青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「界~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

男性~ 男爵~ ~町 町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~
界~
界隈~ ~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~

「界~」 5326, 51ppm, 2265位

▼ 界~ (1721, 32.3%)

13 ために 9 外に 7 一つの, 方で 6 中に, 現象を 5 ことに, 一方に, 上に, 人々に, 現象の, 目には 4 事は, 人々が, 大先輩, 方に, 状況を, 現状に, 現象に

3 [26件] もので, 一部に, 不景氣, 人々の, 人気を, 凡ゆる, 動きで, 動向を, 基礎は, 大問題, 寵児と, 対象を, 展望, 意見を, 法則と, 消息に, 牛耳を, 現象が, 現象は, 空気を, 第一人者であった, 話を, 認識の, 認識は, 諸現象, 革命を

2 [97件] あらゆるもの, いろいろな, ことで, ことについては, ことを, すべての, そばの, もろ, ような, トルストイと, 一勢力として, 一大勢力たるは, 一時期を, 一般的な, 一部である, 上には, 上の, 中心に, 事に, 事を, 事情では, 事情に, 事物に, 事物は, 事物を, 人々, 人々と, 人々は, 人々も, 人を, 偉人である, 偉人と, 傾向を, 光明の, 内状に, 前途を, 力を, 動向である, 反映に, 同人に, 名士の, 問題と, 大勢は, 大革命, 天然の, 女性たちが, 妄執に, 山脈を, 巨人として, 巨人ドストイエフスキイの, 平衡状態は, 我々に, 掟として, 探検に, 新機運, 方は, 景色と, 曼陀羅を, 最大の, 有情は, 桃源, 歴史の, 注意を, 注目を, 消息は, 混濁した, 潮流を, 状態は, 王座を, 現状と, 現状を, 現象も, 産物として, 異変などが, 真相を, 種々な, 第一人者と, 統治下に, 線黒み, 習慣は, 腐敗を, 至宝と, 興味を, 花形, 花形と, 苦労は, 規則を, 認識が, 諸々の, 諸方面, 趣味を, 進歩は, 運動に, 重鎮と, 錯雑した, 間に, 革命が

1 [1343件 抜粋] あかるさ, ある状態, いわゆるもち込み, えらいスター諸君もち, お仕組, お庭, お許しを, けがれを, ことであっ, ことなら, ことは, この新しい, さまざまな, そこにも, ためだ, ためにのみ, ため一つの, ため黙過すべからざる, つまらない噂種, できごと, ところに, とは違う, どん底までも, はたらきと, ひろさ, もの, ものである, ものに, ものや, も一つ, ように, われなら, キレイどこが, シュールリアリストや, スケッチを, ドミナントであります, ブルジョア代表や, ボス的存在で, ユダである, レコードを, ロマンチストたちであり, 一人としか, 一傾向にも, 一分子なる, 一半位をば, 一大家名実共に, 一大驚異と, 一巨材たり, 一方の, 一権威宗像隆一郎博士が, 一漁師として, 一紀であり, 一角に, 一部と, 一部を, 七不思議の, 万物と, 万象の, 三字を, 三種に, 上部は, 不安定性と, 不振という, 不景気の, 不況にも, 世の中から, 世論は, 中で, 中にも, 中心が, 中心人物として, 中間である, 主アテーネの, 乱調子な, 争い事から, 争奪は, 事の, 事乙姫様の, 事実から, 事実だ, 事実を, 事情と, 事業なり, 事物とは, 事物に関して, 事象を, 二大, 人々との, 人々にとっての, 人が, 人たちに, 人で, 人とは, 人の, 人びとの, 人情噺などを, 人達は, 人間の, 人間を, 仕事でも, 仕事を, 他の, 代りに, 代物とは, 代表者月の, 代表者犢犬猫鷹甲虫鰐紅鶴等の, 任務であり, 伝手を以て, 伝統習慣が, 低俗さには, 住人黒皮忠兵衛殿が, 余程の, 侠客を, 信太妻の, 倫理観念が, 偉人押川方義氏が, 側面を, 傀儡子と, 償ふべからざる, 元素と, 元老である, 先ず受けた, 先覚を, 先覚者たる, 先覺者を, 先輩や, 先駈, 光栄と, 全体が, 全局面, 全盛期い, 全部に, 共同事業も, 内にも, 内部に, 再編成, 出来事である, 出来事を, 分析表を, 切符を, 初声としては, 利け者野中康弘君の, 利者とも, 前線を, 剣術の, 力は, 動きを, 動向, 勤労大衆は, 半封建, 卑怯者と, 印象も, 友人からは, 取っかかりまでは, 古い型, 古狸といった, 同胞が, 名人上手を, 名士でも, 名士を, 名流として, 名物, 名物競べ, 向上を, 呻吟の, 哺時臥山, 唯一性とも, 善人を, 噂なる, 回顧, 圓朝, 均衡調和な, 基本的秩序としての, 声を, 変則な, 変動に, 変化は, 変象なれ, 変遷や, 外道である, 外道寄生虫でしか, 多様性は, 夜の, 夢の, 大きな勢力, 大中心, 大偉人, 大元老, 大変動, 大工場機構化, 大御所である, 大徳名匠の, 大悪夢, 大権威井上哲次郎博士, 大疑問, 大立物が, 大立物と, 大立者松林伯円と, 大部分, 大騷ぎにはなるまいだらうと, 天使には, 天税と, 奇幻之を, 奇才と, 奥へ, 女たちよりか, 女に, 女性に, 女王様と, 女達も, 好景気以来我邦に, 如何なる名家, 妖怪であります, 始まりだった, 婦人にでも, 婦人は, 嫦娥が, 字を, 存在である, 存在の, 学問的責任は, 宝の, 実力は, 実情は, 実現者では, 実相を, 実際家, 富強を, 寵を, 将来に, 小城小城を, 尽くる, 山々夫から, 山まで, 山椒, 山路を, 崩壊現象を, 巨人であった, 巨匠が, 巨星と, 巨頭の, 師弟関係という, 常なり, 常識と, 平和なる, 幻想の, 広大を, 座談会で, 弱い喞, 当然な, 形勢も, 影響が, 律令と, 御歴々, 復讐とな, 心池の, 必当の, 念珠ヶ關, 性格にまで, 怪物江戸川乱歩が, 恋などは, 恐怖に, 恒存者なる, 恥辱だ, 悪魔どもを, 情勢を, 意志という, 愛読者だらう, 慶事である, 成功者と, 成立を, 戦争の, 戦犯を, 戸に, 所を, 手で, 打って, 批正を, 承認を, 投書を, 指導者としての, 採虹玲瓏, 措辞用語を, 支出費だけ, 改良第, 敵に, 文士に, 新しい現象, 新人も, 新人楳茂都陸平氏を, 新年摺物, 新生面を, 新面目, 方則の, 既定の, 明星と, 春の, 時間的性格と, 景況やらを, 暗夜を, 暴露や, 最もやさしい美しい, 最も基本的秩序, 最も藝術的, 最端, 最高峰の, 最高権威を, 有様では, 有為転変の, 本尊仏として, 材料を, 条件です, 根底を, 構造を, 模様が, 権威と, 権威植物学の, 権威野尻抱影先生に, 權威者牧野富太郎先生は, 歴史的発展の, 死物では, 母が, 気組は, 水と, 水量は, 汚れに, 河岸に, 法則を, 波止場を, 注目の, 泰斗と, 活動には, 流行と, 流行を, 流轉に, 浅薄児狂躁輩である, 浅間山は, 消化量よって, 深い遠いところ, 混亂を, 混沌状態を, 測定法則ち, 無心の, 無政府状態, 煩悩の, 熱情から, 燈火が, 物と, 物言う花, 特殊な, 特異性の, 状態と, 状態や, 独壇場であり, 猛烈な, 獅子身中の, 玄人筋の, 王と, 王も, 王倒れる, 王者と, 珍と, 現実に, 現状, 現状である, 現状は, 現象である, 現象には, 現象にも, 現象に関しては, 理想は, 生態を, 生活を, 生物無生物火水風雨の, 男が, 異象, 発見に対して, 発達進歩の, 白河の, 盛時と, 相を, 相続者を, 真理という, 矛盾は, 石と, 碁打ちを, 社会的分布図を, 神女は, 神秘を, 福楽を, 科学との, 科学論時代が, 秘奥に, 秩序自身に, 種々相に, 空氣と, 空間的な, 立て直しを, 笑われ者, 第一人者である, 第一人者バートランド・ラッセルが, 第一人者誰一人歯の, 筮卜者は, 範疇と, 精神的無能さが, 紛糾した, 組織と, 経済封鎖の, 統治権のみ, 絶頂から, 継児である, 総見で, 縁で, 罪人として, 美しさ, 習はしは, 老将軍, 者に, 耆宿小山内君から, 胆を, 腐濁を, 自然を, 自然方則である, 致命的要素たる, 色魔では, 花形な, 花形の, 芸人で, 若い娘, 苦労人である, 草津白根横手岩菅白砂等も, 荘厳相の, 萎靡的影響を, 薄気味悪い姿, 衆生の, 表裏が, 表面のみを, 衰退と, 裏を, 裡面には, 襖を, 覇王とも, 規律に, 観察の, 言語は, 訪問も, 話は, 認識においては, 語は, 課題と, 論議の, 諸共に, 諸相に, 謎が, 識者に, 豊富の, 貧, 貴婦人紳士が, 資本が, 賑かさに, 趨勢なり, 趨向が, 軍需インフレに, 迷い子と, 通弊は, 連中が, 連絡交通接触等に関して, 進展と, 進歩を, 逸材だ, 遊山船に, 達士を, 重要な, 重鎮である, 錚, 長老で, 長老長原止水の, 閉鎖や, 関係を, 階段の, 雑多な, 雰囲気が, 雲行きの, 非常時に際して, 革命として, 革命的実験として, 音であり, 頭世界に, 類は, 風俗かと, 風潮から, 飽くまで下世話, 騒動は, 驚異とも, 高潮を, 鬼才江戸川兄の, 魅惑的な, 魔毒全く, 魔障を, 鶴なりし

