青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

竈~ ~立 立~ ~立ち 立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った 立った~ ~立つ
立つ~
~立つた 立つた~ ~立て 立て~ ~立てた 立てた~ ~立てる 立てる~ ~立場 立場~

「立つ~」 14343, 148ppm, 712位

▼ 立つ~ (6222, 43.4%)

488 ゐた 355 ゐる 181 ゐるの 121 ゐて 103 居る 93 居た 72 行つた 66 居るの 62 ゐました 56 ゐると 51 ゐたが 46 ゐたの 34 居りました, 見て 29 ゐるので 25 ゐるやう 23 來た, 居て, 居ります, 来て 22 来た 21 居ると 20 いた 19 ゐます 18 居たの 17 ゐたので 16 ゐること, 見ると 15 ゐる姿 14 ゐる私, 來て, 自分の 13 いる, それを, ゐるが 12 ゐる所, 待つて, 腹が 11 ゐるもの, ゐるん, 何か, 來る, 見た 10 ゐても, ゐるお, ゐる男, 行くの 9 ゐる人, 居ました, 行く, 階段を 8 しまつ, ゐるだけ, ゐる外, ゐる女, 出て, 来る, 歩いた, 歩いて, 眺めて 7 じつと, ゐたこと, ゐたと, ゐるところ, 居ること

6 [19件] いらつし, いるの, こちらを, ぢつと, みると, ゐたり, ゐない, ゐるから, ゐる一人, ゐる時, 了つた, 外へ, 居たが, 居るお, 手を, 目を, 私は, 行きました, 行くと

5 [12件] きた, ゐた時, ゐる事, ゐる筈, 口笛を, 居るでは, 庭を, 歩く, 空を, 見たり, 言つた, 道を

4 [49件] いつて, いて, お前の, ならなかつた, ゆく, ゐたお, ゐたつけ, ゐた事, ゐましたが, ゐるでは, ゐるとき, ゐるのに, ゐるばかり, ゐる場所, ゐる平原, ゐる彼, ゐる深緑, ゐる者, ゐる間, ゐれば, 二人の, 二階へ, 伸びた蓮, 僧綱が, 口を, 叫んだ, 外を, 奥へ, 家の, 居さ, 居るぢ, 居るので, 居るもの, 居るやう, 居る八五郎, 手づか, 来るの, 此方を, 物を, 祈りました, 私の, 私を, 窓の, 窓を, 行かうと, 表戸, 障子を, 頭の, 驅け

3 [91件] あたりを, いたが, いつまでも, います, いると, お出でに, きたの, くるの, こつちを, さう, さうし, たまらない樣子, ないで, みても, やつて, ゆくを, ゐたあの, ゐたから, ゐたさ, ゐたやう, ゐた二人, ゐた人, ゐた人々, ゐた巡査, ゐますと, ゐよう, ゐるか, ゐるかと, ゐるかの, ゐるその, ゐるといふ, ゐる一本, ゐる中, ゐる僕, ゐる前, ゐる大きな, ゐる榎, ゐる脊, ゐる自分, ゐる足, 一同の, 丁寧に, 下を, 中の, 了ふ, 二人を, 例の, 元興寺へ, 奥の, 奧の, 家を, 居たこと, 居たもの, 居たり, 居た事, 居つた, 居つたが, 居る大和, 居る用人, 居る男, 居る筈, 帯を, 平次は, 庭の, 彼の, 彼は, 扉を, 案内しました, 案内する, 案内を, 椽がはへ, 正太は, 此の, 歩き出した, 歩き出しました, 歸る, 水を, 海を, 砂糖の, 私どもの, 襖を, 見えた, 見るとも, 見るの, 話した, 話を, 部屋の, 部屋を, 雨戸の, 頭を, 馴染らしき突か

2 [243件] あのお多福人形, いたこと, いたの, いました, いること, いるため, いるだけ, いる所, いる氷, おいでに, お勝手, きて, さへ, しく, しまひました, しまふ, しやう, しようがない, その辺, それが, たまらないと, て聞きましたよ, ほんた, ぼくは, ぼんやり春, われわれは, ゐさ, ゐたその, ゐたつたが, ゐた一人, ゐた女, ゐた年寄, ゐた方, ゐた松の木, ゐた男, ゐた私, ゐた立場, ゐた辺, ゐた青年, ゐては, ゐながら, ゐなければ, ゐますが, ゐますな, ゐやう, ゐようと, ゐられた, ゐられるやう, ゐるかも, ゐるそれ, ゐるだけで, ゐるに, ゐるもう, ゐるボーイ, ゐる丘, ゐる二本, ゐる以上, ゐる兄, ゐる内儀, ゐる写真, ゐる力, ゐる南部人, ゐる地面, ゐる客, ゐる家, ゐる小, ゐる山, ゐる岩, ゐる島, ゐる巡査, ゐる庭, ゐる廊下, ゐる弟, ゐる影, ゐる彼女, ゐる後, ゐる新入生, ゐる方, ゐる松, ゐる柳, ゐる樹木, ゐる橋, ゐる汀, ゐる白い, ゐる石, ゐる膝, ゐる良秀, ゐる農家, ゐる道, ゐる青年, サツサと, レコードを, 一人で, 一里ばかり, 下に, 中を, 之を, 云ひ出す, 京都の, 人の, 仕樣, 伊香保まで, 佐野の, 何を, 便所の, 便所へ, 僕の, 僕は, 入口へ, 其日眼前に, 其處を, 出た, 前へ, 參りました, 取らつし, 台所の, 右の, 向うの, 囂々と, 困つて, 壁に, 外の, 夜目にも, 奔走した, 妹らしい, 小屋の, 小舟を, 居たと, 居たので, 居たん, 居た日本人, 居た時, 居た私, 居ても, 居なければ, 居りましたから, 居りまして, 居りますが, 居るかなり, 居るかを, 居るが, 居るといふ, 居るところ, 居るのに, 居るを, 居る下男, 居る中, 居る人, 居る人々, 居る処, 居る方, 居る石橋, 居る者, 居る自分, 居る處, 居る間, 居間の, 山口へ, 席を, 帰つた, 帶を, 平次と, 廊下へ, 弁当を, 彼が, 彼女は, 思ふさま, 息を, 戸外を, 手足を, 指を, 挨拶しました, 政治が, 時々藤野さん, 来たの, 来たので, 来た家人, 来ると, 案内し, 案内します, 次の, 歩くと, 歩くやう, 歩行いた, 汗を, 汽車を, 泣いて, 海の, 盃を, 目には, 眺める, 眺めると, 短い経, 硝子戸を, 禮を, 私が, 私も, 稍暫く, 突然志郎, 窓から, 縁側に, 縁端へ, 考へましたが, 職員室に, 腰を, 膝を, 自分で, 自分でも, 自分は, 臺所へ, 茶碗を, 行きながら, 行きます, 行くので, 行くやう, 行く娘, 行つたあとで, 行つた後お, 行つた時間ぢや, 行つてし, 行つて其古足袋を, 行つて受話機を, 行つて片隅の, 行つて見よう, 袴を, 裏口へ, 裾を, 襖の, 見あげると, 見たが, 見つ居て, 見惚れて, 解職願を, 課外二時間の, 踊が, 身を, 間もなく聯合艦隊, 障子の, 隠遁生活を, 隣の, 電車を, 青年の, 靜かに

1 [2666件 抜粋] あが, あつと, あるきながら, いいわけ, いきました, いたから, いた女給, いちいち説明, いなければ, いよいよ内, いるからに, いるもの, いる二人, いる女, いる梓弓, いる農家, うす明い夜空, うろうろと, おしまひ, おばあさんを, おれなくなり, お医者, お牧, お茶も, お雪, かみつきやしないかと, きた政府, くると, くれた, くろつちつた處, こつちへ, この時, この竿, これを, こんな暢氣, さぞ陰ぢ, しきり, しばらく話, しまふいかにも, しまへば, すでに姿, せ, そつち, そのまた, その作つて, その士官, その手, その檻, その石文, その蟲, その顔, それから第, そろ, たつて, たまらなん, ちびりちびり無心, て前, どこへやら, ならなくなつ, のつ, はたはたと, ふくらんで, ぷんぷん怒つ, ぼんやりあたりを, まじめな, また叫びました, また筑波山, まはし部屋, みて, みんなの, もう森, やう, やり直せ今度, ゆくので, ゆけるか, わざわざ扉, ゐ, ゐたい, ゐたきりぢ, ゐたで, ゐたま, ゐたらチヤボリ, ゐたン, ゐた今泉, ゐた内儀, ゐた友達, ゐた場合, ゐた娘, ゐた敷物, ゐた松本, ゐた洋服, ゐた瓦斯燈ひとつ, ゐた知識, ゐた腰, ゐた赤い, ゐた頃, ゐちや誰, ゐない木の下, ゐますし, ゐようとも, ゐられなかつた, ゐられる洗吉さん, ゐるきり, ゐるさま, ゐるだけの, ゐるといつて, ゐるねむの木, ゐるむかし住宅, ゐるらしく節くれだつた手首, ゐるコッテエヂ, ゐるフレデリツク, ゐるランビァン, ゐる一行, ゐる中年, ゐる五郎, ゐる仙波氏, ゐる傍ら, ゐる円筒状, ゐる別, ゐる医者, ゐる友人, ゐる唱歌者, ゐる地点, ゐる堂助, ゐる壁, ゐる夫, ゐる子ども, ゐる富士山, ゐる小さな, ゐる山の上, ゐる己, ゐる建物, ゐる必要, ゐる折, ゐる智惠子, ゐる村長, ゐる校旗棒, ゐる様, ゐる死地, ゐる水色, ゐる焼, ゐる畫, ゐる直ぐ, ゐる短刀, ゐる笹山千鶴子, ゐる緑色, ゐる自, ゐる花聟花嫁, ゐる萬太郎, ゐる襖, ゐる赭ちやけた砂山, ゐる醫者, ゐる金精峠, ゐる頭, ゐる點, イソ, ガタンと, ギリシアの, ジヨバンニは, トントン二階へ, ドルフの, ハンスト始めた, ピタリと, ヘーラクライタスにも, モーローと, ルリの, 一人の, 一年ばかり, 一方が, 一服やり, 一緒に, 三千代が, 三畳の, 上つた, 下品な, 下谷の, 不思議さうにそれに, 世と, 世間の, 並樹の, 乞食なども, 了ふと, 二た, 二人が, 二言三言挨拶らしい, 五郎の, 京都古市を, 今の, 今日の, 仏頂面で, 仕舞ふと, 仰げば, 休息し, 何かの, 何やら小, 何日に, 使つてやれ, 便所に, 俺の, 借りること, 働いて, 優しく呼び起す, 先づ一番に, 先生が, 入つて行, 全體, 六年前の, 其の寢顏, 其人の, 其家を, 其處から, 内殿の, 冬枯れの, 凉しく, 出口の, 出迎へた, 利害の, 前庭の, 動かうと, 勢ひ, 十一人を, 千恵を, 厩舎の, 友を, 取扱は, 只あゝ, 台所で, 各席, 同志を, 吻と, 呆然往來を, 呼びに, 品川行か, 唱和した, 噛み付かうと, 四望する, 国民の, 地を, 埃つ, 声を, 多くの, 夜空に, 大きな空, 大抵はが, 大陸漫遊に, 太兵衞は, 奈良朝の, 女房の, 威風堂々, 學生に, 宗助を, 宵の, 富岡は, 対等である, 将来何十年或は, 小さな声, 小兒, 小池の, 尖つて, 居たいやう, 居たらいきなり, 居た児供, 居た大和, 居た方, 居た筈, 居た辺り, 居ちや苦しから, 居ながら, 居ましたけれども, 居らないの, 居られないやう, 居られます, 居り三河路, 居るから, 居るだけの, 居る一簇, 居る人間, 居る右, 居る女, 居る島, 居る往來, 居る是時, 居る柏, 居る樣子, 居る漁師, 居る義兄, 居る西洋建築, 居る鋼線, 居れなくな, 屋根裏を, 岩角を, 左手向うに, 巴里へ, 帰らうかと, 帳場の, 平凡な, 平気で, 店, 庫裡へ, 引返し今一度大連, 役者たる者が, 彼女達から, 往来の, 待つてるん, 後脚, 従軍を, 微笑みながら, 応接室に, 忽ち其晝膳, 急潭, 息が, 惡魔の, 感ぜられるといふ, 懐紙で, 戰つてゐた, 戸口を, 所謂高遠なる, 手に, 手探りで, 折られて, 拳を, 振り返ると, 揉手を, 握拳, 支那の, 教室の, 敵將を, 斯うい, 旅宿を, 日の, 昇る太陽, 映画を, 時としては, 晶子の, 暗い空模様, 暫く内部, 暫らく躊躇した, 更に健実, 月の, 木戸番を, 札幌へ, 来たが, 来た畢竟するに, 来ても, 来るに, 東京へ, 東隣へ, 枝と, 格好が, 案内すれ, 棚から, 楯岡天童を, 横町の, 櫺子窓障子ほそめ, 歌だけを, 歌垣の, 此時ほど, 歩いたが, 歩かせる, 歩きました, 歩けるやう, 歩行く, 死んだ, 毎日同じ, 気迷する, 水先案内の, 池に, 波を, 洗面器の, 淋しく微笑, 渡船を, 滑かな川水の上に, 漢字制限の, 瀬を, 為入れ, 煙草を, 熊野の, 燻りつ, 父が, 牛の, 物好きさうに見, 犬が, 狹い, 獨自一己の, 玄関に, 瑞英に, 男たちが, 畢つた, 登つ, 白い煙, 百姓を, 皇軍の, 直ぐ傍, 相變ら, 真に, 眺めた平次, 眼を, 硬ばつた足, 礼を, 祈祷し, 禮拜する, 秋山家の, 空に, 立つたまま鶏卵, 笑つてる, 第一階, 箱根に, 紀伊の, 納まり返るもの, 終日の, 網棚から, 練り出すといふ, 置いて, 美しい瓜, 耀や, 考へたの, 耳を, 聲を, 背のびを, 脱脂綿を, 膽力が, 自動車を, 與吉に, 舞ふよと, 船橋を, 花を, 茫然斯う, 荷物を, 葡萄に, 虹の, 蠢いて, 行かなければ, 行かれなかつたん, 行き暫く, 行くだらうが, 行く其気, 行く手段, 行く養父, 行ける筈の, 行つた時は, 行つては, 行つて今日函館から, 行つて止める, 行つて障子を, 袖を, 西瓜を, 見えざる聲, 見せました, 見たらお, 見なければ, 見るが, 見上げたかなし, 見張つて, 見送つて, 觀客に, 言葉が, 話しかけるその, 説教した, 誰でも, 論告を, 貞松院が, 貰はん云やが, 賑やかな, 足あとを, 踊つてゐた, 踊る時, 軈て, 軽井沢の, 近づいて, 逃げ捨てた, 進んだ, 道の, 遠いソーンフィールド, 遠く眼, 那智へ, 郷里へ, 野球を, 鉋の, 鍬に, 長々と, 長春へ, 閉會の, 限りなく果てなく, 階段の, 雙方退かない, 雨の, 電燈を, 青味を, 静に, 順番を, 飛び込んで, 饂飩へ, 馬を, 騷い, 高い天井, 高輪へ, 鬢の, 鳥をと, 鹿の, 黒いだぶ

▼ 立つ~ (970, 6.8%)

8 彼は 7 すぐに 6 云ふ 5 いうので, すれば, 幾重にも隈, 段々興味 4 いふこと, いふの, いふもの, しよう, そこに, それが, 思うか

3 [17件] いう, いうのに, いうより, いう時, すぐその, そこへ, なると, 云って, 他の, 入口の, 妙な, 思う, 明日の, 自分の, 見えて, 頭が, 風が

2 [41件] ある, いうが, いうよりも, いえば, いふ, うるさくてね, したら, しゅっこが, する, それを, なれば, 二歳に, 云うこと, 云うので, 云っても, 今まで, 仮定する, 何か, 内々俺, 夢中で, 大声で, 家内の, 廊下の, 彼女は, 彼方の, 思うと, 急に, 提灯を, 斉しく, 明とりの, 有竹氏, 池の, 病人は, 目の, 腰から, 船から, 見るや, 見る間, 見れば, 長火鉢の, 黙って

