青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「義雄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

群れ~ 群衆~ ~群集 群集~ ~義 義~ ~義務 義務~ ~義理 義理~
義雄~
~羽 羽~ ~羽織 羽織~ ~翁 翁~ 翌年~ 翌日~ 翌朝~ 習~

「義雄~」 2424, 26ppm, 4452位

▼ 義雄~ (1133, 46.7%)

29 お鳥 27 それを 26 自分の 11 思つた 9 これを, 心で 8 考へた 7 弟の, 氣が 6 女の, 氷峰に 5 かう云, それが, それに, 獨り, 答へ, 答へる 4 かの女, 勇の, 渠に, 猪口を, 自分が, 身づか, 非常に

3 [19件] さう, そこへ, そこを, 一方に, 今思ひ出した, 北劍の, 口を, 妻の, 微笑した, 思つてゐる, 思ふ, 敷島の, 斯う, 有馬の, 机に, 氷峰の, 目を, 筆を, 自分に

2 [54件] おもて, お綱, かう云つて, この頃, これが, そこに, そこの, その意味, それで, またかの, インバネスの, 一喝し, 下の, 不斷, 二階へ, 云つてやりたかつた, 云ひ, 他の, 例の, 冷かす, 初めから, 受けた, 受けて, 大野の, 天聲の, 岸本の, 手を, 敷島に, 曾て, 横を, 氷峰を, 渠の, 渠を, 渠等に, 火鉢に, 相変らず, 眞面目に, 私かに, 笑ひ, 第一, 紙入れから, 素直に, 繼母の, 自分で, 蔭で, 言葉に, 言葉を, 誰れ, 讀んで, 部屋の, 郷里の, 階下へ, 顏を, 鶴次郎に

