青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立つた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立~ ~立ち 立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った 立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた
立つた~
~立て 立て~ ~立てた 立てた~ ~立てる 立てる~ ~立場 立場~ ~立派 立派~

「立つた~」 1098, 11ppm, 9563位

▼ 立つた~ (158, 14.4%)

27 である 16 です 63 でした

2 [11件] だが, ぢや, であります, であるこの, では, はガラツ八, は了輔, は唯, は昭和八年, は池邊君, も無理

1 [84件] がこの, がその, がのそ, がよかり, がザツ, がヴィユウ・コロンビエ座, が二十七日, が元治元年, が先月, が六時半, が吹雪, が婦人, が家康, が床次竹二郎代議士, が花, が見え隠れ, が震災後, さ, さ顔, だから, であるが, であるけれど, でございますが, です其, でも, で御座います, と殆ど, には, には停車場, に対して敢, は, はお, はもう, はもつとも, はもと飯田町, はアデン在留, はセント・ジョン・リヴァズ, はヒヨロヒヨロ, はマレルブ, は一度, は一本, は丸善, は二十三, は五十嵐, は今, は俵屋, は八五郎, は其, は処々, は右側, は四十七八, は四十五六, は大きな, は大場石見, は奇, は妾, は実に, は実は, は實, は当時, は忘れ, は思ひ, は提灯, は昨夜此家, は正しく, は無理, は照れ隱, は番頭, は私, は紅玉, は細目, は羽ごと六寸, は翌, は草鞋, は處, は誰, は鈴木本次郎君, は長病, は青髯, は顏, も坐, を機, を見, を見れ

▼ 立つた~ (54, 4.9%)

2 怎う, 竹山は

1 [50件] いくら私, いけませんよ, いつの間にか私, この日, さうし, さて何ん, そのままぼんやり口, その入院, その時女中, それは, ただ少々, たつた十四行, ちやうど, どうしてもその, どうしても気, ふらふら搖れ, もとより悲しみ, やがて雷, 一度び部屋, 一軒も, 不図其友達, 丹波の, 二週間ばかし, 何が, 便所に, 先刻の, 先生は, 其の儘窓際, 其ま, 其聲が, 出掛けに, 出掛に, 前に, 吉日だ, 吉日と, 呀足許に, 土左衛門突出し, 大佐は, 廊下で, 思ひついた樣, 急に, 斜に, 是は, 最早それ, 横ッ面を, 浮草を, 生れながらの, 藤枝が, 頭を, 高句麗の

▼ 立つた~ (49, 4.5%)

3 の事 2 にはもう, のやう, はもう

1 [40件] ある男, かう圍爐裏, かな, か何, であつ, でございませう, でなくとも, ともう, などの美し, などは実際, にはいくら, にはさすが, にはま, には私, には驚きました, にも別に, にルリ, に生じる, に限つて使, のあの, の寂しい, の樣, の英語, は來, は勘次, は即ち, は古い, は家, は愈, は穴, は萬衆一時, は薄暗い, は霧, ふと彼女, ふと振り, ふりそ, もう女学生, も黒谷, 何気なく奥, 当宗

▼ 立つたまま~ (31, 2.8%)

1 [31件] いつた, おそい夕飯, かう云, かなり永い, じっとみつめ, そして身動き, その手紙, その顔, だ, であるが, ときどき街道, なの, なり, になつて, にやにやと, にやりと笑つて, に埋めました, の僕, びくびくし, ふと思ひ浮べた, もどかしさうに, わざと唇, 動かなかつた, 心地よく乾いた, 明るい空, 暫く蒲團, 暫く蛾, 眠る, 荒い息, 見て, 話しを

▼ 立つたこと~ (28, 2.6%)

2 があつ, がある

1 [24件] か, があり, がない, が幾度, が思はれる, であらう, である, で滿, なん, になつ, はあります, はありません, は一度, は一日, は兎, は規則, は言, は飽くまで, もある, をし, を信じ, を渠, を言, 故彼