▼ 界~ (1079, 20.3%)

25 於て 8 あって, 身を 7 名を, 属しまつる御, 踊る 6 して, 於いて, 於ては, 於ても 5 ありて, 一つの, 君臨し, 於いても 4 ありと, 一生面を, 出て, 對する, 就いて, 属する御, 活躍し, 足を

3 [17件] ありては, あり下野, 似て, 入って, 入つて, 出で, 出入し, 存するもの, 就いての, 屬する, 普及し, 流行した, 立って, 籍を, 紹介された, 超自然的存在, 非常な

2 [49件] あり越後, とつて, なつて, センセイションの, 下りて, 交替する, 住んで, 入らざりし古語, 入りて, 出入する, 危機を, 団栗酒醸造の, 在つて, 多少の, 大きな影響, 大なる, 宿命する, 急激な, 或る, 提供したい, 擅ま, 於いては, 於ける, 於ける翁, 日本婦人の, 昇進する, 死ある, 活動した, 清新な, 物も, 特殊な, 独り目ざめ, 現れた人, 現存し, 留めて, 發表され, 移って, 立ちて, 立つて, 立つもの, 紹介した, 紹介する, 與ふる, 貢献する, 起って, 起る凡て, 遊ばんと, 重きを, 重要な

1 [792件 抜粋] あってすら, あつて別, あまり大きな, あらわれた, あらわれたる新しい, ありますが, あるが, あること六十七年, あると, あるという, あるべき銀貨, ある勢力, ある浴池, いかに多様, いたそう, いたという, いたとき, いるうち, いるの, いるわけ, うつて, うつる心持, おおよそ百町あまり, おけると, おほ, お働き, お宮が, お願いする, かえして, かつてない, かの妖犬, きたる, この大, この機運, こびりついて, これは, しだいしだい, しろ恒常的, その人, その燦然, それが, ぞくするテーマ, ぞくぞく変種, ただ一人淋しく, たとえば乾, でて, ときめく馬越恭平, とどまるもの, どんな影響, なされたと, なじんで, なれば, のこる幾つ, ぴたりと, まぐれ込ま, まよい髪の毛, もたらした一つ, もつと, よく行なわれてる, よびかけて, わいわいと, ゐる女, ゐる孤独, ピリリと, ボルテアの, 一つ, 一先づ中止した, 一刻者や, 一大センセーシヨンを, 一大変動を, 一大衝撃を, 一度病が, 一時の, 一時機を, 一瀾を, 一紀元を, 一間ほどの, 一騒動おこった, 三十分乃至, 上って, 不自由に, 与えた教訓, 並存し, 之と, 乗りこむバルザック先生, 二人を, 人となり芸人の, 人文の, 人間派なき, 令名あり, 伝わるあの, 伸ぶる, 似たしじま, 似たる者, 住むこと, 住む人, 住む民族, 何の, 余暇の, 係はりなく, 保留する, 偶, 僅かに, 働いて, 兀立する, 充實する, 先覺者出で, 入った, 入つたこと, 入らしめざるこそ, 入らんと, 入りしは, 入りし当時, 入りたる場合, 入りと, 入りまた, 入ること, 入るという, 入るの, 入れるを, 入会した, 共通な, 再び吾人, 出たいの, 出たとき, 出たもの, 出入し得る, 出入せり, 出入りする, 出没し, 分業制度が, 到るという, 到れば, 努められること六十八年, 勃発した, 動乱が, 勢力の, 化現し, 単身乗り込んだ, 占めて, 厚遇せられたる, 参りそして, 及ばず乍ら徹定, 及ぼした, 及ぼしたの, 及ぼして, 反抗させた, 反逆させた, 取っての, 取つて, 取ツ, 可能と, 同じよう, 同時に現われた, 向かいて, 向かう如く無尽蔵, 向かう方, 向って, 向つて, 向つて微力, 向ひ, 君臣の, 哲學的偏見が, 唱道せらるる, 喚びたいと, 回向せられ, 在って, 在る光岳, 地位を, 埋めて, 執っても, 堕しつつも, 堰き留め, 外ならじ, 多くゐる, 多く顔, 多数の, 多数存在する, 大きな波紋, 大変動, 大恐惶有, 大破壊, 大衝動, 大造, 大飛躍, 奮闘を, 妄執をと, 子が, 存するの, 存する実際, 宗教復興が, 害あり, 害毒を, 寄与し, 寄與せん, 対比した, 対照させられ, 導き給う仏, 小酒井江戸川両, 少なからざる, 就てのみ, 尽くされた功績, 尽力した, 居た男, 居なくなるの, 居りながら, 居るとは, 屈して, 屈服し, 属します, 属すべき美, 属するという, 属する宮方, 巣喰つてゐる, 左右の, 帰る必要, 幅を, 幾人の, 幾多の, 庶幾すべからず, 廣く, 引張り凧の, 当りを, 形而上派の, 彷徨する, 復活する, 志ざしたは, 思想界に, 恐らく劃時代的, 恩恵を, 意志の, 戒厳令が, 戻した, 戻らうとして, 打って出るの, 打つて, 投げ込む, 投じ中, 投ぜんと, 抱き去る, 拘泥する, 持来す, 指紋と, 捲き起こした, 掛けて, 接触は, 損失を, 擒せられ, 放ちやりてこそ, 放浪し, 數多の, 新しくできた, 新しく鋤, 新らしき, 新風を, 於けるこの, 於ける一切, 於ける一大勢力, 於ける世界的, 於ける代, 於ける俺, 於ける價値, 於ける創造的勢力, 於ける功績, 於ける勢力, 於ける実在的関係, 於ける密雲, 於ける応身, 於ける戦争責任追究, 於ける最大, 於ける月桂冠, 於ける未曾有, 於ける殆唯一, 於ける活躍, 於ける生物進化, 於ける相互扶助, 於ける科學, 於ける第, 於ける精神生活, 於ける純然, 於ける能, 於ける自然弁証法, 於ける著, 於ける詐欺行為者, 於ける道徳, 於ける道徳上, 於ける領地, 於てすらも, 於てをや, 昇入せんことを, 昇進し, 明確な, 昨年始め, 普及せし, 最も必要, 最も感動, 最も欠けた, 最も良く, 未だ知られなかった, 来てからは, 来らぬもの, 東西に, 果して, 根強い勢力, 棲む者, 棲息し, 様々な, 横行する, 歌笑以上の, 歡迎された, 殊に多い, 比べれば, 比較す, 永く浮沈, 永徳が, 求むる事, 求めたり, 求めて, 求めようと, 求められないの, 求める理想, 決定的影響と, 没入し, 波及せし, 波瀾を, 注意し, 泳ぎ出して, 活動しよう, 活動なさる, 活気を, 活用したる, 活躍した, 流し得るかを, 流行らせて, 淨めらるべき, 渡りを, 湾内へ, 漏らされたる啓示, 潜んで, 潜行し, 火を, 点綴した, 特殊の, 特色の, 現れた時, 現われたもの, 現われてから, 甚大な, 生きて, 生まれたもの, 生まれて, 生れたらん, 生を, 生存し, 生死する, 生気の, 画時代的の, 留まりしこと, 異彩を, 発生した, 発見し, 發表いたす, 發表した, 白熱的人気の, 相場が, 相当の, 相見る, 真心こめ, 知らない者, 知られた印刷所, 知識の, 祈願を, 科学研究の, 移し植えた人, 移す処, 移つて居る, 稗益する, 空前の, 窒息しかけ, 立ち入った観察, 立つこと, 立てり, 立てるもの各自一個, 竹内栖鳳等を, 第一流, 紹介され, 紹介し, 紹介せらる, 紹介せられた, 結びつけること, 絶縁せしめ, 縹渺し, 置かれましたわたくし, 羽を, 羽振, 職業的な, 育ち男, 臨みたるなれば, 臨んで, 至ては, 至り大いに, 至ること, 與へた惡影響は, 舌を, 若し戦後派, 落ち込んで, 落つるもの, 行かなければ, 行かれるやう六道, 行なわれたとしても, 行なわれる経済, 行はる, 行われる原理, 覇を, 見られるところ, 見失った老人, 触れて, 設想以上の, 訴へながら, 誇るに, 誇示し得る, 認められてるあらゆる, 認識されぬなら, 誘うて, 誘ふて, 誤りの, 課せられた義務, 課題を, 貢献し, 贈ること, 赤安山, 赴くに, 起こった根源, 起った一大悲劇, 起つて, 起るであろう, 踏み止まった職業婦人, 転ずると, 載せたの, 載せたり, 輝きて, 迎ふる如くなりき, 迎へらるべき, 近いところ, 近いので, 近い場所, 近い湯屋, 近きが, 近づいたが, 迫つてゐた, 迷入せる, 追い込みつつ, 退かしむるもの也, 送った, 送らうと, 送り出す代り, 逍遙せしめし, 這入つて, 通じた自然, 通ずる趨勢, 連れ去られて, 進入する, 遊ぶ仙女, 過つて, 達しよう, 達するまでは, 達するよう, 達する方, 達せん, 遠ざかると, 適当な, 還り来らんこと, 還る可, 重を, 開放せられた, 関係される, 関係なき, 関係を, 闖入し, 關する, 降りた天人, 限らずまた, 限らず俗界, 陣取れば, 随筆時代を, 隠れも, 隠然たる大, 雄飛したい, 非常なる, 鞍替せられ, 順応した, 頭は, 風靡しだす, 飛び込ませるが, 飛び込むこと, 飛上りこれより, 首を, 馳せたり, 鳴りひびいて, 鳴る綺