1 [768件 抜粋] あたりに, あの富士, あの聞きおぼえ, いい, いいます, いうからには, いうころ, いうべき山科, いう日, いきなり, いきなり交叉, いたそう, いったって, いって, いつの間にか忘れられる, いつもしどろもどろ, いつも私ども, いはれるロック, いふから, いふが, いふで, いふと, いふならば, いふので, いふべきである, いふよりは, いふ事さ, いふ訳, いへど, いわれたもの, おう冷たい, おさわ, おっしゃって, およそ柳ヶ瀬, お嬢さんが, お菓子の, お通, かるい色, きつと, きめた, くれ, げんなりした, こう低い, この前, この黒虎毛, これも, さしも横着者, さっきの, したらば, したら意識, しばらくし, しゃんと伸び, しようじゃ, しようぜ, しよりは, じっとし, すぐ, すぐヘビ, すぐ人眼, すぐ弁士中止, すぐ後, すぐ泣き出す, すぐ苦労人, すぐ踊り出し, すぐ闇, すっかり建具, すべての, ずうずうしいうち, ずるっと, そこから, そこの, そこらの, そして動乱, そのあと, その伊織, その周囲, その姿, その威圧的, その後ろ, その指, その樹, その檜葉, その美しい, その肩越し, その赤い, その顔, それと, そんなこと, ただ苦しく, ためらわずに, だいぶんあたり, ちょうど全体, ちょうど出会い, ちょっと茫々, でも思つた細工, とたんに五体, とたんに老母, どこに, なかなか大きな, なにも, はじめて官兵衛, ひえの, ひとりでに目, ひどい寒さ, ふと料理場, ふと立ち止った, ぶら下がったという, ほか, ほっと息, ほとんど夢中, また, またさっき, また家, また捨て賣り, また柱, まだ寝つい, まもなく塩尻峠, みそ萩の, みな, みんな待っ, むッくりと, もうソンナ元気, もうプーン, もう大抵無事, もう提灯, もとより小さい, やさ形, やはりせっつい, りん弥, わあつと, わざわざ通知, わたしの, われ知らず, わんわんほえ, ウィーンの, カンテラの, ゴーッと, ジョンが, チャンと, トントントンと, ドアを, ピタリと, ピューピューという, プデンへ, ヘビの, リアリズム乃至, ロダンさんは, 一家を, 一寸ぐらい, 一方も, 一柳亭の, 一番先に, 一緒に, 一高に, 七十郎が, 万夫不当の, 三位卿も, 三尺ほどの, 上衣を, 上越国境を, 不審な, 不思議に, 不斷着, 両学生, 中には, 丸が, 亀岡の, 二つの, 二人は, 云々右大将家は, 云いだしました, 云い僕, 云う, 云うたの, 云うの, 云うもの, 云う三日前, 云う前, 云う前夜, 云う晩, 云う気, 云っただけ, 云つた, 云ひます, 云へば, 云わねば, 互に離れない, 亡者生前の, 人も, 人相が, 今何を, 今日は, 伊織も, 会釈も, 佐渡の, 何を, 何事も, 使いの, 侵入者が, 傍らの, 傷負の, 先方の, 先生も, 全く活きた, 全く素人, 六カイリの, 六個も, 共に破れる, 兵馬は, 其近邊の, 内蔵助は, 冷え切ります, 凄じい群集, 出来か, 別な, 別嬪に, 前きめた, 前には, 包の, 北山と, 南玉の, 博士に, 又すぐ臀餅, 又止ん, 又非常, 台所や, 吉岡門下の, 吉日を, 同じく父信長, 同じよう, 同時に, 同時にびゅ-ん, 同時にロボット, 同時に刻々に, 同時に大月玄蕃, 同時に戯曲家, 同時に正直, 同時に濡れる, 同時に追, 同時に首, 君の, 吾, 命が, 唐崎の, 四つの, 四尺八寸の, 四郎次の, 国吉や, 地下室に, 地位を, 城太郎の, 墓石が, 声を, 夜の, 夜具を, 大きく見える, 大きな人影, 大の, 大小を, 大敵だ, 大演説, 大陸の, 大騒ぎの, 太陽を, 奥から, 奥で, 奥へ, 女の, 女房を, 奴らも, 威厳が, 嬰児の, 子供に対してまで, 子供は, 安宅先生は, 実に堂々たる, 客を, 家の, 家康は, 富士浅間甲斐武蔵日光伊香保などの, 寒い潮, 寺島幸三といふ, 寺男が, 対象と, 小さい板, 屋敷は, 山の, 屹度俘虜に, 屹度本物の, 工事目付は, 左右へ, 幕の, 幾組にも, 幾重か, 庄次郎の, 床の間に, 店の, 廊下越し, 影法師が, 彼が, 彼の, 彼も, 後山しろし, 後連, 御堂の, 御新造の, 忘れて, 忽ち俗人, 忽ち失望落胆, 思いました, 思います, 思うので, 思うもの, 思えば, 思ったので, 思はずよろめいて, 思ひも, 思ふか, 思われるが, 悦子は, 懐中電灯で, 我々の, 手から, 手が, 手を, 手足を, 抱きかかえたとき, 指を, 教壇に, 文学が, 斯う, 新九郎の, 日中は, 日向の, 明るい南仏, 昼間の, 時々波, 暗くなる, 暫くは, 有明湾の, 朋輩達も, 机の, 杖の, 東に, 東南一帯は, 根岸田圃から, 案内に, 植込みの, 次の, 正成は, 死んで, 死因を, 毅然たる影, 母屋から, 民部は, 気の, 氷の, 江ノ島が, 沢子の, 泣叫んだ, 流が, 海面から, 源一の, 火尖, 無遠慮に, 爪尖, 牧湊の, 物見高い閑人たち, 犬が, 理窟なし, 瓜李の, 田端の, 申さるるならば, 申すか, 申すこと, 申すもの, 異様な, 畳の, 發光しなくなる, 發光は, 白雲は, 皆が, 皇帝は, 益々みんな, 目まいが, 目明し万吉耳朶を, 直ぐに此, 直ぐ向う, 直ぐ挑戦, 相師が, 相談し, 真斎, 真正面に, 眼と, 眼を, 神尾家の, 私たちは, 私の, 私は, 称されて, 称して, 空が, 空間が, 窓硝子に, 端折った太脛, 竹の, 箒目の, 簡易食堂定食十銭と, 精, 継子は, 縁側の, 縁談など, 群犬が, 群衆の, 老婆が, 考えた, 考えられる処, 考えるの, 聞いたので, 聞いては, 聞くと共に, 肩から, 肩を, 胤栄は, 胸が, 胸は, 胸まで, 腹の中に, 腹を, 臓腑が, 自ら悽愴の, 舞台で, 芸者女中が, 若やぐせゐか, 茶屋の, 菊池半, 葉子も, 葛子も, 蕭殺たる, 薄い夕靄, 蚊帳越に, 蛾次郎は, 衣の, 袂の, 西に, 要作は, 見ぬ天, 見ゆるその, 見るその, 見識らない, 視界を, 覚えの, 観客の, 言い切り玉, 言い触らしたの, 言うが, 言えよう, 言つた, 言はれた, 言へば, 評せられ玉, 誰よりも, 走って, 足が, 足早に, 足音を, 躍るよう, 身ぶるいを, 軽い気持, 農山漁村の, 追っかけに, 送り迎えする, 逆上せあがって, 通せん坊を, 通りかかった支那人, 遙かな, 遠いむこう, 酒棚などを, 野原に, 金之助も, 金蓮の, 銭を, 鎧うた姫神, 開いた口, 間の, 間髪を, 関さんは, 雖も, 雨戸が, 雪が, 電車が, 非常に, 頂いて, 順吉は, 飾箱の, 餘計な, 馬越は, 驚いたこと, 魂が, 魔法の

▼ 立つ~ (585, 4.1%)

39 である 2219 です 13 では 9 でなければ, を見 8 か, であった 7 が見えた, だった, だと 6 だから, を待っ 5 だが, でした, ですから, も無理 4 であります, であるか, であるが, ですが, を我慢 3 であるから, と覗き込ん, は, はその, は早い, をどう, を例, 立たぬの

2 [30件] が代, が当り前, が彼自身, が碧巌峰, さ, だつた, だて, だな, でございます, ですか, でも, と我儘, はそれ, はよく, は厭, は好ましく, は当然, は水気, は無理, は自分, も道理, よ, を, をお, を待たず, を忘れる, を感じた, を知らず, を知る, 愚に

1 [301件] あ権四郎爺, かい, かが判らない, かと反問, かと思う, かね, かもみ, か像, か寝しずまった, か情けない, か社会党, か立たない, か立たん, か自分, があたりまえ, があんまり, がいや, がきまり, がその, がそも, がやたら, がオックウ, が上策, が不可解, が二, が二三人, が余, が堪らなく, が変り果てた, が多い, が大儀, が大儀そう, が好かろ, が定, が少し, が常, が当然, が恥かしく, が惜し, が意外, が感じられる, が早い, が明日, が當, が癪, が白髪赭顔, が精一杯さ, が素, が見える, が貴方, が面倒, が面白, が面白く, じゃ, じゃそう, じゃない, すら大儀, だお前, だか, ださ, だそう, だそれ, だそれ辞義, だぞ, だったが, だったら卵, だという, だといふ, だとは, だよ, だらうが, だ江戸, だ田舎, であったから, であったが, であって, でありました, でありクラシシズム, であり交換理論, であり従って, であるただ, であると, であろう, であろうか, であろうが, でございましょう, でございますよ, でござるから, でしょう, でしょう流, でないから, でない所以, でもなかつた, といつ, とおどける, とでとび起きました, とでは連想, とどっち, とも少し, と二月, と入交, と病弱, と素性, どうの, ならわが国, なら知らず直接, にはあまりに, にも一緒, にも跟, に一人ぽっち, に少し, に苦労, に誘はれ, ねエ, はあたり, はあなた, はあの, はお, はおだやか, はおりおり, はこの, はご, はすぐ, はそのもの, はただ, はつねに, はつまり, はない, はなかっ, はなかつた, はま, はもっとも, はやがて, はよい, はアルブュフェクス侯爵, はアレ雁金, はプロレタリア, は一人, は不, は今朝あたり, は何, は全く, は全然, は其処, は十一月, は味, は嘉門次, は壁, は大方, は大楼, は家督, は小使共, は小説家たち, は尤も, は常に, は数学, は新しく, は早かっ, は早けれ, は明朝, は昔, は春, は民, は池, は猶, は田夫野人, は直, は社会的価値, は美女, は肉体, は自然科学系統, は虫, は見た, は言うまでもなく, は訳, は貴様, は身, は通り越し, は重々もっとも, は重心, は随分, は麹町三丁目, は黒い, へ, もあった, もある, もい, もいずれ, もいや, もおかしい, もきさく, もきれい, もこの, もむりはないが, ももどかしい, もゆ, もわざと, もわし, もマスミ, もムリ, も事実, も具体的, も初めて, も厭, も同じ, も妙, も尤も, も当然, も急, も惜しまれ, も早い, も最も, も烏滸がましい, も猶, も知らず, も私, も花橘, も見えた, も間, よどっこいしょ, をあきらめる, をおいしく, をおぼえた, をおぼえる, をおもしろ, をこれ, をじっと, をながめた, をなだめ, をやめ, をクロンシュタット埠頭, を一日, を両, を免れた, を制し, を厭う, を厭っ, を喜ばなかった, を売, を好まなかった, を始め, を岩田屋, を彼, を待ちかまえ, を待った, を待つ, を後, を忘れ, を思い, を恐れた, を持ち, を止めました, を無理, を病人, を皆, を眺め, を知っ, を知った, を知らなかった, を祝っ, を縁, を自分, を自慢, を行李, を見おろし, を見た, を見まもった, を見る, を見脱し, を視た, を覚えた, を認めました, を資本, を送っ, を送る, を通り越し, を避け, を避けた, を避ける, を重吉, を食べた, を餓えた, 人と, 他なき, 他は, 信を, 大きさ, 思あり, 悲しさ, 意で, 敬語, 日ある, 時ある, 歪みが, 浪士共と, 無謀, 理なき, 神の, 術を, 觀あり, 轉訛

▼ 立つこと~ (548, 3.8%)

17 が出来る 16 になった 15 がある 11 になっ, になる 10 にした 8 が出来た, が出来ない 7 が出, になりました 6 ができた, はない, は出, もある 5 にする, になつ 4 があった, ができない, ができる, はできない, を思う

3 [12件] があつ, ができました, だろう, では, でも, にし, になり, によって初めて, は出来ない, も出来ず, をいっ, を得た

2 [27件] があっ, があれ, ができなかった, ができません, が出来ません, であろう, となる, なの, にいたしましょう, によつて, に決心, のできない, の出来ない, はしない, もあった, もかなえられず, もできない, もできる, もない, もなく, も出来ない, も無く, を意識, を望ん, を要求, を許さない, を許されない

1 [294件] あたわざるべし, あたわざるを, あらず, あらば, あらむ, ありて, が, があったら, があったら出来る, があら, があろう, がきわめて, がございます, がその, ができ, ができず, ができなかつた, ができなくなる, ができねえ, ができるであらう, ができるであろう, ができるなら, がもの, がよく, が不満, が出来, が出来ず, が出来たなら, が出来なくなった, が出来なくなる, が出来ねえ, が可能, が多かっ, が小気味よかっ, が少ない, が平気, が往々, が必然, が必要, が文学, が武蔵, が稀, が能, が苦しかっ, が要望, が許さるる, が許され, さえある, さえむつかしく, さえも出来なかった, しきり, しばしその, しばし歴史的, じゃありません, じゃろう, すらわすれ, すら喜び, そういうこと, たとえば現代, だけが心理学的, だった, だらう, だらうが, だらうと, だろうと, だ放ったらかし, である, であるを, であろうから, であろう自分, ですが, でせう, でもあった, で承知, という, といったら, となった, となり, となりました, となれり, とはなっ, と云, と嫁, と存ぜ, と密接, と急遽, と立場, なく出来事, なく山, なく記號, なしと, なしに, ならわたし達, なら相談, なんぞ先ず, において常識, にきめ, にきめる, にしました, にちよ, になったらしい, になりまし, になれ, にはならぬであろう, によってこの, によっては空間, によって一定, によって抹消, によって真, によつて客體, によつて心理的, によりて真実, に丈, に不審, に先生, に於, に決し, に決めた, に決定, に致しました, の, のある, のできます, のできる, のない, のみである, のよう, の出来る, の如何, の急務, の難き, はあっ, はありません, はある, はおぼつかない, はしなかった, はできなかった, はできぬ, はできます, はできません, はできる, はなかっ, はなかろう, はなく, はならん, はなんだか, はもはや, はよかれ悪しかれ, はよしはら, は一方, は予期, は云う, は他, は何処, は何處, は免れ, は出来ず, は出来ないであろう, は出来ぬ, は出来ませんでした, は実際, は客観的, は御免, は心中, は成都, は我々以上, は断念, は極めて, は無い, は珍しい, は甚だ, は生ける, は生命, は禁じられ, は立った, は腹, は自分, は自然, は言, は許し, は避け, は重大, ばかり, ばかりで, ばかりな, ばかりなり, まで薄らいだ, もあ, もあっ, もあり, もあるらしい, もあろう, もしなかった, もなかっ, もなし, も不自由, も出来ませんで, も吉左衛門, も好し, も座る, も待受け, も憚, も旅, も茶, も覺, も許さない, も許されない, をいやがった, をえしめ, をおおせつかった, をおそれ, をおっくう, をかく, をきく, をきらった, をし, をすまい, をせがむ, をせず, をどんなに, をはばかっ, をふっつり, をわたし, をカチン, を予知, を云い, を云う, を典獄, を勧められ, を勧める, を古賀, を否む, を吾, を回避, を固執, を固辞, を國是, を女房, を嫌う, を嫌った, を嫌つて, を学ばなけれ, を学び, を学ぼう, を学んだ, を少し, を建前, を従来, を得よう, を忘れ, を忘れた, を忽, を思いたった, を思っ, を思ひ立たない, を恥じまい, を悲しん, を愈々, を意味, を承諾, を断念, を普通, を望みます, を期し, を極めて, を特色, を理想, を申し出た, を目あて, を知らず, を知らない, を神文, を禁じられ, を義理, を自分, を自覚, を要せず, を見出したでありましょう, を許さず, を許され, を諦めさせる, を遠慮, を防い, を阻まれた, を餘儀, 久しうして, 久しければ, 叶わず心, 多く汗, 多し, 情けなくなる, 有りと, 甚だしく一日三百里, 頻りである

▼ 立つよう~ (333, 2.3%)

29 になった 15 にし 11 になっ 10 なこと, に 7 なもの 5 な気 4 になりました, になる 3 な事, な緋縮緬, な話, な騒ぎ, にする, に見えた

2 [15件] だった, で, では, な, なの, な心持, な思い, な感じ, にしてやる, にその, にで, になり, に成った, に身, に飛ん

1 [190件] お構え, すらりと, だ, だし, だろう, だ最初, であった, である, であれば, ですって, ですよ, でちよ, で恐ろしく, どんな事, なお, なおしゃべり, なおとなしい, なお上, なこう, なところ, なにおい, なのに, なのろくさい, なはなし, なひどい, なもみじ, な人, な光, な勢い, な印象, な参詣ぶり, な哄笑, な哲学, な喜悦, な噂話, な場合, な塵, な外見, な夜, な夜会服, な夫, な嫌悪感, な嬉し, な子供, な幾つ, な強い, な形, な快活, な恐しい目, な恐ろしい, な恰好, な情けな, な情熱, な意気組み, な意気込み, な手段, な手道具類, な打撃, な新しい, な新緑, な日, な景気, な有様, な森厳, な権利, な気ぜわしな, な気分, な気味, な気持, な気持ち, な浅い, な準備, な滑稽, な状態, な生存, な申上げよう, な男, な異状, な目顔, な眼, な立たないよう, な緊張, な緋, な職能, な脅迫感, な自分, な臭気, な色, な花壇, な苛, な華々しい, な見事さ, な言動, な貧困者, な踊り方, な軽, な退去, な遊び, な長町場, な長襦袢, な閨秀作家, な非, な音, な顔, にあたり, にいった, にうごい, にうれしく, にお, にかなり, にしたる, にしてやりたい, にしてやろう, にたゆまず, にと考え, にどうやら, になります, になれ, になんと, ににじみ出, ににわかに, にはっきり, にばかり行動, にぼ, にまた, にまとめ, にもなった, にやっ, にやる, によい, にアストージェンカ, に一工夫, に一斉, に一般民, に世話, に乾い, に云います, に互い, に元気, に及ばず, に吉良, に名残, に土間, に地平線, に声, に大きな, に失明, に工夫, に平気, に彼, に思いました, に思った, に思われた, に急き立てる, に教えられ, に早合点, に晴れ晴れ, に朱唇, に母親, に泳ぐ, に流れ, に海, に準備, に現われ, に直立, に礼, に考慮, に聳え, に苛, に葬列, に虚空, に蛙, に見え, に見える, に見せかけね, に覚えた, に計らいます, に話し, に警笛, に賑わっ, に起, に軽く, に選ばれ, に釈明, に門口, に雀躍, に霞ん, に音, に駈け寄っ, に驚かされました

▼ 立つもの~ (292, 2.0%)

24 では 16 である 764 であった, であること, なり 3 がある, だが, だと, であるが, なの, ならば, はありません, より引離し

2 [21件] か今頃, があった, がない, がなけれ, じゃない, だった, であって, であります, であるから, です, とすれ, とせ, と思う, なら何, なりと, にあらず, に死, はなかっ, は夫, は第, を