▼ 立つたので~ (26, 2.4%)

5 あつた 2 せう

1 [19件] あとは, あらうか, あらうかと, この上下十四人, こんなキメ手, その準備, その颯爽, それを, 一里距つた警察分署から, 今日横山に, 今日病院で, 大急ぎで, 彼も, 慾得を, 我を, 正直一途唯, 毎日の, 焼けた家, 置いて

▼ 立つた~ (22, 2.0%)

3 云ふ, 思ふと

1 [16件] ある, いふので, したら, したらどう, する, なれば, バタ, 云へ, 噂され, 思うん, 思ひましたらそこ, 思ふ頃, 思へば, 見え卷八, 見せて, 訊く

▼ 立つたもの~ (19, 1.7%)

1 [19件] がゐります, が二三人, が朝敵, ごしが, だけれども, であつ, でありますから, である, ですから, では, で此日, と見, と見え, のやう, は代, は其處, は赤蜻蛉, を瞻め, を集め

▼ 立つたやう~ (19, 1.7%)

2 である, な心持, な気

1 [13件] でそれから, な氣, な氷塊, な訳, な顔, に, にこの, になるだらう, にぽ, に傍, に屋根, に慌て, に私

▼ 立つたから~ (12, 1.1%)

1 [12件] あとの, さつ, すぐに, では, 今更毛, 兄弟は, 其処に, 其腹癒せに, 帰して, 惡口を, 文久を, 脊は

▼ 立つた~ (12, 1.1%)

2 で現に 1 がありました, があります, がその, だから, であります, であるから, のやう, の外, は国学者, をつかま

▼ 立つた姿~ (9, 0.8%)

1 が落着, でした, に足, は毘沙門天, もある, を, をいま更, を見, 唯これ雪

▼ 立つた~ (9, 0.8%)

1 かなそれとも, さとは, である, でフト, で御, は祭礼, は祭禮, へ手紙, 漸く桟橋

▼ 立つたところ~ (8, 0.7%)

1 が網, で彼, で言, の一種, の一點, へこの, を濡れ縁, を見

▼ 立つた一人~ (8, 0.7%)

1 が其辺, が力かぎり, が川, が後, の漁夫, の男, の老婆, の顏

▼ 立つた~ (8, 0.7%)

2 で氷つて 1 おつぎ, で死ん, どつち, に休む, 廻る時, 訊いた

▼ 立つた~ (8, 0.7%)

1 がありました, が姿, の後姿, の素肌, の靈, の體温, はかう, は顫

▼ 立つた平次~ (8, 0.7%)

1 とガラツ八, と八五郎, に慘憺, は, はあまりに, は左手, は懷ろ, は鎭守

▼ 立つた~ (8, 0.7%)

1 だから, の前, の堂々たる, は始めて, は相手, は食, を不思議, を止めよう

▼ 立つた~ (7, 0.6%)

3 があつ 1 から今日, だから, であろ, は遠慮會釋

▼ 立つた~ (7, 0.6%)

1 が姿, とその, には殊に, のこと, の着物, はまるで, は午後二時

▼ 立つたとき~ (6, 0.5%)

1 かう言つてちよ, にさつき, まづ真弓, もう身内, も私, 恐ろしいこと

▼ 立つたなり~ (6, 0.5%)

1 そつと, それを, で, でもの, で笑つた, の姿

▼ 立つた自分~ (5, 0.5%)

1 に対してはちやん, の姿, の素足, の脚, をそこで

▼ 立つた~ (5, 0.5%)

1 から急, に別, のカフヱ, の方, を見計らつ

▼ 立つたきり~ (4, 0.4%)

1 である, でだまつて皆, 呆れて, 暫くは

▼ 立つたといふ~ (4, 0.4%)

1 ことで, その翌朝, 現象に対して, 訳だ

▼ 立つた一つ~ (4, 0.4%)

