青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

窓~ 窮屈~ 竈~ ~立 立~ ~立ち 立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った
立った~
~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て 立て~ ~立てた 立てた~ ~立てる 立てる~

「立った~」 4245, 44ppm, 2636位

▼ 立ったまま~ (496, 11.7%)

19 でいた 1511 でいる 9 であった 8 だった 7 である 4 で云った, 云った, 泣いて 3 ジロジロと, 見て, 黙って

2 [28件] しばらく二人, しばらく黙っ, じっとし, だ, でい, でいきなり, でした, でその, でやっつける, で何, で女, で考え込んだ, で話, になっ, の姿勢, まぶしそう, もじもじし, 互いに眼, 出て, 動かずに, 動かなかった, 動こうとも, 同じよう, 居睡りを, 眠って, 考えて, 考え込んだ, 読んで

1 [350件] あのろう面, あの客間, あわい電灯, いう, いきなり訊く, いっかな頑張っ, いつの間にかネッカチーフ, いつの間にか死ん, いらだつよう, うごかなかった, うごきません, うっとりと, おいおい泣い, おかね, おたずねする, およそ無愛想, おりると, お喜び, お雪, きいて, きっぱり言った, きょとんと, くっきりと, くらいあい, ぐいと飲みほした, ぐっすり眠っ, ぐるりと, この光景, この室内, この思いがけぬ, この様, この美しい, ころがって, こんな事, こんな結果, さしず, さっそく撮り, さめざめと, ざっと校正, しおしおとして, しばらくそこら, しばらくその, しばらくは, しばらくランプ, しばらく両手, しばらく動かず, しばらく四囲, しばらく待った, しばらく様子, しばらく細君, しばらく考え, しゃべって, しんぼうづよく身, じっとお, じっと両手, じっと動かない, じっと塔, じっと慚愧, じっと曹操, じっと次郎, じっと水面, じっと池, じっと灰色, じっと病室, じっと眺めた, じっと祠, じっと考え, じっと腕ぐみ, じっと見つめ, じっと高木, すぐたべ, すぐに, すこし改まっ, すすりないた, すする, せわしく話し, そういっ, そっと垣根, そのひと, その女, その姿, その小さい, その方, その東野, その気配, その笑い声, その落ち, その記事, その隙間, その電報, その額, その顔, それでも大分落, そんな取沙汰, たいへん考えました, ただいまと, ただ天, ただ黙っ, だが, だの, だんだん遠ざかっ, ちょいと, ちょっと微笑, ちょっと思案, つづけて, つるつると, であらかた, であるそう, でいたろう, でいっ, でいなけれ, でいま警察, でおりました, できょう, でぐいと, でこの, でさちよ, でしずか, でしたが, でしばらく, でじっと, です, ですっぽり, でずっと, でそう, でそれ, でちら, でなければ, でにらみ合った, では歩けません, では疲れる, でふところ, でまた, でもできるこっ, でもの, でも絵図, でゆられ, でわたし, でジロジロ, でド・エスコバアル, でバラバラ, でポツリポツリ, で一心不乱, で一礼, で丸く, で二人, で働く, で八, で六畳間, で冷淡, で動かない, で叫んだ, で吉, で大きい, で奥さん, で娘, で嫣然, で尋ね, で尋ねた, で尋ねました, で居眠り, で島さん, で平然, で庭, で御, で思いがけない, で急, で懐中, で扉, で手, で挨拶, で敵, で敷居, で暫く, で暫くもじもじ, で死のう, で泣い, で泣き出した, で無造作, で甲斐, で白髪小僧, で眠る, で私, で笑っ, で筆, で答えはじめた, で素敵, で総, で縁, で羽織, で考えた, で考えはじめた, で肴, で腕, で茫然, で荒っぽく, で薄笑い, で解せない, で言いました, で言った, で話し, で語る, で読む, で誰, で議論, で路, で身動き, で霜, で面白く, とっくみあって, とらえ足, どうした, どうしていい, どもるよう, なかなか湯, ながいあいだ, なので, にこりとも, にやにや笑っ, にやりと笑う, に寄っ, に面, のんびり煙草, の倉地, の唐もろこし, の大, の私, の純, の美佐子, の脇差, の葉子, はいっ, ぱっちりと, ふりかえって, ほんの一二秒彼ら, ぼんやり考えた, ぼんやり見送り, ぼんやり身動, ぼんやり部屋, まずあたり, まだ一縷, まだ拳, むしゃむしゃ頬張り始めた, むずかしい顔, むっとした, もいちど, もうどうなっ, もしくは座った, も一度, やや暫くみつめ, ろくに見る, わざと樫, ゲラゲラと, ニコニコと, ニヤリと, ピョンピョンと, ヨチヨチ歩い, 一方の, 不遠慮, 久しい間沈黙, 互いに先, 何と言葉, 依然として笑い, 全く感慨無量, 凄艶, 凍えるぐらい, 凭れかかって, 出来るという, 剥げた壁, 力いっぱい突く, 動かないで, 動かない人込み, 動かぬ, 動けなかった, 叫んだ, 向い合った, 向い合って, 向かいあって, 呆れ返ったと, 喚き続けた, 夜通し起き, 大いに興奮, 大きく見開いた, 大音, 寒そう, 小さく黒く動い, 少し意地わる, 帰ろうとも, 待ち受けて, 待って, 怒って, 思いきり泣いた, 思った, 悪く落ち着いた, 押し潰されるほど, 持って, 振り返りも, 振上げて, 握りしめた両, 新八, 時々一滄, 暫くお待ち, 暫くの, 暫く動けなかった, 暫く席, 暫く顔, 更に次, 極く, 残って, 気持ちよさそう, 永いこと, 泣きべそ, 流しめ, 眠ってでも, 眩い彼女, 眩しいよう, 眺めただ, 眺めるとも, 睨んで, 突然彼女, 素早く車内, 細い眼, 考えること, 聞いた, 聞き終って, 腐ったの, 苦い顔, 苦り切った顔, 落ちて, 見下ろして, 見向きも, 見送ったそう, 見送って, 見馴れな, 解いて, 言う, 話したが, 話して, 読んだ, 身じろぎも, 軽く杖, 軽く眼, 近寄る賊船, 迷って, 遠ざかり行く馬車, 遠灯り, 鋭い眼, 閉された戸, 飲んで, 黒い覆面

▼ 立った~ (454, 10.7%)

60 である 30 です 16 であった 76 だから, を見 5 だった, では 4 か, だが, であろう, でした, ですが, は, はその, はそれから, はちょうど 3 ですから, はそれ, はつい, を見る

2 [15件] がその, だと, だろう, でしょう, はお, はこの, はこれ, はまだ, は例, は当然, は無理, は言うまでもない, もその, を幸い, を見た

1 [241件] かと思う, かと思った, かと思ったら, かも知れなかった, が, があと足, がお, がかれこれ, がこの, がしがらみ, がすでに, がたしか, がどことなく, がほかならぬ, が一曲, が七十日ぶり, が七月中旬, が七月二十二日, が三十七年, が今, が例, が勿怪の幸い, が吉岡虎髯将軍, が吹雪, が婦人, が将軍家, が小店, が左右, が心持身体, が意外, が戸室, が早かっ, が最初, が朝参, が未だに, が柿崎和泉守, が森彦, が極, が極めて, が此, が清澄, が目明し, が簑, が翌朝, が薄, が藤波友衛, が見えた, が長い, じゃ, じゃ御座いません, じゃ第, だえ, だお, だけれども, だそう, だね, だろうかと, だろう何, だヨ, だ僕, であったが, であるから, であるが, であるという, であればこそ, であろうか, であろうと, でございます, でございますが, でございますよ, でございますわ, でしたっけ, でしょうか, ですか, ですね, でも, という気, とが殆, とが殆ど同時, とその, とだ, とまったく, と四方, と行きちがい, なら, ならば, なんぞ誰, なんのという, に乗じ, に対して, に気づいた, はあたかも, はあと, はいう, はいかにも, はいま, はかれ, はたしかに, はまったく, はもう, はもと飯田町, はやや, はよい, はガラッ, はクラス, はスラリ, はルグナンシェ, は一九三八年, は七時, は三人, は三年前, は三時頃, は上州, は中村係長, は丸善, は乾物屋, は二十三, は二百十日前, は五十, は伜, は先刻姿, は六年, は刀, は前日, は十日ごろ, は午後一時, は午後六時頃, は厄介, は去年桶狭間, は吉五郎, は唇, は商売柄, は商売物, は堯, は墨, は夏, は大, は大場石見, は大局, は妹, は婀娜, は定, は実際, は島野紳士, は巫女姿, は年, は年頃三十位, は庸三, は彭城, は思い, は思いあたる, は房, は捕物まつり, は昨夕, は最前, は本当に, は束の間, は板垣退助, は柘榴, は案内, は桔梗様, は此方, は残し, は池辺君, は津田仙, は清君, は源三郎, は濤子夫人, は灰, は現実, は由来, は甲府, は男達, は番頭, は白柄, は白衣, は目明し, は破れた, は秋山, は竜田姫, は紛れ, は羽ごと六寸, は羽生助役, は翌, は老人, は自由法曹団, は茶店, は蓑, は裏宿, は西蔵探険, は言う, は道路, は長, は長崎医大, は長晟, は長身, は雪, は霜, は青, は青髯, は飛込もう, は高利貸退治, は鬚面, は鰹船, は黒縮緬, は龍, へ洋介, もあり, もたんなる, もむりはありません, もわずか, も別に, も勿論, も故, も歩いた, も知らない, も見える, を, をおよそ, をひ, をむしろ, を卑むがごとく, を合図, を地廻り連, を弱った, を御覧, を思え, を感じた, を目, を目のあたり, を窓越し, を縁側, を聞い, を見とどけ, を見付けた, を静か, を馬鹿野郎, んは, 昨日, 立たないの, 能く

▼ 立った~ (151, 3.6%)