1 [161件] あるなり, あるを, かどう, から予, から客, か蟷螂, があっ, がありません, がありませんでした, があれ, がそれ, がなかっ, がもう少し, がゐなかつた, がソヴェート同盟, が出来た, が多い, が媚び, が少ない, が居なかったら, が当惑, が改革, が無, が第, しか許されなかった, じゃあない, じゃが年, じゃけに, じゃねえ, じゃア, ぞ死ん, だから, だけあっ, だそう, だという, だね, だよと, で, であったから, であらう, でありその, でありますが, であり実践的, であり從つてそれ, であり精神, であるか, であるかも, であるけれども, であると, であるという, であろう, であろうかという, でしか, ですから, ですよ, でないこと, でないという, でなく社会, で値段, で其の, で前者, で後藤農相, で政府, で概して, で男, としての知識人, として之等機械論者, として吾, として尊重, として抵抗, として根源的, として自己矛盾, として行為的直観的, として表現, との判断, とは云, と云わね, と断定, と決め, と看, と考えね, なくいと, なら勉強, なら立てて, なること, なれば, にあらずし, にご, にし, にしがみついた, にしよう, にその, にちがい, には白米, にほかならぬ, に外, に詰問, に限られ, のこと, のみがこれ, の一人, の向, の心得, の態度, の白, の見方, の霜焼, の音, は, はああ, はいずれ, はかならず先ず, はすべて山師, はそれだけに, はそろ, はただ, はみな初手, はみんな向, はわが, はヒューマニズム, は下, は伊達, は何ん, は併, は古色蒼然, は唯, は存在, は安富, は実に, は容赦, は射影幾何学, は年頃三十位, は或, は技巧, は拳石, は樺の木, は此時代, は毎日気, は涙, は無かっ, は皆, は皆権勢利禄, は皆權勢利祿, は眼前, は石, は石川君, は社会, は立ち, は自然, は金, もあった, もない, も截然, をいきなり, をいた, を四名, を手, を私, を選ん, 残るもの, 短松杉

▼ 立つ~ (137, 1.0%)

2 から如水, の名, は, はお, はなるべく, は日本, は足, 書いたんで

1 [121件] からそ, からの計画, からの霧模様, からもう, から万一, から全, から分っ, から問題, から漲っ, から眼, から繃帯, から見え, がきた, が参った, が来た, が決まったら知らし, この精神, すでに五六日, すでに厭世的, すなわち俗, その妻子, その折, その雄大光明, その魚, ちょいと, であつ, でも見張り, と同じ, と用, などは多少, なんといっ, に, にいかで, にうんと, にくれぐれ, にこの, にぜひ, になぜ, になる, にのみ訪, にはいよいよ, にはかれ, にはまだ, には大きな, には彼女, には必ず, には是公, には父親, には黙っ, にもあいつ, にもう少し, にも先生, にも彼, にも書けなかった, にゃちょっと, に仙台, に何かしら名状, に先輩, に始終, に娘, に子分共, に宿, に忘, に父, に申した, に知事, に笠金村, に米友, に絹, に葉子, に親類, に貰っ, に買つた講談玉菊燈籠, に駒井氏, のため, のほか, の俺自身, の苦しい, はあるまい, はこっそり, はしみじみ, はすでに, はどうしても, はもうたいてい, は一人, は両者, は乙組, は九人, は伏兵, は何とも, は先づ長野, は勉, は小松帯刀, は掛声, は東, は浜, は白井様, は白井樣, は私, は端舟, は表面, は見, は論外, また評者, までの何, もいやがっ, も変らなかった, よく掻き廻さない, よほど巧み, を熱病, 初めて画家, 堂々たる大, 或はまた木, 擦違う者, 最も偉大, 最も強し, 未だひとたび, 浮いて, 特に魏王, 誘って, 遠く進軍喇叭

▼ 立つ~ (109, 0.8%)

4 はない 3 はいなかった 2 がない, がなかっ, が一人, が常に, さながら之, として人間, はなかっ, もない

1 [86件] があっ, があった, がある, があれ, がこの, が一たび意, が信, が八方, が国難, が平安朝, が故旧, が滅多, が無く, が父母, が礼, が義, が自ら誡め, が親族, が身, が道, が飜訳, だが, だと, である, であるが, でしか, です, とあらゆる, としてずんぐり, としてそう, として俳優, として女中, とては一人, となさしめ給え, との間, と傲語, と言うべきであります, ならば, なり, なり而, なること, なれば, にし, にて道, にとって致命傷, になれ, にはもう, に一種, に對, に趣味, の, のござらぬ, のむずかし, の傍, の役目, の必ず, の方, の要求, の風儀, は, はある, はいきおい, はなく, はみんな相当り, は一人, は亡ぶ, は僧侶, は大抵, は少なかろ, は少数, は広い, は当, は枯木, は現在, は貧し, は軽輩, は骨, もあった, もある, もいっしょ, もやって, も在る, よい, わが右, を制し, 多きは

▼ 立つ~ (101, 0.7%)

4 の晩 3 にもう, に私, の日 2 から判り切っ, に, にちょっと, に宜, に密, に己, に聞いといたら

1 [74件] からあった, からかねて, からもっと, から体, から新聞, から笹村, から聴, こういうこと, こんな事件, ちょっとその, と同じ, と後, などは送別, にあちら, にいろいろ, にこの, にすでに, にぜひ, にぜひ一目, にそう, につがえ, には, にはまた, には特に, には箪笥, にまた, にもう一度, にもそう, にも口, にゆっくり, にバット, にファラデー, にモスク, に一家, に一度, に上方, に丞相, に仲間, に会っ, に例, に制作, に取りつけ, に君, に嫁, に実は, に家, に小島氏, に岡田, に応分, に是公, に書面, に東京, に横, に残し, に母, に父, に特に, に笹村, に花々しく, に藩, に達雄, に重苦しい, の一月, の夜, の気, の氣, の津田, の訣別演奏会, もう一度お, よりもかえって, よりもずっと, よりも却つて, フーフー仕事, 一つ送別会を

▼ 立つという~ (100, 0.7%)

6 ことに 4 ことは, ことを, のは 3 前の 2 ことが, ことである, のが, ものだ, もんだ, ような, 事に

1 [65件] あたりに, あの弦, いい日, お前の, ことさえ, ことだ, ことであります, ことでなけれ, ことなどは, ことの, こと之は, さわぎ革命座, その日, たそがれどき, のか, のだろう, のであります, のである, のです, ものああ, もので, ものまァ, ように, わけさ, わけには, わけにも, んじゃ, ペルシアの, 不便な, 中国の, 予定な, 事は, 事情に, 伝説が, 位の, 入念ぶりであった, 切羽つまった, 前日あらためて, 前晩, 勢です, 十六歳を, 原理, 可能性が, 型である, 報知が, 変り方であった, 奥の手だ, 寂しいトラピスト, 心配から, 態度で, 昼ごろに, 晩だった, 最後の, 朝出, 本義通りに, 歓待ぶりな, 歴史的には, 法も, 物凄い場所, 現象の, 考えを, 評判に, 話は, 間際に, 風で

▼ 立つ~ (95, 0.7%)

4 になった 3 が出, が出来る, にした, はならぬ 2 があっ, が出来た, が出来ません, になっ, の出来る, は立つ, もあるだろう, も出来ない

1 [63件] ありと, があつ, がありましたら, がある, があるなら, ができない, が出来ねえで, が出来まする, が出来ませんで, が出来ん, が多い, が彼, が決して, だし, だろう, である, である而, とした, との二度, と乙組, と眠る, なくし, などありません, ならず一日々, なんか一つ, にきまりまし, にきめ, にしました, にしよう, にする, には第, に約束, のできない, の出来ぬ, の屡, はできない, はできません, はない, はやく鐘, は不自然, は出来ん, は到底, は好まなかった, は無い, は知る, ばかりな, もありましょう, もあります, もあるべし, も出, も出来ず, も出来なくなりました, も出来まい, も寝る, も有りましょう, も碌, も露, を, を嫌う, を思へ, を祈った, を覚えなけれ, を言

▼ 立つても~ (93, 0.6%)

5 ゐられないやう 4 坐つて, 坐ても, 居ても 2 ゐられなくなつ, ゐられなくなる, 其抱い, 居られない, 居られなくなつ, 居られぬ, 見た新聞

1 [62件] いられない程, いられぬよう, おありだらう, お前と, お嫁さん, この背, それを, どつた時僕, ひどく物憂い, られない気持, ゐても, ゐられない, ゐられない不安, ゐられない思ひに, ゐられない樣子, ゐられない焦立, ゐられなかつたに, ゐられなくな, ゐられぬやう, ゐられんたかて, ゴマメの, バスの, 一旦受けた, 一望に, 三年なり, 三田は, 二人として, 二時間立つ, 人目に, 仕方が, 何処か, 其の一片, 判然しなかつた, 動きません, 可い, 可笑しくあと, 吹けないの, 噺の, 堂々たる一家, 少しも, 居られない心持, 居られなかつた, 居られなくな, 居られなくツ, 居られぬ気持, 居られませぬ, 居られません, 彼の, 彼は, 御迷惑, 据つても, 望生が, 此背が, 歩いても, 歸つて來ない, 水際立つて, 町方の, 私の, 胸が, 落ちつかぬ妙, 道を, 青い毬

▼ 立つやう~ (87, 0.6%)

10 になつ 4 にし, にな 3 にお 2 なこと, な時, にした, にしてやらう, になる

1 [56件] であ, であつ, なその, なところ, なの, なもの, なら飽迄, な不始末, な処置, な名目, な家, な形, な怪しい, な意気込み, な感じ, な早松, な樂, な機構, な気, な氣味, な氣持, な浅い, な焦燥, な男, な筋, な設備, な身動き, な重く, に, にしたげる, にしてやる, にする, にとさまざま, にと変り色, になり, になりました, にはからふから私, にぱつと灰, に下, に事物, に仕立てる, に内心, に及はず乍ら, に四月, に夜, に川棚, に思, に思ひ, に成つた, に泳ぐ, に淋し, に自分, に言つて, に起上つた, に連れ, に飛ん

▼ 立つ~ (82, 0.6%)

2 が一人, が無, で真によく, にて文学技芸, のやう, のよう, の中, の鬢, を前門

1 [64件] あり月, があつ, が出来た, が出来はじめ, が多い, が幾つ, が無い, が続々, が自分たち, が足りない, だ, だから, だけあっ, ださうだ, だと, であるらしく数年前, ではありません, ではあるまい, でもあっ, で何, で多勢, とあの, としか思われん, との間, とは単に, なきか, にて文學技藝, にとってはたった, にとって不安, に勇, の姿, の影, の心掛け, の数, の昼, の波, の洪水, の演説, の無, の目, の眼, の眼中, の耳, の胸, の袂, の講義, はありません, はそれだけ, はたえた, はちょっと, は別人, は多く, は忽野獣, は朝, は答えた, は自分, もない, もなく, も一人, も盲目, やそれ, を, をあはれ, を立ち

▼ 立つたり~ (78, 0.5%)

13 坐つたり 6 しや 5 して 3 した, 歩いたり, 蹲んだり 2 しながら, 屈んだり, 座つ

1 [39件] お縫, ころんだり, したので, したもの, しますと, する, すること, すると, するの, する度, それを, ねそべつたり, ゐたり, 伏つ, 倒れたり, 右手を, 喇叭が, 喧嘩を, 居たり, 幸神潟の, 或はゴム, 掛けたり, 村議立候補の, 森博士作, 横はつたり, 此方へ, 氣が, 町道場を, 着物を, 石垣が, 空が, 空間の, 見世物の, 轉んだり, 鐘楼を, 頭は, 顏が, 馬鹿, 鴎が

▼ 立つ~ (78, 0.5%)

5 しても, 連れて

2 [13件] したがって, 何處へ, 及んで, 在りしを, 堪へねば, 至ったの, 至つた, 至りしは, 至れり, 違いない, 違ない, 随って, 非ず

1 [42件] あらざるよりは, きまって, したって, とどまったの, ふためきて, やあらむ, 任せ候, 会し憤然, 似たる悲, 似て, 何処へ, 依りて, 先だってもちろん, 先って, 到ったとは, 到っては, 及ばん, 及び小, 及び或は, 反して, 君を, 堪えられなくなって, 就いては, 忠義者の, 決めは, 相違ありませぬ, 相違ない, 至った, 至ったこと, 至って, 至つた譯は, 至つて眞の, 至らんと, 至りぬ, 至り一惡氣一凶氣, 至る, 至るであろう, 至るべき動機, 足りる芸, 限る, 非ざる限り, 頭を

▼ 立つほど~ (69, 0.5%)

3 才女など 2 では, 調和が

1 [62件] うまく描け, おそい事, お白い, きれいだ, ぞっとしました, だ, だが, だった, つかむの, であった, でございましたから, でなく云わば, で今, なつかしい樣, な人間, な抵抗, のんきな, びっくりした, 丹三の, 何度も, 厭な, 厭に, 厳重を, 地味で, 壮烈な, 変って, 威嚴の, 小説は, 幾らでも, 廉く, 強くなる, 影に, 彼の, 念の, 怒りましたが, 怖いん, 恋しくて, 恐ろしかった, 捗らない, 改めて御機嫌, 朱文は, 業を, 汗を, 浅かった, 涼しかった, 淋しく心許なくなった, 減って, 溜って, 無事で, 煩は, 煩わしいの, 盡し, 着物を, 睫毛の, 磨かれて, 簡単明瞭, 繁昌らしい, 興って, 苦しくな, 陽ざしが, 陽気で, 鼠が

▼ 立つ~ (67, 0.5%)

4 よい 3 早いか 2 大廻りに, 如く其の, 如く熱心, 故に全

1 [52件] ああし, あつしは, いい, いつも陰鬱, おおっぴらに, お隅さん, これも, ごとし, ごと白色軍を, じっとこらえ, そうでなけれ, そのこと, その外, それだけ, それでも時々, どういっ, なんとおどろくべき, はやいか, まい, まんざらそうばかりとも, やがて近い, 三つしか, 人形を, 今は, 各は, 多く近年, 大きい用, 女の, 好い, 如きは, 如し, 子供を, 実はわが, 将来の, 干割れそう, 座るか, 彼だ, 憎めないという, 故に, 故に之, 気の毒でも, 気持よくパッ, 滅多に, 滅多に与, 老中の, 自分で, 色白の, 語中または, 遺書が, 関係は, 陽が, 頭の

▼ 立つところ~ (61, 0.4%)

3 だが, まで行っ 2 たまたまに

1 [53件] がある, だ, だと, だという, である, であるが, でしたが, ですが, なら百人, にお立ち出, にかれ, に火, に置い, に義時, に船, の, のついた, の仏陀, の元気, の同胞, の安直, の従って, の根拠, の生産, の相手, の真下, の矢, の矢七筋, の自分, の道庵, はなかっ, は不良少年式, は私名, は近代, は近江屋, へお, へ今, へ追いつい, まで来たらしく, らしかった, をつくった, をエイッ, を一閃, を中心, を忠相, を抑え, を湿した, を知らず, を繰返し, を見せ, を見る, 居るところ, 見ゆるが如くまた

▼ 立つ~ (60, 0.4%)

2 が無い, であった, ののどけく, は心

1 [52件] お蓮, から胸, から軍, がかい, がくる, がやってきた, が來, が来た, が来る, が来れ, だから, だった, だな, である, でもない, で一時間, で黄ばんだ, となった, となる, と同時に, なり, にはきまって, には山, には落ち, にもまた, に御輿, に銀行家, のこと, のさかり人参, のさかり人參, の前, の巷, の朝, の来たらん, は, はいつ, は壮観, は浦島, まだ高き, までに無, まで苦しん, もあった, も多, も疾うに, も聞こう, も近い, も近づいた, を吉日, を待った, を知り, 取を, 近づく

▼ 立つ~ (59, 0.4%)

5 見る 3 見て 2 とめ, はなはだし, みなへ, みる

1 [43件] いずれは, おぼえわが, ちかた, はた又, まあ待ちや, 一本の, 何とも思はず, 余儀なくされる, 危むか, 夢に, 大国に, 得ずこの, 得ず驚, 得ば, 得るやと, 忘るべからず, 念ひ, 思へば, 感じた, 望み乍ら, 止めて, 浪なき, 潔しと, 現は, 甘んずべくも, 看んと, 真に受け, 眺め見て, 知り前, 知る, 見ある, 見たり, 見よ, 見る如し, 見れば, 覘へる, 覺え, 覺ゆ, 誰とは, 責めたり, 辞せざりき, 辭せざりき, 鋭利なる

▼ 立つとき~ (58, 0.4%)

1 [58件] いったじゃ, から, からおれ, からすでに, からずつと續, からの予定, からレインコート, から主君, から余, から携え歩い, から紅色, から耳, この像, そっと囁きあっ, だけ艶, ちょっと思い出し, です, でないと, でも不利, でも決して, と加奈子, には乙女峠, には彼, には金, にわれら, にわれわれ少数, にペンシルベニア, に兄, に出した, に大学, に嫂, に少々, に少く, に着いた, に隣り, のこし, の克子, の彼女, の肉体的苦痛, の送別会攻め, はいずれ, はきっと, はそのまま, はステーション, はヒゲ, は人, は文学, は生産, は考え, まだやつ, もこのごろ何, もほか, も大抵, も留守居, 何となし, 化けると, 着せられて, 言って

▼ 立つ~ (55, 0.4%)

8 立たないうち 3 知らないけれど 2 どうか, 人の, 立たないか, 立たないかは, 立たないのに, 立たぬうち

1 [32件] さもなければ狩倉, つぶれるか, なし, へたばるか, また支持, 即ち吾, 召しの, 嘴長く, 大罪を, 小乗に, 彼亡ぶ, 或はぺったり, 或は素質, 押しきるか, 斷えず, 根本的に, 潰れるかという, 潰れるかといふ, 潰れるかを, 然も, 生命の, 知らねえが, 知りま, 社会に, 突然に, 立たないかと, 立たないに, 立たない時, 立たぬか, 立たぬの, 自分たちも, 見事両雄がな

▼ 立つので~ (54, 0.4%)

9 あつた

1 [45件] あつて, あらうか, お近, かれは, こっちでは, こなたから, この名, これは, しどろもどろの, せう, そう称, そのため, びっくりした, まるで彼, 世間からは, 二人は, 交番に, 今宵は, 何も, 傍なる, 公娼制度を, 大乱脈, 容易に, 寿江子が, 小屋の, 座席劵を, 庭へは, 明日の, 明清の, 最も不出來, 朦朧として, 来客を, 東発へ, 満員で, 燈を, 眠ること, 色の, 見に, 賑やかな, 赤のれんから, 輝を, 送って, 遺憾乍ら其隙が, 騒, 魚市場の