1 が残した, の主題小説, の運動, の黒い

▼ 立つた俤びと~ (4, 0.4%)

4 は白

▼ 立つた~ (4, 0.4%)

1 が, だから, ですが, の美し

▼ 立つた~ (4, 0.4%)

1 がゐました, は孝行者, は擽つた, を突き飛ばし

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 救小屋へ, 稲荷さんが, 靜は

▼ 立つたわけ~ (3, 0.3%)

21 だつた

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 です, ですつて, ですもの

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 には参詣人, にひつそり, に見えなく成つた

▼ 立つた人々~ (3, 0.3%)

1 は, は急, よりも一時代あと

▼ 立つた全身~ (3, 0.3%)

2 の想見出來 1 の想見

▼ 立つた八五郎~ (3, 0.3%)

1 は, はす, は中

▼ 立つた吹矢~ (3, 0.3%)

1 の羽根, は眞, を引つこ

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 のため, の爲め, も青い

▼ 立つた大きな~ (3, 0.3%)

1 お神酒徳利が, 平岩を, 猫と

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 の側面, の土臺, をお前

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 がいづれ, が雨戸, ばかりで

▼ 立つた彼女~ (3, 0.3%)

1 の姿, の白い, は正しく

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 ばかりになつ, をおさへ, をたしかめ

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 で子供, は第, へ出た

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 で顔, にある, を伸ばし

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

2 には父樣 1 には父様

▼ 立つた老人~ (3, 0.3%)

2 でしたが 1 の長い

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 があります, が此レール, 或は此道

▼ 立つた~ (3, 0.3%)

1 があつ, が澤山, には鉋屑

▼ 立つたうしろ~ (2, 0.2%)

2 から馬鹿囃子

▼ 立つたそして~ (2, 0.2%)

1 すぐまた, 乞食の

▼ 立つたその~ (2, 0.2%)

1 家は, 訪問客が

▼ 立つただけ~ (2, 0.2%)

1 だ君, 支那人の

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 何ゆゑか, 其の筈

▼ 立つたままなほ~ (2, 0.2%)

2 もその

▼ 立つたガラツ八~ (2, 0.2%)

1 が指しました, も拳固

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 巳吉が, 巳吉は

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 でした, ですから

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 と, はあべこべ

▼ 立つた儘霎時火~ (2, 0.2%)

2 の無い

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 の座頭久米, 文三年十一月二十三日の

▼ 立つた其の~ (2, 0.2%)

1 姿が, 姿を

▼ 立つた叔父~ (2, 0.2%)

2 の大きな

▼ 立つた坊主~ (2, 0.2%)

1 でございます, の声

▼ 立つた場合~ (2, 0.2%)

1 にやつぱり演技の, に限つて

▼ 立つた女中~ (2, 0.2%)

1 が格子戸, は声

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 の富貴子, を見つけた

▼ 立つた婦人~ (2, 0.2%)

1 の姿, の顔

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 の尖り, の崖

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 が黒, の間

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 の八五郎, はうしろ

▼ 立つた恐ろしい~ (2, 0.2%)

2 手も

▼ 立つた新築~ (2, 0.2%)

2 の旅館

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 がよい, が一層

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 の柱, の樹

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 な色, な顏

▼ 立つた樣子~ (2, 0.2%)

2 です

▼ 立つた清潔~ (2, 0.2%)

1 な生活法, な美し

▼ 立つた漢人~ (2, 0.2%)

1 がその, の多く

▼ 立つた留守~ (2, 0.2%)

1 に詰所, の時

▼ 立つた瞬間~ (2, 0.2%)

1 のもの, を思ひ浮べた

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 が低, を拔

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 であつ, の君

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 がある, の口

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 のやり場, の寢かしやう

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 であらう, は何

▼ 立つた途端~ (2, 0.2%)

1 にその, 猛風

▼ 立つた~ (2, 0.2%)

1 の中, の湯気

▼1* [404件]