1 [765件 抜粋] あざ笑ひ, あたま, あたりへ, あの歡迎會, あの百姓馬子等, あやまる, あツ, いつどこ, いつに, いつもの, いつも推察, いづれ脚本, いや, いよ, いろ, うなずきました, おのれの, お綱さん, かう千代子, かう心, かう應, かう言つて, きかぬふり, きつい尖つた, ぎよツとして, けろりとし, こちらへ, このあり, このに, このやう, この中斷, この二人, この場, この寒い, この最後, この洋服, この男, この種, この誘惑, この釣り橋, この電報, これで, これに, これまでにも, これも, こんな大, こんな歡迎會, さし向, さし控へて, じろりとかの, せい, せめて一年, そこまで, そとへ, そのこと, そのそば, そのハガキ, その中, その他の, その入院料, その實際, その弟, その後川本が, その後會は, その態度, その手紙, その日それ, その時, その時生憎留守, その月, その理由, その病院, その笑, その辯解, その近, その重い, その金, それから, それと, それには, それツ切りに, それ以上の, そんなあり振れた思はせ, そんな患者等, そんな興, そツと, ただかの, ただ一瞬間, ただ眞面目, たツ, ついその, ついぞこの, つづけて, つひに, どきつく胸, どこかで, どこへでもかの, どんなこと, なつかしい思ひ, なほお, なほ無言で, のぼせた樣, はしごの, ぱツと, ひそかに, びんの, ふところへ, ふら, ほほゑみ, まざ, ます, またお, またここ, またそれ, また人, また女, また心, また有馬, また東京, また汽車賃, また目, また直ぐに, また自分, また鳥打ち帽, まだどちら, まだねむ, まだ來, まだ未練, まだ鑵詰, むかツ, もうそれどころ, もうどこ, もう女, もっと東京, もと耶蘇教信者, ゆうべの, ゆふ, よく知つて, わけも, わざとおだやか, わざとゆツくり煙, わざと何氣, わざと冷かし, わざと斯, わざと落ち, アイノの, インバネスを, ズツクの, チヨツキの, マオカの, メール社の, 一しほ, 一二年前國府津で, 一向浮かない, 一日の, 一日家に, 一生懸命に, 一種の, 七八年來學校宴會旅行などにも, 三たびぎよツと, 下を, 不意に, 不調和な, 中を, 久し振りの, 之を, 二人が, 二階を, 云つた, 云つて天聲は, 云つて實は, 云つて筆戰上の, 云つて繼母に, 云ふ, 井桁樓へ, 今からも, 今まで, 今一文, 今一方, 今夜の, 今更らの, 今見, 仕かたないの, 仰向けに, 何か, 何げな, 何でも, 何も, 何故に, 何氣なく, 信州に, 傘なし, 先ず節子, 先づ, 先づその, 先づ笛村を, 全く好まない, 全く孤立, 全く虻蜂, 全體碁, 八疊の, 兼てさ, 再び, 冗談に, 冗談を, 冷淡に, 冷淡を, 出ようと, 出口に, 分らないでは, 切つ, 別にそれ, 別にまだ云, 劔突くめいた, 力を, 加藤に, 加藤を, 加集と, 勇から, 勇と共に, 勇よりも, 勿論大野, 北海實業雜誌に, 北海實業雜誌社へ, 北海道の, 北海道は, 千代子の, 千代子を, 半分独語の, 南三條西七丁目の, 卷き烟草, 卷き納めたの, 卷煙草を, 原稿の, 原稿料のかは, 友人と, 友人の, 受け取つた, 受け流した, 吉原の, 同じ家, 向うに, 向うの, 呑牛に, 呼んだ, 喰ふより, 嘲弄の, 困つたといふ, 坐つたまま, 堅い物, 堪らなくな, 夏以來の, 外出も, 外套を, 多少心, 多少忿懣, 多少考, 多少自分, 夜ぢゆう, 大通りなる, 天聲が, 天聲に, 女を, 如何にもそれ, 妻子を, 娘に, 嬉しさうに云, 宗派化した, 客の, 家から, 家名を, 寂しい微笑, 寂しく感じ, 寶丹を, 封書に, 小用に, 小百里, 少しあふ向い, 少しいや, 少しむかつい, 少しも, 少し反抗的, 少し眞面目, 川崎に, 巡査にも, 左近, 平氣, 年を, 座に, 座蒲團を, 建物の, 引かれた, 引き受けて, 弟に, 後ろ向きに, 得意に, 微笑し, 微笑に, 心を, 心安立てに, 心配させない, 忽ち險, 怒りの, 思はずぎよツ, 思はずまた, 思ひ出さずには, 思ひ出しながら, 思想上蛇を, 想像する, 愛宕下町の, 慣れない蚊屋, 憤慨した, 憤慨する, 應じなかつた, 應接室の, 成るべく當りさはり, 或夜巖, 手帳を, 投げ出す樣, 持つて, 握りこぶしを, 放浪の, 教師に, 敵の, 新しい住居, 新藏, 旅かばんを, 既にお, 早く汗, 早く茶道具, 明け放つた部屋, 明らさまに, 昔では, 春雄のわさ, 昨夜も, 時刻を, 晝間だけは, 暗に自分, 暫く厄介, 暫らくただ, 更に言葉, 最も深く, 最後の, 朝夕お, 朝晝兼帶の, 木石に, 未だ全快, 本郷の, 札幌へ, 東京から, 東京に, 東京の, 校正の, 棒立ちに, 樣子を, 横に, 樺太で, 樺太の, 機嫌が, 次ぎの, 歸つて行く, 歸京する, 殆どがらんどうに, 毎日の, 毎晩の, 氣に, 氷峰と, 氷峰について, 決して新ら, 泉太の, 注意する, 浦河支廳の, 渠から, 渠等の, 演奏藝術に, 無言で, 無遠慮ながら, 無駄だらう, 然しあまい, 然しもと, 然し共々, 爐ばた, 父の, 獨りで吹き出し, 珍らしく, 用事あり, 申しわけに, 異樣, 痛切に, 百面相の, 目前實際の, 直ぐありのままをぶちまけてしまつた, 直ぐその, 直ぐそんな, 直ぐ獅子, 眞底から, 眞面目の, 眠られない, 知つた, 知己を, 社長を, 秋夢が, 秋夢の, 立ちあがつた, 立ちあがつて, 立ちどまつて, 立つて, 笑った, 笑つた, 笑つて, 笛村に, 筆の, 答へて, 紙入れを, 組み敷かれて, 縁がはに, 繁の, 老人を, 考へながら, 考へる, 聽い, 聽き流す, 肉に, 胸を, 腰が, 腰を, 腹で, 自分でも, 自分ながら, 自分なる, 自分にも, 自分も, 自分を, 自分以外の, 自分自身の, 自慢な, 至るところ, 興ざめた返事, 芝公園に, 若し自分, 苦しい微笑, 苦笑ひし, 薄いかけ蒲團, 薄野を, 蟹の, 行つて見よう, 行つて見る, 袖で, 西舍の, 見とめて, 見送りに, 見送りを, 觀じた, 言って, 詰らないと, 話に, 語つた, 語つてもとの, 謙遜し, 讀むの, 變な, 貞子に, 起きあがり手早く, 起き上つて, 踏みと, 身の毛が, 車で, 輕く, 輝子を, 辯明した, 返した, 返事を, 迷惑さうな, 途中から, 通りの, 達して, 遠藤と共に, 遠藤によ, 酒臭い, 金ぶち, 長くゐれ, 陸軍演習參觀から, 階下から, 障子を, 險ある, 雨中にも, 青黄または, 靜かに, 非常手段として, 靴を, 頬を, 頼母し, 顎で, 風呂敷包みの, 食膳代用の, 飽くまで念, 驚いた, 默つてちよツと, 默つて廊下へ, 默つて這入り