3 これは 2 これも, それは, 内実は, 夫婦喧嘩の, 急に, 敷居の

1 [136件] あたりを, あわれこれ, いざと, いずれも, きょうも, この氷河, この筆法, さも悩ましい, しかし大いに, しかし茫然, すぐ, すぐまた, すぐベッタリと, すると車掌, そこに, そのせい, そのたび, そのとき, そのまま向う, その下, その中, その声, その実, その時, その時女中, その部屋, その酒嚢飯袋, その間も, その額, その顔, それに対しても, それまで, たちまちそこ, だれ一人, つとめて丁寧, ともすれば心, どうしてそれ, どうする, どうも原作, どこにも, どの正札, どんな客, なお自身, ふと藤次郎, べったり流し, またすぐ, まもなく化物屋敷, もう一つ, もう次, もう遅かっ, やがてドンブリ, やがて思い出した, やはり光秀, よい, わしは, インドの, グッと, ストッキングの, ドアを, ベツに, 一人は, 不図, 不意に, 今日という, 令嬢は, 仲間を, 佃は, 佐々木道誉らの, 何か, 何とかし, 何故か本庄, 元々彼, 先ずボーイ, 先へ, 別れる間際, 前の, 剛復な, 南無三物音, 同人たちの, 同時にまた, 向こうへ, 基経は, 変りやすい, 大なる, 女主人を, 小用に, 少し都合, 屹と, 左右を, 常には, 彼の, 思うに, 思わずも, 愛吉は, 慌てて, 戦時で, 戻って, 数日経つ, 日光の, 早急だった, 最後まで, 最後実際, 最期血を, 木曾川を, 極りの, 横町は, 次第にこれ, 毎日逢いたい逢いたい, 江戸家老の, 海の, 然し依然として, 父親には, 猪の, 獅心中に, 玄徳は, 瓶の, 生涯町家の, 直き, 眉を, 県令の, 眼は, 福田徳三博士の, 秋風は, 立ち去ろうと, 紺足袋の, 腹立ちまぎれに, 自分の, 蚊帳に, 諦めて, 足許に, 近頃は, 電車に, 静かな, 面倒だ, 顔立ちが, Oは

▼ 立った~ (107, 2.5%)

2 どうも買う, にはもう, に復興, に自分, はもう

1 [97件] あのひろいひろい, かな, からこの, からずっと, からの日数, から別人, が最初, さすがに, すっかり悲観, その話, だけは流石, だったでしょうか, だったの, で, であった, です, と殊に, どうやら家内, などはお, など母, に, においては, にする, にそう, にどう, にどこ, にどっさり, にのみ可能, にはうれしかっ, にはすこし, には二つ, には人, には彼, には早速, には涙, には激戦当時, には自己革命, には葉子, には驚きました, にも其児, にも別に, にわかに気後れ, に下, に中, に乗鞍ヶ岳, に千枝太郎, に夫婦, に宮, に平民, に燈, に貴方がた, に限る, のこと, の小林飯場, の帰朝者, の心持, の甚深, の苦痛, はああ, はいよいよ, はお, はその, はただ顔, はば, はほとんど, は三十一歳, は十三夜, は嘘, は塩谷温対長谷川菊乃, は天, は女, は妙, は家, は彼, は思わず, は恋人, は母, は目, は秋, は穴, は遥か, は雨, ふと思いついた, ふと私, もまだ, も僕, も光線, も其山, ややこしい絵, よりも余計, を思い出す, 一度その, 先ず眼, 全防寨, 初めて春日新九郎, 又新, 黒い空

▼ 立った~ (78, 1.8%)

17 思うと 5 見えて 4 いう, 云うの, 見ると 2 すれば, 思う頃

1 [40件] ありまして, ある, いうじゃ, いうほど, いうよりも, おもうと, きはじめて, ございます, したら邪魔, すると, たった今早馬, ほぼ同じ, みえどうか, 云います, 云うだけの, 云うん, 云う因縁, 云う感銘, 分れば, 噂された, 心得て, 思いねえ, 思う, 思う処, 思う間, 思った, 思って, 欣んで, 申しますが, 申すまでで, 知り哀悼, 考えられて, 聞いた与助, 聞いて, 聞きました頃, 聞き驚いて, 見る間, 見れば, 言う事, 語り聞かせその

▼ 立ったよう~ (76, 1.8%)

3 な気 2 である, なの, な思いいれを, な身ぶり, に見えました

1 [63件] す, だったが, であった, であったが, でこう, です, でなつかしみ, なきび, な中腰, な人出, な代, な令嬢, な印象, な坂, な急, な恰好, な感じ, な景気, な梢, な残景, な河, な温か, な状能, な目付き, な瞬間, な紅い, な絶壁, な見物, な身, な顔, な顔つき, な風, な飛模様, に, にいろんな, にうしろ, にお, におどり立っ, にし, にそのまま, にぶつぶつ, にも見えます, にも見える, に一般普通民, に力, に動い, に北海道, に土手, に多数, に夢中, に嶮, に思っ, に感じ, に感じました, に欣々, に疲れ, に見えた, に見えます, に賑わう, に足袋, に醒め, に錦絵礼讃, に開く

▼ 立ったこと~ (54, 1.3%)

4 がある 3 なので, のある 2 があった, があります, はなかっ, もある

1 [36件] がありました, がかえって, がない, がなかっ, さえなかっ, すら知らなかった, だし, だった, であるから, であろう, では, でも, と領主, にし, のおどろき, はある, はこれ, はございません, はすべて陳腐, はない, はなるほど, は事実, は今日, は出来ぬ, は未だ, は間違っ, もあった, も一再, ゆえ明, を, を仕遂げたい, を心から, を悟り, を意味, を覚え, を言います

▼ 立ったとき~ (48, 1.1%)

3 である 2 のこと

1 [43件] あの月, おっかけて, お光, からのながい, こんなすばらしい, そのため, その在所, その悔恨, その軍事的価値, にだって百姓暮し, になん, にはもう, には時間, にファッショ化, に取るべき, に口, に孤独, に尼, に忠三郎, に改める, に私, に阿闍梨, の, のいろいろ, のその, のてっ, の豊か, はじめて判断, はじめて野球, はすでに, はすでにどう, はその, はひとしい, はもう, はフラフラ, は凡人, は輝い, は霧, も附, 初めての, 小窓, 扱った人, 最も単一

▼ 立ったので~ (48, 1.1%)

2 彼女が

1 [46件] いままで, いま杉田の, このまま防戦, その度びに顔, それからは, それに, ついに後宮, なんに, ふと目, やがて温かい, チャセゴ取りは, 一景から, 三つの, 二間とも, 人びとは, 人見も, 仰天した, 佐々木さんは, 信仰が, 入浴させる, 参詣人も, 周馬は, 啓之助は, 堪らず, 大分趣が, 奇蹟的の, 子供は, 宝冠の, 怪しい, 明は, 晩餐の, 月江も, 木下藤吉郎も, 楽進は, 榛野は, 眼を, 続いて, 背中が, 若い者, 誰にも, 越前勢漸く, 躄車を, 違算を, 金吾は, 駅の, 驚きあわて

▼ 立ったもの~ (48, 1.1%)

6 である 2 だが, だそう, です, のよう

1 [34件] か急, があった, がある, がそれぞれ, が当る, が進むべき, さそう, じゃ, だ, であった, でありながら, でございましょうに, でした, ですから, ですからね, ですが, ですね, でなくて, では, でふだん, で将来, とそう, とみえ, と思われ, と見える, なの, にせよ, はその, はみんな血ヘド, は代, は殆, は誰, らしく殊に, を瞻め

▼ 立ったから~ (38, 0.9%)

4 である 2 それじゃ

1 [32件] いきなり車夫, ええ宿直, おさらばって, お蘭, ここに, この若旦那, これから, すぐに, そんな生意気, だ, だろう, であろう, です, ほい蹴飛ばされるまでもねえ, オノレ妖怪と, 一時に, 一角は, 何うかし, 余り人目に, 兄弟は, 力は, 御気の毒さま, 急いで, 手に, 新ちゃんに, 新吉は, 煙管を, 胸から, 腹案も, 花魁伊之はんの, 葭原という, 黙ってて

▼ 立ったなり~ (37, 0.9%)

2

1 [35件] こくりこくり, じっと彼, すっと, その男, でニヤニヤ, で何と, で暫く, で歯, で笑った, で考え深, で飯, どうしても, の腰, まるであおむけ, 不愛想, 中学校を, 何か, 何となし, 坐ったなり, 夜明けを, 大臣の, 左右から, 左手で, 強いて, 汚点の, 白い三角帆, 眺めて, 眼を, 神社で, 緩んだ帯, 自分の, 誠実という, 金魚鉢を, 開け放しの, 頑固な

▼ 立った~ (30, 0.7%)

7 がある 2 があります

1 [21件] があった, があるだろう, がいた, がちょっと, が此レール, じゃア, だけはこれ, である, では, にはどう, のきめ, の面, はほとんど, はダダダダッ, は今, は広常, は新しい, ばかりだ, もやみ, をあつめ, を死相

▼ 立ったという~ (29, 0.7%)

3 ことである 2 ことは

1 [24件] ことだ, そのこと, それだけの, ところだった, のか, のが, のである, もので, ものである, わけで, わけである, 不利な, 事, 事や, 二十万年の, 喜望峰を, 所に, 日ごろの, 昔の, 気持ちで, 知らせだ, 記載は, 記述から, 関係の

▼ 立った~ (28, 0.7%)

2 なので

1 [26件] からなお, から彼, でお, ですぐ, で彼, で御, で有った, で私, というもの, どうなった, にある, には硝子, にふところ, にポルトガル, に人伝, に坐っ, に私, のでき, の掃除, の空地, は江戸表, へ坐っ, へ行っ, へ行った, もなお, を夜半

▼ 立った~ (23, 0.5%)

1 [23件] 京の, 今の, 十夜が, 千世の, 孝は, 屋敷風の, 悦の, 末の, 杉隠居であった, 浦は, 米は, 米濡れ縁から, 絹の, 綱と, 菊が, 葉は, 角の, 角も, 銀の, 銀様は, 雪が, 静は, 鶴とは

▼ 立ったところ~ (22, 0.5%)

2 を全部

1 [20件] から攀じ登っ, が, がある, ころげたところ, その晩, で, でしようが, でそれ, で又, で子供, で眼, に立っ, のすぐ, の徳義, へ菊田, を, をすぐ, をみる, を見れ, を駆け抜けましょう

▼ 立った~ (22, 0.5%)

1 [22件] から断わらせた, があった, がありました, がある, が適当, だから, といわなけれ, として宗祇, のあった, の叫び, の脚, の足, はそういう, はみんな, はヘーゲル, は懐し, は短い, ばかりである, もめずらしい, や宮世話人, をつかまえ, を眺めた

▼ 立った姿~ (21, 0.5%)

2 を見る

1 [19件] がはっきり, が動い, そのままが, ただこれ雪, で何だか, というもの, に包まれ, に見えた, はさいぜん, はまこと舞台, は日本橋小町, は縁側一杯, も何となく, も思いがけなく, をふしぎそう, を下宿, を示す, を見, を見つける

▼ 立った~ (20, 0.5%)

1 [20件] から二番, が困る, が姿, だった, のお開き, の姿, の心, の方, の直ぐ, はまっ, はむらがっ, は抑え, は春めき立った, は深い, は襟, は錯雑, もこんなに, もその, を見る, を迎えた

▼ 立ったかと~ (19, 0.4%)

13 思うと 2 みるま 1 おもえば, 問うた帳場, 思われるや, 見ると

▼ 立ったあと~ (18, 0.4%)

