, 生えたの, 生えたもの, 生えたよう, 生えたプシヘエ, 生えた処, 生えた姉さん, 生えた姿, 生えた蛆, 生きた, 生づくりが, 生み鳥と, 生真面目を, 町が, 畝伝ひ, 疑問も, 白い, 白い粉, 白い鷹, 白鳥だった, 白鳥に, 白鳩と, 白鷹颯と, 白鷺の, 目白, 直門弟土子土呂, 眞赤な, 真つ, 眼には, 眼を, 着物に, 瞼に, 矢だの, 礼に対して, 神より, 禿鷲に, 秋山という, 秦吉了が, 窮状を, 立派な, 第一皇子, 節義に, 紅雀が, 紅雀めがけ, 紋と, 純白なる, 素兎と, 練もの, 美くしい, 美しい我影, 美しい白鳥, 美しい蜂雀, 羽織は, 翡翠, 肉の, 胡蝶ふわふわ, 脊の, 腕を, 船を, 色と, 色も, 色を, 色雪の, 色黒し, 苞が, 若い岩燕, 若鳥, 茎の, 荒鷲が, 荒鷲憤然と, 葬いは, 葬るところ, 薄い薄萠黄, 虫が, 蜂雀が, 蜻, 蝶に, 行く所, 衰えた雄鳥, 襟元を, 襟巻を, 要求を, 見覚えが, 角鷹が, 話に, 説くところ, 調べも, 謡に, 赤い小鳥, 赤い羽子, 赤い雄, 赤蜻蛉の, 足もとまで, 身に, 軍を, 軍律と, 軍鷄だ, 輝く時, 遊離群は, 運動の, 道を, 遺書を, 遺物の, 邸に, 邸角まで, 部下に, 重量が, 野鴨が, 金翅鳥が, 鎮護の, 長躯, 間から, 闘う小鳥, 陣まで, 陣門へ, 隊の, 雀にも, 雀も, 雁, 雁な, 雄に, 雄鶏の, 雄鶴, 雉の, 雉地に, 雉子を, 雌は, 雌雄夫婦は, 雌鳥は, 雌鶏さえ, 雌鶏でした, 雌鶏は, 雌鷄が, 雛とともに, 雛の, 雛鳥が, 離れ雁, 雲雀な, 雷鳥であったろう, 雷鳥を, 霊に, 霊位に対しても, 青いこちょう, 青いちょう, 青い小禽, 青味を, 面に, 音きけ, 音で, 音も, 響が, 顔いろ, 顔を, 風を, 飛びまはる挙動を, 飛鴉を, 食料に, 飾には, 飾を, 養子関平か, 養子関平という, 首は, 馬蹄は, 馴れない鶏, 駒は, 駒鳥を, 騅呂布の, 骸を, 髯は, 鰹鳥が, 鱗にな, 鳥さむざむと, 鳥だけが, 鳥で, 鳥とは, 鳥一輪の, 鳥影さえ, 鳥影も, 鳩だ, 鳩であった, 鳩アシガラでありました, 鳴く声, 鳶である, 鳶も, 鴉, 鴉で, 鴉を, 鴎, 鴎にも, 鴛鴦だった, 鴨には, 鴿が, 鴿は, 鵝鳥や, 鵞鳥さえ, 鵞鳥水禽小屋に, 鶇が, 鶉が, 鶉は, 鶏たちは, 鶚が, 鶫が, 鶯の, 鶴と, 鶴も, 鷄に, 鷓鴣だ, 鷓鴣とを, 鷓鴣を, 鷲を, 鷹であった, 鷹を, 鷺と, 鷺を, 鸚哥で, 鸚鵡に, 鸛, 鸛の, 麾下では, 黄色な, 黒い大きな, 黒い揚羽, 黒い鳥

▼ 羽~ (679, 9.9%)

16 ひろげて 11 動かして 10 拡げて 9 のして 5 して, 伸して, 少し, 持って 4 そろへ, のばして, 休めて, 伸ばして, 鳴らして 3 かえりみて, つけたもの, 広げて, 見殺しに, 輝かしながら

2 [47件] あげて, いためて, うちのばし, うちふり, おろして, つけた吹矢, つけて, つないで, ならしたびたび, ならして, ばたばたし, ばたばた云わせ, ひらひらさせ, ひろげたよう, ふるはせて, ふるわして, みたり, 休める, 伸しぬ, 出して, 導いて, 山形に, 左右に, 延ばして, 手に, 招いて, 掴んで, 搏つ, 擴げて, 日に, 染めたの, 焦して, 生やして, 矧いだ箆, 立てて, 脱ぎ仕度, 葺草に, 覚つかない, 貰ったお前達, 貸して, 赤と, 開いて, 離れて, 頭に, 顫は, 馴らすらしい, 高い枝

1 [484件] あた, あてる風情, あらふて羽あら, いためたよぼ, いためられましたが, いっそう赤く, いっぱいに, うかして, うぐひ, うちて, うって, うつくしき縞, うらみ無常, うるため, えらんで, おいて, おたのみあっ, おとして, お向け下さい, お気を, お見込みあっ, かいつくろい翼, かえりみた, かがやかして, かきあわせて, かしこに, かすかに, かぼそく震はせ, かぼそく震わせ, きらきらさせ, きらめかしながら, く, くずして, くつつけた, くはへ, ぐたりと垂れ, こっちへ, このまま, さげて, さした筆立, さし弓, さながら黒繻子, さめほ, さも見せびらかす, さやるを, さらさら鳴らし, しげしげ眺め, しごいたり, した三羽, した美しい, した蝶々, した首, した鳥, した鶴, じっと視た, すいと, すぎ大宮, すくめて, すぼめて, すぼめるよう, すり寄せて, すれちがった処, そよがせながら, そよそよと, そろえて, たずねて, たてて, ためたら今に, たれたよう, つかまえ足, つかわしたの, つくろいやがて, つけた何ん, つけた婦人, つけた烏, つけた矢, つけると, つけ鏃を, つけ黄色い, つまんでも, つらぬく, とりつけたん, どうする, ながめるとも, なだめて, なでながら, ならしながら, にぎりしめて, のこして, のす事, のばしたかも, のばす唯一, のばそうと, はさんだ帽, はさんで, はじめ諸, はばたいて, はばたく音, はやして, ばさばさと, ばさり, ばた, ばたつかせながら, ばたばたあ, ばたばたさせ, ばたばたしました, ばたばたやっ, ばたばたやった, ばらばらと, ひいて, ひかせ清々し, ひつかけ, ひらいたの, ひらいて, ひらきて, ひらひらさして飛ん, ひらひらと, ひらりひらりと, ひるがえして, ひるがえすよう, ひろげた, ひろげたでは, ひろげたといった, ひろげたやう, ひろげたよい, ひろげた大きい, ひろげました, ひろげると, ひろげ彼方, ぴら, ふいて, ふさふさと, ふるうさま, ふるひ眼, ふるふさま, ふるわせて, ぶらさげて, ぶんぶんさせ, ぺったりくっつけ, まじえて, みんな手足に, むしったよう, むしって, むしられて, むしられても, むしられるだけで, むしられる鷄, もがれ腸, もった赤蜻蛉, もって, もつて, もておほはれしは, もてわが, もてダンテ, もてレダ, もて大, もて詩人, やすめて, ゆさぶる形, ゆるやかに, よばねば, りました, わざわざ使者, パッと, ヒラヒラさせ, 一敗地に, 一本ずつ, 一本僕に, 一本頂い, 一杯に, 一枚拝借し, 上賓の, 下さるなら寡人, 両手に, 両方ひろげかけ, 並べて, 二十枚鷹の, 互いに傾け, 亡ぼしたもの, 交換しな, 仕止めた, 仕止めたの, 仕留めようとの, 伏し拝みながら, 休む, 休むるかと, 休めい, 休めいたり, 休めたかと, 休めた一羽, 休めた形, 休めながら, 休めました, 休めようとして, 休めること, 休めるなり, 休めるやう, 休める事, 休め目, 伸さうと, 伸し, 伸すから, 伸ばさせて, 伸ばした, 伸ばしたの, 伸ばしては, 伸ばしほう, 伸ばし過ぎるからね, 伸ばすこと, 伸ばすやう, 体へ, 使うと, 借すなんて, 備へ, 傷ひたる, 光らして, 光らせるが, 八つ静かに, 切つて放し, 切られた燕, 別居させる, 利用する, 劍の, 動かしたが, 動かしながら, 動かし胸毛, 動かす, 動かすだけで, 動かすよう, 匿す, 参内の, 反らして, 収めて, 取っただけ, 取りに, 取るだけ, 叩きながら, 召し呼ばれるとは, 召し返して, 合せしもの, 吹かれながら, 呉へ, 味方へ, 呼んで, 垂れたよう, 城中においては, 城外へ, 城館に, 堂に, 売りもの, 売り込みに, 変に, 夕陽に, 奪われて, 守り囲んだ同勢, 完滅せしめん, 射止め得たのに, 屋根に, 巣の, 差向けたほう, 帽子の, 干す燕, 平六が, 并べて, 広げた, 広げた鳥, 延して, 延ばせないの, 延ぶる, 引っぱって, 強敵と, 彩る飴, 彼の, 怒らせるに, 怖れ, 恨みに, 惜しんで, 愛して, 慄わせて, 手の平に, 打ち落し朝食, 抜き丸裸, 抜き去った鶏, 抜き翩, 抱きこもうとして, 押し出せ, 押立る, 拔き, 拡げたやう, 拡げた印度孔雀, 拡げながら, 拡げました, 拡げ二つ, 拾いおまけ, 拾ったこと, 拾って, 拾つて喜ん, 拾ひ, 拾ひました, 持った獣, 持った玉虫, 持つて, 挟んだの, 振ふ, 振りて, 挿した帽, 挿して, 挿しました, 捕える, 捕え其翼, 捕獲した, 捨て武州, 捻じ圧, 掛け水, 掠めただけ, 描いたもの, 握み出して, 揺って, 搏ち, 搏つて失はれた, 搏つと, 搖か, 撃ち損じたの, 撃つ費用, 撃つ風雨, 撫でながら, 收めて, 攻めて, 放して, 放つと, 救いだしましょう, 散らして, 整へて, 敵に, 數ふる, 斂めて, 斃した, 曳くの, 染めむ, 極点的に, 橋の, 欺くこと, 殺したくないそして, 殺した潘璋, 殺して, 殺し本多忠刻, 殺す様, 毟りだす, 汝に, 洗って, 洗つ, 浅く彫った, 淺く, 添えて, 渦に, 溜めて, 滑かに, 濡らしたよう, 濡らす光線, 無事に, 焼いて, 焼かれある, 焼かれたツグミ, 照らした, 煽つて, 片っぱしから, 狙えば, 献じて, 獲りこれ, 獻ずるといふ, 生かして, 生擒, 産出した, 用いそれ, 用いた, 用いたが, 用いて, 用ゐ, 盜み去りし, 目がけて, 真ッ赤, 着て, 矧いだ古い, 矧いだ眞矢, 矧いだ矢, 矧ぎて, 確実に, 磨く時, 祀る廟, 神は, 祭る壇, 空に, 窮地へ, 立つ時, 筒形の, 精一杯に, 結びつけたので, 結ぶ交通路, 絶息させ, 縮めて, 繕ひ, 老婦人, 聯絡する, 肥料の, 背中に, 背負って, 脅やかし, 膨らます, 自分にも, 自分の, 與へ, 舞い戻したよう, 舞は, 色色に, 葬った一町, 薄墨で, 虐待する, 衝と, 被った蛇同様, 見つけたやう, 見て, 見ること, 見るであろう, 見るよう, 見る度, 見ろ, 見下し, 触れては, 討たないかと, 討たれた恨み, 討ち得なければ, 討ち漏らさじと, 討ったとき功, 討つため追撃, 討てと, 訪ねた, 誘いその, 誘いださんもの, 説いて, 説くのに, 警戒し, 護って, 買いある, 貸すだらうと, 贈ったの, 贈って, 越えること, 蹴折りたりと, 輔佐する, 輝かせながら, 輦に, 迎えたの, 迎えて, 追っかけた, 連れた雷鳥, 連れて, 過ぎて, 醤油飯に, 重ねた, 野外に, 銜えて, 閉ぢ, 開いた, 開きたる形, 開き黄金, 阻めて, 附けた物, 陣へ, 陣庭広場まで, 集めたもの, 集めたよりも, 震って, 震は, 震はせて, 靡かして, 頂かせ胸, 顫わした, 飲ましむと, 飲む下り, 飼えば, 飾った五彩赫々, 飾りたて腰, 餌に, 驚かさぬ理由