▼ 立つ~ (53, 0.4%)

125 です 4 だから, だね 3 だよ 2 だか, でしょう, ですか, ですかい

1 [17件] じゃ, だが, だぞ, だつて, だと, だとさ, だろ, だクソ, でございます, でさえ, でしょうからねえ, ですから, ですがねえ, ですけれどもね, ですッ, でね, でも

▼ 立つ~ (45, 0.3%)

5 否や 3 何に 2 いつ, 先づ自ら其主義政綱を, 海青々, 白湯香しき, 老僧, 閣下の

1 [25件] あたかも天馬空, これに, ただ凝然, というのもやっぱり, なお持ち前, ふしぎな, ボニファーチョよ, 人馬に, 人馬賑ふ, 劉玄徳は, 同時に鋭い, 否バラバラッ, 否愕, 否馬, 岡本倶伎羅氏を, 彼は, 必らず, 恐ろしい敏捷さ, 我れ, 書は, 沼に, 蹌踉, 軍師呉用も, 銀杏落葉を, 雲の

▼ 立つから~ (41, 0.3%)

2 である

1 [39件] あとよろしく, いつそ十手, いつもの, お前は, ござんなれと, さがされない, そうしない, だという, であ, であると, であろう, では, でも, とかく問題, どうか売らず, 五六間追, 五六間追っ駆けました, 僕とてもあながち, 初めて論理的矛盾, 勢いむこう, 午後の, 多分草履, 妙だ, 宜しい, 実際の, 少し毛, 慌てて, 殘つてる, 氣が, 溝へ, 煙草盆は, 百両融通し, 真理を, 破れ障子, 私が, 自然科学の, 臼に, 蓋を, 行きたくありませんと

▼ 立つ~ (35, 0.2%)

2 年頃二十餘り

1 [33件] ただ内の, プォイボスアポローン, ペラゴーンアラストールクロミオス, 不審の, 丸善の, 伊之助と, 何の, 何を, 何者か, 厭ふ, 同じく竿, 大なる, 大王の, 女か, 年頃二十余りの, 新しき, 枕詞, 樂なり, 此の, 水にかも, 深山に, 片目の, 當然である, 私ならず, 竿を, 苦しかりけり, 荒涼として, 蝋燭立たぬ, 誰ぞ, 誰だ, 辰ノ, 青銅を, 風に

▼ 立つてを~ (34, 0.2%)

13 りました 5 ります 2 り一人, るから

1 [12件] つたから, つたの, らぬ, りその, りますが, りまた, り他, り隊長, る, るところ, るの, れば

▼ 立つてから~ (32, 0.2%)

2 でなくては

1 [30件] あの男, この奥様, であ, やや暫く日, セルギウスは, ペエテルは, マスコフキナ夫人は, 七八哩の, 二十五年目の, 公爵が, 十五日目物持の, 学士は, 安藤家へ, 小十年, 山形船川港弘前青森津輕海峽を, 己は, 数日の, 文太郎は, 歐洲へ, 歩いて, 死んだが, 漸つとそれ, 獨力で, 眼に, 第三十一日, 老人の, 自分でも, 芝居を, 行つて見る, 話の

▼ 立つばかり~ (32, 0.2%)

4 である 3 だった 2 で, です

1 [21件] だが, だったの, だろう, であった, でついつい, でなく吉良側, では, で乾き切った岩石, で濶葉樹, なら安心, なり, ひら, ひらりと, 不安な, 仰天した, 光って, 緋の, 自縄自縛という, 話に, 身支度し, 身顫を

▼ 立つほどの~ (32, 0.2%)

3 者が 2 破れでは, 被害は

1 [25件] ことは, 事どもも, 事は, 人であっ, 人は, 人も, 人気ものと, 冷淡さを, 剣術の, 商店も, 塵も, 声でも, 変りかたが, 影響を, 敵が, 新しさ, 新生面を, 標致を, 派手な, 火傷の, 皺も, 相惚れ, 美少年とでも, 興味を, 黒子が

▼ 立つわけ~ (32, 0.2%)

3 なの 2 だ, である, では, にはゆかない

1 [21件] がない, がなかっ, さ, じゃ, だから, だな, であった, であります, です, ですが, ですよ, でも, になります, にはゆきません, にもいかない, にもゆかず, にもゆかない, に行かなかった, のもの, はない, もない

▼ 立つ~ (29, 0.2%)

2 あるを, の見地

1 [25件] からまた, がそう, でウォオタア・ポロ, で有った, となつ, ならずして, なり爾, にも尊氏, に彼, の亡びかけた, の他者, の元, の地, の条件, の矢七筋, はない, はキタナイ者, はラムネ, まで来た, を想像, を見, 即ち家, 必ず火, 既にかく, 迄來

▼ 立つては~ (27, 0.2%)

2 居るが, 防ぎ坐つて

1 [23件] また立つ, ゐないかも, ゐなかつたらう, ゐましたが, ゐられない, ゐるが, 一錢づつを, 亡き人の, 何やら話し込ん, 只戀人, 呪言を, 夕焼けの, 嬉しくなり, 居られないやう, 居られぬ位, 幾度か, 思ひ返さない私, 方角を, 消えるの, 睫毛一つ動かす, 裾りつ, 話を, 読書の

▼ 立つ~ (27, 0.2%)

72 だから, だが, はない

1 [14件] がない, がねえや, だからね, だったの, だつたの, であった社会上部構造, でござる, でした, でしょう, という前日, の, の金, はあるまい, もない

▼ 立つとも~ (23, 0.2%)

3 背は 2 背に

1 [18件] なく席, なく足並み, 今は, 会所にて, 俺らだら, 坐るとも, 変らないもの, 弓矢八幡に, 思いがけなき敵, 思われませんし, 悪い野郎, 方の, 汝は, 白の, 立たないとも, 紀霊高順の, 謂って, 須臾に

▼ 立つつもり~ (21, 0.1%)

32 じゃ, です

1 [14件] かと聞い, だった, だったの, だつたけれど, であったシューマン, であつ, ですが, で勉強中, で居りましたら, で居ります, で高等学校, と階下, なの, らしい

▼ 立つ~ (21, 0.1%)

1 [21件] から言い習わした, と謂っ, に妙味, に弾丸, のしかも, のその, のイデオロギー論, のマルクス主義的社会科学, の世界, の思惟, の文明, の生産技術, の科学的批評, の者, はその, はない, へ小間使, へ浅間, までやる, を横合, を睫毛

▼ 立つ~ (20, 0.1%)

1 [20件] いらいらし, この先, 唐紙は, 多くも, 大阪軽蔑心も, 妻も, 小金も, 幸福さうだつた, 度胸も, 息苦しくは, 武士の, 気は, 温柔しくもあった, 濡れて, 私は, 種も, 親爺の, 軍役や, 辛くても, 鶏は

▼ 立つ~ (20, 0.1%)

2

1 [18件] がくれ, がフワフワ, のご, の奧, の如く, の峰, の様, の気, の氣, の流れ, の雨, はこ, まで染め, もなく, をかさほこ雲, を君, を押し分け, を見

▼ 立つ~ (20, 0.1%)

3 になる 2 には宿

1 [15件] から又そろそろ, から貞之進, であったが, であつ, でいろいろ, でございますから, となった, ともなれ, になっ, にはこの, にはすっかり, には恐らく, に衆人, はこ, を愛する

▼ 立つとか~ (19, 0.1%)

2 何か, 立たぬとか

1 [15件] あかあと堪らな, あるいはラジオ, いって, とかく身, どんな事, 二年に, 云う事, 何とか, 何とか彼, 岩に, 文学上の, 素敵に, 薄雲, 邦家の, 音頭を

▼ 立つかと~ (18, 0.1%)

4 思うと 2 見ると

1 [12件] すぐに, 云ふ, 思うなど, 思えた, 思ったが, 思はる, 思ひます, 思われますが, 指折りかぞ, 見えたせつな, 見る間もなく, 見れば

▼ 立つかも~ (18, 0.1%)

3 知れない 2 知れぬ

1 [13件] しれない, しれないけれども, しれなくてよ, しれぬし, しれません, 問題に, 知れないから, 知れないが, 知れないの, 知れない遠来, 知れぬが, 知れぬし, 知れませんよ

▼ 立つその~ (18, 0.1%)

1 [18件] お前さん屑屋を, たび毎羨ましい, 一景が, 予感が, 凄じい見事さ, 場処も, 寺院は, 態度は, 日まで, 楓は, 泡の, 浄ら雪, 男は, 町を, 線香を, 羽音と, 腰も, 頂上に

▼ 立つはず~ (18, 0.1%)

2 だが, である, になっ

1 [12件] おまへん, がない, だ, だのに, だわ, であった, であるが, ですけれど, なので, の大谷勢, はない, はなく

▼ 立つ~ (18, 0.1%)

3 にし 2 に忙し

1 [13件] な恐ろしい, な時, な者, にざわめいた, になろう, に余, に家業, に水煙, に見えた, に赤く, はなんと, は壮大, をも思ふ

▼ 立つ~ (18, 0.1%)

2 になっ, になれない, はない

1 [12件] がある, がし, がした, がなかっ, が狂, が起らなかった, にならなかった, になる, にもなりません, もなく, も失せる, をおさえ

▼ 立つ~ (18, 0.1%)

2 早い

1 [16件] こわいから, だ, でとても, なるは, な泰平ぶり, に漢, の山, の新生面, の高い, 出来にくく, 怖い, 悲しく是, 極めて睦まし, 調った容貌, 騒いで, 驚いたの

▼ 立つ~ (17, 0.1%)

2 浪それほど, 艶の

1 [13件] それが, 京とは, 人の, 吉の, 妙, 屋敷の, 手代衆で, 望みも, 武家様で, 芋を, 講釈が, 銀様と, 駒華奢で

▼ 立つまで~ (17, 0.1%)

1 [17件] いのこった, どうし, ゆっくりする, よく夜更け, よく掻き廻し, わたしたちを, 僅か三四日, 北海道の, 十年近くも, 失われなかったが, 弟君の, 怺え, 打つ霰, 早や, 濡れしょびれていた身体, 結婚を, 腰を

▼ 立つには~ (15, 0.1%)

1 [15件] あまりにも, あまりに低い, あらず, あらずやなど, よほど工夫, 余りに繊細煩瑣, 少時も, 当然女軽業, 恰好の, 政府は, 朝, 法律が, 程遠かった, 立つたが, 覚つかなくなった

▼ 立つ~ (15, 0.1%)

2 の埃

1 [13件] でせう, でなければ, ではなく, で私, に沿, は会得, もいよいよはっきり, をひとり, を二十里, を共存共榮, を急ぐ, を歩き歩き, を走っ

▼ 立つ~ (15, 0.1%)

32 のこちご, の中, よ 1 のなか, の底, は白い, も心空, を分け, を隔て

▼ 立つうち~ (14, 0.1%)

1 [14件] が花, にどんな, には大分, にゃ唸る, にパアレエ, に又, に君, に宴, に彼女, に提灯, に自分, に貸本, の矛杉, はまだ

▼ 立つこの~ (14, 0.1%)

2 家の

1 [12件] マルクス主義的社会理論, 一つの, 作者の, 宿敵の, 山にも, 山を, 建国史の, 所謂科学的批評は, 沈黙の, 無礼な, 現実を, 馬劇は

▼ 立つ人々~ (14, 0.1%)

1 [14件] から圧迫, だけなりとも常に, とおなじ, にはクローネル, に部下, の与える, の修業, の前, の立場, の足, はこの, はのろ, よ明るい, を人臭い

▼ 立つ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あいなかった, がいない, がよっぽど, が二三人, が坤竜, でなくては, でもあるまい, と見え, に油斷, の悦び, はまず, は新撰組, も中止, を牛

▼ 立つ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あはれなれ, かな, がのぼる, が目, さえ今朝, さえ焦熱地獄, と大きな, なみなみならず, の恰も, ほそぼそと, をながめ, 消な, 立つ煙, 重く傾

▼ 立つにつれて~ (13, 0.1%)

2 こんなに目立っ

1 [11件] いよいよ深く, それが, そんな遠い, 一つの, 何故かその, 光君の, 千世子を, 又元, 容体の, 庄太郎の, 自分の

▼ 立つ姿~ (13, 0.1%)

2 は見る

1 [11件] であった, はまだ, は見た, をわが, を抱いた, を眺め, を絞っ, を考える, を見, を見た, を見送っ

▼ 立つ~ (13, 0.1%)

2 で野村

1 [11件] があった, がない, がゐる, さ, だが, だったの, だという, の肩越し, の面, は小栗, もです

▼ 立つため~ (12, 0.1%)

1 [12件] かこの, しもなかつた, であったの, にはひとり, には何かと, に入, に出, に自分, に論理的, に遂, に遂い, の材料

▼ 立つといふ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの古語, ぺんぺん草, やうな, やうに, 事だけでも, 今の, 定めに, 条件附である, 段取で, 熱心ぶりで, 職業は, 自信が

▼ 立つより~ (12, 0.1%)

1 [12件] して, そんなにし, なし, はやくそば, ほかに, よろけて, 先に, 同性愛や, 安泰な, 帷幕に, 遥に, A子の

▼ 立つ~ (12, 0.1%)

2 は立て 1 となっ, となった, となりしか, とはなれるなり, にとってあと, に縁類, の男, の辛い, より後, をよろこび

▼ 立つたま~ (11, 0.1%)

2 までゐた 1 まじつと, まであつ, までさちよ, までも聞い, までゐる, まで何, まで暫く, まで木炭紙, まで言

▼ 立つもん~ (11, 0.1%)

2 じゃない 1 かい, じゃア, だから, だからな, だという, でございますから, でねえて, で笑うて, よ

▼ 立つ~ (11, 0.1%)

1 [11件] で鷲, にいる, にきらきら, にその, にそれ, にはだんだん, に兵部卿, に美しく, へいきなり, を竜子, を群

▼ 立つ~ (11, 0.1%)

1 [11件] が視線, だが, だくらいに, でした, と入れかわり, の口, の影, はある程度, はいずれ, はもう, を助手

▼ 立つ~ (11, 0.1%)

1 [11件] に命, に胸, はちっとも, は失せ, をおさえ, をおさえつけ, を冷し冷し, を抑えよう, を薫, を鎭め, を鎮め

▼ 立つ湯気~ (11, 0.1%)

1 [11件] が電燈, で部屋, とアスファルト, などでかなり, につつまれ, のため, のなか, の中, の向う, の白, を見

▼ 立つ~ (10, 0.1%)

2 叫ぶな 1 ほし遅れき, ゆめ, 当り前じゃ, 歩むな, 煙よ, 碁会所の, 立つな, 見て

▼ 立つにも~ (10, 0.1%)

1 借金で, 及ぶまい, 土地は, 坐るにも, 番人を, 立たれは, 立てず蒲団, 立てられず喧嘩, 身に, 駅路の

▼ 立つまでは~ (10, 0.1%)

2 どうしても信ずる 1 ああし, さんざッぱら迷い, どなたにも, もう一本葉巻, やはり何, 前大蔵大臣, 芙蓉の, 近づいて

▼ 立つ~ (10, 0.1%)

2 晴天 1 ありそのまま, かがむも, なお全身, 嬉しい若盛り, 少し淋しい, 悲しき浦波, 立たぬも, 義理でございましょう

▼ 立つやら~ (10, 0.1%)

2 悲しいやら, 情けないやら 1 おかしいやら, して, でね, ばかばかしいやら, 大騒ぎ, 気味が悪いやら

▼ 立つ~ (10, 0.1%)

1 いそいそと, その人たち, の事, の力, の水, の空, は来た, よく言っ, 何気なく他, 飲みさし

▼ 立つ~ (10, 0.1%)

2 では 1 が無い, だ, だと, であります, である, でもござりますまい, にはゆかん, は有りません

▼ 立つ~ (10, 0.1%)

1 につと, には川, に倒, はない, はよしや, は一, は社会, は科学, もない, を兎

▼ 立つ~ (10, 0.1%)

1 でその, に, の声, の羽ばたき, の記, の跡, はあと, は勇む, は跡, もなき

▼ 立つあたり~ (9, 0.1%)

1 から枯れがれ, にもただよっ, に到つ, に青, のだらだら, は鰍沢, までも流れ, を東北, 古い銀杏

▼ 立つたか~ (9, 0.1%)

1 とおも, と云, と思ひます, と考へれ, と自分, へりに, を語らなかつた, 知らない, 知れません

▼ 立つだけの~ (9, 0.1%)

1 事でございます, 余裕が, 力の, 勇気が, 器量と, 慾望に, 生れつきの, 資格が, 資格を

▼ 立つての~ (9, 0.1%)

1 代表的作家群によ, 似方, 案内顔, 水際立つたあの, 神道研究は, 空想である, 自由で, 話ぢや, 読書である

▼ 立つ~ (9, 0.1%)

3 え, り 1 えがなあ, えし, ばるの

▼ 立つ~ (9, 0.1%)

2 にし 1 だから, であった, であります, なら内, のもの, の補給, はあたりまえ

▼ 立つ思い~ (9, 0.1%)

2 がする, をし 1 がし, がした, で引き受けた, なの, に打たれる

▼ 立つ~ (9, 0.1%)

1 ならば, に臨んだ, の大鋸, の潮見清, の穂, の音, はひいた, も雪, を北

▼ 立つ~ (9, 0.1%)

2 にいや, の夕明り笠 1 が山際, に入相, に鶯, の迷, の青み

▼ 立つ~ (9, 0.1%)

1 がし, がした, が聞える, して, です, と, としては水, をきいた, を消し

▼ 立つくらい~ (8, 0.1%)

1 だ, だから, だった, であった, ならもう, わけは, 寒かった, 馬鹿馬鹿しい事件

▼ 立つとは~ (8, 0.1%)

1 この事, すれど, 事が, 云い難い, 云へ, 働くという, 単に思いやり, 怪しからん

▼ 立つ人間~ (8, 0.1%)

1 が最も, だ, でもまだ, と自覚, なんかありやしません, に譬, はありません, まるで形式的

▼ 立つ~ (8, 0.1%)

