青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「男爵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

申せ~ ~男 男~ ~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~
男爵~
~町 町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~ 界隈~

「男爵~」 1000, 10ppm, 11051位

▼ 男爵~ (221, 22.1%)

3 傍に

2 [12件] いった, そこまで, その娘, 例の, 信一郎に, 内親王の, 娘に, 小首を, 横から, 矢代の, 籠の, 自分の

1 [194件] あさましく思った, あっけらかんと, あまりの, あわてて, いくらか落付き, いたもの, いったいに, いつも紙入, いないな, いよいよ今夜, お, かう言, かえってうるさく, けれどもその, こ, こう東野, この由吉, この砲声, この肩, この言葉, さもパトロン, しばらく遅れ, しゃれた身なり, すぐに, そいつの, そうじゃ, その一座, その事, その時, その案内役, その男, その絵, その翌日真赤, その話, その黒髪青年, それには, それを, たしかに何, ただテナルディエ, だから, ついにそこ, どぎも, どこに, どなりつけた, なかなか座談, にがにがしくさえ, にこにこ笑っ, ひどく不愉快, ひどく衰弱, ふいと, ぶるっと, ぼんやりこれら訪問客たち, まじめに, また二人, また興味, また鋭い, まるで口, もういつもの, もうこの, もうと, もうとっくに圧倒, もう八年以上, もう見たくなかった, もう階段, もっともらしい, やっと人ごこち, やっと思い出した, イギリスの, エイギュイユ城には, コードを, チヂミ屋の, 一人の, 一体何, 一同に, 一同の, 一羽の, 一言聞き取れぬ, 上杉家の, 与から, 世間並の, 久慈に, 二時間ちかく, 云い直して, 云ったので, 云って, 人民どもに, 今更の, 令嬢を, 何か, 何だか筋道, 何も, 何を, 侯爵の, 俄に, 傍の, 傲然として, 僕に, 優しく訊ねた, 再び九条家, 別にきまつた, 別に軽蔑, 別紙の, 力あまっ, 半信半疑で, 呆れた, 問えど, 四時少し, 堂堂と, 壮士の, 外人たちと, 夢みるよう, 大声出した, 好奇心に, 子供づれだから分らない, 容易に, 寝床の, 帰ろうにも, 庭の, 彼の, 彼を, 微笑し, 心持その, 思つた, 急いで, 怪訝な, 恐る恐る窺っ, 感慨の, 憐れむよう, 手帳を, 拍子の, 支店を, 日ごろの, 日本へ, 旧友の, 昨日仙臺に, 暗い気持ち, 暫く比叡山, 東の, 東野に, 某侯爵, 極て, 歓声に, 気の毒に, 沼へ, 満更で, 無趣味, 煙草を, 理想家に, 生存中磁気の, 田辺侯爵と, 男爵だ, 男爵でも, 真弓の, 眼鏡を, 瞬間妙に, 矢代に, 禿げた頭, 私と, 突然こう云っ, 笑いつづけて, 答えた, 籌子夫人の, 粗末な, 素早く見とがめ, 美音会には, 考えた, 胸が, 舞踏の, 苦しげ, 英雄肌の, 葡萄酒だけ, 蘇生の, 視線を, 覚悟を, 言い終って, 警戒心さえ, 資生堂を, 農会長を, 通人だけに, 造作も, 進み出でて, 運転手の, 酒が, 重苦しい聲, 闇黒を, 隣りに, 霞ヶ浦の, 顔を, 風呂から, 食堂で, 馬に, 馬を, 馬方に, 黙って

▼ 男爵~ (216, 21.6%)

4 顔を 3 そう云う, 手に, 手は

2 [16件] お嬢さんです, ような, 会社の, 前に, 姿が, 娘です, 娘を, 家で, 御次男, 愛嬢瑠璃子の, 次男で, 眼からは, 眼は, 突然な, 長男と, 顔が