1 [18件] から向こう, でせき込んだ, では素気, でほっと, で万吉, で三味線堀, で伊太夫, で右近, で女, で小倉, で浮橋, で私, で里見十左, で釜, には又, の机, へは鋲, へ城代太田備中守資晴

▼ 立った~ (18, 0.4%)

2 の愛すべき

1 [16件] なの, には彼, のこと, のヴァイオリン, の姿, の心, の烏帽子姿, の虚, の頭, の顔, はその, はようよう, は始めて, は恍惚, は相手, は私

▼ 立った~ (18, 0.4%)

1 [18件] があった, がある, がいった, がきまり, が二人, だけでも三人, の両手, の中, の姿, の手, はべんけい縞, はめずらしく, は天秤, は天麩羅, は川越, は飛ん, は鬚, を見つけ

▼ 立ったその~ (17, 0.4%)

2 日の

1 [15件] まわりには, 三味線を, 二人です, 体からは, 姿を, 幹の, 役を, 直観的ならぬ, 矢を, 肩も, 街道に, 訪問客が, 隙に, 馬も, 黒髪の

▼ 立った~ (14, 0.3%)

2 へ今

1 [12件] が向, が薄暮合, で何事, で岐路, の政治的, の足, は影法師, は鴻, へホップス, へ五勺, へ今度, をポッカアン

▼ 立った~ (13, 0.3%)

3 です 2 だ, だね 1 じゃ, ですから, ですが, ですもの, ですよ, では

▼ 立った様子~ (13, 0.3%)

2 です, のいい 1 で, である, と来たら, は何処, もなく, をし, を制そう, を嗅ぎ知っ, を見た

▼ 立った~ (11, 0.3%)

2 覚えて 1 え善藏, じりじりと, その動機, どうかを, 五人武者を, 判らぬ木版刷, 居なかった, 汗びっしょり, 門弟の

▼ 立った~ (11, 0.3%)

1 [11件] もう二年, 卜翁である, 敵, 来島十平太で, 眉の, 糸の, 老人であり, 英五郎で, 金剛杖を, 頬髯の, 騎馬武者で

▼ 立った一人~ (11, 0.3%)

1 [11件] が例, が恭しく, が藤屋, が言った, のもの, の客, の従僕, の若者, の見物人, の顔, を大阪

▼ 立った~ (11, 0.3%)

1 [11件] がわたし, が時々, が氷, でひね, で桐庵先生, で猪口, で練り出した, で駕, で鷲, を揉み合わせ, を突い

▼ 立ったきり~ (10, 0.2%)

1 しばらくは, じゃ居られなくなっ, だ, だよ, でありました, でいました, です, でどう, で眠り, の健

▼ 立ったまま私~ (10, 0.2%)

3 の方 1 に何, の歌, の肩, の面, はやさしく, を抱き, を見

▼ 立った~ (10, 0.2%)

1 で冷え, といわず, の上, の姿, の愛, はその, はツ, は暫く, は欄干, まで呆れた

▼ 立った~ (10, 0.2%)

1 から上体, から四畳半, から此, が歩けない, である何, で一つ, で四人, の縁, は煤払, へ砂

▼ 立った~ (10, 0.2%)

1 から死, から薬売り, で朝そちら, には午過ぎ, に返事, のこと, の俤, の夕方, の面, は千世子

▼ 立ったまま手~ (9, 0.2%)

1 にあった, に持っ, むかいも, をやっ, を使わず, を延ばした, を引く, を振った, 離しで

▼ 立ったまんま~ (9, 0.2%)

1 こんな事, だ, で宙, で居た, どうしてそんな, の圓太郎, 低い声, 或はベンチ, 話して

▼ 立ったわけ~ (9, 0.2%)

2 です 1 だ, だった, であった, であります, である, では, でも

▼ 立った~ (9, 0.2%)

1 が沢山, でちびりちびり, で今, で奥さん, で恥, で故人三右衛門, で私, へ直り, へ薄ら寒

▼ 立ったそう~ (8, 0.2%)

3 です 1 だが, であなた, ですよ, で御座います, 思って

▼ 立ったとたん~ (8, 0.2%)

1 になに, にヒョイ, に二人, に払い捨てられた, に治郎吉, に眩い, に笹, に足もと

▼ 立った~ (8, 0.2%)

3 違いない 2 しても 1 しろやがてパッ, ちがいない, 過ぎなかった

▼ 立ったまま何~ (8, 0.2%)

1 かを待ちもうけ, か会議, か思案, か考え, か話し, か読ん, も云わず, も答えなかった

▼ 立ったものの~ (8, 0.2%)

1 おっかなびっくり, ようよう頭, 事落着と, 別に悪態, 寝巻姿の, 渡海の, 話に, 顔を

▼ 立った~ (8, 0.2%)

1 かと思い, があります, さえござん, では, はありゃしません, は御座いませんでした, もある, を言っ

▼ 立った大きな~ (8, 0.2%)

1 公孫樹の, 太い指, 平岩を, 灰色の, 男の, 腕が, 道が, 頭の

▼ 立った~ (8, 0.2%)

1 から来る, がいい, がお, がまず, がよい, が宜, でないと, は私

▼ 立った~ (8, 0.2%)

1 から自分, であったか, であっただろう, にはまだまだ, にはもう, に久し振り, の事, はもう

▼ 立っただけ~ (7, 0.2%)

1 だったが, では, でもう, で会場, で何ん, で平次, で遂に

▼ 立ったほど~ (7, 0.2%)

21 だった, でご, でした, です, ならば

▼ 立った人々~ (7, 0.2%)

1 の口, の多く, の罪, はこれ, は云い合わせた, は勿論, は実に

▼ 立った~ (7, 0.2%)

1 そんな彼女, で, であったが, で云った, で救った, で死のう, 滑り下りる稽古

▼ 立った~ (7, 0.2%)

3 る日 1 る午後, る夕方, る晩, 日の

▼ 立ったこの~ (6, 0.1%)

1 上も, 二月の, 五月祭に, 時ばかり, 頃では, 高いゆたか

▼ 立った三人~ (6, 0.1%)

1 のうち, の人間, の周囲, の近代娘, は, は無表情

▼ 立った二人~ (6, 0.1%)

1 の幼児, の影法師, の武士姿, の童子, はたがい, は静か

▼ 立った~ (6, 0.1%)

1 がある, の手, の民弥, の美し, の薄紫地, を芝居

▼ 立った~ (6, 0.1%)

1 して, としての幸福, は, はうしろ, は法界屋, は絵

▼ 立った彼女~ (6, 0.1%)

1 がなぜ, がひたと, には批判, の顔, はその, は明くる日

▼ 立った時彼~ (6, 0.1%)

1 の顔, はすっかり, は三十六年, は先ず, は遂に, は金吾

▼ 立った~ (6, 0.1%)

1 になっ, に薄化粧, をし, を眺め, を苦し, を鉄

▼ 立った~ (5, 0.1%)

1 おみや, そんなにし, 主人光秀も, 悲しくも, 顔見知りは

▼ 立ったため~ (5, 0.1%)

1 かついに, しもない, にあわてふためい, にハルスカイン老人, に却って

▼ 立ったままそれ~ (5, 0.1%)

1 まで忘れ, をきい, をよみました, を無視, を見下ろし

▼ 立ったまま彼女~ (5, 0.1%)

1 の前, はへり下った, をじっと, をながめ, を見

▼ 立ったまま眼~ (5, 0.1%)

1 の上, をまんま, を光らし, を挙げる, を見張ってる

▼ 立った人影~ (5, 0.1%)

1 があります, がある, は他, は年, は秋山

▼ 立った人間~ (5, 0.1%)

1 が, がいい, でなけりゃ駄目, というの, のす

▼ 立った婦人~ (5, 0.1%)

1 としての道, のところ, の創造力, の姿, は黒っぽい

▼ 立った時私~ (5, 0.1%)

1 はあたかも, はどうしても, はひきつった, は全力, もまた

▼ 立った~ (5, 0.1%)

1 が目, の切り株, の枝, をしみじみ, をなつかし

▼ 立った~ (5, 0.1%)

1 である, な気持, な顔, に左, に見え

▼ 立った~ (5, 0.1%)

1 がそのまま, の存在, の方, の村里, の老いた

▼ 立った米友~ (5, 0.1%)

1 の挙動, はその, はちょうど, はまた, を下

▼ 立ったついで~ (4, 0.1%)

1 にふと, にラムプ, に用, に階下

▼ 立ったとも~ (4, 0.1%)

1 考えられない, 見えるし, 言う, 誰かの

▼ 立ったばかり~ (4, 0.1%)

1 でなくその, では, でまだ, で柄

▼ 立ったまま両手~ (4, 0.1%)

1 で五郎, をポケット, を左右, を目

▼ 立ったまま伸子~ (4, 0.1%)

1 が一人, が外套, はあちらこちら, はその

▼ 立ったまま口~ (4, 0.1%)

1 も利け, をパクパク, を利く, を大きく

▼ 立ったまま彼~ (4, 0.1%)

1 の帰り, はさびしく, はゆっくり, は云った

▼ 立ったまま気~ (4, 0.1%)

1 のどくそう, の遠く, をうしないかけ, をうしなっ

▼ 立ったまま首~ (4, 0.1%)

1 だけをうしろ, をかしげ, を傾けた, を傾げ

▼ 立った~ (4, 0.1%)

2 しの 1 の半分, もない

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 がある, のどれ, をみる, を呼ん

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 タマセセは, 兵衛を, 田巻直次郎, 茶ちゃんである

▼ 立った小さな~ (4, 0.1%)

1 ペンキ塗の, 犬が, 膝を, 赤味を

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 が見える, にそい, の回り, の遥か

▼ 立った時そこ~ (4, 0.1%)

2 に何 1 の家, の景色

▼ 立った時分~ (4, 0.1%)

1 だったでしょう, には飛ん, に今, に湯島

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 には何, の細み, を叩い, を意味

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 がした, でいや, では, になり

▼ 立った気持~ (4, 0.1%)

1 で急ぎ, で私, になった, はない

▼ 立った瞬間~ (4, 0.1%)

1 から何, から頭, にさえその, に寄っ

▼ 立った~ (4, 0.1%)

2 を抜い 1 が見事二つ, を知る

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 ができるでしょう, の筋道, をし, を訊き出す

▼ 立った途端~ (4, 0.1%)

1 から又八, に二本, に師, に懐中時計

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 にこの, に姿, に宗吉, に廊下

▼ 立った~ (4, 0.1%)

1 に引かれ, の荒い, の蹄, は一寸みち

▼ 立った黒い~ (4, 0.1%)

1 大きな姿, 姿の, 服装の, 男の

▼ 立ったあの~ (3, 0.1%)

1 ピーアから, 可愛い女, 可愛らしい尻ッ尾

▼ 立ったかも~ (3, 0.1%)