立つたあたりを眺め, 立つたあとで私, 立つた淋しく笑, 立つたかたびらの女, 立つたきりじいとしてゐた, 立つたきり自分の代り, 立つたけれども大里町子の, 立つたこの異樣, 立つたころほひ, 立つたさまは日本アルプス, 立つたそれは他人, 立つたためにあわてふためい, 立つただけでも風に, 立つたつもりにならなけれ, 立つたしよう, 立つたとおもふと, 立つたときほんとうに親爺, 立つたとき二階から降り, 立つたとき兄はほん, 立つたとき昨日と変つて, 立つたとき杏齋先生は病家, 立つたとき松園氏の作品, 立つたとき私は思はず, 立つたとき胸があやしく, 立つたとき菊池さんが, 立つたところあたりはいま, 立つたとして考へて, 立つたとやらで町内, 立つた拘らず日本國民, 立つたのに子供だらう, 立つたのみで南, 立つたばかりでござる, 立つたばかりのところで, 立つたほどだ, 立つたほどの騷ぎでした, 立つたままからだを振つ, 立つたままこちらを見送つ, 立つたままそれを見送つ, 立つたままだまつて花嫁のさま, 立つたままぢつと一点, 立つたままエレーヌの方, 立つたままチューブがつぶやいた, 立つたまま体を堅く, 立つたまま兄を見詰める, 立つたまま凝然と窩ん, 立つたまま前の人, 立つたまま動きやうもなく, 立つたまま口を出した, 立つたまま声を限り, 立つたまま彼女を見, 立つたまま我知らずその痩せた, 立つたまま棚に菜皿, 立つたまま畳の上, 立つたまま眠つてゐる僕, 立つたまま眼を細く, 立つたまま私のその, 立つたまま紅茶をのん, 立つたまま老人のやう, 立つたまま脇へ眼, 立つたまま腰から煙管, 立つたまま舞臺を見, 立つたまま話をする, 立つたまま謡へば二三年, 立つたまま途方に暮れ, 立つたまま遠くの雑木林, 立つたまま鶏卵とスープ, 立つたまま鼠色に輝いた, 立つた此の, 立つたものぢやない, 立つたものの彼は, 立つたような顏, 立つたよとその男, 立つたわが国の政治家たち, 立つたイリヤは得意さうに, 立つたオリンピツクの勇士, 立つたコドモ委員の一人, 立つたスウプの皿, 立つたセルギウスは山, 立つたモオリスは早く, 立つたリイヌ・ノロのジェルヴェエズ, 立つたロロは水ブラシ, 立つたローデ, 立つた一国の演劇史, 立つた一家の中, 立つた一本の榛, 立つた一軒家で吹く, 立つた三つの大きな, 立つた三人は, 立つた上戯曲に書, 立つた与兵衛の姿, 立つた中年の男, 立つた中村君は十九日, 立つた中村憲吉君が翌, 立つた主人勝藏の照れ臭, 立つた主題ではなく, 立つた乳汁は胸中それ, 立つた事妹まつに打明け, 立つた二三の女, 立つた二人の幼兒, 立つた二條の白い, 立つた五分刈頭の方, 立つた人影と話し, 立つた人數は咳一つ, 立つた人物大概の罪人, 立つた人達は思はず, 立つた人間である, 立つたとなつて, 立つた今日は, 立つた仕事を急がなけれ, 立つた以上手切金も主人, 立つた位身上潰れるつち挨拶, 立つた佐々兼武もビックリ, 立つた作品なの, 立つた作者が自分, 立つたの海軍中将, 立つた假普請の洋館, 立つた偉い立派な, 立つた停留場があつ, 立つたは却つて此方, 立つたを一廻り, 立つた儘なすが儘, 立つた儘一同を見廻し, 立つた儘両手を左右, 