1 [171件] いった通り, お嬢さんであった, お嬢さんな, お孃さん, お宅, お邸, ことだけは, ことだろう, ことに, こわい竹藪, ごときは, そう云っ, その白痴, ために, でつぷりした體, ひそかに, まえに, むすめ, やうな, ようで, をられる, フレデリック・フオン・シイドウが, 一万坪以上も, 一家老の, 一粒種で, 一行だ, 三人組が, 三男で, 三男坊の, 不在を, 不意打の, 事について, 事は, 人よりも, 人柄が, 令嗣だ, 令嬢たちが, 令嬢たちは, 令弟だ, 会社へ, 伯父が, 伯父な, 位に, 住ふ, 倅, 倅と, 側室である, 傍に, 切れ切れの, 別墅から, 別墅が, 問に, 問に対して, 噂話を, 墓は, 夫人とは, 夫人に, 夫人は, 奥さんが, 奥様でも, 女中に, 女性を通じて, 如くそれに, 妻小さな, 姪を, 姪御, 姿を, 娘から, 娘が, 娘だ, 婿に, 存命中で, 存在を, 孤独な, 孫で, 宝貝の, 客間で, 家を, 家蔵だった, 帽子に, 底を, 弟さん, 弟で, 後から, 後ろの, 後援で, 御嫡男達也様, 息子に, 意中を, 愛妾お, 感謝の, 成功を, 所へ, 所謂逆, 手から, 手に従って, 手品会の, 招宴を, 文句を, 文学青年が, 方は, 方へ, 日日の, 旧邸, 旧領の, 時よりも, 書斎へ, 未亡人様よ, 机の, 東京の, 次の, 次男が, 次男のね, 歌留多会明後日は, 正体バクロし, 死を, 沈默の, 法要が, 注意を, 洒脱さの, 満悦譬うべく, 申されるとおり, 画像だった, 盃に, 目ざましい大, 眼を, 眼前には, 知遇を, 私邸で, 秘蔵し, 紙入が, 経営し, 考えでは, 肩書きも, 背広が, 胤を, 自動車の, 船, 苦しさ, 蒐蔵を, 蔵書票な, 藏せらる, 血に, 行動を, 親切さが, 許に, 詩の, 話から, 話に, 話を, 談を, 踊り相手に, 身よりの, 軍使が, 遠縁に, 邸に, 邸へ, 邸を, 酒の, 金庫から, 長子で, 長子であった, 長男周信これが, 霊の, 露命を, 面色は, 額に, 顏を, 顔に, 顔は, 首ッ玉に

▼ 男爵~ (57, 5.7%)

2 叙しぬ, 声を

1 [53件] ここへ, さうし, して, しても, しろ夫人, するならば, そうした卑しい, そう云っ, そう云った, そう云われ, なした, なって, なってから, なりたいの, なり金, なること, なる迄の, なれるよう, にこにこした, ふと出会った, ソックリである, 乳の, 云えない, 云った, 云われたとき, 会って, 叙せられた当時, 向うより, 告げたところ, 報告し, 嫁し, 居心地が, 復讐する, 応酬した, 悪意を, 打ち明けた, 扮し, 抱いた父, 気附い, 答えた英子, 納まって, 縋ろうとして, 自分が, 自分の, 苦情を, 貰つた, 返還を, 金は, 阿るよう, 随って, 面倒を, 面接の, 頼み両親を

▼ 男爵~ (46, 4.6%)

3 いった 2 坂巻多門という, 瑠璃子の, 馳け

1 [37件] ありまた, いるだけで, これも, そう云っ, そのまま逃げる, またアンフレジー, まるで燒石, もつと, ボーイに, 世を, 会長を, 出たら皆んな, 君に, 囁く, 城へ, 大尉の, 大阪へ, 客間に, 少年の, 居ないぞ, 戸の, 戸口をは, 旅行中の, 書齋で, 本物らしい, 校長で, 死ねば, 死の, 母を, 涙の, 滿洲の, 濡衣に, 犯人を, 自分の, 自分如き, 自動車で, 追求し