▼ 界~ (407, 7.6%)

7 風靡した 6 支配する, 隔つる谷へ, 離れて, 風靡し 5 見渡して 4 なして, 代表する 3 去って, 構成する, 脱して

2 [24件] なすもの, 出で, 完全に, 席捲する, 支配し, 支配した, 横絶せり, 次の, 直視し, 相手に, 經て, 見ず, 見る時, 見渡すと, 見渡せば, 賑は, 超越した, 退く意志, 過ぎて, 開きしより, 開拓した, 風靡する, 驚倒させた, 驚倒した

1 [306件] あこがれる絶対者, あらわして, いくらかでも, おさへて, おとずれそうして, さえも, さし置いて, さぞ罵る, さまよって, さらにそれ, しまと, すぎ二里田代駅, すてて, すてられた人, すべてあらゆる, ただ漫然と, なすところ, なすの, なす山脈及, はなれて, はばんで, ひろげて, ふうびした, ふみ越えた覚え, みて, めぐる粋, もち地元, もっと明るく, より健全, より健康, わざとらしく窮屈, アッと, イキイキさせる, リードされる, リードする, 一丸と, 一眼で, 一草一木も, 下に, 中心と, 主宰させる, 事実体験する, 二分し, 代表した, 代表したる, 代表し得る, 代表遊ばされる, 侵して, 保持する, 先占され, 入れば, 全く消滅, 兼備した, 出さなければ, 出す時分, 出れば, 分けて, 判ずるに, 制せば, 刺戟し, 刺戟した, 創造する, 動かしき, 動揺する, 包括する, 北走せる, 南北に, 博士に, 占領したる, 占領せらるるごとき, 厭へる, 去られたの, 取り締らしめん, 叱咤す, 右翼中堅左翼という, 同瓶裏, 向うに, 向上させる, 嘆くと, 嘲るもの, 回顧し, 回顧せ, 圧して, 圧倒的に, 圧迫する, 基體と, 夢ならぬ, 好んでるという, 嫌厭せしめ, 学び其奥底, 定め難し, 寫すに, 対象と, 展望, 展開する, 嵐の, 席巻した, 席巻しない, 幻出し人を, 幾分なり, 広めて, 弁ぜず剰へ, 引摺り込ん, 引退し, 引退した, 引退する, 引退なさらない, 引退の, 形容すべき, 彷徨した, 征伐し, 得る談, 心の, 思いだした, 恐れて, 恨むが, 想定し, 意味する, 意味せる, 慕い求めて, 或る, 押し渡ろうと, 持ち性格, 指せりや, 指摘し, 挙げて, 掌り, 掘りくずして, 接しうち, 接し文明, 接する燐光体, 揺すぶって, 損うてる, 擾る, 攪乱し, 攪亂する, 支配するであろう, 改良す, 整理し, 整理する, 断わるの, 断然リード, 方法と, 暗から闇, 暗黒に, 曖昧に, 有す, 有た, 案行し, 棄てて, 概括し, 概観する, 標準と, 標示せる, 横切り未知, 毒し, 求めてるの, 沸騰さした, 泳ぎまわって, 泳ぎまわると, 洗い去った, 洞察す, 活気づける, 混乱させる, 渉りあるき, 渡りあるくゴロ, 満した, 濶歩し, 為すや, 犯し不平, 犯し或は, 犯し農桑, 犯す, 現じ, 現ぜる如く見え, 甦生させた, 異にし, 異にす, 異にせざる, 目あての, 省みると, 真に愛すれ, 眺めて, 眼ざし, 矜哀した, 知つたなら, 知るため, 研究し, 研究する, 破壊しなけれ, 破壞, 示す石, 科学小説時代へ, 純清, 組織する, 組織的に, 統一し, 絶縁され, 維持し, 総称し, 罵蹴して, 翔け上がりくぐりぬけて, 翼け, 考えること, 聳動した, 背景に, 背負って, 脅かしてるきれい, 脅かす土壌, 腐敗させ, 至極手荒い, 表し其大圈中, 表わして, 表現, 表示する, 裨益する, 襲ふ, 覆へ, 見おろしながら, 見たが, 見つめて, 見て, 見よ, 見ること, 見るとき庖丁, 見るよう, 見わたして, 見廻せば, 見渡したところ, 見渡すとき, 見物し, 見聞する, 規定する, 視よ彼処, 覗く水目金, 覚醒し, 覚醒した, 観じる, 観て, 観ると, 観るに, 觀て, 觀無意識界を, 計算に, 訪れた時, 誤るべからず, 調べて, 論じること, 諷する者等, 諸君の, 貫いて, 貫きそれら, 貫き深く深く, 貫く二つ, 賑かすか又, 賑わしたもの, 賑わしたトルストイ, 賑わしたフェルミ, 賑わす事, 賑わせる方便, 賤しむ, 赤裸々の, 超えて, 超え尊氏, 超越し, 越えた時, 越えた長崎, 越える, 越え彼, 越した暫らく, 距る, 跨ぐ, 透視したる, 通って, 通りきった者, 通り越しました, 通観する, 造り固めようとして, 造ること, 遊び廻り, 遠くに, 遠ざかってからも, 遠離し, 開きたる, 開くが, 限り各自, 隠退し, 隠退する, 離れたる余, 離れんと, 震憾, 震駭させ, 非認, 面目一新させよう, 順益する, 顧みて, 顧みる人, 風靡しはじめた, 飾り給ひし, 騒がしたの, 騒がしたほどの, 騒がしたる, 騒がして, 驚かし, 驚かすやう, 高処