立つた儘中の樣子, 立つた儘何か召し上らない, 立つた儘凝然として居る, 立つた儘周囲を見廻した, 立つた儘喫べて居た, 立つた儘四邊を見, 立つた儘好い加減に二三枚, 立つた儘嫂の姿, 立つた儘引つ込ませて, 立つた儘洋傘の先, 立つた儘獨語の樣, 立つた儘皆と分れ, 立つた儘空虚になつ, 立つた儘訝かし気に首, 立つた儘部屋の中, 立つた兄榛軒と江戸, 立つた兩手をぴつたりと板の間, 立つた八重岳は見えない, 立つた其日のやう, 立つた内儀のお, 立つた前額うまく口, 立つた動機はやはり, 立つた匕首などは素人, 立つた十一二だけれども, 立つた十八娘の美し, 立つた十字架も実は, 立つた千兩箱に逢, 立つた半天の袖, 立つた卯平を改めて更に, 立つた友達は後ろ, 立つた合間に彼, 立つた同心が来, 立つた同氏の小説, 立つた見れば, 立つた唯一無二の特色, 立つた喬木の梢, 立つたの中, 立つた堤防の三百五十萬圓, 立つた場所から志す, 立つた夏蜜柑や朱欒, 立つた多くの熱心, 立つた多数の小説, 立つたですが, 立つたを見, 立つた川口の, 立つた大兵肥満の貴族ども, 立つた天滿與力の大きな, 立つた太い指に, 立つた太田は地下足袋, 立つた太鼓樓まで附い, 立つたの姿, 立つた女児等の心々, 立つた女性があつ, 立つたが喙, 立つたの愛すべき, 立つたはさ, 立つたの姿, 立つた媒酌人と申す, 立つたが飛行機, 立つた孤月氏の気味, 立つた孤獨な姿, 立つた學問でなければ, 立つたの睫毛, 立つた宣伝だつた, 立つた家内の姿, 立つた家鴨のやう, 立つた富山七之助の袂, 立つた小娘は斯細君, 立つた小舎が現, 立つた少年の顔, 立つた就中小さな的, 立つた山内が最初微弱, 立つた山田は, 立つた山頂に霧, 立つた岩壁の頂上, 立つた嶮山のため, 立つた川上眉山巌谷小波江見水蔭中村花痩広津柳浪渡部乙羽など, 立つたと襷, 立つた平七は圓, 立つた平山の所為, 立つたな児, 立つた幾十の大, 立つたに養母, 立つたの方, 立つた康子はくるり, 立つた建築や車庫, 立つたぼしの, 立つた後そつと物, 立つた後ろから馬鹿バヤシ, 立つた後一同また不思議さうに目, 立つた様子で, 立つた徳之助とそれから, 立つた心持ちを和げた, 立つた心配かと思ひ, 立つた忍び返しの上, 立つた思想家たちのうち, 立つた恥しいが肝, 立つた惠山の峭壁, 立つた憲宗の時, 立つた手柄をさせ, 立つた手負の伯父, 立つた才子質の太都夫, 立つた批評は加, 立つた抔書付べきや, 立つたでやり, 立つた挙句が嘔吐, 立つた握り太の竹竿, 立つた政治的創意が看取, 立つた敬君とゆ, 立つた斎宮は伊勢, 立つた新潮社員渡辺に托し, 立つたには午過ぎ, 立つた日々に追われる, 立つた日本人として如何なる, 立つたさで, 立つた時お勝手で書い, 立つた時むしやくし, 立つた時メスの刄, 立つた時主人の千本金, 立つた時会場はザツ, 立つた時何か気味悪い, 立つた時作家の存在, 立つた時卯平はのつ, 立つた時小池は斯, 立つた時弾丸を避ける, 立つた時彼は自分自身, 立つた時月は雲翳, 立つた時木の膚, 立つた時梁に這, 立つた時社村はこの, 立つた時立聞きして, 立つた時自分も一つ, 立つた時船醉であること, 立つた時遥かな波路, 