▼ 男爵~ (42, 4.2%)

2 なって

1 [40件] いうが, いって, お揃ひで, この鮭, その同僚たち, なり得候いしもの, ウェイトレス真弓とは, レイモンド嬢とが, レイモンド嬢は, 世間知らずの, 二人で, 云ったよう, 会いながらも, 会ったこと, 会った始終, 同じよう, 同車し, 名も, 名乗る優男, 名乗る若者, 呼ばれた青年, 呼ばれて, 呼ばれる男, 呼ばれる青年, 子供たち三人ぞろいで, 帰って, 日銀総裁の, 本藤, 東野とが, 物を, 田沢元, 県会議長の, 私の, 肩書の, 自分の, 言えば, 言へば, 財産に, 雲井文彦は, 面会し

▼ 男爵夫人~ (42, 4.2%)

2 となった

1 [40件] おみえ, が八百屋, が自ら, その娘オルタンス, たること, たるこの, である, となる, とモリナーレ夫人, と人, と彼女, と直ぐ, になり, には惜しい, に出した, に厚顔, に引け, に痰, に面会, の事, の宏壮, の客間, の家, の御, の目下, の自白, の言葉, の長女, はコゼット, は二日, は扉, へもことづけ, へ贈られた, もその, も買いもとめた, を乞食, を探し出し, を殺した, を迎, 並びにその

▼ 男爵~ (35, 3.5%)

2 の金庫

1 [33件] から令孃, から学士院, だ, だから, ですから, とかへ廻るらしい, なぞはお, にはいっ, に伝わっ, に何, に出入り, のため, のコッテージ風, の先祖, の別, の別邸, の姫, の嫡男, の嫡男文夫さん, の懇望, の放蕩息子, の有名, の珍襲, の社員, の私塾, の秘密, の系図, の若君様, の陥っ, の青色, の鷹匠, を訪れ, 程なくソオル

▼ 男爵~ (34, 3.4%)

1 [34件] はじめ名優たちの, まだ貰, ハイドパーク, ミユンヘンに, 中心と, 中心に, 伝へ, 伝へ得ぬ而, 初めて選考, 名前に, 呼んで, 売りもの, 始めとして, 尻目に, 引っぱって, 得しも, 授けられた, 授けられた時, 授けられました, 盗み見る, 知り得たとは, 突きのけた, 見あげた, 見るの, 訪ねた, 訪ねて, 訪ねるん, 貰つた, 貰ふ, 贏ち得よう, 連れて, 遂に社会, 選び考えたの, 選考する

▼ 男爵~ (24, 2.4%)

2 共に聞えた

1 [22件] あれば, さすがに, それに, とうとうボートルレ少年, ほとんど彼女, またその, ゼッテルベルグの, モウケルことで, 一寸見当に, 二人の, 博士も, 同時にそれ, 呆れやがて, 帰って, 帰つて来る, 打ち明けて, 敏感に, 新聞で, 本藤, 機嫌よく, 考え込むとき, 面白かった

▼ 男爵閣下~ (17, 1.7%)

1 [17件] から, がお, に, にお, にかく, には小生, にわれわれ平民, に受け, に申, のお, のよび, の令妹, の御, の机, は茨城北部, は頬髯, を客間

▼ 男爵未亡人~ (11, 1.1%)

1 [11件] の寝, の寝床, の枕元, の特別, の着物, の秘蔵, の藁布団, はミゾオチ, は四十, は麻酔, を凌辱

▼ 男爵から~ (10, 1.0%)

1 あがったヤット子爵, 享けた親切さを, 内密に, 招致せられ, 捜査ねがい, 東野に, 迎へ, 迎への, 遣された者, 離れた椅子

▼ 男爵~ (10, 1.0%)