▼ 界~ (259, 4.9%)

2 ややノルマル, 或る, 漸く元老, 盛んである, 空前の

1 [249件] あなたの, あまりにこんとん, ある創造所業, いいなあ, いかにと, いかほど宏大, いったいなん, いと, いよいよ闊, いろんな風, うつくしいの, おほか, おもむろに薄暮, かくして客體, かなりに, こちらに, この, このところ, このノンセンス等, この二個, この作家, この法, この混乱, これが, こんどは, さきに, そうしたもの, そこから, そのバンド, その寝所, その為, その通り, それ以前と, たしかにある, ただ炎炎炎, だらしが, つかない, できるだけ補助, どういう勢力, どうです, どうなる, どうなるであらう, どんなに恐ろしく, ない皆, なぜ円形, なんとまア, ひっくり返るよう, ひとたび自分たち, ほんとうに, まずそれ, また閉鎖, まだこの, まだ常態, まだ知識, むしろ新刊図書, めちゃ, もうたくさん, もちろんである, もちろん日本國民, もちろん満都, やはり不況, ゆたかな, わずかに, カントに, ジャックの, ジャーナリズムの, セチ辛く, フランス印象派の, ロケーションに, ワグナーなし, 一つの, 一個の, 一応現実的, 一時代を, 一種の, 三連星天元等, 三遊派と, 不死身の, 不自由でございます, 不落, 不規則に, 不適当, 世にも奇麗, 世界の, 中, 主に, 之が, 之を, 亦董仲舒未, 人の, 人間性の, 人間界と, 今この, 今や大, 仏教思想と, 他人の, 他愛なく, 以前よりも, 何と, 何処も, 依然として芋, 侠勇を, 個人主義思想の, 偉大なる, 偽善家ぶっ, 元来が, 全く形式化, 全く機械的, 全盛であった, 六十四ランス・ショットであった, 共倒れの, 其の爲, 其時代外に, 出先が, 出来る丈, 判るまいじゃ, 前年度に, 前申す, 動物界を, 勿論一般法曹界, 勿論政治上, 十一時に, 十分ヨーロッパの, 南国の, 単なる現象, 原因結果の, 原始時代からの, 厳格な, 友情が, 古いも, 各人が, 和紙を, 問題に, 善人に, 嘘の, 地方民謡を以て, 地球と, 基礎が, 外国礼讃である, 夙に變化, 多忙を, 多望の, 大して騒がしく, 大切の, 大動揺, 大維新, 天上的な, 天外に, 女人禁制の, 好むと, 如何なり, 存在し得ない, 安定する, 安楽の, 完璧の, 実に斯, 実に珍しい, 実績が, 客體を, 容易に, 希臘当時の, 広うございます, 建国以来未だ, 建設され, 当分立ち直る, 徐に薄暮, 心ある, 必ずしも象徴主義, 必らずしも, 忘れて, 思想家の, 急に, 急激に, 情報局によって, 或いは苦界, 戦いから, 戦前から, 戦闘に, 戰後間もなく, 挙げて, 政治界と, 新たな, 既に種々, 日本の, 暗し, 曙光纔に, 更にもう一つ, 書いてなかった, 最悪の, 未だ単一, 未だ根本, 東大陸西大陸濠洲等に, 東玉京枝を, 極めて幼稚, 極めて雄大, 権勢名誉利禄及び, 權勢名, 欧洲戦争の, 此の, 此人格を通じて, 殆ん, 気候学的, 永年少女たちを, 洋の, 浦賀の, 淋しい, 混沌として, 演劇界を, 演劇界自体が, 物の, 物理界と, 現在主として, 現在物の, 甚しく, 病後の, 痩せて, 白馬会の, 目隠しだけ, 直接に, 着実で, 破壞, 社会機構の, 私たちが, 空々寂々不知不覚不, 窮むべ, 窮屈です, 等しく一個, 経済界で, 統制の, 絶えず動い, 自ら自らを, 臺灣では, 藤村の, 衆生の, 表現的である, 見限った, 観念, 触覚である, 論理的に, 賑い, 近年あまり, 進んで, 遂に, 道義全く, 金解禁が, 隠花部, 非常に, 頓に活躍, 黎明的な

▼ 界~ (139, 2.6%)

4 島の 3 島に 2 ありその間, 人類の, 島, 橢円であった

1 [124件] あの世界, ありその, あると, あるよう, ある岐路, いちばんよ, ここに, この大震災, この方面, この書中, この規則, すぐ一変, すたれて, それの, ちっとも息, どういうこと, どういう作物, どう考える, どんな情勢, どんな有様, なくちや, なくなるから, なくなると, はっきりと, ひどく萎縮, もつ美, アランぐらいの, センサーによって, 一先ず安定, 一様の, 一種の, 一般に, 不正暗黒の, 不況にな, 不滅あるいは, 世界に, 両分され, 乱調子に, 二・二六事件から, 今まさに, 今日の, 付かぬばかりに, 何, 何う, 何を, 傷を, 全く空間性, 全員とみに, 別にある, 勇み立って, 動き出してるの, 化石し, 単一組合化される, 取扱うとき, 同じ反動, 向上するだらう, 吾人人類及び, 問題であり, 啓発される, 地震前と, 堅固に, 大胆に, 如何に, 實在, 専ら名目, 屈したこと, 島と, 島は, 島へ, 当局と, 当然科学, 彼の, 復活し, 必ず付き纏っ, 志望な, 急に, 恐ろしいの, 成立つに, 打立てた自由, 把住性が, 抱有する, 持って, 推移性に, 攪乱され, 教師であり, 時代に, 暖帶林の, 最も上品, 果たしてあるべき, 案外早く, 様々な, 橢円に, 歴史と, 毎年二季の, 活気を, 灰色であり, 無名の, 現在真に, 田山花袋の, 発展すれ, 発達し, 盛りに, 神話発生の, 移動し, 空間的にも, 精神界に, 経済学だの, 自ら自我に, 自分の, 自滅し, 落ち付くに従って, 著しく衰退, 蘇生した, 行きつまったと, 行くならば, 表紙に, 解らなくなった, 許可される, 谷というは, 進化の, 金が, 閉じられた全体, 非常に, 飲食店や

▼ 界~ (131, 2.5%)

43 精神界とを 2 それの, 交渉せざる, 人間社会との, 天界とを, 日月の, 物質界とを, 罵って

1 [110件] いうてな, いうものの, いえども, した大, した記事, し大, すと, するかの, その中, その認識, つながって, なし鶴ヶ岳, なって, なる此処, まるきり人間, まるで違った, よく調和, わが合理的協同体, パリーの, ローマの, 一応別, 一般社会との, 下の, 下界の, 云うと, 云うも, 云って, 云ひ切る, 交る, 交通が, 人界との, 人間の, 今日の, 俗界の, 倫理的宗教的価値界との, 僕が, 其歌とには, 劇場の, 同じく彼女, 同じく昔ながらの, 同じく玉石混淆, 同じ詔詞, 呼ばれる階級, 呼ぶ世間, 地上との, 地上の, 地上界とが, 地上界の, 多くの, 大に, 天使の, 天国の, 実際生活, 實在界とを, 少しも, 市政の, 後の, 思ったら大, 思想家, 意味の, 意識界という, 戦争, 所を, 持合つて注意し, 探偵小説界に, 旧思想界, 映画界とは, 暗黒界云ひ, 書いたの, 比較し, 水界中に, 物質界との, 現実界とに, 生滅界との, 生滅界とを, 生花会一連の, 申します, 異る, 直接つながっ, 直接交渉の, 知識階級との, 私との, 称する前代売色, 称せられて, 空間直観との, 等値物, 精神界, 精神界とに, 精神界との, 結び附ける點, 結合した, 考えられるかぎり, 考えられ得るの, 考えられ自己, 著作者との, 號し, 表裏し, 見るべきで力, 観客の, 言つてそれは, 調和する, 超俗物界とが, 超感性界, 道徳界, 違って, 陸界との, 雖も, 非常に, 領海, 類似の

▼ 界から~ (97, 1.8%)