▼ 羽~ (582, 8.5%)

7 彼の 5 玄徳の, 馬を 4 二夫人の, 自分の 3 それを, 笑って, 青龍刀を, 首を

2 [31件] あとで, うすもの, そこから, それに, どうした, のぞく庭, ららげり, 主君の, 代る代るおくれます, 八十二斤の, 勃然と, 口に, 口を, 声を, 張飛を, 杯を, 次の, 瞼を, 答えて, 聞くと, 胸を, 自分を, 苦笑した, 見て, 見上げたり, 長嘆し, 静かに, 頭を, 駒を, 驚いて, 鷹の

1 [483件] あからさまに, あくまでなだめ, あくまで簡単, あとに, あなたから, あらためて廖化, ありのまま正直, あるので, あわてて, いった, いったん駒, いって, いつか頭を, いつまでも, いつも生え, いま営外に, いよいよ怪しんだ, うそぶいた, うち撓み, うなずいて, うららかな面を, うんも, おごそかなる, おどろいて, おれの, お通, かえすことば, かじかんで, かならず大空, かねて, からからと, がばと馬, きょうにも, こうも, こう訊ね, こちらを, この一丘, この悲境, この母親, この男, これに, これを, さきに, さてはと, さながら天魔, さらにさらに高い, しきりと, しずかに, しまったと, すぐそこ, すぐに, すぐ張世平, すぐ後, すぐ自身, すでに世, すでに沂水関, すでに生色, すでに都, ぜいたくな, そう云いだし, そう思った, そう考えた, その不可能, その中, その中軍, その余り, その内容, その好意, その後心待ちに, その旗幟, その晩二百余頭, その裴元紹, その言, その首, その鼠, それから, それまで, それも, それより, たいへん笑った, たちまち以前, ちらと, ついにこの世, ついに涙, つぶやいた, どこに, どこへ, なおさら舌, なお不動, なお恐ろしい, なお疑っ, なかなか悪く, なししよん, なして, なにか餌, なによりも, はじめて手, はっきりと, ひたすら孫乾, ひとみを, ひと目見る, ひらりと, ふたたび寂, ふたたび相, ふちにと, ふと眼, ふと面, ふり向いた, ほっと大河, まことに一徹者, まことに天下, また, また大, また彼, また手勢, まだご, みずから赤兎馬を, むなしく立ち, もうこの, もうどよめく, もうコレッキリ永久, もとより人数, もらい受けると, やおら座, やおら黒鹿毛, やがてその, やがて冷やか, やがて残兵十騎, ややしばらくその, やや不満, よいほどに, ようやく臂, よく眠らなかった, りて, わがこと, わき目も, わずかな, わるい気, イヨイヨ長椅子の, エロシンコ君が, チュンと, ナイフの, ニッコリと, ヘンで, ホッと, 一ヵ月も, 一ヶ月ちょっと, 一応恩誼, 一挙に, 一方で, 一日とて, 一月前に, 一笑の, 一箭の, 一羽の, 一言, 一言しか, 三唖と, 上賓の, 不意に, 世の, 世の常の, 中世紀, 中位の, 亂さね, 事むなしく, 于禁を, 代宗, 会わないうち, 何て, 何事かも, 何思った, 何物直に, 余りに後方, 使いを, 例の, 依然として碁盤, 促して, 偃月刀を, 元禄十一年三月二十九日に, 充分めかし込んだ, 光る, 全く夫婦, 兵船の, 再拝し, 凛と断言, 出血の, 出迎えも, 切株の, 初めから, 初めて廖化, 初めて華陀, 初耳な, 別るる, 剣の, 劉備の, 動脈を, 十方に, 千五百を, 千余騎を, 卓上に, 南へ, 即座に, 卵にて, 去った, 又一直線, 取れ申候, 受け取らない, 口すく, 古刹の, 叱らなかった, 叱咤し, 合戦の, 同じ枝, 同じ様, 咄嗟に, 嘆服し, 嚢を, 国家の, 地だ, 城門の, 堂下に, 壁際に, 士卒を, 夜どおし洪水, 大, 大いに怒っ, 大きく赤, 大勢の, 大笑, 大酔した, 好意を, 婦人コートの, 子の, 孔明の, 孫乾に, 宙に, 客の, 宵だった, 容易に, 容貌の, 容貌頗る, 射ち落して, 将台に, 尋常に, 小さな台, 小脇に, 少し蟲喰, 尻一羽は, 山賊の, 屹と, 左の, 席から, 席に, 常にも, 常識家であった, 幽暗な, 弓に, 張飛の, 当代の, 当惑の, 彩に, 彼方へ, 後廂, 得意の, 微笑し, 微笑を, 心が, 心の, 心中すこし, 心契の, 心得て, 心性率直情熱は, 必ず肝臓肥大, 怒って, 思いきって, 急きこん, 急に, 怪しんで, 情に, 惨めに, 愍笑し, 慌てず騒がず内懐, 慨然また, 憂いを, 憤然と, 憮然として, 扉を, 手を, 手勢三千を, 打ち消して, 折角振りかぶった, 拝受し, 指さして, 指で, 振り向いて, 振向いた, 捨てる処, 採集しよう, 数歩すすん, 敵の, 斑, 断じて引止めた, 断乎として, 春秋も, 時計の, 智勇の, 智勇兼備の, 暗褐色, 暴風に, 書物の, 書物を, 書簡を, 曹操から, 曹操に, 木鉢の, 本陣へ, 村田の, 村田君が, 東より, 枕やふとん, 桃を, 案内者へ, 欲しくない, 正直教えられた, 此上ないよろこばし, 武門の, 段々抜け, 毒の, 毛ぶかい顔, 気が, 気がついて, 気の毒そうに, 気味の, 水鳥の, 江陵より, 江頭に, 汽車の, 沈勇そのものの, 泣いても, 洛内に, 浪人榊田六郎左衛門の, 浮かず連れつつぞ, 淺黄色に, 満心, 満足いつ死ん, 滑かで, 激怒し, 無論獲れます, 爛々たる, 片方もげ, 王忠を, 生返事だった, 畑に, 留守を, 異な, 疲れて, 病氣に, 瘡を, 百金を, 皆百合の, 益, 直ちにお, 真の, 眠くなり, 眼の, 眼を, 矢倉へ, 石絨なし, 破れて, 礼を, 私の, 空蝉の, 突然に, 窶れて, 立帰った, 笑った, 答えたが, 糜夫人の, 糜竺簡雍などと, 約千, 終始黙々と勅恩, 緑の, 縦横に, 繋船門を, 羽の, 考えた, 考えて, 耳羽だけに, 聞き終ると, 職人の, 肩で, 胃の腑の, 胴化鳥の, 腕を, 腹二羽は, 自分らの, 自己の, 自己を, 船を, 色も, 芝生の, 苦い顔, 苦も, 苦笑し, 茶の, 茶の湯に, 荊州を, 莚に, 落ちて, 著くも, 虎の子を, 血ぶる, 血汐の, 行ったまま, 裏門から, 褐色である, 西門を, 覇陵橋の, 言伝てに, 訳なし, 語を, 誰か, 諸将, 赤兎馬に, 赤兎馬の, 足もとへ, 身を, 車を, 軍紀振, 返すことば, 追いかけながら, 追撃し, 逃げおくれた, 進み出て, 運よく, 遠く河北, 遺憾ながら, 部下を, 都へ, 酔うと, 重い羽音, 重さ何十斤, 長い事手, 長い髯, 長嘆久しゅう, 長髯, 防禦の, 階を, 雉の, 雑兵たちの, 雑談的に, 青色を, 静, 非常なおどろき, 面倒くさくなった, 鞍から, 頭が, 頭一羽は, 顔を, 顧みて, 飛べるから, 飼って, 飼ふかも, 飼育し, 餌づけ, 馬弓手張飛は, 馬良を, 駈け寄るや, 騎首を, 高きに, 高地へ, 髯の, 鮮血淋漓と, 鹿毛馬の, 麓の, 麦城から, 黒く紫, 黙々と飲ん, 黙止し, 黙然たるのみ, 黝し, 鼠の

▼ 羽~ (356, 5.2%)

35 生えて 8 い締め, はえて 6 ひじめに, ひの 5 いじめに 3 ついて

2 [15件] あって, あつたら飛ん, あるから, いうと, きも, なくては, ひを, ひ自由, 六尺ばかり, 来て, 焦げないと, 生えたよう, 群れ遊んで, 落ちて, 顔良を

1 [255件] あるが, あると, あるなら一つこれ, あれに, あわてて, いえば, いかなる不義, いかに勇, いくつも, いじめの, いちばん年上であり, いった, うららかな, おなじよう, おります, おりますからには, お供, お迎え申さん, きかなくなって, きら, きらきらと, ころげけるかな, さがりて, さらさらと, すこし破れ, そのうえにも, そのまま手足, その文章, その楊齢, それと, そろへ, たいへんに, たずねると, たたずんで, たちまち姿, たれの, ちょんちょんと, ちらちらふるえました, ついたよう, つと馳, とび散りまるで, とべば, とんで, どうかしました, どう云い飾ろう, どんなに歯ぎしり, ないの, なお生存, なかま, なんと拒もう, なんの, のこった, はえてるはず, はらりと脱げた, ひ, ひが, ひき連れて, ひとりの, ひに, ひやさしき, ひ下, ふかく玄徳, ふるえるよう, ぶらぶらと, ぼろぼろ過, また食べ飽き, まるで銀, みるみる大きく, むやみに, もし約束, もつ青, やにわに巨腕, ゆら, ゆるく羽ばたきだした, よき夕, われに, イソイソと, ジャックで, トタンへ, フラツと, 一つしばらく, 一代に, 一吼する, 一年に, 一本ふらふら, 一枚落ち, 一片の, 三銭だ, 不平そうに, 世にいない, 両翼を, 乾くと, 二三寸出る, 二羽とも, 云うや, 互いに夢中, 交渉の, 仇を, 今年は, 今美しい, 仲よくあくび, 何円に, 何時の間にやら, 光って, 全軍, 六将を, 出そろ, 出て, 別荘の, 前に, 前へ, 劉, 動いて, 動揺した, 十枚ある, 半分ちかく, 向い合い雄鶏, 呆れ顔, 味方に, 啼けば, 嘴を, 四五本, 団十郎張飛が, 外の, 夜霧の, 大幅な, 天城屋敷に, 孤立し, 害に, 少しく斜め, 少しづゝ, 尾と, 屈するもの, 左の, 帰れば, 常に離す, 平にな, 広がります, 店頭に, 引導せん, 弧を, 弱々しく冬, 弱くて, 弱つて, 強くきくまい, 彼方へ, 待ちかまえて, 待兼ね, 心持濡れ, 忽然とし, 怪訝な, 手にかけて, 手綱を, 抜けかわって, 抜けて, 抜けやすく, 持たないと, 擴が, 放たれ漸く, 敵の, 斬られたこと, 斬ッ, 断ったら, 早くも, 暴風に, 木の, 来た, 東嶺関を, 死ぬと, 死んで, 毒矢にあたって, 気色ばむの, 水に, 油断しない, 泳いで, 消えたの, 瀞の, 無かった, 焼けましたよ, 物好きの, 犬の, 玄徳の, 生えかかって, 生えかけたばかしの, 生えそろわないのに, 生えたやう, 生えたん, 生えます, 田圃などに, 異郷の, 病氣, 痛んで, 百文以上であった, 眞近の, 眼を, 短いので, 短慮に, 碁盤を, 空を, 空中を, 立ち退くの, 立つ, 答えると, 累々と, 終ったかと, 絶体絶命である, 絹の, 縁端へ, 群を, 羨ましゅうなろう, 自分から, 自分の, 自身で, 舞いあがる, 舞ひ, 花の, 苦笑する, 茶の, 華雄を, 蜀へ, 襲せ, 見えたか, 見えたとき, 見える, 見えんか, 見事に, 計らいまする, 計らずも, 訪うと, 許都に, 誅罰を, 誰にたいしても, 赤いから, 赤いので, 赤褐色で, 輝いて, 近づいて, 追いかけたけれど, 退がって, 逃げ出して, 透き身, 通るところ, 造らせたもの, 遺愛の, 銀こんな, 錦の, 閃いて, 頬を, 風の, 風を, 飛びあがって, 馬に, 馬を, 高く煽る, 黒く焼けただれ