1 が強い, で強められ, と言っ, のある, の動き, はなかっ, もなく, を持つ

▼ 立つ~ (8, 0.1%)

2 きを以て 1 からざる, き基礎, き旨, き猛勇, き筈, し

▼ 立つ場合~ (8, 0.1%)

1 が多い, とでは大分感じ, と麗, ならば, にその, は西洋人, もある, 或はカメラ

▼ 立つ~ (8, 0.1%)

1 と未来, にころ, には建国, に湧き, の奥, の無い, の秋, は無い

▼ 立つ~ (8, 0.1%)

1 がい, が利益, が身, に近づきつ, のお, の御, へ廻ったであろう, へ近づいた

▼ 立つ気配~ (8, 0.1%)

4 がした 1 で彼, で繁夫, もない, もなかっ

▼ 立つ~ (8, 0.1%)

2 の上, の音 1 が溢れる, の中, をしばらく, 煙り

▼ 立つ~ (8, 0.1%)

2 もない 1 ができる, じゃないです, ではなし, どすけど, は中国, を持ち出す

▼ 立つけれども~ (7, 0.0%)

2 直ぐに 1 この場合, しかし心, その天成, どうも喧嘩, ヘッケル氏に

▼ 立つだけ~ (7, 0.0%)

1 だつたが, であった, です, でなくその, で仕返し, もうけて, 却つてだめで

▼ 立つ~ (7, 0.0%)

7 やありません

▼ 立つまま~ (7, 0.0%)

1 にむら薄, にブツブツ, に世, に二片, に忘れ, に駆け出し, 遂に下宿

▼ 立つ以上~ (7, 0.0%)

1 ある人, にすさまじい, に公正, はどう, は原文, は書, 勿論美

▼ 立つ~ (7, 0.0%)

1 というもの, となり, の月, の露, の靄, を鋭, 見れば

▼ 立つ日本~ (7, 0.0%)

2 となる 1 の伝統的文人気質, の使命, の紡績界, を活かす, 第一大軍神

▼ 立つ~ (7, 0.0%)

1 はない, は金, をおもに, をみせ, を主, を皿, 干が

▼ 立つ積り~ (7, 0.0%)

2 で居る 1 かい, だ, でやすが, で俥屋, と見え

▼ 立つ~ (7, 0.0%)

2 をおさえ, を殺し 1 なでおろしそれ, のごたごた, を必死

▼ 立つかの~ (6, 0.0%)

1 ごとく見ゆ, マルクス主義が, 分れ目という, 切羽に, 境見殺しに, 妖怪恐ろしき

▼ 立つからには~ (6, 0.0%)

1 そこにも, 多様の, 敵の, 死は, 玄徳も, 部下を

▼ 立つころ~ (6, 0.0%)

2 になる 1 には痩せ, まで乗りぬ蒙, を待つ, を迎え

▼ 立つごと~ (6, 0.0%)

1 にあと, によく, に伸子, に木刀, に私, に行き

▼ 立つじゃ~ (6, 0.0%)

1 あない, ありませんか, あるまいしよ, ないの, ねえか, アなし

▼ 立つそう~ (6, 0.0%)

1 だ, だな, でございます, です, ではは, でよろこばしく

▼ 立つそれ~ (6, 0.0%)

2 を殿御 1 が舞台, は立つ, をする, を鎮め

▼ 立つと共に~ (6, 0.0%)

1 あっ, お玉は, その一方, その名, 深くなっ, 統一せられ

▼ 立つのに~ (6, 0.0%)

1 お金子, この塀, まに, 丁度よい, 最も必要, 残念で

▼ 立つやつ~ (6, 0.0%)

1 で汁, に相違, はない, はひとり, をいちいち, を床

▼ 立つよりも~ (6, 0.0%)

1 いつに, そんなこと, 寧ろ情けなかっ, 強く生き, 悲しかった, 激しかるべし

▼ 立つ二つ~ (6, 0.0%)

2 の黒い 1 の丘, の客體, の考え, は夫

▼ 立つ二人~ (6, 0.0%)

1 が水, の勇士意, の姿, の徒歩, の者, の若い

▼ 立つ前日~ (6, 0.0%)

2 に一晩泊 1 そのほうども, だと, にはまた, の朝

▼ 立つ勇気~ (6, 0.0%)

1 がある, が無くなる, さらに出でず, はない, も口, も無けれ

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

3 なるべく物 1 くるしく一切衆生, は此処, やの

▼ 立つ場所~ (6, 0.0%)

2 へ繩 1 かとも思われた, に眺め, へ縄, をあの

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 はその, は退き, れを, をよそ

▼ 立つ必要~ (6, 0.0%)

2 がある 1 なこと, はない, もない, を痛感

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

1 お主, から遥か, には日ごろ, に一食, の妙, は一寸先

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

4 に冥加 1 の地主権現, の霧

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

1 なお, なけち, にした, になつ, になり, に思はれる

▼ 立つ決心~ (6, 0.0%)

2 をし 1 はつかなかつた, をした, をつけはじめ, をほのめかし

▼ 立つ白い~ (6, 0.0%)

1 あわは, 湯気が, 湯気にも, 煙り見る見る腕, 粉に, 路を

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

1 と共に京都, のさびしさ, の俄, の夜, の姿, を幾重

▼ 立つ~ (6, 0.0%)

1 が立て, もこっち, をも柔げ, を定めた, を抱, を立てる

▼ 立つ若い~ (6, 0.0%)

1 一対の, 人々図書館人が, 男, 男の, 血が, 評論家は

▼ 立つ陽炎~ (6, 0.0%)

1 がゆらゆら, のよう, はこの, も身, をうつ, を眺め

▼ 立つ高い~ (6, 0.0%)

1 かしの, においに, 丘に, 屋根の, 岡の, 欅は

▼ 立つそして~ (5, 0.0%)

1 しばらくは, そこに, 二三度黒く, 天使らが, 時雨堂の

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

2 早く準備 1 あらうが, せう, 占めた遁げ

▼ 立つどころか~ (5, 0.0%)

1 それを, みんなを, 日向で, 求めても, 秘密を

▼ 立つなり~ (5, 0.0%)

1 しや, と好き, をいたし, 国家安逸なら, 持合せの

▼ 立つばかりの~ (5, 0.0%)

2 憤怒と 1 こと, 明さ, 鳥毛の

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

1 おれが, ひとが, もし望み, 人の, 八万人も

▼ 立つ一つ~ (5, 0.0%)

1 のあり得べき, のモットー, の建物, の形而上学, の立場

▼ 立つ予定~ (5, 0.0%)

1 でいた, でしたが, です, なの, のところ

▼ 立つ人影~ (5, 0.0%)

1 に驚かされた, は端艇, もない, も尾, を先

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

2 の仕事 1 の二本, はない, はなく

▼ 立つ他者~ (5, 0.0%)

1 が無くし, なの, は可能的自己, は實, は廣

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

1 がむっと, が付い, が立つ, のなか, よりも薄かっ

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

1 があるです, が残り, に取つ, の中, の主人

▼ 立つ文学~ (5, 0.0%)

1 がそこ, として文学, の可能, や自然科学, を求める

▼ 立つ旅人~ (5, 0.0%)

1 があ, の見送り, の足もと, はみな一様, へ人里

▼ 立つ様子~ (5, 0.0%)

1 がなかっ, でがやがや, です, もありません, もなく

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

1 が雪, のやう, の如き, や衝突, を去る

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

2 がしら 1 に船出, の中, は鬣

▼ 立つ現実~ (5, 0.0%)

4 の地盤 1 のみかた

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

1 の塔, の壁, の馬石, を削りなし, を探さなく

▼ 立つ秋風~ (5, 0.0%)

2 と繁, もうすら 1 の冷めた

▼ 立つ立場~ (5, 0.0%)

1 から取り扱える, が常に, としての認識論, となり, の相違

▼ 立つ線香~ (5, 0.0%)

1 のけむ, や菊, をささげ, を啣, を持ち

▼ 立つ~ (5, 0.0%)

1 戦士として, 梅の, 武士の, 船長が, 鉄の

▼ 立つ考え~ (5, 0.0%)

1 か, がなく, で写真, で諸国, 故今日

▼ 立つ自分~ (5, 0.0%)

1 と思ふ, のす, の気, をそこ, をはるか

▼ 立つけれど~ (4, 0.0%)

1 きりきり稼がし, 五十五で, 実はそれ, 横川勘平は

▼ 立つたび~ (4, 0.0%)

1 にその, に友情, に直吉, に身

▼ 立つてさ~ (4, 0.0%)

1 う云, う言, それが, つと廊下

▼ 立つといった~ (4, 0.0%)

1 ところで, のは, 恰好で, 自分の

▼ 立つとしても~ (4, 0.0%)

1 ある点, ある點, なにかさわやか, やっぱり信じ

▼ 立つなどは~ (4, 0.0%)

1 僭越至極, 思いよらぬこと, 甚だ煩, 餘り

▼ 立つのみ~ (4, 0.0%)

1 であります, ならずその, ならず君公, なりしが

▼ 立つばかりに~ (4, 0.0%)

1 ブルブルと, 叫んだが, 支度し, 残酷なる

▼ 立つふり~ (4, 0.0%)

4 をし

▼ 立つまでの~ (4, 0.0%)

1 五年の, 数日の, 胸の, 陣容を

▼ 立つよと~ (4, 0.0%)

1 せし, 憧憬れ, 見る時, 見れば

▼ 立つよりは~ (4, 0.0%)

1 まず腹, まだ三法師, むしろ心細く, 莫迦莫迦しすぎ

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 てあの, て帰り道, て平田, て立

▼ 立つ一本~ (4, 0.0%)

2 の樹 1 の大きな, の竹

▼ 立つ三人~ (4, 0.0%)

1 のたて者, の姿, の子, の鼻

▼ 立つ人たち~ (4, 0.0%)

1 からであった, からやかましく, が封建時代, が皆

▼ 立つ位置~ (4, 0.0%)

1 からみれ, から右, さえもが, もなし

▼ 立つ作家~ (4, 0.0%)

1 がその, がプロレタリア作家, だろうか, によって書かれ

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 のアカダモ, の人間達, の向う疵, も有

▼ 立つ味方~ (4, 0.0%)

1 にまじっ, へついに, をととのえた, を見

▼ 立つ大きな~ (4, 0.0%)

1 太鼓と, 岩に, 市である, 病院の

▼ 立つ山下~ (4, 0.0%)

2 に仏, に佛

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

2 の苔 1 のあいだ, の間

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 のよう, や, を仰ぎ見る, 狭く鋭く踵

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 がいっせいに, が白, の我, の素

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

3 もない 1 もなかっ

▼ 立つ機会~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, が与えられよう, が来ない, を待っ

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 にひよつ, に心, に来, に記者

▼ 立つ気色~ (4, 0.0%)

1 なければ, はなく, もない, も見えない

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 が魔法, にぞ世, のごとく, の成り

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

2 のをさ 1 の大きく, の角

▼ 立つ相手~ (4, 0.0%)

2 ではない 1 がゐる, によつて

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 どんなに暗い, のためし, の蝟毛, もある

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 の友, は何もの, も急ぎ, を見る

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

2 の幻塔 1 の村, の脈線

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 となせる, は其の, より寧ろ, をあちら樣

▼ 立つ街道~ (4, 0.0%)

1 に落ち, へ出, を俯き, を横ぎり

▼ 立つ資格~ (4, 0.0%)

1 ができる, がない, が無い, はない

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

2 もなく 1 の緊張, もなき

▼ 立つ連中~ (4, 0.0%)

1 がい, が一人それ, が大勢, はいつも

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 に船, の乱, の亂, の色まつ

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

2 の夕あかり 1 が川向い, が谷

▼ 立つ~ (4, 0.0%)

1 でカゴ, にどこ, の中, の楡

▼ 立つお方~ (3, 0.0%)

1 がその, がそれ, でも見送り

▼ 立つかぎり~ (3, 0.0%)

2 又逆 1 示し得る美

▼ 立つかぎりそれ~ (3, 0.0%)

3 を関連

▼ 立つからと~ (3, 0.0%)

1 いい番頭, いうので, いって

▼ 立つかを~ (3, 0.0%)

1 経済学は, 見かく, 観察しよう

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 はいが, ふを, 袴を

▼ 立つこそ~ (3, 0.0%)

2 涼しけれ 1 よけれと

▼ 立つこと能~ (3, 0.0%)

3 はざる

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 うだ, ぶし和人我, へ可笑し

▼ 立つさま~ (3, 0.0%)

1 に鳴く, は何ん, を眺め

▼ 立つそこ~ (3, 0.0%)

1 が足利家, の階段, までまだ

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 ここを, わびしき, 悲しき

▼ 立つたん~ (3, 0.0%)

1 だとよ, だね, だよ

▼ 立つだけで~ (3, 0.0%)

2 消えて 1 やはり終日臥床

▼ 立つだけに~ (3, 0.0%)

1 この駅, なんとなく貫禄, 何んと

▼ 立つてる~ (3, 0.0%)

1 とかする, 瘠せた小さい, 高い崖

▼ 立つとして~ (3, 0.0%)

1 その基本, 今は, 廿九日には

▼ 立つなんて~ (3, 0.0%)

1 それほど窮, そんな恋愛, 断じて出来る

▼ 立つに従って~ (3, 0.0%)

1 この距離, 舞台の, 薄らいだ

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 えが, えけれど, ったら市

▼ 立つほどに~ (3, 0.0%)

1 なつた, 現われぬが, 蜈蚣進ん

▼ 立つ一人~ (3, 0.0%)

1 が音頭, の民, の男

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 において殆ど致命的, に舞台, の根本

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 體である, 體に, 體を

▼ 立つ仕度~ (3, 0.0%)

1 でもはじめ, をした, を始めた

▼ 立つ六七本~ (3, 0.0%)

3 の檳榔

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 にあたりまえ, にその, に相応

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 であるという, でその, はなくなる

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 が, がし, ぞとよもす

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 忌である, 意見を, 氣の

▼ 立つ大地~ (3, 0.0%)

1 には一人, の上, の温気

▼ 立つ女中~ (3, 0.0%)

1 なぞの間, の先, やいろんな

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 が沢山, とてはひとり, に晩餐

▼ 立つ寺院~ (3, 0.0%)

1 の屋根樹木, の窓, は弥撒

▼ 立つ小さな~ (3, 0.0%)

1 場所を, 棒に, 清新な

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 があり, の側面, は次第に

▼ 立つ巨人~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 の像

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 の, の志, より一声叫喚

▼ 立つ形象~ (3, 0.0%)

1 は内容, は實, を他者性

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

2 魂と 1

▼ 立つ思想~ (3, 0.0%)

1 だと, はトルストイ, は事実上多分

▼ 立つ支度~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

2 の泉 1 の海原

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

2 の夜さり 1 の見

▼ 立つ有様~ (3, 0.0%)

1 かえって殉死, であつ, は犬

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 の木の間, の梢, も盆栽師

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 なり竿, の際, や梁

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 と諸共, なぞは烈風, の枝

▼ 立つ榛の木蛙~ (3, 0.0%)

2 の聲 1 の声

▼ 立つ武士~ (3, 0.0%)

1 が, にきまった, の本分

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

2 になる 1 になります

▼ 立つ水煙~ (3, 0.0%)

3

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

2 の樹 1 は張る

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 が出る, の川, も道

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 が立つ, を, を見送っ

▼ 立つ用意~ (3, 0.0%)

1 に取りかかれ, をし, を忘れなかった

▼ 立つ節子~ (3, 0.0%)

1 の方, をも見た, を見上げた

▼ 立つ約束~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 をし

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の咲いた, の花片

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 の穂, の芽, は鎌

▼ 立つ見え~ (3, 0.0%)

2 てかへり見すれ 1 て顧みすれ

▼ 立つ言葉~ (3, 0.0%)

1 である, は同じ, を同じく

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 である, とを見出さう, とを見出そう

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 が生活, でもが富豪, の眼

▼ 立つ返事~ (3, 0.0%)

1 ばかりだった, をする, を申し上げました

▼ 立つ道理~ (3, 0.0%)

2 もなし 1 はない

▼ 立つ野辺~ (3, 0.0%)

1 のごとき, のすすき, の草

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のやう

▼ 立つ間際~ (3, 0.0%)

1 になっ, になつて, までお

▼ 立つ限り~ (3, 0.0%)

1 そう云わざる, に於, の大

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 が濛々, の宿, 煙り静か

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 はない, は弱い, も更に一層

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 の羽ばたき, の羽音, の軽

▼ 立つ~ (3, 0.0%)

1 に啼く, の根固め, の畑

▼ 立つ黄色い~ (3, 0.0%)

1 毛耳まで, 灯影に, 焔の

▼ 立つあら~ (2, 0.0%)

1 ぞめ, 怪しき婦人

▼ 立つある~ (2, 0.0%)

1 ビルディングの, 少女と

▼ 立つかかる~ (2, 0.0%)

1 作家を, 春日に

▼ 立つかね~ (2, 0.0%)

2 なにさ

▼ 立つからは~ (2, 0.0%)

1 ぐつと気を, 命は

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 ぬぎ原

▼ 立つぐらい~ (2, 0.0%)

1 ならそれ以前, のこたア

▼ 立つことしきり~ (2, 0.0%)

1 である, なり

▼ 立つこれ~ (2, 0.0%)

1 だから, は学校

▼ 立つさい~ (2, 0.0%)

1 なぜか, には秀郷

▼ 立つさえ~ (2, 0.0%)

1 あるに, 怖いの

▼ 立つしか~ (2, 0.0%)

1 ありますまい, ありません

▼ 立つためし~ (2, 0.0%)

1 あり, 有りって

▼ 立つてからの~ (2, 0.0%)

1 午頃でした, 順序は

▼ 立つてばかり~ (2, 0.0%)

1 ゐないで, ゐるの

▼ 立つてる勢~ (2, 0.0%)

1 がなかつた, ひが

▼ 立つでも~ (2, 0.0%)

2 なかつた

▼ 立つとて~ (2, 0.0%)

1 土間の, 墨を

▼ 立つとでも~ (2, 0.0%)

1 云うの, 思った細工

▼ 立つとともに~ (2, 0.0%)