2 知れません 1 知れませんが

▼ 立ったくらい~ (3, 0.1%)

1 だ, だから, でご

▼ 立ったけれども~ (3, 0.1%)

1 その実は, まず相手, 医師の

▼ 立ったせい~ (3, 0.1%)

1 か初めて, か残照, らしい

▼ 立ったつもり~ (3, 0.1%)

1 でおっしゃってる, でございます, なん

▼ 立ったとき彼~ (3, 0.1%)

1 の主観, は思わず, は足もと

▼ 立ったのに~ (3, 0.1%)

1 お玉は, 礼を, 驚きの

▼ 立ったままあたり~ (3, 0.1%)

1 がもやもや, を見まわし, を見まわした

▼ 立ったままどっち~ (3, 0.1%)

1 にも倒れない, に行った, へ行った

▼ 立ったままみんな~ (3, 0.1%)

1 から見張り, に手, のくる

▼ 立ったまま声~ (3, 0.1%)

1 のする, をかけた, を掛けた

▼ 立ったまま女~ (3, 0.1%)

1 の後姿, の耳, を睨みつけ

▼ 立ったまま室内~ (3, 0.1%)

1 の動静, をうかがっ, を睥睨

▼ 立ったまま恐怖~ (3, 0.1%)

1 に怯え, に耐えぬ, を感じる

▼ 立ったまま煙草~ (3, 0.1%)

2 に火 1 をふかしました

▼ 立ったまま自分~ (3, 0.1%)

1 の席, の方, はどうしても

▼ 立ったまま身動き~ (3, 0.1%)

2 もせず 1 もしない

▼ 立ったまま頭~ (3, 0.1%)

1 の上, を垂れ, を掻いた

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 に丸い, に卵形, は天道

▼ 立った人物~ (3, 0.1%)

1 だった, の価値, はわけ

▼ 立った以上~ (3, 0.1%)

1 いずれ難癖, その画, はどうせ

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 であろう, はそんな, を聞いた

▼ 立った場合~ (3, 0.1%)

1 いつも発揮, には綺麗, に出会わなかった

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 の向う側, をすこし, を攀

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 で呶, と共にいかさま, になる

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 与里の, 与里は, 介屋主人が

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 な影法師, 川口の, 論文も

▼ 立った女中~ (3, 0.1%)

1 が襖, が驚き, は声

▼ 立った少年~ (3, 0.1%)

1 の上半身, の肩, の足もと

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 でなく崖先, で一方, を登っ

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 などというもの, に幾つ, を折っ

▼ 立った断崖~ (3, 0.1%)

1 で匐, の上, の間

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 が改, と子, は不審そう

▼ 立った気配~ (3, 0.1%)

1 がする, もない, を知る

▼ 立った~ (3, 0.1%)

2 の中 1 を流

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 である, です, にご

▼ 立った白い~ (3, 0.1%)

1 姿に, 実験衣の, 幟の

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 が折々, というの, はビッショリ

▼ 立った老女~ (3, 0.1%)

1 から聴かされ, の方, 若いもの

▼ 立った~ (3, 0.1%)

2 の高い 1 より低く

▼ 立った自分~ (3, 0.1%)

1 のす, の旅, を今

▼ 立った~ (3, 0.1%)

2 である 1 では

▼ 立った足許~ (3, 0.1%)

1 がグラグラ, とその, になめし

▼ 立った阿賀妻~ (3, 0.1%)

1 はやはり, は前, は座敷

▼ 立った~ (3, 0.1%)

1 に眼玉, のうち, の女

▼ 立ったお爺さん~ (2, 0.0%)

1 の顔, はこの

▼ 立ったかの~ (2, 0.0%)

2 四人の

▼ 立ったけれど~ (2, 0.0%)

1 私は, 黄昏の

▼ 立ったじゃ~ (2, 0.0%)

2 ありませんか

▼ 立ったすぐ~ (2, 0.0%)

1 後ろが, 眼の

▼ 立っただけの~ (2, 0.0%)

1 ことな, ようである

▼ 立ったっきり~ (2, 0.0%)

1 でした, 歩く事

▼ 立ったって~ (2, 0.0%)

1 今すぐ, 出来は

▼ 立ったとか~ (2, 0.0%)

1 乱雲が, 申しますなら鳶頭

▼ 立ったときわたし~ (2, 0.0%)

1 はずいぶん, はアーサ

▼ 立ったとき伸子~ (2, 0.0%)

1 はまた, は思わず

▼ 立ったとして~ (2, 0.0%)

1 考えても, 諸哲学

▼ 立ったとて~ (2, 0.0%)

1 東京まで, 話を

▼ 立ったとは~ (2, 0.0%)

1 いうものの, 決していえない

▼ 立ったなりに~ (2, 0.0%)

1 云った, 言った

▼ 立ったなんて~ (2, 0.0%)

2 考げえられっ

▼ 立ったにも~ (2, 0.0%)

1 しろ月岡, せよ人

▼ 立ったばかりの~ (2, 0.0%)

1 ところだ, 七里の

▼ 立ったままいつ~ (2, 0.0%)

1 までも見あきぬ, までも鼻

▼ 立ったままここ~ (2, 0.0%)

1 まで来られる, まで語った

▼ 立ったままこれ~ (2, 0.0%)

1 はまったく, も頭

▼ 立ったままひろ子~ (2, 0.0%)

1 はくい入る, は封

▼ 立ったままぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, とこの

▼ 立ったままシーン~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 立ったままジッ~ (2, 0.0%)

1 と腕ぐみ, と腕時計

▼ 立ったまま一歩~ (2, 0.0%)

1 も追おう, も進みません

▼ 立ったまま二つ~ (2, 0.0%)

1 の死体, の開いた

▼ 立ったまま何ん~ (2, 0.0%)

1 の前触れ, の表情

▼ 立ったまま何度~ (2, 0.0%)

1 もお, も何度

▼ 立ったまま内~ (2, 0.0%)

1 から彼, の様子

▼ 立ったまま冷然~ (2, 0.0%)

1 たる口調, とそれ

▼ 立ったまま前~ (2, 0.0%)

1 の人, の老翁

▼ 立ったまま唇~ (2, 0.0%)

1 をワナワナ, を噛ん

▼ 立ったまま室~ (2, 0.0%)

1 の様子, を出るで

▼ 立ったまま小声~ (2, 0.0%)

1 で云いました, で訊ねた

▼ 立ったまま尻餅~ (2, 0.0%)

1 ついて, をついた

▼ 立ったまま帯~ (2, 0.0%)

1 が解ける, をほどき

▼ 立ったまま彼等~ (2, 0.0%)

1 は互いにじっと, を見つめ

▼ 立ったまま次郎~ (2, 0.0%)

1 の様子, を見おくっ

▼ 立ったまま殆~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ 立ったまま灌木~ (2, 0.0%)

2 の茂み

▼ 立ったまま男~ (2, 0.0%)

1 の鼻, を憎悪

▼ 立ったまま病人~ (2, 0.0%)

1 の様子, を見つめ

▼ 立ったまま腕~ (2, 0.0%)

1 を拱い, を水平

▼ 立ったまま腰~ (2, 0.0%)

1 のポケット, をかけよう

▼ 立ったまま茫然~ (2, 0.0%)

1 として仁王, と眺め

▼ 立ったまま言葉~ (2, 0.0%)

1 も頓, をついで

▼ 立ったまま途方~ (2, 0.0%)

1 に暮れ, に暮れた

▼ 立ったまま電報~ (2, 0.0%)

1 に目, をひらいた

▼ 立ったまま非常~ (2, 0.0%)

2 に永い

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 同然だ, 少しの

▼ 立ったもん~ (2, 0.0%)

1 じゃけ, やさかい

▼ 立ったやつ~ (2, 0.0%)

1 があります, で

▼ 立ったやり方~ (2, 0.0%)

1 なんで, を教える

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 もぎの, 煩悩小僧お尋ねの

▼ 立ったより~ (2, 0.0%)

1 わかい女, 強い肯定

▼ 立ったガラッ~ (2, 0.0%)

1 八の, 八も

▼ 立ったシルクハット~ (2, 0.0%)

1 と窮屈そう, のだぶだぶ

▼ 立った一同~ (2, 0.0%)

1 はカッパ, は黒鍬

▼ 立った一名~ (2, 0.0%)

1 の壮士, の英雄

▼ 立った一学~ (2, 0.0%)

1 はわが, は朝靄

▼ 立った一将~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 立った一方~ (2, 0.0%)

1 の罵り, の者

▼ 立った一群~ (2, 0.0%)

1 の下, の兵馬

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の高い, 高う半面

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 に在っ, の士

▼ 立った両手~ (2, 0.0%)

1 をその, を合せ

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 には参詣人, に忽ち

▼ 立った中年~ (2, 0.0%)

1 のひとたち, の中国人

▼ 立った久慈~ (2, 0.0%)

1 と真紀子, は不意

▼ 立った二つ~ (2, 0.0%)

1 の耳, はもんどり

▼ 立った人たち~ (2, 0.0%)

1 その分家, は

▼ 立った人垣~ (2, 0.0%)

1 の間, はまた

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 では死んだ, ピョンと

▼ 立った伯父~ (2, 0.0%)

1 の旅行, の鳥羽蔵

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 は一歩之, も続い

▼ 立った作品~ (2, 0.0%)

1 なの, に往々

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 からぷすぷすと, はかえって

▼ 立った先生~ (2, 0.0%)

1 が生徒, は精いっぱい

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 はみな渓流三島口, は口々

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 に近づき, の処

▼ 立った区長~ (2, 0.0%)

2 は扉

▼ 立った古城~ (2, 0.0%)

1 が見え, のよう

▼ 立った咲耶子~ (2, 0.0%)

1 がさ, は西

▼ 立った大男~ (2, 0.0%)

1 はひとり, は墨

▼ 立った大石先生~ (2, 0.0%)

1 の心, はしばらく

▼ 立った孫権~ (2, 0.0%)

1 に見出され, はまだ

▼ 立った宋江~ (2, 0.0%)

1 ではない, の体

▼ 立った小屋~ (2, 0.0%)

1 であった, の入口

▼ 立った屏風~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 にかこまれた, の上

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 がすくすく, つづきの

▼ 立った巡査~ (2, 0.0%)

1 が肩章, にちょっと

▼ 立った帰り~ (2, 0.0%)

1 にあちら, に春作

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 にとて弟, に小僧

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 であったから, の空

▼ 立った~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 立った弱々しい~ (2, 0.0%)

1 声で, 小さな手

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の破れ, を刺戟

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 かしいが, を知らない

▼ 立った感じ~ (2, 0.0%)

1 で眼, はあまりに

▼ 立った感情~ (2, 0.0%)

1 を婦人, を引き

▼ 立った教授~ (2, 0.0%)