2 引退した, 消えて, 身を, 雨を, 霊界霊界から

1 [87件] かねて, この世に, この原稿, その儀礼的理想, どんなふう, コロリと, ヘンデルが, 一応は, 一斉に, 一段降った, 人知れず私, 人間以外の, 代表者を, 侵犯し, 借りて, 内部的な, 再び帰っ, 出た偉人, 分裂する, 区別する, 囘収された, 圧迫排斥され, 天上界とやらへ, 天上界に, 女子文壇に, 姿を, 学ぶという, 幾多の, 引去られる, 引用した, 弟子が, 彼の, 惜気も, 戦争犯罪者を, 戦犯を, 手を, 抹殺される, 捨て去られて, 改良しなけれ, 救い出された人, 救ったの, 散文界に, 文明界へ, 斯かる, 最後の, 有機界への, 来た新, 根本に, 消え去ること, 消え失せて, 漂泊的な, 無意識界へ, 物質の, 献つた富み, 精神界へ, 聞こうと, 脱出し, 舞妓に, 葬り去る, 見おろすと, 見て, 規則が, 覗き出して, 解放された, 誰か, 誰を, 起らないの, 転落すべき, 迸り出て, 追はれなけれ, 追放の, 退いたの, 退いて, 退けようと, 這入って, 這入つて, 量的に, 除外する, 離して, 音楽界に, 頻りに頌徳表, 顰蹙される, 餘り離れぬ, 駆逐された, 駆逐し, 駆除されなけれ, 黒い理想境

▼ 界~ (92, 1.7%)

2 崇拝される

1 [90件] あつた, ある為, あんなに鳴らした, こうした紳士, ここに, この堀, こんな変, さんざんの, しかも下野, そういうふう, そこに, そんなこと, ちょっと有名, なんとかなろう, ひっぱりだこの, もっともとらえ, もっとももてはやされる, よく申します, タッタ一人そんな, 一番お, 一番上の, 不必要, 五年間の, 五百年前に, 人気を, 人気者な, 以南は, 何もかも御存じ, 何を, 働くなら大きな, 兄に, 取扱われて, 名うての, 名を, 名実共に, 名高い家, 唐の, 問題に, 噂された, 噂に, 大きな顔, 大変気受けが, 大立者と, 奮闘し, 妖精の, 婆羅門参すなわち, 島崎と, 幅を, 平岡大尽と, 成人した, 折々顏, 時々錯覚, 最も有力, 期待され, 未だ曾, 末恐ろしいひと, 歴史的に, 流行の, 淀川大和川に, 特に設け, 用い来て, 発達の, 盛んに, 直に奥仙丈, 相当の, 知らないもの, 知られて, 確捕出来ず, 第一, 結び付けられるの, 羽振りの, 育ったので, 華美な, 著者自身で, 行る, 行われるお座敷, 見るよう, 語り伝えられて, 誰知らぬ, 議論を, 貴むべ, 通用し, 遊びを, 重要産業に関する, 霊霄殿の, 青春を, 顔の, 飛ぶ鳥, 飛将軍と, 黒田さんと

▼ 界には~ (91, 1.7%)

2 きわめて普通, これに

1 [87件] あるまじきほのか, いそう, いって, いろいろな, かうした秘法, かなり鬱勃, こういう時代遅れ, この新劇俳優, この生物, ざらには, それが, それ以上かくされた, それ以外の, どこを, なかなか人気, なくては, まだまだシュルレアリズム, まだまだ未知, むかし家今松だの, ファシズムに, 一つの, 三世小さん先代圓右先代志ん, 不景氣, 之に, 二十年近くも, 人間の, 以前新橋赤坂で, 伊藤博文が, 何ひとつとして, 何等の, 全然実在, 全然棲ん, 出て, 出入りを, 制抑, 加わらずに, 勿論尊敬, 化石と, 友人の, 圧倒的の, 地平線的思想と, 奨励の, 如何にも正しい, 婦人問題が, 存在しなかつた, 宝生九郎梅若実桜間伴馬梨園には, 実にさ, 実在の, 小舌, 少し高尚, 少なくない, 尚ほ, 属さないであろう, 平等は, 律が, 心理は, 思い切った新, 恐らく八百長, 想像も, 掘り出しという, 数も, 斯う言った, 既に万有教, 既に形而上, 時間と金を, 暁斎や, 更にもう一つ, 最早二三世紀, 有名無名の, 未だ女性, 止名という, 無数に, 生理が, 由来愚にも, 相当多かっ, 知合の, 祭礼という, 私の, 穴が, 立つこと, 絶へ, 芸者を, 説かれて, 通用しない, 部類眷属族合し, 関東では, 非常に

▼ 界では~ (90, 1.7%)

3 これを 2 なくて, 可なり

1 [83件] ありえないこと, いよいよ御霊, いわゆる政治的価値, かなり知られた, きかれぬ声, ここに, このよう, この傾向, この炭酸ガス, この胴長, すでに人民, そういうこと, それは, それを, たれ知らぬ人, とかく掘出し, とても見つかり, どちらかと, ないから, ないと, ないもの, ない国境, ない実際, なくして, なくなる, ばを, まあ若手, まず上品, まだ時代, まったく同じ, エポックとも, ドイツの, ヒットし, ヒロポンが, ユーモア文学が, 一つを, 一廉の, 一般にこの, 丈五尺と, 乞じきに, 人々翠帳に, 他に, 何處かに, 余り幅, 働いて, 全く同じ, 勝本清一郎蔵原惟人岡沢秀虎谷川徹三の, 反対者も, 古狸とまで, 商売上派手な, 問題は, 客を, 強者であっ, 当代の, 必ずしも技術, 必ず夫婦同伴, 斯る, 新風を, 日本の, 晩餐の, 景教碑出土の, 最大の, 有力な, 朝飯前だろう, 楓の, 横隊論者が, 決してさう, 決して科学的, 無い, 現在の, 現役でない, 相応に, 社会的常識を, 競争で, 経済的な, 自宅に, 良心や, 見えないところ, 観世宝生を, 誠実な, 誰れで, 鈴木梅太郎博士が, 顔利き

▼ 界~ (81, 1.5%)

2 幽囚し, 押し出す事, 送り出しても

1 [75件] おくもん, つき落された紋三, でちゃ, まぎれ参ったもの, 一足飛びに, 下りて, 乗り出さうと, 乗出そうという, 乘り出す如き, 伴れ, 伺いを, 住みついて, 入ったん, 入りたいと, 入る私, 入ろうと, 再び舞, 出して, 出たがって, 出たの, 出たり, 出て, 出ると, 出るの, 出入し, 参らせて, 参らねば, 又踏み込ん, 取り込まれて, 吸われて, 呼んだの, 多くの, 導いて, 帰れなくなるのに, 帰れるの, 引き出したの, 引戻された, 復帰する, 応用する, 戻って, 戻れないから, 打って出たら恐らく, 投げこむよう, 披露に, 持って, 推薦し, 擯出しよう, 放火させ, 書くよう, 来ると, 深入りした, 源内櫛を, 猟に, 現われたの, 登場活躍し, 突き落す, 突如と, 立帰るごとく, 肩を, 蘇生つた, 行って, 触れ込む男, 足を, 踏み込むよう, 転向する, 追放す, 送り出す初舞台, 送出す, 這入って, 連れて, 進出する, 頭を, 顔を, 飛込もうと, 首を

▼ 界における~ (62, 1.2%)

2 存在の, 最近の, 関係と

1 [56件] あらゆる物, いろいろな, その間の, キュービズムや, 万象が, 両つ, 人口と, 今日の, 何ものにも, 修行から, 傾向と, 出來事, 動物の, 反動的勢力の, 吾, 善悪について, 地位の, 地位を, 大きい遭難事件, 天人の, 天殺, 女性の, 存在が, 実際の, 密接不可離の, 小さなウォールデン池, 市場相場も, 役割も, 彼れ, 慣例に, 抽象的な, 指導者側の, 政治主義が, 新しき何物, 末輩の, 本格派の, 業績は, 業績よりも, 永遠不易の, 物理的現象を, 物質である, 特異な, 生命は, 生活不安を, 米の, 美術品と, 自由の, 芸術への, 英公使パークスの, 菊池氏の, 複雑な, 諸般の, 軍国主義の, 遊び方は, 野生の, 革命だ

▼ 界~ (61, 1.1%)