1 日本に, 美禰子の

▼ 立つとの~ (2, 0.0%)

1 ことに, 評判が

▼ 立つなど~ (2, 0.0%)

1 あり, 宿も

▼ 立つにつれ~ (2, 0.0%)

1 もう忘れ, 蘇武の

▼ 立つに際して~ (2, 0.0%)

1 前田又, 秀吉は

▼ 立つひと~ (2, 0.0%)

1 が出来た, だろうし

▼ 立つほう~ (2, 0.0%)

1 がはるか, が乗客

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 ぎわまでは, に女房たち

▼ 立つまた~ (2, 0.0%)

1 その上, 理論を

▼ 立つまだ~ (2, 0.0%)

1 何か, 年若

▼ 立つまでに~ (2, 0.0%)

1 その方眼紙, 身仕度を

▼ 立つまでには~ (2, 0.0%)

1 そんなで, 暇が

▼ 立つまわり~ (2, 0.0%)

1 に大勢成人, の駒

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 なれり, むか

▼ 立つわね~ (2, 0.0%)

1 日頃何一つ, 正直な

▼ 立つヒューマニズム批判~ (2, 0.0%)

2 及び時局批判

▼ 立つポエヂイ~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ 立つランプ~ (2, 0.0%)

1 の傍, 程癇癪

▼ 立つリアリズム~ (2, 0.0%)

1 と異, の理解

▼ 立つヱズヰオ~ (2, 0.0%)

1 の山, の巓

▼ 立つ一個~ (2, 0.0%)

1 の知識人, の自由人

▼ 立つ一大城廓~ (2, 0.0%)

2 に似

▼ 立つ一株~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 立つ一種~ (2, 0.0%)

2 のすめ

▼ 立つ一里塚~ (2, 0.0%)

2 の榎

▼ 立つ三日~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, まえの

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 二ヶ嶺の, 來方城に

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 とならしめ, の習ひと

▼ 立つ丘陵~ (2, 0.0%)

2 をなし

▼ 立つ人おのおの手燭~ (2, 0.0%)

1 持つ習, 持つ習い

▼ 立つ人物~ (2, 0.0%)

1 になっ, は十人

▼ 立つ仕打ち~ (2, 0.0%)

1 だから, であった

▼ 立つ代り~ (2, 0.0%)

1 に万人, に客観的

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 お身内, を斜め

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 うも, かがあつ

▼ 立つ俳優~ (2, 0.0%)

1 の出る, の心理

▼ 立つ倹約生活~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 である, の唱える

▼ 立つ光十七夜~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ 立つ判断~ (2, 0.0%)

1 が現実, を人民

▼ 立つ前夜~ (2, 0.0%)

1 のこと, まで太兵衛

▼ 立つ労働者階級~ (2, 0.0%)

2 の文学

▼ 立つ動機~ (2, 0.0%)

1 がある, となった

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 ひ, 飛べる事

▼ 立つ古い~ (2, 0.0%)

1 石造の, 道祖神は

▼ 立つ古木~ (2, 0.0%)

2 の梅

▼ 立つ史観~ (2, 0.0%)

1 とは自ら, と階級闘争

▼ 立つ同志四五人命~ (2, 0.0%)

2 を惜しむ

▼ 立つ名誉村長~ (2, 0.0%)

2

▼ 立つ呉服屋~ (2, 0.0%)

2 が儲け過ぎてる

▼ 立つ哨兵~ (2, 0.0%)

1 とまったく, と全く

▼ 立つ唯一~ (2, 0.0%)

1 のもの, の地盤

▼ 立つ唯物論~ (2, 0.0%)

1 とを安易, と対立

▼ 立つ問題~ (2, 0.0%)

1 だから, であるが

▼ 立つ器量~ (2, 0.0%)

1 はない, は無い

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 けむりの, には樹影黒

▼ 立つ地獄~ (2, 0.0%)

1 に連れ, の中

▼ 立つ地盤~ (2, 0.0%)

1 の上, の絶対的

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 臭い女神

▼ 立つ執拗~ (2, 0.0%)

1 な男, な魅惑的

▼ 立つ堆肥~ (2, 0.0%)

1 の前, の小山

▼ 立つ変化~ (2, 0.0%)

1 でありました, は恵比須

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 かな, を疾

▼ 立つ夜嵐~ (2, 0.0%)

1 に蛍, に螢

▼ 立つ大木~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 立つ奇異~ (2, 0.0%)

1 なる雪山, な生なましい

▼ 立つ学問~ (2, 0.0%)

1 から取り除けられね, であるなら

▼ 立つ寒い~ (2, 0.0%)

1 春だった, 朝滝野川で

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 にし, ネコほどの

▼ 立つ少し~ (2, 0.0%)

1 前に, 前には

▼ 立つ少年~ (2, 0.0%)

1 の驚き, を台所

▼ 立つ左右~ (2, 0.0%)

1 の建物, の樹木

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 きなる鉄鈷雲, きなる鐵鈷雲

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 のせまい, もない

▼ 立つ幾月日~ (2, 0.0%)

2 の自分

▼ 立つ広い~ (2, 0.0%)

1 並木路の, 部屋の

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の隙, は甚だ

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 に繩, の葉鷄頭

▼ 立つ建物~ (2, 0.0%)

1 が, で働い

▼ 立つ役人~ (2, 0.0%)

1 は多く, や権威

▼ 立つ役者~ (2, 0.0%)

1 が小栗上野介, は勝

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 に対して分担, の歓喜

▼ 立つ感じ~ (2, 0.0%)

1 だった, なの

▼ 立つ感情~ (2, 0.0%)

1 の押, は一九五二年

▼ 立つ憤怒~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 立つ所以~ (2, 0.0%)

1 でここ, のもの

▼ 立つ拍子~ (2, 0.0%)

1 にとりまとめた, に帯

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 その限り, に常に

▼ 立つ教養~ (2, 0.0%)

1 で育った, と家風

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の科学, 知れぬ波

▼ 立つ文学者~ (2, 0.0%)

1 である, は裾

▼ 立つ斯く~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 立つ新しい~ (2, 0.0%)

1 修辞学の, 封建制度

▼ 立つ方向~ (2, 0.0%)

2 に面し

▼ 立つ方法~ (2, 0.0%)

1 として拠りたたれた, を講じなけれ

▼ 立つ日ざかり~ (2, 0.0%)

2 はくるしかりけり

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 さが, 走と

▼ 立つ春さき~ (2, 0.0%)

2 は代々木野

▼ 立つ時それ~ (2, 0.0%)

1 は私, を中学

▼ 立つ時分~ (2, 0.0%)

1 でした, は憎い

▼ 立つ時刻~ (2, 0.0%)

1 に千住, も日限

▼ 立つ時私~ (2, 0.0%)

1 はた, は信ずる

▼ 立つ時間~ (2, 0.0%)

1 をきいた, を聞き

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の上, も打

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 のまつ, の松山

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 のやう, の上

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 立つ根拠~ (2, 0.0%)

1 は反省, を明

▼ 立つ桔梗~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 立つ梅雨あけ~ (2, 0.0%)

2 の照り

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 をつかん, を己

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の大, れは

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃる, で無く

▼ 立つ汽船漁舟~ (2, 0.0%)

2 が浮い

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の曲白鷺, の秋

▼ 立つ油煙~ (2, 0.0%)

1 がほぐれた, の中

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 のほとり, のメロディー

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 のあわ, を見た

▼ 立つ液体~ (2, 0.0%)

2 をいじっ

▼ 立つ湯上り~ (2, 0.0%)

2 の素肌しなやか

▼ 立つ準備~ (2, 0.0%)

1 がなされ, をし

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の柱, ばしら

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 にも留南木, の雪袴

▼ 立つ炊煙~ (2, 0.0%)

1 はのどか, は一時天

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 で云うまでも, は頓阿

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 に心, に禁欲生活

▼ 立つ照明迅~ (2, 0.0%)

1 く鉄塔, く鐵塔

▼ 立つ熱い~ (2, 0.0%)

1 もやだ, 茶を

▼ 立つ町奉行配下~ (2, 0.0%)

1 の与力同心, の與力同心

▼ 立つ白煙~ (2, 0.0%)

1 を舐め尽し, を見る

▼ 立つ白雲~ (2, 0.0%)

1 と氷, をかなとこ雲

▼ 立つ真白~ (2, 0.0%)

1 な泡, な灯台

▼ 立つ矮檜~ (2, 0.0%)

2 のいろ

▼ 立つ砂ぼこり~ (2, 0.0%)

1 と悪臭, には困つた

▼ 立つ社会~ (2, 0.0%)

1 の技術的必要, をさして

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 に似る, の聰明有力

▼ 立つ秀吉~ (2, 0.0%)

1 であった, としてはようやく

▼ 立つ程度~ (2, 0.0%)

2 の浅い

▼ 立つ程当時彼女~ (2, 0.0%)

2 に丁寧

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 木のみは

▼ 立つ空地~ (2, 0.0%)

1 を見下し, を駈けぬ

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 から見えた, の沢山

▼ 立つ窪田~ (2, 0.0%)

2 のわき

▼ 立つ精神~ (2, 0.0%)

1 の処理, を鎮め

▼ 立つ結果~ (2, 0.0%)

1 になっ, を引き起こした

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の勲爵士, 濃き眺め

▼ 立つ美貌~ (2, 0.0%)

1 ではない, の持主

▼ 立つ羽音~ (2, 0.0%)

1 が淋しい, などつよく雄々しく

▼ 立つ自由~ (2, 0.0%)

1 な君主, を主張

▼ 立つ良人~ (2, 0.0%)

1 の働き, へ灰

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 の高

▼ 立つ芹沢~ (2, 0.0%)

1 と近藤, に問いかけた

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 侍が, 鷲は

▼ 立つ華奢~ (2, 0.0%)

2 な一本

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2

▼ 立つ蒼き~ (2, 0.0%)

2 月夜の

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 の何

▼ 立つ蟆子~ (2, 0.0%)

2 のかそけき

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 も憤る, を

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の青き, を眺め

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の影, を

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 だにもなし, の六曲

▼ 立つ見込み~ (2, 0.0%)

1 がない, もない

▼ 立つ観念~ (2, 0.0%)

1 とされ, の内

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 将を, 関係を

▼ 立つ諸君~ (2, 0.0%)

1 はこの, は人生

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 だ, はない

▼ 立つ豚カツ~ (2, 0.0%)

2 でもかぶりつきたい

▼ 立つ足場~ (2, 0.0%)

1 がない, が弱かっ

▼ 立つ躑躅~ (2, 0.0%)

1 の空, の花

▼ 立つ身構え~ (2, 0.0%)

1 と心用意, への憧憬

▼ 立つ軍歌~ (2, 0.0%)

2 が響いた

▼ 立つ迄は~ (2, 0.0%)

1 形影の, 相手の

▼ 立つ野平~ (2, 0.0%)

2 をふき

▼ 立つ間もなく~ (2, 0.0%)

2 上框の

▼ 立つ限りそこ~ (2, 0.0%)

2 までに自己

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に私

▼ 立つ雄大~ (2, 0.0%)

2 な二階立

▼ 立つ雪白~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 立つ電柱~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

2 の光る

▼ 立つ青年~ (2, 0.0%)

1 があれ, の懐中電灯

▼ 立つ頼朝~ (2, 0.0%)

1 が射た, のす

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 で多い, を雑巾

▼ 立つ風情~ (2, 0.0%)

1 に見え, に見えつ

▼ 立つ風情腹~ (2, 0.0%)

2 に十分

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 が飯櫃, を食べさし

▼ 立つ饂飩~ (2, 0.0%)

2 の一杯

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 はことさら, はたとえ

▼ 立つ~ (2, 0.0%)

1 の下, をまじまじ

▼ 立つ鹿~ (2, 0.0%)

1 のかぼそき, の毛

▼1* [1500件]