▼ 羽~ (214, 3.1%)

4 力を 3 なって, 一羽, 似て, 告げた, 茶漬け三杯

2 [13件] かわって, したたる春雨, なった, 一羽の, 会うと, 功を, 白い斑紋, 置く露, 血しほ, 見るあの, 降伏を, 頭を, 首を

1 [169件] あいまた, あずけ丞相, あらざるか, あらず, あり, ありのままを, あるイモ, ある光秀, いた時分, いった, うちのせ, うつ石目一鏨, おおわれてる蝶, おじさん居ります, おまかせあっ, かえて, くつ付けた, この場, この夜ら, して, たずねた, ちがいない, つ, ついたもち, ついて, つき舌肉, つぐみ二三羽しか, つりこまれて, なったの, なつた, なつて, ならねば, なりすまして, なりたり, なり大きく, なる前, にじみつつ, ねばりついて, のぼるだろう, のり移りかねない, はいだよう, はた雄鳥羽, ぽつ, まつはる雌, みだされて, やりたい, ゆるした, よく似た, ゐて, シシリイ島の, バサバサと, 一円五十銭以上入ります, 一点の, 一羽すなわち, 与えられようと, 乗って, 云った, 会い彼, 会った, 会って, 伴れ去られた, 似も, 住んで, 何か, 何かの, 充分油断を, 入野神社が, 円光の, 出会ったら, 分けて, 別れて, 劣らず捗つたとも, 勝つこと, 包まれピヨピヨ, 千里お, 及べり, 向う子分, 呈した, 味方した, 固子, 地を, 堅い復讐, 増殖し, 墨つけん, 声あり, 失う, 対面した, 封ぜられて, 就ては, 居る由, 帰陣し, 当った, 心服し, 怯か, 恥じぬ手柄, 手勢を, 手勢五千を, 打たれ飜, 打乗, 挙げた, 染めたさ, 桃を, 案内され, 歌そめ, 死を, 殺されたから, 殺された秦, 殺されるだろう, 流寓中, 渡るべく汽船, 渡江の, 滿つ, 点れたよう, 直書を, 相違ありません, 着いたとの, 知らせて, 知れると, 碧緑の, 祟るなど, 移りはじめて, 突きかかる様子, 立ち向かおうと, 紐が, 耳打を, 聲あり, 至る街道, 舎つた, 茶漬け三杯食え, 血が, 血潮の, 血著き, 行きける時, 行き到頭, 裂けたる波, 見つかると, 親しむ, 触って, 討たせおったな, 討たれ空しき, 訴えた, 試問を, 話した, 贈った, 赤い渦, 跨り南, 近い, 近い色彩, 近よる, 追っかけられたの, 追われて, 通ずる峰, 遭って, 邪魔された, 鏤めようと, 降を, 限って, 陣営し, 陽が, 雌四羽位お, 雌鶏四五羽という, 青い斑, 青絵具, 面会し, 頒つ, 頼まれたの, 頼り切れば, 餞別せん, 鳩一羽と

▼ 羽~ (212, 3.1%)

5 三羽も, 張飛も 3 きて 2 あわてて, おぼろに, まだ弱き, 六羽も, 姿を, 見えない, 静かに, 飼って

1 [183件] あたらなかったが, あとから, あれきり沙汰, いうし, いく羽, いなかった, いなかっただろうが, いなくなったという, いなくなった事, いなくなりました, いぶかしげ, いまは, いる, いる籠, うらやみぬ, おるとか, かう言, かれら, ぎつしり止まつ, ぐつしより濡れ, こう云った, この閑寂, この頃, さして興味, すっかり身, すつかり, その手勢, その日, その矢道, それに, たち変, ために, ぢつ, つながって, つばさを, つぶせば, つやに, なくな, ならんで, のびないのに, はぐれてを, ひそかに, ひとつ口の, まじった, また劉備, もみじを, やっつけたよう, やむなく許都, よろこび周倉, ろくに揃わぬ, 一度にと, 一驚し, 七羽も, 三頭も, 上背丈も, 下りて, 二十羽も, 五羽も, 亡くなつて, 今は, 今日まで, 何にも, 供に, 入って, 共に, 出来やした, 判然と, 刷いぬはつしぐれ, 取れました, 口々に, 各, 同意だった, 同感であった, 同時に矛, 哄笑した, 地下で, 城一つも, 大まはりに, 大まわり, 大方蟲喰ひ, 姓名や, 尾も, 居た, 居ないか, 居なかった, 居りませんが, 居るん, 幡を, 并で, 幾羽も, 強いて, 弾ち落とす, 当然城, 影を, 待ちかまえて, 忽ちぐにゃぐにゃ, 思わず落涙, 恩を, 悲涙なき, 悶えずに, 慶賀し, 戦いに, 打ち落して, 折って, 捕ったと, 捕らないの, 擴げず, 放し飼, 放し飼いに, 春光を, 時々無事閑日, 末路の, 枝から, 歩み張飛, 歯が, 残さず追い払いぬ, 残すな, 残つてはを, 残らなかった, 殺さない技術者, 気軽そう, 油断せず, 浮かんで, 浮んで, 涙を, 満身を, 無くみんな, 焼いて, 父張飛も, 物々しくうしろ, 獲れずしまった, 獲れぬ, 玄徳も, 生えてない目, 生きない, 生けるもの, 留って, 白い腹, 祀って, 神のみ, 答えに, 籠の, 絞めて, 綺麗です, 美人は, 群れとんで, 群れ飛ん, 羽ばたいて, 翼も, 胆を, 腹も, 自分の, 自己の, 舞い下って, 舞ひ, 董卓の, 衰え何, 見え無い, 見たが, 見られなくなって, 許都を, 調子を, 質に, 赤黒い空, 跳ぶ, 里見十左衛門も, 野には, 集って, 飛で, 飛びまわって, 飛び出したという, 飛び出して, 飛び立つ, 飛び立つた, 飛んで, 飼ったこと, 飼つてゐる, 養って, 駒を, 鬨を, 鳴いて, 鴫らしい, 鶏を

▼ 羽~ (141, 2.1%)

28 きを 13 いて 63 いた, きと, きに, く, つ

2 [11件] いたの, きながら, きの, きは, く接唇, けよ, して, の音, の響き, をし, をする

1 [57件] いたよ, いたらきっと, かせながら, かせ木枯, が聴, きする, きすると, きだけは, きて, きです, きでも, きで散り乱れた, きとが, きにも, きによ, きも, き上った放楽, き出される, き得る発展, き打って, き植込, き風の音, き飛ぶかと, くしその, くと, くの, くよう, く元気, く前, く音, く鶴, けども, するもの, する鸛, たいた様, たいて, ちて, ち巻き立つ波, ち帰れと, ったごとく, った蝶, って出, つもの, つ塩梅, つ寒鴉, つ疾風, つ風情, とうとして, とは, の光, もさせる, れた羽毛, をしない, をしましょう, を始めた, を想像, 絶えて

▼ 羽~ (138, 2.0%)

7 張飛は 6 張飛の 3 まつて 2 なく二十羽, なく嘴, なく群, なく輪, 孫乾に, 張飛に, 思ふと, 群を, 薄黄色い

1 [104件] あとから, いい張飛, いっても, いつてね, いわないところ, うまつて, おなじよう, この張飛, しるした小, その精鋭, たかり肉, だんだん減っ, ちがって, である, ない繍眼兒, なくさながら, なくその, なく並ん, なく入り, なく叩き, なく吃驚, なく岩燕, なく捕, なく捕え, なく木の間, なく母鶏, なく海, なく空, なく買っ, なく集っ, なく飛, なく飛び, なく飛び交う, なく飛び交っ, なり, なりて, なり風裏, なれば, はなつて, ひるが, ほの, まるで呪符, 一手に, 一羽雀が, 二夫人の, 云うの, 云う小鳥, 云っても, 云ふ, 云われた池田, 交代させた, 交代させない, 他の, 劉皇叔との, 勝負を, 卵と, 同じ服装, 吹雪の, 呼ばわる敵, 呼んだ由, 和泉の, 孫乾が, 孫乾は, 対立し, 山羊一疋遣った, 張飛か, 張飛とは, 張飛も, 張飛を, 捕って, 掎角の, 数えられること, 數知れぬ, 書簡を, 最後まで, 死人の, 毛の, 激闘を, 灰色な, 白馬が, 知れず下りた頃, 私へは, 称する者, 種々の, 續い, 群なす, 羽とを, 聞くと, 聯絡を, 茶漬け三杯食えなかった, 蒲団とを, 見ゆるを, 親しい間がら, 談合の, 赤い鶏冠, 足とで, 野菜類を, 長追いを, 間もなく沼, 雀こ貰る, 雌三羽とだけに, 飛ばなくに, 飼って, 鶏卵十五個の

▼ 羽二重~ (63, 0.9%)

4 の紋付 3 づくめ, の小袖, の羽織 2 に朱色, の両面芥子人形, の紋服, の紋着

1 [42件] かと思ふ, かなにか, か甲斐絹, でしやれた縫紋, で御座いました, という, というもの, という処, に緞子, のふち縫, の五つ紋, の五ツ所紋付, の冷た, の加賀, の古, の大ぶろしき, の大名縞, の座布団, の彼女, の根掛, の無地, の熨斗目, の片側帯, の着流し, の着物, の紋, の紋付き, の素, の素袷, の羊羹色, の羽織博多, の股引, の膝, の蒲団, の衣服, の袖, の褄, の襦袢, は二つ割り, や人絹, を以て白蓮花, 御座います

▼ 羽~ (61, 0.9%)

4 が宜 3 のいい, のよい, の宜, をきかせ 2 がいい, 医学士が, 医学士の, 学士の

1 [37件] が宜しい, が宜しく, が良く, が雲泥, さんからの, さんの, といったら, に乗っ, のきく, のささめき, のよ, の利く, の好い, の好かっ, の居所, の方, の音, もずんと, も忘れはて, よきお, をきかせた, を見れ, キク蔵君に, 先生だって, 先生思わず, 医学士だ, 医学士に, 医学士は, 医学士閣下は, 学士は, 学士を, 式の, 疾け, 菊佐衛門は, 菊蔵という, 菊蔵の, 菊蔵を

▼ 羽張飛~ (58, 0.8%)

9 のふたり 2 の二人, をつれ, を従え

1 [43件] ありご, が, がいう, そのほか, そのほか十数名, そのほか幾多, その余, だけで, という二名, と刎頸, などが騎従, などにも抜群, などの一族, などの名, などの姿, などの精猛, などを従え, など平原, に命じ, のほか, のまわり, の三人, の三騎, の両, の両翼, の二豪傑, の双眼, の手勢, の手勢一千, の武将, の義兄弟, の首, は, はあやしん, はかたはらいたく, は口, は軍, は関門, また不逞, もぜひ, も一時, をしたがえ, をよび

▼ 羽ある~ (53, 0.8%)