2 このとおり, なし, またその, 新しく開けた

1 [53件] いや精神界, この組織網, この途, さまざまな, そう単純, その思想的キャパシティー, それに, それを, そろそろ世界的水準, ですね, なく噛ツたん, なく無遠慮, またかく, またこの, また主観, また決して, やがてそんな, やっぱり同じ, ようやく長夜, わからなくなり茫然, 一人や, 一般社会も, 世間も, 亦た, 亦一時, 全く同じ, 全員活気を, 同じ事, 同樣, 実業界も, 少し浮び上った, 急に, 新聞界も, 時に時代, 本の, 永年の, 決して立後れる, 漸く不振, 無く無明, 狭しとばかり, 狹苦しく, 精神界も, 総蹶起, 置かずたぎり返って, 能く, 芸術作品の, 落ちついて, 蜀軍に, 賑わった, 進歩しないだろう, 遂に手, 間接の, 龍渓鉄腸らの

▼ 界にも~ (58, 1.1%)

2 文壇にも, 新らしい

1 [54件] あまり姿, いろいろの, うって, うつて, この種, その他の, その波動, それを, そろそろこの, どこにも, ほしいもの, また植物界, めったに見当る, よく知られ, ヨーロッパ大戦後の, 京人と, 出会う諸, 利かせ得るよう, 利目の, 動物界にも, 及んで, 各種の, 同様に, 名を, 大恐慌, 張らうと, 影響を, 怖るべき, 或は時事界, 批評界にも, 文化の, 文学界にも, 新生活運動, 旗亭に, 来るべき探偵小説全盛時代, 次第にさかん, 歌界なみの, 比較的早くから知られた, 法則が, 済々たる, 演劇に対する, 無い事, 無機界にも, 目ざましいので, 社会事業にも, 種々新しい, 考えられる, 考えられるし, 行なわれて, 見あたらぬほど, 親が, 通じたの, 魔毒あり, 黎明が

▼ 界において~ (29, 0.5%)

2 二つの

1 [27件] あれだけの, かつては, この人, これを, さう, でなければ, ふたたび来ないであろう, もって, よくこの, わたしが, 個体の, 創造する, 單純なる, 執られると, 実質的内容から, 斯人を, 正当な, 決して珍しい, 物を, 独歩の, 現実の, 神の, 稀な, 細かい発見, 自己を, 著名を, 高次的絶對的主體として

▼ 界~ (29, 0.5%)

1 [29件] カフェエなどに, カフェーにも, 人間界に, 他の, 俗界の, 倶楽部なぞに, 其の他, 多数の, 夜の, 大学や, 妾なども, 宗教界などに, 官界に, 文学や, 新聞界に, 新聞社などへ, 株屋はんにも, 機械界やは, 知識階級の, 社交界で, 社交界に, 竜神界の, 経済界に, 経済界の, 美術界の, 花柳界に, 読書界に, 読書界の, 財界の

▼ 界ヶ島~ (29, 0.5%)

3 の俊寛 2 に流された

1 [24件] そのよう, ではまだ, でやった, で坊主, で鬼, とか皆, にて絶え果てた, にでもまざまざ, にも春, に流され, の俊寛もの, の俤げ, の流人, の流人俊寛みたい, の燈台守, の荒磯, へでも何処, へでも追いやられる, へわたる, へ下った, へ来た, へ残党討伐, へ流せ, へ遠流

▼ 界でも~ (24, 0.5%)

2 実業界でも, 有名な

1 [20件] そのころ, だいぶ問題, また硬軟両論, やっぱり流行, 何の, 坂田は, 変りは, 多才で, 大そう, 少し上空, 屡, 文壇でも, 景気の, 有数の, 極めて珍, 爺さんでなけれ, 相当知られ, 精神界でも, 電信とか, 飛び切りに

▼ 界とは~ (23, 0.4%)

1 [23件] いわゆる認識形式, そんなに遠く, だいぶ違っ, はるかに, まったく別個, 両花道, 交渉が, 何の, 別な, 別の, 大分に, 江戸芸術の, 没交渉な, 無縁乃至, 無関係な, 異り, 相容れぬ, 縁が, 見えじ, 見違えるほど, 言はず幾千年の, 質的に, 関係なき

▼ 界との~ (19, 0.4%)

3 間に 2 課題として

1 [14件] あらゆる事物, いきさつとか, 世界観統一を, 中間に, 二つの, 交際も, 作為なき, 公式の, 別を, 區別が, 対照が, 対立として, 間にも, 隔てなり

▼ 界より~ (18, 0.3%)

2 出て

1 [16件] して, だんだん下界, 信度河を, 出で, 天上に, 実界に, 少しく此種, 歸れる, 死の, 生れいで, 真如界に, 真如界へ, 移植せられし, 退いた, 退きたり, 遠ざかる

▼ 界という~ (14, 0.3%)

1 [14件] ことであった, ことは, ところは, ところ明治中世に, のは, ものは, ものを, もの紋切り型一通り覚え込む, 二つの, 意味での, 所です, 所は, 暗黒な, 雑誌で

▼ 界においては~ (13, 0.2%)

1 [13件] それが, もっと特殊, モーツァルトと, 一見生命, 人間を, 実にみじめ, 實體は, 従業員よりも, 残念ながら, 種子の, 西洋と, 見出せないよう, 高い位

▼ 界全体~ (13, 0.2%)

1 [13件] から眺め, から見る, が彼, というもの, にいちじるしい, に放つ, の代表者, の制度, の意向, の進歩, は最初, は進歩, をひきずる

▼ 界として~ (12, 0.2%)

1 [12件] その内部, ひとつの, 一つ屋根の, 一面の, 互に推移, 名護屋港に, 将監峠に, 忘れては, 日本と, 日本の, 根本的な, 現在の

▼ 界に対する~ (12, 0.2%)

1 [12件] 一服の, 倦厭の, 天上界人間界に対する, 己れ, 感歎を, 我祖先の, 日本人の, 時忠直卿は, 私の, 観念に, 観念の, 諸神界

▼ 界への~ (12, 0.2%)

2 裏切りじゃぞ 1 いざない, 注意が, 発展を, 目が, 裏切り者の, 貢獻とを, 贈り物である, 進出も, 進展を, 道すがらちょっと竜神

▼ 界とを~ (11, 0.2%)

1 [11件] バックに, 全く同, 別世界視せず, 同じ光明, 問わず左翼, 問わず若き, 峻別した, 極端に, 聯絡させ, 脱離す, 論ずる以上

▼ 界においても~ (9, 0.2%)

1 またはある, みなそうです, 一つの, 勢力と, 勢力を, 屡々すでに結末, 次第に歴史哲学, 清教徒と, 社会においても

▼ 界にとって~ (9, 0.2%)

1 これこそ, よきチャンス, 今の, 大きな動揺, 好ましいこと, 幕府とは, 意義の, 最も重大, 美学界にとって

▼ 界以外~ (9, 0.2%)

2 に存在 1 からの借金, にあり, にはこの, に存する, の人生, の同じく, の小人

▼ 界~ (9, 0.2%)

1 とは直線, をくれた, をさしあげ, を一つ, を出しあっ, を印, を持っ, を置い, を遺し

▼ 界にまで~ (8, 0.2%)

1 及んで, 変化を, 流行語と, 浸透し, 著しき傾向, 進んで, 還らなければ, 革命を

▼ 界~ (8, 0.2%)

2 第一流 1 でも最も, に, に人間, に於, に楽地, の人

▼ 界での~ (7, 0.1%)

1 もっと大きな, もつと, 二大, 噂を, 日本人たちの, 荒木山に, 道だ

▼ 界に関する~ (7, 0.1%)

1 ほうは, 吾人の, 方面には, 普遍的な, 次第で, 知識と, 諸概念

▼ 界~ (7, 0.1%)

3 雁坂等ニ綿亘セリ 1 好況ヲ, 新シキ神秘ニ, 索多, 間ニアソビアルクホドニ念々ノ

▼ 界一般~ (7, 0.1%)

1 について七, につき自然法則, に例外, に用いられ, に配附, の低下, の相談

▼ 界~ (7, 0.1%)

1 から糸井藤次郎, から迎え, に入る, の助役野口春藏, の激甚地, の茂呂平吉, も病人

▼ 界~ (7, 0.1%)

1 にさらに, に勢力, の各, の大立物, の種々, を讀み, 大曼荼羅尊容

▼ 界からの~ (6, 0.1%)

2 お指図 1 お言葉, ものも, 啓示と, 源泉の

▼ 界なる~ (6, 0.1%)