立つひだは, 立つあきはある, 立つあけすけの態度, 立つあしたかな, 立つあたり背中合せが停車場, 立つあの濁り水の, 立つあまりにも多い, 立つあま霧の, 立つあらゆる既成作家の, 立つあんまり面白くは, 立ついかやうな, 立ついかめしい建物の, 立ついきおいで砲車, 立ついちばん背丈の高い, 立ついとまも, 立ついやしき女の, 立つうえからどうしても, 立つうち柳田村さやる, 立つうち発音に自然, 立つうねりのまにまに, 立つうまし國ぞ, 立つおつけのおわん, 立つおでんの盆, 立つおもはぬ, 立つおろかや汝, 立つお前への手土産, 立つお前んに誰, 立つお歴々が尾, 立つお茶なんか見向き, 立つお蔦縋るよう, 立つお金さんの後姿, 立つかおりが風, 立つかという問題に, 立つかといふことしか, 立つかなえの一足, 立つかに見えるほど, 立つかについては時代によって, 立つかによって定まる, 立つかは彼の, 立つからこそこんなに素直, 立つからなア, 立つからに思ふ西行, 立つからねえ会社としては, 立つきつぱりした鼻癇癪もちらしい開いた, 立つくせに自分, 立つくらゐに, 立つぐらいに過ぎないの, 立つぐらゐのところを浜に沿つて, 立つことすべてこれをもう, 立つことだらけだ, 立つこと一と通り, 立つこと二尺花かすかに見, 立つこと今後必ずしも稀, 立つこと出立した人々, 立つこと半時ばかり, 立つこと家運の傾く, 立つこと少時渠を招き, 立つこと眼に見える, 立つこと能はず内部の自覚, 立つこと能はず唯手を合せ, 立つこれらの人々, 立つご飯を手, 立つさいあれほどかたく, 立つさい彼は篠村八幡宮, 立つさい法皇は源氏, 立つさくら散るとしも, 立つさし穗の麥, 立つされど汝に, 立つしかしながら根を, 立つしぶきに真白, 立つじゃあありませんか, 立つじゃァありませんか, 立つじゅばんを胸, 立つすぐなる柿の木, 立つすさまじき絞臺, 立つすし食いは, 立つすじがある, 立つずいぶん凄い奴, 立つせめて同じ顔色, 立つそうした諸範疇, 立つそこで青木が, 立つそれでふしぎな, 立つそれでも直ぐに, 立つそれにしても僕の, 立つそれらの共同, 立つそんな性格の, 立つたいまつをもった, 立つたくらゐだから, 立つたことも數次, 立つただ声律の, 立つただ一株の大木, 立つたびごとに黄色い, 立つたゆゑ勢ひ, 立つたゆき子を, 立つたよりも原則, 立つたらしかつた, 立つたらしい阪井が, 立つたらしく平次の, 立つたるは, 立つたる余はこの, 立つだけが損で, 立つだけでもなんとなく異様, 立つだけは書いた, 立つだって魂消て, 立つちやあ薪, 立つちやアいけないよ, 立つっていうのだ, 立つつい一ヵ月前に, 立つついでに矢代, 立つつまらない事が, 立つつまりしっぽで, 立つてからは毎日一つづつ私は, 立つてからもなか, 立つてぞつとした, 立つてななえを, 立つてもをられないの, 立つてやがるん, 立つとおり異性の間, 立つとかいうのは, 立つとかいふが多く候, 立つとからずっと続い, 立つとがばッと, 立つときひろ子はざらざら, 立つときわたしのうなじ, 立つときペレールの家, 立つときホテルの灰皿, 立つとき以外は温和, 立つとき伊賀の上野, 立つとき其儘の緑, 立つとき刹那主義が生まれる, 立つとき司馬懿にはお, 立つとき向へ持っ, 立つとき心殘だつたの, 立つとき手荷物を悉皆, 立つとき横に行く, 立つとき殿も御, 立つとき母から貞, 立つとき深山の生活状態, 立つとき煙草の好き, 立つとき父の泰造, 立つとき石田は, 立つとき祖母は私, 立つとき笹村は苦笑, 立つとき自殺は絶対的, 立つとき街はおびただしい赤い, 立つとき記代子は部屋, 立つとき貢太郎老は宿, 立つとき駅で其の, 立つとこが沢山, 立つところどころ行乞羽根附近の, 立つところ汽車に寝台, 立つところ石楠花のつめたい, 立つところ石段を昇降, 立つところ頭上一杯に飛びまくつてゐる蝙蝠, 立つとちゃあんと, 立つとまでいわれて, 立つひ川上はるか, 立つどころでは, 立つなかに怪奇, 立つなどと相図, 立つなどという大それた, 立つなみを雪, 立つなり長白の山貨, 立つにあたって何よりも, 立つにつけこの同棲生活, 立つにと思ひも, 立つに従い私は, 立つのちなれば, 立つのほかはない, 立つのみか捲き上げる時, 立つの一段に至り, 立つの何のといふ其様, 立つの時期が早晩到来, 立つの間はこの, 立つはじめ熊谷土手から降りました, 立つばかがあろう, 立つひと町は寡婦, 立つひまもなく, 立つひろ子犯人説には僕, 立つふたりの言, 立つ繩で, 立つほう間の踊り, 立つほかはなくなった, 立つほか昼間何もせぬ, 立つほどにはしないで, 立つほどにまでなって, 立つほどは減退しない, 立つほやほやの口, 立つぼくなどは騷音, 立つまえとはいくぶん, 立つまず間髪の, 立つまでとそのまま引止められ, 立つみそ汁だった, 立つみたいなこと, 立つむらさきぞなつかしき, 立つもうもう退けて, 立つもどかしさが, 立つものさへあれ, 立つものそれだけが手応, 立つものぢやねえ, 立つものの武者修行に, 立つもの一に群獸, 立つもの対手が人類, 立つもの廓の秋, 立つもの橋下に遊船, 立つもの歴史の発展, 立つもの法則に守らるる, 立つもの社会現象の領域, 立つもの芸術を以て志し, 立つもはした居るもは, 立つやっぱりぞっとするから, 立つやと人を, 立つやは既に前節, 立つやわらかな焔, 立つゆえでない, 立つゆえんにあらざる, 立つようこよいは, 立つよう世話をする, 立つよう今日からお, 立つよってあんたええ, 立つらくは, 立つらんか, 立つ正直いっ, 立つわかい連中の, 立つわかき白楊, 立つわが舞の, 立つわけぢやある, 立つわけ三方四方みな好いに, 立つわずかな間, 立つわれは汝, 立つわれわれ地球人類は今, 立つをもって何の, 立つんでこ, 立つアメリカ風の高い, 立つアルマ・マターは何と, 立つアンピユルシイウな力, 立つイズムである, 立つイヴも吝嗇, 立つエゴイスムの肯定, 立つエルムの大樹, 立つオリュンポス其最高の頂, 立つカスタニアの大木, 立つカテゴリーとを獲得, 立つコントの歴史観念, 立つゴリアスにひそか, 立つゴロツキが多く, 立つサクラトヴァラの顔, 立つサン・テチエンヌの寺院, 立つサン・テチエンヌ寺への坂道, 立つシャボンあげたいと, 立つシヤンと頻りに, 立つスピードの方, 立つスープコーンビーフ小鳥やきチーズ, 立つタオルの中, 立つダンフェル・ロシュリュウの広場, 立つティトゥスの門, 立つドロボー君二階のドア, 立つドーンと撃ち放す, 立つナースチャが隣室, 立つネエ将軍の銅像, 立つハース氏を見送っ, 立つバラックであって, 立つバルビューの声, 立つフナドの神, 立つフランク大尉とケント兵曹, 立つブルジョア社会科学であること, 立つプロレタリア作家の小説, 立つヘーゲルは全く, 立つペーレーデース強き手を, 立つボィオートイともろとも, 立つボール鉢を置く, 立つマックス・ヴェーバーが指摘, 立つマルクス的イデオロギー論は無論, 立つマロニエの並木, 立つミチ子の肩, 立つユデタコのよう, 立つそれを, 立つルネサンス風の高い, 立つロマンティシズムを気弱, 立つ一つのよりどころ, 立つ一つ一つの鳥肌, 立つ一カ所がある, 立つ一二の俳優, 立つ一人物の小説中, 立つ一基のい, 立つ一家を見, 立つ一将校袂時計を出し見, 立つ一幕を演じた, 立つ一搆え, 立つ一方の大将, 立つ一日さきに成都, 立つ一木の如く, 立つ一本椿風吹け風, 立つ一本薄のよう, 立つ一構へ門, 立つ一策がある, 立つ一行の頭, 立つ一軒の大, 立つ七十余りの爺さん, 立つ七面鳥の影, 立つ万福寺は村, 立つ三彩の三獣みたい, 立つ三時間ほど前, 立つ上り下りの旅人以外, 立つ上原新次の體, 立つ上品さすなわち品, 立つ上層建築を意味, 立つ上役はこの, 立つ上着の下, 立つ上部構造と見れ, 立つ不孝をお許し, 立つ不来方城に, 立つ不足不備の意識, 立つ世の中じゃ色, 立つ世界の立て物, 立つ世界觀である, 立つ世話方のあと, 立つ世間である, 立つ両足以外にはどう, 立つ両部時代の遺物, 立つ中心たらしめ自己, 立つ丸い馬糞が, 立つ丸の内一帯の風景, 立つ主人の, 立つ主張でありまして, 立つを目がけ, 立つ乗り手の八人, 立つ九つの娘, 立つ乞食のたぐい, 立つが七分目, 立つ予想の如く, 立つ事さへありました, 立つ事候はぬ, 立つ事是を久うし, 立つ事柄である, 立つ事癪にさはる, 立つ事目の前, 立つ二つ三つの字, 立つ二三日前から私, 立つ二日前兄が下宿, 立つ二棟の簡素, 立つ二階に手摺, 立つ二階屋の窓, 立つひ方, 立つ五郎大夫を見送り, 立つ五重塔の華麗, 立つのある, 立つ交通巡査の服装, 立つ交際をし, 立つ人だかりに紛れ, 立つ人ゆえかならず無礼, 立つ人体そのものを尊敬, 立つ人数が足りない, 立つ人気のさ, 立つ人生観の根拠, 立つ人達です, 立つ人間的文化的生の型, 立つ人面皮厚きフィレンツェ, 立つだ, 立つまで彼, 立つ今夕台本が届いた, 立つ今日の日, 立つ仕事して, 立つ代物だつた, 立つ代表会員の言葉, 立つ以上健全なもの, 立つ以上充分なる覚悟, 立つ以上剣の第一人者, 立つ以上愛も後者, 立つ以上有が底, 立つ以上現実批判なしに, 立つ以前の, 立つ以前製糸工場で, 立つ以外に無い, 立つ以外眼を瞑る, 立つ枕, 立つ仲間はざっと, 立つ伊之助の顔, 立つ伊豆の海, 立つ伏見屋の子息, 立つ伝七郎へ武蔵, 立つ伝来物が不確か, 立つ低い茅の, 立つ低湿地の一帯, 立つ住宅は影絵, 立つ体験は一生, 立つ何だかわからない二丈, 立つ何本の木, 立つ何等か積極的, 立つ佗しげな旅客, 立つ作品であったという, 立つ作戦をあきらめね, 立つ作業をやる, 立つ使者だの君側, 立つを切り払っ, 立つ侏儒は山岳, 立つ侘しさが, 立つ係りが古田鹿蔵, 立つ保守政党と労働組合, 立つ信教の自由, 立つ信長のキリシタン, 立つを駆っ, 立つ修善寺も雨, 立つ個人の世界, 立つ個人作家は多く, 立つ候補者は醜業, 立つ値打はない, 立つ倫理学は無論, 立つ偉人はまず, 立つ偉大なる彗星, 立つ傍ら劇作の筆, 立つは数え切れない, 立つ元気もいま, 立つ先方で打っ, 立つ先生を取り除けれ, 立つ光景を見せ, 立つ入道雲の群れ, 立つ入野一等兵曹は行手, 立つプロレタリア作家が, 立つ八ヶ岳の群巒, 立つ六人の娘, 立つ六百年を越す, 立つを励まし, 立つ兵士といえ, 立つ兵馬を抑え, 立つ其の道を, 立つ其面悉く枝葉, 立つ冒涜なの, 立つ写実的作家はない, 立つ写実的心理劇並びに論議, 立つ写実的心理劇並に論議, 立つき海リーダア, 立つの晴君, 立つかな鐵, 立つ冷吉には何だか, 立つ処のちに矯曇弥, 立つ出雲のタケル, 立つ出雲八重垣つまごみに八重垣, 立つ出雲梟師が云々, 立つ列車にもちろん, 立つ到達点として画した, 立つ前ひそかに所司代, 立つ前ひろ子は土産もの, 立つ前五六年の間, 立つ前伸子の必要, 立つ前地表にある, 立つ前夜密に例, 立つ前子路は孔子, 立つ前文圭の死, 立つ前細君はもう一度こう, 立つ前者に対する限り夫, 立つ剣術の弟子, 立つ力学はおしまい, 立つ労働者もそれ, 立つ勇猛な心さ, 立つ勇猛果敢な酋長, 立つ勉強をし, 立つ動物学者に肯定, 立つ匂いは林檎, 立つ北支自治政権の樹立, 立つ十一時まで, 立つ十三と小さい, 立つ十三地蔵の塚, 立つ十二本の大理石, 立つ十五分ぐらいの時間, 立つ千鳥が智恵子, 立つ半白の老, 立つ半蔵を見つけ, 立つ協団は工藝, 立つ協調主義はけとばされ, 立つ南蛮寺の墓地, 立つ印象批評であったから, 立つ危険千万な運命, 立つ即ち恩讐一等の, 立つ却つて多くこれ, 立つ厚焼の玉子, 立つ原子の埃, 立つ友人を見送る, 立つ友伯父さんの手, 立つ友釣りの翁, 立つ双方の勢い, 立つファッショ的抵抗力と, 立つ叛亂茲に鎭まり, 立つ叡山から極力, 立つ叡山長嶋もともども, 立つに現れ, 立つ古く細い松, 立つ古代生活の統一原理, 立つ古城へ連れ, 立つ古着市で実に, 立つ可能とその, 立つの裏, 立つ台閣の宰相, 立つ司祭なん, 立つ各自皆一個の位地, 立つ合目的性の文学, 立つ合間に声, 立つ同じ作者でも, 立つ同囚に問うた, 立つ同様下から立ち上る, 立つ名分があろう, 立つ名工の手, 立つひの, 立つ向うの町, 立つ君子に花子, 立つ吾人の宗教, 立つ告知板の黒文字, 立つ咄嗟に実に, 立つ和歌子を黙っ, 立つだから, 立つ哲学はそんな, 立つ哲学体系だと, 立つの霜柱, 立つ商売じゃない, 立つ商用の旅, 立つ善平につれ, 立つ喜びとを与え, 立つ喬木がす, 立つもあろう, 立つ四つの神像, 立つ四五日まえから, 立つ四五日前に先生, 立つ四五日前国男さんの買っ, 立つ四月には浜, 立つ四阿を見, 立つ国家的干渉に対して重, 立つ國民をし, 立つ土ぼこりのなか, 立つ土塀を超え, 立つ土瓶が遠景, 立つや瘴氣, 立つ地点を峠, 立つ地獄絵巻を彼女自身, 立つ埃のにほひ, 立つ埃まみれに, 立つ埃及の怪像, 立つ城壁の上, 立つ基礎とその, 立つ堂々一丈二尺の, 立つ報道をし, 立つ場合土台になる, 立つの近く, 立つ塀和も塀和, 立つ塔天守の砦, 立つ塔婆の並列, 立つ臭いにおい, 立つの身, 立つ変革的実践は単に, 立つ夕立かな, 立つ夕陽の樓, 立つは打, 立つ外貌の男, 立つ外遊して, 立つ夜光虫の燐光, 立つ夜行列車が出よう, 立つの面白, 立つ大切な年頃, 立つ大勢の人々, 立つ大寒の硬き, 立つ大将としては誰, 立つ大嶽とは是, 立つ大工の目, 立つ大森氏の首, 立つ大波があばれくるっ, 立つ大浪小浪の間, 立つ大皿が一つ, 立つ大臣社長官吏が東條たち, 立つ大衆からいえ, 立つ大衆小説家でさえ日本, 立つ大阪着は夜, 立つ大黒の馬, 立つ天下の名家, 立つ天平の聖観音像, 立つ天才クララの夫, 立つ太い銀色の, 立つ夫婦生活はお, 立つ奇怪の, 立つ奇抜な身装, 立つ奔流となり, 立つ奔馬に引きずられ, 立つ女たちは自分たち, 立つ女の子がふふ, 立つ女主人公に向かっ, 立つ女兒等の心々, 立つ女王です, 立つ女神は鐘楼, 立つ女給二三人ふざけて, 立つ女貌山や赤薙山, 立つ女髪結を見つけ, 立つ如くに目, 立つ妖しげな, 立つにすえ, 立つの背, 立つ妻以上に守時, 立つを辞し, 立つ姉君早く去ね, 立つ姉妹思いのお, 立つ姉達を送り, 立つ始末であつ, 立つ御じゃ, 立つの旅客, 立つ婦人の顔, 立つ婦人代議士は再び, 立つ婦人作家の存在, 立つ婦子供に別離, 立つとわし, 立つ子らに対しても云うべき, 立つ子われより笑み, 立つ子供が産, 立つ存在の中, 立つ存在理論はいつも, 立つ孟宗やぶの, 立つ季節になった, 立つ孤松の影長, 立つ孤独と, 立つ孤立の丘, 立つ学堂事務の総轄者, 立つ学生の運動, 立つ安全地帯の絶対価値, 立つ宗徒の数, 立つ実平の声, 立つ実用主義は真理, 立つ実際の行為, 立つ実験室的研究に陥り, 立つ実験的な従って, 立つ客観描写をしよう, 立つ客體内容を他者性, 立つ客體的形象を他者性, 立つ室堂へ着きたる, 立つは吹雪, 立つ家々に, 立つ家家の向う, 立つ家屋塀樹木等の見通し, 立つ家来共を制し, 立つ家畜の糞, 立つ家臣はまた, 立つ容疑者にちら, 立つ容赦のない, 立つ宿老たちまで, 立つ宿雨全く霽, 立つ富士の高嶺, 立つ寒風山に隔てられ, 立つ在的他者, 立つ實在者以上の純, 立つ實感をもつ, 立つ審判官の銀之助, 立つ対手ではない, 立つ将校斥候をあえて, 立つ尊い気の, 立つ小使になる, 立つ小山に近づいた, 立つ小禽のつばさ, 立つ小鳥八五郎は五六歩, 立つ少なくとも被害者と, 立つ少佐の前, 立つ少女ら見れば, 立つ尾州があり, 立つ尾花すゝきのそよぎに, 立つ展覧会なぞには出品, 立つ展開とその, 立つ山々へは冬, 立つ山の上なので, 立つ山茶花の一本, 立つをさす, 立つ岡谷五郎次へは家中, 立つ岩塊の堆積, 立つ岩山の横, 立つ岩根蹴放つ, 立つ岩波的ジャーナリズムはそれ自身アカデミック, 立つを囲んだ, 立つ岸本の胸, 立つ岸辺をさして, 立つの上, 立つよりも空, 立つ峯巒となる, 立つと, 立つ峰々が連なり, 立つをさし, 立つも見えず, 立つ川浪に身, 立つ川端からまた, 立つ川面一帯は篠, 立つ工場の窓, 立つ工夫を未然, 立つ工藝の問題, 立つ巨像の姿, 立つ巻き絵物などは避けた, 立つなの, 立つ市庁舎には昼間, 立つ帆村探偵に向っ, 立つ幕僚は出発, 立つ幕府方の最も, 立つ平地である, 立つ平安朝文芸に対しての我々, 立つ年頃だけに紅い, 立つ幸太郎は玉砂利, 立つの中, 立つな富士, 立つ幽霊のよう, 立つ幾何学はリーマン, 立つ幾多馬の子, 立つ広やかな野, 立つのへり, 立つ度ごとにアドリナ・パティ, 立つやかな野, 立つ弊風であるならば, 立つ式事が厳か, 立つ弓之衆とか鉄砲組, 立つ弓取の身, 立つ強味には底, 立つ当のものでない, 立つ当り矢の貼り, 立つ当直下士官の眼, 立つ当麻寺の東西, 立つ形勢が近づい, 立つに特に, 立つ彼ら今我, 立つ彼半蔵のよう, 立つ彼女の娘, 立つ彼方の墨絵, 立つ彼等の姿, 立つ後ろは腰高塀, 立つ後姿を美しい, 立つ後日の国民, 立つよおほか, 