14 言句陳じ 4 飛揚の 3 言句もて, 言句を, 言句宣んし 2 ものの, 童の, 童を, 言句曰ふ, 言句述べ

1 [16件] と殊, イーリス呼び, 一羽の, 兒の, 武器互に, 神の, 童に, 童は, 虫ども近く寄れ, 蟲の, 言を, 言句いふ, 言句叫び曰ふ, 言句陳じつ, 馬に, 鶏を

▼ 羽~ (52, 0.8%)

1 [52件] ここに, こんなの, ござります, さまよい歩く, とぶか, なだめて, はあるまい, はきかない, はない, はなく, ぶたれたり, ぶたれ裏庭, ゆさゆさ揺っ, よせば, りっぱな, サーッと, 一足とび, 三味線の, 乗替え, 二円位です, 今電気, 今電氣を, 入口に, 出来た真白い, 出来た長い, 出来た黒い, 別れるとき, 啼く, 四円です, 地面が, 天井を, 封を, 強制疎開と, 拵えた敷物, 撫でられるよう, 撫で開けられるやう, 明の, 有っただろうと, 湖面を, 無くては, 片々の, 矧いだ見事, 織った, 自動車を, 舟から, 行くん, 製つた団扇を, 身を, 飛びわたる幾百キロ, 飛び自分, 飛ぶ空気, 飛んで

▼ 羽~ (49, 0.7%)

3 の飛島 2 の三山, の仙北地方, の方, の角館, の金沢, の雄物川流域

1 [34件] でも名だたる, でも田沢湖岸, で随一, と津軽, にもあります, に地震, のおし, の七座山, の仙北, の北秋田郡, の古名, の各国, の名立, の国, の国境, の国象潟, の大館附近, の山奥, の山間, の本荘, の村落, の横手町, の海岸一帯, の湯, の田沢湖, の由利郡, の男鹿半島, の神宮寺, の能代, の花館, の農民, の金物, の飽海郡, まで足

▼ 羽~ (46, 0.7%)

12 の闇 6 の夜 4 の黒き 2 のわが, の暗夜, の髪, の黒十字架, の黒髪

1 [14件] いろを, とも謂, にも香, の, の世, の夢, の天竺牡丹咲き, の暗き, の暗に, の果, の波, の羽, の闇黒, より黒い

▼ 羽将軍~ (38, 0.6%)

2 か, の死

1 [34件] が劉皇叔, が妨げ, が攻め下っ, が敵, が着陣, が荊州, が行け, この青二才, しばらくそこ, でした, ではありません, ではない, とはちがう, とは思い, にはご, にはどう, には呉, には注意, にも似あわしく, のお, のことば, のごとき, のため, の勇, の強, の忠義, はなお, もむかし, をお送り, を口説き落したら, を呼ん, 来る, 来る羽将軍, 疾くゆき給え

▼ 羽~ (34, 0.5%)

2 三羽は, 二羽でなく

1 [30件] さごろもや, はらかき鳩とら, 七十羽で, 三十羽は, 二十羽は, 二羽で, 二羽の, 二羽は, 劉, 夢御殿, 宇治の, 尾白鵲, 張飛が, 張飛と, 張飛に, 張飛の, 志摩の, 柳浪や, 玄徳は, 白い山蛾, 真白な, 瞳を, 紺色に, 脚には, 脚を, 茶色な, 身体を, 関平の, 鳥の, 鳥冠が

▼ 羽さん~ (33, 0.5%)

1 [33件] から, から聞いた, から良い, が僕, が出発, が理由, とが支配人, と二人, と同じ, と言い争った, なんか尚更, にお返し, に一パイ, に会わし, に誘われ, のお話, のアト, の二人, の前身, の命令, の天才, の腕, の興行, の芸, の身上話, はお, はこうして, はそれ, はアンマリ, はエライ女, は今晩一晩, を好き, を脅迫

▼ 羽~ (32, 0.5%)

2 行って

1 [30件] いうには, いった, お訊ね, お電話, かすり傷一つ, し折つて, ドライブした, 下って, 下つて, 云った, 何か, 傾倒し, 出かけて, 出掛けます, 別れを, 参ります赤羽, 向って, 告げると, 喰って, 土筆取りに, 対して, 撃って, 移った以後, 立ち退いたという, 立つ旅人, 行く省線, 計った, 贈り関羽, 遊びに, 降りて

▼ 羽とも~ (30, 0.4%)

2 あへ, なく群, 無言にて, 知れない白鷺

1 [22件] ある者, そっくりつかまえ, ないくわ, に取り逃がした, に米友, やっつけなかったん, 一度に, 可哀相に, 吉田村に, 同じ一声, 店に, 死んで, 知れずその, 知れず巣食うて, 知れない水禽, 知れぬ候鳥, 脚を, 親しくさせ, 雛鳥は, 風に, 食べて, 高い夕日

▼ 羽ぶり~ (28, 0.4%)

4 のいい, のよい 2 おもしろ, がよく

1 [16件] がいい, ができなくなっ, がよい, がよかつ, しじなり, であったそう, にわかに斜陽族, のい, のよかっ, のよく, はきかない, は大した, をきかし, をきかした, をきかせ, 利かしたま

▼ 羽蒲団~ (26, 0.4%)

2 の敷い, を又

1 [22件] が山, が敷かれ, にもたせかけ, にもなります, に乗っ, に埋め, に手, に眠り, に被われ, に顔, のやう, の上, の掛つた二人, の間, は親し, よりもふかふか, を二つ買, を取らう, を打ちたたき, を横, を窓, を身

▼ 羽~ (24, 0.4%)

2 に帯びたる, の鳥, をした

1 [18件] がやつれた, が四季, が紫色, が美くしい, が赤い, が黒っぽい, と側, に濃い, に輝く, の烏, の異う, の調子, の髪, は濃い, をし, をもった, を夜, を持った

▼ 羽飛ん~ (24, 0.4%)

7 で来 3 でいる 2 で來, で来た 1 でいた, でき, でくる, でゐた, でゐる, で出た, で參, で居ります, で行つて, で通

▼ 羽から~ (23, 0.3%)

2 あしまで

1 [21件] いわれて, すぐ返書, たずねた, ひどいこみ, 七人うち五人は, 上は, 使いを, 先に, 千住へ, 国へ, 家臣の, 張飛の, 早馬打っ, 歩いて, 流れて, 目を, 細かい金粉, 聞いた, 足の, 這入ると, 黒岳を

▼ 羽ずつ~ (21, 0.3%)

1 [21件] きちんと並び, さし込むの, そこから, それを, 入れ滋味, 密と, 後先に, 手に, 抱き合ったまま, 掴み出した, 放して, 最期を, 本物の, 来るの, 生き物が, 空へ, 群れて, 色絵に, 買って, 遊びに, 静に

▼ 羽~ (20, 0.3%)

3 の群 2 が出, の類

1 [13件] かと思ふ, が, がやはら, が立つる, が飛ん, きて, に何, のお祈り, のちらちら, の取りこ, の縺れ, の翼, はまた

▼ 羽~ (19, 0.3%)

1 [19件] あか, あらず小, ある夢みであれ, いるの, 三疋か, 三羽かの, 二羽時々, 二羽落ちます, 六羽黒く, 啼いて, 小さく飛ぶ, 張飛に, 張飛の, 徐に歩み, 殺した上今, 浮かんで, 犠牲に, 野の, 飼つてゐます

▼ 羽づく~ (19, 0.3%)

5 ろひ 4 ろいを 1 ろいしその, ろいして, ろいしながら, ろいす, ろいする, ろいといい, ろいの, ろいや身じまいなどを, ろひし, ろひす

▼ 羽でも~ (19, 0.3%)

4 生えて

1 [15件] いい, かけりや, なきや, 兎一疋でも, 取った以上, 数が, 敷いたよう, 斬って, 無くては, 獲もの, 珍らしい, 相当に, 赤帽は, 雀も, 飛んで

▼ 羽には~ (19, 0.3%)

3 なつて

1 [16件] いつでも, いろ, その作戦, なって, まだ子, ゆかり香を, 一男一女が, 三つの, 何を, 全部糊が, 忍び難う, 日本の, 時々訓, 託けても, 飛白が, 黐が

▼ 羽~ (18, 0.3%)

7 をあげ 3 をもっ 1 が倦, が無かっ, をうごかし, をにぎっ, を床, を持たせる, を持っ, を膝

▼ 羽~ (17, 0.2%)

4 の下 3 じめ 2 の音 1 に締められ, ひを, をしめ, をしめて, をすくめ, を傷めた, を煽つ, を蔵め

▼ 羽ばかり~ (16, 0.2%)

2 ゆるやかに

1 [14件] あいかわらずぶんぶん, あそんで, 一列に, 一緒にな, 取ったがね, 口嘴を, 戸棚の, 白い小さい花, 秋の, 親鶏, 這出した, 遣って, 飼うて, 飼ひける

▼ 羽~ (16, 0.2%)

6 の留 3 の堰 1 から多摩川, ってどんな, で材木商, にある, の後で, の梅, をすて

▼ 羽~ (16, 0.2%)

2 のお

1 [14件] ともお, にお目にかかっ, にはいよいよ, のは仮, の創意, の子爵, の手紙, の邸宅, はいつも, は侏儒, は御覧, は快く, は指さし, は津和野藩士

▼ 羽という~ (14, 0.2%)

1 [14件] ことは, なりとは, のか, ものです, ものは, ように, 上手あり, 人間は, 唐物屋が, 者である, 者でしょう, 者です, 風な, 鵜が

▼ 羽いる~ (13, 0.2%)

2 んだ

1 [11件] かはさ, か数, か知れない, があれ, がその, というなら, というの, とのこと, と断言, のに, 豚の

▼ 羽~ (13, 0.2%)

1 [13件] かは紛れ, から哀れ, か二羽, か毎夜, ちの出来る, と, ということ, とか毛, とも言えず, と呑, と思った, ッて, 木っ

▼ 羽だけ~ (12, 0.2%)

2 であ 1 いつかこっそり, しなった枝, じっとし, だつたの, 下へ, 光らして, 悪い, 懐中し, 残って, 首を

▼ 羽~ (12, 0.2%)

2 きを, くよう 1 いた, いて, き, きとともに, きながら, きの, き下りた, をし

▼ 羽うちわ~ (11, 0.2%)

1 [11件] がなけれ, であかり, であしらいました, で拍子, をくれる, をはたはた, をもっ, を向こう, を拾い上げ, を持っ, を見た

▼ 羽叩き~ (11, 0.2%)

3 して, をし 1 したの, するよう, でもする, を打つ, を聴いた

▼ 羽掻い~ (11, 0.2%)

7 締めに 1 ている, を逃れん, 締めから, 責めに

▼ 羽易娘子~ (11, 0.2%)

3 を同 1 が同, とを別人, とを加え, と第, と軽, を二人, を嫡妻, 第三依羅娘子

▼ 羽どの~ (10, 0.1%)

1 あらためてそちら, がすでに, が一時, じゃと, のことば, のよう, の導きであろう, の筆, を討たすで, 歓ばれよ

▼ 羽にも~ (10, 0.1%)

1 一戦場を, 会いお, 体にも, 入つたの, 宣教し, 思い当るふし, 成らぬ, 腹の, 追, 長沙

▼ 羽~ (10, 0.1%)

1 に入る, に存する, の人々, の八郎潟, の境界, の峡間, の旅数日, の鬼, より出, を貫き

▼ 羽~ (10, 0.1%)

1 がかえり見る, がたまらなく, でなければ, といふ小さい, と幸四郎, と菊, と菊五郎, の印象, もミスタア・ウザエモン, 老いたりの

▼ 羽~ (10, 0.1%)

2 のび, の深山木, もひら 1 にかけし, のうち, の蝉, もいと

▼ 羽がい~ (9, 0.1%)

1 にのしかかった, に抱き, に抱きしめ, に抱きしめられ, に抱きすくめた, に軽く, の下, の身, を組み合わせた

▼ 羽その~ (9, 0.1%)

1 ふちに, 下つ, 中から, 川端を, 洲の, 茂りの, 跡を, 長い愛らしい尾, 馬匹を

▼ 羽~ (9, 0.1%)