▼ 義雄~ (350, 14.4%)

7 あたま, 方へ, 方を 6 顏を 5 心に 3 あたまに, 下宿へ, 弟が, 心には, 方から, 耳には, 胸に, 胸を

2 [19件] からだに, ことを, そばに, 主張する, 今の, 前に, 妻に, 家の, 左り, 心では, 心は, 心を, 手を, 手紙を, 方からも, 方に, 肩を, 胸には, 話は

1 [256件] あとから, かな臭く, ぐづ, この言葉, こは, さしたコツプ, そばへまは, ところへ, なじみだ, なじみも, まだのぼせ, むしやくしやした, やうな, やうに, よく知つて, わきへ, ゐないの, ゐるのに, ベンチと, 一本立ちのをの, 下宿に, 下宿にと, 下宿には, 下宿を, 世話で, 事業である, 事業に, 事業の, 云ふところに, 亡くした父, 亡友で, 人生觀並びに, 仙臺遊學時代の, 代に, 代理として, 住居の, 兄夫婦の, 先づぎツくり, 兩手に, 兩手を, 兩製造所の, 出か, 出て, 出發する, 出發間ぎはの, 分だけ, 初めて札幌並び, 初節句の, 判斷では, 別な, 到着した, 刹那主義を, 前で, 勝ちで, 千代子と, 占領する, 友人から, 友人たる, 友人加集泰助で, 友人間では, 叔父さんと, 口には, 古い同窓, 古い感化者, 叫びが, 右から, 名義で, 向つて, 味方にな, 唯一の, 困つたこと, 困る樣, 國家人生論的神道の, 声が, 声で, 声は, 失敗も, 失敗を, 女房では, 好きな, 妹二十三歳, 妻の, 妻子供などを, 子供嫌ひなのを, 孤立的な, 安心出來ない, 客では, 室と, 室にも, 家で, 家へ, 家族が, 家族二人の, 寢て, 實母の, 居るところ, 左から, 弟から, 弟の, 弟は, 強みを, 待遇の, 心が, 怒った声, 怒りと, 怒りは, 思ふ存分, 惡口を, 想像では, 意を, 愛が, 感服し, 態度は, 所爲である, 所謂刹那の, 手に, 手は, 手帳に, 手帳には, 承知し, 持論として, 放浪的諸計, 教授振りに, 文句通りを, 文學上に, 新説と, 方で, 旅行事件から, 書いたの, 書齋が, 書齋や, 最も多く, 最も嫌ひなこと, 最近殆ど, 未練から, 本妻の, 本心から, 机に, 枕もとに, 横ツ腹を, 横顏へ, 樺太に, 樺太談や, 歡迎會が, 歡迎會に, 歸り, 歸京費を, 歸宅する, 気質には, 氣に, 求めて, 江戸から, 汽車は, 注意を, 浮かない顏, 激動した, 無謀に, 照會に, 熊度が, 熱心が, 熱心な, 燃えるやう, 燒き持ち, 猪口にも, 玉と, 現事業地, 現在には, 現在の, 現在は, 現在も, 生れない時, 生命だ, 生存競爭を, 生活費送金の, 申しわけが, 留守に, 留守を, 白は, 白へは, 百點は, 目あては, 目を, 直接に, 相談相手に, 眠りは, 眼が, 知つてゐる, 知人間また, 神經に, 立脚地に, 第三詩集中, 紹介も, 總領むす, 繼母が, 繼母に, 繼母の, 繼母を, 考えとは, 考えは, 考へでは, 考へは, 耳と共に, 耳に, 耳は, 聲を, 背中にと, 胸で, 胸の, 腹の中と, 若い時, 苦痛だ, 英語教師は, 衣物を, 袖に, 袖を, 見出しには, 視線と, 親しみある, 親友で, 言を, 言草が, 言葉を, 言葉通りうまく, 計畫, 詩集と, 詩集を, 話が, 話し出した牧草, 話の, 話を, 説に, 談話筆記, 論敵こそ, 起きたり, 趣味でも, 跡に, 追求の, 通り過ぎた跡, 遲い, 部屋から, 部屋には, 部屋の, 重苦しい心, 野心を, 銀時計を, 鋭い顏, 鑵詰談, 長談議, 隨行承諾に, 電報並に, 非難も, 顏いろ, 顏から, 顏に, 顔は, 餘り