2 ものは 1 ものの, 八鹽の, 夕暮の, 者を

▼ 界に対して~ (6, 0.1%)

1 この上, どういう風, 主観の, 幾分の, 投げた此人, 無用の

▼ 界からは~ (5, 0.1%)

1 なれた或, 一種の, 勿論文學社會, 国の, 鬼神の

▼ 界からも~ (5, 0.1%)

1 そなた, 一般世間からも, 引退したい, 来歌舞伎役者, 閑却され

▼ 界~ (5, 0.1%)

2 ている 1 て南方, て居る, 海を

▼ 界~ (5, 0.1%)

1 が私, ぞと分別, と思います, なんぞといったら, もの

▼ 界とか~ (5, 0.1%)

1 ホステスとかいう, 個人以外の, 有史以前とかいう, 花柳界を, 芸術界とかいう

▼ 界について~ (5, 0.1%)

1 一言すれ, 思い出すまま, 縷々叙述し, 言及しよう, 言明した

▼ 界まで~ (5, 0.1%)

1 六日か, 押して, 来たと, 試みて, 迎いに

▼ 界を通じて~ (5, 0.1%)

1 我が桂文楽, 支配的に, 最も華々しい, 自然は, 見た世相

▼ 界及び~ (5, 0.1%)

1 一般より, 出版界は, 劇界に, 政治界に, 社会上の

▼ 界殊に~ (5, 0.1%)

1 家庭の, 教育界や, 新劇の, 日本の, 軍事界に

▼ 界そのもの~ (4, 0.1%)

1 の弱点, の機構, の美, を指す

▼ 界としての~ (4, 0.1%)

1 技術的なる, 神楽坂の, 自然及び, 道徳の

▼ 界~ (4, 0.1%)

2 のでございます 1 のだ, のである

▼ 界なり~ (4, 0.1%)

1 奥州にて, 山上に, 此山の, 社会的事情なりの

▼ 界のみを~ (4, 0.1%)

1 世界と, 対象と, 竜神の, 認める人

▼ 界へも~ (4, 0.1%)

1 こういう作, ほとんど見, 案内し, 進出する

▼ 界をも~ (4, 0.1%)

1 動揺させた, 含んだもの, 支配せん, 風靡した

▼ 界乃至~ (4, 0.1%)

1 は精神界, 科学的世界である, 読書界が, 読書界は

▼ 界全般~ (4, 0.1%)

2 にわたってはなんら 1 には何等, に亘つて

▼ 界全部~ (4, 0.1%)

1 が侮辱, を占領, を取っ, を広く

▼ 界~ (4, 0.1%)

1 に入り, に在, の安寧, の風光

▼ 界思想界~ (4, 0.1%)

1 との間, に活動, に活用, の唯一

▼ 界曼陀羅~ (4, 0.1%)

1 のこと, の外金剛部院, や醍醐, を見

▼ 界最大~ (4, 0.1%)

3 の敵 1 の難問

▼ 界~ (4, 0.1%)

1 から薄暗い狭い, での妄想, は実に, 当の洋食屋

▼ 界空前~ (4, 0.1%)

1 のお, のその, の大, の盛観

▼ 界自身~ (4, 0.1%)

1 から内部的, による文化的統制そのもの, に標準, の独特

▼ 界する~ (3, 0.1%)

1 壮観は, 斷崖, 理性一遍の

▼ 界だけが~ (3, 0.1%)

1 ぼっと夜明け, 人選に, 客観である

▼ 界だけの~ (3, 0.1%)

1 事で, 問題であります, 問題では

▼ 界であり~ (3, 0.1%)

1 夢想の, 新柳二橋の, 自由な

▼ 界とに~ (3, 0.1%)

1 分れるの, 分類され, 於て

▼ 界なし~ (3, 0.1%)

1 にその, に金, の高利貸

▼ 界なんて~ (3, 0.1%)

1 えもの, ものは, 色と

▼ 界にて~ (3, 0.1%)

1 人間派を, 白妙なる, 麗は

▼ 界にとっては~ (3, 0.1%)

1 それだけで, 存在が, 容易ならぬ

▼ 界のみ~ (3, 0.1%)

1 でなく精神界, ならず我々後進, ならんや

▼ 界へは~ (3, 0.1%)

1 出ようと, 喰い入って, 決して二度と姿

▼ 界ほど~ (3, 0.1%)

1 大言壮語に, 大騒ぎし, 論争の

▼ 界~ (3, 0.1%)

1 に人事界, に文學界, に演劇界

▼ 界~ (3, 0.1%)

1 躰より, 躰を, 體としても

▼ 界即ち~ (3, 0.1%)

1 上界を, 倭國の, 物質の

▼ 界~ (3, 0.1%)

1 に風, 喰岳嘉門次, 曼荼羅に

▼ 界無色界~ (3, 0.1%)

1 という, に至り, の二つ

▼ 界経済~ (3, 0.1%)

1 の外, の手, は人間

▼ 界~ (3, 0.1%)

1 から帰った, と黄河, の線

▼ 界あり~ (2, 0.0%)

1 ての人間界, てより

▼ 界あるいは~ (2, 0.0%)

1 天上界等に, 無機界の

▼ 界~ (2, 0.0%)

1 に大, の尾根

▼ 界きっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, てのお

▼ 界その他~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, の知友子弟一同棺前

▼ 界だったら~ (2, 0.0%)

1 さしづめ豪華版, せめては

▼ 界でなく~ (2, 0.0%)

1 て人, 人間の

▼ 界といふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 組織を

▼ 界とが~ (2, 0.0%)

1 われわれの, 全然重なり合った

▼ 界としては~ (2, 0.0%)

1 初めてつくられた, 未曾有の

▼ 界とでも~ (2, 0.0%)

1 いうべきもの, いう世界

▼ 界なく~ (2, 0.0%)

1 すべての, 母の

▼ 界など~ (2, 0.0%)

1 この頃大層, 意気筋の

▼ 界などに~ (2, 0.0%)

1 志す一部, 比らべて

▼ 界などの~ (2, 0.0%)

1 演奏会で, 空気を

▼ 界などを~ (2, 0.0%)

1 泳ぎ廻って, 見ても

▼ 界ならびに~ (2, 0.0%)

1 世間で, 作者界に

▼ 界においてのみ~ (2, 0.0%)

1 見られる現象, 靈界においては

▼ 界にたいして~ (2, 0.0%)

1 穏和で, 面白がり

▼ 界にだけ~ (2, 0.0%)

1 残って, 行なわれる表象

▼ 界にのみ~ (2, 0.0%)

1 応用さるべき, 馳求する

▼ 界に対し~ (2, 0.0%)

1 一種の, 研究を

▼ 界に迄~ (2, 0.0%)

1 研究を, 輪轉し

▼ 界ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなくあらゆる, では

▼ 界よりも~ (2, 0.0%)

1 よほど商売, 遠く日

▼ 界不振~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 界不況~ (2, 0.0%)

1 と支配人, の真只中

▼ 界二百年間元禄~ (2, 0.0%)

2 と天明

▼ 界~ (2, 0.0%)

1 がナポレオン, の跳梁

▼ 界人事界~ (2, 0.0%)

1 の描写, の諸々

▼ 界人間界~ (2, 0.0%)

1 に対する諸, の事実

▼ 界内部~ (2, 0.0%)

1 に対しては全く, の事情

▼ 界分業~ (2, 0.0%)

1 の法則, の結果

▼ 界切っ~ (2, 0.0%)

1 ての人気, ての花形

▼ 界~ (2, 0.0%)

1 さえ作っ, の条

▼ 界~ (2, 0.0%)

1 から出, から来た

▼ 界宗教界~ (2, 0.0%)

1 などよりも聰明正義, の巨人

▼ 界改良~ (2, 0.0%)

1 の大, の熱情

▼ 界救亡協会~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ 界文学界~ (2, 0.0%)

1 の権威二十五名, を風靡

▼ 界方面~ (2, 0.0%)

1 の希望, は云う

▼ 界時代~ (2, 0.0%)

1 の馴染, を幼穉

▼ 界最高~ (2, 0.0%)

1 の権威, の記録

▼ 界~ (2, 0.0%)

1 がある, 或は民友社派

▼ 界~ (2, 0.0%)

2 信は

▼ 界特に~ (2, 0.0%)

1 吾黨の, 総合評論雑誌も

▼ 界独歩~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 界~ (2, 0.0%)