2 きて, をし 1 きの, き始めた, く生命, をすぐ, 聞えて

▼ 羽~ (9, 0.1%)

1 が攻め入る, の内部, は全面的, は襄江, は襄陽, は襄陽郊外, は麦城, へ攻めかかれ, らしい破竹

▼ 羽では~ (8, 0.1%)

1 ありません, いけない必ず, いた兵, いた水, ないかと, なくて, 役に立たない, 点景に

▼ 羽とは~ (8, 0.1%)

1 あまりにさびしい, ありますまいし, むかし桃園に, 一体である, 何だ, 何処か, 旧くからの, 若い時代

▼ 羽なく~ (8, 0.1%)

4 して 1 その構造蝙蝠, も, 呉は, 熱なき

▼ 羽二羽~ (8, 0.1%)

1 とだんだん, とまるさいかち, と呼んだ, と捕っ, は取れ, 淋しい啼声, 軽し涼風, 飛んで

▼ 羽州山~ (8, 0.1%)

1 がゐる, の前, の大きな, はまた, は砂, は空, は蟹, を呼ん

▼ 羽掻締め~ (8, 0.1%)

3 にし 1 にされ, にしました, に暫らく, に組付きます, のよう

▼ 羽~ (8, 0.1%)

2 てとまったず 1 て, ています, て今度, て啼い, て啼かない, て頻りに

▼ 羽~ (8, 0.1%)

1 で抱締める, で締める, に隠れた, のやう, のよう, をひろげ, をひろげよう, を張げ

▼ 羽飾り~ (8, 0.1%)

21 であったその, とは褪せたれ, のよう, は竪琴, も兜, を落着き払っ

▼ 羽うち~ (7, 0.1%)

2 ふる鷲鷹 1 たたきし, つつ, ふる楽, ふる鷄, 被する君

▼ 羽しか~ (7, 0.1%)

2 いないの 1 かかって, 獲って, 生きて, 見えないの, 見えぬ鴉

▼ 羽ながら~ (7, 0.1%)

1 みんな逃げ, 一度に, 吸われるよう, 巣に, 投げられたよう, 雄で, 鷹は

▼ 羽なら~ (7, 0.1%)

2 んでとまっ 1 しをし, ば三尺余十羽, ば六尺余, んでい, 慈音と

▼ 羽より~ (7, 0.1%)

1 ありません, なほ白く, もっと濃い, 数が, 焼屑, 軽い者, 軽かった

▼ 羽張飛趙雲~ (7, 0.1%)

2 の輩 1 あり, などの諸, などもよく, などを翼尾, などを集め

▼ 羽搏きし~ (7, 0.1%)

1 た, ている, てそこら, てまた, て夜, て暴れ, ながら森

▼ 羽~ (7, 0.1%)

2 が何百, のきたない 1 が一軒, の休憩所, の此山中

▼ 羽~ (7, 0.1%)

2 を長々 1 がちっとも, のこわい, をしごいた, を揺すっ, を渦巻かせ

▼ 羽おり~ (6, 0.1%)

2 ていた 1 ている, て太藺, を着, 襟巻きに

▼ 羽かの~ (6, 0.1%)

1 小鳥は, 怪鳥を, 鳩が, 鳶が, 鶏の, 黒鶫を

▼ 羽ごろ~ (6, 0.1%)

1 もうすごろ, もの松, もの袖乞, も取りかくし, も夕羽振り, も白

▼ 羽たたく~ (6, 0.1%)

2 雀の 1 そのこゑきこゆ, 前向き雀あなかは, 稲穂雀飛び, 音が

▼ 羽とまっ~ (6, 0.1%)

2 ていた, ている 1 て女, て居る

▼ 羽ほど~ (6, 0.1%)

1 きれいな, な忠臣, 君と, 孵させた, 迫力の, 鳩一流の

▼ 羽ほどの~ (6, 0.1%)

1 者が, 鳥が, 鳩が, 鴨の, 鶏と, 鶏を

▼ 羽ガラス~ (6, 0.1%)

1 がいずれ, が自動車, の前, はよく, は蒲焼, を才蔵

▼ 羽~ (6, 0.1%)

2 かな 1 をかさね, をぬい, をまるで, を重ね

▼ 羽玉組~ (6, 0.1%)

1 じゃあごわすめえか, とやら申す斬り, の根拠, の跳躍, の頭, は全滅

▼ 羽~ (6, 0.1%)

2 若屋比 1 のやう, のよう, の靫, を番

▼ 羽~ (6, 0.1%)

2 いよよ染み 1 がちらりと, の色, を光らせ, を閃かせ

▼ 羽起ち~ (6, 0.1%)

3 三羽立つ, 二羽起ち

▼ 羽飼っ~ (6, 0.1%)

1 てあった, てあり, ていた, ています, ている, て取

▼ 羽飼つて~ (6, 0.1%)

2 ゐた 1 あつた, ある, あるの, ゐて

▼ 羽~ (6, 0.1%)

2 の浪人 1 をそよがせた, を剃落した, を掴み, を表

▼ 羽あり~ (5, 0.1%)

1 て, て美しき, またその, 彼等奇しき, 魚に

▼ 羽いた~ (5, 0.1%)

1 がよそ, そうである, そのうち, のです, 鳩が

▼ 羽うつ~ (5, 0.1%)

1 いとかすか, がごとく, が如く, と, ような

▼ 羽たたき~ (5, 0.1%)

1 て見居り, にある, に桐, をし, 煙突の

▼ 羽とん~ (5, 0.1%)

1 でいる, でき, でった, でまいっ, で来ました

▼ 羽なき~ (5, 0.1%)

1 と羽, 二足獣であっ, 二足獣は, 後の, 籠の

▼ 羽また~ (5, 0.1%)

2 一羽と 1 七八羽横に, 次にひかえ, 驚いて

▼ 羽一羽~ (5, 0.1%)

1 かってな方角, がちょんちょん, と雀こ貰, の雄, 帰って

▼ 羽~ (5, 0.1%)

1 てえんだ, で附け, に鷹, のまま, も焼けちゃった

▼ 羽~ (5, 0.1%)

1 が十月三日, に漢医方, の師, の義道館, の門

▼ 羽掻締~ (5, 0.1%)

1 が緩んだ, にし, にした, にしました, に喰

▼ 羽揚羽~ (5, 0.1%)

1 が何十羽, でありましょう, と云う, なの, のよう

▼ 羽搏きの音~ (5, 0.1%)

2 がする 1 がきこえた, が縁, が聞えた

▼ 羽敲き~ (5, 0.1%)

2 もこれ 1 ばかりし, もせぬ, も似合わしく

▼ 羽根毛~ (5, 0.1%)

2 のなか 1 がつめたく, に埋め込んだ, のつい

▼ 羽立ち~ (5, 0.1%)

1 ざあっと羽音も, むらむらぱっと大, 二羽立ち, 二羽立つ, 五羽立ち

▼ 羽箭張清~ (5, 0.1%)

1 から思いついた, が腰, が錦, が頭, という豪傑

▼ 羽~ (5, 0.1%)

1 たき, たきだ, たきぬ, たく白鳥, を拡げ

▼ 羽買っ~ (5, 0.1%)

1 てくれ, ても二, て伏籠, て来, て来させる

▼ 羽飛び~ (5, 0.1%)

1 三羽飛び, 二羽飛び, 四羽五羽飛び, 大国魂神社印, 大鴉いちど

▼ 羽黒山~ (5, 0.1%)

1 から出ました, に参籠, に雪, のごとき, の天狗山伏

▼ 羽くずし~ (4, 0.1%)

2 の紋 1 に埋まっ, の衣裳つづら

▼ 羽~ (4, 0.1%)

2 ねえはで, 呉れるはで

▼ 羽さえ~ (4, 0.1%)

1 擒人に, 気も, 羽叩く, 通さないぞといった

▼ 羽だけが~ (4, 0.1%)

1 まつすぐ, 何度でも, 供を, 散らばって

▼ 羽です~ (4, 0.1%)

1 がこれ, し川魚, ね, ッて

▼ 羽といふ~ (4, 0.1%)

2 燕が 1 うちへ, 鶏を

▼ 羽とを~ (4, 0.1%)

1 天秤で, 残したの, 比べて, 疾くぞ

▼ 羽どこ~ (4, 0.1%)

2 からか飛ん, からともなく

▼ 羽なり~ (4, 0.1%)

1 あるいは大きい, わが主君, 二十羽なり, 集まって

▼ 羽ばかりの~ (4, 0.1%)

4 雁が

▼ 羽やる~ (4, 0.1%)

31 約束を

▼ 羽~ (4, 0.1%)

1 の矢, もよく, をつかん, をのばし

▼ 羽三羽~ (4, 0.1%)

1 と吹雪, と最後, と續, と群

▼ 羽~ (4, 0.1%)

1 ていつか, てゐる, て来た, でよ

▼ 羽~ (4, 0.1%)

3 を指し 1 に過ぎ

▼ 羽叩く~ (4, 0.1%)

1 に懶, ので軽い, 鶴の, 鷄の

▼ 羽啼い~ (4, 0.1%)

2 てゐる 1 ている, て通った

▼ 羽張飛玄徳~ (4, 0.1%)

1 の三人, の三名, の三枚続き, 思い思いに

▼ 羽振き~ (4, 0.1%)

4 の音

▼ 羽止まつ~ (4, 0.1%)

2 て居た 1 て, てゐた

▼ 羽~ (4, 0.1%)

1 が啼いた, というの, として有名, をミサキ

▼ 羽状複葉~ (4, 0.1%)

1 で長, と云, はその, を対生

▼ 羽~ (4, 0.1%)

1 から舞, で見た, の上, 高く舞っ

▼ 羽立つ~ (4, 0.1%)

3 と明日 1 羽音が

▼ 羽舞っ~ (4, 0.1%)

3 ていた 1 ている

▼ 羽~ (4, 0.1%)

1 に外, は上, を口, を鼻

▼ 羽連れ~ (4, 0.1%)

2 だちて 1 から離れた, てき

▼ 羽~ (4, 0.1%)

2 も飛び 1 と呼ばるる, のき

▼ 羽いろ~ (3, 0.0%)

1 の焔, の靄, をした

▼ 羽すら~ (3, 0.0%)

1 そこへは, 持ちながら, 落せなかつた

▼ 羽たち~ (3, 0.0%)

1 はすぐさま, は滑州, もようやく

▼ 羽だけは~ (3, 0.0%)

1 姿の, 知ること, 自由の

▼ 羽だって~ (3, 0.0%)

1 やれるもの, 存外弱い, 飛んで

▼ 羽である~ (3, 0.0%)

1 がその, ぞ, と姓氏

▼ 羽でございます~ (3, 0.0%)

1 から, が此, 是は

▼ 羽などの~ (3, 0.0%)

1 幾通りも, 手土産を, 率いる一軍

▼ 羽などは~ (3, 0.0%)

2 見る影 1 なくっても

▼ 羽にたいする~ (3, 0.0%)

1 信頼と, 疑念は, 私憤やる

▼ 羽について~ (3, 0.0%)

1 いて, 来るか, 説明を

▼ 羽ぬれ~ (3, 0.0%)

21 て花

▼ 羽への~ (3, 0.0%)

1 あいだで, し飲む, 書簡

▼ 羽まで~ (3, 0.0%)

1 殺したの, 生きれば, 退却し

▼ 羽もを~ (3, 0.0%)

1 り大抵, れ, れを

▼ 羽~ (3, 0.0%)

3 なしの

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 の乗っ, の命, は真っ暗

▼ 羽バタキ~ (3, 0.0%)

1 をし, をしました, をする

▼ 羽ヶ岳~ (3, 0.0%)

1 から白馬岳, が黒部川, などは平均高度

▼ 羽一三二号~ (3, 0.0%)

2 のはう 1 のほう

▼ 羽下り~ (3, 0.0%)

2 て来 1 て枇杷

▼ 羽五羽~ (3, 0.0%)