1 からと思つて, この上, というの, といっ, とかいう噂, とかさ, とか汽船, な, なんてあんな, よ

▼ 男爵という~ (10, 1.0%)

4 のは 1 のに, のも, ニックネームな, 人で, 架空の, 軽蔑を

▼ 男爵令嬢~ (9, 0.9%)

1 が僕, たる女房, と僕, に逢う, のそば, の昔, の落付き, はもうどう, は当世風

▼ 男爵~ (9, 0.9%)

3 でございますか 1 で後藤新平, なんだい, のお, の仰せ, の婿サア, やお嬢様

▼ 男爵~ (8, 0.8%)

2 面構も 1 いらせられる, いらっしゃいますの, でもお, ね, 弁護士である, 金持ちだ

▼ 男爵では~ (8, 0.8%)

3 なかった 1 ありませんでしたが, あるが, ない, ないか, なく武子さん

▼ 男爵との~ (8, 0.8%)

2 二人が 1 ことを, そんな些細, 一件を, 交情にも, 邂逅の, 間から

▼ 男爵~ (8, 0.8%)

1 その子たち, ゴリオ老人の, ジャルジャエーが, ドンキホーテに, 下男を, 伯爵や, 山中造船中将など, 横山大観さんなどの

▼ 男爵~ (8, 0.8%)

1 でかなり, で読んだ, に即日, の小, の植物園, の盗難, の裏, をはじめ

▼ 男爵には~ (7, 0.7%)

1 あの娘, すべてちっとも, その銘仙, それも, ちっともおかしく, 一驚だった, 余命を

▼ 男爵夫人アンナ~ (5, 0.5%)

1 が立ちあがった, のわき, はもう, は海岸, も彼

▼ 男爵とは~ (4, 0.4%)

1 もう再び会うまい, 初対面だった, 法廷に, 違います

▼ 男爵にも~ (4, 0.4%)

1 おじぎを, なれないで, 一枚美術学校にも, 会った

▼ 男爵~ (4, 0.4%)

2 はあなた 1 はファヴロール, は殺害

▼ 男爵です~ (3, 0.3%)

1 か園田君, の, よ

▼ 男爵高屋清人氏~ (3, 0.3%)

1 が立っ, だった, では

▼ 男爵~ (2, 0.2%)

1 二方と, 待受けの

▼ 男爵こなた~ (2, 0.2%)

2 に向き

▼ 男爵その~ (2, 0.2%)

1 殺された青年, 親友高原淳次郎松陰の

▼ 男爵だけは~ (2, 0.2%)

1 底流し, 自分の

▼ 男爵だって~ (2, 0.2%)

1 なって, 早く上等

▼ 男爵である~ (2, 0.2%)

1 が故に, ことをも

▼ 男爵とも~ (2, 0.2%)

1 会う最後, 大佐とも

▼ 男爵などは~ (2, 0.2%)

1 その一人, 婿の

▼ 男爵~ (2, 0.2%)

1 武子姫が, 繋が

▼ 男爵マリユス・ポンメルシー~ (2, 0.2%)

1 うむ今あそこ, という名前

▼ 男爵加藤~ (2, 0.2%)

1 がいつも, が今夜

▼ 男爵夫人閣下~ (2, 0.2%)

1 の財産, は素性

▼ 男爵夫妻~ (2, 0.2%)

1 の姿, は父

▼ 男爵後藤新平氏~ (2, 0.2%)

1 だつた, の私有財産

▼ 男爵本多政以氏~ (2, 0.2%)

1 と為す, と爲

▼ 男爵石黒忠悳氏~ (2, 0.2%)

1 が方々, は今

▼ 男爵自身~ (2, 0.2%)

1 ではなかっ, の乱行

▼1* [103件]