▼ 義雄~ (216, 8.9%)

6 言った 5 お鳥 3 かの女, そこを, それを, 有馬の, 自分の 2 さきに, 大野の, 持つて, 樺太に, 目を, 直接に, 筆を, 答へ

1 [174件] あが, あすの, あちらへ, あはれに, いやな, がらす戸, この紅葉, こんな風, さり氣, そこへ, その前, その相談, それとなく見, ついて, どんな小説, なほ探し, ひやかすと, ふと惡, ふと氣, ふり向くと, また義雄自身, また耳, まだ一ぴき, まだ坐らない, やつて, わざとらしくにや, インバネスを, 一度女, 一時大野の, 万々一死刑を, 不思議さうに口を, 不思議さうに聽く, 二つとも, 云つた, 云つたのは, 云つても, 云はれた, 云ひ, 云ひかける, 云ふ, 云ふと, 人に, 今囘, 今度は, 今度鹽山の, 仙臺に, 以前當地に, 住む家, 何か, 何年か, 來る, 停車場へ, 催眠術の, 先き, 先づ聲, 冷かした通り, 出ようと, 出發, 出發前, 初めて尋常, 初めて面會, 別な, 副業として, 勇の, 勝ちを, 勝つた, 原田老人に, 友人なる, 取つて, 受けた, 受け流すと, 口を, 外出した, 多大の, 多年生活に, 天聲の, 妻を, 娘達の, 家族を, 宿屋の, 小學校, 小樽から, 島田の, 帶廣に, 常に見慣れた, 心配し, 忠告した, 念を, 思つてゐた, 思ひ起すと, 手綱を, 批評した, 斯う, 既に知つて, 昔在, 昔自分の, 時々氣, 書いて, 曾て, 最も多く, 札幌を, 机の, 村松を, 来り身上相談, 東京で, 松本に, 樺太巡遊中に, 次に手紙, 歸つて來た, 歸つて來たら, 歸京と, 氣に, 氣を, 氣味惡さうに立ちどまる, 氷峰から, 氷峰に, 氷峰を, 注意する, 深く疑, 湯から, 照會した, 熱心に, 爐ばた, 爐を, 父に, 甲州からの, 白地の, 眞面目に, 眼を, 知つてゐる, 知らせを, 知らない人々, 突き出した紙面, 立ちあがると, 立ちかけると, 第一, 答へて, 經濟學を, 聲を, 聽い, 胸おもく, 自分から, 蝙蝠か, 行き合, 行くつもり, 見せて, 見て, 見舞ひ, 言うには, 言出した, 記憶し, 語るの, 諸方を, 讀み殘, 責める樣, 躍起に, 車中を, 這入つて, 遠藤から, 郷里の, 醉つてゐ, 重い眼病, 銘仙の, 鏡に, 隔意を, 雨滴れ, 面白い逸事, 音樂倶樂部の, 頭上を, 首を, 首ツ玉の, 黒を, 默つて行き過ぎる, 默讀し