1 と飛ばなく, ばかしの雀, 飛び大

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 お買いなさい, しか小鳥, もゐただらう

▼ 羽州比~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 羽左衞門~ (3, 0.0%)

1 が切られ, の氣取つた, もこの

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 に分裂, に斜め, の上

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 の透き, までも見逃がさぬ, をひらめかせる

▼ 羽掻き~ (3, 0.0%)

1 も掻かず, をながめ, をやっ

▼ 羽~ (3, 0.0%)

2 の山 1 の山ゆ佐保

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 っ羽, っ羽微塵, の上

▼ 羽来る~ (3, 0.0%)

1 かあるいは, か七日目, 夜ありけり

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 の飛ぶ, を四方, を天下

▼ 羽止っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てしきりに, てやや

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 と直参千二百石, の術, の諸岡一羽

▼ 羽流正眼崩し~ (3, 0.0%)

1 が物, のあの, を要する

▼ 羽白い~ (3, 0.0%)

1 色のも, 褄を, 鶏を

▼ 羽~ (3, 0.0%)

2 の句 1 起つ

▼ 羽~ (3, 0.0%)

2 の一羽鴉 1 さうに背負つて来た

▼ 羽関羽~ (3, 0.0%)

1 っ, とまるで, まだこの世

▼ 羽降り~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐぬ, て来た

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 の中, の如き, を被い

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 と銃, のよう, をつけ

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 をついばん, をつつい, を拾う

▼ 羽~ (3, 0.0%)

3 の毯

▼ 羽~ (3, 0.0%)

1 と対立, に敗れ, に追い詰められ

▼ 羽黒い~ (3, 0.0%)

2 山鳩の 1 鳥が

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 ても決して, ても騒々しい

▼ 羽いっしょ~ (2, 0.0%)

1 にし, に飼わせ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 なりを地, らを

▼ 羽うち御前~ (2, 0.0%)

2 に輪

▼ 羽うなり~ (2, 0.0%)

1 に眼, 強く射

▼ 羽うら~ (2, 0.0%)

1 にほひ透き, ひつつける

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて行かない

▼ 羽かげらふ~ (2, 0.0%)

1 がアフロデイツト, の屍体

▼ 羽かげろう~ (2, 0.0%)

1 がアフロディット, の屍体

▼ 羽きよら~ (2, 0.0%)

2 かに

▼ 羽きり~ (2, 0.0%)

1 で寂しげ, にはならない

▼ 羽くらい~ (2, 0.0%)

1 すぐ落し, 鴫が

▼ 羽ぐくめ天~ (2, 0.0%)

2 の鶴群

▼ 羽ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 入りみだれて, 飼えるよう

▼ 羽ぐる~ (2, 0.0%)

1 ま, まや

▼ 羽ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 ひっぱたいて, 引っぱたいて

▼ 羽この~ (2, 0.0%)

1 男の, 鈍な

▼ 羽ころげ羽ばたくう~ (2, 0.0%)

2 つつな

▼ 羽こツこツ~ (2, 0.0%)

2 といひ

▼ 羽ごと六寸~ (2, 0.0%)

1 もあらう, もあろう

▼ 羽さも~ (2, 0.0%)

1 大事の, 面倒くさそう

▼ 羽しきりに~ (2, 0.0%)

1 かさこそ, 円を

▼ 羽しょんぼり~ (2, 0.0%)

1 と尾羽, と離れ

▼ 羽すすき~ (2, 0.0%)

2 に過ぎない

▼ 羽すり~ (2, 0.0%)

2

▼ 羽ずつの~ (2, 0.0%)

1 美しい観賞, 鵜を

▼ 羽ずつは~ (2, 0.0%)

1 吉左衛門と, 親の

▼ 羽その他多く~ (2, 0.0%)

1 の剣客たち, の劍客たち

▼ 羽それ~ (2, 0.0%)

1 と鶸, を横切っ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 ふとさ

▼ 羽たく~ (2, 0.0%)

1 白鳥と, 雀を

▼ 羽たた~ (2, 0.0%)

2 ぎも

▼ 羽たまたま~ (2, 0.0%)

1 穴を, 肩より

▼ 羽たゆ~ (2, 0.0%)

2 げに

▼ 羽だの~ (2, 0.0%)

1 小紫, 張飛だ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 やいけない, やない

▼ 羽つき~ (2, 0.0%)

2 たる

▼ 羽でなく~ (2, 0.0%)

1 広い野原, 廣い

▼ 羽とかいう~ (2, 0.0%)

1 人と, 評判ほど

▼ 羽とが~ (2, 0.0%)

1 小刻みに, 白と

▼ 羽としては~ (2, 0.0%)

1 ついにそうする, 何よりそれ

▼ 羽とっ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て皆

▼ 羽とな~ (2, 0.0%)

1 つて去る, つて啼い

▼ 羽との~ (2, 0.0%)

1 外は, 模様が

▼ 羽とのみ~ (2, 0.0%)

2 思ひしもの

▼ 羽とまる~ (2, 0.0%)

1 さいかちの, 頬紅つばめ楊は

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 んです, 子を

▼ 羽なみ~ (2, 0.0%)

1 が実に, を立て

▼ 羽なる~ (2, 0.0%)

1 を知らず, 都鳥が

▼ 羽に対して~ (2, 0.0%)

1 恥なき, 目ざむるばかり鮮やかである

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 たたいて, たたく

▼ 羽ばたばた~ (2, 0.0%)

1 と重なり合っ, と飛び立った

▼ 羽ひねり~ (2, 0.0%)

1 つぶして, つぶすから

▼ 羽ふり~ (2, 0.0%)

2 仰ぐ一大岩壁

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 くら責め, くら際

▼ 羽ぶき~ (2, 0.0%)

1 にふち紅, 常にもがも

▼ 羽ぶきしじ~ (2, 0.0%)

2 に呼ばひぬ

▼ 羽ぶし~ (2, 0.0%)

1 の怪我, を結

▼ 羽ぶた~ (2, 0.0%)

1 へ今, へ今様

▼ 羽ぶり羽ぶり~ (2, 0.0%)

2 おもしろ

▼ 羽ぶるいする~ (2, 0.0%)

1 ように, 鳥の

▼ 羽まだ~ (2, 0.0%)

1 この世に, 肉を

▼ 羽むけ~ (2, 0.0%)

1 に消, 強に

▼ 羽もて~ (2, 0.0%)

1 しばしは, 作りたる

▼ 羽やすん~ (2, 0.0%)

2 でゐた

▼ 羽やはり~ (2, 0.0%)

1 同じ枝, 寒かろ首筋

▼ 羽ゆるく~ (2, 0.0%)

2 舞って

▼ 羽ゐれ~ (2, 0.0%)

1 ば胸高軍鶏, ば胸高軍鷄

▼ 羽をも~ (2, 0.0%)

1 ねぎらった, 沈めようという

▼ 羽キャキャッ~ (2, 0.0%)

2 と驚いた

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 入道道蘊だった, 鎮守ニ

▼ 羽ブリ~ (2, 0.0%)

1 とつき合ったおぼえ, の人物

▼ 羽ペン~ (2, 0.0%)

1 と墨汁, はできた

▼ 羽一つ~ (2, 0.0%)

1 ぬれぬという, ぬれぬといふ

▼ 羽一ところ~ (2, 0.0%)

1 にト, にト三羽一ところ

▼ 羽一万円~ (2, 0.0%)

1 するの, もする

▼ 羽一処~ (2, 0.0%)

1 にト, にト三羽一処

▼ 羽一度~ (2, 0.0%)

1 にしとめる, に聲

▼ 羽不意~ (2, 0.0%)

1 にとびたちぬ, に林

▼ 羽並ん~ (2, 0.0%)

1 でとまり, で止まっ

▼ 羽中将~ (2, 0.0%)

1 のもと, は何事

▼ 羽九万八千里海上~ (2, 0.0%)

2 に出で

▼ 羽二重五つ紋~ (2, 0.0%)

1 に仙台平, の高家ふう

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 を払う, 懐しげに

▼ 羽以上~ (2, 0.0%)

1 というの, の者

▼ 羽以下~ (2, 0.0%)

1 の部将, の面々

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 がこたへさうである, を伝つて

▼ 羽先生~ (2, 0.0%)

1 とか西先生, には餘

▼ 羽入っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 の下曲, 地方に

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 から孵った, をしこたま

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 して, もせず

▼ 羽叩い~ (2, 0.0%)

1 ていのち, て居る

▼ 羽右手~ (2, 0.0%)

2 の駱駝岩

▼ 羽含ま~ (2, 0.0%)

2

▼ 羽囀り~ (2, 0.0%)

1 に來, に来ない

▼ 羽四羽樫鳥~ (2, 0.0%)

2 ゐたり

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 にとまった, に下り

▼ 羽地王子~ (2, 0.0%)

2 向象賢

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 がまた, が又

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 ほどもぬれぬ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 のもの, の革袋

▼ 羽女天女~ (2, 0.0%)

1 の説話, の辱

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 は雲長

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 の流, を歓迎

▼ 羽将軍君~ (2, 0.0%)

1 が会わん, は武人

▼ 羽小紋~ (2, 0.0%)

1 の紋付, の紋着二枚袷

▼ 羽居り~ (2, 0.0%)

2 とも

▼ 羽州米沢~ (2, 0.0%)

1 の典薬勝成裕, の荻村

▼ 羽左阪妻~ (2, 0.0%)

1 がここ, の活躍

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 に来りたれ, の木立ち

▼ 羽張飛たち~ (2, 0.0%)

1 も, もきょう

▼ 羽張飛趙~ (2, 0.0%)

2 子龍

▼ 羽後山形~ (2, 0.0%)

1 の奥平家, の奧平家

▼ 羽微塵~ (2, 0.0%)

1 だ, となっ

▼ 羽打ち~ (2, 0.0%)

2 て啼かずなりたる

▼ 羽打つ~ (2, 0.0%)

1 へへへ, 雑魚の

▼ 羽抜鳥~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の肩そぼろ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 けかへし, け鳥

▼ 羽持っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て帰る

▼ 羽描い~ (2, 0.0%)

1 てあります, て何百円

▼ 羽提げ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て参った

▼ 羽搏きが~ (2, 0.0%)

1 きこえた, 通り過ぎてるの

▼ 羽摺れ~ (2, 0.0%)

2 に霧

▼ 羽撃つ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来たで

▼ 羽来り~ (2, 0.0%)

1 て枯葉, 屋の

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 の梢, の羽衣掻取

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 はピシャンピシャン, を数本

▼ 羽枯枝~ (2, 0.0%)

2 にとまっ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 を潜つて, を潜つて來

▼ 羽根づく~ (2, 0.0%)

2 ろいを

▼ 羽横さま~ (2, 0.0%)

2 に飛ん

▼ 羽樫鳥~ (2, 0.0%)

2 ゐたり

▼ 羽止つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐるの

▼ 羽止まっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 羽残っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 羽殖えた~ (2, 0.0%)

1 からあ, ぐらいはそれだけ

▼ 羽殺し~ (2, 0.0%)

1 てみた, 鷓鴣の

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 羽泳い~ (2, 0.0%)

1 でいた, で居る

▼ 羽浮い~ (2, 0.0%)

1 ていましたたい, て流れ

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 に沈みし

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 に並ん, 深裂

▼ 羽状葉~ (2, 0.0%)

1 ではない, を有し

▼ 羽画かれ~ (2, 0.0%)

2 其尻から

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 さ, は嘴

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 の中, の群

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 ひ行く

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 が銀色, は飛ん

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 並びに投槍, 飛ばして

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の中

▼ 羽美静~ (2, 0.0%)

1 と相識つて, などもあった

▼ 羽羽矢~ (2, 0.0%)

1 の靫, を番

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 なる水鳥, の鏃

▼ 羽虚空~ (2, 0.0%)

1 から巌, に丸く

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 け釜

▼ 羽衣譚~ (2, 0.0%)

1 では, は主人公

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 つた黒の, の紺

▼ 羽被った~ (2, 0.0%)