1 が見る, もある

▼ 立った文学~ (2, 0.0%)

1 の動き, への声

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の女, の老人

▼ 立った早水藤左衛門~ (2, 0.0%)

2 と萱野三平

▼ 立った時それ~ (2, 0.0%)

1 に応え, 出たぞという

▼ 立った時代~ (2, 0.0%)

1 に彼, も過去

▼ 立った時彼女~ (2, 0.0%)

1 はやはり, は何物

▼ 立った時自分~ (2, 0.0%)

1 の足, は窓

▼ 立った最初~ (2, 0.0%)

1 にまず, の寒駅

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 だった, は実によく

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 や穂高, をひき抜き

▼ 立った~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 立った気分~ (2, 0.0%)

1 で腰, を和らげる

▼ 立った清澄~ (2, 0.0%)

2 の茂太郎

▼ 立った源氏~ (2, 0.0%)

1 は悲し, は昔

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 であった, の恥じ

▼ 立った理屈~ (2, 0.0%)

1 にまとめ, はまるで

▼ 立った町人~ (2, 0.0%)

1 があった, や旅

▼ 立った白樺~ (2, 0.0%)

1 のめぐり, はおおかた

▼ 立った石燈籠~ (2, 0.0%)

1 がやっと, を小楯

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の太陽, へ桟橋

▼ 立った~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 二の, 二区の

▼ 立った素子~ (2, 0.0%)

1 の手, を見あげ

▼ 立った細い~ (2, 0.0%)

1 体を, 赤土道を

▼ 立った細君~ (2, 0.0%)

1 の後姿, はすぐまた

▼ 立った翌日~ (2, 0.0%)

1 には伊那道, は吉日

▼ 立った老人~ (2, 0.0%)

1 は, は君子

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 が波, が黄いろい

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の鎖骨, を出し

▼ 立った若い~ (2, 0.0%)

1 余五郎の, 水兵さんが

▼ 立った若林博士~ (2, 0.0%)

1 は内, は最前

▼ 立った若者~ (2, 0.0%)

1 があった, には勇ん

▼ 立った茶店~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 立った落着~ (2, 0.0%)

1 いて, を見せ

▼ 立った藤吉~ (2, 0.0%)

1 が言う, は流れ

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 が立った, の写象

▼ 立った見物~ (2, 0.0%)

1 がそれ, はここ

▼ 立った証拠~ (2, 0.0%)

1 ににわかに, に細い

▼ 立った説明~ (2, 0.0%)

1 のよう, はなかなか

▼ 立った警官~ (2, 0.0%)

1 が飛びかかっ, はお

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の勇, をこ

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 には何, を開い

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 の六人, の男

▼ 立った金作~ (2, 0.0%)

1 が教える, も続い

▼ 立った金吾~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 立った陰気~ (2, 0.0%)

2 な道

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 に客, をみ

▼ 立った電信柱~ (2, 0.0%)

1 が次々, に添っ

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 が終日山, のよう

▼ 立った頑丈~ (2, 0.0%)

1 な左手, な指先

▼ 立った顔つき~ (2, 0.0%)

1 をし, を揃え

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 に顎, もなく

▼ 立った驢馬~ (2, 0.0%)

1 をつけ, をひき寄せよう

▼ 立った~ (2, 0.0%)

1 は少く, は誰

▼1* [1379件]