男爵および男爵夫人と, 男爵何かの, 男爵こそ長者の, 男爵このごろこんなに立腹, 男爵へ日本, 男爵さえ日本に, 男爵さんのお嬢さん, 男爵じゃないわね, 男爵そのままという者, 男爵ただ酒を, 男爵たちは支配者, 男爵つていへば, 男爵でありレジオン・ドンヌール勲章の, 男爵であろうかそれ, 男爵でいらっしゃるんです, 男爵でございますか, 男爵でなくてもそんなに, 男爵でもなに馬鹿殿樣で, 男爵とかと名を, 男爵とを結びつけること, 男爵どころか県知事の, 男爵んだ, 男爵などが思ひ出されるが, 男爵などということは, 男爵などの頭と, 男爵なども少年の, 男爵なんてものは, 男爵においてもそれは, 男爵になつた人だ, 男爵に対してもなお自分, 男爵め周信め妹めと何, 男爵もう宜い加減, 男爵とホテル, 男爵をも授けられて, 男爵アトキンス夫人などの救出陰謀, 男爵オーガスタス・モランの息, 男爵コンラド氏の敗訴, 男爵トルッフゼスフォン・トラウテナウフォン・リヒテルロオなどの中少尉仲間, 男爵ニイチェの中, 男爵ハリイ大尉は上機嫌, 男爵バウアシアとルウエン卿, 男爵ピロヴァノ中隊所屬の旗手, 男爵フォンメエルハイムという人, 男爵フォン・メエルハイムといふ人, 男爵フランソア・ド・ベルトン・ド・グリヨン閣下グランデーヴの司教領主シェザール・ド・サブラン・ド・フォルカキエ閣下, 男爵フレデリックはその, 男爵フレデリック・フオン・シイドウこそ正しく, 男爵ベルギーの上院議員, 男爵ポンメルシーと署名, 男爵ポンメルシー君はどこ, 男爵マリユス何とかって言ってた, 男爵ワシントン少佐を同伴, 男爵一味が狙ってる, 男爵一族の悪魔的, 男爵の最も, 男爵中島錫胤であつ, 男爵事件といふ奇抜, 男爵からおおよそ, 男爵令嗣は, 男爵令嬢オーライであると, 男爵令息として学習院, 男爵に在り, 男爵北畠治房氏と一緒, 男爵嗣子オックスフォウドの学生, 男爵嘗て吾人に, 男爵大いに怒って, 男爵夫人それに島田三郎夫人, 男爵夫人アンナわれわれはお前, 男爵夫人ジョセファを繞, 男爵夫人李子は厚母伯爵家, 男爵安川敬一郎氏は先年筆者, 男爵宮内卿王室財務長官の三人, 男爵家側の運動, 男爵岡部子爵伊藤大師本願寺法主に次い, 男爵川島武男と呼ばれ, 男爵弁護士藤波堅策氏と同車, 男爵後藤遞相を送り, 男爵夫妻は, 男爵怒ってはいけません, 男爵時代からの遺物, 男爵書記官の大石, 男爵未亡人レイディ・リンとレイディ・イングラム, 男爵の外, 男爵殿と呼んだ, 男爵浅野総一郎西野恵之助山本久三郎さん等有名なかたがた百三十名, 男爵海軍少佐テオバルト・フォン・エッセンは死に, 男爵父娘と相対, 男爵現在アメリカ陸軍に勤務, 男爵直接の案内, 男爵福羽氏の子爵, 男爵穂積博士の最近, 男爵が主として, 男爵政客天文學博士實業家など, 男爵菊池大麓博士織田萬博士および船山曄智君, 男爵藤波弁護士等も固く, 男爵藤田平太郎氏の夫人, 男爵西周となった, 男爵西周君ト相識リシハ初メテ蕃書調所教授手伝並タリシ日ニアリ, 男爵速水などの顔, 男爵邸前に押しよせた, 男爵部隊の旗手, 男爵閣下宛配達致して, 男爵鳩山和夫等が法律