1 帽子も, 蛇も

▼ 羽趙雲~ (2, 0.0%)

1 などはなお, のふたり

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 を開い

▼ 羽遅れた~ (2, 0.0%)

1 小鳥の, 鳥が

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 の人びと, の山河

▼ 羽~ (2, 0.0%)

1 が吹かれ, つぐめり柳

▼ 羽雉子~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 羽離れ~ (2, 0.0%)

1 て惨め, の屋根

▼ 羽雲長~ (2, 0.0%)

1 が守り, の道

▼ 羽頂戴~ (2, 0.0%)

1 いたしまして, に罷り出る

▼ 羽飛び下り~ (2, 0.0%)

1 ざまに, て来

▼ 羽飛び出し~ (2, 0.0%)

1 て堤, て高く

▼ 羽飛ぶ~ (2, 0.0%)

1 ときも, ともう

▼ 羽~ (2, 0.0%)

2 に住む

▼ 羽鳴い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て行った

▼ 羽黙り~ (2, 0.0%)

1 がやがやと, 二羽黙り

▼1* [815件]

あげても移れ, 羽あずけておこう, 羽あったがそれ, 羽あつた, 羽あまりもいた, 羽あらふてわたる棹雁, 羽ありましても皆, 羽あるはまた, 羽あれば, 羽あわただしくたって, 羽あわてて向う, 羽いずこよりとも, 羽いたでしょうと云う, 羽いっぱいひろげること, 羽いつの間にか飛んで, 羽いつも父の, 羽いまも顔, 羽いましたね, 羽いま何処にある, 羽うずくまっていた, 羽うちつけぬ額づける, 羽うち碧き露, 羽うって来た, 羽うつ火映り見れば, 羽うらも輝き瀬の, 羽うるはしき, 羽うんだれど, 羽おっかなびっくりで土間, 羽おとさへ聞, 羽おとして死身, 羽おどろいたように, 羽おまえにやる, 羽おると変, 羽お寺の山, 羽かえったかまだ, 羽かけられてある, 羽かげ髷のみを出す, 羽かざりのある, 羽かすめ飛び交ふま, 羽かたまって騒い, 羽かってな方角へ, 羽かと思う蝶, 羽かはし掩, 羽かもがいてるのみ, 羽からの川の, 羽てくれた, 羽きましたよ, 羽きれぎれの, 羽くらいはあるだろう, 羽くらき若葉蔭, 羽くれェくれ, 羽くわえたり, 羽ぐくまれた自由の思想, 羽ぐくみ育てたの, 羽ぐくみもちて行かましもの, 羽ぐらいなもの, 羽ぐらいで大事な, 羽ぐらいな鴉に, 羽ぐらいになって, 羽ぐらいの雁が, 羽ぐわあと鳴いて, 羽けたたましい鳴声, 羽けたたましく啼いて, 羽こういう報告が, 羽ここに絵筆, 羽弾いて, 羽さっきからしきりに, 羽さっとどこからか, 羽さつと大きな輪, 羽さんらんとして見える, 羽さん大好きです, 羽て, 羽しきゃねえんです, 羽しずかに横切っ, 羽しとめることは, 羽くを以て, 羽すぐそばへ, 羽すぐりてこれ, 羽すなわち〇・一プロセントだけ, 羽すべりをし, 羽すらも払底に, 羽すり寄り大きいほう, 羽すんでゐました, 羽ずつで遊びに, 羽ずつと地道に, 羽ずつものアトリが, 羽せし淫れ, 羽そこを通り合, 羽そで軽く枯木, 羽そのうちとったら進呈, 羽その間に息, 羽それからその, 羽そろって洞庭, 羽浸す, 羽たたきしてしきりに, 羽たたきたれど早, 羽たたき火屋の中, 羽たたけり見ゆ, 羽たよりなげに, 羽だいじにし, 羽だけでもあるならば, 羽だけに暗褐色, 羽だけのものも, 羽だっても神様の, 羽だつて俺, 羽だに承知し, 羽だらけになった, 羽ちゃんと登場し, 羽ちやんと居, 羽ちょこちょこと前, 羽ちょんと伝っ, 羽ちよちよと鳴き, 羽ちよツちよツと旅人, 羽ってうち, 羽がへ, 羽つかまえてもどる, 羽つかまえた足を, 羽つばめ羽振疾, 羽つぶさしといたさかいあれ, 羽つぶして盛大, 羽つまった苦しさ, 羽つれ立って海, 羽づかいをし, 羽づつ夕空に舞つて, 羽づつ陣列を造つて靜, 羽づれでたった一羽, 羽づゝで遊びに來ます, 羽づゝ先達の鳥, 羽であろうと佐吉, 羽でございましたよ備前, 羽でしょうな, 羽でなくなるではない, 羽でなけりゃあいけますまい, 羽といふとも斯許早き, 羽として二四が, 羽とぞ飜る, 羽とだけに減って, 羽とて何ほどの, 羽とで九つ位も, 羽とともに散りこぼれる風情, 羽とまったくらいである, 羽とまりまた一羽, 羽とまれば, 羽とりのこされた雄鴨, 羽とれましたから御礼, 羽と共に二夫人を, 羽どっちが理, 羽どまりでその, 羽どれがその, 羽なければ空, 羽なぞ落ちて, 羽なぞが飾って, 羽なぞを探し回るやら, 羽など卑俗な, 羽などで昆虫の, 羽などという雑兵に, 羽なども張飛を, 羽などをあしらって, 羽ならす蜂あたたか, 羽ならではよく, 羽において一部隊だけを, 羽についてはジヨヴァンニ彼と, 羽につき一人を, 羽にとっては思うつぼで, 羽になつたのに, 羽にまで及んだ, 羽にまでも近づいて, 羽に対する士愛と, 羽ねぶとん, 羽のこすことなく, 羽のこってかあ, 羽のこってるんだ, 羽のこればその, 羽のてふ揺れて, 羽のべに雀, 羽のみでなくその, 羽のんきにブラ, 羽はずつと下の, 羽はたはたと羽ばたい, 羽はっと薫るの, 羽はにこと笑っ, 羽はり去りに, 羽ばかしの雀が, 羽ばかりが一点二点真赤な, 羽ばたりと落ちるん, 羽げを, 羽ひつそり帰る, 羽ひとりをお, 羽ひらきたるま, 羽ひらひらと舞込ん, 羽ひらめいてゐた, 羽ひらり羽根を, 羽ぴょろぴょろ鳴きながら, 羽は, 羽ふくよかなる地鶏, 羽ふっと話題を, 羽ふところに入れ, 羽ぶきゆくを, 羽ぶきゆくありそが, 羽ぶき澄む浅間の, 羽ぶき鳴く鴫誰が, 羽ぶく音だに, 羽ぶらさげて帰つて, 羽ぶら下げて居る, 羽ぶるひをする, 羽ほしいものだ, 羽ほとんど丸焼に, 羽ほどと鴛鴦も, 羽ぼつたい綿, 羽まさか風が, 羽まじっている, 羽まじりたり, 羽まだバタバタして, 羽までは死にましたが, 羽までもしいて, 羽まひ下りる, 羽むしの死骸, 羽むやみに爪, 羽もう蛇に, 羽もつれて飛ん, 羽もつれた夫婦の, 羽もとめて帰途, 羽もどきに小生, 羽ものひよっこが, 羽ものものしげに低く, 羽やって来ていかにも, 羽やつと芽, 羽やろうかな, 羽ゆるい羽音を, 羽らしく柔らかそう, 羽わが家の庭, 羽ゐるきりな, 羽をかはしてと, 羽ガラス調子のよい, 羽キキと鳴い, 羽ギャアギャア鳴いて, 羽ジャガタラ雀という鳥, 羽ッ孫乾ッはやく張飛, 羽ツイと縁近く, 羽ツブして, 羽ナリ元禄十一戊寅三月一鶴死ス里人公庁ニ訴ヘ令シテ下吉田, 羽バタリと落ち, 羽パッと来, 羽ピンと翼, 羽ピーヒョロヒョロとまって, 羽プールの中, 羽ロックがやって来, 羽ヶ岳北方の小, 羽ヶ淵へずぶずぶ, 羽一人はここ, 羽一個の意, 羽一円ずつで仕入れ, 羽一名を供, 羽一斉に皆, 羽一杯の酒, 羽一生懸命にやっぱり, 羽一羽ひねりつぶすから, 羽一羽変化の妙, 羽一羽籠の中, 羽一遍に引き揚げた, 羽一銭の値打ち, 羽丁度お誂え, 羽七十円のセキセイ, 羽七面鳥も春, 羽三十九年三月に台湾, 羽三十羽まさか風, 羽三羽五六羽総勢すぐって, 羽三羽五羽と飛ばなく, 羽三羽何かついばむ, 羽三羽四羽村をすて, 羽三羽枝遷りして, 羽三羽雀垂穂の野, 羽下界の騒ぎ, 羽中務丞の兵八百, 羽中洲の方, 羽二三町隔った砂浜, 羽二十羽が夜霧, 羽二十羽三十羽まさか風, 羽二國に及んだ, 羽二百羽一度に聲, 羽二篇は実に, 羽二羽ここに絵筆, 羽二羽三羽と續, 羽二羽三羽五羽と飛ばなく, 羽二羽三羽四羽村をすて, 羽二羽楽しみに飼う, 羽二羽海鳥がギャア, 羽二重のは何, 羽二重兩刀を少し, 羽二重切下げ髪という拵え, 羽二重団子がアンポンタン, 羽二重娘は黄八丈, 羽二重小袖献上博多白地独鈷の角帯, 羽二重絹地のほか, 羽云ってくれ, 羽五六十銭はする, 羽五六羽総勢すぐって, 羽五十哥づつで引き取る, 羽五十銭宛で東京, 羽五羽一斉に皆, 羽というところ, 羽し張飛, 羽亡霊は敵討ち, 羽交いに抱きかかえる, 羽人混みの中, 羽今日東嶺関をこえ, 羽以下二十余人の従者, 羽仰向けにし, 羽企爾磨梨他毘邏而陀, 羽休んでゐる, 羽伴侶もなく, 羽伸す形し, 羽ずんで, 羽位ひつかまへられ, 羽低く舞って, 羽かついばむ, 羽何一つ彼の, 羽余りの小鳥, 羽て一羽, 羽の鴉, 羽俚称三ツヶ谷の頂上海抜四〇九〇尺, 羽に映つ, 羽の包囲陣, 羽をさしかけ, 羽光りて飛びゆける, 羽兎百五十九頭ラビツト十三頭であつ, 羽児争打各成群, 羽入れたっていい, 羽入手し得べしなど, 羽兩國間の交通, 羽八九羽どれがその, 羽八十銭位ですから, 羽共元の所, 羽を形成, 羽と斜, 羽函嶺の夜路, 羽分以上は脂肪, 羽切りで, 羽別のが鳴い, 羽利きになつたや, 羽加瀬と山内, 羽十二円牛乳一合六十銭靴一足三十円という, 羽十五円出さ, 羽十円以上かかりますから, 羽南線と同じ, 羽去勢して, 羽友達が出, 羽取りて, 羽取りましたがのうし, 羽取出してそこ, 羽に巣材, 羽可愛いのが, 羽将張飛, 羽右将軍張飛だけを両側, 羽向いあったような, 羽に一寸, 羽含まうとする, 