立ったあいだ次の一冊, 立ったあげくの積極性, 立ったあたりから牡丹, 立ったあと一人で長持, 立ったあと清逸は溜息, 立ったあと直ぐに行方, 立ったあなたの胸, 立ったあまりここで血気, 立ったあやか夫人, 立ったあやしい魔鳥, 立ったありのままが少し, 立ったいびつなシルクハット, 立ったうしろから一彪, 立ったうちの女優, 立ったお初は梯子段, 立ったお姫様の薙刀姿, 立ったお松は再び, 立ったお通夜の者, 立ったかということは, 立ったかはまだ明らか, 立ったかみさんが向う, 立ったからと言ふ, 立ったからとてこの徳川, 立ったからとはさすがに, 立ったからには武人として, 立ったからにゃさあもう, 立ったかを語らなかった, 立ったかん走った声, 立ったかんづめとを見くらべるばかり, 立ったがねあの人, 立ったきり足許の女房, 立ったぎりでは通すまい, 立ったくまはまるで, 立ったくるみの木, 立ったこころもちにかかわり, 立ったころは騎兵連隊長, 立ったこんがら重, 立ったちごちのぶかっこうな, 立ったさかえ斯うして, 立ったさまをみせ, 立ったさむらいは, 立ったしるべの石碑, 立ったすいかつらは, 立ったすきにまた, 立ったせつなゲラゲラゲラ, 立ったそして力任せに, 立ったそれにつづい, 立ったただ一人の幹部, 立ったただ一本の茎, 立っただいそんなら七日, 立っただけじゃありませんか, 立ったつやに葉子, 立ったときあとかえって来, 立ったときたまにすれちがう, 立ったときみつは, 立ったときわれわれは深く, 立ったときクロムウェルが剣, 立ったときドッとまた, 立ったときパウロがアグリッパ王, 立ったとき七兵衛が左, 立ったとき今更のよう, 立ったとき何人が晏如, 立ったとき先生は教壇, 立ったとき光秀は憮然, 立ったとき公綱は大いに, 立ったとき右手の道, 立ったとき君の輔佐役連中, 立ったとき宇乃の清らか, 立ったとき戸田はモザイック, 立ったとき探偵は机, 立ったとき杏斎先生は病家, 立ったとき案内人が突然, 立ったとき椅子のふち, 立ったとき激浪の中, 立ったとき私はただ, 立ったとき群集は一度, 立ったとき胸があやしく, 立ったとき自動的に身長, 立ったとき西洋人の夫妻, 立ったとき足クビのホータイ, 立ったとき車夫に扶, 立ったとき闇太郎は囁いた, 立ったとき電話のベル, 立ったところが随時随所に, 立ったところ気のせい, 立ったとさえ言うこと, 立ったとしか思えなかった, 立ったとしてもクリストフを, 立ったとてもなんの, 立ったとの事だ, 立ったとまでになると, 立ったなり何度も燐寸, 立ったなんとなく寒ざむと, 立った悚然した, 立ったのち彼女たちは一, 立ったはしごですから, 立ったはずみにひっくりかえされ, 立ったはなやかさを示し, 立ったひとりの人物, 立ったひょうしに, 立ったふたりのよう, 立ったほうへ向っ, 立ったほどにお礼を, 立ったほどの凄い憎悪, 立ったまたもや覆面の, 立ったまっ黒な恐ろしい, 立ったまでの時の, 立ったままお上さんの顔, 立ったままお前がそういう, 立ったままお客さんの顔, 立ったままぐッと彼, 立ったままこちらを見, 立ったままさっきからずっと, 立ったままそこで別れ, 立ったままそこらを見廻す, 立ったままそっちの方, 立ったままそっぽを向い, 立ったままつねが畳, 立ったままなすがまま, 立ったままなにひとつつけ加えずに, 立ったままのんき千万にも何かしら考えごと, 立ったままひた押しに秋三, 立ったままひとことも口, 立ったままへまに重々しく, 立ったままみょうなこと, 立ったままものをいった, 立ったままアガアトはぽかんと, 立ったままアルマンの自棄, 立ったままギョッとした, 立ったままコップを握り, 立ったままジロリながめて, 立ったままテーブルの上, 立ったままピアノのキイ, 立ったままポケットからよび, 立ったままミサ子は言葉, 立ったままムチをふり, 立ったままメソメソ泣出したの, 立ったままモンパルナスをとらえ, 立ったままルックサックを唐檜, 立ったままヴィンセントがまだ, 立ったまま一太の手, 立ったまま一時間すぎても, 立ったまま一眼をおもしろ, 立ったまま一言も言わない, 立ったまま丁寧に小腰, 立ったまま三人のあと, 立ったまま三分間ばかり待っ, 立ったまま三太夫も端然と, 立ったまま上から静か, 立ったまま上体をかがめ, 立ったまま下女のお, 立ったまま下界をにらみつけ, 立ったまま不思議そうに仏像, 立ったまま不機嫌な声, 立ったまま中の様子, 立ったまま中二階をさして, 立ったまま主人に聞く, 立ったまま主婦が方, 立ったまま乾はひどく険しい, 立ったまま事の成り行き, 立ったまま事柄を頭, 立ったまま二つ三つピアノで諧音, 立ったまま二三度息をし, 立ったまま二人が食堂, 立ったまま井上夫人は田島, 立ったまま人形のよう, 立ったまま仕事するほどの, 立ったまま代用食の蒸し, 立ったまま仮死状態の青, 立ったまま仲間の者等, 立ったまま伸びをし, 立ったまま余が門, 立ったまま俊亮の顔, 立ったまま僕の言葉, 立ったまま先きに, 立ったまま八ぽうの, 立ったまま刀をスラリ, 立ったまま勢いのいい, 立ったまま午後大使館でとっ, 立ったまま半日はすぐ, 立ったまま南天の枝, 立ったまま卯の花縅の鎧, 立ったまま卵の白味, 立ったまま参木の方, 立ったまま右側の小, 立ったまま右手をのばし, 立ったまま合掌し眼, 立ったまま合点合点をし, 立ったまま吉宗を見すえ, 立ったまま名越の手, 立ったまま向うが泥濘, 立ったまま命令した, 立ったまま唖然となっ, 立ったまま唾液を嚥, 立ったまま喉をつまらした, 立ったまま喬之助, 立ったまま嗚咽の声, 立ったまま器用にヒロポン, 立ったまま四人はまた, 立ったまま四方を見まわします, 立ったまま土地の商家, 立ったまま地へ膝, 立ったまま坐りもせず, 立ったまま塔上の怪人, 立ったまま外套も脱がず, 立ったまま外面をながめ, 立ったまま女中に云った, 立ったまま妹達へ上がれ, 立ったまま姉の方, 立ったまま娘を呼びだし, 立ったまま嫂の姿, 立ったまま嫣然と見下し, 立ったまま子供らしい顔, 立ったまま客がどちら, 立ったまま宮子の顔, 立ったまま小便をした, 立ったまま小首をかしげた, 立ったまま居縮んだが, 立ったまま崔毅は半日, 立ったまま崖上の作業, 立ったまま左の眼, 立ったまま平気の平, 立ったまま年増の女, 立ったまま広縁が高い, 立ったまま底のへん, 立ったまま座敷の中, 立ったまま弁信は坐った, 立ったまま彼女たちの一人一人, 立ったまま後を続けた, 立ったまま徐和の顔, 立ったまま微かに動く, 立ったまま微笑の影, 立ったまま徳利から口, 立ったまま徳蔵の姿, 立ったまま心静かに衣紋, 立ったまま思い出に耽っ, 立ったまま思案に暮れた, 立ったまま急に言葉, 立ったまま怪物とにらみあっ, 立ったまま恭一の顔, 立ったまま息が絶え, 立ったまま意想外な大, 立ったまま感嘆的にだが, 立ったまま慶月院が薙力, 立ったまま懊悩のあまり外, 立ったまま戸口にはやや, 立ったまま戸外をながめ, 立ったまま挨拶一つしようとも, 立ったまま掌の裏, 立ったまま新八を見おろし, 立ったまま新聞をひろげ, 立ったまま昂然と笑っ, 立ったまま春月亭のお, 立ったまま昨日貰った二冊, 立ったまま暫らく腕組みして, 立ったまま月に照らされた, 立ったまま朝まで動かない, 立ったまま木彫の猫, 立ったまま本田をジロジロ, 立ったまま来意を聞く, 立ったまま松と睨め, 立ったまま枯木へ寄りかかっ, 立ったまま根気よく恐らく決して, 立ったまま横柄な口調, 立ったまま武蔵は封, 立ったまま歯をくいしばり, 立ったまま母親の顔, 立ったまま気持よさそう, 立ったまま池の中, 立ったまま沈思する, 立ったまま沖を眺めました, 立ったまま泣出したい気持, 立ったまま淑女の顔, 立ったまま湯を浴びた, 立ったまま灰皿に堆く, 立ったまま熱心に絵, 立ったまま燈明の光, 立ったまま爪を煮る, 立ったまま片方の目, 立ったまま物も言わず, 立ったまま物欲しそうに黙っ, 立ったまま王女の着物, 立ったまま用を足す, 立ったまま用件を述べた, 立ったまま用向を云っ, 立ったまま由三はしばらく, 立ったまま病室へ向っ, 立ったまま癖のない, 立ったまま登美を見, 立ったまま白山羊と黒驢馬, 立ったまま目まいでもするらしい, 立ったまま相手のだだっぴろい, 立ったまま眠りもしない, 立ったまま眼下の日本一, 立ったまま矢代は, 立ったまま石のよう, 立ったまま私服は探る, 立ったまま突きさせと, 立ったまま窃に座敷, 立ったまま算出されて, 立ったまま精神的にも肉体的, 立ったまま紅玉の姿, 立ったまま紋太夫の様子, 立ったまま素っ気ない調子, 立ったまま細君を呼んだ, 立ったまま紺足袋を脱い, 立ったまま絵筆にいそしむ, 立ったまま緑色をすかし, 立ったまま縁端に背, 立ったまま美枝子の腕, 立ったまま羨望に満ちた, 立ったまま羽ぶるいする鳥, 立ったまま老人のよう, 立ったまま肩杖をついた, 立ったまま背の高い, 立ったまま胸をかきむしりはじめる, 立ったまま胸倉を掴まえ, 立ったまま膝で突, 立ったまま自然な鶴翼, 立ったまま舟に乗った, 立ったまま色のあせた, 立ったまま花園の中, 立ったまま苦力の姿, 立ったまま草履を眺め, 立ったまま草鞋を脱がなかった, 立ったまま葵のほう, 立ったまま血の真黒, 立ったまま袴の綻, 立ったまま裾を袖, 立ったまま襟巻とコート, 立ったまま言いようのない, 立ったまま話を聞いてる, 立ったまま誰一人身動きするもの, 立ったまま談話をした, 立ったまま足がすくん, 立ったまま躊躇して, 立ったまま身動もしず, 立ったまま身動ぎもしなかった, 立ったまま返事をしぶっ, 立ったまま道路の方, 立ったまま遙に山野林泉, 立ったまま遺骨を網棚, 立ったまま里好がいう, 立ったまま間の悪, 立ったまま関係しない, 立ったまま陰鬱に病みこわれ, 立ったまま階子段の上, 立ったまま雅楽頭は呟いた, 立ったまま電文の和訳, 立ったまま青年に対する訓戒, 立ったまま静かに四辺, 立ったまま面とむかっ, 立ったまま靴をぬい, 立ったまま須永の顔, 立ったまま顔を見合わせた, 立ったまま風の中, 立ったまま食事をし, 立ったまま餅菓子をつまみ食い, 立ったまま香具師は憎, 立ったまま駒守の姿, 立ったまま驚愕と恐怖, 立ったまま麦と桑, 立ったまま默りこくっ, 立ったまま黙然とし, 立ったまま鼠色に輝いた, 立ったまま鼻の先, 立ったまわりに一人, 立ったまんまわたしのうしろ, 立ったまんまジーッとこの, 立ったまんま一言あいさつしたぎりであった, 立ったまんま人蔘色の前髪, 立ったまんま十ばかりの男の子, 立ったみんなが一斉, 立ったもう姐さん株でありました, 立ったものたちは頭, 立ったやうにつまり, 立ったよい頭を, 立ったよりももっと根本的, 立ったりすはったりして, 立った手を, 立ったわが警視庁, 立った小春お, 立ったアッシジの辻, 立ったアッパリションを飽く, 立ったインコ夫人が後, 立ったウィルスンであった, 立ったウイスキイを喜び, 立ったエホバが性慾的, 立ったオソノが台所, 立ったカクストン氏が階段, 立ったガランドウみたよう, 立ったガルスワーシーが其の, 立ったキャベツの茎, 立ったキヨは相手, 立ったギザギザ尖った石, 立ったコンクリートの屋上, 立ったコンミュニストでもなかっ, 立ったコーヒー茶碗が宙, 立ったゴーリキイの中, 立ったジャックはにやにや, 立ったジャーナリズムへの予想, 立ったチイ嬢は一町, 立ったツモリの美貌自慢, 立ったドナウが遙, 立ったナイフの柄, 立ったニューラの姿, 立ったハマザクラの騎手, 立ったハンチングを目深, 立ったピラミッドを築く, 立ったフランスの婦人代議士たち, 立ったフランス北方においてはポーランド, 立ったフロイスたちは鳥羽, 立ったブルジョア観念哲学はその, 立ったプロレタリア文学とはけっして, 