立つ従順といよいよ, 立つ御坂山脈に焼く, 立つ御嶽と認められ, 立つ御手洗の石, 立つ御方ではない, 立つ微塵見れば, 立つ徴候のある, 立つ心当りはない, 立つ心得等に至る, 立つ心持をそのまま, 立つ心構えを怠らない, 立つ快楽説においては自由, 立つがした, 立つ怪い女を, 立つ怪しの男, 立つ怪物や世持橋, 立つ怯弱な方針, 立つ恋愛は研究, 立つ恒川氏は帯剣, 立つ息杖しずかに乗り, 立つ恵那の高山, 立つの華, 立つ悪戦の人, 立つ悲壮な覚悟, 立つ情勢は現実, 立つ情念老いても, 立つだ声律, 立つ惣門を潜り, 立つ惨めな農家, 立つがある, 立つ意思は翻さなかった, 立つ意気を示し, 立つ意義がある, 立つ憎しみがおさまろう, 立つ懐しさでした, 立つ懐疑として行っ, 立つ成績を挙げる, 立つ我が窓の, 立つ人が, 立つ或いは勧進興行が, 立つ戸田藩の正しき, 立つ所帯の相棒, 立つ手筈がすっかり, 立つ才取りのよう, 立つ才能を所有, 立つ扮装をし, 立つ技法を学んだ, 立つ折婦道を守れ, 立つ折柄である, 立つ折関羽の手, 立つ拔群の鬪士, 立つ拙者が様子, 立つ推定なの, 立つ握飯が運ばれ, 立つ撥屋の店, 立つ擂粉木のあと, 立つ支那官憲の窮餘, 立つ支配者自由民のもの, 立つ放免という非人, 立つ故文化的歴史的時間においては過去, 立つ故郷の出口, 立つ教育主義は無垢, 立つ敬太郎の得意, 立つ数個の大, 立つ数千の反対者, 立つ数日前は都, 立つ数軒の家, 立つ整理がされ, 立つも現れなかった, 立つ數名の青年, 立つ文三が, 立つ文化団体は残らず, 立つ文化運動はまだ, 立つ文壇人の中, 立つ文学修業の第, 立つ文学表現を蓄積, 立つ文学運動がある, 立つ文明の民, 立つ文部省の立場, 立つ斎庭がひらけ, 立つ断崖のいただき, 立つ新しき夫婦を, 立つ新人義経はぼく, 立つ新田先生はそぞろ, 立つ方角に持っ, 立つ旅客の頭上, 立つ旅順の山, 立つ旗本八万騎を鎮撫, 立つ日お節は旅館, 立つ日これを奉れ, 立つ日主水司内裏に奉れ, 立つ日十三日の夜, 立つ日取りを極めた, 立つ日子遲の峰, 立つ日本アルプスの重畳, 立つ日本人の芸術, 立つ日母から賜わった, 立つ日野宴を張っ, 立つ旧幕の人, 立つ旧藩の人たち, 立つを云い遣る, 立つ明りと侍女たち, 立つ明るき庭を, 立つ易学を生んだ, 立つ昔如来この辺, 立つ春塵に眼洗, 立つ春日新九郎と千浪, 立つ春眞晝ゑぐき埃に食い, 立つ春真昼ゑぐき埃に食い, 立つ時うしろ姿がすっと, 立つ時そこに内在, 立つ時ものの有った, 立つ時われらを呼ぶ, 立つ時われわれの眼前, 立つ時われ等は最も, 立つ時アクの浮く, 立つ時一寸見ると, 立つ時与八はそれ, 立つ時予期しなかった二つ, 立つ時事性を出発点, 立つ時今夜遅く伯林, 立つ時代の勇敢, 立つ時例の山芋掘りさん, 立つ時倫敦を短い, 立つ時停車場に送っ, 立つ時先生が奥さん, 立つ時兒らの聲, 立つ時分尻をおろした, 立つ時化もよひ, 立つ時周志淵から貰った, 立つ時国民の中, 立つ時場合に応じ, 立つ時壮士は鳥, 立つ時女主人に乞, 立つ時嫡男大吉利周を連れ, 立つ時弾正は鬱い, 立つ時当局の役人, 立つ時心のうち, 立つ時必然である, 立つ時怖気を覚ゆれ, 立つ時懐中には僅, 立つ時朗らかさに蔭, 立つ時死の不安, 立つ時死別の杯, 立つ時父は物, 立つ時父親より分けられた, 立つ時物慣らされた物腰, 立つ時獲物あるごと, 立つ時用意して, 立つ時皆春樓で紹介状, 立つ時社会が旧習, 立つ時窓から首, 立つ時節でもありません, 立つ時義元は約した, 立つ時自己に病み, 立つ時荷かつぎ, 立つ時計台の方, 立つ時認識理論はおのずから, 立つ時足下に深く, 立つ時遠浅の青畳, 立つ時金剛峰寺で一同, 立つ時間性もともに, 立つ時雪代さんがひとり衣紋, 立つに八重, 立つ智識階級の諸子, 立つ暖かい日の, 立つ暴露に置かれ, 立つの煙り, 立つ曲者が五人十人, 立つ月夜かな, 立つ服装をし, 立つ望みは永久, 立つ朝小鳥のカゴ, 立つ朝彼の馬, 立つ朝村人が言葉, 立つ朝馬には乗った, 立つ期待や希望, 立つ期間のお祭騷ぎのやうな町, 立つ木更津船はあえて, 立つ木曾のみ山路, 立つ木造の二階家, 立つ本堂の背景, 立つ机竜之助, 立つ杉生ときをりに, 立つ東屋風の一, 立つ東照宮の裏手一面, 立つ東風の中, 立つの間, 立つ松の木下にピタッ, 立つ松王をまざ, 立つ松琴亭の床の間, 立つ林之助の眼, 立つ果実はことごとく, 立つ枯木かな, 立つ枯葉のよう, 立つ山脈と, 立つ柔らかな日, 立つ柳石の道陸神, 立つ柴田の将士, 立つ柴荊の外, 立つ柿の木なども元, 立つ栄三郎と泰軒, 立つ根底である, 立つ根本はお, 立つ根本的な予想, 立つ案山子の姿, 立つに手, 立つの香, 立つ梅花二三片散りたるおもしろし, 立つからも谷底, 立つ検非違使の官人, 立つ楊柳の葉, 立つ極み国の退き立つ, 立つ極めて至らない不完全者, 立つの色, 立つ概念だと, 立つ構えをし, 立つ構成力や流達, 立つのふた, 立つ標致を人力車夫, 立つ樣子です, 立つ権利がある, 立つと棕櫚, 立つ樫フランスの街道, 立つ思へや, 立つ樹幹も空, 立つ橋場のガスタンク, 立つ機縁はなかっ, 立つの木群, 立つの竝木, 立つ欅三本鵙の秋, 立つ權利がある, 立つ欠点をなほしたくなる, 立つの丘, 立つ次第によりて, 立つや酒, 立つ歌よみの顧, 立つ正客のある, 立つ正己髪を五分刈り, 立つ正直さをも把握, 立つ武将たり市尹, 立つ歩哨は一時間交代, 立つ歩哨たちも横, 立つ歴史の描写, 立つ歴史的社会の理論, 立つ死出三途ともいう, 立つ殺人興奮の曲線, 立つ殿楼と大, 立つ毅然とした, 立つ母親の方, 立つ比較的曇らぬ部分, 立つの竃, 立つ民主主義は完成, 立つ民主戦線の結成, 立つ民主的な政治, 立つ民衆何という美観, 立つ気力を失った, 立つ気持というもの, 立つ気持ちをこの, 立つ気風が顕著, 立つ気高き少女現われぬ, 立つ氣持そして頂上, 立つ氣配もせぬ, 立つ水柱を, 立つ水温一二度迄下る, 立つ水高を指示, 立つ氷枕に痺れた, 立つの面, 立つ決意さえ眸, 立つ汽車の中, 立つけぶり我, 立つ沮洳地のよう, 立つの水面, 立つの音, 立つ油釜の中, 立つはない, 立つ法令がはたして, 立つ波かぎり知られず, 立つ波の花は帆柱, 立つ波風もなく, 立つの中, 立つ洋装の女, 立つ派手な大島, 立つ浪人は三人, 立つ浮き沈みに出合った, 立つ浮名をば君, 立つ浴場のある, 立つ浴衣に萌葱博多, 立つ海上には忽ち, 立つ海原をも渡っ, 立つ海原はかまめ立ち立つうまし, 立つ海岸の方, 立つ海底超人たちを誠意, 立つ海辺を歩い, 立つ深い森を, 立つ清澄の茂太郎, 立つに豪壮, 立つ渡世忽ち外, 立つ渡辺ハリキって色々, 立つ温いのを, 立つの町, 立つ湯氣を見れ, 立つ満足というカテゴリー, 立つがあり, 立つ漁夫でも萬祝, 立つ演壇へ大勢, 立つ演技者の心構え, 立つ鼠色の, 立つの水, 立つ濱島武文春枝夫人は餘, 立つというもの, 立つ火気を包ん, 立つ火焔それよりもなお, 立つ火花に敵, 立つの照り返し, 立つ灰皿を見つける, 立つ灰色の村, 立つの明り, 立つ炭火の中, 立つ炭焼の煙, 立つ為政者に誂, 立つ烟それさへ恨み, 立つの焔心, 立つ性格人が, 立つ然様いう境界, 立つ煙その他いろいろな光景, 立つ煙突トタン屋根の列車式, 立つ煙草を挟んだ, 立つ煩悩のこころ, 立つ熱泥が見える, 立つ燈台があらわれ, 立つ燐寸殻を捨て, 立つきたて, 立つ父兄の志, 立つ父母の国, 立つやの手, 立つ爺どのが恐怖紛れ, 立つ片隅にまだ, 立つ牧野と並ん, 立つ物々しい妖異さ, 立つ物乞も大概顔, 立つ物音も二人, 立つ特定の作家, 立つと, 立つして, 立つ狂風に吹かれる, 立つ狩猟服の若い, 立つ狩猟民族に於い, 立つ独自の機能, 立つ狼煙を合図, 立つ狼狽の瞳, 立つ牛の, 立つ猛者を十名, 立つの彫刻, 立つ獨立の實在者, 立つ玄関の方, 立つ揃い面相, 立つ珈琲茶碗が自分, 立つ現在の自己, 立つ現実探求の精神, 立つ理由はなかっ, 立つ理論的意識のみが思想, 立つ汗が, 立つ生れつき智慧才能の備つた徳人, 立つ生徒を突き飛ばし, 立つ生活であらね, 立つ生臭い魚の, 立つ用事を彼ら, 立つ田村も高尾, 立つ田舍めいた白い, 立つ田舎漢乗車をすゝむる人力, 立つよって, 立つ男女の純潔さ, 立つ男女労働者たちは何, 立つを墓地, 立つ町角を中心, 立つ画家は画家, 立つの中, 立つ番衆を振り切っ, 立つ異国風な幼い, 立つ痘痕の面, 立つ痛恨をそこ, 立つ瘴気のよう, 立つにさわる, 立つ発言でジャーナリズム, 立つ白壁の方, 立つ白峰山脈の中腹, 立つ白根山四阿山のす, 立つ白楊の堅き, 立つ白樺の幹, 立つ白樺の木はだ, 立つ白髪白髯の老, 立つの上, 立つ盛りにこれ, 立つ盛夏の天, 立つ直立二百尺の楼台, 立つ直観のうち, 立つ摸の, 立つ真に剣道へ, 立つ真中へ辛子, 立つ真岡工業会社の内部, 立つ真際に予て, 立つ眺めを持つ, 立つ眺望ひろい人生, 立つ矛盾と滑稽, 立つ知識であるか, 立つ短所であること, 立つ石像などではないでしょう, 立つ石垣ふるく黒ずみ, 立つ石川島の前側, 立つ石造りの水道栓, 立つ石鹸の感覚, 立つ煙りの, 立つ砂ほこりの中, 立つ砂埃は用捨, 立つ砂山をつくる, 立つ砂煙の中, 立つの, 立つ破風造りの劇場, 立つ碌さんの体躯, 立つに青き, 立つ燃えて, 立つ示威行進をする, 立つ社会小説というもの, 立つ社会現象となり, 立つ社会理論及び人間理論, 立つ社会的基礎を抜き, 立つ社会関係国際関係その間に悩む, 立つ社員は板挟み, 立つ祖先の祀, 立つ神人はない, 立つ神官の骨, 立つ神斧山の岩石, 立つ私たちにまで及ぼし, 立つ私どももたいへん, 立つ秋草の色, 立つ秋雨のふる, 立つ科学的根拠はわからない, 立つ科学的範疇体系と並ん, 立つ程厭やになつ, 立つ程垢づいて, 立つ程後妻には居, 立つ程汗が浸み出し, 立つ程泰平と言い, 立つ程私の意志, 立つ程興奮を感じた, 立つ程赫怒して, 立つであります, 立つ種々なる幾何学, 立つ種類でいわゆる, 立つのその, 立つ稲むらの組み方, 立つのその, 立つ空殿を, 立つ空間の科學, 立つ立て行く, 立つ之助, 立つのあ, 立つ竹柏杉の太い, 立つ竹筒に花, 立つを綴り, 立つ一の, 立つ第三者の国, 立つ笹木邸の洋館, 立つ笹村に言い出した, 立つとを持ち, 立つはほん, 立つり屋, 立つ粗雑なペンキ塗, 立つの湯気, 立つ精神的貴族主義の標語, 立つ紀昌を迎, 立つの手綱, 立つ紅茶を啜っ, 立つ紅葉の峡, 立つ紡錘形の標識, 立つ細い油煙の, 立つ組頭の体面, 立つの見まく, 立つ絶望の心理, 立つ絶頂の岩壁, 立つ綺麗な湯, 立つ綿雲の峰, 立つは炎, 立つである, 立つ縁日に行く, 立つ總代が不正, 立つの方, 立つの喜び, 立つ美しくつよい力が, 立つ美女を前, 立つ美津子の態度, 立つ美術といかに, 立つ美術品で本当に, 立つをフウフウ, 立つ羽柴勢を狙い撃ち, 立つ羽目になった, 立つに従って私たち, 立つ老婆がすぐ, 立つ考えかただという, 立つ考案は出ない, 立つ者みな舞う, 立つ者バルザックによって見, 立つ者一人もなく, 立つ者兵道を惜む念, 立つ者我に請, 立つ聖なる恍惚の, 立つ聰明智謀のオヂュシュウス, 立つぞとよもす, 立つをつつき, 立つ肉片をのみくだした, 立つ肉類を皿, 立つ背広夫人は黒, 立つ背戸ぐちの竹やぶ, 立つ能はず彼等の固有, 立つ能吏は彼, 立つ能役者が正面, 立つ脚神速のアキリュウス, 立つがしら, 立つの上, 立つ自信ばかりが自己目的, 立つ自分翌日一人俥で来る, 立つ自己訓練の行為, 立つ自来也鞘と, 立つ自然的實在者の外, 立つ自然的環境をも探らね, 立つ氣と, 立つ至誠と情熱, 立つを勘次, 立つ船客たちはだんだん, 立つ船戸の神, 立つ艦長以下の群像, 立つ芭蕉の句碑, 立つ花時から初夏, 立つ花片の中, 立つ花田の像, 立つ芸術品であるが, 立つ芸術家としての彼, 立つ芸術的劇場の存在, 立つ芸道の悦び, 立つ若干の日, 立つ若若しい美男で, 立つ若草を, 立つ若葉から発散, 立つ苦しくはある, 立つ英傑はない, 立つ英雄こそ敵, 立つ茂太郎の口笛, 立つ茶色の砂塵, 立つ荒くれ男のミチャ, 立つ荒寥たるこの, 立つ荒山中に海, 立つ荷造りをし, 立つ落葉松の林, 立つのない, 立つ葉子をまじまじ, 立つ葉巻を手, 立つ葡萄酒のよう, 立つの猶, 立つ蒼穹への呼吸, 立つ蓮座の下, 立つを搖, 立つの裏, 立つを一つ, 立つ藤山も渡辺, 立つはござらぬ, 立つ處自ら現時の諸, 立つれが, 立つの顕ろ, 立つ蚊柱のよう, 立つの赤, 立つ蜜柑かな, 立つ蜿蜒たる大, 立つ蝋燭の如くなりき, 立つ蟻どもはあの, 立つ蠅男を睨みつけた, 立つ喜びて, 立つ行いがあった, 立つ行列になった, 立つ行動であること, 立つ術物干竿, 立つ表現方法を意味, 立つ袖ふきかへし, 立つが宙, 立つ西郷という男, 立つ西隅の遊郭, 立つ見ゆをとめらし, 立つ見物人は万歳万歳, 立つ見覚えのある, 立つ覚悟は覚悟, 立つ親戚もあった, 立つ観念生活に重点, 立つ観音の彫像, 立つ觀想にとつて, 立つ解釈の哲学, 立つ言訳を作る, 立つ畫を, 立つ計りではなく, 立つ計画を変えた, 立つ計画性にはふれ, 立つ記念碑をよけて急ぎ, 立つ記憶の数々, 立つである, 立つ許しを乞うた, 立つ訳三方四方みな好いに, 立つ訳者の主観的, 立つ詩人であり生活, 立つ話題として自分, 立つ認識論や哲学, 立つ謂われのない, 立つ警戒の兵士, 立つ變革的實踐は單, 立つ谷川岳の南西, 立つに離別, 立つ豊かな肉体, 立つ豪傑の慧眼, 立つ貫禄と識見, 立つ責任者だつたから, 立つ賀屋財政に於, 立つ資本主義は忽然と, 立つ資質があり, 立つ贈物だけをお, 立つ赤猪口兵衛の顔, 立つ赤雲のかがやき, 立つ赤黒い液体を, 立つ趣向である, 立つ足なみは中軍, 立つ足利家も時勢, 立つ足音もほとんど, 立つ路銀に物, 立つ身ぶりに至る, 立つ身体の衰弱, 立つ身支度をし, 立つ車夫の顔, 立つ軍勢を突破, 立つ軍帽ひとつまぶ, 立つ軍鶏の鶏冠火, 立つ軍鷄の鷄冠火, 立つ軟文学の気風, 立つ軽装を巧み, 立つ輓馬の鬣, 立つ輝子が一番前, 立つ農民一般のこと, 立つ二時間自分も, 立つ迄にお手紙, 立つ迄も無く私, 立つ近くに御者, 立つ近所の婆さん, 立つ近江之介殿, 立つ近郷への評判, 立つ通りみちに禿げ, 立つ通り魔が走る, 立つ逞しい侍が, 立つさで, 立つ速水に随, 立つ造り酒屋の堅牢, 立つ造兵廠の煉瓦造, 立つ遊戯的研究の上, 立つ遊絲の微か, 立つ運命はひとつ, 立つ道具の中, 立つ道徳的常識とを対比, 立つ道端から樋, 立つ遠くの町, 立つ那覇の港, 立つ郎党たちの足もと, 立つ郷土の歡呼, 立つ都合になります, 立つ都市の一隅, 立つをなみ, 立つ里見十左衛門と蜂谷六左衛門, 立つ重みのある, 立つの末, 立つ野山の霞, 立つ野路をば薄墨, 立つ野郎はいなかった, 立つを拵え, 立つ金字形に聳え, 立つ金持の罰, 立つ釘抜藤吉その顔, 立つ針葉樹の木立ちや, 立つにぶら下げられ, 立つ銀杏の老樹, 立つ銀行へ出, 立つ銅像の取, 立つ鋼鉄の大壁, 立つ長い煙は, 立つ長き春日の, 立つ長屋門のある, 立つ長崎に向っ, 立つ長者にし, 立つ長閑さに彩色, 立つ間ぎわになってから大急ぎでその, 立つ関さんの後, 立つにともりき, 立つ限りСССРはアメリカ, 立つ限り一切の認識, 立つ限り両者の対立, 立つ限り人間に對, 立つ限り動きは生命, 立つ限り大衆の無, 立つ限り植物よりも無自覚, 立つ限り科学の求める, 立つ限り美の教養, 立つ限り融合愛の成立, 立つ階級意識とはちがっ, 立つがありません, 立つ障子のほこり, 立つの畑, 立つ雁もどきと蒟蒻, 立つ雄々しき労働者は, 立つ雉子の古き, 立つ雑木林の一部, 立つ雛菊は実際, 立つ雲仙の第, 立つ雲霧と思へれ, 立つ電気をになっ, 立つ電燈の光, 立つ電通地下食堂へ, 立つかな, 立つ霧はかがよ, 立つ露西亜料理を並べた, 立つ靄霞霧の中, 立つ青仙人を腰車, 立つ青年女形を彼, 立つ青鷺にも似, 立つかな夕方, 立つ音庭へ走っ, 立つ音明日のため, 立つ頃今まで只一色大海, 立つ頃八幡鐘も明け, 立つ頃風邪の心地, 立つ順序に食事, 立つの邊, 立つの意, 立つ頭越しに声, 立つ風雲の波だち, 立つ飛騨の山脈, 立つが井戸端, 立つ香りにちがい, 立つ馬糞がおちる, 立つ馬車を追越す, 立つの機関車, 立つ駅夫等の呼吸, 立つ駒ヶ岳と双子山, 立つめきに, 立つ騒ぎなの, 立つ驕り慢つて居る軍隊, 立つで津輕平原, 立つ骸炭工場の高い, 立つ燈籠の, 立つ高き台の, 立つ高台があった, 立つ高塔は花崗石, 立つ高山の頂辺, 立つ高峰を想, 立つ高師直とは立場, 立つ高弟の人達, 立つの根, 立つ髪の毛を眼尻, 立つに眼, 立つ魅力に富んだ, 立つ鮮やかさにしばらく, 立つ鳥あとを濁さず, 立つ鳥水を濁さず, 立つにのぼせた, 立つ痩せて, 立つ麥畑さへ興味, 立つ麻手刈り干ししき慕, 立つ黄昏時呼吸するたび, 立つ黄色の頭髪, 立つ黄金色を眺め, 立つ黒い岩, 立つにし, 立つですこと