羽含み孵した家鴨の, 羽含み育て朝に, 羽含んでくれた, 羽哭いて復讐, 羽唸りに似た, 羽啄んでいた, 羽啼きてゐる, 羽喰わせるつもりか, 羽は徴, 羽嘲ってくれい, 羽嘲るがごとく, 羽に咬, 羽四五羽の遊離群, 羽四五羽烏が啼いた, 羽四十銭五羽で二円位, 羽四羽憤怒の皷翼, 羽四羽村をすて, 羽四羽高調子で互に, 羽図案化されて, 羽国境の山巒地方, 羽圖案化されて, 羽團扇のよう, 羽の風車, 羽堅くして, 羽をそろえ, 羽売ってもらおう, 羽売らないかと言, 羽変化の妙, 羽夕顔が開く, 羽外科の療治, 羽に鳴い, 羽羽少, 羽大きな牝鶏が, 羽大声で鳴き, 羽大将軍のお, 羽大谷が七羽, 羽太鼓を抱く, 羽の木立, 羽婀娜にすっきり, 羽子爵が半, 羽孫乾は屋外, 羽孫乾車のわ, 羽安藤老蕗, 羽に浮い, 羽宝冠に鮮, 羽の内, 羽宿の裏手, 羽寂しい声を, 羽寄りつかなくなるに決まっ, 羽寄り添ひ青瞳, 羽そうに, 羽寒ざむと鳴い, 羽寺沢の両氏, 羽射とめたのだ, 羽将軍そこにお迎え, 羽将軍何事か, 羽将軍待ち給え, 羽小刻みに縁, 羽小屋へ十二時間, 羽小首を傾げ, 羽羽衆桎が, 羽少し先の, 羽を振っ, 羽てそれ, 羽居たのだ, 羽居るのを, 羽届けろって電話, 羽屋根の集落, 羽の背, 羽山津美の神, 羽の処, 羽などの諸, 羽州三春に産せり, 羽州最上にあらせられし, 羽州最上川の岸, 羽州秋田常栄院尊竜, 羽州秋田ニハ至テ大ナルモノアリ, 羽州秋田近海へ碇泊, 羽州秋田阿仁の銅山等, 羽州羽黒山のふもと, 羽州鎮護のため, 羽巣立をし, 羽左さんの失態, 羽左衞門尾上菊五郎河合武雄喜多村緑郎の方, 羽差し出さなければならない, 羽帰って行く, 羽帰れば, 羽み打つ伏す凄, 羽平らげ只今また, 羽廃園のエルム, 羽く聲, 羽が五色, 羽引つ縊つて一遍に, 羽張神は, 羽張飛らもあいそ, 羽張飛孫乾の輩, 羽張飛趙雲黄忠馬超などの五虎, 羽張飛馬超黄忠, 羽当てがつた, 羽後人某の報告, 羽御厩や将門領地, 羽御厩別当多治経明, 羽御社神司馬来田主, 羽志主水氏の, 羽濤の, 羽にそこ, 羽怪しからんぞ, 羽悠々と輪, 羽悲しげに唖々, 羽慌ただしく飛んで, 羽憤怒の皷翼, 羽或はまた風に, 羽戸口から這入っ, 羽戸惑いして, 羽扇綸巾膚寒み, 羽扇綸巾風輕き, 羽扇藁細工のかご, 羽いた, 羽打ち振れば, 羽打つたのでそして, 羽打連れ歸る, 羽折って既に, 羽折る黒き大, 羽折れてる野薔薇の, 羽抜鳥卒然として駈けりけり, 羽抜鳥身を細う, 羽抜鶏吃, 羽抱え込んで跣足, 羽抱きかかへた時は, 羽抱きかかえた時は, 羽拾うてきた, 羽持つて來, 羽をすぐ, 羽振く鷹いさぎよし, 羽振っていう人, 羽振らばひ, 羽振る沖つ, 羽捌きの微妙さ, 羽つて大に, 羽捕ったのと, 羽捕らわれたという話, 羽掻ひじめにし, 羽掻也僕にあり, 羽掻攻めにされ, 羽掻絶間なく明け, 羽掻責めにし, 羽揚羽黄と白, 羽搏きがそこを離れ, 羽搏きが裏口を掠めた, 羽搏きが近くに聞こえた, 羽搏つてゐた, 羽搏イテヰル不明ノ顔, 羽するごと, 羽撃きが心の中, 羽撃ち止めるということ, 羽撃ち落した事さえ, 羽擦り合せる樹の, 羽擦り寄り庭つ, 羽攫み出して空籠, 羽放してある, 羽が減っ, 羽数セント鯖に似た, 羽はずんば, 羽斎武田信玄の家臣, 羽料理して, 羽寮の, 羽施術しても, 羽日記が良子刀自, 羽易娘子等を同, 羽易山の中, 羽の鴉, 羽春茶楼だの四馬路, 羽をり, 羽時々そのあいま, 羽時雨の中, 羽頃の, 羽の津, 羽木菟叉枝低に, 羽本心刀流の妻方謙寿斎, 羽朱塗のお, 羽束造という氏族, 羽束部と書く, 羽来ってこれ, 羽来らば, 羽果たして予の, 羽枝遷りして, 羽枯残りたる蓮, 羽の精鋭, 羽柴勢が一斉, 羽根毛蒲団にふっくり, 羽根田村に身貧, 羽梅花を渡るう, 羽梧桐の葉かげ, 羽棲んでゐる, 羽椿に四五羽, 羽楽しみに飼う, 羽槌雄の, 羽のご, 羽にずらりと, 羽の方, 羽檄四方に飛び, 羽檄旁午の間, 羽檜葉を揺すっ, 羽止ったかという数, 羽止まってないている, 羽止めてくれる, 羽歩いている, 羽歩行いて, 羽歴然と屋根に, 羽死ぬとかいう話, 羽残つてゐた, 羽残らず夜の, 羽残らず帰ったそうである, 羽残らず立って行っ, 羽殖えて雄鶏共, 羽殺せば必ず, 羽毛利又右衞門, 羽の隙, 羽民国の人, 羽気まぐれに浮いた, 羽気忙しく飛び廻つて虫, 羽気楽そうにひらひら, 羽の面, 羽水の上へ低く, 羽水上に舞, 羽求めて来さし, 羽池田伊賀などといふ家老達, 羽沢根生の人, 羽波岐神社北秋田の七座神社森吉神社等, 羽流されて来, 羽流れてゆく, 羽流奥義の正眼崩し, 羽流威嚇のもと, 羽流正眼くずしの, 羽浮んでいない, 羽海鳥がギャア, 羽淋しそうに, 羽淋しい啼声を, 羽へて, 羽に黙, 羽減つては淋しい, 羽の方, 羽源氏へ下された, 羽の如き, 羽漆喰細工で塗り上げ, 羽潰れた儘に, 羽点々と白い, 羽烏羽揚羽黄と白, 羽氣味に, 羽の山, 羽獵賦を奏した, 羽玉色の黒髮, 羽王者のよう, 羽瑪瑙の如き, 羽生え時を, 羽生えん秋の, 羽生きのこりのカナリヤ, 羽田鴫十三鶉十五羽鴨が三羽, 羽留ってチイ, 羽の間, 羽疵所を浸し, 羽ゆさ, 羽痩せほそつたの, 羽白羽のとがり, 羽白頬の黒頭, 羽百三十二号という米, 羽同じ方向, 羽盗まれた弥助さんと, 羽盗んだもんで, 羽目白鳥が鳴いた, 羽集め暇さい, 羽相対して, 羽眠ったやつを, 羽眩く翼を, 羽に這入らぬ, 羽に銘仙, 羽矢銛一つ持たずに, 羽硝子笛を吹い, 羽祭壇の上, 羽禮須多院, 羽秀林院様へ献上, 羽には他人, 羽程の値段も, 羽突いて見せ, 羽立ちぬこもりたらしも, 羽立っていた, 羽立木にとまっ, 羽笑えば恵比寿, 羽でそれ, 羽筆読み方と算術, 羽筑後守昌幸は沼田, 羽籠ごと求めて, 羽紅夫婦をとめ, 羽紅女の剃髪, 羽をえがいた, 羽紙帳へ停まったらしい, 羽の裏白蝶, 羽組緒多くつけたる, 羽絞めで落し, 羽統そつ者が居, 羽絶壁から絶壁, 羽続けて水, 羽総勢すぐって, 羽緩く羽を, 羽縁先から病室, 羽縒れて羽ばたく, 羽縛りつけてあつ, 羽縦横に飛ん, 羽の, 羽織り込み頭に, 羽織地だからね, 羽美しいかごに, 羽美しき森の, 羽美衣も晴れやか, 羽美静らの平田派, 羽美静氏のです, 羽美静池村邦則小川一敏矢野玄道巣内式部らであった, 羽美静税所敦子小池直子松の門三艸子橘東世子松波資之小出粲中村秋香賀古鶴所与謝野寛同晶子, 羽美静翁が半, 羽群れた岩燕であった, 羽羽掻をすくめ, 羽羽搏きを, 羽羽毛を風, 羽翅締めの身, 羽翔け去っただけな, 羽翔んでいた, 羽翡翠を銜えた, 羽の裏, 羽翼霧を拂つて錦葉, 羽の傍, 羽聯絡の通, 羽の肩, 羽職袴をつけ, 羽にかけて悠々, 羽育みながらじっと, 羽背負つて来たのせえ, 羽這って, 羽自身も忘れ, 羽上ったの, 羽舞い下って来た, 羽にとまっ, 羽船ばたに, 羽色のが生れる, 羽色等について委しく, 羽というの, 羽茶漬け三杯残らず食い終わっ, 羽菅原道真加藤清正である, 羽菫外線に灼け, 羽落した以外に, 羽落ちるように, 羽をさしかけた, 羽に触れ, 羽を飛び出でぬ, 羽蒲元などいう, 羽蒲団綿蒲団藁蒲団何にでもきまった, 羽凝りて, 羽は固, 羽に痩せ衰えた, 羽が二種類, 羽蟲來襲ふ, 羽衆桎がある, 羽と出, 羽衣傳説とを結び合せ, 羽袖うちふる鶻隼, 羽せる根生葉, 羽裂葉を四方, 羽裏庭の芝生, 羽複数の時, 羽見えない海だった, 羽見えなくなっちまったんです, 羽見えるだろうそれどう, 羽見つければ翼, 羽見るからに猛々しい, 羽ながら寒い, 羽の目, 羽にも散り, 羽を飛, 羽詰った苦しさ, 羽が四匹, 羽貯水池の蘆間, 羽ひうけた, 羽貴公と関平, 羽貴様もよく, 羽買い蜜柑も, 羽買うと小勢, 羽買えるだけのお銭, 羽買山ではなし, 羽赤い口ば, 羽足らんようじゃ, 羽足りなくなっている, 羽跳び出して来, 羽踊りのある, 羽軽し涼風の, 羽追っかけて来, 羽逃げ込んだのが, 羽逃したと庭, 羽連れ立っていた, 羽連峰等飛んで, 羽遊びに来, 羽遊んでい, 羽遣って来た, 羽邸通いはやめました, 羽野口五郎烏帽子蓮華などの諸, 羽金泥の上, 羽金色の羽, 羽銀杏の枝, 羽銀翼を張つて, 羽長い頸を, 羽の山脈, 羽間違ひは, 羽関平以下五百の将士, 羽という海岸, 羽隠れてゐ, 羽雀垂穂の野, 羽であったと, 羽雄鶏が苦し, 羽集ると猥雑, 羽雌四羽として二四, 羽雌鷄を置く, 羽電線の上, 羽霜田かすめて, 羽に昇つ, 羽静かに翼, 羽頬冠でも為さう, 羽の上, 羽にふきながされる, 羽するところ, 羽飛ばしてやれ, 羽飛びちがひたる模様ある綿入, 羽飛び交していた, 羽飛び出て藪雀, 羽飛び廻っていた, 羽飛び立ち烈しい声, 羽飛両雄の馬蹄, 羽飛出したのか, 羽食ってしまった, 羽つたこと, 羽飼おうかと思ってる, 羽飼養して, 羽を垂れ, 羽首尾ようして, 羽馬の脚の間, 羽高い高い空に, 羽高慢らしく胸, 羽高調子で互に, 羽が羽, 羽のやう, 羽鳴きながら飛び交わし, 羽鳴らして虫飛びゆけり峠, 羽鳴りがその, 羽が風, 羽が三羽, 羽鶏頭が庭, 羽の羽, 羽黄いろい首を, 羽黒く飛んで, 羽黒部五郎双六槍穂高乗鞍御岳と続き, 羽鼠一ぴきも見あたりませんでした