立ったプロレタリア階級の芸術理論, 立ったマドロスは警鈴, 立ったマリユスこそは老い, 立ったミケルアンジェロが亡命者, 立ったミコが鈴, 立ったモコウがころぶ, 立ったモデル女の上気, 立ったモヤモヤ頭な婆さん, 立ったラプンツェルは急, 立ったレヴェズが両手, 立ったレーニが言った, 立ったロシアのプロレタリア, 立ったロマンティシズムのほか, 立った一つの場合, 立った一九一九年以後男女の失業, 立った一作が造っ, 立った一使者が, 立った一個の放浪者, 立った一元論ではなく, 立った一刹那総突撃, 立った一団の妖気, 立った一地方の義軍, 立った一帆の顔, 立った一戸建ての小家, 立った一本の矢, 立った一枚の葉, 立った一枚岩や岩石, 立った一機能なの, 立った一知は涙, 立った一行がなあに二本, 立った一道の火柱, 立った一郎は直ぐ, 立った一里塚のよう, 立った七人の喇叭手, 立った三之助の顔, 立った三人づれの侍, 立った三人ともに合羽, 立った三位卿はしどろもどろ, 立った三吉一味もこの, 立った三味線の棹, 立った三四郎から見る, 立った三宅やす子はその後十余年, 立った三宅式部や村上和泉守, 立った三挺の駕籠, 立った三月正成が直々, 立った三本の太い, 立った三芳重造が原稿用紙, 立った三郎さんの面, 立った上出来の芸当, 立ったへ飛石, 立った下肢が直線的, 立った与吉は, 立った与次郎から一直線, 立った世にも美しい娘, 立った世界は人類, 立ったのあたり, 立った両個の見, 立った両側の岩壁, 立った並木道がなだらか, 立った中之郷東馬山路主計ほか六七人の異形, 立った中脊でね, 立った丸官と顔, 立った丸山警部補は路傍, 立った丸髷の新婦, 立った丹左衛門尉基安は少将, 立った丹生川平の男達, 立った丹羽五郎左どのとは従前, 立った主婦はまるでするする, 立った久米一の形相, 立った九兵衛の胸板, 立った乱れ姿で縛られた, 立った乱髪に縁, 立った了現と八木, 立った事件にならない, 立った二人きりになっ, 立った二人犬の穿った, 立った二夫人はもう, 立った二月七日の事, 立った二本の手先, 立った二羽の鳥, 立った二階の棟はずれ, 立った五六人の門人, 立った五六本の桐, 立った五分月代こそ体, 立った五千の漢軍, 立った五名の土工頭, 立った五層の高い, 立った五月末の夜, 立った五本の指, 立った五百之進の顔, 立った五郎蔵一家の用心棒, 立ったの小夜姫, 立った京極高知と佐々行政, 立った京都の宿, 立った人々ジューベールやドゥゼー, 立った人声が湧, 立った人手で受け取り, 立った人達がいろいろ, 立った仁右衛門の腹の中, 立った仇敵の嘲, 立った今日も空, 立った仏国少年バクスターの口, 立った仔細などつぶさに, 立った代官奥平三左衛門は隠居, 立った以上事実を抂げ, 立った以上今となっ, 立った以上何処までも知る, 立った以上左様にまでご, 立った仲間の手, 立った伊予守忠弘を見上げ, 立った伊那丸である, 立った伊那丸たちもやすやす, 立った会得が乏しい, 立ったでいま, 立ったをザブリ, 立った何事かを発言, 立った何等かのグループ, 立った侍女たちは素焼, 立った侍臣金弥から白木, 立った信吉の写真, 立った信玄の大兵, 立った信長の姿, 立った俤びとは白, 立った修験者は耳, 立った俯向き顔をいま圭介, 立った個々の生き, 立った個人主義というもの, 立った偉人白日の革命, 立った健三の眼, 立った側面を縫う, 立った僅かな間, 立ったは時に, 立った僕自身の姿, 立ったは慌て, 立った儘三十分余を眺望, 立った儘両側を見上げ, 立った儘大運搬船の上, 立った儘家のうち, 立った儘庭木を見, 立った儘弟と私, 立った儘手を床, 立った儘狂騒なジンタ, 立った儘甲斐守は恐い, 立った儘碌に口, 立った儘親方の遠のく, 立った文三年十一月二十三日の, 立ったは今日どこ, 立った光君は, 立った光堂の見物, 立った全身の想見, 立った八百屋お七等身の像, 立った公卿の一名, 立った六十人の眼, 立った六月の下旬ごろ, 立った兵士を見送った, 立った兵等の勇気, 立った兵部の姿, 立った内容でとりあげられ, 立った円塔の上, 立った艶きわまりない, 立った几帳の前, 立った出陣は高氏, 立った出額の小僧, 立った刃物を見付ける, 立った分岐点を二人, 立った切りであった, 立った切り大宮君を眺め, 立った刑事連は赤羽主任, 立った利秋とはついに, 立った刹那の心理はさ, 立った刹那深淵を彷徨, 立った剛骨の好, 立った剣師軍之助, 立った劉玄徳を頼っ, 立ったのこめかた, 立った労働者としての積極性, 立った労働者たちが自発的, 立った勉強の課程, 立った北西に駒ヶ岳, 立った十九歳の若き, 立った十分のプロバビリティー, 立った千代子は高木, 立った午後わたしはやはり, 立った半天の袖, 立った半玉もある, 立った卑怯者は後, 立った南日君の姿, 立った博士はポケット, 立ったは一度, 立った厚みのある, 立ったへも行っ, 立った叔父の胸, 立った女房を, 立った古い石塔の, 立った古典的戦法そのものである, 立った可児才蔵のす, 立った史論家も多い, 立った右近タタタとあと, 立った部隊の, 立った合理性をしめし, 立った苦坊は, 立った同じ種類の, 立った同僚に向い, 立った名人右門の姿, 立った君子の母, 立った吾輩は振り顧, 立った呉一郎は鍬, 立った呉羽は長い, 立った周囲の黒い, 立ったを以て根本精神, 立った唯今の女, 立った喊声が伝わりました, 立った喜多公を見, 立ったを云っ, 立った四国屋の新, 立った四馬剣尺かくし持った懐中電気, 立った国分寺の触, 立ったの上, 立った土台石であります, 立った土堤へべッ, 立った土生仙之助, 立った圭子をうるさ, 立った地蔵寺の大, 立った坑夫体の男, 立った垢すりの糸瓜, 立った城将たち環視のなか, 立ったの全景, 立った報告に纏める, 立った場合卵の目方, 立った場合次は周到, 立った場所はおそらく, 立っただけだ, 立った塵埃であった, 立った士気には, 立った壮観で冬, 立った夏目久馬の脇腹, 立った外国人の前, 立った多勢の方, 立ったですが, 立った夥しい切株が, 立った大きい手を, 立った大人の胸, 立った大勢の人たち, 立った大岩の上, 立った大庭春吉の声, 立った大次郎と佐吉, 立った大矢捜査主任は蒼ざめた顔, 立った大石内蔵助の一行, 立った大神朝臣との贈答, 立った大臣様はどちら, 立った大葉子の穂, 立った大軍は如何, 立った大金が旦那, 立った天勝にはさすが, 立った太い眉耳まで, 立った太夫がひとり, 立った太股の林, 立ったを見た, 立った夫婦としての生活, 立った奥さんの甥, 立った女優のよう, 立った女婿は一歩, 立った女学生と足, 立った女家庭の妻, 立った女房の前垂, 立った女房たちに, 立った奴らだと, 立った奴等の不憫, 立ったな滑稽, 立ったを見つけた, 立ったの挙動, 立った姉娘に向い, 立った始末で, 立った姿勢がいい, 立った姿現象を一旦, 立った姿立兵庫にお, 立った娘さんたちがどの, 立った娘暫らく魅入られるよう, 立った婦人代議士に対してこれら保守, 立ったと若武者, 立った学問の効果, 立った孫伍長の骨ッ, 立った宅助どうやら常には, 立った宇治山田の米友, 立った守人と銀二郎, 立った守衛に潜り戸, 立った近君, 立った宗祇がまた, 立った宝石屋のよう, 立ったがあと, 立ったの出口, 立った宮地君はまるで, 立った宮本と云う, 立ったからの戦死者, 立った家番のかみさん, 立った宿の主人, 立った寄手のなか, 立った寄手どもを一兵, 立った富士春は紅縮緬, 立った富士男の愛犬フハン, 立った寒い東京の, 立った寿女が突然, 立った将士がどれ, 立った将門のこと, 立った小四郎は四辺, 立った小夜子が春一, 立った小姓とが山城守, 立った小柄をグイ, 立った小栗緑太郎はまだ, 立った小脇の奉書包, 立った少し前に, 立った少女のす, 立った尖塔の突端, 立った就中小さな的, 立ったの巻き上がった, 立った尾州家にこの, 立った山々の上, 立った山代の小春, 立った山口の後, 立った山手組の武士, 立った山木は少し, 立った山浦丈太郎が凝然, 立った山田勇吉君の証言, 立った山腹が見える, 立った岩壁でずっと, 立った岩山である, 立った岩淵達之助と等々力十内, 立った岩石そっくりの, 立った岩面上へのぼる, 立ったべの木々, 立ったの方, 立ったの頂, 立った巌壁と巌壁, 立ったの上, 立った川上は失敗, 立った川辺みさ子が自分, 立った巣立ちの鳥, 立った工場がありました, 立ったの方, 立った左右の柱, 立った巨大な煉瓦造り, 立ったれの, 立った帆村は私, 立った帝王だから, 立った帰りがけで強飯, 立った帰国の日以来, 立った常識水準かが当然, 立った平六のまわり, 立った平家軍を追い, 立った平次とガラッ, 立った経し白狐, 立った年増の婦人, 立った幸雄の黒い, 立った広い入江の, 立ったの裂け目, 立った床几の脚, 立ったの前, 立った廉平の頭上, 立った廻廊のところ, 立った弁才坊は, 立った弁財天のお告げ, 立った弓手は眼, 立った引揚であった, 立った弥生はじ, 立った弥生血を吐く, 立った張り工合から腰, 立った強力の一人, 立った当座は只, 立った形象性として, 立った影法師が本堂, 立った役目が仕終せられない, 立った役者の菊之丞, 立った彼らとし, 立った彼等を始め, 立った彼等自身も斜め, 立った後山田脩は亀沢町, 立った後彼は古本屋, 立った後菜穂子はいくら, 立ったは右, 立った話は, 立った御門の中, 立った微塵縞の膝, 立った徳之助とそれから, 立った徳川方の立場, 立った心地である, 立った心外道人は手, 立った心持で恐ろしく, 立った忍び返しの上, 立った志免警部と飯村部長, 立った忘八の紳士, 立った思いです, 立った思想の方針, 立った思考が出来なくなる, 立った勾配を, 立った急湍であって, 立った偉な, 立った怪美人が茲, 立った息子の後, 立った恰幅直参なればこそ, 立った悪いことは, 立った悪相の持主, 立った悪魔さえも今夜, 立った情緒を経験, 立った意義はない, 立った意識概念に他, 立った愛吉の前, 立った愛子がやがて, 立った感慨は読者, 立った態度はまことに, 立った慎作をみ, 立った憂鬱な写真, 立った戦闘の姿態, 立った房代を睨ん, 立った所々に光, 立った所謂大学の講義, 立った手のうちなん, 立った手拭の向, 立った才能の溢れた, 立った才蔵さえ呆気, 立った批判は封ぜられ, 立った批評は加えなかった, 立った拍子に彼, 立った指先を見, 立った按摩にも床几, 立った挨拶を仕様, 立った振袖は肩ずれ, 立った捕手どもは木の根, 立った握り太の竹竿, 立った支那風の亭, 立った改造幕府の, 立った大きに嬉しく, 立った故に他には, 立った敗兵のひとり, 立った教室の中, 立った教師に変っ, 立った教授会及び法学部全体, 立った教育こそが日本, 立った数万の大衆, 立った数人が松明, 立ったを追いまくり, 立った敵側としては極力, 立った敵陣のさま, 立った文化を建設, 立った文句の言える, 立った文学士は堂々たる, 立った文珠屋佐吉はその, 立った文芸思想運動の中, 立った文芸批評である, 立った新しい札の, 立った新九郎は疲れた, 立った新聞の一つ, 立った旅姿の男, 立った旗二郎決して決して油断, 立った旗本たちの一団, 立った既成のこの, 立った日圭介は荻窪, 立った日常生活が失われ, 立った日本北アルプスの峰々, 立った日父が京, 立った日私はお, 立った日蓮が同じ, 立った日露戦争時代は農家, 立った日静はすでに, 立ったの席, 立った早瀬ともなっ, 立った明智が, 立った明智探偵が一歩部屋, 立った春信は蒼白, 立った昨夜の九時, 立った時あなたはまず, 立った時アクを取っ, 立った時オグリフは棺, 立った時セエラの胸, 立った時マアレイの幽霊, 立った時ヨウさんは何, 