▼ 義雄~ (112, 4.6%)

10 向ひ 3 取つて, 向つて, 對する, 會ひたいと, 猪口を, 語つた 2 對し

1 [82件] うち明けた, お鳥, かじりついて, さしお, するか, せがんで, だツ, つツ, また郷里, よく分つ, よく分つた, わざわざ頼み込ん, 一つ買つて呉れい, 一度遊廓を, 三ヶ月前に, 上野で, 不審を, 与えました, 会った, 伴はれ, 何事も, 來た, 促が, 促され村松, 冗談半分で, 出した印材, 別な, 勸めた, 取って, 取りて, 取りては, 向け, 向けて, 向つて云つた, 多少の, 平氣, 後藤遞相隨行中の, 忠告した, 思はれた, 投げつけた, 投げつけ泣き出しさうに顏, 押しつけて, 摺りつけて, 改まつて云つた, 改まつて紹介, 新らしい, 早く來, 昔を, 最も多く, 東京の, 添は, 渡し, 申しわけが, 申しわけを, 當てが, 相談すれ, 禮を, 移された病氣, 空虚を, 立ち話を, 紹介した, 考へられた, 聲を, 見せ, 見せた, 見られて, 言った, 言われて, 託した調査事項, 訴へる, 語つたに, 語つてきかせた, 語つてゐる, 説明し, 説明した, 讀めた, 貸した, 贈った, 起らないでも, 限らず車中, 随い, 飽きが

▼ 義雄~ (112, 4.6%)

3 一緒に, 自分の 2 お鳥, かの女, 亦自分, 氷峰の, 渠の, 渠等と

1 [94件] あつた, あの可愛い, おつき合に, おとなしく受けた, この神經, これを, そのそば, その云, その方, それが, それに, それは, それを, それ以上は, ただじ, とこに, なか, はたから口, はね起きる, よく承知, キユウを, 一度前, 一度連れ, 丁寧に, 二階に, 亦うつ向いた, 亦お, 亦これ, 亦そんな, 亦坐わり直した, 亦感心, 亦棄て, 亦負けない, 共に歸路, 初めから, 原稿が, 口を, 喜ぶところ, 坐り直して, 多少氣, 大野の, 天聲の, 女もしくは, 客について, 少からず, 帽子を, 引き受けた龍土會, 強ひ, 待合室の, 微笑し, 微笑を, 心配さう, 思つた, 急いで, 惡く, 想像出來た, 手早く洋服, 手早く革鞄, 推察し, 日に, 景氣づい, 殘忍な, 氷峰から, 氷峰もね, 渠について, 然し吹き出す, 父が, 疲れたから, 瞰みつけ, 知つ, 知つてる, 笑つてゐる, 笑ひ, 笑ふ, 答へ, 聽いてた, 自分で, 自然に, 臺に, 言った, 語らなかつたが, 調子を, 變な, 賛成貴様も, 起きあがつて, 身顫ひし, 輝子も, 隨分毒舌の, 非常に, 頻りに隅々, 額を, 默つてし, 默つてゐられなくなり, 鼻で

▼ 義雄~ (74, 3.1%)

5 の前, の家族 4 の方 3 に宛てた 2 の子供

1 [55件] からの依頼, からの便り, からの返事, からの電報, からはなるべく, からはまだ, から叱られた, から彼, から請求, がこうした, が反対, が嫂, が居る, が言, が訪ね, との別れ路, との協議, と祖母さん, にも, にも黙っ, に宛て, に托し, に話した, に頼ん, のため, の口吻, の嫌味, の家族一同, の意, の意嚮, の手, の文句, の来訪, の東京, の残し, の留守宅, の言草, の言葉, の養父, はこの, はそう, はまた, は嫂, は岸本, は最初, は玄関先, は郷里, への手紙, へ宛てた書き, も来, や輝子, よりすこし, をもそれ, を初め, を悦ばし