1 でも, な人情

▼ 界~ (2, 0.0%)

2 合して

▼ 界磁抵~ (2, 0.0%)

2 抗開放用意

▼ 界~ (2, 0.0%)

2 一の

▼ 界組織~ (2, 0.0%)

1 に附帯, の網繩

▼ 界経済界~ (2, 0.0%)

1 の不況, の有力

▼ 界統制~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 界藝術界~ (2, 0.0%)

1 には勿論, に地位

▼ 界附近~ (2, 0.0%)

1 の花崗岩塊, は格別

▼1* [301件]

あたりでも真似, 界あることを, 界いする処に, 界いもなく轍, 界いよいよ全盛, 界と書いた, 界少年世界かで, 界かけ官有針葉樹林の, 界かなと観念し来り, 界かも知れぬ加, 界くらい批評の, 界ぐらいのもので, 界けれど足もとは, 界こそは実在反映の, 界ことにダンス場や, 界ういふ風, 界さまよう自分の, 界されたる中に, 界されたれど全体, 界じみた皮肉や, 界ぜんたいは片倉, 界その中に, 界眞なる, 界たらしむるに, 界たるに過ぎない, 界だけで見れば, 界だすなあ, 界だの乙姫様だ, 界ゆうにお, 界つづいてお, 界であって, 界であったにし, 界であるかのよう, 界であろう先生の, 界でございますあなたの, 界ですか, 界でなければならぬ, 界というのほかは, 界とかいう方の, 界としても全体の, 界とて上州の, 界とともに物質界の, 界とにおける多数の, 界とも言うべき瀬, 界とやらへ舞い上ったもの, 界とを以て信仰の, 界なぞいう様々, 界などで流行し, 界などではどこに, 界などと言っては, 界などという海の, 界などにはよほどこの, 界などは全然ダメ, 界などよりも聰明正義の, 界なみの政争, 界ならば未だに, 界ならぬ神秘幽, 界なれば万事決定, 界なんぞでは, 界なんぞがあるもの, 界なんぞには今でも, 界にあたりこの帶, 界においての恋を, 界にこそ本当に哲学的, 界にさえ親不, 界にたいしても申しわけが, 界にたいする蔑視の, 界にてこそ鯉は, 界にては之を, 界にとっても黄金時代だった, 界になつてゐ, 界によって整理され, 界によりも政治界の, 界に対してもこのベートーヴェン, 界に関しては今なお, 界に関するにせよすべて否定, 界のにぎはしさ, 界のみにはあらざりけり, 界のみのこととして, 界はいぜんとして卑, 界はじまって以来私, 界東の, 界へまで逃げのびて, 界ことの, 界まれにみる, 界めかして舞台, 界もしくは精神界において, 界もつと廣, 界もどきのそんな, 界やは詩人によって, 界をば決して踰ゆ, 界を以て家と, 界キャフェーの世界, 界シ北ハ西奥仙丈ノ高, 界ス三州ニ跨ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス, 界在リ, 界ニシテ神領モ亦此ニ限ル, 界ニ於テ執心ナキガ故ニ九界, 界ハ山深ク嶮岨ナル, 界去ルベシ, 界ヶ島北は北海津軽ヶ沖, 界の楽園, 界一九五〇年度の大いなる, 界一流どころの名前, 界一生の運, 界一百二十里去常陸国界四百十二里, 界一脈の經路, 界一般芝居寄席興行ものの状態視察, 界にあらわれたる, 界上下賢愚一同に子孫, 界上大みそ筋から下難波橋筋, 界に見ゆる, 界不振時代のその頃, 界並びに小売店, 界中出色の文士, 界中央の重鎮, 界中川魚の王, 界中心變動の説, 界中枢の人物, 界中興味あるもの, 界中間の事情, 界主として個人商店の, 界主峰奥岳の東北, 界成事にては, 界過而榜行爾, 界与峯不同, 界ひ換, 界五厘問題大紛糾, 界た驚くべきに, 界仏界につらなり, 界以上の何物, 界何ぞ常に静謐なる, 界信濃坂に夜毎, 界の物, 界入りのため, 界全面の革新, 界其上の四階位, 界内本町太郎左衛門町西入町豊後町安土町魚屋町を南界, 界出版界の文化運動, 界分布図の代り, 界切つての策士, 界はよく, 界刷新のやり口, 界劇作家連の間, 界動植物界等の種々, 界十傑を募集, 界十文字嶺に接す, 界又は知識界の, 界及純素の城墟, 界取次界並びに小売店, 界古今の大学者, 界合せて二十八天界, 界同人の方向, 界名刹の上下, 界更に廣, 界によつて, 界哲学界や他, 界善良では, 界地方には毒蛇, 界変じて金剛宝杵, 界大川土佐堀川を北界, 界大店の奥向, 界天堂界の幻想, 界天狗界とまるきり, 界奥地の生活, 界好みの品, 界婦人倶楽部主婦之友, 界の新, 界学上の事実, 界学界は不思議, 界宗教界文壇学界もっと妖しく, 界宗教界評論界等の各, 界官公吏界実業界キャフェーの世界, 界宝石などは扱わない, 界実業界に国頭, 界実際社会等の, 界専有の術語, 界小説の一卷, 界ほ暗黒, 界尤も大切な, 界屋玖の嶋, 界の前, 界と禊岩, 界岩おのづから界, 界平和を唱え, 界幾多の俊秀, 界広しといえ, 界当分君の作品, 界復帰の夢, 界恐らくこの人, 界意識の底, 界沒冥界, 界或いは人間の, 界或は通常の, 界所謂る遊侠, 界邪韓國七千餘里, 界探検のため自ら発明, 界改造の奨励者擁護者, 界改革の一歩, 界政治界經濟界又は知識界, 界政界はこの, 界教育界宗教界文壇学界もっと妖しく, 界教育界官公吏界実業界キャフェーの世界, 界文壇学界もっと妖しく, 界文章世界それから舊早稻田文學, 界新進の花形, 界方位とって, 界旧時の残存物, 界明白なること, 界近, 界普通の現象, 界最もこれに, 界最初の年鑑, 界月並みの, 界有數の大, 界村大字越名で案内人, 界村字高山だけで二人, 界村犬伏町等の有志, 界村高山の対岸, 界東京といふ酒色, 界植野と被害地, 界極微なるもの, 界浄罪界天堂界の幻想, 界消息をおぼろげ, 界消息通になつ, 界測定の基準, 界滄海下界の管理者, 界漸く森厳に, 界無上の偉, 界無意識界の変化, 界無比であった, 界獅子身中の虫, 界生死の起原, 界的人生などの事, 界的会合へ多く, 界相合して起こる, 界看板を出した, 界短信欄に福富源次郎, 界が立っ, 界石標が立つ, 界磁抵抗のハンドル, 界磁抵抗器のハンドル, 界磁用抵抗器のハンドル, 界磁電圧を六百ボルト, 界科学界に潜行, 界粛清とに全力, 界経済界科学界に潜行, 界統一の功績, 界絶対界の三種, 界經濟界又は知識界, 界総動員の豪華演奏, 界育ちの眼力, 界自体が萎縮, 界自然界における新しき, 界自然界絶対界の三種, 界舞台撮影を以て第一人者, 界舞踊を風靡, 界色界の有情, 界花柳界には圧倒的, 界芸術界哲学界や他, 界芸術界等の大立物, 界若しくは意識全, 界でこれ, 界荘厳の際, 界に日月, 界の状態, 界見巧者の六二連, 界見物は実に, 界評論界等の各, 界詩文界に生気, 界の注入, 界調査の一資料, 界論者は言, 界貴族社会学会文学界芸術界等の大立物, 界に行く, 界輪宗の嘲, 界迷離の笠一蓋, 界追放の該当者, 界連続の必要, 界進歩の大法, 界遊蕩の文学, 界は何だか, 界道徳界に大, 界達士を俟, 界銀猫出羽三などと書い, 界銭氏所謂原書是也可謂希世, 界閉鎖後も政界, 界のデリケート, 界関係の容疑者, 界の總, 界随一の美男子, 界隠退の意, 界雑誌ブウルヴァルジエを展げた, 界離れのした, 界革新とか云っ, 界音楽界の名士, 界風俗研究をお薦め, 界飲食店の連中, 界首駅から真一文字, 界高山下都賀郡の谷中, 界黒壁という処