立った時一人は診察室, 立った時一本に火, 立った時中でたしかに, 立った時二匹の馬, 立った時二十八歳である, 立った時人から病人, 立った時会場はザッ, 立った時位のうれし, 立った時何よりも先ず, 立った時偶然或る, 立った時先ほどから怪しく, 立った時光君は今更, 立った時光子は急, 立った時分光子さんかて私, 立った時千世子は夢, 立った時向こうから連れ立っ, 立った時地平線上低く西北, 立った時夜は月, 立った時奴隷の蜥蜴, 立った時家中の人々, 立った時岡田はわざと, 立った時廊下で行き合った, 立った時彼等が使う, 立った時後について贅沢, 立った時忿激に燃え, 立った時憐愍と歯がゆ, 立った時我々の生活, 立った時手水鉢の傍, 立った時期を劃する, 立った時木之助, 立った時棺は既に, 立った時横田は周平, 立った時此度は不思議, 立った時母もマリヤ, 立った時毎日新聞社にかつて, 立った時気のゆるみ, 立った時洋服の中老紳士, 立った時洛中を振り, 立った時焦茶の中折帽, 立った時父は霊験, 立った時牧が, 立った時瑠璃子は駆け寄った, 立った時男爵夫人は二日, 立った時窓からのぞいた, 立った時竹山の手, 立った時節とは言い, 立った時美くしい友禅, 立った時職場の災害, 立った時花嫁は四つ, 立った時藤尾は傍目, 立った時高木はいや, 立った晴信は遂に, 立った暗示芸術の一つ, 立った暮方だった, 立った暴力を止める, 立った曹真の苦戦, 立った月輪剣門の士法勝寺三郎, 立った有様は海, 立った有馬軍の大将, 立った朝尼はその, 立った朝彼は自分, 立った期間においてさえ私たち, 立った木刀を抜い, 立った木崎のライカ, 立った木村は二三日, 立った本丸予定地からそれら, 立った本位田家のまわり, 立った札差の小僧, 立った杉並木の坂, 立ったをつき, 立った東儀与力は無念そう, 立った東屋氏はちょうど, 立ったの根, 立った松島氏が左, 立った松木の眼, 立った松林の大広間, 立ったの面, 立ったもなく, 立ったの梢, 立ったや芦, 立った柳田平治が突然, 立ったの老木, 立ったの刺青, 立った桃子がフルート, 立ったの若芽, 立った桜鼠色の二枚重, 立ったの方, 立ったの尖, 立った森啓之助生洲, 立った楽員らは彼, 立ったの古木, 立った槍ヶ岳より穂高, 立った槍持奴は槍, 立ったや楡, 立った模範少年の森蘭丸, 立った横浜の開港場, 立った橋脚に, 立った橘八郎がつい, 立った機械人間は恐ろしい, 立った機械論的合理主義のもの, 立った次手に花, 立った欲情の火, 立った歌姫の裸像, 立った正太郎からかれは, 立った正造の姿, 立ったの時, 立った武士は二十一, 立った武者振りだった, 立った武蔵が少時, 立ったの曲った, 立った歴史を思い出し, 立った死刑囚のよう, 立った死物狂いの力, 立った段染の麻の葉鹿の子, 立った母上は内外, 立った母兄のどこ, 立った母性の保護, 立った母親に言った, 立った毛受勝助であったこと, 立った毛穴からむんむん, 立ったの姿, 立った民族には風景, 立った気もちとか四囲, 立った気勢に連れ, 立った気持ちになった, 立ったを背景, 立った水野の家来吉田弥三左衛門, 立ったの香, 立ったの女, 立った汽車で立つ, 立った河岸の道路, 立った河底を洪水, 立った治郎吉ではなかっ, 立ったのお, 立った法則がある, 立った法勝寺三郎がとある, 立った泰軒やはり貧乏徳利, 立った泰造の判断, 立った洋一は神山, 立った津田を笑い声, 立った浅野の家来, 立った浅黒い顔を, 立った浴衣がけの青年, 立った海猫がいつの間にかまた, 立った褐の, 立った深雪は戸, 立った清三の前, 立った清洲の土地, 立った清潔な広場, 立った温かい呼吸が, 立ったの空, 立った港内を見, 立った湯気も如月, 立った寵は, 立った源二郎爺なの, 立った漁夫の肩, 立った演技のごとく見え, 立った火の見階子に袖, 立った灰神楽灯も暗く, 立った灰色の親, 立ったに上, 立ったのよう, 立った無常堂の錆びた, 立った無数の人声, 立ったのよう, 立った煙突から白い細い, 立った煙筒のついた, 立った熊城が懐中電燈, 立った熱い珈琲の, 立った尖まで, 立った父相沢半之丞も生き, 立った父親はいきなり, 立った爽やかな白い, 立った牛乳の中, 立った物影は一心に, 立った物腰のしとやか, 立った犬神人は靴作, 立ったを女, 立った狡猾らしい顔, 立った狩衣に烏帽子姿, 立った猪の鼻と呼ぶ, 立った猪突の陣, 立った獲物を見, 立った現実的な雰囲気, 立った現象なの, 立った理由なんか無い, 立った理論が吾, 立った瑕瑾がない, 立った生活を云々, 立った田中中尉を見上げた, 立った田舎ものの方, 立った由布岳は, 立った由良のふい, 立った甲冑武者が, 立った甲斐がない, 立った甲比丹の三次, 立った甲高なふるえ声, 立った男共ばかりで, 立った男女老若がぞろぞろばたばた, 立ったの停車場, 立った留学生が日本, 立った留守の間, 立った畠山や今川, 立った畳針を見る, 立ったがあらわれ, 立った瘤だらけの両手, 立った療養所の方, 立った発言ができる, 立った白堊の山, 立った白張りの提灯, 立った白茶に藍, 立った白衣白杖の行人相良金吾, 立った白鷺になる, 立った百人の町人, 立ったからむき出た, 立った盗賊の真, 立った目前の輻輳, 立った目的のため, 立った目笊絵具の赤, 立っただ爾, 立った相手の体構え, 立った相良金吾の身, 立った眉目秀麗高貴の相, 立った眉間蝋を削った, 立った看守が太田, 立った看板だ, 立った真面目な見解, 立った眼つきで彼ら, 立った矛盾の無い, 立った矢代の胸, 立った短い足で, 立った短剣の柄, 立った矮樹の群, 立った石垣に突き当っ, 立った石子刑事の手, 立った石金は路地, 立った砂浜を川越し, 立った砂煙へ驚嘆, 立った研究もしてない, 立った研究団体は殆, 立った硫黄が噴く, 立った碑前に立っ, 立った社会などなかっ, 立った社会判断の故に, 立った神々しい白無垢姿を, 立った神保造酒流石は剣士, 立った神尾主膳の心身, 立った福井の旅籠, 立ったは若松城, 立った秀政の隊, 立った私共までが面目, 立った秋父は漸, 立った科学的理論となる, 立った秦支配人大入を感謝, 立った秦明は馬上, 立ったであった, 立った稲田大炊助といい, 立った空想で出来上っ, 立った空気は朝ごと, 立ったい岩壁, 立った窓口へすがりつき, 立った立ち姿を彼, 立った立派な円頂丘, 立った端摺の甚, 立った竹類がこの, 立った笛吹三五兵衛のす, 立った筆者を見上げ見下し, 立ったを吹聴, 立った籐表の女, 立ったな酌人, 立ったを頭, 立った紅梅の美しく, 立った紅葉山人の墓, 立った純真な感情, 立った紳士がまさか, 立った組織を有し, 立った経験を思いおこします, 立った総理でありますならば, 立った緑樹の驟雨, 立った編笠の侍, 立った罪人のよう, 立った署長初め三四の警官, 立った羅門塔十郎の第一歩, 立った美しい娘は, 立った美声の少女, 立った美津が狩衣, 立った群れの中, 立った夫人の, 立った老女笹尾が結び草履, 立った老母の方, 立った者たちが三つ脚, 立った者達はふだん, 立ったがこの, 立った聖母の悲痛, 立った股倉からランプ, 立った肱金の恐ろしい, 立った背後に, 立った能登守はそこ, 立った脇あけをこぼるる, 立ったの高い, 立った脳髄は何, 立ったをくん, 立った腥い匂い, 立ったを屈め, 立ったがまた, 立った自分達は狭い, 立った自来也鞘の, 立った自由民権時代の政治運動, 立った舞妓たちの簪, 立った花房一郎の面, 立った後家の, 立った若武者を戦場, 立った若葉の渦巻, 立った苦痛がよほど, 立った茂太郎が, 立った茅野雄の左右, 立った茶色だの黒, 立ったもそう, 立った荒い縞背広を, 立った荒縄を手繰棄て, 立った荷物置台の前, 立った荻生さんの蒼白い, 立った菊池寛と共に僕, 立った萩原主水, 立ったとちがっ, 立った葉子の姿, 立った著書である, 立った蔡夫人は鸚哥, 立った青いぼんやり, 立った薄っぺらな固い, 立った薔薇の香り, 立ったはわざわざ, 立った薬屋源太郎とお, 立った藁葺小舎で型, 立った藤尾の顔, 立った藤次郎は妙, 立ったのそば, 立った蘭人に巨利, 立った虎さんが帰っ, 立った蚰蜒眉の猿眼, 立った蜀朝廷と魏朝廷, 立った行者はどう, 立った街道へすぐ, 立った袖下の処, 立った裸足の三人, 立ったへ女, 立った褐色の五本, 立った見解の狭い, 立った見送りの一組, 立った親子としての生活, 立った親愛同志の同棲者, 立った親方や友だち, 立った角張りのある, 立った訪問であったそう, 立った訳ゆえ玄蕃が丹後守, 立った証明をする, 立った評判を聞く, 立った試合場のなか, 立ったを生む, 立った誠実へのポーズ, 立った読書法など実行, 立った調査から示される, 立った論敵ではあった, 立った将が, 立った講演者みたいに彼, 立った警吏の一種, 立った警部らしいの, 立ったの間, 立った谷大八廊下のほう, 立った谷川へ彼, 立った豊前通いの便船, 立った貞奴の得意さ, 立った貞奴対福沢さんの問題, 立った貧乏人でまだ, 立った貴族文化が主として, 立った赤い屋根瓦は, 立った赤星は扉, 立った赤柱の下, 立ったがある, 立った足健康の従者, 立った足跡はつま先, 立った跫音を兵部, 立ったを歩い, 立った車寄を静, 立った軍勢をうしろ, 立った軍師民部は人穴城, 立った輪郭は恐ろしく, 立った農村の気持ち, 立った辻斬がただ, 立った近侍の者, 立った追分へ来る, 立った通りなどもあった, 立った連中は捜索, 立った逸作の言葉, 立った過失がない, 立ったはおおかた, 立った避雷針の矢の根, 立ったなので, 立った部下をまとめ, 立った酋長であったの, 立ったで幾度, 立った重蔵と千浪, 立った金兵衛の周囲, 立った金剛力士やその他立派, 立った釘抜藤吉はまだ, 立った釘抜藤吉返事の代り, 立ったのよう, 立った鉄瓶からお盆, 立った銀五郎がああ, 立った銀帯金剣それに紫, 立った銀杏の下, 立った銀次はすこし, 立った銀簪乱れる裳, 立った銘仙の長い, 立った銭占屋の姿, 立ったをかき廻し, 立った鏡丹波が無形一刀, 立った鐘巻自斎, 立った鐘楼が見え, 立った長男の, 立った門口である, 立ったは女, 立った間柄助次郎, 立った間際だとか, 立った関係上それ以来この地, 立った闇太郎へと目, 立った闇太郎奥を見込ん, 立った阿部知二の, 立った限りの多数者, 立った陰影であった, 立った陳彩も床, 立った陽吉が声, 立った際偶然日本の浮世絵, 立った蝶でありまし, 立った雄弁の名, 立った雨後の虹, 立ったの姿, 立った雪子は衣裳鞄, 立った雪駄をほしい, 立ったの峰, 立った霜柱それを踏ん, 立った露月を顧み, 立った青いものの, 立った青年がある, 立った青白い街燈の, 立ったの前, 立った鞍馬の竹童, 立った頃五郎右衛門は渋, 立った順二郎が仰向い, 立った須永好君の応援, 立った頤頬骨低く耳, 立った頤髭のある, 立った頤髯の根もと, 立ったが硬, 立った頭髪を押え, 立った頼正は地団駄, 立った頼母を引っ, 立ったの下, 立った額高慢な鼻, 立った風景に相応, 立ったがちょうど, 立った香炉と短冊, 立った馬の背に乗っ, 立った馬上の大将, 立った馬簾を見, 立った駄賃馬の背, 立った騎手の島崎, 立ったさ三フィートの, 立った高い平面を, 立った高山があった, 立った高瀬と一, 立った高級なもの, 立った高速度ジャズトーキーの世の中, 立ったをかぶっ, 立ったときたら小作料, 立った髯面の紳士, 立った鬼村博士は急, 立ったの勢, 立った魚屋は渾名, 立ったの古巣, 立った鶴子の白胸掛, 立った鷹狩の児太郎, 立った麦畑だった, 立った黄口の小児, 立った黄色い両手を, 立った黒ビールの杯, 立った黒吉の心, 立った黒覆面の中, 立った高く口, 立ったJOAKの空中線鉄塔