▼ 義雄~ (69, 2.8%)

3 見て 2 瞰み, 見つめて, 返り見たが, 返り見て

1 [58件] うるささうに見詰めた, おもて, くひ止め, して, じつと, ちから, つき添ひと, つき飛ばし自, どんな女, にらみ足, ゆすりながら, よび上野勝教, 上へ, 上野へ, 中心としての, 亂暴にも, 二階へ, 京橋へ, 兄として, 冷かしたり, 初めてここ, 前に, 力強くその, 叔父さん扱ひ, 叩いた, 叩いたり, 呼びに, 呼ぶの, 呼べ義雄, 天聲の, 廢嫡しよう, 引ツ張つてゐる, 引ツ張り出した, 強くゆす, 待たせたが, 想は, 拔い, 捕へて, 案内した, 歡迎した, 無言で, 相當, 睨み下ろした, 紹介し, 苦笑させた, 蒲團の, 見あげたので, 見た, 見たが, 見つめながら, 見ました, 見る, 訪問し, 話の, 誘ひ中島遊園, 誰れ, 送りに, 門内に

▼ 義雄~ (54, 2.2%)

4 お鳥, 相對 3 氷峰とは 2 その子ら, 同じ樣, 氷峰と, 爐を

1 [35件] お軽, した表札, ビールや, 一緒に, 中根の, 二人で, 別れを, 勇との, 北劍とは, 千代子とに, 半ズボン, 同じ學校, 同じ蚊屋, 同國, 同姓同名であった, 同宿に, 同樣, 夢うつつで, 天聲との, 定め浅草, 技手と, 昔からの, 横にな, 氷峰とを, 氷峰ばかり, 濱野とが, 相ひ, 禿安と, 節子とは, 結婚し, 署名した, 褥を, 長谷天香といふ, 靜子と, 鶴田とは

▼ 義雄には~ (49, 2.0%)

4 それが 2 思はれた

1 [43件] いやな, この時, この男, しほら, その大, その考, そら, それと, つくづく考へられた, また古く, また變, コツプで, 不愉快で, 乃ち自分の, 今の, 何と云つて, 可愛くも, 可笑しと, 如何にも恨みある, 如何にも悲痛, 實に, 思ひやられるの, 方々の, 日附け, 昨夜の, 最初分らなかつた, 樺太の, 樺太へ, 正直に, 氣に, 活動の, 渠等の, 然し正直, 特に珍, 珍らし, 耳新らしい, 自分ながら, 薄野遊廓の, 見えた, 見えるやう, 輕重の, 部落民臭く, 酒を

▼ 義雄さん~ (45, 1.9%)

2 の家

1 [43件] からお, からこういう, が私, が隨分, こそよくっ, とみね子さん, なんにも有りません, にお, にでも引ツかかり, には将来, にも相談しなけり, に強いる, に頼まれ, のお母さん, のため, の云, の声, の方, はいつもさ, はお母さん, はききました, はすぐ, はたずねました, はなん, はなんだか, はまだ, はもう, は今どちら, は庭, は急, は目, は私, は素早く, は赤い, は隣, へ宛て, もさうだ, もどこ, も罪, も隨分物好き, よりもかわいがっ, をお呼び, 飼って

▼ 義雄自身~ (27, 1.1%)

1 [27件] がそれ, が主, が發展, で解釋, なの, には丁度, には暗い, には痛切, にも着ごころ, にも長い, に取, に屬, の, のまだ, の子, の家, の手, の新, の樣, の機能, の直, は愉快, は有志, もさ, も亦, も人, 望んで

▼ 義雄~ (26, 1.1%)

1 [26件] が主張, が云つて, が人力車, が國境, と共に出, と共に裏門, について來, によく, に注意, に移り, の列車, の協同, の旅行中, の汽車, の聽, の跡, の這入, の馬車, はあがり込んだ, はその, はそれ, は朝立ち, は東京, は狹, は行き, を立たせ