立つたの幹, 立つた木像女が何, 立つた朽目に大, 立つたの幹, 立つた板敷へ, 立つたの中, 立つた柏軒の旅, 立つたは直ぐ, 立つたで按摩, 立つたの木, 立つた楊弓の矢, 立つた榛軒が始, 立つた樹木のとある, 立つたみに, 立つた機會に欠伸, 立つたを殘, 立つた歌人の一人, 立つた武士の肖像, 立つた氏子の總代等, 立つた気色もせぬ, 立つた氣分で黄包車, 立つた氷山の尖塔, 立つた江戸の町奴, 立つた油氣のない, 立つた浪人者か何ん, 立つたの彼方, 立つた温かい呼吸が, 立つた源助は内, 立つた滝本の何時, 立つた漁師が手, 立つた炭屋の猪, 立つたに風邪, 立つた烟柱は周圍, 立つたの聲, 立つた無垢のところ, 立つたに風邪, 立つた爲め家族はこんな, 立つた父相澤半之丞も生き, 立つた爺さんは一寸, 立つた眼の, 立つたと理会, 立つたの恥ぢ, 立つた狂言に触れた, 立つた玄関の扉, 立つた珈琲皿をかちかち, 立つた理想を私, 立つた瑕瑾が無い, 立つた生活樣式のみが記, 立つたにふと, 立つた画家連は恰, 立つた番頭の爲之助, 立つた疊針を見る, 立つた白い短かい毛, 立つた白張の提灯, 立つた盛子をまじまじ, 立つた看守が太田, 立つた真紅の炭火, 立つた短刀はさして, 立つた石畳を一先づ足溜, 立つたを打つ, 立つた神経に触つた, 立つた私たちの横面, 立つた私たち二人の座席, 立つたも目立つ, 立つたに時々, 立つた空馬車には八重, 立つた端緒になつたの, 立つたひ声, 立つた筆力を殺し, 立つたである, 立つた捻が, 立つた細君が縁側, 立つた経験もなく, 立つた縁故のある, 立つた美しい娘は, 立つた美女の素晴らしい, 立つた義男は腮, 立つた翻譯を成就, 立つたへから出発, 立つたの高い, 立つたの部分, 立つたの高い, 立つた自然石の常, 立つた自身を振り返つ, 立つた臭い肉の, 立つた色男で, 立つたの穗, 立つた花崗石の頂き, 立つた若僧は住職, 立つた茶碗の中, 立つた茶色な顔, 立つた菜種の少し, 立つた蒲団の上, 立つた藁束に竹, 立つた蚊柱が崩れ, 立つたの一, 立つた蠣舟に出入り, 立つた街燈の裸, 立つた表現について彼, 立つたの男, 立つた見物人が足, 立つた親仁が, 立つた覺書は長い, 立つた計画を棄てたくなる, 立つた記録係が戻つ, 立つた詩的精神を流しこん, 立つただつて, 立つた説明を聽, 立つた警手の西山, 立つた議論である, 立つた足許にお姫様, 立つたとは請取, 立つた身なりと表情, 立つた車夫に寂しい, 立つた車寄を静, 立つた通り彼の道, 立つた部分の町, 立つた釈迦は凡て, 立つた金切聲で叱り附けた, 立つた銀簪亂る, 立つたに廊下, 立つた阪井がお, 立つた隊員の姿, 立つたの森, 立つた隱氣な赤い, 立つた雉子の聲, 立つた雌猫のやう, 立つた難波はその, 立つた青煉瓦で藁葺屋根, 立つたな宿, 立つた頂上からも最も, 立つた頃自分は又, 立つたを二三度, 立つた頭髪へ一寸手, 立つたを見, 立つたに森, 立つた香代先程より子, 立つた張りの, 立つた高い木の, 立つた鳳來寺山の山の端, 立つたのやう, 立つた黄金の河, 立つた黒地の外とう, 立つた黒檀の板, 立つた黒筐柳や白樺, 立つた黒船町の利三郎, 立つた高く口