▼ 義雄はか~ (23, 0.9%)

22 の女 1 かへてゐる

▼ 義雄~ (15, 0.6%)

1 [15件] から帰りがけ, から貰, が, としてあの, と会食, と共に半島, と出版社白水社, の人生觀, の來遊, の岩波文庫本, の翻訳, の邸, の非常, はフランス文学, をその

▼ 義雄から~ (7, 0.3%)

1 お鳥, 渠の, 申込んで, 移つた, 聽き取り, 自分の, 話しかけられなければ

▼ 義雄~ (6, 0.2%)

2 です 1 がある, と云, にご, の三人

▼ 義雄はちよツ~ (5, 0.2%)

1 とあ, とからだ, とまごついた, と云, と加集

▼ 義雄兄宛~ (5, 0.2%)

1 に形勢, に手紙, に書く, に知らせ, の手紙

▼ 義雄~ (4, 0.2%)

3 はある 1 あつた

▼ 義雄との~ (4, 0.2%)

2 間に 1 相方に, 關係を

▼ 義雄とは~ (4, 0.2%)

1 よく縁, 元通りに, 同じ先祖, 違ふ

▼ 義雄にも~ (4, 0.2%)

1 およそ分つ, 例の, 聽える, 飛びかからうと

▼ 義雄くん~ (3, 0.1%)

1 がいいました, がやってきました, のお

▼ 義雄と共に~ (3, 0.1%)

1 お君, 今の, 靴脱ぎ

▼ 義雄~ (3, 0.1%)

1 その友人, 澤山に, 社員も

▼ 義雄~ (2, 0.1%)

1 が氷峰, が見向き

▼ 義雄という~ (2, 0.1%)

1 もので, 人を

▼ 義雄といふ~ (2, 0.1%)

1 青年との, 顔触

▼ 義雄とを~ (2, 0.1%)

1 どツ, 逢わせて

▼ 義雄はぞ~ (2, 0.1%)

2 ツと

▼ 義雄はわ~ (2, 0.1%)

1 ざとがたびしと玄關の, ざとさうした氣ぶりを

▼ 義雄よりも~ (2, 0.1%)

1 さきに, 一層疲れ

▼ 義雄八段~ (2, 0.1%)

1 の注意, も棲ん

▼ 義雄名人~ (2, 0.1%)

1 である, と三十年

▼ 義雄大兄捨吉拝~ (2, 0.1%)

2 と書いた

▼ 義雄~ (2, 0.1%)

1 の出, を反駁

▼1* [49件]

義雄からの電報並びに, 義雄がからかふと, 義雄がはの親類同志の, 義雄ぐらゐの年輩者には隨分恥かし, 義雄さんほんとうつれて, 義雄その他の思想犯, 義雄だけには頼んで, 義雄ちゃんのおじいさん, 義雄でも金の, 義雄としてはなか, 義雄とに優るとも, 義雄とのは編輯室の, 義雄など優秀な, 義雄などに相談も, 義雄などの人々が, 義雄にかけ合つて貰つてる, 義雄にはも早や, 義雄はうツて, 義雄はからかひ半分, 義雄はぎツくりとして, 義雄はじツと妻, 義雄はつツ放すやう, 義雄はむツと, 義雄はやはらかに, 義雄雜誌無名通信を, 義雄もかの女を, 義雄もちよツ, 義雄もねむけざま, 義雄もはツきり答へて, 義雄もむツとして, 義雄ももぢ, 義雄をも促した, 義雄一個がその, 義雄亀次郎悦三郎信吉である, 義雄伯父から何, 義雄伯父さんのところ, 義雄兄夫婦や祖母さん, 義雄叔父の家, 義雄菊代の, 義雄りは, 義雄来り腹話術を, 義雄氏岩崎航介氏などの作者, 義雄氏校訂訳注の岩波文庫本, 義雄氷峰勇が三人, 義雄氷峰緑紅の三人, 義雄りの, 義雄等すべての上, 義雄を送っ, 義雄づから